女神「やべ、ミスった」(37)

プロローグ

勇者「...」

勇者「...ん?」パチ

勇者「ここ...は...」

勇者「...白い......浮いている...?」

勇者「...っ! みんな!?」

勇者「戦士! 魔法使い! 僧侶! 大丈夫!?」ユサユサユサユサ

戦士「...む」

魔法使い「...ん.....?」

僧侶「ふわ...あ?」

勇者「よ...良かった...みんな...無事かな?」

戦士「あ...ああ? 勇者...
っていうか...な、なんだここ?」

魔法使い「...見渡す限り真っ白ね。なんか見えない床に立っている感じだし…」

僧侶「ど、どうなってるんです!? 私達は確か、魔王城で...」

勇者「ああ...僕が...魔王を倒して...そこから...なんか、衝撃が...」


『そう、あなた達は魔王を倒したのです。そして、私があなた達の魂を私の空間へ移動させたのです』

女神『私からお礼を言わせてください。勇者、戦士、魔法使い、僧侶...よくぞ、魔王を倒してくれました。ありがとうございます』ペコ


僧侶「え...あ、あ...ま...まさ、か...女神様!?」ガバッ

戦士「...は~めっちゃ神々しいお方だな」

魔法使い「何言ってるんだか。当たり前でしょ神様なんだから」ヤレヤレ

勇者「ち、ちょっと二人とも! もうちょっと緊張感持ってよ! 女神様の前でそんな...」


女神『いえ...いいのです。あなた達が魔王を倒してくれたお陰で、闇が晴れて世界に光が戻ることでしょう。...ですが、あなた達には、悪い話をしなければなりません』

戦士「悪い...」

勇者「話...?」

僧侶「い、一体何なのですか女神様!?」ガバリ

魔法使い「僧侶はもう土下座止めなさい。...私は、なんとなくわかる気がするわ」

勇者「...え?」

魔法使い「女神様が一番最初に言ったこと、三人は覚えてるかしら?」

戦士「む? うーん...」

勇者「えと...」

僧侶「た、確か...私達が魔王を倒した...それで私達の魂を呼んだって...」

魔法使い「正解。つまり女神様によれば今の私達は魂の状態って訳ね。」

戦士「...まじか。確かに傷とか痛みとかなくなってるなと思っていたら」

勇者「......!!」ハッ

勇者「ま...さか?」

魔法使い「そうね。そのまさかとは思うけど…女神様、私達の体はどうなったのかしら?」

女神『............』

女神『あなた達の体は...』

女神『魔王の罠により、崩壊した魔王城の下敷きになって...』


勇者「.........死ん、だ?」

女神『...』コクッ

魔法使い「......やっぱり」

戦士「......マジ、か」

僧侶「...そんな」

勇者「......」ギュッ

女神『...実は、さらにもう一つ、悪い話があります』

勇者「!?」

僧侶「え...ええ!?」

魔法使い「...そっちは、流石に予想外だわ」

戦士「...ははっ......もう何聞いても、驚く気はしないけどな」

女神『...魔王が、復活します』

勇者「なっ!?」

戦士「おいおいウソだろ...俺らが文字通り命かけて倒しんたんだぞ!」

女神『申し訳ありません...私が復活の術式に気づいたのは、あなた達が魔王を倒した直後で...。
一度起動すれば、私にも止められません。恐らく...100年後......どんなに遅く見積もっても後200年以内には復活するでしょう』


魔法使い「...正直、自分が死んだ事実よりもよっぽど不愉快な話ね」

僧侶「うう......そんなあ...」グス

勇者「......」ギリ


女神『...そこで、私から皆さんに、申し出があります』

戦士「へ?」

女神『私と、契約を交わしませんか?』

勇者「契約...?」

女神『ええ。単純に言えば、あなた達を生き返らせる代わりに、魔王を再び討ってもらう...という契約です』

僧侶「い...生き返れるんですか!? 私達が⁉︎」

戦士「ほ~...流石、女神様だな」

魔法使い「...あら? 魔王の復活は確か100年後と言ってなかったかしら? 普通なら魔王討伐云々の前に天寿を全うしてしまうけど…私達を不老不死にでもするのかしら」

女神『いいえ、もちろん違います。魔王の復活を見計らい、私があなた達の魂を、生命の輪に載せるのです』

勇者「生命の輪...?」

女神『具体的に言えば、一旦あなた達の記憶を封印し、新たな人間として生を授けます』

戦士「えっと...つまり」

僧侶「転生…って...ことですか?」

女神『ええ。無論、記憶は封印されていますから一定の年齢までは、普通の人間として成長し、過ごすでしょう。しかし、然るべき時がくればあなた達は全てを思い出すでしょう。そしていずれは仲間同士で合流を果たし、魔王を打ち倒すのです』

勇者「な...なんだか凄く壮大な話だ...」

僧侶「おとぎ話みたいです...」

女神『もちろん、魔王を倒せれば、契約は終了。その後の人生はそれぞれ、お好きな道を歩んでください』

魔法使い「...」

女神『...ですが、この申し出は私からのお願いであって、強制するものではありません。もう、戦いたくないと仰るのであれば、完全に新しい魂として、また別の生として地上に生まれるでしょう...』

女神『...重大なことです。考える時間が必要でしょう...ですから』

勇者「いいえ」

女神『...!』

勇者「少なくとも僕は、考える時間は要りません」

戦士「あー...俺もな」

魔法使い「右に同じく」

僧侶「わ...私も皆さんと一緒です!」

女神『...』

戦士「結局...お袋にも会えず仕舞いだ...百何年後じゃ...生きてはいないだろうけど…せめて戻って墓参りはしてえんだわ俺」

戦士「それに、このままじゃ魔王を倒すっていう騎士団長への誓いがフイになっちまう。だから、もう一度魔王を倒すまでよ!」

魔法使い「私は特に墓参りしたい人は他にいないけど…百年後の世界に興味があるわ」

魔法使い「もちろん、いけ好かない魔王にもう一発目にもの見せてやりたいっていうのもあるけどね」

僧侶「私は...まだ夢をかなえていませんから」

僧侶「一人でも多くの子供を救うための孤児院を建てたいんです。百年後だって、二百年後だって、苦しい生活をしている子がいるかもしれません!」

勇者「...女神様。」

勇者「魔王が蘇れば、またあの暗闇の世界に戻ってしまうのでしょう」

勇者「そんなの...僕は絶対に嫌なんです」

勇者「魔王の闇が晴れ、光溢れる世界を歩いてみたいんです。一人でも多くの笑顔がみたいんです」

勇者「ですから...お願いします。僕らと...契約して下さい」


女神様『...ありがとう...ございます』

女神様『あなた達であれば...必ず、魔王を打ち倒し、再び光溢れる世界を取り戻すことができるでしょう』

女神『どうか...よろしく、お願いします』ペコ

女神『では、こちらの契約書にサインをお願いします』スッ

勇者「え、あっ…はい」

117年後...

南国王都 外れの教会

神官「...おはようございます」フワア

僧侶見習い「あ、おはようございます! ...あれ、どうしたんですか眠そうにして」

神官「ああ...昨晩はちょっと知り合いの所でお手伝いしてたもので...本当は嫌だったんですが、今日まで少なからず世話になってる方ですし...でもあんな時間までかかるとは思わなくて」

僧侶見習い「なるほど...なら、司祭様が来るまでの間ちょっと休んでてください。朝の準備は全部僕がやっておきますよ」

神官「いえ、心配には及びませんよ。掃除やら礼拝の準備やら一人では大変でしょう? 見習いとはいえ、そこまで雑務を押しつけるつもりはありませんよ」

僧侶見習い「でも、神官様もみるからに疲れ切っているではないですか。ただでさえ教会へ持ち込まれる相談事を多く引き受けて下さってるのに...無理しないでください」

神官「うーむ...」

司祭「...見習い君の言う通りじゃよ神官君」ガチャ

神官「あ...司祭様」

僧侶見習い「おはようございます司祭様! 今日は随分お早いですね!」

司祭「いや...今日は何故か早く目が覚めてしまってのう...。家でのんびりしても良いのじゃが、昨日のことも気になるし、いつもよりも早めに来てみたというわけじゃ」

神官「...昨日のこととは?」

僧侶見習い「あれ、神官様は聞きませんでした? 結構噂になっていたと思いますが」

神官「いえ…昨日は教会から出てすぐ半ば拉致られるような形で知り合いに連れて行かれたので」ハァ

僧侶見習い「ああ...」

司祭「あくまで噂じゃがな。王の城に【勇者】が来たという話じゃ」

神官「...なんと。教会に伝わる、転生した伝説の勇者...でしょうか」

司祭「じゃが、もし本物の勇者であったのならば、王から何の発表もないのもおかしな話じゃな。世界が暗黒に包まれている今、伝説の勇者が我が国で現れたとなれば国の権威も増す…少しでも早く発表したがるはずじゃ」

神官「それがないということは...根も葉もないデマか...それとも偽物の勇者でも来たってことですかね」

僧侶見習い「はぅ...そうですか...。これが機会になって教会にももっと人がくればと思ったのですが...」シュン

司祭「まあこればっかりは仕方がない話じゃ。昔は回復魔法と言えば教会の僧侶の家芸だったものじゃが...今は大体魔法使いの回復魔法で充分な状況が大半じゃしな」

司祭「それに、科学と医術が発展するにつれ、信仰の力というのは薄れていくもの...これも、仕方がないことじゃ」

司祭「今は慈善事業をボツボツとやってる身じゃったが、神官君が来てからというものの、色々と大助かりじゃよ」

僧侶見習い「本当ですよ! 色んな人の悩みや問題も然程一人で解決なされて...僕も何度も手伝おうとしましたけど、かえって足手纏いになることもあって...」

神官「いや、そんなことはありませんよ。見習いさんの手助けは本当に助かってます。」ニコ

僧侶見習い「あ、ありがとうございます!」ペコ

司祭「わしは大分年をとってしまったからのう...今のこの身で出来るのは人生相談くらいじゃな。ホッホッホ」

神官「それでも、司祭様の言葉で多くの人が救われていますから...私もその一人ですが」

僧侶見習い「もちろん、僕もです!」

司祭「...うむ、嬉しい言葉じゃ。 ありがとう」

コンコンコンコン

司祭「む?」

僧侶見習い「あれ、こんな時間から...ですか?」

神官「緊急の話かもしれませんね。今開けます。」トコトコ

カチャ

兵士「おはようございます!」ビシッ

神官「...はい、おはようございます」

兵士「...神官様、ですね」

兵士「王より、直々の呼び出しがかかっております。是非とも、ご同行お願いします!」

神官「...」

僧侶見習い(ああ...見える…神官さんの背中から行きたくないオーラが見えます...)

司祭(...このタイミングで王からの呼び出し…のう…)

神官「...分かりました」

謁見の間

兵士「只今、連れてまいりました」ザッ

神官「......」

王「うむ、ご苦労であった。...兵士長」

兵士長「はい!」

ゼ-イン タイシュツ-! イエッサ-! ザッザッ

神官「...人払いまでなさりますか」

王「うむ。重要な話なのでな...それにしても...久しぶりじゃな」

神官「...ええ、お久しぶりです」

王「神官になって、大分変わったのう。口調もそうじゃが、雰囲気も大分」

神官「そうですね。昔の私が今の私を見たら驚愕するかもしれません。しかし、今はかつてどの仕事をしてた頃よりも充実していると感じてますよ」

王「なるほど...そんなお主に対し、このような頼みごとをしなくてはならぬとは、悲しいことよのう」

神官「...詳しいことは推察できませんが、その話ぶりから察するに、何か面倒な事を私に命ずるおつもりのようですね」

王「...そうじゃな。面倒なことには間違いあるまい」

神官「では、それに対する私の答えも、陛下には推察していただきたいと思うのですが」

王「とっくにできておるわい。...じゃがな、こればっかりはお主以外の適任者はおらぬと結論付けたのじゃ」

神官「...」

王「少し長くなるが...話だけでも聞いてもらえるか?」

神官「...わかりました」

王「このタイミングでの呼び出し。ひょっとしたら、お主も見当がついておるやもしれんが、今から話すのは、【勇者】のことじゃ」

神官「...では、昨日のは」

王「そうじゃ。確かに昨日、勇者と名乗る人物が城に訪ねてきた。じゃが、門番は取り合わなかった」

神官「...まあ当然ではないですか。突然勇者を名乗られても、門番をからかう嘘だと考えるのが普通ですからね」

王「そうじゃな。ただ、後の門番の証言によると『彼女』は非常に取り乱していたらしい」

神官「...彼女...ですか?」

王「そう。来たのは、早口で色々まくしたてながら門番に何かを訴えかける少女じゃった」

神官「は...あ...?」

王「当然門番も気味悪がったのじゃが、何が気でも違ったかいうことで、医者を呼ぶまで取りあえず、城で保護することにしたのじゃ。もっとも、結局医者は必要なかったわけじゃが」

神官「...では、本物の勇者であったと...?」

王「...まあ、そうじゃな。儂も直に会って話をさせてもらった。 ...結果、確かに『彼ら』は『勇者一行』であると確定したのじゃ」

神官「…彼ら? …勇者一行? 一体何を言っておられるのですか?」

王「ううむ…その…まあ、じゃな…」

神官「…何やら煮え切らないようですが、言葉を選ばずとも率直に申し上げてくださってよろしいのですよ」

王「…む。混乱するといけないと思ったのじゃが、そこまで言うのならばわしの言葉で言わせてもらうかのう」

王「つまりじゃな。その少女の体には『勇者一行全員の魂』が宿っていたのじゃ」

神官「…は?」

王「かつて魔王を倒したとされる伝説の四人…勇者、戦士、魔法使い、僧侶…この四人の魂が
ある少女の体を器として転生したということじゃ…少女自身の魂をも含めて、いわば五重人格のような感じじゃのう」

神官「は…はい…ええと…あの…え?」

王「…やれやれ。やっぱりこうなるんじゃな…。仕方のないことじゃろうが」

神官「…なんとか理解が追いつきました。納得はなかなかいきませんが」

王「うむ。わしも納得はまだできていないのう」

神官「…まあ、納得云々はまず置いておくにしても、一体どうしてこのようなことに…。
…女神様の考えは私たちの様な人間には差し測れないでしょうから、考えるだけ無駄かもしれないですが」

王「……そのことについてじゃが」

神官「…はい? …なんのことについてですか?」

王「…女神様の考えについてじゃ。わしには、心当たりがある」

神官「…なんと。心当たり…まさか、お告げでもあったのですか?」

王「…うむ。お告げと言っていいかは分からぬが…一昨日の夜、それらしいものを夢で見た」

神官(...普通、お告げは神職の者に来るはずなのに…司祭様が聞いたらお泣きになるかもしれない…)

神官「しかし、それらしい物とは…また煮え切らない言い方ですね。まさかまた何か…?」

王「…そうじゃな。今回も率直に話すとしようかの。一昨日見た夢には、確かに女神様が現れた。
じゃが、お告げとは違う風景じゃったな」

神官「…と、言うと?」

王「まず、儂が見たのは女神様と思わしき後ろ姿だけじゃ。
そして女神様が一言だけを呟いて、その夢は終わった」

神官「呟いた…? 何を…?」

王「……『やべ、ミスった』と」

神官「…『やべ、ミスった』?」

王「『やべ、ミスった』」

神官「……」

王「……」

神官「……」

王「……」

神官「おお神よ……なんじゃそりゃああーー!?」

王「お、昔の面影が戻ったような気がするのう」

神官「…はあ。それで、今の勇者様…達は大丈夫なのですか?」

王「うむ。昨日から個室で休んでもらってるが、今朝の報告では落ち着きを取り戻しているそうじゃ。
もっとも、彼女曰く中では勇者パーティ達の葛藤が繰り広げられているらしいがのう」

神官「…ということは、やはり勇者パーティ様にとっても、今の状況は予想外ということですかね」

王「そうであろうな……さて、これで分かったじゃろう。この問題の解決には、お主以外に適任者はおらぬのじゃ」

神官「…恐れ入りますが陛下。未だ私には分かりかねます。五重人格となった勇者一行に対し…私に何ができると?」

王「戦闘訓練じゃ」

神官「………!?」

王「何じゃ、そんなに意外か?」

神官「陛下……まさか…その状態の勇者様一行に、魔王討伐を行わせる気ですか…!?」

王「…不可能じゃと、思うか?」

神官「無論です。いかに勇者様一行と言えども、少女の体に魂が四人丸ごと入っている状態で、戦えるとはとても思えません」

王「なるほどのう…わしは『かつてのお主』の戦いぶりを少なからず見ているからか…案外、可能ではないかと思っておるのじゃが」

神官「………『かつての私』は、あくまで一人が一人の体を使って戦っていたにすぎません。勇者様達は、五人の魂が一人の体を動かすのですよ。参考にはなりません」

王「ふーむ。そうかのう」

神官「そうです。とにかく、戦闘訓練云々以前に、勇者様達に魔王討伐など…」

王「そうじゃな。戦闘訓練はちと気が早すぎた。まだ、少女の体の中に存在するという勇者一行の意志を、聞いておらなんだ」

神官「そうです。だから諦め……陛下?」

王「では、神官よ。少女の元へ赴き、勇者一行各々の意志を確認してくるのじゃ」

神官「…へーいーかー。私の話を聞いておられましたかー?」

王「おお、聞いておったとも。あくまでお主の意見では、『勇者一行に魔王討伐は不可能』じゃったな。…じゃが、肝心の勇者一行に話を聞いておらんではないか」

王「もし…勇者一行が、魔王討伐を可能と答えたならば、儂らは全力でそれを支援しなくてはならん…違うかね?」

神官「……まさか」

王「勇者一行とは、現代においてもどうすることも叶わない存在である魔王を、古の時代に討ち滅ぼした者達。…お主や儂の常識で測っていい存在ではないと、思うがのう」

神官「………」

王「今一度指令を下そう。神官よ、少女の元へ赴き、勇者一行各々の意志を確認してくるのじゃ。早急に確認しなくてはならない事項は、魔王討伐に関する意志。無論、その体の真の持ち主である少女の意向の確認も怠らないことじゃ。そして、魔王討伐への意志が揺るがないことが確認でき次第、お主自ら戦闘指南にあたり、実力を確かめよ。…よいな?」

神官「……かしこまりました」

一旦ここまで

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom