【艦これ】曙「このクソ提督!」 (25)

曙「アンタ大本営に戦果を水増しして報告しようとしたんですって!?」

提督「……今月のノルマを達成できなければ、元帥から降格させると通告があったんだ。立場を守るためにバカなことをしたと思うよ」

曙「階級のためなら嘘をついてもいいって? ホント見下げ果てたクソ根性だわ」

提督「返す言葉もない。どんな非難も甘んじて受ける所存だ」

曙「全体の撃沈数と不整合があったらすぐにバレるに決まってるじゃない! ちょっとは頭を使いなさいよ」

提督「えっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497802228

曙「まずは他の鎮守府の提督から戦果を『譲って』もらうことを考えなさい。そうすれば帳尻は合うから問題になりにくいわ」

提督「はい」

曙「手段としては……そうね、青葉にスキャンダルを探ってもらいましょう。もしもなければ適当に状況を用意して脅しをかけないといけないかも」

提督「はい」

曙「一番重要なのが『演習の結果合意の元戦果を譲渡した』と公式に発表してもらうことね」

提督「どうして」

曙「本当に考えの足りないクソ提督ね! 相手が自分の醜聞を厭わず自爆覚悟で全部ぶちまけた時、単なる負け惜しみと受け取られ易くなるでしょ!」

提督「そっかぁ」

曙「そんな簡単なことにも気づかないなんて、普段から女の子の尻しか追いかけてない証拠だわ。一度くらい少佐として辺境に飛ばされたら少しはマシになるのかしら?」

提督「ごめんなさい」

曙「それじゃあたしは青葉と計画を詰めてくるから、せいぜい容量の少ない脳みそを使って報告書の文面を考えておくことね」

提督「がんばります」



曙「このクソ提督!」


曙「アンタ元帥の地位と資源をチラつかせて深海棲艦と裏取引をしようとしてるんですって!?」

提督「……今さら信じてはもらえないだろうが、これは人類を救うための逆転の布石だ。今後の計画のために必要なことだと割り切ってほしい」

曙「必要なら人殺しの勢力とも手を結ぶの? 全く救えないクソみたいな思考ね」

提督「嫌悪されるのも覚悟の上だ。ついていけないと思ったらいつでも離れてくれていい」

曙「こんなあからさまに裏がありそうな話に相手が乗ると思う? もっとちゃんと大本営を裏切ってるように見せないと」

提督「えっ」

曙「今のままだとこっちが深海側に協力するメリットが見えないわ。相手が怪しむには十分な状況ね」

提督「はい」

曙「深海棲艦の技術……特に艦娘より強力な艤装の情報を求めていることにしましょう。大淀を通じて学術的見地から艦娘と比較したいと噂を流せば相手の油断も誘えるわ」

提督「はい」

曙「さらにもう一手、『深海側と繋がっている提督がいるらしい』と内外に情報を流すのよ」

提督「どうして」

曙「あんたの頭は飾りなの? いくら調べても全く情報が洩れてこないほうが却って怪しくなるじゃない!」

提督「そっかぁ」

曙「一体提督になるまで何を勉強してきたのかしら。いっそ一度深海棲艦に捕まって改造手術でも受けたら少しはマシになるんじゃないの?」

提督「ごめんなさい」

曙「それじゃあたしは大淀と情報操作の経路について打ち合わせてくるから、せいぜい無い知恵を絞って交渉の条件を推敲しておくことね」

提督「がんばります」

..

曙「このクソ提督!」


..

曙「アンタ取引に現れた深海棲艦の中枢を遠距離からの飽和攻撃で殲滅する計画を立ててるんですって!?」

提督「……すべてこのために準備していたことだ。これで長きに亘った戦争も趨勢が決する」

曙「勝つためなら何をやっても許されるってわけね。こんなゴミクズの下で働いてたと思うと吐き気がするわ」

提督「謝って済むとは思っていない。最後まで迷惑をかけるが、外道の誹りは俺一人が受ければ済むことだ」

曙「護衛艦隊の規模が分からない以上通常兵器の飽和攻撃なんて生ぬるいわよ! 核の一発でも使ったほうがよっぽど確実性が増すじゃないの」

提督「えっ」

曙「核実験禁止条約に批准してない国を動かすべきね。アメリカとロシアが調印してるのが痛いところだわ」

提督「はい」

曙「日程の根回しが済んだら当日に発射目標を取引場所に設定し直しましょう。明石と夕張なら痕跡も残さずハッキング可能なはずよ」

提督「はい」

曙「あとは取引場所付近の海域に魚を放流して『魚群が大量に存在する』状況を作っておくことね」

提督「どうして」

曙「一から十まで人に訊かないと分からないの? 付近の漁船が核に巻き込まれれば発射国に非難が集中してクソ提督の動きがうやむやになるからよ!」

提督「そっかぁ」

曙「政治も計算もできないなんてどうしようもない無能提督ね! 残りの人生をミサイルの的として役立てて転生すれば少しはマシになるのかしら」

提督「ごめんなさい」

曙「それじゃあたしは明石と夕張とで軍事システムのセキュリティホールを探しておくから、せいぜい当日に敵の大物が大軍を引き連れて来るような誘い文句を用意しておくことね」

提督「がんばります」


深海棲艦の中枢部隊が某国核実験の不慮の事故に巻き込まれ、これにより各地の指揮系統は完全に破壊された。

もはや戦闘は小規模かつ散発的となり、人類は制海権を完全に取り戻しつつある。

大戦の終わりは近い。(大本営発表)

以上です。
クソ提督と同じレベルでぼのたんも鬼畜だったらバランスが取れてちょうどいいんじゃないかと思いました。

元帥から降格させるぞって言われてるんだろ

>>20
それだと「元帥の立場をちらつかせて」が通じなくなるからやっぱりこの提督が元帥なんじゃないか?

まあ全国に数千人の元帥(ランカー)がいる世界観のゲームで人事もクソもない気はするが

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年06月21日 (水) 00:24:42   ID: KCHYtbis

こういうの好き

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom