ビスマルク「今日から参戦だよ!」 (341)

ビスマルク「ドイツの戦艦、ビスマルクだよ!よっろしくぅー!」

北上「…」

熊野「…」

那珂「…」

赤城「が、頑張ってくださいね…」

ビス「…あ」


ビス(初っ端から最悪な印象与えちゃったー!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394802005

初めてです。
誤字脱字、おかしいところが多数あると思いますがよろしくお願いします。

ちなみに私はビスマルクを持っていません

ビス「日本人は大人しくてシャイだから心を開きにくいと思ってフレンドリーさを醸し出したのに…」

ビス「それが逆効果なんて…うう」

加賀「ビスマルクさん」

ビス「ひゃいっ!?」

加賀「…そこまで驚かなくても」

ビス「す、スミマセン…」

加賀「それはそうと、貴方を提督がお呼びですよ」

加賀「提督室はここを真っ直ぐ行けばすぐ見つかると思いますから」

ビス「あ、はいっ!ありがとうございます!」

ビス「ところで、加賀…さん?」

加賀「はい、私が加賀ですが」

ビス「あの、私の印象…どうでした…か?」

加賀「ウザかったです」

ビス「あぅぅやっぱりぃぃぃ…」

加賀「日本では挨拶は丁寧にするものです」

ビス「ごめんなさい…」

加賀「いえ、次から気をつければいいですよ」

加賀「それに、私にはアレが作り物の性格だとお見通しでしたし…」

加賀「…あれ?もういない」

ビス「はあああああ…」

ビス「提督、今日より鎮守府に配備されたビスマルクです。よろしくお願いします…」

提督「お、おう。よろしくな」

提督(暗っ!ドイツ人暗っ!!)

提督(おかしいな、もっとこう、厳格で凛々しい感じの奴が来ると思ってたんだが…)

提督(仕方ない、ここは俺が知ってるドイツ語でコミュニケーションをとり、元気にさせてやろう)

提督「ビスマルク」

ビス「…何ですか?」

提督「アハト、って知ってるか?」

ビス「…は?」

提督「アハトwwwwwアハトwwwww」

ビス「…」

提督「ダンケェェwwwww」

ガチャバタン

提督「…あれ?」

ビス「あああ、提督にまで馬鹿にされてる…」

ビス「8って知ってるか?だなんて…何なの?謎掛けなの?」

ビス「これも最初の挨拶のせい…私のせいで『ドイツ艦は頭おかしい』なんて言われるんだ…」

長門「どうした新人、何をブツブツと」

ビス「あ!貴方はビッグ7の…!」

長門「困ってるのか?ドイツの大戦艦ともあろう者が情けない顔をして」

ビス「うわああああんっ!長門さん助けてぇぇぇ!」

長門「うわ!どうした!?何を泣いているのだお前は!」

ビス「実はかくかくしかじかでぇ…」

長門「ほう、悪い印象を受けてしまったと」

ビス「はいぃ…」

長門「ははは、案ずるな。第一印象なんてすぐに変わるものだよ」

ビス「そうですかね…」

長門「不安なら実際にやってみるがいいさ」

長門「そうだな…あいつの真似なんかどうだ?」

長門「いいかビスマルク、ごにょごにょ…」

ビス「…はい!そんな感じに喋ればいいんですね!やってみます!」

長門「ああ、しっかりやれ」

加賀「ビスマルクさん」

ビス「あ、何でしょう加賀さん」

加賀「提督が『まだ話は終わってないのに勝手に帰られたら困る』とおっしゃってましたが」

ビス「えっ?あっはい!すぐ行きます!」

加賀「長門さん、先ほど新入りさんと会話をしていたようですが…」

長門「ああ、第一印象を変えたいって相談された」

加賀「予想通りですね」

長門「結構思い詰めてるみたいだったな」

加賀「それはそれは」

長門「だから私は、ビスマルクに金剛の真似をしたらどうかと助言した」

加賀「!?」

長門「金剛は非常に人気が高いからな。ビスマルクもこのキャラでいけば鎮守府に馴染めるだろう」

加賀「彼女、そのことで悩んでた筈なのに…。」

ビスマルク「へ、ヘイ!失礼するよテートクー!」

提督「!?」

提督(あれ?さっきとキャラ変わってね?)

ビスマルク「私に用があるならドンドン言っちゃってヨー!」

提督(これはまずいな、環境が変わったストレスで情緒不安定になったか?)

ビス「テートク?どうしたノ?聞いてる?」

提督「え?あ、ああ…さっそく出撃について話をだな…」

長門なんぞ知らんって言ってたのに…ビス子ェ…

>>13
すみません、ちゃんとセリフを調べて書くべきでしたね…
今晩3、4レス投下予定です

金剛「ちょっと待つネー!!」

提督「こ、金剛!?」

金剛「誰デスカこの外国人かぶれは!?私とキャラが被ってるなんていい度胸デース!」

ビス「一応私は純粋な外国艦ですけど!?」

金剛「そんなコトはどうでもいいんデス!私は、私を差し置いてテートクの気を引く奴がいることに対して怒りを覚えているのデース!」

ビス「わ、私は提督に呼ばれたからここにいて…」

金剛「うるさいデース!!ドィツェランド如きがブリティッシュ艦に逆らってんじゃないヨー!!」

ビス「そ、そんなこと言われても…」

金剛「シャーラップ!私とテートクの邪魔をする奴はここで始末するネ!」

ビス「うぇぇぇぇ!?」

加賀「やめなさい金剛!」

ビス「!」

金剛「OH加賀!どうしてココに!?」

加賀「いえ、少し悪い予感がしたので」

加賀「実際、来て見ればビスマルクさんは命の危険に晒されてましたが」

金剛「アゥ、ソレは…」

加賀「ビスマルクさんが提督に呼ばれたというのは本当よ」

加賀「でも貴方はこの子の話を一向に聞かず、自分の意見ばかりを主張した」

加賀「金剛さん、貴方がこの子に何をしたのか解ってるの?」

金剛「…sorry」

加賀「この子はここに来たばかりで不安やストレスも多い。それなのに貴方はその子に銃を向けるなんて、最低の先輩ですね」

金剛「…度が過ぎマシタ…」

加賀「提督も提督でどうして金剛さんを止めなかったんですか。せっかく手に入れたドイツ艦でしょう?」

提督「…すまん」

加賀「さあ、場も落ち着いたようですし、早くここから去りますよビスマルクさん」

ビス「あっ、はい…」

加賀「失礼しました」

ガチャバタン

金剛「…テートクー」

提督「…また、話が途切れてしまった」

金剛「全く酷いデスよねあの加賀は!」

提督「いや原因はお前だよ」

ビス「すみません、さっきは助けて頂いて…」

加賀「あの子は金剛。恋は盲目という言葉を具現化したような子だから注意して」

ビス「わかりました…」

加賀「ところで貴方、今から暇よね?」

ビス「はい暇です。でも提督との話は終わってないような気がしますけど」

加賀「いや、どうせ提督はしばらく金剛に拘束されて動けないでしょう」

ビス「提督も大変なんですね…」

加賀「という訳で、せっかくだから貴方にこの鎮守府の案内をしてあげるわ」

ビス「え!?」

ビス「本当ですか!?ありがとうございます!」

加賀「貴方も早くここに慣れないといけませんからね」

ビス「はい!ここに来た時から振り回されてばかりで、気を落ち着かせるタイミングがなかったので嬉しいです!」

加賀「…難儀ね」

加賀「ここは入渠ドッグ。艦娘の傷や疲れを治す施設なんDA」

加賀「貴方もドイツにいた時、使ったことがあるだろう?」

ビス「喋り方変えました?」

加賀「いえ、ちょっとこんな喋り方をしてみたかっただけです」

加賀「えっと、艦娘ならドッグはどんなところか知ってますよね?」

ビス「お風呂です」

加賀「正解よ。じゃあ次はドッグの住人を紹介するわ」

加賀「いらっしゃい赤城さん」

赤城「誰がドッグの住人ですか!もうっ!!」

加賀「赤城さん、貴方に紹介したい人がいるわ」

赤城「私の話はスルーなんて…あら、加賀の隣にいるのは、さっき少し可笑しな挨拶をしてた…」

ビス「う…」

加賀「名誉挽回のチャンスよ、頑張って」

ビス「今日からこの鎮守府で貴方達と共に戦うことになりました、ビスマルクです!よろしくお願いします!」

加賀(上々ね!)

赤城「あら、貴方は変な人かと思ったけど本当は真面目な子なのね」

加賀(やりました。あなたのイメージは鰻登りです)

ビス(ありがとうございます、加賀さん)

赤城「こちらこそ、これからよろしくお願いしますね」

赤城「ビスケットさん」

ビス「…」

加賀「……」

加賀「次は工廠よ」

ビス「ぽろぽろ」

加賀「…いい加減泣き止んでください。赤城さんには私からキツく言っておきますから」

ビス「ぐすっ…はい…」

加賀「工廠は新たな艦娘の建造をしたり装備の開発・廃棄をする所よ」

加賀「深海棲艦と戦う上で非常に大切な場所だから、貴方もこれからかなり世話になるはずね」

ビス「はい、心して利用させて頂きます」

加賀「では貴方に、ここの重鎮である工廠三銃士を紹介するわ」

ビス「工廠三銃士?」

加賀「提督から直々に兵装の開発を担当された名誉ある艦娘のことよ」

加賀「まずは主砲・副砲開発の専門家、戦艦日向」

日向「まあ前線は伊勢に任せるさ」

加賀「続いてソナー・爆雷開発の専門家、軽巡夕張」

夕張「私、深夜アニメとか楽しみにしてませんからぁ!」

加賀「最後はおっぱい開発の専門家、軽空母龍驤」

龍驤「イヤミか!そしておっぱいやなくて艦載機開発の専門家やからな!覚えとき!!」

ビス「この工廠三銃士が装備の開発をやってるんですか?」

加賀「ええ、そうよ」

加賀「またそれは、彼女たちが居なければ我々は深海棲艦とロクに戦うことも出来ないということを意味してる…」

加賀「くれぐれも挨拶は粗相のないようにね」

ビス「は、はい!わかりました!!」

ビス「えっと、本日より鎮守府に配備が決まりました、ドイツ製戦艦ビスマルクです!よろしくお願いします!!」

龍驤「ほっほう」

日向「…戦艦?」

ビス(よし、ミスなくバッチリ挨拶できた。これなら私の印象は__)

日向「単なる戦艦の時代は終わったんじゃないのか?」

夕張「あっ、アニメの録画の確認しないと(帰)」

ビス「ぽろぽろ」

加賀(ごめんなさいビスマルクさん…相手が工廠三銃士である以上、今この場で私からは何の口出しも出来ません…本当にごめんなさい…)

龍驤「おぉ~ドイツの姉ちゃんはええ乳しとんな~!どうや君ィ、ウチと一緒におっぱい開発の専門家にならへんか?どうや?」ムニュムニュ

加賀「龍驤には手が出せますが」ゲシッ

龍驤「あ痛ーーーっ!」

ビス「ぽろぽろぽろぽろ」

加賀「あの、気持ちはわかりますけど泣き止んでください」

ビス「ぐすん…ひっく…」

加賀「ほら、次はお待ちかねの艦娘寮に訪問よ」

加賀「これから会う仲間達に貴方の泣き顔を見せるわけにはいかないでしょう?」

ビス「うん…」ゴシゴシ

加賀(かわいい)

加賀「じゃあまずは駆逐艦寮に行ってみますか」

ビス「ぽろぽろぽろぽろ」

加賀「あの、気持ちはわかりますけど泣き止んでください」

ビス「ぐすん…ひっく…」

加賀「ほら、次はお待ちかねの艦娘寮に訪問よ」

加賀「これから会う仲間達に貴方の泣き顔を見せるわけにはいかないでしょう?」

ビス「うん…」ゴシゴシ

加賀(かわいい)

加賀「じゃあまずは駆逐艦寮に行ってみますか」

ビス「ぽろぽろぽろぽろ」

加賀「あの、気持ちはわかりますけど泣き止んでください」

ビス「ぐすん…ひっく…」

加賀「ほら、次はお待ちかねの艦娘寮に訪問よ」

加賀「これから会う仲間達に貴方の泣き顔を見せるわけにはいかないでしょう?」

ビス「うん…」ゴシゴシ

加賀(かわいい)

加賀「じゃあまずは駆逐艦寮に行ってみますか」

ビス「ぽろぽろぽろぽろ」

加賀「あの、気持ちはわかりますけど泣き止んでください」

ビス「ぐすん…ひっく…」

加賀「ほら、次はお待ちかねの艦娘寮に訪問よ」

加賀「これから会う仲間達に貴方の泣き顔を見せるわけにはいかないでしょう?」

ビス「うん…」ゴシゴシ

加賀(かわいい)

加賀「じゃあまずは駆逐艦寮に行ってみますか」

なんか操作ミスって凄い数の連投してしまいました
すみません

連投ミスの原因わかったんで再開します

駆逐艦寮

ビス「大きい…」

加賀「駆逐艦は人数がとにかく多いですからね。自然と寮も大きくなりますよ」

ビス「いいなあ、駆逐艦は広々とした建物で沢山の仲間達と一緒に暮らせるのかあ…」

加賀「? 私じゃ不満ですか?」

ビス「い、いえいえっ!そういう訳じゃ!」

加賀「いいですよ、少しからかっただけですから」クスクス

ビス「…加賀さんはいじわるです…」ム-

加賀「では早速、駆逐艦達に挨拶といきましょうか」

加賀「こんにちは、吹雪さん」

吹雪「あっ、加賀さん!私に何か用ですか?」

加賀「はい、新入りさんの紹介をしようと…」


雷「あっ?あそこにいるのは加賀さんじゃない?」

睦月「おーい!加賀さーん!」

島風「加賀さん何してんのー?」

漣「あれ、よく見たら加賀さんの隣にいるのって噂の新入り艦じゃない?」

深雪「知ってる!第一艦隊に向かって無礼極まりない挨拶したっていう…」

ワイワイガヤガヤ

加賀「何だか人が集まって来ましたね。纏めて挨拶するいい機会です」

ビス「うう…」ドヨ-ン

加賀「ビスマルクさん?どうして落ち込んでいるのですか?」

ビス「いえ…こんな所にまで噂が広がってるなんて、ちょっとショックで…」

加賀「心配いりませんよ。噂は噂に過ぎませんから」

加賀「今ここで誠意ある挨拶を見せれば、噂や事実だって塗り替えることも可能ですし」

ビス「で、ですよねっ!ビスマルク、頑張ります!!」


曙「んで、加賀さんたちは何しに駆逐艦寮へ来たのですか?私はそんな暇じゃないんですけど!」

朧「さっき、加賀さん来たから見に行きたいってあんた言ってなかった?」

曙「う、うるさいっ!」

加賀「私は駆逐艦の子達に新入りさんを紹介しに来たのよ」

加賀「さあ、挨拶して頂戴」

ビス「ひゃいっ!皆さんはじめまして、私はドイツ製の戦艦、ビスマスキュ…!」

加賀(噛んだ)

シ-ン

ビス(しにたい)

加賀(ビスマルクさんがどんどん涙目に…)

駆逐艦「あははははははは!」

ビス「…え?」

黒潮「なに初っ端からボケ倒してんねん!」

皐月「君は戦艦なのに可愛いね!気に入ったよ!」

曙「ふん!加賀さんの信用があるみたいだから仲良くしてやるわ!感謝しなさい!」

ワ-イビスマスクサ-ン!ヨロシク-!

ビス「…これって」

加賀「結果オーライってやつよ」

暁「暁よ、一人前のレディとして扱ってよね」ギュ

ビス「わかりました、暁ちゃん」ギュ

文月「わたしぃ、文月っていうのー。ビスマスクさん、よろしくねぇ」ギュ

ビス「あの、さっきは噛んじゃったんですけど私の名前はビスマスクじゃなくてビスマルクです」ギュ

ワ-イビスマスクサ-ン!ツギコッチ-!

加賀「すごい人気ですね。駆逐艦の皆さんから握手をねだられる程にまでなるなんて」

ビス「挨拶には失敗しちゃいましたけど嬉しいです」

加賀「ふふ、見てる側としても羨ましいですよ」クスクス

ビス「でも、一人一人握手していくのは大変です…」

数十分後

ビス「ふぅ、流石に疲れました~…」

加賀「集まってた駆逐艦の子達も居なくなったようですし、そろそろ次の場所に行きましょうか」

??「待って欲しいのです!」

加賀ビス「?」

電「ビスマルクさん、電とも握手して欲しいのです!」ヒョコ

加賀「!?」

ビス「うんいいわよ」ギュ

電「えへへ」ギュ

加賀「あの、ビスマルクさん…その子は…」

ビス「貴方も小さくて可愛らしいですね」ナデナデ

加賀「っ!!!???」

加賀「ビスマルクさん!今すぐその手をどけてください!!」

ビス「えっ?」

加賀「よりによって電さんの頭を撫でるなんて…無礼にも程がありますよ!?」

ビス「??」

電「あの…加賀さん、お言葉ですが、そういう態度はもうやめて欲しいのです…」

加賀「ですが…!」

ビス「えっと、えっと…どういうことなんですか?」

加賀「…ごめんなさい、私の説明不足でしたね」

加賀「電は艦娘の中で最も古参なのよ」

ビス「!?」

加賀「詳しく言えば、鎮守府開業当時から今日までずっと提督の秘書を担当している子なんです」

ビス「!!??」

加賀「駆逐艦なのにも関わらず常に主力艦隊の旗艦をつとめており、もちろん練度も私や長門さんよりもよっぽど高く、彼女が沈めた深海棲艦は数が知れません」

ビス「!!!???」

加賀「その艦隊のリーダー的立場から、次期提督候補と言われるくらいこの子は高い立場の艦娘なんですよ」

ビス「…私はそんな人の頭を撫でたのですか?」

加賀「はい」

ビス「ひぇぇぇぇ!」

ビス「あわわあわあわ」

加賀「慌ててないで早く謝ってください!」

ビス「いいい電さん、自分の無礼をお許しくださいっ!!」ドゲザ-

電「気にしないでほしいのです!」

ビス「電さん…」ホッ

電「だって最近、私と対等に接してくれるのはベルちゃんと雷ちゃんと提督だけで、寂しい思いをしてたので…」

ビス「…」

電「むしろ初対面なのに、いきなり頭を撫でてきたビスマルクさんに電は好意を抱いているのですよ!?私、嬉しかったです!」

ビス「ぽろぽろ」

電「ど、どうして泣くのです!?電、何か変なこと言いましたか!?」

ビス(怒ってる…絶対怒ってるよぉ…)

加賀(怖いです…純粋な発言なのか、皮肉を込めた発言なのか、わからない所が怖いです…)

電「ところで加賀さん」

加賀「はい、何でしょうか」

電「どうしてビスマルクさんに電の立場のことを言ったのです?私は先輩後輩関係なく皆と付き合いたいと考えているのに」

加賀「…それは…あの…電さんに無礼があってはいけませんので…」

電「私は皆と同じ立場で満足だって新入りさんが来るたびに言ってますよね?この会話は何回目なのです?加賀さんは私の話を聞いてないのですか?」

加賀「ですが…」

電「うるさいのです。今回やっと電と仲良く出来そうな人が来たのに、加賀さんが余計なこと言ったせいでビスマルクさん怯えてるじゃないですか。どうしてくれるんですか」

加賀「…」

電「次は無いと思うのです」

加賀「…はい」ガクガク

電「で、ビスマルクさん」

ビス「ひゃいいいいっ!!」ビクゥゥッ

電「今の話は聞かなかったことにして、これからよろしくお願いするのです!!」ニッコリ

ビス「ひっ…」ビクビク

電「ところでこの鎮守府には慣れましたか?まあ最初に変な挨拶をしていた所を見ると、ビスマルクさんは新しい環境にも物怖じしないタイプと思いますが…」ニッッコリ

ビス「うう…」プルプル

電「あと、これからも私のことをいっぱいなでなでしてもいいですよ?電はもっともっと構って欲しいのです!」ニッッッコリ

ビス「ふぇ…」

ビス「ふぇぇぇぇぇんっ!」ダッ

加賀「あっ!?ビスマルクさん!どこへ行くのですか!?」ダッ

電「あれ?あの、2人とも…」

ウワァァァァンアノココワイ-!!
オチツイテクダサイ!ネハイイコデスカラ!

電「…逃げられたのです」



電「新入りさんとも出 来 れ ば 仲良くしたかったのです」

ビス「はーっ…はあ…はあっ…」

加賀「…落ち着きましたか?」

ビス「すみません…取り乱しちゃって…」

加賀「いえ、余計なことを言った私にも責任がありますから」

ビス「加賀さん…」

加賀「気を取り直して次の寮に行きますよ」

加賀「次は軽巡寮です」

ビスマルクss、如何でしょうか。稚拙な文章ですが見てくれる人が沢山いて嬉しい限りです。
話はもう少し続くのですが、私の勝手な都合により1週間ほど投稿が出来なくなりました。
とりあえず書き溜めた小ネタを投下するので、私の時間が取れるまで待って頂けると幸いです。

【Z1小ネタ】

Z1「僕の名前はレーベレヒト・マース。ちょっと前に日本に来たばかりだよ」

Z1「今日はあのビスマルクさんがこの鎮守府にやって来るんだってね。楽しみだなあ!」

Z1「何たってあのビスマルクさんだよ?ドイツの誇りだよ!?」

Z1「ちなみにドイツにいた時の噂によると、彼女は凛々しくて一所懸命な方って聞いたけど、一体どんな人なのかなぁ」

Z1「…おっと、そうこうしてるうちに挨拶が始まってたみたいだね」

Z1「さっそくビスマルクさんのお姿を拝見しちゃいますか!」


ビス『ドイツの戦艦、ビスマルクだよ!よっろしくぅー!』


Z1「………」

Z1「Was bedeutet das?Bismarck...」

Z3「…あら、レーベさん。Guten Tag. 」

Z1「」

Z3「…どうしたの?何か見てはいけないものを見たような顔してるけど大丈夫?」

Z1「」

Z3「ね、ねぇ?本当に大丈夫なの?自分の出身地とか言える?」

Z1「…Moskau」

Z3「もういいわかった、医務室行こう?きっと昨日知り合った鳥海さんが手当てしてくれるよ」

Z1「」

Z3「しかしあのレーベさんにここまで精神的ダメージをあたえる奴があるなんて」

Z3「犯人が分かり次第、徹底的に叩きのめしてやるわ」

つづく

ただいま帰りました。実は知り合いの引越しを手伝っており、それが終わったので今日からSSを再開出来そうです。
余談ですが帰り道に兵庫に寄りました。愛宕山の温泉は最高でした。

やっぱり本編のアイデアが浮かばないので今日は小ネタを投下します。
本編の続きは明日以降のんびり書きます。

【Z1 小ネタ2】

Z1「ん…っ?」

鳥海「気が付きましたか?」

Z1「あれ…僕は何を…?それにどうして僕は医務室にいるんだ?」

Z3「放心してた貴方を鳥海さんが運んでくれたの。さっきのレーベ、酷い状態だったのよ?」

Z1「ごめんね、礼を言うよ」

Z3「それでさっきはどうして倒れてたの?精神的にやられてた感じがしてたけど…」

Z1「えっとそれは」


Z1(おかしいな、ここまで記憶がない…?)

Z1(それどころか、思い出すことを身体が否定してるような気がする…?)


Z1「ごめん思い出せないや」

Z3「そう…」

鳥海「これは…記憶障害ってものでしょうか?」

Z1「かもしれないね」

鳥海「あわあわ…」サ-ッ

Z1「どうしたんだい?急に顔を青ざめちゃって」

鳥海「記憶障害は外部からの物理的・精神的ショックによって引き起こされることが多いです」

鳥海「外部からの刺激を受けるということは、第三者が必要ということ」

鳥海「つまり、これはレーベさんが何者かに襲われた事件である可能性が高いと思います…」ガタガタ

Z1「流石にそれはないよ」クスクス

Z3「やっぱりね!」

Z1「!?」

Z3「私はわかっていました。やっぱりレーベさんは誰かに襲われた、と」

Z1「いやあの」

Z3「日本人は部外者を強く嫌うと聞きます。ならば誰がドイツ艦であるレーベさんを襲ってもおかしくはない」

Z1「もしもし?おーい?」

Z3「間違いありません。鳥海さんの言う通り、これは事件です!」ドヤッ

Z1「…やれやれ」

Z3「許せません!よりによって着任したてのレーベさんを狙うなんて…!!」

Z3「行きますよレーベさん、鳥海さん!犯人捜しに!!」

鳥海「えっあっはいっ!」アタフタ


Z1「はあ、結局こうなるのか…」

Z1「だけどもし、僕が第三者によって気絶させられたと言うならそれはちょっと気になるなあ」

Z1「…」

Z1「まあどうせ暇なんだし、犯人捜しと行きますか!」

つづく

それでは本編を再開します

加賀「軽巡寮に着きました」


五十鈴「はっ…ほっ…」

由良「えっと…爆雷の調子は…」


ビス「凄い…。寮なのにみんなトレーニング励んでる!」

加賀「それもそうでしょう。軽巡たちは水雷戦隊の旗艦をしている子が多いですからね」

加賀「駆逐艦に失態を見せないよう、日々努力しているのよ」

ビス「ふぇー。みんな意識高いです…」

加賀「本当はこれが軍隊のあるべき姿なんですけどね」

ビス「すみません…」

加賀「まあとにかく挨拶に行きましょうか」

加賀「軽巡のみなさん、集合してください」

軽巡「!」

軽巡「了解です!」ダダダッ

キヲツケ セイレツ ビシ-ッ!

鬼怒「加賀さん!お呼びでしょうか!?」ザッ

龍田「私たちはいつでも出撃出来るわよ~?」ザッ

加賀「いえ、今日は出撃ではなく…」

ビス「…」ポカ-ン

加賀(おや?ビスマルクさんどうしました?)

ビス(はっ!?)

ビス(いやあのみんな真面目だったから呆気に取られてて…)

加賀(何度も言いますがこれが軍隊のあるべき姿ですからね)

川内「あれ?加賀さんと一緒にいるの誰?」

阿武隈「ほんとだ。加賀さんの後ろに隠れてて気づかなかったよ」

球磨「新入りクマ?」

加賀「そうです。今日は皆さんに新入りさんを紹介しに来ました」

軽巡「おぉー」

加賀「ビスマルクさん、どうぞ」

ビス「はっはいっ!!」

ビス「ドイツ戦艦のビスマルクです!よろしくお願いします!」

長良「貴方が噂に聞くビスマルクさんですね」

ビス(どきどき)

長良「こちらこそ宜しくお願いします。これから共に頑張りましょう!」ビシッ

軽巡「宜しくお願いします!!」ビシッ

ビス「…!」

ビス「あっ…」

ビス「ああっ…!」ポロポロ

加賀「ビスマルクさん!?いきなり泣き出してどうしたんです!?」

ビス「あの…っ」

ビス「私、嬉しいんです…!はじめて…初めてまともな挨拶が出来たので…!!」ポロポロ

加賀「貴方…」

加賀「一体どれだけ苦労してたの…」

ビス「うぇぇん…うぇぇぇん…!」ポロポロ

加賀「ビスマルクさんがさっきから泣いてばかりなので、比較的会話しやすい軽巡の子だけを残しました」

加賀「という訳でいらっしゃい、天龍さん、北上さん、那珂ちゃん」

天龍「へへっ、やめろよ会話しやすい奴だなんて!照れるだろ?」ニヤニヤ

北上「…軽く馬鹿にされてることを天龍は知らない」

那珂「要するに軽い感じの人って事だよね那珂ちゃんたちは」

天龍「何っ!?そうなのか加賀!」

加賀「いえいえとんでもない。貴方たちは愉快なお方ですし、何より相手が誰であろうと敬語を使わずフレンドリーに話しかけたりするので意思疎通をするのにぴったりな人材と思っただけです」

天龍「そうか!ならよかった!」

加賀「わかればよろしい」

那珂(また馬鹿にされてるのに気付かない天龍ちゃんであった)

ビス「えぐ…ひっく…」

加賀「というわけでビスマルクさんをあやして下さい、天龍さん」

天龍「唐突だなオイ!?」

加賀「出来ないのですか?」

天龍「戦艦はちょっとなあ」

加賀「貴方、いつも遠征で泣いてる駆逐艦の子をあやしてるじゃないですか。戦艦の一人や二人くらい余裕でしょう?」

天龍「余裕じゃねぇよ!ていうか誰が天龍幼稚園だゴラァ!!」

那珂(言ってない、言ってないよ天龍ちゃん)

天龍「ったく…しかし大丈夫なのか戦艦がこんなに泣き虫で…」

加賀「まあそれは私も少し心配ですけどね」

北上「泣き虫なんて時間さえあればそのうち治ると思うよ?」

天龍「その時間は物凄く掛かりそうだけどな」

那珂「那珂ちゃんスマイルを毎日見せたら泣き虫なんか一瞬で吹き飛ばしちゃうよー?」

天龍「泣き虫どころか全ての感情を吹き飛ばす可能性があるからやめてくれ」

那珂「え?酷くない?」

加賀「おっと、そうこうしてるうちに彼女、泣き止んだみたいです」

天龍「おう、落ち着いたのか」

ビス「すみません、何だか皆さんに迷惑掛けたみたいで… 」

那珂「いいのいいの。気にしないでよ」

北上「泣き虫なんてゆっくり治せばいいからー」

ビス「はい、頑張ります」ニコッ

加賀「その調子よ。これから頑張って下さい」ナデナデ

ビス「えへへ…」ニコニコ

天龍「まあ仮に泣き虫が続くようなら、艦隊除籍になるかもしれねぇけどな!」

ビス「!」

天龍「戦艦といえど泣いてばっかりの奴なんかどう考えても足手まといにしかならねぇからなー」

ビス「…」

天龍「まっ、お前もそうならないように精々頑張ってくれよ!」

ビス「………」シュン

北上「…おい」

天龍「んあ?何だよ」

那珂「さっきまで泣いてた子に今のセリフは無いと思うよ?」

加賀「せっかく落ち着いてきたというのに、貴方って人は…」

天龍「…へ?俺はただコイツを慰めようと」

ビス「…うう」

ビス「そうですよね…このまま泣いてばかりじゃ、私は…」ウルッ

天龍(あっしまった!やっちまった!!)

那珂(気付くのが遅い!)

加賀(この子、ここに来てから苦労することばかりでかなりメンタルが弱くなってるんですよ!?)

加賀(もしこれ以上負担を与えたなら、彼女の精神は…)アワアワ

那珂(これちょっとまずいよ天龍ちゃん!ちゃんと責任取ってよね!)

天龍(やっぱり俺なのか?俺の責任なのか!?)

加賀(当たり前です!早く謝って下さい!)

ビス「うぅ…私…」フルフル


北上「…」イライラ

北上「あー!もうっ!!」バァンッ!

北上「そんなのどーでもいいじゃん!泣き虫とか迷惑とかそんなくだらないことは二度と気にすんなってんの!」

全員「「「!!?」」」


北上「…はっ」

北上「ごめんちょっと熱くなっちゃった…」

加賀「いえ、構いません。続けて下さい」

北上「私もね、この鎮守府に来たばかりの時は不安で泣いてばかりだったんだ」

北上「慣れない環境に迫り来る深海棲艦。生きるか死ぬかの状態だったし、あの頃は全てが私を圧迫してたね」

北上「だけどそんな私を支えてくれた仲間がたくさんいたの。仲間は毎日のように泣いていた私を慰めてくれたんだ」

北上「特に加賀さんと提督と電ちゃんには世話になったなあ…」


那珂「え、加賀さんってそんな古参だったの?」

加賀「黙って聞きなさい」

北上「心強い仲間と過ごすうちに、私もいつしか強い艦娘になってた」

北上「だからね、ビスマルク…」ギュッ

ビス「あ…」

北上「焦らないで、ゆっくり強くなろ?仲間も時間もいっぱいあるんだから…」

ビス「北上…さん」


天龍「驚きだ…北上にあんな抱擁が出来るなんて…!ありえねぇくらい優しいぞアイツ!」

加賀「北上さんはああ見えて面倒見がいい子ですから。よく駆逐艦の相談相手になってるのを見ますね」

那珂「でも北上ちゃん、駆逐艦ウザイって言ってた筈だけど…」

加賀「単に駆逐艦相手の相談が多すぎるだけじゃないですか?あの子、なんだかんだで駆逐艦大好きですよ」

北上「もう、いいかな?」

ビス「はい!ありがとうございます!」

加賀「よかった。すっかり元気になったみたいね」

天龍「すまねぇな北上。俺の尻拭いをしてもらって」

北上「も~天龍!こっちの身にもなってよね!」

北上「これ大井っちに見られたら割とシャレにならないんだから…」

天龍「だよな!ハハハハッ」

ビス「大井…さんって誰ですか?」

那珂「ビスマルクちゃんと同じように北上ちゃんの優しさを受けて、そのまま北上ちゃんにゾッコン惚れちゃった人だよ」

ビス「ぞっこん?」

那珂「はっきり言うと同性愛!」

ビス「うえー」

加賀「あの子の北上さんに対する愛情は狂気的ですからね…。特に今の抱擁なんか見られてたら…」

北上「嫉妬に狂う大井っちにビスマルクは刺されてたかも」

天龍「ハハ!本当にこの場に大井がいなくてよかったぜ!」

大井「ええ、本当にね」

北上「」

天龍「」

加賀「」

那珂「」

ビス「?」


大井「北上さん」

大井「ずっと、見てたわよ?」

北上「きゃあああああーーー!!??」

大井「北上さん、誰かしらこの子は?」ゴゴゴ

北上「あの、大井っちこれは…」

ビス「私はドイツ戦艦、ビスマルクです!」バ-ン!

大井「名前くらい知ってるわよ。だいたい貴方に聞いたんじゃないわ」

ビス「」

那珂「ビスマルクちゃん空気読んでー!」

ビス(怒られました…)

加賀(当然です…だいたい大井さんに下手に話す方がマズイんです)

ビス(大井さんってそんなヤバイんですか?)

加賀(それはもう、あの北上さんですら大ピンチになってるくらいですから)

ビス(北上さんが大ピンチ!?)

加賀(見ればわかるでしょう)

ビス(だ、だったら助けないと!)

加賀(え?)

大井「私は北上さんにビスマルクさんとどういう関係なのかを答えてほしいの」

大井「教えて…くれるかしら?」

北上「えっと…」アワアワ

北上(考えるんだ北上さま!上手くこの場を収める答えをっ!)



ビス(確かに!確かに北上さんピンチです!)アワアワ

加賀(あのビスマルクさんお願いです、この場はじっとして…)

ビス(嫌です!さっき北上さんから受けた恩を、仇でなんか返したくありません!!)ダッ

加賀(えっビスマルクさんちょっ待っ)

ビス「北上さん!私に任せてください!!」

北上「へ?」

加賀「」

ビス「大井さん!北上さんは…」

大井「?」

ビス「北上さんは私に進むべき道を教えてくれました!北上さんは、私にとって居なくてはならない人なんです!」

大井「」

北上「」


那珂(えええええ!?どうしてそんな血迷ったセリフを!?)

天龍(あれじゃ火に油を注ぐようなもんだぞ!)

加賀(ビスマルクさあああああん!?)


ビス「だから大井さん!これ以上、北上さんを傷付けないでっ!!」


那珂(そして余計な一言キター!)

天龍(ビスマルクのバカー!)

加賀(おそらくあの子なりに北上さんを助けようとしてるんでしょうけど、状況からしてそのセリフは絶対にマズイです!!)

大井「…へぇ、居なくてはならない人…ね」

大井「よくわかったわ、北上さん」

北上「違う…違うよ大井っち…」

大井「違う?それはおかしいわね」

大井「提督とならまだしも、知らない女と抱き合うのってどう考えてもおかしいわよね?」

北上「ふ、普通は逆じゃないかな?」

大井「あら、私は北上さんと提督さんの重婚予定よ?なら北上さんが提督と仲良くするのは当然じゃない」

北上「知らないよそんな予定!?ていうか私まだ結婚する気ないからね!!」

大井「とにかく、今夜は他の女と仲良くした北上さんに愛を与えないと…」

北上「え、待ってそれだけはやめて」

大井「今夜が楽しみだわ…うふふっ♪」スタスタ

北上「」ズ-ン

天龍「しっかりしろ北上!まだ誤解を解くための時間はある!」ユサユサ

那珂「そうだよ!那珂ちゃんも手伝うから諦めないで!」ユサユサ

北上「うう…さっきまで慰めてた側だったのに、今は慰められる側だよ…」シクシク

ビス「え、えーっと…」

ビス「北上さん!私も頑張りますから!頑張って下さいね!!」

天龍(お前が言うな!)

加賀「北上さん、本当にごめんなさいね…」

北上「へへ…世話の焼ける後輩が出来たなあ…」トオイメ

加賀「北上さんは天龍さんと那珂ちゃんに任せて、我々は重巡寮へ行きましょうか」

ビス「ところで、愛って北上さん何をされるんですか?」

加賀「あなたも女の子なら察しなさい」

ビス「へ?」

加賀「重巡寮に着きました」

ビス「うーん」

加賀「どうしましたか?」

ビス「私、このままずっと加賀さんに頼ってばかりでいいのかと思いまして…」

加賀「別に私は満更でもありませんが」

ビス「加賀さんお願いがあります!」

加賀「何でしょうか?」

ビス「私、強くなりたいです!重巡寮は一人で挨拶に行ってきます!!」

加賀「えっ!?」

ビス「いつまでも依存してる訳にはいきません!私だって戦艦ですから!」

加賀「どうしたの急に意気込んちゃって…」

ビス「私は北上さんと約束しました!小さな一歩でもいいから、泣き虫を治したいんです!!」

加賀「でも…」

ビス「お願いします加賀さん!」

加賀「…わかったわ」

加賀「今回は一人で行って来なさい」

ビス「!」

ビス「はいっ!頑張りますっ!」ダダッ


加賀(あの子って頑張り屋ねえ…)

加賀(でも送り出したのはいいけど)

加賀(本当に大丈夫なのかしら…重巡って結構キャラ濃い子ばっかりだったはずなのに…)

ビス「重巡といえど、軽巡や駆逐と同じ女の子に変わりない筈!」

ビス「さっそく挨拶をして…」

青葉「ども恐縮です!青葉です!!一言お願いします!!!」ズン

ビス「わひゃああああああ!!???」

青葉「噂には聞いてますよ?貴方がビスマルクさんですね??写真撮らせて貰います!!!」パシャパシャ

ビス「え、ちょっと!」

青葉「ほー!プロポーション完璧ですね!青葉、流石に興奮しちゃいます!!」パシャパシャパシャ

ビス「わあんっ、変なトコ撮ったでしょ今!」

青葉「はい!黒色パンツ、バッチリ頂きました!!」

ビス「言わないでー!!」

熊野「ちょっと青葉、何を騒いで…あら、貴方は今朝の」

鈴谷「あー?誰これ?私知らなーい」

熊野「彼女は今日から着任したばかりの娘なのよ」

ビス「あ…はい!私はドイツ戦艦の…」

愛宕「ぱんぱかぱーん!なになに?何か面白そうなことやってるのかしら?」ズイ-ッ

熊野「あっちょっと愛宕!邪魔をしないでくださる!?」

ビス「あっあのっ、挨拶…」

足柄「あー!また提督新しい娘を入れたのね!?結婚のライバルが増えて困るじゃない!!」ジタバタ

羽黒「やめて姉さん!見苦しい!!」

加古「えっ新入り?私は加古ってんだー!」

那智「ほう新入りか。私が指導してやろうか?」

ビス「あのあの私はドイツ戦艦の…」

古鷹「みなさん何か楽しそうですね」
摩耶「すっげ!外国人がいる!」
最上「綺麗だなあ」
高雄「なかなかいい胸してるわね」
衣笠「お触りは私の十八番よ」
利根「ぬっ、こやつは髪も美しい!」
筑摩「いい触り心地。姉さんにも劣ってないわ」
妙高「提督、いいお嫁さんを連れて来ましたね」
足柄「嫌あ!私諦めたくない!!」

ビス「あわあわあわ…」

ビス「お願いですから、挨拶を…」

那智「提督はアラサーよりも若い金髪ちゃんが好みと思うがな」

足柄「ぐぬぬっ…」

愛宕「それに胸も大きいわ。これは提督もメロメロになっちゃうんじゃないかしら」

足柄「うぐぐっ…」

ビス「あの…もしもーし…」

羽黒「皆さんやめてっ!これ以上姉さんをいじめたら…」

足柄「…」フルフル

足柄「うどりゃー!こんな奴に提督を渡すかー!!」ズガ-ン

ビス「!?」

羽黒「ほらあーもうー!!こんな感じに暴走するんですからあーっ!」

摩耶「まずい!足柄が嫉妬のあまり飢えた狼モードに!」

熊野「これはいけませんわ!新入りさん、早く逃げて下さい!!」

ビス「えぇ!まだ挨拶もしてないのに!?」

青葉「リアルで新聞沙汰になるから逃げてー!」

足柄「駄目だ逃がすなあああああ!!」カットイン ハダアレ/シラガ/ワキアセ

妙高「危ない新入りさんきゃああああああああ!?」大破

ビス「えええ!?実弾使うの!?大丈夫なのアレ!?」

加古「いいか新入り振り返るなあ!!全力で逃げろおおお!!!」

ビス「ひいいいいいっ!!」

ビス「…」トボトボ

加賀「おかえりなさい。どうでした?」

ビス「駄目でした」

加賀「でしょうね…」

ビス「私、もう少しだけ加賀さんと一緒にいます」

加賀「その方がいいでしょう」

加賀「今度は空母寮に行きましょう」

ビス「空母寮!加賀さんが住んでる所ですね!!」

加賀「はい。いい所ですよ」

加賀「という訳で空母寮に到着です」

ビス「わあ、今まで見た中で1番立派な建物…!」

加賀「空母は少人数といえど戦力は大きいですから。提督は寮にも莫大な予算をかけて我々を労わってくれるのです」

ビス「格差社会ってやつですね」

加賀「では空母の仲間たちは私が紹介しましょう。とりあえず軽空母からいきます」

ビス「わくわく」

加賀「まずは飛鷹型空母、飛鷹・隼鷹!」

隼鷹「ひゃあーっはあー!!」キラキラ

飛鷹「初めまして新入りさん。よろしくね」キラキラ

加賀「彼女たちは軽空母にも関わらず正規空母並みに強力で、割と実戦に出されることが多いの」

加賀「つまりはエリート軽空母…といったところでしょうか?」

ビス「凄いんですね!」

ビス「ところで、なんだかこの人たちキラキラしてて豪華な雰囲気がしますけど、気のせいでしょうか…?」

隼鷹「おっ解っちゃう~?」キラキラ

飛鷹「私たちは元々豪華客船で、それを改造して造られた空母なんだからね。豪華に見えるのも当然なのよ!」キラキラ

ビス「へぇー」

飛鷹「そんな人生の波乱っぷりから二次創作とかそういった人気は高いわ」

隼鷹「代表的なのがライトノベル『瑞翼の絆』!そこそこ面白いからぜひ読んでくれよな!」

加賀「どさくさに紛れて広告しないでください」

加賀「次は祥鳳型、祥鳳・瑞鳳」

祥鳳「貴方が噂に聞く新入りさんね。よろしく」

瑞鳳「よろしくねっ!」

加賀「彼女たちは少しエロティックなのが特徴です」

祥鳳「いやちょっと待って何その唐突で不可解な紹介は」

瑞鳳「もっと他にも言うことあるでしょ!ねぇ!!」

加賀「いや無いです」

瑞鳳「」

加賀「仮に挙げるなら瑞鳳さんがレアで人気ということですが、それを言ってしまえば祥鳳さんは何なのかという話になってしまいますし…」

祥鳳「」

加賀「そんなこんなで一番マシな紹介は貴方たちがエロティックであることと思いましたが、不満でした?」

瑞鳳「そう言われると何もないよね私たち…」

祥鳳「不満しかないけどまあ自業自得だよね…」

ビス(祥鳳さんは何となくわかるんだけど瑞鳳さんはどこがエロティックなのかしら…?)

加賀「続いてちとちよこと、千歳・千代田」

千歳「よろしくお願いしますビスマルクさん」

千代田「む、いい胸…私といい勝負ね!」

加賀「彼女たちは元々水上機母艦だったのですが、沢山の改造を受けて軽空母になりました」

ビス「色々と大変だったんですね」

加賀「ちなみに彼女たち、分かりにくいですけど先程の祥鳳型と同系列にあるのよ」

ビス「え?じゃあ千歳さんも千代田さんもエロティックなんですか?」

千歳「!?」

千代田「加賀さん…この子に何を教えたの?」

加賀「いいえ、なんにも」

加賀「最後は鳳翔さんとおっぱい開発の専門家です」

龍驤「ってそのネタまだ引っ張るんかーい!!」

鳳翔「こんにちは、鳳翔です」

加賀「実は、彼女たちは軽空母の中で最強と言われています」

ビス「どうしてですか?」

加賀「鳳翔さんは圧倒的な母性を持っています。その母親的立場から彼女を慕う艦娘も多く、大人気の女性です」

鳳翔「加賀さんはお世辞が上手ですね」

加賀「龍驤さんは貧乳・ちび・元気とロリに必要な三要素が揃っており、一部提督から圧倒的支持を受ける少女です」

貧乳「加賀、実はウチのこと馬鹿にしとるやろ…え待って?ウチ名前まで変わっとるやん!何なん?そんなにウチのこと貶したいん?」

加賀「それでいてこのノリの良さ…人気ランキングでいつ彼女たちに抜かれてもおかしくありません」ガクガク

ビス「加賀さんは何を争ってるんですか…」

>>119
鶴翼の絆じゃないですかー! やだー!!
五航戦の二人だけでなく飛鷹隼鷹も活躍してるから読んでね(ステマ)

加賀「以上が軽空母の皆さんです」

ビス「これからよろしくお願いします!」

隼鷹「ま、のんびりやりなさいな」

瑞鳳「これから一緒に頑張ろうね!」


加賀「さて、次はお待ちかねの正規空母の紹介ですよ」

加賀「正規空母は戦艦同様、戦力の中核を担う重要な艦です。ビスマルクさん、心の準備はいいかしら?」

ビス「はい!いつでも挨拶できます!」

加賀「いい返事ね。では正規空母を呼ぶわ」

加賀「まずは…さっきドックにいた私のパートナー!赤城さん!!」

>>123
間違えました…
やっぱりうろ覚えで書くのはマズイですね
ちなみに今日の更新はここまでです

赤城「もぐもぐこんにちはもぐもぐ」

加賀「…」

ビス「…」

赤城「ん?どうしたんですか二人とも黙っちゃって」

加賀「赤城さん…これから自己紹介するというのに、何を食べてるんですか」

赤城「え?ボーキサイトだけど」

加賀「そういう事を聞いたんじゃありません」

赤城「あ、ビスケットさんまた会いましたね」

加賀「…無視ですか…」

ビス「しかも私ビスケットじゃないです…」

加賀「はあ…さっきも紹介したけどこの人が赤城さんよ」

赤城「赤城です。改めましてよろしくね」

ビス「よろしくお願いします。あと私ビスケットじゃなくてビスマルクです」

赤城「え?いいじゃないですかビスケットでも!貴方食べちゃいたいくらい可愛いですし!」ジュルリ

ビス「ひいぃ…」

加賀「ビスマルクさん、安心してください」

加賀「いつもはこんな抜けた感じですけど、赤城さんは戦闘の時とても頼りになる人ですから」

赤城「美味しそうなビスケットちゃんペロペロ~」ペロペロ

ビス「きゃっ!やめてっ、くす…ぐったいです!!加賀さん本当にこの人頼りになるんですか!?」

加賀「」

赤城「ほらやっぱり美味しいわ!貴方、本当はビスケットなんでしょう!?」ペロペロ

ビス「ひゃあ!かっ加賀さん助けてー!!」

加賀「…赤城さんやめなさい。それ以上はアウトです」

赤城「うっ…頭の中で何かが…『これはエロではない。赤城の日常的な食事風景である』」ハムハム

ビス「いやあーっ!耳だめぇー!!」

加賀「これはいけません!赤城さんが暴走状態に!」

赤城「ぐふふ…このまま解体して食べてやろうかしら…」ヨダレドバ-

ビス「っ!!」ビクッ

ビス「いや!いやっ!!解体だけは嫌あーー!!」ポロポロ

加賀「まずいですね…このままではビスマルクさんの精神も貞操も危ない」

加賀「こうなったら」

加賀「赤城さん喰らいなさい!」バッ

赤城「加賀さん何を…ってきゃあー!?」

加賀「貴方ビスマルクさんに何やってんですかーっ!!」ペロペロペロペロ

赤城「っひゃああ!あはっあははは!加賀さんやめて~!!」

加賀「この子はビスマルクだって言ってるでしょう!仮にビスケットだと言うなら赤城さんはさしずめ葱です!!」ペロペロ

赤城「それは中の人ネタかしら?それとも群馬繋がり?そんなことよりやめてぇぇぇ!」ジタバタ

ビス「とりあえず赤城さんは私から離れてくださーいっ!!」ジタバタ

ビス「はあ、はあ…」

赤城「ごめんね。貴方がどうしても美味しそうに見えたから」

加賀「赤城さんも赤城さんです。そうやって人をすぐにからかうのは駄目です」

赤城「ぶー。加賀さん厳しいー」

加賀「…まあ、別に私にするのは構いませんけどね」

赤城「?」

ビス「!?」

加賀「…ごほん」

加賀「と、いうわけでこれが赤城さんよ。こんなんだけど、本当に戦闘の時は頼りになるから仲良くしてあげてくださいね」

赤城「ビスマルクさん、共に精進しましょう!」

ビス「あの、説得力ゼロなんですけど…」

加賀「まあそうなるわね」

赤城「えっ酷い!?」

加賀「自業自得です」

加賀「次は二航戦、飛龍・蒼龍」

飛龍「こんにちは。飛龍よ」

蒼龍「蒼龍です!よろしくね」

加賀「二人はいい子よ。以上」

蒼龍「短っ!?私たちの紹介今までで一番短っ!!」

飛龍「しかもこの紹介って特に特徴の無い人に対するやつじゃないですか!」

加賀「だって貴方たち本当に無難な性格ですし。下手すれば祥鳳型以上に影が薄いかもしれません」

蒼龍「失礼な!少なくとも私はかなり二次創作の出番があるわよ!」

飛龍「私は…SSvipですらあまり見かけないような気が…」

ビス(私なんか右手で数えられるほどしか見たことないわ。作者の皆、もっと私を出してもいいのよ!?)

飛龍「…」ズ-ン

蒼龍「ほら!加賀さんのせいで飛龍落ち込んじゃったよ!?これどうしてくれんのよ!!」

加賀「ううん…しかし二航戦の特徴って言ってもですね…」

加賀「一時期は艦載機を胸から取り出すネタが流行ったものの、今では全く見かけませんし」

加賀「ゲームでもなぜか赤城長門並みにドロップでも建造でも出ることがないので顔をなかなか覚えられないし」

加賀「二航戦好きな人もほとんど蒼龍好きで飛龍はスルーですし」

加賀「他にもまだまだ言えることありますけど…」

蒼龍「加賀さんやめて!これ以上傷を広げてどうするってんですか!」

飛龍「…蒼龍」

蒼龍「ん?飛龍どした?」

飛龍「いいよね蒼龍は…私の方がレアなのに、人気があって…」

蒼龍「何を言い出すと思えば嫉妬!?」

飛龍「この前見た演習艦隊も赤城・加賀・瑞鶴・翔鶴・蒼龍・瑞鳳でなぜか私だけハブられてたし…いいよね本当に蒼龍は」

蒼龍「それは飛龍がレアすぎて相手が持ってなかったのが原因じゃないかな!?だから立ち直ろう?ね??」

飛龍「そうよね…そうだと信じよう…」

ビス(私も入手条件が軽くなったらもっと人気でるかな?)

加賀「飛龍さんが沈みきってしまったので二航戦には退室して貰いました」

加賀「ちなみに史実では二航戦は当時最高傑作の空母といわれており、正規空母最弱なんかじゃありませんでした」

ビス「どうしてこうなった、ってやつですね!」

加賀「全くです。せめて艦載機の数とかもう少し上げてもよかったんじゃないかと思います」



加賀「さて、次で最後の正規空母の紹介よ」

ビス「もう最後ですか?」

加賀「正規空母は少数精鋭ですからね。さあいらっしゃい、瑞鶴、翔鶴」

瑞鶴「こんにちは!翔鶴型2番艦、瑞鶴だよ!五航戦といえば私たちのことだからよろしくね!」

加賀「はい、よく挨拶できました」

瑞鶴「もう馬鹿にしないでよっ!私だって立派な正規空母なんだからね!」

加賀「はいはい。まあ以前と比べると態度もしっかりしてきたわね」

瑞鶴「へへっ!」ドヤ

ビス「瑞鶴さんも加賀さんの後輩なんですか?」

瑞鶴「うん!加賀さんは私の素晴らしい師匠よ!」

瑞鶴「厳しいし私たちの悪口ばかりだけど、本当は優しくて強いから大好きなんだ!」

加賀「…それ以上言ったら爆撃します」テレテレ

瑞鶴「ひいー!すみませーんっ!」

ビス「あはは、二人とも仲良しさんですね」クスクス

加賀「…で、翔鶴はどこにいるのですか」

瑞鶴「翔鶴姉?あそこにいるよ」

翔鶴「…こんにちは」コソッ

加賀「…またあの子はこんな物陰に隠れて…」

翔鶴「…」フルフル

ビス「?」

ビス「どうしたんですか?」

加賀「この子はちょっと訳ありなの。野暮なことに突っ込むべきじゃないわ」

ビス「…」ウ-ン

瑞鶴「翔鶴姉!こっちに来てよー。加賀さんも呼んでるじゃない!」

翔鶴「…だって、瑞鶴…」

加賀「瑞鶴、無理に呼んではかえって翔鶴を傷つけるだけです」

加賀「しっかり時間をかけて、翔鶴と馴染みましょう」

翔鶴「…瑞鶴…ごめんなさい」

ビス「…?」

加賀「翔鶴、ゆっくりでいいですからね。瑞鶴は大丈夫ですから」

瑞鶴「そうだよ!とりあえず私も加賀さんのように広い心で翔鶴姉を受け止めてあげるからさ!」

加賀「五航戦なんかと同じにしないで」

瑞鶴「ひー!」

翔鶴「…」フルフル

瑞鶴「ごめんねビスマルク!翔鶴姉ってば着任当日からこうなの」

ビス「あ、いえいえ…」

瑞鶴「加賀さんは何か知ってるみたいだけど私には全然教えてくれないしさー」プンプン

加賀「お調子者の瑞鶴に教えると状況が悪化する可能性があるので」

瑞鶴「えっひどい!?」


ビス(うーん、翔鶴って人は多分アレじゃないかしら…)

ビス(何だかあの子に似てるような気がするし…)

翔鶴「瑞鶴…ごめんね…」

加賀「翔鶴、もう謝る必要はないのですよ…?」

瑞鶴「よくわかんないけど、私は何でも許すよ?」

翔鶴「でも私は瑞鶴を…!」

加賀「翔鶴…」


ビス(間違いない。これはあの子と同じ症状だ…!)

ビス(ここは私が動かないと!!)

ビス「翔鶴さん!」バ-ン!

翔鶴「っ!」ビクッ

加賀「ビスマルクさん?どうしました?」

ビス「加賀さん、ここは私にお任せを!」

加賀「…貴方のお任せくださいは、全く任せられる気がしないんですが」

ビス「えっひどい!?」

ビス「あー、ごほんっ!翔鶴さんあなた…」

ビス「前世…あの戦争で瑞鶴さんと何かあったんじゃないですか!?」

翔鶴「!」ビクビクッ

瑞鶴「あったっけ?」ハテナ

加賀「…ビスマルクさんっ!」


翔鶴「瑞鶴!私は貴方を…!」

翔鶴「…ううっ!」ダッ

瑞鶴「あっ逃げた!」

加賀「ちょっとビスマルクさん!翔鶴に何を言って…!!」

ビス「図星なんですね」

加賀「…ええ、そうよ」

ビス「翔鶴さんには何があったんですか?」

加賀「あの子はあの戦争で瑞鶴をずっと護っていたの」

加賀「彼女はどんな戦いでも瑞鶴に傷一つ付けることなく瑞鶴を護衛していたわ」

加賀「でもある日翔鶴は敵の攻撃に耐え切れず沈んでしまった」

加賀「そしてその後、翔鶴が護ろうとしていた瑞鶴はすぐに沈んでしまったのよ」

加賀「だから翔鶴は自分のせいで瑞鶴が沈んだと思ってます」

加賀「結果、翔鶴は瑞鶴を自分が殺してしまったと勘違いし、瑞鶴と距離を取っていました」

加賀「なのに貴方は、翔鶴にその事実を突き付けた…」

加賀「翔鶴が…翔鶴がどれほど傷ついてるか知らずに…!」

ビス「いえ、ちょっとだけならわかりますよ!」

加賀「…?」

ビス「私にも、U556という私を護ってくれた人がいました。彼女とは艦種こそ違うものの同じ土地で産まれ、行動を共にしました」

ビス「U556は私にとって騎士でした。常に自分を護ってくれる、頼もしい存在…」

ビス「でも、戦争というものは非情です。私はある日、敵の砲撃を受けて沈んでしまいました」

ビス「U556も翔鶴さんと同じように、それを今でも根に持っています」

ビス「『私は、大切な人を護れなかった』と」

ビス「私はそんなU556の姿を見て傷付きました。自分と最期まで居てくれた大切な人が、自分の事で悔やんでいましたから」

ビス「だから、私はU556と同じように翔鶴さんをを励ましました」

ビス「だってもう、あの戦争で悲しむ人を見たくなかったから…」

加賀「ビスマルクさん、貴方…」

瑞鶴「だったら決まりだよ。翔鶴姉を追わなきゃ!」

加賀「…そうね。翔鶴を探しましょう」

ビス「はい!」

加賀「ところで瑞鶴、本当に貴方は翔鶴の想いに気づかなかったのですか?」

瑞鶴「うん、全く!」

加賀「」ペシ-ン

瑞鶴「あたーっ!」

瑞鶴「よーし、捜索よ捜索!翔鶴姉を何としてでも見つけるのよー!」

加賀「しかし、翔鶴はどこに…?」

ビス「うう…私が長話をしたせいで見失ってしまいました…」

加賀「いえ、引き止めたのも私ですから」

瑞鶴「翔鶴姉ー!どこー!?」

加賀「くっ、このままでは手遅れに…!」


赤城「翔鶴さんなら、港の方へ走って行ったけど?」

加賀「!?」

瑞鶴「!?」

ビス「!?」

赤城「??」

加賀「…ほら、赤城さんはいざという時に頼りになるでしょう?」

ビス「お、お見それしました…」

赤城「? よくわかんないけどありがとう!」

翔鶴(瑞鶴…私は…)

瑞鶴「おーい!見つけたよ翔鶴姉ー!!」

翔鶴「瑞鶴っ…!?」

瑞鶴「もうっ心配掛けないでよね!私には翔鶴姉が必要なのに!」

翔鶴「瑞鶴…」


加賀(瑞鶴、上手くやりなさい…)

ビス(今回は私たちが傍観する立場ですね)

瑞鶴「翔鶴姉、ずっと私と一緒にいよ?その方が私は幸せだよ」

翔鶴「無理です。私がいたら瑞鶴は最終的に不幸になりますから」

瑞鶴「うっ…も、もう!照れてんの?翔鶴姉は可愛いなあ」

翔鶴「瑞鶴!ふざけないでください!!」キッ

瑞鶴「あわあわあわ…」ガクガク


加賀(駄目です…やっぱり五航戦には無理ですか…)

ビス(…)

加賀(ビスマルクさん?)

ビス(本当はこういうの、当人同士でやった方がいいんだけど…!)ダッ

加賀(ビスマルクさん、貴方…!)

ビス「翔鶴さん!貴方ははそれで満足なんですか!?」

翔鶴「…!」ビクッ

ビス「瑞鶴さんは貴方と一緒に居たいと願っているのに貴方は瑞鶴さんと距離をおいて…」

ビス「本当に貴方は瑞鶴さんの事を想ってるんですか!?」

瑞鶴「おぉうビスマルク!私を助けに来てくれたのね?」

ビス「申し訳無いんですけど瑞鶴さんちょっと黙っててくれますか?」

瑞鶴「」ガ-ン

加賀「瑞鶴、とりあえずここは私とビスマルクさんに任せてください」

翔鶴「私は瑞鶴のことを想ってます!そんなの当然ですよ!」

ビス「だったらどうして…」

翔鶴「だから無理だって言ってるでしょう!貴方に私の何がわかるって言うんですか!!」

ビス「…加賀さんから聞きましたよ」

翔鶴「えっ…?」

加賀「ごめんなさい翔鶴。でも、これ以上隠す必要もありませんので」

翔鶴「どうして…加賀さん…」

加賀「さっきビスマルクさんが言ってたでしょう。貴方はもう、自分を許すべきなんです」

瑞鶴「そうだよー。翔鶴がそんなんなら私も士気が落ちちゃうよー!」

加賀「この通り頭カラッポの瑞鶴は過去のことなんか一切気にしていません。貴方は貴方次第でいつでも楽になれるのです」

瑞鶴「頭カラッポって…」

翔鶴「私は…私は…私はあっ…!!」

翔鶴「私は妹を護れなかった駄目な姉ですよ!今更私に何が出来るって言うんですか!」

瑞鶴「翔鶴姉…!」

ビス「そうやって現実から逃げないでください!出来ることならまだありますから!」

翔鶴「やめてくださいそんな嘘!もう私を責めないでください!!」

加賀「私たちは責めてなんかいません!貴方は自分で自分を責めているだけなんです!」

翔鶴「じゃあ私は何をすればいいんですか!そんなのある訳が無いです!」

加賀「翔鶴!貴方は瑞鶴の姉なんでしょう!だったらやることは一つです!!」

ビス「これから瑞鶴さんを護ればいいんですっ!」

翔鶴「…っ」

加賀「瑞鶴は貴方の大切な妹でしょう?せっかく生まれ変わった瑞鶴を護らなくてどうするんですか」

ビス「いつまでも過去に縛られることは無いんです。少なくとも瑞鶴さんはそれを願ってます」

加賀「だから…」

ビス「変わりましょう。今度こそ、瑞鶴さんを護るために」

翔鶴「それでも…私は、あの戦争で瑞鶴を…」

瑞鶴「あーもー!翔鶴姉しつこい!」

瑞鶴「だいたい翔鶴姉が先に沈んだからってそれ私が死んだ原因になんの!?それなら私すごい雑魚みたいじゃん!」

翔鶴「瑞鶴…」

瑞鶴「ひどいよ翔鶴姉!自分ばっかり悪いとか言っちゃってさ!」

瑞鶴「それなら私は翔鶴姉を見殺しにした死神艦みたいだよ!」

翔鶴「…」

ビス「翔鶴さん。一歩、踏み出してください」

加賀「私は五航戦を信じていますよ。悔しいですけど、性能が私より数倍も上な貴方たちですから」

翔鶴「…」

瑞鶴「翔鶴姉…」

瑞鶴「…」

翔鶴「…瑞鶴」

瑞鶴「!」

翔鶴「いいの…?」

瑞鶴「!!」パァァ

瑞鶴「もちろんだよ!これからもよろしくね翔鶴姉!!」

加賀「これで五航戦の完全復活ね」

ビス「よかったです!」

翔鶴「…うっ」ジワッ

翔鶴「うわあああああああああん!!」

翔鶴「瑞鶴!瑞鶴ぅ!ごめんね、ごめんねっ…!!」

瑞鶴「おーよしよし。これじゃどっちがお姉ちゃんかわからないね」

翔鶴「うわあああああん!!うわああああああああん!!」ポロボロ


加賀「…私たちは行きましょうか」

ビス「そうですね。今は二人きりにさせてあげましょう!」

加賀「ビスマルクさん」

ビス「何ですか?」

加賀「翔鶴のことです。助かりました」

ビス「大したことないですよー!加賀さんのフォローがあったからこそです!」テレテレ

加賀「いえ、貴方がきっかけを作らなければ私はいつまでも蓋をしたままだったかもしれません」

加賀「貴方は、そういう意味でとても強い艦娘でした。感謝します」

ビス「えへへっ!」

ビス「ふぅ、何だか私もU556に会いたくなりました!」

加賀「ところで、U556ってどんなお方なんですか?」

ビス「可愛くて強い潜水艦です!」

加賀「潜水…艦…?」

ビス「あ!そういえばまだ潜水艦寮に行ってませんよね!私行きたいです!」

加賀「えっ」

ビス「駄目…なんですか?」

加賀「いや駄目って訳じゃないですけど…」

ビス「だったら行きましょう!」

加賀「え…」

加賀「…」

ビス「加賀さん?」

加賀「まあいずれは貴方も知ることになったでしょうし」

ビス「?」

加賀「見せてあげるわ。鎮守府名物『黒い潜水艦寮』を」

ビス「? はい!お願いします!」

加賀「黒い潜水艦寮に到着です」

ビス「え、ベニヤ板の塊しかありませんけど?」

加賀「最低限の予算で寮を造った結果こうなりましたから」

ビス「え?え??」

加賀「さあ、潜水艦の仲間を紹介するわ。だけど睡眠中かもしれないから静かにね」

ビス「あっ、はい…」

加賀「こんにちは…起きてますか…?」コッソリ

58「寮の中からこんにちわ…ゴーヤだよお…」ゲッソリ

168「やあ…あなたが噂の新入りさんね…」ゲッソリ

19「よろしくなの…」ゲッソリ

加賀「あら、わざわざ挨拶をする為に起きてたの…?無理しなくていいのに」

ビス「…」

加賀「…」

ビス「…」

加賀「…」

ビス「ちょっと質問いいですか?」

加賀「どうぞ」

ビス「なんでこの子たちはこんなにやつれてるんですか?」

加賀「この3人はここ一週間、不眠不休で遠征してましたからね」

ビス「い、一週間!?」

加賀「今ようやく休暇が出たので寮で休んでいるという訳です」

ビス「へ、へぇ…お疲れ様です」

168「へへ…これくらい大したことないんだから…」ゲッソリ

19「イムヤ…現実から目を逸らしちゃ、駄目なのね…」ゲッソリ

58「戦艦っていいよね…やっぱ休暇があってナンボよね…」ゲッソリ

ビス(やばいこの子たち目の焦点合ってないよ)

加賀「貴方たち。わざわざ挨拶に来る精神は良いと思いますけど今は休んでなさい」

加賀「貴方たちは鎮守府財政の要なんですから、万全の体制でいてほしいの」

58「じゃあ、寝るでち…」ゲッソリ

168「でも起きたらすぐ超絶遠征ラッシュでしょ…?一体何が楽しくて何回も遠征するのかしら…」ゲッソリ

加賀「提督からそういう指令を受けたんです。なんでもこの遠征で軍力拡大できるとか」

168「遠征するだけでどうして軍力拡大できるのよ…意味解らない…」ゲッソリ

加賀「大型建造に決まってるでしょう。提督は大和型を狙ってるわ」

19「まあオリョクル時代よりかはよっぽどマシなのね…今は黙って働くのね…」ゲッソリ

加賀「いいから早く寝なさい」

ビス「財政の要って…?」

加賀「この鎮守府の燃料・弾薬・鋼材・ボーキはほぼ潜水艦が遠征で掻き集めたものですから」

加賀「潜水艦が居なければ我々は食事もままならないということです」

ビス「完全な格差社会ですね…」

加賀「これでも昔と比べて楽になったのよ」

加賀「昔なんか、潜水艦は無休出撃とかデコイ役とか散々な仕事しかなかったんですから」

加賀「まあ今でも潜水艦を酷使してる鎮守府もあるみたいだけれど…」

加賀「どっちにしろ今の潜水艦はそんないい扱いは受けてないのよ」

ビス「えぇ…」


ビス「U556…元気にやってるのかなあ…」

加賀「まあこのまま終わるのもアレですし、最後に面白い子を紹介するわ」

ビス「面白い子?」

加賀「潜水艦でもまだ練習艦の子よ。いらっしゃい」

8「Guten Tag」コンチハ

ビス「!」

加賀「この子は伊8。ドイツ留学経験があるから、貴方と気が合うと思って」

8「Freut mich.Ich hei?e 8」ハジメマシテ,8デス

ビス「わあ…」

加賀「貴方も気に入ったようね」

8「Wie geht es Ihnen?」ゴキゲンイカガ?

ビス「Danke,Ich bin ein tolles Gef?hl!」

8「Bitte sehr」ドウイタシマシテ

ビス「Hoppla,Ich habe nicht einen Gru? noch…Ich hei?e Bismarck!Sie kennen zu lernen.Sind Sie Japaner?」

伊8「」

ビス「?」

加賀「?」

伊8「日本語でお願いします」

ビス「」

加賀(白い艦これネタですか)

ところどころ認識できない文字があるみたいですね
変なドイツ語になってすみません

ビス「改めてまして初めまして!私、ドイツ戦艦のビスマルクといいます!!」

8「こちらこそ初めまして。伊8だよ」

ビス「ドイツはどうでした?良かったでしょう!」

8「うん。観光もちょっとだけしたよ」

ビス「やっぱりですか!どこがよかったです?シャルロッテンブルク宮殿とか最高ですよね!」

8「えっ」

ビス「えっ?」

8「ごめん…知らない」

ビス「」

加賀「8さん…貴方は…」

加賀「最後は戦艦寮よ。ここまでお疲れ様でした」

ビス「潜水艦寮は色んな意味で黒かったです」

加賀「でも私たちはその潜水艦のおかげで食事が出来るのですから。潜水艦への感謝を忘れてはいけませんよ」

ビス「了解です!」

加賀「ついに貴方がこれから毎日を過ごすであろう戦艦寮に着きました」

ビス「ここが私の基地ですね!」

加賀「ではちゃっちゃと戦艦に挨拶して早く貴方の部屋に案内しましょうか」

長門「みんなー。新入りに注目だぞー」

ビス「ドイツ生まれの戦艦、ビスマルクです!よろしくお願いします!!」

陸奥「あらあら」

伊勢「おー!よろしくねー!」

扶桑「これが、かの有名な戦艦ビスマルク…」

金剛「さっきは殺そうとしてごめんデース」

霧島「よろしくの時間だゴラァ!」ニコニコ

加賀「最後の挨拶はきっちり締めましたね」

ビス「はい!もう慣れましたから!」

加賀「それでは貴方専用の部屋に案内するわ。付いてらっしゃい」

加賀「これが貴方の部屋。テレビ冷蔵庫エアコン完備のいい部屋よ」

ビス「わあ…!」

加賀「ここまで来るのに時間がかかったけど、貴方とはここでお別れね」

加賀「これから素晴らしい鎮守府ライフを存分に楽しみなさい」ナデナデ

ビス「はい!ありがとうございました!」

加賀「それでは、またいつか会いましょう」バタン

ビス「さようなら、加賀さん!」

ビス「…」

ビス「…」ポツ-ン

ビス「…やっぱりちょっと」

ビス「…寂しいなあ…」シュン

コンコン

ビス「!」パァァ

山城「ビスマルクさん、さっそくですけど提督から任務が…」

ビス「…」シュン

山城「え?私のせい?…不幸だわ」

ちょっと休憩
Z1の冒険をはさみます

【Z1小ネタ その3】

Z1「僕を倒した奴は一体どんな奴なんだろう?」

Z3「うーん…そこまでは推理できないわ」

鳥海「何か覚えてることとか無いんです?」

Z1「それが本当に駄目なんだよ。思い出そうとすればするほど身体がそれを拒むんだ」

Z3「まあ、よっぽどショックだったのは確かね」

Z3「しかしレーベを傷つけた悪い奴はだれなんだろ…」

鳥海「とりあえず、容疑者はいます」

Z3「え、誰?」

鳥海「それは、提督です!!」

Z1「提督?それはどうして?」

鳥海「提督はこの鎮守府で一番偉いです。つまり艦娘の管理も提督がやってるということです」

鳥海「お言葉ですが、レーベさんは少しだけショタっぽい…だから提督の趣味に合わないのでレーベさんを解体なんてことも可能性としてあり得ます」

鳥海「それでその話を聞いたレーベさんはショックで倒れた、と…」

Z3「なるほど。一理あるわ」

Z1「っていうか酷いなあ!僕が男の子みたいだなんて!」

鳥海「私は可愛いと思いますけどね」

Z3「女の子みたいになりたいのなら、髪を伸ばしなさい。一人称を変えなさい。下着を履きなさい。そうすれば少しは女の子っぽく見えるわ」

Z1「マックスはもうちょっと僕のフォローしてくれてもいいんじゃないかな!?」

鳥海「とにかく提督の部屋へ突撃しましょう!」

提督室

提督「やれやれ、やっと金剛を追い払えた」

鳥海「提督」

提督「おう、どうした?3人も揃い揃って…」

Z1「修正してやる!」バキィ

提督「がふぅ!?」

鳥海「アンタの存在そのものが鬱陶しいんだよ! 」バキィ

提督「ぐほあ!?」

Z3「私はえっと…ALICE発動?」バキィ

提督「あげー!」

Z1「マックス、そこはネタ的に『ばけもんだぜ、こいつは』なんじゃないかな?」

鳥海「いえ、原作の流れだと『エゴだよそれは!』かもしれません」

提督「ええい貴様ら!何をする!!」

Z3「それはこっちのセリフよ!」

鳥海「そうです!レーベさんを解体しようとして!」

提督「…は?解体?」

Z3「とぼけるな!提督のせいでレーベは傷ついちゃったのよ!」

提督「いやわからん!本当に心当たりが無いんだが!」

鳥海「まだしらを切り続けるつもりですか!?今度は主砲撃ちますよ!」

提督「いやいや!一体俺が何したっていうんだ!」

Z1「あの…盛り上がってるとこ悪いんだけどさ」

鳥海「?」

Z1「一個思い出したんだ…記憶を失う前に見たのって、確か女の人だったと思う…」

鳥海「…へ?」

Z3「えっ!?」

Z1「提督を殴ったショックで思い出したよ。犯人は提督じゃない」

Z3「えっ?えっ?」

鳥海「じゃあ提督が言ってたのは…」

提督「事実だって言ってんだろ」

Z3「きゃあああああーーー!!」

鳥海「ご、ごめんなさあああああい!!」

Z1「…おやつ抜き喰らっちゃったね」

鳥海「すみません!私のせいで…」

Z3「早とちりしたのもこっちだから…私こそごめんなさい」

Z1「でもこれでまた振り出しだね。どうする?」

Z3「うーん…」

鳥海「こうなったら最後の手段です」

Z1「それは?」

鳥海「虱潰しに一人ずつ、聞き込み調査をしていきましょう!」

Z1「…面倒だなあ」

Z3「まあ、時間はかかるけどそれが一番確実でしょうね」

つづく

余談ですが先程ついにZ1を入手しました
これでやっとビスマルク建造が出来ます…

いきなり五時間来ました…明日の朝が楽しみです
頼むよ、レーベちゃん!

出ました、陸奥です!あらあら!!(白目)

…長門じゃなくてよかったです。なぜかアレだけ3隻いるので

資材連投してみると…4時間
これはss完結までにビスマルク建造無理っぽいですね…

ビス「…えっと、提督室は…?」

長門「ビスマルク。提督に会いに行くのか?」

ビス「はい、呼ばれましたから…」

長門「いかんいかん!そんな臆病な雰囲気の口調では!」

長門「お前も戦艦なら提督の前くらい、戦艦らしく堂々とした態度を取るべきだな」

ビス「堂々とした?」

提督室

提督「よし、ようやく一対一で話が出来るな。ではさっそくだがお前には出撃してもらう」

ビス「そっ…そうね、私、ビスマルクの出番ね!」キリッ

提督「お、おう」


提督(またキャラ変わってやがるぜ…ドイツ人ほんま意味わかんねぇな…)

ビス(長門さん曰く、戦艦なら提督の前は堂々とした態度を取れって言われたけど、これでいいのかなあ…)

提督「えー、ビスマルク。お前に任務を与える」

ビス「任せなさい!」

提督「お前にやってもらうのはこの鎮守府恒例の儀式」

提督「新入り艦・沖ノ島出撃だ」

ビス「儀式…沖ノ島…?」

提督「我が鎮守府では、新入り艦にはまず手始めに沖ノ島へ出撃してもらっている」

提督「ちなみに、沖ノ島はかなり危険な海域として有名だ」

ビス「え!?やだ!そんな所行きたくないですっ!!」オドオド

提督「またキャラ変わった…いや、そんなことはどうでもいい」

提督「危険な海域といえど、最近は電や加賀達の活躍で深海悽艦の動きは収まってるからな」

提督「そんな訳で、この鎮守府では新入り艦をまずはある程度危険な場所に行かせて、敵や戦いの感覚を刷り込ませているんだ」

提督「ついでに沖ノ島への追撃も兼ねて出来るからな。これはただの儀式ではなく任務として扱って欲しい」

ビス「そんなんですか…いや、そうなのか」

提督「では母港で待機しておけ。今から出撃準備をする」

ビス「は、はい…」

母港

ビス「はあ…怖いなあ…最初の任務がいきなり厳しい所なんて…」

ビス「加賀さんでも居ないと不安で死にそうだよお…」

加賀「何を怖気着いているんですか」

ビス「っ加賀さん!?どうしてここに!?」

加賀「今回の任務で提督から貴方の護衛を任されました」

加賀「全力で貴方の援護をするわ。よろしくね」

ビス「!」

ビス「加賀さん!ありがとうっ!!」

母港

ビス「はあ…怖いなあ…最初の任務がいきなり厳しい所なんて…」

ビス「加賀さんでも居ないと不安で死にそうだよお…」

加賀「何を怖気着いているんですか」

ビス「っ加賀さん!?どうしてここに!?」

加賀「今回の任務で提督から貴方の護衛を任されました」

加賀「全力で貴方の援護をするわ。よろしくね」

ビス「!」

ビス「加賀さん!ありがとうっ!!」

加賀「私以外にも、色んなメンバーが貴方を応援してくれるわよ」

北上「よっ!また会ったね」

ビス「北上さん!」

北上「雷撃は私に任せてー!大船に乗ったつもりでいなさいな!」

ビス「はい!よろしくお願いします!」


加賀「ところで北上さん。大井さんの件は…」

北上「天龍と那珂が何とかしてくれたよ。何とか大井っちに間宮羊羹おごるだけで済んだ」

加賀「ま、背に腹は変えられませんからね」

加賀「あとこんな頼もしい仲間もいるわ」

長門「おうビスマルク!ビッグ7の力、侮るなよ」

ビス「長門さんまで私を!?」

加賀「まだまだ未熟な貴方を護衛するんですからね。長門型が出て来ても不思議ではありません」


長門「いいかビスマルク!戦闘の極意を教えてやる!」

ビス「はっはいっ!」

長門「敵は弱い駆逐艦から狙うんだ!そうすれば手軽に戦果をかせげるからな。覚えとけよ」

ビス「はい!わかりました!」

加賀「今のはわからなくていいんですけど」

翔鶴「私たちもご一緒します」

瑞鶴「やっほ!ビスマルク!」

ビス「五航戦の二人も!」

翔鶴「貴方には貸しがありますから…今度は私たちが助ける番です!」

瑞鶴「よーし!立ち直った翔鶴姉の実力、見せつけちゃうよー!!」

ビス「よろしくお願いします!」


加賀「ところで翔鶴、貴方はもう大丈夫なんですか?」

翔鶴「今まで迷惑をお掛けしてすみませんでした…でも、今日からの私は違うんです!」

翔鶴「五航戦として、立派にビスマルクさんを護衛してみます!」

加賀「ええ、その意気よ。頑張りなさい」

翔鶴「私もきっと!加賀さんみたいに活躍しますから!」

加賀「…五航戦なんかと一緒にしないで」テレテレ

提督「お、もう全員集まってたか」

加賀「提督」

提督「準備は出来ているのか?」

長門「ああ。いつでもいける」

瑞鶴「私も翔鶴もバッチこいだよ!」

提督「ではこれより、沖ノ島海域残党殲滅兼ビスマルク初出撃作戦を開始する」

提督「北上、長門、翔鶴、瑞鶴、加賀、ビスマルク。行けるな?」

北上「おっけー」

加賀「いつでも出れます」

提督「よし!第一艦隊出撃!!」

ビス「戦艦ビスマルク、抜錨!出撃です!!」

加賀「沖ノ島海域に入ったようです」

長門「ここから戦闘エリアだ。ビスマルク、気を抜くんじゃないぞ!」

ビス「了解です!」


瑞鶴「…さっそく敵影を発見!」

翔鶴「敵艦隊は、駆逐艦2隻、雷巡2隻、軽巡と重巡が1隻ずつです!」

加賀「戦闘開始ですね」

ビス「よし、砲撃用意!」

長門「待てビスマルク、今回は我々の出る幕でない」

ビス「えっ?でも…」

長門「あれを見てみろ」

瑞鶴「翔鶴姉、いっくよー!」

翔鶴「了解です!全航空隊、発艦始め!」

加賀「皆、優秀な子たちですから」

北上「ちょっとちょっと!私の分の敵艦も残しといてよねー!」

ドゴォンドゴォンドゴォン

ビス「開幕攻撃だけで敵艦隊殲滅!?」

長門「どうだ、我が艦隊は強力だろう」

ビス「すごい…これが…戦いか…!」ビクッ

長門「はは、初めて見る戦火に緊張してしまったか?」

長門「だが安心しろ、お前の出番はまだ先だからよく心の準備をしておけ」

ビス「は、はい…」ビクビク

北上「ギッタギッタにしてあげましょうかね!」ドゴォン


加賀「鎧袖一触よ。心配いらないわ」ドゴォン


瑞鶴「アウトレンジで決めたいわね!」ドゴォン



ビス「…なかなか私たちの出番、ありませんね」

長門「まあ我々は戦艦だからな。空母や雷巡みたいな速攻戦など出来ん」

ビス「いつ、自分が攻撃する番が来るかと思うと緊張します…」



北上「ふー、結構進んだかなー」

ビス「このあたりには…敵はいないようです」

瑞鶴「あ、ということはここはもう休憩地帯なの?」

ビス「休憩地帯?」

長門「この沖ノ島海域の中にたった一つだけ、深海棲艦があまり出現しないポイントがあるんだ。そこのことだよ」

瑞鶴「加賀さん、私、疲れたー」

北上「ねぇ、ちょっとだけ休んでいかない?」

加賀「では少し休憩しましょうか」

長門「そうだな、ビスマルクも初めての戦場で緊張してるだろうからな」

ビス「え?でもまだ私、戦ってませんが…」

瑞鶴「いいのよ!休める時には休んどかなくちゃ!」

ビス「ですよね、ではお言葉に甘えて休ませて貰います」

ビス「ふぅ…」

長門「どうだ、緊張は解けたか?」

ビス「私、まだ一回も砲撃してないのに緊張で疲れるなんて…情けないです…」

長門「初めては誰だってそうさ。気にすることはない」

ビス「そ、そうですよね…」

北上「でもまあ、ここまで無事に来れてよかったじゃん」

ビス「それは加賀さんたちのおかげです」

瑞鶴「ま、私たちはこれでも鎮守府の精鋭だからね!これくらいなら楽勝だよ!」

翔鶴「私も、落ち込んでても出撃はしてましたから…腕には自信あります!」

ビス「皆さんやっぱり凄いです…私なんかまだまだ…」

北上「経験の差だね。気にすることはないよ」

長門「おいおいお前ら、そんなに和んで…今ここで奇襲を喰らったらどうするんだ」


ヲ級「…」ニヤッ

ギィィィィィィィィィィン


瑞鶴「? 何か聞こえる」

北上「カモメじゃないかな?」

加賀「待ってください。この音は…まさか!」

加賀「敵艦載機!敵襲です!!」

瑞鶴「えっ!?」

ビス「そんな!こんな時に!?」

翔鶴「完全に慢心してましたね、私達…」

瑞鶴「やば、本当に奇襲を喰らうなんて!」

北上「これは誰かさんがフラグをたてたせいだよ!ねー長門さん!」

長門「えっ、私か!?これ私のせいなのか!?」

加賀「コントやってる場合ですか!」

瑞鶴「あわわ…こっちも艦載機発艦して迎撃を…!」

翔鶴「駄目です!!発艦、間に合いません…!」

加賀「総員、回避運動を!被害は最小限に抑えて!」

ビス「みんな、伏せてー!」

ドゴォンドゴォンドゴォン!

ビス「ったた…」

長門「ビスマルク、無事か!」

ビス「あ…長門さん!無傷で良かったです…」

長門「私は世界のビッグ7だからな。…だが、あれを見ろ」

ビス「!」

北上「いてて、魚雷発射管が…」

瑞鶴「ああ~やられたあ!もう戦えないよ~」

加賀「ぐ…翔鶴…無事ですか…?」

翔鶴「加賀さんっ…!どうして私を庇って!!」


長門「瑞鶴北上が中破、加賀が大破、翔鶴が小破といったところか…?」

長門「特に加賀の傷は酷いな。とっさに翔鶴を庇ったから無理もないが…」

ビス「あ…ああ…」

長門「ビスマルク?」

ビス「私のせいかも…私が休憩したいなんて言ったから…こんなことに…」

長門「落ち着けビスマルク!とりあえず今はこの敵襲を切り抜けることに集中しろ!」

ビス「っぐ…ひくっ…」ポロポロ

長門「泣いていても状況は変わらん!ていうか、だいたい休憩したいと言いだしたのは北上と瑞鶴の筈だぞ!?」

瑞鶴「えっ責任の押し付け!?」

北上「事実だよ!」

ビス「ああ…うああ…」

長門「とにかくまずはこの艦載機を撃破するんだ!対空射撃はできるな?」

ビス「や…やってみます…!」

長門「北上と翔鶴もだ!行くぞ!」

翔鶴「はい!了解です!」

北上「私は対空戦苦手なんだけどなあ」

北上「当たれー!」ドゴォン

翔鶴「よくも…よくも加賀さんを!!」ドゴォン

ビス「っ…この…許さないんだから…!」ドゴォン

ギィィィィィィィン

ビス「駄目…当たらない…!」

北上「私の対空能力なんてたかが知れてるし」

翔鶴「くぅ…やっぱり21型じゃあ無理があるのかしら…」

長門「ならば、ここはこの長門に任せろ!」

長門「くらえ三式弾!奴らを蹴散らせ!」

ズガァァァン

長門「とりあえずは敵艦載機の撃退に成功したな」

北上「美味しいとこ取ってんじゃないよ!」

瑞鶴「そうだそうだー!翔鶴姉にも活躍させろー!」

加賀「ふざけてる場合じゃないです」

翔鶴「艦載機がいたってことは、すぐ近くに敵艦隊がいます!」

加賀「とりあえず、鎮守府に救援要請を出しておきました。皆さんは支援部隊が来るまで持ちこたえてください」

長門「撤退戦だな。総員、死力を尽くして生き残るぞ。いいな!?」

翔鶴「…敵影発見!戦闘域に入ります!」

北上「え…空母Fに空母E、戦艦と軽巡E、駆逐Eが2隻って…これ私たちでもやばいんじゃ…」

長門「それでも戦うしかないだろう!生きて鎮守府に帰るために!」

瑞鶴「よっしゃー!戦うぞー!!ぎたぎたのめためたにしてやる!」

北上「瑞鶴、あんた中破してなかったっけ?」

瑞鶴「あ!」

長門「ビッグ7の力、侮るなよ!」ズガァン

ハ級「…」ヒョイ

北上「いけっ、潰せ!」ズガァン

ヲ級「…」ヒョイ

ビス「あ…当たって…」ズガァン

ト級「…」ヒョイ


北上「駄目だ!こいつら素早くて当たらない!!」

翔鶴「こんな壊滅的な状況では攻撃もままなりません…!」

長門「く…最悪のコンディションだからな…」

瑞鶴「あれ?長門さん無傷じゃなかったっけ?」

長門「ミスは誰にでもあるだろう!?今はそんな事を言ってる場合ではない!」

ル級「今度ハコッチノ番…」

ト級「…!!」ドカァン

北上「う…ついに敵の砲撃が…!」

ル級「マズハ、ぼろぼろノ正規空母カラ殺ス」

長門「まずいぞ、あいつは加賀を狙っているようだ!」

北上「加賀さん逃げてー!!」

加賀「ぐ…っ」

加賀(駄目だ…身体が上手く動かない…)

ル級「沈メ」ズガァン

加賀「…!」

翔鶴「加賀さん危ない!」

ドゴォォォォォン

加賀「!」

翔鶴「っああ…!」

加賀「翔鶴!」

翔鶴「加賀さん…無事で…」

ル級「…余計ナ邪魔ガ」

加賀「翔鶴!貴方どうして私を庇って!」

翔鶴「私、護りたかったから…瑞鶴だけじゃなくて、加賀さんも皆…」

加賀「だけど…!貴方まで沈んでしまったら本末転倒です!」

翔鶴「ふふ…加賀さん、私たちは五航戦ですよ」

翔鶴「もう二度と沈むなんて、そんなヘマはしませんから」ニコッ

加賀「翔鶴…」

瑞鶴「加賀さん、翔鶴姉!油断しちゃ駄目!!」

加賀「!」

ル級「フフ、隙アリヨ」

翔鶴「しまった…」

加賀「これ以上攻撃を受けてしまえば、私も翔鶴も…!」

瑞鶴「翔鶴姉、とにかく逃げてー!」

加賀「駄目…身体が…」

翔鶴「加賀さん!」

ル級「コレデ終ワリダ!」

長門「やらせんぞ!!」

ズドォォォォン

ル級「…マタ邪魔ヲ!」

長門「…ふっ、さすがに中破してしまったか」

加賀「長門さん!」

瑞鶴「さすがビッグ7!」

長門「加賀、翔鶴!お前たちは私の後ろにいろ。こいつは戦艦長門が請け負った!」

翔鶴「でも、その体では…」

長門「何を言っている!全員で生き残るんだろう!?」

長門「ならば、こんな状況くらい人を頼りにしたらどうだ翔鶴!」

翔鶴「は…はい…!」

長門「とはいえ、私と北上だけではこの戦いはきついな」

北上「ていうかビスマルクはなにやってんの!?お願いだから助けてよ!」


ビス「駄目…もう駄目なんだ…」ポロポロ

瑞鶴「ビスマルク、さっきからこんな調子で全然動かないんだよ!」

瑞鶴「まあ、最初の戦闘でこんなもの見せられたらそりゃそうだけどさ…」

ビス「死んじゃう…こんなのやだ…!」

長門「く…まだ練度が低いからな…」

長門「北上!私と2人で奴らを喰い止めるぞ!絶対に加賀たちには指一本触れさすな!」

北上「了解!」


加賀「…」

長門「ぬぉぁぁぁ!沈め!!」ドゴォン

北上「ここは一歩も通さないよ!」ドゴォン


加賀「ビスマルクさん何をしているのです!」

ビス「…加賀さん…」

加賀「貴方は強い戦艦になるのではなかったのですか!?こんな所で泣いていては…!!」

ビス「だけど…こんな状態じゃ…」

加賀「諦めては駄目です!」

ビス「でも…でも…」

加賀「思い出しなさい、鎮守府に来てから起こった出来事を!」

加賀「挨拶に失敗してもう一度やり直そうと奮闘したこと!泣き虫を治そうと重巡寮へ単機突入したこと!翔鶴を頑張って励ましたこと!」

加賀「貴方はこれを全てやり遂げたのですよ!?なのにこんな所で諦めるというのですか!」


ビス「でも…やっぱり無理ですよ…!」

加賀「ビスマルクさん…」

翔鶴「ビスマルクさんっ!!」

ビス「!」

加賀「翔鶴!?」

翔鶴「何をしているのです!貴方、それでも私を救った戦艦なんですか!?」

瑞鶴「そうだよ、翔鶴に生きる意味を与えたのは、ビスマルクだよ!?」

翔鶴「仲間を護るために戦う!そうでしょう!!」

加賀「五航戦…貴方たち」

翔鶴「私、あの時はどんなに嬉しかったことか…」

翔鶴「私は貴方のおかげで強くなれたのです!なら、貴方はもっと強い艦娘のはずですよ!」

瑞鶴「だからビスマルク!私たちを助けてぇぇぇ!!」

ビス「…翔鶴さん、瑞鶴さん!」

長門「そうだ。戦うんだビスマルク」

ビス「長門さん…」

長門「確かにこの状態で勝利するのは無理だ。だが、生き残る希望はある」

北上「支援艦隊が来るまで粘ろう?それが、今の私たちに出来る最大の努力なんだからさ!」

ビス「まだ…希望がある。みんなで鎮守府に帰れる…」

北上「頼むよビスマルク!」

長門「お前の活躍、期待している」

ビス「…!」

ヒトラ-「確かに艦隊コレクションはおもしろい。だけどおっぱいプルンプルンなんてものを求めてるんじゃない!!
リアルな戦闘が戦闘が欲しいんだよ!」

ヒットラ-「それになんで我がドイツの軍艦が、日本の軍艦に劣るんだよ!!!ちきしょうめええ!!」

総統閣下はお怒りのようです

ヘス「ビスマルクが可愛らしいゲルマン女子・・・・・為らば私は宣伝大臣としてナチスドイツのアピ-ルに利用しよう」

ビスマルク 結構史実じゃ弱いからこんな性格なのか 確か弱い気がするんだが

>>259
ビスマルク解禁!かわいい!
→これは人気出るな。あ、今日書いたらビスマルクss第一号になれるじゃん!
→でもビスマルクどんな性格?知らねえや
→とりあえず駆逐艦の性格で行こう

で、こうなりました
次書く時はちゃんとビスマルクな性格で書くので勘弁してください

ついでに投下します

ビス「加賀さん」

加賀「ビスマルクさん…」


ビス「私も戦います!今まで怖気ついて申し訳ありませんでした!」

加賀「!」

瑞鶴「やった!ありがとうビスマルク!」

ビス「私、自分を見失ってました。これより砲雷撃戦に入ります」

長門「よしその意気だ。頑張ってくれ」

北上「やれやれ、これで少しは楽になるよ」

加賀「北上さん油断してはいけません。3対6という不利な状況には変わりないのですから」

北上「はいはいわかってますよ、油断したら死ぬってことくらい」

長門「行くぞ深海棲艦!喰らえ46cm主砲!」ドゴォン

ト級「っ!?」ガァンッ

北上「へへ、なんとなく調子が戻ってきたかな?」ドゴォン

ハ級「…」ベキィ

ビス「自分のせいで仲間を傷つけた…だけど、いつまでもそれに固執する訳にはいかないの!」

ビス「ビスマルクが皆さんを全力でお護りします!」ドゴォン

ル級「グッ…!」ドスッ

ル級「コ、コノ…!」

長門「いいぞビスマルク!たった一撃でル級を中破に追い込むとは」

北上「ひゅー!いいねぇ、痺れるねぇ!」

ビス「これがドイツ戦艦の実力ですから!」

長門「素晴らしい力だ。これなら、本当に支援艦隊が来るまで生き延びれれかもしれないな」

北上「頼むよビスマルク!今まともに戦えんのあんただけだからさ!」

ビス「はいっ頑張ります!!」

ル級「ナマイキナ…タッタ一人ノ戦艦ニコノ私ガ…」

ト級「敵ノ士気モ上昇シタ。油断大敵」

ハ級「少シ舐メスギタミタイ?」

ル級「ワ、私ガ慢心スルトハネ…」

ヲ級「ナラバ、ココハ私ニ任セヨ」

ル級「ヲ級!?」

ヲ級「作戦ガアル」

ヲ級「ソレハ…」ゴニョゴニョ



ル級「…ナルホド」ニヤッ

ル級「…」

北上「敵戦艦一隻がこっちに接近してきたよ!」

長門「特攻か?敵も焦りを見せているようだな」

ビス「ならば迎撃しましょう!これはチャンスです!」

長門「よし、援護するぞビスマルク」

北上「やっと敵を沈められるー」

ビス「みんな、あの戦艦に集中砲火を!」

北上「了解!」

ビス「行きます、斉射!!」


ル級「…」ニヤッ

長門「っ!?」ゾクッ



ギィィィィィィン

長門「!」

長門「まずいぞビスマルク!こっちに敵艦載機が来ている!」

ビス「えっ!?」

加賀「あの戦艦は囮なんです!あいつらは恐らく、艦載機で私たちを沈めようとしています!!」

北上「味方を犠牲にする作戦なんて…考えもしなかったよ」

ビス「えっ、えっ…じゃあ艦載機を落とさないと…」

ビス「あ…でもそれじゃ敵戦艦の餌食に…」

翔鶴「とにかく回避を!逃げてください!!」

長門「それは無理だ!私達が避ければ矛先がお前らに向かってしまう!」

翔鶴「そんな…」

ギィィィィィィィィン

瑞鶴「うわわわわ敵敵敵が来たよ来た来たよ来たよ!!何とかしないと!!」アセアセ

加賀「だけど、一体どうすれば…!」

長門「…気合で耐える」

瑞鶴「それ駄目!死んじゃうやつだから!!」

長門「しかしそれしかない!」

翔鶴「せめて私たちが動ければ、長門さんたちを援護できたのに…」

加賀「翔鶴、今は生き残ることを考えなさい!何か…何かあるはずです!」

北上「何かっていうかもう艦載機真上にいるじゃん!やばい来るよみんな!!」

瑞鶴「はあ!?もう!?」

加賀「そんな…まずいです…」

翔鶴「敵艦載機、爆撃開始しました!」

長門「総員、回避運動をー!!」

ビス「うわあああああああああーーーー!!」

ズガァァァァァン

翔鶴「…」

加賀「…?」

北上「あれ、私生きてる?」

長門「傷も浅い…避けきったのか、私は…」

瑞鶴「よかった!やっぱり私って、不可能を可能にする空母…!」

加賀「…待ってください!ビスマルクがいません!!」

瑞鶴「え?」

北上「い、一体どこへ?」

加賀「…まさか!」

ヲ級「馬鹿ナ…艦娘ドモハアノ攻撃ヲ耐エタノカ!?」

ル級「…アガッ…ガハァ…」

ト級「シカモ、ル級ハ大破…ドウイウコトナノ」

ヲ級「話セルカ、ル級?」

ル級「…アノ金髪、被弾前ニ砲撃ヲ…!」

ル級「ソノ上、ヲ級ノ攻撃モホトンド受ケ止メテイタ…一体何ナンダアイツハ…」

ヲ級「ナンダト!?」

ビス「…」


長門「いたぞ!あそこに浮いている!!」

翔鶴「ビスマルクさんまで、私たちを庇って…!」

加賀「ビスマルクさん!?ビスマルクさん!!」

瑞鶴「これやばいよ…ビスマルク、全身から出血してるもん…」

加賀「しっかりしてくださいビスマルクさん!!貴方は強い戦艦でしょう!?」ユサユサ

長門「おい加賀、あまり揺らすと…」

ビス「…」

加賀「起きてください!お願いですから!ねぇ!!」ユサユサ

ビス「う…うう…」

加賀「!」

ビス「…加賀さん…?」

加賀「っ!よかった…生きてた…」ポロポロ

ビス「えへへ…加賀さん、泣いちゃだめ…」

加賀「ビスマルクさんっ…よかった…!」

ビス「加賀さん…私、もう駄目だよね…」

加賀「何を言って…!まだ生きてますよ貴方は!しっかりしてください!!」

ビス「私、本当に強い戦艦になれたのかな…?」

ビス「それだけが心残りですから…」

加賀「強い戦艦です!貴方は強い戦艦ですから沈んではいけません!!」

加賀「だから、そんな駄目とか言わずに諦めないで生きて…」

長門「いや、加賀。はっきり言えば本当にもう駄目かもしれん」

加賀「え!?」

瑞鶴「あの敵空母、また攻撃準備してるもん…もう一度あれを喰らえば私たち沈んじゃうよ…」

加賀「だったら、また迎撃すれば…!」

北上「…実はもう抵抗するための弾薬もそんなにないんだよね」

長門「撃てて3、4発…。しかも必中とは限らない」

北上「これもう、ただ黙って沈むのを待つしか…」

加賀「そんな…嘘…」



翔鶴「…敵艦載機、発艦しました。随伴艦もこちらに接近してきてます」

長門「…来たか」

瑞鶴「どうする…もう駄目じゃんこれ…」

北上「あーあ、私が沈んだら大井っち寂しがるだろうな」

加賀「そんな、こんな所で沈むなんて…」

長門「いや、まだ私は諦めんぞ…支援艦隊が来るその時までは!」

ビス「…加賀さん」

加賀「…?」

ビス「あの…ここまでありがとうございました」

ビス「こんな弱虫戦艦に、最期まで付き合って頂いて」

加賀「こんな時に何を言ってるのですか貴方は」

ビス「…加賀さん、最後に一つ言わせてください」

加賀「…何かしら」

ビス「私、」





ビス「加賀さんのこと、とっても大好きです!」ニコッ

加賀「っ!!」




ドゴォォォォォォォン



ヲ級「手コズッタナ」

ハ級「ウン。デモモウ終ワリダネ」

ヲ級「コチラモル級ニ被害ガ出テイル」

ヲ級「早ク帰ラネバ…」

ト級「待ッテ。マダアイツラ…生キテルヨウダガ」

ヲ級「…何!?」

加賀「…」

ビス「…」

瑞鶴「…?また生きているの!?」

北上「…えっ?嘘…」

長門「しかし、確かに爆発音が聞こえたのだが」

翔鶴「まさか、誰か私たちをまた庇って…!?」

瑞鶴「!!」

長門「全員無事か確認しろ!!誰も沈んでないだろうな!」

北上「…いや、みんな生きてる」

加賀「私たち、助かった…の?」

ト級「何故ダ…奴ラニハモウ戦エルハズガナイノニ!」

ヲ級「我ガ艦載機モ壊滅状態…コレハ一体!?」

ト級「マサカ、敵ニ援軍ガ…」

ハ級「…新シイ艦隊ヲ補足シタ。タブン、敵ニ援軍ガ来テイルノハ間違イナイ」」

ヲ級「ナンダト!?」





??「あはは、敵の艦載機は遅くて撃ち落としやすいですね。七面鳥以下なのです」

??「それは貴方の練度が高すぎるだけよ」

唐突ですが聞いてください。
ついにビスマルクちゃんを建造できました!きゃわわ!!

??「貴方たち、よくここまで持ちこたえたわね」

ビス「…?」

??「大破艦3、中破艦3か…結構な大被害だな」

瑞鶴「誰!?誰なの!?」

??「ドイツェランド艦の怪我が1番酷いデス!速攻で深海棲艦を沈めて鎮守府に帰るヨ!」

加賀「この声…まさか…」

??「いつ死んでもおかしくなかったよねコレ。全く、無理しちゃって」

長門「間違いない。要請していた支援艦隊が助けに来てくれたんだ」

ビス「…え!」



??「さ、あとは私たちに任せるのです」ニヤッ

赤城「加賀さん、無事かしら?」lv99

電「無事じゃないことくらい見ればわかるのです」lv150

日向「ったく。壊れた艤装の整備をするのは私たちなんだからな?」lv82

夕張「ほんと。無理だけはやめて欲しいんだけど」lv73

金剛「ここは私たちに任せて、先に逃げるデース」lv54

鳳翔「ふふ…実戦だなんていつ以来かしら…?」lv71


加賀「…電さんに赤城さんまで!」

北上「夕張に日向!?相当な戦力を送ってきたね提督…」

長門「え、工廠の奴ってそんなに強かったのか!?」

北上「工廠組はかなりの古参で提督の信頼も分厚いからね。だからこそ開発を担当してるんだよ」

電「ビスマルクさんも加賀さんもボロボロなのです」

加賀「すみません…失態を…」

電「怪我は戦いにつきもの、なのです!」

電「…ですが加賀さんたぶん慢心しましたね?そうでもない限り加賀さんが大破なんて考えられないのです」

加賀「はい…仰る通りです…」

電「はいはい敬語はやめろなのです。さ、私の肩に捕まって…」

加賀「す、すみません…」

電「ほら、ビスマルクさんはおぶってあげるのです」

ビス「うう…ありがとうございます」

電「えっさ、ほいさ」

赤城「駆逐艦が戦艦と正規空母を運ぶ姿はなんかシュールね」

電「無駄話してる暇があったら、赤城さんは加賀さんとビスマルクさんを頼むのです」

赤城「はいはい、よっこいせ…ぐえっ!」

加賀「赤城さん…重かったですか?」

赤城「ちょ、ちょっとね!ああ、なんで電さんはあんなに軽々運んでたんだろ…」

電「ふふふ、これが練度の差なのです!」

電「さ、長門さんたちも私の後ろに」

長門「お、おう」

北上「任せました電さん!」

瑞鶴「くぅ…駆逐艦に護られるなんて五航戦の名折れ!」

電「あ、瑞鶴さんはまだ元気そうだから盾くらいには使えそうですね」

瑞鶴「わああ!嘘嘘!助けて頂いて光栄です!!」アタフタ

電「あはは、冗談ですよ?」ニコニコ

北上(この子こええ)



電「さて、深海棲艦のみなさん…」

電「よくも、電の仲間を傷付けやがりましたね」

ヲ級「…」

電「電はとても怒っているのです。どうして深海棲艦たちはいつも暴れているのですか?」

電「あなたたちが悪いことをしなければ、今こうやって傷付くことなんか無かったはずなのに…」

ト級「アァ?ちびガ何ヲ粋ガッテンダ?」

電「中にはまだ戦闘経験も薄い子がいるのに奇襲なんて卑怯な手を使って…」

ト級「ハア?オ前タチダッテ私タチノ仲間ヲ殺シテンジャナイノ」

ト級「ダイタイ駆逐艦ゴトキガ深海棲艦ニ逆ラッテンノむかツクンダヨ!!」

ドゴォォォォォン

ト級「フン、口程ニモ無イ」

電「何のことなのです?」

ト級「…!?」

電「今ので終わりですか?」

ト級「至近弾ナノニ小破程度…ナンナノヨオ前!」

ト級「クソッ、沈メ!」

ドゴォン!ドゴォン!ドゴォン!

電「…当たってないのです」

ト級「全弾回避!?馬鹿ナ!何故ダ!」

ヲ級「…コノ駆逐艦…マサカ」

ハ級「噂ノ鬼神!?」

ト級「!」

ヲ級「聞イタコトガアルカ?駆逐艦デ、鬼ノヨウニ強イヤツノ存在ヲ…」

ト級「知ッテル…ぶらっくりすとニ載ッテタカラ…」

ハ級「コレ、マサカヤバイ?」

電「わたしは出来れば戦いたくないのです。沈めた艦も助けたいと考えているのです」

電「ですが、あなたたちは容赦の無い砲撃をしてきました」

電「大人しく平和にしていればいいのに、どうしてこんな沖ノ島まで来て暴れるのです?」

電「あなたたちが暴れるから、私たちも戦わなくてはいけません。好きで深海棲艦と戦ってる訳じゃないのですよ?」

ト級「マダソンナ屁理屈ヲ…!」

電「どうやらそっちはまだ戦うつもりなのですね?」

電「私の仲間を傷付けただけでは飽き足らず、さらに血肉を求める…」

電「そんなあなたたちを沈めても、助ける気持ちになんてなれないのです。永遠に冷たい海水を啜ってるのがお似合いなのです」ギロッ


北上「この子本当にこわい!!」

ト級「黙レ!我々ハコンナ駆逐艦相手ニハ怯マナイ!」


夕張「戦闘開始のようね」

電「赤城さん、日向さん、鳳翔さん。艦載機をお願いするのです」

日向「はいよ」

赤城「私たちが敵艦隊を錯乱します!援護はお任せを!」


ヲ級「ク…駆逐艦ゴトキニハ負ケン!我モ艦載機を発艦スル!!」

ト級「砲雷撃戦用意!敵ヲ叩クゾ!」

ハ級「所詮ハ駆逐艦1と空母2、航戦1!大シタコトハナイ!!」

金剛「…アレ、私の出番は…?」

夕張「そんなん加賀さんたちの護衛に決まってるでしょう」

金剛「地味デス…」

瑞鶴「ごめんねぇ」



赤城「ぐっ…敵の攻撃が激しい…!!」小破

日向「それは敵も同じだ。我々は電を敵の懐まで送り届けるのが役目だ」

鳳翔「魚雷を当てれば、きっと空母だって一撃で沈むはずですから」

電「3人とも、ありがとうございます。この期待には絶対に応えてみせるのです」ダッ

ト級「…アノ駆逐艦、ドンドン近ヅイテ来テル…!」

ハ級「艦載機何ヤッテンノ!?駆逐艦1体クライ沈メテヨ!」

ヲ級「ソレガ敵艦載機ニ邪魔サレテ上手ク狙エン…」

ト級「コノママデハ、雷撃距離ニ入ッテシマウ!」


電「電の本気を見るのです!!」

ト級「マダダ!マダ負ケンゾ!!」

ハ級「我々モ雷撃デ対抗スル!!」

電「…まだ抵抗を続ける気なのですか?」

ハ級「当タリ前ダ!深海棲艦ニダッテ意地ハアル!!」

電「…くっ、ここは回避に徹するのです」

ハ級「喰ラエ、魚雷発射!!」ボシュッ

電「…」ヒョイヒョイ

ハ級「オノレ、チョコマカト…」

電(艦載機の援護が少ないせいで、うまく魚雷発射のタイミングがつかめないのです)

電(敵艦載機もなかなかやるのです。赤城さんたちの艦載機と対等にやり合うなんて)

電(だけど早く魚雷を撃ち込まないと。さっさと帰って怪我人を手当てしないとなのです)

ビス「う…みんなどうしてるの…?」ヨロッ

加賀「あまり喋ってはいけません。傷が開きます」

北上「ちなみに今、電さんが敵に魚雷を撃っているところだよ」

長門「しかし敵の魚雷攻撃のせいで思うように攻撃出来てないな…」

ビス「…だったら…助けなきゃ…」

加賀「やめなさい!貴方、それ以上動いたら本当に死にますよ!!」

夕張「それにそんなフラフラな状態でまともに弾当てられるの?」

金剛「下手したら電に誤射なんてコトモ…」

ビス「…大丈夫です!私は…」

ビス「私は、ドイツの大戦艦!ビスマルクなのよ!!!」

加賀「!」

ビス「主砲発射用意…目標、敵駆逐艦・軽巡!」

長門「ビスマルク、お前__」

ビス「斉射ー!!」

ドゴォォォォォォン

ミシッ ミシッ

ビス「ぐ…あああっ!!」

加賀「ほら、身体に…!」

ビス「痛いっ…痛いよ加賀さん…助けて…」

加賀「忠告を無視したからです。仕方ありませんね」

ビス「あうう…」

加賀「ですがビスマルクさん」

ビス「…?」

加賀「やりました。弾は敵艦に命中しています」

ビス「…!」

ト級「ッアアアアアア!!」

ハ級「グゥ…何事…!?」

電(支援砲撃!一体誰が…)

電(でも敵が怯んだのです!チャンスなのです!!)

電「五連装酸素魚雷、発射!!」

チュドドン

ト級「グ…馬鹿ナアアアアア!!」

ハ級「同ジ駆逐艦ナノニ、ナゼ…」

電「次はあなたなのです!!」

ヲ級「…私モコレマデカ」

電「沈むのです!」

ドカァァァァァン

電「…さっきまでいた敵戦艦は逃げたようですね」

赤城「お疲れ様です、電さん!」

鳳翔「戦術的勝利…ってところかしら」

電「はい!日向さんもありがとうなのです!」

日向「?私はただ晴嵐を放ってただけだが…」

電「??? おかしいですね。先ほど戦艦の弾が飛んできたのでてっきり日向さんが助けてくれたのかと…」

赤城「あ、それはたぶん…」

電「?」


ビス「痛いよ、痛いよぉ…」

加賀「たぶん貴方、骨が砕けてますよ…」

瑞鶴「は、はやく帰って手当てしなきゃ!」


赤城「さっき、ビスマルクさんが砲撃してましたから!」

鳳翔「ええ。あんなにキズだらけなのに電さんに誤射することなく敵に弾を放ってましたよ」

日向「火事場の馬鹿力だな。あんな真似は私にできない」

電「へぇ、なるほどなのです」

電「ビスマルクさん」

ビス「あ、電さん…」

電「質問なのです。ビスマルクさんはどうして私が雷撃距離にいるのに砲撃をしようとしたのですか?」

ビス「え、えっと…」

電「私に当たったらどうする気だったのですか?電は駆逐艦なのです。これでも戦艦の弾は恐いのですよ?」

ビス「あぅ…」

加賀「い、電さん…」

電「向こう見ずの判斷が敗北に繋がることだってあるのです。気をつけて欲しいのです」

ビス「あ、あぅぅ…」フルフル

加賀(泣くの我慢してますねビスマルクさん)

北上(かなり成長したもんだよ、この子は)


電「…でも」

電「本当にアレは助かりました。前世の戦果に恥じない素晴らしい活躍だったのです!」

ビス「!」

ビス「!!!」パァァ

長門「よかったなビスマルク。電に褒められるとは大したものだ」

瑞鶴「やったね!これでハッピーエンドだよ!」

ビス「あ、あ…ありがとうございますっ!電さんっ!!」

電「ふふっ、お礼を言うのはこっちの方なのです」

電「またこれからもよろしくお願いします、なのです!」

ビス「はい、頑張りますっ!」

電「さ、鎮守府に帰りますよ」

赤城「加賀さんおぶってあげるね」

赤城「助かります」

電「ビスマルクさんは私の背中に」

ビス「どうもすみません…」

鳳翔「ほら翔鶴さんも、私の肩をどうぞ」

翔鶴「あ、ありがとうございます」

夕張「よし、じゃあ鎮守府に向かって全速前進ー!」


瑞鶴「あの~、私たちは?」

北上「私も載せてって欲しいな~、なんて…」

日向「お前たちはまだ元気そうだから歩いて帰れ」

瑞鶴「そんな!?」

北上「酷いっ!!」

鎮守府

電「司令官さん、ただいま帰ったのです」

提督「すまなかったな。被害はもう赤城から聞いてある」

電「私と加賀さんがいながらあれほどの被害を出してしまうなんて…本当にごめんなさいなのです」

提督「気にするな、それよりも風呂だ。入渠の手配はしておいたから早く入って安静にするよう伝えておけ」

電「了解なのです!そう言うと思って、既に4人ドックにいれておいたのです!」

提督「ははは、さすが俺の秘書艦だ」


鎮守府 ドック内(風呂)

北上「いたたた…傷にしみる…」

ビス「全身が、全身がヒリヒリします!」

加賀「命が助かっただけよかったでしょう。それくらいの痛みは我慢しなさい」

長門「そういう加賀も顔が少しひきつってるようだが」

加賀「うるさいですよ長門さん」

北上「しっかし、本気でやばかったよねーあの戦いは」

長門「電の雷撃もビスマルクのおかげだったもんな」

加賀「ビスマルクさんの砲撃、素晴らしかったです」

ビス「いやあ、そんなに褒めて頂けるなんて…」テレテレ

長門「はは、お前は前世で短いながらもしっかり戦ってたからな。その感覚を思いだしたのだろう」

ビス「いや、長門さんだって前世でバリバリ戦ってたんでしょう?それに比べれば私なんか…」

長門「…まあ、そうだな」ズ-ン

ビス「?」

加賀(今のは禁句ですよ、ビスマルクさん)

北上(長門はね、あの戦争ではそんなに艦隊決戦をやってないんだ)

ビス(えぇ!?)


長門「…私はもう上がる。お前らはゆっくり入れ」ズズ-ン

ビス「あ、あらら…」

加賀「ところでビスマルクさん、艦娘としての初めての戦いは如何でしたか?」

ビス「正直、怖かったです」

加賀「最初のビスマルクさんの様子をみればわかりますよ」

北上「ちょっと私たちが被弾しただけで泣きそうになってたからねぇ」

ビス「ちょ、ちょっとなんかじゃなかったですよ!」

北上「でも最初はあんなもんよ、心配すんな」

加賀「それにビスマルクさんの場合は、途中からちゃんと戦いに参加してましたからね。あれは本当に立派だと思います」

ビス「え、そうですか?」

北上「うん。初めては敵を傍観して終わり、って子が大多数だもん」

加賀「攻撃しても当たらない場合も多いですからね」

加賀「初めてであれほどの砲撃をしたビスマルクさんは少し異質です」

ビス「そうなのかな…」

北上「もったいないのはその戦艦らしからぬ子供っぽい性格だよね」

加賀「それに少し臆病ですし。もう少し威張った態度を取れないんですか?」

ビス「ええ…そんなの私の柄じゃないですし」

加賀「何がですか?貴方は強い戦艦ではないですか。多少威張ったって文句は言われないでしょう」

ビス「強い戦艦なんて…そんな大袈裟な…」

加賀「いいえ。貴方は本当に強い戦艦です。貴方は仲間を護ろうとし、最善の努力をする事が出来る立派な戦艦ですよ」

ビス「そうですかね…」

ビス「でもでもっ、強いからといって、そんな威張る訳にはいかないと思いますけど…」

北上「ありゃー、ビスマルクは真面目だねぇ」

ビス「真面目というかなんというか…」

加賀「だけど、そういう話ではないんですよ」

ビス「?」

北上「私たちはね、ビスマルクにもっと堂々とした態度を取ってほしいんだよねー」

加賀「貴方がこの戦いで勝利に導いたのですから。その方が艦隊の士気が上昇しますし」

北上「ビスマルクには頼りがいのある戦艦になってほしいんだよ!」

ビス「うーん、堂々とした態度…か…」

ガラッ

赤城「あ、いたいた。ビスマルクさん」

ビス「はい、何でしょう?」

赤城「風呂から上がり次第、提督室に来るようにと指示が入ってます」

赤城「これからの出撃を、計画したいとかなんとか」

ビス「!」

ビス「了解しました!今から行きます!!」

加賀「ビスマルクさん、その目は…」

北上「どうやら決心したみたいだねぇ」

ビス「はい、私は今日から生まれ変わってみせます!」

ビス「そして、いつかはこの鎮守府の艦隊を率いるくらいの戦艦になってみせますから!」

加賀「よろしい。それでこそ、ビスマルクさんよ」

北上「無理はしないように頑張ってねー」

ビス「大丈夫です、私はドイツの大戦艦です!!」

加賀「そうですか、それは安心ですね」

ビス「それでは加賀さん、北上さん、お先に失礼します!」ダダダッ

赤城「ちょっビスマルクさん!?服!!服忘れてますよ!!」

加賀「…将来が楽しみですね」

北上「うん。あんな子、なかなかいないから」

加賀「ビスマルクさんは純粋で努力家です。あのような子はどこまで伸びるか想定が出来ません」

北上「それに、艦隊の主役である戦艦だもんね。あれほど恵まれた環境にいる子は本当に珍しいよ」

加賀「しばらくは訓練等でご一緒できなさそうですが、またビスマルクさんと会える日が楽しみです」

北上「きっと予想を大きく上回る大戦艦になってるだろうよ!」

加賀「いつかは私や北上さんを率いて…ふふっ」

北上「私たちもビスマルクの随伴艦に相応しい艦娘になれるよう、頑張らなくちゃ」

加賀「全くその通りです」

数ヶ月後

提督「準備はいいか?ビスマルク」

長門「次の出撃はカレー洋だ。まあ、お前なら何の問題ないはずだが…」

ビス「もちろんよ。ビスマルクの戦い、見せてあげるわ!」

長門「よし、その意気だぞ」

提督「出撃は十分後だ。それまで態勢を整えておくように!」

ビス「わかったわ」

天龍「お前…本当に変わったよな」

那珂「鎮守府に入ったころとは大違いだね」

ビス「はい!今の私には、目標としている人がいるから!」

那珂「うん、わかってるよ。いつかまたあの人と出撃できるといいね」

ビス「まだ私の練度じゃ足下にも及ばないけど、いつかきっと追いついてみせる!」

那珂「凄いやる気!那珂ちゃんもビスマルクちゃんに負けないよう、頑張っちゃうんだから!」

天龍「じゃあ、今日もいつものように敵艦隊を殲滅してくれよ」

ビス「了解!」

ビス(見ててね、加賀さん…!)





『戦艦ビスマルク、抜錨!出撃するわ!』



ドイツ生まれの大戦艦は
いつの日か憧れの先輩と共に戦う為
今日もまた、海を進む


~完~

ビスマルクss、完結してよかったです
全然ビスマルクらしくなかったssなのに、読んでくれる人がたくさんいて嬉しかったですね
いつかはちゃんとビスマルクなssを書きますのでその時はまたよろしくお願いします

ちなみにZ1の冒険の最終回は明日か明後日くらいに更新します

【Z1の冒険 最終回】

駆逐艦寮

Z3「レーベを襲ったのはお前か!」キッ

暁「ち、違うわよ」

Z3「じゃあお前か!」キッ

黒潮「知らんがな」

Z3「じゃあお前!」キッ

文月「れーべ…おかしの名前?」

Z3「違う!」

陽炎「とはいっても、駆逐艦に仲間を襲うような悪い奴はいないし」

不知火「我々がZ1さんを襲うような真似はとても考えられません」

Z3「うーん…」


鳥海「ここにはレーベさんを襲ったような人はいませんでしたね」

Z3「とんだ無駄足だったわ」

Z1「あっ、そういえば…」

Z1「犯人はもう少し大きかったような気がするんだ。少なくとも駆逐艦じゃなかったよ」

鳥海「あら、そうだったのですか」

Z3「ていうかそれもう少し早く思い出しなさいよ!」

Z1「あはは、ごめんごめん」

鳥海「では、次は軽巡寮に行ってみましょうか」

軽巡寮

Z3「レーベを襲ったのはお前か!」キッ

天龍「ん?なんだこのガキ」

龍田「あら~、もしかして私と殺り合いたいのかしら?」

鬼怒「戦闘演習か!いいよ、付き合ってあげる」

Z3「いいえ、私は質問しに来ただけです」

五十鈴「気にしないで。私たち軽巡は訓練が大好きなのよ」

川内「夜戦には少し早い時間だけど、たまには早く殺りあうのも悪くないね」

Z3「えっ…え?」

大井「さ、演習場へどうぞ」

Z3「いやあのその」

大井(コイツぶっ飛ばしたらきっと気分もスッキリするだろうし)

Z3「え?待って?え?」

Z1「あ、また思い出した。犯人はもっと大きな人だったような」

鳥海「じゃあ軽巡さんたちも違うようですね」

Z1「なら次は重巡寮に行ってみようか」スタスタ

鳥海「そうしましょう」スタスタ

Z3「ちょっと待ってよ二人とも!私を見捨てる気なの!?ねぇ!!」

Z1「マックスは演習終わった後でいいから来てね」

Z3「ねぇってば!レーベ!?おーい!!」

大井「さあ、早くこっちに」ズルズル

Z3「うあああん…」

重巡寮

Z3「あの…」ボロボロ

青葉「ん?青葉に何か用事ですか?」

Z3「レーベを襲ったのはお前か…?」

青葉「へ?」

羽黒「あの、レーベって貴方の後ろにいる子のことですよね?」

鈴谷「正直、襲われたのはレーベちゃんじゃなくてマックスちゃんのように見えるんだけど」

Z3「いえ…これは…これはちがうんです…」ポロポロ

摩耶「ありゃ、泣いた」

高雄「きっと思い出したくないことを思い出したのでしょう」

熊野「可哀想に。奇襲を受けるなんて、ドイツ艦も苦労していらっしゃるのね」

足柄「はあ…私も男を襲って既成事実をつくって無理矢理に結婚したいわ…」

Z3「…」シクシク

Z1「違う。ここにも犯人はらしい人はいない」

Z3「うぅ…犯人を探すまでは諦めないんだから…」

鳥海「しかしその犯人の見当がなかなかつきませんね…」

Z1「どんな人だったっけ…大きい…空母?戦艦?」

鳥海「なら次は空母の所にでも行きますか」

空母寮

鳥海「ここが空母寮です」

Z1「なんだか騒ぎ声が聞こえるね」

Z3「騒ぎ声…というより喘ぎ声?一体何が起こって…」

鳥海「とにかく覗いて見ましょうか」


赤城『美味しそうなビスケットちゃんペロペロ?』

ビス『ひゃあ!かっ加賀さん助けてー!!』

加賀『…赤城さんやめなさい。それ以上はアウトです』


Z1「!!!!!」

鳥海「これは…お楽しみの途中でしたか」

Z3「こういうの、百合っていうんだよね…初めて見た…///」

鳥海「邪魔するわけにはいきませんね。少し距離感をとりましょう」

Z1「…」ヘナヘナ

Z3「レーベ?どうしたの?」

鳥海「あら?女の子同士の交わりに興奮しちゃいましたか?」

Z1「そうじゃない…そうじゃないんだ…うん…」

Z3「?」

Z3「あっ、よく見たら赤城さんに襲われてるのって、噂の戦艦ビスマルクさんじゃない?」

鳥海「はい。ビスマルクさんは今日からこの鎮守府に着任しましたから、色んなところを回っているのでしょう」

Z3「で、回ってるうちに赤城さんに気に入られてあんなことになってる、と」

鳥海「そういうことです」

Z3「しかしさすがね…ビスマルクさんは百合行為も難なくこなしているわ…」

鳥海「提督曰く、戦闘能力も高いそうですし。本当にドイツの誇りに相応しい女性ですよね」

Z3「全くその通りです」

Z3「やっぱりビスマルクさんはドイツの誇りだよね、レーベ!」


Z3「…ってあれ?いつのまにかレーベがいなくなってる」

鳥海「あら?さっきまでそこにいたのに何処に行ったのでしょうか」

Z3「ちょっと、証人がいないと犯人探しが出来ないわよ!!」

鳥海「うう…この事件の真相は闇に包まれてしまいましたね…」

Z3「こんな不完全燃焼な終わり方なんて!悔しい!!」ジタバタ

鳥海「あらあら、マックスさん落ち着いて…」


Z1「そうだ、完全に思い出したよ…」

Z1「僕はあのビスマルクさんの姿に幻滅してしまったんだ」

Z1「理想って儚いものだね」

Z1「理想はいい部分しかないから理想なのであり、理想の中では現実は全て無かったことになる」

Z1「だからその理想が現実に変わる時、ギャップが自分を苦しめる羽目になるんだ」

Z1「…」

Z1「ビスマルクさん」


Z1「貴方は…一体なんなんですかぁーっ!!」


おわり

これにて完結
html化は明日やります

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年02月11日 (水) 10:34:47   ID: 6tjn4IUk

流石に誰だお前すぎるだろ・・・

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom