提督「……転校?」(516)

・艦これSSです。
・安価要素あり。
・キャラの口調など不安定注意。
・作者は軍隊のシステム等についてはかなり無知です。
・安価ギャルゲーみたいなかんじで進めていきたいと思います。
・毎週土曜日更新予定。
・更新は遅め。

ここまで読んでダメだという方はブラウザバック推奨。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374656773

―――提督宅―――

提督「ちょっと待てよ親父」

提督父「なんだ?」

提督「いや、俺が今通ってる学校どうなるの?」

提督父「やめさせた!」

提督「はぁ?!」

提督父「よく考えろ、お前は俺の息子だろ?」

提督「当たり前だろ、何を今更」

提督父「で、俺の職業はなんだ」

提督「……海軍」

提督父「そう、だから息子のお前も海軍になるべきだと俺は思ったのだ」

提督「意味がわからねぇよ?!」

提督父「蛙の子は蛙と言うだろう」

提督「だからと言って俺が海軍にならなくてはいけない理由が一つとしてない!」

提督父「なぁに心配するな!俺が通っていた学園への編入手続きは既に終了している!」

提督「」

提督父「まぁ、私の息子となれば編入が通って当然だがな。はっはっはっはっは!!」

提督「」

提督父「嬉しくて声も出ないか!流石私の息子だ!はっはっはっは!!」バンバン

提督「こんの……」

提督父「ん?」

提督「馬鹿親父ぃぃぃぃぃいいいいい!!!」ドゴォ

提督父「はっはっは!蚊に刺されたようだ!」

提督「いってぇ……」ヒリヒリ

提督父「とにかく、これは決定事項だ。お前はここに行ってもらうぞ!!」グイッ

提督「嫌だああああ!!俺はむさ苦しい男しかいない学校なんて」

提督父「ん?【一応】、共学だぞ?」

提督「……は?マジで?軍隊目指してる女の子とかいるの?」

提督「そーゆーのとはちょっと違うんだが……」

提督父「まぁ、何はともあれ行ってみればわかるさ!はっはっはっは!!」

提督「……彩海学園っていうのか?」

提督父「そうだ。む、言い忘れていた。寮制だからさっさと今週中に荷物まとめておけよ」

提督「は?!何もかも唐突すぎるだろ、なぁ?!」

提督父「軍なんてそんなもんだ、緊急時に対応できなくてどうする。はっはっは!!」

提督「ああもう……どうしてこんなことに……」

提督父「俺の息子に生まれたことが運の尽きだな。はっはっは!!」

提督「……俺の普通のスクールライフがぁ……」

―――数日後 彩海学園 校長室―――

校長「彩海学園へようこそ!歓迎します!」

提督「よろしくお願いします……」

校長「いやぁ、提督父(本名)さんの息子さんがこの学園に来てくださるとは!」

提督「(親父って意外と凄かったんだな……)」

校長「ですが、この学園では贔屓などはいたしません」

提督「そうでしょうね。贔屓なんてしてもらいたくないですし(目立ちたくないしな)」

校長「ほほう、流石あのお方の息子でございますね」

提督「あまりその褒め方は嬉しくないっすね……」

校長「先に申しておきますと、この学園は第一に実力主義でございます」

校長「クラスなども、主席や成績が高い者はAクラス、一番下はFクラスまでございます」

校長「複数あるクラスはA-2のように番号分けしております」

校長「寮の設備等は余り変わりませんが、学食等の施設については悪い言い方をしてしまいますと、差別をしております」

提督「はぁ……なるほど(俺はまぁ、Dクラスあたりでまったりできればいいや……)」

校長「この度、提督(本名)君はDクラスへ編入することになっていたのですが……」

校長「提督君は提督父様から、厳しく躾てやってくれと承っておりますので……」

提督「えっ」

校長「F-1クラスへの編入とさせていただきました」

提督「ちょ―――?!」

校長「いやはや、本人たっての希望ということで……素晴らしい向上心でございます」

提督「いやいやいやいや?!俺そんな事言ってませんよ!?」

校長「そう、提督父様も最初はFクラスに入学されました……」

提督「あの、話を勝手に進めないでいただけますか?!」

校長「おっと失礼しました。どうも私は提督父様の話となるとつい」

提督「いや、それはわかりましたんで、俺の話を」

校長「学園内の地図や寮の場所、そして詳しい校則等はこちらに資料がございます」スッ

提督「えっ、あの、ちょっ」

校長「制服は少し届くのが遅れると思いますので、それまではどうか前の学校の制服でお過ごしください」

校長「教科書は明日届きますので、今日ばかりはご勘弁を」

校長「それでは、楽しいスクールライフを!はっはっはっは!!」

提督「あんた俺の親父と同じタイプだな?!そうなんだな?!」

校長「はっはっはっは!!」

提督「頼むから話を聞いてくれえええええええ!!!」

―――廊下―――

提督「……F-1、F-1……ここか」

提督「廊下の端っこの方にある、ここが新しいクラス……ねぇ」

提督「うん、確かに設備とかボロいな……窓、ヒビ入ってるし。見た感じドアも相当……」

提督「向こう側にはやたら豪華な部屋があったな……まさかアレが教室?」

提督「落差が凄いな……」

先生「えー、今日からこのクラスに新入生が来ることになった!!」

ワーワー ザワザワ ザワザワ

提督「……思ったよりも、女の子の声、するな」

提督「でもどうせ、ムッキムキだったりするんだろうなぁ……はぁ」

男子「せんせー!その人は艦娘ですか?!軍志望の野郎ですか?!」

先生「はっはっは。残念ながら軍志望の野郎だ」

男子「ちぇー」

ザンネーン ツマンネーノー

提督「艦娘……?なんだそれ……なんかの暗号か?」

先生「ちなみに結構イケメンだ」

マジデ!? キャーキャー

提督「おい担任!!」

先生「それじゃ、入ってこい!」

提督「ああ、もう……失礼します―――!」ガチャッ



クラスメイト(戦艦以外4人)

>>+1
>>+3
>>+5
>>+6

尚、安価で選ばれた子の相棒(例:天龍なら龍田等)や戦艦達もちゃんと出す予定。

期待

>>17は再安価したほうがいい?それとも下でいい?

じゃあ来ないかもだけど再安価するわ。

>>+3

それとすみません、飯落ち……

加賀
五十鈴
利根


了解しましたー

提督「ど、どうも……」

ザワザワ イウホドカナ ビミョー

提督「(ああもう……こういう空気は嫌だなぁ……)」

提督「えーっと、○○学園から来ました、提督と申します。よろしくお願いします」ニコッ

イガイトイイカモ ウホッ

先生「がっはっは。何を隠そう、こいつはあの提督父の息子なんだぞ!」

ザワッ

加賀「……あの、提督父の」

五十鈴「ひぃ、あ、あの人の息子っ……?」

提督「(な、なんだ……?)」

五十鈴「あ、あんた!!」

提督「は、はい?!」

五十鈴「本当にあの人の息子、なの?」

提督「そ、そうですけど……(巫女服……?)」

五十鈴「わ、わかったわ。突然の質問、ごめんなさい」

提督「は、はぁ……」

先生「それじゃあ席は……そうだな。電」

電「は、はいっ!」

提督「(あ、あんなちっこい子まで……?)」

先生「席は電の隣だ。わかったな?」

提督「は、はい」

提督「よろしく、ね?」

電「はい。よろしくお願いしますなのです」

先生「それじゃあ休み時間にするぞ。そうだ電」

電「なんですか?」

先生「そいつに艦娘について教えておいてくれ。どうやら提督父はその事を伝えてなかったらしい」

電「わかりましたなのです!」

提督「……なぁ」

電「はい?」

提督「その、さっきから言っている……艦娘ってなんだ?」

電「艦娘っていうのはですね……ええと……」

利根「む?電、困っているようだな!」

電「あ、利根さん」

利根「艦娘については実際に見せたほうがいいと吾輩は思うぞ!というわけで!」グイッ

提督「えっ」

利根「クラスの皆、少々、この者を借りていくぞ!!」ダッ

提督「う、うわっ?!(こ、この女の子、凄い力だ……!)」

電「ま、待ってくださいよ利根さーん!!」ダッ



加賀「……」スッ

五十鈴「どうしたの?加賀」

加賀「あの二人だけだと、心配だから」

五十鈴「……まぁ、そうね……」

―――演習場―――

利根「と、いうわけで到着だ!」

提督「ぜぇ、はぁ」

利根「む、もう息が切れているのか?情けないな、男子であろう」

提督「俺は、オヤジみたいに、肉体派じゃ、ないんでね」

利根「ふぅむ、親子とはなかなかに、似つかないモノであるのかのぉ」

電「や、やっと追いつきました!」

利根「おっと。すまんな電、置いて行ってしまって」

電「いつものことですから……」

提督「それで、ここ、プールですよね?凄く大きい……」

利根「いや、演習場であるが」

提督「え」

利根「ふむ、では電、模擬戦の相手をしてくれるかの?」

電「わかりました!」

提督「も、模擬戦?!」

利根「どうした?さして、驚くことでもなかろう」

提督「いやいやいや!!女の子同士で模擬戦だなんて危ないよ!!」

利根「……そういえばおぬしはまだ、艦娘について何も知らないんじゃったの」

電「あ、あの。私達は大丈夫なので、提督さんは見ていてください」

提督「だ、大丈夫って……その、ヤバイと思ったら止めに入るからな!」

利根「問題ない。模擬戦では沈むことはないからの」

提督「沈む……?」

利根「よっと」パシャッ

提督「……は?」

電「こっちも準備OKなのです!」パシャッ

提督「み、水の上に立って……」

利根「ではゆくぞ、電!」ガシャンッ

電「は、はいなのです!」ガシャンッ

提督「い、今どっからそんな重装備が……!?」

利根「提督よ、これが艦娘というモノなのだ」

提督「……戦艦娘……?」

利根「流石、察しが良いな。あの方のご子息だ」

提督「いやいやそんな、なんかの冗談だろ?手品か?タネは?」

利根「タネや仕掛けなど、あるわけがなかろう」


利根「女の子の形をした戦艦……それが、艦娘だ」


提督「いくらなんでも、そんなの、この国が許すはずが」

利根「残念ながらこの国は私達を容認している。意思を持った兵器ほど、強力なモノはない」

提督「……まさか、この学園にいる女子は全員」

利根「ああ、ほんの一部を除けば艦娘だ」

提督「じゃあこの学園内は、兵器が闊歩しているのか……?」

利根「……そういう事になる、の」

提督「……」

利根「そう変な顔をするでない。先ほどのように、装備は基本的にしまいこんである」

利根「それに、ここにいる間は吾輩達は普通の女の子だ」

利根「それに、吾輩は感謝すらしているよ」

提督「感、謝?」

利根「吾輩が戦艦である間は、絶対にこのような体験はできないからの」

利根「憧れておったのだよ。吾輩は、人間に」

提督「……そう、か」

利根「話はここまでにしよう。それでは、模擬戦を見て、感じてくれ」

利根「吾輩達は、艦娘なのであると」

利根「その上で……受け入れてくれたら、嬉しく思う」

提督「ああ……」

利根「それでは始めるぞ、電!」

電「はいなのです!」

利根「発射!!」ドゴッ

ドゴォォォ ゴゴゴゴゴ

提督「……本当に兵器、なんだな」

電「けほっ、危なかったのです!!」ドドド

利根「ふふふ、そんな攻撃、当たらぬわ!!」スイーッ

提督「見た目はただの女の子……なのに」

電「砲雷撃、用意です!」ガシャッ

利根「ふふふ、砲雷撃勝負か、いいぞ受けてたとう!!」ガシャッ

提督「どうして……こんな」

加賀「知りたいですか?」

提督「うわっ?!」

加賀「……人を幽霊みたいに見ないで欲しいですね」

提督「す、すみません」

提督「それで、あの」

加賀「加賀です、好きなようにお呼びください」

提督「加賀さん、理由って」

加賀「あなたのお父上……提督父様がここで何をしたか知っていますか」

提督「……いや、知らない」

加賀「提督父様……あの方が、艦娘の創始者です」

提督「親父が……?!」

加賀「はい。最初に作った艦娘はもう、ここにはいませんが」

提督「……何のために、こんな酷いことを……!」

加賀「本当にそう思いますか?」

提督「え?」

加賀「酷いと、思いますか?」

提督「それは思いますよ!何の罪もない、こんな女の子達を」

加賀「確かに貴方から見ればそうかもしれません。ですが、利根から見たらどうでしょう」

提督「……」

加賀「彼女はなんと言いましたか?」

提督「感謝している、って……」

加賀「そう、ですか」

加賀「私も少なくとも……悪い感情は抱いていません」

提督「なんで?」

加賀「……私が戦艦であった頃は、戦いの日々に身を置いていました」

加賀「こうやって、学園で日々を過ごす事になるなんて、思ってもいませんでした」

加賀「戦いの日々に生きていた事が、嫌だったわけではありません」

加賀「ですが、このように静かに過ごす日々は……新鮮で」

加賀「私に、様々な新しいものを見せ、与えてくれました」

提督「……」

加賀「そして、貴方は先ほど、罪のない女の子、と言いました」

提督「そう、だ」

加賀「ですが私達は戦艦であった頃……沢山の人を殺しました」

提督「っ!」

加賀「背負った罪は―――数え切れないほど」

加賀「そんな私達を、赦してくれたのが……あなたのお父上です」

提督「……」

加賀「しかしきっと、私たちを赦せない人間もいるのでしょう」

加賀「ですがこの学園は、私達を赦してくれました」

加賀「だからここに、私達は存在しているのです」

加賀「貴方は―――どっちですか?」

加賀「私達を、赦してくれますか?」

提督「俺……は……」

ドゴォォォォ!!!

提督「っ」ビクッ

加賀「……はぁ」

利根「むぅ、結構痛いの……」

電「わ、私も結構痛かったのです……」

加賀「二人共」

利根「加賀?!お主、どうしてここに!?」

加賀「心配だからついてきたんです。ここでは魚雷の使用は認められていませんが」

利根「あー……それはじゃの」

加賀「それは?」

利根「……忘れておった」

加賀「……」ゴゴゴゴゴ

電「ひっ」ビクッ

利根「か、加賀!その顔はやめるんじゃ!!」

加賀「報告するのは私なんですよ?それをわかっていますか?」ゴゴゴゴゴ

利根「すまん、本当にすまんかった!!」ドゲザー

電「ごめんなさいなのです……」ペコッ

加賀「……全く」

提督「……」

加賀「すみません、話はこれで御終いのようです。私は霧島さんにこの事を報告しに―――」

提督「加賀さん。俺は―――俺も、赦すよ」

加賀「……そうですか。それは、利根に言ってあげたほうが喜ぶと思いますよ」

提督「ああ、わかった……それと、ありがとう、加賀さん」

加賀「私は何も、では」スタスタ

利根「……はっはっは、怒られてしまった」

提督「利根、さん」

利根「利根でよい、どうした?」

提督「俺……受け入れるよ。君たちの事」

利根「……そうか」ニコッ

提督「だから、俺と友達になってくれないか?」

利根「ほう、友達になろう等と言ってくる人間はあまりいなかったの……まぁ、だが、そこも含めて面白い!」

利根「気に入った!吾輩が友達になってやろう!」

提督「……ああ!よろしく頼むよ、利根!」

電「あ、あの……提督さん」

提督「ん?」

電「電とも……友達に、なって欲しいのです」

提督「ああ、よろしくな。電!」

電「は、はいっ!」

利根「……まぁ、実はあと一人、気難しいヤツがクラスにいるんじゃがのぉ」

提督「気難しいヤツ?」

利根「―――でんたん、じゃの」

提督「……でんたん?」

―――F-1クラス―――

五十鈴「あんたら、また加賀に迷惑かけたんだって?」

利根「見ておったのか?」

五十鈴「さっき加賀がぶつぶつ何か言いながら席で書類整理してたのよ」

電「本当に悪いことをしたのです……」シューン

五十鈴「電はこの馬鹿に付き合わされただけだからいいのよ」

利根「馬鹿とはなんじゃ馬鹿とは!このでんたん!」

五十鈴「だーれーがーでんたんよ!!」

提督「あ、あの」

利根「おお、ちょうどいいタイミングだ提督!」

五十鈴「ひっ、あ、あんたいたの……?」

提督「まぁ……(ってかなんでそんな怖がられてんだ……?)」

五十鈴「さ、さっさとどっか行きなさいよ!」

提督「えっと、理由聞いてもいいかな?」

五十鈴「……私はあんたの父親に、馬車馬のように働かされてたのよ」

提督「……マジで?」

利根「大マジ、じゃ」

五十鈴「電探、電探、そのためだけに育てられて、近代化改修の餌にされて……」

五十鈴「まさにあんたの父親は……鬼だったわ。そう、長門陸奥よりも恐ろしかったわ……」

提督「……あの、近代化改修って?」

利根「性能を上げるために、他の艦娘のパーツを拝借することじゃな」

提督「なるほど……じゃあこの子って」

利根「パーツのためだけに生まれ育てられ、パーツを拝借されることを繰り返されたのじゃろうな」

利根「そのパーツの名前が『電探』であったため、『でんたん』と呼ばれているのじゃな」

提督「……あんのクソ親父……」

提督「五十鈴さん!」

五十鈴「な、なによ。あと五十鈴でいいわよ」

提督「五十鈴、俺はそんな事、絶対にしないから!」

五十鈴「信用できるワケないじゃない!あんたは私の痛みを全然理解なんかしてない!」

提督「……な、なら」カチャッ

利根「お主、ハサミなど手にとって何を……」

提督「っ!」ドスッ

五十鈴「!?」

利根「お主何をしておる?!ハサミを腕に刺すなど!!」

提督「っ……やべ、思ったより痛いな……」

五十鈴「な、何を」

提督「これじゃ、ダメかな」

五十鈴「……?」

提督「これで、君の痛みを少しは理解、できたかな?」

五十鈴「……馬鹿じゃないの、あんた!!」

提督「俺、頭もあんまよくないんだ……だからさ……」

五十鈴「ああもう、利根!手伝って!!」

利根「わ、わかった!おい、立てるか!!」

提督「一応……」

五十鈴「保健室行くわよ!」

提督「大丈夫、一人で行ける……」

五十鈴「馬鹿!途中で倒れたりしたらどうするの!ほら、肩貸してあげるから行くわよ!!」

提督「……ありがと」

五十鈴「……ふんだ」

―――廊下―――

五十鈴「……少しだけ」

提督「え?」

五十鈴「あんたとあんたの父親は違うからね、少しだけ、あんたを信じたげる」

提督「そっか、ありがとな……っ」

利根「全く、無茶しおって。勇気と無謀は紙一重じゃぞ?」

提督「分かってるって」

電「わわわっ!?皆さんどうしたのですか?!」

提督「なんでもないよ」

電「う、腕から血が流れているのです!は、早く保健室に行かないと」オロオロ

五十鈴「電、落ち着きなさい。そして、保健室に先生がいるか確かめてきてちょうだい」

電「わ、わかったのです!」ダッ

利根「転ばぬようにのー!」

―――保健室―――

利根「恐らく、編入当日にハサミを腕に刺したのはお主が史上初めてじゃろうな」

提督「ははは、そうかもね」

五十鈴「動かないで。包帯巻いてるんだから」

提督「はい、すみません」

五十鈴「もう……」グルグル

龍田「消毒液は必要かしらー?」

五十鈴「大丈夫です、先生」

龍田「そうー。消毒液塗るの、好きなのになー……」

五十鈴「(この先生にだけは消毒液塗らせちゃダメよ。覚えときなさい)」

提督「(りょ、了解……)」

―――F-1―――

五十鈴「思ったよりも傷が浅くてよかったわね」

提督「うん、本当に。まだちょっと痛いけど」

利根「これから授業もあるのにの」

提督「げっ、そうだった」

五十鈴「まぁ、気にしないでもいいわよ。うちのクラス、馬鹿ばっかりだし」

利根「そうじゃのう」

五十鈴「あんたもよ」

利根「何おう!」

五十鈴「……そうだ、ねぇ、あんた」

提督「なんだ?」

五十鈴「……」スッ

提督「何、これ」

五十鈴「……仲直りの握手よ」

提督「え?」

五十鈴「い、電に、こうするのが礼儀だって」

電「仲直りの握手は重要なんですよ!」

提督「……はははっ」

五十鈴「な、何がおかしいのよ」

提督「いや、よろしく頼むよ、五十鈴」ギュッ

五十鈴「……こちらこそ。あんたがあんたの父親みたいにならないことを祈るわ」ギュッ

今日はここまで。
今週の土曜日も、一応更新する予定です。

それでは、また土曜日にお会いしましょうー

こんばんは。
まったり更新していきます。

キーンコーンカーンコーン

提督「ふぅ、やっと昼飯かぁ……長かったなぁ……」

電「あの、お疲れ様でした」

提督「うん、ありがとね。教科書見せてもらって」

電「いえいえ……」

利根「ところで提督は昼は弁当か?」

提督「俺?俺は食堂に行こうかなと……」

利根「うーむ、残念ながら今日、吾輩は妹の手作り弁当が待っているのだ」

電「私も今日はお弁当を作ってきたのです」

五十鈴「私もお弁当よ」

提督「え、マジか……」

加賀「私でよければご一緒しましょう」

提督「本当ですか?」

加賀「はい。私も食堂に用事がありますので」

提督「助かります!ありがとうございます!」

加賀「それでは行きましょう」

―――F・E・D食堂―――

提督「案外普通ですね。差別されてるって聞いてたので……」

加賀「あっちの食堂を見てみたらそんな事は言えなくなると思います」

提督「え、そんなに豪華なんですか」

加賀「はい。少なくとも私の口には合わなかったです」

提督「そうなんですか」

加賀「それよりも、食堂は食券制です。早めに行かないと人気メニューはすぐ売り切れますよ?」

提督「うわっ、い、行ってきますね!……加賀さんは何かいりますか?」

加賀「私はお弁当がありますから結構です」

提督「あ、はい。わかりました!」

提督「(……あれ?なんでお弁当があるのに……)」

―――数分後―――

提督「えーっと……空いてる席は……」

加賀「提督君。こちらへ」

提督「あ、加賀さんっ……?!」

加賀「どうかしましたか?」

提督「いや、あの、隣の方……」

加賀「……ああ」

赤城「ガツガツムシャムシャ……」

加賀「赤城さん。ちょっといいかしら」

赤城「むぐ?なんれすか、加賀さん」

加賀「食べるか話すかどっちかにして」

赤城「……ゴクン。で、なんですか?加賀さん」

加賀「彼が転校生の提督君よ。あの提督父様の息子さん」

赤城「そうなんですか!この人が……」

赤城「私、一航戦の赤城と申します。以後、よろしくお願いします」

提督「は、はい。よろしくお願いします……」

加賀「提督君、席に座ったらどうですか?」

提督「あ、じゃあ前、失礼します」

提督「えーっと、一航戦、って事は赤城さんも」

赤城「はい。加賀さんと同じで艦娘です」

提督「やっぱり」

加賀「ちなみに彼女はAクラスですよ」

提督「えっ!?じゃあエリートじゃないですか!」

赤城「ちょ、ちょっと加賀さん」

加賀「いいじゃない。本当の事なんだし」

赤城「そうなんですけど……」

提督「……あれ?じゃあなんでここにいるんですか?ここ、FとEとDの共同食堂ですよね?」

赤城「そ、それは……」

加賀「このお椀の山を見てわからないですか?」

提督「……まさか」

赤城「そのー。食べ過ぎて、あっちの食堂に出禁食らったといいますか……あはは」

提督「……」

加賀「Aクラスともなると、食事のマナーとかも色々言われるんです。彼女はそれ以前の問題ですけど」

赤城「加賀さん……酷い……加賀さんだって本当はかなりの大食いのくsムグッ」

加賀「……それ以上は言わないで」

赤城「むー!むー!」

加賀「はぁ……」

提督「か、加賀さんもこんなに食べるんですか……?」

加賀「……昔の話です。今は違います」

赤城「ぷはっ、でも昔は私といい勝負でしたよね」

加賀「……」ゴゴゴゴゴ

赤城「加賀さん怖いからその顔やめてください!!」

加賀「全く……」

提督「こ、この量といい勝負……」

加賀「提督君?」

提督「すみませんでした」

加賀「……私や赤城さんは特別燃費が悪いから、仕方ないんです」

提督「その、気になってたんですけど、燃費って……」

加賀「私達艦娘は自分に装備された兵器を使うと、それなりにエネルギーを消費します」

加賀「そのエネルギーは食事によって摂取できるんですけど」

加賀「私と赤城さんは正規空母という関係上、非常に多くのエネルギーを必要とするのです」

加賀「赤城さんはAクラスだから尚更、兵器を使うことが多いのでしょう」

提督「そ、それって」

加賀「たぶん、提督君が考えてる事とは違うと思いますよ」

加賀「実戦練習や特別訓練……AクラスはFクラスの訓練と比べたら遥かに量も多いし、質も高いですから」

提督「なるほど……というか、加賀さんAクラスについて、結構詳しいですね」

加賀「……たまたまですよ」

赤城「……加賀さん。もしかして」

加賀「話す必要もないから、話してないだけよ」

赤城「そう、ですか」

提督「?」

赤城「あ、ああ、気にしないでください」

赤城「それよりも、提督君は三日後の合同演習には参加するんですか?」

提督「合同演習?」

赤城「はい。今週は確か、FとDとAクラスの合同演習だったと思いますので」

提督「あの、そもそも合同演習がなんなのかもよくわからないんですけど……」

赤城「ああ、転校してきたばっかですもんね」

赤城「合同演習って言うのは一週間に一度、艦娘達と司令官でチームを組んで、実戦訓練をするんです」

提督「司令官?」

赤城「主に艦娘以外の人のことですね。軍には指揮能力も必要とされますから」

提督「ふむ……」

赤城「各クラスから司令官が3人ほど、艦娘が9人ほどの各4人1チームが立候補にて集められます」

赤城「そして他のクラスのチームと実戦訓練を行うのですが」

赤城「この合同演習にて優秀な成績を収めた場合、クラスのランクアップにも繋がります」

提督「自分より上のクラスに勝ったりしたら、自分がランク上のクラスに入れる、みたいな事ですか?」

赤城「はい。その通りです。最も、一度勝ったくらいではランクアップはしないと思いますが」

提督「うーん……俺は今回は見学に回ろうと思います」

加賀「そうですね。一度、合同演習がどんなものかを見てから参加した方がいいと思います」

赤城「なら、私のクラスを見に来てくれると嬉しいですね」

提督「赤城さん出るんですか?」

赤城「はい。選ばれたので……」

加賀「赤城さん。無理はしないようにね」

赤城「わかっています。最大の敵は慢心である、ですよね」

加賀「わかっているならいいわ」

赤城「あ、じゃあそろそろ実戦演習の準備をしなくちゃいけないので、私はこれで失礼しますね」

提督「ありがとうございました」

赤城「いえいえ」

加賀「……食べ過ぎてここも出禁にならないようにね」

赤城「うっ、気をつけます」

赤城「それじゃあまた、提督君に加賀さん!」スタスタ

提督「は、はい!」

加賀「また明日。赤城さん」

提督「加賀さん、赤城さんと仲いいんですね」

加賀「……そうですか?」

提督「ところでこのお椀の山は……」

加賀「……間宮さんが片付けてくれます。たぶん」

提督「間宮さん?」

加賀「ええ、食堂のおばちゃんです」

提督「大変だな間宮さん……」

―――放課後―――

提督「んー……」ノビーッ

利根「ふふっ、お疲れのようだな」

提督「まぁね……今まで普通の学生だったから、流石に慣れないよ」

利根「ちなみにこの後の予定は何かあるのか?」

提督「荷物の整理、かな。寮に今頃、実家からの荷物が届いてるはずだから」

利根「ふむ、そうか……」

利根「よし、吾輩が手伝ってやろう!」

提督「えっ?!い、いいよ別に!」

利根「むむむ、なんだその反応は……怪しい、怪しいぞ」

五十鈴「どうせエロ本でも持ってきたんじゃないの?察してあげなさいよ」

提督「持ってきてねぇよ!」

五十鈴「あら、なら手伝いをしてもいいんじゃないかしら」

提督「い、いや、それはそのー」

利根「……お主、まさか本当に」

提督「だーかーら!持ってきてないって!!」

電「あ、あのどうかしましたか?」

五十鈴「これからコイツの部屋に引越しの手伝いに行くの。電も来るでしょ?」

電「お手伝いならお任せくださいなのです!」

提督「いや、だからあの」

利根「では、提督の部屋にいざ出撃だー!」

五十鈴「おー!」

電「おー!なのです」

提督「待てええええええ!!」

―――提督の部屋―――

利根「ほう、意外と荷物は少なそうじゃな」

五十鈴「電、ベッドの下覗いてみて」

電「え?は、はい。わかりました」

提督「どうしてこうなった……」

電「何もないのですー」

五十鈴「うーん、となると参考書の間に……」

提督「やめい。本当にないから」

五十鈴「逆にそれはそれで心配なんだけど」

提督「余計なお世話だ」

五十鈴「……ああ、男が好きなの」

提督「違うよ!」

電「お、男同士、なんて……はわわわわ」

提督「電!落ち着け!俺は女の子が好きだから!」

五十鈴「うわー、今の発言、変態っぽいわー」

提督「お前な……」

利根「提督よ。何か動かす荷物などはないか?」

提督「え?ああ、じゃあそこのダンボールを本棚の方に寄せてくれ」

利根「了解した」

提督「一人で大丈夫か?」

利根「なに。問題ない」

五十鈴「……普通に全部参考書じゃない」

提督「当たり前だろうが。ってか、さっきからお前は何しに来たんだ」

電「あ、あの。何か手伝うこと、ありませんか?」

提督「じゃあ電は……利根が寄せたダンボールの中の本を、本棚へ入れてくれ」

電「わかりましたのです」

利根「吾輩も手伝うか?」

提督「あ、いや利根はこっちの荷物運ぶの手伝ってくれ。一人じゃ重くて」

利根「わかった。今そちらへ行く」

五十鈴「……一応、あたしも手伝ってあげる。何かある?」

提督「うーん、じゃあ電を手伝ってあげてよ。一人じゃ不安だし」

五十鈴「わかった」

提督「そんじゃ利根、行くぞー。せーのっ!」

利根「ほっ」

提督「うわ……凄い力だなやっぱ」

利根「ははは。一応、艦娘だからな」

提督「じゃあキッチンまで運んでくれるか?」

利根「ふむ、そうするとこれは食器か何かか。ゆっくり運ぶとしよう」

提督「助かるよ」

電「えーっと、この本はこの辺に……」

五十鈴「……ん、これって」

提督「利根、このへんでいい。ありがとな」

利根「気にするな。吾輩が手伝いたかったから手伝っているのだ」

五十鈴「ねぇあんた」

提督「どうした?」

五十鈴「なんかアルバムがあったんだけど……これ、あの本棚に入らないわよ」

提督「あ、そっか……ちょっと貸してもらえるか?」

五十鈴「……」

提督「五十鈴?」

五十鈴「えいっ」パカッ

提督「おい!何してんだよ!」

五十鈴「いいじゃない別に。減るもんじゃあるまいし……へー、これが小さい頃のあんたねぇ」

提督「ちょ、恥ずかしいからやめろよ!」バッ

五十鈴「へー、結構可愛いじゃない」ヒョイッ

利根「どうしたのだ?」

五十鈴「提督の幼い頃の写真だって」

電「か、可愛いのです!」

提督「お前らな……」

五十鈴「へぇ、あんたって妹がいたんだ」

提督「……妹?」

五十鈴「この茶髪の子って妹じゃないの?」

提督「ああ、違うよ。父さんの知り合いの子」

提督「まぁ確かに、妹みたいな感じだったけど……」

電「心なしか、私に似てるような……」

提督「確かに今思えば、電に結構似てたかもな……」

五十鈴「ふーん……あれ、こっから写真の雰囲気ががらっと変わるけど……」

利根「ここは……アメリカであるか?」

提督「うん、父さんに連れてこられたんだ」

五十鈴「あんたの父親、やっぱ色んなとこ回ってるのねー……っ!?」

利根「どうした五十鈴……なっ?!」

電「は、はわわ……」

提督「……どうかしたか?」

五十鈴「この写真……」

提督「……げっ」

利根「彼女というやつであるか?抱きつかれているが……」

提督「あーいや……」

五十鈴「何、あんた彼女いたの?!しかもアメリカに!」

提督「ち、違う!ただの女友達だ!やたらスキンシップは多かったが……」

五十鈴「ふーん、へー、そうなのー……」ジトメ

提督「なんだよその目……」

五十鈴「べっつにー」

提督「ってかそろそろ本当に手伝ってくれよ。まだ荷物あるんだから」

五十鈴「……ま、そうね。あんたに彼女がいようと、あたしには関係ないし」

電「はわわっ、す、すみません……」

利根「すまないな。つい……他人の昔の写真とは興味深いモノであるから」

提督「全く……」

五十鈴「……べーっだ」

―――数十分後―――

提督「利根、この荷物をそこに置いて。それで一応御終い」

利根「うむ、了解した」

五十鈴「結局、アルバム以外面白そうなもの見つからなかったわねー」

電「さ、サボるのはダメなのです!」

五十鈴「とか言ってあんたも一緒になって見てたじゃない」

電「あうう……」

提督「あとは俺がやっておくからさ。みんな、今日はありがとう」

利根「気にするでない」

五十鈴「……どういたしまして」

電「どういたしましてなのです」

提督「明日、お礼としてなんか奢るよ。あんまり高いモノのは買えないけど……」

利根「よいよい。吾輩はお主の手伝いがしたくて来たのだからな」

提督「そういうワケにもいかないさ」

五十鈴「受け取っておいたら?利根」

利根「……そうじゃの。ありがたく受け取っておこう」

提督「うん、そうしてくれ」

電「それじゃあ私達はこの辺で……」

利根「また遊びに来るからのー!」

五十鈴「た、たまになら遊びに来てあげてもいいわ。ふんっ」

提督「そんじゃーなー」

提督「……」

提督「よくよく考えりゃ、女の子を三人も家に連れ込んだのか俺?」

提督「いや、押し入られたのが正しいか……」

提督「あいつも俺の部屋に無理やり押し入ったりしてきたなぁ」

提督「……」パラッ

提督「懐かしいなぁ……この頃はよく一緒に遊んだっけ」

提督「今頃何してるかな、二人共」

提督「……っと、荷物整理、完全に終わらせないとな」タタタタ

ハラリ

提督「おっと、アルバムに挟んでた手紙が落ちちまった」

提督「挟み直して……これでよし」パタン

提督「そんじゃ、頑張りますかね」スタスタスタ

――――――――
Dear 提督

From KONGO
――――――――

―――夜 艦娘寮―――

???「もしもし~」

提督父「おお、久しぶりだな。元気にしてたか?」

???「元気だよぉ~。おじさんも元気?」

提督父「おう。俺も提督も元気だぞ」

???「そっかぁ。よかった~」

提督父「それでな。今日はお前に話しておくべき事があってな」

???「な~に~?」

提督父「そっちに提督が行ったから」

???「……へ?お、お兄ちゃんこっち来てるの!?」

提督父「ああ、今日編入させた」

???「あうう、いきなりすぎるよ~……確かに久しぶりに会いたいな、なんて思ったけどぉ~」

提督父「まぁ、昔みたいにとは言わないが、仲良くしてやってくれ」

???「今日来た転入生って、お兄ちゃんの事だったんだ~……」

提督父「要件はそれだけだ。そっちからは何かあるか?」

???「別に~。これといってないよ~」

提督父「そうか。それじゃあまた電話する」

???「うん、またね~」

提督父「―――おやすみ、文月」

―――翌日―――

提督「ふぁぁ……」

利根「眠そうだな。提督」

五十鈴「夜ふかしでもしたの?だらしない」

提督「いや、荷物整理してたらクリアしてなかったゲームが見つかってつい……」

電「夜ふかしはダメ、ですよ」

提督「うん、わかってる。わかってるんだけどさぁ……こう、中途半端なのは」

利根「なんとなくわかる気もするが、気をつけるのだぞ。授業を受けられない、なんて元も子もない」

提督「肝に銘じておくよ……」

加賀「おはようございます。みんな」

利根「うむ、おはよう。加賀」

五十鈴「おはよう」

電「おはようなのです、加賀さん」

加賀「……どうかしたの提督君。眠そうですけど」

提督「ちょっと……あはは」

男子「なぁなぁ、聞いたかお前ら!」

提督「?」

男子「今日はAクラスに転校生が来るんだってよ。しかもアメリカからの帰国子女!」

利根「ほう、興味深いなそれは」

提督「(……アメリカ?いやでもアイツは)」

五十鈴「ふーん。それで?」

男子「あ、いや、それだけだけど」

五十鈴「私達がAクラスと接点を持つことなんてあんまりないんだし、転校生なんて関係ないじゃない」

男子「そうなんだけどさぁ……」

電「ち、ちなみに性別はどちらなのです?」

男子「げっ、そうだった。男だったら嫌だなぁ……」

五十鈴「そういう場合はたいてい男が来るのよ。覚えておきなさい」

男子「うわぁ、なんかテンション下がってきた」

提督「ははは……」

加賀「……一応、艦娘だそうですよ」

男子「マジで?!加賀さんなんで知ってるの?!」

加賀「たまたまです」

男子「テンション上がってきたわー!」

五十鈴「テンション上げるか下げるかどっちかにしなさいよ」

男子「そんじゃ俺はちょっくらAクラスに偵察に行ってくるから。お前も後で来いよ!」タタタタ

提督「ああ……行けたらな」

五十鈴「転校生程度で騒がしいわね」

利根「仕方なかろう。二日連続で転校生が来るなど、今までなかったことだからの」

電「……」ソワソワ

提督「さて、どうしよう?」


1.Aクラスへ
2.教室でじっとしてる

>>+3

安価取ったところで飯落ち。すみませぬ。

帰還 再投下開始ー

提督「……うーん、行かないでいいか」

電「がーん!」

五十鈴「どんだけ楽しみにしてたのよ……」

利根「吾輩はどちらでもいいぞ」

提督「面倒事には巻き込まれたくなくてね」

電「ううう……見に行きたかったのです」

文月「あー!」

提督「……?!」ビクッ

文月「お兄ちゃんやっぱりこっち来てたんだ~」タッタッタ

提督「ふ、文月?!おま、なんでここに」

文月「えへへ~、私、艦娘だよ~」

提督「」

文月「驚いてるぅ~。おじさんから聞いてなかったの~?」

提督「……聞いてなかった」

文月「また会えて嬉しいよお兄ちゃん♪」

五十鈴「……あ、あの」

文月「な~に~?」

五十鈴「Eクラスの文月さん……よね?」

文月「そうだよぉ~。よろしくぅ~」

五十鈴「い、今、こいつの事を兄だとかなんとか……」

文月「あ、本当の兄妹じゃないよぉ~。昔、一緒に遊んでた時期があったの~」

五十鈴「まさか、昨日の写真に写ってたのって……」

文月「写真~?……たぶん、そうじゃないかなぁ~」

電「はわわ……結構似てるのです」

文月「ほんとだ~。よろしくね~」

提督「文月」

文月「ん~?」

提督「いや……その、久しぶり」

文月「あはは、今更~?」

提督「髪、伸ばしたんだな」

文月「うん~。お兄ちゃん、髪長いのが好みって言ってたから~」

提督「そ、そっか」

文月「それでお兄ちゃん、どう?」

提督「ど、どうって?」

文月「相変わらず鈍いなぁ、お兄ちゃんは~」

提督「……あ、ああ。似合ってる、よ」

文月「あはは~。顔真っ赤~♪」

提督「う、うっせ」

五十鈴「……」イライライラ

利根「五十鈴、落ち着くのじゃ」

文月「今日は挨拶に来ただけだから~。そろそろ戻るね~」

提督「おう、そっか」

文月「それじゃお兄ちゃん、今日、部屋に遊びに行くから~♪」

提督「えっ」

文月「じゃね~」タタタタ

提督「お、おい文月!!」

五十鈴「……ねぇ、あんた」

提督「な、なんだ?」

五十鈴「今日、私もあんたの部屋行くから」

提督「は?!おま、何を」

五十鈴「行くから」

提督「だかr」

五十鈴「行 く か ら」

提督「……はい」



利根「全く、素直じゃないのぉ。五十鈴は」

電「?」

―――昼―――

提督「今日はお弁当持ってきたけど……どうしようかな」

提督「誰かと一緒に食べたいとは思うんだけど」

提督「誰と食べようかな……」


1.Aクラス経由で中庭へ
2.食堂へ
3.Eクラスへ
4.Fクラスでじっとしてる

>>+4

ksk

提督「……うーん、でもやっぱ、転校生って気になるな……」

提督「ちょっとだけ、覗きに行ってみるか」

―――廊下―――

キャーキャー ウオオオオオオ

提督「ん?」

長門「すまない。私は食堂へ向かいたいのだ。みんなどいてくれるか?」

陸奥「長門、さっさと行きましょ」

キャーキャー ナガトサマー ムツサマー

提督「な、なんじゃありゃ……」

赤城「凄いですよね。長門さんに陸奥さん」

提督「そうでs……赤城さん!?」

赤城「はい。こんにちは」

提督「どうしたんですか?」

赤城「あはは……私も食堂に向かいたいのですが、この行列が……」

提督「凄いですね……」

赤城「Aクラス主席の長門さん、その相棒の陸奥さん。彼女達は本当にファンが多いですね」

提督「長門さんと陸奥さん……」

赤城「そうだ。提督君、貴方を探している子がいましたよ」

提督「へ?」

赤城「えーと名前は……そう」

赤城「金剛ちゃん、っていったと思います」

すみません、今日はここまでで……中途半端で申し訳ない。

ここまで読んでくださってありがとうございました。皆さんに最大限の感謝を。

こんばんはなのです。
今日もまったり更新します。
途中でちょっととある説明が入るかもしれませんが、温かい目で見てくださるとありがたいです。

>>125より続き


提督「金、剛?」

赤城「はい。転校生の子なんですけど……もしかして、提督君がここに転校してくる前のお友達なんですか?」

提督「……そうかも、しれません」

赤城「そうなんですか……確かまだ教室にいたと思いますよ」

提督「ありがとうございます。行ってきます」

赤城「では私は食堂に行ってきますね、また会いましょう」

提督「……食べ過ぎて出禁にならないようにしてくださいね」

赤城「ぜ、善処します……」

―――A-1―――

提督「……ここが、教室……」

提督「もはや大富豪の邸宅の一部屋みたいだな……」

???「もしもし、Aクラスに何かご用ですか?」

提督「え、ああ。金剛さんに用がありまして」

???「……転校生の容貌を確認したいという理由で見にきたのならば、お引き取りください」

提督「そうではなく……多分、俺の名前を出せば金剛さんも納得してくれると思います」

???「ふむ、ではお名前をお聞きしても?」

提督「提督、と言います」

???「わかりました。では少々お待ちください」

提督「はい」

提督「大丈夫、だよな……?たぶん……」

ダダダダダダ

提督「うん?」

金剛「提督ゥー!!」ガバァッ ダキッ

提督「うわぁっ!?」

金剛「提督!久しぶりデース!元気してましたカー?!」

提督「こ、こここ、金剛!!その抱きつき癖は直せって言っただろ?!」

金剛「だって抱き心地いいんですもノ」

提督「もう子供じゃないんだからさ……その……」

金剛「ふっふっふ~。顔真っ赤にしてますネー」

提督「あのな……」

比叡「お、おおお、お姉様!?何をやっているんですか?!」

金剛「お、ヒエイー。何って、抱きついてるだけですヨー」

榛名「金剛お姉様は大胆なんですね……」

霧島「……えーっと、お姉様。学園の風紀を乱すのは……」

金剛「エー。いいじゃないですカ。これぐらイー」

提督「そ、そうだぞ金剛。一旦離せ。話がしにくい」

金剛「ぶーぶー。提督のいけずゥー」パッ

提督「というか、お姉様って今……」

金剛「そうですヨー。みーんな、私の妹デース!」

提督「お前、姉妹なんていたのか」

金剛「妹達のために、アメリカから帰ってきたのですガー……まさか、提督と再会できるなんて思いませんでしたヨー」

比叡「お姉様!その男は一体……」

榛名「榛名も気になります」

霧島「……私もなんとなくはわかりますが、お姉様の口から関係を聞いておきたいです」

金剛「ン?ンー……そうですネー」

提督「何を悩んでんだよ。幼馴染に決まって―――」

金剛「提督はですネー」


金剛「私の、ボーイフレンドですヨー♪」

提督「……は?」

比叡「え……ええええええ?!お姉様!?本当ですか?!」

榛名「お姉様の……彼氏さん……ですか」

金剛「そうですヨー♪ネ、提督♪」ダキッ

提督「待て待て!!俺と金剛はそんな関係じゃなくて―――」

比叡「くっ、そこのお前!」

提督「はい?!」

比叡「お姉様をかけて……私と勝負しなさい!」

提督「なんで?!」

霧島「比叡お姉様。落ち着いてください。金剛お姉様も冗談はいいですから」

金剛「たはは……霧島にはバレてましたカー」

霧島「ええ。そもそも私達にも幼馴染だと説明していたじゃないですか」

金剛「そうだったっケ?」

霧島「はい。ちゃんと説明していました」

比叡「なんだ。冗談でしたか」

金剛「アメリカンジョークってやつですヨー」

比叡「そんな心臓に悪いジョークはいりません……」

榛名「えーっと、じゃあこの方は……」

金剛「前から話していた、アメリカにいた頃の幼馴染ですヨー」

提督「え、えーっと。初めまして。Fクラスの提督と申します」

金剛「エー?提督、Fクラスだったノ?私、CやDを何回も確認しちゃいましたヨー」

提督「本当はCやDに入る予定だったんだけどね……あの親父が」

金剛「……あー。おじさんなら納得カモ」

比叡「お、親子公認?!」

榛名「比叡お姉様、落ち着いてください」

金剛「そうダ!みんなも自己紹介しなヨー。ほらほら、比叡カラ!」

比叡「わ、私ですか……ええっと。次女の比叡と申します。よろしくお願いします」ジロッ

提督「こ、こちらこそ……(なんで睨みつけられてんだろ……)」

榛名「三女の榛名と申します。よろしくお願いしますね」ペコッ

提督「ええと、こちらこそよろしくお願いします(金剛とは違って落ち着いた人だな)」ペコッ

霧島「四女の霧島です。そうだ、加賀さんはお元気にしていますか?」

提督「は、はい。加賀さんにはお世話になっています(加賀さんと知り合いなのかな?)」

金剛「金剛デース!改めてよろしくネ!提督!」

提督「おう、こちらこそな」

金剛「ねぇねぇ提督。お昼はマダ?」

提督「そうだな。中庭でお弁当を食べようと思って……」

金剛「なら、一緒に食べようヨー!」

比叡「えっ……」

霧島「比叡お姉様。お姉様の気持ちはわかりますが、露骨に嫌そうな顔しないでください」

榛名「榛名は大丈夫ですよ。むしろ、お話をお聞きしたいです」

金剛「決まりだネー!ほらじゃあ提督、中庭行くヨー!」グイッ

提督「お、おい引っ張るなって!」

比叡「ま、待ってくださいお姉様ー!」

榛名「私達も行きましょうか」

霧島「……そうですね」

―――中庭―――

提督「へぇ、こんなテーブルがあるのか」

金剛「私も初めて知りましター」

霧島「知っててここに来たんじゃないんですか……お姉様は」

金剛「ごめんなさいだヨー……」

比叡「……」ムスッ

榛名「比叡お姉様、ほら、笑顔ですよ。笑顔」

比叡「わかってる……むぅ」

提督「(ホント、変わった性格の姉妹だな……)」

提督「(誰に話しかけてみよう?)」

1.金剛
2.比叡
3.榛名
4.霧島

>>+2

提督「えーっと、比叡さん」

比叡「はい?!わ、私ですか!?」

提督「そ、そうです。その、さっきから気になってたんですけど……なぜ俺を睨みつけてくるんですか?」

比叡「……気のせいじゃないですか?」プイッ

提督「気のせいじゃないと思うんだけどな……」

比叡「被害妄想が激しい方ですね」

提督「……むぅ」

榛名「あの、提督さん……その、察してあげてください」

提督「まぁ、なんとなくわかるんですけど……」ジッ

金剛「ンー?どうしたノ?提督」

提督「……なんでもない」

提督「(うーん、どうすればいいかな……)」

提督「そうそう。比叡さん」

比叡「なんですか?」

提督「金剛ってアメリカではハンバーガーばっかり食べてたんですけど、今はどうなんです?」

金剛「ちょ、提督ゥ」

比叡「お姉様!そんな食生活をしていらっしゃったんですか?!」

金剛「あ、あははー……まぁネー……」

比叡「そんなのいけません!今日から夕食は体にいいものを……豆腐料理……野菜中心……」

金剛「オウ……ギブミービーフ……」

比叡「ダメです」

金剛「ウー!提督の馬鹿ァー!」

提督「ご、ごめん」

金剛「ウー……あ、提督ゥ」

提督「何?」

金剛「今日の夜、提督の部屋に行ってイイ?」

提督「」ブッ

比叡「」ゴフッ

榛名「お姉様……大胆過ぎます……」

霧島「お姉様!それは許しませんよ!」

金剛「えっ、えっ?何か変なトコあったかナ?」

提督「まさかの無自覚……」

金剛「提督の部屋に、アルバム見に行くだけだヨー?」

提督「ああ、そういう……」

榛名「それを口実に……ふふふ」ホワンホワン

比叡「お姉様!行っちゃダメです!ダメえええええ!!!」

霧島「みんな落ち着いてください……」

金剛「それじゃあ、今日の夜は部屋で待っててネ♪提督」

提督「わ、わかった」

比叡「ダメですうううううううう!!!」


提督「……あれ、なんか忘れてるような……」

―――夜 提督の部屋―――

文月「……」

五十鈴「……」

金剛「……」


提督「……なんだこの状況……」


提督以外『こっちのセリフよ(です)(デース)』

五十鈴「なんで一人増えてるの?ねぇ」

提督「なんでだろうな……」

文月「っていうか、金剛姉だ~久しぶり~♪」

金剛「フミヅキじゃないですカー!久しぶりデース!」

五十鈴「またあんたの知り合いなの?」

提督「幼馴染だ」

五十鈴「ふーん……へぇ……」

金剛「えーっと、その人ハ?提督」

提督「クラスメイトだけど……」

五十鈴「五十鈴よ。よろしく」

金剛「イスズ、ですカ。よろしくデース」

文月「というか~。なんで五十鈴さんが~?」

五十鈴「……別に。気まぐれよ」

文月「ふ~ん……」

提督「あ、あの……飲み物、持ってくるな……」

金剛「コーラがいいデース!」

文月「私はオレンジジュース~」

五十鈴「……なんでもいいわ。できるならお茶がいいけど」

提督「……了解」

五十鈴「……」ジロジロ

文月「……」ニコニコ

金剛「?」

提督「……(どうしようコレ)」

金剛「そういえばフミヅキはわかりますガー……イスズは提督とどんな関係なんですカー?」

五十鈴「わ、私はだから、クラスメイトだって」

文月「ただのクラスメイトが部屋に来るなんて……怪しいな~」

五十鈴「昨日引越しの手伝いをして、まだ何か手伝う事があるかと思ってここに来たの。そういえば金剛さん、金剛さんは転校生なのよね?」

金剛「そうですケド」

五十鈴「引越しの準備とかしないでいいのかしら」

金剛「妹達がやってくれるそうなのデ、任せてマース」

五十鈴「そうなの。いい妹さん達ね」

金剛「そうですネー。そうだフミヅキ」

文月「な~に~?」

金剛「先ほど、お友達が探していましたヨ?」

文月「……いつもの事だから大丈夫~」

金剛「あまり友達に心配をかけたらいけませんヨ」

文月「わかってるよ~」

提督以外『……』ゴゴゴゴゴ

提督「……どうするかこれ」

ピンポーン

五十鈴「まだ誰か来るの?!」

金剛「どれだけ呼んだんですカー」

文月「お兄ちゃんの浮気者~」

提督「いや?!俺は呼んだ覚えはないぞ?!」

提督「(一体誰が……?)」


クラスメイトが呼びに来なかったのは?

1.金剛
2.文月
3.五十鈴

>>+3

提督「はいはい、どちら様……」

榛名「こんばんは。提督さん」

菊月「……こんばんは」

提督「あ、えーっと。榛名さん?それに……」

菊月「菊月だ。文月はいるか?」

榛名「私は金剛お姉様をお願いします」

提督「え?ああ、わかった」

提督「金剛、榛名さんが呼んでるぞ」

金剛「え?なんだロー……」

提督「あと、文月は菊月?って子が」

文月「げっ……」

提督「げっ、てお前……」

文月「い、いないって事には~」

提督「しない」

文月「お兄ちゃんの意地悪~……」

提督「ほらほら、待ってるんだから早く行けって」

文月「は~い……」

榛名「お姉様。お楽しみのところ申し訳ないのですが、部屋に戻っていただけないでしょうか?」

金剛「え?なんデ?」

榛名「あの、比叡お姉様が……」

金剛「……うーん、わかったヨ」

菊月「見つけたぞ文月……」

文月「あ、あはは~」

菊月「今日は大掃除の日のはずだろう。さ、行くぞ」グイッ

文月「や~だ~……」ズルズル

提督「……」

五十鈴「……で、何のために来たの?あの二人は」

提督「さぁ……」

提督「それよりもさ。五十鈴」

五十鈴「何?」

提督「なんでお前は……そんなに俺の事を気にかけるんだ?」

五十鈴「は?……気にかけてなんかないわよ」

提督「そっか」

五十鈴「……気にかけてなんかない。あたしは監視してるだけ」

提督「監視?」

五十鈴「そう。あんたがあんたの父親みたいにならないように、あたしは監視しなくちゃいけないの」

提督「……」

五十鈴「べ、別にあんたの事が気になってるわけじゃないんだからね!勘違いしないでよね!」

提督「お、おう……」

五十鈴「そんじゃ、あたしも帰るから」

提督「えっ」

五十鈴「それじゃ」

提督「いや待てよ。だったらお前も何のためにここに来たって話になるだろ?!」

五十鈴「若い男子と女の子が二人きり、なんて怪しまない方がおかしいと思わない?」

提督「そりゃそうだが……文月だぞ?」

五十鈴「あんたは文月さんをよく知ってるかもだけど、あたしは文月さんの事も、あんたの事もよく知らないから」

提督「ぐむ、そりゃそうか……」

五十鈴「……ま、あんたはそんな事しないでしょうけどね。一応、よ。一応」

提督「まだまだ信頼されるには程遠いって事か?」

五十鈴「そーゆーこと」

提督「……わかったよ。お前の信頼を得るために、これからも頑張ることにするよ」

五十鈴「ふふっ、頑張りなさいな。それじゃ」

提督「ああ、また明日」

―――翌日―――

提督「おはよう」

利根「おはよう。提督。昨夜はお楽しみだったそうだな!」

五十鈴「はぁ?!あんたは何を言ってるのよこの馬鹿!」

利根「んなっ、なんだと!!」

電「はわわ……」

加賀「落ち着いてください」ゴゴゴゴゴ

利根「ひぃ、加賀!その顔をやめるのじゃ!」

五十鈴「ご、ごめん」

加賀「全く……」

提督「騒がしいなぁ……」

男子「おい!大変だ!」

提督「またお前か」

男子「扱い酷くない?!」

五十鈴「だって、ねぇ?」

利根「もうレギュラーメンバーでいいのではないだろうか」

加賀「作者が加えたくないそうですよ」

電「め、メタな発言はやめた方が……」

加賀「名前をいちいち考えるのも面倒なようですし」

利根「もういっそ安藤でいいのではないだろうか」

五十鈴「そうね、もういいわ。で、どうしたの安藤?」

安藤「もういいよ……それより、落ちてくるらしいぞ?」

提督「落ちる?」

安藤「ああ」

五十鈴「ふーん、珍しいことが続くわね」

提督「あの、落ちるって?」

利根「そうか。お主はまだ来たばかりだから【落ちる】の意味を知らなかったのか」

電「お、【落ちる】っていうのは……その、クラス落ちの事です」

提督「クラス落ち……つまり下のクラスに?」

利根「そう。何らかの理由があったりするがの」

安藤「ああ、なんでも不良生徒がEから落ちてくるとか……」

利根「不良、か」

電「はわわ、怖いのです……」

五十鈴「迷惑なものよね、変な子はみーんなFクラスに押し付けられるって」

利根「その変な子の中に我々も入っているのだが」

五十鈴「……」

安藤「お、俺あんま関わらないようにするから、お前らも気をつけろよ!」

五十鈴「あんたに言われなくてもわかってるわよ」

利根「それに吾輩達はある程度自衛手段はあるからな」

電「む、むしろ提督さんや安藤さんの方が心配です……」

提督「まぁ、うん……情けない話だけどね」

加賀「いざとなれば私達が守ってあげますから」

提督「あはは……よ、よろしくお願いします」

安藤「なんだよモテモテじゃねーか。このハーレム」

提督「そんなんじゃないよ……」

安藤「そろそろHR始まるな。じゃな!」

提督「おう、それじゃあな。安藤」

提督「しかし、不良ねぇ……」

利根「どうした?」

提督「いや、あんまいいイメージがないんだ。俺、不良に」

電「あの……どうしてかお聞きしても?」

提督「実は親のことで、どうも喧嘩が強いとかイメージがついちゃったみたいでね」

提督「たまにボコボコにされてれてたりしたもんだ」

利根「そうであったのか……」

提督「でもまぁ、そのお陰か耐性は高いからさ。いざとなったらみんなを身を挺してでも守るよ」

電「はわわ、私達は大丈夫ですよ?」

提督「いいの。俺にできるのはそれぐらいなんだからさ」

五十鈴「……はぁ。あんたって奴は……」

先生「おーい!HRを始めるぞー!」

提督「じゃあ座ろっか」

利根「うむ、そうじゃの」

先生「えー。今日はみんなも知ってると思うが、このFにクラス落ちが出た」

安藤「せんせー!男子ですか!女子ですか!」

先生「……まぁ、艦娘だ」

安藤「ひゃっほー!」

提督「(アイツ、相手が不良って事を忘れてないだろうか)」

先生「とりあえず入ってこい」

天龍「……ふん」

提督「(が、眼帯……)」

電「はわわ……怖そうなのです……」

先生「自己紹介をお願いしてもいいかな」

天龍「……天龍だ。俺には干渉するなよ」

クラス内『……』

提督「(なんかヤバイ子が来ちゃったな……)」

とりあえず今日はここまでで。
明日も更新できそうなので、同じ時間ぐらいに更新したいと思います。

とあるモノの説明まで行かなかったので、明日こそはそこまで行きたいなと。

それではここまで読んでくださった方々、ありがとうございました!

こんばんは。
金剛ちゃんは勘違いしてました、ホント申し訳ない……

イギリスで生まれる→アメリカで実験→実験中に提督と会う

みたいな感じで解釈していただけるとありがたいです。

―――HR終了後―――

五十鈴「……ねぇ」

提督「なんだ?」

五十鈴「どう思う、アレ」


天龍「……」

安藤「な、なぁ天龍さん、趣味とかって」

天龍「もう俺には近づくなと言ったはずだが」

安藤「そ、そうだけどさ、ほら」

天龍「うるせぇ」

安藤「……」


提督「正直、不良と言うよりは俺には厨二病にしか見えないんだよなぁ。眼帯といい……」

五十鈴「でも、とある男子をボコボコにしたのは確かのようよ。銃とかはもちろん無しで」

提督「じゃあただの厨二病ではないということか」

五十鈴「そう見たいね」

天龍「……」

提督「……俺は宣言通り、あんま関わらないようにするよ」

五十鈴「それが懸命ね……あれ、利根は?」


利根「おい、お主!」

天龍「……ああ?」

利根「吾輩は利根だ!よろしく頼むぞ!」

天龍「……なんでよろしくされなくちゃいけないんだよ」

利根「む?同じクラスなのだから、仲良くするのは当然であろう!」

天龍「同じクラスだから仲良くしなくちゃいけないなんてルールはどこにも存在しねぇけどな」


五十鈴「……何やってんのよあのバカ……」

提督「俺は何も見てない、見てないぞ」

利根「さ、吾輩がFクラスのみんなを紹介してやろう!」

天龍「いらねぇよそんなもん」ガタッ

利根「ど、どこへ行くのだ!」

天龍「どこでもいいだろ。お前には関係ない」

利根「これから授業があるのだぞ!」

天龍「知らね。それじゃあな」スタスタ

利根「お、おい天龍!」


提督「……行ったな」

五十鈴「行ったわね」

電「行ったのです」

五十鈴「電、あんた今までどこに……」

電「つ、机の下に隠れてたのです……」

利根「むぅ、付き合いの悪い奴じゃの」

五十鈴「当たり前でしょ。不良、なんだから」

利根「吾輩にはそうは見えなかったのだ」

提督「と、いうと?」

利根「なんというか……無理をしている感じがしたのだ」

五十鈴「……は?やっぱあんた頭のネジがどっか飛んでんじゃないの?」

利根「何を?!」

五十鈴「あんたにわかるんならあたし達にもわかるわよ。ねぇ、電?」

電「わ、私は……えっと……その」

提督「はいはい、喧嘩はやめやめ。そろそろ授業が始まるぞ」

利根「後で覚えておれよ五十鈴……」

五十鈴「どうせあんたが覚えてないんだから意味ないわよ」

利根「……」

―――授業中―――

提督「(なぁ、利根)」

利根「(む?なんじゃ?)」

提督「(さっきの天龍が無理をしているって……どういう事だ?)」

利根「(吾輩の感覚だからわかりにくいかもしれないが……話をしていてな、どうも変なんじゃ)」

提督「(変?って)」

利根「(うーん、嫌そうなんじゃが、嫌じゃなさそうというか……)」

提督「(……)」

利根「(そんな顔をしないで欲しいの。吾輩の感覚なんじゃから)」

利根「(とにかく……わざとあんな風に振舞っている、そう思ったのじゃ)」

提督「(……うーん)」

利根「(そろそろ真面目に授業を受けるとするかの)」

提督「(そうだな……)」

―――昼休み―――

提督「……」ガタッ

五十鈴「あら?一緒に食べるんじゃないの?」

提督「今日は文月と約束しててな」

五十鈴「……ふーん、そうなの」ジトーッ

提督「……わかったよ。明日はここで食うからさ」

五十鈴「別に好きにすればいいじゃない。ふんだ」


利根「……わかりやすいのぉ」

電「なの?」

利根「電には、まだ早いかのぉ」

電「です?」

―――E-2クラス―――

提督「文月ー?」

文月「あ、お兄ちゃん~」

クラス内『ザワッ……』

提督「……?」

文月「約束、守ってくれたんだね~」

提督「そりゃあな」

文月「それじゃ中庭に行こっか~。お話したいことがあるんだ~」

提督「お、おう」

文月「あ、でもその前に~……一人、友達を連れてきたいんだけどいいかな~?」

提督「構わないぞ」

文月「それじゃあ、ちょっと待ってて~」

―――中庭―――

皐月「皐月だよっ、よろしくね。提督さん。文月から話はよく聞いてる」

提督「よろしくな。って、話って何の?!」

皐月「うーん、なんだっけ。お兄ちゃんがどれだけカッコイ」

文月「わー!わー!」

皐月「……どうしてここでは恥ずかしがるんだい?」

文月「そ、それは、本人がいるから~……」

提督「?」

皐月「……まぁ、ボクには関係ないけどさ。今回は別の話だし」

文月「そ、そうだよ皐月~」

皐月「えーっと、提督さん」

提督「なんだい?」

皐月「提督さんのクラスに、天龍さんが行かなかったかな?」

提督「……うん、来たけども」

皐月「それについてね……ちょっと」

提督「?」

皐月「天龍さんがなんでFに落ちたのか、知ってるかい?」

提督「……いや、わからないな。喧嘩とか?」

皐月「うん、そうだよ。喧嘩、なんだけど……」

皐月「……それ、ボクのせいなんだ」

提督「どういう事だ?」

皐月「ボク、ある男子からストーカー紛いの事をされてたんだ」

皐月「で、その日も一人で寮まで下校してたら……案の定ストーカーされて」

皐月「しかもその時は、襲われそうになったんだ」

提督「……もしかして」

皐月「うん、その時に助けてくれたのが天龍さんなんだ」

提督「なるほどな……いや、なら事情を説明すれば」

皐月「……学園の先生方にも説明したんだけど……けど」

提督「けど?」

皐月「……受け入れて、もらえなくて」

提督「……何?」

皐月「そのストーカーに、天龍さんが一方的に殴りかかったって、事になってて」

皐月「そのせいで、天龍さんが、Fクラスに、落ちて」

皐月「ボク、どうしたらいいか、わかんなくて。頑張ったんだけど、結局ダメで」

皐月「天龍さんは別に構わないって言うし、だけど、ボクは」

文月「皐月、落ち着いて~。ほら、ハンカチ」

皐月「うん、ありがと。文月」

提督「(……どういう事だ?)」

提督「(艦娘はある程度は自衛手段は持っているから、ってか?)」

提督「(身を守れないのは自分が悪い、ってか?)」

提督「(それとも……金、とかか?)」

提督「……ふざけんな」

皐月「えっ?」

提督「文月、皐月、ごめん。行くところが出来た」

文月「えっ、えっ、お兄ちゃん?!」

提督「……また、付き合ってやるから。今はごめんな」

文月「……うん、わかった」

提督「それじゃ、また一緒に昼飯、食えたら食おうな。皐月」

皐月「……うん、ありがと、【兄さん】」

提督「っ?!」

文月「ちょ、皐月~!?」

皐月「ふふふっ、文月の兄なら、ボクにとっても……兄、だよね」

文月「私のアイデンティティ~!」

提督「……そ、それじゃ、行ってくるから」

皐月「よろしくね。兄さん♪」

―――校長室―――

提督「失礼します!」

校長「はっはっは!君か!よく来たな!」

提督「……あの、なんでそんなにテンションが高いんですか?」

校長「私も君に話したい事があってな。ちょうど君の場所へ向かおうと思っていたのだ」

提督「そうですか。では、校長先生からどうぞ」

校長「ふむ……天龍君の件だ」

提督「!」

校長「もしかして君も、そうなのかい?」

提督「……はい」

校長「君も話は聞いているかな?」

提督「ええ、一応、皐月……さんから」

校長「ふむ、なら話は早い。実はな、あの件、どうも先生のうちの一人が賄賂を受け取っていたらしい」

提督「……やはり、ですか」

校長「ああ。私がいない隙を見計らって受け取っていたらしい」

校長「それでな、君に頼みたい事がある」

提督「なんですか?」

校長「知っての通り、この学園は実力主義だ」

提督「はい。それはこのクラス制度で嫌というほど知りました」

校長「先生の方は私がどうにかする……だから」

校長「君は、生徒の方を懲らしめてやって欲しい」

提督「……どういう事でしょうか」

校長「近々、合同演習がある事を知っているね?」

提督「はい。それが何か?」

校長「そこで、天龍君と一緒にその生徒を負かしてやって欲しいのだ」

提督「……それによって、何が起きるんでしょう」

校長「……私の責任とはいえ、一度Fに落としてしまった天龍君を何も無しにEに戻すことはできない」

提督「実力主義だからですか」

校長「そうだ。天龍君が勝つことで、もう一度彼女はEクラスに戻る事ができる」

校長「更に、演習で下のクラスに負けるということはクラス内でも悪いレッテルが貼られる行為なんだ」

提督「なんとなくは、わかります」

提督「ですが、それでは根本的な解決にはならないのでは……?」

校長「いや、まぁ、そうなんだが、そこは問題ないというか、うーん」

提督「?」

校長「とにかく、私のお願いを受けてくれるのか?提督君」

提督「……俺でいいんですか?」

校長「何を言っているんだ。君だから頼んでいるんだよ」

提督「……わかりました。俺でいいなら」

校長「頼んだよ。君」

提督「はい、では失礼します」スタスタ



ちょっと頭が回らないので今日はここまで。
読んでくださった方々、ありがとうございました。

……いい加減、猫はオフラインになってくれませんかね。


次はいつ更新できそうですかね

>>201 水曜日ぐらいになると思います

こんばんは。>>1です。
では今日もまったり更新していきたいと思います。

>>199より

―――F-1教室―――

提督「と、いう事になった」

電「じゃあ、提督さんは演習に参加するのですか?」

提督「そういう事になる、な」

五十鈴「……あんた、天龍とは出来るだけ関わらないようにするとか言ってなかった?」

提督「そういうつもりだったんだけど……あーやって頼まれちゃうとさ」

利根「で、どうするのだお主」

提督「どうするって?」

利根「天龍にその話、通してあるのか?」

提督「……あっ」

五十鈴「忘れてたの?馬鹿じゃないのあんた……」

提督「うるせぇよ」

提督「いや、待てよ。学園長が俺に話を振ってきたんだから、天龍にも話を振られてるんじゃないか?」

五十鈴「なら確かめてみればいいじゃない。ほら、今はアイツ、席に座ってるわよ」

提督「……行くしかないのかなぁ」

利根「男であろう。怖気づいてどうする」

提督「まぁ、話すだけなら大丈夫だろう……たぶん」

電「ふぁいと!なのです」


提督「あー、えっと、天龍、さん?」

天龍「……んだよ」

提督「その、天龍さんは今週の演習に出る予定はあるのかな?」

天龍「そんな面倒なもんには出ねぇよ」

提督「そ、そっか……」


提督「話通ってなかった……」

五十鈴「どうするつもりよ……」

提督「頼み込んででも演習に出てもらうしかないよなぁ」

加賀「なら、龍田さんにお願いしてみたらどうですか?」

提督「え?加賀さん?今までどこに……」

加賀「ちょっと野暮用で」

提督「それより、龍田さんって……」

加賀「保健の先生よ。提督君はあったことあるでしょう?」

提督「ああ、あの……」

五十鈴「や、やめときなさい」

提督「え?」

電「そ、その、私も行かない方がいいと思うのです」

利根「吾輩もそれに同意する……」

提督「み、みんなしてどうしたの一体」

加賀「……提案しておいてなんですが、私もできるだけあの人とは関わりたくないですね」

提督「えぇ……」

加賀「ですが、天龍さんと仲がいいのは確かなようです」

提督「うーん……どうするか……」


1.龍田さんに頼んでみる
2.自分で天龍にお願いする


>>+2

提督「……龍田さんにお願いしてみることにします」

五十鈴「ほ、本当に行くの?」

提督「背に腹は変えられないからね」

利根「……お主の骨は拾ってやる」

提督「えっ?!そ、そんなにヤバイ人なの?!」

加賀「……まぁ、ヤバイ人ではありますね」

提督「みんながそこまで言うなんて……や、やっぱやめようか」

龍田「すみませ~ん」

教室内『?!』

天龍「んなっ!?た、龍田?!」

龍田「あ、天龍ちゃ~ん」

天龍「な、なんで教室まで来てんだよ!」

龍田「天龍ちゃんに手伝ってもらいたい事があって~」

天龍「わかったから、ほら、早く行くぞ!」

龍田「天龍ちゃんは優しいね~」

天龍「……うるせぇよ」

安藤「か、体から変な汗が出るかと思った……」

ザワザワ ザワザワ

提督「なんだ。凄く優しそうな人じゃないか」

電「あ、あはは……」

五十鈴「……最初はみんな騙されるのよ」

提督「騙されるって……」

五十鈴「まぁいいわ。あんたが行くっていうのなら、私は止めない」

電「お、お気を付けてなのです」

利根「頑張るのじゃぞ。……色々、と」

加賀「……」

提督「……急に行きたくなくなってきたな」

―――放課後 保健室―――

提督「……ここに来る直前に加賀さんから無言でお守りを渡されてしまった……」

提督「……大丈夫かなぁ、俺」

龍田「あの~」

提督「うわっ?!」

龍田「そこに立たれると、保健室に入れないんですけど~」

提督「す、すみません。龍田さんに用事がありまして……」

龍田「あら~。そうなんですか。じゃあ、中にどうぞ~」

提督「ありがとうございます」


―――保健室―――

龍田「それで、私に何か御用ですか~?」

提督「あの、天龍さんの事でお話が……」

龍田「天龍ちゃんが、何かご迷惑をおかけしましたか~?」

提督「あ、そうじゃないんです」

龍田「じゃあ~……もしかして、貴方が提督君?」

提督「あ、そうです。という事は……」

龍田「はい。校長先生から、お話はお聞きしています~」

提督「その、天龍さんを演習に参加させる事はできないでしょうか?」

龍田「えっと~……天龍ちゃんは、参加したくないって言ってるんですか~?」

提督「そんな面倒な物には出ない、と」

龍田「そうですか~……わかりました」

提督「じゃあ」

龍田「その代わり~……一つ、お願いしてもいいですか~?」

提督「お願い、ですか」

龍田「はい~」

提督「それは……えっと、どのような?」

龍田「そうですね~……例えば」


龍田「私の足を、舐めてもらう……とか」


提督「……えっ?あ、あの、今なんと?」

龍田「私の足を舐めてもらう、と言いました~」

提督「……えええええ!?いや、何を言ってるんです?!」

龍田「ふふふ……どうしますか~?」

提督「あ、足を舐めるって、その」

龍田「いいんですよ?提督君が嫌なら……自分で天龍ちゃんにお願いすることになりますけど~うふふ~」

提督「……お、俺は」


1.舐める
2.舐めない

>>+3

提督「……嫌、です」

龍田「あら、どうしてかしら~?」

提督「そりゃ嫌に決まってますよ。いきなり足を舐めろ、だなんて」

龍田「なら、自分で頼むって事でいいのかしら~?」

提督「……そうなりますね」

龍田「そっか~……ざ~んねん」

提督「っていうか、龍田さんってもしかして……」

龍田「ふふふ……まぁ、確かに色んな人からどSだとか何とか言われてるわね~」

提督「やっぱり」

龍田「まぁ、とにかく……ヒントくらいは、あげるわよ」

提督「ヒント?」

龍田「天龍ちゃんは、あー見えても可愛いものが大好きなの~」

提督「……意外、ですね」

龍田「意外かしら?天龍ちゃんも女の子、なのよ~?」

提督「そりゃあ、まぁ」

龍田「そもそも~、皐月ちゃんを助けたのは、彼女が可愛かったからだし~……」

提督「えっ」

龍田「だから、皐月ちゃんと一緒に頼んでみたらどうかしら~?」

提督「な、なるほど……」

龍田「私から言えるのはここまで~。頑張ってね、提督君」

提督「はい。頑張ってみます」

龍田「あ、そうそう~」

提督「はい?」

龍田「私の足を舐めたくなったら、いつでも来ていいから~」

提督「……考えておきます」

すみません。今日は急用が入ってしまいましたのでここまで。
今日できなかった分は明日、更新したいと思います。

それでは短かったですが、ここまで読んでくださってありがとうございました・

一昨日も昨日も申し訳ありませんでしたorz
今日もちびちび更新していきたいと思います……

龍田「あ、待って提督君」

提督「まだ何かありますか?」

龍田「……天龍ちゃんの事、よろしくね?」

提督「……」

龍田「あの子、あんな風に振舞ってるけど、やっぱショックだったと思うから……」

提督「はい。俺に任せてください」

龍田「ふふふ、頼もしいわね~」

提督「それじゃあ、改めてこれで」バタン


龍田「……さて」

龍田「私は私の仕事をしなくちゃね~……ふふふ……」

―――E-2クラス―――

提督「えーっと……」

菊月「おい、そこのお前」

提督「はい?」

菊月「何の用だ?場合によっては貴様をここで……」

文月「あ、お兄ちゃん~」

提督「お、文月」

菊月「……なんだ。文月の知り合いか」

文月「うん。私の幼馴染の兄代わり~。で、どうしたの?」

提督「皐月を呼んでくれるか?」

文月「うん、いいけど……もしかしてお兄ちゃん」

提督「ん?」

文月「わ、私に飽きたから皐月を……なんてこと、ない、よね?」

菊月「何っ!?貴様、歯を食いしばれ!」

提督「……違うよ」

今更ながら修正させてください……そうじゃないと話の流れがおかしくなっちゃうので
>>73 ×三日後 ○六日後
   ×FとDとA ○FとEとA

―――――――――――――

皐月「呼んだ?兄さん」

菊月「……待て皐月。お前までこいつを兄と呼ぶのか?」

皐月「だって文月の兄代わりなんでしょ?だったらボクらの兄代わりでもあるじゃないか」

菊月「その理屈はおかしいと思うが……」

提督「えーっと。話を進めていいか?」

皐月「うん。何かな?」

提督「明日の放課後、付き合ってもらえないかな?」

皐月「……へ?」

文月「お、お兄ちゃん!もしかして、それって、で、デート……」

提督「違う違う。天龍の説得に付き合って欲しいんだ」

皐月「な、なんだぁ……うん。わかったよ」

提督「よろしくな。皐月」

皐月「ボクとしても天龍さんはEクラスに戻ってきて欲しいからね。よろしくね、兄さん」

―――次の日 F-1 放課後―――

提督「よ。天龍」

天龍「……あんだよ。こんなところに呼び出して。告白ならお断りだ」

提督「告白じゃない。ごめんな」

天龍「じゃあなんだってんだよ」

提督「皐月」

皐月「天龍さん!」

天龍「んなっ!?皐月!?」

皐月「天龍さんはボクのせいでFに落ちたんだよね……?」

天龍「……違ぇよ。ただの素行不良だ」

皐月「嘘。だって天龍さん、Eクラスではちゃんと授業受けてたもん」

天龍「うっ……」

皐月「どうしてFに落ちてからそんな素振りするようになったの?」

天龍「……別に。皐月には関係ねぇよ」

皐月「天龍さん!」

天龍「うるせぇよ!」

皐月「ひぅっ」

天龍「あ……ご、ごめんな」

皐月「……とにかく、ボクは天龍さんに戻ってきて欲しいんだ」

天龍「んな事言われてもな。あいつらに会わす顔なんて俺には……」

皐月「Eクラスのみんなは、わかってくれたよ」

天龍「は?」

皐月「ボクが事件の事、全部話したんだ。そしたらみんな信じてくれた」

天龍「……」

皐月「ねぇ、天龍さん。戻ってきてよ」

天龍「んな事言われたって、戻りたくても簡単には……」

提督「皐月、ここからは俺が」

天龍「……なんだよお前」

提督「この前に君に話しかけたヤツだ。覚えてるか?」

天龍「……ああ、演習がどうのこうのって言ってたヤツか」

提督「そう。で、俺の名前は提督っていうんだけど。天龍、君は校長先生から話を聞いてるかい?」

天龍「……いんや」

提督「やっぱりか。天龍、君には演習に参加して欲しい」

天龍「なんでそんな事しなくちゃいけないんだよ」

提督「……Eクラスの、橋本」

天龍「っ」

提督「わかるよな?お前がボコボコにしたっていう、ストーカー野郎だ」

天龍「そいつがどうしたんだよ!」

提督「あいつを、演習で倒す」

天龍「……何?」

提督「幸いにも、橋本は演習に参加する意思を示してるらしい。校長先生がそう仕立て上げたからな」

天龍「……倒して、なんの意味がある」

提督「もし彼を倒すことができた場合……天龍、君をEクラスに返すと校長先生が約束してくれた」

天龍「そんな都合のいい……」

提督「いや、本当だ。どうも橋本ってやつは教師達に賄賂を握らせて、事件の事を有耶無耶にしたらしい」

皐月「やっぱり!」

提督「校長先生はその事に気づいたんだ。だけど、一度Fに落とした天龍を無償でEに再びあげるワケにはいかない」

天龍「だから……演習、か」

提督「そうだ。勝つ相手は誰でもいいらしいけど……今回は橋本が参加してる。この機を逃すわけにはいかないね」

提督「天龍。演習に参加してくれないか?俺や校長先生、それに……龍田さんのために」

天龍「なんで龍田の名前が」

提督「君を頼む、って言われちゃったからさ」

天龍「……あのお人好し……」

天龍「……わかった。だが参加するのに条件がある」

提督「条件?」

天龍「ああ。演習当日までに……残りのメンバー2人はお前が集めろ。そうすりゃ、お前と一緒に演習に出てやる」

提督「わかった。約束する」

天龍「話はそれだけか?」

提督「ああ。引き止めてすまなかったな」

天龍「別に構わねぇよ。じゃあな。演習までにちゃんと集めておけよ」

提督「ああ」

皐月「ね、大丈夫なの?兄さん」

提督「ツテはある……うん」

皐月「なんだか怪しいな……」

提督「いざとなったら、皐月に頼むかもしれない……それでもいいか?」

皐月「少し心配だけど……うん!頑張るよ!」

ここで、勧誘フェイズに関して説明をさせていただきます。

今日から二日間、昼休みと放課後の計四回が勧誘フェイズになります。

勧誘フェイズの間は、出歩いた場所によって、演習に誘える相手が違います。

出歩いた場所は安価コンマの一桁目(>>238を安価とするならコンマは49なので9の場所)により決定し、相手を演習に誘うことが可能になります。

ですが相手によっては何回か勧誘しなければ演習メンバーへの勧誘ができないキャラも存在します。

更に一日目の昼休みに特定のキャラの勧誘に行くと、その日の放課後や、次の日の昼休み・放課後に出向くことができる場所が変化する場合もあります。

出向く場所は「1:F-1(電)」のように出向く場所と勧誘できるキャラが書いてありますが、時たま、キャラ名が???になっている場合もあります。その場合は、そのキャラはいわゆるレアキャラ、という事になります。

勧誘フェイズで勧誘できたキャラは、演習フェイズにて選ぶことが可能になります。
演習フェイズについては次の機会に説明いたします。

次の投稿(18時25分頃)で一日目の昼休みに出向ける場所の一覧と安価を発表したいと思います。

拙い説明でしたが、理解していただけると幸いです……

――― 演習フェイズ ―――

――― 一日目 昼休み ―――

1:F-1(電)
2:F-1(利根)
3:F-1(五十鈴)
4:F-1(加賀)
5:A-1(金剛)
6:A-1(比叡)
7:E-1(文月)
8:E-1(皐月)
9:図書室(???)
0:A-1(赤城)

>>+2 のコンマ一桁目

―――E-1―――

提督「文月」

文月「なぁにお兄ちゃん?」

提督「その、俺さ。次の演習に参加しようと思うんだ」

文月「えっ?!大丈夫なの~?お兄ちゃん、ここに来てまだ……」

提督「頼む。何も言わないで、俺に力を貸してくれないか?」

文月「……」

提督「文月?」

文月「え、えっとね。お兄ちゃんがそんな真剣な顔してるなんて珍しいなって……思って~」

提督「演習、出てくれるか?」

文月「うん、お兄ちゃんの頼みなら断れないよ~。私に任せて~!」


文月の勧誘に成功しました!

――― 一日目 放課後 ―――

1:F-1(電)
2:F-1(利根)
3:F-1(五十鈴)
4:F-1(加賀)
5:A-1(榛名)
6:A-1(霧島)
7:E-2(北上)
8:E-1(皐月)
9:保健室(龍田)
0:A-2(???)

>>+1 のコンマ一桁目

―――保健室―――

提督「失礼します……」

龍田「あら~提督君~。足を舐めたくなったの~?」

提督「あ、いや、そうじゃなくて……」

龍田「どうかしたの?」

提督「今、演習に出るためのメンバー集めをしてるんですけど……」

龍田「ふむふむ……」

提督「誰か、腕が立ちそうな、いい人知りませんかね?」

龍田「う~んと、もちろん艦娘を探してるのよね~?」

提督「はい。そうです」

龍田「だったら、いい人がいるわ~」

提督「え?!誰ですか?」

龍田「目の前にいるじゃない~」

提督「……へ?」

龍田「わ・た・し♪」

提督「……いやいやいやいや!!」

龍田「なによ~。私じゃ不満~?」

提督「そうじゃなくて!龍田さんは、その、クラスは……」

龍田「私は先生だから、クラスなんてないわよ~」

提督「だからダメなんですよ。教師の参加なんて」

龍田「提督君は知らないかな~?演習では、クラス関係なく教師はいつでも参加できる立場にあるのよ~?」

提督「ええええ……」

龍田「昔、貴方のお父さんも同じように教師の一人を演習に参加させようとした事からそんなルールが生まれたんだけど~……実際、貴方のお父さんの時以外、使われたことはないわね~」

提督「理由は……」

龍田「怪我したら痛いもの~。それに、授業とかに支障が出たら本末転倒でしょう?」

提督「な、なるほど……」

龍田「だけど、私は保険の先生だから~。授業とかはないし」

提督「いや、でも」

龍田「私も、天龍ちゃんの力になりたいのよ~……ダメ?」

提督「……龍田さんが、いいなら」

龍田「じゃあ、よろしくね~。天龍ちゃんをいじめた子は、許さないんだから~……ふふふ」


龍田の勧誘に成功しました!

――― 二日目 昼休み ―――

1:F-1(電)
2:F-1(利根)
3:F-1(五十鈴)
4:F-1(加賀)
5:A-1(金剛)
6:A-1(比叡)
7:E-2(北上)
8:E-1(皐月)
9:図書室(???)
0:A-1(赤城)

>>+3 のコンマ一桁目

―――F-1―――

提督「利根」

利根「うむ。なんじゃ?」

提督「俺と一緒に、演習に参加してくれないか?」

利根「心得た」

提督「……えっ?何か疑問とか持たないの?」

利根「疑問なんぞ持たぬわ。今の主は真剣な表情をしておるからな」

提督「……そうか、ありがとう」

利根「何。主は吾輩の友人だからな。友人が困っている時、助けるのは当たり前であろう!」


利根の勧誘に成功しました!

――― 二日目 放課後 ―――

1:F-1(電)
2:E-1(川内)
3:F-1(五十鈴)
4:F-1(加賀)
5:A-1(榛名)
6:A-1(霧島)
7:E-2(北上)
8:E-1(皐月)
9:プール(???)
0:E-1(菊月)

>>+1 のコンマ一桁目

―――E-1―――

川内「ちょっとそこの!」

提督「はい?」

川内「君かい?演習のメンバーを次々勧誘してる変わり者っていうのは」

提督「ええ、まぁ……もしかしたら、当日、突然出られない、なんてこともありますから」

川内「そっか!じゃあ私の事を真っ先に誘ってくれればいいのに」

提督「え、ええっと?」

川内「あ、ごめんね。私はE-2の川内。得意な物は夜戦、好きな物は夜だよ!」

提督「は、はぁ」

川内「それで、誘ってくれるよね?ね?」

提督「その、川内さんがいいなら」

川内「やった♪いやね?うちのクラス、立候補枠が埋まっちゃってさー。誘ってくれる人を探してたんだよ!」

提督「そ、そうなんですか」

川内「あ、敬語とかはいらないよ!じゃあ演習当日はよろしくっ!大丈夫、夜戦じゃなくても活躍して見せるからさっ♪」


川内の(半ば強制的に)勧誘に成功しました!


―――勧誘フェイズ終了―――

―――演習 当日 午前―――

提督「よ、天龍」

天龍「……約束通り、集めてきたのか?」

提督「ああ、もちろん。午後までに集まってよかったよ」

文月「今日は頑張るよ~」

龍田「ふふふっ。血が騒ぐわ~」

利根「た、龍田先生も参加するのか?!」

川内「ねー。私の出番まだー?」

天龍「ちょっと待て」

提督「え?」

天龍「なんで龍田がいる」

提督「なんでって、そりゃ……」

龍田「私から参加したいって、提督君にお願いしたの~」

天龍「……何企んでんだ?」

龍田「何も企んでなんかないわよ~……ただね?天龍ちゃんを泣かせた相手を黙って見過ごすワケにはいかないな~って」

天龍「な、泣いてなんかねーし」

龍田「そうね~。泣いてなんかなかったわよね~」ナデナデ

天龍「あ、頭撫でんなっ」

提督「えーっと」

龍田「あら、ごめんなさいね~」

天龍「っ、み、見てんじゃねぇよ……」

提督「……なんかごめん」

提督「約束は約束だ。出てくれるんだよね?」

天龍「……わかったよ。やってやるさ」

提督「ありがとう」

天龍「お礼を言われるような事じゃねーし」

提督「それじゃあ、演習は午後からだ。頼むぞみんな!」

全員「おー!」

今日はここまで。
演習フェイズの詳しい説明ができるようになったら、また更新いたします。

演習フェイズは勧誘よりもっと説明が難しくなる上に安価を多用すると思いますので……
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。

こんにちは。
それでは更新を始めたいと思います。
今回は説明がメインになります。

―――午後 演習場―――

提督「あの、今更なんだけどさ」

天龍「なんだよ?怖気付いたのか?」

提督「……演習って、何をするんだ?」

天龍「……はぁ?」

提督「いや、なんとなくは分かる。分かるんだが……」

天龍「わかるんならいいじゃねぇかよ」

提督「そうじゃなくてだな……なんというか」

???「それは私が説明致しましょう!」ピョコ

提督「うわっ!?」

天龍「わっ!?どうした急に?」

提督「か、肩に変な生物が?!」

天龍「……お前、何言ってるんだ?」

提督「な、み、見えないのかよ!ほら!」

???「無駄ですよ。提督さん以外には私は見えませんし、声も聞こえません」

天龍「?」

???「ね?だから、ほら、私の事は誤魔化してくださいな」

提督「え、えーっと……ごめん、気のせいだったみたいだ」

天龍「なんだよさっきから……お前、頭おかしいやつだったのか?」

提督「そうじゃないんだが……」

天龍「……何でもいいから、早くメンバー選べよ?」

提督「わ、わかった」

???「ふふふっ。面白い人ですね」

提督「お前のせいだろうがっ」

天龍「は?」

提督「ご、ごめん独り言だ。気にしないでくれ」

天龍「……なぁ、俺、本当にコイツと一緒に演習出なくちゃいけないのか?」

利根「吾輩も少し不安になってきたぞ……」

提督「(とにかく。君は誰なんだ?)」

???「私は色んな名前で呼ばれてますが……まぁ、そうですね。エラー娘とでも呼んでください」

提督「(え、エラー娘?)」

エラー娘「はい。別に猫吊るしだとか、猫空襲と呼んでもいいですよ?」

提督「(いや、エラー娘でいいや……)」

エラー娘「それでですね。私が今、何故ここにいるかと申しますと、貴方のお父様に貴方の事を頼まれたからです」

提督「(頼まれた?)」

エラー娘「いずれここに来るだろう私の息子をよろしく頼む、と。結局、貴方がここに来るまで何年待たされたか……」

提督「(な、なんかゴメン)」

エラー娘「いえ、いいんですよ。約束は守られたみたいですし、私は貴方のサポートに回ろうと思います」

エラー娘「改めましてエラー娘、と申します。そうですね、私の事は妖精とでも思ってくれれば」

提督「(妖精……)」

エラー娘「信じなくてもいいですよ。むしろ信じない方が自然です。とりあえずは、昔貴方のお父様のサポートをしていた生物とでも認識していてください」

提督「(わ、わかった……この学園には君といい艦娘といい、驚かされてばかりだ……)」

エラー娘「それでは演習について説明させていただきますね」

エラー娘「演習では好きな艦を3体まで選んで出撃させる事ができます」

エラー娘「今回はスカウトしてきた5人の中から2人を選んでください、天龍さんは確定とします」

エラー娘「各艦娘には能力値が存在します。とりあえず、そのデータを視覚化させますね」

提督「(視覚化させるって、どうやって?)」

エラー娘「簡単ですよ、私達妖精は、その人に触れているだけで各艦娘達のデータを視覚化できます」

エラー娘「では天龍さんの能力値を確認してみましょう」

――――――――

軽巡洋艦【天龍】

火 ★★★
装 ★★
対 ★★
電 ★★★
運 ★★
回 ★★
速 ★★★

スキル:牙龍天星
自分中破時に発動
火+1 運+1

――――――――

提督「(な、なんかごちゃごちゃしたのが出てきたんだけど……)」

エラー娘「順を追って説明させていただきますね」

エラー娘「まずは【火】、これは火力の略ですね。ここの★が多いほど、単純に相手に与えるダメージが高くなります」

エラー娘「続いて【装】、これは装甲の略で、ここの★が多ければ、ダメージを喰らいにくいです」

エラー娘「【対】、これは対空・対潜、ここの★が多い場合、敵艦載機を多く落とせたり、潜水艦にダメージが通りやすくなります」

エラー娘「そして【電】。雷装の略ですね。ここの★が多いと、演習の最後に艦娘が放つ雷撃によるダメージが大きくなります」

エラー娘「【運】、これはそのままで、★が多いとクリティカルが出やすくなります」

エラー娘「【回】、回避の略ですね。★が多いと、敵の攻撃を避けやすくなります」

エラー娘「【速】、速度の略です。★が多い順に攻撃をします」

エラー娘「最後に【スキル】。艦娘は演習時に条件を満たすと固有のスキルを発動できます。自分の能力値の上昇など、効果は様々です」

エラー娘「以上でパラメーターについての説明を終わります。何か質問はありますか?」


ここまでで何かご質問があるかたはどうぞ。少し休憩します。

エラー娘「次に演習でのダメージの計算のお話に写ります」

エラー娘「ちなみにこちらの計算式等は、あまりにダメージが入ってしまう場合や、入りにくい場合はあとから修正が入るかもしれません。ご了承ください」

提督「(誰に話しているんだろう……)」

エラー娘「演習では2つの安価のコンマを使ってダメージ計算を行います」

エラー娘「仮に、一番目の安価を安価1、二番目の安価を安価2といたします」

エラー娘「するとダメージの計算式はこうなります」

エラー娘「【安価1のコンマ1桁目×艦娘の火力-安価1のコンマ10桁目×敵艦娘の装甲】」

エラー娘「これに加えて、安価2の1桁目でクリティカル判定&命中判定。10桁目で敵対象の指定、となります」

エラー娘「例を挙げてみますと、>>301>>302の安価を使用し、天龍さんが装甲★★、回避★★の相手に攻撃したとすると」

エラー娘「>>301の安価コンマは85なので」

エラー娘「【5×3-8×2】=-1」

エラー娘「そして安価2の安価コンマは35」

エラー娘「まずコンマの10桁目である、3で指定された相手に攻撃する事になります。なお、基本的に1番目の娘が0~2 2番目の娘が3~6 3番目の娘が7~9となり、2番目に選ばれた子が少し当たりやすくなっています」

エラー娘「相手の回避は★★なのでクリティカル判定9 命中判定8~2 攻撃外れ1~0になります。敵の回避が多いと、攻撃外れの範囲が広くなります。この場合は5なので命中ですね」

エラー娘「つまり、2番目の娘に-1のダメージを与える事になります。0以下のダメージは命中した場合は1ダメージと計算します」

エラー娘「自分が攻撃側の場合は、これの逆をします」

エラー娘「そして相手と自分で1巡繰り返して、最後に雷撃によるダメージ計算の後、与えたダメージが多い方の勝ちとなります」

エラー娘「では次に、雷撃によるダメージについてご説明いたします」

エラー娘「雷撃によるダメージ計算式はこちらになります」

エラー娘「【自分の艦隊の中破以下の艦娘の雷撃の合計値×安価1の1桁目-相手の艦隊の雷撃の合計値】」

エラー娘「そして安価2の10桁目にて命中&クリティカル判定、そして安価2の1桁目にて命中判定を行います。なお、雷撃は複数人に命中する場合があります」

エラー娘「以上でダメージ計算についての説明を終わりにします。何か質問はありますでしょうか?」


凄くややこしいシステムになってしまって申し訳ありません……質問があればどうぞ。

エラー娘「最後に、親愛度についての説明をいたします」

エラー娘「演習に勝利すると、使用した艦娘の親愛度が+1されます」

エラー娘「逆に敗北いたしますと、親愛度は-1されてしまいます」

エラー娘「親愛度についての詳しい説明は、日常パートにて行いたいと思います」

エラー娘「以上が演習パートでの説明になります」

エラー娘「では、4人の中から2人選びましょう!」

――――――――

駆逐艦【文月】       軽巡洋艦【龍田】

火 ★★          火★★★
装 ★★          装★★
対 ★★          対★★
電 ★★★         電★★★
運 ★★          運★★
回 ★★★         回★★
速 ★★★★        速★★★

スキル:天使の笑み     スキル:裏返しの笑顔
仲間が大破時に発動     自分中破時に発動
仲間の一人のHPを10回復する 次の攻撃が二人に当たるようになる

重巡洋艦【利根】      軽巡洋艦【川内】

火★★★★         火★★★
装★★★          装★★
対★★           対★★
電★            電★★★
運★★           運★★
回★★           回★★
速★★           速★★

スキル:集中索敵      スキル:夜戦への布石
自分が中破以上でない時発動 自分が中破以上でない時発動
次の攻撃は必中になる    電+1 運+1

――――――――

安価投げ忘れ >>+1 >>+3 かぶった場合は安価下

提督「じゃあ……天龍、龍田さん、川内で」

天龍「うっしゃ、はりきって行くぜ!」

龍田「ふふふ~」

川内「了解っ!あたしに任せてよ!」

利根「それじゃあ吾輩達は観覧席で見ているからな」

文月「頑張ってね!お兄ちゃん!」

提督「おう、任せておけ!」

エラー娘「それでは、演習開始です!」

提督「えーっと、まぁ、よろしく頼む」

橋本「んだよ。相手F組かよー。つまんねーなぁ……」

提督「(いきなり感じ悪いな……)」

天龍「……」

橋本「おっ、天龍じゃん。Fでも元気にしてたかなー?」クスクス

天龍「……ケッ。相変わらずだなお前」

橋本「なになに?もしかして、この男の艦隊として演習に参加するの?」

天龍「それがどうしたよ」

橋本「まぁ、せいぜい頑張りなよ。どうせお前に何か誰も見向きもしないだろうけどさー」クスクス

天龍「っ!」バッ

提督「そっちの方がいいんじゃないかな。君だって負けるとこを誰かに見られたくないだろ?」

橋本「……あ?」

天龍「お前……」

提督「ほら、そんな茶番いいからさっさと始めようぜ」

橋本「……この野郎。覚えてろよ」スタスタ

提督「……っ、はぁー。緊張したぁ……」

天龍「緊張したってお前な……」

提督「あーゆーのあんまやらないからさ」

天龍「じゃあなんでやったんだよ」

提督「あそこまで言われたら言い返さなきゃ男じゃないからな」

天龍「……ふん。そうかよ」

提督「……結局俺はこれぐらいしかできないし。期待してるからな、天龍」

天龍「……おうよ!」

 F-1 提督          E-2 橋本
軽巡洋艦【天龍】       駆逐艦【陽炎】
軽巡洋艦【龍田】  VS    駆逐艦【不知火】
軽巡洋艦【川内】


提督「……あれ、二人?」

橋本「お、おいお前ら。もう一人はどこいったんだ?!」

不知火「不知火は知りません」

陽炎「多摩?多摩は確か教室で寝てたような……」

橋本「んな―――」

提督「なんか知らんがチャンスっぽいな」

天龍「ああ。多摩のヤツが来る前にケリつけようぜ」


エラー娘「では演習の前に敵艦娘の能力値を視覚化します!」

――――――――

駆逐艦【不知火】

火★★
装★★
雷★★★
運★★★
回★★
速★★★★

スキル:暗殺者の瞳
自分中破以上で発動
火+1 運+1

――――――――

駆逐艦【陽炎】

火★★★
装★★
雷★★
運★★
回★★★
速★★★★

スキル:Heat Haze
自分中破以上で発動
運+1 回+1

――――――――

エラー娘「速度が一番早い不知火さんから攻撃です!こちらは防御になります!」


不知火「……沈めっ!」


安価1 >>+1
安価2 >>+2



安価2の10桁目

0~2 龍田
3~6 天龍
7~9 川内

安価1 36
安価2 64

6×2-3×3=3 6なので天龍へ 4なので命中

エラー娘「天龍さんへ3ダメージです!」

天龍「ぐっ……やるな」HP23→20

エラー娘「次も相手の陽炎さんからの攻撃です!」


陽炎「追撃よっ!!」


>>+1
>>+2

>>1です

野暮用が長引いてしまっているので、更新は19時ごろからになってしまいそうです。申し訳ない。

こんばんは。それでは再会します。

安価を多用いたしますので、できれば協力していただけるとありがたいです。
それでは陽炎の攻撃から。

安価1 64
安価2 66

4×3-6×2=0

6で天龍へ 6で命中


天龍「はっ、大した事ねーな!!」HP20→19

陽炎「くっ……」

天龍「今度はこっちの番だっ!」

エラー娘「天龍さんの攻撃です!」


>>+1
>>+2

安価1 91
安価2 59

不知火は0~4 陽炎は5~9

1×3-2×9=-15

5なので陽炎へ 9なのでクリティカル


天龍「そらっ!!」

陽炎「ふん、あんたこそ大した事ないじゃない!」HP16→14

天龍「くっそ……」

龍田「大丈夫よ~。私に任せなさい。天龍ちゃん♪」

エラー娘「龍田さんの攻撃です!」


>>+1
>>+2

安価1 08
安価2 09

0×3-2×8=-16

0なので不知火へ 9なのでクリティカル


不知火「……ふっ」HP16→14

龍田「あら~」

天龍「いやいや!真面目にやれよ!」

川内「ここで私参上!夜戦だけじゃないって事、見せてあげるよ!」

エラー娘「川内さんの攻撃です!」

>>+1
>>+2

安価1 41
安価2 74

2×1-2×4=-6

7なので陽炎 4なので命中


川内「あらら……」

陽炎「何か来るのかと思ったじゃない……」HP14→13

天龍「おいおい大丈夫なのかこれ……」

エラー娘「それでは雷撃戦に入ります!」

川内「よっし、待ってました!」

川内のスキル【夜戦への布石】発動! 雷+1 運+1

エラー娘「雷撃、発射!」

味方安価1 >>+1
味方安価2 >>+2
敵安価1 >>+3
敵安価2 >>+4


命中判定 自分→9で3人へ 8~6で2人へ 5~3で不知火へ 2~0で陽炎へ
     相手→9で3人へ 8~6で2人へ 5・4で天龍 3・2で龍田 1・0で川内

自分安価1 41
自分安価2 19

相手安価1 90
相手安価2 52

自分→10×1-5=5 1なので陽炎へ 9なのでクリティカル 

相手→0×5-10=-10 5なので天龍へ 2なので命中


陽炎「きゃあっ!!」HP13→3 大破

天龍「この程度っ!」HP19→18

エラー娘「試合終了です!」

自分 総ダメージ量:14
相手 総ダメージ量:5

自分チームの勝利!


橋本「そんな……くっそ!多摩のせいだ!」

天龍「うっしゃ!」

提督「やったな天龍!」


エラー娘「えーっとここで>>1さんより皆さんに謝罪があるそうです」

協力してくださった方々、ありがとうございました。

ですが今回、この演習システムを動かしてみてわかった事はと言えば、自分がいかに未熟かでした。
説明不足もさることながら、自分も何が何だかよくわからない状態になってしまい……

なので、演習システムなんですが、今後は何かない限りは使わないようにします……協力してくださった方々、本当に申し訳ないorz そしてありがとうございました!

橋本「くっそ、くっそ!俺がFなんかにっ……!」

提督「散々馬鹿にしてたFに負ける気持ちはどうだよ?」

橋本「うるせぇ!」ブンッ

提督「うおっ!?」サッ

陽炎「ちょ、落ち着きなよ……」

橋本「元はと言えばてめーらが弱いのが悪いんだよ!!」

陽炎「っ」

不知火「……」

橋本「もっと強い奴らを揃えておけばよかった……くそがっ!」

天龍「……救いようがねぇな」

提督「なぁ、天龍」

天龍「あん?」

提督「もしこれで退学になったら、文月とかによろしくな」

天龍「は?」

提督「うらぁっ!!」ゴッ

橋本「あぐっ!?」

橋本「な、何しやが」

提督「うるせぇよ! こいつらだっててめぇの為に戦ったんだよ! それをなんだ? 聞いてりゃ自分は悪くねぇみたいによぉ!」

橋本「ぐっ……おい、お前ら今見たよな?! コイツは何もしてない俺に暴力をふるった! 龍田先生も! これは立派な傷害だ!なぁ?!」

不知火「……不知火は目をつむっていましたので」

橋本「んな」

龍田「ごめんね~、目にゴミが入っちゃって~……で、何があったのかしら~?」

橋本「っ!」

陽炎「あたし達は何も見てないわよ。何も、ね」

橋本「ふ、ふざけるなっ!」

天龍「ここにてめーの味方なんかいねぇんだよ。わかんねーのか?」

橋本「こんの……低脳共がっ! 覚えてろよ!!」タタタタタッ

川内「あ、逃げた」

天龍「やるなぁ、お前」

提督「ムカついたからな……で、君達はいいのかい?」

陽炎「何が?」

提督「いや、アイツの味方しなかったじゃん」

陽炎「あたしはアイツの味方とは言った覚えないけど」

不知火「不知火も同じく」

提督「相当嫌われてたんだなアイツ……」

天龍「でもいいのか? アイツ、金だけは持ってるから本当に退学になっちまうかもしれねぇぞ?」

提督「そん時はそん時さ」

川内「ねぇねぇ、ところで龍田先生どこ行ったのかな? 猛スピードでどっか行っちゃったけど」 

提督「え?」

――――廊下――――

橋本「くそっ、くそっ……どいつもコイツもふざけやがって!」

橋本「こうなったらパパに連絡して―――」

龍田「その必要はないわよぉ~」ボソッ

橋本「ひっ!?」

龍田「こんにちは~。橋本君。さっきぶりだね~」

橋本「た、たたたた、龍田先生?!」

龍田「うん、龍田だよ~」

橋本「ど、どうしてここに」

龍田「あのね?私、天龍ちゃんの事を、妹みたいに可愛がってるんだけど~……」

龍田「その天龍ちゃんをいじめた悪い子がいるみたいでね?」

橋本「……」ダラダラダラダラ

龍田「どうしてあげようかな~って思った時に、君のお父さんから連絡をもらったの~」


龍田「息子を教育し直して欲しいって」ニコッ

龍田「だから~。橋本君」ガシッ

橋本「ひいいいっ!」

龍田「一緒にお勉強しよう?……大丈夫。最初は苦しいけど……すぐに気持ちよくなるから~」ズリズリ

橋本「嫌だあああああ!!助けてええええええ!!」

龍田「ふふふ~……演習中だから、校舎内に人はいないよ~?」

橋本「ああああぁぁぁぁぁ……」

龍田「ふふふ、ふふふふふ~……」

今日はここまでで。

全然更新しなかった分、明日も更新していきたいなと思います。

あと、できるだけ艦娘全員に等しく登場のチャンスを与えたいとは思ってます!ですので、暇だったら付き合ってくださるとありがたいです

では、お疲れ様でした。明日は19時頃から更新します。

おっつー

一つ質問なんだが改二とかの扱いってどうなるん?
別府とか夕立とかちとちよとか

>>361 日常パートで何回も会いに行くと、変更できるようにする予定です

響と別府、夕立と改二などは、会話等も変えるつもりではあります。

こんばんは。>>1です。
今回は日常パートがメインとなります。

―――5月7日 火曜日―――

提督「おはよー」

五十鈴「おはよう。あんたにしてはうまくやったみたいじゃない」

電「お、おめでとうございますなのです!」

利根「うむ!いい戦いぶりだったぞ!」

加賀「……おめでとう、と言っておくわ」

提督「あ、ありがとう」

提督「(天龍の席がなくなってる……よかった。Eクラスに戻れたみたいだな)」

利根「ところで、なのだが」

提督「何?」

利根「お主、橋本に何かしたのかの?」

提督「……え?」

五十鈴「ああ……そう。聞きたかったの。どうなってるの?あれは」

提督「どうなってるって……何のこと?」

電「えっと、橋本さんの様子が朝から変なのです」

提督「変?」

加賀「直接見に行ってみればいいんじゃないかしら」

提督「……うん。見に行ってみることにするよ」

―――E-1―――

天龍「……」

提督「……」

文月「……」

皐月「……あの、さ」

提督「なんだ?」

皐月「本当に……何をしたらアイツがこうなるんだい?」

提督「さぁ……」


橋本「今日から私は勉強一筋で頑張ります!見ていてくださいね龍田様に皐月様!」


皐月「う、うん……」

天龍「龍田の野郎……」

天龍「まぁ、何はともあれ……お前が無事そうでよかったよ」

提督「俺も内心ほっとしてるよ。龍田さんにお礼でも言っておこうかな」

天龍「やめとけ、マジで」

提督「お、おう……」

文月「お、お兄ちゃんは学校に来れるんだよね? 大丈夫なんだよね?」

提督「みたいだな」

文月「それならよかったよぉ……心配したんだからね? もう、無茶しちゃダメだよ?」

提督「わかってるよ」

皐月「あの、兄さん」

提督「……いや、提督でいいぞ?」

皐月「なんかこっちのがボク的に定着しちゃってさ。改めてお礼を言わせてよ」

提督「そんなのいいって。お礼ならコイツに言ってやれよ」

天龍「お、俺は別に……」

提督「頑張ったのはコイツだしな」

皐月「じゃあ、天龍さん」

天龍「な、なんだよ」

皐月「改めて、ボクを助けてくれてありがとう! 本当に、感謝してるよ!」

天龍「~っ///」プイッ

天龍「べ、別にお前のためにやったわけじゃねーし……」

文月「ツンデレだね~」

天龍「そこうっさい!」

提督「ははは……」

皐月「でもやっぱり、兄さんにもお礼をしなくちゃ」

提督「いや、いいのに」

皐月「天龍さんを助けてくれてありがとう! 今度、また何かお礼をちゃんとするね!」

提督「お、おう……」

文月「あ~。お兄ちゃん照れてる~」

提督「うるせぇ文月」

皐月「あははっ」

提督「まぁこれで……一件落着、かな」

エラー娘「皆様こんにちは♪みんなのアイドル、エラー娘です☆」

エラー娘「ここからは日常パートに入ります」

エラー娘「日常パートとは、前にあった勧誘パートみたいなものです」

エラー娘「まず、出会うことのできる相手を現行艦娘+αの中から、>>1が抽選王というフリーソフトにて適当に10人決めます。つまり、誰でも出るチャンスはあるという事です」

エラー娘「そして1日を昼休みと放課後に分け、1日につきその中から2人にまで会いに行けるようにします」

エラー娘「会いにいった艦娘は親愛度が+1されます」

エラー娘「最終的には、5ヶ月後にある、10月31日の【砲雷祭】時に親愛度の一番高い艦娘のルートに確定します」

エラー娘「なお、【砲雷祭】以外にもちゃんと>>1はイベントを用意してるみたいです。イベントによっては、親愛度が急変するイベントもあるとかないとか」

エラー娘「で、ここで質問なのですが」

エラー娘「10人の中から2人を選ぶとき、安価を2つ投げて指定された艦娘に決めるか、安価コンマを使って完全にランダムに決めるか、どちらがいいですか?」

エラー娘「みなさんの意見をお聞きしたいです。よろしくお願いします」

エラー娘「わかりました。では安価コンマでランダムにしたいと思います」

エラー娘「では、5月7日からスタートです!」

―――5月7日―――

1 C-2 鬼怒
2 数学準備室 那智
3 E-2 不知火
4 E-3 霞
5 F-1 五十鈴
6 D-2 多摩
7 国語準備室 足柄
8 プール 伊168
9 E-2 村雨
0 E-2 初春


>>+2のコンマ

―――昼休み 教室―――

利根「お、お主のそのミートボール美味しそうじゃな」

提督「……やらないぞ」

加賀「……」ヒョイパク

提督「……あれっ!? なくなってる?!」

加賀「……」モグモグ

提督「おい利根!」

利根「吾輩は何もしておらんぞ?!」

足柄「ちょーっと失礼するわねー」ガチャ

電「あ、足柄先生なのです」

五十鈴「行き遅れ先生ね」

足柄「誰が行き遅れよ!」

足柄「っと、ごほん。えーっと。次の時間なんだけど、ちょっと荷物があるから誰か運ぶの手伝ってくれないかしら」

利根「だーかーら! 吾輩は食べていない!」

提督「いーやお前しかいない!」

加賀「……」モグモグ

足柄「はいはーい。そこのうるさい男子ー」

提督「……え? 俺?」

足柄「貴方以外に誰がいるの。手伝いなさい」

提督「えー……」

利根「ほれみろ。吾輩を疑ったからバチがあたったのだ」

足柄「ほら、ちゃっちゃっとやればすぐ終わるから。ついてきて!」ガチャ

提督「はーい……」スタスタ


―――国語準備室―――

足柄「はいこれ」ドサッ

提督「っ、と。意外と重たい……」

足柄「弱音を吐かないの。男子でしょ?」

提督「ってか今日は何やるんですか。こんなに荷物を用意して」

足柄「今日は源氏物語をやるの。だから資料が沢山必要なのよ」

提督「なるほど……よっ、と」

足柄「そうそう。頑張りなさい男子♪」

足柄「それにしても、いいわよねー。源氏物語。私も光源氏みたいな男と燃えるような恋をしてみたいわー」

提督「放置されたとしてもですか?」

足柄「もう、それは言わない約束。女の子はいつだって夢を見るものなのよ」

提督「女の子……」

足柄「何か言った?」ニコッ

提督「い、いえ……」

―――F-1―――

提督「よいしょっ」ドサッ

足柄「ありがとうね。手伝ってくれて」

提督「いえいえ」

足柄「また何かあったら頼むから。頼むよ、男子♪」


足柄の好感度が1上がりました!

―――放課後 F-1―――

提督「そんじゃ、俺は先に帰るな」ガチャ

利根「うむ、じゃあな!」

五十鈴「じゃあね」

電「さようならなのです!」

加賀「さようなら」

―――廊下―――

提督「……」

霞「そこのアンタ、止まりなさい」

提督「え?」

霞「いいから止まりなさい」

提督「(な、何だ? 始めて会う子だよな……?)」

霞「……コイツが、この前の演習で……ねぇ」

提督「えーっと、何かな?」

霞「……10点」

提督「は?」

霞「まず顔がだらしない」

提督「なっ」

霞「それに動きもトロそう」

提督「」

霞「それに凄く馬鹿っぽい」

提督「い、いきなりなんなんだ君は!」

霞「F組のヤツが演習でE組に勝ったって聞いたから来てみたけど……はぁ、ダメダメね。話にならないわ」

提督「さ、さっきから聞いてりゃ……」

霞「霞」

提督「は?」

霞「一応覚えておきなさい。霞よ」

提督「霞?」

霞「それじゃあね。まぁ、もう会うことなんてないと思うけど」スタスタ

提督「お、おいちょっと待て!」

提督「……行っちまった……一体何なんだあいつは……」


霞の親愛度が1上がりました!

―――5月8日―――

1 A-2 飛龍
2 B-1 鈴谷
3 E-3 潮
4 D-3 夕雲
5 E-3 荒潮
6 F-1 加賀
7 A-2 雪風
8 司書室 羽黒
9 E-3 朧
0 C-2 夕張

>>+2のコンマ

―――昼休み A-1―――

金剛「はい提督~。あーん♪」

提督「やめて金剛。比叡が凄い形相でこっち睨みつけてるから」

金剛「エー……」

比叡「ぐぬぬぬぬ……」

霧島「比叡姉さん落ち着いてください」

榛名「ふふっ、微笑ましい光景ですね」

提督「どこをどう見たらそうなるのかな?」

金剛「あ、聞いて提督ー。昨日新しい友達ができたんダー♪」

提督「新しい友達?」

金剛「うん。なんなら今から遊びに行クー?」

提督「いや、それは相手にも悪いし」

金剛「そうと決まったらレッツゴー!」グイッ

提督「え、ちょ!? 話を聞けえええええ!!」

比叡「お待ちくださいお姉様あああああ!!」

霧島「……騒がしいですね」

榛名「楽しいではありませんか」

―――A-2―――

金剛「雪風ー!」

雪風「はいっ?!」

金剛「一緒にご飯食べようヨー!」

雪風「え、ええと……はいっ!大丈夫です!」

提督「あの……」

金剛「あ、紹介するネー。私の幼馴染の提督だヨー」

雪風「雪風です!よろしくお願いします!」

提督「少し待ってくれ金剛。えーっと、雪風さん?」

雪風「雪風で結構です」

提督「じゃあ、雪風。結構、いきなりだったけどいいのかい?」

雪風「はい!今日は一緒に食べる相手がいませんでしたので……」

提督「……無理しないでもいいんだよ?」

雪風「無理じゃないですよ!」

提督「それなら……いいんだけどさ」

提督「と、いうか大変じゃない?」

雪風「何がですか?」

提督「コイツの相手するの」

金剛「……なにげに酷くないカナー。提督ゥー」

雪風「全然! むしろ楽しいですよ!」

提督「そっか……雪風はいいやつだな」

雪風「そんなそんな……えへへ」

金剛「むぅー。なんか蚊帳の外な感じがするヨー……」

雪風「そ、そんな事ないですよ! 金剛さんもお話しましょう!」

金剛「じゃあじゃあ、この前、美味しいハンバーガーショップを見つけたんだけどサ―――」

雪風「ふむふむ……」

提督「(その後も雪風は金剛の話を一生懸命に聞いていた)」

提督「(やっぱ……すげーいいやつだよな……コイツ」


雪風の好感度が+1されました!

―――放課後 E-1―――

提督「おーい。文月いるかー?」

皐月「あ、兄さん。文月ならちょっと前に出てっちゃったよ」

提督「そっか。もし戻ってきたら俺が探してたって伝えてくれ」

皐月「なになに?デート?」

提督「いや、文月が買いたい物があるらしくてさ。今日の放課後は空いてるから」

皐月「それをデートっていうんだよ。鈍いなぁ、兄さんは」

提督「いや、だってアイツは妹分だし……ねーな」

皐月「(うわぁ……こりゃ、文月の恋は前途多難だなぁ)」

提督「そんじゃな。よろしく」

皐月「うん、わかったよ」

―――廊下―――

提督「文月ー」

提督「うーん……もう帰っちまったかな」

朧「……あ」

提督「ん?」

朧「貴方、もしかして提督さん?」

提督「あ、ああ。そうだけど」

朧「さっき文月って子から、貴方の場所を知らないかって聞かれたよ。多分、F-1に行ったんじゃないかな」

提督「あ、そうなのか。ありがとな」

朧「ちょっと待って」

提督「何だ?」

朧「提督……どっかで聞いた名前なんだけど……なんだったかな」

提督「……もしかして、演習?」

朧「そう、それだ。F組の男子がE組の男子に勝ったって聞いたんだけど、貴方?」

提督「そう……だな。たぶん。というかそんなに有名なのか俺?」

朧「結構有名だよ。F組が下克上をしようとする事なんて滅多にないから」

提督「下克上じゃあないんだけどなぁ……」

朧「それを聞いて少し興味が沸いてたの。へぇ、貴方が……」

提督「な、なんだよ(この前の子みたいなのは嫌だな……)」

朧「ねぇ、この次も演習に参加する予定はある?」

提督「え?どうだろう……」

朧「もし演習に参加するなら、アタシを呼んで」

提督「え?」

朧「貴方の実力を見てみたいの。だから、アタシを呼んでくれると嬉しい」

提督「お、おう……」

朧「その時を楽しみにしてる。それじゃあ」

提督「……ここには変わった子が多いな」


朧の好感度が+1されました!

今日はここまで。
長くなりそうなので毎日少しずつ、更新していきたいと思います。

……あ、ちなみにちゃんと例の子も選択肢の中に入ってたりしますよ。

それでは、今日はありがとうございました。

登場する艦娘を決めるならコンマで図鑑Noに対応するとかでもいいんじゃない?

こんばんは。

>>408さんの提案された方法も魅力的ではありますね……とりあえず考えておきます。

それでは5月9日からスタートです。

―――5月9日―――

利根「ふと気になったんじゃが」

提督「なんだ?」

利根「お主は部活に入っているのか?」

提督「いや、まだ入ってない」

利根「ふむ、そうなのか……」

提督「そういう利根は?」

利根「吾輩か?吾輩は妹と同じ部活に入っておる」

提督「何?」

利根「日本文化研究会……だったかの?よく覚えとらん」

提督「へぇ、利根がそういう部活に入ってるなんて以外だな」

利根「実際、吾輩はよくわからないのだがな」

提督「えええ……」

提督「ちなみに電は?」

電「い、電は家庭科部に入っているのです」

提督「五十鈴は?」

五十鈴「私は何も入ってないわ」

提督「加賀さんは?」

加賀「私は文芸部ね」

提督「へぇ、色々あるんだな」

利根「何かの部に入るというのも、少しは考えてみてはどうかの?」

提督「そうだな……」

―――5月9日―――

0:元校舎 ???
1:C-4 千歳
2:D-2 木曾
3:A-2 扶桑
4:A-2 蒼龍
5:C-1 青葉
6:C-3 摩耶
7:プール 伊168
8:E-2 黒潮
9:E-3 朝潮

>>+2

―――昼休み F-1―――

提督「おーい、利根―――」

青葉「今だっ!」パシャパシャパシャパシャ!

提督「うおうっ!?」

青葉「いい表情ですねぇ。そのままお願いしますよ~」パシャパシャパシャパシャ!

提督「ちょ、いきなり、やめ!」

青葉「いや~いい写真が撮れましたね~。それじゃあ私はこれでっ!」スタッ

提督「いや待てや」ガシッ

青葉「チッ」

提督「チッ、じゃねぇよ!いきなり写真撮りまくってなんだお前は!」

青葉「申し遅れました~。私、こういう者です~」

提督「なになに?読○新聞社……って絶対違うだろ!」ペシッ

青葉「あら、バレました?」

提督「バレるわ!」

利根「うるさいのぉ……なんだ青葉ではないか」

青葉「あ、利根さん!どもども~」

提督「え?知り合い?」

利根「まぁの」

青葉「と、いうか私を知らない人はこの学園にいるんですかね?」

利根「お主が言うな」

提督「で、誰なんだ一体?」

利根「こやつは青葉と言っての―――」

青葉「いやいや利根さん!ここはこの青葉に任せてください!」


青葉「ある時は彩海学園の一生徒!」

青葉「ある時はカメラマン!」

青葉「果たしてその正体はっ!」

青葉「彩海学園新聞部部長!青葉なのでしたー!」


提督「新聞部?」

利根「部長と言っても、部員は青葉1人じゃがの」

青葉「ちょいちょいちょい!やめてくださいよ利根さーん!」

提督「だからあんなに写真を……」

青葉「いやー。謎の転校生っていう美味しいネタを逃すわけにはいかないですよ~」

提督「……ん?って事はちょっと待って!今の写真、新聞に使うの?!」

青葉「当たり前ですよぉ!ではでは私はこれで~♪」シュタタタ

提督「あっ、おい!ちょっと待てえええええ!!」

利根「……諦めろ、提督」


次の日、提督のマヌケな顔が校内新聞の一面を飾りましたとさ。


青葉の好感度が+1されました!

―――放課後 元校舎―――

提督「……やっぱ雰囲気あるなぁ」

提督「えーっと、受け取り係の者がいるから、その子に荷物を渡せばいいんだよな?」

提督「……こんなところに本当に生徒なんているのかなぁ?」

―――数十分前 F-1―――

加賀「……」ガラガラ

提督「うわっ!?加賀さん。その荷物なんですか?」

加賀「生徒会の子に頼まれまして。これから元校舎に運びに行くんです」

提督「元校舎?」

加賀「……ああ、提督君はまだ知らないですか。この校舎、二代目なんですよ」

提督「二代目って……」

加賀「前の校舎は壊れてしまって使いにくくなってしまったから、今の校舎が建てられたのよ」

提督「でも、そんな校舎になんで?」

加賀「……そうね……これから話す事はあまり他人には話さないでくださいね?」

提督「え?」

加賀「まだ、いるのよ。そっちの校舎に通っている子達が」

提督「でも、元校舎ですよね?」

加賀「……艦娘の中には、ちょっと異質な子もいるのよ」

提督「異質?」

加賀「貴方は川内さんを知っているかしら」

提督「ああ、あの夜戦馬鹿……」

加賀「あの子はあれだからいいわ。だけど、あの子が行き過ぎた場合、どうなると思う?」

提督「……」

加賀「今のは単なる例よ。ただ、そういう子は普通の校舎では学べないから」

提督「なるほど……」

加賀「この中にはその子達に対して、食料等の物資が入ってるの」

提督「でも、そんなところに行くのは危ないんじゃ」

加賀「心配してくれるのかしら?」

提督「……だったら、俺が行きますよ」

加賀「そう。助かるわ。私はこれから赤城さんに付き合わなくちゃいけないから」

提督「(あれ、なんか思ってたのと違う)」

加賀「ちなみに。艦娘じゃなくて、普通の人間が行くほうがよっぽど危ないかもしれないわね。それじゃ」スタスタ

提督「えっ、あっ、加賀さーん!?」

―――元校舎―――

提督「なんで引き受けたんだろうなぁ……俺」

提督「さっさと終わらせて帰ろう。なんか怖いし……」ガラガラ

???「……止まって」

提督「え?」

???「知らない顔……貴方は誰?」

提督「ああ、えーっと。物資を届けに来たんだ」

???「そう……なら……ここに荷物、置いて構わない」

提督「君が受け取り役かい?」

???「そう」

提督「一応、名前を確認してもいいかな?」


ヲ級「ヲ級……みんなから、そう呼ばれてる」


提督「……うん、聞いてた名前とぴったりだ。じゃあ荷物はここに置いていっていいのかな?」

ヲ級「構わない」

提督「そっか。じゃあ……」

ヲ級「……」グググ

提督「じゃあ……」

ヲ級「……」グググ

提督「……」

ヲ級「……重い」グググ

提督「て、手伝おうか?」

ヲ級「……いい」グググ

―――数分後―――

ヲ級「……」グググググ

提督「……」

ヲ級「……もう、少し……」グググググ

―――数十分後―――

提督「……」ガラガラ

ヲ級「いいって……言った」

提督「いや、見てらんないよ……」

ヲ級「……そう」

提督「(マイペースだなぁ……)」

ヲ級「……!」グイッ

提督「ん?」

ヲ級「本当に、ここでいい」

提督「いや、だって」

ヲ級「早くしないと……来る」

提督「来る?誰が?」

ヲ級「……ボス、が」

提督「は?ボスって―――」

ヒュー ドゴォン!

提督「……?!」

ヲ級「来た」


戦鬼「珍しいわねぇ……ここに人間が来るなんて……」ユラリ


提督「えっ、今、上から、えっ?」

ヲ級「この人……物資運んでくれる人……」

戦鬼「ああ、そうだったわねぇ。今日、物資が届くんだったかしらぁ」

提督「(もしかして、この人……)」

戦鬼「ヲ級の代わりに持ってきてくれたのかしらぁ。それだったら、もうここでいいわよぉ」

提督「わ、わかりました……」

戦鬼「……ん?ちょっと待ちなさぁい」

提督「なん、ですか?」

戦鬼「……提督父?」

提督「えっ?」

戦鬼「やっぱり……提督父じゃなぁい。戻ってきてたの?」

提督「いや、俺は……」

戦鬼「戻ってきてたのなら、連絡をしてくれればよかったのにぃ……」

提督「あのっ」

戦鬼「なぁに?」

提督「俺は……提督って言います。提督父の息子です」

戦鬼「……へぇ」

ヲ級「……誰?」

戦鬼「ヲ級は最近来たばかりだから知らないわよねぇ……そう、貴方があの人の息子……」

提督「そうです」

戦鬼「結構似てるわねぇ……ふぅん」

提督「あの、父と知り合いなんですか?」

戦鬼「そうねぇ……知り合いといえば、知り合いねぇ」

提督「一体どういう……」

戦鬼「うーん、そうねぇ……」


戦鬼「ワタシが唯一惚れた男……かしらねぇ」


提督「えっ」

戦鬼「……ふふっ、冗談よぉ。間に受けないで。たまにここに来てたのよぉ。あの人は」

提督「(親父もここに……?)」

戦鬼「……そうだ。いい事思いついたわぁ」

ヲ級「何?」

戦鬼「アナタ、提督って言ったかしらぁ」

提督「は、はい」

戦鬼「これから物資を運ぶ時はぁ……アナタが運んできてくれる?」

提督「俺が、ですか」

戦鬼「そう……生徒会のヤツらよりも、そっちの方がよっぽど面白そうだわぁ」

ヲ級「……いいの?」

戦鬼「ええ。楽しそうだものぉ」

ヲ級「ボスがいいなら……いい」

戦鬼「それじゃあ……次から、よろしくねぇ?提督……ふふふっ」


ヲ級の親愛度が+1されました!

新しく、裏校舎に行けるようになりました!

今日はここまで。

まさかコンマで当たるなんて思ってなかった(白目)。

ちなみに、ヲ級の他の子も用意してありますよ!

それでは、ありがとうございました。

こんばんは。

いちいち考えながらなのでかなりゆっくりになると思いますが、更新していきまする

―――5月10日―――

提督「……」

加賀「……そんな顔して、どうしたの?」

提督「あ、加賀さん……」

加賀「元校舎で何かあった?」

提督「……いえ、何でもないです」

加賀「そう。あまり心配はしてないけど、気をつけてね」

提督「はい(心配されてないのか……)」

提督「そうだ加賀さん」

加賀「何かしら?」

提督「部活に今から入るのって、どう思います?」

加賀「……部活によると思うわ。今から大会に向けて頑張っている場所もあるみたいだし」

提督「そうですか……」

加賀「どこかに入りたいと思ってるの?」

提督「まだ考えていないんですが、見学とか行こうかなって」

加賀「そう。私は弓道部にいるから、好きに見に来て構わないわ」

提督「わかりました」



放課後の行動が部活見学で固定になりました

―――5月10日―――

0.E-3 白露
1.E-3 五月雨
2.B-2 三隈
3.C-2 夕張
4.元校舎B-1 タ級
5.C-4 飛鷹
6.C-2 阿武隈
7.C-4 隼鷹
8.A-2 山城
9.E-3 曙

>>+2の1桁目

―――昼休み―――

提督「……ん?」

天龍「ったく。大丈夫か?」

五月雨「はい~……すみません、また手伝ってもらって」

提督「天龍、何してるんだ?」

天龍「提督か。いや、コイツが目の前で転んで書類ぶちまけちまったから手伝いをさ」

提督「なるほどね」

五月雨「あの、天龍さん」

天龍「おっと、悪い悪い」

五月雨「いえ、いいんです。それより、その方は?」

天龍「あー……えっと……その、なんだ……」

五月雨「も、もしかして彼氏さんとか!?」

天龍「違ぇよ!」

提督「演習で一緒になったんだよ。天龍とは」

五月雨「ああ、なるほど。あなたが提督さんですか!」

提督「俺のこと知ってるの?」

五月雨「はい。お噂はかねがね」

五月雨「私、白露型6番艦の五月雨っていいます。よろしくお願いします」

天龍「ちなみに、さっきの話を聞いてればわかると思うが、かなりのドジっ子だ」

五月雨「も、もう!天龍さん!」

天龍「だってそうだろ?今月だけで何回転んだ?」

五月雨「……数えてません」

天龍「なるほど、数え切れないほどか」

五月雨「そんなに転んでません!せいぜい16回くらいです!」

天龍「……な?」

提督「ああ……」

五月雨「……はっ!私ったらまた!」

天龍「でも凄く根はいいヤツだからさ。提督も、仲良くしてやってくれよ」

五月雨「天龍さんの意地悪ー!」

提督「ははは……」


五月雨の好感度が+1されました!

―――放課後―――

利根「提督、そんなに荷物を早くまとめて何処に行くのだ?」

提督「ああ、ちょっと今更だけど部活見学に行こうと思ってさ」

五十鈴「……ふーん」

利根「もう行く場所は決まっておるのか?」

提督「いや、まだ決めてないから適当にブラブラしようかなって」

利根「そうか。吾輩は妹と一緒の部活にいるから、いつでも来てよいぞ!」

提督「利根の妹さんの部活って?」

利根「えーっと……日本文化研究会、だったかな?」

提督「わかった。覚えておくよ」

利根「うむ。待っておるぞ」

提督「さて、どこに行こうかな?」

―――部活について―――


部活に入った場合、日常パートの安価の9番が部室、もしくはそれに準ずる場所に固定されます。

簡単に言えば、その部活メンバーと会いやすくなる、好感度が上げやすくなるという事です。

固定というのはどうかと思いましたが、やはり部活は必要かなと思い、導入させていただきました。

なお、部活に入っている子達は作者の勝手なイメージとなります。

今回は3つ見学に行き、その中から1つに入るという事にします。

部活に入らないという選択肢もありです。


提督「そんじゃ、適当に回ってみますか」


実際にありそうな部活3つ(被った場合は安価下、もしくは再安価)

>>+2
>>+4
>>+6

―――弓道場―――

提督「えーっと……弓道場ってここであってるかな……?」ガラッ

加賀「……」ギギギ……

提督「あ……」

加賀「―――ッ」パッ

ドスッ

提督「(ど真ん中……)」

加賀「……そこで見てないで入ってきたらどう?提督君」

提督「え、あ……ごめん。集中を切らせちゃいけないなって思って」

加賀「それはいい心がけだけど、入口でうろうろされてると逆に気になるわ」

提督「……ごめん」

加賀「……冗談よ。気にしないで」

加賀「それより、見学に来たって事でいい?」

提督「うん、そんなところ」

加賀「そう。じゃあ少し早かったみたいね。私が一番最初みたいだから」

提督「……もしかしてだけど、加賀さんっていつも一番最初に来てたりする?」

加賀「……?どうして?」

提督「いや、いつも放課後いつの間にかいなくなってるからさ」

加賀「……毎日ではないけど、出来るだけ早く来れるようにはしてるわね。ただでさえ、生徒会の手伝いとかで部活に出れない日もあるから」

提督「なるほど……」

赤城「こんにちはー……って提督君?」ガチャ

提督「あ、こんにちは」

加賀「部活見学だそうよ」

赤城「そうなんですか。ゆっくり見ていってくださいね」

提督「はい」

赤城「そうだ。まだ来てないんですけど、先に紹介しておきますね。弓道部にはあと何人か部員がいるんですけど……」

赤城「長い方のツインテールが瑞鶴ちゃん、短い方のツインテールが蒼龍ちゃん」

加賀「ざっくりすぎないかしら」

赤城「ロングヘアーが翔鶴さん、ショートヘアが飛龍さん」

赤城「あと、後ろで結んでるのが瑞鳳ちゃん、かな」

提督「なるほど……」

加賀「今の説明でわかったの?」

提督「なんとなくは……」

瑞鶴「……こんにちは」ムスッ

翔鶴「瑞鶴、ダメでしょちゃんと挨拶しないと……あら?」

提督「あ、どうも」

翔鶴「えっと……どなたかしら?」

提督「部活見学に来ました。この前転校してきた、提督と申します」

翔鶴「あら……こんにちは。翔鶴型1番艦五航戦の翔鶴と申します。ほら、瑞鶴も」

瑞鶴「……翔鶴型2番艦、瑞鶴よ」

提督「もし入ったらよろしくお願いします」

翔鶴「はい。こちらこそ」

瑞鶴「……フン」

蒼龍「こんにちはー」ガチャッ

飛龍「こんにちは……あれ?」

提督「こんにち―――」

飛龍「……多聞丸?」

提督「え?」

飛龍「えっ、えっ……ちょ、ちょっと!」グイッ

提督「うおっ!?」

蒼龍「ちょ、ちょっと飛龍?!」

飛龍「……違う」

提督「え、えーっと?」

飛龍「ご、ごめんなさい。取り乱しちゃった」

提督「い、いえ」

飛龍「改めて、えっと。蒼龍型2番艦の飛龍です」

蒼龍「私は1番艦の蒼龍。よろしく」

提督「よろしくお願いします」

赤城「あと一人ですね」

飛龍「あ、瑞鳳ちゃんならもうすぐ来ると思いますよ。さっき見たので」

赤城「わかりました。もう少し待っててくださいね、提督君」

提督「わかりました」

瑞鳳「お、遅れました!!」ガチャッ

赤城「瑞鳳ちゃん少し遅刻です」

瑞鳳「す、すいません……」

赤城「とりあえず、部活見学の方が来てるのでご挨拶をお願いしますね」

瑞鳳「は、はいっ。祥鳳型2番艦、瑞鳳と申します。よろしくお願いします!」

提督「こちらこそよろしくお願いします」

赤城「これで全員揃いましたね」

加賀「ええ、そうね」

加賀「練習風景も見ていく?」

提督「ええ、是非……って言いたいんですけど、すみません。他の場所も回りたいので」

加賀「そう……次は時間のある時に来て欲しいわ」

提督「わかりました」

赤城「入ってくれたらさらに嬉しいです……主に部費的な意味で」

提督「あ、あはは……それじゃあ、また」

加賀「はい。また明日」

赤城「入部、待ってます!」

もう弓道部でいいじゃん(いいじゃん)

今日はここまで。

弓道部が結構長くなってしまった……

ほ、他の部活も魅力たっぷりですから(震え声)

明日も更新する予定なので、それまでまた。



弓道部に入ろう(提案)

こんばんは。

部活って安価で決めるべきか、それともやっぱりコンマでランダムにするか悩んでますが、とりあえず書道部からスタートです。

―――廊下―――

提督「さて、次はどこに行こうかな……」

提督「……そういえば安藤がなんか言ってたな」

安藤『書道部には是非行った方がいいぜ!なんせ生徒会長がいるからな!』

提督「……行ってみるか」

提督「と、いうか生徒会長を未だに見た事ないな俺……一体どんな人なんだろうか」

―――書道部室―――

提督「ここで合ってる……よな」ガチャ

提督「あのー。すみませーん」

山城「はい?」

提督「ここ、書道部であってますか?」

山城「ええ……あってますけど。何か御用ですか?」

提督「その、部活見学って」

山城「この時期に部活見学……?」

提督「俺、転校してきたばっかなんです」

山城「ああ、なるほど。それじゃあ暫くお待ちください。おねえ……いえ、部長はもうじき来ると思いますので」

扶桑「山城、いるかしら?」ガチャ

山城「はい。ここに」

扶桑「半紙が不足してるから……あら?」

提督「あ、どうも」

扶桑「こんにちは。えーっと……」

山城「部活見学、だそうです」

扶桑「あら、そうなの……初めまして。部長の扶桑と申します」

提督「こちらこそ初めまして、提督って言います」

扶桑「山城も」

山城「……副部長の山城です。よろしく」

提督「よろしくお願いします」

扶桑「他にも部員はいるのだけど……まだ来てないみたいね」

多摩「こんにちはだにゃ」

球磨「こんにちはだクマー」

木曾「……二人共そこをどいてくれないか。俺が入れない」

扶桑「三人ともこんにちは」

多摩「にゃ?その男は……」

提督「ども。部活見学に来ました」

球磨「この時期に部活見学とは珍しいクマー」

木曾「……もしや噂の転校生か?」

提督「噂かどうかはわかりませんが……はい」

木曾「そうか。一度会ってみたいと思っていたんだが……ふむ」

提督「え、えーっと」

扶桑「木曾さん。まずは挨拶を」

木曾「あ、すまない……木曾だ。よろしく頼む」

多摩「多摩だにゃ。よろしくにゃ」

球磨「球磨だクマー。よろしくだクマ」

提督「はい。よろしくお願いします」

夕立「こんにちはっぽい!」

暁「こんにちはなのです」

扶桑「これで全員揃ったわね」

夕立「……ん?何か部員じゃない人がいるっぽい?」

提督「部活見学に来ました」

夕立「あ、そうなんだ!私は夕立、よろしくっぽい!」

暁「暁よ。電がお世話になってるみたいね」

提督「いえいえ……って全員?」

扶桑「はい、これで全員ですが……」

提督「その……失礼ながら、どなたが生徒会長ですか?扶桑さん?」

扶桑「……ああ、会長ですか」

暁「会長は……その……いつもその辺をフラフラしてるから、書道部に来るのが希というか……」

山城「あの人、そもそもこの書道部に正式に加入してるかどうかも怪しいですからね」

扶桑「とりあえず、会長は幽霊部員みたいな扱いをしてるんです」

提督「なるほど……(一体どんな人なんだろう……)」

扶桑「今日は活動はなしでミーティングをするだけなんだけど……見ていきます?」

提督「あー……そうなんですか」

扶桑「せっかく見学に来ていただいたのに申し訳ないです……」

提督「いえ、俺のタイミングが悪かったということで」

扶桑「それでも気に入っていただけたら、入ってくださると嬉しいです」

提督「わかりました。今日はありがとうございました」

扶桑「いえいえ」

提督「そんじゃ時間的にも最後になるかな。どこに行こう……」

安藤『水泳部って言ったら男のロマンだよな!』

提督「……」

安藤『男だったら一度は覗くもんだぜ!水泳部は!』

提督「……時間もあるし、行くか……」

提督「あれ、でも今の時期にプールって……」

―――プール―――

提督「あー……やっぱ誰もいないか」

提督「ま、そらそうだよな。今はプール掃除の時期だもんなー……」

168「……あれ?」

提督「ん?」

168「プール見てたけど……水泳部に何か用?」

提督「あー、えっと……部活見学に」

168「……一つ言っておくけど、うちの部活、男子禁制なのよね」

提督「えっ!?そうだったの!?」

168「うちの学校じゃ知らない人はいないと思うんだけど……確信犯?」

提督「違う違う!転校してきたばっかだから知らなかったんだ!」

168「ああ、そうなの。てっきりこの前の安藤って男と同じ覗き目的かと思った」

提督「(あの野郎……)」

168「転校生なら仕方ないわね。残念ながら水泳部はさっきも言ったけど男子禁制―――」

58「イムヤー?誰かいるのー?」

168「ゴーヤ。まだ帰ってなかったの?」

58「少しだけプール掃除をしとこうかなーって思ったんでち。それよりその男子は……」

提督「部活見学に来たんですけど、この水泳部って男子禁制なんですね」

58「……あれー?そうだっけ?」

168「っ、ちょ、ゴーヤ!」

58「普通に男子も入ってよかったと思うよー?確かに男子はうちの部活にいないけど」

提督「……え?どういう事?」

168「ご、ゴーヤの気のせいじゃないかな」

19「ゴーヤー。一緒に帰ろー……あれ?」

8「イムヤ、いつまで私を待たせるつもりでしょうか」

168「げっ……」

19「男子ー?……もしかして、入部希望者ー?!」

8「もしそうなら喜ばしい事ですが……」

提督「あ、部活見学って事で来ました」

8「そうでしたか。ですがすみません、今の時期は市民プールで練習をしていまして」

提督「そうなんですか」

19「部活見学に来た男子は君が初めてなのー」

提督「……あの、イムヤさん。これってどういう」

168「……」

58「もしかしてイムヤー。男子に水着見られるの、恥ずかしいんじゃ?」

168「そ、そんなわけないでしょ!」

168「だ、大体あんな達が大きすぎるのよ!近くにいると私が貧相に見えるじゃない!ナニがとは言わないけど!」

19「んー?……あ、胸?」

168「せっかく濁したのになんではっきり言うのよバカ!」

提督「えーっと……」

58「イムヤの言う事は気にしないでいいでち。もし入りたくなったら、ゴーヤやイクに言えばいいよ!」

168「ちょ、ゴーヤ!」

提督「か、考えておきます」

168「……入ったら覚悟しておきなさいよ」

提督「えー……」

19「イムヤ、そんな事言ったらこの男子入ってくれないよ?」

168「入らなくってもいいの!」

8「すみませんが今日は市民プールから荷物を学校に取りに戻ってもう帰るだけなので……よろしければ、また今度見に来てください」

提督「わかりました。それじゃあ、さようなら」

19「入部、待ってるなのー!」

168「こ、来なくていいからっ!」

―――夜 提督の部屋―――

提督「今日は三つ見てみたけど……どれも個性的だったな」

提督「もう少し見てみたいけど、大会とかあるなら早く入ったほうがいいし」

提督「さて、どうしようかな……」


1~3 弓道部
4~6 書道部
7~9 水泳部
0 帰宅部


>>+3のコンマ一桁目

提督「……水泳部」

提督「いやでもイムヤさん凄い嫌がってたし……うーん」

提督「暫くは様子見がてら、たまに部活に覗きに行くことにするかぁ……」

提督「……そういえば俺、水着なんて持ってきてたっけ」

提督「とりあえず探しておこう」

今日はここまで。

弓道部を押していた方には申し訳ないですが、ランダムにさせていただきました。

部活がランダムで決まるってのも何かアレな感じがしますが。

次の更新はいつになるかはちょっと未定となります。

もし上がってたらまたよろしくお願いします。それでは。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月19日 (火) 14:29:44   ID: EziusscZ

続きお願いします!

2 :  SS好きの774さん   2015年07月30日 (木) 13:40:49   ID: 6EMH4e7p

続き待ってます

3 :  SS好きの774さん   2016年03月15日 (火) 23:55:50   ID: ns9A_nCB

この気持ちは何だろう この気持ちは何だろう

4 :  SS好きの774さん   2016年10月31日 (月) 20:52:39   ID: fq8sLyAF

んんん

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom