アルミン「安価で寝起きどっきり!」(97)

アルミン「まずは>>2にしかけよう!」

自分自身進撃

アルミン「え・・・自分自身進撃?どう言う事?」

アルミン「>>4、説明しろ!」

ライナーに喧嘩を売る

アルミン「よし、いってくるよ。」

ゲスミン「おい、ホモライナー!」

ライナー「・・・な、何だアルミン!俺はホモじゃねぇ!」イラッ

ゲスミン「嘘だ!毎回毎回僕の事をチラチラ変な目で見やがって!」

ライナー「だ、だってお前、クリスタに似てるから・・・。」アセダラダラ

ゲスミン「それでも変な目で見てる事にはかわりねぇじゃねぇか!」

ライナー「・・・。(掘ろう。)」

ゲスミン「なんか言えよライナー!」

ゲスミン「・・・おい・・・ライナー?」

ライナー「ホモォォォォォ!」

ゲスミン「え・・・ライナー・・・ちょ・・・まt」

アーーーーーーーーーッ

アルミン「ひ、ひどい目にあった。」オシリガ…

アルミン「こ、今度こそ>>8に寝起きどっきりだ!」

ライナー以外の男子でお願いします

間違えたので>>10

ミリウス

アルミン「ミリウスの部屋か・・・さっそく行ってみよう」ガチャ

ゲスミン「(おはようございまーすw)」コソコソ

ゲスミン「(早速やってきましたミリウスの部屋!)」コソコソ

ゲスミン「(一体何があるのでしょうかw)」コソコソ

ゲスミン「(あ、あれは>>12だ!)」

相当やばいものでおねがいします。

エレンの生首

それはまずいので、置物ということにします。

ゲスミン「(え、エレンの首の置物・・・だと・・・。)」セイコウニツクラレテイル・・・

ゲスミン「(エレンを恨んでいるのか?)」

ゲスミン「(あっ、今度は>>14だw。これ女子に見られたらやばいなぁw)」

ミカサ

ゲスミン「(ミカサの盗撮写真10枚wwwwwジャンかよwwwwwこれはミカサに報告だwwww)」

ゲスミン「(そろそろミリウスの寝顔も拝見しないとねw)」ソソー

ゲスミン「(>>16えっこれが寝顔wwクソワロwww写メ写メwww」パシャパシャ

美しい

ゲスミン「(はw半沢直樹にそっくりwwwwおもしろすぎwwww。)」パシャパシャ


アルミン「(そろそろミリウスを起こそう)」

アルミン「おーい、ミリウスー!」ユサユサ

ミリウス「な、なんだ?・・・なんでアルミンがここに・・・。」メヲコスル

ゲスミン「はい!どっきり大成功!」ゲスガオ

ミリウス「え?えっ!?」

ゲスミン「あっ、ついでにいっとくけど・・・。」

ゲスミン「僕が持っているこのミカサ盗撮写真10枚と、僕が撮ったこの半沢直樹似の君の寝顔は皆に公開するからね!」ゲスガオ

ミリウス「や、やめてくれええええええ!うわあああああああああ!」ナミダドバー

こうしてミリウスはアルミンによって公開処刑され、ミカサにぼこぼこにされ、
そして訓練兵全員には半沢直樹と呼ばれてしまったのであった。

ゲスミン「あーおもしろかった!」

ゲスミン「次は>>22に寝起きどっきりだ!」

クリスタ

ゲスミン「く、クリスタ・・・だと。」

ゲスミン「あまりやりたくない気持ちもあるけど・・・。」

ゲスミン「安価は絶対だからしょうがない!」ガチャ

ゲスミン「(おはようございまーすw)」

ゲスミン「(やっぱクリスタの部屋はいい香りがするなぁ。)」スーハースーハー

ゲスミン「(ん?これは>>24?)

すいません。>>26

ゲスミン「(ゆ、ユミルの上着・・・だと・・・。)」

ゲスミン「(どうして?)」

ゲスミン「まぁいい。あっ、次は>>31がある!)」

ユミルの下着

ゲスミン「(ゆ、ユミルの下着もある・・・。)」ナゼ・・・

ゲスミン「(つ、次を見てみよう。あっ、>>33だ!)」

キスマークだらけのユミル

ゲスミン「(キスマークだらけの・・・ユミ・・・ル?。)」

ゲスミン「うわあああああああ!こいつ、死んじまえええええ!」

クリスタ「!」

ユミル「・・・おい、アルミン!これはどうゆうことだぁ?」

アルミン「こ、これは・・・その・・・。」

ユミル「まさか私のクリスタにいけないことをしようとしてんじゃねぇだろうなぁ?」

アルミン「し、してないよ(ほんとはしたかったけど・・・。」

ユミル「おうおう心の声が丸聞こえだなぁおい!」

アルミン「」

アルミン「じ、実は・・・。」

ゲスミン「(キスマークだらけの・・・ユミ・・・ル?。)」

ゲスミン「うわあああああああ!こいつ、死んじまえええええ!」

クリスタ「!」

ユミル「・・・おい、アルミン!これはどうゆうことだぁ?」

アルミン「こ、これは・・・その・・・。」

ユミル「まさか私のクリスタにいけないことをしようとしてんじゃねぇだろうなぁ?」

アルミン「し、してないよ(ほんとはしたかったけど・・・。」

ユミル「おうおう心の声が丸聞こえだなぁおい!」

アルミン「」

アルミン「じ、実は・・・。」

クリスタ 「待って!その前にアルミンなんか叫んでなかった?」

アルミン「え?」

クリスタ「まさか私のお嫁さんに向かって言ったんじゃないよね?」

アルミン「え・・・」

クリスタ「死ぬ準備は良い?」ニコ

アルミン「し・・・失礼しましたー!」バタバタバタ


アルミン「な・・・何なんだよ!あの逆ドッキリ!」

アルミン「ムカついてきた。次は>>45の所に行こう」

二回やっちまったonz

ユミル「・・・へぇ、寝起きドッキリねぇ?」

ユミル「面白そうじゃねえか!」

アルミン「そうでしょ!」

ユミル「今度の夜一緒にやろうぜ!」

アルミン「いいよ!」

ユミル「でもクリスタにやるのはゆるせねぇなぁ。」

アルミン「」

ユミル「罰として>>8をしてもらうぜ!」

アルミン「オワタ」

間違えた>>43

間違えた>>43

アニ

アルミン「次はアニの所に行こう」

アルミン「今度こそ絶対どっきり成功するように予め仮装しよう!」

アルミン「部屋漁って途中で起きても怖い仮装をしていればびっくりするはず!」

アルミン「アニだって女の子なんだからとびきり怖い格好の僕を見たらきゃー!って驚くよ!」

アルミン「んー・・・何の仮装しようかな」

アルミン「頼むよ>>48!とびっきり怖い仮装を教えてくれ」

全裸

上半身に虎の刺青をして全裸

アルミン「おい!>>47>>48どっちも全裸じゃねーか!」

アルミン「そーゆー意味での怖いじゃねーよ!」

数時間後…

アルミン「…」←ゼンライレズミ

アルミン「虎の入れ墨…かっけー!何コレ!めっちゃかっけーし!」キラキラ

アルミン「よし!テンション上がってきたー!」

アルミン「下のテンションも上がってきたー!」ギンギン

アルミン「待っててねーアニちゅああああん」タッタッタッ

アルミン『アニの部屋に来ましたー』←小声

アルミン『あぁードキドキするー』ギンギン

アルミン『じゃ失礼しまーす』キィイ…パタン

アルミン『ここがアニの部屋…結構淡白だな』ヌキアシサシアシ

アルミン『…ん?机の上に何かあるぞ』ヒョイ

アルミン『布を被って光が漏れないようにランタンで見てみよう』パサ…

アルミン『こ、これは…>>51!』

教官の骸骨

アルミン『フゥー↑わかってるねー!』

アルミン『空気が読める安価サイコー!』

アルミン『では!イッキマース!』ギンギン

アルミン『オオオーあに!アニのパンツー!くぅ~!』シコシコシコシコ

アルミン『オフゥー!↑』ビュビュッ

アルミン『あはは!ヤッタドー!どろどろにしてやった!アニの!あのアニのパンツを!』

アルミン『安価万歳!』

アルミン『グフフ・・・これを元の位置に戻して・・・』

アルミン『テンション上がったー!下も開けちゃえ!』

アルミン『こ、これは!>>60!』

うえ

アルミン「なん・・・だ・・と?」

鬼アニ「」

アルミン「」ゴシゴシ

アルミン「げ、幻覚だったかなー?」チラッ

鬼アニ「」

アルミン「チーン」

鬼アニ「何してるんだい?あんた」

アルミン「…」ダラダラ

鬼アニ「」ポキポキ

アルミン「お、遅れて来たサンタクロースダヨ!(裏声)」

鬼アニ「で?」

アルミン「あの・・・その・・・」ダラダラ

鬼アニ「その?」

アルミン「ごめんなさ・・・ぶらぁあああ!!」

バキッゴスッバキッバキッ・・・

ボコられミン「安価に裏切られた・・・今度こそ成功だと思ったのに!クソオオ!」

アルミン「まぁ一矢報いたからましかな・・・」シブシブ

アルミン「じゃー次ぃー>>77

ミカサ

安価間違って10増ししてたwごめん! mjbvUatY乙!

アルミン「ミカサかー」ポリポリ

アルミン「アニにボコられたし幼なじみだし・・・とりあえず服着よう」ゴソゴソ

アルミン「ミカサは真面目だから一目で僕だとわからなかったら泥棒だと思って倒しそうだし」

アルミン「・・・やっぱり普通でいくかー」ノビー

アルミン「エロモードも疲れたしね」肩コキコキ

アルミン「あ、ついでにアレ持って行こうっと」ゴソゴソ

アルミン『ミカサの部屋にとーうちゃっちゃっちゃちゃっく!』

アルミン『ではさくっと入りまーす』キィイ…パタン

アルミン『・・・』

アルミン『筋トレマシーンがある。もう既に腹筋バッキバキなのにまだ鍛える気なのかミカサ』

アルミン『あとは・・・』キョロ

アルミン『座学の本が多数あるな・・・へー』パラパラ

アルミン『これわかりやすいなー今度貸して貰おう』モドシ

アルミン『おっ棚だー・・・多分この中に服や下着が入ってるんだろうな・・・』ソワソワ

アルミン『ど、どうしようか?気になるけど幼なじみだし見たら気まずくなっちゃいそうだけど・・・』

アルミン『>>82、君が決めてよ!見る?見ない?』ソワソワ

みない

アルミン『だよね。なら見ないで・・・あれ?』

アルミン『何かちょっとだけ棚からチラリズムしてる・・・これって・・・』

アルミン『ごめん、ミカサ。これだけ見させて』カサッ

アルミン『・・・やっぱり』クスッ

アルミン『これ、シガンシナにいた時の写真だ・・・』

アルミン『この頃は喧嘩をふっかけられるのが日常で・・・エレンも僕も傷だらけなのにミカサだけ無傷なんだよね』

アルミン『カルラおばさんもいて・・・懐かしいな』フフ…

アルミン『さてそろそろ元に戻したいけど・・・引き出しは開けれないし、無理やり入れたら破れるかも』

アルミン『貴重な写真だから無茶はしたくないな・・・棚の上に置こう』

アルミン『』ソロソロ

アルミン『』ギシッ

アルミン『熟睡・・・してるね』

ミカサ「」スウ…スウ…

アルミン『眠ってるとやっぱり小さい頃のミカサを思い出すなー』

ミカサ「ん・・・ん、」ゴソ…

アルミン『あ、起きちゃう?』

ミカサ「んー・・・」パチ…

アルミン『ごめんね?起きた?』

ミカサ「ある、みん・・・」ニコ…スウスウ…

アルミン『また寝ちゃった・・・』ナデナデ

アルミン『やっぱり起こすのは止めよう。枕元にコレだけ置いて・・・』ポスッ

アルミン『おやすみミカサ』ナデナデ

アルミン「」ホッコリ…

アルミン「はい、外に戻って来ましたーミカサは寝ぼけてる時は可愛いんだよね」フフ…

アルミン「さて、ホクホクした所で次行ってみよー!」

アルミン「チョイス頼む!>>88

ksk

アルミン「き、キース教官・・・?」ガタガタ…

アルミン(いやいやいやいやいや!大丈夫だアルミン・アルレルト!)

アルミン(アニの部屋にあった骨が偽物だって確かめるチャンスだ!)

アルミン「よし!アルミン、イッキマース!」キーン



アルミン『』ゴク…

アルミン『キース教官の部屋に到着しましたーこれから入ろうと思います!』

アルミン『もし怒られたら全てはRNL7cwEのせいって事で・・・』

アルミン『いざ!』キィイ…パタン

アルミン『』キョロ…

アルミン『あ、布団はちゃんと盛り上がってるから死んでないね』ホッ

アルミン『さてさてどこから物色しようかなー・・・おっと!』

アルミン『何かを踏んづけてしまった・・・何だろう』ヒョイ

アルミン『こ、これは!>>93

アルミン『てんこ盛りの埃だ・・・きったなー』パッパッ

アルミン『だけど、どうしてこんなに埃が・・・?』キョロキョロ

アルミン『よく見たらどこもかしこも埃が積もってる・・・』

アルミン『それにやけに殺風景と言うか・・・こう、廃れているような・・・』

ヒュー…ガタガタ…

アルミン『・・・』


アルミン『な、何か・・・変な雰囲気がするのは気のせいかな?』ハハ…

アルミン『さ・・・さっさとどっきりしよう!』

アルミン『キース教官の寝顔はいけーん』ヒョコッ

>>96どんなのだった?

普通

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年12月03日 (水) 18:14:53   ID: F7u-jkg-

志村けん

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom