苗木「みんなと交流しよう!」 (82)

苗木「せっかくの学園生活なんだからみんなと仲良くなろう」

苗木「まずは>>3さんからだね」

1.戦刃さん
2.むくろちゃん
3.超高校級の軍人
4.残姉

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382114079

苗木「よし、まずは超高校級の軍人でお姉ちゃん属性の残念に定評がある戦刃さんからだ!」

苗木「>>11をしよう!」

1.告白
2.婚姻届を書く
3.結婚指輪を渡す
4.ウエディングドレスを着た戦刃さんを見に行く

4

ーーーそうだ、今日は僕たちの門出を祝う大切な日だったのだ。
控室に入ると純白のウエディングドレスを着た天使もとい戦刃さんが居た。
苗木「結婚しよ」

戦刃「これから結婚するのよ?変な誠君」クスクス

ここまで来るのにいろいろあった。告白だとか、婚姻だとか、指輪だとか、絶望の妹を論破したり、霧切さんが失踪したり、でも僕たちは二人で乗り越えてきた、そしてこれからもともに進んでいくだろう。
苗木「それじゃ、そろそろ行こっか」

戦刃「うん・・・・・・、ねえ誠君」

苗木「どうしたの?」

戦刃「私今、とっても幸せだよ」

苗木「・・・・・・そしたら、僕はもっと幸せだよ!」

霧切「苗木君のくせに私以外と幸せになるなんて生意気だわ」ざく

霧切さんの声がしたと思ったら、倦怠感が襲ってきた。戦刃さんは、なんで呆然とした顔してる。ウエディングドレスが真っ赤に染まって、汚れるから離して、戦刃さ

僕の意識は途絶えた。

BAD END

苗木「せっかくの学園生活なんだからみんなと仲良くなろう」

苗木「まずは>>3さんからだね」

1.戦刃さん
2.超高校級の軍人
3.残姉

ごめん>>27

1

苗木「よし、まずは超高校級の軍人でお姉ちゃん属性の残念に定評がある戦刃さんからだ!」

苗木「>>29をしよう!」

1.告白
2.婚姻届を書く
3.結婚指輪を渡す

1

大和田「遂に告白すんのか!?」

桑田「腐川十神、セレス山田に続いてのバカップル誕生か・・・・・・、くそっ」

石丸「学徒の身にありながら規律を乱す行為を自分は見逃そうとしている・・・風紀とはいったいうごごごごご」

苗木「やだな、まだ決まったわけじゃないよ?」

山田(どの口が)

葉隠(そんなこと)

不二咲(いってるんだろ・・・・・・)

朝日奈「でもさ、二人ともクラスで一番に仲良くなったし、なんやかんや二人で行動するし最近はいつも一緒に居るじゃん」

大神「自信を持て苗木よ」

苗木「みんな・・・・・・ありがとう、とりあえず戦刃さんを探してみるよ!」

そういって教室を出てあれからどれくらいの時間がたったのだろう。
薬で朦朧とした意識で必死に考えたが、答えは出なかった。
ただ、時折聞こえてくる声に聞き覚えがあることしかわからない。
「苗木君だけは、何があっても、私の味方でいて・・・・・・」

BAD END

苗木「よし、まずは超高校級の軍人でお姉ちゃん属性の残念に定評がある戦刃さんからだ!」

苗木「>>36をしよう!」

1.婚姻届を書く
2.結婚指輪を渡す

1

「戦刃さん、婚約届だよ」
一人の男が墓前に語り掛けていた。その男は恋人をギャンブラーとの勝負の担保にされ、そして敗北し恋人を殺された男だった。
男は復讐のためにギャンブラーを追い詰め、そして無残に殺した後だった。
「これで、死んだ後に、一緒になれるかな」
男が懐からギャンブラーを殺した拳銃を取り出した。
装填できる弾丸は6発、ギャンブラーに一回だけ発砲しているので今の弾丸は5発。
男はゆっくりと拳銃を頭に向け、引き金を引いた。

結果は誰も知らない。

BAD END

苗木「よし、まずは超高校級の軍人でお姉ちゃん属性の残念に定評がある戦刃さんからだ!」

苗木「>>39をしよう!」

1.結婚指輪を渡す

「苗木っち、すまないべ…」
あれ?今日は何の日だったかな・・・・・・、たしか、ああそうだ注文していた指輪が届いた日だった。
「で、でも、素直に渡さなかった苗木っちも悪いんだべ?」
それでお店に行って、給料3か月分じゃ買えないような指輪を奮発して買ったんだよね。
「そうだべ、俺っちは、俺は悪くねえ」
この指輪を戦刃さんに渡して、ぷ、プロポーズする予定だったんだ//////
「悪くない、悪くない、悪くない、悪くない、…、…、…」
ああ、指輪を渡したら戦刃さん、どんなリアクションしてくれるかなぁ・・・・・・。
それにしてもなんだか眠いや、渡すのは、起きてから、に、しようか、な              。

BAD END

苗木「せっかくの学園生活なんだからみんなと仲良くなろう」

苗木「まずは>>46さんからだね」

ジェノ

苗木「腐川さんもといジェノサイダー翔と話をしてみようかな」

苗木「じゃあ>>48をしよう!」

ジェノサイドカッター

苗木(ふふふ・・・・・・後ろから近づいてびっくりさせよう)

ジェノ「ふんふーん♪」

苗木(そーっと、そーっと)ススス...

苗木「ジェノサイドカッターッ!」

 ズ パ ン ッ 

ヒュー             どさっ

こうして僕は腐川さんをゆっくり化させてしまった罪で学級裁判で黒になった僕は補修を受けた。

BAD END

苗木「せっかくの学園生活なんだからみんなと仲良くなろう」

苗木「まずは>>55さんからだね」

不二咲

苗木「超高校級のプログラマーの男の娘の不二咲さんかぁ」

苗木「>>58をしよう!」

Hなゲーム
処理できないなら↓で

苗木「ツイスター?」

不二咲「うん、モノモノマシーンで出てきたんだけど苗木君やらない?」

苗木「うーん、まあいいけど僕、やり方知らないよ?」

不二咲「大丈夫だよ、やりながら教えてあげるから!」

不二咲「あっちょっと苗木君、そこはダメだよぉ///」

苗木「ご、ごめん、でももうちょっとで届きそ、うわっ!」

不二咲「えっ、ぐぇっ」

体勢を崩した時、僕の肘が不二咲さんの首に突き刺さり不二咲さんを頃してしまった。
こうして僕は学級裁判で(ry

BAD END

苗木「せっかくの学園生活なんだからみんなと仲良くなろう」

苗木「まずは戦刃さんからだね」

苗木「よし、まずは超高校級の軍人でお姉ちゃん属性の残念に定評がある戦刃さんからだ!」

苗木「まずは話しかけてみよう!」

苗木「たくさん話しをしてしまった」

苗木「でも戦刃さんのことをたくさん知れたから良かったかな」

苗木「明日はどんな話をしようか」

苗木「今日もたくさん話しをした」

苗木「でも戦刃さんのことをたくさん知れたから良かったかな」

苗木「明日はどんな話をしようか」

苗木「今日もたくさん話しをした」

苗木「明日はどんな話をしようか」

苗木「明日はどんな話をしようか」

苗木「kょうも沢さんはなsをしta」

苗木「あしたはどんなはなしをしようか」

モニター『きょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょきょ』

苗木「うわあ、とうとう変になちゃったよ……」

戦刃「」ガクガク

桑田「どうしてこうなった……」

石丸「やはり各個人のアルターエゴが甘かったのでは?」

江ノ島「でも、うぷぷぷぷ」

不二咲「各個人のアルターエゴをつくってADV形式にしてつくらせてみたけど……、うん」

霧切「」

舞園「」

セレス「」

葉隠「」

朝日奈「……うん」

大神「うぬぅ……」

大和田「やべえのばっかじゃねえか!?」

不二咲「でも、かなりバグ入ってたみたいだし」

霧切「そ、そうよ、きっとバグだったのよ」

舞園「やだなあ苗木君私が苗木君に危害を加えるはずがないじゃないじゃないじゃないですか」

セレス「無残に殺される……アリかもしれませんわ……」

葉隠「でもバグって言ったら苗木の求愛もバグだべ?」

戦刃「……///」

苗木「あはは……、バグじゃあしょうがないよね……」

江ノ島「うぷぷ、ぷぷぷぷぷ」

苗木「…江ノ島さん?」

江ノ島「みんな気づかないとか馬鹿じゃないですか?」

江ノ島「苗木の愛と残姉の愛がみんなのアルターエゴをバグらせたんだよ!」

「「「「「ナ、ナンダッテー!?」」」」」

江ノ島「バグが始まる引き金になったのは二人が結ばれそうになった時……」

江ノ島「他にも何度もくっつきそうになってバグが発生した」

江ノ島「つまり二人の愛で超高校級の才能がやばい!」ズガッシャー

苗木「……」

苗木「……そっか」

苗木「じゃあ、戦刃さん、その、まずは話をしよう」

苗木「内容はそうだなぁ……」

苗木「告白が先か婚姻届が先か結婚指輪が先かウエディングドレスが先か教えてよ」

戦刃「あぅあ、うぅ…///」

朝日奈「苗木がバグりだした!?」

大和田「いいぞ苗木、戦刃も答えてやれよ!」

不二咲「ふたりとも、お幸せにね!」

\あははははははは!/

HAPY END

最初の予定では全部ハッピーエンドにしようと思ってたけどマジどうしてこうなった

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom