ベジータ「サイヤ人の手でフリーザを討つ」(494)

惑星フリーザ


ラディッツ「…では、行ってくる」

ベジータ「ああ、頼んだぞ。…だがラディッツ、忘れるなよ」

ラディッツ「わかっている。こちらからは手は出さん。…話し合いで済ませるさ」

ベジータ「ようやく、サイヤ人の手だけでフリーザを倒す可能性が見えてきたんだからな……失敗は許されない」

ラディッツ「ああ、必ずカカロットを連れてくる。待っていてくれ」スタスタスタ…

ベジータ「…」

ベジータ(数ヶ月前、俺達はある星を攻めた……そこにいた先住民共は俺達に迫る実力を持ち、苦戦を強いられた)

ベジータ(俺達は死にかける程のダメージを受けたがなんとか奴等に勝利した…。そして、惑星フリーザで傷の手当てを行った時、ある事実に気づいた…)

ベジータ(サイヤ人の戦闘力の底上げ…。限界と思っていた自身の戦闘力が、あの時の闘いを経て、大幅に上昇していたのだ)

ベジータ(さらに俺達はあの激闘により、敵の戦闘力を察知する術と戦闘力をコントロールする事も可能となった…)

ベジータ(直にフリーザの野郎の戦闘力を感じてみた所、奴の戦闘力は100000は軽く超えている)

ベジータ(今は、まだ無理だ…。だが、俺達3人のサイヤ人、そして地球で生きていると思われる、もう一人のサイヤ人、カカロット)

ベジータ(限界を越えた強さを身につけた俺達4人のサイヤ人ならば
、フリーザの野郎を倒せるはずだ…)

ベジータ(くく…、今のうちに支配者の気分を存分に味わっていやがれ……貴様は俺達サイヤ人の手で消してやる…)

ナッパ「よぅ、ベジータ。ラディッツの奴は行ったのか?」

ベジータ「…ああ。それよりナッパ、スカウターはどうした?」

ナッパ「え?あ、ああ…悪ぃ。部屋に置いてきちまった」

ベジータ「前にも言っただろう。俺達がフリーザ共に戦闘力の察知やコントロールが出来る事を気づかれないよう、スカウターなどは常につけておくようにと」

ナッパ「わ、わりぃわりぃ。すぐに取ってくるぜ」

ベジータ「…」ピピピ…

ベジータ「ふん、戦闘力は4000に抑えられているか。…気を抜くなよ、ナッパ」

ナッパ「あぁ、わかったよ」

フリーザの宇宙船


ザーボン「フリーザ様、失礼します。ラディッツが単独で地球へと出撃したようです」

フリーザ「地球…あの青と緑の星ですか。…ベジータとナッパは行かなかったのですか」

ザーボン「はい…。それでラディッツの出撃の理由なのですが…」

フリーザ「?」

ザーボン「地球に生き残りの弟がいるようで、弟を我々の戦力に加えたいと言っていたそうです」

フリーザ「サイヤ人にまだ生き残りがいたのですか…」

ザーボン「まさか、ベジータの奴が我々に反抗する為に力を集めようとしているのでは……」

フリーザ「…………」

フリーザ「ほっほっほ、わざわざ捜す手間が省けたというわけですか」

ザーボン「奴等が揃い次第、速やかに排除いたしますか?」

フリーザ「いえ、今はまだいいでしょう。今更サイヤ人が一人増えようが、大した事ではありません」

フリーザ「勿論、サイヤ人は近い内に消しますけどね。…それまでは私の駒となってせいぜい働いてもらいましょう」

ザーボン「…。…ですが、ラディッツの弟という事は、『あの男』の息子という事です。あの男はドドリアを…」

フリーザ「ふふ、確かにあの男の底力には少し驚かされましたが、結局は私の手で殺したのです。むしろ、サイヤ人程度にやられる部下に私は怒りを覚えましたよ」

ザーボン「…」

フリーザ「むしろ、あの男の息子ならば、興味が沸きますね…ラディッツはゴミ同然の戦闘力ですが、その弟はどうなのか………ほっほっほっ……」

ナッパ「ラディッツがカカロットを連れてくるまで1年か…」

ベジータ「それまでは通常通り、フリーザの命令に従い、行動する」

ベジータ「無論、その間にも俺達は戦闘力を上げておかねばならない」

ナッパ「ああ、フリーザの野郎は俺達を捨て駒にしか見てねえからな。また、キツそうな星に行かされるだろうぜ」

ベジータ「むしろ、俺達にとっては好都合だがな。…ふふ、楽しみだぜ。サイヤ人の特性に気づいた俺達はどれだけ強くなれるのか……」

ナッパ「へっへっへ…、こりゃあ伝説のスーパーサイヤ人になれるかもしれねえな」

ベジータ(……ラディッツ、必ずカカロットを連れてこいよ…!サイヤ人の手で、フリーザを倒す為にも…!)

――地球


悟空「それじゃあ、じっちゃんの所にいってくる!」

チチ「ああ。御飯ちゃん、ちゃんとご挨拶するんだぞ?」

御飯「は、はい」

悟空「そんなに緊張すんな、御飯。…さて、筋斗雲を呼ぶか。」

悟空「筋斗うーーー………!?」

チチ「ん?どうしただ、悟空さ」

悟空「………………」

御飯「お父さん……?」

悟空「な、なんだ…?バ、バカでかい気が空から近づいてくる…!?」

チチ「え?」

御飯「???」

悟空「な、なんだこりゃあ…?ピ、ピッコロか……?い、いや…この気は空よりずっと上から来る…!」

チチ「な、なんだ?なにか悪い事が起こるのけ?」

悟空「わからねえが……いい予感はしねえ…!」


…キラッ

御飯「あ、お星さま…!」

ゴオオオォォォ…

悟空「あれか…!」


ドゴオォォン…

チチ「遠くに落ちただ!」

悟空「…!ちょっと見てくる!!御飯を頼んだぞ!!」

ドウッ

チチ「あっ、悟空さ!!」

プシュー

ラディッツ「…」ザッ

ラディッツ「この星から感じる無数の人間のエネルギー……カカロットの奴は殲滅に失敗したのか?」

ラディッツ「…!こちらに向かってくる戦闘力があるな……これがカカロットか?」



ゴオオオォォォ…

悟空「…!あいつだ!!」


シュタッ

ラディッツ「…!」

悟空「……おめえ、だよな?今、空から降ってきた奴は…」

ラディッツ「これは驚いたぜ。親父そっくりだ」

悟空「…?」

ラディッツ「久しぶり…いや、お前にとっては初めましてだな、カカロットよ」

悟空「カカロット…?」

悟空「カカロット…?オラは孫悟空だ
。誰かと間違ってんじゃねえのか?」

ラディッツ「間違うものか。…これを見たらわかる」シュル…

悟空「!! そ、それは尻尾…?オラと同じ……」

ラディッツ「その反応、やはりお前はカカロットだな。そう、この尻尾はサイヤ人の……ん?」

ラディッツ「お、お前、尻尾はどうしたんだ!?」

悟空「尻尾はだいぶ昔に無くしちまった。もう二度と生えてくる事もねえ」

ラディッツ「なんだと……」

悟空「おめえは一体誰なんだ?なんの目的で地球に来たんだ?オラの事をなんでカカロットと呼ぶ?」

ラディッツ「……まあ、落ち着け。まず俺は敵ではない。順に説明してやる」

……………………


悟空「…な……なんだって…!?」

ラディッツ「信じられないのも無理はない。地球人として育てられていたお前ではな…」

ラディッツ「だが全て事実だ。お前は戦闘民族サイヤ人であり、この俺の弟…」

ラディッツ「お前は本来、この星を滅ぼす為に送られた戦士なのだ」

悟空「……」

悟空(なんてこった………って事は
じいちゃんを踏み潰して殺した大猿のバケモンってのはオラだったのか………)

ラディッツ(スカウターが拾ったカカロットの戦闘力は900程度……今の俺の足元にも及ばん。)

ラディッツ(送られた星が悪かったか……だが、腐ってもカカロットはサイヤ人だ。まだ望みはあるはずだ)

悟空「…それで、ラディッツ。おめえがオラを探しに来た理由はなんなんだ?」

ラディッツ「ふっ、兄をいきなり呼び捨てか」

悟空「わりぃけど、オラはおめえを兄ちゃんとは呼べねえ。今、聞いたことが全部本当だってのも信じられねえし…」

ラディッツ「ふん…まあ、いい」

ラディッツ「俺が地球に来た理由は、お前の力が必要だからだ」

悟空「オラの力だって?」

ラディッツ「ああ、説明するからよく聞いてくれよ」

悟空「…それで、ラディッツ。おめえがオラを探しに来た理由はなんなんだ?」

ラディッツ「ふっ、兄をいきなり呼び捨てか」

悟空「わりぃけど、オラはおめえを兄ちゃんとは呼べねえ。今、聞いたことが全部本当だってのも信じられねえし…」

ラディッツ「ふん…まあ、いい」

ラディッツ「俺が地球に来た理由は、お前の力が必要だからだ」

悟空「オラの力だって?」

ラディッツ「ああ、説明するからよく聞いてくれよ」

…………


悟空「フリーザ……宇宙にそんなとんでもねえ悪い奴が…」

ラディッツ「奴は恐ろしく強い。今の俺や他の仲間達が全力を以て挑んだとしても、一瞬で塵にされるだろう」

悟空「その仲間ってのは、おめえより強いんだろう?」

ラディッツ「ああ、奴等は俺と違い、エリート戦士だからな」

悟空「ラディッツ、おめえはオラより遥かに強い…。気を感じてすぐにわかった」

ラディッツ「…」

ラディッツ(強いと言われるのも、随分と懐かしく感じるな…)

悟空「おめえにすら敵わねぇオラが一人増えた所で、どうやってそのバケモンを倒せるってんだよ?」

ラディッツ「重要なのはここからだ。フリーザを倒せるのが俺達、サイヤ人しかいない理由……それは生まれ持ったサイヤ人の特性にある」

ラディッツ「この事実を知ったのは、俺達もつい最近の事だった。…とある星に攻めいった際、予想以上の強敵と戦うことになり、俺達は死にかけた」

ラディッツ「お前も経験はないか?こんな星とはいえ、何度か死にかけた事もあっただろう?そのたびに自身の強さが少しづつ上がっていく事に!」

悟空「…!」

ラディッツ「俺はあの時、運良く生き残ったようなものだが、お陰で自身の戦闘力の限界値を超えた力を手に入れた…!」

悟空(……桃白白や天津飯、ピッコロとの戦いがオラの力を…)

ラディッツ「カカロット、お前は俺達の仲間になってもらう。宇宙に出れば、強敵との戦いには困らない」

ラディッツ「サイヤ人の特性を利用し、戦闘力を高め続ければ、俺達4人でフリーザを倒す事も可能なのだ!!サイヤ人の手でフリーザを倒す為にも、お前の力を貸してくれ!!」

悟空「ま、待ってくれ。話がいきなりすぎて、頭がゴチャゴチャしちまう」

ラディッツ「迷っている暇はないぞ。フリーザはいずれ、この星にも目をつけるだろう」

悟空「!」

ラディッツ「今も、何処かの星がフリーザの侵略を受けている。ここが狙われでもしたら、お前の仲間や家族はどうなる?」

悟空「……で、でも、オラはおめえ達の仲間にはなれねえ!おめえ達だって、フリーザの為に他の星を滅ぼしたんだろ!?オラはそんな事出来ねえし、そんな事は許さねえ!!!」

ラディッツ「俺達だって、好きで星を滅ぼしている訳ではない。フリーザに俺達の反逆を感づかれないよう、渋々従っているんだ」

悟空「だからって…!」

ラディッツ「このままフリーザの好きにやらせておいては、今以上の惨劇が起こるのはハッキリしているんだぞ?」

ラディッツ「こんな平和な星で育ったお前にはわからないだろうが、宇宙はまさに弱肉強食の世界だ」

悟空「……」

ラディッツ「お前が本当に、関係の無い他所の星の事を心配するのなら、俺達と共にフリーザを倒すしかないんだ」

悟空「……」

ラディッツ「…」

悟空「………………少し、考えさせてくれ」

ラディッツ「…急げよ。こうしている間にもフリーザの支配は広がっているのだからな」

悟空「…」ザッ

ラディッツ「カカロット、フリーザを倒せるのは、俺達サイヤ人しかいないんだ。それを忘れるなよ」

悟空「オラは、カカロットじゃねえ。孫…孫悟空だ」

ドウッ  ゴオオオォォォ…


ラディッツ(…この星で育ったせいか、カカロットの奴……だいぶ甘い人間になってしまったようだな………)

神殿


神「…」

ゴオオオォォォ…


シュタッ

悟空「…神様」

神「悟空…」

悟空「さっきのやり取り、見てたんだろ?あのラディッツっていう奴の言う事、信じられっか?」

神「…うむ……奴の言葉から嘘は感じられん。あのラディッツという男は本気でフリーザを倒す気なのだろう」

悟空「…そっか」

神「だが……それはあまりにも絶望的な戦いを意味する」

悟空「フリーザって奴の事か?」

神「…うむ。奴の存在はかつて、界王様から一度だけ聞かされた事がある」

悟空「カイオウさま?」

神「簡単に言うなら、この私にとっての神様にあたるお方だ」

悟空「へぇ……こっちにも上には上がいんだなぁ…」

神「笑っている場合か。フリーザはその界王様ですら恐れる程の巨悪なのだぞ」

悟空「神様の神様ですら怖がるのか……フリーザってのは本当にとんでもねえ奴なんだな」

神「うむ…」

悟空「なら…やっぱり、フリーザを倒せんのはラディッツの言ってた通り、サイヤ人の力に頼るしかねえのか?」

神「恐らくはな…。あの小さかったお前がピッコロ大魔王を倒せたのもサイヤ人の特性とやらのお陰ならば、もしかすると………かもしれん」

神「ピッコロ大魔王などとは比べるまでもない、あまりにも次元の違う相手ではあるが……」

悟空「…でも、不可能ってわけじゃねえんだな……」

神「………」

神「…恐らく、な」ボソリ

悟空「…わかった。ありがとな、神様!」

神「悟空…!」

悟空「……なんでかな。オラもやっぱそうなのか…」

神「?」

悟空「戦闘民族って呼び方は気に入らねえけれど………そんなあり得ねえ程の強い敵がいるって事を知ると…ワクワクしちまう」

悟空「心配しないでくれ、神様!どれだけ危険な相手かは十分わかってるつもりだ!!オラは絶対、生きて地球に帰ってくる!!!」

神「……。わかった、…無理はするなよ、悟空」

悟空「ああ!!」

ラディッツ「…腹が減ったな。飯でも調達してくるか」

ラディッツ「…む?こちらに向かってくる戦闘力が……カカロットか?いや、違う…」

ゴオオオォォォ…

ザッ

ピッコロ「……貴様か、先ほど空から降ってきたのは」

ラディッツ「ほう、カカロット以外にもこんな戦闘力を持つ奴がいたとはな」

ピッコロ「カカロット…?誰だか知らんが、いずれ俺様のモノとなるこの星に無断で入ってきてただで済むとは思うなよ」

ラディッツ「ふ、やめておけ。貴様と俺では格が違う。そんな事もわからんのか?」

ピッコロ「…!」

ピッコロ(こいつ、気が読めるというのか……)

ラディッツ「それに、俺はこの星にちょっかいを出しに来たわけでもない。弟を迎えにきただけなのだ」

ピッコロ「弟…」

ラディッツ「それでもまだ俺に突っかかってくるというのなら、ちょっと痛い目にあってもらうがな」

ピッコロ「! く、魔族を舐めるなよ!!ずああっ!!!!」

ドウッ

ラディッツ「愚か者め」スッ

パァンッ!!!

ピッコロ「!!? ば…馬鹿な。片手でかき消しただと………」

ラディッツ「」シャッ

ピッコロ(消え…)

ラディッツ「後ろだ」

ピッコロ「はっ!!」クルッ

ビシィッッッッ

ピッコロ「!!! ぐあ…ぁ!!」ドザッ

ラディッツ「ははは、どうした?ただのデコピンだぞ」

ピッコロ「ぐ……うぅ…」

ピッコロ(な、なんなんだ…?こいつの強さは……!孫悟空以上だ…)

ラディッツ「……む?…カカロット、もう戻ってきたのか」



ゴオオオォォォ…

悟空「いた……!?あ、あれはピッコロじゃねえか!」

シュタッ

悟空「なにしてんだ、ラディッツ!?」

ラディッツ「こいつがいきなり襲いかかってきたんだ。軽いおしおきをな」ピンッ

悟空「お、お仕置きだって?」

ピッコロ(孫悟空…?こいつと知り合いなのか…?)

ラディッツ「それより、ここに戻ってきたという事は、答えは決まったんだな?」

悟空「ああ。オラの力が役に立つんなら、協力させてくれ」

ラディッツ「よくぞ言ってくれた。仲間達も喜ぶだろう」

悟空「それで、オラの家族に事情を説明しなきゃならねえからよ。おめえもオラのウチに来てくれねぇか?」

ラディッツ「……まぁ、いいだろう」

悟空「よし!じゃあついてきてくれ、こっちだ!!」

ドウッ

ラディッツ「ああ」

ドウッ

ゴオオオォォォ……………


ピッコロ「…………」

ピッコロ「奴等……この俺が眼中にないというのか…?」

ピッコロ「ふ……ふざけやがってええぇぇ……!!」ギリ…

悟空の家


チチ「こ、この人が悟空さのお兄さん…?」

悟空「ああ、ラディッツって言うんだ」

ラディッツ「……」

悟空「…なんか言えよ」

ラディッツ「弟が世話になっているな」

チチ「は、はぁ、どうも…」

チチ(なんか、変な人だべ……服装の趣味もおかしいし……でも、あの尻尾は間違いなく悟空さや悟飯ちゃんと同じモンだし………なんだか頭が混乱してきたべ)

悟飯「…」チラッ

ラディッツ「ん…、お前の息子か」

悟飯「ああ。悟飯、挨拶しろ」

悟飯「は、はじめまして…」

ラディッツ「…。ああ」

ラディッツ(サイヤ人と地球人の混血か………さすがにこの子供は戦力にはならんな)

チチ「それで……お義兄さんはどうして急にいらっしゃったんだべ?」

悟空「実はな、チチ。オラ、ちょっと宇宙まで行かなきゃならなくなっちまったんだ」

チチ「…」

チチ「は?」

ラディッツ(当然の反応だな)

悟空「実はオラ、地球人じゃなくて、宇宙人だったんだ。んで、このラディッツの仲間…つまりオラの同族の人が悪い奴に狙われてて、ちょっと助けに行かなきゃならなくなっちまったんだよ」

チチ「………はぁ?」ポカン

悟空「まぁ、ちょっと行ってパパッと片付けてすぐ帰ってくるからよ!少しの間、留守するけど頼むな!」

チチ「………??」

ラディッツ(なんという無茶苦茶な説明の仕方だ…)

悟空「悟飯!」

悟飯「え、は、はい…」

悟空「オラがいない間は、おめえが母ちゃんを守るんだぞ!しっかり頼むぞ!!!」

悟飯「え…?」ポカン

悟空「うん!よし、行こう!!」

ラディッツ「……、な、なに?もういいのか?」

悟空「大丈夫だ!チチも悟飯もわかってくれた!」

ラディッツ(全くそうは思えんが……)

ラディッツ(まぁ、面倒な事になるよりはマシか)

悟空「じゃあ、行ってきます!お土産持ってくるからな!!」

ラディッツ「邪魔したな」

タッタッタッタッ……

悟飯「い、いってらっしゃい…?」

チチ「……」ポカン

………


悟空「ところで、どうやって宇宙に出るんだ?」

ラディッツ「昔、お前が乗せられたポッドが何処かにあるハズだ。それを俺の乗ってきたポッドと一緒に遠隔操作でこちらに呼び出す」

ピッピッピッ…

ラディッツ「すぐに来る」

悟空「オラ達が産まれた星に行くんか?」

ラディッツ「いや、俺達の母星は既にない。……お前が地球へ送られた直後、巨大な隕石が墜ちて、そのまま消し飛んだらしい」

悟空「ひゃあー……じゃあ、オラは運が良かったんだなぁ…」

ラディッツ「…そうだな。俺達の家族も、それで死んだようだ」

悟空「……そうか」

ラディッツ(各地に散らばったサイヤ人が一斉に集められた日に、巨大隕石の衝突など、偶然とは思えんがな……)

グオオオォォ…

ズシィンッ ズシィンッ

ラディッツ「来たぞ」

悟空「……はぁ、いよいよか」

ラディッツ「今更、怖じ気づいたと言うなよ?」

悟空「言わねえよ。むしろ、ワクワクしてっからな」

ラディッツ「ふ、これから地獄を見るというのに、気楽な奴だ」

ラディッツ「さぁ、乗れ。すぐに発つぞ」

悟空「ああ。ところで、仲間の所にはどれぐらいで着くんだ?一日かかんのか?」

ラディッツ「……一日だと?バカな事を言うな。一年近くはかかる」

悟空「い!?一年!!?」

ラディッツ「そんな簡単に行けると思っていたのか…。呆れた奴だ」

悟空「今から一年って事は、地球に帰ってくるのは二年後って事じゃねえか!!悟飯だってかなり大きくなってっぞ!!」

ラディッツ「地球と惑星フリーザにどれだけの距離があると思っている。一年でも早いくらいだ」

悟空「こんな狭ぇ空間に一年も閉じ込められたら、フリーザと戦う前に死んじまうよ!」

ラディッツ「安心しろ。コールドスリープで一瞬だ。寝て起きたら、お前はもう別の星に着いている」

悟空「ほ、ほんとか……。…でも、二年かぁ…さすがにチチもカンカンじゃねえかな……」

ラディッツ「今更後戻りなど出来んぞ!覚悟を決めろ、カカロット」

悟空「……し、仕方ねえか。宇宙を守る為だもんな…説明すりゃチチも許してくれっだろ……多分」

ラディッツ「…ふん。……さて」ピピッ

ラディッツ「ベジータ、こちらラディッツだ。カカロットを無事、仲間に迎える事が出来た」

悟空(ベジータ……それが確かリーダーの名前ってラディッツは言ってたな)

ラディッツ「…ああ、了解だ。それでは、惑星フリーザで落ち合おう。……ああ、ではな」ピピッ

ラディッツ「さぁ、乗れ、カカロット。出発だ」

悟空「ああ、わかった」


プシュー… バンッ

プシュー… バンッ

悟空(せ、せめえ…)

ラディッツ「目標、惑星フリーザ。…発進!!」ピピッ

グオオオォォ…

悟空「お、おお、なんか揺れてっけど大丈夫か?」


ラディッツ(いよいよ、俺達の計画が始まる……俺ももう後戻りは出来ない…!)

ラディッツ(だが、きっと上手くいく筈だ…!俺達3人と、カカロットの力があれば……!)


悟空「…」

悟空(チチ、悟飯、じっちゃん、クリリン、神様、みんな…!ちょっと留守すっけど、地球の事、よろしく頼むな…!!)


音声『発進シマス。発進シマス』


ドウッッッ ドウッッッ


グオオオォォ…………


キラッ  キラッ…




ピッコロ「…………」

――1年後


惑星フリーザ


グオオオォォ………!

ドゴオォォン…


ナッパ「来たぜ、ベジータ」

ベジータ「よし、行くか」

ザッ ザッ ザッ…




ザーボン「……」

プシュー…

ラディッツ「…ふう」ザッ

プシュー

悟空「ん?もう着いたんか??」

ラディッツ「ああ、だから一瞬だと言っただろう。早くそこから出ろ」

悟空「わかった…」ザッ…

悟空「… うぎっ!!?」ガクンッ

ラディッツ「!? おい、何をしている」

悟空「な、なんだこりゃ…?か、体が重てぇ……!!」ググ…

ラディッツ「! そうか、この星と地球では重力にかなりの差があるからな……」

悟空「ひ、ひいっ…!立ち上がるだけでもしんどい…!」

ラディッツ「この程度の重力で動けないようでは話にならんぞ…」

悟空「ちょ、ちょっと待ってくれよ…!この重い胴着を脱げば少しは……」ゴソゴソ

ザンッ ザンッ

ラディッツ「ほう、そんな重い物を身につけていたのか」

悟空「…ふう、いくらか楽になった……」

ラディッツ「全く…」 

ザッ ザッ ザッ…

ベジータ「ラディッツ、ご苦労だったな」

ラディッツ「! ベジータ…」

ナッパ「そいつが弟のカカロットか」

ラディッツ「ああ、そうだ」

悟空(こいつらが仲間のサイヤ人……)

悟空(確かに、こいつらとんでもねえ強さをしてやがる……)

ベジータ「よく来てくれたな、カカロットよ。俺の名はベジータだ」

悟空「あのよ、わりぃんだけど、オラの事は悟空って呼んでくれねえかな」

ベジータ「ゴクウ?」

ラディッツ「カカロットは地球人として育てられていたようでな。ソンゴクウというのがカカロットにとっては本当の名らしい」

ナッパ「ほう、そうかよ。…なら、悟空。俺の名はナッパだ」

悟空「ベジータにナッパか…よろしくな!」

ナッパ「しかし、バーダックの奴にそっくりだぜ」

ベジータ「? 誰だ、それは?」

ラディッツ「俺達の親父の事だ」

悟空「知ってんのか、ナッパは」

ナッパ「ああ、何度か一緒に仕事をした事があるからな。サイヤ人の中でも叩き上げの戦士で有名だったぜ」

ラディッツ「挨拶が済んだ所で…これからどうするんだ?」

ベジータ「フリーザの野郎の所へ行く」

悟空「え」

ラディッツ「な、なに?」

悟空「い、いきなり戦いにいくんか?」

ナッパ「ちげぇよ。フリーザが直接、おめぇの姿が見たいんだとよ」

悟空「オ、オラを?な、なんでだ?」

ベジータ「知るか。こっちが聞きたいくらいだ…」

ラディッツ「…まさか、俺達の反逆に感づかれたのではないか?」

ベジータ「それは俺も考えたが、それなら俺とナッパはとっくの前にフリーザに殺されていただろう」

ナッパ「わざわざ俺達4人が揃うのを待つ意味もねえしな」

ラディッツ「そ、そうか…」

ベジータ「奴を待たせると何を言われるかわからん。悪い予感しかしないが、行くしかない」

ラディッツ「…そうだな」

ナッパ「悟空、よく目に焼き付けておけよ?俺達サイヤ人よ敵をよ。」

悟空「あ、あぁ…」

ベジータ「…と、待て。さっきから疑問だったが、何故裸なんだ、お前は?」

悟空「え。あ、あぁ…ははは」

ベジータ「そんな格好でフリーザの前に立てるか!ラディッツ、予備の戦闘服を持ってこい」

ラディッツ「ああ」

悟空「戦闘服?」

………

ラディッツ「さあ、これを着るんだ」

悟空「え、えぇー?こ、こんな変な服着るんか?な、なんかカッコわりぃや……」

ベジータ「裸よりずっとマシだ。さっさとしろ!」

悟空「…わ、わかったわかった……」


ゴソゴソ

悟空「…うう、股下がスースーして落ち着かねえな」

ラディッツ「くっくっ、中々似合っているぞ」

ベジータ「よし、ではフリーザの元へ行くぞ。万が一の事もある、覚悟を決めておけ」

ナッパ「おう」

ラディッツ「わかった」

悟空「………。ああ!」


ザッ ザッ ザッ ザッ…



ゴゴゴゴゴ…

悟空(こ………こいつがフリーザ…!)


フリーザ「…ほう、あなたがカカロットさんですか。惑星フリーザへようこそ」ニコリ

悟空「……っ 」

悟空「お、おっす」

ナッパ「!?」ギクリッ

ザーボン「貴様…!フリーザ様に対して…!」

ベジータ「カ…、カカロット!なんだその態度は!!」

ラディッツ(フリーザの圧力に呑まれているのか……無理もない…!)

フリーザ「ほっほっほ、いいんですよ。この私を前にして緊張しない者などいないのですから」

悟空「…っ」ガクガク

悟空(こ、声が出せねえ…!今まで会ってきた奴等とは段違いだ……!こんなバケモンと戦うってのか…!)

フリーザ「…」ジッ

フリーザ(やはり……あの男に似ている………)

フリーザ(万が一の事態を考えて、ここで………)

フリーザ「…」

ベジータ「…っ」

フリーザ(しかし…戦闘力は900程度と聞く……ラディッツどころかサイバイマンにも劣る)

悟空「……」

悟空(な、なんだ…?オラをジッと見てる……!)

フリーザ(ふ……こんなカス以下の戦闘力の下級戦士に、このフリーザ様が何を警戒しているのか。馬鹿馬鹿しい)

フリーザ「カカロットさん、あなたの働きには期待させてもらいますよ。とりあえずは、仕事に慣れるまで、ベジータさん達と行動を共にしてもらいます」

フリーザ「ベジータさん、よろしいですね?」

ベジータ「はっ。お任せください」

フリーザ「では、もう下がっても結構ですよ」

………

ナッパ「やれやれ、ヒヤッとしたぜ。フリーザにあんな口利きやがるもんだからよ」

ラディッツ「まったくだ」

悟空「へへ、わりぃ、わりぃ…」

ベジータ「カカロット…いや、悟空。フリーザを見てどう思った?」

悟空「いやぁ…想像してた以上のバケモンだったな……金縛りを受けたみてぇに、まったく動けなかった」

悟空「けど、同時に少しだけワクワクしたな。あんな強い奴といつか戦えると思うと」

ベジータ「それでこそ、サイヤ人だ」

ラディッツ「しかし、フリーザはなんの為に俺達を呼んだのか……本当に、悟空の顔を見たいだけだったのか…」

ナッパ「ああ、いつ攻撃が飛んでくるんじゃねえかと思ってたぜ」

ベジータ「…いや、フリーザはあそこで俺達を殺すつもりだった」

悟空「え…」

ベジータ「奴は穏やかな性格を装ってはいるが、殺意を隠すのが下手だ」

ベジータ「俺達の姿を見た時、奴からは一瞬だったが殺意を感じ取った。……しかし、止めたんだ」

ナッパ「なんで止めたんだよ?」

ベジータ「フン、奴は自身の強さに絶対の自信を持っているからな。俺達など、いつでも殺せると思ったんだろう」

ラディッツ「強者の驕りか…」

ベジータ「しかし、奴はあそこで俺達を殺さなかった事に後に激しく後悔する事になるだろう」

ナッパ「へっへ、運命の分かれ道って奴か」

悟空「よぉし、いっちょ頑張っか!!」

ベジータ「まずは悟空、お前を最低限戦えるまで俺達がトレーニングに付き合ってやる」

ナッパ「地獄を見せてやるぜ」

悟空「へへ、望む所だ!」

ラディッツ「そうだ、悟空。お前もこれを付けろ」スッ

悟空「ん?こいつは…」

ベジータ「スカウターだ。相手の位置や戦闘力などを探る事が出来る」

悟空「ああ、悪ぃけどオラ、気を探れっから大丈夫だ。必要ねえよ」

ラディッツ「…そんな事は俺達だって出来る」

ベジータ「フリーザや部下共はスカウターがなければそれが出来ない。俺達が気を探る術を持っている事が奴等に知られれば、こちらは不利になる」

ナッパ「だから、それを隠す為にこいつを使うんだよ。ほら、さっさと言われた通りに付けろ」

悟空「そうか……これでいいんかな?」カポッ

ラディッツ「使い方を説明してやる。まず、スカウターのここを押せば相手の戦闘力を測る事が出来る」

悟空「ふーん、どれどれ…」ポチッ

ピピピピピピ…!

悟空「おお!ほんとだ!!ラディッツ、おめえ1500って出てっぞ!!」

ラディッツ「ふん、それが俺の真の戦闘力ではな……

ピピピピピピ

悟空「ナッパは4000!」

ピピピピピピ

ベジータ「…」

悟空「ベジータは12000!いやぁ、中々おもしれえモンだなコレ!!」

悟空「おお!あいつ、あんなちいせえのに2000もある!!んで、あいつは……」

ピピピ  ピピピ

ラディッツ「…」

ベジータ「ふっ、まるで子供だな」

ナッパ「へっへっへ、ちゃんと面倒見てやれよ?兄貴?」

ラディッツ「……黙れ」

界王星


界王「ふーむ、いよいよフリーザ打倒に向けて、サイヤ人が動き出したか…」

界王「力の差は歴然だというのになぁ」

バブルス「うほっ」

界王「…しかし、あのフリーザに恐れず向かっていくその度胸は大したものだ。…戦闘民族サイヤ人、お主らにはワシも期待させてもらおう」

界王「……それにしても、遅いのぅ」

バブルス「うっほっほっ」

界王「サイヤ人達は修業を始めたというのに、このままでは遅れをとるぞぃ」


ヒューーー……

ビターーンッッ!!!

「ぐわっ!」


バブルス「うほ!」

界王「お、来おったな。噂をすればなんとやら、か」

ピッコロ「う、うぐ…!?な、なんだ、この体の重さは……!?」

界王「ほほ、よくきたの」

ピッコロ「! …貴様が、界王か」

界王「こら、界王『様』と呼ばんか。…地球の神が言っていたとおり、生意気そうな奴じゃの」

ピッコロ「神から話を聞いていたのなら話は早い…!俺に修業をつけろ!!」

界王「お主の事情は理解しておる。すぐにでも始めてやろう」

ピッコロ「…!」

界王「ただし、立ち上がってからな。地面にへばりついたままの戦い方はワシも教えられんしな。ほっほ」

ピッコロ「ぬ…! お、おのれ……!馬鹿にしやがって!こんなの……ぐぬうおおおぉぉ…!!!!」

界王「ワシは向こうで昼寝しとるからの。起き上がったら呼んでくれ」

界王(ほほ、中々活きのいい奴が来たわい。これは鍛えがいがありそうだ…)

―― 一年前

神殿


ゴオオォォ… 


キラッ キラッ


神「行ったか……悟空、死ぬなよ…」

ポポ「大丈夫、孫悟空強い」

ポポ「悪い奴倒して、必ず帰ってくる」

神「うむ、そうだな…」

神「…さて、ミスターポポ、少し下がっていてくれぬか」

ポポ「?」

神「奴が来る。恐らくな」

ポポ「奴…?……!ピ、ピッコロ…!」

ポポ「まさか、孫悟空がいないから神様をまた封印しに……」

神「……いや」

神「多分、それはないだろう。それよりも奴にとって大事な事があるだろうからな」

ポポ「…?」

グオオオォォォ………

神「来たか……」


シュタッ

ピッコロ「…」

神「ふふ、お前が自分から此処へ来るとはな」

ピッコロ「神、俺にドラゴンボールを使わせろ」

ポポ「えっ…」

神「…何に使うつもりだ?」

ピッコロ「孫悟空の後を追うためだ」

神「何故、悟空を追う?お前の目的は世界征服ではなかったのか?」

ピッコロ「黙れ、世界征服などいつでも出来る。しかし、その前に奴とは決着をつけねばならない」

神「悟空はお前よりもはるかに危険な敵との戦いに向かったのだ。お前などに構っている暇はない」

ピッコロ「なんだと?この生まれ変わったピッコロ大魔王より、強い敵など存在しなのだ!」

神「そうか?全力の一撃を片手でかき消されたように見えたが……」

ピッコロ「!だ、黙れ。あれが俺の全力ではない!!」

ピッコロ「奴がその宇宙の敵とやらを倒すまで待ってなどいられん。奴との決着はすぐにつけねばならない」

神「…そこまで悟空に拘るか」

ピッコロ「奴は父の仇でもあるしな」

神「ふっ……父の仇など、どうでもいいのではないか?」

ピッコロ「……なに?」

神「お前は気づいているのだろう?私の…いや、自身の寿命が近づいている事にな」

ピッコロ「…!」

ポポ「え」

神「私が寿命を迎えれば、お前も死ぬ。そして、その日はそう遠くない日まで迫ってきている。だから、悟空との決着を急ぐのだろう?」

ピッコロ「…」

ピッコロ「寿命で死ぬ貴様の力では、ドラゴンボールで寿命を伸ばす事も無理なんだろう」

神「知っていたか…」

ピッコロ「…頭に来るぜ。老いぼれの貴様の道連れにされるとはな」

神「元は一人の人間だったのだ。仕方あるまい」

ピッコロ「だが、俺が奴との決着をつけたい思いはわかっているんだろう。ならば、さっさとドラゴンボールで俺を孫悟空の元へ送り届けろ」

神「残念だが、ドラゴンボールはまだ石となって世界に散らばっておる。使えるようになるまで、数ヵ月はかかるだろう」

ピッコロ「ち……」

神「それに、その頃には悟空も今とは比べ物にならない程、実力を上げている事だろう。あのラディッツという男やその仲間に鍛え上げられてな」

ピッコロ「…」

神「この星で修業を続けたとて、その差は埋まるまい」

ピッコロ「ならば、俺も宇宙に出る」

神「どうやって出るというのだ。この星の文明では宇宙に出るなど、まだまだ不可能だ…。お前の魔法でも宇宙船などは造れまい」

ピッコロ「……!クソがッ!」

神「そう苛立つな。当てはまだある…」

ピッコロ「なんだ、勿体ぶらずに言え」

神「お主を特別に生身のまま、あの世へ連れていく。…そして、界王様に修業をつけていただくのだ」

ピッコロ「あ、あの世だと…!?」


……………

蛇の道


ヒュオオオォォ…

ピッコロ「………」

ピッコロ(神の野郎、あの世へ行けば界王に会えるとぬかしていやがったが、こんな長い道があるなどとは聞いてなかったぞ……)

ピッコロ(しかし、この先に神以上の強さを持つ界王がいる事は確かなようだ)

ピッコロ(せいぜい腕を上げていろよ、孫悟空。貴様との決着……神の野郎の寿命などに邪魔はさせん)

ピッコロ(貴様は必ず、俺の手で倒す!)

ピッコロ「ククク……ふははははは!!」ドウッ

ゴオオォォ……




――こうして、それぞれの戦士達が宿敵に向けて、修業に入った…



そして、惑星フリーザよりさらに遠くのある星に、フリーザへの復讐を誓う一人の戦士の運命もまた、動き始めようとしていた………

棄てられた惑星



ヒュオオオォォ…


ザッ ザッ…




ブロリー「……」

ブロリー「…………!」

ブロリー「そこにいたのか、バーダック」

バーダック「……おぅ、ブロリー。どうした?」

ブロリー「…親父が、フリーザの居所を見つけたらしい」

バーダック「…!……そうか」

ブロリー「親父が呼んでる。来てくれ」

バーダック「ああ…」

バーダック(フリーザ……ようやく貴様に再び会える時が来たか…)

バーダック(トーマ、セリパ、トテッポ、パンブーキン……随分待たせちまって悪かったな…)

バーダック(もうすぐだ……もうすぐでフリーザの首をあの世に届けてやる)


…………………

…数十年前


惑星ベジータ




バーダック「うおおぉぉぉー!!!!」

ズドオゥッ!!!

フリーザの部下「く、くそ!な、なんでサイヤ人なんかに…!!!うあああっ!!!」

ドゴオオォンッ…





フリーザ「ほっほっほ、中々やりますねぇ」

ザーボン「さすがはサイヤ人の中でもベテランの戦士という訳ですか…」

ドドリア「情けねえ部下共が…!」

ドドリア「フリーザ様、これ以上不様な部下の姿を見てられません。私が片付けて参ります」

フリーザ「そうですね。これ以上無駄に兵士を失うのも勿体ないですからね…」

ザーボン「私も手伝おう」

ドドリア「へっ、あんな下級戦士に二人で挑む必要なんざねえ。俺一人で一瞬で片付けてやる」



………


バーダック「出てこい!フリーザァァ!!!」

ドドリア「ギャーギャーとうるせえ野郎だな!」

バーダック「…!ドドリア……!!」

ドドリア「バーダック!!てめえごときがフリーザ様の相手になるか!俺様が仲間のもとへ送ってやるぜ!!」

バーダック「だああっ!!!」ブオッ

ドドリア「おっと!!」ガシィッ

バーダック「! く…!」

ドドリア「中々の力だな。部下共じゃ相手にならねえ訳だ」ググ…

メキメキ…
バーダック「ぐああ…!」

ドドリア「なあ、バーダックよ。仲間の死体はキレイなモンだったろ?」

バーダック「…!」

ドドリア「グチャグチヤにしちゃあ、てめえが可哀想だと思ってな!俺なりの優しさだったんだぜ?」

ドドリア「しかし、笑えるぜ!戦闘民族を名乗るわりにゃ、みんなバカみたいに突っ込んでくる事しかしやしねぇ!!今のてめえのようにな!!!」メキメキメキメキ

バーダック「ぐ…ああ……!」

ドドリア「今、トドメを刺してやる。フリーザ様に逆らった事を先に逝った仲間と一緒に地獄で悔いるんだなぁ!!」

バーダック(くそったれが…!仲間の仇を討つつもりが…こんな奴にも敵わねえっていうのか………!?)

バーダック(ふざけるんじゃねぇ…!俺は戦闘民族サイヤ人だ……!!こんな不様な姿を晒して仲間達の所になんて行けるか…!!)

バーダック「う……おぉ…!」ギリ…

ドドリア「お?まだ抵抗する力があんのか」

バーダック(俺はまだ全力を出しきっちゃいねえ!!そうだろ、俺の身体よ!!!)

バーダック(どうなったっていい……!!だから俺に力を貸しやがれ…!)

バーダック「ぐ…おおおぉぉぁぁ!!!」

ドドリア「けっ、無駄な足掻きだぜ……」

ザーボン「…終わりましたね」

フリーザ「ええ。まぁ、サイヤ人など、この程度で……」



バーダック「うおおおおああぁぁーーッ!!!!」

ボウッ

ドドリア「!?」

ドドリア「な、なんだ!?」





フリーザ「!」

ザーボン「なんだ、あれは!?」

シュイン シュイン シュイン…

バーダック「…っ、フーッ…、フーッ……」

ドドリア「お、驚かしやがって…!」

ドドリア「そんな姿になったところで俺様に勝てるわ

バーダック「…」ブンッ

パァンッ

ドドリア「けりひぇあ…」




ザーボン「な…!?ド、ドドリアが…?」

フリーザ(払っただけで頭を吹き飛ばしたというのか…?)

部下「う、嘘だろ?ドドリアさんが…!」

バーダック「はああぁ…!」ブゥゥン…

バーダック「ずあぁっ!!!」

ゴウッ

グオオオッ……!!!!

部下達「!! ぎ、ぎゃああぁ………




ザーボン「…!!!」ピピピピ

ピー ボンッ
ザーボン「うおっ!!」

フリーザ「………いくらです?」

ザーボン「は…?」

フリーザ「スカウターの数値はいくらだと訊いているのです!」

ザーボン「は、そ、それが100000を超えた辺りで…」

フリーザ「100000以上………」

ザーボン(し、信じられん。いったい、あれはなんなのだ?)

フリーザ「…」

フリーザ「…………やはり、いたのですね」ボソッ

ザーボン「…は?」

フリーザ「私が出ます。ザーボンさんはここに残っていてください」

ザーボン「し、しかし…」

フリーザ「ドドリアが一撃でやられたのですよ。あなたが相手になると思っているのですか?」ギロリ

ザーボン「…ッ」ぞくっ

この話はゲームのIFストーリーみたいに、あの時こうだったらという浪漫があって純粋に面白い。
少しだけ上手く立ち回れるようになって、しかし戦闘民族としての闘争本能は失っていないサイヤ人たちがみんなカッコよくていいわ。
応援してます。

面白い!
おつ

>>80 >>81
ありがとう

バーダック「フーッ……フーッ…」

バーダック(なんだこりゃあ……力が溢れてきやがる…!)

バーダック「……出てきやがれ、フリーザ!!!雑魚は片付けた!後は貴様だけだ!!!」

パチパチパチ…

バーダック「!」

フリーザ「ほっほっほ、素晴らしい戦闘力ですよ、バーダックさん」

バーダック「フリーザ……!」

フリーザ「圧倒的な戦闘力の上昇…そして、その溢れんばかりの闘争心……これがあの伝説といわれた、スーパーサイヤ人という訳ですか」

バーダック「…スーパーサイヤ人だと……」

フリーザ「やはり、私の判断は正しかったようですね。このような野蛮な猿が徒党を組んで暴れては、宇宙の平和は乱れるばかりです」

バーダック「…!そうか、貴様はサイヤ人全てがこの力に目覚めるのを恐れたのか……!!だからこんな事を…」

フリーザ「……恐れた、だと?」ピク

フリーザ「くっくっく、このフリーザ様に対して生意気な口を……」

フリーザ「スーパーサイヤ人になったとて、貴様のような下級戦士がこのフリーザの……」

バーダック「!」ザッ

フリーザ「相手になるかーーーっ!!」

ゴオッ

バーダック「ぬっ!!」


ガキィンッッッ

フリーザ「! ほう、このフリーザの一撃を受け止めるとは…!」

バーダック「見えるぜ……貴様の動きが…!」

ザーボン「わ…私は夢でも見ているのか…?フリーザ様の戦闘力は530000だぞ…!」

ザーボン「それをサイヤ人が…う、受け止めただと……!?」

ザーボン「ま、まさかあれがフリーザ様の言っていた……」



ググググ…!

フリーザ「…!」

バーダック「く……!だあっ!!」ガギッ

フリーザ「ぐっ!?(このフリーザが力負け……

バーダック「フリーザァァァ!!!」

グオオッ

バギィッ!!!
フリーザ「がはっ………!!ぐ…」

バーダック「フーッ…!フーッ…」

フリーザ「な、なんだと…」フラッ…

フリーザ「お、おのれサイヤ人ごときがあぁぁ!!」キィィン

ズドウッ

バーダック「つぁっ!!」

バチィンッ

フリーザ「弾き返した!?」

バーダック「くたばりやがれっ!!!」

ズドォウッ

フリーザ「!」

ドゴオオォォン………ッッ


フリーザ「…っ、はぁ、はぁ…!く……!」ツー…

バーダック「…」ニヤッ…





ザーボン「馬鹿な!!フリーザ様が血を流すなど……!」

ザーボン「戦闘力では、フリーザ様の方がまだ上なハズ…!だというのに…」

ザーボン「…!そ、そうか!バーダックは歴戦の戦士……フリーザ様よりも戦闘の経験数は上…!その経験の差がフリーザ様と互角以上の戦いを繰り広げられているのか……!」



フリーザ「…ぐ、このフリーザに血を流させるとは…!!」

バーダック「…へ、ざまぁねえな、フリーザ」

フリーザ「!?」

バーダック「てめえが玉座でふんぞり返ってる間も、俺達は常に戦い続けていた…」

バーダック「確信したぜ。怠け者のてめえじゃ、今の俺には勝てねえ…」

フリーザ「…!」

バーダック「てめえの支配は今日で終わりだ!!ドドリアと仲良くあの世でトーマ達に詫びを入れてこい!!!」

フリーザ「……」

フリーザ「ふふふ…ほほほほほほ……」

バーダック「!?」

フリーザ「ほーっほっほっほっほっ!!!!」

フリーザ「……舐めるなよ、スーパーサイヤ人…」ギンッ

バーダック「…!」

フリーザ「このフリーザ様を怠け者だと?戦闘の経験数が上なだけで、もう勝った気でいるのか?」

フリーザ「くっくっく、逆にガッカリしている…伝説と呼ばれた力が、その程度だったとはな!!!!」

バーダック「…」

バーダック「ふん……見苦しいぞ。そんな強がりは…」

フリーザ「強がりだと……?ならば、貴様に見せてやろう…!このフリーザの真のパワーを!!」

バーダック「…なんだと?」

フリーザ「究極の絶望を味わうがいい!スーパーサイヤ人!!!経験の差など、圧倒的な力の前には無力なのだ!!」

フリーザ「はああぁぁぁ……!!!!!」

ボゴッ ボゴボゴッ  ボゴッ…

バーダック「!!!」





ザーボン「!? フ、フリーザ様の姿が肥大化していく……」

ザーボン「まさか、フリーザ様も私と同じ、変身の出来る宇宙人だったのか…!?」

フリーザ「ぬうあぁぁ……!!!!」

ボゴッボゴッ

バーダック(野郎…!変身するタイプの宇宙人だったのか…!!!)

バーダック(今の内に仕留めねぇとマズイっ!!)

バーダック「うおおおっ!!!」キィィン…!バチバチバチッ

フリーザ「!」

バーダック「俺の全力の一撃だ!!消し飛べ、フリーザァァァ!!!」

ズドオオオオウッッ!!!

フリーザ「ぬ……!!!う、うおああああっ……!!」


チュドオオォォンッ…

バーダック「…はぁ、はぁ……」

バーダック「……」


「……くっくっく、これが全力の一撃だって?」


バーダック「…!!!」

フリーザ(第2形態)「やはり、下級戦士の力など、この程度か。…まぁ、少し熱かったがな」

バーダック(む…無傷だと……)

フリーザ「さすがは歴戦の戦士だな。変身タイプの宇宙人は変身時が一番無防備な状態になるからな。そこに全力の一撃を叩き込まなければ、圧倒的不利な状況になる」

フリーザ「しかし、今までの雑魚共とこの俺を同じと考えてもらっては困るな」

フリーザ「お前の攻撃など、変身が始まった時点で俺には通用しないのだ」

バーダック「…く………っ」

フリーザ「さぁ、どうした?スーパーサイヤ人?あまりの絶望に戦意を失ったのか?」

バーダック「クソがぁっ!!」

ズドウッ

フリーザ「! …ふん」

ピンッ

バチィンッ

バーダック(! ゆ、指一本で俺のエネルギー弾を……!)

フリーザ「ふははは!どうした、さっきよりパワーが落ちているぞ?」

バーダック「…ッ」

フリーザ「」シャッ
バーダック「!?」

ガシィッ

グググ…!

バーダック「があっ…!?(は、速ぇ……!!そ、それになんて馬鹿力だ…!!)」

フリーザ「この姿になったのも随分と久しぶりだ。加減はしてやるが、死ぬなよ?」

バギッ ドゴッ  ドスッ  ガンッ

バーダック「ぐぁ…! がっ……!!!」

フリーザ「そら!」

ボギッ

バーダック「ぎ……!やぁぁ…!」

フリーザ「! おっと、すまんすまん。やはり、力の加減が難しいな。肋を数本折ってしまった」

バーダック「…ぅ……」フッ

フリーザ「? おいおい、どうしたスーパーサイヤ人?ただのサイヤ人に戻ってしまったぞ?もっと俺を楽しませてみせろよ!!」

バーダック「……」

バーダック「ペッ!!」

ビチャッ
フリーザ「!」

バーダック「……くたばり…やがれ……クソ野郎……」

フリーザ「貴様…!」ピク…

フリーザ「このまま一思いに首をへし折ってやってもいいが、こう見えて俺は優しいのでな…」

ブンッ

バーダック「…!?」ヒュウゥゥ…

バーダック(クソ…身体が動かねえ…………


フリーザ「デスボール…」ブゥゥン…

バーダック「!」


フリーザ「貴様の故郷、惑星ベジータと共に葬ってくれる!!!」

バーダック「ち…きしょう……!」


ゴゴゴゴゴゴゴ…

フリーザ「なかなか楽しめたぞ!スーパーサイヤ人!!!しかし所詮は、サイヤ人ごときのくだらん妄想!!この宇宙一の強さを持つフリーザ様に、最初から勝てるはずなどなかったのだ!!!」

バーダック「フリーザ……フリィィザァァァ………!!!」

フリーザ「さよならだ、スーパーサイヤ人!!あの世で役立たずの部下達によろしくな!!」ブンッ


グオオオオオッ…!!!!!

バーダック「ぅ…うああああぁぁぁッ………!!!!!!」




ゴオオオオ…

バーダック(クソ……俺では…勝てねえのか………)


バーダック(すまねえ…トーマ ……セリパ…パンブーキン……トテッポ…!!)

バーダック(お前達の無念………晴らせなくて………)

オオオオオオオォォォ…!

バーダック(痛みも…なんも……感じねえ……いよいよ………俺も………………)


………ギャァ…

バーダック「…?」

オギャァ…

バーダック(赤ん坊の……泣き声…?)

バーダック(……カカロット…)

バーダック(け…、最期に………あいつの姿が思い浮かぶなんて…な……)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…!!


………………



………

「………」

オギャァ… オギャァァァ!!


バーダック(うるせえ…まだ泣いてやがるのか……カカロットは…)


バーダック「…………ぅ」ピクッ


パラガス「! お、おぉ…バーダック……!!お前、まだ生きて…」

バーダック「………? お前……パラ…ガス……?」ズキッ

バーダック「!! ぐぅ…ぁ……」

パラガス「…動こうとするな。生きているのが不思議な程の大怪我をしているんだぞ…火傷も酷い」

バーダック「痛ぇ………俺は、生きてんのか…」

パラガス「ああ、一体何があってこんな事になってしまったのか……」

バーダック「……そうか…奴は…………俺を殺し損ねたのか…」

パラガス「何があったか知っているのか?……い、いや、今は無理に話さなくてもいい…」

バーダック「………ここは…何処なんだ…」

パラガス「…わからん。だが、この荒れ果てた星の状態を見るに、我々サイヤ人が滅ぼした星のひとつなのだろう」

バーダック「…」

パラガス「メディカルマシーンがあれば、その傷も治してやれるが、残念ながらこの星の有り様ではな……」

バーダック「……けっ、…因果だな……」

バーダック「…だが……何故…俺は助かったんだ…。それに…お前も……」

パラガス「……この子のお陰だ」

ブロリー「おぎゃあ…おぎゃあ…!!」

バーダック「…お前の……ガキ…か…?」

パラガス「ああ、ブロリーという。…信じられん事だが、惑星ベジータが崩壊しかけた時、この子がバリアーを張り、星の爆発から私を守ってくれたのだ」

パラガス「爆発の寸前、傷だらけのお前がバリアーの中に流れてきた。そして、ブロリーはこの星に俺達を移動させたのだ……」

バーダック「……。…そうか」

パラガス「バーダック…すまないが、今の俺にお前を助けられる余裕はない…」

バーダック「……わかってる。お前は…自分のガキだけを見ていろ……」

バーダック「…だが……俺も死ぬ気はねえ………!!」

パラガス(む、無理だ……そのような傷で…)

バーダック「奴に…後悔させてやる……!!俺を仕留め損なった事を……!!!」ギリ…ッ

バーダック「この地獄を乗り越えて……!もう一度…!スーパーサイヤ人になってやる………!!」ガクッ

パラガス「バーダック…!……気を失ったのか…」

パラガス「凄まじい気迫を感じた……こんな死にかけの状態だというのに……」

パラガス「しかし、今、スーパーサイヤ人と言ったのか…?まさか…あれは伝説だけの存在のはず……」

ブロリー「…おぎゃあ……おぎゃあ…!」


…………

―現在


ザッ ザッ ザッ…

バーダック「おう、パラガス」

パラガス「来たか。ブロリーから聞いたな?ついに奴のいる星を見つけたぞ」

バーダック「待ちわびたぜ……この時を…」

パラガス「フリーザは惑星フリーザNo.361と呼ばれる星に居着いているらしい。以前、お前が捕まえたフリーザの部下の一人が吐いた。」

バーダック「…ほう」

ブロリー「…一匹だけ生かしておいて正解だったな、バーダック」

バーダック「ああ……そうだな。偶然、こんな辺境の星に攻めに来てくれた事に感謝しねぇとな」

パラガス「…惑星フリーザNo.361のポイントもわかった。奴らが乗ってきた宇宙ポッドを使えば、すぐにでも出発する事が出来るぞ」

バーダック「…そうか、ならモタモタしていられねえな。すぐに出るぞ」

パラガス「わかった、では準備を始めよう」

ブロリー「……」

バーダック(本当に待ってたぜ……この日が来る時を…!)

バーダック(あの地獄乗り越え、さらに力をつけた今の俺なら…今度こそは……!)

ブロリー「……バーダック」

バーダック「…ん?なんだ、ブロリー」

ブロリー「………」

ブロリー「…俺も、行こうか」

バーダック「…!」

ブロリー「あんたの実力を疑ってるわけじゃない。でも、あんたは昔、俺の手で片目を失っている……」

バーダック「…」

ブロリー「フリーザってのはとてつもなく強い相手なんだろう?昔、スーパーサイヤ人になっても勝てなかったって言っていたよな?……なら、もう一人、スーパーサイヤ人がいた方が確実に奴を…」

バーダック「…悪いな、ブロリー。こいつは俺の問題だ」

ブロリー「…」

バーダック「フリーザはこの俺の手で必ず、仕留める」

バーダック「…確かに、昔、暴走したお前を相手するのに片目は潰れちまったが…」

バーダック「今の俺は昔の俺と比べて格段に強くなった。お前との修業も腕を上げるいい機会になったしな」

ブロリー「……」

バーダック「片目がないくらい、ちょうどいいハンデだ」

ブロリー「……ふっ」

バーダック「…不安か?お前の力を押さえつける人間がいなくなっちまうのが?」

ブロリー「…!」

バーダック「確かに、今の暴走したお前を相手にするには俺も本気を出さなきゃ止められねえ」

バーダック「だがな、いつまでも俺の力をあてにするな。てめえ自身でコントロール出来るようになれ、ブロリー」

ブロリー「……」

バーダック「…まぁ、安心しろ。お前が宇宙の破壊魔にでもなっちまったら、その時は必ず俺が息の根を止めてやる」

ブロリー「…」

ブロリー「……ふ、そうならないように努力はしてみよう。あんたに死なれても困るしな」

バーダック「おい、そりゃどういう意味だ?俺が返り討ちにあうってのか」

ブロリー「俺の方が若さで勝っているからな。もういい歳なんだろう、あんたは」

バーダック「この野郎…」

パラガス「バーダック、準備が出来たぞ」

バーダック「…おう、すまねえな」

ブロリー「…」

ブロリー「……また会えるよな、バーダック」

バーダック「…当たり前だ」

パラガス「…死ぬなよ、バーダック。今度こそ、我々サイヤ人の無念を晴らしてくれ」

バーダック「ああ、俺はもう、負けねえ…」

バーダック「お前達親子には感謝している。俺の命の恩人だ」

バーダック「必ず、フリーザを倒して戻ってくる。楽しみに待っていてくれ」

ブロリー「ああ…」

パラガス「武運を祈るぞ」

バーダック「おう。じゃあな、行ってくるぜ…」



こうして復讐の戦士、バーダックは惑星フリーザへ向けて旅立って行った…


それぞれの宿敵打倒を誓う戦士達の運命が、今、ひとつになろうとしているのであった…

――悟空が惑星フリーザに到着して数ヵ月後…


惑星フリーザ トレーニングルーム



悟空「だぁっ!!」ブンッ

ラディッツ「! ぐっ!」

ガキッ

悟空「ち…!受けられちまった…!動きが読まれてたんか…」

ラディッツ「…いや、今のは偶然ガード出来ただけだ…」

ラディッツ「……成長の早い奴だ。もう、俺相手に善戦出来るとはな」

悟空「へへ…、ベジータやナッパのスパルタのお陰だな。オラも自分で驚いてるよ」

ラディッツ「…お前も随分、この星に慣れてきたな」

悟空「まぁな。飯があんま美味くねぇのが不満だけど」

ラディッツ「という事は、もうすぐだな」

悟空「ん?…なにがだ?」


プシュー

ベジータ「ラディッツ、悟空。フリーザから命令が来たぞ」

ラディッツ「…」

悟空「お、ベジータ…」

ナッパ「悟空、お前の初任務だぜ」

悟空「初任務…?」

ラディッツ「……そう、他星への襲撃だ」

悟空「!」

悟空「……」

ラディッツ「お前の気持ちはわかっているつもりだ。しかし、前にも説明したな?フリーザに余計な疑念を持たれる事は極力避けなければならないと」

悟空「あ…あぁ……そりゃ、わかってっけど……」

ナッパ「やるしかねえんだよ、悟空。お前に優しさがあんなら、せめて奴等に苦しみを味あわせずに殺してやれ」

悟空「…………」

ベジータ「…ちなみに、今回の任務はザーボンやキュイ…それと部下の雑魚共が数人、参加するようだ」

ラディッツ「……なに?いつものように、俺達サイヤ人だけではないのか?」

ナッパ「…ああ、キュイの野郎はともかく、ザーボンまで出てくるとはな。……こいつはなんか臭うぜ」

悟空(ザーボン…キュイ……どっちもでけぇ気の持ち主だったな…)

ベジータ「俺達の仕事は、ザーボンとキュイのサポートだそうだ。…サイヤ人もなめられたものだな」

悟空「サポート?」

ラディッツ「奴等が取り逃がした星の住人の片付けを俺達がやるんだろう」

悟空「……」

悟空(なんの罪もねえ、他の星の人間を殺せってのか……?)

ナッパ「襲撃はふた手に別れて行うそうだぜ。俺とベジータはザーボンの班、ラディッツと悟空はキュイの班だ」

ラディッツ「わざわざ、俺達を分けるのか…」

ベジータ「…」

ベジータ「もしかしたら、フリーザの気が変わったのかもしれんな。油断はするなよ…」

ナッパ「おう」

悟空「…………わかった」

ラディッツ(悟空……)

フリーザの私室


ザーボン「それでは、行って参ります」

フリーザ「…ええ。ですが、ベジータだけには気を付けてくださいね。腐ってもサイヤ人の王子……あの4人の中で一番の戦闘力を持っていますから」

ザーボン「…心得ております。吉報をお待ちください」

プシュー…





フリーザ「…」

フリーザ(……何故…)

フリーザ(何故今さら、あの男が私の夢に頻繁に出てくるのだ…)

フリーザ(あの男は惑星ベジータと共に跡形もなく消滅したはず…。私はそれを直に見たのだ……あの状況から逃げる事など絶対に不可能…)

フリーザ(だが、何故こうも落ち着かないのだ……私の直感が警告をしているようだ…)

フリーザ(まさか、私はあのスーパーサイヤ人の力に恐怖を覚えていたのか……?)

フリーザ(いや……それは有り得ん。奴は変身した私の力に、手も足も出なかったのだから……)

フリーザ(しかし、これだけサイヤ人の事が頭から離れないのは、きっと何かの警告に違いない……)

フリーザ「……万が一。…いや、億が一の事態を想定して、早めに芽を摘んでおかねば…」



……………


ザーボン「…」

ザーボン(いよいよ、サイヤ人を絶滅させる時が来たか…)

ザーボン(ベジータ達は果たして、どう出るか……)

ザーボン(それにより、私の運命も変わる訳だ。……ふっ、私の期待に応えて貰いたいものだがな……)

…………

ザーボン「…全員、揃ったな。これより、新たに発見された惑星への掃討作戦を開始する。ベジータ、ナッパ、お前達は私の指揮下に入ってもらう」

ベジータ「ああ…」

ナッパ「了解だ」

ザーボン「ラディッツ、カカロット。お前達はキュイの指揮に従え」

ラディッツ「了解」

キュイ「へへ、お前ら下級戦士兄弟にはなんも期待はしてねえけどよ、足だけは引っ張るんじゃねえぞ?」

悟空「…」

悟空(キュイ……こいつだけは好きになれねえ…)

キュイ「なに睨んでんだ?カカロットよ?」

悟空「…なんでもねえよ」

キュイ「そういえば、お前ら最近熱心にトレーニングに励んでるそうじゃねえか!」

ラディッツ「…!」

ザーボン「………」

キュイ「どら、どれだけ戦闘力を上げたのか、見てやるぜ」

ピピピ…

ラディッツ(…悟空)チラッ

悟空(わかってる)


キュイ「ん~?なんだこりゃあ、ラディッツは2000、カカロットは1300じゃねえか!!」

ラディッツ「…フン」

悟空「…悪かったな。これでも頑張ってんだけどよ」

キュイ「悪名高かった戦闘民族サイヤ人様も落ちぶれたもんだぜ!なあ、お前ら?」

部下「ギャハハ…」

ナッパ「…殺してやるか」

ベジータ「落ち着け、ナッパ」

ザーボン「……キュイ、そこまでにしろ。出撃前にふざけるなど、フリーザ様のお怒りを買うぞ」

キュイ「おっと、こりゃ失礼しました…」


ザーボン「それでは、出撃する。各員の健闘を祈るぞ」


ベジータ「…ラディッツ」

ラディッツ「わかっている。悟空の事は任せておけ。…お前達の方も、気を付けてくれよ」

ナッパ「へ、ザーボンなんざ、今の俺達の相手にもなんねえよ」

ラディッツ「ふっ、そうだったな。それでは、後で会おう」

新惑星


キュイ「よーし!お前ら、徹底的に掃除してやれ!!」

部下「おおっ!!」


ドドドトド…!!

ドゴオオォォン…


惑星の住人「うわー!!」

惑星の住人「きゃあーー!!」




悟空「…………!!」

悟空(これを…黙って見てろっていうのか……?)

ラディッツ「……悟空、余所見をするなよ。俺達の任務は奴等がうち漏らした分の片付けだ」

悟空「……」ブル… ブル…

ラディッツ「…」

……


ザーボン「よし、全員、散れ!一人も逃すなよ!!」

部下「はいっ!」


ザザザッ


ナッパ「…」

ナッパ「…おい、ベジータ。やっぱり妙だぜ」

ベジータ「ああ。…この星の連中の戦闘力はゴミ以下だ。それに、全体的な数も少ない」

ベジータ「その気になれば、サイバイマン数匹で全滅させる事も可能だろう」

ナッパ「それなのに、ザーボンやキュイがいるって事は…」

ベジータ「星の襲撃というのは口実で、奴等が俺達を始末する事こそが本来の目的なのかもしれん…」

ナッパ「なら、どうする?一気に片付けちまうか?」

ベジータ「…いや、待て。いずれ奴等が尻尾を出すにせよ、まだ手を出すのは早い」

ベジータ「奴等はスカウターを持っているんだ。一人でも惑星フリーザに連絡を入れれば、俺達の作戦は失敗に終わる」

ナッパ「…ち、それもそうだな。  ……お?」

タッタッタッ…

星の住人「はぁ、はぁ… ひっ!こ、殺さないで…」

ベジータ「…」スッ

ドウッ

星の住人「!」

ドオォン… パラパラ…

ベジータ「今はまだ、奴等の指示に従っておく。奴等が襲い掛かってくるのならば、返り討ちにしてやるだけだ」

ドゴオオォォン……

ギャー


悟空「……!く…」

ラディッツ「堪えるんだ。これ以上、このような悲劇に遭う星を無くす為にも…」

悟空「…くそ…………ん?」

ラディッツ「む…?」

悟空「ちいせえ気がふたつ…こっちに向かってくっぞ……」

ラディッツ「逃げてきた星の人間だろう。」

ラディッツ「やるぞ、悟空。ここを通すわけにはいかん」

悟空「…でもよ………この気は、きっと子供の気だ…。なんの抵抗も出来ない子供を殺す必要なんかねえはずだ…」

ラディッツ「…ええい、その話は散々した筈だぞ!悟空!!」

悟空「……」

タッタッタッ…

子供兄「はぁ、はぁ…」

子供弟「もう、走れない…よ……」

悟空「!」

悟空「やっぱり…子供だ……」

悟空(悟飯と同じくらいの大きさじゃねえか…)

子供兄「え… うわっ!こ、ここにもいる…!」

子供弟「ひ、ひえぇ… こ、殺さないで……!」

悟空「……」

悟空(やっぱり、オラには…出来ねえ!)

悟空「大丈夫だ、殺さねえ」

ラディッツ「…!」

子供兄「え…」

子供弟「ほ、ほんと?」

悟空「…ああ。早く逃げるんだ!」

ラディッツ「おい、悟空!何をしている!?」

悟空「…すまねえ……ラディッツ…」

子供兄「よ、よし、いこう!隠れ家まで行けば安心だ!」

子供弟「う、うん!」

タッタッタッタッ……

悟空「オラにはやっばり無理だ…。そこまで、非情になれねえ…」

ラディッツ「…ちっ、お前が出来ないのなら、俺がやってやる!!」キィィン…

悟空「! ちょ、待ってくれ!!」

ズドオオウッ!!!

ラディッツ「!」

悟空「!?」

子供兄弟「ひっ!」


チュドオォォン…!


パラパラ……


悟空「な………!」

ラディッツ(お、俺はまだ撃ってはいない……誰だ!?)



…ザッ

キュイ「ヒュー♪…あぶねえ、あぶねえ。危うく逃がす所だったなぁ~ …えぇ?カカロット!」

悟空「………キュイ…!!!」

キュイ「出撃前に言ったはずだぜ?足を引っ張るんじゃねえってなあ!」

ラディッツ(く、集中力を欠いていたか…!奴の接近に気づかなかったとは……)

キュイ「お前らの仕事はガキを逃がす事じゃねえだろうが!」

悟空「…ッッ」ググ…

キュイ「おい、カカロット。また睨みやがって…何か文句でもあんのか?」

ラディッツ「落ち着け、カカロッ……

子供弟「ぅ……うぅ…」ピク…

悟空「はっ!」

キュイ「あれ?まだ生きてやがる……」

子供弟「…ぃたい……よ…」

キュイ「頑丈なガキだな。自信無くすぜ」スッ

キィィン…

悟空「! や、やめろ!!キュイッ!!!」

キュイ「聞こえませーん」ズドウッ

ドゴオオンッ…

悟空「…!」

キュイ「……やれやれ、無駄なエネルギー使っちまったぜ」

キュイ「…っておい、カカロット。てめえ、誰に対して口利い…

悟空「うああああーーっ!!!」ブンッ

バギッ

ラディッツ「!!?」

キュイ「ぐわっ!?」

ドサッ

悟空「許さねえ…!おめえは……絶対に許さねぇ!!」

ディッツ(なんだ、今の速さは?俺が止めに入れなかった…)

キュイ「い…てて…!こ、この野郎……!!」ムクッ

悟空「…っ」

キュイ「下級戦士ごときがこの俺を殴りやがって……!」

キュイ「ちょいと予定より早いが、ここで殺してやるぜ!」

ラディッツ「なに?予定…だと?キュイ、どういう事だ?」

キュイ「フリーザ様の命令なんだよ。この星の制圧のついでに、お前達サイヤ人を始末しろってな!」

ラディッツ(やはりか…!)

悟空「フリーザが……なんでた?」

キュイ「さあな。俺はただ、フリーザ様の命令を遂行するだけさ」

キュイ「ベジータもナッパも、ザーボンさんに殺されるだろう。……だが、ベジータと俺は昔からのライバル関係…」

キュイ「ベジータとの決着はこの俺がつける!お前らをさっさと片付けて、あいつらの所へ向かうとしよう!」パチンッ

ザッ  ザッ ザッ…

部下「へっへっへっ…」

部下「ふっふっふっ…」

悟空「…!」

悟空(やっぱ囲まれてたか…)

ラディッツ「…」

キュイ「お前らなんざ、この俺が手をかけてやるまでもねえ。こいつらで十分だ」

キュイ「やれ!お前ら!!」

ラディッツ「…ふっ」

キュイ「あ?なに笑ってやがる…?」

ラディッツ「お前とベジータがライバルだと?笑わせてくれる…」

ラディッツ「今のお前など、ナッパはおろか、この俺の相手にもならんぞ!」

キュイ「な、なんだとぉ~…?!サイバイマン程度の雑魚がほざきやがって!!」

ブンッ

ラディッツ「! フン…」パシッ

キュイ「!」

部下「!!」

キュイ「な、なんだと…ラディッツごときが俺の攻撃を…!?」

ラディッツ「どうした、キュイ?ハエが止まりそうだったぞ?」グググ…

キュイ「…!?」

バッ

キュイ「くっ…、ぐ、偶然だ!」

ラディッツ「…ならば、何故俺ごときに距離をとる?本当は怯えているのだろう?」

キュイ「黙れ!!お前らサイヤ人なんかに誰が怯えるかよ!!」

ラディッツ「サイヤ人は戦闘民族だ。侮るなよ…」シャッ

悟空「!」

部下「!?」

キュイ「なにっ!?消え…」

ババババババッ

部下達「がはっ……」

ドサドサドサドサッ…

キュイ「は……」

シャッ
ラディッツ「弱いな、弱すぎる…」

キュイ「う、嘘だ!てめえのような下級戦士が…!!こいつらの戦闘力はお前らを超えてるんだぞ!?」

ラディッツ「ならば、お前達の大好きなスカウターで俺達の真の戦闘力を見てみるがいい…」

キュイ「真の力…だと?」

ラディッツ「悟空、奴に俺達の本気の力を見せてやろう」

悟空「い、いいのか?」

ラディッツ「こうなってしまった以上、仕方ないだろう」

悟空「…わかった!」

キュイ「へ…!そんなに自信があるなら見てやるよ!!どうせ、俺より強くはねえんだ!!」

ピピピピピ…

ラディッツ「はあぁ……!!」

悟空「ああぁぁぁ……!!!」

ゴゴゴゴゴ…

キュイ「ふん…、た、大した数値じゃ……な…!?」

ラディッツ「だあっ!!」

悟空「はぁーっ!!」

ドンッッ

ピピピピピ…

キュイ「い……16000と…14800…だと!?」

キュイ「……く、くそ!壊れてやがる!!!」グシャ

悟空「覚悟はいいな、キュイ!正直、オラは前々からおめえが大っ嫌ぇだった!!遠慮はしねえからな!」

ラディッツ「俺も同じだ。キュイ、今までの借りをここで返させてもらおう」

キュイ「く…!くそったれが!調子に乗るんじゃねえ!!お前らが俺に勝てるか!!!」キィィン…

ズドオオオウッ……!

ベジータ「…!」ピクッ

ナッパ「お、おいベジータ!ラディッツと悟空の戦闘力が…」

ベジータ「……ちっ、やはり俺達の反逆に感づかれていたのか…」

ナッパ「どうする、ラディッツ達の援護に向かうか?」

ベジータ「いや、キュイ程度なら奴等で十分に戦える。…それより、こっちに向かってくる奴がいるぞ」

ナッパ「…! この戦闘力はザーボンか…!!」


ゴオオオォォ…


シュタッ

ザーボン「…」

ベジータ「…よう、ザーボンさん。どうかしたか?」

ザーボン「どうした、だと?それはこちらの台詞だ、ベジータ」

ピピピ…

ザーボン「ラディッツ達がキュイに攻撃を加えてるようだな。お前の命令か?」

ベジータ「…ふ、お互いとぼけるのは止めにしようぜ、ザーボンさんよ」

ザーボン「…」

ナッパ「お前は俺達を始末しにきたんだろうが?」

ザーボン「…やはりか。お前達サイヤ人は、フリーザ様に反旗を翻すつもりなのだな?」

ベジータ「ふん、その通りだ。奴は俺達、サイヤ人の手によって死ななければならない」

ザーボン「……惑星ベジータの、仇…か?」

ベジータ「! そうか、あれはやはりフリーザの野郎がやったのか……」

ベジータ「だが、勘違いするなよ。フリーザにやられた雑魚の事など、どうでもいい」

ベジータ「サイヤ人こそ、宇宙の頂点にあるべき種族…それを奴に思い知らせる為だ」

ザーボン「愚かな……勝てると思っているのか…?本気で…あのお方に」

ベジータ「以前の俺達なら、そんな考えは持たなかっただろうな。だが、俺達は知ったんだよ…あのフリーザをも超えられる秘密をな!」

ザーボン「…。…ならば、お前達はスーパーサイヤ人になれるというのか?」

ナッパ「…スーパーサイヤ人だと?」

ベジータ「…はっ、まさかアンタがそんな伝説を信じていたとはな。驚きだ」

ザーボン「…」

ベジータ「俺達はそんな伝説などあてにはしていない。俺達がスーパーサイヤ人を名乗るのは、フリーザの野郎を殺した時だ」

ザーボン「…」

ザーボン(…なるほど、ベジータ達はスーパーサイヤ人の存在をまだ知らないのか…)

ザーボン「命知らずの愚かなサイヤ人が!この私が抹殺してくれる…!」

ナッパ「あ…?お前一人で俺達と戦う気かよ。部下はどうした?」

ザーボン「…奴等はキュイの援護に向かわせた。あの部下共ではお前達の相手にはならないだろうしな」

ベジータ「ほう、それなりに俺達の実力を買ってくれているようだな」

ザーボン「お前達を相手に私も遊ぶ余裕はなさそうだ…。最初から真のパワーで相手をしよう」

ナッパ「真のパワーだ?」

ザーボン「知るがいい。このザーボンの真の力を!!!はあっ!!」

ドンッッ

ベジータ「…!」

ナッパ「こ、こいつは…」

ザーボン(変身)「はあーっ…!」

ザーボン「ふははは……どうだ…!」

ベジータ「ほう、変身の出来る宇宙人だったのか。…それにしても、醜い姿だぜ」

ザーボン「そうだ…確かにこの姿は醜い。故に私はこの姿を封印していた……」

ザーボン「…しかし、戦闘力は前の私とは比べ物にならない程に上昇しているぞ…!!」

ザーボン「覚悟はいいな、ベジータ、ナッパ!…サイヤ人は今日、ここで滅亡するっ!!」


ベジータ「……ふふ、…ははははははは!!」

ザーボン「…?」

ベジータ「もう勝った気でいるのか……変身してその程度の戦闘力とは、がっかりさせてくれる」

ザーボン「なんだと…?」

ベジータ「…ナッパ」

ナッパ「おう、任せろ」ズイッ

ザーボン「…なんだ?ナッパ、お前一人で私の相手をする気か?」

ナッパ「残念だったな、ザーボンさんよ。変身しても、お前じゃベジータの相手にはなんねえ」

ザーボン「な、なに…!!」

ベジータ「…」

ナッパ「お前の相手は俺一人で十分だ」

ザーボン「 おのれ、ベジータの腰巾着風情が生意気な口を…!」

ナッパ「てめぇだってフリーザの腰巾着じゃねえか。笑わせるんじゃねえよ」

ザーボン「今の私の戦闘力は30000近い数値だ!!戦闘力4000程度の貴様など相手になるか!!」

ナッパ「…ほう、30000にも届かねえのか。少し安心したぜ」

ザーボン「あ、安心だと…?」

ナッパ「見せてやるぜ、ザーボン。この俺の戦闘力数を…!」

ザーボン「…!」

ナッパ「そのスカウターでよーく計ってみやがれ…このナッパ様の本気の戦闘力をよ!!」

ナッパ「ぬぅおおおお…!!」

ボウッ

ザーボン「!!(こ、この圧力は…!?)」

ピピピピピ…


ザーボン「8000……!16000……32000!?……ば、馬鹿な…!?」

ナッパ 「へっへっ…まだまだだぜ……!ずああぁぁっ!!!」

ドウッッッ

ピピピピピーー!! ボンッ

ザーボン「ぬおっ!? なっ……、し、信じられん……あのナッパが…!」

ナッパ「…ふう、久しぶりに力を解放するのも気持ちのいいもんだぜ」

ザーボン「戦闘力………ご、50000だと…!?」

ザーボン(なんという事だ…!ナッパごときが、どうやってこれ程の戦闘力を…!)

ナッパ「さぁ、始めようぜ。ザーボンさんよ」

ザーボン(……ならば、ベジータの戦闘力は単純に考えてもナッパの倍以上はあるという事か…!?)

ナッパ「おい、聞こえてんのかよ」

ベジータ「ふっ、あまりの衝撃に混乱しているようだな…」

ザーボン(しかも、こいつらは恐らく、スーパーサイヤ人の力に目覚めてはいない…)

ザーボン(あの最初のスーパーサイヤ人、バーダックの当時の戦闘力は10000だったと聞く……もし、ベジータやナッパがスーパーサイヤ人に成りでもしたら、フリーザ様を……)

ザーボン「……」

ザーボン「くっくっくっ…」

ナッパ「あ?」

ベジータ「?」

ザーボン「素晴らしい……素晴らしいぞ、戦闘民族サイヤ人!!」

ザーボン「お前達なら、私の期待に応えてくれそうだ!」

ベジータ「…期待だと?何をいってやがる?」

ザーボン「それは私に勝てたら教えてやろう!!行くぞ、ナッパ!!!」

ナッパ「け、いきなりやる気出しやがって…!!てめえなんざ、10秒で片付けてやるぜ!」

ベジータ(期待…?奴が俺達になんの期待をするというのだ?)

ベジータ(…まさか、ザーボンもフリーザの野郎を……?)

ザーボン「うがあーっ!!」ドウッ

ナッパ「真っ直ぐ突っ込んできやがって…土手っ腹に風穴空けて……

ベジータ「ナッパ!ザーボンは殺すな!!」

ザーボン「! …」ニヤッ

ナッパ「!? は?な、なんだと?」

ベジータ「抵抗出来ぬ程度に痛めつけてやれ!」

ザーボン「何をよそ見をしている!」

ナッパ「!」

バギィッ

ナッパ「が…っ!」グラッ…

ザーボン「…!」

ナッパ「…ってえな、この野郎が……!!」

ザーボン(首を折るつもりで殴りかかったのに、その程度のダメージか…)

ザーボン(戦闘力50000というのは本当のようだな…)

ナッパ「おい、ベジータ!なんか考えがあるんだな!?」

ベジータ「…」

ナッパ「けっ、運が良かったな、ザーボン。本当は今の攻撃の瞬間にてめえは死んでたんだぜ」

ザーボン「ふん、お前の戦闘力が本当に50000であるのならな…」

ナッパ「てめえ、今の台詞はカチンときたぜ。…じっくり味あわせてやるよ、50000と30000がギリギリの野郎との力の差をな!!」

ザーボン「望む所だ!私を倒せない程度では、フリーザ様に挑む資格すらないのだから!!」

ザーボン「期待させてもらうぞ!お前達の力が、私の運命を大きく変えるのかもしれないのだからな!!!」

ナッパ「わけわかんねえ事言いやがって…。まぁ、せいぜい死なねえように相手してやるよ」



………………


キュイ「うおおおおーっ!!」

スドオオウッ

悟空「! うわっ…!」

ドゴオオンッ…

ラディッツ「悟空!!」

キュイ「まともに喰らいやがった!ざまあみろ!!」

キュイ「はぁ、はぁ、どうだ!てめえらなんかが俺に勝てる訳がねえんだ!!思い上がりやがって!」

悟空「い…いでで……今のは効いた…!」

キュイ「!? な……!い、今のは俺のフルパワーの一撃だぞ…!ま、まともに喰らったのに……」

ラディッツ「キュイ…確かに戦闘力では、まだお前の方が俺達より上だろう。…仮にもベジータのライバルと言われていたのだからな」

ラディッツ「だが、フリーザの元で安穏と過ごしていた今の貴様の力は錆び付いてしまっている!絶えず前線で戦い、鍛え続けた俺達には決して敵わん!!!」

ラディッツ「思い上がっているのは貴様の方だ、キュイ!!」

キュイ「くっ……くそがぁっ!!サイヤ人の猿があぁぁ!!」

ゴオォォォ…

悟空「…!あの気は、ザーボンの手下の…」

ラディッツ 「ち、増援か……」

キュイ「!! お、お前ら!こっちだ!!早くこい!」

シュタッ シュタタッ

部下達「援護に来たぞ、キュイ」

キュイ「いいところに来てくれたぜ…。…へっ、形成逆転だな?ラディッツよ」

ラディッツ「…」

キュイ「こいつらはザーボンさん直属の部下だ。さっきてめえが片付けた俺の部下共よりもずっと腕が立つ」

キュイ「構えろ!てめえら!!全力のエネルギー弾一斉発射で、こいつらを消し炭にしてやる!!」キィィィン…

部下達「おう!」キィィィン…

ラディッツ「…ふん、渾身の力のぶつけ合いか…面白い。悟空、『アレ』をやるぞ!!」

悟空「…! おう、わかった!」

ザッ

キュイ「…あ?何をする気だ?」

ラディッツ「特別に見せてやろう。ベジータやナッパもまだ知らない、俺達兄弟の切り札を!」

悟空「だあああっ…!!」

ラディッツ「ぐああぁぁっ……!!」

グゴゴゴゴ……!!!

部下達「!!?」

キュイ「!? な、なんだありゃ!?奴等の周りに赤い……オーラが…?」

ゴゴゴゴ…!

ラディッツ「受けてみろ…!俺達兄弟の極限の一撃……!」ブゥゥゥン…!

悟空「か…め……は……め……っ!!!!」ゴゴゴゴ…

部下達「あ……ああ…!」

キュイ(ス、スカウターが無くとも感じる、このヤバいエネルギー……!!!こ、こいつらは……な、なんなんだ!?)

キュイ「ひっ、退け!!逃げろっ!ここから離れ……!!

ラディッツ「無駄だ…!逃げられはせん!!くたばれ、キュイ!!」

悟空「波ァーーーッ!!!」
ラディッツ「消し飛べぇぇっ!!」

キュイ「ひっ―――

ズドゴオオオオウッッ!!

界王星


界王「な……なんと…し、信じられん……!」

ピッコロ「…」

ピッコロ「ふん、また奴等を見ていやがったのか……何があった」

界王「………』

ピッコロ「おい!?どうしたというんだ!まさか、孫悟空が死んだのか!?」

界王「い、いや…そうではない……し、しかし、それと同じくらいの衝撃かもしれん…」

ピッコロ「だから、なんだと言うんだ!さっさと言え!!」

界王「あのラディッツと孫悟空というサイヤ人……あやつらは、独自の力でワシが求めた界王拳に辿り着きおった…」

ピッコロ「な、なんだと…!?」

界王「さすがは戦闘民族という事か……いやしかし、驚いたわい」

ピッコロ「…」

界王「ふっふ、また差をつけられてしまったな?ピッコロよ」

ピッコロ「…黙れ……」

ピッコロ(……くそったれが…!)

ゴゴゴゴゴ…

ラディッツ「…はぁ、はぁ……」

悟空「はぁ……はぁ…!」

ラディッツ・悟空「!!!」ズキィッ

ラディッツ「ぐぁ……」ガクッ

悟空「い……でで…!」

悟空「だ…大丈夫か、ラディッツ…」

ラディッツ「あ、ああ…大丈夫だ…。…ち、やはりこの力は反動が大きいな……」

悟空「ああ…。おまけに、10秒もこの状態を維持出来ねえ…もっと、長く使えるようにならねえと……フリーザは倒せねえ…」

ラディッツ「まだまだ鍛練が足りないという事だな……はぁ、はぁ…」

悟空「……そ、そういえば、ザーボンの部下がこっちに来てたけど、ベジータ達は大丈夫なんか……?」

ラディッツ「……。くそ、力を使いすぎたか…ベジータ達の気も探れん…」

ラディッツ「だが、心配はいらん……ナッパがザーボンに遅れをとる筈がないからな…」

…………


ザーボン「…ぜぇ……ぜぇ…うぐ……」ドサッ

ナッパ「…ふう、思ったより粘られちまったぜ」

ザーボン「…はぁ……はぁ………この私が…赤子扱いされるとはな………」

…ザッ

ベジータ「…さて、ザーボンさんよ。答えてもらおうか…」

ベジータ「さっき言っていた、俺達に期待しているという言葉、それはどういう意味だ?」

ザーボン「…はぁ……はぁ…」

ザーボン「ふ……お前達サイヤ人なら、フリーザ様……いや、フリーザを倒せるという事だ」

ナッパ「…あぁ?」

ベジータ(ザーボンはサイヤ人の特性に気づいていたのか…?)

ベジータ「…何故、あれだけ見下していたサイヤ人がフリーザを倒せると思うんだ?あんたは?」

ザーボン「…私は……サイヤ人の可能性をその目で実際に見た男だ……」

ナッパ「?」

ザーボン「お前達がどうやって、今の力を身に付けたのかは知らんが……お前達があのスーパーサイヤ人の力に目覚めれば……」

ベジータ「…またその名を出すか。あんなくだらない伝説の力など……」

ザーボン「伝説などではない。私は昔……惑星ベジータが消滅したあの日…一人のスーパーサイヤ人とフリーザの戦いをこの目で見ていたのだ…!」

ナッパ「なんだと……?」

ベジータ「…デタラメを……」

ザーボン「嘘ではない。真実だ!」

ザーボン「ベジータ…私を殺すな。私はお前達が知らない情報を知っている。私を殺さなければ、お前達のフリーザへの反逆の手伝いもしてやろう……!」

ベジータ「……」

ザーボン「私を信じろ。私を殺せば、必ず後悔するぞ……」

ナッパ「…おい、どうすんだよ。ベジータ?」

ベジータ「………」

ベジータ「ザーボン、貴様は何故、フリーザを裏切る?貴様はフリーザにも気に入られ、長年側近を勤めていただろう」

ナッパ「そういやそうだな。フリーザを裏切るメリットがねえ。やっぱり、俺達を騙す気だったんだな?」

ザーボン「…私とて、好きでフリーザの元にいたわけではない。奴に従う事でしか、生きる道がなかったのだ…。お前達、サイヤ人達がフリーザの配下として生きていたように」

ベジータ「…」

ザーボン「フリーザが提案する星攻めも、私は昔から気に入らなかった。奴のやり方は野蛮そのもの……美しさの欠片もない」

ザーボン「それに、結局のところ、フリーザは自分以外の存在全てを捨て駒としか見ていない。奴は自分以外、誰も信用していないのだ」

ザーボン「……これが私がフリーザに仕方なく従っていた理由、そして裏切る理由だ。わかったか?」

ベジータ「…ふん、いいだろう。完全に信用したわけではないが、命は助けてやる」


ベジータ「…それでは、色々教えてもらうとするか。フリーザの事や、そのスーパーサイヤ人の事を」

ザーボン「…わかった」

ベジータ「ナッパ、スカウターでラディッツにこちらに来るよう伝えろ」

ナッパ「おう」


……………


悟空「え……?お、おめえ、ザーボンか?」

ラディッツ「変身するタイプの宇宙人だったのか……俺達がキュイに当たっていなかったらと思うと、少しゾッとするな」

ザーボン「…そうか、キュイはお前達に破れたのか。お前達も想像以上の力を有しているようだな」

ベジータ「…さて、話してもらおうか。時間はたっぷりある」

ザーボン「…ああ」

………


ラディッツ「……」

悟空「……」

ザーボン「…以上が、私が見たフリーザとバーダックの戦いの一部始終だ」

ナッパ「……まさか、そのスーパーサイヤ人ってのが、バーダックの事だったとはな…驚きだぜ」

ラディッツ(親父…あんたはあの時、独りでフリーザと戦っていたのか………)

悟空(バーダック……オラの父ちゃん…か……)

ベジータ「…それ以上に驚きなのは、フリーザの野郎も変身型の宇宙人だったという事だ。…奴と戦う前に知れて良かったぜ」

ナッパ「…しかし、スーパーサイヤ人になったバーダックでも勝てなかったんなら、どうやって変身したフリーザを倒すってんだ?」

ラディッツ「…今の姿のままのフリーザを奇襲して倒すのが最も現実的か……?」

ザーボン「私はお前達がスーパーサイヤ人に目覚める事を期待している。当時のバーダックの戦闘力でも、変身前のフリーザと善戦は出来ていた」

ザーボン「今のお前達はバーダックの戦闘力を軽く超えているはずだ。スーパーサイヤ人への変身が可能になれば、変身したフリーザすら圧倒出来るに違いない」

ベジータ「…スーパーサイヤ人に変身するきっかけはなんなんだ?」

ザーボン「それはわからない。だが恐らく、本人の感情が変身の鍵になっていると思われる」

ラディッツ「感情…」

ザーボン「バーダックは仲間を殺され、怒り狂っていた。また、その仲間を直接手にかけたドドリアの出現もあり、感情が爆発したのだろう」

ラディッツ「…」

ナッパ「…確かに、バーダックとトーマ達は昔っからの付き合いだった。家族とも呼べただろうよ」

ベジータ「怒りによって目覚める伝説の戦士か……。ふっ、いかにもサイヤ人らしいな」

ザーボン「それが本当に変身の条件なのかはわからないがな。…見ていてそう感じただけだ」

ラディッツ「しかし、何故、フリーザは今さらになって俺達を殺そうとしたんだ?」

ラディッツ「親父…いや、サイヤ人がスーパーサイヤ人に目覚める可能性があると知っていたのなら、すぐにでも俺達を殺した方が、フリーザにとっても安全なはずだ」

ベジータ「……もし、変身が出来ないフリーザなら、そうしただろう」

悟空「ん?」

ラディッツ「変身という切り札があるから、俺達を見逃したと?」

ベジータ「奴の性格を考えるなら、不思議でもないだろう。おまけに、奴は変身した姿でスーパーサイヤ人を倒してしまっている」

ベジータ「その結果が奴の自分の強さへの自信を絶対のものにしてしまった…」

ザーボン「そうだ。フリーザにとって、スーパーサイヤ人など最早とるに足らない存在になってしまっている」

ザーボン「だから、お前達の始末も自分でつけずに、私達に任せたのだろう」

ナッパ「詰めの甘い野郎だぜ。それがてめぇの首を絞めてる事に気づかないとはよ…」

悟空「…スーパーサイヤ人でも敵わねえなら、オラ達ももっと力をつけなきゃいけねえな」

ラディッツ「当たり前だ。どうやら、フリーザは俺達の予想を軽く越えた強さを持っているようだ…」

ナッパ「伊達に宇宙一を名乗っちゃいねぇな…。これでも、結構強くなったと思ってたんだけどよ…」

ザーボン「フリーザの現在の姿の戦闘力は530000…。スーパーサイヤ人となったバーダックでも相手にならなかったあの形態は、倍以上と考えた方がいいだろう」

ベジータ「1000000以上か…………チッ」

ラディッツ「気の遠くなる数値だな……」

ナッパ「なぁに、不可能ではないんだ。俺達サイヤ人ならな…」

悟空「…ナッパのいう通りだ、オラ達サイヤ人ならきっと勝てるさ!」

悟空(…神様が言ってた、あまりにも絶望的な戦いの意味……今になってようやく理解したぞ…)

ベジータ「さて、貴重な情報は手に入ったが、これからどうするか…」

悟空「惑星フリーザに戻らねえのか?」

ラディッツ「馬鹿を言うな。戻れるはずがないだろう…」

ナッパ「のこのこ戻ったりすりゃ、確実にフリーザに引導を渡されるぜ」

ラディッツ「これからはフリーザの追手も相手にしなければならない。…動きにくくなりそうだな」

ザーボン「安心しろ。私が惑星フリーザへ戻り、お前達は私が倒したと報告しておく」

ベジータ「…ほう」

ナッパ「待てよ、お前がフリーザのとこに戻って気が変わらねえとも限らねえ」

ラディッツ「…そうだな。お前を惑星フリーザに行かせる訳にはいかん」

ザーボン「…信用しろ。私はお前達の味方だ」

ザーボン「では、私は惑星フリーザに戻り、フリーザにお前達が死んだ事を報告しにいく」

ベジータ「頼んだぞ。これで俺達も奴の目を気にせず、自由に動けるというものだ」

ラディッツ「この星からは離れた方が良さそうだな」

悟空「ああ…これ以上、オラ達はこの星にいちゃいけねぇ……」

ナッパ「だな。適当な星を探さねえとな」

ベジータ「ザーボン、ある程度重力が強く、生き物の少ない星は知らないのか?」

ザーボン「…いくつか思い当たる星はある。後で、ポイントを送っておく」

ベジータ「頼むぞ。…ようやくフリーザの監視から離れられるんだ、今以上にハードなトレーニングをしなくては奴には勝てん」

悟空「オラ達も、あの力を使いこなさねぇとな、ラディッツ」

ラディッツ「ああ。」

ナッパ「スーパーサイヤ人か……なってやるぜ、必ずな…」

>>184>>185の間に貼り忘れがあった…スマソ

ベジータ「心配はいらん。ザーボンは俺達を裏切る事は出来ん」

ナッパ「あ?」

悟空「なんでわかんだ、ベジータ?」

ベジータ「ザーボンがフリーザに俺達が生きている事を伝えた所で、ザーボンはフリーザに責任という形で殺されるだろう」

ベジータ「サイヤ人ごときに遅れをとる部下など必要ない、とな」

ザーボン「その通りだ。今、私の生きる道は、お前達に協力する他ないのだ。……わかってもらえたか?」

ナッパ「……けっ」

ラディッツ「ベジータがいうのならば、仕方ない…」

悟空「じゃあ、オラも賛成だ」

界王星


界王「お…おぉ…」

ピッコロ「はああぁ……!!!」

グゴゴゴゴ…

界王「あ、あのサイヤ人の兄弟にも驚かされたが、お前まで短期間で界王拳をモノにするとは…どうなっとるんだ……」

ピッコロ「…」フッ

ビキビキッ

ピッコロ「がっ……!……ふ、ふん、貴様が思っている程、大した力ではないんだろうな…」

界王「な、なんじゃと?減らず口を叩きおって」

ピッコロ「さぁ、界王拳は覚えたんだ。次の修業に移させろ」

界王「むぅ、本来なら界王拳を長時間維持出来るようにさせたい所だが、お前にはあまり時間が残されておらんからな」

ピッコロ「…」

界王「界王拳の維持は後回しにして、あの技の修業に入るとするか」

ピッコロ「元気玉という奴か…」

界王「うむ。しかし、この元気玉は良き心を持つ者しか扱えぬ奥義。邪な気を持つお前では、本来の威力は発揮出来ぬ」

界王「仮にお前が使ったとしても、普通の気弾以下の威力にしかならんだろう」

ピッコロ「なんだと…?」

界王「…だが、実は元気玉以外にもう一つ、封印していた奥義がある」

界王「それは元気玉とは逆で、邪な気を持つ者こそが扱える」

ピッコロ「ならば、それを教えろ」

界王「しかし、これは元気玉とは違い、見境がない。星を殺す技といってもよいだろう」

ピッコロ「星を殺す技…」

界王「お前はあの悟空というサイヤ人と戦う為に、ここへ修業に来たが……これは対孫悟空への技ではないという事を先に言っておく」

ピッコロ「…」

界王「悟空と戦う前に、お前は必ずフリーザという次元の違う敵とぶつかる事になる。これは悟空ではなく、対フリーザに使う技だ…。その目的意外に使用する事は許さん」

界王「それをまず、約束してもらおう」

ピッコロ「ふん、魔族である俺に約束をさせるつもりか」

界王「…」

ピッコロ「まぁ、いいだろう。フリーザとかいう奴に孫悟空を殺されても困るからな。約束してやる」

界王「うむ、信じるぞ」

ピッコロ「どうせ、俺は遅かれ寿命で死ぬんだ。そんなに危険な技を何度も使う機会もない…だから、俺にこの技を教えるんだろう?」

界王「……」

ピッコロ「ふん…」

ピッコロ「とにかく、フリーザなんぞに邪魔はさせん。孫悟空は…奴は必ず、俺の手で倒す…!」

惑星フリーザ

フリーザの私室


ザーボン「…フリーザ様、ザーボンです」

フリーザ「ご苦労様です。……随分と遅かったですね」

ザーボン「申し訳ありません。奴等の思わぬ反撃に遭いまして…。キュイ…それにお預かりしていた部下全てを失ってしまいました」

フリーザ「…」

フリーザ「ほっほ、気にしないでいいですよ。サイヤ人などにやられる部下など、必要ありませんからね」

フリーザ「しかし、その姿を見るに、ザーボンさんでも苦戦されたようですね」

ザーボン「はい。まさか変身するまで追い込まれるとは思ってもいませんでした…」

フリーザ「そうですか。ザーボンさん、久しぶりに変身されたのですね。…それで、サイヤ人は全員片付けたのですか?」

ザーボン「はっ。所詮はサイヤ人、変身した私の前には、あのベジータすら相手になりませんでした」

フリーザ「…死体はどうしたのです?持って帰ってきましたか?」

ザーボン「…」

ザーボン「申し訳ありません。久しぶりの変身でパワーが思ったようにコントロール出来ず、全員跡形もなく消し去ってしまいました…」

フリーザ「…そうですか。残念ですね……奴等の最期の姿はこの目で確認したかったのですが」

ザーボン「申し訳ありません、フリーザ様」

フリーザ「いえいえ、久しぶりの変身なら無理もありません。かつての私もそうでしたしね…」

ザーボン「………」ニヤリ

フリーザ「ご苦労様でした。ゆっくり休んでください」

ザーボン「はっ、失礼します」


プシュー


フリーザ「……」

フリーザ「ラディッツ、カカロット、ナッパはともかく、ベジータまでもザーボンさんに倒されるとは…」

フリーザ「奴等は大猿にもなる暇もなく、倒されたという事か…。私の読みが外れたようですね」

フリーザ「…やはり、私は心の何処かで奴等がスーパーサイヤ人に目覚めるのを恐れていたのか……」

フリーザ「ふふ…しかし、そのサイヤ人も今度こそ、完全に滅びた…」

フリーザ「もはや、このフリーザを脅かす者はなにも存在しないという事…!」

フリーザ「……ふふ……ほっほっほっ…ほーっほっほっほっほ!!!」

とある惑星


悟空「くっ…こ、この星の重力は惑星フリーザ以上だな……!」

ラディッツ「…だからこそ、鍛えがいがある……!!」

ナッパ「おら、どうした。攻撃はもうおしまいかよ?」

悟空「へ……まだまだ…!こうなりゃ…!」

ラディッツ「はああぁぁ…!」

グゴゴゴゴ…!

ナッパ「お!?な、なんだそりゃ……戦闘力が跳ね上がりやがったぞ…!」

悟空「へへ…!行くぞ、ナッパ!」

ラディッツ「そらぁっ!!」

ギャウッ

ナッパ「! は、速ぇ……!…ちっ!!」

バシィッ ドガガガガ…!

ベジータ(…ほう、あの二人……いつの間にあんな力を)

ピピピピ…

ベジータ「!(スカウターが……ザーボンか)」

ザーボン『ベジータ、私だ。報告は上手くいった…フリーザはお前達が死んだと思い込んでいる』

ベジータ「そうか、わかった。俺達は暫く、この星でトレーニングを続ける事にする」

ザーボン『私も隙を見て、お前達に物資を送るようにしよう。…なにか希望のものはあるか?』

ベジータ「そうだな……簡易型のメディカルマシーン…それと……」




ナッパ「うおらっ!!!」

バギッ ドガッ

ラディッツ「ぐはっ…!」ドサッ

悟空「うげっ!」ドサッ

ナッパ「はぁ、はぁ、いきなり強くなりやがって…」

ラディッツ「く…!まだナッパには及ばんか……」

悟空「痛てで………へへ、でも、前より全然戦えるようになったぞ…」

ナッパ「ったく、いつの間にこんな力をつけやがったんだ。…ほら、立てよ」グッ

ラディッツ「ああ…すまん」

悟空「………」チラ


ベジータ「……………」


悟空「ベジータ、なんか独り言言ってんぞ?大丈夫か?」

ナッパ「アホ。スカウターで話してんだよ……多分、相手はザーボンだろう」

ラディッツ「俺達が死んだ事を上手く伝えられたのか…?」

悟空「……」

悟空「そういやよ、ベジータってあんまオラ達と修業しねえよな」

ナッパ「あん?」

悟空「たまに少し相手するくらいで、殆どはナッパがオラ達の修業相手だ」

ナッパ「当たり前だろ。ベジータが本気でお前のトレーニング相手になったら、死んじまうよ」

ラディッツ「ベジータは俺達と違って、生まれながらに戦闘力が高かった。実力に開きがあるのは当然だ」

悟空「へぇー… じゃあ本気のベジータってどんだけ強ぇんだろうなぁ……」




ザーボン『……わかった、では手配しておこう』

ベジータ「ああ。…それと、もう一つ頼みがある」

ザーボン『なんだ?』

ベジータ「フリーザの奴との決戦の前に、片付けておきたい奴等がいる」

ベジータ「目の上のタンコブとも言うべき存在か…」

ザーボン『……ギニュー特戦隊か』

ベジータ「…ああ」

ザーボン『確かに、奴等は速めに始末しておいた方がいいだろう』

ザーボン『ギニュー特戦隊の隊員は桁違いの戦闘力は勿論、それぞれが特化した力を持っている。集団で相手をしては、相当不利な戦いになるだろう』

ベジータ「グルドの奴は時間を止められるというふざけた超能力を使うと聞いた事があるが…ザーボンさん、あんたは他の隊員にも詳しいんだろう?」

ザーボン『勿論だ』

ザーボン『グルドは強力な超能力の使い手で、お前が言ったように時間を止められる。戦闘力こそ隊員の中では最低だが、油断のならない相手だ』

ベジータ「ふむ…」

ザーボン『バータはフリーザ以上のスピードで動ける唯一の隊員。リクームは特殊な力こそ持たぬが、異常な頑強さを誇る。この二人は持久戦に持ち込まれると、かなりの苦戦が予想される』

ザーボン『ジースはあまり目立った力を持たないが、隊員の中では一番バランスのとれた実力を持っている。それに、奴はチームでの戦いが一番得意のようだ』

ベジータ「…なるほど。隊長のギニューは確か戦闘力は10000以上と聞いた事があるが…」

ザーボン『正確な数値は120000だな』

ベジータ(120000か…思っていた程ではなかったな……)

ザーボン『長年特戦隊の隊長をやっているだけあって、ギニューの実力は隊員と比べても圧倒的だ。それに、奴はとんでもない切り札を隠し持っている』

ベジータ「切り札だと?」

ザーボン『グルドの超能力以上に信じがたい能力だ。…ボディチェンジという、相手と身体を入れ換える事の出来る技を使うのだ』

ベジータ「……な、なんだそれは?」

ザーボン『私も直接見た訳ではない。フリーザから聞いた話だ』

ザーボン『奴は自分以上の強敵と出会うと、今までの身体を捨て、他者に成り代わるらしい。そうやって、奴は戦闘力を高めていったのだろう』

ベジータ「……信じられん話だな」

ザーボン『とにかく、ギニューには要注意だ。仮にお前の身体が奪われでもしたら、そこでおしまいだ』

ベジータ(俺が思っていた以上の化け物の集まりのようだな…)

ザーボン『奴等のフリーザへの忠誠心は私と違い、本物だ。今は他の星を攻めてはいるが、奴等はフリーザの危機を知るとすぐにでも飛んでくる』

ベジータ「フリーザ一人でも厄介だというのに、そんな連中の邪魔が入ってはたまらんぜ…」

ベジータ「ザーボンさんよ、あんたの力で奴等をこの星に誘き寄せる事は出来ないか?」

ザーボン『ふふ…私が味方についた事を有り難く思うがいい。私も特戦隊にはそれなりに信頼されている。フリーザが不在の時には、代わりに出撃命令を出した事もあるからな』

ザーボン『ギニューでも誰でも、そこに送り込ませる事が可能だ』

ベジータ「助かるぜ。ならば、先に面倒な3人を片付けてやるとしよう。リクーム、グルド、バータの3人だ」

ザーボン『いいだろう。しかし、お前以外のサイヤ人に奴等を相手出来るとは思えないが…』

ベジータ「いいんだ。あいつらは死にかけた方がずっと強くなれるからな」

ザーボン『…?』

ベジータ「特戦隊の事は頼んだぞ。それと、メディカルマシーンも忘れずにな」

ザーボン『了解だ。また、連絡をする』

ピッ…

ベジータ「………さて」




ナッパ「ふう、少し休もうぜ。…俺も歳だな……昔よりも体力が落ちちまった」

悟空「はぁ……はぁ…」

ラディッツ「…ぜぇ、ぜぇ」

ザッ

ベジータ「…」

ナッパ「おぅ、ベジータ。ザーボンからだったのか?」

ベジータ「ああ、偽の報告は上手くいったようだ」

悟空「これでとりあえずは安心だな」

ラディッツ「しかし、フリーザが何時ザーボンの行動に不審を抱くのかもわからん。のんびりはしていられないな」

ベジータ「その通りだ。だから、俺達は早急に奴等を片付けておかねばならない…」

悟空「奴ら?まだ、なんかいんのか?」

ベジータ「…ギニュー特戦隊」

ラディッツ「ギ、ギニュー特戦隊…!」ギクリッ

悟空「?」

ナッパ「特戦隊か…そうだったな、奴等がまだいたんだったな」

悟空「なんなんだ、そいつら?」

ベジータ「フリーザの親衛隊とも呼べる連中だ。今のナッパ以上の戦闘力を持った奴が5人もいる」

悟空「ひ、ひえぇ…まだそんなのがいるんか……」

ナッパ「おまけに、隊長のギニューはそいつらよりも遥かに強ぇ。…もしかしたら、ベジータでもてこずるんじゃねえのか?」

ベジータ「…どうだろうな」

ラディッツ「いつかは戦う事になると思っていたが……」

ベジータ「怖じ気づいたか、ラディッツ?フリーザを倒すとあれほど意気込んでいただろう」

ラディッツ「も、勿論だ。しかし、特戦隊の強さは昔から嫌という程、噂で聞いていたからな…。実力がハッキリしないフリーザよりも、ある意味では驚異的に感じてしまう」

ナッパ「まぁ、気持ちはわかるぜ」

悟空「でも、どうやって特戦隊ってのと戦うんだ?何処にいるかもわからねえのに」

ベジータ「今、その作戦をザーボンと立てている所だ。ギニューは後回しにし、隊員から先に片付けるようにな」

ベジータ「奴等と戦う時も、そう遠くはない。キュイ程度に苦戦するお前達には、もっと戦闘力を上げてもらわなければ困る」

ラディッツ「…ぬぅ」

悟空「わ、わかってるって…」

ベジータ「これからは、俺が本気でお前達を鍛えてやる」

ラディッツ「! な、なんだと…」

ベジータ「それこそ、サイヤ人の特性を発揮出来る程にな。…それに悟空、お前は俺の本気がどれだけのものか興味あったんだろう?」

悟空「き、聞こえてたんか…。地獄耳だな、ベジータ……」

ナッパ「おいおい、お前が本気で相手したら…」

ベジータ「死なない程度には抑えてやる。ザーボンから簡易型のメディカルマシーンを届けるようにも頼んでおいたからな。ダメージの心配は無用だ」

ベジータ「さぁ、さっさと立て!さっそく俺の本気の力を存分に味あわせてやろう」

悟空「ま、待ってくれよ…あの力を使ったばっかで身体中痛くて……」

ベジータ「甘ったれた事をぬかすな!身体が痛んでいるのなら都合がいい。もっと痛い目に遭わせれば、戦闘力の底上げも上手くいく筈だ」

ラディッツ「く…、やるしかないようだな」

ナッパ「へっへ、頑張れよ。お前ら」

ベジータ「何を言っている、ナッパ?お前も立て」

ナッパ「え?」

ベジータ「お前の戦闘力でも特戦隊を相手にするには厳しいんだ。お前の戦闘力も一緒に上げてやる」

ナッパ「やれやれ、ベジータ相手じゃマジで死ぬかもしれねえな」

ベジータ「殺されたくなくば、本気でかかってこい。3人同時に相手をしてやる」ドウッ

ラディッツ「!」

悟空(と、とんでもねえ気だ…!これがベジータの本気か……!)

ナッパ「しゃあねえ、やるしかねえか。……行くぞ、お前ら!」

悟空・ラディッツ「おう!!」

ババババッ

ベジータ「ふっ、少しは俺を楽しませてみせろよ!」

ヤードラット星


ギニュー「ふはははは!ヤードラットの超能力者の力はこんなモノか!」

ズドウッッ

ヤードラット星人「う、うわああっ…!!」

ドオオォォン…

ギニュー「さぁ、次はどいつが相手かな…?」




ジース「ちぇっ…ギニュー隊長、またいいところ取りだぜ」

バータ「あのヤードラット星人、結構強かったよな…」

リクーム「こっちは雑魚の掃除ばっかでいい加減飽き飽きだってぇ~…」グリグリ

ヤードラット星人「が…あぁ……」

リクーム「のっ!」グシャッ

グルド「あの超能力者は俺が相手したかったぜ……」

バータ「そういや、お前ら知ってるか?つい最近、ベジータ達サイヤ人が死んだらしいぜ」

ジース「本当か?」

リクーム「別に驚く事でもないじゃないの。サイヤ人の猿達なんて、いつ死んでもおかしくない弱さだっただろ」

グルド「どっかの星の奴等にやられたのか?」

バータ「いや、ザーボンにやられたらしい。なんでも、ベジータ達はフリーザ様への反逆を考えていたようでな」

ジース「はっはっは、ザーボンなんかにやられたのか…」

リクーム「ザーボンもつれないなぁ。お仕置きは俺達にやらせてくれりゃあ良かったのに」

グルド「へへ、あいつらのお仕置きはいい暇潰しになっただろうな」

ジース「しかし、馬鹿なサイヤ人だな。フリーザ様に逆らおうとするなど、愚かな事を…」

ピピピピ…

リクーム「お?」

バータ「ん?スカウターから通信?…誰だ?」

ザーボン『こちら、惑星フリーザのザーボンだ。ギニュー特戦隊、聞こえるか?』

リクーム「あら、噂をすれば、ザーボンちゃん」

ザーボン『噂…?』

ジース「サイヤ人を一人で片付けたようだな。ごくろうさん」

ザーボン『ああ、その話しか…』

バータ「どうしたんだ?お前が俺達に連絡をするのは珍しいな」

ジース「まさか、フリーザ様になにかあったのか?」

ザーボン『いや、フリーザ様は今、別の惑星の視察に出掛けられた。フリーザ様の代わりに、特戦隊への新たな任務の通達を頼まれたんだ』

グルド「フリーザ様が視察とは、珍しいな」

ザーボン『…』

ジース「で、その任務ってのは?」

ザーボン『ヤードラット星の制圧は、ギニュー隊長とジースに続けてもらう。リクーム、グルド、バータはこれから言うポイントにある惑星への制圧に向かうように。惑星の名はトアルだ』

リクーム「ん?俺達3人だけで?」

バータ「我々は必ずチームで行動するのにな…」

ザーボン『…』

ジース「まぁ、この星の制圧もあとわずかだし、ギニュー隊長と俺だけでも十分だとフリーザ様は考えられたんだろ」

バータ「なるほど、それもそうだな」


グルド「この星で暴れ足りなかった分、向こうで暴れてやるか」

リクーム「そりゃいい。強い奴がいるといいけどなぁ~」

ザーボン『…ところで、ギニュー隊長はどうした?連絡が取れなかったのだが……』

ジース「ああ、隊長のスカウターはヤードラット星人の一人に壊されちゃってな。この事は俺が伝えておく」

ザーボン『そうか、了解だ。フリーザ様のご命令は以上だ。健闘を祈る』

ブツッ

リクーム「さーて、そんじゃ、俺達は行くとするか」

バータ「おう。ギニュー特戦隊がわざわざ出向くんだ、それなりの星と期待させてもらうぜ」

グルド「惑星トアルか…。へへ、楽しみだぜ…」

ジース「油断はするなよ、お前達。」

リクーム「心配すんなって。ちゃちゃっと片付けてすぐ戻ってくるからよ!」

惑星トアル


悟空「…」

ラディッツ「…」

ナッパ「ぜぇ、ぜぇ……」

ベジータ「なんだ、結局最後まで立てていたのは、ナッパだけか……」

ナッパ「へっ…、へへ……俺ももう……限界…だ……」ドサッ

ベジータ「……ふん、この程度で倒れるようでは、打倒フリーザはまだまだ遠いな……」

ベジータ「…」

ベジータ(…しかし、この俺を相手に、予想していたよりは戦えていたな……)

ベジータ(特に、ラディッツと悟空が使ったあの力……伸ばせば化けるかもしれん)

ベジータ(スーパーサイヤ人……)



ベジータ(あの力を……もう一度引き出せるようになれば…)

ピピピピ…

ベジータ「…!」

ザーボン『ベジータ、私だ』

ベジータ「特戦隊の方はどうなった?」

ザーボン『上手くいったぞ。リクーム、グルド、バータの3人はそちらに向かった』

ベジータ「よし…」

ベジータ(この3人をナッパ達と戦わせれば、戦闘力は大幅に上がるだろう……)

ザーボン『特戦隊の宇宙ポッドなら、おそらく2日程度でそちらに着くだろう』

ベジータ「2日か…」

ザーボン『そこで、一つ問題が起こった』

ベジータ「なんだ?」

ザーボン『お前達に送る予定だったメディカルマシーンなのだが、惑星フリーザから送ると2日以上かかってしまうのだ』

ベジータ「なんだと……それでは特戦隊の戦いに間に合わないだろうが」

ザーボン『仕方がない。そちらに向かう特戦隊の為に送るという事になっているからな…』

ザーボン『誰もいない星にメディカルマシーンを送るなど、不自然すぎる。フリーザの部下達に怪しまれると、私の命が危ないのでな……わかってくれ』

ベジータ「…ちっ、俺はマシンの方が先に届くと思っていたから、こいつらを完璧に痛め付けたんだ。2日程度では回復しないダメージだぞ」

ザーボン『ならば、その3人の相手はお前がするしかないだろう』

ザーボン『特戦隊に勝てぬようなら、フリーザの打倒は不可能だとハッキリする。…まぁ、私はお前が負けるとは思っていないがな』

ベジータ「…くそ、特戦隊との戦いはコイツらを遥かに強くすると思っていたんだがな……仕方ない」

ザーボン『期待させてもらうぞ、サイヤ人の王子の力をな…』

ベジータ「…黙れ」

――そして2日後…

惑星トアル


ゴオオォォ…



ベジータ「…!来やがったか」

ラディッツ「ベジータ…やはり、俺達も……」

悟空「そ、そうだ。少しは動けっぞ……」

ベジータ「黙って寝ていろ。今の貴様達が来ても、一瞬で殺されるだけだ。」

ベジータ「特戦隊など、この俺の敵ではない」

ナッパ「…気ぃつけろよ、ベジータ……特戦隊相手に油断は禁物だぜ…」

ベジータ「ふん…」

ドゴオオォォォンッッッ…


プシュー


リクーム「…」ザッ

バータ「…」ザッ

グルド「…」ザッ



リクーム「リクーム!」ビシッ

バータ「バータ!!」ビシッ

グルド「グルド!!!」ビシッ

リクーム・バータ・グルド「3人揃って、ギニュー特戦隊別動隊!!!」

………

リクーム「おいおい、どういう事だ?」

バータ「スカウターの調子が悪いのか?小動物くらいしかいないじゃないか」

グルド「こんな人間のいない星で
、俺達に何をしろっていうんだ?」

リクーム「まさか、小動物以下の戦闘力を持った奴等が住んでるのか?」

バータ「その可能性もあるな。…だが、それじゃあ俺達がなんでここに送られたのかがわからん」

グルド「こんなの、下級兵士で十分事足りるじゃねえか…」

リクーム「…ま、フリーザ様のご命令だからな。やる事はやっとこうぜ」

バータ「そうだな」

グルド「まるで、会場のゴミ拾いだぜ…」

リクーム「あーぁ、たまには命の危険に晒される程の強い奴と戦いてぇなぁ…」

バータ「同感だ。最近、強そうな奴はみんなギニュー隊長が相手してるからな」

ベジータ「ならば、この俺がお前達の相手になってやろう」

リクーム「!?」クルッ

バータ「!?」クルッ

ガシィッ ガシィッ

リクーム「がっ……!?」

バータ「ぐっ、ぐぇっ!?」

グルド「なっ…!?て、てめえは……」

ベジータ「…ほら、どうした?生命の危機だぜ?特戦隊さんよ」ギリギリギリ…!

リクーム「かっ……あぁ!」

バータ「ぐっ…ぐるじ……!」

グルド「ベ、ベジータ?し、死んだ筈じゃ…」

ベジータ「…ギャリック砲!!!」

キィィィン…

リクーム・バータ「!!」

ズドオオオオウッッ…!

グルド「うおっ!」



パラパラ…

ベジータ「特戦隊の名も堕ちたモノだな。サイヤ人の片手で放ったエネルギー弾くらいで死ぬとは」

グルド「ば、馬鹿な!リクームとバータがこんな簡単に……!」

ベジータ「不意討ちというのは気に入らんが、フリーザやギニューに連絡されると不味いのでな」

グルド「なんで、てめえが生きて…」

ベジータ「それを貴様が知る必要はない。…死ね」ギャオッ

グルド「!!」

グルド「きえええーーーっっ!!!」

ベジータ「!!!」ビシィッ!

ベジータ「な…なにっ!?」

グルド「はぁ、はぁ、いきなり金縛りの術を使わせやがって…!」

ベジータ「か、金縛りの術だと…!?」ググ…

ベジータ(く…!身体が動かん……!!)

グルド「俺が特戦隊で唯一超能力を使える隊員だと知らなかったか?この金縛りの術は、俺のとっておきの超能力だ…。フリーザ様の動きだって止められるだろうぜ」

ベジータ(…ザーボンめ……こんな技があるとは聞いてなかったぞ…!)

グルド「!」

グルド「…ザーボンだと?……そうか!ザーボンとてめえは裏で繋がっていやがったのか!」

ベジータ(! こいつ…俺の心を読んだのか!?)

グルド「お前が生きてるって事は、他のサイヤ人も生きてんだな?ザーボンのやつめ、フリーザ様を裏切り、こいつらのスパイになるとは!!」

ベジータ「ふん…!大した超能力だが、相手の動きを止めるだけではな…!!」

ベジータ「だが、この金縛りも永遠に続けられる訳でもないだろう!少しでも力が弱まったその瞬間、吹き飛ばしてやるぜ…!」

グルド「リクームとバータを簡単に殺したお前に、俺の攻撃が通じるとは思えねぇ…」

グルド「だが、お前らが生きていた事と、ザーボンの裏切りをフリーザ様に伝えられれば、それで十分だぜ!」

ベジータ「…馬鹿め、スカウターのつけられない頭をして何を言ってやがる。先にリクームとバータを始末したのは、スカウターで俺達の存在を伝えられる事を危険視したからだ…!」

グルド「俺を甘く見たな、ベジータ。俺は宇宙一の超能力者だぞ?スカウターなんかなくても、通信は出来る!」

ベジータ「なに…!?」

グルド「俺はテレパシー能力も使えるんだよ!今すぐ、フリーザ様にお前らの事を伝えてやるぜ!!」

ベジータ「ちっ! …だが、手の内をてめぇの方から明かしてくれて助かったぜ…!」

グルド「なんだと?負け惜しみを言いやがって…」

ベジータ「確かに、お前の金縛りの術……強力だが、こうして相手に喋らせてしまうのは大きな弱点だな…!」

グルド「へっ、口だけで何が出来るってんだ…」

ベジータ(まさか、ナッパの真似事をする事になるとは思わなかったぜ…)

グルド「…あ?ナッパがなんだと?」

ベジータ「…」カパッ

グルド「?」

ズアボッッ!!!

グルド「え…

ドオオォォン…!


パラパラ…

ベジータ「……ふんっ」

ベジータ「くそったれ、まさかこんな奴に一番苦戦してしまうとはな…。情けない……」

ベジータ(油断は禁物か……くそ、ナッパめ…!)

ラディッツ「…!特戦隊の気が…消えた」

悟空「や、やっぱすげぇな…ベジータは……あんな強ぇ奴等をあっという間に……」

ナッパ「へっへっ、さすが、スーパーサイヤ人に一番近い男だぜ…」






ゴオォォ…

シュタッ


ベジータ「…」

ラディッツ「ベジータ、やったな」

ナッパ「さすが、サイヤ人の王子だぜ」

ベジータ「…」ギロ

ナッパ「な、なんだよ」

ベジータ「お前がいらん心配事を抜かすから、厄介な目に遭ったんだ」

ナッパ「…はぁ?」

ベジータ「とにかく、一番面倒な三人は片付けた。後はギニューとジースだけだ」

ラディッツ「ギニューか……例の技に気をつけんとな」

悟空「ああ、ぼでぃーちぇんじとかいう技だっけか」

ナッパ「万が一、ベジータの身体が乗っ取られでもしたら最悪だな。…ギニューは俺達3人で戦うか?」

ベジータ「…」

ベジータ「いや、ギニューは俺がやる。奴は確実に、息の根を止めなければならん」

ラディッツ「大丈夫なのか…?出会い頭に例の技を使われては……」

ベジータ「大丈夫だ。リクーム達のように、速攻で仕留めればいい」

ベジータ「それに、奴等はこの星に俺達がいる事など想像もしないだろう。奇襲は容易い」

ナッパ「じゃあ、俺達がジースの相手って訳か」

ラディッツ「特戦隊の中では小柄な方だが、用心して戦わねばな……」

ベジータ「すぐにザーボンが送ったメディカルマシーンが届く筈だ。回復したお前達なら、余裕で相手を出来るだろう」

数日後

ヤードラット星


ギニュー「……………………」

ギニュー「遅いっ!」

ギニュー「何日経ったと思っているんだ、あいつらは!?連絡の一つもよこさんで!!!」

ジース「…はぁ」

ギニュー「これ以上、この星では待てんぞ。一度、惑星フリーザに帰還するか……」

ジース「そうですね。スカウターも俺の一つしかありませんし……」

ピピピピ…

ギニュー「ん!?通信か?」

ジース「いえ、違いま……?!」

ジース「こ、これは…?」

ギニュー「なんだ、どうした?」

ジース「リクーム達の宇宙ポッドからの救援信号です!!」

ギニュー「な、なんだと…?」

ギニュー「馬鹿な、あいつらが追い詰められているというのか?…信じられん!!ギニュー特戦隊より強いのは、フリーザ様以外に存在しないのだぞ!!!」

ジース「で、ですが…確かに、あいつらのポッドからの信号です」

ギニュー「ぬぅ……」

ジース「どうします、隊長…?」

ギニュー「くそ、ギニュー特戦隊が不覚をとるなど、フリーザ様に知れては大目玉だ!」

ギニュー「惑星フリーザへの帰還は中止だ!我々は惑星トアルへ向かうぞ!」

ジース「わ、わかりました!」

ギニュー「あいつらめ……特戦隊の顔に泥を塗りおって…!」

惑星トアル


ゴオオォォ…

ズシィィィンッッ ズシィィィンッッ


プシュー プシュー



ギニュー「……ここが、惑星トアルか」

ジース「…」ピピピピ…

ジース「隊長、やはり変です。この星に人間の反応はありませんよ」

ギニュー「う、うむ……そうか…」

ジース「リクーム達の反応もない……どういう事なんだ?」

ギニュー「……ん?向こうにあるのは……!」

ジース「あれは…特戦隊の宇宙ポッド…!」

ザッ

ギニュー「…」

ジース「…」

ピーピーピー

ギニュー「…救援信号は出したまま……か…」

ジース「どういう事なんだ……?」

ギニュー「…」

ギニュー「…まさか、これは俺達をおびき寄せる罠では…?」

ジース「…!」




「よう、来てくれて嬉しいぜ、ギニュー特戦隊」



ギニュー「はっ!?」

ジース「誰だ!?」

ビッッ

ボンッ
ジース「おわっ!! …く、くそ!スカウターが……!」



ベジータ「…ようこそ、俺達の惑星へ」

ギニュー「お、お前は…!」

ジース「ベジータ…!?それに、後ろの奴等は……」

ナッパ「よう、ギニュー隊長」

ラディッツ「…」

悟空(あれがギニューか……なんか気持ち悪ぃ奴だな)


ギニュー「ナッパにラディッツ…!…もう一人もサイヤ人か…?」

ジース「恐らく、奴はフリーザ様が仰っていた、生き残りのサイヤ人、カカロット…!」

悟空「カカロットじゃねえ、悟空ってんだ。…よろしくな」

ギニュー「……ば、馬鹿な。お前達はザーボンに殺された筈では……」

ベジータ「では、俺達はなんなんだろうな?幽霊だとでも言えばいいのか?」

ベジータ「それとも、お前達をあの世へ送る、地獄の使いと名乗るべきか!?」

シャッ

ジース「!」

ギニュー「!? き、消え…」


ザッ
ベジータ「どうした?さっきから目の前にいるだろう」

ギニュー「! 貴さ……」

ベジータ「ずあぁっ!!!」

ドゴオッッ

ギニュー「おぐぅっ!!!」

ジース「た、隊長!!!」

ベジータ「!?」
悟空「…ん!?」

ナッパ「…決まったな」

ラディッツ「ああ、さすがベジータだ…」

ギニュー「が……はっ…!」ガクッ

ベジータ「…。…ギャリック砲!!!」


ギニュー「………!」

ズドオオオオウッッ


パラパラ…


ジース「…た、隊長が……ベ、ベジータなんかに……」

ナッパ「よっしゃあ!ベジータ、後は俺達に…」

ベジータ「………」

ベジータ(あれが、ギニューの実力だと…?)

ラディッツ「…? ベジータ、どうした……」

悟空「ベ、ベジータ!違うっ!!そいつは…!」

ベジータ「…!まさかっ…!!」

ジース「チェーーーンジッッ!!!」

カッッ

ラディッツ「!?」

ナッパ「な、なんだぁ?今の光は……」

ベジータ「……」

悟空「…!」

ジース「…」

ラディッツ「……? …はっ!!」

ナッパ「…あ……!」

ベジータ「…ふ、ふはははは!!!」

ナッパ「お、おい、まさか…!」

ジース「く、くそ…!まさか、既に……!!」

悟空「入れ替わってたのか…!!」


ベジータ(ギニュー)「はーっはっはっは!!思っていた通りだ!やはりな!!!」

ジース(ベジータ)「く、くそ…!…し、しまった…!」

ベジータ「まさか、貴様らサイヤ人が生きていたとはな…!リクーム達を殺したのも貴様らの仕業か!」

ナッパ「くそったれ、最悪だ…!」

ジース「…くっ」

悟空(やべえぞ…!今のベジータの体でフルパワーを出されちまったら、回復したオラ達でも……!)

ラディッツ(ベジータの力無くしては、フリーザは…!)

ベジータ「なるほど、その反応を見るに、やはりベジータがお前達の中で一番強い肉体の持ち主のようだな…」

ベジータ「しかし、サイヤ人ごときがどうやってここまでの力を手に入れたんだ…?ジースと入れ替わっていたとはいえ、この俺を一瞬で倒すとは……」

ベジータ「まぁ、いい。それはお前達を殺した後でじっくりと考えるとしよう」

ジース(く…!お、終わった……!)

ベジータ「まずは、こいつのフルパワーを試させてもらうとするか…!はあああぁぁ!!!」

ドウッッッ

ラディッツ「!」

ゴゴゴゴゴ…!

ナッパ「…!?」

ジース(……くそっ!ジースの身体では、上手く戦闘力を探れん…!)

ベジータ「ぐはははは…!元の俺の肉体を一撃で仕留めた程の戦闘力だ……!200000近くは固いだろう…!!」

ゴゴゴゴゴ…

悟空「…?……あ、ありゃ?」

ベジータ「はあーっ!!」ドウッッッ

ラディッツ「…!こ、これは…!?」

ベジータ「待たせたな…。さぁて、どいつから片付けてやろうか……」

ナッパ「あ、あれがベジータのフルパワーだって……?」

ベジータ「決めたっ!!!」

ドギャッ


ラディッツ「!!」

ジース「! ラディッツ!!!」

ベジータ「はあーーっっ!!」

ブンッ

ラディッツ「ん!?」

パシッ

ベジータ「!!!」

ジース「!?」

ベジータ「な、なんだと?」

ジース「か…軽く受け止めやがった……?」

ラディッツ「…。…どうやら、ベジータの身体を上手く扱えていないようだな」

ベジータ「馬鹿な!ラ、ラディッツごときに!!」シャシャシャッ

ラディッツ「まるでスローモーションだ…」パシパシパシッ

ジース「どういう事だ…?」

悟空「ベジータ!多分ギニューの奴は、慣れねぇおめぇの身体を上手く扱えてねえんだ!」

ナッパ「確かに、この戦闘力は特戦隊にも劣るぜ」

ジース「そ、そうか…!俺が戦闘力を上手く探れないのと同じで……!ならば、勝機はある!」



ベジータ「くそぉっ!!」ブンッ

ラディッツ「おっと」ヒョイッ

ラディッツ「お返しだ」ブンッ

バチッ

ベジータ「ぐあっ!……ぐっ」クラッ…

ベジータ「く…」ヨロ…

ベジータ「そ、そんな馬鹿な…!」

ベジータ「ジースや他の宇宙人とのチェンジは問題なかったというのに…!!信じられん…!」

ジース「つまり、俺の肉体はてめぇの手には余るって事なんだろう」

ベジータ「く…!ベジータ……!!」

ジース「ナッパ!ラディッツ!!悟空!!死なない程度に痛め付けてやれ!」

ナッパ「おう!!」

悟空「い、いいのか?おめぇの身体だぞ?」

ジース「構わん!」

ラディッツ「よし、本人の指示なら遠慮はいらんな!!」

ベジータ「お、おのれ!調子に乗るなよ、下級戦士どもが!!この肉体に慣れさえすれば、貴様達など!!!」

ジース(こいつはいい。今の俺の肉体ならば、あいつらの攻撃でもかなりのダメージを負うだろう)

ジース(これで俺も戦闘力を爆発的に上げる事が出来る…!)

ジース(後は、上手く身体を取り戻せればいいが…)

界王星


界王「見事、この界王の修業を全て乗り越えた。もう、ワシがお主に教える事はなにもない」

ピッコロ「…ふん」

界王「地球の神から連絡があり、ドラゴンボールも力を取り戻したようだ。今、付き人にボールを集めさせとる所らしい」

ピッコロ「そうか。ならば、俺も地球に戻るとしよう」

界王「地球の神は、閻魔の所でお主を待っておる。すぐにでも戻るがいい」

ピッコロ「ああ、そうしよう。……世話になったな」

界王「ほほ。ようやく少しは素直さを見せるようになったか」

ピッコロ「黙れ。……それではな」

ザッ…


界王「…頼むぞ、ピッコロよ。お前に授けた最後の奥義……フリーザに叩き込んでやるのだぞ…」

界王「この界王星の半分を砂にした…あの奥義をな……」

…………


ベジータ「ぜぇっ…ぜえっ……」

ナッパ「こんな所か」

悟空「ちっとやりすぎちまったかな…」

ベジータ「おのれ………おの…れ…」

ラディッツ「あまり近寄るな。また、身体を入れ換えるかもしれん」

ジース「…よし、お前達は下がれ。後はこの俺がやる」


ベジータ「な、何故だ……何故、このギニューが……」

ジース「さて、ギニュー隊長よ。そろそろ、俺の身体を返してもらおうか」

ベジータ「だ、誰が戻してやるものか…!反逆者め…!!「

ジース「ほう、そうかい」

ボギッ
ベジータ「!!! がっ…!!」

悟空「! お、おい、ベジータ!」

ラディッツ「黙っていろ、悟空」

ベジータ「あぐぐ…!き、貴様正気か!?じ、自分の身体を…!!!」

ジース「二度と戻らないのなら、破壊するしかないだろう?」

グシャッ

メキメキッ…

ベジータ「ぎ…!!いやあぁあぁ…!!」


ドゴッ ベキッ ズガッ……


ナッパ「へっへ、ベジータのあんな姿は二度と見られねえぜ」

ラディッツ「ふふ…、そうだな……」




ベジータ「あ…あぁ……あぐぐ…」

ジース「ちっ、情けない声と顔をしやがって。これ以上、見てられん!消し飛ばしてやる!!」

キィィィン…

ベジータ「うあぁ…わ、わかった……!」

ジース「…ん?なにか言ったか?」

ベジータ「も、戻す!お前の身体を返す!!だから、殺さないでくれぇっ!!!」

ジース「…本当に情けない面だ。涙まで流しやがって」

ジース「殺されたくなくば、早くしろ!!」

ベジータ「わかった…!わかった……!」スッ

ジース「…」



ラディッツ「…ナッパ」

ナッパ「おう、わかってるって」

悟空「?」

ベジータ「チェ、チェーーンジ!!」

カッ

バチィッ


ベジータ「…!!ぐあっ…ぁ…!」ドサッ

ジース「はぁ、はぁ……」

悟空「も、戻ったんか?」

ラディッツ「戦闘力を探ってみろ。ジースの戦闘力がベジータの時より上がっている」

ベジータ(わ、我ながら…散々に痛め付けたモンだぜ……!)

ジース(……ジースの姿に戻った所で、あの3人には勝てない……!……ならばっ!)

ザッ
ベジータ「…!」

ジース「フリーザ様の為!!せめて、ベジータ!貴様を道連れにしてくれ
ナッパ「」シャッ

ガシィッ!!!
ジース「りゅ!?」

ナッパ「…ありがとうよ、ギニュー。これでフリーザ打倒に一歩近づいたぜ」キィィィン…

ジース「チェ…
ズドオオオウッッ!!!


悟空「は、速ぇ…!み、見えなかったぞ」

ラディッツ「あれがナッパの本気のスピードか……恐らく、バータ以上だろう」

パラパラ…

ナッパ「ふう、一時はどうなるかと思ったぜ。おい、ベジータ、生きてるか?」

ベジータ「…は、早く……メディカルマシーンに……連れて…いけ」

ナッパ「本当に死にかけてんのか。急がねえとな」ヒョイッ

ナッパ「おい、ラディッツ!メディカルマシーンの用意をしろ!!急げよ!ベジータが死んじまうぞ!!!」

ラディッツ「わかった!」


ベジータ「…」

ナッパ「だがよ、これでまたお前もパワーアップするな。ベジータ」

ベジータ「……」

ナッパ「スーパーサイヤ人になれよ、絶対に…」

ベジータ「……ふっ…」

                           _,====ミミミヽ、
                         ,,==≡ミヽミヾミミミ、ヾ、
                       _=≡≡三ミミミ ミミヾ、ソ)),,》  .
                     彡彡二二三≡ミ-_ ミミ|ノノj )||ヽ, )、
                 __,,,,,,,,,/彡二二二    ,- __ミ|/ノ ノノノノ) ||
                -=二ミミミミ----==--'彡 ∠ミミ_ソノノノノ ノ

                  //>=''"二二=-'"_/   ノ''''')λ彡/
        ,,/ ̄''l       彡/-'''"" ̄-=彡彡/ ,,-''",,,,,,,ノ .彡''"
       (,  ,--(      彡 ,,-- ===彡彡彡"_,-_   ヽ Υ
       ヾ-( r'''''\    //=二二''''''彡ソ ̄ ∠__\ .\ソ  .|
         \;;;;  \   Ζ彡≡彡-'''',r-、>   l_"t。ミ\ノ,,r-v   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           \;;;;  \  彡""彡彡-//ヽ" ''''''"" ̄'''""(エア/  /
            \;;  \'''''')彡ヽ// | (tv   /|  , r_>'|  <一体みんな誰と戦っているんだ
             \;;;  \'"  \ ,,"''-,,ノ,r-", /  r'''-, .j   \

               \;;;  \ /,,>--'''二"''' r-|   二'" /  __  \______
                \;;r'""彡_l:::::::::::::::::::::: /./_   " / ̄ ̄"===-,
                  )''//rl_--::::::::::::::::/:/ヽ"'=--":

酉あってるかな
サボっててスマソ

――数日後

惑星フリーザ


フリーザ(最近、ギニュー特戦隊からの報告が届かない……変ですね)

フリーザ(まさか―……いや、ヤードラット星は彼等が苦戦する程の者はいない筈…)

フリーザ(ふむ……)


「フリーザ様、ザーボンです」

フリーザ「! …どうぞ」

プシュー

ザーボン「失礼します。先ほど、ギニュー特戦隊から通信が入りました」

フリーザ「おお、そうですか。…何故、今まで連絡がつかなかったのです?」

ザーボン「ヤードラット星人の思わぬ反撃に遭い、スカウターが破壊されてしまった為との事でした」

フリーザ「…ほう、そうだったのですか」

ザーボン「また、グルドが戦死してしまったようです」

フリーザ「グルドが…。……やれやれ、ヤードラット星人などにやられるとは、特戦隊のツラ汚しですね」

ザーボン「…」

ザーボン「特戦隊はこちらに帰還したいと言っておりますが…」

フリーザ「ええ、構いませんよ。グルドを失ったとはいえ、彼等にはまだ十分な働きが期待出来ますからね」

ザーボン「了解しました。では、そのように伝えて参ります」

ザーボン(………)

ザーボン(ベジータ……上手くやれよ…)

数日前 惑星トアル


ザーボン『…な、なに?もうフリーザに挑むというのか…!?』

ベジータ「ああ。俺の傷も完全に回復した」

ザーボン『だが……特戦隊を倒した程度では…』

ベジータ「心配はいらん。ギニューとの戦いで、俺は己の限界を超越した力を手に入れた…」

ザーボン『…』

ベジータ「これはサイヤ人にしかわからん感覚だ。…正直、自分でも驚いているぜ」

ベジータ「それに、いつまでも特戦隊からの連絡がなければ、フリーザにも怪しまれるだろう」

ザーボン『確かに、それはそうだが…』

ベジータ「俺達は特戦隊を装い、惑星フリーザへ帰還し、奇襲を仕掛ける」

ベジータ「フリーザもまさか、俺達が現れるとは思いもしないだろう。油断しきっていた所を、仕留めてやる。変身する隙も与えん」

ザーボン『今の姿のフリーザなら、絶対に勝てると言うのか…?』

ベジータ「間違いなく勝てる。…恐らく、変身した姿でも勝てるだろう。楽にとはいかんだろうがな……」

ザーボン『ま、まさか……』

ザーボン『! 遂にスーパーサイヤ人に目覚めたというのか!?』


ベジータ「……ふん、どうだろうな?」

ザーボン『…。…わかった、お前達の力を信じよう』

ザーボン『私も、いつまでもフリーザを騙せる事は出来んからな…』

ベジータ「……では、任せたぞ」


ピッ

ベジータ「…」


ザッ ザッ ザッ…

ナッパ「おぅ、話は決まったのか?」

ベジータ「ああ。すぐに惑星フリーザへと向かうぞ」

ベジータ「フリーザの野郎へ引導を渡しにな」

ナッパ「…へっへっ」

ラディッツ「………いよいよか」

悟空「……あのとんでもねぇバケモンと、遂に戦うんか…」

ベジータ「どうした、今になって後悔したか?」

悟空「ちげぇよ。ただ、ぜってぇに負けられねえ!…と思ってな」

悟空「オラ達がフリーザに負けたら、今度は地球にいる家族や仲間がフリーザに襲われるんだ。それだけはぜってぇにさせねえ」

ラディッツ「悟空、あまり気負うなよ。それが逆に隙を生む事にもなる」

悟空「…ああ。わかってる」

ナッパ「ベジータ、フリーザの野郎を倒した後はどうすんだ?また王子……いや、王に返り咲くか?」

ベジータ「…下らんな。後のことなど、フリーザを片付けた後にじっくりと考えてやる」

ベジータ「今は、フリーザを倒す事だけを考えろ」

ナッパ「そ、そうだな。悪ぃ悪ぃ…」

ベジータ「…さて」スッ

グッ

ナッパ「ん?」

ラディッツ「……?」

ベジータ「むんっ!」

ブチッ

ラディッツ「なっ?!…し、尻尾を……!?」

悟空「ベ、ベジータ!なにやってんだよ!?」

ベジータ「こんなものは、もう必要ない」ポイッ

ナッパ「お、おいおい!!大猿化は俺達の切り札じゃねえか…!」

ベジータ「もはや、大猿になって勝てる次元の戦いではないだろう。フリーザにとってはただのでかい的に過ぎん」

ラディッツ「だが……」

ベジータ「別に、強要はしない。お前達が必要だと思うのなら、残しておけ」

ナッパ「…」

ラディッツ「…」

ナッパ「……でかい的か。確かに、言われりゃそうかもな」グッ

ラディッツ「ナッパ…!」

ブチッ

ベジータ「…」

ナッパ「…へへ、結構痛ぇな」ポイッ

悟空「…。ラディッツ、どうすんだ?」

ラディッツ「…」

ラディッツ「……俺は…」



……………

惑星フリーザ


ピピピピ…

ザーボン「…!」

ザーボン(ベジータからの通信か)

ザーボン「…どうした?」

ベジータ『今、惑星フリーザへと向かっている所だ。あと数時間程で到着する』

ザーボン「そうか。いよいよか…」

ザーボン「では、私もこの星を脱出する準備を整えねばな」

ベジータ『脱出だと?』

ザーボン「フリーザとお前達との戦いに巻き込まれて死ぬわけにはいかないからな…」

ベジータ『…ふん。なら、急ぐんだな。せっかく助かった命だ』

ザーボン「ああ、大事にさせてもらうさ」

ピッ

ザーボン「…」

ザーボン「…そうだ。大事にさせてもらうさ……」

ザーボン「……ふ、…ふははははは…!!」

ザーボンの部下「ザーボン様、ベジータからですか?」

ザーボン「そうだ。奴等はもうじきこの星に到着する。いつでも脱出出来るよう、準備をしておけ」

部下「はっ!!」


ザーボン(……許せよ、ベジータ。私はお前にひとつ、言っていなかった事がある……)

ザーボン(フリーザの変身……奴にはあの姿の先がまだある事を…!)

……………


フリーザ「もうそろそろですかね。特戦隊が到着するのは…」

ピピッ

『フリーザ様、特戦隊の宇宙ポッドを確認しました。まもなく着陸します』

フリーザ「ええ。わかりました」

フリーザ「……」

フリーザ「…はて、ザーボンさんの姿がさっきから見えませんね…何処に行ったのでしょうか」

キラッ  キラッ キラッキラッ



ゴオオオオォォ…!



フリーザの部下「来たぞ、あれだ!」

部下「お迎えの用意をしろ!」

部下「はいっ!」



ドゴオオォォンッッ…!

シューー…


部下達「…」ザザッ


プシュー…


部下達「「「御苦労さ……ッ」」」




ザッ…

ベジータ「…久しぶりだな、この星に戻ってくるのも」

部下「!?」

部下「ベ、ベジータ!?」

ベジータ「ナッパ!反逆の狼煙を上げろ!!」

ナッパ「おうよ!!!」

クンッ

ズオオオオウッッ!!!!

部下達「!!!!!」

グゴゴゴゴゴ…!!!

ズズズン…!

フリーザ「!?な、なんだ?」

フリーザ「発着場からのようだが……」

ピピピピ…

フリーザ「?」

『……フリーザ様、ザーボンです』

フリーザ「ザーボンさん?今の揺れはなんなんです!?」

ザーボン『あれは、ベジータ達の仕業です』

フリーザ「ベジータ!?…ど、どういう事です?」

ザーボン『…』

フリーザ「ベジータはあなたが殺したと……」

ザーボン『嘘です。申し訳ありません』

フリーザ「!?」

ザーボン『私があなたに報告した大半の事は嘘です。ギニュー特戦隊も、既にベジータ達の手によって殺されています』

フリーザ「…」

ザーボン『ベジータはあなたを倒す為に、今まで姿を隠し、力をつけていたのです。以前の奴等と同じと思わない事です』

ザーボン『最低でも、あなたを変身させるまでに追い込んだ、あのスーパーサイヤ人と同等…いや、それ以上の戦闘力を持っているでしょう』

フリーザ「!」

ザーボン『…ふふ、あなたの今の姿のままでは簡単に倒されてしまうでしょう。ベジータ達が現れる前に、変身しておいた方がいいかと思いますが』

フリーザ「……」

フリーザ「わかりませんね。あなたはベジータと手を組んでいたのに、何故今になって私にその事を教えるのか…」

ゴゴゴ…

ズズン……

フリーザ「これはベジータ達の奇襲でしょう?本当に私を倒すなら、こんな事をする必要はないはず」

ザーボン『…』

フリーザ「それに……あなたには、あの時……スーパーサイヤ人を倒した後
、教えた筈ですが…」

フリーザ「私には、あの姿の先をまだ2つ残していた…と」

ザーボン『…』

フリーザ「それをベジータ達には教えていなかったのですか?……あなたの目的はなんなんです?」

ザーボン『私は本来ならすでにベジータに殺されていた。そこで一か八か、私はサイヤ人の可能性に賭ける事にしたのです』

ザーボン『下級戦士であったバーダックですら、スーパーサイヤ人に目覚めた事で、あなたを圧倒する力を手に入れた』

ザーボン『今のベジータ達はかつてのバーダックを遥かに上回る戦闘力を持っている。その連中がスーパーサイヤ人に目覚めたら………』

フリーザ「…」

ザーボン『しかし、サイヤ人も生かしておいては宇宙の危機になり得る存在』

ザーボン『さすがのベジータ達でも、全力のあなたを相手にしては無事ではすまないでしょう。…逆に言えば、あなたの方も……』

フリーザ「…そうか、貴様の目的は共倒れか……」

ザーボン『その通り…。あなた達が死闘を繰り広げてる間に、私は逃げさせてもらいます」

ザーボン「そうそう、今まで世話になったお礼に、一つ忠告をしてあげましょう』

フリーザ「…」

ザーボン『あなたは己の強さに自信を持ちすぎている…。くれぐれも、奴等を嘗めてかからない事だ』

ザーボン「死にたくなければ…ね」

フリーザ「貴様……」

ザーボン『それでは』

ブッ

フリーザ「………」

フリーザ「ベジータが……サイヤ人ごときが、このフリーザを倒せるだと…?本気で思っているのか?」

フリーザ「愚か者どもめ……まだ、俺の恐ろしさを理解していないようだな……!!」

ナッパ「狼煙にしては、でかすぎちまったかな…」

ラディッツ「まだ、フリーザの兵は山ほどいる。すぐにでもこちらに群がってくるぞ」

ベジータ「雑魚など放っておけ。今、フリーザの野郎も混乱していやがるはずだ」

悟空「フリーザの気は………向こうの方から感じっぞ!」

ベジータ「よし!急ぐぞ!!速攻で片をつける!!」

ナッパ「…!」ピクッ

ナッパ「お、おい…」

ラディッツ「…!?ベ、、ベジータ!こ、これは…」


ゴゴゴゴゴ…

悟空「! フ、フリーザの気がでかくなってく…!」

ベジータ「なんだと…もう変身を始めやがったのか?奴の性格からして、すぐに変身はしないと思っていたが…!」

ベジータ「ちっ…だが、奴の寿命が少しだけ伸びただけだ!!行くぞ、お前達!!」

ゴゴゴゴゴ…!

フリーザ(第二形態)「……ふんっ」コキッコキッ

フリーザ「……さぁ、来てみろ。サイヤ人共…!」

フリーザ「そのままコソコソと隠れて生きていれば、まだ幸せだったものを…」

フリーザ「貴様達にはあの、スーパーサイヤ人…バーダック以上の絶望を与えてやる!!」


ゴオオオオォォ…!!




ベジータ「いたぞ!!」

悟空「! で、でかくなってっぞ…!」

ラディッツ(あれが…スーパーサイヤ人となった親父すら敵わなかった変身形態…!)

ナッパ「…へっ、確かにこいつぁ、バケモノだぜ…!」

シュタッ


ベジータ「…」

悟空「…」

ラディッツ「…」

ナッパ「…」

フリーザ「よく来たな、サイヤ人共」

ベジータ「…意外だな、俺達がここに現れたというのに、随分と落ち着いていやがる」

フリーザ「ふん、ザーボンが教えてくれたのさ」

ベジータ「!」

悟空「えっ…」

ナッパ「なんだと…あの野郎!」

フリーザ「ザーボンの目的は俺達の共倒れを狙ったものらしい。影で色々とお前達に協力していたようだな…」

ラディッツ「ちっ…やはり、あの時、殺しておくべきだったか……」

ベジータ「…」

フリーザ「まぁ、奴への怒りは俺もお前達と同じだ。奴はこの星を離れるようだが、必ず見つけ出し、罰を与えてやるさ。…お前達を始末した後、すぐにな……」

フリーザ「さて、そろそろ始めようか。ザーボンの奴は言っていたぞ?最低でも変身した姿でなければ、お前達にあっさり殺されてしまうと?」ズイッ

悟空「…!」ザッ

ラディッツ「…くっ」ザッ

フリーザ「サイヤ人はもう、一人も生かしてはおかんぞ!今日、ここでサイヤ人は完全に滅びるのだ!!!」

ベジータ「滅びるのは貴様の方だ!フリーザ!!この日をどれだけ待ちわびた事か…!貴様は俺達、サイヤ人の手で討つ!!」

フリーザ「ふん!」

ベジータ「行くぞ!ナッパ、ラディッツ、悟空!!!」

ナッパ「おう!」

ラディッツ「ああ…!」

悟空「まかせろ!!!」

ババババッ


フリーザ「この……身の程知らずの猿どもがあぁっ!!!!」

蛇の道 始発点


ゴオオオオォォ…

ピッコロ「……!」


神「! やっと来たか…!」


シュタッ

ピッコロ「久しぶりだな。生きててなによりだ」

神「くだらぬ事を言っている場合ではないぞ、ピッコロ。悟空達は既にフリーザとの戦いを始めている」

ピッコロ「なにっ…!」

ピッコロ「…孫悟空はまだ、殺されていないだろうな?」

神「恐らくな」

ピッコロ「なら、さっさとドラゴンボールを使い、俺を孫悟空の元へと送り届けろ。フリーザなど、この俺が消してくれる」

神「その前に、お前にこれを渡しておく」スッ

ピッコロ「? なんだ、この小袋は?」

神「仙豆という豆が3粒ほど入っている。大事な物だ。必ず悟空に渡してくれ」

ピッコロ「豆だと?そんな物を奴に渡してどうする?」

神「渡せばわかる。少しはフリーザとの戦いに役立つはずだ」

ピッコロ「……ふん」スッ

神「では、神殿に戻るぞ。すでにミスターポポがドラゴンボールを揃え、待っている」

ピッコロ「ああ、さっさとしろ」

神(…)


フッ フッ…

神殿


ポポ「! か、神様!」

神様「待たせたな、ミスターポポよ。早速始めてくれ」

ポポ「はい」

ピッコロ「……」


……………


シュオオオォォ…

神龍「ドラゴンボールを揃えし者よ、どんな願いも一つだけ叶えてやろう…」

ピッコロ「…」

神「…」

神「…では、このピッコロを……」

ピッコロ「待て、神」

神「…?なんだ?」

ピッコロ「孫悟空の元へ行く前に聞かせろ。…貴様の……いや、俺の寿命は後、どれぐらいだ?」

神「! ……。」

神「…わかるのか?」

ピッコロ「…なんとなくだがな。そんなに遠くはないんだろう?」

神「…」

神「うむ。正直な話、今、こうしているのが奇跡に近い」

ピッコロ「…!」

神「……お前は…いや、私達は今日中に寿命を迎えるだろう」

ポポ「! そ、そんな…」

ピッコロ「そうか……一番長くもったとしても、今日という日が終わるまでか」

ピッコロ「あまり、のんびりとフリーザと戦ってはいられんわけか…」

神「……ピッコロよ。フリーザを短時間で倒せる方法が一つだけある」

ピッコロ「…な、なんだと?」

神「私と一つになり、本来の姿に戻るのだ」

ピッコロ「…!」

神「本来の『私』は、私とお前の父に別れてしまった際、大きく力を落とした」

神「今のお前の力は、ピッコロ大魔王や私とは次元の違う力を身に付けている…。そして、なにより若さもある」

神「お前の身体を基本とし、私と一体化すれば、フリーザも苦もなく倒す事が出来るだろう……」

ピッコロ「……」

神「本来なら、こんな提案はしない。しかし、今は事が事だ……どうせお互い寿命で死ぬのなら、フリーザという脅威を…」

ピッコロ「くだらん事を言うな!」

神「…!」

ピッコロ「フリーザを倒す程度の事で貴様と合体など、誰がするか!」

ピッコロ「仮に、フリーザを圧倒する力を手に入れたとして、その後の孫悟空との決着はどうなる?」

神「ピ、ピッコロ…!」

ピッコロ「貴様の力を借りて孫悟空に勝ってもなんの意味も価値もない!俺は自身の力だけで、奴を殺すのだ!!!」

神「…そこまで……悟空との決着を……」

ピッコロ「当然だ。奴との戦いの決着は、誰にも邪魔をさせん」

神「…」

神「……わかった。ならば、もう何も言うまい。ミスターポポよ、頼む」

ポポ「は、はい。神様」

神龍「願いはまだか…?」

ポポ「ここにいるピッコロを、孫悟空の元まで送ってほしい。だけど孫悟空とても遠い所にいる。大丈夫か?」

神龍「わからない。だが、やってみよう」

ピッコロ「…」

神「………」

神「…ピッコロ、最期に一つだけ言わせてもらおう」

ピッコロ「……なんだ?」

神「よく、間に合ってくれたな」

ピッコロ「…!」フッ…

ポポ「!」

ポポ「おお、や、やった…!」

神龍「願いは叶えた。さらばだ…」キイィーン…


神(頼むぞ……悟空、ピッコロ…!)

ラディッツ「つあぁっ!!!」ブンッ

フリーザ「ふん!ノロマが!!」ガシッ

ラディッツ「…く!」

フリーザ「どれだけ強くなったが知らんが、所詮、貴様は落ちこぼれのサイヤ…

悟空「波ァーーーッ!!」ズドオオウッ

グオオッ
フリーザ「ぬ!」

ドゴオオオンッ!!!

フリーザ「ぐああっ!…くっ……!」ズザッ


悟空「離れろ!ラディッツ!!!」

ラディッツ「悟空、助かったぜ…!」ザッ

ベジータ「体勢を崩したか…!ナッパ!!」キィィィン…!

ナッパ「おうよ!」キィィィン…!

フリーザ「!」

ラディッツ(! 連続エネルギー弾…!)

ラディッツ「悟空、お前も離れろ!巻き添えを食らうぞ!!」ザッ

悟空「!」ザザッ


ナッパ「ぬおおおおおおおーー!!!!」ドバババババババッッ

ベジータ「はああぁぁーーーっっ!!!!」バババババババッ

フリーザ「はっ!」


ドゴゴゴオオオオゥッ…!

ベジータ「…」

ナッパ「はぁ、はぁ…」

ベジータ「ナッパ、息が切れているぞ…」

ナッパ「あ…?へ、…俺も歳だな……」

ゴゴゴゴゴ…


ベジータ(俺とナッパの全力のエネルギー弾……無傷ではすまない筈…!)


ラディッツ「や、やったか…?」

悟空「……!い、いや、まだフリーザの気は感じっぞ!」


プスプス……

フリーザ「お、おのれ…!サイヤ人どもが……!」

ナッパ「ち…!まだ生きてやがる…!!」

ベジータ「…だが、かなりのダメージを受けたようだな!!」

ベジータ(いける……いけるぞ!俺達の力でフリーザを……!!)

フリーザ「おのれ…おのれぇぇ…!!このフリーザ様に二度も血を流させるとは…!!!」

ベジータ「一気に畳み掛けるぞ!かかれ!!」

ナッパ・ラディッツ・悟空「おう!!!」ドウッ

グオオオッ…!


フリーザ「…」

フリーザ(…ザーボンの言っていた事は間違いなかったようだな……)

フリーザ(しかも、こいつらはまだ、スーパーサイヤ人の姿にすらなっていない)

フリーザ(……まさか、こんな奴等にこれ以上の変身を見せる事になるとはな…)にぃ…

ベジータ「…!?」

悟空(な、なんだ?笑ってる…?)

ナッパ「終わりだぜ、フリーザぁ!!」

ラディッツ「くたばれぇ!!!」

フリーザ「……むんっ!!」

ヴンッ

悟空「なんだ!?」

バチィッ!!

ナッパ「うおっ!」

ラディッツ「こ、攻撃が弾かれる…!」

ベジータ「バリアーだと…?」

フリーザ「くく……まぁ、そう決着を急ぐなよ。サイヤ人…」

フリーザ「俺は今、全ての力を守りに回している。貴様達の攻撃では、このバリアーは破壊できん」

悟空「な、なんだって…!」

ナッパ「くだらねぇマネを…!」

ベジータ「…ふん、無駄な足掻きだな。勝ち目がなくなったと気づき、殻に閉じ籠ったか」

ベジータ「ならば、こちらも無駄にエネルギーを消耗する事はない。貴様のエネルギーが尽き、バリアーが張れなくなった所を仕留めるだけだ…!」

フリーザ「…」

ラディッツ「……これがフリーザとの決着になるとはな」

ナッパ「呆気ねぇモンだ……いや、俺達が強くなりすぎちまったのか…」

フリーザ「……ふふふ」

悟空「?」

ベジータ「…?」

フリーザ「楽しみだぞ…。その余裕たっぷりの表情が絶望の表情に変わる時が…!!」

ナッパ「なんだと?」

フリーザ「お前達はザーボンから聞かされていなかったようだな。……このフリーザ様の変身が、まだ残されている事を!!」

ナッパ「!!?」

ラディッツ「! …な」

ベジータ「なんだと!?」

ナッパ「…。ケッ、つまらねえハッタリを……」

フリーザ「ハッタリではないさ。悪かったな、今まではお前達の力を侮っていた…。しかし、想像を超える力を持っているようなので、俺も本気で相手をする事にしたのだ……」

悟空(今のフリーザは、変身する前のフリーザと比べると段違いの強さだった…!そ、そのフリーザがさらに変身しちまったら………ど、どうなるんだ!?)

ベジータ「……く、ザーボンめ…!」

フリーザ「ザーボンにこの事を聞いていたら、お前達はこう急いで攻めてくる事もなかっただろうにな…!ふはははは……!」

フリーザ「さぁ、いよいよ見せてやるぞ!!このフリーザ様の第三の姿を!!!」

ラディッツ「…!!」

フリーザ「貴様らの敗因は、すぐにスーパーサイヤ人になって、このフリーザを殺さなかった事だ!!!」

フリーザ「はあああぁぁ……!!!」

ボゴボゴボゴッ

ラディッツ「く…!こ、この戦闘力こ上昇は…!」

ナッパ「マ、マジかよ…!」

グゴゴゴゴ…!


部下「ザ、ザーボン様、これは……!」

ザーボン「! 惑星全体が震えている…!ついに、フリーザが更なる変身をするのか…!!」

部下「は、早くこの星から避難した方が良いのでは……」

ザーボン「まぁ、落ち着け。このような戦いは二度とは見られん…もう少し、フリーザとベジータ達との戦いを観戦させてもらうとしよう…」

ザーボン(さぁ、ベジータ…お前の言っていた、超越した力というのを見せてみろ…!)

ゴゴゴゴゴ…!

フリーザ「ああああぁぁぁ……!」ググッ

ベジータ「!!」

ベジータ「散れ!!衝撃波が来るぞ!!!」

悟空「!」

ナッパ「ちっ!!」バッ

ラディッツ「ッ!」ババッ

フリーザ「………ッ はああぁーーーっっ!!!」グアッッ

ーーーゴウッッッ

悟空「ぅあっ!!(ふ、吹っ飛ばされる!!!)」

ベジータ「ぐっ!!!」


ズゴゴゴゴ……

……

ドサッ

悟空「いでっ!!」

悟空(く……すげえ、土埃だ…。周りが見えねえ……!)

悟空「…」

悟空(ベジータ達も近くに飛ばされたみてぇだ……無事のようだが…)

ゴゴゴゴゴ…

悟空(それよりも……こ、この変身したフリーザの気は……!)


フッ

ピッコロ「!」

悟空「…」

悟空「……え?」

ピッコロ「孫悟…ゴホッ!!な、なんだこの煙は……!?」

悟空「ピ、ピ、ピッコロ……?」

悟空「な、なんでおめぇが…?夢でも見てんのか?」

ピッコロ「……!! そうか、このとんでもない気がフリーザという奴か…!」

悟空「お、おい!なんでおめぇが…」

ピッコロ「事情を説明している時間はない。俺はフリーザを倒し、貴様との決着をつけにきた」

悟空「け、決着?」

ピッコロ「それと、こいつを貴様に渡せと神から預かってきた」スッ

悟空「へ?……こ、こりゃ仙豆じゃねえか!ありがてぇ!」

ピッコロ「…さて、さっさと終わらせるか」コキ…

悟空「! だ、駄目だ!ピッコロ!!おめぇじゃ勝てねえ!!!それに、おめぇが死んだら神様も…!」

ピッコロ「…。その心配の必要はもう、ない」

悟空「…!?」

ゴゴゴ…

ピッコロ「! 煙が晴れてきたか……さて、噂のフリーザがどんな野郎か…楽しみだぜ」

ゴゴゴゴゴ…

フリーザ(第三形態)「……ふう、お待たせしましたね。…おや?」

悟空(あれが、フリーザの真の姿…!)

ピッコロ「…ほう、まさにバケモノといった姿だな」

フリーザ「あれは……ナメック星人か?…何故、こんな所に……」



シュタッ シュタッ シュタッ

ベジータ「…悟空。なんだ、そいつは?」

ピッコロ「こいつらがサイヤ人か…」

ラディッツ「! お前は確かあの時の…!?」

ピッコロ「ふん、久しぶりだな」

ナッパ「ナメック星人だと…?いつから居やがった?」

ピッコロ「…ナメック星人……?」

フリーザ「…おやおや。この私(わたくし)の姿を前にして、まだ雑談する余裕があるのですか?」

ベジータ「フリーザ…!」

ナッパ「バケモノ姿に磨きがかかってやがる…!」

ラディッツ(先程の姿がかわいいと思えるくらいの圧倒的な戦闘力の上昇……!!!もはや、俺の力では…)

悟空(ピッコロが来てくれたのは助かったけど……今のフリーザ相手じゃ………)

ピッコロ「……よし、やるか」ズイッ

フリーザ「!」

ベジータ「な、なに?」

悟空「ピッコロ!?」

ピッコロ「フリーザ、貴様など、俺一人で十分だ。時間が惜しい……さっさと片付けさせてもらう」

フリーザ「……………」

フリーザ「ほっほっほ…。これは驚きましたよ……ナメック星人は戦いを好まない穏やかな生物と聞いていたのですが」

ラディッツ「死ぬ気か…」

ピッコロ「黙ってそこで見ていろ。余計な手出しはするなよ」

ベジータ(何を考えている…!?その程度の戦闘力では…)

ピッコロ「…」ザッ ザッ

フリーザ「……!」


フリーザ「これはこれは、本当に一人で私と戦うおつもりですか。その勇気だけは認めてあげましょう」

フリーザ「ですが、すぐに後悔する事になりますよ。1秒後にはあなたは…

ピッコロ「無駄口の多い奴だ」グッ

ピッコロ「界王拳…!!!」

ゴゴゴゴゴ……!!!

フリーザ「!」

ラディッツ「な、なに!?」

悟空「あ、あれは…!」

ピッコロ「ぬううぅぅ…!!!!!」

ゴゴゴゴゴ…

ナッパ「ぉ…!こ、この戦闘力は…!?」

ベジータ(馬鹿な…!何故、ナメック星人がこれ程の…!!?)

ピッコロ(…!!何十倍まで引き上げているか自分でもわからん…!だが、どうせ今日までの命……反動の事など気にする必要はない!!!)

フリーザ「………これは、素晴らしい。素晴らしい闘気ですよ…!!いったい、どれ程の力が

ピッコロ「」シャッ

ゴオオオッ

フリーザ「!?」

ピッコロ「ずああぁっ!!」

ズドゴオッ!!!
フリーザ「ぐッ…がああぁっ
!!?」

ギューーーーン… ドザァッ


ラディッツ「あ……あのフリーザを殴り飛ばした!?」

悟空「す、すげぇ……!」

フリーザ「ぐ……!な、なんだと…」

ザッ
ピッコロ「さっさと立て」

フリーザ「はっ!」

バギィッ!

ドゴオッ!!

フリーザ「ご…!!がはぁ…!」



ナッパ「し、信じらんねぇ…!あのフリーザと…互角に戦ってやがる…!!」

ベジータ「い、いや……明らかに上回っている…!」

悟空(オラやラディッツが使えるあの技に似てっけど……)

ラディッツ(俺達以上に使いこなしてるというのか…!しかし、あれほど力を上げては後の反動が……)


ズドォッッ

フリーザ「ぐっは…ぁ!」ズンッ

ピッコロ「…どうした、まだ数発殴っただけだぞ?もう、膝をつくのか?」

フリーザ「お、おのれ!!デスビームッ!!!」

ピッ

ピッコロ「!」

ドッッ…


悟空「ピ、ピッコロ!!」

ピッコロ「」フッ

フリーザ「!(ざ、残像…)」


ピッコロ「激……烈…!」ブゥゥン…

フリーザ「う、後ろ!?」バッ

フリーザ(ば、馬鹿な、私のデスビームを至近距離から避けて回り込むなど…!)

ピッコロ「光弾!!!!」ボッ

フリーザ「!!!」

ドゴオオォォンッ!!!

フリーザ「ぐあああっ!!」

ピッコロ「はあ、はあ…!」

ピッコロ(ち…!まだ生きていやがるか……!俺の全力の一発だったというのに…!!)



ベジータ「し…信じられん…!なんという戦闘力だ……!」

悟空「フリーザの気もだいぶ弱まってる…!!いけっぞ!!ピッコロ!!!」


フリーザ「お、おのれ…ぇぇ……!」

フリーザ(なんだ……なんだというのだ…!!!……何故、こうも次々とこのフリーザの力を上回る…!?)ググ…

フリーザ(こうなれば……!)


ピッコロ「魔貫光殺法…!」キィィィン…!

ピッコロ(こいつで脳天を撃ち抜いてやる…!!)

ビギッ



ピッコロ「!!うぐあっ!!!」

フリーザ「!?」

悟空「ピ、ピッコロ!?」

ラディッツ「! まさか、例の反動が…!」

ビギッビギッ

ピッコロ「ぐ、ぐあっ…!!」ガクッ

ピッコロ(く、くそったれ…!後一撃という所……で…!)


フリーザ「…?……そ、そうか!急激な力の上昇による、反動のようなものか…!!」

ガシィッ
ピッコロ「がっ…!!」

フリーザ「やれやれ…全く、次から次へと驚かせてくれる…!ベジータ達もそうだが、何故ナメック星人までこんな力を身に付けているのか……!」

ピッコロ「く………」

フリーザ「もはや、抵抗する力も残っていないようだな……」

ピッコロ「…へ……まだだ…」

フリーザ「…ん?」

ピッコロ「まだ、俺には貴様を殺す手が残されている…!!」

フリーザ「…ほう」

フリーザ「そんな身体の状態で何が出来るのか興味はあるが……これ以上強力な力を使われても面倒だ」

悟空(やべぇぞ、ピッコロが殺される…!こうなったらオラもあの力(界王拳)を全開で……!!)


ベジータ「ナッパ!!」バッ

ナッパ「!?お、おう!」バッ


ラディッツ「お、おい!ベジータ!?」

フリーザ「貴様は今すぐ、ここで死ね!!!」ググ…

メキッ…
ピッコロ「ぐ…あぁ……!」


キィィィン…!

フリーザ「…ん!?」


ベジータ「ギャリック砲ーーッッ!!!」

ズドオオオオゥッ!!!

フリーザ「!! し、しまっ…」

ドゴオオォォンッ!!!

フリーザ「ぐわああっ!!!」ドサッ

ピッコロ「」ドサッ


ベジータ「貴様は俺が殺すと言った筈だ!!ナメック星人なんぞと遊んでるんじゃあねえ!!!」

フリーザ「こ、このっ…!コソコソと動き回…」

ゴオオオッ
ナッパ「うおらぁっ!!!」

バキッッ

フリーザ「ぐあっ!!」ドザァッ

ナッパ「へ、余所見をしてるんじゃねえよ…!」

ベジータ(やはり、フリーザはあのナメック星人の攻撃でパワーを大分落としている…!)

ベジータ「感謝するぜ、ナメック星人…!」ドギャッ

フリーザ「ぐ…!ベジータァァ!!!」

ナッパ「俺を忘れるんじゃねぇよ!」ドギャッ

ドガァッ ババッ ビシッ  ガキィッ!!

ザッ

悟空「大丈夫か、ピッコロ!!」

ピッコロ「…ち、さすがに…無理をしすぎたか……」ズキッ

ラディッツ(やはり、反動か……しかし、地球で会った時とは別人のような強さだ……)

悟空「こいつを食べろ!」

ピッコロ「なに……?これはさっきの豆…」

悟空「いいから、食ってみろ!」

ピッコロ「…」モグ…

ピッコロ「……!?お、おお…!!」

ラディッツ「! 馬鹿な、衰えていた戦闘力が復活しただと?」

悟空「あと、二粒しかねぇ…大事に使わねえとな……」

ピッコロ(界王拳の反動まで消えている……ならば、もう一度行けば…!)

ピッコロ(……いや、寿命がいつ尽きるかもわからん…今度こそ、確実に奴を殺せる技を使わなくては…)

ピッコロ「…」チラッ



ババババッ

ベジータ「うおおおおーーっ!!!」

ズドウッ

ドゴオオォォンッ

フリーザ「ぐぁぁ!こ、この……!!調子に乗るなぁ!!」



ピッコロ(フリーザはサイヤ人どもが引き付けている……ならば、今がチャンスか!)

悟空「ベジータ達の攻撃が効いてる…!ラディッツ、オラ達も!!」

ラディッツ「ああ、行くぞ!」

ピッコロ「…待て、お前ら」

ラディッツ「!?」

悟空「なんだ?」

ピッコロ「お前達が加勢した所で、フリーザは倒せん」

ラディッツ「なんだと…?今の弱ったフリーザなら、俺達の手でも十分戦えるはずだ」

悟空「そうだ!それに、オラ達もおめぇの使ったあの技が使えんだ!!」

ピッコロ「界王拳の事か…。だが無理だ、お前達は練度が足りん。力の持続時間が短すぎる」

悟空「な、なんで知ってんだ?」

ピッコロ「…フリーザにダメージを与える事は出来るかもしれんが、殺せはしない。無駄に反動を受ける事になるだけだ」

ピッコロ「…俺は孫悟空、貴様との決着を望んでいる。フリーザに殺させる訳にはいかん」

悟空「…」

ピッコロ「俺は今から、とっておきの大技を使う。この技ならば、直撃さえすば必ずフリーザを殺せるだろう」

ラディッツ「な、なに…!」

悟空「とっておきの技…!?」

ピッコロ「だが、この技は気を集めるのに時間がかかり、隙も大きい」

ピッコロ「お前達は、俺が気を溜め終わるまで俺を守れ」

ラディッツ「……」

悟空「時間はどれぐらいだ?」

ピッコロ「そうだな……この星ならば、3分程度で十分だろう。…恐らくはな」

ラディッツ「たった3分だと?ならば、さっさとやってしまえ!」

ピッコロ「待て。まず、少し距離をとる。ここでやっては、すぐにフリーザに気づかれるからな…」



ナッパ「ぬぅん!!」ブンッ

フリーザ「老いぼれが!これ以上、貴様の攻撃など当たるか!!」パシッ

ドゴォッ

ナッパ「う…!が……!」ドサッ

ベジータ「ナッパ!!」

悟空「!」

ラディッツ「くそ!ナッパが……!!」

ピッコロ「急ぐぞ、もう一人のサイヤ人も長くはもたんだろう」ザッ


ラディッツ「……悟空、お前は奴についていけ。俺がここでフリーザの足止めをする」

悟空「え……で、でもよ…!」

ラディッツ「わかっている。俺の力では今のフリーザ相手には1分ももたないぐらい。…だが、やれるだけの事はやる」

悟空「……」

悟空「わかった!死ぬなよ、ラディッツ!」

ラディッツ「……ああ」


フリーザ「さっきから、ずっと疑問に思っていた…」

ベジータ「…!」

フリーザ「何故、このフリーザ様を相手にお前達はスーパーサイヤ人となり、襲いかかって来ないのか…」

フリーザ「ふふ、答えは明らかだな。お前達はスーパーサイヤ人の力に辿り着けていなかった…そうだろう?」

ベジータ「……ッ!」

フリーザ「ザーボンはお前達を買いかぶりすぎていたようだな……」

フリーザ「おや…、そういえば、さっきからラディッツとカカロットとナメック星人の姿が見えないな…」

ベジータ「!」

フリーザ「さては、逃げたか…。情けない奴らだ」

ナッパ「…」

ナッパ(逃げても無駄な事はあいつらもわかってるハズだ……)

ベジータ(…ラディッツは少し離れた位置にいる……悟空とあのナメック星人はそれよりも離れた所に…なんだ、何を考えている…!?)

悟空「…!ベジータの気も弱まってる!!ピッコロ…!!」

ピッコロ「…よし、ここならいいだろう」


スッ…

ピッコロ「…」

悟空「…?な、なんだ?手を上げてなにやってんだ?」

ピッコロ「貴様はフリーザの迎撃の事だけを考えろ。奴はすぐに来るぞ」

ピッコロ(さて……戦場となったこの星よ。悪いが、生命をいただくぞ…!!)

ゴゴゴゴゴ…

悟空「!?な、なんだ、この気は…?」

フリーザ「もう、お前達の相手をするのも飽きてきた。ここで、息の根を止めてやる」

ベジータ「く…!…………!?」ピクッ

ベジータ(な、なんだ?巨大なエネルギーを感じる…!)


フリーザ「くたばれ、サイヤ人!」スッ…

ベジータ「…!く、くそ………!」





…ジャリッ……

フリーザ「…ん?」ピタッ

ベジータ「?」

フリーザ(なんだ、この足元の違和感は……)


ジャリ… ジャリ……


フリーザ「………砂?」

ズズズズズ…

ベジータ「!? な、なに…?」

ベジータ(周りの地面が砂になっていく…!?)

フリーザ「なんだ……?なんだ、コレは?」

ベジータ「な…?あ、あれは…!?」



ゴゴゴ…!!

フリーザ「はっ!?」クルッ


ゴゴゴゴゴ!!!

フリーザ「な、なんだあれは!?巨大なエネルギーの塊…!?」キッ

ピッコロ「…」

フリーザ「あれはナメック星人!?まだ、あんな力を残していたのか…!」

ズオオッ

ベジータ「うっ!?」

ナッパ「!!」

フリーザ「ぬうっ!?」

フリーザ「な、なんだ、この感覚は…!?急に力が抜けたような感覚………」

ゴゴゴゴゴ…!!!!

フリーザ(さっきよりもまた、大きく…!)

フリーザ「そ、そうか…!あれは奴が周りの全てから吸収したエネルギーの塊か……!!まさか、このフリーザのエネルギーをも利用するとは……!!」

ベジータ(ナ、ナメック星人…!まだこんな技を隠し持ってやがったのか…!!)

フリーザ「おのれ…ベジータ共々このフリーザを消し飛ばすつもりのようだが、そうはさせん!!」

フリーザ「やはり最優先で始末するのはナメック星人だった!!」バッ

ベジータ「ま、待て……!」

フリーザ「貴様はナメック星人を殺した後に、たっぷりと可愛がってやる!!」




ベジータ「………ッぐ!くそおぉぉぉ…!!」

ドカッ

ナッパ「………ベジータ…」

ベジータ(何故だ………!!!俺は……!俺は…!!『あの時』にスーパーサイヤ人になれたはずだ…!!)ギリ…ッ

ベジータ(それなのに何故、スーパーサイヤ人の力を引き出せない…!!!!)



………


ラディッツ(…! フリーザが気づいたか……こっちに向かってきやがる……!!)

ラディッツ「…」チラッ

ラディッツ「……尻尾を千切らなくて良かったぜ」ブウゥゥン…

ラディッツ(ふ……死ぬなよ、か)

ラディッツ(正直、今、死んでも俺は全く悔いはない………)

ラディッツ(サイヤ人の仲間達から弱虫ラディッツと呼ばれていたこの俺が……フリーザを迎え撃つ程に強くなれたのだからな…!!!)

ラディッツ(…お前は死ぬなよ、カカロット!!)


ゴオオォォ…!



フリーザ「…ん!?あそこにいるのは……ラディッツか!?」

ラディッツ「来たか…。親父のようにはいかんだろうが、俺の最後の意地を見せてやる…!」

ブンッツ


ラディッツ「弾けて、まざれ!!!」バッ



カッッッ

フリーザ「!」

ラディッツ「うおおおおお…!」

メキメキメキメキッ



フリーザ「大猿…!」

ラディッツ(大猿)「グオオオオーーーッッッ!!!」


シャッ

フリーザ「やかましい奴だ…」

ラディッツ「フリーザァ……ここは、通さん!!!」

フリーザ「フン、笑わせてくれる…!今更、大猿の力に頼った所で、このフリーザ様の相手になるか!」

フリーザ「木偶の坊が…!消え失せろっ!!」

ラディッツ(大猿になった所で、俺の戦闘力では今のフリーザに一瞬でやられてしまうだろう…)

ラディッツ(ならば……あのナメック星人がやったように…)

ラディッツ(後のことなど考えず、己の限界を超えた力を無理矢理引き出す…!!!)

グゴゴゴゴ…!

フリーザ「む…!?それは…!!」

ラディッツ「はあああぁぁぁ…!!!」(界王拳30倍)

ゴゴゴ…!

フリーザ「ナメック星人が使ったアレか…!まさか、お前まで使えるとは…!」

ラディッツ(1秒でも多く、時間を稼ぐ!!)バッッ

フリーザ「なに!速い……」

ラディッツ「うおおおー!!!」ブンッ

フリーザ「ぐっ!」ガシッ

グググ…!

フリーザ「…ふ、中々の力の上昇だな……だが、この程度では…」

ラディッツ「があっ!!!」ズボアッッ

フリーザ「ぬっ!!!」



ドゴオオォォン…!

ゴゴゴゴゴ…!

ピッコロ「…!」

悟空「まだか!?ピッコロ!」

ピッコロ「黙っていろ…もう少し気が必要だ……!」

ピッコロ(フリーザを一撃で仕留めるには、まだ足りん……しかし、威力を高めすぎれば、この星そのものを消し飛ばしてしまう危険がある……!)

ピッコロ(この星のエネルギーをも奪い、星自体が脆くなっている可能性もあるからな…!!調整が難しいぜ…!!)

悟空「なら、オラの気をもっとやる!!」ボウッ

ピッコロ「なにっ?…では、どうやってフリーザを止める気だ!?」

悟空「大丈夫だ!オラにもとっておきの技が残ってっからよ! 」

ラディッツ「ぐうっ!!!」ビキビキィッ!!

ラディッツ(く、くそ!!早すぎる…!)

フリーザ「! 動きが急に鈍ったな…?そうか、時間切れか!!」

ラディッツ「…ぐ……っ」

フリーザ「」シャッ

ラディッツ(消え…)

フリーザ「…そういえば、ベジータ達はいつの間にか尻尾を無くしていたな…」ギュ…

ラディッツ「はっ!」

フリーザ「平等にしてやろう!」グッ

ブチィッ

ラディッツ「!! く…そ……」ズズズ…

フリーザ「仲間達の所で待っていろ!!」

バキィッッ!!
ラディッツ「がはっ!!!」

ギューーーーン………

フリーザ「…フンッ!落ちこぼれのサイヤ人が!!」

ゴゴゴゴゴ…!

フリーザ「!! もうあんなにでかくなっている…!」

フリーザ(あれをまともに食らえば、このフリーザといえど…!!)

フリーザ「やらせんぞ!ナメック星人!!!」ドウッッ





悟空「! フリーザが向かってくる…!ピッコロ、もうちょっとか!?」

ピッコロ「あと…1分ほどか……!」

悟空「なら、十分だ!!行ってくる!!!」ドウッ

ピッコロ「……。(孫悟空、貴様のいうとっておきが界王拳ならば、殺されるぞ…!ただでさえ、気を大きく消耗しているというのに…!!)」

ゴオオォォ…!

フリーザ「…ちっ」

悟空「フリーザァァァ!!」

フリーザ「今度はカカロットか!次から次へと…!」ピク…

悟空(あと少し時間を稼ぐなら、界王拳を使う必要もねえ!)


ゴオッッ

フリーザ「そこをどけぇっ!!!」

悟空「やなこった!」

フリーザ「ならば、死ね!!!」

悟空「そいつもお断りだ!」スッ

フリーザ「?」

悟空(天津飯、技を借りるぜ!!)

悟空「太陽拳!!!」

カァッッ

フリーザ「うおっ!!??」

ピッコロ「クッ…!あの野郎……まさか、太陽拳とは…」

ゴゴゴゴゴ……ッ  キンッ

ピッコロ「! よし…!最高のタイミングだ!」



フリーザ「ぐわあああっ!!め
、目がぁぁ!!!」

悟空「や、やった…!」


ピッコロ「孫悟空ーーー!!!」

悟空「!」

ピッコロ「そこを退け!!」

悟空「出来たか…!やれ、ピッコローー!!!」バッ


ピッコロ「くたばりやがれ!!フリーザァァ!!!」

ブンッッ

グオオオオッ!!!

フリーザ「お、おのれ………はっ!!!し、しまっ…!」

カッッッ!!!!

フリーザ「!!! ぎ…ぎぃやあああぁぁぁ…!!!!!」

ズゴゴゴゴゴゴゴ!!!



悟空「す、すげえ…!」

ピッコロ「もっと離れろ!!爆発に巻き込まれるぞ!!!」



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

フリーザ「お………の……れ……ぇぇ…!!!!!」



……

ラディッツ「あれは…」フラ…

ベジータ(フリーザの戦闘力が乱れ減っていく…)

ナッパ「へ……ついにやりやがったか……」


―――ピカッ ズドオオオオォォォゥゥゥ…!!

ゴゴゴゴ…


部下「す、すげぇ…!」

ザーボン「まさか、本当にフリーザを……」

ザーボン「しかし、ベジータめ…いつの間にナメック星人とも手を組んでいたんだ……」

部下「さ、さすがに、フリーザも死んだでしょう」

部下「フリーザの手下達もこの星から逃げていきます。我々も脱出しましょう!」

ザーボン「…うむ、そうだな。これ以上、ここにいる必要もない……」

ゴゴゴゴゴ…!!!


悟空「……す、すげぇ、でけぇ穴が空いちまったな…」

ピッコロ(…これ程の威力とはな……しかし、星が爆発しなくて良かったぜ…)

悟空「…フリーザの姿が見えねぇな……気が足りねえから、上手く探れねぇ……」

ピッコロ「俺もだ……だが、あれをまともに食らったんだ。消し炭になってもおかしくないぜ…」

ゴオオオオ…

悟空「!」


ラディッツ「悟空!やったのか!!」

悟空「ラディッツ!ベジータ、ナッパ!無事だったか!!」

ベジータ「…」

ナッパ「へっ…まさか、ナメック星人に止めをさされるとはよ……」

ピッコロ「…フン」

悟空「そうだ、ベジータ、ナッパ、ラディッツ。こいつを食え」ピッ

ベジータ「?」パシッ

ナッパ「…なんだ、こりゃあ?」

悟空「応急薬(仙豆半分割り)みたいなモンだ」

ラディッツ「…」モグ…

悟空「残りの半分はピッコロ、おめぇが…」

ピッコロ「…いらん、そいつは貴様が食え」

悟空「え?」

ピッコロ「貴様との勝負の決着、今ここでつける……気の消耗は貴様の方が大きい。それを食えば、俺と同等くらいには回復するはずだ」

悟空「ピッコロ…」

悟空「そんな急がなくてもいいじゃねえか……地球に戻った時にでも…」

ピッコロ「それでは遅すぎる。…フリーザも倒した事だし、説明してやる。…俺は―――」



………


悟空「な、なんだって……」

ピッコロ「全て事実だ。俺には時間がもう残されていない……」

ピッコロ「理解したのなら、早くそいつを食って、俺と戦え」

悟空「……」

悟空(そこまで、おめぇはオラと……)

悟空「…わかった」モグ…

ピッコロ「ふ…、それでいい」

穴の底



ヒュオオオオオォォォォォ……………











フリーザ「…………」



フリーザ「…許さん」ボソッ

ピッコロ「いくぞ、孫悟空…!」ザッ…

悟空「ああ。……みんなは手ぇ出さねえでくれよ」ザッ…


…ゴゴゴゴゴ……

ラディッツ「!」

ナッパ「…なんだ、地震か?」


ベジータ「――!!!」ゾクッ
悟空「!!!」ゾクッ
ピッコロ「!!!」ゾクッ


ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

ラディッツ「!!?こ、これは……!!」

ナッパ「な……」

悟空「そ、そんな……!」

ベジータ「ば……」

ピッコロ「馬鹿……な…!」

ゴゴゴゴゴ…!!!!

悟空「う、嘘だろ…!?まだ気が増えていく…!!!」

ラディッツ「あ、あれを喰らってまだ生きているというのか…!」

ベジータ(フリーザの……奴の力は底無しか…!!)

ピッコロ「化け物が……!」



カッ


ドオオオオウッッ

ナッパ「うおっ!!」

ラディッツ「く…!」

ピッコロ「また…変身しやがったのか……」

スーーー………


フリーザ(最終形態)「……」

悟空「…!」ザッ

ベジータ「く…ッ」

ピッコロ(傷までなくなっていやがる…!)

フリーザ「…ふふ。どうした?かかってこないのか?」

ラディッツ「…!」

ナッパ「ぐっ…」

フリーザ「安心していいよ。これが僕の最後の変身だ」

フリーザ「この姿の僕を倒せば、君達サイヤ人の勝利だ」

ベジータ「………!』

フリーザ「…ふふ、まさか、サイヤ人に僕の真の姿を見せる事になるとはね…」

フリーザ「そうそう、さっきのは効いたよ。ナメック星人」

ピッコロ「…ッ」

フリーザ「素晴らしい威力だったよ…。さすがの僕も死ぬかと思った」

フリーザ「惜しかったね。この星ごと消し飛ばすエネルギーがあれば、あの姿の僕なら間違いなく死んでいただろうに」

悟空(な、なんなんだ……この気の量は…!?どうやったら、こいつを倒せんだ…?)

フリーザ「君達はスカウターがなくとも、相手の戦闘力を探れる術を持っているようだ。稀にそういった宇宙人もいると聞くが……」

フリーザ「クックックッ、どうやら圧倒的な力の差による絶望感に、体が縛られているようだね」

ベジータ「く、くそ……!」グッ…

フリーザ「おっと…!そういえば、ベジータ。いつになったらスーパーサイヤ人になってくれるんだ?」

ベジータ「…!!」

フリーザ「僕も真の姿を見せたんだ。君も勿体ぶらずに変身したらどうだ?…伝説と言われた、スーパーサイヤ人に……」

ベジータ「な………なめるなよ…!!」

フリーザ「ふふふ…」

悟空(オラ達の力じゃ、あのフリーザにはもう敵わねえ…!)

ラディッツ(奴を倒す事が出来るのは、最もスーパーサイヤ人になれる可能性の高いベジータだ…!)

ナッパ(ベジータ……!お前はあの時に……スーパーサイヤ人になったじゃねえか…!!)

ナッパ(あの時の力を引き出せば、今のお前ならこのフリーザだって……!!)

……ベジータは、確かに一度、スーパーサイヤ人に変身をしていた。

それは、サイヤ人の無限の可能性に気づく前の事

ベジータ、ナッパ、ラディッツの3人で、ある星を攻め、ベジータ達は予想以上の強敵達との戦いで死にかけた…


ナッパとラディッツは倒れ、ベジータ一人、死に物狂いで戦いを続けていた…

その戦いの最中、ベジータは自分の力の無さに激しく怒り、それがきっかけとなりスーパーサイヤ人に目覚めたのだった



今のベジータも、その時の怒りの感情を引き金に、スーパーサイヤ人に変身する事は不可能ではなかった

今のベジータにも、自分の力の無さに怒りは覚えている

しかし、その怒り以上に、目の前に立ち塞がる圧倒的な絶望の闇に呑まれていた…

それがベジータのスーパーサイヤ人への変身を妨げていたのである

フリーザ「…よし、きっかけを与えてあげようか」

ベジータ「!?」

フリーザ「…あのバーダックというスーパーサイヤ人は、仲間の仇を討つために、スーパーサイヤ人に目覚めたようだった」

ラディッツ「…!」

フリーザ「」シャッ

ベジータ「!!」

悟空「き、消えた…!?」

ベジータ「――ナッパ

シャッ
フリーザ「やあ、久しぶり」

ナッパ「!」

ナッパ「ぬぉ…!」バッ

フリーザ「さようなら」ブンッ

ドゴオッッ

ナッパ「―がっ……!」

ギューーーーーーーン……………

悟空「ナ、ナッパーッ!!!」

ラディッツ「な……!は、速すぎる…!!」

フリーザ「ほら、ナッパは死んだぞ?…怒ってみろよ、ベジータ」

ベジータ「…!!」

悟空「くそぉーっ!!」ブンッ

パシッ
フリーザ「そう、ヤケになるなよ」

ボギィッ!!
悟空「ぐぁ……!」ドサッ

フリーザ「ベジータの後にゆっくりと遊んでやるからさ」

ベジータ(お…俺は……、俺は、ベジータだぞ…!!)

ベジータ(サイヤ人の頂点…!!最強のサイヤ人なんだぞ…!!!)

ラディッツ「う、うおおおおーっ!!」

ピッコロ「はあっ!!」

ババッ

フリーザ「やれやれ、せっかちな奴等だな」

バキッ  ドカッ

ラディッツ「ぐ……はぁ…」ドサッ

ピッコロ「ぐっ…」ドサッ

ベジータ「………ッ」

フリーザ「どうした、ベジータ?早くしないと、仲間がどんどん痛めつけられてしまうぞ?」

ベジータ「…」ガクッ ガクッ

フリーザ「! …ははははは!サイヤ人の王子ともあろうものが情けないな!!脚が震えているぞ!」

ベジータ「!! う……ぅ…!」

フリーザ「まだ、お前の仲間達の方が勇気があるじゃないか」

ベジータ「く……!くそったれええぇぇ!!!」

ギャオッ

ベジータ「俺は最強のサイヤ人だ!!!誰も俺に勝つ事など、出来

フリーザ「はい、よくできました」パシッ

ベジータ「! あ…あぁ……!」

フリーザ「どうやら、本当にスーパーサイヤ人には変身出来ないようだな。…情けない奴め」

フリーザ「お前達はよく頑張ったよ。この僕の『運動』に、ここまで付き合ってこれたんだからね」

ベジータ(今までのが……運動…)

フリーザ「お前達を片付けた後は、地球……そしてナメック星を滅ぼしに行ってやろう」

悟空「…!」

ピッコロ「…!」

フリーザ「このフリーザを倒そうと考えるなど、馬鹿で愚かな真似をした報いだ。自分の星で大人しく暮らしていれば良かったものを」

悟空(悟飯…!チチ……!みんな……)

フリーザ「…!おっと、忘れていた」チラッ

ベジータ「?」

フリーザ「……まだ逃げずにいたのか」

ピピッ

ドドオンッ!!!

ザーボンの部下達「ぎゃっ!!」

ザーボン「!!?」

ザーボン「な…!?う、宇宙ポッドが……!!」

ザーボン「そ、そんな…!こ、これでは私は…!ここまで生き残ったというのに……!」







フリーザ「…ふふ、裏切り者は一人も逃がさないよ」

ザーボン(ど……どうする…?ベジータ達もすぐに殺される…!今更、フリーザが命乞いを聞き入れる訳もない!!)

ザーボン(わ、私の死は決定されたのか………!?)

ザーボン「……」

ザーボン(フリーザに殺されるくらいなら、自分の手で………)




……キラッ


ザーボン「……ん!?…な、なんだ、あれは…?」

フリーザ「僕はもう、これ以上お前達とのお遊びに付き合うつもりはない。サイヤ人の血はここで完全に絶やしてくれる」

ベジータ「く…くそ…!!」

ラディッツ(こ…ここまでか……)

悟空(ち…ちきしょう……!)

フリーザ「消えろ!」


ゴオオォォ…

ベジータ「……!?」

フリーザ「…?」

フリーザ「なんだ…あれは?宇宙ポッドか…?」

ドオォォォン……


フリーザ「なんだ…?増援を手配した覚えはないが………」

ザーボン「あ、あれは宇宙ポッド…!まだ運は私を見放してはいなかった……!!」

ザーボン「あれを奪えば、この星から脱出出来る!!」ザッ







………



シュウウゥゥ…

プシュー……



ザッ


バーダック「…。」

バーダック「…さて」

ナッパ「……ヒュー……ヒュー…」

ナッパ(なんだ…なにが起こったんだ……体が…動かねえ…)

ナッパ(目の前にフリーザが現れたと思ったら、こんな有り様だ………)

ナッパ(……こりゃあ、助からねえな…)

ゴオオォォ……

ザッ

ザーボン「…!ナッパ…か」

ナッパ「…」

ザーボン「虫の息だな。……がっかりさせてくれる、お前達の力ならフリーザを倒せると思ったが…」

ザーボン「そういえば、お前にはあの時、随分と痛めつけられたな」

ナッパ「…」

ザーボン「今のお前なら、私の力でも仕留めるのは容易い。星を去る前に、借りを返せて良かったよ」キィィィン…

ナッパ「…!」

ザーボン「散れ!」


ゴオオォォ…!

ザーボン「…ん!?」


シュタッ

バーダック「……」

ザーボン「カ、カカロット…!?な、何故ここに…」

バーダック「…カカロット……?」

ザーボン「…!?ち、違う……馬鹿な、貴様はまさか…!!」

バーダック「久しぶりだな、ザーボン。会いたかったぜ」シャッ

ザーボン「!」

ドゴオオッ…!

ザーボン「がぁ……はっ…!!!」

バーダック「この星に近づくごとに、今まで静まってた妙な頭痛が何度もおきやがる」

ザーボン「そ……そん…な……私は…まだ……」

バーダック「てめえの死はずっと前に決まっていたのさ」キィィィン…

ザーボン「や、やめ……」

バーダック「消えろ」

ズドオオオウッッ…

…パラパラ……

バーダック「……」

ナッパ「…」

ナッパ「………へっ…懐かしい……顔だぜ…」

ナッパ「こりゃあ……死ぬ前に見る、幻覚…って奴…か……」

バーダック「…ナッパ……」

ナッパ「フリーザの野郎は………向こう…だ………」

バーダック「…」

ナッパ「ベジータ達…も…戦ってる……」

ナッパ「頼む……頼むぜ………サイヤ人の手でフリーザ……を…」

ナッパ「フリー…ザ…を……バー…ダック……………」

バーダック「…」

バーダック「……頼まれるまでもねえ。その為に俺は来たんだからな……」


バーダック「フリーザの首は俺が獲る。誰にも邪魔はさせねぇ…」

てす

フリーザ「……なんだろうな…?一瞬、エネルギーの光が見えたような気がするが…」

ベジータ(ザーボンの戦闘力が消えた……)

悟空(ナッパの気も感じねぇ……だ、誰がやったんだ…?)

ラディッツ(この戦闘力……フリーザの部下にまだ、こんな奴がいたのか…?)

フリーザ「まぁ、誰だっていいさ」

ベジータ「!」

フリーザ「この世との別れは済んだか?このフリーザ様自らに止めを刺されるんだ。光栄に思うんだね」スッ…

ベジータ「く………くそっ……」

悟空(体が…動かねぇ…!)ググ…

ラディッツ(お…終わった……)

フリーザ「死ね!」



ザッッッ

ベジータ「…!?」

フリーザ「ん…?」


バーダック「…」

バーダック「……フリーザ…」



フリーザ「…?お前は……?」


悟空(……?だ、誰なんだ…?)

ラディッツ「……、…ッ!??…え……?」

フリーザ「…!?待てよ、お前は…!!?」

バーダック「」シャッ

フリーザ「!」

バギィッ!!!

フリーザ「ぐわぁっ!」ドサッ

バーダック「まずは一発…」

ベジータ(な……?フ、フリーザを殴り飛ばした…!?)

フリーザ「く…!?」ググッ

バーダック「久しぶりだな、フリーザ。しばらく見ない内にガキっぽくなったもんだ」

フリーザ「まさか…!な、何故、貴様がここにいる…!?」


ラディッツ「う、嘘だろ……?」

悟空(ラディッツ…?)

フリーザ「き、貴様は確かに、この僕が殺したハズだ…!あの時、惑星ベジータとともに!!」

ベジータ(惑星ベジータだと……?)

ベジータ「―はっ!!ま、まさかこいつが…!!」

バーダック「貴様を殺す為に、地獄から戻って来たぜ…フリーザ……!」

フリーザ「…!しぶといくたばり損ないが……!」

ラディッツ「お……!親父ぃ!!」

バーダック「!」

悟空「え…」

ラディッツ「生きて…たのか……」

バーダック「……」

バーダック「ゴミ程度の戦闘力しかなかったお前達が、ここまでフリーザと戦えていたとはな……驚いたぜ」

悟空「あれが……オラの…父ちゃん……」

バーダック「俺はフリーザをこの手で殺す為だけに来た。お前達の助けに現れたわけじゃねえ」

バーダック「邪魔をするなら、お前達も俺の敵だ。死にたくなかったら、そこで大人しくしてろ」

ラディッツ「…!」

ピッコロ(フリーザを殴り飛ばした程だ……あの男は、かなりの実力者のようだが……)

フリーザ「黙って聞いていれば、一人でこの僕を倒すつもりだとは…」

バーダック「!」

フリーザ「僕にパンチ一発食らわせた程度で、勝てると判断するのは間違いだよ」

フリーザ「僕はまだ、戦闘態勢にすら入っていないんだ。お前にとっての、チャンスはこれが最初で最後だ」

バーダック「そうかよ。…なら、さっさと戦闘態勢に入ったらどうだ」

フリーザ「言われなくとも見せてやるさ!今度こそ、完全に息の根を止めてやる!!」

フリーザ「ハアッ!!!!」

ドウッッ!!

ベジータ「う…!」

ピッコロ(気が、まだ増幅していく…!!一瞬であの男の力を追い越してしまったぞ…!!)

ラディッツ「親父……」

フリーザ「ふふふ…!どうだ…スカウターがなくとも、感じるだろう?この圧倒的な戦闘力を…!!」

バーダック「…確かに、このままじゃ厳しいかもしれねぇな」

フリーザ「…さぁ、なってみせろよ」

ベジータ「!?」

バーダック「言われなくても、そのつもりだ………はあっ!!!」ボウッッ

ラディッツ「!!」

悟空「!」

シュイン… シュイン……

ベジータ「…!!!」

ラディッツ(こ、これが…!)

ピッコロ(スーパーサイヤ人という奴か…!)

悟空(すっ…すげぇ…!)

フリーザ「…ふふふふ……はーっはっはっはっ!!」

バーダック「?」

フリーザ「それだ!僕が見たかったのは、その姿だ!!」

フリーザ「今日は素晴らしい日だ!生き残っていた全てのサイヤ人は死に、伝説と言われたスーパーサイヤ人もこの世からいなくなる!!」

バーダック「…」

フリーザ「そこで指をくわえて見物していろ、ベジータ!頼みの綱のスーパーサイヤ人が、このフリーザ様になぶり殺しにされる様を!!」

ベジータ「…ぐ……!」

バーダック「相変わらずだな、フリーザ。…そうはならねぇよ」

フリーザ「なるさ」

バーダック「…どうかな」




フリーザ「」シャッ

バーダック「」シャッ

ドゴオオオッッッ!!!

ベジータ「うおっ…!」

ピッコロ(す、凄まじいぶつかり合いだ……!)


フリーザ「…!」

バーダック「意外か?受けられたのが…」

フリーザ「ふん、スーパーサイヤ人なんだ。これくらいはやってもらわないとね…」

フリーザ「……だが、このスピードにはついてこられるかな」ビッ

バーダック「…!」ビッ

バババババババッ

ドカガガッ

悟空(オ、オラ達の目でも追いきれねぇ…!)

ラディッツ(じ、次元が違う…!!)

ベジータ「…ッ!」

ピッコロ(あのベジータって野郎はなんとか見えてるようだが…)


ババババッッ

バーダック「っと!」サッ

フリーザ「ちぃっ!!」

ベジータ(…信じられん……!あのフリーザと渡り合っている…)

ベジータ(い、いや、それどころか……!)

ビシッ

フリーザ「ぐっ…!この…!!」ブンッ

バーダック「!」ガシッ

ベジータ(僅かだが……あいつの方が押してきている…!?)

フリーザ(バカな……!いくらスーパーサイヤ人とはいえ、このフリーザの動きにここまで付いてくるとは……!)

バーダック「…へ、意外か?俺がここまでやるのがよ……」

フリーザ「! …調子に乗るなよ、サイヤ人が!!」

バッッ

ベジータ(あ、あのフリーザが距離をとった…!?)

バーダック「なにを…」

フリーザ「キエェェイッ!!!」キッ

ビシィッ!!!

バーダック「!!!こ、こいつは…!?」ググ…

フリーザ「ふはははは!動けないだろう!!超能力という奴だ!!」

バーダック「……!」

フリーザ「グルドなんかの超能力とは訳が違うぞ!!その金縛りは絶対に解ける事はない!」

バーダック「つまらねぇ技を…!」

フリーザ「フン、勝てばそれでいいのさ。僕はお前達のような戦闘に楽しみを見いだす野蛮人ではないからね…」

フリーザ「そして…お前の命もこれで終わりだ…」

ブーンッ…

バーダック「!!」

フリーザ「このデスソーサーは全ての物体を切り裂く!!スーパーサイヤ人の肉体さえもな!!!」


悟空「や…!やべぇぞ……!!」

ラデイッツ「お、親父…!」

フリーザ「貴様が死ぬ前に一言、誉めておいてやろう!素晴らしい強さだったぞ!スーパーサイヤ人!!!」

フリーザ「このフリーザ様さえいなければ、宇宙一の戦士になっていただろうな!!」ブンッ


ギャルルルルルッ!!


バーダック「…!!」

ベジータ(ま、まずい…!このままでは奴は……!!)



バーダック「…」

ギャルルルルルッ!!


フリーザ「バラバラになってしまえ!!!」

バーダック「……」

バーダック「ふっ」ニヤッ

フリーザ「!?」

バーダック「宇宙一だと?笑わせんなよ、フリーザ…」

バーダック「うおおおお!!!!」ググ…


バーダック「だあぁっ!!!」

バチィィィッ!!

フリーザ「な!?か、金縛りを力で……!?」

フリーザ(し、しかし!デスソーサーは避けられまい!!)

ギャルルルルルッ!!

バーダック「おらあっ!!」ブンッ

ザンッッ

フリーザ「!!? な……!デ、デスソーサーを、素手で切り裂いただと…!?」


ベジータ(こ…これがスーパーサイヤ人の力…!!)

フリーザ「…く……!」

バーダック「宇宙は広いぜ、フリーザ。俺やお前程度の力を超える奴はごまんといる…」

バーダック「その程度の力で宇宙一を名乗ろうなんざ、恥さらしもいい所だぜ」

フリーザ「な…なんだとぉ…!?」ピク…

フリーザ「ならば、これはどうだ!!!」ブーン…

バーダック「…!」

フリーザ「懐かしいだろう?貴様と惑星ベジータを吹き飛ばした、あの技だ!!!」

フリーザ「しかし、あの時と同じ威力と同じと思うなよ!!この姿で放つデスボールの破壊力は以前の比ではない!!!」

バーダック「…」

フリーザ「僕は宇宙空間でも生きてい
バーダック「僕は宇宙空間でも生きていられるぞ」

フリーザ「っ!?」

バーダック「…だが、お前達サイヤ人はどうかな?この星もろとも塵になれ……だろ?」

フリーザ「なに…?」

バーダック「やめておけ」

フリーザ「!? や、やめておけだと…?」

バーダック「そのデスボールとかいうのを放つつもりなら、お前は死ぬぞ」

フリーザ「…なんだと?」

ベジータ(なんだ…なにを言っている……?)

バーダック「お前がそのエネルギー弾を撃とうとした瞬間、お前は一瞬で俺に胴体を貫かれて死ぬ。……それがお前の未来だ」

フリーザ「…?」

フリーザ「未来…だと?つまらんハッタリを……」

バーダック「俺は昔、お前の命令でカナッサ星の侵略に向かった。その時、生き残りのカナッサ星人から、死に際に未来を視る力を与えられたんだ」

フリーザ「…」

バーダック「ハッキリ言ってやるが、今までの戦いのやり取りも、全て予知で見えていた。お前が超能力を使って俺の動きを止める事も、わかっていたんだよ」

フリーザ「ふ……ふん、そんなに命が惜しいか…!」

バーダック「俺がこの事をお前に教えたのは、そんな情けない決着を望んでいないからだ」

フリーザ「………」

バーダック「信じる信じないかはお前の勝手だ。だが、自分の運命を変えたいのなら、それ以外の手を打つんだな」

フリーザ(未来を予知出来る力だと…?確かに、カナッサ星人は不思議な力を持つ種族だとは聞いていたが…)

フリーザ(このフリーザとの戦闘に余裕を感じていたのも、その予知のせいだというのか………)

フリーザ(くだらん!このデスボールを地に叩きつければ、勝負は決まるんだ!奴の戯れ言に付き合うつもりはない!!)

バーダック「…」


ベジータ「な、なにをしていやがるんだ…!早く、フリーザに止めを刺せ……!」

フリーザ(だが……こいつのスピードならば、デスボールを放つ瞬間に間合いを一気に詰める事も可能かもしれん……)

フリーザ(認めたくはないが、今の奴の強さは、この僕を若干ではあるが上回っている……!)

バーダック「どうした、早く決めたらどうだ」

フリーザ「!」

フリーザ「…」

フリーザ「……ふふ」

バーダック「…!」

フリーザ「いいだろう、スーパーサイヤ人。お前のくだらん妄言に付き合ってやろう」フッ…

バーダック「ふん…」

ベジータ(エネルギー弾を消した…?フリーザの野郎には、まだ手が残っているというのか?)

フリーザ「…だが、すぐに後悔するぞ。ここで僕を殺さなかった事に!」

バーダック「…ほう、そうかよ」

フリーザ「まさか、お前達にこのフリーザ様の究極の姿を見せる事にならとはね…」

バーダック「…?究極の姿…だと?」

ベジータ「!?」




悟空「!? い、いま…フリーザはなんていったんだ…?」

ラデイッツ「き…究極の姿を見せる…といったんだ……!」

ピッコロ「なんだと…?あ、あの野郎、まだ変身をする気なのか!?」





フリーザ「…そうさ。実を言うと、この姿はパワーをセーブしている状態でね。本来の力の50%も出していないんだ」

ベジータ(な……!この姿が最後の変身だと言っていたのは……嘘だったのか!)

バーダック「…ふん、じゃあまた変身でもしてくれるのか?」

フリーザ「変身といえば変身かもしれないが、今までのと比べれば地味な方さ……お前達サイヤ人がスーパーサイヤ人になる程度の見た目の変化に近いかな…」

バーダック「そんな切り札を出し惜しみしてやがったのか。…すぐに殺さなくて良かったぜ」

フリーザ「ふっ…そんな強気な台詞を吐けるのも今のうちさ……」

フリーザ「見せてやるぞ!このフリーザ様の100%、フルパワーの姿を!!!」

バーダック「面白ぇ…!やってみせろ!!!」


ベジータ「駄目だ!直ぐに殺せ!!!」

バーダック「!?」

フリーザ「!」

ベジータ「これ以上、変身などさせるな!!次の変身は、間違いなく貴様の力を大きく上回る!!殺されるぞ!!!」

フリーザ「ベジータ……」

バーダック「…」

ベジータ「貴様は知らないんだ!!フリーザは変身する度に次元の違う戦闘力を身につける!!!俺達は何度もそれを見た!!!」

フリーザ「ふん…、ああ言っているが?」

バーダック「…」

ベジータ「フリーザを殺す好機は
今!この瞬間しかない!!!変身を許せば、俺達は今度こそ全滅するぞ!!早くフリーザを殺せっ!!!」

バーダック「黙ってな、王子サマ」

ベジータ「!な…」

バーダック「誰に指図してんだ。俺はてめぇの仲間じゃねえ」

バーダック「俺は、俺の戦いをしにこの星に来ただけだ。さっきも言ったが、その戦いの邪魔をするならお前達も俺の敵だ」

バーダック「フリーザが変身する前に、お前から片付けてやってもいいんだぜ?」

ベジータ「……!」

バーダック「少しでも長生きしたいんなら、黙ってな…」

ベジータ「…馬鹿な……」

フリーザ「はっはっはっはっ!残念だったな、ベジータ!!」

ベジータ「く……っ!」

バーダック「早く究極の力とやらを見せてみろ、フリーザ」

フリーザ「言われなくとも、今!見せてやる!!!」

フリーザ「はああぁぁぁ………!!!!!!」


ゴゴ… ゴゴゴ…!!

バーダック「…!」


悟空「フ、フリーザの気がまた……!」

ピッコロ「くそったれ……!奴に限界はないのか…!?」


フリーザ「50%………70%…!!」

バーダック(こいつは…)

フリーザ「…ひひひ………貴様ももう終わりだ……!」

フリーザ「85%…………90……!!!!」

     ドンッッッ     


フリーザ(フルパワー100%)「ハアアッ!!!」

バーダック「!」

ベジータ(こ、これがフリーザの真の力……!!)

ベジータ(姿こそ、あまり変わらないが……!こ、この圧倒的な戦闘力はやはり……!)


フリーザ「ふふ……待たせたな」

バーダック「確かに、地味な変身だな。筋肉が肥大化しただけじゃねぇか…」

フリーザ「…くっくっくっ、この俺の力を目にして、まだそんな余裕を保っていられるのは大したものだ…」

フリーザ(この姿でいられる時間は限られている…。もう、一切の容赦もしない……!!)

フリーザ「地獄を見せてやるぞ、スーパーサイヤ人!!貴様ごときが俺に勝てるわけがないんだ!覚悟しろ!!!」

ビッッッ

バーダック「!速…」

フリーザ「うおおっ!!」
ドゴオッッ…!!!

バーダック「がっ…!はぁ…!!」

バーダック「う…ぐっ…!」グラッ

フリーザ「頑丈な奴だ。腹に風穴を空けてやるつもりで殴ったのにな」

バーダック(こ、これがフリーザの本気…か……!)

ガシィッ

バーダック「がはっ…!」

フリーザ「スーパーサイヤ人……憎たらしい野郎だ…。俺の本気の一撃を受けて、まだ生きているのだからな…!!」

ドゴッ  ドスッッ  ドガッ

バーダック「ぐっ…!はぁ……!!」

フリーザ「さっきの威勢はどうした、スーパーサイヤ人!!!戦いにもなっていないぞ!!!」

バギィッッ!!

バーダック「かはっ…!」

フリーザ「そらっ!!」ブンッ

ドサッ

バーダック「ッ…!!」


ベジータ「…ッ!だから言ったんだ…!くそったれ………!!」

バーダック(や、野郎……予想外の力を隠し持っていやがった……!スーパーサイヤ人の状態でも、ここまでダメージを食らっちまうとは…)

バーダック「ぐ…」ズズ…


フリーザ「フン、まるで地を這う虫けらのようだな…!」


ベジータ「俺達の死は決まった……!もう、おしまいだ……!!」



ラディッツ「お、親父でも敵わないのか…!?」

悟空「し、信じられねぇ……なんてバケモンだ…」

ピッコロ「くそ…ここまでだというのか………」



バーダック「本気だしゃあ、中々やるじゃねぇか…フリーザ……」

フリーザ「フン、まだ余裕があるというのか?」

フリーザ「ならば、その余裕もろとも、吹き飛ばしてやろう」スッ

フリーザ「デスボールッッ!!!」ブゥゥンッッ

バーダック「!」

ベジータ「な…!?さ、さっきよりも巨大な……」


ゴゴゴゴゴ…


フリーザ「ふはははは!!ここまで俺を楽しませてくれた褒美だ!!特大のデスボールで跡形もなく消し飛べ!!!」

バーダック「ちぃっ…!」

フリーザ「このデスボールの破壊力は、この惑星を破壊するだけでは済まんぞ!!辺りを漂う星をも巻き込む程のエネルギーだ!!!」


ゴゴゴゴゴ……!!!!



ラディッツ「な…!なんという巨大なエネルギーの塊だ……!」

ピッコロ(一瞬で俺が放った、あの気弾以上の大きさを……!)

悟空「ち……ちくしょう…!身体が動かねぇ……!」

ピッコロ「正に化け物だ……界王が言っていた…いや、それ以上の…!!」

フリーザ「いよいよ、お別れだな!スーパーサイヤ人!!!」

バーダック「…ッ」

フリーザ「命乞いは聞かんぞ!!そのまま宇宙の塵となれ!!!」


ブンッッ



ゴゴゴゴゴ…!!!!


ベジータ「お……」

ベジータ「終わった…………」


フリーザ「ふははははは!!吹っ飛べーーー!!!」



バーダック「…」ググ…

バーダック「…まさか、ブロリー以外にこの力を使うことになるとはよ…」

ベジータ「…!?」

フリーザ(全力のデスボールだ。この俺ですら爆発に巻き込まれ、死ぬかもしれんほどの破壊力だ…念のため、バリアを張っておくか)

ブンッッ

フリーザ「……くく…」

フリーザ(しかし…、これでサイヤ人は全て滅んだ!!このフリーザ様こそが、真の宇宙の覇者!!!)

フリーザ「ふっふっふ…!!はーっはっはっはっはっ!!!」

フリーザ「ざまぁみろ!猿共め!!貴様たちごときが、本気を出した俺に敵うわけが…


ズンッッッ


フリーザ「!?」


フリーザ「……?」

フリーザ「なんだ、今の音は……」

ゴゴゴ…!

フリーザ「!? どういう事だ?デスボールの動きが止まっているように見えるが…………」

フリーザ「……ま、まさか…!!」

グゴゴゴゴゴ……!!!!!


ベジータ「……ば…馬鹿な……!?」


ベジータの目の前には、信じられない光景が広がっていた



バーダック「…ッ」バチバチバチッ…



ついさっきまでフリーザに圧倒されていた筈のバーダックが、なんと片手でフリーザの放った巨大なデスボールを受け止めていたのである…!


バーダック(超サイヤ人2)「…なに、間抜けな顔してんだ?王子サマ」

ベジータ「…!!?」



悟空「ど、どうなってんだ…!?」

ラディッツ「フリーザのエネルギー弾を受け止めている…のか…?」

ピッコロ「そ、そうだ…!それも……片手だけで受け止めている…!!!」

ベジータ「ど…どういう事だ…!さっきまでフリーザに押されていた、貴様が…!?な、何故…?」

バーダック「…上には上がいる、そういう事だ」

ベジータ「…!?」




ゴゴゴゴゴ…!!


フリーザ「火事場の馬鹿力という奴か…?しぶとい奴め……!だが、そう長く持つか!!」



バーダック「…フリーザ。結局、お前の負けは決まっていたな」

バーダック「…最初から、その姿で俺を殺しにかからなかったのが、お前の敗因だ」


バーダック「はああああ…!」キィィィン…!

ベジータ「!」

スーパーサイヤ人の更に上を行った、バーダックの放つ全力のスピリットキャノンは、いとも簡単にフリーザのデスボールを貫いた…!



ズボォッ!!!!

フリーザ「は!!?」


ズグオオオオオオオォォォォッッッ…!!!!


フリーザ「!!!!…ぎ、ぎゃああああああああ……!!!!そ、そん……な……!この…俺……………が……!」


カッッ

ドゴオオオオオオゥゥッ…!!!!



二つの巨大なエネルギー波に呑まれ、フリーザは宇宙の彼方へと散っていった…………



ゴゴゴゴゴ…!!!

バーダック「……はあっ、はぁっ……」

ベジータ「な…なんという威力だ……!!!」

バーダック「……くっ」ガクッ

ベジータ「!お、おい…!」

バーダック「…はぁ、はぁ……。平気だ…」

バーダック「あの変身は、今の俺には相当堪えるんでな…」

ベジータ(上には上がいる……スーパーサイヤ人にも更に先があるというのか…!)

ベジータ「…」

ベジータ「……しかし、遂に…フリーザを倒したのか…」

バーダック「…あぁ。宇宙の塵になったのは、アイツの方だった訳だ……」



ザッ

ラディッツ「お、親父!!」

バーダック「…!」

悟空「へ…へへ、やったな……」

ピッコロ「…」

ラディッツ「だ、大丈夫なのか!?」

バーダック「触るな、自分で立てる…」グッ

悟空「すげぇな…フリーザのあの技を
、片手で吹き飛ばすなんてよ………」

ピッコロ(確かに…とんでもない野郎だ。サイヤ人という種族は……)

ラディッツ「……親父、今までどうしていたんだ?」

バーダック「……ふん。そんなくだらない話より、やる事があるだろうが」

ラディッツ「?」

バーダック「…ナッパの埋葬だ」

ベジータ「…!」

バーダック「今まで一緒に戦ってきた仲間なんだろうが?…ちゃんと弔ってやれ」

悟空「そ、そうだな…!」

ラディッツ「確かに…」

ベジータ「…俺が連れてくる」バッ

悟空「ベジータ…」

バーダック「…ふん」




ザッ ザッ ザッ……


バーダック「…」

ベジータ「…」

悟空(ナッパ…おめぇが鍛えてくれたから、オラはここまで戦ってこれた…!ありがとうな…)

ラディッツ(……感謝するぞ、ナッパ……)

バーダック(ついでと言っちゃなんだが、お前の分の仇も討ったつもりだ……ゆっくりと安め…)


ベジータ(……)

ベジータ(ナッパよ。今まで、よく俺に付いてきてくれたな……)

ベジータ(お前には色々と苦労もかけたな。…安らかに眠ってくれ)

ラディッツ「…フリーザは倒したが、これからはどうする?ベジータ…」

ベジータ「…。さぁな…」

バーダック「…」

ラディッツ「親父、あんたはどうするんだ?」

バーダック「……俺か。俺は…」


…キラッ


ピッコロ「…む?」

悟空「…?どうした?」

ピッコロ「あれは…なんだ?」


ゴオオオオオォォ…!

バーダック「!」

ベジータ「宇宙船か?まさか、フリーザの部下共が……」

バーダック「…違う。あれは、俺の仲間の船だ」

ラディッツ「! 親父の、仲間…?」

…………………


ザッ ザッ


パラガス「バーダック、無事でなによりだ」

ブロリー「…」

バーダック「パラガス…それにブロリー……」

バーダック「お前ら、まさか加勢に…」


ベジータ(こいつらも…サイヤ人なのか…?)

悟空(あの、でけぇ男……かなり強ぇぞ…)


ブロリー「…」ジッ

ブロリー(あれが…バーダックが言っていた、カカロットか…)

ブロリー(そっくりだな……)

パラガス「そう、不機嫌な顔をするな。ブロリーも、落ち着かない様子だったのでな…」

ブロリー「お、親父…」
バーダック「…けっ」

パラガス「…ん!? お、お前は、ベジータ王子……!」

ベジータ「!」

パラガス「まさか、生きていたとはな。…こんな所で、会えるとは思わなかったぞ」

ベジータ「…」

バーダック(そういえば、パラガスはベジータ王を恨んでいたな…)

バーダック「パラガス、まさかお前は…」

パラガス「…!ふっ、それは違う。昔の恨みなど、今はどうでもいい。それに、このベジータは王とは違うようだしな」

ベジータ(な、なんだ…?)

パラガス「俺がここに来たのは、お前の力になれると思ったからだ」

バーダック「俺の力だと…?」

パラガス「フリーザを倒し、復讐に決着はついたが、まだ片付けるべき敵は他にもいる」

バーダック「…?」

パラガス「惑星コルドの帝都にいる、コルド大王の存在だ」

バーダック「! …なるほどな」

悟空「…大王?」

ラディッツ「フリーザの父親だ。奴もまた、化け物のような強さを持つという噂を聞いた事がある」

悟空「ひえぇ…」

パラガス「この星にフリーザの宇宙船が残っているなら、帝都の場所の特定も容易だ。お前なら、この話に乗ってくると思ったのでな」

バーダック「…面白ぇ。確かに、フリーザを倒したぐらいじゃ、終われねぇよ」

ブロリー「今度は俺も手伝おう。…いいだろう?」

バーダック「…ああ、勿論だ」

バーダック「…どうだ、お前達も俺達とこねぇか」

ラディッツ「えっ……」

ベジータ「!」

バーダック「サイヤ人の力で、コルドの一族を滅ぼすんだ。こいつは全てのサイヤ人の無念を晴らす戦いだ」

ラディッツ「…ど、どうする?ベジータ……」

ベジータ「…」

バーダック「…スーパーサイヤ人になりたいんだろ?…ベジータ」

ベジータ「…っ!」

バーダック「俺達と来るなら、スーパーサイヤ人になれるように鍛えてやる。お前にはその素質は十分あるしな」

ベジータ「……」

悟空「…悪ぃけど、オラは地球に帰る。家族が待ってんだ…」

バーダック「そうか、お前は地球に送られたんだったな。……家族を持っていたとはな」

悟空「…へへ……」


ピッコロ「……だが、地球に戻る前に、やる事がある。そうだろう、…孫悟空?」

悟空「…!」

パラガス「む…?」

バーダック「なんだ…?」

ブロリー「?」


ピッコロ「フリーザは片付いた。貴様の役目も終わったはずだ」

ピッコロ「ならば、貴様のやる事はあとひとつ、俺との決着だ」

悟空「ピッコロ…」

ピッコロ「俺の事情はとっくにわかっている筈だ。貴様の体力も限界だろうが、それはこちらも同じ…」

ピッコロ「俺と戦え!孫悟空!!」

悟空「…」

悟空「ああ、わかった……!」

ザッ ザッ


バーダック「…いきなり、なんだってんだ」

パラガス「よく見れば、あれはナメック星人ではないか…」

ベジータ「宿敵同士の決着という奴だ…」

ピッコロ「…いいな、手加減など一切いらん。殺す気でこい」

悟空「…ああ」


悟空「…認めたくねぇけどよ。おめぇともう戦えなくなるなんて、寂しくなるよ」

ピッコロ「…ふっ」


ピッコロ「界王拳…!」ゴゴゴゴ…

悟空「!」

ピッコロ「さぁ、貴様も界王拳を使え!!この戦いに悔いを残さん為にもな!!!」

悟空「わかってる…!!はあぁぁ……!!」ゴゴゴゴ…

悟空(お互い、立っているのもやっとの状態だ……)

ピッコロ(決着は…一撃で決まる……!)

悟空「…」キッ

悟空「行くぞ!ピッコロ!!」

ピッコロ「来い!!孫悟空!!!」

バババッッッ

………



フリーザとの激闘、そして悟空とピッコロの決闘から数ヵ月後…




ザッ


悟空「えーと、ここが最後の試練の場所か?随分たけぇ所に家があんだなぁ…」

ギィ…

ネイル「来たか、異星の旅人よ。お前の話は、他の村長達から聞いている」

悟空「…!(こいつ、今までのナメック星人とは明らかに強さが違う…!)」



フリーザを倒したのち、悟空はベジータ達と別れ、単身ナメック星にやって来ていた…

悟空はフリーザが戦いの最中、ナメック星の事を言っていた事を思い出した。

そしてパラガスの協力を得て、ナメック星の位置を把握し、きっと存在するであろう、ドラゴンボールを求めてこの星へとやってきたのである



ネイル「旅人よ。お前の願いは、仲間の命を復活させる事らしいな」

悟空「ああ、そうだ。今まで一緒に戦ってきた仲間なんだ」

ネイル「そうか…。お前からは邪な気は感じられない。本当に仲間思いな人間なのだろうな」

ネイル「では、最後の試練を始めるとしよう。最後の試練は、この私を倒す事だ」

悟空「…よ、良かった。また、頭を使う問題とかを出されたらどうしようかと思ってたぞ」

ネイル「ふ…、手加減はせんぞ。お前はかなり強いという話を聞いているからな……」

悟空「ああ。仲間の為だ、オラも全力で戦わせてもらうぞ!!」

ネイル「はっ!」ドウッ

悟空「界王拳…!」ゴゴゴゴゴ…!

ネイル(こ、これは…!)

悟空(ピッコロ、ナッパ。もうちょい待っててくれよ!オラは必ず、ドラゴンボールを揃えてみせっからよ!!)

悟空(…地球に戻るのが、更に遅くなって帰るのが怖ぇけど、仕方ねぇさ!!ごめんな、チチ!悟飯!!)

悟空「さぁ、行くぞ!」

ネイル「こいっ!!」


ババババババッッッ




……

惑星コルド



兵士「コ、コルド大王様!!この星に浸入してくる宇宙船があります!!!」


コルド大王「…。来たか」

コルド大王「わざわざ、宣戦布告をしてやって来たのだ。丁重に迎えてやれ」



クウラ「…ほう。あの宇宙船に、フリーザを倒したサイヤ人が乗っているのか」

コルド大王「身の程を知らぬ、猿共めが……このワシの星に攻めてくるとは、思い上がりもいい所だ」

クウラ「同感だ。フリーザ程度に勝ったくらいで、調子に乗りやがってな。たっぷりと後悔させてやるぞ…」

クウラ「クウラ機甲戦隊!」

サウザー「はっ!!」

クウラ「侵入者どもを歓迎してやれ」

サウザー「はっ!」

ネイズ「お任せください!」

ドーレ「承知しました!!」

クウラ「クク…しかし、楽しみだな。伝説と言われた、スーパーサイヤ人の力を見る事が出来るのだからな」

コルド「宇宙一の力を持つのが許されるのは、我が一族だけだ。奴等は、ここで必ず抹殺させなければならん」

クウラ「……ふっ」

クウラ「…お前も嬉しいだろう?奴等に借りを返せるんだからな……。…なあ、フリーザ?」



ザッ

メカフリーザ「…ふん。うるさいよ」

クウラ「ははは、怒ったか」

メカフリーザ「嬉しいとも……この僕をこんな姿にした、あの男にまた会えるんだからね…」

メカフリーザ「こんな情けない姿にはなってしまったけど、僕は以前よりもはるかにパワーをつけた…!」

メカフリーザ「後悔させてやるさ…!僕を完全に殺せなかった事をね……!!」

メカフリーザ(今度は手加減無しだ……絶対に殺してやるぞ…!!スーパーサイヤ人め…!!!)

……

ザッ

バーダック「帝都か……中々、立派なもんじゃねぇか」

ラディッツ「コルド以外にも、大きな戦闘力をいくつも感じる…!奴等も本気で俺達を滅ぼすようだな…」

ベジータ「……ふん」

ブロリー「…!バーダック、敵が来るぞ……」

バーダック「おう。パラガス、お前は一旦宇宙に出ろ。巻き添えを食らうかもしれないからな」

パラガス「うむ、武運を祈るぞ」ザッ



ベジータ「…おでましか」


ゴオオォォ…

ザッ ザッ ザッ…


サウザー「よく来たな、サイヤ人ども…」

ネイズ「帝都にまで攻めこんで来るとはよ。ちょっと調子に乗りすぎじゃねぇか?」

ドーレ「まぐれでフリーザ様に勝ったようだが、奇跡はもう、二度と起こらんぞ」

バーダック「…たった三人かよ」

サウザー「ふん。我々だけで十分だという事だ」

サウザー「このクウラ機甲戦隊は、ギニュー特戦隊以上の力を持つ、精鋭中の精鋭だ」

ドーレ「お前達の命もここまでだ。大王様方が出てこられるまでない!」

ネイズ「覚悟しやがれ!」

バーダック「…けっ。俺達もなめられたモンだな」

ブロリー「…ああ」

ベジータ「…」

バーダック「………はあああっ!!!」

ドウッッ

サウザー「!!」

ブロリー「うおおおおっ!!!!」

ドウッッ

ドーレ「な、なに!?」

ベジータ「…。……はあっ!!!」

ドウッッ

ネイズ「こ、こいつは……!?」


シュイン… シュイン シュイン……

バーダック(超サイヤ人)「…ブロリー、飛ばしすぎんなよ」

ブロリー(超サイヤ人)「…大丈夫だ。親父の制御装置のお陰で、抑えられそうだ」

ベジータ(超サイヤ人)「さっさと片付けるぞ」

ラディッツ「……」

ラディッツ「くそっ」ボウッ(パワーボール)


サウザー「まさか、これが…!」

バーダック「そうだ。こいつがフリーザを倒した、スーパーサイヤ人の姿だ」

ネイズ(な、なんて迫力だ…!)

サウザー「くっ、こんなモノ、ただのこけおどしだ!!行くぞ!」


バーダック「…よし、始めるぞ!お前ら!!!」

「「「おうッッッ!!!」」」

ベジータ(……スーパーサイヤ人の伝説は、今、ここから再び始まる…!!)

ベジータ「このスーパーベジータの実力!!思う存分に発揮させてもらうぞ!!!」


スーパーサイヤ人の一派とコルド一族の決戦…


この戦いは、後に誕生するサイヤ人の帝国の歴史に大きく記録される事となる


宇宙の支配者を倒し、新たな支配者と成り代わった、強戦士族サイヤ人



それは全銀河にとって吉となるのか凶となるのか、それは誰にもわからない…

おしまい。

説明不足な部分があったので、ちょっと追記

ベジータは物語が始まる前から、実はスーパーサイヤ人へと覚醒していたが、覚醒時は半ば暴走状態で、その時、ベジータはそれがスーパーサイヤ人だとは思いもしなかった。

ザーボンとの会話でスーパーサイヤ人の事を聞く内に、既に自分はスーパーサイヤ人に覚醒していた事に気づく。

ナッパは、気を失う前にベジータがスーパーサイヤ人になって暴走している姿を目撃しているので、ベジータと同時期にその事に気づいた。

ラディッツはもっと前に気絶していたので、知らなかった。


という訳。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年09月11日 (木) 00:42:29   ID: TFNcOiwP

続き楽しみにしてます!

2 :  SS好きの774さん   2014年10月16日 (木) 12:46:27   ID: TIFkczeh

めっちゃ続き気になる!応援してます!

3 :  SS好き   2014年11月08日 (土) 18:16:34   ID: TMhfUwzr

あ、あの、凄く楽しくて期待してます。なんか、ナッパに感情移入しちゃって…文章上手いですね!

4 :  SS好きの774さん   2014年12月05日 (金) 23:00:42   ID: B5PenZDW

めっちゃ気になります。
続きよろしくお願いします!

5 :  SS好きの774さん   2014年12月27日 (土) 15:54:08   ID: BalV3BO8


毛利蘭首吊って死ねよ
毛利蘭首吊って死ねよ
毛利蘭首吊って死ねよ毛利蘭首吊って死ねよ
毛利蘭首吊って死ねよ毛利蘭首吊って死ねよ
毛利蘭首吊って死ねよ毛利蘭首毛利蘭首吊って死ねよ吊って死ねよ

6 :  ss好きの774さん   2015年01月12日 (月) 15:45:17   ID: _GYTXdwF

5どうしたwwwwwwwwwwwwwwwwww

7 :  SS好きの774さん   2016年09月22日 (木) 23:06:49   ID: MYz6o-oO

めっちゃ感動しました!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom