ドラえもん、のび太と世界最後の日(20)

暇を持て余した少年にある日...

その悪魔はやってきた

のび太「...退屈だなぁ」

のび太「...今日も寝よっかなー」

のび太「zzz」

のび太「zzz...」




ドォン!!

のび太「!?」

のび太「な、なんだ!?」

のび太「つ、机の引き出しが...」

ママ「のび太!うるさいわよ!!」バタン!

のび太「僕じゃないよ!!」

ママ「じゃあさっきの音は何!!」

のび太「だから!机が勝手に」

ママ「大人しくしていなさい!あと宿題も!!」

のび太「分かった、分かったから..」

ママ「...まったく」バタン

のび太「...はぁ」

のび太「なんで僕ばっかり嫌な思いをするんだろう」

のび太「しかもなんだよ...子のこと机のひきだs..」ガチャ

のび太「!?」

そこにはのび太が見たことのない、

巨大な"何か"があった

のび太「な...なんだこれ!?」

のび太「車の運転席みたいだぞ...?」

のび太「...でもハンドルがないや」

>>7

×子のこと机の

○この机

のび太「へぇ~かっこいいな~」

のび太「...っておかしいでしょ!!!」ズル

のび太「どわっ!?」

のび太「うわぁああ!!」ドスン!!

のび太「いっててて...」

ガゴン!!

のび太「へ?」

のび太「あっ...なんかボタン押しちゃったぞ」

ウィイイイイイイイン!!!!!!!!!!

のび太「う、うわぁ!!」

ゴォッ!!!!!!

のび太「う、動いた!?」

のび太「..って速い!!速いぃっ!!?」

のび太「ひ、飛行機!?」

?「...やあ、こんにちは」

のび太「だっ、誰!?」

?「ここだよ、ここ!」

のび太「...うわぁ!!あ、青いタヌキが喋った!?」

ドラえもん「僕はタヌキじゃぬわぁあいいいい!!!」

のび太「タヌキじゃないならなんなのさ!」

ドラえもん「僕はドラえもんです」

ドラえもん「22世紀から来ました」

のび太「...なんでテレビの中にいるの?」

ドラえもん「...モニターって言ってほしいなぁ」

ドラえもん「まあ隣を見てみなよ」

のび太「隣?.....え?」

のび太「ひ、飛行機!?」

ドラえもん「いや、のび太君気づかなかったの?」

のび太がゲッターの加速に耐えられるのかw

のび太「あ、あの飛行機がどうしたの?」

ドラえもん「僕はあの黄色い方に乗っているんだ」

のび太「へぇ...ってなんで僕の名前を知ってるの!?」

ドラえもん「いちいち君は反応が鈍いなぁ...」

ドラえもん「未来から来たからに決まってるだろぅ?」

のび太「そんなむちゃくちゃな!」

ドラえもん「まあ、気持ちは分からなくもないけど...」

のび太「それにここはどこ!?さっきまで僕の家だったのに!」

ドラえもん「まあまあ落ち着いて」

>>12

ドラえもんがなんとかしています

科学の力ってスゲー

のび太「落ち着けるわけないよ!!」

ドラえもん「もっとも君の言う通りだ」

のび太「早く家に帰らせてよ!!」

ドラえもん「無茶言うなよ...ここは次元の狭間なんだから」

のび太「次元の...えっと?」

ドラえもん「は、ざ、ま、...未来と過去を行き来出来る空間みたいなものさ」

のび太「...つまり?」

ドラえもん「タイムマシン..とまでは言えないけどね」

のび太「なんでそんなのが机の引き出しにあったのさ!!」

ドラえもん「それが分かれば苦労しないよ」

すまん

ちょっと寝てゲッター線補給してくる

見てくれた人ありがとう

まだ続くお

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年06月01日 (日) 14:42:05   ID: FPxe3DK5

ドラえもんりよう太のかぜ

2 :  SS好きの774さん   2015年08月15日 (土) 11:52:03   ID: NFTfhSHO

虚無ったか

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom