ダンロン☆マイエンジェル (430)

ひらりと舞い踊るダンガンロンパSS


※ダンガンロンパのネタバレあります
※1・2リロード終わってないよ!って人はゴーバック
※他作品ネタも稀によくあります
※というかタイトルが既にパロディ
※面白くなかったら1がダウン
※大天使=さくらちゃん
※堕天使=罪木ちゃん
※葉隠はスクールモードでサボってても許すけどな!


始まるよー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381845351

ここは希望ヶ峰学園!
希望しか溢れていない、むしろ希望まみれの素敵な学園!
そこで生徒達はのびのびと生活していた!



はずだった!



モノクマ「マジ暇っすわ」

モノクマ「あーあー、こんな事ならレッドエンジェルに貸し出した例のアイテム使えばよかったー」

モノクマ「………いや、まだあったかな………」

モノクマ「…あった!人間の肉体年齢を逆行させる特殊スプレーだっ!」

苗木「モノクマ、ボク達に話って一体何なんだ…」

日向「と言うか、何で俺達まで?!」

狛枝「君が何を企んでるかは知らないけど、とにかくボク達を外に出してもらって構わないかな?」

モノクマ「うぐぐぐ…」

モノクマ「う、うるさい!うるさいやい!」

モノクマ「オマエラなんかみんなこうだ!」


ぷしゅーーーーー


山田「ぴろりろりーん!こう言う時に聞こえる音っていうのはピンチの証です!」

豚神「言っている場合か、アホが…!」

葉隠「うー、段々眠くなってきたぞ?なにが起きてんだべ…?」

田中「くっ、もしやこれは…古の技術により蘇った、暗黒のヴェールでは…!?」

大和田「だめ、だ…もう、体に力が入らねぇ…っ」どさっ

花村「ふふ、ふ…ぼ、くの包丁は…いつでも…なんて言ってる元気もないや…」どさっ

苗木「くそ、っ…もの…く、ま…」






モノクマ「ふー、あとはみんなにしっかりとこのスプレーを吸い込ませないとね!」

ぴんぽんぱんぽーん♩

女子生徒のみなさん!
あれあれ?あの男子がいないぞ?
とか思ってませんか?
みんなは無事です!

無事に生きてる事には生きてます!

ただ、その姿が無事とは、限りませんけどね…!

とにかく体育館に行って見なよ!

絶望を見せてやるよ…!!






そして、始まる…!

舞園「ど、どう言う事…ですか!?」

終里「おい…どうなってんだよ!」

朝日奈「えーと、どうしたら、いいの…?!」

ソニア「わ、わたくしはこんなもの認めませんわ!」

地獄?のマイエンジェルライフが…!

そういえば妹様は出てくるの?
それとも残姉だけ?

そこにいたのは!

なえぎ「ば」
ひなた「ぶ」
こまえだ「う」

赤ん坊に変えられた生徒だったっ!


朝日奈「んぎゃんわいい!!」

小泉「今なんて?!」

セレス「しかし、困りましたわね…」

西園寺「わーん!こんなの日向お兄じゃないよぉー!もっと胸板がゴリラみたいじゃなきゃやだー!」

モノクマ「じゃ君達で育てれば?」

小泉「…は?ってあんた何?!」

モノクマ「うぷぷ、頑張ればスプレーの効果が早く切れて元に戻るかもよ?」

モノクマ「頑張らなかったらそのままー!君達とは年齢が離れちゃうね!」

モノクマ「え?ひとり成人してませんでしたかって?」

モノクマ「こまけぇ事はいいんだよ!アドバンテージとして成長はちょい遅いけど、ちょい大きめでスタートしてんだよ!」

モノクマ「とにかく始まるよ!」


ダンロン☆マイエンジェル
~私と彼と時々安価~

>>6
今回は妹様は運営側です
代わりに戦刃さんが変装なしで出ます

☆ルール☆

◯赤ちゃんに変えられた男子を元に戻す事が最終目標
(松田君なら今、私様の横で寝てるよ)

◯女子の行動は安価で決定
何事も安価で決定、安価で解決
連投での安価取りは基本2回まで、3度目以降は安価下か再安価とする

◯安価内容が不適切な場合は1ジャッジメントですわ

◯行動内容や結果によって、男子に成長度が溜まるとちょっとずつ成長していく
他、日数経過でも成長はとりあえずする

◯なおモノクマの説明にもあったが
葉隠はひとりだけ年齢のアドバンテージがあるため、スタート時点で成長している
ただし成長度が溜まりにくい仕様。ゲームだからね、仕方ないね

◯その他ルールはその時のフィーリングで都度修正変更をする

モノクマ「うぷぷ!子育てはかつてクイズで出来たもんだけど、今のご時世じゃ安価で子育てするんですって!」

モノクマ「便利な世の中になっ…あ、ちょっとまっ…」

江ノ島「あーあー、泣かないでってば、あはは」

江ノ島「早く成長してねぇー、そして私に殺されて欲しいな、松田君っ♩」





小泉「すっごい物騒な言葉が聞こえた気がしたんですけど…」

罪木「気にしたら負けですぅ…」

ひなた「ふえぇ…><」

セレス「あら…やはり彼らは既に、かなり幼児退行してしまっているようですわ」

終里「ひとりだけでけーんだけど食っていいか?」

はがくれ「」ガクブル

大神「ふむ…世話をすると言っても、まず我らは何をすればよいのだ…?」

罪木「そ、そうですねぇ…」


1まずはご飯ですぅ!
2下着のチェックですぅ、い、イヤラシイ意味はないですぅ///
3体調を確認しましょうか?
4そのほかですわ!

>>15

手堅く3

罪木「ま、まずは風邪ですとか、体調がおかしくなっていないか確認すべきですぅ…!」

戦刃「それなら私も、手伝う」

罪木「あれあれあれ?確かあなたは」

戦刃「……何?今回は盾子ちゃんに、こっちに入るように言われたから来たんだけど…」

霧切「………」
なえぎ「?」

霧切「ふう…苗木君は無事なようよ」

舞園(い、いつの間に体温計を!)

ペコ(霧切…侮れんやつだ…)


☆みんなで体調を確認する事にしました


くずりゅ「ぶーっ」

ペコ(ぼっ…ちゃん…///)

罪木「ひゃああ!辺古山さぁん!!」


☆男子の体調は万全みたいだよ!
☆ふ、ふふ…白夜様も無事みたいね…

くわた「ぴゃー!」

戦刃「?!」

西園寺「わぁ、なんかよくわかんないけど鳥みたいに鳴いてるよー!」けらけら

罪木「えと、えとえと…」

西園寺「はぁ、何してんのゲロブタ?」

おおわだ「……うー…」ぐうう

舞園「あれ、もうご飯の時間…ですか」

朝日奈「成長するにはまずご飯だよ!」

はがくれ「だべ!」

ペコ(こいつだけ明瞭な発声をするな…)

澪田「よーし、ここは唯吹が真心込めた料理をお見舞いするっすよー!」

セレス「…信頼出来ませんわ、私がお作りします、うふふ」

ソニア「腹が減っては戦は出来ませんわ!」

戦刃「どうしよう…」


1戦刃と辺古山の戦場クッキング
2セレスとソニアの優雅な料理
3澪田と腐川…やべぇ…
4そのほかでちゅ

罪木「ぜ、全員で行くわけにはいきませんしねぇ、男子の様子もみないと…」
>>22

戦刃と辺古山の戦場クッキング

辺古山「私が行こう、後は任せたぞ。罪木」

戦刃「待って。それなら私も一緒に」

辺古山「…分かっているのか?これは、遊びではないんだ」

戦刃「遊びじゃないのなんて重々承知。だから、私はみんなのために…」

辺古山「…そうだ、みんなのために…」


「美味しい料理を作る!!」


戦刃「あ、でも私、普段からレーションしか食べないから…」

辺古山「………そうか」


☆あはは!料理の判定だよ!
>>26のコンマ以下で判定するぜ!
今回はフツウな難易度!20~60で成功!
22・33・55・66は大成功だよっ!

ksk

☆ちぇっ、成功かぁ


【厨房】

戦刃「…赤ちゃんと言えば、何食べる?」

辺古山「そ、そうか…料理など作っている場合ではない…戦刃」

戦刃「わかってるよ、ここにある」

辺古山「容器は…あった、見つけたぞ。これで皆の分が作れるな」

戦刃「うん!」


☆そうだよね、赤ちゃんには料理じゃなくて…
☆まずこれを与えなければ意味がない



戦刃「出来た!」


☆ほんわか粉ミルクを手に入れた!

【体育館】


舞園「よかった…これでお粥とか作ってきたら絶望してました」

澪田「ぎ、ぎくぅ!?べべべ別に唯吹はそわなもの作ったりとかしないっすよ…」

たなか「」ちゅー
ソニア「はい、たくさん召し上がってください!」




そうだ「………」

小泉「ほら、いつまでそっち見てんの、こっちおいで左右田!」

そうだ「…」しゅん…


☆まずは皆の成長度が溜まったようだな…
☆これでからを破るのですね!ワンダフルですわ!

いしまる「…ふわあ…」

なえぎ「むー…」うとうと

罪木「ご飯を食べたらみんな眠くなっちゃったんですね?」

朝日奈「私も眠いよーっ!」


「そうだね、私も昨日徹夜でゲームしたから眠いよ…」


腐川「?! い、今何か聞こえなかった!?」

終里「気のせいじゃねーか?オレにも聞こえなかったんだぜ?」

澪田「うーん…おかしいっすね…」

大神「とにかくここは…」

1なえぎらと共に昼寝するか…
2今の声の正体を突き止めねばな…
3成長度の確認をするべきだな…
4子守唄っすね!任せてください!
5そのほかでもいいわ…
>>33

大神「今の声の正体を突き止めねばな…」

澪田「唯吹にも間違いなく聞こえたっす!幻聴じゃないっすよ!」

西園寺「って言っても声の正体なんてどこにいるの?だーれもいないよー?」



☆む!唯吹のカンが冴え渡るっす!
>>39のコンマ以下が
40以上でイベント!体育館にあの子が来るっす!
どうやってって?こまけぇ事はいいんっすよ!

☆…………?


澪田「あっれ?おかしいっすね…」

澪田「確かに唯吹の耳には、さっきまで声が聞こえてたんですけど…」


☆……イベント失敗っす
でも39の時間がすっごくキリがいいっすね!



☆キリがいいから、代わりに……
誰かひとりの成長度を増やしてあげるよ!
うぷぷ!ボクって心優しい科学の子だからさ!

誰にしようか?>>44

kskst

☆左右田君ね?左右田君でいいのね?

モノクマ「やあ左右田君」

そうだ「…ふぇ…」うとうと

モノクマ「ちょっと成長しやがれ!」

そうだ「??!」







しびびびびびびび!!








モノクマ「出来ました」

そうだ「そにあさーん、そにあさーん」

☆きゃぁぁぁぁしゃべったぁぁぁぁぁぁ

腐川「うぎぎ…なんであんな訳の分かんないのが成長すんのよ…!」

小泉「でもそこまでならまだ成長は早いのかもしれないわね」

終里「寝てる間にでかくなってたりしねーかなぁ…ふあああ…」

セレス「おとぎ話でもあるまいし…では、お昼寝させていただきますわ…」

ふじさき「すう…すう…」

こまえだ「…すーすー…」

やまだ「…ぐうかわ…」

とんがみ「むにゃむにゃ」

小泉「こりゃ可愛い…」


1寝顔はシャッターチャンス!
2起こしちゃマズイし、黙ってよっか…
3学校に何か使える物がないか探そうかな
4モノクマに交渉はできませんの?
5そのほかだ…

>>56

4

セレス「モノクマに交渉出来ませんの?」

小泉「と言うと…」

大神「成長を促進出来ないかどうか、か?」

辺古山「しかし相手は、坊ちゃん達をこのような目に合わせたモノクマだぞ」

腐川「ふ、普通に考えたら…」

霧切「でも、可能性がない訳ではないわ……」


☆ボクに交渉?馬鹿馬鹿しい
あれでしょ?どうせみんな喋れるくらいまで成長させて、とかでしょ?
そうだなぁ…


☆よし、>>62のコンマ以下が
奇数だったら考えてやらない事もない事もないよ?

うぷぷぷ

なんか調子が悪いべ…ガイアパワーが足りねーんだべ
と言うわけだから今日はここで一度中断だべ
明日はお昼寝終わりからだーよ
最初はそれなりに成長する予定だーよ
葉隠以外は

おやすみなさーい

その昔、子育てクイズ☆マイエンジェルってゲームがあったんすけど
誰か覚えてるっすか?

おはようございまむ

☆判定は失敗だね!うぷぷ!君達はこのゲームの難易度を上げたいの?
まぁ判定次第ではまた考えない事もないからさ、頑張りなよ!


アナウンス『ボクに交渉しようったってダメだよ!自分の力で育ててね!』

セレス「ちっ、先手を打たれましたか」

腐川「ほ、ほら、やっぱりダメなんじゃないのよ…!」

小泉「はぁ…過ぎた事をグチグチ言っても仕方が無いし、今はお昼寝するしかなさそうだね…」

罪木「で、でしたら皆さんはお昼寝をしていてくださぁい!」

霧切「眠りは成長のために必要不可欠な要素だもの、彼らをしっかり眠らせるしかないわ」

朝日奈「しっかりったってどのくらいお昼寝するの?」

ソニア「今が13時頃ですから…」


1手堅く2時間ほどですわ
2しっかりと4時間ですわ
3ぐっすりと6時間ですわ
4爆睡ですわ!8時間ですわ!
>>70

3

ソニア「我がノヴォセリック王国の基準では、ぐっすりと6時間ですわ!」

小泉「何の基準なのそれ!?」

戦刃「…悪くはないと思う、さっき食事も取ってるし」

罪木「で、ですけど、こんなに寝ると夜また寝れなくなりませんかぁ?」

終里「人間、やりゃあいつでも寝れんだよ!」

セレス「あなたが言うと説得力が皆無ですわね…」

終里「お、おう…?」


☆よーし!じゃあここから19時までお昼寝ですね!

☆エマージェンシー!エマージェンシー!
18時頃にイベントだよ!


にだい「うぎゃ…」

澪田「ぐうぐう…」

罪木「えへへ、日向さぁん…そこはダメですぅ…むにゃ…///」

にだい「うぎゃあああああ!」

澪田「」びくっ

罪木「」びくっ

西園寺「ふえ…な、なに?」

にだい「うぎゃあああああ!」

朝日奈「ああっ!すごい泣いてるよ!」

舞園「い、一体どうしちゃったんですか?!」

霧切「このまま泣いていると他の子が起きてしまうわ…」


1そうね…おしめかしら?
2もしかして…ミルクかしら?
3まさか…退屈なのかしら?
4あとは…何かあるかしら?(その他)
>>74

クソじゃぁ的に考えて1

再開すると思うよ!
プレイヤーがいるかどうかわかんないのに再開すると思うよ!

霧切「そうね…おしめかしら」

朝日奈「へっ?」

罪木「子供は何があっても泣くのがお仕事って言いますしねぇ、分かりました!」

戦刃「それなら私も手伝うよ、新しいおしめはこれ…」

小泉「あー、はいはい泣かないの!すぐ取り替えてあげるから…おしりふきない?」

にだい「うぎゃあああああ!」

終里「おっさん…こんなちっちゃくなっちまって…くそっ!」


☆どうやらおしめだってようですわね
☆これで安心してお昼寝出来ますわ!
☆まあ…時間的にお昼寝とは呼べないかもしれませんけど…ね

☆お昼寝おーわり!

霧切「もう19時なのね…」

たなか「してんのう!してんのう!」

ちゃんP「ちゅー」

朝日奈「ああっ!いつの間にか喋れるようになってる!?」

たなか「してんのう!してんのう!」

ソニア「うふふ、皆さんの頑張りのおかげですわ!」

そうだ「そにあさーん」

辺古山「だがまだ、一言二言と言うところか…」

くずりゅ「ぺこー」

辺古山「坊ちゃん…///」

なえぎ「きり……きり…ちゃ」

霧切「…霧切、と言いたいのよね苗木君」

はがくれ「じゅんちょーだべ!」

終里「オメーが一番順調だな!よし、早くデカくなってオレとバトってくれ!」

はがくれ「」ガタガタガタガタ

舞園「時間的に、もうすぐ夜ご飯の時間ですね」

西園寺「ふん!日向お兄にはさっさとおっきくなってもらわないと、楽しくないんだからさっ」

ひなた「さい…おんじ…」

西園寺「呼びにくそうにすんな!日向お兄のバカ!アホ!ガキ!便所コウロギ!」

朝日奈「よーし、夜ご飯だよね!何食べよっか!」

小泉「私達もそろそろお腹減っちゃったね」

そうだ「そにあさーん」

大神「なれば…」


1我が朝日奈と飯を作ろう
2ソニアと小泉、飯を頼むぞ
3罪木と戦刃、お主らに頼むか
4み、澪田と舞園?面白そうだな
5その他だ…

>>83

2

大神「ソニアと小泉、飯を頼んでもよいか?」

ソニア「もちろんです!わたくしにかかれば、お茶の子ぽいぽいですわ!」

小泉「あー、心配だよね!分かってる、私も着いてくから!」

大神「頼むぞ、ふたりとも」

そうだ「そにあさーん、おねがいしまーす」

【厨房】

ソニア「と威勢良く来ましたが、さてどうしましょうか?」

小泉「んー、まだ男子にはミルクでいいんじゃない?」

小泉「あー…でも左右田と葉隠はちょっとおっきくなってたから別メニューでもイケるかな、うん」

ソニア「ええ、あの子は成長が早いのですね」

小泉(さすがに子供の左右田なら、ソニアちゃんでも構いたく…)

ソニア「葉隠さん、と言いましたっけ!あの髪型と言い、都市伝説のようですわ!」

小泉「」


☆小泉とソニアの料理判定ー
今回は難易度フツウな判定だよっ
>>89のコンマ以下が
30から70の間で成功!
33・55・66・77は大成功だよ?クスクス

それも違うよ

☆この食材を使いましょう!


小泉「そ、ソニアちゃん、何それ…?」

ソニア「ご存知ありませんか?ジャガイモの一種なのですが…」

小泉「ご存知あげないなぁ、そんな変な色の食材…」

小泉(紫色じゃん…サツマイモかと思ったら全然違うしなにこれ…食べれるの?)

ソニア「そんな…!我が国では非常にポピュラーな食べ物なのですよ!」

小泉「そ、そうなの?」




☆この食材で料理を作って見たよ…
☆ミルクはそのままですわね
☆あとは私達の分と、左右田達の分か…はあ…



☆【よく分からない丼】が出来た!
☆【紫おいももち】が出来た!

ソニア「というわけでいももちを差し上げましたが」

そうだ「」
はがくれ「」

小泉「…動かなくなった…」

西園寺「こ、小泉おねぇが作った丼なら何でも食べれるよ…」涙目

小泉「ご、ごめんね!日寄子ちゃん!無理して食べなくていいから!」

セレス「やり直しですわね」ガチャン

朝日奈「な、なにこれ?!なんか得体の知れない臭いがするよ!洗ってない犬みたいな!」

腐川「ふ、ふふ…どうせこんなものが私にお似合いって事でしょ?分かったわよ…た、食べるわよ…」

戦刃「美味しいけどなぁ」がつがつ

終里「だよなぁ」がつがつ

はなむら「ぬがー!?」←臭いがダメ

とがみ「………」

小泉「…な、何よ…」

とがみ「ぐみんが…」

小泉「わーかったわかったミルクね!ミルクでしょ!」

とがみ「………」

罪木「夜も深まって来ましたねぇ」

舞園「そろそろお風呂にしましょうか?」

くわた「」がばっ
はなむら「」がばっ

そうだ「」がばっ

小泉「うわ、元気になった」

こまえだ「きぼう…きぼう…」

霧切「そう、あなたにとって混浴はきぼう、なのね?」

こまえだ「…きぼう!」ぱぁぁ

セレス「ではお風呂に入りますか?」

朝日奈「でもさ、時間的に寝ちゃって、また明日改めてお風呂でもいいんじゃないの?」

澪田「あははー…ぶっちゃけ唯吹も眠かったりするっす…」

西園寺「それならさー」


1朝日奈おねえの言う通りにしよっか、今日は寝よう
2セレスおねえの言う通りだよ!お風呂!
3蟻たんみたいな男子と遊んでもいいんじゃない?
4ここいらで成長チェックとか?
5その他だよー!くすくす!
>>100

2

西園寺「やっぱりセレスおねえの言う通りだよ!お風呂はいろー!」

小泉「大浴場は使っていいのよね、モノクマー!」

アナウンス『あ、松田君から手が離せないんでアナウンスで失礼しますね』

アナウンス『校内の全施設は開放しておいたんで好きに使ってください』

アナウンス『ただし玄関、てめーはダメだ』

セレス「ふふっ、では私達は大浴場に行きましょうか」

小泉「ほーら、みんな行くよー」

こまえだ「きぼう!」

なえぎ「ろまん!」

ひなた「まろん!」

くわた「さやかちゃ!」

舞園「あっ私ヌードは事務所NGなので水着で失礼しますね」

くわた「」

朝日奈「なら私も水着にしよっかな?えへへー」


☆温泉判定、ですか?
>>104のコンマ以下が偶数でラッキースケベだってよ!ところでラッキースケベってなんだ?

それに賛成だ!

【大浴場】

舞園「広いですねー!」←水着

大神「ああ、この人数で来ても問題ない程には広いな」←水着

はがくれ「ひろいべー!」ぺちゃぺちゃ

小泉「あー、こら葉隠!まず体洗いなさいっての!」←パレオ風の水着

そうだ「ひろいなー!」ぺちゃぺちゃ

小泉「左右田!あんたも!」

こまえだ「きぼう…は…」

小泉「そんなに走るとー…きゃっ!?」


こまえだの幸運が発動した!

小泉の胸の部分の紐が取れた!


小泉「………ちょっ!!///」

こまえだ「oh…」

終里「ん?なんでオメーら、そんなもん着て風呂に入ってんだ?」←ZENRA

こまえだ「!!」

ソニア「ああっ!うっかりわたくしの体を覆うタオルを落としてしまいました!」

こまえだ「!?」

ジェノ「ついでに私も体の汚れとタオルを落としてしまいましたーん!」

こまえだ「?!?!」

ジェノ「オメーじゃねっつの!見てください白夜様あああああ」

とんがみ「ぐみんが…」

とがみ「…」←間違われてショック

☆こまえだにラッキースケベ

☆いろいろあったけど…なんとかお風呂は入れたっすねー
☆こまえだが倒れてたのは何でだ?のぼせたのか?


セレス「うふふ、いいお湯でしたわね」

辺古山「坊ちゃんのお体を洗えて幸せです」

くずりゅ「ぺこ!ぺこ!」

罪木「えとえと、皆さんの現在の状態なんですけどお…」



☆成長度
0:初期値がここ。ばぶー
1:生徒のほとんどが今ここ。一言喋れる。
2:葉隠の初期値。左右田もここ。立てる。
3:???



罪木「わ、私が確認した感じだと、今はこんな感じですぅ…」

ソニア「ありがとうございまする、罪木さん!褒めてつかわします!」

霧切「とにかくどんどん成長させる事が大切ね…」

澪田「んじゃ、寝るっすか?」


1寝よう寝よう!
2謎の声の正体はいいのか?
3最後に体調確認しますぅ
4そのたですわ
>>111

1

朝日奈「寝よう寝よう!」

澪田「そっすよねぇ…ふわあ…」

小泉「もしかしたら夜中、泣くかもしれないし…」

罪木「ふゆぅ…そ、そうなったら、私が何とかしますからぁ!」

霧切「何とかって何…?」

終里「とりあえずぶっとばすんだろ?」

にだい「くそじゃぁぁぁぁ!」

西園寺「弐大おにいがおもらしだよ、ゲロブタ!」

罪木「は、はぁい!今やりますぅ!」

戦刃「…じゃあ、お言葉に甘える…」

舞園「おやすみなさーい…」

なえぎ「まい…ぞのさ…ん…」



☆1日目終了
お疲れ様です!

☆エマージェンシー!エマージェンシー!
イベントだよ!




いしまる「うわぁぁぁんっ!」

戦刃「…う…今は、一体何時…?」

罪木「ふゆぅ…限界ですう…」

戦刃「あれは、罪木さん…?」

戦刃(まさか本当に、ひとりで夜泣きを抑えていた?)

罪木「石丸さん…泣かないでくださぁい…」



戦刃(…何か、嫌な予感がする…なんだろう、原因は分からないけれど)

戦刃(根拠がないのに嫌な予感だなんて言うのは、あんまり言いたくはないんだけどな)

戦刃(今起きているのは私だけ…かな?どうしよう)



1見過ごそう。罪木さんなら大丈夫だよ。
2気を抜けない。ちょっと観察する。
3気になるから誰かに相談しよう。
4反射的に体が動いたよ。
5その他かな。
>>116

4

苗木がすでにジゴロなんですがそれは

>>119
だって中身はそのまま小さくなってんだからしょうがないじゃーん!
うぷぷ

戦刃(どうしよう、と思ってたら…)

戦刃(反射的に体が動いたよ)


ぱしぃっ!


罪木「ふぇ?」

戦刃「…これは何、かな?罪木さん」


戦刃(罪木さんの手には…)


戦刃(>>124が握られてたんだ)

苗木君の右手(分かるよね?)

戦刃(…罪木さんの手には、苗木君の右手が握られてたんだ)

戦刃「」いらっ



戦刃「何をするつもりだったのかな、罪木さん」

なえぎ「すう…すう…」

罪木「はわわっ!いや、な、何もしてないですぅ!」

罪木「ただ私はその、バイタルを確認したりだとかそういった事をしてたんですぅ…」

戦刃「………」


戦刃(苗木君の呼吸が乱れている様子はないね…何かされた可能性は低い)

戦刃(このまま信用してもいいのかな…)


1やっぱりナニかしてたよね?ボディチェックするよ
2信用ならないね、苗木君のチェックをするよ
3信用…してみよう。一緒に寝るよ
4なんだ、なら安心だね。私は寝るよ。
5その他だよ。舞園さんや霧切さんが起きるかもしれないよ。

>>130

3

戦刃「…分かった、その言葉を信用してみるよ」

罪木「あ、ありがとうございますう…」

戦刃「…一緒に、ねよっか」

罪木「ふぇ?」

戦刃「罪木さんと、私。一緒に」

罪木「はわわ!い、いいんですかぁ!?私みたいなのが戦刃さんと…!」

戦刃「構わないよ。一緒に寝よう」



☆悪いフラグは回収されたみたいだね
☆よかったよ、フラグが立たなくて
☆私の出番はいつ…かな?

☆マイエンジェル2日目



いしまる「うわぁぁぁんっ」

小泉「うう…っ、お、おは…よ…」

いしまる「…うむ!」

小泉「朝になったから泣いて起こすとは…石丸恐るべし…」

澪田「おはようございまむー!」

終里「全員ピンピンしてんな!」

にだい「ぬうっ!」

そうだ「おはようございますそにあさん」

ソニア「おはようございます、田中さん!」

そうだ「」

たなか「ふはははは!」

朝日奈「おっはよー!みんな朝から元気だねー!」

大神「我らは一足早くジョギングを終えたところだ…」

腐川「ぎぎ…ま、まだ白夜様は元に戻らないの?」

とがみ「ぐみんが…」

西園寺「うわーん!まだ日向おにいが小さいー!」

ひなた「ばーろー」

セレス「とにかくまずは…」


1全員の体調確認をすべきですわ
2朝ごはんですわ
3おしめを確認いたしますわ
4その他ですわ
>>137

1

セレス「全員の体調確認をすべきですわ」

戦刃「それに賛成だよ」

罪木「むにゃむにゃ…ひゃあん、そこはだめですぅ…///」

戦刃「罪木さんが夜中までみんなの管理をしたとは言え、一分一秒が仇になるからね」



☆ジャジャーン!ここでイベントです!
何が起きるかは分かりませんが、とりあえず誰か男子をひとり選択してください!
そのあと判定があるよ!
さあ、>>142クンに決めてもらおう!

なえぎ

☆なえぎクンだね!


戦刃「…うん、みんな元気だったよ」

舞園「罪木さんが頑張ってくれたおかげです」

ソニア「今は寝かせておいて差し上げましょう…」

終里「な事より腹が減ったんだけどよー」

はなむら「りょーり!」

朝日奈「作れないでしょ、今のあんたじゃ…」

戦刃「あとは…苗木君か」


☆なえぎイベント判定ー
コンマ以下で決まるよー!
10から40→苗木風邪を引く
41から70→苗木がはらぺこ
71から90→苗木ちょっと大きくなる
91から09→苗木が元に戻る
00→苗木が元に戻るが記憶喪失

>>147クン!ばしっと頼むよ!

破ァッ!

☆53だったね
☆はらぺこイベントだぜー!ひゃっはー!


なえぎ「ふえ…」

戦刃「苗木君、ちょっと体調確認を…」

なえぎ「ふえぇぇぇぇん…」

戦刃「」きゅんっ
霧切「」きゅんっ
舞園「」きゅんっ

小泉「きゅんっ、としてる場合じゃないでしょっ!…どうしたの苗木?」

なえぎ「ふえぇぇぇぇん」ぐううう

朝日奈「…あ!苗木、お腹空いてんだ!」

終里「オレもはらぺこだぜ!」

はがくれ「おれも!」

たなか「たね!たね!」←ひまわりの種を炒って四天王にあげたい

舞園「なら私が料理を作ります」
霧切「今日の料理は私がやるわ」
戦刃「大丈夫、ここは私に任せて」

舞霧戦「………!」

大神「ほう、お主ら仲がいいな」

澪田「みんなで作りましょうよ!」

舞園「いいえ!」

霧切「ここは!」

戦刃「私が!」


小泉「どうしたんだろ、あの3人」

西園寺「大変だね、苗木おにいも」

おおわだ「ちっ…」

腐川「ふ、ふん…あんた達…揉めるのはやめなさいよ…」



1ここは舞園に任せましょう
2霧切…あんたの料理が見たいわ
3い、戦刃…あんた料理出来るの?
4ふ、ふふ…私がやるわよ
5そ、その他よ…何よ!
>>153

3

腐川「い、戦刃…あんた、料理出来るの…?」

戦刃「任せて欲しい。私は…」

戦刃「現地にいる虫を美味しく煮付ける方法を教わってきた女だよ」

腐川「それが信用ならないのよ!」

小泉「まどろっこしいなぁ!アタシが作って」

戦刃「だめ!それ、なら…」

戦刃「やってくる。私が…みんなの料理を作ってくるよ」

セレス「昨日のような料理は勘弁願いますわよ?」

ソニア「まあ…昨日の料理の何がいけませんでしたか?」

終里「うまかったけどなぁ…」


☆それっ!料理判定!
今回は難易度イジワルだよっ
>>158のコンマ以下が
20から55の間で成功!前後10までは失敗だけどなんとかなるよ?
それ以外は…うん

そぉい

??「激アツだべ!俺のアースパワーが激アツだべ!!」


☆今判定変えてもいいけどさ、あとから何かあっても知らんよ?
ボクは知らんよ?

☆安価を受け入れる
でいいっすか?
いっちゃっていいっすか?




戦刃「辺古山さんと一緒にご飯も作ったし、出来るはずだよね」

戦刃「えーと、粉ミルクはどこだっけ?」

戦刃「あれ、お湯の温度は何度だっけ」

戦刃「それにみんなの分の料理が上手く行ってないなぁ」

戦刃「な、苗木君はこれで満足してくれるかなぁ」



江ノ島「残姉ちゃんすぎて見てて辛いわ…」
まつだ「うるさい」
江ノ島「えへへ、可愛いなぁ松田君は!」
まつだ「…ぶす…」



☆【ちょいぬる粉ミルク】が出来た!
☆【なにかの煮付け】が出来た!

戦刃「苗木君。これを…飲んで欲しい」


☆判定はギリギリアウトでした



なえぎ「??!」

罪木「苗木さぁん!?だ、大丈夫ですかぁ?」

なえぎ「うぇぇ…」

戦刃「しまった!苗木君からの印象が悪くなったみたいだ…」

腐川「こ、こっちの印象も悪いわよ…!」

終里「美味いのになぁ」バリバリ

西園寺「ちょっ、こ、これなんの煮付けなのぉ?!戦刃おねえ!?」

セレス「これはひどいですわ」ぽいっ

はなむら「うぐぅ…」←自分が料理したい

霧切「やっぱりあなたじゃ苗木君には相応しくないわ…」

舞園「霧切さんこそ、苗木君には相応しくありません」

戦刃「くっ…戦線離脱…」

澪田「さて、午前は何をするっすか?」

大神「であれば校内を散策し、男子らの気分を解消してやればよいだろう」

朝日奈「へへー、楽しそう!行きたいー!」

辺古山「なれば私は坊ちゃんと…」

くずりゅ「ぺこ、ぺこ」

霧切「私は苗木君t」

舞園「行きましょう、苗木君!」だっこ

なえぎ「ワーイ\(^o^)/」

霧切「………ちっ……、なら私は…」

霧切「>>170と散策するわ」
なえぎ・くずりゅ以外で選択!

田中

霧切「そうね、田中君と散策するわ」

ソニア「おー、霧切さんは見所がありますね!」

たなか「してんのう!してんのう!」

ちゃんP「ちゅー」

霧切「ええ…彼と共にいれば、風が騒ぎそうだから…」

ソニア「それは田中さんの力による自然現象なのです!」


そうだ「そにあさーん」

小泉「左右田ー、こっちおいでー」


☆散策イベント発生!

霧切「田中君は随分話せるようになったわね」

たなか「ふはははは!」

ちゃんP「ちゅー」

霧切「そうね…どこに行きましょう」

たなか「ぶつりしつだ!」

霧切「…ええ、私もそこがいいと思っていたの」

たなか「ふはははは!」


そこで私は、田中君と一緒にすごしたわ…。


☆散策イベント判定
>>179のコンマ以下が49以上で田中がかなり成長

なかた

☆私は田中君と過ごしたわ…

霧切「…特に出入り口みたいなものもないわね…」

霧切「脱出は出来ない、あなた達をすぐに戻す事も出来ない…」

霧切「私は…」

たなか「」すくっ

霧切「?!た、田中君…」

たなか「うろたえるな!」

霧切「!」

たなか「まりょくが…たりない、お、おきく…なれない」

霧切「…そうなるわ」

たなか「だが、きさまのどりょく、しっているぞ」

霧切「!」

たなか「ふはははは!」


☆田中君がちょっと成長したわ
ランク2になったわね

☆1日経過で全員の成長は進んでますぅ
☆だが坊ちゃんはまだランク1だ…どうなっている…


澪田「まだまだ時間はあるみたいっすよ!」

くわた「やきゅう!」

大神「止めておけ、死ぬぞ」

はなむら「りょーり!」

西園寺「だから出来ないって言ってんじゃん!」

はがくれ「うらなってやるべ!」

終里「よし分かった!オメーは何となく悪いヤツだ!」

舞園「苗木君、次はどこに行きますか?」

なえぎ「しょくぶつ!」

セレス「ふふふ、では…私は」

セレス「>>189と散策いたしますわ」

なえぎ・くずりゅ・たなか以外で選択!

ヤスヒロ

やすひろがやすひろ把握

今日はアースパワーが尽きたのでここまで
またあした!おやすみだべべ

復活そしてだらだらと今日も再開
おはようございまむ

セレス「では私はどなたかと散策」

はがくれ「」ぴたっ

セレス「…あら?」

終里「待て…オメーは何となく生かしておいちゃいけねぇ気がするんだ!」

はがくれ「えええ…」ガクブル

終里「よく分かんねーけど、オメーからはあのモノクマのやつとおんなじニオイがするぞ!」

セレス(終里さんが葉隠君を何故か執拗に狙っていますわ)

セレス(彼の悪行を考えれば当たらずも遠からず…確かに生かせば後々の憂いになるのでしょうけれど)

セレス「…ふう…致し方がありませんわ、ご一緒しましょう…葉隠君」

ひょいっ

終里「あ、おい!オメー!そいつをどこに連れてくんだよ!」

セレス「どこだと思いますか?うふふ…」

小泉「もー、赤音ちゃん!あんまりイジメないでよ、かわいそうでしょう?男子が」

やまだ「ごほうびでしゅうぅぅぅ」

罪木「こ、この子の笑顔が怖いですぅ?!」

舞園「この子供のうちに、苗木君に私の事をしっかり刷り込んでおけば…」にやにや

なえぎ「?」

辺古山「その手があったか…!」

くずりゅ「?」

霧切「なるほどね、イベントが起きた時に【場所や行動の選択】をちゃんと出来れば
【原作とは違う性格に育つ可能性がある】のね…」

澪田「誰向けの発言っすかそれ?!」



終里「な事よりそいつをどうする気なんだよ!」

セレス「いちいち答えなければなりませんか?」

終里「納得がいかねぇからな…!」

セレス「はあ…致し方がありませんわね」


1教室で今の内に教養をつけます
2娯楽室にて気分転換を図って参ります
3植物庭園であーすぱわー注入だべ!
4その辺を適当にぶらぶらしますわよ
5そのただべ、場所指定だべ
>>195

4

ちゃんと出来れば違う性格に育つとはww

>>196
分かりやすい例だと、
今の選択肢で1を選べば
もしかしたら頭のいい葉隠になる…かもしれない
2を選べば
もしかしたら危機察知能力が高い葉隠になる…かもしれない
のように変わっていきます
これぞ!ダンロン☆マイエンジェルの醍醐味よ!ふはははは!

セレス「私は彼と、ただその辺を適当にぶらぶらとおさんぽするだけですわ」

終里「さんぽだ?おい、そんな事言ってオレから逃げんじゃねぇだろうな…?」ゴゴゴゴ…


セレス「あら、恐ろしいオーラだこと…行きますわよ、葉隠君」←担いだ

はがくれ「ひぃぃ!ちょ!たかい!」

すたこらさっさ

終里「待てよ!オレはまだ納得してねーぞ!」





セレス「と言うわけで何故か葉隠君を連れて逃げて来てしまいましたわ」

はがくれ「…どーするべ」

セレス「ふう、そうですわね…」


☆さあ、安価スレの醍醐味であるフリー安価だよ
もちろんセレスさん達に関係のない安価内容でも歓迎さ!
ボク達に希望を見せてね!…さて


☆このあとどうなる?
>>202

葉隠を従順になるように教育

☆君達もダンロン☆マイエンジェルの真髄に気付いてくれたんだね!嬉しいよ!
早速調k…じゃなかった、正しい教育をしないとね!



【教室】


セレス「と言うわけで葉隠君は私に従順になるようにしつけていきます」

はがくれ「へ?それって…どういう…」

セレス「覚悟しやがりなさい」にっこぉ

はがくれ「」


☆葉隠判定
>>204のコンマ以下が
40以上で成功、成長+素直になる
80以上で大成功
39以下だと失敗、成長するが反抗的になる

とう

夜の部はっじまっるよー

セレス「かくかくしかじかですわ」


☆私のマイエンジェルになるようにしつけました
☆結果は…



はがくれ「なんなんだべ!オメーおかしいっての!こんなのやってけるわけがねーべ!」



☆あら?私に反抗的になりましたわ
☆おかしいですわね、そんな風に教育をしたつもりはありませんが…


☆っていつの間にか大きくなってますわ
☆葉隠君がレベル3に突入しましたわ



成長レベル
2:葉隠の初期値。立てる。

3:幼稚園卒園位のレベル。性格矯正はお早めに



☆このまま戻りますわ

☆お昼だよー!プークスクス


罪木「はぁい、みなさん!お昼ですよぉ」

西園寺「昨日からロクなもん食べてないからお腹ペコペコだよー…くすん」

霧切「………」

朝日奈「もっと食べたいよね!ドーナツとか!」

ソニア「いいえ!ここは麺料理が好ましいですわ!」

小泉「はいはい!落ち着いてよみんな…」

こまえだ「きぼう…」

戦刃「昨日のご飯も今日のご飯も美味しかったのにね、おかしいな」

☆今日は誰にご飯を作ってもらう?
最大2人まで指名出来るぞ!
>>215

きりぎりさんとまいぞのさん

小泉「あー…響子ちゃん、さやかちゃん」

舞園「分かりました、食堂に行きますね」

霧切「…ふう、なるほどね」

小泉「ん?アタシまだ何にも…」

舞園「エスパーですから」

霧切「…という訳よ、早速調理にかかるわ」

罪木「ふゆぅ…え、エスパータイプがふたりもいるんですかぁ?」

くずりゅ「ぺこー」

辺古山「はっ、私ならここに…」

やまだ「にじげん!にじげん!」

西園寺「じゃあ漫画本でも食べてればー?」

そうだ「そにあ…さ…」


☆料理判定だよー
難易度はヤサシイ
>>219のコンマ以下が20から80の間で成功!みんな成長するよー

なーんかコンマ的に嫌な予感が

おいwww難易度ヤサシイで外れるってどんだけ十神財閥に呪われてるのこのスレはwww
ダベミちょっと悩むよ

【厨房】


霧切「そうね…今日は私に任せて、舞園さん」

舞園「いいえ、霧切さん!私に任せてくださいよ」

霧切「いえ、私にも料理が出来ると言う事を…」

舞園「アイドルの手料理ってものをみなさんに…」


☆ふたりがおはなししながら料理をした結果




霧切「」
舞園「」



☆【もうどうにでもして鍋】が出来た!
☆【イマイチなミルク】が出来た!
☆【精神崩壊パン】が出来た!




霧切「…ねえ舞園さん、このパン…」

舞園「……知りません」

霧切「あなたどうやって料理して」

舞園「知りません」

☆いただきます


小泉「」
西園寺「」
澪田「」
セレス「」
朝日奈「」
大神「」拳を天に突き上げ昇天


戦刃「さすがにこれはちょっと…」
終里「オレもつれーぞ…」

霧切「ゲテモノ食いのふたりにまで否定されたわ…」

舞園「あ、愛があればラブイズオッケーですよ!」


なえぎ 「」
こまえだ「」
ひなた「」
そうだ「」
やまだ「」
たなか「」


霧切「これのどこがラブイズオッケーなのか聞かせてくれないかしら」

舞園「」

☆成長レベルチェック

男子のほとんどがレベル2に成長した!
左右田がレベル3に成長した!

2:葉隠の初期値。立てる。

3:会話がそれなりに出来る。性格矯正はお早めに。


☆男子全員に【女性不信】が付いた!

☆全員ダウンしていたのでお昼の自由行動はなくなった…



澪田「うぐぐ……まだお腹でロックフェスが開催中っす……」

罪木「うう…お薬は用意しましたけど、そんなに早く治ったりはしませんしねぇ…」

霧切「…以後、気をつけるわ…」

舞園「すみませんでした…」

終里「せめて食えるもんにしてくれ…頼むからよ…」

澪田「………?」

腐川「な、なによ澪田…いきなり頭を上げて…」

澪田「やっぱり、なんか聞こえるっす……」


☆そろそろ私の出番…かな?
>>236のコンマ以下が30以上なら私にも…出番がくるかもしれないね

ほい

☆…ようやく、だね


パアアアアアッ


☆その時不思議な事が起こった!


「ふう…ようやく来れたよ、時間がかかっちゃってごめんね、みんな」

澪田「あ、あれ?これって唯吹の見間違いっすか?」

腐川「そ、それなら私にも見えてるわよ、幻覚が…」

舞園「あのよくわからないパンがいけませんでしたね…」

小泉「そう、だよね…だってあの子が【ここにいるわけない】もん…」

「それは違う…と思うよ」

七海「私は…ここにいるよ」

七海「細かい事は言えないけど、とにかくみんなのために実体化したんだ」

七海「ゲームで言うお助けモード、とか言わないでね…それってメタメタしいから」


☆ここからは私も参加するよ
☆1日に2回まで、コンマ判定を安価上下のどちらかにズラす能力があるよ
☆よろしくね

七海「って言っても…」

罪木「か、感動の再会を喜びたいんですけどぉ…」


やまだ「」

朝日奈「嫌だよ…山田!ねぇ!死なないで!」

くずりゅ「」

辺古山「坊ちゃん…今、お側に参ります…」

はがくれ「」

セレス「ちっ、まだ生きてやがる…」


罪木「とご覧の有様ですぅ…」

七海「うーん………それなら」

七海「私は今の時間、>>245と散歩に行ってくるよ」

ひなた

七海「それなら私は日向君と散歩に行ってくるよ」

ソニア「そ、それは名案ですわ!残念ながらわたくし達は今、ダウン状態なのです…」

七海「…日向君も元気がないね」

ひなた「おまえ、ななみ…なのか…」

七海「ちっちゃくなった日向君も可愛い…と思うよ」

ふじさき「ななみちゃん…」

七海「なんだか呼ばれたけど今は日向君と散歩に出かけるんだ。ごめんねお父さん」

小泉「ほんとごめんね、アタシ達がこんなんで…」

七海「ううん、そんな事ないよ。さて…」


☆これから日向君とどうしよう?
>>251

前身舐めまわ透

七海「…よし、そうだ今こそアドベンチャー」


【大浴場】
※七海さんはもちろん水着です




七海「日向君の全身を舐めまわしてみよう」

ひなた「」びくっ

七海「大丈夫だよ、ひゃくれつなめの練習するだけだから」

ひなた「な、ななみ…やめてくれ…」

七海「ほんとだって、何もしないから…」


☆判定…しよっか…
>>262のコンマ以下が
20以下だと日向君の育成が難易度ゼツボウだよ
と言うかマイエンジェル企画自体終わりかねないよ!助けてマイエンジェル!

き、希望は前に進むんだよ…

七海「ひゃくれつなめ!」

べろべろべろっ!!

ひなた「」ぞくぞくっ

七海「ふふふ、日向君のありとあらゆる場所を舐めまわしてみたよ」

七海「これはさすがの日向君も」

ひなた「……なみ…」

七海「ん?」

ひなた「……ぐす…っ、かえれ…よ…」


ひなた「帰れよ!」

七海「…え?」

☆GAME OVER


ひなた「ど、どうせお前はおれをゲームか何かだとでも思ってんだろ!」

日なた「小さい体だから何をしてもいいと!」

日向「それは違うぞ!」

日向「俺はもう…女には心を開けない!七海、帰ってくれ!!」


☆Oh…
☆日向君の育成に失敗しました
☆元の大きさには戻ったけど女性不信がマックスですわ


七海「あと日向君の日向君も丸見えだと思うよ」

日向「いいから帰れよ!!もう!!」

七海「さすがに自分の判定を移動させる事は出来なかったよ、なんせ私の行動だからね」

江ノ島「しかたがないよね」

まつだ「ひどいありさまだな」

七海「なんとかならないかな」

江ノ島「答えはノーだ、現実は非情である」

七海「えーと、【成長が進めば進むほど性格矯正は難しくなる】…んだって」

七海「あとね、下手したら日向君は人間不信にレベルアップしてる可能性もあるよ…」

江ノ島「それもこれも安価を外すオマエラが悪いんだぞ」

七海「せっかく来てもらってるのに人のせいにしちゃだめだよ」

☆そんなわけで夕方の行動だよ


日向「寄るな…俺に近寄るな、誰も近寄らないでくれ…」ぶつぶつ

小泉「日向が元に戻ったけど中身がおかしくなっちゃった…」

西園寺「うん…あんなの日向おにいじゃない…胸板だけはゴリラだけど」

朝日奈「もう!みんな暗いなぁ、私なんか走りたくて走りたくて仕方が無いよ!」

辺古山「体調はもう大丈夫か、朝日奈」

朝日奈「うん!もちろん!」

朝日奈「よーし!これから>>284と散歩に行こう!」

はがくれ

朝日奈「よーし!ここは(どうせ安価が失敗するだろうし生贄にするためにも)葉隠と一緒に散歩に行こう!」

はがくれ「」びくっ

朝日奈「もう!なんでそんなに嫌がってるの!?」

はがくれ「だ、だべ…」汗だらだら

七海「女性不信のステータスが効いてるんだと思うよ…?」

霧切「一体誰のせいかしらね」

舞園「誰のせいでしょうね」

朝日奈「んじゃ一緒に行くよ!ほら、葉隠!」

はがくれ「すなおによろこべねーべ…」

☆うんうん、これから一緒に>>290しようか!

デ-ト

朝日奈「そんじゃさ葉隠、その女性不信のステータス治すためにも…」

七海「それならデートがいいと思うよ」どやぁ

朝日奈「…ほえぇっ?!わ、私が葉隠とデート?!」

はがくれ「ろこつに引いてるべ!つか引くならさそうなって!」


☆デート判定
>>298のコンマ以下が
70以上なら大成功で女性不信が消える
20以下なら大失敗でゲームオーバー
なお44と99はスレ一発終了

とう

☆葉隠は安価に救われる運命の持ち主
なんでだろうなんでだろう

☆え?コンマ判定ズラしてスレ終わらせたいって?
ちょっと!君達は鬼かい!悪魔かい!

朝日奈「え、ええっと…葉隠が好きそうなところに行けばいいんでしょ?」


【植物庭園】


朝日奈「あんたが好きそうな、って言うとここしか思いつかないよ」

はがくれ「あーすぱわーがみなぎるべ!」

朝日奈「…ん?なにそれ」

はがくれ「こう、なんつか…てんのめぐみなんだ。これでたいようがホンモノならなぁ」

朝日奈「日光浴?」

はがくれ「ちげーって!」

朝日奈「…よく分かんないけど、そのあーすぱわーがあればいいんだね!」


☆葉隠は満足したようだ
☆バッドステータスの【女性不信】がなくなりました!
☆ふゆぅ…は、葉隠さんはもうすぐランク4になるかもしれませぇん
成長しにくい設定のはずなのに…なんでだろうなんでだろう…

☆もういっかい夕方の行動!

さて、誰が散歩に行く?
まずは好きな女性メンバーを選択!
朝日奈以外でどうぞ
>>311

澪田

澪田「うひょー!なんか元気爆裂してきたっす!さっきまでの憂鬱が嘘みたいっすね」

罪木「お、お薬が効いたんですよぉ、お大事にしてくださぁい」

大神「むう、不覚…だった」

澪田「唯吹も次はこうはいかないようにするっす!マジで気をつけないと、一寸先はブラックホールっすね!」

☆さーて!唯吹は>>317と散歩に行くっす!
康比呂ちゃん以外でお願いしまむ!

そうだ

澪田「和一ちゃんっす!和一ちゃんにすべきとMAREさんが言ってるっす!」

小泉「DARE?」

はがくれ「DABE?」

澪田「乗ってくれたのは嬉しいっすけど薄ら寒い…」

そうだ「それをオメーが言うなよ!」

七海「気をつけてね、色々と…澪田さん」

澪田「うっひゃー!分かってますって!」

☆和一ちゃんと>>324するっす!!

ところでクイズはまだっすか?

キカイイジリ

>>321
やっぱり本家マイエンジェル風にクイズしたいっすか?

澪田「和一ちゃん、大好きなキカイイジリするっすよ」

そうだ「いじるっつっても、今のおれじゃ…」

澪田「ドントフィール、シンクっすよ!」

そうだ「ぎゃくだろ!」

☆左右田判定
>>330ちゃんのコンマ以下が
70以上で大成功!女性不信消える+α
20以下で大失敗…ゲームオーバーっす
なお44と99は一発終了っすよ

フン

しゅーーーーりょーーーーーーーっ!!




え?
いや、え?
マジっすか?
え?え?
マジ終わりっすか?


3終わり。現実は非情である。

☆ええと…



結果…みんな女性不信で試合終了



おつかれさまでした
終わると言ったからには終わりです
くうつか

いやマジでどうします?
あんな風に書いたけどそらあんた、こんな早く終わるなんて思ってませんでしたもの
つうか思わないでしょ!十神が!2回も99出すなんて!マジで!

→お願いします!泣きの一回を!
→現実は非情である
→よし次のSSに行こう
→十神殴る

君達は十神君に何の恨みがあるんだ…
わかったわかった、そこまで言うなら仕方が無い


十神を殴って泣きの一回だぜー!
ひーはー!

ただし
44と99はスレ一発終了、の内容は引継ぎます
日向君はゲームオーバー
十神(と豚神)が攻略対象から外されます
七海は引継ぎます
男子の女性不信は引継ぎます
葉隠のあーすぱわーも引継ぎます

澪田「という夢を見たっす」

そうだ「何の話だよ!つか、どこからが夢の話だよ!?」

澪田「とにかく移動っす!」


【物理室】


そうだ「まだなんかバラせるところまで来てないんだけど…」

澪田「そこは気合と根性っすよ和一ちゃん!」



【一方、体育館】


大神「全力で殴ってしまったな…」

にだい「おう!」

終里「ちっちぇーのにつえーな、おっさん」

十神「」
豚神「なぜ俺も…」


☆和一ちゃんがかるーく成長したっすよ

☆お待ちかねのお食事タイムだよ


霧切「もうすぐ夜ご飯の時間よ…」

朝日奈「ううー、ちゃんとしたものを食べたいー!」

セレス「では朝日奈さん、あなたがご自身でお作りになられては?」

小泉「それはちょっと不安じゃない?みんなの分作るなら、ふたりで作った方がいいよ」

日向「俺に近寄るな…来るな…」ぶつぶつ

☆ご飯を作る人を選んでねー
2人まで選べるっすよ!
>>369

罪木

朝日奈「…えーっと、罪木ちゃん、って言ったっけ?」

罪木「えとえと、なんですかぁ?」

朝日奈「私、罪木ちゃんの料理が食べたいかも、なーんて…えへへ」

舞園「それはいいですね!」

澪田「蜜柑ちゃんは人の体の事をよく知ってるっすからね」

七海「体にいいものもよく知ってるよね、罪木さん?」

ソニア「では美味しいお食事を持ってきてください!」

そうだ「そにあさーん」

罪木「ふぇぇ…わ、私でいいんですかぁ!?」


☆あれあれ?判定ですよぉ?
今回は難易度フツウですぅ
>>375のコンマ以下が
30から80の間で成功ですよぉ
33・55・66・77は大成功ですぅ
ただし44・99は一発終了ですからね!

お助けは「あっ安価判定やべぇ」
って時に「お助けぇぇ!!」って叫べば自動で発動っす!
簡単ですね☆

フン

愚民どもが

お助け上……?

おい





おい
1が44取ってどうする
そしてお助け使ってどうする


これが十神の呪いか…
本当に一発終了だからね!もう救いはないけどおたすけていいのね!

お助け上が先だし(>>378)…

わ、分かってるわよ…わ、私がブスだからこのスレを終わらせたいんでしょ…?
何よ…じゃあどんなスレがしたいのよ…ぐぎぎ…!

390ちゃんのご意見に乗りたいのは山々なんだけど、ほんとにこのスレ十神財閥に呪われてるみたいなんで
お祓いがてら違うスレをやろうと思うのです
あ、十神君はいいです帰ってください

しかしこのスレ、マイエンジェル計画にノリノリである

ダベミちゃん的には人数大杉ぃ!なので人数絞っての再スタートが理想です
1のみとかでもええんかな

1のやりたいやつ
→戦刃「安価で目指す、脱残姉生活」
→石丸「安価?それは新しい校則か?」
→ダンガンロンパ Re:write
→葉隠「なんかループしてるべ」

これのつづきをやるなら1のみ縛り
女性陣ちっちゃくすると取り返しがつかなくなりそうなんで…(白目

rewriteってなんだ?
refrainみたいなもんか?
残姉がみたいです

>>406
内容はまだまだ練ってる最中だべ
ただオリジナルキャラの要素が増えそうなんだべ…そこだけが問題です
あとなんでリライトなの?って質問に対しては、
なんか英単語間違えたかもしれないとお答えしておきます

よし脱残姉やろう
そうしましょう
十神財閥の呪いから逃げるためにも!
お楽しみに!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom