雷「て、提督...あの...その...」 (50)

提督「ん?どうした雷、こんな夜更けに」書類カキカキ

雷「えと....その....」

提督「?何かあるんだろ?話してみろ」お茶ズー

雷「その...笑わないですか?」

提督「雷らしくないな、絶対笑わないから話してご覧」

雷「えと....その...」

提督「・・・。」お茶ズー

雷「こ、今晩一緒に寝ちゃダメでしょうか...?」

提督「!?」ブーッ!

提督「いや、ちょっとまて」

雷「ですよね!!やっぱりダメですよね夜遅くに失礼しました!!!」バタン!

提督「な、なんだったんだ...」フキフキ

みたいな?

翌日

提督「昨日のはなんだったんだ..おかげで寝不足だよ...」テクテク


提督「お、あそこにいるのは電か、雷と仲いいらしいし聞いてみるか」

提督「おーい!電!」

電「!」ビクッ

電「て、提督さん..お早うございます..」

提督「おはよう、実は昨日雷が部屋にやってきてな」

電「!?」ビク

提督「?なんで電がビクビクしてるんだ?何かしってるのか?」

電「えと....その..すみません!!失礼します!!」ダッ!!

提督「???」

電「雷ちゃん...やっぱりダメだよぉ....」

雷「大丈夫だよ電!あの抜けてる提督ならごまかしても気づかないって!!それにこのチャンス逃していつやるの?」

電「そ、それはそうだけど...」

雷「いい?今夜は私もついてくから、今日こそ奇襲成功させるよ!」

電「うう...」



提督「(アレ以降なぜかあの2人から避けられてる気がする...)」

提督「はぁぁ...(もしかしたら俺、あの二人に嫌われちゃったのかな...)」トボトボ

響「?提督、どうしたんです?いつもに増して冴えない顔して」

提督「ああ、響か...冴えないは余計だぞ」

響「すみません、つい口が滑りました」

響「で、何か悩み事でも?」

提督「いやな、最近あの二人に避けられてる気がするんだ」

響「あの二人というと?」

提督「あ、いや、やっぱ何でもないよ。余計な心配させてすまんな。」

響「そ、そうですか...」

響「(言いかけのままで終わるのが一番気になる...)」

響「(そうだ、今夜提督の部屋までいって見よう...何か分かるかもしれないし..)」



提督「(こんなこと司令官として部下に相談する事じゃないよな...やっぱり本人に話聞かないと...)」


提督「あっ!いた!おーい!電!」

電「しっ?!司令官さん!?」

雷「やばい!とりあえず逃げるよ!電!」

電「う、うん!」

提督「あっ、コラ!まて!」

----目標を見失いました。---

提督「あいつら...こんなに素早かったっけか...」ゼーハー


•そして夜


提督「(とうとうアイツらから何も話を聞けなかった...)」

提督「もやもやするが...残りの仕事もあるし仕方ない...部屋に戻ろう...」

提督「 (ん?ドアの前にいるのは響か...何の用だろう...?) 」

提督「響じゃないか、どうした?」

響「!!」

提督「こんな所でなにやってるんだ?」

響「あ、いえ..その...(どうしよ、まさかドアの前で鉢合わせになるとは..)」

響「な、なんでもないです!お疲れでしょう!はやく部屋に入ってください!」

提督「い、言われなくても入るよ...」ガチャッ

提督「...ん?」

響「...」

提督「あの?響さん?どうして部屋に入ろうとするのかな?」

響「な、なんとなくです...(こ、こうなったら意地でも真相を暴いてやる...!!)」

響「えと、えーっとですね!(何かいい言い訳を考えなきゃ...!)」

提督「(いつも冷静な響が焦ってて面白い...)」

響「その、提督の仕事というモノに興味がありまして、その...少々見学してもよろしいでしょうか?」

提督「あ、ああ...別にかまわないけど...」

響「で、ではお邪魔します...」バタン

提督「(響って、こんなに勉強熱心な子だったっけか?)」

コチコチコチコチ

数時間後...


提督「カキカキ...」

響「じーっ」

提督「あ、あのさ、響」

響「な、なんでしょうか」

提督「勉強熱心なのは分かるけど、もう消灯時間だよ?明日も早いんだしそろそろ部屋に戻らないと...」

響「そ、そうですね...」

提督「入り口まで送るよ。まさか響がこんなに勉強熱心だとは思わなかったな。えらいぞ!」ナデナデ

響「!?」ビク

響「い、いえ、そこまでえらくないですハイ...///」

提督「じゃあ、今日はおつかれさま」

響「は、はい...お疲れさまでした...(結局真相は分からなかった...)」

ガチャッ

響「?ドアが勝手に...」

雷「作戦開始!!!」バァーン!!

提督「な、なんだ!?」

電「しっ、司令官さん!今夜こそ一緒に!!」抱きっ!

響「何事!?」

電「え...」

雷「やば...」

響「あなた達...」

提督「....」

雷「...てっ...撤収!!!」

電「うわぁあああん!!!」

提督「ちょっとまてコラ!!」ガシッ

提督「とうとう捕まえたぞ二人とも...」

雷電「うう...」

提督「さ、話して貰おうか?昨日の事から洗いざらい」

雷「...実は..かくかくしかじかで...」



響「...つまり、司令官さんとの恋に中々踏み出せない電にイライラした雷が容姿を似せて雷そっくりに仕立て上げて提督の部屋に突撃させたってワケね...」

電「うぅ..好きだってバレちゃったよぉ....恥ずかしいよぉ....」

雷「うう、まさか響がいるとは思わなかったよ...」

提督「...」

雷電「し、司令官さん....?」

響「司令官...」


提督「電、雷、それと響も。」

雷電響「は、はい!」

提督「各自寝間着に着替えて、もう一度提督室にくるように。」

電「えっ..それって..」
雷「つまり私たちと」
響「一夜を明かす...という事ですか?」

提督「寝るだけなら一緒でも..と思ったんだが...どうかな?」

暁は?

雷「(!!!これはまたとないチャンスね!)」

電「」

提督「(さすがにちょっと言い過ぎたか...)」

電「...急いで着替えてきますね!」バヒューン

雷「えちょ...電!?」

提督「相変わらずはえーなぁ...夜は静かにしろよー」

響「(あれ?私って居てもいいのかな?)」

提督「いいんじゃないか、別に。」

響「さいですか」

40秒後


雷電「着替えてきました!!」

提督「はやっ」

響「じゃあ私も着替えて来ますね..」バタン

提督「ああ、分かった」

電「司令官さんは真ん中ですね♬」

提督「おいおい、狭いベッドなんだからあんまり動くなよ?」

雷「そっちが呼び寄せたくせに文句いうなー!」

提督「それもそうだな」

響「(なんだろう..すごい胸が苦しい..)」



>>30
勢いで書いてたから忘れてたわすまん

響「(行くとは行って出て来たけど...冷静に考えたら行きづらい...」

響「そもそも提督ってあんな人だったかしら?」ブツブツ

響「(なんか途中で盛大にキャラ崩壊してた気がするけど...)」ブツブツ

響「(そもそも提督と司令官の違いって何なのよ...)」

提督「響、こんな所で何してんだ?」

響「しれい....いや、提督!?」


提督「雷と電の二人が待ってるぞ」

響「わ、私は今日は1人で寝る事にします。」

提督「え?どうしてさ?」

響「い、いいんです。二人にはよろしく伝えておいてください!」ダッ


提督「行ってしまった...」

響「(...わたしのバカ)」

翌日

雷「昨日はよかったね!電♬」

電「う、うん....//」

響「ふ、二人とも」

雷電「あっ響ちゃん!」

雷「昨日はどうしたの?ずっと待ってたのにー!」

電「具合でも悪かったのかな..?」

響「...別に大丈夫です!」

雷「そ、そう?それなら良いけど...響なんか怖いよ?」

電「ちょ、ちょっと雷!?」

響「...ごめんなさい。」

雷電「響ちゃん..」

響「そういえば、司令官はどこに居るかわかる?」

電「司令官さんならまだ部屋で寝てると思うけど...」

雷「昨日は激しかったからねェ~...」

響「!?そ、それどういう事...?」

電「読んで字の如くだよ」

響「...」 ダッ!

雷電「響ちゃん!?」

提督室前

響「はぁ...はぁ...」

響「(つい足が勝手に走り出してしまった。。。でも、確かめるしか無い!!)」

響「失礼します!!」ガチャ

提督「響か、朝から元気だな。」

響「響か...じゃないですよ!!」

提督「なんだなんだ朝から」

響「聞きましたよ!?昨日は激しかったって!幻滅しました!!」パチーン

提督「いてぇ!!」

響「フン!当然です!(私...なんでこんなバカみたいに怒ってるんだろ...)」

提督「ちょ、ちょっとまってくれ響、俺は...」

響「言い訳なんて聞きたくありません!!失礼します!!」バタン

提督「(響...)」

響「つい手を出してしまった...」トボトボ


雷「響!!」

響「!」

電「響ちゃん聞いたよ...司令官さん叩いたって...」

雷「ホントだよ、どうして殴るなんて事したのさ!?」

響「だって..あなた達が激しいとか言ってたから...」

電「???」

雷「えっ、ゲームを激しくやって何がまずいんだ?」

響「ゲーム...?」

雷「そうだよ、昨日は眠れないからって3人でトランプして遊んでたんだ」

電「雷ちゃんが勝ちすぎて司令官さんぼろ負けだったけどね..」

響「.えっ」

電「えっ?」

雷「えっ?」

提督「いてて、駆逐艦といえど痛いな...」

響「司令官!!」バンッ

提督「おうっ!?」ビクッ

響「さっきは私の手違いでとんだ無礼をしてしまい申し訳ありませんでした!」

提督「い、いや...俺こそちゃんと説明すれば良かったよな...すまん」

響「司令官が誤ってどうすんですか...」

提督「せやな」

響「フフ…」

提督「?」

響「いえ、なんでもないです」

提督「...そうだ、それよりさ。あとで昨日の続きを3人でやろうかと思うんだけど、響もどうかな?」

響「...はい、よろこんで」

それから4人そろって楽しくゲームしましたとさ。

おしまい。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年02月22日 (月) 01:02:59   ID: qRw-BUFL

情緒不安定な響ww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom