レイ「夢は膨らむばかりね……」(397)

レイ「(碇くんに朝おこしてもらう)」(その際、キスでなら尚よし)

レイ「(碇くんにご飯をたべさせてもらう)」(その際、アーンなら二重丸)

レイ「(碇くんと一緒に学校に行く)」(もちろん手はつないだ状態で…)

レイ「(碇くんと一緒におしゃべりしながら下校する)」(もうこの時には腕組み…)

レイ「(碇くんと一緒にお買い物…)」(「奥さん今日は夫婦そろって買い物かい?」なんて言われたら間違いなく悶絶死)

レイ「//////」


トウジ「センセ、綾波が鼻血だしとるぞ~」

シンジ「だ、大丈夫っ!?」

レイ 「……大丈夫」

シンジ「保健室いく?」

レイ 「……」

シンジ「あ、綾波?」

レイ 「……行く」

シンジ「じゃあ行こうか」

レイ 「……」つ

シンジ「?…手がどうかしたの?」

レイ 「手……つないで」つ

シンジ「え」

レイ 「手を繋いで連れて行って欲しいの……碇くん」つ

シンジ「そうなんだ。……わかったよ」つ

レイ 「//////」つ


ケンスケ「シンジ~ 惣流と式波が口から血ぃ流してお前のこと睨んでるぞ~」

シンジ「あぁケンスケ。その二人は放っておいていいから~」

レイ 「いいの?……碇くん?」

シンジ「いいから。あと振り向いたらダメだから」

レイ 「そうなの?……」チラ

レイ 「ひッ」

シンジ「……だから見ちゃダメっていったのに」

レイ 「……」ガク ガク

シンジ「立てる?綾波」

レイ 「ダメ。腰が抜けたわ」

シンジ「(仕方がないか……)」

シンジ「ごめん。綾波」グ

レイ 「え?」

シンジ「よっと」

レイ「(え、え、え?これはお姫さま…だっこ…)」

シンジ「ちょっとの間だけ我慢してね、綾波」

レイ 「//////」コクン コクン コクン


トウジ「さすがやセンセェ。おっとこ前やのう(命しらずとも言うんやけどなぁ)」

ケンスケ「お~い。シンジィ~式波が四足歩行になったから早く行った方がいいぞ~?」

シンジ「うん、わかったよ。アッ、僕の鞄から二人の弁当箱出しといて~」

トウジ「ええんか?」

シンジ「うん。それでしばらくは時間が稼げると思うし~」

ケンスケ「おっけ~」


式波「がるるるっっ」

惣流「殺してやりゅ。殺してやりゅ。殺してやりゅ。」

シンジ 「それじゃあとよろしく~」タタッタタッ


ケンスケ「それじゃ。……オレたちの出番だな?トウジ」

トウジ 「せやなぁケンスケ。いっちょやったるか?」

ケンスケ「遅れるなよ。トウジ?」

トウジ 「それはコッチの台詞やで」

ケンスケ「それじゃあ…」

トウジ 「いくでっ!」


式波「がるるっ」バッ

惣流「殺してやりゅうぅ」ダッ

ケンスケ「とうっ!」つ  弁当箱

トウジ 「くらえっ!」つ  弁当箱

―保健室―


シンジ「はぁ~。」

レイ 「碇くん大丈夫?」

シンジ「あぁ、僕は大丈夫だよ。綾波のほうこそ大丈夫?立てる?」

レイ 「え、ええ。もう降ろしてくれて構わないわ」

シンジ「そう?じゃあ。(よっと…)」


レイ 「ん。ありがとう碇くん」

シンジ「気にしないでよ綾波。それより保健の先生は……いないみたいだね?」

レイ 「そうね」

シンジ「しょうがない。えっとガーゼでいいのかな?どこにあるんだろ……」

レイ 「ティッシュじゃダメなの?碇くん」

シンジ「あっ、そうだよね。綾波、もってる?」

レイ 「ええ」

シンジ「それじゃあ。まず顔をあらってきてくれる?」

レイ 「ええ」

ジャブ ジャブ

シンジ「で。後はコレを鼻につめて……ベッドに横になって」

レイ 「そう。……寝ればいいのね」

シンジ「う、うん。横になっておいた方が血も止まりやすいと思うから」

レイ 「寝ればいいのね?碇くんと一緒に寝ればいいのね?」

レイ 「……ごめんなさい。こういう時、私どうすればいいのか分らないの…」

シンジ「横になればいいと思うよ?」ニコッ

レイ 「//////」ポー

シンジ「あの……綾波?」

レイ 「レイは横になります。碇くんの命令なのでレイは横になります///」

シンジ「あの。命令とかじゃなくて……」

レイ 「ちがうの?」ウル ウル

シンジ「いやあのえっと……」

―教室―

ガッガッガッガッガッ


トウジ 「貪り食うとはこう言うんやろなぁ」

ケンスケ「そうだね。二人とも見事に体現してるね」

ヒカリ 「(……アスカ……)」


先生  「……で、あるからして……と、なる……わかりましたか~?」


キン コーン カーン コーン

キン コーン カーン コーン

シンジ「あっ。授業おわったみたいだね?綾波」

レイ 「そう。今から碇くんの個人授業がはじまるのね」

シンジ「そうだね。えっと血はとまったかな……ごめん、綾波。さわるよ?」

レイ 「///ええ。かまわないわ碇くん」クイ

シンジ「綾波。胸元は、はだけなくていいからね」ニコッ 

レイ 「え?……じゃあ……」スッ

シンジ「綾波?スカートもあげなくていいからね」ニコッ

レイ 「(どうしよう……碇くんの求めてるプレイが分らないわ)」

シンジ「よかった。血は止まってるみたいだ」

レイ 「そう」

シンジ「なんか元気ないね綾波?」

レイ 「そういう訳じゃないの」

シンジ「そう?じゃあ教室にもどろうか?」

レイ 「ええ……でも」

シンジ「なに?」

レイ 「あの二人」

シンジ「二人?……アスカたちのこと?」

レイ 「ええ。さっき見たときはびっくりしたわ」

シンジ「綾波は心配しなくていいよ。僕が半殺しのめに遭うだけだからさ」

レイ 「……でも」

シンジ「大丈夫だから。……ね?綾波」ニコッ

レイ 「ええ。///」

レイ 「(でも碇くんは私が護る。碇くんが二度とあの人達の犠牲にならない様に……私が護る)」

シンジ「綾波?」

レイ 「なんでもないわ碇くん。行きましょう戦場へ」

シンジ「え?(……戦場って)」

―――
――

―教室―

ケンスケ「もうそろそろかな」

トウジ 「せやな」

 式波 「ふっー。満足満足。ってアンタまだ食べてんの?」

 惣流 「もぐもぐ……んく。うっさいわねアンタこそちゃんと噛んでるの?折角のシンジお手製のお弁当なのに」

 式波 「ふんっ。アタシのおこぼれを食べさせて貰ってるアンタに言われたかないわよ」

 惣流 「はぁぁ!?どっちがよ?それはアンタのほうでしょ?バカじゃないの?」


ギャー ギャー ギャー  


ケンスケ「始まったね」

トウジ 「ワシちょっとトイレ行ってくるさかいに、あとよろしゅう……」

ケンスケ「おい」

トウジ 「せやかて。ワシには無理やであの二人の仲裁なんか」

ギャー ギャー ギャー  

ケンスケ「あぁそれなら大丈夫だと思うよ」

トウジ 「なんや、なんか策でもあんのんかいな?」

ケンスケ「策はないけど。人なら居るだろ?」

トウジ 「またかぁ。どうもあの先輩はなぁワシは好きになれん」

ケンスケ「そうは言っても仕方ないだろ?メールで頼んでおいてるからもうすぐ来てくれるだろうし」

トウジ 「いつのまに……。まあ、それはそうなんやがなぁセンセに馴れなれしい所がワシは好かんねや」


ギャー ギャー ギャー 

ケンスケ「(まさかお前までじゃないだろうな……トウジ)」

ヒカリ 「……」ジー

ケンスケ「(委員長のジト目。頼むよトウジ誤解を招く発言はやめてくれよ)」

ギャー ギャー ギャー

 カヲル「相変わらず騒がしいね?キミ達は。正直不愉快になるよ」

ケンスケ「あっ来た」

 トウジ「けっ」

惣流・式波「ッ!…でたわねナルシス変態ホモ!!」

ケンスケ「(こういう時はシンクロするんだよな二とも。敵の敵は味方って訳でもないんだろうけどさ)」

 カヲル「キミ達のそういう所が不愉快なんだよ。まだ解らないのかい?」

 惣流 「うるさい!っていうかアンタ何しにきたわけよ!?」

 式波 「そうよアンタは2丁目あたりでも行ってきなさいよっ!!」

カヲル「……キミ達の言ってる意味がボクには解らないけどね」

カヲル「その……2丁目?というものが何を指すか理解できないんだけど」

カヲル「仮にボクが恋人を探す場所だとしているんだとすれば……」

惣流・式波「……」

カヲル「それはボクにとってはこの場所だよ」キリッ

惣流・式波「ふざけんじゃないわよっ!」

訂正 >>28  二とも→二人とも

 カヲル「キミ達は黙っててくれないか。それよりボクのシンジきゅんの姿が見えないようだね」

惣流・式波「なにがボクのシンジきゅんよ!とっとと帰りなさいよ!」

 カヲル「それはキミ達に言われる筋合いじゃないよ。ボクはシンジきゅんに逢いに来ただけだからね」

 惣流 「うぐ~。腹が立つッ!コイツの一言一言が腹が立つぅぅぅ!!」ダン ダン ダン

 式波 「アンタ。地団駄はやめなさいよ、みっともないわよ?」

 惣流 「ならアンタは腹が立たないわけ!?」

 式波 「んなわけないでしょ。なんなら左目みてみる?」

 惣流 「アンタ、それって……」

 式波 「本気でヤッてやるわ。……覚悟しなさい……ナギサカヲル」フフフフッ

 惣流 「ち、ちょっと!バカシンジに知られたら怒られるわよ!?」

 式波 「今は居ないから問題ないわよ。それにすぐにケリつけるから大丈夫」ゴゴゴッ

 カヲル「やはりキミは好意に値しないね。ボクのシンジきゅんの嫌いな暴力に訴えるとはね?」

 惣流 「だからアンタも挑発しすぎだってぇのよ!バカホモ!」


トウジ 「ケンスケ。なんや雲行きがあやしゅうなってきおったで?(っていうか殺されてまえ、渚ホモル)」
 
ケンスケ「参ったね。いつも通りだとなんだかんだで収まってくれてたんだけどね」 

ギャー ギャー ギャー

レイ 「!?」

シンジ「……」

レイ 「動物園から猛獣が逃げていたみたいね。ここは危険だわ逃げましょう碇くん」

シンジ「逃げちゃダメだよ綾波。何事にも立ち向かって行かないと人は成長できないよ」ニコッ

レイ 「///(あぁ私のご主人様)」 

レイ 「わかったわ碇くん。私、成長するわ。碇くんの傍で成長する」

レイ 「(そして最終的には私の胸も成長してしまうのね)///」

シンジ「?」

レイ 「な、なんでもないわ」

シンジ「そうなの?……じゃあ」ゴクン

ギャー ギャー ギャー ギャー ギャー ギャー

シンジ「行くよ?」

レイ 「……ええ」ゴクッ

ガララッッ

ギャー ギャー ギャー ギャー ギャー ギャー 

シンジ「…………」

レイ 「猛獣がいるわ碇くん」


カヲル「ようやく来たね。碇きゅん」キリッ

カヲル「ようやく来たね。碇きゅん」キリッ

シンジ「え、カヲルくん?」

カヲル「なんだい?ボクのシンジきゅん」

レイ 「やめて。碇くんに気安く話しかけないで。渚ホモル」

カヲル「綾波レイ。人の名前を間違うのは失礼だよ。そうは思わないかい碇シンジきゅん?」

シンジ「いやまぁそれはそうだね……」

カヲル「では。そこに居る綾波レイに対してオシオキをしないとね?シンジきゅん」
 
レイ 「待って。ならあなたは勝手に碇くんの下の名前で呼ばないで。碇くんが迷惑だわ」



惣流 「アンタも早く落ち着きなさいよ!」ボソ
式波 「な、なにがよ……はぁ。はぁ。」ボソ

惣流 「シンジよ、バカシンジが帰ってきたのよ」ボソ
式波 「!……ね、ねぇアタシの左目、戻ってる?」ボソ

惣流 「ん…もう戻ってるわ」ボソ
式波 「……た、助かった……」ボソ

カヲル「そうなのかい?シンジきゅん」

シンジ「う~ん。下の名前は別にいいんだけど。そのきゅn

カヲル「聞いたかい?綾波レイ。シンジきゅんは構わないと言ってくれているんだけど?」ムフ

レイ 「ずるい。それだったら私も碇くんのことをシンジきゅんと呼ぶ」ムッ

シンジ「え?」

レイ 「いいでしょ?いいわよね?碇くん」ウル ウル

カヲル「(くっ。綾波レイ。油断なら無い相手だとは思っていたけど、この女狐がっボクのシンジきゅんに)」

シンジ「まぁいいけど。きゅn

レイ 「ありがとう。シンジきゅん(これが「棚ぼた」というのね)」ニコ

シンジ「いやだからきゅんh

カヲル「シンジきゅん。断るべきところは断った方が」

惣流 「ちょっと!まったぁ~!!」

カヲル「なんだい?キミは黙ってくれないか。ボク達は大事な話しをしているんだよ」

レイ 「(そう。ヤンデレ猛獣は黙ってて)」

惣流 「う、うるさいわね。アンタ達のほうこそバカシンジから離れなさいよ」

レイ 「どうして?」

カヲル「そうだね。どうして離れないといけないんだい?」

シンジ「ちょっと……」

惣流 「バ、バカシンジはアタシの下僕なんだからっ、離れなさいって言ってんのよっ」

レイ 「だれが決めたの?」

惣流 「うっ。……ァ、アタシよッ!」

カヲル「キミは滑稽だよ。まさか自分が決めたからそうなる、とでも思っているのかい?」

惣流 「……っ」

レイ 「惣流さんはバカなのね」 

式波 「アンタ達っ!黙って聞いてればっ……」

カヲル「キミは永遠にだまっておきなよ」ニコ ニコ

シンジ「ちょっとみんな、お、落ち着いてよ」


トウジ「そうやっ!センセがこまっとるやろッ!」

ケンスケ「そうだな。みんな少し落ち着こうか?」

ヒカリ「(このクラスがこの学校の火薬庫なのね…理解できたわ…)」

カヲル「……本当かい?」

シンジ「困るっていうか……僕はみんなには仲良くして欲しいんだ」

レイ 「……シンジきゅん」ウル

カヲル「シンジきゅん」

シンジ「そもそもの原因は僕なんでしょ?だったら僕をいつもみたいに半殺しにしてくれていいからっ!」

惣流 「……」

式波 「……」

トウジ「(おっとこ前やっ、おっとこ前すぎるでぇセンセェ)」

ケンスケ「(早く帰りたいんだけど……)」

ヒカリ「(今日の晩ごはんどうしようかな……あっ今日特売日だったっけ)」

惣流 「……」チラッ

式波 「……」コクッ

ケンスケ「なぁ?もう帰らないか?」

シンジ「え?」

ヒカリ「もう今日の授業は終わってるわよ」

トウジ「まぁ今日はひるまでやさかい……」

シンジ「え?でも午前中の最後の授業は……」

ヒカリ「あぁこの状況をみた先生が自習にして帰ったわ」

シンジ「……またやっちゃたみたいだね。なんか…ごめん」

レイ 「碇きゅんのせいじゃないわ。わたしが鼻血をだしたせい」

カヲル「……(綾波レイの鼻血のせいだとはね……鼻血のせいでボクのシンジきゅんがこんなことに)」

カヲル「ところで綾波レイ?」

レイ 「なに、渚カヲル」

カヲル「さきほど、シンジきゅんのことをキミは碇きゅんと言ったけど……」

レイ 「/// まだ慣れていないから仕方がないわ」

惣流 「……」プチッ

式波 「……」イラ

ヒカリ「(このままじゃ軽いループ状態ね…となるとわたしが取るべき行動は)鈴原、相田くん帰るわよ」

ケンスケ「(渡りに船とはこのことだ)あぁ」

トウジ「んじゃまぁ帰るか。ほらセンセェも……」

ケンスケ「(このばかっ!)ほ、ほらトウジ帰るぞっ」

ヒカリ「す ず は ら く ん  ?」ガシッ

トウジ「はい」ビクッ

ヒカリ「か え る わ よ」グイ グイ

トウジ「ハイ。ホナセンセオサキニ」ズルッ ズルッ

ケンスケ「じ、じゃあなシンジ」タッタタ

シンジ「あ、うん」

レイ 「……」

カヲル「……」

式波 「……」

惣流 「……」

カヲル「そ、それじゃあボク達も帰ろうか?シンジきゅん」

レイ 「あなた……かばんは?」

カヲル「そうだね取って来るよ。待っててくれるかい?シンジきゅん」

シンジ「うん。待ってるよカヲルくん」

カヲル「それじゃあ行ってくるよ」



式波「……」ニヤ

惣流「……」ニヤ

レイ 「帰りましょうシンジきゅん」

シンジ「え?でもカヲルくんが……」


惣流 「……」チラッ

式波 「……」コク


レイ 「待つの?」

シンジ「待たないの?」

レイ 「……」

レイ 「……待つわ」


式波 「あっごめんアタシ職員室に用事があるんだった~」

惣流 「へ、へ~ そうなんだぁ~ ほ、ほら早く、い、行ってきなさいよ」

式波 「(この下手くそっ!)んじゃ行ってくるわっ」ダダダダッ

レイ 「……すごい早さねシンジきゅん」

シンジ「そ、そうだね。大事な用だったんじゃないかな」

ケンスケ「助かったよ委員長」

ヒカリ 「えぇ」

トウジ 「なんやうかん顔しよってからにどないした」

ヒカリ 「それより相田くん先に帰っててくれないかな?」

ケンスケ「構わないけど……」

トウジ 「?……ほなぁかえろかケンスケ」

ヒカリ 「鈴原はちょっと待って」

トウジ 「なんでや?」

ヒカリ 「なんでも」

ケンスケ「えっと……トウジまた明日……」

トウジ 「…お、おう」

ヒカリ 「ごめんね、相田くん」

トウジ「……で?」

ヒカリ「鈴原に聞いておきたいことがあるの」

トウジ「なんや……今度は真剣な顔か……」

ヒカリ「えぇ真剣に聞くわ。だから正直に答えて欲しいの……」

トウジ「……ん。わかった。ワシも真剣にきくわ…で正直に答えたるさかい言うてみぃ」

ヒカリ「ありがと鈴原。じゃあ聞くね。鈴原……あなたもなの?」
  
トウジ「……」

ヒカリ「……答えて」

トウジ「どういう意味かようわからんけど?」

ヒカリ「そ、そうね。……鈴原は碇くんのことが……す、好きなの?」

トウジ「(あぁソッチのことか……てっきりワシや惣流と同じかぁ思たわ)」

トウジ「なんや感違いしてるみたいやな?別にセンセェに対して恋愛感情はあらへんでぇ?」

ヒカリ「ほ、ほんとうなの?鈴原」

トウジ「こんなん嘘ゆうてもしゃぁないやろ(ワシがセンセェにもっとる感情はもっと別なモンさかいな)」

ヒカリ「よかった~」

トウジ「渚といっしょにすなよ、ワシはホモとちゃうで」

ヒカリ「だって~」

トウジ「話しはおわりか?ほなワシ等もかえるかぁ?」

ヒカリ「そ、そうね」

―――
――

―上級生教室前―


カヲル「遅かったじゃないか」

式波 「あら。最初から分ってたみたいにいうのね?」

カヲル「解ってはいたよ。しかし惣流アスカが来るんだと思っていたんだが……」

式波 「はぁ!?なんでバカ惣流がでてくんのよ?」

カヲル「?……(……成る程ね)」

カヲル「式波アスカ。キミはなにも聞いていないようだね」

式波 「……アンタ…一体なにが言いたいわけ?」

カヲル「……いや今のキミが知るべきことはなにもないよ」

式波 「はああっっ!?」

カヲル「ところでキミはこれからボクに対してなにをするつもりだい?」

式波 「決まってるじゃない」ペロッ

カヲル「(……舌なめずりとはね……)」

―――
――

今日はこのへんで

―教室―


シンジ「カヲルくん遅いな」

レイ 「気になるの?」

惣流 「……」

シンジ「えっ……綾波は心配にならない?」

レイ 「べつに」

シンジ「そ、そうなんだ」

惣流 「……」プル

レイ 「ええ。なにかおかしいの?」

シンジ「おかしいとかじゃなくてさ、ただ…」

レイ 「ただ?」

惣流 「……」プル プル

シンジ 「やっぱり少し寂しいかなって思うんだ。みんな…友達だって思ってたから」

レイ 「……そう」

惣流 「くくっ…くっくっくっ…あははあはあはぁぁぁ」ダダダッ

シンジ「……え?」

レイ 「ッ!……碇くん離れて!」ドン

レイ 「うっ」

シンジ「綾波っ!大丈夫っ!?」

レイ 「え、えぇ。でも鞄を取られて…」

惣流 「ふふっ」

シンジ「ひどいじゃないかっ!惣流っ!!」

惣流 「!!!……うるさい!うるさい!うるさい!うるさい!バカシンジッ!!!」

レイ 「……あなた何も知らないのね」

惣流 「アンタは黙ってなさいよ!エコヒイキのくせにッ!!」

シンジ「なに言ってるんだよ惣流っ!」

惣流 「!!!…アンタはそうやって、いつもいつもソイツのことばっかり…」

レイ 「……」

惣流 「もういいわよバカ!…だけどコノ鞄は頂いていくわよ」

シンジ「それは綾波の鞄じゃないか!返してよ!!」

レイ 「いいわ」

シンジ「え?」

惣流 「な、なによ」

レイ 「でも。その中にはあなたが求めているものは入ってないわ」

―――
――

―上級生教室―

式波 「さっさとソレよこしなさいよ」

カヲル「やはりね。まぁ一応確認の為に聞くけど、ソレってなんだい」

式波 「鞄よ、カ、バ、ン。素直にわたせば命まではとらいであげるわよ?」

カヲル「物騒なことは言わないで欲しいものだね。それにボクのシンジきゅんが聞いたらさぞや嘆き悲しむだろうね」

式波 「そ、そんなのアンタに関係ないじゃない、いいから早く渡しなさいてっば!」

カヲル「それはいいけどね、この中にはキミの…いや、キミ達の望むモノは入っていないよ?」

式波 「アンタバカァ?そんな嘘がこのアタシに通用するとおもってんの?ほんとバカだわ…」

カヲル「キミ達はなにも分っていないよ。キミ達もシンジきゅんにとってはやはり特別なんだ。ボクには不本意だけどねソレは認めよう」

式波 「そそそんなこととあっあっるわけないじゃない///」

カヲル「相変わらず、分りやすいねキミ達は」

カヲル「相変わらず、分りやすいねキミ達は」

カヲル「まぁいいさ。鞄だったね、中身を確認してみるといい」つ鞄

式波 「う、嘘だったらひどいメに遭うわよ?覚悟してなさいよ」つ鞄へ

カヲル「キミね…『遭う』ではなくて『遭わせる』の間違いじゃないのかい?」

式波 「うるさい、ガサ ゴソ…あれ…無いわね…」

カヲル「だから言っているんだよ、無いってね……気が済んだのなら早く教室に戻ろうシンジきゅんが心配しているだろうから」

式波 「でも…なんで…」

カヲル「ソレについては向こうへ戻りながら説明してあげるよ、まぁボクのシンジきゅんの為にもね…」

―教室―

ガサ ゴソ ガサ ゴソ

惣流 「ない……えっ…なんで…」ヘナヘナ ペタン

レイ 「だから言っているの、無いって」

シンジ「あの…綾波?無いって何が?…」

レイ 「お弁当」

シンジ「え?」

惣流 「……」

レイ 「だから碇くんが作ったお弁当をわたしから奪おうとしたの。このひと、いえ多分この人たちは…」

惣流 「…///」

シンジ「   」

今日はこのへんで

―廊下―

カヲル「ボク達は確かにシンジきゅんにそれぞれお弁当を作ってもらっている。ココまではいいね?」

式波 「……」

カヲル「続けるよ?けれどね、今日の様な、授業が午前中までの時は…」

式波 「作ってもらってるじゃない?」 

カヲル「キミ達だけなんだ。……お弁当を作ってもらうのはね」

式波 「えっ……そうなの?」

カヲル「理由は幾つか有るんだけどね。まず一つめ。以前キミ達は、ほぼ一日三食、シンジきゅんの手料理を食べていた」

式波 「だからなに?今は家にシンジは居ないじゃない」

式波 「えっ……そうなの?」

カヲル「理由は幾つか有るんだけどね。まず一つめ。以前キミ達は、ほぼ一日三食、シンジきゅんの手料理を食べていた」

式波 「だからなに?今は家にシンジは居ないじゃない」

カヲル「シンジきゅんが葛城さんの家を出る羽目になったのは、キミ達の責任でもあるんじゃないのかな」

式波 「しょうがないじゃない、部屋がたりないんだから」

カヲル「もういいよ。キミに理解して貰おうとしたボクが愚かだった」


カヲル「まぁそういう事だから。それにしても、実力行使で人のお弁当を奪おうとするなんて、正気の沙汰じゃないよ」

式波 「はんっ。それなら、お弁当はこれからアタシによこしなさいよ」

カヲル「それは無理だね。あれはボクにとっても、貴重なシンジきゅん成分のモノだからね。それは譲れないよ」

式波 「……只のお弁当にえらくご執心ね」

カヲル「ハァ。……それをキミが言うのかい」

式波 「うるさいわよ?アンタは少し黙ってなさいよ」

カヲル「……(キミは弁当を食べたんじゃないのか?足りなかったのなら、もっと大きな弁当箱に…)」ブツ ブツ

式波 「……」キッ

カヲル「……」

― 教室 ―

シンジ「綾波どこも怪我してない?」

レイ 「ええ大丈夫。少し手を捻っただけだから…」

惣流 「……」

シンジ「惣流、綾波に謝ってよ」

惣流 「!!……」フイッ

綾波 「……?」

シンジ「僕のお弁当が食べたいと思ってくれるのは、僕も嬉しいよ?でも、今回はやりすぎだよ」

惣流 「……」

シンジ「本気で怒るよ」

惣流 「ッ!…」ビクッ

シンジ「子供じゃないんだから、謝らないと…」

レイ 「惣流さん。もしかして、あなたスネてるの?」

惣流 「!」ピクッ

シンジ「…それはないよ綾波。お弁当のことだって…」

レイ 「そうじゃないの碇くん」

シンジ「…え?」

レイ 「……名前」

惣流 「うっ」ビクッ

シンジ「……名前って」

レイ 「……そうなのね」

惣流 「……」

シンジ「ど、どういう事、綾波」

レイ 「この人は下の名前で呼んで欲しいのよ。……碇くんに」

惣流 「う、うぅ///」

シンジ「以前みたいに…てこと?」

レイ 「そう」

シンジ「それは、式波が来たときに話しあって…」

惣流 「……」

きたか

レイ 「でも、この人には大事な事だったのかもしれない。今のわたしには少しだけれど分かるの」

シンジ「……ほ、本当なの?」

惣流 「……」コクン

シンジ「本当にたったそれだけなの」

惣流 「……ッ!」ポロ
レイ 「……!」チクッ

シンジ「お弁当と名前だけでこんなことしたの?」

惣流 「……う゛」ポロポロ

レイ 「……やめて碇くん」

惣流 「う゛う゛ぅ」ポロポロポロ

シンジ「そんな事で綾波に怪我させてバカじゃ

レイ 「やめて!!」

パシーーーン!

シンジ「ッ!……あ、綾波?」


惣流 「!?…」

レイ 「たった…ってなに?」

シンジ「…え」

レイ 「この人の行動はわたしも行き過ぎだと思う」

惣流 「……」

レイ 「でも、気持ちは分かる」

シンジ「……」

レイ 「わたしだって下の名前で呼んで貰いたい。お弁当だって毎日食べたい」

シンジ「……でも、綾波だって怪我…」

レイ 「最後まできいて」

シンジ「…う、うん」

レイ 「この人、前は碇くんにアスカって呼んで貰っていた…」

レイ 「一度味わった甘い物は、忘れられない物なの…特に好きな人からのモノは…」

惣流 「///」

レイ 「碇くんもこの人の気持ちに気付いてるでしょ?」

シンジ「へ?」

レイ 「……え?」

シンジ「……え?」

惣流 「……えと」

レイ 「…………え?」

シンジ「…………え?」

惣流 「…………アタシ、ふられたの?」

レイ 「え?」

シンジ「え?」

惣流 「もうやめてよ!!」

シンジ「本当なの?」

惣流 「……う、うん」

シンジ「いつも僕の事を半殺しにするのに?」

惣流 「…はい。無茶苦茶好きです」

シンジ「えっ、じゃあどうして僕の事を半殺しにするの?」

惣流 「照れ隠し?」

シンジ「……そんな嘘だれが信じるの?ありえないよ」

レイ 「人生は小説よりも奇なり、と言うわ碇くん」

シンジ「……」

レイ 「わたしも」

シンジ「え?」

レイ 「わたしも碇くんが好き」

シンジ「また、みんなしてからかって…」

レイ 「だったら試してみて」

シンジ「試す?試すって何を…」

レイ 「アスカ…って呼んでみて」

惣流 「!」

シンジ「う、うん」

レイ 「でも、気を付けて。跳びかかってくるかもしれないわ」

惣流 「しないわよっ!人の事なんだと思ってのよ」

シンジ「えと…じゃあ…言うよ?」

惣流 「……」コクコク

シンジ「アスカ」

惣流 「ぶはっ!」

ドサッ

レイ 「失神してるわ。碇きゅん」

シンジ「…なにこれ、ドッキリなの?綾波」

レイ 「違うわ、碇きゅん」

シンジ「忘れてなかったんだ…きゅん」

レイ 「ええ。惣流さんが跳びかかって来てからはびっくりして…でも、もう大丈夫」

シンジ「……でも、本当なんだ」

レイ 「惣流さんの事?…でも、この顔みれば…」

惣流 「…」ニヘラ

シンジ「う、うん」

レイ 「うれしい?」

シンジ「?……う、うれしいかな」

レイ 「…」ムッ

シンジ「でもすごいね綾波」

レイ 「?」

シンジ「お弁当のことは僕もわかってたんだ…アスカ達が喜んでくれてるって…」

シンジ「美味しいって言ってくれなかったけど…」

レイ 「シンジきゅんのお弁当は美味しいわ」

シンジ「う、うん。ありがと綾波」

レイ 「シンジきゅんは名前のことを言ってるの?」

シンジ「うん」

レイ 「今日はこの人、碇きゅんが惣流って呼んだ時、少し変だったから」

惣流 「し…ん…じぃ…」

レイ 「…」イラッ

シンジ「アスカ…起こしたほうがいいよね?それとも救急車よんだ方がいいのかな…」

今日はここまでで

間が空いてるにも関わらず 保守して下さってありがとうございます
色々、突っ込み所満載ですが ボチボチ書いて行こうかと思います

>>76 レスが早かったので質問なんですが

>>1が 書き込みしたらすぐに分かるって設定とかあるんですか?

普通にブラウザで見るんならsageないで書き込みするとスレ一覧のトップに移動するくらいでしか判断できない

アプリなら更新されたスレに目印つくから分かるってくらいかな

多分合ってると思う

>>85
ありがとうございました


出来れば投下する時はageてほしい
下がりすぎると消されるみたいだし

>>88
わかりました

レイ 「起こしましょう。でも…その前に…」

シンジ「あ、綾波?」

レイ 「わたしの事をレイと呼んで…碇きゅん」

シンジ「……綾波?」

レイ 「惣流さんだけなの?」

シンジ「そういう事じゃないけど、綾波も呼べばいいの?」

レイ 「そう。…レイって呼んで欲しい」

シンジ「う、うん、わかったよ。でも、綾波まで倒れないでよね?…じゃあ……レ、レイ……?」

レイ 「!!! ///」

シンジ「……えと」

レイ 「レイ、大勝利~っ!!」


シンジ「っ……」ビクッ

レイ 「…………!」

シンジ「……」

レイ 「い、今のは気にしないで。わたしも気にしないから」

シンジ「う、うん。…僕も見なかった事にするよ…」

レイ 「ありがとう、碇きゅん」

シンジ「……じゃあ起こすね、アスカ」

レイ 「待って、わたしが起こすわ」

シンジ「そう?」

レイ 「ええ。でも、碇きゅんは少し離れてて」

シンジ「え?」

レイ 「今はこの人…デレ化してるハズだから。…とても危険。(…特にヤンデレは…)」

シンジ「き、危険なの?」

レイ 「ええ。とても危険なのよ、碇きゅん。……だから離れてて」

シンジ「う、うん。そう言うなら離れてるよ」

レイ 「……いくわ」

シンジ「うん」

レイ 「お、おきて」ユサ ユサ

惣流 「…う…」

レイ 「おきなさい」ペチ ペチ

惣流 「ぅ?………し…しん…じぃ…?…………シンジィ~!!!」ギュウウウッ

レイ 「うっ………は、離して」グイ

惣流 「ん!?」

レイ 「……なに」

惣流 「……」ジーッ

レイ 「顔…近いわ」

惣流 「うげ~っ」

レイ 「……」

― 廊下 ―

スタ スタ スタ

   『うげ~っ』

カヲル「?」

式波 「?」

スタ スタ スタ

カヲル「シンジきゅん?」

シンジ「あっ、カヲルくん、式波」


カヲル「?…どうして惣流さんと綾波レイが抱き合っているんだい?」

式波 「?…ソッチに目覚めたとか?」

惣流 「へ、変なこと言わないでくれる?」スクッ

レイ 「……」コクッ

シンジ「こ、これは…色々あって」

惣流 「ッ!…しんじぃぃ~!」タッタッ ギュウウウウウッ

シンジ「ぐっ」

!!!

レイ 「い、碇きゅんから離れてっ」バチン! バチン!

カヲル「なにかな?この甘ったるい人語を話すメス豚は…ほら、養豚場に帰るんだっ!」ガッ

式波 「離れろッ!離れなさいって言ってんのよっ!!」ゲシッ

惣流 「いやよっ!」ギュウウウウウウウッ

シンジ「(…い…息が…)…ア…アス…カ…い…息…が…」パク パク

惣流 「ッ!…ご、ごめんなさい、しんじ!!」パッ

式波 「(……アスカ?)」

カヲル「(……ごめんなさい?)」

シンジ「かはっ…ハァ、ハァ…」ヒュー ヒュー

惣流 「だいじょうぶ?あたしのしんじぃぃ」サス サス

レイ 「……」ブチッ

レイ 「……ちょっと」チョン チョン

惣流 「ん?」

レイ 「……(とべうりゃ!)」ブンッ

惣流 「!!」サッ!

惣流 「あ、危ないじゃない!当たったらどうすんのよ!」

レイ 「ちぃ!」

惣流 「なにが、『ちぃ!』っよ!」

レイ 「当たりさえすれば…」

惣流 「はん!当たらなければどうという事はないのよ!アンタ、バカァ?」

ハチョー ホアチャー ハチョハチョー ハイヤー


式波 「なんかバカらしくなったわね…帰るわよバカシンジ」

シンジ「ちょ、ちょっと待ってよ式波、二人を止めないと…」

式波 「そんなのほっときなさいよ?そんな事より…アンタに聞きたい事があるんだけど?」

シンジ「うん、ちょっと待って。……レイ、アスカ!」

惣流・レイ「」ピタッ

レイ 「なに?碇きゅん」

惣流 「どうしたの?シンジ」

シンジ「帰ろうよ、もう3時だよ?」

惣流 「そうね、帰りましょうか」

レイ 「ええ」

式波 「どういう事なのか説明してくれない?」

カヲル「ボクも訊かせて欲しいよ、シンジきゅん」

シンジ「なんの事?」

式波 「とぼけんじゃないわよ。バカ惣流をなんでアスカって呼ぶのよ…」

カヲル「そして何故…綾波レイの事をレイと呼んでいるのか…」

シンジ「それも色々あって…」

惣流 「?…それなら帰りながらアタシが説明してあげるわよ…式波さん?」

レイ 「そうね。説明してあげてもいいわ渚カヲル」

式波 「あぁそう。それじゃあ、お願いしようかしら?」

―――
――

― 帰宅中 ―


式波 「はあああ!?なによそれ!」

惣流 「うるさいわねぇ。アンタが説明しろって言うから教えたんじゃないの」


カヲル「成る程ね…まあボクにとっては許容範囲かな」

レイ 「わたしにはあなたの許容は関係ないわ。・・・ッ!」

シンジ「?……やっぱり少し痛いの?…手」

レイ 「……少しだけ」コク

惣流 「うっ。……ご、ごめん」

レイ 「気にしないで。…でも」チラッ

シンジ「?」

レイ 「食事は作れないと思うの。昼も夜も食事が作れないと思うの」

カヲル「(アレだけの大立ち回りをしておいて…この女狐どもがっ。やはりこのボクがシンジきゅんを護らないと…)」

惣流 「ア、アタシが作ってあげるわよ…アタシの所為だから」ゴニョ ゴニョ

レイ 「いらない。美味しくないもの」

惣流 「ア、アンタねぇ…」

式波 「そうね、アタシは料理できるけどね」フフン

惣流 「そんなに変わらないじゃないのよ」

式波 「それでもドコかのダレかさんよりはマシよ」

惣流 「くっ、(今にみてなさいよ~アタシだってやればできるんだから)」

レイ 「い、碇きゅんに作ってほしいの。と、とても美味しいから…///」

シンジ「僕?それはいいけど…。綾…んと…レイの家で作ればいいの?」

レイ 「碇きゅんがいいなら、碇きゅんのおうt

カヲル「ボクもいいかな?」

レイ 「……」ムッ

式波 「アンタは自分で作りなさいよ」

カヲル「ボクはシンジきゅんが作る料理を食べたいんだ」

惣流 「アンタはそのへんの葉っぱでも食べてなさいよ。ヘルシーよ?」

カヲル「キミ達が食べるといいよ…遠慮は要らないから。……それにしてもキミ達は本当にうるさいね。…早く帰ればいいのに」

式波 「うるさいっ、アンタがとっとと帰ればいいのよ。それともなに?星にでもなりたいわけ?しょうがないわねぇアタシが手伝ってあげるわ」

惣流 「変態はお断りって宇宙に言われないように、向こうでシッカリやんなさいよ?戻ってこないでよね」

レイ 「さようなら渚カヲル」

シンジ「み、みんな、仲良くしようよ…」

惣流 「バカシンジの頼みでもそれはムリね。だってアタシ…コイツのこと好きじゃないし、吐き気がするし、ムカつくし、気持ちわるいし…」

シンジ「そんなこと言わずにさ、仲良くしてよ」

惣流 「できない相談ね。こればっかりはきけないわね」

シンジ「頼むよ、アスカ」

惣流 「チッ。わかったわ」フンッ

レイ 「……」

カヲル「これは素で言ってるのか、それともテレ隠しで言っているのか」

式波 「…それにしても、なんか納得できないわよねぇ」

レイ 「…式波さんの言いたい事は分かるわ。…でも今はやめて」

式波 「なんでよ?」

レイ 「だって、もう碇きゅんのおうちに着いているもの」

シンジ「……うん。着いちゃった」

カヲル「こうなったら仕方がないね、お食事会といこうかシンジきゅん」

シンジ「僕の家で食べるの?それはいいけど…みんなはいいの?」

カヲル「大賛成だよ、シンジきゅん」

惣流 「アタシもいいわよ?」

式波 「アタシもいいけど…」

訂正 >>15 あたまに 下の三行差し込みで

カヲル「……キミねぇ。デレすぎやしないかい」

レイ 「…ええ。わたしもそう思うわ」

惣流 「なにいってんのよ。アタシのドコにデレがあんのよ?バカは眼も悪くなるの?これは新発見だわ」

再訂正 >>106 訂正>> 15 → 訂正>> 105 で  
 
 すいません ねます

― シンジの家 ―

シンジ「…入ってよ。なにも無いとこだけど…」


カヲル「お邪魔させてもらうよシンジきゅん。……んー、ここは空気がおいしいねぇ」

シンジ「そ、そうなんだ…」


惣流 「…やっぱアタシ、コイツはムリ…」

式波 「…付き合えるほうがどうかしてんのよ」


シンジ「あの、食事のことなんだけど…」

惣流 「なによ?」

シンジ「えっと、夕食にはまだ早いし…軽くでいいよね」

式波 「かまわないわよ?めちゃくちゃお腹がすいてるってわけでもないから」

レイ 「わたしもいい」

カヲル「ボクも軽くでいいよ」

シンジ「そう?…あまり材料もないから焼き飯とスープぐらいしか出来ないけど、それでいい?」

レイ 「ええ。たのしみ」

シンジ「じゃあ作るから。えと、みんなは向こうでゆっくりしててよ」

式波 「じゃあ、お言葉にあまえさせてもらうわね」

レイ 「碇きゅん、わたし手伝う」

惣流 「なにいってんのよ、アンタは手がいたいんでしょ?」

レイ 「ぅ……」

惣流 「アタシが手伝うから、アンタは向こうでテレビでもみてなさいよ」

レイ 「惣流さんはダメ」

惣流 「な、なんでよ」

レイ 「美味しい料理が不味くなるもの」

惣流 「ア、アンタ、今日はやけに好戦的ねぇ…」

シンジ「アスカ、本当に大丈夫だから。みんなも休んでてよ」

式波 「やっぱり納得できないわねぇ。惣流、アンタに話しがあるわ」

惣流 「もーなによ、アタシにはないわよ」

カヲル「しかし、なにもしないというのも…」

惣流 「だーかーらっ、アタシが手伝うっていってんでしょうがっ」

レイ 「あなたは何もしないで…料理が不味くなるもの」

カヲル「シンジきゅん。……ボクに手伝わせてくれないかな?」

レイ 「あなたも何もしないで」

シンジ「」

カヲル「キミはボクとシンジきゅんの共同作業を指を銜えてみてればいいんだよ」

レイ 「ええ、みてるわ。あなたが碇きゅんに変な事をしないように」


式波 「アンタに話しがあるっていってんのよ」

惣流 「アタシはないっていってるんだけど?」

式波 「アンタねぇ…」

惣流 「なによ?どうせ名前の事が引っかかってるんでしょ?」

式波 「わかってんなら話しは早いわよね?」

惣流 「そんなのアタシに関係ないじゃない」

式波 「はあ?…ふんっ、いい度胸してんじゃない…」


シンジ「ねぇ、みんな。ほんと何しに来たの…」

―――
――


ゴ ゴチソウ サ サマデシタ

シンジ「おそまつさまです」

レイ 「……(…碇きゅんにアーンしてもらうつもりだったのに…)」

惣流 「……(…なによ、バカシンジ。あんなに怒ることないじゃないのよ…)」

式波 「……(…ひ、久々にみたわね。あのシンジの顔)」

カヲル「ところでシンジきゅん」

シンジ「なに」

カヲル「……いえ、なにも」

レイ 「あ、あの碇きゅん。さっきはごめんなさい」

シンジ「きにしないでよ」

惣流 「も、もう怒ってない?」

式波 「なわけないでしょうが、アンタこの顔みてよくそう言えるわね」

シンジ「なにかいった?」

式波 「な、なにも」

カヲル「……」

シンジ「もうやめてよ?僕の家で暴れるの…」

惣流・式波「はい」

レイ 「わたしは暴れてないわ」

シンジ「レイ?言葉で暴れたおしてたよね?」

レイ 「ごめんなさい」

カヲル「……」

シンジ「カヲルくん?」

カヲル「ボク?ボクは一切なにもしてないよ…」

シンジ「とめてよ。女の子が暴れてるんだからさ?とめてよ」

カヲル「ごめん」

シンジ「僕、その内この家追い出されちゃうよ。だからもう暴れないでね」

惣流・式波「はい」

シンジ「じゃあいいよ」

レイ 「……」

シンジ「どうしたのみんな?元気少ないね?」

式波 「……そ、そうでもないわよ」

惣流 「……え、ええ」

カヲル「(…空気が重いよ…)」

シンジ「……あ」

!!!

式波 「な、なに?」

シンジ「そういえば、みんなは帰らなくていいの?もう6時だよ」

惣流 「ど、どうしようかな…」

レイ 「葛城さんの食事の用意をしなくていいの?」

カヲル「キミも帰った方が…」

式波 「アタシ?アタシもどうしよかな…」

シンジ「どうしようかなって…」

式波 「ほ、ほら?明日は学校も休みだし…」

惣流 「アンタは帰ってミサトのご飯作ってあげなさいよ。アンタは料理ができるんでしょ?」

シンジ「ミサトさんまだ料理できないの?」

惣流 「そうなのよ、進歩のシの字もないわよ」

シンジ「そうなんだ…加持さんも大変だね」

式波 「たまに泣いてるわよ?」

レイ 「どうして?」

式波 「加持さんがたまにウチにくるんだけど、そのとき必ずミサトの手料理を食べさせられるのよ」

惣流 「で、泣きながら加持さんが食べるの。ミサトはおおはしゃぎだけど…。そんなに美味しいのって何べんも加持さんに聞くのよ」

レイ 「ただの拷問ね」

カヲル「話しには聞くけど、葛城さんの料理って…」

レイ 「食べ物じゃないわ」

今日はこのへんで

カヲル「そ、そんなものを良く食べれるね…」

式波 「アンタ、バカァ?そんなの愛があるからに決まってるでしょが」

カヲル「成る程ね…。愛が不可能を可能にするということだね」

惣流 「そうそう、そういうことよ」

シンジ「あの、みんなが楽しく話してるとこ悪いんだけど…」

式波 「なに?」

シンジ「そろそろ帰らないと…」


惣流 「て、シンジが言ってるわよ?ほらアンタは早く帰りなさいよ、バカホモ」

カヲル「どうしてそこでボクが出てくるんだ。まあでも、今日は用事もあるから帰るとしようか」

式波 「…なにごとも引き際が大事っていうしねぇ…アタシ達も帰るわよ惣流」

惣流 「アンタだけ帰れば?」

式波 「いいから帰るのよ。それにアンタには話しがあるって言ってるでしょ?」

惣流 「わかったわよ。ほんとアンタってしつこいんだから…」

シンジ「僕も買い物があるから、近くまで一緒にいくよ」

レイ 「わたしは…」

レイ 「……」

レイ 「わたしも帰る」 

シンジ「……」

惣流 「そうだ、お弁当箱。ほらアンタも渡さないと…」

式波 「そ、そうだったわね」

カヲル「シンジきゅん、この食いしん坊さんのお弁当箱はもっと大きな物のほうが…」

惣流 「うっるっさいわよっ」



式波 「……それじゃあ帰るとしますか」

―――
――

シンジ「それじゃあ、式波とア…惣流はここで」

惣流 「べつに言い直さなくてもいいじゃない」

シンジ「でも…」チラッ

式波 「ぅ……。ほ、ほらっ、そのへんの事をアンタと話し合わないといけないから…は、早く帰るわよ」グイ

惣流 「ほーんと、うるさいわねぇ。じゃあね、バカシンジ」

シンジ「う、うん。二人とも気を付けて帰ってね」

惣流・式波「わかってるって」



カヲル「ふぅー。ようやく静かになった」

レイ 「……」

シンジ「カヲルくんはいいの?」

カヲル「なにがだい?」

シンジ「アスカ達と一緒のほうだよね?カヲルくんの家って」

カヲル「いや、今日は向こうに用事があるからね」

シンジ「そう。じゃあ、僕は買い物があるから行くよ…」

カヲル「わかった。また学校で…」

シンジ「うん」

レイ 「じ、じゃあわたしも

シンジ「レイは何か食べたい物ある?」

レイ 「え…?」

シンジ「なにか食べたい物ない?僕が作るよ」

レイ 「い、いいの?碇きゅん」

シンジ「うん」

レイ 「な、なんでもいい。お、お肉以外なら…なんでも」

シンジ「そうなの?…じゃあ買い物に行こうか」

レイ 「///」コク

――

シンジ「な、なにか怒ってるの?」

レイ 「イイエ」

シンジ「お、怒ってるよね」

レイ 「……」

シンジ「さっきもレジの人の事をにらんでたけど…」

レイ 「あの人なにも言わなかったわ、碇きゅん」

シンジ「えと、普通にしゃべってたと思うけど…違うの?」

レイ 「口を開いたかと思えば、「―になります」、「―お預かりします」しか言わない」

シンジ「…」

レイ 「もっと他に言うことがあると思うの、碇きゅん」

シンジ「ほかに?」

レイ 「わたし、アノお店には絶対に行かない。もう二度と行かない」

シンジ「やっぱり、怒ってるよね」

レイ 「……少し」

シンジ「……(…絶対に嘘だよ…少しって。だって顔がピクピクしてるし)」

レイ 「……(…夢なのに!夢だったのに!!チャンスだったのにぃ!!!)」

― 綾波の家 ― 

レイ 「碇きゅんのおうちでも良かったのに…」

シンジ「ス、スーパーからだとレイの家の方が近いから…(まさか…レイがウチに泊まるって言い出すとは思わなかった)」

レイ 「ぅぅ……」

シンジ「……じゃあ作るね」

レイ 「え、ええ」


レイ 「……よこで見ててもいい?碇きゅん」

シンジ「作るところ?いいけど…レイは料理に興味があるの?」

レイ 「ええ」

シンジ「そうなんだ。僕の持ってる料理の本、あげようか?」

レイ 「いいの?」

シンジ「うん。かなり前に買ったやつだけど、それでもいいなら…」

レイ 「ええ、欲しい」

シンジ「じゃあ今度もってくるよ」

レイ 「……」コク

――

シンジ「できたよ」

レイ 「ありがとう、とても美味しそう」

シンジ「そう?ありがとう」ニコッ

レイ 「///」コク

シンジ「それじゃあ、料理が冷めないうちに食べようよ」

レイ 「え、ええ」

シンジ・レイ「いただきます」

レイ 「…」

シンジ「?……食べないの?」

レイ 「たべるわ。…でも」

シンジ「でも?」

レイ 「手が痛いの。どうしようもなく手が痛いの、碇きゅん」

シンジ「……そ、そう」

レイ 「だ、だから……」アーン

シンジ「……えと」

レイ 「は、はやく碇きゅん。わたし、お腹がペコペコなの…だからはやく」アーン

シンジ「あ、うん。じゃあ…」


パクッ

レイ 「!! //////」

レイ 「(…これがアーンの威力なのね…すごい…)」モグモグ


ゴクン


シンジ「ど、どうかな…美味しい?」

レイ 「ええ、美味しい。でも、いつもより美味しい気がするの。…不思議。(…そして、とても幸せなの…)」

シンジ「?」

レイ 「い、碇きゅん。も、もっと…」アーン

シンジ「う、うん…」

――

すみません 今日はこのへんで



ゴチソウサマデシタ

レイ 「料理、すごく美味しかった」

シンジ「レイが喜んでくれて良かった」

レイ 「でも、ごめんなさい」

シンジ「?」

レイ 「たべるのに時間がかかってしまって…」

シンジ「う、うん。でも気にしないでよ、今日はしょうがないんだからさ」

レイ 「え、ええ。ありがとう、碇きゅん」

シンジ「それじゃあ、僕が食器かたづけるね。…レイは座っててよ」

レイ 「いいの?碇きゅん」

シンジ「もちろん。レイはケガしてるんだから、僕がするよ」

レイ 「あ、ありがとう」

シンジ「うん」

――


シンジ「えっと…洗い物も済んだから、僕は帰るね」

レイ 「もう帰るの?」

シンジ「もうって…もうすぐ9時だし…」

レイ 「碇きゅんは9時はダメなの?……わたしは9時でもかまわない」

シンジ「それは流石にダメだよ」

レイ 「そ、そう」

シンジ「え、えと…もし明日も手が痛むようだったら、また僕が食事つくりに来るから電話してよ」

レイ 「いいの?」

シンジ「うん」

レイ 「わかったわ…電話する」

シンジ「うん。じゃあ、帰るね」

レイ 「ええ、気をつけて」

シンジ「うん、ありがとう。レイはちゃんと鍵掛けなきゃダメだよ?」

レイ 「ええ」

――

― ミサトの家 ―

ミサト「ご、ごちそうさま」

惣流 「…」

式波 「…」

ミサト「ねぇ、ちょっと」

惣流 「なに、ミサト」

ミサト「さっきからあなた達、一っ言も喋らないけど…喧嘩でもした?」

式波 「べつに」

惣流 「ふーん。べつに…?それじゃあ、アノ話しも、おわりって事でいいわよね」

式波 「んなわけないでしょ」

ミサト「アノ話しって?」

式波 「ミサトには関係ない話しよ。……惣流、ちょっと外に行くわよ」

惣流 「外に行きたければ、お一人でどうぞ。アタシはべつに行きたくもないし」

式波 「いいから」ガシッ

惣流 「チッ。…分かったから手ぇ離しなさいよ…」グッ

ミサト「ち、ちょっと…」

式波 「心配しなくてもだいじょうぶよ?」

惣流 「そうよ。なにも心配しなくていいのよ?ミサト。すこーし、話しをしてくるだけだから」

ミサト「でも…」

式波 「それじゃあ行きましょうか?…惣流さん」

惣流 「ええ。行きましょうか…式波さん?」

惣流・式波「」


プシューー

ミサト「チョッチ、やばそうね…」

― 某公園 ―

式波 「ここならちょうどいいわよね」

惣流 「何にちょうどいいのかは知らないけど」

式波 「もちろん話し合いによ」

惣流 「またそこから?もーうんざりなんだけど」

式波 「しかたないじゃない」

惣流 「あれだけ家で話し合ってもアンタはまだわかんないの?」、

式波 「わかるわよ?ただ、納得できないもんはしかたないでしょうが」

惣流 「いい?アタシがシンジにアスカって呼んで欲しいのアンタも知ってることよね」

式波 「もちろん知ってるわよ。でもソッチこそ知ってるわよね」


惣流 「だからなによ?」

式波 「だからなにって……ふざけないでよ」

惣流 「ふざけてなんかないけど?」

式波 「アンタ、その態度がムカつくのよねぇ…」

惣流 「アンタもシンジにアスカって呼ばれたいんでしょ?」

式波 「とうぜんでしょ」

惣流 「だったらアンタもシンジに言えばいいじゃない。アタシに言うのはおかしいって何回いわすのよ」

式波 「…」

惣流 「アタシにはアンタはガキにしか見えないわよ?ただ駄々をこねるガキにしか」

式波 「だってしかたないでしょうがっ」

惣流 「なにがしかたないのよ」

式波 「アンタがいるからいけないのよ」

惣流 「はあ?」

今日はこのへんで

式波 「アンタもアスカだからいけないのよ」

惣流 「それはコッチの台詞でもあるんだけど?」

式波 「………………決めたわ」

惣流 「?」

式波 「………アンタ」

惣流 「なによ」

式波 「アスカをやめなさい」

惣流 「ふざけてんの?それとも本気?っていうか正気?」

式波 「本気よ。苦渋の選択ってやつだけどね…」

惣流 「……あっそう。ちょっと待って、電話するから…」

式波 「どこによ」

惣流 「病院」

―――
――


そして次の日

― ミサトの家 ―

ミサト「ごめんね、シンジ君。朝早くに、家に呼び出したりして」

シンジ「い、いえ。ところで話しって」

ミサト「うん。アスカ達の事なんだけどね…」

シンジ「なにかあったんですか?」

ミサト「や、あったというか、これからあるというか…」

シンジ「い、嫌な予感しかしないんですけど…。……ミ、ミサトさん?」

ミサト「なに?」

シンジ「ぼ、僕が呼ばれたって事は、僕が関係している事なんですよね?」

ミサト「うーん。関係あるような、ないような…」

シンジ「……ア、アスカ達は?」

ミサト「へ、部屋じゃないかしら…」

シンジ「呼ばないんですか?だってアスカ達の事なんですよね?」

ミサト「そうなんだけど…。まあ、本人達に話してもらった方がいいのかしら…」

シンジ「そ、その方が…。ミサトさんも、なにか喋りにくそうですし…」

ミサト「わ、分かったわ」

シンジ「は、はい」

ミサト「……」

シンジ「?……どうしたんですかミサトさん。…呼びに行かないんですか?」

ミサト「ふ、二人一緒でいい?」

シンジ「は、はい」

ミサト「わかった。チョッチ、呼んでくるわね」

シンジ「ええ」

―――
――

シンジ「なにそれ?」

式波 「だから、アタシとコイツは今日からアスカを辞めるの…」

シンジ「いや、アスカを辞めるって言うのが分からないんだけど」

惣流 「バカシンジ。コイツの言う事なんか聞くだけ無駄だから、聞く必要なんてないわよ」

シンジ「でも、二人ともなんだよね?……アスカを辞めるのって」

式波 「ええ、もちろんよ」

惣流 「アンタが一人でアスカを辞めればいいのよ…バッカじゃないの」

式波 「それだとアタシが負けたみたいじゃないのよ」

ミサト「ちょ、ちょっと二人とも…」

シンジ「ミ、ミサトさん……?」

ミサト「あ、うん。この子達ね、改名するとか言い出して…昨日から困ってるのよ」

シンジ「か、改名って」

シンジ「ど、どうしてそんな話しになったの」

惣流 「コイツの独断専行よ…。ったく、バカらしいったらありゃしないわよ」

式波 「うるさいわねぇ…これが、いちばん冴えたやり方なのよ」

シンジ「だ、だから、どうしてそんな話に…」

ミサト「あ、あのねシンジ君。昨日はコッチのアスカをアスカって呼んでるのよね」

シンジ「あ、はい。ちょっと学校で色々あって…」

ミサト「それでね、アッチのアスカがチョッチ不機嫌みたいなのよね…」

式波 「その…アッチ、コッチって言うの辞めてくれない?ミサト」 

ミサト「あ、うん。……でも呼びづらいのよね。ほら、アスカって言うと二人とも反応しちゃうし…」

惣流 「だったらミサトも他の連中みたいに、惣流、式波って呼べば?アタシはかまわないわよ?」 

ミサト「それは私が嫌なのよねぇ。だってさぁ、なんか他人行儀っていうかぁ…。ほら、せっかく同じ家に住んでるわけだし…ね?」

式波 「ミ、ミサトの言いたい事も分かるんだけどさ」

シンジ「ぼ、僕が悪かったよ式波」

惣流 「なんでアンタが謝ってんのよ」

シンジ「だってさ…僕が惣流のことをアスカって呼んだからなんでしょ?改名の話しって」

式波 「否定できないわね」

惣流 「なーにが、否定できないわね…よ。ほんとバカ」

式波 「バカはアンタのほうよっ」

ミサト「ちょ、ちょっ

プッルルッ プッルルッ

ミサト「ん…電話?」

シンジ「あっ、僕のです。…電話、誰だろ…………レイだ」

― 綾波の家 ―

レイ 「碇きゅん?」

   『ど、どうしたのレイ』

レイ 「きのう、碇きゅんが電話しても良いって言ってくれたから」

   『あ、ああ…うん」

レイ 「まだ少し手がいたいの。だから食事が作れなくて困ってるの」

   『う、うん。分かったよ作りに行くよ。 チョット!ナンノハナシテンノヨ! 』

レイ 「?」


― ミサトの家 ―

惣流 「ちょっと!なんの話ししてんのよ!」

式波 「つ、作りに行くってどういうことよ!?」

ミサト「まさかっ…子作りじゃ…」

惣流・式波「こ、子作りですってえぇぇぇっ…」ワナワナワナ

シンジ「ひッ…やめてくださいよっ、ミサトさんっ」

   『碇きゅん?』

シンジ「な、なにレイ?」

   『今、ドコにいるの?』

― 綾波の家 ―

   『ミ、ミサトさんの家だけど…』

レイ 「(…どうしてこんな時間に…)!…分かったわ碇きゅん、さらわれたのね」
  
   『えっ…レ、レイ?』

レイ 「今からスグに行くから待ってて。必ず助けるから」

   『ちょ、ちょt

プッ

レイ 「(…覚悟しなさい…メス猿ども…)」
    
  ガチャン

バタン!!

ドドドドドッ

― ミサトの家 ―

ツー ツー ツー

シンジ「アレ?…(…切れた…?)」

ミサト「ちょっとシンジ君、どうしてレイって呼び捨てだったの?ま、まさかあなた達…」

シンジ「な、なんにもありませんよ」

惣流 「せ、説明しなさいよっ!一体、なにを作りに行くってぇーのよっ」

式波 「まさか…ほんとうに…」

シンジ「だ、だから違うって…」

惣流 「じゃあなによっ!(…浮気だったら承知しないわよっ!…)」

シンジ「だから食事だよ!」

式波 「なによそれ」

シンジ「え」

惣流 「どういう事か説明してくれるんでしょうねぇ」

シンジ「も、もちろん」

―――
――

今日このへんで

シンジ「――と言う訳なんだけど…」

ミサト「なんだそんな事だったの」

惣流 「なにがそんな事よ…いい?これは許しがたい裏切り行為なのよ?ミサト」

シンジ「う、裏切りって…」

式波 「アタシ達があらそっている時に…アンタってヤツは…」

シンジ「だ、だからそれは…」

惣流 「アイツのケガがって言いたいの?…アンタは…」

シンジ「そ、そうだよ…レイはケガしてるんだから…」

惣流 「そう?じゃあアタシもケガすればいいわけね…」

ミサト「ちょ、ちょっとあなた達…」

式波 「待ちなさいよっ!ケガならアタシが得意よっ」

惣流 「はあ?なに寝言いってんのよ、そんなのアタシに決まってるじゃないっ!」

シンジ「ちょっ…」

ミサト「二人とも落ち着きなさい」

惣流・式波「ミサトは黙ってて!!!!」

ミサト「ぅ…」

シンジ「ちょっと…」


ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ ピンポーーーン


ミサト「だ、誰かしら」

ミサト「ど、どちら様…って…レ、レイ…?」

レイ 「おはようございます、葛城さん」

ミサト「お、おはよう」

レイ 「い、碇きゅんは…」

ミサト「シ、シンジ君なら中に……(って、碇きゅん?)」

レイ 「し、失礼します」ヌギヌギ

タッタッタッ

ミサト「ち、ちょっとレイ」

  デタワネ コノ エコヒイキ
チョット ナニ シニ キタノヨー

チョット ミンナッ


ミサト「……」




レイ 「二人はバカなのね」

惣流 「アタシは違うわよ…バカなのはコイツだけよ」

式波 「はあ?アンタ達、バカって言うほうがバカって知らないの?」

シンジ「……」

ミサト「ま、まあ誰が馬鹿なのかは置いといて…」

惣流 「アンタの事は置いとくんだって…?」

式波 「惣流…ケンカなら買うわよ」


シンジ「やめてよ…物騒な事言うのは」

レイ 「やらせてあげたら?碇きゅん」

シンジ「……」

ミサト「レイ」

レイ 「?」

ミサト「余計な事は言わないの…ただでさえ収拾つかないんだから」

レイ 「は、はい」

シンジ「ご、ごめんねレイ。…心配してくれたんだよね」

レイ 「ええ。とても心配したわ、碇きゅん」コク

惣流 「…なにが心配なのか意味がわからないわね…」

式波 「もういいからアンタは帰りなさいよ」

レイ 「…い…や…」ベッー

ミサト「(…レイって…こんな子だったっけ…)」

惣流 「気にしないほうがいいわよ、ミサト。コイツ最近おかしいのよ」

レイ 「バカよりマシ」

惣流 「ね?…最近、ずっとこんな調子なのよ…」

ミサト「あ、あなた達…変な薬に手ぇだしてないわよねぇ」

惣流 「アタシとシンジはだいじょうぶ。…残りは知らないけど」

レイ・式波「」

シンジ「(…これ…絶対に長引くよ…)」

ミサト「……えっとぉ…私達なにしてたんだっけ…?」

式波 「ボケるには早いわよミサト?」

ミサト「し、失礼ねぇ…。昨日から急に色々有り過ぎて、頭の中が混乱してるだけよ」

ミサト「せ、整理すると…二人がアスカを辞めるって話し……あっ、改名だったわね」

シンジ「そ、そうですね」

式波 「もう一つは、どうして昨日、バカシンジとエコヒイキが逢引してるのかって事ね」

惣流 「アタシにはソッチのほうが気になるんだけど」

ミサト「あ、逢引って…シンジ君は食事を作りに行ってあげただけでしょ」

惣流 「そうね、作りに行ってあげただけ……」ジロッ

シンジ「な、なに」

惣流 「昨日はそんな話ししてなかったわよね」

シンジ「そ、それは…」

すいません 今日はこの辺で

― 10分後 ―


ミサト「ちょっとぉ…。レイの手の怪我ってあなたの所為じゃないの…」

惣流 「そ、それとこれとは別問題よ…」

式波 「そうよ、シンジが密会していたって事実はかわる事はないわ」

シンジ「…次は密会なの…?」

レイ 「密会…それは深く愛し合う男女の逢瀬」

ミサト「……」

シンジ「……」

惣流 「…(…なにが深く愛し合うよ、どうせ一方的なアンタの方想いでしょうが…)」フンッ

式波 「…じゃあちょっと…アタシは、壁にでも、あたまぶつけてくるわ」

レイ 「そう。そのまま永眠するつもりなのね?…逝ってらっしゃい」

ミサト「あのねぇ…。このままじゃあ、話しが全っっ然進まないんだけどぉ…?」

シンジ「と、取り合えず…改名の話しからしませんか?ミサトさん」

ミサト「そ、そうねぇ…。ええ、一個ずつ片しちゃいましょう、このままじゃ埒が明かないしねぇ」

惣流 「なによシンジ、話しをそらすき?先に言っておくけどね、逃がさないわよ?…絶対に…」

シンジ「…う、うん、それは分かってるよ…」

レイ 「…葛城さん…その改名について、わたしに案があるの」

式波 「却下」

レイ 「まだなにも言っていないわ」

ミサト「えっと、レイには案があるって事なのよね?良かったら聞かせてくれるかしら」

レイ 「はい」

式波 「どうせロクな案じゃないわよ」

シンジ「取り合えず聞いてみようよ…式波、ね?」

式波 「わ、わかったわよ…」

ミサト「じゃあ…お願い、レイ」チラッ

レイ 「はい」コク

一同 「……」ゴクッ

レイ 「惣流さんがアスカ1号。式波さんがアスカ2号。これで完璧」

一同 「」

式波 「ほらみなさいよ…」

ミサト「」

惣流 「なにが1号、2号よ…っで、どこが完璧なわけよ…」

ミサト「……もう、しょうがないからソレでいきましょう」

式波 「ふ、ふざけないでよ、ミサトっ!人の名前を、もうしょうがないからで、決められてたまるもんですかっ!!」

シンジ「……」

式波 「絶対にいやよ…。断固、反対するわ…。なんなのよ…そのふざけた案は…」

レイ 「…?」キョトン

シンジ「それじゃあ、式波は一体どうしたいのさ」

式波 「だから改名するんだってばっ」

シンジ「なにも…改名にこだわらなくても…」

ミサト「決めたわ」

レイ 「?」

シンジ「なんですか、ミサトさん。決めたって…」

ミサト「このままダラダラと、話してても仕方がないから、わたしが決定します。…苦情は聞きません」

惣流 「なによ…」

ミサト「本日より、アスカは日替わりで呼称する事とします」

惣流 「」

式波 「それでいいわ

レイ 「わたしも。…ところで碇きゅん、お腹すいたわ」

シンジ「そう?名前の件も解決したし、帰ろうかレイ?」

レイ 「ええ」

式波 「バカシンジ、明日はアタシがアスカだからね。間違わないでよ?」

シンジ「うん、わかった。それじゃあミサトさん、僕達、帰ります」

ミサト「ごめんねぇシンジ君。無駄話しに付き合せてしまって…」

シンジ「いえ、それじゃあ…」

プシューー

惣流 「……」

シンジ「ところでレイは何か食べたいものある?」

レイ 「なんでもいい」

シンジ「それじゃあ、買い物してレイの家に…」

レイ 「碇きゅんのおうちがいい」

シンジ「どうして?」

レイ 「今日は碇きゅんのおうちがいいの」

シンジ「だからどうs

レイ 「碇きゅんのおうち」

シンジ「……じゃあ僕の家で…」

レイ 「ええ」

――

レイ 「今日も美味しかった」

シンジ「そう、よかったよ」

レイ 「あ、あの…」

シンジ「?」

レイ 「今日は碇きゅんは何か予定がある?」

シンジ「今日?…んー、買い物に行く位かな」

レイ 「買い物。…何を買うの?」

シンジ「あ、うん。…お弁当箱、買いに行こうかと思って」

レイ 「お弁当箱」

シンジ「ほら昨日、カヲルくんも言ってたけど、アスカ達のお弁当箱を買いに行こうかと」

レイ 「そう、あの二人の…。アスカーズ」

シンジ「そうだけど…レ、レイ…?(アスカーズって…)」

レイ 「……」ムスッ

シンジ「……あの」



レイ 「碇きゅん」

シンジ「な、なに、レイ?」

レイ 「お買い物、一緒に行ってもいい?」

シンジ「一緒に?うん、それはいいけど」

レイ 「ありがとう。それじゃあ、すぐに行きましょう」

シンジ「すぐに行くの?」

レイ 「ええ。今日は休日で人が多いと思うから」

シンジ「う、うん」

レイ 「(そうしないと…あの人、惣流アスカが必ず強襲してくるもの…)」

レイ 「碇きゅん…善は急げ、よ」

シンジ「うん、良く分からないけど…」

―――
――



シンジ「へぇ、色々あるんだ…お弁当箱」

レイ 「碇きゅん、わたしが選んでも?」

シンジ「レイが選んでくれるの?」

レイ 「ええ。…これがいいと思うわ」

シンジ「これ…(ドカベンとか言うヤツじゃ…)」

レイ 「これなら、あの二人のお腹を満足させられるはず」 

シンジ「……そ、そうだね。それじゃあ、お会計に行ってくるよ…レイは待ってt

レイ 「ダメ!一緒に行くの」

シンジ「あ、うん。…じゃあ」

レイ 「(昨日の分をここでっ!)」

―――
――


レイ 「(この世界に…神様はいないのね…)」フラフラ

レイ 「」フラフラ

シンジ「大丈夫?なんかフラフラしてるけど…」

レイ 「な、なんでもなにわ」フラ

シンジ「なにわ?」

レイ 「い、いえ……」ヨロッ

シンジ「あ、危ないっ!」ガシッ

レイ 「え?(…碇きゅんの腕が…わ、わたしの肩に…)///」

シンジ「危ないよ?レイ」

レイ 「え、ええ…ありがとう碇きゅん ///」

シンジ「どっかで休む?」

レイ 「……休まなくても大丈夫」

シンジ「ほんとに?無理してない?」

レイ 「ええ。……でも、い、碇きゅんにお願いがあるの ///」

シンジ「僕に?」

レイ 「ええ。碇きゅんに少しだけ手伝って欲しい事が…///」

シンジ「僕が手伝える事なの?」

レイ 「歩く時…碇きゅんの腕を…///」ゴニョゴニョ

シンジ「え?なに?」

レイ 「腕を…腕組みを…//////」

シンジ「腕組み…」

レイ 「ま、また危なくならない為にも…う、腕組みを」

シンジ「(ど、どうしよ)」

レイ 「……」ジーッ

シンジ「……う」

レイ 「……」ジーーーーーーーーーーーーーーッ

シンジ「……う、うん」

レイ 「いいのっ?!碇きゅん!!??」

シンジ「う、うん」

レイ 「(きゃああっ!神様はここにいたわっ!!)///」

――

― 綾波の家 ―

レイ 「……碇きゅん…ごめんなさい…」シュン

シンジ「?…気にしなくてもいいよ?」

レイ 「でも…碇きゅんの服が血だらけに」

シンジ「これは仕方ないよ」

レイ 「ごめんなさい。また鼻血…」

シンジ「レイは、謝らないでいいから」

レイ 「でも」

シンジ「謝らないでよ…。別にレイが、やろうとして、やった事でもないんだから…」 

レイ 「……」

シンジ「ね?それに今日は買い物にも付き合ってくれたんだから…」

レイ 「……え、ええ」コクッ

シンジ「じゃ、僕は帰るけど…レイは夜は大丈夫?食事、自分で作れる?」

レイ 「え、ええ」

シンジ「そう、良かった。手の怪我が気になってたんだけど…じゃあ僕は帰るね」

レイ 「あの…」

シンジ「なに?」

レイ 「き、今日は楽しかった」

シンジ「僕も」

レイ 「///」

シンジ「じゃあまた明日、学校で」

レイ 「ええ」

――


― 帰宅中 ―


シンジ「とは言ったけど…結構、目立つんだよね…レイの鼻血」

シンジ「時間も経ってるから落ちないかも…」
――

― シンジの家の前 ―

シンジ「あれ?」

シンジ「ミ、ミサトさん?」

ミサト「シ、シンちゃんっ」

シンジ「ど、どうしたんですかっ!?その格好!?」

ミサト「こ、これは…って、あなたの方こそ、血、血だらけじゃないっ!どうしたのっ!?」

シンジ「お、落ち着いてくださいミサトさん。これは僕の血じゃありませんよ」

ミサト「ほ、本当に!?ど、何処も怪我してないの?シンちゃん」

シンジ「ええ。それよりもミサトさんの方が…」

ミサト「え、ええ。チョッチね…」

シンジ「どうしてそんなボロボロに…」

ミサト「と、兎に角、中で話しましょうシンジ君」

シンジ「あ、はい」


ミサト「鍵はシッカリ掛けといてね」

シンジ「え、ええ」

シンジ「で、どうしたんですか…と、その前に僕の服を持ってきますから…」

ミサト「う、うん。ごめんねシンジ君」

シンジ「いえ。ちょっと待ってて下さい」



シンジ「コレを…ミサトさんには少しサイズが合わないかも知れませんが…」

ミサト「ありがと…じゃあ着替えるわね…」ヌギ

シンジ「ちょ、ちょっと!ミサトさん!!」

ミサト「な、なに?」

シンジ「僕が外に行きますから、それから着替えて下さい」

ミサト「外は駄目よ!」

シンジ「ちょ…」

ミサト「いい?シンジ君。…あなたの命に関わる事なのよ」

シンジ「い、命って…」

ミサト「……」

シンジ「僕の命に関わる事って。あの、冗談ですよね」

ミサト「それが冗談じゃないのよ」

シンジ「冗談じゃないって…。ど、どういう事なのか説明して下さい」

ミサト「え、ええ。その…朝の件なんだけど」

シンジ「あ、朝の件って…アスカ達の事ですか?…え?もしかしてミサトさんはアスカ達にやられたんですか!?」

ミサト「いえ。『達』じゃなくて、惣流アスカの方だけ、なんだけどね」

シンジ「惣流」

シンジ「……」

ミサト「あ、あのね?例のアスカ呼称うんぬんがあったでしょ」

シンジ「え、ええ」

ミサト「それで…彼女が納得できないって暴れだしてね」

シンジ「でも、ミサトさんが決めた時には、惣流はなにも言い返さなかったじゃないですか」

ミサト「放心していたらしいわ。それで放心状態から覚めて…。シンジ君も家から居なくなってるし…」

シンジ「そんな…。!…し、式波の方はどうしてるんですか!?」

ミサト「式波アスカの方は今頃レイの家に居てるはずよ」

シンジ「レイの家。でも、どうしてレイの家に式波が」

ミサト「一時避難とレイの安全確保の為よ」

シンジ「ちょっとミサトさん!話しが飛躍しすぎじゃありませんか!?…避難、それに安全確保って」

ミサト「シンジ君は、アノ姿をを見ていないからそう言えるのよ」

シンジ「ミ、ミサトさん…アノ姿って」



ミサト「修羅よ」

シンジ「そんな…」

ミサト「それは凄かったわ、家の中はグチャグチャよ」

シンジ「そ、それで惣流は」

ミサト「家を飛び出してね…。私は追いかけたんだけど、途中で見失って」

ミサト「私はシンジ君の家へ、式波アスカにはレイの家へ行って貰う事にしたのよ」

シンジ「でもそれじゃあ…惣流は何処に行ったか分からないって事なんじゃ…」

ミサト「ええ。分からないわね」

シンジ「僕、探してきます!」

ミサト「だからそれは危ないって言ってるでしょ!」

シンジ「そんな事ないですよ!惣流はそんな女の子じゃないですよ!!」

ミサト「ふ、普段はそうかも知れないわ!でも今は!!」

シンジ「ミサトさんは此処に居てて下さいよ!」ドン!!

ミサト「ひっ」ビクッ

シンジ「行きます」ダダッ

ガチャッ バタンッ


ミサト「シ、シンジ君。あ、あんな悪鬼羅刹みたいなカオしなくても」ブルブル


――

シンジ「ど、何処に居るんだよ…惣流…」

シンジ「これだけ探しまわっても、み、見つからないし」

シンジ「もしかして誘拐されたとか…」

シンジ「……」

シンジ「いやいや、それはないか」

シンジ「にしても、一体何処へ…」

シンジ「(…なんだか腹が立ってきた…)」

シンジ「(これだけ探して見つからないなんて、どう考えても惣流が悪い。そうに決まってる)」


シンジ「う…うぅ」


シンジ「惣流の……アホーーー!!!!!!!」

惣流「なんですってーっ、バカシンジ!!」

シンジ「へ?」

惣流「死にたいようね」

シンジ「…惣流…アスカ」

惣流 「なによ…碇バカシンジ」

シンジ「なんだよそれ」

惣流 「アンタの名前じゃない、忘れたの?」

シンジ「あのさ、惣流。聞きたい事、言いたい事が一杯有り過ぎて…」

惣流 「そうなの?奇遇ね。アタシもよ」

シンジ「場所を移動しよう」

惣流 「どうしてよ」

シンジ「こ、ここだと少し恥ずかしいから…」

惣流 「はぁ?あれだけ、大声でアタシの悪口いっておきながら?」


子供 「ねぇ、ママー?あの、おにぃちゃんたちなにしてるのぉ?」

母親 「だめよ、みちゃいけません」


シンジ「」

惣流 「し、しょうがないわね……」

――

シンジ「ここは?」

惣流 「どう?ここなら人目も気にせずに思う存分やれるわよ」

シンジ「またそんな事言って」

惣流 「なに余裕ぶってるのよ。どうせミサトから全部聞いてんでしょ?アタシが怒ってるとかなんとか」

シンジ「気が狂ったみたいな感じには言ってたかな…」

惣流 「あんの三十路ぃ…。?……にしては、アンタはいつもとかわんないのね」 

シンジ「うん、変わらないよ」

惣流 「ビビらないわけ?今はアタシ、気が狂ってるんでしょ?」

シンジ「そりゃ確かにミサトさんのボロボロの姿を見たから、少しは怖いけど」

惣流 「ミサトってボロボロなの?」

シンジ「え?惣流にやられたって言ってたけど…違うの?」

惣流 「んー。あんま覚えてないのよねぇ…」

シンジ「そ、そう…(今更怖くなってきたよ)」

惣流 「まあ、いいじゃない。…で?」

シンジ「え?…で、って?」

惣流 「だーかーらっ、アンタは何しに来たわけよ?しかも大声でアタシにアホ呼ばわりなんて」

シンジ「惣流の事、探してたんだよ」

惣流 「ふーん」

シンジ「ふーん、てなんだよ、心配したんだよ?僕」

惣流 「どうしてよ?アンタは別に心配する必要なんてないじゃない」

シンジ「どうしてだよ」

惣流 「じゃあ聞くけど、どうして逃げたのよ」

シンジ「僕は逃げてなんか…」

惣流 「逃げたでしょうが。アタシがエコヒイキの事で話しがあるって言っておいたのに…アンタは帰ったじゃない」

シンジ「そ、それは…」

惣流 「アタシ、逃がさないって言ったわよね?それでもアタシのことほったらかしにして、アンタは勝手に帰っちゃうしさ」

シンジ「それは…ごめん」

惣流 「ねぇ、バカシンジ。アタシの頭がおかしいのかな」

シンジ「…そんなことは」

惣流 「なんかさぁ?どうでも良くなっちゃうわよね…正直なところ」

シンジ「え?」

惣流 「アタシが名前に拘る理由、アンタはちゃんと理解してくれてる?」

シンジ「……」

惣流 「ほらみなさいよ、結局アタシの事なんかアンタはどーでもいいのよ」

シンジ「どうでもよくはないよ」

惣流 「…どうだか」

シンジ「今日の事は確かに僕が悪いよ。でも惣流の事どうでも良いなんて思っていないよ」

惣流 「じゃあ証拠みせてよ」

シンジ「証拠って」

惣流 「やっぱり嘘じゃない」

シンジ「う、嘘じゃないよ!どうして分かってくれないんだよ」

惣流 「分からないわよ。だから証拠みせてっていってんのよ」

シンジ「しょ、証拠って、どうやって…」

惣流 「そうねぇ…。ん…キスして」

シンジ「キキキキスゥー!?」

惣流 「なによ、嫌なわけ?」

シンジ「嫌とかそういう問題じゃないじゃないか」

惣流 「じゃあどういう問題よ」

シンジ「それはあれだよ、キスって恋人同士がするものじゃないか」

惣流 「ふっる」

シンジ「古いか新しいかの問題じゃないよ。…少なくても僕には」

惣流 「なによ、怖いの?キスするの…」

シンジ「どうしてそうなるんだよ」

惣流 「じゃあいいじゃないの、ほら早くしなさいよ。…違うわね…キスして…か」

シンジ「……」

惣流 「キスして…シンジ」

シンジ「で、出来ないよ」

惣流 「……」

シンジ「……ごめん」

惣流 「…そ、そう…。…なに?やっぱりエコヒイキのことが好きなの?」

シンジ「そういう訳じゃないよ」

惣流 「なにも隠さなくたって…」

シンジ「だからっ、そういうんじゃないんだってば!」

惣流 「な、なによ…」

シンジ「あ、ごめん。…でも本当にそういうんじゃないんだ」

惣流 「わ、分かったわよ…。……でも、だったらアンタの心は、今はだれのモノでもないって事よねぇ?」

シンジ「え?」

惣流 「アタシはアンタのこと諦めないから。好きなやつがいるってんなら別だったけど」

シンジ「あ、あの」

惣流 「ぜっったいに、諦めるもんですかっ」

― シンジの家 ―

ミサト「ひぃ!ア修羅!?」ガクブル

惣流 「…なによアシュラって、微妙にアスカっぽく言わないでくれる?」イラッ

シンジ「だ、大丈夫ですよミサトさん、怖くないですよ?」アセッ

ミサト「ふぇぇ」ガクブル

シンジ「かなりアスカに怯えてしまってるね」

惣流 「うん…そうみたいね」ギュッ

ミサト「!?」ピタッ

シンジ「ミサトさんの震えが…?」

惣流 「死んだ?…う、うそ…シンジ、アタシ怖い」ギュウウッ

シンジ「ちょ、アスカ、胸が!胸があたって!!」

惣流 「やん!シンジのえっちぃぃ」

ミサト「まてこら」

この辺で  全然、はなしが進んでませんが…

シンジ「ミサトさん、大丈夫ですか?」

惣流 「ちょっとっバカシンジ!近寄ったら喰われるわよ!?きっとゾンビよソイツ!!」ギュウウウッ

シンジ「ちょっ、アスカ!?さっきからずっと胸が!アスカの胸が!!」アセッ

惣流 「きゃん!シンジのばかぁ」グニグニ

シンジ「だから押し付けないで!胸を押し付けないでよ!」

ミサト「…ねぇ…シンジ君?」 イヤーン!

シンジ「はい」        

惣流 「シンジ!しゃべれるからって騙されちゃだめよ!絶対にソイツはゾンビなんだから!」

ミサト「」

シンジ「」

惣流 「生き返ったのがいい証拠よ!!きゃああ!助けてシンジ!護ってシンジぃぃ!!」ギュウウウッ

ミサト「…そこに居る…シンジ君に甘えに甘えているアスカにソックリな子は誰?」

シンジ「ア、アスカですよ?」

惣流 「だ、だれが甘えてるですってぇー!ゾンビはアタマだけじゃなく、眼も悪いようねっ!驚きの三連呼よ!!」

ミサト「…」

―――
――



惣流 「えっと…今朝はごめんなさい、ミサト」orz

ミサト「…え、ええ…」

シンジ「あの、ミサトさん。僕も…ごめんなさい」orz

ミサト「ふぇ?」

シンジ「あの…ミサトさん?…聞いてます…?」

ミサト「……」

惣流 「ミ、ミサト?」

ミサト「…あ、うん…。なんか凄い事だらけね,今日は…。頭が全然追いつかないわ」

惣流 「そう?」ケロッ

シンジ「……」

ミサト 「…なにが驚いたって…」

シンジ「?」

惣流 「なによ」

ミサト「…全てよ…。あんた達、変わり過ぎだってのよ…兎に角、ビックリよ」ボー

シンジ「…ミサトさん、なんかやつれました?動けます?」

ミサト「…駄目かも…。私、当分動けそうにないわ」ホケー

惣流 「だっらしないわねぇー」

シンジ「アスカ、それは僕らが言っちゃダメだよ」

惣流 「そ、それもそうね」

シンジ「あの、お詫びという訳じゃないですけど…今晩は僕が食事作りましょうか?」オズオズ

ミサト「ほんとに!!??」ガバッ!

惣流 「ひゃ!」ビック!

シンジ「はい。もちろん、ミサトさんが良ければの話しですけど…」

ミサト「お、お願いするわ!」ジュルリッ

惣流 「なによミサトったら、浅ましいわねぇー。たかが、バカシンジの、り、料理ぐらいで」ジュルッ

シンジ「……」ジーッ

惣流 「な、なによー、こっちみないでよ!///」プイッ

ミサト「なに、あなた達デキちゃってるわけ?」

惣流 「デ、デキてないわよ…マダ…///」

ミサト「そうなの?」

シンジ「ミ、ミサトさん、そういう話しは…」

ミサト「そ、そうね、やめておきましょう」

惣流 「?」

シンジ「…あ!…」

ミサト・惣流「ん?」

シンジ「…式波…」

ミサト「…あっ…」

惣流 「ほっとけば?」サラッ

ミサト「――そう、そういう事だから――待ってるわね」

ピッ!

シンジ「ど、どうしてました?式波達…」

ミサト「え、ええ…」

惣流 「向こうでエコヒイキと大喧嘩でもしてたとか?」

シンジ「えっ…そうなんですか?」

ミサト「逆よ」

シンジ・惣流「え?」

ミサト「なんだか分かんないんだけど…ゲームやってて仲良くなったみたい」

惣流 「はぁ?あの二人が?絶対にないわよそんなこと」

シンジ「あの…本当なんですか」

ミサト「…驚きよねえ、ツイスターゲームで仲良くなるなんて…」

シンジ・惣流「」

シンジ「――で、最後に塩で味を調えて…完成です。どうですかミサトさん、簡単でしょ?」

ミサト「そ、そうね…」

惣流 「無駄よ、シンジ。明日には忘れてんだから」

シンジ「もう、横から口を挟まないでよアスカ。折角、ミサトさんがやる気になってるのに」

惣流 「だって、本当のことじゃないの」

シンジ「そんな事ないですよね?ミサトさん」

ミサト「も、勿論よ……………多分」

惣流 「ほらみなさいよ、すでに工程の半分はアタマの中から消えてるわよ」

ミサト「う、うっさいわねぇ」

シンジ「……はは」

ピンポーン

シンジ「あ、来たのかな…」

ガチャッ

シンジ「遅かったね、式…な…レイ?」

レイ 「碇きゅん…来ちゃった」

ドタドタドタ

惣流 「おいでなすったわね、エコヒイキ」

シンジ「ちょっとアスカ?」

惣流 「…うっ…」

式波 「バッカじゃないの?アンタはもっとシンジに怒られてればいいのよ」

レイ 「?…なにかあったの?」

シンジ「え?」

式波 「あー、レイは気にしなくていいから、早く上がらせてもらってよ」

レイ 「え、ええ。いい?碇きゅん」

シンジ「う、うん(料理足りるかな)」

レイ 「じゃあ…」ヌギヌギ

式波 「ほら、靴脱いだら早く中へ…後がつっかえてんだから」

レイ 「わかってるわ」

シンジ「じゃあ奥へ…」

レイ 「碇きゅん、おじゃまします」トコトコトコ

シンジ「うん」

式波 「ちょっと?」ヌギヌギ

シンジ「な、なに、式波」

式波 「えぇ?なによ、ねぎらいの言葉もないわけ?」

惣流 「なによ、ねぎらいって?」

レイ 「碇きゅん?」

シンジ「レ、レイは先に行っててよ」

レイ 「でも」

ミサト「ほ、ほら、レイも料理並べるの手伝ってよ?」ヒョコ

レイ 「あ、…はい」


式波 「いい、惣流。今朝のこと忘れないでよ」ヒソ

惣流 「き、記憶にないわねえぇ」ヒソ

式波 「いってなさいよ、バカ惣流」ヒソ

シンジ「あの、お取り込み中に悪いんだけどさ、聞いていい?」ヒソ

式波 「なに?」ヒソ

シンジ「レイは惣流の件知らないの?」ヒソ

式波 「当たり前でしょうが、レイが知ったら絶対にココに来てるわよ」ヒソ

式波 「ったく、最初どれだけレイに不審がられたか…通報されそうになったんだから、アタシ」ヒソ

惣流 「…」

シンジ「それは…なんというか…お疲れ様…」ヒソ

式波 「そーそ、それがねぎらいの言葉ってもんよ、バカシンジ」ヒソ

シンジ・惣流「…なんかごめん…」ヒソ


ミサト「ちょっとあんた達ー?料理、冷めちゃうわよー!?」

  「「「ハーイ。今行きまーす」」」



ゴチソウ サマ デシタ

ミサト「ふぅ。やっぱり食は人の心を満たすわねぇー」ゲップッ

シンジ「ビールが無くて申し訳ないですけど」

ミサト「シンちゃん」

シンジ「なんですか?ミサトさん」

ミサト「ウチの子になる?本格的に養子って事で…」

シンジ「はい?」

レイ 「絶対にダメ」

惣流 「とーぜん駄目ね」

式波 「議論の価値もないわね」

今日はこの辺で

ミサト「残念ねー」

惣流 「なにいってんのよ。いきなりこんな大きな子供ができたら、加持さんも嫌がるでしょ」

式波 「そーかな?逆に喜びそうだけど」

レイ 「どういう事?」

式波 「ほら、色々あるじゃない?食事の事とか食事の事…食事の事とかさ」

ミサト「な、なに言ってるのよ。加持は私の料理に満足してるわよ。あなた達と違ってぇー」

シンジ「……」

――

式波 「それはそうと帰るのが嫌なんだけど、ミサト」

ミサト「?…どうしたのよ、急に」

式波 「家の中」

ミサト「…ああ、あれね」


惣流 「…ぐっ…」

シンジ「(…惣流…)」

レイ 「なにかあったの?」

式波 「別になにもないんだけど…片付けがちょっと掛かりそうなのよ」

惣流 「…うぅ…」

シンジ「……」


シンジ「あ、あのう、今日は僕の家にと、泊まって行きませんか?」

惣流 「!?」

ミサト「いいの?シンジ君」

惣流 「……シンジ…?」

シンジ「ん?」ニコッ

惣流 「あ、ありがと///」ボソッ

シンジ「なにが?」

惣流 「//////」フル フル

レイ 「……」ジーッ

ミサト「(デキてるわよね?デキてるでしょ!あなた達)」

式波 「やっぱり帰りましょう。うん、それがいいわ…」

ミサト「うーん。迷い所ねぇ、なんと言ってもあの仕事量を今日中には…」


レイ 「わたしは泊まるわ」

レイ 「一度家に帰って用意してくる」

シンジ「レ、レイ?」

レイ 「なに」

シンジ「お、怒ってる…?」

レイ 「知らない…行ってきます」

タッタッタッ

ミサト「え?」

惣流 「本気そうね…アタシも悪いけど一度帰るわ。家の掃除は明日学校から帰ってきてからやるから」

シンジ「ア、アスカ?」

惣流 「負けない」

タッタッタッ

ミサト「え?え?え?」

式波 「チッ。いいわよ、やってやろうじゃないの…」

シンジ「し、式波?」

式波 「ムードもなにもあったもんじゃないけど、アンタに伝えておくわ…」

ミサト「( なにこれ )」

式波 「式波アスカはシンジが好き…アタシはアンタの事が大好きだから」

シンジ「し、式波…?」

式波 「行ってくる」

タッタッタッ


ミサト「シ、シンジ君…なにこれ?」

シンジ「……」ゴクッ

シンジ「ミ、ミサトさんも泊まりますよね」

ミサト「……」

シンジ「ミサトさん?」

ミサト「」

シンジ「ま、まさか…」

ミサト「チョッチ、用事を思い出したわ…」

シンジ「へ?…冗談ですよね…?」

ミサト「ごめんなさい、シンジ君。…嫌な光景しか浮かばないの、許して」

タッタッタッ

シンジ「ミ、ミサトさーーん!!」

シンジ「ど、どうしてこんな事に…」

シンジ「カ、カオルくんにも来て貰って…」

シンジ「……」

シンジ「やめよう、カヲルくんに迷惑掛けそうだし…」

シンジ「……」

シンジ「し、式波…も?」

シンジ「……」

シンジ「ドッキリ?」

シンジ「加持さんが玄関から入ってきて…『ドッキリさシンジ君』なんて…」

シンジ「……あるわけ無いか」

ガチャッ

スタスタスタッ

シンジ「あっ」

レイ 「碇くん」

シンジ「レイ」

レイ 「……」

シンジ「あ、あの…」

レイ 「荷物何処に置いたらいいの」

シンジ「そ、そのことなんだけど…ミサトさんも何処か行っちゃったから…」

レイ 「だから…なに?」

シンジ「ま、またの機会に…」

レイ 「ダメ」

シンジ「……う、うん」

レイ 「…碇くん。わたし胸が苦しいの」


レイ 「聞かせて欲しいの、碇くん。わたしの事を…」

シンジ「レ、レイ…?」

ガチャッ ダダダッ

レイ 「ど、どうお…

惣流 「待ちなさいよ、エコヒイキ」

レイ 「…なに言ってるの?待つ必要は無いわ」

式波 「なにしてんのよ、レイ」

シンジ「惣流、式波…」

すいません 本日分の更新分は 無かったことに 申し訳ありません
少し ROMります

すみません。自分勝手ではありますが>>250からそのまま続けさせてもらいます。

レイ 「わたしは碇くんが好き」

シンジ「……レイ……」

惣流 「ふん。碇きゅん…じゃないわけ?…エコヒイキ」

レイ 「邪魔しないで。大事な話しなの」

惣流 「こっちもそうよ。アタシが…はいそーですか、とでも言うと思う?」

シンジ「ふ、二人とも…」

式波 「無駄よ、バカシンジ。みんな…もう止められない」

シンジ「式波…?」

レイ 「……」

惣流 「……」

式波 「無理よ、ここまできたら。アタシだって…」

シンジ「そんな事言ったって。僕には…」

惣流 「アタシはシンジの全てが欲しい」

レイ 「黙って」

式波 「アタシはシンジに…いつも横でアタシの事を見てて欲しい」 

レイ 「どうして…意地悪するの。邪魔しないで…」

シンジ「ちょっと、みんな…」

式波 「レイ。アンタはなにも言わなくていいわけ?シンジに」

レイ 「言おうとしたのに邪魔したじゃない、式波さん達」

レイ 「友達だって言ったのに。あなた、そう言ってくれたのに…」

式波 「アタシは今でもそう思ってるけど。……レイ、耳貸して」

レイ 「なに」

式波 「いーから」グイッ


式波 「――――」ゴニョゴニョ
レイ 「それは…。でも…邪魔したわ」


シンジ「……」

惣流 「アタシはアンタ等に譲らないから、絶対に」

式波 「はぁ。アンタもなに先走ってんのよ、少しは落ち着きなさいよ」

シンジ「……」

式波 「悪いけど、シンジ。ちょっと買い物にでも行って来なさいよ。…アタシ、アイスがいい」

シンジ「え、でも」

式波 「いーから、アタシに任せて…」

惣流 「なに言ってんの、まだ話しは終わってないわよ」

式波 「ふーん。アンタはアイス要らないのね…レイは?」

レイ 「食べる」

惣流 「はあああああああ!!??」

式波 「それじゃあ、シンジ。アイスはアンタの分入れて3個ね。…安物は駄目だから」

シンジ「あ、うん。い、行って来る」

惣流 「え、あ、ちょっと」

式波 「はぁ…」

式波 「シンジ、一つ追加」

シンジ「う、うん」


プシューー

惣流 「で?どう言う事」

式波 「なにが?」

レイ 「……」

惣流 「説明。アタシは昨日の事はアンタにちゃんと説明したわよ」

式波 「感謝しなさいよ?アンタ達…」

惣流 「なんなのアンタ。ムカ付くにも程があるわ」

レイ 「…わたしは複雑」

式波 「なに言ってんの、レイも一緒よ?」

惣流 「あーもう!ハッキリ言いなさいよ!」

式波 「アンタ達、十中八九振られてるわよ?まあ、アタシもでしょうけど」

惣流 「はあ!?」

レイ 「わたしもそう思う。…今、考えれば」
 
惣流 「なにを言い出すかと思えば…。振られる?そりゃ、アンタ達だけでしょうが」

式波 「アンタ、シンジとの付き合いはアタシより長いはずよね?なんでわかんないのかな…レイにさえ分かるのに」

レイ 「この人、バカだから」

惣流 「エコヒイキぃ。拳で語り合いたいなら、してやるわよ」

レイ 「……」

惣流 「無視って…なにコイツ」

式波 「まあ、聞きなさいよ惣流。あの状況でバカシンジがどんな結論に行き着くか、良く考えなさいよ」

惣流 「はあ!? …シンジの考え方って事? (アタシが告白してシンジがおちる。…って、あれ?そういえば今日、キス拒否されたっけ…?)

レイ 「絶対にこの人…違う事考えてるわ」 

式波 「レイに同感。おかしいもの…こんな表情」

式波 「なにからなにまで、面倒だわ。いーい?」

惣流 「なにがよ!」

レイ 「聞きなさい、バカ惣流」

惣流 「バカはアンタよ!」

式波 「はい、そこまで。ミサトの気持ちも分かるわ…これじゃあ、話しが」

レイ 「式波さん。今朝の事、忘れてる」

式波 「もういい。聞きたい人だけ、聞きなさいよ」

式波 「これはシンジの性格の事なんだけど。聞きたくない人はどうぞご勝手に」

レイ 「続けて、続けて」

惣流 「早く、早く」

式波 「なによ、この損な役回りは…」

――

惣流 「それでアタシ達全員がふられる?」

式波 「そうよ。あのままだったら…ね」

レイ 「優しいから?」

式波 「まあ、ある意味ね…」

惣流 「それでいいのよ、式波さん!全力で応援するから嫌いになりなさい!」

式波 「そこまでアンタはアタシを排除したいわけね」

惣流 「なにアンタ、アタシの心が読めるの?」

式波 「バカ。ほんとバカ」

レイ 「それより気になる事がある」

式波 「どうしたのよ、レイ?」

レイ 「碇きゅんとバカ惣流の間に何か…」

惣流 「次、アタシの事バカ惣流って呼んだら張っ倒すから」

レイ 「碇きゅんに言う」

惣流 「なんというか…アンタ凄いわ」

式波 「でもあれは、シンジの純粋な優しさじゃない? (あとは惣流が暴れた件を気にしてとか)」

レイ 「式波さんも気付いてたの?」

式波 「そりゃあ…」

惣流 「気持ち悪いわね。アンタ達、ストーカーにでもなるつもり?」

レイ 「バ…」

惣流 「……」

レイ 「カ…」

式波 「……」

レイ 「惣流」

惣流 「次からソレもアウトだから」

式波 「まあシンジには今回の事は真剣に考えるいい機会じゃなかったの…」

惣流 「なによ、それで止められないとかってシンジに言ったわけ?」

式波 「アンタはそう言う所だけはちゃっかり聞いてんのね」

惣流 「ふん」

レイ 「…碇きゅん、遅い」

式波 「それもそうね…」

惣流 「だ、大丈夫よね?」

レイ 「……」

式波 「やめてよ変な事言うの。縁起でもない」

ガチャッ

レイ 「帰ってきた!」タッタッタッ

惣流 「あっ!? こういう時だけは素早いんだから!!」タッタッタ

ドタドタドタ

レイ 「お、おかえりない」

シンジ「た、ただいま…」ヌギヌギ

レイ 「い、碇きゅん、遅かったわ」

シンジ「ごめんね、レイ。少し、外で考え事してたから」

惣流 「心配かけんじゃないわよ、バカシンジのくせに」

シンジ「アスカ…。心配かけてごめん…」

惣流 「ふ、ふんっ!…無事なら別にいいわよ」プイッ

シンジ「う、うん」

式波 「アイスは?」

シンジ「うん、ちゃんと買ってきたよ」

式波 「早速、食べましょうよ?溶けちゃわない内に…」



式波 「あーっ、それ、アタシの!」

惣流 「うっさい!先手必勝!!」

レイ 「わたしは…これ」

シンジ「式波、それは二つあるから…」

式波 「そうなの?流石はバカシンジね、褒めてあげるわ…」

シンジ「……」

シンジ「…う、うん…」

シンジ「……」

式波 「? シ、シンジ?」

シンジ「……」ゴクッ

レイ 「どうしたの?碇きゅん…」

シンジ「…あの、さっきの事なんだけど…」

式波 「さっきの事?」

シンジ「うん…。好きとかって話し…」

式波 「ああ…」

惣流 「それなんだけど…」

レイ 「今日はいいの…」

式波 「そうね。今日の処は…だけど」

シンジ「えっ…どういう事?」

レイ 「……」

式波 「急いで答えをださないでいいって事よ」

シンジ「えっ…」

惣流 「もう少し、アンタに考える時間をあげるって事よ」

シンジ「えっと…」

レイ 「誰を…選ぶのか」

シンジ「……」

式波 「だから、今日のところはいいって事」

シンジ「で、でも」

シンジ「みんなは、それでいいの?」

式波 「それでいいのよ」

レイ 「ええ」

惣流 「……」

シンジ「じゃあ、もう少し時間を貰う事にする」

レイ 「ええ」



惣流 「話も済んだことだし。アンタはお風呂でも入ってきなさいよ、シンジ」

シンジ「あっ、うん」

レイ 「じゃあ、わたしも一緒に…」

式波 「こら」

レイ 「なに?」

式波 「なに? じゃないわよ」

レイ 「ダメなの?」

惣流 「当たり前でしょ。アンタ、脳みそぶっ壊れてんじゃない」

レイ 「……」

惣流 「……」

レイ 「ダメ? 碇きゅん」

惣流 (また無視って…ほんと、なんなのよコイツ…)


レイ 「碇きゅん…ダメ?」ウルウル

シンジ「流石に…」

式波 「ほら、レイ。アンタもバカな事言ってないで、布団敷くの手伝いなさいよ」

レイ 「ぅ…。わかったわ」

シンジ「そ、それじゃあ僕は、先にお風呂もらうから…」

惣流 「ええ」

式波 「ごゆっくり」

シンジ「う、うん」


惣流 「さてと、アタシの布団はシンジの部屋に…」

レイ 「わたしの布団も碇きゅんの部屋へ」

式波 「……」

惣流 「はあ? エコヒイキはキッチンで寝なさいよ」

レイ 「あなたはバスタブで寝ればいい」

式波 「……」

惣流 「なんですってぇー! 張ったおすわよ!」

レイ 「黙れ」

惣流 「ぬぐぐっっ」

式波 「あーはいはい、そこまで」

惣流 「な、なによ」

式波 「アタシ達は三人共アッチの部屋よ」

レイ 「えぇぇぇ」

惣流 「アンタ、シャフ度でコッチ見ながら言わないでくれる…」

式波 「またシンジを困らせたいわけ? アンタ達」

レイ 「わかった、我慢する」

惣流「だから、コッチ見ながら言うなっていってんのよ」

式波 「惣流もレイも、いい加減にしないと、明日のお弁当抜きにするわよ」

惣流 「なんでアンタがそんな権限持ってんのよ」 

レイ 「ええ。いくらなんでも、それはおかしい」

式波 「シンジに言うからよ…」

惣流 「は?」

レイ 「え?」

式波 「告げ口するし、アンタ達の事」

惣流・レイ「……」



式波 「あのさぁ、アンタ達。今日はシンジも疲れてるだろうから、ゆっくりさせてあげなさいよ」

惣流 「わ、わかってるわよ」

レイ 「…え、ええ」

式波 「ならいいけど。…それじゃあ、とっとと済ませるわよ」

惣流 「……なんでアンタが仕切ってんのよ」ブツブツ

式波 「なんか言った?」

惣流 「言ってないわよ」

レイ 「……」

―――
――

惣流 「ふぅうっ」

式波 「…流石に布団敷くだけだから、直ぐに終わったわね」

惣流 「…まあね。…それにしても…相変わらず小奇麗にしてるわよね、シンジのヤツ。…どんだけ女子力高いのよ」

式波 「女子力って…。まあでも…そうよね。ミサトの部屋じゃ、こうは早くできないんじゃない?…まず掃除ありきだから」

惣流 「でしょうね。って、あれ? そういえばミサトは?」

式波 「どうせ逃げたんじゃないの? 修羅場にでも、なると思って」

惣流 「あながち間違っちゃいないけど、何も逃げなくても…」

レイ 「でも、葛城さんは逃避癖があるから仕方がないわ」

惣流 「……」

式波 「それには同居人として反論したいけど…無理よね」

惣流 「…今のアタシ達の会話をミサトが聞いたら、泣き狂いそうね」

レイ 「泣くの? 葛城さん」

式波 「メンタル、打たれ弱いとこあるから……ああ見えて」

レイ 「そう…」

式波 「まあでも、ミサトが今のアタシ達の保護者なんだし、連絡だけでもしとこうかな」

惣流 「ほっとけば? 向こうが逃げちゃったんだし」

式波 「それはそうだけど、流石になんの連絡もしないっていうのもね…」

レイ 「電話?」

式波 「そうね、電話かけて安心させとくか。後々、乗り込んでこられても面倒だし…」

惣流 「ミサトの事だから、加持さん引き連れて来るかもしれないわね」

式波 「まあね」

レイ 「邪魔なの?」

式波 「今日は邪魔」

レイ 「そう」


――

式波 「……ふうっ」

惣流 「どうだった?」

式波 「ああ…アンタの予想通り。加持さんとこっちに向かってる処だったみたいよ」

惣流 「やっぱり」

式波 「ミサトの行動パターンが変わらないのが、ある意味ショックだわ…アタシ」

惣流 「ミサトって、すぐに人に頼ろうとするから」

式波 「……まあ」

レイ 「…それで、なんて言ってたの? 葛城さん」

式波 「ん? ああ…。別に? 警察沙汰にならないか心配してただけみたいよ」

惣流 「なによ警察沙汰って…。失礼にも程があるわよ」

レイ 「ええ、そうね。惣流さんだけなら構わないけど、わたしも一緒にして欲しくなかったわ」

惣流 「はあ? アンタ、自分は関係ない、みたいに言うのやめなさいよね」

レイ 「だって関係ないもの」

惣流 「こんのっっ!!」

式波 「また、おっぱじめる気なの? アンタ達。これは本当にシンジに言うしかないようね」

レイ・惣流 「っ!!」

レイ 「待って、式波さん」

惣流 「そ、そうよ。い、今のは只のじゃれ合いみたいなもんなんだから」

式波 「……」

式波 「まあいいわ。それよりさ、アンタ達。次は誰が入る?」

レイ 「? 次?」

惣流 「入る? 入るって、なんに入るのよ」

式波 「お風呂よ…お・ふ・ろ」

レイ・惣流「!!!」

式波 「そっ。誰が次に入るか順番決めない?」

レイ (碇きゅんの残り香が残る密室)

惣流 (バカシンジのエキスが残る、残り湯)

式波 「ちょっと…?」

レイ (誰にも渡さないわ。碇きゅんの香りは…)

惣流 (シンジのエキスは他のヤツには死んでも譲らないわ。全てアタシだけのモノよっ!!)

式波 「ねえってば」

レイ 「ふふっ ///」

惣流 「えへっ …」


式波 (うっわあぁ…ぶっ飛んでるわねコイツら…どんな事考えてんのか知らないけど)

式波 「アンタ達、トリップしてるとこ悪いんだけど、コッチの世界に戻ってきなさいよ」

惣流 「はっ!!??」

レイ 「!?」

式波 「戻って来れたようね。まあ、どんな事を妄想してたかは聞かないでおくけど」

惣流 「べ、別に妄想なんかしてないわよ」

レイ 「え、ええ。……してないわ」

式波 「レイ」

レイ 「な、なに」

式波 「ヨダレ拭いたら?」

レイ 「! …こ、これはヨダレじゃないわ」フキフキ

式波 「じゃあなんなのよ、それ…」

レイ 「あ、汗よ」




式波 「……ああそう」

式波 「突っ込むのも面倒だから、話しを進ませてもらうけど…」

レイ 「……」フキフキ

惣流 「ふんっ。聞いてやろうじゃないの」

式波 「アンタ達って…やっぱり1番がいいわけ?」

レイ 「ええ」

惣流 「とーぜん!」

式波 「でしょうね」

レイ 「式波さんはどうなの。何番でもいいの?」

式波 「アタシ? それは…アタシも一番がいいわよ」

惣流 「はっ。結局、いっしょじゃない」

式波 「だ、だからなによ。いいじゃないのよ、別にぃ」

レイ 「式波さんは…」

式波 「ん?」

レイ 「どうして、一番がいいの?」

惣流 「そうね。いいなさいよ、式波っ」

式波 「なに言ってんのよ、そんなの理由は一つでしょうが」

レイ 「ひとつ……。分かった…碇きゅんの残り香ね。そうでしょう、式波さん」

式波 「? 違うけど」

レイ 「え、違うの? それしか理由が考えられないのに」

惣流 「この、変態エコヒイキ! アンタは、そんな事考えてたわけぇ!?」

レイ 「…わ、わたしは変態じゃないわ」

惣流 「真性の変態よっ! ドが付く変態じゃない!!」

式波 「……レイがクンカーだった……」

レイ「式波さん、変な事言わないで」

式波「いやだって…」

レイ「友達に対してクンカーは酷いと思うわ」

惣流「クンカーはクンカーでしょーが。それともなに? アンタはクンカーじゃ無いって言いたいわけぇ?」

レイ「クンカー、クンカー、連呼しないで」

式波「でも…レイは、匂い…香りがどうこう言ってたじゃない。それをクンカーじゃないって言われても…」

惣流「アンタねぇ…自分を知りなさいよっ! アンタはクンカーよっ!!」

レイ「いえ、違うわ。だってわたしは、クンカクンカなんてしないもの」

式波「……」

レイ「わたしは、スンスンするだけなのよ。あとは深呼吸ぐらい…」

惣流「ド変態!!」

レイ「……」キッ!

惣流「な、なによ」

レイ「それじゃあ、惣流さんはどうして一番に拘るの。理由を言って」

惣流「はっ!…な、なんで、アンタにそんな事言わなきゃならないのよ」

式波「そ、惣流、アンタもなの…? ドン引きね…」

惣流「ち、違うわよっ! 勝手に決め付けんなっ」

式波「じゃあ、なんでアンタはそんなに動揺してんのよ」

惣流「べ、べつに動揺なんかしてないわよ」

レイ「クロね」

惣流「なんでよっ!」

レイ「なら、理由は言えるはず…そうでしょう? 惣流さん」

惣流「ぬぐっ」

式波「もう言っちゃえば? 楽になるわよ?」

惣流「あー、知らない、知らない! なにも聞こえなーい!」

レイ「……」

式波「……」

式波「言葉を失う、ってこういう時なんでしょうね」

レイ「…ええ」

惣流「ふんっ!」

レイ「式波さんの理由は結局なんだったの?」

式波「アタシ? アタシは汗が気持ち悪かったから」

惣流「…え?」

レイ「……そ、そう」

式波「普通はそうでしょ」

レイ「……」

惣流「シ、シンジエキスに興味がないですってぇ…似た顔してるからアンタも一緒だと思ってたのに」

レイ「式波さん。変態オブ変態を発見したわ」

式波「……」

惣流「……」

式波「なによ、シンジエキスって…」

レイ「ええ。詳しく聞きたいわ」

惣流 「シンジエキスは、シンジエキスよ」

レイ「それが何なのか教えて…いえ、言いなさい」

式波「そうよ。アタシ達は、シンジエキスってのが何なのか、って事を聞いてんだから」

レイ「ええ、そう」

惣流「何なのか、って言われても…シンジが入った後の、残り湯の事だけど…」



式波「あ、あああ、…アンタ…」

レイ「クロよ真っクロ。ドス黒いオーラが見えるほどだわ」

惣流「……」

式波「え…ちょっと待った。なに? それをアンタはペロペロとか飲んじゃったりだとか、したいって事なの」

レイ「身の毛がよだつ、とはこういう事なのね。…寒気がしてきたわ…」

惣流「そそ、そんな事なんて、考えてないわよ! …たた、アタシはシンジエキスに浸かりたかっただけよ!」

式波「んー…惣流…アンタは手遅れだわ…」

惣流「なによ手遅れって!」

レイ「あなた…末期だわ」

惣流「末期じゃないっ! ていうか病気でもないわよっ!!」

レイ「だめよ惣流さん。興奮すると身体に障るわ…」

惣流「なに哀れむ様な目で見てんのよ!!」

式波「惣流、大丈夫だから。頑張れば完治するわよ…多分」

惣流「だ、だからっ、違うって言って…」

レイ「わたし、葛城さん呼んだ方が良いと思うわ…このまま放置すると、周りの人…いえ、碇きゅんの身に危険が…」

式波「そ、そうね…ミサトも、警察沙汰は勘弁、って言ってたし…」

レイ「ええ、行動は早い方がいいと思うわ」



惣流「あ、ああそう…アンタ達がそこまで言うんだったら、試しみればいいじゃない…」

惣流「もう順番なんかどーでもいいわ…3人一緒に入るわよ」

レイ「……」

式波「……」

惣流「アンタ達に吠え面かかせてやるから。覚悟しなさいよ」

式波「アタシは一人で、入りたい…」

惣流「逃げる気ぃぃ? させるかっ、って言うのよ。さんざん人の事、変態だの手遅れだの、好き勝手言っておいて」

レイ「ダメだわ、式波さん。彼女、変なスイッチが…」

式波「み、みたいね…勘弁して欲しいわ」

惣流「はぁ~? アンタさ、自分の事分かってないんじゃない? 式波だって、四足歩行する、ド変態なクセに…」

式波「……そ」

式波「それ、言うのね。ええ、分かったわ……入るわよ……入れば良いんでしょ…」

――

シンジ「えーっと…なんで土下座させられてんのかな…僕」

レイ「どうして碇きゅんは換気してしまったの」

シンジ「だって湿度が高くなるから…」

惣流「なーんで、アンタは…お湯、張り替えてんのよ…」

シンジ「それは、後から入るのはみんな女の子だし、流石にイヤだろうと思って…」

惣流「……」

シンジ「え、なに、ダメだったの? 僕は気を利かせたつもりなんだけど」

レイ「……」

惣流「アンタ、海パン持ってるわよね? 持ってきなさい」

シンジ「え? ど、どうして」

惣流「いいから。アタシは速やかに持って来いって言ってんの」

シンジ「い、いいけど…なんでキレて…」

惣流「早く!!」

シンジ「わ、分かったから…そんな大声ださないでよ…」

ペタペタペタ

シンジ「も、持ってきたけど」

惣流「なら穿いて」

シンジ「これを? なんで…」

惣流「アンタも、もう一度入んのよ」

シンジ「もう一度って…お風呂に? なんで?」

惣流「あーもう! なんでなんで、ばっかり言ってんじゃないわよ」

シンジ「訳がわからないから聞いてるんだけど」

惣流「察しが悪いわね、バカシンジ。アタシ達と一緒に入んのよ」

シンジ「なな、何言ってんだよ、そんな事出来るわけないだろっ! みんなも何か言ってやってよ」

レイ「碇きゅん、早く穿かないとダメよ」

シンジ「レイまで…………し、式波」

式波「無理よ…ここまで来たら…アタシだって…。…kっ…kっ」ピクピクッ

シンジ「式波、ちょっと笑ってるよね…笑っちゃってるよね? 肩震えてるしっ」

式波「え、笑ってないけどぉ?」プルプル

シンジ(な、何が可笑しいんだよ…)

惣流「なんなら、アタシが無理矢理穿かせてやってもいいけどぉ?」 

シンジ「ねぇ、それはやめようよアスカ」

惣流「くっ /// アスカ攻撃なんて卑怯よシンジ…」

レイ「ダメよ、惣流さん! 名前を呼ばれても、負けちゃダメ!」

惣流「も、勿論よ。負けるもんですかぁぁ…」

式波(完全に、手ぇー組んじゃったっわね…コイツら)

シンジ(こ、攻撃してるつもりなんかないのに)

式波「シ、シンジは目隠しすればいいじゃない。それなら恥ずかしくないでしょ…くっ…くっ」

シンジ「ちょ、待ってよっ。 え? というかみんな水着持ってきたの!? なんで持ってきてるの!?」

惣流「水着? そんなもんあるわけないでしょ、全裸よ全裸」

レイ「……」コクリ

式波「まあそうよね。普通は泊まるだけなのに、水着持ってくるヤツなんて居ないから」



シンジ「」

シンジ「全裸って…」

惣流 「早く着替えなさいよ」

シンジ「むむ、無理だって!」

レイ 「挑戦しないうちから諦めるのは良くないわ」

惣流 「よく言ったわ、エコヒイキ!」

シンジ「……そういう問題じゃないと思うけど」

シンジ「し、式波ぃ…」

式波 「あ、あのね、なんか二人とも変なスイッチ入っちゃったみたいなのよ」

シンジ「どんなスイッチなんだよ、それ」

式波 「まあ、強いて言えば、変t…」

惣流 「だあ!」

式波 「っ!?」

レイ 「言わせないわ!」

式波 「~っ!」モゴモゴ

― 浴室 ―

シンジ「……」

レイ 「……///」スンスン

シンジ「あの…」

惣流 「… ///」

式波 「う…ぅぅ (まさか本気だったなんて、こいつらには羞恥心ってものがないわけぇぇ…? う、ぅっ) ///」

シンジ「変な感じがするんだけど」

惣流 「な、なによ変な感じって」

シンジ「なんかさ、スンスン、って聞こえるんだけど」

レイ 「! …気のせい。それは碇きゅんの気のせいよ」

シンジ「ほんとに? おかしいなぁ…確かに聞こえたんだけど」

式波 「……(ガッツリ嗅がれてるわよ、バカシンジ)」

惣流 「むむぅぅ…」

シンジ「ん? どうしたの惣流、変な声出して」

惣流 「アスカ」

シンジ「へ?」

惣流 「だから惣流じゃなくて、アスカ」

シンジ「……あ、うん。…それでどうかしたの? アスカ」

惣流 「アンタ、ちょっとこっち来なさいよ」

シンジ「無茶言わないでよ。僕、なにも見えないんだよ?」

惣流 「んじゃあ、アタシの腕掴みなさいよ。……ほらっ」つ

シンジ「だからなにも見えないって言ってるのに」

惣流 「世話がやけるわねぇ…たく」グイ!

シンジ「え?」

惣流 「ほらっ、掴んでっ」

シンジ「う、うん」

ムニュ

惣流 「あんっ…」

シンジ「え…なにいまの」

式波「惣流、アンタなにやってんのよ」

レイ「…ええ、いくらなんでもやりすぎよ」

シンジ「え、え、なに?」

惣流「な、なに言ってんのよ。アタシは…あっ…シンジに自分の腕を掴ませてるだけじゃ…んくっ…ないっ」

レイ「それが腕? それがあなたの腕なの?」

惣流「そ、そうよ…あんっ」

式波「こんのっ、変態エロ魔人!」

シンジ「え、なに、なんなんだよ」

ムニュ ムニュ

惣流 「っ…く…はぁっ…」

式波「シンジ!」

レイ「碇きゅん!」

シンジ「え、ええ、…も、もしかして…これって」

レイ 「…早く離してっ」

式波 「シンジっ!」

シンジ「!」パッ!

惣流 「やん…もうちょっとぉ…」

式波「なぁにが、もうちょっとぉ、よ!」ゴツ!

惣流「いたっ! あにすんのよ! バカ!!」

レイ「馬鹿はあなたよ」


シンジ「い、今のって…」ゴクッ

式波 「シンジ、想像すんじゃないわよ、したら許さないんだから!」キッ!

レイ「……」コクコク!

シンジ「そんなの…無理」

レイ 「え?」

ベチャ

レイ「碇きゅん!?」

レイ 「碇きゅん、しっかりしてっ」

シンジ「…ぱ…ぱい……お」ピク ピク ピク

レイ 「……」

式波「惣流、アンタねぇぇ…」ゴゴゴッ…

惣流「っ! な、なによ? なんか文句でもあるわけぇ」ビクッ

式波「あるに決まってるでしょうがっ!」

レイ 「許さないわ」

惣流「なによ、先にやりだしたのはエコヒイキの方じゃないっ!」

レイ 「わたしは碇きゅんに触れてはいないし、触れさせてもいないわ」

惣流 「うっ」

式波 「取り敢えずアンタ…オシオキが必要ね」

惣流 「し、式波? アンタ左目…」

レイ 「式波さん。やればいいわ、再起不能になるまでやればいいわ」

すみません。今日はここまでで。

惣流「……」ゴクリ

式波「行くわよ…惣流」

レイ「覚悟しなさい、色情狂」

惣流「なっ、誰が色情狂よ、誰がっ。…とはいえ、一対二か…」

レイ「…あなたに勝ち目は無いわ。いくらヤンデレ猛獣の二つ名を持つ、あなたでも」

惣流「そういってんのは、アンタだけでしょうがっ。それにその異名は、アンタの隣の式波こそ似合ってんじゃないっ」

レイ「……」チラッ

式波「がるるるっ」

レイ「…の、ようね」

式波「レイ」

レイ「冗談よ」

式波「アンタ…反省の色、無しね」

惣流「ふん。…ところで、いいのエコヒイキ?」

レイ「どういうこと」

惣流「原因はどうあれ、意識が飛んだシンジが目の前に居るのよ」

レイ「だからなに?」

惣流「クンカクンカ、し放題じゃない」

レイ「!!」

式波「なっ!?」

惣流「こんな好都合な事、中々ないわよ」

式波「あ、悪魔の囁きになんか乗っちゃ駄目よ、レイ!」

レイ「……」

式波「…レ…イ」

レイ「ごめんなさい、式波さん」

式波「そん…な」

惣流「そうこなくっちゃ、変態エコヒイキ」

レイ「変態はあなたよ。それに勘違いしないで、わたしはクンカクンカなんてするつもりは無いわ」

惣流「? …ああ…スンスン、だっけ。そんなのどっちでもいいわよ、アタシ的には」

レイ「……」

式波「レイ」

レイ「式波さん、あなたにも」

式波「え、なによ」

レイ「分かって欲しいの」

式波「なにがよ」

レイ「碇きゅんの匂いがどれだけ素晴らしいモノか」

式波「な、なに言ってんの」

惣流「へえ、…まあ、いいんじゃないのぉ? 少しだけなら、アタシも我慢してやるわよ」

惣流「

式波「い、いやよそんなのっ、離して、レイっ」ジタバタ

レイ「嗅いだら、離すわ」

惣流「ハイ、どうぞ」

シンジ「……」
式波「近いっ、近いっ!」アセ

レイ「近くに寄らないとスンスンできないわ」

式波「だからアタシは、そんな事、望んでなんか」ジタバタ

惣流「あーもうっ、四の五の言わずに、さっさと嗅ぎなさいよ」グイ!

ピトッ

式波「~~!!」ピタッ

惣流「……」

レイ「…息しないと死んでしまうわ、式波さん」

式波「~~~!! (シンジの肌…首筋ぃ…」

惣流「さて、どこまでもつか」


――

式波「……」

惣流「もう…2分か」

レイ「…どうして、どうしてなの式波さん。何故そこまで…」

式波「……」

惣流「意固地になってるだけなんじゃないの?」

レイ「どうして?」

惣流「さっきは、さんざんアタシ達のこと変態呼ばわりしてたから、自分がそうなんのが嫌なんじゃないの」

式波「……(勝手な事言ってんじゃないわよっ…でもこのままじゃ、抑えてた衝動が…それに息も苦しく)」

レイ「式波さん、顔色が悪くなって…」

惣流「そろそろ限界のようね」


惣流「…んー、でもなんか大事な事忘れてるような…」

式波「……(このままじゃ、ほんとにやばい…か、噛み付き衝動が)」

惣流「あっ…不味い」

惣流「エコヒイキ! 式波を離して!!」

レイ「え、でもまだ碇きゅんのよさが分かってもらえてないわ」

惣流「早く! 早く離しなさい!!」

レイ「でも…」

惣流「離せっていってんのよ!!」

バシ!!

レイ「痛い!」

惣流「我慢しろ! それから、早くシンジ連れて逃げるわよ!!」

レイ「逃げる? 何故? なにから?」

惣流「アンタの後ろのヤツから!!!」


式波「」ヨロ ヨロ

レイ「うしろ?」チラ

式波「…ぎぎ」

レイ「!!」

惣流「エコヒイキ理解したわね! だったら急ぐわよ!」

レイ「……」コクコク!!!


惣流「シンジ!」ダッ!

レイ「碇きゅん!!」バッ!

ガシ!

ダダダダッ

バン!!

惣流「やばい!これは相当やばい!!」

レイ「ハア…ハアハア」

惣流「ちょっとアンタ!ここの扉押さえてなさい!」

レイ「あ、あなたは…」

惣流「なにか探してくる! 何か支えになるような物」

レイ「え…ええ。でも式波さん、お風呂場なんかに閉じ込められてかわいそうだわ」

惣流「だったらアンタも入れば? アタシは止めはしないから」

レイ「……」

惣流「忠告するわよ」

レイ「……」

惣流「あのバカの怖さは、まだ序の口なんだから! いいわね、絶対に死守しなさい!」

レイ「…死守…」

惣流「せめて閉じ込めておかないと!(声まではどうしようも無いけど…)」

レイ「そ、そこまでなの」ゴクッ

惣流「……」タッタッタ


レイ「……」

バン! バンバン!!

レイ「ッ!?」

レイ「っ」グ!

バンバン! バンバンバン!

レイ「す、凄い力で…扉を…」グッ!

ドン! ドンドンドン!

レイ「ま、まるでゴリラ並み(……ゴリラの腕力は知らないけど、きっと同程度だわ)」ググッ!



シーーーーーン


レイ「?」

レイ「……しょ、正気に…もど…」

ドキャ!!!

レイ「ッ! 腕?」

ゴリッ ゴリゴリ

 シキナミ『ふしゅぅぅぅ…』

レイ「!!!!」

レイ「そ、惣流さん! 早く!!」

レイ「早く来てぇ!」

 シキナミ「……」ギチッ ゴリゴリ

レイ「扉を突き破った腕が…」ゴクッ

 シキナミ「ふしゅうぅぅ…」

バキッ! バリバリ!

レイ「あ、穴が広がっていく!」

シキナミ「……」ギラッ!

レイ「!」(怖い!)


レイ「早く戻ってきて惣流さん!」

ズドドドッ

レイ「! 遅い!」

惣流「うっさい! いいからそこどきなさい!」

レイ「……」コク!

惣流「どぉぉりゃあぁぁ」ブン!

ドオオーン!




レイ「箪笥を投げ飛ばすなんて…ここにもゴリラがいたわ」

惣流「アンタ、誰に向かってゴリラなんて言ってんのよ!」

レイ「もちろんあなた」

惣流「……アンタなんか助けてやるんじゃなかった。シンジさえ気絶してなければ、アンタなんかほっといたのに」チッ

レイ「……」ム

惣流「ハッ! んなこと言ってる場合じゃないわ! 早くしないと!」

レイ「どうするの? この箪笥も、時間稼ぎにもならないんじゃあ…」

惣流「時間稼ぎにはなるわよ」

レイ「でもあの腕力のまえでは…」

惣流「腕力? ああ、もう第一形態なんだ…あのバカ」 

レイ「第一?それなんなの」

惣流「あとで教えてあげるわよ」

ドカッ! バキッ ! バリバリ

レイ「!」

惣流「ッ! 早くしないと! エコヒイキ! 玄関の鍵閉めて!」

レイ「…え」

惣流「今は何も考えなくていいの! アタシの指示に従いなさい!!」

レイ「…」コク!

惣流「鍵閉めたらシンジの部屋に来なさい!」

レイ「…」コクッ

タタタッ

―シンジの部屋―


――

惣流「……」
レイ「……」ハッ ハッ ハッ



惣流「参ったわね」

レイ「ああ、アレは何? あれはナニ?!」

惣流「アタシとしたことが…人生最大のミスだわ」

レイ「た、た、箪笥が粉々だった…」

惣流「どうすんのよ、アスカ…」

レイ「し、式波さんが!…式波さんが!!」

惣流「うっさいわ!」

レイ「うるさいってなに!!」

レイ「式波さんが碇きゅんの服を口に咥えていたのよ!?」

惣流「少し黙ってなさいよ」

レイ「ハァハァしながら、口に咥えていたのよ!」

惣流「いいから黙ってなさいよ。…考えが纏まらないじゃない」

レイ「目が合ったら 『シャァァァッ!』 って威嚇されたのよ!?」

惣流「ん」

レイ「…」

惣流「それは災難だったわね」

レイ「空返事で済まそうとしないで!」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月23日 (土) 01:06:25   ID: P6OW1w_7

(^^)

2 :  SS好きの774さん   2014年08月24日 (日) 10:00:37   ID: 8F7mmLjC

続きまだですか?

3 :  SS好きの774さん   2014年10月18日 (土) 17:24:52   ID: WLI33dt5

続き見たい!!

4 :  SS好きの774さん   2015年08月29日 (土) 23:53:16   ID: x3pRooXM

続き見たい!!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom