藤木「もう卑怯者よばわりされるのは嫌だ!」 (48)

藤木「ハァ・・・」
永沢「やあ藤木くん・・・」
藤木「ああ、永沢君か・・・」
永沢「永沢君か」とはなんだい?どうせ女子か何かと勘違いしたんだろう」
藤木「ち!違うよ!」
永沢「ふん・・・卑怯者の藤木くんのことだからそうだと思ったよ」
藤木「うん・・・」

給食

藤木「もうおなかいっぱいだ・・・食べれない・・・」
藤木「でもプリンは食べよう・・・」
永沢「藤木くん・・・」
藤木「な、永沢くん・・・」
永沢「君はまだ食べきってないのにプリンを食べようとしたね」
藤木「う、うん」
永沢「君は本当に卑怯だな・・・」
永沢「小杉くん・・・藤木くんがプリンを食べていいだってさ・・・」
藤木「ええっ!?」
小杉「まじかっ!サンキュー藤木!」
永沢「・・・」ニヤリ
藤木「くっ・・・」

下校

藤木「ハァ・・・」
永沢「給食は災難だったね・・・」
藤木「給食は」って永沢くんが・・・!」
永沢「なんだい?僕のせいにするのかい?」
永沢「君は本当に卑怯だな・・・」
藤木「うっ・・・うん・・・ごめん・・・」
永沢「わかってくれればいいよ」



藤木「はぁ・・・僕はなんで卑怯なんだろう・・・」
藤木「プリンの件を永沢君のせいにしようとしたし・・・」
藤木「永沢くん・・・明日謝ろう・・・」

次の日

藤木「永沢くん・・・」
永沢「なんだい藤木くん」
藤木「昨日はごめんね・・・」
永沢「なんだい、謝りに来たのかい、もういいよあんなこと」
藤木「永沢くん・・・」
永沢「でも何で謝りにきたんだい」
藤木「えっ!いや、昨日は悪かったと思って・・・」
永沢「もしかして自分がすっきりするためだけに謝りに来たのかい?」
藤木「ち、ちが」
永沢「君は本当に卑怯だな・・・卑怯者の藤木くん・・・」



藤木「なんで僕は卑怯者なんだ・・・」
藤木「明日女子にでも聞いてみようかな・・・」
藤木「うん、そうしよう・・・」

次の日

藤木「なあさくら・・・」
まるこ「藤木、なんかしたの?」
藤木「僕って・・・卑怯者なのかな・・・?」
まるこ「なんだいあんたいきなり、気持ち悪いよ?」
藤木「うっ!ご、ごめん、気になったから・・・」
たまえ「でもまぁ、卑怯なところはあるね」
まるこ「確かにねえ、普通と比べればいくらか卑怯だね」
藤木「うっ・・・!」
藤木「わかった、ありがとう・・・」

藤木「なんで卑怯よばわりされるんだろ・・・」
藤木「思い出してみよう・・・」



藤木「影ふみのときだったり・・・」
藤木「たかしくんがいじめられてるときに傍観だけしてたり・・・」
藤木「色々思い当たるな・・・」
藤木「うん・・・変わろう・・・」
藤木「これから変わろう・・・でもどうやって変わろう・・・」
藤木「先生に相談してみよう・・・」

職員室

藤木「先生・・・」
戸川先生「おや、藤木くん、どうかしましたか?」
藤木「相談があるんです・・・」
戸川先生「藤木くんが相談ですか、珍しいですね」
藤木「はい・・・僕は、僕は卑怯者なんです・・・」
戸川先生「おやおや」
藤木「いじめを傍観だけしていたり・・・」
藤木「影ふみで影を踏まれたくないから木の陰からでなかったり・・・」
藤木「給食を残してプリンを食べようとしたり・・・」
戸川先生「なるほど・・・」
戸川先生「いじめを傍観はいけないことですね」
藤木「はい・・・」
戸川先生「でも、藤木くんは卑怯では無いと私は思いますよ」
藤木「えっ・・・?」

戸川先生「以前、授業でさくらさんが藤木くんの紹介をしたことがありますね」
藤木「はい・・・」
戸川先生「気に引っかかった風船をとってあげたんですよね」
戸川先生「あのとき、藤木くんは「自分は背が高いから」と言ったそうですね」
戸川先生「でももし、藤木くんの背が低くても、同じ事をしたと思いますよ?」
戸川先生「藤木くんはいい子です、でもちょっと勇気と自信が足りないだけなんです」
藤木「先生・・・」
戸川先生「ほんちょっとでいいんです、自信をもって、勇気をだしてみてください」
戸川先生「そしたら、藤木くんは変われると思いますよ」
藤木「先生・・・!ありがとうございます・・・!」
戸川先生「藤木くん、頑張ってくださいね」

教室

永沢「やあ、卑怯な藤木くん」
藤木「永沢くん」
永沢「今日は君が掃除当番だね」
藤木「うん、そうだね、頑張るよ」
永沢「藤木くんにしては素直だね、感心だよ」
藤木「おい、何様だよお前」
永沢「えっ・・・!?」

永沢「今、なんて言ったんだい?もう一度言ってみなよ!」
藤木「何様だよお前って言ったんだよ!聞こえなかったかよ!」
永沢「どういう意味だい・・・」
藤木「お前はどういう立場の人間なんだって言ってんだよ!たまねぎがっ!」
永沢「くっ、何なんだ一体・・・」スタスタ
藤木「逃げるのかよ卑怯者めっ!!」

藤木「俺に散々卑怯者卑怯者言っておいて!自分が同じ状況になったら逃げるのかよ!」
永沢「君・・・すこしおかしいよ・・・」
藤木「あ?話そらすなや・・・」
永沢「う・・・ごめん・・・」
藤木「感心感心!たまねぎにしちゃ素直だな!」
永沢「くっ・・・」

藤木「ふん!」バキッ!
永沢「あああっ!!」
永沢「痛いよ・・・痛いよう・・・」グスッ
藤木「ふう、すっきりしたよ、じゃあな卑怯なたまねぎくん」
永沢「ううう・・・」

下校

藤木「ハァ・・・少しやりすぎたかな・・・」
藤木「さっきのは勇気と違うかも知れない・・・」
藤木「許してもらえるか分からないけど・・・明日謝ろう・・・」
まるこ「あれ・・・藤木・・・?」
藤木「さくら・・・」
まるこ「藤木も帰り?」
藤木「うん・・・」
まるこ「ふーん」
藤木「・・・」
まるこ「藤木、どうかしたの?」
藤木「ああ・・・永沢くんにひどいことしたんだ・・・謝らないと・・・」
まるこ「あんた偉い奴だね、あたしゃ見直したよ」
藤木「うん・・・」

一方永沢

永沢「くそ・・・藤木くんのくせに・・・」
永沢「地獄に突き落としてやる・・・!」
永沢「笹山さんの体操着を藤木くんの机に入れて・・・」

廊下
丸尾「ハァハァ・・・」
丸尾(係りの仕事で遅くなってしまいました、早く帰らねば)
丸尾(おや、アレは永沢君?)

次の日 教室

藤木「永沢くんに謝らないと・・・」
藤木「おはよう・・・」
関口「おい!変態がきたぞー!」
藤木「え、変態・・・?」
はまじ「本当だー!変態だー!」
藤木「えっ・・・一体どういうことなんだい・・・?」
永沢「ふん、自分の胸に聞いてみたらどうだい・・・?」
藤木「永沢くん・・・えーと・・・えーと・・・」
永沢「自分でも分からないのかい?じゃあ言ってあげるよ」
永沢「笹山さんと城々崎さんの体操着を盗んだんだ」

藤木「ええっ・・・!」
関口「おい!いい加減吐けよ!盗みましたって言えよ」
藤木「ち、違うよ!」
永沢「まだシラをきるつもりかい?君は本当に卑怯だな」ドヤァァァァァ!!!
藤木「くっ・・・」

まるこ「おはよー、なんだか騒がしいねえ、どうかしたの?」
たまえ「あっまるちゃん、実は・・・」

まるこ「えーっ!でもそれはおかしいよ!」
たまえ「え?なんで?」
まるこ「藤木は放課後すぐ帰ったでしょ?そのあと下校中の藤木にあったんだ」
まるこ「それに学校ではそんなそぶり少しもなかったでしょ」
たまえ「確かに・・・ちょっとおかしいね・・・」

永沢「いい加減吐いたらどうだい?」
永沢「放課後女子の体操服を自分の机に入れたってね!」
藤木「なんだって?」
藤木「「放課後女子の体操服を机に入れた」って?」
永沢「そうさ!早く謝りな!」

藤木「何で放課後だって分かったんだい?」
永沢「あっ・・・」
永沢「だって・・・体操服を入れるチャンスは放課後しかないし・・・」
藤木「僕は放課後すぐに帰ったよ?」
永沢「人がいなくなった頃に引き返せば机に入れることができるじゃないか!」
藤木「何でそんなにムキになってるんだい?」
藤木「もしかして僕に罪をかぶせようとしているのかい?」

永沢「そ、そんなこと・・・」
まるこ「あたし見たよ、藤木が放課後帰ってるとこ」
まるこ「そのあと一緒に帰ったから藤木は犯人じゃないよ?」
永沢「うっ・・・」
丸尾「ズバリッ!私も見たでしょう!」
丸尾「放課後係りの仕事で遅くなったとき!教室で体操服を机に入れていたでしょう!」
丸尾「自分の体操服を自分の机に入れていると思ったんですが、女子の体操服を藤木くんの机に入れていたのですね!」
丸尾「ズバリッ!変態は永沢君のことでしょう!ズバリ変態でしょう!」

丸尾「変態でしょう!変態でしょう!」
丸尾「ズバリ変態でしょう!」
丸尾「ズバリッ!!!我がクラスに変態がいたでしょう!!!」
永沢「うわあぁぁぁぁあ!!!!!」ダッ
はまじ「うわっ!永沢が逃げたぞ!」
関口「捕まえろ!」
藤木「ちょっと待ってくれよみんな!」

藤木「コレは僕と永沢くんの問題なんだ・・・」
藤木「二人っきりで話し合わせてくれよ・・・」
まるこ「藤木・・・」
はまじ「藤木が言うんなら・・・」
関口「チェッ、わかったよつまんねえな!」
笹山&城々崎(お前らだけの問題じゃねえよ・・・)

体育館裏

永沢「グスッ・・・うえっ・・・」
藤木「永沢君・・・」
永沢「藤木くん・・・」
藤木「顔を上げてよ・・・」
永沢「怒ってないのかい・・・?藤木くん・・・」
バキィ!
藤木「怒ってないわけ無いだろ?」

ベキィ!ドカッ!バシッ!ドスッ!ガッ!
永沢「うわあぁぁぁあ!助けてくr」ドガバキィ!
藤木「ここは体育館裏だよ・・・?誰も助けに来ないさ・・・」ドガッ!ドガッ!
永沢「・・・・・」バシッ!ベキィッ!
藤木「気絶したのかい?痛みを感じないように意識を飛ばすなんて、君は本当に卑怯だな」

永沢「ううう・・・」ムクッ
藤木「やあ、お目覚めかい?」
永沢「ヒッ!」
藤木「なんであんなことをしたか、わからないほど僕はばかじゃないよ」
藤木「もうコレでおあいこだよ、もし先生に言ったりしたら・・・」
藤木「君も馬鹿じゃないだろ?分かるよね?」
永沢「うん、分かったよ・・・」

教室

藤木「やあ・・・」
はまじ「おい!藤木が帰ってきたぞ!」
花輪「もう仲直りしたのかい?」
藤木「うん・・・永沢くんは早退するってさ・・・」
まるこ「仲直りできてよかったねあんた」
藤木「うん・・・」ニヤリ



藤木「永沢くん・・・永沢くん・・・うっ!」ドピュドピュ
藤木「ハァハァ・・・」フキフキ
藤木「この件で永沢くんを縛り付けて・・・永沢くんを言いなりにすれば・・・」
藤木「永沢くんは僕のものだ・・・」ニヤリ
ムクムクッ
藤木「また勃ってきちゃったよ・・・全く永沢くん・・・」



藤木「君は本当に卑怯だな」

ーーーーENDーーーー

これでエピソードの6分の1終わりました
また似たようなスレタイで立てるので読んでいただければ幸いです
それではまた

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom