モノクマ「お前ら、体育館に集合!」 苗木「それは違うよ!」 (82)

モノクマ「この中に僕の宝物を奪った盗人がいます」

十神「モノクマの宝物だと?」

葉隠「そんなもんとった覚えはないべ」

モノクマ「んん?ここに一人来てないね…てことはあいつが奪ったのか!」

苗木「霧切さんが…?」

霧切「皆集まって何があったのかしら?」

モノクマ「噂をすれば丁度来たね、霧切さんは宝物を後で僕に返すように」

霧切「宝物?何の話?」

モノクマ「とぼけるんじゃないよ!君以外に誰が奪うっていうのさ!」

霧切「いえ、本当に知らないのだけど?」

モノクマ「そう、白を切っちゃうんだ、まあいいよ、あとで返してもらうからさ」

霧切「苗木君、私の身体を調べてもらってもいいかしら」

苗木「…え?」

霧切「私が奪っていないことを証明するためよ、協力して頂戴」

苗木「それは違うよ!」

苗木「じゃあ、ちょっと失礼するよ…」

霧切「苗木君、手つきがやらしいわ」

苗木「そ、そんなこと言われても…」

モノクマ「いいから調べやがれ!」

苗木「ごめん霧切さん…」

霧切「…んっ」

苗木「……何もないよ」

モノクマ「本当に?」

苗木「本当だよ」

モノクマ「そう、じゃあ僕の勘違いだったのかな」

霧切「モノクマの宝物って何なの?」

モノクマ「僕の宝物?それは内緒に決まってるだろ!」

モノクマ「というわけでもういいよお前ら、解散」

朝日奈「何よ、急に呼び出しておいて…」

葉隠「何だったんだべ…」

十神「気になるな…」

腐川「私のことが!?」

霧切「モノクマの宝物って一体何だったのかしら」

十神「さあな」

腐川「無視された…!?」

朝日奈「呼び出したくせに教えてくれないし、わけがわかんないよ…」

葉隠「きっと重要なものだったに違いないべ!」

十神「それはあのモノクマの様子を見れば誰でもわかるだろう」

霧切「……」

十神「霧切は何か知っているんじゃないのか?」

霧切「いえ、私は何も…」

十神「そうか」

朝日奈「私は一旦部屋に戻るよ」

葉隠「俺も戻るべ」

苗木「僕も戻るよ」

十神「俺も戻るか」

腐川「私も」

霧切「…私は」

苗木「…霧切さん?どうしたの?」

霧切「……」

苗木「部屋に戻らないの?」

苗木「…あ、そうか……部屋の鍵を持ってなかったんだよね」

霧切「…そうよ」

苗木「…良かったら、僕の部屋に来る?」

霧切「…え?いいの…?」

苗木「うん」

霧切「…じゃあ、お言葉に甘えて」

霧切「…お邪魔するわ」

苗木「どうぞどうぞ、何もないけどね…」

霧切「いえ、ありがとう…」

苗木「今日は僕の部屋で寝たら良いんじゃないかな?」

霧切「…え?」

苗木「あ、いや…僕は部屋の隅っこで眠ってるから、霧切さんはベッドの上で」

霧切「それは良くないわ、苗木君が風邪を引いてしまうじゃない」

苗木「はは、それは大丈夫だよ」

霧切「大丈夫じゃないわ、だから今日は一緒に寝ましょう」

苗木「…え?」

苗木「あの、霧切さん…」

霧切「…何かしら?」

苗木「ちょっとくっつきすぎじゃないかな…」

霧切「仕方がないでしょう…?このベッドは二人用ではないのだし、くっつかないとはみ出るわ」

苗木「それは、そうだけど…」

霧切「…苗木君は私にくっつかれるのが嫌だったのかしら?」

苗木「…そ、そんなことはないよ!」

霧切「そう、良かった」

苗木「良かった…?」

霧切「なん・でも・ない」

苗木「…え?」

苗木「…霧切さん?」

霧切「…zzz」

苗木「…眠ったみたいだね」

苗木「さて…、おやすみ霧切さん…」

苗木(夜遅いし、そろそろ…かな)



苗木「…モノクマは、いないね…」

苗木「……」サササッ

苗木「……」カチカチッ

ウィーンッ

苗木「おお、シャッターが空いた」

苗木「やっぱり、これって万能キーだったんだ」

苗木「学園長室が何故か空いてたから早めに入って回収しておいて良かったよ」

苗木「モノクマは気付いていなかったみたいだけどね」

苗木(このまま黒幕がいる部屋まで…)

苗木「…ここかな?」カチカチッ

苗木「……」ゴクリッ

江ノ島「…zzz」

苗木(江ノ島さん…っ!?)

苗木「でも江ノ島さんは死んだはずじゃ…」

苗木(いや、でも最初に見た江ノ島さんとは胸のサイズが違うぞ…?)

苗木「…ん?でもこっちの方が雑誌に載っていた江ノ島さんと同じぐらいの大きさのような…」

苗木(てことは、最初に会っていた方が偽物だったってこと…!?)

江ノ島「…zzz」

苗木「それにしても無防備過ぎる…」

苗木(もしかして、眠ってる振りしてるとか…?)

江ノ島「…zzz」

苗木「心配しすぎか…」

苗木(とりあえず起きてから暴れられないように縛っておこう)

苗木「……よしっ!」ギュッ

苗木「…これで安心だ」

苗木「……」ジーッ

苗木(大きいなぁ……)

苗木「少しなら揉んだりしても起きないよね…?」

苗木「……」ゴクリッ

苗木(…ちょっとだけ)モミモミッ

苗木「……!」

苗木(す、凄い…これが江ノ島さんのおっぱい……)

苗木「…もっと揉みたい」モミモミッ

苗木(ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!)ハァハァ

苗木「揉むだけじゃダメだ、顔も挟んで…!」ムニュッ

江ノ島「…んっ」

苗木(江ノ島さんのおっぱい最高!江ノ島さんのおっぱい最高!江ノ島さんのおっぱい最高!)パフパフッ

江ノ島「……あ?」

江ノ島「…苗木?」

苗木「…え?」

苗木(まずい、起きた…!?)

江ノ島「何で苗木がここに……あ、そうか…あんただったのね、万能キーを奪ったのは」

苗木「そ、そうだよ!」

江ノ島「そっかー、そして私が眠っている間に鍵を使ってここまで来たと」

江ノ島「苗木のくせに中々やるわね」

苗木「江ノ島さんが黒幕だったんだね…」

江ノ島「そうよ、でもまさか今正体がバレるとは思っていなかったわー、最後にバラそうと思ってたのにショックだわー」

江ノ島「…てか何で私縛られてんの?」

苗木「起きてから暴れられても困るからね!縛らせてもらったよ!」

苗木(そうだよ、江ノ島さんは縛ってあるんだから別にビビる必要はないじゃないか…)

苗木「引き続きおっぱいを堪能させてもらうよ!」ムニュムニュッ

江ノ島「ちょっ…!?」

苗木「江ノ島さんのおっぱい最高!江ノ島さんのおっぱい最高!江ノ島さんのおっぱい最高!」パフパフッ

江ノ島「…あのさ、飽きてきたんだけど」

苗木「そんなこと言われても知らないし僕は止めないよ!」

江ノ島「いつまでやるつもりなの?」

苗木「無論死ぬまでだよ!」

江ノ島「…はぁ」

苗木「な、何…!?抵抗する気!?」

苗木「縛られてる状態で暴れても無駄だよ!だから諦めて僕におっぱいを」

江ノ島「ふんっ」ブチッ

苗木「…え?」

江ノ島「私様が縛られただけで身動きできなくなると思ってたの?」

苗木「…ひ、ひぃ!?」

苗木(逃げないと…!)ダッ

江ノ島「逃がさないわよ」ガシッ

苗木「うわぁっ!?」バタッ

江ノ島「これで攻守逆転ね」

苗木(ま、まずい……殺される!)

江ノ島「…ねぇ苗木、私と取引しない?」

苗木「取引…?」

江ノ島「そう、他の皆には私のことは黙ってて欲しいのよねー」

江ノ島「今バラされても不完全燃焼で困るしー」

苗木「わ、わかったよ…」

苗木(それで助かるなら…)

江ノ島「もちろん、タダで黙っててとは言わないわ」

苗木「な、何をしてくれるの…?」

江ノ島「ナニをしてあげるのよ」

苗木「…え?」

江ノ島「ここまで辿り着いた苗木君へのご褒美ってことで」

苗木「い、良いの…!?」

江ノ島「それにさっきの苗木とか童貞過ぎて見てらんなかったし」

江ノ島「服の上から胸を揉んだり、顔をうずめたりするだけで満足とかどうかしてるわ」

苗木「…うっ」

江ノ島「仕方がないから、私が童貞の苗木に色々手とり足とり教えてあげる」

苗木「お、お願いします!」

江ノ島「他の皆には内緒だよ?」

苗木「はい!」

五分後

苗木「オラオラこの雌豚!!」

江ノ島「苗木のナニ大きいナリィィィィィィ」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom