佐天「またレイプされた……」(402)







  ∧,,∧
 ( ´・ω・) ようこそ!ID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J


ここはsageずに書き込み、出たIDの数字の回数だけ女子のスカートを捲るという、

硬派なトレーニングスレです。

例1 ID:wwh7KM12 の場合 7+12=19 なので19回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. の場合 数字がないので今日は一休み。


佐天「待たれぃ!!!プされ太……!!!」

プされ太「な…なんでつか?」

佐天「プされたの?」

プされ太「え?」

佐天「…プされたのかって聞いてんのよぉ!?」

プされ太「ひぃい!されました!プされましたぁ!」ガクガク

佐天「…大丈夫よ…もうプされないように私が守ってあげる!」

プされ太「しゃ…しゃてんさん……!」

みたいなハートフルストーリーお願いします


佐天「またレイプされた……」






佐天「…上条さんが。」

上条「…」シクシク

佐天「…今度は誰にレイプされたんですか」

上条「…御坂」

佐天「へー…意外に遅かったですね」

上条「え?」

佐天「いやほら、御坂さん上条さんの事好きだったじゃないですか」

佐天「だから…なんか意外だなーって」

上条「あっそ…」

>


佐天「最初は誰なんでしたっけ?」

上条「…木山さん」

佐天「あー"脱ぎ女"の。その次は?」

上条「…言ってもわからないと思うけど…神裂火織って人」

佐天「へー」


佐天「あ、すみませんドリンクバーお代わり行ってきますね」ガタ

上条「あ、はい」

>


佐天「あ、上条さんはなんかいります?」

上条「じゃあホットコーヒーで…」

佐天「了解です」



>


佐天「ごめんなさい。なんか丁度コーヒー豆切れたらしいんで抹茶淹れてきました」

上条「あ、うん…ありがとう」


佐天「で…なんでしたっけ?こうなった理由って」

上条「…それは―――――




>




木山「…モテたい?」

上条「はい」

木山「それは…一般的な意味で『異性に好感をもたれたい』という事かい?」

上条「おっしゃる通りです」

木山「ふむ…」

木山「その研究をやっても構わないが…報酬は?」

上条「え、えっと…」

木山「君ね、研究依頼をするのに報酬を用意しないのはおかしいだろう?」

上条「ごめんなさい」

木山「ごめんなさいじゃないよ」

>


木山「……」

上条「うう…」

木山「……わかった。じゃあこうしよう」

木山「最初の被験者に私を選んでくれないか?」

上条「…え?」

木山「はっきり言って、私が君へ対する評価は限りなく低く、『興味がない』だ」

木山「車のキーを探してくれたのがきっかけとはいえ、ほとんど会った事もないし」

木山「…まあ、年の差というのもある」

上条「はあ」

木山「ここまで君へ興味がない人間がどれだけ変化するか知りたいし…」

木山「君の欲望の被害者は私だけに留めた方がいいだろう」

木山「君もそれで気づくだろう。『自分が好きでもない人に好かれても』ってね」

>


佐天「木山さんきびしーですね」ズズ

上条「…当たり前だよな。人の気持ちをどうにかしてしまおうってんだから」

佐天「まあ、はっきり言って卑劣ですよね。モテたい気持ちはわかりますけど。」

上条「ぐ」

佐天「それで?」

上条「それから――


>


木山「できたよ、上条くん」

上条「注射器? 薬ですか」

木山「そうだ。どのような形にするか迷ったが…」

木山「機械なんかだと盗まれたりして誰かに悪用されかねないし、」

木山「効果を個人に限定しておきたかったからね」

木山「基礎理論を説明するかい?」

上条「ああいやいいです。聞いてもわかんないと思うんで」

木山「…………そうかい」

木山「それじゃ、腕を出して」

>



佐天「それで?」

上条「……」

佐天「ああ…はい。いやいいです」ズズ

上条「そのあとは…君も知っての通り」

佐天「意外に強力すぎて40人目到達ってわけですか」

上条「うん…」


佐天「…ちなみになんでそんな本気になっちゃったんですか」

上条「え?」

佐天「いやほら、フツーそういうのって友達同士のバカ話で終わるような話じゃないですか」

佐天「それを本気で叶えようとするなんて…なんかあったのかなって」

上条「……」

>


上条「…同居人がいたんだ。女の子の」

佐天「え?学生寮ですよね?」

上条「あー、事情があってこっそり生活してたんだよ」

佐天「はあ」

上条「そんで…その、色々あって…出ていかれちゃって」

佐天「はあ」

上条「…どうしても、やり直したくって」

佐天「それなら口で言えばよかったんじゃないですか?『ごめん、帰ってきてくれ』って」

上条「何度も話したし、何度も謝ったさ!」

上条「…でも、ダメだって」

佐天「……」フゥ

>


佐天「だったら、諦めるべきだったんじゃ?新しい恋を見つけるとか…」

上条「そんなんじゃない!!!」ダンッ!

シーン…

上条「…ああいや、ごめん」

佐天「いえ。あたしもよくわかってないのに…ごめんなさい」

上条「…とにかく、そんなんじゃないんだ。インデックスと俺は」

佐天「じゃあどんな関係だったんです?その、インデックスさんと」


上条「…言い表せない。ただ…一番近いのは家族、みたいな」

佐天「はあ」

>


佐天「それで、その身体になってから会いにいったんですか?インデックスさんに」

上条「…ああ」

佐天「効果は?」

上条「効かなかった」

佐天「そう…ですか」

上条「神様ってのが本当にいるなら、」

上条「これが人の気持ちどうにかしようとした奴への神様からの罰なのかも」

佐天「…」

>


上条「…ごめん、俺ちょっと…」

佐天「ああはい」

上条「話聞いてくれてありがとな」

佐天「いえ。あたしも暇でしたし」

上条「金は出しとくから」

佐天「ありがとうございます」

佐天「気をつけて帰ってくださいね」

上条「ああ、ありがとう」

>


上条「…」フラフラ

麦野「…」

上条「…」ビクッ

上条「…」コソコソ

麦野「ああ?」

上条「っ」ダッ!

麦野「おいそこの。ちょーっと待てよ」

上条「…離してください」

麦野「んー…ダ・メ」

麦野「なんっか気になんのよねーあんたの目付きとか」

上条「なあ、本当に離してくれ。警備員呼ぶぞ」

麦野「呼べば?消し飛ばすけど」

上条「俺、なんもしてないじゃないか」

麦野「そうよ?あんたは何にも悪くないわ」

麦野「私が一方的に絡んでるだけ」



麦野「ちょっとそこの路地裏につきあいな」

上条「やめっ」

どすっ。

上条「ご…」

麦野「ね?私に逆らわないで?」


麦野「大丈夫。ちゃーんと気持ちよくしてアゲルから」

>


麦野「あはっ…あ、んっ……」

上条「う……く…、っ…うう」

麦野「何…よっ!あんたこんだけ酷い事されてるクセにおっ勃ててんじゃない」

上条「く……う…」グス

麦野「あー……気持ちイイ…」

上条「うう……」

麦野「ねぇ?どんな気持ち?暴力振るわれて手も足も動かせなくなってさ、」

麦野「私に馬乗りされて犯されてんのって」

>


上条「さいっっあくだよ」

麦野「ふぅん?」

麦野「そのわりにはめちゃくちゃ感じてんじゃない」

麦野「ん…れろ」

上条「…っ、胸板舐めんな!気色悪い」

麦野「あはは……乳首立たせてる奴の台詞じゃないわよね?」

上条「…っぐ」

麦野「きもちーんでしょ?私にこーやってぐちゃぐちゃに蕩けさせられて」

上条「ちがっ」

麦野「犯されて」

上条「あっ…腰、降るな…よ!」

麦野「愛撫されてさ?」

上条「ふ、あ」

麦野「…かわい」

>


上条「やめっ…やめてくれ!もう!本当に!」グス

上条「気にさわったんなら謝るから!だから!」

麦野「…だから?」

上条「もう、俺を犯すのをやめてください!」

麦野「んー…そこまで言うなら」

麦野「うん。仕方ないわね。無理にヤっても仕方ないし」

上条「…」ホッ



麦野「あと5回。私の膣内に射精したら許してあげる」ニッコリ

上条「ひっ……」

>




上条「…」フラフラ

上条「……」



麦野『いい?あんたの携帯と学生証の中身全部控えたから。』

麦野『私がヤりたくなったら電話するからすぐに来なさい』

麦野『来なかったり、逃げたりしたら……』


上条「……ちく、しょう…」

>



木山「やあ、上条くん」

上条「ひっ」

木山「…そんなに怖がらなくてもいいだろう?」サワ

上条「…だったら腰に手を回すの止めてください」

木山「ん?何故かな?単なる再会を喜ぶスキンシップじゃないか」

上条「…普通のスキンシップなら尻撫で回すのやめてくれませんか」

木山「ツレないなぁ…あの薬についてわかった事がまた増えたんだが」ギュ

上条「!」

>


木山「…教えてほしいかい?」クスクス

上条「当たり前でしょう!?もう俺がどれだけ…」

木山「いいともいいとも。勿論教えるさ」

木山「ただし…条件がある」グイッ

上条「いたっ…手を引っ張らないでくださいよ!」


木山「報告する場所はそこのホテルで、だ」

>


上条「…っ」

木山「んっ……んっ…じゅぼ…」

上条「ふ…く…」

木山「んん?フェラチオは初めてでもないだろう?」

上条「は、…あ!」

木山「ん…ちゅ……そんなに感じてもらえると…くわえがいがある…」

上条「あ!……あ!」

木山「ほら…そろそろだろう?射精するといい」

上条「く………あ!」

木山「……」

木山「なあ、少し少ないんじゃないか?」

上条「…木山さんの前に、レイプされて……」

木山「ああ…なるほど」

>


木山「全く…困ったものだね、君の体質には」

上条「木山さんの薬のせいじゃないですか!」

上条「俺が、どれだけ…!」

木山「ふふ…そうだね。その通りだ」

木山「でもね」

上条「うあっ!踏まないでくださいよ!」

木山「最初に私に頼んだのは君だろう?」

上条「あ……あ!」

木山「効果は確かにちゃんと出ただろう?」

木山「まあ君の目的を達成する事は出来なかったようだが」

上条「……」

木山「だが、もういいじゃないか…忘れてしまえばいい」

上条「…上に乗らないでください」

>


木山「私のモノにならないか?」

上条「…そんなのゴメンです」

木山「ふむ…君のコレは私のモノになりたいと熱く、硬くなっているのにねぇ?」

上条「…っ、擦らないでください…!」

木山「そうかい?」

木山「ではもう挿入してしまう事にしようか」

上条「! やめっ…ああっ!」

木山「はぁ…やっぱり…最高だ……」

上条「う……」

>


木山「ん…っふ。あ……は…」

上条「あっ、うあ……っ」

木山「ふ…あ……はは、ダメだ腰を振るのが止まらないよ」

上条「はっ、げし…!やあ…っ!」

木山「…君は悪い子だよ。こんな女を捨ててるような私を熱くさせる…んっ…ちゅ」

上条「やめてください!」

木山「当麻くんはケチだねぇ?キスくらいいいじゃないか」

上条「…っぐす…名前で呼ばないでください」

木山「まだダメなのかい?やれやれ。私はこんなに君が好きなのに…」

上条「俺は…木山さんの事は好きになれそうもないです」

木山「それは残念」

>





木山「シャワー、先にもらったよ」

上条「…それで、わかった事ってなんですか」

木山「ん?そうだね…」

上条「…隣に座らないでください」

木山「いいじゃないか。肩をつけて話すくらい」

上条「…それで?」

木山「はぁ…解毒方法はまだわかってないよ」

木山「ただ、女性が発情する正確な条件がわかった」

木山「…つまり効果が出る女性と出ない女性の違いだ」

上条「……」

>


上条「どんな条件ですか」

木山「薬を打たれた人間…つまり君が、」

木山「女性を視認した時、その女性に性的興奮を覚えるか、犯してもらいたいと思うかどうか」

木山「それがトリガーになっているようだ」

上条「そんな!」

木山「聞けば君の目的のある彼女には効かなかったんだろう?」

木山「効果が出なかったのは、君がその子を大事に思いすぎている…性的対象としては見てなかったからだろうね」

上条「そんな…だって、当たり前じゃないか!」

上条「そんな…そんな……」

木山「だがつまり。君をレイプした女性達…いや私もだが、君は彼女達を見た時に」

木山「彼女への気持ちをよそに、心の中ではこの女性とセックスしたいと考えてたという事だ」

>


木山「なあ。もういいんじゃないか?」

木山「彼女の事は忘れてしまおうじゃないか」

木山「何度も話してダメだったなら。もう諦めた方がいい」

木山「君が辛いだけだろう?」

上条「…でも!俺がインデックスを性的な目で見れば!まだ希望はあるんだ!」

上条「そうでしょう?!」

木山「…理屈の上では確かに、ね」

上条「なら、まだ!」

木山「報告できるレベルの情報はこれだけだよ」

上条「そうですか…じゃあ、」


木山「さあ、第4ラウンドといこうじゃないか」ガバッ

上条「あっ、ちょっ!」

>




上条「くっそ…もう出ねぇよ」フラフラ

上条「今日だけでもう13回は射精してるんだぞ…」

上条「…家でくらい休みたい……」

上条「帰ったらインデックスがおかえり!とうまっ!って言ってくれたらなぁ…」

上条「…ただいま」



神裂「おかえりなさい、当麻」ニコッ

神裂「食事の支度は出来てますよ」


上条(…神裂、今日は裸エプロンか……)


>


上条(インデックスへのストーカー染みた説得を止めさせるために派遣されたって事らしいが)

神裂「当麻、あーん♪」


上条(絶対私情かなんかが入ってるよなぁ…)

上条「…あぐらかいた俺の膝に神裂さんが座る必要ってあるんでせうか」

神裂「あります」キッパリ

上条「理由聴いていい?」

神裂「主に私が楽しいです」キリッ

上条(俺は重いんだけど)

>


上条(木山さんにレイプされて…インデックスに会いにいった直後に神裂が派遣されてきたのが運のつき)

上条(聖人故の体力と性欲が俺の体質で暴発)

上条(爆発。そして収まらないし…)

上条(神裂は俺のチンポ中毒になってしまったんじゃないかとすら思う)

上条(まさか人格まで破壊するなんて…)

神裂「あ…エプロンがズレておっぱいが出てしまったじゃないですか」ブルンッ

神裂「私のおっぱいも、いっぱい食べてもらえませんか?」

上条(正直おっぱいは食べ飽きてるんですが)

>





神裂「あんっ!うはぁ……っ!すごい…」

上条「ふぐっ……あ、は…!」

神裂「もっと!もっと突いてください!あっ、はぁあ!」


上条(でも神裂に抱かれるのが一番マシなんだよな…体の相性とか、好みとか合う)

上条(…気持ちいい……)

神裂「んっんっんっ…♪あはっ…」


>




神裂「すやすや」

上条(…インデックスで性的に興奮する……)

上条(……インデックス、インデックスインデックス…)シコシコ

上条(無理)

上条(性的嗜好に合わないとかじゃない)

上条(性欲の捌け口にしたくない…)

上条(がんばんなきゃ……)シコシコ


上条(また、一緒に)シコシコシコシコ

>






佐天「で、ダメだったと」ズズ

上条「ああ…」

佐天「んー…まあ難しいですよね。あたしも語れるほど恋愛とか人生経験なんてしてませんけど」

佐天「例え異性でも大事にしたい人を性的興奮の対象にするのはちょっと、ね」

上条「ああ…」

佐天「…ああ、発情条件が視認したら~って言われたからアイマスクと盲目用杖持ちなんですか。今日は」

上条「うん」

佐天「大変ですねー」ズズズ

>


上条「んな他人事みたいに」

佐天「あたしが上条さんの性的興奮の対象にならない限りは他人事ですし」


佐天「そういえば今日は来る時大丈夫だったんですか?」

上条「ああ、一応は。…ナンパされたけど」

佐天「力を封じても尚!ってヤツですか?」

上条「笑い事じゃないんだぞ?実際精子充填するために食生活とかごっそり変わったし…」

佐天「精力つける…鰻とかすっぽんとかですか?」

上条「まあそれらはたまにかな。高いし」

佐天「へぇー」

>


上条「生卵とか薬局にあるアレとかが地味に効いてる気はする」

佐天「へぇー。あたしも彼氏できたらオススメしてみましょーかね」ズズ

上条「……」

佐天「……」

上条「いつも話聞いてくれてありがとう」

佐天「なんですか急に」

上条「いや…助かってるからさ」

佐天「そりゃよかった」

上条「誰にも相談出来なかったし…」

佐天「親や友達、先生よりもちょっと会っただけのあたしが信頼高いって」

上条「なんか君だと話しやすいんだ」

上条「ほら、君は俺にあまり興味がないだろ?」

佐天「はい」

>


上条「なんかすごく安心する」

佐天「まあそんだけレイプされてたら女性不信にもなりますわな」


佐天「あ、パフェ頼んでいいですか?」

上条「ああ」

>



佐天「むぐむぐ」

上条「美味しい?」

佐天「良くも悪くもファミレスの味って感じですね」

上条「そっか」


佐天「あげませんよ?」

上条「いらねぇよ」

>


佐天「とにかく、なんとかエロい目で見るしかないでしょーね」

上条「うん…」

佐天「普通の手段じゃダメだったんですし…上条さんが諦められない、手段を選ばないっていうなら」

佐天「まあがんばってくださーい」モグモグ

上条「…本当君って俺に興味ないな」

佐天「辛うじて御坂さんの関係者であるのと大覇星祭の御守りの件で、ってだけですしね」

>


上条「…はー。明日学校か」

佐天「まあ日曜は憂鬱ですよね」

上条「…俺、多分また犯される」

佐天「え?誰にですか」

上条「…先生。黄泉川先生」

佐天「えーっと…何番目くらいでしたっけ?なんか聞いた気がしますけど」

上条「3番目」

佐天「へーナンバー一桁ですか」

上条「体育終わった後に体育倉庫に呼び出されてさ」

佐天「へー」

上条「前から狙ってたとか我慢するのはやめたとか言ってきて」

佐天「ヤられちゃったと」

上条「意外にめちゃくちゃ力強かった」

>


佐天「まあでもアレじゃないですか?ほら」

上条「何?」

佐天「体育倉庫でエッチは男子高校生の夢だ!みたいな」

上条「実際はロクなもんじゃなかったけどな。砂とか埃とかが酷いし」

上条「何より暑いんだよあそこ。めっちゃ蒸れる」

佐天「へー」

>


上条「あとベッド代わりのマットがすげー汗臭い」

佐天「あー」

上条「ヤるならまだ保健室か空き教室がいいわマジで」

佐天「へー」

>


上条「この際もうレイプされてもいいから体育倉庫はやめてほしい」

佐天「ヤられそうになったら言ってみるしかないですね」



佐天「あ、山盛りポテト頼んでいいですか?」

上条「君容赦ないな」

>


佐天「アイマスク、学校にしていけばいいんじゃないですか?」

上条「あー多分無意味」

佐天「え?」

上条「一度肌を重ねると中毒っていうか…なんか依存性があるっぽくて」

上条「まあ、うん」

佐天「あ、はい」

>




上条「あー……明日までに学校爆発しないかな」

佐天「それ、世の中の大半の人は思いますよね」


>

じゃあ続き書きますね

佐天「ところでプされ太、誰にプされたの?」

プされ太「……」

佐天「言いたくないのは分かるけど、力になりたいから……言って?」

プされ太「しゃてんしゃん、でも……」

佐天「いいから誰に…プされたのかって聞いてんのよぉ!?」

プされ太「ひぃい!プ条くんですぅ!ツンツン頭のプ条くんですぅ!」ガクガク

佐天「プ条ね御坂さんだけでなくプされ太までッ!許せないッ!」

プされ太「しゃ…しゃてんさん……!」

佐天「行くわよプされ太!学園都市、幻のレベル5の力を見せてやるのよ!」

プされ太「うおぉおおお!被凌辱体質<レイプサレータ>!!!!」


神裂「…早く、帰ってきてくださいね…?」

上条「ああ。いってきます」バタン


上条(正直むしろ家に帰りたくないけどな)

上条(でも家に帰らずにどっか行こうにも悲劇を起こしかねないしな…)

上条(誰かの彼女とか奥さんなんかを寝とるとかになったら最悪過ぎる)

上条(…アイマスクしてきたけど…大丈夫、かな)

>


「上条くん。」

上条「この声は…姫神か。おはよう」

姫神「そう。どうして。アイマスクしてるの?」

上条「ん?ほら…また姫神みたいな俺の犠牲者をだしたくないからさ」ハハ

姫神「…違う。私。被害者じゃない」

上条「じゃあ、加害者?」

姫神「……いじわる。」ギュ

上条「また俺を犯すのか?無理矢理」


姫神「うん。そう。ごめんなさい。もう2日も当麻くんと。シてなくて。頭がおかしくなりそうなの。」ギュ…


>


姫神「あなたが私を嫌いでいい。でも。元々私があなたに持っていた感情も含めて」

姫神「もう私は君と離れる事なんて。できない。」



バチィッ!


上条(また護身用スタンガン、か)


ドサ。


>


上条「……」

姫神「ふ……っ、…あは…ぁあっ!」

上条「ひめ、がみ」

姫神「ふふ…起きた?……んっ…はぁああっ…!」

上条「…ごめんな」

姫神「どうして。謝るの。」

上条「姫神をこんな風に俺に依存させて。…本当にごめん」

姫神「なら。責任とってくれる?」

上条「責任って?」

姫神「私をもらって」

上条「…じゃあ。いつかこの体質が改善されて、姫神を元に戻した時にまた聞くよ」

上条「『まだこんなクソ野郎でもいいって思っているのか』って」

>


姫神「…たぶん。だけど。」

姫神「私はその時『もちろん』って。言うと思う」

上条「そっか」

姫神「ん…ちゅ」

上条「……」

>




姫神「…じゃあ。また学校で。…ん」

上条「…ああ」


上条(…途中で精力剤買っていくか…)


>



黄泉川「遅刻じゃん」ガラガラ、ピシャ!

上条「」

上条「ま、待って下さいよ!俺今あと一歩とかそんなんだったじゃないですか!」

黄泉川「バカ。遅刻は遅刻じゃん?ほら遅刻届け出してこい」

上条「そんな! あ゙ー!不幸だぁー!」

黄泉川「……」チラッ

黄泉川「ま、これに懲りたら次はもう少し早く来るじゃんよー」スタスタ

上条「くそ…」

黄泉川「…まあ?ギリギリセーフって事にしといてやってもいいじゃん?」

上条「!」

黄泉川「…その代わり。」


黄泉川「あとで体育教官訓練室に来い。みっちり指導してやるじゃん」


>



青ピ「きりーつ、れーい。着席」

小萌「はいはーい!みんな今日もおはようなのです!」

土御門「なんだカミやん、まーた朝から何人かとヤッてきたのかにゃー?」

上条「…まあな」

土御門「はははそうかそうか、まあカミやんならそれくらいいけるわにゃー」

土御門「……」

土御門「えっ」

上条「今日は二人で済んだからまだよかったよ」

土御門「えっ」


土御門「えっ」

>


土御門「大変だ!青髪ピアス!カミやんがついに頭おかしくなっちまったにゃー!」

青ピ「な、なんやて!?」

土御門「カミやんが朝からヤッてきたとか!今日は二人で済んだとか言ってるんだぜい!」

青ピ「な、なんやて!?」

土御門「なあ、カミやん!オレの認識が間違ってるかもしれないから聞くが」

上条「なんだよ」

土御門「上条当麻は普段から複数の性交渉しているってオレの認識は間違ってるよな?」

上条「いやその認識で合ってるけど」

青ピ「な、なんやて!?」

>


吹寄「上条当麻」

姫神「当麻くん。」

上条「ん?何?」

吹寄「別に…ただ、いつもの奴よ」

姫神「また。シたい…」モジ

吹寄「姫神さんも一緒に、場所はいつものトコ。早くね」

上条「はあ…ああ、わかった」ガタ


土御門「」

青ピ「な、なんやて!?」

>


土御門「おのれ魔術師」ポソ

青ピ「な、なんやて!?」←「なんて言ったの?」的な意味で

>

吹寄「あああっ、んぁっ!!ふ、ふぁああ!!」

吹寄「いい!イイっ!!いいのぉっ!」

上条「吹寄…声デカイって…!」

上条「いくら屋上近くの踊り場だからって…こんな、声出してたら、」

吹寄「だって!だって我慢なんて出来ないわよ!すっごぉく気持ちイイのぉ!」

上条「対面座位なんだからそんな腰振ると」

吹寄「何よ、そのくらい支えてよ!」

姫神「上条くん。私も後からくっついていい?」

上条「あ、ああ…」

姫神「ふふ。皆。裸。こんなとこ見つかったらどうなるかな。」

上条「少なくともいい結果にはならないだろうな」

姫神「ん…上条くん。ちょっと首ひねって…キスしたい」

上条「…ん」


姫神「ん…ふ。ん。ちゅ…」

上条「う…く」

姫神「もっと。舌を絡ませて…そう。いいよ…」

上条「あ…ん、く」

姫神「ちゅ…。ふふ。見て?上条くん。」

吹寄「ひんっ…あぁっ!あぁ!」

姫神「吹寄さん。あんなにおっぱい揺らしてる。」

姫神「上条くんは。ああいうのが好みだったり。する?」

上条「…まあ」

姫神「そ。じゃあ次の私の番の時は。もっと激しく腰振ってあげる」

上条「……ぅ」







吹寄「あ……は。こんなに膣内に射精させちゃった」

上条「しっかりしがみつきやがって…できても俺責任取れないぞ」

吹寄「大丈夫よ。学園都市製避妊薬はダテじゃないわ?」

姫神「気持ち良かった…」

吹寄「じゃ、戻ろっか」

上条「おい、パンツ履き忘れてんぞ」

吹寄「あげるわ」

上条「もらってどうしろってんだよ」

吹寄「日々のオカズにどうぞ?」

上条「…どうも」

上条(別にオカズには困ってないけどな)

姫神「…じゃあ。私のも。あげる」




上条(ポケットに女のパンツ2枚入れてるってどんな奴だよ)

上条(ええはい、上条さんですけど)


土御門「…カミやん?なんかカミやんから変な臭いがするんだが」

青ピ「な、なんやて!?」

土御門「え?違うよにゃー?違うと言ってくれ頼むから」


上条「失礼します」

黄泉川「おーよく来たじゃんよ」

上条「今日はここでですか」

黄泉川「ん?何の事じゃん?」ニコッ

黄泉川「私はお前に反省文書かせるためにここに呼んだだけじゃんよ」

上条「え…?」

黄泉川「ほら、用紙とペンはそこだ。2枚書いたら許してやるじゃん」

上条「あ、はい…わかりました」


上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

上条「…」チラッ

黄泉川「なんだ?」ニコッ

上条「いえ、別に」


上条(またセックスのために呼び出されたかと思ったけど)

黄泉川「…」

上条(特に何もないな)

上条(なんか拍子抜けだ)カキカキ

黄泉川「…」


上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

黄泉川「…どれ、」ガタッ

上条「?」

黄泉川「どれだけ書けたか見させてもらうじゃんよ」

上条「あ、はい。どうぞ」

黄泉川「ああ、いい。後ろから覗くから。そのまま書いててくれ」

上条「?はい」

上条「……」カキカキ

黄泉川「…」


黄泉川「ん…どれどれ」ムニュ

上条「っ」ビクッ


上条「…先生、別に背中に密着しなくても見えるんじゃないですか?」

黄泉川「なんだ、イヤか?」ムニュ、ズリュ

上条(柔らかい…)

黄泉川「んー。上条、そこ誤字があるじゃんよ」

上条「あ、はい。ありがとうございます」


上条「……」カキカキ

黄泉川「…」

上条「……」カキカキ

黄泉川「……」

黄泉川「上条」

上条「なんですか」

黄泉川「私とセックス出来なくて残念だったか?」

上条「……えっと」

黄泉川「……」

上条「…」

黄泉川「ふーん…」

黄泉川「言い淀むって事は…」


黄泉川「私は少し期待してもいいのか?」ニヤ

上条「…」


黄泉川「実はちょっと不安だったじゃんよ」サワサワ

上条「う、あ…!」ビクン

黄泉川「本当にお前が嫌だったらやめようかとは考えてたしな」サワサワ

黄泉川「しかし今更ながら私もすごい事してるな」

黄泉川「教え子の服の中に手を突っ込んで撫で回して…性器を弄りたおして」

黄泉川「あげく……ん、ちゅ、」

上条「んむっ…!」

黄泉川「は…ぷ。れろ…」

黄泉川「ちゅ…こうやって口の中蹂躙して、舌まで舐め回してるんだからな」

上条「あ…」

上条「う……あ…」

黄泉川「んー?なんだ上条、そんなトロ顔してお前…」

黄泉川「私にめちゃくちゃにされたいのか?」

上条「そんな事は」

黄泉川「ほら上条。私の胸元に手を突っ込んでみるじゃんよ」グイッ

上条「あ、う」

黄泉川「ほーら、ほーら…しっかり手の平で私の胸を感じるじゃんよ」

上条(あったかい…柔らかい…ふよふよしてる)

黄泉川「なあ…?今、私ブラしてないじゃん?わかるか?」

黄泉川「今度は私の胸元のチャックを下ろして…そうだ」

黄泉川「大きいだろ?しっかり、両方の手で触れ」

黄泉川「んっ…いいじゃん…とっても…上手じゃん…んっ」

黄泉川「それじゃ今度はシャツの下から手を入れて…」

黄泉川「直接。ゆっ…くり。堪能しろ」

上条「あ…」


黄泉川「どうじゃん?」

上条「う…柔ら、かい…です…」

黄泉川「ん…いいじゃん…そう…いっぱい揉んで…あー……」

黄泉川「いいぞ…お前ホント私のおっぱい揉むの上手じゃん…」

上条「…だって気持ちイイし…」

黄泉川「可愛いなぁお前は」

黄泉川「なあ、私と付き合わないか?」

上条「う、いや…その。」

黄泉川「…冗談冗談。そんな顔するな」ナデ
上条「……」

黄泉川(ちっ。やっぱり好きな奴いたのか)

黄泉川(…誰かは知らないが…早めに諦めてもらわなきゃな)


黄泉川「それじゃ、そろそろ私を脱がせ」

上条「でももうあと少しで時間が」

黄泉川「…私が何とかしとく。いいからお前は黙って」


黄泉川「私を犯せ」


黄泉川「ああっ、ああああっっ!」

上条「う…く、あ、は…!」

黄泉川「ああ!イィ!イイ!気持ちィイ!!」

上条「ふ……く、」

黄泉川「あはっ…どうした上条?ペースを落とすな!」

黄泉川「もっともっと私を突くじゃんよ!?」

上条「う…あああ!!!」

黄泉川「―――っ、んんんんんっ、」


上条「せ…んせ、…えっ!射精る!射精るから…!」

黄泉川「んっふぅ、んっ…あは…!射精せ!射精せ射精せ射精せ!」

黄泉川「私の中にぜーんぶ射精すじゃんよ!」

上条「で、でも…!っく」

黄泉川「いいから!お前は私で、私と、気持ちよくなる事だけ考えろ!」

上条「あ……」

黄泉川「―――ッ――――ハ―――あ――」


黄泉川「はあ……はあ……あ……」

上条「先生……」

黄泉川「ん…ダメだ。逃げるな」

上条「…ホールドするのやめてくださいよ」

黄泉川「ダメ。お前にはこのまままだまだたっぷり突いて、射精して、抱きしめてもらうんだからな」

上条「見つかっちゃいますよ」

黄泉川「……もし見つかったら……」

上条「俺達終わりですよ」

黄泉川「お前はともかく。私は二人でならどこまででも堕ちてもいい」ギュ

上条「先生捕まっちゃいますよ」

黄泉川「…お前と会えなくなるのはいやじゃん……」

上条「先生、だったら」

黄泉川「でもこの快楽も捨てられん」

上条「………」ハァ




木山「―――――で?」

上条「……別に。 そのまま後片付けして終わりですよ」

木山「ふうん……なるほど…」ギシッギシッギシッギシッ

木山「ああすまないね、このまま君の上で腰を振りたくりながら君の資料を読ませてもらうよ」

木山「残念ながら、と言うべきか…いや私は喜んでるんだがね」

木山「君の被強姦体質は消えるどころか強くなっているようだ」

上条「!」

木山「つまり君は最早、進化とでも言うべき過程を経て新しい人類へと変わるわけだ」

木山「より繁殖するために、より種を繁栄させるために、より快楽を刻み、また得るために」

木山「薬でここまで肉体が変化させるのは中々出来ない事なんだが。いやはや興味深いよ……んんっ…」

木山「ん…ああ~……ふふっ、いっぱい射精したじゃないか…偉いぞ?」ナデナデ

木山「さ、今日もその調子で私を孕ませるためにいっぱいドピュドピュするんだぞ…?」

上条「う……く、は…」


木山「ところでだ」ギシッギシッギシッギシッギシッ

上条「う、あ……?」

木山「私、プロポーションがよくなったと思わないか」

上条「…まあ」

木山「だろう?何せウエストはマイナス3cm、バストは2カップほどサイズアップした」

木山「十代でもないのにこの成長はあり得ない。そこで調べてみたんだが」

木山「君の精液を膣内で浴び続けた女性は更に君の劣情を催させるように進化するみたいだ」

上条「し、進化…?」

木山「そうさ。成長とはまた違うのではないかと思うのであえてその言葉を使うが」

木山「より愛してもらえるよう、より搾れるように。体を君好みに魔改造する」

上条「そんな…嘘だろ」

木山「いやいや。紛れもない現実さ」


木山「なあ、私が君を求める回数も増えただろう?」

上条「はい。迷惑なくらいに」

木山「…より依存性を高め、より君への好意を深める効果もあるようでね」

木山「ダメなんだ。夜には君の事をずっと考えてる」

木山「君が好きだ。愛してる」

上条「申し訳ないですけど、つきあうとか結婚はお断りしますから」

木山「そうか。ならそれでもいいさ」

木山「君と私を結ぶ人間関係は君の体質研究と調査、経過報告だけだが」

木山「君さえ望めば…私はいつだって君の……うっ、く……!」

木山「あは……射精するなら言ってくれないか?ちゃんと感じたいからね」

上条「…子供が」


木山「デキたら、かい?それも恐らく大丈夫さ」

上条「え?」

木山「快楽を得るだけに限って言えば酷く都合がいいように君の体は変わったということさ」

木山「ぺニスの大きさ、射精量、回数、勃起速度、回復速度も尋常ではないレベルになった事とは別に」

木山「子孫を残すための機能…の副産物というか。」

木山「君は射精してもその精液を無精子状態にできる」

上条「え?いやでも」

木山「こんなにヤッてきたのに私も含めて君と関係を持った女性は一人も孕んでない」

木山「君が無意識にその機能を行使してきたって事さ」

上条「そんな……うっ」

木山「うふぁ……んっ…!」


木山「はは…私以外にたくさんセックスフレンドがいるのは知っているが…」

木山「こうなれば君が誰かと関係を持つ事に危機感を持たなくてもよくなったかな」

木山「孕ませたから責任をとる、なんて君なら言いかねないが…その機能があれば、ね?」

上条「……」

木山「ついでに私も君を更に貪れる。何の心配も無しにね」

木山「ん…」チュ

上条「…やめてください」

木山「……いいじゃないか、キスくらい…」ムス






上条「…はぁ」フラフラ

上条「木山さんはなんかセックスがねちっこいんだよな…」

上条「愛撫一つでもすごく掘り下げるし」

上条「…疲れた」

上条「今日はもう帰っ 携帯<~♪

上条「…誰からだ?」



麦野沈利

今すぐこい
----------------

ヤりたくなったから私のマンションに5分以内に来い

遅れたら達磨にするから


上条「………」

上条「き・ょ・う・は、つ・か・れ・て・るんで…っと」ピ

上条「ふー…神裂をどうするかな…」

携帯<~♪

上条「えっ」


麦野沈利

RE:
----------------

お前のお友だちのマン●焼きアワビにしてもいいんだけど?

言っとくけど

私は使い捨てをお前の学校に乗り込ませて暴れさせてもいいんだからね


上条「……」

上条「不幸だ」

麦野「………」イライライライラ

ピンポーン

麦野「!」ガタッ

麦野「っ」バタバタバタ…






上条「なんとか4分以内にはついたけど…」

上条(麦野さんはSっ気もMっ気もあるセックスするからどっちに合わせればいいかわからないんだよな)

バタン!

麦野「……」ハァハァ

上条「ども」ペコ


麦野「遅いわよ」ガバッ

上条「むぐっ?!」

麦野「私のビショ濡れマ●コをこんなに待たせて…」

上条「せめてパンツ履いてから出てくださいよ…」

麦野「こんなに涎垂らしてるのにパンツなんか履いたら汚れるじゃない。ほら、触って?」

上条「うわ…本当にびちゃびちゃだ」

麦野「でしょ?」クスクス

麦野「ふふ…今日は赤玉出るまでしゃぶり尽くしてあげるから」チュ

上条「ちょ、むぎっ…のさっ…んんっ!」

麦野「あむ…ん、じゅぷ…れろ…」

上条「ここじゃ…誰かに…んっ」

麦野「ダメよ。私を待たせたんだから黙ってキスされなさい」

上条「せめて中で…っあ」


麦野「ハァ…ハァ…あは…んっちゅ」

上条「んん、んっ、んー!」

麦野「ぷあっ…」

上条「う…は…」

麦野「はー…ヤバい。クセになりそ」

麦野「ほら、早く入んなさいよ」グイ

上条「わ」


バタン。


上条「うわ」ドサ

麦野「ん…待ってて?今すぐ服なんか全部脱いじゃうから」

上条「俺の上で脱がなくても」

麦野「エロいでしょ?」クス

上条「まあ…はい」

麦野「素直でよろしい」ニコッ

麦野「ほらほら。沈利おねーさんのストリップショーだぞー?」

麦野「しっかり目に焼きつけて…チ●ポをしっかり勃起させるのよ?」

上条「は、はい」


麦野「ん…っ」

上条(網目の荒いネット下着…乳首とか全部まる見えだ)

麦野「ほーら…あんたの目の前に好きにしていいおっぱいがあるわよ?」

上条「…ぅ」ゴクリ

麦野「しゃぶってもいいし…」ムニュ

上条「う、」

麦野「ずっと揉んでもいいし…?」

上条「あ、」

麦野「挟まれても、顔を埋めても、舐め回してもいいのよ?」

上条「…っ早くヤればいいじゃないですか。いつもみたいに俺を蹂躙して、めちゃくちゃに、」

麦野「はあ?あんたがシてほしいんでしょ?ドMくん?」

上条「ちが、」

麦野「まだちんけなプライドでもあんの?じゃあやりやすくしてあげるわ」チュ


麦野「あんたが私にしたい事を今すぐやりなさい。じゃなきゃあんたの回りのヤツを一人一人殺してく」

上条「なっ」

麦野「あは。言っとくけど…私、本気でヤるから」ニッコリ

上条「…」ゾク

麦野「さ、どうする?」


上条「はぶ…っ…れろ、あむ…」モミュムニュ、モミュ

麦野「んっ…あ、はっ!」

麦野「あんっ…ふふっ!おっぱいイジりすっごく上手よねぇ?」

上条「別に…」

麦野「揉んでしゃぶって、舐めて…私のおっぱい食べられちゃってるわね」クスクス

上条「…」グイ

麦野「…挿れたい?」

上条「…はい」

麦野「いいわよ?あんたの好きにして。あ、でもたっぷり射精しなさいよ?命令ね」

上条「はい」

麦野「あと膣内以外に射精したらあんたの手足焼くから」

上条「…わかった」


上条「はあっ…はあはあ…!」

麦野「ん、んんっ…んふっ…」

麦野「あー…いいわぁ…すっごく…激しい…」

麦野「いいわよ。その調子で犬みたいに腰振りなさい?」

上条「…はい」

麦野「んー…そろそろアブノーマルのもやりたくなってきたわね」

麦野「よし、あと3回射精したら出掛ける準備しなさい」

上条「どこに」

麦野「いろいろ。適当に散歩するから」

上条「…わかった……うっ」

麦野「あっ………あっ、あ……」

麦野「すっごぉい…ぶりゅ、どぶぶりゅっ…て出てきた…」

麦野「…でもアレね。最近あんた私とのセックス嫌がらなくなってきたからつまんないわ」


麦野「犯してる、犯させてやるって感覚がよかったのに…普通のセックスになってんじゃない」

上条(歪んでるなぁ)

麦野「ねぇ…もっと私を嫌いになってよ。殺したいって思うくらい憎んでくれない?」

上条「今でも充分嫌いなんだけどな」

麦野「もっとよ。…やっぱあんたの友達全員焼き殺したらいいかしら?」

上条(勘弁してくれよ…)

麦野「ダメね。温いわ。温すぎ。もっと憎しみで塗りつぶされるくらいの…」ブツブツ


麦野「ねぇ、あんたの大事なものって何よ?壊してあげるからさ」

上条「麦野さんって言ったら死んでくれますか?」

麦野「イヤ。でも嬉しいって思ってあげるわ」

上条「歪んでる」

麦野「じゃああんたは歪んでないわけ?」

麦野「あんただってまともじゃないじゃない」

上条「俺はまとも」

麦野「じゃないわよ。あんた私と同じ臭いがするし」

上条「俺と麦野さんは全然似てないじゃないか」

麦野「あー違う違う。人格じゃなくてさ」



麦野「普通に生きる才能がないってところ。」


上条「……」

麦野「私もそう。普通に生きる事が出来ない人間」

麦野「同類はわかるもんよ?」

上条「そんな事はな」

麦野「いーや。私とあんたは種類は違うかもしれないけどさ」

麦野「結果的には変わらないわよ」

麦野「あんたも私も。少なくとも…大多数の人間が送っているであろう人生は生きてきてないはずよ?」

麦野「わかるのよ、私には」

上条「……」

麦野「さ、ちょっとでも最初を思い出すために私が上になるわ」

麦野「気持ち良くしてあげるから、いっぱい哭きなさいね?」


上条「はぁっ…っ…はぁっ…」

麦野「ふぅーっ…」

上条「…あんなに腰振ってなんでそんな余裕が」

麦野「鍛えてるから」

麦野「あんたもそれなりに鍛えてる…鍛えられてるみたいだけど」

麦野「もっと体力つけなさいよ。私をヒィヒィ言わせるくらいにね」

上条「…」

麦野「ま、体力が無いならないで私に搾り取られるだけだけどね」

上条(腹筋でもしようかな…)

麦野「あー…やば。マ●コから垂れてくるわね」

麦野「ちょっとティッシュとって」

上条「…」プイ

麦野「掬ってあんたの鼻につめるわよ」

上条「…どーぞ」

麦野「ありがとう」


麦野「私シャワー浴びてくるから」

上条「うーい」

麦野「後であんたもすぐ浴びてよ?出掛けるから」

上条「…へーい」

麦野「一緒に浴びる?」

上条「遠慮しときます」

麦野「あっそ」スタスタ

バタン。

上条「はぁ…」ガシガシ

上条(あぁ…まだヤるのかよぉ…)

上条(勘弁してくれないかな…この後で更に神裂との夜戦があるんだぞ…)

上条(かと言って下手に麦野さん怒らせると怖いしな…)


上条「…とりあえずタオルと替えの下着を」


壁|絹旗「…」ジー



上条「…」

上条(なんかおる)


上条「…あの」

絹旗「超なんですか」

上条「いや…なんでそこにいるのかなーって?」

絹旗「麦野の化粧水を超借りにきただけですが」

上条「えっとな?」

絹旗「麦野の超オトコですか」

上条(超オトコってなんだよ超オトコって)

絹旗「……」

上条「えっと…麦野さんの妹か?」

絹旗「なワケないでしょう」

上条(じゃあわからん)


絹旗「…ちんちん超おっきいですね」

上条(なんかセクハラされた)

絹旗「浜面のより超おっきぃんじゃないですかね」

上条「浜面の大きさ知ってるの!?」

絹旗「まあ超それなりにつきあいは超ありますから」

上条「へー」

絹旗「まあと言っても比較対象としてのサンプルが浜面の超粗ちんしかないのですが」

上条「へ、へー…」

絹旗「…ちんちん超おっきいですね」

上条(2回目!?)


絹旗「…超ちょっとだけ。超しゃぶってもいいですか?」

上条(アカン)

上条「ダメダメ。お前がどこの誰かは知らないけどもうさっさと化粧水借りて帰れよ」

絹旗「……」


絹旗「…ちんちん超おっきいですね」

上条「セクハラやめろ」


絹旗「…」トテトテ

上条「いや俺ホントもう疲れてるから。だからな?」

上条「俺のちんちんも超お疲れなんだよ。だからしゃぶられたらパーンってなるんだよ」

絹旗「別にもうそれは超いいです」

上条「え?いいの?俺のおちんちんパーンってならないですむの?」

絹旗「…その代わりに」

上条「?」


絹旗「超ちょっとだけ抱っこしてもらってもいいですか」

上条「?」

絹旗「じゃないと無理矢理押し倒してちんちんを超しゃぶりますから」ジリ

上条「わかったわかった!」

上条「ほら、来いよ。抱いてやる」

絹旗「…」ポス

上条「…」ギュ

絹旗「……」


絹旗「浜面が」

上条「?」

絹旗「浜面が超かまってくれないんです」

上条「はぁ」

絹旗「えいが、ちょうつれてってくれなくなっちゃったんです」

上条「…」

絹旗「わかってるんですよ。浜面は滝壺さんと超付き合ってますし」

絹旗「お互いに超好き合ってて…超上手くいってるみたいですし」

絹旗「私も別に浜面なんかに超恋愛感情を超抱いているわけではないですし」

絹旗「ただ…なんかやっぱりちょっと」

絹旗「………超寂しいです」


絹旗「だから…今日だって麦野と滝壺さんが超使ってる化粧水を超借りにきて」

上条「…気を引こうとしたって?」

絹旗「……」

上条「バカだな」ギュ

絹旗「…」

上条「ちゃんと浜面のやつに言ってやれよ。寂しい、かまってくれって」

絹旗「…だって」

上条「浜面はそんな嫌なやつじゃないだろ」

絹旗「あなたは浜面を超そんなに知ってたんですか?」

上条「いやまあ、顔見知り程度だけどな。でもさ、」

上条「あいつはそういう事言われて嫌がったり無視するようなやつじゃないってわかるよ」

絹旗「……」


絹旗「あなたは…超優しいですね」

上条「そんな事ねぇよ。普通普通」

絹旗「…」

上条「さ、もういいだろ?化粧水借りて行ってこいよ」

絹旗「…超ありがとうございます」

上条「ん」ニコッ

絹旗「……」

上条「……」

絹旗「…」


上条「…そんなに俺のちんちん見つめてもやらないからな?」


麦野「あがったわよ」ホカホカ

上条「ん」

麦野「早くしてね」

上条「へいへい…あ」

麦野「何」

上条「なんかショートヘアーの子が麦野さんの化粧水借りてった」

麦野「ショートヘアー…絹旗かしら?」

麦野「別にいいけど…でもなんで化粧水?普通ファンデとか口紅じゃないの?」

上条「さあ?そこまでは」

麦野「わっかんないわね…」


上条「……」シャワー

上条(絹旗って子の様子からして俺の体質に影響されたとは思う)

上条(でもレイプされる事はなかった)

上条(よかったんだけど…何か中途半端に効いてたみたいな?)

上条「……」

上条(また木山さんに調べてもらうしかないか)


上条「……」

上条(どうせ中途半端ならインデックスに効いてくれればよかったのにな)

姫神、風斬、その他一発キャラの皆さんとか…


上条(インデックス…)


インデックス『とうま!』


上条(インデックス……)


インデックス『ごめんね、でも…私はとうまと一緒には』


上条(どうして…だよ…)

上条(インデックス…会いたい…)

上条(なんでだよ…なんで、本当に好きじゃない女は向こうから来るのに、)

上条(一番一緒に居たい女とは一緒になれないんだよ…)


上条(は、でもこんなこと思いながらも数十分後にはまた麦野さん抱いてるんだろうな)

上条(そんでそのあとは違う女が挟まるか、神裂か)

上条(こんなゲス野郎は死んだ方がいいんじゃないのか?)

上条(……あがろ)

上条(とにかく、目の前の事を片付けて)

上条(インデックスに勃つようにならなきゃ…)

上条(そんでインデックスと会って)

上条(今度こそ)

上条(もう一度。もう一度、一緒に!)




麦野「あがった?」

上条「ああ。んで…あのさ、俺の着替え知らない?」

上条「見当たらないんだけど」

麦野「知ってる。でも必要ないから」

上条「はあ?今から外出るんじゃなかったっけ?」

麦野「出るわよ?」

上条「………まさか」

麦野「大丈夫よ。別に本当に完全な全裸では外歩かさないわよ」

上条「だよな」ホッ


麦野「首輪くらいはつけさせてあげるから」

上条「不幸だ」


上条(まさか全裸に首輪で外歩く事になるなんて…完全な変態じゃないか……)

麦野「大丈夫よ。もうひとつ衣類つけさせてあげるから」

上条「ああ、コートとか?」

麦野「はい、犬耳カチューシャ」

上条「………」

麦野「それじゃいくわよ」グイ

上条「待て待て待て待て」

麦野「んもぅ、何よ?早くしてよね」

上条「麦野さんの中ではカチューシャが衣類に入るんでせうか」

麦野「なんなら私がつけてあげようか?」

上条「…いや、いいです。そんなんなら自分がつけます…」

麦野「どういう意味だコラ」


麦野「じゃ、首輪にリードもつけた事だし行きますか」

上条「ちなみにどこへ」

麦野「…」ゲシ

上条「いだっ?!何を」

麦野「何二足歩行してんの?今のあんたは犬でしょ?早く四つん這いになりなさい?」

上条「」

麦野「は・や・く♪」ニッコリ

上条「」



麦野「さて…じゃ、公園に行こっか?」ニコ

麦野「あれよね。夜のお散歩デートってやつ?」

麦野「私あんたといっぺんこーいう事してみたかったのよ」

上条(今の状況がまともなら今の台詞は最高にグッとくるんだが)

麦野「んー…とりあえずその辺あるこっか」

上条「へーい…」

麦野「ちょっと?『わん』でしょう?」ニッコリ

上条「わーん…」

上条(知り合いに見つかったらどうしよう…)ガタガタ



麦野「さて。公園についたはいいけど…」

麦野「誰も居ないわね?つまんないの」

上条(よっしゃ)

麦野「まあ最終下刻時間過ぎてるし当たり前と言えば当たり前だけどさ」

上条(そろそろ膝の皿と手のひら痛い)

麦野「…『わん』以外の言葉を発するのを許可してあげるわよ」


上条「あの、そろそろ膝と手が痛いんだけど」

麦野「もうちょっと頑張んなさい」

上条(今の今まで知り合い…人に見つかってないのが奇跡過ぎるな)


麦野「ちょっとベンチで休憩」

上条(座り方が優雅だ。意外と育ちはいいのかな)

麦野「はー…なんかマ●コ乾いてきちゃった…」

麦野「ちょっと舐めてくんない?」パカッ

上条(前言撤回。ノーパンで大きく股を開くのが育ちいいわけないわ)

麦野「せっかくだし…犬みたいに鳴きながらね?」

上条「わん」


上条「はぷ。…ちゃっ、ちゃっ…」レロレロ

上条「んぷ…」

麦野「あー…いいわぁ…あんたマ●コ舐めるのも上手よね」

麦野「ホント最高」

上条(複雑だな)

麦野「…ん?」

上条「?」

麦野「…ああ、あんたはそのまま舐めてなさい」

上条「?」

麦野「いいから」

上条「わん」


麦野「美味しい?私のマ●コ」

上条「わん」

麦野「よねー」

上条(…って言っとけばいいんだろ?)

麦野「…んでさ、」

麦野「あんたは何の用?私は今オトコにマ●コしゃぶらせるので忙しいんだけど」

上条「?!」

上条(おい!まさか後ろに誰かいるのか?!)


麦野「話くらいなら聞いてやるけど?超電磁砲?」


上条(えっ)

上条「…」チラ


美琴「………」


上条「」


美琴「……あんた、何してんのよ」

上条「いやえっと」

麦野「ほら…あんたはちゃんと舐めて」グイ
上条「わぷ」

麦野「おっかしーなー?品性溢れるお子さまなお嬢様の常磐台生はもうおねむだったと思ったんだけど」

美琴「…この前の事、あんたに謝ろうと思って…電話して、メールしても通じないから、」

麦野「無視されてる時点で察しろよ」

美琴「うっさいわよ!あんたに話してない!」

麦野「はいはい」クスクス

上条(というか今上条さんは羞恥心で死にそう)


美琴「…ねぇ、あんた何でそいつに」

上条(やめてこれ以上上条さんを見ないでくれ)

美琴「わかってる。あんたその女に何か弱味を握られてるんでしょ?」

美琴「ねぇ!言って!せめて償いだけでもしたいの!」

上条(じゃあ今すぐ今見た事全部忘れて立ち去ってくれ…)

麦野「ふーん…?」ニヤニヤ

麦野「ねーえ?当麻」

上条「え?」

麦野「あんたさぁ、私に弱味って握られてたっけ?」


美琴「え…?」

麦野(話合わせなさい?じゃなきゃ……ね?)

上条(そんな?!)

麦野(いいでしょ?あんたもさぁ、第三位に何かされたんでしょ?)

麦野(仕返しよ仕返し。かわいいイタズラ。)

麦野(ね?いいじゃない)

麦野(ちょっとだけ、よ?ちょっとだけ…)ニタァ

上条(……ちょっと、だけ。仕返し…)

上条(いや、そんな事!)

麦野(へーえ?いいの?)


上条(ぐ…)

麦野「何も握られてないわよねぇ?…ああ、あんたのチ●ポは私の手痕ができるくらい握ったけどさ」

美琴「んなっ、」

上条「ああ」

美琴「?!」

麦野「うんうん♪」

麦野「とゆーわけだからさぁ、大した用がないなら帰ってくんないかなぁ?レェールガァン?」

美琴「だから私は謝りに」

麦野「だっからよぉ、それは大した用じゃないだろぉ?」

麦野「私達は今からセックスするの。ぐっちゅぐちゅになるの。」

麦野「わっかんないかなぁ?上条からも暗にお前なんてもう知らんって思われてんのがさぁ?」

美琴「……」ウル

麦野「中坊は帰ってお勉強してろよ。お前の寮監に電話すんぞー?」


美琴「……っ!」ダッ


タタタタタ…


麦野「…く、は。」

麦野「あはははははははははははは!!!」

麦野「ヒヒ、ヒィイイーッッハハハハハハハハハハハハッッハハハハハハハハハハハハハハハハハッッハハハッッハハハハハハハハハハハハハハハハハハッッ!!!」

麦野「ざまぁああみやがれ!あん時の借りもこれでチャラにしてやるかぁあ!?」

麦野「私のオトコに色目使うなんざ10年早ェンだよクソ小娘が!!」

麦野「…誰にも渡すか。こんな極上のオトコを……」

上条「…」ブルッ


麦野「ああ…ごめんね?当麻」ソッ

上条「へ?」

麦野「こんな格好させた上に外連れ回してさ。舌も疲れたでしょう?」ナデナデ

上条「?!」

麦野「…あんた盗られるかと思って第三位にもちょっと意地悪したけどさ」

麦野「その、あとで第三位にもちゃんと言うから」

上条「あ、ああ…」

麦野「お詫びにさ」シュル

上条「?」


麦野「私も当麻と同じ格好になるから…」パサ

上条「同じ?それって」

麦野「…はだか。」ヌギ

麦野「に」

上条「あ、俺についてた首輪と犬耳」

麦野「…」カチッ

上条(麦野さんが…全裸に首輪、犬耳…を)

麦野「この…あんた専用の雌犬麦野沈利を」

麦野「思いっきり犯して」クパァ

上条「」


上条「はあっ…!はぁ、はぁ…!」

麦野「あんっ、あんんっんんっ!」

上条「いい…気持ちイイ…!」

麦野「私もぉ……私もきもちいいっ!」

上条「あったかい…膣内があったかくて肉を掻き分けて…」

上条「柔らかくて」

麦野「柔らかいのおま●こだけじゃないでしょぉ…?」

上条「ああ…胸も、」モミ

麦野「んんっ」

上条「尻も、足も、」ナデ

麦野「んっ…」

上条「全部柔らかい……」

麦野「最高でしょ?私のカラダ」

上条「………」


麦野「あのさ」

上条「…何」

麦野「私のモノになりなよ」

上条「お断りだ」

麦野「なんでよ。金に不自由はさせないし、私とカラダの相性も最高じゃない」

上条「出会い頭にレイプされたやつと付き合うわけないだろ」

上条(性格悪いし)

麦野「…だって」

麦野「私…あの時にあんたを一目見た時から」

麦野「―――――。」

上条(…薬のせいだとは言えないな)





上条「じゃ」

麦野「…次もちゃんと呼び出したらすぐに来なさいよ」

上条「できれば呼び出さないでほしいんですがね」

麦野「私から来て欲しいって?」

上条「会いたくないって意味ですから」

麦野「…」プク

上条「可愛く膨れてもイヤなもんはイヤだからな」

麦野「あ、今可愛いって言った」

上条「……」プイ


麦野「わかったわよ。あんたが呼び出されるのがイヤなら…」

上条(お?)

麦野「会いにいくから。」

上条(ちっ)

麦野「…地獄の果てまで」

上条(怖い怖い怖い怖い)


上条「………はぁ」トボトボ

上条(すっかり遅くなっちまったな)

上条(…これから神裂と夜のプロレスかー……)

上条(せめてスローセックスにしてくれないかな…)

上条(激しい時とか半端ないからなぁ…)

上条(…あれ?俺もう今日だけで何発射精した?)

上条(1、2、3……)

上条(…ダメだ、数えんの面倒臭い)

上条(今日は家に帰らないとか?)

上条「……」

上条(ダメだな。明日の授業の準備とかしなきゃいけないし)

上条(はぁー…憂鬱だ…)


上条「ただいまー…?」ガチャ

神裂「!」バッ

神裂「お帰りなさい。…今日もですか?」

上条「え?あ、ああ…ヤってた」

上条(あれ?今日は普通だ。いつものアシンメトリーなヘソ出しシャツとジーパンだ)

神裂「あ、今日は客が来てますよ」

上条「へ?」チラ

オリアナ「はぁい♪ぼうや♪」フリフリ

上条「」


上条(イヤな予感しかしない!!!)

オリアナ「…ちょっと。なんでお姉さんを見てそんな顔をしてるの?」

上条「何の御用でせうか」

オリアナ「やぁね、用がなかったら会いに来ちゃいけないの?」クス

上条「普通は用がないなら来ないだろ。さ、帰れ」

オリアナ「冷たいわ」プク

上条「やかましい!こんな時間に訪ねてくるのも非常識だろ!上条さんはお疲れなんだよ!」

オリアナ「ならお姉さんがマッサージしてあげようかしら?」

オリアナ「とぉ~っても気持ちイイわよ?」ニッコリ

上条「どうせ俺のチンポしごいて射精させるマッサージなんだろ!わかってんだよ!その手は食わないからな!」

オリアナ「あら」


オリアナ「なんだかぼうやが汚れたかしら?童貞だった頃のピュアで可愛いぼうやはどこに?」ハフゥ

上条「じゃかーしい!つかお前にヤられた時は既に上条さん童貞じゃなかったわ!」

オリアナ「え?そうなの?」キョトン

上条「お前は7番目!」

オリアナ「ラッキーセブンね!」グッ

上条「あああムカつく!殴っていいか?殴っていいかな俺!いいよね!?」

オリアナ「んー…お姉さんはどっちでもイケるけどSかMならSの方が」

上条「殴るわ」ブンッ

オリアナ「やだ(怒るのが)早いわ」ヒョイ


オリアナ「ちょっとぼうやで遊んだだけじゃないの」

上条「そうだね、上条さんを押し倒してキスハメで弄んでたね!」

神裂「オリアナ!あなたと言う人は!」

上条「告白と同時に力づくで俺を2番目に犯した上に住み着いた神裂さんは黙ってろ」

神裂「……」ショボン

オリアナ「あらあなたもだったの?意外だわ」


上条「でも色々ウチにお金入れてくれたり宿題教えてくれたり家事やってくれるのはありがとう!」

上条「神裂ねーちんのそういうとこだけは上条さん好きですよ」

神裂「う…///罪滅ぼしと役目もありますから」

オリアナ「…ふーん」

神裂(…好き、ですか)

神裂(…ああ、早くオリアナ帰りませんかね…早く当麻を犯したいです)

神裂(押し倒して、無理矢理キスして。舌を噛まれても口内を舐め回して。)

神裂(それから。当麻のぶっといおちんぽを……)

神裂(私の、おまんこに…)


神裂(ああ…ダメですね。当麻に少しでも甘い言葉をかけられるとどうも発情してしまいます)

神裂(はぁ…犯したい…当麻のをじゅっぽじゅっぽしたいです)

神裂(全身を舐めたおして、口づけしてない場所がないようにしたい…)

神裂(あぁムラムラが止まらなく…!)

上条「…まあ女の人を夜のお外に放り出すのは気が引けるし」

上条「今日は泊まってけよ。ちょうど神裂が買ってきたセックス用布団もあるしな」

神裂「ちょっ!?何を暴露してるんですか!?」

オリアナ「…お姉さん、だいぶあなたに抱いてたイメージが変わったわ」


上条「いやか?イヤならいいぞ帰れ。というかイヤだよな?いつもセックスに使ってる布団で寝させられるなんてさ?な?」

オリアナ「別に構わないわ」フルフル

オリアナ「お姉さんはぼうやとそのセックス用ので一緒に寝るのよね?」ニッコリ

神裂「」

上条「いや一人で寝るから」

神裂「?!」

オリアナ「えー?いいじゃない。一緒に寝ましょう?…激しく絡み合って」

神裂「だ、ダメですっ!!」ダンッ

上条「?!」

神裂「彼は私と寝るんです!か、絡み合って!!」

上条「いや絡み合わないからな?一人で寝るから」


神裂「……」

上条「そんな泣きそうな顔してもダメだからな?」

神裂「私!今日は16時間も当麻チンポを我慢したんですよ!?」

神裂「そんな私に!更に5時間も我慢しろって言うんですか!!」

上条「うーん、ツッコミどころが多すぎて上条さんなんも言えねぇ」

オリアナ「それじゃあお姉さんのココにツッコんでみる?」

上条「胡瓜でもよければツッコんでやるよ」


上条「…俺、シャワー浴びてくるから」

神裂「……」

オリアナ「……」

上条「入ってきたら怒るからな!」

神裂「お仕置き…ですか?」チラッチラッ

オリアナ「あら?それなら…」

上条「殴るからな!抵抗するからな!」


上条「ったく…」ガチャ

上条(…なんとか押しとおれる、か…?)バタン

神裂「背中流しますね」バタン

オリアナ「じゃあお姉さんは前を」

上条「お前るぅああああ!!!」


上条「早い!!早いよ!?まだ入ってから2秒もたってないんだけど?!」

神裂「つまり入ってくるのを待ってはいたが少し体を綺麗にしてからがよかったと?」

神裂「安心してください」ニコ

神裂「色んな女に汚されたあなたを綺麗にするのも私の役目ですから」ニッコリ

上条「綺麗にするだけですまさない気だろその笑顔」


上条「というか俺が言いたいのは」

オリアナ「お姉さんとお風呂でパコパコしたかったのよね?」

オリアナ「大丈夫よ。お姉さんわかってるから」ニッコリ

上条「わかってないよ?お姉さんは一ミリも俺の気持ちわかってないよ?」

オリアナ「えー?せっかくのお泊まりなのよ?」

オリアナ「お姉さんといっぱいぬっちゅぬっちゅしましょうよ」

神裂「そうですよ!(便乗)」

上条「しないから!上条さんはお疲れだっつってんだろ!」



上条(ああ……インデックスだったらなぁ…)

上条(インデックスだったらもっと初々しくて可愛い反応してくれたはずだ…)

上条(「と、とうまと一緒にお風呂!?な、何を考えてるのかな!」)

上条(なんて言ったりさぁ…)


上条(インデックス「もうっ!とうまはえっちなんだよっ///」)

上条(インデックス「主はそーいうのはお許しにはならないんだよ!///」)

神裂「当麻がボーッとしてますね」

オリアナ「チャンスね」

上条(ゲッゲッゲッ!いいじゃねぇかインデックス!たかが一緒にお風呂に入るくらい!)

上条(インデックス「とうまは何を言ってるのかな!?」)

神裂「今の内に私達のカラダで当麻を洗いましょう」

オリアナ「あらお姉さんも参戦していいのかしら?」

神裂「当麻のおちんぽフル勃起させるのが最優先事項ですから」


オリアナ「ふふっ…お姉さんのオッパイ、こーんなに泡だらけ」

神裂「私のカラダも泡でまみれました」

上条(インデックス「ばかぁ!///もうとうまなんて知らないんだよ!///」)

上条(ごめんごめんインデックス!ちょっとからかいたくなっただけさー!)

オリアナ「どういう感じでヤる?」

神裂「当麻をソープマットに寝かせて二人で両側から挟みましょう」

神裂「そしておっぱいと手、時折舌なんかで当麻を洗うんです」

オリアナ「たわし洗いは?」

神裂「許可します」

上条(インデックス「度が過ぎてるかも!///」プンプン)


神裂「当麻、体を洗いますから横にしますね?」

上条(いいじゃねぇか。インデックスみたいな反応してくれる奴はもう上条さんの回りにはいないんですよ)

オリアナ「ニヤニヤしてるけど何を考えてるのかしらね?」

上条(インデックス「えっ?」)

上条(言った通りだインデックス)

上条(もう俺の回りには「一緒に風呂入るか?」って聞いたらマン汁ダラダラ垂らして「うん!お風呂で上条くんのおちんぽいっぱいジュポジュポしてね!」とか)

上条(「じゃあ…上条くんの外も中身もいっぱい綺麗にしちゃおっか?」とか「いっぱい汚しても平気だからお風呂でヤるのっていいよね~」)

上条(とかしかいねーんですよちくせう!)


上条(だから……ん?)

神裂「あは…当麻のカラダ洗いがいあるから好きです」ヌルヌル

オリアナ「んふ…お姉さんもオッパイだけじゃなくて下のお口もヌルヌルしてきちゃった…」

上条「?!」

上条「えっ!?何?!何がどうして上条さんはソープに空間移動したんでせう?!」

神裂「失礼な…私は風俗店の娘ではありません」ヌルヌル

オリアナ「ぼうや専属でならお姉さんなってあげよっか?」クスクス

上条「くそっ!いつの間に!放せ!放せ放せ!」

神裂「ダメです」ガッチリ


上条「放してくれよ!どうせお前らこの後」

上条「あら?ぼうやのスティック酷く汚れてるわ?」

上条「いけませんね、当麻 ココは清潔にしないとダメですよ?お口で今綺麗にしますから…」

上条「とか言うんだろ!わかってるんだよ!疲れてるんだって!」

神裂「……」

オリアナ「……」

上条「ん?」ボッキ

神裂「…おちんぽフル勃起させてるクセに?説得力がありません」

オリアナ「ふーん…やっぱりぼうやは無理矢理が好みなのかしらね?」クスクス

上条「下条のバカ野郎」


神裂「んっ…んっ…」ジュッポジュッポジュッポジュッポ

オリアナ「はぁ…ん」ペロペロペロペロ

上条(神裂にシックスナインの体勢でチンポしゃぶられてる…)

上条(オリアナは胸を押しつけながらひたすら俺の体を舐め回してる…)

上条(神裂の力が強くて俺は抵抗すら出来ない…)

上条(なんで足の指で俺の手首を抑えられるんだよ…)

神裂「はぁ……んっ!おちんぽ!当麻のおちんぽぉっ!」ジュッポジュッポ

上条(神裂、俺をヤってから本当に壊れちゃったな…)


上条(でも正直な話、罪悪感が薄れてきてる)

上条(俺が原因で、神裂…いや他の人も被害者なのに)

上条(俺は…散々レイプされ過ぎて…感情的にはむしろ自分が被害者だとすら思い始めている)

上条(俺の都合なんてお構い無しで、全然親しくない人からいきなり強制的に性行為)

上条(抵抗はするけど…相手は大体俺よりも強くて、エロくて)

上条(…なんか、もう肉体だけじゃなくて心まで疲弊してきた…)

上条(……はぁ…)


オリアナ「んっ…ふ…っふ…」ジュパジュプレロ

オリアナ「れろ…どう?お姉さんとの深ーいキス…」

上条「…」

オリアナ「あん…ダメ。もっとキスさせて」

オリアナ「あなたの顔見てるとお姉さんもう我慢できなくなっちゃう…」

上条「………」

上条(もう、好きにしてくれ)


神裂「はんっ!あんっ!あんっ、あんっ!」

オリアナ「あん…次はお姉さんだからね?次はお姉さんのオマンコにいっぱいぼうやチンポブチ込んでもらうんだから!」

神裂「んっ、ふっ、ふぁっ……う、」

神裂「やっぱり最高です…もう手放せません…んんっ」

オリアナ「ちょっと!何2回目に入ろうとしてるの!」

神裂「だ、だってぇ!止まらない!腰が止まらないんです!」

オリアナ「言い訳になってないわ!お姉さんだってチンポほしい!」

神裂「すみません…次はあなたが連続3回してもいいですから」

オリアナ「本当?まあそれなら…」

上条(俺の意思は?)


オリアナ「あああ!!あ!ああ!!ああああ!!!」

オリアナ「いい!!いいわ!最っ高!」

オリアナ「いひぃ!いい!いい!いい!」

上条(あーそういえばオリアナ叫ぶ派だったっけなぁ…)

上条(うるさい)

オリアナ「ああああ!!ああ!ふぁああああ!!!」


上条(乳がばるんばるん揺れてる)

上条(もう見慣れた)

上条(吹寄や黄泉川先生、木山さんもだし神裂や麦野さんも乳はデカイからなぁ)

上条(口から涎が垂れて、目も少し焦点合わず、虚ろだ)

上条(もうこれ麻薬患者とかだよな…)

上条(はは……もうこれ上条印の精液を売り出したらめちゃくちゃ大儲けできるんじゃないか?)

上条(やらないけどさ)

オリアナ「チンポいい!ぼうやのチンポ凶悪すぎるわぁ!いい!いいの!もっと!もっともっともっと!」

オリアナ「突いてぇ!いっぱい突いてっ!」

上条(早く解毒剤…いやでもインデックスを性的に見れれば、)

上条(でもそれだとインデックスもこうなっちゃうんだよな……)


上条(それはダメだよな…)

上条「………」

上条(どうしたらいいんだろうな)

上条(もう俺、何にもわからなくなっちゃったよ)

上条(佐天だけじゃなくて…誰か年上の人とかに相談してみようかな)





上条「―――というわけなんだ」

オッレルス「………なるほど」




オッレルス(何故俺を選んだ)


上条「でもよかったよアンタがたまたま学園都市のDVDレンタル屋でプラプラしてて」

オッレルス「えっ、ああうん今日はオフでね…」

上条「ははっ、ホントよかったよ…どうやって連絡とればいいかわかんなかったし」

オッレルス(えっ、俺第一希望だったんだ?
      誰々がダメだったとこにたまたまとかじゃないんだ?)

上条「俺…あんたなら何か全てをいい方へ持っていってくれる案を出してくれるって思って…」

オッレルス「いやっ…君はちょっと私を買い被りすぎじゃないかな」

上条「もしかしたら俺の体質もあんたならなんとか、」

オッレルス「いやできないできない。魔術ならともかく科学の薬とか私は全くわからないからね?」


上条「頼むよ…っ あんただけが、頼りなんだ…っ」

オッレルス「いやいやそんな事ないだろう?ほら…親御さんには言ったのかい?」

上条「言えるわけないだろ!こんなこと!もし言ったら…」

オッレルス「それはそうかも知れないが…」

上条「もういいだろ!俺はあんたの意見が聞きたいんだよ!」

上条「魔神にあと一歩手が届かなかったくらいの人生経験豊富なあんたの意見が!」

オッレルス「君は魔神をなんだと…まぁ構わないが」


オッレルス「そうだな、まずその木山さんと一緒、あるいは木山さんとだけコンタクトを取れるようにしてから隠れた方がいい」

オッレルス「私ならそうするよ」

上条「犠牲者を出さないためか?」

オッレルス「そうだ。君は視認した、あるいは元からタイプだった女性を自身の虜にする」

オッレルス「まず君自身が皆からどこかに隔離されなければ被害は増加する一方だ」

オッレルス「…というかこれくらいは思いついて欲しかったね。被害が大きくなる前に」

上条「う…」


オッレルス「まあ気持ちは解るよ。正直私だって、いやもし俺が君だったらしばらくその能力で遊ぶさ」

上条「」

上条「え~……嘘だ~」

オッレルス「そんなに意外かい?俺だってちゃんとおしべついてる雄だよ」

オッレルス「性欲だって人並みかそれ以上はある」

上条「へぇ…」


オッレルス「君がホントは逆レされる事を望んでいた、というのはまあ置いといて」

オッレルス「その木山さんに本格的にワクチンを作ってもらう」

オッレルス「セックスはもう基本誰ともしてはいけない」

オッレルス「麻薬なんかと同じだ。とにかくまず中毒や依存性があるものと手を切る事が大事だ」

上条「なるほど」コクン

オッレルス「…あとは探しだされないような隠れ家を…ふむ」




オッレルス「しばらく私達と暮らすかい?」

上条「えっ?」


上条「いや何言ってんですか」

オッレルス「私は構わないってだけさ」

上条「…もしあんたの周りの人間関係を壊したら」
オッレルス「…」


オッレルス「しまったな、考えてなかった」

上条「うぉいっ」


オッレルス「うーん、しかも女性の聖人仲間がいるんだよな」

上条「最悪じゃねーか?!」

上条「おいおい!俺はあんたの仲間堕とすなんて真似したくないぞ?!」

オッレルス「ああ、私もビッチなシルビアは見たくな、」

オッレルス「……」

オッレルス「見たくないし」

上条「ねぇ今迷わなかった?」

オッレルス「気のせい気のせい」

オッレルス「…よし、アレだな。こうしよう」


オッレルス「君のクローンを作って、君の脳を移す」

上条「」

オッレルス「それか科学サイドお得意のサイボーグ化、機械化、AIM拡散力場体化」

上条「きゃっかぁぁああ!!!」

オッレルス「冗談だよ」ハハ

上条「真面目に考えてくれよ!」

オッレルス「…では、真面目に答えようか」



オッレルス「私を禁書目録に会わせてくれないか?」

上条「……へ?」



オッレルス「ダメかな?君の計らいならば可能かとも思ったんだが」

上条「……」

オッレルス「何らかの思惑があるかと警戒しているのかい?」

上条「インデックスに何かしたり」

オッレルス「しないよ。先に言っておくがこれはただの善意だよ」

オッレルス「具体的に会ってどうするかと言えば、強力な体質改善をしていく薬の調合レシピと道具の作り方を閲覧するだけだ」

オッレルス「霊薬の一種なんだけどね、世俗を離れる…いわば仙人化していくための薬膳で、製法は東洋の仙術の分野なんだ」

オッレルス「私も存在やおおまかな製法は知っているが君のような特殊なケースに対応するためには詳細と応用の仕方が載っている原典の知識がいる」

オッレルス「私の専門は北欧神話だし…やはり万が一間違えてしまうのは恐いしね」

上条「……」

オッレルス「…どうかしたのか?」

上条「…その、」


上条「さっきは説明しなかったけど、」

オッレルス「君と彼女の間に確執があって、会う事が難しい状態のことかい?」

上条「…なんで」

オッレルス「すまないね、私も独自の情報網は持っているんだよ」

オッレルス「…実はね、本当は私は君の現状を知っていたんだ。…今の答えも最初から用意していた」

オッレルス「だが君は嫌がるだろうと思ってこの提案は避けていたんだ」

オッレルス「…残念ながら私にはこの案しか出す事は出来ない」

オッレルス「もし、君に彼女との関係が更に悪化するかもしれないリスクを背負う勇気があるなら…」

上条「…」

オッレルス「…教えてくれないか?」

オッレルス「君の本気具合を」

上条「…」


上条「…」

オッレルス「…」

上条「その、何かしらの」

オッレルス「手助けかい?」

上条「…だって…俺1人じゃ、…今迄あんなに頑張ってもダメで、」

オッレルス「…そうだね、確かにヘルプ無しでは可哀想だ」フム

上条「!」

オッレルス「よし、」

オッレルス「シルビアを怒らせた時にやると絶対笑って許してくれる”ダンシング土下座”…」



オッレルス「それを彼女の前で披露してあげるよ!」 ド ン !!

上条「死ね」


オッレルス「待て!中々侮れないんだよコレ!何せフィアンマやブリュンヒルドにやっても効果覿面で!」

上条「うっせーよ!100%空気凍るわ!」

オッレルス「いやホントいっぺん騙されたと思って!」

上条「しつけーよ!他のでお願いします!」

オッレルス「そうか…」

上条「ついて来なくてもいいからさ、何かせめてアドバイスとか」

オッレルス「ん?んー…」


オッレルス「というよりも。私より君の方が女性の扱い方を心得ているんじゃないのかな?」

上条「何言ってんですか。俺は一方的に襲われてるだけですよ」

上条「…ちゃんと、カラダだけじゃなくてココロが通じ合うとか…その人間性を好きだって感じる事なんてないし…」

上条「嫌いじゃない。むしろ好きだ。でも恋愛感情は」

オッレルス「…」

上条「頼むよ。俺…そういうの、わからないんだ」

オッレルス「…」

オッレルス「…誠意と謝罪。心が篭ったプレゼント」

オッレルス「それから…彼女の理由をよく聞いて、理解し、優しい言葉と頭を撫でたり肩を抱いてキス」

オッレルス「これでダメなら私には手に負えないかな」

上条「ありがとうございます。…やってみます」

オッレルス「いいさ。色々な準備が完了したらこの通信霊装から知らせてくれ」つ

オッレルス「ああ、もちろん君が右手で壊さないように布を巻いておくよ」

上条「ありがとうございます」


上条「そういえば…なんかすっごく女性の事わかってますけども」

オッレルス「ハハ、何言ってるんだ。俺だってわからないよ?」

オッレルス「女性の事なんてね、男は一生理解出来ないものだよ」

オッレルス「どんなによく理解してるつもりでも。それはわかった気になってるだけさ」

オッレルス「その人に慣れていて、その人の事情を多少知っているってだけに過ぎないんだ」



オッレルス「君もいつか何人かと付き合い、別れればわかるさ」

上条「…」


上条「…」テクテク

上条(インデックスと会う、か…)テクテク

上条(今度ダメだったら…)テクテク

上条「 …帰ったら荷造りするか」


プップー!

上条「?」



雲川「奇遇だな、上条」



上条「あ、えっと、」

雲川「なんだ、先輩の顔も忘れたか?それはちと寂しいのだけど?」

上条「そういうわけじゃ」

雲川「ほら、家まで送って行こう。車に乗れ」

上条「あ、ありがとうございます」

雲川「今ドアを開けさせる。…おい!」

運転手「かしこまりました」



ブロロロ…



雲川「…で?お前、むぁた厄介ごとに首突っ込みに何処ぞに旅立つ気か?」

上条「そういうわけじゃないですよ」

雲川「そうか。じゃあ何処に旅立つ気だ?」

上条「なんで旅立つ前提なんですか」

雲川「さっきの店に私もいた。…で伝わるか?」

上条「…はい」


雲川「…悪いな。盗み聞きした形になってしまったのだけど」

上条「いいっすよ」

雲川「…恋人か?」

上条「ぶっはっ?!いや!あいつはそんなんじゃ!もっと大事な、いやなんというか、」

雲川「ぷっ。はははは…何をそんなに狼狽えている?」クックックッ

上条「えっと」

雲川「そうか。まぁ何でもいいが頑張れ」

上条「はい…」


ブロロロ…



上条「…」

上条(そういえば…先輩は俺に欲情しないな?)

雲川「…」

上条(ぶっちゃけ先輩はスタイルいいし…好みなんだけど)

雲川「…」ファサッ

上条(あ、めっちゃいい匂いする…なんのシャンプー使ってんだろ)

雲川「…」フゥ

上条(あ、今胸の谷間見えた)

雲川「…」スッ

上条(足を優雅に組み直した。太くないのに触ったら気持ち良さそうな太もも…)

雲川「…ん?なんだ、さっきからチラチラ見て。私に惚れたか?」

上条「いやっ!別に!」

雲川「ははは!そんなに気にしなくていい。私も男のそういうのは理解しているのだけど?」ニコッ

上条「あ、う」カァ


雲川「おっと。ちなみになんだが」

上条「はい」

雲川「ちょっと私のウチに寄らせて欲しいのだけど」

上条「あ!はい!もちろん!大丈夫です!」

雲川「悪いな」


ブロロロ…




上条「……んあ?」パチ


上条「…あれ?」

上条「俺…確か車で、」


ジャラ。



上条「…なんで、俺ベッドにロープと鎖でガチガチに腕縛られてるんだ?」



雲川「あ、起きたか?」ズズ

上条(椅子でくつろぎながら紅茶飲んでる)

上条「あの、」

雲川「ああ、大丈夫だ。お前が何を言いたいかは大体わかってるのだけど」

雲川「心配するな。私は別にお前に何か危害を加えるわけじゃない」


雲川「ただ、」

雲川「これからずーーーーーーっと。お前をここで養って、一緒に幸せに暮らしていくだけなのだけど」ニコッ!

上条「」


雲川「いやでも実際良くないか?お前の成績や能力からして、この先現実的に食べて行こうと思ったとしてもそこまでいい職場にはありつけない」

雲川「社会の厳しさも辛く苦しい思いもこれから一生しなくて済む」

雲川「もし一緒に暮らして行く中で私に問題があるなら出来うる限り改善しよう」

雲川「お前がさっきイヤラシイ目で見てたこのカラダも…」パサ

雲川「…触り放題。」

雲川「…犯し放題。」

雲川「…お前の好きにしていい。」

雲川「将来の不安なんてなくなるぞ?楽になれる」

雲川「なあ」

雲川「もう、全部忘れて私に飼育されてみないか?」ツツ

上条「…う、」


雲川「何、私は他のメスと違って無理にお前を求めないのだけど?」

雲川「私もお前の性事情は知ってる。そして、私もその対象ではあるが色欲衝動にも耐えられる」

雲川「…それに今は縛っているがお前が逃げ出さないと確信できたら拘束も外す」

雲川「ああ、食べたい物もやりたい事も全部用意しよう」

雲川「お前が欲しいモノの大半は用意出来る」

雲川「それに…私はお前の意思は出来る限り尊重する」

雲川「学習装置を使わなかった事がその証明なのだけど」

雲川「使わなかった…その意味、わかるよな?」

上条「…」


雲川「はぁっ…んっ…」

上条「…ぅ」

雲川「あはっ、まさか寝てるお前の上に被される時がくるとは思わなかったのだけど」

雲川「ほーら。おっぱいで顔挟んでやろう」パフッ

上条「あ、ぅ」

雲川「他の女よりも気持ちいいと思うのだけど」ムニュムニュ

雲川「今日からこの乳はお前のだ。好きに吸っても構わんぞ?うりうり。」

上条「く…ぁ、ふぁ、」

上条(先輩…さっきまで普通だったのに)

上条(…ああ、俺が、あの時先輩に劣情を抱いた、から、)

雲川「…」

上条(先輩の目…理性は残ってるけど、感情が暴走してるって感じだ)

上条(う…先輩、ごめんなさい…!)

上条(ちくしょう。慣れてたはずなのに、わかってたはずなのに)

上条(俺は、また、被害者を)


上条(…情けねぇ)

上条「……」ツ-…

雲川「…何を泣いてる?」

上条「…」ポロポロ

上条「ぜんばい、ごめん…!ごめんなざ、い」

雲川「んー?…ああ、別に問題ない」

雲川「優しいな、お前は」

雲川「…ほら、かき抱いてやろう」ギュ

上条(ああ…あったかい…)

雲川「気にしなくていい。元々私はお前が好きだったし」

雲川「というか私こそ悪かった。こんな真似までしてお前を縛りつけた」

上条「…あの、よかったら拘束を解いて」

雲川「すまないな。私も感情の暴走を完全に制御できるわけじゃない」


雲川「…なぁ」

上条「?」

雲川「もし私の事に対して責任を取ってくれるなら…しばらくでいい。私と一緒にいてくれないか?」

上条「えっ」

雲川「お前と共にいる事は私も心の底から望んでいた事なのだけど」

雲川「…短期間だけだ。もし少しでも私に悪いと思っているのなら。もし少しでも責任を取るつもりがあるのなら」

雲川「もし、こんなことをした私を、…少しでも私を好きでいてくれるなら」

雲川「…頼む。しばらくは私の情欲とお前への好意を…受け止めてほしい」

上条「先輩…」

雲川「ん…」チュ

上条「んっ、」

雲川「…キス。私が今までお前にしたかった分だけじゃ済まないからな」

上条「…はい」

雲川「それじゃあ…今から抱く。疲れや満足なんて知らないくらいに…」

雲川「めちゃくちゃに。あの手この手、私の性知識をフルに使って…」





雲川「お前に悦楽という言葉の意味をカラダに教え込む」ペロ


雲川「ん…ふふ、」サワ...サワ

上条「ふぁら、ぁあ…」

雲川「胸板愛撫されるの気持ちいいか?」

上条「うっく、」

雲川「ふふ…お前敏感すぎなのだけど」クスクス

上条(先輩の細い指が、気持ちいい…!)

雲川「可愛いなぁ、当麻は」

雲川「そんな可愛い当麻は気持ちいいところ全部をよしよししてやろう」

上条「あ、う」


雲川「裏筋。亀頭。カリ首。…ふふ、優しく、優しく」

上条「ふ、う、ああっ、」

雲川「気持ちいいか?ん?」

上条「きもち、いいです…」

雲川「…それじゃ」チュ

上条「んむぅっ…」

雲川「そろそろ挿入しようか。膣道でたっぷり締めつけてしごいてやろう」ニコッ




ズプッ。




雲川「…ッ、っく」

上条「…先輩、やっぱり…」

雲川「まあな。私がお前以外にカラダを許すわけがないのだけど」

雲川「…しかしアレだな。残念だ」ヌプヌプヌプヌプ

上条「ぅあっ!先輩ぃっ…もうそんな動い、てっ…」

雲川「腹立たしい。非常に腹立たしいのだけど。」

じゅっぷじゅっぷ。


雲川「なんで私はお前に初モノをくれてやったというのにお前は初めてじゃないんだか」

上条「すみません…」


雲川「まぁそうでなければ私がお前と繋がるなんて出来なかったのだけど」

上条「…」

雲川「はぁ…ああ、…気持ちいい…他のメスどもが群がる理由も理解できるのだけど」

雲川「麻薬成分でも出てるのか?お前のペニスは」

上条「あながち否定は出来ないなぁ…」ハハ..

雲川「そういえばおっぱいは揉まないのか?お前、大きいの好きだろう?」

雲川「私、それなりに大きい方だと自負しているのだけど」

上条「それじゃ…」モミ

雲川「ぅあんっ!」

上条「ぷ。先輩可愛い声出したな」

雲川「うー…お前上手いなやっぱり。…なんだか複雑なのだけど」

雲川「お前の腕を鎖で縛っているから私がおっぱいをそちらへやらないといけないのだけど…んっ」

雲川「どうだ?この覆いかぶさられて目の前でおっぱいがぶらさげられてるのは」

雲川「中々にそそるだろう?」

上条「…えぇまぁ、はい。」


上条(見慣れてはいるけど確かにちょっとは反応しちまうかな)モニュモニュモニュ

雲川「…ああ、お前は見慣れていたか」

上条(心読まれた?!)モニュモニュ

.


雲川「ん?いや別に心を読んだわけじゃないのだけど」

上条(読んでますやんけ)モニュモニュ

雲川「ふふっ…違う違う。単にお前がわかりやすいってだけなのだけど?…あっん…」

上条(もっかい言いますね?読んでますやんけ)

雲川「私は別に第五位みたいな読心能力はもっていないのだけど」

雲川「ほら、長期間その人の顔を見ているとなんとなくその人が考えている事がわかったりするだろう?」

雲川「私は、そのくらいお前の事を見てきたのだけど」

上条「えっ…?」

.


雲川「ずっとだ。ずっと前からお前の事を見てた」

雲川「お前は気付かなかっただろうな。気付かせないようにしていたというのもあるのだけど」

雲川「好き。」

雲川「好きだ。お前の事が好きで好きでたまらないのだけど」

上条「先輩…」

雲川「はは、おかしいな。いつもならもっとうまく…スラスラと相手を手玉に取る話術を使えるのだけど」

雲川「いかんな。お前相手だと上手く話せない。ポンコツになってしまうのだけど」

.


上条「…」

雲川「上条」

上条「はい」

雲川「好き。」ギュ

上条「…」

雲川「好きなのだけど」ギュウ

上条「…ありがとうございます」

雲川「すごくだ」

上条「…」

上条「先ぱ、」

雲川「んむっ…ちゅ」

上条「…」

.


雲川「んむ…あ、そろそろ射精するだろう?しっかり私のオマンコの中に射精して欲しいのだけど」

上条「先輩、引き返せなくなるから、それは」

雲川「何を。どの道、この体勢からでは抜けないだろうに」

上条(ハメられた…いや二重の意味で)

雲川「孕ませてくれてもいいのだけど」

上条「流石にそれはダメです」

.


雲川「…ああ、そうか。そうだな早く孕んでしまっては子作りじゃない快楽セックスができなくなってしまうしな」

上条「そういう事じゃな、」

雲川「ダメか…?」ムニ

上条「…胸をおひつけふぁいへくだふぁい」

雲川「と言いつつもおっぱいで顔挟まれてすごい嬉しそうなのだけど?」ニヤニヤ

上条(ぶっちゃけ最高です)

雲川「ほれほれーぱふぱふー」ムニュムニュム

上条「おむぅ…」


雲川「そーら…私のおっぱい、好きなだけ吸うといい」

上条「んむ、んむぅ」

雲川「気持ちいい?まぁ気持ちいい以外の感想はないはずなのだけど」

上条「…っ、」

雲川「…あ、射精る…射精てる…」

上条「…」


雲川「ふふ…い~っぱい射精したな♪」

上条「ハァ、ハァ…」

雲川「…さてウォーミングアップはこんなもんかな」

上条「へ?」

雲川「おいおいさっきちゃんと言ったはずなのだけど?」

雲川「『今から抱く。疲れや満足なんて知らないくらいに…」

雲川「めちゃくちゃに。あの手この手、私の性知識をフルに使って…」

雲川「お前に悦楽という言葉の意味をカラダに教え込む』ってな」

雲川「安心して欲しい。”痛くは”しない」

上条「”痛くは”って、俺一体何をされ」














\あーーー/


<⚫︎><⚫︎>
<⚫︎><⚫︎><⚫︎><⚫︎>
<⚫︎><⚫︎><⚫︎><⚫︎><⚫︎><⚫︎>

フッ



黒手マスクの少女「ーーーらしいけど。どうすんの?」

木山「…」



清ヶ「なぁ、なんでこの暗部御用達の”屍食部隊”(スカベンジャー)がデバガメなんてしてんだろ」

ヤッくん「仕方ないよ。なぜかリーダーが受けちゃったんだし」

ナル「あいつ、別にボクたちが嫌いな”センセー”でも”いい子ちゃん”でもないのにねー」

清ヶ「リーダーの考えがイマイチわからない」

ナル「んー、でもさでもさ?仮にやるとしてー、ボクらであの彼女の要塞突破は難しいんじゃないかなぁ?」

ヤッくん「なんでよ?あんなのただの家じゃない」

ナル「いやいや。なんかさ、リーダー曰くトンデモな家らしくてさ」

清ヶ「近辺に隠されてるキャパシティダウンで能力も使えなくなるらしい」

ヤッくん「へー」

ナル「武装もすごいらしいし他にもペンタゴン並みの防護策が施されてる、んだってさー」

ヤッくん「それでリーダーの鳥瞰俯瞰(プレデター)で超遠距離から覗くって?大丈夫なのかな」

ナル「さぁ?まーボクらはリーダーに従うだけさ」


黒手マスクの少女「ねーねー?何とか言えよぉ」

木山「なンとか」

黒手マスクの少女「あ、そのギャグやめてくんない?やな事思い出して虫唾が走るから」

木山「…監視、じゃないな鑑賞用のカメラから当麻が外れたから探してみればコレとはね」

木山「厄介だな、全く」

黒手マスクの少女「でー?どーすんのさー」

黒手マスクの少女「まぁこれだけお金積んでくれるなら仕事はするよ?」

木山「そうかい。なら依頼内容の上条当麻奪還の点に変更はない。このまま続行してくれたまえ」

黒手マスクの少女「了解」


木山「…」

木山「…上等だ雲川芹亜」

木山「言っておくが、私は手段を選ぶつもりはないぞ」

木山「この街を敵に回してでも、私は止まるわけにはいかないんだよ」

木山「当麻が私を嫌おうが構わない」

木山「手に入れる。私の、私だけの雄にする…」

木山「絶対に逃さん」


~別ポイント~

麦野「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す」

絹旗「気持ちは超わかりますが…超キレ過ぎでは?」

麦野「うるせぇ殺すぞ」

浜面(上条ぉ…お前なにしてんだよ…やめろよー頼むからよぉー)

滝壺「大丈夫。そんなむぎのガチギレに怯えるはまづらを私は応援してる」

滝壺「ふぁいと!」ガッツ!

浜面「お、おう…ありがとな」


黒夜絹旗「「チッ!!!」」


黒夜「つーかよぉ、アイテム総力、”新入生”のメンバー、オマケに第2位も召集っつーからきてみたら」

シルバークロース「ヤル気がなくなるな」

白垣根「同じくですね」

麦野「テメェらのチ⚫︎ポ引き千切ってやろうか?ああ?!」

浜面「ま、まぁまぁ麦野!この際スッパリ諦めた方が良くないか?あいつに手を出すのも不味いし男なんて星の数ほどいるしーーーーーーー





麦野「ーーーーで?この奪還作戦に反対するバカはコイツ以外にはいねぇーよな?」パンパン


はmっら?「」

滝壺「はまづらーーー!」

白垣根黒夜絹旗「「「いません」」」


麦野「あ〝ーー!あのクソアママジムカつく!!」

麦野「絶対に殺す!!殺す!殺す殺す!あのクソアマの乳を焼き千切って目ん玉ほじくり返して髪を頭皮ごとぶっこぬいて」ブツブツブツブツブツ

シルバークロース(流石第4位だ。恐ろしいな うん)



絹旗「上条…か」

黒夜「ンだよ絹旗ちゃん。浜ちゃんからあいつに鞍替えかぁ?」ヘケケケ

絹旗「超ちがいますから!というか浜面も超好きじゃないですし!」

黒夜「好きとかなんて言ってねぇんだけど?」

絹旗「…」



絹旗「窒素装甲(オフェンスアーマー)!」

黒夜「窒素爆槍(ボンバーランス)!!!」


~某所にて~

神裂「…」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

オリアナ「あらやだ魔神がいるわ」

神裂「…よくも、よくも…!」

神裂「当麻も当麻です!!!私というものがありながら!!」グスン

神裂「あんなに交わったじゃないですか…『神裂とのセックスが一番気持ちいい』とか言ってくれてたじゃないですか…」クスンクスン

オリアナ「あらそうなの?お姉さん妬けちゃうな」

神裂「もう妻と言っても過言ではないというのに!」

オリアナ「押しかけてるだけでしょ?」

神裂「うっせぇんだよド素人がッッッ!!!」

オリアナ「荒れてるわねぇ」


オリアナ「で?どうする気なのかしら?」

神裂「…天草式を全員呼び出します」

オリアナ「かっげきー」

神裂「騎士団長も呼び出します。デートでもなんでもすると言えばノコノコ来るでしょう」

オリアナ「あなたが女を使うようになふなんてね」

神裂「なりふり構ってはいられないということです」

神裂「というかあなたはいいのですか?当麻ちんぽ盗られても」

オリアナ「んー、嫌よ?絶対。」

オリアナ「だからまぁ、お姉さんも協力しちゃう」

神裂「感謝します」


~とある公園~

土御門「…というわけで。カミやん争奪戦が今ここに開幕してるわけだにゃー」

御坂「…あのばか」

姫神「そんな。」

吹寄「あいつそんなに手ェ出してたのね…呆れた」

黄泉川「…」

黄泉川「よし、校内放送で恥ずかしい要件で呼び出して始末するじゃん」

姫神「よし。」

吹寄「異議なし」

御坂「えっ」





食蜂「ちょぉ~っと待ったぁ!」

御坂「げっ…」


食蜂「相変わらずの反応力ねぇ御坂さん」

御坂「…やっぱりあんたも?」

食蜂「諸事情あって彼とスる度に心が痛かったけどねぇ」

御坂「諸事情?」

食蜂「そ。諸事情」

食蜂「で、本題なんだけどぉ、あの女にこれだけの戦力とさっきの戦術じゃ勝てないわぁ」

御坂「レベル5が二人もいるのに?」

黄泉川「先生もいるのにかじゃん?」

食蜂「暴力以外の物事を解決することに長けてるのよぉ?あの先輩」

食蜂「…とんでもなく、ね」

御坂「それで?何か勝算が?」

食蜂「もっちろぉん!」


食蜂「それじゃ説明するわぁ」

御坂「早くね」

食蜂「御坂さん冷たぁい」プク

御坂「そういうのいいから」

食蜂「はいはい…」



~次の日~


上条「ハァ、ハァ…」

上条(…結局登校するまでヤッていったな先輩)

上条「色んな所を犯された感じがしますのことよ」

上条(にしても学校すら行かせないって)

上条(まぁ犠牲者を増やさないためにも、既存の中毒の奴の依存を止めるためにも必要な措置か)



上条「…」

上条「…」



上条(そういえばどれだけぶりだろ)

上条(こんな風にゆっくりと過ごすのって)

上条「…」

上条(今までずっと休みなんてあってないようなもんだったしなぁ…)

上条(いつもなんやかんやで襲われて犯されて抱かれて)

上条(絶対近い内に死ぬって思ってたしな)

上条(…寝よ)コテン

上条「…」

上条「zzz」


.


~とある高校~

雲川「…」スタスタ

雲川(さて、これでバトルフィールドは出来上がりだ)


雲川(現時点での布陣は)

雲川(土御門元春扇動の超電磁砲、精神掌握、吸血殺し、爆乳教師と爆乳委員長[雰囲気だけは]チーム。)

雲川(運び屋、及び天草十字と…(いや、イギリスの騎士派も考慮すべきか?)その他魔術師達(誰が参戦、及び絡むかはまだ何とも言えないのだけど)の連合。)

雲川(木山春生(本件の発端…まさか自分が作ったモノの手綱すら握れないヤツとはな)と暗部(屍喰い部隊…まぁこいつらは大した事ないか)チーム。)

雲川(”アイテム”(というよりは第4位か)”新入生”達の連合(だが恐らくは第4位の独りよがりの烏合の衆。容易く瓦解させられそうなのだけど)チーム。)

雲川(それと…魔神未満チームがしびれを切らすか、連絡を取ってきた時の事も考えると上条当麻争い勢力の一つとして見るべきか)

雲川(後は…上条当麻をレイプした他の女達か)

雲川(現時点では、彼女らは徒党を組んでないようだが…どう動かすかな)

雲川(だが彼女らをこちらに引き込むのはダメだな。(当麻とのセックス権や精液摂取を餌にする事はできるが)根本的な解決にならん(裏切りが簡単に起きるだろう)。)

雲川(この6チームなのだけど)


.





雲川(当麻を救うには、幸せにしてやるためには。まずはこの爛れた現状を変えなければならないのだけど)



.


雲川(私は単に独占するために当麻を囲ったわけではない)

雲川(あいつを救ってやりたい(そしてあわよくば私のモノにしたい!!))

雲川(ただ、それだけなのだけど!!)グッ

.


雲川(そして、それが出来うるのは私を置いて他にはいない(男で当麻を救おうとする奴はあまり居ないだろうし、女では無条件に堕ちるからな))

雲川(どいつもこいつも当麻を貪る事しか考えていないのだけど(魔神未満チームは除いて))

雲川(私は耐えられる。(事前に自己暗示と薬を飲んだのだけど)故に、当麻を守りながらこの狂った肉欲の宴を壊しにかかれる)

雲川(当麻の精液は解析に回してワクチン製薬を指示済み。(極めて個人的な欲求を満たしつつもサンプル確保する事ができた))

.


雲川(…私がこれからすべき事は襲い来る奴等を蹴散らす事)

雲川(そして当麻の心をインデックスから私へとシフトさせていく事。)

雲川(私も当麻と彼女が別れた経緯を知っている。だから言うが、(仮に再会しても仮にもう一度共に生きたとしても)お互い不幸にしかならない(ついでに私も))

雲川(つまり、当麻を幸せにしてやるためには(ひいては私も幸せになるには)当麻の興味の対象を私へ変えなければならないのだけど)

雲川(まぁ、これはほぼ最優先に徐々に。徐々に徐々に変えて(私色へ染めて)いくのだけど)

.



「…」

雲川(ん?おっと)ピタ

雲川(早速ファーストバトル開始ってとこか?)


.



姫神「…」

雲川「…どうした?後輩。何か私に用事か?」

雲川「私に対する静かな殺気が消せてないのだけど?」クックックッ


.


姫神「…あなたは。やり過ぎた。」

雲川「はて?」

雲川「…ああ、昨日の私と当麻の蜜月の事か?」ニヤニヤ

雲川「確かにヤり過ぎと言われても仕方ない回数はこなしたのだけど」

雲川「何、そう気にする事はないぞ?お前らが当麻とシた回数よりは少ない」

姫神「わかって言っていると思うけど。私が言いたいのはそんな事じゃない。」

雲川「ほー。では?すまないが頭の悪い私にもわかる言葉で話して欲しいのだけど」

姫神「…独占は。するべきでは。なかった。」

雲川「おいおい上条当麻の意思は?あいつは人間だし、物じゃない。それにあいつな独占禁止法なんて法もないぞ?」

姫神「理屈なんてどうでもいい。ただ。私達は色んな意味で彼無しで生きる事は出来なくなった。」

.


姫神「身も心も。上条くんが必要不可欠。」

姫神「今も。私は。…いえ。私達はとても辛い。」

姫神「おまんこが。疼く。お腹の奥が。たまらなく熱くて。」

姫神「脳髄の中心は灼熱で。肉欲の炎で焼かれ続けている。」

姫神「代わりをと思っても。無理。何を試しても。何の足しにもならない。」

姫神「私達には上条くんが必要。最早。水や酸素と同じ。」

雲川「はっ、”上条当麻”ではなくて、当麻のチンポだろう?」

姫神「それも。でも心も。私は元々彼が好き。」

雲川「フン、詭弁だな」

雲川「お前の主張を要約すれば、何の正当性もなく誰の事も尊重もしない、ただの自己中心的な肉体的欲望の塊というだけなのだけど?」

姫神「…」

雲川「ようは上条当麻を自分達の都合のいい性奴隷にしたいワケだ」

雲川「但し、上条当麻という資源は限られている上に必要とする人間も多いから自分が食いっぱぐれないようにシェアしよう、と」

姫神「でも。あなたも彼のモノを味わったのなら。理解出来る筈。」

.


姫神「あの太くて。熱い肉棒を。自らの性器に埋めていく時の快感。」

姫神「同時に心の隙間も埋まるような充足感。」

姫神「…もう。生存に必要。当麻くんの気持ちも向けさせる。当麻くんの意思も大事だけど。私達も命がかかっている。」

姫神「だって。このままずっとお預けされ続けたら。きっと。発狂する。」

姫神「これは私の生きる権利もかかっている。」

姫神「もし。それでも。これだけ言っても独占する気なら。武力行使も辞さない。」

雲川「…ほーう?どうする気だ?」

姫神「…こうする。」



姫神「…」チャキ、

雲川「…ナイフ、ね」

.


姫神「お願いです先輩。」

姫神「死んでください。」

雲川「…」

雲川「は、強盗の理屈だな」

雲川「世の中がそんなガキ臭い理由なんかで回る訳がないのだけど」

姫神「…」ジリジリ

雲川「…ったく」

雲川「本当に刺す気もないクセに」

雲川「で?私はこの茶番にいつまで付き合えばいい?」

姫神「なめないで。私は。本気。」

姫神「早く当麻くんを解放して。…開放して。」

雲川「っチッ、」

.


雲川「もういいと言っているのだけど?」

姫神「…」

雲川「知ってる。知ってるんだよ」

姫神「…なにを?」

雲川「お前が何の考えも無しに、こんないつ誰かに見られるかわからず、死体処理や後々の事を考えれば無謀としか言いようがない事を感情に任せてやる訳がないのだけど」

雲川「例え情欲の炎に焼かれていてもそこまで判断能力は鈍っていない」

姫神「…刺されたいの?」

.


雲川「仲間がいるんだろう?それくらいわかる」

姫神「…っふッ!」ブンッ

雲川「ほら、こう指摘されただけで誤魔化しにかかる」ヒョイッ

雲川「丁度かすり傷を負うくらいの怪我で済むようなナイフの振り方をしてな」

姫神「…っ。」

.


雲川「私はもう当麻の精液も調べ始めてる。お前にどの程度理性が残っているかも推測できるんだよ」

姫神「…ぐ」

雲川「大体な、もし本当に刺す気ならこんなダラダラ脅迫なんてしない。さっさと後ろから人気がないところで刺す」

雲川「それをしない。つまりは時間稼ぎとしての意味合いがあるという事」

雲川「大方、お前がよくつるんでる吹寄って子だろう?」

雲川「後は…教師もグルか?こちらへ誰も来ないように見張りか誘導でもしてるんだろう?」

姫神「…」

雲川「で、武力派の別働隊が私の家と設定されている場所、当麻がいる場所へ向かっているというワケだ」

姫神「…ぐ。」

雲川「バレバレ愉快だ。どうせやるならもっと狡猾にやれよ後輩」

姫神「……」


.


姫神「……」

姫神「…………」

姫神「…」








.












姫神(  計  画  通  り  。  )



.

今回はここまでで。


食蜂『それじゃあ~っ…説明タイムなんだゾ☆』キャル-ン☆

御坂『ウザッ』

黄泉川『お前それ痛いから止めた方がいいじゃんよ』

姫神『止めてあげて。本人は自分がすごく可愛いと思ってやっているんだから』

食蜂『みんなヒドイッ!?』ウワ-ン!?

.

食蜂『えーまず大前提としてぇ、あの女はすごぉーく頭がキレるわぁ』

食蜂『心理戦だとか情報戦、頭脳戦とかでは負けなしなの』

食蜂『ぶっちゃけ、ここにいる人全員で武力行使しても勝てるかどうか…』

御坂『ふーん』

食蜂『そこでぇ、今回は囮を二人送りまぁす』

食蜂『囮は姫神さんとぉ、みぃさかさぁん☆』

姫神『わかった』

御坂『は、ハァッ?!』

食蜂『姫神さんはあの女と直接対峙。そんで御坂さんはあの女の家に行って押し入る』

食蜂『御坂さんじゃなきゃ家の電子ロック解除とかは出来ないしぃ、吹寄さんや黄泉川先生を役にするのはまずいからぁ姫神さんしかいないしぃ』

吹寄『なんでよ?』

食蜂『黄泉川先生には後で証拠隠滅とかしてもらわなきゃいけないしぃ、吹寄さんはそういうキャラじゃないってあの女に知られてるからよぉ』

食蜂『引き換え、姫神さんならあまり違和感はないしぃ』

食蜂『そして、姫神そんがあの女の注目を引きつけてるスキに…』

.

訂正。

× 食蜂『そして、姫神そんがあの女の注目を引きつけてるスキに…』

◯ 食蜂『そして、姫神さんがあの女の注目を引きつけてるスキに…』

.


御坂「…私がその先輩の”家”に忍び込む…と」

『オカエリナサイマセ。セリアサマ』

プシュー、ガシャコン。

御坂「…何この無駄にハイクオリティなサイバー感」

御坂「ホントにここがその人の家で、…よいしょと、」

御坂「…あのバカがいる所なのかしら?」

.

御坂「…」

シーン…


御坂「…あの女に騙されたかな」

御坂「何よ誰もいないじゃない」キョロキョロ

御坂「…それかあの女がまんまと先輩の術中に嵌って騙されたとか?」

.


御坂「…」

御坂「もう少し調べ…?」


ズル……ズルズル…っ


御坂「……?」

御坂「…何…?何この…何かを、巨体を引き摺るような…音…?」



ズルッ…


御坂「…肉…?」

ズ…


御坂「…とまった?」

御坂「…」

御坂「…あ、鏡ある」

御坂「…」チラッ





触手っぽいのがいっぱいある“何か“「…」


御坂「ひっ!?」

.


御坂「…悪趣味ッ!」バチバチッ!!

御坂「…?」バチバ...

御坂「なんで!?なんで能力が!?」

?「…」ズル....ズル....

御坂「う、嘘嘘嘘!!嘘嘘嘘!!」

御坂「はぁ!?なんで!?なんで!」

御坂(と、とにかくここから出なきゃ!)ダッ!!

?「…」シュルッ!

御坂「きゃん!?」ビタ-ン!

.


御坂「な、足?!捕まれ、このッ!!」

?「…」

御坂「ひ、ちょっ!どこ触って、」


御坂「い、イヤッ!服の中に触手が!」

御坂「むぐ…っ、」

御坂(口に触手が…?)

御坂(た、助けて…!)




御坂(…こんな時、あのバカが来てくれたらな…)

 


.






上条「…」ピキ-ン!

上条「ンハッ!」ガバッ!


上条「…なんだ?今すごく誰かを助けに行かなきゃいけない気がした…」

上条「…」

上条「気のせいか」

がちゃ。

上条「?」

メイド「お食事ちゃんをお持ち致しましたー」

上条「あ、ども」
 
.


~学校~

雲川「…とまぁ、」

雲川「私の家に行ったところでAIMジャマー、キャパシティダウンのパーフェクトグレード版が設置されてるから武力行使が得意な能力者が行っても無駄というわけなのだけど」

姫神「…」

雲川「ちなみにウチで徘徊してるずんぐりむっくりな触手だらけな奇怪な生物はクラゲだの人間だのバスケットスターやリボンワーム、イソギンチャクとか、etc、etc…を掛け合わせた実験動物だ」

雲川「結構力強いぞ。…そうだな…運動部の男子高校生5人くらいいたらなんとか腕相撲でいい勝負できるぐらいだな」

雲川「そんな何人もウチへ侵入してないだろ?」

雲川「当麻の中毒者は精々数十人とわかってるし、その中でお前達に協力する実行部隊できる人間は恐らく…まぁ多くて2人、といった所だろ」

雲川「もうわかっただろ。お前達に勝ち目はない」

姫神「…。」

.


雲川「なんなら今すぐ電話でもして私兵を呼んでここで戦争でもするか?」

雲川「姫神。お前の能力は私には効果もない。ーーー観念しろ。家に帰ってオナニーでもするといいのだけど」

姫神「…」



姫神「…」スッ
 


雲川「…? 何かのリモコンか?それは」



.


雲川「ん?リモコン?…まさか、」


姫神「さて」





   ・・・・・・・・・・・・・・・
姫神「観念するのはどっちかしらねぇ☆」


雲川「ーーーーー!?」


.







ピッ☆






.


雲川「」

姫神「ふふふ。ふふのふー☆」

姫/蜂「まんまとぉ」

食蜂「引っかかったわねぇ☆」

雲川「」

食蜂「Five_Over_(Outsider)Model_Case:”MentalOut”」

食蜂「一人で動かすのも大変だったでしょうね、姫神さんもぉ☆」

.


食蜂「もし最初からあなたが私とわかってたらきっと対能力で行動されて勝ち目はなかったのでしょうけどぉ」

食蜂「何の能力もないと思しき人間からの奇襲なんて予想できないものねぇ?」

食蜂「おまけにたかが刃物しか持ってない非力な少女なら尚更ね☆」

食蜂「…苦労したんだゾ?蜜蟻と同じルートからは押収出来なかったから独自に調べてわざわざ用意したんだからぁ」

食蜂「きっと御坂さんが侵入した所はデコイでしょぉし?」

食蜂「あの人がいる場所とかそこに行くまでの罠とか兵とか全部わかるあなたの脳味噌に直接聞かなきゃいけないことは最初からわかってたしぃ?」

食蜂「弱味も握った上で洗脳すればあなたは強力な味方になるし☆」

食蜂「御坂さんはもう恐らく無力化されたでしょうから恐くないし、コレであとは皆洗脳して私が一人であの人の所へ行けば」

食蜂「私の一人勝ちよねぇ☆」

.


食蜂「さ、見せてね?貴女の脳味噌の」

食蜂「な・か・み☆」

雲川「」

食蜂「まずは…直近の記憶からかしらねぇ」


ーーーーーーーーー

ーーーーーーー
ーーーーー



雲川『さて、君がこの記憶を覗いているという事は…私に勝ったと思っている、という事だな』

『え、なんですか?いきなり』

雲川『まさかとは思うが…』



雲川『まさか、お前程度の頭の良さで私と知恵比べして勝てると思っていたか?』




食蜂「…」

食蜂「…は?」

.


雲川『もしそうならかなりおめでたい頭をしているのだけど』

『あの、何の話なんですか?私、仕事を頼まれに来たはずで』


雲川『あーいい、いい。コレはお前に言ってないから』

『失礼な…』

雲川『ああ、最後に。』




.







雲川『図に乗るなよ、バカのクセに』ニッコリ☆






.




『だからなんなんですか!』

雲川『気にするな。お前に言ったわけじゃないから』





ーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー



食蜂「…」

食蜂「どういう、まさか…!」


雲川「そう。そういう事なのよお?食蜂操祈☆」


雲/蟻「押収出来なかったのは使用されてるから…本物とは精神感応で会話してた…これらを見抜けなかったなんてねえ?」



蜜蟻「別に、科学技術なんだから誰でも使えるでしょう?」




蜜蟻「貴女が使ったように、私も使って囮になってたってだけよお☆」


食蜂「ーーーーーっ、」

.



蜜蟻「あ、一つ言ってみたかったセリフがあるのよねえ」




蜜蟻「一体いつからアウトサイダーを使ってないと錯覚していた?」ニッコリ☆

食蜂「ーーっ!」

.



食蜂「…そう。あなたもアウトサイダーを使ってた、というわけねぇ」

蜜蟻「その通り。今日登校したのは最初から雲川の姿していた私だったの☆」

蜜蟻「オマケに同能力なら洗脳は無効できるしねえ?」

蜜蟻「対食蜂にはうってつけってわけ☆」


.


蜜蟻「あなたは読めなくても他の協力者はノーガードでしょお?相手の策も読めるのも私なら適任だしい☆」

蜜蟻「遠くから精神感応で読もうとしても出来ない歩き方とかしてたから余計に雲川と思わせられたでしょうしい?」

蜜蟻「あなた、まんまと彼女の術中に嵌ってたのよお☆」

蜜蟻「ホント…」


蜜蟻「間抜けね☆」

.


食蜂「で、でも!あなただって私にとどめは刺せなーー」

蜜蟻「そうよ?私はただの足止めだもの」

蜜蟻「今頃他の連中は個別で私兵に捕らえられてるんじゃないかしらあ?」

蜜蟻「恐いのは貴女だけ。でも逆にあなたさえ封じればあなたの派閥には勝てるもの」

食蜂(どうでもいいけど御坂さんはザコ扱いなのかしら)

蜜蟻「あとは物理的にあなたを殴り倒してここから逃さないだけ」

.


食蜂「そ。でも…逆に言えばここさえ逃げ出せれば勝機はあるって事よねぇ?!」ダッ!

蜜蟻「あらあ?あなたに殴り合いなんてできるのお?」

食蜂「あらあ?蜂に蟻が勝てると思ってるのぉ?」

蜜蟻「…」ジリ...ジリ...

食蜂「…」ジリ...ジリ....


蜜蟻「どりゃあああああ!!!!」

食蜂「ほわっ!?」ビクッ!

.



蜜蟻「えーい!えーい!」ペチベチ!

食蜂「…」

食蜂「えっ」



蜜蟻「ふふ…!あなた、叩かれた事ないでしょ!?どう!?これが痛みよ!!」


食蜂「へ、へぇ…」

.


蜜蟻「さぁ更に強烈なキックを食らいなさい!」ゲシッゲシッ!

食蜂「…」


食蜂(ぜ、ぜんっぜん痛くない…!ていうか私でも勝てそうなんだけど!?)

.


蜜蟻「ふぅ…ちょっとインターバル」

食蜂「…」

食蜂(コレ勝てるッッッ!!!!)


食蜂「どりゃあああああ!!!!」

蜜蟻「ふぇっ!?」

.

食蜂「みさきちパンチ!」ベシッ!

蜜蟻「痛ッ!」

食蜂「みさきーっく!!」ゲシッ!

蜜蟻「この…!」

食蜂「どりゃあああああ!!!!」ペチペチペチペチペチペチ!

蜜蟻「うああああああああ!!!」ペチペチペチペチペチペチ!



※同レベルです。


.

ここまで。


~雲川宅、上条さんの部屋~


メイド「…やるね、私のナイフちゃんを躱すなんて」

上条「危ねぇな!何するんだよ!」

メイド「…私の顔、忘れちゃった?幻想殺しちゃん」

上条「…?」

上条「…あっ!?」

メイド「やっと気づいた?」

.


メイド「そう。ハワイで会った」


サローニャ「サローニャちゃんさ」

上条(…誰だったっけ…!?)

サローニャ「覚えててくれて嬉しいよ幻想殺しちゃん」

サローニャ「私は忘れたくても忘れられないけどさ、幻想殺しちゃんは倒した敵なんて覚えてないかなって思ってたし」

上条(正解)

サローニャ「でさ、突然で悪いんだけどさ」



サローニャ「死んでくれる?」


.

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年12月21日 (日) 20:34:13   ID: -ICdwfLg

まだー?

2 :  SS好きの774さん   2014年12月24日 (水) 02:45:05   ID: YIsdt9V_

おい、俺のも乾いてきてんだからはよ

3 :  SS好きの774さん   2015年01月25日 (日) 21:58:48   ID: Y8ysWqyL

更新まってるぞー

4 :  SS好きの774さん   2015年01月28日 (水) 10:48:46   ID: BIivXKZA

はやい更新を頼む、下半身が冷えてきた。

5 :  SS好きの774さん   2015年09月23日 (水) 18:46:55   ID: b2o6grkY

そして萎えた

6 :  SS好きの774さん   2016年09月17日 (土) 17:12:56   ID: 0ju0E18t

そして、伝説へ。

7 :  SS好きの774さん   2017年03月24日 (金) 02:34:39   ID: _OYpuNdO

未だに続いてるのかこれ一応

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom