幼馴染「好きです」男「ほ~ん」幼馴染「は?」 (73)

~体育館裏~

男「は?」ホジホジ

幼馴染「いや…ひ、人の告白をそんな、いやいや…えっ?」

男「告白?あぁ、いいよ」ブッ

幼馴染「は、鼻ほじりながらオナラしないでよ…」

男「今それが重要なの?告白成功したんだから俺たちカッポーになったんだぞ?」

幼馴染「……違うよう」

男「あっそう、じゃあこれはノーカンねノーカン。まぁこれからも今まで通り幼馴染同士仲良くやってこうな」スッ

幼馴染「……」

男「ん?握手は嫌なの?まぁ鼻ほじった手だから汚いけどなぁ」

幼馴染「こんなの違うよう!」タッタッタ

男「はぁ?い、意味わかんねーよ」

友「ん?おーい、昼休みはじまんぞ」

男「おっ、友か」

友「どうしたんだ?なんか唖然としてるけど」

男「いや、さっきさ、幼馴染に告白されたんだよ」

友「へぇ、やっとか」

男「やっと…?まぁいいや、されて俺もOKだしたんだよね」

友「うんうん、良かったじゃん」

男「それがさ?振られたのよ」

友「……はい?」

男「まぁどうでもいいんだけどな、昼飯食べに行こうぜ」

友「お、おう」

~食堂~

男「おばちゃん、俺具だくさんカレーね」

友「あっ、俺もそれね」

おばさん「はいよ、ちょっと待っててね」イソイソイソ

男「けど意味不明だよなぁ、向こうから告白してきていきなり振るなんてさ」

友「ははは、罰ゲームかなんかだろ」

男「うっわぁ、それは許せないわぁ人の気持ちを弄びやがって」

ブピー‼︎ビチビチビチブリャリャリュー!!

友「まぁお前はまだ彼女居ないからターゲットにされるんだろうよ」

男「お前だって彼女居ねーだろうが」

友「い、いつか出来るさ…」

男「はっ、どうだか」

おばさん「はいよ!具だくさんカレー」

~下駄箱~

男「……」ガサガサ

友「ご飯食べた後に下駄箱なんて漁るなよ気持ち悪い」

男「ん?俺さ、やられたら3倍返しが主義だから幼馴染の奴に一泡吹かせてやろうと思ってな」

友「……手紙?」

男「あぁ、放課後に体育館裏に来てくださいってメッセージを添えてな。もちろん宛て名は俺」

友「ふ~ん、具体的になにするんだよ」

男「それは放課後のお楽しみって事で」

友「やり返すのはいいが程々にしとけよ」

男「なはは、それは保証出来ないよ」

~図書室~

幼馴染「うぅぅう…」

図書娘「疼くまるのは貴女の勝手、だけど本を下敷きにしないで」

幼馴染「違うよう、あんなの違うんだよう」

図書娘「何が違うのか分からないけど本を下敷きにしないで、貴女の涙でくしゃくしゃになっちゃう」

幼馴染「あんなのって無いよぅ…」

図書娘「……何をしたの?」

幼馴染「あのね、男に告白したの…けど失敗しちゃった……うぅう」

図書娘「そう、それは残念ね」

幼馴染「……酷いね」

図書娘「よく言われる」

幼馴染「私が告白失敗して嬉しいのかな」

図書娘「正確には興味が無い」

幼馴染「……もしかして図書娘ちゃんも男に気が有るんじゃ」

図書娘「どうしてそうなるのかしら…私は彼の事を知らないし仲も良くない、ただのクラスメイト」

幼馴染「……好きな人とかいないの?」

図書娘「本の中にね」

幼馴染「根暗って言われない?」

図書娘「よく言われる…」

幼馴染「ふ~ん、いい加減現実と向き合いなよまだ高校生なんだからさ!」タッタッタ

図書娘「……捨て台詞がキツい」

男「あ~、やっぱ食堂のカレーは最高だよな」

友「吐きそうな位旨いもんな」

図書娘「……(五月蝿い人が来た)」ペラ

男「おっ、図書っちじゃんか!お前相変わらずぼっちだよな」

図書娘「……(嫌な奴、私がこんな人に好意を寄せることは死んでも無い)」ペラ

男「無視されたんだけど」

友「まぁまぁ、そんなに仲良くないんだから馴れ馴れしく話しかけんなよ、嫌がってるだろ?」

図書娘「……(彼は空気が読めるいい人)」ペラ

男「確かに…まぁいいや、この本が必要だったんだしな。じゃあ俺5限目サボるからよろしく!」タッタッタ

友「あっ、おい!」

友「ったく、あいつは昔っから人の事関係なしに突っ走る奴だよな…」

図書娘「……」ペラ

友「あっ、さっきはごめんな、男の奴が馴れ馴れしく話掛けたりしてさ」

図書娘「気にしてない…」ペラ

友「……な、なに読んでるんだ?」

図書娘「?本だけど」ペラ

友「いや、それは見たら分かるけどよ…」

図書娘「……」ペラ

友「……(相変わらず読めない奴だよな、教室でもずっと本読んで他人と仲良くしようとしないし)」

図書娘「…なに?」

友「い、いや、なんでもない。じゃあな」スタスタ

図書娘「……」ペラ

~教室~

DQN「なぁなぁ、肩パンしようぜ」

巨乳娘「い、嫌ですぅ」

DQN「よーし、じゃあ俺からな!」

巨乳娘「ひーん!」

友「えっと、確か5限目は数学だったよな」

委員長「友くん、ちょっといいかしら」

友「いや、今無理」ガサガサ

委員長「……」

DQN「シャオラッ!」バキッ

巨乳娘「痛いですー!」

ブス達「ちょっと!嫌がってるでしょやめなさいよ!」

DQN「うっせーよブス!黙ってろ!」

DQN「へへへ、じゃあ次はお前の番な」

巨乳娘「ひーん、人なんて殴った事無いですよー」

委員長「友くん…もういいかしら」

友「無理無理、あれぇ?ノートどこにやったんだぁ?」ガサガサ

委員長「……(ノートは私の鞄の中に有るって言ったらどんな反応するのかしら)」ドキドキ

DQN「ほら、殴れよ」

巨乳娘「ううぅ……じゃあいきますよぉ」カチャ

DQN「お、おいなんだよそれ、め、メリケンなんて聞い

巨乳娘「ひーん!」

バキィイ‼︎

DQN「……」ドサッ

巨乳娘「だ、大丈夫ですかぁ?」

ブス達「巨乳っちナイス!こいつは廊下に捨てとくから心配しないでね!」

巨乳娘「あ、ありがとうございますぅ」

ガラララ

先生「おーい皆席につけよーって、男と図書娘が居ないようだが誰かしらないか」

友「二人なら保健室です。あと先生、数学のノート忘れ

先生「廊下に立ってなさい」

友「えっ…?」

先生「授業を受ける姿勢が見られない者は教室に居る資格など無い、空気が汚れるだろ」

友「……はい」ガラララ

委員長「……(後で実はノートは私の鞄の中に有るって言ったらどんな反応するのかしら)」ドキドキ

先生「はい、汚物が消えたので授業を始めましょうか、日直」

チビ娘「起立、礼」

クラスメイト「お願いしまーす」

チビ娘「着席」

~図書室~

図書娘「……」ペラ

友「なぁ、授業出なくていいのか?」

図書娘「あなたは?」ペラ

友「ノート忘れて廊下に立ってろって言われてさ、暇だからここに来たの」

図書娘「そう…」ペラ

友「人の話聞いてる?授業はいいのかって聞いてるんだけど」

図書娘「私もノート忘れたから…」ペラ

友「……お前さぁ、人と話してる時に本読むのは無いだろ」スッ

図書娘「!?か、返して!」

友「ったく、どうせ詰まらない小説でも読んでるんだろうよ丁寧にカバーまでしやがっ……て…」

友「……(人と上手く接する会話術…な、なんつー本を)」

図書娘「……返して」

友「お、おう…」

友「……」

図書娘「……」ペラ

友「どんな内容なんだ?」

図書娘「……」ビクッ

友「つーかよ、一応他人と仲良くなろうと努力はしてるんだなお前」

図書娘「あ、当たり前…私はこの学校に中学生の頃の友達が居ないから」

友「……中学の頃なら居たのか?」

図書娘「ひゃ、100人位居た」

友「居なかったんだな」

図書娘「……しょ、小学生の頃なら」

友「つまりぼっちと」

図書娘「その言い方は卑怯…」

友「じゃあさ、俺がなってやるよ」

図書娘「……嫌」

友「あっ、そう」

図書娘「……」ペラ

友「じゃあさ、今度から気軽に話しかけてもいいか?」

図書娘「……」ペラ

友「……(なんなんだよこいつ、なんかムカついてきたぞ)」

図書娘「…う、うう、家、来る?」

友「は、は?」

図書娘「い、今から」

友「今から?!」

図書娘「……うん」

友「……」

~体育館裏~

男「はぁっはっはぁ…」カラン

男「や、やっと終わった。後は放課後まで待つだけだな」

男「バレないように隠さないとな……草をかぶせとけば大丈夫だろ」ガサガサ

男「……よし、完成だ」

男「さてと、今日は5限目までだから俺はこの辺に隠れとくかな~っと」

男「くくく。幼馴染の絶望した姿が容易に想像出来るぜ…俺を罠にはめた事を死ぬまで後悔させてやるからな」

~図書娘の汚家~

友「……(なんか流れで来てしまったが大丈夫なのか?確かに学校は5限目で終わりなんだが)」

図書娘「……」ガチャ

友「……入れと?」

図書娘「……うん」

友「お、お邪魔します」

犬「わんわん!」

友「おうわっ?!い、犬飼ってるのか」

図書娘「シャルトワールデスパニアメヘロッタルイズ3世」

友「……な、名前なのか」

図書娘「皆シャルって呼んでる」

犬「わんわん!」

友「……(この子もしかしてヤバいんじゃないのか)」

~体育館裏~

幼馴染「……」

男「ありがとな、来てくれて」

幼馴染「だ、大事な話しってなんなのかな」

男「ん?あの時さ、適当に返事して悪かった」

幼馴染「えっ?!」

男「お前の告白をさ、あんな形で終わらせてしまって……だから今度は俺からお前に言いたいんだ」

幼馴染「う、うん…」

男「あ、あはは…なぁ、周りに聞かれちゃ恥ずかしいからよ、近くに来てくれないかな」

幼馴染「うん!」タッタッタ

ズドオォォオォン

男「どうだい?深さ200mの落とし穴の味はよぉ」

ちょっとご飯だべごめんなさい

~繁華街~

DQN「やっぱ買い食いは最高だな!」モシャモシャ

取り巻き「さすがDQNさんっす!真っ直ぐお家に帰らないなんて悪過ぎっす!」

DQN「ははは、褒めんなよ」

ドンッ

取り巻き「あっ!DQNさんが通りすがりの人の肩にぶつかった!」

DQN「いってぇ……おいお前、舐め

ヤクザ「兄ちゃん、ちょっと裏こようか」

取り巻き「あぁ!DQNさんが悪っぷりを見せびらかそうと調子に乗った相手がヤクザだった!俺ら帰るっす!」スタコラサッサ

DQN「おい!!」

ヤクザ「ほら、早くこいよ」

~路地裏~

DQN「あばばばばば」ガタガタガタ

ヤクザA「兄ちゃん、どういうつもりだ?」

ヤクザB「自分の方からぶつかってそれたぁ面白いな兄ちゃん」

DQN「あばばばばばば」

ヤクザA「なんとか言えよおい!」

DQN「ひいぃぃいぃい!!」

チビ娘「なにやってんだ?」

ヤクザB「あぁ?!てめぇにゃ関係ないだろうが!」

チビ娘「6人かぁ…おーい」

DQN「!?」

チビ娘「お前ぇ、何人までなら殺れるんずるぁ?あーくそ、鼻づまりが鬱陶しい」

ヤクザD「嬢ちゃん、ヤクザは女子供関係ないんだぞ」

チビ娘「答えるぉ~何人までなら殺れるんだ~」

DQN「2人までならなんと バキィ!

DQN「バブリシャス!」ズザー

ヤクザA「お前らなに人を無視して話してんだあぁん!?」

チビ娘「はぁ、じゃあ1人頼むぉ~くぁ~」

ヤクザB「オラオラオラ!」

チビ娘「私はなぁ、帰りのコンビニでヤンジャン買うのが日課なんだよぉ、けどなぁ…」

バキッ!

ヤクザD「へぶひー!」ドサッ

チビ娘「目の前で最後の一冊買われたんだぁ……この怒りを収めたいんだよぉ」

DQN「!!(このチビ助つえぇ!)」

チビ助「毎日牛乳飲んでも身長伸びないしさぁ…毎日早寝早起きしても身長伸びないしさぁ」

チビ助「むしゃくしゃすんよおぉぉお!!」

ヤクザE「お前ら、銃使ってもいいぞ」

ヤクザ達「はーい」

男「……おーい、生きてるかぁ?」

「生きてるよぉ…」

男「そっかそっか、これで分かっただろ?」

「なにがぁ…」

男「俺を敵に回したら怖いって事がな、3倍返しが当たり前だからな」

「違うよぉ……こんなの全然違うよぉ」

男「じゃあ俺帰るからな、頑張って脱出しろよ」

「ま、待ってよぉ、無理だよぉ助けてよぉ」

男「じゃあな~」スタスタ

「……」

~穴の中~

幼馴染「痛い、痛い痛い痛い…」

幼馴染「手が痛い、足が痛い腕が痛い身体が痛い…」

幼馴染「……心が痛いよぉ」

幼馴染「なんでこうなるのかなぁ…私はただ男の事が好きなだけなのに、なんでこうなるのかなぁ」

幼馴染「分からないよ、私バカだから…分からないよ、私アホだから」

幼馴染「……あはは、早く出ないと」ザクザク

幼馴染「登りきれないなら、横を掘り進むしか無いもんね」ザクザクザクザク

幼馴染「よかった、もしもの為を想定してスコップ持ってきといて」ザクザク

幼馴染「明日また告白するんだ、私の気持ちに気づいてもらうんだ」ザクザク

幼馴染「だから早く出なくちゃ」

~図書娘の汚部屋~

友「……すっげぇ量の本だな」

図書娘「うん、小さい頃からずっと読んでたから」

友「ふ、ふ~ん(こいつ自分の部屋だと吃らないんだな)」

図書娘「それで…どうして私なんかを?」

友「ん?な、なにがだ?」

図書娘「どうして私なんかの友達になりたいの?なんの特徴もあなたを惹きつける魅力も無いと思うんだけど」

友「友達作るのに理由なんていらないと思うんだけど」

図書娘「?」

友「なんとなーく仲良くなりたいなって思ったら話し掛けるのって不思議な事か?」

図書娘「うん」

友「つーかさ、特徴とか魅力とか最初から分かる事じゃ無いだろ?」

友「そいつの特徴も、そいつの魅力も、知りたいから。知って見たいから友達になるんじゃねーのかな」

図書娘「この本にはそういう事、書いてなかった」

友「そりゃそうだろ、本に全部書いてたらおかしいぞ」

図書娘「……どうして?」

友「お前は答えの書いてある問題用紙を渡された事が有るのか?無いだろ」

図書娘「うん、無い…」

友「まぁそういう事なんだよ、深く考えんなよ」

図書娘「……分からない」

友「じゃあさ、お前は俺と友達になりたくないの?」

図書娘「なりたくなかったら家まで連れてこない」

友「じゃあ俺たち友達だな」

図書娘「……そういうものなの?」

友「うん、そんなもんだろ」

図書娘「解読不能」

友「う~ん……じゃあさ、明日から教室で話し掛けた時、相手になってくれるか?」

図書娘「それは無理」

友「……(くっそ面倒だなこいつ)」

図書娘「あそこなら良い」

友「あそこ?あぁ、図書室か」

図書娘「うん」

友「そっか……じゃあ俺、そろそろ帰るからな。姉ちゃんの晩飯作らなきゃいけないし」

図書娘「うん、今日はありがとう」

友「なはは、気にすんなよ。じゃあまた明日な」ガチャ

バタン

図書娘「……あっ、私がそばにいないとシャルが貴方を敵と見做す

「うぎゃぁあぁぁああ!腕がぁああぁぁあ!は、離せ!離せえぇぇえ!!」

チビ娘「……帰ろうか、ポケモン始まるし」

DQN「お前超強いんだな」

ヤクザ達「かぺぺ」

チビ娘「うん?あぁ、水泳部だからかな…」

DQN「……た、頼む!俺をお前の舎弟にしてくれ!」ドゲザー

チビ娘「気持ち悪い…」スタスタ

DQN「!!や、ヤンジャンなら俺が朝買ったのがある!」

チビ娘「…」ピク

DQN「今週ワンパンマン載ってるぞ!」

チビ娘「くっ…」プルプル

DQN「ローゼンも載ってるんだぞ!」

チビ娘「わ、分かった…だから早くヤンジャンを私にくれないかな」

DQN「はい!兄貴!」

チビ娘「女なんだけど…」

男「やっぱ暗くなるの早いなぁ、もう太陽がお休みなさいしてるし」スタスタ

男「……ん?」

DQN「はぁ?!うまるちゃん最高だろうが!!」

チビ娘「気持ち悪いからこれ以上近づかないでくれないかな」

DQN「おまっ!だからうまるちゃん最高だろうが!」

チビ娘「こっちくるな」

DQN「はぁあぁぁあん!??!だったら取り消せよ!ヤンジャンで一番面白いのはうまるちゃんだろうが!」

チビ娘「どう考えてもそれだけは無い」

男「珍しい組み合わせだな、付き合ってんのかあいつら」

男「まぁいっか、早く帰ろっと」

男「……リア充は死ね」スタスタ

~自宅~

男「ただいまんコスモス」

母「あら、遅かったのね」

男「うん、ちょっと幼馴染を落とし穴に掛けて笑ってたら遅くなったんだ」

母「あらあらうふふ」

男「あれ?父さんまだ仕事なの?」

母「違うわよ、ほら、そこに転がってるでしょ?」

父「……」ピクピク

男「父さんまた何かやらかしたの?」

母「キャバクラに行くから今日はご飯要らないってLINEが来たからお母さんちょっぴり怒っちゃって」

男「あはは、さすが母さんだね」

~翌日~

友「おはよーさんさん」

男「おぉ、おはよ」

友「昨日はどうだったんだ?結局幼馴染とはどうなったんだよ」

男「うん?ちょっと深さ200mの落とし穴に落としただけだよ」

友「……それ、幼馴染死んでないよな」

男「大丈夫大丈夫、たかが落とし穴だからな」

友「まぁ落とし穴だしな」

委員長「おはよう」

男「あっ、委員長じゃん珍しいな」

委員長「えぇ、たまには良いかなって思ったんだけど」

友「じゃあ一緒にいこっか」

~教室~

DQN「チビ娘さん、あんパン買ってきました」

チビ娘「馬鹿、教室では無視しとけと言った筈なんだけど」

取り巻き「おいチビ助!お前なにちょい悪のDQNさんに馴れ馴れしくしてんだよ!」

チビ娘「……(だから嫌だと言ったのに…ヤンジャンに釣られるんじゃなかった)」

DQN「うっせー!お前ら廊下で正座してろ!」

取り巻き「はい!」

図書娘「……」ペラ

友「よっ、何読んでんだ?」

図書娘「……」スタスタ

友「と、図書室に来いって意味なのか今のは」

男「おはよ巨乳っち!今日も相変わらず大きいな」

巨乳娘「ひーん!見世物じゃありませーん!」

~廊下~

友「あいつ足早すぎだろ、もう居ないじゃないか」

委員長「……あの、ちょっといいかしら」

友「ん?あぁ悪い、今から用事が有るんだよ」

委員長「そう…(後ろから抱きついたらどんな反応するんだろ)」ドキドキ

友「また休み時間にな!」

委員長「え、えぇ…(いきなり好きですって言ったらどんな反応するんだろ)」

友「じゃあまた!」タッタッタ

委員長「……(廊下は走ったらいけないと言ったら嫌われるのかしら)」

委員長「ふぅ、けど彼と話が出来た。通学もしたしかなり距離は縮まったと思う」

委員長「……いえ、まだ浮かれるのは早いわね」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年04月24日 (木) 17:09:54   ID: 6hM4bUdB

萌え萌え萌え萌え男うぜぇ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom