【ダンガンロンパ】左右田「ピクミンの力を借りて一攫千金?何言ってんだオメー?」 (881)

試される大地に降りたったはずの田中眼蛇夢。
しかし、なぜか公園の中央広場から出られなくなっていた。

頼みの綱は、仲間達と───


赤花「オレサマヲダレダトオモッテイル」

青花「マカセトケッテノ」

黄蕾「ミンナマトメテバクハスルワネー」とてとて


謎のいきもの【ピクミン】!


田中眼蛇夢と、その仲間達は
魔獣達の為の生活資金を稼げるのか!

と言うか、そもそも試される大地から脱出できるのか!
飛行するためのロケットは完成するのか!

そして完結までに小泉の濡れ場はあるのか!!


ここに、壮大な戦いが幕を開ける!!


※ダンガンロンパシリーズのネタバレは割とたくさん
※他作品ネタもあったりなかったりなかったり
※安価とコンマと勇気と雰囲気で出来ています
※安価は【詳細記述可能】
※連投禁止の青春
※NEWダンガンロンパV3おめでとうございます
※ルールを守って楽しくデュエル


前スレ
【ダンガンロンパ】田中「俺様の魔獣!いでよ、ピクミン!」
【ダンガンロンパ】田中「俺様の魔獣!いでよ、ピクミン!」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439306041/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442411148

ピクミン手引き

◆1
田中達を手助けする、植物のような生物、それが【ピクミン】。
地面に埋まっている苗を引っこ抜いたら仲間になる。
大きさは人の子供くらい。
覇王田中はなにを言っているのか理解できる。
引っこ抜かれると後ろについて来る。

ピクミンには様々な色が存在し、色によって特性が違う。
現在、火に強い赤ピクミン、水中で活動できる青ピクミン、高いところに投げられる黄ピクミンが確認されている。

ピクミンは成長する。
最初は葉っぱが頭から生えているが、その葉っぱはやがてつぼみになり、最後には花が咲く。
長い間一緒にいたり、地面に埋めっぱなしにしておくと成長する。
成長したピクミンの足は速く、仕事もできる。
とあるところで見つかるミツを舐めさせると、一気に開花する。

田中が連れているピクミンと、地面に埋まっているピクミンの総数の限界は100体。


◆2
ピクミンは田中の笛で集まる。可愛いね。
鳴ったら集まる!散らばっても集まる!
後ろにいるピクミンの解散も出来る!

また、ピクミンは簡単に投げられる。
投げたらいろいろ勝手に行動する。
虫を倒したり、木を倒したり。
笛を使えば、みんなで全体行動も出来る。
壁にたくさん寄せることも出来る。


◆3
ピクミンのおうち、普段は空を飛ぶ謎の機械、その名も【オニヨン】。
ピクミンは普段、この中に入っている。
食べ物を与えると、オニヨンと同じ色のピクミンが増える。敵の死骸でも増える。


◆4
なにごとも運が必要だ。
行動決定の安価は【安価先のコンマ末尾】で正否判定する。
1ほど悪く、9ほど良い。1は大失敗(ファンブル)だ。
0は一番いいのでねらってみよう。
また、まれにぞろ目になった時は成功と同等になる。
ただし【44】と【66】は悪魔の数字なので、出してしまうと大変な目に遭う。
具体的に言うと、場所によっては全滅する。


◆5
行動したいけど、もっと細かく動きたい………。
そんなときは、【行動決定の数字と一緒に詳細記述】を認める。
たとえば1が「話しかける」なら
「1 貴様はどこから来た?」と書いてくれればそれに従う。
どんなに危なくてもキツそうでも辛くても記述で逆転する事も出来る。やってみよう。


◆6
1日はあまり長くない。
10行動分で1日が終わってしまうようだ。
さすが試される大地、日の入りが早い。
ただし、その時間経過もまた、コンマの導きによっては早いかもしれないし、遅いかもしれない。

エリア一覧表



【中央広場】

地図:http://i.imgur.com/erjPOtN.jpg

回収済
無言電話/レーダー/天元突破アゴドリル
ディスカバエンジン/ダイナモエンジン
スーパーアクリル/ショックアブソーバー
絶望バット/コスモスパワーファン/重力制御装置
がらくた

未回収
◎南
敵の中
段差の下の辺りの地面
大きな敵の中
火の中

◎東
付近を飛んでいる羽虫の中
壁付近の地面
北寄りの水たまり付近

◎西
南寄りの高台の上
壁の前の地面


トータル20個

◆ 

エリア一覧表



【北の水源】

地図:http://i.imgur.com/3CQwyX7.jpg

回収済み
パソコン/ポンプ/ロケット/ホース/セイントホープ/ガチャガチャ
燃料タンク/敵取りネット/エターナルエナジー
ウェットスーツペコ/しゃりん/オーガの石像


未回収
◎3の小島
カエルの中

◎陸地
はしっこ
陸地と2の島を繋ぐ地面の中

◎陸地からさらに北側の深い水の中
◎陸地付近の下の水にいる敵の中
◎2の小島から東に向かった水の中
◎3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵の中
◎4の島から南に行った足場のところ
◎北の小島付近の砂の中

トータル20個


エリア一覧表



【東の広野】

地図:http://i.imgur.com/TiGkSN5.jpg

回収済
じょうろ/ドラム缶/朝日奈のジャージ/濾過装置

未回収

◎高台
1の高台の地面
2の高台の地面
3の高台の地面
4の高台のどこか
5の高台の奥側
8の高台の地面

◎岩(黒っぽいやつ)
1の高台の左側の岩の奥
1と2の高台の間の岩の下
4の高台付近の岩の奥
6の高台の右側の岩よりも奥

◎そのた
1と2の岩の奥の方にいる敵
3の高台付近の敵
6の高台の敵
8の高台の下らへん
中央に向かう出入り口付近
鳥みたいな頭の首の長い敵の中

トータル20個


北の水源ってトータル21個あるね

【これまで(12日目途中)のリザルト】

誕生    7↑
 └内訳…黄7
死亡    0 ↓

生存  174 ↑
 └内訳…赤59/青50/黄65

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計   190↑

地表     8↑
 └内訳…赤8


今まで稼いだお金
558030円
(+12日目のお宝合計)

たぶんここまでがテンプレ。


>>6
だとしたら早々にミスしてます……すまぬ……。どっかがすでに回収済み。

前回までのあらすじ
田中君達は、中央広場にいた。
12日目途中、遂に西側に行く決意を固めたため、西をふさぐ壁の前にいたのだ!





田中「……行ってみるか?」

黄蕾「ホント!?」

すたすた……

田中(とは言ったものの俺様で入れる大きさではなかったようだ)

田中(ピクミンはうれしそうに中に入っていく……)


かちぃんっ!


田中「ん?」

黄蕾「タナカー!」とてとて

黄蕾「ミツケタワヨー!!」とてとて

田中(手に……な、何か持っている?あれは確か……)


黄蕾「ヨケテネー」ぽい









どおおおおおおおんっ!!



赤花「!?」

黄蕾「マダアルミタイヨ」

田中「」




ここから

>黄ピクミンに爆弾岩を運ばせて設置




田中「……そう言えば貴様等、確か荒野でもそんなことを……」

黄蕾「アタシタチノトクギヨ」
黄蕾「アタシタチダッテヤルトキハヤルンダカラ!」

ぽ……

田中「!」


黄花「キボウハマエニススムノヨ!!」ぽぽっ!


田中(時間経過で……蕾が、花に!)

黄花「イクワヨタナカ!!」
黄花「エエエエイ!!」ぽい

田中「全員、避難ッ!!」




どおおおおおおおんっ!!


ご、ごご、ゴゴゴゴゴゴゴ!!


田中「! 効いてるッ!」

田中「更に続けェェェッ!!」

黄花「チョイヤー!」


どおおおおおおおんっ!!
どおおおおおおおんっ!!

ゴゴゴゴゴゴゴ……!!


ごおおおおんっ!!



田中「……壁が!消えた!!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>12


南寄りの高台の上に黄を投げ込み探索する
壁の前の地面を赤に探索させる

>>12
現在12日目の4/10


田中「好機……」

田中「だが、新天地に赴く前にする事がいくつかあるな」

くるっ

赤花「?」

田中「赤ピクミン、この付近の地面から魔力の気配がある。散策せよ」

赤花「ギョイ」

田中「それと、黄ピクミン」

黄花「ヨンダカシラ」ひょこ

田中「先の攻撃は見事だった。誉めてやる」

黄花「アラ、メズラシイワネ」
黄花「フフ、アリガト」

田中「貴様等にはもう一つ。そちら側の高台に登ってほしいのだ」

田中「俺様が投げ込む。後は頼むぞ」

黄花「リョーカイ」


ぽいぽいぽいっ


田中(……なにもなければそれぞれ、すぐにでも宝を見つけるだろう)




いっかい判定挟みます
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>15

青を30ほど呼び出し東の北寄りの水たまり付近を調べさせる

>>15
あ、ちょっと待ってごめんなさい。

>前スレ
>赤40黄40
>田中(これで80体、だな)

+地面に8体(前スレ7体だけど間違ってたなで訂正)

で、地表は今88体

>>2
>田中が連れているピクミンと、地面に埋まっているピクミンの総数の限界は100体。

だから青30も呼び出せないや。
記載ミスまことに申し訳ない。
何でもするので許してください。


と言うわけで、すまないが再安価取らせてください。直下

そういえばそうでした
>>14

>>17
すまぬ

5/10




ぼぼぼぼぼっ!

赤花「コレハ……」

田中「……?」

田中「座席?のように見えるが……はて、なんだこれは……?」

どしんっ

黄花「タナカー!コレハナニカシラー」

田中「……それは……か、カメラ?」

田中「……持ち帰ってみるか……」


◆そしてベース

ベースとは?
それは試される大地の原生生物に囲まれながらも、田中君達が確保した安全スペースです。

そこには、田中君達がこの生活で見つけた【ロケット】と、ピクミン達のおうちである【オニヨン】があります。
そして───


田中「帰ったぞ」

左右田「おォ、田中!」

小泉「早かったわね?」


試される大地で見つけた仲間達もここにいるのです。


田中「これらの部品も、ロケットに使えるのか?」

左右田「んあ?あー……ちょいやってみるわ」ほい

小泉「それで、そっちって……やだ、カメラじゃない!」

小泉「って言ってもハンディカムね。録画は……うん、出来そう」

小泉「よく動くわね……これ」

田中「……」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>20

新スレありがとうございます。ボロボロの進行で申し訳ない。おやすみなちゃい

赤8匹と黄色10匹タマネ…ちがう、オニオンに戻して>>15

そういえばGM、葉とか蕾の数を種類別に確認することはできる?

今日はむりっぽそうです。

22時からやる予告上げ!

おまっとさんでした。

>>20
(本来は成長しないんですが、管理が出来なかったので)オニヨンの中で成長してることにしました。
ので、恐らく現在は全ピクミンが花です。

田中「……水辺を攻めるか」

左右田「あー?」カチャカチャ

田中「貴様はその座席とカメラを使っているといい」くるっ

小泉「ん?なにするの?」

田中「少しな……」


すたすた

赤花「シバシノイトマカ」
赤花「ソレモイイナ」

黄花「マタネー」

シュンシュン……


小泉「あれ、返しちゃうの?あの子達」

田中「……代わりが必要だな」

>赤8体、黄10体を戻して……


シュンシュン……


青花「ヨンダカ!?」

>青を30体呼び出した!


左右田「うおっ!」

青花「ヨォタナカ」
青花「オレラガヒツヨウカ?」

田中「ああ、来い!俺様とともにな!」


◆そして北東の水たまり


どぼぉんっ


田中「……水たまりの中、今なら俺様も入れるか……?」




1→青が水たまりから出てくるのを待つ
2→入ってみる
3→そのた

>>28

1

>>28
6/10


田中(入るか?いや……ダメだ。中に何があるのかは分からない)

田中(水も濁っている。入るのは危険だろう)

ごぽっ……

田中(水の中から青が出てくるのを待った方が良さそうだ)

赤花「テキノケハイハナサソウダナ」

田中「ああ、周りから悪鬼がくればマズいかと思ったが」

赤花「セイカンシカデキヌ、オノレガクルシイ」

田中「何を言うか、赤ピクミン」

赤花「?」

田中「貴様にしか使えぬ技もあるではないか」

黄花「……ソウネ!」

赤花「フン」

ごぼぼぼぼんっ!

田中「……! 来たか!」


ざばぁ

青花「ナンダコレ?」

田中「鍋……か?」


ざっざっざっ……


左右田「鍋だな」

小泉「鍋ねぇ」

田中「やはり鍋だな」

左右田「それはいいけど、何でその鍋蓋してあるんだよ」

田中「封印が施されているのだろう」

左右田「だろうな、蓋が取れないようにしっかりガムテープで密閉されてるからな!」

田中「……」

小泉「ねぇ……これ、どうするの?」

田中「さぁな……」

左右田「さあなじゃねェよ!っつーかなんで持ってきたんだよ!?」

田中「使えるものは使うべきであろう」

左右田「だけどこれはオメー……」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた
7→鍋を開けて中をのぞく

>>32

☆補足
仲間との会話とかも6のその他から。

6左右田ー危険な巨大原生生物のこと調べておいて教えて、そして鍋には水晶をぶちこもう毒ったら白の出番だし

>>32
アチャー



田中「左右田、」

左右田「……なんだよ」

田中「調べておけ」

左右田「これを?」

田中「否」

左右田「じ、じゃ何を……」

田中「原生生物についてだ」

左右田「あ?」

田中「パソコン?とやらがあるのだろう?」

田中「あのとりあたまもそうだ、見つかってから対処するのでは遅い」

田中「危険な生物について、貴様が知っていれば俺様も対処出来よう」

左右田「……あァはいはい……」

田中「……」

小泉「で、それは?」

田中「……」

なべ「」

田中「……」すっ

水晶『だべ』

小泉「なにそれ」

田中「ガラクタだ」

水晶『ひでーべ』


かぱぁ……


水晶『』

小泉「まさかと思うけど、アンタそれを」

蓋ぱかーんっ!
水晶ぼちゃーん!
素早く蓋ばちーんっ!



<ダベエェェェェェ



田中(時間の無駄だったか……)




現在7/10
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>36

6とりあえず鍋を運ぼう

>>36


田中「……」

左右田「……それ、どうすんだよ」

田中「……」

小泉「このまま、って言うのもマズい……わよね」

田中「……」

左右田「……」

小泉「ねぇ、左右田……」

左右田「お、オレは知らねーからな……」

小泉「……」

赤花「……ハコブカ」

田中「……」

青花「セッカクミツケタシヨ」

小泉「……ど、どうすんのよ……」

田中「運ぶか……」

左右田「……」


ひょい

田中「仕方があるまい……」

かたかたかたかたかた

田中「……む?中で何かが……動いて……?」

左右田「ひいい!?そんなもんベースに収納すんなって!」




直下

だべ

>>38
直下7


◆とりあえずベースまで来た


田中「むう……この鍋、一体……」


かたかたかたっ!!


田中「!?」


なべ「」
ひょい


田中(鍋の中から何かが出てきた)


赤花「えっ」がしっ


ひゅんっ


なべ「」
ぱたん




田中「………」

左右田「………」

小泉「………」



左右田「……す、捨ててこい!!そんなあぶねーもん!!」

田中「あ、ああ……」

なべ「」

ぱかぁ………

田中「………」

なべ「………」

田中「………」

なべ「………ダベ」

田中(なんかでてきた)

すたっ!

しろっぽいの「………」

田中「………白ピクミン………?」


☆ピクミンを白ピクミンに変えることが出来るようになりました
最大10体まで白ピクミンを保持できます




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>43

>>44は可能な範囲でだべ

3

44は紫ピクミン発見
または77期の誰か見つかる

白ピクミンを増やす、44ならスプレー作成と羽ピクミンが出る

>>43

8/10


田中「……し、白ピクミン……でいいのだな?」

白花「」こくん

左右田「喋れよ」

小泉「とりあえずよかったのかしら………?」

田中「さぁて、な。とにかく気を取り直して、俺様は───」


かさかさ


田中「?」

茶色い玉虫「」かさかさ


ピクミン「「アレッテモシカシテ」」ざわざわ

白花「………」


田中「なんだあれは?」

左右田「あー、あれ知ってる知ってるあ、あれだあれ、あーえーうー………」かたかたかたかた

小泉「オナラムシ?やだ、変な名前」

田中「無視しても良さそうだが、ピクミンはなぜかうれしそうだ」

田中「ええい、宝を取りに行くと言っているだろうに!」



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→笛で全員回収して改めてお宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>47

4

>>47

田中「集合!集合っ!」

ぴぴーっ!

ピクミン「!」

田中「あんなものにかまう暇があるのならば、貴様等!来い!」

左右田「………ん、あの虫、いわゆるハズレみてーだし、無視してよさそうだぜ」

小泉「田中、どっか行くならついでにアタシも行っていいかしら?」

左右田「って、あんな変な虫とオレを置いてくのかよォ!?」

田中「黙れ小僧」

左右田「」

田中「さて………あと取れそうなのは、南西の高台にある宝くらいだろうか?」

田中「行くぞピクミン!」




判定やで。直下

天国地獄

>>49
 天 国 
9/10


田中「ところで小泉は」

小泉「ん?」

田中「なぜ………付いて来た?」

小泉「何でって……んーと、ほら、言ったじゃない」

小泉「この辺りになんだか辛みのある木の実みたいなのがあるの」

小泉「あれが体をきれいに出来るみたいだから、集めておきたいのよ」

白花「………」ぽへー

小泉「ね、分かる?」

白花「………?」

田中「ともかく……行くぞ?」

小泉「あ、みっけ!」

田中「………はぁ」





ぴゃいっぴゃいっ

黄花「タナカー」
黄花「ココニモタシカニ、ナニカノッテルワ」

どずぅんっ


田中「ミキサーのように見えるが………果たしてこれはなんだ?」

白花「みきさー……」

田中「まあいいか、戻るぞ」

小泉「にしてもたくさんあるわね、さっきの木の実」ぽいぽい



次らすと

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→笛で全員回収して改めてお宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた
>>52

スレの鉄則、
00はパルプンテです

おうパルプンテやめーや

>>52
らすと


田中「……とりあえずミキサーを運ぶといい、黄色よ」

黄花「ハーイ」ぞろぞろ

田中「さて、俺様は……」

ぴぴーっ!

「「「!」」」ぴこん

田中「もうひと頑張り、だ。ピクミン」

田中「南の方に向かい、今回収できる宝を取りに行くほかあるまい!時間はまだある……はずだ」

赤花「ほう」

小泉「まだたくさんあるわね……」うずうず

田中「小泉、貴様ももう来い」

小泉「……あ、ごめん」

小泉「でもこれだけあればきっと、体中綺麗に出来るわよ」

田中「だな 」

白花「……」ぽけー

小泉「ん?これが気になるの?」

白花「……」

田中「白。そんなもの放っておけ」

小泉「そうよ。これだとまだ使えないし……」




はい、直下
12→つよい敵
34→敵
56→時間切れ(何も起きない)
78→お宝回収(南の地面)
9→+スプレー
0→+生徒現る

ぞろ目→追加安価
44か66→ちょうつよい敵
00はもう脱出出来ちゃうんじゃないかな?

パルプンテ

>>58
9、ナイス


田中「さて、さっさと回収するぞ?ピクミンよ」

田中「時間もあまりない。南に進路を取れ」

だだだだだ……


ころん

小泉「……ん?これって……」


ざくざくっ

田中「順調に進んでいるな」

赤花「アア!」

小泉「ねぇ、田中」

田中「? 何かあったのか?」

小泉「あの、これ……」

田中「霧吹きか?これがどうかしたのか?」

小泉「これに今の木の実のエキスを入れたら使えるかなって……」

田中「ほう、なるほど」


ぼぼぼぼぼぼぼ!


田中「おっと」

赤花「コレハヨイナ」
赤花「ブヒンカ?」

小泉「羽?」

田中「……だろうな」


ぴぴーっ!


田中「……運ぶぞ」


こうして今日も終わっていきます。
田中君達が外へと戻れるのはいつになることでしょうか……?


【12日目リザルト】

誕生    7↑
 └内訳…黄7
変化    1
 └赤1→白1
死亡    0 ↓

生存  174 ↑
 └内訳…赤58/青50/黄65/白1

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計   190↑

地表     8↑
 └内訳…赤8


本日の稼ぎ

反重力バリア        120000円
ふかふか座席          4000円
ビデオカメラ         プライスレス
なべ                30円
ウルトラミキサー       29800円
はね              7000円

トータル:718860円


【12日目】
俺様の傘下に謎の色のピクミンが加わった。
白ピクミン───オニヨンを有さない彼らだが、なぜかほかの色のオニヨンに収納することが可能なようだ。
しかし、他の色の場所に混ぜるのは大変に危険と言ってもいいだろう。
生き物は常に、自分の縄張りを守ろうとする。
仲間でないものが入ってくれば、当然排除する。
白ピクミンがそうならないことを祈るばかりだ。





次回【中央広場】【北の水源】【東の荒野】のどこから再開するか、直下
そして中央から西にも行けるぞ!
おやすみなさい

すまん。ソシャゲやってました。
おい俺の筋肉、この時間からでもやれるのかい?

【13日目】
0/10


しゃああああ………(シャワーの音)


【北の水源】


田中「探索前に水浴びか」

左右田「……小泉がな」

田中「……」

左右田「仕方がねーだろ、あのロケットの中にオレとオメーと小泉だぜ」

左右田「あそこ割と狭いだろ?だから、ほら……小泉もイヤがってよ」

田中「……難儀だな」

左右田「オメーもだぞ」


<ふんふんふふんふふん♪


左右田「………カメラ………」

田中「?」

左右田「防水仕様にしておくから」

田中「……あまり悪意を持つなよ?」




【北の水源】

地図:http://i.imgur.com/3CQwyX7.jpg

回収済み
パソコン/ポンプ/ロケット/ホース/セイントホープ/ガチャガチャ
燃料タンク/敵取りネット/エターナルエナジー
ウェットスーツペコ/しゃりん/オーガの石像


未回収
◎3の小島
カエルの中

◎陸地
はしっこ
陸地と2の島を繋ぐ地面の中

◎陸地からさらに北側の深い水の中
◎陸地付近の下の水にいる敵の中
◎2の小島から東に向かった水の中
◎3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵の中
◎北の小島付近の砂の中

トータル20個



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

☆ピクミンを抜く
☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>67

赤30青30呼び出してから赤を引っこ抜き、陸地のはしっこを調べに行く

上で

>>67
>>66
これ


田中「さて、そう言っていても仕方がないか……」

田中「………むんっ!」

ぽぽぽ………


赤花「ヨンダカ」
青花「オーッス!」

>赤30、青30を呼び出した!
>さらに………

田中「埋めたピクミンはもう花だな?」

ずぼっ!

赤花「ピクミンッ!?」

>8体の赤ピクミンを掘り出した!


左右田「あ、これ元々防水だ!」

田中「………」

左右田「アタックチャンス……!」

田中「………」ゴミを見る目

左右田「あ、そだ。田中、ほい」

ごちゃっ

田中「これは……」

左右田「前に拾ったウエットスーツの改造版だ。これでもう濡れずに、息しながら水んなか入れるだろ?」

田中「ふん、感謝して置いてやる」

左右田「うっせ」


◆で、移動した


田中(さて、陸地までたどり着いたな)

田中(反応は………端の方からか。ピクミンを向かわせるか)

田中(敵はいない、と思うのだが……水の中から何かが来ないとも言い切れんな)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

ピクミンを手分けさせることも出来るんやで。
>>70

青で2の小島から東に向かった水の中を、
赤ではしっこを調べる

>>69

>>70
>>69
クリティカル補正
1/10


田中「青ピクミンはそちらへ!」

青花「ドコイケバイインダヨ」

田中「そちらの水の中だ」

田中(確か2の小島からまっすぐ東に行った水の中から反応があったはずだ)

田中(ここからでも十二分にねらえる………よく狙って……)

田中「ここだっ!」

ひゅーんっ

青花「イッテキマース」


ぼちゃんっ
ぶくぶくぶく……

ぼちゃんぼちゃんぼちゃんぼちゃん


田中(レーダーの反応を見るところ、間違いなく宝のところに青ピクミンは入ったようだな……)


ぼぼぼっ!ぼんっ!


田中「赤ピクミン!?」

赤花「イイシラセダ」

田中「……何だ?」

赤花「カンパンノヨウナモノガデテキタ」
赤花「カタイイタダナ」

こんこん

田中「これは……あのロケットの一部か?!」

赤花「コレガアレバ」
赤花「ヨリガンジョウニナルハズ」

田中「脱出が大いに近づくわけだな!」

赤花「ソウキュウニハコビコムゾ」

んしょっ

田中(このままにしておけば赤ピクミンはすぐベースに戻るだろう)

田中(俺様はどうすべきだ?)




1→赤ピクミンに帯同してベースに行く
2→青ピクミンを追って水中へ
3→左右田らに連絡して話す
4→左右田のアタックチャンス視点(コンマ高いとロマン)
5→そのた

>>73

>>73

◆そのころ、ベース


左右田「………」かちゃかちゃ

左右田「………」がちゃがちゃ


しゃわああああ


左右田「………」

左右田「だーっ!!飽きたッ!」

左右田「いつまでオレはこんなもん作ってなきゃいけねーんだよ!?」

左右田「………」

しゃわああああ

左右田「ずっとシャワー浴びてんな小泉のヤツ」

左右田「そりゃ水はいくらでもあるから、いいけどよ………」

左右田「………」

しゃわああああ


左右田「………男にはッ!やらなければならない時がある」

左右田「男がやらなきゃならん事……」


左右田「オレの手には防水カメラ」

しゃわああああ

左右田「簡易的な仕切りの向こう側には体を清める全裸の女」

しゃわああああ


左右田「やらなきゃなんねー時」




左右田「 そ れ が 今 だ 」

しゃわああああ


左右田「意外ッ!それは盗撮ッ!」


左右田(仕切りの隙間はしっかりと確認させてもらったぜ!小泉!)

左右田(ここなら絶対に見られない、と言うその自信をぶち壊す!)

左右田(さあ小泉!見せてくれ!オレに裸を見せてくれ!)






小泉「何をしようとしてるのかしら、左右田く・ん?」




左右田「」ぞくっ

左右田(向こうから覗かれた!オレ、まさかバレて───)

小泉「アンタ、最低ね」





ぱちいいいいんっ




◆2/10



田中「戻ったぞ」

左右田「」

田中「………雑種?」

小泉「あー、ほっといていいわよ。で?」

田中「………あ、ああ、」

赤花「テッパンダナ」ほいっと

青花「コッチハトンガッテルゼ」ほいっと

小泉「どっちもロケットの一部ね」

左右田「」

小泉「うん、あとでやらせとく」

左右田「」

田中「………なにかあったのか?」

小泉「ナン・デモ・ナイ」

田中「??」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>77
めでたい
おやすみ

青で陸地からさらに北側の深い水の中を、
赤で陸地と2の島を繋ぐ地面の中を調べる

ジェイミー!今日は田中眼蛇夢スレの伝説を検証するよ!

>>77
>>76
3/10


田中「それならいいのだが」

小泉「そうそう、大丈夫だから安心してね」

左右田「」

赤花「ドウミテモダイジョウブジャア………」

小泉「大丈夫」

田中「………」

赤花「………」


◆で



田中「青を………投げるっ!」

ぼちゃぼちゃぼちゃん………

田中「そおおいっ!!」

ぼちゃぼちゃぼちゃん

田中(狙いはバッチリだ。中で敵にかち合いさえしなければ)

田中(そのまま、そのままだ……そのまましっかりと宝を回収出来るはず)

田中(そして………)

田中「赤ピクミン!そのままこの陸地のつなぎ目を調べるぞ!」

赤花「ギョイ!」


ざくざくざく………

田中(青ピクミンが若干心配だ)




1→赤ピクミンに帯同してベースに行く
2→青ピクミンを追って水中へ
3→左右田らに連絡して話す
4→小泉と左右田視点(コンマ高いと?)
5→そのた

>>83

4

>>83

◆そのころ


小泉「………ちょっとは反省した?」

左右田「………」さすさす

小泉「全く……ま、その方が男子らしい……って言った方がいいのかしらね。最悪だけど」

小泉「むしろ今まで何もなかったのが驚きだし」ハァ

左右田「………悪かったって」

小泉「もういいわよ」

左右田「………あァ」

小泉「それで、どうなの?」

左右田「ああ、あれな。進んでるぜ」

小泉「ここ………ほんとに何なの?アタシ達の知ってる場所なの?」

左右田「このスーパーパソコンが正しけりゃ、オレらがいるのは【試される大地】って場所だ」

かたかたかた

左右田「見たこともねーいきもん、見たこともねー機械………見たこともねー場所」

左右田「オレらの知ってるような地理じゃねぇことは間違いない」

かたっ

左右田「何よりパソコンが、っつーか機械類が最新鋭『すぎる』んだ」

小泉「どう言うこと?」

左右田「理論上不可能なんだよ……例えばこれ」

ころんっ

小泉「昨日田中が拾った玉?」

左右田「解析の結果、このパソコンには『反重力バリア』と言う名前が付いてるらしい」

左右田「だけどこんなもん、勿論オレの知ってる範囲では作られてねーよ」

左右田「反重力って何だよそもそも!」

小泉「………つまり」

左右田「ここはオレらのもといた場所とは全く違う場所の可能性が高い」

小泉「!」

左右田「っつっても、じゃあどこなんだって言われたらオレにも分かんねーけどな」

小泉「………」

左右田「まァ、空気がある……酸素があるって時点で地球、もしくは地球らしき星なんじゃね?」

左右田「なんにせよヒントが足りねーんだよな」

小泉「でも、なんでアタシ達が?」

左右田「もしかすると、」

小泉「………なによ」

左右田「これも希望ヶ峰の陰謀、っつか」

左右田「希望ヶ峰の研究結果、なのかもな」

小泉「どういうこと………?」

左右田「つまりだよ、希望ヶ峰が新しいいきもんを生み出してる可能性があるっつーことだ」

小泉「!?」

左右田「考えてもみ?あのピクミンって生き物」

左右田「原型はどう見ても植物だし、あいつら体に葉緑体を持ってるらしい」

小泉「それって、つまり光合成してる……って事よね?」

左右田「あァ、なのに自力で動ける。独自の進化しすぎだろ」

左右田「こんなもん作れんの……希望ヶ峰くらいしか……」


ざっざっ


左右田「!」

田中「今戻ったぞ」

赤花「ドロダラケダガ、コレハオソラクミサイルノイチブダ」

青花「コッチハモリダゼ?」


左右田「お、おう、ありがとな?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>87

>>87

田中「残すパーツは………」



【北の水源】

地図:http://i.imgur.com/3CQwyX7.jpg

回収済み
パソコン/ポンプ/ロケット/ホース/セイントホープ/ガチャガチャ
燃料タンク/敵取りネット/エターナルエナジー
ウェットスーツペコ/しゃりん/オーガの石像
甲板/ロケットのてっぺん/ミサイルの破片/モリー(?)



未回収
◎3の小島
カエルの中

◎陸地付近の下の水にいる敵の中
◎3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵の中
◎北の小島付近の砂の中

トータル20個




田中「……今のロケットでも、飛んで逃げられそうだと思うがな?」

左右田「分かんねーんだよ、まだ」

左右田「いや、空は飛べるからよ」

小泉「これで逃げられるかどうかが分からないって事?」

左右田「………あァ、まだちょい不安だな」

左右田「羽もある、エンジンもエネルギーもあるんだけど………」





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝のところに行く
5→どこかに行く
6→そのた
7→脱出してみる

>>92

北の小島に行こう

>>92
4/10


田中「………行くか、水の中へ」

赤花「!」

田中「ああ、赤。貴様等は待機だ」ぴぴっ

赤花「」

田中「例の服を着るぞ、左右田」

左右田「……なあ、田中?」

田中「なんだ」

左右田「オメーさ、その……苦しいなーとかさ、思ったりしない?」

田中「貴様は俺を誰だと思っているんだ?」

左右田「………あー、はいはいオレが悪かったな!」

田中「………? とにかく俺様は行くぞ、来い青ピクミン」

青花「ウーイ」



小泉「………いいの?左右田」

左右田「まだ確信したわけじゃねェしな」







ざぶんっ!!
ぶくぶくぶく………


田中(………北を目指す)

田中(これで、砂の中の宝を取れば……後は敵を倒す宝のみ)

田中(………左右田は何を言いたかったのだろうか)

田中(………)ごぽっ……

田中(宝が見つからないな………)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>95

4

>>95
ないすー。

5/10


田中(……そのあたりか!)

田中(青ピクミン!)くいっ

青花「!」


ざくざくっ!

ごぼ………


田中(さあ、何が出る……鬼か蛇か……?)


ごぼごぼごぼごぼっ……!

ぼごおおおおっ……!


田中(───スカート?!)

田中(なんと表現したらいいやら……エンジン部分の表面の……、あの円柱のような部分だ)

田中(それが大型のものがひとつ………錆はない)

田中(今までエンジンはたくさん見つかっていた)

田中(これをエンジンに取り付ければ……推力を一カ所に集められるかも……)


◆そして


左右田「あ、オメー………それ!」

田中「………」

左右田「すげェ……なんでこんなもんが!?」

小泉「本格的に謎が出来たわね」

左右田「あ、ああ、確かに……」

田中「ここは一体何なのだろうな?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた
7→脱出してみる
8→今日は寝る

>>97


3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵を倒そう

>>97
6/10

田中「………戦わなければ生き残れない、か」

田中「3の小島からまっすぐ北に敵の気配があるな」

田中「これはどこなのだ?水中?それとも」

左右田「陸地の側だけど、まっすぐ北だ。水中だな」

左右田「たぶん、だけど………貝だ」

小泉「その貝って、どうやって倒すのよ」

左右田「コツがあるみてーだ」


◆で


ざぶんっ!
ごぼごぼごぼ………


田中(………)しゅこー

田中(本当にそのコツで倒せんのか………?)


ばちんっ

田中(!)

ばちんっ
ばちん

田中(規則的に開閉している貝がいる……あの中から反応があるな)

田中(………)


作戦はこうだ
あの貝、ヤマシンジュって言うんだが
規則的に貝を開閉する
貝が閉まると、もちろんピクミンは挟まれて死ぬだろうぜ。だから───


田中(………開いているうちに投げ!閉まる前に呼び戻す!)




直下で判定。100めでたいからがんばる

がんばった結果が

>>100


田中(………!)

ざしゃっ

田中(行くぞ、青ピクミン!)

青花「オウ!!」

がしっ

田中(次開いたとき───勝負する!)



ばちんっ

貝『………』

ぎぎぎ………くぱぁ


田中(………今!)


ひょいひょいひょいっ


貝『!?』

青花「オリャアアアアア!!」
青花「タオスゼ!!!」
青花「エンジンゼンカイ!!」


ばきばきばきっ!

貝『……!』ぎぎ

田中(戻れ青ピクミン!)

ぴぴーっ!

青花「「!」」ささーっ

田中(………まさかウェットスーツの下からでも効果があるとはな)

ばちんっ!


貝『………』


田中(………次で決めるぞ)

青花「アァ、ワカッテルゼ」

貝『………』


ぎぎ………

田中(おおおおお!!)

青花「オリャアアアアア!!」

貝『───』


ぼんっ!


田中(………やった、のか!)

ごぼごぼごぼごぼっ……


田中(………ピクミン!)


ごぼっ………


青花「タナカー!」

田中(!)

田中(レーダーは……無事か。青ピクミンも減っていないようだな)

青花「コイツカラナンカデタゼ!」

田中(これは……、アンテナ………?)




勝利。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>105

>>105
あああああ


田中(ひとまずアンテナを運ぶか)ごぽっ


◆で、7/10


田中「これは何かに使えそうか?」

左右田「何のアンテナかはっきりしねーからなんとも………」

左右田「ただ、なんかしら使える事は確かだろうしな。ありがとよ」

小泉「これでまた脱出に近づいたわけ?」

左右田「かもしんねーな」

小泉「なるほど?」

田中「とにかくは……」

左右田「あとは2箇所だ。気ぃ抜くなよ?田中」

田中「心得ている」





ざぶんっ!


田中(………)

田中(あと2箇所………)

田中(どちらも敵を倒さねばならん………)ごぽごぽ

田中(そしてこちらには………)



ナマズ「………」ざぶざぶ………


田中(………ナマズ、だな)

ナマズ「!」ざぶざぶ!


田中(まずい!こちらに来ている!バレたか!?)




ファイト!

1→ピクミン投げて囲む
2→笛で全員で囲む
3→田中が体を張る
4→そのた

>>109

3
覇王様なら何とかしてくれる

>>109
3


田中(く……!)

ナマズ「………!」ざぶざぶ!

田中(このままかち合えば不利!ならば!)

ざっ

田中(俺様がまずは受け止める!)

田中(青!散開!)

青花「ハーイ」じゃっ



ナマズ「!!」ざぶっ!

田中(来いッ!)




どぼごぉっ



田中(───!?)ごぼっ

ナマズ「!」

田中(ぐ、はっ……!息が、出来な……)

青花「タナカー!」

田中(しか、し……こやつの注意を……俺様に……!)

田中(………おおお!!)

がっ!

ナマズ「!?」ざばっ

田中(まずは一発!)

ナマズ「………」ざぶっ

がっ

田中(うぐっ……!)

田中(腹に……ぶつかられた)

田中(衝撃で息が出来なくなる……くそ………!)




ややピンチ。

1→ピクミン投げて囲む
2→笛で全員で囲む
3→田中が体を張る
4→そのた

>>112

2

>>112



田中(………!)

ナマズ「!」ごぼ

田中(距離を離し……またぶつかる気……か)

田中(あのナマズの攻撃……まだ全て……見ていない)

田中(そもそもこの体当たりがやつの本来の行動とは思えん……)

田中(……息……足り………)

ナマズ「………!」ざばざばざば!


ぴぴーっ!


青花「オラアアアア!」
青花「テメー!」

ざっ

ナマズ「!?」

田中(取り囲んだ!)

青花「クラエエエエ!!」ばっ

ぼかすかぼかすかっ!


田中(そう……そのまま!そのままで……!)

ナマズ「……!!」うねうねうね

田中(何かするつもりか!?)




油断せず行こう
1→ピクミン投げて囲む
2→笛で全員で囲む
3→田中が体を張る
4→そのた

>>115

息を整えてから3

>>115
ナイス。
8/10


田中(………息を………)

ごぽごぽ……ごぽ……

田中(……あの雑種、本当にいい仕事をした)

田中(水中で息が出来ること……本当にありがたい)


ナマズ「!!」ぶる………


田中「おおおおおおお!!」

ナマズ「!?」

どげゃああっ!

ナマズ「!」

田中(水中での全力の蹴りだ!)

青花「ヨクヤッタゼタナカ」
青花「フリオトサレルトコダッタゼ」

田中(ああ、よかった。本当にな)

ナマズ「………、………!!」

田中(悪いが貴様はもう終わりだ)

ナマズ「───!!」


田中(燃え尽きぬ絶氷───【インフィニティ・アンリミテッド・フレイム】、水中エディション)

田中(地獄で俺に詫びるといい)

ナマズ「───」




ごしゃぁっ!!



田中(………倒した………のか………?)

田中(ヤツの口から……なんだ、歯車のようなものが……)

田中(………)ごぽ




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>118

カエルも倒したかったが時間的に厳しいか?

ナマズと歯車をベースに運んだら今日はもう撤収

>>118
はいくり


田中(………まずい、腹の痛みも………)

田中(……時間も、ほとんどない……か。青に歯車とナマズを運ばせよう)

田中(………)ごぽ

ぐいっ

田中(………)

青花「タナカー」

田中(………)

青花「イシキアルヨナ」

青花「ハライタソウダセ」

田中(………ああ、戻るぞ)

青花「ムリハヨクネーモンナ」





左右田「おう、おかえ………」

小泉「田中!どうしたの、顔色悪すぎるって!」

田中「少し……な」

小泉「ああもうっ、何してんのよ!」

田中「………問題は………ない………」よろっ

左右田「ありまくりじゃねーかよ!」

小泉「もうっ、今日はおしまいだからね!」

青花「ナマズモッテキタゼ」
青花「オオー」


ばすんっ

田中(青が5体増えたようだな……)


小泉「ほら、田中。無理しないの!」

小泉「さっさと寝なさいよ!」


田中「………ああ、そうさせてもらう」


腹の痛みを抱えながら、田中クンの探索は今日はおしまい。
そして新しい朝を迎えるのでした。


【13日目リザルト】

誕生    8 ↑
 └内訳…赤8
死亡    0 →

生存  182 ↑
 └内訳…赤66/青50/黄65/白1

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計   198↑

地表    5 ↓
 └内訳…青5


本日の稼ぎ

甲板              8000円
ロケットのてっぺん      12000円
ミサイルの破片         3000円
狩猟用モリ            980円
ロケットスカート       30000円
電磁アンテナ         60000円
さびない歯車         27000円

トータル:859840円


【13日目】左右田

あー………ほんとにここなんなんだよ。
ひとつ気にかかる事がある。
それは……ほんとにこの場所の大気が、オレらの体に毒じゃねーかどうかだ。
もしも少しでも毒素があるんなら、あんまし吸いたくはねぇ。
まだ体に影響は出てねーけど………分からない。
下手したら、もう既に影響が出てんのかもしんねぇし。
かと言ってロケットの復旧作業もあんまし進んでいるわけじゃない。
だが、あといくつかパーツがありゃ飛べそうだ。
助かるぜ、田中!




次回
【中央広場】【北の水源(いまここ)】【東の広野】からスタート位置選択
一応西にもいける

直下
おやすみなさい

ワタシは連休最終日ですが、みなさんいかがお過ごしですか?
と言うわけでやるよ。

【14日目】
0/10


田中「今日は西に向かってみようと思うが、いいか?」

左右田「西?ああ、あの例のな」

小泉「そう言えば西、いけるようになったんだっけ?」

田中「ああ」

左右田「北が水、東は広野だったよな」

小泉「西ってどんなところかしらね……」








ひゅんひゅんひゅん……




田中「……ここは」

左右田「うっわー……」

小泉「なにここ……」



【西の火口】



左右田「あっつー……」

田中「……あまり長居は出来なさそうなほどの暑さだな」

左右田「地図は……あーと」


http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg
(黒で塗ってある泥みたいなのが全部マグマ)


左右田「なんじゃあこりゃあ!?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

☆ピクミンを抜く
☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>127

高台も多め?

☆赤50黄30呼び出して
まずは4でお宝レーダー

こんな時間にやってるとは

安価上

>>127
>>126
まあ、最終日だからね。
1/10


田中「ううむ……溶岩魔法とは想定外だった」

田中「………溶岩なら燃えない赤と……後は、高さがあるから黄色か……?」

ぽぽぽ………
>赤を50、黄を30呼び出した!

左右田「ちょっとウェットスーツ改造してみるか……」かちゃかちゃ

小泉「そんな事出来んの?」

左右田「今まで色々拾ったろ?反重力バリアとか言うのもあるしな」

田中「では俺様はレーダーを使ってみようか」





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
なし

未回収

◎ベース上
マグマの中

◎ベース下
固そうな石(黒いやつ)付近
石をどけた先のマグマの中

◎ベースから北北西のマグマの中×2

トータル??個





田中「!?」

小泉「ほとんどマグマの中じゃないのよ」

左右田「あとちょい待てよ、多分これでマグマにも入れるウェットスーツが……」かちゃかちゃ




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>130


ベース上マグマ付近まで行ってとりあえず赤一体にマグマに入らせて耐熱性を実際に検証しつつ
もういちどお宝レーダー

>>130
2/10


田中「任せるぞ、雑種」

左右田「あァ、はいはい……」

田中「………」

小泉「ピクミンって投げられるのよね?投げてそれで終わりじゃダメなの?」

田中「……どうやらピクミンは、俺様と距離が離れすぎるとその場に立ち止まるようなのだ」

小泉「へ?」

田中「つまり、ピクミンだけをマグマの中に行かせて全てを行うと言うことが出来ない」

田中「もしもマグマの中へと作業をしに行くのなら、俺様もまた側に行かなければならんのだ」

小泉「……なるほどね?」

左右田「あともうちょい……」かちゃかちゃ

田中「ふむ……ではその前に、俺様はひとつ試すか」すたすた

小泉「何をするの?田中」

田中「ピクミンがマグマに耐えられるかどうかだ」

ぽいっ

すたっ!


赤花「む………」

赤花「………すこしあつい」


田中(マグマでも燃えないか。あまり長居させると分からんが……)

田中(……レーダーは……)


◎西側三段高台
てっぺん


田中(情報がひとつ増えたな)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

>>133


マグマに入った赤1を引き上げさせて赤49にマグマの中を探索させる

うえ

ぞろ目からのパルプンテやめーや!

>>133
>>132


田中「戻れ、赤ピクミン」

赤花「たすかった」すたすた

田中(段々俺様らの言葉が話せるようになって来ているのか?)

田中「……残った他の赤ピクミン、この溶岩の中を散策せよ!」

赤花「「ぎょい」」ずらずら


左右田「もうちょい……あとここを繋いで……はんだ……」

左右田「………」

左右田「………!」

小泉「なんだかんだ、ちゃんとやってるときは男の子らしいのよね、アンタ……」




直下

1→ピクミン大爆死(全滅)
2→強い敵が出る
3→敵が出る
4→左右田爆死
5→とくになんもなし
6→スーツ完成
7→追加安価で内容決める
8→いいお宝の在処
9→激辛スプレー完成
0→6と9をいっぺんに

ぞろ目→6と8
44か66→ちょう強い敵(下手すれば全滅)
00→恒例の葉隠爆散(+試される大地脱出)

さすがに爆発

>>139

コンマ7
7はラッキーセブンの7


パルプンテ(+ぞろ目量産)特典、どれか
1→誰かしら生徒を見つける(指定1名)
2→スーツ完成・スプレー解禁
3→紫ピクミン(デカくて重い)解禁
4→試される大地の脱出(終了……?)
5→お宝フルオープン

>>144

2

>>144



ばっちゃばっちゃ

赤花「あつい……」

赤花「だが、もうすぐだ……」

じゃぽ

赤花「!」

赤花「みつけた」


ぐぐぐ……どっぱぁぁぁぁんっ!


赤花「たいねつぷれーとだな」
赤花「くくく、これはよい」


左右田「出来たァァァァ!」

小泉「!」


◆で、3/10


田中「耐熱プレート……これがあればロケットが大気圏で燃え尽きることはまずあるまい」

左右田「大気圏でねーよ」

小泉「あ、田中!」

田中「む?」

小泉「見て、この溶岩だらけのところにも草がちょっとだけあるみたい」

小泉「それでね、前も言ったじゃない?木の実を集めると抗菌作用がって」

小泉「調べたら、これピクミンにも使えるみたいなの」

田中「なに……?」

左右田「いいか田中ァ、【ピキノツユクサ】っつー草みっけたら、木の実集めろ」

左右田「ピンクとブルー、ふたつの木の実がある。集めるとエキスが出るはずだ」

左右田「ピンクは【激辛スプレー】、ピクミンの攻撃力や早さがあがる。ブルーは【激苦スプレー】、敵が石化する」

左右田「うまく使えよ。とりあえずどっちも3回分詰めといた」

>スプレーが使えるようになりました!




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>147

4

>>147
4/10


田中「………スプレーか」

左右田「それとこれ」

ぽい

左右田「耐熱も出来るスーツだ。もはや宇宙服だな」

左右田「オレらは大丈夫、ロケットに耐熱素材組み込んでそっちに避難するわ」

田中「………感謝する」

左右田「あ?んだよ、柄でもねぇな」

田中「うるさい」

小泉「その、頑張ってね……!」

田中「………ああ」
ぎゅっ


◆で、


田中「スーツを着込んだが……快適だな」

左右田『だろ?反重力バリアとか言うのを組み込んだ』

左右田『これでオメーはマグマだろうが水の中だろうが、自在に動けるぜ』

左右田『今までより身体能力もちょっとだけ上がってるはずだ。ただ』

田中「ただ?」

左右田『スーツの耐久力には気ぃつけてくれ。あんま強くねーんだ』

田中「………分かった」

田中(さて………)



ずしんっ


チャッピー「………」ぼぼぼ

田中「………燃えるチャッピーか………」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>150


激辛スプレー使用して赤ピクミンだけ投げつける

>>150
5/10


左右田『燃えるチャッピー………ああ、ヤキチャッピーとでも呼んでおけばよくね?』

田中「そのままではないか」

ヤキチャッピー「ぼぼぼぼぼ」

田中「背中が燃えているのか」

左右田『後はだいたい今までのチャッピーと変わらず、だ!』

田中「……了解」

きゅるるるっ!

田中「使うか、スプレー………!」


しゅううっ!

赤花「!」


>激辛スプレーを赤ピクミンに使いました


赤花「かっらぁぁぁぁぁぁ!!」じたばた
赤花「なんだこれはあああああ」
赤花「じごくだあああああああ」

田中「往け赤ピクミンッ!貴様等はあのチャッピーを倒すのだ!!」

赤花「うおおおおああああ!!」

ヤキチャッピー「ぼぼ、ぼ……!?」


でゅららららららら!!


ヤキチャッピー「」チーン(笑)

赤花「はぁ……はぁ……」

赤花「やっとおさまった……」

田中「やったぜ」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>153

5 赤に死骸を運ばせつつベース下の石を調べる

↑+黄はバクダン岩を持ってたら石を破壊、持ってなかったらバクダン岩を探す

>>153
>>152
欲張りだがぞろ目だからオッケーだべ
6/10


田中「赤、そのままヤキチャッピーを運べ」

赤花「ぎょい」ずらずら………

田中「さて……」

田中「マップ下の固そうなものはなんだ?」

左右田『たぶん………岩、じゃねェかな』

田中「……岩?」

小泉『岩がこうしてくっきり映るってことは、これかなり固いかもしれないのね?』

左右田『だな。たぶん爆弾でもねーとぶっ飛ばせねーだろうさ』

田中「となると黄ピクミン、貴様等の力が必要だ」

黄花「ヨンダカシラ」

田中「爆弾岩を探すぞ」ぐるっ


◆で、岩付近


すたすた………

田中「やはり岩だったな」

左右田『こっちからも見えてるぜ』

田中「見えてる?」

左右田『ああ、ビデオカメラバラして組み込んだからカメラ機能も付いてる』

田中(さすがメカニック、と言うべきなのだろうか……)

左右田『で、どうだ?みつかりそうか?』

田中「………」くるくる

小泉『ねぇ、その近くに別の高台があるじゃない。その下に穴とかないの?』

田中「……こちらか?」(ベースからすぐ下の高台みたいなやつ)


ごそっ


黄花「ア!」

田中(………洞窟!?ここに爆弾岩があるかも………)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>157
お昼休憩です。

爆弾回収して岩を破壊、そして原生生物の情報を聞く(ローラー野郎とかのトラウマ組とか)

日本で今放送されてる怪しい伝説って第何シリーズですか?トリーもキャリーもグラントもいない怪しい伝説なんて……
あ、ワタシはグラントがケツをネズミに掘られた(意味深)回が好きです。

どうでもいいね。お待たせ。午後の部やーるよ。

>>157
7/10


田中「よろしい。黄ピクミン、中へ」

黄花「ハーイ」すたすた

田中「ところで左右田、聞きたい」

田中「危険な原生物についてだ」

左右田『あァ、それな。データが少なくってよ』

左右田『答えられる範囲だと……いる、らしいぜ』

田中「何がだ」

左右田『クモだ』

小泉『……クモは嫌いだわ、アタシ』

田中「クモだと?」

左右田『ここは燃えてる場所が多いから、敵もそれにちなんだヤツが多い』

左右田『ここには、俗称【ベニショイグモ】ってのが出るみてーだ』

田中「特徴は?」

左右田『宝を背負う』

小泉『は?な、なんで?』

左右田『基本、なんか金属とかを好む傾向にあるみてぇだな』

左右田『んで、例え宝があるならピクミンごとしょう。これが【ショイグモ】系の特徴』

田中「なるほど、出会わないよう気をつけよう」

左右田『見つけたらまず宝を取られる、あるいは………』

田中「………あるいは?」

左右田『オメーが寝そべってれば、宝と間違えるかも……』

田中「なるほど」

黄花「タナカー、アッタワヨー!」とてとて

田中「おっと、爆弾はそちらへ投げろ!」

黄花「ハーイ」


どおおおおおおんっ




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>163

石をどけた先のマグマの中を探索

>>163

田中「さて、これで先に進めるか」

すた

黄花「………」

田中「………ああ、そうか」

田中(黄ピクミンに溶岩を探索させたら燃えてしまうだろうな。ええと、赤ピクミンは……)

赤花「どうした」

田中「おお、赤ピクミン」

赤花「チャッピーをはこんだのはせいぜい10たいほど」
赤花「のこりはたいきしていたぞ」

田中「そうか。ならばありがたい」

田中「赤ピクミン。この溶岩の中を捜索しろ」

赤花「ぎょい」ちゃぷちゃぷ

黄花「テキハイナイワネ」きょろきょろ

田中「………ああ」

小泉『ところで、なんで黄ピクミンだけが爆弾岩を扱えるのかしらね?』

田中「さてな。その理由は分からん」

左右田『ピクミンにも作りの違いがあるっつー事なんか』

ぼぼぼぼ………

田中(このまま放っておけば、赤ピクミンは溶岩の中の宝を掘り起こすな。さて)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>167

>>167


赤花「みつけたぞ!」

赤花「………なんだこれは?きんこか?」

田中「………金庫?」

赤花「うさぎのかたちだ」

左右田『マグマによく溶けなかったな』

田中「………持って行け」

赤花「はーい」すたすた

黄花「コノヘンニオタカラアルカシラ」きょろきょろ

田中「さて、他の宝の様子も見ておくか………」ぽち





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱


未回収


◎ベース下
固そうな石(黒いやつ)付近
一番奥

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
高台下のマグマ、東寄り
高台下のマグマ、北寄り

◎ベースから北北西のマグマの中×2

トータル??個





田中「ふむ………」

黄花「コノアタリホッテモイイカシラ」きょとーん

田中「………ああ、好きにしろ」

黄花「トイウカナニカオチテルワヨ」

田中「なに……?」

黄花「コレナニ?」
黄花「ナンカオモタソウナテッパンネ」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>170

ベース下一番奥の様子をさらっと観察した後
重たそうな鉄板を黄に運ばせる

上で

>>170
>>169


8/10


田中「……赤、さらにこちらへ」

田中(と言いたいがいかんせん赤ピクミンは全て出払った)

田中(俺様だけで少し進んでみるか)

田中「黄ピクミン、若干待機」ぴぴっ

黄花「ハーイ」


ざぶ


田中「ふむ………」

田中「このあたりから反応があるな」 

左右田『………田中』

田中「なんだ雑種?」

左右田『いや、聞けってーの!』

田中「うるさいぞ。邪魔したいだけなら………」


のしっ


田中「………む?」

クモ「」ずしん


田中「」

黄花「キャアアア!?」
黄花「モエテルー!!」

田中「こいつ!」

小泉『さっき言ってた、ショイグモよね!?』

田中(黄ピクミンに運ばせるはずの鉄板を狙ってるのか!?)

田中(まずい、赤ピクミンはもういない!)




1→にげるんだよ
2→戦う
3→田中が戦う
4→そのた

>>173

4
ゲキニガスプレーで時間稼ぎ

>>173
>>172
あああああああ


田中「分が悪いか!ここは………」

黄花「きゃーきゃー」
黄花「きゃーきゃー」

田中(まずい………)

左右田『おい!田中ァ、なんで黄ピクミン、逃げねーんだよ!』

田中「先ほど俺様が待機させたからだ」

左右田『なにぃ?』




さっき

田中「黄ピクミン、若干待機」ぴぴっ




左右田『ん、なっ……あれのせいなんか!?』

クモ『ぐももも……』鉄板へ手がにょいーん

田中「まずは黄ピクミンを逃がさなければ!」

田中(くっ……届くか!?)

べばちゃぁ

クモ『?』

田中「食らえッ!激苦スプレー!!」

ぷしゅううう!!

田中「これで……」




小泉『ばかっ!風向きが!』

田中「!?」

黄花「」かちーん

田中「黄ピクミン!?」





ぴんち。ぴんち?
1→にげるんだよ
2→戦う
3→田中が戦う
4→そのた
>>177


黄ピクミン置いてはいけない

>>177
よくぞ

9/10


田中「……!」

左右田『うああああ!?』

小泉『ちょっと!?』

田中「こ、れは……」

左右田『いや、一定時間でもとに戻るらしいんだけど、一定時間がいつなんて、オレも知らねェし……』

左右田『……田中、今は引け!』

田中「ならん!」

左右田『!』

田中「……黄ピクミン達を犠牲には出来ない」

小泉『だけど!』

田中「時間も差し迫っている。知っている」

田中「だが!だからと言って!」

田中「このままこやつらを見殺しには出来んだろうが!!」

小泉『!』

田中「少し時が経てば解放されるのだな!」

左右田『のはず、だ!』

田中「……来い、ショイグモッ!」


クモ『ぐもも……』ずしーん


田中(とはいえ、ヤツの本体は少し高い位置だ)

田中(足が4本……その足に支えられて胴体が高い位置にある)

田中(倒すには……だめだ、ピクミンを投げなければ!)

田中(今は黄ピクミンが元に戻るための時間が稼げればいい!)


クモ『ぐもん!』どがぁ!

田中「遅いッ!」すか

クモ『ぐも!ぐも!』どんどん

田中「はああああっ!!」するするする

田中(……あとすこし……!)

田中(攻撃は恐らくこちらからは出来ない!)





1→黄ピクミンがもとに戻り次第逃げる
2→戦う
3→田中が戦う
4→そのた

>>180

1

>>180


田中「……まだか……!」

どしぃっ!

クモ『ぐもも……!』

どしんどしんどしん!!

田中「ぐっ!?」がっ

田中「く……」

田中(スーツの耐久性……そのおかげでダメージを負わずに済んだ!が)

田中(このままではスーツ自体が耐えられなくなる……!)

クモ『ぐもおおおお!!』

田中「……!!」

ずざざざっ!

田中「……はぁ、はぁ」




黄花「」ぱきーん



黄花「……アレ?ココドコ?」



田中「やっとか!!」

クモ『ぐおおお』

田中「逃げるぞッ!!」ぴぴーっ!!

黄花「ハーイ」すたこら

クモ『……!?』



◆で、ベース


左右田「なんともなくてよかったけど、よぉ……危なかったな」

田中「……ああ」

左右田「あ、ちなみに赤ピクミンが8体増えてるぜ。オメー、ほら、チャッピーやったろ?」

田中「……」

左右田「そんで、これからどうすんだ?もう時間ねーぞ」

田中「……」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>183

kskst


時間一杯までお宝レーダー働かせよう

リザルト書く元気がないのでここまで。
明日は出来たら早めから。おやすみなさいやで。

高まってました。やるけ?

>>183
>>184
らすと


田中「レーダーを回せ」

左右田「んあ?」

田中「宝が新たに見つかればいいのだが」


しかし、今日はどうにも調子が悪いようです。
いくらレーダーを回しても、新しい宝は見つかりません。


田中「……」

小泉「なんなのかしらね……?」

左右田「潮時、だな。そろそろ上がるか」

田中「……」

左右田「田中」

田中「……分かっている」


田中(敵はさらに強大で、さらに想像とは違うものが現れる)

田中(俺様の前に多くの不思議と、謎の生き物……)


田中(試されている、のか)


分からないことだらけです。
それでも毎日、たくさんの驚きがあります。


左右田(……)ごそっ

左右田(……マズいな……)


様々な思惑が錯綜しながら───

今日もまた、終わっていったのでした。


【14日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    0 →

生存  182 →
 └内訳…赤66/青50/黄65/白1

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計  198 →

地表   13 ↑
 └内訳…赤8/青5


本日の稼ぎ

耐熱プレート         70000円
らーぶらーぶ貯金箱        500円

トータル:930340円



【14日目】 ???

このままだと……まずい……

必要な素材がたりない……

金は充分だ……もう外に脱出……しないと

食料が……素材が……希望が足りない

足りない



【14日目】田中

……これは誰の文字だ?




翌日
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口】
以上から次のスタート位置決定、直下

えーもう終わらないとまずいの?じゃあ南を開ける為に
【中央広場】

>>195


ヒュンヒュンヒュンヒュン……


◆空


田中「時に、貴様等に聞きたい事がある」

左右田「あ?」

田中「これは」

ぱさ

田中「……誰が書いた?」

小泉「……な、なにこれ」

左右田「はああああ!?なんじゃあこりゃああああああ!?」

田中「?」

左右田「いやいやいやいやいや、オレ書いてねーし!」

小泉「アタシも知らないわよ?」


田中「……なんだと?」


左右田「いや、確かに……食料が若干足りねーんだ」

田中「!?」

左右田「なぜか空から支援物資が降ってきてたって言ったよな?」

左右田「……その量はちょい減ってるらしい」

小泉「うそ……!」

左右田「オレにもなんか出来る事がありゃいいんだけどよ……」

田中「……」


田中(……?)

田中(あれは……なんなんだ……?)

田中(誰が……あんなことを……?)

田中(勿論俺様もあんな事は書いていない)

田中(では……誰だ……?)

田中(何が起きている……?)





※日誌は意味深やけどまだ終わらないんやで。だから焦らなくて大丈夫やで。
中央広場からスタートで大丈夫?
直下

そういうことなら【西の火口】

>>197
【西の火口】


ヒュンヒュンヒュンヒュン……
とさっ


田中(……ええい)

田中(気になることはまだ残っている、が……迷っている場合でもない)

田中(とにかく俺様達はロケットを完成させなければ……)





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱


未回収


◎ベース下
固そうな石付近
一番奥

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
高台下のマグマ、東寄り
高台下のマグマ、北寄り

◎ベースから北北西のマグマの中×2

トータル??個





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

☆ピクミンを抜く
☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>200
めでたい

☆赤52黄20を呼び出し赤8を引き抜いて
ベースから北北西のマグマを探索しに行く

>>200
1/10


田中「……迷っている場合でもないな」

ぽぽぽ……

>赤を52体呼び出した!
>黄を20体呼び出した!


左右田「……んじゃパーツ探しはオメーに任せるからな?」

田中「そうしてくれ」
ぐぐっ

小泉「じゃあアタシ……行ってくる」

左右田「あ?」

すぽんっ

赤蕾「ぴくみんぇ」

>赤を8体引き抜きました!蕾になっているようです!

左右田「いや、どこに」

小泉「食べ物探しに、よ!」すたっ

田中「貴様はここでひとり黙々と作業しているんだな。行くぞ、ピクミン」

赤花「ぎょい」ずらずら



左右田「……で、どうだ田中?」





田中「北北西のマグマ前だが……」


ヤキチャッピー「もえてるよー」


田中「……ちっ、また出たか」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>203

いけ 赤

>>203

2/10


田中「……故に、俺様は赤ピクミン達で全力で戦うッ!」

田中「ゆけっ!!」


赤「「「うおおおおおあ」」」どどどどど!


ヤキチャッピー「!?」

どごごごごご!


赤花「よし!」
赤花「たいしたことはない!」


もごもごもごっ


田中「……?」


ぼごぉっ!


ウジンコ♂「むにゅむにゅむにゅむにゅ」
ウジンコ♂「むにゅむにゅ」
ぞろぞろぞろ


田中「な、なんだこいつ等は……!?」

田中「そう言えば前も……」

黄花「キャアアアアキモチワルイイイイ!!」

ウジンコ♂「ヒドイヤ」


どがっ!ごばっ!


赤花「こちらはなんとかなるか……!?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>206

黄でウジンコたちを総攻撃

>>206


田中「……! 黄ピクミン!」

黄花「ウウウ」

田中「あの虫を退治してくれ!!」

黄花「……ワ、ワカッタワヨ」
黄花「オリャアアアアア!!」


どごあああああ!!


ウジンコ♂「「!!?」」

黄花「シャーンナロー!!」


田中「……よし!」

がああああっ!!

田中「!」


ヤキチャッピー「」ちーん

赤花「ヤッタゼ」

田中「よし……!」

ウジンコ♂「「「」」」ちーん

黄花「アレ?カテタヨ」

田中(時間を食ったが、なんとか虫を退治できた)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>209

すまん今日ここまでやで

6でレーダー確認

振り返りません、勝つまでは!買った!やりながらやる!!

>>209


田中「レーダーは……」


ぽわーおぐちょぐちょ


田中「……ダメか」

左右田『何なんだろうなァ、こりゃあ』

田中「雑種」

左右田『つーか、この岩場がなんかすげェ電波遮ってくるンだよな』

左右田『どうなってんだよマジで……オレとオメーの連絡も取れなくなるかもしれねェな……』

田中「ちっ……!」


田中(レーダーの具合が悪い)

田中(なんだ……?何かが邪魔をしているのか?)

田中(……だが、一瞬だけ電波が上手くはいったタイミングもある)

田中(諦めずに何度も探索するしかないか)

田中(それとも……)

田中(レーダーをさらに強化できるものがあれば話は別なのだが……そんなものあるのだろうか……?)





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>214

ヤキチャッピーは黄にウジンコどもは赤に運ばせて一旦ベースに戻った後
改めて北北西のマグマを探索しに行く

>>214
>>213
3/10 



田中(……)


田中「ヤキチャッピーは黄が、」

黄花「エ?」

田中「そのウジは赤、貴様らにくれてやる」

赤花「ふむ」
赤花「いいだろう」

田中「一旦体制を整えるぞ。戻れ」


田中(ちっ……芳しくない!)


◆で


左右田「よー、おかえり」

田中「……」

左右田「そんな顔すんじゃねェっての。なにへこんでんだ?」

田中「……うるさい」

左右田「いきなり全部上手く行くわけねーだろバカ」

左右田「つーか、レーダーの強化はオレに任せとけっての!」

田中「必要なものはないのか?」

左右田「あ?あー、そりゃいろいろあれば楽だけどよぉ」

左右田「……こんな火山に、そんな使えそうなもんがあると思うのか、オメーは?」

田中「さぁて、な」

左右田「いや、わかんねぇけどよ」

左右田「あの高台?の三段のやつ、一番上とか……もしかしたらなんかあるかもしんねーし」


ぽぽぽ

田中(黄が8体、赤は3体増えたようだ)


田中(だが俺様らは目もくれずに戻った、北北西のマグマの方だ)

田中(幸い周りに敵はおらず、このままならマグマの探索を進められそうだ)





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→マグマを探索
6→そのた

>>217

>>217

田中「ゆけ!赤ピクミンッ!!」

赤花「「うおおおお!!」」

ばちゃあっ

田中「……あまり離れると危険だが……」

赤花「うおおおお」

田中(……だからと言って赤ピクミンがマグマの中で止まるのもまた危険か)

田中「黄ピクミンは待機!」ぴぴ

黄花「」

田中「……さぁて、蛇が出るか鬼が出るか……!」


ごぼっ


田中「……っ……?」

赤花「なにかでてくるぞ……」
赤花「これはなんだ?」


ごぽぽっ


田中「……何か……布か?」

田中「非常に大きい!ピクミン達でも持ちきれるか!?軽そうだが!」

田中(それ以前になぜ!マグマから布がっ!?なんなのだこれは!?)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>220

じゃあ、その布を赤で回収してみよう

>>220
4/10


田中「赤ピクミン!そのまま布を持て!」

赤花「りょうかいだ」
赤花「これはなんなのだろうか?」

田中「さぁな。だが、俺様らに必要なものであることは確かだろう」

赤花「……?」

田中「さて、後は戻るだけ……」



「キャアアアア!!!」



田中「……!」


ベニショイグモ「グモモッチュイーン」どしん


黄花「マタデタワヨ」

赤花「ああ!またくもか!?」
赤花「くっ、どうたたかえばいいのだ!」

田中「ええいっ!」




1→田中がヘイトを稼いで逃がす
2→ピクミンを投げる
3→スプレーを使う
4→そのた

>>223

>>223
>>222
5/10


田中「何度も同じ手が使えるとは思っていない、が………、」

田中「………うおおおお!!」


ばっ、


田中「行けぇ、赤ピクミンッ!今のうちに!」

赤花「!」

田中「俺様が時間を稼ぐッ!」

赤花「れいはいわないぞ!」

田中「当然よ!」


すたすたすた


田中「黄ピクミンも同時に逃げよ」

黄花「ハ!?」
黄花「ソンナノデキナイヨ」

田中「黙れ!貴様等は俺様の契約した魔獣だぞ!」

黄花「!?」

田中「赤ピクミンを手伝え!」


クモ「グモッ………」

田中「チイイッ!」


がきぃんっ!!


田中「貴様は行かせんッ!」

クモ「グモッ?!」

田中「早くしろォ!」

黄花「………バカナンダカラ!」すたた



田中(行ったな………)

田中(ピクミンは俺様から離れるとコントロールを失う)

田中(しかしそれはピクミンがやることがない時に限る)

田中(今回は宝を運ぶ作業をしている)

田中(俺様から離れても、そのままベースに)

クモ「オオオオオ」


どしいっ!


田中「ぐぉっ!?」

田中(なんという力?!攻撃されたわけでもないのに)

田中「地面が揺らいだ!?」

左右田『田中ァ!』

田中「………雑種!貴様何か知恵はないのか!」

左右田『それ………んだ………が』ガガガ

田中「!」

左右田『………には、有………しい………』ガガガ


田中(ここで電波に障害が……!!)




1→ピクミンの安全を考えてもう少し時間稼ぎ
2→もう大丈夫だろうから急いで逃げる
3→クモを倒す!
4→そのた

>>227

加速
安価なら下

>>227
>>226


田中(……ピクミンはまだ近い)

田中(しかもこのクモ、宝に反応する……)

田中(もしかして……)


田中(レーダーと同じ能力を持っている……?)


田中(でなければおかしいッ!)

田中(俺様らが宝と判断したモノを狙う理由がないッ!)


クモ「グモモオオオオ」ぐわっ

田中「ちいっ!」

しゅっ

どがあああああ!


田中(つまり!俺様らの目下一番片づけなければならん課題はこいつ……!)

田中(こいつがいるかぎり、宝に先回りされる事は確実だ)

田中(さらに、レーダーを妨害する電波を出していてもおかしくはない!)

田中(どう……する?どうしたらいい?)


どかぁっ!がああっ!!


田中(ピクミンは逃げ切ったな……これならばもういいか……?)




1→田中も逃げる
2→クモを倒す
3→ピクミンをつれて戻って戦う
4→左右田チャッチャチャーンス
5→そのた

>>230


左右田いけるやろいってまえ

>>230
6/10
0でクリティカルチャッチャチャーンス


田中「く……」

がくんっ

田中「っ、!?」


田中(しまっ、先ほどのダメージが体に……)

田中(くそっ、)

クモ「ゴアアアアア!!」

田中(ここまでか……)



左右田『そいつは違ェぜ!!』



田中「!?」


ずしぃぃぃんっ!!


田中君はゆっくりと顔を上げました。




田中「な……!」



左右田『見ろ!そいつがオレが作った最高傑作!【ロボオーガ】だ!』




オーガの像「」ずずずずず

田中「」

クモ「!?」

田中「」ぽかん


左右田『エターナルエナジーで作った動力を!』

左右田『このオーガの像に流し込み!』

左右田『ネジといくつかのパーツで動かして!』

左右田『完全無欠のロボオーガ!!』


田中「つまり?」

左右田『ここは任せろ、っつーことだ!』



クモ「グオオオオオオ」


がきんっ


オーガ「効かぬ……効かぬのだ……」

クモ「!?」

オーガ「お主のようなクモがいるか!!」



 瞬 極 殺 


クモ「」ちーん


オーガ「」

左右田『ただ動力使いすぎるから、あんまし動かせねーんだ……今日はもう無理だな』


>1日1回だけ、ロボオーガに助けてもらえるようになった!
>今日もうむり




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>234

6
左右田に>>225で話していた内容について聞き直してから
高台下のマグマ東寄り北寄りを同時探索しに行く

>>234
>>233
7/10


田中「……おい雑種」

左右田『その雑種ってのやめろよ……なんだ?』

田中「先ほどの話だ。電波が乱れ話が聞こえなかった」

左右田『……あァ、あれな』

左右田『調べたところ、どうもあいつらクモ系は【重いもんで殴るのが一番有効】とあった』

左右田『でも重いもんったって、オメーが持てるもんにも限界があるしよ……うーん……』

田中「……」

左右田『まァいいか。また分かったら言うぜ』

田中「ああ、そうしろ」

左右田『で、こっからどうすんだ?』

田中「一旦ピクミンを回収して……」



◆数分後


田中「三段段差のマグマを調査するか……」

赤花「りょうかいだ」

田中(三段の段差だが、なぜかそれぞれの段には石造りの階段が備わっている)

田中(つまり上ることは簡単だ)

田中(さて……と、同時に調査しているが……)

田中(黄ピクミンも使いたいが使えないのがもやもやする)





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>237
今日ここまで

おつ
6 クモがレーダー能力を持っていた事を左右田に伝え、レーダーの改良に転用できないかと提案する

ガスマスクなんて考えてなかったでごわす………のちのちウェットスーツをさらに改造して宇宙服みたいにするからまっちくれ……


で、やーるー?

>>237


田中「………雑種」

左右田『その、雑種ってのそろそろ卒業さしてくんね?』

田中「聞け雑種」

左右田『………、………なんだよ』

田中「仮説を立てた」

田中「なぜあのショイグモが、宝を取りに来れるのかだ」

左右田『キラキラしたもんが好きだ、とか?』

田中「やつらが宝に反応するのは……俺様らと同じレーダーの能力を持っているからではないか?」

左右田『つー事は?』

田中「つまりだ。俺様らと同じように、あやつも体にレーダーがある」

田中「だからこそ俺様らが見つけた宝を、やつもまた同じ宝として認識が出来るのだ」

左右田『………なるほどな』

田中「であれば雑種、貴様の足りない頭でも分かるだろう?」

田中「ショイグモの能力、そのままレーダーに組み込むことは可能か?」

左右田『いやいや、待てよ!そんなん出来ねーって!』

田中「む?」

左右田『オレが専門にしてんのは機械類だけだぜ、田中ァ?このクモが生き物じゃなくて機械だってんなら違ェけど、そうじゃねーだろ?』

左右田『やっぱ別にレーダー見つけねーと………』


ごぽぽ


赤花「たとえばこのような」
赤花「あるみそざいをつかうとか?」
ばしゃあ


田中「………それは何だ?アルミではないと思うが」

ばしゃあ

田中「………」

田中(赤ピクミンが引っ張り出したのは、頑丈な箱のようなモノと、一本の金属で出来た棒だった)

田中(おそらくどちらも、宇宙の熱に耐えられる以上のものなのだろう)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>244

西側三段高台下の北寄りのマグマを赤で調査

5

>>243
東と北は同時に捜索してたべ。

>>244
8/10


田中「………今出せるだけの、レーダーの全力を出せ」

田中「俺様が今手に出来るだけの宝をすべて知りたいのだ」

左右田『ちょい待てよ!もうやってんだ!』

左右田『あー、くそっ、なにが悪いんだ………?』





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱

ぬの/はこ?/ぼう


未回収


◎ベース下
固そうな石付近
一番奥

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
二段目の裏側(北向きの方)
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
三段目西側に開いた穴の中

◎ベースから北北西のマグマの中

トータル??個





左右田『ざっとこんなもんか………微弱にしか増えてねーな、チクショウ!』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>247

ベースから北北西のマグマの中探索

ベース下の固そうな石付近を調べる

>>247


田中(………北北西、まだ残していたな)

田中(あの時も確かショイグモがじゃまに来たのだった)

田中「進路を変えろピクミン、北北西に戻るぞ」

田中「赤ピクミン、必要な人数でそれを運んでおくのだ」

赤花「あいわかった」





ズラズラズラァ~


ごぽっ………


田中「ふむ、至って順調」

ぼごぉ!


赤花「だな」
赤花「じゅんちょうすぎてこわくなる」
赤花「おのれのさいのうがおそろしいぞ」


田中「マグマからは謎の光る玉が出てきた」

玉「」ごごごごごごご

田中「なんだこれは……」

玉「オーパーツダベ」

田中「!!?」




赤はまだ30体くらいいるイメージ。

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>251

>>248

>>251
>>248
8/10


田中「一旦ベースでピクミンを回収して……」

田中「それからベース下に戻るか」


◆で


田中「さくさくと行くな」

小泉『田中ー!』

田中「! 小泉か」

小泉『こっちは順調よ、アンタは?』

田中「こちらも万事快調だ」

左右田『うおッ!?なんだそれ!?』

小泉『なんかオタマジャクシ?みたいなのがいたの』

小泉『あんまり気が進まないけど……食べられそうだから持ってきたわ』

左右田『マジか……』げんなり

田中「………」


田中(確か前回は鉄板を運ぼうとしたのだが)

田中(そこにもショイグモが来たせいで逃げることになったのだった)

黄花「ココマエモキタワネ」
黄花「カチンコチンニナッタモノ」
黄花「オボエテルワヨー」

赤花「そんなこともあったな」

田中(さて……おっと、その鉄板はまだ放置されている)

田中(周りを見回す。……ショイグモはまだいないようだ)

田中(見つかる前に運ぶか、あるいは見つかったら倒すか……)



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>255

安価来てないけど今日はここまでやで。お休みやで。



安価は5

もしもし、ワタシダベミ、今あなたの見ているスレに書き込んでいるの

>>255
9/10


田中「厄介が起きる前にさっさとこなすぞ、黄ピクミン」

黄花「ハーイ」すたすた


田中「……これでなんとか」


ずんっ



田中(……とは行かないか)


ずんっ
ずずんっ

ずんちずんずんち


クモ「グモモ」


田中「……くそっ」

田中(こいつ……!)

田中(果たして一体なのか、それとも複数なのか)

田中(不明だが、しかし分かっている事がひとつ)



田中(俺様の宝運びをじゃましに来ている……!)


黄花「コノアタリタシカ……」

黄花「ナクナッテナケレババクダンイワガアルワネ……」




1→田中がヘイトを稼いで逃がす
2→全力で全員で逃げる
3→爆弾岩で一発戦う
4→そのた

>>262

3

>>262


田中(……ここで引いていては、いつまでもなにも変わらない)

じゃっ

田中「……黄ピクミン!」

黄花「?」

田中「戦うぞ。手に剣を持ち、敵を屠るのだ」

黄花「……ウン!」

すたたた


クモ「グモモ?」
(おやおや「見たこともない生き物」さん、ワタシに逆らっても無駄ですぞ、的なことを言っている)


田中「貴様が俺様らをどう思っているかはしらんが、いつまでも捕食側に回るほど俺様も我慢強い方ではない」

田中「己の力を解放してやる。よかったなクモよ、黄ピクミンも全力でぶつかるだろう」

クモ「???」

田中「来いッ!!」


しゅううううう……

黄花「タナカー」

黄花「モッテキタワヨー」

田中「よろしい」

クモ「!!!???」

田中「くくっ、さすがの貴様等もこの爆弾には困っているようだな」

クモ「ぐも……」ずざ

田中「逃がすと、思うのか?」

クモ「……」


田中「ここが貴様の」がし

田中「死に場所だ」


ひゅるるるる……
すとっ


黄花「ソレジャアネ」
黄花「ドウタイノブブンニ触られたらヨワイノヨネアンタ」

クモ「ぐ、ぐも!?ぐもっ!!」

田中「やはり弱点は胴体か」

田中「狙い撃つぜ」


カッ


ちゅどぉぉぉぉぉぉん!!!



ずずぅんっ……

クモ「」


田中(今度こそ……倒した!)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>266

鉄板運ぶ

>>266
>>265
らすと


田中「……今のうちだ。鉄板を運ぼう」

田中(まさかよみがえるとは思わないが、しかし)

田中(クモを運ぶのは気が引ける)

田中「黄ピクミン、ご苦労だった」

黄花「アタシタチニカカレバ」
黄花「コンナモンヨ」

田中「赤ピクミン、運搬の手伝いを」

赤花「りょうかい」

赤花「わかった」


すたすた


◆で


小泉「おかえりー!」ぴちぴちぴち

田中「!?」

小泉「あのね、このオタマジャクシみたいなやつ……どうもアタシ達がいつも食べてるお肉に近いの」

田中「なんだと!!??」

左右田「見た目は完全にオタマジャクシなのに味が肉って何なんだよ……ほんと……」

じゅうううう

田中「……なにをしているのだ?」

左右田「へぁ?あ、あー……焼き肉」

田中「焼き肉!?」

左右田「廃熱利用して鉄板熱してな」

小泉「さっさと食べて空に上がりましょ?あんまり時間もないし」

田中「……そうだな」


栄養素的な面もばっちりカバーされているようです。
彼らの暮らしはどんどん快適になっていますが、さて……これからどうなるのでしょうか?


【15日目リザルト】

誕生    8 ↑
 └内訳…赤8
死亡    0 →

生存  190 →
 └内訳…赤74/青50/黄65/白1

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計  206 ↑

地表   16 ↑
 └内訳…赤3/青5/黄8


本日の稼ぎ

NASAが作った繊維       80000円
ブラックボックス            ?
エネルギー集約棒        2000円
光吸収ボール        120000円
ジュラルミンフォース     22000円

トータル:1154340円



【15日目】

俺様らの成果は順調だ。
これなら全て売り払ったとき、魔獣どもにそれなりの食料を供物として捧げることが可能だろう。
だが、もしかするともっと大きな宝が隠れているかもしれない。
これはチャンスだ。
それを狙うほかはない。

謎の箱を拾ったのだが、これの中身がまだ分からない。
どうやらこのロケットが宇宙に飛ぶのに絶対にかかせない装置のようなのだが、左右田にも苦しいらしい。
一体これはなんなのだろうか?




翌日
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口】
以上よりスタート位置決定

ちなみにほぼ脱出パーツはそろってます
ついでに田中のお洋服がパワーアップします

>>270

【中央広場】

>>270

【15日目】0/10

ひゅんひゅんひゅんひゅん………


田中「………さて、今日は中央広場にでも戻るか」

左右田「あァ?広場?」

田中「やり残した事がある。それに、南側の壁もまだ開いていないからな」





【中央広場】

地図:http://i.imgur.com/erjPOtN.jpg

回収済
無言電話/レーダー/天元突破アゴドリル
ディスカバエンジン/ダイナモエンジン
スーパーアクリル/ショックアブソーバー
絶望バット/コスモスパワーファン/重力制御装置
反重力バリア/ふかふか座席/ビデオカメラ
ウルトラミキサー/はね
葉隠流水晶/なべ


未回収
◎南
大きな敵の中
火の中

◎東
付近を飛んでいる羽虫の中


トータル20個




左右田「後少しじゃねぇかよ!」

小泉「アタシ、ここにもなんかないか探してくるわね!」

田中「うむ」

左右田「あ、そうそう……ほい!」

>ゲキカラスプレーとゲキニガスプレーが補充された!

左右田「小泉がついでに見つけたからな。ありがたく使えよ?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→敵を探す
4→お宝を探す
5→どこかに行く
6→そのた

☆ピクミンを抜く
☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>273

☆地表のものを全部引っこ抜いてからオニヨンに戻し改めて黄30赤50を呼び出し
東付近を飛んでいる羽虫討伐に向かう

44と66が連続で来るってこれ、なに?呪われた?

>>273
1/10


田中「………まずは状況整理をしよう。こいつらは」

きゅぽんっ

赤葉「ピクミン」

田中「全て引っこ抜き、オニヨンの中に収納する」

左右田「おォ?それに何の意味が………」

田中「オニヨンより呼び出されるピクミンは、花が優先される」

田中「故に───こい、ピクミン」


ずらずらぁ


>赤ピクミンを50体
>黄ピクミンを30体
>それぞれ呼び出した!



赤花「よんだか」

黄花「イクワヨー」


左右田「おォ、花しかいねェ」

田中「これで探索は楽になるはず……」

左右田「……あ、ちょい待て!」

田中「む?」

左右田「昨日のことと、あと拾ったもん考えて……な、小泉も手伝ってくれて、出来たぞ」

左右田「例えマグマでも水でも、毒でもどこでも歩ける防護スーツ」

左右田「宇宙服みたいになっちまったけど勘弁な」


>田中は【防護スーツ】を手に入れた!


左右田「これがあればオメーはどこにでも行けるはずだ」

左右田「どうだ?」

田中「……ウェットスーツが元なのか」

左右田「そこにマグマでも燃えない素材と、水中で息できる装置と、あと昨日のブラックボックスを取り付けた」

左右田「ブラックボックスについては後々な。とりあえず行ってこい」

田中「………そうか、了解した」





すたすた………


赤花「あとここでたおすべきは」

田中「羽虫だ」


むし「ぶーん」


田中「やつは【サライムシ】と呼ばれているらしい。つまりどう言うことか」

田中「ピクミン、貴様らの先祖を今まで何度も何度もさらっていたようなのだ」

田中「あやつを倒すことが今回の課題に」


ずしん


田中「………な………」


ずしん
ずしん



田中「………る………!?」くるっ



ダイオウデメマダラ「」



田中「………!?」


ダイオウデメマダラ「ピクミン食いにきました」


田中「な………!!」




えまーじぇんしー。
1→田中が立ちふさがる
2→ゲキカラで一気に全員出る
3→ここは時間もかかるが正攻法で倒す
4→命あっての物種。逃げる
5→そのた

>>279

4逃げるズラ!

>>279

2/10


田中(こいつは───やばい)


左右田『田中ぁ!!逃げろ!!』

田中「!」

左右田『そいつは【ダイオウデメマダラ】……チャッピーの、仲間らしい』

左右田『そいつ………強いぞ!今の状態じゃ多分勝ち目ねぇ!』

田中「………!」

ダイオウデメマダラ「うっへっへ」ずしんずしん


田中(………負けると分かる戦に出るのは、賢くないか)

田中(ちっ、やむを得ん。引くか)


ぴぴーっ!!


「「!」」


田中「全速力で走れ!!」

ピクミン達「「ウワアアアアアア」」しゅたたたた


ダイオウデメマダラ「まーてー………」


ずしんずしん

ずしん

ず………


………


田中(少し離れたらすぐにデメマダラの追跡を逃げ切れた)

田中(だがまずい)

田中「東にデメマダラが居座っている……」

田中(今日のうちは東は近寄らない方がいいのかもしれない)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>282

今日はここまでやで。おやすみやで。

おやすみ
赤で南の火の中を調査

もう1ヶ月半もたつの!?だらだらやりすぎた?!軽くショック、馬謖ショック

>>282
3/10


田中「……東は残念だが諦めよう」

田中「覇王にも時に断念する時はある」

田中「本当に賢い生き物は、己の体を無理に死には追いやらん」


田中(……南の火の中に行くか)


◆で


<ぼおおおおお


田中「……燃えている」

田中「可燃性の気体?それとも大地に潜んだ魔力(マナ)の結晶か?」

<ぼおおおおお

田中「あそこに行くには……少々高い、が」


ひょん

黄花「ハシツクルワヨー」こんこん


田中「周りを見れば素材の宝庫。これで俺様もそちらにいける」

よじよじ


田中「……火は……」

田中(どうやらクレーターのような部分から火がでている、が……数が多い)

田中「赤ピクミン!手当たり次第に探せ!」

赤花「「「おおおー!!」」」

田中(黄ピクミンが燃えぬよう気を使わねば)




赤ピクミン探索中。追加で判定、そして安価。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>289

あえて何もせず探索と橋製作を注視

>>289
4/10


かんかんかん……

黄花「コッチニモハシガ」
黄花「ツクリマショー」

かんかんかん……


田中(黄ピクミンはまるで女のようだ)

田中(細かな部分にまで気が利く。俺様の邪眼が見通せない部分までも)

田中(敵を発見するのもまた黄ピクミンだ……なにが起きているのか、それに敏感なのだろう)


赤花「こっちにあるか?」

赤花「いな、こちらではない」

赤花「……うーむ、そちらだろうか」


田中(一方で赤ピクミンは荒々しい)

田中(戦いも得意だし……それに雑に動いているように見える)

田中(ピクミンにオスメスの概念はないようだが……)


どしん……どしん……


田中(……遠くに大きな足音が、次いで影が見える)

田中(あそこからも反応があるな)


赤花「みつけたぞ」

田中「!」

赤花「これはなんだ……?」

赤花「ひきがねか?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>292

>>292
5/10


田中「……よろしい」

田中(しかしなんだ、この引き金のような部分?)

田中(なにに使うのだろう……?)

田中「とにかく、赤ピクミン。それを運べ」

赤花「「ぎょい」」すたすたすた

田中「……」くるっ



 ず し ん っ 


田中「……ちィ……早かったな……」


ザザザ
左右田『田中!』

田中「……なんだ」

左右田『そいつは【ダマグモ】……弱点は胴体だけど、その胴体は』

左右田『そいつの4本のなげー足のずっとずっと上だ……!』

田中「!」


田中(……確かにずっと上!見上げてしまう……)

田中(確かにそこには胴体がある!)


左右田『黄色いピクミンならなんとか戦えるかもしんねェけど……』




1→たたかう
2→高台?から飛び降りて逃げる
3→そのた

>>295

>>295
6/10


田中「俺様はこんなところに居られるか!逃げさせてもらうぞ!」ばっ

田中(黄ピクミンの作った橋で上がった高台だ)

田中(ものすごく高いわけではないが───南無三ッ!)


ひゅううう

ダマグモ「!」


ひゅううう……



どさ


田中「!」

黄花「ダイジョウブ?」

赤花「ひとのみでむりをするな」


田中「助けられてしまったか」


田中(が、)

田中(そのおかげで、あのダマグモに何かされる前に逃げることができた)

田中(よかった)

田中(まだピクミンは一体も減っていない……)


◆で、ベース


左右田「田中、これは……」

田中「知らん」

左右田「武器が作れそうだぜ」

田中「……武器?」

左右田「ビームレーザーみたいなよォ、どうだ!?作っていいか!?」

田中「……」

左右田「あー、それと……レーダーの件なんだが」

田中「……なんだ」

左右田「南側にデカい気配があるらしい。もしかしたら……」

田中「そこにいけば脱出出来るかもしれない、とか言うつもりか?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>298

>>300はめでたいから叶える

5

生存者発見

>>298
7/10
クリティカル特典やで。



田中「残す宝は東の羽虫と、南のダマグモか」

小泉「あれ、もう戻ってたの?田中」

田中「! 小泉」

左右田「オメーこそもう戻ってきたのかよ?」

小泉「うん、まぁね。でっかい気持ち悪いのがいなくなったから戻って来れたのよ」

田中「でっかい?」

左右田「気持ち悪い?」

小泉「そう、あのなんかでっかいやつ」

小泉「なんだったかしらあれ……チャッピー?の大きいみたいなのよ」

田中「! もしや!」

左右田「それ、ダイオウデメマダラ……ってやつじゃねぇか!?」

小泉「?」

左右田「……田中」

田中「いける……行けるぞ……!」

左右田「やるなら今しかねぇ!」

田中「東に向かうぞ!」


◆で、東


田中「ピクミン!邁進せよ!!」

赤花「……む?」

田中「なんだ!」

赤花「なにかあるが」つんつん

田中「……?」





誰かいるらしいんすけど、誰すか?
1→なんか……デカい
2→胸が……デカい
3→背が……デカい、ビッグバン済みか……
4→態度がデカい……
5→そのた

>>303

>>303
なぁにこれぇ(CV風間俊介)


田中「……おい、貴様」

「」

田中「目を覚ませ。気は確かか」

田中「……おい」


がばっ!!


「!?」

田中「!」

「あ?ここどこだ……」

田中「目覚めたか……」

「この匂い……オメー、田中?なんでオメーがここにいんだよ?」

田中「それは俺様のセリフだ。なぜ貴様がここにいる」




田中「終里」

終里「あ?」髪の毛かゆかゆ




田中「……」

終里「オレはおっさんと一緒にトレーニングしてて……あ?おっさんはどこだ……」

田中「知らん。俺様が来たときにはすでに貴様のみだった」

終里「……嘘だろ……?」

田中「俺様が嘘を言うとでも?」

終里「んじゃあ……お、おっさんが……負けたっつーのか!?」

田中「……何とも言えん」

ザザザ
左右田『……なんで終里がいんだよ』

小泉『なんでもいいわよ、赤音ちゃん連れて帰ってきなさいって、田中!』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>307
ゾロボーナスはのちのち

クリティカル率おかしくねぇか!?

>>307

田中「……否」

終里「何だよ?」

左右田『ァあ?!』

田中「空を見ろ───」



サライムシ「ぶーん」



終里「なんだありゃ、デケー虫だな……うめーかな」

左右田『サライムシか!?』

小泉『あれ?それって確か、宝持ってるってアンタたち………』

田中「左様。そしてそれがここにいるということは」

がっ

田中「………ふんっ!」


ひゅん

ばちぃっ! 

サライムシ「いたいよぉ」へろへろ

黄花「バーカ」

どさ


田中「チャンス、だ」

サライムシ「な、なにがっすか」

赤花「かくごはいいか」
赤花「おれはできてる」

終里「オメー旨そうだな」


<アッー!!!


ぢゃりんっ

田中「………これはなんだ?」

小泉『虫が持ってたの?なにそれ……チップ?』





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>311

とりあえず終里をベースに連れて行って意見交換

>>311

田中「………それを持って帰るぞ」

終里「あん?こいつは」

田中「食える………のか?」

終里「オレとおっさんは毎日食ってたけどな」


◆で、ベース



小泉「………赤音ちゃんっ!」

終里「小泉?なんでオメーもいんだよ?」

左右田(さりげなく無視された)

小泉「ほんとに……こっちのセリフよ!なんでここに!」

終里「おっさんとトレーニングしてたはずなんだよ……一体どーなってんだ?」

田中「俺様からいくつか説明しよう」

終里「おう!」









終里「つまり……オメーら全員外に出れねーって事……か?」

左右田「オメーもな」

終里「まずいじゃねぇか……そんなの困るぜ!もう終わりだって聞いてたのによぉ!」

田中「………終里」

終里「なんだ?」




なんか聞きたいことあれば↓3くらいまでで
終里でも左右田でも小泉でも

安らかに寝落ち

からのしれっと進める



終里「あ?」

田中「……貴様、いつからここに」

終里「んなもん覚えてねーよ。しばらく一緒にいたけどよ」

終里「何日くらいだったっけ?」んー

左右田「そんなにいたのかよ」

終里「ん、おっさんと一緒に心身ともに鍛えるみたいなことだったからよ」

小泉「でも結構むりしてたんじゃないの、赤音ちゃん」

終里「無理じゃねーよ!」

小泉「だけどよく見たらあちこちボロボロだし……」

終里「これは……おっさんとバトったらこうなったんだ!」

田中「そうか……」

終里「オメーらも色々理由あるんだろうけど、なんかここにいるんだろ?」

終里「な、こっから出んのか?」

左右田「でれるかどうかもわかんねぇよ」

終里「なんでだよ?」

左右田「ロケットが完成してねーからな」

終里「ふーん……」

終里「そのロケットっつーのが完成すれば帰れんのか」

左右田「まァそうなんな」

終里「だったら止めろよ、まだ完成させんな」

小泉「?」

田中「貴様、もしや……」

終里「おっさんがまだここにいるかもしんねーし、何よりオレがバトり足りねーんだ!」

終里「んなもん作るより、オレとバトれる相手探してくんねーか、左右田!」

左右田「ハアアアア?!こっちは命かかってんだよ、さっさと脱出しねーとやべーの!」

終里「オレだってそうだろ!」

小泉「あーあーあー、分かったから……」

田中「……貴様も手を貸すのだな、終里?」

終里「おう!オメーらがおっさん探すの手伝うんならな!」

小泉「もし弐大がここにいるとしたら、助けるしかないでしょ?」

田中「当然だな……」

左右田「まぁ……そうだけどよォ」

終里「んじゃ決まりだな!そのかわりオレも出来ることをするぜ!」

田中「ほう?」

左右田「そんじゃオメー、田中と一緒に行けば?」

田中「しかしもう防護服はないのでは……」

終里「なもんいらねーよ!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>317
からの再び寝落ち

黄ピクミンを連れてVSダマグモ

ぼちぼち。

>>317
8/10


田中「………なんにせよあのクモは倒さねばなるまい」

左右田「まぁ待てって。オレのグレートな武器ができあがってからでも………」

田中「ならん。それは死を待つ行為だ」

左右田「………」

終里「なんだ?なんかバトりに行くのか?んならオレも連れてけ!」ばしばし

田中「だが、貴様は防護の衣を持たぬだろう!」

終里「攻撃は最大の防御、っておっさんに教わったからでぇじょうぶだ!」

小泉「なんかすごく心配なんだけど!?」

終里「オレはオメーらが止めても、田中に着いてくからな!」

田中「………好きにしろ、死に急ぐ愚か者めが」





ざっ

ダマグモ「うぉーん」


ずしぃぃぃんっ………


田中「何度見ても圧巻……まだこちらは気付かれていないだろうが」

黄花「コワイワネ」
黄花「コノママジャカテナイカモ」

終里「なぁ、オレ行ってくるぜ!?」

田中「待て」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>321

ダマグモ倒す

>>321
ラッキー


終里「待てる訳ねぇだろ!!」ばっ


ダマグモ「!」てぃん

終里「オレと戦え!!」



田中「このバカが……!加勢するぞ!黄ピクミン!」

黄花「シカタガナイワネ」
黄花「シンパイサセルンダカラ……」


終里「おおおおおっ!!」

がががっ!

田中(な!?あの卓越した運動神経で、足を駆け上がった!?)

田中(何というバランス感覚!パルクールが得意というのもやはり嘘ではない!)

終里「オメーの弱点は……ここだ!」

がっ!!

ダマグモ「!!?」

田中「効いている!?」

終里「へへ……弱点は基本的に他人にふれられたくねーとこだからな」

終里「オメーは足で弱点を遠ざけたつもりかもしんねーけど、無駄無駄無駄無駄無駄ァ!」

がががががか

ダマグモ「……、……!!」

田中「今か……黄ピクミン!全軍!」


ひゅーん
ひゅんひゅん!


ぴとっ

終里「あ?」

ダマグモ「……はっ」

黄花「オシオキノジカン」

黄花「アンタハアタシタチノジャマシスギヨ」


黄花「アッチイキナサイ」


どががががが!!

ががが……んっ!!


ダマグモ「ぐ!」ぐらぁ

田中「ピクミン!」ぴぴーっ

終里「っと、逃げねーとな」すたた


ずずぅんっ……


ダマグモ「……、ぐうう……」もそもそ


終里「テメーは弱かった、オレが強かった……そんだけだ」

田中「幕を引くとしよう───ピクミン」

黄花「マカセテ」

終里「ボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラ!!!」


どがががががかが


ダマグモ「」


どがああああああん!!


田中「……終里、その……あ、ありが……」

終里「やぁってやるぜぇ!」

田中「……」


ごぱっ


田中「……クモの腹が割けて……これは?」

終里「かなりでけーな……固そうだし。なんだこりゃ」

田中(中からディスプレイのようなものが出てきた)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>325

5

>>325
9/10


田中「………運ぶぞ。黄ピクミン」

黄花「ハーイ」


ぐぐぐ………


黄花「オ、オモタイ………」
黄花「カナリギリギリカモ……」

田中「なに?」

終里「あん?」

田中「どうやらピクミン達でも運ぶのが困難なほどの重さを持っているらしい……」

がし

終里「んならオレも力貸してやるよ!」

田中「」!

終里「つーか田中、オメーも持てば早いんじゃねーか?」

黄花「イイノ?」

田中「………」

がしっ

田中「確かにそうだな」

終里「へへっ!」


田中(モノが重すぎる………)

田中「このまま無事に戻れればいいが」

田中(運ぶのにまるまる時間を使ってしまいそうだ。今日はこれで最後だろうな)

終里「何してんだ、田中?」

田中「………いや、なんでもない」

終里「じゃとっとと帰ろうぜ!」




判定直下

だからクリティカル


クリティカル特典は>>330

左右田のグレートな武器完成

あと1時間以内に戻ります。探さないでください

戻りました
>>330


田中「帰ったぞ」

左右田「いいところに!」

田中「……なんだ」

左右田「いやな、ほら……南側の話したろ?」

左右田「おそらく、だが……そこに最後のパーツがある。このロケットが空を飛んで、この辺から離脱できるだけのパーツがな」

田中「!」

小泉「有り体に言えばラスボス、ですってよ」

終里「……オレ、ワクワクしてきたぜ……!」

田中「それで?」

左右田「考えたんだ。もしもそいつが強かったら困るだろ?だから───」


>左右田は何かを取り出した?


田中「これは……銃?」

左右田「ハイパーブラスター、とでも呼べ」

左右田「太陽光を取り込んで中に蓄積し、一定の水準まで高まったところで使用可能になって、それを前方から」

小泉「はいはい、分かったから」

終里「なんでそんなもん作れたんだ?」

左右田「……あー、パーツが余ったんだよ」

左右田「つーわけだ。最後の戦いするんならそいつ持ってけよ」

田中「……承知した」


こうしてまた夜になりました。
本当に、南の側に最後のパーツがあるのでしょうか?

田中君達に、正念場が訪れようとしていました。


【16日目リザルト】

誕生   16 ↑
 └内訳…赤3/青5/黄8

死亡    0 →

生存  206 ↑
 └内訳…赤77/青55/黄73/白1

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計  222 ↑



本日の稼ぎ

歴史の引き金          3000円
マイクロチップ        80000円
電子ボード           7200円

トータル:1244540円



【15日目】

なんと終里まで見つかった。
どうやら俺様らは、なにかの目的でここに集められているようだ。
が、それは果たして何のためだ?それなら学内でもよかったのではないのか?
それとも……ここでなければならない理由がなにか……。
……俺様には、人間の考えることは分からない。
だが、もしもこれを仕組んだ人間がいるのならば、そいつはもはや……。

……いや、よしておこう。




次回
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口】【南の??】
いずれかよりスタート位置決定、直下

南を選ぶとまる1日ラスボス戦です

西の火口

>>335
【17日目】
◆空の上


田中「……脱出の目処が立ったのなら、急ぐこともあるまい」

左右田「だけどよォ、もういい加減あったけーベッドで寝たいんだよオレも……」へろへろ

小泉「アンタずっと文句ばっかり言ってるわよね」

左右田「仕方ねェだろ……ね、寝れないんだよ……ロケットでもう寝れないんだよ……」

左右田「田中が……うなされたらしいんだよ……」

田中「貴様!見ていたのか!」

終里「オレはぐっすりだったぜ!」





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱
NASA繊維/ブラックボックス/エネルギー集約棒
光吸収ボール/ジュラルミンフォース


未回収

◎ベース下
一番奥

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
二段目の裏側(北向きの方)
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
三段目西側に開いた穴の中


トータル??個





田中「……ちィ、まだ電波は上手く繋がらないのか!?」

左右田「今やってる!昨日手に入れたチップが、もしかしたら上手く作動してくれるかも……」

小泉「って言うか着陸は?」

左右田「それは自動で出来るから問題ねぇ!」


ひゅんひゅんひゅん……とすっ





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>338

☆赤60黄20を呼び出しベース下一番奥を回収

>>338
>>337
1/10


田中「では俺様は行くぞ」

小泉「あ、そうだ田中!」

田中「む?」

>小泉がスプレーを補充してくれた!

田中「……小泉」

小泉「アタシに出来るの、このくらいしかないしさ」

終里「つーか飯がどこにもねーな……ここ」

小泉「あ、赤音ちゃん!一緒に探しに行かない?」

終里「おう!任せとけ!」

左右田「んじゃ田中は防護スーツきていってこい、オレはこっちなんとかすっから」

田中「ああ、任せた。俺様は……」

ぽぽぽぽ……

赤花「よんだか」
黄花「イクワヨー」

>赤ピクミン60体、黄ピクミン20体を呼び出した!


◆で


田中(以前は何度もショイグモに邪魔をされた道)

田中(しかしなぜか今回はショイグモもいない)

田中(順調に目的地までたどり着き……)


ぐつぐつ

田中「行け」

赤花「まかせておけ」じゅううう

田中(短時間であれば赤ピクミンで問題なく回収可能だ)

田中(あまり長時間いると、さすがの赤ピクミンも燃えるかもしれんがな)

田中(……さて……)


赤花「みつけたぞ」
赤花「これはれーだーのぶひんでは?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>341

5してから西側三段高台・三段目付近の敵を様子見

>>341
>>340
順調。
2/10


田中「運べ。どのくらい数が必要だ?」

赤花「30もいれば」

田中「なるほど、頼むぞ」

赤花「しょうちした」

んしょんしょ


田中「……そう言えば」

田中(確か、この火口の西側、三段高台に敵がいるらしい)

田中(どうだ……敵はいるのか……?)

田中(高台の三段目、一番下の大きな段だ)

田中(そこには───)



ずしんずしん

ベニショイグモ「ぐもも」



田中(ちぃ……またあのクモか)

田中(三段目のところどころからは火が吹き出ている。そもそもマグマがあるから赤ピクミン以外で下から上るのは不可能だ、)

田中(が、黄ピクミンならあるいは、下から投げれば届くかもしれない)

田中(……)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>344

5

ちょっと慌ただしくなって時間がないので今日はここまでです。すまんの。
明日はお宝レーダーから。

やるべ?

>>344
やったぜ


田中「……それがレーダーの部品ならば、もしかすると……」


◆で、ベース


左右田「レーダーの……なぁ」

左右田「こう直に見ると確かになんか使えそ……まだ若干熱いなこれ!?」

田中「そう言うな。これを使え」

左右田「あァはいはい……昨日手に入れたパーツのおかげでパソコンの性能も上がってるしな」

左右田「これで……えーと……」


かちゃかちゃ……

かちゃんっ!


左右田「きたっ!」





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱
NASA繊維/ブラックボックス/エネルギー集約棒
光吸収ボール/ジュラルミンフォース
パラボラ電波組


未回収

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
二段目の裏側(北向きの方)
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
三段目西側に開いた穴の中

◎南側の大きな高台
下の辺り
火がでている辺り
はしごの近く
はしごで行った先にある高台のど真ん中
はしごの下の大型の敵

◎ベースすぐそば、中央よりの場所


トータル20個





田中「これで……!」

左右田「あァ、宝の全部が判明したぜ!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>351


ベースすぐそば、中央よりの場所を探索

>>351
>>350
3/10


田中「反転するか……ピクミン!」

赤花「こころえている」

黄花「ハーイ」

左右田「気ぃつけろよ!ここにも変な敵がいふかもしれねーからな!」

田中「……ああ」





すたすた

田中「まさか……な」

田中(今までで一番の敵は……首の長い、カラスのような頭の生き物だった)

田中(アレは東の広野がすみからしい。あれから一度も見ていないが)

田中(まさか亜種がこの辺りにいると……でも言うつもりなのだろうか?)

田中(なんにせよ、あの雑種の言うことだ。少しくらいは気をつけてやろう)


赤花「このあたりか?」 

黄花「トオモウケドネ」

田中「しかし正確な位置はつかめない、か……」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>354

>>354
4/10


田中「ち……どこだ?」

田中(落ち着いて状況を見れば……どこかはすぐに分かるはず)

田中(俺様の力を持ってすれば……)


かつん


田中「!」

赤花「どうした?」

田中「その辺りを掘れ」

黄花「ン?ナニ?」
黄花「トリアエズヤルワヨ」


ざくざく……ざくっ!

がちん!!


田中「!!」

赤花「これはまたでかいな」

黄花「ナニコレ?」

田中「俺様には宝箱に見える」

赤花「なるほど」

田中「それがまやかしでなければ……な」

田中(見たところかなり重そうだ。ピクミンに運ばせると、運ぶ以外の動作を選ぶ余裕がないほどに)

田中(敵に遭遇しても宝を安全においてから逃げるのに少しだけ時間がかかるだろう)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝を運ぶ
6→そのた

>>357

5

>>357
だからクリティカルがね?



田中「全員で運べば早く済むだろう」

赤花「かもしれないな」

田中「ならばピクミン、全体の力を使ってそれを運べ」

黄花「ヨーシ、ガンバルワヨ」
黄花「アタシタチデデキルコトハゼンブヤルカラ」

赤花「ふん、きたいしてはいない」

赤花「だがやるからにはきちんとやれ」

田中「貴様もだ、赤ピクミン」

赤花「わかっている」

田中「俺様が手を出しても邪魔か……」


うんしょー!!


田中「! 持ち上がった!」

赤花「ふはは、かずのちからをあなどるなよ」

黄花「アタシタチダッテ」
黄花「ヤレバデキルンダカラネ」


んしょー!んしょー!


田中(運ばれていく……周りに敵はいないようだ。安心した)

田中(全員で取り組んだからかペースが早い。時間が経たずに済みそうだ)





クリティカルの特典は>>360

終里・小泉がグレートな飯を開発or発見

>>360
5/10


◆ベース


田中「今戻った」

小泉「あ、田中!」

田中「小泉……それに終里、早かったな」

終里「おう!オレ、鼻はいいからよ!」

小泉「すごいわよね……赤音ちゃん、この辺りの温泉みたいなものも見つけちゃったの」

田中「なに?」

小泉「中にまた変な生き物がいて、食べてきたわよね?」

終里「思ったよりうまかったろ?」

小泉「そうね!」

左右田「小泉が外の生活に慣れ始めてる……」

小泉「あ、そうそう田中」

田中「……なんだ?」

小泉「なんかおいしそうなものを見つけたのよ。はい、あげる」


>田中はグレートフルーツを手に入れた!


田中「なんだ、これは?」

小泉「何かに使ってよ。食べたら元気でるみたいだし」

終里「オレは昔よく食ってたぜ?よえーやつからとってな」

左右田「弱肉強食!!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝を運ぶ
6→そのた

>>363

南側の高台の下の辺りにあるお宝探し

>>363


田中「俺様は戻るぞ。引き続き頼む」

左右田「はいはい……」

終里「なぁ、田中!オレも行っていいか?」

田中「だめだ。ここは危険すぎる……」

小泉「そうだよ。あんなマグマのあるところに入ったら大変だって!」

終里「……うー……」

田中「そう唸るな。すぐに戻る」


◆で


すたすた……


田中「この辺りからも確か、反応があったはずだな」

赤花「またしょうさいがわからないのか」

田中「ええい、使えん……どうなっている?」

黄花「セイデンキガタマリヤスイトカ?」

田中「そのレベルで済めばいい話だがな」

赤花「……ではたんさくをしてみるか?それとも」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>366

>>366
6/10


かちんっ


田中「!」

赤花「またなにかあったのか?」

田中「……」


ざざざ


田中「……また鍋だ」

田中(以前は鍋にピクミンが引きずり込まれ、後から白いピクミンが現れたのだった)

田中(今回見つかった鍋も、厳重に蓋がしてあり……とりあえずはベースに戻るほかないか?)


左右田『田中ぁ!何また見つけてんだ!?』

田中「と言われても……」

小泉『鍋?』

田中「……」




1→とりあえずベースへ
2→封を開けてみる
3→そっとしておく
4→そのた

>>369

瞼が開かなくなってきたので今日はここまで



やるけ?

>>369


田中「………男は度胸!なんでもやってみないとな!」

左右田『田中!?』

田中「この闇夜を封じる呪印を俺様の封印されし右腕で解放し」

ぺり


なべ「」

なべ「」つ    ぬんっ


田中「」


がしっ

赤花「なにをす」

ばくんっ


なべ「」

田中「………」

黄花「イマノナニヨ」

田中「知らん」

田中(………またこのパターンか)


なべ「」カタカタカタカタカタ


田中「………」




1→無視する
2→ベースに戻る
3→宝探しに戻る
4→ほか

>>376

なべをもって2

>>376


田中「………」

赤花「どうするのだ?」

田中「このままにはしておけんだろう」


◆7/10、ベース


左右田「で、それかよ」

終里「なぁそれぶっ叩いていいか?」

田中「なぜそうなる」

終里「変な臭いがすんだよ、そん中からな」

なべ「」カタカタカタカタカタ!!

田中「!?」


なべ「З  ぺっ

紫色のピクミン「」

田中「」
左右田「」
小泉「」

終里「なんだこいつ………食えんのか?」


>紫ピクミンが作れるようになりました。
>10体までの制限があります。

>現在白1/紫1です。




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>379

南側の高台のはしごの近くでお宝探し

>>379
>>378
ご参加あざっす!


田中「……」

紫「……」でぶでぶでぶでぶ

田中「……く、くるのか?」

紫花「……」こくん

田中「ならば遅れを取るなよ、紫」

赤花「いくぞ!」

黄花「ハーイ!」


ずしんずしんずしん……


田中「……」

赤花「……」


紫花「(´・ω・`)」


どうやら紫ピクミンは足が遅いようです……。
しかし、見れば見るほど大型のピクミンです。とても大きくて……その、おでぶちゃんに見えます。


田中「……とにかく、行くぞ。あの南側の高台だ」

田中「反応は高台の上、はしごの近くを目指す。いいか?」

赤花「なるほど」

田中「高台に上るには……やはりそうか、黄ピクミン!」

ぽいっ

黄花「ハシゴツクルワヨー」がんがんがん

ががががが……


田中(黄ピクミンが上からはしごを作り、俺様達も高台に上がれるようになった)

田中(いくつか反応がそばからある……はしごの近くも、当然)

田中(……具体的にどの辺りかまでは目星がつかないようだ)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>382

紫色と白色を出して性能確認、歩いたり……物を運んだり

>>382

田中「………」

田中(俺様には紫ピクミンの使い方が分からん)

田中(それに………白ピクミンも)


左右田『あ?ピクミン?』

田中「せっかく我が陣に来たのだが、その力が分からんのだ」

左右田『………おっと、これか?』

かたかた

小泉『なにしてんの?』

左右田『パソコンにそれっぽい情報がねーかどうか見てんだ』

かたかたかた………

ったーんっ!


左右田『っし、見えた!』


◎白ピクミン
ちっちゃくて力もあまりない
スピードは可もなく不可もなく
ピクミンとしての戦闘力派ほぼ皆無に等しい
が、
その身には【強力な毒】が備わっている
食べさせるとほとんどの敵が死に至る

◎紫ピクミン
デカい、重い、投げるのも一苦労
その重さ故に敵へ投げると大きなダメージを与える
ほぼ確実に敵をよろつかせる
力は赤ピクミン以上


左右田『っつーことらしいぞ』

左右田『今オメーんとこに紫ピクミンがいるだろ?』

左右田『そいつ強いらしい。だから人数制限みたいなのがあんだろ?』

田中「なるほど分からん」




次8/10
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>385

そうだったのか……
ならとりあえず☆黄18匹呼んで白9紫9に転換してから白紫をオニヨンに戻し
南側の高台のはしごの近くでお宝探し続行

>>385
>>384


田中「………ならば方針を変えるか」


◆で、8/10 ベース


田中(いま80体……)

田中(さて)


ぽぽぽ

田中「18体の黄ピクミンを用意した」

左右田「どうすんだ?」

田中「これを」

なべ「」
なべ「」

ぱたんっ!


ぽぽぽぽーんっ!

白花「ダベ」
白花「ダベ?」

紫花「オレガミチビイテヤル」


>白ピクミンが合計10体、紫ピクミンが合計10体になりました!
>これ以上は作れません!


田中「で、せっかく作って何だがこやつらは戻ってもらうか」

小泉「え?せっかく作ったのに?」

田中「まだその時ではない」

◆で、9/10


田中「先ほどの場所に戻ってきたが………」

田中「ううむ………」

田中(相変わらず何も起こらないな……)

田中(くっ、バージョンアップ?したはずのレーダーでも上手く見つかりやしないのか)

赤花「なにがおきている」


かつんかつん


田中「この辺りかと思ったが………」

ざくざくっ!

赤花「………たからではないようだな」

田中「これはなんだ?」

黄花「イシコロネー」

田中「必要がないな」


田中(ここから下をのぞくと、そこにショイグモが見えた)

田中(なるほどな………)

田中(以前、ショイグモには重いモノをぶつけるといいと聞いた。もしや)

田中(重いもの、とは………紫ピクミンか?)




たから見つからず。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>389

☆紫10連れていく
そしてさっきのショイグモに紫をぶつけながら宝探し

>>389


田中「………ならば」

田中(時間はギリギリだが………)





ショイグモ「ぐももー」

ショイグモ「………ぐも?」

田中「また出たか、このデカぶつめ」

ショイグモ「ぐも(おまえ、たおす)」

田中「くっ……まずい……」



田中「とでも言うと思ったか?」



紫花「オレガミチビイテヤル」
紫花「オレガミチビイテヤル」

ショイグモ「!?」

紫花「タベルコトハイキルコトダ」

ショイグモ「なん……だと……?」


どがががかがかが!!



田中「第三部完ッ!」びしっ


ショイグモ「」

ころん……

田中(随分高価そうな石が出てきた……月の石か?)

田中「……持ち帰るか。他はどうだ?」

赤花「こちらもじょうじょうだ」
赤花「これはなににつかうのだ?」

田中「操縦桿……?」


そして田中君は、今まさにそれがないと脱出出来なかったであろうことを悟ったのでした……。



田中「……戻るぞ、日も暮れる」

【17日目リザルト】

変化   19 →
 └内訳…赤→紫1/黄→白9/黄→紫9

死亡    0 →

生存  206 →
 └内訳…赤76/青55/黄55/白10/紫10

永眠   16 →
 └内訳…赤11/黄5

累計  222 →



本日の稼ぎ

グレートなアンテナ       5000円
ワンピースな宝箱      120000円
かなりヤバめななべ           ?
月の石            70000円
操縦桿             1000円


トータル:1440540円


【17日目】

白ピクミンと紫ピクミン……。
不思議なピクミンたちだ。
自分たちのオニヨンは持たないが、ピクミンとして成り立っている。
それに他の色のピクミンと共存も出来る。
だが、あまりにも力がありすぎるからか、あまり多くは作れないようだ。
彼らを使うところはいつ出てくるだろうか……?




次回
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口】【南の??】
いずれかよりスタート位置決定、直下

南を選ぶとまる1日ラスボス戦です

西の火口

ハウルおもしろかったです(雑な感想)

>>392

【18日目】0/10


◆西の火口


田中「まだ全てを取り切っていないからな」

終里「ここ、あっちぃからオレ嫌いなんだよ」

左右田「んなの仕方がねーだろ?」

田中「ところで左右田、」

左右田「あん?」

田中「正直に白状したらどうだ?」

小泉「なに?どうしたの?」

田中「本当は………もう飛べるのではないのか?」

左右田「残念だな、出力は足りてるけどやっぱまだ飛べねーんだよ」

左右田「つーか、そう言いながら西来てんじゃねーか!」







【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱
NASA繊維/ブラックボックス/エネルギー集約棒
光吸収ボール/ジュラルミンフォース
グレートなアンテナ/ワンピースな宝箱/かなりヤバいなべ
月の石/操縦桿


未回収

◎西側三段高台
一番上の段
二段目奥側
二段目の裏側(北向きの方)
三段目の燃える部分
三段目付近の敵
三段目西側に開いた穴の中

◎南側の大きな高台
火がでている辺り
はしごで行った先にある高台のど真ん中


トータル20個




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>395

☆赤40黄30呼び出し
西側高台三段目へ

安価上

>>395
>>394
1/10


田中「さてと。今日もこれから始めるべきだな」

ぱんっ!

終里「錬金術か?」

田中「違う」


ぞろぞろ!

赤花「おれさまのちからがひつようか」
黄花「ヤルワヨー!」

>赤を40体、黄を30体呼び出した!

田中「………行ってくるぞ」

小泉「うん、ごめんね?田中」

田中「気にすることではない。選ばれし俺様にだけ、ピクミンが着いてくる………それだけだ」


◆で、三段高台付近


田中「………高台の下にはマグマがある」

田中「もちろんこのままつっこめば黄ピクミンは全滅必至。故に」

ぽいっ

黄花「キャッ」

田中「下から投げる。黄ピクミンなら高さ的に足りるだろうからな」

田中「さあ、赤ピクミン。行くぞ」

赤花「了解」


かんかんかん………




三段目到着!

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>398

ついでに>>400は叶う、を出しながら就寝。おやすーみすーみみ

おやすみ
三段目の燃える部分を調査

いよいよ弐大推参

21時からやるよー。

>>398
2/10

田中「それらしき場所はこちら側か……」

田中君達がいるのは、ベースから見える方角です。
そちら側に宝の気配があります。

田中「この燃える地面を探れ!」

赤花「とうぜんだ」すたすた

黄花「ワタシタチニモナニカデキレバ……」とてとて

田中「……いかん、黄ピクミン!下がれ!」

黄花「エ?」

ぼわっ!

黄花「!」

田中「っ!1体燃えて……!」

黄花「アチュイヨォ……」じたじた


「なにしとるんじゃあお前さん!」


田中「!?」


謎の弐大「ふんっ!!」ぶん


ぶわあああ

黄花「エ!?」

田中「なにぃ!?腕の振りだけで火を消しただと!?」

謎大「がっはっは、鍛え方が足りんのう!」

田中「……!?」

謎大「ワシはまだトレーニングが残っておる。じゃあの」

しゅたっ!


田中「な、この高さを平然と……」

赤花「ところでなにかかぎのようなものがみつかったが」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>407

5 赤で運んで残りで探索継続

>>407
3/10

田中「何体必要だ?」

赤花「そうかずはいらん」
赤花「10もいればまにあう」

田中「……行け」

赤花「しょうちした」

すたすたマグマばしょん


>のこり赤30/黄30


田中「探索を続けるぞ」

黄花「モチロンヨ」


田中「……」

田中(だが……やはりそう簡単には行かないか)

田中(黄はそのままにすると燃えてしまう)

田中(俺様が見張らなければ……すぐにもやされてしまうだろう)

田中(それに、だ)



ブタドックリ「ぶぶぶぶ」


田中(火を噴くブタ……あいつから宝の反応がある……)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>411

ここはひとつ黄赤(+囮の田中)総出でブタドックリ倒す

>>411
4/10
アッ……


田中「……やるか」

田中「倒さねば先に進めぬようだしな……行くぞ、ピクミン」

赤花「とうぜんだ」

黄花「ヤルワヨ」


すたたっ!


ブタ「ぶひ?」

田中「であえぇぇぇっ!!」

ばばばばぱふぃー

赤花「とうっ!」
赤花「きさまのしにばしょはここだ!」

ばしばしっ!

ブタ「ぶひいいい」

田中「田中パンチ!田中キック!田中シングル!」ばしばし

ブタ「ぶひぃ!!」すううう

田中(火を噴くのか!くっ!)

ぼわっ

田中「!」

黄花「コッチニヒガクル!」
黄花「キャー!!」





黄ピクミンピンチ!
1→身を盾にする
2→ゲキニガスプレーで黄ピクミンを石化する
3→ゲキカラスプレーで赤ピクミンに総攻撃させる
4→そのた

>>415

4
謎弐大が!

>>415
5/10


ぼわわわ


黄花「キャーキャーキャー」ぼぼぼ

田中「くっ!黄ピクミン!」

田中(焼かれたのはせいぜい2体!だが!)

田中(まだ……間に合うか!?来てくれ弐大………!)


ふん……
甘っちょろいのう………

逆境を跳ね返す……その力、なければ
この試される大地から帰ることは出来んぞ、田中!

ワシを頼るなんざ笑止千万!

お前さんの力で、守りたいモノを守ってみんか!


田中(!?)

黄花「ア、アツア、アア……ア、キモチイイ……」

ぼぼ………ぼ………

けしずみ「」
魂『ぽわわー』


田中「黄ピクミンっ!!」

ブタ「ふ」すううあう

田中「……また火を噴くつもりか!?」

赤花「くそっ!たおれろ!」ぼかぼか




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>421

>>413の2+3

>>421
>>420
ゲキカラもゲキニガも
クリティカルなんだよなぁ(遠い目)


田中「黄ピクミン!これを!」

黄花「コレッテモシカシテ───」

ブタ「ぶうう!」

ぼわわわわわっ!



黄花「」
黄花「」


左右田『田中っ!』

田中「遅かったな貴様」

左右田『オレもずっと暇じゃねーのっ!っつーかそれ!』

田中「次は間違えなかったぞ」

小泉『通信が調子悪くて……ごめんね!』

田中「問題はないっ!」

しゅううう


赤花「!」
赤花「あ、あがが………」
赤花「めにしみて……いたいいたいいたい!!」

ブタ「!?」

赤花「うがあああああ!!」ばしばしばしばし
赤花「いたいいたいいたい!!」ばしばしばしばし
赤花「このくるしみをかいほうしてくれえええ」ばしばしばしばし


ブタ「」ちーん

田中「……このブタはボタン電池のようなものを吐き出したが………」




やったぜ。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>425

kskst

>>425
>>426

田中「電池のようなものは………」

赤花「はこぶか?」

ひょい

田中(………本当に電池サイズだった)

田中(このまま俺様でも持って行けそうだが)




1→一回ベース帰る
2→このままさらに探索
3→そのた
直下


三段目西側に開いた穴の中を探索

>>429
6/10


田中「火に気をつけながらさらに進むぞ」

赤花「ぎょい」

黄花「ワカッタワ」
黄花「イクワヨー」


すたすた……ぼぼぉ
ぼぼぉ


田中「どうやら火の思念が練り上がる大地なのだな」

田中(可燃型のガスでも出ているのだろうか……)

田中(黄ピクミンはただでさえ歩きにくい)

田中(さらに普通に宝を運ばせると、下のマグマにぶつかって燃えてしまう)

田中(黄ピクミンだと厳しいか……それともマグマを渡る方法があるのだろうか?)


左右田『この辺はやっぱ燃えやすいのかもなァ』

終里『よくわかんねーけど、ゆで卵とか作るの楽そうだな』

左右田『………そーだな』

田中「確かこの辺りに穴があるはず………む?」

黄花「ナニカオイテアルワヨ」
黄花「コレハナニカシラ」

田中「見るからに……枕のように見えるのだが?」

赤花「まくら……?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>432

>>432

田中「運べるか?」

赤花「いまのにんずうでももんだいはない」
赤花「はこぼう」

田中「ああ、頼む」

赤花「いくぞ」んしょんしょ

田中「……赤ピクミンがもういないか」

田中「黄ピクミンだけでこのまま探索を続けるのは危険だろう、一緒に戻るぞ」

黄花「ドウスルノ」

田中「貴様等がマグマに落ちんように地面に投げる。そこで待て」

ひょいひょいっ


◆で、ベース


赤花「」ぽけー

左右田「お、おかえり」

田中「無事戻った」

黄花「タダイマー」

小泉「……ちょっとだけ減った?」

田中「わずかだが……な」

終里「減ったのか?もったいねーな」

田中「仕方があるまい?……貴様等も戻るぞ」ぴぴーっ

赤花「!」ぴくっ
赤花「あああるじ!」ぴくっ

田中「さぁて、と……」



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>435

6
レーダーの反応確認と弐大の事を報告

>>435


田中「レーダーの様子は?」

左右田「かなり安定したな。これなら次の宝もばしっと見つかりそうだぜ」

田中「敵のいる辺りは分かるか?」

左右田「ん……今までいた高台のところに、もう敵の気配はねーぞ。安心して探索できると思うけどな」かちかち

小泉「あ、そのレーダーそんなことも出来るんだ」

左右田「出来るようにしたんだよ」

田中「ところで、」

小泉「……なによ田中、改まって」

田中「弐大を見た」

終里「え!?」

左右田「オレらと連絡が出来ない間に……なにか?」

田中「いや、弐大ではなかったのかもしれない」

左右田「あ?」

田中「よく見えなかった。だが、話し方といい、言葉遣いといい、声といい……アレは弐大だとおもうのだが」

小泉「そいつはどこ行ったの?」

田中「分からない。俺の探知も振り切っているようだ」

終里「早く探しに行かねーと……なあ!田中、オレ連れてってくれ!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>438
今日ここまでだにょ


西側三段高台・二段目奥側探索にいこう
ただし終里も連れて行きたいので熱対策が何かないか左右田にたずねる

やべっ、もう22時!プレイヤーさん、いる?いたらなるべく遅くまでやる!

>>438
>>437
7/10


田中「……そこまで言うのならば来い、終里」

終里「そうこなきゃな!」がしっ

田中「で、だ。左右田」

左右田「やっと雑種脱却ぅ!で?」

田中「終里の熱対策をしたい。何かないか?」

左右田「難しいこと言うよなァ……あー、えーと……」がさがさ

左右田「………お?こないだの布がまだあるから……」がさがさ



◆数分後、三段高台



終里「」しゅこー

田中「」しゅこー


>終里は【宇宙ダンス服】を手に入れた!ボンゴーシュシューシュ


田中「ビジュアルが俺様と被っているが」

左右田『しゃーねーだろ!』

終里「なかなか動きやすいぜ」

小泉『ごめんね赤音ちゃん……ずっと着てたジャージ(朝日奈ジャージ)だから……それ……』

終里「関係ねーよ!」

左右田『耐熱素材をもろもろ使って、宇宙服っぽくしてみました』

左右田『素材もぎりだったけど、通信機能は終里の方も付いてるぜ。カメラはオメーのだけだけどな』

田中「……ああ、理解している」

田中(………さてと)

終里「ちょっと待て、田中」

田中「む?」

終里「………二段目もなんか敵がいんぞ」


どがががが!ばぢぢぢぢ!!


ショイグモ「ぐもも!!」

弐大「おらああああ!!」




1→助けよう
2→任せよう
3→終里を行かせよう
4→そのた

>>444
ふきつ

1

444で44コンマってさぁ………
ど、どうしよう………(頭を抱える)

>>444


田中「く、あれは……」

終里「おっさん!?」

たたたたたっ!!

田中「バカ、よせ終里!」


終里「おっさんッ、オレも手伝うぜ!」

弐大「馬鹿者!こちらに来るでないッ!」

終里「!?」


がががががっ!!


弐大「ぐ、はっ……!?」

終里「おっさん!!」

ショイグモ「ぐも!」
ショイグモ「ぐももっ!!」

終里「なっ、こいつら1体じゃなかっ───」


どがぁっ!!


終里「ぐああっ!?」

田中「終里ッ!」

赤花「まて!ぶがわるい!」

黄花「ココデデテッテモ、ヒガイガフエルダケヨ!」

田中「だが!」

ずしんっ!

田中「………え?」


ショイグモ「ぐも」


田中「───!!」
赤花「しまっ………」
黄花「イツノマニ!?」




現在地:三段高台・二段目の中央あたり
敵はベニショイグモ3体(燃えている)、田中はそのうちの1体と対峙。終里弐大は2体と戦っている
このままでは田中ごとショイグモに踏みつぶされる

田中が潰された場合、体力的にも今日の探索は中断。その場合は所持ピクミンは全滅(ゲーム内のオリマーと扱い同じ)


1→全員で全力でクモを転ばせる
2→全力回避
3→スプレーを使う!
4→そのた

>>451

コンマよ力を!!
1で

>>451
8/10

田中「……まずいッ!」

ショイグモ「ぐもも………」ずずずず


田中(………待てよ?)

田中(今あのショイグモは足を上げている)

田中(ならば、他の足を攻撃すれば……)

田中(こいつは転ぶのでは?)


ショイグモ「ぐもおおお!!」ぐわぁっ


田中「全軍ッ!他の足に体当たり!!」

「「「うおいおおおおおおうああああ!!」」」

ショイグモ「!?」

がががっ!
がががががっ!!
ががががががかががかかががが

田中(………いける………!)

田中「……使うぞ、左右田」

田中「エネルギーの充電が必要なので、そう何度も撃てないと言う、アレを」


かちゃ


ショイグモ「!」

田中「狙い撃つぜ」


ばちゅっ!ばちちちち!!


ショイグモ「!!!!!」ぐらぁ


どしいいいいんっ!


ショイグモ「ぐ、ぐもも……」じたじた


田中「転んだッ!」




1→総当たりで倒す
2→ショイグモが逃げるのを待つ
3→宝探しをする
4→そのた

>>455

>>455

田中「今こそ好機!全員で全力でかかれッ!」

「「「うおおおおおおおお!!」」」



弐大「………ふっ、やるな田中」

終里「お、おっさん……怪我ねーか?」

弐大「お前さんこそ、大丈夫か?ワシはこのとおりじゃあ」ぴんぴーん

どしんっ

弐大「……まだおったんか」

終里「次は……負けねー!」

ショイグモ「ぐもおおおお!」



どがああああああ!!




ショイグモ「ぐ、も………」

どしんっ

田中「……やったの、か!」

赤花「ああ、もううごかないようだ」

黄花「ワタシタチノカチミタイネ」

どしいいいいんっ

田中「!」


弐大「こちらも終わったぞ」

終里「いやー、軽かったぜ」

田中「弐大……」

弐大「ワシにはまだやることがあるんじゃあ」

田中「なに?」

弐大「……ここの大ボス、南側におる【アイツ】を倒さんと帰れんらしいからのう」

弐大「ワシはそいつを倒せるくらいにならないといかんのじゃあ……」

田中「………」





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>458

ショイグモを一匹だけ赤に運ばせてから
西側三段高台・二段目奥側探索

>>458
>>457


田中「………赤ピクミン、ショイグモを運べ」

赤花「ぎょい」

すたすた

ショイグモ「」

ぼわっ!

ショイグモの死骸「」めらめら

 赤花「!?」

田中「なっ……?」

弐大「そやつ、死後時間が経つと燃えてしまうようじゃのう」

田中「……なんのために」

弐大「おそらくじゃが、体に貯めとった燃えるガスが漏れだしておるんじゃろうな」

左右田『あの弐大が分析してる……』

小泉『マネージャーだからでしょ?相手の弱点とか見つける癖とかあるみたいだし』

弐大「そやつらは近寄らんことじゃな。この火口には、ものによっちゃ体にデカい別な虫をつっくけとるようだし」

終里「なんだそいつ……、つえーのか!?」

弐大「これ、終里。お前さんはいつもそれじゃな。今のままではいかん、分かっとるじゃろうに」

終里「うっ……」

田中「……俺様は探索をするぞ?いいのか?」

弐大「やっておくとええじゃろう。ワシはまだトレーニングがあるからのう」すたすた

終里「ま、待てよおっさん!」


田中(……止めても無駄だろう、俺様は探索に戻る)

田中(裏側には何かあったが……)


赤花「なんだこれは」

左右田『ソーラーパネルに見えるな』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>461

>>461
9/10


田中「……運ぶか。赤ピクミン、壊さぬように運べ」

赤花「しょうち」

田中「これでいいか……」





すとんっ!


三段高台の下のマグマ

赤花「んしょんしょ」
赤花「んしょんしょ」


田中「運搬は順調……ん?近くに敵の」

ががががが

田中「……?なん、だ……レーダーや無線が上手く作動しない……これは……?」

田中「左右田?小泉?」

弐大「む?どうしたんじゃあ?」


どしーんっ

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!ミミミン!」ふぃーん


田中「……あやつの怪音波で、レーダーが狂っているのか……?」

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

黄花「ナニアイツ?」

田中「分からん、が」

終里「でけーなあいつ!」

田中「……くそっ、地図も上手く出せない!」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>467

3 激苦使用!

コンマがふるわない……

>>467

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

みいいいん

田中「……?」

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

赤花「うーさみん!」すたすた

田中「!?」

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

弐大「どうもあやつ、変な音を出しとるのう……」


ざざざざざ

左右田『たな……そ……は……』ざざざ

田中「雑種!?」


左右田『……波は……クミ……狂……せ……』ざざざ

左右田『間……えて、着い……っち……』ざざざ


田中「聞こえん……」

終里「おい田中!なんかピクミンがあっちにどんどん行っちまうぞ!」

田中「……ちィ、ゲキニガスプレー!」

しゅうう


田中(……風向きが変わった!?)

黄花「」かちこーん
赤花「かちこーん」かちこーん


田中(結果オーライ……か?あの敵に向かって歩いていたピクミン達が石化した)


◆そろそろ時間もヤバそう

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦2)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>472

5 回収して逃げるズラ

>>472
タイムアップやで。


田中「……ち!」

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

田中「このままでは分が悪すぎる!逃げるか……しかし、ピクミンを置いては」

弐大「ならワシがお前さんらの基地まで運ぶ!」

田中「!」

終里「それしかねーよな……逃げるぞ、田中!」

田中「く……無念だが、致し方があるまい……!」

カマドフマ「ミミミン!ミミミン!」

田中「本当に地図から何からすべて狂った……くそ……!」

がしがしがしっ

弐大「走るんじゃあ!」

田中「」!


弐大「こやつはおそらく怪音波で機械を狂わせる!」

終里「んじゃパソコンとかも壊れちまう!」

弐大「一刻も早い離脱が必要じゃろうて、走るぞ!」

田中「分かっている!俺様に合わせろよ!」



かくして弐大君のちからも借りて逃げ出した田中君。
しかし弐大君はトレーニングと称してまたどこかに行ってしまいました。
果たして田中君は、この大地を脱出することはできるのでしょうか……?

不安の中、こうしてまた一日終わっていくのでした。


【18日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    2 ↑
 └内訳…燃えた:黄2

生存  204 ↓
 └内訳…赤76/青55/黄53/白10/紫10

永眠   18 →
 └内訳…赤11/黄7

累計  222 →



本日の稼ぎ

キーブレード         70000円
蓄電ボタン電池          500円
快適安眠まくら         1750円
ソーラーレイパネル     120440円

トータル:1633230円


【18日目】

弐大と出会った。やつはあのあとどこかに行ったが、どこに行ったのだろうか?
終里はついて行きたそうにしたが、弐大に断られ結局諦めた。
あやつが言っていたことがきになる。
南にいる……大型の敵。
そいつを倒せれば、きっと俺様らは脱出出来るもまた言った。
解せない。
なぜ弐大はそれを……知っている……?




翌日
【中央広場】【北の水源】【東の荒野】【西の火口】【南の???】から選択
南は一日ボス戦
直下

おやすーみ


西の火口

やるよね?

>>476

【19日目】


ひゅんひゅんひゅん……


田中「そろそろ終わりにしたいモノだな、この熱のある場所での探索も」

左右田「全くだぜ……オメーがさっさとやりゃいいのによォ」

田中「……」

終里「おっさん……どこ行ったんだ………?」

田中(弐大……貴様は何を知っている?知られるべき知られない記憶【アーカシック・レコード】に触れたのか……?)





【西の火口】

地図:http://i.imgur.com/H64BtkB.jpg

回収済
耐熱プレート/らーぶらーぶ貯金箱
NASA繊維/ブラックボックス/エネルギー集約棒
光吸収ボール/ジュラルミンフォース
グレートなアンテナ/ワンピースな宝箱/かなりヤバいなべ
月の石/操縦桿/キーブレード/ボタン電池
快適安眠まくら/ソーラーレイパネル



未回収

◎西側三段高台
一番上の段
二段目の裏側(北向きの方)

◎南側の大きな高台
火がでている辺り
はしごで行った先にある高台のど真ん中

トータル20個




小泉「あ、待って」

>小泉がスプレーを補充してくれた!

小泉「………アタシ、このくらいしか出来ない、から」



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>480

☆赤76を呼び出し
西側三段高台・二段目の裏側(北向きの方)を探索

>>480
>>479
1/10


田中「赤全体、俺様の元に!」

ぞろぞろっ!!

赤花「そろったぞ」
赤花「さあ、めいれいを」

田中「これより我らは三段高台に向かう!敵はいないだろう、行くぞ!」

「「「おおーーー!!」」」

終里「オレも行くぜ!」

小泉「気をつけてよ?」





左右田『そういや田中、』

田中「………なんだ?」

左右田『昨日拾ったまくらなんだが、あれで寝てるとピクミンに運ばれるらしいぜ』

左右田『もしかしたら走るより早いかもな』

田中「………なんだそれは」

ざざっ

ぼわあああ

田中「………と、馬鹿話している場合ではないか」

田中「二段目の裏側……どうだ?赤ピクミン」

赤花「たしかになにかおいてある」
赤花「これはなんだろうな」

終里「靴じゃねぇのか?なんか重そうだけどよ」

田中「何体ほど必要か?」

赤花「15もいればもんだいない」

田中「そうか、運べ」

赤花「ぎょい」ぞろぞろ

終里「いきなり幸先いいな!」

左右田『このまま今日でここ終わらせようぜ』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>483

残りの面子で一番上の段探索
田中は風向きを見つつ、いつでも敵に激苦スプレーを使えるようにスタンバイ

>>483


田中「残りは全員、俺様と共に来い」

「「りょうかい」」ぞろぞろ

終里「おっ、ついに一番上だな!」

田中「簡単に終わってくれればいいがな」

ぎゅ

田中(風向きは……問題なし。先制でスプレーを使っても問題はあるまい)

田中「さぁ、何がでる……」


すたすたすた










テンテンのチャッピー「ぐー……ぐー……」




左右田『あれは……テンテンチャッピー……!』

田中「なに?」

左右田『気ィつけとけ田中、そいつは……チャッピー種で一番攻撃力が高い!』

終里「つえーのか……」

左右田『スプレーかなんかで叩き潰せ!』




寝てるべ。先制攻撃のチャンスだべ。

1→ゲキニガスプレー
2→ゲキカラスプレー
3→関係ないね。全員で殴る
4→そのた

>>486

>>486
2/10


田中「ここは……やるぞ……」

かちゃ

終里「それ!」

田中「ああ、ゲキカラスプレー!」

しゅううううっ

赤花「おごごごごご」
赤花「からいからいからい!!」
赤花「あたまおかしいんじゃねぇのか!!」

田中「このまま全軍突っ込め!奴に隙を与えるな!」

田中「終里、貴様の力も貸せ」くるっ


終里「うがぁぁぁぁぁあ!!!」


田中「」



終里「でりゃあああっ!!」ばきぃ

テンテンチャッピー「!」

終里「がぁっ!あああっ!!」ばきばき

赤花「きさまのしにばしょは、ここだ!」
赤花「しねえええええ」
赤花「おおおおおお」

テンテンチャッピー「ちゃ、ちゃああ!?」

ごばはははひひばばははばばば!!







テンテンチャッピー「」ちーん(笑)



終里「しんどかったぜ……」

田中(なぜ貴様までかかっているのだ……)

田中(……見ればテンテンチャッピーの後ろに宝があるようだ。あれは……レアメタル?)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>489

5

>>489
3/10


田中「これは何体程度必要だろうか、赤ピクミン?」

赤花「うおっ!?」
ずしぃ

赤花「そうぞうよりもおもい!」

赤花「ぜんいんでとりかかることにするぞ!」

田中「分かった。俺様も共に戻るか」

終里「オレも戻るぜ!」

左右田『おう、気を付けて戻ってこいよー』


◆で


田中(帰路で何か事件が起きるかと思ったら起きなかった……)

小泉「かなりいい調子なんじゃない?」

田中「確かにな」

左右田「あとは南の高台の2つだけだな」

田中「まだ時間はたっぷりある。急ぐこともあるまい」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>492

南に向かう前に現状の戦力について確認(オーガロボなどについて)をしてから
南側の大きな高台・火がでている辺りを探索

>>492
今日いいやん
4/10


田中「待て。先に戦力を確認させてくれ」

左右田「戦力?ったって……」


赤ピクミン(花)76体
→攻撃力が高い/燃えない

終里赤音(体力たっぷり)
→いわゆる2Pキャラ/戦闘力は高いが防御が薄い

田中眼蛇夢
→武器:レーザービーム(1回使用後3レス分使用不可)

オーがロボ
→使用可能/1日1回まで/ファンブルしない限りすべての敵に勝つ(ボス除く)


田中「……ふむ」

左右田「戦闘になってもなんとかなんだろ」

左右田「っつーか、例の電波だす敵?そいつ、南にいるっぽいんだよ」

小泉「電波が出たらレーダーも全部狂うみたいだし……気を付けてね、田中」

田中「心得ている」





ざっざっざっ……


田中(高台にむかうまではまた何も起きない)

田中(ここまではよし。さて、次だ……)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>495

探索続行

>>495
5/10


田中「高台に昇るぞ!」

すたっ!

田中「……右側の高台には敵はなし、燃えている部分だけ」

終里「そこってまだなんかあんのか?」

田中「わからん。探してみる必要はあるだろうな」

田中「……ん?」


ががががっ……


田中「な、またか……」

終里「なんだ?なんかおかしくなっちまったのか?」

田中「レーダーが効かなくなった」

終里「……」すんすん

終里「いるぜ、田中」

田中「なに?」


田中(! もう一つの高台のところに……いる!)

田中(中心で鳴いている!あいつが!!)



カマドフマ「ミミミン!ミミミン!ミミミン!」



田中(やっかいな相手だ……!)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>498

あと>>500は可能な限り実行

カマドフマに向かってピクミンを投げまくる

>>498
田中「こうなったら活路を見いだす他ないっ……!」

田中「行くぞピクミン!総攻撃だ!」がし

赤花「ぎょい!」

終里「こっから一気に襲いかかればいいんだな!?」

田中「GO!」


ひゅんひゅんひゅん

ひゅんひゅんひゅん!!


ぴたっ

カマドフマ「みみん?」

赤花「ここがきさまのはかばだ」

カマドフマ「……やってみな、やれるもんならな」

赤花「ちぇいやあああ!!」

どごごごごごっ!

田中「よしっ、優勢ッ!!」

終里「おりゃあああ!!」

がぎっ!

カマドフマ「ぐぐ……う!」

カマドフマ「うわあああ!!」ぶんっ!

赤花「わああああ」
赤花「うわあああああ」
どさどさ

田中「! 赤ピクミンが振り落とされた」

田中「急いで呼び戻さなければ……!」

田中(……確かあの虫が鳴きだしたとき、前回はピクミンがあいつについて行こうとした)

田中(まさか!俺様の笛と同じ効果を持っているのか!?)


カマドフマ「くっくっく……もう遅いわ!」

終里「あ?なにしてやがる?」




1→レーザービーム発射
2→終里に指示を出す
3→全力でピクミンを呼び戻す
4→そのた

>>502

どこからともなくカマドフマに向かって紫ピクミンが降ってくる

1

>>502
6/10


田中「食らえぇぇぇっ!」
がちゃ

終里「!」

カマドフマ「遅いッ!」

みぃんみぃんみぃん……

赤花「!」

カマドフマ「ミ」



どしゅっ



カマドフマ「……ミミン」ぐらっ

田中「俺の勝ちだな」

どさっ

赤花「……?」

終里「オメー、それ……」

田中「左右田の武器だ」はぁはぁ

赤花「かったのか……」

田中「……ああ」


ざざざ

左右田『田中!』

小泉『なんか電波が悪くて……無事!?』

田中「ああ、終わった」

左右田『あァ、んならいいけどよ……怪我すんなよ?』

田中「無論だ」



ざざざざざざざざざざ!!



田中「!?」

ぐわああああ


カマドフマ「ふ、ミミミン……!」

終里「な、テメェまだ生きてんのか!?」

左右田『でけぇ……!』

小泉『そのままじゃ赤ピクミン達が!』

カマドフマ「最後の力を……振り絞る!」

ぶん




ひゅるるる


カマドフマ「あ?」


紫花「オレガミチビイテヤル」


田中「!?」

小泉『!!?』

カマドフマ「なんだおま」



どすんっ



カマドフマ「」ちーん(笑)

田中「……やったぜ。」

終里「オメー、どっから来たん……?」

紫花「オレガミチビイテヤル」





完勝。あとは宝を見つけるだけ。

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>506

お宝探そう

>>506
>>505
7/10


田中「宝は……」

終里「そんなら一つはもうここにあるぜ」

ぽん

田中「!」

赤花「てきのはいごにかくれていたのだ」

赤花「はこのようだが」

終里「ぱそこんか?」

田中「なんとも言えんな。運ぶには何体必要か?」

赤花「40もいればじゅうぶんだ」

田中「よろしい」

終里「もういっこは?」

田中「この辺りに……ん?」

ちゃりんっ


田中「……これは……?」

田中(まるで綺麗な姿のアクセサリー。俺様の耳に備えた魔力制御装置にも似ている)

田中「……」ぎゅ

終里「見つけたかー?」

田中「ああ、問題ない」





お宝コンプリート。

1→帰ってねる
2→探索をさらに続ける
3→ベースで誰かと話す
4→そのた

>>209

3 小泉と

>>509だった

>>509


◆ベース


ざっ


田中「……小泉」

小泉「ん?お疲れ、田中。お宝コンプリート、なんですって?」

田中「……ああ」

小泉「ほんと、アンタはがんばってるよ。こんな訳の分かんないとこでさ」

小泉「アタシは、さ。簡単なことしか手伝えないし……」

小泉「……」

田中「?」

小泉「ごめんね?田中」

田中「何がだ?」

小泉「左右田もロケットなおしてた、赤音ちゃんもアンタと一緒に戦ってる、なのに……なのにアタシ」

小泉「特に何にも出来てないよ」

田中「だが、貴様は俺様達に供物を捧げて来るではないか」

小泉「食料?あんなの……その辺にあるの持ってきてるだけだもん……」

小泉「それにほんとなら水だって……汲んでるけど、飲めるようになったのは左右田が濾過したから」

小泉「アイツも頼れるところあるんじゃん?……はは……」


田中(夕暮れが迫っている)

田中(小泉は顔をおろして、うつむいている)




1→人間の分際で思い上がるなよ
2→力なき者は俺様に着いていればいい
3→貴様に出来ることはそれだけか?
4→そのた

>>514


むしろできることの相性でいえばお前とはかなりいい方のはずだ
……そういえば貴様とは図鑑を作ってもらう契約を交わしてたな。交わしていたはずだ。してないなら今交わす

>>514
>>513


田中「むしろ」

小泉「?」

田中「出来ること、の相性で言えば……貴様とはかなりいい方のはずだが?」

小泉「……どういうこと?」

田中「貴様には図鑑の作成と言う契約を交わしたはず。忘れたとは言わせんぞ」

小泉「……あ、あれのこと?」

田中「完成しているのだろうか?」

小泉「あれなんだけど、パソコンの使い方教えてもらってね……それで」

小泉「いわゆるデータファイルって形で完成させたの」

田中「!」

小泉「ほら、アタシフィルムがないって言ったじゃない」

小泉「左右田がさ、わざわざビデオカメラの機能を応用して、カメラをデジカメ仕様に変えて……よく出来るよね、そんなの」

小泉「だから、ほぼ出来上がってるわよ。今まで出会った敵も、これから出会いそうな敵も………図鑑に」


>【原生生物図鑑】を手に入れた!


小泉「……今日のでもっと完成に近づいたかもね。ありがと、田中」

田中「気にするな。俺は何もしていない」

小泉「ううん、アタシに出来ること……思い出させてくれたから」

田中「……」


>小泉に笑顔が戻った



あと時間は2回文くらいあると思うの
1→どこかに探索
2→誰かと話す
3→今日はもう寝る
4→そのた

>>517

おやすみ


2 左右田

おやすみ

やるのかやらないのか、どっちなんだい

>>517
>>516
8/10



◆ベース


左右田「あ?どーした、田中ァ」

左右田「宝全部見つかったからってやる気なくしたか?」ぎっこぎっこ

田中「貴様は何をしているのだ?」

左右田「あ?ロケットの整備だよ」

左右田「夜の間は危険がないようにロケット飛ばすだろ?」

左右田「だからそのせいで壊れたりしたらマズいからよ、ちゃんと整備しとかねーとな」ぎっこぎっこ

田中「……マメなやつめ」

左右田「メカニック冥利にゃ尽きるけどな!」

田中「貴様がいなければ、脱出のキッカケすらつかむことは叶わなかった」

左右田「………な、なんだよいきなり………」

田中「貴様がいるからこそ、俺様はここから脱出する希望を見いだした」

田中「貴様がいるからこそ、俺様は危険地帯も歩けるようになった」

田中「この恩はいつか必ず返す。近いうちに、な」

左右田「恩とかうっせーな、脱出するにはそうするしかねーんだから気にすんなよ!」

田中「……左右田」

左右田「……ん?」




1→南のエリアのことだが……
2→ピクミンのことだが……
3→武器がほしい
4→弐大はどこに行ったのだろう
5→そのた自由会話(無理無い限り可能な範囲で採用)

>>522

2

>>522


田中「ピクミンのことだが」

左右田「……ああ、ピクミンな」

田中「貴様は何か分かったか?」

左右田「いーや、断片的にしか。つーか、なんでピクミンが動くのかすらイミフだし」

左右田「葉緑素を持っている植物でありながら、動き回る動物としての性質も持ってるってこのサイズじゃまずあり得ねーし」

田中「………」

左右田「ただ」

田中「……ただ?」

左右田「パソコンからこんな情報が出てきた……ほら」

かちっ


ーーーーーーーーーーーーーーー

○希望ヶ峰学園における植物の品種改良について

(いくつかのデータは壊れてしまっており、文章はほとんど読めない)

(断片的に見えてくるのは……)


責任者:色葉田田田


植物の要素を取り入れながら、新たな

『ピクミン』

繁殖に成功し

しかし、地球環境下では絶望的

ーーーーーーーーーーーーーーー


田中「……」

左右田「って事らしい。やっぱこいつら、希望ヶ峰が一枚噛んでるんじゃねぇか?」

田中「……」

左右田「オメーだけに従う理由はわかんねーけどな」


>意外な事実を知った……




1→まだ左右田とはなす
2→他の人と話す
3→もうねる
4→そのた

>>527

2 終里

>>527
9/10


田中「……終里」


ばしっ!ばしっ!
ばにっ!


終里「おう、田中か?どうした?」

田中「どうしたもこうしたも……貴様こそどうした?」

終里「オレはトレーニングだよ!」

田中「岩で……か?」

終里「狼は生きて豚は死ぬ……つえーやつが残って、よえーやつは死ぬ……」

終里「おっさんは「弱肉強食」だっつってた。それが自然だし、オレがいたとこだし、今オレらがいるとこだろ」

終里「オレは強くなりてーんだ……強ければ敵がいなくなんだろ?」

終里「バトリてーけど今は我慢だ!オメーらが無事に帰んのが先だかr田中「貴様も帰るのだぞ」

終里「ぬぎぎっ………オレはまだ帰んねーっつーの!」

田中「………気持ちは分かるが」




1→もっと女らしくしたらどうだ
2→力を得るだけが強さではない
3→それは本当に貴様自身の望みか?
4→そのた

>>530


その理屈が通るなら自然に放逐しさえすれば超高校級のマネージャーなど不要だな

>>530
>>529


田中「だが───敢えて言おう、カスであると」

終里「………おい、今なんつった」

田中「貴様の浅知恵は笑止」

終里「あ?」

田中「その理屈が通るなら、自然に放逐さえすればよい。【超高校級のマネージャー】など不要だな」

終里「テメー……」

田中「だが現実はそうではない。貴様はただの人の身、もろいのだ」

田中「貴様が人である限り、それはあくまで机上の空論に過ぎない」

終里「違うッ!」

田中「………」

終里「あ……その……オレ、あんま頭よくねーからなんて言ったらいいかわかんねーけど……」

終里「………」しゅーん

田中「ふん、何を落ち込む暇があるか、烈火の修行者」

田中「貴様が手に取りたいのは誇りか?それとも絶望か?」

田中「貴様がやるべき事はもう分かっているはずだ」

終里「………おう………」


>終里は神妙な面もちで何か考えている




1→まだ終里と話す
2→ほかのひとと話す
3→まくらで寝てみる
4→そのた

>>533

>>533
らすとやで


田中「何を考え込んでいる?」

終里「………」むんむん

田中「終里」

終里「……んあ?あ、もう話終わったのかと思ったけどまだだったか?」ははは

田中「否。貴様にしては珍しい顔をしたなと思ってな」

終里「オレだって考え事くらいするぞ?」

田中「まぁよい」

終里「今のだってそうだろ、難しいこといいやがって」

終里「力は必要だ。でも、力だけじゃなんも守れねー……そんなの、知ってるよ」

田中「終里………?」

終里「正直な、田中……オレはオメーがちょっと羨ましいぜ。力もあるし、仲間もいるだろ、ピクミン」

終里「ほんとに大事なもんって、こう……説明出来ねーけど、そういうもんなんだろ」

終里「オレは……昔から生きてきたところは、ずっと誰かが誰かを利用してるような、そういうゲスなやつが多い場所だったから」

終里「よくわかんねぇんだよな。自分に力があれば、どうにでもなるのによ」

終里「そうすりゃ………家族も守れる………」

田中「………?」




1→深く聞く
2→敢えて触れない
3→別な話題を出す(どんな?)
4→そのた

>>536

>>536

田中「………どう言うことだ?」

終里「あれ?オメーには話してなかったっけ?」

終里「オレさ、生まれた時からだいぶぼろぼろの家で育ってよ、兄弟もたくさんいるんだ。それは言った……よな」

終里「えーと……昔っからうちも貧乏だったし、毎日大変だったんだぜ」

終里「履いたパンツ売ったりもしたし」

田中(ぱんつ)

終里「あれの何がいいんだかわかんねぇけどよ」

田中(ぱんつ………)

終里「つーわけですっげーやべーとこだった。おっさんは「スラム街」とか呼んでたけど、多分そんな感じだと思うぜ」

終里「そんなとこだったし、家族もバラバラだったし………」

終里「……オレは可能な範囲で兄弟を守ろうとしたけど、やっぱ1人じゃ無理だった」

終里「金も手も力も時間も足りなかった」

田中(ぱんつ………じゃない、終里)

終里「そんな時にオレを新体操部?だかに入れたのが前の学校のおっさんで、それをさらに引き抜いたのが今の学園のおっさん!」

終里「金がある、人もいる!飯も食えるし、家族も助かったんだよ!もっと早くこうしてりゃよかったよな!」

終里「………つー話だよ」

田中(大切な部分をはぐらかされたような気がする)

終里「とにかく………あれだ、オレはオレの出来る事すりゃいいんだよな、田中」

終里「もう勝手にどっか行ったりしねーから……これからもよろしく頼むぜ」へへ

>終里なりに踏ん切りが着いたようだ………


左右田「そろそろ空に上がるぞー!」


【19日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    0 ↓

生存  204 →
 └内訳…赤76/青55/黄53/白10/紫10

永眠   18 →
 └内訳…赤11/黄7

累計  222 →



本日の稼ぎ

チーターマンブーツ        280円
レアメタル         350000円
地図ルートファイブ       2000円
魔犬のイヤリング          40円

トータル:1985550円

☆西の火口のお宝をコンプリートしました☆


【19日目】

ついに西の火口に残っていた秘宝はすべて我が手中に納めた。
特にレアメタルはかなりの金額になることが予想される。
今後換金が楽しみだ………。
それと、終里の意外な一面を見た気がした。
あいつの闇は存外深いようだ。





翌日
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口(コンプ済)】【南の??】からスタート位置選択
南はボスです
直下

(広野ってそんなに来てなかったっけ………)

【20日目】


ひゅんひゅんひゅん………


田中「今日は久々に広野を回りたいと思っている」

左右田「ほぉ、広野?」

田中「あそこにはまだ取っていない宝だらけだからな」

小泉「あそこならペレットもたくさんありそうね」

田中「………ああ」




【東の広野】

地図:http://i.imgur.com/TiGkSN5.jpg

回収済
じょうろ/ドラム缶/朝日奈のジャージ/濾過装置

未回収

◎高台
1の高台の地面
2の高台の地面
3の高台の地面
4の高台のどこか
5の高台の奥側
8の高台の地面

◎岩(黒っぽいやつ)
1の高台の左側の岩の奥
1と2の高台の間の岩の下
4の高台付近の岩の奥
6の高台の右側の岩よりも奥

◎そのた
1と2の岩の奥の方にいる敵
3の高台付近の敵
6の高台の敵
8の高台の下らへん
中央に向かう出入り口付近
鳥みたいな頭の首の長い敵の中

トータル20個



左右田「あれ?こんな取ってないのか?」


1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>544

☆ 黄53/紫10呼び出し
8の高台の下らへんを探索

眠すぎて頭回らないので早いけど今日ここまで
明日は………コンマ1か……

プレイヤーおるかー?

よろしい

>>544
1/10


田中「と、まずは………」

黄花「アタシタチニヨウ?」

紫花「オレガミチビイテヤル」

>黄色を全体、紫を10体!
>併せて63体の大所帯だ!


左右田「気ぃ付けてけよー」

田中「心得ている」

終里「オレも行くからな!」

田中「好きにしろ」


◆で、8の高台近辺


田中「と、この辺りから反応があったはずなのだが……」


つばさのようなもの「」


田中「……半分埋まっている……」

紫花「オレガミチビイテヤロウカ?」

田中「………」


ぞぞぞぞぞぞぞ


田中「貴様等で可能なのか?」

紫花「オレヲダレダトオモッテイル」


ぞぞぞぞぞぞぞ


田中「ならばやれ」

紫花「ミチビイテヤル」ぞろぞろ



どっぱああああああんっ!!



ヘビガラス「かあああああ!!!」

田中「!?」

終里「オメー何もんだっ!」

ヘビガラス「くああ……!」

田中(こいつ………地中を泳いできたのか!?)




三度目の対戦。
1→全員で叩き潰す
2→とりあえず逃げる
3→終里と田中で時間稼いで掘らせる
4→そのた

>>551

>>551

ヘビガラス「くええええ!!」

左右田『んなっ、なんだそいつ………ええと………』

左右田『田中っ!そいつは【ヘビガラス】!』

田中(名前が表示されていた気がする)

左右田『そいつ……顔が弱点だが、その顔が長い首で上に持ち上がってるだろ』

左右田『だから倒しにくいんだ!』

田中「知るか」

左右田『あ?!?』


ばっ


田中「撃てぇぇぇーーーい!!」


どどどどどどどんっ!

ヘビガラス「!?」

ぺたぺたぺた

黄花「カクゴシナサイヨ」
黄花「コンドハアタシタチガカツワ」

ヘビガラス「くっ、くぇ、ええ!」

どすん

ヘビガラス「!!」

紫花「オレガミチビイテヤル」

どすんどすん


左右田『紫ピクミンは重い……だから投げると【衝撃波】が出る』

左右田『ただヘビガラスには効きにくいみてーだけどな』


田中「いい情報を聞いた」


ヘビガラス「くえええ……!」ぐぐぐっ

田中「! 振り払うつもりか!」

終里「どけオメーらっ!」

田中「!?」

ばしばしばしっ

黄花「オトサレタ!?」

終里「敵はピクミンだけじゃねぇんだぜ!」

田中(膝だけであの跳躍!?)

ヘビガラス「………」ずずず




ヘビガラス、潜る
1→待ち伏せする
2→地面から出たら総攻撃する
3→今のうちに逃げる
4→そのた

>>554

あと>>555は多分実行

敢えて2

>>554
2/10


田中「………耳を澄ませておけ、終里」

終里「あ?」

田中「次に奴が外に顔を出した時、仕留めるぞ」

終里「ああ、分かった……!」ばしっ


………ゴゴッ


終里「! 来た!」


ぼごぼごっ

ヘビガラス「ぐ、くえっ………」がつがつ

田中「!」

左右田『くちばしが地面に引っかかって頭が出せなくなってる!?』

終里「今がチャンス何じゃねーのか!田中!」

田中「ああ、ここで終わらせよう!」

紫花「ミチビイテヤル!!!!」ぶんっ

 
       ど ん っ       

ヘビガラス「が………!?」

どさぁ

ぼんっ


田中「……倒したのか?」

終里「呆気なかったな」

ころころ……

田中「これは……ヘビの口から……」

田中(どうやらギターのピックみたいなものが出てきたようだ)

田中(……敵は去ったらしい)




完勝。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>557

>>555&完勝記念に終里の装甲が強化されてほしいです

5と↑

>>557
>>556
3/10

田中(ピックは自分で運ぶとして)よいしょ

田中「紫。先ほどの翼だが」

ぼごぉ!!

紫花「イマミチビイテヤッタトコダ」

田中「」

終里「すげーなオメーら!」

紫花「フタリモイレバミチビケルダロウ」
紫花「オレガミチビイテヤル」

ずんずんずん………


田中「心強い……」

小泉『なんか紫ピクミンは、赤ピクミン10体分の力を持ってるみたいよ。力持ちなのね』

田中「なるほど」

終里「んじゃとっとと次に行こうぜ」

左右田『あー、あと時間あったらこっち戻ってこい。終里にいいもんくれてやるからよ』

終里「肉か!?」

左右田『違う』

終里「じゃあいらねー!!」

左右田『』

田中「………」

田中(そしてなぜかヘビガラスの頭が放置されている)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝を探す
6→そのた

>>560

ヘビガラスの頭も運ばせつつ一旦ベースへ行き
左右田の用事を済ませてから8の高台の地面へ

>>560
>>559
4/10


田中「ヘビガラスの頭………運んでいいぞ、黄ピクミン」

黄花「ワカッタワ!」すちゃ!


◆ベース


左右田「つーわけで、だ」

左右田「待たせたな終里!オメーの装甲をさらに改善した!」てっててー

終里「………おお?」

左右田「これで何が起きるかってーと」


○ダメージを受けてもすぐにはひるまない
○何回かピクミンの代わりにダメージを受けてくれる
○ちょっと足が遅くなる


左右田「今までみたいにあっちこっち飛び跳ねるのは無理だろうけど、まァいいだろ?」

終里「ちょっと重いのか……」ずしっ

小泉「そのかわり赤音ちゃんが怪我することは減ったからね?」

終里「おう!」


ぽぽぽ

黄花「ウワァ!」

左右田「あ!?15体も増えたのか?」

田中「やはりやつは強敵(とも)だったのか………」

◆で、急いで8の高台へ


田中「この高台、俺様らは上れなさそうだが………」


ぽいぽいっ


黄花「アガレタ」

田中「黄ピクミンは上に行けるようだな」

終里「ちぇ、この装甲じゃなかったらオレも登るんだけどよ」

田中「無理はするな」

黄花「ナンカアルワヨ!」

田中「む、黄ピクミンが何かを見つけたのか。なんだ?」

黄花「キラキラシタエンバンミタイネ」
黄花「ミンナデモッテカエレバスグダトオモウケド」

黄花「アタシタチデモッテカエルワヨ」

黄花「40タイクライハホシイカシラ」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>564

高台から宝下ろしたら後は紫に運ばせていいんじゃないかな
そして残った黄で5の高台の奥側探索

>>564
5/10


田中「それならば………一旦それをおろせ、黄ピクミン」

黄花「? イイケド……」

どすぅんっ


えんばん
黄花「オモイワヨ」

田中「これを紫ピクミンに運ばせればいい」

黄花「!」

終里「なるほどな……」

田中「紫、貴様等なら4体で足りるだろう?」

紫花「………」ぐぐっ
紫花「アア、オレガミチビイテヤロウ」

田中「頼むぞ」

んしょんしょ

田中「残った者は反転する!このまま5の高台に向かうぞ!全軍!」

終里「おう、任せとけ!」


◆で、進軍中


田中「道すがら(マップ右下辺りは)多くのペレットが出来ているな」

左右田『この辺は草木一本生えてねーかと思ったらそうでもないのか……』

田中「生態系はよくわからん。……さて」

田中「このまま進めば問題なく5の高台に着くな……着いたら宝を探せばいいか?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>567

5

>>567
6/10


田中「………さて、このまま順調にいけば………」


白いチャッピー「のそのそ」
白いちっちゃいチャッピー「のそのそ」


田中「………」

終里「なんかいるぞ……」

田中「あれは?」

左右田『あれは……うーん、ユキチャッピー?ってやつか……?』かちかち

左右田『大きい方はケチャッピーって呼ばれてるみたいだな』

小泉『え?でもこれふつうのチャッピーより弱いみたいだけど』

田中「!?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→チャッピー倒す
5→チャッピー無視してお宝探し
6→そのた

>>570

チャッピー警戒しつつお宝さがし

>>570


田中「弱いのならいちいち敵に回す必要もないだろう……無視するか」

終里「だな。よえーやつはオレも必要ねーし」

黄花「ソウネ」
黄花「ソウヨソウヨ」

田中「さっさと宝を見つけたいが……」

田中「………あれは?」

黄花「タカラバコジャナイノ」

終里「なんだありゃあ?」

田中「5の高台奥地にぽつんと置かれているな……まぁいい」

田中「ピクミン、これは」

紫花「2リモイレバタリル」
紫花「オレタチガミチビク」

田中「そうか」


ひょいっ

田中(幸いにもチャッピー達には見つからずに済んだ)

田中(わりとラッキーだ、と言えるだろう)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>573

紫に宝箱を任せて一旦お宝レーダー確認

>>573


田中「………では紫、手はず通り」

のすのすのす

田中「左右田」

左右田『おっ、やっと名前で』

田中「黙れ雑種。宝の位置を確認するぞ」




【東の広野】

地図:http://i.imgur.com/TiGkSN5.jpg

回収済
じょうろ/ドラム缶/朝日奈のジャージ/濾過装置

ロケットアーム/ふわふわピック/きらきら円盤/宝箱?

未回収

◎高台
1の高台の地面
2の高台の地面
3の高台の地面
4の高台のどこか

◎岩(黒っぽいやつ)
1の高台の左側の岩の奥
1と2の高台の間の岩の下
4の高台付近の岩の奥
6の高台の右側の岩よりも奥

◎そのた
1と2の岩の奥の方にいる敵
3の高台付近の敵
6の高台の敵
中央に向かう出入り口付近

トータル20個




田中「大分順調、か」

終里「こっからあと空飛ぶのに必要な素材とかあんのか?」

左右田『さぁて、な』

小泉『なによそれ………』

左右田『やろうと思えばこれでも飛べんじゃけぇか?』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>576

3の高台を調べる

>>576
7/10


田中「続いて3の高台の方に……」

小泉『そっちの方にケチャッピーいるんじゃないの?』

田中「………確かにな」

ぽわわわわん

左右田『……待て、田中』

田中「む?」

左右田『3の高台の方にも敵がいるみてーだけどよ』

左右田『オレのみる感じ、それも多分ケチャッピーなんじゃねぇかと思うぜ』

田中「なるほど」

終里「つー事はよえーのか?」

左右田『かもしんねーけどよ………』

田中「ひとまず向かうぞ?あとは左右田、そのままレーダーを注視」

左右田『……あァはいはい!』

小泉『とにかく、気をつけなさいよ?』


◆で

◆3の高台付近

田中「この辺りになると……以前とは装いが変わっているようだ……」


ユキチャッピー「ぷるぷる」
ユキチャッピー「ぷるぷる……」

サライムシ「ぶーん」

ケチャッピー「めし……うま……」

ヘビガラス「………」


田中「ち、多い……!」

終里「そうカリカリすんなっての、行こうぜ?」

田中「……ああ、そうだな」

田中「幸いにもまだ気付かれていない……高台に登るなら今のうちか」



まだセーフ。でも敵はたくさんいる。

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>581

5

>>581


田中「3の高台には4の高台経由で行った方が早い………それに」

小泉『それに?』

田中「その方が周りに気づかれにくそうだ。いくぞ、終里」

終里「ああ、任せとけよ!」

黄花「アタシタチモイクワネ」とことこ

んしょっ

田中「俺様らでも上れる障害か……」

終里「この4の高台にもなんか宝あった気がすんだけどな……この辺か?」ざくざく

田中「終里、寄しておけ。俺様が目指すのは3の高台。そしてそこにあるであろう───」


3の高台に乗っている何か『』ゴゴゴゴゴ


左右田『なんだありゃ……?』

田中「すでに姿を隠す必要はないのか、そこに鎮座しているな」

小泉『なんかさ、レンズみたいじゃない?それ』

小泉『何に使うのかはアタシにはわかんないけどさ……』

田中「………」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>584

安価来てないけどおやすみなさい

5

プレイヤーさんおるかー?

>>584
8/10


田中「………運ぶか。何体必要だ?」

黄花「ゼンインデイケバ」
黄花「ハコベソウネ、オオキイシ」

田中「なるほど」

終里「なー、田中ぁ?」

田中「なんだ」

終里「下からなんか出てきたぞ」ざくざく

田中「寄せと言ったのに掘っていたのか?」


スコップ


田中(掘るものが埋まっているのか……(困惑)

終里「つーか、ピクミンいなくなるし一旦戻るか?」


◆で、ベース


左右田「ペースいいじゃねぇか!」

田中「紫がいるだけでこれだけ捗るとは……」

田中「正直予想外だったな」

小泉「それで、えーと……?これで3と4の高台の宝は手に入れたのよね?」




かなり万事快調。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>590


中央に向かう出入り口付近探索

踏み台

>>589
でいいね。

>>589
ラッキー。


田中「………速いペースでここの探索を終わらせるべきだろうな。入り口付近へと向かう」

左右田「あァ、道中気ぃ付けろよ?」


◆んで、


田中「と言われたが何もなかった」

左右田『なんもなかったんかい!?』

小泉『なんにもないのはいいことじゃないの?』

終里「敵がいねーのはオレにとっては残念なんだけどな」

小泉『赤音ちゃん!』


ぼこっ

謎の本『』


田中「そして簡単に宝も見つかった」

左右田『見つかった!?』

田中「ああ、本………のようなものだな」

左右田『おいおい、おい………えらい順調じゃねーの!?』

田中「我についに幸運の使者が舞い降りたのであろう?」

小泉『怪我しないようにね?』


田中(………怪しいくらいだが、な)



ラッキー☆特典は次に。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>594

そんなに闘いたいなら6の敵でも討伐するか

>>594
9/10


田中「そんなに戦いたいのならば……」

終里「?」


◆で、6の高台



どしんどしんどしん


ケチャッピー「………ぶるる」



田中「いたか。貴様か、ケチャッピー」

終里「お、あいつ確か……毛が体中に生えてて真っ白いやつだよな?」

田中「まああれならば貴様でも倒せ」

どがっ

ケチャッピー「」

田中「るかもしれ」

ケチャッピー「」

田中「………」

終里「倒したけど……」

田中「………」


田中(ええ………?)


ごろん

終里「なんだこりゃ、タイヤか?」

田中「?」

終里「何に使うんだこんなもん」




………ええ………?

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>597

む、紫さん運んでください
この調子で3の高台付近の敵を討伐

そんなに不運に見舞われたいのか………

>>597
>>596


田中「今こそ順調!」

左右田『だな!なんかなんも問題なさ過ぎてびっくりするくらいだよな!』

田中「このままで行けば、3の高台の敵も屠れるのではないか?」

終里「おっ!まだ戦うのか!?」

田中「左右田、して宝を持っている敵の反応は?」



ヘビガラス「くぁ」



左右田『あいつだわ………』

田中「またか………」

小泉『あいつ、確か倒したばっかりのやつよ、ね?』

田中「だが、あやつはふつうに当たれば強い敵。あまり戦いたくはないな」

田中「それに、だ」

田中(あまり派手にやると周りの別な敵がやってくる可能性がある)

田中(囲まれてはまずい。しかも時間もない)

田中(このまま行って囲まれても困る)

田中(それ以上に時間が足りないのはどうする?)

田中(………戦うか?今なら勝てる………のか?)





1→戦うぞ!
2→逃げるぞ!
3→そのた

>>605

>>605
ラストやで


田中「ちぃっ!」

終里「時間が許す限りいきてーとこだけど………時間がねぇんだよな!」

田中「それはそうだな」

左右田『ここは引くってのはありだよな?』

田中「………だな」

終里「オレが時間内で倒すっつーの!」

田中「ならん、引け」

終里「でもよぉ」

田中「引けぃ!」

小泉『そうだよ、ここで怪我しちゃったら明日からも大変だよ?赤音ちゃん』

終里「……うう……!」

田中「全力で引く!貴様等!早速反転せよ!」

ヘビガラス「がああああ!!」


田中君達は、なりふり構わず走って逃げました。
それは自分たちの為の、逃げの一手だったのです。

必要であれば、自らを守るために───

戦わない事は、それもまた戦いなのです。


【20日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    0 →

生存  204 →
 └内訳…赤76/青55/黄53/白10/紫10

永眠   18 →
 └内訳…赤11/黄7

累計  222 →

地表   15 ↑
 └内訳…黄15



本日の稼ぎ

ロケットアーム         3000円
ふわふわ時間ピック        270円
きらきら円盤         70000円
海賊宝箱               スカ
テイルズオブグラス       2700円
スコップ             100円
リアクション大全         980円
ダンロップ           4200円

トータル:2066800円


【20日目】 左右田

宝の概算が200万を越えた。
まさかこんなにもなるなんてな……こりゃあ帰ってからが楽しみだ。
しかし広野はとっても危ない敵が多いみたいで焦る。
あのヘビガラスも地面に詰まってくれなかったら勝てなかったかもしれねぇ。
まあ、こんな事言うのもやだけど……終里のおかげで勝ててる事もあるしなぁ。
……これからどうなっちまうのやら。
オレはオレに出来る事をやるだけだな。
武器は……まだ作れるか……?




次回
【中央広場】【北の水源】【東の広野】【西の火口(コンプリート済)】【南の??】
どれかからスタート位置決定、直下
南はボスです

東の広野

>>608
【21日目】


田中「………さて、引き続きいくか」

終里「そうだよな。昨日のあれもあるしよ」

田中「ああ、このまま終わるわけには行くまい」

左右田「んー………」

左右田「……ま、オレに出来る事があったら言ってくれ。出来ることは何でもやってくぜ」

小泉「そうね。アタシも出来る限りサポートする。はい、田中!」

>スプレーを補充してくれた!



【東の広野】

地図:http://i.imgur.com/TiGkSN5.jpg

回収済
じょうろ/ドラム缶/朝日奈のジャージ/濾過装置
ロケットアーム/ふわふわピック/きらきら円盤/スカ
テイルズオブグラス/スコップ/リアクション大全/ダンロップ

未回収

◎高台
1の高台の地面
2の高台の地面

◎岩(黒っぽいやつ)
1の高台の左側の岩の奥
1と2の高台の間の岩の下
4の高台付近の岩の奥
6の高台の右側の岩よりも奥

◎そのた
1と2の岩の奥の方にいる敵
3の高台付近の敵

トータル20個



田中「……よし」



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す


【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>611

☆黄色50紫10を呼び出して
1の高台の地面へ向かう

ねおちしました

>>611
1/10


田中「まず定石どおり、ピクミンは黄と紫」

ぽぽぽぽ

黄花「ヨンダ?」
紫花「オレガミチビイテヤル」

>黄ピクミンを50体、紫ピクミンを10体呼び出した!

田中(これで60、地面に埋まっている黄ピクミンは15……75体のピクミンが外にいる事になる)

田中(外に出せるのはあと25体か)

終里「今日はまずどこ行くんだ?」

田中「……順番に終わらせる。1の高台に向かおう」

田中(しかし上れるのは黄ピクミンだけのようにも見えるか……俺様らが登ることは不可能か?)

黄花「マッテタナカ」

田中「?」

黄花「ウエニナンカアル」
黄花「モシカシタラハシゴカモ……」

田中「……なるほど。ならばハシゴを立ててこい!」

ぽいぽい

黄花「キャホー」

どががががが……


田中(あっという間に、俺様達が高台に上がれるほどの木製の梯子が組み上がった)

田中(1の高台の地面はすぐに探索できるだろう……次の手を考えるか?)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた
>>615

お宝運んでから2の高台を調べに行く

>>615
>>614
66……ッ!避けた……!避けた……ッ!


田中「宝はどうだ?」

ざくざく……

終里「スコップあるとはえーなー」ざくざく

紫花「ミチビイテヤル」

ぼこん

田中「……これは」

終里「なんつったっけこれ……バカボン?」

田中「メガホン、だ。紫、運べるか」

紫花「2体イレバミチビケルダロウナ」

田中「そうか、頼む」

紫花「ギョイ」
紫花「オレガミチビイテヤル」よいしょっ

終里「んで、2の高台だけどよ……」

田中「このままでは向こうには行けないだろうな。そこで、だ」


ぽーいっ!


黄花「ココニモザイリョウガアルワヨ」
黄花「ハシヲソッチニカケルワネ」

ががががが……

田中「これで2の高台の探索も可能であろう」

田中(……またしても順調、単調……何かの罠が無いことを祈るか)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>618

5

>>618
2/10


田中「そちらに向かう。黄ピクミン、梯子はどうだ」

黄花「カンセイヨー」がががが!

終里「お、これでそっちに行けるっつーことだな?」

田中(高さがあるな……ただの人間が堕ちては死に至る)

田中(幸い俺様と終里は今、防御スーツを着込んでいる……即死は免れるだろう……)

田中(……ええい、不吉なことばかり考えても仕方がない。先に進むべきだな)

すたすた

左右田『田中、ちょい待て!』

田中「なんだ雑種……」

左右田『足下見ろ!』


ウジンコ「うりうり」


田中「……む?」

終里「なんだこいつ?ウジか?」

田中「前もこんな虫を見たな」

左右田『前のは♂!これは雌らしい!』

田中「どう違う?」

左右田『分からんけど……』

田中「なら調べておけ」ぶつん

田中(ウジンコはこちらに攻撃してくる気配がない)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>621

とりあえず5

夜の部やで。

>>621


田中「……」

終里「そんならほっときゃいいだろ?」

田中「……、それもそうか」くる

小泉『それで2の高台はどうなの?田中』

田中「……高いな」

終里「で、どの辺だ?宝は………」すんすん

終里「………ん?ここか?」ががが

紫花「ミチビケルカ?」

ぽこっ

終里「………なんだこりゃ」

田中「ウサギのぬいぐるみ……」

小泉『と言うよりリュックじゃない?』

田中「ほう、リュック」

黄花「ナニカハイッテルカシラ」

終里「いーや、なんもねーや。つまんねーの」


がじがじ
ウジンコ♀「きがおいしいです」

紫花「キサマハオレガミチビク」ぽこた

田中「?」




なにげにウジンコ撃退。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>624

5

>>624
3/10


田中「よし、運ぶぞ。これはいかほど必要か?」

紫花「オレガミチビクモノデハナイ」

田中「………」

終里「こんなのオレが持つさ。さっさと行こうぜ?」

田中「ああ、それならそれで頼む」

紫花「オレガミチビクベキモノハコチラダ」

ウジンコ♀「ふにゃあ~」

田中「ここからすぐにめざせるのは岩の辺りか?」

左右田『確か岩は硬いよな?』

田中「案ずるな、それは俺様も考えがある」


◆で、降りた


田中「やれ、黄ピクミン」

黄花「バクダンヨー」ぱたぱた



ちゅどおおおおんっ!!



田中(1の高台、それに2の高台の近くにあった岩を爆破した)

田中「これで先に行けるな」




クリティカルやで。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>627


1の高台の左側の岩の奥と
1と2の高台の間の岩の下をあわせて探索

>>627
ぞろ目うぇーい


田中「先に1の高台側の岩の下を見るか……」

田中「どうだ?紫」

紫花「ワズカバカリジカンヲヨコセ」
紫花「ソノアイダニミチビク」

終里「オレも掘っといてやるよ!」がしっ

田中「任せていいのか?」

終里「ああ!やらせろ!」

左右田『わりーな終里ィ』

終里「あ?オメーまで………別にこんくらい問題ねーよ」

田中「ならば任せたぞ」くるっ

田中「俺様は敵がいるやもしれん2の高台奥へ向かう。全軍、ついてこい」

黄花「ハーイ」
紫花「オレガミチビイテヤル」すたすた


◆で、来た


田中「敵の姿はなし。平穏に作業がこなせるであろう」

田中「掘り進めろ」

黄花「ハーイ」

ざくざく……


田中「雑種、この奥に敵の気配は?」

左右田『んあ、あ?あー……いるな、多分だけどまた例のヘビガラスだ』

左右田『やべーな……』

田中「宝の方は問題なく済みそうだ」




何もなければ問題なく進むぞ!
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>631

5

>>631
せーふ。


田中「……敵は……」

左右田『まだ遠い。こっちにゃこねーだろ』

ぼこぼこぼこ

田中「………!」

黄花「デテキタッ!」
黄花「コレナニカシラ」

田中「工具箱……か?」

左右田『お、なんじゃあそりゃあ!?』がたっ

小泉『左右田、アンタはしゃいでない?』

左右田『それくれ!今すぐくれ!』

田中「雑種、魔力を制御せよ」

終里『こっちも掘れたぜー、すぐ戻るってよ!こいつら!』

紫花『ピキーピキー(訳:オレガミチビイテヤル)』

田中「一旦戻るか………」


◆で


田中「………」

左右田「………」

小泉「………赤音ちゃん、なにそれ………」

終里「さっぱどわかんね」

甲冑『』

左右田「なんつか、その……すごく……」

小泉「うん、なんか……」

終里「……アル?」

田中「!?」





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>634

一旦お宝レーダー確認

>>634
4/10

田中「一旦………レーダーを見るか」

終里「おうっ!」




【東の広野】

地図:http://i.imgur.com/TiGkSN5.jpg

回収済
じょうろ/ドラム缶/朝日奈のジャージ/濾過装置
ロケットアーム/ふわふわピック/きらきら円盤/スカ
テイルズオブグラス/スコップ/リアクション大全/ダンロップ

メガホン/リュック/工具箱/アルフォンス?


未回収

◎岩(黒っぽいやつ)
4の高台付近の岩の奥
6の高台の右側の岩よりも奥

◎そのた
1と2の岩の奥の方にいる敵
3の高台付近の敵

トータル20個




田中「順調、順調」

左右田「で、奥の敵はヘビガラス確定。3の方はわかんねーな」

左右田「もしかしたらケチャッピーかも」工具箱がちゃがちゃ

終里「敵は全部ぶっ飛ばせばいいだろ」

小泉「赤音ちゃん!」

田中「だが案外、いまの俺様らならいけるのでは?」

左右田「かもな………お?このメガホン、改造出来っかも………」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>637


6の高台の右側の岩よりも奥を探索

>>637


田中「次は6の高台の方に行くか。ついてこい」

左右田「おう、頑張れよ」がちゃがちゃ

小泉「………ってアンタなにしてんの?」

左右田「メガホンの改造だよ!」

終里「メガホン?」

田中「何になるのかは分からんが……努力しろ」


◆で、


どごおおおんっ


田中「再び爆弾岩、と」

終里「よくやるよなぁ」

黄花「ツカエルノアタシタチダケダモノ」

田中「よくやった。さて、その奥に進んでみると………」

ちょろちょろちょろ

田中「………水!?」

田中(小さい泉のようになっている)

田中(おそらく湧き水だ……これは盲点だった)

田中(その水の中になにかが沈んでいる……青ピクミンが必要だろうか)

田中(いや、あるいは俺様らが無理をすれば持ち上げられるか……?)

田中(やってみなければ分からない………)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝運ぶ
6→そのた

>>640

ならば4の高台付近の岩の奥を探索

>>640
5/10


田中「むうう………」

終里「中入るか?」

田中「……いや、中で何があるかわからん。それならばより確実なところへ行くべきだ」


◆で、4の高台付近


田中「とはいえ、この辺りは敵の密集地帯」

田中「派手な音を出せば敵が寄りつく危険性があるが………」


どっごおおおおんっ


田中「」

黄花「キレイナアタマヲフットバシテヤル」

田中「………」

終里「綺麗さっぱり行ったな」

黄花「ワーイワーイ」


ぞろぞろ


ユキチャッピー「ちゃ?」
ユキチャッピー「ちゃ?」

田中「だから言っただろうに……」

終里「あれはちっちぇーチャッピーだよな」

左右田『でけーチャッピーは寄ってくる気配がねーな……何でかは知らんけどよ』 

左右田『ただやるならチャンスだぞ。ちっちぇーチャッピーも岩の付近に寄ってきただけ。叩くなら今だ』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>643

叩いてお宝回収

>>643
>>642
6/10


田中「ならば叩くか」

終里「鉄は熱いうちに打てってか!」

田中「ほう、よく知っているな」

終里「なんでも熱い方がうめーって事だろ!」

田中「違う」


ユキチャッピー「ちゃ?」
ユキチャッピー「ちゃ?」

ひゅーんっ

紫花「オレガミチビイテヤル」

どすんっ!

>紫ピクミンの衝撃波!
>ユキチャッピー達はひるんでいる!


田中「殲滅せよ」

黄花「マカセテー」

終里「行くぜぇぇぇ!!」


どこどこどこどこっ!


田中「………とまあ、あっけなく終わった」

左右田『けど一応気をつけろよ?すぐ近くにケチャッピーの反応が移ってきたみたいだ』

田中「さっさと宝を回収するぞ」

田中「………」

終里「それってロケットに使うもんなのか?」

左右田『……あのさぁ……何でそこにあるんだよ?それが』

小泉『それって?』

左右田『ミサイル』

小泉『へぇーミサイル………ミサイル!?』

田中「案ずるな。不発弾だろう」

紫花「コレハオモイナ……5体デミチビク」ひょい

田中「ああ、気をつけろ」




完勝。ほんとにとんとん拍子やな。

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛5/激苦4)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>647

1と2の岩の奥の方にいる敵討伐

>>647
7/10

田中「………今ならいける………」

終里「んあ?」

田中「この流れに乗る!全軍、道を2の岩奥へ!」

田中「けりを付ける!ヘビガラスの方に向かうぞ!」

終里「マジか!?」

小泉『でも、確かに……今しかないわよね』

田中「どちらがこの世界の支配者なのか、あのヘビガラスにも教えてやろう……!」





ごごこ……

ぼこ


ヘビガラス「……」きょろきょろ


田中「と、来たはいいものの」

田中「警戒されているな……このまま突っ込むのは悪手か」

終里「上から飛び降りるのはどうだ?」

左右田『バカ、そこ何メートルあると思ってんだよ、モンハンじゃねーんだぞ』

田中「……ここは……」




1→一旦地面に潜るまで待つ
2→うるせーゲキカラスプレーだ
3→田中と終里で引きつける
4→そのた

>>650

>>650
>>649


田中「少し様子を見」

終里「うるせーゲキカラスプレーだ」

田中「なん、だと?」


しゅうう


黄花「アラ、コレハ……」
黄花「ナンダカカラダニシミテ……」


黄花「キャアアアア!!!カラダイタイイタイイタイ」
黄花「カラカラァアアア」

紫花「ぼくひで」


田中「こうなったら致し方があるまい……全軍進撃せよ!」

終里「っしゃああ!」


ヘビガラス「!」

どどどどど

終里「先制はもらったぜ!」

ごばっ!

ヘビガラス「……ぐぇ!」ひゅ

がががっ!

終里「あっ、ぶね!」

田中「行け!」
ひゅんひゅん

ぺた

黄花「スカイラーク!!スカイラーク!!」がんがん
黄花「ガストガストガストガスト」
黄花「バーミヤン!!」がんがん

どすんっ

紫花「ラーメンジロウ」


田中(なんかちがう)


ヘビガラス「くぇっ……!」

田中(! ふりほどかれる!?)




1→一旦全軍引かせる
2→うるせーゲキニガスプレーもあんぞ
3→追撃を仕掛ける
4→こういう時のオーガじゃないんですかねぇ
5→そのた

>>653

2

>>653


田中「ピクミンッ!」

たたたっ

田中「!」

しゅかっ


終里「うるせーゲキニガスプレーもあんぞ」

田中「!?」 


ぷしゅうううう


ヘビガラス「!?……!!?」


左右田『ヘビガラスにはゲキニガは効きにくい!』

小泉『でも……ひるんでるわ!』

田中「好機!畳みかけろぉぉぉっ!」

うおおおお!!ががががっ


しゅたっ

黄花「モウダメ……」

田中「む!」

紫花「イチドヤスマセロ」

田中「! 張り付いていられる時間に限界があったか!」

ヘビガラス「……、……」

田中「だが……これは好都合。ヘビガラスは動かない……」




1→とどめだ!
2→田中のレーザービーム
3→終里に任せよう
4→そのた

>>656

今日はここまでなんやで。かなり順調やで、みんなありがとー

2

今日はキングオブコントなので休みます(私用)。明日元気かどうかは今日の結果次第やで。

ロッチいいいいいいいい!!!!!(プレイヤー2~3人いたらやります)

>>656


田中「終わりだ」かちゃ

終里「!」

ヘビガラス「くぁ……」

田中「レーザービーム」かち


ちゅいんっ


ヘビ/ガラス


どがああああああんっ!!



田中(……やりすぎではないか、この銃)

終里「すげー……」

黄花「タオシタノネ……」


田中「そしてヘビガラスの亡骸は石となって砕けた」

田中「今更ゲキニガが効いたのか……」

左右田『なにが出てきた?田中ァ』

田中「なに……とて、これだ。変わったネジのようだが」

左右田『おう、そっか。お疲れ』





1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>664

続いて3の高台付近の敵を討伐する

オーガロボも使って

>>664
8/10


田中「この勢いだ!3の敵も倒すぞ!」

終里「おーう!!」

紫花「ミチビイテヤロウ」


◆で、


ケチャッピー「ちゃ……ちゃあぁ~……」のしのし



田中「案の定ケチャッピーか」

左右田『だな。さっさと終わらせられるだろ?』

田中「ああ、そうだな」かち

終里「ん?なんだそれ?」



ひゅうううう

どすんっ


オーガロボ『我は……引かぬ……媚びぬ……省みぬ……!』

ケチャッピー「!?」

オーガロボ『ぬんっ』しゃっ

ケチャッピー「」ぼっ


田中「……か、勝った……」

終里「いいのか?これで」

小泉『いいんじゃないかしら……』

コロコロ……チキチキペッパーズ……

田中「これは……何かの宝石のようなものを吐き出したが……」




オーガロボ、強くてやっべっぞ。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>667

お宝運び込んでから↑

>>667

田中「黄ピクミンでも運べるな?」

黄花「15ニンデハコブワー」

田中「……さて……それが終わったら……」


◆ベース

ぼぼぼぼぼっ

青花「ヨーウタナカァ」
青花「オレラヲヨンダカー?」

>青ピクミンを25体呼んだ!

田中(これで呼び出せるマックス!向かうは───)


◆6の高台の奥の水があるところ



ちょろちょろ


青花「ソレデオレラヲココニナァ」
青花「ワカッタゼタナカ」
青花「オレラガナカニモグッテクル!」

ざっぱーんじゃっぱーん

田中「中に敵はいなさそうだが……」




待ちぼうけ。周りにペレットあるかな?
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>670

↑+5

>>670
9/10


田中「ミッションコンプリート」


ざばぁ!!


青花「キタゼー!!」
青花「コレハナンダ?」

田中「……さぁて、な?ノートパソコンに見えるが」

左右田『なもん水に浸かってたらぶっ壊れてるの確定じゃねぇか!?』

田中「だろうな。貴様が直すのだ、左右田和一」

左右田『やだよ』

小泉『そう言わないでやんなさいよ、やれることやるんでしょ?』

左右田『そうだけどぉ……』

田中「ところで終里」

終里「あ?」ペレットかじってる

田中「……」

終里「よし、行こうぜ?田中!」

田中「ペレット……人間も食べられたのか?」

終里「これマズいからいらねぇ」ぽい

田中「……」

終里「つーかよ田中ぁ、もうすぐ帰れるんだよな?」




なにを話そう……

1→弐大について
2→ピクミンについて
3→ペレットまずいの?
4→そのた

>>673

3

>>673
ラストな

◆かえりみち


田中「……終里」

終里「あん?オレになんか付いてるか?」

田中「いや、その……ぺ、ペレットはマズいのか?」

終里「あー、おう。味が全然しねぇ」

田中「……そ、そうなのか」

田中(しかし俺様が自らそれを口に含むのはかなり勇気が必要だった)

田中(少なくとも今は無理だ)

終里「こんなもんで増えるとかピクミンってなにもんなんだよ?」

田中「さぁて。俺様達よりも高次元の生き物であることは間違いないだろうが」

終里「よくわかんねーけど……なんか分かったぜ」

田中「それよりペレット、かじった貴様に異変はないのか?」

終里「あ?おう、なんもねーな」

終里「あれマズかっただけじゃねーの?ちょっと苦かったしよ」

田中(……苦い?毒素でもふくんでいるのか?)

終里「ぴんぴんしてっから安心しろよ!」


◆で、ベース


小泉「赤音ちゃん!なんでもかじらないでって言ってるでしょ!」

終里「わ、悪ぃ……」


こうして今日も終わります。
楽しい1日が、激動の1日が。
それは彼らのためにもなる1日なのです。


【21日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    0 →

生存  204 →
 └内訳…赤76/青55/黄53/白10/紫10

永眠   18 →
 └内訳…赤11/黄7

累計  222 →

地表   15 ↑
 └内訳…黄15



本日の稼ぎ

希望ヶ峰メガホン        4800円
ねこさんリュック         320円
工具箱             3000円
エルリックメイル      147300円
ボンバーミサイル       80000円
変わったネジ            70円
テレビ石             500円
ちーたんのノーパソ      68300円

トータル:2371090円

☆東の広野のお宝をコンプリートしました☆


【21日目】 終里

ペレットはマズかった。なんだあれ
ユキチャッピーはなかなか旨いなあれ、焼いたらステーキみてーだ。
ケチャッピーまで行くとちょっとデカすぎて肉がかてーんだよなぁ
………あのウジ?とか言うのもマズそうだからやだな。
花村がいてほしいぜ。



翌日
【中央広場】【北の水源】
コンプ済み→【東の広野】【西の火口】
ラスボス→【南の???】

スタート位置選択。南は1日かけて戦うよ
直下

北の水源

>>676

【22日目】




【北の水源】

地図:http://i.imgur.com/3CQwyX7.jpg

回収済み
パソコン/ポンプ/ロケット/ホース/セイントホープ/ガチャガチャ
燃料タンク/敵取りネット/エターナルエナジー
ウェットスーツペコ/しゃりん/オーガの石像
甲板/ロケットのてっぺん/ミサイルの破片/モリー(?)


未回収
◎3の小島
カエルの中

◎陸地付近の下の水にいる敵の中
◎3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵の中
◎北の小島付近の砂の中

トータル20個





ひゅんひゅんひゅん………


【北の水源】


田中「早いもので、ここもあと4つを残すのみだ」

田中「完成までは後もう少し、と言ったところか」

小泉「ええと………水源は水が多いから主に青ピクミンでの行動なのよね」

左右田「敵には白いピクミン食わせればほぼ一発らしいぜ?田中」

田中「自滅させろ、と?ピクミンを?」

左右田「あ、いや、そう言うわけじゃ………」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す

【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>680

☆青55/白10/紫10を呼び出し
早速3の小島のまっすぐ北に行ったところの敵討伐へ

>>680
>>679

1/10


田中(埋まった黄ピクミンはまだ有効だから………)


ぽぽぽぽーん

青花「ウミダー!!」じゃかじゃん
青花「ウミジャネェカラ!?」

白花「………」

紫花「ミチビカレタイノカ?」

>青を55体、白と紫を10体ずつ呼び出した!
>併せて90体のピクミンがでている計算だ!


田中「早速北の敵を倒すか………」

左右田「3の小島から真っ直ぐ北……ん?今陸地の近くに反応があんじゃねーの?」

田中「陸地と、その下か。面白い!」





田中(……陸地に向かう最中だ)

田中(どうも3から北の敵は動いたようだ、陸地に上がっているらしい)

田中(陸地より下は水。おそらく貝だろう)

田中(行くときは必ず青ピクミン以外はその場に待機させなければ………)


ずしんっ


田中「………!?」


ナマズ「んぼ………」
ナマズ「ぼ」
ナマズ「んぼ」

田中「………3体のナマズが!?」




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛4/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた
>>683

3 激辛を使って

>>683
おう特大クリティカルじゃあ


田中「一瞬で蹴りをつけるぞ」す

終里「おう!」

青花「アノー、ソレッテ………」


しゅううう


青花「ッガ……カラァァァァァァ!!」

白花「ワルカッタッテ!マジメニハタラクカラ!!ユルシテクレッテ!!」

紫花「ビエラ」

田中(紫のあの余裕はなんだ)

終里「行くぜぇぇぇぇッ!」

ごっ

ナマズ達「!?」

田中「高い!跳躍が!」


終里「オレの特大跳び膝蹴りだぁぁぁぁ!!」

ドボルザーク

ナマズ「………んぼぼっ」

終里「チェエアアアイッ!!」


田中「! 続けぇい!」

青花「カラカラカラカラカラカ!!」しゅばばばば

ナマズ「ぼぼ?」

白花「オメーノミライハ」
白花「シダベ」

どごぉんっ

ナマズ「ぼ………んぼぼっ!」

紫花「サァ、ショータイムダ」

「うおおおおおおおおおお!!」


ががががががっ!!


どさ………

終里「疲れた!腹減った!!」

青花「シヌカト………」ぜーぜー
白花「………」


ごろんっ

田中(ナマズは何かを吐き出した。バッテリーに見える)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>686
おやすみやで

おっぱい

>>686
2/10


田中「バッテリーを運ぶぞ。そのついでに」

田中「一旦ベースに立ち寄り全員万全な状態にする……そしてだ」

田中「貴様等は覚えていないかもしれないが、あいつを倒す」

青花「アイツカ!?」

終里「おう、つえーやつと戦えるのか!?」





ぴょんぴょん

カエル「げろ」

心ぴょんぴょん


田中「……あのカエルは俺様たちに 初めて敗北を味合わせた存在」

左右田『だったっけ?』

田中「……」

終里「とにかくあいつを倒しゃいいんだよな!」

左右田『ええと……あいつは【イモガエル】、かなり強いぞ』

左右田『ジャンプ攻撃には注意しろ。オメーはが当たったら怯んで動けなくなるだろうからな』

終里「なんかわかんねーけど分かった!」

左右田『あとソニアさん誕生日おめでとうございますっ!!!!!』

小泉『……アンタなに言ってるの?』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>691

白を喰わせるよう動きつつ
3 ゲキカラも使って

>>691
>>690
3/10


田中「……これは……ここは全力で当たるしか」

すっ

田中「なっ!?」

白花「……」

終里「オメーがいくんか?」

白花「……ダベ」こくん

田中「バカか貴様はぁ!そんな死に意味はな」

白花「……」ふるふる

田中「!?」


白花「いままでありがとう」


田中「……!」

すたたたたっ

田中「……白ピクミンっ!」



カエル「げろ?けろろ……」

白花「……」


ばくんっ


田中「あ、ああ……あああ……!」

田中「魔獣の分際で……、人間をかばったつもりか……!」

田中「バカめが……!確かにカエルは死んだが……」


魂『ふわわわわー』


田中「貴様が死んでどうなる……白ピクミンっ……!!」

田中「……!!」

田中(カエルの口の中からは……何か出てきた)

田中(地図のようにも見える)




クリティカルなのでスプレーなしでした。
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>694

カエルのお宝を回収し北の小島へ

>>694
田中「……あれは地図、か?」

終里「じゃねぇか?なんかわかんねーけど」

田中「回収だ、全軍」

紫花「ミチビク、モンダイナイ」ずい

田中「……さて、北の小島に向かうか」

終里「児嶋?」

<小島だよ!

田中「幻聴か……」

青花「ツーコトハオヨグノカ」

田中「そうなるな。水の中を進むことになる」

田中「残念だが紫と白は近くの陸地で留守番だ」

紫花「仕方があるまい?」

白花「……」こくん


終里「んでどうすんだよ?その近くまで行ったら」

田中「当然。そこで宝を探す」

田中「その宝がどこかは不明だからな。どんな敵が水中にいるとも限らん」

終里「ふぅん……」

青花「キィツケテイコウゼ?」


どっぱぁぁぁぁんっ


田中(久しぶりの水中)

田中(視界良好……敵は周りにいなさそうだ、すぐに北の小島に着けそうだな)



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>697
なんか調子悪いから今日ここまで、明日はヤレたら昼から

おつ
5

デレマスやってました。よかったら参加してください、点呼。


LGHのPROがフルコンボできません……

>>697
ぐっぼーい。
5/10


田中(……白ピクミン)

田中(確かに強力な毒を持っていたようだ)

田中(あの程度の大きさなら一体で十二分だったから……いいが)

田中(……)ごぽっ

田中(……いや、考えても致し方がない)


終里『たなかー』

田中『何だ、終里』ごぽごぽ

終里『青ピクミンがなんか見つけたぜ!』

青花「コレハ……」
青花「プロペラミタイダナ」

田中『プロペラは以前にも発見したような……』

左右田『見た目的には船とかのプロペラに似てねーか?』

田中『なるほど』

がぽぽっ


青花「ハコブゾー!!」


田中(これでよしと)

田中(あとは海中の敵だけだ。プロペラは案外軽い素材、10体もいれば運べそうだ)



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>704

>>700
ワイ将無能、ミツボシ☆☆★のデビューをフルコン出来ず

陸地までプロペラ運んだら紫に運搬をバトンタッチ
青による海中の敵討伐へ

>>704
>>703
6/10


田中(とはいえ敵がどんなものかが分からない今)

田中(青ピクミンは全体持って行きたい……故に……)


ざばぁぁぁ


田中「……紫ピクミン」ぽたぽた

紫花「?」

田中「青ピクミンから受け取れ。それを運ぶんだ」

紫花「……イイダロウ、ミチビイテヤル」
青花「タノムゼ!!」


田中「さあ……準備は出来た」

田中「行くぞ貴様等、やつを倒してやれ」

「「「おおおおお!!!」」」


どぱぁぁぁぁぁぁんっ!!



田中(敵は……どこだ?)

田中(陸地のすぐ近くだったな……周りに敵はいないだろう)ごぽごぽ

左右田『田中ー、レーダーには近くに敵の姿はねぇ。安心してくれ』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>707

4

>>707
7/10


ごぽっ

田中(敵はどこだ……?)

田中(一体……どこに……)


ごぽごぽっ

ごぽっ……


田中「!」


終里『……いたぜ』

青花「アイツハ……」
青花「カイノテキダナ」

田中『何度も開閉している……!!』


貝『くぱぁ』


田中(今は開いている、が……今突っ込んで大丈夫か?)



1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>710

どんだけ2続くねん!

>>710

田中(……焦ることはしない)

田中(ただひたすら、ここは慎重に……)


くぱぁ

ばちん

くぱぁ

ばちん

くぱぁ

ばちん


田中『……』

終里『あ?なぁ田中、まだ行かないのか?』

田中『タイミングをはからねばなるまい』



……


くぱぁ


田中『……今!』


青花「ウオオオオオ!!!」

ががががっ!

貝『!?』

田中『以前より数も増えている!さぁ……どうだ!?』




直下

44か66だったら地獄だな

>>713
4だけど記述ありだから大丈夫。
8/10



田中『いけええええっ!!』


田中(ここは水中!スプレーは使えない!!)

田中(だから全力を出してもらうしかない!)

田中(彼らの出来る力だけを……!)



青花「オオオオ!!」

貝『……!』ぎ、ぎぎ

終里『やべーぞ!そいつ!』

貝『……』ぎ、っ

青花「アアアアア!!!」


ばきっ


貝『!』

貝『!……!!……、……』

貝『……』ごほっ……


田中『!?』

青花「タオシタゾ!!」
青花「ヤッター!!」


きぃんっ


青花「?」

田中『……水晶!?』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>716

これでお宝全部回収したんだっけ?
迅速にお宝をベースに運搬

>>716
>>715
全部回収したべ!
9/10


田中『いや……これは真珠……か?』

青花「モッテイクヨナ?」
青花「ガンバロウゼ」よいしょ

田中『行こうか』

終里『おう!』

ぼこぼこぼこ……


ざばぁ!


左右田『これで全部取ったな!』

田中「この地にももう用は無いわけだ」

終里「あ、そうか」

小泉『じゃ、危なくないように戻ってきてね』

田中『当然だ』



それからしばらくして田中君達はしっかりと戻ってきました。
最初と違うのは、白ピクミンが1体だけ減っていることだけ。
あとはいい報告ばかりでした。


左右田「……かなりの数のものが集まったなー」




あとちょっと時間あるけど、どうする?

1→誰かと話す
2→周りを探索する
3→ねる
4→そのた

>>719

1 左右田
ノートパソコンの修復はどうなってる?

>>719
ラストやで


田中「ところで左右田、ひとつ」

左右田「あん?」

田中「ノートパソコンの修復はどこまで進んでいる?」

左右田「一日中いじってはいたけど、新しいパーツを調達できる訳でもねーしな」

左右田「正直……割と厳しい。工具箱にあるアイテムで応急処置してるけど、それもまだ半分くらいだ」

左右田「ぜんっぜん……水に沈んで必要パーツがイカレてるからよ。どうしたもんかなぁ」

田中「新しいパーツがあればいいのか?」

左右田「そうなったらもう新しいパソコン用意した方が早いんじゃねーかとすら思うけどな」

田中「……」

左右田「もうちょっと時間くれ」

田中「……?」

左右田「オレも一応超高校級だからよ。絶対に直してみせるって」




1→肩をたたく
2→何も言わずに去る
3→何か一言
4→そのた

>>722

>>722

田中(……左右田)


ぽんぽん



左右田「?」

田中「……俺様からはもう何も言わぬ」

田中「だが、それならば貴様の出来る限りを見せてみろ」

田中「足掻けよ人間、俺様に貴様の自力を見せつけるのだ」

左右田「っせーな、言われなくてもやるっつーの」

田中「ふ……」


小泉「なにやってんのよあいつら」

終里「ツレションか?」

小泉「こら、赤音ちゃん!」


こうしてまた1日終わっていきます。
得るものは多く、失うものも大きいかもしれません。

それでも彼らは成長しています。

きっと近い内に、脱出出来るでしょう……。


【22日目リザルト】

誕生    0 →
死亡    1 ↑
 └内訳…食べられた:白1

生存  203 ↓
 └内訳…赤76/青55/黄53/白9/紫10

永眠   19 ↑
 └内訳…赤11/黄7/白1

累計  222 →

地表   15 ↑
 └内訳…黄15



本日の稼ぎ

無限大バッテリー        7000円
ログポース            210円
推進プロペラ          4500円
大玉真珠          100000円

トータル:2482800円

☆北の水源のお宝をコンプリートしました☆


【22日目】

極めて順調な戦いになってきた。
これならもうすぐ、学園に戻ることも夢ではない。
俺様も、魔獣達の様子がだんだんと気になってきたところだった。
ちょうどいい、やもしれん。

今日はつらい日だった。
白ピクミンが自ら犠牲となり、敵を倒したのだ。
自然界では当たり前であっても、俺様に仕える魔獣である以上勝手に死なれては困る。
………バカめ。




翌日
【中央広場】【南の??】からスタート位置選択
コンプ済み→【北の水源】【東の広野】【西の火口】

南はラスボスやで。直下

あれ?ログ見直したら………

 中 央 広 場 も コ ン プ し て ま せ ん ?

けじめ案件です。ダベミ、無能

と言うわけであともう南しか残ってないみたいなんすけどいいっすかね。
一応なにかあるなら今の内に受け付け
何もなければ南へ

【23日目】


ひゅんひゅんひゅん


田中「時は来た」

田中「今こそ終わらせるべきだろう」

左右田「……あァ」

小泉「南に行くのね」

田中「すべて終わらせるぞ」

終里「そうだな!」


がががが……



【南の楽園】



田中「……小細工はなしだ」

左右田「反応はたったひとつ、だけだ」

田中「この一番奥に……いるんだな?」




最後に支度しよう!

1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

☆ピクミンをオニヨンから呼び出す

【補足】
☆は時間経過せずに一緒に行動できる
(☆+1とか)
また、呼び出しや引っこ抜き、投げる時は、
何体投げるか?何体呼び出すか?
などを決めることができる

>>733

☆赤76 紫10 黄14呼び出して
奥の様子を伺う

>>733


田中「地表のピクミンは全員戻した」

田中「そして、だ」

田中「……最終戦だ。皆、心してかかるがいい」

田中「来い」

ぽぽぽぽぽ……


赤花「ともにさいごまで行こう」
>赤ピクミンを76体呼び出した!

黄花「アタシタチモヤレルワヨ」
>黄ピクミンを14体呼び出した!

紫花「ミチビイテヤロウ」
>紫ピクミンを10体呼び出した!



左右田「気ぃ……つけろよ」

田中「当たり前だ」

終里「んじゃ行くか!」






田中「……これは……」


田中(奥には洞窟のようなものがある)

田中(何があるのだろうか……)

田中(気を付けるほかないが……何が起きるだろうか)


ず、ずず……


田中(中にいる……!)



ごっぷ……ごっぷ……


終里「なんだありゃあ?」

赤花「なにかいるが……あれは?」


ごっぷ……ごっぷ……


田中(……こちらに向いているのは……尻?)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>737

1
紫を1体投げてみる

何があるんだ? 安価上

>>737
>>736


田中「……なんだ?これは」

田中(生き物?……いや、あるいは)

田中(分からぬ……)

終里「なんだ、あれ?」

田中「……俺様もこの眼で初めて見る」

田中(ひとまず様子をみる)


ひょい


紫花「ミチビク!」


どしぃんっ



「チョッゲップルィィィィ!!??」

田中「!?」

終里「!!?」


どしん……どしん……


田中(これは……もしや!)

田中(いや、そんなまさか……この見えている部分は……全く……)


どしん……



『ちゃっぴぃぃぃぃ……』



田中「本体はもっと……奥!?」


ごっぷ……ごっぷ……


田中(この音……)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>740

よいしょ

絶句した。安価直下で

さらに観察

>>742
安価感謝やで


ずしん……!


田中「戻れ紫ピクミン!やつの動きを観察せねば……」



ごぷん


ちいちゃいチャッピー「ぴきー」



田中「……は?」

ちいちゃいチャッピー「ぴきー」
ちいちゃいチャッピー「ぴきー」

終里「このケツから出てきたのか?」


ザザザザ!

左右田『田中ァ!』

田中「!」

左右田『ヤバいことが分かったぜ……そいつ、【クイーンチャッピー】って呼ばれてるやつらしい』

田中「……クイーンチャッピー?」

左右田『チャッピーを産み続けてるメスだ』

終里「それでちっちぇーチャッピーが出てきたのか」

左右田『問題はそのちっちぇーチャッピー、【ベビーチャッピー】』

左右田『そいつは食欲がすげーんだよ』


いし『』

ちいちゃいチャッピー「ぴきー」
がりっ

 い 

ちいちゃいチャッピー「ぴきーぴきー」がりがり


左右田『目の前にあるものは全部食う!ピクミンなんか見つかった瞬間に死ぬ!』

左右田『とにかくそのちっちぇーチャッピーを倒してクイーンチャッピーに挑め!』




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛3/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>745

3 ゲキカラ

↑使って突撃

>>745
>>744


田中「ならば無論使えるものはすべて使う!」

しゅうううっ!


赤花「おおおおお!!」
黄花「アアアアアア!!」
紫花「チョコボール」


ちいちゃいチャッピー「ぴ?」

がががががっ!

ちいちゃいチャッピー「」ぽっ


赤花「いくぞやろうどもおおおおお!!」

黄花「マケルキガシナイワネ!!」

紫花「イキオイノママデイクゾ!!」

田中「奥へ進め!そこにやつは───」



ずんっ


田中「……!」


田中(俺様らが見ていたのは、こやつの尻の部分のみ)

田中(洞窟の中に入った俺様たちを待っていたのは)

田中(まるまると太ってしまった超巨大なチャッピーだった……しかし、まるでミミズか蛇のように胴体が長い)

田中(これがクイーンチャッピー……!)


小泉『な、なにこいつ……!?』

左右田『弱点はこっちでも探す!オメーもなんとか耐えろ!』


ががががっ!


赤花「があああっ!」

女王『びぢゃ……』ぶるんっ!!

田中(胴体への攻撃は効いている……のか!?)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>748
今日ここまで。明日終われるかもしれん!プレイヤーさんありがとう


なら胴体を集中して叩くまでだ

乙ずら

……さて、やるか……!

>>748
>>747


田中「……なら、胴体を集中して叩くのみよ!」

田中「行けぇぇぇ!!」

黄花「トウゼンヨ!」
紫花「オレガミチビイテヤル」

どがががっ


女王『ぢゃ……』


ずるっ


田中(……なんだ?何の音)

ず、ずず、ずずずずず!


田中(……女王が少しずつ動いている……のか?)

田中(まずい、何か攻撃をしようとしているのかも知れない)


がががが

赤花「さあああっ!」

黄花「エイエイ」ぽかぽか


田中(ピクミンたちは気付いていないようだ!)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>756

ピクミンを全部呼び戻して退避

>>756
>>755


ぴぴーっ!!


黄花「」!
赤花「」!


田中「退避だッ!何かいやな予感がするッ!俺様の第六感(シックスセンス)がそう告げるのだっ!」

終里「は?」

田中「逃げろ!とにかく……中に!」

たたたたた!

終里「おいなんでだよ、田k」

『びいいいいい!!』

ぐるんぐるぐるぐるんっ!


田中(その瞬間、クイーンチャッピーは突然、横に回転し───)


ごごごごんっ!

田中(壁にぶつかった。俺様達は退避をすませており、無事だ)

田中(頭上からいくつか岩が落ちてくる。そして)

田中「……やつの頭ももう少しで見えてくる!」

終里「やっぱ頭叩かねーとだめか?」

赤花「あやつ、こんなにおおきかったのか……」

田中(ちぃ!いつの間にかゲキカラの効果が切れている!?)


ごぷん……ごぷん……




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>759

なるべくピクミンに被害が出ないよう田中と終里でベビーを処理しつつ、クイーンの頭部側に移動

>>759
>>758


ごぷっ

田中「!」

終里「なんだよ!?」

田中「この音!貴様もう忘れたか!」

終里「……あ、これたしかさっきの」

左右田『ベビーチャッピーの生まれる音か!?』

田中「俺様と貴様でやつを倒す!」

終里「へ?」

左右田『……そうか、あいつの食うスピードが早すぎるからか!?』

小泉『どういうこと?』

左右田『ピクミンが前にいたら食われるかもしれねーって事だよ!』


田中「ちぇいっ!」ひゅ

ばちゃん

ちいちゃいチャッピー「」ぽっ
ちいちゃいチャッピー「」ぽっ

終里「ヒャハァッ!」びゅんっ!

ちいちゃいチャッピー「」ぽっ


赤花「すごい……」

紫花「アノカズヲアノソクドデ」

黄花「サスガヨネー」


すたっ!

田中「来い!やつの頭に接近する!」

田中(くぼみや高台を利用して、クイーンチャッピーに近づきすぎないように少しずつ近づく!)

がっ

田中(こちらから攻撃していないせいか、かなり落ち着いているな……ふぅ)

田中(やつはおとなしい……そろそろ頭が見えてくるはずだ)

田中(頭に一気に張り付ける作戦もありかもしれん)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛2/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>762

頭の方に回り込んだら、激辛使って投げまくる

>>762

田中「数は少ないが……だからといってこのまま使わないわけにいくまい!」

田中「行くぞ…!」

がっ

田中(岩肌をこっそりと上る)

田中(女王の登頂とご対面と言うわけだ……普通の人間ならば、やつの瘴気に当てられ発狂しているかもしれない)


女王『………ちゃ………ちゃ………♪』


田中(蟻の女王はひたすら己の細胞を引き継いだ者達を生み出していた)

田中(………終わらせるべきだ)


しゅううううう………

終里「な、オメーまたそれ」

赤花「う、ううう……!!」

田中「だが、ここで手をゆるめるわけにはいかないのだ」

田中「全軍スプレーを嗅ぎ次第一斉砲撃!」

紫花「オオオオオオ!!」

田中「いけぇぇぇぇぇぇぇっ!!」ぶんっ


女王『!?』

ずんっ!

女王『び、ちゃぴ………!』

田中「効いてるっ!続けてぇぇぇっ!」

どんどんどんっ!

田中「おおおおお!!」

赤花「うおおおおお!!」
紫花「ガアアアアアッッ!!」

ががががが!

女王『ちゃ………ちゃぴ!』ごごご




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛1/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>765

攻撃の兆候を見せたら退避させる

基本は攻撃しつつ>>764

>>765
>>764


田中「ま、だだぁぁぁぁっ!」


ががががが!!

赤花「うおおおおお!!」
紫花「ミチビカレロオオオオオ!!」

ががががが!!


女王『ちゃああああ……』ごおお

田中「! またあの回転か!」

終里「分かんのか?」

田中「軌道を、未来を予測しろ!終里!」

ぴぴーっ!!

ピクミン「!」

田中「引けぇぇぇ!俺様のところまで!」

しゅたたたた!

女王『がああああ!』


ごろんごろんどがぁぁぁぁ石ごじゃあああ!


赤花「はぁ、はぁ……」


田中「スプレーがまたしても切れたか!?」

女王『じゃ……び……』

田中「……だが、いい兆候よ。あの女王もかなり弱っている」

終里「うし、次はオレもやるぜ……!」




順調
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛1/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>768

オーガロボも参戦させるぞ

>>768


田中「出し惜しみは出来ん……っ!」

田中「あれを使う!左右田!」

左右田『任しとけ!』

ぽちっとにゃー


ずしんっ!


オーガロボ『……』

女王『!?』


田中「どうだ、これが貴様の知らぬ【人間】の力だ………!」

田中「これで仕舞いにしてやる!」


女王『ぴいいいい!!』

ぼこぼこぼこ

ちいちゃいチャッピー「ちゃあああ」

田中「効かぬわぁ!」

オーガロボ『ふんっ』

ばしゃああああ!

女王『!?』


田中「俺様たちの渾身の一撃───食らえ女王!」

田中「終止符を打ってやる!!」




直下

IUF

>>770



田中「食らえええ!!インフィニティ・アンリミテッド・フレイムっ!」

オーガロボ『ワレハヒカヌ………コビヌ、カエリミヌ!!』

女王『───!』


がががががががっ!!



どがあああああああ!!





田中「やったか!?」

左右田『それフラグじゃね!?』



もくもく………



ぬぅぅ


女王『ちゃ……ぴ!』

オーガロボ『』←電池切れ


左右田『ほらあああああもおおおお!!』

田中「だがやつはもはや手負い!恐怖はない!」

終里「なあ、あいつ殴ってきていいか!?」

ごぷっ………

田中「………! まだ、生み出す力が………!?」




あともう少し
1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛1/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>774

ハイパーブラスター

>>774
>>773


田中「………」

かちゃ

田中「!」

左右田『………あ、それ!』

小泉『まさか使うの!?』

左右田『やるなら……思いっきりヤレ、田中』

田中「ああ、分かっている」

ぢゃきっ


田中「外しはしない」


ちいちゃいチャッピー「ちゃあああ」

ちいちゃいチャッピー「ちゃっ」


女王『あああああ!!』



田中「さよならだ」


かち


ぴちゅー………んっ





もういっちょ直下

こうなった

>>776



女王『………!』


どさぁ


びくんびくんっ

女王『ち………ちゃ………』


女王『………』



小泉『………た、倒した………?』

終里「ああ、あいつはもううごかねぇ」

田中「終わった、のだな」

左右田『………ああ』


ぼぼぼぼぼぼ………



左右田『……女王のいたとこから反応があるだろ』

左右田『それが最後の宝だ、それ拾ってこい。それで帰れるはずだ』

田中「………」


ちいちゃいチャッピー「ちょ?」

ちいちゃいチャッピー「………ちゃ」

ちいちゃいチャッピー「ちゃああ……」


田中(………いや、まさか、な)

田中(このベビーチャッピー……親が殺された事を理解してやいないだろう……)

田中(とにかく……終わったのだ、この物語に終わりを作ってやらねば)




1→ピクミンを投げる
2→全体号令
3→スプレーを使う(激辛1/激苦3)
4→敵を探す
5→お宝探す
6→そのた

>>780

一応ベビーを殲滅してからお宝を運ぶ

>>780
>>779


田中「すまぬ、貴様等ももうお役ごめんだ」

ちいちゃいチャッピー「」ぼっ


田中「最後の宝は……これか」

田中(ロケットの部品らしいが……これがなんなのか俺様にもよく分からない)

田中「運ぶか……紫ピクミン」

紫花「ミチビイテヤル」

がぽ

田中「……行くぞ」

紫花「アア、ソウダナ」


田中(……信じられんが、しかし事実だ)

田中(これですべてが終わったのだ……そう、すべてに蹴りが付いた)

田中(……そうなると……もしかすると……)

田中(ピクミン達とも……別れる時が来たのか……)


◆それから数時間後


左右田「やっとロケット修理完了だ………!」

小泉「これでようやく帰れるのね?」

田中「そうなるな」

左右田「ここがどこかわかんねーけどな」

終里「おい、おっさんを置いてくつもりかよ!?」

田中「そのようなつもりなどはないが………」


「ワシなら気にせんでええ、終里!」


終里「おっさんっ!?」

弐大「ワシはここでやることがあるからの。お前さんは先に帰っておれ」

終里「え?そんならオレも残って………」

弐大「そう聞き分けがないと、アレしてやらんぞ?もう」

終里「………そ、それは困る!」

田中「本当にいいのか?」

弐大「ああ、ワシは無視して出発せぇ」

左右田「ま、オメーが言うんだから本気なんだろうな……」はぁ

田中「貴様等ともここまでだな、ピクミン」

赤花「………かえるのか」

田中「ああ、帰る。俺達の場所に、な」

黄花「マタアソビニキナサイヨ」

青花「マッテルゼ」

田中「! 青ピクミン」

赤花「おれさまはきさまをわすれないぞ」

田中「赤ピクミン」

紫花「ツギハキサマモミチビイテヤロウ」

白花「………」こくん

田中「………、………また会うその時まで、死ぬなよ」

ピクミン達「!」こくん


しゅうううう……… 


左右田「そろそろいくぞー」

田中「………達者で」

赤花「ああ」



田中君達を乗せたロケットはぐんぐん空へと上っていきました。

やっと家に帰れる。
その喜びとうれしさでみな笑顔のままです。

そして最後のその瞬間に、山奥から───
大きなピクミンが見えたのでした───





ネタだし
おやすみ

おばんです。

やれそうなの
モンハン(3Gくらいまではしってる)
十神ギャルゲ(なんか需要あるのはしってる)
経営のやつ?
ハガレン?
ホラー?

相棒は今期も初っぱなから見逃しました

じゃあこんなもんでやってみようかねぇ、まずは絞りまーす

苗木「振り返りません、勝つまでは」
→フリカツネタ。ハードとか無理

モンハン的な何か
→なお今のモンハンは全くプレイしてないので期待しないでください。大剣使いでした

経営的な何か
→バーガーでも学園でもコンビニでも吉野家でもいい

ヘタレの錬金術師
→そんな二つ名いやだわ……ロイから「ヘタレの」とか呼ばれるんだぞ……

ホラー
→かねてから考えてたやつはあるけど別なのでもいい

そのた
→妖怪ウォッチバスターズ的なのとか、あとほかにいい案があれば

はいどうぞ

その前にピクミンのエピローグ的なものがほしいのん

>>816
エピローグはやるです、ぷーん

かねてからのホラー(?)
モンハン風
どっちかでもっかい、ひとり一票厳守やで

ホラーね、ホラー
分かったの
かねてからのやつの中身決めるの、いいの?

かねてからご要望の多かったSIREN風
かねてから皆様見てみたかった零風
かねてからダベミを怖がらせたい方向けのもっと別なやつ
かねてから練ってたけど出来上がってないループもの?


ループもの?はあれです、決められた時間を何回もループしながら仲間を救う的な死にゲー、M向け
ご意見ください

SIREN風って言っても学園ホラー的なノリになりそうな予感もしないことはないです!自信ないです!
もしくは映画サイレン(笑)
いっそ1をがっつりパロディするって事でも……いいのかな……みんな死ぬけど……

って言うかSIRENもループよね

SIREN把握。どこまでSIREN風に出来るかは正直保証範囲外です
あと葉隠は多分アレ枠、死ぬ

チャプターシステムは無理なのでNT並の一本道ルートになりそうですけど桶?
って言うか今更だけどワタシ出来るかな?励ましてみんな!すげぇ自信ない!

がんばってください☆
所で主人公って小泉ですか?それともまだ未定ですか?

>>860
あー……主役決めてなかった。決めましょ

ってことでまぁおそらく葉隠以外で、メイン決めます
決まったら話練るからお時間頂戴します

とりあえず候補を↓6くらいまで
ダンロンシリーズ登場人物、フルネーム出てるひとなら誰でもオッケー
コンマが一番低い人で

西園寺ネキか………SIRENは2だな(断言)
犬とかあれとかやるじゃないとか色々でる………かも。あと大和田は便所爆破役です。

ただどう合っても葉隠は死ぬ。ごめんね。
お話ちょっと考えてきます

あれ?あと決めることあったっけ………?

中間報告します。
とりあえずがっつり本編パロディ。それは断言します。
あとスタート位置は学校。
ここまで言えば分かるわね?

夜にイケたら。備えよう。

やっと……出来た……

新スレ宣伝上げ

西園寺「海の向こうから鳴り響くSIREN」
西園寺「海の向こうから鳴り響くSIREN」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445090369/)


これです。お待ちしてます。作ったスケジュール表を手直ししながらやっていきます。

ごごごごご……



出発したロケットを見送った弐大は、ゆっくりと振り返った。

「お前さんも酷いやつじゃあ……」

すう、と息を吸って、背後にいるであろう人物に向き直る。今回の諸悪に対してだった。


「……のう、学園長」

「うん?僕はなにもしてないさ」


背後にいたのはやはり、と言うべきか、スーツに身を包んだ霧切仁だった。
柔和に笑みを浮かべ、弐大に対峙している。

「なんでこんな、まどろっこしい真似をしたんじゃあ」

「まどろっこしい?いやいや、それは彼らが望んだことだよ」

「……なに?」

ふふっ、と笑った学園長は、さらに言葉を紡ぐ。

「彼らは自分の才能強化の機会を望んでたんだ」

悪意がないのはいかほどにも恐ろしい。

「だからこうして機会を与えたんだよ」

「……下衆が」

「なんで怒るの?」

くふふ、笑いが止まらない。
学園長はさらに言葉を止めなかった。

「色葉君の作った動物性遺伝子を持った植物を、田中君が手懐けられるか。これが第一課題だった」

「……」

「それに左右田君も、大きな機械を組み立てたいって、あわよくば空を飛べるロケットを組み立てたいって言ってたからね」

「では、ここは……」

「希望ヶ峰が作った、疑似的な空間さ」


よくやるよ。弐大は笑うしかない。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom