ミカサ「ジョン」 (42)

ジャン「………」

ミカサ「ジョン」

ジャン「………?」

ミカサ「何故無視するの、ジョン」

ジャン「…ミカサ、俺の名前はジャンだ」

ミカサ「…ごめんなさい、ジャン」

ジャン「いいけどよ…俺になんか用か?」

ミカサ「ちょっと相談に乗って欲しい」

ジャン「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377173701

ジャン「なんだ!?なんでも言ってみてくれ!!」

ミカサ「エレンのこと」

ジャン「……あ、はい…」

ミカサ「?…エレンはいつもあなたと喧嘩をしている。つまり、エレンのことをある意味ではよく知っているということ」

ミカサ(と、アルミンが言っていたので恐らく間違いない)

ジャン「はい…そう、ですね…」

ミカサ「私はより深くエレンのことを知りたい。そこでジャンにいつもどんな喧嘩をしているか教えてほしい」

ジャン「……そうですね…昨日の朝の時の喧嘩は…」

アルミン(やってるな……ジャンはなんで敬語なんだろう…)

アルミン(エレンとばっちりくっついてもらって胃痛から開放される。そのために犠牲になったんだよ…ジャン…)

アルミン(なんかごめんね…?)

翌朝

ミカサ「ジョン」

ジャン「ジャンだ」

ミカサ「また話を聞かせてほしい」

ジャン「お前も大概だな…まぁ、いいけどよ…」

ミカサ「助かる」キラキラ

ジャン「………はぁ…」

ミカサ「?早く」

ジャン「あ、あぁ…この前の喧嘩は…死に急ぎ野郎が…」

ミカサ「エレン」

ジャン「…エレンがメシの時にミカサと話しまくってたから殴った」

ミカサ「意味がわからない」

ジャン「わからなくていいんだよ」

ミカサ「特に意味のない暴力がエレンを襲うのならばそれは止めなくては」

ジャン「……そしたらあいつが俺を持ち上げてサシャに投げつけたからそこで喧嘩は終わった」

ミカサ「ジャンはもっと鍛えた方がいい」

ジャン「……いや、うん…そうだな…」

ミカサ「……今度の対人格闘の時に私のところへ来て」

ジャン「…!?あ、あぁ!」

ミカサ「じゃあまた今度」

ジャン「あぁ!」

対人格闘

ジャン「…ミカサ、来たぜ」

ミカサ「じゃあ先に暴漢をやって」

ジャン「わかった……おらぁ!!」ブン

ミカサ「……」サッ

ジャン「おうわっ!?」バタッ

ミカサ「…はぁ…ジャンには体幹がない」

ジャン「体幹…?どうやって鍛えるんだ?」

ミカサ「片足で立って…そう…そのまま30秒間…」

ジャン「……っ…うおっ!!」グラッ

ミカサ「危ない!」ガシッ

ジャン「わ、悪い…」ドキドキ

ミカサ「……明日からは、ずっと私と組んで」

ジャン「…?…お、おう!!」

ミカサ「じゃあ…」

ジャン「じゃあな!」

ミカサ「………」パクパク

アルミン「ミカサ、ちょっと後でいいかな?」

ミカサ「…ええ」

エレン「あっ、おいミカサ!ほっぺにパンついてるぞ」

ミカサ「とって」

エレン「しょうがねえなあ…」ヒョイッ

ミカサ「…ありがとう」

エレン「気にすんなよ、家族だろ?」パクッ


ジャン「……っ…」

マルコ「…ジャン、耐えるんだ…」

ジャン「…分かってる…」

マルコ(ジャン…)

アルミン「…ミカサ、エレンと仲良くなりたいから、ジャンと話してるんだよね?」

ミカサ「そう」

アルミン「…でも、それにしては仲が良すぎやしないかい?」

ミカサ「そんなことはない」

アルミン「エレンも気にしてたよ」

ミカサ「!!…分かった…」

アルミン「はぁ…ミカサ、僕はエレンと君が結ばれればそれでいいんだよ…」

ミカサ「ええ…ありがとう…」

アルミン「じゃあ、じゃんとあまりくっつかないようにね。大体、エレンが好きなんだろう?」

ミカサ「もちろん…!」

アルミン「じゃあ、いいんだ。さぁ、訓練に行こう」

ミカサ「ええ」

立体起動訓練

ジャン「……!!ミカサ…!

ミカサ「ごめんなさい、ジャン。しばらくあなたとは話せない」

ジャン「…そうか。…ほら、早く行けよ!エレンが待ってるだろ…?」

ミカサ「…ええ」スタスタ

ジャン「……」ポツン

マルコ「……ジャン…」

ジャン「…何してんだよマルコ!…俺達の班もそろそろだろ?」

マルコ「…うん、がんばろう!」

ジャン「ああ!!」バシュッ



ミカサ(…右手に巨人…仕留める…!!)

アルミン「エレン!右手に巨人だ!突っ込め!!」

エレン「おお!!」

ミカサ「…ハッ!!」ヒュン

アルミン「ミカサ!?いけない!その的はエレンが…」

ミカサ(ジャンのことなどなんとも思っていない…私はエレン一筋…)

アルミン「ミカサああああああああああああああああ!!」

エレン「うおおおおおおおおぉわあああああああああ!!!?」

ミカサ「…!?えれっ」ドゴッ

エレン「ゴハっ!?」

ミカサ「」ヒューー

エレン「」ヒューー

アルミン「エレエエエエエエエエエエエエエエエン!!!ミカサアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

ジャン「…おい、あいつらなんで同じ方向に突っ込んでるんだ?」

マルコ「あれは…エレンとミカサだね…」

ジャン「あのままじゃぶつかるぞ…でもミカサに限ってこんなミス…」

マルコ「…そんなこと言ってる場合じゃないみたいだよ…ぶつかる!!」

ジャン「……ミカサッ…」ヒュン

マルコ「僕も行く!」ヒュン

ジャン「……うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ジャン「ミィィィカァァァァサァァァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」ガッシィ

ミカサ「……」グタァ

マルコ「エレンッ!」ガシッ

エレン「」

アルミン「……なんか…助かった…!!」

キース「アルレルト訓練兵…説明を」

アルミン「ハッ!!訓練兵2名は目標に無かって同時に接近し、結果空中でぶつかりました!!」

キース「そうか!!原因は何だ!!」

アルミン「自分の死期が十分でなかったからです!!」

キース「そうか!!2名は今何処に!!」

アルミン「別々の部屋にて眠っております!!」

キース「意識はぁ!!」

アルミン「戻っておりませぇん!!!」

キース「死ぬまで走って来いぃ!!」

アルミン「ハァッ!!!!」

ミカサ「………ここは…」

クリスタ「…!!目が覚めたの?ミカサ!」

ミカサ「確か…エレンと空中でぶつかって…」

クリスタ「落ちていくところをジャンが助けてくれたんだよ!!」

ミカサ「…ジャンが…」

クリスタ「ジャンね、ずっとお見舞いに来たがってたんだけどエレンが通してくれなくて…」

ミカサ「…エレンが?」

クリスタ「うん!エレンがミカサの寝顔をお前なんかに見せてたまるかって…」

クリスタ「愛されてるね…ミカサ」ニヤニヤ

ミカサ「……ちょっとエレンと話をさせて」

クリスタ「うん!」ニヤニヤ

ミカサ「…エレン…話がある…」

エレン「待ってくれミカサ…やっぱこういうのは男の俺が言いたい」

ミカサ「……先にどうぞ」

エレン「あぁ…えっと…俺、さ。今までずっとはぐらかしてきたけど、お前のことが…」

ミカサ「………」

クリスタ「……‥」ゴクッ

エレン「大好きでしたアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

ミカサ「…何故、ジャンを部屋に入れなかったの?」

エレン「……え?」

クリスタ「え?」

エレン「なんでって…そりゃ、お前の寝顔をあいつに見せるなんて…」

ミカサ「何故私の寝顔が見られてはいけないの?」

エレン「それは…俺が嫌だからだ!!」

ミカサ「あなたが嫌だからジャンはこの部屋に入ることすらできなかったの?」

エレン「……おう」

ミカサ「嘘」

エレン「嘘じゃねえよ!!」

クリスタ「そうよ!エレンは嘘なんてついてない!!」

ミカサ「ジャンは変態だから死に物狂いで私の見舞いに来るはず」

ミカサ「エレンが撃退できるとは思えない」

エレン「お前、ナメんじゃねえ…それより、返事だ!まだ聞いてねえぞ!!」

ミカサ「…ジャンになにか言ったの?」

エレン「………」

ミカサ「エレン、なにか言ったんでしょう?」

エレン「………はは、そんなにあいつお事が好きか?」

ミカサ「………」

エレン「おいアルミン!!話が違うじゃねえか!!」

アルミン「…おかしいな…こんなはずじゃなかったんだけどなぁ…」

エレン「これどう言うことだよ」

アルミン「知らないよ…ミカサがいつの間にか…」

エレン「クソッ!!せっかくあいつをめちゃくちゃ凹ませて邪魔させなくしたのに…」

ミカサ「!!…ジャン…」

クリスタ「っどこいくの!ミカサ!!」

ジャン「」

マルコ「なぁ、ジャン。君がミカサに惚れた日…懐かしいよな…」

ジャン「」

マルコ「君はアホみいな顔してたなぁ…」

ジャン「……」

マルコ「ミカサのハンカチを持ってきてトイレに向かったときは正直ドン引きしたよ」

ジャン「………」

マルコ「……でも、エレンたちがやったことは信じられないよ…」

マルコ「まさかあんな事する奴だったなんてね…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャン「ミカサの…見舞いに行きてえな…」

マルコ「…行こうよ!2人で行けばなんとかなるさ!」

ジャン「マルコぉ…うぅ…いい友を持ったぜ…」


エレン「ようジャン…何しに来たんだ?」

ジャン「…ミカサの見舞いだよ…いいだろ別に…」

エレン「…行かせるわけねえだろ?」

ジャン「……は?」

エレン「お前さ、最近ミカサと仲いいよな」

ジャン(お前についての相談だったけどな…)

エレン「…気持ち悪いんだよ、そういうの…ミカサにこれ以上つきまとうなよ」

エレン「ミカサも言ってたよ…勘違いしてそうで気持ち悪いってな」

ジャン「………」

マルコ「エレン…言い過ぎだぞ…」

エレン「二度とミカサに近づくんじゃねえ…勘違い野郎…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アルミン「あぁ…胃が痛い…なんであそこまで言ったんだよ…エレン…」

エレン「は?あいつが気持ち悪いからに決まってるだろ?」

アルミン「はぁぁ…君はどこまでも馬鹿なんだね…」

エレン「んだと…!?」

クリスタ「もう…2人ともやめてよ…まずはミカサを止めないと…」

エレン「……そうだな」

アルミン「でも、どうやって…」

クリスタ「私にいい案があるの…」

ミカサ「…はぁっ!…はぁっ!……ジャン!!」

マルコ「あ、ミカサだ」

ジャン「!!…ミカサ…?」

ミカサ「あぁ…ジャン…助けてくれたんでしょう?…ありがとう…」

ジャン「…やめてくれミカサ…お前は俺のことを超絶嫌ってるんだろ……」

ミカサ「それは…エレンたちの嘘…」

ジャン「やめてくれよもう…!!」ブルブル

マルコ(震えてる…そんなにも傷ついたのか…)

ミカサ「……んっ…」チュッ

ジャン「………え?」

ミカサ「私はあなたが好きになってしまったようだ…ジ…」

バシュゥウウウウゥウウウ!!

ミカサ「……カハッ……」

ジャン「……え?…え?」

クリスタ「ミカサがさ、心変わりしちゃったなら…」

エレン「いっそのことこの世からいなくなってもらうんだなぁ!いやぁクリスタは頭がいいよな!!」

アルミン「あははっ!ミカサ、背中からナイフが生えてるや!」

ジャン「……ミカサ…みかさ…」ユサユサ

ミカサ「……コヒュー……コヒュー……」

ジャン「…ミカサぁ…死なないでくれよぉ……」

マルコ「…わからないな…エレン、君はミカサが好きだったんだろ?」

エレン「あぁ、大好きだ!!」

マルコ「その大好きなミカサは今死にかけてる」

エレン「ああ!!」

マルコ「…なんとも思わないのかい?」

エレン「俺だけのものじゃなけりゃ意味なんて無いからな!」

マルコ「この屑…!!」

エレン「なんとでも言えよ」ハハハ

エレン「……ミカサが悪いんだろ!!いつも俺に色目ばかり使ってきて気があるのかと思えば」

エレン「ジャンとか言うウマズラハギに釣られやがって…チッ…」

クリスタ「エレン…これ以上は…」

エレン「なんだよクリスタぁいいだろぉ?今更ビビってんのか?」

クリスタ「なっ…ビビってなんか無いもん!」

アルミン「あっミカサがなんか言ってるやぁ!!」

エレン「おっ…最後の言葉聞かせてもらおうかぁ…」

ジャン「…てめえら…全員…殺してやる…!!」

エレン「おーおーお怒りですねえウマズラハギさぁん!」

ミカサ「……ゴニョ…ゴニョ……」

ジャン「……ちげえよミカサ…俺の名前はジョンじゃなくてジャンだ…」

ミカサ「…!!………」

ジャン「……え?なんだって?」

ミカサ「ドッキリ大成功」

ジャン「…………はい?」

ミカサ「ドッキリ大成功オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!」

エレン「イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエガアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

アルミン「FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!」

クリスタ「YES!!イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエス!!!!!!」

ミカサ「ごめんなさいジャン。誕生日おめでとう」

ジャン「えっ…えっ…あ、ありがとうございます…」

ジャン「……って、てっめええらあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

ミカサ「…ジャン、ドッキリの途中から貴方に惚れてしまった…」

ジャン「」

ミカサ「……よ、良ければ…つきあって…ほしぃ…///」

ジャン「ど、どーせドッキリ大成功とか言うんだろ!?」

ミカサ「………」ムー

ミカサ「!!……んー……」チュゥウゥ

ジャン「!?……っぷはぁっ!…あ、あの!お願いしますうううううううううう!!!」

ミカサ「こちらこそ」

アルミン「FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!」



終わり

キモいで糞スレ。>>1さっさと死ね

>>29さん

夏厨の気持ちはわかりかねますがメール欄はsageにしましょう。

ドッキリ落ちではなく
エレンたちが屑なやつで作っていたのですが急遽変更しました。

ジャンとミカサはうまくやっていけると思うの。

見てくださった方ありがとうございました。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年01月30日 (木) 00:42:41   ID: 7LuvpyeB

ジョンェ……

2 :  SS好きの774さん   2014年05月08日 (木) 22:08:10   ID: hcQjWd4s

なんだ…夢か

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom