ドラえもん「ありがとう、のび太君。」(71)


ある夏の日。
別れの日は、突然やってきた。

のび太「ただいまー!」



のび太「あれ、誰も居ないのかなぁ?おーい、ドラえもーん!」

タッタッタッ
ガチャ

のび太「ドラ……っ?!」

?「やあ。」

のび太「誰………って、あぁ!セワシじゃないか!」

セワシ「久しぶりだね、おじいちゃん!」


のび太「どうしたのー?何か用?」

セワシ「………おじいちゃん、落ち着いて聞いてくれる?」

のび太「な、なぁに?」

……

セワシ「…ドラえもんの事なんだけど…」

のび太の表情が一瞬にして変わる。

のび太「ど、ドラえもんに何かあったの?!」

セワシ「……ドラえもんはね、もうおじいちゃんの所には…来れなくなった。」



のび太「やだなぁ…!まだエイプリルフールじゃ無いよ!」

セワシ「………」

のび太「…」

セワシ「…」

のび太「本当…なの…?」

のび太の目に、涙が浮かぶ。

のび太「なんでだよっ!なんでっ…いきなり…すぎるよ…」


ドラえもんにもう会えないなんて、嫌だ。

まだ、いっぱい冒険したかった。

のび太の頭には、ドラえもんと過ごした思い出が蘇る。

セワシ「…おじいちゃん、ドラえもんを送る前のままだと、僕の小遣いは50円だった。」

セワシ「…でも、ジャイ子と結婚するってのは嘘なんだ。」

のび太「え…どういう事…?」

セワシ「君は初めから、お婆ちゃん…いや、しずかちゃんと結婚する予定だった。」

のび太「予定って…なんだよ…」


セワシ「でも…ドラえもんを送ってしまったせいで…ちょっと、間違えたんだ。」

のび太「な、何を…」

セワシ「…おじいちゃん、君は、いつもドラえもんの道具に頼りっぱなしだった。」

セワシ「そのせいで、将来、君がしずかちゃんと結婚する確立が低くなったんだ。」

のび太「…」

セワシ「だから、ほら……僕の体が…透けてきてるんだよ…」

のび太「!!……ごめん…僕のせいで…」

このままでは、僕はしずかちゃんと結婚しない。
セワシの透け始めている体が、その事を物語っていた。

セワシ「ううん、良いんだよ…」

セワシ「でも、もうおじいちゃんとドラえもんを会わす訳にはいかない。」

セワシ「でも、1年に一回くらいは、僕が会いに来るよ。」

のび太「うん…僕頑張るよ!子孫にまで迷惑かけさせるものか!」

セワシ「ありがとう、おじいちゃん!それと…これ、ドラえもんからのビデオレターだよ!」

のび太「……分かった。ありがとう!」

セワシ「うん、さよなら!」

セワシは、引き出しの中に姿を消した。


のび太は引き出しを開けた。
まぁ、当然、不思議な空間など無い。

のび太「うっ…う…」

のび太の目からは、堪えていた涙全てが溢れ出した。

のび太「ドラえもっ…ドラえもん…っ!ドラえもん……!…今までっ…ありがとう…!」

のび太「絶対っ…忘れないからっ…大好きだからっ…一生……親友だぞ…!!!」

その日は、ご飯も食べず泣き続けた。


ppppppppp_

目覚ましの音で、目が覚めた。
時刻は7時。

目を開けた先には、父と母の顔があった。

玉子「のびちゃん!大丈夫なの?!」

のび助「昨日はどうしたんだ!そういえば…ドラえもんも見当たらないし…」

のび太「……ドラえもんなら、未来へ帰ったよ。」

玉子「っ?!ど、どういう事なの?」

のび太「帰ったんだよ。未来に。もう一生帰って来ないんだよ。」


ドラえもんはもう帰って来ない事、ドラえもんと居て楽しかったこと。
のび太の話を、父と母は黙って聞いていた。

のび助「そうか…、なら、のび太…今日から、頑張るんだぞ!」

のび太「…うん!」

のび太は、いつもの元気で、返事を返した。

のび太「まま、今日の朝ご飯、野菜も出してよ!」

玉子「あら、どうしていきなり…」

のび太「昔、ドラえもんに教えてもらったんだよ。好き嫌いをしていたら、良い大人になれないって!」

玉子「……ふふふ、分かったわ!」


ご飯を食べてから、のび太は二階へ走る。

玉子「階段は歩く!」

のび太「は、はい!」

ガチャ

のび太「……ドラえもんからの、ビデオレター…」

手紙のような、テレビのような物には、“いつもの4人で見て下さい”と書いてあった。

のび太はそれを引き出しの中へ入れ、学校へ向かった。


ガラッ

のび太「おはよー!」

しずか「…?!あら、のび太さん!」

出木杉「今日は早いね!何かあったのかい?」

のび太「…へへへ、ここでは話せないなぁ…」

ドラえもんが帰ったと言ったら、出木杉はともかくしずかちゃんは心から悲しむだろう。
でも、隠しておいてもきっとバレる。

のび太「そうだ、…帰る時、ジャイアン達とも一緒に教えるよ。」

その日、遅刻をしなかった事で褒められ、
宿題をしてなかった事で怒られ、いつもと変わらない学校生活を過ごした。


キーンコーンカーンコーン

ジャイアン「おい、なんだよ話って!」

スネ夫「皆を集めて…つまらなかったら許さないぞ!」

のび太「…あのね、ドラえもんがね、未来へ…帰っちゃったんだ。」

ジャイアン「…?!」

スネ夫「…?!」

しずか「…?!」

出木杉「…?!」

のび太「もう二度と、こっちには帰って来ないんだ。」

ジャイアン「変な冗談止せよー」

スネ夫「嘘つくなんて生意気だぞ!」

出木杉「やめなよ!…のび太君、本当なんだね。」

のび太「…」コクン

しずか「そんなっ…ぐすっ……ドラちゃんっ…」

ジャイアン「嘘だろ?なぁ、嘘だよな」

のび太「本当…なんだ…」

ジャイアン「くそっ……心の友~~~~!!!!!! 」

スネ夫「ドラ焼きならいくらでもあげたのにぃ…ママァ!!!」

出木杉「のび太君……君は、ドラえもんが居なくなった事で、大きく進歩したよ。」

出木杉「きっと、今の君を見ると、ドラえもんも喜ぶとおも…あ、いけない、ごめん、習い事があったんだ。」

のび太「うん、出木杉、ありがとう。」

出木杉「…うん。じゃあね!」


しばらく、3人は声を殺して泣いていた。

のび太「…ドラえもんからね、ビデオレターがあるんだ。僕等4人に。」

のび太「今から、家来れる?」


のび太家_

のび太「ただいま。」

玉子「あら、おかえりなさい、のびちゃ……」

しずか「おじゃまっ…します…っ…」

スネ夫「…おじゃ…っ…」

ジャイアン「お邪魔します、おばさん。」

玉子「え、えぇ。いらっしゃい。」


のび太「じゃ、再生するよ。」

ジャイアン「おう。」

スネ夫「うん。」

しずか「…えぇ。」


画面には、のび太の机が背景となったドラえもんの姿が映っていた。

『のび太君、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫。
君達がこれをみているという事は、僕はもうそっちには居ないという事だね。
まず、スネ夫。始めに出会った時は、最低な奴だと思ってたよ。
いつも自慢ばかりのくせに、甘えん坊で、すぐ泣く。
君には何度も呆れたよ。…でもね、君は弱虫だけどね、本当は、すごい奴だ。
自信家で、絵も歌も上手。時には駄目駄目なのび太君を助けてくれた事もあったよね。
きっと君は、良いファッションデザイナーになれるよ。』

スネ夫「ドラえもん…ドラえも~~~~~ん!!!!!」

『次はジャイアン。…君には何度も扱き使われたよ!
すぐ人を殴る、脅す!バットの殴り具合を試された事もあった!
めちゃくちゃなピザも食べさせられて…めちゃくちゃな歌も聞かされた!
ある意味すごいよ…はぁ…』

ジャイアン「んだと?!」

のび太「落ち着いて!」

『でも、君はすごく優しかった。危険な事があると、僕等をいつも守ってくれた。
いつも自分の事ばかり考えて…勝手で…だけど、それ以上に、君は優しい心を持ってる。
君のくれた友情は、忘れないよ。』

ジャイアン「ドラえもん……」

『次はしずかちゃん。君は本当に、いつもいつも優しい子だったね。
クッキーとかケーキとか、ドラ焼きとかごちそうしてくれて、
どれも美味しくて……頭も良いし、料理も上手い、心も優しい…。
そんな君が、僕は大好きだったよ!
虐められているのび太君を守ってくれて、ありがとう。
君は、きっと世界一良い奥さんになるよ。
…のび太君の事、宜しくお願いします。』

しずか「ドラちゃんっ!!!!っ…!!!」

『最後だね…。のび太君っ…うっ…!
冒険したりっ…何かあれば僕の道具に頼ったりっ…
一緒にっ…空き地でっ…野球の練習した…りっ…!!
君はっ…のろまでまぬけでアホで馬鹿でっ…何も出来なくてっ…!
弱虫でっ…全然男らしくなかったっ…!!!でもっ…でもぉ…
君はっ…君は……君は最高に良い奴だったっ!!!
君と過ごした日々はっ……一生忘れないっ…最高に楽しかったぁっ…!!…チガウ
大好きだよっ…世界一大好きだよっ…チガウンダ…のび太君っ!
君を…違うっ!!!!!!!!!!!!!!』

のび太「?!」

『のび太君っ!!!!セワシ君は嘘をついているっ!
騙されるなのび太君っ!!!セワシ君の言葉を信じるなっ!
押入れにっ…ポケットあるからっ!それでセワシ君をやっつけて!!
僕を助け――――――ッ』

のび太「ドラえもん?!」

ジャイアン「セワシが嘘を?!」

スネ夫「意味分かんない!」

しずか「押入れに4次元ポケットがあるって…」

のび太は、押入れの中へ手を突っ込む。
ドラえもんが使用していた枕の下に、ポケットは置いてあった。

のび太「とりあいず、真実を確かめよう。タイムテレビ!僕が家に帰る前にセットして…」

ガチャ___

ドラえもん『のび太君遅いなぁー!ドラ焼き沢山あるのに!全部食べちゃおっと!』

ガラッ

ドラえもん『わぁっ!…って、なぁんだ。セワシ君じゃないか!』

セワシ『…』

ドラえもん『セワシく………?!』

セワシ『ドラえもんがおじいちゃんを甘やかすせいで、小遣いが減った。』

ドラえもん『あ、甘やかしてなんか』

セワシ『減ったんだ!10円!学校でも虐められ始めた。ドラえもん、君のせいで。僕は君を壊す。』


ドラえもん『な、何言ってるんだ?』

セワシ『君は未来に帰った事にするよ。マリオネッター!』

マリオネッター
この道具から伸びた1本の糸を人につなげると、
マリオネットのように人を意のままに操ることができる。

ドラえもん『や、やめるんだ、くるな、くるっ』

セワシ『はぁ…さ、ドラえもんを操っておじいちゃん達にビデオレターを――――』

____

しずか「酷いわ!」

ジャイアン「なんて奴なんだ!」

スネ夫「ドラえもんが…壊されちゃう!」

のび太「………」

しずか「のび太さん?」

のび太「…セワシ、許さない。」


のび太「タイムベルト!皆、これをつけて22世紀へ行くぞ!」

タイムベルト
腰に着け時代を決めると、一瞬でその時代へ移動する事が出来る。

ジャイアン「待ってろドラえもん!」

しずか「すぐに助けに行くわ!」

スネ夫「嘘つくなんて…セワシとかいう奴、のび太以上に生意気だぞ!」

シュン_


のび太「着いた!22世紀だ!さて、セワシ君のマンションまで―――」

セワシ「来させないよ。」

のび太「?!」

ジャイアン「てっめぇセワシ!」

セワシ「暴力はやめなよ。今の僕は、超能力を使えるんだよ?」

しずか「何馬鹿な事言っているの? 」

セワシ「最近、22世紀で新しい道具が発売されたんだ。飲むだけで、超能力が身につく道具。」

スネ夫「なっ…」

セワシ「大人気なんだ。どんな力にするかも自分で決められる。」

のび太「だからなんだ!」

セワシ「でも、宇宙を滅ぼす力を持つ人が出てきてね。」

セワシ「発売禁止になったんだよ。」

のび太「…ま、まさか」

セワシ「そう、僕だよ。」

しずか「ひっ…」

のび太「なんで…なんでドラえもんに酷い事するんだ!」

セワシ「おじいちゃんが馬鹿だからだよ。」

のび太「なら僕に…」

セワシ「だって、おじいちゃんに何かしたら僕まで消えちゃうだろ?」

ジャイアン「どーでも良いからドラえもんを返せ!」

スネ夫「そうだそうだ!」

セワシ「はぁ……仕方ない、ドラえもんをスパイ衛星でみせてあげるよ。」


ドラえもん『みんなぁっ…助けてぇっ…このままじゃ僕壊れちゃう!まだ皆とあそびた―――プチッ』

のび太「どらえもおおおおおおおおおおおおおおん!!!!!!」


のび太「セワシっ…お前っ!」

のび太がポケットに手を突っ込んだと同時に、
セワシはまぁまぁ棒をのび太の口に当てた。

セワシ「まぁまぁ、カッカしない。そうだなぁ…今が午後2時だから…夜中の12時に、ここに来て。」

セワシ「ドラえもんも連れて来るから。」

のび太「ドラえもんに何かしたr「まぁまぁ」許さないぞ!」

セワシ「ふふっ、どうかな。」

セワシはどこでもドアで姿を消した。

のび太「…皆、ドラえもんを壊される前に、セワシをころ―――」

のび太は言葉を飲み込んだ。
セワシがいくら悪い奴でも、子孫を殺すなんて駄目だ。

のび太「セワシを、ぎゃふんを言わせて、二度と悪いことをしないように説教しよう!」

ジャイアン「おうっ!ドラえもんには一切触れさせねぇぜ!」

スネ夫「ジャイアンかっこいい~!」

しずか「でも、宇宙を滅ぼすほどの力を持ってるんでしょう?」

………

しずか「いくらドラちゃんの道具でも、かてっこないわ…」

のび太「なら、僕等もその薬を使って…」

しずか「発売禁止になったって、言ってたじゃない!」



のび太「そうだ!」

ジャイアン「何か思いついたのか?!」

のび太「ハツメイカーだよ、ハツメイカー!」

ハツメイカー
道具を作る道具

スネ夫「ないすのび太!って良く分かんないけど……」

のび太「この前ドラえもんが未来へ帰ったとき、ドラミちゃんが出してくれたんだ!」

のび太「道具を作る道具!」

のび太はポケットに手を突っ込んだ。
しかし、ハツメイカーが見当たらない。

のび太「無い!」

ジャイアン「んだと?!期待させやがって!」

?「ハツメイカーっ!」

スネ夫「だ、だれ…って、君は…」

しずか「ドラミちゃん!」

ドラミ「お兄ちゃんが危険だわ!セワシさんが狂っちゃってる!」

のび太「ありがとうドラミちゃん!早速道具を…」

ドラミ「待って、ここでは目立つわ。かべ紙ハウス!と透明ペンキ!」

ドラミ「これを壁に貼って、上から透明ペンキを塗ればばれないわ!」


スネ夫「流石ドラミちゃん!」

のび太「さぁ、早速作ろう!」

ペラッ

ドラミ「どんな道具にする?」

のび太「セワシを一瞬でぎゃふんと言わせられる道具!」

ジャイアン「待て、それじゃ面白く無い。セワシの使ったその…超能力の道具が良い!」

しずか「でも、同じだと勝てそうにないわ…」

スネ夫「どうするのさぁ!」

ドラミ「ふふっ!超能力開発剤より少しレベルがあがった道具を作りましょう!」

ピコピコ

ドラミ「超能力開発剤よりパワーの強い道具!」

ペラッ

ドラミ「出てきたわ。これが設計図よ!えっと…超超超能力開発剤!だわ!」


30分後、しずかとドラミの手によって、超超超能力開発剤は完成した。

のび太「はぁ…疲れたなぁ!」

スネ夫「頑張りすぎて目が痛いよ」

ジャイアン「全くだな!」

しずか「もう、3人は何もして無いじゃ無い!」

ドラミ「じゃ、4人とも、これどうぞ!私も飲むわ!」

ドラミ「ちょっと待って、説明書には―――
これを飲めば、こっちの世界では30分間だけど、別の世界では1年間体験する事になります。
その1年の間に、自分の能力を決め、修行をします。
1年終われば、こっちの世界へ帰ってきます。だって!」

のび太「1年間?!…ドラえもんのためだ!おっさきに!」ゴクン

ジャイアン「の、のび太が消えた!俺も!」ゴクン

しずか「私も失礼するわ!」ゴクン

ドラミ「スネオさん、頑張りましょうね!」ゴクン

スネ夫「ひ、1人にしないでぇ!」ゴクン

のび太_

のび太「ど、どこだここっ!」

『ようこそ。』

のび太「お前誰だっ!」

『今日からお前の師匠じゃ。宜しく。』

のび太「あぁ…でも、なんで声しか聞こえないの?」

『お前の心に喋ってるんじゃよ。体はない。』

のび太「へぇ。」

『で、お前なんの能力を使いたいんじゃ?』

のび太「そうだなぁ…僕は…」

「あやとりを使った能力!」

ジャイアン_

ジャイアン「おー…真っ暗だぜ」

『オラオラ!もたもたすんなてめぇ!』

ジャイアン「んだとぉ?!誰だ!何処に居る!」

『お前の心に話しかけてんだよクズが!今日からお前の師匠だ!』

ジャイアン「あ、あぁ。なるほどな。」

『早速だが、お前はどんな能力を使いたい?』

ジャイアン「能力か…やっぱ、俺様は歌と料理のコラボが良いな!」

スネ夫「真っ暗だぁっ!まま!」

『うぃぃぃぃぃ~骨川!』

スネ夫「は、はい!」

『初めましてぇ、今日からお前の師匠は俺だぁ!』

スネ夫「は、はい!宜しくお願いします!」

『お前はどんな能力が使いたい?』

スネ夫「ぼ、僕は………爆弾とかふらせれたら…かっこいいかな、なんて!」

しずか「暗いわ…ここで1年間居ないといけないのかしら…」

『こんにちわ』

しずか「こ、こんにちわ!」

『能力何が良いかねぇ』

しずか「あ、もう決めるんですか?」

『そうじゃないと修行出来ないよ』

しずか「あ、そうですか、それじゃ…」

しずか「皆を守れる能力が良いです」

ドラミ「こんにちわー!…あら、師匠がいるはずなんだけど」

『こんにちわー』

ドラミ「あら、貴方が師匠ね!宜しく!」

『宜しくー』

ドラミ「あ、私は、能力何にしようかしら」

『私が決めるよー』

ドラミ「本当?良いのにしてね!!」

『とりあいず食べ物とか出たら便利じゃない?はい決定 』

ドラミ「あらいいわ!ありがとう!」

ヒューボォン

のび太「うわぁ、さっきまで暗かったのに白くなった!」

『さぁ修行始めるかの。』

のび太「え、えぇ!昼寝したいよ!」

『ここに居る間は一睡もさせん。修行じゃ修行。』

のび太「そんなぁ!」

『とりあいず、頭の中であやとりを想像しろ。そしたらお前の想像したあやとりが出てくる。』

のび太「本当っ?!あやとり、あやとり…」

数分後

のび太「何も出てこない!」

『もっと強く考えるんじゃよ。色、紐の細さ、匂い、感触…』

ヒゥーボォン

ジャイアン「なに?!真っ白だ!目がいてぇ」

『ウィウィ~!修行始めるぞ!』

ジャイアン「へい師匠っ!」

『料理を作れ!材料は色々揃ってる!』

ジャイアン「へへっ!任せてください!』

数分後

ジャイアン「出来ましたぁ!」

『どれどれ…駄目だっ!もっと色々入れろ!』

ジャイアン「は、はい!」

ヒィーボォン

スネ夫「うわ!」

『修行始めるぞーうぃ!まず爆弾作れ!』

スネ夫「む、無理ですよ爆弾作るなんて!」

『作れぇえええ!材料あるから出来るだけ小さいの作れええええええええ』

スネ夫「う……分かりました!」

ヒゥーボコン

しずか「あら、明るくなったわ!」

『さー訓練始めよう』

しずか「えっ…どうやって…」

『最初は、皆を守りたいって心の中で祈るんだよ。』

しずか「あ、はい。守りたい守りたい…」

『そんなんじゃ駄目。もっと強く!』

しずか「は、はい!」

ヒゥー

ドラミ「何が始まるのかな!」

『さーさー修行はじめよー』

ドラミ「ふふっ!って、なにすれば良いんですか?」

『好きな食べ物考えるだけで良いよー。ずっとやってたら実際出てくるから』

ドラミ「分かりましたっ!」

10日後

のび太「はっ…!」

『おお、良くやった!』
_

ジャイアン「ボォォケェェエエエ」プシュー

『うっ…中々やるな!』
_

スネ夫「ボカーンっ!」

『おおおおおお~~~!すごい破壊力ゥ!』
_

しずか「っ…!」

『よーし、これなら体力も心も体も回復するね』
_

ドラミ「メロンパンおいしい!」

『私もほしいー』

5人は修行を重ね、能力を完璧に使いこなせるようになった。

そして364日目…

ノ、ジャ、ス、シ、ド「うわぁ!」

3人は、どこかへ飛ばされた。

_

のび太「こ、ここは!」

ジャイアン「そ、その声は、のび太!」

スネ夫「2人共居るの?!」

しずか「皆っ…!」

ドラミ「久しぶりね!」

5人は、普通の野原へ飛ばされた。

『これから、5人で戦ってもらう』

ノ、ジャ、ス、シ、ド「ええええ?!」

のび太「どうして?!」

『最後の訓練だ。殺さずにだ。』

しずか「そんなっ!」

ドラミ「初耳です!仲間同士で戦うなんて…」

スネ夫「僕ちゃんやだよ!」

ジャイアン「…」

ジャイアン「おい…」

のび太「?」

ジャイアン「やるしかねぇんだ!これも訓練だ!」

しずか「そんな、武さん!」

ジャイアン「俺達はこれから一緒に戦う仲だろ!仲間同士で戦うのも、良い経験になるじゃねぇか!」

スネ夫「…でも」

ドラミ「…武さんの言う通りね。」

スネ夫「ええ?!」

しずか「私も、戦うわ!」

のび太「殺されないのなら、大丈夫だよね!」

ジャイアン「スネ夫。」

スネ夫「……もう良い!戦えば良いんでしょ!僕負けないよーだ!」

364日目、5人の戦いは始まった。

『よし、じゃあ2人ずつやって貰おう。まず、武、スネ夫。お前等からだ。』

スネ夫「ガーン」

ジャイアン「手加減しねぇぜ!」

『2人は、別の空間へ行ってもらう』シュン

のび太「いっちゃった」
_

スネ夫「ここどこ~?!」

次は白い空間へ飛ばされた。
_

『このモニターで2人の戦いが見える。』

しずか「2人共頑張って!」

ド、ノ「頑張れ!」
_

『では、始めて良い。レディ~ごう!』

スネ夫「ジャイアン…手加減しないからね!」

ジャイアン「やんのかぁ?!」

スネ夫「はっ!」

スネ夫が両手を上にあげると、数え切れない程の爆弾がジャイアンの上に現れる。

ジャイアン「な…っ?!」

爆弾は全てジャイアンに当たり爆発…と思いきや、

ジャイアン「ボォォオォォケェエェェエェ」

ジャイアンの歌声で跳ね返った。

のび太「す、すごい戦い」

スネ夫「そんな…!負けてたまるか!」

スネ夫は爆弾をまたジャイアンの方へ飛ばした。

ジャイアン「ぼぉぉぉおオオオオオオォォケェエェェッェエ」

スネ夫「負けてたまるか!」

2人は爆弾を投げ合った。

しばらく続き…

ジャイアン「ボォオ…けほっけ…?!」

ボカーン

爆弾はジャイアンに当たった。

スネ夫「ふふふ!みたか、僕の力……って、うえええ?!」

ジャイアン「この程度で負けてたまるかよ!俺様の、0.3秒クッキング!」

スネ夫「クッキングって…ままままさか」

ジャイアン「出来上がり!」

ジャイアン「とりゃ!」

ジャイアンは黒い大福をスネ夫の口に投げた。

スネ夫「ひぇえぇ……はっ!」

スネ夫は大福に爆弾をくっつけ、跳ね返した。

ジャイアン「なんだと?!…おりゃ!」

ジャイアンは更に蝉の抜け殻をくっつけ跳ね返した。

スネ夫「ほっ!」

ジャイアン「はっ!」

それは、1時間続いた。

のび太「な、なんだこの物体」

2時間経ち、爆弾と大福は大きな黒い物体へと変化していた。

ジャイアン「いい加減諦めろ!」

スネ夫「ジャイアンこそ!」

『はーい、もう終わり』

ジャイアン「へ?」ボカーン

スネ夫「ジャジャジャジャジャイアン」

ジャイアン「 」 ケホッ

『2時間経ったから終わり。お疲れ。次は…スネ夫対のび太!』

スネ夫「またぁ?!」

ジャイアン「酷い目にあったぜ」ピュシュン

のび太「スネ夫かぁ…」

スネ夫「ま、のび太の事だからすぐ負けるよね」

のび太「舐めてもらっちゃあ困るよ!」

『レディーゴウ!』

のび太「こっちから攻撃させて貰うよ!」

のび太の前に、あやとりが現れる。

スネ夫「そんな物で勝てると思ってんのかよwwwwwwww」

のび太「 」

スネ夫「何?!」

あやとりは、一気に伸び、スネ夫に絡まった。

スネ夫「ふんっ!爆弾でろ……っ?!」

のび太「悪いねスネ夫。この糸は相手の動きを止めるだけじゃ無いんだ」

スネ夫「なんだって?!」

のび太「相手の能力も封じこめるんだよ!」

スネ夫「?!」

のび太「ギュー」

スネ夫「く、苦しい…ママー!」

のび太「離して欲しかったら負けを認めなよ?」

スネ夫「だ、誰が…うぎゃああああああ」

スネ夫「ま、負けました」

のび太「うぃ~うぃ『次は、のび太対しずか』えぇぇぇ?!」

のび太「そんな、しずかちゃんなんて…」

しずか「…のび太さん、私、大丈夫よ!」

のび太「で、でも」

しずか「これも修行なんだから、力を合わせて頑張りましょ?」

『はーい、レディーごう!』

しずか「…」

のび太「…」

しずか「はやくしないと終わらないわ?」

のび太「ごめんしずかちゃんっ!弱気でやるから!」

のび太のあやとりがゆっくりとしずかに近づく。
そして、しずかに纏わりつき、

のび太「ごめんっ!」

しずかを締め付ける。

プチッ

のび太「え?」

しずか「ごめんなさい、のび太さん。私の体は今、鉄以上に硬いわ。」

のび太「ど、どういう事?」

しずか「私、皆を守れる能力を選んだの。皆を守るには、まず自分を守らなきゃいけないでしょ?」

のび太「しずかちゃん…」

しずか「…だから、どうやっても私には勝てないわ。」

のび太「ごめん、しずかちゃん…僕のあやとりは…」

しずか「?!」

のび太「能力を封じ込めるんだ」

しずか「ま、負けたわ!」

のび太「ご、ごめんしずかちゃん…」

しずか「いいのよ、のび太さん見直したわ!」

のび太「え、えへへ!」

『次はーのび太対ドラミー』

ドラミ「やっと私の出番ね!ふふふ!」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年05月16日 (土) 07:36:50   ID: aLUU2pP_

すごく面白い

2 :  SS好きの774さん   2015年11月24日 (火) 18:49:53   ID: l2zSF-Ac

おもろいけど終わってる・・・

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom