モノクマ「あーあー 生徒の皆さんは至急体育館に集合してください」 (402)


モノクマ「いろいろネタバレを含むかもしれないからネタバレが嫌いな人は見ないでねうぷぷぷぷ」

モノクマ「このスレはお初の人が作っています」

プーさん「どうか温かい目で見ていってね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377263324

モノクマ「あーあー 生徒の皆さんは至急体育館に集合してください」

十神「何だまた集合か」

葉隠「俺の占いでは変なことが起こると三割の確率でいってるべ!」

霧切「まぁ、行ってみましょう」

~~~体育館~~~

桑田「なんでまた集められたんだ?」

不二咲「さぁ?」

大神「そういえば苗木を見ないのだが誰か知らぬか?」

舞園「そういえば苗木君を見ないですね?」

モノクマ「はいはいちゅーもーく」

葉隠「なんだべ!」

朝比奈「まだ苗木がきてないよ」

モノクマ「あーそのことについては僕が説明します」

トテトテ

5歳苗木「ここどこ?」ウルウル

一同「!?!?」

大和田「なんだそいつわぁ」

舞園「ちょっと待ってください?」

舞園「なんか見たことがあるような気がします!」

葉隠「なんかよく見たら苗木っちに似てるべ」

十神「苗木だ?馬鹿なことを言うのもほどほどにしろ苗木があんなに小さいわけがないだろう」

朝比奈「そうだよぉ苗木があんなに小さいわけないよ」

舞園「待ってください!分かりました!この子は苗木君です!」

十神「なぜそんなことが言える確証が無いだろ」

舞園「エスパーですから」ニコ

霧切「本当なの?モノクマ」

モノクマ「ピンポンピンポンピンポーン!そのとおりだよ舞園さん」

モノクマ「ここにいる小さい子は5歳の苗木君で~す」

山田「なんですとぉ!」

これを見て頂いてる人たちありがとうございます
初めてなのでかなり時間がかかりますので(m´・ω・`)m ゴメンナサイ…

舞園「ほらいったとおりでしょ!」

桑田「だとしてもよなんで苗木が小さくなってるんだよ!」

十神「どうせモノクマだろ」

モノクマ「あっバレちゃった?」

モノクマ「そうです僕が苗木君を5歳にしたのです」

霧切「なんで苗木君を5歳にしたの?」

霧切「そしてどうしたら苗木君が元に戻るのか教えてもらいましょうか」

モノクマ「そんなの教えるわけないじゃん苗木君をもとに戻したかったら誰かを[ピーーー]ことだねうぷぷぷぷ」

モノクマ「まぁ超高校級の幸運である苗木君なら幸運で薬を無効化すると思ったんだけどねぇうぷぷぷぷ」

~~~回想~~~

苗木部屋

苗木「う~ん何をしようかな?」

モノクマ「じゃじゃーん」ドーン

苗木「うわぁ!びっくりしたなんだよモノクマ」

モノクマ「暇なら僕が遊んでやるようぷぷぷぷ」

苗木「絶対に嫌だよなんでモノクマと遊ばないといけないんだ!」

モノクマ「失礼しちゃうな!」プンスカプンスカ

モノクマ「そんな苗木君にはお仕置きだー!」

ボーン!

苗木「ケホッケホッ何だこれ意識が・・・」バタ

モノクマ「苗木君君にはちょっとお仕置きが必要だったんだうぷぷぷぷ」

~~~モノクマ操縦室~~~

江ノ島「さてこれで誰か人殺そうとする奴は出てくるかな?」

江ノ島「まぁぶっちゃけでてこなかったら絶望的なんですけどぉアハハハ」

時が戻って体育館

苗木(五歳)「ここはどこ?お兄ちゃんお姉ちゃん達は誰?」ウルウル

舞園「(何このこ可愛すぎるぅ苗木キュンなのよね!)」鼻血ダラー

霧切「(子供に戻ったんだから何をしてもいいのよね!)」鼻血ダラー

朝比奈「ちょっ!舞園さん霧切さん!鼻血が鼻血が出てるよ!」

舞切「(は!しまった!)」

朝比奈じゃなくて朝日奈だよ

苗木「お姉ちゃんたちなんか怖いよぉ」ウルウル

舞切「(そんな!)」ガーン

葉隠「まぁ自業自得だべ」

舞切「あなたは黙って(いてください)」

不二咲「でも苗木君をどうするのぉ?」

舞切刃「私が見守ります!!!!」

>>16 すんません
   次から書き直します

舞園「あら霧切さんはいろいろと学園のことで調査するのではありませんでしたっけ?」

霧切「そんなこといったかしら?その前に苗木君は私の助手よ!」

舞園「そんなことはありません!苗木君のパートナーは私です!」

むくろん「苗木君とは私が結婚する!」

霧切「あら むくろさん軍人であったあなたに苗木君を大切に育てられるのかしら?」

むくろん「私は戦場でも子供をしっかりと助けたこともあるし親のもとにも届けたことあるから」

むくろん「だから大丈夫」

~~~モノクマ操縦室~~~

江ノ島「うわぁ~ 残念だわとても残念だよ残姉ちゃん」

江ノ島「もっと他になにか用意してみようかなんか楽しそうだし!」

江ノ島「安価>>22 にしましょう!」

プーさん「下ねたはだめだよ」

今度は逆に老ける薬

江ノ島「よし今度は>> 24 に老ける薬を与えてやろう!」

江ノ島「じゃあ葉隠に老ける薬を与えてやろうモノクマに薬を持たせてレッツゴー」

~~~体育館~~~

葉隠「もう全員で面倒を見ようべ!」

大神「それがいいなわれも賛成だ」

モノクマ「葉隠くん君にオッソ訳だよこれ飲んで」

葉隠「うわぁ!モノクマいつのまにきたんだべか!てかそんなもの飲まないに決まってるべ」

モノクマ「むーなら無理矢理にでもいれてやるう!」

葉隠「うわぁぁぁ!」グビグビグビ

ココで安価を取りますどれくらい老ける>>30

メール欄には、saga といれましょう。さげは投稿者はいらないかな

次に名前に # これをつけてそのあとに適当な文字を入力しましょう。

おもしろいので頑張ってください

>>30 さんありがとうございます
>>30 は無理だったのでその下の31のやつでいきます

葉隠ボーン

一同「!?!?!?」

大和田「なんだ!いきなり葉隠が爆発したぞ!」

石丸「う煙幕のせいでよく見えないな葉隠クン大丈夫かい!」

葉隠 71歳「ケホケホケホなっ何が起きたんだべ~・・・」アシカガクガク アタマバーコード

一同(十神除く)「ブファ!」


朝日奈「今度は葉隠がおじいちゃんになっちゃったよ!どうしよう!」

桑田「何が起きたんだあいつに!」

葉隠「いきなりモノクマに変なもの飲まされてそれから何が起きたんだべ」

葉隠「うぅ足腰がきついななんでだべいたるところがうまく動かないべ・・・」

霧切「苗木君は私が面倒を見るわ!」

舞園「いいえ私です!」

戦刃「わたしがやる」

朝日奈「ちょっと3人とも葉隠が大変なことになってるんだよこっちも見てよ!」

舞切刃「だまってて今は葉隠くんが年を取ったことなんてどうでもいい(ですよ)(いいのよ)

朝日奈「えぇ~」

苗木「あの人いきなり爆発したけど大丈夫なの」オロオロ

舞切刃「あれはほっておいていいんですよ苗木キュン!」

苗木「ウェェェン!」

苗木「お姉ちゃんたち怖いよ~」ウルウル

スタスタダキ

朝日奈「大丈夫?苗木」

霧切「朝日奈さん何をしているのかしら?」

舞園「そうですよ~苗木君をこっちに」

戦刃「渡して」

朝日奈「怖がってるじゃない!苗木は私が面倒を見るよ!」

十神「くだらんこんなことに付き合ってられるか!」スタスタ

石丸「あ!十神くん待ちたまえ!いってしまった」

腐川「わっわたしも帰るわ白夜様のいないところにいられないわ」

石丸「ではもう苗木君の面倒は朝日奈さんに見てもらおうとしよう!」

舞切刃「絶対にダメ!」

石丸「なんだと!なら公平に多数決で決めようではないか!」

石丸「朝日奈さんが面倒を見ることに賛成の人!」

舞園 霧切 むくろん以外

賛成

石丸「よし決まったようだね!では朝日奈さん苗木君のことを頼んだよ!」

朝日奈「うん」

舞切刃「ガーン・・・」

石丸「そんなに面倒が見たいのならば葉隠くんのことを頼もうかな?」

舞切刃「絶対に嫌だ!」

葉隠「そこまでいわなくていいべよ」トホホ

石丸「それでは他に葉隠くんのことを面倒見てくれる人はいないのか?」

不二咲「うーん僕もやりたいんだけど1人じゃなぁ」

石丸「では兄弟と僕とで面倒を見用ではないかなあ兄弟よ!」

大和田「おういいぜ兄弟俺が面倒を見てやっからな!」

セレス「それでは私は部屋に帰らせていただきますわ」

山田「じゃあ拙者も帰らせていただきます」

桑田「俺もめんどいし帰るわぁ」

大神「では我は朝日奈を手伝おうとしよう」

舞切刃「私達どうしたら・・・」(;_;

モノクマ情報71歳の葉隠くんは99%の確率で占いが当たります

葉隠「苗木っちはこのままずっと戻らないべ!俺の占いがイッてるべ」バタ

石丸「葉隠くうぅぅぅん!」

石丸「葉隠くんが倒れてしまった兄弟よ力を貸してくれ!」

朝日奈「じゃあ苗木私の部屋に行こうね」

苗木「うん」ニコ

朝日奈「(かわいぃ)」キュン

霧切「どうする」

舞園「どうしましょう?」

むくろん「今日のところは諦めて>>54 しよう!」

霧切「そうしましょう」

盗撮

むくろん「今日のところは諦めて盗撮しよう!」

霧切「そうしましょう」

舞園「そうですねそれが一番です!」

舞園「あっでもビデオカメラがないですねどうします?」

むくろん「それなら大丈夫私が作っておいたから」

霧切「用意周到ね感心するわ」

舞園「じゃあ今から朝日奈さんの部屋に行ってカメラを仕込みつつ苗木君とおしゃべりしましょう!

もうそろそろ親フラになりそうだが続ける

一方その頃

朝日奈「苗木~何が好きなの?」

苗木「>>64 が好きだよ」ニコ

朝日奈お姉ちゃん

苗木「朝日奈お姉ちゃんだよぉ」ニコ

朝日奈「ほんとぉ?うれしいなぁ」ニコニコ

大神「よかったな朝日奈よ」

ドア越し

舞切刃「そっそんな・・・」

あれだれもいない?

了解書きます

舞切刃「そんなひどい!」

バン!

苗木「うわぁぁ!」ビク

苗木「ウェェェェン!」

朝日奈「苗木大丈夫!3人とも苗木がないちゃったじゃない!」

朝日奈「ほら苗木ーたかいたかいだよ~」

大神「おぬしらがくると苗木が泣いてしまうから少し出て行ってもらおう」

舞切刃「えぇ~~~」

バーン ドアが閉じられる音

舞園「出されちゃいましたね」

霧切「ところでいくさばさん礼のビデオカメラは?」

むくろん「大丈夫しっかりわからないところにおいたから遠隔で見られるはず」

朝日奈「さくらちゃんあんなところにあんな大きいダンボールあったっけ?」

大神「うむあんな大きいダンボール我が見た限りではみなかったなどうするものか?」

>>74

叩き潰す

大神「あのダンボールもしも危険なものが入っていては大変だな我が叩き潰しておこう」

朝日奈「さくらちゃんお願いね苗木危ないからここから少し離れていようね」

苗木「うん」オロオロ

大神「ハァァァ!」

バコーン!

霧切「なんの音かしら?」

舞園「さぁ」

霧切「まさかカメラのことがバレたんじゃないのかしら?」

むくろん「それはないあのカメラは大きめのダンボールに核しておいたから」フフン

霧切「それなら安心ね」

~~~モノクマ操縦室~~~

江ノ島「残念だよすごく残念だよ残姉ちゃんあと霧切さんもなんで納得だよぉーまた後でなんか送ってみよう」

大神「中から何かカメラらしきものが出てきたな」

朝日奈「なんでそんなものが出てきたんだろう」

朝日奈「あっそうだ苗木~ドーナッツ食べない?」

苗木「食べる!!!」パァァァ

朝日奈「さくらちゃんごめんドーナッツ持ってきてもらえないかな?」

大神「良いぞでは取ってくる気をつけてな」

朝日奈「んじゃお願いね~ありがとー」

ガチャ バタ

朝日奈「さて苗木と>>81 しよう」

苗木おねむ

朝日奈「さて苗木~そろそろ眠くない?」

朝日奈「お昼寝しちゃう?」

苗木「うんなんか少し眠たくなってきちゃった」ウトウト パタ

朝日奈「ありゃ苗木がねちゃったよし」ダキ

朝日奈「ベットに寝かせてっと私も少しだけ寝ようかな?」

朝日奈「(苗木の寝顔かわいいな)」ニコニコ

朝日奈「う~ん寝転んでたら私も眠たくなってきたなぁ」ウトウト

朝日奈「」スースー

大神「朝日奈帰ったぞ」

大神「朝日奈と苗木は寝てるな邪魔すると悪いドーナッツをおいて我の部屋へ帰るか」

???「朝日奈さんと苗木君が寝ているうちに>>87

???の部分も取ります>>88

大神さんに告白しよう

下ねたはやめてくださいね~どんな風に書けばいいかわからんし>>87 もし自分だったら>>89

ちーたん

??? >>91 お願いします

鬘斐↓繧峨¥縺後″

不二咲「朝日奈さんと苗木君が寝ているうちに大神さんに告白しよう!」

不二咲「大神サン!」

大神「なんだ 不二咲よ」

不二咲「大神サン!僕と付き合ってください!」

大神「(ぬぅぅ告白されてしまったどうすればよいのだ?)」

>>96 にするか

いいだろう

大神「いいだろう」

不二咲「わぁ!ありがとう!」ニパァァ

大神「時に不二咲よなぜ我に告白などをしたのか不二咲も女ではないか」

不二咲「えっあそれは>>99 ]

男だと明かす

不二咲「じっ実は僕は㊚なんだ」

不二咲「ぼっ僕とても強い大神さんのことが好きなんだ!だからなんだよ!」

大神「不二咲 おぬしはおとこだったのか気が付かなくてスマヌ」

不二咲「ううん僕がこんな格好してるからわからんかっただけだよ」

大神「不二咲よ強くなりたくはないか?」

不二咲「うん強くなりたい!大神さん手伝ってくれるの!?」

大神「もちろんだ」

不二咲「ありがとう!」

ときはさかのぼり 葉隠のところへ

石丸「葉隠クン大丈夫かい!」

大和田「おい葉隠大丈夫か?」

葉隠「」チーン

石丸「死っ死んでいる」

モワモワ
苗木の夢です

こっから本当

石丸「さて葉がくれクン大丈夫かい」

葉隠「大丈夫じゃないべ」グタァ

大和田「お前前まで髪の毛がすごかったのに今はバーコードとか面白すぎるだろ!」

葉隠「お前にいわれたかねえべ」

葉隠「大和田の未来の髪の毛を占ってやるべ」

葉隠「大和田の未来の髪の毛はリーゼントのまま・・・だべか」

大和田「ふん俺のリーゼントは無敵だ!」

石丸「さすが兄弟」

そろそろ寝ないといけないので寝ます
また起きたら書き始めます

まだまだ書くんでよろしくねぇ~んじゃおやすみ

なかなか眠れないから少し返信しよう
モノクマの正体は誰も知らないついでにムクロは江ノ島が妹という事も知らない設定でせう

そうですねww

ただいま
なんか寝てる間もSS見たわww

誰か人来たら再開します

了解です始めます

大和田「ていうか どうしたら葉隠は元に戻るんだ?」

モノクマ「それは秘密ですうぷぷぷぷ」デーン

石丸「なっなんだって!?」

葉隠「オレっちはどうなるんだべ…」ガーン

モノクマ「もし殺人が起きたらなおしてやるようぷぷぷぷ

         舞切刃

戦刃「それじゃあ私の部屋で隠しておいたカメラで部屋の中を見よう」

霧切「ええそうしましょう早く見たいわ」

舞園「そうですね急ぎましょう」

タッタッタッタッタ

戦刃 部屋

戦刃「ココが私の部屋入って」

霧切「失礼するわ」

舞園「おじゃましま~す」

舞園「なっなんか戦刃さんの部屋すごいですね」

霧切「そうね特にあそこにたくさんナイフがあることが気になるだけど」

むくろん「ナイフなら今も持ってるよ」ジャキ

舞園「あぶないじゃないですかというようかどこでこんなにナイフがあるんですか!」

むくろん「そんなことより見ようよ」

霧切「そうね」

舞園「そうですね見ましょう」

むくろん「みっ見れない…」ガーン

霧切「何が起きているの考えないと」

舞園「どうしたら」

モノクマ「そのことは僕が説明しま~す」

むくろん「いったいなにが」

モノクマ「戦刃さんにはとっても残念だようん絶望的にざんねんだよ」

モノクマ「あの部屋にあった隠しカメラは大神さんによって破壊されました!」

むくろん「そんな壊されるわけがない」

モノクマ「アンナの壊されるに決まってるじゃないかすぐに気づかれたよ!」

モノクマ「そんな君達に特別にカメラの映像をプレゼントしようではないか!うぷぷぷぷ」

むくろん「本当?」パァァ

モノクマ「僕は生徒には嘘をつかないのです!」

モノクマ「それじゃあこれはい」

ちょっと大きいテレビドーン

霧切「こんなものどこから」

モノクマ「そんなことはどうでもいいんだよじゃあねぇ」

舞園「まあなんだかんだで見れますね!」

テレビ

今の朝日奈と苗木のようす>>130

ドーナツ食べながらお話

細かくどんな話をしているか>>133

ちょっと初心者だから難しいですすいません

ドーナツの話

テレビ

朝日奈「フワァぁ」

苗木「うーん」

朝日奈「あっ苗木おきたちゃった」

苗木「うん」

朝日奈「わたしもねちゃってたね」

朝日奈「あさくらちゃんがドーナッツをおいていってくれたんだ~」

朝日奈「苗木一緒に食べようかぁ~」

苗木「うん」ニコ

朝日奈「あこのドーナッツはね!」

ドーナッツの話がよくわからないので略させていただきます

朝日奈「美味しいねこのドーナッツ」ハムハム

苗木「うん 美味しい」ハムハム

書き込むの遅くてすいません!
宿題がいっぱい残っていましてでも書きます書けなくなったら誰かに頼むかも

テレビの前

霧切「これを見ているとだんだんと腹が立ってきたわ!」

舞園「苗木キュンを独り占めするなんて!」

ムクロン「今すぐ朝日奈さんの部屋にいこう」

はよ!はよ!

↑なんだってぇ

ムクロン「朝日奈の部屋にどうやって入ろう」

霧切「>>146 ではいりましょう」

舞園「それがいいです」

ついでに今宿大やり流してるんで遅れます

倒す

>>146倒すってドアをだねわかった!

霧切「ドアを押し倒して入りましょう」

舞園「でも私そんな力ありませんよ?」

むくろん「わたしがやる」ライダーキック

バーン!

朝日奈「きゃあ!」

苗木「( ゚д゚)ポカーン」

霧切「苗木君と二人でイチャイチャするなんていい度胸ね!」

むくろん「私達だって遊びたい」

舞園「そうですよ!私も遊びたいんです!」

バーン!

>>153 「朝日奈の部屋の方から大きな音がしたぞ行ってみるか」

石丸

石丸「朝日奈さんの部屋から大きな音がしぞ!」

石丸「兄弟よちょっと様子を見てくるので葉隠クンを見ていてもラエルかな?」

大和田「いいぜ兄弟葉隠のことならまかせとけ!」

葉隠「気をつけるんだべ~」

葉隠はベットで寝込んでいます 

タッタッタッタッタ

ナニゴトダネ!

朝日奈「あっ石丸~いきなりこの三人が入ってきてさ!」

苗木「( ゚д゚)ポカーン」

舞園「私達だって苗木君と遊びたいんです!」

ムクロン「そう私達も遊びたい」

霧切「なにか悪いことはある?」

朝日奈「だからってドアを壊すことなんかないじゃん」

朝日奈「苗木と遊びたいんだったらいってくれたらいいんだよ」

石丸「ん~…まぁドアを壊したことは許そう!次はないぞ三人とも!」

なぜか苗木可愛いという……

塾で3時間このスレを建てようと色々考えていましたからね

句読点入れるようにします
7時から塾なので消えます今も宿題中ですが

舞園「苗木君私達と一緒に遊びましょう!」

霧切「そうよ、みんなで遊んだほうが楽しいわ」

苗木「うっうん」

戦刃「じゃあ、何して遊ぶ?」

>>164

人生ゲーム(運ゲー)

朝日奈と泳ぐ

朝日奈「それじゃあ!泳ごうか!」

霧切「苗木君の水着姿!」

舞園「あっ、でも苗木君の水着がないです!」

ムクロン「どうしよう」

>>168

ついでに自分は句読点を入れるのが超ニガテです

>>168 は苗木の水着のことです

モノクマ(妹)が持ってくる

全裸

>>168 全裸禁止 >>170

モノクマお願い

朝日奈「モノクマーモノクマー」

モノクマ「なんだい朝日奈さん」

朝日奈「プールで泳ぎたいんだけど、苗木の水着がないんだよ化してもらえる?」

モノクマ「いいよ、ハイこれ>>173

なんかすげえ安価に頼ってるけどごめん

ブーメラン

>>173 ブーメランて何武器?

すまん全くわからんから>>180

ふんどし

モノクマ「はいこれ」

朝日奈「ふんどし?なんでふんどし?」

霧切「朝日奈さん、そんなことはどうでもいいのよ」

舞園「早く泳ぎに行きましょうよ~」

ムクロン「うんはやくいこう」

~~~更衣室前~~~

朝日奈「苗木男だったんだ!どうしよう?」

>>184 助けて!

ちょwwww妹ちゃんwwwwww

モノクマ

モノクマ「だれかよんだぁ?」

朝日奈「あっモノクマちょうどいいから苗木を着替えさせてきて!」

モノクマ「いいよんじゃねうぷぷぷぷ」

霧切「苗木君大丈夫かしら?」

~~~操縦室~~~

江ノ島「ちょっと、着替えさせることになったんだけどぉ私も女なんだけどねぇ」

江ノ島「つーかぁふんどしとかつけ方わからないんですけどー」

江ノ島「まぁ適当にやっちゃえぇ~」

>>184そして画面の前で鼻血を垂らす妹か……

↑うぅ

朝日奈「苗木はモノクマにまかせていいね!」

霧切「私達も着替えましょう」

舞園「そうですね」

戦刃「着替えましょう」

霧切「朝日奈さん…」

朝日奈「な~に~?霧切さん」

霧切「いえ、なんでもないわ」

ググることすらしないゴミは回線切って首吊って氏ね

そうだっけ次から君付けするよ

モノクマ「苗木クンにふんどしをつけなきゃ!」

苗木「ワァ人形が喋ってる!」パァァァ

モノクマ「人形じゃないよモノクマだよ、まあそんなことはどうでもいいから」

モノクマ「パパっと着替えさせよう」

グチャグチャガチャガチャ

もうそろそろ塾なんで行きます
帰ってきたらまた書き出します。
下手くそでごめんなさい。

>>196
もう書くな氏ね

>>198sageろバーカ一人で批判してんじゃねぇ
>>1気にすんなバカはどこにでも湧くから仕方がない

只今です

なんかよく見たら>>198 と >>192 のコメントだけ見えなかったわ

まあ帰ってきました続けまーす

はよはよ

モノクマ「ちょっとおかしくなったけどいいよね」

苗木「ぬいぐるみに着替えさせられた」( ゚д゚)ポカーン

モノクマ「じゃあ僕はここまでだね向こうに行けばいいからねんじゃねうぷぷぷぷ」

霧切「さて私達も着替えたことだからいきましょう」

朝日奈「うん、楽しみだね!」

舞園「苗木君のふんどし姿」鼻血

ムクロン「楽しみだね」

~~~プール~~~

朝日奈「よーし、泳ぐぞぉ~」

霧切「苗木君はまだかしら?」

ギィィィ

苗木「お姉~ちゃん」

朝日奈「どうしたの苗木その姿!」

苗木「なぁに?」

霧切「ふんどしが包帯みたいにぐるぐる巻になってる」

舞園「モノクマはちゃんと出来なかったんですね…でも可愛い///」

ムクロン「でも直さないと大変///」

誰が治すか 自分じゃ決めたくないので>>211 さんでお願いします

残姉

朝日奈

ムクロン「それじゃあじゃんけんで決めましょう」

舞園「それがいいですね」

霧切「そうねそれがいいわ公平だし」

朝日奈「じゃあやろうか」

じゃんけんぽん!

ムクロン「グー」

舞園「グー」

霧切「グー」

朝日奈「パー」

舞切刃「・・・・・」▄█▀█●ガーン

朝日奈「じゃっじゃあ私が直すね苗木~こっちにきなさ~い」

苗木「うん」スタスタスタ

~~~更衣室~~~

朝日奈「これなオスの大変だなー」

朝日奈「(苗木可愛いなぁ)」ハッ

朝日奈「あっまたくるまっちゃった一回全部はずさないと」

朝日奈「よしできた///」カァァ

苗木「もう大丈夫?」

朝日奈「いこうか///」

~~~プール~~~

朝日奈「あれ>>218 と >>219 じゃんどうしたの?」

ちーたん

やまだ

朝日奈「不二咲ちゃんと山田じゃんどうしたの~」

山田「フッフッフッフッフ苗木殿が幼くなったということで同人誌のネタにしようと思いましてですなぁ」

不二咲「ボッ僕は久々に泳いでみたいと思ったから来たんだ」

朝日奈「そうなのかぁ~それじゃあ一緒に泳ごうかぁ~」

不二咲「よろしくね~」

~~~操縦室~~~

江ノ島「うーん?なかなかおもしろいけど何かが足りないなぁ」

江ノ島「そうだ!朝日奈さんも幼くしてやろう!」

江ノ島「朝日奈の部屋の中にドーナッツを置いといてドーナッツの中に薬を仕込んでおこう」

江ノ島「うぷぷぷぷ」

朝日奈「それじゃあ体操も終わったことだし入ろうね」

苗木「うん!」

数十分後

不二咲「なっ苗木君が溺れてる!」

朝日奈「はっはやく人工呼吸しなくちゃ!」

>>202
NGアピwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
糞ガキ杉ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

朝日奈「ダッ誰が人工呼吸をする早くしないと!」

霧切「私がやる」

ムクロン「私が!」

舞園「私が!」

朝日奈「もうそんなことしてちゃ苗木が死んじゃよ!もう私がやる!」

ごめん>>223 のも気づかなかった

分かりました

苗木「ケホッケホッケホ」

朝日奈「大丈夫?苗木!」

苗木「ウッウワァァァン」

ダキ

朝日奈「よしよしいい子いい子」

舞切刃「そっそんな・・・」

朝日奈「苗木もこんなこと合ったかラ戻ろうか」

苗木「うん」ウルウル

~~~朝日奈部屋~~~

朝日奈「あっドーナッツだ!」

朝日奈「誰がおいて行ってくれたかわからないけど食べちゃおう!」

朝日奈「その前に苗木を寝させないと」

朝日奈「あっ抱っこしてたらねちゃった」

朝日奈「苗木も寝ちゃったしドーナッツを食べよう」

朝日奈「このドーナッツ美味しい!」

朝日奈「うっ!なんか眠くなってきた…」

朝日奈「ベットで寝なくちゃ」バタ

モノクマ「さぁ朝日奈さんがドーナッツを食べちゃった!」

モノクマ「まぁ僕にもあの薬はどれくらい幼くなるかわからないんだよね~」

モノクマ「今回は>>234 歳になったねうぷぷぷぷ」

5

モノクマ「今回は苗木君と一緒の5さいになっちゃったね~うぷぷぷぷ」

モノクマ「誰かを朝日奈さんの部屋にイカせよう」

モノクマ「そしたらなにか起こるかもしれないからね!」

誰か>>240

葉隠

>>240 すまん葉隠いま看病?されてるからいけないww

もっかい建てる>>245 葉隠 苗木 モノクマ 江ノ島 朝日奈 大和田 石丸なしでお願いします

山田

モノクマ「君たち山田くん好きすぎるよ!まぁいいけどどうなっても知らないからね!」

~~~山田~~~

山田「苗木殿をもっと観察して絵を完璧にしなければならぬから朝日奈殿のところにいくとしよう」

朝日奈部屋

山田「朝日奈殿~いらっしゃるかぁ?」

山田「いないのかな?」

山田「あれカギが開いている」

山田「朝日奈ど...「うおおおおお!」

山田吹っ飛んだ20メートルくらい

大神「山田貴様何をしておる!」

山田チーン

明日防災訓練に参加しないといけないので寝ます
また明日も書きます
書くの遅くて3日になってしまいすいません。
まだこの話に付き合っていただいている方々有難うございます。
明日また書くのでよろしくお願いします

てかSS速報なんだから2ヶ月以内放置しても勝手に落ちないから
気張らずまったり書いてくれ
応援してるぞ

あと出来ればメール欄に「saga」って打ち込んどくと
この板の特定ワードフィルター回避出来る
から念の為につけといてくれ
「sage」じゃなく「saga」な

起きたので書きます

大神「山田お主何をしているか聞いておるのだぞ!」

山田チーン

大神「話を聞け!」

山田チーン

大神「山田が気絶してしまった…」

大神「山田の部屋に戻さねば」

~~~朝日奈部屋~~~

朝日奈(5歳)「う~ん」

朝日奈「ここどこ?このこだぁれ?」

苗木「う~ん」フワァ

苗木「あれ朝日奈お姉ちゃんはどこ?」

苗木「君は誰?」

朝日奈「私は朝日奈だよぉ~」

苗木「朝日奈さんかぁ」

朝日奈「君はなんて言うの?」

苗木「僕は苗木5歳だよ」

朝日奈「よろしくね」ドキュン

変なの書くのやめてねぇ

>>262安心しろ駆除済みだ依頼したからな

>>262 ありがとう

>>264 ミス >>263 あり

朝日奈「苗木~何かして遊ぼ~?」

苗木「何して遊ぶの?」

朝日奈「>>268 して遊ぼうよ!」

↑コテは別スレですきにしないであとごめんなさい

>>268 すまんロシアンルーレットってどんなことするん?

銃使うんじゃないよね

何個かの饅頭の中でひとつだけ辛いとかそんな感じでは

>>271 ありがとうんじゃ自分が食べ物で作るから

朝日奈「んじゃロシアンルーレットしようよ苗木~」

苗木「ロシアンルーレットってなに?」

朝日奈「何個かドーナッツがあったらその中に1つだけ辛いのがあったり苦いのがあったり」

朝日奈「それを食べたら負けみたいなもんだよ!」

苗木「ふ~ん、そうなんだ!でも辛いのとかは嫌だなぁ」

朝日奈「じゃあドーナッツの中に>>275 をいれよう!」

ドーナッツの中身は強制的にモノクマが何かの薬を入れます

幼女になる

>>275 の幼女になる薬はやっぱ苗木かな?

ん~でもモノクマに入れさせる薬がわからんくなったなぁ

ものくまのも聞きます!>>279

元に戻る薬

なんか幼女になる薬と元に戻る薬ってどうなるの・・・

おk

朝日奈「じゃあ幼女になる薬を入れよう」

苗木「幼女?」

朝日奈「まあいいよ~んじゃドーナッツ持ってくる~」

モノクマ「その必要はないよ~」

朝日奈「きゃっ、何この可愛い人形!」

モノクマ「人形じゃないよモノクマだよ」

モノクマ「君たちに差し入れでーす!」

ドーナッツ2つ

モノクマ「二人で仲良く食べてね~」

朝日奈「いっちゃった」

苗木「いっちゃったね」

ドーナッツはチョコとイチゴ

朝日奈「どっちのドーナッツ食べる?」

苗木「じゃあ僕はイチゴ味のドーナッツもらうよ」

朝日奈「それじゃ私はチョコのドーナッツを食べるよ」

朝日奈「それじゃ一緒に食べようか!」

苗木「うん」

朝日奈「せーの」

苗朝「ハム」

ボーン

ついでに苗木にはネコミミとしっぽがつきます(笑)

朝日奈「ケホッケホッケホ」

朝日奈「何が起きたんだろドーナッツ食べてからそれからの記憶が無いなぁ」

苗木ネコミミとしっぽが付いてかなり可愛くなった幼女でポツーンと立ってる

朝日奈「あれ苗木どこだ?」

苗木「私はここだよぉ~」

朝日奈「あっ苗木そこにいたの、ん?私?」

朝日奈「(!?なっ苗木が猫耳と尻尾がついてかなり可愛くなってる!!!)///」

朝日奈「苗木どうしたの?何かされたの?」

苗木「朝日奈お姉ちゃんどうしたの?私は何もされてないよ?」

朝日奈「(苗木可愛すぎるよぉ~)」フルフル

朝日奈「苗木お風呂はいろうか!(可愛すぎる)」

苗木「うん!一緒にはいろ~」尻尾フリフリ

朝日奈「よ~し、しっかり洗ってあげるからね~」

~~~お風呂~~~

朝日奈「(あれっ、苗木って女の子だったっけ?)」

苗木「朝日奈お姉ちゃん早く早く!」フリフリ

朝日奈「あっうん待ってね~」

朝日奈「脱ぎ終わったしいこう」

朝日奈「まず体から洗おうね~」

苗木「うん!」

朝日奈「可愛いなぁ苗木は」ゴシゴシ

苗木「ヒャッ」

朝日奈「ごめんこしょばかった?」

苗木「大丈夫」

朝日奈「(この尻尾どうやって洗ったらいいんだろう?)」

朝日奈「(素手で洗えばいいかな?)」ゴシゴシ

苗木「キャァァァ!」

朝日奈「!?なっ苗木大丈夫?ごめんね苗木」

苗木「ごめんなさい、でも大丈夫」

朝日奈「(尻尾を触るとあんな反応をしちゃうのかぁ、次からは気をつけないと)」

朝日奈「それじゃ頭洗うから目をつぶっててね」

苗木「うん」

ワシワシゴシゴシ

シャー

朝日奈「もういいよ!苗木」

苗木「ありがとう朝日奈お姉ちゃん」フリフリ

朝日奈「苗木~将来の夢はなんなのぉ~」

苗木「う~ん、朝日奈お姉ちゃんみたいになること!それと朝日奈お姉ちゃんより胸が大きくなること!」

朝日奈「(ありゃ?苗木が女の子の発言をしている!男の子だった頃の記憶はないのかなぁ?)」

そろそろ寝ます!
全然かけなくてごめんね
これから夏休みの宿題一気になくしていかんくなるから全く書けなくなるかもしれないけど
ごめんなさい

~~~操縦室~~~
江ノ島「なんか面白いことなくなってきそうだから誰か他のところからよぼう」

苗木妹か日向か七海かウサミ

>>301 までで多い人同じだったら全員出す

日向

見事に全員指名されたね

~~~操縦室~~~

江ノ島「じゃあこの4人をこの中の殺人生活の中に入れちゃお~」

ピンポンパンポ~ン

え~生徒の皆さんにお知らせです

今すぐに体育館に集合してください

来なかったらお仕置きだよ~

うぷぷぷぷ

~~~朝日奈部屋~~~

朝日奈「あ~苗木の服を探してから行こうか」

苗木「うん!」

朝日奈「この服がいいね!よし!」

苗木「ありがとう!」テレテレ

苗木の服とは!>>307

朝日奈「このフリル付きのワンピース可愛い!」

苗木「ありがとう」エヘヘ

朝日奈「それじゃいこうか!」

~~~体育館~~~

大神「朝日奈がまだ来ていないが何かあったのか?」

石丸「葉隠クン!君の占ってくれないか?」

石丸「朝日奈くんはいつくるのか!」

葉隠「いいべよ~。でも年寄りはいたわってほしいべ」

葉隠「う~ん?朝日奈っちはもうすぐ来るべ!」

石丸「それならよかった」

朝日奈「みんな~」

霧切「あら?苗木君が…」

舞園「フリル付きのワンピースを来て」

ムクロン「尻尾と猫耳をつけてきている…」

朝日奈「そうなんだよ!私が寝てしまって!起きたら苗木が女の子になってネコミミと尻尾がついてたんだよ!」

霧切「そんなことがありえるの…」

舞園「おっ、女の子になったんですね苗木君…」

ムクロン「でも更に可愛くなったからいい…」

モノクマ「ジャジャーン!やあみんなみんな揃ってくれて嬉しいです!」

十神「フン、お前が呼び出したからにはまた動機かなにかだろう!」

モノクマ「さすが十神クンだね!正解だよ!でも今回は動機なんかじゃないよ!」

桑田「動機じゃない?んじゃなんでここに集めたんだよ!」

モノクマ「フフフ、それはね!君たちにあたらしい友だちを作ってもらおうと思ってね!」

不二咲「とっ友達を?」

モノクマ「そう!この4人が新たにこの殺し合い学園生活に参加してもらいます!」

日向「なんだ!いきなり眠らされてココに連れて来られたぞ!」

七海「日向くんここは体育館だと…思うよ…」

苗木妹「あれ~ここはどこだろう?あと苗木お兄ちゃんがいるはずなんだけどなぁ」

ウサミ「むっ!底にいるのはモノクまでちゅか!」

霧切「!、苗木お兄ちゃん?そこのアナタ苗木君の妹なの?」

苗木妹「はい!私は苗木兄ちゃんの妹です!」

朝日奈「苗木に妹がいたんだね~」

朝日奈「あっそうだ!ココに苗木がいるよ!」ヒョイ

苗木「わぁ~」

苗木妹「えっこの子が苗木兄ちゃんなの?可愛い!」

苗木妹「なんで小さくなってるのそしてなんでフリルの付いたワンピース着てるの!」

朝日奈「苗木の妹なら苗木と仲良く出来そうだね!」

朝日奈「今苗木が!女の子になって尻尾が付いて猫耳がついてるんだよ!」

苗木妹「それほんと!あっほんとに耳と尻尾がある!」

苗木妹「私が絶対育てたい!」

苗木「あのお姉ちゃんだぁれ?」

苗木妹「苗木ちゃんのお姉ちゃんだよ~」

苗木「お姉ちゃん?」

苗木妹「こっちにきて~」

スタスタ

苗木妹「でい!」ダキ

苗木「わぁ!」

苗木妹「可愛い!私が責任持って育てるからね!んじゃさようなら!」

朝日奈「あっ待って~私も行く~」

誰か苗木の妹の名前しらないですか?調べたけどわからなかったんですけど

わからんから安価とる>>317

妹でいいと思う

了解!

霧切「いってしまった……」

舞園「そんな私たちのことを無視して」

ムクロン「悲しい」

日向「おいお前らちょっと話を聞かせてくれ!ここはどこだ!」

七海「日向くんいったよさっき…ここは体育館…だと思うよ?」

日向「嫌なんで俺らは体育館にいるんだよ!」

セレス「ところでそこにいる方たちは誰なのですか?」

モノクマ「この人達は!私立希望ヶ峰学園の生徒である人たちです」

モノクマ「この日向創くんは超高校級の希望ことカムクライズルくんです!」

日向「はぁ!?なんだよカムクライズルって!」

モノクマ「その説明はめんどくさいので省かせていただきます」

日向「おい!」

モノクマ「それでこっちが超高校級のゲーマーである七海さんです!」

七海「よろしくね‥」

霧切「ところでなんで超高校級の希望と超高校級のゲーマーである日向くんや七海さんがいるのかしら?」

モノクマ「それは僕の気分だよ霧切さん」

霧切「そう…よろしく 日向君七海さん」

日向「えっ、あ、よろしく…」

モノクマ「それじゃ僕は報告を終えたからばいばーい」

日向「一体何が起きてるんだ・・・」

石丸「日向くん七海くんよろしく!」

日向「あっあぁよろしく…」

石丸「それでは!日向くんと七海くんと苗木君の妹くんのお祝いかいを開こうではないか!」

妹のキャラがわからないから自分で決めるすいません

その頃苗木の部屋

苗木妹「キャーーー誠ちゃん可愛い~!」ダキ

朝日奈「そうだよね!可愛いよね!!」

苗木「ウウ、おっお姉ちゃん」

苗木妹「なぁに~?誠ちゃん!」

苗木「苦しいよ~」

苗木妹「あっごめんごめん!」

苗木の部屋ドアの前

霧切「さて苗木君の部屋の前まで来たけどやけに騒がしいわね」

霧切「(入るとしましょう)」

ガチャ

苗木苗木妹に何かされている

>>325

このssは




いろんな意味で酷い。

あたらしいのとる>>332

恋人だと洗脳

>>330 恐ろしいこと考えるねあんた

>>330

>>332 おっお前までもか…

ガチャ

霧切「妹さん朝日奈さん石丸くんがお祝いをしようっていっ」

苗木妹「誠ちゃんあなたは私の恋人だよ~」

5円玉を紐につけてふってる

苗木「恋人…」

霧切「あなたなにしてるの!」

霧切「朝日奈さんも何してるの止めなさいよ!!」

朝日奈「う~ん、なんか面白そうだったから~」

苗木「私のお姉ちゃん(恋人)に怒らないで!」

霧切「…石丸くんが妹さんや日向くん七海サンが来たお祝いを使用って行ってたわ」

霧切「食堂に早く来てね……」バタ

朝日奈「霧切さぁぁぁん!」

誰かいる?

すいません…
いなければ終わろうかなと今日は

まぁ書き込みます

朝日奈「霧切さんを連れて行こうか妹ちゃん」

苗木妹「うんいこういこう!」

苗木妹「それじゃ行こうか誠ちゃん!」

~~~食堂~~~

石丸「遅かったね君たち!」

舞園「あのっ、霧切さんがすごい状態なんですけど…」

朝日奈「あっ…気にしないで疲れてるだけだと思うから」

舞園「そうですか」

石丸「みんなそろったね!では日向くんと七海くんと妹くんの歓迎会を開催する!」

ワァーワァー

朝日奈「あのさ!妹ちゃん!家での誠ちゃんはどんなんだったの!」

苗木妹「う~んお兄ちゃんはだれにでも優しかったね!」

苗木妹「誰かが困ってる時はすぐに助けに行ったりしたりしてたし!」

苗木妹「お兄ちゃんはかなりもててたよ!」

朝日奈「へぇ~苗木もててたんだ!」

苗木妹「そうなんだよ!バレンタインの日になんか!クラスの半数からチョコをもらってたよ!」

朝日奈「へぇ~すごいな苗木は!」ナデナデ

苗木「う~んよくわからないや」

ないですよねこんなスレ…消したほうがいいかな…

すいません…一様続けますなんか自分に自信が全くない

大和田「こんなに豪華のめしを食うのは初めてだな!」ガブガブ

石丸「兄弟よ!しっかりと丁寧に食べなければいけないぞ!」

不二咲「おいしいねぇ」

日向「まぁうまいからいいかぁ」

七海「日向くんご飯粒がついてる、とってあげる」

日向「ん?本当か?ちょっ、七海自分で取れるから!」

七海「大丈夫だと…思うよ?」

日向「そこは大丈夫と言ってくれ」

面白いですよ

>>347 ありがとうございます

ウサミ「あたちひとりぼっちで忘れられてるでちゅ…」

不二咲「七海さんは超高校のゲーマーだよねどんなゲームが好きなの?」

七海「う~ん、大体のゲームはすきだよ…苦手なのは教えられない」

日向「七海にも苦手なゲームが有るんだな」

大和田「ところでよぉ日向の才能はなんなんだよ」

日向「よくわからん、あのくまからは超高校級の希望とか言われてるけどさっぱりわからん」

大和田「そうか」

ムクロン「苗木君と一緒に食べたい…」

大和田「いってくらぁいいじゃねぇかよ!」

ムクロン「それじゃ行ってくる!」

タタタタタタ

ムクロン「妹ちゃん朝日奈さん一緒にいい?」

朝日奈「いいよぉ~」

苗妹「ん?いいよ~誠ちゃんもいることだし3人ならもっと楽しくなるしね!」

苗木「ムクロお姉ちゃん怖くない?」

ムクロン「ダイジョブだよ苗木」

ムクロン「あっ苗木Ration食べる?」

苗木「レーション?」

ムクロン「私が戦場にいた時に食べてたもの美味しいと思う」

苗木「食べてみたい!」

ムクロン「今から作るから待っててね」

朝日奈「なんでレーションなんだろう…」

苗妹「そうですね」

数分後

ムクロン「できた」

ムクロン「はい苗木アーン」

苗木「あ~ん」パク

苗木「おいしぃ~」

ムクロン「良かった!」パァァァ

自分が勝手につけてますすいませんなんか和やかな的な何か?

霧切「なんなのかしら、あの空間全く入れる気配がないわ…」

舞園「そうですね、あの中に私も入りたいです」

霧切「どんなふうに入りましょうか?」

舞園「>>359 であの中に入りに行きましょう!」

逆立ち

舞園「逆立ちしてあそこに行きましょう!」

霧切「正気なの?」

舞園「正気ですよ!」

霧切「そっ、そう」

舞園「じゃあ霧切サン一緒に行きましょう!」

霧切「遠慮しておくわ…」(´・ω・`)

舞園「それじゃ行ってきます!」

苗木はどんな反応をするのか
>>369

可哀相な人を見る目になる

パンツ丸見えなので照れる

舞園 逆立ちしている

苗木「舞園お姉ちゃん///」

苗木妹「舞園さん!なにしてるんですか!破廉恥です!」

朝日奈「そ~だよ~///」

ムクロン「舞園サンなんでそんなことしてきたの」

舞園「この中に入りたくて…」

苗木「ウッウウウェェェェン」

舞園「苗木クン泣かないで!」

苗木妹「大丈夫だよ~誠ちゃん」

朝日奈「舞園ちゃんはちょっとむこうにいってて!」

舞園「そんな‥」

いろいろあってお祝いかい終わり

~~~苗木の部屋~~~

苗木妹「う~ん、女の子になったお兄ちゃんもいいけどなんか物足りない!」

苗木妹「やっぱり誠ちゃんよりお兄ちゃんの方がいい!」

苗木妹「くまちゃんくまちゃん!」

モノクマ「くまちゃんじゃないよ!モノクマだよ!」

苗木妹「お兄ちゃんをもとに戻して!」

モノクマ「え~めんどくさいし嫌だ!」

モノクマ「>>376 したら直してあげるよ!」

下ねた禁止

しばらく葉隠のコスプレをして過ごす
口調もマネること

>>376 しばらくだと自分ではなんか決められないので期間をお願いします1分から5日間まで

>>380

5日間

モノクマ「なら葉隠くんのモノマネを5日間してくれたら、もとに戻してあげるよ!」

苗木妹「葉隠って誰?」

モノクマ「いつもダベだべいってるやつだよ!」

苗木妹「それだけならいいよ!やる!お兄ちゃんをもとに戻すために頑張る!」

モノクマ「OKじゃあ今からはじめね」

葉隠今年寄りになってること忘れてた

~~~一日目~~~

苗木妹「(さてこれからどうしようかな~?)」

苗木妹「(お兄ちゃん直すためとはいえ、葉隠?さんの物まねをすることになるとは)」

苗木妹「(まぁお兄ちゃんを直すためだからいい!これからどこにいこうかな?)」

場所
>>385

安価↑

苗木妹「食堂に行こう」

苗木妹「誠ちゃん行こう!」

苗木「うん!」

~~~食堂~~~

誰がいる?
>>387
>>368
>>369

十神

苗木妹「(うわぁ~なんか会いたくない人しかいないよ‥)」

十神「フン...」

葉隠「ゲホゲホゲホ」

桑田「妹ちゃんじゃん!朝食一緒に食べない?」

苗木妹「(無視無視)」殺意を込めた笑顔

桑田「ヒィ!」

苗木妹「(一様お腹いっぱい担ったしどうしようこれから」

苗木妹「(さすがに5日間はキツイなぁ…)」

苗木妹「(モノクマに他の方法はないか聞いてみよう)」

モノクマを呼ぶ?
>>395

ん~ごめんなんかへんになるから↑なし

苗木妹「(なんか暇だし、プールに行こう!)」

~~~プール~~~

朝日奈「あれ、妹ちゃんじゃん!どうしたの?」

苗木妹「ちょっと暇だったから泳ごうと思ったんだべ」

朝日奈「へっ?だべ?どうしたの妹ちゃん!」

苗木妹「ちょっと、お兄ちゃんをもとに戻すためにモノクマに
    お兄ちゃん直すためには葉隠さんのモノマネをしろっていわれたんだべ」

朝日奈「へぇ~、そうなの、頑張ってね!」

苗木妹「頑張るべ」

朝日奈「それより一緒に泳ごう!」

朝日奈「ところで苗木は何してるの?」

苗木妹「今は>>395 してるよ」

お昼寝

だべつけるの忘れてた

今日は終わります明日また投稿します

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年10月10日 (金) 21:15:11   ID: NqmIZkwa

妹は「苗木 こまる」だった気がする。後、悪口言われているけど自信持って下さい、期待しています。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom