男「なんで男口調なの?」幼馴染「あん?」(214)

幼馴染「小さい頃から男友達とばっか遊んでたからなぁ」

男「言われてみれば」

幼馴染「で、気がついたらこうなってた」

男「ほー…」

幼馴染「んだよ」

男「可愛いのに色々もったいねーなーと思ってさ」

幼馴染「かっ、可愛いとか、ゆーな!」

男「スカート穿いてんの見たことねーな」

幼馴染「オレに似合うわけねーだろ。それになんかあれ落ちつかねーんだよ」

男「穿いたことはあるんだ」

幼馴染「…一回だけ」

男「穿いて見せてくれ」

幼馴染「穿くか馬鹿」

男「今度プレゼントするよ」

幼馴染「穿かねーつってんだろ!」

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「…なぁ」

男「うん?」

幼馴染「この漫画今何巻まで出てるんだ?」

男「10巻だったかな」

幼馴染「全部貸してくれ」

男「スカート穿いたらな」

幼馴染「おー…」

男「……」

幼馴染「は、穿かねーよ!?」

幼馴染「うーす」

男「おっす」

幼馴染「お?新しくゲーム買ったのか?早速やろーぜ!」

男「お前学校終わるとすぐうち来るよな」

幼馴染「どうせ暇だろー」

男「暇だけどさ。お前彼氏とかいねーの?」

幼馴染「いねーけど…」

男「ふーん。俺はいるんだけどね」

幼馴染「え?」

男「これからうち来るんだ。悪いけど、今日は帰ってくれるか?」

幼馴染「な、なんで…」

男「なんでってなにが?」

幼馴染「なんで黙ってたんだよ!」

男「別に言わなくてもいいかなーって」

幼馴染「どうしてっ!勝手にっ!」

男「なに怒ってんだ?」

幼馴染「怒ってない!」

?「失礼します」

男「あ、彼女きちまったみたいだわ」

幼馴染「!」

妹「騒がしいと思ったら、幼馴染さんがきていたのですね。何かお飲み物でもお持ちしましょうか?」

幼馴染「い、妹ちゃん?」

男「俺コーラ」

妹「幼馴染さんは?」

幼馴染「じゃ、じゃあオレもコーラで」

妹「分かりました。ちなみに兄さんの分はありませんよ」

男「ひどい」

幼馴染「…あれ?」

幼馴染「お~と~こ~!」ギリギリ

男「胸倉掴むのやめて!苦しい!」

幼馴染「彼女が来るんじゃねーのかよ!?ありゃどーみても妹ちゃんじゃねーか!」

男「妹だからね」

幼馴染「つまり今までの話は全部…」

男「可愛い冗談」

幼馴染「全っ然可愛くねぇ!」

男「お前は可愛いよ」

幼馴染「か、かかか可愛くねーし!」

男「顔赤いよ」

幼馴染「まぁ冷静に考えたらお前に彼女なんて出来るわけねーもんなー」

男「好きな人はいるけどね」

幼馴染「マジで!?」

男「食いつきいいな。気になるの?」

幼馴染「お、幼馴染としてだよ」

男「俺の好きな人は…」

幼馴染「……」ドキドキ

男「……」ジー

幼馴染「……?」

男「……」ジー

幼馴染「……!(も、もしかしてオレのこと!?)」

幼馴染「ひょっとして…お前の好きな奴って…お、オレの……」

妹「コーラお待たせしまた」

男「おー待ってたぜー」

妹「兄さんの分はないと言ったはずですが」

男「とかなんとか言ってコップ2つあるじゃん」

妹「兄さんが持ってるそれは私の分です」

男「炭酸苦手なのに?素直じゃない妹は可愛いなー妹大好きー」

妹「はいはい、私も大好きですよ兄さん」

幼馴染「……」

男「ぷはぁ!コーラサイコー」

幼馴染「……」

男「それで何の話だっけ?あ、スカートの話?」

幼馴染「ふんっ!」ドゴォ

男「おぐっ!?」

幼馴染「いっぺん死ね!アホ!」

どやぁ?

幼馴染「うっす」

男「おーす(今日はこないと思ったのにな)」

幼馴染「……」

男「とりあえず座れば?」

幼馴染「ん…」

男「……」

幼馴染「……」

幼馴染「えと…昨日のことだけど…」

男「んー?」

幼馴染「ご、ごめんな!いきなり殴ったりしてさ」

男「先に手が出るのは今に始まったことじゃないだろー。気にしてないよ」

幼馴染「そうだけど!」

男「からかった俺も悪かったしな。俺こそごめん。はい、仲直り」

幼馴染「…ん」

幼馴染「やっぱオレが悪かったと思う」

男「まだ引っ張るのかよー。今日はどうしたんだ?なにか変なもん食ったんじゃないか?」

幼馴染「茶化すなよ…真面目な話してんだからよぉ…」

男「悪かったよ。それでなにが悪かったって?」

幼馴染「オレの態度にも問題があったなーって」

男「なにを今さらって感じだけどなぁ」

幼馴染「とにかく!他にも色々考えたんだ!」

男「例えば?」

幼馴染「彼女にするなら女らしーほーがいいのかなとか…おしとやかな女のほうが男も…」ゴニョゴニョ

男「俺がなんだって?」

幼馴染「ってなに言わせてんだよ!」ドゴォ

男「ふぐぅ!?」

男「お前なぁ…あいたた…」

幼馴染「ご、ごめん!」

男「あー痛かった」

幼馴染「ほんとにごめん…」

男「いや、実は言うほど痛くなかったし?日頃腹筋鍛えてるからね」

幼馴染「……っ」グスン

男「ほ、ほんとだよ?」

幼馴染「これからは殴らないよう気をつける」

男「俺は今まで通りでいいと思うけど」

幼馴染「オレの気が収まらねーんだよ」

男「そういうもんか」

幼馴染「それから…今までの落とし前つーか、ケジメつーか…」

男「んん?」

幼馴染「今まで男のことすげー殴ってきたじゃん?」

男「ゆうに100は超えてるね」

幼馴染「……っ」グスン

男「もっと少なかったかなぁ!?」

幼馴染「今までの侘びってことで、オレが出来ることならなんでも言うこと聞くから!」

男(ケジメとか侘びとかJKが言う言葉じゃないなぁ)

幼馴染「もしまた殴るようなことがあったらその度にオレに命令してくれ」

男「なんか奴隷みたいだな。俺王様?」

幼馴染「ぱ、パシりでもなんでもやるよ」

男「気にしなくていーのになー」

幼馴染「いーから!なんか命令してくれよ!」

男「んー、じゃあパンツ見せて?」

幼馴染「!」

男「ん?パンツだよ、パンツ。パンツ知ってる?」

幼馴染「あっ、アホォ!」ブン

男「っぶねぇ!!」ヒョイ

男「パンツつってんのになんでパンチが飛んでくんだよ」

幼馴染「ご、ごめん」

男「パンツ要求してパンチもらったらたまったもんじゃないよ」

幼馴染「だいたいお前が変なお願いすっから…」ブツブツ

男「あー、でも今殴りかかったからお願い+1か?」

幼馴染「…うぐっ」

男「だよな?」

幼馴染「よ、避けたから…ノーカン…」

男「マジかー避けちゃだめかー」

男「お前に出来ることならなんでもいいのか?」

幼馴染「いいけど、パンツとかそーゆーのは…」

男「なんでもって言ったのになぁ」

幼馴染「!」

男「うへへ、さーてナニしてもらっちゃおっかなぁ~」

幼馴染「……っ」プルプル

幼馴染「……」スクッ

男(お?こりゃ殴られて出て行くパターンかな)

幼馴染「……」ジーカチャカチャ

男「ちょ、なにしてんの?なんで脱いでんの?」

幼馴染「お、お前がパンツ見たいって言ったんだろ」バサッ

男「!」

幼馴染「…これで満足かよ」

男「は、はひ」

幼馴染「……次は?」

男「つ、次?」

幼馴染「避けたけど、殴ったことにはかわらないし」

男(だからもう一度言うこと聞くってことか)

幼馴染「なんだったらパンツ脱いでもいいし…服全部脱いで全裸になってやってもいい…」

幼馴染「そっ、それ以上のことだって!」

男「それ以上…」ゴクリ

男「じゃあ…」

幼馴染「たっ、ただし!」

男「ん?」

幼馴染「お、おおおオレは経験がないっ!」

男「……」

幼馴染「初めてです!や、優しくしろっ!いいなっ!?」

男「泣くぐらい恥ずかしいなら言うなよ」

幼馴染「泣いてねー!!」

どーよ?

読み返してみたら幼馴染ちゃんが男のこと一発殴ってた。お願い+2だった
てへぺろ☆ミ

幼馴染「あっ…そこ…」

男「……」

幼馴染「あっ…あぁ…!」

男「……」

幼馴染「ふぁっ!?」ビクッ

男「……」

幼馴染「あー!面白かったー!」

男「お前上映中ボソボソうるせーよ」

幼馴染「思わず声が出ちゃうぐらい面白かったんだよ」

男「隣にいたこっちが恥ずかしかったぜ」

幼馴染「見てる人少なかったし、聞こえてねーって」

男「だといいけどな」

幼馴染「でもさ、映画でよかったのか?」

男「なにが?」

幼馴染「お願いだよ」

男「あー…」

幼馴染「オレはあーゆーのでもよかったんだぜ…い、一応覚悟決めてたし…?」

男(声が小さくて聞こえない)

幼馴染「相手がお前ならむしろ嬉しいつーか…いや!知らない相手よりかはマシって意味で!」

男「あ、もしもし妹?今日な、晩飯やっぱ家で食べるから」

幼馴染「だっ、だから変な勘違いすんなよな!」

男「え?幼馴染?目の前にいるけど?」

幼馴染「……」

男「歯ぁ食いしばれ?俺が殴られるから?なんで?」

幼馴染「歯ぁ食いしばれぇええ!!」

男「……あっ」

男「ただいま」

妹「お帰りなさい、兄さん」

男「つつ、幼馴染にやたれたとこがまだ痛む」

妹「自業自得です。大事な話をしているときに電話するのはマナー違反ですよ」

男「胃のあたりに重い痛みが」

妹「単に空腹なだけでしょう」

男「晩飯食べれば治る気がする」

妹「思った通り軽症のようですね。そんなに兄さんは晩ご飯ぬきです」

男「え~」

男「とか言って台所にはしっかり俺の分が用意してあんだよなー」

男「さすが妹様~」

男「相変らず料理上手いなー」パクパク

妹「……」ジー

男「箸がすすむすすむ」モグモグ

妹「……」ジー

男「ん?」

男「そんなとこに突っ立ってなにしてんだ?」

妹「い、いえ、お風呂上りに何か冷たい物をと…」

男「飲まないのか?」

妹「その、兄さんがあまりにおいしそうに食べるものですから、なんだか見入ってしまって」

男「実際美味いからね。俺好みの味付けっていうのかな」

男「結婚するならさ、妹みたいに料理が美味い人がいいな」

妹「……」

男「うん、美味い美味い」モグモグ

妹「……」

男「妹?」

妹「先にお風呂いただきましたから。晩ご飯が済んだら兄さんもどうぞ」スタスタ

男「おーう」

妹「兄さん朝ですよ。起きないと遅刻しちゃいますよ」

兄「……」

妹「兄さん起きて下さい」

兄「……」

妹「起きないとキスしちゃいますよ?」

兄「……」

妹「甘くとろけるようなキスをした後、子作りに励んじゃいますよ?」

兄「!!」ガバッ

妹「おはようございます、兄さん」

男「……おはよう?」

妹「まだ寝ぼけてます?早く顔を洗って台所までいらしてください。朝御飯出来ていますから」

男「ん、ありがとう」

妹「私は日直の仕事がありますので先に出ますから」

男「なぁ、妹」

妹「はい?」

男「いや…夢だな…」

妹「?」

男「なんでもない。さー今日も一日頑張ろう」

妹「なら早くベッドから出てくださいね」

男「はい」

一日10レスを目安に書ければいいなぁ
せめて二日にいっぺんは書ければいいなぁ
最低でも三日、いや四日、七日?いいなぁ

妹「兄さんおはようございます」

妹「このお腹ですか?太ったとは心外ですね」

妹「決まってるじゃないですか。赤ちゃんです」

妹「誰の?兄さん、その冗談は笑えませんよ?」

妹「笑えないのはこっち?もう、また寝ぼけているんですね」

妹「早く顔洗って目を覚ましてくださいな、お父さん」

男「!」ガバッ

幼馴染「うおっ!」ビクッ

男「……ここはどこ?」

幼馴染「学校。相変らず寝起きはひでぇな」

男「いつの間にか寝てたのか」

幼馴染「顔色悪いぞ。怖い夢でも見たのかー?」

男「怖い夢だったような、幸せな夢だったような…」

幼馴染「ま、夢なんてそんなもんだよな」

男「……」

幼馴染「それより昼飯食べに行こうぜー。早くしないと昼休み終わっちゃうぞ」

男「んじゃま、学食行くか」

幼馴染「今日は何食おうかなぁ」

男「俺はカツ丼にする」

幼馴染「カツ丼!いいな、オレもそーしよう!」

男「真似すんなよ」

幼馴染「真似じゃねーし!オレも丁度カツ丼にしよーと思ってたし!」

男「はいはい」

幼馴染「真似じゃねーからなっ!」

幼馴染「ご馳走様!やっぱ学食のカツ丼美味いな!」

男「肉が薄いのが残念だけどね」

幼馴染「そこは目をつぶれ」

男「味付けはいいな」

幼馴染「男はこーゆー味が好きなのか?」

男「好きです」

幼馴染「なっ…!」

男「どうした?」

幼馴染「い、いや!なんでもないっ!そっか!こーゆー味好きなんだ!ははは!」

男「?」

幼馴染「エルボーロケット!」ペチ

男「いてっ」

幼馴染「ダブルエルボーロケットー」ペチペチ

男「昨日の映画そんなに面白かった?」

幼馴染「めっちゃよかったじゃん!あれはもう一回映画館行ってもいいぐらいだね」

男「そこまでかー」

幼馴染「次の休みまた見に行こうぜ」

男「俺はパス」

幼馴染「いーじゃん、行こーぜー。なーなー」

男「…お前昔っからこーだよなぁ」

幼馴染「あん?なんだよやぶからぼうに」

男「なんつーか子供っぽい」

幼馴染「オレだって、誰にでもこんなんじゃねーし」

男「そうなの?」

幼馴染「お前はほら、気の置けないつーの?そんなんだからさ」

男「そう」

幼馴染「そーなんだよ」

男「俺のこと好きなの?」

幼馴染「だっ!誰が好きつったこのアホォ!」ドゴォ

男「ほげぇ!」

幼馴染「自分でそーゆーこと言うな!ばか!あほ!」

男「つつ…」

幼馴染「お前のことなんて全然好きじゃねーし!ばーかばーか!」

男「とりあえず、+1な」

幼馴染「…あ?」

男「殴ったからお願い+1」

幼馴染「……あっ」

妹「お帰りなさい、兄さん」

男「ただいま」

妹「お風呂にしますか?晩ご飯にしますか?私にしますか?」

男「……」

妹「……」

男「冷たいお茶が飲みたいかな」

妹「入れてきますので、リビングでお待ちください」パタパタ

男(空耳?じゃないよなぁ…)

妹「今日も幼馴染さんに殴られた?また兄さんがデリカシーのないことを言ったのでしょう」

男「言ったつもりないんだけど」

妹「悪気がなかったとしても駄目です。ご自分の発言には責任をもってください」

男「厳しいなぁ」

妹「兄さんはご存知ないようですが、幼馴染さんモテるんですよ?」

男「嘘だー」

妹「嘘ではありません。私の学年でも評判なんですから」

男「……」

妹「ちなみに、女の子にも人気があります」

男「それはなんとなく分かる気がする」

男「でも見た目はけっこうイケてるほうかも」

妹「容姿もそうですが幼馴染さんのように天真爛漫な女性はモテるんです」

男「あれは元気馬鹿なだけだって」

妹「一緒にいると自分まで元気にしてくれる女性、素敵だと思いませんか?」

男「疲れそう」

妹「その疲れそうな女性といつも一緒にいる兄さんはなんなんでしょうね」

男「……」

妹「私は無表情で無愛想ですから、いつも元気で笑顔の幼馴染さんをときどき羨ましく思います」

男「……」

妹「感情を顔に出すのが下手なのでしょうね…」

男「そうかもな」

妹「はい」

男「…でも」

妹「?」

男「俺は妹も可愛いと思う」

妹「……」

妹「兄さんに言われると嘘でも嬉しいです」

妹「さ、そろそろ晩ご飯の支度をしないと。今日は寒いのでシチューにしますね」

男「あれ?晩ご飯出来てるんじゃないの?」

妹「あれ、嘘です。晩ご飯も出来ていませんし、お風呂も沸いてません」

男「さいですか」

妹「急いで作りますので、兄さんはその間に数学の課題を済ませちゃってください」

男「なんで数学の課題が出たこと知ってんだ」

妹「兄さんの妹ですから、兄さんのことは何でもお見通しです」

男「はぁ~、仕方ない。課題を片付けてくるか」

妹「腕によりをこめてシチューを作りますから、兄さんも頑張ってくださいね」

男「おう」

男(可愛いって言ったあれは嘘じゃないんだけどなー…)

メインヒロインは幼馴染ちゃんなのだが?忘れちゃイカンのだが?

幼馴染「子供が欲しぃ!?」

幼馴染「ばっ!おっ、お前何言ってんだ!!」

幼馴染「違うぞ!?男のことが嫌いってんじゃないんだ!どちらかと言えば嬉しいし!」

幼馴染「あっ……」

幼馴染「あーそーだよ!小さい頃からお前のこと大好きだよ!文句あるか!?」

幼馴染「ならいいだろって…こっちにも心の準備ってもんがあんだよ…」ブツブツ

幼馴染「それに、子供作るってことはあ、あれだろ?その、お前のおしべとオレのめしべが…あわわ…」

幼馴染「んあっ!?ちょ、いきなり!ひゃうん!!」ビクッ

幼馴染「らめぇ…らめって言ってるのにぃ…!」

幼馴染「おしべとめしべがちゅーしちゃうううううう!!」

男「!!」ガバッ

友「よっ」

男「……」

友「?」

男「おやすみ」

友「寝るな」

友「にしても目ぇ覚ましたときすげー顔してたぞ。もしかしてエロい夢見ちゃった?」

男「……」

友「出ちゃった?」

男「出てないから」

友「染み出ちゃった程度ならギリセーフだな!あぶねーあぶねー!」

男「染み出てもないからね」

友「で、どんな夢見たんだよ」

男「思い出せない」

友「なんだ、エロい夢じゃないのか」

男「すげー衝撃的だったことは覚えてるんだよ。内容は思い出せない」

友「案外幼馴染ちゃんと結婚する夢だったりしてな」

男「なんで俺が…」

友「またまた~」

友「お似合いカップルだと思いますけどねー」

男「冗談だろ」

友「年中一緒にいるのに何言ってんだか」

男「それはあいつが一方的に」

友「じゃあ嫌い?」

男「…嫌いではないけど」

友「好きとも違う?」

男「……」

友「俺と幼馴染ちゃんどっちが好きなのよ!?」

男「幼馴染です」

幼馴染「ふぇ?」

男「げっ」

友「学食から戻ってきた幼馴染ちゃんに偶然聞かれちゃったかー。かー!」

男「てめぇ!ハメたな!」

  「ナンダナンダ?愛ノ告白カー?」

  「ヒューヒュー!オ熱イネ二人トモー!」

友「いつ付き合うの?」

  「「今デショ!!」」

男「くっ…!」

幼馴染「男!」

男「!」

幼馴染「お、おおおお前は!こんな大勢の前で何言ってんだ!」

男「あれは友の悪ふざけで…」

  「早速夫婦喧嘩カー?」

  「幼馴染チャンカワイー!」

幼馴染「あ、あわ、あわわ…!」

男「お前ら少し黙ってろ!」

幼馴染「オレは…お、オレはっ…!」

  「クルカ!?」

  「クルナ…」

幼馴染「覚えてろー!!」

男「おいっ!?」

友「あらら、逃げられちったな。お前らがもてはやすからだぞー」

  「俺悪クネーシ」

  「男君ドンマイw」

男「てめぇら……」

友「ま、さらに仲良くなるきっかけが出来てよかったじゃん!そして付き合えばいいよ!」

男「開き直るな」

友「強引だったのは謝るけどさ、こうでもしないと中々くっ付きそうにないからな」

男「どうしてそこまでくっ付けたがるんだよ」

友「見ててまどろっこしいというか、そっちのが都合いいというか」

男「なんだそりゃ」

友「詳しくはwebで!」

男「はいはい……ん?」

男「……」

友「どした?」

男「幼馴染からメール…」

友「おぉ!なんだって?」

男「次の休みデートしてくださいばかやろーだと」

友「やったね!」グッ

男「親指たてんな、へし折るぞ」

妹「ただいま」

男「……」

妹「兄さんただいまです」

男「おー妹かーおかえりー」

妹「今日は一段とお疲れのようですね。学校で何かあったんですか?」

男「……」

妹「……」

男「色々と」

妹「お疲れ様です」

妹「今晩のおかずは兄さんの大好きなからげです。楽しみに待っていてくださいね」

男「…ん」

妹「兄さん?お休みの日はデートなんですから、いつまでもうそうだらけていては駄目ですよ?」

男「…ん?」

妹「恥ずかしい思いをするのは兄さんだけではないんですから。しゃんとしてください」

男「なんで(デートのこと)知ってんの?」

これ序章やし…
本編は幼馴染ちゃんと付き合ってからのイチャイチャラブラブエロエロルートやし…
しかる後、禁断の妹ちゃんルートがあるとかないとか

男「……」

幼馴染「けっこう待つな」

男「40分待ちって書いてあったし、休日ならこんなもんだよ」

幼馴染「そ、そっか」

男「にしても遊園地だとは思わなかったぜ。てっきり映画かゲーセンだと思った」

幼馴染「ディスティニーランドきたことなかったし、デートするならここがいいって聞いたから…」

男「……」

幼馴染「な、なんか言えっ」

男「俺は女の子と何度かきたことがある」

幼馴染「えっ!?」

幼馴染「だっ、誰とだよっ!?」

男「妹」

幼馴染「妹ちゃんかい」

男「あいつディスティニー大好きだから。たまーに一緒に行くんだ」

幼馴染「ふーん…」

男「もしかして怒った?」

幼馴染「怒ってねーし」

男「実は妹じゃないんだけど」

幼馴染「なっ!?」

男「ていうのは嘘なんだけど」

幼馴染「てめぇ…」

男「本当だったら嫉妬しちゃう?」

幼馴染「絶対しねーし!!」

男「…そう」

幼馴染「…ぁ」

男「……」

幼馴染「……っ」

幼馴染「すげー面白かったなぁ!40分並んだかいがあったぜー!」

男「最初はゆったりでいまいちだったけど、最後の最後でどーんときたな」

幼馴染「怖かったけどまた乗りたくなる怖さだったな」

男「なんならもっかい乗ってもいいぞー」

幼馴染「いや!次乗りたいのはもう決まってるんだ!」

男「どれよ」

幼馴染「あの落ちるやつ!あれも面白そうだ!」

男「室内型のフリーフォールだっけ?」

幼馴染「それそれ!絶対面白いぜ!」

妹『一緒にいると自分まで元気にしてくれる女性、素敵だと思いませんか?』


男「……」

幼馴染「で、その次はー…男?聞いてるのか?」

男「あ、悪い。ちょい考え事してた」

幼馴染「んだよー。勉強だとか課題だとかの話は今は無しだぜ?」

男「違うってば。それで、その次は何乗るんだ?」

幼馴染「一回転するジェットコースターだ!」

男「マジかー」

幼馴染「あまり並んでなかったら二回乗っちゃおうぜ!」

男「マジかー…」

男「……」グッタリ

幼馴染「スピードがちょっと遅かった気がするけど、一回転はいいな!漢のロマンだな!」

男「あれで遅く感じるのかよ…(本当に二回乗るとは思わなかった)」

幼馴染「あっ!今なら10分待ちだって!三回目行くか!」

男「!」

幼馴染「なんて冗談だよっ。だからそんな顔すんなって」

男「べ、別に三回目も余裕だし?でも幼馴染がそう言うのなら」

幼馴染「じゃあ三回目いこっか♪」

男「やめてください」

男「乗り物も十分乗ったし、帰ろうぜ。時間も時間だし」

幼馴染「もうそんな時間か」

男「あっという間だったな」

幼馴染「ディスティニーすげー楽しかったなぁ…」

男「見てりゃ分かるよ」

幼馴染「男は楽しかった?妹ちゃんとは何回もきてるんだろ?」

男「楽しかったよ」

幼馴染「よかった!乗り物何回も乗ってるだろーから飽きてねーか不安だったんだ」

男「……」

幼馴染「さっすがディスティニーランドだな!」

男「幼馴染と一緒だから楽しかったよ」

幼馴染「!」

男「また一緒にきたいと思った」

幼馴染「おっ、お前!ななな、何言って!!」

男「駄目かな」

幼馴染「き、決まってんだろ!んなの絶対!ぜ~ったいに!!」

男「……」

幼馴染「……じゃない」ボソボソ

男「え?」

幼馴染「駄目じゃないっ!!」

男「絶対またこよう」

幼馴染「…うん」

男「……」

幼馴染「あ、あのな…」

男「ん?」

幼馴染「他の女と行ったら嫉妬するかって聞いたろ」

男「ああ」

幼馴染「嫉妬しないつったけど…あれ嘘だから…」

男「嘘?」

幼馴染「オレ以外の女と行くなってことっ!行ったらめちゃめちゃ嫉妬するからなっ!」

男「それって…」

幼馴染「つ、つまりオレがお前のことアレでソレでその…」ゴニョゴニョ

男「……」

幼馴染「……」

男「幼馴染…俺は…」

幼馴染「…分かってるから」

男「え?」

幼馴染「こないだのこと。ほんとに悪ふざけしてただけなんだろ?」

幼馴染「そうかなとは思ってたんだけどさ、お前の言葉聞いたら顔が馬鹿みたいに熱くなって」

幼馴染「頭もポーっとして何も考えらんなくて…あはは…」

男「……」

幼馴染「勢いでメール送ったけどよ、冷静になって考えてみたらやっぱ勘違いだって気付いた」

幼馴染「つき合わせてごめん」

男「楽しかったって言ってんだろ。謝るなよ」

幼馴染「あはは、そーだな」

幼馴染「これからも今まで通りよろしく頼むぜ」

男「今まで通りでいいのか?」

幼馴染「…うん」

男「俺は嫌だ」

幼馴染「なんでだよ…」

男「そんなこと聞いたら今まで通りでいられない」

幼馴染「……っ」

男「だから…」

幼馴染「男!」

男「?」

幼馴染「それ以上は聞きたくない…」

幼馴染「聞いたら絶対泣いちゃうから」

男「勝手に答え決め付けんな。いいから最後まで聞け」

幼馴染「でもっ!」

男「お願い。まだ残ってたよな」

幼馴染「……ん」

男「今から言うことをしっかり聞いていてくれ」

幼馴染「……」

男「お前が好きだ」

幼馴染「……えっ」

男「一人の女の子としてお前のことが好きだつったの」

幼馴染「う、嘘だろ?」

男「嘘じゃねーし、冗談でもねーし」

幼馴染「だって!お、オレがさつだし、男みたいだし!」

男「そんなとこも好き」

幼馴染「口より手が先に出るし!」

男「暴力はいい加減控えてほしいかな。でも好き」

幼馴染「うるさいし、無駄に元気だし!」

男「だから一緒にいて退屈しないし、楽しいよ。そんなところも大好き」

幼馴染「あ、あとは、あ、あの、その!」

男「好きだよ」

幼馴染「お…男ぉ…!」ギュッ

男「結局泣くんじゃないか」

幼馴染「うぅ…ばかぁ…!!オレも大好きだー!!」ギュウ

友「付き合うことになったぁ!?」

男「声でけーよ」

友「えーマジでー?えー」

男「けしかけたのお前だろー」

友「たしかにそーなんだけどさー。まさかこんな早く付き合うとは思わなかったわ」

男「自分でも驚いてる」

友「つか幼馴染ちゃんと付き合えたの俺が背中押したからだよな!」

男「いやいやいや」

友「きっかけにはなったろ!」

男「そーかなぁ?」

友「そーだよ!」

男「うーん…」

友「で、お願いがあるんだけど」

男「聞くだけなら」

友「今度妹ちゃん連れて遊び行こうぜ!つか妹ちゃんください!」

男「駄目」

友「えぇっ!?」

友「否定早くないっすか、お兄さん」

男「気持ち悪いからお兄さんって言うのやめろ」

友「お兄ちゃん」

男「……」

友「ごめんて!でもなんで駄目なんだよ?遊びいくだけならあり?」

男「あいつ人見知りするから二人だけじゃ行かないんじゃないかな」

友「うん、二人きりはちょっとって断られた」

男「……」

友「?」

男「いつ誘った」

友「だいぶ前?」

男「なんで俺知らないの?」

友「?」

友「覚えてねーの?お前んち遊び行ったとき何度か話してるぜ」

男「あー…」

友「実はメアドも交換済みだったり」

男「マジか」

友「学校で会ったときはちょっと会話する程度まで仲良くなってたり」

男「へぇ」

友「男は知らねーだろーけど、クールキュートで密かに人気だったり」

男「駄目」

友「何がっ!?」

友「二人っきりだと断られたからさー。妹ちゃんと俺とお前と幼馴染ちゃんで遊び行こうぜー」

男「ほんとにうちの妹と付き合いたいの?」

友「本気です!」

男「……」

友「真面目に!」

男「まぁ友はいい奴なんだけどなぁ」

友「よく言われる」

男「お調子者で変態だからなぁ」

友「女の子の体に興味があるだけだし」

男「やっぱ駄目」

友「ひどい!」

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「これ何巻まで出てんの?」

男「13巻」

幼馴染「ふーん…」ペラリ

男「……」

男「なんで俺んち?」

幼馴染「なんでって意味わかんねーよ」

男「付き合ってんだからもっとデートらしいことしてもいいんじゃないかな」

幼馴染「帰りがけにドーナツ食べたろ」

男「買い食いはたまにしてたろ」

幼馴染「そりゃそーだけど…」

男「それかもっと恋人っぽいことするとかさ」

幼馴染「こ、これも恋人っぽことなんだよっ!」

男(いつもと変わんねー)

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「……」ペラリ チラッ

男(いつもと変わらないと思ったけど…)

幼馴染「……」ペラリ チラッ

男(さりげなーく俺のこと見てる)

幼馴染「お前さっきからオレのことチラチラ見てんだろ」

男「お前だろ」

幼馴染「は、はぁ!?オレ見てねーし!!」

男「チラッチラ見てたよ。見てたから分かる」

幼馴染「ほらっ!やっぱ見てんじゃん!」

男「うん」

幼馴染「ま、まぁつい意識しちゃうのも分からなくもねーけど」

男「ごめんね」

幼馴染「気ぃつけろよなっ!」

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「……」ペラリ

男「……」

幼馴染「…なぁ」

男「うん?」

幼馴染「オレさ…そんなに男のこと見てた…?」

男「うん」

幼馴染「……っ」プルプル

男「照れてやんの。可愛い」

幼馴染「かっ!可愛いゆーなっ!!」

きょうはここまでにしてやる

幼馴染「うーす」

男「おっす」

幼馴染「……」ソワソワ

男「……?」

幼馴染「……」ゴロゴロ

男(いつもだったらすぐさま漫画読み始めんのに…)

幼馴染「……」パタパタ

男(ベットでゴロゴロしてみたり足をバタつかせてみたり落ち着きがない)

幼馴染「オレたちさぁ」

男「んー?」

幼馴染「付き合い始めてどんぐらいだっけ?」

男「一週間ぐらいじゃねーかな」

幼馴染「今日で丁度一週間…」

男「なら一週間記念に一発恋人っぽいことすっか」

幼馴染「…うん」

男「あれ?」

男「いいの?」

幼馴染「とーぜんだろ。お、オレたち付き合ってんだし?」

男「だってこの間手を繋ごうとしたら嫌がったろ」

幼馴染「あれは学校の帰りだったからだ!公衆の面前でイチャイチャ出来るか!」

男「手を繋ぐ程度なら問題なさそうだけど…」

幼馴染「手を繋ぐってことはこいつのこと大好きってアピールしてるようなもんだし!」

男「俺のこと嫌いなの?」

幼馴染「好きに決まってんだろ!」

男「へぇ」ニヤニヤ

幼馴染「お、お前はどーなんだよ!?」

男「大好き」

幼馴染「あぅぅ…!」

男「幼馴染」ギュッ

幼馴染「あっ…」

男「手を繋ぐのも悪くないだろ?」

幼馴染「うん」

男「外でデートするときも繋ごうな」

幼馴染「でーと…うん…する…」ニマー

男(すげーだらしのない顔になってる)

幼馴染「好きな人と手を繋ぐのってこんなにいいもんだったんだなぁ」

男「お前だいぶ恥ずかしいこと言ってるぞ」

幼馴染「男の手あったかくて気持ちいい」スリスリ

男「心が冷たい奴は手があたたかいらしーぞ」

幼馴染「オレが好きになった男だぞ?んなことあるもんか」

男「……(んなこと満面の笑みで言われたら)」

幼馴染「おとこ~♪」スリスリ

男(嗜虐心が首をもたげて…ついでに息子も…)

男(押し倒してあんなことやこんなことをしてしまいたい)

幼馴染「~♪」

男(が、優しいと言ってくれたこいつにそんなひどいことは…ぐぬぬ…)

幼馴染「……」

男(でも俺たち付き合ってんだし、もうそろそろいいんじゃなかろうか。もしかしたらこいつもそれを望んでるんじゃ)

幼馴染「が、我慢しなくていいぞ」サワッ

男「おふっ!?」ビクッ

男「お前…何処触って…っ!」ビクッ

幼馴染「こんなに大きくしてりゃ嫌でも気付くっつーの」サワサワ

男「くっ!触るのストップ!」

幼馴染「してほしーんじゃないのか?」

男「そりゃしたいけど…」

幼馴染「なら無理すんな」サワサワ

男「ふっ!」ビクッ

幼馴染「オレのこと思って我慢してたんだろ?お前の顔見たらすぐ分かったぞ」

幼馴染「初めてだし、恥ずかしいし、ちょっと怖いけど…」

幼馴染「大好きな男とならしてもいい…オレも頑張るから…」

男「…幼馴染」

幼馴染「でもな、その前にな……」

男「なんだ?」

幼馴染「怖がりなオレに勇気をくれっ!」

男「勇気…」

幼馴染「…ん」

男「……」

幼馴染「……」

男「え?」

幼馴染「キスしてくれってことだよ!言わせんなばーか!」

男「なんだ、ならそう言ってよ」

幼馴染「さ、察しろ!」

男「案外乙女チックだな」

幼馴染「っさい!あーあ、なんか興がさめちゃったな!今日はやめとこっかなぁ!」

男「幼馴染」

幼馴染「あんだよ?」

男「大好き」チュッ

幼馴染「!!」

幼馴染「……」

男「どう?」

幼馴染「ぜ、全然たんねーし…」

男「そう…」チュッ

幼馴染「ふぁっ…」

男「まだ足りない?」

幼馴染「これぐらいじゃ全く…んっ!?」

幼馴染「んちゅ…ちゅる…れろ…」

男「ふぅ…これでも足りないか?」

幼馴染「す、すごい勇気きた…いっぱい…」

男「十分、みたいだな。もういいよな?」

幼馴染「男……オレも……」

<タダイマ帰リマシター

妹「幼馴染さん。来ていらしたのですね」

幼馴染「お、おーっす妹ちゃん!」

妹「お帰りですか?」

幼馴染「そーなんだよ!親が早く帰ってこいってうるさくてさー、あはは!」

男「俺はこいつ送っていくから」

妹「それはそうと兄さん。先ほど上でドタバタと騒がしかったのですが、何をなさっていたのですか」

幼馴染「そ、それは~…」

男「こいつが寝ぼけてベットから転げ落ちた音だ」

幼馴染「パニクって落ちたのはお前じゃねーか!」

妹「お二人ともベットに?」

男「……あっ」

幼馴染「ば、ばかっ!」

妹「……」

男「…えーと」

幼馴染「あ、あれだ!漫画だよ!今日は二人仲良く並んで読んでたんだ!」

男「そう、それな、読んでたんだよ」

妹「なるほど、お二人で仲良く」

幼馴染「うん!そうなんだ!仲良くな…漫画をな…」

男「ラブラブだからな」

妹「付き合うのはかまいませんが、あまりハメを外しすぎないようお願いします」

男「まだハメてない」

幼馴染「ばかぁ!」ドゴォ

男「おぐぅ!?」

はやくハメたい

妹「遊びに、ですか?」

男「妹が嫌じゃなければだけど」

妹「嫌だなんて…そんなことあるはずありません…」

男「よかった。なら今度の休みにどう?」

妹「はい、予定もないので大丈夫です」

男「決まりだな。忘れて予定入れるなよ」

妹「それは私の台詞です」

男「俺が忘れないよう覚えておいてくれよ」

妹「はい、兄さん。ふふっ」

妹「思えば兄さんと二人きりで出かけるのも久しぶりですね」

男「えっ?」

妹「あ、違うんですよ?二人きりというのが嫌というわけではなくて、むしろとても嬉しいんです」

男「……」

妹「昔は兄さんについてあちこち出掛けましたね…兄さん覚えてますか…?」

男「ごめん、よく覚えてないな」

妹「小さい頃のことですから…仕方ありませんね…」

妹「今度のお休み、楽しみにしています。私いっぱいおめかししちゃいますから、兄さんも楽しみにしていてくださいね」

男「そのことなんだけどさ」

妹「はい?」

男「遊びに行くのは俺とお前の二人だけじゃないんだ」

妹「……っ」

男「幼馴染と友も一緒にさ。友のこと知ってるだろ?」

妹「…はい」

男「この4人でどうかな?」

妹「……友さんですよね?」

男「なんだって?」

妹「友さんに私を誘ってくれと頼まれたんですよね」

男「そうなんだけど…」

妹「……」

男「嫌ならいいんだ。あいつには俺がうまいこと言っておくから」

妹「お誘いをお受けします」

男「無理しなくていいんだぞ?」

妹「無理なんかしていませんよ。友さんにはお世話になっていますし、お礼をしなきゃとは思っていたんです」

男「そっか。あいつきっと喜ぶよ」

妹「お誘いはお受けしますが、一つお願いがあります」

男「お願い?」

男「ふぁ~…」

幼馴染「でけぇあくびだなぁ。寝不足か?」

男「まぁ、そんなとこ」

幼馴染「ふーん」

男「……」

幼馴染「気晴らしにどっか出かけるか?天気いいし絶好のお出かけ日和だぜ」

男「そういう気分じゃないな」

幼馴染「そーかよ…」

幼馴染「友のやつうまくやってっかなぁ」

男「……」

幼馴染「妹ちゃんとのデート今日だろ?」

男「ああ」

幼馴染「妹ちゃんの大好きなディスティニーランドかー。友にしてはいいチョイスだな!」

男「……」



妹「友さんと私の二人きりでけっこうです。兄さんは幼馴染さんとのデートをお楽しみください」

男「友と二人だけ?本気で言ってるのか?」

妹「前々から何度か誘われていましたし、友さんとは知らない仲ではありませんから」

男「でも…」

妹「それに、4人では幼馴染さんとイチャイチャすることも出来ませんよ?」

男「変な気を使う必要ないぞ」

妹「友さんも私と二人きりのほうが喜ぶのではありませんか?」

男「……」

妹「友さんには私から連絡しておきます。おやすみなさい、兄さん」

男「…おやすみ」





幼馴染「おい男?おーい」

男「あ?なに?」

幼馴染「話聞いてなかったのかよー」

男「わ、悪い。ちょっと考え事してた」

幼馴染「なんか今日変だぞ」

男「寝不足なだけだよ」

幼馴染「ほんとに?」

男「…たぶん」

幼馴染「……」ギュウ~

男「幼馴染…?」

幼馴染「悩みとかあったら遠慮なくオレに言えよな」

男「……」

幼馴染「オレはお前の彼女なんだぞ?もっと甘えろっつーの」

男「ん、ありがとう」

幼馴染「だから、オレがつらいときはいっぱい甘えさせろよ」

男「考えとく」

幼馴染「考えとくってなんだよ!もうぎゅーってしてやんねーぞ!?」

男「もっとぎゅーしてくれたら俺も甘えさせてやんよ」

幼馴染「…しょうがねぇな」ギュウ~

幼馴染「…しょうがねぇな」ギュウ~

男(あー…いいなこれ…)

幼馴染「おい」

男「んー?」

幼馴染「あ、あ、当たってんだけどっ!」

男「……」

幼馴染「……」

男「あっ」

男「当ててんだよ」

幼馴染「開き直んな、ばーか」

男「好きな女と抱き合ってりゃこうなるのも仕方ないだろー」

幼馴染「その言い方ずるいぞ…」

男「してほしい」

幼馴染「…ん」

男「いいの?マジで?」

幼馴染「初めてだから…あんま期待すんなよな…」

男「ズボン脱がせてよ」

幼馴染「それぐらい自分で脱げ」

男「脱がせてもらったほうが興奮するじゃん」

幼馴染「…お、男って実は変態?」

男「そうかもなぁ」

幼馴染「うー、これからが不安になってきた」カチャカチャ

男「とか言いながらちゃんと脱がせてくれるんだ」

幼馴染「こ、今回だけの特別サービス!次はないからな!?」

男「分かってるって(次も頼もう)」

幼馴染「よっと」ズルッ

男「おぅっ」ボロン

幼馴染「っ!!」

男「……」

幼馴染「……その」

男「?」

幼馴染「お、大きいな」

男「どうも…」

幼馴染「……」

幼馴染(たしか手で握ってしごけばいいんだっけか…)ギュッ

男「おぉ…!」ビクッ

幼馴染「……っ」シュッシュ

男「手コキなんてどこで覚えたんだ」

幼馴染「……ね、ネット」シュッシュ

男「するなら俯いてないで目を見ながらしてくれ。その方が興奮するってネットには書いてなかったのか」

幼馴染「ぜ、絶対やだ!恥ずかし過ぎるだろ!」

男「今だって十分恥ずかしいことしてる」

幼馴染「あっ!…うぅ…!」

男「目を見るのが恥ずかしいならちんこを俺だと思って見つめて」

幼馴染「あほかー!!」

男(でもしてくれるんだよなー)

幼馴染「んっ…んっ…」シュッシュ

男「……」

幼馴染「はぁ…ふっ…」シュッシュ

男(恥ずかしさのあまり目が泳いでら。可愛いな)

幼馴染「ふぅ…んぁ…」シュッシュ

男「……」

幼馴染「あっ…ん…」シュッシュ

男(口にねじ込みたい…)

幼馴染「んっ…なんか、出てきた…」

男「男も気持ちいいと濡れてくるんだ」

幼馴染「気持ちいいのか、これ?」シュッシュ

男「気持ちいいよ」

幼馴染「そ、そうか」シュッシュ

男「口でしてくれたらもっと気持ちいい」

幼馴染「~っ!」

男「……」

幼馴染「な、舐めればいいのか…」

男「ごめん」

幼馴染「?」

男「もう色々と我慢出来ないから先に謝っておく」

幼馴染「なにが…んぐぅ!?」

男「手とは比較にならないぐらい…気持ちいい…!」

幼馴染「んぐっ!おぐぅ!」グッポグッポ

男(これが口まんこってやつか)

幼馴染「んー!んんー!」ジュボジュボ

男「あ~、早くも限界だ!だ、出すぞ!イクぞ!!くっ!!」ビュルル

幼馴染「おごぉ!?」

男「はぁ…はぁ…(めちゃめちゃよかった)」

幼馴染「お、お前なっ…けほっけほっ!急にびっくりすんだろ!」

男「悪い。あまりにも幼馴染が魅力的だったから我を忘れた」

幼馴染「っ!」

幼馴染「ほっ、褒めても駄目だ!」

男(もう一押しで許してくれそう。チョロ可愛い)

幼馴染「まぁお前も反省してるっぽいし、許してやらなくもねーけど…」

男「?」

幼馴染「な、なんだよ?」

男「もっとガミガミ言われるかと思ったからさ、なんでかなーと」

幼馴染「…別に」

男「そう言うときは別にじゃないよな」

幼馴染「うぐっ!」ドキッ

男「だてに長いこと幼馴染みやってねーから」

男「で、なんで急に許してくれる気になったんだ?」

幼馴染「……」

男「笑わないから言ってみー」

幼馴染「その、つ、つまりだな…」もじもじ

男「うん」

幼馴染「あれしたっていうか…」

男「うん?」

幼馴染「だから!……ちょ、ちょっと……興奮した」

男「……」

幼馴染「無理矢理されんの…嫌いじゃない、みたい…」

男「!」カッ

幼馴染「ひゃあ!?」

男「ごめん」

幼馴染「ま、またかよぉ!」

男「だって可愛すぎるから」

幼馴染「可愛いゆーなっ!!」

男「ん…」

幼馴染「んむぅ…ちゅ…れろっ…ふぁ!!」ビクッ

男「下びちょびちょじゃん。ちょっと興奮したってレベルじゃねーな」クチュクチュ

幼馴染「やっ!あひぃ!!」

男「…入れるぞ」

幼馴染「おとこぉ…おとこぉ…!」ギュウ

幼馴染「んぁっ!!」ビクビクン

男「つっ…!(これが幼馴染の…!)」

幼馴染「あっ…ふっ…!」

男「う、動くぞ」

幼馴染「ま、待って!んひぃ!?」ビクビク

男「はぁ…はぁ…!」

幼馴染「うぅ!あっあっあぁっ!」グッチュグチュ

男「ごめん!気持ちよすぎて止められない!」

幼馴染「はぁーっ!はぁうん!!」

男「幼馴染ぃ!!」ビュルル

幼馴染「ふぁあああああああ!!」

幼馴染「……」

男「……」

幼馴染「…なぁ」

男「は、はい」

幼馴染「オレに何か言うことがあるんじゃないのか」

男「もっかいやろう?」

幼馴染「ちげーよ!あほぉ!」ドゴォ

男「おげぇ!?」

幼馴染「初めてつったろ!?怖かったんだぞ!!」

男「ご、ごめん」

幼馴染「優しくしろよー」ギュー

男「悪かったよ」ナデナデ

幼馴染「……」

男「……」ナデ

幼馴染「もっとなでなで」

男「あいよ」ナデナデ

男「幼馴染がすごく可愛かったからさ、ついね」

幼馴染「もうその言葉には騙されないぞ」

男「可愛いよ幼馴染可愛いよ」

幼馴染「かっ、可愛いゆーなー!!」

男「はいはい、ごめんね。じゃ、落ち着いたとこでそろそろ…」

幼馴染「げっ!?」

男「ね?」

幼馴染「なんでまたたってんだよ!全然落ち着いてねーじゃねーか!!」

男「もっかいしよう」ガバッ

幼馴染「もぉ~!ばか~!!」







男「じゃあな」

幼馴染「んー」

男「機嫌悪いな。なんで?」

幼馴染「誰のせいだと思ってだんだ!!」バタン

男(悪ふざけが過ぎたか。にしても自分があーも変態だとは思わなかった)

男「これからは友のことも馬鹿に出来ないな」

男「……」

男(妹のやつ帰り遅いな。晩飯食べてくるんだろーか…)

男(携帯には何の連絡もきてないし。とりあえず作っちまうか。腹も減ったしな)

妹「…………」

男「っ!!」ビクッ

妹「あっ……兄さん……」

男「お、お前…帰ってたのか…」

妹「……はい」

男「明かりもつけずにリビングで何してたんだよ」

妹「お家に帰ってきて……部屋に戻るのも億劫だったので……リビングで横に……」

男「そのまま寝ちゃったのか」

妹「……」コクン

男「何時に帰ってきたんだ?」

妹「……5時ぐらいです」

男(その時間なら丁度幼馴染と……っ)

妹「今何時でしょう……」

男「7時だけど…」

妹「……そうですか」

男「晩ご飯はどうする?食べないなら俺が作るけど」

妹「…………」

男「い、妹?」

妹「すみません……体調がよくないので先に休みます……」

男「風邪?」

妹「疲れがたまっていたんだと思います……一晩寝れば治ると思うので……」

男「何かあったら言ってくれよ」

妹「……はい」

男「おやすみ」

妹「おやすみなさい……兄さん……」

男「……」

次回幼馴染ちゃん編完結!!おそらく

友「男ー、学食行こーぜー」

男「…ああ」

友「元気ねーな。最近ずっとそんな感じじゃねーか」

男「……」

友「お前から言い出すまで聞くまいと思ってたけどよ、もう聞いちゃう」

友「何かあったんだろ?聞いてやるから言ってみ」

男「妹とちょっとな…」

友「喧嘩か?」

男「まぁそんなとこ」

友「今朝一緒に登校してきたろ??」

男「してきたけど…」

友「それ喧嘩してるって言わなくねーか」

男「正確に言えば喧嘩じゃないんだ」

男「詳しく説明すんのはちょっと、な…悪い…」

友「……」

友「登校中の二人を見かけたときは、少なくとも妹ちゃんはいつも通りって感じだったぞ」

男「それがおかしいっていうか…」

友「なんだそりゃ?」

男「いつも通りじゃおかしいんだよ」

友「んー、詳しい事情を聞かないことにはなんとも言えないなぁ」

男「……」

友「お前の勘違いとか取り越し苦労じゃねーのか」

男「そうかもしれない…(いや、そうであって欲しい)」

友「妹ちゃんに聞くのが一番なんだろうけど…」

男「聞けるんだったらとっくに聞いてるよ」

友「だよな」

男「…ハァ」

友「こんなこと言うのもなんだけど、クヨクヨしてたって仕方ねーぜ?」

男「分かってる…」

友「うっし!ここは美味いもん食って元気だそう!今日は俺のおごりだ!」

男「カツ丼大盛りと豚汁と…」

友「遠慮して!」

男「遠慮してカツ丼大盛りと味噌汁にしておく」

友「ぐっ!学食で一番高い物をここぞというときに…!」

男「早く行こうぜ」

友「おごるつったのは俺だしなー…仕方ねーなー…」

男「……友」

友「大丈夫だって、ちゃんとおごってやっから」

男「ありがとな」

友「……」

男「その…色々心配してくれてさ…」

友「友達なんだから、これぐらい当たり前だっつーの」

友「だからカツ丼の肉ちょっとください」

男「学食のカツ丼美味いよなー」

友「ね、美味いよね。だからくれよ友達だろ」

男「あ、メール」

友「えっ!?」

男(……妹から)

友「ひとかけらでいいからさぁ!ねぇ!ちょっ、聞いてんの!?」

男(放課後……屋上……)

男「よっ」

妹「兄さん…突然呼び出してすみません…」

男「メールじゃ駄目だったのか?」

妹「どうしても直接言いたかったんです」

男「……」

妹「私は……」

男「……」

妹「…兄さんのことが好きです」

妹「一人の男性として兄さんのことが大好きです。気付いてましたか?」

男「…気付かなかった」

妹「だと思いました。幼馴染さんのアプローチも気付かない鈍感兄さんに分かるはずありません」

男「……ごめん」

妹「謝らないでください。悪いのは私なんです」

男「……」

妹「子供の頃からずっと兄さんのことが好きでした。私には兄さんしかいないとさえ思いました」

妹「気持ち悪いですよね。兄妹なのに、家族なのにこんな感情を抱くなんて…」

男「そんなこと…」

妹「いいんです、自分でもそう思ってましたから」

妹「今までずっと兄さんへの気持ちを押し殺して生きてきました」

妹「ですが心のどこかで、いつか兄さんと……そんな思いを捨てることが出来ませんでした……」

男「妹の気持ちは嬉しい…けど、俺は幼馴染が…」

妹「そうですね、兄さんは幼馴染さんを選んだ……私ではなく……」

男「……っ」

妹「すみません、嫌なことばかり言って。兄さんを、幼馴染さんを恨んでいるというわけではないんです」

妹「屋上に呼び出したのだって、兄さんに意地悪を言って困らせてやろうといわけではないんですよ」

妹「兄さんには……大好きだった兄さんにはどうしても私の気持ちを言っておきたかったんです……」

妹「私友さんと付き合うことにしました」

男「友と…」

妹「実は以前から何度か交際を申し込まれていたんです」

妹「そのたびにお断りしていたんですが、友さんは私が振り向いてくれるまで諦めないと…」

男「あいつらしいな」

妹「最初はうっとおしく思いましたが、何度かお話するうちにそれは間違いだと分かりました」

妹「友さんは私が兄さんを好きだったことを知っていたようです」

男「妹が教えたのか?」

妹「なんとなく、気付いたのでしょう。ああ見えて鋭い方なんですよ、友さんて」

妹「兄さんといるときの友さんはよく知りませんが、私と一緒のときはとても優しいんですよ」

男「想像出来ないな、それは」

妹「優しくて、明るくて…一緒にいると自分も元気にしてくれる人…」

男「……」

妹「兄さんが好きになった幼馴染さんのような方です」

妹「兄さんが私の兄さんでなかったら、きっと友さんが私の初恋の人になっていたと思います」

男「あいつにはもう言ったのか?」

妹「今日言うつもりです。ですからその前に兄さんに言っておきたかったんです」

男「そうか…」

妹「結局全部私のわがままでしたね。付き合わせてしまってすみません」

男「いいさ」

妹「……」

男「……」

妹「そろそろ友さんと待ち合わせて時間なので失礼します」

男「あ、ああ…」

妹「……」

男「…い、妹!」

妹「はい?」

男「友はいいやつだからさ、きっとお前のことも大事にしてくれると思う」

妹「……」

男「俺なんかより友のがずっとお前を……」

妹「兄さん」

男「?」

妹「私を選ばなかったこと、きっと後悔しちゃいますよ」

男「そうだな」

妹「絶対後悔します…」

男「……」

妹「…幼馴染さんとお幸せに」

男「ありがとう」

妹「……」

男「……」

妹「さようなら…兄さん…」






幼馴染「そろそろ起きねーと遅刻すんぞ」

男「……」

幼馴染「いい加減起きろよ」

男「……」

幼馴染「起きないとチューしちゃうぞ…」

男「……」

幼馴染「え、エロいこともしちゃうぞ!!」

男「……」

幼馴染「うぅ…起きない…」

男「エッチなことまだ?」

幼馴染「!!」

幼馴染「お、お前…!いつから起きてた…!?」

男「遅刻するぞーの辺り」

幼馴染「最初っからじゃねーか!」

男「寝てるフリしてればエッチなことしてくれると思って」

幼馴染「誰がするか!変態!」

男「今から二度寝するから、な?」

幼馴染「な?じゃねーよ!絶対しねーからな!ほんとだぞっ!?」

妹「幼馴染さん、兄さん起きました?」

男「今から二度寝するところだ」

幼馴染「それをぶん殴って起こすところだ」

男「お早う!さぁ出かける準備しようか!」

幼馴染「おせーっての…ったく…」

男「それより聞いてくれよ、妹。こいつ寝てる俺にエッチなことしようとしたんだぜ」

幼馴染「わーっ!言うな馬鹿!!」

妹「夫婦喧嘩する暇があったら急いで準備してください。もうすぐ友さんとの待ち合わせ時間ですよ」

幼馴染「そうだそうだ、友は妹ちゃんの彼氏なんだぞ」

男「友だし少しぐらい待たせても大丈夫だろ」

妹「……」

幼馴染「……」

男「あっ…す、すみません…すぐ準備します…」

幼馴染「ハァ~…やっと準備し始めたか…」

妹「幼馴染さんの彼氏さんはしょうがない人ですね」

幼馴染「は、はは…まったくね…」

妹「私の彼氏はデートに遅刻することなんて絶対ありませんよ」

幼馴染「あいつそーゆーとこしっかりしてるからなぁ。男にも見習ってほしいぜ」

妹「時間にルーズな彼氏さんだと大変ですね」

幼馴染「妹ちゃんの兄貴でもあるんだけどな」

妹「ふふ、そうでした」

男「準備出来たぞ、二人ともー。あ、妹、俺の朝食なんだけど」

妹「寝坊した兄さんに朝食はありません」

男「イチゴジャムたっぷりのトーストが机の上にあったぞ」

妹「手のこんだ朝食はありません」

男「とにかくサンキュー」モグモグ

妹「ところで兄さん。トーストなんですから走りながらでも食べられますよね」

幼馴染「当然だな」

男「いや、それはどうかな…」

妹「誰のせいで私の彼氏を待たせているんですか?」

幼馴染「ダブルデートをしようって提案したのは誰だったっけなぁ?」

男「…お、俺です」

幼馴染「あんま妹ちゃんの彼氏を待たせるのも悪いしな。今回は置いて行こう」

妹「とてもいい考えです」

男「え?」

幼馴染「オレたちだけで楽しんでこようぜ」

妹「そうですね、そうしましょう」

男「冗談だよな?」

幼馴染「そうなりたくなかったら走れ」

妹「ダッシュです、兄さん」

男「ちょっ!待ってくれ~!!」

おしまい

なんやかんやありながらみんな仲良し大団円エンド

妹ちゃんは友と幸せなキスをして終了……
と、見せかけて次回禁断の妹ちゃんルート

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年10月13日 (日) 00:19:13   ID: iGpUob1O

続編期待

2 :  SS好きの774さん   2014年04月04日 (金) 18:45:49   ID: 59xpsyeE

続き書けよ

3 :  SS好きの774さん   2014年04月18日 (金) 17:45:19   ID: fRXk-o93


続き続き

4 :  SS好きの774さん   2015年02月25日 (水) 01:57:27   ID: S2Zd2FK1


妹と友が付き合うのは要らなかったな。
完全に蛇足www

5 :  SS好きの774さん   2015年03月27日 (金) 16:24:23   ID: jQHVKuSz

妹と友別れろぉおおおお

6 :  SS好きの774さん   2015年05月03日 (日) 18:25:37   ID: HfBt53PU

確かに妹と友のは完全に蛇足。
いらね。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom