リバイ「テメェの服を剥いでやる」ジャン「」(14)

リバイ「そして縄で全身を縛りあげて兵舎のどこかに放り投げてやる」

ジャン「え、えっ!?」

リバイ「わかったら大人しくしやがれ」

ジャン「(いや、まったくわからねぇ!!)」

リバイ「……」ジーッ

ジャン「す、すみません!嫌です!」ダーッ

リバイ「チッ…にがさねえぞ……」

ハンジ「バじゃなくてヴァだよ」


※進撃ss
細かいことは気にしないでください

リヴァイ「そうだったのか……おいハンジ」

ハンジ「?」

リヴァイ「ジャンを捕まえて縛り上げて持ってこい…」

ハンジ「了解!」タッタッタッ

ハンジ「さーて、それじゃ鬼ごっこを始めようか!」

ジャン「くそっ……なんでこんなことになったんだ!?」

ジャン「リヴァイ兵長に呼び出されたから行ってみたら」

ジャン「いきなりあんなこといわれるなんてよ!」


エレン「どうしたんだ?ジャン」

ジャン「うおっ!?なんだエレンか」

エレン「どうしてそんなに汗かいてんだ?」

ジャン「(エレンか……エレンならなんとかしてくれそうだな…)」

ジャン「助けてくれ……」

エレン「??」

ジャン「じつはついさっき〜〜〜<省略>」

ジャン「そしていまこの状況だ」

エレン「へえ………(www)」

ジャン「エレン、頼む!何とかしてくれ!」

エレン「何とかしろっていわれてもなあ」

エレン「ところでハンジさんは味方なのか?」

ジャン「ん?さあ…」

ハンジ「やあ!ジャン」ニコッ

ハンジ「兵長の命令で君を縛り上げにきたよ」

エレジャン「」

期待のコメついてた、嬉しい
がんばります


エレン「違うみたいだな!」

ジャン「くそっ!とりあえず逃げるぞ!」ダッ

エレン「」ガシッ

ジャン「!?」ツカマレチャッタ

ジャン「エ、エレン……!?」

エレン「ジャン、ゲットだぜ!」

ハンジ「ん?よくわかんないけどナイス!」

ジャン「嘘だろおい」

ジャン「てめぇ、なにしやがる!!」バタバタ

エレン「落ち着け、ジャンの服が破けちゃうだろ〜!」グググ

ジャン「服なんてどーでもいいだろ!」

ジャン「このままだとどのみち破けちゃうじゃん!!」ジタバタ

ハンジ「あ、縄を忘れたー!」

ハンジ「エレン、そのままジャンを捕まえておいてね」タッタッタッ

ジャン「なんでお前が……」

エレン「話によると、ジャンが恥ずかしい思いをするんだろ?」

エレン「面白そうじゃん」ニヤッ

ジャン「お前最低だな…」

ジャン「この死に急ぎ野郎がああ
あ!!」ホッペグーパンチ

エレン「うっ!」

「!!!!!」スッ

エレン「へっ…そんなパンチで離すと思ったかジャン」グググ

ジャン「なに!?」

ジャン「やっぱ無理か…ならもういっp」

ミカサ「やめなさい…!」ドカッ

ジャン「っミカサーーーー!」ピューン

エレン「ジャンが飛んでった…」

ミカサ「エレン、大丈夫?」

エレン「余計なことすんなよ!」

ミカサ「えっ…」

エレン「早くジャンを追いかけねえと!」ダダダ


ミカサ「……わたしは……悲しい」

ミカサ「誰よりもすごく悲しい!」

ミカサ「ので」

ミカサ「ジャンを削ぐ」ダダダッ


ハンジ「あれ?誰もいない……」

ジャン「まさかミカサが来るとは思ってなかったぜ」

ジャン「でもなんで俺が蹴り飛ばされたんだ?」

ジャン「まあおかげでエレンから離れられた……ん?」

ジャン「そうか!ミカサは俺を助けてくれたのか!」パーッ

ハンジ「立ち止まってて大丈夫かな?」

ジャン「!もう追いつかれたのか!?」

ハンジ「兵長のためなんだ……ごめんね」ダダダ

ジャン「うわあああぜってぇ嫌だああ!!」ダダダダダ

ハンジ「ジャンは走るの速いなあ!」ニコニコ


ライナー「ん?誰かが走ってくるぞ?」

ライナー「あれは……ジャンか!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom