京太郎「絶対に絶頂するリー棒……?」 (54)

京太郎「……早速使ってみるか?」

咲「あ、京ちゃんどうしたの?」

京太郎「咲、ちょっと頼みがあるんだが」

咲「ん? なになに?」













咲「んっほぉぉぉぉ―――――――っ!!!!  しゅごしゅぎ―――――――っ!!!」

京太郎「…………」

咲「妊娠かくじつ―――――――っっっ!!!!」

京太郎「…………」

京太郎「…………次はどうするかな」

優希「お、京太郎。咲ちゃん見なかったじゃえ?」

京太郎「……優希、ちょっといいか?」

優希「なんだじぇ?」















優希「うほっほ―――――――!! しゅごしゅぎだじぇ京太郎――――――ー!!!」

京太郎「…………」

優希「おまんこ!!!!   いっちゃうじぇえぇぇぇぇ――――――――っっっっ!!!!!」

京太郎「…………」

京太郎「さて、そろそろ帰ろうかな」

和「須賀くん、優希を見ませんでしたか? 一緒に帰ろうと約束していたのですが」

京太郎「……原村、優希を待ってる間、ちょっといいか?」

和「はい? なんでしょうか……」
















和「おっぱいミルク……っ 溢れてくるぅぅぅぅぅ――――――!!!」

京太郎「…………」

和「子宮におちんぽミルク注ぎ込まれながらおっぱいミルクがこぼれちゃうのぉぉぉ―――――オッホォ――ー―!!!」

京太郎「…………」

京太郎「……日が暮れてきたな」

マコ「京太郎、戸締まり頼むけぇ」

京太郎「……わかりました。でもその前にちょっとお願いが?」

マコ「お願い? なんじゃ?」
















マコ「ワカメ酒が……膣を伝ってワシを酔わせるんじゃぁ………………・」

京太郎「…………」

マコ「くぅっ――――………………うほぅ………………鬼殺しはワシをどこまでホテさせるきじゃぁ………………」

京太郎「…………」

京太郎「帰るか……」

ガラッ

久「あら、残ってるの須賀君だけ? 生徒会が長引いちゃったから、残念ねぇ」

京太郎「……部長」

久「……なにかしら?」














久「んっっっっくぅぅ……・・……声が漏れちゃう…………・・っんっほぉぉぉぉぉぉぉおおおおっっっ!!!!」

京太郎「…………・」

久「おつゆが漏れて…………ストッキングが湿って……・・……声もロッカーの外に漏れちゃうのぉぉおおおっぉぉぉ――ー―ーーーー!!!!」

京太郎「…………」

京太郎「龍門渕高校…………」

一「あれ、君は清澄高校の……。こんなところでどうしたんだい?」

京太郎「実はちょっと頼みが……」

一「頼み? ボクに出来ることなら聞くけど……」















一「見えちゃう―――――――っっ!! 火照って…………ポッチ覗いちゃうぅぅぅつつつつうぅぅぅぅ――――――!!!」

京太郎「…………」

一「ミニスカ………………奥が見えちゃう…………・パンツ履いてないの…………バレちゃうのぉぉおおおっぉぉぉほほほほ――――――っ!!!!」

京太郎「…………」

京太郎「さすが龍門渕高校……立派な校舎だな……」

智紀「あ…………風越高校の…………」

京太郎「沢村さん、部室まで行きたいのですが、案内お願いできますか?」

智紀「コク……付いて来て……」
















智紀「おっぱい大きいのっ!!! バレちゃったっっつつっ!!!! ボリュームたっぷりミルクたっぷりつまったおっぱいっ!!!!」

京太郎「…………」

智紀「揉みしだかれながらっつつっつつっっっ!!!! 特濃ザーメンかけられて真っ白になっていっちゃうぅぅぅつつつつぅぅつっ――――――!!!!!」

京太郎「…………」

京太郎「ここが龍門渕高校の部室……」

純「お客さんか? って、風越の奴じゃねーか。一体どうしたんだ?」

京太郎「実は頼みたいことが」

純「頼みたいこと? 決勝を一緒に戦った仲だ。なんでも言ってみな」
















純「んっほぉぉぉぉ!!!!!  極太男の子チンチンで、オンナの子にされちゃってるぅぅっっっっつっ――――――!!!!!」

京太郎「…………」

純「オンナきもぢぃぃいいいぃぃぃ!!!!!! 女の子おまんこ、気持ちよすぎぃぃいいいっっっ――――――つつ!!!!!!!」

京太郎「…………」

もうちょっとで終わりだったのにあっちのスレが落ちちゃった……

内容的に向こうと違いすぎる……

京太郎「龍門渕の部員はもっといたはずだが……」

ガチャ

透華「あら?見かけない顔がありますわね。あなたはたしか原村和のところの……」

京太郎「清澄高校の須賀京太郎です。実は龍門渕さんに今日はお願いがありまして」

透華「お願い? 一体何かしら?」














透華「んほほほぉぉぉおおおおぉぉおおおお――――――!!! 庶民おちんぽ凄すぎぃぃぃひぎぃいぃぃぃぃぃ――――――ー!!!!」

京太郎「…………」

透華「私のセレブおまんごっ!! 薄汚い底辺のっ! くっさいおちんぽ特濃ミルクで子宮のおくまで革命されちゃってるぅぅぅ――――――っっ!!!!」

京太郎「…………」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom