俺「ストライクウィッチーズ?」 (897)

ストパンの世界に俺を入れてイチャイチャしようずwwwwwwwwww っていうスレ


  妄想を垂れ流すのもよし、初SSに挑戦してみるのもよし
  そこのあなたも書いてみましょう!



まとめwiki http://www16.atwiki.jp/vip_witches/
ミラーwiki http://www48.atwiki.jp/vip_sw/
保管庫 http://www52.atwiki.jp/oreqsw/
ブログ形式保管庫 http://mtssstr.blog.fc2.com/


避難所 http://jbbs.livedoor.jp/otaku/14336/







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365041059

俺スレのお約束

1、他の人が投下してるなら割り込まないでね
2、投下予約できるならしてね
3、長時間にわたるようなら分割するか、一旦切り上げて再度予約しよう
4、予約のすっぽかしは迷惑がかかるからやめよう 予約キャンセルの時は一声かけてね
5、>>1の一行目を第一に考えてほしいな

 (クロス・パロディについて)
書き手は、読み手のことをよく考えて設定を練っていこう
過剰なクロス・パロ要素は、読者を置いてけぼりにしてしまうかも
また、読む側にも「気に入らないなら読まない」という選択肢がある事を忘れないで

批判、スルーされても泣かないで!
ストパン愛を忘れない ←重要

テンプレ終わり。
携帯からだし、AA貼れなくても許して。

糞スレ

勝手なことをしてんじゃねーよ

ここでやんなら俺スレ名乗んな

1

2

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

>盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・


盗作や三次は原文だして客観的に比較して示すべき(因みにプロットレベルの類似では盗作と認められないからな)。
自演は憶測だろう、ID出る板でドジ踏まない限りは証拠は出ないし(有るならリンクを貼る)。
設定改変は、二次な時点で今更。
以下は個人の印象でしかない。

何が気に入らないのか知らんが、批判のレベルが低いぞ。

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

そして、自身の主張をミーナとかに言わせてる行為自体が、無責任な行為だと気付かないのかね?

自分の言葉で言えないの?

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

支援

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

201X年 2月 日本某所
その日、日本中が緊張に包まれていた。
テレビから流されるJアラートは、朝からひっきりなしに警報音をかき鳴らし、ニュースは被害や着弾予想地点を伝えている。
独裁者による無慈悲な鉄槌は、その独裁者が居たと思われる複数の地下施設を吹き飛ばしたと、米軍が発表してからも続いている。
俺「備えが無さ過ぎたんだよな」
日本が経済相応の防衛力を整備していれば、もっと被害は少なかった筈だ。
俺「まあ、核の着弾こそ無いのが救いか」
何時まで続くか分からんが、いずれにせよ祖父が遺したこのロッジに居れば大丈夫だろう。
狩猟が趣味だった祖父が老後の楽しみにと買ったという、ここなら限界集落な人里からも山一つ隔ててるし。
食糧は1ヶ月分、水も井戸が有るし、両親は八丈島に……。
バサバサバサ
俺「どうした?そんな暴れt……」



そうだ、ぴーちゃんが暴れてそれから……。
俺「何で、何で!落ちてんのーーーーー!!」

1944年 ロマーニャ上空 11000m 23:00
ハイデマリー「ん、なに……これ?」
カールスラントの夜間エースとして知られるハイデマリー・シュナウファーは、夜間高高度偵察訓練中に今までに無い電波反射を捉え困惑していた。
前方1万に雷雲のような反応が唐突に出現したのだ。
それは直後にまるで直径十数メートルの電球のように光を放ち出し、徐々に光量と電波放射を強め、既にハイデマリーの居る位置でも昼間のように明るい。
基地に連絡しようにも、光球からの放射が強過ぎて繋がらない。
行くべきか、待機すべきか、どうするか
ハイデマリー「確認すべきですよね」
何かが起きているのは明らかだった。
ハイデマリーはウィッチだ。
シールドさえ張っていれば、大抵の攻撃から身を守れる自信も有る。
それに徐々にだが、光と電波の放射が弱くなっているのが気になった。
何かが起きているなら、ウィッチとして確認しなければならない。
ハイデマリー「こちらシュナウファー、グリッド32高度11000にて通信障害の原因を視認、これより確認に入る」
繋がらないとしても聴いてる可能性に期待して、通信を入れ。
ハイデマリーはスロットルを開き、異常に向け向かっていった。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

家にぴーちゃんが来たのは、俺の10歳の誕生日だった。
ぴーちゃんはアフリカオオコノハズクという種で、寿命は20年ぐらい、親は情操教育を目的として与えたらしいが、ぴーちゃんは賢すぎて不発だったように思う。
まるで言葉を理解してるような行動をし、全く手が掛からないからだ。
そんなぴーちゃんだが、どーにも今は俺の中に居るような気がする。
何となくという曖昧な感覚でなく、確信としてそう感じるのだ。
落下前にぴーちゃんが飛び付いて来た事と現在の状況は関係有るんだろうか。
落下中の今も落ち着いて思考できるは、何とかなるという確信が有るからだった。
いよいよ地面が近付いて来たのを確認し、己の中にある力を感覚の赴くままに上に向ける。
俺「すげぇ」
減速しふわりと浮いた。・


ハイデマリー「あれは!」
向かっている途中で、謎の発光現象は終息してしまった。
同時に障害が取り除かれてレーダーが使えるようになると、発光体が存在した場所から、何かが落ちて行くのを捉える。
何かを認識した瞬間、ユニットに限界まで魔法力を叩き込んで加速する。
ダメ、間に合わない!
どうして人が発光体から出て来たのかとか、どうして男の人がウィッチのような羽を生やしてるのかとか、
少し疑問に思ったが、冷静な部分が思考し、結論する。
もう、どうやっても間に合わないと。
一瞬後には地面に叩き付けられると。
ハイデマリー「え?」
そう考え、目を背けそうになった時、落下速度が急に落ち遂には静止した。
ハイデマリー・俺「「あ」」
その人と目が合い、そして落ちて行った。
ハイデマリー「え……」

今日は此処まで
台詞少ないなぁ。

皆さんもお気軽に作品投下して下さい。
嵐はスルーで

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

しょこたん「ゆたか君。好きなポケモンは?」
 ゆたか君「レアコイルです」
   一同「えー!」
しょこたん「レアコイル! 何で?」
 ゆたか君「ええっと……」
 ゆたか君「矢張り何と言っても先ず高い特殊攻撃翌力ですよね。特攻種族値全ポケモン中第24位の120。
      で、其処から繰り出される10万ボルト。まあ、僕は敢えて決定力を上げる為に雷を採用して行くんですけれども、
      非常に強力ですよね。後、鋼電気と云った防御面攻撃面共に優れているタイプもこれ魅力的だと思います。
      まあ、しょこたんさんなら余裕で理解出来ますよね。はい」
   一同「へえー!」
ゴルゴ隊員「ジバコイルにはしなかったんだね?」
 ゆたか君「何故ならレアコイルの方が速いからです。御存知です? ジバコの素早さ種族値60、
      それに対しレアコイルの素早さ種族値は70なんです。この10の差がとても大きくて、
      レアコイルの場合は素早さに補正を掛けて、努力値を252振る事で実数値134。
      これに拘りスカーフと云うアイテムを持たせる事により1,5倍となって201にまで達するんです。
      これはサンダースやクロバットと云ったメジャーポケモン所謂130族の最高数値を1だけ上回る数値なんですね。
      ポケモンと云うのは素早さが1違うだけで先手後手が決定して仕舞うゲームです。
      だからその1の差でこう云った強力なポケモンに対して先手攻撃を打てるんです。まあ、倒せるかどうかは別として。
      確かにジバコイルはレアコイルよりも耐久力決定力共に上回ってはいますが、
      素早さではレアコイルが上回っている以上明確に差別化が出来ていますし、下手すりゃこれレアコイルの方が強いんじゃないですかね。
      だから敢えてレアコイルで止めてるんです。はい。て言うかゴルゴさん、ジバコイルを採用されていたと云う事ですが、
      何も知らないんですね。はっきり言って今の質問愚問ですよ。収録が終わった後直ちに帰宅し、ポケモンの基礎を学びなさい」

俺「ストライクウィッチーズ?」

>>1「ああ・・・君はそこでメアリースーによりハーレムを手に入れることができるぞ!!」

俺「なんていうか・・・可哀想な奴だな、あんた・・・」

俺「俺は遠慮しとくよ。今リアルでハーレム築いてるし。」

>>1「」

..>1「」

....1「」

...






こうですか?参加型だと聞いて書いてみました!!
みなさんもこんな感じの作品をたくさん書いてくれると>>1も喜ぶと思います!!

何かの感覚に身を任せ、力を使った途端、落下は止まり、ふわりと身体が浮くのを感じた。
ジェットコースターの落下が延々と続くような、重力を感じない不思議な感覚。
その感覚に浸って居た所で、頭上に何かを感じ、其方に視線を向けた。
それはまるで天使のような、白い、とても綺麗な女の子だった。
俺「あ」
彼女をそう認識した途端、力の流れが乱れ、重力が思い出したかのように仕事をしだした。
どうにか手を広げて、木の枝を掴んだ記憶を最後に視界は暗転した。



ハイデマリー「……助けないと」
私と目が合い落下した彼は、運良く木に引っ掛かりながら地面に落ちたようだったが、手が不自然な方向に曲がり、頭からは血を流して居るようだ。
どう見ても緊急を要する、こんな時は……。
ハイデマリー「こちらはカールスラント空軍 第一夜間戦闘航空団 第四飛行隊長 ハイデマリー・シュナウファー 11訓練空域 グリッド23の位置で重傷者を発見 救援を要請します」




地上に降りて彼の様子が詳しく見て取れた。
腕は右肩から脱臼してるみたいだ。
右肩の脱臼はまだしも、頭からの出血が酷く、鼻血も出ていて、擦り傷は無数に有る。
血だまりは広がり、命が流れ出してるかのようだった。
ハイデマリーとて、前線で戦ってるウィッチだ。
人が死ぬ場面は、普通の人よりも多く見て来た。
昨日僚機を務めていた子が、次の日には永遠に会えなくなったという経験もある。
しかし、目の前で少しずつ命が失われて行くような場面を経験するのは初めてだった。
それが彼女から冷静さを奪い、ただ呼び掛けるしか出来なくさせていた。

ハイデマリー「こちらはカールスラント空軍………こちらは…………」
誰か、誰か……、誰か早く応答を……誰か

ザザッザーザッ
フェル「あー、こちらはロマーニャ空軍 パンタローニロッシ フェルナンディア・マルヴェッチィ 現在急行中。後2分で到着するわ。シュナウファーさん様態を説明できるかしら?」
フェルナンディアの言葉を聞いて、ハイデマリーの頭はハッと冷えた。
そうだ、応急処置。
必死に講義を思い出しながら、応急処置をし終わるのは、フェルナンディアが到着する直前だった。
応急処置と言っても、身体を平らに寝かせ、頭部の出血箇所を圧迫する事しか出来なかったが。



フェル「こりゃ不味いわね」
怪我人は思った以上に重傷だった。
肩を入れる事と出血を抑える事は出来たけど、私に出来たのはそれだけで。
それ以上の治療や診断は私にはできない。
頭部からの出血と鼻血は頭を強く打ったからかも知れない。
そうなると脳内出血で死んでしまう事も有り得るわね。
早く、本格的な治癒ウィッチか外科医に見せなきゃ。
此処からだと、近隣の警察や軍の地上部隊が到着するだけで一時間は掛かるし、私たちが運ぶしかない。
こういう時は、なるべく身体を水平に、よね。
フェル「ルチアナ、マルチナ、応急担架作るわよ!私は治癒魔法を掛け続けるから、長い棒を捜して来なさい!シュナウファーさんにもお願いするわ」
私は、到着してから心配そうに見ていた二人と手を血塗れにしたカールスラント軍人さんに指示を出した。

取り敢えずこれだけ
書けたら投下する

読む気ないから読んでないけどおもしろいの?

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

面白いならこんなの湧かない

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

フェデリカ『応援は派遣しなくて良いのね』
フェル「はい隊長、私たちだけで大丈夫です」
普通のウィッチが幾ら居ても出来ることは無いし、本格的な治癒魔法が使える航空ウィッチなんて希有な人材はそうそう居ない。
フェデリカ『そう、病院の方は手配しておくから、頑張りなさい』
フェル「はい」
隊への報告と病院の手配は終わった。
後は運ぶだけね。


フェル「まったく、歯痒いわね」
治療も診断も出来ない、出来ることと言えば効果の分からない治癒魔法をかけ続けるだけ。
そんな自分が歯痒い。
こんな事なら医学科に行くべきだったかしら、なんて考えても仕方ないのは分かってる。
今此処に居れるのは航空ウィッチになったからだし。
治癒ウィッチと航空ウィッチを両立できると思うほど自惚れても居ないつもりだ。
でも、もしこの人がルチアナやティナ、或いは隊長のような近しい人間だったら私は自分を許せるかしら。
フェル「考えても仕方ないことよね」
こんな問いに元から正解なんて無いのだから。



私が効果の分からない自分の魔法に対して、歯痒い想いを抱きながら治療をし続けてると、漸く待ちに待った通信が来た。
マルチナ『フェル隊長、長い棒見つけたよ!』
ルチアナならともかく、ティナだと少し心配ね。
フェル「どれくらい長さかしら?袖口は入るの?強度は大丈夫そう?」
マルチナ『んー、とね。長さは2メートル位の新しい角材だから大丈夫だと思う。……袖口も通るよ!』
はぁ、今調べたのね。
フェル「じゃあ早く持って来なさい。ルチアナとシュナウファーさんも聞こえてたわね。戻って来て」
『『了解』』

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

何かの感覚に身を任せ、力を使った途端、落下は止まり、ふわりと身体が浮くのを感じた。
ジェットコースターの落下が延々と続くような、重力を感じない不思議な感覚。
その感覚に浸って居た所で、頭上に何かを感じ、其方に視線を向けた。
それはまるで天使のような、白い、とても綺麗な女の子だった。
俺「あ」
彼女をそう認識した途端、力の流れが乱れ、重力が思い出したかのように仕事をしだした。
どうにか手を広げて、木の枝を掴んだ記憶を最後に視界は暗転した。



ハイデマリー「……助けないと」
私と目が合い落下した彼は、運良く木に引っ掛かりながら地面に落ちたようだったが、手が不自然な方向に曲がり、頭からは血を流して居るようだ。
どう見ても緊急を要する、こんな時は……。
ハイデマリー「こちらはカールスラント空軍 第一夜間戦闘航空団 第四飛行隊長 ハイデマリー・シュナウファー 11訓練空域 グリッド23の位置で重傷者を発見 救援を要請します」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

こいつバカかwwwwwwww
自演してまでwwwwwwwwwwwwww



122 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/05(金) 09:12:27.69 ID:xKQ1n0g8o [1/2]
読む気ないから読んでないけどおもしろいの?

139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/05(金) 19:55:55.44 ID:xKQ1n0g8o [2/2]
何かの感覚に身を任せ、力を使った途端、落下は止まり、ふわりと身体が浮くのを感じた。
ジェットコースターの落下が延々と続くような、重力を感じない不思議な感覚。
その感覚に浸って居た所で、頭上に何かを感じ、其方に視線を向けた。
それはまるで天使のような、白い、とても綺麗な女の子だった。
俺「あ」
彼女をそう認識した途端、力の流れが乱れ、重力が思い出したかのように仕事をしだした。
どうにか手を広げて、木の枝を掴んだ記憶を最後に視界は暗転した。



ハイデマリー「……助けないと」
私と目が合い落下した彼は、運良く木に引っ掛かりながら地面に落ちたようだったが、手が不自然な方向に曲がり、頭からは血を流して居るようだ。
どう見ても緊急を要する、こんな時は……。
ハイデマリー「こちらはカールスラント空軍 第一夜間戦闘航空団 第四飛行隊長 ハイデマリー・シュナウファー 11訓練空域 グリッド23の位置で重傷者を発見 救援を要請します」

自演ワロタ

121 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/05(金) 09:08:19.41 ID:+XUExjdDO [3/4]
取り敢えずこれだけ
書けたら投下する

122 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/05(金) 09:12:27.69 ID:xKQ1n0g8o [1/2]
読む気ないから読んでないけどおもしろいの?

これは酷い

自演乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

何かの感覚に身を任せ、力を使った途端、落下は止まり、ふわりと身体が浮くのを感じた。
ジェットコースターの落下が延々と続くような、重力を感じない不思議な感覚。
その感覚に浸って居た所で、頭上に何かを感じ、其方に視線を向けた。
それはまるで天使のような、白い、とても綺麗な女の子だった。
お前「あ」
彼女をそう認識した途端、力の流れが乱れ、重力が思い出したかのように仕事をしだした。
どうにか手を広げて、木の枝を掴んだ記憶を最後に視界は暗転した。



ハイデマリー「……助けないと」
私と目が合い落下した彼は、運良く木に引っ掛かりながら地面に落ちたようだったが、手が不自然な方向に曲がり、頭からは血を流して居るようだ。
どう見ても緊急を要する、こんな時は……。
ハイデマリー「こちらはカールスラント空軍 第一夜間戦闘航空団 第四飛行隊長 ハイデマリー・シュナウファー 11訓練空域 グリッド23の位置で重傷者を発見 救援を要請します」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」




応急担架の作り方は簡単だ。
僕の持ってきた二本の角材に、僕たちとこの人の上着の袖を中にするように折り返して通すだけ。
後はこの人の着てるシャツで身体を固定すれば出来上がり。
上着が血で汚れちゃうけど非常時だし仕方ないよね。
血はフェル隊長の魔法で止まったみたいだけど。
顔色は良くない。
急がないと本当に死んじゃいそう。
マルチナ「フェル隊長、早くしないと!」
フェル隊長は固定に不満が有るみたいで、何度か縛り直してる。
フェル「分かってるわよ!」
どうしても上手く行かないのかイライラしてるみたいだ。
マルチナ「僕とルチアナで運ぶんでしょ。フェル隊長が隣で抑えれば良いじゃん。早くしよーよ」
フェル「そんなこと分かってるわ!でもそうするとシールド張れないじゃない。速度が出せないのよ」
あ、そうか。
僕らのユニットはG.55、カールスラントの人が使ってるBf-110とだと、たぶん巡航でも100キロぐらい違う筈だから、カールスラントの人が付いて来れないんだ。

ハイデマリー「あの、大丈夫です。燃料にも魔法力にも余裕がありますから付いていけます。私がシールド張ります」
よし!もう良いよね。
マルチナ「じゃあ決定!ルチアナ持ち上げるよ!フェル隊長も早く」
ルチアナ「う、うん。あの、フェル隊長……」
フェル「……そうね。此処でこうしてても埒が開かないし。行きましょう!」
あ、担架の材料に使う角材を手に入れる為に製材所の扉壊しちゃったけど、大丈夫だよね。
怒られないと良いなぁ。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

今日は此処まで
話が進まないねぇ

取り敢えず運営には通報したけど、警察にも相談すべきかなぁ

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

アホの極みかw

こんなので警察が動くわけないだろw

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

書いたのリンク
>>78-79>>93>>119-120>>136>>240



>>249
二次創作にも著作権は生まれるんだよ。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

なんだ、バカが叩かれてただけか

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

>>252


こんなどこの誰かが書いた分からないものに対して警察が動くと思ってるの?

ばっっっっかじゃねーの?

二次創作にも著作権は生まれるんだよ。(キリ

別に誰も著作権の侵害はしてないよね?ww

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

>>281
俺の書いた記事をコピペしてる奴が居る。

>>279
被害届では確かに動かんだろね。
これは捜査するか警察の裁量だから。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

私たちはシュナウファー大尉のシールドを風除けにすることで、巡航速度を少し上回るスピードで、設備が整った病院のある最寄り基地へと飛行することが出来ました。
その分、大尉が消耗してる筈なんですが、流石はカールスラント一の夜間エースと言うべきでしょうか。
基地に着いてもケロリとして居て、寧ろ慣れない縦列飛行で私やティナの方が消耗しているようです。
基地に到着した後は、待機していた救急車が男の人と、付き添いの隊長を乗せて行きました。
顔つきからして扶桑の方でしょうか?
真夜中に獣道しか無いような深い森の中で、あの様な軽装で、まるで墜落したかのような怪我と状況だったことが気になります。
私たちが夜間飛行訓練中に遭遇した、近距離通信さえ通じない、強力な電波妨害と発光現象の真下に居ましたし。
助けた方を疑うようで気が引けますが、何か関係があるのでしょうか?
道中で大尉が話してくれた、男性がウィッチだったという話が本当なら、もしかしたら魔法力の暴走が原因かも知れません。
でも、男性のウィッチなんて殆ど確認されて居ない上に、魔法力は女性ウィッチより少なく。
せいぜいが陸戦ユニットを動かすのがやっとだと聞いた覚えが有ります。
暴走だとしても、あの規模の現象を引き起こせるのだとすれば、女性ウィッチと比較してもかなり希少な存在になる筈です。
軍に所属してないのなら勧誘が行くのでしょうか、ロマーニャを守る手助けをして頂ければ嬉しいのですが……。
それから、この上着に入って居た樹脂製の絵が動く小さい箱と繋ぎ目の無いシャツ
技術に詳しいドッリオ隊長なら何か分かるでしょうか?
でもティナの説は突飛すぎます!

マルチナ「だ・か・ら!これはテレビだって!絵が動くんだよ!」
ルチアナ「でもこれ、こんなに小さいんですよ!玩具ですよ」
ハイデマリー「あ、あの「なに!なんですか!」何でもないです……」
うう……、さっきまで仲良くお話出来ていたのに……、何で二人は言い争ってるんでしょう……。
確か、あの男の人を救急車に引き渡し終えてから、基地の待機室で残った二人と休憩してた所、
マルチナさんが担架を解体して上着を渡してくれて、それからあの人の持ち物を調べようとしたのが始まりでした。
上着もシャツも変わった材質でしたけど、私が感じたことは其れだけでした。
でも、ルチアナさんは生地と縫製に違和感を感じたみたいで、まじまじと見ては難しい顔で首をひねり出し。
マルチナさんも上着のポケットに入っていた、真ん中から上下に開く薄い箱を見つけてから、何か考え込み始めました。
それは不思議な箱で、小さな人形の絵が、総天然色のモニターの中を所狭しと動き回ってます。
そして考え込んでいたマルチナさんが、あの人が未来人で、この箱は未来のテレビ、あの光はタイムマシンだと言い始めたのでした。
それをルチアナさんが非現実的だと、飛躍し過ぎだと否定して、どちらも譲らず、遂には言い争いに発展したのでした。
どうすれば……、せっかくお友達になってくれると言ってくれたのに……。
そうだ
ハイデマリー「あの!あの男の人に聞けば良いんじゃないでしょうか……」
うう、二人に睨まれて、途中から尻すぼみになってしまいました。
でも、言ったかいはあったようで……
マルチナ「……そうだね。そしたらハッキリするもんね」
ルチアナ「全くですね。ドッリオ隊長に見せても良いかも知れません」
マルチナ「ん」
良かった。
その後、魔翌力が不安だった私たちはそれぞれ原隊に連絡を入れ、今日はこの基地に泊まらせて貰うことになり。
二人とは更に仲良くなれて、連絡先を交換して、近い内に、一緒にローマに遊びに行く約束まで出来ました。
フェルナンディアさんは病院に泊まったようで、結局私が帰る時にも連絡はありせんでした。
あの人が助かったのか、其れだけが心残りです。
明日、早速ティナたちに電話して聞いてみましょう。

書いたのリンク
>>78-79>>93>>119-120>>136>>240>>287-288

取り敢えず
プロローグは終了

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

二次創作にも著作権は生まれるんだよ。(キリ

別に誰も著作権の侵害はしてないよね?wwww

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

二次創作にも著作権は生まれるんだよ。(キリ

別に誰も著作権の侵害はしてないよね?wwww

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

二次創作にも著作権は生まれるんだよ。(キリ

別に誰も著作権の侵害はしてないよね?wwww

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

二次創作にも著作権は生まれるんだよ。(キリッ

別に誰も著作権の侵害はしてないよね?wwwwwwww

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

>>317-318
連投くん。こいつだよ。
>>139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 19:55:55.44 ID:xKQ1n0g8o


無料相談した。
警察は難しそう。
先ずは運営に開示請求という事になるとか。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

気が付けば視界には白い天井が有った。
病院、だろうか?
漆喰の壁に窓も木枠で、どうにも古臭いデザインだ。
肩にある違和感というか、鈍痛を感じるのと何か関係が有るんだろうか。
俺の寝ていたベッドに、突っ伏して寝息をたてている栗毛の女の子の事もそうだ。
こちらに顔を向けて寝ている女の子は白人の子で、とても整った顔立ちをしている。
今は何時だろうか?
日に照らされた緑の眩しさから、昼に近いことは分かるが、病室には時計が無い。
枕元の荷物入れも捜したが携帯が無い。
携帯を探す過程でさっき感じた違和感が増す。
荷物入れが木製だったり、ナースコールも酸素供給設備も無いのは明らかにおかしい。
古い診療所にしても、テレビぐらいは存在するだろう。
昨日、俺は何をしていた?
北の暴走から逃れる為に、祖父の残した山小屋に避難していたんだ。
そこでニュースを見ていて、それからぴーちゃん飛びかかって来たんだ。
それで、落ちて、浮いて、白い女の子と目があったんだ。
弾道弾の落下予想の範囲だったし、…………もしかして死後の世界か?
それにしてもこんなに現実感が有る物だろうか、突っ伏してる女の子の髪を触ってみる。
髪は、サラサラしてとても柔らく、触り心地が良い。
フェル「ん、んー。はぁーーふぅ。……あっ」
そんな動きに気が付いたのか、女の子が起き出した。
気付かれないように手を引っ込め、その子が伸びをするように息を吐き出す様子を眺めていると目があった。
つり目がちで気が強そうな印象なのだが、今は顔を羞恥に赤く染めてとても可愛らしい感じだ。
俺「あの!」フェル【あの!】
え、日本語通じないの?

いやあ、イタリア語習ってて良かったと初めて思ったね。
小さい時から色々と習い事をやらされてて、これが初めて試験以外で役にたった気がする。
両親と教育熱心だったばーちゃんには感謝だな。
突っ伏してた女の子、フェルナさん、フェルナンディア・マルヴェッチィさんの話によると、此処はロマーニャという国らしい。
ローマじゃ無いの?と言ったら、ここはロマーニャ有数の都市ボローニャだという。
簡単な地図も書いて貰ったが、どうにもイタリアっぽい。
そして今は西暦1944年だという。
これは果たしてどういう事なのだろう?
こういう死後の世界というオカルトなのか、それとも平行世界やタイムスリップといったSFなのか。
核のエネルギー程度で世界の壁が破れるとは思えないという事も有るし、死後の世界と考えた方がまだ納得できそうか。
でもフェルさんは、このロマーニャ生まれの軍人でウィッチだという。
単純に死後の世界とするには現実的すぎるようだ。
そして俺が落ちて居た場所の上空で、何かが起きていたから事情を聞きたいとか。
まあ、それは兎も角
俺「事情を話すのは良いんですが、ウィッチって何ですか?」
話の流れからして、魔女宗を信仰してる人という事では無いだろう。

フェル「え、ウィッチを知らない?いったいどんな田舎から来たのよ。というかあなたもウィッチって聞いたけど」
心底珍しいという表情で、フェルさんが意味の分からない事を言う。
俺がウィッチ?なんじゃそりゃ
フェル「はぁ。ウィッチってこういう物よ」
そう言うとフェルさんの頭から何かの動物の耳が出て来た。
俺「……本物、ですか?」
フェル「当たり前じゃない」
俺「ちょっと触って良いですか?」
フェル「ふぅ、まあ良いわ」
仕方ないという感じで、承諾してくれた。
…本当に動物の耳だ。
剥製とか付け耳じゃない。あったかくて、俺の指の動きに反応してぴくぴく動く。
フェル「んっ。もう良いでしょ」
神経も繋がってるようだ、少し名残惜しくは有ったが手放す。
俺「ありがとう御座います」
フェル「あなたも出る筈よ。自分の中に集中して、何か感じない?」
集中、集中……
これだろうか?
確かに自分の中に違和感を感じる。
というか、ぴーちゃんだ。
ぴーちゃんその物が、俺と身体のリソースを共有してるような、表現し難いなんとも不可思議な感覚だ。
それに身を任せると、頭と腰に羽が生えるのが分かった。
フェル「……ホントにウィッチだったのね」
どういう事だろうか?
疑問が顔に出てたのか、直ぐに答えてくれた。
どうやら男のウィッチというのは、都市伝説レベルの珍しさらしい。
ウィッチとは、古代から人類の先頭に立ち、英雄と共に怪異と戦って来た存在だという。
怪異って何?と聞くと、またかという表情をしながら説明してくれた。
怪異は出自不明、原因不明、正体不明の人類の敵らしい。
今はネウロイと呼ばれ、多くのウィッチが戦ってるという。
ウィッチの魔法力が弱点なんだとか。
そんな風に話してると誰かがドアをノックした。
その人物こそ、俺がこの世界の戦いに介入することになる原因となるのだった。

今日は此処まで
書いたのリンク
>>78-79>>93>>119-120>>136>>240>>287-288>>336-338

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

何がリンク(笑)だ、さ
投下してんじゃねーよ

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

俺「ストライクウィッチーズの事は把握してるんだけど、銃とか戦闘機とか難しいことはよく分からないんだよなー」

エーリカ「それマズイねー」

俺「え?」

サーニャ「ミリタリー関連の知識が無かったら、SSを書いても爪弾きにされてしまいます」

俺「は!?何それ!?」

エイラ「最低限の知識が無い人間はご退場だってさ」

ペリーヌ「紳士の風上にもおけませんわね」

俺「一体誰がそんなことを…」

エーリカ「427」

サーニャ「427」

エイラ「427」

ペリーヌ「427」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

連投されてるコピペじわじわ来る(笑)
元ネタ何?

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

その報告が来たのは、私がお風呂を終えて、もう寝ようかとしていた時だった。
ロマーニャ中部を中心にした広範囲な地域で電波障害が発生し、司令部から全軍に非常警戒待機が命令されたとの事だった。
全軍となると稀だけど、突然の非常待機命令はそう珍しい事でもない。
でも障害の中心と予想される地域は、今フェルたちが夜間飛行訓練を行っている空域だという事が少し気掛かりだった。
あのケッテなら、そうそう危ない目に有ってるとは思わなかったけど。
何か大きな事が起こっているという、何故かそんな予感がした。
通信障害は直ぐに収まり、私はあの子たちと連絡を付ける事にした。
フェルと連絡を取ると、確かに何か未知の現象に遭遇し、何らかの関連があると思われる怪我人を保護したとの事だった。
その怪我人は頭を強く打った可能性があって、自分では判断出来ないから、今すぐ最寄りの大病院に運びたいとのこと。
興味をそそられて、出来れば詳しく聞きたかったけど、魔法治療中に集中力を乱す分けには行かず、我慢して報告は明日聞く事にした。
そうよ!
部下の活躍を労うのも上司の仕事だし、私も行っちゃって良いわよね。
うん。あの子たちが助けた人を直接見てみたいし。

要件を満たすと思われる最寄りの病院を手配しながら、明日現地に行く手配もする事にした。



その日は、早いうちに出来る仕事を済ませ、ボローニャ基地に飛んでいく。
基地に到着し、マルチナとルチアナの二人から昨日の詳しい話を聞くと、その人の持ち物を私に見て欲しいという。
そして病院に行くなら一緒に行きたいと言ってきた。
それは別に構わないけど、何をそんなに興味を持ったのかしら?

荷物を見せて貰うと、確かにそれは興味深い物で。
というか、そんな枠を飛び越えて、最早異質という言葉がぴったりだった。
小さな人形の絵が数え切れないパターンで動き回り、ボタンやガラス面を押すと手の絵が現れる小さな箱。
全く見たことも無い技術だった。
これだけ精細な絵を天然色で、これだけ自由に動き回らせる技術の原理なんて全く検討もつかない。
技術者の端くれだからこそ、これの異質さがよく分かる。
今の人類にこれを作れる筈は無いと。
有り得ない物だと。
個人的な興味だけでなく、詳しく事情を聞く必要が出たわね。
もしかしたらネウロイのスパイという事も有り得るし、マルチナの言うように未来人なら、それはそれで重大な情報を持ってる事になる。
この戦争の趨勢やその後の世界情勢。
政治という面倒事が沢山関わって来る事だろう。
はぁ、私の手には余るかもしれないわね。





匂い立つようなという言葉は、正にこの人の為に有るような表現だと思った。
艶やかで長い黒髪、パッチリした目元と長い睫、小作りでシャープな輪郭と其処から伸びる細やかな首筋、
シャツを押し上げる豊かな双丘に細く括れた腰、キュッと上がった尻と裾から覗く程よく肉付いた足と健康的な小麦色の肌、
そしてその露出度の高い服装が相俟って、何とも言えない色気を感じる。
これはやばいね。
やばいね!
フェルさんも十分に美人だと思うけど、この人はまた別だ。
美人を見て、実際に生唾を飲んだ経験は初めてだ。
流し目一つで大抵の男は好意を抱き、微笑まれれば大抵の男は惚けてしまうだろう。
フェデリカ「あら、二人とも起きてたのね。これお昼」
そんな美人さんは、フェルさんと俺を見ると丁度良かったという感じで、紙袋を掲げながら入ってきた。

フェル「隊長!?どうしても此処に?」
マルチナ「僕たちも居るよー」
ルチアナ「どうも」
フェルさんによると、最初に病室に入って来た彼女はフェデリカ・N・ドッリオさん。
楽しそうな表情と雰囲気をさせた彼女は、フェルさんの所属する504統合戦闘航空団の司令だそうだ。
その後に入ってきた金髪をポニーテールにした子と黒髪ショートに長身の子は、マルチナ・クレスピちゃんとルチアナ・マッツェイさん。
二人はフェルさんの部下で、なんでも軍学校以来の付き合いらしい。
一応の自己紹介が終わると、ドッリオさんの持ってきたパニーニという、焼きサンドイッチみたいな物を食べながら話をした。
肩の脱臼以外は、出血が酷かっただけで怪我自体は大した事は無く、もう退院しても良い事や、みんなの服装の事。
足丸出しが普通とか、カルチャーギャップが凄い。
そして遂に俺の素性の話になる。
フェデリカ「色々と聞きたいんだけど、まずはこれについて話して貰えるかしら?」
そう携帯を示して聞かれた。
どうするべきなんだろうか、素直に話すべきか……。
……まあ良いか、おかしいと思われたらそれだけだし、元々死んだような物だ。
自分で言うのも何だが、何の後ろ盾もなく、宙ぶらりんな状況で生きて行ける程のバイタリティもない。
俺「まずは、そうですね」

書いたのリンク
>>78-79
>>93
>>119-120
>>136
>>240
>>287-288
>>336-338
>>505-506

純粋につまらないです

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

竜華「うわっ、めっちゃスレ荒れとるやん」

怜「アホがリーチ棒…やなくてスレを立てたからや」

いちご「そんなん考慮しとらんよ」

仁美「なんもかんも427が悪い」

淡「まったくもって!」

埋もれ対策書いたのリンク
>>78-79
>>93
>>119-120
>>136
>>240
>>287-288
>>336-338
>>505-506

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ガッ

俺はフェデリカさんから携帯を受け取ると、画面に指を押し付けてロックを解除し、保存してある画像から世界地図を探し出す。
本当、雑多に取り込んだ資料が役に立つとはね。
あった、これだ。
俺「あーすみません、カーテンしめてくれますか?」
履くものが見当たらないので、窓に一番近いルチアナさんにお願いする。

彼女がカーテンを閉め、少し暗くなった病室の壁に画像を投影する。
フェル「これは…」
マルチナ「すっご」
フェデリカ「……映写機?」
ルチアナ「これは世界地図ですか」
彼女たちは俺の思った通りに驚いてくれたようだ。
これで普通の事のように受け止められたらどうしょうかと思った。
俺「そうです。俺の居た世界の世界地図です。地図の国名を読んで下さい」
この明るさでは照度の問題で30型ぐらいの大きさが限界だが、日本語に併記された英語国名を読むには十分だろう。
フェル「……ロマーニャの位置がイタリアって、なってるわね」
ルチアナ「他の国の名前も違います」
マルチナ「リベリオンは型も可笑しいよ!」
フェデリカ「で、これはどういう地図なのかしら?」
ん、リベリオンの型?
マルチナの言葉が少し気になるが、先ずはフェデリカさんの疑問に答えるか。
俺「俺の居た世界の世界地図です。201X年のね」
フェデリカ「未来……、70年後には世界はこれだけ変わってしまうのね」
俺「いえ、違います。俺の居た世界でも、1944年以前からイタリアは存在しました」
まず、かなり深刻そうな顔をさせた彼女の懸念を払拭してやる。
フェル「どういう事?いい加減、勿体ぶって無いでさっさと教えなさいよ!」
俺「えー、たぶん俺は未来から来ました。但し、この世界とは異なる歴史を歩んだ世界の未来から」

異なる世界ね。
さっきの言葉とその後に次々と映し出された未来の写真や映像。
隊長ほど技術に明るいわけじゃないけど、それでも○○が未来人だということは信じられる。
でも似て異なる歴史を歩んだ世界なんて、本当にそんな物が有るのかしら?
話では、ウィッチや怪異の居ない世界で、でも殆ど変わらない歴史を歩んでるという。
でも、○○にも似てる理由は分からないとか。
はぁ、未来人にも分からない事が私に分かるわけ無いわね。



少し違ったようでしたけど、未来人というティナの推測は当たったみたいです。
あんな小さな映写機と、それが映し出した未来の技術は余りにも衝撃的でした。
音速を超える戦闘機に巨大な旅客機、宇宙ロケット、数万キロ先を攻撃できるミサイルにビーム兵器、そして核兵器。
この世界も数十年でああなるのでしょうか?
少し怖いですね。



ルチアナは否定してたけど、やっぱり僕の予測は当たってた。
あの箱は、本当は携帯する電話みたい。
だけど、映写機の他にも色々と機械が付いてて、現像の要らないカメラで写真や映像を撮って貰ったり。
2テラバイトマイクロSDXCとレーザープロジェクターっていう言うので、何十本もの映画が入るんだとか。
実際に見せてくれたのは、未来の軍隊の記録映像だったけど、凄かったなぁ。
ネウロイは居ないみたいだけど、ウィッチが居なくてもネウロイに勝っちゃいそうな世界かぁ。
この世界もああ成るのかな。
それは少し寂しいかも。

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

買いたのリンク
>>78-79
>>93
>>119-120
>>136
>>240
>>287-288
>>336-338
>>505-506
>>584-585

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


明日用事で投下休み
書いたのリンク
>>78-79
>>93
>>119-120
>>136
>>240
>>287-288
>>336-338
>>505-506
>>584-585

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えて いたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返して みろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文 どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」


ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないのよ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろう」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前をわざとらしく間違えていたでしょ・・・?」

坂本「それにストライクウィッチーズSSでのアイツの行動を思い返してみろ」

ミーナ「盗作、三次創作、自演行為、設定改編、言い訳、頭の悪い長文どれも目に余る事ばかり・・・」

宮藤「うわー・・・ほんとうですね・・・」

坂本「こいつは、ただちに追放しなくてはならない」

ミーナ「427な俺が居る限り、ここに平和は訪れないのよ」

ミーナ「427な俺はね、ストライクウィッチーズが好きなのではないの よ」

坂本「ストライクウィッチーズと言う作品をただ汚したいだけなんだろ う」

宮藤「そうなんですかー?」

ミーナ「そうよ、主人公である宮藤さんの名前