男「おい巴、金あんだろ?」マミ「またギャンブル…?」 (83)

男「ああ?なんだと?」

マミ「も、もう私には手持ちが…」

男「…はぁ?お前いつから俺に指図できるようになったの?」

マミ「…!」ビクッ

男「…あー、だれたわ」

男「ちょっとこっち来いよ」

マミ「…い、や…やめて…」

男「こいっつってんだよ!」ガシッ!

マミ「いやぁぁぁああ!!」

QB「…」

マミ「…」

QB「こっぴどくやられたね、マミ」

マミ「Q…B…」

QB「君はどうして魔法の力を使わないのかな?」

マミ「…ふふ…そんな、事したら、可愛い後輩たちに合わせる顔が無いでしょ…」

QB「…そうかい」

マミ「…ほんと、なんであんな人好きになっちゃったんだろ…」

QB「…」

QB「君は今でもあの男が好きなのかい?」

マミ「…まさか、そんなわけ無いでしょ」

QB「だったら別れればいいじゃないか」

マミ「…」

QB「どうしたんだい?」

マミ「怖いのよ」

QB「怖い?魔女と戦う君がかい?」

マミ「…もう、あの人に逆らえなくなってる」

マミ「…魔女よりも、呪いよりも、あの人が恐ろしい…」ガタガタ

ガチャッ

男「…てめぇまた独り言つぶやいてたのか」

マミ「あ、あ…」ガタガタ

男「てめぇがっ!そんなんだからっ!」ガスッ!ガスッ!

男「俺までっ!変な目で見られんだろっ!」ガスッ!ガスッ!

マミ「や、やべてぇ!!」

男「あぁ!?巴の癖にいっちょ前に口聞いてんじゃねぇよ!」ボゴッ!

マミ「うぶっ…!」

男「ぺっ」
 
マミ「…」

男「明日までに金を用意しとけよ」

マミ「…うぅ…」

QB「抵抗しないんだね」

マミ「…」

QB「しかしおかしいな」

QB「君はどうしてこの状況でも絶望しないんだい?」

QB「普通の子ならとっくに呪いに身を落としてると思うんだけど」

マミ「…」

QB「気絶したのかい」

QB「…必要とされてる、ね」

QB「その感覚、やっぱり僕にはわからない」タッ

つぎの日

マミ「あら、QB、いらっしゃい」

QB「やぁ、と言っても君が呼んだんだけどね」

マミ「いいじゃない、話相手が欲しいのよ」

QB「学校はいいのかい?」

マミ「…この傷じゃ、みんなに怪しまれてしまうもの」

QB(心配されるとは考えないんだね)

マミ「ふふ、何を飲む?」

QB「そうだね、マミのおすすめを貰うよ」

マミ「分かったわ」

QB「ふぅん…やっぱりマミの入れる紅茶は美味しいよ」

マミ「あらあら、あなた感情がないんじゃなかったの?」クスクス

QB「そうだね、だけど美味しいよ」

マミ「私の紅茶は宇宙レベルって受け取ってもいいってことかしら?」

QB「別になんと捉えようが君の勝手さ」

マミ「もう、連れないのね」

QB「…腕、痛むのかい?」

マミ「…大したことじゃないわ」

QB「…全く理解し難いよ、それこそ魔法で直してしまえばいいのに」

マミ「…」

マミ「そんなことしたら怪しまれちゃうでしょ」

QB「…そうかもね」

マミ「知ってる?魔法少女は人知れず活躍するものなのよ」

マミ「人に怪しまれちゃいけないの」

QB「その結果君が大変な目にあってもかい?」

マミ「大変な目にあっても、よ」

QB「僕は今まで多くの魔法少女を見てきたけどね」

QB「君ほど責任を重んじる魔法少女はいなかったよ」

マミ「あらあら、お世辞がうまいのね?」  

QB「…きゅっぷい」

ドガァッ!!

マミ「ひっ…!」ビクッ

男「糞がぁぁ!あのジジイ!目の敵にしやがって!」

マミ「…お、おかえ…」

男「らぁっ!!」ボゴォッ!

マミ「ぎゃぶっ…!?」

男「ムッかっつっくっんだよ!」ゴッゴッゴッゴッ!

マミ「…あ、がぁ…」

QB(…やれやれ、狩りにも女の子相手に容赦せずに顔を殴るんだね)

男「あぁぁぁ!!」ドゴォッ!!

マミ「…」ピクピク

QB「…マミ、これが君の守るべきものなのかい?」

QB「…もうあの男はいないよ」

マミ「…そ、そう」ビクビク

QB「やれやれだね」

マミ「…ごめんなさいね、うるさくして」

QB「別に気にしないよ」

マミ「…」

QB「…」

マミ「…紅茶、飲む?」

QB「頂くよ」

マミ「…」コポコポ

QB「…」

マミ「はい」

QB「…ありがとう」ズズッ

マミ「…」ズズッ

マミ「…ごめんね」

QB「え?」

マミ「ごめんね、ごめんね…」ぽろぽろ

QB「な、何がだい?マミ」

マミ「あなたが楽しみにしてくれている紅茶なのに…」

マミ「…味が変わっちゃったわね…」

QB「ま、マミ!これはこれで美味しいよ!」

QB「いつになくスパイシーだし!」

マミ「うわぁぁぁぁぁあん…」ぽろぽろ

QB「…マミ…」

QB「やぁ、マミ」

マミ「QB…」

QB「今日はあの男が来ない日だろ?」

QB「ゆっくり休めるじゃないか」

マミ「…うふふ、そうね」

QB「…?」
 
マミ「今日ね、鹿目さん達が来るの」

QB「…」

マミ「きっと学校をお休みした分のプリントを届けに来るのね」

マミ「…私って、同年代に友達いないから」

QB「…」

QB「…そっか」

マミ「…」

QB「だったら!」

マミ「…え?」

QB「だったらしっかりおもてなししなくちゃいけないね!」

マミ「…QB?」

QB「ほらほら、何をグズグズしてるんだい」

QB「さっさとケーキでも買いに行こうよ」

マミ「…」

QB「きっとさやかと杏子も来るだろうし、ほむらだって来るよ」

QB「もてなさないと杏子は特に怒るだろうね」

マミ「…QB」

QB「ほら!いくよ!」

マミ「ふふふ」

QB「嫌に機嫌がいいね、マミ」

マミ「あら、元気づけてくれたのは誰かしら?」

QB「…さぁね、僕は当然のことを言ったまでだよ」 

マミ「…ふふ、ありがとう」 

QB「…」

マミ「…」

QB「…マミ」

マミ「なぁに?」

QB「僕はね、君のあの紅茶が好きなんじゃないよ」

マミ「え?」

QB「君と一緒に飲む紅茶ならなんでも悪くないなぁって」

QB「そう思えるだけなんだ」

QB「もちろん、美味しいんだけどね」

マミ「…ふふ、今日のQBは褒め上手ね」

QB「褒めてなんかいないさ、実際マミの紅茶は美味しいよ」

マミ「…よかった」

QB「え?」

マミ「お母さんも、紅茶が好きだったの」

QB「へぇ、それは初耳だね」

マミ「あら、言ってなかったかしら」

マミ「今でもお母さんのティーセット、大事にとってるのよ?」

QB「あぁ、あの奥にしまってるヤツかい?」

マミ「そう、あれはとっても大事なもの」

マミ「今となっては、私とお母さんをつなぐ、唯一のものだから」

QB「…素敵だね」

マミ「…え?」

QB「何か変なことを言ったかい?」

マミ「…ううん、何も」クスッ

マミ「さ、着いたわ」

マミ「何を買おうか迷うわね」

QB「そうだね、杏子ならフルーツタルト、さやかならシュークリーム、まどかならモンブラン、ほむらならチョコケーキってところかな」

マミ「うーん、ややこしいわね」

マミ「QBは何が食べたいの?」

QB「?僕かい?」

QB「僕はなんでもいいよ」

マミ「何かないのかしら?」

QB「言っただろ、君と過ごす時間は嫌いじゃない、なんでも美味しいよ」

マミ「…そっか」クスッ

QB「変なマミだなぁ」

マミ「変なQB」ニコッ

QB「かなりたくさん買ったね」

マミ「多い方が選ぶ方も楽しいでしょう?」

QB「まぁ杏子はたくさん食べそうだからね、喜びそうだ」

マミ「さてと、あとは…」カチャ

QB「?そのティーセット、使うのかい?」

マミ「ええ」

QB「いいのかい?」

マミ「あら、ティーセットもたまには使って欲しいはずよ」

マミ「それにあの子達や、あなたならこのティーセットを使ってもいい…ううん」

マミ「ぜひ使って欲しいって思えたの」ニコッ

QB「…そっか」

ピンポーン

マミ「あ、来たわね」

人はどんな時に絶望するだろう
 
QB「食べきれるかな」

それは人それぞれだ

ピンポーン

マミ「あ、来たわね」

人はどんな時に絶望するだろう
 
QB「食べきれるかな」

それは人それぞれだ

マミ「大丈夫、佐倉さんならぺろりよ」

ドンドンドン!!

だけど、1つ分かることは

マミ「もう、乱暴ねぇ、今行くわよー!」

ガチャッ

男「…よぉ…鍵占めて、ケーキなんて買って、どうした…?」

マミ「…あ、あ…」ガタガタ 



都合のいい展開なんてこの世にはない

男「随分とたくさん買ったようだなぁ?」ガシッ!

マミ「あ、い、や…」

男「なぁ!?!?!?」ボゴォッ!!!!

マミ「あっ、がぁ!!」

男「ふざけやがって…金がねぇだと?」

男「街中でお前を見かけてみりゃ、なんだそれ?」

男「立てよコラ」ガシッ!

マミ「い、や…」

男「二度と逆らえないようにしてやるよ」

マミ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!!」

男「へぇ、なんだこれ」

マミ「や、めて…!」

QB「…!」

男「随分いいもん持ってんじゃねぇか」

マミ「それ、だけは…!」

まだ、誰にも使ってもらってないの

誇りをかぶったままなの

男「売りゃあ良い値するんじゃねえか?」ニヤッ

マミ「や、めて!それを…返してよ…!」ガシッ!

男「あぁ!?誰に掴みかかってやがる!」

マミ「返して!返してよ!」

男「こっ、の!クソアマ!」ボゴォッ!!!!

マミ「うぐぅっ!!」ボタボタ

男「きたねぇ血が付いちまったよ」

男「ったく、何に執着してんだか」

マミ「か、えしてよぉ…」

男「ははぁ」ニヤッ

男「二度と逆らえないようにしてやるよ、だったわ」

マミ「…え」

QB「…!!」

パリィン



『あれはとっても大事なもの』

『今となっては、私とお母さんをつなぐ唯一のものだから』

マミ「…あ、あ、…ぁ…」ガタガタ

男「あっはははははは!!!」

マミ「…ぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!」

QB(どうして未だその身を絶望に落とさないんだい)

QB(その男が君を必要としていると、本気で思っているのかい)

QB(…君は昔から嘘が下手だね)

QB(…魔女になりたくない)

QB(ただその一心で耐えているんだね)

QB(…君に敬意を表するよ、僕らにはとても、真似できない)

QB(観測しかしない僕らには、手の施しようがないんだ)

QB(…僕に君は、救えない)











「おい、答えろ、あいつの家で何が起こってやがる」

「さぁね、今流行りのデートDVってやつさ」

「あんたはそれを見てたの?」

「だって僕にはどう仕様もないじゃないか」

「…QBは、それで平気なの?」

「僕らに感情はないよ」

「流石インキュベーターね」

「…」

「助けたいって思わないのかよ」

「…僕には助けられない」

「マミさんが助けを求めないから?」

「…そうかもね」

「私たちだって同じよ、巴マミが助けを求めないなら、助けない」

「…そうかい」

「だからね、QB、本当のことを言って欲しいな」

「…」

「QBの、本心を聞きたいな」








「マミを、助けてあげてよ」

「「「「当然」」」」

あれ?

男「あははは!馬鹿みたいに泣くなよ!」ボゴォッ!!!!

マミ「うぐぁ…!」

男「おいおいおいおいおい!!!」ゴッゴッゴッゴッ!ゴッゴッゴッゴッ!

マミ「も、やめ…」

男「ここからだろ!おい!」ゴッ!

マミ「…」ビクビクッ!

男「失神しても、ダメだぞぉ!!!!」ボゴォッ!!!!

マミ「…ぁ…」ガクガク!!

男「あっはははははは!!!」パシュッ

男「は?」

杏子「腕ゲット」パシッ

さやか「傷を塞いでー」パァァッ

男「あ、え?え?」

ほむら「…」ダララララララ!!!!!

男「…は、はぁぁぁあ!?!?」

ほむら「あら、ごめんなさい、狙うのが下手で全部足に当たってしまったわね?」

男「うがぁぁぁ!?い、いてええええ!!」

さやか「よいしょっと」ゴンッッッッ!!!

男「…が…!!」

さやか「マミさんを殴った分だけ魔法強化拳で殴るよー」ゴッッッ!!ゴッッッ!ゴッッッ!!ゴッッッ!ゴッッッ!!ゴッッッ!ゴッッッ!!

まどか「ていっ!」ボチャボチャ!

男「あ、あっちいいいいい!?!?」

まどか「お湯だもん」

杏子「さやか、あたしにも殴らせろよ」ゴスッッッッッッ!!!!!ゴスッッッッッッ!!!!!ゴスッッッッッッ!!!!!

男「あ、が…!」

さやか「はい、回復ー」パァァッ

ほむら「はい」ダララララララ!!!

男「ぁ、がぁぁぁぁ!!!!」バスバスバスバス!

マミ「…はっ!」

QB「気が付いたかい?マミ」

マミ「こ、これは…!や、止めなさい!貴方達!」

マミ「ま、魔法の力を、こ、こんな!!」

QB「もう無駄だよ」

QB「彼女達には声も届かない」

マミ「…どうして…」

QB「…あの男はそれだけの事をしたのさ」

QB「大事な先輩を傷つけられて、黙っていられる程、彼女達は穏やかじゃない」

マミ「…どうして…!どうして!!」

QB「君もわかっていたんじゃないのかい?」

QB「君は誰より強い心をもっているのに誰よりも臆病だ」

QB「助けを求めなかった理由は」

QB「断られるのが、拒絶が怖かったからだろう?」

マミ「そ、そんなこと…!」

QB「残念だったね、マミ、君の予想は外れたよ」

QB「たとえ君の願いではなかったとしても」

QB「君のために動いてくれる、そんな子達が君には付いている」

QB「…君は一人じゃないんだよ」

マミ「…っ!!!」

QB「…マミ、僕はね」

QB「君が大好きだよ」

マミ「…!」

QB「君といる時間が、君と飲む紅茶が、君と食べるお茶菓子が」

QB「君との話が、君と寝ることが、君と遊ぶことが」

QB「こんな衝撃、生まれて初めてだ」

QB「これが感情なんだね、マミ」

マミ「…私は…一人じゃないの?」

QB「断じて違うよ」

QB「君は、一人じゃない」

マミ「…」スッ

QB「どこへ行くんだい?」

マミ「ちょっとね、そろそろさよならしなきゃと思って」

QB「そうかい、好きにするといい」

マミ「もう、弱い私とはさよならしなきゃ、ね」バシュ

杏子「…おせぇよ」

さやか「マミさん、ごめんなさい」

ほむら「…」

まどか「…マミさん」

マミ「ありがとう貴方達、言いたいことは沢山あるけれど、それはまた後ね」

さやか(…好き放題やったけど…全部直したから大丈夫だよね?)

杏子(いや知らねぇよ、心は折れてんだろ絶対)

男「…ともっ、えぇぇぇ…!!!」ギロッ!

マミ「…!」ビクッ!

マミはもう、一人じゃない

マミ「…男さん」

マミ「…今までありがとう」

男「…殺す…!殺す…!」

マミ「…」ガチャッ

男「…!?」

マミ「もう、お互い関わらずに過ごしましょう?」

マミ「…今まで我慢してきたけれど、私」

マミ「そろそろ引き金を引きそうだわ?」  

男「…あ、あ…!」

マミ「…ね?」

男「」バタッ

マミ「正座」

さやか「えっ?」

杏子「へっ?」

マミ「暁美さん、鹿目さん、正座よ」

まどか「ウェヒッ!?」

ほむら「ど、どうして私たちが…!」

マミ「せ い ざ」

ほむら「ほむ…」スッ

マミ「一般人に魔法を使っちゃダメでしょう!?」

さやか(ぜ、絶対怒られると思った!)

杏子(おいどーすんだよ!かなり怒ってんぞ!)

マミ「あんな人でもわたし達の守る対象なのよ!」

ほむら(まどか、正座辛くない?)

まどか(大丈夫だよ!)

マミ「そもそもこれじゃあ私が耐えてきた意味が無いじゃない!」

QB「あはは、まぁ、マミそのへんで」

マミ「QB、あなたもよ」

QB「えっ?」

ほむら「QBにそそのかされましたー」

さやか「たー」

杏子「たー」

まどか「たぁー」

QB「えっ!ちょ!」

マミ「美樹さんがいなかったら怪我じゃ済まなかったのよ!?」

QB「…きゅぷぅ…」

マミ「…もう…」

マミ「…でも、ありがとう」

マミ「…これからは、頼ってもいいかな?」

マミ「みんなに頼っても、いいのかな?」




「「「「「当然!!!」」」」」

別のある日

杏子「おい!おせーぞ!さやか!」

さやか「たはは、ごめんごめん」

ほむら「まどか、寒くない?」

まどか「ウェヒヒ、大丈夫だよ、ほむらちゃん」

マミ「ふぅ、みんな揃ったわね」

QB「さっ!早く行こうよ!」

さやか「っても珍しいね、QBが買い物行こうなんて」

まどか「何を買うの?」

QB「着いてからのお楽しみだよ!」

ほむら「ここは…」

マミ「…ティーショップじゃない」

QB「マミの大事にしてたティーセットは壊れてしまったからね」

マミ「…ふふ、ありがとう、でもねQB…あれはお母さんの手作りなの」

マミ「お店には売ってないのよ」

QB「何を勘違いしてるんだい?マミ」

マミ「…えっ?」

QB「…ここにはいろんな色のティーカップがあるじゃないか」

QB「さぁ、マミの家であったかい紅茶を飲みたいだろう、皆」

QB「たくさんの色の中から好きな色を選ぶんだよ!」

杏子「んー、あたしはやっぱ赤かな」

さやか「ま、あたしは青だけどー」

まどか「ほむらちゃんは?」

ほむら「ピンクよ」

マミ「…!」

QB「作っていこうよ、新しい思い出を」

QB「忘れるんじゃなくて、受け継ごうよ」

マミ「…そうね」ニコッ

私の世界はこんなにも
あったくて、色とりどりの世界






マミ「かえってお茶にしましょう」



大好きな、世界

男クソみたいなヤツだな、俺のマミさん傷つけてんじゃねーぞ、あ?

おやすみ、早く寝たまえ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom