さやか「闇を払う一振り」ほむら「どこにも見当たらないわ」 (29)

ほむら(あぁ、本当に気に食わない)

さやか(なんなのよコイツ)

ほむら(いつもいつも人の邪魔ばかりして)

さやか(何が起こっても我関せずで)

ほむら(人の気持なんか考えやしない)

さやか(そのくせ人一倍人に敏感)

ほむら(こいつ・・・・)

さやか(こいつ・・・・)

ほむさや(うっぜぇぇ・・・・)

さやか「どうしてあんたがここにいるのよ」

ほむら「うるさいわね、魔女がいるなら私がいてもおかしくはないでしょう」

さやか「私が先に見つけたんだ」

ほむら「倒したもんがちよ」

さやか「・・・・ほんっとーに気に食わないよ、あんた」

ほむら「奇遇ね、私もよ」

まどか「・・・・あわわ」

マミ「・・・・本当にもう・・・・」

杏子「つーかこいつらあたし達のこと無視してねぇ?」

さやか「大体あんた孤高の魔法少女気取ってたじゃんか」

さやか「なに?今更仲間づらすんの?」

ほむら「お生憎様、あなたのことだけは仲間だとは思っていないわ」

さやか「はぁ?私だって思ってないわよ!」

ほむら「だったら消えなさいよ」

さやか「あんたがいなくなれ!」

まどか「やめてよぉ・・・・」

マミ「はぁ・・・・」

杏子「ほっとけ、まどか、何言っても駄目だ」

さやか「あの頃は素直でよかったよねぇ」

さやか「私一人じゃ倒せないから助けてーさやか様ぁ~って」

ほむら「一言も言ってないわ」

ほむら「そもそもあなたワルプルギスとの戦いでなんの役にもたってなかったし」

さやか「なんだとぉ!」

ほむら「なによ!」

まどか「・・・・あぁ・・・・」

杏子「ばっからし、先に倒してくるわ」

マミ「私もついていくわよ」

さやか「・・・・って事があってですね」

杏子「知ってるわ、見てたわ」

さやか「・・・・はぁ・・・・」

杏子「お前さぁ、気に食わないなら話しかけんなよ」

さやか「・・・・あいつが突っかかってくるから」

杏子「無視しろよ、ガキかお前は」

さやか「・・・・」

杏子「本心じゃ仲良くしたいって思ってるくせにできないから相談ってわけか」

さやか「・・・・ぐっ・・・・」

杏子「あほらし」

ほむら「って事があったのよ」

マミ「知ってるわ、見てたもの」

ほむら「本当に気に食わないわ」

マミ「だったら話しかけなければいいだけじゃない」

ほむら「あのバカが突っかかってきて・・・・」

マミ「とか言いつつ本心では仲良くしたかったりして?」

ほむら「・・・・ほむぅ・・・・」

マミ「意外に奥手なのなぇ、暁美さん」

杏子「ひとつ言っとくけどさ」

杏子「別にあいつお前のこと嫌ってないと思うぞ」

さやか「なんで?」

杏子「本気で嫌ってたらぶっ殺してるだろ」

さやか「そ、そんな野蛮な・・・・」

杏子「いやいや、時間停止が使えなくなったって言ってもお前より数段つえぇから、あいつ」

さやか「・・・・」

杏子「だからさ、あんま喧嘩すんなよ」

マミ「ひとつ言っておくと」

マミ「美樹さん、あなたのこと別に嫌っているわけではないと思うわよ」

ほむら「え?」

マミ「本気で嫌ってたらいやいやでもお茶会に誘ったりしないでしょう」

ほむら「・・・・それはまどかの手前・・・・」

マミ「いくら鹿目さんが大事なお友達でもそこまで左右されないわよ」

ほむら「・・・・」

マミ「貴方達に必要なのは勇気」

マミ「相手の事を素人する勇気だと思うわ」

ほむら「・・・・」

さやか「ほむらぁ!」

ほむら「なによ、うるさいわね」

さやか「・・・・ちょっと、付き合いなさいよ」

ほむら「・・・・はぁ?なんで私が・・・・」

さやか「びびんなくていってば、とって食うわけじゃないし」

ほむら「びび・・・・!ふん!まどか今日は用事が出来たわ!」

まどか「・・・・あっ、二人とも・・・・!」

仁美「ほっときましょう、まどかさん」

まどか「でも・・・・」

仁美「遠くから見守る、もとい後をつけましょう」

まどか「・・・・」

仁美「怪しい匂いがしますわ・・・・!」

ほむら「で?」

ほむら「何の用よ」

さやか「別に用なんかないよ」

ほむら「さよなら」

さやか「待ってよ!」

ほむら「私はあなたにかまってる暇なんて・・・・」

必要なのはお互いのことを知ろうとする勇気だと思うわ

ほむら「・・・・なんなのよ」

さやか「・・・・あんたさぁ、私のどこが気に食わないわけ?」

ほむら「・・・・!」

さやか「そりゃあ、あんたの過去を聞いたら私は厄介だったかもしれないよ」

さやか「・・・・あんたの忠告も聞かずに勝手に魔法少女になって」

さやか「勝手に絶望して勝手に魔女化だもん」

さやか「そりゃ魔女化のエキスパートって呼ばれても仕方ないよ」

さやか「・・・・あんたに嫌われても当然だと思う」

さやか「・・・・だからさ、何が気に食わないか言ってよ・・・・」

ほむら「・・・・」

ほむら「ええ、確かにあなたは厄介だったわ」

ほむら「人の忠告も聞かずに契約して」

ほむら「挙句この世界でもまどかを迷わせる」

ほむら「まどかは優しいもの、自分ひとりが見ているなんてことできない」

ほむら「・・・・確かに厄介よ」

ほむら「・・・・だけど」

ほむら「嫌いになったことなんて、一度もないわ」

さやか「・・・・!」

ほむら「・・・・あなただって大事な友達だもの」

さやか「・・・・そっか」






まどか「ほむらちゃん・・・・」

仁美「いい雰囲気ですわ」

ほむら「・・・・」

さやか「・・・・」

ほむら「ぷっ」

さやか「・・・・あははは」

さやか「なんだ、しょーもない事で悩んでたんだね」

ほむら「あなたの頭が残念なのは27回目のループで理解したわ」

さやか「数えんな!」

ほむら「うるさいわ」

さやか「・・・・ごめん」

ほむら「・・・・こっちも意固地だったわ」

さやか「仲良く、なれるか分かんないけどさ」

さやか「これからも仲間でいてくれる?」

ほむら「・・・・言うまでもないわね」

ほむら「・・・・当然よ」






まどか「ウェヒヒ」

仁美「・・・・ちょっと不完全燃焼ですわ」

さやか「おーい、ほむら、ケーキ食べに行こうよ」

ほむら「うるさいわね、黙ってなさいさやバカ」

さやか「早くしないとおいてくぞ」

ほむら「待ちなさいよ!」

まどか「・・・・」

マミ「・・・・」

杏子「仲良くなりすぎだろありゃあ」

まどか「口調は変わってないのにね」

マミ「いい事じゃない」

さやか「早くしなよ!ほむら!」

ほむら「待ちなさいよ!あなたの親に無礼があったらどうするの!」

さやか「気にしないっての!遅いなぁ!」

ほむら「さやばか!」

さやか「早くしなよ!ほむら!」

ほむら「待ちなさいよ!あなたの親に無礼があったらどうするの!」

さやか「気にしないっての!遅いなぁ!」

ほむら「さやばか!」

杏子「んで?どーしたんだあいつらは」

マミ「二人で美樹さんの家にお泊まりですって」

まどか「・・・・嬉しいような、寂しいような」

杏子「大丈夫だよ、ほむらはお前が大好きだって」

まどか「や、やめてよぉ!」

さやほーむ

さやか「ふぃー、さっぱりした」

ほむら「遅いわよ、客人を待たせるなんてどういうつもり」

さやか「うるさいわね、貧乳」

ほむら「黙れ、魚」

さやか「ふぁー、眠くなってきたし寝ようか」

ほむら「そうね」モゾ

さやか「潜り込むなよー」

ほむら「あったかいわ」ホムホム

さやか「・・・・」

ほむら「・・・・」

さやか「ね、ほむら」

ほむら「何よ」

さやか「・・・・過去の私のこと聞かせてくれない?」

ほむら「・・・・どうして今更」

さやか「・・・・あんたが仲良くなってくれたきっかけってその時の私なんでしょ?」

ほむら「・・・・そうよ」

さやか「あの時は詳しく話してくれなかったもん」

さやか「聞きたいな」

ほむら「・・・・はぁ・・・・」

さやか「・・・・」

ーーーーーーーーー

ほむら「無様ね、人の忠告を無視するからそうなるのよ」

さやか「・・・・何もかも知ってたってわけ?」

ほむら「そうよ」

ほむら「あなたが魔女になるのも想定済み」

さやか「・・・・そっか」

ほむら「・・・・もうすぐ杏子が来るわ」

ほむら「遺言ならあの子に・・・・」

さやか「・・・・いいや、あんたが殺してよ」

ほむら「・・・・!」

さやか「・・・・」

さやか「・・・・そんな顔しないでよ・・・・」

さやか「あんたなら大丈夫だと思ってたのに・・・・」

ほむら「・・・・」

さやか「どうすれば良かったのかな?」

さやか「・・・・どうすれば・・・・」

ほむら「・・・・あなたは自分の信念を貫くあまりその願いすら歪めてしまった」

さやか「・・・・」

ほむら「・・・・」

さやか「・・・・私の人生何だったんだろうね・・・・」

ほむら「・・・・あなたの生き方に間違いなんてないわ」

さやか「・・・・」

ほむら「・・・・あなたは確かに心に信念を持っていた」

ほむら「あなたの武器が剣ってことも頷けるわ」

ほむら「・・・・ごめんね、助けてあげられなくて」

ほむら「ごめんなさい」ぽろぽろ

さやか「・・・・ううん」

さやか「ありがと」

ほむら「お礼なんて言われる筋合い・・・・ないわよ」

ほむら「だって私は・・・・!」

さやか「いつか・・・・また私とであったらさ」

ほむら「さやかぁ!」

さやか「今度は仲良くしようよ」ニコッ

さやか「大丈夫、きっとほむらにも見つかるよ」

さやか「あんたの闇を払う」

さやか「そんな、一振りが」パキンッ

ほむら「さやかぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

ーーーーーーーーー

さやか「うっわ、なにそれはっず」

ほむら「滅茶滅茶ポエミィだったわよ、あなた」

さやか「・・・・んで、見つかりましたかなー?その一振りとやらは」

ほむら「・・・・」

ほむら「どこにも見当たらないわ」

さやか「・・・・大丈夫だよ」

さやか「ここに、ある」ギュッ

ほむら「・・・・うん」

さやか「そんなことだったらもっと早く仲良くしてくれればよかったのに」

ほむら「開口一番電波扱いしたあなたに言われたくないわ」

さやか「ぐっ・・・・」

ほむら「それに、もう大丈夫よ」

ほむら「あなた達がいるもの」ニコッ

さやか「・・・・そっか」

さやか「・・・・ありがとう」

ほむら「・・・・こちらこそ」

さやか「一振りどころじゃないって訳かー」

ほむら「そうね、あなたなんてせいぜい脇差しよ」

さやか「おっ?それは常に懐に入れといてあげるっていう愛情表現?」

ほむら「・・・・ばか・・・・!」

さやか「あはは」

杏子「さやかぁ!そっちいったぞ!」

世界はそれほど甘くない

マミ「ティロ・フィナーレ!」

何度繰り返しても思い通りにならなかった世界だけれど

さやか「よっし!」

それでも私は強く生きて行ける

さやか「いくぞぉ!ほむらぁ!」

これが私の

ほむら「・・・・ええ!」

自慢の一振り。









まどか「終始空気だったね」

仁美「仕方ないですわ」

QB「出てすらいないよ」

ネタ尽きておしまい
寝る
寝ろ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom