八幡「付き合いだした雪ノ下がセックス中毒になって」 (263)

八幡「どこでも求めてきて困る」


八幡「学校でこういうことするのはよ」

八幡「愚かな行為なんじゃないんすか、雪ノ下さんよ」

雪ノ下「お黙りなさい」

雪ノ下「仕方ないじゃない。したくなっちゃったんだから」

雪ノ下「あなたがいけないのよ。私をこんな風にしたくせに」

雪ノ下「全部、あなたのせいよ……」

八幡「正直なところ、俺は雪ノ下に失望していた」

八幡「あの雪ノ下雪乃が、まさしくビッチと呼べるような、下卑た女になったことに」

八幡「しかし同時に、暗い喜びも覚えていた。雪ノ下をこう変えたのは、まさしく俺だからだ」


由比ヶ浜「あ、やっはろーゆきのん」

雪ノ下「こんにちは、由比ヶ浜さん」

由比ヶ浜「ゆきのん最近来るの遅いよねー。前は一番に来てたのにー」

雪ノ下「最近、少し用事あるのよ」

由比ヶ浜「ふぅーん」

由比ヶ浜「ヒッキーも、遅いなあ。最近いつも、ホームルームのあといなくなっちゃって」

八幡「俺も色々あるんだよ」

由比ヶ浜「ひゃ、ヒッキー、びっくりした!」

八幡「さて、今日も暇を潰すか」

由比ヶ浜「色々ってなに?ねー、ヒッキーってば」

雪ノ下「……」


八幡「由比ヶ浜が、俺たちの怪しさに気づくのは当然だ」

八幡「俺が校内でたびたび行方不明になることに目ざとく気づいていたし、雪ノ下もそうなのだから」

八幡「だが、流石にあの雪ノ下と俺がそういうことをしているという発想までは至らないらしい」


雪ノ下「色々とはなにかしら。もう少しうまいいいわけをできないのかしら、あなたは」

八幡「下手に嘘を言う方が怪しいんだよ」

雪ノ下「だからといって、ん、もう少し、言い方、というものが、あるでしょ、んん」

まあ俺が言いたいのはクールな優等生が
セックスに溺れて獣みたいに求めてくるのは
最高だよねってことだ

小町「あれ、お兄ちゃん一人ー?」

八幡「一人に決まってるだろ。ぼっちなめんなよ」

小町「お兄ちゃん以外の足音聞こえたと思ったんだけどなー」

八幡「……しばらく俺の部屋にくんなよ。集中してやりたいことあるから」

小町「え?いやん、お兄ちゃん、妹にそういうこと言っちゃダメでしょー」

八幡「変な勘違いしてんじゃねーよ」

小町「お兄ちゃんも思春期なんだねー」

八幡「お前の方が絶賛思春期だろうが」

八幡「じゃあ、わかったな」

ガチャッ

雪ノ下「……」フゥ

八幡「見つからなかったのは奇跡だな」

八幡「なあ、やっぱりやめにしようぜ」

八幡「ああは言ったが、小町が来たらどうするんだよ」

雪ノ下「……嫌よ。そしたら明日までお預けされるじゃない」

雪ノ下「私に一晩もんもんとしろというのかしら」

八幡「お前、いくらなんでも性欲に支配されすぎだろ」

雪ノ下「うるさい」ドンッ

八幡「あ、おい」

雪ノ下「はぁ……はぁ……」

八幡(しゃべる余裕もないか)

由比ヶ浜「ね、ねえヒッキーってさ、日曜日とか、暇?」

八幡「暇じゃない」

由比ヶ浜「ちょ、そこは申し訳なさそうに言うところじゃない!?」

八幡「なんで休みの予定を聞かれただけで申し訳なく思わなきゃいけないんだよ」

八幡「そういう無駄な自虐が日本をダメにしてるんだよ」

由比ヶ浜「もー、じゃあどんな予定があるわけ」

八幡「勉強」

由比ヶ浜「勉強!?女の子のお誘いより勉強優先するなんて、そんなだからもてないんだよヒッキー」

八幡「俺たちは学生だぞ。今遊びよりも勉強をすることで将来いい大学にいったほうが」

八幡「レベルの高い女子とお近づきになれるだろうが」

由比ヶ浜「それってあたしがレベル低いってことじゃん!ヒッキーさいてー!もう知らないし!!」

雪ノ下「勉強、ね」

八幡「また色々って言っておいたほうがよかったのか」

雪ノ下「いえ。性教育も、勉強に入るのかと、思――あ///」

八幡「ほう。お堅い雪ノ下さんが下ネタとはね」

雪ノ下「わ、忘れなさい!今のは、その……今のもあなたのせいよ!」

雪ノ下「あなたなんかとつきあっているせいで、思考まであなたに毒されて……」

八幡「じゃあ、別れるか」

雪ノ下「!」

八幡「なんて」

ドンッ

八幡「な」

雪ノ下「はぁはぁ……ん」

八幡「お、おい待て、ここ、道路――」

http://i.imgur.com/CusDUAK.jpg

八幡(なんとか路地裏まで移動したが……)

雪ノ下「はぁはぁ……」カプッカプッ

八幡「お前、その噛み癖、少しやめろよ……ん」

八幡(完璧にスイッチ入ってるな、これ)

雪ノ下「いや、いやよ」チュッチュッ

八幡「痛いし、あと残るだろ」

雪ノ下「絶対いや、別れない……」

八幡「それは冗談だって……」

雪ノ下「なら、証明、しなさい」

雪ノ下「私に、冗談だって、感じさせて……」

八幡「……わかった」

雪ノ下「……休日は、いつ頃来てくれるのかしら」

八幡「午前中には行けるだろ」

雪ノ下「ねえ、やっぱり、前日から泊まってはどうかしら、私は独り暮らしなのだし、休みなのだから」

八幡「お前、俺にお泊まりできるような友達いないんだぞ。小町にばれるぞ」

八幡「まあ、俺は付き合ってるってばらすのは別にいいけど」

八幡「そうしたら、たびたび二人で時化こむ理由を想像されそうだから嫌だって言ったのは、お前だろ」

八幡「だからわざわざ平日の夕方も俺んちに忍び込んでくるんじゃないか」

雪ノ下「それは、そうなのだけれど……」

八幡「……性交中毒だって、みんなにばれたほうが興奮するか?」

雪ノ下「」ビクッ

雪ノ下「そ、それは、ダメに決まっているでしょう」

八幡(俺にはそれを想像して、期待しているように見えるけどな)

雪ノ下「……ん、ん」

八幡(会って五秒だぞ……)

八幡「お前、ここ、玄関だろ」

雪ノ下「構わない、わ……どうせ、誰も見て、いないのだから」

雪ノ下「それに、あなたが遅いのが、いけないのだわ」

八幡「これも俺のせい。あれも俺のせい」

八幡「全部俺のせいかよ」

雪ノ下「当然、でしょう、ん」

雪ノ下「ん、ん、ん」


八幡「で、ヤった後にちゃんと勉強はするのかよ」

雪ノ下「当たり前でしょう」

八幡(セックス→休憩→勉強→昼→休憩→セックス)

八幡(我ながら爛れてんな)

八幡「もうそろそろ夕飯だから、風呂入ったら帰るわ」

雪ノ下「ええ……明日も、早く来てちょうだい。待っているから」

八幡「はいはい」

八幡「……一緒に風呂入るか?」

雪ノ下「な、何を馬鹿なことを言っているのかしら///」

雪ノ下「そんな恥ずかしいこと、できるわけがないでしょう///」

八幡(もっと恥ずかしいことをいつもしていると思うが)

八幡「言ってみただけだ。じゃ、風呂借りるぞ」

八幡(いつまでこの関係が続くんだろうか)シャアアアア

八幡(いつまでも続けていいもんじゃないよな)

八幡(雪ノ下成績、下がってきているみたいだし。隠してはいるが)

八幡(あいつはどう考えているのか)

ガチャッ

八幡「え」

雪ノ下「し、失礼するわね」

八幡「お前、恥ずかしいからいやだって」

雪ノ下「……いつまでも、あなたの体液をつけたままでは気持ち悪いから、早く浴びたかっただけ」

雪ノ下「あ、あまり見ないでちょうだい!」

雪ノ下「……男性が見て楽しい体型ではないことは、自分でも分かっているもの」

八幡「いや……十分そそられる。今のお前」

雪ノ下「……本当に?」

八幡「それに言うだろ。貧乳はステータスで希少価値だってな」

雪ノ下「!!」

雪ノ下「……!」ゲシゲシッ

八幡「おい、蹴るな。それに、風呂場で片足立ちでキックなんてしたら」

雪ノ下「え、あ――」ツルッ

八幡「あぶね」グイッ

雪ノ下「……」ドッドッド

八幡「……お前、最近バカになってきてるだろ」

雪ノ下「だ、だからそれも!あなたのせいよ!」

八幡「……初めてかもな」

雪ノ下「何のことかしら」

八幡「雪ノ下と何もせずに裸で抱き合ってるのって」

雪ノ下「あっ……そ、そうかしら」

八幡「お前、終わったらすぐ片すし」

雪ノ下「そうだったかもしれないわね」

雪ノ下「でも、こうしているのも、なかなかいいものだわ」

八幡「……」

八幡「あ、そろそろ時間」

雪ノ下「……今日はもう、泊まっていきなさいよ」

八幡「誰んちに泊まるとか、あてないんだけど俺」

雪ノ下「正直に言えばいいでしょう」

八幡「え、いいのか」

雪ノ下「好きにすればいいでしょう。私は、もういいわよ。知られても」

小町「あ、おにいちゃーん?どしたのー?遅くなるの?」

小町「え、泊まる?ま、まさか!なにしたのお兄ちゃん、留置場なんて」

小町「え、違う?なーんだ、小町早とちり。え、雪乃さんち?へー」

小町「ってえええええ!?え、いやちょっと待ってお兄ちゃん!お兄ちゃん!?」


八幡「驚かれたわ」

雪ノ下「そう」

雪ノ下「夕飯の準備をするから、座って待っていてくれるかしら」

雪ノ下「……私の私物には、あまりさわらないように」

八幡「はいはい」

八幡「……なあ、裸エプロンって」

雪ノ下「するわけないでしょう」

雪ノ下「どうぞ」

八幡「ん」

八幡「……明日も、一日籠るのか」

雪ノ下「そうね……折角の休日だもの。合間に少し出掛けるのも、いいでしょうね」

雪ノ下「ずっと部屋にいるのは、確かに不健康だわ」

八幡「部屋の中だけど、体は動かしてるけどな」

雪ノ下「そういう下ネタはやめて」


八幡「で、また勉強かよ」

雪ノ下「寝る前に時間があるのだから、少しでもやっておくべきでしょう」

雪ノ下「最近、少し疎かになっていたのだし」

八幡「誰かさんのせいでな」

雪ノ下「仕返しのつもり?」

八幡「仕返し?」

雪ノ下「……私が、いつもあなたのせいだと言うから」

八幡「別に。それは気にしてない」

雪ノ下「それなら、いいのだけれど……」

雪ノ下「分かっているのよ。こうなっているのは、私が、自分が弱いからだと」

八幡「……」

雪ノ下「自分がこんなに弱かったなんて、私、知らなかった……」

八幡「正直に言うが。俺は、今の雪ノ下雪乃に、失望している」

雪ノ下「そう……仕方ないわね。自分自身、今の私には、嫌になる」

雪ノ下「そう思われても仕方ないわね。でも……お願い、捨てないで……」

八幡「何か勘違いしているようだが。別に、別れ話をしているわけじゃないだろ」

雪ノ下「でも、あなたが今……」

八幡「確かに、雪ノ下雪乃に失望したが、それは憧れの雪ノ下雪乃だ」

八幡「憧れなんて、一生憧れだ。触れようとも思わない」

八幡「彼女にするなら、今の雪ノ下のほうがいいと、俺は思う」

雪ノ下「……本当に?嘘はついていない?」

八幡「聞き返さないでくれ。もう二度と同じことは言いたくない」

雪ノ下「それは、困るわね……私は何度も聞きたいのだもの。はっきり、あなたの口から。簡潔に」

八幡「……お前が好きだ。とでも言えばいいのか」

雪ノ下「もう一度」

八幡「お前は俺を恥ずかしさで殺したいのか」

雪ノ下「なら、私が言うわ。愛してる、比企谷くん……」ノソリ

八幡「お前、勉強は」

雪ノ下「続けられる心境ではないわ」

陽乃「雪乃ちゃんから比企谷君寝取ったったったっwww」

>>86
>>24

八幡「さっき風呂入っただろ。また入るの面倒なんだが」

雪ノ下「そのまま寝てしまえばいいのではないかしら」

雪ノ下「どうせ明日は休日よ」

八幡「さっき、俺の体液がついたままなのは気持ち悪いって、言ってたよな」

八幡「ちゃんと雪ノ下に言われた心にぐさっときた台詞として、チャートインしてるぞ」

雪ノ下「そんなこと言ったかしら。そんなちょっとした言葉の綾をぐちぐちとあげつらって、みみっちい男ね」

八幡「ああ。俺はそういう男なんでね。言われたくないのなら言葉には気を付けろよ。俺だって傷つくんだからな」

雪ノ下「あなた、私が比企谷くんにそんな優しい言葉ばかりかけるところを想像したうえで、そんなことを言っているのかしら」

八幡「……そうだな。そんなんじゃ、俺の好きな雪ノ下とは違うか」

雪ノ下「そ、そんなことを言うなんて、あなたも大分興奮しているようね」

八幡「なんせあの雪ノ下雪乃さんに迫られている最中なんでね」

雪ノ下「そうね。光栄に思いなさい。この先あなたの人生で、私と付き合い続けない限り、今以上の至福の時は訪れないわよ」

八幡(それはつまり自分とずっと付き合えってことっすか)

八幡「すげえ自信」

雪ノ下「自信ではないわ……事実よ……んっ」

八幡「まあ、否定はしない」


雪ノ下「……比企谷君?どこへ行くつもり?まさか、今さら帰るなんて」

八幡「なんだ、起こしたか。トイレに行くだけだ」

雪ノ下「そう……」


八幡「まだ起きてたのか」

雪ノ下「遅かったじゃない」ムスッ

八幡「喉が乾いたんだよ。ほら、お前も飲むか」

雪ノ下「ええ、頂くわ。ねえ……」

八幡「なんだ」

雪ノ下「朝まで、隣から、いなくならないでね……?」

アラサーだよ!

>>86
安易に寝取られるよりも、八幡には「自分は妹さんが好きなんで」とはっきり振られ、
だんだんむきになって次第に病んじゃって
監禁逆レイプの後にゆきのんに見せつけるほうがいいかな

「ん、ん、ん」パンパン

八幡「なんだ……変な感覚が……」

雪ノ下「ふぅ、ふぅ」パンパン

八幡「……何やってんすか雪ノ下さん」

雪ノ下「あら、起きたの……ちょっと……待って……もう、少し……あ、あ、あ、あ」パンパン

雪ノ下「ああっ」ビクッビクッ

雪ノ下「ふぅー、ふぅー」

八幡「……目が覚めたらヤられてるとか、実際にあるとビビるんだな」

八幡「すぐ興奮して責めるとか無理だったわ」

雪ノ下「……ごめんなさい。起きて、あなたの裸を見ていたら、その、やる気になってしまって」

八幡(昨日ことで少し性欲が収まるかと思ったら、そんなことなかったでござる)

八幡「これって、普通なら強姦と呼べるんじゃないだろうか」

八幡「相手の意識がない状態でとか、裁判で勝てるぞ」

雪ノ下「……いいじゃない、付き合っている相手なのだから」

八幡「慎みという概念は無いのか」

雪ノ下「私だって、二人きりの時でなければ、自重するに決まっているでしょう」

雪ノ下「あなたって、本当に鬼畜ね。私をそうやって言葉で責め立てて暗い喜びに浸るだなんて、人の所業ではないわ」

雪ノ下「罰として、もう一回させてもらうわ」

八幡「お前ほんと、慎みというか、遠慮がなくなったな」

雪ノ下「……いいわ。私が間違っているというなら、もっと罵ればいいじゃない。私はそんなことには屈しない」

八幡「……お前それ、自分が罵られたいだけだろ」

雪ノ下「そんなことありえないわ」

風呂場

雪ノ下「比企谷くん、せっかく一緒に入ったのだから、お互いがお互いの体を洗った方が効率がいいと思うのだけれど」

八幡「昨日まで、風呂に一緒に入ることを恥ずかしいと言っていたやつの台詞とは思えないな」

雪ノ下「私は効率について話をしているのよ」

八幡「さようですか。好きにしたらいいんじゃないですか」

八幡「俺はどっちでもいい」

雪ノ下「そのどちらでもいいという曖昧な態度が、あなたの言葉を借りるなら、この国をダメにしたんじゃなかったかしら」

八幡「素直に洗ってほしいって言えよ」

雪ノ下「あ、洗って、ください……」

八幡「よしきた」

八幡「お客さん、かゆいとこはありませんかー」

雪ノ下「……ないけれど。ちょっと比企谷くん、あなた、女の子の頭の洗いかたが大分なれているようだけど」

八幡「そりゃ、小町のを洗ってたからな」

スマホの電池切れそう

予備バッテリーに交換してくる

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄
  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/
    ドゴォォォォン!!
        ; '     ;
     \,,(' ⌒`;;)
   !!,' (;; (´・:;⌒)/
  ∧_∧(;. (´⌒` ,;) ) ’
Σ(* ・ω・)((´:,(’ ,; ;'),`
 ⊂ヽ ⊂ ) / ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄\/___/ ̄ ̄ ̄

          /\
     . ∵ ./  ./|
     _, ,_゚ ∴\//
   (ノ゚Д゚)ノ   |/
  /  /

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ     ポチポチポチポチポチポチ
ポチ(∩`・ω・) ポチポチポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄/_
      /_/

雪ノ下「そう……良かったわね、比企谷君」

八幡「何がだ」

雪ノ下「別の答えが帰ってきていたら、あなた、明日の朝刊に載っていたわよ」

八幡「ははは、冗談きついっすわ、雪ノ下さん」

雪ノ下「私は、笑えない冗談というのは、好きではないのだけれど」クルッ

八幡「そ、そうですか」

八幡(やべえ、目がマジだよ……)

八幡「お、お客さん。そろそろ流すんで目をつぶっててください」

雪ノ下「ちゃんとわかったでしょうね……」ボソッ

八幡「……」シャアアアア

八幡(このまま全部水に流れればいいのに……)

陽乃さんとゆきのんって、昔風呂をよく一緒に入ったりしたんだろうか
なさそう

八幡「どうする。体洗うか」

雪ノ下「いえ、先にあなたの頭を洗ってしまいましょう」

八幡「じゃあ、次は俺が座るぞ」

雪ノ下「ええ」

雪ノ下「比企谷君。私は、あなたと違って、人の頭を洗った経験というものがあまりないのだけれど」

八幡「へぇ」

八幡(お前も姉がいるだろ、とかのツッコミはしないほうがいいんだろうな)

雪ノ下「ダメなら、すぐに言ってちょうだい」

雪ノ下「……」シャコシャコ

雪ノ下「……かゆいところはないかしら?」

八幡「いや、そのまま頼むわ」

八幡(他人に、しかも女に頭洗ってもらうとか、どんだけ久しぶりだろうか)

八幡(やばい。これは気持ちいいな)

来客すまん

雪ノ下「……」シャアアアア

雪ノ下「さ、次は体を洗いましょう」

八幡「なあ。別に体は自分で洗えばよくね」

雪ノ下「なぜかしら」

八幡「いや……」

八幡(また流れでそのままヤることになりそうだからだ)

雪ノ下「……確かに、私の体は脂肪も薄いし、洗い心地よくなくて、あなたは楽しくないでしょうね」

雪ノ下「私は少し、あなたとこういう、普通の恋人みたいなことをしてみたかったのだけれど……」

雪ノ下「あなたが嫌というのなら」

八幡「おい、そういうしおらしいのやめろ。心がきゅんとしぼられた感じがしただろ」

八幡「心をえぐられる方がまだマシだわ」

雪ノ下「それはするということかしら」

八幡「ああ」

雪ノ下「そう、ありがとう」

八幡(かわいい。もっと普段から素直に笑えばいいと思うが)

八幡(はっ、俺は今なんてリア充ちっくな思考を……もしやこれが噂に聞く、惚れた弱味というやつだろうか)

雪ノ下「じゃあ先に、あなたを洗ってあげるわ」

八幡「……流れから言えば、俺が先にお前の体を洗う番だと思うが」

雪ノ下「楽しみは最後に取っておくものでしょう」

八幡(……なるほど……雪ノ下の作戦は読めたぞ)

八幡(先に俺の体を洗ったついでに、俺の息子を刺激)

八幡(そして自分の体を洗わせることにより、俺からやらせようというわけだ)

八幡(だが、残念だが俺は乗ってやるわけにはいかん)

八幡(マジでちょっと赤玉とか出そうだもの)

雪ノ下「……」ニュルニュル

八幡「あの、雪ノ下さん」

雪ノ下「なにかしら」

八幡「タオルとか使って洗わないんですか」

雪ノ下「そうね」ニュルニュル

八幡(スルーじゃん)

八幡「あの、雪ノ下さん」

雪ノ下「なにかしら」

八幡「手つきがいやらしい気がするんですが」

雪ノ下「あら、比企谷君。それはあなたがそういう気分だからじゃないかしら」

雪ノ下「あなたがしたいというのなら、別に私はこのまましてもいいのだけれど」

八幡「いや、別にいいわ」

雪ノ下「そう……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「……」グイッ

八幡「……当たってるぞ雪ノ下」

雪ノ下「仕方ないでしょう。前を洗うためには必然的にこの体勢になるのだから」

八幡「もっと方法があると思うが」

雪ノ下「そんなことはありえないわ」サワーリサワーリ

八幡(やはり手つきがいやらしい)

雪ノ下「……」コスーリ

八幡「あ、そこはいいから」

雪ノ下「なぜかしら」

八幡「そこは一番大事なところだからな。自分で洗うと決めている」

雪ノ下「私はあなたに、まだ大事なところを触らせてもらえないほど、信頼されていなかったのね……」サワーリサワーリ

八幡「しおらしくしながらちょっと触ってんじゃねえか」

八幡「もういいだろ。流してくれ」

雪ノ下「仕方ないわね……」シャアアアア

八幡「ありがとさん」

雪ノ下「じゃあ、次は私を洗ってちょうだい」ストン

八幡「……」

雪ノ下「ねえ、早くしてくれないかしら……」

八幡(く、こうして改めてまじまじと見ると、色っぽいじゃないか)

八幡(流し目から、髪を首の横に流したことで見えるうなじ、背中と来て、椅子の上に座った尻の割れ目がエロさを完結させている)

八幡(ヤる前に見せられてたらやばかったわ)

八幡「そういえば、タオルは?」

雪ノ下「あら、どこにいったのかしら。ないようだから、手で洗えばいいでしょう」

八幡(用意周到かよ……)

ちょっとgdってきた

いや、俺の思考がgdってきたわ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年10月12日 (土) 18:51:35   ID: C8cELx5u

続き早う(๏д๏)

2 :  SS好きの774さん   2013年12月21日 (土) 09:53:39   ID: siYx6CGg

なんか、、、、、

3 :  SS好きの774さん   2014年01月02日 (木) 00:42:09   ID: SWPppooj

おお…

4 :  SS好きの774さん   2014年01月25日 (土) 17:13:55   ID: r6TZmMCP

もふふふふ

5 :  SS好きの774さん   2014年04月23日 (水) 07:44:35   ID: UReURIuC

エタったか……

6 :  SS好きの774さん   2014年05月24日 (土) 18:54:59   ID: A_Kauize

7 :  SS好きの774さん   2014年09月27日 (土) 23:38:20   ID: tihkvJ28

まんまん

8 :  SS好きの774さん   2015年02月14日 (土) 01:44:51   ID: QDMMh8Xb

しね

9 :  SS好きの774さん   2015年04月02日 (木) 00:21:53   ID: T6-a-azF

いいね〜〜〜

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom