ココア「よろしくね!チノちゃん!」 チノ「……」 (131)

不快要素あり




チノ(ある日突然…ココアという女の人がやってきて一緒に暮らすようになりました…)

ココア「よろしくね!チノちゃん!」

チノ(……私は…ずっと一人だったのに……ずっと…一人がよかったのに…)

ココア「チノちゃん?」

チノ(……はぁ……………やっぱ一人が良いです……)

チノ(そもそも、初日で馴れ馴れしすぎませんか?……)

ココア「あれ?どうしたのかな…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516816608

ココア「おーい?」

チノ「……すいませんが、その呼び方やめてくれませんか?」

ココア「え?…えっと……じゃあなんて呼んだらいいの?」

チノ「普通に香風でいいです…」

ココア「えぇ!?そんな他人みたいな呼び方嫌だよ!これから一緒に暮らすんだから!」

チノ「……はぁ…わかりました……お好きにしてください」

ココア「じゃあチノちゃん、ね!私のことはねぇ……お姉ちゃん!!って読呼んでね!」

チノ(…は?………)

チノ「…こほんっ…とりあえず…ここで暮らす以上は働いてもらわないとなりません、ちょっと来てください」

チノ「まずは仕事について説明します」

ココア「はい!先生!!」

チノ「………まず、客が来たらどうします?」

ココア「えっと、いらっしゃいませ♪こちらのお席へどうぞ」

チノ「まあそんな感じです」

ココア「そんなの簡単だよー♪」

チノ「じゃあさっそく今から始めますよ?」

ココア「も、もう!?」

チノ「はい、これ着てください」

チノ「じゃあ行ってきてください」

ココア「わかった…い、いらっしゃいませ!こちらのお席へどうぞ」

チノ「………」

チノ「じゃあこれを持っていってください」

ココア「う、うん………」

ココア「そーっと…そーっと………」

ココア「お、お待たせしました…ココアとコーヒーです…」

チノ「………まあいいでしょう…」

夜…

ココア「あー…疲れた……初めての仕事だったけどなんとかできてたかな?」

チノ「……まあまあですね」

ココア「うっ…厳しい……ねぇチノちゃん」

チノ「はい?」

ココア「その、敬語辞めてもいいんだよ?」

チノ「……いえ、私は元からこういう性格なので…」

ココア「ふぅん…そうなんだ」

ココア「まあいいや!これからもよろしくね!チノちゃん!」

チノ「ええ………」

ココア「チノちゃん…かぁ……静かな娘だったなぁ…これから私頑張らなきゃ……うん!もっといっぱい喋って仲良くなれたらいいなぁ………」

……

チノ「……はぁ…突然やってきてびっくりしました…私…ああいうタイプ…苦手です…馴れ馴れしいというか……まあ仕事はできてますし…いいとしますか…」


次の日…

ココア「あ、おはようチノちゃん」

チノ「……おはようございます」

ココア「あ、あのさ…今日は休みだし一緒にどこか行かない?」

チノ「………まあ…いいですけど…午後からは仕事ですよ」

ココア「あっ!?そっかぁ……」

チノ「……………」

ココア「じゃあ午前中はここらへんの案内してもらってもいい?」

チノ「いいですよ」



チノ「ここがあそこで………あそこがアレで……」

ココア「ふむふむ……」

チノ「………では一通り案内終わったので帰りましょう」

ココア「え!?もう?」

チノ「はい」

帰り道

チノ「………………」

ココア「…………………」

ココア(うーん…わかってはいたけど…私から話しかけないと喋ってこないね…)

ココア(もっと仲良くなるには…どうしたら………)

チノ「では仕事をしますよ」

ココア「う、うん」

リゼ「おーい、チノー」

チノ「あ、リゼさん」

ココア「え?えっと…」

リゼ「ん?ああ、新しく入った娘か、私リゼだ、よろしくな」

ココア「私ココアです!よろしくね!リゼちゃん!」

チノ「では仕事始めますよ」 

リゼ「ああ」 ココア「うん!」

ココア「いらっしゃいませ~」

リゼ「いらっしゃいませ~」

チノ「………」

……

リゼ「……♪」クルクル…

ココア「わっ!?リゼちゃんすごーい!」

リゼ「わっ!?ココアか、どうだ!すごいだろ」

ココア「ラテアートっていうんだよね!?私もやりたーい!」

リゼ「お、いいぞ はい」

ココア「んっ………あれ……う、うーん…難しい……」

ココア「うわぁーん!変な感じになっちゃったよぉ!!」

リゼ「まあ、始めはそんなもんだろ」

ダダダダダッ!!

チノ「ちょっ!?ココアさん!!何やってるんですか!!」

ココア「え?」

チノ「いま客が数名注文待ってるのにだれも居なくて怒ってますよ!?」

ココア「あっ!ご、ごめん!すぐ行くから!」



ココア「す、すいません!お待たせしました!」

客「はやくしてよー!」
客2「もういい!帰る!」
客3「………」イライラ

ココア「あ、あぁ…………ぁ……ど、どうしたら……」

チノ「………」フン…

リゼ「……!」ダッ…

リゼ「大変申し訳ございませんお客様、ただいまお待ちしますので少々お待ちください」

ココア「…………っ…」コクッ…

客「はやくしてよね…」
客2(やっぱ帰るの辞めよ)
客3(本当はそこまでキレてません)

チノ「……ッチ…」

……


リゼ「ふぅ…今日はこれで終わりっと」

ココア「あ、あの……リゼちゃん……あ、いや…リゼさん………今日はごめんなさい……」

リゼ「ん?何を謝っているんだ?」

リゼ(リゼさんって……)

ココア「だ、だって…私…あんな……」

リゼ「…あのなぁ、ココア…始めたばっかなんだから仕方ないことだぞ、これから慣れていけばいいんだ、そんな気にしちゃだめだぞ、最初から完璧なやつなんていないんだから」

ココア「うん……」ジワッ…

リゼ「ほら………よしよしっ…」

ココア「んっ………/////あ、ありがとう…リゼ…ちゃん……」ニコッ…

リゼ「っ!?/////あ、ああ!じゃあまた明日な!ココア!」

ココア「うん♪ばいばい!」

ココア(リゼちゃんかぁ……あの人がいたら……やっていけそう……かな…えへへ…)

チノ(…………)

チノ「…………」

ココア「あっ…おつかれチノちゃん」

チノ「えぇおつかれさまです………………いや…貴方は別につかれてませんよね?、リゼさんに謝らせたり特に何もしてないですし」

ココア「え………そ、そんなこと…」

チノ「はぁ……どいてくれませんか?……明日の仕込みしないといけないので」

ココア「あ…うん………」

チノ「…」ニヤッ…

スッ…

ココア「キャッ!」ドサッ!

ざぷーん!←小麦粉舞い飛ぶ

チノ「………………何してるんですか……………」イラッ…

ココア「あっ、ご、ごめんね!!!!いますぐ片付けるから!………」

チノ「…………」

ココア(いま…足引っ掛けられたような………ううん…気のせい……だよ…多分)

チノ「早くしてください」

ココア「う、うん!」



ココア「やっと終わった…」

チノ「もういいですか?そこどいてください」 

ココア「うん…おやすみ……」

チノ「………………」

………


ココア「はぁ…………だめだな…私…」

ココア「よしっ!……明日こそ…!」


ココア「早起きしたし…朝ごはん作ろう……チノちゃん…喜んでくれるかな…」ドキトキッ…

ココア「よしっ…豪華にしよう♪」



ココア「できた♪……うんっ…美味しい…」

チノ「…………」

ココア「あっ…お、おはよう!」

チノ「……」

ココア「え、えっと!朝ごはん作ったから一緒に食べよ?」

チノ「………何…勝手なことしてるんですか……」

ココア「……え」

チノ「こんなに食材を使って…少ない生活費でやりくりしてるのに…勝手なことしないでください!」

ココア「っ…!…ご、ごめん…」ジワッ…

チノ「それ、もういらないから捨てるかなんかしてくださいね」

ココア「えっ!?そ、そんな!!……」

チノ「私は学校行きますので、それじゃ」

ガチャ…バタン…

ココア「………………」

ココア「…………………」ジワッ…

ココア「うっ………ひぐっ……」ポロポロ…

ココア「ひどい……よ……グスッ……」

ココア「どうして…?…なんでなの…?…私は…頑張ろうとしてるのに……」ポロポロ…

ココア(な、泣いちゃ…だめっ……堪え…ないと……)ポロポロ…

ガチャ…

ココア「っ!?」サッ!←後ろ振り向く

チノ「あ、そうそう言い忘れてました、これから毎日朝と夜のご飯は作ってくださいね、下宿してるんだから当然ですよね?それじゃ」

バタン…

ココア「………………っ…」ゴシゴシッ

ココア「そうだよ……ここでお世話になる以上…頑張らないと……」

ココア「お母さんとお姉ちゃんに見送られて来たんだから……」

チノ「……はぁ……ココアって人…ほんとうにムカつきます…今頃影で私の悪口とか言ってるんでしょうね……ああいう、普段から良い人は影では何してるかわかったもんじゃありませんからね…」

チノ「ていうか…まだ7時…早く出過ぎちゃいました……今更帰ってもかっこ悪いですし学校に行きますか…」

……


ココア「…作ったの…食べよう……でも…作りすぎちゃったし…食べきれないよ…どうしたら…」

ガチャ…

リゼ「おーい、チノー」

ココア「っ?!」

リゼ「あ、ココア、おはよう」

ココア「り、リゼちゃん……おはよう」

リゼ「すまん、昨日スマフォ忘れちゃったみたいで…取りに来たんだ」

ココア「あっ、そうなんだね」

リゼ「………………ココア?」




ココア「え?」

リゼ「……いや、大丈夫か?」

ココア「え、な、なにが?」

リゼ「いや…なんか……元気ないぞ?」

ココア「そ、そんなことないよ!まだ朝だからだよ!えへへ…」

リゼ(……目が赤い………泣いてたのか?…)

リゼ「って…、うおっ!!すごい朝ごはんだな!」

ココア「え?あ、うん…作りすぎちゃって」

リゼ(……朝ごはん…まだ食べてないからお腹が空いてきた……)グゥゥ…

ココア「よ、よかったら一緒に食べない?」

リゼ「えっ!?いいのか?!……あ、でもチノの分もあるんじゃ」

ココア「……ううん、チノちゃんならもう学校行ったから…一緒に食べよ?」



リゼ「それじゃ…いただきます」

リゼ「あむっ…」モグモグ…

ココア「どうかな?……」

リゼ「んっ!?」

ココア「……?」

リゼ「う、うまい!!うまいぞココア!」ガツガツガツガツ…ゴクン…

ココア「えっ?ほんとに?」

リゼ「あぁ!……本当に美味しい!」

ココア「そっか…嬉しい…」ニコッ…

ココア(よかった……捨てないですんで…)

リゼ「ほらっ!ココアも食べるぞ」

ココア「えっ?あ、うん!いただきます」

ココア(リゼちゃんと朝食をしながら、他愛のない会話をした…本当に…リゼちゃんといるときは楽しい…)

リゼ「さて…と…そろそろいいかな」

ココア「え?」

リゼ「ココア…正直に言ってくれ、何があったんだ?」

ココア「え?な、なにが?」

リゼ「今日か昨日、何かあったんだろ?」

ココア「そ、それは………」

リゼ「いいから話してみてくれ、私達友達…だろ?」

ココア「うん……実は……」



リゼ「なるほどな……」

ココア「……」

リゼ「まあ確かに怒りすぎだなそれは」

ココア「でも、私が悪いから……食費のこと考えないで勝手に作っちゃって…」グスッ…

リゼ「…………」

リゼ「そう…だな、でもこれから気をつければいいさ」

ココア「うん……」

リゼ「……」ナデナデ…

ココア「あっ……////」

ココア(リゼちゃん……)

リゼ「えっと、ココアはまだ学校始まってないんだよな?」

ココア「うん」

リゼ「私もまだ休みなんだ」

ココア「そうなんだ」

リゼ「良かったから今日は一緒に遊ぶか?」

ココア「えっ!?いいの!?」

リゼ「ああ、でも午後からは仕事あるからそれまでだな」

ココア「うんっ!遊ぼ!!」

そして、午後までココアとリゼは遊んだ

ココア(リゼちゃんといると本当に楽しい…!この人のところが下宿先だったらな……)

ガチャ…

ココア「っ!」

リゼ「ん?チノが帰ってきた?」

チノ「…………」

リゼ「おかえり、チノ」

チノ「………」チラッ

ココア「うっ…お、おかえりチノちゃん」

チノ「…ただいま…です……」

タッタッタッ…

リゼ「さてと、仕事しよう…ココア、今日は私もサポートするから頑張ろうな」

ココア「うん!ありがとうリゼちゃん!」



チノ「……………」

ココア「いらっしゃいませ!」

リゼ「いらっしゃいませこちらのお席にどうぞ」



チノ「………」

ココア「えへへ♪」

リゼ「あはは!」



チノ(……………つまらない……)

ココア「リゼちゃん!…////」

チノ(…………)イライラ…

……


リゼ「ふぅ……お疲れ様、ココア、チノ」

ココア「お疲れ様!」

チノ「お疲れ様です」

リゼ「さてと…今日はもう帰るか…」

ココア「あっ……」シュン…

リゼ「まったく……また明日も会えるだろ?…そんな落ち込むな」ナデナデ…

ココア「ぅん………」ニコッ♪

チノ「………………………」

リゼ「それじゃ、また明日な」

ガチャ…バタン…

ココア「……」

チノ「…………」

ココア「あっ…えっと……お、おつかれチノちゃん」

チノ「………いいからはやく夕ご飯作ってください」

ココア「え?」

チノ「え? じゃありません!今日の朝言ったこと忘れたんですか?!」

ココア「っ!…ご、ごめんね…今すぐ作るから…」

チノ「まったく…ホント使えない…」

ココア「…っ………」



サクッ…サクッ…

ココア(……はぁ……チノちゃん…やっぱまだ怒ってるよね……)

グツグツグツグツ…

ココア(頑張らなきゃ…!)

コンコン…

ココア「チノちゃん、ご飯できたよ」

チノ「………」

ガチャ…



ココア「いただきます…」

チノ「………」モグモグ…

ココア「美味しい?」

チノ「……普通です」

ココア「そ、そっか……」

チノ「………」モグモグ…

ココア「あっ!…そういえば私の今日の仕事…ちゃんとできてたかな!」

チノ(は?……)

ココア(今日は失敗しないでできたもん…ちゃんと褒められるはず…!)

チノ(チャンス…)

チノ「………あの、本当にちゃんとできてたと思ってるんですか?」

ココア「…え………う、うん…」

チノ「たしかに失敗はしていませんが、接客のスピードは遅いですし、リゼさんもあなたのサポートのために接客に回って私にも影響があって全然だめでした、そういうの考えて言ってるんですか??」

ココア「ぇ…ぁ……ご、ごめんね……」アタフタ…

チノ「ほんと……使えない人ですよねココアさんって…無能中の無能です」

ココア「っ……………」ジワッ…

チノ(……ぁぁ……気分がいいです……このまま…)

チノ「…どうせ、本当は親とか姉とかからいらない扱いされたから追い出されたんじゃないんですか?お察しですよほんと」クスクス…

ココア「うぅ……ひぐっ……そんな……こと…ないもん…ちゃんと…私を見送ってくれて…っ…」ポロポロ…

チノ「へぇ……でも、私が親だったら殴ってましたよ?」

チノ「仕事できない無能なんですよココアさんは」

ココア「で、でも…リゼちゃんは最初はみんなそんなもんだって教えてくれて……」グスンッ…

チノ「……たしかに、最初はみんな失敗はするでしょうけど、あなたみたいに失敗ばかりじゃありませんし」

ココア「…………」

チノ「なんで来たんですか?あなたなんていらないんですよ…」ボソッ…

ココア「………っ!!…」

チノ「………食器、全部洗っといてくださいね」

ココア「…………は…い…」ポロポロ…



チノ「はぁ…気分が良いです…ココアさんってほんと…笑顔より落ち込んでる顔のほうが似合ってますよね……
さてと…そろそろお風呂入ろ…」




ガチャガチャ…
ジャー…

ココア「はぁ……」ボーッ…

ココア(…なんで……うまく行かないんだろ…わたし…頑張ってるのに……リゼちゃん……会いたいよ……)

ココア「……」ボーッ…

ココア「あっ…」ツルッ…

パリーン…



チノ「今の音…」



ココア「あっ…やっちゃった……」

チノ「………」

ココア「あっ…ち、チノちゃん……ごめんね…」オロオロ…

チノ「……これ……私が大事にしていたマグカップ………」

ココア「え……」

チノ「……どうしてくれるんですか!?」

ココア「ご、ごめん!!ごめんね!!弁償するから!」

チノ「これは大切な人から貰った大切なマグカップなんです!!弁償なんかできるものじゃありません!」

ココア「ごめんなさい…ごめんなさい………」

チノ「っ!」グイッ…

ココア「ぁぅ……い、痛い…離して…」

チノ「……」

ドカッバキッドカッ

ココア「痛ぃ、やべて……!…」ボロボロ…

チノ「はぁ……もういいです、明日変わりのもの買ってきてください」

ココア「……はいっ………」ポロポロ…

チノ「……」クスクス…

ココア「うぅ…ひぐっ……もう……やだよぉ……」ポロポロ…

ココア「ぅぁぁぁぁん……」ポロポロ…



うわぁぁぁん…

チノ「…………」ジーッ…

チノ(すごく泣いてますね…まあ、実はあのマグカップ…適当に私が買った安物なんですけどね…それにしても…ココアさんのあの表情……たまりません……それに……はじめて…暴力振るっちゃいました……暴力って…いけないことですけど…すごく………気持ち良い……ハァハァ……)

ココア「……片付け…ないと……グスッ……」

チノ「さて…お風呂に入りますか」



ココア「痛っ…指…切っちゃった……」

ココア(………はぁ……体…痛い……)

翌朝

ココア「えっと………お店やさんはたしか……あ、ここだ…」

リゼ「ん?あれは…」

リゼ「おーい!ココアー」

ココア「あっ、リゼちゃん、おはよう」

リゼ「ああ、おはよう、買い物か?」

ココア「あ、うん、コップを買いに来たの」

リゼ「ふーん、私も一緒にいいか?」

ココア「え?あ、うん!」

……

チノ「ッチ………」イラ…

チノ(あとをつけてきたものの…なにリゼさんと、合流してるんですか…)イライラ…

わー…このコップかわいい♪

ココア、これなんてどうだ?

あ!それもいいね!

チノ(楽しそうにして…ほんとムカつきます……)イライラ…

お店やさん「ありがとうございましたー」

ココア「いい買い物ができたよ!ありがとうリゼちゃん♪」

リゼ「ああ、それでな…ココア…これ」つコップ

ココア「えっ…?」

リゼ「そ、その…よければ貰ってくれ……私とおそろいなんだが…嫌か?/////」

ココア「え、う、ううん!?そんなことないよ!ありがとう!!」

ココア「わー…すごく可愛いコップ……♪えへへ♪」ニコッ♪

リゼ「っ……//////」

ココア「ありがとうリゼちゃん♪」

リゼ「あ、ああ!」



チノ「……………………」

リゼ「それじゃ、また後で」

ココア「うん♪」



ココア「このコップ…使わずに大切に保管しとこ……♪」


チノ「…………」



ココア「ただいま~…って…そっか、チノちゃんは学校か…」ふぅ…

チノ「いますよ?」

ココア「えっ?あっ……」

チノ「学校は今日、休みなので、それよりも…コップ買ってきてくれましたか?」

ココア「えっ、あ、うん、買ったよ…」


チノ「………………」

ココア「はい…」

チノ「………………」

ココア「ど、どうかな…」

チノ「………そっちは?」

ココア「え?こ、こっちは…違う物だよ…」

チノ「見せてください」

ココア「い、いや……」

チノ「………」グイッ

ココア「あぅ……!……離して……」

チノ「………」 ドカッバキッボカッ…

ココア「ぐっ……痛っ…」

チノ「手間かけさせないでください」 パカッ…

チノ「わっ…すごく良いコップ…こっちのほうがいいです」

ココア「だめ………返して……」

チノ「は?」

ココア「返して!………」

チノ「…まだ殴りたりなかったようですね…」 ボカッバキッドガッ

ココア「っぐぅぅ!!……かえ…して…よぉ!!……」ポロポロ…



ココア「それは…リゼちゃんからもらった大切なコップだから!……返して!」

チノ「うるさい…」ドガッ

ココア「っ!………かえ…して!!!!」

チノ「!?……ッチ…」

チノ「はいはい…わかりました、まったく……どんだけしつこいんですか……」

ココア「うぅぅぅ………リゼちゃぁん……」ポロポロ…

チノ「うわぁ……ほんと、泣き虫ですね……」クスクス…

ココア「…………グスッ…」

チノ「もういいです、この安っぽいコップ貰いますので」



ココア「よか……った…守れて……」ポロポロ…

仕事直前 着替え中

リゼ「なっ!!……こ、ココア…どうしたんだ…その傷…」

ココア「え…あ……!」サッ…

リゼ「これ……殴られたような傷じゃないか!!一体誰が……」

ココア「う、ちが……これは…転んで……」

リゼ「ばかっ!そんなので誤魔化されないぞ…誰がやったんだ……」

ココア「だ、だから…違うの……」ウルウル…

リゼ「何が違うんだ!」

ココア「ほ、ほんとうに何でもないの……ね…リゼちゃん……」

リゼ「……わかったよ…でも…いつかは話してくれ…」

ココア「うん……」

ココア「いらっしゃいませ~」



リゼ「ココア…私が……守らなきゃ……」グッ…

チノ「……………」



リゼ「それじゃ、おつかれ二人とも」

ココア「うん、お疲れ様」

チノ「…お疲れ様です」

リゼ「それじゃ…私帰るな」

ココア「あっ…まってリゼちゃん、私少し送っていくよ」

リゼ「え?あ、うん」

チノ「………………」





ココア「うっ…寒いね はぁ~…」

リゼ「ココア?別に見送りなんてしなくていいんだぞ?」

ココア「ううん、私がしたかったから…」

リゼ「そうか?」

ココア「…」 リゼ「…」

リゼ「あー…えっと…ココア……手だして」

ココア「え?うん…」

リゼ「………」ギュッ…

ココア「えっ…!?り、リゼちゃん?…」

リゼ「手、繋いだほうが暖かいだろ?/////」

ココア「う、うん…凄く……良い……/////」

リゼ「ここまででいいぞ」

ココア「うん…リゼちゃん……」

ダキッ

リゼ「わっ…ココア?」

ココア「リゼちゃん…ありがとう……」

リゼ「あぁ…いつでも私を頼っていいからな……」

ココア「んっ………それじゃ、また明日…ばいばい♪…」

リゼ「あぁ…またな……」



リゼ「…ココア……私は……お前のこと……」

ココア「ただいま…」

チノ「随分と長い見送りでしたね」

ココア「っ………」

チノ「無視ですか?」グイッ

ココア「は、離して…」

チノ「下宿させてもらってる分際で…!調子に乗らないでくださいよ…!」

ココア「や、やめ…

チノ「このっ!」ドカッバキッドカッ…

ココア「あぐっ………」

チノ「ハァハァ……」

ココア「どおして………どおして…叩くの?……」ポロポロ…

ココア「私…もう嫌だよ……」ポロポロ…

チノ「苛つくからですよあなたが」

ココア「わた…し……!なにも…してないのに…」ポロポロ

チノ「だからそうやってすぐ泣くところが苛つくんですよ!!」ドゴッ…

ココア「っ…」ポタッポタッ…

ココア「いだぁ…鼻血……うぇ……ひくっ……」

チノ「……鼻血…出たから何なんですか?やめてほしいっていうんですか?」

ココア「もう…私に関わらないでぇ…」ポロポロ…

チノ「っ!!!!」グイッ!!

ココア「ぁぁぁあああ!やだぁ!話してぇ!」ポロポロ…

チノ「っち…騒がれると面倒です…」ハァハァ…

ココア「うぅ……ひっく……ゲホッゲホッ……」ポロポロ…

チノ「次からは調子に乗らないことですね……」

チノ「早く夕ご飯作ってくださいね」

ココア「…………はぃ…」グスッ…



チノ「…………絶対に…良い思いはさせない…」 

コンコン…

ココア「ご飯…できたよ……」

チノ「……」チラッ…

ココア「…っ………」



チノ「ごちそうさまでした」

ココア「…………」

ココア(リゼちゃん…今何してるんだろ……)

チノ「食器洗っといてくださいね」

ココア「う、うん……」



そして、数日が過ぎ…

チノ「…最近、ココアさん…なにも失敗しないし私をいらつせてこないから…私が殴るきっかけが無い……あぁぁ…また…いっぱい虐めたい……あの顔…また見たい……」

おっ、ココア…ラテアートうまくなったな

えっそうかな、リゼちゃんのおかげだよ♪


チノ「っ…………イライラします………」

チノ「なにか…なにか……ココアさんをいたぶるきっかけがほしい………」

ココア「リゼちゃん♪」

リゼ「ココア……」


チノ「ぁぁぁあああ………どうしたら……どうしたらいいんですか………くそっ…くそ………」

……

ココア「それじゃあおやすみ♪リゼちゃん!」

リゼ「ああ、あ、そうだココア…ちょっと…」

ココア「ん?」


チノ(なにコソコソやってるんでしょうか……隠れて様子伺いましょう…)

リゼ「ココア……」チュッ…

ココア「ふぇ……り、リゼちゃん?……」

ココア(ほっぺに…/////)

リゼ「そ、その……ココア…よかったら私と………うぅ……////」

リゼ(だ、だめだ…緊張して…うまく言えない…情けないな…私…)

ココア「………」

ココア「クスッ…リゼちゃん………」チュッ…

リゼ「……んなっ!////」

ココア「…えへへ、おかえしだよ♪」

リゼ「っはは……ココア……」ダキッ…

ココア「っ……リゼちゃん…………」



チノ「…………………」

ココア「それじゃ…また…」

リゼ「ああ、また…な」



ココア「……リゼちゃん……」ギュッ…

チノ「ふーん…いつのまにそんな中になってたんですか?」

ココア「っ!?!?」

チノ「クスッ…驚きすぎですよ」

ココア「な、なに?……」

チノ「?別に?なんでもありませんよ?」

ココア「なら部屋戻るね……」

ガチャ…バタン……


チノ「…もう…強硬手段しかありませんね…」

チノ「弱いものいじめに理由なんて…いらない……きっかけなんか必要ない…やりたいときにやる……それだけ……」


真夜中

ココア「………」Zzz…

チノ「…………」ドサッ

ココア(っ…な、なにか…重い……)

チノ「起きてください」パチンッ!

ココア「っ!?……え……」ヒリヒリ

ココア「なっ…なんで…ここにいるの……」

チノ「さぁ?……ただ…虐めたいから…ですよ」 ドカッバキッドカッ

ココア「っぐ……やべて…!痛い……!」

ココア(乗っかられて逃げられない……)

ココア「こ、この……」

チノ「クスッ…」グイッ

ココア「ぐっ……」

チノ「ココアさんって…力弱すぎ…中学生に負けて恥ずかしくないんですか???」クスクス

ココア「うっ…ひぐっ……離して…よ…!」ポロポロ

チノ(でも、このままじゃ手が使えませんね…あ、そうだ……)

チノ「そういえば…リゼさんとは…まだキスはしてないんですよね?」

ココア「………え…」

チノ「それじゃあ私が先にココアさんのファーストキスを奪ってあげますよ」

ココア「や、やだ…やめて……」

チノ「やめませんよ……んっ…」

ココア「やめ………てぇ…きたな…い……!!」ジタバタッ

チノ「っぐ…大人しく……してくださいっ!!」ボガっっ!←近くにあった本で叩く

ココア「あぐっっ!!」フラフラ…

チノ「はぁ…はぁ………んっ……」

ココア「や、やらぁ……っぶ…!…んっ…!?ちゅっ…んんんん!…」

チノ「ッチュ……ヌルッ……ジュル……っちゅ……んっ……ぷはぁ……ハァハァ……」

ココア「っ……ひど…い…よぉ…こんなの……」ポロポロ…

チノ(ハァハァ……虐める人の気持ちってこんな感じなんですね…ものすごく興奮します………)

チノ「泣かないで…ココアさん……」ナデナデ…
 
チノ「ココアさんっ…」ギュッ…

チノ(好きな人を堕とすには虐めたあと優しくする…こうネットに書いてあったので試してみましたが…)

ココア「いやぁ…!……もうやだよぉ……リゼちゃん…リゼちゃん……」ポロポロ…

チノ「……リゼリゼって…なんでリゼで私じゃないんですか……」イライラ

ココア「リゼちゃん……リゼちゃん……うぅ……」

チノ「はぁ……そんなにリゼさんのことが好きなんですか?」

ココア「…………」ポロポロ…

チノ「…なら、リゼさん、クビにしちゃおっかな…」

ココア「え…………」

チノ「リゼさんをクビにしたら…もうココアさんとはなんの関わりもないことになりますよね」ニヤッ


ココア「そ、そんな…やだ……やめてよ……」

チノ「え?どうしましょうか」クスクス

ココア「やめて!!そんなことしたら絶対に許さないから!」

チノ「…誰に向かってそんな口の聞き方してるんですか」イラ

ドカッバキッドカッメキッドカッ

ココア「あっ!ぐぅぅ………血が…」ポタッポタッ

チノ「血が出てますね、だからなんだって話なんですけど」

ドゴッ!

ココア「っぁああ!!………痛い……!」ポタッポタッポタッ…

チノ「うわぁ……すごい鼻血出てますよ…顔中血だらけです……」

ココア「…ひくっ……」ポロポロ…

チノ「もう、反抗する力もないようですね、それで、どうしますか?クビにしてもいいんですか?」

ココア「いやっ…やめて……ください……」

チノ「…なら、今日からココアさんは私の下僕になってくれませんか?」

ココア「…え……げ、げぼく?………?」

チノ「いやならリゼさんをクビにしますしこれから一生ココアさんを死ぬまで痛めつけます、こんな風に!!」


ココア「わっ!!まって!!……そ、そんなの…いやだよぉ………」

チノ「ならさっさと、決めてください」

ココア「わかった…わかったよ……げぼく…?になるから…リゼちゃんに何もしないで……」

チノ「そう、それでいいんです……」クスクス…

ココア(げぼくってなんだろ……)

ごめんなさい…ごめんなさい……ごめんなさい………頑張ります……

チノ「下僕なら私の言うことなんでも聞くのは当たり前ですので絶対に逆らっちゃいけませんよ?」

ココア「……うん…」

チノ「じゃあ…まずキスしてください」

ココア「…え………い、いやだ……」

チノ「は?……いきなり逆らっちゃいましたね」

ココア「だ、だって…嫌だもん…」

チノ「はぁ……キスすらできないなんて……もういいです…リゼさんをクビにしますから」

ココア「ま、まって……わかったよ…キスするよ…」ポロポロ…

チノ「はぁ…最初からそうしてればいいんですよ」

ココア「っ………」チュッ…

チノ「……………」

ココア「………はい…」

チノ「は?今のは何ですか?」

ココア「なにって…キス……」

チノ「もっと濃厚のをしないと駄目です」

ココア「それは嫌…………」

チノ「っ……」グイッ

ココア「キャッ!?」

チノ「いやなら私からします……っ…」チュッ…

ココア「んんんー!?!?…やめ…ん!…っちゅ……」

チノ「ハァハァ……あむ……レロ……ヌルッ…」

ココア「んー!?」(舌が入って……)

チノ「ふふ…………ぁぁ…へろへろ……ココアさんの唾液……ジュルル…美味しいです…チュル…」

ココア(うぅぅぇぇ…ぎもぢわるぃ……りぜちゃん助けてぇ……)

チノ「歯も……舌も……舐めてあげます……」

10分後

ココア「はぁ…はぁ……はぁ……」ポロポロ…

チノ(………服はだけて…涙流して…レイプ目で…火照ってて……ほんと…ここさん…虐めがいがありますね)ゾクゾク…

ココア「……りぜ………ちゃ…ん…ん…ごめん…ね……」ポロポロ…

チノ(また…リゼ………………)

チノ(やはり、調教しないと行けませんね)

チノ「ココアさん、私とリゼさん、どっちが好きですか?」

ココア「…そん…なの……リゼちゃんに決まってるじゃん……チノちゃんなんて……嫌い…だよ……」ポロポロ…

チノ「…今の…撤回しないとリゼさん、首にしちゃいますよ?」

ココア「っ………撤回しない!………」

チノ「は、はぁ??いいんですか?クビにしても」

ココア「私………ここでて行く…」

チノ「な…………………」

チノ「………まだ……立場を理解していないようですね………」イラッ…

ココア「っ……殴るなら殴ればいいよ…私はもう…チノちゃんとはいられない……ここ出ていくから!!」

チノ(ッチ………キスはやはりまずかったようですね………)

チノ(どうしましょうか……また暴力で止めても……いや…忘れてました……暴力はべつに悪いことではありません……そもそも…私を苛つかせたココアさんが悪いんですから)

ココア(……急に喋らなくなった……怖いよ………)

チノ「なら…出ていけばいいと思いますよ?」

ココア「……じゃあ……荷物整理するからでてって…」

チノ「その前に、ココアさんをたっぷりといじめて半殺しにしちゃいますけど」

ココア「え……な、……そんなのやだ……」 

チノ「嫌なんですよね?ならここから出ていったら駄目です」

チノ「私と…ずっっっと………一緒に居ましょう?ねっ?ココアさん……」ボソッ…

ココア「ひぃぃ!……」ガタガタ…


ココア「や、やだ!……私は…リゼちゃんと…一緒がいい!……」

チノ「なら…私の下僕になるしかないですね」

ココア「それも嫌……!私はここから出ていくもん……」

チノ「なら半殺し決定です」

ココア「っ……!」

チノ「覚悟はいいですk…

ココア「えいっ!!」

ボカッ!←近くにあった本で叩く

チノ「痛っーーーー!?」

ココア「……ぁ………ご、ごめんね…!」

ガチャ…バタン!


チノ「………………………………………」ゴゴゴゴゴ…

チノ「捕まえたら……………ゆっくりと………遊んであげますよ…………ココアさん……」

ココア「はぁ…はぁ………」

あの娘…なんか怪我してない? 
裸足でかけてる…
服もはだけて……

ココア「っ…………キャッ!」ドサッ!

シャロ「あ、あなた!大丈夫!?」

ココア「え……あ、はい……大丈夫です…」

シャロ「うっ…怪我すごいわね…アザだらけ……」

ココア「っ……み…みないで……」

シャロ「あっ!ご、ごめん……」

シャロ「えっと……その……とりあえず……私の家に来る?」

ココア「え…で、でも…見ず知らずの人に…そんな……」

シャロ「いいのよ、見たところ同い年くらいでしょうし…ほらっおいで」

ココア(……優しい娘だなぁ……)ウルッ…

シャロ「ここが私のおうちよ」

ココア(………………)

シャロ「な、なによ…なんとか言いなさいよ…」

ココア「えっと………ごめんね…」

シャロ「なんで謝るのよ…そうよ、私のおうちは貧乏よ…でも…薬とかならあるから……ほらっ…怪我見せなさい」

ココア「うん……」

シャロ「うわっ………痛そう…ていうかこれ……普通の怪我じゃない…わよね…」

ココア「っ………転んだだけ…」

シャロ「なによそのありきたりな言い訳…分かってるわよ、これは殴られたアザね…一体誰が…こんな酷いことを……」

ココア「……………いつっ……」

シャロ「あっ!ご、ごめんね」

ココア「ううん…ありがとうございます…」ニコッ

シャロ「…っ……///////」

シャロ(な、何私照れてんのよ…!)

シャロ「ほら、一通り塗り薬塗っといたわよ」

ココア「ありがとう…あの…お名前は?」

シャロ「私はシャロよ、あなたは?」

ココア「私はココアと申します…」

シャロ(なんか…イメージと違って大人しい娘ね……)

ココア(あっ…メールきてる)

リゼ  1件

ココア「えっ!?リゼちゃん!?」

シャロ「えっ!?なに!?リゼ先輩!?」

ココア(リゼちゃんからメール…一体……)

ココア、その…これから改めてよろしくな!
次の休みの日はココアの都合が良ければ二人で遊びに行こう!
それじゃ、おやすみ!

ココア(………リゼちゃん……………好き………)

シャロ「あ、あの……いまリゼっていったの?」

ココア「え、う、うん…」

シャロ「リゼって…手々座リゼ?」

ココア「そうだよ?シャロさん知ってるの?」

シャロ「知ってるも何も私の学校の先輩よ」

ココア「えっ!?そ、そうなんだ…」

シャロ「それで、貴方とリゼ先輩はどういう関係よ」

ココア「え…えっと………恋b………し、仕事仲間だよ」

シャロ「ふーん……ま、いいわ……あなた、これからどうすんの?」

ココア「…………どうしよう…」

シャロ「…………うーん………ま、いいわ、ちょっと待ってなさい」

ココア「え?……」




その頃チノは…

元ココアの部屋

チノ「……………………」

チノ「はぁ………はぁ………はぁ………はぁ………」

チノ「暴れ…足りない…………」

ドカッ ガッシャーーン! パリーン!……

ココアの部屋は…とても酷い有様になっていた


チノ「見つけたら……優しく…キスしながら…指を一本一本へし折って……爪剥いで…ジワジワと……やめて…やめてと…泣き叫んでも……許してあげませんよ……ふふ……ふふふ…」

ココア「あっ…ココア…美味しい……」

シャロ「ふふ…なんか面白いわね…ココアがココアを飲むって…」クスクス

ココア「……………」ゴク…ゴク…

シャロ「あっ…今のは面白くなかったわよね…ごめん…」

ココア「……え?ごめん……聞いてなかった…もう一度お願い」

シャロ「な、なんでもないわよ!!//////」

ココア「ご、ごめん………」シュン…

シャロ「えっ!?べ、べつに怒ってないわよ!?」アタフタ…

ココア(……あっ…………下向いたら……さっきまでのこと思い出しちゃう……)

ココア「………」グスッ…

シャロ「ふぇ!?……ちょ……ココア……!?」

ココア(やだ……泣いちゃだめっ…だめなのに………)ポロポロ…

シャロ「ど、どうしたら……あっ…」

ギュッ…

ココア「っ…え………シャロちゃん…?」

シャロ「アンタ……本当は……そんな暗い娘じゃないんでしょ?私にはわかるわよ……」ナデナデ…

ココア「……………」

シャロ「ほら、アンタは…泣き顔よりも…え、笑顔のほうが似合ってるわよ」ニコッ…

ココア「………っ」ゴシゴシッ…

ココア「…うん」ニコッ♪

シャロ「ほらね、私の思ったとおり…もう、大丈夫ね?」

ココア「うん!ありがとうシャロちゃん…!」ダキッ

シャロ「わっ!!も、もう………しょうがないわね…」ナデナデ…

ココア「………♪」

ココアはシャロに事情を説明した

ココア「っていうことなの」

シャロ「なるほど……とんだ変態ね…その娘……」

シャロ(もしかしたら…多分、次ココアが見つかったら……殺されるかもしれないわね…)

ココア「私……頑張ってたんだよ?……でも……チノちゃんには……わかってもらえなくて……」ウルッ…

シャロ「わー!ストップストップ!もういいわ、そういうことね…」

シャロ(…これは……私には手に負えないような……その娘の性格の問題だし…)

ココア「どうしたらいいんだろ…」

シャロ「うーん…そうね…」

ドンドンドンッ!!

おい!シャロ!!

ドンドンドン!

シャロ(あっ、きた)

ココア「え…………この声……」

ガチャ!

リゼ「おい!ココア!!」

ココア「え…リゼちゃん……どうして…」

シャロ「私がさっき電話して呼んだのよ」

リゼ「っ……なんだ…その傷は………!!」

ココア「っ…………」バッ…

リゼ「隠すな!」

ココア「っ……」ビクッ

リゼ「くそっ……誰だ…誰が一体こんなこと!!」ギリッ…

シャロ「えっ…えっと…ココア…私から話してもいい?」

ココア「うん……」

シャロ「……ということなんです」

ココア「…………」

リゼ「なん……だと………………ふ、ふざけるな…………」

ココア「リゼちゃん……私…平気だよ…こうして…リゼちゃんが会いに来てくれたんだもん…」

リゼ「!?……ココア…ごめんな……気づけなくて……」ナデナデ…

ココア「ううん……大丈夫……♪」

シャロ(な、なんなのよ…この二人の関係は!!)



リゼ「よし……チノのところに行くぞ…」

ココア「え…………で、でも…危ないよ…」

リゼ「そうだな…よし…これ持っててくれ」つハンドガン

ココア「え……な、なに…これ……本物?………」

リゼ「はは、違う違う、モデルガンだよ、ただ弾はBB弾じゃなくゴム弾だけどな」

シャロ「え…ご、ゴム弾でも死ぬときもあるってなんか見たような……」

リゼ「ああ、でもこれはそれよりも弱いやつさ、まあ使わなくてもいいがとりあえず持っててくれ」

ココア「……うん…!わかった」

リゼ「よし!それじゃ、いくぞ…」

ココア「うん!シャロちゃん…ありがとね…」

シャロ「ま、まって…ココア…」

ココア「え…?」

シャロ「そ、その…解決したら…また私のとこに来なさい…そしたら…と、友達になりましょ?////」

ココア「……うん!約束……♪」

シャロ「……ええ、約束よ!」

リゼ「おーい、ココアー行くぞー」

ココア「あっ、うん!今行く!それじゃ…またね…シャロちゃん」

シャロ「…気をつけなさいよ……」



ラビットハウス前

リゼ「よし…付いたぞ」

ココア「ハァハァ…ハァハァ………」

リゼ「話を聞く限り…いまのチノは正気じゃない……何をしてくるかわからないぞ…」

リゼ「ん?大丈夫か?」

ココア「うん…………」

ココア(どうしよう……怖い……)

リゼ「…………」

リゼ「ココア……」トントン…

ココア「……?……んむっ!?…」

リゼ「ッチュ…チュッ…」

ココア「……んっ…リゼちゃん……」チュッ

リゼ「落ち着いたか?」

ココア「うん……ありがと…/////」

リゼ「あぁ……よし…じゃあ行くぞ…静かについてきてくれ…」

ココア「う、うん……」(普通に行って…普通に話し合いじゃだめなのかな……)

リゼ「真っ暗だ…チノの靴は…ない?…今いないのか?…ココアを探してる可能性もあるな……よし…とりあえず…ココアの部屋に行こう……」

ココア「うん……」

ココアの部屋

リゼ「なっ!?なんだこの荒れようは……」

ココア「っ!?ひ、ひどい…………」

ココアの部屋は荒れまくっていた
物は散らかっており所々凹み後や擦り傷…
そして壁には[ピーーー]だの[ピーーー]だのスプレーで描かれた様な落書きもあった…

リゼ「あいつ…………狂ってる………」ギリッ…

ココア「…あっ……これ…………」

リゼ「…それは…私がプレゼントした…コップ…」

ココア「…粉々に………ひどい…よ……」ジワッ…

リゼ「……また…新しい思い出を作ろう?な?」

ココア「うん……」グスッ…


あれ…ピーってなってる…
そこは タヒね など コろス
の漢字を書きました…すいません…

リゼ「よし…チノの部屋に行ってみよう…」

ココア「うん…い、いない…よね?」

リゼ「あ、ああ…そのはずだ…靴がなかったからな……」

チノの部屋

リゼ「なっ…なんだこれ……」

ココア「え……なに…これ……」

そこには、金属バットやペンチ…ノコギリやナイフ等が置いてあった

リゼ「なんで部屋にこんなものがおいてあるんだ…」

ココア「……………」ブルブルッ…

リゼ「どうした?ココア…」

ココア「わからない…でも……怖くて…怖くて……」

リゼ「私がいる……もう二度と…ココアに触れさせたりしないから……」

ココア「うん……」

リゼ「これは危ないからベットの下に隠しておこう…」

ココア「どうしよう…チノちゃんいないんじゃ意味がないよ…」

リゼ「そうだな……」

ガチャ…

リゼ&ココア「「!?」」

リゼ「帰ってきたぞ…」

ココア「あ……ぁぁ……」ガタガタ…

リゼ「後ろに隠れてろ……」

ココア「うん………」

チノ視点

チノ(ココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさん)ブツブツ…

チノ(見つからないどこいったんでしょうかぜったいにみつけてにどと逃げられないようにしますココアさんが悪いんですふふ……ココアさんの恐怖した顔が今からでも楽しみです………)

ガチャ…

チノ(……?………靴?これは………)



ココア達視点

リゼ「あっ…私達の靴を隠すの忘れてた…」

ココア「え…で、でも…話し合うだけだし…べつにいいんじゃ…」

リゼ「甘いぞココア…私は…まずチノを拘束してからじゃないと話し合いはできないと思っている…」

ココア「えっ…こ、拘束……?」

ガチャ

リゼ「きた……」 ココア「っ……」ビクッ

チノ「……………………………………………………」

チノ「リゼさん、不法侵入ですよ?」

リゼ「…あぁ、悪いな、だけどいまはそれところじゃないんだ」

ココア「…………」

チノ「……………………」ニコッ

ココア「っ…………………」

リゼ「おい…チノ……単刀直入に言うぞ、なんでココアにこんな酷いことをした」

チノ「ああ、知ってたんですか、いえ、ちょっとしたお遊びですよ、ココアさんって笑顔がとっても素晴らしいじゃないですか、だからその笑顔を曇らせてみたいって思っただけですよ」

リゼ「………」 ココア「……………」

チノ「ココアさんの怯えた表情とかほんと最高なんですよね、リゼさんもやってみますか?ココアさん、すぐ泣く弱虫なので、ひっぱたいただけで涙目になるんですよ?弱すぎですよね」クスクス…



リゼ「もういい…チノ……お前には幻滅した……ココアをもうここに居させる訳にはいかない、お前とも絶好だ、二度と関わらない」

チノ「ええどうぞ?ご勝手に」

ココア(私は……どうしたら…)

リゼ「ココア…お前はどうしたい?」

ココア「私は…リゼちゃんと…一緒が………あ… 

チノ「ココア…さん……行かないで……」ウルッ…

ココア「うっ……」

リゼ「なっ!?ち、チノ!!くそっ!惑わされるなココア!」

ココア「!?…う、うん………ごめん…チノちゃん……私はリゼちゃんと一緒に行くよ…」

チノ(……………………………………)

チノ「………そうですか…なら…仕方ないですね……」

リゼ「……!?……」(クソッ…何かしてくるぞ……)


チノ「っ………」 ビュン…

リゼ「なっ!?は、はやい!」

チノ「……!…」ザクッ

リゼ「うっ………な、なに…」ボタッ…ボタッ…

ココア「り、リゼちゃん!?よくも…!」カチャ…

チノ「…なんですか…それ……」

ココア「う、動かないで……」ガタガタ…

チノ「………いま……調子に乗ってますよね?ココアさん…お仕置きが必要なようですね…!」ブンッ!

ココア「ぅ…ぅわぁ!!来ないで!」バンッ!

チノ「っ!?……………な、痛っ…………」

チノ「っぐ………」ゲホッゲホッ…

チノ(お腹にあたって……息が…できないっ……)

チノ(くそっ!…………くそっ!…)ゼェハァゼェハァ……

ココア「…はっ!?…リゼちゃん!リゼちゃん!!」

リゼ「ココア……」

ココア(酷い出血…どうしよう…!…)ポロポロ…

リゼ「ココア…ごめんな……」

ココア「ううん……私の方こそ巻き込んでごめん……いま救急箱持ってくるね…」

チノ「……その必要はないですよ」

リゼ「ココア……後ろっ!」

ココア「っ!?」

ココア「う、うわぁ!!」カチャ…

チノ「………」ガシッ

ココア「ぁぐ……離してぇ……」

チノ「…調子に乗った罰です」

ドカッバキッドカッベキッドガッ…

ココア「ぁぁあああ…………痛ぃいい………」

チノ「ココアさんはそこで這いつくばっていてください さて……」

チノ「………」ゲシッ

リゼ「っぐぁぁ!!」

ココア「っ…やめ…て…リゼちゃんに…何もしないで……」ゲホッゲホッ……

チノ「そうですか、なら………」

ココア「な、なにっ!?」

チノ「あなたが殺してください」

そういってチノはココアの握っていた銃にココアの手と指ごと手を置いた

ココア「っぁぁ…やだ……やだ……」

チノ「ふふっ………ほら……ちゃんと狙って………」

リゼ「うっ……くそ………!!」

ココア「やめてやめてやめてやめて………!!」

チノ「傷口のところに向けて……」

バンッバンッバンッ……

ココア「いやぁぁぁぁああああ!!」

リゼ「…!?……………………」ドバッ……

チノ「はい、終わり……」

ココア「そん……な…………リゼ……ちゃん……………」ポロポロ…

リゼ「」

ココア「う、うそ……だよね………リゼちゃん…リゼちゃん…リゼちゃん……………」ポロポロ…

チノ「嘘じゃないですよ、あなたが今、殺したんです」

ココア「そん…な……嫌だよ…リゼちゃん…一人にしないでぇぇ!!………」ポロポロ…

チノ「大丈夫……ココアさんには…私がいますよ……」

ココア「っ!!……こっち来ないで!!この人殺し!!」

チノ「…………………」

ココア「絶対に許さない!!バカ!クズ!最低!死んじゃえ!!」ポロポロ…

チノ「…………はぁ…」イラッ

ココア「っ……こ、来ないで……」ガタガタ…

チノ「…………ん?…」

チノ「こんなとこに隠してたんですか…これ……」つ金属バット

ココア「っ…………」

チノ「………………」ニタァ…

ココア「ひっ!?……や、やだ…嘘だよね……?」

チノ「っ!!!!」

ブォン!! グシャ…

ボキッ!

ココア「っっぁぁぁぁああああ!!!痛いぃぃぃぃいいい!!!!」

ココア「腕がっっ!!!」ポロポロ…

チノ「骨……ヒビはいったようですね、逃げられないように…足もしないと……」

ココア「やだやだやだやだやだやだやだやだ…………」ガタガタガタガタ……

チノ「だめですよ、これはお仕置きなんですから」

ココア「いやぁぁぁあああ!!」

バキッ ボキッ

ココア「っっっぁあああああああああああ!!!!!!!!!」

チノ「…………足は…折れませんでしたね………まあ、いいや……」

チノ「これから二人だけで楽しみましょう?ふふ………」

チノ「まずは…よいしょ……」

ココア「っ………」

チノ(ココアさん軽いですね)

チノ「ここは邪魔な死体があるのでココアさんの部屋に行きましょうか」

ココア(リゼちゃん………)ポロポロ…

ドサッ!!

ココア「痛っ!!!」

チノ「ベットに仰向けに寝転がさせて……逃げられないように縛ります」

ココア「そん…な………」

チノ「………はい、これでココアさんは一生ここから動けません」

チノ「それではお仕置きタイムです」

ココア「え……な、なに…………やだ……来ないで…来ないで……」ガチガチ…

チノ「ふふ…怯えちゃって……本当に可愛いです……」

チノ「どうしてココアさんってそんなに可愛いんですか?私よりも身長高くて年も上なのに…私よりも非力で……怯えた姿も……落ち込む姿も……凄く……最高…」

チノ「可愛いですよ……ココアさん……食べちゃいたいくらい可愛い………」

ココア「…………やだぁ…」

チノ「ふふ…ココアさん……お腹…綺麗……」 サスサスッ…

ココア「っ…や、やめ……くすぐった
い……」

チノ「…………」

ドスッ

ココア「ーっ!?…………」

ココア「がふっ……いだ………ぃ………」

チノ「ふふ……この綺麗なお腹……私がアザだらけにしちゃいますね…」

ドスッ…ドスッ…

ココア「やべ…て…!……痛ぃ……ぅぇぇぇ…」

チノ「ふふ…その表情……すごく良い……もっと……もっとです……」

ドスッ!

ココア「んっー!!………ゲホッゲホッ……ゲホッゲホッ……」

チノ「あぁ…みぞおちに入っちゃいましたか……苦しいですか?」

ココア「…………痛い…もうやだぁ……」ポロポロ…

チノ「ふふ………」ナデナデ…

ココア「もう…許して……もう……やだ……」

チノ「許すも何も……私は最初からココアさんを虐めるつもりですので」クスクス…

ココア「そん…な…」

チノ「次はこの金属バットで…お腹叩いてもいいですか?」

ココア「え……だ、だめ……死んじゃう……」

チノ「そうですね、死んじゃうかもしれませんね、でもココアさんは私のこと嫌いですよね?……なら殺しちゃってもいいですよね?」

ココア「やだ………やだ……死にたくない……チノちゃんごめんなさぃ…ごめんなさぃ……」ポロポロ…

チノ「っ//////…ハァハァ……ココアさん……こっち向いて……ハァハァ………」

ココア「ぇ………んっ……!?………」

チノ「んっ……チュッ……はむ……ンチュ…」

ココア「っ…や、やらぁ…っ…ん…やめへぇ…」

チノ「ンチュ……んっ…ぷはっ……ふふ……」

ココア「はぁ…はぁ……もうやらよぉ………」ポロポロ…

チノ「ほんと……食べちゃいたいくらい……可愛い……あむ……」

ココア「ひぁ…耳…だめ………」ゾクゾク…

チノ「ふふ………あむ…あむっ……レロ…チュッ……」

ココア「ぁ………ぁ……/////耳……ほんと……やなの………っ………/////」

チノ「……ふぅー…」

ココア「っっっっ!!!!///////」ビグビクッ……

ココア(息…だめっ!!…………)

ココア「…………ハァハァ…」

チノ「……ココアさん………」

ココア「ちの…ひゃん………」

チノ「ふふ…ろれつが回ってませんよ?」

ココア「……」

チノ「ん?どうしたんですか?」

ココア(あ、れ……わたし……どうしたんだっけ……あ、そうだ…リゼちゃん…の仇……私は…チノちゃんの敵………)

チノ「ふふ……もう…なにもかも忘れちゃってください……そして、私と一緒に暮らしましょう?」

ココア(だめ………だめ………)

チノ「ココアさん………」ギュー

ココア「あ…暖かい……」

チノ「…………ほら…ココアさんも……」

ココア「………痛っ…」

チノ「あっ……」(腕………さっき私が…)

ココア「痛い……」ポロポロ…

チノ「……ちょっと待っててください」

チノ「はい……腕出してください」

ココア「な、なに…それ…注射器?……」

チノ「ふふ……麻酔です…いきますよ?……ちゅー……」

ココア「注射…やだ………」

チノ「…もう…子供なんですから…」クスクス

ココア「あれ……痛みが消えてく……」

チノ「ええ…でも…麻酔が効果なくなったらまた痛みが出てきます、ですから」

ココア「え…」

チノ「腕……落としちゃいましょうか……」

ココア「え………や、だ………」

ココア(そうだ……った……チノちゃんは……酷い人だった…忘れちゃってた…この人は…リゼちゃんを殺したんだ………)

ココア「やめて……」

チノ「え?」

ココア「やめてよ…」

チノ「………………いきなり反抗的になりましたね…」

チノ「これはまた…躾けないとだめみたいですね!!」

ココア「っぐ………重い……」

チノ「ふふ……」

すっ…

ココア「っぐっ…離…して……!」

チノ「…………」

グッググッ…

ココア「っ……ぐる…じ……やめ゛て゛……死…ぬ………」

チノ「ココアさんは……死ぬ直前まで痛めつけないとわかってくれないじゃないですか……だからやめません」

ギュゥゥゥ……

ココア「っ…………だ……め……じ…ぬ……」ゲホッゲホッ…

チノ「クスクス…涙と…よだれ…すごい垂れてますよ…もう……ペロッ…ペロッ………」

ココア「ごめ…んなさ…ぃ……」ポロポロ…

チノ「…これ以上は流石にまずいですね………」

パッ…

ココア「っっ!!げほっ!!げほっ!!!」

ココア「はぁ……はぁ……はぁ………」

ココア(私は…もう……このままチノちゃんの玩具となって……死ぬんだ…)

ココア(リゼちゃんも…もういない……私は…生きてる意味あるのかな……お姉ちゃん……リゼちゃん……ごめんね……)ポロポロ…

チノ「さぁ…ココアさん…腕出してください……ゆっくり切り落としてあげますから………あ、そうだ…まずは指から切り落としましょうか……指、そして腕…この順番にしましょう……指ならココアさんの目の前で切り落とせますからね…ココアさんの指を目の前で切り落としたらココアさんはどんな表情するんでしょうか……ふふ……ふふふふ……」

ココア「ヤダヤダヤダヤダヤダ………」ガタガタ…

ココア「…っ…!?…ぅ………う゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛……」ビチャビチャ…

チノ「……あまりの恐怖で吐いちゃったんですか?ほんと…子供なんですから…まあ、そういうところが可愛いんですけどね……ほんと…可愛い…壊したくなるほど…可愛いです……」

ココア(…だれか…助けて!!……)ポロポロ…

ドダダダダ!

??「ハァハァ…待ちなさい!!!」

チノ「っ!?……誰ですか?あなた…」

シャロ「私は…シャロよ…ココアの友達…」

ココア「シャロ…ちゃん……」ポロポロ…

シャロ「っ……ココア……千夜!!!リゼ先輩をお願いね!」

千夜「任せて!」

ココア「え…リゼちゃん……?リゼちゃん生きてるの?……」

千夜「かなり衰退してるけど…大丈夫よ……それじゃ…あとはシャロちゃん頑張ってね」

シャロ「う、うん……」

ココア「リゼ…ちゃん……よかったよぉ……」ポロポロ…

チノ「…………貴方が誰だか知りませんが……私の邪魔をするなら容赦はしませんよ……」チャキッ…

シャロ(ふん…ナイフなんて………私には隣の部屋にあったこの銃があるから…近接武器には負けないわよ……さぁ、かかってきなさい…)

チノ「………」ピュン…

シャロ「っな!?は、早い!?」

チノ「終わりです…」

シャロ「わっ!!!」バンバンバン!

チノ「あぐっっ!!?!?」ボタッ…ボタッ…

シャロ「よしっ!!」

チノ「く、くそ……ハァハァ…」ポタッ…ポタッ…

シャロ「観念しなさい……」カチャ…

チノ「っ…ぁぁああああ!!」

シャロ「ま、まだ動けるの!?」カチ…カチ…

チノ「……」ニヤ…

シャロ「え!?た、弾切れ!?」

チノ「終わりです」

シャロ「や、やだ………」ガタガタ…

チノ「死ね…」 ブンッ!

ココア「だめぇ!!!!」



シャロ「え……あ……ぇ………」…ポタッ…ポタッ…

チノ「フフ……あなたが悪いんですからね……」

シャロ「うそ……よ……こんなの……」ポタッ…ポタッ… バタリッ

チノ「死ね!死ね!!」グサッ!…グサッ!

ココア「やめてぇ!!やめてよぉ!!!!」ポロポロ…

シャロ「……………」

チノ「あは、あはははは!!」

ココア「…っ………………」バタリッ…

チノ「麻酔…の効果……やっと出ましたか……」


ココアが最後に見た光景は
ナイフでめった刺しにされたシャロと返り血を浴びながら笑ってるチノの姿であった…

よいしょ…

ココア(あれ…わたし……あれから…ずっと……寝てたのかな………)

はっ……はっ……はっ……

グチョ…ビチョ……

ココア(なんか…足が……ムズムズする……)

綺麗な足……ふふ……

ギゴ…ギゴ……ギゴ…

ココア(っ………痛い………なに……)

よいしょ…一本切れました……あともう一本も……

ココア(え………な、なに………)

ココア「……………………」

チノ「あっ…ココアさん置きましたか?」はっ…はっ…

ビチャ…ビチャ……

ココア「うっ………なに…して………」

チノ「見てわからないんですか?ココアさんの脚を切り落としてるんですよ、ほら…すでに1本はやりました」

ココア「え…嫌………うそ……………冗談…だ…よ……ね?……あは…あはは…………」

チノ「え?冗談?………ふふ……そうですねぇ……」ピトッ…ズプッ……

ココア「いっっっっっ!?!?!??!?ぁあああ!!!痛いぃぃぃぃぃいい!!!!」

チノ「あは!…ココアさんの断面………綺麗ですよ……」サワサワッ グブブッ……

ココア「痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!やめてぇぇええええ!!!!!!本当に痛いのぉぉぉぉ!!」ポロポロ…

チノ「そこまで強くない麻酔でしたからね、でも、これからもう一本切り落としますからね?」

ココア「やだやだやだぁぁああああああああ!!!!ごめんなさいぃぃぃ!!!ごめんなさいぃいいい!!!!」ポロポロ…

チノ「だから最初にいったじゃないですか…別に私は怒ってません 謝る必要はありません…ただ…ココアさんを虐めたいだけだって」ニコッ♪

ココア「もうやだよぉぉ………どおして…私が……こんなことにぃぃ……ヒック…私…なにも悪いことしてないのに…!…グスッ……」ポロポロ…

チノ「あぁ…可哀想なココアさん……泣かないでください……」ギュゥゥゥ

ココア「ヒック…!…はな…してよぉ………」ポロポロ…

チノ「……わかりました…じゃあ……最後は……これで切り落とします……」つ肉きり包丁

ココア「っ………な、なにそれ………」ガタガタ…

チノ「肉きり包丁ですよ、骨も切り落とせるすごい切れ味の包丁です……」

ココア「やだ……やめて……もう痛いのは嫌だ……!……」ポロポロ…

チノ「一瞬で切り落としてあげますからね………」ナデナデ…

ココア「あぁぁぁぁああああああ!!」ポロポロ…

スパッ…

ボトッ…

ココア「ぁ……ぁ…」

チノ「ふふ……血が出てきませんね……あ、……ゆっくりと出てきました……」

ココア「いぃぃいいいいぁあああああ!!!!」 ビュッ…ビュッ……

チノ「わっ!すごいです!今度は血がびゅーびゅー出てきてますよ!!」

ココア「ぁあああああああ!!!痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ!!!!!」

チノ「頑張って!ココアさん!!頑張って!!」

ココア「っがぁっ!!いだいぃぃい!!!」ジタバタッ………

チノ「うわぁぁ…血溜まりができちゃってます……ていうかこれ…止血しないとまずいですよね……」

チノ「死んじゃうかも… し れ ま せ ん ね 」ボソッ…

ココア「っ!?…死ぬのいやぁぁ!!助けてぇ………」ポロポロ…

チノ「ふふ……ほら…もっと私にすがってください………私に泣きついてください……」

ココア「おね…がいします……助けてください……チノ…ちゃん…!………」ハァハァ…

チノ「っ…………」ゾクゾク…

ココア「ハァハァ…………………」グッタリ…

チノ「……流石にもうまずいですね…止血しますか……」

チノ(っていうよりも…止血ってどうしたらいいんでしょうか……)

ココア「………………」グッタリ…

チノ「ま、まずいです………このままだと本当に………」

うー…うー…… ピーポーピーポー

チノ「え……なに…!?!?……」

警察「武器を捨てろ!!」

チノ「なっ!?…警察!?なんで!!?……はっ!?まさか……あいつか!……」

千夜「………」

救急隊「ひ、ひどい……脚が………」

ココア「っぐ…………痛い……よぉ……」

救急「大丈夫よ……私達に任せて……」

チノ「っ!?ココアさんを持っていくなぁ!!」

救急「キャッ!?」

警察「う、うてぇ!!」

バンバンバン…

チノ「っぐぁぁ!!」ドサッ…


救急隊「ね、ねぇ…この娘……本当に助かるのかしら……」

救急隊2「っ……運に掛けてみるしかないわ……急いで出して!」

ココア「………っ…はぁ……はぁ………痛い…よぉ……」ポロポロ…

……

チノ「よくも…よくもぉ!!!」

警察「くそっ!おとなしくしろ!!」

ガチッ

警察2「夜3時15分逮捕!!」

チノ「このまま……ただで済むと…思うな……!いつか……必ず!!!!」


次の日…

医者「いやぁ……すごい…奇跡だ……まさか一命を取り留めるなんて…」

ココア「………」Zzz…

シャロ「こ…ココア……良かった…」

医者「おいおい…君もやばいんだからおとなしくしてなさい…」

リゼ「うぅ……二人共……よかった…よかったよぉ…!!」ポロポロ…

シャロ「な、泣かないで…ください…リゼ先輩………」

医者「まったく……」

医者「リゼさんはお腹に刺し傷、シャロさんも同じく、ココアさんは………え…えぇと……」

シャロ「……」 リゼ「………」

医者「この娘……これから大変ね………」

シャロ「ココア……」

リゼ「……ココアのことなら…心配はいりません…私が………」グッ…

そして、数日後…

ココア「……………」

ガラガラガラ…

リゼ「ココア…?起きてる…?」

ココア「っ!?…リゼちゃん……」

リゼ「……!?……ココア…ココアッ!!!」ギュゥゥゥ…

ココア「りぜ…ちゃん…」ぶわっ…

ココア「リゼちゃん!リゼちゃん……」ポロポロ……

ココア「リゼちゃんが…無事で……よかった……よかったよぉ………」ポロポロ…

リゼ「ばかっ!お前の方こそ………!」ポロポロ…

うわぁぁぁぁん………



ココア「わたし…これからどうしたら……」

リゼ「……あ、あの…ココアさえ良ければ……わ、私のとこにこないか?」

ココア「………え…?」

リゼ「あ、その……私とじゃ…嫌か?」

ココア「で、でも…私……迷惑沢山かけちゃうよ………脚もないし………もう…今までどおりの生活はできない……」

リゼ「……私はココアさえいればそれでいいんだ……ココアは…どうだ?……」ナデナデ…

ココア「………ぅん…うん!…私も!…リゼちゃんが良い……リゼちゃん…大好き…!」ギュッ…

リゼ「ココア……」ギュッ……

その頃…チノは

チノ(ココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココア殺ココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさんココアさん……)ブツブツ…

警察「ダメだ…この娘…精神がおかしい……事情聴取できないわ…」

警察2「精神病院送りね……」

チノ「…………………………いつか…………必ず………迎えに…………」ブツブツ…

警察「……でも…ほんと……恐ろしい事件だったわね……」

警察2「ええ…………」

裁判官「えー…未成年だし……精神不安定だし……無罪で……明日には…まあ…釈放で……」

はぁ!? ふざけるな!
そうだ!そうだ!
牢屋にぶち込め!
犯罪者なんだぞー!
この無能!


裁判官「うぅ……………すいません……」







チノ「……………………」



1年後……

精神病院の人「はい、チノさん、今日からまた、お外の世界ですよ」

チノ「はいっ!今までありがとうございました!」

精神病院の人「最初に来たときから随分変わったわねぇ……」ナデナデ

チノ「えへへ♪ワタシ…もう……良い娘で暮らしていきますよ!皆さんのおかげです!アリガトうございました!」

精神病院の人「辛いこともあるでしょうけど……頑張るのよ!それじゃあ元気で!」

チノ「はイ!!!」

ギィィィ……バタン…

チノ「…………………………………………」


チノ「…………ふふ……ココア……さん……………迎えに……行きますからねぇ……………」

ココア「んー♪いい風…………♪」

リゼ「そうだなぁ……気持ち良い………」

ココア「リゼちゃん…私ね…今とっても幸せ…」

リゼ「私もさ…………」ギュッ…

ココア「……んっ…えへへ……リゼちゃん………んー…」

リゼ「えっ!うっ…////…誰も…いないよな?………」キョロキョロ

リゼ(よ、よし………んっー……………)

ココア「…………………」

リゼ「んー………………………ん?……あれ」チラッ…

ココア「ぁ………あ………ぁぁ………!!…」ガタガタ…

リゼ「ど、どうしたココ……

ドサッ…

ア……………」

ココア「リゼちゃ……
……
…………………グジャッ……

ココア「ぁぁぁああああ!リゼちゃん!!!!リゼちゃぁぁん!!!!」ポロポロ…

チノ「お久しぶりです…ココアさん」

ココア「い、いや……………嫌…嫌…嫌…………ぁぁ!!!」

チノ「なにを怯えているんですか?……さぁ……去年の続きをしましょう…?……」

ココア「嫌っ…来ないで……!!」

ココア「誰か……誰かっ…助け…

バリリリリリ……

ココア「っっ!!?!…………………」バタッ…

チノ「脚がないから…逃げられませんよね…叫ばれたとき用にスタンガン持って来といてよかった……ふふ…車椅子……私が押してあげますよ……ここ…私の家に近いんですよ……また………ゆっくり………虐めて虐めて虐めて虐めてから………殺してあげます…足を切った時のあの快感…忘れられません…次は腕を切り落としてあげましょうか…ずっと…退屈で退屈でしかたなかったんです………時間はたっぷりありますからね…また……あの時みたいに楽しみましょう???…………ふふふ……ふふふふふふふ………あはははははははは!!」




END

はい、終わりです……
今回はなかなかうまくまとまったような感じがします……
ですがすっごい長くなってしまい……見てくれた人も長いと思った人が多いのではないでしょうか…
 
やはり…自分でも20レスくらいで終わるような流れにしたいのですが……やっぱ難しいですよね………

次こそココシャロかきたいと思います
ですが、モン○ンずっとやるので次書くのは…いつかわかりませんが…来週には書きたいと思います…(需要あるのか不明ですが…)

もっと面白いと思える作品を書きたいと思います…

ありがとうございました!


嬉しいです!
頑張ります!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom