俺「お呼びですか、社長?」 社長「ふぇぇ・・・おしっこぉー・・・」 (82)

俺「おしっこですか社長」

社長「うんっ・・・一人じゃ怖いからついて来てぇー」

俺「わかりました、おい、社長おしっこだそうだ」

秘書「わかりました」

社長「秘書ちゃんじゃなくて俺君について来てもらうのぉっ!」

秘書「あらあらっw」

俺「しょうがないですね、わかりました」

社長「いこーっ♪」グイグイッ

俺「あっ、社長・・・そんなに引っ張らないでっ」

ガチャッ・・・

社長「・・・じー・・・」チョロチョロチョロ・・・

俺「・・・///あの・・・社長、こっちが照れてしまうのですが・・・///」

社長「なんでぇー?」

俺「まがりなりにも社長は女の子ですし・・・」

社長「女の子だよぉー」

俺「ドアを開けて俺を見つめながらおしっこをするのはいかがなものかと・・・///」

社長「んー?なんでぇー?」

俺「(社長はまだ幼いし・・・仕方ないか・・・)」

社長「・・・んっ」ブルブルッ・・・

俺「おやっ?」

社長「おしっこ終わったぁー」

俺「はい、では水を流して手を洗ってください」

社長「ほほーぃ」ジャー・・・ダダダッ・・・

俺「あっ、社長っ!!手を洗わないとばっちぃですっ!!」ダダダッ・・・

社長「きゃーっwww逃げろぉーっwww」

俺「こらっ、ちょっと待ってっ!!誰か社長を捕まえてっ!!」

同期社員「あらっ?俺君じゃん?どうしたのっ?」

俺「社長がおしっこの後手を洗ってないっ!!」

同期社員「えええっ!?」

社長「ひゃっほーぃwww」

同期社員「社長っ!チョコあげましょうかー!?」

社長「ピクッ・・・チョコぉーwww」ダダダッ・・・

同期社員「えいっ!確保っ!!」ギュゥ

社長「チョコチョコぉーっ!!」

同期社員「チョコは手を洗ってからですっ!」

社長「はーいっ!」タッタッタ・・・

俺「ふぅ・・・すまないな同期ちゃん」

同期社員「良いって良いってw」

社長「手洗ってきたよぉーーーっ!!」

同期社員「はいっ、おりこうさんでしたぁー」ナデナデ・・・

社長「へへー///チョコもらったぁーw」

俺「さ、社長室へ戻りましょうか」

社長「うんっ、チョコありがとー♪」

同期社員「どういたしましてっ」

俺「じゃ、またな」

同期社員「うん」

ガチャッ

秘書「おかえりなさいませ、社長」

社長「ただいまぁーっ!おしっこ出たぁー」

秘書「良かったですね」ニッコリ

俺「では、俺はこれで失礼します」

秘書「あー、俺さんちょっと待ってください」

俺「んっ?」

社長「あーそうだっ!!実はおしっこで呼んだんじゃないんだよぉー」

秘書「実はかなり重要な極秘ミッションがあるのです」

俺「極秘・・・ミッション・・・?」

社長「あっ、あのさ・・・らいばるの会社があるでしょぉ?」

俺「あー・・・B社ですね」

秘書「実はそのB社の・・・」

俺「す、スパイとかそんな話ですかっ!?」

社長「あの・・・その・・・///」モジモジ・・・

秘書「私から言いましょうか?」

社長「うんっ///」モジモジ・・・

秘書「B社の社長様の好きなタイプをリサーチしてください」

社長「きゃーっ///」

俺「・・・えっと・・・それは・・・?」

秘書「社長がB社の社長様がお気に入りのご様子です、調査をお願いします」

秘書「・・・こちらがB社社長様です」

俺「おっ、女の子・・・」

社長「あたしより1歳おねぇちゃんって言ってたっ///」モジモジ・・・

秘書「装備は基本的に現地調達です、こちらは一切関与しません」

俺「な、なるほど・・・」

社長「がんばったらボーナス出るよぉっ!」

俺「りょ、了解しました」

・・・

同期社員「・・・ええっ!?B社社長の好みをっ!?」

俺「しっ・・・声が大きいっ!!極秘だ!」

同期社員「ご、ごめんっ・・・B社なら・・・とも子って友達がいるけど・・・」

俺「コンタクトを取って欲しい」

同期社員「まかせて、明日には報告するっ」

俺「頼む」

― 翌日・・・

同期社員「俺君っ!」

俺「おっ、同期ちゃん・・・どうだった?」

同期社員「とも子に連絡取れたよ!B社に入れてもらえそう」

俺「オッケーありがとう」

同期社員「これ、とも子の番号、B社についたら連絡して」

俺「わかった、じゃあ行ってくる」

・・・

― B社・・・

俺「ここだな・・・とも子ちゃんに電話してみるか・・・」

プルルルル・・・カチャッ・・・

俺「もしもし・・・?」

とも子「あっ・・・俺さんですね?今出てきまーす」

とも子「あっ、どーもぉー!初めましてぇー!」

俺「あ、どうも、わざわざすいません」

とも子「いえいえーw・・・じー・・・割とイケメン・・・///」

俺「んっ?何か・・・?」

とも子「あっ、いやっ・・・な、なんでもないですぅ///」

俺「あのー・・・俺入れそうですかね?」

とも子「大丈夫ですよー、あたし秘書やってるんで、社長へのアポも取っておきましたぁ」

俺「おおっ!!ありがたい!!」

とも子「お安い御用ですよぉ」

俺「ライバル会社なのに・・・大丈夫ですかねー・・・?」

とも子「大丈夫ですよぉー」

コンコン・・・

とも子「社長~、昨日言ってた方連れてきましたぁ」

B社長「入りなさいっ」

俺「し、失礼します・・・」

ガチャッ・・・

B社長「・・・じー・・・ふーん、あなたがA社の・・・ふーん・・・じー・・・」

俺「あっ、そ、そうです・・・お忙しいところすいません」

B社長「まったくよっ、こっちは忙しいって言うのにっ」

とも子「社長ぅ~さっきまであたしに遊ぼう遊ぼうって言ってたじゃないですかぁーw」

B社長「うっ、うるさいのよっ!忙しいのっ!!」

俺「す、すいませんっ・・・では日を改めましょうか・・・?」

B社長「えっ・・・もぅ帰るの・・・?」

俺「えっ・・・?」

B社長「あっ・・・///ちょ、ちょっとくらいならお話ししてあげるわっ///」

俺「あ、良いんですか・・・?俺は別の日でも・・・」

B社長「い、良いって言ってるじゃないっっ・・・帰らないでよっ!!」

俺「す、すいません」

とも子「全く素直じゃないんだからっwww」

B社長「ともこぉーっ・・・あんたはボーナスカットよっ!」

とも子「えええええーーっ!?・・・うぅー・・・」

俺「あ、あのですね・・・弊社の社長がですね・・・」

B社長「あー・・・A社長ね、どうかしたのっ?」

俺「あ、実はそのぉー・・・B社長が好きというか・・・なんというか・・・」

B社長「す、す、好きっ・・・!?お、女の子同士じゃないっ!?」

俺「あっ・・・えと・・・はい・・・」

B社長「だってっ・・・それはっ・・・なんて言うかっ・・・ええーっ///」

俺「あの・・・それでB社長の好みが知りたいと申しておりまして・・・」

B社長「あっ、あたしの好みっ・・・!?」

俺「はい」

B社長「あ、あたしは・・・そのぉ・・・のーまるよっ」

俺「のーまる・・・?」

B社長「ふ、普通に男の子が好きってことよっ///あ、あんたみたいな・・・///」

俺「なるほどー・・・えっ!?俺ですかっ!?」

とも子「あー・・・そう言えば俺さんは社長が好きそうなタイプですねぇー」

B社長「とも子ぉっ!!」

とも子「ひっ!?」

B社長「か、か、勘違いしないでよっ!?別にあんたが好きって言ってるんじゃっ・・・ないんだからっ///」

俺「じゃあ・・・どんな感じの人が・・・」

B社長「・・・えっ?あのっ・・・///」

俺「はい・・・」

B社長「背があたしよりも高くって・・・」

とも子「うんうんっ」

B社長「目に力がある感じでっ・・・」

とも子「それからそれからっw」

B社長「黒髪でスラッとしてて・・・」

とも子「はいはいっw」

B社長「紳士な感じの・・・」

とも子「やっぱ俺さんじゃないですかぁーwww」

B社長「――っっ///」

俺「・・・///」

B社長「と、とにかくっ、これで良いでしょっ!?」

俺「あ、えーっと・・・はい・・・」

B社長「ま、まぁ、こうして会ったのも何かの縁だしっ?」

とも子「・・・わくわくw」

B社長「あ、あんたとも・・・お、お、お友達としてっ仲良くしてあげるわっ///」

俺「あ、ありがとうございます///」

コンコンッ

社員「社長ー会議の時間ですー」

B社長「―っ!・・・もぅっ・・・もっとお話ししたかったのにっ・・・(ボソッ」

俺「ん?何か・・・?」

B社長「な、何でもないわよっ!!ま、また来なさいよっ!!」

俺「はい、ありがとうございます」

B社長「で、電話しても良いわよっ?///」

とも子「電話してあげてくださいぃ~w」

俺「はいwでは・・・これで失礼します」

俺「うーん・・・なんて報告したら良いんだ・・・」トボトボ・・・

社長「おーーーれーーーくぅーーーーんっ!!」ダダダッ・・・

俺「おあっ!?しゃ、社長っ!?」

ギュゥゥゥ・・・

社長「へへー///おかえりぃっ!!」

俺「た、ただいま戻りました」

秘書「おかえりなさい」

俺「ただいまっす」

社長「ねぇねぇ!!どうだったぁー?」

俺「・・・それが・・・」

・・・

社長「ふぇぇ・・・振られたよぉー・・・」

俺「す、すいません・・・」

秘書「まぁ、仕方ないですね」

社長「こうなったら・・・」

ダダダッ・・・

秘書「――ッッ!?・・・まさか・・・」

俺「・・・?」

秘書「俺さん!!社長を捕まえてくださいっ!!」

俺「なっ、なんですか急にっ!?」

秘書「社長はもしかしたらあの新型を起動させるつもりかも・・・」

俺「新・・・型・・・?」

秘書「はい・・・当社に軍事技術部があるのはご存知ですね?」

俺「軍に協力していますし・・・兵器を卸していますよね」

秘書「ええ・・・実は、まだテスト段階で実装していない新型があるのですが・・・」

俺「・・・社長がそれを使うと・・・?」

秘書「社長は気持ちで行動するタイプですから・・・」

俺「・・・で、その新型っていうのは・・・?」

秘書「世界中の12歳以下の女の子のおしっこを自動回収し・・・」

俺「世界中の・・・12歳以下の女の子のおしっこ・・・?」

秘書「ええ・・・それを回収し、人為的に雲を発生させおしっこの雨を降らせるという・・・」

俺「おしっこの雨・・・!?」

秘書「そうです・・・恐ろしい兵器です・・・幼女のおしっこですから・・・ッッ」

― 社長「ふぇぇ・・・A社の社長ですぅ・・・ ―

ザワザワ・・・

― 社長「振られて悲しいのでっ・・・世界中におしっこの雨を降らせちゃうよぉぉ・・・ ―

ザワザワ・・・

― 社長「みんなっ・・・おしっこまみれになっちゃぇぇぇぇっ!!」・・・ ―

・・・

同期社員「俺君っっ!!テレビ見たぁっ!?」

俺「ああ・・・まずいことになった・・・」

同期社員「どうするのっ!?」

俺「社長を・・・止めに行くっ!!」

同期社員「止められるの・・・っ?」

俺「止めてみせるさっ・・・必ず・・・ッッ!!」

同期社員「・・・絶対・・・生きて帰って来てね・・・これ・・・お守り持って行って・・・」

俺「ありがとう・・・必ず戻る・・・約束する」

とも子「俺さぁーんっ!!うちの社長連れて来ましたぁーっ!!」

B社長「――っっ///と、とも子っ!!声おっきすぎるのよっ///」

俺「B社長・・・すいません、わざわざ来ていただいたんですね」

B社長「べ、別にいいのよっ///あ、あたしのせいでこんなになったんだしっ」

俺「ありがとうございます」

B社長「あっ、あんたのために来たんじゃないんだからっ///」

俺「ふふっ・・・わかってますよ」

B社長「に、ニヤニヤしてんじゃないわよっ!!ほらっ!!先行くわよっ!!」テッテッテ・・・

俺「あっ、はいっ!!行きましょうっ!!」

とも子「社長ぅ~頑張ってくださぁ~ぃw」

ブゥィーンブゥィーン・・・

CAUTION!CAUTION!

総員、ロリータアンモナイズが起動しました、衝撃に備えてください

繰り返します、ロリータアンモナイズが起動しました・・・

俺「―――ッッ!!起動したッッ!?」

B社長「あっ、あそこっ!!」

俺「ッ!!社長っ!!」

社長「俺君っ・・・こっ、怖くて降りられないよぉー・・・ふぇぇ・・・」

B社長「あの子は・・・まったく・・・」

俺「なんでそんな高いとこ登ったんですかぁーーっ!!」

社長「ふぇぇ・・・たすけてぇーっ」

― 第一波・・・発射!! ―

― ロサンゼルス・・・

幼女「ふわぁぁっ・・・おっ・・・おしっこがっ・・・」

シュゥゥゥゥン・・・

男性「おい・・・なんだあれ・・・?」

女性「雲・・・かしら・・・?」

ピィィィィカァァァァァァァァンッッッ!!

ドジャァァァァァァァァァァァァァァァッ!!!!

ロリコン「うひょぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!幼女の黄金水臭がするでござるゥゥゥゥwwwwwww」


― 北京・・・

幼女「あいやぁー・・・おしっことんでたアルぅ・・・」

ピィィィィカァァァァァァァァンッッッ!!

ドジャァァァァァァァァァァァァァァァッ!!!!

ロリコン「うひょぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!幼女のおまんこ水でござるゥゥゥゥwwwwwww」

俺「ま、まずいッッ!!早く止めないとッッ!!」

B社長「ど、どうやってこんなもん止めるのよっ!?」

俺「社長のいる場所に停止スイッチもあるはずなんですが・・・」

社長「怖いよぉぉーーーっ・・・ふぇぇっ、ふぇぇぇぇぇぇぇんっ・・・」

B社長「あー・・・もぅ!」ダダダッ・・・

俺「B社長ッッ!?危ないですッッ!!」

B社長「こう見えて木登りは得意なんだからっ!」

俺「くっ・・・俺は何の役にも・・・立てないのか・・・ッッ!!」

ピカーンッ・・・

俺「・・・?お守り・・・光ってる・・・?」


B社長「はぁ・・・はぁ・・・ま、全くなんてもん作るのよっ・・・」

社長「ふぇぇぇ・・・怖いよぉぉぉ・・・」

B社長「あとっ・・・あと少しっ・・・」

― 第二波・・・発射!! ―

― パリ・・・

幼女「ふわぁぁっ・・・おっ・・・おしっこがっ・・・飛んでしるぶぷれぇ・・・」

シュゥゥゥゥン・・・

男性「うわっ!?・・・おいっ・・・おいおいおいっ!?」

ピィィィィカァァァァァァァァンッッッ!!

ドジャァァァァァァァァァァァァァァァッ!!!!

ロリコン「うひょぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!幼女の体液でござるゥゥゥゥwwwwwww」


― TOKIO・・・

幼女「ふぇぇ・・・おしっこ売るだけで2000円とかちょろいよぉ・・・」

ロリコン「ああっ!?今しがた買った聖水がぁぁぁぁぁっっ!?」

ピィィィィカァァァァァァァァンッッッ!!

ドジャァァァァァァァァァァァァァァァッ!!!!

ロリコン「うひょぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!幼女のお・も・て・な・しィィィィwwwwwww」

B社長「はぁ・・・はぁ・・・つ、捕まえたわよっ・・・」ギュゥゥ・・・

社長「ふぇぇっ!?・・・Bちゃんっ・・・ふぇぇぇぇーっ!!ごめんなしゃぃぃぃっっ・・・」ポロポロ・・・

B社長「べ、別にっ・・・き、気にしないでよっ///」

社長「ふぇぇ・・・Bちゃんっ・・・Bちゃんっ」ギュゥゥ・・・

B社長「ぐっ、ぐるじぃっ・・・」

社長「ふぇっ!?・・・ご、ごめんなじゃぃ・・・」

B社長「はぁ・・・はぁ・・・ほらっ!停止ボタン押すわよっ!!」

社長「うんっ!」

社長&B社長「えいっ!!」ポチッ・・・

ピュィィィ・・・

社長「と、止まって・・・」

ブゥィーンブゥィーン・・・

CAUTION!CAUTION!

B社長「ちょっ・・・と、止まらないじゃないっ!!き、聞いてないわよぉっ!?」

俺「二人ともォォォォッッッ!!こいつにつかまれぇぇぇぇぇぇッッッ!!」

B社長「なっ、な、なによそれぇっ!?」

社長「あーっw俺君ちんちん出してるぅーwww」

ボォォォォォォキィィィィィィィンッッッ!!

俺「良いからっ!!助かりたいならこれにつかまってすべり降りろぉぉぉッッッ!!」

B社長「ちっ、ちんちんっ///お、おっきすぎにもほどがあるでs」

社長「Bちゃんっ!!俺君好きなんでしょっ・・・信じてっ!」

B社長「・・・///わ、わかったわよっ!!」

社長&B社長「えいっ!!」ピョンッ

スルスルスルスルゥー・・・

俺「あっ・・・幼女の柔肌がっ・・・俺のちんこを擦ってっ・・・」

スルスルスルスルゥースタッ

B社長「はぁ・・・はぁ・・・お、お嫁に行けなくなったじゃないっっ///」

社長「俺君が貰ってくれるよぉー」

B社長「なっ・・・///」

社長「えへへーwww」

B社長「そ、そ、そんなことよりこれどうすんのよっ!?止まらないじゃないっ!!」

俺「みんなっ・・・おちんぽみるくカーニバル・・・承認してくれッッッ!!」

秘書「ふふっ・・・承・・・認っ」

同期社員「俺君っ・・・頑張って・・・承認っ!」

とも子「うわぁーっ・・・あたしも見たかったなぁー///あ、承認でしたぁーw」

社長「ふぇぇ・・・こんな兵器やっつけてよぉー・・・しょうにぃーんっ♪」

B社長「しょ、承認すれば良いんでしょっ///承認承認っ!!早くしなさいよっ!!」

俺「キタキタキタキタァァァァァ!!ハイパーおちんぽミルクタァァァァァァァァイムッッッ!!」

― 第三波・・・発

俺「させるかァァァァ!!おちんぽみるくゥゥゥカァァァァニヴァァァァァルッッッ!!」

ピーピッピッ ピピッピッピピッピ♪ピーピッピッ ピピッピッピピッピ♪

ピーピッピッ ピピッピッピピッピ♪ピーピッピッ ピピッピッファイヤァー♪

ドピュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッッッ!!

ロリータアンモナイズ「んほぉぉっっ!!妊娠確実ゥゥゥ!!気持ちよすぎて機能止まっちゃうよぉぉぉっっ!!」

スプラァァァァァァァァァァァァァァァァァァッシュッッッ!!

ベチャベチャァ・・・

俺「はぁ・・・はぁ・・・と、止まった・・・」ビクンッ・・・ビクンッ・・・

B社長「う、うぇぇ・・・くっさぃ・・・な、なんであたしがこんなめに・・・」

社長「俺君のせいしで虹が出来てるぅーっ♪」

B社長「あ、あんた呑気ねぇっ・・・」

社長「ほらほらぁーっ!俺君のせいしだよぉー・・・えいっ!!」ビュパッ

B社長「ちょっああっ!?なっ、なんであたしにかけるのよぉっ!?」

社長「いひひっwww」

B社長「・・・もう・・・ばかっ・・・w」

社長「馬鹿って言うほうが馬鹿なんだもぉーんっ♪」

B社長「・・・友達なら良いわよっ」

社長「・・・ふぇ?」

B社長「だ、だからっ・・・と、友達として仲良くしてあげるって言ってるのよっ///」

社長「ほ、ほんとにっ!?・・・う、嬉しいよぉ・・・ふぇぇ・・・」

同期社員「俺君っ!!」ダダダッ・・・

俺「あっ・・・同期ちゃん・・・やったよ」

とも子「あれぇー?B社長、A社長さん泣かせちゃだめですよぉ~」

社長「ふぇぇー・・・ふぇぇー・・・」

B社長「ち、ち、違うわよっ・・・今・・・と、と、友達になったとこよっ///」

社長「Bちゃぁーんっ・・・」ギュゥゥ・・・

カツカツ・・・

秘書「ふぅー・・・しかし派手にやりましたねぇ・・・」

社長「ご、ごめんなしゃぃ・・・」

秘書「あー、社長じゃなくて・・・」チラッ・・・

俺「・・・俺でしたか」

秘書「これは高くつきますねぇ・・・」

俺「く・・・クビですかね・・・?」

秘書「クビ・・・?いいえ」

俺「・・・?」

秘書「でも・・・私達みんな・・・」

同期社員「俺君の・・・お、おちんぽカーニバルっ///」

とも子「味合わせてもらいますよぉ~w」

秘書「・・・そういうことです」

B社長「ちょ、ちょっとあんたたちぃっ!!あたしを差し置いてっ!!」

社長「ふぇぇ・・・あたしもちょっと味わおうかなぁー・・・」

とも子「社長とB社長はこどもですからぁ~w」

俺「ちょっ・・・ちょっと待っ・・・」ダダダッ・・・

秘書「誰かぁーっ!!俺さんを捕まえてーっ!!」ダダダッ・・・

同期社員&とも子「待ってぇーっ!!」ダダダッ・・・

社長「今日は立場が逆だよぉー♪」ダダダッ・・・

B社長「あんたぁっ!!ちょっと待ちなさぁーいっ!!」ダダダッ・・・


~ fin ~

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom