怜「おーん?なんだか不思議な未来が見えるわぁ」 (982)

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

怜「はい、園城寺占い事務所」つ電話

怜「あー占いね……うんうんやっとるでー」

怜「は?電話相談……うんうん」

怜「料金はどうすんねん?」

怜「あーはいはい……なるほどなー」

怜「なんでうちがそんなんせな、あかんねん店まで来ないと占われへん」

怜「あーしつこいなぁ……ほな、また」

電話「」ピッ

怜「電話だけで未来見えるわけないやろ」

怜「はぁ……………………ひまひまや」

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

怜「熱心やな、うちも続けてればよかったかもしれへん」

玄「園城寺さんなら今からでも全然いけますって!高校のときプロでも通用したくらいですし」

怜「買いかぶりすぎやろwww」

怜「あ、せやせや昔話は少しおいておいて……占いたいことってなんや?」

玄「えっと……」

玄「それはですね…………」

玄「>>8です」

1.私の将来について
2.私の金運について
3.お姉ちゃんのこと
4.自由指定

3

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「ありがとうございます」

怜「あ、でもその前に」

玄「?」

怜「3000円貰うな、占い代」

玄「あ、はい……」つ3000円

怜「サンキューや」

怜「よっこいしょ」つ水晶玉

玄「わー本格的ですね、高いんですか?」

怜「ネットで4980円やったからまあまあやな」

玄「………………………………」

怜(あ、言わんほうがよかったなこの情報……)

>>12
占いの結果
(コンマ50以上で良い未来が見える)

松実館 雀荘 2F

ワイワイ ガヤガヤ 

宥『菫ちゃん、あのお客さん達にコーヒーありありで二つね』

菫『え?ありあり?』

宥『砂糖とミルク』ギロー

菫『あ、ああ……お砂糖だな』

菫『それでどのお客さんだ?』

宥『^^』

玄『コーヒーお待たせしましたのだ!』

怜「……………………」

怜「!?」

怜「……………………見えた」

玄「どうでしたか?」

怜「旅館は少し違う形になるかもしれへんけど、お客さんはたくさん来るようになるなー」

怜「お姉さんの経営手腕の賜物やな」

玄「本当ですか?」

怜「うち、占いは外さへんから」

玄「ありがとうございます!」

怜「なんで雀荘で働いてるのかは不明なんやけどな」ボソッ

玄「え?」

怜「なんでもあらへん、こっちの話や」

菫『や、やめてくれ!宥……やめろ!いやああああああああああああ』

宥『はぁ……ほんと使えないなぁ』ゲシッゲシッ

怜「ま、お姉さんを信じて仕事手伝ってればいい結果がでてくるやろ」

玄「わかりました」

怜「あ、ところで」

玄「?」

怜「玄ちゃん以外にも旅館で働いてる人とかおるん?」

玄「弘世さ……一人だけですけど」

怜「ふーん……そうなんか」

怜「ま、ええか」

怜「お疲れ様やでー」

玄「お疲れ様ですのだ!」キリリ

一時間後

怜「」つ雑誌 パラパラ

雑誌「最カワ!冬のニットコーデトレンド!」

怜「」パラパラ

怜「ニットさん欲しいわぁ……」

怜「今日の売り上げは……」チラッ

売り上げ「3000円^^」

怜「………………………………」

怜「8時までやって帰りにスーパーのお惣菜さん買うで!」

怜「」つ雑誌 ポイッ 

怜「………………………………」

カーテン「」ガサッ

怜「!?」

怜(お客さんかな?)

怜「占いたいことがあれば中へどうぞー」

>>18
占いに来たお客さんの名前

はやりん

はやり「おはよ☆ミ瑞原はやりお姉さんがやってきたよ!」

怜「………………………………」

はやり「はややややや?もしかして園城寺さん?どうしてこんなところで占いなんてしてるのかな?」

怜「大学だるくて辞めたら占い師になってたで」

はやり「わーハートフルだね♪」

怜「絶対、馬鹿にしとるやろ…………」

怜「ま、占って貰いたいことがあるなら相談のれるで」つ椅子

はやり「園城寺さんなら機体が持てそうだな☆ミ」トスン

怜(30超えてこのキャラはやばいわぁ……)

はやり「それでーはやりの悩み事はねー」

怜「うんうん」

はやり「あ、でもでも!あれも相談してみたいしー」

怜(はやくしろや……)プルプル

はやり「やっぱり一番は……」

はやり「>>22かな!」

1.仕事のこと
2.恋愛運
3.自由指定

2

はやり「恋愛運かな☆ミ」

怜「…………………………」

怜「いまは彼女とかいらっしゃらないんですか?」

はやり「え?」ギロッ

怜「あ………………」

はやり「はやりを迎えに来てくれる白馬の王子さまはどこにいるのかな~」

怜「………………………………」

怜「と、とりあえず占ってみますね」

はやり「うん♪お願いね♪」

怜「よいしょ」つ水晶玉

怜「」つ布 フキフキ

怜「結婚とか考えてます?」

はやり「アイドルでも~結婚したい♪」

怜(アイドル……なぁ……)チラッ

はやり「^^」

怜(あー集中や集中…………)

>>25
占いの結果
(コンマ80以上で良い未来が見える)

キツい…

コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』

誓子『二人は永遠の愛を誓いますか?』

健夜『誓います!』

恒子『』コクン

誓子『それでは誓いのキスを』

ワーーーーーー

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

はやり『』パチパチパチパチ

はやり『』パチパチパチパチ

はやり『』パチパチ……

はやり『』

はやり『^^』

怜「………………………………」

はやり「わーどうだった?はやり、はやく占いの結果が知りたいぞ♪」

怜(あかん……これそのままクライアントに言うの気が引けるわ)

怜「あーそのなんていうか…………」

はやり「?」

怜「ちょっと水晶玉の調子が悪くて未来がうまくみえへんみたいですわぁ」アハハ

はやり「言え」ギロッ

怜「」

はやり「はやく」

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「はぁ……怖かったわあ」

怜「」つフキフキ

水晶玉「」テカテカ

怜「二人お客さんきたからもう帰ってもええころやけど……」

怜「せっかくやし、あと一人くらい占ってからスーパーいこっかなー」

怜「まあ、お客さんが来たらの話やけどな」

怜「~♪」

>>34
次のお客さんの名前

成香

成香「こ、こんばんは」

怜「こんばんはやでー」

成香「占い、やってますか?」

怜「ボチボチなー3000円で見とるで」

成香「よろしくお願いします」つ3000円

怜「サンキューや」

成香「あの……」

怜「ん?どうしたん?」

成香「もしかして、インターハイでてました?」

怜「でてないで」

成香「そうですか……」

怜「それで、占って欲しいことってどんなことはなんや」

成香「ええとですね」

成香「なにが占えるんですか?」

怜「なんでも占えるで」

成香「なんでも?」

怜「せやで」

成香「それじゃあ>>38を占ってもらいます」

1.私と爽さんの相性について
2.私の将来のこと
3.自由指定

3宮永咲さんという人と結婚したい

成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」

怜「よいしょ」つ水晶

怜「宮永咲との接点とかって……あるん?」

成香「咲さんが私の牧場に馬を買いにきたことがきっかけですね」

怜「牧場経営しとるんか?」

成香「ええ、父が病気してしまってからはずっと」

怜「馬持っとるとかさすが麻雀選手やなぁ」

成香「それで……そのときに……」

怜「そのときに」

成香「///」

怜「だいたいわかったわ……」

怜「今も一緒に出かけたりとかするん?」

成香「ええ、新馬の様子とか大きな牧場を案内することもありますし……この前も二人でドライブをしたんですよ///」

怜「はーそうなんか……すごいなぁ」

成香「でも……私なんかじゃ咲さんとは釣り合わないかも」

成香「それで……咲さんとの相性を見てもらって……」

怜「もらって?」つフキフキ

成香「駄目なら身を引こうと思っています」

怜「………………………………」つフキフキ

怜「それじゃあ、早速占ってみるなー」

成香「よろしくお願いします」

>>44
占いの結果
(コンマ50以上で良い未来がみえる)

成香の部屋 22時ぐらい

成香『(咲さんのメール……遅いなぁ)』つスマホ ポチポチ

スマホ『ブーーブーーーブーーーー』

成香『あ……』つポチポチポチ

Re:今週の札幌遠征のときに
From: 宮永咲
返事、遅くなってごめんね
今週末の約束だけど、調整があって19時からでいいかな?少し遅くなっちゃうけど……

成香『19時かぁ……』チラッ

雑誌『デートにおすすめのランチスポット札幌』

成香『……………………』つポチポチ

19時ですね、了解です。・ω・。
To:宮永咲
わかりました、
いつもの喫茶店でお待ちしてますね
北海道は寒いので体調にはお気をつけて

喫茶店 Grey Sovereign

成香『…………………………』

ウエイター『コーヒー、おかわりおつぎしましょうか?』つポット

成香『あ、お願いします』

成香『』ゴクッ

成香『…………少し苦いかも』

時計『21:34』

成香『あと、30分待ったら帰ろう』

からん からん

咲『お待たせしました』

成香『あ♪咲さん、寒かったですか?』

咲『うん、少し雪も降ってきたしね』

咲『待たせちゃって……ごめんね?』

成香『いいんです、忙しいでしょうから』

成香『ネクタイ似合ってますね』

咲『職場からそのまま来たんだ』

成香『試合見てました』

咲『そう、ありがとう』

咲『これ、成香に似合うと思って』つ箱

成香『え……いいんですか?』

咲『うん、開けてみて』

成香『は、はい!』ガサガサ

ネックレス 

成香『わ……すごい…………』

咲『つけてあげるね』スッ

成香『じ、じぶんでつけれます///』

咲『私がつけてみたいの!』

咲『えっと……こうかな』つネックレス

成香『///』

成香『(咲さん、大好きです、遅れて申しわけなさそうな目尻も手慣れた手つきでネックレスをかける指先も……全部…………大好き)』

怜「………………………………」

成香「どうでしたか?」

怜「二人で喫茶店にいて、宮永咲にネックレスをかけてもらうあなたの姿が見えたで」

成香「そうですか……その場合相性はいかがでしょうか?」

怜「それはうちにもわからへんなぁ」

怜「ただ……」

成香「ただ?」

怜「二人とも幸せそうやったで」

成香「…………よかった」

怜「お幸せに」

就業後 喫茶店 ぺローチェ

怜「はぁ……喫茶店にもいろんな思いでコーヒー飲んでる人がおるんやなぁ」つライター カチカチ

シュボ

怜「はー(-。-)y-゚゚゚」

怜「小さい占い屋さんだけど」

怜「明日もお客さんたくさん来るとええなぁ」

>>52
翌日に来るお客さんの名前

園城寺怜 占い事務所(ジャ○コ店内)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「朝っぱらから人が多いわあ」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「はあ……」

怜(今日は朝からお客さん一人来るような気がするんやけど)

怜「来いへんなぁ……」

カーテン「」ジャッ!

怜「!?」ビクッ

憧「占い師さんいる?」

怜「おるで」

憧「占って欲しいことがあるんだけどさ」

怜「一回3000円や」

憧「はいはい」つ3000円

怜「まいど」

憧「あれ?あなたどこかで……」

怜「うちは凄腕の占い師やからな、それで知ってるんやろ」

憧「凄腕なのにスーパーで占いやってるのも変わってるね」

怜「スーパーやない、デパートや!」

憧「ジャ○コが?」

怜「せや」

憧「まあそういう人もいるわね」

憧「何を占えるの」

怜「なんでも占えるで、凄腕やからな」

憧「逆に信用できないわね、得意分野とかないの?」

怜「ないで^^」

憧「3000円無駄にした!」

怜「うちは絶対に外さないから得意分野とかはないんや」

憧「へぇ……」

憧「それじゃあ>>57について占って貰おうかな」

1.私の将来のこと
2.来週の競馬予想について
3.自由指定

3勤めてるお風呂屋さんの次のお客さんが求めるプレイ内容

憧「勤めてるお風呂屋さんの次のお客さんとのプレイ内容ついて知りたいわ」

怜「うわぁ…………」

憧「なによ」

怜「なんでもあらへん」つライター カチカチ

怜「まあ、あれやろなんでもええやん(-。-)y-゚゚゚」

憧「良くないわよ、占わないなら3000円返しなさいよ」

怜「しゃあないなぁ……占ったるわ」つ水晶

>>60
憧を風俗で指名した相手の名前

ガイトさん

お風呂屋さん 個室

智葉『なあ、良いだろう?三倍はだすから』

憧『えーそんなこと言われてもなぁ……縄とかちょっと痛そうだし』

智葉『少しは痛いかもしれないが……普段よりもっと……綺麗な君の姿が見たいんだ』

憧『変態、変態』

智葉『しょうがないなぁ……』カチャ

智葉『プレゼント』つ腕時計

憧『そ、そんなゴツいの貰ってもなぁ』アセアセ

智葉『売ればひと月ぶんくらいになるんじゃないか?』

憧『しょうがないなぁ……やってあげる』

智葉『やった♪』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

憧「ふーん……まあ当たったら当たる占い師ってことで言い回ってあげるわ」

怜「わざわざそんなんせんでもうちは凄腕やから、みんな知ってるんやで」

憧「はいはい」

憧「それじゃあね」ガタッ

怜「はいはい、まいどあり~」

怜「はー風俗とか久しく行ってへんなぁ」

怜「お金がないのが全て悪いんやけど」

怜「一回3000円じゃなぁ……」

怜「でもお客さんもあんまこないし」つカチカチ

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」

>>72
次に占いに来たお客さんの名前

胡桃

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

2

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

眠くなってきたので
今日はここまでにします ペッコリン

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

おいゴミ!
まだ懲りてなかったようだなあ!?

まーた荒らされてーのか?
ゴミか?

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

ずっと荒らし続けるぞ

マジで懲りてねえみたいだからな

おいゴミ!

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

>>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8
玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

玄「お姉ちゃんのことです」

怜「ん……お姉ちゃん?」

玄「えっと……阿知賀のときに一緒にインターハイにでてた」

怜「あー赤い牌の」

玄「そうです!」

怜「お姉ちゃんのことで悩みあるん?」

玄「悩みというか……」

玄「うちって旅館を経営してて、私もその手伝いをしてるんですけど」

怜「うん」

玄「あんまり経営が思わしくないみたいで……占ってくれませんか?」

怜「アベノミクスとかいうても不景気やからなぁ……」

怜「よっしゃわかったで!占ってみるわ」

エイスリン『どっちもどっち!』キリリ

塞『あはは』

豊音『海外ちょー行ってみたいね♪』

エイスリン『ねえ、サエ』

塞『どうした?』

エイスリン『トヨネはまだ戻らないの?』

塞『………………………………』

エイスリン『そっか』

怜「あーこれは……難しいわぁ」

胡桃「難しい?」

怜「未来が断片的にしか見えなくて時系列もバラバラなんや」

胡桃「本当に?」

怜「せや、まずはじめに見たのは気だるげなショートカットの女と……」

胡桃「シロのこと?」

怜「そうなん?それと竹井久って知り合いが東京を歩いて姉帯さんといるシーンが見えたで」

胡桃「それ、おかしい」

怜「なんでや!」

胡桃「シロも豊音のことを探しているはずだから!」

怜「でも特段驚いた様子もなかったで、今よりだいぶ未来の話なのかもしれへん」

胡桃「…………所詮占いかぁ」

怜「おーん^^天才怜ちゃんの占いに文句があるかいな」

胡桃「まあいいよ、続けて」

怜「けったいなガキやなぁ……」

怜「それから場面が変わって外国人の美人と女が雪の中を歩いていて、そこに姉帯さんもおった」

胡桃「!?」

胡桃「エイスリンのことは話したっけ?」

怜「誰やそれ?」

胡桃「…………………………」

怜「ま、ええわ」

怜「二人は姉帯さんがいなくなったことについて少し話しとったけど」

怜「近くに姉帯さんはおったみたいやな」

胡桃「それって…………」

怜(不思議やなぁ…………)

怜(もう少し具体的な未来が見えてもええのに今回は神様の啓示みたいな内容や)

怜「>>140

1.ところで団体戦のメンバーってその5人やろか?
2.姉帯さんは意外と近くにいるかもしれへんな
3.申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?

3

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

住宅街

胡桃『あーあ、今日も仕事疲れちゃったなぁ』トコトコ

胡桃『帰っても洗い物たまっちゃってるし』ボソッ

胡桃『ん?』

豊音『』

胡桃『え…………』

胡桃『豊音!』

胡桃『ねぇ!豊音でしょ!探したんだよ!豊音!』

豊音『!?』スッ

胡桃『待って!』ダッ!

キキキキキキキキキキキキキーーーーーっっっっ!!!!!

バコッ!

胡桃『え…………?あ…………』

ぐしゃっ ぐしゃっ

ザ……ザ……ザザザザザザザザザザザ……
ザザザ……ザザザザザザザザザ

トヨネ……?ケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタケタ


ブツッ

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

おお、もう…

コンマ08 と1でいきます

再安価にします ペッコリン

>>154
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

1

コンマ94

豊音『占い師さんちょーむかつくよー』ユラユラ

怜「」カタカタ

胡桃「?」

怜(あかん……言わないと言わないとあかん)

怜「今日か明日にはあんた、ダンプ轢かれて死ぬで」

胡桃「え?」

怜「姉帯さんに呼び寄せられてダンプに当たってあの世行きや」

胡桃「…………………………」

怜「もう、死んでるんやで」

胡桃「そ、そんなこと……ない!!!」

胡桃「豊音はどこかで生きてるし、私も死なない!約束したんだから!また会おうって!」

豊音『だよねー♪』

怜「そんなん、全てまやかしやで」

胡桃「違う!!!」

胡桃「シロだって待ってるんだ!豊音のこと」

怜「待ってへんで」

豊音『えーそうなのー?』アワアワ

胡桃「違う!!!待ってるの!どうしてそんなことわかるの!?ねえ?わかるの!?」

怜「だってそらなぁ……」

胡桃「なに」

怜「宮守の全員分の未来を見てみたんよ、うちは天才やからな^^」

胡桃「はあ?」

怜「豊音に連れて行かれて死ぬのは、おまえだけやで」

胡桃「」

怜「おまえだけが受け入れていないんや、友人の死を」

胡桃「………………………………」

怜「豊音は死んで一人でも、おまえの周りには他にもいろんないるんやから……もうやめようや」

胡桃「」ガタガタガタガタ

胡桃「そんなことない」

怜「死んだら一人やで」

胡桃「そんなことない!!!私は豊音のこと絶対忘れないもん!」

豊音「そっか……そうだよね……私、ぼっちじゃないよね」

胡桃「え……豊音…………」

豊音「ごめんね、胡桃の心の中に居座って」ギュッ

豊音「怖かったんだ……ひとりぼっちで」

豊音「旅立つの……」

胡桃「豊音!どこいってたの!死んじゃやだ!豊音!せっかく会えたのに!」

豊音「でも、私も一人じゃないよね?」

胡桃「豊音!」

・・・・・・・・・

怜「消えてしもたみたいやな」

胡桃「えぐっ…………えぐっ……豊音、ごめんね、ごめんね」

胡桃「さよならだったのに、涙が止まらないよ……」

怜「泣いてええんやで5年近く思い続けてきたんやからな」つナデナデ

胡桃「……………………ぁ……ぁ」

怜「(^^^)ノ""""ヨシヨシ

怜ちゃんのおうち(ワンルームアパート)

怜「オカルト怖いわぁ……」カタカタ

怜「死んでる人がフラフラ動き回ってるとかありえへんやろ」つウイスキー

怜「……………………」

怜「ま、まあ!うちの能力で今回の事件も無事解決!」

怜「やっぱりうちは天才ですわ(-。-)y-゚゚゚」

怜「明日もお仕事頑張るでー」

>>168
明日、占いに来るお客さんの名前

園城寺怜 占い事務所

漫「来ましたよ、園城寺さん」

怜「占いたくないから帰ってもええで^^」

漫「ひどっ!大阪からわざわざ来たんに!」

怜「今日はダルい気分なんや(-。-)y-゚゚゚閉店、閉店」

漫「さ、差し入れです」つ缶コーヒー

怜「……………………」

怜「ま、しゃーない占ったるか」

漫「ありがとうございます!」

漫「酷いじゃないですか、あんなに脅かして」

怜「近隣の年下相手には強くでるからな(-。-)y-゚゚゚」

漫「タバコ、体に悪いですよ」

怜「…………………………」

怜「……………………」

怜「(-。-)y-゚゚゚」

漫「意志が弱いから止められないんですよ」

怜「(-。-)y-゚゚゚」

漫「きいてます?」

怜「ちゃうで」

漫「?」

怜「止める意志が弱いんやなくて、吸い続ける意志が強いんや!!!」キリリ

漫「な、なるほど」

怜「せやろ(-。-)y-゚゚゚」ドヤァ

怜「ほら、占いしたから3000円置いてってええで」

漫「まだやってないやないですか!!!」

怜「ナイス、つっこみや」

怜「そんで、なんについて占って欲しいん?」

漫「>>173ですね」

1.私の末原先輩のこと
2.絹ちゃんが貢いでいる相手のこと
3.自由指定

2

漫「絹ちゃんが貢いでる相手のこと、占ってください」

怜「wwwwwwwwwwwwwww」

漫「な、なにわらってんですかwww」

怜「い、いやwww状況思い浮かべて思わず笑ってもうたwwwwww」

怜「ヤバすぎやろ、姫松高校」

漫「絹ちゃん、事務の仕事とは別に川崎の堀ノ内のピンサロに勤めてるんですけど」

怜「ほんほん」

漫「そのぶんの給料全部、貢いで無くなっちゃうんですよ」

怜「はー可哀想やなぁ」

怜「はーそういうことならしゃーやい、後輩のピンチや占ったるわ」つ水晶

漫「ありがとうございます」

怜「きにせんでや~うちも興味あるし」

漫「げっすい」

怜「風俗の勤め先まで調べたやつに言われとうないわwww」

漫「たしかにそうですね」

怜「はあ……」つフキフキ

怜「それじゃあ占うで~」

>>177
絹ちゃんの貢いでいる相手の名前

ホテル

絹恵『あ、あの……これで足りますか……』つ封筒

菫『ん…………』つヒョイ

菫『(20万か………………)』

菫『いつも、ありがとう嬉しいよ^^』

絹恵『は、はい!』

菫『よっと』つ コポコポ

絹恵『?なにしてるんですか?』

菫『絹恵ちゃんにコーヒーいれてあげようと思って』

絹恵『~♪』

菫『最近は事業も好調なんだ、これが終わったらインドネシアからもルートを開けるし……』

絹恵『そ、そんなことよりですね……』ソワソワ

菫『ああ、それもそうだないつもの使うか?』つ袋

絹恵『は、はい!』

・・・・・・・・・・・・

絹恵『あ、あの……今月はこれで』つ封筒

菫『ん…………』つパラパラ

菫『は?なんで13万しかないの?』

絹恵『す、すみません……』

菫『なんで?先月は20もくれたじゃん』

絹恵『シフトうまくはいれなくて……』

菫『ふざけんな!!!!』バンッ!

絹恵『ひっ…………すみません、すみません』つ財布

菫『………………ッチなんだよ、三万持ってるじゃん』

絹恵『ごめんなさい』

菫『最初からなんでださないんだよ、おい!なあ!』バンッ!ゲシッ!ゲシッ!

絹恵『ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい』

怜「うわぁ………………」

漫「見えましたか?」

怜「見えたで、毎月10万~20万くらいやな」

怜「少ないときはしばきまくって、多いときは優しい、アメと鞭の使い手や」

漫「なんで別れないんですか?」

怜「そら、女は優しくされた時のことだけ覚えてるもんやし(-。-)y-゚゚゚」

漫「そんなもんですか(-。-)y-゚゚゚」

怜「せや(-。-)y-゚゚゚」

眠くなってきたので
今日はここまでにします ペッコリン

漫「絹ちゃんを助けてあげてください」

怜「急に真面目になると調子くるうわぁ」

漫「この通りです」つ三万

怜「絶妙に欲しいくらいの金額出すのやめろや」

漫「高校の同級生が風俗って可哀想やないですか?」

怜「せやろか?うちなら興奮するで」

漫「まあ、それは多少ありますけど……」

怜「あのブスメガネ、おっぱい大きかったし(-。-)y-゚゚゚」

漫「ですね(-。-)y-゚゚゚」

12時くらいまで少しだけ進めます ペッコリン

怜「三万で絹ちゃんのピンサロ何回いけるん?」

漫「指名料込みで三回くらいじゃないですか?」

怜「…………………………」

怜「行ってみたいわあ」

漫「ですね(-。-)y-゚゚゚」

怜「まあ、それは置いておいてやな」

怜「うちの能力は未来が見えるだけやから、その未来に介入したりすることは出来ないんよ」

漫「え……そうなんですか?」

怜「せや」

漫「えーじゃあ助ける方法はないんですか?」

怜「こっちから絹ちゃんにアプローチして辞めさせるか」

怜「弘世菫をどうにかするかやな」

漫「なるほど……どっちにするんです?」

怜「え……やるとは一言もいってへんで3万はほしいけど…………もう少し貰わんとわりにあってへん」

漫「…………………………」

漫「じゃあ私が>>210

1.絹ちゃんに言ってきます
2.弘世さんをどうにかします

(どちらでもコンマ30以上で成功)

2

コンマ12

漫「私が弘世さんをどうにかします」

怜「んーそか、頑張ってなー」

漫「それじゃあ失礼しました、また未来が変わったかどうか占いにきますね」

怜「んー待ってるでー」つポテチの袋

カーテン「サーーーーーーーーー」

・・・・・・・・・・・・・

怜「」つバカッ

怜「」つポテチ

怜「」ムシャムシャ

怜「一応、漫ちゃんのこの後の未来を見とくこかな」

漫『免許証だけは、免許証だけは返してください』ドゲザー

宥『あーもう……うるさいなぁ』グリグリ

菫『免許証なんて取り上げてどうするんだ?カードもそうだが』

宥『このあと適当に薬使って調教して風俗で働かせるじゃん?』

漫『ひっ………………』ドゲザー

宥『で、使えなくなったら消費者金融とかで限界まで借り入れさせてそれから捨てようよ』

菫『さすが、宥!』

宥『ふふん』ドヤァ

宥『財布持ってるとそう簡単に逃げられないしね』

宥『ほら、頭あげてよ漫ちゃん』ドカッ

漫『ぎゃっ!?ひっ……………………』ガタガタガタガタ

宥『免許証返してほしい?』

漫『は、はい……』

宥『犬のチンチンの真似してみて』

漫『え………………?』

宥『』ドカッゲシッ!ゲシッ!

漫『ぎゃっ!?いやあああああああああああああああ』

菫『な、なぁ……もうそれくらいでいいんじゃないか?』

宥『菫ちゃんは黙ってて』

菫『は、はい……』

宥『』ギロッ

漫『ひいいいいいいいいいい』

宥『うるさいなぁ……はやくしないと殺しちゃうよ』

漫『は、はひ……はい…………』チンチン

宥『えらい、えらい』つナデナデ

菫『』カタカタ

怜「」つポテチ

怜「」ムシャムシャ

怜「お風呂屋さんの闇ふかいわぁ」

怜「三万なんかで受けへんでほんま良かったわ」

怜「今日の売り上げは……」

怜「さっきの3000円だけやな」

怜「せっかく教えて貰ったのに絹ちゃんのピンサロ行けるのいつになるんやろなぁ……」

怜「マクドで一時間時間つぶしてから帰えろっと」ヨッコイショ

マクド○ルド店内

怜「お芋さんおいしいわぁ^^」つポテト

怜「エグチバーガーもおいしいし」

怜「」ムシャムシャ

怜「ソファーも広いしなー」ゴロゴロ

周りのお客さん「ひそ…………ひそひそ」

怜「おーん?なんか文句あるんかいな(-。-)y-゚゚゚」

周りのお客さん「^^;」ピタッ!

怜「はー(-。-)y-゚゚゚」

怜(ここで500円使って、タバコ買って……2000円くらいしか残らへん)

怜「世の中厳しいわぁ」

翌日!  占いコーナー

怜「」ゴロゴロ

怜「」ゴロゴロ

怜「」つライター

シュボっ・・・

怜「(-。-)y-゚゚゚」

怜「客が」

怜「客が来いへん(-。-)y-゚゚゚」

怜「ま、こんな日もあるか」

怜「困ったわぁ……」

>>221
これから占いに来るお客さんの名前

巴「あ、あの……」

怜「」ゴロゴロ

巴「や、やってますか?」

怜「営業中やで(-。-)y-゚゚゚」

巴「よかった!私占いたいことがあって」

怜「いまタバコ吸ってるからちょっと待ってや」

巴「あ、はい…………」

眠くなってきたので短いですが今日はここまでにします ペッコリン

怜「おまたせしましたやで」

巴「変な関西弁……」

怜「おーん?(・д・)」

巴「なんでもないです」

怜「ま、ええわそれで占いたいことってなんなんや?」

巴「えっと……」

巴「>>234

1.私の職場運について
2.私と衣ちゃんの相性について
3.自由指定

3神代家を乗っ取る方法

巴「神代家を乗っ取る方法を教えてください」

怜「はい?」

巴「神代家ですよ永水の!」

怜「いや、そんなこと頼まれてもなぁ……」

巴「……………………ッチ」ギロー

怜「顔怖すぎやろ……」

巴「じゃあ占ってくれるだけでいいです」シブシブ

怜「はぁ…………」

怜「そもそもなんで乗っ取ったりしたいんや?」

巴「え、だってムカつくじゃないですか」

怜「え?」

巴「姫様~♪姫様~♪って」

巴「おちゃらけたガキに媚びた声だしやがって」

巴「糞みたいな風習ですよねほんと^^」

巴「口うるさいおばさんも不愉快ですし」

巴「ね?」

怜「」カタカタ

怜(う、うちの見てたインターハイってほんま一部でしかないんやなぁ……)

怜「心の闇はふかいわぁ」

巴「それじゃあ占いお願いしますね」

怜「そもそも巫女なんやから、自分で占えばええやんわざわざうちに頼らずとも」

巴「明確に……」

怜「?」

巴「明確に未来を見れるのはあなただけですよ、園城寺怜」

怜「はぁ……照れるわぁ……」つ水晶

怜「さーてぼちぼち占いますか」

>>239
巴がみらいに神代家を乗っ取れるかどうか
(コンマ50以上で成功)

滅びろ

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

巴『す、すみませんでした!魔が差しただけなんです』ウルウル

霞『ごめんですんだら警察はいらないのよねぇ……』

小蒔『まあまあ、霞ちゃん』

小蒔『謝ってるしそんなに怒らなくても……ね?』

霞『姫様がそういうのなら……』

初美『納得いかねーのですよー』

巴『ありがとうございます』ペッコリン

巴(やっぱり所詮あまちゃんね、反吐がでるわ)




春『^^』ポリポリポリポリポリポリポリポリ

小蒔『ちょっと疲れちゃった、お部屋戻ってるね』

霞『あまり、気を落とさないでね』

パタン

巴『そ、それじゃあ私も失礼させてもらいます』

春『待てや』ポリポリポリポリ

巴『え……』

霞『小蒔ちゃんの前ではああ言ったけど、許すわけないのよねぇ』

初美『懺悔の時間なのですよー』つ電気バリカン

巴『や、やめてください!』

春『^^』

い、いや……

いやああああああああああああっっっっ!!!!

怜(強制的に剃髪されるのはきついわぁ……)

怜(そのあとずっと泣いとったし……)

怜(でも…………)

巴「どうでした?乗っ取って私が姫様って呼ばれる未来とか見えました?」

巴「」ワクワク

怜「小蒔ちゃんと戦ってるところまでしか見れなかったわあ^^」

怜「互角の勝負って感じやったで^^」

巴「そ、そうですか!互角……ふふふっ♪」

怜(わざわざ本当のこと言う必要もあらへんな、全部こいつが悪いし)

一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前

カツ丼

靖子「よお、久しぶりだな 」

怜「スカウトさんでっか久しぶりです」

靖子「せっかく私がとってやろうとしたのに、こんな小さいスペースで占いやることないのになぁ」

怜「元々、プロ志望とかじゃあないんやで」

靖子「まあ、その話はともかくとして」

靖子「当たるんだろう?占い?」

怜「百発百中、現代に舞い降りた大予言者園城寺怜ちゃんやからな」

靖子「それは頼もしい」

靖子「前払いだ」つ100万

怜「……………………なんのつもりや?」

靖子「雀プロ業界は金になるんだ、それが3000円だと思って貰って良い」

怜「底辺スカウトごときがけったいなことやて」

靖子「で、やるのか?」

怜「ま、金のためやしやらざるおえへんなぁ」

靖子「ありがとう」

怜「どういたしましてやで」

怜「」つカツ丼 モグモグ

靖子「」つカツ丼 ガツガツ

怜「あ、ごちそうさまです」

靖子「そんだけじゃたりないだろ?せっかく出前とったのに」

怜「うち、少食なんで」つライター

シュボ

靖子「まあいい、腹も膨れたし早速本題に入ろう」

怜「それで?うらないたいことって(-。-)y-゚゚゚」

靖子「>>255のことだ」

1.将来の麻雀界の流行血統
2.ソースカツ丼の将来
3.自由指定

3.園城寺怜がプロ入りするかどうか

靖子「園城寺怜がプロ入りするかどうかだ」

怜「え………………」

怜「んー」

怜「しないで^^」

靖子「占ってないだろ」

怜「そもそも今、プロ入りする気が全くあらへんからなぁ」

怜「自動的にプロ入りの可能性はないで」

靖子「占ってみたことはないのか?」

怜「ないで」

怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)

コンマ 44

竜華のおうち!

竜華『ときーごはんできたでー』

怜『まだ、おなかすいてないで』ゴロゴロ

竜華『おいしいシチューや』

怜『んー?』ゴロゴロ

怜『(どうしよっかなー?)』

怜『食べるで!』

竜華『~♪』

竜華『とき~♪あ~ん♪』つスプーン

怜『』モグモグ

怜(あ、あれ……うちりゅーかと結婚するんかいな)

怜(大阪であんだけ酷い別れ方してもうたのになぁ)

怜「プロ入りしない未来が見えたで」

靖子「…………本当にちゃんと占ったのか?」

怜「当たり前やろ、100万は貰っとくで」

靖子「そうか……ちなみに未来では何をしてたんだ?」

怜「お嫁さんやで^^」

靖子「嘘だな」

怜「本当や!本当なんや!」

眠くなってきたので
今日はここまでにします ペッコリン

怜「竜華のお嫁さんになるんやで(-。-)y-゚゚゚」

靖子「…………」

靖子「それなら仕方がない」つ100万

怜「おーきに^^」

怜(こんな簡単な仕事で100万とか笑いが止まらへんわあ^^)

靖子「ただ、未来は変えられるんだろう?」

怜「まあそうやなー」

靖子「一応資料だけ置いていく、気になったら連絡してくれ」つ名刺

怜「ま、かんがえとくで」

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

怜「」モグモグ

怜「カレーパンにコーヒーの相性最高やわぁ」つライター カチカチ

シュボ

怜「缶コーヒーじゃなくてもう少しおいしいコーヒーだとなおええんやけどな(-。-)y-゚゚゚」

怜「さーて……」

怜「そろそろお客さんが来そうな気がするで!」

>>284
次の占いにくるお客さんの名前

まこ

まこ「よろしくじゃけぇ」

怜「おーん?(-。-)y-゚゚゚」

まこ「あ、休憩中やったじゃろか?」

怜「3000円貰えればすぐにでも占えるで」

まこ「そかそか、それじゃあ早速占って欲しいことがあるんじゃ」

怜「なんやー?」

まこ「>>287じゃ!」

1.わしの存在感のこと
2.友人が始めた雀荘の経営のこと
3.自由指定

2

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

怜「ヒッサやんけwwwwwwwww」

まこ「知っとるんか?」

怜「久とはわりと仲良かったで~♪」

まこ「それなら話がはやい」

まこ「さっそく占ってみてくれんかのぅ」

怜「了解や!」

>>292
久の経営する雀荘が上手く行くかどうか
(コンマ50以上で成功)

むり

久『お金、お金もうないんです!貸してくださいいいいいいいい!!!!』

咲『はぁ……冗談はゴミみたいな経営手腕とムーミンみたいな顔だけにしてくださいよ』ドカッ!バキッ!

怜「あ」

まこ「どうだったんじゃ?」

怜「これは無理みたいですわ (ヾノ・∀・`)ムリムリ」

まこ「やっぱりなぁ……」

怜「まあ、久やし破産してもなんとかなるやろ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

園城寺占い事務所 営業終了後

怜「さーてと、今日の売り上げは……」

財布「^^」つ100万と6000円

怜「……………………」

怜「園城寺怜、大勝利や!」

怜「はー百万円なんに使おうかなー」ワクワク

怜「もう明日はサボってしまってもええんちゃうかなこれ^^」

怜「どうしようかなー?」

>>298
1.明日も占い師を頑張る
2.せっかくやし遊びに出かけるで!

2

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

5

キャバクラ

智美「いらっしゃいませー」ワハハ

怜「とりあえず、女の子2、3人呼んでボトルだしてや」

智美「わはは……今は少し忙しくて最初は1人だけでもいいですか?」

怜「しゃーないなぁ、一見さまやしとりあえずボトルはウイスキーの……何があるん?」

智美「どうぞ」つメニュー表

怜「シーバス12年しかないん?」

智美「申し訳ありません」

怜「じゃあ響の17年で頼むで」

智美「かしこまりました」ペッコリン

怜「はー楽しみやなぁ」ワクワク

>>309
キャバクラでついてくれる女の子の名前

漫「よろしくお願いします」ペッコリン

怜「あーやっと来て……あれ?」

漫「あ…………」

怜「^^」

怜「とりあえず水割りつくってや」

漫「は、はい……」つカラカラ

怜「なんでこんなとこで働いてるん?」

漫「絹ちゃんのことでえらいことになりまして……」つ水割り

怜「ふーん……大変そうやなぁ」

怜(まあ、全部未来見たから知ってるんやけどな)

怜「タバコ吸いたいわぁ」つ

漫「どうぞ」つライター

怜「サンキューや(-。-)y-゚゚゚」

怜「ウイスキーとタバコって最高の組み合わせやと思わへん?」

漫「そうですね、そう思います」

怜「吸ってもええで?」つタバコ

漫「仕事中ですから」

怜「そかそか」

怜「これからお風呂さん行くん?」

漫「!?」

怜「うちは天才やからな^^」

漫「やめてくださいよそういうこと言うの」

怜「まーしゃないやん!しゃあないやん!占えちゃうんやから!」

漫「はぁ…………」

怜「今度行ったるから、サービスしてなー」

漫「や、やめてください!」

怜「ははは」

怜(このまま漫ちゃん弄っててもおもろいけど、せっかくやし違う女の子かもう一人女の子呼ぼうかな)

>>315
1.もう一人テーブルに呼ぶ(名前指定)
2.漫ちゃんとチェンジする(名前指定)

1誓子

怜「もう一人ほしいで」

智美「わ、わかったぞー」ワハ……

誓子「誓子です、よろしくね♪」

怜「園城寺怜やで、よろしくなー♪」

怜(あれ……この娘どこかで見たことあるような…………)

怜(ま、ええか)

怜「誓子ちゃんはなに飲みたいん?」

誓子「えっと……シャンパンが好きです」

怜「そかそか、じゃあグリュッグやなーボトルで頼むで~♪」

怜「かんぱ~い♪」つシャンパン

誓子「乾杯♪」つシャンパン

漫「乾杯」つシャンパン

怜「はーおいしいわぁ^^」

誓子「はい、おいしいですね♪」シダレ

怜「うち、普段はウイスキーとかビールばっかりでシャンパンは飲まないんやけど、たまに飲むとおいしいわぁ」

誓子「ウイスキーお好きなんですか?」

怜「喫煙者やからなー♪タバコにあうから」

誓子「そうですか♪タバコは……ハイライト、かっこいいですね」

怜「せやろか?」

誓子「若い方はそんなに吸っている印象がないですけど、渋くて園城寺さんに似合ってます」

怜「わはは」 

誓子「もう少しここいても……いいですか?」

怜「もちろんやで~♪」

漫「」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

繁華街

怜「~♪」

怜「楽しかったわぁ」

怜(まだ70万以上あるんやなぁ^^)

怜「さーて、と」

怜「もう少し遊んでから帰ろっかなー」

怜「どこ行こかな♪」

>>322
1.雀荘で大儲けやな♪
2.友人呼んで喫茶店でだべるで
3.スロットでもやるか
4.お腹すいたからラーメン食べて帰るで
5.サウナでのんびり汗ながしてゴロゴロするで

3

コンマ66 スロ屋

怜「しゃー打つでー打つでー」

怜「えっと……台はどれがええかなー」

怜「よっしゃ!前もでたことあるしこのガールズパンツァーってやつにするで!」

怜「」つポチポチ

スロット台「あんこう祭り!!!」

怜「よっしゃ!一発や!来るで~来るで~」

スロット台「ドゥンwwwwwwドゥンwwwwwwwww」

戦車道!!!!!!!!!

怜「よっしゃああああああああああ!」


・・・・・・

夜 11時

怜「はー12万も勝ってもうたわぁ^^」

怜「やっぱりうちは天才やったんやなぁ」ホクホク

怜「えっと……」

怜「今いくらくらいあるんやろ……」

怜「ま、ええか」

怜「次いくでー次つぎやー」

>>327
1.雀荘で大儲けやな♪
2.友人呼んで喫茶店でだべるで
3.落ち着いて飲める飲み屋さんがええな
4.お腹すいたからラーメン食べて帰るで
5.サウナでのんびり汗ながしてゴロゴロするで

2

喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前

のよー

怜「あ、繋がった!ゆーこか?うちやうち」つ電話

電話「怜?久しぶりなのよー」

怜「せやなー、今歌舞伎町の喫茶店でコーヒー飲んでるんやけど来いへん?」

電話「今、何時だと思ってるのよー」

怜「12時やで^^」

電話「はー」

怜「久しぶりに話したいんや」

電話「今、東京駅のあたりいるからからタクシーでいくのよー」

怜「了解や、待っとるで~」

喫茶店 

怜「ぷはー(-。-)y-゚゚゚」

由子「お待たせしたのよー」

怜「お、久しぶりやな」

由子「さっき電話で聞いたのよー」

怜「それもそか」

怜「どうや?景気のほうは」

由子「結構いい感じよー」

怜「プロのパトロンになったり結構楽しそうやもんなぁ」

由子「怜はどうなのよー」

怜「景気ええで^^」

由子「とてもそうは見えないのよー」

怜「まあ、占い師とか太い客がつかへんと儲からへんしな」

由子「プロの雀士とかで良ければいろいろ紹介できるのよー」

怜「あー」

怜「そういう助けはいらへんな」

由子「わかったのよー」

怜「ところで由子さ」

由子「?」

怜「>>336

1.なにか占ってみたいこととかあらへん?
2.竜華っていまどんな感じなんや?
3.最近注目のプロ雀士教えてくれへん?

2

怜「竜華っていまどんな感じなんや? 」

由子「勝ったり負けたりしながら、少しずつ賞金を集めてるのよー 」

怜「ほーん……竜華でも通用するんやなプロって」

由子「高校の頃の竜華ちゃんとは全然レベルが違うし麻雀にも鬼気迫るものがあるのよー」

怜「うちのほうが高校のころは上手かったのになぁ」

由子「今じゃクソザコよー」

怜「クソザコ→覚醒→クソザコのローテやで^^」

由子「高校即プロで良かったのよー」

怜「プロとか興味あらへんしなぁ」

由子「今週末に重賞トライアルに出場するらしいから応援してあげて欲しいよー」

怜「うちが応援しようが、しまいが結果変わらんやろ」

由子「まあ、それはそうだけど……」

怜「テレビ放送はあるん?」

由子「もちろんよー」

怜「じゃあ、気が向いたら事務所のほうから見るかもしれへんわぁ」

由子「それじゃあそろそろ帰るのよー」

怜「せやな、それじゃまた」

翌日! 占い事務所

怜「はー」ゴロゴロ

怜「」つライター

怜「(-。-)y-゚゚゚」

怜「客きいへんな」

怜(やることもないし……)

怜(どうしようかな?)

>>353
1.のんびり次のお客さんを待つ(占いにくる人の名前を指定してください)
2.竜華の試合でも見てみるか

1キャップ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

3久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「え?久のこと知ってるんですか?」

美穂子「」ハッ!

美穂子「もしかしてあなたが久をたぶらかして……そういえば結構容姿もいいですね」ギロー

怜「ちゃう!ちゃうで!最近全然あってへんし」

美穂子「本当ですか?」ギロー

怜「本当や!」

美穂子「一応信じてあげます、久をたぶらかした泥棒猫のことを占ってください」

怜「は、はい…………」

>>363 久の恋人の名前
1.洋榎
2.ゆみ
3.自由指定

3憧

久『悪いわね、わざわざお金出してもらっちゃって助かったわ』

憧『いいって!雀荘大変だったんでしょ?』

久『まあね、もう一旗揚げてやる予定でだけどね』

憧『あはは、また失敗するんじゃないの?』

憧『でも……』

久『?』

憧『そういうとこ好きだよ』

久『ふふっ♪ありがと』

怜「」チラッ

美穂子「」ギロッ

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」

怜「……………………」

怜「怖かったわぁ……」

怜「気がすすまないけど、新子さんの未来見なあかんやろなぁ……」

怜「3000円のためにえらいことしてもうたわぁ」

怜「………………………………」

怜(どうしようかな……)

>>370
1.新子憧の未来を見る
2.怖いから竜華の試合みてのんびりするで

1

眠くなってきたので短いですが今日はここまでにします ペッコリン

1

おつ

乙です

おつおつ


竜華の試合も見たいけど薮蛇だろうな…

今のうちに竜華より格上のすこやんやいくのんに貸しを作っておくのも手かな

庇護を願うなら咲さんやろなあ

この人の強キャラって庇護を受ける時、風呂屋に沈む覚悟がいるよね。

でも庇護もらえないと風呂か4ぬか竜華やし

りゅーかと咲さん以外は悲惨な末路がありえるからなぁ
ゆーこもたまにボコられるし

乙です


コンマ高いからキャプテンの襲撃が成功するんやで^^

久々に見たけど本当おもしろいわ

久々に見た
甲子園以来だけどその間に何か作品ある?

本当面白いなこの人の書くss

>>389
記憶にあるのはこんな感じ?
宥「菫ちゃんを射精管理するよ!」
怜「無人島に漂流してもうた……」
久「え?私は勇者になれない?」
怜「はぁ……千里山で全国優勝したかったわあ」
菫「ふーん……これが話題のスマホアプリか」
由子「競馬の血統について話すのよー」

部外者が勝手にあれこれ言って申し訳ないです

>>391
ほんとにありがとう

ヒッサの勇者のやつって荒らされて完結してないよね?どこかに続きとかあるの?

唯一綺麗なハッピーエンドで終わった牧場を忘れてはいけない

あれは心が綺麗じゃないと幸せは訪れないって事を俺たちに教えてくれた

牧場は久が綺麗すぎて咲さんがウザく感じるレベルだったからな

PM学園もなんだかんだでハッピーエンドだったでしょ!

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

>>397>>396>>395>>394>>393>>392>>391

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

牧場といいPMといい、久って突発的に聖人目指すよな
その点怜は流石やで

ぐう聖選択肢(+高コンマ)を選ばない読者サイドにも問題がある

>>389
376 : ◆dq6zY66Y4o 2016/02/10(水) 00:18:32.71 ID:pCexf0WPO

宣伝用に

菫「もしかして私ってモテるんじゃないか?」

久「麻雀はブラッドスポーツなのよー」

怜「あーこれ……監禁されたみたいや」

咲「ペットと一緒の生活って楽しそうだよね!」

久「楽してお金儲ける方法ないかしらねぇ……」

照「私……なんでインターハイ優勝できたんだっけ」

怜「一巡先を見る能力さえあれば人生楽勝やろwwwwwww」

宥「お母さんが遺してくれた松実館を立て直すよ」

和「一番ダサい名前の競走馬を決めましょう!!!」

恭子「鍛えて最強雀士をつくる?」

378 : ◆dq6zY66Y4o 2016/02/10(水) 00:19:37.44 ID:pCexf0WPO

怜「巣作り竜華!ダンジョン経営しみゅれーしょんや!」

咲「はぁ……魔王の仕事も楽じゃないなぁ……」

和「ハロウィンですし咲さんにイタズラしましょう」

久「東西対抗戦?」怜「野球で勝負や!」

怜「うちと竜華の幸せな結婚生活かぁ……」

久「田舎でのんびり牧場生活かぁ……憧れるわ」

久「田舎でのんびり牧場生活も大変ねぇ……」part2

宥「人間との戦争はあったかくないね」

久「咲-Sakhee-最強交配理論なのよー」

竜華「怜と結婚できてほんまに良かったわぁ」

最終地点が健気に頑張る若手農場主と頼れるキャプテンだったからな
普通にハッピーエンド

>>408
このリンクお気に入り登録してあるわ

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

>>406>>407>>408>>409>>410

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

コンマ41



巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

式神『へ^^へ』

巴『ていやああっっっっ!!!!』


小蒔『?』つ 霊力の壁 へ^^;へ


式神『 へ;^^へ ムリヤワ!』

巴『・・・』

霞『巴ちゃんなにしてるの?』

巴『イヤ、ナンデモナイデス』

初美『裏切り者は絶対に許さないのですよー』

ドッタン! ばったん!
ドッタン! ばったん!

ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!バキッ!ボコッ!ゲシッ!バキッ!

コンマ41

巴『積年の恨みをはらします、式神!!!!!』

ゴミw ゴミw







































































ゴミw ゴミw

>>390>>389>>388>>387>>386>>385>>383>>382>>381>>380
ゴミw ゴミw







































































ゴミw おえw

>>379>>378>>377>>376>>375>>374

怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」


怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」

>>373
>>372
>>371
>>370

>>379>>378>>377>>376>>375>>374

怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」


怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」

>>373
>>372
>>371
>>370

>>379>>378>>377>>376>>375>>374

怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」


怜「新子憧って子と仲ええみたいやなー」メソラシー

美穂子「あんな汚い女と……」メラメラ

怜「……………………」

美穂子「ありがとうございました」ペッコリン

怜「な、なにするつもりなん?暴力は駄目やで」

美穂子「^^」

怜「だ、駄目やで」カタカタ

美穂子「^^」

怜「駄目じゃないです」

美穂子「それじゃまたお願いしますね」

怜「はい……」

>>373
>>372
>>371
>>370

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前a

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前b

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」n

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

一時間後

ワイワイ ガヤガヤ

怜(客来きへんなぁ…………)

怜「こんだけジャ○コ来る奴おるんやから、ひとりくらい占いやってってもええやろ」

怜「はぁ…………」

怜「」つスマホ ポチポチ

怜「」つスマホ ポチポチ

お客さん「あの……やってますか?」あ

怜「!?」

怜「もちろん営業中やで!さ、中へどうぞー」

>>4
占いに来たお客さんの名前

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)a

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」a

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」s

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

玄「よろしくお願いします」オズオズ

怜「ん……よろしくなー」

玄「あれ?……千里山の…………」

怜「え?」

玄「インターハイで一緒だった松実玄です、おぼえてますか?」

怜「あー……………………」

怜(誰やったかなこいつ…………)

怜「もちろん覚えとるでーあの戦いはきつかったわー」

玄「もう5年近くたつんですね」

怜「時がたつのは早いわぁ」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」a

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」a

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」a

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでaうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなdくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」w

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

ずっと監視してるからな

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」w

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」w

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

胡桃「おはよー」

怜「いらっしゃいませー」

胡桃「うわ、タバコくさい……」

怜「そらまあ、さっきまでうちが吸ってたからなぁ」

胡桃「……………………」

胡桃「よく当たる占い師がいるって聞いてきた」

怜「あ、噂になってるん?よかったわぁ」

怜「でも、その噂は少し間違ってるで」

胡桃「間違い?」w

怜「よく当たるじゃなくて、100%あたるんやで」

胡桃「よくいう」

一時間後

怜「」つ雑誌 パラパラ

雑誌「最カワ!冬のニットコーデトレンド!」

怜「」パラパラ

怜「ニットさん欲しいわぁ……」

怜「今日の売り上げは……」チラッ

売り上げ「3000円^^」

怜「………………………………」

怜「8時までやって帰りにスーパーのお惣菜さん買うで!」

怜「」つ雑誌 ポイッ 

怜「………………………………」

カーテン「」ガサッ

怜「!?」

怜(お客さんかな?)

怜「占いたいことがあれば中へどうぞー」

>>18
占いに来たお客さんの名前
一時間後

怜「」つ雑誌 パラパラ

雑誌「最カワ!冬のニットコーデトレンド!」

怜「」パラパラ

怜「ニットさん欲しいわぁ……」

怜「今日の売り上げは……」チラッ

売り上げ「3000円^^」

怜「………………………………」

怜「8時までやって帰りにスーパーのお惣菜さん買うで!」

怜「」つ雑誌 ポイッ 

怜「………………………………」

カーテン「」ガサッ

怜「!?」

怜(お客さんかな?)

怜「占いたいことがあれば中へどうぞー」

>>18
占いに来たお客さんの名前

一時間後

怜「」つ雑誌 パラパラ

雑誌「最カワ!冬のニットコーデトレンド!」

怜「」パラパラ

怜「ニットさん欲しいわぁ……」

怜「今日の売り上げは……」チラッ

売り上げ「3000円^^」

怜「………………………………」

怜「8時までやって帰りにスーパーのお惣菜さん買うで!」

怜「」つ雑誌 ポイッ 

怜「………………………………」

カーテン「」ガサッ

怜「!?」

怜(お客さんかな?)

怜「占いたいことがあれば中へどうぞー」

>>18
占いに来たお客さんの名前
一時間後

怜「」つ雑誌 パラパラ

雑誌「最カワ!冬のニットコーデトレンド!」

怜「」パラパラ

怜「ニットさん欲しいわぁ……」

怜「今日の売り上げは……」チラッ

売り上げ「3000円^^」

怜「………………………………」

怜「8時までやって帰りにスーパーのお惣菜さん買うで!」

怜「」つ雑誌 ポイッ 

怜「………………………………」

カーテン「」ガサッ

怜「!?」

怜(お客さんかな?)

怜「占いたいことがあれば中へどうぞー」

>>18
占いに来たお客さんの名前

病院

憧『』

心電図『』つピッ……ピッ……ピッ

久『うう……どうして自殺なんか…………』メソメソ

美穂子『上埜さん…………』

久『どうしてよ!どうしてなのよ!』

美穂子『………………………………』

久『ねえ!?』

美穂子『上埜さん……久は悪くありませんよ、悪くないです』つナデナデ

久『えぐっ……えぐっ…………』

美穂子『よしよし^^』ギユッ

怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「その後、久は美穂子さんと幸せにくらしとるみたいやし」

怜「憧ちゃん以外だれも不幸になってへんな」

怜「そもそも占っただけでうちの責任やない」

怜「うん」

怜「よかったよかった^^」

怜「さーて」

怜「次のお客さんは誰やろな♪」

>>493
次に占いに来るお客さんの名前を

佐藤アナ

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

怜「ちゃうで」

佐藤アナ「またまた~、よく当たるって評判ですよ~」

怜「うちの占いは100%やからよく当たるとか軽々しく使ってほしくないわぁ、虚偽表示みたいなもんやし」

佐藤アナ「おおおおおおおおおおお」

佐藤アナ「なんという自信でしょう!さすが美少女占い師言うことが違います!」

怜「ほら、取材とか受け付けてへんから帰るんやで」

ディレクター「まぁ、そう言わずに……宣伝になるし悪いようにはしませんから」

怜「はーそんなん言われてもなぁ……」

ディレクター「園城寺さんのお部屋に佐藤アナいかせますから」ボソッ

怜「ん?」

佐藤アナ「?」オッキナオモチ!!

怜「………………………………」

怜「取材うけるで♪」

ディレクター「ありがとうございます!」

佐藤アナ「それでは早速占ってもらいましょう♪」

怜「え、あーそんなことまでするん?」

ディレクター「カット!!!!」

ディレクター「もっと悪そうで狡猾な占い師って感じでお願いします」

怜「しゃあないなぁ……」

カメラマン「ああい!準備オッケーでええす!」

佐藤アナ「それでは早速占ってもらいましょう!」

怜「ま、それはええんやけどなぁ……なんぼなん?」ワルソウナカオ

佐藤アナ「えっと……なんぼとは?」

怜「お嬢ちゃん、いくらだせるんって聞いてるんやけど?」

佐藤アナ「と、とりあえずこれで」つ三万

怜「はあ……しけてるわぁ」

怜「ま、ええわそこかけてや」

佐藤アナ「ありがとうございます!」


ディレクター「あい!!オッケーええええええええ!!!さすが園城寺さん!完璧です!」

怜(半分やらせやんけ…………)

怜「それで?占いたいことってなんなん?」

佐藤アナ「はい!その……恋愛運占ってください」

怜「はぁ……ありきたりなテレビ番組の好きそうな企画やでほんま」

怜「ちょっとまっててなー」つ水晶

怜「」つフキフキ

怜「準備オッケーや」

怜「さっそく占うで」

佐藤アナ「」o(^-^)oワクワク

>>499
佐藤アナのこれからの恋愛運
(コンマ50以上で良い結果)

大成功やん

怜とヤって竜華にのされる未来しか見えないのになー

怜-Toki-の葉子ちゃんも亡きもんにしてそうや>竜華

セーラ『裕子さん!好きや!ずっと一緒にいて欲しい!』

怜「ぶっwwwwwwwwwwww」

佐藤アナ『あらあら』

セーラ『オレが絶対プロで活躍して、生活には不自由させないから!』

佐藤アナ『そうねぇ……でも私もアナウンサーの仕事があるし』

セーラ『それならそれでええ!うちも裕子さんも成功すればええ!』

佐藤アナ『それもそうね、来てセーラ』

セーラ『ああ』キリリ

佐藤アナ「どうでしたか?」

怜「すぐに恋人見つかりそうや、恋愛運は最高やで」

怜「相手が結構うちに近い人でびっくりしたわぁ」

ディレクター「それって教えてもらっても?」

怜「そうすると未来が変わってまうから教えられへんなぁ」

佐藤アナ「そうですか……」

怜「ま、すぐにスキャンダルとかになるやろからテレビ屋さんも忙しくなるなぁ」

佐藤アナ「しませんって!そんなことお仕事一筋ですから」

怜「せやなー」

ディレクター「はい!!オッケーええええええええ!!!」

セーラかよww

怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」

>>506
>>505怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」
>>503
>>502
>>501怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」
>>500
>>499
>>498

>>506
>>505怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」
>>503
>>502
>>501怜「………………………………」

怜(いきなり病院はあかんわぁ……)

怜「自殺で意識不明って言われても」


怜『暴力は駄目やで』

美穂子『^^』

・ ・ ・

怜「こんなん絶対他殺ですやん」

怜「………………………………」つライター

怜(ま、まあ憧ちゃんとかうちには関係あらへんしな)

怜(助けなくてもなんとかなるやろ)

怜「はぁ……(-。-)y-゚゚゚」
>>500
>>499
>>498

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

佐藤アナ「よく当たると評判の占いコーナーにやってきました!!!」

佐藤アナ「どんな占い師なのか早速突撃してみようと思います!」

佐藤アナ「おじゃましまーす」つザッ

怜「ん…………(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「あなたがよく当たると評判の占いさんですか?」

カメラマン「」ゾロゾロ

怜(な、なんやこいつら…………)

怜「ちゃうで」

佐藤アナ「またまた~、よく当たるって評判ですよ~」

怜「うちの占いは100%やからよく当たるとか軽々しく使ってほしくないわぁ、虚偽表示みたいなもんやし」

佐藤アナ「おおおおおおおおおおお」

佐藤アナ「なんという自信でしょう!さすが美少女占い師言うことが違います!」

怜「ほら、取材とか受け付けてへんから帰るんやで」

ディレクター「まぁ、そう言わずに……宣伝になるし悪いようにはしませんから」

怜「はーそんなん言われてもなぁ……」

ディレクター「園城寺さんのお部屋に佐藤アナいかせますから」ボソッ

怜「ん?」

佐藤アナ「?」オッキナオモチ!!

怜「………………………………」

怜「取材うけるで♪」

ディレクター「ありがとうございます!」

怜「ちゃうで」

佐藤アナ「またまた~、よく当たるって評判ですよ~」

怜「うちの占いは100%やからよく当たるとか軽々しく使ってほしくないわぁ、虚偽表示みたいなもんやし」

佐藤アナ「おおおおおおおおおおお」

佐藤アナ「なんという自信でしょう!さすが美少女占い師言うことが違います!」

怜「ほら、取材とか受け付けてへんから帰るんやで」

ディレクター「まぁ、そう言わずに……宣伝になるし悪いようにはしませんから」

怜「はーそんなん言われてもなぁ……」

ディレクター「園城寺さんのお部屋に佐藤アナいかせますから」ボソッ

怜「ん?」

佐藤アナ「?」オッキナオモチ!!

怜「………………………………」

怜「取材うけるで♪」

ディレクター「ありがとうございます!」

怜「ちゃうで」

佐藤アナ「またまた~、よく当たるって評判ですよ~」

怜「うちの占いは100%やからよく当たるとか軽々しく使ってほしくないわぁ、虚偽表示みたいなもんやし」

佐藤アナ「おおおおおおおおおおお」

佐藤アナ「なんという自信でしょう!さすが美少女占い師言うことが違います!」

怜「ほら、取材とか受け付けてへんから帰るんやで」

ディレクター「まぁ、そう言わずに……宣伝になるし悪いようにはしませんから」

怜「はーそんなん言われてもなぁ……」

ディレクター「園城寺さんのお部屋に佐藤アナいかせますから」ボソッ

怜「ん?」

佐藤アナ「?」オッキナオモチ!!

怜「………………………………」

怜「取材うけるで♪」

ディレクター「ありがとうございます!」

怜「ちゃうで」

佐藤アナ「またまた~、よく当たるって評判ですよ~」

怜「うちの占いは100%やからよく当たるとか軽々しく使ってほしくないわぁ、虚偽表示みたいなもんやし」

佐藤アナ「おおおおおおおおおおお」

佐藤アナ「なんという自信でしょう!さすが美少女占い師言うことが違います!」

怜「ほら、取材とか受け付けてへんから帰るんやで」

ディレクター「まぁ、そう言わずに……宣伝になるし悪いようにはしませんから」

怜「はーそんなん言われてもなぁ……」

ディレクター「園城寺さんのお部屋に佐藤アナいかせますから」ボソッ

怜「ん?」

佐藤アナ「?」オッキナオモチ!!

怜「………………………………」

怜「取材うけるで♪」

ディレクター「ありがとうございます!」

一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前
一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前

一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前
一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前

一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前
一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前

一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前
一時間後

怜「はーお客さん来いへんなぁ」

怜「よいしょ」つ競馬新聞

怜「エリ女の予想でもしよかな」

電話「prrrrrrrrrrrrrr prrrrrrrrrrrrrr」

怜「はぁ」つ競馬新聞 ポイッ

怜「はいー、園城寺占い事務所」

電話「今って空いてます?」

怜「営業中やで」

電話「あ、そうですか!いまからいきます」

怜「別にええけどあんた誰やねん」

>>250
次の占いに来るお客さんの名前

漫「絹ちゃんが貢いでる相手のこと、占ってください」

怜「wwwwwwwwwwwwwww」

漫「な、なにわらってんですかwww」

怜「い、いやwww状況思い浮かべて思わず笑ってもうたwwwwww」

怜「ヤバすぎやろ、姫松高校」

漫「絹ちゃん、事務の仕事とは別に川崎の堀ノ内のピンサロに勤めてるんですけど」

怜「ほんほん」

漫「そのぶんの給料全部、貢いで無くなっちゃうんですよ」

怜「はー可哀想やなぁ」

漫「絹ちゃんが貢いでる相手のこと、占ってください」

怜「wwwwwwwwwwwwwww」

漫「な、なにわらってんですかwww」

怜「い、いやwww状況思い浮かべて思わず笑ってもうたwwwwww」

怜「ヤバすぎやろ、姫松高校」

漫「絹ちゃん、事務の仕事とは別に川崎の堀ノ内のピンサロに勤めてるんですけど」

怜「ほんほん」

漫「そのぶんの給料全部、貢いで無くなっちゃうんですよ」

怜「はー可哀想やなぁ」

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』
30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』
30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』
30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』
30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』
30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

30分後

憧『がっ……あがっ…………がっ……』カタカタ

智葉『あぁ……綺麗だよ』

憧『(縄が食い込んで……ほんとにヤバい、ヤバい…………死ぬ)』

憧『ふ、ふざけんじゃないわよ!おろせ!おろせ!』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃ!いやあああああああああああああああああああ!!!!』

智葉『~♪』

智葉『ここに三十万ある』つ札束

憧『は、はあ?』

今日は徹夜で監視するぞ

おい荒らししかやることないゴミニート
うんこするぐらいしか生産性のないゴミにふさわしい嫌がらせだな

>>531
よおゴミ
ゴミは生きてる価値ないから

ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」

翌日!

佐藤アナ「zZZ…………」ギュッ

怜「重い……ん…………」

怜「寝てる姿えろいわぁ……」

怜「よいしょ」ノビノビ

怜「」つライター カチカチ

しゅぼ

怜「はー(-。-)y-゚゚゚」つ   冷蔵庫

怜「」つ缶ビール プシュッ!

怜「」ゴクゴク

怜「起き抜けのビールとタバコは最高やな(-。-)y-゚゚゚」

怜「風呂も入ったし、ぼちぼち職場向かうで」テクテク

自動精算機「^^」つ一万円になります

怜「一万円はたかいわぁ」

怜「よいしょ」つ佐藤アナの財布

自動精算機「ガーーーーーーーーー」

怜「」つ   佐藤アナの財布 ポイッ

怜「行きがてら喫茶店で朝食食べへんとな」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

園城寺占い事務所

怜「」ゴロゴロ

怜「せっかく取材うけたのに」

怜「客は来いへん……」

怜(まあ、取材うけても放送されるのは2ヶ月後くらいなんやろな)

怜「はー(-。-)y-゚゚゚」

怜「暇暇や!」

>>539
次に占いに来るお客さんの名前を

怜「」グテー

霞「あらあら」

怜「なんや、お客さんかいな」

霞「巴ちゃんから聞いたわよ、変な占い師がいるって」

怜「巴ちゃん?」

霞「メガネをかけて巫女の格好をしてる」

怜「あー永水の人に逆らってリンチされてた娘かぁ、覚えてるで」

霞「それで、占ってほしいことがあるのよねぇ」

怜「あんたら、巫女やのになんでうちに占わせるねん」

霞「それはだって、向き不向きがあるでしょう?」

怜「しゃーないなぁなんや?占ってほしいことって」

>>542
霞さんが占ってほしいこと

巴に余計なことを吹き込んだ占い師に対してやる効果的なお仕置き

怜「」グテー

霞「あらあら」

怜「なんや、お客さんかいな」

霞「巴ちゃんから聞いたわよ、変な占い師がいるって」

怜「巴ちゃん?」

霞「メガネをかけて巫女の格好をしてる」

怜「あー永水の人に逆らってリンチされてた娘かぁ、覚えてるで」

霞「それで、占ってほしいことがあるのよねぇ」

怜「あんたら、巫女やのになんでうちに占わせるねん」

霞「それはだって、向き不向きがあるでしょう?」

怜「しゃーないなぁなんや?占ってほしいことって」

>>542
霞さんが占ってほしいこと

怜「」グテー

霞「あらあら」

怜「なんや、お客さんかいな」

霞「巴ちゃんから聞いたわよ、変な占い師がいるって」

怜「巴ちゃん?」

霞「メガネをかけて巫女の格好をしてる」

怜「あー永水の人に逆らってリンチされてた娘かぁ、覚えてるで」

霞「それで、占ってほしいことがあるのよねぇ」

怜「あんたら、巫女やのになんでうちに占わせるねん」

霞「それはだって、向き不向きがあるでしょう?」

怜「しゃーないなぁなんや?占ってほしいことって」

>>542
霞さんが占ってほしいこと

怜「」グテー

霞「あらあら」

怜「なんや、お客さんかいな」

霞「巴ちゃんから聞いたわよ、変な占い師がいるって」

怜「巴ちゃん?」

霞「メガネをかけて巫女の格好をしてる」

怜「あー永水の人に逆らってリンチされてた娘かぁ、覚えてるで」

霞「それで、占ってほしいことがあるのよねぇ」

怜「あんたら、巫女やのになんでうちに占わせるねん」

霞「それはだって、向き不向きがあるでしょう?」

怜「しゃーないなぁなんや?占ってほしいことって」

>>542
霞さんが占ってほしいこと

怜「」グテー

霞「あらあら」

怜「なんや、お客さんかいな」

霞「巴ちゃんから聞いたわよ、変な占い師がいるって」

怜「巴ちゃん?」

霞「メガネをかけて巫女の格好をしてる」

怜「あー永水の人に逆らってリンチされてた娘かぁ、覚えてるで」

霞「それで、占ってほしいことがあるのよねぇ」

怜「あんたら、巫女やのになんでうちに占わせるねん」

霞「それはだって、向き不向きがあるでしょう?」

怜「しゃーないなぁなんや?占ってほしいことって」

>>542
霞さんが占ってほしいこと

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

喫茶店 ペローチェ

怜「」モグモグ

怜「ペローチェのサンドイッチおいしいわぁ」つ新聞

怜「カフェラテもええ感じやし」ヨミヨミ

怜「ん…………」


新聞「清水谷竜華!重賞初V!!!チーム期待応える」


怜「竜華いけるやん!」

怜「賞金5000万かぁ……すごいなぁ(-。-)y-゚゚゚」

仮眠とってる間に投下しやがって
ほんとゴミだな

霞「巴に余計なことを吹き込んだ占い師に対してやる効果的なお仕置きかしら?」

怜「え…………」

霞「やっぱりあることないこと吹き込んで面白がってる悪い子には、お仕置きが必要よねぇ」

怜「吹き込んでないで^^」

霞「はぁ…………」

怜「そもそも、どうする気なん?そんなん占われへんし、うちが罰を受けることなんかありえへんやろ」

霞「まあ、身元引き受け人を呼んだだけだからお仕置きとも言えないのだけれどね」

怜「え?」

竜華「ときいいいいいいいい、ここにおったんか心配したんやで」ギューーー

怜「ぐえ…………」ジタバタ

霞「巴に余計なことを吹き込んだ占い師に対してやる効果的なお仕置きかしら?」

怜「え…………」

霞「やっぱりあることないこと吹き込んで面白がってる悪い子には、お仕置きが必要よねぇ」

怜「吹き込んでないで^^」

霞「はぁ…………」

怜「そもそも、どうする気なん?そんなん占われへんし、うちが罰を受けることなんかありえへんやろ」

霞「まあ、身元引き受け人を呼んだだけだからお仕置きとも言えないのだけれどね」

怜「え?」

竜華「ときいいいいいいいい、ここにおったんか心配したんやで」ギューーー

怜「ぐえ…………」ジタバタ
霞「巴に余計なことを吹き込んだ占い師に対してやる効果的なお仕置きかしら?」

怜「え…………」

霞「やっぱりあることないこと吹き込んで面白がってる悪い子には、お仕置きが必要よねぇ」

怜「吹き込んでないで^^」

霞「はぁ…………」

怜「そもそも、どうする気なん?そんなん占われへんし、うちが罰を受けることなんかありえへんやろ」

霞「まあ、身元引き受け人を呼んだだけだからお仕置きとも言えないのだけれどね」

怜「え?」

竜華「ときいいいいいいいい、ここにおったんか心配したんやで」ギューーー

怜「ぐえ…………」ジタバタ

竜華「あ、ごめん……ちょっと苦しかったやんな」ギュッ

怜「はーーーはーーーーー」

怜「いきなりどうしたん?職場まで来て」

竜華「怜、大阪で付き合ってるとき言うてたやん?」

怜「?」

竜華「ほら、プロなんて安定してないから別れようって」

怜「あー言うたかもしれへんな」

竜華「でも、もう大丈夫や!うち、プロでも活躍出来るからなー怜のことも一生養っていけるで!」

竜華「結婚しよ?怜?」

怜「……………………………………」チラッ

霞「おめでとうございます^^」パチパチ

怜(あかん……どないしよ…………ほんまに竜華と結婚してええんやろか)

>>566
1.竜華と結婚するのも悪くあらへんな
2.もう少し占い師続けるで^^

2

竜華「あ、ごめん……ちょっと苦しかったやんな」ギュッ

怜「はーーーはーーーーー」

怜「いきなりどうしたん?職場まで来て」

竜華「怜、大阪で付き合ってるとき言うてたやん?」

怜「?」

竜華「ほら、プロなんて安定してないから別れようって」

怜「あー言うたかもしれへんな」

竜華「でも、もう大丈夫や!うち、プロでも活躍出来るからなー怜のことも一生養っていけるで!」

竜華「結婚しよ?怜?」

怜「……………………………………」チラッ

霞「おめでとうございます^^」パチパチ

怜(あかん……どないしよ…………ほんまに竜華と結婚してええんやろか)

>>566
1.竜華と結婚するのも悪くあらへんな
2.もう少し占い師続けるで^^
竜華「あ、ごめん……ちょっと苦しかったやんな」ギュッ

怜「はーーーはーーーーー」

怜「いきなりどうしたん?職場まで来て」

竜華「怜、大阪で付き合ってるとき言うてたやん?」

怜「?」

竜華「ほら、プロなんて安定してないから別れようって」

怜「あー言うたかもしれへんな」

竜華「でも、もう大丈夫や!うち、プロでも活躍出来るからなー怜のことも一生養っていけるで!」

竜華「結婚しよ?怜?」

怜「……………………………………」チラッ

霞「おめでとうございます^^」パチパチ

怜(あかん……どないしよ…………ほんまに竜華と結婚してええんやろか)

>>566
1.竜華と結婚するのも悪くあらへんな
2.もう少し占い師続けるで^^

ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」

ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」
ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」

ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」
ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」

ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」
ホテル ベッドの上

佐藤アナ「怜さん好きです♪」ギュッ

怜「そんなこと言われてもなぁ(-。-)y-゚゚゚」

佐藤アナ「恋愛運は最高なんですよね?」

怜「うちやなくて違う相手やで」

佐藤アナ「ふふっ♪」

怜(セーラの女抱いてると思うと変な気分やわぁ……)

怜(まあでも……こういうのも悪くあらへんな)

怜「しゃー充電できたしもう一回戦いくで~」

怜「もう少し占い師続けるで^^」

竜華「」

怜「まだ、竜華とは結婚できへんわあ」

竜華「なあ、怜」

怜「なんやー?」

竜華「そんな選択肢あると思ってるん?」

怜「」

竜華「怜の未来はうちのお嫁さんしかありえへんやろ」

霞「そうですね」

枕神怜ちゃん『せやなー♪』

怜「嫌や!もう少しと占い師やってから可愛い女の子と結婚するんや!」

竜華「…………………………」

竜華「^^」

霞「^^」

枕神怜ちゃん『^^』

怜「ひっ…………………………」

怜「嫌やああああああああああああああああああああ!!!!!!」

ドカッ! バキッ! ボコッ!

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』
a
久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス
d
まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」
『キャバクラ』

久『い、いらっしゃいませー』

咲『よく似合ってるじゃないですか』

久『まあ、ドレスも悪くないわね』

咲『ちなみにレンタル料1日1万かかるんで頑張って稼いでくださいね』

久『…………………………』

咲『ふぁいとー』

久『^^』


怜「やっぱり、世の中金やな」

まこ「場末の占い師が言うと説得力あるわ」

怜「うちの占いは天才やから百パーセントあたるんやで」フンス

まこ「参考くらいにはさせてもらうわ」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

美穂子「久をたぶらかした雌豚の名前とそいつの最適な処刑方法のことです」

怜「」

美穂子「どうかしましたか?」

怜「い、いや……なんでもあらへん」

怜(処刑方法って……もう実行されとるやん…………占いやないやん、というか久ってあの久やろか)

美穂子「さ、占ってください」

怜「なあ、久ってあの竹井久のことなん?」

喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前
喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前

喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前

喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前

喫茶店

怜「スロットで勝ってからのコーヒーとタバコおいしいわあ(-。-)y-゚゚゚」

怜「うまうま^^」

怜「さーてと……」

怜「話し相手が欲しいし、誰か呼び出してたべりたいわぁ」

怜「誰に電話しよっかなー」つ携帯

>>331
喫茶店に呼び出す友人の名前

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ
美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

都内 貸しホール 結婚式会場

竜華「ほら、素敵やろ♪怜のために用意したんやで~♪」

怜「ごちそうとか、ケーキとかあってすごいわぁ……」ゲンナリ

竜華「うちが着付けてあげたウェディングドレスも良く似合ってるで」

竜華「まあ怜はなに着ても可愛いんやけどな」

怜「あはは……」

怜「それにしても結婚式やのにお客さんが誰も来てへんな」

竜華「あーそれはな」


竜華「怜の最高に可愛い姿を見るのはうちだけで充分やからな♪二人結婚式にしたんや♪」


怜「…………………………………………」

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ
美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ
美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

美穂子「こんにちは」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「あの……」

怜「」ハッ!

怜「いらっしゃいませやで!」

怜「」ゴロゴロ

美穂子「占って欲しいことがあるんです」

怜「3000円かかるで」ヨイショ

美穂子「はい、どうぞ」つ

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

赤羽橋駅付近

豊音『わーシロ、見て見て東京タワーだよー』

白望『寒くて、ダルいね』

久『そう?空気が澄んで夜景が綺麗じゃない?』

白望『…………………………』

白望『そうかも』テクテク

久『でしょ?』テクテク

豊音『わ、待ってよー』

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434


園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434


園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434


園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434


園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』


コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』

コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』


コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』

コンマ68 

結婚式会場a

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』

はやり『』

はやり『』

はやり『』


コンマ68 

結婚式会場

鐘『から~ん♪から~ん♪』

怜(お、いけるやん!水晶玉のおかげや)

健夜『こーこちゃん、いこ』つギュッ

恒子『う、うん///』

怜(あ…………ふーん……)

健夜『わあ^^はやりちゃんも結婚式来てくれたんだぁ』

はやり『も、もちろんだぞ☆ミ』

健夜『嬉しいなぁお礼言わないとねこーこちゃん^^』

恒子『ありがとうございます』ペッコリン

智美『二人ともはやくステージにくるんだー』ワハハ

健夜『あ、はい!わかりました!またね、はやりちゃん^^』
a
はやり『』

はやり『』

はやり『』


●02 【ビール注ぎの技術が生きた瞬間】

P(数日後、あの“妙ちきりんなカッコしたエキストラ”と俺は、
  なぜか事務所近くの居酒屋でサシ飲みしていた)



心「なんでだよー! 普通あの場面で名刺を渡されたら採用だと思うだろー!?」
P「んなワケない。そもそも名刺持ってるからってアポなしで押しかける奴がいるか」



P(エキストラは佐藤心――しゅがーはぁと、と名乗って、うちの事務所の前で騒いで、
  通行人から奇異の目で見られていた。警備員がつまみ出そうとしたところ、
  俺の名刺を持っていたので、俺のところにお鉢が回ってきたのだ)



P「というか、よくうちの事務所前で騒ぐ勇気があったな。けっこうデカいビルだったろ。
  一応うちのプロダクションって、765、961や西園寺の向こうを張る大手なんだが。
  門前で騒いでるって聞いたから、最初はヤクザの回し者かと思った」
心「ヤクザ扱いとか殴るぞ☆ はぁとは後が無いからなりふり構ってられないんだよ☆」



P(最初は適当にあしらおうと思ったのだが、心の異様に高いテンションに丸め込まれて、
  俺は早めに上がった仕事のあと、心と近くの安居酒屋で卓を囲んでいた)

P「……まぁ、酒が飲める年でデビューもデキてないってのは、やばいな」
心「どきんっ☆ ぷ、プロデューサー、そんなコトは気にせず――ささ、まずはビールを一献……」
P「お、注ぎ方が手慣れて……もしかして、佐藤さんはそういうご職業ですか」
心「気にするな気にするな☆」



P(俺は心に酒を勧められ、うまうまと酔わされ、どうせ二度と会うことはないと思ってた油断もあって、
  心相手に愚痴の独演会を開いてしまった)



P「名刺渡しちまったから、お察しかも知れないが……俺の妹、“あの”アイドル兼プロデューサーでなぁ。
  俺もプロデューサーだが、あいつのほうが稼ぎいいから、同じ身内の事務所にいる俺は肩身が狭くて」
心「あー……出来のいい年下の兄弟って、プレッシャーだよねぇ……」

P「最初は、自分の実力を知らしめてやろうと思って、あえてコネを使わなかったんだが……まぁ、ダメだな」
心「やっぱり、芸能界はコネがなきゃダメなの?」

P「仕事を発注する側の立場になれば分かる。公募オーデとか面倒だろうが」
心「気心の知れた人がいて、そっちに頼んで済むなら、担当としては楽で無難だよねぇ……」



心「じゃあ、はぁとにもアイドルチャーンスあるよねっ☆ はぁと、裏工作でもなんでもするぞ☆」
P「なんでも――じゃあ、俺と寝てみるか? 一発ヤラせろよ」



P(翌日――)



みーちゃん「うわっプロデューサー、そのケガはヤクザにでも絡まれたの? さすがは御曹司だね」
モバP「うるせぇ、見るんじゃねぇよ」
みーちゃん「顔を包帯で隠しても不細工は不細工だよ」


●02 【ビール注ぎの技術が生きた瞬間】

P(数日後、あの“妙ちきりんなカッコしたエキストラ”と俺は、
  なぜか事務所近くの居酒屋でサシ飲みしていた)



心「なんでだよー! 普通あの場面で名刺を渡されたら採用だと思うだろー!?」
P「んなワケない。そもそも名刺持ってるからってアポなしで押しかける奴がいるか」



P(エキストラは佐藤心――しゅがーはぁと、と名乗って、うちの事務所の前で騒いで、
  通行人から奇異の目で見られていた。警備員がつまみ出そうとしたところ、
  俺の名刺を持っていたので、俺のところにお鉢が回ってきたのだ)



P「というか、よくうちの事務所前で騒ぐ勇気があったな。けっこうデカいビルだったろ。
  一応うちのプロダクションって、765、961や西園寺の向こうを張る大手なんだが。
  門前で騒いでるって聞いたから、最初はヤクザの回し者かと思った」
心「ヤクザ扱いとか殴るぞ☆ はぁとは後が無いからなりふり構ってられないんだよ☆」



P(最初は適当にあしらおうと思ったのだが、心の異様に高いテンションに丸め込まれて、
  俺は早めに上がった仕事のあと、心と近くの安居酒屋で卓を囲んでいた)

P「……まぁ、酒が飲める年でデビューもデキてないってのは、やばいな」
心「どきんっ☆ ぷ、プロデューサー、そんなコトは気にせず――ささ、まずはビールを一献……」
P「お、注ぎ方が手慣れて……もしかして、佐藤さんはそういうご職業ですか」
心「気にするな気にするな☆」



P(俺は心に酒を勧められ、うまうまと酔わされ、どうせ二度と会うことはないと思ってた油断もあって、
  心相手に愚痴の独演会を開いてしまった)



P「名刺渡しちまったから、お察しかも知れないが……俺の妹、“あの”アイドル兼プロデューサーでなぁ。
  俺もプロデューサーだが、あいつのほうが稼ぎいいから、同じ身内の事務所にいる俺は肩身が狭くて」
心「あー……出来のいい年下の兄弟って、プレッシャーだよねぇ……」

P「最初は、自分の実力を知らしめてやろうと思って、あえてコネを使わなかったんだが……まぁ、ダメだな」
心「やっぱり、芸能界はコネがなきゃダメなの?」

P「仕事を発注する側の立場になれば分かる。公募オーデとか面倒だろうが」
心「気心の知れた人がいて、そっちに頼んで済むなら、担当としては楽で無難だよねぇ……」



心「じゃあ、はぁとにもアイドルチャーンスあるよねっ☆ はぁと、裏工作でもなんでもするぞ☆」
P「なんでも――じゃあ、俺と寝てみるか? 一発ヤラせろよ」



P(翌日――)



みーちゃん「うわっプロデューサー、そのケガはヤクザにでも絡まれたの? さすがは御曹司だね」
モバP「うるせぇ、見るんじゃねぇよ」
みーちゃん「顔を包帯で隠しても不細工は不細工だよ」


●02 【ビール注ぎの技術が生きた瞬間】

P(数日後、あの“妙ちきりんなカッコしたエキストラ”と俺は、
  なぜか事務所近くの居酒屋でサシ飲みしていた)



心「なんでだよー! 普通あの場面で名刺を渡されたら採用だと思うだろー!?」
P「んなワケない。そもそも名刺持ってるからってアポなしで押しかける奴がいるか」



P(エキストラは佐藤心――しゅがーはぁと、と名乗って、うちの事務所の前で騒いで、
  通行人から奇異の目で見られていた。警備員がつまみ出そうとしたところ、
  俺の名刺を持っていたので、俺のところにお鉢が回ってきたのだ)



P「というか、よくうちの事務所前で騒ぐ勇気があったな。けっこうデカいビルだったろ。
  一応うちのプロダクションって、765、961や西園寺の向こうを張る大手なんだが。
  門前で騒いでるって聞いたから、最初はヤクザの回し者かと思った」
心「ヤクザ扱いとか殴るぞ☆ はぁとは後が無いからなりふり構ってられないんだよ☆」



P(最初は適当にあしらおうと思ったのだが、心の異様に高いテンションに丸め込まれて、
  俺は早めに上がった仕事のあと、心と近くの安居酒屋で卓を囲んでいた)

P「……まぁ、酒が飲める年でデビューもデキてないってのは、やばいな」
心「どきんっ☆ ぷ、プロデューサー、そんなコトは気にせず――ささ、まずはビールを一献……」
P「お、注ぎ方が手慣れて……もしかして、佐藤さんはそういうご職業ですか」
心「気にするな気にするな☆」



P(俺は心に酒を勧められ、うまうまと酔わされ、どうせ二度と会うことはないと思ってた油断もあって、
  心相手に愚痴の独演会を開いてしまった)



P「名刺渡しちまったから、お察しかも知れないが……俺の妹、“あの”アイドル兼プロデューサーでなぁ。
  俺もプロデューサーだが、あいつのほうが稼ぎいいから、同じ身内の事務所にいる俺は肩身が狭くて」
心「あー……出来のいい年下の兄弟って、プレッシャーだよねぇ……」

P「最初は、自分の実力を知らしめてやろうと思って、あえてコネを使わなかったんだが……まぁ、ダメだな」
心「やっぱり、芸能界はコネがなきゃダメなの?」

P「仕事を発注する側の立場になれば分かる。公募オーデとか面倒だろうが」
心「気心の知れた人がいて、そっちに頼んで済むなら、担当としては楽で無難だよねぇ……」



心「じゃあ、はぁとにもアイドルチャーンスあるよねっ☆ はぁと、裏工作でもなんでもするぞ☆」
P「なんでも――じゃあ、俺と寝てみるか? 一発ヤラせろよ」



P(翌日――)



みーちゃん「うわっプロデューサー、そのケガはヤクザにでも絡まれたの? さすがは御曹司だね」
モバP「うるせぇ、見るんじゃねぇよ」
みーちゃん「顔を包帯で隠しても不細工は不細工だよ」

怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)




怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)





怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)

怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)




怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)





怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)

怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)




怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)





怜「自分の未来を占ってもしゃーないし、未来が気に入らないなら行動を変えればその未来には繋がらなくなるからなぁ」

怜「意味あらへんわ」

靖子「それでもいい」

怜「?」

靖子「それでもいいから占ってみてくれ、園城寺怜がプロ入りするのかどうか私は知りたい」

怜「はーしゃーないなぁ……占ったるわ」

>>259
怜がプロ入りするかどうか
(コンマ50以上でプロ入りする、それ以下で竜華のお嫁さん)

成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」

成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」

成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」

成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」


成香「宮永咲さんという人と結婚したいんです」

怜「宮永咲?麻雀のプロ選手の?」

成香「はい」

怜「麻雀やるんか?」

成香「本格的にやったのは高校の時だけでしたけど」

怜「あーうちも高校のときは少しやってたで」

怜「それであなたと宮永咲の相性を占えばええんやな」

成香「はい」

大きなケーキ「^^」

枕神怜ちゃん『それでは夫婦になってはじめての共同作業ケーキ入刀です』パタパタ

枕神怜ちゃん『どうぞ』つナイフ

竜華「サンキューや」

竜華「あ、怜はそっちのほうもってな、うちが主導するから持ってるだけでええで♪」

怜「はい………………」

枕神怜ちゃん『おめでとー』つカメラ パシャパシャ

竜華「せーの♪」

さくっ♪

枕神怜ちゃん『^^』つ
パチパチ パチパチ パチパチ パチパチ


竜華「さ、切り終わったしケーキ食べへんとな♪怜はイチゴのところと栗のところどっちがええ?」

怜「イチゴさんがええで……」

竜華「イチゴやな!ちょっとまっててな~♪細かく切り分けるから」

怜(ああ……やっぱりうちは天才やった…………)

怜「うちの占いは100%あたるんやなぁ……」

竜華「とーき♪切り分けできたで~♪」

HAPPY END

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

怜「申し訳ないんやけど、胡桃ちゃんの未来を見てもええやろか?」

胡桃「え?」

怜「もしかしたら、姉帯さんの手がかりがつかめるかもしれへんし」

胡桃「まあ、いいけど……」

怜「サンキューや」つ水晶

怜(一応許可はとるべきやからな)

怜「さーて……どんな未来が見えるやろ」

終わりやで^^

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

怜「う、浮気とか付き合っている相手の姿は見えへんかったで」

美穂子「^^」

怜「よかったよかった^^」

美穂子「^^」

怜「^^」

美穂子「」つ拳

ダンッ!!!!!!!!!!!

美穂子「占いの結果は正確に言ってくださいね^^」

怜「あ、はい…………」

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

胡桃「行方不明になった豊音のことについて占ってほしいな」

怜「行方不明」

胡桃「そう、インターハイが終わって……帰ったその日から」

怜「ふーん……」

怜「豊音っていうのはフルネームだとなんて言うんや」

胡桃「姉帯、姉帯豊音」

怜「姉帯さんやな」

怜「よいしょ」つ水晶

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定
怜「まず3000円貰うで」

胡桃「はい」つ1万円

怜「はい、じゃあ7000円のおつりやな」

胡桃「…………………… 」

胡桃「まあいいや」

怜「それで、占いたいことってなんなんや?」

胡桃「それは>>76について占ってほしいな」

1.私とシロが結ばれるかどうか
2.行方不明になった豊音のこと
3.自由指定

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

怜「」

胡桃「ねーなにかわかった?」

怜(視界の端にダンプが写って、それから内臓が潰れたんか…………)

怜(急に道路に飛び出したからありえへん話ではないけど……)

怜(問題は本人に伝えるかどうかやな)チラッ

豊音『やっほー♪』

怜「ひっ…………………………」

胡桃「?」

豊音『やっとひとりぼっちじゃなくなれるのに』ユラユラ

豊音『邪魔しないでほしいなー』ユラユラ

怜「」カタカタ

怜(あ、あかんやつや……これ…………どないしよ…………)

>>146
1.胡桃に未来を告げる(コンマ50以上で成功)
2.胡桃に未来を告げない

>>632
完結したから1000まで埋めといて

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

玄「それにしても園城寺さん……占い師になられたんですね」

怜「せやで」

玄「麻雀は続けてないんですか?」

怜「まあ、あれは糞ゲーやからなもうやってへん」

玄「そうですか……」

怜「玄ちゃんは続けてるん?」

玄「大学のときも……それから阿知賀に戻ってきてクラブチームもやってますよ」

怜(あー阿知賀の……宮永と同卓したときのドラローさんか思い出してきたわ)

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「………………………………」カタカタ

憧「どうだった?」

怜「いやぁ……お金ってあるところにはあるんやなぁ」

憧「はい?」

怜「いや、次のお客さんSM好きの無茶いう奴なんやけど100万くらいポンっと使っとったから……」

憧「100万!?」

怜「LOLEXの時計やろ、30万やろ……サービス料金も三倍出すとか言うとったし」

憧「本当でしょうね?」

怜「ほんまや、うちの占いは当たるんやから」

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

怜「ま、まあ……占いなんてあてにならないものやからな!」

怜「すこやんの結婚式ではやりさんが拍手でお祝いをしている姿が映っとったで」オズオズ

はやり「」

怜「相手はアナウンサーの……あれ?なんていったかな……すこやんとよく出てる」

はやり「」

はやり「」フラフラ

はやり「」つ3000円

怜「ま、まいどありー」

はやり「」フラフラ

カーテン「」ジャッ!

ずっと監視するからな
覚悟しとけよ

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「あ~楽しかったわぁ^^またくるで~」

誓子「はい、私も楽しかったです」

怜「~♪」

智美「こちら料金になります」つ伝票

怜「22万か、案外いかへんかったな」

怜「はい」つ現金

智美「ありがとうございました!またお待ちしております!」

怜「またくるで~♪」

誓子「楽しみにしてますね、メールしますから♪」

怜「サンキューや♪」

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

怜「それで、占ってほしいことってなんなんや」つフキフキ

美穂子「実はですね……」

怜(美人さんやなぁ……あとおっぱいも大きいし…………)ボーッ

美穂子「あの……聞いてますか?」

怜「もちろん聞いてるで」キリリ

美穂子「それでですね、私が占って貰いたいのは」

美穂子「>>358のことです」

1.私の運命の人
2.プロ麻雀
3.自由指定

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

一時間後

怜「あービマヒマやぁ……(-。-)y-゚゚゚」

怜「スカウトさんのもってきた資料でもみるかなぁ」つ書類

怜「…………………………」

怜「やっぱりめんどくさいわぁ」

怜「どうせお客さんこないしコンビニ行ってカレーパンとコーヒー買ってこよ」テクテク

・・・・・・・

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『ヨイショヨイショ』つ書類

ゴミ箱「バサバサバサバサバサ」

枕神怜ちゃん『ふー』パタパタ

枕神怜ちゃん『』パタパタ

枕神怜ちゃん『^^』

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

まこ「わしの友人が雀荘を始めたんじゃけど」

怜「ほーん?儲かるんか?」

まこ「いや、今はあんまり……」

怜「ふんふん」

まこ「たまに手伝ったりしちょるんやけど、将来性はあるのか気になったんでな」

まこ「占ってみて欲しいんじゃ」

怜「ええで」

怜「ちなみにあなたの友人ってなんて名前なんや?」

まこ「竹井久じゃ」

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

新宿 繁華街

ワイワイ ガヤガヤ

怜「ここはいつ来ても人が多いわあ」

怜(たくさんお金もって歩くと少しドキドキするわぁ……治安が良いとは言えへんし)

怜「歩きタバコも厳しいとこやし」

怜「喫茶店入ってのんびり吸うか」

怜「馬をのんびり見に行くか」

怜「はー悩ましいわぁ」

怜「どうしようかな?」

>>305
1.とりあえず喫茶店に入る
2.ウインズに行って勝負や!
3.スロットでもやるか
4.百貨店行って可愛い洋服買いまくるで
5.キャバクラで豪遊やな

【巻物】

メスブタへ

ボクのお弁当食べてくれた?

朝早く起きて一生懸命がんばったんだ!
腕によりをかけて作ったから残さず召し上がれ☆

あ、そうそう!
海苔には隠し味の劇薬が入ってるからよく味わって飲み込んでネ!


美少年より

PS,これを読む頃には死んでてくれると嬉しいナ☆


美少女「あいつぜっ殺」巻物ぐしゃっ

男「仲いーね(白目)」
【巻物】

メスブタへ

ボクのお弁当食べてくれた?

朝早く起きて一生懸命がんばったんだ!
腕によりをかけて作ったから残さず召し上がれ☆

あ、そうそう!
海苔には隠し味の劇薬が入ってるからよく味わって飲み込んでネ!


美少年より

PS,これを読む頃には死んでてくれると嬉しいナ☆


美少女「あいつぜっ殺」巻物ぐしゃっ

男「仲いーね(白目)」

【巻物】

メスブタへ

ボクのお弁当食べてくれた?

朝早く起きて一生懸命がんばったんだ!
腕によりをかけて作ったから残さず召し上がれ☆

あ、そうそう!
海苔には隠し味の劇薬が入ってるからよく味わって飲み込んでネ!


美少年より

PS,これを読む頃には死んでてくれると嬉しいナ☆


美少女「あいつぜっ殺」巻物ぐしゃっ

男「仲いーね(白目)」

杏奈「おはよう…… お話中?」

百合子「うん…… あのね…… アイドルって恋愛禁止なんだって」

杏奈「えっ……」

杏奈「杏奈…… 百合子さんと別れたくない……」

百合子「私もだよ杏奈ちゃーん!」

杏奈「うぅ…… ぐすっ」

百合子「愛し合っている二人を引き裂く運命、なんてこの世は無情なのかしら……」

百合子「ちらっ」

杏奈「おはよう…… お話中?」

百合子「うん…… あのね…… アイドルって恋愛禁止なんだって」

杏奈「えっ……」

杏奈「杏奈…… 百合子さんと別れたくない……」

百合子「私もだよ杏奈ちゃーん!」

杏奈「うぅ…… ぐすっ」

百合子「愛し合っている二人を引き裂く運命、なんてこの世は無情なのかしら……」

百合子「ちらっ」
杏奈「おはよう…… お話中?」

百合子「うん…… あのね…… アイドルって恋愛禁止なんだって」

杏奈「えっ……」

杏奈「杏奈…… 百合子さんと別れたくない……」

百合子「私もだよ杏奈ちゃーん!」

杏奈「うぅ…… ぐすっ」

百合子「愛し合っている二人を引き裂く運命、なんてこの世は無情なのかしら……」

百合子「ちらっ」

杏奈「おはよう…… お話中?」

百合子「うん…… あのね…… アイドルって恋愛禁止なんだって」

杏奈「えっ……」

杏奈「杏奈…… 百合子さんと別れたくない……」

百合子「私もだよ杏奈ちゃーん!」

杏奈「うぅ…… ぐすっ」

百合子「愛し合っている二人を引き裂く運命、なんてこの世は無情なのかしら……」

百合子「ちらっ」

智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ

智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ

智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ
智葉『さっきのとは別にプレイ中にくわえられていたぶんだけは持っていって良い』

憧『嫌!ぜったいに嫌』

智葉『ピン札だから衛生的に問題ないぞ』キリリ

憧『……………………』

憧『はやくしなさいよ』

智葉『』つユサユサ

憧『ぎゃああああああああああああああああああああ』

智葉『ほら、くわえろ』つ札束

憧『ん!んぐっ……………………んーーーーーーーーーーーー』

智葉『ははは』

智葉『さーて、楽しませて貰うかな』つ鞭

憧『』カタカタ

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

豊音『あれ……見失っちゃった』

豊音『あ、さえだ!』チョコチョコ

塞『久しぶり』

エイスリン『うん、そうだね』

塞『わざわざこんな山奥までご苦労さま』

エイスリン『ニホンは……ここしかないから』

塞『え!?』

エイスリン『』つカキカキ

絵『インターハイと仲良しの5人』

豊音『わあ♪』

塞『ああ、そういうことか』

塞『ニュージーランドって日本よりも暮らしやすいのか?』

エイスリン『ん~…………』

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

響希「大地…!なんてイケメンなんだ!」

大地「よせやい!」

響希「もういっそお前の√に」

大地「アッーーー!!(怒)」

響希「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

響希「とにかくありがとう!頑張ってみるよ!」

大地「よっ!さすがリーダー!」

響希「大地のマーラ様にも―」

大地「はよ行け」

まけの中身が知りたくて――。
浜松市東区内のショッピングセンターで、ポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、
はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職松尾昇容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。
「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。
同署によると、松尾容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、
おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480046690


まけの中身が知りたくて――。
浜松市東区内のショッピングセンターで、ポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、
はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職松尾昇容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。
「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。
同署によると、松尾容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、
おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480046690


まけの中身が知りたくて――。
浜松市東区内のショッピングセンターで、ポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、
はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職松尾昇容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。
「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。
同署によると、松尾容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、
おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480046690

――撮影現場

智絵里「どうせ死ぬなら……最後、は……」

紗枝「くろーばー……くろーばぁー!!」


智絵里「……」

紗枝「……」


<ハイオッケー!


智絵里「ふぅー……」

紗枝「はぁ」ケホッ


……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480084645


――撮影現場

智絵里「どうせ死ぬなら……最後、は……」

紗枝「くろーばー……くろーばぁー!!」


智絵里「……」

紗枝「……」


<ハイオッケー!


智絵里「ふぅー……」

紗枝「はぁ」ケホッ


……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480084645

――撮影現場

智絵里「どうせ死ぬなら……最後、は……」

紗枝「くろーばー……くろーばぁー!!」


智絵里「……」

紗枝「……」


<ハイオッケー!


智絵里「ふぅー……」

紗枝「はぁ」ケホッ


……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480084645


ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・



ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・


げっ

>>802
なんでレスするの?
理由は?

なんでだあ?


ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・



ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・



ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・



ブー…

P「さあ、幕が上がる。行けっ、未央デレラ!」

未央「未央デレラって・・・―ってもう本番!? 嘘でしょ?! 次のお仕事の話にって劇場に呼び出したと思ったらこれ!?」

P「心配するな、シンデレラの物語ならみんな知っているだろう? まあドッキリと思ってだな」

未央「お客さんの笑いを生まないドッキリなんてただの嫌がらせだよ!」プンプンッ

P「心配無用だ、ちゃんと録画はしている。次のBDのオマケ映像にちゃんと使うさ」●REC

未央「そういうことだけじゃなくってねぇ、私のモチベーションだとかそういうのがズタズタに―!」

P「未央・・・」ポン

未央「プロデューサー・・・」

P「このくだりの撮れ高は十分だからもう・・・な?」

未央「知ってるよばーかばーか! 行ってきまーす!」タッタッタ…

P「衣装室よって行けよー」バイバーイ



・・・


お前さあ
なんでレスすんの?
毎日毎日このスレチェックしてんのかあ?
粘着野郎キモすぎだわ

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

なんでまだこのスレ覗いてんだあ?
俺の大勝利で終わったスレだぞ?

そんな暇があるならもっとやるべきことやったほうがいいと思うぞ?
ゴミどもに忠告しといてやるわ

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

反応はええw
流石粘着野郎w

ふぁあああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

きめえww

最後の方はやけくそで明らかに不自然な終わらせかただったろw
2スレ目もいってねえしw

書き込むときは必死なのがバレないようにわざと時間おいたほうがいいぞwwww
俺からの忠告なw

そんなに邪魔だったのか?w
俺が憎いか?w

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

文句しかいえねーのな

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

俺のコピペレスで終わらせたいって前に言ったよな
書き込むなよゴミども

言ってもゴミには無駄だからもういい
俺が書き込むことはもうないからな
次のスレで会おうな

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

同じことしか言えねーのかあ?
脳ミソゴミか?

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」

睦月「ほえ?提督は如月ちゃんとケッコンしてるでしょ?」

提督「カッコカリだろそれは。私はケッコンカッコガチをしたいと言っているんだ」

睦月「えっ何言ってるの(ドン引き)」

提督「何だ、おかしな事でも言ったか?」

睦月「最初から最後までおかしなことたっぷりにゃ!確かに艦娘とケッコンカッコガチをする提督達はいますけど、駆逐艦の、ましてや睦月型となんて聞いたこと無いにゃし!」

提督「なら私が初めてになるな。名誉なことだ」ドヤァ

睦月「くっ、このロリコン頭の中がハッピーセットにゃしぃ・・・・・・!」

提督「如月はセーフだろうがどう見ても・・・・・・でだな、こんなことをお前に話したのにはちゃんと理由があるんだ」

睦月「睦月型の時点でアウトってそれ一番言われてるにゃぁ・・・・・・それで、理由は何なのです?」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」

レスが少ないぞ
どうしたあ?


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」

もっとレスくれやあ

ゴミどもが
レスくれやあ

まあええわ
もう書き込むなよ?


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」

m
パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」

m
パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


パーシヴァル「なら、何だと言うんだ。貴様も知っている通り今のウェールズ家は敗戦国だ、無い袖は振れないぞ」

ヴェイン「ほんっと頭かてーよなぁ、パーさんは」

パーシヴァル「では、用件を言え。不本意ではあるが俺にできることなら、叶えてやらんでもない」

ヴェイン「なんつー不遜さだよ。弱み握られてるやつのセリフじゃないよなぁ」

パーシヴァル「くっ……この通りだ。駄犬、貴様の言うことを何でも一つ聞くと約束する」

ヴェイン「その言葉を待ってたぜパーさん! 俺の願いは1個だけだ!」

パーシヴァル「言ってみろ」

ヴェイン「買い物、行ってきてくれよ」

パーシヴァル「なんだ、その程度のことでいいのか。承った。それで内密にしてもらえるならお安い御用だ」

ヴェイン「……たぶん、みんな知ってると思うけどなぁ」

パーシヴァル「何か言ったか」

ヴェイン「いーや、何も。それじゃ、着替えたら甲板の方に出て待っててくれよな!」

パーシヴァル「……確かに鎧では買い物には不向きだな。了解だ」

ヴェイン「…………よっし、行ったな。ふー、全く骨が折れるぜ。へへっ」


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

俺のレスがなくて寂しかったか?w


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

ドミノ・ピザのLサイズピザ一人で食ったらめっちゃお腹いっぱいになった


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

ぷげらっちょ

>>893
もうキミしか書き込んでないんじゃないか?
もう終わったスレにレスする理由ってなに?


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』
あやめ『まず指をこのように組みまして』
文香『なるほど』
あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』
あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』
文香『なるほど…奥が深いものなのですね』
文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』
文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』
あやめ『まず指をこのように組みまして』
文香『なるほど』
あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』
あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』
文香『なるほど…奥が深いものなのですね』
文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』
文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』
あやめ『まず指をこのように組みまして』
文香『なるほど』
あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』
あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』
文香『なるほど…奥が深いものなのですね』
文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』
文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

なんで毎日チェックしてんの?

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

なんでずっといるの?
俺に構うためにこのスレずっとお気に入り登録してんの?
アホなの?
なんの意味があるの?

そんで毎日毎日俺が書き込んでないかチェックしてんの?
馬鹿なの?
暇なの?
ゴミなんだな

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

もう終わってから随分たったけどなんでまだこのスレ覗いてんだ?
さっさとお気に入り登録解除しろよストーカー

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

レイコ「・・・」

秀輝「なんだよそれ・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「不道理な・・・」

レイコ「妖とはそういう」

どろん

先生「存在・・・ってまたか!」

秀輝「先生はなんと?」

夏目「そういう存在・・・」

秀輝「なるほど・・・。で、二人に何をするんだ?」

先生「呪いとか言っていたな・・・」

夏目「呪いをかけると・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おい、夏目」

夏目「・・・?」

秀輝「おまえさ、乗ったことを後悔したりしてないだろうな」

夏目「――ッ!?」

秀輝「その顔は図星か・・・。そういう考えはやめろよ、俺は夏目と出会って、先生と出会えて
   この旅の意味を探す事ができたんだから」

先生「・・・」

秀輝「その答えは見つからないかもしれないけど、ちゃんと見据えていきたいんだ」

夏目「・・・!」

秀輝「だから、乗客のみんなにもちゃんと旅を終えて欲しい」

先生「・・・」

夏目「あぁ、そうだな・・・」

先生「夏目・・・」

夏目「?」

先生「な・・・とり・・・に・・・れん・・・ら・・・く」ウトウト

夏目「名取さん・・・?」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「名取さんって?」

夏目「先生が名取さんに連絡を取れって・・・」

秀輝「ふむ。・・・状況を整理しよう」

夏目「・・・そうだな」

レイコ「・・・」

秀輝「なんだよそれ・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「不道理な・・・」

レイコ「妖とはそういう」

どろん

先生「存在・・・ってまたか!」

秀輝「先生はなんと?」

夏目「そういう存在・・・」

秀輝「なるほど・・・。で、二人に何をするんだ?」

先生「呪いとか言っていたな・・・」

夏目「呪いをかけると・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おい、夏目」

夏目「・・・?」

秀輝「おまえさ、乗ったことを後悔したりしてないだろうな」

夏目「――ッ!?」

秀輝「その顔は図星か・・・。そういう考えはやめろよ、俺は夏目と出会って、先生と出会えて
   この旅の意味を探す事ができたんだから」

先生「・・・」

秀輝「その答えは見つからないかもしれないけど、ちゃんと見据えていきたいんだ」

夏目「・・・!」

秀輝「だから、乗客のみんなにもちゃんと旅を終えて欲しい」

先生「・・・」

夏目「あぁ、そうだな・・・」

先生「夏目・・・」

夏目「?」

先生「な・・・とり・・・に・・・れん・・・ら・・・く」ウトウト

夏目「名取さん・・・?」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「名取さんって?」

夏目「先生が名取さんに連絡を取れって・・・」

秀輝「ふむ。・・・状況を整理しよう」

夏目「・・・そうだな」

お前らのほうがいっぱいレスしてくれるからねw
もっとレスくれやぁ~

俺からしてみればお前らのほうが埋めてる
すなわちお前らのほうが荒らしてるってことなw

は?とかあ?とか言ってだいぶ稼いだなお前w
お前だよお前w
お・ま・え・!wwwwwwwwwwwwwwww

レイコ「・・・」

秀輝「なんだよそれ・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「不道理な・・・」

レイコ「妖とはそういう」

どろん

先生「存在・・・ってまたか!」

秀輝「先生はなんと?」

夏目「そういう存在・・・」

秀輝「なるほど・・・。で、二人に何をするんだ?」

先生「呪いとか言っていたな・・・」

夏目「呪いをかけると・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おい、夏目」

夏目「・・・?」

秀輝「おまえさ、乗ったことを後悔したりしてないだろうな」

夏目「――ッ!?」

秀輝「その顔は図星か・・・。そういう考えはやめろよ、俺は夏目と出会って、先生と出会えて
   この旅の意味を探す事ができたんだから」

先生「・・・」

秀輝「その答えは見つからないかもしれないけど、ちゃんと見据えていきたいんだ」

夏目「・・・!」

秀輝「だから、乗客のみんなにもちゃんと旅を終えて欲しい」

先生「・・・」

夏目「あぁ、そうだな・・・」

先生「夏目・・・」

夏目「?」

先生「な・・・とり・・・に・・・れん・・・ら・・・く」ウトウト

夏目「名取さん・・・?」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「名取さんって?」

夏目「先生が名取さんに連絡を取れって・・・」

秀輝「ふむ。・・・状況を整理しよう」

夏目「・・・そうだな」

そこのお前wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

お前が何レスしたか数えたろか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
50以上はくだらんだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

レイコ「・・・」

秀輝「なんだよそれ・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「不道理な・・・」

レイコ「妖とはそういう」

どろん

先生「存在・・・ってまたか!」

秀輝「先生はなんと?」

夏目「そういう存在・・・」

秀輝「なるほど・・・。で、二人に何をするんだ?」

先生「呪いとか言っていたな・・・」

夏目「呪いをかけると・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おい、夏目」

夏目「・・・?」

秀輝「おまえさ、乗ったことを後悔したりしてないだろうな」

夏目「――ッ!?」

秀輝「その顔は図星か・・・。そういう考えはやめろよ、俺は夏目と出会って、先生と出会えて
   この旅の意味を探す事ができたんだから」

先生「・・・」

秀輝「その答えは見つからないかもしれないけど、ちゃんと見据えていきたいんだ」

夏目「・・・!」

秀輝「だから、乗客のみんなにもちゃんと旅を終えて欲しい」

先生「・・・」

夏目「あぁ、そうだな・・・」

先生「夏目・・・」

夏目「?」

先生「な・・・とり・・・に・・・れん・・・ら・・・く」ウトウト

夏目「名取さん・・・?」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「名取さんって?」

夏目「先生が名取さんに連絡を取れって・・・」

秀輝「ふむ。・・・状況を整理しよう」

夏目「・・・そうだな」

レスくれやあw
さっさと埋め炉ゴミどもおがあw

もっとレスしろやゴォミ

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434



...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489013317

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489013317

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489013317

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年11月20日 (日) 18:52:08   ID: opclzZAR

荒らし死ね

2 :  SS好きの774さん   2016年11月28日 (月) 05:34:13   ID: W-Go9DHT

普通に面白いのに荒らしが多くてなぁ…。この作者も変なのに粘着されて可哀想

3 :  SS好きの774さん   2017年03月27日 (月) 10:59:19   ID: izbjzvv-

なんだこのコピペ気違いは…たまげたなあ

4 :  SS好きの774さん   2017年08月02日 (水) 01:07:26   ID: YwVitmdW

最新のレスがガイジキメてて草

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください