唯「うんたん♪」澪「まじでウザい」 (57)

唯「うんたん♪うんたん♪」

澪「チッ・・・」

唯「?」

澪「あーもうなんなのこの人障害者?」

律「ちょっと澪!?」

澪「高校生にもなってこんなレベル低い奴とツルみたくないんだけど!」ガタッ

律「なんだよその言い方!謝れよ・・ってどこ行くんだよー!」

澪「今日彼氏と約束あるし。とりあえず帰るわ」スタスタ・・・

律「ごっごめんな唯・・気にしないで・・」

律「どうしちゃったんだよ澪のやつ~!」

唯「澪ちゃん私のこと嫌いなのかな・・・」

澪(高校生になったらカッコイイ大人の女になりたかったのになんであんな程度の低い奴のペースに合わせなきゃなんないのよ・・!)

ムギ「どうしたんでしょう澪さん・・」

律「私らいつも通りだったのにいきなり怒り出したな」

唯「私のことが気に入らないんだと思う・・」

律「唯はなにも悪くないだろ!」

唯「私が抜けてて気が利かないから・・澪ちゃん怒っちゃったよぉ・・・」

律「ええ~別にそんなことないだろ・・」

唯「とにかく明日澪ちゃんに謝ってみるよぉ・・」

ー次の日部室

唯「ギー太アターック!!!」

ガラッ

律「あはははっ・・!あっ、おーっす澪~!」

澪「・・・なにしてんの」

律「特撮ごっこだ!澪もやろ~ぜ」

澪「いややんないしつーか今日退部届け出しに来ただけだから」

律「えっ・・・」

澪「こんな低レベルな集団の中に居たら私まで頭可笑しくなっちゃいそう・・特に唯」

唯「みっ澪ちゃん・・あのね・・私澪ちゃんと仲直りしたいから・・ごめんね・・私の子供っぽいところが嫌だったんだよね・・・ちゃんと大人になるから・・」

澪「あーもうそうやってヘコヘコヘラヘラしてんのがムカつくの!」

律「おいさっきから聞いてりゃひどくないか?」

ムギ「澪さんちょっとその発言には幻滅しました・・・」

澪「あんたらもそーやってコイツを甘やかすからいつまでも頭オカシイまま成長出来ないんだよ!」

律「んだとっ・・・」

唯「りっちゃんいいのー!そうなの私が悪いの澪ちゃんの言うとおりなの!」

澪「フン・・まあとにかく私は辞めるから、じゃあね」

唯「私も辞める!辞めて・・澪ちゃんに弟子入りします!」

澪「は?」

ムギ律「は?」

律「おいおいおい2人も辞めたら軽音部続けられないだろうがー!」

唯「ごめんねりっちゃん私・・変わりたいの!澪ちゃんみたくなりたいの!」

澪「いやいやいやいやいや」

澪「無理なんだけど・・えなんでこんなのに懐かれてんの」

律「おーい唯澪の言うことなんか気にして無理やり変わることなんてないぞー!もう澪なんてほっといて私らで楽しくやろうぜー!」

ムギ「そうよ唯ちゃん気分変えてお茶にしましょ」

唯「ううんりっちゃんごめん・・・私の意思は固いんだ!澪ちゃん一生のお願い!!!」(愛され天然系で行ったのに澪ちゃん以外にしか気に入られなかった・・澪ちゃん辞めるって言うし・・残りのザコ2人しかいない軽音部とか居る意味ないっしょ・・)

澪「なんか必死でキモいんだけど・・・弟子とかなに・・そんなダサいもんいらないから・・大体彼氏とのデートで忙しくてアンタに構ってらんないし・・・」

唯「それー!!!!」

澪「!?」

唯「澪ちゃんカッコイイなあ~彼氏とか出来てすごいJKっぽい・・私子供っぽいからそういうの全然だし・・・澪ちゃんみたいに女子高生ライフ楽しみたいの!」

澪「えっ・・///そうかな・・まあ・・・唯くらいイモい子のほうがプロデュースしがいあるしまあ弟子にしてやっても・・」

唯「ってことだからりっちゃんムギちゃんごめん!!私も辞めるね!!」

律「オイー!私らの軽音部はー?!」

ムギ「うっわまじねぇ・・・」

唯(はあ・・・なんとかザコを切り離して澪ちゃんとも仲直り出来たぞ・・・)

唯(へへっ実は部室で初めて会った日から澪ちゃんにほの字なの・・)

唯(澪ちゃんは見た目清楚なお姉様系だから可愛がられたくて知能足りてない系妹系キャラで行ったら失敗だったの・・)

唯(澪ちゃん以外と性格キツイし(でもそこもいいもっとイジメられたい)彼氏持ちだもんな~女子校の美少女レズ率って幻想だったよ~)

唯(とりあえずこれから彼氏と別れさせて私が慰める作戦開始だ!!)

唯「み~おちゃんっ♪」

澪「お~唯・・あっ今日化粧してきた?」

唯「えへへこれ澪ちゃんオススメのマジョマジョ新作マスカラ♪」

澪「いいじゃん♪」(へー唯もこれくらい垢抜ければ一緒に連んでても恥ずかしくないじゃん)

唯「澪ちゃんも化粧気合い入ってるね~♪もしや今日彼氏とデート?」

澪「チッ・・・」

澪「ん~あー彼氏ねー・・実は・・」

唯(おっ?この反応は彼氏とうまく行ってない感じ・・?私の出る幕もなく別れちゃうかな?)

澪「や~でも唯に言ったって無駄だわ」

唯「チッ」

澪「え?」

唯「あっううん・・」(可愛い女の子にしか興味ない上恋愛経験ゼロだから私には恋愛相談してくれないよ~;;)

数日後ー

澪「♪」

唯「機嫌いいね」

澪「ん?ん~♪」

唯「最近彼氏とはどう?」

澪「順調だよ♪」

唯「良かったね♪」(くっそ~すーぐ別れそうなったりラブラブなったりするな~)

澪「唯は彼氏作らないの?」

唯「えっわ、私は・・・」(彼氏なんていらないよ!!澪ちゃん澪ちゃん!!!澪ちゃんがいいの!!!!!!)

澪「いない歴=年齢とか相当ダサいよ~そんなダサい奴私の友達に相応しくないんだよね~」

唯「じゃあ澪ちゃん付き合ってよ・・・!」

澪「は?まじ無理気持ち悪いこと言わないで」

唯「えへへ冗談・・・」(うわあああああん)

律「クッソォ~あいつら楽しそうにしやがって~」

ムギ「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」

唯(気持ち悪い、かあ~)

唯(なーんかこの恋叶う気がしないよ~。)

唯(自分が同性愛者で、好きな人も同性愛者なんてありえないよ!薄い本の嘘つき!)

唯(一生恋愛なんて出来ないのかな~。)

唯(好きだったよ、澪ちゃん・・・・)

唯「・・・」ポチポチ

唯「条件、黒髪、ロングっと・・・」

唯「やってしまった・・・」

唯「レズの出会い系掲示板で恋人探し・・・」

唯「澪ちゃんのことが忘れきれなくて、条件は澪ちゃんとおんなじ黒髪ロングの女の子。」

唯「近場で一人見つかって、待ち合わせ中。」

唯「あ~緊張するな~。なんか怖いなあ~。黒髪ロングのブスが来たらどう逃げよう・・・」

???「あの~・・・」

唯「はっはい!」

???「ユイさんですか?」

唯「あっ・・はい!!!」

唯「えと・・・アズサさん?」

梓「はいっ!はっ始めまして・・・」

唯(うわ!うわ!可愛い・・・!見た目は私の望んだお姉様系じゃないけど・・めっちゃ美少女!!!)

唯「えっと・・19歳?ですよね・・?」

梓「ごめんなさい実年齢晒すの怖くて、本当は15歳です・・・」

唯「えっ!年下!私16歳・・えっ15で・・こういうのよく使ってるの?」

梓「いえ初めてです!年が近くて可愛い子で安心しました^^」

唯「えへへ・・じゃあよろしく・・アズサちゃん・・これも偽名かな・・?」

梓「いえ逆に本名ですwじゃあ・・行きます?ユイセンパイ・・・?w先輩可愛いから・・我慢出来なくなって来ちゃいました・・・///」

唯「先輩だなんて・・そんな・・年上だけど・・・梓ちゃんの先輩ってワケじゃ・・」(顔は申し分ないけど私が年下キャラがいいの~!そのツインテも可愛いけど妹キャラすぎるよ~!)

唯「へえ、ホテルって年齢確認とかないんだね~。ビクビクしちゃった・・」

梓「ふふ、先輩・・はやくシましょ?///」

唯「あっその前にそのツインテール・・ほどいたの見たい!!」

梓「?・・・まあいいですよ」シュル

唯(!!澪ちゃんみたい・・・!可愛い・・!)


唯「んっ・・はあっはあ・・」レロレロ(う~ん貧乳すぎる・・澪ちゃんの舐めたい・・・・)

梓「あっあっ・・・んぅっ!きもちぃよぉ!!あぁんっ!みるくでちゃうっっ!あずさのみるくでちゃうよぉお!!」

唯「おいひぃっ!澪ちゃんのみゆくおいひいよおぉっ!!!」

梓「は?」

梓「澪って誰」

唯「あっ・・」

梓「彼女いるのに出会い系なんか使って私を弄んだんですか?」

唯「違うよ!彼女なんてできたことないし!」

梓「じゃあ澪って誰ですか?」

唯「好きだった人・・・でもノンケで・・・」

梓「可哀想な唯先輩・・・私が忘れさせてあげますよ・・・ねえ・・・可愛い唯先輩・・・梓と付き合って・・・?」

唯「うう・・・本当に・・・?でも私・・ドMだよ・・?黒髪ロングのお姉様にイジメられたいってずっと思ってたの!」

梓「うん・・・唯先輩のこといっぱい可愛がってあげますよ・・」ぎゅっ

唯「えへへ・・///」

ちゅっ

~fin~

そのころ部室では

律「むぎ‥」ハァハァ

むぎ「りっちゃん‥」

律「ぐおぉぉぉ!!」ガブッ

むぎ「ぎゃあぁぁぁわたしのたくあーん!!」

律「んぐんぐ‥まずっ」ペッ

むぎ「ガーン」

~fin~

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom