【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 Part5 (352) 【現行スレ】

ちょっと脳みそのネジのイカれた提督とそのパートナーの雪風とその他諸々の艦娘のノープラン短編(基本的に)SSです

・安価形式オールキャラ
・俺設定満載
・全ての一次創作者と二次創作者に幸あれ

過去ログ
Part1:【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383229485/)
Part2:【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 Part2 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405605220/)
Part3:【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 Part3 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427203255/)
Part4:【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 Part4 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466857654/)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572270357

このスレについて:
イベントとかなんかで長編書いたり一発ネタ書いたりなんか安価とって小ネタ書いたりします

小ネタの安価ルールは「小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下」です。前スレの1000についても多分書きます

今の残り
・戦艦
 Warspite
・正規空母
 飛龍、翔鶴、葛城
・軽空母
 祥鳳、春日丸(大鷹)、千歳、千代田
・水上機母艦
 Commandant Teste
・重巡洋艦
 妙高、那智、足柄、愛宕、最上、鈴谷、Prinz Eugen
・軽巡洋艦
 名取、鬼怒、阿武隈、ガリバルティ
・駆逐艦
 卯月、菊月、望月
 吹雪、初雪、深雪、磯波、綾波、敷波、潮、響、雷、電
 夕立、江風、涼風
 満潮、朝雲、山雲、霰、霞
 親潮、時津風、初風、野分、嵐、萩風、浜風、浦風、谷風
 風雲、浜波、沖波、清霜
 涼月、照月
・潜水艦
 伊26
・特務艦
 伊良湖

というわけで小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

雲龍型内で残ってる葛城扱いで了解ー 姉たちも出ます。たぶん。

――― ンョ゛ ハー ゛ ―――

葛城「提督、この鎮守府にもスイパラが来たんだって!」

提督「初耳だし間宮で良くない?」

葛城「間宮さん、和モノが主だから……洋モノも食べてみたいかなぁって」

提督「それならわかる」

葛城「せっかくだから雲龍姉ぇと天城姉ぇも呼んで一緒に食べに行こう!」



~~~ス イパラ前~~~

日向「ようこそ」

提督「いやなんでお前がさも従業員サイドみたいな顔しているんだよ」

日向「ここを運営してるのが私だからだが」

雲龍「スイパラを?」

日向「いやいや、瑞雲パラダイス、略してズイパラだ」

天城「あら、でもここの看板はスイパラって」

日向「うん? ……あぁ、この前の台風で濁点部分が取れてしまったようだな。補修しないとな」

提督「なぜにこんな施設を」

日向「それはもちろんすべての艦娘に瑞雲の素晴らしさを伝えるためだ」

葛城「つまり、騙されたというわけね。……攻撃隊、直掩隊、発艦準備!」

提督「うん、俺も攻撃するのが正しい気がしてきた。雲龍も天城も死なん程度にやっちまっていいぞ。補給修理費用はこっちの奢りだ」

日向「ふふふ、妖精さんたちに頼んでありったけの無印瑞雲を運び込むよう言ってある。私の合図一つで迎撃に向かうであろう。さぁ、瑞雲の素晴らしさを思い知るが良い!」

提督「なぁ日向」

日向「どうした提督。巻き込まれないうちに離れたほうが良いぞ」

提督「無印瑞雲、この前の改修で全部消費したんだが」

日向「えっ」

雲龍「よし、稼働全機、発艦始め」
天城「第六〇一航空隊、発艦、始め!」
葛城「稼働全艦載機、発艦始め!」

日向「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」


提督「悪いことはできないもんですね」

ネームド瑞雲の移動は提督の許可が必要なので持ち出せませんでした
……ってトリップとか入れ忘れてた!!

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ハロウィン夕立了解ー

――― めっちゃあざとくないですか ―――

夕立「駆逐艦夕立、出撃がるる~」

提督「毎度思うんだがイベントのときの服そのままで出撃して大丈夫なんか」

夕立「艤装の一部だから大丈夫っぽい」

提督「夕立……と秋津洲が言うぶんにはなんか不安になるな」   フウヒョウヒガイカモー>

夕立「それに、当たらなければどうということはない、って誰かが言ってたっぽい!」

提督「まぁ理論上はそうなんだが。とりあえず秋刀魚捕りにキス島に行ってもらうか。缶とタービンを忘れずにな」

夕立「がるる~!」


~~~艦娘出撃中~~~


提督「当たってるじゃねぇか!」

夕立(大破)「くぅ~ん……」

熟練の艦娘でも当たるときは当たるのだ

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ウォースパイトwithボクカワウソ了解ー

――― 2スペル残してmovie end. ―――

ウォースパイト「Admiral、面白いものを拾いました」

提督「ウォースパイトじゃないか。珍しいな……ってなんだそれ」

カワウソ?「……」

ウォースパイト「日本にはfunnyな生き物もいるのですね」

提督「いや少なくとも俺は見たこと無いぞこんなの」

カワウソ?「ボクカワウソ」

提督「!? 喋った!?」

ウォースパイト「飼ってもいいかしら?」

提督「……明石に相談して」

カワウソ?「I'm otter」

ウォースパイト「まぁ、Introductionも出来るのね!」

提督「それ以前に本当にそいつは自分で言うようなカワウソか???」

――― 最近の深海駆逐は対潜装備完備だから困る ―――

ニム「ねぇねぇねぇ、提督、最近私達の出番少なくない?」

提督「資材バリ余りしてるし、い号作戦も空母込みの水上艦隊で殲滅したほうが早いと気づいてな」

ニム「えー、つまんなくない?」

提督「前の大規模作戦には出たろう」

ニム「それから後の出番がないの」

提督「といってもオリョールの旨味はそう無くなってしまったしなぁ」

ゴーヤ「それでいいのでち」

提督「ほらゴーヤもそう言ってる」

ニム「むー……」

提督「まぁ時が来れば潜水艦娘たちにも活躍してもらうから」

ニム「約束ですよ?」

カワウソとかキリンとか家具にならない? ダメ?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

メガネかけてる中でまだ採ってない方の沖波としてカウントします了解ー

……メガネ夕雲型、他には巻雲ぐらいでは?

――― 眼鏡の有無で見た目変わるもんよね ―――

沖波「司令官、お呼びでしょうか?」

提督「おお、沖波。次の遠征についてだが……って誰テメ!?」

沖波「いや自分で沖波って言ったじゃないですか!」

提督「眼鏡かけてないんで見間違えたぞ」

沖波「あっ、眼鏡眼鏡……ってそういえば明石さんに頼まれて新型のコンタクトを試してたんでした」

提督「新型?」

沖波「えぇ、電探機能搭載とのことで。巻雲姉さんもテスターに選ばれてます」

提督「実際どうよ」

沖波「こう、あれですね。四六時中視界に情報が入って日常生活には煩わしいというかなんというか」

提督「オン・オフできないんか」

沖波「眼鏡の方はできるんですけどね……」

提督「おや、噂をすれば巻雲……と夕雲じゃないか」

巻雲「あばばばば、頭がクラクラしますぅ……」

夕雲「巻雲さんがテストしてる間、代わりに眼鏡を借りたのだけど……なんかこう、見づらいわね」

巻雲「度が入ってるからですよ夕雲姉さん~」

提督「……ダメでは?」

沖波「やはり個々人に合ったものを装備するのが一番ですね」

よくよく考えたらこんなショートショートの場で十数人も出したら頭こんがらがっちまうわ! 人生ままならんな!

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

雪風と長門のホンワカエピソード

もうパンツは見られたくない吹雪

まぁ好き勝手適当にやってきます
>>21:長門既出じゃオッラァン!!
>>22:ということでブッキーに決まりました了解ー

――― 南方と言ってもたくさんある ―――

吹雪「司令官、聞きましたよ! 次の作戦は南方って!」

提督「そうだな」

吹雪「最近はゆかりのある海域で力を引き出す戦い方も確立されてきましたし、サブ島あたりでバリバリ活躍しちゃいますよ!」

提督「そこら辺行く予定は今のところ無いな。まずはバリ島のあたりだ」

吹雪「えー、そこら辺だと八駆のみんなじゃないですかー。ふーんだふーんだ部屋戻って不貞寝します」

提督「イケそうなら呼ぶから」

吹雪「……約束ですよ?」

南方作戦始まりましたね。頑張って掘りを……掘りは嫌だ……掘りは嫌だ……
といっても7日まで後段オープンしないし掘りするしかないんですが

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

鈴谷了解ー

――― その後の話 ―――

提督「鈴谷も決戦艦隊入りだ。よろしく頼むぞ」

鈴谷「おっけー、任せて! ……ところであそこで不貞寝してるのは……」


吹雪「ソロモン海行きかと思ったら第三次だしもう私いないじゃんブツブツ大発積めないから輸送も出番ないしブツブツ」


提督「出番あったら呼ぶと言ったはいいが特に出番なくてな」

鈴谷「あっちゃぁ~」

吹雪「どっかのフブキは駆逐艦にも関わらず爆撃機積めるとか聞いたし私もそのくらい出来ないとダメかなぁ……」

鈴谷「提督、後で間宮さん連れてってあげなよこの先ずっと提督室で不貞腐れてそうだし」

提督「うん、まぁ、そうだな……」

秋霜と平戸出ないんですよね……アトランタは出たのに(それは確定報酬です)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

伊良湖了解ー

――― そこにないならないですね ―――

提督「ヴァー……」

伊良湖「あら、提督、食堂に来るなんて珍し……ってなんか死んだ顔して机に突っ伏してる」

間宮「あぁ、あれね」

伊良湖「どうしたんです?」

間宮「平戸ちゃんが見つからないらしくて……」

提督「アンチクショウハラワタサイテモスカバッカ……」

伊良湖「なるほど……なんか甘味持ってきますね」

間宮「あっ、机になんか描き始めたわ。描けば出るっていうやつかしら」

伊良湖「いや止めなきゃ、提督、正気に戻ってー!!」

提督「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」

現状こんな感じです。アトランタ取るまでの倍は燃料を消費してる気がする

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

あっ、残り艦に海防艦抜かしてる。石垣はまだやってなかったので石垣了解ー

――― 謎の箱 ―――

提督「うーん……」

石垣「提督……どうしたの……?」

提督「いや机の上にいつの間にかプレゼントボックスらしきものがあってな」

石垣「開けないの……?」

提督「触っただけで中に何があるか理解った」

石垣「わか……った……?」

提督「WG42か偵察機11型乙かネジ6本かだ」

石垣「それ……わかったと言えるの……?」

提督「まるでシュレディンガーの箱じゃないか。恐ろしくてまだ開けてない」

石垣「期限……あるかも?」

提督「それまでには開けるさ。しかし熟練じゃないのか……」

平戸出ました。
というわけで次回からパース、デ・ロイテル、ヒューストン、アトランタ、神州丸、秋霜、平戸が選べます
みんなも箱の開け忘れには気をつけようね!

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

神州丸了解ー

――― そういや忘れてた ―――

神州丸「陸軍特種船、神州丸です。統合的な上陸戦力を投射できる本格的な強襲揚陸艦の先駆けとして建造されました。揚陸作戦はお任せください」

提督「といってもまずは練度上げないとな。何が装備できるんだっけな」

神州丸「大発動艇などが装備できますが」

提督「おっ、零式ソナーと爆雷と投射機が装備できるじゃないか。これでそこらの潜水艦は大丈夫だろう」

神州丸「えっ、あの」

提督「海防艦と一緒に近海航路の掃討いってらっしゃーい」


艦娘出撃中……

佐渡「司令ー、このねーちゃんわたわたするばっかで全然爆雷投げてくんなかったぞー」

御蔵「投射機の故障でしょうか……?」

提督「えぇ~? んなアホな。明石がメンテしくじるはずもあるまいし」

神州丸「提督殿、本艦は水上爆撃機などがないと対潜攻撃は不能であります」

提督「じゃあ爆雷をヘリあたりに取っ替えるか」

神州丸「そして今の練度では対潜攻撃可能機を載せられないのであります……」

提督「なんだとぉ・・」

これマジで忘れててボス戦行くまで気づかなかった。今年もよろしくおねがいします

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

望月了解ー

――― 出ざるをえない理由を作り出せ ―――

提督「望月~。望月はいるか~」

望月「司令官、あけおめ。正月はやっぱり、のんびりしたいよねぇ~、働かないでさぁ~。な~」

提督「といってももう三が日はとっくに終わったぞ餅食いながらコタツに潜り込んでるんじゃねぇ」

望月「そんな事言われても寒いしー」

提督「お前の姉ちゃんたちからも苦情が出てるんだが」

望月「とにかく出る気はないからねー」

提督「ならばこっちにも考えがある」

望月「言いながらコタツに入って……実力行使するつもり?」

提督「いくらなんでも空腹には耐えられまい」

望月「……! まさか!!」

提督「餅は全部いただく。みかんもだ!!」

望月「くっ」(バッ

睦月「はい、確保にゃしぃ」

如月「おとなしくしてねぇ」

望月「うっ、裏切り者ー!!」

睦月「裏切るも何も睦月たちは最初から提督側だよ?」

如月「では、如月たちはこれで……」

望月「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」


提督「……まぁそもそもひとりでこんなに食いきれるわきゃねーんだがな」

みんなも食い過ぎには気をつけような

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

プリンツ・オイゲン了解ー

――― こしがいたい ―――

プリンツ「こんなの、ビスマルク姉さまに笑われちゃう……!」

提督「なんで毎度毎度尻のあたりが破けるのか知らんが朗報があるぞ」

プリンツ「ローホー?」

提督「船尾あたりが弱い艦娘用に、明石がウォースパイトの艤装から着想したシート式艤装を作ったそうだ。試してみるか?」

プリンツ「なんか良さそう! Danke!」


艦娘出撃中……

プリンツ(中破)「確かに破れなくなったけどものすっごく腰が痛い……」

提督「被弾の衝撃が身に直接来てんのか……」

プリンツ「これなら元の艤装のほうがマシかも……」

提督「そこまで言うか」

ウォースパイトは運がいいので大丈夫です

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

涼風了解ー

――― 人生は理不尽の連続也 ―――

涼風「提督ー! 節分の季節だな! 豆の用意とか出来てっか?」

提督「ン゛ン゛ン゛~……」

涼風「提督、悩み事か? あたいに出来ることなら任せな!」

提督「サーモン北方……敵主力艦隊にS勝利……」

涼風「うわ、それはちょっとキツいな……」

提督「これで豆二箱……いや他の海域もあるけど誤差だ誤差……大本営は何考えてんだ……」

涼風「炒り大豆のためだけに任務を?」

提督「銀河と交換できるらしいから欲しいんだよ畜生餌のぶら下げ方が上手になったもんだな!」

涼風「それはあたいに言われてもその、困る」

提督「そうだな。一品限りであることを祈ろう」

涼風「? 二機のほうが良くないかい?」

提督「その分あのクソ鮭北方攻略回数も増えるから良くない」バンバン

涼風「提督、おちついて」

提督「フーッフーッ」

もちろんみなさんも銀河を狙うことですね?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

平戸了解ー

――― 明らかにヤバい表情をしていた ―――

平戸「司令、択捉型海防艦、平戸、参りました。共にまいりましょう。心配しないで…今度は司令……に……」

提督「ヤァ カンゲイスルヨ」

平戸「あの……雪風さん?」

雪風「なんでしょう?」

平戸「司令の顔というか……声というか……失礼かもしれませんがなんか、おかしいような……」

雪風「あー……平戸ちゃん探すためにものすごい数の出撃をして……」

平戸「過酷な戦闘を見続けて心身を……」

雪風「んーん。どんどん減っていく資材を見て心をすり減らした結果です」

平戸「えっ」

雪風「幸い平戸ちゃんが見つかったので通常業務に戻って資材が増えればしれぇも回復すると思うので、そしたらまた挨拶しましょ」

平戸「ええ……」

雪風「それまでは雪風が案内しますね」

平戸(だ、大丈夫かな……)

いつ資材が尽きるんじゃないかと気が気でなかったです

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

深雪了解ー

――― 2月が冬なのは北半球のある程度北だけ ―――

提督「ぐぇぇ……冷えると思ったら雪が降ってるじゃねーか」

深雪「ひゃっほー、雪だ雪だー!」

提督「駆逐艦娘……の一部は元気だな。犬かよ」 ポイ? オマエジャナイ

深雪「これじゃあ深海棲艦も大人しくしてるしかないだろうし、雪合戦するかー!」

提督「……そうだ良いことを思いついた。深雪ちょっとこっち来て」

深雪「??」


艦娘移動中……


提督「珊瑚諸島沖任務まだやってなかったからな。深雪が旗艦だ。やろう」

深雪「えっ、ちょ待って司令官暑すぎ温度差で風邪引いちゃう」

提督「大丈夫大丈夫バケツかぶれば治るってほら五航戦が待ってるぞ」

深雪「いや流石に修復できないと思あばばばば」

ところで次の駆逐改二誰でしょうね(敷波を演習旗艦に据えながら)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

清霜了解ー

――― まさかの駆逐艦が戦艦装備改修 ―――

清霜「司令官! 一式徹甲弾改の改修ができるようになったよ! その時は私に任せてね!!!」

提督「なんでお前が担当になってんだよ」

清霜「武蔵さんのためになんか出来ないかなーと考えて。そういうわけでハリー、ハリー、ハリー!」

提督「そもそも現物がねーわ」

清霜「じゃあ作ってよ」

提督「そもそも一式無印からグレードアップする必要あるだろ。それに何個の九一式がいると思ってるんだ」

清霜(むー)

提督「そんな顔しても無いものは出ないの」

清霜(ぺしぺしぺしぺし)

提督「わーったわーった。開発と改修優先するからやめーや」

清霜「約束ですよ?」

(九一式から数えて)改二ですね

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

山雲了解ー

――― 二週ぐらい遅れてるがままええわ ―――

山雲(……)

提督「おや、山雲が恵方巻きを頬張っている。そういや節分だったか」

山雲(もごもご)

提督「……あっ、あんなところに朝雲が!!」

山雲(!? ンン゛ッ!?)「ケ゛ホ、ケ゛ホッ 朝雲姉!? どこ!?」

提督「う・そ♪」


提督「おい無言で迫撃砲を人の口に入れようとすんな俺が悪かったから艦娘サイズでも人の口より直径でかいから入らないってア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」


提督の顎が外れましたが緊急治療(顎へのアッパー)を施したので問題有りません

爆雷詰め込まれる方が危険かもしれませんね

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

響了解ー

――― 形状は似てる気がする ―――

長良「さてと、今月の離島防衛は綾波と響が哨戒担当だけど……響、その、ドラム缶は……」

響「問題ない」

長良「交戦任務なんだけど……って、ゴーヤから通信?」

ゴーヤ『そっちに潜水艦、多数向かってる! エリカが……3、いや4でち!』

響「さっそくこれの出番のようだね。……ソナー、捉えた」(ポーイ

長良「えっ、ドラム缶投げt」


Doooooooooom!!


長良「なにこれ」

響「廃棄予定だったドラム缶に爆雷をたんまり詰め込んだやつだよ」

長良「うわ魚がたくさん浮いてきてる」

響「一挙両得だね」


めちゃくちゃ海中環境に悪いということで禁止されました

鎮守府近海、魚絶滅してない? サンマとか取れるの奇跡的所業じゃない?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

江風了解ー

――― んにゃろー ―――

江風「へー、今日の間宮さんの甘味はマロングラッセか……。うまそうだな」

提督「ところで栗って英語でなんていうか知ってるか?」

江風「マロンじゃねーのか?」

提督「チェストナッツだ」

江風「……え? じゃあマロングラッセのマロンってなんだ……?」

提督「我々は何を食わされてるんだろうな……?(ニヤリ」

江風「薄気味悪いこと言わないでくれよ提督ぅ!」

この後提督は間宮さんに後頭部はたかれました
マロンはマロニエ(セイヨウトチノキ)のことだそうで。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

時津風了解ー

――― 菱餅を食いながら侵攻するとかふざけてんの? ―――

時津風「しれー、桃の節句だし菱餅食べたい~」

提督「桃の節句は菱餅を食べるイベントじゃねーぞ」

時津風「えー、多分ほっぽが持ってるから取りに行こうよー」

提督「強奪前提かよ。大体マニラ方面に深海の連中が侵攻してきてその対応に追われてるんだが」

時津風「早く終わらせてー」

提督「終わらせるも何も今反攻の真っ最中だが……ん、通信だ」

夕張『はーい、こちら補給集積地撃滅部隊旗艦夕張です。例によって例のごとく集積地棲姫がいるんだけど……』

提督「なにか問題でも?」

夕張『菱餅食べてる』

時津風「えー、ずるーい! あたしも食べたーい!」

提督「霰と霞に伝達。焼け。容赦なく焼け。一片残らず焼き尽くせふざけてんのか連中は」

夕張『まぁ焼くのは上陸部隊の妖精さんたちだけど了解ー』

時津風「ひどーい! しれーのひとでなしー!!」

提督「連中が食ってるんだから普通のじゃない可能性もあるだろ」


この後任務報酬でもらった菱餅をあげておとなしくさせました

まさかの1海域イベント。とりあえず乙でクリアして新主砲確保。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

卯月了解ー

――― とめどなく ―――

卯月「三月の次は四月、卯月だぴょん!」

提督「せやな」

卯月「うーちゃんがとめどなく溢れる時節だぴょん」

提督「毎度思うんだが四月に卯月が溢れるなら三月に弥生が溢れていいはずだし六月には水無月が溢れていいはずだよな」

卯月「冗談を許さなそうなマジ顔で言われても困るぴょん……そもそも全員着任してるし……」

提督「第一睦月も如月も皐月も文月も長月も年中溢れてるしいま何月じゃゴルァァァァァ!!」

卯月「ひー、しれーかんが壊れちゃったぴょ~ん! ゆっきー助けてー!!」

雪風「はーい。しれぇぇぇっ!(べしっ」

提督「うわらば」

卯月「たまに理不尽な理由で壊れるの勘弁して欲しいぴょん……」

なんだかんだ言って卯月がとめどなく溢れる季節という表現は好きです

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

浜波了解ー

――― メカクレ ―――

提督「しっかし浜波よぉ、そんなに前髪伸びてて前見づらくない?」

浜波「そ、そうでも……ないです……」

提督「まぁ散髪したるからちょっとそこ座れ。ほら遠慮すんな」

浜波「えっ、あっ、あの……」


ジョキジョキジョキ


提督「ま、こんなもんだろ」

浜波「意外と、できるんですね……」

提督「あとは入渠でもしてさっぱりしてくりゃいいだろ」

浜波「あ、はい……お風呂、入ってきます……」



浜波「すみません……お風呂入ったら、元に、戻っちゃって……」

提督「えぇ……そこも修復対象なの……」

どっかの海賊が好きそうだよね浜波

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ガリバルディ了解ー

――― ここ数年の傾向 ―――

ガリバルディ「うーん……絶対今年もアイツラ来るだろうな……」

提督「何がだ?」

ガリバルディ「深海の連中だよ」

提督「年中来てるじゃん」

ガリバルディ「あー……ヨーロッパの方だよ。特にイタリアとか」

提督「そういや去年も一昨年も一昨々年も夏になるたび来てたな」

ガリバルディ「イタリアはアイツラのための観光地じゃないんだぞ!?」

提督「まぁ来たら来たでまた撃退するのみだ」

ガリバルディ「そんときゃアタシも連れてってくれよな!}

提督「OKOK。いい戦果、期待してるぜ?」

艦これ世界だと深海棲艦の影響であんま人の移動が盛んでなさそうなぶん伝染病もそこまで拡散しなさそうな気がする
みんなも風邪とかには気をつけてね!

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

浜風了解ー

――― G ―――

浜風「提督!」

提督「何だ藪から棒に」

浜風「この胸、どうにかなりませんか」

提督「それは明石か夕張の領分じゃないか」

浜風「明石さんには相談したけど『無理です』と言われちゃいましたし、
    夕張さんは話の途中で甲標的を装填しだしたのでほうほうの体で逃げてきました」

提督「別にいいだろ浦風も磯風もでかい方だし潮もお前と同じようなことぼやいてたし」

浜風「もう龍驤さんにすごい顔でガン見されるのは勘弁なんです」

提督「しょうがねぇなぁ。なんか出来ないか検索すっか。ぴぃヴで、『浜風 乳房切断』とタワバブッ」

浜風「どうしてそうなるんですか!?」

提督「後頭部にアイアンクローしながら机に叩きつけるのやめアバッアバッアバッ」

なんか1件だけあったみたいです(中身見てないけど)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

最上了解ー

――― はやし違い ―――

提督「あー、瑞雲が足んねぇ……。ソーフィの進化に使っちまったしなぁ。最上か伊勢姉妹かあるいはちとちよを確保しとかんとな……」

五月雨「提督、私にいい考えがあります!」

提督「ほう」

五月雨「私を大量に集めるんです! そうすれば最上さんがきっとでてきます!」

提督「なんでさ」

五月雨「五月雨を集めて生やし最上川っていうじゃないですか」

最上「生える方じゃなくて流れが速いの方だと思うんだけど」

五月雨「そんなぁ」

提督「最上いたのか。そうだ重巡に戻ってみないか再改造で瑞雲とかがもう一回もらえるはずだ」

最上「無茶言わないでよ……」

オチは特に無いです

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ニム了解ー

――― ずぶぬれ ―――

ニム「ふー、帰ってきましたー! みんなお疲れ、私もお疲れー!」

提督「よしよし、報告ご苦労。これでい号ノルマも達成」

ニム「なんか眠くなってきちゃった。お布団借りるねー」

提督「ああ。さて海防艦たちに出撃用意させねばならん。しばし空けるぞ」

ニム「いってらっしゃーい……Zzz」



提督「ふー、出撃させたし後は残りの書類片付けるか」

ニム「あ、おかえりー。一休みして気力も充実!」

提督「とはいえしばらく出撃予定ないから次の任務まで自由にしていいぞ」

ニム「はーい!」


就寝時間

提督「……めっちゃ布団濡れとるやんけなんで潜水艦娘に布団を貸そうと思ったんだ俺」

廊下もめっちゃ水浸しで大変なことになると思うんですけど(名推理)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

霞了解ー

――― まぁ旗艦もやってましたし ―――

提督「さーて毎度毎度のピーコック島だが」

霞「ほら霰姉さん、内火艇と戦車隊大発、それに迫撃砲」

霰「うん……」

霞「機関の不調はない? 弾薬と燃料は十分?」

霰「だいじょぶ」

提督(にっこにこ)

霞「何ニヤニヤしながら見てんのよこのクズ」

提督「いやぁ、あくせく世話焼いてる霞がかわいウゴッ」

霞「一言どころじゃなく多いのよ」

大発戦車隊妖精「ダイハツナゲナイデー」

霞「あぁ、もう、血まみれじゃないの。出撃までに落とさないと。水がいるわね」

大発戦車隊妖精「ハーイ」

提督(先に俺の手当をだな……)ガクッ

なんだかんだで世話焼きな印象はある

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

那智了解ー

――― 百年戦争やる勢い ―――

那智「深海棲艦との闘いももう7年か……」

提督「数年で終わると思ったんだが」

那智「連中、潰しても潰してもまた出てくるからな」

提督「次から次へとよくそこまで続くもんだ」

那智「まぁ根本的な対処法がわかるまでは都度都度対処するしかあるまい」

提督「歯痒いなぁ」

那智「それが我々の仕事であり、存在意義だろう?」

提督「まぁそう言われると返す言葉もないが」

まさか7年も続くとは私も思いませんでした

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

まさか7年も続くとは私も思いませんでした

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ヤベ、間違えた 浦風了解ー

――― フィーリングでええんやでこういうんは ―――

浦風「提督さん」

提督「なんだ深刻そうな顔して藪から棒に」

浦風「うち、広島弁で口調が独特やろ? じゃけぇ創作で使いにくいって思うんじゃ」

提督「メタ言及は那珂ちゃんだけでいいだろ。というかお前が広島弁やめてみたらどうなるか」

浦風「?」

提督「浜風あたりと区別がつかなくなるんじゃないか」

浦風「うっ」

提督「だから余り気にしないほうがいいと思うぞ」

浦風「そうじゃの……」

提督「何ならジェネレータ使う手も」

浦風「メタ言及せんはずじゃあ?」

提督「うぐぐっ」

まことに残念(残念でない)なことに「おどりゃぁぁ!!」と筋肉Fire!!が脳内で結合してしまいました

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

菊月了解ー

――― いい武器は振り回してみたくなるよね ―――

菊月(睦月姉も如月姉もも遠征で不在……つまり)

菊月(12cm単装砲改二は、使われてない!)


ジャキッ

菊月「ふふ……この桜花爆炎二丁砲の前に敵など、ない!」

文月(……出撃指令があったから装備取りに来たけど……見ちゃいけないものを見ちゃったかも……)

菊月「いやいや、ここはもうちょっと格好いい名前のほうがいいか……?」

文月(まぁ見なかったことにしよあっ)ガタッ

菊月「あっ」

文月「あっ」

菊月「……見たか?」

文月(ふるふる)

菊月「そ、そうか。多分砲を取りに来たのだろうこれ12cm砲だ後は頼んだぞ」(ビュン

文月「あっ……行っちゃった」


その日のことは二人ともこの後口に出すことはなかったという

4つ作ってあるんだよな。睦月型改二が増えるたび一つ増やす。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

鬼怒了解ー

――― 要らぬお世話^3 ―――

鬼怒「提督~ぅ!!」

提督「どっかの入れ墨男ばりにドアを蹴り開けて飛び込んでくるんじゃない。で、なんだよ」

鬼怒「軽巡寮のクーラー壊れたー! もうみんなくーらくーらだよ! クーラーだけに!」

提督「軽巡寮なら夕張がいるだろ。あいつに直してもらえばいいのでは」

鬼怒「あー、ダメダメ。ろくでもない改造されるし。ビーム出し始めたときはさすがの鬼怒もドン引き」

提督「えぇ……」

鬼怒「しかも3人……人でいいよね。3人に増えたからもー大変。由良姉さんと五月雨ちゃんで2人抑えてもひとりフリーだもん」

提督「改二で3種になったからと増やした弊害がこんなところに……」

鬼怒「というわけで提督室で涼みm……クーラー無いじゃん!!」

提督「家具職人が頑として設置しようとしないので……ストーブやこたつは用意するのに……」

「私はフレッチャーMod2任務でゴトランドが対象に入ってると思って入れた阿呆です」の札を提げてる

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

磯波了解ー

――― 工ロ本 ―――

磯波「提督、遠征の報告書をお持ちし……留守みたいですね」


磯波「机の上においてあるコレは……え、エロ本!?」

キョロキョロ

磯波「だ、誰も見てないよね……? ちょっとだけ……」

読み読み


磯波「……いやこれただの工廠の諸機器のマニュアルですね」

提督「おー、磯波。遠征から帰ってきたんか」

磯波「て、提督!?」

提督「……あー、それ? 工廠ロ型本使用手順書、略して工ロ本(こうろほん)だな。妖精の人員増強とかでマニュアルが必要になってな」

磯波「ま、紛らわしいですよ!?」

提督「何かと誤解するほうが悪いんだよなぁ」

磯波「~~~~ッッッ、もー!!}(ぽかぽか

提督「ちょ、おま、連装砲で殴るのは洒落にならガフッ」

フレッチャー最終任務、難易度高すぎない?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

谷風了解ー

――― 慣れって怖いね ―――

谷風「冗談じゃないよ、こんな姿、誰も見たくないんだよぉ……」

提督『はいはい、帰ったら入渠な』

谷風「提督、そこは『そんな事無いぞ』とか言うもんじゃないのかい!?」

提督『提督業何年やってると思ってんだ。もう誰が中大破しようがひたとも心揺らがんわ』

谷風「あっ、雪風姉が大破したっ」

提督『なっばっおま』

谷風「すまねぇ誤認だった……動揺してるじゃん」

提督『ぐっ、ぐぬぬ。これからは見間違えないようにな』

谷風「あいよー」

実際7年もやってると撤退の目安にしかならない……

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

初風了解ー

――― 事実無根 ―――

初風「提督、頼みがあるんだけど」

提督「何だ、珍しいな」

初風「妙高姉さんに首をはねられたとの噂が」

提督「事実やんけ」

初風「艦娘になってからは刎ねられてないから!」

提督「言うて飛頭蛮みたいに首が飛んだり残った胴体から砲台が出てきたりすると評判だぞ」

初風「そういう噂を消したいのよ! 無根拠だから!」

提督「えっ出来ないの」

初風「出来ないわよ!!」

どなたの二次創作だっけか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

満潮了解ー

――― 広報なので ―――

満潮「なんでこんなカッコしなきゃいけないのかしら……」

提督「似合ってるぞ」

満潮「もっと他に適任がいたんじゃないの?」

提督「……島風とか?」

満潮「ちょっと着せてみなさいよ」


着せてみた

島風「おぅっ」

提督「エプロンドレス着せりゃマジでアリスっぽいなー」

満潮「ふーん、イケてるじゃない」

島風「あっつーい」バババッ

満潮「あっ、こらっ」

提督「1ミリ秒で速攻早着替えすんじゃねぇどこの宇宙刑事だ」


何度着せても5分と持たず脱いでしまうので広報の配置転換はポシャりました

満潮「他に代案ぐらいあったでしょ」

提督「もう時間もないし」

リアルイベントについては伝え聞いた情報ぐらいしか知識がないのよなぁ

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

飛龍了解ー

(次回についてですがとりあえずイベント前半ケリつけるまでお待ち下さい。飛龍出して活躍させたいですね)

――― 一転攻勢 ―――

飛龍「いやー、久々の出撃。しかも敵機動部隊への反撃よ。ここのところ支援での出撃ばっかだったからなぁ」

蒼龍「こっちなんて支援の方法が変わってから支援艦隊から抜かされちゃって」

飛龍「まぁまぁ、こうして大一番に出撃できてるしいいじゃない」

蒼龍「それもそっか。ここは一つ、ジャンジャンバリバリ活躍して提督の目が飛び出るくらいの戦果を立てないとね」

飛龍「その意気その意気。それじゃ、第二航空戦隊……」

蒼龍&飛龍「出撃ィ!!」


提督「うっわ何あの破竹の勢い。戦艦夏姫入りの艦隊が一瞬で吹き飛んだぞ。こりゃ敵主力との戦いも期待が持てるな」

猫吊るし「まぁ二段階程敵戦力削ってますけど」

提督「家具をコストに敵が弱められるなら安いもんだ」

そんなこんなで決着付きました。薄雲、迅鯨、ヨナ、よつ、松が着任しました。よかったよかった

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

雪風とお散歩

怖い人の噂を払拭したい妙高さん

>>154:イベント後半終わって気が向いたらやろうかな
>>155:妙高了解ー

(現在作者は南太平洋へ取材に行っております。ヘレナとサウスダコタは着任したので今しばらくお待ち下さい)

――― バイアス ―――

妙高「最近、駆逐艦の子たちに怖がられてるような気がして。この前も初風さんに露骨に避けられましたし……」

提督「間違いなく気のせいだと思うが。何ならその証拠を探して来たっていい」

妙高「どうやってですか?」

提督「そこは細工は流々というやつよ。というわけで数日待ってね」


数日後


提督「――というわけで駆逐艦娘に無記名アンケートを取った結果、妙高のほうが怖いという子は1%を切る結果が出た」

妙高「その、提督。何故顔に魚雷が刺さっているのですか?」

提督「ああ、ちょっと前に神通が来てな。何してるのか訊かれたので答えたわけだ」

妙高「もう一つ。アンケートの設問は何だったのですか?」

提督「『神通と妙高、どっちが怖い?』だが」

妙高「それは刺されて当たり前では。魚雷ねじっておきますね」

提督「ただでさえ痛い我慢してるのにやめやめオ゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」

――― 恋する乙女はいつでも本気 ―――

雪風「しれぇ、散歩行きましょ、散歩! たまには鎮守府出て色々回りましょ!」

提督「それってデートって言わんか」

雪風「そうともいいます!」

提督「普段だったら吝かではないが今は大規模作戦の真っ最中やぞ。終わった後ならともかく今はなぁ」

雪風「むー……」

提督「まぁ逆に今作戦で雪風がめっちゃ活躍したら何でも言うこと聞いてあげちゃってもいいかもなぁ」

雪風「……二言はないですね、しれぇ」

提督「ん、まぁな」


艦娘海域攻略中……

雪風(シャッ、シャッ、シャッ、ドーン)

軽巡棲姫Ⅱ「クライ……、クラクテ……ナニモ……」

神通「我が教え子ながら恐ろしい子を育ててしまったかもしれません……」


雪風(シャッ、シャッ、シャッ、ドーン)

南方戦艦新棲姫「私ガ……沈ム? 私ガ? ソンナ…馬鹿ナ……」

比叡「ひぇ~、やりすぎじゃない? ちゃんと引き上げられる?」


雪風(シャッ、シャッ、シャッ、ドーン)

南太平洋空母棲姫「駄目ダ……沈ム……沈ンデイク……」

サウスダコタ「あれがこのFleetのTop……。ウワサに違わぬ強さだな」


雪風「全作戦、完了しました!!」

提督「いやいやいやいやちょっと待て早い早すぎる」

雪風「約束、守ってくれますよね?」

提督「まぁ、それについてはもちろんだがプラン考えてる途中なのに」

雪風「いきましょ、しれぇ!」

提督「おわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

沈めた深海棲艦はサルベージしてヘレナとサウスダコタとホーネットになったのでごあんしんください
まぁそんなわけでホーネット、屋代、有明も着任しました。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

有明了解ー (そういや有明の女王と呼ばれる存在がいることにゲラゲラ笑ってる)

――― でもまぁまだまだ若い方 ―――

提督「彼女が香取型練巡2番艦の鹿島だ。基本的なことは彼女か香取に聞けばたいてい解決する」

鹿島「よろしくね、有明さん」

有明「あぁ、よろしくな」

提督「ところで鹿島は別名『有明の女王』と呼ばれている」

有明「えっ」

鹿島「ちょっ、提督!?」

提督「詳しくは秋雲あたりが知っているだろう。では諸君、さらばだー!!」(ダダダダ

鹿島「あっ、逃げられた……もぅ……」

有明「あの、有明の女王って一体……」

鹿島「そこは追求しないで。ね? 秋雲さんにも訊いたりしないように」

有明(でも気になる……)


その後巡り巡って提督が時雨に一発ぶちかまされたのは別の話

まぁまだ一桁年ですし。25年選手の緑色の服のアマゾネスとかいますし?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

涼月了解ー

――― そこにないならないですね ―――

涼月「お冬さん、いつ着任するのでしょうね……」

提督「冬月のことか。というかそれを言いにわざわざ海域攻略中のぷかぷか丸についてきたんかい」

涼月「こういう大規模な作戦中に出ることが多いですし。姉さんたちもそうだったでしょう?」

提督「まぁそうだが」

雪風「敵艦、鹵獲しました!」

提督「言うて秋月型がそうそう出るわきゃ(ザックリゴソゴソ)……ん、んん、この手触りは、秋月型……!?」

涼月「ま、まさかお冬さん!?」

提督「んじゃ建造妖精に回すか」


照月「秋月型防空駆逐艦二番艦、照月よ」

提督「知ってた」

涼月「うぅぅ~~……」

セリフ見直したんだけど涼月ってだいぶ重度の幻覚見てない? だいじょぶ?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

綾波了解ー

――― 積もり積もって ―――

提督「ぬぅ……なんか耳が痒い……」

綾波「それなら、綾波が耳かきしましょうか、司令官?」

提督「ん、あぁ、そうだな。どうにもする機会無いもんだし自分でやるよかいいかもしれん」


少女耳かき中……


綾波「痒いところはございませんかぁ?」

提督「それは頭洗ってる時に言うもんじゃないのか。それより……」

綾波「何でしょう?」

提督「なんかめちゃくちゃ花びら降ってきて埋まってるんだが?」

綾波(ケッコン済)「しばらくしたら消えると思うのでちょっと我慢してくださいねぇ」

提督「しばらくして消えるなら埋まるほど積もらないと思うんだが??」

このあと雪風に見つかりなんやかんやあって雪風が耳かきすることになったがやっぱり桜の花びらに埋まったのは別の話

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

嵐了解ー

――― 熱中症には気をつけよう ―――

嵐「司令ー、いるかー? ってあっつぅ!」

提督「いるけどいい加減外に出ようかと思ってたところだ」

嵐「外より熱くないか? 冷房とか入れないのか?」

提督「あったらとっくに入れてるんだよなぁ……仕事にならんわ畜生書類が汗でダメになりかねないわ」

嵐「じゃあ俺もついてくか。特にやることもないしな」


~~~~~~

提督「やっぱ暑いときは北方海域だな」

嵐「私用で来ていいもんなのかなぁ……」

提督「へーきへーき」

冷房代ケチって熱中症にかかったら本末転倒やからねー

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

雷了解ー

――― ぽいと言わない方の夕立 ―――

雷「艦隊が帰投したわ!」

提督「おう、遠征お疲れ様」

ザーッ

響「あと少し遅かったらずぶ濡れになってたね」

提督「しっかし夕立かぁ。まぁ止むまでゆっくりしてけ」

ゴロゴロ……ピシャーン

電「ひぅっ」

雷「こ、このくらい平気よ」

提督「おうおう、このくらいでビビってるんじゃない。お前らの姉さんなんか全く動じてないぞ」

暁「」

響「司令官、多分驚いて立ったまま気絶してるだけだと思う」

提督「えっ」

雷「ほんとだ、白目剥いてるわ」

提督「えぇ……」

何故夕立という言葉があったのにゲリラ豪雨という言葉が成立してしまったのか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

そうか夕方でなくとも適用できるか……。敷波了解ー

――― 元の木阿弥 ―――

敷波「作戦完了、艦隊が帰投したよ……って司令官留守か」

提督の机(ゴッチャリ)

敷波「こんなにごちゃごちゃしちゃって。せっかくだし片付けとこうか」


艦娘整理中……


提督「おぉ、敷波。帰ってきてたか……ん、机が片付いてる」

敷波「待ってる間に片付けといたよ。その、手持ち無沙汰だったから」

提督「そうか、ありがとうな。後で間宮でおごってやらんとな」

敷波「べ、別にそのためにやったわけじゃないし……」

提督「さて、あの資料はどこだったか……えーと……」

敷波「あ、それはこっち」

提督「すまんな。あとあれが必要だし……」

敷波「これのことかな」

提督「そうそう」


提督仕事中……


提督「よっしゃ、おわり。丁度いい時間だし間宮行くか」」

提督の机(ゴッチャリ)

敷波(……あれ? 片付けた意味なくない??)

片付いてるように見えなくとも本人にとっては最適化された配置だったりすることもあるものです

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

千歳了解ー

――― ホットライン ―――

千歳「提督、なにかお呑みになります?」

提督「それは執務室に入って早々に言うことなのか顔真っ赤やぞ」

千歳「そういう日もありますよぉ。こないだの大規模作戦も無事勝てましたし」

提督「まぁいいか。ちょっと連絡する場所があるから待ってろ(ジーコ、ジーコ」

千歳「黒電話とは今どき珍しいですねぇ」

提督「どうせ内線だし。……もしもし、提督だ。…うん。はい。はい」

千歳「内線……? どこにかけたんですか?」

提督「すぐに分かる」

ダッダッダッ

千代田「千歳お姉~~~!!」

千歳「ち、千代田!?」

提督「ではお願いします」

千代田「提督、お姉がご迷惑おかけしました。ほら帰るわよ」

千歳「あぁ~~……」(ズルズル


提督「うん、飛鷹やザラやヒトミへのホットラインも作っておこうな」

提督は酒癖が死ぬほど悪いので断酒中です。いつのエピだっけか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

祥鳳了解ー

――― 改装の結果は ―――

祥鳳「提督、そろそろ私にも大規模改装が来てもいいと思いませんか? 瑞鳳は為されましたし」

提督「まぁ練度的にはいつなってもいいとは思うが」

祥鳳「対潜特化に向かった瑞鳳とは別方面の強化ができるといいですね。ジェット機を飛ばすとか」

提督「軽々に言うけどカタパルトは貴重なんだぞ。そもそも軽空母で行けるか?」

祥鳳「昔と違って人間大ですし無理すればなんとか」

提督「無理する時点で駄目だろ。せめて火力マシマシくらいにしとけ」

祥鳳「そんなぁ」


加賀「……」


後日

加賀改二護「やりました」(ジェット機搭載可能)(近代兵器搭載で火力マシマシ)(正規空母にあるまじき対潜力)

提督「どうしてこうなった……」

祥鳳「いいなぁ……」

加賀さん任務のついでで勢い余って5-5割るほど強い……
おかげで長年の懸案だった金剛&比叡丙任務が終わった……

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

朝雲了解ー

――― 謎のフレンチクルーラーの謎 ―――

朝雲「作戦完了。艦隊が母港に帰投したわ……ってなんでドーナツ山積みにしてんのよ司令」

提督「いやー、子供の頃からの夢だったんよな。ドーナツをたらふく食うやつ。アメリカンな感じしない?」

朝雲「そういう話は米艦娘に振りなさいよ。それにしてもなんでフレンチクルーラーとポンデリングばっかなのよ」

提督「好きだからだよ。あとハニーディップもあるぞ」

朝雲「一人で全部食べるつもりなの?」

提督「正直買いすぎたとは思ってる。というわけでいくつか食っていいぞ。遠征報告の役得ってやつだ」

朝雲「それなら遠慮なくもらうけど……」

提督「しかしフレンチクルーラー見てて思うのは浦風の髪型だよなぁ」

朝雲「わからなくもないけどなんで突然」

提督「浦風に限らないが個性的な髪型した艦娘多いだろ。髪型どうやって整えてんだ。あのまんま寝てるわけでもあるまいし」

朝雲「あぁ、あれ? 妖精さんにやってもらってるの」

提督「マジで。というか妖精を駆り出していいのか」

朝雲「自分の艦(ふね)を整備するようなもの、というかそのものだからへーきへーき」

提督「7年提督やってて初めて知ったぞ」

朝雲「割とみんなやってるわよ。かくいう私も」

提督「なん……だと…・…」

朝雲「じゃ、ごちそうさまでした~」

提督「あっ、気づかぬうちに結構食われてる……!!」

雪風担当の妖精はめちゃ優秀な気がする

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

照月了解-

――― 柿食えば ―――

照月「提督、遠征から帰投し……柿の山?」

提督「なんか大量にもらった」

照月「ひとつ、照月がむきましょうか」

提督「あぁ、お願いしようか。果物ナイフならそこにあったはずだ」

照月「何であるんですか?」

提督「ここで料理して食うやつがいるんだよ。人の部屋をなんだと思ってんだ」

照月「まぁそのおかげですぐに切り分け……種がありませんね?」

提督「そこの柿は全部種無し柿だそうだ。そして柿の種は……ここだ!(シャカシャカ」

照月「いや、さすがに違うって照月でもわかりますよ?」

提督「やはりダメか」

照月「秋月姉ならともかく」

提督「え」

秋月のほうが騙されやすそうという個人的偏見

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

秋霜了解ー

――― 秋めいて ―――

掲示板「次回第二改装実装予定:秋の名を持つ駆逐艦」

秋霜「……だってさ。そうかぁ、もううちの改二が来ちゃうかぁ!」

秋月「この間来たばかりですしまだ早いのでは? これはきっとこの秋月の番です」

秋霜「たしかにこれだけだとどっちか分かんないかー」

猫吊るし「はいはーい、追加情報だよー」(カキカキ


掲示板「次回第二改装実装予定:秋の名を持つ\甲型/駆逐艦」

秋月「うぐっ」

秋霜「ふっふーん」



秋雲「あー、次の即売会台風とぶつかるじゃん! せっかく有給とったのにー!」

ところで本当に次は秋雲なんです? だいじょぶ?
しかしいよいよ雪風改二かぁ。楽しみだなぁ……

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

コマンダンテスト了解ー

――― 一番手近なカフェは間宮 ―――

提督「たまには間宮さんで朝食にすっか……」

コマンダン・テスト「Bonjour. 提督、ご一緒してもよろしいかしら?」

提督「あぁ、別に構わんが」

コマンダン・テスト「それで、提督、~~~~~~……」

提督(しっかし、彼女、どうにも苦手なんだよなぁ。だいたいフランス語混じりで言ってることが把握できんことがありありで)

コマンダン・テスト「~~~~~~」

提督(まぁそれ言ったら米英や他の海外艦娘もそうなんだがまぁうーん……)

コマンダン・テスト「提督、聞いてますか?」

提督「ん、あぁ、すまん。フランス語わからんし聞いてなかった」

コマンダン・テスト「そう思って全部日本語で話してたんですが」

提督「えっ」

コマンダン・テスト「全く、そのくらい出来ますって}(デコピン

提督「へぶっ」

どうも調べたところ秋雲で確定っぽいので一安心

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

潮了解ー

――― 美味しいもの先取り ―――

白露「ふっふーん。任務完了っと」

提督「なんでこの任務サーモン北方入ってんだよふざけてんのか」

白露「まぁまぁ、あたしが注文しといた家具も出来上がったしさ」

提督「それか。連絡きてたしもう設置してあるはずだ」

白露「よーし、この白露がいっちばー……」

潮(おいもモッキュモッキュ)

白露「ん゙ん゙!?」

潮「提督、おかえりなさい」

提督「おう、ただいま。家具設置ご苦労さま」

白露「どぼじで……どぼじで」

潮「白露さんもお芋食べます?」

白露「自前のがあるし、いい……」(ぐっすし

我々はなぜ家具のために5-5へ行かねばならなかったのか……大淀あたり揺すったほうがいいのかな

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

のわっち了解ー

――― 掌破 ―――

野分「あの……司令」

提督「何だのわっち」

野分「のわっちはやめてって……いや今はそうじゃなくて。この格好のまま任務に……?」

提督「任務が来た以上しょうがあるまい」

野分「一応最低限の装備はありますがこれで本当に大丈夫なのでしょうか……?」

提督「あっちでアップ中の夕立を見てみろ。砲などどこにも装備してないが……」

夕立「ぽいぽいぽーい!!」(ダダダダダダダダ

提督「ほら掌から砲撃してる」

野分「いやいやあれはないですよあれは」

提督「なっとるやろがい!!」

AC版ハロウィン夕立の砲撃、マジであれ何なんでしょうね

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

風雲了解ー

――― 風の吹き回し ―――

秋雲「風雲ぉ~、ちょーっと手伝ってほしいんだけど」

風雲「また売り子?」

秋雲「いんや、出撃。ほら、艤装の準備準備」

風雲「それならいいけど……。どういう風の吹き回し?」

秋雲「十駆出撃任務依頼が提督から来てさぁ。原稿が忙しいから断ってたら……」

メールfrom提督『これ以上引き伸ばすようなら今やってる原稿のレイヤーを全結合してjpg保存する。猫吊るしに話は通した』

秋雲「って言われてさ。これは流石に本気(マジ)っぽいからササッと済まそうかと」

風雲「それ以前に何断ってんのよ。私達も関係大アリじゃない」(ベシ

秋雲「へぶっ」

お気づきでしょうか。Part1が立ってからすでに7年経過していることを

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

初雪了解ー

――― こたつの季節 ―――

初雪「あ、司令官、こたつ出したんだ……」

提督「ここ数日、こたつを出せとの督s……意見書が連日吹雪型三番艦から届いていてな。いや同様の内容を送ってくるやつは他にもいたが」

初雪「ふふーん」

提督「ふふーん、じゃないが」

初雪「じゃあ、占拠しまーす」(ズサー

提督「ヘッスラで飛び込むな」

(ドサッ

初雪「あだだだだ……」

提督「今年は掘りごたつにしたからな。飛び込むと痛い目を見る。さぁ出てった出てった」

初雪「痛くて動けないので引きこもる……」

提督「おま、ふざけんなよ普通に連中の砲撃のほうが痛いだろオラッ」

初雪「やだ~~~……」

提督「ちぃっ、吹雪とか呼んで手伝ってもらうしかねぇ」

初雪「ふんふふ~ん」


呼びに行ってる間にこたつ内住人が増えたのは当然の結果であった

雪風改二が楽しみすぎて楽しみすぎて

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

阿武隈了解ー

――― 魑魅魍魎 ―――

阿武隈「提督、阿武隈の漢字覚えてくれました?」

提督「もう何度も書いてりゃ覚えるわい。ほれ」

阿武隈「むぅ……正解です」

提督「何が不満なんだ」

阿武隈「……じゃあバラ色のレモンって漢字でかけます?」

提督「なっ」

阿武隈「ふふ~ん」

提督「むむむ……」(スマホスイスイ

阿武隈「あっ、それはズルですよ提督!」

提督「普段使わん漢字なんかわかるか!!」

――― この日がやってきた ―――

――― ついにこの日がやってきた ―――

猫吊るし「……とまぁそんなわけで以上が丹陽および雪風改二のスペックとなるわけですが」

提督「Downloaded(大体わかった)」

猫吊るし「そこは完璧じゃないんですか」

提督「装備関連が複雑すぎんだよおんどりゃ」

猫吊るし「で、丹陽にします? それとも贅沢して改二いっちゃいます?」

提督「そりゃもちろん……両方だ!!」

猫吊るし「当然その分お高いですよ?」

提督「なんのための資材だと思ってる。あるぞオラッ!!」

猫吊るし「じゃ、明石さんと雪風ちゃんには伝えておきますんで書類等の準備よろしくです」

提督「もうあるぜ」

猫吊るし「どんだけ強火なんですか」



艦娘改装中……



雪風「帰ってきました、雪風です!」

丹陽「丹陽です!」

提督「やはり両方ともかわいいなぁ」

雪風「これからもずっと一緒ですよ」

丹陽「丹陽も一緒ですよ」

雪風・丹陽「し・れ・え!」

提督「いやぁ、幸せだなぁ。今日は一緒に寝るか~」

雪風・丹陽「はい!」



両腕に抱きつかれた状態で寝たため朝両腕がしびれた状態になったのはここだけの話

いやはや雪風改二は大満足ですわ
しかし帰ってきたと言われると説教魔人が脳裏に浮かぶんだよなぁ
あ、タイトルがダブったのはコピペミスです

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

萩風了解ー

――― 食い過ぎ注意 ―――

提督「うーん、柿はおいしいなぁ」

萩風「司令、食欲の秋だからって食べすぎてはいけませんよ」

提督「何だ藪から棒に」

萩風「司令も上に立つものとして健康に気を使わないと。あっ、これ美味しいですね」

提督「お前も食いながら言われても説得力ゼロだが」

萩風「なんか新しい健康料理思いつきそうですし」

提督「まぁだいぶ余ってるから食っても構わんが」

萩風「じゃあいくつかもらっていきますね」

提督(もしや最初からそれが目的だったのでは……)

危うく「ククク、おいしくないさ」と書いてしまうところだった

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

翔鶴了解ー

(現在作者は大規模作戦中です。来週明けぐらいまで待ってね)

――― 一抹の寂しさ ―――

翔鶴(最近瑞鶴は加賀さんにかまってばっかり)

翔鶴(そもそも最近というかずっと前からだけど、そのせいで最近来た子とかは二人がペアだと思われたりして……)


翔鶴「というわけで私も赤城さんと組んでみようと思います」

赤城「よろしくお願いしますね」


艦娘出撃中……


翔鶴「普通に戦って……」

赤城「普通に勝つ。普通ですね」

翔鶴「う~ん、瑞鶴たちとなんか違う……」

赤城「瑞鶴さんが対抗心燃やして加賀さんも負けじと受けて立ってるからでは?」

翔鶴「私も対抗したほうがいいのかしら……」

赤城「無理しなくても良いと思いますよ?」

あかしょうはずいかがと比べてあまり騒がしくならない印象
あとシロッコ、シェフィールド、ワシントン着任しました

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

グレカーレ了解ー

――― 近頃流行りの ―――

グレカーレ「テートク、ほら、ひーらひら♪ 今、見た? 見たでしょ♪」

提督「……気は済んだか?」

グレカーレ「えっ、ちょっと、冷たくない?」

提督「この仕事就いてもう8年目だぞ。今更艦娘が煽情的行動取ろうとどうということはない」

グレカーレ「ぶー、つまんなーい。テートクのトーヘンボクー」

提督「どこで覚えたんだ唐変木なんて。それはおいといてシロッコ捜索隊に合流してくれ。イタリアたちはもう現地で待ってる」

グレカーレ「はーい」


トテトテトテ、バタン


提督「……しかしメスガキわからせかぁ……今夜はその方向で行ってみるか」

その晩、提督と雪風は新たな楽しみ方を見出したのは別の話
あと竹着任しました

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

春日丸了解~(なお大鷹と同一として扱います)

――― 冬に欲しい物 ―――

家具妖精「ココオイトクヤデー」

提督「あぁ。後はこっちでやる」

家具妖精「アイヨー」

大鷹「提督室も冬の装いになりましたね」

提督「たまには変えんとな。大鷹も手伝いすまんな」

大鷹「いえいえ。あのロシア風の暖炉、新しく買ったものですか?」

提督「こないだの作戦実施の記念に作ったものだと言うが……しかし……」

大鷹「しかし?」

提督「いい加減エアコンの一つや二つ用意してもいいんじゃないか。暖炉にしろストーブにしろ机から離れてるから結構寒いんだよ!」

大鷹「こたつがあるのでは」

提督「アレは仕事をする気が無くなるからダメ。仕事が終わるまでは封印」

大鷹「ままならないものですね……」

しかし暖炉とか簡単につけたり外したりしていいものなのか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

アブルッツィ了解ー

――― 長助くん ―――

アブルッツィ「私の名前、正式にはルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィでしょう?」

提督「何だ藪から棒に」

アブルッツィ「それより長い名前の芸術家が居るの知ってます?」

提督「パブロ・中略・ピカソだろ。中略部分は知らんが」

アブルッツィ「対抗してもっと長くしようかなぁと思ってるんですが」

提督「何髪伸ばそうかなみたいな感覚で艦名変えようとしてんだ。まぁ案はあるぞ」

アブルッツィ「どんな?」

提督「日本に伝わる長生きの願いを込めた名前でな。寿限無寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚の水行末運来松風来末食う寝……

アブルッツィ「あの、ちょっと、いくら何でも長すぎ……」

提督「……らこうじ ってまだ半分だぞ」

アブルッツィ「これで半分!? というか本当に長生きの願い込めてあるんですか??」

提督「マジだぞ」

完璧に忘れていたことがあってな。グレカーレとアブルッツィ、前スレ終盤でとってたわアッハッハ!!
まぁめどいので取り直しはしないけど一周したあと覚えてたらその分カウントします

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ついでに残り艦娘
・戦艦
 サウスダコタ、ワシントン
・正規空母
 ホーネット
・軽空母
 千代田
・重巡洋艦
 足柄、愛宕、ヒューストン
・軽巡洋艦
 名取、シェフィールド、パース、デ・ロイテル、アトランタ、ヘレナ
・駆逐艦
 薄雲、潮、電
 涼風
 霰
 親潮
 松、竹
 シロッコ
・海防艦
 よつ、屋代
・潜水艦
 伊47
・特務艦
 迅鯨、伊良湖

アトランタ了解ー といっても次は新年になりそうですね。良いお年を!

――― 掃除とは ―――

提督「俺は大掃除するぞ、といった」

アトランタ「うん」

提督「なしてフル武装なん?」

アトランタ「掃除のためだけど」

提督「何を掃除するつもりなん??」

アトランタ「敵艦載機」

提督「なんか重大な行き違いがあるような気がしてならない」

アトランタ「あたしたちは艦娘なのだから敵を掃討するのは当然でしょう?」

提督「……やっぱおかしいのは俺なのか??」

アトランタ「それで、どこへ行けばいいの?」

提督「あ、あぁ。秋月たち連れて鎮守府近海の輸送路の護衛をしてくれ」

アトランタ「Okay、行ってくるわ」


提督「……体よく大掃除から逃げられたのでは?」

イベント海域行かなくて良くなったと思ったら新年早々の任務に出撃任務があった件

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

よつ了解~

雪風とコタツでぬくぬく

―――軍用手票 ―――

よつ「てーとく、あけましておめでとうございます!」

提督「おう、あけおめだ」

よつ「よつに、お年玉、くださいな!}

提督「そう言われると思って用意してある。ほれ」

よつ(軽い! そして厚み的にお札が結構入ってる予感!)ススッ

[軍票]

よつ「えっ、軍票……? どうして……?」

提督「おう。商店街やってる妖精たち居るだろ。大きさが大きさだから硬貨の持ち運びは大変だと言うことで今年から導入した」

よつ「そっかぁ……」

軍票は元来現地での物資調達のための疑似紙幣ですが別に徴収とかはしてないです

>>264
はえーよホセ(なんか思いついて気が向いたら書きます)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

あのシーンが元凶シロッコ了解ー

――― 何故か知ってる ―――

シロッコ「提督~、Buongiorno~」

提督「おう、ってなんでスイカバー大量に持ってんだよ」

シロッコ「なんかもらっちゃって。ひとついる?」

提督「もらおうか(モシャモシャ」

シロッコ「それにしても、なんで皆スイカバーくれるんだろ?」

提督「ん、おお、それなら心当たりがあってな……シロッコ、ガンダム、と。うんうん、この画像だ。見てみろ」

シロッコ「Zzzz」

提督「ってをぉい!! アイス持ったまま寝るな! 溶けてる!!!」

――― ほっと一息 ―――

提督「おぉさぶさぶ。仕事も一通り終わったしこたつでぬくぬくするか」

雪風「しれぇ~、雪風も入ります!」

提督「おー、こいこい。ってこっちに?」

雪風「こっちのほうがもっとあったかいです!(むぎゅ」

提督「よしよし」

丹陽「あー、丹陽もしれぇをむぎゅむぎゅしたいです!(ぎゅむ」

提督「うぉぉ、狭い狭い」

提督(でもこういうのも、悪くはないかな……)


雪風(ぎゅ~っ)

丹陽(ぎゅ~っ)

提督「しかし……両方とも雪風だろう。相争う必要あんのか」

雪風&丹陽「しれぇといたい気持ちは一緒ですから!」

提督「そっか(ぎゅっ」

雪風&丹陽「キャッキャッ」

シロッコは話を聞く前に寝そう(偏見)

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

竹了解ー

――― 配給制 ―――

提督「ときに竹よ」

竹「なんだ、提督?」

提督「艦娘にはなんか私服とか持ち出してくるのも稀によくあるが竹も用意とかしてたりするのか?」

竹「へへっ、どうだろうな」

提督「新規着任艦娘もたいてい近場のイベントに参加して馴染んでいくからな」

竹「そんときまで内緒だ、内緒」

提督「まぁ聞いてみただけだ」

竹(まだ決まってないなんて言えねえよなぁ……)

ところで竹さん、後期四連装酸素魚雷+10つけたときの雷装おかしくない??

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

足柄さん了解~

――― ゲン担ぎ ―――

提督「嫌だ~~強力な陸攻は欲しいけどサーモン北方は嫌だ~~」

足柄「そんな時こそ! 私特製のカツでゲン担ぎよ!」

提督「ゲン担ぎはいいが出撃する当人たちが食うべきでは?」

足柄「指揮する側も当人よ。それに出撃する皆にもカツサンド渡したから抜かりはないわ!」

提督「手回しはっや」

足柄「そっちこそ行きたくないと駄々こねながらしっかり支援艦隊込みで出撃指示出してるじゃない」

提督「えー、まー、その」

足柄「編成的に私は出撃できないけど、これで勝ったも同然ね」

提督「それでも心配なくらいあそこは厄介なんだが……」


長門『敵艦隊、撃滅完了。これより帰投する』

提督「マジで」

足柄「ね、言ったとおりでしょ?」

そういや足柄さんめっちゃカツ推しでしたね

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

シェフィールド了解ー

――― 銀河をその手に・三度 ―――

シェフィールド「セッツ……ブーン? 何だそれは」

プリンツ「あー、提督さんが『サーモンは嫌だサーモンは嫌だぁ』とかうんうん唸りながらGalaxis…Garaxyを手に入れてるイベントだね!」

シェフィールド「Garaxy……??」

プリンツ「今年はなんかヒリューも手に入れるとか言ってたよ」

シェフィールド「ヒリュー……飛龍? タモンマルの名をよく出す空母? すでに居るのに?」

プリンツ「なんでだろうねぇ」

シェフィールド(……もしやユキカゼのみでは飽き足らずヒリューも手篭めにしようと……!?)



提督「さっきシェフィールドに『この節操なしぃ!』って顔面凹まされたんだけど心当たりある? 俺はない」

雪風「あたしと丹陽の両方共存させてる時点で言い訳きかないと思います、しれぇ」

丹陽「丹陽も同感です」

提督「えぇ……」

運営は節分を陸攻増やす日と思ってるフシがある

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

親潮了解ー

――― 名前そのものが風評被害の誘発 ―――

親潮「司令、最近私への風評被害がひどいのですが」

提督「どんな風評被害よ」

親潮「例えば朝潮さんの進化系だとか」

提督「両方とも生真面目だし髪型も似てるしまぁ言われても仕方ないのでは」

親潮「朝潮さんのほうが長いですが……」

提督「誤差だよ誤差。例えばってことは他にもあるのか?」

親潮「あと潮さんの親とか」

提督「名前が名前だからだろ諦めろ」

親潮「そんな、ひどい」

提督「俺にはどうこうできねぇんだよなぁ~~」

なお、朝礼を開き、「そういうことはないからそういう事言うのはやめようね」と言ったら解決した模様

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

サウスダコタ了解~

――― ソシャゲ中毒者の朝は早い ―――

午前四時半……

サウスダコタ「なんでもココではソウインオコーシーを執務室から放送してるらしいな」

サウスダコタ「この時刻ならまだ提督も起きてはいまい。たまにはこちらから起こしてやろうというものだ」(ガチャ

提督「ほう、こんな朝早くからここに来るとは。火急の用事か?」

サウスダコタ「なっ、ソウインオコーシーより前に起きているだと!?」

提督「当たり前だ。こちとら四時起床だぞ」

サウスダコタ「これがJapanの提督というやつか……勤勉なのだな」

提督「いや、仕事始まる前にソシャゲのタスクを一通り消化したくてな。もはや起床時刻からルーチン化されている」

サウスダコタ「褒めた私がidiotみたいじゃないか!」

そんで5時になったら艦これの任務を開始するという寸法

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

薄雲了解ー

――― 芋づる式 ―――

薄雲「特I型駆逐艦、七番艦、薄雲です」

提督「雲系統だし叢雲の妹みたいな感じかと思ったが吹雪系統だな……」

叢雲「何が言いたいのよ」

提督「いやでもこの色白さは叢雲みあるか? でも艤装はそうだな……叢雲だけ明らかに別型だよなぁ」

叢雲「それ言ったら陽炎型だって割と違うの多いじゃない」

提督「とりあえず薄雲に叢雲の服を着せてみよう。改二になる前のやつは残ってたろ」

薄雲「えっ、えっ……?」

叢雲「ちょっ、何言い出すのよ!?」

提督「妖精さんカモーン。着替えが終わるまで俺は外に出とくぞ」


艦娘着替中……


薄雲「どうでしょうか、提督」

提督「うーん、やっぱり叢雲が着てこそしっくり来る感じがするな?」

叢雲「ま、まぁね!」

薄雲「あの、そろそろ元の服に着替えてもよろしいでしょうか?」

危うく競バから戻れなくなるところだったが戻れました

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

屋代了解~

――― 重ね着は重い ―――

屋代「択捉型の皆さん、お内裏様やお雛様の衣装着てとても可愛らしいですね。私も着てみたいなぁ……」

提督「十二単ならあるぞ」

屋代「えっ、本当ですか?」

提督「着てみると良い」


艦娘着替中……


屋代「うっ……結構重いですね……。それに比べてあちらの皆さんは軽々と……」

提督「これただの服だからな。あっちは軽くて戦闘にも使える妖精さんの特注品」

屋代「私のを誂えてもらうことは……」

提督「妖精さんがやる気出してくれんと無理」

菱餅任務、5-5がないだけでだいぶ気分が楽だな……

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

デ・ロイテル了解ー

――― R-18G ―――

鈴谷「そこでさー、熊野がね……」

デ・ロイテル「わかる、わかるー」


提督「最近の若いもんの言葉はさっぱりわからんな……調べるか」


デ・ロイテル「提督、なにやってんの?」

提督「最近の若者の言葉調べてたら出てきたゲームやってる」

デ・ロイテル「なんで?」

提督「まぁ若者の理解のためだな」

デ・ロイテル「わかるー」

提督「何ならお前もやってみるか。アドレス送っとこう」

デ・ロイテル「Dank u wel!!」


~~~~

デ・ロイテル「わからないよー……わからないよー……」

鈴谷「なんか最近デ・ロイテルがあんな感じなんだけど、提督なんかした?」

提督「脱出ゲームを勧めただけだが」

わかると言って本当にわかってしまう場合多分手に負えないんじゃないかと思う

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ホーネット了解ー

――― 色気より食い気といいまして ―――

提督「さーて、花見シーズンだ。去年と違って深海の連中おとなしいしな」

ホーネット「ハナミ、ねぇ。Japanではこういうことをよくやるの?」

提督「そうだぞ。こうやって美しい花が咲き誇るところを見ながら談笑して士気を上げるのが日本流だ」

ホーネット「……本当は?」

提督「こういうなんか昔からやってる宴会ごとにかこつけて飲めや食えやの大騒ぎしてテンション上げまくるの」

ホーネット「あなたからそういう言葉が出るとは思わなかったわ」

提督「酒は飲まないだけで食うの自体は好きだからな。それに他の皆も息抜きとか必要だし」

ホーネット「まぁ私も嫌いじゃないけど」

提督「んじゃ花見戦線に抜錨ーッ!!」

ホーネット「貴方はまだ仕事が残ってるでしょ」

提督「グェェ襟引っ張らないで」

CV見てびっくりした案件。某パリピ平安人と一緒じゃないか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ぷら……電了解~

――― 最近見ないが ―――

???「司令官さん、ようやく見つけたのです」

提督「なっ、ばっ、お前は!?」

ぷらずま「ナスは嫌いなのです!」

提督「俺も嫌いだよ!」

ぷらずま「好き嫌いは良くないのです! さぁこの麻婆茄子を食うのです!!」

提督「お前が言うな! おい、バカ、やめろぉぉぉ!!」


~~~~

提督「うーんうーんもう食べたくない……」

電「司令官さんに報告書渡しに来たらなんかうなされているのです」

雪風「揺すっても起きないんですよね……どうしましょう」

電「雪風ちゃんが背中に乗ってみるのです!」

雪風「えぇっ!?」

この後無事起きました

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

迅鯨了解ー

――― 執務室を何だと ―――

迅鯨「提督、お花見のお弁当を作りましょう」

提督「それは間宮さんに言うべきことでは? 今は深海の連中もおとなしいし別に許可は要らんぞ」

迅鯨「いえ、もう作ってあるので」

提督「弁当をか? それでは話があわな」


ガコガコガッタン


迅鯨「いえ、台所をです」

提督「執務机が! 仕事中だったのに!」

迅鯨「妖精さん、いい仕事してますね」

提督「あの? 俺の話聞いてます??」

迅鯨「では、始めましょうか♪」

提督「どぼじで」

艦娘たちは執務室を共有の私室と勘違いしてやしませんか

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

涼風了解~

――― 江戸前 ―――

涼風「提督ぅ~」

提督「なんだしょんぼり顔して」

涼風「どうも江戸っ子として影が薄い気がしてさぁ」

提督「うーん、そもそも谷風とかぶってるしなぁ」

涼風「あたいのほうが先に着任してるっての」

提督「そうだな……江戸……江戸前……寿司の握り方を覚えるとかどうだ?」

涼風「!! それだ! 間宮さんに習ってくる!!」ダッ

提督「おう、いってらー」


その後、涼風が寿司を握る姿をたまに目撃するようになったという

涼風もルンガに出撃してたそうなので次のイベントで活躍する機会あるかもですね

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

名取了解ー

――― 暴力的速度 ―――

提督「そういや長良型は鎮守府の周辺よく走ってる印象があるが雨の日はどうしてんだ?」

名取「実は……工廠の一部をトレーニングルームに改築してあって」

提督「なんかトレーニングルームとか書いてあった扉、見間違いじゃなかったんだ……」

名取「せっかくなので見学しませんか……?」

提督「そうだな。見ておいてもよかろう」


~~提督&艦娘移動中……~~


提督「ほーこらまた立派な……」

名取「ルームランナーもありますよ」

提督「ほほー、どれどれ」

名取「あっ」

提督「ぐああああ(ズベベベ」

名取「それ鬼怒ちゃんが最高速にしてそのまんまの……って遅かった……あぅぅ」

もう8周年ってことは半年後にはこのスレもPart1できてから8年になるわけだ

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

霰了解ー

――― いつの話だ ―――

霰「司令官、何読んでるの」

提督「倉庫の掃除してたら懐かしい漫画が出てきたんでな。休憩がてら読んでる」

霰「なんて漫画?」

提督「Dr.スランプだが……そういやんちゃ砲出ないのか? 口からこう、ドーンって」

霰「普通出ないと思う……」

提督「敵主力にぶっこめたら強いだろうに。なんとかならんか」

霰「名前が同じだからってそんな無茶は通らないと思う」

提督「やっぱダメかー……」

これネタわかるのアラフォー、下手すりゃアラフィフあたりになるんじゃないの? いやでも復刻されてたっけ

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

ヘレナ了解~

――― 稼働開始 ―――

ヘレナ「提督、ルンガ沖方面にて深海棲艦の大規模活動が確認されたそうです」

提督「ルンガはだいぶ前にやったとこじゃねーか7年ぐらい前によぉ」

ヘレナ「その頃はヘレナは着任してないから知りませんし、そもそも一度制圧してもまたやってくるのはいつものことでしょう?」

提督「まぁ、泣き言言ってもしょうがねーか……。確認されてる敵艦隊がこーだから戦力はこの辺を出して……と。じゃ、これで招集頼む」

ヘレナ「I accept!!」

まぁそんなこんなでイベント始まりましたね。桃と伊203ことフーミは着任しました。
ノーザンプトンももうすぐ手が届くでしょう。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

桃了解ー

――― 偶像に世界を委ねて ―――

桃「あたし、桃。丁型のアイドル、いえ違うわ、駆逐隊のアイドルが正解? …かな?」

那珂「アイドルと聞いては黙っていられないよ! もう8年アイドルやってるんだからねッ!!」

桃「ぐぬぬぅ」

那珂「ぐぬぬぅ」

提督(そこまでアイドルにこだわるなら鉄と油の代わりに土と水で作り直したほうがいいんじゃないか?)

那珂・桃「てーとく、なんか失礼なこと考えてなぁい?」

提督「いやぁ? なんにも??」

ノーザンプトンと巻波も無事着任しました。イベントは来週からまた頑張ります

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

フーミィ了解~

――― 水中の話だぞ ―――

提督「また新しい潜水艦娘が増えたな……」

フーミィ「海ン中だと……私が多分一番速いと思う……」

島風「速いと聞いて」

フーミィ「誰……?」

島風「駆逐艦島風です。スピードなら誰にも負けません!」

フーミィ「じゃあ速さ比べ……する?」

島風「もちろん!」

フーミィ「海ン中で」

島風「……んん?」

フーミィ「えいっ」

島風「!?」(ドボン

フーミィ「伊203潜。抜錨。ヨーソロー」

島風「あばばっあば、あばっ」

フーミィ「ちゃんと頭沈めて」

提督「……ちょ、おま、ストップストップ!!」

安価はないのか

無事ホノルルも着任しました……嫌じゃ……乙にしたとはいえあんな高難易度海域で掘りとうない……

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

>>341
安価入れる投稿を忘れていた……すまぬ……すまぬ……

ホノルル了解~

――― こめかみはコメを噛むとき動くからこめかみだそうだがガムを噛んでたらガムかみなのか ―――

提督(モッキュモッキュ)

ホノルル「提督、ガム噛んでる?」

提督「眠気覚ましになるからな」

ホノルル「ガム膨らませて競争しない? よりBigな方がWinner」

提督「……よかろう」

ホノルル「Okay, Ready...Go!!(プクー」

提督(プーッ)

ホノルル「……Ouch!! 提督の……ん?

提督(プクー)

ホノルル「It's Balloon!! ソレはなしでしょ!」

提督「バレてしまったか、普通の風船だと」

オチはないし涼波と宗谷が着任しました。あんなに掘りたくないと言ってたのに。

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

宗谷了解~

―――増える機銃 ―――

提督「ほー、宗谷はコンバート改装なのか」

宗谷「はい、特務艦から灯台補給船に、更に南極観測船、そこからまた特務艦に……」

提督「おー、コンバートのコストも安い安い。いくらでも回せる(ぐるぐる」

宗谷「あの、少しずつとはいえ減るのでその辺にしましょう」

提督「そうだな。しかし……なんかさっきよりやたら機銃が増えてない?」(ごっちゃり

宗谷「そうですね……コンバートは必要最低限にしましょう」

みなさんはイベントを悔いなく終わらせられましたか?

小ネタ艦娘とか安価下既出さらに下

千代田了解~

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom