モバP「アイドルの脱ぎたてパンティが欲しい」(23)


P「……んですけど、どうしたら貰えますかね?」

ちひろ「……はぁ!?」

P「やっぱり頼んだだけじゃあもらえないですかね?」

ちひろ「な、なに言ってるんですかプロデューサーさん!?」


P「やっぱり無理か……」ハァ…

ちひろ「……というか、仕事をしてください! そうでなくとも残業してるんですから」カタカタ

P「いやぁ、残業の時っておかしなテンションになるんですよね~」カタカタ

ちひろ「分からなくはないですけど… 今は仕事に集中してください…」

P「…はい」


P(………待てよ…)

P(…アイドルじゃなければ大丈夫じゃないか?…)

ちひろ「…えーっと、これは……」カキカキ

P(………ちひろさんならいけそうじゃね?…)…チラッ

ちひろ「……あとは……」カタカタ

P(…………)ジー


ちひろ「……?」

P「……………」ジー

ちひろ「……何ですか? こっちをじーっと見て……」

P「いえ、なんでもないです」ニコニコ

P「それより、仕事の進み具合はどうですかね? こちらは終わりましたけど…」

ちひろ「こっちもこの書類で最後です」カキカキ


ちひろ「それでしたら、プロデューサーさんは先に帰られて大丈夫ですよ? 戸締まりは私がやっておきますから……」カタカタ

P「いえ、一緒に帰りましょう。 この時間に若い女性が一人で帰るのは危険ですからね、途中まででも送っていきますよ」ニコッ

ちひろ「……あ、ありがとうございます/// 」

P「……それに、頼みたいこともありますし」

ちひろ「……そ、そうですか」シュン…


ちひろ「…えーっと……」カタカタ

P(……さてと、どうやって頼み込もうか……)

ちひろ「…うーん……」カキカキ

P(……土下座すればあるいは!………いまいち効果が薄そうだな……)

ちひろ「…うん、これで終わりです!」

P(……よし、これでいこう!……)

P「これで戸締り大体終わりかな?」

ちひろ「後はここを閉めるだけですね……よし」ガチャ

ちひろ「ところで頼みたいことというのは?」

P「その話は公園じゃないと駄目なんです」

ちひろ「公園ですか?帰り道にありますし、別に大丈夫ですけど……」

ちひろ(わざわざ公園で頼みたいことって何かな)

ちひろ(付き合ってくださいなんて愛の告白されたりして、なんてね♪)

ちひろ(蛍光灯でスポットライトに当てられてるように照らされてる二人、まるで二人以外の世界がいないような状況)

ちひろ(何時になく、そう誰かのプロデュースをしてる時よりも真面目な顔。そんな顔で人生のプロデュースをさせてください!なんて言われたら……!)

ちひろ「きゃあああああああああああああああああああ!」

P「!?」

ちひろ「あ、いえ!な、何でもないです!さ、公園に急ぎましょう!」

P「別に急ぎの用事があるわけでもないしゆっくりでも……あ、すみませんこれから用事ありましたか?」

ちひろ「あ、ありません!全然大丈夫ですから!」

P「ならいいんですけど……」

ちひろ(やばい……意識しちゃって顔が直視出来なくなってしまった……)

P「あ、手袋忘れた」

ちひろ「」ドキーン

ちひろ(こ、これは、Pさんと手を繋いで帰るチャンス!?)

ちひろ「わた、私も手袋を忘れてしまいました!」

ちひろ「こ、これじゃあ寒くてしょうがないですね!どうしましょうか!」

P「え、どうするもこうするもわざわざ手袋買うほどのことじゃありませんし……」

ちひろ「そ、そうですね。でも手袋を買わなくても暖かく出来る方法があるじゃないですか」

ちひろ「たと、例えば……」

P「例えば?」

ちひろ(こ、こんなの言えませんよ!)

ちひろ「あ、え……く、クククッ、クイズです!当ててみてください!」

P「……?」

P「はしたないですが、ポケットに手を突っ込むとかですか?」

ちひろ「ち、違います……」

P「腋に手を挟んで暖めるとか?」

ちひろ「違います」

P「じゃあ首で手を暖めるんですか?」

ちひろ「違い、ます……」

P「カイロですか?」

ちひろ「……違います……あ、そうだ、ヒ、ヒント!無料で出来るものです!」

P「無料……すでに無料で出来そうなものはすべて挙げたような……」

ちひろ(お願い、気づいて……!)

P「……うーん」

P「お手上げですね。答えをお願いします」

ちひろ「は、はひ!?せ、正解は、正解は……!」

ちひろ(どうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう)

P「正解は……?」

ちひろ「こ、こういうことです!」ギュッ

ちひろ(やっちゃったああああああああああああああああああああああああ!)

P「な、納得の暖かさです」

ちひろ「で、でしょう?」

P(なんじゃこりゃああああああああああああああ!手どころが顔まで熱くなってきたあああああああ!)

ちひろ(やっちゃったやっちゃったやっちゃったやっちゃったやっちゃったやっちゃった)

ちひろ「…………/////」

P「…………/////」

ちひろ「…………/////」

ちひろ(か、会話終わっちゃった……何か話さないと……)

P(さっきから取り乱してたのはずっとこれを狙ってたからなのかかかかかかかか)

P(やべえちひろさんってこんな大胆で可愛い人だっけ!?そうだったな!いつもおっぱい揺らしながら表情コロコロ変えてドリンクくれる人だもん)

ちひろ「そ、そういえばもうすぐ公園ですね!」

P「そ、そうですねえ」

ちひろ「…………」

P「…………」

ちひろ(会話終わっちゃったああああ!でも手を繋げて幸せだからどうでもいいや!)

ちひろ(そ、それに私の妄想ではここから告白される予定ですが……)

ちひろ「」チラッ

P「///」ブルブル

P(やばい足の震えが止まらないちひろさんの手柔らかすぎ反則)

ちひろ(これって完全に脈ありですよね!?期待しちゃっていいんでしょうか!?)

P「こ、公園の敷地に入りましたね」

ちひろ「は、はい!わかってます!あの……その……頼みごとをどうぞ」

P「その前に手を……」

ちひろ「あ、はい……」シュン

P「ふ、ふぅ……まず鉄棒まで移動しましょう」

ちひろ「て、鉄棒ですか……?」

ちひろ(鉄棒、鉄棒で頼みごとって言うとい○ご100%の懸垂しながら告白しか思いつきません……)

ちひろ(Pさんがい○ご100%を読んでいたら……もしかして、もしかしたりするのかも……!)

P「ちひろさんは鉄棒の前で待っててください。俺はちょっと助走付けるために離れます」

ちひろ「は、はい……!」

P(さて、準備はもうできた。後は、懸垂しながらパンツくださいと言うだけだ)

P(真中君も懸垂しながら西野さんゲットしてたし大丈夫だろ……あれ?)

P(考えてみたらい○ご100%ってパンツのイメージがあったけど実際やったのって告白なんだよな……)

P(こ、これって相当ヤバくないか!?真中君の加護を受けられないんじゃないのか!?)

P(いや、今までの行動を見る限り完全にちひろさんは俺に惚れている……!)

P(それに俺自身も、ちひろさんの事は恋人になってほしいぐらい大好きだ。この想い、絶対に伝わる!いける!)

P「千川ちひろさぁぁぁぁぁぁぁぁん!」ガシッ

ちひろ「はいっ!」

ちひろ(来た!来ましたよ!これは間違いなく懸垂をするために持ち方!)

ちひろ(ようやく、ようやく私の恋が実る時がやってきたんですね!?)

P「……ふんっ!ふんっ!」

ちひろ(Pさんが、Pさんが懸垂している!頑張ってください!後は告白するだけなんですからぁ!)

P「俺は、千川ちひろさんのぉ……!」

ちひろ「私の……!私の……!」

P「ちひろさんのパンツがほしい!」

ちひろ「……えっ」

P「だから、ちひろさんのパンツがほしいッ!」

ちひろ「あの、ちょっと降りてこっちまで来てもらえないでしょうか」

P「はい!」

ちひろ「もう一度お願いします」

P「ちひろさんのパンツおくれぇぇぇぇ!」

ちひろ「Pさんの、Pさんの馬鹿ああああああああああああああああああああ!」ドゴォ

P「ひでぶぅ!?」

P「はっ、ここは……」

ちひろ「あ、目が覚めましたか!よかった……!」

ちひろ「あの、さっきはごめんなさい……ついカッっとなっちゃって……」

P(普通ならそのまま嫌って無視されたりしてもおかしくないのに本気で心配して……)

P(こんな素敵な女性に何を言ってんだ……!?)

P(それに引き替え俺はアイドルに見せてほしいと頼み込む勇気もない癖にちひろさんなら許してくれそうだなんて……)

P(俺は、俺はなんて失礼な奴なんだ……!)

P「いや、それは俺が、俺があんなこと言ったから……!ごめんなさい!」

ちひろ「その件は疲れが溜まってただけと思って水に流してあげます」

ちひろ「それにしても、もう……期待してたんですよ?」

P「な、何を……?」

ちひろ「告白ですよ、告白!あれってい○ご100%の告白方法と同じですよね?」

P「げぇっ……知ってたんですか……!相当恥ずかしい……」

ちひろ「途中までPさんに告白されてると思って舞い上がってたんですからね!責任取ってください!」プクー

P「せ、責任って……」

ちひろ「それがですね……実はもう終電過ぎてるんですよ……?」

P「な、なんですか、ちひろさん。近いです……」

ちひろ「ね、Pさん。今なら脱ぎたてのパンツくださいなんて頼む必要はないんですよ?だって自分で脱がせばいいんですから……」

P「なななな、何を言ってるんですか!」

ちひろ「そのままの意味ですよ?それとも私の事が嫌いなんですか?」

P「い、嫌じゃないです!むしろ好きですけど……」

ちひろ「なら遠慮は要りませんね!」

P「さ、さっきまでの純情なちひろさんはどこに行ってしまったんだッ!」

ちひろ「さっきまでのえっちなPさんはどこに行ってしまったんでしょうか?ふふっ、夜は長いですしいつまで耐えられますかね?」

つぅっー

P(ちひろさんが指を俺の体に這わせてくるんですけど……)

P(ぶっちゃけもう限界ですけどぉぉぉぉぉぉぉ!)

ちひろさんはエロくてかわいい。おわり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年03月02日 (月) 20:00:51   ID: MJ5o33-M

ふぁっきん

2 :  SS好きの774さん   2015年03月02日 (月) 20:03:37   ID: MJ5o33-M

ファッキン

3 :  SS好きの774さん   2015年03月02日 (月) 20:04:50   ID: MJ5o33-M

Fuckin'!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom