新ジャンル「戦隊ヒーローで自分以外少女」Part7 (975)

【過去スレ】


【まとめ】
新ジャンル「戦隊ヒーローで自分以外少女」wiki(http://www19.atwiki.jp/sinzyanru/

立て乙

まあ、のんびり埋めるべ

赤「……まさか次スレが立つとはなあ」

桃「ほんとにねぇ、前スレなんか一年半くらいかかって埋まったていうのに」

金「このスレが埋まるまではどれくらいかかるのかのう?」

緑「さ、あ? そ、れは、書き手、の、数、しだ、い」

青「いや、むしろネタ次第、と言うべきじゃないか? ネタが尽きたら書けんだろう」

黄「ん〜と、そしたらほかのスレとか見て、おもしろそうなのをまねちゃえばいいんじゃない?」

白「えぇ〜っと、それはそれで問題がありすぎるんじゃないでしょうか」

雑魚A「そうだぜ! そんなのは俺らだってしないんだぜ」

雑魚B「悪の組織より悪いことするなんてヒーロー失格なんだぜ!」

怪人「お前ら、いきなり走り出したかと思えば、なにを言ってるんだ」

男幹部「そうだぞ。それにパクリじゃなくてオマージュといえばなに、も……ぐふぅ(バタリ)」

首領「あぶないことはいっちゃ、めー! なの」

女幹部「まったく貴方達はせっかくの新スレだっていうのに……、こんな人たちは放っておいてうちの組織に来ませんか赤さん?」

赤「……まさか次スレが立つとはなあ」

桃「ほんとにねぇ、前スレなんか一年半くらいかかって埋まったていうのに」

金「このスレが埋まるまではどれくらいかかるのかのう?」

緑「さ、あ? そ、れは、書き手、の、数、しだ、い」

青「いや、むしろネタ次第、と言うべきじゃないか? ネタが尽きたら書けんだろう」

黄「ん〜と、そしたらほかのスレとか見て、おもしろそうなのをまねちゃえばいいんじゃない?」

白「えぇ〜っと、それはそれで問題がありすぎるんじゃないでしょうか」

雑魚A「そうだぜ! そんなのは俺らだってしないんだぜ」

雑魚B「悪の組織より悪いことするなんてヒーロー失格なんだぜ!」

怪人「お前ら、いきなり走り出したかと思えば、なにを言ってるんだ」

男幹部「そうだぞ。それにパクリじゃなくてオマージュといえばなに、も……ぐふぅ(バタリ)」

首領「あぶないことはいっちゃ、めー! なの」

女幹部「まったく貴方達はせっかくの新スレだっていうのに……、こんな人たちは放っておいてうちの組織に来ませんか赤さん?」

赤「はい?」

女幹部「あっ、来てくれるんですね。それじゃあ、さっそく行きましょうか」

赤「いや、あの……」

「「「「「「ちょっと、待ったぁ!!!」」」」」」

桃「な〜に、勝手なことしようとしてるのかしら? このオバハンは」

青「赤は、大事な私達の戦隊の一員だ。勝手に引き抜かないでもらおう」

黄「そうだよ! いくら悪のかんぶだからって、おーぼーだよ!」

緑「身の程、知ら、ずの、年増に、は、お仕置、きが、必要」

白「そーですよ! だいたい赤さんは行くなんて言ってないじゃないですか!」

金「くっくっく。既に一線を退いた身じゃが後輩のためじゃ、久方ぶりにあの頃に戻るとしようかのう」

女幹部「くっ、誰がオバハンですか、私はまだ20代よ! こうなったらザコーズ、怪人やっておしまい!」

雑魚A「えー、なんで俺らがやるんだぜ?」

雑魚B「原因をつくった女幹部さんがやるべきだぜ」

怪人「諦めろお前ら。ああなった女幹部さんに話は通じん」

首領「……えっと、なにがどうなってるの?」

男幹部「あー、まあ、いつものことですよ。ってなわけで、巻き込まれんように、こっちでお茶でも飲んでましょうか」

首領「おちゃー? おとこかんぶのはにがくていやなの」

男幹部「そう思ってジュース用意しておきましたから。あぁ、ショートケーキもありますよ」

首領「ほんと!? ならそっちでいっしょにみるの! ほら、あかさんもいっしょにいくの」

赤「えっ? いやでも、俺が行っちゃマズイんじゃ……?」

男幹部「馬鹿言っとらんと、さっさと来い。どうせお前が居たって止まりゃせんから」

赤「うぅ、もうちょっとオブラートに包んでくれても……。えー、それじゃあご相伴にあずからせていただきます」

首領「どうぞ、いらしゃいなの!」

男幹部「……!? 二人とももうちょいこっち側に来い、なんか技撃ち始めたから巻き添えくうぞ」

|・ω・) 誰もいない…
|⊂ノ  投下するならいまのうち…
|`J

エラーが出てたのに書き込めてるって、どうにもわかりにくいなあ
まさか最初っから、二重カキコするはめになるとは……

>>9
乙でした
確かにこの板はエラー出てても書き込めてること多いから更新したほうがいいかも

青「……ほら、また体が外側に開いてるぞ」

赤「うーむ、反動キツすぎじゃないですか、これ」

青「なに言ってるんだ、赤が訓練不足なだけだろう。ちょっと、貸してみろ」

赤「んなことはないと思いますが……。って、青さん? 片手で構えてどうするんで?」

青「そりゃあ、もちろん撃つんだろ。よく見てろよ……」

赤「頭と胸にそれぞれ全弾命中……、しかもワンホールショットって、どこのシティーハンターですかい」

青「そうか? これくらい普通だろう。まあいい、とりあえずは基礎トレだ。反動に負けるようじゃ話にならん」

赤「うげぇ、また基礎トレですか」

青「そう思うならしっかりとした身体をつくれ。今のままじゃ足手まとい以下だぞ」

赤「……精進させていただきます」

青「あー、そんな暗い顔をするな。せめて半人前になれるぐらいまでは付き合ってやるから」

赤「そこは普通一人前になれるまでじゃないんですか?」

青「…………あー、うん、まあ頑張ろうな」

赤「(´;ω;`)ブワッ…」

黄「あか〜、お昼ごはんなぁに〜?」

赤「あー、今日は桃が作ってるから、パスタとかなんじゃないか」

黄「えぇー、カレーじゃないの〜?」

赤「カレーって、昨日食ったばっかじゃないか。残りは……、朝に食ってたなそういや」

黄「そうだよ。だからあたらしいカレー食べたいなー、って」

赤「いや、つってもなぁ、カレー一人分だけ作るってのは面倒なんだが」

黄「え? なんで一人分なの? いっしょに食べればいいじゃん」

赤「俺も?」

黄「うん! ね、そしたらさっそく作りに行こ。そんで、一っしょに食べよ!」

赤「いやいやいや、まだ仕事中だからね、俺。うん、だから待って、引っ張らないで、痛い、っつうか千切れるから」

黄「ぅ〜、あ〜かぁ〜。一っしょに食べようよ〜」

赤「いやだから仕事が、って痛い、痛いっす。じゃ、じゃあ晩飯、晩飯のときに作りますから、それまで我慢してください」

黄「む〜。やくそくだかんね! ぜったい作ってよ〜!」

赤「うぃ、了解です、絶対作りますとも(あっ、やべえ、左手の感覚無くなってーら)」

ぬるぽ

緑「よう、こそ、緑、の、実験、室へ。この薬、品は……」

赤「うん、バーボンハウスはいいから、なんで呼ばれたのか教えてくれい」

緑「……ネタ、スルー……」

赤「あー、うん。面白かったぞ、面白かったけど、な? 急ぎの用件っていうのが気になってだな」

緑「……ほん、と?」

赤「勿論」

緑「ふふ、赤、の、ツボ、げっとー」

赤「えっと、緑?」

緑「……ごほん。これ、が、今日呼ん、だ、理由」

赤「えらく毒々しい色だな。何の薬だ、こいつは?」

緑「身、体機、能を、倍、に、するく、すり。さ、あ、ぐい、っと」

赤「モニターやるなぁ諦めたからいいとして、これ副作用は無いのか?」

緑「…………ない、よ」

赤「緑? あからさまに目逸らして通じると思うか?」

緑「内、臓が、ちょっと、逝く、かも?」

赤「やっぱり今回の話は無かった、ということで」

緑「だ、め。にがさ、ない、よ? だいじょう、ぶだか、ら、ね」

赤「なーんで、研究職なのに俺より力が強いかなぁ、この子は」

緑「うふふ、そん、な、赤も、かぁいい、よ。だから、ね?」

赤「……明日の朝日は綺麗かなぁ」

桃「……生きてる?」

赤「なん、とか、な」

桃「ふーん、ならいいけど、さ。したら、まぁ、しっかり休んどきなさいよ」

赤「や、待てまて。なんか用事があったんだろ?」

桃「ん、スイーツ食べ放題のペア半額券が当たったんだけどね。でも、さすがに死に掛けの人間連れまわす気はないわよ」

赤「いやいや、そういうわけにゃいかんて。…………っん! よし、行くか」

桃「ちょっと、大丈夫なの?」

赤「なに、伊達に黄のスパー相手しとらんて。それにモルモットのやりすぎなのか、ある程度耐性も出来ちったしな」

桃「それは、いいことなのかしら……」

赤「さあ? 下手に考えると悲しくなるだけだし、まあ丈夫になったってことでいいんじゃないか」

桃「あんたは……、まったく、もう。そんじゃ、早速行く? あぁ、でもその前に着替えなきゃね。酷い恰好になってるわよ」

赤「あー、なんか色んな汁出てたからなぁ。うしっ、じゃ、ちょっと着替えついでに顔洗ってくるわ」

桃「う、うん。ねぇ、本当に大丈夫なの? そんな無理しなくても……」

赤「大丈夫だって。それに、せっかくの桃からのお誘いだしな。断るほうがキツイやな」

桃「なっ!? も、もう。それじゃ、玄関出たとこで待ってるけど、ホントに無茶しちゃ駄目だからね」

赤「あいよ、わかってるって。んじゃ、また後でな」

桃「えぇ、また後でね」

|・ω・) 誰もいない…
|⊂ノ  投下するならいまのうち…
|`J

最初はつかみが肝心、ということで(?)
色々書き散らしてみました
一応、それぞれにつながりはないです

>>18
ガッ

赤「赤い〜マフリャ〜」キコキコ

青「(タオルだし…)」
黄「(自転車だし…)」
桃「(ジャンル違うし…)」
緑「(・・・バイク…作って…あげたら…喜ぶ…?)」





公僕「キミキミ、このスクーター違法改造だよね?しかもナニコレ。ヘルメット?マスク?」コンコン
   「スピードも出てたし、ちょっと免許証出してくれる?」

赤「・・・・・・・・・・・・・・・」シクシク



局長「赤に割ける予算なんてないのに緑にも困ったもんだ」ヤレヤレ
   「原付と改造代、赤の給料から天引きっと。あ、来月分も無くなっちゃうわ」アハハ

黄「赤ー、スパーのあい手してよ!」

緑「その、前に、このくす、りを、のん、で。いい、サンプ、ルに、なるか、ら」

青「お前らな、そんなに無茶ばかり言うな。それよりも赤、弾薬配備の書類を頼みたいんだが」

黄「む〜、青わりこまないでよ。それに緑、ドーピングなんてだ目だからね」

緑「ドーピ、ング、じゃ、ない。黄に壊、されない、ため、のも、の。あと青、それ、は、じぶ、んで、やるべ、き」

青「なにを言うか。お前達に付き合ったら、また一日倒れてベッドの上じゃないか。それに、私のは教わるついでだからいいんだ」

黄「そんなん、へりくつじゃん! だいたい、いっつも青は……!」

青「なんだと!? それをいうなら黄こそいつもいつも……!」

緑「二人、とも、おなじ、穴、の、むじな。やっぱ、り、わた、しのを、やる、べき……」

青「なんだと! 馬鹿を言うな!」

黄「なんでさ!?」



桃「ん? なぁに、エクレアはあげないわよ?」

赤「……やっぱり桃のとこは落ち着くなあ」

桃「はぁ? な、なに言ってんの、気色悪いわね。……えっと、一つぐらいなら食べてもいいわよ」

赤「……うん、やっぱり癒されるわ」

桃「な!? だから、んもぅ! だ、だったら、お茶いれなさい、お茶」

赤「へいへい」

桃「これ、返事はハイでしょ。あっ、ちゃんと自分の分もいれなさいよ」

|・ω・) 誰もいない…
|⊂ノ  投下するならいまのうち…
|`J

普通? なにを言う、だからこそ好いんじゃないか!
とか、そんな感じですよ、ええ

>>24

最初の頃っぽい扱いがいい感じ
やっぱ赤はこっちの方が感じ出るのかなあ

男幹部「なあ、怪人」

怪人「なんです?」

男幹部「イモ食いたくね?」

怪人「はぁ?」



男幹部「……と、いうわけで、赤の畑にやってまいりました」

赤「いや、何が『というわけ』なんですか?」

男幹部「俺イモ食いたい→お前イモ作ってる→焼きイモしようぜ! 以上」

赤「いやいやいや、よけい意味がわからないですからね。っつか、まだ出来てないですし、来るなら来月ぐらいにしてくださいよ」

男幹部「えー。お前のこったから、桃さんに芋スイーツ食べたい、って言われたとき用に早生の作ってるんじゃねえの?」

赤「……ん、んなわきゃない、ですよ」

男幹部「あっはっは、相変わらずお前は顔に出るなあ。んで、どれよ?」

赤「うぅ、本当に食べるんですか?」

男幹部「あったぼうよ。そのための焼き芋器も持ってきてるんだからな」

赤「っとに、この人は。……はぁ、わかりましたよ、あの畝のとこです。ただし、半分は残してくださいよ」

男幹部「えっ、半分も採っていいの?」

赤「あー、首領ちゃんへのお土産にでもしてください(チックショウ、ヤブヘビったー!)」

|・ω・) 誰もいない…
|⊂ノ  投下するならいまのうち…
|`J

そういや、残暑が厳しいけどそろそろ秋だなー、とか
秋といったら焼き芋だよなー、とか思ったのですが
しかし、焼き芋は冬の季語だそうな

赤「ただいま〜。ふぅ〜あついあつい。」

青「ちょうど良かった。アイスコーヒー入れたんだけど気分じゃなかったんだ。飲んでくれ。」
赤「あぁ、ありがと…。イタダキマス。」

黄「モグモグ。あ、赤。新レシピでカレー作ってみたんだけど味どうかな?ほい、あーん」
赤「ん?おぉ。(あ、あーんだと!?)」
黄「どうかな?(か、間接キス///)」
赤「う、美味いと思うぞ?」
黄「そうか!よかった!」

緑「よいしょ…よいしょ…」
赤「(緑が重そうなもの運んでるな。前見えてるのかアレ?)」
緑「あ…、きゃあ…!」
赤「危ない!ムニッ(ムニ?)」
赤「…あ、ご・ゴメン!!」
緑「…いや…、いい…///」
赤「次から気を付ける!!じゃあな!(やわっこかった///)」

桃「見てたゾ〜。」
赤「も、桃!あ、あれはな!そんなんじゃないんだ!!」
桃「うふふ〜。わたしのも触ってみる〜?」
赤「ぶっ…!ドテッ」
桃「きゃあ!大丈夫!?」
赤「だ、大丈夫だ…。ボタボタ」
桃「も〜。鼻血なんか出してやらし〜。」
赤「(あ、ピンクのストライプ///)ぶはっ!!!」


赤「はっ!ガバッ」
桃「急に倒れるんだから心配したよ〜?」
緑「脈拍…正常…。熱…平熱…。問題なし…。」
黄「カ、カレーがいけなかったのか!?」
青「起きたか。コーヒーでもどうだ?」

赤「なんだコレ!?オレ明日死‌ぬのか!?」

巨大化怪人「ぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!」

青「ブルーハリケーン!」
黄「イエローストーム!!」
緑「グリーン…テンペスト…」
桃「ぴんくたいふ〜ん♪」
青黄緑桃「合体!!!…♪」

ガシーンキュイーンボイーンバイーン

青黄緑桃「超NIPPERロボ!!!…♪」

赤「フレーフレーみんな〜」

青黄緑桃「必殺!S速ARASHIキーック!!!…♪」


ロボ「ツーン」

青「あれ?」ガチャガチャ
黄「動かないぞ!?」グイグイ
緑「システム…オールグリーン…」ポチポチ
桃「動け動け動け〜動いてよ〜」シコシコ

ロボ「い・や」ツーン

赤青黄緑桃「は?」

ロボ「赤の言う事しか聞きたくないもん♪」

赤青黄緑桃「…はぁ!?」

指令「説明しよう!操縦の親和性を高めるために操縦者達の思考をAIに組み込んだのが裏目に出たようだ!」

イイカライウコトキケーアカサンスキーロボダロオマエーアカハワタシノモノーイヤアタシノーギャイギャイ


怪人「あの、もう帰っていいっすか…?」

?「…………(ジー)」

赤(誰だ? 敵、じゃないよな。さりとて、新人さんが来たって話は聞かんし……)

?「……? ……! ……(ニコッ)」

赤「(あっ、気付かれた。まいったな)……えっと、どちら様でしょうか? 一応、ここは一般人立ち入り禁止なんですが」

?「? ……!(ポムッ)」

赤(メイドさんみたいに胸の前で手叩く人って本当にいるんだなあ)

?「……、? ……、!? ……(アタフタ アタフタ)」

赤「口パクして、首傾げて、慌てる。……ふむ、もしかして喋れないとか?」

?「……! (コクコク)」

赤「あー、そっかそっか。えっと日本語は出来る、よな? ん、じゃあこれ、ちと汚いが使ってくれ」

?「???」

赤「や、筆談な。そこに君の、え〜、言葉をな、書いてくれれば話が出来るだろ?」

?「……! (ポムッ)」

赤「ん、理解してくれて何より。そんじゃ、まず君の名前を教えてくれるかな?」

?『はい! ワタシはロボ子と言いマス!』

赤「ロボ子? 偽名……じゃないとしたら、緑か怪人、どっちかに聞き覚えはあるかい?」

ロボ子『はい! 怪人はワタシのマスターになりマス』

赤「マスター、ってことは怪人さんが造ったのか。じゃあ次の質問、なんでここに来たんだ? なにか用事でも?」

ロボ子「……?」

赤「あ〜、いやほら、怪人さんが造ったってことは組織のほうに居たんだろう。それがなんでウチの基地のほうに来たんだ?」

ロボ子『そういうことデスか。え〜とですね、テストするから赤に付き合ってもらえ、だそうデス』

赤「(いちいち手合わせたり、頭に指当てたりって狙って造ったのか?)……テスト、ねぇ。なんで俺が付き合うことになるんだ?」

ロボ子「……(ジー)」

赤「そんな見つめられても付き合わんぞ」

ロボ子『えっ!? ちょっと涙目で上目遣いすれば一発だって言ってマシタのに!』

赤「……あの馬鹿たれ、なに言ってやがる」

ロボ子『駄目デスか? このテストを遂行出来マセンと、ワタシはマスターにスクラップにされてしまいマス』

赤「はっはっは、そうくるかー。本当に目ぇ潤ませて高性能だな、おい。……わかった、行くよ、付き合うよ」

ロボ子『ホントデスか!? さすが赤さんデス。ワタシ惚れちゃいマス』

赤「そりゃまた、お手軽で。んで、テストってのは何するんだ?」

ロボ子『む、スルーされちゃいマシタか、残念デス。えっとテストの内容は、まずはお買い物デスね。商店街にGOデス」

赤「あいよ。……ところで、なにを買うんだ?」

ロボ子『はい。え〜っと、ゴムに、下着に、ロウソクですね』

赤「……はい? すまんが、もう一回、出来れば詳しく書いてくれないか」

ロボ子『ワカリマシタ。髪ゴムに、男幹部さんのシャツに、首領さんが自由研究に使うロウソクの三品デス』

赤「あー、うん。わかってた、わかってたよ。よし、じゃあ行くか」

ロボ子『はい、よろしくお願い致しマス。……あっ、もう一つよろしいでしょうか?』

赤「おう、もう乗りかかった船だ、どんとこい」

ロボ子『そうデスか? では、文房具屋さんに付き合って下さいマセンか?」

赤「文房具屋?」

ロボ子『はい、ちゃんと新しいものをお返ししたいデス。それに、出来れば赤さんと同じものを使わせていただきたいのデス』

赤「うん? 別にそんなん気にしなくてもいいんだけどな。そんじゃあ、買い物の後で売ってる所に案内するので、いいか?」

ロボ子『はい。それでは行きマショウ』

指令「えー、今日からテスト配属になったロボ子くんだ。機械だからって差別せずにみんな仲良くするようにな。」

赤青黄緑桃「はーい」


青「おーい、赤ー。コーh…」
ロボ子「・・・・・」コトッ
青「!ありがと…。」ズズッ

赤「…」


黄「ふぃ〜。トレーニングにつき合ってくれてありがとな、ロボ子!」
ロボ子「・・・・・」モミモミ
黄「マッサージも気持ちいいな!」

赤「…!」


緑「…試作薬…出来た…あk」
ロボ子「・・・・・」スッ
緑「え…?分析表…と、シミュレーション結果…?」フムフム

赤「・・・・・・・・・・・・・」


桃「ふふふ〜ん。あ!このお店、新作スイーツ出たんだ!早速赤に…」
ロボ子「・・・・・」トントン
桃「何?冷蔵庫?コレは!あのお店の新作もこのお店の人気スイーツも有る〜♪ありがとうロボ子〜♪」

赤「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ダッ


赤「どうせオレなんか…」シクシク
ロボ子「・・・・・」スッ
赤「ロボ子?ハンカチ?」
ロボ子「・・・・・」
赤「うっ…、こんなオレにも…!フキフキ…アレ?なんか書いてある…。『赤様DAISUKI♥』?」
ロボ子「・・・・!」ボンップシューッ
赤「アチッ!うわっ熱い煙がロボ子からっ!!」

スプリンクラー「バシャー」
サイレン「ウーッウーッ」

ワーキャーナンダコレードウナッターナニガオコッターワイノワイノ


指令「えー、誠に残念ながらロボ子君は諸事情により移動になった。短い間だったがありがとうとのことだ。」
青黄緑桃「・・・・・・・・・」

赤「出番が減らなくてうれしい様な残念な様な…複雑だ…。」

スペック確認だけど
味方
赤:冴えない 低賃金 書き手によって年齢変化 家事はハイスペック
武器:タオル

青:クール コーヒー好き
武器:二丁拳銃

黄:ボクっ娘 カレー好き
武器:拳

桃:スイーツ(笑) スイーツ好き(笑)
武器:剣(レイピア)?

緑:無口 科学者 実験台は赤
武器:?

黒:男装娘? 令嬢
武器:?


みたいな感じだったよね

赤「さて、この書類を片付けてーっと」

コンコン

赤「あ、カギはかかってませんから入っていいですよ」

赤(あれ、この基地に俺の部屋ノックする人っていたかな)

黒「チョリースwwwwww」

赤「あ、黒」

黒「なんかさwwwwwwおれwwww空気になってねwwwwww?」

赤「そんなことはありませんよ」

赤(やばい、すっかり忘れてた)

黒「……分かってるんですよ」

赤「え?」

黒「皆さんの前では『どきゅんの男』を演じていれば自然と空気になる事を……」

赤「え、えーと……黒さん?」

黒「皆さん赤さんばかりかまいますし、どきゅんなんて相手にしたくないでしょうし」

赤(黒が名前どうりダークゾーンになってる)

黒「どうせ私なんて……私なんて……」

赤「あー……黒」

黒「……なんですか?」

赤「大丈夫。俺は覚えている」

黒「え?」

赤「皆が黒の事忘れても、俺は覚えているから」

黒「あ……」

赤「ま、俺なんかが覚えててもしょうがないかもしれないけどな」

黒「いいえ!そんなことはありません!」

赤「そ、そうか?」

黒「はい!」

赤(この純粋に目をかがやせてるのを見たら、本当は忘れてたなんて言えないんだけど)

黒(赤さんは……赤さんだけは覚えててくれるんだ……ふふっ♪)

黒「それでは、夜分遅く済みませんでした」

赤「いいよいいよ。また何かあったらいつでも来てくれていいから」

赤(そうでもしないと、本当に忘れてしまいそうだ)

黒「では、失礼しました」



緑「赤の……部屋から黒……?」

緑(……)

緑「クヒッ……赤×黒……」ジュルリ

なんか、黒が空気だったので書いてみた。
昔の設定を思い出して、緑も腐にしてみたり

首領「えっと〜、このまえは〜。……あれ? ねぇねぇおんなかんぶ〜、みんなでうみにいったのっていつだったっけ?」

女幹部「海ですか? えっと、8月の……14日と15日ですね。二日とも晴れだったはずですよ」

首領「わかった〜、ありがと〜」

女幹部「まったく、ちゃんと毎日つけてないからこういう事になるんですよ」

首領「わかってるよ〜、もぅ。……えっと、みんなであかさんがもってきたすいかで、すいかわりをしました。っと」

女幹部「西瓜割り? 首領、今年は西瓜割りはしてませんよ。黄が全部食べちまった、って謝りに来てたじゃないですか」

首領「えぇー。でも、もうかいちゃったよぅ」

女幹部「あらまぁ、クレヨンじゃあ消せないですしねぇ。……しょうがない、アレに頼みますか」

怪人「……なるほど、そういうことでしたか。わかりました、お任せください」

男幹部「正直、一冊まるまる書き直させたほうがタメになると思うんですけどね」

女幹部「では、お願いしますね怪人さん」

男幹部「……はて、なんで俺は睨まれたんだ?」

怪人「さあ? 相変わらず仲悪いんですねえ、としか。それで、どうしますか?」

男幹部「西瓜なんざ、もう無いしなあ。……ふむ、要は皆で遊べればいいんだよな?」

怪人「いや、そういうことじゃ……って、なるほど西瓜割りしたかったです、ってことにするわけですね」

男幹部「おう。んで、そのかわりに今日他のことで皆で遊びました、っと書いてもらうと。んじゃ行くぞ」

怪人「行くって……、またあそこですか」

男幹部「はっはー、モチのロンパチってなー」

男幹部「……ってなわけでえぇぇぇ! これより! 南瓜割りげーむを始めぇぇぇるぞぉぉぉ!!!」

「「「「「おー!!」」」」」

赤「いや、なんでここでやるんですか?」

男幹部「あぁ、ノリ悪ぃなあ。まあ、あれだ、片付けしないでOKって緑さんが言ってくれたからだな」

赤「いや、そこは掃除させろよ」

緑「だいじょ、うぶ。あたら、しい、はつめ、いひん、を試す、チャ、ンス」

男幹部「うーし、じゃあ進めるぞ、いいか?」

赤「え? ああはい、すいません]

男幹部「おし! しったらば、選手入場! 青さんにぃぃぃ! 黄さんだぁぁあぁぁぁ!!!」

赤「二人とも、どこに行ってたのかと思ったら……」

青「あ、あまり見るな赤。その……恥ずかしいから、な?」

黄「どう、赤? あたらしい水着、にあってる?」

赤「あ、ああ、似合ってるぞ。……男幹部さん?」

男幹部「や、ほら、俺や怪人がやっても楽しくないだろう? それだったら、女性にやってもらった方が見てても楽しいじゃないか」

青「……変態オヤジ」

黄「??? それで、ボクたち何すればいいのー?」

男幹部「ん? おぉ悪いわるい。よし怪人! アレ持ってこーい!」

怪人「あいよー、っと重てぇぇな、っとりゃあ!」

黄「おぉ〜、すっごいデカイね!」

男幹部「はっはっは。色々改良したからな、下手に素人が殴ると手が折れるぜ」

赤「んなもん、いったい何に使うんですか……」

男幹部「そりゃ、毎年のハロウィンとか、冬至に煮物で食ったりとか色々あるだろう。形はペポ種だが、中身は大浜みやこにだって負けんぞ」

雑魚A「男幹部さん配り終わったんだぜ」

緑「こっち、も、調整、おわっ、た」

男幹部「オッケー。そんじゃ改めて……、これより! 南瓜割りげーむを始めぇぇぇるぞぉぉぉ!!!」

「「「「「「「おー!!!」」」」」」」

男幹部「ルールは簡単だ。今から青さんと黄さんのどっちを応援するか、2チームに分かれてもらう。んで、その中で誘導係を2人決めてくれ。
    青さんと黄さんは、その二人の指示をもとに南瓜を割ってもらう。ただし、不正が出来ないようにコレをつけて10回まわってもらう」

青「コレは……バイザー、か? コレじゃなくて、ただの目隠しじゃいけないのか?」

男幹部「いや、それじゃ誘導する必要がなくなるじゃないですか。こいつは緑さんに造ってもらった感覚遮断機です。
    五感のうち触覚以外をほぼシャットダウンするんで、耳元のイヤフォンからの指示以外ほとんどわからなくなるはずです」

緑「つけく、わえる、と、空間、把握、平衡、感、覚、も、ダウンさせ、る」

赤「それは本当に大丈夫なのか?」

緑「とう、ぜん。一般、人、よ、り、少し、下がる、ぐら、い」

男幹部「まさにチームの相性がカギとなるわけだな。それと、勝ったほうには当然賞品が出るぞ。
    そうだな……、負けたほうに何か一つ命令出来るってのはどうだ? もちろん、青さんと黄さんもチームの一員だから同じな」

「「「「「「「「!?」」」」」」」」

男幹部「あー、つっても、あまり無茶なのにはするなよ。あくまでも常識の範囲で、例えばデートに誘うとか、それぐらいにしとけよ」

青・黄「「赤、こっちに来るな(ないで)!」」

緑・女幹部「「赤(さん)、どっちのチームに行くの(んですか)!?」」

赤「え? えっ?」

男幹部「おぉー、青春だねぇ。ところで赤、決められないんだったら、ここにクジがあるが……」

桃「っとにメンドクサイわねぇ。ほら、こっちに来なさい」

赤「桃!? 起きたのか?」

桃「こんだけ五月蝿けりゃ起きるわよ。んでチーム分けでしょう、こういうのだったら黄でいいじゃない」

赤「いや、そう簡単な話じゃ……」

桃「うるさい。ほら座って、そんでもうちょい太股を……、ん、おっけ。じゃ、おやすみ」

((((……ずるい))))

男幹部「……よっと。ふむ、黄さんの方か」

怪人「クジ、残念でしたね」

男幹部「ま、こんなこともあるさ。さて、それじゃ青チームは緑さんに女幹部、それとザコーズだな。そんで、こっちは赤に怪人と俺だな
    それじゃ、さっき言ったとおり誘導係を決めてくれ。青さんと黄さんは、じゃんけんで先攻・後攻を決めといてください」

ヌルポ

ふと、変なのが書きたくなった
ただ、それだけ

>>56

黒って誰だっけ? とちょっと考えてもうたww

>>64
ガッ

赤「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬ」

黄「何やってるの?」

赤「いや、気が操れたらなぁと。」

黄「黄?ボクを操るの?」

赤「そうそう。パンチだ!」

黄「はっ!」ドッカン

赤「なんか出た!かめはめ波的な何かが!」

黄「ヤラシイ事もちょっとならいいよ///」

赤「ごくりっ…、って違う!気功とかのそういう気だ!」

黄「ああ、なんだそっちね。」

赤「気を込めたり出来たらこのタオルももっと強力な武器になるのになぁと思ってな。」

黄「出来るよ?貸して。」ヒョイ

赤「な?」

黄「フンッ」シャキーン

赤「に?」

黄「はっ!」ドッカン

赤「分厚いコンクリートの壁に穴が…!なにこれこわい。」

と、言うわけでここのところ投下をさせていただいてたものです
新参ゆえ投下以外のレスを控えてたわけですが、もうそろそろ投下以外も雑ぜてもらえたらなぁと思う次第でして…
よかったら以後よろしくお願いします<(_ _)>

やっぱりorz
自分でも思ったつってくる

 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪

男幹部の一人称って私じゃ無かったっけ?

男幹部「さて、そんじゃ指示出しは怪人と赤な、マイク渡しとくぞ」

怪人「うぃっす。ま、頑張ってみまっさー」

赤「了解です。……ところで男幹部さんはなにを?」

男幹部「ん? 俺はほら、司会だからな。こっちで一人寂しく椅子に座って実況するさ」

赤「いや、それだったら桃起こしますから、座布団使ってくださいよ。せっかくザコーズが持ってきてくれたんですし」

男幹部「馬鹿、本気にすんな。それより徹夜明けなんだろう? 寝かせといてやれよ」

怪人「おっ、あっちも決まったみたいですよ。首領と雑魚Bがやるみたいですね」

男幹部「ほー、緑さんはやらないのか。……あぁ、そうだ。基本、首領は女幹部と一緒だから省略しただけで、前回のは忘れたわけじゃないぞ」

女幹部「いきなり何言ってるんですか?」

首領「おとこかんぶ、こわれた〜?」

男幹部「や、ちょっとした説明をしただけで、別に壊れたわけじゃないですよ」

首領「ん〜?」

青「おい、順番決まったぞ。私が先攻で、黄が後攻だ」

男幹部「よしっ! じゃ、さっそく始めるか。青さん、そこの白い円に入ってバイザーを着けてもらえますか」

黄「あれ、ボクは着けなくていいの?」

男幹部「ええ、二人とも着けたら相手を回せないですからね」

青「そんなにダウンするのか?」

緑「そこら、辺、の、調整、も、今、回の、目、的の一、つ」

青「……。あー、うん。よし、被ったぞ」

緑「うし、ろの、ベルト、も、締め、て。じゃ、あ、スイッチ、オン。ぽち、っと、な」

青「……!? ……!! ……?!」

男幹部「おおー、本当に声も出なくなって、ってマズくないですか、こいつは?」

緑「ん。ちょっと、レベ、ルを、下げる」

青「……い! あっ、声が出て、いや、聞こえる!?」

緑「レベ、ル下げ、た、から。これか、ら、上げ、てく、立つの、が、辛くなっ、たら、言って」

青「わかった。…………そろそろキツイな」

緑「ん。ちょっと、下げ、る。これ、で大、丈夫、な、はず。あと、声、は、出せ、るまん、まに、して、おいた、から」

青「了解だ。うん、これなら何とか歩けるな。すまん、待たせてしまったな、始めてくれ」

男幹部「いや、こっちこそ急に頼んじゃいましたから、お気になさらず。えー、それじゃ黄さん、青さんを15回まわして下さい」

黄「は〜い。そいじゃ、いっくよ〜。い〜ち、に〜い、…………、じゅう〜よん、じゅう〜ご!」

男幹部「よーし、それじゃ首領に雑魚B、青さんが南瓜を叩けるよう頑張って誘導してくれ」

首領「いよっし! がんばろうね、ざこびー」

雑魚B「オッケーなんだぜ、絶対に勝つんだぜ!」


……ヒダリヒダリーソノマママッスグダゼ!アッイキスギチョットミギダヨーオッシソコナンダゼ


青「そりゃっ! ……いったぁ〜」

男幹部「あり? 腕力とかも下げたんですか?」

緑「ん。いっ、かい、で、割っちゃ、たら、つまら、ない、でしょ。でも、大体、4・5、回、で、割れる、はず」

男幹部「なるほど、棒の先についてる丸っこいのはそのためですか。あっ黄さん、青さんのバイザー取ってあげて下さい」

青「っと、すまない黄。なんか南瓜がえらく硬かったんだが?」

黄「んーとね、一回じゃわれないようにしたんだって。それで、あと4回ぐらいって言ってたよ」

緑「ちな、みに、同じと、ころに、当てれ、ば、2回で、おっけぃ」

黄「そうなの? よっし、じゃあ赤、青と同じところによろしくね!」

青「なっ、ずるいぞ黄!」

黄「へっへ〜、作せんだも〜ん」

青「ぬぅ……、いいのか審判!?」

男幹部「いや〜、どっちかっつうと司会のほうがいいんですが。や、でも実況してないから審判でいいのか。……ふむ」

青「いや、そんなんどうでもいいから、ずるいかどうか、ってのをだな」

男幹部「え〜。まあいいんじゃないですか。もしズルイってなら、そうですね、……強めに回すとか後ろ向きで止めてみるってのでどうです?」

黄「えぇ〜、そんなんずるいじゃん!」

青「どっちがだ! お前だって、私の叩いたところを狙うんだろうが」

男幹部「あー待てまて。喧嘩はなし、な? ほら黄さん、バイザー着けてくださいな。青さんも準備手伝ってください」

黄「むー。……はい! 着けたよー」

青「フンッ! ……終わったか、それじゃ回すぞ。いち、にぃ、…………じゅうよん、じゅうご!」

黄「うぅ、くらくらする〜。そ、そんじゃ赤と怪人よろしく〜」
………
……

赤「よーし、そのまま真っ直ぐだ」

怪人「あと二歩、一歩、そこです!」

黄「うりゃあぁぁぁ!!」

男幹部「おぉ! すっげえ、真っ二つ!」

黄「へ? ……んしょ、っと。あ、やった、勝ったよ赤!」

赤「おっし、よくやったぞ黄!」

青「ふむ、負けてしまったか」

緑「ざん、ねん」

女幹部「えぇ、ほんと残念です」

雑魚B「うぅ、すまないんだぜ首領、俺のせいなんだぜ」

首領「ううん、そんなことないのー。だからなかないでなの」

雑魚A「そうだぜ雑魚B、首領もこういってくれてるんだから。……ところで女幹部さんたち、あんま悔しそうじゃないんだぜ?」

女幹部「ふふっ、そうですか? まあ負けても……ねぇ?」

青「うむ、やっぱりデートは赤から誘って欲しいしなぁ」

緑「ん。たの、しみ」

黄「ちょっと待ったぁぁぁ! なんで負けたのに誘われるのさ!? 赤、そんなん駄目だからね!」

青「なに言ってるんだ? 勝ったほうが負けたほうに命令するんだ、別におかしくないぞ?」

女幹部「そうですよ。それと黄さん、勝ったからって同じチームの赤さんには命令できませんよ」

緑「ん(コクコク)」

黄「むぅ〜〜。おとこかんぶッ!」

男幹部「ゑ? あー、まぁ、なんだ、赤がデートを命令するとは限りませんし、他のことをするかもしれないじゃないですか、っな、赤!!」

赤「はい!? え、いや、あの、その……、ねぇ?」

青「まさか、違うのか?」

女幹部「そんなこと、無いですよねぇ?」

緑「準備は、おっけー」

黄「あかぁ……」

赤「い、いや、そんな、近寄られても、なにも、でないですよ!?」

桃「……すぴー……くー」

首領「ん〜、なんかこわい〜?」

雑魚A「あはは……。えっと、今のうちに日記つけちゃいましょう首領」

雑魚B「そ、そうだぜ。楽しいことは忘れないうちに、だぜ」

首領「ん〜? ん、わかった。そんじゃかくね〜」

男幹部「あっはっは。凄ぇな、ハーレムじゃねえか赤のやつ。いや〜、うっらやまし……くねぇ〜」

怪人「あっはー、いい笑顔してますね男幹部さん。っつか、最初に男幹部さんがデートって言ったせいでしょうに」

男幹部「ん、そうだったか? まあいいじゃねぇ、見てる分には面白いんだし」

怪人「うわぁ、男幹部さんてひっどい人ですねー」

男幹部「うるせえ、お前だって笑ってんじゃねえか」

怪人「ありゃ、バレました?」

赤「いいや、ちょっ、二人とも笑っとらんと助けてくださいよ」

男幹部「……」

怪人「……」

「「がんばれっ!!」」

赤「そんな〜」

「「「「赤(さん)!」」」」

赤「ひぃ! い、いや、だから、その……」

桃「……すぴ〜……く〜」

頑張って、続きみたよ!
とか、なんとか、そんなかんじで

>>74
基本は「私」だけど赤とか怪人みたいな男連中とつきあってるときは俺って言ってるんじゃないかなー
と思ったので変えてみました
気になったなら申し訳ないです

おつおつおー!

と言うわけで懲りずに投下

・・・・・5年後・・・・・

青「おいコラおっさん、酒出せ酒。」
赤「もうお酒もお金も無いです…。」
青「無ければ内臓売ってでも買って来い!」
赤「はいぃぃ!イッテキマス!!」

黄「ああ!イライラする!!殴らせろ赤!!」
赤「か、勘弁して…。」
黄「だ・め・だ!」ゲシゲシ
赤「あががががが…」

緑「うふ…ふ…今日も…元気が出るお薬…あげるね…?」ガチャ
赤「手錠!?しまった!今日は逃げれなかったか…!」
緑「あはは…わたしの体から出る…元気の薬…いっぱい飲んでね…?」カチカチカチ
赤「元気出ないから!どっちかって言うと元気無くなるから!!だから、カッターを自分の手首に当てるのやめて!!!」キャー!

桃「赤〜こっち来て〜」
赤「はい…、ナンデショウ…?」
桃「あら〜?ペットが喋っちゃダメって教えたわよね〜?お仕置きね♪」バシィッ
赤「す、すみ…ワン!ワンワン!!」ムチハイヤー


赤「はぁ…。あれから5年か…。」
会社役員A「まあまあ飲めよ!今日も奢ってやるから!」
赤「もとはと言えばお前らが!」
会社役員B「しょうがないだろ?首領が『世界征服への道は経済から!』とかいきなり言いだして路線変更したんだから。」
赤「こっちは敵が居なくなってスポンサーも離れて予算もなく…。今じゃ町内の平和を守る何でも屋だよ…。」シクシク
会社役員C「まあ、悪の組織の技術力で砂漠の緑化やら画期的なエネルギー事業やらトントン拍子に成功したからなぁ。」
赤「くう…!俺は明日食べる物すらどうしようって感じなのに…。」チクショー
会社役員A「あ〜あ、潰れちまった。」
会社役員B「おい赤、明日も草刈りとリサイクル回収で早いんだろ?送って行ってやるよ。」
会社役員C「ピピピ。あー運転手さん?お開きになったから迎えの車よろしくー。」


赤「はっ!ドリームか…」

青「赤、コーヒー入れてくれ。」
黄「組み手の相手よろしくな!」
緑「試作の…お薬…。」
桃「赤〜ちょっと〜♪」
雑魚A「今夜飲みに行こうぜー。」

赤「あ、アレ?あんま変わらなくね…?」

上の方でそんな事言ってた人が居たから考えてみたー

それと、なんとなく思い付いたんで投下
苦情も反論も受け付ける…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

−−−−−ある乙女の日常−−−−−

朝。一日の始まり。
今日はどんなトキメキが待っているのかな?楽しみ♪
あの人が出してくれる一杯が心地いい。口に運ぶ度に体が火照る。
いつもこの素敵な気持ちにしてくれるあの人。感謝してるけど、照れくさいからぶっきらぼうになっちゃうの///
神様おねがい、この胸の思いをあの人に届けて…

火照った体と気持ちを落ち着けるためにちょっとお散歩♪
いつものコースだけど、今日は何か特別な感じ。
お気に入りの河原で石なんか投げちゃったり♪
道行く人が振り返って見てる。子供っぽかったかな?ちょっと恥ずかしい///
お散歩を中止して基地に帰ろう///

ちょっと汗をかいちゃったからシャワータイム♪
見下ろす胸…、ちょっとは成長してるかな?
もっと大きくなったらあの人を包み込めるかなぁなんて考えちゃう。ちょっとダ・イ・タ・ン…?

お昼。やっぱりあの人が与えてくれる幸せのひと時。
一口一口に感じる優しさと込められたあの人の思いが体と気持ちを熱くする。
ああ、この気持ちが伝わらないかなぁ…

午後のひと時にあの人につき合ってもらう。二人きりの時間。何て至福の時だろう!
何気ないやり取りに感じる幸せ。でも、イタズラ心でちょっとした罠を仕掛けちゃおっと♪
焦ってアタフタするあの人。カワイイ♪

夜。やっぱり心の中にはあの人。
ベッドの中で一人思う。心の中には誰がいるんだろう?あの人の名前を付けたぬいぐるみに話しかけてみる。
でも、あの人はヒーロー。みんなに優しい。一人占めは無理なの。
いつかは振り向いてくれたりしてくれるのかな…。
今日はちょっとアンニュイ…。眠れない。
そうだあの人の声を聞きに行こう。


コンコン

赤「ん?黄か。どうぞ?」

黄「入るね?ちょっと眠れなくて。」

赤「ちょうどいい。ホットミルク入れたんだ。飲むか?」

黄「あ、いいねえ!頂戴!」

赤「そう言えば、今日のカレーはどうだった?ちょっと工夫を入れてみたんだ。」

黄「ボク好みで美味しかった!他の人にはちょっと辛かったみたいだけどね♪」

赤「だろ?ちょっと苦労したんだ。苦労と言えば、今日の組み手の仕掛けには参ったぞ。どうやったんだアレ?」

黄「ああ、あれはねえ…」


・・・・・
黄「なんか眠くなってきたよ。話につき合ってくれてありがとう!」ファー

赤「そうか。あ、そうそう。近所の人が言ってたんだけど、川に岩を投げ入れるのは迷惑だからやめとけ?」

黄「///」

まぁイイと思うけどな
それにしてもこれもよく残ってるな
あと黄のヤンデレ設定はどうなったのだ

そして誰も居なくなった

男幹部「悪巨大ロボ発進!」

女幹部「……開発元が緑さんっていうのが情けないけどね」

雑魚1「それは言わないのが約束ですって」

雑魚2「……だが、これは出来レースじゃないのか?」





赤「なんで、あいつらに巨大ロボが……」

緑「発注」

赤「……俺たちの組織って意外と厳しいのか?」

青「そんなことは今はどうでもいい!赤・緑!行くぞ!チェーンジロボ!」

黄・桃・緑「チェーンジロボ!」

赤「え、なにそれ俺聞いてない!台本にあったッ!?」

青「世界に轟け、我らが正義!」

桃「例え、悪がそれを邪魔しようとも!」

黄「ボクたちが悪をつぶしちゃえ!」

緑「悪・即・斬」

青・桃・黄・緑「正義戦隊ゼッt」

赤「ちょっと待てぇ!!」

青「む、赤ちょっと慎め。見せ場なのだぞ」

赤「……いろいろ突っ込みたいところもあるが、その前に。……なんでお前ら頭の部分なのに、俺だけ股間なんだよ!!」

桃「頑張って赤玉出してね」

赤「うまいこと言ってるつもりかぁ!!」



女幹部「ふふふふふ……。あそこに赤さんがいるのね」

男幹部「ああ……、間違いない」

女幹部「それじゃ、可愛がってあげましょ」

男幹部「今夜は寝かさないぞ」

雑魚1「……子供には見せられない戦隊モノになってるよな」

雑魚2「日曜朝7時の枠には絶対入れられないな……」

きっかけは何だったんだろう
最初に姿を消したのは青だった
いつものように朝食を作り、コーヒーの用意をしていたが
結局、青は部屋から出てこなかった
昼頃に訪ねたときには返事があり、今日の訓練には付き合えないという旨を震える声で伝えてきた
そのことを不思議に思い尋ねてみたが、大丈夫だ、心配するな、と慌てた様子で話しを打ち切られてしまった
夜、再度訪ねてみたときには、既に姿を消していた
桃に青はこんな時間に何か用事があったのかと訊いて見たが、聞いていないとのことだった
不審に思い、二人で青の部屋を調べてみたが、そうした変な点は何もなかった
ただ、わずかに濡れている浴室と、使われていない空っぽの洗濯機が少しひっかかりはした
そのことを伝えると、タンスやクローゼットを調べていた桃はなにか合点がいったように頷いていた
「赤、あなた最近、自分の部屋か青の部屋、どっちかに青と二人で居たことはある?」
「はぁ? なにをいきなり……」
「いいから答えて。たぶん、いえ、とても重要なことよ」
ひどく真面目な顔で、有無を言わさぬ厳しい口調だった

「……三日ぐらい前だったかな。でも新しくきた銃がどうのってだけで、せいぜい一時間もいなかったと思うぞ」
「それは昼、それとも夜?」
「うん? あの日は配達が遅れただろ。だから来たのは……、たしか夜十時かそれぐらいだったはずだ」
「そう、……そう」
しばらく考え込んでいたようだが、納得がいったのだろう、もう一度頷いた
そして、やはり真剣な面持ちで、こちらをじっと覗き込むように見つめた
「たぶん次は私でしょうね、それから緑だと思うわ。まぁ、もしかしたら逆かもしれないけど」
「どういうことだ? 何を言ってるんだ?」
「ごめん、気にしないでとしか言えないわ。きっと気付かれたってわかったら形振り構わないで来ると思うから」
「だから何を……!?」
「ストップ。そこまで、ね? それと、もし私がいなくなったら緑に訊いてね。その逆だったら私のところに来て、わかった?」
「あ、あぁ、わかった。それまで俺は知らないほうがいいんだな?」
こくり、と一つ頷いてみせ、やや急ぎ足で先に部屋を出て行った
それから三日後
予言通りと言うべきか、今度は桃が姿を消した
そのときも青のときと同じように
やはり朝は部屋から出てこず、昼に訪ねれば返事はあるものの、今日の予定はキャンセルすると言うだけだった

一つだけ違うとすれば、いつ置いていったのか、俺の部屋にメモリースティックが一つ残されていた
中身を見てみようとしたが、よくわからないファイルばかりが入っていた
(そういえば、私がいなくなったら緑を訪ねろと言っていたっけ)
案の定、緑を訪ねると話は伝わっていたらしく即座に解凍し、中身を見る事が出来た
「……これは、本当なのか?」
「た、ぶん。けど、桃が、逃げ、損なう、とは、思え、ない」
「だ、だったら、無事って事か!?」
「ん。でも……」
「でも?」
「お昼、に、部屋に、いった、ら、返事が、あった、んで、しょう? 完全、に、無事だ、とは、言え、ないと、思う」
真剣と言うよりは、悲痛な面持ちで画面を見つめながらぽつり、ぽつりと必死に堪えるようにこぼした
おそらくは桃に関しても、慰めと自分に言い聞かせるものが半々なのだろう
「犯人は、判るのか?」
「知って、どうす、るの?」
「どうするって、これ以上被害を出すわけには行かないじゃないか! 仲間が二人もやられてるんだぞ!」
「仲間……。青が、桃が、そし、て、私。残、るの、は、だれ?」
「あん? なに言って…………、おい、まさか!?」
仲間という言葉に、溜息一つ、複雑な笑みをみせて問いかける緑
思わず聞き返したが、その変わらないのを見て、考えてみることにした
そして辿り着いた考えに、慌てて訊けば、悲しそうに頷くだけだった

「……どうしてだ。なんで、こんなことをするんだ?」
「わから、ない。ただ、赤、これだ、けは、覚えて、おいて。研究、室、から、大き、な音、が、したら、この、薬、を、飲んで」
「こいつは? もしかして苦しまないように、ってやつか」
「……。そう、したら、兵器、庫で、X-4、番、ドアを、これで、開けて。そこ、なら、五日は、もつ、はずだ、から」
嘘だと、いつもみたいな冗談だと言ってほしくて、ふざけてみたがジロリと睨まれただけだった
続けて緑が告げたのは、兵器庫の開かずの間の番号と碧色の水晶のはまったペンダントだった
「これが、鍵なのか?」
「扉、の、横に、マンモス、タイプ、の、ロボットが、あった、でしょう。それの、口に、入れて」
「鍵は、抜かなきゃ駄目だよな」
「抜く、と、同時に、閉ま、る。全部、ひら、いた、状態、で、五秒、ほど。そこは、ちょうせ、つ、して」
「わかった。でも、それなら今から行ったほうがいいんじゃないのか。そうすりゃ緑だって……」
「駄目。あそこは、一人、用。それ、に、一時しの、ぎ、だけど、散布、する、薬を、作らな、きゃ」
「……そう、か。それで、この薬を」
「ん。免疫、力を、すぐに、上げ、る、薬。忘れ、ないで、機械の、音、X-4、番に、ペン、ダント」
覚悟を決めたのだろう、莞爾として笑う緑に、それ以上なにも言えず、ただ気をつけろとだけ言って部屋を出た

そうして二日後の夜
ゴゥン!! と一際おおきな音がして目が覚めた
慌てて飛び起き耳を澄ませば、やや遠く緑の部屋辺りで、なにかが壊される音がしていた
これが緑の言っていたことかと、渡されていた薬を飲み干す
不可思議な味に思わず嘔吐きそうになるが、なんとか堪えてドアの鍵を閉め、窓から外へと出た
他の窓から、万が一にも見られないように身をギリギリまで伏せながら壁に沿うように走り抜ける
緑の部屋を通りすぎるとき、かすかに鉄のような臭いをかいだ気がした
兵器庫が見えたとき、基地のほうからガラスの割れる音がした、そして同時に自分の名前を呼ぶ声も
もう邪魔するものはいないということなのだろう、何度もなんども大声で呼び探していた
しかし、兵器庫の扉を開ける音で気付いたのだろう、声が止みこちらに走ってくる音に変わった
全部開けるのももどかしく、身体を押し込むように開けて中に入りX-4番の扉の前に立つ
ロボットの口に入れるペンダントが見つからず慌てて探していると兵器庫の扉が大きな音を立てた
幸運にも、その音に驚いた拍子にペンダントを見つけドアを開ける
自分の身が入るギリギリを少し超えたぐらいでペンダントを外し中へと入った
そのドアの閉まりきる直前、小さな手がドアと壁の間に滑り込んだ
ギッ、ギッ、とドアが少しずつ開き始めていき、その隙間からよく見知った顔が、目が覗いた
にぃ、と口の端を上げ、目は獲物を駆る獣のように瞳孔が開いている
普段はあどけなさを感じさせるその顔が、いまはゾクリと薄ら寒くさせる顔になっていた

「ンネェ、赤。ココサ、開ケテクレナイカナ? ネ、一緒ニ居タホウガ安全ダヨ?」
言葉の調子はあどけなくて、それだけが聞こえたなら、今の黄の顔が見えなかったなら
緑の部屋の前で嗅いだあの鉄のような臭いが、黄の手から臭ってこなければ、いつものように笑って開けられたかもしれない
けれど、けれどだ、……ああ畜生め
「それは、出来ないよ。青も、桃も、緑も、お前がやったんだろう、なあ黄?」
「ん〜? なに言ってるの赤、ヘンなこと言わないでよ。それよりも早くここ開けてよ」
「だから出来ないんだよ。それに証拠なら桃が調べて残してくれたよ、そのドアが開けられないのも緑の薬を浴びたからだろう?」
「……ちぇっ。本当によけいなことする女だなぁ。青みたいにしずかに消えてくれればいいのに」
隠せないとわかったのに、黄には慌てる様子も罪悪感を感じている様子も無かった
ただ、自分の計画を邪魔されたことに対する憤りを、子供が小石を蹴っ飛ばすように吐き捨てただけだった
「それで、赤はどうするの?」
「……なにがだ?」
「もぅ、わかってるくせに。緑のせいで、もうココも開けてられないけどさ、そのあとはどうするの?
 ここって外からだけじゃなくて中からも開かないよね。まどもないへやでずっとすごすの? 今ならゆるしてあげるよ?」
「ああ、そういうことか。たしかに、ずっと一人っきりってのはつらいな」
「でしょ! だからココをさ……」
「でも、やっぱり駄目だよ。俺は、理由も無く仲間を手にかけるような奴とは、一緒に居たくない」
「なんでさ! ボクは赤のためにやったのに! なら青にこきつかわれてる方がよかったの? 緑にじっけんたいにされ続けるのが?
 桃にふりまわされるのが? ねぇ違うでしょ!? 赤はいやだったんでしょ? だからボクは……!」
「俺が、一度でもそんなことを頼んだか? 一度でも、あいつらを、殺したいだなんて、そんなことを俺が言ったのか!!」

「!? だ、だけど、ボクは赤のために……」
「違うよ黄。奇麗事を言うつもりは無いけれど、それでも今回のことは結局お前がお前の為だけにやったんだ」
「そんな……、ちがうよ! ボクは、ボクは!」
よろよろと、否定するかのように頭を抱えて後ろに下がっていった
そうしてドアが閉まった
それと同時に明かりがついた
どうやら電気や水道は別のところから引いているらしく、広さは四畳半と言ったところだが最低限のインフラは確保されていた
食料も保存食ではあるが五日分はあった。緑が用意してくれていたのだろうか
(水もあるし、切り詰めれば半月はいけるか。もっとも精神がやられなきゃだが)
そう考えていると、しらず安心して疲れがきたのか膝から崩れてしまった
(とりあえず、水飲んで寝るか)


そうして始まったこの部屋での生活が今日で八日目になる
普段の節約生活のおかげで、いまだ食料はわずかとはいえ残っているが精神がキツイ
幸い時計を着けていたおかげで時間の感覚は狂わないが、やる事がないことに変わりは無く
忙しさに慣れていた身としては、黄の脅威が外にあるとしても三日で限界だった
そうなると考えるのは黄の事だった
今回のことを許すつもりは無いものの、どうしてこうなったのか、それを考えずにはいられなかった
黄が言っていたように、原因は自分にあるのではないかと
だとすれば、あの三人を殺したのは自分のせいではないのかと考えずにはいられなかった

(そろそろ、本格的にヤバイか)
どこまでも落ち込んでいく考えに乾いた笑いが漏れてくる
この後は、だれかに責任転嫁して、それを居もしない誰かに声高に叫ぶようになるんだろうか
そうして、やはり居もしない誰かに糾弾されているよな心地になり他傷、は無理だから自傷行為に移るんだろうなぁ
とぼんやり考えていたとき、不意に音がした
久しぶりの外からの刺激に、驚き慌て、音の発信源を探すと緑から貰ったペンダントからだった
取って見ると、なにやら引っかかりが出来ていて、その部分が光っているようだった
おそるおそる押してみれば、懐かしい声がした
「あぁ、やっと出た。生きてる赤?」
「……桃、か?」
「なぁに泣きそうな声してるのよ。他の二人もなんとか無事だから安心なさいな。んで、今どこにいるのよ?」
「そうか、……そうか。うん、ならよかった。それと今の場所か? 兵器庫のX-4番の中にいるぞ」
「はぁ? X-4番って、緑あんたマジで入れたの!」
今いる場所が予想外だったのか、緑に大声で確認をしている
「……おーい、なんか変な言葉が聞こえたんだが気のせいか?」
「え? あぁ、いやなんでもないわよ。それよりもX-4番ね? すぐ行くから壁から離れてドアのほうに居なさい」
そう言って通信が切れて、数分もしないうちに部屋が揺れた
そして、その理由を考える間もなく壁が壊された
「けほっ、けほっ。ちょっと荒っぽかったかしら?」
崩れた壁がたてる煙と逆行とで影になっているがどうやら助けに来てくれたらしい

「いや、ちょっと、ってレベルじゃないだろう桃」
「あはは、ごめんね。まぁ、開いたんだからいいじゃない」
「いや、そういう……」
「まったくだ、物事には限度っていうものがあるだろうに」
「クスクス 青だって、同じよ、うな、こと、を、しよう、とし、てた、くせに」
「なっ、こら、そういうことは言うんじゃない」
「あらあら、赤の前だからってかっこつけちゃって」
そのまま始まる三人の会話。喋っている声や内容はいつものソレで、本当に生きていたんだと嬉しくなるんだが……
「ま、待て、お前達は本当に青や、緑に桃なのか?」
そうなのだ、いまだ立つ土煙に映る影は一つだけなのだ
どこか壁の外、見えないところにいるのかとも思ったが、それにしては声が近い。いや、同じところから聞こえていると言ってもいい
「なに言ってるの? 私の声を忘れたの?」
「そうだぞ、たった半月ぐらいで忘れるなんて酷い奴だな」
「ほんと、に、ひど、い、ひと」
返ってくるのは三人分の声音。でも、やはり影は一つで、声の出所もそこだった
「ン?ドウシタノ赤、黙リ込ンジャッテ」
「助ケニ来タンダカラ、オ礼ノ一ツデモ言ッタラドウダ?」
「ナン、ダッタ、ラ、体デ、返シ、テク、レテモ、イイ」
徐々に晴れる土煙の向こう、まさか三人が一線に並んでいるわけもなく
現れてきたのは、ニマニマと笑っている黄だった

「黄!? お前……」
「あれ、バレちゃった。まったくもう、赤が早くこないからだよ」
「そんな……、なんで……」
「ん? つうしんきのうのこと? あのあときちにもどったらね、まだいきがあったんだ。だからおしえてもらったんだよ」
やっぱり最後ぐらいは役に立ってもらわないとねー、とにこにこと嬉しそうに笑う
「あっ、それよりもどうだったボクのモノマネ。赤が仲間が欲しい、って言うからがんばってれんしゅうしたんだよ、にてた?」
そう言って自慢げに、胸を張る
その様子は、幼子が自分の練習の成果を親に褒めてもらおうとするのに似て、純粋な、邪念なぞ欠片も無いような調子だった
「あれ、どうしたの? まだだめだった? ん〜、でもだいじょうぶだよ
 だって時間はいっぱいあるんだから、これからもっともっとれんしゅうすればいいんだもん。ね、つきあってくれるでしょ?」
こちらが断るなんて微塵にも疑っていない純真そのものの笑顔
ただ、ただ一つだけ血走った目に狂気を宿らせていなければ
「んねぇ赤、どうしたの? さっきから何にもこたえてくれないけど。ボクとさい会できてうれしいのはわかるけどさ、やっぱおへんじほしいな」
「……黄、お前は、そこまで、狂っちまったのか」
「へ? くるった? なに言ってるの赤。ボクは正じょう。赤が大すきなままのボクだよ?」
そういった目に正気など欠片も無く、狂気の炎だけが揺れていた

はて、なんで俺はこんな時間に投下してるんだ?

>>91,>>92
そんなヤンデレとか誰もいなくなっただなんて
そんなフレーズ出されたら、暴走するしかないじゃない!

いや冗談? ですけども、つーか地の文書いたら止まらないったらありゃしない
ましてや、改行もしてないわけで、本当に読みにくくて申し訳ないです

ただ、ヤンデレの怖さみたいなものが、少しでも伝わればいいなぁ、とか、そん感じです

赤「……んん。朝か、なんか恐ろしい夢を見てたような……」

青「おや、起きたのか? 先にコーヒーもらってるぞ。お前も飲むか?」

赤「あ、すみません。いま淹れま……す……?」

青「なんだ珍しいことも、って、どうした鳩が豆鉄砲くらったような顔して」

赤「いや……、青さん、ですよね?」

青「他に誰かいるのか? だいたい青さんだなんて頭でも打ったか? いつもみたいに青でいいだろうに」

赤「え、だって、身体、そんな筋肉ありましたっけ? っつか男?」

青「おいおい、本当に大丈夫か? 筋肉が無かったら戦えないだろ。それに最初っから私は男だぞ」

赤(……んな馬鹿な。いや、それよりなんでパンツ一丁? ……! まさか夜明けのコーヒーとかそういう!? い、嫌だあぁぁぁああぁぁ!!)

青「お、おい、赤?」

黄「お〜い赤、早朝ランニング行こうぜ! そんで負けたほうがカレードリンク奢りな! って、どうしたんだコレ?」

青「わからん。なんか起きてから変になってな。コーヒーを淹れてくれるだとか、私が女だとか言ってるんだ」

黄「はぁ? なんだそりゃ。おい赤、なんか悪いもんでも食ったのか?」

赤「いや、そんなん黄じゃあるまい……、って、お前もかよ」

黄「??? おい、こりゃ本当に変だぞ。って、そうだ、なんでパンツ一丁で赤の部屋にいるんだよ。お前何かしたんじゃないだろうな?」

青「馬鹿言うな、お前じゃあるまいに。今日は筋トレの予定だったからな、先にウォーミングアップを済ませてきただけだ」

黄「お、そうだったか? なんだ、だったら早く行こうぜ。こんな時は筋肉鍛えりゃ、すぐに思い出すさ」

青「阿呆か、と言いたいところだが、そうだな普段通りのことをするのは良いきっかけになるかもな」

黄「だろ! そうと決まったら善は急げだ。いくぞ赤!」

赤「え、いやちょっと、今日は腹調子が……」

黄「んなもん、運動すりゃ治るって」

青「うむ、たるんだ精神を引き締めなおさねばな」

赤「い、いやいやいや、だから、その今日は……!」

緑「そんなら、私が診てあげようか?」

赤「な、みど……り?」

緑「うん、いかにも私は緑だが、なにか不思議なことでも?」

赤「えっと、随分たくましくなった、なぁ」

緑「……ふむ。たしかに変だな、脳波でもとってみるかい?」

黄「な!? そんなに悪かったのかよ……」

青「まさかそれ程とは……」

赤(いやちょっと待って。なんで俺が異常みたいになってるんだ? 逆だろ、違うだろ?)

桃「あー、もうなにやってんの? 飯できてんだから早く食べなさい」

赤「あっ、桃! よかったお前は女のままで、って、あれ胸がない?」

桃「……ほぅ? 俺が女っぽいだと?」

赤「え、だって他のに比べて線も細いし、違うのか?」

黄「こりゃ本格的にマズイんじゃないか」

青「うむ、後で精密検査を頼めるか緑」

緑「あぁ、了解。ま、今はそれよりも……」

桃「俺は、男だぁぁぁあぁあぁぁ!!!」

赤「げふぁ!?」

「「「南無」」」

赤「……ハッ、ドリームか!」

桃「おお、起きたか。悪いな殴っちまって、赤が調子悪いなんて知らなくてさ」

赤「あぁ、こっちこそ悪かったな。……て、あれ?」

黄「よう赤起きたかー。プロテイン飲むか? プロテイン」

青「馬鹿、お前じゃないんだ、調子が悪い時に飲むもんじゃないだろう」

緑「脳波もどこにも異常は無かったよ。ま、しばらくは様子見だねえ」


赤(……も、戻ってねぇぇぇ! ド、ドリーム、ドリームぅぅぅぅ。お願い! 夢なら覚めてぇぇええぇぇぇえぇぇぇ!!)

なんか似たネタが昔あったような
まあ被ったらごめんなさい、ということでひとつ

乙wwwwww
ガチムチwwwwww

と言うわけでオレも投下ー

指令「商店街で怪人が暴れている!S速戦隊アラシンジャー出動だ!」

赤「へいへい(また隅っこで応援する作業がはっじまっるおー)」
青「赤は今日も余裕だな。」
黄「今日は負けないからね!」
緑「頼りに…してる…。」
桃「今日も頼むわよ〜♪」

赤「お、おう(あれ?)」


怪人「ぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

青「あれだな。赤、援護する!突っ込んでくれ。」バンバン
黄「雑魚はボクに任せて!!」ドカドカ
緑「…この爆弾で…トドメを…。」ドウゾ
桃「きゃ〜!コッチ来ないで〜!」イヤー

赤「へ?あぁ…!(な、ナンゾコレ…?)」ダッ

怪人「今日こそは返り討ちにしてやる!!」

赤「そうは行くか!(って、これでいいのか!?)」トゥ

怪人「ぎゃー!」ドカーン


青「流石だな。」
黄「やっぱり赤は頼りになるね!」
緑「役に立てて…ウレシイ…。」
桃「きゃ〜ステキ〜♪」

赤「くっ。これぞ在るべき姿!追い求めた理想!!正義の味方ってこうだよな!」ウォー



雑魚A「おーい、赤ー。」
雑魚B「なんかニヤケながら涙流してるぜコイツwwwwww」
雑魚C「こんなところで寝てると風邪ひくぞ。」

赤「はっ!え…?ドリーム!?」

レスさんくっす
でもまだまだ受難は続くのであったー

と言うわけでまた投下ー

━━━━━ある男の休日━━━━━

幼女「えーんえーん」
赤「何やら泣き声が。お嬢ちゃんどうしたの?お父さんかお母さんは?」
パパ「ウチの娘になにしとんじゃい!」ドゲシッ
赤「ぶげっ!」
幼女「あ、ぱぱー!」
パパ「おーよしよし。怖かったね、もう大丈夫。さあ、あっちでアイスクリーム食べよう。」
幼女「うん!おじちゃんばいばーい!」

赤「あばばばばば」


赤「お婆さんが大荷物で階段上ってる。大変そうだ!」
老婆「うんせ…。よいしょ…。」
赤「大変そうですね、お荷物持ちましょう!」
老婆「よしとくれ!そうやってひったくりしようとしてもそうは行くかい!!」ブンブン
赤「ちがっ、ちょっ!俺は親切で…!つか、ステッキ振り回さないでー!!」
老婆「そんなヌケた顔してる奴が親切な訳あるかい!」ビシビシ
赤「いたっやめっ!アッー!!」ドダダダダ
老婆「ふんっ。ほんにロクでもない世の中になったもんじゃ。」ヨイショヨイショ

赤「・・・・・・・・・・」


少女「・・・・・」キョロキョロ
赤「どうしたんだい?道に迷った?」
少女「キャー!変態ー!!」ダット

赤「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」シクシク

イヤーネーヘンタイダッテーチカンネーオトナシソウナカオシテーイヤイヤヨクミタラアヤシイオーラガーヒソヒソ


赤「・・・・・。くっ!でも、オレはめげないぞ!いつか、あの空に輝く正義の星になってやる!!!」

木|女幹部「赤さん…。」コッソリ

緑「赤、いる?」

赤「あれ、緑さん? どうしたんです?」

緑「新しい薬が出来たから飲んで欲しい」

赤「えっと、それはどんな薬なんですか?」

緑「それは飲んでからのお楽しみ。じゃあ実験室に来て」

赤「……このドドメ色した液体は? なんか煙ふいてるんですが」

緑「それが新しい薬。さあ、ぐいっと」

赤「……(ゴクッ) ……!!?!??!??!!!?」

緑「すぐに終わるから頑張って。それと吐いちゃダメだからね」

赤「…………」

緑「あら? 気うしなっちゃった。ふふ、これは好都合」

赤「……んぅ? あれ、俺どうして……?」

緑「あっ、目が覚めた? どこか変なところはない?」

赤「変なって、別にどこもおかしくないぞ」

緑「そう。(くふふっ、意識面も変化するなんて、まさにパーフェクト)」

赤「あの、み、緑? どうかしたのか?」

緑「ううん。ところで、こいつを見てくれ。どう思う?」

赤「手鏡? ……な、なんじゃこりゃあぁぁぁあぁあぁぁあああ!?」

緑「あら? 認識できちゃった。もうちょっと改良が必要だったかしら」

赤「いや、なんでそんな落ち着いて? もしかしてあの薬!?」

緑「うん。でも大丈夫、とっても可愛い」

赤「いや全然よくな……緑!?」

緑「うふふ。股座がいきりたつ」

赤「ちょっ、なんか怖いぞ?」

緑「性欲を持・て・あ・ま・す」

赤「ま、待て、緑、落ち着けって。い、いやだ、来るな、来るなぁぁぁあ!」

緑「くひっ! くひひひひぃっひひひひ」

赤「い、嫌ぁぁぁああぁぁぁぁあ!!!」

>>128

さいごの女幹部で巨人の星思い出した俺は年なんだろうか?

>>133
実はそれがやりたかっただけだったりするwwwwww

と言うわけで投下ー
一レス完結形式がもっとーだったのに長くなったので分けてしまったorz

通行人「あ、危ない!」

赤「ん?」ゴシャ

オイオイダイジョウブカ…ウエキバチガチョクゲキシタゾ…ワイワイガヤガヤ

赤「ぶはっ。いてててて。」

フッカツシタゾ…ナンカヘイキソウダ…ニンゲンジャナイ…ヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソヒソ!

赤「ふ〜やれやれ。歩いてたら植木鉢が落ちてくるとは…。つくづくツイてないな俺。」

赤「さ〜て…。あれ?ココどこだ?つか、どこに行こうとしてたんだっけ?」

ポクポクポクチーン

赤「俺は誰だ!?もしかして、これがいわゆる記憶喪失ってヤツ!?待て待てまだあわてる時間じゃないよーく思い出せ…。」

赤「何も思い出せねえええええええええええ!!」

赤「おち、おち、落ち着け俺!こう言う時は持ってる物チェックだ!」

赤「ん?赤いタオル?そう言えば誰かと戦ってた様な記憶が…。と言う事は!」

赤「1・2・3・ダー!誰の挑戦でも受けてやる!!」

門下生A「道場破りか!?」
門下生B「てめー舐めてんのか!!」
門下生C「やっちまうぞコラ!」

ドカドカバキグリグリゴシャッ!ケッ!ニドトツラミセンナヨ!ペッ!

赤「あたたた…。ぬぅ、闘魂の人かと思ったが違ったようだ…。」

桃「あ〜!やっと見つけた〜♪探したんだからね〜?」ガシ

赤「え?(なにこの美少女!?つか、手つないでる!!やわらけえ!フヒヒッ)」

桃「ほら帰るよ〜みんな待ってるんだから〜♪」


青「遅かったな。」
黄「お帰りー。」
緑「…。」
桃「ほらほらなに突っ立ってんの?」

赤「(カワイイ女の子がいっぱい!ここは天国か?つか、俺モテモテ?ハーレム!?)」ウヒョー

青「ぼーっと突っ立ってないで早くコーヒー入れてくれ。」

赤「???お、おぅ。」

青「ありがとう。ん?いつもと味が違う。やり直し。」

赤「え?(なに?どういうこと?)」


黄「トレーニング付き合って!ボク待ってたんだからね!」

赤「う、うん。」

黄「いっくよー!」ドカバキ

赤「いてっ!や、やめっ…!(これがトレーニング?殴られてるんですけど!?)」

緑「新しい…薬…出来た…。飲んで…。」

赤「・・・・・。(なにこの怪しい色の液体…絶対毒だろ!)」

緑「…いつもみたいに…飲んで…?」

赤「ああ…。(いつも?俺何やってたんだ…?つか、不味!しぬ!)」


桃「ちょっと〜お部屋の掃除がまだなんだけど〜?」

赤「へ?掃除?」

桃「そうよ〜あとトイレ掃除もあるんだから急いでね〜?」

赤「・・・・・・・・・・・」


赤「ナニコレドウイウコト?俺って何者!?つか、ハーレムじゃなかったのか!?俺のwktkを返せ!!!」タスケテー

黄「赤、台風、台風来るって!」

赤「あぁ、らしいなあ。っつか、なんでそんなはしゃいどるの?」

黄「え? だってほら、風すごいよ、雨ザーザーふるんだよ!」

赤「いや喜ぶところじゃないだろう。雨んなかの誘導とか、通ったあとの片付けとか言っちゃ何だが面倒だぞ、やるけど」

黄「ぅ〜。で、でもほら、すっごい風ビュービューってふいて雨ビシャー! ってなると、テンション上がるじゃん!」

赤「そりゃお前だけだ。っとに犬じゃあるまいに」

黄「むぅ、だってたのしいじゃん。気もちいいじゃん!」

赤「アー、ソウダナ、タノシイナァ。……んじゃ、ちょっと行ってくるわ」

黄「うぅ〜〜。わん! わんわん!!」

赤「痛゛!? ちょっ、噛むな! 行けなくなるだろ!」

黄「ふんだ、赤なんか川みたいになった用水ろに落ちちゃえ! ボクたちはあったかいおへやでぬくぬくだもん!」

赤「……あ〜、わかったわかった。ちゃんと帰ってくるし、そしたら一緒に遊ぶから、な?」

黄「ぜったいだかんね。やくそくだかんね」

赤「了〜解。……指切りするか?」

黄「ん。ゆ〜び〜き〜り〜げんまん、うそついたら……ダメ、だかんね?」

赤「わかってるって。任せろ、なんて言い切れないけど、まぁ任せろ」

黄「……うん。じゃぁ、ゆ〜びきった! いってらっしゃい」

青「まったく、台風が直撃するなんてついてないな」

赤「そうですねえ。交通機関もですが、他にも色々被害が多そうです」

青「うむ。こんな時こそ冷静に行動すべきだな。変にパニックになってもろくなことはない」

赤「えぇ、本当その通りです。……んで、青さん?」

青「ん? なんだ?」

赤「いや、なんで俺の服つかんでるんで?」

青「え、だって、外は凄い雨と風なんだ、離れたら困るだろう」

赤「……怖い?」

青「な!? ば、馬鹿を言うな! 私は、お前が困るだろうと言ってるんだ」

赤「(……ニヤリ) そんなら、慣れてますんで離してもらって大丈夫ですよ。青さんもやることあるでしょうし」

青「う゛っ。で、でも停電になったらどうするんだ? 真っ暗だぞ、危ないぞ」

赤「や、非常電源もありますから大丈夫ですって。仮にそれも壊れたとしても、ペンライト有るし、夜目も利きますから」

青「えっと、じゃあ組織のやつらが入ってきたらどうするんだ? 一人じゃ辛いだろう?」

赤「今朝方、今日はこっちで手一杯だから行けないって電話がありましたが……」

青「そ、それじゃあ、誰か他の組織のやつが来るかもしれないな。だから一緒に……」

赤「んな、わざわざこんな不便なところに来る奴はいませんて。っつか、あれですよ? いつもふざけてるから、わからないかも知れませんが
  あちらさん、結構凄い組織ですからね。少なくとも、ここら一帯でアレの獲物を横取りしようとする組織はいませんよ」

青「そう、なのか? んじゃ、えっと……」

赤「いや、そんな無理に考えんでも、怖いなら怖いって言ってくれれば……」

青「う、うるさい! 別に無理なんかしてない。ただ、最悪の事態を想定してるだけだ」

赤「あー、そうですか。そんじゃ、そういうのは一人で考えたほうがいいでしょうし、俺ゃ行きますよ」

青「え? ま、待て! どこに行くんだ?」

赤「どこって、自分の部屋に戻るんですが。青さんも戻られちゃどうです? ご自分の部屋のほうが落ち着いて考えられるでしょう」

青「そりゃ、そうだけど……」

赤「えぇ。じゃあ、そういうことで。……青さん?」

青「……ゃ……だ」

赤「はい?」

青「嫌だ! どっか行くな、ここに一緒に居ろ!」

赤「えぇ〜。でもほら、邪魔しちゃ悪いですし」

青「うるさいうるさいうるさ〜い! いいから、今日は私と一緒に居るの!」

赤「(やべっ、やりすぎたか?) ……うん、そうですね。確かに一人じゃ危ないですからね、ご一緒させていただきます」

青「あっ、……うん! なら、ほら隣となり!」

赤「はいはい。……やっぱり、怖かったんじゃ?」

青「……うるさい!(プイッ)」

昨日、駅で立ち往生してるときに浮かんだネタ
黄と青のは別々です

>>142

記憶喪失ってことは赤を自分好みに染め上げられるってことじゃね
とか思ったんだが……、どう考えてもエロゲのやりすぎだな

おつおつ
デレの破壊力は青が一番だな

赤「そう言えば君ら学校は?」

青「空気嫁」
黄「何それ美味しいの?」
緑「え…?何…聞こえない…」
桃「こまけぇことはいいんだよ〜」

>>154
男幹部「がっ」

白「……」ジー

赤「……」カタカタ

白「……」ジィー

赤「……」チラッ

白「……!」ニコッ

赤「……」カタカタカタ

白「……(ムスッ)」ツンツン

赤「……」カタカ、タカタカタ

白「……」ツンツン、ツンツンツーン

赤「……」ジロリ

白「……!」ニコニコ

赤「……ハァ」カタカタ

白「……(プクー)クイッ、クイクイッ

赤「…………なんか御用で?」

白「ご飯たべましょう」

赤「はぁ?」

白「だから、ご飯ですよ、ご飯。赤さん朝からずっとお仕事で何も食べてないじゃないですか」

赤「もうちょいしたら食べようと思ってましたよ」

白「もうちょい、って何時ですか?」

赤「あー、一段落ついたらですかね」

白「一段落つくのは何時なんですか!? 昨日もそう言って一日中お仕事してたじゃないですか!」

赤「んなこと言われましても、仕事なんだからしょうがないでしょう」

白「ダメです、ダメですよ赤さん。いくらお仕事でもちゃんと休まなきゃ身体こわしちゃいます。だから、ご飯にしましょう?」

赤「身体こわすって、そんな一週間やそこらでどうにかなるほど、やわじゃないですよ」

白「だから、そういう風に過信するのが、って、そんなに無理してたんですか!?」

赤「え? あ、いや、だから無理してるわけじゃ……」

白「赤さん!! この戦隊の皆さんの健康を預かる者として言わせてもらいます。赤さんは、もう今日はお仕事禁止です」

赤「や、待てまて。だからそれだと後回しにしてるだけで結局……」

白「なら、自分の身体はどうでもいいって言うんですか! ねぇ、赤さん、疲れっていうのは知らないうちに溜まって、
  そして身体を蝕んでいくんです。仕事が終わっても、それで赤さんが倒れちゃ意味ないじゃないですか。だから休んでください、ね?」

赤「……わかりましたよ。あっでも、今日の分はやって、も……いや、冗談です、ハイ」

白「まったくもう、油断も隙も無い人ですね。それぐらいなんとかしますから大丈夫です」

赤「ゑ? いや、白さん医療関係ならともかく、他の事務仕事やったこと無いですよね?」

白「あぅ。な、なら桃さんに手伝ってもらいますから大丈夫です! それよりもちゃんとご飯食べて休んでくださいね」

赤「や、待った。桃もいま修羅場の、って行っちったよ。……さて、書類やらなんやここに置きっぱなんだが、やっぱ戻ってくんのかね?」

一レス目で止めとけば良かったような……
つーか白のキャラがいまだにつかめん

>>155
赤「男幹部さ〜ん、いきなり何言ってるんですか〜」ニャハハハ

男幹部「なんとなく言わないといけない気になりましてね。」

赤「そんなことより飲んでますか〜?グイグイ行かないとダメですよ〜」

男幹部「ああ!こぼれてます赤さん!完全に出来上がってますね…。」

赤「うぃ〜。それにしても男幹部さんはいつ見てもいい男ですね〜。や ら な い か なんちゃって!」ウハハハハ

男幹部「!!!(これは悪の組織の総力をあげて開発した<記憶と理性をなくす薬〜>の出番か!?)」

赤「俺なんてね〜どうせねえ〜でも、モテてみたいんすよ〜?」グドグド

男幹部「赤さんちょっとこの薬飲んでみませんかフェロモンを活性化して魅力をどうこう女性がうんたんとにかく飲めや何も考えずに!」グイッ

赤「うぷっちょっ!いきなり何するんですか〜。」ゴクン

男幹部「飲みましたね!?うふふふふふこれで…。」

ケイタイ「ピピピピピ」

男幹部「なんですか、これからって時に…。」ピッ

首領『男幹部〜?あのね〜アイス食べたくなったの〜。今から買ってきて〜?急いでね〜じゃ!』プッツーツーツー

男幹部「首領!?ちょっと待ってください!?あぁ、切れてしまいました…。」

赤「呼び出しですか〜?じゃあ、お開きですね〜。コレ俺の分です〜。ではまた今度〜。」ノシ

男幹部「赤さん!ああ、行ってしまいましたね…。薬飲んでますけど大丈夫でしょうか…。っと、こうしては居られない!」イソガネバッ


赤「おー帰って来ました愛しの我が家〜!さて〜せっかく女の子がいっぱい居るんだからハーレムしないとね〜。」フヒヒ

スピーカー『あ〜あ〜戦隊の皆さんは〜至急〜レストルームに集合してくらさい〜大至急れすよ〜?』ムフフフフ

青「なんだこんな遅い時間に。」
黄「酔っぱらってるみたいだけど。」
緑「…とにかく…行ってみよう…。」
桃「も〜寝不足はお肌の大敵なのに〜お仕置きね♪」

赤「おー!来たね愛しのマイハニーズ!みんな俺の愛を受け取るのら〜♪ほぅら遠慮せずに身を任せて〜♪」イタダキマース

青黄緑桃「な ん の つ も り ?」ドカボコゲシゴキュ

赤「・・・・・・・・」プシュー


青「…」
黄「…」
緑「…」
桃「…」

赤「ナニこの空気…?朝から針のムシロなんですけど…?レストルームで寝てたし昨日何があったの…?」

>>159
おつおつ
白ってどんなだっけ…オモイダセナイorz

レスさんくっす

ところで何も考えずにageてたけど、ココはsage推奨?

赤「・・・・・ニヤニヤ・・・」

白「じー」

赤「はっ!」

白「ニヨニヨ」

赤「!!」

白「ふーん、ほー、なるほどねー。」スタスタスタ

赤「あぁ…。」orz

赤「みそじ・・・」

金「…」ピクン

赤「込みにしてみたんですけど、うどん食べます?」

金「う、うむ」


赤「としま・・・」

金「!」

赤「えんって豊島区に無いらしいですよ。」

金「…」ヒクヒク


赤「おつぼ・・・」

金「!!!」

赤「ぐちっておちょぼ口の事らしいですね?」

金「ああ、そうだな。」ビキビキ


赤「ばば・・・」

金「えーい!!さっきからお前は何が言いたい!?」

赤「え!?いい湯だなをふと思い出しただけd…」アタフタ

金「うるさーい!!どうせ私は三十路だ!みんなにしてみれば年増だよ!!ロリババァだよ!!」

赤「そ、そんなこと誰も言ってm…」

金「やかましい!!!私だって好きでこんな容姿してるんじゃないんだよっ!こんなだから結婚も出来ないしっ!」ウワーン

赤「ちょっ!あ、待って!!って、行っちゃった…。」

青黄緑桃「なーかしたなーかしたーしーれいにいってやろー」

赤「・・・・・」

白も金も口調があってるかどうかは(゚ε゚;)キニシナイ

桃「冬っていいわよねぇ」

赤「あん? なにを藪から棒に」

桃「ん〜。や、だってほらチョコとかケーキとか色々新しいのが出るじゃない。楽しみよねぇ〜」

赤「……また太るぞ」ボソッ

桃「なんか言った?」ジロリ

赤「いや、なんも」

桃「ふーん、ならいいけどさ。あっ、それよりもコレよコレ、美味しそうじゃない?」

赤「美味しそうって、ただのショートケーキじゃねえか。……って、ホール六千円!? 随分高えな」

桃「そう? たくさんフルーツ入ってるし、作ってる人も本場一流の人らしいし、そんなもんじゃないの」

赤「にしたってなぁ……。普通ショートケーキっつたら苺だろ、なんでこんなフルーツ盛り沢山な感じに」

桃「まあいいじゃない。ところで赤、ひとつお願いがあるんだけど……」

赤「悪いが、奢る金は無いぞ」

桃「そんなこと言ってないでしょ。そうじゃなくて、赤ケーキとか作れたわよね?」

赤「そりゃ買うより安上がりだから頑張って、って、おいまさか」

桃「そのま・さ・か♪ よろしくね!」

赤「いや待てまて、さすがにこんなん作れんぞ。っつか買ったほうが早いし美味いだろ」

桃「ばっかねぇ、赤が作ったのが食べたいって言ってるのよ。っとに言わせないの、恥ずかしいわね」

赤「ゐ!? いや、そりゃ嬉しいが、でも、なぁ」

桃「……はぁ。あー甘いものが食べたいなぁ、誰かさんのおかげで昨日徹夜しちゃったからー、すっごい疲れてるんだけどなー」

赤「うぐっ、痛いところを。わかったよ、昨日ぐっすり寝たぶん頑張って作らさせていただきますよ」

桃「あっはー、わかればよろしい。んじゃ、出来たら起こしてね〜」モゾモゾ

赤「あいよ、って待てコラ。なんで俺の布団で寝る? 自分の部屋に戻れや」

桃「んっ、ん、しょうがないでしょ、私のは白が使ってるのよ。んじゃ、おやすみ〜」

赤「んじゃ、ってお前……。まぁいいや、そんじゃ作ってくるわ」

桃「あい、いってらっ……ぁふ、しゃい…………すぴー……くー」

やっぱり桃は書きやすいなぁ、とか、なんとか

>>171

口調とかは過度にキャラを崩さなきゃ大丈夫じゃないかな……多分

赤「パネトーネにザッハトルテ、シフォンにフォンダンショコラ、クロカンブッシュ……はありゃケーキじゃないな」

青「……それは何の呪文なんだ?」

赤「あ、青。いや、それがさー、桃にケーキ作り頼まれたんだけど、どうせならショートじゃなくてもいいかなと」

青「そ、そうか……(ケーキの……種類だったのか……)」

赤「秋だから、モンブランってのもいいなぁ。パネトーネは発酵に時間かかるし、ショコラ系だと生焼けは悲惨になるからなぁ。外タルト生地で、中にスポンジ敷いて作れば、大丈夫そうだな。よし、そうしよう。青はどう思う?」

青「あ、ああ、い、いいんじゃないか?」

赤「よし、決まり!」

青「あ、あの赤」

赤「ん?なんだ?」

青「作る様子隣で見ていていいか?」

赤「あ、うん。全然いいよ」

青(この敗北感をどこかで埋めなくては……!)

赤「〜♪」

( ゚д゚) ケーキってそんなに種類あるんだ……

赤「〜♪」

緑「……?」

赤「ん?あ、緑か」

緑「何、してる、の?」

赤「モンブラン作り」

緑「あ、そ」

赤「緑もそこで見学希望?」

緑「え?」

青「……」

緑「……」

赤「ん〜、どうしようかな。黄色くさせるか、本場っぽくするか……」

緑「??ど、ゆこと?」

赤「ああ、ほら、モンブランってさ、黄色いペーストのやつと灰色っぽいペーストのヤツあるじゃん。あれって、甘露煮とクチナシで色を付けるか、グラッセさせて裏ごしと生クリーム混ぜるかの違いなんだよね。本場のヤツっていうとあれだけど、モンブランって山の名前からとったもんだから、そりゃヨーロッパのモノなんだよ。で、そっちの方だと雪山になぞってるから灰色が基本で、グラッセの方が主流なんだよね。黄色い方は日本に来てから変わったのかな?そこらへんはわかんないけど。あ〜、そういや味の誤魔化しとかで白あん入れてるモンブランとかあるんだよね。コンビニとかの見ればそうなんだけどさ。まぁ、和菓子テイストもありっちゃありなんだろうけど、本格的なモノ作るとなると……」

緑「……わ、たしも、見学、いい?」

赤「ああ、いいけど……」

青・緑(なんだろうこの悔しいの……)

赤「〜♪」

桃「赤〜、できた〜?って、何してんの二人とも」

青・緑「……」

赤「今タルト生地とスポンジ、オーブンに放りこんだから、まだもうちょっとかかるかなぁ」

桃「え、私ショートケーキ食べたいって言ったじゃん。なんでタルト?」

赤「ん〜、よく考えたらこの時期フルーツって高いからさ。旬のものの方が季節感出ていいしって考えたらモンブランのほうがいいかなって」

桃「え〜、それならティラミスがいいなぁ」

赤「言うの遅いって……。それにエスプレッソ豆切れてたよ?」

桃「それなら、まぁしょうがないか……」

赤「そんなに食べたかったら、あとで買ってきてちょうだいな。ラバッツァ希望」

桃「ちょ、私エスプレッソ飲まないし、わかんないって」

赤「え〜、あれ美味しいのに……。ティラミス食べるんなら、自分が元気貰う前に周りにやる気起こさせないと」

桃「……なんかの引用?」

赤「あ〜、ティラミスって、イタリア語で『私を元気づけて』って意味のお菓子なんだよ。ほら、イタリアのコース料理の最後とかにめっさ甘いティラミスとか出てきてしめるってのがあっちの普通みたい。他にもさ、イタリアのデザートの名前がふるっててさ。アフォガードってアイスにエスプレッソかけたりするのあるじゃん。あれ見たまんまの『溺れる』って意味なんだって。他にもメレンゲにめっさ砂糖入れて、オーブンで焼き上げたやつで、怪物って意味のデザートあってさ。見た目デコボコしてて、ホントに怪物のあごみたいな……」



黄「赤の作ったモンブラン美味し〜!……って、あれ?みんなどうしたの?」

青・桃・緑(……私を元気づけて)

(;´∀`) 赤よ、お前はどこへ行こうというのだ……

つーか、ケーキにこんなに色々なネタがあったとは
やっぱ半端な知識でやっちゃいかんなぁ

また、入れ忘れた……orz
>>179
続編乙です
知識もそうですが
赤達も思ってもなかったキャラが立って……
妬ましいわ!(AA略)

白「ごほっ……ごほっ……。いつもすまないねぇ、赤さんや」

赤「そいつは言わない約束だよ、おっ母さん」

白「あーん。……ふふっ」

赤「なんか笑うようなとこあったか?」

白「いえいえ。やっぱり赤さんは優しいなぁ、って思って」

赤「……そうかあ?」

白「クスクス) そうですよ。心が読めなくなっても……、ううん、だから余計に嬉しいです」

赤「う、む。そう言われると照れるな。しかし、本当に良かったのか?」

白「はい。不安がないってわけじゃないですけど、でも元々望んでたことですから」

赤「そう、か。サトリだっけ? 便利な能力だと思うんだけどなぁ」

白「うふふ、そうですねぇ。でも、私のには指向性がないですから。周りにいる人の思いが、どれもこれも流れ込んできて大変なんですよ」

赤「はぁん。つまり集音マイクを人ごみに落としたみたいになるのか」

白「ええ、ついでに言うとスイッチが切れない、ですけどね」

赤「なるほど、そりゃ辛いな。すまんな、便利そうなって言っちまって」

白「そんな、気にしないで下さい。それに緑さんにお薬を作ってくれるよう頼んでくれたじゃないですか。むしろ感謝、感謝、です!」

赤「ははっ、そう言ってくれると助かる。……しかし、えーと、まあ緑から聞いたと思うが」

白「はい、お薬といっても完全に治るわけじゃなくて、あくまで一時的に能力を抑えるだけなんですよね」

赤「それと、副作用で身体が弱くなるってのと、耐性は出来ないから一日一錠で能力無しの生活になるってこともな」

白「そうでした。でも、心の声が聞こえないってのは静かで嬉しいですけど、ちょっと寂しいですね」

赤「うん、まあ今までずっと聞いてきたんだしな。でも戻ろうと思えば……」

白「そんな、戻りませんよ。それに身体が弱くなっても、そのぶん赤さんにお世話してもらえますから、役得ですね!」

赤「……オッサンをからかうもんじゃないよ」

白「むー、赤さんはオジサンじゃないですよ。ほんとにもう、すぐ逃げるんだから」

サトリだとか、テレパシーとか、超能力だとか
そんな、ごっちゃになってるんだったら一片リセットしちゃえばいいんじゃね?
と思って、ちょいと力技に出てみた
次もそうなってるかは、わからんけどもね

赤「おーい、黄ー。トレーニング行くぞー。」ガチャ

黄「へ?きゃあ!!」

赤「す、スマン!!着替え中とは!!!」


黄「お待たせ。」ムスー

赤「さっきはスマン!俺は過去にはこだわらない男だ!さっきの光景はもう忘れたから許してくれ!」ドゲザ

黄「…。では、いきなりですが心理テストです。目をつぶって一つの色を思い浮かべてください。」

赤「ピンクのストライプ。」

黄「やっぱり記憶を無くせええええええええええ!!!!!!!!!!!」ドカベキゴシャ

緑「青、は?」

赤「し、白に青いリボン」

緑「桃、は?」

赤「ピンクというより、深い赤とヒモ」

緑「黄、は?」

赤「青と白のストライプ」

緑「白、は?」

赤「純白にちょっとレース」

緑「金、は?」

赤「も、黙秘します」

緑「……(かぼちゃパンツと)。で、……私、は?」

赤「う、……薄いグリーンの大胆と可愛さを足して2でわったやつ」

緑「……」

黄「念入りにやっちゃって!」

緑「その、つもり……」

赤「ちょ、なんなんですか!それ!っていうか、すでにこの椅子に拘束されてる俺ですが、死刑囚気分ぷんぷんなんですけど!あ、いや!その電気ヘルメットやめて!それ本当に安全性ちゃんとあるの!?」

緑「赤、の」

黄「安全性よりも!」

青「お、乙女の」

桃「機密保持の方が大事に決まってるでしょ?」

赤「あ、いや、そんな素敵笑顔こちらに向けて、俺の命の儚さを否定してないのが怖い!というか、助けて!いや、こんな死亡フラグ!記憶は私が墓場まで持っていきますので!……?俺が持ってるのがダメ?ってそんな理不尽な!というか、どっかかしら、俺を男として認識してない基地内での女性行動が問題でして、死人に口無し的なこの結論は根本的な解決には至らないんじゃないかと、愚考するわけですが、ってやっぱ、ダメですか!緑さん、その手を!スイッチにかけたその手を!どうか、俺に御慈悲を〜〜!」


それから一週間。基地内ではアフロな赤が見れたという。

赤「コーヒーと掛けまして」

青「掛けまして?」

赤「女の子と解きます」

青「その心は?」

赤「どちらもミルクで新しい出会いがあるでしょう」

青「・・・・・」

赤「・・・・・」

青「っ!しね!!!!」///


赤「てな夢を見た」タマッテンノカ?

(´д`)ヌルポ

>>190
緑「…ガ…ッ…」

緑「///」

赤「どうした?顔が赤いぞ?」

緑「なんでも…ない…」

赤「そんなことないだろ。ちょっと見せてみろ」クイッ

緑「///」ドキドキ

赤「んー」チュッ

緑「くぁwwせdrftgyふじこ!」ボンッ

青「!!!!!!」
黄「あーかー!!」
桃「なにやってんの!!!」

緑「/////////」ダット

青黄桃「犯罪者にはお仕置きが必要」メキベキョグシャドカドカボキュ

赤「あがががが…。痛い…。え…?ドリームじゃないだと…?」

赤「コーヒーとかけまして」

桃「かけまして?」

赤「桃とときます」

桃「わたし?……その心は?」

赤「苦いばかりが本質ではない」

桃「ほほぅ。普段の私は苦いと?」

赤「え?あ、いやそういうつもりじゃ……」

桃「問答無用!」

赤「ぎゃー!」



黄「桃って甘いの?」

青「少なくても、あそこの空間は甘いだろうな」

赤「黄とかけまして」

黄「かけまして?」

赤「逆立ちをしたコナンとときます」

黄「……身体は大人。頭脳は子供?」

赤「……ごめん。黄は身体も子供で、力だけ大人だったな」

黄「こらぁ!!」



青「あいつらは、いつになったら大人になるんだか」

桃「いいんじゃない?両方大人になっちゃったら、あのじゃれあいも意味が変わるか、機会がなくなっちゃうんだから」

赤「一流の詐欺師とときまして」

緑「……」

赤「緑とときます」

緑「そ、の心、は?」

赤「飲ませることが得意です」

緑「……今日、も、実験、室ね」

赤「……はい」



青「って言っても、自分の気持ちを飲ませることは不得意だけどね」

桃「それは私たち全員に言えることでしょ」

青「……」

桃「……」

青・桃「はぁ……」

赤「朝からなんか違和感あったんだよなー。なあ、ジョニー」

ジョニー「・・・・・」

赤「桃に抱きつかれた時も普通だったし、今もそうだ。」

ジョニー「・・・・・」

赤「おい、何とか言えよジョニー」

ジョニー「・・・・・」

赤「今日は本気でおとなしいけど一体どうしちまったんだジョニー?」ペシペシ

ジョニー「・・・・・」

赤「・・・・・」

PC「アンッモットォ///キモチイイッイッチャウゥゥゥ///」

赤「どうして勃たないんだよおおおおおお!いつもの元気はどうしたんだじょにぃぃぃぃ!!スタンダップジョニー!!」シコシコ


緑「…ニヤリ…」

黄「赤ー、カレー作ってって、今日はお休みで出かけたんだった。しょうがない自分で作ろっと」

青「赤、コーヒー入れてくれないか?」

黄「赤居ないよ」マゼマゼ

青「黄?台所でなにしてる?」

黄「赤が居ないからカレー作ってる」

緑「…。」

桃「赤〜プリン〜ってみんな揃って何してるの?」

青「コーヒー」

黄「カレー」

緑「…。」

桃「そっか、赤はお休みで居ないんだっけ…。市販のプリンで我慢しよっと。」


青黄桃「なんか美味しくない…。なんとなく悔しい…。」

緑「…おくすり…。」クスン

あぁ…またPで投下しちまったいorz

青「またカレー…」

桃「もう飽きたよ〜」

黄「しょうがないだろ!ボクしか作る人居ないんだから!」

緑「…。」ムグムグ

青「全くどこに行ったんだか」

黄「連絡も無しにもう一週間だねえ」

緑「…。」ムグムグ

桃「帰ってきたらお仕置きね!」

黄「さて、ボクはパトロール行ってくるよ」

青「あ、私も」ガツッ

黄「ボクのユニフォームどこー?」

青「イタタ…誰だこんなところに荷物置いたのは」

桃「あ〜!大事なものなんだから乱暴にしないでよねっ」

黄「ココかな?」ガサガサ

青「大事な物ならちゃんと片付ける事」

桃「そういう青だって…って、黄!それわたしのお洋服!」

黄「脱ぎっぱなしな桃が悪いんだよ!」

青「黄だって人の事言えないだろ」

ギャイギャイワーワードタバタ

緑「…。」ムグムグ

兵士A「こちらアルファ!ターゲットを確保した!」

兵士B「こちらブラボー。退路はクリアー。」

兵士C「レッド!そっちはどうだ!?」

赤「制圧完了!いつでも行ける!」

兵士A「起爆装置を起動後ポイントフォックスにて合流!急げ!!」

赤兵士BC「ラジャー!!」


兵士A「これで内乱も落ち着くな」

兵士B「ようやく平和になる」

兵士C「これも赤の活躍のおかげだな!」

赤「拉致同然で連れてこられた時はどうしようと思ったよ」

兵士ABC「HAHAHAHAHA」


赤「ココに来て一週間…。頼り頼られの仲間と活躍の場…。正直居心地がいい…」カエリタクアリマセン

桃「そういえば、赤もだいぶ筋肉質になったね」

赤「ッ!っと悪い!誰も来ないと思って!」

桃「あ〜、別に良いって。最初のころに比べてだるんだるんじゃないし、見苦しくないから。……むしろ目の保養」ボソッ

赤「そ、そうかな……」

桃「ま、青にも黄にも勝てないけどね〜」

赤「いうなって……、自覚してるんだから……」

桃「あははは、ゴメンゴメン」

黄「赤、おつかれさま〜ってあれ?桃?」

桃「よっ。そっか。黄の訓練だったか」

黄「うん。ってほら、赤まだ着てなかったの?風邪ひくよ〜」

赤「わかったって。……って、何故にひっついてくる。着られんて」

黄「ねぇねぇ、アレやってアレ!」

赤「む。アレか。よーし」

黄「わーい」

桃「……腕に捕まらせて、グルングルン回るなんて今日びお父さんでもそんなことやらないわよ」

緑「そう、言い、ながら、羨、まし、そう」

桃「……いつツッコもうかと思ってたけど、緑。ずっと部屋の隅に隠れてたね。赤は気づかなかったみたいだけど、実は常習犯かお前は」

緑「……」ビクッ

桃「何回目?」

緑「……6」

桃「……」

緑「……」

赤「ほ〜れほれ〜」

黄「きゃはははは」

赤「っと、そろそろ満足したか?」

黄「した!」

赤「んじゃ、終了〜」

赤・黄「はふ〜」

桃「……にしても、『アレ』で通じるくらいやってあげてんのそれ」

赤「ん?あ〜、違う違う。回数自体は少ないんだけどさ。ほら、俺がここに入隊してから、青と黄の訓練になったんだけど、黄の体術訓練のとき、避けるのも受けるのも手出すのも、足出すのも全然できなくてさ。で、黄がやっぱ不満そうでさ。で、一番最初に黄を喜ばせることができたのが『コレ』なんだよ」

黄「ね〜」

桃「……やる方もやる方だけど、喜ぶ方も喜ぶ方ね」

青「あ、赤。今日も……って、なんで裸なんだ!……。……は、早く何か着ろ!というか、なんでみんな居るんだ!」

赤「うわっ、ゴメン!」アセアセ

桃「青……」

緑「青……」

青「な、なんだ、その目は」

桃「別に〜」

緑「別、に」

青「わ、わたしはただ注意しただけだろう!」

桃・緑「はいはい」

赤「とりあえず、Tシャツ着たからオッケーだよ」

青「そ、そうか。それでなんだが、きょ、今日のシャツはどうする?」

赤「いや、いつも言ってるじゃん。ほら、汗吸っちゃって湿ってるし、自分でやるって」

青「べ、別に、私の次いでなんだ。洗うだけなら、一緒でもいいじゃないか。赤だったら、風呂場の近くの洗濯物置き場にみんなみたいに置いてくれても……」

赤「いや、一応、俺も男だし、そういうとこには気を使ってるつもりなんだが……」

青「も、もういい貸せ!そんな手間、仲間なんだから必要ないだろ!」バッ

桃「じぃ〜……」

緑「じぃ〜……」

青「な、なんだ?」

桃「あのさ、青」

青「ん?」

桃「一昨日、青の部屋行こうとしたんだけど、少しドアが開いててさ。で、中で青がシャツをギュッと」

青「ああああああああ、あれは!」

桃「……『あれ』は?別に私一昨日、青の部屋に行ってないんだけど」

青「も、桃、謀ったな!」

緑「何、回目?」

青「そ、それは……」

緑「何回目!?」

青「……9」

桃「……」

緑「……」

青「……ご、ごめんなさい」

桃「ねぇ、青。このことは黙っててあげるから〜」

緑「こっち、にも、回、して」

青「……」




黄「赤は防御上手くなったよね〜。最初の方は全弾入ってたのに」

赤「必要に、迫られてだって。第一あれ食らったら、1時間起き上がれないし」

黄「でも、攻撃はまだまだだね〜」

赤「まぁ、それはおいおい覚えるよ」

赤「月曜日ダルス…。って言っても、俺だけ曜日関係ないんですけどねー」

赤「さーて、黄のカレー仕込んで青のコーヒー豆焙煎して、今日は天気いいから洗濯か」


洗濯機「ゴウンゴウン」

赤「年頃の娘たちがいい歳こいた男に下着まで洗わせるのはいかがなもんかね…っと、これは青の新作…いっちょ前にせくしーな…」

鍋「コトコト」

赤「よし、カレー出来た。つか、みんな遅いな。月曜だからってだらけてないか?」

メモ紙『週一の定例戦闘終わったんで2・3日温泉でのんびりしてきま〜す。じゃね〜☆(ゝω・)vキャピ from一同』

赤「・・・・・」

洗濯機「ゴウンゴウン」

赤「鬼の居ぬ間に洗濯…。なんつって…。」シクシク

赤「と、いうことは……!!」ダダダダダッ


青の扉「ガチッ」

桃の扉「ガチッ」

黄の扉「ガチッ」

赤「く、くそっ!信頼率が足らんというのか……!い、いや、緑なら……!!」


緑の扉「ゴゴゴゴゴゴ」

赤「うん、やめとこう」ナンカオーラハッシテル



赤「っというか、別に女の子の部屋とか別に入りたくないし!別に部屋に入って匂いにクラクラしたり、タンスとか収納ボックスを見つけてドキドキしたり、枕に顔うずめて目一杯堪能したりとかせぇへんし!ただ、部屋の掃除するだけやし!旅行から帰ってきて、綺麗やったら素敵やん!それで喜ばせたかっただけやし!その笑顔見たかっただけやし!女の子の笑顔が見たいっつう崇高かつ素敵ッキングな理由の為に部屋確認しただけやし!……ッ……別に泣いとらんし」

指令「あー赤居たのか。みんな居ないと思ってちょっとセキュリティーシステムのメンテナンスを予定してたんだが…」

赤「俺が居ると何か不都合でも?」

指令「いや、基地内部のロックが一時的に全部解除されるだけだ。特に問題ないだろう」

赤「洗濯物干し終わり!」

赤「っと、つうことは、豆焙煎どうしよ?」

赤「作り置きしとくのも手っちゃ手だけど、やっぱ焙煎する匂いも楽しんでもらいたいというのもあるなぁ」

赤「ブラジル種だと、焦げないようにするくらいでつまらんしなぁ……」

赤「うっし、後回しにしよっと。……となると、いつもの飲み屋にでも行くか?」

ピッ

雑魚1「あ、すんません。赤さん。今日コレがアレなもんで」

雑魚2「すいません。今日会議が有り、抜けられそうにないです」

男幹部「今日、ちょっと会議と金欠で……」

ピッ

赤「ざコンビは合コンか……。若いっていいな」

赤「男幹部さんのレスポンスが悪いのがちょっと気になるなぁ。前の飲み会俺なんかやったっけか……?」

赤「は〜、本格的に暇人だぁ」

赤「こんなに人が捕まらないっての初めてかもなぁ……指令は帰っちゃったみたいだし」

(指令「いや、基地内部のロックが一時的に全部解除されるだけだ。特に問題ないだろう」)

赤(と、言われたところで、逆に据え膳を前にヘタレてしまう我が弱さ……)

赤「……夕飯はカレーがある、洗濯した。共用スペースは掃除済。洗濯物取り込んだ。あと、……あと何すればいいかな。あ、風呂ッ……は、なんか一人でやってもなんかもったいないな。シャワーにするか……」


赤「……この基地、……広いな」

女幹部「こちらスネーク。愛の巣……もとい、敵基地内に侵入した」

首領『よくやったすねーく。しんにゅうじのもんだいはないか』

女幹部「特になし。バックパックを持ってかれるようなこともなかった。盗聴技術バンザイだ」

首領『よし。それではみっしょんをかいしせよ』

女幹部「作戦名『スネークイーター』を開始する」

首領『……ねぇねぇ。すねーくいーたーってなに?』

女幹部「それはですね。意味自体は『蛇を食べる者』なんですが」

首領『うぅ、へびなんかたべられないよ〜』

女幹部「いえ、男性は常に下半身に一匹蛇を……ゲフンゲフン。いえ、首領にも、いつかわかる時がきます」

首領『そうなの?』

女幹部「ええ、絶対に」

首領『わかった〜』

女幹部「では、任務に戻る」

首領『けんとうをいのる』

女幹部「こちらスネーク。目標を確認した」

首領『ようすはどうだ?』

女幹部「お休み中のようだ。部屋には、ほのかにカレーのいい匂いがする」

首領『よし、そのかれーはてづくりだな!それをせかんどたーげっととする!』

女幹部「了解。副次目標も善処する。まずは主目標と接触を試みる」

首領『きづかれないようしんちょうにな。ばっくぱっくのそうびのしようをきょかする』

女幹部「許可受諾。通信終了」


赤「すぅ……ぅ……」

女幹部(ああああああ、赤さん!赤さん!なんて無防備で可愛らしい寝顔なのかしら!このような顔がここに居れば毎日見れるなんて、羨ましすぎます!この顔を見ずして、温泉旅行とどちらが価値あるものなのでしょうか!否!こっちのほうが価値がある!赤さん赤さん赤さん〜♪)ハァハァハァ

赤「ぅぅ……ぅ……」

女幹部(っと、私としたことが、テンションが上がりすぎて、なんだか民族臭あふれる踊りをしてしまいましたわ。赤さんが起きる前に麻酔ハンカチで鼻と口を軽く覆って……っと)

赤「zzz」

女幹部(これでよし)


女幹部「こちらスネーク。目標と接触。のち、眠らせることに成功した」

首領『よくやった!では、ぞんぶんにきゃぷちゃーするのだ!」

女幹部「これより捕獲に入る。通信終了」


女幹部(ふふふ……)

女幹部「捕獲!捕獲!捕獲!」

パシャ!パシャ!パシャ!

女幹部(やはり盗撮などでは無理なこのどアップ!いいですわ〜!それにやはり声や姿はとらえられても、匂いだけは無理ですからね!あああ〜♪興奮する〜♪)

女幹部(二の腕二の腕〜♪胸板胸板〜♪ほっぺほっぺ〜……ゴクリ……くちびる……くちびるぅぅぅっぅうぅううううううううう〜!!!)


赤「青……」

ビクッ

女幹部(あ、危ない。暴走寸前でしたわ。そ、それにしても寝言ですよね。…………せぇふ!やはり、麻酔の仕事を頼むなら緑さん流石ですわ)

女幹部(そうと解れば、なんだか腹が立ってきました。なんで青なんかを……!)

赤「桃……」

女幹部(いきなり、自分の宗旨替えで浮気ですか!)

赤「黄、緑……」

女幹部(あ、ああ。仲間の人たち……)

赤「黒……白、……金……」

女幹部(……夢の中まで思われているというのは、幸せですわね)

赤「雑魚1、雑魚2……怪人…」

女幹部(男!?……じゃ、じゃなくて敵!?私たち敵まで……。……赤さんどんな夢を見ているんですか?)

赤「首領……女幹部……」

女幹部(あ、ああ。なんか名前で呼ばれるのドキドキします。いつもはずっとさん付けで、だけど夢の中だけは呼び捨ての仲なんて……)ハァハァ

赤「みんな、行かないでくれ……」

女幹部「えっ」

赤「みんな、行かないで……」


女幹部「……」

女幹部「大丈夫。みんな居ます」

女幹部「赤さんが呼んでくだされば、いつだってあなたのそばにみんなが居ますわ」

女幹部「呼んでさえくだされば、皆さま赤さんの力になりますもの」

女幹部「敵も味方もいろんな人を巻き込んで、あなたの為に全力になります」

女幹部「だって、あなたが一番みんなの為に全力を出しているのがわかっていますから」

女幹部「だから、大丈夫」

女幹部「あなたのまわりにはあなたの望んだ人がいつも居ますわ」

赤「……そう、かぁ」

女幹部「はい……」

赤「……ふぁふ、……ぁぁああ〜っと。いけね。いつの間にか寝ちゃってた。ってこんな時間だ」

赤「毛布?……指令、一回戻ってきたのかな」

赤「まぁ、いいか」

赤「シャワー……先に飯食うか」

赤「もう、夕飯とは言いづらい時間帯だけど……」

赤「あれ、カレーが少ない?……指令食べ過ぎじゃないかぁ?」

赤「いつも7人前作るのに……これだけしか残ってない……」

赤「まぁ、二人分くらい残ってるから、いいか。もう一人分は明日のっつか、もう今日だけど朝飯にしよう」


赤「んじゃ、いっただっきま〜す」

女幹部「ハァハァ……任務完了。ハァ……ただいま、ハァハァ……帰還いたしました」

首領「うむ。ごくろうだった。して、しゅびはどうだ」

女幹部「はっ。10ギガのメモリーチップギリギリまで……ハァ……、動画と写真で埋め尽くしております。堪能できるかと」

首領「よくやった!せかんどたーげっとは」

女幹部「フゥ……捕獲完了です。で、これなんですが折り入って相談が」

首領「ん?な〜に?」



男幹部「はぁ……疲れた疲れた。定例戦のあとの反省会はみんななぁなぁになっちゃうからなぁ」

男幹部「ヒーローのみなさん強すぎですよ〜。ま、しょうがないよね〜」

男幹部「んじゃ、今度は誰が赤さんの相手するか、くじびきだな!」

男幹部「……情けない。悪の組織として情けない。他の戦闘員に示しが付かないと困るだろうが……。だから、こうして」

男幹部「ん?……クンクン」

男幹部「カレーの炊き出しか?」

グゥゥゥゥ

男幹部「……ご相伴にあずかるか」

男幹部「失礼しま」

雑魚1・雑魚2・怪人「ごちそうさまでした!」

雑魚1「いや、ホントにありがとうございました。美味かったっす」

雑魚2「ひさびさにカレー食べました。やっぱり、いいもんですよね」

雑魚1「ホントはこういうことやってくれる彼女作れればいいんですけどね〜。さっきの合コン撃沈」

女幹部「……」

雑魚2「おい!首領様の前だぞ!」

雑魚1「あ、っと……、ス、スイマセンでした」

女幹部「……今度から気を付けるように」

怪人「俺もありがとうございました。なんというか、心が温かくなりました。みんなで食べるご飯っていいですよね」

女幹部「……そうだな」

怪人「っとと、それじゃ、これで失礼します。ごちそうさまでした」

雑魚1・雑魚2「ありがとうございました!失礼します!」

首領「はぐはぐ……もむもむ」

女幹部「ほらほら、首領もみんなが食べ終わったからといって急いで食べなくてもいいんですよ。誰も取りはしませんて。ほら、ほっぺにカレーが付いてます。はい、綺麗になりました」

男幹部「……す」

女幹部「あら、男幹部さんどうしたので?ただいま、首領はお食事中ですよ」

男幹部「え、いえ、あ、あのぅ……私のカレーは?」

女幹部「もうありませんが」

男幹部「そ、そうですか……」

首領「……たべる?」

男幹部「あ、いえ、じ、自分はお腹いっぱいで……。自分は構わないでいいです……」

首領「んじゃ、わたしが全部たべる〜♪」

男幹部(なんだ、このやるせない感は……)

雑魚2「……というのが、昨日のカレーの真相らしいという噂だ」

雑魚1「……噂の割に信頼性がすげぇな」

雑魚2「どこから、漏れてるんだかわからんが、基地内はそれの話で持ちきりだ」

雑魚1「あ〜、それならこの話も聞いたんだけどさ」



赤「zzz」

女幹部「……落ち着いてくれましたね」

赤「zzz」

女幹部「いい子……いい子……」

赤「すぅ……」

女幹部「こんなにいい子なのに、不安になったりしたら、周りの人に失礼じゃないですか」

赤「ん〜……」

女幹部「こんなに愛されてるのに……ね。……ふふっ、いい子のはずなのにこんなに魅惑的な唇しちゃって、悪い子なんだから〜」

赤「はむっ……」カプッ

女幹部「え?あ、指……駄目っ。ぁ……ぁ……ぁ……っ。駄目……なんだって……ばぁ、ね、いい子だから離して、……私の、右手の人差指、……返して、ちょう……だい。ぁ、ぃや、舐めちゃ、舐めちゃダメだって……ば、……はぅん……ハァハァ……」



雑魚1「ああ、やめて!でも、やめないで!ああ、嫌なのに、嫌なのに感じちゃう〜ビクンビクン」

雑魚2「お前がやめろ。気持ち悪い」

雑魚1「しょうがないだろ〜。こんな話なんだから」

雑魚2「……この話は闇に流した方がいいな」

男幹部「……」

雑魚1「あ、男幹部さんお疲れ様です」

雑魚2「お疲れ様です」

男幹部「……なぁ、お前たち」

雑魚1「な、なんですか?男幹部さん。怖いオーラしょってるんですが」

男幹部「例の噂、本当か?」

雑魚2「え、あの噂は噂でしかないというか、噂だからわからないといいますか」

雑魚1「女幹部さんがそんなことしてたっていうのは、ちょっと……」

男幹部「俺がカレーを、赤さんが作ったカレーを食べれなかったのは俺が赤さんの心の中に居なかったせいなのかぁ……!?」

雑魚1・雑魚2「え、あ、そ、その」

男幹部「俺の赤さんへのアピール不足だったのかぁ!?それともやっぱり、昨日の飲み断った所為かな!?ねぇ、ねぇねぇ、教えてくれよぅぉぉおおおお!!」

雑魚1・雑魚2「……」

首領「で、へびちゃんはどうしたの?」

女幹部「へ、蛇は残念ながら、逃しました」

首領「そう……みたかったなぁ。あかさんのへび……」

女幹部「……そのときは一緒にお願いしますね」

首領「うん!いっしょいっしょ!」



赤「あ〜、緑?」

緑「ど、したの?おみ、やげ、気に、いらな、かった?」

赤「いや、まぁ正直、温泉せんべいたる濡れせんに近いようで、全然近くないあれはどうとは思うけど、そうじゃなくて、セキュリティーシステムメンテナンスの件なんだが」

緑「あれ、が?」

赤「あれって、緑がプロテクト組んでるんだよな。正直、メンテのときにあれだけ無防備なのはやばくないか?」

緑「だい、じょう、ぶ。ま、ったく、防、御しな、いと、いう、ことじゃ、ない」

赤「え?でも、司令が」

緑「そ、れより、赤」

赤「ん?」

緑「セキュ、リティ、切っ、てる時、不審、者、いなか、った?」

赤「いや、誰も」

緑「……そう」

緑(ログにはしっかり残ってる……。そう、あの盗聴器が誰のだったかを確かめるいい機会だった。確信はなかったけど、やっぱりあの人だった。そろそろ、あの盗聴器つぶした方がいいのかな……どうしようか……)

桃「結果発表〜!」

黄・青「……ゴクリ」

桃「んじゃ、緑さっさとやっちゃって〜」

緑「……ドロー」

青「そ、それってみんなの部屋1回ずつとか2回ずつということか!?」

緑「セキュ、リ、ティ、切、断後、それ、ぞれの、部屋に、入っ、たもの、は無し」

黄「え〜、でもあれでしょ!鍵かかってないの赤、知ってたんだよね!?」

緑「肯、定」

桃「……ヘタレってこと?」

青「そ、そういう言い方はないだろう!わ、私たちをちゃんと大事にして、守ってくれてるのかもしれないじゃないか!」

黄「でも……」

桃「ねぇ?」

青「……まぁ、確かにそう思わんこともない」

緑「……」


赤「ヘブシッ!!……??」

怪人「あ、寒いっすか?」

赤「いや、別にそんなことはないんだがなぁ」

怪人「まぁ、心の寒さってのはあるかもしれないですけどね」

赤「ま、お互いスイーツのために足運んでるのはそうかもな」

怪人「首領の頼みって聞いて断れる人はいませんて」

赤「確かに……な」クスクス


今度こそ終わり

続きおつおつ
フリも拾ってくれてさんくすwwwwww

赤「待ちに待った給料日!今日は奮発してスキヤキだZE!!」

鍋「グツグツ」

赤「ドンドンドンパフー!!」

テレビ「ワッハハハハ」

赤「・・・・・」

炊飯ジャー「ピーッゴハンガタケマシタ」

赤「もちろん一人鍋なんですけどねー!寂しくなんかないもんー!!」

ドア「コンコン」

赤「誰か来た。どうぞー」ガチャ

女幹部「赤さん、ちょっといいお肉が手に入ったんでおすそ分けに」

雑魚A「今日給料日だろ?たかりに来たぜー」

雑魚B「酒は持参したから心配するな!」

雑魚C「ほらほら遠慮せずに入って入って」

オマエガイウナーアハハハハーワイワイガヤガヤ


赤「まだ鍋食べてないのに温かい不思議」ホロリ

赤「うぃー…」

桃「どうしたの?調子悪そうね」

赤「昨日女幹部さんたちとご飯食べたんだけど…」

青黄緑桃「…!」ピクン

赤「飲み過ぎちまってな…二日酔いなんだ…」

青「赤、二日酔いにはコーヒーだ!カフェインで頭をすっきりさせるんだ」

黄「いや、カレーで汗をかいてアルコールを抜くといいよ!」

桃「何か良く解らないけど、プリン買ってきて!」

赤「ちょ…頭に響く…」グッタリ

緑「…二日酔いには…コレ…」

赤「ん…?薬か…。ありがとう」

青黄桃「(む!緑だけ!)」ヒクヒク

緑「…ニヤリ…」>>198に続く

>>231
雑魚1「オイタ返しに寄るジョニー封じですか。緑選手、珍しい手法を取りましたね〜」

雑魚2「まぁ、疲れジョニーの変化形なのでしょうが、風邪や体調の悪い時、そして治りかけのときはジョニーが踏ん張りますから。その踏ん張りがきかないというのは男性にとって謎の違和感と不能の不安が襲ってきますからね。いい手法なのではないかと」

雑魚1「なるほど〜」

雑魚2「だが、しかし、これは危ないかもしれませんね」

雑魚1「と言いますと?」

雑魚2「ここから先、間違った発展をしてしまいますと、『中には誰も居ませんよ……』となる可能性も出てきてしまいます。十分気をつけなければいけませんね〜」

雑魚1「なるほど。そうなるといよいよ赤、危うし!と。これからどうなっていくか見ものです」


赤「いや、見ものとかじゃなく助けてくれよ!」

雑魚ーズ「爆ぜろ」

赤「やってまいりました『今夜もNIPラジ』!!」

桃「今夜のお相手は〜♪」

赤「リーダーと言えば何色だ?情熱だけは燃えている赤と」

桃「ピンクい色は幸せの色〜みんなのアイドル桃で〜す♪」

赤「幸いと辛いは棒一本の違いなんだよな…。なんかオレの幸せはピンクいのが一番削ってる気が…」

桃「な・に・か・言・っ・た・?」ゴゴゴゴゴ

赤「さーて!いつものお葉書紹介のコーナー行ってみよう!!」

桃「まずは〜3丁目のたかし君(8)からのおはがき〜♪」

赤「『はたらかずに女の人にたよっているのはヒモってママが言ってました。たたかいにさんかしない赤さんはヒモなんですか?』…」

桃「どうなんでしょ〜赤さん?」プクククク

赤「たかし君ー?オレはちゃんと戦ってるんだよー?ようく見ようねー?」

桃「そうだよ〜♪赤は活躍してないだけだもんね〜♪」

赤「・・・・」シクシク

桃「果して赤さんの活躍はあるのでしょうか〜♪」

赤「…。では!気を取り直して次のお葉書!!」

桃「市営団地のさとし君(5)より〜♪」

赤「『ぼくは同じ年中さんのみよちゃんが好きです!赤さんは戦隊の誰が好きですか?』」ナンダト…?

桃「ひっじょ〜に気になるところであります!どうなんでしょ〜?」

赤「なんだこの葉書は!?幼稚園児にしては達筆だぞ?漢字も使ってるし!」

青黄緑桃「どうなんでしょう!?」

赤「いつの間にみんなまで…どんな状況だよコレ…?つか、なんか追い詰められてる感じ!?」ドウスンノ?

青黄緑桃女幹部「じーっ」ソワソワ

赤「・・・・・・・・・・。あーっと!残念ながら終わりのお時間がやってきました!ではまた来週!!ちゃお!」ピュー

青黄緑桃女幹部「あ!逃げた!ちゃんと答えなさいー!!」マテー

赤「ん”っ!んんぅ〜〜〜……はぁっ」

青「疲れたか?」

赤「いや、ちょっと伸びただけだから。それにヒーローは疲れたなんて言ってられないって」

黄「疲れたぁ〜」

青「…………」

赤「あは、あははは。ま、まぁこういう書類整理も正義の為だからね。こういうのもいいと思うよ。平和で」

黄「うだぁ〜うだぁ〜」

青「……平和だな確かに」

桃「今日の予定だった定例戦、首領ちゃんが風邪で延期だもんね〜。しょうがないしょうがない」

赤「まぁ、悪の組織の為に延期提案を受諾するヒーローもヒーローだよね」

青「正義を語る上で、通すべき筋は通さないと正義に瑕がついてしまうからな」

桃「ま、それで一応大事をとって2週間後、そのためのロケーションとか設置、自治体への連絡、近所の迷惑にならないための書類作りに発展したってわけだ」

赤「……ヒーローって地味だなぁ」


緑「……」

青「ヒーローの?」

黄「ヒーローによる?」

赤「ちびっ子のための?」

桃「ヒーローショー!?」

緑「肯、定」

桃「なんで私たちがそんなことやらなきゃいけないわけ?」

緑「正、義の国、が今や、若者、にデモ、される、この時、代。広、報は、とて、も大事」

赤「あ〜、例の米の国だな」

緑「まず、は地、盤固め。後、にホーム、ページ作成。ネット配、信。CM。ラジ、オ。テレビと拡、大していく予、定」

青「意外と、大掛かりなのだな……」

緑「最、初が肝心。ちび、子のハート、キャッチがん、ばろ」

赤「ぉ、おぅ」

青「私たちの?」

黄「ボクたちによる?」

緑「わたした、ちのため、の」

桃「ヒーローショー!?」

緑「そう」

桃「どういうことよ!?というか、さっきの会議嘘なわけ?」

緑「嘘な、のは、一部だけ。拡大、はしない」

黄「え〜、テレビ出れないの?」

青「べ、別にテレビなぞ、どうでもいいじゃないか」

黄「えぇ、でもさっき休憩時間のとき、青、決めポーズれんしゅむぐぐ」

青「え、えと……、緑続きを頼む」

緑「……この頃、赤のモチ、ベーションが下、がってる。これ、はよくない」

桃「あ〜、確かに。みんな赤のことこき使いすぎだよ。ちゃんと気をつけないと」

青・黄・緑(お前・桃・あなたには言われたくない)

桃「んで、それがなんでヒーローショー?というか、なんでわたしたちのため?」

緑「赤は意、外と子供、好き」

青「確かに。この前、迷子になっていた子供をあやしていたな。なんか奇妙なことも言っていたが」(←kwwskはパート3の>>461

桃「なぁにぃ?青、赤と一緒にお出かけでもしてたの〜?」

青「違う!私もあの場に居たかった!」

桃「そ、そぅ」

青「あ……。いや、その……緑続けてくれ」

緑「普段、戦闘で活、躍していな、い赤にとって、子供に見、られること、は意識向、上になる」

黄「赤、弱いもんね」

青「……もうちょっとオブラートにくるんでやれ」

桃「私もちょっと同情しちゃった……。で、赤のためはわかるけど、私たちのメリットは?」

緑「子供、と触れ合う、私たちを見、てもらって、赤にアピール、できる」

青・桃・黄「!!」

青「優しさと子供を意識させるという両観点からのアピールか。なるほど」

黄「…?子供を意識ってどういうこと?」

桃「青はムッツリーニってことよ」

青「こらぁ!桃!」

黄「あ、わかった!赤が子供好きだからだね!」

桃「……ん?」

青・緑「…………ハッ!」

桃「……自分の胸に目をやって、切なそうな顔しない。こっちに殺意むけない。こらこらこら、勢いで揉み合うな」

青・緑「ぅぅ……」

桃「それに黄。そういうことなら、子供好きの範疇を超えてロリ○ンっていうんだよ」

黄「そうなの?赤はロ○コン?」

桃「……そうしようとしているのは私たちね。ほら、自然界色コンビもそろそろ立ち直れ」

青「そ、そうだな。緑、締めてくれ」

緑「うん…。それじゃ、赤の、ハート、キャッチがん、ばろ」

「おー!」

怪人「ゲハハハハハ!!この会場には可愛い子供がいっぱいじゃないか」

雑魚1「イーッ!よりどりみどりでさぁ!」

雑魚2「イーッ!基地に連れて帰り、新たな怪人をぉ!」



赤「……怪人役って、ホントに怪人連れてきたの?」

桃「定例戦、首領が風邪ひいちゃったからでしょ?それで協力してくれたの」

緑「悪に、は悪の仁義、があるって」

赤「……あいつらホントに悪の組織なのか?……って、たびたび飲み会してる俺がいうのもなんだけどさぁ」

黄「まぁまぁ、いいじゃん。好意は素直に受取ろうよ」

赤「そだな」



怪人「ゲハハハ!この子なんてどうかな」

幼女「え、え?」

雑魚1「イーッ!将来、良い女に成長しそうでさぁ!」

雑魚2「イーッ!怪人様、良いご趣味をしていらっしゃる」

怪人「ゲハハハハ!そうだろうそうだろう」

幼女「や、やめて……」

怪人「ゲハハハ!泣けぇ!叫べぇ!そんなことをしても誰も助けにはこんぞ〜!」

雑魚1(……ちょっと入りすぎてない?怪人さん)

雑魚2(幼女選んだのは、完璧に怪人さんの趣味だな)

雑魚1(ちょっと首領に似てるのがヒットしてるんかな)

雑魚2(……ロリコン)

幼女「た、たすけて〜!!」

赤「ま、マジにいいの?」

緑「いい」

黄「ほ〜ら早く!」

青「たまにはこういうのもいいじゃないか。ほら、ヒーローっぽく言ってやれ」

桃「待ってるよ。わたしたちのヒーロー」

赤「お、おう!」



赤「待てぃ!!」

怪人「む、なにやつ!」

赤「いたいけな少女を捕まえ、怪人にしようとたくらむ。そのような悪に正義の鉄槌をくれてやろう!」

青「わたしたちは正義の味方。悪がある限り、そこにある!」

桃「たとえ、呼ばれてなくっても。助けを求める人に正義の心があれば」

黄「ぜ〜んりょくで助けてあげちゃうよ!」

緑「絶対、正義」

怪人「貴様らは!!」

赤「我ら、正義戦隊!!」

「「「「「○ッタ○ジャー!!」」」」」


怪人「く、くそぉ!かかれぇ!」

雑魚ーズ「イーッ!」

赤「お疲れ様」

怪人「ん?……おう、コーヒーサンキュー」

赤「雑魚たちにも頼むわ」

怪人「はは。わかった。……って、それにしてもショー終わって、即行、正義の味方さんが悪の組織と仲良くしていいのか?」

赤「いや、正直手加減とかわかんなかったから、ちょっと心配で」

怪人「ははは。お前がいくら本気でかかってきたところで、俺はそんな柔じゃない」

赤「それは、それでへこむなぁ」

怪人「まぁ、一番効いたのはショーにも関わらず、本気出してきた黄ちゃんの正中パンチだったな」

赤「それは、ホントにすまん。隊を代表して謝るよ」

怪人「ま、そうなるだろうって、緑さんが対戦車ライフル用の防弾衝撃吸収素材仕込んでくれたが、やっぱ痛かったわ。まぁいつもみたいに気絶はしなかったけど」

赤「スマン。本当にスマン」

怪人「謝るなって。ヒーローだろ?胸はっていけ」

赤「……ありがとな」

怪人「ははは。ほら、ヒーローの方々はサインと握手会に入るんだろ?ほら、行った行った」

赤「うん。行ってくる。雑魚たちにもよろしく言っといてくれ」

怪人「おう」

桃「はーい。握手握手。坊や可愛いね〜」

黄「えっと、サイン……いや、心意気が伝わればいいよね〜」

青「ああ、ありがとう。これからもがんばるよ。君の心にも正義を」

緑「絶対、正義 by 緑」


赤「……わかってた!こうなることはわかってた!俺のところにだけ、誰もこないってのはな!ったく、毎回毎回俺はやっぱり裏方……」

幼女「あ、あの……」

赤「ん?あ〜、トイレはそこの会場出たところの左にあr」

幼女「さ、……サインください!」

赤「え?」

青黄桃緑「え?」

幼女「あの、その……赤さん、かっこよかったです」

赤「は、はは。ありがとう。……っと、サインだよね!んじゃ、君になんの言葉を贈ろうかな。そうだな……よしっと、出来た」

幼女「……に?しさを?」

赤「はは。後でお父さんとお母さんに意味を教えてもらって」

幼女「は、はい」

赤「はい、それと握手」

幼女「は、はい〜」

赤「そんなに緊張しなくていいよ。俺、……じゃないな。ボクだって君が一人目のヒーローだもの」

幼女「わたしが、……ヒーロー?」

赤「そうさ。君が勇気を出して、ボクのところに来てくれた。僕をひとりぼっちから救ってくれたヒーローだよ」

幼女「わたしが、ヒーロー……」

赤「ありがとう。ボクのヒーロー」

幼女「あ、あの……」

赤「ん?なんだい?」

幼女「おねがいが……」

赤「ボクに出来ることがあれば、なんでもどうぞ」

幼女「え、えと、もうちょっとちかくに……」

赤「内緒のお願い事かい?」

幼女「う、うん」

赤「んじゃ、君とボクだけの秘密だね。んじゃ、もっと近くに」

幼女「………。………チュ」

赤「え?」


青桃黄緑「ああああああ!!」

幼女「あ、ありがとうございました!わたしのヒーロー!」

赤「ちょ、ちょっと君!あ、……あ〜、行っちゃった」



青「しばし、いいか赤」

赤「え?あれ、皆サイン会は」

緑「今さっき、終了し、た」

赤「そっか。みんなお疲れ様」

黄「おつかれじゃないって!さっきのなんなの!?」

赤「え、あの、……なにが?」

桃「なにが?じゃないでしょ!さっきキスされてたでしょ!」

赤「あ、それは、そのぅ、なんだ?……えっと最近の女の子はませてるね」

青「言いたいことはそれだけか」

赤「え?なにが?」

緑「不潔」

赤「い、いや、その、不潔ではないと」

黄「もぅ知らない!先帰る!」

赤「え、ちょっと皆待ってって!」

桃「赤はあの幼女ちゃんとゆっくり帰ってきてね。ばいばーい」

赤「え、あの、その、……俺が何をした?」

赤「もぉ〜、あの日からみんながなんか冷たくて、基地の中に居づらいのなんの」

雑魚1「赤さ〜ん。それ3回目ですって」

雑魚2「今日はハイペースだからな」

雑魚1「赤さんもいろいろ溜まってるんですね」

怪人「わかった。わかったから。まずは飲もうや。な?」

赤「んぐんぐんぐ……っぷは〜。俺が別になにしたってわけじゃねぇのに……」

怪人「だが、それが彼女たちになにかを与えたってことなんだろうよ」

赤「……なにかって?」

怪人「それは自分で考えなきゃダメだな」

赤「なんだよそれぇ」

雑魚1「そ、それより、その幼女ちゃんにサインなんて書いてあげたんですか?」

雑魚2「あ、それ気になります」

赤「……。……自分が唯一出来る正義の方法、かな」

雑魚1「なんですかそれ〜。もったいぶらずに教えてくださいよ〜」

赤「うっせぇ!ほら、ジョッキ空になってんぞ。おねーさーん。生四つ!」

雑魚2「まだ、行く気ですか……」

怪人「しょうがない。とことん付き合ってやろう」




            『君に優しさを』

赤「秋と言えば!」

青「読書」

黄「食欲」

緑「…運動…」

桃「甘いもの〜♪」

赤「そうだ!秋と言えば紅葉!と言うわけで我々はもみじ狩りに来ている訳だが…」

青黄緑桃「(誰も紅葉言ってないし…)」

赤「なぜみんな得物を持っている?」

青黄緑桃「だって狩りだし」

赤「もみじ狩りは狩りじゃない!山に登って紅葉を愛でるピクニックみたいなものだ!」

黄「まあまあ」バシッ

赤「黄?なんで背中を叩くんだ?」

青「だって」バシッ

緑「…狩りは…」ペシ

桃「獲物が居ないとね♪」バシッ

赤「獲物?みんな何を言ってるんだ?」

青「では、獲物にもみじのマーキングもすんだ事だし、」

赤「どうしたみんな?目が怖いぞ?」

青黄緑桃「レッツハンティング♥」

赤「つか、なんで得物を構えてせまってくるぅぅぅ!?」ダット

青黄緑桃「(勝者には獲物を一日自由に出来る権!)」マテー

久しぶりに来たら、書き手さんも投下もいっぱいで嬉しい限り
皆さん本当に乙です
>>249
呼んだ? ……じゃなくて、なんでソフトバンクってバレとるん

>>252
おつおつ
パー速やNIPは末尾でキャリアを表示してる
SO ソフトバンク
AO au
DO ドコモ
IO アイフォン
ちなみに小文字oはPCの専ブラ利用で、0はwebブラウザ使用、PはP2

赤「秋と言えば栗!と言うわけで今日は栗ごはんです」

青「コーヒーに合わない」

黄「カレーに合わないー」

緑「…(栗鼠…)」ニヤリ

桃「甘くない〜」

赤「上手く炊けたし栗いっぱいなのになぜか絶不評なのであった…」オイシイノニ

赤「俺は学習する男!っつか、隊員にごはん派って黄ぐらいじゃない?っつうのが敗因だった。ということで作ってみました栗の甘露煮。そのまま食べるもよし、ペーストにして洋菓子に使ってもよし。これなら無敵じゃろう!」

青「コーヒーってより、緑茶じゃないか?」

黄「カレーに合わないー」

緑「…(甘露…)」ニヤリ

桃「ならはやくモンブラン作って〜」

赤「……。はいお茶。黄、それはカレーと合わせるもんじゃない。緑…は、まぁいいや。桃さんちょっと待っててください」マァオレッテソンナヤク

赤「俺が栗に固執したのが悪いのか…?だが、秋の食材と言えば他にさつまいもやかき……は栗の二の舞になりそうだし、さんまや鮭は骨がどうと文句をつけてくる心当たりが……。うーん」

青「そんなことより、コーヒー入れてくれないか?」

黄「夕飯はカレーがいいな〜」

赤「いや、だからね。こう季節感を持たせようと、台所を預かる身としてはですね」

緑「…裸エプロン」

赤「はい?なんか、聞き取りづらかったというか、聞けなかったというか、聞きたくないような単語が」

桃「はいはい。赤が苦心してるのは私が一番知ってるから。だからさ、ほ〜ら、秋の街路樹眺めながらスィーツ探索と行こう!」

赤「だから、それが何も変わってないって、だから!ねぇ聞いてます!?」


緑「……連れ去られた」

青「……帰ってきたら、コーヒーが先だな」

黄「あ、んじゃ、その次、カレー♪」

緑「ラボ……」

ぬるぽお

黄「>>262ガッ」

赤「コラ黄!一般人に何してんだ!」

黄「いや、お約束だし?」

赤「何を訳のわからない事を…。黄の力に一般人が耐えられるわけないだろ!」

緑「…この薬を…」

赤「その薬は一般人に使って大丈夫なのか?」

緑「臨床はしてる…赤で…」

赤「…。」

青「バカなことやってないで!さっさと救急車呼ぶ!」

桃「は〜い♪」ピポパ

黄緑「…。」

桃「は〜い、わかりました〜♪」ピッ

青「どのくらいで来てくれるって?」

桃「明日の降水確率は70%だって♪」

赤「そうか、明日は洗濯干さない方がいいな」

黄「えージョギングできないじゃん」

緑「…薬…あげてみた…」

青「わー!なんてことを!ピクンピクンし始めた!」

桃「顔色真っ青〜」

青「早く救急車を!」


通行人「もしもし、警察ですか?なんか戦隊の隊員が一般人を・・・・ええ・・・・はい、お願いします」

黄「あははは。司令のまねじょうず」

青「あははは、ではない!幸い、今回は>>262が大事に至らなかったとはいえ、もしものときがあったらどうする!」

緑「その、ときは、私が」

青「今回、一番やばかったのは緑の薬だろう!」

緑「ぅ……」

赤「まぁまぁ青落ち着いて、ね?ほら、コーヒーでも飲んで」

青「これが落ち着いていられるか!よりにもよって、監督不行届で私にまで大目玉だ!」

黄「みんな仲良し〜」

緑「一蓮、托生」

青「こういうときだけ結託するんじゃない!」

黄「えぇ〜」

赤「えぇ〜」

青「えぇ!?じゃないこの太陽コンビ!」

桃「じゃ、しょうがないね。今日から青は仲間はずれということで」

青「え?」

桃「これからは、私たち四人だけで怒られよう。司令にもそういっておくわ……」

青「あ……」



青「やっぱり私も仲間だ!一人にするなぁ!」

>>266
桃「正義のヒーローが一般市民を恐怖の源となってどうするのです!」

一番最初にこの一行抜けたorz

青「うぅ……」

黄「あれ?青どうしたの?顔色悪いよ」

桃「ふふふ。黄ちゃんそれはね。二日目なのよ?」

黄「二日目?」

青「黄に何を教えてる…というか、なんでお前が周期把握してるんだ…!」

桃「ほらほら、下っ腹に力入れたら、さらに辛いでしょ」

緑「いい、薬、ある」

青「……貰おう」

黄「青病気?」

桃「病気といえば女性特有の病気かもね。でも、もう赤を受け入れる準備が出来てるってことなのよ〜」

黄「えぇ〜!病気にならないと赤と結ばれないのか!」

桃「いや、赤がいいと言えばそれでもいいんだけどね〜」

青「……」

桃「いや、青白い顔して睨まれると怖いですよ……」

緑「でも、そういう、気も」

青桃「……」

黄「?」



赤「はぁ……。みんながトイレタイムのときだけは気が休まる。……クシュン」

桃「あはは〜。待て待て〜」

赤「ほのぼの系な台詞吐いといて、剣を振り回しながら追ってくるんじゃない!!」

桃「あはは〜。待て待て〜」ザクッザシュッ

赤「うわ、やめっ!こ、これが13日の金曜日の恐怖か……!」

黄「赤ぁ、どこ〜!?」

赤「こらこらこらこら!イチョウを引っこ抜くな!」

黄「あ、居た!」

赤「これがホントの紅葉狩りってやかましいわ!『あ、居た』じゃない!ちゃんとそれ埋め直しなさい!イチョウだって生きてるんだから!」

黄「はーい」

赤「ったくもぅ」

青「……ロックオン」

赤「……ッ!!あぶねぇ!」

青「くっ、やはり普通のランチャーとネットランチャーでは使い勝手が違う」

桃「って、こらー、こっちにかぶせんなー!」

黄「せんなー!」

青「赤は捕えられなかったが、これでライバル脱落……」

黄「えっ?」

青「……ケブラーを一瞬で。…いや、何も言わん」

桃「で、赤はどこいったの?」

青黄「あ」

緑「最後、は、頭脳、が勝つ」

赤「こ、これ、なんのガス、だ……?」

緑「筋弛緩、ガス『ち、近づかないで……。でも、動けないビクンビクン』。後遺、症、なし。開発、緑。ヒト科、の雄に、しか、効かない、優れモノ」

赤「ひ、卑怯、だぞ…」

緑「勝てば、官軍。ふふ」

赤「ち、近づくな、あ、あ、あああああああ!!」

女幹部「赤さん!?」

緑「ぇ…」

女幹部「どうしたんですか!?こんなところで倒れて!」

赤「女、幹部、さん?」

女幹部「だいじょぶですか!?」

緑「ぁ…」

青「確かこっちのほうだ!」

黄「赤だいじょぶか!……?」

桃「赤の悲鳴が聞こえた……んだけど……?」

女幹部「え?」

女幹部「まったく、あなたたちは何を考えているんですか!」

青桃黄緑「ごめんなさい…」

赤「悪の組織に怒られる正義のヒーローの図……シュールだ」

女幹部「ホントにわかってますか!たかが鬼ごっこにこんな…」

赤「い、いや、もう大丈夫ですよ。彼女たちも反省してるみたいだし」

女幹部「赤さんも赤さんです!そんな態度だから、彼女たちもいつまでもやりたい放題で!」

赤「うわ、こっちに飛び火したっ」

女幹部「赤さん聞いているんですか!」

赤「あ、えと、その、頑張ってはいるんですけど…」

女幹部「……」

赤「は、反省します…。って、そういえば女幹部さん何故こんなところに」

女幹部「あ、っと、そういえばこんなことしてる場合じゃなかったんでした。緑さん、さっきのガスの効果もう終わってるんですよね」

緑「コク…効果時間、10分」

女幹部「んじゃ、私はこれで…あ、赤さんも是非」

赤「え、あのちょっと?」

女幹部「貴女たちはもうちょっと反省してなさい!」

青桃黄緑「はい…」

雑魚1「あ、赤さんも参加してたんですか?」

雑魚2「もう少ししたら飯なんですよ。食べていきますか?」

赤「……」

女幹部「ということで、私たちこの山でサバイバル訓練してたんですよ」

男幹部「まぁ、半分慰安な感じだけどな」

怪人「この山、実り多くて、栗とか柿とか結構なってるんだよ。渓流釣りできるポイントもあるしな」

赤「……そうですか」

首領「おお、赤だ〜!どうしたの〜?」

女幹部「赤さんは飛び入りで遊びに来てくれたんですよ〜」

首領「そうなの?んじゃ、赤遊ぼう!」

赤「え、あの」

女幹部「緑さんのガスで男戦闘員たちが行動不能になったんです。首領が泣いて大変だったんですよ。少しでも義理を感じてくれたなら」ボソッ

赤「よ、よ〜し、いっしょに栗拾いしよ〜」

首領「わ〜い」

赤「違う違う。一番最初に栗の鬼皮を剥きやすくするために、湯にかけてから、渋皮をむいて、ミョウバン水に付けるんだって」

雑魚1「へぇ〜」

雑魚2「へぇ〜」

怪人「さすが、炊事になれば赤の天下か」

男幹部「さすがだ……」

女幹部「うちの男連中が情けないだけだと思いますけどね」

赤「あ、怪人。これ、鮎のはらわた抜いたから、串さして焼いてくれ」

怪人「お、おう」

赤「荒塩多めにふりかけながらな〜」

怪人「了解」

首領「ね、ね。わたしは〜?」

赤「よ〜し、怪人と一緒に鮎を美味しく焼いてちょうだいな」

首領「はーい!」

男幹部「さすがだ……」

赤「男幹部、暇だったら、あっちの豚汁の火の番してくれ〜」

男幹部「りょ、了解」

首領「おいし〜!」

雑魚1「これ美味いっすよ!」

雑魚2「栗ご飯イケます」

赤「……」ジーン

怪人「ん?赤どうした?」

赤「い、いや、なんでもない。ご飯と豚汁はおかわりあるから、一杯食べろよ」

男幹部「材料はほぼ、我が組織の出資なんだが……」

女幹部「細かいこと言わない!」

男幹部「ぅ……」



青「で、私たちはいつまで反省してればいいんだ?」

黄「わかんない…」

桃「あの勝負はうやむやになっちゃったしねぇ」

緑「私の、勝ち……だった、のに」

桃「見事に女幹部さんに連れてかれちゃったね」

黄「赤ぁ、お腹すいたよ〜!」

緑「……」クゥ

桃「私もすいた〜!赤どこ〜!?」

青「もう紅葉狩りはこりごりだ……」

赤「明日から本気出す」

桃「いつも本気でしょ」

赤「明日は天気になる」

黄「洗濯物溜まってるもんね」

赤「明日から人気出る」

青「物理的に不可能なことより今コーヒー出して」

赤「明日は元気出る…」

緑「…今から…出す…?」クスリドウゾ

赤「ほぁぁぁあああああ!!」

青「くっ、凄い気迫だ」

赤「あたぁぁぁああああ!!」

桃「手の動きに残像が…」

赤「くぉぉぉおおおおお!!」

黄「バックに火の化身が見える!」

赤「だぁぁぁあああああ!!」

黄「まるで、高度な、踊り…」


赤「チャーハン一丁!」

青「……まぁ、赤の本気はこれかな」

桃「誰も勝てないしね…」

緑「ヒーロー……っぽく、ない」

黄「ウマウマー」

赤「いい天気だなぁ。これぞ秋晴れだ」

黄「空が高いね〜」

赤「で、うん。その空の下でやることが洗濯か?」

黄「赤が自分で言ったんじゃ〜ん」

赤「確かに洗濯物溜まってるからな。でも、……はぁ」

黄「溜息つかない〜。幸せが逃げていっちゃうよ!」

赤「俺の幸せってどこにあるんだろうな〜」

黄「ほらほら、ここ、ここ!ボクの下着〜♪」

赤「……いや、今更そんなの見せつけられても。俺がここに来てから何回洗ってると思ってんだ?」

黄「えぇ〜。こうやったら、赤が悦ぶって桃が」

赤「今でも下着まで洗わせてるのはお前だけだ!それに変な漢字覚えるんじゃない!ったく、桃め…」

黄「赤は興奮しないの?」

赤「桃め…、今日はお土産買ってやらん。ん〜とな、俺は中身にしか興味ない」

黄「……中身には興味あるの?」

赤「あ、いや、その……お前らがもうちょい年取ったらな」

黄「ん〜……ん〜?」

赤「ふ、深く考えんな!」

赤「人気?……人気ねぇ。このスレで誰が一番人気あるんだろうな」

黄「すれ?」

赤「そこは気にするんじゃない。意味を読むんじゃない。気を感じるんだ」

桃「はいはーい。わたしわたし〜」

赤「さて、夕飯でも作るか」

桃「なんで無視するのよ!」

赤「だって、良くも悪くもスィーツ()は畏敬の対象であり、敬遠の対象であり、相容れないだろうJK」

桃「れ、歴代ヒーローのピンクはセクシー担当だってば!」

赤「はいはい、セクシーセクシー」

桃「むぅ〜」

緑「私、は?」

赤「緑は固定ファン居そうだよな。病弱、内気、マッドサイエンティスト。ツボに入るやつはいそうだ」

緑「……」

赤「べ、別に特殊系とか言うつもりはない。ああ、断じてないぞ。うん。気にするな。……ほ、ホントだぞ?」

緑「……」

赤「あの、えっと、……スマン」

黄「んじゃ、ボク!ボクは?」

赤「黄は戦隊の中で元気ッ子担当だからな。正統派には入るんじゃないか?」

黄「わーい!」

赤「……逆にいえば、尻に敷かれたら最後ではあるな……パワーと食費的な意味で」ボソッ

黄「しり?……おしり?」

赤「いや、気にしないでくれ」

青「……」

赤「ん?青どうしたんだ?」

青「……私は人気よりも赤の」

赤「俺の?」

青「あ、いや、なんでもない。その、……夕食楽しみにしてるからな」

赤「お、おぅ」


桃「……。全部青にいいところ持っていかれたんじゃない?」

緑「あとで、頭痛、薬、渡そう」

桃「うん、持って行ってあげて。……文字通り頭痛を起こさせるほうを」

桃「で、赤の寸評は聞いていかないの?」

赤「え、いや、それは」

桃「このところ、な〜んか生意気よねぇ」

緑「少し、天狗」

黄「まだ、自分に自信なさげだし」

桃「戦闘では活躍、未だに出来てないし」

緑「モルモット」

黄「サンドバッグ」

桃「そのくせ、悪の組織と仲良くしてるし」

緑「おっぱい、星人」

黄「ダメだよ!特に女幹部さんと首領ちゃん!」

桃「わ、私たちだって」

緑「えと……」

黄「仲良くしたいよ!」

桃「ねぇ、聞いてるの!?」

緑「……」

黄「赤!」

赤「え、あのその……す、すいませんでした…」

桃「もっと聞いて行きなさい!そこに正座!」

赤「はい…」



赤「……明日から元気出す」

桃「い、いやぁ、女房役なんて、ねぇ?そのなんて言うのかなぁ。ば、馬ッ鹿じゃないの!そんなわけないじゃない」クネクネ

赤「……」

黄「……」

青「……」

緑「……ユニーク」

桃「み、見てないでよ!そ、そんな嬉しそうなんかしてないんだから!」クネクネ

赤「いや、別に俺たち何も言ってないんだが。とりあえず、落ち着け、な?」

青「ま、まぁ順当に私と言われてしまっては仕方がないかな」

赤「こらこらこらこら、暴走役が増えてどうする」

黄「ぷー!そんなことないもん!私にも人気あるもん!」

緑「私も、ある……はず」

赤「年少組落ち込むな、な?」

黄「年少組ってどうゆうこと!」

緑「セクハラ」

赤「べ、別に体型のことなんて誰もいってな……あ」

黄「うわぁん!このおっぱい魔人〜!」

赤「この上ない称賛、あ、いや間違った蔑称残して行くな〜!……み、緑はわかってくれるよな」

緑「……おっぱい、魔人」

赤「のぉぉぉおおお!」

黒もそろそろ

赤「で、これですか?」

金「そうじゃな。出番救済……ではなかったの、秋の大運動会の開催をここに宣言する!」

赤金以外「わー」パチパチパチ

赤「って、わけわかんないですって!先輩がどうしてこの基地でイベントを仕切っているんですか!なんで、俺一人縛られてるんですか!早くこの亀甲縛り解いてください!」

金「わしはそんな縛りはしとらんぞ。それはさっき緑が」

赤「こらぁ、緑!」

緑「多数、決」

赤「この縛りと多数決がどう関係あるんだよ!」

青桃白黒「……」

赤「……今の4人、何故目を逸らす?」

金「そうカリカリするでないぞ赤。運動の秋、この天高く馬肥ゆる秋に相応しい天気ではないか」

赤「俺の心がどんより曇りです…」

金「なんて言ってももう開催宣言してしまったしのぅ」

赤「この組織に入ってから、事後承諾という言葉が嫌いになりつつあります…」

金「ま、悪いようにはせん。そこで見とるだけ見といてやれ」

赤「いや、もうこの待遇が悪いんですが…」

金「……わしの言うことは?」

赤「絶対です!……あ」

金「よし、では全員の同意が取れたところで改めてここに宣言するぞ!開催じゃ!」

赤「ちょぉ……」

金「ではまずルール説明じゃな。普通の運動会じゃと白組、赤組と別れるのが普通じゃろ。まぁ、人数が多い学校などは黄組や、青組があるようじゃが、今回はシンプルに個人戦にする」

黒「ちょwwww待ってwwwwwwそれ理不尽じゃね?wwww」

青「…確かに。不満を言うつもりはないが黄とか、金さんが有利ってことになるのでは」

緑「黄金(ゴールデン)、コンビ…圧倒、的」

黄「え〜、そのままでいいよ〜」

白「黄ちゃん、ちょっと静かにしようね〜」

黄「は、はい」

金「まぁまぁ、話は最後まで聞け。確かに、身体能力の誤差はあるな。まぁそういう風に集められた集団であるから、それは仕方がない。だが、それは日々の自己研鑽の賜物。それを評価しないわけにはいかない」

黒「それってwwwwそのままってことじゃないっすかwww」

金「もちろん、これからの種目には順位をつけ、それを得点とする。じゃが、得点以外に印象点というものを設ける」

桃「印象点?」

金「そう。ここに審査員もちょうどおるしな」

赤「審査員て…って、やっぱ、俺ですか!」

金「ここには赤以外に7人おるな。ならば各種目得点を1位が5点、2位が4点、3位が3点というように、点数を付けていく」

黄「えっと、4位が2点、5位が1点……あれ?6位と7位は?」

緑「共に、無得、点?」

金「いや、白には救護班として活動してもらう」

黒「うはっwww白戦線離脱wwww俺得wwwwww」

白「……」

金「白は偉いの。最後までわしの話を聞く気があるようじゃ」

青「……?どういうことだ?」

金「運動得点合計15点のほかに、赤に35点印象点として持ってもらう」

桃「多ッ!」

金「印象点は合計得点であり分割もありじゃ。もちろん一人に35点やってもいいがの。一種目につき、計50点を奪いあう壮絶な戦いとなろう」

青「でも、白は運動点放棄で不利ではないのか?」

金「ああ、言い忘れとった。白には特別点として救護人2人につき1点とする。最終的に奇数人数となった場合は繰り上げとする」

桃「え?普通そんなに怪我人でる?」

金「まぁ、普通にやっておればそんなことはないかもしれんな。だが、それぞれの種目では自分の持てる力、全てを出し切ること。これをすれば逆に白有利、かもじゃな」

黄「いつもどおり頑張ればいいんじゃないの?」

金「黄はいつもどおりでいいかもしれないのぅ」

黄「って、あれ?みんなは?」

白「みんな、いつもの装備を取りにいったのよ」

黄「え?」


桃「頼むよ〜私のレイピアちゃん」

青「グロック…いや、コルトにするか」

黒「ま、これがあればいいっしょwwww」

緑「ふふ……」

金「みんな戻ってきたようじゃの。ま、お主らに言わんでもわかるじゃろうが、死人は出すな。それが第一原則。あとは……赤が卑怯と思わないくらいの行動を心がけるんじゃな」

黒「死人とかwwwwwww」

青「黒、これは意外と冗談で流さない方がいいかもしれんぞ」

桃「黄もこれ忘れちゃだめでしょ。はいガントレット」

黄「あ、桃ありがと〜」

桃「いえいえ〜(流石にこれ渡しておかないと刃引きしてあるとはいえ、斬りかかりづらいもんね〜)」

白「……」ピクピク

金「あ、あと。一応ハンデとして、わしは獲物を持たん。攻撃行動もしないことにする」

青桃黄緑黒「おばあちゃんありがとう〜」

金「……青龍偃月刀を持ってこようかの」

青桃黄緑黒「おねえさんありがとう〜」

金「……まぁよい。本当はこっちがハンデ貰いたいくらいじゃが……。攻撃はしないが、自衛行為はもちろんするからの、それは覚悟するんじゃぞ。種目は順次発表していく。それ以外に質問はあるかの?」

青桃黄緑黒白「……」ソワソワ

金「おっと、忘れておったな。優勝賞品じゃな。司令から賞状とトロフィーくらいじゃが、お主らはそんなものよりこやつじゃろ」

赤「はい?」

金「優勝賞品は次の土日、二日間ぶち抜き赤を自由にする権利と休日が与えられる。もちろん、司令も了承済みじゃ。それではこれから、赤争奪秋の大運動会を」

赤「ちょっと待てぇ!!」

金「なんじゃ、いきなり。いつものことじゃろ」

赤「あ、そうか。……じゃないって!何、イベント名変わってるんですか!って、やっぱり司令もグルかよ!俺を争奪ってどういうことですか!俺を自由にする権利って…」

金「なにか不満があるのかの?」

赤「不満だらけですけどね!青には的、桃とはスィーツ巡り、黄にはサンドバッグ、緑には実験体、先輩とは山籠り、白とは……なんだ?医務室の整理?ってことはわかりますが、黒と一緒ってなんですか!」

金「男同士遊びに行けばよかろう」

赤「え、そういうことなんですか?いや、なんか男に自由にされるって響きがなんかその……」

緑「……楽しい、掛け算」

赤「それは楽しくない!絶対楽しくない!黒もほら、なんか言ってやれって!」

黒「ぇ、あ、その、……」モジモジ

赤「な、なんだ?というか、俺が賞品でいいのか!」

黒「……うん」

赤「ぅ…」

黄「なんで、赤も顔赤いの?」

赤「い、いや、これは気の迷い…じゃなく、気のせいだ!」

金「赤、さっきの質問じゃがな、それはちがうぞ」

赤「え、いきなりなんですか?」

金「赤を争奪するのではない。お前が誰かを奪うのじゃよ。お前が審査員で勝利のカギを持っているのはお前さんじゃしの」

赤「あ、……え?」

金「ふふ、楽しくなりそうじゃな」

金「さて、説明も終わったことじゃし、着替えに入るか」

黒「いまさらwwwww」

黄「スーツに替えればいいの?」

金「バカ者。逆じゃ。己の肉体を武器に戦うんじゃ。パワードスーツの着用は禁止にしとかねばな。それぞれ、運動しやすい格好を用意した」

赤「先輩、俺は放置ですか?」

金「おお、そうじゃな。目隠しもしとこう」

赤「先輩!俺、今ものすっごいアダルティになってます!って、そうじゃなくて!」

金「白のことじゃろ?わかっている。緑も協力してくれたしの」

赤「……お願いします」


桃「って、イマドキ、ブルマってどうなの?」

金「それは、種目が開始してからの仕上げをごろうじろとな」

黒「俺もっすかwwww着替え場所どこwwwww」

金(お主にはハーフパンツと胸部コルセットを用意しておいた)

黒(……やっぱり、金さんはご存知でしたのね)

金(ま、長官とは長い付き合いじゃしな。着替えは適当な空き部屋を使えばよかろう)

黒(で、でも……)

金(心配するな。赤はしばらく縛られたまんまじゃし、長官もそこらへんはわかっておるからな)

黒「……。うはwwww了解でっすwwwww行ってきますwwwww」

緑「?」

金「なに、黒の着替え場所と、女子の着替えを覗いたらどうなるか説いてやっただけじゃ」

白「あの、……一応、私も着替えたんですけど。私、着替える必要があったのでしょうか?」モジモジ

金「ふふ。お主もこのイベントの参加者なのじゃぞ?観戦者ではなくの。ならば、皆と同じ格好をするべき然りじゃろ」

白「は、はい。……そうですけど」モジモジ

青緑桃「……(可愛い…)」

白「……」モジモジモジモジ

金「あと、さっきは朝じゃったし、建物に隠れてあまり毒にならなかったじゃろうが、緑、例のモノを」

緑「はい」

白「えっとこれは?」

金「緑特製のUVクリーム。それと同じくUVカットメガネじゃな」

緑「多い日も、安心」

白「あ、ありがとうございます」

青「緑、白を引かせるんじゃない」

緑「お茶目、でした」

白「……ふふっ」

桃「ま、緑の作ったモノなら、命に関わるモノはボケなしだから安心してもいいと思うよ」

白「ええ。信頼してます。よろしくお願いしますね」

緑「……ばっち、来い」

金「よし、着替えも終わったことじゃし、青。代表として選手宣誓をしてくれんか」

青「わかりました」

赤「あの、着替え終わったのなら、そろそろ、視界と身体自由にしてくれませんかね?」

金「楽しみはもうちょっと後にとっとくんじゃな。それより聞いておけ。青の立派な宣誓じゃぞ」


青「宣誓!我々はヒーローの志と乙女の恋心に則り、正々堂々と我が道を突き進んでいくことを誓います!」

赤「……なにこれ」

金「立派な宣誓じゃろ。赤も心して聞くんじゃな」

赤「堂々としてたら、悪逆非道に走っても文句言わせねェよ宣言にしか聞こえないんですが。というか、乙女の恋心ってなに?」

金「赤……もう少し、男を磨け。そうしたら、自ずとわかるじゃろう」

赤「…はい」

金「それではさっそく、第一種目じゃ。…と、その前に目隠しは取ってやろうかの」

赤「……っ!?お、お前ら……」

赤金以外「……」モジモジ

金「では、さっさと競技をはじめるぞ〜」

黄「いっち、にー、さんっ、しっ、ごー、ろっく、しっち、はっち」

赤「準備体操…。…確かに運動会とかのプログラムに開会式の後にあったような気もしますけど、これも競技なんですか?」

金「一応の。それに運動点は加算されんが、印象点評価はあるぞ」

赤「え?」

金「何を呆けておる。衝撃の方が強すぎて、賢者モードに入りっぱなしじゃぞ。皆を見てみろ。皆も準備体操はしっかりの。精一杯身体動かすんじゃから、手を抜くことは許さんぞ〜。これだけはしっかりしないと駄目だからの。この競技での獲物は使用禁止じゃ」

赤金以外「は〜い」

赤「獲物使う準備体操って……ん?」

ラジオ「足を開いて胸の運動〜」

桃「いっち、にー、さんっ、しっ」

赤「こ、これは…」

ラジオ「前後に曲げる運動です。前に弾みをつけて柔らかく、両手を腰に当てて上体を反らせま〜す」

白「ご、ろっく、しっち、はっち」モジモジ

赤「GJとしか、言えないだろJK」


桃9点、白9点、青7点、緑3点、黄3点、金2点、黒2点


黄「納得いかな〜い!」

緑「おっぱい、魔人、降臨」

金「何故、黒と同じ点数なのか、あとで控訴じゃな」

黒「うはwww世知辛いwwwww」

赤「お、俺の印象なんだから、いいだろっ!」

金「まずは運動会定番の100m走からじゃな。直線じゃから、レーン決めも別にしなくてもいいんじゃがどうする?」

青「もちろん決めさせてもらおう」

黄「え〜、どこでもいいよ〜」

金「わしもどこでもいいんじゃが」

桃「んじゃ、こっち主導で決めさせてね」


   ↑ゴール↑

1 2 3 4 5 6
桃 金 緑 黒 黄 青


緑「決定」

黄「どこでも良いと思うんだけどなぁ」

金「ま、こう決めた理由もそれぞれあるんじゃろ。さて、わしも覚悟を決めるか」

黄「覚悟?何が違うの?」

金「ここからは、……戦場じゃ」

金「と、競技に移る前にみんな一言ずつ、赤にアピールするのじゃ」

赤「はい?」

金「ま、印象点稼ぎの為のアピールタイムじゃな。誰からいくかの?」

黄「はーい私!赤見ててね!ぶっちぎるから!」

赤「お、おぅ。怪我しないようにな」

桃「ふふ。あっと言わせてみせるわ」

赤「頑張ってくれ」

黒「うはwwwテキトーにがんばってきますwwww」

赤「おう。男組の意地見せてくれ」

青「全力で行ってくる」

赤「熱くなりすぎるなよ〜」

緑「走るの、苦手」

赤「緑の頑張り期待してるよ」

金「先輩としての貫録見せてくるかの」

赤「そんなに、みんないじめないで下さいよ?」

金「って、既に亀甲縛りされてるヤツに言われてものぅ」

赤「気づいてるならそろそろ解いてください!」

白「……」

赤「ん?白もか?」

緑「着順、判定、カメラ、作動よし」

金「準備完了じゃな。白はゴールで待機。赤はピストル頼んだぞ」

白「はい。わかりました」

赤「うわぁ、こんな映像見たときねぇ」

青「なにか、おかしいか?」

赤「なにかというか、先輩以外全員おかしい。全員なんらかの装備して、レーンに入ってるのなんて、どこの世界に行っても見られんわ。クラウチングとかどうすんだ?緑とか白衣を上に着てるし。白衣ブルマ……なんとマニアックな」

緑「本気、だから」

赤「そ、そうか」

青「一応、ルールとして聞いておく。自分のレーンを飛び出しても失格ではないな?」

金「それが自分の全力の為にということであれば許可じゃ。……さて、どう見せてくれるかの」

緑(……赤、もうちょっと、離れた、ほうが、いい)

赤「ん?」

赤(緑の言うとおり、少し離れたが…)

赤「ゲットセット!」

赤以外「……」

赤(緑は白衣。青はなんか変な銃持ってるな。あれ、どっかで……。黄はガントレットして、先輩は無手。桃と黒は器用すぎるだろ!細剣とトンファー握りこんで、構えながらのクラウチングかよ)

赤「レディー!……」

赤「ゴー!」パァン!!

ボフゥゥゥウウウウン!!

赤「え、煙幕!?」






配置復習

1 2 3 4 5 6
桃 金 緑 黒 黄 青

ゲットセット……レディー……g

緑「まず、私」ポイッ ボフゥゥゥウウウン!!

黄(緑色?)  金(まずは視界か!)

黒(うはwww俺鬼畜wwwww)  桃(金さん覚悟してね!)

黄「ん?」  金「ふっ!」

黒「なwwwトンファー弾かれたwwwww」  桃「あれ?」

黄「真っ直ぐ!真っ直ぐ!」  金「長物を最初に出す足側に設置するのは悪くない!じゃが、その手はあの配置で読めない方が悪かろう!」

青「物理的に黄を止めるのは不可能だと思っていた!」バスッ  緑「上に、飛ぶことは、予想、済み。私が、動く」

黄「また、網!?」  金「上に角度を付けすぎたか……?だが、着地ポイントは煙幕のギリギリ外じゃ!……緑!?」

青「以前のネットランチャー強化版だ」 緑「必殺、『金さんホイホイ』」

黄金「なぁっ!!」

白「黒さん5点、青さん4点、緑さん3点、桃さん2点、黄さん1点、金さん0点獲得ですね」

赤「最初っから大波乱だな」

黄「青ヒドイよ!」

青「私は私の全力で立ち向かっただけだ」

黄「むぅ〜。……見えないのに、的確に当ててくるし。何あのびよんびよん!」

青「スタート前のレーンの位置記憶と黄の性格を読み切った私の勝ちだな。ビヨンビヨンは伸縮性の繊維に代えたんだ。柔よく剛を制す。…それより、黒が一番最初っていうのはどういうことなんだ?黒?」

黒「無理wwww黄止めるの無理wwwww」

赤「煙幕から一番最初に前に飛び出してきた黄と上に飛び出た先輩。それにトラップ仕掛けにきた緑を抜かしたら、最初に黒が全力フォームで飛び出してきたからな」

青「裏切り者め…」

黒「うはwww褒め言葉wwwww」

白「あとは出遅れたけど基礎体力が高い青さんが2位で、先に煙幕から抜けた緑さんが桃さんに競り勝ちましたね」

緑「頑張、た」ハァハァ

赤「うん。見てた。精一杯走ってる姿見せてもらったよ」

緑「……うん」

桃「私は私は〜?」

赤「ああ、惜しかったな」

桃「ちょっと、それだけ?……確かに、あんまり活躍できなかったけどさ」

金「誰か…。早くこのネバネバ、どうにかするんじゃ…」

金以外「……ぷっ」

金「笑うなぁ!」

金「なんか、まだベタベタしてる気がする…」

緑「剥離、剤が、効いてる、証拠。肌荒れ、防止に保湿、美容液、含んでる」

金「……緑。あとで話があるんじゃが」

白「こほん」

金「あ」

白「これからは私の競技時間ですね」

金「ぅ、うむ、頼む」

白「転んじゃった黄ちゃんと……あとは黒さん来てください」

黒「ちょwww俺?wwwww何故wwwwww」

白「ほらほら〜」

黒「うはwwwwおkwwwww」

赤「男手欲しいんだったら、俺も行くけど?」

白「赤さんは賞品なんですからそこに居るのが仕事ですよ〜」

赤「で、でも」

白「そこに居てくださいね〜」

赤「ぁ。はい」

白「それでは、行ってきますね」

赤「……なんか寂しい」

黄「〜〜っ!!!」

白「はい、終わりました」

黄「はぁ……痛くなかった!」

白「黄ちゃんは強いですね〜」

黄「……。…ぶっちぎれなかった」

白「そうですね〜」

黄「……」

白「諦めますか?」

黄「〜っ!」ブンブンブン

白「ええ、そっちの方が黄ちゃんらしいですし、赤さんも好きだと思います」

黄「好き。……うん、好き!」

白「では、次の競技は頑張ってぶっちぎってください」

黄「うん!」

黒「あのwwwwそろそろ入っていいっすかwwwww」

白「では、黄ちゃん。私と黒さんはちょっと遅れていくので、金さんに報告お願いします」

黄「了解!」

黒「でwwwなんなんすかwwwww」

白「右手、親指の付け根。それに右腕ひじの内側」

黒「う……」

白「黄ちゃんにトンファー弾かれた時、ですかね」

黒「ご、……ご明察っすwwww」

白「それに、私の前では、その喋り方で誤魔化さなくてもいいですよ」

黒「えwwww何がッスかwwwwww」

白「もう私に嘘ついても仕方ないじゃないですか。それにこの医務室で一線を担ってるんですよ。骨格を見ればわかります。力がなくてもね」(黒→女性、白→エスパー互いバレしたのはパート5の>>554-560)

黒「…そう、ですわね」

白「さ、まずは左手出してくださいね」

黒「……ふふ。よろしくお願いします」

白「こうすれば痛いですか?」

黒「いいえ」

白「こうすれば痛いですか?」

黒「いいえ」

白「女の子の顔になると素直なんですね」

黒「ええ。伊達に裏切りの黒を背負ってないのですわ」

白「とりあえず、軽い違和感だけ……と。ならちょっと冷やして見るだけで様子を見ましょう」

黒「包帯とかはしないでもらえるとありがたいのですが」

白「ふふ。大丈夫ですよ。でも、少しでも痛みが広がったら言ってくださいね」

黒「わかりましたわ」

白「……心配されるのは苦手ですか」

黒「ええ、心配するより辛いものですから」

白「ふふ。私も同じです。それにしても、黒さんも黄ちゃんも凄いですね」

黒「何がですか?」

白「黄ちゃんの打撃が……というよりは、クラウチングのあとですから蹴り上げかな?とても真っ直ぐで」

黒「ええ。貰ったすぐあとは、身体にビンッとくる痛さがあったんですけどね」

白「黒さんも綺麗に受け流してるじゃないですか」

黒「本当は黄を止められれば、かっこ良かったのにな……って、ちょっと贅沢でしょうか」

白「さらに、その先を目指すんだったら、最高の贅沢でしょう」

黒「一度、その贅沢を堪能してみたいですわ」

白「ふふっ、私もです。そのための1ステップですから」

黒「……私の性別を皆に告げられない悲しみは貴女の心に届いてしまっているんでしょう?」

白「……とても、寂しく、そして痛い」

黒「そう。それは私の、私が黒として、この世界にある痛みなんでしょう。なるべくなら、その痛みは私一人のモノにしたくなく、でも、自分の身体で、自分の身体だけで、感じていたい痛みでしたのに」

白「だったら、私があなたから貰ったこの痛みは私が白として、ここにいるこの世界に意味があるものになりそうですね」

黒「……まったく、貴女には敵いませんわ」

白「これから、叶っていくんです」

白黒「……」

白「えへっ」

黒「ふふっ」

白「裏切りの黒を冠していても、自分の心までは裏切れないのは素敵かもしれません」

黒「心も正義も知っておかないと、ホントの裏切りというものは成就できませんのよ」

白「なるほど〜。では、そのホントの裏切り者さんに処方箋をあげましょう」

黒「処方箋、ですの?」

白「ええ、私だけが使えるチート行為…ですかね。赤さんも、そしてたぶん金さんも了承してくれますから」

黒「?」

白「でも、あとで大変な目に合う赤さんには、目一杯癒しをあげましょう」

黒「なにが起きるんですの?」

白「ふふっ、さ、次の競技が待っていますよ。ほらほら、急がなくっちゃ」

白「お待たせしました!」

黒「ご、ごめ…っとと、サーセンwwwww」

金「全く何をしておったのじゃ。次は玉入れじゃからの早く配置につくんじゃ」

黒「おkッスwwwww」

金「白はとりあえず、1点かの?」

白「いいえ、まだ無得点です。診たのは黄ちゃんだけなので」

金「ふふっ。そうか」

赤「……」

白「あの、赤さn」

赤「白」

白「は、はい」

赤「頼みがあるんだけど」

白「……ふふ、なんでしょう?」

赤「ちょっと、用事が出来たから、ここお願いできないかな?」

白「採点はどうするんですか?」

赤「あとで、白がどんな様子だったかを伝えてくれればそれでいいや」

白「みんな、どういう反応するとおもいます?」

赤「ぅ、……はは。そのぅ……ボコられる前に、フォローも頼める?」

白「それでは、お願い二つじゃないですか」

赤「えっと、んじゃ、前者だけでも頼む」

白「しょうがないですね。じゃあ、私からお願いを一つ聞いてくれたら、一つお願いを聞きます」

赤「……了解した」

白「美味しいの作ってきてくださいね」

赤「ぅ……。……任せろ」


白「……まったく、私に嘘を言っても仕方ないってわかってるのに」


   (やっぱり、自分だけ高みの見物なんて、イヤだ……)
                                         (いつもは、こうして皆は俺を使っているのかな……)
  (自分には、耐えられそうにないや……)
                                 (みんなには、M根性ついたんじゃないかってバカにされそうだけど)

       (自分が出来ることをしたい……いや、違う、そんなことじゃない)


           (俺の力で、みんなを笑顔にしたいだけだ)


白「黒さん。やっぱり違いますよ。貴女だけが敵わないんじゃない。みんなが赤さんに敵わないんです」

黄「今度はぶっちぎりだぁ!!」

青「くっ、金さんにこだわりすぎたか」

桃「黄!あんたも女の子なんだから、ちょっとは格好に気をつけなさいよ!」

緑「へそ、丸出し」

黒「えwwwwそうだったんすかwwwww」

金「躊躇いなく、体操着の裾捲り上げて玉詰め込んでおったの」

黄「それから垂直ジャーンプ!どうだ〜、ブルドーザー作戦!ね、ね!赤見てた?…って、あれ?」

白「赤さんはちょっと用事を済ませに離席しましたよ」

黄「えぇ〜!!せっかく、活躍したのにさ〜!!」

白「まぁまぁ黄ちゃん。その分、お昼が楽しみになったでしょ?」

黄「あ」

桃「そっか」

青「なるほど」

緑「納得」

黒「なるwwwww」

金「……少しは成長したかの。ふふっ。よーし、それじゃ次の競技に移るぞ〜!次は大玉転がしじゃ〜」

金以外「また、玉かぁ!」

金「たまたまじゃがの。……こらこら、みんな引くでない。別に狙ったわけではないのじゃ!本当じゃ!」

赤「ただいm」

黄「赤遅い!」

桃「途中で抜け出した罰、わかってるでしょ?」

赤「あ、いや、これは」

緑「玉入れも、大玉、転がしも、パン食い、競争も、障害、物競争も、段ボール、キャタピラ、競争も、終わった」

青「まったく、あとで訓練厳しくしてやるからな!」

赤「そ、その……先輩ぁい」

金「気持ち悪い声を出すでない。自業自得じゃ」

赤「く、黒〜」

黒「フラグ立てちゃったのは赤さんじゃないッすかwwwwww」

赤「し、白なら、助けてくれるよな」

白「訓練で厳しくされたら、ちゃんと看病してあげますね」

赤「白ぉぉぉおおおお!?」

赤「定番のミートボール&チキンバー。んで、アスパラのベーコン巻に出汁巻き卵。筑前煮におでんをちょっと足してみたのとひじきの炒め煮。ご飯ものは太巻きとウィンナー巻き。それに松茸ごはんのおにぎりだ!」

みんな「いっただっきまーす!」

赤「ちゃんとキャベツとかレタスとかも敷いてるからそれも食うんだぞ〜」

青「なんか、赤がいきなり家庭臭を放ち始めたぞ」

白「いいじゃないですか。お母さんっぽくて、ね♪」

黄「あぁ〜!ボクのチキンバー返して!」

黒「ちょwwwんじゃその独占してるミートボール出せやwwwww」

金「……また赤のヤツ、腕を挙げたな」

赤「先輩、煮物睨んで嫉妬心燃やさないでくださいよ」

青「それにしても、基地内の貯蔵庫に松茸なんてあったのか?」

赤「いや、なんか司令部の人が届けてくれた。なんでだろ?」

黒「うはwwww司令部の人GJwwwwww」

白「GJですね。ふふっ」

赤「??」

桃「……なんで、前のレスに私が居なかったのかわかるかしら、赤」

赤「うぃ、まどもあぜる。本日のドルチェでございます」

青「フランス語とイタリア語混じってるぞ」

緑「気に、しない」

桃「って、リンゴとブドウ!?」

赤「うぃ」

桃「舐めてるのかしら」

赤「……はぁ、言うとおもった。だけど、そんな凝れなかったぞ?弁当だし。黒、そこのクーラーボックス取ってくれ」

黒「これっすかwwww」

赤「あんがと。さて、このプレートに取りますはクレープ生地でございます」

金「十分、凝り過ぎだと思うんじゃが」

赤「で、生クリームの絞り袋も取り出しまして、お好みで絞り、その上にリンゴのコンポートとブドウジャムを乗せ、出来上がりと」

桃「良くできましたわ。我がシェフ」

白「こんなお弁当持ってきたら、称賛しか思い浮かびませんよ〜」

赤「ん〜、生でも美味しいと思うんだけどなぁ。女の子的にはやっぱそっち?」

金「わしも生も美味しいとは思うが」

赤以外「甘いモノは別腹♪」

赤「さいですか……」

金「さて、満腹も落ち着いてきたし、そろそろ午後の競技に移るかの」

白「あの、金さん」

金「ふふっ。わかっておる。白の好きにせい」

白「あ……はい!」

金「赤、少し片づけの手を休め」

赤「はい、なんでしょうか?」

金「午前中の採点はどうするんじゃ?」

赤「あ〜、それなんですけど、結局見れてなかったんで、白に状況を聞こうかと」

金「まったく、白も競技者の一人なんじゃぞ?審査員が抱き込まれてどうするんじゃ」

赤「うっ、……その、すいません」

金「まぁ、良い。白によーくきいとくんじゃな。よーくな。あと、そうじゃな……わしは、今回は無駄じゃと言っておく」

赤「はい?」

金「残る競技はあと二つ!乙女たちよ!戦争の準備は十分か!」

赤金以外「イエスマム!」

赤「……」

白「あとはシート畳むだけですね」

赤「手伝いありがとな。ったく、みんなは食うだけ食って、全然片づけしないんだから」

白「たぶん、そこが甘えなんですよ」

赤「全然甘くないですけどねー」

白「ふふっ。だって、私も甘えちゃってますもん」

赤「え?」

白「さっきのご飯の時、建物の影とかパラソルの位置とか気を使ってくれてたのわかりますもん」

赤「えっと……」

白「だから、私に嘘は通用しませんよ〜」

赤「えと、…あ、それよりさ、さっき、先輩に言われたんだけどさ。状況を良く聞いとけとかなんとか」

白「誤魔化し方が最悪です」

赤「う、すいません」

白「ふぅ、まぁいいです。……それより、赤さん」

赤「ん?」

白「今日一番最初のアピールタイムのとき、私が言ったこと覚えてますよね」

赤「うん。もちろん」

白「赤さんもああ、そうだなって言ってくれましたよね」

赤「う、うん?言ったけど、それが何か」

白「私に協力お願いできますか?」

赤「ん?」

赤「間違ってる。絶対間違ってる」

金「なにがかの?」

赤「なんで、団体戦を個人戦でやろうとしてるんですか!」

金「移動式棒倒しは気に食わんか?」

赤「キリストのゴルゴダ巡礼みたいになってたじゃないですか!それにそのあとの騎馬戦て!」

金「まぁ、一人じゃ騎馬なぞ出来んから、ただの鉢巻き奪い合いという名のキャットファイトになってたな」

赤「やっぱり、あれキャットファイトですよね!全然、騎馬戦の騎の字も出てきて無かったですよね!」

金「お主は否定するばっかりで、いかんの。奪い合いになってるとき、目を皿のようにしてハァハァしてたではないか」

赤「し、してません!」

金「白に向かって誓えるか?」

赤「ちょっとはしてましたけどぉ!!」

金「なら、今のうちに白から離れておくんじゃな。ふふっ」

赤「…はい、そうします」

金「ほらほら、閉会式じゃぞ。ちゃんと採点はできたんじゃろうな」

赤「……しました」

金「それは正解がわかったと?」

赤「たぶん…彼女たち全員が納得するかどうかわかりませんけど。少なくても俺が納得できる答えは用意しました」

金「それでよい。では、閉会式を行おう」

金「それでは閉会式をとりおこなう!と、いっても校長の長い話なぞ無いからの。お主たちが気になっているのはただ一つ。今週末の予定じゃな」

赤金以外「……」

金「ま、言わずともわかる。では結果表をこちらへ」

赤「……」

金「ふむふむ。……ほぉ〜。結果はこうなったか」

赤金以外「……」ソワソワ

赤「……」

金「ああ、あらかじめ、言っておく。この得点表の結果は情報開示しない」

桃「え??」

緑「どういう、こと?」

金「なぁに、新たなる火種にはしたくないとのわしからの計らいじゃ」

青「…まぁ、それならば納得しないわけにはいきませんね」

黄「…見たかったのに」

金「では、優勝者を発表する!!優勝者は……」

みんな「……」

金「黒じゃ!」



黒「えっ?」


白「……」

【回想】

白「私に協力お願いできますか?」

赤「ん?」

白「いえ、お願いじゃなくて、命令かもしれません。…今回の優勝者は黒さんにしてください」

赤「え?」

白「朝、同意してくれましたよね。『今日は怪我する人がいないといいですね』という私の言葉に、『ああ、そうだな』って」

赤「……ああ、した」

白「赤さんが悪いんですよ。みんなのこと、ズタズタにしちゃうんだから」

赤「俺が…悪いのか?」

白「そう。赤さんが全部悪い。何もかも赤さんの所為で、赤さんが悪くて…」

赤「…黒が、傷ついてるのか」

白「ええ。今日はいっぱい黒さんから、痛みをもらっちゃいました。……いえ、ホントは皆から貰ってるんです。今日で、わからなかった皆の心がいろいろわかっちゃいました」

赤「……」

白「赤さん、今日は私に気をつかいすぎです」

赤「でもそれは」

白「仕方ない。仲間として当たり前。…とても、とても嬉しいんです。その心が嬉しくて仕方ないんです。でも、その度に皆の心が軋むんですよ。…怖いんです。黒さんが」

赤「怖い…?」

白「あんな平然とした顔で、自分の殻を演じているのに、鈍くて冷たい痛みが走るんです。心が見えてるはずなのに、それなのに心が見えないんです。…私はそれが怖い。黒さんがいつか破裂しそうで…怖い」

赤「……」

白「これ以上見ていられないんです。…お願いします。赤さん」

【回想終了】

黒「ゎ、わた、っ!俺っすか?wwww」

青「赤……」

緑「掛け算……」

金「ああ、そうじゃ。黒、お主は胸を張っていいぞ」

黒「お、押忍!」

白「黒さん、良かったですね」

黒「白さん……ありがとうございます」

金「ああ、それとじゃ。同点首位で白。お主も優勝じゃ。優勝賞品は仲良くわけるようにの」


白「えっ」

赤「……」

白「赤……さん?どういうことですか!?……あっ」

【回想】

赤(怖い……か)

白『あんな平然とした顔で、自分の殻を演じているのに、鈍くて冷たい痛みが走るんです』

赤(確かに黒は男を演じてきた……)

白『今日はいっぱい黒さんから、痛みをもらっちゃいました』

赤(でも、痛みを貰ったと白は言った)

白『黒さんがいつか破裂しそうで…怖い』

赤(破裂する。そんな危機を持ってる黒から貰うなんて、言うだろうか。…黒はその痛みも全部受け入れてるんじゃないのか?)

白『いえ、お願いじゃなくて、命令かもしれません』

赤(命令と言いながら、最後はお願いで締めくくった…。彼女自身、恣意的か、無意識かわからないけど、自分勝手なお願いだって、気づいてるんだ)

白『今日は怪我する人がいないといいですね』

赤(そう。これも今日っていう限定事項のはずだったんだ。黒の傷は今日生まれたモノでないのに……。彼女には普段見られない感情的な論理ミス)

白『…怖いんです。黒さんが』

赤(じゃあ、黒の何が怖いんだ?)

白『あんな平然とした顔で、自分の殻を演じているのに、鈍くて冷たい痛みが走るんです』

赤(冷たい痛みが?)

白『あんな平然とした顔で、自分の殻を演じているのに』

赤「あ……」

白『ほんとに私と・・・と、友達になって・・・くれるんですか・・・?』(パート3>>697から抜粋)

赤(……俺と友達になる前の、過去の君……)

【回想終了】

白「あ、あ、ぁ……」

金「さ、優勝者も決まったことじゃし、これにて赤争奪秋の大運動会は閉会じゃ!ほれ、みんな片づけ手伝うんじゃぞ!」

青桃黄緑「はーい……」

白「……」

金「自分の罠に、自分からはまったようじゃの、白」

白「金さん…。元から気づいて…?」

金「お主と黒が似てる境遇であることは知っておったしの。心やさしいお主ならどう動くか、わかっておったよ」

白「……」

黒「えと、あの……」

金「ほれ、黒が待っておる。優勝者同士、どうやって賞品を分けるか。よーく、相談するんじゃの。これ〜!棒倒しの棒を振り回して戦うな!敗者復活戦なんかせんぞ〜!大人しく片づけをせんか!」」

白「あ……」

黒「あの、……おめでとう、ございますわ」

白「……」

黒「え、あの、その……」

白「ちょっとの間、こうさせてください……」

黒「……仲間、ですから。好きなだけ、どうぞ」

白「〜〜〜〜〜〜っ!!」

赤「……結局、俺たちは先輩に踊らされただけだったんですか?」

金「なぁにを言っておる。みんな楽しんでおったじゃろ?」

赤「今日は気づいたら、一番最初っからおかしかったんですよ。金さんがいきなり俺をふん捕まえるわ。いきなり賞品だとか。既にやる気になってるみんなとか」

金「ただの運動会じゃったろ」

赤「『出番救済』」

金「……」

赤「あれ、ただのギャグじゃなかったんですよね。俺が賞品ってこと。そして、『お前が誰かを奪うのじゃよ』。止めに『わしは、今回は無駄じゃと言っておく』」

金「ふふっ」

赤「俺はさっきの点数表に書いたのになぁ。点数なんかじゃなく」

金「『優勝は白と黒。そして、先輩』」

赤「なんで、読んでくれなかったんですか?」

金「今日、一番お前とやり取りが出来たからじゃよ。言葉の掛け合いも、触れ合いもな」

赤「諦めたんですか?」

金「相変わらず、真っ直ぐな馬鹿じゃのお主は」

赤「じゃ、なんで!」

金「逆じゃよ。諦められなかっただけじゃ。赤だけではなく、チーム全体をな。定例戦には出られないサブメンバー。自然とチームの中では出番が少なく、浮いてしまう。その上、あの二人の境遇じゃ。…わしはな。少しあの二人の荷物を軽くしてやりたかったんじゃよ」

赤「……金さんは?」

金「わしには他の誰にもない。先輩と後輩としての思い出を持っているしの。半分、引退の身。現役の世代を応援してることが一番じゃよ」

赤「……」

金「白が怖がっていたことがわかったんじゃろ?」

赤「境遇が似ている黒。それを一人では乗り越えられなかった白とそれを自分で越えようとしている黒。黒を手助けしない俺と俺と会えなかった違う未来の白がかぶった……そんなところですか?」

金「たぶん、そうじゃな。お主が黒を助けてやらんと、自分がいずれ見捨てられてしまうと、心のどこかで思ったのかもしれん」

赤「でもなんで、今更それが表面化したんですか?黒と白は今までに会ってるはずなんですけど」

金「自問自答は出来たかの?」

赤「『はい、私は白って言います。よろしくお願いします、黒さん』(パート5の>>556から抜粋)。記憶にはこれしか。一度しか会ってなかったんですねあいつら」

金「ま、これからはいい友達になるじゃろ」

赤「……」

金「白と黒。絵になるのぅ」

赤「どっちも女の子だってわかっても、なんか嫉妬します」

金「早くお主も女子の涙に胸を貸せるでっかい男になるんじゃな」

赤「むぅ……」

金「それに、あの涙はお主が出させたんじゃよ」

赤「え?」

金「バカ者め。みんなの前だからといって、黒を男扱いしすぎたじゃろ。それで、白が黒のいつも以上の痛みを受け取ってしまったんじゃよ」

赤「ぅ……」

金「ま、今週の土日は覚悟するんじゃな」

赤「先輩は寂しくないですか?」

金「バカモノ。後輩に心配させる先輩がいて溜まるものか」

赤「先輩も優勝したんですよ」

金「わしはあの場で優勝権利を放棄したんじゃ。それに今週の土日は忙しくてな。まったく、長官も一線を引いた身に無茶を言いよる」

赤「なら……」

金「ん?」

赤「なら、次誘います」

金「何にじゃ?」

赤「……で、デートに」

金「……ぷっ!あっはっはっはははは」

赤「わ、笑わないでくださいよ!」

金「おぬしがわしをデートに誘うなんて100年早いわ!あはははは」

赤「くぅ……っ!」

金「今度はその台詞をどもらないで、言えるようになってから出直してくるんじゃな!」

赤「ぅ…」

金「あはははは」

長文失礼しました。>>289を見てから、そういえば今まで黒を書いてないことに気づき、
で、白も金も書いてないとおもって、過去スレを漁り漁り、書いた結果がこれだよっ!

キャライメージ崩壊してたらスイマセン

桃「……っ〜〜〜〜〜! はふ〜。やっぱり冬は雑炊よねー」

赤「そうか? それより、うどんのほうが美味くねーか? ……げふっ」

桃「きったないわねぇ、音立ててスープ飲むのはいいけど、ゲップすんなっていつも言ってるでしょ」

赤「いや、わりぃわりぃ。んでよ、やっぱり冬は雑炊よりうどんじゃね?」

桃「なんでよー。色んな味が染みてて美味しいじゃない、鍋の〆だって雑炊でしょ」

赤「いや、そこはうどんだろ。それにうどんだって色んな味の違いがあるぞ」

桃「そりゃそうかもしれないけど、でもその味って基本的に具やスープであってうどん自体は歯ごたえぐらいじゃない」

赤「おまえ、いま色んな所を敵に回した気がするぞ」

桃「別に嗜好の違いでケチつけられるいわれはないわよ。んで、どうなのよ?」

赤「ん〜、まぁ確かに麺自体は食感を楽しむためのものではあるけどなぁ……」

桃「でしょう? その点雑炊はスープや具材の味がお米にちゃんと染みてるから、まさに一粒で二度美味しいってわけよ」

赤「そ、そうかぁ〜? 正直べしゃ飯って病人食ってイメージがあるから好きじゃないんだが」

桃「それは赤が下手だからでしょ。ほんと、なんでこういうのは苦手なのかしらね?」

赤「んなこと言われてもな……。とくに作りたいって思わなかったからじゃないか?」

桃「なんで疑問系なのよ。まぁいいけど……、ん? ってことは、もしかして赤ってちゃんとした雑炊食べたこと無いの?」

赤「ん、風邪ひいたときに作ったときぐらいだなあ。っても、レトルトじゃ作ったうちに入らんか」

桃「そりゃおかゆでしょ、雑炊じゃないじゃない。っとにもう、……ほら」

赤「……えっと?」

桃「しょうがないから味見させてあげるわよ。そんで、ちゃんとした雑炊の味を覚えなさいな」

赤「いや、でも、これじゃ……」

桃「うるっさいわね、私だって恥ずかしいんだから早くしなさい、冷めちゃうでしょ」

赤「あ、はい。そ、そんじゃあ、いただきます」

桃「どうぞ、めしあがれ。……おいしい?」

赤「あぁ……、うまいな」

桃「そう、よかった。じゃあ今度は暖かいうちに、はい、あーん」

やべえ、俺だけなんか色が違え
けど、桃が好きだからしょうがないよね

とかなんとか、色々手遅れな感じなアレで

緑「…………つ、いに、で、きた」


桃「あら、今日は早いのね。また徹夜でもしたの?」

緑「徹夜なんかしてないよ。それより桃こそ大丈夫? 目にクマが出来てるよ」

桃「え、えぇ。……えっと緑、よね?」

緑「そだよ。どうかしたの?」

桃「ううん、なんでもないわ。
それより私これから寝るから、赤に朝御飯いらないって言っておいて」

緑「そう? んじゃ、お休み」

緑「……って、ことでね、桃は朝ごはんいらないって」

赤「そ、そうか(桃のやつ逃げやがったな)」

緑「んー? 赤も寝不足? なんか変だよ?」

赤「や、そんなこたぁないぞ。
……んで、なあ緑、お前またなんか変な薬でも作って飲んだのか?」

緑「変な薬?」

赤「ああ、ちょっといつもの感じと違うからな。」

緑「別にそんなことないと思うけど……」

赤「そ、そうか? ならいいんだが……」

緑(……なんか気まずい。
もう少し段階を踏むべきだったかな?)

緑は句点ばかりで書くのが面倒、と思ってやってみたが、これはこれで何か違和感が…

白「いけー!猫ちゃんゴー!……って、こっちじゃないですってば!」

猫「ニャー」

緑「だから、といって、こっちじゃ、ない」



桃「あれ、何やってるの?」

青「緑がいうには、猫の感情素子?とやらのベーシック?を……すまん。よくわからん」

桃「はい?」



緑「白、バトンタッチ…ッ」

白「えぇぇ〜!あ、こら、駄目ですって〜!」



桃「おかえり」

緑「はぁはぁ…た、ただいま。……猫の、感情素子、ベーシックを、人間、感情と、同じように、する実験」

桃「……ごめん。わかりやすく言って」

緑「感情言語を、日本語、に置き換えて、人と、同じように、して、白に心を読んで、もらう、ことが出来るように、した」

青「それが出来るようになるとどうなるんだ?」

緑「猫の、記憶容量、を増やす、ことで、生体偵察機に、できると、思った」

桃「…それしなくても、偵察機自体は開発してるんじゃないの?」

緑「……主に赤用」

青「そこのところ詳しく!」

緑「あ、青、近い…」

桃「興奮しなさんな、うちのクール担当」

白「いけー!猫ちゃんゴー!……って、こっちじゃないですってば!」

猫「ニャー」

緑「だから、といって、こっちじゃ、ない」



桃「あれ、何やってるの?」

青「緑がいうには、猫の感情素子?とやらのベーシック?を……すまん。よくわからん」

桃「はい?」



緑「白、バトンタッチ…ッ」

白「えぇぇ〜!あ、こら、駄目ですって〜!」



桃「おかえり」

緑「はぁはぁ…た、ただいま。……猫の、感情素子、ベーシックを、人間、感情と、同じように、する実験」

桃「……ごめん。わかりやすく言って」

緑「感情言語を、日本語、に置き換えて、人と、同じように、して、白に心を読んで、もらう、ことが出来るように、した」

青「それが出来るようになるとどうなるんだ?」

緑「猫の、記憶容量、を増やす、ことで、生体偵察機に、できると、思った」

桃「…それしなくても、偵察機自体は開発してるんじゃないの?」

緑「……主に赤用」

青「そこのところ詳しく!」

緑「あ、青、近い…」

桃「興奮しなさんな、うちのクール担当」

白「猫さ〜ん…言うこと聞いてくださいよ〜」

猫「ニャ?」



緑「カメラ、の前では、話せない、ことも、猫の、前では、話せることも、ある」

桃「……無機物に喋りかける変な人ということを前提にしないってのはわかるけど、猫に話しかけるかなぁ。あの赤が」

青「赤と猫……二人で仲良く一緒の部屋で……。いい絵じゃないか」

緑「萌え」

桃「二人とも戻ってきなさい。…で、失敗?」



猫「ニャー」

白「にゃーじゃないです!このいたずらっ子さんめっ」

猫「ニャー」



緑「白は、一方的に、読めるけど、こちらからの、意思疎通が、出来ないのは、誤算、だった」

桃「まぁ、見てればわかるわ」

青「だが、釣れているみたいだぞ」

緑「…?」



赤「……白と猫。……いいじゃないか」



青「わ、我らの立場が危うくなってないか!?」

緑「これは、……誤算」

桃「こら、白!猫と戯れるのやめ!中止!」

二重カキコしちゃったorz

青「あ、赤は、猫が好きなんだ、よな……」ゴクリ

紙袋「…………」

青「な、ならコレをつければ……」ガサゴソ

猫耳&尻尾「…………」

青「ぅぅぅ、無理だ! これは、これは無理だよ……」orz

赤(……猫はいいよなぁ、自由だもんなぁ)

青「うぅ〜、でも赤は猫が好きみたいだし……」フルフル

猫耳&尻尾「…………」

青「い、一回だけ、一回だけなら……。うん、やっぱり確認してみないとな。それで、ダメなら見せなければいいんだし」カチャカチャ

鏡「…………」

青「……にゃ、にゃ〜ん」(///)

鏡「…………」

青「…………」プルプル

鏡「…………」

青「……無理! 無理だよ、こんなん絶対無理ぃ〜!!」ダダダッ!

書いてる俺のほうが無理だよ
とか、そんな感じのアレです

赤「…さて、と。こいつは、いったいどういうことか教えてくれるか、な?」

青「い、いや、その…」
赤「青さん?」

青「ひっ!? あ、あのご飯、作る…って、して…」

赤「それで、この有り様だと? …ふぅん」

青「あ、で、でも私だけじゃないぞ!」

赤「…あのねぇ青さん」
青「黄と緑だって一緒に…」

赤「……青!」

青「ひぅっ!?」

赤「俺はね、今あなたに怒ってるんです。
もちろん黄や緑も後で叱りますが、ですが今は貴女に
このキッチンを穴だらけにした貴女に怒ってるんです。…おわかりで?」

青「ぅぅ…、ぁい」

赤「ん、ならよし。…んで?
なんで穴だらけになったのか、改めて教えてもらえますか」

青「…えっ、と、怒ら、ない?」

赤「もう既に怒ってるんですが…。
まあ、正直に話してくれるんなら、少しは」
青「ぅん。したら、その、黄とね、喧嘩しちゃって…」

赤「喧嘩? だからって、ここまで?」

青「えぅ…。だ、だって、黄が赤のご飯作るって、引かないから」
赤「……は?」

青「わ、私だって赤のご飯作りたいのに
黄はボクが作るって、青のじゃお腹こわしちゃうって! だから、つい…」

赤「……あーっと、青さん? つかぬことを訊きますが…
料理のさしすせそってわかります?」

青「むっ、あたりまえだ。さかな、新米、酢の物、醤油、そば、どうだ!」

赤「いや、そんなドヤ顔されても違いますからね。
…まぁなんだ、作ろうとしてくれたのはありがたいんですが
次は、桃にでも教わってからにしてください」

青「桃に〜? それだったら、赤のほうがいいな。ほら、いつも皆のご飯作ってるんだし」
赤「そうしたいのは山々ですが、俺のはカンで作ってて、
分量とかちゃんと計ってないですから。基礎が身に付かないんですよ」

青「そこらへんは、こう…あ、愛情でカバー?」

赤「うん、そういうのは基本がちゃんと出来てから言ってくださいね」

赤「さて、話が大分逸れましたが…」

青「ぅぅ……」

赤「まぁ理由が理由ですし、しかもその原因が俺のことみたいですから…」

青「えっ!? じ、じゃあ?」

赤「えぇ、拳骨一発と始末書、それと弁償代で赦しましょう」

青「えぅ、やっぱり怒られた…」

赤「あたりまえです。自分がやったことの責任はちゃんと取りなさい、ってことです」

青「ぅ〜。……いたい」

赤「そう思うんなら、ちゃんと反省するように。いいですね?」

青「……は〜い」

うん、なんか違うような…

それはそれとして携帯で長いのは書くもんじゃないな

桃「んー、お客さん凝ってますねぇ。使いすぎなんじゃないですか?」

赤「あ〜…、確かに腰は休める暇がないからなあ」

桃「うっわ、セクハラだ、サイテー」

赤「いや、振ってきたのお前だろ」

桃「…ん〜? なんのことかなぁ?
っつか、アレよ、マッサージだったら黄のが上手いんじゃないの?」

赤「…知ってるか桃、背骨ってのは、意外と曲がるんだぜ」

桃「あー、黄は力つよいもんねぇ…」

赤「…えーっと、これは、なんなんです?」

緑「マッサージチェア。赤のために造った」

赤「そ、そうか。うん、ありがとうな。ところで試運転はしたのか?」

緑「まだ。赤に一番に使って欲しいから」

赤「うーん、そいつは嬉しいんだが…。
今凝ってないから、また今度でいいか?」

緑「……残念」

赤(おっし死亡フラグ回避。
つーか剣山は百歩譲ってわかるとして、電ノコっぽいのはなんなんだ?)

黒「どうですか、気持ちいいですか赤さん」

赤「あ、あぁ、ちょっと痛いが、なかなか効くなこりゃ」

黒「うふふ、そう言ってくださると嬉しいですわ。
頑張って学びに行ったかいがありました」

黒服「…………」

赤(あぁ、無言の視線が怖い。
お嬢様にここまでさせたからには、って視線が…)

白「…肩こりですか? だったらこの湿布はどうですか。
一見ただの温湿布ですが効きますよ〜。
あっ、それよりもこっちのお薬のほうがいいかしら…」

赤「いや、そういう怪しげなのは遠慮しとくよ」

白「そうですか? よく効くんですけどねえ…」

赤「ん、そうかも知れんが。なんとなく、な」

白「うーん、となると…。あっ、じゃあこのマッサージチェアはどうですか?
ちょっと高いんですけど、いい機会ですから経費で買っちゃいましょうよ」

赤「うん? あー、そうな、長官と相談してみるわ」

赤(13万か…、ギリギリ説得できるかな)

金「まっさーじ? …ふむ、針やお灸でもいいかの?」

赤「あれ? 金さん資格持ってましたっけ?」

金「うむ。前の時に、よく頼まれたからの。せっかくだから取ったんじゃ」

赤「へぇ〜。それじゃあお願いします」

金「うむ、任せい」

なんとなーくアラカルト
とかそんな感じ?

赤「たき火だ、たき火だ、落ち葉焚き〜…なんつってな」ざっざっ…

パチパチ…

赤「はぁ…しっかし、この時期はいくら掃いても切りがないってのになんで毎日毎日…」

青「何か言ったか?」

赤「いやね?落ち葉ってのは……え?」

青「なんだ?」

赤「い、いや!そ、その…あ!お、落ち葉焚きの歌でもつぶやきながらと…その…ええと…」

青「…子供じゃあるまいし、ぶつぶつ言ってないでさっさと終わらせろ。いつ敵が襲って来るかもわからんのだ」

赤「は、はい!」

青「…ふん」

赤「あ、危なかった…まさか見回りにくるとは…俺に心休まる日…いや、時間はないのか…」

パチパチ…

赤「まぁ、いまさらか…はぁ…さっさと終わらせよう。またどやされる…」ざっざっ

ガサッ

赤「ぇあ!?あ、違うんですっ!今のは…!」

雑魚1「ちーす」

赤「…あん?」

雑魚2「よう兄ちゃん、暇してる?なんだぜ?」

赤「…お前らなんでここにいんの?」

雑魚1「え?…そりゃ………偵察だっけか?」

雑魚2「あれ?襲撃じゃなかったんだぜ?」

赤「な、何!?」

雑魚1「おいおい兄弟、そりゃないぜ。だって武器なんか持ってきてないんだぜ?」

雑魚2「確かに…持ってるのは女幹部さんから預かったガマグチとスーパーの袋…あ!そうだぜ!」

雑魚1「ぜ?」

雑魚2「買い物ついでに赤の様子見に来たんだぜ!んで、声かけようとしたら…」

赤「…おい、無視か。てか買い物ついでって…」

雑魚1「ああ!思いだしたぜ!したらあの怖いねーちゃんが出てきて…」

雑魚2「そうそう」

赤「…あとな、お前らここを何処だと思ってるんだ?」

雑魚1&2「「…ぜ?」」

赤「あいつらなに考えてんだ?…いや、なんも考えてないな。間違いない」

パチパチ…

赤「…っとそろそろ良いかな?」

ごそごそ…

赤「でもまぁ、こうしてたき火の醍醐味を味わえるのはあいつらのおかげかな…へへへ…」



雑魚1『ただ燃やすだけって暇だろ?』

雑魚2『こいつを受け取るんだぜ…』つサツマイモ

赤『え?良いのか?』

雑魚1『もちろんなんだぜ…』

雑魚2『日頃お世話になってるしな…いろんな意味で』

赤『お、お前ら…』

雑魚1『おいおい…大の大人がサツマイモくらいで泣くんじゃないぜ。なぁ兄弟?』

雑魚2『だぜ…おっと、もうこんな時間か。そろそろ帰らないとご飯遅れちゃうぜ』

雑魚1『あ、ほんとだぜ』

赤『ああ、そういやお使いの途中だったんだっ『今日はカニ鍋なんだぜ!』

雑魚2『ずわい蟹様、ばんざぁあぁぁい!』

雑魚1『こうしちゃいられないぜ…早く帰って準備をせねば……じゃ、そういうことで』

雑魚1&2『『アディオース!!』』ダダダ…

赤「カニ鍋とかもう何年まともに食ってないだろう…いつも黄と緑にカニを奪われ、掬えるのはいつも野菜のみ…うっ…」

パチパチ…

赤「…あ!い、いかん!感傷に浸ってる場合じゃない!イモが…!」

がさがさ……ごろん

赤「ん、よし。間に合ったようだな…ふへ『ねえ?』

赤「…へ?」

桃「良いモノ隠してたのねぇ、赤?うふふ…」

赤「も、桃…?な、なんでここに!?」

桃「あたしに黙ってスイーツを食べれると思ったら大間違いよ?」

赤「…それスイートの間違いじゃ…」

桃「おだまり」

赤「………」

桃「お馬鹿さんねぇ…隠したって匂いでわかるのよ、匂いで」

赤「………(甘い物に関しては犬並の嗅覚でもあるのか…?)」

桃「…何よ?」

赤「いや…別に…」

桃「怪しいわね…何か…」

パチパチ…

桃「…まぁいいわ。お芋さん♪お芋さん♪隠れてないで出ておいで〜♪」がさがさ…

赤「…あの…ひとつくらい残してもらえないでしょうか?」

桃「嫌よ」がさがさ…

赤「そ、そうですよね…はい…うっ…」

桃「〜♪」がさがさ…

桃「〜♪」

赤「…………」

桃「〜〜♪」

赤「……なぁ、いつまで背中に乗ってるんだ?」

桃「ん? そりゃ赤がその本読み終わるまで?」

赤「いや、首を傾げられてもな。つーか読みたいなら貸すぞ?」

桃「んー、それだと多分読まないからいいわ」

赤「…なんじゃ、そりゃ」

桃「良いじゃないの別に。それともなぁに?
なにか疚しいところでも有るの?」

赤「なっ!? いや、そんなことは無いさ」

桃「へぇ〜。じゃ、なんで顔そらすのかしら?」

赤「そ、そりゃあ、その…」

桃「そりゃあその?」

赤「胸があたってるというか、潰れてる感触が、というか……」

桃「ふぅ〜ん。……エッチ」

赤「いや、いやいやいや! そいつはおかしいだろ!」

桃「ふーん、だ。赤のエッチ、スケッチ、ワンタッチー」

赤「また、懐かしいのを…。つーか桃? なんで余計にくっ付いて来とるの?」

桃「えー、だってエッチな赤のことだもん。
これで離れたら欲求不満になって他の娘を襲っちゃうでしょ、だから」

赤「……いや、お前はいいんかい」

桃「ん〜、赤がいいなら?」

赤「……はい?」

桃「うん、赤なんだかんだで責任感強いもん。赤なら、初めてあげてもいいよ」

赤「い、いや、桃、そいつは…」

桃「あぁもう、なんでそこでヘタレるかな。
こっちだって恥ずかしいの我慢してるのに…」

赤「え? あぁ、いやすまん」

桃「だーかーらー、謝るんじゃなくて……。んもぅ、本当にしょうがないんだから」

ふと、イチャコラが書きたくなったとか
そんなアレな感じ

黄「あっ、赤〜♪」

赤「あん?」

黄「とりゃ〜!」

赤「んな!? おっとと。
危ないから高いところから飛び降るなって言ったろ」

黄「あはー、ごめんなさ〜い」

赤「お前なぁ、ぜんぜん反省してないだろ」

黄「ふにぃ〜、赤に匂い着け〜♪」

赤「……いや、だから人の話聞けよ」

ネタに詰まったらロリ出しとけってばっちゃが言ってた
とか、そんな感じで

赤「ただいま戻……!?」

青「あ〜、黄は柔っこくて可愛いなぁ♪」

黄「むー、だから止めてってばぁ」

赤「えっと、何がどうなってるんだ桃?」

桃「あっ、こら。もう、せっかく隠れてたのに」

赤「そりゃ、すまなんだ。んで、どうなっとるの?」

桃「いや、何て言うか…。青って絡み酒だったのね、って感じ」?

赤「……呑ませたのか?」

桃「まさか。ただウィスキーボンボン一個食べられただけよ」

赤「それで、アレ? ……マジで?」

桃「マジも大マジよ。いや、本当びっくりだわ」

黄「あ〜う〜。話してないで助けてよ〜」

青「んー? おぉ赤か! どうだ、外は寒かったろ。一緒に黄で暖まらないか?」

黄「んにゃ!? な、なに言ってんの青?」

青「えっ? だって黄も赤に触られたいだろ。
こことか、こんなところとか」

黄「にゃっ!? ちょ、ちょっと変なところさわっちゃダメ!」

赤「……えーっと、俺は部屋に戻ったほうがいいのかな?」

桃「そうねぇ…、ついでに私も戻ろうかしら」

赤「助けてやらんの?」

桃「出来ると思う?」

赤「……無理だな」

桃「でしょ。なら、ほら、先に避難した緑に酔いざましでも貰いに行きましょ」

赤「……だな。んじゃ、そういうことで。
悪いがもうちょっと頑張ってくれな」

黄「え、えぇー。そんなぁ…」

青「ありゃ〜。振られちゃったなぁ。
そしたら、振られモンどうし慰めあおっかぁ」

黄「へ? にゃ、にゃあ!? ちょっと、どこさわってるのぉ!」

青「んふふ〜。黄の気持ちいいところはどこかなぁ〜」

黄「うにゃあ〜、だから止めてってばぁー。
……うぅ、赤と桃のバカー!」

朝っぱらから何書いてんだか…
とかなんとか、そんなアレ?

緑「……過度、の、アルコ、ル、摂取は、お奨め、でき、ない」

緑「……う、ん。少し……、控える。水を……」

緑「うぅ〜ん、だいじょぶ! 酔ってない、酔ってないよ〜」

緑「だぁからぁ、酔ってないってぇ。……それよりもぉ、赤? 何時の間にそんなこと出来るようになったのぉ?」

緑「えぇ〜! だって分身してるじゃん。え? わたしも? あはは、ほんとだぁ。え〜と、データ取らなきゃ、データ」

緑「だから酔ってないってば! もう反省しなさい、反省! 女の子に言いがかりつけて恥ずかしくないの?」

緑「むぅ〜、そこまで言うんだったら……、えいッ!」

緑「ふふ〜ん。抱きついちゃって、匂いもつけちゃうもんね〜。どう、ごめんなさいってする気になった?」

緑「ふーん、そうなんだぁ。じゃあ反省するまで抱きついちゃうもんね〜」

しまった、上げてもうた……orz

青「…名乗り?」

赤「え、ええ…その僕ら登場シーンとかあるじゃないですか?」

桃「ふぁああ…ねむ…」グテー

赤「…そ、そこでこうバァーンと何か名乗りをあげて格好よく登場できればさらに地域の理解を…」

黄「…んぅ…」コックリ…コックリ…

赤「……特に子供達から指示されるんじゃないかと…」

緑「………」

赤「…その…」

青「………」

赤「…すみません、なんでもないです。はい…」

>>396
この時間に被るとは…オヌシやるな…

>>397

桃「…ふぁあ…で、くだらない話は終わったのかしら?」

赤「…ぐっ…」

緑「…黄…黄…終わったよ…」ユサユサ…

黄「…ん〜…?」

桃「てか赤、あんた何時代の人間なのよ?いまどき名乗りとか…元寇よろしく不意打ちでも喰らいたいの?」

赤「…うぅ…!」

青「…いや」

赤「え?」

青「い、意外に良いかもしれないな…その…名乗り…」

桃「…はぁ?」

黄「んー…良く寝…あれ?何かあったの?」

緑「…名乗り考えるらしい…」

黄「うん?」

赤「………(あれぇ?おかしいな…普段は歯牙にもかけず俺の話なんか却下されるのに…)」

桃「はぁ…もうホント馬鹿ばっかりねぇ…」

青「………(な、何にしようか…青い稲妻…いや、著作権が…ぅむむ…)」ドキドキ…

黄「んん? なんかきれいな色のお水だね」

黄「スンスン)あ、匂いもあるんだ。味も? ……じゃあ、一口」

黄「うぇ〜、にが〜いぃ。むぅ、くさってる?」

黄「えっ、こういうあじなの? へんなの〜」

黄「あ〜ぅ〜、これやっぱりくさってるよ〜。なんかへんなかんじだもん」

黄「ぅ? なんかね〜、ぐるーんってして、ぐにゃってかんじ?」

黄「うん、なんか、ぼぅってする、かな……」

黄「……んん、ごめん赤。なにか、言った?」

黄「あ……、ひざまく、ら? あはは、ありが……と…………zzz」

いやいや、お代官様ほどでは……って、また被っちった?
……とりあえず、もし酔っ払ったら
とか、そんなアレでした

青「やはりそれぞれのパーソナルカラーと特性に因んだものが良いと私は思う」

桃「ちょっと…本気でやるつもり?」

青「…何か問題があるか?」

桃「子供っぽい。あ・た・しは嫌よ」プイ

青「き、貴様…」

赤「あぁああ!!ち、ちなみに青さんはどんな風に名乗るか決めてるんすか!?」

青「え?…わ、私か?私は…なんだ、その…『青い閃光』…と、とか…」テレッ

桃「うわっ…」

黄「…線香?」

青「………」

緑「…違う…閃光…閃く光で閃光…」

黄「ああ!なるほ…うーん…?」

緑「…わからなくても大丈夫。…厨二だから…」

桃「ないわ。ホントない。むしろ痛過ぎて…あ!赤、絆創膏もってきなさい」

赤「ばっ…桃…!」

桃「一箱で足りるかしらねぇ?…かわいそうに…」チラッ

青「…き…」ビキッ…

赤「…南無三」

青「…貴様ぁああ!!!」ガチン!

桃「ちょっ…!?それ安全ピン…赤、お願いっ!」

赤「あー…はいはい…うっ…」

青「桃、赤の後ろに隠れるとは卑怯な…!くそっ!」

赤「スー…ハー…」

青「赤ぁ!そこをどけ!邪魔だぁあ!」バスバスバスバス…

赤「ギャアアアアァァ!!!」

男幹部「……しかし、あれだねぇ」

怪人「ん〜? なんですよ、男幹部さん」

男幹部「いや、炬燵は魔性の道具だと思ってな」

怪人「あー、確かに。いったん入ったら出たくなくなりますもんね」

男幹部「な。しかも、布団と違って最初っから暖かいから尚更だよな」

怪人「かと言って、そのまま寝ちゃうと、それはそれで危険ですが……、やっぱり好いですよねぇ」

赤「あの〜、お二方? いいかげん其処から退いてくれると嬉しいんですが……」

男幹部「うん? おっ、もう雪かき終わったのか。んじゃ、次は……、何にすっかな」

怪人「とりあえずは蜜柑のおかわりですかねぇ。なんだったらお茶と他のお茶菓子なんぞも」

赤「……いやだから、そいつは俺の炬燵で、ここは俺の部屋なんですって。なんでそんな我が物顔でくつろいでるんですか」

男幹部「そりゃあ、炬燵があるから?」

怪人「男幹部さんのは首領にあげちゃいましたからね、他にでかくて暖かいのって言うと赤さんのところぐらいしかないんですよ」

赤「だからって。ここ一応敵地ですよ、そんな気抜いてていいんですか?」

男幹部「んー、まぁ、そん時ゃ人質役よろしくってことで。ところで、蜜柑はまだか?」

赤「んなてきとうな。……えっと、怪人さん、怪人さんはどうなんですか?」

怪人「まあ、もとはと言えば麻雀の面子に呼んだあげく負けた赤さんが悪いってことで。ところで、柿でもいいですよ」

赤「うぐぐ……、あんたらなんて嫌いじゃー!」

男幹部「おうおう、負け犬の遠吠えは心地いいのう」

怪人「んでも、ちょいと苛めすぎましたかね」

男幹部「や、大丈夫だろ。どうせもう少ししたら……」

赤「ちっくしょう、てめぇらなんざコレでも食ってろ!」

男幹部「……な」

怪人「干し柿に、羊羹、煎餅と、あと蜜柑は段ボールごとですか。つーか、ちゃんと置いていきましたね、投げるんじゃなくて」

男幹部「ふっふっふ。むかし文字通り叩き込んでやったからな。さて、そんじゃあとはお茶を待つだけだな」

怪人「……なにやってたんですか、あんた?」

男幹部「ん? まぁ、色々?」

やっぱ冬に炬燵と蜜柑はテッパンだよね、とかなんとかそんな感じで

桃「〜♪」アミアミ…

赤「あれ?…桃、何やってんの?」

桃「見てわかんないの?編物よ、あ・み・も・の」

赤「だよなぁ…その毛糸と編みぼ…えぇあ"!?」

桃「…何よ?その反応は?」

赤「え!?…い、いや…意外というか何というか…」

桃「あんたホント失礼ねぇ…あたしだって女の子だもの、編物くらいするわよ」

赤「…マジか…(意外過ぎる…)」

桃「…今また失礼なこと考えたでしょ?」

赤「ぅえ?そ、そそんなことはないですよ?」

桃「バレバレよ。…とりあえずお詫びにケーキ10個ね」

赤「ちょっ…!」

桃「何かしら?文句でもあるの?」

赤「…無い…です…」

桃「ならさっさと行きなさい。5分以内よ?」

赤「いや…5分て…」

桃「ほら、ダッシュ!あと4分と58秒よ!?」

赤「わ、わかったよ!行けば良いんだろ!行けば!……金足りるかな…くっ!」ダダダ…

桃「うふふ…いってらっしゃーい」ヒラヒラ…

赤「うがあああ!!」ダダダ…

桃「ん〜…幸せ…」モグモグ…

赤「…さいですか…」

桃「…一口欲しい?欲しいわよねぇ?ほら、あーん♪」

赤「いや…一口食べるくらいなら一口分の金が欲しい…」

桃「…お金にうるさい男はモテないわよ?」パクッ

赤「…モテる以前に生活があるだろ…毎月いくら桃の菓子類に貢いでると…」

桃「…しーらない」パクッ

赤「そうやってまた逃げる…」

桃「女の子はいろいろとお金がかかるのよ。あんたも男なら…あ、そうだわ」

赤「…?」

桃「はい」

赤「あん?…靴下?…これさっきの?」

桃「うふふ…あ・げ・る」

赤「え?…俺に?」

桃「もちろんよ♪…その穴のあいた靴下じゃ寒いでしょう?だから…」

赤「ま、マジで!?…ぅ…も、桃ぉ…俺…ぐす…」

桃「ちょっ、ちょっと…泣かないでよ、全く大袈裟ねぇ…」

赤「ふぇぇ…!」

赤「すげえ…これめっちゃあったかい…すげえ…!」

桃「うふふ…でしょ?もう着なくなったセーターを崩して編み直したんだけど…高かったのよ?だからモノは良いはずだもの」

赤「そ、そうなのか…なら大切にしないと…」ヌギヌギ…

桃「良いのよ、再利用だも…あ、そういえば…」

赤「ん?」

桃「もうすぐクリスマスだわねぇ…?」

赤「うん?…まぁそうだなぁ…コンビニとかイルミネーションとかそんな感じになってきたし…」

桃「…サンタさん来てくれるかしら…?」

赤「いや、桃の歳じゃちょっと…」

桃「ううん、きっと来てくれるわ。なんてったって気持ちを込めたもの」チラッ

赤「…え?」

桃「プレゼント…くれますように、って」

赤「…お…お前…ま、まさか…!?」

桃「ボーナス出るでしょう?ボーナス♪…ね?」

赤「………」

桃「あたしねぇ…今年はヴィトンのバッグが…」

赤「…あの…これ返品とかは…」

桃「却下ね。だいたいあんた一度履いたでしょう?…返品は新品に限るのが常識よねぇ?」

赤「………」

桃「…でね?新作のバッグなんだけど…あ、ほらここに載ってるコレ♪すごくかわいいの♪」バサッ…

赤「…は、嵌められた…見事なまでに…」

桃「ちょっと!聞いてるの!?…でね?色は…」

赤「…ボーナス…が…俺の……ボー…ナ…ス…」ずーん…

緑「…と、このよ、うに、鞭、の、合間あ、いまに、飴を、与、えるのが、肝、要」

青「なるほど、そうやって赤の好感度を得ていたわけか…」

黄「んー、なんかよくわかんないけど、そんな上手くいくかなぁ?」

緑「大丈、夫。そう思っ、て、これを用、意、した」

黄「んんっと、『これでアナタもツンデレマスター〜べ、別にアンタのために書いたんじゃないんだからね!〜』?」

青「…大丈夫か、コレ?」

緑「(コクリ)大、丈夫、派亜、速亭の、本、だから」

黄「そ、そういうもんなの?」

青「いや、私に聞かれてもな。…まぁ、とりあえず読んでみるか」

緑「そうそう、女、は、度胸、なんでも試、して、みるもん、って、私、にも、見せて」

金「…で、果たして成功すると思うかの?」

赤「そうですねぇ。やっぱ俺の前でやるってことはフリなんでしょうか…?」

三人「え? …あ、赤!?」

金「ふむ、本当に気付いてなかったみたいじゃぞ」

赤「いま昼飯作ってたってのに。…今日、飯抜きしてやろうかな、こいつら」

到着点がわからない…
ちょっとネタを拝借してみたり?

雑魚1「赤ぁ!もらったぜぇえ!!」ダダダ…

赤「なめるな!いくら俺でもお前一人なら…」

雑魚2「デュクシ!!」バシコーン!

赤「ちょっ…!?お前どっから…2対1とか卑怯だ…おぁああ!?」

雑魚2「デュクシ!デュクシ!」バシコーン!バシコーン!

赤「ぐぁああ!」

男幹部『………』コソッ…

雑魚1「デュクシ!デュクシ!デュクシィ!」バシコーン!バシコーン!バシコーン!

赤「汚いぞ!お前ら…あだだ…!!」

雑魚2「赤…すまねぇぜ…が、今回は俺達マジなんだぜ!…ボーナスの為に!」

雑魚1「ぜ!」

赤「お…お前らは良いだろ!?4ヶ月分は保証されてんだから!」

雑魚2「俺達には夢がある!それをこの手に掴むために…追加ボーナスを手に入れるんだぜ!」

雑魚1「ぜ!年末年始の休暇に向けて新しいジャン卓をこの手に…!」

赤「ジャン卓って…お前ら…ふざけるなぁ!!」ガバッ

雑魚1「うおっ!?」

赤「俺なんかさぁ…新しい夏服が欲しいって思ってたらもう冬なんだぜ?暇が無いとか面倒くさくてとかじゃなく…金が無くてな…」

雑魚2「…あ、赤…」

赤「今はヒートテックてやつが欲しいが…今冬買えるかどうか…」シクシク…

雑魚2「うっ…かわいそうな子…!ユニクロさえまともに買えないなんて…」ブワッ

雑魚1「…非情になるんだぜ、兄弟!夢の徹マンライフをエンジョイ出来なくなっても良いのかだぜ!?」

雑魚2「はっ!」

雑魚1「目を醒ましたかだぜ、兄弟?…そして赤!話は大分逸れたが、戦いでは数的有利こそ必勝の理…そこで一人づつ戦隊ヒーローを確実に仕留めていくというこの作戦、名付けて…『オリャア!!』ゴスッ!

雑魚1「ぶらはぁああ!?」

赤「あ…!?」

雑魚1「…な、名付け……ふぐっ…」パタッ…

雑魚2「な…雑魚1ィィイ!?」

黄「そこまでだよ!」

黒「wwうぃーすwww」

雑魚2「か、カレー女!と………えーと………か、怪人はどうしたんだぜ!?しばらく抑えといてって…」

黒「………」

怪人「…1対4で…抑えるもなにも…というか話が長す…ぎ…ぐふっ…」ガクッ

雑魚2「か、怪人ー!?」

桃「人の心配する前に自分の心配をしたらぁ?周りをよく見てごらんなさい?」チャキ…

雑魚2「…ぜ?ぜぜ?」キョロキョロ…

黄「もう君一人しかいないよ?…覚悟は良いかな?」ボキボキ…

雑魚2「うっ…よ、よってたかって俺を蹂躙する気だぜ!?…くぬうっ…ここは戦略的撤退を…」

『ターン!』バスッ!

雑魚2「うひゃあ!?…狙撃?…あ!!」

桃「逃げ場は」

黄「無いよ?」

黒「wwww…救急箱置いときますね…」

雑魚「あ、どうも…ってお前ら正義の味方なら…ギャアアアア!!」

赤「む、むごい…うっ…」

男幹部『………』ジー

赤「………」

青「実力も無いくせに突撃などするなと言っただろう!?この馬鹿者が!」

赤「は、はい…でも…」

青「でもじゃない。…お前の勝手な行動で隊が危機に陥った時、責任を取れるのか?」

赤「それは…」

青「私は各々の実力、適性を考えてフォーメーションを組んでいる」

桃「長くなりそうねぇ…赤もかわいそうに…」

青「…今回も貴様が不利な状況から接近など仕掛け無ければ私は十分援護出来たんだ…それを貴様は…!」イライラ…

黄「…スイッチ入ったかな?」

緑「…帰ろ…ここにいても暇だし…」

黒「www了解ッスwwwお先上がりまwww」

赤「あ…み、みんな…」

青「貴様っ!聞いてるのか!?」

赤「は、はい!すみません!聞いてます!」

青「だいたいお前は視野が狭すぎるんだ!周りとの連携くらい考えろ!…特に前後衛間の連携だ!」

赤「す、すみません!」

青「…お前ら前衛はいつもいつも好き勝手バラバラに戦って…援護する私の身にもなってみろ!馬鹿者が!」

赤「…は、はい…」

青「ピンチの時だけ私をあてにするな!…そこまで追い込まれる前でならもっと簡単に救援出来るというのに…!」

赤「…は、はい…」

青「桃、黄、黒!これは貴様らにも……ん?」

赤「………」

青「あいつらはどこへ行ったんだ?」キョロキョロ…

赤「さ、先に…か、帰りましたよ?…あはは…」

青「なん…だと…!」

赤「…ひ、引き止めようとしたんですが…その…」

青「…あ、いつら…只では済まさん…!!」ギリギリ…

赤「…す、すみません!ほんっとすみません!すみませんすみません…」ガタガタ…

乙、でいいのかな?
ザコーズ達、ボーナス4ヶ月分て、結構な待遇だな
やっぱり赤は組織の移ったほうがいいんじゃ…

赤「はぁ…。今日も今日とて冷えるってーのに、なーんで夏服着てんだろうな?
あっ、金がないからか〜。あっはっは、……泣きてぇ」

赤「廊下より部屋が寒いって…。諦めて炬燵で寝よっかな」

桃「…ん……ん。なに馬鹿なこと言ってんの。また風邪引くわよ」

赤「!? って桃か。
……うん? なんで桃が俺の布団で寝てんだ?」

桃「なんでって、今日から本格的に冷え込むっていうから
毛布もない赤のために温めておいてあげたんじゃない」

赤「……あ、あぁ、そうか。ありがとな」

桃「うん、感謝しなさいよ。……で、いつまで突っ立ってるの?」

赤「いや、さすがに桃が出てからの方がいいと思ってな」

桃「何がさすがなのかわからないけど…。
私も寒い思いしたくないし、このまま寝るわよ」

赤「え゙? したら、やっぱ炬燵か、俺?」

桃「そしたら何のために温めてたのよ…。
馬鹿言ってないで早く入りなさいよ」

赤「い、いや、でもな…」

桃「寒い」

赤「…へ?」

桃「布団開けてっから冷えんの。
ほら早くしないと、せっかく温まったのが台無しよ?」

赤「…あー、うん。んじゃ、お邪魔します」

桃「ん。いらっしゃい」

湯タンポっていうか抱き枕?
とか、そんなこんな

先ほどの投下でまともにお給料出ない状態でタオルで前線やらされた挙句青に怒られる赤可哀想と思ったがすぐ爆発しろに変わった

かなり長いうえ、気持ち悪いけど…

男幹部「ふむ…」

=VTR=

雑魚1『デュクシ!デュクシ!』

赤『あ、ああっ…!』

雑魚2『デュクシ!デュクシ!』

赤『や、やめ…ぬああっ!』

男幹部「…萌えますなぁ…でゅふふ…有休を使って隠し撮りに行った甲斐があったというもの…しかし…」

赤『汚いぞ!お前ら…あだだ…!』

男幹部「…ぜひとも私も参加したかった…!」

男幹部「が、私は戦闘要員では無いため、あの場に立てない事実…最近は司令官としてもお呼びがかかりませんし……くっ…惜しい…実に惜しいっ!」

男幹部「私ならば…私ならばぁ…!」

※妄想です※

男幹部『ふふふ…赤さん。手加減はしませんよ?』

赤『お、男幹部さん…!』

男幹部『さぁ、どこからでもかかって来なさい』

赤『ぐっ…うああぁあ!!』

男幹部『軽い!』

赤『そ、そんな…』

男幹部『ふふ…そんな目で見ないで下さい。…いじめたく…なるじゃないですか…ふふふ…』

赤『あ、あぁあ…』

男幹部『…デュクシ!』

赤『あぅ…!』

男幹部『まだまだ…デュクシ!デュクシ!』

赤『あ…ぁ……アッー!』



男幹部「…ばちこーんばちこーん…ばちこーんばちこーん…でゅふふ…でゅふふふふ………あ?」

男幹部「い、いかん鼻血が…ふー……しかしこの情けない体ではこの妄想は叶いませんね…」

男幹部「………」

男幹部「やはり"兄貴"…ですか…」

男幹部「………」ゴソゴソ

男幹部「…レコードセット、スイッチオン…」カチッ

♪〜…Body...wanna feel my body!?

男幹部「来ました…来ましたよォ!」

Body...such a thrill my body!
Body...wanna touch my body!?
Body...it's too much my body!

男幹部「フッ…フッ…フッ…」ギシギシ…

Check it out my body, body.
Don't you doubt my body, body.
talkin' bout my body, body,
check it out my body

男幹部「…フッ…フッ…フッ…」ギシギシ…

Every man wants to be a macho macho man!
to have the kind of body, always in demand...
Jogging in the mornings, go man go...
works out in the health spa, muscles glow...
You can best believe that, he's a macho man!
ready to get down with, anyone he can!

男幹部「あ、赤…さん…私はやりますよ…フッ…フッ…!」ギシギシ…

Hey! Hey! Hey, hey, hey!
Macho, macho man! (macho man!)
I've got to be, a macho man...
Macho, macho man!
I've got to be a macho! Ow…
Macho, macho man!
I've got to be, a macho man...
Macho, macho man! (yeah, yeah..

男幹部「I've… got to …be a macho!!」

…数ヶ月後…

雑魚1「最近、男幹部さん見ないんだぜ?」

雑魚2「なんかずっと部屋に篭りっぱなしみたいなんだぜ」

雑魚1「え?そんなにいなかったっけ?」

雑魚2「おいおい…まぁいない方が平和だし、良いんじゃないかな?」

雑魚1「ぜ」

女幹部「………」トボトボ…

雑魚2「お?女幹部さー…あれ?なんか元気ないんだぜ?」

雑魚1「そういや心なしかげっそりしたような…」

雑魚2「なに!?そ、それは一大事なんだぜ…!」

雑魚1「とにかく理由を!早期に解決しなければ組織崩壊の危機だぜ!?」

雑魚2「お、おうよ!」

雑魚1「男幹部さんの部屋から怪音が聞こえる…ですかぜ?」

女幹部「えぇ…ここ数ヶ月の間、食事を運びに部屋の前に行くといつも…」

雑魚2「…ぜ?」

女幹部「何かがギシギシと軋む音と荒い息遣い…そして………っ…これ以上は…!」

雑魚1「女幹部さん、勇気を出すんだぜ」

雑魚2「あの変態が何をしようと俺達がついてますよ…!」グッ

女幹部「あ、ありがとうございます…」

雑魚1「で…何を聞いたんですかぜ?」

女幹部「…ま…」

雑魚2「ま?」

女幹部「ま、マッチョマンの歌が…」

雑魚1「マッチョマンの…」

雑魚2「…歌?」

女幹部「は、はい。私、もう気持ち悪くて…気持ち悪くて……耐えられそうにありません…!」ブワッ

雑魚1「…ほんとどうしようもないぜ、あの人…」

雑魚2「性癖を否定する気はないけど…空気読んでほしいぜ、マジで…」

怪人「…何故私まで…」

雑魚1「だって二人じゃ心細いんだぜ…」

怪人「普段は空気扱いなのに、こういう時だけ頼るのはやめてほしいんだが…」

雑魚2「女幹部さんが困ってるんだぜ?」

怪人「うっ…それを言われるとな…」

雑魚1「さ、行こうぜ…」

怪人「…わかった。女幹部さんのためならば人肌脱ご『シャラップ!』

雑魚2「お前、男幹部さん絡みでソッチ系の比喩表現は…」

雑魚1「命取り、だぜ?」キリッ

怪人「す、すまん…」

ギシ…ギシ…『あ…あぉぉお…っはぁあ…!』ギシ…ギシ…

雑魚1「…こ、こいつぁ…ヘヴィだぜ…」

雑魚2「こんなのここに来るたび聞かされたんじゃあ…確かにつらいんだぜ…特に女幹部さんは繊細だから…」

…acho, macho man〜…I've got to be, a macho man〜…♪

怪人「歌…?」

雑魚1「例のマッチョマンの歌だぜ…ってかこれは…」

雑魚2「…Village People の…"Macho man"…?」

雑魚1「…なんか…嫌な予感がするんだぜ…」

怪人「…奇遇だな…私もだ…」

『ガシャン!』

雑魚2「ぜ、ぜ!?」

『フシュー…』ho, macho man (yeah, yeah) I've got to be a mac《カチッ》

…しーん…

雑魚1「と、止まったんだぜ…?」

怪人「う…うむ…」

雑魚2「…ちゃ、チャンスだぜ!この隙にこのザコーズ特製対人パイナップルを…」ゴソッ…

雑魚1「ッ…早まるんじゃないぜ、兄弟!そいつは最後の手段なんだぜ!?」

雑魚2「し、しかし…」

…《カチッ》

怪人「はっ!ま、待て、お前たち!また何か…」

…でんででんでんでーんででーん♪でんででんでんでんででん…♪

雑魚1「なにぃ!?」

雑魚2「だから言ったんだぜ…!チャンスは今しかないと…!」

雑魚1「今しかないとまでは聞いてないぜ!?」

怪人「そんな話は後回しだ!…来るっ!」

…セッセセッセックスィ…

雑魚2「ま、まさか…」

…ダッダダッダッダイナマィ…

怪人「ぬぅ…!」

女幹部「あ、あの…」ヒョコッ

雑魚1「おぁ!?」

雑魚2「な!?」

怪人「お、女幹部さん!?」

女幹部「え?は、はい…静かになったので終わったのかと…」

雑魚1「ッー!!」

雑魚2「い、いかんぜよ!!早く離『ガチャ…』

女幹部「…え?」

雑魚1&2「「はうあ!?」」

男幹部「ナイスポーズ…ディス…!」バァーン!

女幹部「………」

怪人「な、なんと…!」

雑魚1「…超…」

雑魚2「…兄…貴…」

男幹部「むっふふ…どうです…んっ!この…はぁ!ボディ…んっふ『いやぁあああああああ!!』

雑魚1「お、女幹部さん!?」

女幹部「いや…いや…!イヤァアアアアアアアァァァ……あっ…」パタッ…

雑魚2「女幹部さぁーん!!」

男幹部「おやおや…はあっ!このパーフェクトボディに…んんっ!あてられてしまいましたかな?…むはっ!」ムキッ

怪人「…いちいちポーズとらないでくだらないよ…ただでさえ気持ち悪いのに…」

女幹部「…うーん…うーん…」

雑魚1「女幹部さぁん…敵は敵は俺達が必ず…!」

雑魚2「…必ず…!」コクリ

男幹部「へぁああっ!」ムキムキッ

怪人「わかりました、わかりましたから、筋肉すごいですから、だから部屋戻りましょう?ね?それで二度と出てこないでください」

男幹部「赤さぁぁん!!ぬぁああ!!」ムキーン

反省はしない キリッ

男幹部「やってられるかあぁぁぁあぁ!!!!」
怪人「(ビクッ!) な、なんですか、急に?」
男幹部「な、なんですか? じゃねえよ! なんで俺が貧弱坊やになってんだよ!?」
怪人「へ? ……あ、あぁ、そういうことで。まぁ、そういうのは書き手さん次第ですからねぇ」
男幹部「いや、それはわかる。それはわかるんだが……、なぜにガリガリなんだ……」
怪人「いやだから……、って、ガチホモのほうはいいんですかい?」
男幹部「…………wikiに、書かれちまってるからな」
怪人「……そういや、そうでしたね」
男幹部「だがしかし!!!」
怪人「(ビクッ!) だ、だから急に大声出さないで下さいよ」
男幹部「そこにガリガリの坊ちゃんメガネだとは書かれてないはずだ!」
怪人「なんかどんどん言い方悪くなってませんか? ま、それはそれとして、そこらへんも含めて書き手さん次第ってことで……」
男幹部「…………」ジー
怪人「な、なんですよ、その目は?」
男幹部「いや別にぃ。ただ、大人になっちゃってヤーネ、てな」
怪人「大人になって、って。男幹部さんが成長してないだけでしょうに」
男幹部「あっ、そういうこと言うんだ、へーんだ、いいよいいよー、だ」
怪人「っとに、なんなんですか、もう……」
男幹部「あーあ、小っちゃいころは可愛かったのになぁ。どんなに元気よくはしゃいでてても、俺や博士がいなくなると慌ててついてきてさぁ」
怪人「……っ! よく、そんな小さい時のこと覚えてますね」
男幹部「お前そんなんじゃ一人でどこも行けなくなるぞ、って言ったら、男幹部のお嫁さんになるからいいもん、なんて言ってさ」
怪人「あれは、その、小さいとき特有の……」
男幹部「そうかあ? いつだったか、父兄参観に博士じゃなくて俺に来てほしい、なーんて言って、博士をガチ凹みさせてなかったか?」
怪人「……アリマシタッケ? ソンナコト」
男幹部「そういや、あの頃か、バレンタインに手作りの貰ったのって。こう、顔真っ赤にしてさ、あ、あのこれ、手作りなんですけどって」
怪人「イヤソレハ……」
男幹部「あの後博士に朝まで付き合わされてなぁ。なんで娘の初めての手作りをお前への試作で貰わなきゃいかんのじゃ、ってな」
怪人「……オトウサン、ナニイッテルノ」
男幹部「あぁ、本当に昔は可愛かったなぁ。こうさぁ、やっぱりボクじゃなくて私って言うほうが女の子らしくて好きですか? とかさぁ」
怪人「…………」
男幹部「別に似合っとるぞって言ったら喜んでさ、で、でもやっぱり女の子らしいほうが、って言って、次の日から頑張って直そうとしてさ」
怪人「…………(プチッ)」
男幹部「それでさ、その年のクリスマスだっけ? あの、私、女の子らし……ッ!? あっぶねえな、なにすんだ怪人?」
怪人「……ね……」
男幹部「あん?」
怪人「死ぃねぇえぇえぇぇえええ!!!!! 死んで、忘れてしまえぇぇええ!!」

男幹部「いや、ちょっ、待て怪人、落ち着けって!」
怪人「五月蠅いうるさい、うるさぁぁい! 恥ずかしいことばっか思い出す男幹部さんなんか死んじゃえぇ〜」

間違えて途中送信とか……チクショウ orz
唐突に実は怪人が女だったらとか誰得な設定を出してみる
あと、>>426
話のダシにつかってすまん

間違えた>>436だった
       モウヤダツッテクル
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪

黒服1「………」ズズッ…

ガチャ…

黒服2「ただいま戻りました。定時連絡の方、無事完了致しました」

黒服1「ご苦労様です。で、例のお嬢様専用特殊スーツの件は?…どうぞ」つお茶

黒服2「ありがとうございます。…はい、ついに完成したとのこと…既に郵パックにて発送され、明日にでもこちらに届く予定でございます」ゴソゴソ…

黒服1「やっとですか。しかしこれふぇ…」パリッ

黒服2「あの…ひとつよろしいでしょうか?」

黒服1「…ダメです。のり煎は私のものです」ササッ


黒服2「いえ、そうではなく…私はサラダ派ですので」

黒服1「ふむ?」

黒服2「…何故輸送に郵パックを?ヘリを使用すれば、今日にでも受け取ることが出来たと思うのですが…」

黒服1「あぁ、それは財閥印の輸送ヘリなど使えば目立つに決まっているからです。…火燵、ちょっと熱くありませんか?」

黒服2「お断りします。今、入ったばかりですので。…しかし、それのどこに問題が…?」ガサッ…

黒服1「む…まぁ、良いでしょう。…よく考えてごらんなさい。『黒』という一個人に我々財閥が協力などしていると知られれば…」ズズッ…

黒服2「ふぁい」パリッ

黒服1「他の皆さんに怪しまれるでしょう?…それはお嬢様の望むことですか?」

黒服2「あっ…!」

黒服1「単に効率だけを求めてはいけません…時には回りくどいやり方を用いてでもご要望にお応えする。それが真心をこめたご奉仕というものふぇふ…」パリッ

黒服2「わ、私めが浅はかでございました…!」

黒服1「貴女もそろそろお嬢様にお仕えする者として自覚を持ちなさい。いつまで私に頼った『…おい』

黒服2「……?」ズズッ…

赤「…お前ら」

黒服1「これは若旦那様、いかがいたしましたでしょうか?」

赤「俺の部屋でなにくつろいでんの?…あと、その煎餅…」

黒服2「あ!申し訳ありません!今、お茶と取り皿を…」ガタッ!

赤「そうじゃなくて!!」

黒服2「はい?」

赤「そりゃ、俺のおやつだって話だよ!!…楽しみにとっておいたのに…くっ…」

黒服1「流石でございますね。火燵に煎餅とはまさに日本の……え!?」

黒服2「こ、これみよがしに火燵の真ん中に置いてあったので差し入れかと…」

赤「そんな余裕あるか!…てかなんでお前らいーっつも定時連絡報告会とやらに俺の部屋使うの!?」

黒服1「基地内で隊員の私室以外に、セキュリティの甘い場所は限られますので…通風孔ですとか。ですからさすがにこの季節は…」

赤「…真黒の部屋でやればいいだろ?」

黒服1「しかし、お嬢様のお部屋では出入りを目撃される恐れがありますし…」

黒服2「棟の端っこかつ、北向かい。日中は正午ですらまったく日の射さない、納屋さながらのここならば誰も来ないかと…通風孔よりはマシですし、火燵も…」

赤「………」

黒服1「ば、馬鹿者…!」

黒服2「あ!?……あ、遊びに来られるお嬢様は別としてです!」

赤「そこじゃない!…もう良いから帰れ、お前ら」

黒服1「そんな…では私どもに何処へ行けと…」

黒服2「…冷たい風の行き交う通風孔こそ私どもに似合いだと言うのですか?…うっ…」

赤「いや、そこまでは…」

黒服1「若旦那様…」

黒服2「若旦那様ぁ…」

赤「…はぁ……」



黒服1「さすがはお嬢様の見込んだ殿方…器が違いますね!」トポポ…

黒服2「えぇ、まさしく次期財閥当主に相応しいお方でございます!」

赤「…終わったら出てけよ?」

黒服1「はい。それはもう…。どうぞ、若旦那様。粗茶ですが…」つお茶

赤「ありがとう…でもそれも俺のお茶なんだけどな?」

黒服2「え!?終わればまた通風孔行きなのですか!?」

赤「なぁ、なんで通風孔しか次の候補が『馬鹿者!』

黒服1「我々は若旦那様のプライベートタイムをお邪魔しているのですよ!?春までの間、お部屋の使用許可をいただけただけでも身にあまるご慈悲だと言うのに…!」

黒服2「も、申し訳ありません!私めが浅はかで…」

赤「…ちょっとまて」

黒服1「はい?」

赤「いつまでいるつもりだ?…お前ら」

黒服2「春まで、でござますが…」

赤「…出てけ、いますぐに」

黒服2「ええっ!?」

黒服1「わ、若旦那様、ここを追い出されては私どもは一体何処に行けば…!」

黒服2「今の季節、通風孔は本当に身に染みる寒さで…!」

赤「…はあぁぁ…」

>>441
気にするんじゃないぜ、ネタを探す辛さは良く分かる

テス[ピーーー]テス

男幹部「……と、いうわけで突撃となりの晩御飯!」

怪人「どうも〜、お邪魔します〜」

赤「…………は?」

男幹部「はっはっは、そんな不審者を見る目をするなって。一応ちゃんとした理由があるんだからよ」

赤「……へぇ、理由ですか」

怪人「いやいや本当なんですって。実はですね、お恥ずかしながら台所が壊れちゃいまして」

男幹部「いや、あれは色々と予想外だったわ」

赤「んな壊れたって、何したんですか男幹部さん」

男幹部「ん? 待てまて、壊したのは俺じゃねえぞ。今回やったなぁ首領だ、首領」

赤「えー」

男幹部「だから、なんでそう信用ねえかなあ……」

怪人「そりゃ普段の行いのせいじゃないですかねぇ。ま、それはともかく最初は料理の練習してたんですが癇癪おこしちゃいましてね」

赤「癇癪って、そんなに難しいこと教えてたんですか?」

男幹部「んにゃ、厚焼き玉子」

怪人「……の、卵を割るあたりです」

赤「え? ……え?」

男幹部「いや、これがマジでな。どうも力加減が難しいのか粉々になるか、殻がドバッと入っちまうんだよ」

怪人「女幹部さんとも相談していろいろ教えてみたんですが……、まぁ嫌になっちゃったんでしょうね」

赤「それで、こうドカーン、と?」

怪人「はい。男幹部さんが取り押さえてくれなきゃどうなってたことか……」

赤「そりゃまた……、大丈夫でした?」

男幹部「あっはっは、あったりまえだの馬の助ってな。なんてったって右腕一本で済んだんだぜ、奇跡だな!」

赤「それ全然大丈夫じゃないでしょう。……したら、台所貸せばいいんですかね?」

怪人「や、その、できればご飯も作っていただけると嬉しいかな、と」

赤「え、えぇ、そりゃ構いませんが、女幹部さんはどうしたんです?」

怪人「それが、拗ねた首領の相手で手一杯でして。私が作るとどうにも薄味になっちゃって、好きじゃないみたいですし」

男幹部「俺もさすがに片手で作れるほど器用じゃなし。かと言って勘で味付けしてるから教えられるほどでもなし、ってなわけでな」

赤「……わかりました。それで、何かリクエストはありますか?」

男幹部「あー、とりあえず卵料理以外で頼む」

怪人「あとはハンバーグとか、から揚げとかが好きなので、そこらへんでお願いします」

赤「あぁ……。うん、了解、頑張ってみます」

雑魚1「俺達の給与…だぜ?」

赤「あぁ、お前ら毎週のように飲みに誘ってくれるだろ?しかも代金持ちで『あいよ!』

親父「イカゲソ大盛お待ち!」

雑魚2「待ってたんだぜ!あ、それとビール追加で」

親父「まいd…」

雑魚1「おおっと、兄弟!」

雑魚2「ぜ?」

雑魚1「ピッチャー行っちゃう?ピッチャー」

雑魚2「ピッチャー…?」

雑魚1「行っちゃう?」

赤「………」

親父「………」

雑魚2「…オフコース!イェア!」

雑魚1「イェア!…ピッチャー3杯頼むんだぜ」

赤「ちょっ…!俺は…」

親父「へい、まいど!イェア!」

雑魚1「まぁまぁ…金はこっちで持つんだぜ。な、兄弟?」

雑魚2「おうよ!」

赤「…さ、サンキュー…でな?さっきの続きだけど、どっからそんな金でてくんの?」

雑魚1「もちろんお給料なんだぜ」

雑魚2「だぜぇ…人生楽しまなくっちゃなぁ」

赤「そんな貰ってんの?」

雑魚1「俺は月[ピーーー]0万くらいだぜ?」

赤「…え!?ちょっ、ちょっとまて…なんでそんなに貰えんの!?ボーナスは確か…」

雑魚2「あぁ、それは出来高分が加算されるんだぜ。怪人なんかは改造手当て付くから[ピーーー]0万以上貰ってんじゃないかぜ?」

赤「ま、マジ…で…?」

あれ、少女が出てこねぇよ?
……まあ、そんなこともあるよね
とかなんとか?

雑魚1「この地域は出来高の追加分がかなり高いんだぜ?」

雑魚2「正規の戦闘要員3人で膠着状態を維持してるもんな…マジでハードなんだぜ」

雑魚1「なー」

赤「………」

雑魚2「でもさぁ、工学兵器が配備されてる戦隊を相手するよりは良いと思うぜ?」

雑魚1「あぁ…防ぐ方法がないって話だもんなぁ。あとヒーローの見せ場に使われるんだっけか…?」

赤「…な、なぁ?」

雑魚1「ぜ?」

赤「…せ、戦闘要員の募集って年齢とか職歴制限ってあ、あるのかな…?」

雑魚1「赤も来るんだぜ!?マジか!?」

雑魚2「女幹部さんも喜ぶんだぜ!…あ、通常戦闘員には40歳までの制限があるけど、職歴は不問なんだぜ!」

赤「…い、いやいや…例えばの話よ?例えばの…や、やっぱり悪いことは良くないしぃ…」

雑魚1「安心するんだぜ!うちは平和的世界征服を企む悪の組織なんだぜ!」

赤「な、なら良いかなぁ…な、なぁんて……はっ!」

雑魚2「ぜ!…あ、それか幹部候補生も良いかも知れないぜ?」

雑魚1「ぜ?」

雑魚2「俺らんとこ一人枠空くかもしれないしな……幹部枠」

雑魚1「……あぁ、なるほどだぜ」

雑魚2「で、どうするんだぜ?もし就職希望するなら俺達で口利きを…」

赤「お、落ち着け!落ち着くんだ、俺!お前のヒーローへの…正義への気持ちはそんなもんだったのか!?…たかが[ピーーー]0万程度の月給のために………いや、[ピーーー]0万か…[ピーーー]0万とか貯金にも…くうっ…!い、いやいや違う!そうじゃなくて…!」

雑魚2「…赤?おーい?赤ーぃ?」

赤「…でもなぁ…そろそろ本気で将来を考えるべきなのか…。これから先いつまでも出来る仕事じゃないし…蓄えもない…なら現実を考えれば…いや、ダメだぁ!ここで転職なんかしたらいままでお世話になった先輩方に申し訳が立たん…!」

雑魚2「だいぶ揺れてるみたいだぜ…」

雑魚1「いろいろ抱えてるんだぜ、赤も」

雑魚2「…赤の未来を考えれば、俺はこっちのが良いと思うんだぜ」

雑魚1「…そいつは赤が考えることだぜ?」

雑魚2「でもさぁ…」

親父「あいよ!ピッチャー3杯おまち!」

雑魚1「待ってたんだぜ!…ま、たった一度の人生、やりたいことやった方が良いんだぜ」グビッ

雑魚2「ぜ…」

赤「そもそもだ、俺がヒーローを目指したのは……だが理想と現実は…うあああぁああ!!悩むぅう!!」

また被っちゃったな…ゴメン( ̄▽ ̄;)

俺も少女出て来てないな…すまん( ̄▽ ̄;)

>>458
いや、こっちこそ、なんかスマン
少女云々はまあ、いないほうが書きやすい時ってあるよね、とか

金「おいっちにっさーんし…おいっちにっさーんし…」クイックイッ

赤「何やってるんです?」

金「ん?んむ。そろそろわらわの出番かと思ってのぅ。ウォーミングアップじゃ…ほほ」

赤「………(まぁ見た目は…いや、どっちかっていうと幼女…)」

金「なんじゃ?何か言いたげじゃな…?」

赤「…いえ、別に」

金「ほぅ…そうかえ?」チロリ

赤「え、えぇ…」

金「ふん…まぁよいわ。…どれ、少し付き合え」

赤「え?何にです?」

金「ウォーミングアップと言うたであろ?…組手じゃ、さぁ来い!」シャキーン

赤「…なっ…!?」

金「お前の相手も久しくしてやれなんだからのぅ…可愛がってやるぞえ?」ニター

赤「い、いや無理無理無理…ってかもう3時半ですよ!?良い子は寝なくちゃ…!」

金「どれ、まずは軽ーく…」シュバ!

赤「待っ…!俺の話を聞いて…うひゃあああ!?」

金「おぉ、よう避けたのー」

赤「あ、あんなもん喰らったらタダじゃ済ま『どんどん行くぞえー』

赤「えっ!?そっ…い、イヤァアア!!」

桃「……だ、大丈夫?」

赤「……な……なんとか、な」

桃「えっと、医務室、行く?」

赤「いや、今あそこはマズイ。もうこれしか方法がないんです! って言って襲われかけた」

桃「……白に?」

赤「あぁ、偶然かしらんが緑が助けてくれなきゃやばかった」

桃「その緑は、どうしたの?」

赤「それが、ここは危険だからって緑の部屋に入れてくれたんだが……、急に実験こそ我がアイデンティティ! とか言い出してな」

桃「で、黄が割って入ったと」

赤「あぁ、聞こえてたのか。そうだ、そんで緑が何か出そうとしたときに急に倒れて、なんか気づいたらしい黄が飛び出してったら……」

桃「この有様、と。……ところで、最後らへんに出てきたあのでっかいロボットはなんなの?」

赤「あー、たぶん黒のところのじゃねえかな。ほら、あいつんとこの結構でかいところだから」

桃「あぁ、そういやなんか工業用ロボットを開発したって言ってたわね。でもそれにしちゃ、えらく実践的だったみたいだけど」

赤「まあ、そこら辺は親心ってことじゃ、ない、か」

桃「ちょっと! 動いて大丈夫なの?」

赤「いや、なーんか、ヤバいのが来そうな気がしてな」

桃「ヤバいの? ……! へぇ、足音やら息遣いってならまだしも、気配が微塵も無いだなんてやるじゃないの」

赤「っ!? おいおい、ヒーローって顔じゃなくなってるぞ桃」

桃「あん? いいじゃないの、子供らが見てるわけじゃなし。それよりも動けるわね?」

赤「まっ、盾ぐらいにはなるさ」

桃「ふふっ、期待してるわよ」

ロボ子(赤さんの生命信号が弱くなったから慌てて来てみましたが、何故敵意を向けられているのでしょう……?)

相変わらずオチが弱いと思ったり
……まぁ、ウォーミングアップなんてしてたら、
そのまま赤争奪戦に発展するんじゃないかなとか、そんな感じ

ポツ…ポツ…

赤「雨か…」

サァー……

赤「冬の雨のなんと冷たいことか…」ブルッ

猫「にゃー」

赤「お前も帰る家がないのか?…俺と同じだな…」

猫「にゃん」タッ

赤「ふっ…猫にまで嫌われちまったかぁ…」

サァー……

赤「はぁー…寒い…」



桃「ねぇ、もう許してあげたら?あのままじゃ、いくら赤でも風引いちゃうわよ?」

青「………」

黄「ほら、雨も降ってきたし…」

青「…ダメだ。あんなケダモノ…基地内になど入れられるものか…!」

桃「はぁ…あんたが自分で間違って洗濯物の中に入れたんでしょ?」

青「う…そ、それは…」

桃「というか見られたからって何なのよ?パンツなんてそれこそ見られて減るもんじゃないでしょ?」

青「見られて気にしないのはお前だけだろう!?…た、畳まれてたんだぞ!?綺麗に!?」

桃「よかったじゃない?手間が省けて」

青「良いわけがあるか!畳むということは…て、手にとって…シワを伸ばして…ぁぅぁぅぁぅ…//」

黄「あー…それは確かに…」

桃「はあ?だからそれがなんだっていうのよ?」

黄「…桃は気にしないの?その…そういうの」

桃「あたし?あたしは見られて恥ずかしい下着なんて持ってないも…!…ははぁん…そういうこと」チラッ

黄「ん?」

桃「あんた達、いい加減プリント柄なんて卒業しなさい」ポンッ

黄「え?」

桃「ほんとお馬鹿さんよねぇ…恥ずかしいって思うならそんな子供っぽいの履かなきゃ良いのに…」

黄「ぼ、僕はプリント柄なんて履いてないよ!?」

桃「はいはい、わかったわよ。わかったから、今度お姉さんとちょっとおませなお買い物に行きましょうねぇ?うふふ…」

黄「ちょっと桃っ!!」

桃「冗談だってば。騒がないでよ、うるさいわね…。その歳でプリント柄履いてる子がいるなんて、あたしだって思っちゃいないわよ」

黄「もう!そうやってすぐからかうんだから…!」

青「…ぁぅぁぅぁぅぁぅ…//」



赤「へーっきし!…うー、寒っ……にしても…」

赤「…熊さんとは…人って見かけによらないんだなぁ…へ…」

赤「へーっきし!」


青はくまさんパンツ、と..._〆(゚▽゚*)

男幹部「うおーい、開けとくれーい」

赤「うん? 開けてくれって、そんなあんたはあんたは誰さんだ?」

男幹部「お前もよく知ってる男幹部さんだよ。土産もあるから早よ開けとくれ」

赤「…ほんとの本当に男幹部さんか?
なら、この問題に答えられるはずだ。いくぞ!」

男幹部「よーし、かかってこい」

赤「パンチラとパンモロの違いってなーんだ?」

男幹部「チラリズムは芸術、パンモロは痴女!」

赤「!? うわ〜い、ほんとに男幹部さんだ〜」

男幹部「だから言ったろうがよ。しかし、相変わらず寒い部屋だな、おい」

赤「あっはっは、日当たりなんざ欠片もないからね。
でも見て! 今年は炬燵があるんだよ!」

男幹部「赤、お前ってやつは…。よし、任せろ!
こんなこともあろうかとすっげぇ土産持ってきたからな!」

赤「こ、これは…、石油ストーブじゃないか!
ほ、ほんとに貰っていいのかい?」

男幹部「あったりめぇよ。しかも、ほら灯油だってついてるぞ」

赤「よーし、そんじゃ、さっそく暖まろうよ!」

男幹部「まぁ、待てまて。その前にしっかり部屋を閉めないとな。
すきま風とかあったらせっかくの暖かいのが逃げちまうぞ」

赤「そっか! さすが男幹部さんだ!」
……

赤「男幹部さん、これで全部閉め終わったよ。
窓もドアも目張りがバッチリだ!」

男幹部「よし、それじゃつけるぞ。あっ、ポチッとな」

赤「おぉ〜、すごい暖かいね〜」

男幹部「そうだろ、そうだろ。ストーブってな凄いだろ」
……

赤「男幹部さん、なんかちょっと、ぼーっとしてきたんだけど」

男幹部「ん? そりゃあれだ。急に暖かくなったから眠くなったんだな」

赤「そっかー。じゃ、このまま寝ちゃおうかな」

男幹部「おう、そうしろ、そうしろ。暖かいから風邪も引くこたねぇよ」

赤「うん。じゃ、お休みー」

男幹部「おう。んー、俺も寝ちまうかな」
………
……

桃「赤ー、まだ寝てるの? 入るわよ〜、って開かないわね。
……てりゃっ! まったく手間かけさせ…て…。し、死んでる!?」

緑「この、ように、閉めきっ、た、部屋で、石油、ストーブを、
使うの、は、危険。しっかり、換気する、ように」

雑魚A「…こりゃいったい何なんだぜ?」

雑魚B「なんか冬に向けての家電の注意CMだそうだぜ」

女幹部「チッ、なんで男幹部が…。あぁ、でも赤さんの半ズボン姿…」ハァハァ

首領「うぅ、かいじ〜ん、おんなかんぶがこわいの〜」

怪人「…チラリズム?
…やっぱりミニスカ、いやでも……。はっ、スリット!?」

首領「うわーん。こっちもなんかへんになってる〜」ウワァァァン (ノД`)

ぶっちゃけ最初の問答が書きたかっただけとも…
ドリフの馬鹿兄弟って面白いよね、とかそんなアレ

ぬるぽ

>>474
ガッ
しかしどれからコメントすればいいのか迷うぜ
ロボ子とか懐かしいな

>赤「っ!? おいおい、ヒーローって顔じゃなくなってるぞ桃」
ケダモノの顔と解釈した俺は汚れ過ぎているようだな

それにしても男幹部、赤に差し入れと偽って赤を亡き者にするとはなんて悪の組織らしい卑劣な手口・・・
さらに作戦のためには己の命をも捨て去る忠誠心・・・あんたは幹部の鏡だったよ

そして黄は「ゆったりしてる方が動きやすい」という理由でトランクス履いてそう
大穴で子供っぽくブリーフ・・・おや誰か来たようだ

赤「ご飯ですよー」カンカンカン…

桃「パカパカとフライパンなんか叩かないで…頭に響くのよ…」

赤「深酒でも…ってお前未成…」

緑「…徹夜でネトゲ…たぶん…」

桃「はぁ…たいした稼ぎもなかったし、最悪…」グテー

赤「あ、そう…」

黄「今日のおっ昼はなぁにかなっ?」

青「ふむ…ピラフか」

黄「…カレーじゃないんだ…」

赤「毎日カレーとか飽きるだろ。だから週一な」

黄「僕は飽きない!むー…まぁいいか」

桃「…で?あたしの分のスプーンがないんだけど、素手で食べろっての?」

赤「え?足りなかった?悪い、今…」

黒「wwwあ、俺が持ってきまwww」ガタッ

赤「お、サンキュー…あ、でもアレだ。お茶入れないといけないから俺も行くわ」ガタッ

黒「wwwうぇーすwww」

青「悪いが先にいただくぞ」

桃「あんたね…集団行動がどうとかいつもはうるさいくせに、そういうことするの?」

青「…周りをみろ」モグッ…

黄「……!」ガツガツ…

緑「…もぐ…?」

桃「………」

青「悪いが、私は無駄なことはしない主義でな。うむ、うまい」モグモグ…

桃「…まぁたそうやってのけ者にするのね…うっ…なんてかわいそうなあたし…」

青「………」モグモグ…

黄「…!…!」ガツガツ…

緑「………」モグ…

桃「ちょっと、何無視してんのよ!?」

青「…うるさい。食事中だ、黙れ」

桃「!…あんたね!?」ガタッ!

黒「wwwwスプーンすwwうぃwww」

赤「お茶入りまし……桃?」

桃「…ふん!」

赤「どうかしたの?」

桃「なんでもないわよ!…ほら、さっさとスプーンよこしなさい!」

黒「wwwさーせんwww」

赤「?」

黒「wwwうめぇwwwうめぇwww」

桃「………」ゴソゴソ…

赤「…桃」

桃「…何よ?」

赤「器用に人参をのけるなって」

桃「うるさいわねぇ…あたしの勝手でしょ!?こんなもん馬の餌じゃない!」

緑「…馬の餌はカイバ…いつも人参ばかり食べてるわけじゃない…」

桃「…イメージの話よ、イメージの!」

黄「おかわりー!」

赤「あ、はいはい…カレーじゃなくてもガッツリ食うんじゃないか」ボソッ…

黄「うん?おいしいよ?えへへ…」

赤「桃も黄を見習ってだなぁ…」

青「ん?…緑、お前も何かえり分けてるな?」

赤「…なに?」

緑「………」ササッ

桃「あらほんと…あんた人のこと言えないんじゃないの?ほら、どうなのよ。ほらぁ?」ツンツン

緑「…私は悪いとは言ってない…黒、あげる…」

黒「wwwあざすwww」

赤「ダメだ。黒も受け取ろうとするなよ…」

黒「wwwうぃ?www」

緑「…黄…」

黄「ん?」

緑「…あげる…」

赤「だからダメだって!」

桃「ほら、青。日頃の感謝を込めてプレゼントよ♪」

青「………」

桃「ほらほら、遠慮しないの…」

赤「桃もだっつーの!」

緑「…ケチ…」

桃「ほんと、器の小さい男よねぇ…」

赤「あのなぁ…お前ら、ヒーローが好き嫌いなんかしてると知れたら…」

緑「…ごちそうさま…」トテテ…

桃「あ、ずるいわよ!?あんた………ごちそうさまぁ♪ほほほ…」タタタ…

赤「あ!?お前ら!逃げるのか!?卑怯者!」ダッ!

青「…まったく、馬鹿ばかりだな」スッ…

黄「あれ?青それ…」

青「…お前は何も見なかった…良いな?」

黄「え?う、うん」

黒「wwwうめぇwwうめぇwww」ガツガツ…

『お残しはぁ…ゆるしまへんでぇえ!!』


赤が食堂のおばちゃんみたいになってるwww

桃「…………」

黄「あれ? 何やってるの桃?」

桃「…………」

黄「桃? 聞こえてないのかな、お〜い」

桃「……っ!」

黄「うわっ!? な、なにするのさ」

桃「うん? あら黄じゃない、どうしたの?」

黄「どうしたのじゃないよ! なんで切りつけてくるのさ!」

桃「ああ、ごめんねぇ。でも、人が集中してるところにいきなり来るんだもの。それで、つい手が出ちゃったのよ」

黄「ついって……。でもちゃんと声かけたよ? まぁいいけどさ。それで、なにやってたの?」

桃「ん〜。ちょっとね、剣を砥ぎなおしてたのよ」

黄「砥ぎなおし? そんなの、赤にやってもらえばいいんじゃないの?」

桃「クスクス) まぁ、それでもいいんだけどね。やっぱり刃物は自分で砥いだほうが確実だからね」

黄「そなの?」

桃「えぇ。包丁とかもそうだけど、砥ぎ方ってのは人それぞれ微妙に違うのよ。で、その使い方にもクセってのはあるわけでしょ?」

黄「んん……、よくわかんないけど、オーダーメイドってこと?」

桃「ま、そんな感じね。やっぱり、しっくりくるっていうか馴染むっていうか、そういうのは自分でやった方がつかみやすいのよ」

黄「う〜ん、よくわかんないや。けど、そしたらボクも自分で手入れした方がいいのかな?」

桃「さぁ、どうかしら? まあ私の場合はってのもあるし、それに黄のはナックルガードだし、赤に任せたままでもいいんじゃないかしら」

黄「えぇ〜〜。結局どっちなのさ?」

桃「そうねえ、とりあえず赤に手入れの仕方を訊いてみたら。それで出来そうなら自分でやってみるとか」

黄「なんか、てきとう?」

桃「そんなことないわよ。ただいきなりやろうとすると難しいでしょ、細かい調整とかもしてるだろうし、ね」

黄「そっか、なら止めたほうがいいかなぁ」

桃「なんでよ。そこら辺も含めて訊いてみればいいじゃない。……それに、もしかしたら手取り足取り教えてもらえるかもしれないわよ」

黄「へ? 手取り足取り? ……! にゃ、にゃにいってるのさ桃!」

桃「あら、詳しくって意味で言ったつもりだったんだけど。なんかおかしなこと言ったかしら?」

黄「え? え、いや、それは……」

桃「んん? どうしたの、まさか本当に変な想像したの?」

黄「ち、ちがうよ! そんなことないもん!」

桃「そうよね〜、まさかそんなことないわよね」

黄「そ、そうだよ。やだなぁ、桃ってば」

「「あっはっは」」

桃「……で、本当のところはどうなの? 誰にも言わないからお姉さんに言ってみなさい」

黄「えぇっと、そのぅ……(///)」

なんか、まあ、アレだねぇ……
とかなんとか、そんな感じでひとつ

怪人「そう言えば…」

赤「うん?」

怪人「いや、もうすぐ冬休みだなぁ、と」

赤「ああ、そういやそんな時期ですねぇ」

怪人「はい。そんなわけで、どっか良い襲撃場所ありますかねぇ?」

赤「そうですねぇ…。ありきたりですが、遊園地や繁華街はどうです?」

怪人「うーんと、それが夏にやり過ぎまして
どこか他のところないのかってお達しが着ちゃいまして」

赤「そりゃまた面倒な…。学校とかは休みですし……」

桃「……ショッピングモールとかは?」

赤「……! それだ! たしか最近新しいのが出来ましたよね?」

怪人「……! あぁ、はいはい。あの胡散臭い髭ジジイのとこの」

赤「ええ、どうです? あっこなら多少ぶっ壊しても構いませんし。……なぁ?」

桃「そうねぇ、むしろ協力してもいいわよ」

怪人「……なにかあったんですか?」

桃「んー? 挨拶に来たときにちょっとね」

赤「まぁ、そちらで男幹部さんがキレたのと同じ理由です」

怪人「……なるほど。したら、遠慮は無しでいいと?」

赤「や、ちょっとぐらいはしてくださると。
さすがに全壊させるとお叱りきちゃうんで」

桃「理想としては総力戦一歩手前ぐらい?」

怪人「ふむ。……そうなると、再来週ぐらいになりますがそれでも?」

赤「そこら辺は何とか誤魔化しますよ」

桃「ま、色々コネもあるしね」

怪人「そうですか。じゃあそういうことでお願いします」

赤「あいよ。そちらも男幹部さんによろしく」

怪人「えぇ、それでは。」

桃「…帰ったわね。……んで、どうしてあの女がここに?
ましてや、なんで協力してんの?」

赤「しょうがないだろ。
どっかの誰かさんたちが協力技だか連係技だかぶっ放したんだから」

桃「……んなこと言ったって、まさかあそこで、ねぇ?」

赤「まあなあ、人払い抜けて一般人の紛れ込みってのはまずないことだけどな。
だけどお前ぐらいは気付けただろ」


桃「うぅ、だから少しでも相殺できるようにしたのよ、あれでも」

赤「……の、わりには男幹部さんが死にかけてたんだが?」

桃「あ、あはは…。えっと、反省してるわよ。
ちゃんとお見舞にも行ったじゃない」

赤「…それでなんで、出入り禁止になるんだよ?」

桃「ね、ねぇ、不思議よねぇ」

赤「…………」

オチも考えず書くとロクなことにならないね
とか、そんなアレ

桃「……」

黄「〜♪」

桃「……こら、もう少しだから我慢しなさい」

黄「んぅ。でも、くすぐったいぃ〜」

桃「……っとに、もう」

黄「あぅ、そのこしょこしょするのダメぇ〜」

桃「こしょこしょじゃなくて梵天、ね」

黄「う〜、どっちでもいいから〜」

桃「はいはい、もうちょっとで終わるから。だいたい息かけられるの嫌いでしょ」

黄「んん、でも……。ん? おわった?」

桃「ええ終わったわよ。それで、もう片方はどうする? やる?」

黄「ん〜と……、やる!」

桃「いいの? またくすぐったいわよ〜?」

黄「いいの! 桃のうまくてきもちいいもん!」

桃「あら、ありがと。それじゃ反対側にごろんしてね」

黄「は〜い」

桃「…………」

黄「〜〜♪」

青「〜〜!!!」ギリギリギリ

赤「あー、落ち着け青。えらく怖い顔になってるぞ」

青「だ、だって黄が、あんな顔して、私にだって滅多に見せないのに……」

赤「ん、まあ桃の耳かきは上手いからなあ」

青「ふ、ふふふ。そうだ、桃のせいだな。ならいっそ桃を……」

赤「っと、待てまて。本当になんで黄のことになるとお前さんは……」

青「うぅ〜〜、黄の馬鹿〜」

耳かきって気持ちいいよね
っていう、そんなあれ

乙ん

>>494
太もものぬくもりがないからだ

緑「>>495……、それ、だ」



緑「……と、いうわ、けで、作って、みた」

赤「……で、なんだこれ?」

緑「全、自、動耳、かきロ、ボット」ドヤッ

赤「あーうん、それはなんとなくわかる。わかるんだが、なんで下半身がマネキンなんだ?」

緑「た、だの、マネキン、じゃ、ない。シリコンと、小型、ヒーターに、より、限りな、く、人肌に、近づ、けた、逸品」ドヤァァ

赤「そ、そうか。……で、これを俺にどうせいと?」

緑「プレゼン、ト、フォーユー」

赤「……は?」

緑「これ、で、一人、でやる、寂し、さと、も、オサラバ、グッバイ」グッ!

赤「……えっと、そのなんだ。うん、非常にありがたいんだが、遠慮しとくよ」

緑「えっ? どう、して?」

赤「いや、なんつーか……、キモい」

緑「え? ……え?」

赤「んじゃあ、そういうわけで、な」

緑「あ、あぁ、うん。じゃあ、ね」



緑「…………>>495、許さ、ない」ギリギリギリッ

すまぬ>>495
それだ! って思ったら
いつのまにかネタにしてた

……うん、ごめん

あら、もう500か……

黄「しんぐるべ〜、しんぐるべ〜、すっずがなる〜」

首領「きょうは、たのっしい、クリスマス〜」

男幹部「おー、二人ともはしゃいでんなあ」

桃「まあ、すっごい楽しみにしてたからねぇ。今年もサンタさん来てくれるかなっ? って、えらいキラキラした瞳で言われたもの」

怪人「そりゃまた……。まあ、うちの首領も同じようなもんでしたけどね」

男幹部「お? どうした、飯の準備は終わったん?」

怪人「飯って、あーた。まあ、そうですね、後は赤さんのケーキと女幹部さんが七面鳥だけですね」

男幹部「うしっ! そしたら、だ。おーい、そこなザコーズ、いいかげんそっち切り上げて手伝え! そろそろ始まんぞ〜」

桃「青と緑もね〜、飾り付けはそれぐらいでいいから、こっち戻って手伝って」

雑魚A「お、やっと始まるんだぜ」

雑魚B「もう、お腹が空いてすいてしょうがなかったんだぜ」

緑「……つか、れ、た。ごは、ん」

青「緑は普段から部屋にこもってるからそうなるんだ、これからはもうちょっと鍛えなきゃな」

黄「ん? なになに、何の話?」

青「緑は体力がないなって話だ」

緑「そん、な、こと……」

黄「あ〜、たしかにボクよりちっちゃいもんね」

緑「むっ……、胸は、わたしの、ほう、が、大人」

黄「な!? 何言ってるのさ、ほんのちょっとしか変わらないじゃんか!」

緑「ちょっと、でも、歴然た、る、事実」

黄「むぅ〜〜」

桃「はいはい、馬鹿な話ししてないの。料理も出来るんだからテーブルの準備手伝って、ね?」

「「…………(チッ)」」

桃「なんで舌打ちされたのかしら?」

青「さあ、なんでだろうな?」ジー

赤「なんです、そっちの道にでも目覚めたんですか、青さん?」

青「!? あ、赤?」

桃「あら、もう出来ちゃったの?」

赤「おう、いま女幹部さんがターキー持ってくるよ」

桃「そう。じゃ、スープ温めなおしてくるわね」

首領「(グゥー)……あぅ」

雑魚A「おいおい、ご飯はまだかなんだぜ?」

雑魚B「そうだぜ、シャンパンもお皿も用意し終わったんだぜ」

怪人「まったく、もうちょっと待てんのか。……っと、大丈夫ですか男幹部さん。やっぱり、まだ入院してた方が」

女幹部「は〜い、お待たせしました。って怪人、まだそんな心配してるの?」

怪人「そんな、って女幹部さん……」

男幹部「あぁ、いいよいいよ、気にすんな本当のことだし。それに、こんな時に独りベッドの上って方が嫌だしな」

女幹部「まったく車椅子で来るなんてどんな神経してるんですか? ほら、先に切り分けときましたから、これなら片手で食べられるでしょう」

男幹部「お、ありがとさん」

女幹部「ったく、あと今日はお酒もタバコもだめですからね。怪人、ちゃんと見張っときなさい」

怪人「は、はい。……えっと?」

男幹部「なに、根は優しい娘、ってことさ」

怪人「は、はぁ……?」

首領「グゥー キュルルル)ぅぅ〜〜、ねぇ、まだぁ〜?」

男幹部「あ、ああ、すみません。赤、そっちは?」

赤「はい、いま桃が、っと来ました。大丈夫です」


男幹部「よしっ。じゃ、音頭よろしく」

赤「了解。……ん、桃も座ったな。んじゃ、皆様グラスを持って……」

 「「「「「「「「「「「メリークリスマス!!!」」」」」」」」」」」

でも、書いてる本人は今年もシングルベルってな……
まあ、そんなお話

金「新年のここは静かじゃの……」ズズズ

赤「皆初詣に行っちゃいましたからね」ズズ

金「ふふ。赤も気にせず行けばよかったのじゃ」

赤「そんな……僕はどうもあの人ごみが苦手で」

金「そんなことを言っているとワシみたいにすぐに年寄りじゃぞ」

赤「何言ってるんですか。まだ若いですよ。それに」

金「それに?」

赤「基地内がこんなにも静かな時は貴重ですし」

金「ふふ、それもそうじゃな」

ジュウー

赤「あ、お餅焼けましたね」ジュウジュウ

金「む、そうか」

赤「きなこと醤油、どちらにしますか?」

金「もちろん醤油じゃ」

赤「ふふ、そういえば金さんはいつも醤油でしたね」ニコ

金「きな粉の甘さがどうも苦手での……」ハムハム

赤「じゃあ僕も醤油で食べようかな」モグモグ

金「いい餅じゃな。よく伸びる」

赤「おいしいでしょ?それ、女幹部さんがくれたんですよ」

金「ほう、あの小娘が……」

赤「餅つきしたときに、作りすぎたんですよ」

金「ん?赤もその場に居合わせたのか?」

赤「ええ、特に用事もなかったので」

————————

雑魚1『餅つき大会なんだぜ!』ペッタンペッタン

雑魚2『なんだぜ!』コネコネ

怪人『うぉぉぉザコーズのペアなんぞに負けるかァァァ!』ペッタンペッタン

男幹部『あの、そんな早くやられるとこねるタイミングが……』

雑魚1『上等なんだぜ怪人!』ペッタンペッタン

雑魚2『なんだぜ!』


女幹部『今年はたくさんお餅ができそうですねー……』

赤『ですね……』

首領『もち米おいしいのー♪』ムシャムシャ

赤「ふふ」

金「ま、楽しそうでなによりじゃ」

赤「それなりに」ニコ

金「それなり、か」



金「静かじゃな」ズズ

赤「静かですねー」ズズ-

よくわかんなくなったからオワリ

男幹部「まあ、ぼちぼちだな。そっちはどうだ?」

怪人「どうにかこうにか、ですね。赤さんも何度か来てくれましたし」

男幹部「そりゃ悪いことしたな。何かお返しせにゃあな」

怪人「したら、サラダ油とかですか? タオルとかは要らないでしょうし」

男暗部「いや、この前訊いたら小麦粉とか卵の方が応用がきいていいって言ってたな」

怪人「ふむ、わかりました。では、そのように手配しておきますね」

男幹部「すまんな。……ところで、その鍋はなんだ?」

怪人「へ? あ、ああ、七草粥ですよ。本来の意味とは違いますが、まあ病人食って意味じゃあちょうどいいでしょう」

男幹部「そりゃまた……、いつもすまないねぇ」

怪人「んな、わざとらしい空咳いりませんから、ちゃっちゃと治してくださいよ」

男幹部「お前なあ、こっちの年も考えろよ。そりゃ、さっさと本復したいのは山々だがな」

怪人「そうですか? 一週間かそこらでそこまで治るのは十分若いと思いますが」

男幹部「いやいや、それが中々な。年末あたりから寝てばっかりだからな、勘働きがどれだけ鈍ってることやら、だ」

怪人「あぁ、そっちのほうですか。すいません、私が手伝えればいいんですが……」

男幹部「なに、気にすんな。さいきん金さんが暇を持て余しているって言ってたからな、何とかなるだろ」

怪人「金さん、ですか? 赤さんや桃さんでなく?」

男幹部「それが、どうにも忙しいらしくてな。

    ま、ついでに言えば、ほれ、もしやり過ぎちまった場合に首領の相手できるのがいなくなっちまうだろ」

怪人「そりゃあ、そうですが……。あっ、そう言えば首領が謝りたがってましたよ」

男暗部「首領が? なんでまた?」

怪人「ほら初詣の時の、お屠蘇だか飲んで酔っ払っちゃったでしょう。それで怪我させちゃったから、だそうです」

男幹部「んなもん気にする必要もないに。大体それだったらあれ勧めたザコーズだろう?」

怪人「いやあの二人は二人で反省してますよ。ただ忙しかったので行動で示せって言ってしまいまして」


男幹部「それで来れない、と。……ふむ、それでちったあ使えるようになったのか」

怪人「……急に表から裏方には来れませんよねぇ」

男幹部「……そうか。すまん、とっとと治すし、そしたら……、どっか飯でも奢ろう」

怪人「なに気にせんで下さい。あぁ、でも、どうせだったらご飯だけじゃなく買い物にも付き合ってくださいな」

今年は初詣行けんかったなぁ、とか
やっぱり怪人が女のイメージで固まっててどうしよう、とか
ぐだぐだと、オチが付きそうにもないのでここらで

緑「……8」

桃「んじゃ、9を二枚ね」

黄「ええっと、10、だよ」

青「むぅ、なら11を……、二枚だな」

桃「青、ダウトよ」

青「ぐっ……! なんでバレるんだ?」

桃「クスクス) 顔に出過ぎなのよ、あなた」

青「う〜む、私よりは黄の方がわかりやすいと思うんだがなあ」

黄「えぇ〜、そんなことないと思うけどなぁ。青って単純だもん」

青「なんだと? なにか言ったか黄?」

黄「べっつにぃ〜、なにも言ってないよ〜」

桃「……こらこら、二人とも喧嘩しないの。それよりもQを二枚で私のあがりだから、罰ゲームは青ね」

青「チッ) また私か。……本当にイカサマはやってないんだろうな?」

桃「失礼ね、やってないわよ。大体もしやってたら緑が気づくでしょうに」

緑「コクン) 監、視、装置、に、反、応は、なかった」

黄「ボクも見てたけど、何もへんなところなかったよ」

青「む〜、ならなんで百発百中なんだ?」

桃「だから、あんたたちがわかり易いからだってば」

黄「たしかに緑のときも当てるもんね」

緑「言われ、ない、とき、も、あるけ、ど、でも、ミスは、してく、れな、い」

青「そのくせして、こっちには読ませない、か。……ズルいぞ!」

桃「なんでよ……。ま、慣れよ慣れ。あんたらも、やれ諜報だ、隠密だって、裏方やらされれば嫌でも出来るようになるわよ」

桃は実は苦労人って書きたかっただけなのに
なんか変なものに……

ああ、だから影薄かった時期があったのかww

青「うぅ……。なぁ、これ本当にやらなくちゃ駄目か?」

桃「当然! 罰ゲームは絶対って言ったのは青じゃない」

青「で、でもなぁ、こんな恰好してなんて……」

桃「大丈夫よ、ちゃぁんと似合ってて可愛いわよ。ねぇ?」

黄「うん! 青っていつもの大人っぽいのだけじゃなくて、こういうのも似合うんだね。ずるいなぁ」

緑「今、度、衣装、合わ、せ、おね、がいして、いい?」

桃「ねっ。そういうわけだから安心して行ってきなさいな」

青「ぅぅ、わかったよ。でも本当に変じゃないんだな? 絶対にぜったいだな!?」

黄「嘘じゃないよ〜。もう、疑り深いなあ」

緑「コクコク) 本当、に、ほんと、う」

桃「ほらほら、いつまでもうじうじしてないで一発いってきなさい。案ずるより産むがやすし、よ」

青「わ、わかったよ。行くよ、行くってば」

赤「……くかー……ぐー」

青「赤ー、……寝てる、な」

赤「……ん?」

青「ビクッ) お、起きたのか?」

赤「……くー……」

青「ホッ) 大丈夫だったか。……やるしかない、か。ええっと……」ユサユサ)

赤「……ん、んん? 誰って、……青、か?」

青「おはようございます、ご主人様。今日も一日がんばりましょう、にゃん♪」

赤「……はっ、ドリームか! ……よし、寝るか」

青「えっ!? ちょ、ちょっと赤、なんで寝るんだ、っていうかドリームってなんだ、ドリームって?」

赤「そりゃあ何でも夢オチにして、無かったことにできる素晴らしい言葉ですよ。んじゃ、あらためて、おやすみなさい」

青「あ、ああ、おやすみ。じゃ、なくて! なんで寝るんだってば。そんなに嫌だったか?」

赤「嫌っていうわけじゃないですが、なんていうか……」

青「なんだ、何かあるなら言ったらどうだ」

赤「……何故に猫耳? 後その格好はなんなんですか?」バニーガール?

青「これは、その、罰ゲームだ。別にしたくてしてるわけじゃない」キャットガール、ラシイゾ

赤「はあ、罰ゲ−ムですか」

青「あぁ、そうだ。……で、ど、どう、かな? 似合ってる、かな?」

赤「……はい?」

青「い、いや、それも訊いてこいって言われたんだ、しょうがないだろう?」

赤「あー、うん、似合ってます。意外って言ったら失礼かもしれませんが、うん、とっても可愛らしいと思いますよ」

青「ほ、ほぅ、そうかそうか。それじゃあ仕方ないな。え〜と、赤の携帯はこれか?」

赤「ええ、そうですが、何かするんですか?」

青「ん? いやなに、可愛いって言われたら証拠を残さなきゃ駄目らしくてっな。ま、まあ恥ずかしいがしょうがない、待ち受けでいいか?」

赤「そりゃ構いませんが、……けど、本当にそこまで言ったのか桃?」

桃「あっ、こら、なにバラしてんのよ! って、……あ」

青「……桃? えっと、なんでここに? 緑の部屋で皆で待ってるってはずじゃ……?」

桃「あ、あはは、やっぱこういうのって中継してナンボよね〜、って話になっちゃてね。うん、別に騙したわけじゃないの、本当よ」

青「…………」プルプル)

桃「え〜っと、青?」

青「う、うわぁぁああぁぁぁん!!! 桃の、みんなの馬鹿ぁ〜〜〜〜!!」

桃「きゃっ!? ちょっと危ないって、ごめん、謝るから、やめて、やめなさいってば!」

赤「……はぁ、俺今回なんも悪くないよなぁ」

変なもののままで、ってのもなんなので
前の猫耳のと抱き合わせで再利用とか、そんな感じでひとつ

>>524

(゚д゚) ソ、ソウダッタノカ……

黄「あぁぁぁぁああぁぁぁかぁぁあぁぁぁあぁぁあ!!!」

赤「……ゥグァッ!! だ、だから、寝起きの、ダイビングはやめてくれと、あれほど……」ゲホゲホッ

黄「うぅ、ごめん。で、でも赤、外見てよ外。ほら、雪だよ!」

赤「ん〜? ああ、そういや昨日の夜から降るとか言ってたな」

黄「でしょでしょ! だからほら〜、ね!」

赤「いや、ね、って言われてもな、まだたいして積もってないじゃないか」

黄「ぅ〜、そうだけど、でも雪だよ雪! なんかこう、わくわく〜ってしない?」

赤「……んな犬じゃあるまいに」

黄「むぅ〜〜、あ〜かぁ〜」

赤「わかった、わかったよ。じゃあ朝飯食べてからな、そうすりゃ少しは積もってるだろ」

黄「ほんと!? 雪合戦とかできるかな?」

赤「んー、この調子で降ってりゃいけんだろ。なんだったら昼まで待てば青とかも暇になるだろうしな」

黄「おぉー、団体戦だね! うぅ〜ん、燃えてきたぁ〜」

おととい雪が降ったのよ、とかそんな感じ

赤「おっ、そろそろ煮えたか?」

桃「あらあらぁ、いい匂いじゃない。やっぱ冬はお鍋よね〜」

赤「……なんで当たり前のように居るんだよ?」

桃「あら、そんなこと言っていいの? せっかくいいお肉買ってきてあげたっていうのに」

赤「すいませんでした、どうぞ一緒に食べてくださいませ」

桃「一切躊躇しなかったわね……、ま、いいけど。とりあえずこれで足りるかしら?」

赤「……あの、桃? 俺の見間違いかな、グラム300円って文字が見えるんだが?」

桃「たまには良いお肉食べないとね。美味しいご飯が作れないでしょ」

赤「桃、おまえってやつは。……ところで、これは奢りでいいんだよな?」

桃「あたりまえでしょ。まぁ、いつものご飯のお礼ってところよ」

赤「おお……。あ、ヤベ、なんか涙出てきた」

桃「あんたね……。そしたらせいぜい感謝して食べなさいな、そんでこれからも美味しいご飯よろしくね」

おおぅ、ageちまったよ……orz

女幹部「あ、あの、本当にこんな恰好しなきゃ駄目なんでしょうか?」

雑魚A「大丈夫だぜ! 女幹部さんによく似合ってるんだぜ!」

雑魚B「そうだぜ、だいたい赤の奴はニブチンだからそれぐらいしなきゃ気づかないんだぜ!」

女幹部「で、でも肌とか出し過ぎじゃないでしょうか? それに、ちょっとズレたら見えちゃいそうで……」

雑魚A「そんなことないんだぜ! それぐらい今どきの子だったら普通なんだぜ!」

雑魚B「なんだったら、またいつもの皆に見てもらうんだぜ。この前みたいにきっと好評なんだぜ」

雑魚A「おっ、そりゃいいんだぜ。写真も撮ってあるし試してみるんだぜ?」

女幹部「えぇ!? またやるんですか? ……あの、本当に大丈夫な所なんですよね?」

雑魚A「あったりまえだぜ! 前回のアドバイスも効果あったんだぜ?」

女幹部「まぁ……、それは、そうです、けど……」

雑魚A「だったら、行動。悩む前に即行動! だぜ」

雑魚B「それじゃ新しいポーズも撮るんだぜ、その方がきっともっとアドバイスをもらえるんだぜ」

雑魚A「ようし! じゃ、まずは前かがみで行ってみようなんだぜ。こう胸元をちょっとアピールする感じでお願いするんだぜ」

女幹部「えぇっと、こうですか?」

雑魚B「おっけーおっけー! あっ、もうちょっと目線こっちにお願いするんだぜ」

雑魚A「さて、後はこれを掲示板にアップすれば……」

雑魚B「おお! カウンターが一気に回ってるんだぜ」

雑魚A「相変わらず、どうやっったらこんなすぐに気づくのか不思議なんだぜ。っと、課金の方はどうなんだぜ?」

雑魚B「そっちもばっちりなんだぜ。やっぱサムネに軽くモザイクをかけたのが効いてるんだぜ」

雑魚A「おう、やっぱり工夫は大事ってことだぜ。……しかし、ここまで儲けが出ると女幹部さんに少し悪い気がしてくるんだぜ」

雑魚B「んなこと言ったって、馬鹿正直に話したら文字通り首にされっちまうかもしれないんだぜ?」

雑魚A「うぅむ、それもそうかなんだぜ。……そんじゃ、しょうがない、教えるわけにいかないん、だ……ぜ…………」

雑魚B「だぜ。これはしょうがないんことなんだぜ。……って、どうかしたんだ……ぜ…………」

男幹部ん? どうした? なかなか面白い話してたじゃないか。続きはないのか?」

雑魚A「い、いや、その男幹部さんは、どうしてこちらに、なんだぜ?」

男幹部「いやなに怪人の奴がな、どうも女幹部さんによく似た女性の写真がネット上で売買されてるみたいだって言ってたんでな」

雑魚A「そ、そりゃ大変なんだぜ。ひどい奴もいたもんなんだぜ。なぁ雑魚B」

雑魚B「そ、そうだぜ。そんな奴ら許しておけないんだぜ」

男幹部「そうかそうか、そりゃ頼もしい限りだ。……ところで、そいつらの身元を探らせたらな、どうやらココらしいんだわ、なにか心当たりはないか?」

雑魚B「こ、ココなんだぜ? さぁ……? あっ、カモフラージュに使われたとか、だぜ」

雑魚A「むぅ、困ったもんだぜ。そりゃ大問題なんだぜ」

男幹部「ふむ、たしかにそうなりゃ大問題だな。なんせ怪人と緑さんの両方ともを騙くらかせるわけだからな」

雑魚B「ゐ゛!? そ、そいつはヤバいんだぜ。早急に対策を練るべきなんだぜ!」

雑魚A「お、おう! およばずながら手伝わさせてもらうんだぜ!」

男幹部「はっはっはっ。いや本当に良い部下を持ったもんだぜ。そんじゃ、まず手始めにそのデジカメとPCの画面の意味を教えてくれるかな?」

雑魚A「あ゛……。い、いや、その、これは……」

雑魚B「えぇと、なんて言うか……」

男幹部「……なぁ、ひとつ先に言っとくぞ。そりゃ狸芝居に付き合うのは嫌いじゃないがな、だからって、それで許してやるわけじゃねぇぞ。むしろ……、なぁ?」

雑魚B「あ、あはっ、あはは……は……は」

雑魚A「…………」ガタガタガタ

雑魚B(ど、どうするんだぜ、雑魚Aェェェ!!!)

雑魚A(無理、こいつは無理だぜ、雑魚B)

男幹部「……んで? 覚悟は決まったか?」

雑魚A・B((あ、これ死んだわ))

なんかザコーズが嫌な奴らになってるけど
別にザコーズが嫌いなわけじゃないですよ
たまたま、そんな役になっただけです

赤「……いったいなにがどうしてこうなった?」

女幹部「あ、あの、どうかしましたか?」

赤「あ、いやなに、本当に俺なんかが買い物に付き合ってよかったんですか?」

女幹部「そ、そんなことないですよ! むしろ、こっちこそ付き合っていただいて本当に……」

赤「い、いや俺こそこんな誘っていただいて……」



男幹部「何やってんだ、あの二人は」

怪人「いやあ、初々しくて好いじゃないですか」

桃「……にしたって、もうちょっと積極的にいってもいいと思うんだけどねぇ」

男幹部「そんな甲斐性があのヘタレにあるわけないでしょうよ」

怪人「ですねぇ……。まあ、だからこそ赤さん、という気もしますけどね」

桃「あはは、困ったことに否定できないのよねぇ……」

ネタが出てこなくて困ったもんだい、とか
そんな無理やりなアレ

桃が冷静・・・だと・・・

女幹部「あの赤さん、そんなに持っていただいて本当に大丈夫なんですか?」

赤「いやいや全然。普段もっと重い物もったりしてますしね、余裕ですよ」

女幹部「そう、ですか。でも、やっぱり私も少しぐらい持ちますよ」

赤「いやでも女性に荷物持たせるわけには……。っと、あれですよ言ってたお店」

女幹部「あっ、そうなんですか? ……あの、荷物」

赤「んじゃ行きましょうか。あそこの野菜は安いのにいいのが多いんですよ」

女幹部「あ、あの赤さん? ……もぅ」

男幹部「……なんじゃ、ありゃ」

怪人「本当にただの買い物になってますね」

桃「あのバカは、本当にもう……。なんでいいお店って言われて商店街案内してんのよ、アホじゃないの」

男幹部「まったくなぁ、なんだったら居酒屋……は駄目か。ま、なんにしても飯屋に行く流れじゃなかったのか、あれは?」

桃「それ以外に何があるのよ。しかも荷物持ちはいいけど、逆にやりすぎて相手困らせちゃってるし」

怪人「いくら経験がないって言ったってここまでとは。うーむ、次からはデートプランとか、それとなく教えとくべきですかねぇ」

男幹部「だな。じゃねえとあの馬鹿いつまでたっても成長せんわ。……しかしあれだな、桃さん?」

桃「ほんと、どうしたもんかしらね。……ん、何よ?」

男幹部「いや、ふと思ったんだが嫉妬とかってしないのか? こう、よくも私の赤を……、みたいなさ」

怪人「あぁ、そういやそうですね。私も混ぜろって言われた時には、てっきり妨害するものだと思ってたんですが」

桃「ああ、そんなこと? まあ妨害しようかとも半分ぐらいは思ってたんだけどね……」

怪人「半分? それなら、もう半分は?」

桃「……赤が本当にデートなんて出来るのかなあ、とか?」

怪人「なぜに疑問形? えっと、それじゃあ今はどんな感じなんです?」

桃「ん〜、なんかもういいや、みたいな? とりあえず帰ったらお説教でもしようかしら」

怪人「それは是非にでもお願いします。……ところで、どこに電話してるんですか男幹部さん?」

男幹部「ん? いや、次に行くところが俺の元部下の店だからな。お二人さんデートですか、とかそんな感じの発破かけろ、と」

桃「あら、意外な伝手があるのね。……でも、それで効くかしら?」

男幹部「なに、効かなかったら効かなかったでもう一軒、喫茶店の方に呼び込みでもさせるさ」

桃「喫茶店?」

怪人「みなとや、って行ったことありませんか? あそこですよ」

桃「みなとやって、あの何故か味噌カツ定食があるところ?」

男幹部「えぇ、そこです。ちなみに三回断ってもなお頼むと裏に連れてかれますよ」

桃「やったの?」

怪人「阿呆ですからね、この人。……いや冗談ですが、実際は私たちの会合場所って言うと堅苦しいですかね、まあ溜まり場ですよ」

桃「ふぅん、それで頼むときの合言葉は?」

男幹部「それは秘密です。おっ、ちっとは意識したかな、すこしギクシャクしてますよ」

怪人「おや本当だ、これは少し望みが出てきましたかね」

桃「だといいんだけどね。んじゃ移動しましょうか、さすがに屋上は風が寒いわ」

男幹部「あ〜っと、すいませんでした。こいつでよければ使いますか?」

桃「あはは、ありがと。でも、ほかの人のつけると隠形のほうがね、ごめんね」

男幹部「いえ、お気になさらず。重ね重ね失礼しました」

怪人「……(じー)」

男幹部「あんだよ?」

怪人「いえ別に。ただ私もすこし寒いかなー、と」

男幹部「冷暖完備のオーバーボディ着てるくせしてなに言ってやがる。ほれ、とっとと行くぞ」

怪人「……(むぅ)」

桃「なんていうか、あなたも大変ねぇ」

怪人「……ん、まあ、慣れましたよ。えぇ、いや、本当に」

>>543に、そりゃそうだと思ったので
なんとなし続きっぽいものを

とりあえずここの怪人は実は女ですとかなんとか、そんな感じで一つ

桃「ん……、もう、またなの?」

赤「いいだろ。せっかくの休みなんだし」

桃「だからって……。ほんと底なしなんだから」

赤「むう。そんなこと言って桃だって好きだろ?」

桃「なに言ってるの? 赤に付き合ってるだけ、よ」

赤「そうかあ? そのわりにゃ……」

桃「い・い・か・ら! そういうことなの。わかった?」

赤「わかった、わかったよ。だからもう一回、な?」

桃「はぁ……、これで最後よ」






赤「よ〜し、今度こそは30段の大台に!」

桃「まったく、なんでトランプタワーなんか……」

エロっぽく勘違いできる会話を
と思って、失敗する
とか、そんなアレ

お金をかけずにできる趣味には情熱燃やしそうだな

青「ぁ〜うぅ。……あかぁ、ごめんなぁ」

赤「はい? なんですか藪から棒に」

青「だって、こんな……、面倒かけてるし」

赤「ああ、なに言うかと思ったら。風邪なんですし、むしろ頼ってくださいよ」

青「うぅ、赤は優しいなあ。それに比べて私は……、ううぅ、ごめんなぁ」

赤「だから気にしないでくださいって。いつものだって俺を鍛えるためでしょう、むしろ感謝してますよ」

青「本当か? そんなこと言って心の底じゃ少しぐらい思ってるんじゃ……」

赤「そりゃ言われた時ぐらいは、でも俺のためだって解ってますからね。嫌だなんて思ってませんよ」

青「…………あ〜かぁ〜」

赤「ちょ、ちょっと、なんで泣くんですか!? え、俺なんか変なこと言いました?」

青「(ブンブンッ!) ちが、ちがくて、あ゛う゛う゛〜〜。ごべん、ごべんなざい゛〜〜」

赤「ああもう、ほら落ち着いてください、大丈夫ですから、ね?」

青「うん……うん……。ね、ねぇ赤?」

赤「はい、なんです?」

青「これ、からも、一緒に、いてくれ、る?」

赤「そりゃ勿論です。むしろこっちが捨てられないか心配なぐらいですよ」

青「な゛い゛! ないよ、そんなの! だから、一緒にいてね!?」

赤「えぇ、わかりました。一緒にいますよ」

青「うん! うん、約束、だから、ね。やぶっちゃ、嫌だよ?」

普段、キリッ、としてる人が風邪とかで弱気になってるとかいいよね
とか、何かちょっと変態っぽいアレ

赤「……さて、と?」

桃「なによ、変な顔して。せっかく効くって評判の薬そろえてあげたのよ」

赤「いや、それは嬉しいんだが……。なんで胃薬や整腸剤ばかりなんだ?」

桃「えっ、だって今日は、ねぇ?」

赤「いや、ねぇって言われても……」

桃「いいから! 持っておきなさい。じゃ、頑張ってね」

赤「あ、ああ……」

………

……

黄「あっ、赤だ! ねえ、もうもらっちゃった?」

赤「おう、黄か。んで貰ったって何が?」

黄「う、ううん! 何でもないよ。もらってないなら、いいんだよ」

赤「んん? どうかしたのか?」

黄「え、ええっとね。はいこれ、あげる!」

赤「……チョコレート、か?」

黄「うん! 今日バレンタインデーでしょ。がんばって作ったんだ」

赤「そうか……。ところで、なんかチョコよりカレーの匂いが強い気がするんだが」

黄「あっ、気づいた? ほらカレーにチョコ入れるとおいしいでしょ、だからチョコに入れてもおいしいかなって」

赤「そうか、なるほどなー。さすが黄だなぁ……」

黄「うん、きっとおいしいよ! じゃね、ちゃんと食べてね!」

緑「赤、見つけ、た」

赤「今度は緑か?」

緑「こん、ど?」

赤「ん、ああいや、なんでもない。それで、どうかしたのか?」

緑「ん。これ、作った。バレン、タ、インデー、の」

赤「おお、ありがとうな。……薬とか入ってないよな?」

緑「当、然。こう、いうの、は、直、球、勝負。赤の、好き、な、ビター、チョコ」

赤「そっか。うん、大事にいただくよ」

緑「うん、おいしく、食べ、て、ね」

赤「……うーむ。あれか、今日あたり死ぬのか俺は?」

青「なにを言ってるんだ、お前は?」

赤「ああ青さん。いや何か黄と緑からバレンタインのチョコを貰いまして。んで、ああ死ぬのかな、と」

青「いやだからどうして、そうなるんだ。まあ、あいつ達もそれだけ感謝しているということなんじゃないか」

赤「感謝、ですか?」

青「うむ。なんだかんだで身の回りの世話を殆ど任せてしまっているからな、そのお礼ということだろう」

赤「なるほど、義理チョコってやつですか」

青「多分そうだろうな。あー、ところでココアでも飲むか?」

赤「ココアですか? 珍しいですね。じゃ、今準備しますね」

青「あっ、いや待て今日は私が淹れよう」

赤「はい? あの本当にどうしたんですか?」

青「ほらバレンタインデーだからな。まあココアならチョコを砕くだけだし問題ないだろ」

赤「……あ、あぁ、青さんも義理チョコをくれるんですか。や、ありがとうございます」

青「義理……。う、うん、そうだな。私も色々と感謝しているからな。……義理チョコだなんて言うんじゃなかった」

赤「えっと、青さん?」

青「いや何でもない。すぐ淹れるから、ちょっと待っていてくれ。……ふぅ、自業自得か。すまんな黄、緑」

赤「???」

桃「あれっ、随分と顔色がいいわね。そんなに薬が……って、飲んでないわね」

赤「ん、まあな。カレーだったりノンシュガーだったりしたけど、別に薬飲むほどじゃなかったな」

桃「そりゃよかったわね。あれ、でも青には貰わなかったの?」

赤「いやココアを淹れてくれたぞ。しかし、あれだな義理チョコでも貰えるとやっぱ嬉しいもんだな」

桃「えっ、義理チョコ?」

赤「おう、つっても青さんに言われて気付いたんだけどな。しかし、俺ってそんなに感謝されてたのか?」

桃「……あの子は、もう」

赤「なんで溜息ついてんだ?」

桃「いや素直になれないってのも困ったものねって思って」

赤「はぁ?」

桃「あぁ〜っと、まあ気にしなくていいわよ、あの娘の問題なんだし」

赤「そうなのか?」

桃「えぇ、そうなのよ。……っと、忘れるところだったわ。はい、これ」

赤「……チョコ、か?」

桃「それ以外に何があるのよ。ちゃんと手作りで本命のチョコだからね、よく味わって食べなさいよ」

赤「ゑ゛っ!? ……えっ?」

桃「なんて顔してんのよ。あぁ、それと多分他の皆も本命チョコだと思うわよ。ちゃんと感想なりお返しなり考えておきなさいよ」

赤「……いや…………えぇっと?」

桃「……はぁ。まっ、赤らしいっちゃ赤らしいけどね。じゃあね、ちゃぁんと考えときなさいよー」

そういや14日は煮干し以外にも何かあったらしいよ
とか、そんな感じで一つ




……ふんどしでもよかった、のか?

白「あ、あの赤さん! これ、ちょっと遅れちゃったけどバレンタインデーです!」

赤「へ!? あ、あぁ、ありがとう」

白「えっと、その、頑張って選びましたので、ぜひ着けてくださいね」

赤「ん? 着けるの?」

白「はい。赤さんの戦隊カラーに合わせた赤色の褌です!」

赤「……はい?」

白「うふふ、きっと似合いますよ〜♪
こう、ただでさえ格好良い赤さんが更に凛々しく男らしくなっちゃって……」

赤「……トリアエズ ソットシトイタホウガイイナ」

白「……そして裸一貫たなびくマフラー、はためく褌!
うふっ、うふふ、想像しただけで鼻血が出そうです。
さぁ、赤さん! ……って、あら?
あ、赤さ〜ん、どこ行っちゃったんですか〜?」

おかしいな、なんか白が変態ちっくに…

黄「うにゃ〜ぁ、んなぁ〜おぅ」

桃「にゃ〜お、もうすこし待っててにゃあ」

緑「黄は、行儀、が、悪、い、にゃ」

黄「にゃ、にゃー! そんなことないにゃ!」

緑「ん〜ふ、図星、にゃん?」

黄「んぅぅ……。ふしゃー!!」

桃「はいはい、喧嘩は駄目にゃん。緑もあまりからかわにゃいの」

青「な、なにをやっているんだ?」

赤「いやなんか今日は猫の日だから、にゃんだそうですよ」

青「赤、おまえもか……」

赤「……俺が、あの三人に勝てると思いますか?」

青「無理、だな。……ところで、その手に持ってるのは何だ?」

赤「そりゃあ猫耳と尻尾ですにゃあ」

青「もしや、私にも着けろ、と?」

赤「俺みたいに半ば襲われながら着けられるよりは良いんじゃないかにゃあ、と」

青「まったく、なんてことだ……にゃ」

2月22日は猫の日なんだそうな

黄「にゃぁ〜お♪ んにぃ〜ぅぅ♪」スリスリ

青「おやあ? 甘えんぼな猫ちゃんがいるなあ」ナデナデ

黄「にゃぁ〜ん♪ ふにゃ〜ぁ♪」ゴロゴロ

青「…あぁ、もう黄は可愛いなあ!」




緑「止めな、くて、い、いの?」

桃「ん〜? ま、良いんじゃない。ちょうどいい肴にもなるし」

緑「桃、ひどい、ね」

桃「あらそう? それを言うなら緑だって、そのカメラは何なのよ?」
緑「…………ネタ?」

桃「…あなたも人のこと言えないじゃない」



赤「あぁ外は寒いなあ。けど中には戻れんしなぁ。……タバコ美味ぇなあ」

ひな祭りの白酒で酔ったとか

ん? アルコール入ってるのは甘酒の方だっけ?

首領「わー、おひなさまきれいなのー」

女幹部「ふふっ、首領もその着物とっても似合ってますよ」

首領「そ、そうかなぁ? へんじゃないかな?」

女幹部「いえ全然。とっても可愛らしくて、お雛様みたいですよ」

首領「あは〜♪ うれしいの〜。ありがとーおんなかんぶー」



雑魚A「お雛様みたいって…、あの着物すごく重くなかったかだぜ?」

雑魚B「たしか、せっかくだから十二単にしたって言ってたから、ものすごい重さなはずなんだぜ」

雑魚A「……さすが首領なんだぜ」

雑魚B「……だぜ」

そういや雛祭りだなぁ、とか

たまには最初に
ココの怪人は女ですよ、とか
だけど普段はオーバーボディ着てるんで男だと思われてる、とか
それを知ってるのは男幹部とあと何故か桃だけ、とか
あれ、なんか似た設定の奴いなかった? とそんな感じになってます

男幹部「……フォカッチャ喰いてぇ」ボソッ

怪人「はい?」

男幹部「フォカッチャ……喰いてえなぁ…………」

怪人「いや、食べればいいんじゃないんですか? 最近はパン屋とかファミレスでも見かけますし」

男幹部「だよなあ、食べたいよなあ」

怪人「ええ、なんでしたらこの後の昼休みにでも行きますか?」

男幹部「ああ、いいなあ。……こう、顔うずめたりなんかして……でも休みないしなぁ」

怪人「顔をうずめる?」

男幹部「モニュモニュってして、でもちょっと硬くて、でもそれが気持ちよくてさあ……」

怪人「いや、あの、男幹部さん?」

男幹部「あぁ、フォカッチャ喰いてえなあ……」

赤「なんぞ呼ばれて来たわけですが……」

オトコカンブ「……フォカッチャー」

赤「いったいなんなんですか、あれは?」

怪人「それが昼前にフォカッチャ喰いたい、って言ったきりあんな感じでして」

赤「はぁ、そんなら買ってくればいいんじゃないですか」

怪人「いや、それがどうも違うみたいでして。なので赤さんなら何かわかるかな、と」

赤「と、言われましても……」

オトコカンブ「フォカー、フォカー、フォーカッチャー」

赤「……まさか、いやでもなあ」

怪人「なにか心当たりがあるんですか!?」

赤「ええっと、そのですね。ちょっとお耳をば……」

怪人「は、はぁ。……ええぇ!?」

赤「まあ、そう思いますよねぇ。ですが昔、恋仲の人にやってもらってたとかで今でも……」

怪人「恋仲? それは恋人ってことですか?」

赤「え、ええ。まあ今はもういないんで、そういうお店に……って、怪人さん?」

怪人「はい、どうかしましたか?」

赤「いやなんか怒ってます?」

怪人「いえいえ、そんなことないですよ。それより赤さん」

赤「ハイ、ナンデショウカ」

怪人「今からちょっと女の子連れてきますから、その娘に詳しく教えてあげてくださいませんか?」

赤「そりゃ構いませんが、大丈夫なんですか」

怪人「大丈夫です、そうした事はちゃんと言い含めておきますので。ではお願いしますね」

赤「は、はぁ……」

………

……



???「あのー、怪人さんから聞いて来たんですが……」

赤「へっ!? ああ、はい、どうぞ」

赤(え、ちょっ、だれこの美人さん? 怪人さん、どっから連れて来たんですか!?)

???「あっ、ありがとうございます。それで、どんな感じですればいいんでしょうか?」

赤「あ〜、えっとですね……。その前に、本当にいいんですか?」

???「はいっ! ちゃんと聞いてきましたから大丈夫です!」

赤「そ、そうですか。それじゃあですね、まず服をこんな風に……はい、それで後は胸をこんな感じで……」

???「えっと……、こう、ですか?」

赤(た、耐えろ、耐えるんだ俺。いま鼻血を出すのはマズイ!)

???「赤さん?」

赤「ハ、ハイ、ダイジョウブデスヨ! じゃなくって、ええそれでいけると思います」

???「そうですか、じゃあ行ってきますね!」

赤「エエ、イッテラッシャイ」

赤(よし耐えた! ギリギリだったけど何とか耐えたぞ!)


オトコカンブ「……フォカッチャー」

???「えっと、男幹部さ〜ん、フォカッチャですよ〜」

オトコカンブ「フォ、フォカッ!?」

???「はい、フォカッチャですよ〜」

男幹部「フォ、フォカー!!」

???「きゃんっ! そんないきなり!? ……もう、がっつきすぎですよぅ」

男幹部「フォッ、フォカッ、フォカッチャー! フォッカー!!」

赤「ちょっ、ちょっと男幹部さん!? やりすぎじゃ……」

???「んもう、そんな急がなくてっも逃げませんよ〜」ムギュッ

男幹部「ふもっ? もが、もがもがっ! フォッカッチャーーー!!!」

???「あぁんっ! んもう……」

赤「…………あー、うん。どうぞ、ごゆっくりー」

毎度ながらキャラが壊れてるなぁ、と思ったり
いや俺の頭がわいてるだけか……?

あとフォカッチャって言ってるのは、ただの語呂で深い意味はないです
それにマシュマロとか肉まんだとそのまんま過ぎだしねぇ

赤「……あー、つかれた〜」

桃「そりゃ、こっちのセリフよ。なんで私まで付き合わされるのよ?」

赤「や、だってうちで一番菓子作り上手いの桃だし」

桃「だからって、ホワイトデーのお返しでしょコレ。なのになんでスポンジケーキとかパンケーキばっかなのよ?」ナンカ、マシュマロモツクラサレタシ

赤「ん? あー……、ほら、そのチョコフォンデュってあるだろ」

桃「あるわねぇ。……って、あんたまさか、そんなベタな……?」ウソデショ!?

赤「おぅ、そのまさかだよ。ホワイトチョコフォンデュってやつをやろうかと思ったんだよ」ウルヘー、イイジャンカヨウ

桃「いや、まぁ、いいけどさあ。だったら、わざわざ作んなくても市販のでよかったんじゃないの?」

赤「チョコも市販でこれも市販じゃ、せっかくの手作りのお礼にならないかなあ、と」

桃「…………馬っ鹿じゃないの」

赤「うぐっ! いや、だって、さあ?」

桃「はぁ……。まあ、もう諦めたけどさあ。……ところで、私の分はあるんでしょうね?」

赤「えっ? あ、あぁ、ちゃんと皆にいきわたる分量つくったはずだぞ」

桃「そういうことじゃないんだけど……」

赤「え? えっ?」

無理やりホワイトデーネタで一つ

というか、真面目にネタがないわけで……
なにかネタとかお題があったら書いてくださるとうれしいな、と

?「……か、……あかっ」

赤「ん……んっ。誰だ? って、黄か?」

黄「うんっ。そうだよ、おはよー赤」

赤「おはようって、まだ三時じゃねえか。俺さっき寝たばっかなんだぞ」

黄「うぅ、ごめん。あの、どうしても赤に言いたいことがあったから。……でも、ごめんね」

赤「いや、いいよ。んで、言いたいことってなによ?」

黄「うん、えっとね。……っと、その前に桃はいないよね?」

赤「桃? 居たら逆に怖いんだが、なんでまた?」

黄「う、ううん! なんでもないんだよ。あっ、それと、今日になってから桃になんか言われた?」

赤「……? いや、言われるも何も昨日は晩飯来会ってないからなぁ」

黄「へ、へ〜、そうなんだ。じゃあボクが一番乗りなのかな」

赤「……黄?」

黄「あっ、ごめん、じゃあ言うね。あのね、赤」

赤「おう、なんだ?」

黄「その……、おたんじょうびおめでとう!」チュッ

赤「……はい?」

黄「あ、あれ、赤今日がたんじょうびじゃなかったっけ?」

赤「い、いや、そうなんだけど。それよりも、お前いま……!」

黄「あっ、あははっ、ちょっとはずかしかったね。その、たんじょうびプレゼント、だよっ」

誕生日って祝ってもらうものらしいよ、とか
そんなんされた覚えがないからわからないよ、とかなんとか
なので、とりあえずロリに走ってみる、なんてそんな感じで一つ

緑「……〜♪ 〜〜♪」

赤「…………ん、ん?」

緑「あ、起き、た?」

赤「み、どり?」

緑「うん、そう。気分、は、どう?」

赤「あ? ああ、特に悪くはないけど、って何だ? 動、かない?」

緑「ん。ちゃん、と、固定、出来てる、ね。じゃ、ないと、危、ない、もんね」

赤「固定? 危ない? いったい何を言ってるんだ?」

緑「クスクス) 赤、がね、最近、いい目、を、見過ぎだ、って、意見が、あって、ね」

赤「いい目、ってなんだそりゃ? いや、それより何をするつもりなんだ!?」

緑「赤、がね、女の、子に、目が行く、のも、仲、よく、なるの、も、しょう、が、ないと、思うの」

赤「いやだから……」

緑「だから、ね。男の、部分が、なくな、れば、いいんじゃ、ないかな、って」

赤「は? いやいやいや! 待てまて、それはおかしいだろ!!」

緑「ふふっ、そうだね。だ・か・ら、女の子に、なってもら、おうか、な、って」

赤「…………は?」

緑「赤の、ね、お腹、で、あかちゃ、んが、育て、られる、ようにするの。うふふ、楽しみ、だね、あかちゃん」

赤「や、旦那はどうする!? ……じゃねぇ! なんでそんなこ……」

緑「それ、も、大、丈夫。赤の、男、の部分、を、流、用、するか、ら。私と、赤の、あかちゃん、名前、は、なにが、いいか、な?」

赤「いやそれ単なる自家生殖じゃね!? って、だから……」

緑「ん〜ん、安心、して。女の、子の、部分は、私、のを、使う、から」

赤「あぁ、それなら安心だな、って違うから、そうじゃないから。頼むから俺の話を聞いてくれねえかな?」

緑「んふふっ。さ〜、頑張、る、よぉ〜♪」

赤「いやだから話を聞けぇええぇぇぇぇえぇぇ!!!」

お、俺は悪くねえ!
皆が赤もげろとか言うから!
とかなんとか言ったりしつつ、そんな感じで一つ

???「おめでとうッ、新しい赤くんの誕生だよ!」

赤「いや、いきなり何を叫んでるんですか男幹部さん」

男幹部「あっ、てめえ、いきなりバラしてるんじゃねえよ。せっかく ? 貼ったっつーのに」

赤「んなメタなこと言われましても……」

男幹部「言われましても、じゃねえっての。まっ、それよりもだ、アレはどうしたアレは?」

赤「アレ?」

男幹部「だからお礼だよお礼。助けてやっただろ、あと一歩ってオペ開始ってところでよ」

赤「あぁ……。っても、財布も何も持ってきてないんですが」

男幹部「別に金銭だけがお礼じゃないだろ。なんなら、体で払ってくれてもいいんだぜ?」

赤「へ? あ、あの、男幹部さん、体でって?」

男幹部「なにとぼけてるんだよ、ウブなねんねじゃあるまいし」

赤「い、いやその男幹部さん?」

男幹部「そんなオボコじゃあるまいし諦めろって。安心しな、たっぷり溜まってるからよ」

赤「ちょ、ちょまっ! なんすかソレは!?」

男幹部「ふっふっふっ。さあ覚悟を決めてもらおうか?」

赤「い、嫌じゃぁぁ〜〜〜〜!!!」










男幹部「ほれ、とっとと片付けろよ。まだまだ締切がヤバいのがわんさか有るんだからな」

赤「うぅ、なんで助かった先で書類仕事せにゃならんのじゃ……」

なんとなし勘違いしそうなモノに再チャレンジ、とか
そんな感じで一つ

ところでネタは何時でも募集中です
ちゃんと応えられるかはわかりませんが
なにかありましたら書いてくださると嬉しいな、と

桃「あ〜かぁ、爪きr……って何してるの?」

赤「先日の悪の組織さんたちとの定期戦の報告書作り。よって全身全霊仕事中」

桃「爪切り知らない?」

赤「……」

桃「ね〜ぇ〜、つ〜め〜き〜り〜ッ!」

赤「俺は今お前にツッコまなくちゃいけんことが三つできた」

桃「どうぞどうぞ吐きだして♪」

赤「……〜〜〜っ。…俺はお前のオカンじゃない。その前に俺は仕事中だってさっき言ったばっかり。そして、爪切り探してるんだったら、俺の隣に座る前に探しにいけばいいだろっ!」

桃「だって、そこにあれば入りたくなるのがこたつじゃない」

赤「こたつじゃない。じゃないの。仕事してるんだから、もうちょっと気遣いとかですね……」

桃「この頃のバラエティってあんま、面白くないよね〜」

赤「って、テレビを見始めるなっ!」

桃「うわ、明日も寒いってさ!いつになれば春っぽくなるのかな〜」

赤「……もういい」

黄「赤ーッ!耳かk……あーっ!いいな!いいな!」

赤「……なんか、俺もう今日は仕事出来ない気がする」

桃「仕事だってのに、共用こたつなんかでやる赤が悪いんだって♪」

黄「私も私も!えぃ……しょと。はふ〜」

桃「って、黄も黄で後から来たくせに、何特等席とってやがりますか〜!」

赤「流石にこれだと、仕事できないんだが……」

黄「わたしだけの役得〜♪ぬくぬく〜」

緑「なにこの、お茶の間、劇場」

赤「俺が主催してるわけじゃない〜っ。というか、助けてくれ。切に」

緑「……火燵かがり」

赤「ぶっ!…なっ!…ばっ!」

桃「……態勢は確かに」

黄「???」

赤「〜〜〜〜っ……。誰か、このキリキリ痛む胃を癒してくれ……」

青「ふ、風紀の乱れを感じ取って見参!」

桃・緑「エロ単語、聞き取ったな……」

青「ゴホンゲフン!そ、そんなことより、赤、黄近い!もうちょっと離れなさいって!」

赤「抜けられないんだが」

青「抜けられるでしょ!こたつ自体はそんなに重くないわけだし!」

赤「いや、そうするとさっきまで作業してたパソコンが保存できないまま、転がっちゃわないか心配で……。ついでに何故か両隣に桃と緑が陣取ってますし」

青「って、桃も緑もなにしてるんだ!抜けなさいっ!」

桃「抜けたくなーい♪」

緑「抜けたく、ない」

黄「抜けたくなーいっ」

青「こ、こ、このぉ……!……私も混ぜろーっ!!」

支援支援。

まだ片づけられないこたつから思いついたそんなアレ。

黄の一人称を変えるコタツの魔翌力か

本日もむっつりは正常運転だな

赤「お宅訪問?」

桃「ええ。たまには違う方向から見てもらうのもいいんじゃないか、ってことで、さ」

赤「つーても、黄や青はトレーニングしやすいからって言って訓練所に住み込みだし、緑は同じような理由で研究室に自室を作ってるし……」

桃「私も最近じゃ、ほぼ住み込み状態だしねぇ。まっ、そんなわけで誰か適当な人を見つけてやってきてよ」

赤「誰かって……。白は保健室が自室だし、黒は……嫌な予感がするな。かといって組織の人のところに行くのも……」

赤「……というわけなんですよ」

金「なにが、というわけじゃ、このたわけが」ジトー

赤「いや、そんな睨まれましても、金さん以外にアテが無かったものですから……」アセアセッ

金「ふむん……、まあよいわ。ほれ、さっさと上がり」

赤「あっ、はい、お邪魔します」

金「茶菓子は煎餅でよかったかの。茶は今淹れて来るでの、少し待っとれ」

赤「あっ、どうも、ってお茶ぐらい俺が淹れま……痛゛ッ!」

金「馬鹿を言うでない。ぬしは客人じゃ、もてなすほうがもてなされてどうする。いいからそのまま待っとれ」

赤「は、はあ。…………あ、美味いですねこの煎餅」

金「それはよかった。ほれ、ちと熱いから気をつけい」

赤「ありがとうございます。あっ、これも美味しいですね」

金「ほほ、そうかの? さいきん茶葉を変えたのでな、心配じゃったが口にあったようでなによりじゃ」

赤「へぇ、どこのに変えたんですか?」

金「うん? たしか新風屋とか言ったかの。ほれ、あの男幹部の知り合いの店じゃ」

赤「男幹部さんの? 相変わらずよくわからない知り合い人間関係してる人ですね」

金「そうかの? まあ今の態をみればわからんでもないが、先代のころは一角の人物じゃったからの、その時のつながりじゃろ」

赤「はあ、そういやそうでしたっけね。そしたら、この煎餅もそこで?」

金「いんや、それはわしが焼いたものじゃ。ふむ、それも口にあったようでなによりじゃの」

赤「焼いたって、そんな簡単に作れるものなんですか?」

金「なに、自分で食べる分には味は関係ないからの。それに、せっかく囲炉裏のある家に住んでおるんじゃし勿体なかろ?」

赤「は、はぁ……」

金「くくっ、そんな困った顔をするな。半ば退役した身じゃからの、そのうえ田舎にひっこんでおるんじゃ手慰み、というやつじゃよ」

赤「そんな引退しただなんて……、まだ若いじゃないですか、前線にも出られてますし」

金「くふっ。世辞でも嬉しいのう、そう言われるのは、な」

赤「いやそんなお世辞なんかじゃ……」

金「おやおや、したらわしを口説いとるのかえ?」

赤「へ? ……あっ、いやそのですね…………」

金「冗談じゃ、んな慌てるでないよ」ヤレヤレ

あれー、おかしいな終着点が見えなくなってきたよ?
ということで、ぶった切る
とか、そんなこんなで一つ

>>619
乙乙
青はむっつりだったり子供っぽくされたりと大変だなぁ
そして赤はもげろ

赤「………」チクチク…

桃「あんた、何やってるのよ?」

赤「そろそろ春だろ?衣更え」チクチク…

桃「はあ?」

赤「…古着を繕って春に備えてるんだ。今年も新しいのは買えないからな…」チクチク…

桃「へー、器用ねぇ…」

赤「まぁ、こんな生活してるといろいろと身につくもんさ…」チクチク…

桃「ふーん?肝心の戦闘の役に立つようなことは身についてないみたいけどぉ?」

赤「うっ…!」

桃「ま、頑張んなさい」テクテク…

赤「くそぅ…くそぅ…!」チクチクチクチク…


赤「ふー…これで今年もなんとかイケるかな」

桃「赤ー」

赤「ん?」

桃「はい、これ」ドサッ

赤「…なにこれ?」

桃「あたしの古着よ」

赤「…いや、気持ちはうれしいけど女物はさすがに…」

桃「はあ?あんた何言ってるの?」

赤「え?」

桃「リサイクルよ、リサイクル。新しい服買うのも良いけど外に出るの面倒だし…赤、仕立て直しなさい」

赤「なんで俺が!?」

桃「あたし裁縫なんて出来ないもの。ほら、服のリサイクルってさりげない女子力アピールにもなると思わない?」

赤「女子力って…俺にやらせたら意味がないだろ…」

桃「えーっとねぇ…」ペラ…

赤「…あのー…」

桃「これこれ。この雑誌にあるこの服っぽく作り直してほしいのよ。ほらこっちの生地をベースにしてこのフリルをここに付けて…あとここ部分をこうすれば…ほら!さっさとやんなさい!」

赤「はい…」シクチクシクチク…

黄「赤ぁ。今日のお昼ご飯なぁに〜?」

赤「アスパラとなのはなとベーコンのペペロンチーノ。今作ってるからちょい待っといて〜」

桃「え〜、ペペロンってにんにくじゃない。女の子にそんなの食べさせてどうするのよ!」

赤「サラダにパセリ多めのグリーンサラダミニトマト付き。ドレッシングは大根おろしの和風テイスト。もちろんデザートのイチゴのシャーベットにミント入れとくから、それで気になるんなら、歯磨き程度で大丈夫だよ。それでも気になる人は各自ブレスケア〜」

緑「……問題ない」

桃「さすが、我が家のシェフね〜♪」

青「……」

黄「青どしたの?」

青「いや、疑問を差し挟む余地のない現状がとても怖くなってな」

桃「何言ってるのよ。ずっとこの状況だったじゃない」

青「だからだ。……皆に問う。炊事、洗濯、清掃、備品管理。これら、どれをとっても赤が何らかの事情で抜けた場合を考えたことがあるか?」

桃「それは……」

黄「えっと……」

緑「……地獄絵図」

青「そして、それが結果的に女性アピールの場がほぼ零となっているこの現状だ」

桃「……」

黄「……」

緑「……」

青「……なにか、とてつもなく恐ろしくないか?」

黄「あ、赤!お皿とかもってくものある!?」

桃「わ、私、食べ終わった後の皿洗いやるわよ!」

緑「あとで、赤の為に、栄養ドリンク、作る」

青「た、たまには赤のために肩揉みでもしようか?」

赤「え?え?俺なにかした?あ、今日エイプリルフール……」

黄「青!それって抜け駆け!?」

青「い、いや、別にそういうわけでは」

桃「んじゃ、私のと代わって!私が愛情込めたマッサージするわ!」

緑「桃の場合、愛情×、淫欲○」

桃「なにおぅ!?」

ギャーギャーギャー

赤「……あのぅ、パスタのびるよ?」

支援支援


>>620
そういや、黄って一人称「ボク」だったw
ま、まぁあれだ。わたしって言って黄の背のび的女性アピール……ということで納得してけれw

>>630
おつおつ
やっぱ、赤ってある意味この戦隊で最強だとおもうんだ

赤が「引退する」って言い出して大騒ぎに

そして今更「四月馬鹿」とか言い出せず・・・

桃「東京で開花宣言だってさ〜」

赤「……」

桃「なによ。こっち見て」

赤「いや、うちのピンクはこたつの中で、開花宣言まだだなぁと思って」

桃「……あんたが咲かせればいいじゃない」

赤「よし、んじゃ春のスィーツ探しに付き合うから、ほら出れ」

桃「ちがぁーう!!……けど、違わない。行く」

赤「ま、いつもの通り財布厳しいんで、手加減してくれると助かる」

桃「……さくらんぼがいいな」

赤「まだ、早くないか?出てくるの来月以降だとおもうが」

桃「……はぁ、確かに早いみたい」

赤「はふぅ〜」

白「はい、赤さん」

赤「あ、ありがと」

白「決算締め作業おつかれさまでした」

赤「ありがとぉ。あ、美味しい。お茶かと思ったらホットはちみつレモンか」

白「まだ、あったか〜い飲み物が美味しいですし、だいぶ、おつかれのようでしたから」

赤「青の重火器装備、黄の破損被害報告、緑の薬物関連、桃のスィーツ代への横領阻止。ふぅ、ふぅ〜……ずずっ。いろいろあって……って、なんでニコニコしてるのさ」

白「いえいえ、そんな顔してませんよ?」

赤「……。ま、いいか。白はきちんと自分の計上あげてくれるし、黒は特別予算枠扱いだから、助けてもらってるよ」

白「それでも、赤さんがチェックしてるんですよね」

赤「あ、いや、別に白を信用してないわけじゃなくて」

白「わかってます。ちゃんと」

赤「はは……。参ったな」

白「赤さんがチェックして、間違いとか出てきたら責任の半分持ってくれるんですよね」

赤「いや、そんな……」

白「ふふ、私もこれで赤さんの重荷ですね」

赤「え?いや、白は全然軽ぃ」

白「重荷ですね」

赤「ん?ん〜?」

白「そういうことにしといてくださいな。ふふ」

赤「あ、うん」

雑魚1「そろそろッスね!」

雑魚2「生温かく見守ってます」

男幹部「ん?」



男幹部「という会話があってな。誕生日だとしてもまだ先なんだが」

赤「……いろんな意味で愛されてるなぁ」

男幹部「いや、なんのことだかわからんのだが」

赤「三日後が3月3日と5月5日の間ってことだ」

男幹部「は?」

赤「今年もこの時期だなぁ」

青「ん?赤どうした。こんなとこに立ち止まって」

赤「あれ」

青「赤へのリクエスト箱……あぁ」

赤「そぅいうこと。青も何かあったら入れといて」

青「もう、毎年恒例になってしまったが、赤は大変じゃないのか?」

赤「はは。もう慣れた」

青「ま、まぁ普段から頼りきってしまっているからな。面目ない」

赤「俺も楽しんでるし、気にしないでいいよ。あとは気象予報と相談しながらな。今年は2週目になるか3週目になるか」

青「そのうち、入れておく」

赤「ああ、期待して待っといて」



青(たこさんウィンナー、うさぎさんリンゴ……あとはどうしようかなぁ)


赤「さて、今年も腕を振るいますか。花見弁当っと、その前に仕事仕事っと」

支援終了。

赤「えーと、皆さん。突然ですが、今日付けでココを辞めることになりましたので後のことはよろしくお願いします」

黄「ふぇ!? …え、え? そんな…うそ、だよね?」

赤「……いや、そのな黄…」

黄「う、うそだよ! そんな、そんな…。あっ、そうか! エイプリルフールだよね、そうなんでしょ? そうなんだよ、ねぇ赤!」

赤「あ、あぁ、実は…」
青「それ以上言うな赤。黄も辛いのはわかるが、赤を困らせるんじゃない」

赤「えっ? あの…」

黄「そんな! だったら青は平気なの? ボクはやだよ! 赤がいなくなっちゃうなんて、ぜったいに、ぜったいにいやだ!!」

青「そんなの…、そんなの私だって嫌に決まってるだろ! だけど赤がそう言うなら仕方ないじゃないか。きっと、いっぱい考えて出した結論なんだ。だから、だから……」

黄「ぅぅ…、なんで先になくのさ。ずるいよ、ボクだってぇ……」

緑「二人、とも、泣いちゃ、駄目。笑っ、て、送、り出、して、あげな、いと……」

桃「あ〜らら、みんな泣いちゃった。どうするの、これ? 今さらエイプリルフールです、なんてネタバラシしたらエライことになるんじゃない?」

赤「えっと、どうしよう?」

桃「ん〜、本当に辞めちゃうとか?」

赤「い゙っ!? で、でも、そしたら俺どうやって暮らしてったら…」

桃「まぁ、そこは自業自得ってことで。それに…、なんだったら私と一緒になっちゃう、とか?」

赤「えっ、それって桃…?」

桃「クスクス) まっ、決めるのは赤だけどね。…でも、私は良いわよ。っていうか、そうして欲しい、かな」

ちょっと遅れたけどエイプリルフールネタで一つ
美味しいところは全てヤツが持っていく、とかなんとか


>>619
乙乙
赤はホント戦隊の中心っていうか、むしろオカンって感じだな
そんで支援終了だなんて…
そんなこと言わないで、もっと書いてくれてもいのよ?(チラッ チラッ

oh…
いま見たら
>>619じゃなくて>>639でやんの orz

赤「…ちょっと黄、首下げないで…」チョキチョキ…

黄「んぅ…?」

赤「もう少しだから、な?」

黄「う…ん……ふぁあ…」

桃「まったくこの子は…そういえば緑、あんたも髪伸びてるしついでに切ってもらえれば?」

緑「…眉毛失敗したからいい…」

桃「あら、あんた眉毛の整形なんかしたの?…少しは色気づいてきたのかしらねぇ?」

緑「………」

桃「…ちょっと、拗ねないでよ?」

緑「…ばーか…眉なしのくせに…」

桃「なんですってぇ!?あたしは綺麗に眉を描くためにこうしてるの!」ダン!

緑「…描いてあるとこしばらく見てないけど…?」

桃「…うっ…!」

緑「…なら無いも同じでしょ…?」

桃「う、うるさいわね!そういうあんたはどうなのよ、あんたは!?どうせ片方ばっさり切り落としたとかそんなんで…」

緑「…やだ…触らないで…」ササッ

赤「はい、終わり…っと」チョキン

黄「むにゃ…」

赤「結局寝ちまって…ん?」

桃「この…!無駄な抵抗を…!」グググ…

緑「…やだ…」ググッ…

赤「…お前らなにやってんだよ…」

桃「緑ぃい…!」グググ…

緑「…眉無しぃい…」グググッ…

赤「はぁ…ほら、次は桃だろ?遊んでないで座れって。この後、買物にもいかなきゃなんないんだ」ポンポン

桃「…ふん。この勝負預けたわよ?」

緑「…私は銀行じゃない…一人でやってれば…ふひひ」

桃「み、緑ぃ!あんたさっきまで…」

赤「お、おい!桃…!」

ギャース!ギャ-ース!

青『………(…何を楽しそうに話をしているのだろうか)』ソワソワ…

緑「…ふひひ…ふひひひ…」

コポコポ…

緑「ふひひひひ…」ニター

赤「何をやってるんだ?緑…?」

緑「………コーヒー入れてる…」

赤「ほぅ、珍し…」

緑「………」フイ

赤「緑色してるんだが…コーヒーではないよな、この液体…」

緑「…コーヒー…」ズイ

赤「臭いもなんか生臭いし…」

緑「…コーヒー…」ズズイ

赤「あ、いや…その…だってこれ…」

緑「…コォォヒィイ………のはず(ボソッ」

赤「…は…い」

緑「………」コポポ…

赤「じゃ、じゃあ俺はこれで…」

緑「…はい…」つマグカップ

赤「…え?」

緑「…飲んでみて…」

赤「こ、これを…?」

緑「…うん…」

赤「…遠慮とか…したいんですが…」

緑「…ダメ…」

赤「………」



黄「あれ、赤はー?」

桃「一時間くらい前からずっとトイレよ。お腹壊したんですって」

黄「ふーん。調子悪いならスパーは無理かな…」

緑「……?」

桃「拾い食いでもしたのかしらねぇ?」

赤「むぅ…」

青「どうした?」

赤「いや、これさ」

青「ん?……セーラー服姿で下半身露出 警部補を逮捕?」

赤「同じく、世の悪を追うやつがこれだと正義の味方とはなんだと思えてきてな」

青「……」

赤「まったく…。青もそう思うだろ?」

青「ぞう゛だな゛」

赤「…………鼻血拭け」

どうしてこうなった…

赤「はひぃ〜…ひぎぃ〜…」

黄「コラーッ!そこでスピードを落とすなぁ!何の為の両足かぁ!そこでへたり込むために四肢がついてるんじゃないんだぞ〜!」

赤「さ、さー、いえっさ、ゲホッゲホッ…イエッサー!」

桃「今日はいつにも増して厳しいわね〜。黄のヤツ」

緑「映画、の影響」

桃「んまぁ、なんというかノせられやすいというか、ミーハーというか」

緑「それ、死語」

桃「う、嘘ッ!え、言うでしょ!?ミーハーって言うわよね!?」

緑「……」

桃「ちょ、ちょっと!何その可哀想な子供を見る目とかそういうのやめて!それは青に向けられるべきでしょ!」

緑「それは、青に、失礼」

桃「わ、私はまだ女の子よ!可愛い女の子!そうまだコギャルよ!」

緑「……」

桃「なにこの年齢不詳とかその目で見るのやめなさいってばぁ!」

赤「あったかくなってきたな〜」

緑「…うん」

赤「2週間前まで冬って感じだったのになぁ」

緑「…うん」

赤「さくらなんかそろそろ見ごろ過ぎちゃって、緑の葉っぱ出てきたなぁ」

緑「…うん」

赤「……そろそろ、温まり過ぎて、日差しで暑くなってきたんですけど」

緑「…うん」

赤「ここ、離れちゃダメ?」

緑「だめ」

赤「というか!全然動けない!今度はなにしたんだよ!」

緑「ふふ」

赤「きゃー!助けて〜!」



青「……なんだあれは。新手の拷問か?」

桃「じゃれてるだけでしょ。その証拠にほら」

青「ん?」

桃「ベンチの上で重ねてる手のことなんか、両方とも言いだしてないしね」

青「……」

桃「はいはい、怖い顔しないの。あとで、あの薬の使用権と使用方法をディスりましょ。それはもう強制的に」

青「ぐぬぬ」

桃がものすごい勢いで墓穴掘ってるなww

ヤマンバとかまだ存在するの?

赤「…ふんふふん…」

黄「あれ?なにやってるの?」

赤「…ん?ああ、これは水耕栽培だよ」

黄「なにそれ?」

赤「水と液肥で野菜を育てるんだ。ベビーリーフとか、カイワレ大根とか…まぁ、趣味を兼ねた節約かな?」

黄「へぇー…」

赤「あとは農薬を使わないから安全安心でもある」

黄「あ、それは大事だね。健康はまず食事からって言うしね!」

赤「…カレーばっかりのお前に言えたことかぁ?」

黄「ほ、他のもちゃんと食べてるよ!」

赤「ま、黄は嫌いな食べ物がなくて助かるのは確かだけど…」

黄「えへへ…そ、そうかな?」

赤「ああ、他の連中…特に緑ときたら野菜を全然…っと、これで全部か。…よし、後は芽が出て成長するのを待つのみだ…くふふ」

黄「楽しみだね?」

赤「そうだな!」

緑「………」

数日後…

『ぬああぁあ!?』

赤「な、何故だ…?こいつはまるで…」

桃「何よ?うるさいわねぇ…」

赤「桃…?あ、そうだ!これを食べてみてくれ!」

桃「はあ?…なにこれ?カイワレ大根?」

赤「ああ、水耕栽培で作ったんだが…」

桃「ふーん?…で、これを食べろってどういう意味よ?」

赤「何故かグレープフルーツみたいな味がするんだ…」

桃「はぁあ!?…あんた味覚障害にでもなったの?」

赤「いや…俺だって信じられないからこうして桃に試食を頼んでる次第で…」

桃「…グレープフルーツねぇ…」パクッ…

赤「………」

桃「こ、これは…!」

赤「グレープフルーツっぽいだろ!?」

桃「た、確かにそれっぽい味してるわね…でもなんでカイワレ大根が…?

赤「…さぁ?」

緑「………」トテトテ…

赤「ん?…緑?」

緑「…どうだった…?」

赤「急にどうって言われても…何を指してるのかさっぱり…?」

緑「…辛くなかった…?」

桃「辛く…あ!あんたまさか…」

緑「…うん…これ…」

赤「カイワレ大根……お前、何かいじったのか?」

緑「…ちょっとね…ふひひ」

赤「怪しい…」

桃「…食べても平気なんでしょうね?これ…」

緑「…うん…たぶん…」

赤「たぶんっておま『赤ぁあ!!』

桃「なんてもんをあたしに食べさせてくれてんのよ!?何かあったらどーしてくれるの!?」チャキ!

赤「お、俺だって知らなかったんだから仕方な…ちょっ!?桃、待っ…」

緑「………」パクッ

赤『ぅうわああぁぁひぃい!?』

緑「………」モグモグ…

桃『待ちなさい!変な物を食べさせた責任をちゃんととんなさい!』

緑「…うん…これなら食べられる…」

赤『ま、待て!話せばわか…うぁああぁぁ!?』

緑「…ふひひひひ…」

>>656

青「ということだが、存在しているのか?」

桃「し、知らないってば!私は今の流行しか見てないの!」

青「というか、ヤマンバとはなんだ?」

桃「そりゃ、ヤマンバメイクした娘のことだけど、あれはちょっとやらない方がいいとおもう」

青「そうなのか?」

桃「日サロ通って、ガングロゴングロバチグロさせて、肌痛めつけるのはちょっと厳しいし」

青「……ふむ」

桃「いや、女の子は綺麗のためなら、ちょっと無理めなダイエット出来る生き物なんだけどさ。こう、後になって怖いのはちょっと無理というか」

青「で、存在しているのか?」

桃「いや、してると思うよ?結局、あれって注目されたくてっていう部分が強いから、逆に珍しくなった今こそ……って、別にわからないから!」

青「だそうだ」

桃「だから、違う〜!!」

赤「今日もリストランテロッソ開店の時間だよ〜。ご注文どうぞ」

桃「あれ、今日はイタリアン?んじゃ〜、ピザ」

赤「施設を考えろ施設を。ピザ窯ないんだから作れないものは作れない!」

桃「もぅ、変に拘るんだから……。えーっと、今日のオススメは?」

赤「エビのトマトクリームタリアテレ」

桃「……生パスタ?」

赤「作ってみました!」

桃「お前はどこまで行くんだよ……」

黄「ふぃ〜。赤ぁ〜いっぱい身体動かしたからお腹すいたぁ!カレーちょうだい!」

赤「タンドリーチキンのラビオリ、グリーンカレー風ソースにしてみるつもりだが。ほれ、味見」

黄「……このカレー緑だよ?」

赤「この世には赤と茶色以外のカレーがあると知れ」

緑「……オススメ」

赤「緑はヘルシーにホウレンソウを混ぜ込んだパッパルデッレに、豚レバーと牛の合挽きのラグーソースで」

緑「鉄分、多め…」

赤「健康に勝る宝無し!あ、青何食べる?」

青「…が食べたい」

赤「ん?ゴメン、なんて言った?」

青「あ、いや、お、オススメでいい」

赤「んじゃ、ニンジンを混ぜ込んだタリオリーニのカルボナーラでいい?」

青「ああ、頼む」


桃「……」ジー

緑「……」ジー

黄「……」ポワー

青「な、なんだ?」

桃「いや……、そろそろヤバくない?」

青「何が?」

緑「青の、淫乱化」

青「い、いんら…ッ!」

桃「露骨アピールがどうとかじゃなくて、そろそろ抑えるところ抑えとかないと女の子として、どうなのよ!ってぐらい下品になっちゃうわよ?」

青「そ、それは…」

桃「まぁ、元々青は自分抑圧するの得意と自分で思ってる節があるしなぁ…」ムゥ…

青「べ、別に自分を抑圧してるつもりは…」

桃「無いって言い切れる?」

青「ん〜……ん〜……」

黄「……」コックリ…コックリ…

青「……」

桃「いや、そこで一番自分を抑圧してない黄と比較してもしょうがないんだけどさ」

緑「だけど、深刻。頭の、春化」

青「そ、そんなにか?」

桃「だって、このままだと、何、頭の中まで桜咲かせてんの!春を売るまであるってかい!誰がそんな上手際どいこと言えと!?って、言えないじゃない」

青「……そんな会話したいのか?」

桃「ま、そこまで言わせられたら面白いかもね〜。とりあえず、ご飯食べたら私の部屋集合!ほら、黄起きなさい。そろそろ出来るみたいよ」

黄「ごはん!」ムクッ

緑「……いいこいいこ」ナデナデ

黄「??」



赤「お待たせ〜。それと今日のサラダはトマトとレタスと玉ねぎのシンプルなヤツ。カルボナーラのパンチェッタ少し余ったから、叩いて挽肉にしてカリカリそぼろにしてみました。各自取り分けてね。ワインビネガーのドレッシングと一緒にどうぞ〜」

桃「……」

赤「わかってるって。ちゃんとドルチェあるから。パンナコッタと甘さ控えめ洋ナシのコンポートレモン添えを予定しております」

桃「な、なにもいってないってば!……それでOKだけど」

司令「このフリッタータ、美味しいな」

赤「ああ、それはいつものスーパー、仕入先変えたみたいなんですよ。いい感じのパルミジャーノ・レッジャーノが入ったんで、それで。流石に、フィノッキオとかの香草類置いてるところは少ないですけどね」

桃「って、司令!?」

青「け、敬礼!」

司令「いや、楽にしてもらって構わない。昼休みだしな。それよりも赤」

赤「はい?」

司令「これと何種類かチーズを組み合わせて、アンティパストミストお願いできるか」

赤「お客様でもいらっしゃるんですか?」

司令「いや、ただの私のつまみだ。気張らなくていい。ただ、スモークサーモンも頼む」

赤「わかりました」

緑「びっくり、した……」

桃「この頃、出てこないから居ないものかと…」

青「こらこら…」

黄「キャラ薄いよね…」

赤「君たち、あんま絡もうとしないしね……。さってとディルとピンクペッパーあったかなぁ……っと」



黄「おなかいっぱいだぁ〜」

緑「ふにゅ」

青「あの食に関する赤のマメさには舌を巻くな」

桃「おかげで皆の肌もぴっちぴち〜。……毎回、体重計に乗るの怖いけど」

青「うっ」

緑「……」

黄「??」

青「くっ、こういうときの黄が果てしなく羨ましい」

緑「同意」

桃「意義な〜し」

黄「ぅ??」

桃「っとまぁ、食後談義はいいとして、ほら、会議するわよ!」

青「……実際、私はどうなんだろう?」

緑「現状、>>652が、引いてる」

青「ひ、引くくらい駄目なのか?」

桃「まぁ、そのためにもなんか新しい趣味とか欲しいわね。青って、なんか趣味持ってたっけ?」

青「……射撃訓練」

桃「暗ッ!」

青「だ、駄目なのか!?」

桃「駄目じゃあないけど、青って訓練楽しんでやるっていうより、仕事で必要に迫られてやってる感じだからねぇ」

青「だ、駄目なのか…」

桃「半分仕事じゃ、ストレスの捌け口にはなってないでしょ?私もスィーツ巡りに関しては仕事一切からんでないし」

青「黄と緑は?」

黄「体動かすこと!」

緑「モルモット、実験……」

青「ほ、ほら、黄も緑も仕事に絡んでるじゃないか!」

桃「仲間を見つけた途端嬉しそうな顔しない。それに、黄と緑はいいのよ」

青「な、何故だ」

桃「だって、黄は体力づくりの名目で、赤と鬼ごっこしたりとか、かくれんぼしたりとか、遊びにかかってるもの」

黄「楽しーよ!この前もお医者さんごっこしたりした〜」

青「!!??」





緑「……」

桃「……青、今何を連想した?」

青「だ、だって、体力づくりというのは、体力を使うことで、お医者さんごっこというのは……」

桃「あのねぇ……、今緑が険しい顔したの見なかったの?」

青「えっ……あ」

桃「お医者さんごっことは名ばかりの野戦病院ごっこよ。白のところから、担架引っ張って、緑のところから人体模型の……なんだっけ?」

緑「…レッド君48号」

桃「……なんで、そんなにナンバリング多いのよ。……まぁ、それはさておき、さすがに白も怒ってたわよ。あんなに担架ボロボロにして、何してたのかしらって」

黄「ごめんなさぁぃ……」

緑「最高傑作、が…」

桃「白にも後で謝っておいた方がいいわよ。赤もなんか様子変だったし。で、何連想した?」

青「な、なんでもないっ。み、緑は?」

緑「69号まで、建造、急務…」

桃「見なさい、楽しんでるじゃない。……斜め上方向に」

青「た、のしんでいる、…のか?」

桃「それに、緑が私たちだったり、赤にだったり困らせてくるのは結構な回数であるでしょ。>>660とか。みんなそれぞれバランスとってんのよ」

青「そうなのか…」

桃「で、そのバランスが取れなくて、妄想するんでしょ?ついでに、48号とか69号とか聞いて何連想した?」

青「し、してないっ!」

桃「まぁ、そこらへんは緑の悪意あるナンバリングのせいもあるけど、ダメ。ついでに画面の前で同じような妄想したヤツもダメ。青はなんか趣味見つけた方がいいわね」

青「趣味、……か。趣味……」

桃「別に今考える必要は無いわよ。無理にやるってもんでもないし、楽しそうなことを見つけるっていうのも趣味だしね」

青「うむ……」

桃「レッド君貰うのだけは止めておいてって、今から釘は刺しておくわ」

青「う、む……」



青「というわけなんだが」

黒「で、俺っすかwwww」

青「私に合う趣味とはなんだろうな」

黒「青先輩www真面目っすねwwwwんなの、好きなことすればいいじゃないっすかwwww」

青「好きなこと……。……ちなみに黒の趣味はなんなんだ?」

黒「俺っすか?wwww(う〜んと、ここは素直に答えておいた方がいいのかしら?)そうっすねwwwチェスとかやりますよwww」

青「い、意外な趣味だな」

黒「え、えと……あ、いやwwww知的な趣味あると持てるじゃないっすかwwwwただそれだけっすよwwwwwwwwww」

青「チェスか……。あまり、黒がチェスをやっている光景を見ていないのだが」

黒「赤さんが将棋ルールちょっと知ってたんでwwww無理やり相手させてるんすwwwwww」

青「赤が?」

黒「まぁwwwwずっと快勝させてもらってますがwwwwww」

青「将棋……。赤は強いのか?」

黒「全然っすねwwwww」

青「……赤と差し向かいで将棋。……駄目だ、いろいろと考えてしまいそうだ。やめておこう」

黒「力になれなかったみたいっすねwwwwサーセンwwwwwww」

青「いや、私が無趣味なのが駄目なんだ。何はともあれありがとう」

黒「いえいえwwwwwこんなんでよければwwww」



白「なるほど、趣味ですか」

青「ああ。ちなみに白は?」

白「そうですね……。私も無趣味さんになるとおもいます」

青「ん?そうなのか?」

白「私の場合、あまり外に出れないハンデがありますし、室内で頭脳戦をしようと、私の能力がありますから…」

青「あ、そ、そうだな」

白「あ、いえ、そんなに気になさらないでください。ですから、趣味と言えるのはインターネットくらいですね」

青「パソコンか?」

白「えっと、パソコンにはあまり詳しくないんですが、仕事上医学情報を探したりしますし、わんちゃんなどのブログをあげてる方がいらっしゃいますので、可愛いなと」

青「犬……」

白「ええ。とっても可愛いんですよ。一緒に見ます?」

青「あ、ああ」



白「ほらほら、このラフ・コリーのココちゃんが可愛いんですよ!」

青「フサフサだな」

白「そうなんです!この胸のところの白いフサフサのところ、もふもふしたいですよね〜」

青「可愛い……」

白「気に入ってもらえました!?」

青「あ、ああ……」

白「って、ご、ごめんなさい。自分ばっかり楽しんでしまって」

青「い、いや、私も楽しい。それは嘘偽りない」

白「……」

青「あ、その……」

白「……青さん。趣味は人それぞれです。好きなことをすればいいんです」

青「あ……」

白「私だから、こういう趣味が似合ってるとか、そういうんじゃないんですよ」

青「……」

白「青さんがこういう趣味を持ってても、赤さんは可愛いって思ってくれるんじゃないですか?」

青「……白には、敵わないな」

白「私は青さんに敵いそうに無いって思います」

青「……はは」

白「ふふ」

青「もうちょっと考えてみるよ」

白「ええ、青さんが素敵な趣味を見つけられること。祈ってます」





赤「っと、こんなものかな」

青「赤……」

赤「ん?どうした?」

青「あ、いや、その……。お、美味しそうだな」

赤「あ、うん。ペコリーノ・ロマーノと生ハムのブルスケッタ。パルミジャーノ・レッジャーノとゴルゴンゾーラ・ドルチェ。スモークサーモンには、ディルとピンクペッパー添えて、それとさっきのサラダにちょっとトレビス添えて。んで、ブラックオリーブをちょんちょんと。最後にエクストラバージンオイルをピーっと引いてっと」

青「これ、司令に持っていくのか?」

赤「うん、そうしようと思うけど」

青「わ、私が持ってってもいいか?」

赤「あ、うん。別にいいけど。あ、でもゴルゴンゾーラ、ブルーチーズだから、匂いとか苦手じゃない?」

青「いや、このくらいは別に平気だ。持っていくだけだからな」

赤「うん、それじゃ、お願い」

青「それと、……あ、やっぱり後でいい。行ってくる」

赤「?」





黄「赤」

赤「ん?どうした?」




コンコン

司令「赤かい?入っていいよ」

青「赤では、ないんですが。これを届けに来ました」

司令「青?珍しいな」

青「あ、いえ。ただの赤の代わりです。どうぞ」

司令「そうか。ご苦労だった」

青「ありがとうございます」

司令「……下がって良いが」

青「あの、司令。質問よろしいでしょうか」

司令「ふむ。それが本題だね。許可しよう」

青「司令のご趣味はなんでしょう?」

司令「うむ。そうだな……」

青「……」

司令「ここを眺めることだな」

青「眺める……ですか?」

司令「ああ、ここから基地を見下ろすこと。それが趣味だ」

青「はぁ……」

司令「納得のいく答えでは無かったか?」

青「あ、いえ、その……」

司令「ここから、窓を開けるとさまざまなものが聞こえ、見えるんだ。そう、例えば昨日の午前中、演習場で黄と赤が肉体訓練、戦闘訓練をしているのが見えた」

桃「あ……」

司令「それが終わったあと、緑が影から赤を見ているのが見え、昼過ぎは桃が赤をどこかへ連れ出していた。夜には実弾射撃場から、銃砲が聞こえてきた。そういう自由な音と光景がここから見える」

青「それが、司令の趣味ですか」

司令「まぁ、たまには『人がゴミのようだ』とか『目がぁ、目がぁ!』と呟いてみるのもあるがな」

青「……笑うとこでしょうか?」

司令「……君もなかなか厳しいな。ま、その通りだ。ここから眺めるのが趣味。それに尽きる」

青「仕事ではなく?」










司令「私の仕事はこの基地に根付く正義を絶やさないこと。私の使命はそれを次につなげることだ」

青「……」

司令「だが、ここから見る眺めも捨てがたい。故に私の趣味だ」

青「なるほど……。勉強になりました」

司令「君の趣味は何かな……と聞くと、パワハラになるかね?」

青「いえ、私の趣味は司令と似ているかもしれません」

司令「……この部屋を明け渡したつもりはないが」

青「私は見下ろすのではなく、一緒に楽しむですから」

司令「そうか。良い趣味だ」

青「司令の趣味は悪いですね。ある意味、覗き行為ですから」

司令「……譲らんよ?」

青「ええ。譲られても困ります。私の趣味は司令の趣味に似て、正反対ですから」

司令「……さて、赤特製のアンティパストミストでもいただこうか。君もどうかね?」

青「いえ。今自由時間なので、趣味の時間にします」

司令「そうか。それを含めての自由時間だ。好きにするといい」

青「ええ。では失礼します」

司令「ああ。また何かあったら来てくれたまえ」

青「ありがとうございました」


司令「少し、いいものを見せてもらった。こうなるのも流石、金の後輩と呼ぶべきか。……いや、良い部下に恵まれたというのが正しいな。今日のつまみも美味しそうだ」




青「行ってきたぞ」

赤「おかえり。ありがとな」

青「……」

赤「な、なんだ?」

青「いや、司令に言った手前、悪いが赤がキッチンに立つ姿も悪くないなと」

赤「?」

青「別になんでもない」

赤「そ、そう……」

青「……」

赤「あ、あのさ」

青「ん?」

赤「一緒にキッチン立つか?」

青「は?」

赤「あ、いや、さっき、俺が作ったもの、美味しそうだって言ってくれたしさ。その……一緒に作ってみないか?」

青「い、いや、私は料理が……」

赤「別に無理強いするわけじゃないし、まぁちょっと手伝ってくれるだけでもありがたいなぁと」

青「……そうだな。やってみるか」

赤「嫌だったら、別に……って、あれ?」

青「言っておくが、私は『さしすせそ』の『そ』をソースだと思っていた女だぞ?」

赤「……『せ』はわかるの?」

青「それも含めて教えてくれるんだろ?」

赤「……頑張る」

青「私は楽しむとしよう」

赤「おーけぃ……」

青「っと、その前に一つ質問があるんだが」

赤「ん?」

青「アンティパストミストとはなんだ?」





長文失礼。誤字脱字はご容赦を


妄想青の引き締めでこれ書いてみましたが、これ、結論的に治って無くない?という疑問は置いといて
青回というか、司令回を含むになってしまいました
ま、救済措置でいいんじゃね?

ちなみにアンティパストミストはイタリア料理で、前菜盛り合わせという意味です。
そういう料理があるわけではありません。

司令のアンティパストミストに洋ナシのコンポートなり、ジャムなり乗っけるのわすれたぁ!!
コース料理などで、アンティパストミストを頼むとその中に甘みが1種だけ乗ってるのが通例みたいです。

まぁ、ワインビネガーであるバルサミコ酢甘いし……、いや、いやいやいや!青の笑顔が最高の甘みでしょ!
っと、これだけが言いたかっただけです。ありがとうございました。

桃「へへっ。桃だってさ。どう?一番女の子らしいでしょ」

赤「なら、もうちょい……」

もうちょい……。





桃「ん……」

赤「……」トントントントントン

桃「……」

赤「……アチッ!」シューッ

桃「……んっ、ん〜〜っ!」

赤「ふーっ!ふーっ!」

桃「今なんじ〜?」

赤「ん?なんか言ったか〜?」

桃「い・ま・な・ん・じ〜?」

赤「3時、ちょい前だな」

桃「ん〜……そっかぁ……」

赤「珍しいな。桃が昼過ぎを午睡で過ごすっつうのは。疲れてたのか?」

桃「ん〜、別にぃ……。みんなは?」

赤「青は倉庫で備品管理と装備点検。緑はいつも通りラボ。黄はたぶん、トレーニングでもしてるのかな?」

桃「……あそこにいるわ」

赤「ん?……って、また木陰で寝てるのか。まったくあいつ、あったかくなったからって、まだ風が寒い時あるからまだやめとけって言ったのに!ちょっと行ってくる」

桃「いってらっしゃ〜ぃ」

赤「おぅ」


桃「あ、この毛布……っ!」

桃「………もぅ、行くの早いって」

桃「……」

桃「毛布、かけてくれたんだ……」

桃「……」ギュッ…



白「桃さん可愛すぎます」

桃「っ!?」

白「羨望と嫉妬、そして、少しの母性がうずきます」

桃「し、白!?なんでここに!」

白「私だって、女の子ですから、我が組織が誇る最終兵器(パティシエ)のデザートには目がありませんよ?」

桃「そ、そう……」

白「あ、桃さん知ってます?どこかの論文で発表されてたんですが、午後三時に食べると一番太りにくいらしいんです」

桃「え、ホント?」

白「逆に夜中三時に食べると一番太りやすいらしいんですけどね」

桃「それはわからなくないなぁ……」

白「三時のおやつは理にかなってるんですよ。……ということで、今週のデザートは?っと」

桃「今冷蔵庫にあるのは、前に作ったパンナコッタとココアプリン……で、あってるはず」

白「うわ、さすが桃さん。我が家のお菓子番ですね。桃さんもどうです?」

桃「……褒められてるのかなぁ。太らないって聞いたら、食べないわけにいかないでしょ」

白「素直に褒められてください。あと、太りにくいってだけで、太らないわけじゃないのは注意です」

桃「あ〜、いくら食べても太らない魔法が欲し〜」

白「緑さんあたりなら、用意してもらえるんじゃないですか?」

桃「……前に言ったら、サナd」

白「や、止めにしましょうこの話題」

桃「私、トラウマ……」

白「いやっ、いやぁっ、見せないでぇ!!」




桃「ん〜〜〜〜っ、美味し〜」

白「幸せです」

桃「寄生虫トークからのこの流れ…」

白「話題戻さなくていいですからっ!」

桃「でも、美味し〜なぁ。ふわふわで、甘ぁくて、……なんか悔しい」

白「なんか貯め込んでることいっぱいありそうですね」

桃「あいつったらさ!……ぅ」

白「あいつったら?」

桃「いや、う〜ん……」

白「ほらほら」

桃「だって、白ずるい…」

白「私、ずるいって評価は初めて受けたかもしれません」

桃「そういうところも含めてずるいっていうの!」

白「あなたの過去を私に取られてしまうから?」

桃「……」

白「大丈夫。あなたの気持ちも思い出もちゃんとあなたのものです。それを覗き見してしまうのは……そうですね。こういうのなんていうんでしょう?」

桃「……変態」

白「たしかにえっちなのかもしれませんね」

桃「……」

白「……こういう言い方しかできなくてゴメンなさい」

桃「……。ハァ……。あいつったらさ、最初プリンも作れなかったのよ!一番最初に作ったヤツなんか、外カチカチで中ベチャベチャでさ!そしたら!そしたらっあいつ……!……一言、ゴメン……てさ。今の白みたいに。誰もそんな上手くできるとか期待してないのにさ……、馬ッ鹿じゃないの……」

白「うぅ……ゴメ……あ、えと」

桃「……白も不器用ね。私が言えるもんでもないけど……。あんな、大の男が私みたいな小娘に、ホントに申し訳なさそうな顔してさ……。ゴメン……なんて。……何も言えない」

白「……」

桃「……」




桃「男の人にプリン作ってもらうの初めてだったんだぁ」

白「……」

桃「私、ここに来たときくらいから、ずっと赤をパシリにしてて、プリンよく頼んでた」

白「はい」

桃「給料少ないって知っててさ。でも、男が女の子におごるっていうの当たり前って思っててさ。あいつが破産すればいいとか、もちろんそんなことは思ってはなかったけど、あいつ私より弱いし、戦闘とかホント使えないし、でも、それで給料もらってんだから、そのくらいだったら、いいかなって、思ってた」

白「……」

桃「この基地でも、雑用とか任されてるし、私たちには自分の装備の点検くらいしかなかったから、それがうちの組織の赤への評価なんだなって、……今思えば酷い独りよがりで、自分の正義振りかざすだけの理論だけどさ」

白「はい」

桃「あいつ、案の定、自分の財布苦しくなってさ、でも、それって社会人の財務管理がなってないだけの自己責任でしょって思えて、いつものようにプリン頼んだの」

白「……」

桃「いつもより帰ってくるの遅いなって……、でも、もうさすがに帰ってきてるだろうって台所に来たらさ、あいつ一人でキッチンに立ってるの。ボウルとかヘラとか、泡立て器とか、あとカスタードクリームとかいろいろ散らかしてさ」

白「……」

桃「でも、周り見えてないみたいで、一生懸命オーブンの中、覗いてるの」

白「はい」

桃「庫内の黄色いランプ、照らされた中、じっと見ててさ。はやくはやくってぶつぶつ唱えてるの。タイマーしてるんだから、その時間まで、どうやったって火通らないの、普通わかるでしょ…」

白「……」

桃「既定の時間経って、急いで取り出して、って、ここまでは良かったんだよね。自然に粗熱取れるのをじっと待って、それから切り分けてすればいいのに、氷を張って、無理やり冷やして、切り分けようとしたの」

白「……」

桃「案の定、中、固まって無くてさ。包丁入れた先から中身が溢れてきちゃって、あいつ余計焦ってさ、切ってないところまでベチャベチャにしちゃって……」

白「……」

桃「もう、それが元に戻らないって、それがわかったのか、『ハァ……』ってため息吐いてさ、そっと顔をあげたら、私が居て、……『ゴメン』ってさ」

白「……」




桃「私、なんかわからないけど、無性に恥ずかしくなって、キッチン飛び出して、自分の部屋に戻ってきて、部屋の鍵かけた」

白「……」

桃「もう、足ガクガクしてて、わけわからなくて、ドアの前から一歩も動けなくて、しまいにはへたりこんじゃって……」

白「……」

桃「でも、ドアの前から部屋の奥に移動したくて、ドアの前には居たくなくって、どうやってかもう忘れちゃったけど、なんとかベッドに潜り込んでさ、布団頭からかぶって、ずっとブルブル震えてた」

白「……」

桃「……寒くもないのに震えてた」

白「……そうですか」

桃「たぶん、怖かったんだ。赤が私を追いかけてきて、もう一度あの顔で『ゴメン』って言われるのがとても怖かったんだ。鍵を閉めても、ドアの前で『ゴメン』って聞かされるのがどうしようもなく、恐ろしかったんだよ」

白「……」

桃「……はぁ。ここまで話すつもり、無かったんだけどなぁ」

白「私の。私のせいにしてください」

桃「うん。間違いなくあんたのせい」

白「…はい」

桃「でも、どうやっても、あのとき、何も言えなくて、逃げてしまったのは私の罪。それだけはあげない。絶対に」

白「……はい」





桃「それで、ここからは私が勝手に話すから、白には罪は無いよ」

白「え?」

桃「私がたぶん、今まで生きてきて一番怖かった夜は結局、赤が私の部屋を訪れないままに明けたんだ」

白「えと、……はい」

桃「全然、眠れなくて、私はすごく酷い顔をしてたと思う。それがわかってたから、鏡を見もしなかった。こんな顔して、みんなにどうやって会おうとか、休んじゃおうとか、でも結局眠れないって、わかってるんだったら、今日という時間をどうすごしたらいいんだ?とか、……赤の顔がどうなってるんだろうとか、あの申し訳なさそうな顔はもう別の顔に変わったんだろうかとか、赤は私に話をしてくれるんだろうかとか、もうここから出て行った方がいいんじゃないかとか、でも、そうしたら、私はどうすればいいんだとか、……そうしたら、もう赤の顔見れないんだなとかそんな言葉が頭の中をぐるぐるグルグル回ってた」

白「……」

桃「でも、やっぱりもう顔を合わせられないって思って、私は自分の部屋を抜け出そうと思ったんだ。帽子を深くかぶって、ちょっとぶかぶかの上着着て、ジーパン穿いて、みんなが朝ごはん食べる頃に、それでもって、誰かが呼びに来ない内にってタイミング見計らって、部屋出たんだ」

白「……」

桃「薄くドアを開けて、誰もいないよし行けるって、ドアを開いて廊下を歩き出そうと思って、一歩踏み出して、そのとき何かが足に当たってこけそうになった。なに、こんなとこに置いてるの!?って、今から自分がしようとしてることを棚に上げて、それに怒りをぶつけそうになった。ぶつけたの、なんだったと思う?……って、白に聞いたら答え言われちゃうわよね」

白「……クーラーボックス」

桃「そ。その上に、紙が乗ってたらしく、ぶつかった衝撃で、その紙が私の靴の上に落ちた」

白「……」

桃「『遅くなってゴメン。いつもより味落ちてるけど、プリンどうぞ』」

白「……」

桃「馬鹿。ほッんとに馬鹿。私を殺す気かって、ホントに赤が憎くなった。何も言えなくなるってこういうことなんだって実感した。でも、何か言えたとしてもその時の私は声酷かっただろうなぁ」

白「……」

桃「その紙がどんどん濡れてくの。びしょびしょに。文字が滲んで、なんだこれ!?って思ったら、だんだん視界も滲んできた。泣いてるって、自覚した時、周りに誰もいないことに感謝した」

桃「震える手でクーラーボックスを開けて、でかい割に中に小さなカップ一つ分のプリンしか入って無いことに泣けて、すが出来て、穴がぷつぷつ開いて、酷い外見に泣けて、一緒に入ってたスプーンを全然いつものようにスプーンとして使えなくて、箸みたいにカップごとかっこんで、ざらざらな舌触りと異常な甘さに泣けて、『馬鹿』って一言呟いたら、もっと泣けてきてさ。部屋の外にいたはずなのに、いつの間にかベッドで寝てた」

白「……」

桃「以上、私の昔話終わり。……って、まぁ私がここに来て、しばらく経ってからだから、そんなに昔でもないけどね」

白「……桃は」

桃「ん?」

白「桃は赤が好きですか?」


桃「大好き」

赤「…………」

青「……」ジー

赤「……ん? どうかしたんですか青さん」

青「えっ? い、いや何でもないぞ。気にせず読んでてくれ」

赤「はぁ……。…………」

青「……」ジー

赤「…………」パタン

青「あっ、ど、どうしたんだ? まだ1ページも進んでないじゃないか」

赤「いやあとは部屋で読もうかと」

青「そんな……、別にここでもいいじゃないか。なにか気に障ることでもしてしまったのか?」

赤「んなこたぁ、ありませんが。ただ……」

青「ただ? なんだ、なんでも言ってくれ。そうしてくれたらちゃんと直すから!」

赤「……!? いやそんな慌てんでも」

青「そんな、じゃない! なあ、なにが悪かったんだ? ちゃんと直すから、だから、な?」

赤「は、はあ。いやほんとたいしたことじゃないんですよ。ただちょっと。じっと見られてると読みづらいな、と思いまして」

青「じゃ、じゃあ、見ないようにする! な? それなら部屋に戻らなくてもいいだろう?」

赤「あー、いやいや、別にそこまでせんでも」

青「で、でも……。あ、それじゃあコーヒー! コーヒー淹れるから、それなら……」

赤「いやだから……」

青「うぅ、じゃあ隅っこにいるから、あっち向いてじっとしてるから、ね?」

赤「それはそれで気になって仕方ないと思うんですが。ってか、なんでそんなに引き止めるんで?」

青「それは……! その、赤が……」ゴニョゴニョ

赤「……はい? なんです?」

青「な、なんでもない! いいから此処に……一緒に、居ろ……」ギュッ

久々に書いたら何かいろいろとアレになっちった
とかなんとか、そんな感じでひとつ

緑「ん、ねぇ、桃」

桃「ぅん? なぁに、なんかあったの?」

緑「一つ、訊き、たい、こ、とが、ある」

桃「へぇ、珍しいわね。私で答えられることなの?」

緑「コクリ) うちだ、と、
桃、しか、答え、られない、と、思う」

桃「そうなの? ふぅん。それで何なの?」

緑「それは、何日、もつ、の?」

桃「???」

緑「ラクダ、の、瘤は、非常、食。桃、のは、どれ、くらい?」

桃「あのねぇ…」

緑「どっ、ちも、おな、じ、脂肪だ、から、気になる」

桃「そんなのと一緒にしないでほしいんだけど。それと胸は、あんま痩せたことないからわかんないわ」

緑「? でも、よく、ダイエ、ット、してる」
桃「それが胸はいつも最後なのよ。肉がつくのはすぐなんだけどねぇ…」

緑「……(イラッ)」ムギュッ

桃「きゃっ!? いきなりなにすんのよ!」

緑「動、かせば、痩せ、る。だか、ら、手伝、う」

桃「だからって、なんで揉むのよ」

緑「おっぱい、は、正義。だから、揉む、し、揉むべき、揉ませるべき」ワキワキ

緑は研究と称して、おっぱいや、お尻をこっそり狙ってるイメージ

男幹部「ん、ここまでにしようか。だんだん良くなってきたな。まあ、努力は人を裏切らずって言うしな、これからも精進せいよ」

モブA「はっ、はい。ありがとうございます! それでは、お先にあがらせていただきます!」

男幹部「うんうん、善哉善哉。若いってのは素直でいいねえ」

桃「よきかな、じゃないわよ。こんな所でなにしてんのよアンタ?」

男幹部「おや桃さん、今日はもうあがりですか?」

桃「まさか、ちょっと休憩してるだけよ。……んで?」

男幹部「? なんでしょうか?」

桃「だ・か・ら、なんでアンタがここにいるのよ。ここはヒーロー協会の訓練施設のはずなんだけど」

男幹部「あぁ……。ま、いいじゃないですか」

桃「よかないわよ。それともなに、ウチに鞍替えでもすんの?」

男幹部「はっはっはっ、それはありませんよ。いやなに最近ちょっとヒマなもんでして」

桃「それでスパイ行為? なんて、アンタのことだから本当に暇つぶしなんでしょうね」

男幹部「よくわかってらっしゃる。うちのやつら根性ないもんで、どれだけ鍛えたって、どうせ貴女達には勝てないからって手ぇ抜くんですよ」

桃「それはまた……、謝っとくべき、なのかしら?」

男幹部「いやいや、むしろ謝るのはこちらですよ。まあ、そんなわけで出稽古じゃないですがこっちでトレーニングをしてる、というわけです」

桃「……なるほどね。そんなら、まぁとりあえずはいいわ」

男幹部「おや、本当にいいんですか?」

桃「いいのよ。面倒くさいのは嫌いなの。そんじゃ、そろそろ次のメニューも始まるし行くとするわ」

男幹部「おや、もうそんな時間ですか」

桃「ええ、それじゃあね。…………あぁ、ところで、そっちに転向しちゃった子たちは元気?」

男幹部「!? ……くくっ。さて、うちは新人募集はしてないものですから」

桃「あらそうなの? じゃあ、もし見かけたら伝えておいてくれる。ウチのトップ、蒼が本腰入れるかもしれないわ、ってね」

男幹部「ほう、それは物騒ですねぇ」

桃「えぇ本当に。まあ今のところ私の勘でしかないけどね。……なぁに、残念そうね?」

男幹部「おっと、顔に出てましたか、こいつは失礼。それはそうと時間は大丈夫ですかい?」

桃「? あらら、ちょっとヤバいかも? そんじゃ、急ぐからまた後でね」

男幹部「クスクス) ええ、また後で。……とりあえず、赤んとこでも行くかね。あぁ、あと怪人のやつも呼ばんといかんか」

なんというかリハビリ?がてらひとつ
なんて思ったら変なのが出来ちった
とかなんとか、そんな感じで一つ

乙でした
続きとかありそうな終わり方だ

桃「う〜ん……むぅ……」

赤「……あのー、桃さん? さっきから人の部屋でなにしてんの?」

桃「あら、赤いたの?」

赤「いや居たもなにも俺の部屋だからな、ここ」

桃「そうだったっけ?」

赤「そうだよ。……んで? さっきから鏡の前で何やってんだ?」

桃「え? そりゃ夏に向けてちょっと……って、ちょっ、あんた何時から居たの!?」

赤「何時からって、おまえが俺が仕事してるとこに入ってきたんだろうが。ってか気付いてなかったのか?」

桃「気付いてたらやってないわよ……」orz

赤「それもそうか。で、なにやってたんだ?」

桃「あんた、それでも訊くの?」ジトー

赤「いいだろ別に。どうせもう見られたんだから、理由話したって大して変わんないだろ」

桃「そんなわけないでしょ……っとに、もう。まぁいいけどさ。ほら、そろそろ夏が近いでしょ、だから、こう……、ね?」

赤「ああ、つまり太ったからダイエッ……痛゛!?」

桃「ああ、もう! 本当にデリカシーがないわね!」

赤「イテテテ……。そんなに怒ることか? あっ、いや悪かった! わるかったからその振り上げたもんは下ろせ、さすがに洒落にならん!」

桃「ったく、私の優しさに感謝しなさいよ。……で、どうかしら?」

赤「……なにがだ?」

桃「なにがだ、じゃないでしょ。せっかく恥ずかしいの我慢して訊いてるんだから答えなさいよ。こう、太ったりとかしてないかしら」

赤「んー、いや全然。むしろ出るとこは出て引っ込むとこは引っ込んで、だし、じゅうぶん魅力的だと思うぞ」

桃「そ、そう? でも、こう腰回りとかやばくない? ほら肉がつまめちゃうし」

赤「そうかぁ? しっかりくびれてて綺麗だと思うがなあ。それに少しぐらい肉付きがいい方が俺は好きだけどな」

桃「な゛っ……!? あ、あんた何いってんの!?」

赤「へ? …………あっ! あ〜、いやその、うん。好き、です、よ? うん」

桃「そ、そうなんだ。ふ、ふ〜ん、そっかー、好き、なんだ?」

赤「お、おう、そうだな……///」

桃「う、うん、そう、なんだ……///」

今度は甘めのを書こうと思ったら、なんかこう、あれだねぇ、なものに…
つーか、甘いの書こうとすると途中で力尽きるのは何故なんだか
とかなんとか、そんな感じで一つ

>>711
つ、続き……?
それはあなたの想像の中に
とかなんか、そんな感じでどうでしょう

白「……だれですか、そこにいるのは」

黒「ウィースwwww」
黒(あわわ、知らない場所に出ちゃいました……)

白(? 見た目男なのに女みたいな……)パシッ


とか思いついたけど、こんな感じのネタたしか昔あったよなぁ

白「黒って、あなたの事ですよね」

黒「知らない人に知られるとかwww俺ww人気者ww」
黒(な、何で知っているんでしょう。事務の人とかでしょうか?)パシッ

白「私も一応戦隊のメンバーですから、知っててもおかしくないでしょう」

黒「戦隊のメンバーだったんすかwww」
黒(こんな人もいたんですか。でも、今まで見たことないような……)パシッ

白「基本、この部屋から出ることないですから、知らなくてもおかしくないですよ」

黒「そっすかwww」
黒(ですが、あまり出る事がない私の事は知っていたわけですし……)パシッ

白「気にしなくていいですよ。あと、いつまでその口調を続ける気ですか」

黒「何のことっすかwww」
黒(あ、あれ、まさか正体もばれていたりしますか?)パシッ

白「正体知っていますから、無理に隠す必要はないですよ」

黒「うはwwバレバレwww……あの、何で知っているんですか?」

白「え? それは……」
白(まさか心を読むことができる、なんてことを信じるとは思えないですし、何て説明しましょう)

黒「書類も偽装していますし、裏方の人でも知っているとは思えないんですが」

白(こ、こうなれば……すみません、赤さん)
白「赤さんに聞いたんですよ」

黒「赤さんに……ですか」
黒(赤さんは人の秘密をしゃべるとは思えないんですけど)パシッ

白(信頼されていますね赤さん……ですけど、どうやってこれ以上誤魔化しましょうか)

赤「お、こんなところにいたのか黒」

黒「赤さん? どうかしましたか?」

赤「いや、黒服達が黒の事探しててな」

黒「あ、そ、そうでしたか。すみません、捜しに来ていただいて」

赤「ほら、迷ったのなら基地内部の地図をあげるから」

黒「重ね重ねありがとうございます。では」

赤「……あれ、白?」

白「赤さん、本当に黒さんと知り合いだったんですね」

赤「あ、い、いや、、いまのはな、ちょっとした……」
赤(やべ、どう誤魔化そうか)パシッ

白「いえ、分かってますよ。能力がありますから」

赤「そういえば、そうだっけか」
赤(白もこれはこれで大変そうだからな)パシッ

白「心配してくれるのはうれしいですけど……先に謝っておきます。すみません」

赤「え?」

多分後で黒と黒服に尋問される赤。何だかんだいって不幸エンドになるという。

というか、中身薄いのになんか長くなった気がする。

黄「ぅぅ〜〜〜」

青「どうした、なにを唸ってるんだ?」

黄「う〜、雨ふっててひまぁ〜。外も出れないし、つまんない」

青「ああ、台風が近づいてきてるらしいからな。だから間違っても外に出るなよ」

黄「うん。それはわかってるんだけど……。でも、つまんない」

青「……うーん、それなら誰かと遊んでもらうとかはどうだ?」

黄「それがみんなダメなんだってさ」

青「それは、またどうしてだ? なにか急ぎの用事でもあったか?」

黄「んと、赤はたまってた書るいを片づけるって言ってたし、桃は雨の日はあたまがいたくてむりだって」

青「そ、そうか、赤には悪いことをしたな。しかし桃はどうしたんだ、そんなに体調崩すほどだったか?」

黄「なんか、いつもだったら大じょうぶなんだけど、台ふうの日はつらいんだって、あとなんで二日目に……って言ってた、かな?」

青「あ、あぁそういうことか。うんじゃあしょうがないな」

黄「あれ、青わかったの? どういう意味なの?」

青「あー、いや気にするな。黄もそのうちわかるようになるから、な。それで緑はどうしたんだ?」

黄「えーと、たしか研きゅうが大づめだから、とかなんとか言ってた」

青「そういえばヴァーチャルトレーニングマシンだったかを造っているとか言っていたな」

黄「あっ、それそれ! なんかボクでも反のうできるかわからないレベルなんだって。楽しそうだよね〜」

青「むぅ、またピーキーなものを造ってるんだな。それでは皆が……っと、あぁいやそうだな、たぶん黄専用のカスタマイズということだろう」

黄「……ボクせん用? ……!? あははっ、なんかてれちゃうね」

青「いやいや、照れることはない。それだけ黄が実力者だ、ということなんだから。むしろ誇っていいと思うぞ」

黄「う、うん? そ、そうかな。……えっへん、どうだボクはすごいんだぞー! ……な、なーんちゃってね。あ、あははっ」

青「クスクス) そうだな、黄は本当にすごいな」

黄「あ、あー! そんな笑わないでよー。はずかしいじゃんかぁ!」

青「あぁ、すまない、悪かったよ。……ククッ」

黄「うぁー、んもぅ! だから笑っちゃだめー!!」

今朝ってか、昨日の明け方からの雨はすごかったねー
とかなんとか、四方山、徒然なガールズトーク(?)な
そんな感じでひとつ

入れ忘れた……orz

>>721
乙乙
そういや黒ってお嬢様だったっけ
そして赤はどこまでいってもツイてないな

なんというショタ黄

黄「ねぇねぇ青ー」

青「ん? どうしたんだ?」

黄「ショタ、ってなーに?」

青「`;:゙`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」

黄「わわっ! もう、きたないな〜。何するのさ」

青「ゲホッ、ゲホッ。……いや、すまない。しかし、いったいどこでそんな言葉を覚えたんだ?」

黄「ん〜? なんかね、>>728がボクのことそんなふうにゆってたよ」

青「ぐ、む……。余計なことを教えおって……」

黄「ん〜っで? いったいどういういみなのさ?」

青「あ〜……いや、その……な?」

黄「それじゃわかんないよっ。だから、どういういみなのさ〜」

青「う、うむ。……その、男の子っぽい、ということだ」

黄「おとこのこ? あははっ、ボク男の子じゃないよ〜、へんなのー」

青「はっはっはっ。そうだな、おかしいやつだなぁ。うん、だからそんな奴の言うこと気にしちゃダメだぞ」

黄「は〜い。んじゃ、またランニング行ってくるね〜!」

青「おー、頑張ってこい」

桃「ふむふむ、ショタは男の子っぽいねぇ。これはどうなんでしょう緑さん?」

緑「おそ、らく、本当、の、ことを、言う、のが、恥ずか、しかった、と、思、われる。逃げの、一手」

青「!? お、お前たち、居たのか!!?」

桃「居たもなにも、ここ居間だし」

緑「さっき、から、おやつ、食べて、た。青も、一緒に、食べて、た、よ?」

桃「あ、それとも、青の可愛いかわいい黄ちゃんが、ショタなんて言ったから驚いてそれどころじゃなかった?」

青「うぐぐ……。う、うるさい! だいたい黄にはまだ早い、いや、あんな言葉は知らなくていいんだ!」

桃「えぇー、それはちょっと行き過ぎじゃない」

緑「ん。青は、黄には、過保、護、す、ぎる、と、思う」

青「んな!? そんなしょうがないだろう。そもそもお前たちがだらしないから……」

桃「いやいや何いってんの。それよりは、むしろこう、アレでしょ?」

青「あ、アレ、ってなんだ?」

緑「ゆっりの、はなー、咲く? ……咲いて、る?」

青「……な……な…………」

桃「な? 納豆?」

緑「ねばねば?」

青「なにを言っとるんだ! 馬鹿かお前達は!!」

桃「きゃー、青がおこった〜♪」

緑「おこったー」

青「あっ、こら、逃げるな馬鹿ども!」

はて、なんでこんな時間に書き込んでるやら

>>728を見て
いやいや黄は女の子だよ、ってネタにするはずが、なんでこんなことに…
とかなんとか、そんな感じでひとつ

司令「赤、お前明日から訓練所」

赤「久しぶりに出てきていきなりですね司令……」

司令「たまにはいいだろう。どうせ私を知らん人も多い」

赤「何の話ですか……」

司令「まぁそういう事だ。毎日家事ばっかで訛っているだろう」

赤「了解」

司令「あぁ、そうそう」

赤「はい?」

司令「訓練所の教官は金だからな。無事生還するように」

赤「金さ……」ピシッ

司令(やはり石化したか)

赤「……というわけです」

青「ふむ、確かに赤は最近訛っているな」

黄「む〜、訓練行くならボクも行くのに!」

緑「……いってらっしゃい」

桃「ま、せいぜいがんばんなさいよ」

黒「了解っすwwwwwwwwがんばっすwwwwwwww」(なんで青ざめているんでしょうか……)

赤「じゃあそれまで基地のことお願いね……」

青「……?なんでそんなに落ち込んでいるんだ?」

赤(あんたらは金さんの事をよく知らないからだよ……)

訓練所

ワイワイガヤガヤ

赤(ふむ、訓練所にはやっぱり若い子が多く来るなぁ)

赤(ガタイのいい青年ばっかだね。ヒーローで女の子があそこまで集まるのはやっぱ異常だよなぁ)

『あー静かにせいお主ら!』ピー

赤(金さんの声……。今だけは悪魔の声に聞こえる……)

金『よく集まったのぅ、ヒヨッコ共!ここではお主らをより立派な、力強いヒーローとすべく訓練をするのじゃ!』

金『ここでの訓練は今日1日だけじゃが、ここでいかにお主らが脆弱な人間か思い知って貰うぞ!』

赤(能力人外の言うことは違うね)ダラダラ

「あァ!?お前みたいな子供に言われたかねえよ!」

金『ほっほ、生きがよいのぅ。その言葉、忘れるでないぞ?』

「あンだとぉ?」

金『ここでお主をとっちめることもできるが、それは大人気ないしのぅ。訓練が始まったら嫌でも思い知らせてやるぞ』

赤(さっそく犠牲者が……)

金『さて、訓練の説明に移らさせて貰うぞ!』

金『ココにはざっと100人程度のヒーローが集まっておる!つまり、戦力的には悪の組織一つを完全に滅ぼすことくらい出来る位あるのじゃ』

金『そこで!お主らにはこの広い訓練所内で鬼ごっこをしてもらう!』

「鬼ごっこォ?」

「なんで……」

「遊びじゃないですか〜」

金『まぁ言葉は最後まで聞くのじゃ』

金『ルールは少し違うぞ!まず、鬼は余、一人のみじゃ!』

金『二つ、この鬼ごっこはタッチで終了はしない!立てなくなったら、動けなくなったらアウトじゃ!』

金『つまり、立てるうちならいくらでも逃げまわるがよい!』

金『三つ!武器は使ってもよい!ちなみに鬼である余を倒せば、お主らの勝利じゃ』

金『四つ!時間制限は2時間!それまで逃げおおせるものがおれば、それでもお主らの勝利となる!』

金『それだけじゃ!何か質問はあるか!?』

「っけ、勢い余って殺しちまうかもしんねーぞ」

金『そうじゃな、余に限ってはうっかり殺しても構わんぞ』

金『……やれるものなら、じゃが?』

「逃げる場所は空でも?」

金『構わん、この土地の垂直線上におれば、どこの上空におってもよいぞ』

金『さて、準備はいいかの?早速始めるぞ!』

金『余は10分後に動き出す、余を倒したいものは10分は待つのじゃ!よいな?』

ワーワー

金『それでは、はじめ!!』カーン

金『いーち、にーい、さーん』

「っけ、やってやんよォ!!」

「ガキの癖に、調子のりやがって!」

赤(ガキはあんたらなんだけどな。逃げろ逃げろ)スタコラ

金『ごひゃくきゅうじゅうきゅう、ろっぴゃく!なのじゃ!』

金「さて、死に急ぐ若造は……」

金「ふむ、全員で14人かの」

金「ほっほ、後先考えずに突っ込めるのは良いのう」

金「さぁ、まとめてかかってくるのじゃ」ニコ


ウォォォォォォ!!!!



赤(始まった……)

「オラオラオラァ!!」ビュンビュン

金「子供のチャンバラでもやっておるのか?」パシ

「な、俺の剣を素手で!?」

金「剣術からやり直すのじゃな。我流は身を滅ぼすだけじゃ」ゴスッ

「ガハッ」


「でええええい!!」ダンダンダン

金「やれやれ」パシパシ

「た、弾も!?」

金「これならあの小娘どもと手合わせしたほうがよいのう」ギュン

「な、一瞬で距離を……んがっ!?」メキッ


「もらったぜ!!」チャキ

金「不意打ちは」フッ

「消えた!?」

金「慎重に、静かにやるものじゃ」

「俺の背後に!?ぎゃあああ!!」ベキッ

金「さて、逃がさんぞ、ヒヨッコ共」

「ば、ばけもんだ!うわああああ!?」

金「本物のバケモンと対峙した時が思いやられるのぅ……」

ボーン
ドーン

金「大方3割4割は片付いたかのぅ」

金「さて、愛しの我が弟分は何処かの」

金「お主は最期に捉えてやろうぞ」クックック



赤「ゾクッ」

ウワー
ギャー
ニゲロー

赤(開始して20分か……)コソッ

赤(もう半分くらい伸びちゃったんじゃないか……?)

赤(……1時間も持ちそうにないな)

赤(うーむ)

赤(どうやって逃げようか)

赤「……逃げれないんだけどね」ガックシ

「へへ、この上空にいればあのガキだって……うぉぉ!?」ビュン!

金「む、外したか」

「な、弾丸!?い、いや、これは……小石……?」

金「ほれほれもっと行くぞ」ペシペシペシ

「な、小石を、デコピンで、弾いてる!?」ビュンビュンビュン

金「チョコマカと小賢しいのう」ペシペシ

「な、なんなんだよこのスピードは!?うわ!うわ!うわあぁぁ!?」ギュンギュン

金「ふむ、埒があかないのう」

「あ、あきら、めたのか……?」ゼェゼェ

金「ん〜!せい!!」ダン!!

「な、跳んだ!?」

金「この距離なら逃げられんぞ?」ニコ

(あ、悪魔……)


ベキッ

開始40分後——

金『今数えたらあと4人じゃー』

金『探すのが面倒だから出てきてくれんかのー?』

金『一つ言っておくが出てこなくともいずれは見つかるのじゃぞ?』

金『時間の問題ということじゃ』

金『いま出てくるならできるだけ痛くならないように心がけながら倒してやるぞー?』

金『あ、一人を除いてじゃがな?』

赤(俺か!?)

金『そう、お前じゃ赤』ニッコリ

赤(心を読まれた!?)ガーン

金『ほっほっほ、出てこずなら、探すまでじゃ』ニコニコ

「うわぁ!」

「ぎゃあ!」

「た、たすけ……ひゃぁ!?」



金「さて、後ひとり……じゃな?」

赤「……」

金「そこの物陰に居るのはわかっておる」

赤「……」ガサガサ

金「漸く会えたの、赤。ほれ、もっと近う寄れ」

赤「今はできるだけ金さんの射程内に入りたくないです……」

金「安心せい、この訓練所内全域は余の射程範囲内じゃ」ニコ

赤「なんか……前より強くなってませんか?」ダラダラ

金「そうかのぅ?これでも体がギシギシ軋む感覚が最近あってのぅ」

赤「んなアホな……」

赤「なんで、俺を訓練なんかに?」

金「さて、そうじゃのう……」

金「余に勝てたら、教えてやってもよいぞ?」

赤「無茶をおっしゃる」

金「なぁに、今日ここに集まったヤツよりはよっぽどお主のほうが強い」

赤「買いかぶられても……」ダラダラ

金「ふふ、そうあっけなく沈んでくれるなよ!赤!!」ヒュン!

赤「!?」

軋むような痛みが赤に響く

しかし、赤はまだ倒れずに立っていた

俊足で接近し、ストレートをした金の攻撃を、赤は自分の武器であるタオルで防いでいた

赤(……浅い!)

赤は痛みに苦しむ時間を切り捨て、反撃に移る

金の腕をそのまま持ち上げ、一本背負いを決めていた

赤「うおぁぁぁ!!」

金「おぉ!」

金は少し驚いた声を上げたが、背中を地面に叩きつける前に、左手で逆立ちをするように受け身をとり、何事もなかったかのように仁王立ちした

金「ふふ、やはりお主は一枚上手じゃのう」

赤「これでも、一応鍛えてるんです」

金「じゃが?このままでは勝てぬな?」

赤「うぐ……」

金「図星じゃの?それはそうじゃろ、ダメージレースに負けておるからのう」

金「このまま終わってしまうのかの?」

赤(終わりたい……)ダラダラ

金「ふふ、考えろ考えろ。もしかしたらそのタオルでも勝機はあるやもしれぬぞ?」

赤「今更ですけど……なんで俺はタオルなんですか……」

金「さあのぅ?過去の書き手に聞くのじゃ」

赤「司令といいあなたといい、何の話なんですか……」ガックシ

金「さぁ、作戦タイムはそろそろ終わりでいいかの?」

赤「うぐ……」

金「行くぞ!」ヒュッ

金の影が赤に迫る

赤はタオルを構え、金の影を追う

金は先程と同じように、拳を構え、赤の前に迫ってきていた

赤はそれを見ると、左にステップする

金のストレートが赤の頬を掠め、赤は金の作る隙を見逃さなかった

赤「ハァ!!」

赤は金の体にタオルを投げ、巻き付かせようとする

……が、タオルは金の体をすり抜けてしまった

金「残像じゃ」

にこやかな声は赤の真下から聞こえ、次の瞬間、赤の顎は上を向いていた

金「サマーソルトキック!なのじゃ!」ビシッ

赤「ぐぅぅ……」

赤(つ、強いよやっぱりこの人……)クラクラ

金「にゅふふ、余もまだまだ現役よの」

赤(こ、こうなったら……)

金「ギブアップは聞き入れぬぞ」

赤「うぐ!?」ギクッ

金「情けない先輩じゃのう、ココに伸びている後輩達に示しがつかんじゃろが」

赤「ぐぬぬ」

金「さあ、くるのじゃ!赤!」グッ

赤(こうなったら……!!)

赤は再びタオルを構えると、深く深呼吸する

金「……?」

そして、金に向かって特攻をしかけるように駆ける

金「ふ、一撃にかけたか、よかろう!」

金は少し笑うと、正拳突きの構えを取る

赤「うぉぉぉぉぉ!!」ダッ

金「隙……だらけじゃ!!」ゴスッ

赤「ぐ……ぅぅぅ!!」ギラッ

金「なに!?」

赤は歯を食いしばり、金の攻撃に耐えていた
金は予想してなかったのか、体が一瞬硬直する
赤はその隙に、タオルを金に巻きつける!

金「にゃ!?」

金はたちまち目隠しをされてしまう

金「こんな子供だましで……」

しかし流石というか、一応ヒーローの武器であるそのタオルはなかなか外れない

赤「金さん……ごめんなさい!!」

赤の気性なのか、たじろぐ金に一応謝罪の言葉を並べ、赤は彼女に回し蹴りを決める

赤(もらった!!)

ヒュンッ

虚しい空を斬る音だけが響いた

赤「あ……れ……」

そこにはあの子供の体の金は居なかった

赤の回し蹴りは確実に直撃する、回避など考えられないコースだった

しかし、そこには金がいない

「ふ、ふっふっふっふ……」

背後から不気味な笑い声がし、赤は嫌な汗をかきながらゆっくり後ろを見る

金「ここまでやるとは思っていなかったぞ、赤!」

赤「……あ、あはははは」ピクピク

そこには子供の体の、女の子のような金はいなかった
整った顔立ちに、すらりと伸びた足に、豊満な胸
……不気味ににたりと笑う美女が居た

赤(お……終わった……)

そして、手に持っているは千切れたタオルだった

あのタオルは、一応にもヒーローの武器である
銃弾を防ぐくらいなら訳ないはずだ
それを、引きちぎっていた

金「久しぶりにこの姿になった……」コキ

赤「や、優しく!ソフトでお願いします!キリング・ミー・ソフトリー!!!!」

金「さぁ、どうしようかのぅ」ニヤ

赤「ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!」




赤の断末魔とともに、この訓練は終了した

金『あー、未来の平和を守るお主ら!』

金『今回でお主らの未熟さは十分に伝わったと思うがのぅ』

金『今回の訓練で、より精進してもらいたい』

金『以上、訓練を終了する!』


ちなみに、この言葉を耳に出来た訓練生はいない
皆、目がさめた時は病院か、自分の基地の中だったそうな

……一人を除いて

赤「……」

金「そんなに不貞腐れるでない」

赤「で、今回なんで俺だけお呼ばれされたんです?」

金「ふむ、そうじゃなぁ」

赤「?」

金「ちょっと、年甲斐もなく嫉妬してしまったのかもしれぬな」

赤「え?」

金「お主が気づけるようになるには、あと何年いるのじゃろうなぁ」ヤレヤレ

金「あの小娘どもも気苦労が絶えぬじゃろうな」フゥ

赤「……金さん」

金「ん?」

赤「こんど、どっか行きましょうか」

金「ふふ、そうじゃな。皆で行くかの」

赤「そうですね。夏ですし、海にでも行きましょうか」

金「水着が見たいのかの?」

赤「い、いや、そういうわけでは……」

金「照れぬでよいよい、しかたのないことじゃ」

赤「————」

金「——」



赤(……寂しかったのかな)

おわり
ぱっと思いつきでやってみた
金が本気モードになると大人になるのは過去にあったから使わせてもらったぜぃ
一人で長々つかってすんませんでした

ロリババア最高です
俺も書きたいけど最近このスレ見つけた新参だから設定把握できるまでROMに徹するぜ!

赤「…………」シャッ シャッ

桃「〜〜〜♪」

赤「…………」ピシャッ シャァッシャッ

桃「〜〜〜♪」

赤「……桃」

桃「〜〜、ん? なぁに?」

赤「気が散る」

桃「あら、ごめんなさいね。つい楽しくなっちゃって」

赤「包丁を研いでるだけだぞ」

桃「ん。でもね、刃物を研いでる時の赤の顔って真面目なんだもの」

赤「そりゃ下手すると刃が潰れちまうからな。つーか、その言い方だと何か危ない人みたいだな」

桃「また、そうやって茶化す。真面目にしてれば格好いいのに、なんでそう……」ハァッ

赤「それじゃまるで俺がいつもふざけてるみたいじゃないか」

桃「本当のことでしょ、まったく」

赤「なんでそんなに不機嫌になるかな……? まぁいいや、すこし静かにしててくれな」

桃「はいはい、わかってるわよ」

赤「…………そういや桃」

桃「……なによ?」

赤「なんで俺が真面目な顔してると楽しくなるんだ?」

桃「……。さぁ、なんででしょうねぇ」ハァッ ヤレヤレ

|・ω・) 誰もいない…
|⊂ノ  投下するならいまのうち…
|`J
このAAひさしぶりだなぁ、とかなんとか
ふと思いついたのはいいけど
意味不明すぎてどうしよう
なんて、そんな感じでひとつ

>>770
せっかくの新ジャンルなんだし設定とかあまり気にしなくていいんじゃないかな、とか
なんだったらwikiみれば絵もあるし大体のことはわかるんじゃないかな、とか
…そういや、なんで桃がスイーツ(笑)の暴君じゃなくなってんだろ

チリーン

青「風鈴、か」

赤「ええ、少しは暑さも和らぐかなって」

チリーン

青「ん、悪くないな」

赤「でしょ?」

青「しかし、いい風が入るな」

赤「打ち水しておきました、風が涼しくて気持ちいいでしょ」

青「ん、そうだな」

チリーン

赤「カルピス入れましたけど、飲みますか?」カラン

青「ん、頂こう」

赤「はい」

青「……いい味加減だ」ゴクリ

赤「ふふ、コーヒーと同じ味加減ですよ」

ミーンミンミンジィィィ

青「今日は静かでいい日だ」カラン

赤「ですねー」

チリーン

落ちもなく終了

赤「っちぃなぁ。夏だっつっても木陰で風もあるってのに、なんでこんなに暑いんだかな」

黄「〜〜っ!! お? おおぉ!? 出来た、できたよ赤〜! 今の見てたー!?」

赤「おう、ちゃんと見てたぞ。この調子で頑張れよー」

黄「うんっ、わかったー! よ〜し、がんばっちゃうぞ〜。……う〜ん、もえてきた〜!」

赤「まさか、波動拳をマジでみられるとは……、いったいどこまで行く気なんだ、あいつは」

青「ん? なんだ嫉妬でもしてるのか、珍しいな」

赤「おや、青さん? 別に嫉妬なんてしませんよ」

青「そうなのか? こう、男として負けるわけには、とかあるものじゃないのか?」

赤「そんなこと思ってたら今頃この部隊に居ませんよ。ところで、何か御用でも?」

青「ん、あぁいや、べつにそういうわけじゃないんだが……」

赤「? ……ああ、そうしたら黄の様子でも見に来られましたか? 大丈夫ですよ、ちゃんと熱中症にならないよう見てますから」

青「う、うん、そうだな。そこらへんはちゃんと注意してやっててくれ。黄はいったん集中すると他に目がいかなくなってしまうからな」

赤「えぇ勿論です。弁当や飲み物その他もしっかり用意してありますので、安心して任せて下さい」

青「そうか、なら安心だな。……と、ところで、だな?」

黄「〜〜〜〜やッ!!! わわっ!? すっごいよ赤、今なんか火みたいなの出たよ! ねぇねぇ、みてた〜?」

赤「え? ああごめん見てなかった。すまん、もう一回やってくれ」

黄「えぇ〜〜。んもう、次はちゃんとみててよ〜!」

赤「あー悪かったって。大丈夫、次はちゃんと見てるよ。……すいません、それで他に何か御用でも?」

青「……い、いや何でもない。すまない邪魔したな、それじゃ黄のことは頼んだぞ」

赤「は、はぁ。……あっ! い、いや、わかりました、お任せください」

青「……っ! あぁ、頑張ってくれ」

なんで俺はこんな時間に投下してるんだろう…

なんとなく青はひどく真面目なイメージ
なので、赤ともそんな感じだけど実は他の隊員たちみたいに気安く接してほしいと思ってるけど
でも自分からは言いづらいし、いざやろうとしても緊張して失敗して余計に接してもらえなくなって内心涙目
とかなんとか、そんな感じでひとつ

赤「…………」カタカタ

金「赤、おるかや?」

赤「…………」カタカタ

金「……む? なんだ居るでないか。居るのならちゃんと返事をせぬか」

赤「…………(ハァ」メガシラ モミモミ

金「なんじゃ、本当に気づいておらんのか? ……しょうがないのう」ヤレヤレ

赤「……ッ!?」キョロキョロ

金「こらこら、どこを見ておる。こっちじゃこっち」クイクイッ

赤「あっ、金さんでしたか。ところで何で膝の上に乗ってくるんで?」

金「んむ? ぬしが声をかけたのに全然わしに気づかなんだからの。お仕置きじゃ、お仕置き」

赤「お仕置き、になるんですかこれ?」

金「なるとも。少なくともこうしておれば、わしのことを無視できんじゃろ?」

赤「ん、まぁ、そりゃそうですが……」

金「ならばよし、せっかくじゃ仕事もこのままの体勢でやってもらおうかの」

赤「ゑぇっ!? いやそんな無茶な」

金「大丈夫じゃ、書面を見たりはせんよ。ほれ、こうやって机には背を向けておろ?」

赤「いやいや十分恥ずかしいですってば。ほら、変なこと言わないで降りてくださいよ。終わったらいくらでも相手しますから」

金「むぅ、なんじゃなんじゃ、扱いがぞんざいじゃのう。そんなことすると拗ねるぞ、よいのか?」

赤「……拗ねるって、どうするんです?」

金「ふふん、それはもちろん、…………ッ! っと、こうするんじゃよ赤」キンサン オトナver

赤「…………」

金「おやおや、どうしたんじゃ? そんな豆鉄砲くらったような鳩みたいな顔をして」

赤「いや……だって、金さん……」

金「んん、なんじゃ胸が気になるのか? クスクス)いつまでたっても男は赤子よの」ムギュッ

赤「!!?!?!??!?」

金「これ、そう動くな。くすぐったいじゃろ」

この後、用事を頼みに来た青が誤解して嫉妬して……
って思ったけど考えてたら、なんとなし悔しくなってきた
のでぶったぎる、とかなんとかそんな感じでひとつ

金「んふふ、赤も男の子よのう。そんなに胸が好きかや?」

赤「……(いいから早く離してください。こんなとこ誰かに見られたら……)」ムガー ジタバタ

金「こりゃ、そう暴れるでない。くふっ、息がくすぐったいじゃろ」

赤「……(いやだから、つーか息できなくて苦し……)」ム、ムガ……

金「んむ? おお、やっと素直になったかの……(ガタンッ!)……お?」

青「あ、あの……、なにをやってるんですか?」

金「ん? なに赤と仲良くしたいと思っての。青も混ざるかの?」

青「な、なにを言ってるんですか! それより赤を離してください、ぐったりしてるじゃないですか!」

金「はっはっはっ、なにを……ありゃ? おーい、赤?」ユサユサ

赤「……ッ、ゲホッゲホッ!」

金「おお目が覚め……」

青「赤っ、大丈夫か!?」グイッ

赤「え、あぁはい。って、青さん?」

青「本当に大丈夫か? どこか変なところは、眩暈がするとかボーっとしたりしないか?」

赤「いやいや本当に大丈夫ですから、ちょっと落ち着いてくださいって、ほら深呼吸して、深呼吸」

青「う、うむ、そうだな。…スー…ハー……」

赤「……落ち着きました?」

青「あぁ、すまない。まったく勤務時間中に何をしてるんだお前は。い、いかがわしいことは駄目だぞ」

赤「や、待ってくださいよ。俺はむしろやられた側でして、いわば被害者ですよ」

青「ふんっ、どうだか。あんがい気持ち良かったんじゃないか? さっきもジタバタするふりして、その、揉んでたり……」

赤「ちょっ誤解、誤解ですって。そりゃちょっとは、やわっこいと思いましたが、だからって……」

青「ほら、やっぱり! そ、そんなに大きい胸が好きなのか、この変態!」

赤「だから誤解ですって! 第一それで窒息してどうするんですか、そんな馬鹿ですか俺は!?」

青「う……。だ、だって赤しょっちゅう桃のおっぱい見てるじゃないかっ!」

赤「ゐ!? い、いやそれは違うんですって。なんというか男の性ってやつでして……」

青「だったら、なんで私のは見ないんだ! 黄とか緑のだってたまに見てるくせにぃ……、そんなに、私は魅力がないか?」

赤「……は、はい? あの、青さん? いったいなにを言って……」

青「ぅぅ、やっぱりそうなんだ。わたし、みりょくないんだぁ……。おんなのこって、みられて……」ジワッ グスグス

赤「なんでそうなるんですか。違いますよ今のは肯定じゃなくて疑問で、それに青さんは十分かわいいですって」




金「喧嘩が始まったと思いきや、なんか甘い雰囲気に移行しつつある件、そしてわしが空気になっておる件
  ……な、何を言ってるかわからn(ry」

>>790の続きを書くつもりが
なんか変な方向に……
とかなんとか、そんなよくわからない感じで一つ

黄「〜〜♪」

緑「……」ジー

黄「〜♪ ん? どうかしたの緑」

緑「黄って、筋肉、質、だよね」

黄「ん? ん〜、そうかな? そんなについてないと思うんだけど」

緑「う、ううん。ムキムキ、って、ほどじゃ、ないけ、ど、……細マッチョ?」

黄「えっと、ひきしまってるってこと?」

緑「コクリ) うっすら、脂肪、の、のった、おへそ、回り、とか、腹筋、が、割れてる、のに、くびれ、てる、腰回、りとか、……触って、いい?」

黄「ええーっ、まあいいけどさ。くすぐったりしないでよ」

緑「ん、約束、する」

力入れたら腹筋が見えて、腰回りもくびれてる
女の子のおへそは、なぜかエロい気がする
とかなんとか、なんかしょうもない感じで一つ

それぞれの腹筋(これらは想像です。実物とは異なる場合がございます)

青……ほどよい。六つに分かれるほどはないが、腹斜筋がしっかり付いているためくびれがキレイ。すがりつきたい。
桃……あんまり。一般的な女の子のお腹。すべすべでふにっとしててもの凄く触り心地が良い。後ろから揉みしだきたい。
黄……しっかり。スポーツ少女は格が違った。力を入れればはっきり分かる腹直筋。でも力を抜いたら柔らかい。かわいがりたい。
緑……細いッ! もっとご飯食べさせたくなる。おへそがなんともかわいらしい。ぺろぺろしたい。
金……幼女腹。ぷっくらむにむに。抱っこしたい。
女幹部……ほどよい肉付き。女性の魅力が詰まったお腹。本人はダイエットを考えているが、とんでもないッ! 擦り付けたい。

赤「…………」ムニムニムニ

桃「……ねぇ、いい加減飽きないの?」

赤「ん、なにが?」ムニムニ

桃「なにがって、いまやってることよ」

赤「あー、桃の腹を揉んでることか?」ムニムニ

桃「そうよ。んで、いつやめるのかしら?」

赤「えっ?」ムニッ ムニムニ

桃「えっ? じゃないわよ。つーか、いいかげん暑いんだけど」

赤「そっか、そいつは困ったな」ムニムニ

桃「ええ。だから、とっとと離れて……」

赤「あんまクーラーつけんの好きじゃないんだがなあ」ピッ ムニムニムニ

桃「ちょっと待って。なんで、さも当然のようにクーラーつけるの? 普通、やめて離れるとこでしょ」

赤「いやだって、そしたら桃のお腹揉めないじゃん」ムニムニ

桃「だから揉むのをやめろって言ってんのよ」

赤「えっ!? いやいやいや、そんなご無体な」ムニッ!? ムニムニ

桃「ご無体な、じゃないわよ。……あと五分だけね」ハァ ヤレヤレ

赤「マジでッ!? さすが桃、話がわかるなぁ♪」ムニムニムニムニ

桃「……なんでこんな奴なんかに(ボソッ」

赤「〜〜♪」

>>806
それはつまりこういうことだな
とかなんとか、たぶん後ろから抱きかかえる感じでやってるんじゃね? な感じで一つ

赤「そんな、胸だ直接だなんて……、いやらしい!」

桃「いきなり何言ってんの、あんた?」

赤「いやなんか胸を触るとか、直接か服の上からなのかって声が聞こえたから……」

桃「あ、あぁそう……」

赤「うむ。まったく、そんなことしたら変態じゃないか。なあ?」

桃「…………」

赤「あの、桃さん? その無言でジト見されるとキツいんですが」

桃「黙れ変態」

赤「な!? ど、どうしてだ? 俺のどこが変態だっていうんだ!?」

桃「全部よ全部。つーかね、服の上からだからって許されると思うなっつー話よ、ふつう」

赤「で、でもお腹だぞ。胸とかそんなえっちぃ場所は触ってないだろ!」

桃「お腹でも立派なセクハラよ。嘘だと思うなら外でて他の娘にやってごらんなさいな、一発で警察行きになるわよ」

赤「うぐぐ……」

桃「わかったかしら? そしたら、とっととその手とめて離れなさいね」

赤「わかっ……って、ちょっと待てよ桃」

桃「なぁによ?」

赤「普通は通報されるってことは、それをしないで揉ませてくれた桃は、もしかして……」

桃「な、なによ? べつに深い意味はないからね、勘違いするんじゃ……」

赤「そういうの気にしない色々ユルい娘だったのか! ちっくしょう、なんてこった!!」

桃「ないわよ……って、あ・ん・たねぇ」

赤「んぉ? ど、どうした桃? なんかえらく怖い顔になってるが……」

桃「うるさい! いいからさっさと手を放しなさい!」

赤「お、おぅ。……えっと、なんだ? 俺なんか怒らせるようなことしたか?」

桃「べつに怒ってないわよ。それじゃ、私は部屋に戻るからついてこないでよ、じゃあね」

赤「あっ、おい桃……、なに怒ってんだあいつ?」

胸とか、素肌とか
えっちなのはいけないとおもいます!
とかなんとか、そんなまほろさんな感じ(?)で一つ

赤「いや、さすがに無理だって…大人く業者に…」

桃「はあ!?無理とか無理じゃなくてやるのよ!」

赤「そんなこと言われても出来ないものは出来な…」

桃「使えないわね…!」

赤「専門外だし、仕方ないじゃないか…」

黄「?…ねぇ、なんの話?」

桃「…うるさいわねぇ。チンチクリンには関係ない話だからあっちいってヒラメーキーノ?でも見てなさい。子供に人気あるんでしょ?あれ」

黄「なっ…!?桃!僕を子供扱いしないでよ!?」

桃「え?ならお子ちゃま扱いすればかしらねぇ?僕ぅ?」

黄「…ッ!」

赤「ま、待て!ちょっとま…」



赤「…ぅう…」

黄「ご、ごめん」

桃「急に割って入るから…まったくおバカねぇ」

赤「…はい…(お前らの喧嘩の仲裁に入ったんだろが!…とは言えないこの情けなさ…はぁあ…)」

桃「ま、仕方ないわね。素直に業者呼ぶ方が早いわ」

赤「………(…いや、だから最初からそうしろと…)」

桃「赤、タウンページ」

赤「…はい…」

黄「あ、そうだ!…で結局何だったの?」

桃「…あんた、話が終わろうとしてんのがわかんないの?空気を読みなさい、空気を」

黄「むっ…!」

赤「あぁあ!!え、エアコンだよ!エアコンの調子が悪いから何とか直せないかって話だったんだよ!」

黄「エアコン…」

桃「そ。まだまだ残暑が辛いもの。壊れたまんまじゃ干からびちゃうわ」

黄「あ、じゃあ僕が直してあげる?」

赤「え?」

桃「はぁ?」

黄「エアコンが動かないんでしょ?なら…」

桃「まさか叩けば直る、とか…」

黄「うん。多分直るんじゃないかn『ぶぁかじゃないの!?』

桃「直るわけがないでしょ!?あんた、馬鹿なの!?」

赤「やっぱりか…」

黄「え?え?」

桃「脳筋ここに極まりね…そのテンプレ通りの選択、ある意味尊敬するわ。馬鹿だけど」

黄「うぅ…!さっきから馬鹿馬鹿って…!」

桃「馬鹿に馬鹿と言って何が悪いのよ?…あ、ごめんなさいね?馬鹿はさすがに下品よねぇ…お馬鹿さん、でどうかしら?」

黄「!…桃ー!!」

『あっ!ちょっ…!やったわね!?そんなんだから馬鹿だのチンチクリンだの言われるのよ!この脳筋単細胞お馬鹿!!』

『脂肪と糖分の塊よりはマシだもんね!!最近また太ったんじゃないの!?』

『なっ!?あんた、なんてことを…その暴言、身を持って後悔しなさい!』

『うわぁ!?…出来るもんならやってみなよ!?』

ギャース!ギァァ-ャス!

赤「………」

赤「はぁ…タウンページと掃除機用意してこよ…」トボトボ…

赤「ふんふんふふん♪ふーんふふんふんふん♪」テクテク…

赤「あのー…そろそろ3時だからおやつでも…ん?」

桃「あんたに譲られるほど落ちぶれちゃいないわよ!」

黄「良く言うよ…この間なんかゼーハーゼーハー息切れしてた癖に」

桃「あ、あれは…ぶっ飛ばした後なんだから問題ないの!」

黄「ぶっ飛ばせてなかったらダメだったじゃん。だから…」

青「………」

赤「な、何?…け、喧嘩?」

緑「…違う…」

赤「違うの?」

黒「wwwうスwww」

桃「あんただって怪人と雑魚1に押されたでしょ!?」

黄「そ、それは2対1だったからだよ!タイマンでバテてる桃に言われたくない!」

赤「………」

緑「………」

黒「wwwマジパネェwww不毛の争いっスよwwwうはっwww」

赤「…いや、喧嘩っぽいんだけど」

緑「…戦術ミーティング…この間危なかったから…誰を優先的に援護するかって話をしてたら…」

赤「こうなったというわけか…」

桃「やたら目立つ色してるから狙われんのよ!…そんな蛍光テープみたいな色して恥ずかしくないの?」

黄「僕の趣味でこの色着てるわけじゃない!…いい年で真っピンクの方がよっぽど恥ずかしいんじゃないの!?」

桃「いーじゃない、可愛くて。ま、女の子ってより男の子のあんたにはわからないかもしれないけどぉ?」

着「なっ!?…桃っ!」

青「もういい!止めろ!!」

青「いつまでくだらん口喧嘩をするつもりだ?」

黄「…青」

桃「この黄ザルが負けを認めるまでよ!だいたいあんたがもっと的確に…」

青「黙れと言っている」ガチャリ…

桃「ちょっと。仲間に銃口向けるとか何考え…」

青「黙れ」

桃「…はいはい、わかりました。黙れば良いんでしょ、黙れば…まったく…」

青「まったくとはこちらの台詞だ。こうでもしないと黙らんのか、お前は…」

赤「………(お、抑えこんだ…さすが青…………恐ろしい…)」

緑「………」

青「どちらが優れているとか、どちらが目立つだとかはどうでもいい。私の援護でお前達の戦闘力を十分に引き出すことが重要なんだ」

黄「でもさ、危なくなるのって結局は弱い方でしょ?だったら…」

青「どれだけ強くても複数に囲まれたら危ないとはお前の言葉だろう、黄」

黄「それは…」

桃「まったくお馬鹿よねぇ」

青「お前もだ、桃。自分勝手に飛び出すから負担が全部自分にのしかかってることがわからんのか?」

赤「うんうん(いろいろ考えてるんだな、青…俺ももっとしっかりしないと…)」

桃「勝てば良いんでしょ?問題ないじゃ『私は!』

青「前線でももっと連携を取れと言っているんだ。そうすればもっと効果的に…」

赤「ですよね。前衛三人が個別に突っ込むんじゃなくて、もっとフォーメーションとか…」

桃「はあ?三人?」

赤「え?俺、黄、桃…でしょ?」

黄「えーと…」

赤「ん?」

青「…お前は戦力外だ。今後は後方支援でもさせるつもりだ…怪我をされては困るしな」

赤「え!?何…えぇ!?」

緑「…ふひひ…一緒、一緒…」

黒「wwwマジすかwwwメガホンもう一個用意しなきゃwww」

赤「そ、そんな…」

赤「そんなのってないですよ!?お、俺だって…!」

青「…ダメだ。もう決めたことだからな」

赤「俺から…ヒーローから戦闘をとったら何が残るって言うんです!?」

桃「…パシリ?まぁいろいろと『お世話』する技能は残るんじゃないの?」

緑「…モルモット…」

青「家事全般はお前に頼りきりだしな…離脱されると不便だ」

黄「ご飯とか、スパーリングとか…あ!ちゃんと手加減はするから!」

黒「wwwゲーム相手とかwww話し相手とかwwwあとはえぇと…あwwwわかんねぇッスけどwwwいっぱい残りますってwww」

赤「…いやそういうんじゃなくて…ヒーローとしての俺に何が残るかっていう…」

青「とにかく!…だ。私達はお前…の…か、家事能力を必要としているんだ。だからその…アレだ、怪我で離脱されると…」

桃「いろいろ面倒なのよねぇ…ま、弱いヤツは戦闘後のデザート用意して、後ろで見てなさいってことよ」

黄「う、うん!そう!」

緑「…みんな素直じゃない…」

黒「wwwwwww」

赤「………」

青「し、しかしこのままではまとまらんな…また後でミーティングをするとしよう。私なりのアイディアもまとめたいしな…」

桃「まだやるのぉ?」

青「当たり前だ。…お前達も意見をレポートにまとめてこい」

黄「え!?レポートはちょっと…」

青「緑と黒も意見があれば私まで報告してくれ。以上、解散」

緑「…了解…」

黒「wwwうぇーすwww」

桃「もう3時じゃない…まったく、危うくスイーツを食べ逃す所だったわ…」

黄「また太るんじゃないの?」

桃「女優やモデルは少量を五食って知らないの?子供ねぇ…」

黄「僕は子供じゃない!…それに桃は三食しっかり食べてるじゃん。だったら……」

パタン…

赤「………」

赤「…俺の存在価値って一体…」

A.M6:00

ピピピピ

バチン

赤「……」

赤「……んぅ〜〜〜」

赤「朝か……」ボケー

AM6:30

赤「くぁぁ……」ピッ

TV『ズーム○ン朝!今日の天気は……』

赤「さて、と」ジャァァ

赤「〜〜♪」トントントン

赤「む、味噌がもう少ないな……」

AM7:00

赤「そろそろかな……」グツグツ

赤「えーとコップは、あったあった」

赤「今日はちょっと濃い目にしておこう」コンコン

赤「ミルクは……どうだろう」コポポポポ

赤「まぁいいか」コト

2分後

青「おはよう」

赤「おはようございます」

青「んーー」ズズズ

AM7:20

赤「……」ジュウジュウ

赤「さて、と」

赤「えーっと冷えたスポーツドリンク、あったあった。今度買い足さないとなぁ」

赤「あとはタオル、と」

黄「ただいまーーー!おはよう!赤!!」

赤「おかえり、おはよう黄。ほら」

黄「ありがとう!」グビグビ

青「朝からうるさいな」

黄「あ、青もおはよう!」

青「あぁ、おはよう。朝食までにシャワー浴びておけよ」

黄「うん!じゃあ行ってくる!」ドタドタ

AM7:30

赤「……」シャリシャリ

黒「おはよーッスwwwwwwww今日も元気にいきましょーwwwwwwwwww」

赤「お、おはよう黒」

青「おはよう」

黒「赤さん朝ごはんまだっすかwwwwwwww」

青「皆が起きるまで待て」

赤「まだ出来てないから、ほらリンゴでもつまんどいて」コト

黒「あざーーっっすwwwwww」シャクシャク

青「ん」シャク

黒(毎朝の果物が朝の一番の楽しみですね)

AM7:40

ズル……ドテン!

赤「きたか」ガチャ

赤「緑、そんなところで毎朝寝るな」

緑「……だっこ」

赤「いつまで抱っこしてもらう気だよ……」ヨイショ

緑「朝は……転ぶよね」

赤「転ばないよ、おはよう」

緑「ん、おはよう」



黒「緑さんおはよーっすwwwwwwww」

青「おはよう、赤もいつまでも甘やかすな」

赤「まぁこのくらいいいでしょうに」

緑「ん……おはよう。これは、私の……特権?」

赤「なんで疑問形なんだよ」

AM8:00

赤「朝ごはん完成っと」

赤「とりあえずテーブルに並べて」コト

黒「今日も美味しそうっすねwwwwwwww」

青「……」グゥ

緑「……」ポケー

黄「ただいまー!いい匂いー!」

赤「……さて、あと1人か……」

黄「大丈夫?ボクが行こうか?」

赤「いや、いいよ」ヤレヤレ

赤「うぉーい桃ー、朝だぞー」コンコン

赤「ったく……入るぞ!」ガチャ

桃「」クカー

赤「アホ面して寝てるなぁ。桃、朝だぞ」ユサユサ

桃「あと5分……」

赤「テンプレすぎるから早く起きろ」ユサユサ

桃「んーーーー」

赤「おきろって」

桃「赤の……プリンアラモード」

赤「どんな悪口だ!早くおきろ!」

桃「うるっさいわねー。いいじゃない少しくらい!」ガバ

赤「よし、起きたな。皆待ってるから早く来いよ」ガチャバタン

桃「……」

AM8:20

桃「おふぁよー」

青「おはよう、遅すぎだ」

赤「もうご飯の準備できてるから早くしろよ」

黄「おはよう、もうお腹ペコペコだよう」

黒「おはよっすwwwwwwww早いとこメシにしましょwwwwww」

緑「おは……」

桃「はいはい、寝坊してすみませんでしたーっと」

赤「じゃ、食うか」


全員「いただきます」

おわり

これはこのスレでやる必要性があまり感じないことに途中で気づいた

黒服2「すぐに実戦に投入するのは危険ではありませんか?…どうぞ」コトッ…

黒服1「ありがとうございます。…しかし、ただの強化スーツではいざという時の対応に不安が残ります」

黒服2「ですがまだ試験素材レベルの代物ですよ?実際に装着した場合にどうなるかはまだなんとも…」

黒服1「…わかっています。ですから…むっ?」

黒服2「?」

黒服1「安物ですね、この緑茶は…」

黒服2「仕方ありません。若旦那様の今の月給では高級茶葉などはとても…」

黒服1「なんとおいたわしい…今d」

ガチャ…

黒服1「ッ!!」ババッ!

黒服2「あわわ…」バッ…ガッ!

ガタッ!

黒服2「熱ぅ!?」

黒服1「何をやっているんです!?早く…」

赤「…おい」

黒服1「こ、これは若旦那様…」

黒服2「これはその…はっ!」

赤「お前らなぁ…俺の部屋を会議室変わりにするなとあれほ…ん?」

黒服2「そ、粗茶ですが…」ソソッ…

赤「元は俺のお茶じゃねーかよ!?それになんだよ、その似顔絵付きの湯呑みは!?完全にお前のMy湯呑み『馬鹿者!』

赤「…お?」

黒服1「それは私の湯呑みではありませんか!?」

黒服2「あっ…!?」

赤「…おい」

黒服1「若旦那様に対して失礼な!…えぇい!まったく…!」ガサガサ…

黒服2「若旦那様、重ね重ねのご無礼、まことに申し訳なく…」

赤「おいってば」

黒服1「…こちらを使いなさい。若旦那様用の湯呑みです」コトッ…

黒服2「は、はい!」

赤「はぁ…」

黒服1「…お気に召しませんでしたか?お嬢様とお揃いなのですが…」

赤「気に入るとか気に入らないとかの問題ではなくて…はぁあ…」

黒服1「?」

黒服2「…コーヒーの方が宜しかったのでしょうか?」

黒服1「!…それです!」

赤「いや違っ……もう何でも良いよ…」

黒服1「戦力外通告、でございますか?」

赤「そうなんだよ…俺がいないと家事だのパシリだのモルモットだのサンドバッグだのがいなくなるから困るとか言われてさ…」

黒服1「…後方支援も重要な役割だと思いますが…」

赤「それはわかるけどさぁ…なんで『お母さん』みたいなことまでしなきゃならないのか…」

黒服2「ここの皆様方は生活力がありませんからね…あ、お嬢様は別でございますが」

赤「…まぁ、確かにあいつは生活力というより世間知らずの面でまともな生活は無理だな」

黒服2「そういう所がまた可愛いらしいのです!!…そうではありませんか!?」ダンッ!

赤「いや別に俺は…」

黒服1「…良くぞ言いました。あなたも大分、黒服としての心構えが出来てきたようですね!」バッ!

黒服2「はい!…あぁ、最近までお肉が木になると勘違いされていらしたお嬢様…」

赤「………」

黒服1「…えぇ、それに鯛焼きは海の生物であるとも…」

黒服2「!…それは初耳です!」

黒服1「ふふっ…実はこの間の護衛任務の際、お嬢様に見つかりかけまして…。咄嗟に鯛焼きを買う客を装ったのですが…」

黒服2「単身護衛…まさか先週のですか!?くぅ!定時連絡さえなければ…!」

赤「なぁ…俺の悩みを聞いてくれるんじゃなかったの?ねぇ…」

黒服1「その時に後ろからぽそりと…『あんなにたくさんお腹にあんこを詰めて良く海ん泳げますね』…と。…私は顔が緩むのを止めることが出来ませんでした…!」

黒服2「ああもう、なんとお可愛いらしい…!!」

赤「………」

黒服1&2「お嬢様ぁああ!!」

赤「…もう出てってくれないかな?な?…頼むから…」

それぞれの腹筋その2
※これは妄想です。実際のキャラクターとは異なる場合がございます。異なるんだってば。


お嬢様に腹筋なんてそんな……おや?
意外としっかり特訓してるのか、触ると分かるくらいには付いている
すべすべ頬ずりしたい


やっぱり細……あれ?
普段から動けないプラス美味しいお菓子イコール気になる乙女の秘密なんです
でも抱き心地は最高級
一緒にまったりゴロゴロしたい



筋肉はしっかり付いてる
しかしそれが活躍することは無い
腹パン ダメ、絶対!

雑魚1
細いがビール腹

雑魚2
痩せ型だが焼酎腹

怪人
マッチョだが日本酒腹

男幹部
ヒ・ミ・ツ♪

怪人になってドッキリがしたい
能力でレッド以外の隊員を眠らせて、起きた辺りで映像を流したい
レッドがたった一人で怪人と戦って、負けて手刀で心臓部を貫かれる映像(やらせ)を基地のモニターに流したい
茫然とする隊員たちの様子を見つつニヤニヤしたい

その後、事実に気づいたメンバーにフルボッコにされて爆死したい

ピンポーン

ガチャ…

女幹部「はい?」

宅配人「どうも!宅配便ですぅ!」

女幹部「ありがとうございます。サインでよろしいでしょうか?」

宅配人「申し訳ありませんが、ハンコでお願い出来ますかぁ?…あ、『シャチハタ』はNGですよぉ?」

女幹部「!…少々お待ち下さい」

宅配人「えぇ」


怪人「え?物資が届いたんですか?」

雑魚1「ひゃっほぅ!いやー…ちょうど、PZS(パワードザコスーツ)が痛んでてたんだぜ」

雑魚2「ケツがやばいよな、ケツが」

女幹部「それが…」

雑魚1「ぜ?」

女幹部「届いたのはこの機械だけなんです…もうしばらくは繕い物で我慢して頂けませんか?」

雑魚1「あ!い、いやいや!が、我慢とか、まさかぁ…ぜ!?」

雑魚1「そうですぜ!このヴィンテージ感は気に入ってますし、女幹部さんにつけて頂いたアップリケも可愛くて…」

雑魚1「どっちかっていうとコレを保存したいから新しいのが欲しいっていうか…ぜ!」

雑魚2「ぜ!」

怪人「何を言ってるんだお前ら…で、これはどういう機械なんでしょうか?」

女幹部「あ、はい…確か取り扱い説明書が同封されて…」

怪人「ホログラム?」

女幹部「えぇと…出撃時の士気向上のために…」

雑魚1「ガンダムみたいなもんだぜ?」

雑魚2「ああ、なるほど」

女幹部「がんだむ?」

怪人「アニメです、アニメ。最近レンタルして見てるんですよ、こいつら」

雑魚1「これではまるで道化だぜ…」

雑魚2「仕方ありませんぜ、ネタを仕込むのも俺らの仕事のうちですぜ」

女幹部「えぇと…?」

怪人「気にしないで下さい。遊んでるだけですから…」

雑魚1「なっ!?…俺は否定しろ!」

雑魚2「それはちょっと苦しくない?」

雑魚1「だぜ?」

怪人「…もうほっときましょう」

女幹部「え…でも…」

雑魚2「ほら、遊びでやってんじゃないんだぜ!…とか」

雑魚1「ああ、それがあったんだぜ!さすが兄弟!」

雑魚2「おうよ!」

怪人「………」

赤『来たな!悪の組織め!この戦隊ヒーローがいる限り…』

桃『…赤、あんたちょっとうるさい』

赤『はい…すみません…』

怪人「で、なんで出撃なんだ?しかも勝手に…」

雑魚1「ホログラム…この新兵器を試すためだぜ…」

雑魚2「女幹部さんは夕飯の準備で忙しいだろうから内緒で、な…」

怪人「…無茶はするなよな?顎壊されて飯を食えないとか勘弁…」

雑魚1「行くぜ!…怪人!」

雑魚2「でりゃああ!!」

怪人「お、おい!なんの作戦も無しに…」

雑魚2「まぁ、見てるんだぜ」グッ!

雑魚1「ポチっとな」ポチッ

ブァアア…

怪人「あれは…」

『栄えあるネオ・ジ《組織》の兵士達よ!かつて我々を暗黒の世界へ押しやったものどもは、今我々の足も《目の前…だぜ?》《…たぶん》』

『かな人間ども《ああっ!ミスったんだぜ!》《シー!!》たのだ!』

怪人「………」

『共に戦おう、ネオ・《組織》ンの為に!ネ《組織》オンの栄光の為に!』

雑魚1「うおぉお!!」

怪人「ぐだぐた過ぎる…」

雑魚2「ハマーン様!バンザ…げふぅ!?」

雑魚1「兄弟!?おのれ、連邦政府の…あふっ!?」

怪人「あ!?雑魚1!雑魚2!?」

黄「で?何がしたかったの?君達?」

桃「まさか仲良く映画鑑賞したかった…なんて言わないわよねぇ?」

怪人「え…いや…私にもよくわからな…うわぁああぁぁあ!?」

赤「………(ほんと、こいつらは一体何がしたかったのか…)」

雑魚1「…うぅ…」

雑魚2「…うぐぐ…」

桃「はい、おしまい。帰りましょ?ほんと無駄な時間だったわ」

黄「ね。…青、聞こえる?僕ら撤収してもいい?」

青『任務は終了だ。各自帰還しろ。…しかし、くだらん戦いだったな』

黄「たまに意味不明だよね、この人達」

青『まぁ、私達が深く考える必要はないが。私達は先に引き上げる。…では通信終了だ』

黄「はーい」

怪人「………」

怪人「…もうヤダ…なんで私まで…」



雑魚1「やっぱオフレコがなぁ…」

雑魚2「いっそ女幹部さんにお願いすれば…」

雑魚1「なるほど!さすが兄弟、いいこと思い付…」

怪人「もうやめろ!頼むから…!」

雑魚1「えー…」

雑魚2「ノリが悪いぜ?」

怪人「ノリで救護室送りは勘弁してくれっていうのだっ!?…アタタ…」

雑魚1「あーあ、騒ぐから…」

雑魚2「ぜ」

怪人「お、お前らなぁ…!」

首領「かいじ〜ん、いないの〜?」

男幹部「……zzz」

首領「おんなかんぶがよんで……って、うわっ、おとこかんぶだけなの」

男幹部「………zzz」

首領「んぅ? おとこかんぶねてるの? めずらしいの」ツンツン

男幹部「……ぅん……zzz」

首領「おお、かんぜんにねちゃってるの。……ふぅん、いがいにせいかん? なかおつきなの」ヒゲ ゾリゾリ

男幹部「ピクッ)……ん、……ん?」

首領「ビクッ!?)わっ、わっ、お、おきちゃうの。あっ、てーぶるのしたにかくれるの」ドキドキ

男幹部「ん〜。……ふむ…………zzz」

首領「ね、ねたの? ……ふぅ、あぶなかったの。まったくそしきのとっぷをおどろかすなんていいどきょうなの、きいてるの〜?」ヒソヒソ

男幹部「……zzz」

首領「ふふん、へんじをしないとはますますゆるせないの。そんなおとこかんぶには、……こ、こうなの」ヨジヨジ オナカノウエベター

男幹部「んん? むぅ……zzz」

首領「ど、どうだ。こうやって、ねむりをぼうがいしてやるの。……まったくもう、たばこくさいしぶしょうひげだしでだめだめなの」クンクン スリスリ

男幹部「zz……? ……」ナデナデ

首領「わぷっ!? む、むぅ、いきなりあたまなでなでとはなかなかやるの。……ほ、ほんとにねてるの?」

男幹部「……zzz」

首領「あっ……なでなで……って、ちがうの。そうじゃなくて、そう、おとこかんぶはもうちょっとまじめになるべきなの。

   こうやってだまってるときとか、あとたまに、たま〜に、まじめにおしごとしてるときとかはかっこいいのにもったいないの。

   そうしたら、その、なんていうか……、おとうさん、ってかんじでわるくないの。そしたら、こんなふうに……」ドキドキ

女幹部「……ょう、首領? 怪人はいました?」ヒョイッ

首領「ふゃっ!? お、おんなかんぶ!!? あ、ええっと、かいじんならここにはいなかったの」アタフタ アタフタ

女幹部「そうですか。ところで何でソファーに?」

首領「えっ? そ、そのおひさまがあたってるからきもちいいかなーっておもって」ミ、ミエテナイノ?

女幹部「そうですか? でも、そこよく男幹部がベット代わりにしてるからやめたほうがいいですよ」ナニガデス?

首領「そ、そうなんだ? じゃあ、すぐおりるからそこでまっててほしいの」

女幹部「いえ、なんだったら手伝いますが……」

首領「い、いいの! これぐらいひとりでできるの。いいからそこでまってて」

女幹部「は、はぁ……?」

なんで俺はこんな時間に投下を……

なんとなく過去スレ見てたら首領がファザコンな気がしてきた
で、その対象が(真面目にしてる時の)男幹部だったらいいなー
とかなんとか、そんな感じでひとつ


>>849
俺も待ってるから早く書くんだ

>>851
ザコーズとりあえずリハはちゃんとやっとけ
あと怪人さんマジ不憫

赤「すみません、白さん居ますか?」

白「はい? どうしたんですか赤さん」

赤「ああ、いえ、すこしこちらで休ませてもらえないかと思いまして」

白「はぁ……。でも、それなら赤さんの部屋で休まれたほうが……、あぁ、桃さんにベッドをとられたんですか」

赤「え、えぇ、なのでこちらのベッドを使わせてもらえたらな、と」

白「それは構いませんが、いま空いてるベッドここしかないんですけどいいですか?」

赤「はい? そりゃまたどうして? たしか4つあったはずじゃ」

白「それがお布団干してたら、なぜか大雨が降りまして……、あぁ、やっぱり緑さんの実験でしたか」

赤「……面目ない」

白「そんな、赤さんのせいじゃ……、ない、です、よ? ほら、何かを止めるのってそれと同じかそれ以上の力がいるって言いますし」

赤「……あはは、そう、ですね」

白「へ? ……あっ!? ち、ちがいます! そうじゃないんですよ赤さん。

  ほら赤さんだってお料理とかお掃除とかすごい上手いじゃないですか、だから別に赤さんが弱いってわけじゃなくて適材適所と言いますか

  ……、って、ちがいます! そうじゃないんですってばぁ、赤さん!」

赤「あ、いやだいじょうぶです。フォローとかそんな、しなくても、はい」

白「だ、だからぁ。うぅ〜、あっ、そうだ! こっち、こっち来てください赤さん」

赤「はい? いきなり何を……」

白「一緒に横になりましょう。抱き枕です」

赤「…………ゑ?」

白「か、勘違いしないで下さいよ? これはセラピーの一種なんですから。え〜とその、あにまるせらぴー、みたいな?」

赤「…………」

白「……、それは、そうですけど。で、でも人間だって動物ですよ! だから、あにまるです♪」

赤「……は、はぁ、そうですか」

白「むぅ、ぜんっぜん信じてませんね。なら論より証拠です、ほら早くこっちに来てください」

赤「い、いや、だから……」

白「んもぅ、しょうがないですねえ。そんな人には……、こうですっ♪」

赤「!? ちょ、ちょっと白さん!?」

白「ふっふ〜ん。さあ赤さん、このままベッドへごー、です。しっかり休みましょう、ね」

>>848
つまり白は抱き枕にに最高ということだな
とかなんとか、そんな感じで一つ

あと、最初と最後以外の白の……は赤の心を読んじゃったとこな感じで一つ

赤「はぁ……いつものことではあるけど、また桃にスイーツを買いに行かされるなんて」


黒「〜〜♪」


赤「あれ、黒? 街中に出てるなんて珍しいな」

黒服1「若旦那様、ただいまお嬢様はお買い物へと出ています」

赤「うわっ、急に出てくるなよ黒服……」

黒服2「若旦那様も何用で出ていらっしゃるので?」

赤「俺は桃のスイーツを買いに——」
黒服1「はっ、もしや我らと同じようにお嬢様の買い物姿を見るために!」

黒服2「おおっ! ではどうぞ、こちらからの方がお嬢様を見る絶好のスポットですよ!」

赤「いや、違——」
黒服1「ではいきましょうぞ!」

黒服2「早く行かねばお嬢様を見失ってしまいますよ!」

赤(ああ、こりゃ桃に怒られることを覚悟していた方がいいな……)

黒「あ、かわいい犬さんがいます。わんわん♪」


黒服1「うぉおおおおおおおおおお!!」
黒服2「最高ですお嬢様ぁあああああああああ!!」

赤(うるせぇ……)

黒服1「どうしたのですか、若旦那様。もっと感動してもいいのですよ」

黒服2「先ほどのセリフなら、お嬢様に取り付けている盗聴器(録音可)にしっかり撮っておられるので、帰ってからも楽しむこと出来ますよ」

赤(しかもうぜぇ……しかも、そのお嬢様にそういうことをしてもいいのか?)

黒服1「おや、どうかなさいましたか。何か言いたそうな顔をしておられますよ」

赤「え? あぁ……そういえば黒は何で買い物に出かけているんだ? 必要なものなら黒服が買ってくるだろ」

黒服1「今日の朝の事でした」

黒服2「いつものようにお嬢様に必要とされたものを届けに行ったとき」

黒服1「なんとお嬢様は『いつも働いてくれている黒服さん達にお礼をしたいです』と言ってくれ」

黒服2「私たちはその善意から来るお礼の言葉を断ることは出来ず、お買い物行ってもらうことにしたのです」

赤(その善意のために言ってあげた人が、後ろからストーカーしてると黒が知ったらどう思うんだろうか)

黒「ええと……どれを買ってくればいいのでしょうか」


黒服1「お嬢様が困っておられる!」

黒服2「くっ、もう少しお買い物カードに詳しく書いておくべきでした……!」

赤「黒は何を買おうとしているんだ?」

黒服1「お買い物にはインスタントラーメンと書きました」

赤「それだけじゃさすがにわかんないだろ!」

黒服2「そうか、お嬢様はインスタントラーメンというものを知らない!」

赤(そういう問題じゃない)

黒服1「ここはお助けに行くべきか……?」


女幹部「おや、どうかいたしましたか?」

黒「え、わ、私ですか?」

女幹部「はい。どうやらお困りのようでしたので」


赤「あれ、女幹部さん」

黒服1「若旦那様、知り合いですか?」

赤「ええまあ。彼女に任せておけば、おそらく大丈夫ですよ」

黒服2「若旦那様がそういうのであれば、そうなのでしょうな」

赤(女幹部さんはともかく、黒は敵対している人の一人と気づいてもいい気がするんだけど……まあ、平和ならいいや)

黒「本日はありがとうございました」

女幹部「いえ、このくらい当然のことですよ」

黒「そんな、あなたがいなければ、目的を遂行することが出来ませんでした」

女幹部「大げさですよ。インスタントなんかは、違う物の方が良かったかもしれませんし」

黒「助かったことは事実ですので。あ、お礼に今度お茶でもご馳走いたしますよ」

女幹部「あ、そんなのいいですよ。お礼なんて、必要ありません」

黒「私の気持ちなので、お受けしてくださった方が私としても嬉しいのですが……」シュン

女幹部「……では、今度会ったときでいいので御馳走してください」ニコッ

黒「はい!」



黒服1「イイハナシダナー」

黒服2「お嬢様の姿も最高でしたが、あの人も素晴らしい人でした」

赤「というか、お前たちも先に戻ってないとヤバいんじゃないのか?」

黒服1「はっ、そうでした。では若旦那様、これにて」

黒服2「今日録画したものは、今度焼き増しして渡しに行きますので、期待して待っていてください」

赤「ようやく解放された……桃のスイーツ、買ってこなきゃ」

黒「買ってきましたよ黒服!」

黒服1「おお、流石ですお嬢様!」

黒服2「お嬢様ならできると確信していました!」

黒「私もこれで黒服の苦労が分かりました。二人には大変なことをさせていたのですね」

黒服1「そんな! 私はこうしてお嬢様に仕えることを悦びとしています!」

黒服2「そうです! 今後とも、仕える悦びを頂けたならそれ以上のご褒美はありません!」

黒「そうなのですか……では、今後ともよろしくお願いしますね」ニコッ

黒服1・2「「はい!」」


赤「買ってきたぞー……」

桃「遅いわよ! 今何時だと思っているの!?」

赤「これでも急いできた方なんだけど……」

桃「そういうことは時間を見て言ってくれない!?」

赤「いや、こんな時間になってしまったのは——」
桃「言い訳無用よ! あとで訓練所に来なさいよ、お仕置きしてあげるから」

赤(これなら黒に仕える方がいいな……)

一レス一レス場面が変わっているので、見にくかったかもしれない


……黒の買い物姿を描くはずが、どうして黒服ばっかりになってしまったんだろう

赤「……はぁ、男幹部さんの過去、ですか?」

首領「そうなの。もし、しってたらおしえてほしいの」

赤「そりゃ知ってますが、なんでまた俺に? そんなん男幹部さんに聞きゃおしえてくれるんじゃ」

首領「んーん、それがおしえてくれなかったの。かいじんもおとこかんぶさんがだめならって、おしえてくれないし」

赤「ふぅん、そりゃ珍しい。二人とも首領ちゃんに隠し事なんかしそうにないんですけどね」

首領「うん、そうなの。だからあかさんにききにきたの」

赤「……女幹部さんに頼んでみるってのはどうです? なんだかんだで女幹部さんにも甘いし、喋ってくれるんじゃないかな」

首領「それはもうやったの。けどだめだったの」

赤「…………?」

首領「だから、あかさんに……、あかさん?」

赤「ん? あぁ、ごめんごめん。……ちょっと気になったんだけどな、いったい首領ちゃん、男幹部さんに何きいたんだ?」

首領「え、えっと、まえのそしきのこととか、どんなかんじだったのかな、って」

赤「それぐらいなら、むしろ笑いながら話してくれると思うんだけど。本当にそれだけ?」

首領「あぅ……。その、なんでまえのそしきがつぶれちゃったのかな、とか、そのときのようすはどんなっだったの、とかも……」

赤「うん、そりゃ無理だわ。多分あれだろ、いい男ってのは秘密の一つや二つ持ってるもんです、って言われたでしょ」

首領「うわ、なんでわかったの? そっくりそのままおなじこといわれたの」

赤「うん、まあ、あの人がはぐらかす時の決まり文句みたいなもんだから」

首領「むー。……それで、あかさんはおしえてくれるの、くれないの?」

赤「あー、うん。ごめん、たぶん時期が来たら男幹部さんが話してくれるだろうから、それまで待ってくれないか、な?」

首領「うぅ〜〜。……ほんとに、だめ?」

赤「そんな目で見られても駄目です」

首領「むぅ、わかったの」

なぜか、ふと男幹部にシリアスっぽいキャラ付けをしたくなったり
とかなんとか、そんな感じで一つ

赤「……あー、うん。はい、はい。ん、わかった今ちょうど居るから伝えとくわ。おう、そっちも気をつけろよ」

男幹部「うした? 終わったなら、とっとと飯食え。昼休みなのに片付けられないだろ」

赤「あぁ、すいません。えっと、悪いんですがついでに怪人さんも呼んでもらってもいいですか?」

男幹部「……何がついでなんだかわからんが、まあいい。ちょっと待ってろ」

赤「…………」

怪人「っと、ごめんなさい赤さん、洗い物が残ってたもので。それで、どうしたんですか?」

赤「え? ああ、えっとですね、黄が北斗神拳に目覚めたそうです」

怪人「……はい?」

男幹部「……あぁ、うん。だいたいわかった。次やるときは俺が相手するわ」

赤「すいません、お願いします」

男幹部「あんま気にすんな、そういう無茶なのは先代の相手で慣れてるから」

怪人「あ、あの、北斗神拳ってなんなんですか? そんな危ない物なんですか?」

赤「昔の漫画に出てきた拳法なんですけどね。北斗の拳って聞いたことありませんか?」

怪人「北斗の……? すみません、あまりそういったのには詳しくなくて……」

男幹部「あー簡単にいえば秘孔を突いてボンッって感じだな」

怪人「ボンッ、って危ないじゃないですか! ただでさえ黄さんは力が強くて危ないのに、そうなったら本当に雑魚さんたち死んじゃいますよ」

赤「う、うん。だから桃も慌てて電話してくれたわけで、俺もなんとか止めさせてみるよ」

男幹部「出来るだけ急いでくれな。まぁ、俺も雑魚たちの方には行かせんよう頑張ってみるさ」

赤「え、ええ……、努力はしてみます」

怪人「あの、あのっ! 男幹部さんは本当に大丈夫なんですか? 万が一ってこともありますし、しばらくお休みにした方がいいんじゃ……」

男幹部「いやそれはさすがにな……。なに、北斗の拳だったら先代に散々付き合わされたからな、夢想転生さえこなけりゃ勝てるさ」

赤「……そんなことやってたんですか。っつか、先代の首領は使えたってことですか、それ?」

男幹部「ん? 何て言うか天才肌だったからな。いつだったか閃いたって言って、いきなりビックバンアタックされたときは死ぬかと思ったな」

俺はいったい男幹部をどこへもっていきたいんだろう、とか
つーか、なんでこんな時間に投下してるんだろう、とか
そういや怪人の前に女ってつけた方がよかったんだろうか、とか
なんかいろいろ迷走中な感じで一つ

赤「たぁすけてえ〜桃えも〜ん」

桃「もう、しょうがないなぁ赤太くんは……、って、なにやらせんのよ」

赤「いやぁ、すまんすまん。しかし、の○よの声マネ上手いんだな」

桃「そう? 声マネなんて有ると便利ぐらいなもんだけどね。……んで、なんかあったの?」

赤「いや、どっちかってーと、わ○びの声じゃないんだと思ったんだが……。あぁ、本題な本題。
  ……ところでな桃、いきなりなんだが料理のさしすせそってなんだと思う?」

桃「あん? んなもん砂糖、塩、酢、醤油、味噌でしょ。それがどうかしたの?」

赤「うん、それがな……、青が言うには砂糖、醤油、酢醤油、背油、ソイソースなんだそうだ」

桃「ふぅん……。……うん? …………ん?」

赤「……なんかツッコミたいんだが、微妙にツッコミづらい答えだろ。でだ、それはまだいいとしてだな問題はこのあとでな」

桃「すでに色々とあの子を叱らなきゃいけないところが出てきてるんだけど、まだあるの?」

赤「その青がだな、現在キッチンに立って今日の晩飯は任せろ、って言って海鮮鍋を作っとります」

桃「……具は?」

赤「あきらかに下処理をしてないイカや、ワタや頭ごと使ったサンマのつみれ、砂抜きしてないアサリに殻付きのままのアワビまでは確認した」

桃「それって、他にもあるってこと?」

赤「さあ? そのあたりで、なんか刺激臭がしてきたんで逃げてきたからわからん」

桃「……そういえば、このまえ行ったイタリアンのお店あるじゃない? あそこ新しいディナーメニューが出来たらしいのよね」

赤「よしっ、是非オゴるんで行こうか」

桃「うん、少し落ち着きなさいね。黄と緑はどうしたの?」

赤「緑は研究が忙しいって言って保存食に逃げた。黄は車庫で待つように言ってある」

桃「ん。じゃあ、とっとと急いで行くわよ」

赤「おうともさ」

青は料理ぐらい簡単じゃないかって言って奇妙奇天烈なものを作りそう
多分、私に任せろって言って失敗して、ごめんなさいって凹んでる気がする
とかなんとか、そんな感じで一つ

黄「赤〜、何見てるの?」

赤「ん?ルパン…金曜ロードショーでやってたから」

黄「へぇー…」

『扉がね!開かないの!』

赤「ほぅ…何と言うラッキースケベ…」

黄「ラッキースケベ〜?そういえば赤も前に…」

赤「え!?ばっ!?あれはちが…違うって!!」

黄「ふーん?」

赤「ほんとだって!ね!?ほんとだって!?」

黄「わかってるって。赤にそんな度胸ないもんね…」

赤「あ、ああ…?」

黄「………」

赤「あれ?見てくの?」

黄「ん、まぁね。…面白い?」

赤「俺は昔のが好きかなぁ…そうだ、黄って山田さんの時代知ってる?」

黄「山田?」

赤「そうか…時代だねぇ…」

黄「え?何?教えてよ?」

赤「ああ、ルパンの声はもともとは…」

『おじいちゃん…いつからいたの?』

『最初からじゃ』

カコーン!

黄「赤ーあかー、トリックオアトリートー!」

赤「おう黄か。あいよカレークッキーな」

黄「あっ、これまた作ってくれたんだ、ありがとっ♪」

赤「しかしコレ好きだな、作っといてなんだけどそんなに美味いのか?」

黄「おいしいよ! 赤も食べる? なんだったら食べさせたげるよ?」

赤「いや味見で食べてるからいいよ。それに、この年であーんされるってのもなあ」

黄「そう? ん〜……あっ、じゃあ口うつしにする?」

赤「……は? いやいやいや何言ってるんだ、いきなり」

黄「んん? だって、あ〜んは、はずかしいって言うから、口うつしならいいかな、って」

赤「いや、いやーどう考えてもそっちのがマズいだろ」

黄「え〜、そんなことないよっ。だってほら見てよこのかっこう」

赤「見てよって言われてもな、……ドラキュラ、いやドラキュリアか、それがどうしたんだ?」

黄「ちっちっち、わかってないな〜♪ ドラキュラじゃなくてヴァンパイアっ。
  だ・か・ら、口うつしでキスして、ボクのとりこにしちゃうぞ♪」

赤「…………さーて、悪戯されないよう他のやつのぶんのお菓子だしとくかな〜、っと」

黄「あ、こらー、にげるなー」

ミイラかオオカミ男で迷ったけどギャップを狙ってヴァンパイアに
モリガンみたいな恰好するもんだから前かがみに胸チラがっ
とか思ったけど、よく考えたらあいつサキュバスだったとかなんとか、そんな感じで一つ


ちょっと遅れたけどほかすのもアレなハロウィンネタ

>>893
五右衛門の「扉がね、開かないのぉ」は間違いなく名台詞
AAがさっそく出来てたのにはびっくりした

ハロウィン便乗イタズラ(好感度低)

青:ゴミを見るような目つき。いきなり赤の口にリボルバーを突っ込んでトリックオアトリート宣言。断ると撃鉄が下りる。なお装弾率5/6のアメリカンルーレットの模様。

桃:イタズラも何もあんまり関わってこない。バランスボールの上でグダりながら「お菓子」と一言。手作りを献上しても特に感想は無い。でもすぐに食べきってしまい、おかわりを要求される。

緑:逆にお菓子を渡してくる。どう見ても人体に有害な色と臭いを発しているけどお菓子。痙攣してたり噛みついたりしてくるけどお菓子。引きちぎると悶え苦しむけどお菓子。

黄:お菓子を渡そうとものすごく怯えて逃げる。遠くからぷるぷる震えながらこっちを見てくる。あんまりかわいいからと近づいたら全力の右ストレートがとんd

黒:近づいただけで黒服に捕まり、海の底でコンクリートとだいしゅきホールド。

白:サイコキネシス的なアレで幻覚が見える。ジャックオランタン、ゴースト、ヴァンパイア……恐怖で廃人になる前に治してくれるから安心です。

金:お菓子が貰えたよ!やったね金ちゃん!

女幹部:ヒーロー本部にガチのカチコミ。魔女コスプレだけど。

緑「今年こそは……」

そう呟いて、フラスコに目をおとす

やや赤みがかった紫色の煙、こぽこぽと泡をたてている液体が少しづつ色を変えてく

ゆっくりと、ちょっとづつだけど明るく透き通った赤、彼をあらわす色へ

それは、まるで私の気持ちのようで……

いつからだろうか、気付けばいつも彼のことを考えている、ということに気付いたのは

私は彼が嫌いだった

最初、何故こんなに弱いのが戦隊のメンバーに選ばれたのか不思議でしょうがなかった

確かに家事能力は高かったけれど、戦力としてはお世辞にも役立っているとは言い難かった

……いや、戦闘では今も役立ってないけれども

なにより司令を除けば女性しか居ないと聞いていたのだ

それなのに、と騙された感じがしたこともあって、好感どころかマイナスだったのに

緑「今年こそは……」

そう呟いて、フラスコに目をおとす

やや赤みがかった紫色の煙、こぽこぽと泡をたてている液体が少しづつ色を変えてく

ゆっくりと、ちょっとづつだけど明るく透き通った赤、彼をあらわす色へ

それは、まるで私の気持ちのようで……

いつからだろうか、気付けばいつも彼のことを考えている、ということに気付いたのは

私は彼が嫌いだった

最初、何故こんなに弱いのが戦隊のメンバーに選ばれたのか不思議でしょうがなかった

確かに家事能力は高かったけれど、戦力としてはお世辞にも役立っているとは言い難かった

……いや、戦闘では今も役立ってないけれども

なにより司令を除けば女性しか居ないと聞いていたのだ

それなのに、と騙された感じがしたこともあって、好感どころかマイナスだったのに

……なのに、本当にいつからだろうか

へらへらと笑っている顔が、卑屈でも子ども扱いをしているのでもなくて

兄が妹を見るような、いや親が子を見守るような暖かい笑みだと気づいたのは

いっそ事故か何かで辞めてしまえと思うぐらいに、戦闘で足を引っ張っているだけの彼の

そのサポートがなければ、私たちは戦うことすらできないと知ったのは

私たちの戦闘に町の人たちが巻き込まれないようにしたり、壊れたところの修復に尽力したり

それどころか、当初、戦うときにしか町に出なかったせいで警戒し、怖がられていた私たちを

受け入れてもらえるように、頭を下げて廻っていたのだと

今は馴染みとなった薬局の店主に教えてもらった時には、ぐらりと世界が揺れた気がしたものだ

本部から疎まれていたのは彼だけではなく、私たちもそうだったのだと教えられたのは

もっとも、教えてくれた桃は、それを承知の上で来たみたいだけれど、私はショックだった

よくよく考えてみれば、ずいぶんと偏った人選ではあった

赤も私も桃も、青や黄だって際立った能力ではあっても、どこか浮いていた存在だった

それでも激戦区に回されたのは、その能力を信頼されたからだろうと思っていたのだが

実のところ、態のいい厄介払いだったらしい—普通わかるでしょ、と桃は呆れていたが—

やはり、ここでも折衝役になってくれたのは彼だった

勿論、実際の伝手や話をつけたりしたのは司令や金さん、それに桃であったりしたそうだけど

でも、組織相手に交渉できたのは彼がいたからこそで—まったく、そんな風には見えないが—

有数の実力者であるらしい男幹部と、その片腕である怪人と話をつけられたのは大きいらしく

それも、私たちが相手である限り、と条件を付けたために、さらに手を出せなくなったらしい

やはり、昔馴染みは話が通りやすくて良いのう、と金さんは笑って

おかげで余計に睨まれることになったけれど、と桃は苦笑して

狸爺ども相手にするのは俺なんだぞ、と司令は頭を抱えて

でも、私はそんなこと何も知らなくて……

そうして、気付いたら、気づいてしまったら、彼のことを想うようになってしまっていた

与える薬も、実験体に投与するものから、体を気遣うものへ

……まあ、栄養剤としては少し効果が出過ぎるものもあったけれど

次第に、データが集まるにつれ改善を重ねて、今ではそんなこともない

緑「うん、本当に、いっぱい、集め、た、なぁ」

壁一面に張られたデータ

パソコンや、そうでなくてもファイルに綴じるのが普通で、私だってそうしているけれど

彼のデータだけは別、いつだって、どんなときだって見れるようにしておきたい

万が一がないように、何が起きてもすぐに対応できるように、最新のデータを

幸いここは研究室、桃だって機密保持の名目のもと入ることができない

だから、堂々とデータを、ううんそれだけじゃなくてモニターも置いておける

彼の行動を縛るつもりはないし、外では桃がいるから安全だろうけど

けど、急な発作が起きたら? とつぜん倒れたりしたら?

間違いがあってはいけないのだ、なにがあっても

なにかの折に桃に話したら、赤のことが好きになったの? と言われたが、そんなことはない

緑「そん、な、ことは、ない……はず…………」

呟く、私は彼に感謝しているだけ、だから彼を守る

緑「それ、だけ。だから……、お礼」

そう、ただのお礼……の、はず

けれども、それなら一日中かんがえたり、見ていたいと思うのはおかしいらしい

だから、確認しようと思う

桃曰く、キスをすると簡単にわかるらしい—何やら悪戯な笑みをうかべていたのが気になるけれど—

でも、さすがに、そんなことに付き合わせるのは失礼だろう、彼にだって好きな人はいるだろうし

だからこの薬、飲ませた直近の記憶は消えるはず、後遺症なんかあるわけない

緑「赤の、くち、びる……」

自分の唇を指でなぞってみる

不思議と甘い気がする、……ただの色水にしようか、なんて考えが頭をよぎった

もしかして、本当に私は彼の、赤のことが好き、なんだろうか……

緑は研究一筋すぎて、いろいろと世事に疎いんじゃなかろうか
だから好意とか知らずにたまってて、ふとしたことで自覚しちゃって
え? あれ? ってテンパってるといいな、とかなんとか、そんな感じで一つ


>>904
おぉ、書いてくれてありがとう
なんか緑が可愛く見えたと思ったら
こんなん出来ちゃった、とかなんとか


つーか、ほぼ地の文で、しかも長いなコレ
しかも、ハロウィンどころか、もう11月も終わりそうだし
ほんと、時間が経つのは早えなあ

桃「……思ったんだけどさあ」

黄「んー、なぁに〜?」ノビノビー

桃「あんたって、どっちかっていうと猫じゃなくって犬よね」

黄「……?」ゴロリン

桃「あぁもう、おへそ出さないの。風邪ひくわよ」モドシ モドシ

黄「んむぅ……。んっと、猫はわかるけど、なんでボクが犬なのさ?」

桃「あら、猫はわかるんだ」

黄「うん、青がいつも黄はネコだな、って言うから。……なんかちがった?」

桃「んん〜、そうね間違ってはないかもね」

黄「そうなの? じゃあ犬じゃないんじゃないの?」

桃「それとこれとは、ちょっと違うのよねぇ。ほら黄って、最初すごい警戒心強いでしょ」

黄「ん、うん。だって、知らない人ってこわいもん」

桃「だけど、そこを超えたらドンドン仲良くなろうと、っていうか、なるじゃない」

黄「そりゃだって、友達は多い方がたのしいもん!」


桃「クスクス) そうね、黄の言うとおりだわ。……ん、やっぱり黄は犬だと思うわ」ナデナデ

黄「???」

桃「猫は場所について、犬は人につく、ってね」ポンポンッ

黄「わぷッ!? もう、なにするのさ。それに、やっぱりよくわかんないよ」

桃「ふふっ、黄は可愛いわね、ってことよ」

黄「ふぇ!? な、なに言ってるのさ桃?」(///)

桃「うん、やっぱり可愛いわ」ニコニコ ナデナデ

黄「ん、んもぅ。だから、なに言ってるのさ桃〜」(////////)

あんだけデレデレなのに、慣れる前は怖がって逃げるとか
遠くからプルプル震えて見てるってのが子犬っぽい気が
とかなんとか、そんな感じで一つ

黄のいる日常


黄「おっはよー! ……って、まだ赤しか起きてないよねー。おはよ、赤」

黄「赤ー、一緒にスパーリングしよーっ!」

黄「ふぅ、いい汗かいた! 赤特性のドリンクが飲みたいなぁー」

黄「赤ー、ごはんまだー?」

黄「運動の後のシャワーは最こ……あれ? 赤ぁ、ボクのパンツ出てないよー?」

黄「ぅー、眠い……赤ぁ……膝枕してぇ……赤のがいいの」

黄「それでさ、『アンタみたいなちんちくりんには一生縁の無いことよ!』なんて言うんだよ! もー、桃ったらヒドいよね! ボクだって気にしてるのに……」

黄「赤ー、今度のお休み、どこか出掛けようよー。あっ、もちろん2人だけでね」

黄「赤、その、い、一緒に寝ない? ほら、今晩は冷えるらしいし、あ、あっためてあげるよ?」

黄「えへへ……赤、あったかいね……ね、ぎゅってしていい?」

黄「ん……赤ぁ……だい……す……ZZzz....」

青のいる日常


青「ふぁ……おはょ……こーひー、ちょうらい……」

青「ズズ…………ん……ふぅ、赤、すまないがそこの新聞を取ってくれ」

青「むぅ、またしても奴ら……『トランペットを欲しがる少年にクマたんぬいぐるみを与える』なんて悪逆なことを……許せん!」

青「止められなかったのは私たちの責任だ……気を引き締めてトレーニングしなくては、な」

青「よし、メニュー壱拾壱終了、赤、ボトルを……ん、司令から通信だと?」

青「はい、青です……ええっ? はい……はい……ダメです、あのクマたんぬいぐるみは……いえ、ですから……C? 安すぎです、G、Gなら……はい、はい、わかりました」

青「赤、すまないが私と一緒に出掛けるぞ。金殿が実物大クマたんぬいぐるみをご所望らしい。手当金も出る」

青「用意はいいか、行こう……ん、そうだな、二人きりで出掛けるなんて赤の入隊以来だな……」

青「当時はあんなにギクシャクしてたのに、今ではすっかり戦隊の一員だ」

青「みんな頼りにしてるんだぞ……戦闘以外の面で、だがな」

青「ふふっ、そう憤るな。訓練には付き合ってやるよ」

青「む、なんだ、手袋を忘れたのか……そ、それなら、ほら」

青「だから、左手を出せ。あ、暖めてやるだけだ……変な意味はないからな……」

青「なっ! へ、変な意味というのは、その……ああもう! う、うるさい! もう手袋もポケットも貸してやらんっ!」

青「……着いたぞ。ほら、もう手を離せ。さて、実物大クマたんぬいぐるみは……むぅ、予想以上に大きいな」

青「なに、ひクマたんとつきのわクマたん? 種類があるとは……ど、どうすれば……」

青「そ、そうだな……金殿のことだ、より大きいひクマたんを選ぶべきだろうな」

青「……はい、宅配で……住所は……はい、お願いします」

青「よし、帰ろう……ああ、そうだな、桃がうるさいし、何か甘いものでも買って帰るか」

青「むぅ、赤が来た意味はちゃんとあったぞ。クマたんを選ぶ助けになったし、何より私が嬉し……い、いや、何でもない、こちらの話だ」

青「さ、帰ろうか。私たちの基地に」

緑のいる日常


緑「……まだ、起きてたの」

緑「……書類整理なんて、明日、やればいい」

緑「……赤は生真面目」

緑「夜更かしは、よくない、よ」

緑「私は……いいの」

緑「薬、飲んでるから」

緑「……だから、大丈夫なの」

緑「赤は……優しい、ね」

緑「…………」

緑「ん……気にしない、で」

緑「赤が仕事してるの、見てたいから」

緑「……そう、それで?」

緑「なんだ、そんなこと……青らしい、ね」

緑「でも、それなら……桃だって……」

緑「ああ……黄は、いつも通り、だね」

緑「……ふふっ」

緑「ううん……なんか、本当に……2人っきりなんだな、って、思うと」

緑「……か、顔、熱くて」

緑「ね、熱は、ない、大丈夫」

緑「……終わりそう?」

緑「……お疲れ様」

緑「寝る前に、これ……飲んで」

緑「いい夢が見られる、おまじない」

緑「じゃ……おやすみ、赤」

新年明けてすぐに新スレ、くらいになればいいね


赤「……」

黒服1「やはり気温が下がることを考えれば、もう少しホッカイロを買っておいたほうがいいのでは」

黒服2「しかし、ホッカイロは使い方によればやけどするとのことです。ここはマフラーなどの防寒着を揃えたほうがいいのでは」

黒服1「うーむ、若旦那様はどうお思いでしょうか」

赤「その前に、なんで黒服たちは俺の部屋のコタツに当たり前のように入っているんだ」

黒服1「これはお嬢様に関わることです」

黒服2「若旦那様を交えて話すのが当然のことでしょう」

赤「当然じゃないから。それに前々から思ってたが、若旦那様ってなんだ。旦那様になったつもりはないぞ」

黒服1「ふふ、いいのですよ、そんな嘘を吐かなくても」

黒服2「私たちは、若旦那様のお気持ちを分かっているおつもりですから」

赤「全くわかってないだろ」

コンコン

「ちょりーすwww赤さんwwちょっといいっすかww」

赤「ん? 黒?」

黒服1「まずいっ、天井裏に逃げますよ!」

黒服2「はい!」

赤「……あいつら、今まで天井裏なんかに隠れてたのか」

〜〜〜

黒「すみません赤さん、急に押し掛けたりしてしまいまして」

赤「いや、別にかまわないさ。それで、何の用なんだ?」

黒「え……っと。その、赤さんは、クリスマスに用事とか……ありますか」

赤「クリスマス?」
赤(たしか、女幹部さん達に呼ばれてパーティがあったような)

黒「む、無理なら無理でいいんですよ?」

赤「……すまないけど——」

黒服1(若旦那様! そこは断るべき場所ではありません!)

黒服2(それでも断ると……どうなるかわかっていますよね?)

赤「」ゾクッ

黒「赤さん?」

赤「……か、かまわないぞ。うん」

黒「ほ、本当ですかっ」パアッ

赤「お、おう。本当だ」

黒「それでは、クリスマスの日に!」

ガチャ
バタン

赤「……」

黒服1「どうですか、自分の気持ちに正直になってみて」

黒服2「きっと、いまは心の中で小躍りですね」

赤(脅迫に屈した気分で憂鬱だ……)

赤はなんだかんだ言って戦隊メンバー全員とも約束してそうな感じ
主に半脅迫状態になってしぶしぶで


クリスマスには書き手が増えると