男「幼馴染を無視してみた」(61)


幼「ふぁぁ、おふぁよ……おとこ」

男「…………」

幼「んゅ? ……おはよ」

男「…………」

幼「ちょっと! 男、聞いてるの?」

男「…………」

幼「……おと、こ……?」
jbbs fontcolor=#000000

男「いただきます」

幼「……いただき、ます」

男「…………」モグモグ

幼(何でだろう、どうして無視するの)

男「…………」ムシャムシャ

幼(私何かしちゃったのかなぁ)

男「ごちそうさまでした」

幼「あっ、ちょっとまって私まだ……」

男「行ってきます」ガチャ

幼「まって、まってってばぁ」


  「……まってよぉ……おとこ」ジワァ


幼「……いってきます」

  「…………」トボトボ

男「―でさ!」

友「はっははっははは!」

幼「……っ!?」

  (なんで、友君とはあんなに楽しそうに……)

  (男、おとこっ! ……どうして)

  「っ……う、ぁ…………ぁ」ジワァ


女「おやおや、幼どーしたよぉ。元気ないぞ?」

幼「女……おんなぁぁ」ギュ

女「なになに?! どういうことかなぁ!?」

幼「ひぐっ……うえぇぇぇっ、うぁぁぁ」ポロポロ

女「おぉ、よしよし。おねぇさんの胸で泣きなさい」ナデナデ

幼「ひっく、ごめ、ごめんねっ……」

  「い、きなりっ……泣いたり、してっ」

女「おぅおぅ、いったいどうしたってんだぃ」

幼「あのねっ、おと……っ」

  (……もしかして)

  (このこといったら、男にきらわれちゃう?)

  (それは、そんなの……やだよぉ)

女「……幼?」

幼「ん、ううん、なんでもない……よ」

  「何となく女みたら涙が出てきちゃって、ね」

女「……」

  「……そっか」


モブ「あ、幼馴染さん」

幼「え? なにか用ですか?」

モ「えーっと、さっき男君がこのクラスにきてね」

男『今日は弁当一緒に食べられない、ゴメン』

  『って言っといてもらえますか?』

モ「って、お弁当置いて行ったので伝えようと」

幼「そう、なんだ…………ありがとう」

モ「幼馴染さん羨ましいなぁ」

  「優しくて料理もできちゃう彼氏さんがいて」

幼「っ……」


 (男、胸が痛いよ……おとこっ)


幼「…………」パクパク

  (初めて、だな)

  (隣に男がいないお弁当)

女「……あー」

  「幼、大丈夫? 朝から少し変……だよ」

幼「ううん……男がいないお昼って初めてだなぁ、って」

女「そういえば、今日は男君どーしたの?」

幼「なんか用事があるんだって」

女「……」

  「へぇ……」

幼「…………」モグモグ


幼「…………」テク、テク

  「一人で帰るの……さびしいな」

  「友君と女は部活で」

  「後輩ちゃんはお友達と遊びに行ってる」

  「男は、先にかえっちゃって」

  「どうしてこうなっちゃったんだろう」

  「ふっ、うぁ…………うっ、うっ」ポロ


幼「……ただいま」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」

  「…………」


じりりりりりりりりりりりりりりりr…………

幼「…………」ムクリ

  「…………」ジャブジャブ

  「…………」モグモグ

男「…………」ムシャムシャ

幼「…………」パクパク

  「…………」モグモグ

  「…………」

  「…………ふ、ぐっ」ジワァ

  「ぐ、うぁぁ……っ……ひぐっ」ポロポロ

  「っ、ぐぅっ…………うぁぁあぁっ」ポロポロ

  「うぇぇっ、うっ……ぁぁああっ……あぁぁっ」ポロポロ

男「…………」

  「御馳走様でした」


幼「…………」テクテク

女「ちょ、ちょっと幼!!」

幼「あ、女おはよーっ」ニコッ

女「なんでそんな平気でいられるのっ!!」

幼「? 私がどうかしたの?」

女「そんな死にそうなくらいやつれてっ!」

  「すごい顔になってるのに…………」

幼「んー、そうかなぁ……大丈夫だよ」ニコリ

女「…………幼」


女「ねぇ……幼」

幼「どうしたの女?」

女「大丈夫じゃないよ……心配だよ」

幼「女……」

女「いったい何があったの?」

幼「…………」

女「友達として何もできないのはつらいよ」

幼「…………」

女「男君のこと……?」

幼「っ!?」ビクッ

女「離してよ、幼……」

幼「…………」

  「…………実は」


女「……男君っ!」

男「ん? どうした女」

女「どうしたじゃないでしょ!」

  「幼から話を聞いたよっ!」

  「どうして幼のこと無視するの?」

男「え? ……僕が、無視」

  「そう思われてたのか? 幼、そうなのか?」

幼「……っ」

男「ごめん、幼がそう思ってたなんて」

女「…………?」


幼「ちがっ、そういうんじゃ……」

  「なんか怖くて、っ……不安、でっ」

男「ごめん、ごめんな……」

  「もう大丈夫」ギュッ

幼「あ……っ」

男「もう不安にさせないから、安心して」ナデナデ

幼「お、とこ……おとこ、おとこっ」ギュゥ

女「…………??」

幼「う、ぁ……うぁぁぁああぁぁっ、うぁぁああっ」ギュッ

男「…………」ナデナデ


幼「お、おはよう……男」

男「…………」

幼「おと……こっ」

男「…………」

幼「そん……なっ」

男「…………」

幼「う、ぁぁ……っ……おとこ、っ」

  「ああぁぁぁあああぁぁぁぁっ!」


幼「…………」

  「…………」

女「お、はよ…………う」

幼「…………なに」

女「幼っ?! どうしたのっ」

  「どうして昨日よりひどい顔してるのっ!」

幼「…………」

女「病院行こう! これじゃ本当に死んじゃうよぉ!」


幼「……ぃ……ょ」

女「え?」

幼「もうほっといてよっ!」

  「私の気持ちの何が分かるっていうのっ?」

女「……幼っ」

幼「もういいっ、もういい!」

  「どっか、行けぇぇぇぇええぇぇっ!!」


幼「…………」パク

  「…………」モグ、モグ

  「……おぇっ」

  「…………」

  「全然……食べられないや」

  「屋上……さむいな」

  「…………ふっ」

  「ふふふっ、あはは」

  「あははははっ、はははっ……」

  「…………」

  「全部夢だったらいいのに」


男「…………」ガチャ

幼「お帰り、男」

男「…………」

幼「ねぇ、男」

男「…………」

幼「どうして無視するの?」

男「…………」

幼「気に入らないことがあったのなら直すよ」

男「…………」

幼「男と一緒にいられないなら」

男「…………」

幼「私、生きてる意味が分かんないよ」

男「…………」

幼「…………」

  「ほんと、分かんないや」

  「どうすればいいのかな」

男「…………」

幼「…………」

  「うぅ…………う、ぁぁ」

  「ひっく、幼って呼んでよぉ」

  「おしゃべりしてよ……ぐ、うぁぁ」

  「やだよぉ……ひぐ、一人に、しないでよぉ」

  「うぁぁああぁぁっ、うぇぇぇええっ」

  「ギュッってして、うぁ、うあぁぁっ」

  「男、おとこ、おとこぉ……うぇぇ、えぐっ、うぁあぁぁっ」

男「…………」




Ⅰ「……どうしたらいいんだろう」

Ⅱ「ゆう、大好きだよ」

Ⅲ「もう、生きてるの辛いや」

安価>>35

ちょっと風呂はいってくる

oh

やっべ

Ⅰ「……どうしたらいいんだろう」

Ⅱ「おとこ、大好きだよ」

Ⅲ「もう、生きてるの辛いや」



男のこと俺の内では「ゆう」っていうキャラなんだ

なにそれキモッ

友達の名前なんだけど……

安価辞めてⅠからでいい?

ダメだ今日ミス多い

なんかきりもいいしもう終わりで

駄文でしたが御閲覧有難うございました

幼「おとこ、大好きだよ」

男「……」

幼「だからさ…」

-オトコガアイシテクレナイナライッショニトオイトコロニイコウカ-

おわり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月24日 (日) 06:19:12   ID: f6Rpsjli

これはひどい

2 :  SS好きの774さん   2015年08月18日 (火) 22:50:12   ID: RLq7NSHZ

なんかちょっと新しいな

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom