幼馴染「やっぱり男が一番だった」 (971)

幼馴染「あのさ、もう別れよ」

男「…ああ…分かった」

幼馴染「へぇ~、随分とあっさりしてるね」

男「…何となく分かってたからさ…」

幼馴染「あっそ」

男「…最後に俺のどこがダメだったか教えてくれないか?」

幼馴染「別に駄目な所は無かったよ、ただあなたより好きな人が出来ただけ」

男「…」

チャラ男「おーい、話終わったか?」

幼馴染「あっ、チャラ男くんっ!!待って今行くから」

ちゃらお(´・ω・`)

幼馴染「それじゃ、バイバイ」

男「まぁ、待て」

幼馴染「ん?何?」

男「別れるって事は昔した約束は白紙でいいんだな?」

幼馴染「何の話してるの?」

男「小さい時に結婚しようって約束しただろ?」

幼馴染「…そんなの覚えてたの?…キモッ…」

男「…白紙でいいんだな?」

幼馴染「いいよ、そんな気持ち悪い約束なしで」

チャラ男「早くしろよな!置いてくぞ!!」

幼馴染「あっ!!ま、待って!!」タッタッタ

ちゃらおあばよ(´・ω・`)

男「…」

男「…気持ち悪いか」

男「…確かにそうかもな…」

男「…」

男「くそが…ふざけんなよ」ポロポロ

チャラ男「で、ちゃんと別れたの?」

幼馴染「うん!もちろんだよ!!」

チャラ男「じゃあ、これでお前は俺だけの物だな」

幼馴染「もうっ///やめてよぉ」

チャラ男「それじゃ、これからどこ行く?」

幼馴染「どこでもいいよ、チャラ男君と一緒なら」

次の日

男「…」

男「(朝か…)」

「男、早く起きなさーい、学校遅刻するわよ」

男「(…学校…めんどくさいな…)」

男「…」

男「…起きるか」

これ見たことある

>>17
俺もそんな気がしてきた

学校

ガラッ

男「みんな、おはよう」

ザワザワ、ザワザワ

男「?おい、どうかしたのか?」

「…」プイッ

男「お、おい…」

「…話かけてんじゃねぇよ」ボソッ

男「っ!!」

男「…」

クスッ、クスクス

男「…(なんだよこれ…意味わかんねぇ)」

ガラッ

幼馴染「おはよ~」

「あっ!!幼馴染ちゃん、おはよう!!」

「ねぇ、大丈夫なの?休んだ方が…」

幼馴染「いいの、大丈夫」

男「お、おい、幼馴染…これってd

「ちょっと!!幼馴染ちゃんに近づかないでよ!!」

男「は?」

「は、じゃねぇだろぉが!!」ガシッ

男「うぐっ!!」

「お前本当に最低な奴だな…」

男「い、言ってる意味が分からない…なんかみんなおかしいぞ」

「おかしいのはあんたの方でしょ!!」

幼馴染「も、もういいから…やめてよ…」

男「…」

男「おい、お前…みんなに何て言ったんだ…」

幼馴染「わ、私はただ…昨日の事をそのまま…」

男「じゃあなんで俺が悪者になってんだよ!!」

幼馴染「っ!!ご、ごめんなさい…私は…」ビクビク

「やめろって言ってんだろ!!」

男「お、俺は何もやってない…本当だ…」

「嘘ついてんじゃねぇよ!!」

男「う、嘘じゃn

ガラッ

教師「おら、席に着け、欠席にすんぞ」

「…チッ」

男「…」

教師「おい、男」

男「は、はい?」

教師「その顔の傷どうした?誰かに殴られたか?」

男「い、いえ…別に」

教師「そうか?もし殴られたんなら先生に言えよ、そいつをぶん殴ってやるからな」

「え~、そんなことしたら訴えられますよ」

教師「そしたら、その訴えた奴を地の果てまで追いかけて殺すまでよ」

教師「いや、マジで」

「こわっ…」

放課後

教師「男ー」

男「何ですか?」

教師「お前やっぱりなんか合ったか?なんか今日おかしいぞ」

男「なんでもないですから…気にしないで下さい」

教師「まぁ、それなら私はいいけど」

男「…」

教師「ほいっ、それじゃあ今日もよろしく」

男「またですか?」

教師「いいじゃん、私は忙しいし、お前どうせ暇だろ?」

男「暇じゃn……いや…暇ですね」

教師「よしっ、それじゃあ頼んだ」

ピーンポーン

「は~い…」

ガチャ

男「すいません…」

「あらまぁ~、いつもごめんなさいね」

男「いえ、大丈夫ですよ」

「ささ、上がって上がって…」

男「…まだ出てこないんですか?」

「ええ…色々言ってはいるんだけど…中々ねぇ~」

男「そうですか…」

男「じゃあ、上がらせて貰いますね」

コンコン

女「!!」ビクッ

男「おい、プリント持ってきてやったぞ」

女「お、男くん…」

男「お前いい加減出てこいよ…何ヵ月とじ込もってんだよ…」

女「…」

男「…そろそろ出席日数もヤバイだろ?勉強なら俺が教えてやるからさ…」

女「…」

男「今からでもいいから学校に来い」

女「…やだ…行ったって…また虐められる…」

駄目だ、眠い

男「…」

女「もう絶対に学校にはいかない…怖い…」

男「…」

女「男くんはよく私のこと庇ってくれたけど…もう限界だったの…」

女「これ以上辛い思いしたくないの…ごめんね」

男「…」

女「だから私はもう学校にはいかない…」

男「…そうか、分かったよ」

男「まぁ、虐められるのは辛いしな…」

女「…うん」

男「そんなに嫌なら仕方ないかな、諦めるよ」

女「…ごめんね」

男「うん…じゃあ、お別れだな」

女「………え?」

男「最後くらい顔見たかったけど…仕方ないよな」

女「え…ちょ……えっ?」

男「じゃあ、帰るわ…元気でな」

男「お邪魔しました」

「ええ、ありがとね」

男「いえいえ、それじゃあ」

ガチャン

男「…」スタスタ

幼馴染「それでね~…」

チャラ男「ははは、マジか…」

男「あっ…幼馴染…」

幼馴染「ん?…うわぁ…最悪…」

チャラ男「あれ?元彼くんじゃないですかw」

男「うるせぇ黙れ」

チャラ男「うわっwこわっ」

男「おい、幼馴染お前どういうつもりだよ」

チャラ男「何が?」

男「お前には聞いてねぇよ、黙ってろって」

幼馴染「何のこと?全然分かんないんだけど…」

男「嘘ついてんじゃねぇよ!!お前マジで何なんだよ!!」

幼馴染「チャラ男くんの恋人で~す」ギュ

チャラ男「そういうことw」

男 イラッ

男「…」

チャラ男「あ、あれ?もしかして怒っちゃった?」

バキッ

チャラ男「うっ!!」

幼馴染「!!ちょ、ちょっとチャラ男くんに何すんのよ!?」

バキッ、ボキッ

チャラ男「うぐっ!や、やめっ!!」

幼馴染「や、やめてって…だ、誰かー!!」

男「!!」

幼馴染「誰か助けて下さい!!」

男「お、おい!!大声出すな!!」

警官「おい!!なにやってるんだ!!」

幼馴染「お、お巡りさん!!こいつです!!」

男「ち、違います!!お、俺は…」

警官「いいから!!話は後で聞くから来なさい!!」

男「!!」

幼馴染「チャラ男くん、大丈夫!!」

チャラ男「いって~…ひどい目に合ったぜ…」

警官「大丈夫かい?一応病院で見てもらいなさい」

警官「ほら行くぞ!!」

男「だ、だから…俺は何も…」

警官「言い訳するな、このクズが…」

男「そ、そんな…」

交番

教師「いや~、この度は誠に申し訳ありませんでした」

男「…」

教師「ほら、お前も形だけでも頭を下げろ」

男「…すいませんでした」

警官「いや、すいませんじゃなk

教師「後はこっちの方でしっかりと注意しとくんで」

警官「だから、そういう問題ではなくt

教師「よし!!帰るぞ男!!」グィ

男「は、はい…」

警官「ちょ、ちょっと!!待ちなさい!!」

警官「…」

警官「まぁ、いいか…めんどくせぇし」

男「わざわざ…すいませんでした」

教師「まぁ、気にするなよ」

男「…」

教師「それにしてもお前が喧嘩何て珍しいな…」

男「…すいません」

教師「いいの、いいの男の子はやんちゃなくらいが丁度いいの」

男「本当にすいませんでした…」

教師「だからいいって言ってるだろ?怒るぞ?」

男「す、すいません…」

教師「冗談だよ、お前は本当に可愛い奴だな」

女と教師以外クズ確定
教師も生徒の前で殺す発言したりで閾手前だが

男「…俺はこの辺で」

教師「ん、ああ…また明日な」

男「はい…それじゃ…」

教師「おう、またな明日な!!」

男「…」スタスタ

教師「絶対に来いよ!!休んだら家に行くからな!!」

男「…」スタスタ

女「…ふぅ…」

女「…よしっ!!」

ガチャ

女「お母さん!!」

「!!お、女…あ、あなた…」

女「今までごめんね、私明日から学校に行くから!!」

「ほ、ほんとに!!?」

女「うん!!髪伸びたから床屋さん行ってくるね!!」

「と、床屋でいいの?美容院とかの方が…」

女「わ、私なんかがそんなとこ勿体無いよ…いつもは自分で切ることもあるし…床屋で十分d

「ダメ!!ちゃんと可愛くしてもらいなさい!!私も一緒に行くから!!」

女「う、うん!」

美容師「こんなもんすか?」

「おお!!いいじゃない!!」

女「ううっ…髪が目にかかってないと眩しいよ…」

美容師「我ながら素晴らしい出来だわ…」

女「か、可愛くなってますか?」

美容師「もちろんです。めっちゃ可愛くなってますよ」

「うん、すっごく可愛いわぁ~、今までのが嘘みたい」

女「ううっ…」カァ

次の日

「おい、聞いたかよ」

「ああ、男の奴な…ほんとにダメだなあいつ」

「ほんとさいて~、もう学校来ないでほしいんですけど」

ガラッ

男「…」

ザワザワ、ザワザワ

幼馴染「おはよー」

「あっ、おはよー」

「幼馴染ちゃん、ほんとに大変だよねー…あいつのせいで…」

ヒソヒソ、ヒソヒソ

男「(くそっ…なんで俺だけが悪者に…)」

女「ううっ…校門に着いちゃった…」

女「か、帰ろっかな…また明日チャレンジすれば…」

「あ、あの!!」

女「は、はいぃ!!?」

「き、君ここの生徒?見たことないけど」

女「あ、あのっ…は、はい…一応…」

「あっ!!わ、わかった転校生だ!!」

女「ち、違います!!お、遅れるので失礼しまっす!!」タッタッタ

「ま、待ってくれ!!せめて名前だけでも…」

女「(ううっ…いきなり変な人に絡まれた…学校怖いよ男くん…)」タッタッタ

文才無いけど書いていい?
妄想で完結したんで
あといろいろ酷いかもしれんがそれでもよければ

女(さっきの人なんだったんだろう・・・)タッタッ

ガラッ

女「お、おはよう・・・」

「お、おはよう」

「転校生かしら」ヒソヒソ

女「男君おはよう・・・」

男「おはよう」

ガラッ

教師「はーい席について~」

教師「あれ?そこの娘は?」

男「あーこいつあの~」

女「女です」

教師「おおそうか席につきなさい」

女「はい」

昼休み

男「学校に来たの久しぶりだなお前」

女「まあ・・・ね」

男「どうしたんだ?しかもイメチェンまでして」

女「あっ、これは、その、あれ」

男「えっ、マジかよ・・・そりゃそうだよなぁ・・・元が綺麗だからなぁ・・・」ブツブツ

女「ええっ///」

男「いや何でもない、忘れてくれ」

女「う、うん・・・」

「見てあれー男よ~」ヒソヒソ

男「・・・はぁ」

女「男くーん」タッタッ

男「あ、女、どうかした?」

女「ハァハァ、いや一緒に帰ろうと思ってさ」

男「そうか、いきなり走ってくるもんだから何かあったのかと思ったわ、じゃ帰るか」

男「そういえば女と一緒に帰るの久しぶりだなぁ」

女「そ、そうね」

男「と言うか女どうしたんだ?朝から様子がおかしいけど、どこか悪いのか?」

女「い、いやっ!何でも無いわよっ!」

男「ならいいけどさ」

女「ねぇ男君、彼女の幼馴染さんとは今も上手くやってるの?」

男「それがさ・・・この間フラれちゃったんだよね」

女「えっ・・・」

男「それがさ、何か俺に非があって別れたのかと思ったら単純に新しい男が出来たんだって」

女「・・・・・・」

男「笑えるだろ?な?・・・」

女「男君・・・」

女(なんとか元気づけたいけど・・・)

女(そういえば駅前に喫茶店が出来たんだっけ、そこ言ってみようかしら)

女「あのさ!駅前に喫茶店が出来たらしいけどさ、一緒に行かない?」

男「俺は遠慮しとくよ」

女「いいから一緒に行きましょうよー」

男「仕方ねぇな、わーったよ」

女(よかった・・・)

女ちゃんの引きこもり要素がゼロになってる
やり直し

女「あそこよ男君」

男「じゃ早速いってみ・・・」

幼馴染「ねぇ~チャラ男君さっき撮ったプリクラ見てよ~」

チャラ男「2枚目の方がいいっすねーwwwってあれ男じゃね?」

幼馴染「本当だ~www男くーん元気ー?wwwww」

男(何だよあれ・・・清楚な幼馴染が完全にギャルになってやがる・・・)

男「やっぱここはやめてさ、他の所いかない?」

女「別にいいけど・・・」

男(さっさとここから離れよう)

幼馴染「ねー男君無視しないでよーwwwww」

男「・・・・・・」

幼馴染「男君彼女出来たのー?wwwww」

男「そうだよ、だから二度と関わるな、いいな?」

幼馴染「・・・いいよもう!チャラ男君次はあっちのお店いこー」

男(よかったぁ・・・)

>>123
そこはお前らが得意な脳内補正でどうにかしてよ

男「適当にここらへんに来たけど・・・コンビニしかねーや」

男「女、何か食べたい物ある?」

女「んーじゃあ私はモナカアイスで」

男「分かった、買ってくる」ウィーン

男「えーとモナカアイスモナカアイスと、あった」

店員「310円になります」

男「ほい」

店員「アリガトーゴザイヤシター」

男「おまたせ、バニラ味しかなかったけどいいかな?」

女「ありがとう」パクパク

お前ら男と女のラブコメ求めてるんじゃなくて幼馴染をどん底に落としたいのか・・・
よっしゃまってろよ

男「何か俺ら・・・恋人みたいだよな」

女「えっ?」

男「そりゃ俺なんかと恋人なんて嫌だよな・・・」

女「ううん、そんな事ない、男君の事私・・・好きっ!」

                  ハッピーエンド

よし
じゃもちろん幼馴染編も必要だよな?

これ一応>>94からの続きって体裁なんだよな……?
キャラ名以外に繋がりが感じられないんだが

幼馴染「何なのよあいつ!」

チャラ男「まあまあ、それより俺んち行ってヤろうぜ」

幼馴染「コンドームある?」

チャラ男「おうもちろん」

幼馴染「じゃオッケーね、行きましょ」

あー俺エロ描写無理だしこれから仕事なんであとは俺の続きからやるなり>>1氏の直前からやってください

新・保守時間の目安 (平日用)
00:00-02:00 15分以内
02:00-04:00 25分以内
04:00-09:00 45分以内
09:00-16:00 25分以内
16:00-19:00 15分以内
19:00-00:00 5分以内

教室前

女(緊張する・・・帰りたいよ・・・)

女「でも勇気を出して!!」

がららー

(誰だ・・・? あれ女じゃね? 髪切ったら可愛くねーか・・・)じろじろ

女(うぅ・・・皆こっち見てる・・・男君・・・あ、いた)すたすた

女「お、おはよう」ぼそっ

男「・・・」

女「? 男君、寝てるの?」

男「いや・・・ん、え? 女じゃん、何で学校にいんの?」

女「えっと・・・その・・・」

帰ってきたか
それとも第2の乗っ取りか

すまん、寝てしまっていた

寝ないで良かった

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

>>1戻って来たんだからいつまでも構ってないでNGしろよ

>>94から

「なぁ、あれ誰だよ!?」ヒソヒソ

「知らねぇよ!!こっちが知りたいわ!!」ヒソヒソ

「うわっ、何あの子…すっごい可愛いわ…」ヒソヒソ

「あんな子現実にいるんだねー」ヒソヒソ

女「(ううっ…すっごい見られてる…)」

女「(どうせみんな私の悪口言ってるんだ…そうに決まってる…)」スタスタ

教師「おお!!女じゃないか!?」

女「あ、ど、どもっ…」キョロキョロ

教師「いやぁ~、よかったよかった、まさかお前がまた学校に来てくれるとは」

女「は、はぃ…」キョロキョロ

「おい、女さんだってよ、ちゃんと覚えたか!?」

「もちろんだよ、彼女は僕の女神となる存在だ」

「いいなぁー、肌白いなー」

ザワザワ、ザワザワ

女「(もうやだよぉ…帰りたい…学校何て来なきゃよかった…)」

教師「よし、それじゃあ教室に行くか」

女「あ…いや…わ、私やっぱり…」

教師「ん?帰りたいのか?」

女「…」コクンッ

教師「う~ん…まぁ、一日だけ…いや午前中だけ頑張ってみろ」

女「わ、分かりました…午前中だけなら…」

教師「よし、それじゃあ行こうか」

教師「みんなおはよう、早く席に着け」

「はぁ~い…」

女「…」

「!!せ、先生、て、転校生ですか!!?」

ザワザワ、ザワザワ、ザワザワ

教師「何言ってるんだ?みんな女の事忘れたのか?」

「え!!?お、女ってあのやたら髪が長くてキモかったあの女ですか!?」

教師「女の子の事をキモい言うな!!お前の方がキモいわ!!」

「す、すいません…」

女「…」プルプル

教師「お、おい…大丈夫か?震えてるぞ?」

女「だ、だいじぃ…大丈夫ですよ…」プルプル

教師「そ、そうか…まぁ取り合えず席に座れ」

女「は、はいぃ…」スタスタ

女「あっ…」

男「…おはよう」

女「お、おはよう…ございます…」

男「よかったな、学校これて…」

女「う、うん…そのありがとね…色々と…」

男「いや、俺はプリント届けてただけだから…」

女「そ、それでも…わ、私は…」

男「…」

女「ま、毎日…う、嬉しかったです……はい…」カァ

男「そうか?それならよかった…」

ヒソヒソ、ヒソヒソ、ヒソヒソヒソヒソ

ごめん、2時間ほど出掛けなくちゃ行けない
もし書きたい人がいらっしゃるのならご自由にどうぞ

間隔みじけえ

ありがと(*´∀`)♪

教師「で、あるからして……」

女「…」カキカキ

男「分かるか?…」

女「え?あっ…う、うん」

男「そうか、分からなかったらなんでも聞けよ」

女「う、うん…ありがとね」ニコッ

「うわっ、いいなぁ…男の奴…」

「なんであのクズが隣なんだよ…」

「ねぇねぇ、女さん彼氏とかっているの?」

女「え、い、いや…」

「いるに決まってるよ、こんなに可愛いんだし」

女「か、か可愛い…わ、私が…」

「まさか女さんがこんなに可愛かった何て、ほんとビックりしたよ」

女「…(な、なにこれ…新しいイジメ?…)」プルプル

ワイワイ、ガヤガヤ

幼馴染「…つまんない」ボソッ

キテタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

教師「おら、授業始めるぞー席つけーーー」

ガヤガヤ

教師「今日の授業はうんこ食い競争だ。誰かやってみたいやついるかー」

幼馴染み「はいはいはいーーーー!!!
私やります!!!
私うんこ大好きーーーーー(よし、これで目立てる!!!)」

教師「お、おう……じゃあやってみろ」

幼馴染み「ぐちゃぐちゃぬちゃぱくぱく」

「よかったらさ、今日一緒にどっか行かない?」

女「わ、私はいいです…はい…」

「えー、いいじゃんどっか行こうよ」

「そうだよ行こうって」

女「い、いいです…結構です…」プルプル

男「おい、お前らやめろよ」

「は?お前には言ってないんだけど?」

男「女さんが嫌がってるだろ?それにお前ら手のひら返しがすぎるぞ」

「な、何言ってんの?」

「わ、訳わかんねぇよ」

幼馴染みは入院し、以後うんこ女の名前をほしいままにする

男と女のその後については想像に任せます


end

男「分かんないのか?お前ら最低だな」

「お前に言われたくないわ!!」

「もしかしてお前女さんの事が好きなの?」

女「え!!」

男「なんで、そうなるんだか…小学生かよ…」

「うるせぇよバーカ!!」

男「はいはい、分かりました、それでいいですよ」

女「!!!!」

男「好きですよ、大好きです…これでいいんだろ?」

女「っ!?!?」

「お前ほんとうざいな…」

「死ねよ気持ち悪い」

ザワザワ、ザワザワ

男「めんどくさい奴等だな…いいかg

女「わ、私も大好きです!!」

男「え?」

「え?」

女「あ、あのずっと好きでした!!私も男くんの事が大好きです!!」

ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

女「お、男くんも私の事が好きなんだよね?」

男「えっと…」

女「ま、まさか…どどドッキリですか?そんなこと男くんはしないですよね?」ウルウル

男「そ、そんなことしないけど…」

女「!!じゃ、じゃあ本当なんですね?よ、よろしくお願いします!!」

男「え?あ、ああ…うん…って…あれ?」

女「私夢見たいです!!まさか男くんと両想いだったなんて!!」

「なんかカップル出来ちゃったよ…」

「なんで男なんだよ…くそっ」

幼馴染「…」

放課後

女「男くん、一緒に帰ろう?」

男「あ、ああ…うん」

女「えへへ…男くんと帰りたかったから私最後まで頑張ったんだ…」

幼馴染「…」

幼馴染「(なんかすごいイライラする…)」

チャラ男「おーい、幼馴染帰ろうz……って何あの可愛い子!?」

幼馴染「!!」

チャラ男「うわっ、めっちゃ可愛いじゃん…なんだよあれ」

幼馴染「チャ、チャラ男くん!!」

チャラ男「あ、ああ…わるいわるい…」

幼馴染「ほら!!早く行くよ!!」グィ

チャラ男「引っ張んなって…ところであの子名前何ての?」

幼馴染の黒さがかなり薄くなってるな
これは比較的健全な結びになりそう

女「ねぇ、男くん?」

男「ん?」

女「本当に私なんかでいいの?」

男「…女さんの方こそ本当に俺なんかでいいのか?」

女「も、もちろんだよ」

男「今の女さんなら俺なんかよりずっといい人とも簡単に付き合えると思うよ…」

女「お、男くんよりいい人なんかいません!!」

男「…ありがとね」

女「ううん、こっちこそありがとね…えへへっ」

チャラ男「なぁ、何怒ってんだよ」

幼馴染「別に…怒ってないって言ってるじゃん…」

チャラ男「あっそ(めんどくさい奴…こんな女やめときゃよかった)」

幼馴染「(みんなして女さん、女さんって…男まで…って男はどうでもいいか…)」

チャラ男「そろそろ潮時かなー」

幼馴染「?何が?」

チャラ男「べっつに~」

幼馴染「…」スタスタ

チャラ男「おい、待てよ歩くの早いって…」

ベチャ

少年「あっ、僕のアイス…」

チャラ男「あっ!!俺の服が…」

幼馴染「あっ、君…大丈夫?けがn

チャラ男「このクソガキが!!」バシッ

少年「うっ…」

幼馴染「!?チャラ男くん何やってんのよ!!」

チャラ男「あ!?俺が悪いってのか!!」

少年「う、うええぇぇぇんっ!!」

幼馴染「そ、そうは言ってないけど…子供を殴るなんて…(うわっ、何コイツ…)」

チャラ男「このクソガキが悪いんだろうが!!」バコッ

幼馴染「!!やめなさいっていってるでしょ!!」

DQN「おい、お前ら何やってんだよ!!」

チャラ男「あっ…い、いや別に…」

DQN「別にじゃねぇだろ、お前がこの坊主殴ってるとこみてんだよ」

チャラ男「うっ(やっべっ…3年のDQNだ…)」

DQN「おい、坊主大丈夫か?」

少年「ひっく…うっ…」コクンッ

DQN「よし、それじゃあ行け、コイツらは俺が何とかすっから」

少年「うん!!ありがとねお兄ちゃん!!」タッタッタ

チャラ男「そ、それじゃあ俺らも…」ガシッ

DQN「逃がすわけねぇだろ…付いてこい」

\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'

        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      

幼馴染には直接酷いしないでくれ
地味にひっそりと誰にも気にかけられることなく惨めさをかみしめながら哀れに死んで欲しいから

女「クラスのみんな…なんか態度変わってた…」

男「…そうだな」

女「最近はああいうイジメが流行ってるの?」

男「いや、別にあれはイジメじゃないよ」


DQN「さっさと立てやオラァ!!」

チャラ男「うっ…も、もう…勘弁してください…」

DQN「こんなもんで許す訳ねぇだろ!!」バキッ

幼馴染「…」

男「!!」

女「な、何あれ…喧嘩かな…」

男「…」

女「ど、どうしよう…お、お巡りさん呼ぶ?…」

男「…うん、女さんちょっと呼んできて」

女「わ、分かった、行ってくる!!」タッタッタ

チャラ男「…」ビクピクッ

DQN「…さて、次はお前だ」ギロッ

幼馴染「!!」ビクッ

幼馴染「わ、私は何もしてないですよ…そいつが勝手に…」

DQN「お前…なんで助けようとしないんだ?」

幼馴染「は、え?」

DQN「コイツ、お前の彼氏なんだろ?なんで助けねぇ?」

幼馴染「そ、それは…私じゃどうしようもないし…」

DQN「庇うなり、人呼んで来るなりできたはずだ…なのにただお前はずっと見てた」

幼馴染「…」

DQN「俺はそういう奴が一番嫌いなんだよ!!」

まぁDQNの考えることですし

幼馴染「そ、そんな…」

DQN「まぁ、女だからな、一発で許してやる」

DQN「歯くいしばれやぁ!!」

幼馴染「っ…」グッ

男「すいませんでした!!」ドサッ

DQN「ああ!!誰だよお前!?」

幼馴染「お、男…」

男「本当にすいませんでした!!」

DQN「だから誰だよお前は!?」

男「この二人の知り合いです、何があったか知りませんが代わりに謝ります」

DQN「うるせぇよ!!関係ない奴は引っ込んどけ!!」

男「本当に…本当にすいませんでした!!」ピタッ

幼馴染「男…」

男「殴るなら代わりに俺を殴って下さい!!」

DQN「…チッ…めんどくせぇな…もういいよ…」スタスタ

男「…すいませんでした、ありがとうございます」

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|

   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、 
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. 
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ   
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ

イラッときて突然チャラ男をボコった奴と同一人物とは思えない成長だな
やっぱり可愛い彼女の効果ってすげえ

男「…」

幼馴染「あ、あの…男…」

男「…じゃあな」

幼馴染「ま、待って!!」

幼馴染「そ、その、なんで…助けてくれたの?…私なんかを…」

男「…特に理由はないな…目の前にいたから助けた…」

幼馴染「で、でも…私男にひどいことしたのに…」

男「…別に…かんk

女「男くん!!お巡りさん呼んできたよ!!」

警官「また貴様らか!!今度ばかりは許さんぞ!!」

俺「殴るなら代わりに俺を殴って下さい!!」チラッチラッ

DQN「わかった」

交番

教師「いや~、何度もすいませんね」

警官「いや、すいませんじゃなくて」

教師「それでは失礼しまs

警官「今回はさすがに見逃しませんよ?」

教師「そ、そこを何とかなりませんか?」

警官「ダメですね、何と言おうとダメですね」

教師「…お願いします、優しいお巡りさん」キュ

警官「!!」

教師「見逃してくれるのなら…今度ゆっくりお礼に伺います」ボソッ

警官「帰ってよし!!」

警官軽すぎやろwwww

女「よかったね!!お巡りさん優しい人で」

男「最初から俺は何もしてないけどな」

教師「はぁ~、変な約束しちゃったな…行かなきゃ逮捕されるかな?…」ボソボソ

女「じゃあ、また明日ね!!」

男「うん、バイバイ」

教師「おお!!明日もちゃんと来てくれるのか!!」

女「はい、男くんと会えるからこれから毎日行きますよ!!」

こういう酷いことされたけど男は優しいので助けてあげますって展開
ノーだね

次の日

チャラ男「おい、男いるか?」

「あ、先輩…どうしたんすか?その傷?」

チャラ男「どうでもいいから男連れて来いよ」

「す、すいません!!すぐ連れて来ます!!」

チャラ男「さっさとしろよ」

>>419
まぁ分からなくもないが

男「なんか用?」

チャラ男「おお、男くん!!」

男「話があるならさっさと言えよ」

「お前先輩に何て口ききやがる!!」

チャラ男「うるせぇ、お前は喋んな」

「は、はい…」

男「だからなんなんだよ?」

チャラ男「…」

チャラ男「ありがとうございました!!」ペコッ

男「は?」

チャラ男「昨日は本当に助かりました!!」

男「…急になんだよ、意味わかんねぇ」

    ┏━┓    ┏━━━━━┓    ┏━┓    ┏━━━━━┓┏━┓  ┏━┓
┏━┛  ┗━┓┃          ┃┏━┛  ┗━┓┃          ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃          ┃┗━┓  ┏━┛┗━┓  ┏━┛┗━━━┓  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┏┓┃  ┃┏┓┃          ┃┗━┓  ┏━┛        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┗━┛  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃    ┃  ┗━┓┃   ━ ┏━┛    ┏━┛  ┃    ┏━┛  ┃
┗┛┗━┛┗┛    ┗━━━┛┗━━━┛        ┗━━━┛    ┗━━━┛

チャラ男「昨日のあいつ…切れたら手がつけられないってことで有名でさ…」

男「あっそ…」

チャラ男「ほんとに助かりました…ありがとう」

男「それだけか?それならもう帰れ」

チャラ男「い、いや、後一つ…」

男「なんだよ?」

チャラ男「幼馴染の奴がさ…やっぱり男がいいって言い出してさ…」

チャラ男「惚れ直したとか言って急に別てるとか言い出すしよ…まぁ捨てるつもりでしたけど…」

チャラ男「だから返すわ…悪かったな」

男「…」

男「はぁぁああぁああぁぁあああ!!!!!」

チャラ男「いや、いらないのは分かってる…顔以外、害虫以下だし」

男「いらねぇよ!!責任取って最後まで面倒みろよ!!」

チャラ男「無理無理!!もう面倒見切れん!!」

男「っざけんなよ!!」

チャラ男「だってお前、あいつの事愛してたんだろ!?もう一回愛してやれよ!!」

男「もう微塵の愛も無いわ!!」

チャラ男「そ、そんなこと言うなよ…な?俺もう限界…」

チャラ男「じゃあ、後はまかせた」タッタッタ

男「あっ、待てよ!!」

チャラ男「ほんとありがとな!!そしてごめんな!もう絶対に邪魔しねぇから!!」タッタッタ

男「…くそっ」

男「…今さらなんだよ…」

幼馴染「ねぇ」

幼馴染「あのさ、もう別れよ」

男「…ああ…分かった」

幼馴染「へぇ~、随分とあっさりしてるね」

男「…何となく分かってたからさ…」

幼馴染「あっそ」

男「…最後に俺のどこがダメだったか教えてくれないか?」

幼馴染「別に駄目な所は無かったよ、ただあなたより好きな人が出来ただけ」

男「…」

チャラ男「おーい、話終わったか?」

幼馴染「あっ、チャラ男くんっ!!待って今行くから」



無限ループ

男「!!」ビクッ

幼馴染「話があるんだけどいいかな?」

男「あっ、ごめん、今忙しいから…」

幼馴染「ちょっとで終わるから」

男「ま、また今度な…」

幼馴染「少しだけだから!!話くらい聞いてよ!!」

男「!!わ、分かったよ…」

幼馴染「ん、ありがとう」

幼馴染にもう用はない

男「…」

幼馴染「今まで本当にごめんなさいね」

幼馴染「私どうかしてたわ…」

男「…」

幼馴染「聞いてるの?」

男「うん、聞いてるよ」

幼馴染「それなら返事くらいしなさいよ!!」

男「わ、悪かった(こ、コイツ…反省してないな…)」

幼馴染「それでね私気付いたの…」

幼馴染「やっぱり男が一番だったって…」

クラスのクソ共にも何か制裁出来ないだろうか

逆にさ


男「すまん……、別れてくれ」

幼馴染「………分かった」

男「なんだ、あっさりしてるな」

幼馴染「…何となく分かってたからさ…」

男「そっか」

幼馴染「…最後に、私のどこがダメだったか教えてくれない?」

男「別に駄目な所は無かったさ、ただ……お前より好きな人が出来たんだ……」

幼馴染「…」

女「ねぇ、男くん……?」

幼馴染「あっ、女っ! 今行くから」

―――
――

次の日


イケメン「幼馴染、好きだ」

幼馴染「私も、男よりイケメンが好き!」



女「ガキうぜぇ」

男「やっぱり幼馴染が好きだ」


こうなったらお前ら誰叩く?

>>498
最後ワロタ

>>504
最後改変し忘れた……男だよ……

男「い、今さら気づかれても…」

幼馴染「?なに?」

男「お前の気持ちには答えられないぞ」

幼馴染「なんで?結婚しようって約束したじゃん」

男「だってお前気持ち悪いって言ってたじゃん…」

幼馴染「言ってないよ」

男「え?」

幼馴染「そんなこと一言も言ってないよ」

男「は、白紙にしようって…」

幼馴染「だから言ってないって」

男「え?」

アカン幼馴染クズすぎる

幼馴染「だからさ、また最初からやり直そ?」

男「…」

幼馴染「黙ってないで答えなさいよ!!」

男「む、無理…さすがにもう無理…絶対に無理」

幼馴染「なんでそんなこと言うの!?私の事がそんなに嫌い?」

男「い、いや~…そんなんじゃ…(嫌いに決まってんだろ…)」

幼馴染「じゃあ、なんでダメなの!?」

1はいまいちよくわかってないなぁ
好きだった人、ましてや幼馴染みだろ?

多分、これくらいされても嫌いにはならないんだよなぁ
なれないというか

>>523
例え過去に好きだったとしても、ドス黒さを見せられて一度完全に拒絶された女より自分のことを慕ってくれる女の子の方が絶対にいいわ

男「い、いや~…なんでかな…」

幼馴染「ねぇ、私のどこがダメなの!?」

男「…」

男「別に…ダメな所は無かったと思うよ…ただ他に好きな人ができただけ」

幼馴染「!!」

男「そういうことだ」

幼馴染「な、何よそれ!!ズルいよ!!」

>>529
まぁより戻すってのはなくても
ここまではっきり嫌いにはなれないはず

男「ず、ズルくねぇよ…」

幼馴染「うるさい!!男は黙って私と付き合えばいいの!!」ポロポロ

幼馴染「そうすれば幸せになれるの!!」ポロポロ

男「はっきり言うがそれはないな…」

幼馴染「じゃあ、あの女といつ方が幸せだって言うの!?」ポロポロ

男「うん、100倍幸せ」

幼馴染「そんなわけない!!そんなわけないじゃん!!」ポロポロ

男「幼馴染…」

幼馴染「男は私と付き合うの!!そうじゃないといけないの!!」ポロポロ

男「…」

男「分かったよ…」

引っ叩きたくなる女だな

 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

どういうことだってばよ

おい

やっと追いついたと思ったら



え?

幼馴染「!!ほ、ほんとに!?」ポロポロ

男「ああ、…その代わり条件がある」

幼馴染「な、なに?なんでも言ってよ!!男のためだったらなんでもするよ」

男「出来なかったらこの話はなしだ」

幼馴染「う、うん、分かった…」

男「…ここ、屋上だよな?」

幼馴染「そうだよ…」

男「ここから飛び降りろ」

幼馴染「はぁっ!!!!」

ワロタwwwww

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

男「ここから飛び降りろ」

幼馴染「はぁっ!!!!」ピョーン

幼馴染「で、出来るわけないでしょ!?」

男「好きな人の為ならできるでしょ?普通」

幼馴染「む、無理よ…冗談はやめて…」

男「それじゃあこの話はなしで…」

幼馴染「!!」

幼馴染「ま、待って!!」

男「ん?」

『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。
途中で止めてしまうから無理になるんですよ。
途中で止めなければ無理じゃ無くなります。
止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、 とにかく全力でやらせる。
そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう。
無理じゃなかったって事です。実際にやったのだから。
『無理』という言葉は嘘だった。
現実としてやったのですから無理じゃなかった。
その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません。

これ本当飛んだらどうすんだよ…

幼馴染「そんなに言うなら手本見せてよ!!」

男「なに!?」

幼馴染「あんたが飛び降りたら付き合うのはあきらめてあげる」

男「な、なんでそうなんだよ!!」

幼馴染「飛べないなら女さんを殺す!!」

男「ま、待てって!!だからなんでそうなんだよ!!」

幼馴染「出来ないの!?好きな人の為なんだよ!?」

>>593
降りてってとどめをさす

飛び降り実際にやらせても面倒なことになりそうだし飛び降りさせないで女と幸せになる男を見てただただ絶望する幼馴染みの方がいいな

男「お前も俺の為に飛べないよな」

幼馴染「」

男「完 全 論 破」

素晴らしいクズだな

校門

女「(男くん遅いなぁ……)」ポツン…

DQN「お、あの娘イケてんな」

DQN2「マジだww いくか?ww 」

DQN 「ったりめーだろww イくぞww 」

DQN2「うぇーいwwww」

男「っ!!」

幼馴染「ほら、ビビってるじゃん!!」

男「と、飛んでやるよ…」

幼馴染「出来るもんならやってみなさいよ!!」

男「ここから飛べばいいんだな!?」

幼馴染「そうよ、ほら、早く」

男「行くぞ!!ちゃんと見てろよ!!?」

幼馴染「見てるから早く飛んでよ!!」

男「っ!!(ど、どうする俺…)」

男「(なにもこんなバカに付き合って本当に飛ぶ必要はない)」

男「(だけど飛ばなかったら本当に女さんが殺されそうだ…)」

>>610
最初のDQN「嫌がってる女の子かどわかそうとか死ねクズが」ペッ
DQN1「うぅ……」
DQN2「い、いてぇよぉ……」

男「なら最初はお前が飛べやwwwお?どうしたwwwwwお前は最悪だなwwwww」

あとちょっとなのに10時までバイトだわ
すまんな

おい

保守

あーあ、>>610のせいだー

校門

DQN「おーい、彼女~ 誰か待ってんの?」

女「(ひっ。だ、誰だろう……)あ、あの……男くんを……」

DQN「あ~、君が男の言ってた娘か。実は男から『先に向かう所があるから校門で待ってる女の子を連れてきて欲しい』って頼まれてんだよねww」

DQN2「そーそー。俺ら男の友達ww」

DQN「男には内緒に、って言われたんだけどさ、何かサプライズで喜ばせようとしてるみたいだぜ?ww」

女「へ? あ、そうなんですか……?(えへへ……嬉しいな///)」

DQN「さ、こっちこっち」スタスタ

女「あ、はい!」ポテポテ

>>610
通報した

新・保守時間目安表 (休日用)
00:00-02:00 10分以内
02:00-04:00 20分以内
04:00-09:00 40分以内
09:00-16:00 15分以内
16:00-19:00 10分以内
19:00-00:00 5分以内

新・保守時間の目安 (平日用)
00:00-02:00 15分以内
02:00-04:00 25分以内
04:00-09:00 45分以内
09:00-16:00 25分以内
16:00-19:00 15分以内
19:00-00:00 5分以内

DQN達に絡まれる女

一方その頃男が飛び降りる

DQN「親方空から男の子が!」

DQNを下敷きにして着地

四階なら着地する頃には60km/h前後か
確実ではないが十分死ねるな

大動脈が傷つかないことを祈りつつ脚から着地するのが一番生存率高そう
頭からは当然論外だし体の側面からだとやはり頭を守るのが難しい

∧_∧
( ´・ω・) 男くんがピンチだわ
( つ旦O
と_)_)

                     
                _,,,,、-ー(´・ω・`)        ,,,,,、
               /~ _,,,,、</ ∧ -/ヽ,    ,/~ .ラ、\  
              ( /~>>、\~Y'''~~'''゙r''゙゙~ヽ,r'''゙~>''~  ̄  さぁ私の胸に飛び込んできたまえ

               ト/'''T~  ̄ i゙   ∧ ヽ/ノ  /
               V  ト、--'''^'ー-<ノ.^ヽ-ニ-ー''
          /''゙~~゙''-i ヽ `i (ニニYノ-ー''~ ̄~'''ヽ
         /   `ー- \,,Y'゙'''''ー'''''7  -ー ヽ   `ヽ、
       // / ト、 ヽ /:::::::::V::::::::i    /^i  \ \

       /  /  i゙ ヽョ、_/:::::::::ー:::::::ヽ、,,、='゙  ゙i    i \
       i /i  ノ   ~~''ー-ー'^''ー-='~ ̄    ゙ヽ,__、   .\
      ./ / /~                     `-、  \
     ,/ /                          \ ヽ、
    ,-' -.)         ...........................................        `) ノ 'ヽ、
   / / = ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(___ハ \
::::::::::`tt,ノ''゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ(_i-''゙:::::: 旦

   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その時不思議な事が起こった(CV:政宗一成)

24時間以内には終わらせよう

幼馴染「ほら、早く飛びなさいよ!!」

男「わ、分かってるって…今飛ぶから…」

教師「おいお前ら!!屋上でなにしてんだ!!」

男「あっ、…先生…」

教師「男!!そんなとこにいたら危ないだろ!!早くこっちこい!!」

幼馴染「先生邪魔しないでよ!!」ガシッ

教師「ちょ、離せって!!いたっ、なんだよお前力強いな!!?」

幼馴染「いいから邪魔しないで見てて!!男が今から飛び降りるんだから!!」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

男「…」ガクガク

教師「バカなことはやめろって!!先生本気で怒るぞ!!」

幼馴染「もう怒ってるでしょ!!このクソババア!!」

教師「うるせぇクソがキ!!お前は黙ってろ!!」

男「お、幼馴染…」ガクガク

幼馴染「あんたは早く飛べよ!!」

男「や、やっぱ無理…死んじゃうから…」

教師「そうだよ!!死ぬよ!!だからやめなさい!!」

幼馴染「結局出来ないんじゃない、この嘘つき!!」

あんたにいわれたくない

幼馴染「じゃあ、約束通り女さんには死んでもらって、私と付き合ってもらうからね」

男「や、やだ…」

幼馴染「また約束破るの!?」

男「や、約束はしてないだろ!?」

ガチャ

女「男くんっ!!!何やってるの!!?」ポロポロ

男「お、女さん…どうしてここへ…」

女「男くんが屋上で飛び降りようとしてるってみんな大騒ぎだよ!!なんでそんなことしようとしてるのっ!!!!」ポロポロ

男「ちょ、な、泣きすぎだって…」

女「だ、だって!!…だって…」ポロポロ

幼馴染「もういい加減にしてよ!!!」

幼馴染「私の男から離れなさいよ!!このクソ女!!」

女「え…な、なに言ってるの?男くんは私のだよ…」ギュ

幼馴染「!!こ、このっ…」

教師「まぁ、落ち着けよ…幼馴染、お前は一度そういう所に入院して見てもらった方がいいぞ?先生いい病院知ってるから」

幼馴染「…」

男「悪いな、幼馴染…お前とやり直すつもりなんて微塵もない、後はこんなクソみたいな茶番にももう付き合わん」

男「はっきり言うけどな…俺はお前の事が大嫌いだ…二度と近づくな」

幼馴染「…」

幼馴染「…あはっ…あはは…」

幼馴染「あはははは!!あはははははは!!あははっあははははははっははは!!」

女「こ、怖いよぉ…どうしちゃったの?」

教師「幼馴染…お前相当病んでるな…」

教師「今のお前に必要なのは男じゃなくて、休養とちゃんとした治療のようだな」

幼馴染「バカにすんなよ!!どいつもこいつもバカにしやがって!!ふざけんなっ!!」

教師「ああ、分かってる…だから落ち着いて話しよう…ちょうど今日は心理カウンセラーの先生が来てる日なんだよ」

幼馴染「ちがう!!私はおかしくない!!おかしいのはあんたたちの方よ!!」

幼馴染「なんで私に逆らうの!?なんでみんな私の言うことだけ聞いてくれないの!!意味分かんない!!」

男「もうみんなお前に付き合わされるのに疲れたんだよ」

幼馴染「うるさい!!うるさいうるさい!!」

教師「大丈夫だ…私がしっかりじっくり話を聞いてやるから…」

教師「確かにお前は頭がおかしい、…だからといって私はお前を見捨てたりはしないよ」

教師「さぁこっちへ来い…」

幼馴染「来るなああぁぁ!!」

教師「だからそっちは危ないって言ってだろ!!」

幼馴染「ハァハァ、ハァハァ…」

幼馴染「…ねぇ、男」

男「…」

幼馴染「さっきの約束…忘れないでよ…」パッ

教師「!!」

男「あっ!!」

教師「うわっ、あいつ本当に飛びやがった!!」

女「う、嘘…な、なんで…ねぇ、なんでなの男くん!!」ポロポロ

男「ぁ…あぁ…嘘だろ…」

男「幼馴染が浮いてる!!」

幼馴染「来れるものなら来てみなさい!」

女「凄い!わたしも!」ぴょーん

女「浮かない!?いやああああああああああ」

男「女ああああああ!」

先生「ああああああああ」

チャラ男「あああああああああ」

教師「ど、どうしよ…とと、とにk

幼馴染「いだいよぉおおっおおお!!」

教師「!!お、幼馴染!?生きてるのか!?」

幼馴染「だ、誰が…誰がたずげてぇえ…体中がいだいぉ…」

女「よ、よかった…生きてる」

教師「あっ、このした花壇だったな…忘れてた…」

幼馴染「だれ…だれがぁぁ!!だずけてよおおぉぉ!!」

教師「ああ、今行くから待ってろ!!」

飛び降りるなんて異常だよ

幼馴染「いだいぉ…痛いよぉ…死んじゃう…」ポタポタ

チャラ男「…」

幼馴染「な、なんで…なんでだずけてくれないの…」ポタポタ

チャラ男「いや、男が降ってくるかと思ってキャッチしようと身構えてたけどお前が降ってくるの分かった瞬間…なんだお前かよって思って自然と体制を崩れたんだ」

幼馴染「ぞ、ぞんなのないよおぉぉお!!あんなにあいじあったのにいぃぃ」ポタポタ

チャラ男「…ふぅ」

チャラ男「…なにやってんだろうな…俺って本当にバカだよな…」

チャラ男「…これからはもう少しまともにいきるかな」スタスタ

幼馴染「いやぁぁぁ!!いがないでぇえぇ!!」ポタポタ

ゆ虐思い出した

教師「うわぁぁ…う、裏庭どうやって行くんだっけ…」オロオロ

教師「分かんないよぉ…クソ…」オロオロ

教師「は、早しないと私の大事な生徒が…」



幼馴染「ハァハァ…ハァハァ」ポタポタ

幼馴染「血が…頭から血が…」ポタポタ

幼馴染「やだああぁぁああぁぁあ!!死にたくないよぉお!!」ポタポタ

幼なじみ「ぽたぽた焼はいらんかね」

女「きゅ、救急車呼んだよ!!すぐに来るって…」

男「あ、ああ…そうか…」

女「どうかしたの?」

男「い、いや…別に…」

幼馴染「わだじは約束まもっだよぉ!!つぎはぎあんたの番だから!!」

男「!!」

ガシッ

女「ちょ、な、何やってるの!?なんでコンクリート掴んでるの!!」

男「ち、違うんだ…手が勝手に…」

幼なじみ超能力者?

男「ちょ、いやっ…マジで…」

女「ふざけてないでこっち来てよ!!」ガシッ

男「ば、バカ…は、離せって!!」

女「い、嫌だ…離さない…」

男「あっ、お、落ちるって!!」パッ

男「あ…」

幼馴染「!!!!!!!」

男「う、うわあああああぁぁぁ!!」

幼馴染「いやあああぁぁあぁ!!来ないでぇぇ!!」

バキッ

男「…っ」

男「…いててっ…」

幼馴染「…」ピクッピクピク

男「…助かったのか」

男「…」

男「俺も飛んだからこれでちゃらだな」

教師「いいから幼馴染の上からどけ!!」

男「っ!!」

教師「ああ、大丈夫か幼馴染!!」

教師「今助けてやるからな!!」

男「もうすぐ救急車来ますから…」

教師「可哀想に…こんなになちゃって…」オロオロ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年12月09日 (月) 16:41:47   ID: s-Esp8ef

先生可愛い

2 :  SS好きの774さん   2014年01月28日 (火) 02:10:29   ID: 4VfvVG9y

なんだこれwwww

3 :  SS好きの774さん   2014年04月18日 (金) 15:46:00   ID: Qcnqoekk

無様だな!

4 :  SS好きの774さん   2014年04月27日 (日) 01:43:42   ID: C0hNW7CK

なっ、なんだこれは!!(驚愕)

5 :  SS好きの774さん   2014年06月01日 (日) 19:18:32   ID: ukVB8RGZ

作者が只のkcgiだっただけだなww

6 :  SS好きの774さん   2014年10月19日 (日) 01:15:30   ID: MGW68-jm

・・・なにこれ?(溜息)

7 :  SS好きの774さん   2014年11月27日 (木) 07:24:51   ID: J1HpRka8

は?

8 :  SS好きの774さん   2015年01月10日 (土) 17:04:07   ID: 2eQsE31t

DQNの件辺りからおかしくなったな

9 :  SS好きの774さん   2015年01月17日 (土) 22:59:35   ID: ZHEwRc6F

俺の思ってたのと全然違う
もっとさぁ、クラスの奴らと和解できて
その後クラスの奴らととかで
精神的にボッコボコにして欲しかった
かなぁ〜…
でも最後のチャラ男は◎

10 :  SS好きの774さん   2015年01月19日 (月) 17:27:00   ID: 8kJgGkBg

ワロタ

11 :  SS好きの774さん   2015年02月18日 (水) 23:15:57   ID: 7GHqOITe

なんだこれ?

12 :  SS好きの774さん   2015年03月10日 (火) 20:40:34   ID: -EKVJ_Sz

ちゃらおよくやった

13 :  SS好きの774さん   2015年04月20日 (月) 22:57:22   ID: xnLPpyoe

作者の精神年齢がガキ、

クズ中のクズスレだわこれw

14 :  SS好きの774さん   2015年08月06日 (木) 13:54:59   ID: fjq_KrN2

……

14 :  SS好きの774さん   2015年08月06日 (木) 13:54:59   ID: fjq_KrN2

……

15 :  SS好きの774さん   2015年08月18日 (火) 00:16:46   ID: Zyllxn6h

チャラ男最後ワロタ

16 :  SS好きの774さん   2016年03月13日 (日) 13:26:10   ID: 2l61SFFD

なんだこれ?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom