苗木「日向クンはいいよね」日向「苗木が羨ましい」 (117)

苗木「ねえ、日向クン」

日向「なんだ?」

苗木「キミと二人きっりだから、こんな事聞くけど……」

日向「なんだよ、もったいぶって」

苗木「キミたちのほうで生き残ったメンバー、正直どう思ってる?」

日向「……」

日向「質問の意味が判らないな……どう思ってるって」

苗木「正直言って、終里さんよりも罪木さんあたりが生き残ればなって、思ったりしない?」

日向「……!?」

日向「お、お前! なんて事言って……」

苗木「ボクはね、時々思うんだよ」

苗木「どうして、あの人が死んで、あの人が生き残ったんだろうな、って」

日向「……」

苗木「日向クンって、ボクらの時のコロシアイの全貌は知ってたっけ?」

日向「あ、ああ。一応、資料で見たが……」

苗木「被害者になった人たちはね、本当にみんな良い人ばかりだったよ」

日向「……俺たちの方も、みんな良い奴だったよ」

苗木「でもね……」

日向「……?」

苗木「生き残った人たちはあまり良い人、じゃないんだよね」

日向はメインヒロインとライバルが死んでんだぞ

日向「そ、それって、どういう……」

苗木「たとえば、葉隠クン。彼はあの生活でも大神さんの件で問題があったけど……」

日向「あんな生活をしてたら少しくら、おかしな事をしたって……」

苗木「彼さ、色々と話してて判ったんだけど、どうやら学園に来る前も色々とやらかしてたみたいなんだよね」

日向「そ、そうなのか?」

苗木「そりゃもう……彼こそ超高校級の詐欺師だよ。あっ、でもこの渾名は本物の詐欺師の彼に悪いから、名づけるなら超高校級の屑かな」

日向「い、意外だな。苗木が人をそんな風に言うなんて」

苗木「超高校級の希望なんて言われたけど、ただの人だからね。ボクだって愚痴くらい零すよ」

日向「でも、なんで俺に?」

苗木「キミなら、判ってくれると思ったっからかな……」

苗木「ほら、日向クンもこの際、吐き出しちゃえば?」

日向「お。俺は……」

日向「……」

日向「お前の言うとおり、終里は……どうかと思う」

苗木「あはは、やぱっり」

日向「お前も、あいつの事は知ってるだろ?」

苗木「うん。弐大クンの事とか、特にね」

日向「モノクマに一度目に戦いを挑んだのは……まあ、仕方がないとして」

日向「なんで二度も挑むんだよ!それになんで二度も弐大に庇われてるんだよ!」

苗木「あれは見ててボクも唖然としたなぁ」

日向「しかもだぞ!? あいつ、せっかく九頭龍が慰めの言葉をかけてやったのに全然理解してない!ありえねぇよ!」

苗木「あそこまでいくともう、ある意味で凄いね」

日向「例えるなら、超高校級の脳筋だな」

苗木「あはは、いいね、それ! ちなみに日向クンはそんな才能も持ってたりするの?」

日向「んな才能あるかよ、バーロー」

苗木「だよね」

日向・苗木「「あはははははは!」」

苗木「いやぁ、日向クンの愚痴を聞けてよかったよ! それじゃ今度はボクの番だね」

日向「まだあんのかよ!」

苗木「当然だよ! もう、文句しかないよ!」

日向「お前、普段はそうとう溜め込んでるんだな……次は、そうだな、当ててやる。十神だろ?」

苗木「それに賛成だよ!」

日向「おいおい、俺の真似すんなよ」

苗木「あはは、ごめん。一度言ってみたかったんだ」

苗木「彼はもう、色々と酷かったよ……特にあのコロシアイ生活の序盤なんて、彼があんなピリピリした空気を作った張本人だからね」

日向「あまり話した事はないが……俺らのほうの十神とはかなり違う印象だな」

苗木「そりゃあ、そうだよ! むしろこっちの十神クンとキミらの十神クンを是非ともトレードしてほしいくらい!」

日向「酷い言いようだな」

苗木「それがけ、キミらの十神クンが素晴らしい人物だったって事だよ」

日向「……確かに、本当に良い奴だった」

九頭竜も終里もソニアも守る為に命張った人がいるからなあ。

苗木「こっとの十神クンなんて、傲慢だし、自己中だし、かませだし、強制シャットダンだしで最悪だよ!」

日向「ははっ!こりゃひでえ!」

苗木「まあ、改心したのか知らないけど、今では少しは丸くなったけどね」

日向「あれで丸くなったほうなのか……」

苗木「それほど昔が酷かったんだよ。でも、思い返せば、彼ってほんと、あの生活の中じゃ惜しいとこまで行くのに最後は活躍できなかったな」

日向「それこそ、超高校級のかませだな!」

苗木・日向「「あはははははははは」」

苗木「さっ、日向クン。次はキミの番だよ」

日向「っつてもな……不満があったのは終里くらいだし」

苗木「本当に? 左右田クンとか、けっこう険悪な感じになったことあったけど……」

日向「あの状況じゃ仕方がねえよ。それに、あいつには助けてもらったこともあるし」

苗木「……そういえば、キミらのほうは結構、自身の才能使ってた人多いけど、ボクら側はあまりいないな」

日向「はあ? なにいってんだよ。霧切がお前のところじゃ一番活躍してたじゃないか」

苗木「霧切さんか……」

日向「なんだ……? まさか霧切にも不満があるのか?」

苗木「不満、って訳じゃないけど……まあ、彼女も当時は難しい人だったよ」

日向「確かに……俺らの中じゃいないタイプの人間だな」

苗木「最初は才能が唯一判らない人で、しかも普段から一人でいた人だったからね」

日向「ああ~なんだか、簡単に想像できるな」

苗木「あはは、仲良くなるのは大変だったよ。大神さんの件の時なんて怒ってしばらく口利いてくれなかったし」

苗木「まあでも、プレゼントとか渡したら喜んでくれたし、中には照れてながら受け取ってくれたこともあったかな」

日向「……」

苗木「話してると意外な一面とかあったりしてね。彼女のために裁判で処刑されそうになった事があったけど、もうあの時は彼女の希望の糧になるならそれもありかなって、内心じつは思ってたり……」

日向「狛枝かよ……」

苗木「あとね、彼女さ、当時に渡したプレゼント、未だに持ってるんだよ? そこが意外に乙女ちっくで……もう、ね?」

日向「ね? って言われてもな……はあ」

苗木「ひ、日向クン……? どうしたの? 急にため息なんか吐いて」

日向「苗木が羨ましい」

苗木「な、なにが……?」

日向「なにが? じゃねぇよ……」

苗木「えっと……ソニアさんは?」

日向「いまでも田中が目覚めるのを待ってる」

苗木「……お、終里さんは?」

日向「同じく、弐大が目覚めるのを待ってるよ」

苗木「……」

日向「……」

日向「……二次元の世界で七海とらーぶ、らーぶ、してえな」

五月雨「霧切にイン・ビトロ・ローズを最初に渡したのは私」
五月雨「あとお姉さま呼びもされた」

苗木「え、えっと……」

日向「ったく、お前との会話でまた七海に会いに行きたくなったじゃないか。さてと……」

苗木「日向クン?」

日向「もう行く。さっさと帰って、あいつら起こす方法見つけねーとな」

苗木「……そう、だね」

日向「ありがとう、苗木」

苗木「えっ?」

日向「最近、色々と立て込んでて碌に人と会話なんてしてなかったからさ。少し、元気でだ」

日向「あいつらには、全員起きてもらわねえと困るしな。あんまり食えなかった花村の飯食って、十神の本当の名前聞いて……」

日向「んで、辺古山は九頭竜と一緒に小泉に謝って、罪木を更生させて、西園寺と澪田の二人に許してもうらう」

日向「終里は弐大と、田中はソニアとゆっくり話してもらって……」

苗木「狛枝クンは……?」

日向「とりあえず、一発ぶん殴る」

日向「そして、七海にあって、ちゃんと礼を言う。やることはいっぱいだ」

苗木「うん、そうだね。キミたちにはやるべき事はたくさんある」

日向「ああ、そういう事だ苗木。またな。また愚痴ならいつでも聞いてやるよ!」

苗木「うん、ばいばい。日向クン」

苗木「……」

苗木「日向クン。キミたちにはまだ、未来がある。彼ら全員が、目覚めるかもしれない、未来が……」

苗木「ボクらと違って、まだキミたちはやり直せるかもしれない……」

苗木「日向クンはいいよね」

終わり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年08月27日 (木) 22:53:36   ID: wLtVGkMM

悲しい…

2 :  SS好きの774さん   2016年05月26日 (木) 16:01:27   ID: G6zyhPdm

確かに、スーダン2のメンバーはやり直せるよな。科学が進歩しれば目を覚まさせることができるし。全部仮想世界で起きたことだし。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom