アルミン「僕のパンツが無い…」(603)



アルミン「(下半身がスースーすると思ったら…)」

アルミン「(何で?昨日の夜までは履いてたのに?)」

アルミン「(パンツに足でも生えたのかな?)」

エレン「おーいアルミン、早く起きろ」

エレン「もう食堂に行くぞ」

アルミン「う…うん…」タッ

食堂

ザワザワ

アルミン「(なんだか変な感覚だなぁ)」

アルミン「(パンツを履いてないと異様な開放感があるよ…)」

エレン「どうかしたのか?」

アルミン「ちょっと考えごとをしてて…」

ミカサ「アルミン可愛い」

エレン「全然飯が減ってないぞ」

アルミン「あはは…食欲が出なくてさ…」

エレン「ったく…ボーッとしてると俺が食っちまうぞ」

エレン「お前を」

アルミン「うん……」

アルミン「……………へ…?」

アルミン「え?…今

エレン「アルミン!早く食べないと訓練に遅れるぞ!」

アルミン「…」

ミカサ「アルミン、考え事をしているヒマじゃない!」

アルミン「分かったよ…」

アルミン「(気のせいだよね…)」

エレン「なぁアルミン、寒くないか?」

アルミン「え?」

エレン「主に下半身が」

アルミン「なっ…なんで…?」オロオロ

エレン「…」ジロジロ

アルミン「(まさか、僕がノーパンなのバレてる!?)」

アルミン「いや…特に……」オロオロ

エレン「…」

-翌日 朝-

アルミン「あれぇ!?」

アルミン「(またパンツが無くなってる!?)」

アルミン「(パンツに翼でも生えたのかな…??)」

アルミン「(それに口周りがベタベタしてる気が…)」

アルミン「(リップクリームなんか塗ってないし…)」

エレン「起きろアルミン!食堂行くぞ!」

アルミン「……うん」タッ

食堂

ガヤガヤ

アルミン「…」

ミカサ「アルミン、どうかした?」

エレン「食が進んでないぞ」

アルミン「いや…また考え事してて…」

アルミン「(昨日までは履いてた…履いてはず!!)」

アルミン「どうして……どうして……」ブツブツ

ミカサ「…」

ミカサ「………可愛すぎ」ボソッ

アルミン「ん?」

アルミン「今…

ミカサ「アルミン!早く食べないと訓練に遅刻する!」

アルミン「…」

エレン「アルミン!早く!」

アルミン「…」

アルミン「…」モグモグ

ミカサ「アルミン、口の周りベタベタしてない?」

ミカサ「それと下半身が冷えたりしてない?」

アルミン「えぇっ!?」

アルミン「(なんでっ!?何で分かるの!?)」

アルミン「(ミカサは千里眼の持ち主なの!?)」

アルミン「えっ…いや…」モジモジ

ミカサ「…」ジロジロ

-翌日 朝-

アルミン「わあぁっ!?」

アルミン「(パンツがッ!!パンツが無いッッ!!)」

アルミン「(僕のパンツは瞬間移動が出来るの!?)」

アルミン「(それに口周りがベタベタしてる…)」

アルミン「(僕、そんなに涎垂らして寝てるのかな…?)」

アルミン「(更に今度は布団がない…)」

アルミン「(布団も瞬間移動出来るのかな?)」

エレン「アルミーン、行くぞー」

アルミン「…」タッ

二番煎じっぽいのは分かってる。
だからと言ってそういうコメはやめて欲しい

煽り耐性無くてすいません…
頑張ります。

食堂

ワラワラ

アルミン「…」

エレン「アルミン…今日もか?」

アルミン「うん…」

サシャ「食べないなら私が食べてあげます!」

アルミン「うわっ!」

コニー「おいサシャ!やめろ!」

エレン「アルミンがまだ食ってる途中だろうが!」ドンッ!!

サシャ「ひっ…ごめんなさい…」

アルミン「エレン…そんなに怒らないでいいよ…」

アルミン「(いつもはこんなに過保護じゃないんだけどなぁ…)」

ライナー「どうしたんだアルミン?元気がないぞ?」

アルミン「ちょっとね…」

ライナー「どうやら、朝起きたら下半身がスースーしすぎて違和感を感じている途中に口周りまでベタベタしていることに気がついて気持ち悪いなって思ったらなんと布団まで無くなっていて仰天したって顔をしているな」

アルミン「早口すぎて分からなかったからもう一回」

ライナー「アルミン!そんなことより早く朝食を!」

アルミン「いやいや」

エレン「訓練に遅れてもいいのか!?」

ミカサ「アルミンは可愛い」

アルミン「ちょっと…」

ライナー「ほら!2人もそう言ってるんだから早く食べろ!」

アルミン「…」

-夜 男子部屋-

エレン「(クソッ…ライナーもミカサもやりやがる…)」

エレン「(アルミンにキスはさすがに出来なかったぜ…)」

エレン「(ライナーなんてその上に布団まで奪うし…)」

エレン「(いきなり『点差』が開いちまったな…)」

エレン「(負けてらんねぇ!!)」

ライナー「(今のところは俺が間違いなくトップだろう…)」

ライナー「(俺は事を3つも起こしたからな…)」

ライナー「(順調なスタートだ…)」

ライナー「(トップになって…絶対に『アレ』を手にいれてやるぜ!)」

-夜 女子部屋-

ミカサ「(ライナー…侮っていた…まさか布団まで盗むなんて…)」

ミカサ「(だけど負けるわけにはいかない…絶対にアレが欲しい!)」

ミカサ「(それにしてもアルミンの困った顔は可愛かった…)」

ミカサ「(いや…今はそんな事を言ってる場合ではない…)」

ミカサ「(さて…残りの『3人』はどう出るか…)」

ミカサ「(確か明日の出番は…)」

翌朝

アルミン「…」

アルミン「僕の服が全部ない…」

アルミン「全裸だ…どうなってるの…?」

アルミン「なんで?寝ぼけて服を食べちゃったのかな?」

エレン「アルミン、早く…

エレン「!?アルミン…お前ッ!?」

アルミン「エレン!?違うんだ!朝起きたら服が全部無くなってて!!」

エレン「あ…あぁ…」

エレン「(おいおい…朝からハードすぎるだろ…)」

エレン「(今すぐ襲いたい…でも今の『テーマ』は『夜這い』だ…」

ライナー「よぉアルミ………!?」

アルミン「見ないでよぉっ!!」バサッ

ライナー「(なんてことだ…まさか服を全て盗むとはな…)」

ライナー「(確か今日の出番の奴は…

食堂

ベルトルト「おはようアルミン」

アルミン「ベルトルト…おはよう…」

ベルトルト「今朝は大変だったね」

アルミン「うん…服が全部無くなってるんだもん…」

アルミン「ビックリしちゃったよ…」

ミカサ「…」

ベルトルト「(はぁ…困った顔可愛いなぁもう…)」

ライナー「(ベルトルトめ…全裸にするとはな…)」

ミカサ「(見た目は地味なのにやる事は派手な男…)」

ベルトルト「(ふん…派手にやらなきゃ得点が貰えないだろう…)」

エレン「アルミン、お前また食が進んでないぞ」

アルミン「食欲がないんだ…」



アルミン「……グー………」

ガチャリ

?「今日は私の出番だ…皆に負けないように頑張るぞ…」

?「アルミンは…あそこのベッドに…」タタタタ

アルミン「…….……zzZ…」

?「わぁ…アルミンの寝顔可愛いなぁ…」

?「なんて言ってる場合じゃない…よし…手始めに服を…」スッ

アルミン「……………ぅう…」

?「えっ!?」

アルミン「う…………ん?」

?「マズイ…!?」ダッ

アルミン「ん…ぇ………誰?」ムクッ

バタン!!

タタタタタ………

アルミン「…」

アルミン「誰かいたような気がしたけど…」

アルミン「気のせいかな…?」キョトン

翌朝

エレン「おはようアルミン」

アルミン「エレン!今日は服もあるし体に違和感が全然ないよ!」

アルミン「久々に気持ちのいい朝を迎えられたよ!」

エレン「……そうか…よかったな!」

エレン「(今回の出番はあいつだったな…しくじったか…)」

ライナー「(よし!!…これであいつは0点だ!!)」

食堂

ウジャウジャ

ミカサ「アルミン…元気で何より」

アルミン「うん!今日は体に異変がなかったから!」ニコッ

ミカサ「!?」ガタッ

エレン「その笑顔は反則だろ!」

アルミン「え?」

ライナー「大好き」

ベルトルト「…」チラッ

クリスタ「次こそは…次こそはッ!!」グスッ

エレン「(残りはあいつか…)」

ミカサ「(性格は控えめ…派手なことはしないと願おう…)」

ライナー「(トップの座は渡さん…)」

ベルトルト「(アレは絶対に手にいれてみせる!)」

クリスタ「うっ……うっ……」グスッ

アルミン「(皆、深刻な顔してどうしたのかな?)」モグモグ

翌朝

アルミン「うわああああぁぁぁぁぁ!!!」

エレン「どうしたアルミン!?」

アルミン「大変なんだ!服が全部無いし、口周りもベタベタするし、布団が無くなってるんだ!」

エレン「なん……だと……」

ライナー「嘘だ…ありえねぇ…」

ベルトルト「まさか…全部やってしまうとは…」

アルミン「何でだよ!!どうなってるんだよ!!!」

食堂

ギャーギャー

アルミン「もう嫌だ……」グスッ

ミカサ「…」

クリスタ「嘘……でしょ……?」

ライナー「(あいつがここまでやるとは…)」

ベルトルト「(これは越されたよ…現時点では君が間違いなくトップだろうね…)」

アニ「ふふっ…」

エレン「アニ…」

今日はここまで

おやすみ

-夜 兵舎裏-

エレン「アニ…お前があそこまでやるとは思わなかったぜ…」

ミカサ「さすがに驚いた」

アニ「あれぐらい当然、あんた達やる気あんの?」

アニ「無いなら無いで私も助かるんだけどさ」

ライナー「そ…そんなワケねぇだろ!俺のアルミン愛は世界一だ!」

ベルトルト「ライナー、それ僕の台詞なんだけど」

クリスタ「違う!アルミン愛は私が一番!」

エレン「バカ野郎!それを言うなら

アニ「分かったからもう黙りなよ」

ミカサ「そう、全員集まっているんだから早く採点しよう」

アニ「パンツのみが1点、服全部奪取が2点、キスが2点、布団奪取が2点だったね?」

エレン「クソッ…俺1点かよ…」

ミカサ「私は3点」

ライナー「俺は5点か、いいぞー!」

ベルトルト「僕はパンツの1点+服全部奪取の2点で合計3点かな?」

クリスタ「0点…」

アニ「私は7点、満点!」

エレン「いきなりすげー差が開いたな…」

アニ「もう諦めた方がいいんじゃない?」

エレン「誰が諦めるか!!」

ミカサ「くっ…アレは絶対に私が…」

ベルトルト「次のテーマで稼がないとね…」

ライナー「(次のテーマか…次のテーマは『プレゼント』だったな…)」

クリスタ「(よし…次のテーマで挽回するぞ…)」

エレン「次のテーマは『プレゼント』だったな」

ミカサ「もうすぐアルミンの誕生日だからということでテーマはこれ」

ベルトルト「プレゼントを受けとったアルミンの反応が良ければ良いほど点数は高く付くみたいな」

ベルトルト「そんな感じだよね?」

ミカサ「そう、そして採点は状況判断力が高いジャンにやってもらう」

エレン「ジャンならプレゼントを受けとった時のアルミンの心理だって読めるはずだ!」

ライナー「面白いじゃないか…」

クリスタ「アルミンを喜ばせればいいんだね?」

ベルトルト「よし!アルミンをとびきり喜ばせるぞ!!」

エレン「(ここは俺が有利だ…アルミンが欲しいものは決まって一つ)」

エレン「(ここで一気に差を縮めてやる!)」

-翌日 食堂-

アルミン「今日は服も布団も全部あるから平和だったよ」

エレン「よかったなアルミン」

アルミン「うん!」

エレン「(あーもう可愛いな畜生…)」

エレン「(……じゃなくて)」

エレン「なぁアルミン、昼休憩になったら兵舎裏に来てくれないか?」

アルミン「え?どうして?」

エレン「アルミンに渡したい物があるんだ!」

ミカサ「(エレン…一体何を用意してるのか…)」

ライナー「(楽しみだ…)」

昼休憩

エレン「(アルミンまだかな…)」ソワソワ

アルミン「おーい!エレーン!」タタタタ

エレン「来た!!」

アルミン「ごめんね遅れて、それで渡したい物ってなに?」

エレン「あぁ、お前もうすぐ誕生日だろ?」

エレン「だからほら、誕生日プレゼントにお前が欲しがってた本を買ってきてやったぞ!」スッ

アルミン「えっ!?」

アルミン「エレン…僕の誕生日覚えててくれたんだ…」

エレン「当たり前だ!俺の嫁だr……親友だろうが!」

アルミン「それに…プレゼントまで用意してくれて…」グスッ

エレン「!?お…おい…何も泣くこと…」

アルミン「エレン大好き!」ダキッ

エレン「」

ジャン「(おいおい……)」ジーッ

ジャン「(大丈夫かあいつ…)」

ジャン「おい…アルミン…」ザッ

アルミン「あれ?ジャン居たの?」

ジャン「もう訓練が始まるぞ、早く戻らねぇと遅刻するぜ」

アルミン「そうなの?それならエレン、早く戻ろうよ」グイッ

エレン「」

アルミン「あれ?エレンどうしたの?」

ジャン「エレンは今体調が悪いんだ、エレンは俺に任せてアルミンは訓練場に戻れ」

ジャン「さぁ戻れ、早く戻れ」

アルミン「?………うん…わかったよ…」

タッタッタッ……

エレン「」

ジャン「…」

ジャン「起きろ死に急ぎ野郎!」ペシン!!

エレン「いっで!!」

ジャン「…ったく」

エレン「はっ!?すまん!気を失ってたぜ…」

エレン「あれ?アルミンは?」キョロキョロ

ジャン「もういねーよ、つーか俺もさっさと戻りたいんだが」

エレン「そうだ!得点は!?7点満点中何点だ!?」

ジャン「そうだな、泣いて喜ぶ程だから満点でいいと思うぜ」

エレン「本当か!?や…やったぜ!!」

-夜 男子部屋-

アルミン「………グー…」

ライナー「本当かよ…抱き締められたって!?」

ベルトルト「羨ましい…しかも満点だって…」

エレン「へへ、何をプレゼントしたかは内緒だからな」

ライナー「流石だな…俺も負けてられないな…」

ベルトルト「明日の出番は誰だっけ?」

ライナー「明日は確かミカサのはずだ」

エレン「ミカサか…何を用意してるんだろうな…」

ここまで

-翌日 食堂-

ザワザワ

アルミン「また服も布団もある!最近は平和だよ!」

エレン「あぁ、よかったな」

ミカサ「…」

エレン「(今日はミカサの日だ…)」

ライナー「(不器用なミカサは何を用意しているんだろうな…)」

ミカサ「あの…アルミン…」

アルミン「うん?」

ミカサ「昼休憩になったら兵舎裏に(略

IDがディオだ!!!すげぇ!!!

昼休憩

ミカサ「…」ドキドキ

ジャン「(あー羨ましい…アルミン代われよ…)」

アルミン「ミカサー!」タタタタ

ミカサ「!?」

ミカサ「アルミン…待ってた…」

アルミン「うん、それで用ってなに?」

ミカサ「実は…アルミンに誕生日プレゼントを渡そうと思って」

アルミン「え?ミカサまで!?」

ミカサ「もうすぐアルミンの誕生日だから…」

アルミン「ミカサ…ミカサも覚えててくれたんだね…ありがとう!」

ミカサ「うん…それで…誕生日プレゼントなんだけど…」

アルミン「うん!」

ジャン「…」

ミカサ「プレゼントは私」

アルミン「…」

ジャン「…」

アルミン「………?」

ジャン「…….ん?」

ミカサ「プレゼントは私」

アルミン「??」

ジャン「(おい…待てよ…)」

アルミン「え?どういうこと?」

ミカサ「だからプレゼントは私」

ミカサ「私の体」

アルミン「」

ジャン「」

ミカサ「…」ザッ

アルミン「ひっ…」ビクッ

ジャン「(マズイぞこれ…)」

ミカサ「……アルミン」ハァハァ

アルミン「ミ……ミカサ…怖いよ…」ビクビク

ミカサ「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アルミン「うわあああああぁぁぁぁぁぁ!!」ドテッ

ジャン「やめろミカサ!!!!」ダッ

ミカサ「アルミン!アルミン!」

アルミン「いやああああああやめてええええええ!!」ジタバタ

ジャン「ミカサ!やめろって!」グイグイ

ジャン「(うわっ…すげぇ力だ…)」

ジャン「くそっ!負けるか!!」

ジャン「うおおおおおおおおおお…!!」グイィ…

ミカサ「くっ…ジャン…離して…」ジタバタ

アルミン「うわああああぁぁぁぁぁぁ!!!」ダダダダダ

ミカサ「あぁっ!?アルミンが行ってしまった!!」

ジャン「ハァ…もう動けねぇ…」グッタリ

ジャン「(力強すぎんだろ…)」

ミカサ「また失敗した…昔エレンにも失敗してしまったのに…二度も…」

ジャン「(何言ってんだコイツ…)」

ミカサ「ジャン、採点はどうなるの?私は何点になるの?」

ジャン「…」

ジャン「アルミンを喜ばせる事が趣旨のこの『プレゼント』というテーマなのに」

ジャン「逆に怖がらせてどうすんだよ…0点だよ0点…」

ミカサ「そんな!?」ガーン

-夜 男子部屋-

アルミン「…」ガタガタ

エレン「おい…アルミン…」

アルミン「ミカサ怖い…ミカサ怖い…」ガタガタ

エレン「…」

ライナー「どうしたんだ?」

エレン「さっきからずっとミカサが怖いって言ってるんだよ…」

エレン「あいつ何をしやがったんだ…?」

ベルトルト「相当怯えてるね…可哀想に…」

ライナー「フッ…それなら明日の俺のプレゼントでアルミンを元気付けてやるぜ!」

-翌朝 食堂-

ワラワラ

アルミン「あの、エレン…僕はあっちで食べることにするよ…」

エレン「えっ!?」

エレン「(待てよ!離れたくねぇよ!!)」

ミカサ「おはようエレン」

アルミン「!?」

ミカサ「おはようアル

アルミン「いやああああああやめてええええええ!!」ダダダダ

ミカサ「」

ライナー「おぉ!!どうしたんだアルミン!!」

アルミン「ちょっとね…」

ベルトルト「いいじゃん!たまには一緒に食べようよ!」

ミカサ「そんな……アルミン……」

エレン「お前…アルミンに何をしたんだよ…」

ミカサ「私は別に…」

ジャン「俺が説明しよう」ザッ

……………

………



ジャン「ってことがあってだな…」

エレン「おい!!それ失格レベルだぞ!!」

ミカサ「そんな…悪気はなかったのに…」

エレン「今すぐ謝って来いよ!」

エレン「(俺だって襲いたいの我慢したんだぞ)」

ジャン「謝らねぇとアルミンに嫌われっぱなしの状態が続くぜ」

ミカサ「分かった…謝って来る…」

ライナー「ってことで昼休憩になったら兵舎裏に来てくれ!」

アルミン「う…うん…」

アルミン「(まさかライナーも…?)」

ベルトルト「(ライナーは何を用意してるんだ?)」

ミカサ「アルミン!」ザッ

アルミン「ひっ…ミカサ…」

ミカサ「この度はアルミン様へお届けしたプレゼントが原因でアルミン様に大変不快な思いを(略

アルミン「分かったよ…もう、二度としないでね…」

ミカサ「ごめんなさい…」

ライナー「それよりアルミンいいか?昼休憩に兵舎裏だからな?」

アルミン「分かってるよ、絶対に行くから」

ライナー「(よし!必ずアルミンを喜ばせてやるぜ!!)」

昼休憩

ライナー「…」

ライナー「(緊張するもんだな…)」

ライナー「(アルミンは喜んでくれるだろうか…)」

アルミン「ライナー!来たよー!」タタタタ

ライナー「おお!待ってたぞ!!」

アルミン「それで渡したい物ってなに?」

ライナー「ああ…それはな…」

ここまで
ディオじゃなくて残念

ライナー「…」スッ

アルミン「え?」

アルミン「花束?」

ジャン「(フラワーギフトか…やるじゃねぇか)」

ジャン「(しかし赤い薔薇の花ばかり摘んであるな…)」

ジャン「…」

ジャン「(ん?赤い薔薇?)」

ジャン「(いや、やっぱり気持ち悪い…)」

アルミン「あ、ありがとう…」

アルミン「(赤い薔薇は花言葉で愛情だとか情熱…だったと思う…)」

アルミン「(男の人が男の人に渡す物じゃないよ…)」

アルミン「(まさかライナーは…)」ゾクッ

ライナー「(綺麗な花だからこの花を選んだワケだが)」

ライナー「(どうだ?アルミンの反応は?)」

ライナー「喜んでもらえたか?」

アルミン「う…うん…嬉しいよ…」ニコッ

ライナー「そうか、それはよかった!」

ライナー「(抱き締めてもらえるか!?)」

アルミン「そ…それじゃあ僕は戻るから…」

ライナー「!?」

アルミン「本当にありがとう…じゃあね…」

タタタタ…

ライナー「え?…何故だ…逃げる様に去っていったぞ…!?」

ライナー「ジャン!どういう事なんだ!?」

ジャン「あぁ、そりゃあな」スッ

…………

……


ライナー「本当かよ…知らなかった…」

ジャン「アルミンは薔薇の意味を知ってたからドン引きしたんだろうな」

ライナー「やべぇよ…やべぇよ…」

ジャン「気を落とすなよ…あいつも愛想笑いだが笑顔を見せてくれた事だし…」

ジャン「一応、喜んでくれたって捉えて…そうだな…」

ジャン「2点にするか…」

ライナー「やべぇよ…やべぇよ…」

-夜 男子部屋-

アルミン「……グー………」

ライナー「はぁ…助かったぜ…」

エレン「よかったな、アルミンに分かってもらえて」

ライナー「勘違いされるところだった…花言葉なんて知らなかった…」

ライナー「と、言っても実際は愛してるんだけどな」

ライナー「アルミン可愛い、天使」

ベルトルト「でもアルミン愛は僕が世界一」

エレン「バカ!俺の方がアルミン愛は上だ!!」

ライナー「すまん、それ言い出したらキリが無いからやめよう…」

-夜 女子部屋-

クリスタ「明日は私の番か…」

アニ「ベルトルトがまだ準備出来てないからね」

ミカサ「勝手な男…」

アニ「それにしても、またアルミンが怯えてたね」

ミカサ「きっとライナーが原因、許せない」

アニ「あんたは人のこと言えないから」

ミカサ「は?」

クリスタ「ちょっと…」

ユミル「喧嘩なら外でやれや」

-翌朝 食堂-

ウジャウジャ

アルミン「ミカサ、おはよう」

ミカサ「おはようアルミン」

クリスタ「おはようアルミン!」

アルミン「え?クリスタ?お…おはよう…」

アルミン「(あれ?僕クリスタとあまり話したことないのに…)」

ユミル「チッ……」

クリスタ「あの…ちょっとアルミンに用があるんだけど…」

昼休憩

クリスタ「…」モジモジ

アルミン「クリスタ、それで渡したい物って…」

アルミン「(クリスタ可愛いなぁ…)」

クリスタ「あの…もうすぐアルミンの誕生日だから…プレゼントをしようと思って…」

クリスタ「だから…これを買って来たの!」スッ

アルミン「ん?これは…」

クリスタ「ネックレス…ハート型の…」

アルミン「これを…僕に…?」

クリスタ「うん、アルミンに似合うと思って」ニコッ

アルミン「そ、そうなんだ…」

アルミン「(ハート型って…ピンクだし…)」

アルミン「(絶対メンズネックレスじゃないよね…僕って男として見られてないのかな…)」

アルミン「(ちょっとショック…)」

クリスタ「どうかな…?」

アルミン「うん…嬉しいよ!ありがとう!」

クリスタ「(よかった!喜んでくれた!!)」

クリスタ「(エレンは抱き締められたって言うけど私にはどうかな??)」

クリスタ「(来て!アルミン!)」

アルミン「(確かに嬉しいんだけど…首にはかけておきたくないなぁ…)」

アルミン「ありがとうクリスタ!大事にするよ!」

クリスタ「あ、ハグは

アルミン「じゃあねーー!!」タタタタ

クリスタ「…………行っちゃった…」

ジャン「よぉ、アルミンはちょっとショックだったんじゃねぇか?」

クリスタ「えっ!?何で!?」

ジャン「アルミンがネックレス見た時は少し戸惑ってたぜ」

クリスタ「で…でもアルミンは喜んでだよ!」

クリスタ「それに、あのネックレス可愛いから、アルミンに似合うと思ったんだけど…」

ジャン「だからダメなんだよ」

ジャン「思春期の男が女に可愛いだなんて言われたらな」

ジャン「褒め言葉としては受け切れねぇよ、むしろ馬鹿にされているような感じがする」

ジャン「今は恰好いいと思われたい年頃なんだよ」

クリスタ「そうなんだ…」

クリスタ「私…男の人の気持ちを全然分かっていなかった…」ガクッ

ジャン「でもまぁ、他の奴らよりは反応も良かったし」

ジャン「5点ぐらいでいいと思うぜ」

-夜 女子部屋-

クリスタ「私…嫌われたかなぁ…」

アニ「何よ、あんたも馬鹿やったの?」

クリスタ「男の人の気持ちがよく分からない…」

ミカサ「アルミン可愛い」

ユミル「あんまり気を落とすなよwww」ギュウウゥゥ

クリスタ「痛い…」

男子部屋

アルミン「うーん…」

アルミン「何だか複雑な気持ちだなぁ…」

エレン「アルミンが悩んでるな、抱き締めてくるか」

ライナー「ふざけるな、それは俺の役だろ」

ベルトルト「まぁまぁ、2人共落ち着きなよ」

ベルトルト「明日の僕のプレゼントでアルミンを元気にしてみせるから」

-翌朝 食堂-

ベルトルト「アルミン、今日の昼休憩なんだけど」

アルミン「兵舎裏に来ればいいの?」

ベルトルト「う…うん…」

アルミン「分かった、休憩になったらすぐ行くね!」

ベルトルト「…」

昼休憩

ベルトルト「それで誕生日プレゼントなんだけど」

アルミン「うん」

ベルトルト「本をプレゼントするよ!」

アルミン「え!!」

ベルトルト「アルミンが好きそうだと思ってね」スッ

アルミン「わぁ!嬉しいなぁ、ありがt

アルミン「…」

アルミン「(あ…これ…)」

アルミン「(エレンに貰った本と同じだ…)」

ジャン「(被ってんじゃねぇかwww笑わせんなwwww)」

ベルトルト「どうしたの?」

アルミン「なな…何でもないよ…」

アルミン「あまりの嬉しさに声が出なくてさ…あはは…」

ベルトルト「そっか、それは良かった」ニコッ

アルミン「じゃあ大切にするよ…ありがとう…」

タタタタ…

ベルトルト「良かった…喜んでくれて…」

ジャン「おい」

…………

……

ベルトルト「おんどれえええぇぇぇぇッッ!!!!」ゴロゴロ

ジャン「まぁこういうこともな…」

ベルトルト「死に急ぎ野郎があああぁぁぁぁッッ!!!」ゴロゴロ

ジャン「…」

ベルトルト「チクショウ…!!チクショオッッ!!!」ゴロゴロ

ジャン「おい…」

ベルトルト「ん"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!」ゴロゴロ

ジャン「…」

-夜 男子部屋-

エレン「そりゃあ災難だったな…」

ベルトルト「ああ…そうだね…」

ベルトルト「ジャンがせめて6点にでもしてくれなければ…」

ベルトルト「僕の腹の虫は収まらなかっただろうね…」

エレン「確かに、プレゼントを渡す順番が俺とベルトルトが逆だったとしたら」

エレン「ブチ切れてたのは俺の方だろうな」

ベルトルト「それより順番ってどうやって決めたんだっけ?」

エレン「知らん」

ここまで

食堂

ギャーギャー

エレン「今日が最後」

ミカサ「最後はアニ…」

アニ「アルミン、ちょっと用が

アルミン「もしかしてアニも兵舎裏までお呼び?」

アニ「そう、昼休憩になったらそこに来て」

アルミン「うん!楽しみにしてるよ!」ニコッ

アニ「(可愛い可愛い可愛い)」

昼休憩

アニ「それでプレゼントなんだけど」

アルミン「うん!」

アルミン「(アニも僕の誕生日覚えててくれたんだ…)」

アルミン「(アニってどんな物を用意してるのかな)」

アニ「アルミンに似合いそうな服を買ってきたよ」

アルミン「服?」

ジャン「(嫌な予感がするんだが)」

アニ「レディースファッションなんだけど」

アニ「これがアルミンに1番似合うと思ってね」

アルミン「」

ジャン「(やっぱりな)」

アニ「あ、ちなみに水着まで買ってきたんだよ」

アルミン「」

アニ「買って来た服を紹介するけど、まずシフォンスカ

アルミン「もう!そういうのいいから!!」ダダダダダ

アニ「えっ!?アルミン!?」

ジャン「(あーあ…)」

アニ「そんな…どうして…」

ジャン「お前、流石にあれは…」

アニ「可愛いアルミンには似合うと思ったんだけど…」

ジャン「(クリスタよりもひでぇ…)」

ジャン「(ネックレス以上のダメージだろうな…)」

アニ「もしかして…私嫌われた…?」

ジャン「…………たぶんな…」

アニ「」

ジャン「残念だが喜びの欠片もなかったから0点だな」

アニ「」

ジャン「凹むな…元気出せ…」

ジャン「(なぜ俺はジャッジを務めたんだ…心が痛い…)」

ジャン「(だが嘘はつかん、俺は正直者なんでね…)」

-夜 男子部屋-

アルミン「なんだよ女子の皆は…僕を女の子みたいに扱って…」ブツブツ

アルミン「僕は男なんだぞ…ハートのネックレスや女性用の服っておかしいだろ…」ブツブツ

エレン「酷いよな!アルミンは立派な男の子なのにな!」

アルミン「女子の皆は僕のことを男として見てないんだろうな…」ブツブツ

アルミン「女子にとって僕は『アルミンちゃん』なんだろうな…」ブツブツ

ライナー「(あー、いいなそれ)」

ベルトルト「(アルミンちゃん!アルミンちゃん!)」

-夜 兵舎裏-

アニ「私、アルミンに嫌われたね…」

ベルトルト「アルミンちゃん怒ってたよ」

エレン「それやめろ」

ミカサ「レディースファッションなんて嫌に決まってる」

クリスタ「(私もアルミンを傷付けちゃった)」

ライナー「皆、とにかく合計点数を教えてくれ」

エレン「そうだったな、俺は満点だったから夜這いの分を足して8点」

ミカサ「私は3点のまま」

ライナー「俺は5+2で7点だ」

ベルトルト「9点」

クリスタ「5点!」

アニ「どうせ7点だよ私は」

ベルトルト「やった!!僕が1位だ!!」

エレン「喜ぶのは早いぞ、まだテーマは残ってる」

エレン「(2位か…負けられねぇ…)」

エレン「(絶対に1位になってやる…!!アレは絶対に俺が手に入れてやる!)」

エレン「(『あの日』から好きになったアルミンのために!!)」

~回想~

『あの日』

数年前…


ドカッ!!
バキッ!!

アルミン『うぅっ…』

悪ガキA『おらぁ!どうした異端者!』ゲシゲシ

悪ガキB『外の世界がうんたらかんたら』ポカポカ

アルミン『痛いっ…やめっ…』

エレン『何してんだお前ら!』ダダダダ

悪ガキA『チッ…エレンか…』

悪ガキB『かかって来るがよい』

オラアアアァァァァ!!!
ズドオオオオォォォォォン!!!
ドカアアアァァァァァァン!!!

アルミン『だ……誰……?』

エレン『へっ!どうした!!』

悪ガキA『クソッ!!覚えてやがれ!!』

悪ガキB『すごく…痛いです…』

タタタタ…

エレン『お前、大丈夫か…?』

アルミン『あ…ありがとう…誰かも知らないのに…』ウルウル

エレン『…』

エレン『(なにこいつ可愛すぎ)』

~回想終わり~

エレン「(あの日から俺はアルミンに惚れたんだ…)」

エレン「(大好きなアルミンのため!絶対ッ!絶対に負けるワケにはいかないッ!!)」

ミカサ「…」

ミカサ「(このままでは…トップになることが出来ない…)」

ミカサ「(そんなのイヤだ…アレは絶対に私が手に入れるんだ…)」

ミカサ「(『あの時』から…私はアルミンが大好きになった…)』

ミカサ「(負けない!私は負けない!!)」


~回想~

『あの時』

数年前…


エレン『ミカサ!照れるなよ!』グイグイ

ミカサ『別に照れてなんかない…』

エレン『ならいいだろ!早く家から出て来いよ!』グイグイ

ミカサ『イヤだ…』

エレン『俺の嫁……じゃなくて親友を紹介するだけだろ!!』グイグイ

ミカサ『恥ずかしい…』

エレン『照れてんじゃねーか!!』グイグイ

アルミン『あのー…おじゃまします…』ガチャリ

ミカサ『!?』

エレン『アルミン!?すまねぇな…ミカサが出て来なくてよ…』

アルミン『あはは…ちょっと待てなくて…』

エレン『(可愛いな畜生…)』

アルミン『あの…僕に会うのが嫌なら…無理に連れて来ようとしなくても…

ミカサ『そんなことない、会うのを楽しみにしてた』

アルミン『えっ?』

ミカサ『(なにこの子可愛すぎ)』

~回想終わり~

ミカサ「(あの時のアルミンの驚いた顔は国宝級の可愛さだった…)」

ミカサ「(トップは私…私は負けない!)」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

アニ「…」

ライナー「(俺は『入団式の日』にアルミンに惚れたんだ…)」

ベルトルト「(アルミンの為に…トップになってみせる!)」

アニ「(他の連中には負けないッ!!)」



~回想~

『入団式の日』

入団式の日…


キース『貴様は何者だ!!』

アルミン『シガンシナ区出身!アルミン・アルレルトです!』

ライナー『(可愛い)』

ベルトルト『(惚れた)』

アニ『(結婚しよ)』

~回想終わり~

ライナー「(まさかの一目惚れだった)」

ベルトルト「(男も女も魅了するあの可愛さ)」

アニ「(アルミン>故郷)」

クリスタ「…」

クリスタ「(やっと得点が入った…)」

クリスタ「(『入団式の日』に惚れたアルミンの為に)」

クリスタ「(アレは私の物にしてみせる!!)」


~回想~

『入団式の日2』

入団式の日…


キース『貴様は何者だ!!』

アルミン『シ

クリスタ『(結婚しよ)』

~回想終わり~

クリスタ「(おそらく1番最初にアルミンに惚れたのは私…)」

クリスタ「(この星の者とは思えない程可愛かった…)」

エレン「お前ら、そういや次のテーマなんだが」

ライナー「すまん…ボーッとしてた」

ベルトルト「えーっと、次のテーマは何だっけ?」

ミカサ「(次こそは…)」

アニ「(私が…)」

また夜

テーマが思い付かないので明日にします

御免

エレン「次のテーマは『何でもアルミンクイズ』だろ」

ミカサ「ついに来た…」

ライナー「これは負けられねぇな…」

ベルトルト「アルミンを知り付くしているのは僕だ!!」

クリスタ「絶対に負けない!!」

アニ「トップは私!!」

エレン「これが最後から二番目のテーマだからな」

エレン「問題はジャンに考えてもらっている!」

エレン「明日は丁度訓練は休みだからよかった」

ライナー「集合場所はここでいいんだよな?」

ミカサ「そう、絶対に遅れないように」

翌日

-兵舎裏-

ジャン「さぁ、やって参りました。第1回何でもアルミンクイズ大会」

エレン「(…これはどう考えても俺が有利なテーマ…)」

ミカサ「(アルミンが喜ぶプレゼントすら知らなかった連中に負けるワケがない…)」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

アニ「…」

クリスタ「…」

どんなテーマにするかに頭を使い過ぎて問題を考えていません
考えてきます

御免

ジャン「問題は全部で10問です。」

ジャン「私が、一生懸命お前らのために夜遅くまで考えて作ってやった問題を出してやりますので」

ジャン「問題に合ったと思う回答を手元の紙に書いてください」

ジャン「配点は1番正解数が多かった人には5点、2位は3点、3位は1点となります。」

ジャン「では一問目」

ジャン「アルミンが入団式の日にキース教官から兵士になろうと思ったきっかけを聞かれましたが」

ジャン「アルミンは何の役に立つ為に兵士になろうと思ったのでしょう?」

ジャン「お答えください」

エレン「(そんなの決まってんだろ…)」カキカキ

ミカサ「(おそらく私の為…)」カキカキ

ライナー「…」カキカキ

ベルトルト「…」カキカキ

アニ「…」カキカキ

クリスタ「…」カキカキ

ジャン「では回答をどうぞ!」


エレン『おれ』

ミカサ『私』

ライナー『人類』

ベルトルト『人類のため』

アニ『人類』

クリスタ『人るい』

ジャン「ライナー、ベルトルト、アニ、クリスタ、正解!!」ピンポーン

エレン「はぁ!?ふざけんな!アルミンは俺だけの天使だろ!!」

ミカサ「エレン…落ち着きなさい…」ゴゴゴゴ

ライナー「幼馴染が間違えてどうすんだよ…」

ベルトルト「(これ余裕)」

アニ「(よし…よしッ!!)」

クリスタ「(人『るい』って文字が分からない)」

エレン「ジャン!てめぇ!!」

ジャン「黙れ!2問目いくぞ!!」

エレン「チクショウ…次こそ…」

ジャン「アルミンの髪型の名前」

ジャン「何と言うでしょう?」

エレン「…」

エレン「……ん?それだけか?」

ミカサ「(髪型…たぶんこれ…)」カキカキ

ライナー「(髪型の名前なんて分からん…)」カキカキ

ベルトルト「(えぇー…何あれ…)」カキカキ

アニ「(余裕余裕)」カキカキ

クリスタ「…」カキカキ

ジャン「では!回答をどうぞ!」


エレン『金髪』

ミカサ『ボブカット』

ライナー『金髪』

ベルトルト『ツーブロック』

アニ『ショートボブ』

クリスタ『ボブカット』

ジャン「ミカサ、アニ、クリスタ、正解!!」ピンポーン

エレン「クッソが!!!」ドンッ!!ドンッ!!

ミカサ「よし…正解…」

ライナー「型じゃなくて色だから違うよな…」

ベルトルト「髪型の名前なんて分かんないよッ!!」

アニ「順調だね…この調子で…」

クリスタ「私も順調だ!」

おやすみ

ジャン「第3問目」

ジャン「これは簡単な問題です」

ジャン「アルミンの趣味は何でしょう?」

エレン「そんなの簡単じゃ

ジャン「ちなみに選択問題です」

ジャン「正解だと思う答えを選んでください」

A.ライナーとイチャつくこと
B.読書
C.空手
D.ブレイクダンス

エレン「(これはな…)」カキカキ

ミカサ「(Aはライナーじゃなくて私だから違う)」カキカキ

ライナー「(おそらくB…?…と見せかけてAか?)」カキカキ

ベルトルト「(露骨すぎ)」カキカキ

アニ「…」カキカキ

クリスタ「(簡単)」カキカキ

ジャン「では!回答をオープン!」


エレン『B』

ミカサ『B』

ライナー『A』

ベルトルト『B』

アニ『C』

クリスタ『B』

ジャン「エレン、ミカサ、ベルトルト、クリスタ、正解!!」ピンポーン

ライナー「なっ!?」

アニ「チッ…」

エレン「やった!正解数1!」

ベルトルト「ライナー…」

クリスタ「間違えた2人はただの願望じゃないの?」

ライナー「ジャン、お前…

ジャン「4問目いくぜっ!!」

ジャン「アルミンはお風呂で身体を洗う時」

ジャン「体を洗う順番が絶対に決まっているのですが」

ジャン「その1番最初に洗う体の部位はどこなのかを答えてください」

エレン「(一般常識だろ…)」カキカキ

ミカサ「(アルミンに350回は聞いて68回は覗いた…)」カキカキ

ライナー「(分からない奴いるのか?)」カキカキ

ベルトルト「…」カキカキ

アニ「(アルミンに102回は聞いた)」カキカキ

クリスタ「(5回覗いた)」カキカキ

ジャン「では回答をお願いします!」


エレン『二のうで』

ミカサ『上腕』

ライナー『腕』

ベルトルト『うで』

アニ『上腕』

クリスタ『上わん』

ジャン「よし!全員正解!!」ピンポーン

エレン「簡単だろ」

ライナー「いいのかこんな簡単で?」

ジャン「なかなかやるじゃねーか…」

また書けなかった
今から書きためます

本当に御免

ジャン「じゃあ次、5問目に移るぞ」

ジャン「アルミンは最近、とある訓練兵に座学の勉強を教えてやっていますが」

ジャン「その、とある訓練兵とは誰のことでしょう?」

エレン「(アルミンに勉強を教わりたい…)」カキカキ

ミカサ「(アルミンに教わるのは私だけで充分!!)」カキカキ

ライナー「(あいつか)」カキカキ

ベルトルト「(ん?どっちだろう…)」カキカキ

アニ「(そいつ「アルミンは天才」とか言ってたね)」カキカキ

クリスタ「(どっちかなぁ…)」カキカキ

ジャン「では!回答をどうぞ!」


エレン『おれ』

ミカサ『私』

ライナー『コニー』

ベルトルト『サシャ』

アニ『コニー』

クリスタ『コニー』

ジャン「ライナー、アニ、クリスタ、正解!!」ピンポーン

エレン「何でだよッ!!!」

ジャン「こっちの台詞だ」

ミカサ「…」

ライナー「チラッと見かけてな」

ベルトルト「うぐぐ…コニーだったんだ…」

アニ「アルミンは天才で可愛い」

クリスタ「(よかった…合ってた…)」ホッ

ジャン「5問目が終わったな?よし!中間発表に移る」

ジャン「今んとこ」

エレン: 2点
ミカサ: 3点
ライナー: 3点
ベルトルト: 3点
アニ: 4点
クリスタ: 5点

エレン「うわ…俺ビリじゃねーか…」

ミカサ「3点が三人…」

ライナー「エレン…アルミンと一緒に居る時間が最も長いのはお前だろ…」

ベルトルト「トップはクリスタか…」

アニ「クリスタ…やるね…」

クリスタ「えへへ」

ジャン「もういいか?いいよな?じゃあ次の問題だ」

ジャン「6問目いくぞ」

ジャン「今まで、訓練兵の中にアルミンに告白した奴が何人かいましたが」

ジャン「その告白した人の人数を答えなさい」

エレン「(俺達は告白してないから…)」カキカキ

ミカサ「…」カキカキ

ライナー「(確か…マルコと…ミーナ…)」カキカキ

ベルトルト「(ハンナ……フランツ……)」カキカキ

アニ「(後、色々…)」カキカキ

クリスタ「(アルミン…全員フッたんだよね…)」カキカキ

ジャン「では!回答をオープン!」


エレン『7人』

ミカサ『7人』

ライナー『7人』

ベルトルト『7人』

アニ『7人』

クリスタ『7人』

ジャン「全員不正解」ブブーッ

エレン「なんだと!?」バンッ!!

ミカサ「おかしい…7人だったはず…」

ライナー「マルミーハンフラダズ…」

ベルトルト「トーマスサムエル…」

アニ「どう数えても7人…」

クリスタ「何で!?いつの間に!?」

エレン「ジャン!正解は何人なんだ!?」

ジャン「正解は8人だ」

ミカサ「誰!?あと1人は誰なの!?」

ジャン「そりゃ言えねぇよ、可哀想だろ?」

ライナー「俺がもっとアルミンを研究していれば…!!」

クリスタ「あーあ…間違えちゃった…」

エレン「誰なんだよチクショウ!!」

ジャン「…」

おやすみ

ジャン「とにかく7問目行くぜ、顔上げろお前ら」

ジャン「俺とエレンは喧嘩する事が多いですが」

ジャン「その時のアルミンの心情を答えなさい」

エレン「(なんだよそれ…)」カキカキ

ミカサ「…」カキカキ

ライナー「(心配じゃないのか…?)」カキカキ

ベルトルト「…」カキカキ

アニ「…」カキカキ

クリスタ「…」カキカキ

ジャン「では回答をオープン!」


エレン『エレンかっこいい惚れる』

ミカサ『ミカサ可愛い』

ライナー『心配』

ベルトルト『心配』

アニ『どうでもいい』

クリスタ『痛そうだなぁ』

ジャン「ライナー、ベルトルト、正解!!」ピンポーン

エレン「え?違うのか…?」

ミカサ「アルミンは私しか見てないから」

ライナー「アルミンの顔見てればわかる」

ベルトルト「心配そうに見てるもんね」

アニ「チッ…」

クリスタ「何で?痛そうジャン…」

ジャン「表情見てれば分かるだろバカ」

エレン「お前は一言多いんだよ!!」

ジャン「次の問題に移るぞー、8問目な」

エレン「無視しやがった…」

ジャン「アルミンは幼い頃、虐められっ子から何者扱いされていたでしょう?」

エレン「(俺とミカサしか知らないんじゃないか?)」カキカキ

ミカサ「…」カキカキ

ライナー「(ミカサに聞いた)」カキカキ

ベルトルト「(ミカサに聞いた)」カキカキ

アニ「(ミカサに聞いた)」カキカキ

クリスタ「(ミカサに聞いた…けど…)」カキカキ

ジャン「では!回答をお願いします!」


エレン『異端者』

ミカサ『天使』

ライナー『天使』

ベルトルト『天使』

アニ『天使』

クリスタ『大天使』

ジャン「エレン!正解!」ピンポーン

エレン「よっしゃあ!!」

ライナー「!?」

ベルトルト「ミカサ!違うジャン!」

アニ「嘘付いてたのか!!!」

クリスタ「(私が天使って呼ばれるぐらいならアルミンは大天使だと思ったんだけど…)」

ミカサ「おかしい…こんな筈では…」

細かい事をいうと
虐められっ子じゃなくて虐めっ子だな

>>291
気付きませんでした。申し訳ない。

>>285
× 虐められっ子から何者扱い

○ 虐めっ子から何者

ジャン「ラス2、第9問目いくぞ」

ジャン「アルミンには将来、ある夢があります」

ジャン「その夢とは何でしょう?」

エレン「(アルミン…昔約束したもんな…)」カキカキ

ミカサ「(アルミン…昔約束した…)」カキカキ

ライナー「(簡単だな…)」カキカキ

ベルトルト「…」カキカキ

アニ「(はいはい…)」カキカキ

クリスタ「(ロマンチック)」カキカキ

ジャン「回答をどーぞ!」


エレン『俺と外の世界を探検する、ミカサも』

ミカサ『私とエレンと外の世界を探検する』

ライナー『外の世界を探検』

ベルトルト『外の世界を探検』

アニ『外の世界を探険する』

クリスタ『外の世界を探検する』

ジャン「エレン、ミカサ、ライナー、ベルトルト、クリスタ正解!!」ピンポーン

エレン「ふっ…」

ミカサ「簡単…」

アニ「は?私も正解だから」

ジャン「お前は字が違うからダメだ」

アニ「ふざけんな!!それぐらいで!!」バンッ!!

ジャン「主催者は俺だ、口出しすんじゃねえ」

アニ「何それ…ムカつく…」

ジャン「よーし、最後の問題だ」

ジャン「しっかり聞いとけよ」

ジャン「第10問」



「アルミンが好きな人は誰でしょう?」

エレン「…」

ミカサ「…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

アニ「…」

クリスタ「…」

エレン「お……俺に決まってんだろ…」

ミカサ「私に決まってる…ので…こんな問題無意味」

ライナー「問題変えよう」

ベルトルト「ジャンはいい子だから」

アニ「字を間違えるのはダメに決まってる」

クリスタ「聞きたくない…」ガタガタ

ジャン「何ビビッてんだよ、問題を変えるつもりはない」

エレン「いや…だから俺だって…」

ミカサ「無意味無意味無意味無意味無意味無意味無意味無(略」

ライナー「聞きたくないんだよ!!」

ベルトルト「やめろください」

アニ「私とアルミンは血よりも固い絆で結ばれてますから」

クリスタ「私お腹痛いからトイレ」

ジャン「逃げても大声で叫ぶからな、アルミンが好きな奴」

ジャン「あと5秒」

ジャン「4」

エレン「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!」カキカキ

ミカサ「ん"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!」カキカキ

ライナー「頼"む"か"ら"さ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!」カキカキ

ベルトルト「ああ…もういいや…どうでもいい…」カキカキ

アニ「うっ…グスッ………うぅ…」カキカキ

クリスタ「神様…どうか…」カキカキ

ジャン「では回答をオープン!」


エレン『エレン・イェーガー』

ミカサ『私』

ライナー「ライナー・ブラウン』

ベルトルト『ぼく』

アニ『アニ・レオンハート』

クリスタ『たわし』

ジャン「よくぞ耐えてくれた」

ジャン「おまいらは立派な兵士だ」

ジャン「では、正解者を発表しよう」

エレン「(お願いします…お願いします…)」ドキドキ

ミカサ「……私……私…」ドクンドクン

ライナー「オレだよオレ…オレだよ…」ドクンドクン

ベルトルト「…」ダラダラ

アニ「一緒ですよ…アルミン…」

クリスタ「お願いッ!!」ドキドキ

おやすみ

まだ展開を考えてないので

御免

-その頃-

アルミン「…」キョロキョロ

コニー「何してんだアルミン?」

アルミン「ちょっと…エレンに用があるから探してるんだけど」

アルミン「見つからなくて…」

アルミン「外に居ると思うんだけどなぁ…」キョロキョロ

コニー「そんか事かよ、俺も手伝ってやるぜ!」

アルミン「いいの?ありがとうコニー!」

コニー「おーーーい!!エレーーーーーン!!!」

アルミン「エレンどこー?」

ドドドド…

アルミン「エレ………ん?」

ドドドド…

コニー「何だ?誰か走って来るぞ」

ジャン「ひいぃッ!!誰か助けて!!」ドドドド

エレン「待てコラぁ!!!!」ドドドド

ミカサ「削ぐ」ドドドド

ジャン「謝るから!!やめてくれ!!」ドドドド

アルミン「ジャン…?」

コニー「それに、エレンとミカサ?」

ジャン「アルミン!助けてくれ!!」ガシッ

アルミン「えっ?ええ?」

エレン「アルミン!どくんだ!」

ミカサ「アルミンはいい子だから…」

ジャン「ごめんなさい!!もう二度としませんから!!」ガタガタ

アルミン「なに?なんなの?」

エレン「ジャン!覚悟しろ!冷やかしやがって!」

ジャン「ごめんなさい!ごめんなさい!」

アルミン「あの…何があったか知らないけど…」

アルミン「ジャンも謝ってるんだし…許してあげたら?」

エレン「分かった!アルミンが言うなら許す!」

ミカサ「アルミン可愛い」

ジャン「は?許してくれるのか?」

エレン「ああ、アルミンが言うならな」

ジャン「(さすがアルミン…)」

-夜 兵舎裏-

ライナー「結局許してやったのか?」

エレン「アルミンが言うなら仕方ない」

ライナー「そうか、俺はまだムカついてるが」

ベルトルト「僕もまだ腹の虫は治まってないよ」

ライナー「だよな、まさか最後の問題の正解がな…」

ジャン『お前らビビりすぎwwwwアルミンに好きな奴はいねーよwww』

ジャン『全員不正解wwwwwwww』

ミカサ「ジャンはああ言ったけどアルミンは私の事が好きだから」

アニ「違う、アルミンは私の事が好き」

クリスタ「散々、冷やかしといて…」

エレン「皆、正解数は幾つか教えてくれ」

エレン「4問」

ミカサ「私も4問」

ライナー「5問」

ベルトルト「5問」

アニ「5問」

クリスタ「6問だ!!」

エレン「ってことはクリスタに5点か…」

ライナー「俺、ベルトルト、アニは3点」

ミカサ「私とエレンに1点が入る…」

エレン「じゃあ俺は9点になる」

ミカサ「…」

ライナー「10点」

ベルトルト「やった!12点だ!」

アニ「10点」

クリスタ「私も10点」

エレン「おい、ミカサは何点だよ」

ミカサ「…」

エレン「おい」

ミカサ「13点」

エレン「嘘付け、何点だ」

ミカサ「実は10点」

エレン「…」

ライナー「ミカサの点数は確か…」

ベルトルト「3点…0点…1点…」

アニ「あんた4点だね」

ミカサ「…」

クリスタ「これ…逆転出来るの…?」

エレン「無理だろ…」

ミカサ「戦わなければ勝てない」

エレン「いやいや」

ミカサ「人は戦う事を諦めた時、初めて敗北する」

エレン「…」

ミカサ「アルミン可愛い」

アニ「ほっときな、とにかく次が最後のテーマだったね」

ミカサ「私も参加する」

エレン「正直、お前が参加する意味なくね?」

ミカサ「それでも私はやる」

ライナー「別にいいだろ、話が進まん」

ミカサ「ライナー!感謝ッ!」

休憩

今日続きは無理そうです。

御免

ウルズ泥ったんで再開しまーーーす

エレン「最後は『恥ずかしがらせ(赤面)』だ」

ミカサ「待ってた…この日を…」

ライナー「うほほーーーーーーい!!」

ベルトルト「うるさいよ、君」

アニ「ふふ…ふふふ…」

クリスタ「…」

エレン「とにかくアルミンを恥ずかしがらせるんだ…反応が大きいほど点数は高い…」ニヤ

ミカサ「判定はジャンに…ふふ…」

ライナー「うほほほーーーーーい!!」

ベルトルト「へへ…へへへ…」

アニ「何笑ってんのさ…ふふふふふふふ…」

クリスタ「…」

エレン「あ、怒らせたりしたら0点だからな?分かってるな?」

ミカサ「…」

ライナー「合点承知之助」

ベルトルト「分かってるよ…へへっ…」

アニ「ふふふふふふふふふ」

クリスタ「怒らせはしないから大丈夫…」

エレン「明日はまず俺の番からだ!待ってろアルミン!」

-翌朝-

アルミン「う~…まだ眠い…」

エレン「よう、おはようアルミン」

アルミン「おはようエレン…」

エレン「今日も恰好いいなアルミンは」

アルミン「え?」

エレン「早く朝食行こうぜ、イケミン」

アルミン「イケミン…?」

-食堂-

アルミン「いただきまーす」

ミカサ「いただきます」

エレン「…」

アルミン「…」モグモグ

ミカサ「…」モグモグ

エレン「…」

アルミン「………エレン?」

エレン「…」

アルミン「食べないの…?」

エレン「いや、そうじゃねえ…」

エレン「もうお前の気遣いだけでお腹いっぱいなんだよ…」

アルミン「僕何もしてないけど」

エレン「違う、お前の存在が俺にとっての気遣いなんだ…」

アルミン「ワケがわからないよ」

エレン「バカ!あまり声をかけるなよ!惚れちまうだろ!」

アルミン「…」イラッ

エレン「(褒めちぎり…どうだアルミン…)」

アルミン「エレン、僕を馬鹿にしてるの?」

エレン「くっ…アルミンが眩しくて直視できねぇぜ…」

アルミン「エレンってば!」

エレン「(あれ?怒ってるか?)」

アルミン「ねぇエレン、僕を馬鹿にしてるの??」

エレン「いっ!?いや…馬鹿にしてねぇよ…」ビクビク

ジャン「(あれ怒ってねーか?もう0点じゃねーの?あぁん?)」

アルミン「何なのさっきから?」

エレン「いや…その…」

アルミン「僕の目を見て!」

エレン「えっ…?」

アルミン「…」ジーッ

エレン「(何こいつ…何でこんなに可愛いんだよ…//)」

エレン「(目を合わせるなんて恥ずかしくて///)」シュウウゥゥ…

ジャン「(エレンの方が顔真っ赤になってね?)」

エレン「(ダメだ…もう…//)」シュウウゥゥ…

アルミン「エレン!」グイッ

エレン「!?」

アルミン「僕の目を…

エレン「」ボンッ

アルミン「え?」

エレン「」バタッ

アルミン「どっ…どうしたの?」

ジャン「なんだと……」

ミカサ「エレンがショートした…」

-夜 男子部屋-

アルミン「………zzZ」

エレン「チクショオッ…!!」

ライナー「お前早過ぎ」

ベルトルト「あれどう見ても怒ってたよね」

エレン「何でだよ!!褒めちぎり作戦失敗かよ…」

ライナー「残念だがお前の優勝は無くなった」

エレン「うわあああぁぁぁぁ!!!」

ベルトルト「明日はミカサか…何を起こすか心配だよ…」

-翌日 夜 -

男子部屋

ライナー「おかしいな…ミカサは今日、何もアクションを起こしてないぞ…」

ベルトルト「もしかして忘れてるのかな?」

コニー「あれ?アルミンどこに行くんだ?」

アルミン「ちょっとミカサに呼ばれてね」

アルミン「外に行って来るよ」スタスタ

バタン

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ライナー「ミカサに外に呼ばれるって危なくないか?」

ベルトルト「僕も思ったけど…ジャンが見てるからだいじょ

エレン「大変だ!ジャンがトイレで気絶してるぞ!!」ドタドタ

-外-

アルミン「ミカサに呼ばれたんだけど居ないなぁ…」キョロキョロ

アルミン「どこに…

トントン

アルミン「ん?」

フーッ…

アルミン「ひっ…///」ゾクッ

ミカサ「アルミン…待ってた…」

アルミン「ミ…ミカサ…//」ゾクゾク

アルミン「(耳に吐息はずるいよ…)」

ミカサ「アルミン…」ニコッ

ライナー「ヤバい!!アルミンが襲われる!!!」ドタドタ

ベルトルト「腹筋女め!許すまじ!!許すまじ!!」ドタドタ

エレン「何だよ!アルミンがどうしたんだよ!」ドタドタ

ジャン「うぅ…頭が痛い…」ドタドタ

ライナー「二度もアルミンを!」ドタドタ

エレン「だからどうしたんだよ!」ドタドタ

ベルトルト「もうすぐ外だ!」ドタドタ

-外-

バタン!!

ライナー「アルミンは!?」

ベルトルト「いた!あそこに…

ジャン「待て、様子が変だぞ…」

おやすみ

ミカサ「…」ギュウゥゥ

アルミン「…」

ミカサ「…」ギュウゥゥ

アルミン「ッ!?」ミシッ

アルミン「ミ…ミカサ…そろそろ…」

ミカサ「もう少し…」

アルミン「(参ったなぁ…ミカサに抱き着かれると身体が痛むんだよ…)」

エレン「抱き着かれる程度なら大丈夫じゃね?」

ライナー「そうだな…戻るか…?」

ジャン「待て、あいつは俺が見張っている間でもアルミンを襲うような奴だぞ」

ジャン「抱き着く程度の事を見られたくないが為に俺を気絶させたとは思えん」

ジャン「もしかしたらまた

ミカサ「アルミン…」ハァハァ

アルミン「ミカサ、息が荒いけど大丈夫?」

ミカサ「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アルミン「え?うわあああああぁぁぁぁぁぁ!!」ドテッ

ライナー「マジだった」

ジャン「な?言ったろ?」

エレン「ミカサてめぇ!!!」ダダダダ

ベルトルト「アルミンを離せ!!!」ダダダダ

その後

エレン「ミカサの野郎…まさか二度も…」

ベルトルト「営倉行きは免れないだろうね」

ライナー「あいつがあそこまで変態だったとはな…」

エレン「ライナー、明日はお前だけどミカサみたいな事すんなよ」

ベルトルト「やったら許さないじゃ済まないからね」

ライナー「ふっ…俺をあいつと一緒にしないでくれ」

ライナー「(そうか、明日は俺だったな)」

ライナー「(でもまぁ準備はバッチリ出来てる…)」

ライナー「(クックック…待ってろアルミン…)」

ライナー「(お前を顔から火が出る程恥ずかしがらせてやるからな!)」

-翌朝-

アルミン「ぅ………ぅん…」

アルミン「もう朝か……」ムクッ

アルミン「ん?何か体に違和感が…

アルミン「って!?えぇっ!?」ビクッ

アルミン「(何で!?何で僕、女性用の服着てるの!?)」オロオロ

ライナー「よっ、おはようアルミン」ニコッ

アルミン「ラ…ライナー…!?違うんだ!!朝起きたら

ライナー「なんだアルミン?お前、女装に興味があったのか?」ニヤニヤ

ジャン「(アルミン可愛いな…)」ドキドキ

アルミン「違うよ!僕知らないよ!!朝起きたら何故か女性用の服着てて…」オロオロ

ライナー「(ヤバい…可愛い…襲いたくなるのも無理ないぜ…)」

ライナー「(だが俺はそんなバカな真似はしない、ミカサと違ってな…)」

アルミン「えっ…何これ?ブラジャー?何でこんなものまで!」

ライナー「…」

アルミン「違うんだよ!違うんだってば!」ウルウル

ライナー「(い…いかん、俺のブラウンが…)」

アルミン「どうやって取るのこれ!?取れない…」オロオロ

ライナー「(オロオロするアルミン可愛い…ヤバい…)」ハァハァ

ライナー「(って何を考えてるんだ俺は!?)」

ライナー「(これじゃミカサと同じ…

アルミン「ね…ねぇライナー…」

ライナー「はっ!?どうしたアルミン!?」ハァハァ

アルミン「ブラ取って…」ウルウル

ライナー「」プツッ

おい、それ反則だろ。

今…俺の中の何かが切れた。
いや、何が切れたのか分かっている。

理性の糸だ、アルミンの呪文『ブラトッテ』が俺の理性の糸を断ち切ったんだ。

そう、一晩で法隆寺が建てられる程の強力な呪文に。

ああ…俺はミカサと同じ運命を辿ってしまうのか。
あんなにミカサをバカにしておいて…
はは、情けねぇ…

ライナー「アルミン…」ハァハァ

抑えられない…体がアルミンを求めている。

アルミン「え?ライナー…どうしたの…?」ウルウル

ライナー「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

ジャン「あ…」

ギャアアアアァァァァァ!!!!!!!

エレン「うおっ!?何だぁ!?」ガバッ

ライナー「アルミン!アルミン!」

ジャン「おい!やめろライナー!!」

アルミン「誰かああああぁぁぁぁぁ!!!」ジタバタ

ベルトルト「ラ…ライナー!?何をやってるんだ!!」

アニ「アルミンの声がした!!」ガチャ

クリスタ「何があったの!?」

-夜 男子部屋-

アルミン「うっ…うぅっ…」ガタガタ

ジャン「怖かったよな…可哀想に」ナデナデ

エレン「まさかライナーまでやっちまうとは…」

ベルトルト「ライナーも営倉行きか…」

エレン「ベルトルト、明日はお前だけど

ベルトルト「分かってるよ…僕はライナーやミカサみたいにはならないから」

エレン「はぁ…頼むぞ本当…」

おやすみ

-翌日 昼休憩-

アルミン「はぁ…今日も訓練疲れるなぁ…」

ベルトルト「やぁアルミン、辛そうだね」

アルミン「ベルトルト…僕、体力が無いからね…あはは…」

ベルトルト「アルミン、ちょっと今から兵舎裏に来てくれない?」ニコッ

アルミン「今から?どうして?」

ベルトルト「渡したい物があるんだ!」

アルミン「(渡したいもの?またプレゼントかな?)」

アルミン「うん、分かった」

ベルトルト「…」ニコニコ

ベルトルト「これだよ」スッ

アルミン「え…何この雑誌…」

アルミン「(メガベッピン…表紙からしてもう…)」

ベルトルト「読んでみなよ、面白いからさ」ニコッ

ベルトルト「(さぁ!!存分に顔を赤くするんだアルミン!!)」

アルミン「…」

アルミン「…」パラッ

アルミン「……/////」ポッ

ベルトルト「…」

アルミン「(うわぁ…女性の体ってこんな風に…)」

アルミン「(って…何を言ってるんだ僕は…)」

ベルトルト「(あああああああああああああああ顔赤くしたアルミンきゃわいいいいいいいいい!!!!!!!!!)」

アルミン「あの…やっぱり僕にはこういう本は…」モジモジ

ベルトルト「えっ?」ハァハァ

アルミン「合わないというか…」

ベルトルト「(合わない?アルミンには抜くためのオカズとしては合わないエロ本だったってこと?)」

アルミン「いや…でもプレゼントをくれたっていう行為事態は勿論、嬉しいよ!」

ベルトルト「(エロ本を貰った事が嬉しかったって言うの?じゃあ、アルミンはエッチな事をされるのが嬉しいってことに繋がるじゃないか!!!)」

ジャン「(ベルトルトがボーッとしてるな…ワケわからん事考えてそうだ…)」

アルミン「でもこういう本より…違う物がよかったなーなんて…」

ベルトルト「(え?こういう本=エロ本って意味だよね?エロ本より違う物で抜きたかったって事だよね?)」

ベルトルト「(つまりオ○ホとかがいいのか!アルミンも意外と淫乱なんだなぁ///)」

アルミン「あ、いや…別に無理にプレゼントを用意しなくてもいいんだよ!」

ベルトルト「(え?)」

ベルトルト「(物じゃなくてもいいの?)」

アルミン「僕はベルトルトの感謝の気持ちだけでも、すっごく嬉しいから!」

ベルトルト「(ベルトルトの顔射が気持ちよくて、すっごく嬉しいだとおおおおおおおおおお!!!!!!)」

ベルトルト「(まさか…アルミンがこんなド変態だったとは思わなかった…)」

ベルトルト「なんだアルミン!最初から言ってくれればよかったのに!!」ハァハァ

アルミン「ベルトルト、息が荒いけど大丈夫?」

ベルトルト「アルミン…」ハァハァ

アルミン「(あれ?…嫌な予感が…)」

ベルトルト「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アルミン「うわあああああああ何でだよおおおぉぉぉぉ!!?!?」ドサッ

ジャン「ふざけんな腰巾着てめぇ!!!!」ダッ

-夜 男子部屋-

アルミン「もう僕…誰も信用出来ない…」グスッ

エレン「気にするなよアルミン!ほらおいで!」

ジャン「アルミン、怖かったろ?可哀想にな…」

アルミン「うん…怖かったよ…」ギュッ

エレン「」

ジャン「よしよし、泣くな泣くな」ナデナデ

アルミン「ゔ……ゔん…」グスグス

エレン「(何でジャンに懐いてんだよチクショウがッッ!!!)」

-夜 女子部屋-

アニ「バカが3人営倉行きになったみたいだね」

クリスタ「そうだね…」

アニ「あんたも営倉行きにはならないようにね」フッ

クリスタ「分かってるよ…」

クリスタ「(アルミンに甘えたりすれば、顔赤くしてくれるかな?)」

クリスタ「(いや、きっと大丈夫だ!よーし!頑張るぞ!!)」

もう無理死ぬおやすめ

-翌日 食堂-

ザワザワ

エレン「アルミン、早く席に座ろうぜ」

アルミン「ごめん…僕、ジャンと食べ

クリスタ「アルミーン!」

アルミン「え?クリスタ?」

エレン「待てアルミン、お前今なんて言おうとした」

アルミン「ク、クリスタ…どうしたの…?」

エレン「おい」

クリスタ「ねぇアルミン!私と2人だけでご飯食べない?」

アルミン「えっ!?」

アルミン「な…何で突然!?」

クリスタ「もしかして嫌?」

エレン「嫌」

アルミン「そそそそ、そんな事ないよ!!」

クリスタ「やった!じゃあ向こうの席に行こっ!」グイッ

アルミン「あわわ…」

エレン「待てよ!アルミンは俺と食うんだ!」

ジャン「お前が待て、今日はクリスタが出番何だから邪魔はナシだろ」

エレン「くっ…クソッ!!」

アルミン「(クリスタと2人っきりで朝食なんて…)」ドキドキ

アルミン「(何だか…緊張で食事が喉を通らないよ…)」

クリスタ「どうしたのアルミン?食べないの?」

アルミン「あ…ちょっと体調が悪くて」

クリスタ「大丈夫?私が食べさせてあげよっか?」

アルミン「えぇっ!?」

アルミン「大丈夫だよ!1人で食べられるから!」

クリスタ「遠慮しないで!ほら、あーんして…」

エレン「それは俺の役目だッッ!!!!」ガタッ

ジャン「邪魔すんなって!!」

サシャ「あの2人仲いいですね」モグモグ

ユミる「そうだネ、私もびっくりしちゃった」

サシャ「今日はクリスタと食べないんですか?」

ユミる「最近、クリスタはアルミンを見テばっかりなの」

ユミる「何ダか私に構ってくれなくナってきたの…」

ユミる「私寂しい…泣いチャう…」グスッ

サシャ「あらら…可哀想に」

コニー「泣くなよ…あとその喋り方やめろ」

-対人格闘術-

エレン「アルミン!俺とペア組もうぜ!」

アルミン「ごめん…僕、ジャンと組む

クリスタ「アルミーン!」タタタタ

アルミン「クリスタ!?」

エレン「俺泣くぞ?いいのか?」

クリスタ「アルミン!私とペア組もうよ!」

アルミン「別に…いいけど…」

クリスタ「やった!じゃあ早く訓練始めよう!」グイッ

エレン「待てって!アルミンは俺の

ジャン「だから邪魔すんなって!!」

アルミン「じゃあ僕がならず者役をするから」

クリスタ「よーし!じゃあ短刀よこせ!」ガバッ

アルミン「うわっ!?」ビクッ

クリスタ「えへへ」ギュウゥゥ

アルミン「ちょ…!?ちょっと!抱き着かないでよ!!」

クリスタ「嫌なら短刀ちょうだい////」ギュッ

アルミン「それ格闘術と関係ないじゃん!」

アルミン「(でも…ずっとこの状態でいたい…///)」

エレン「クリスタ!そこ代われ!!」

ジャン「いい加減にしろ!!!」

おやすみ

クリスタ「(アルミンの顔が真っ赤だ!)」

アルミン「うぅ…//////」

ジャン「(ほぅ…中々やるな…)」

クリスタ「(か、可愛い!襲っちゃいたい///)」ハァハァ

エレン「顔赤いアルミンヤバい、ムラムラしてきた」

クリスタ「アルミン…」ハァハァ

アルミン「ん?どうしたの?」

ジャン「(おや?クリスタのようすが…)」

エレン「アルミン!上だ!危ない!!」

ヒュウウゥゥゥ…

クリスタ「え?」

アルミン「危ない!」グイッ

ドサッ!!

ミーナ「」

アルミン「ミーナ!?何でミーナが飛んで来たの!?」

クリスタ「???」

エレン「よっしゃ!よくやったぞミーナ!!」

ジャン「(あぁ…あいつか…)」

アニ「ごめんねー、邪魔しちゃったねー」ザッ

アニ「(さすがに目の届く所でベタベタされたらムカつく)」

アニ「言っとくけどわざとじゃないから、本当」

ジャン「クリスタ救われたな、あのままだとミカサやライナーみたいに

クリスタ「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アルミン「へ?うわああああああああああッッ!!!!」ドテッ

ジャン「っておい、マジかよ…」

エレン「」

アニ「」

クリスタ「アルミン!アルミン!」

アルミン「何で!?なんでこうなるの!?」ジタバタ

ジャン「おいクリスタやめろ!!」ダッ

-夜 男子部屋-

アルミン「まさかクリスタにも襲われるなんて…」

アルミン「僕怖いよ…次も誰かに襲われるんじゃないかって心配で…」

エレン「酷いよな!許せないよな!!」

ジャン「(あとアニしか残ってねーな…)」

ジャン「もしあいつまで同じような事したらエレン以外全滅だぞ…)」

エレン「アルミン、今日は一緒に寝るか?怖いんだろ?」

アルミン「一緒に寝るならジャンがいい…」

エレン「」

ジャン「え?」

-女子部屋-

ユミる「クリスタ…会いたいヨ…」

サシャ「元気出して下さい…」

アニ「…」

アニ「遂に私とエレン以外が、営倉行きになってしまった…」

アニ「恐るべし…アルミンの赤面…」

アニ「…」

アニ「ってあれ?もう私がこのテーマやる意味なくない?」

アニ「私、現時点でエレンより得点高いし」

アニ「他は失格だし」

アニ「…」

アニ「いや、でも…」

アニ「私もアルミンの赤くなった顔見たいし…」

アニ「別にいっか」

アニ「それに最近、全然アルミンと接してないしね…」

アニ「接してないしね…」

アニ「接して…」

アニ「…」

-深夜 男子部屋-

ジャン「………グー」

ジャン「………………ん…」

ジャン「んうぅぅ…」

ジャン「トイレ…」

ガシッ

ジャン「あ……れ?」

ジャン「う、動けねぇ…」

ジャン「何だよこれ…金縛りって奴か…」

ジャン「って…ん?」

アルミン「………グゴー」ギュッ

ジャン「何だよ、アルミンが俺を抱き締めてんのか…」

エレン「ウー…アルミーン…」グー

ジャン「そしてエレンの野郎がアルミンを抱き締めてやがる…」

ジャン「1つのベッドに3人って…アホかコイツら」

ジャン「さっさとトイレ済ませるか…」スタスタ

ガチャリ

ドゴッ!!

ジャン「ぐはっ…」

ドサッ

アニ「さっきから邪魔だったのよアンタ」

ジャン「」

アニ「あぁ…アルミン!会いたかった!」

アルミン「……グー」

アニ「ふふ…アルミンの寝顔可愛い…」ギュウゥゥ

エレン「アルミーン…」ギュウゥゥ

アニ「頬っぺたも柔らかい…」スリスリ

エレン「アルミーン…」スリスリ

アルミン「ウググ…」スリスリ

~~~~~エレンの夢~~~~~

エレン『アルミン…俺もう我慢出来ない…』

アルミン『エレン…僕達親友でしょ…?』ガタガタ

エレン『ダメなんだ…俺の息子が早く外の世界に行きたがってるんだ…!!』

エレン『アルミンなら、この気持ちを分かってくれるだろ!?』

アルミン『分からないよ!誰か助けて!』ジタバタ

エレン『おっと…外の世界に出た後は、すぐ『壁』を突破するんだったな…』

アルミン『いやあああああああああああ!!!』ジタバタ

エレン『さぁアルミン!観念するんだ!』

~~~~~~~~~~~~~~~

エレン「ハァハァ…」ギュッ

アニ「アルミン…///」スリスリ

アルミン「うぅ~…」

エレン「アルミン…」ハァハァ

アニ「アルミン…」ハァハァ

アルミン「な、なんだ…」ウトウト

エレン「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アニ「アルミイィィィーーーーーーンッ!!!」ガバッ

アルミン「へ?」パチッ

ジャン「痛たたた……」ムクッ

おやすみ

アルミン「いやああああああああああああ!!!!」ジタバタ

エレン「アルミン!アルミン!」

アニ「アルミン!アルミン!」

ジャン「痛てて…頭が痛い……」フラフラ

アルミン「嫌だ!嫌だ!!」ジタバタ

エレン「アルミーン!」ビリビリ

アルミン「ちょっと…服破かないでよ!!」ジタバタ

アニ「アールミーン!!」ビリビリ

マルコ「アルミンー!」ビリビリ

コニー「何だようるせーな…」ムクリ

アルミン「うわああああああああああ!!!」

エレン「アルミン!」ハァハァ

アニ「アルミン!可愛いよアルミン!」ハァハァ

マルコ「アルミーーン!!」ハァハァ

コニー「おい、何だよこの状況」

ジャン「コニー!止めてくれ!」フラフラ

コニー「お…おぉ…」

貞子見ておやすみ

-翌朝 食堂-

ジャン「遂に全員捕まったか…」

アルミン「うぅ…」

コニー「大丈夫かアルミン?全然眠れなかっただろ?」

サシャ「パン分けてあげますよ!元気出してください!」

ユミル「アルミンって、クリスタに似てるネ」

アルミン「はぁ…」

ジャン「アルミン…」

ジャン「お前…本当に大丈夫か?やっぱり医者に

アルミン「いい…僕はジャンと一緒にいれば平気だから」ギュッ

ジャン「…」ドキッ

サシャ「あはは、可愛いですねアルミンは」

コニー「なんつーか、甘えん坊になったな」

ユミる「仕方ないヨ…あんな事があったナら…」

>>492

× ユミル「アルミンって、クリスタに似てるネ」

○ ユミる「アルミンって、クリスタに似てるネ」

……………

………

……


看守「ほら!入れ!」ドンッ

エレン「くっ…」

アニ「チッ…」

マルコ「」

ガシャン

エレン「あーあ…捕まっちまった…」

アニ「何で私、あんな事したんだろ…」

マルコ「そうだね」

ライナー「よぉ…お前らも来たのか…」

ベルトルト「…」

ミカサ「グオオオォォォォ…」

クリスタ「ミカサ、いびきうるさい」

エレン「クソッ!俺が変な夢を見てたせいで!」

アニ「…」

エレン「つーか、何でアニが深夜に男子部屋に居たんだよ!!」

マルコ「ほんとだよ」

アニ「…」

ライナー「何?お前、夜這いでもかけたのか?」

アニ「…」

ライナー「おいwwwwww」

ライナー「まさか図星なのかwwwww」

アニ「黙れ、蹴り殺すよ」

ライナー「すまん」

エレン「落ち着けよお前ら…騒ぐんじゃねぇ…」

マルコ「そうだよ」

アニ「はぁ…」ガックリ

ベルトルト「僕は悪くないのに…アルミンが顔射してって言うから…」

クリスタ「顔射ってなに?」

ベルトルト「顔射って言うのは…」

ライナー「やめろ、気持ち悪い」

マルコ「そうだそうだ」

ミカサ「ンガアアアァァァァ…」

クリスタ「ミカサうるさい…」

本当におやすみ

エレン「全員失格になっちまったな…」

アニ「そうだね…」

ライナー「なら『アレ』はどうすんだよ?」

エレン「ああ、アレな…」

エレン「『結婚指輪』のことか」

クリスタ「40万で買った二つの指輪」

ベルトルト「もうそれ、僕が貰っていい?」

アニ「は?バカ言ってんじゃないよ」

アニ「私が貰うに決まってるから」

クリスタ「ダメだよ、私が貰う」

エレン「なぁ、それより指輪っどこに保管してるんだったっけ?」

ベルトルト「ライナーが保管してるんじゃなかった?」

ライナー「あぁ…無くさないよう俺が…」ゴソゴソ

ライナー「俺が…」ゴソゴソ

ライナー「あれ……?」ゴソゴソ

ライナー「……」

エレン「は?」

ベルトルト「」

クリスタ「」

アニ「」

ライナー「おっ!?おかしいぞ!?確かに俺が持ってたはず!!?!?」ゴソゴソ

エレン「てめぇふざけんな!!お前が保管したいって張り切ってたから任せたんだぞ!!」

アニ「というか何でポケットに入れてんの?落としたらどうすんの?」

アニ「もしかして…落としたんじゃないの…?」

ライナー「違う!営倉に入ってる間も、肌身離さずしっかり隠し持ってたぞ!!」

クリスタ「嘘だ!きっと指輪を食べちゃったんだ!」

マルコ「…」

ギャーギャー

ミカサ「…グー」

ミカサ「…」

ミカサ「…」チラッ

ベルトルト「折角の指輪が…」

ベルトルト「(隙を見て盗もうと思ったのに…)」

クリスタ「そんな…アルミンとの結婚指輪が…」

クリスタ「(盗むはずだったのに…)」

ライナー「すまん!俺のミスで!!」ガバッ

エレン「土下座されたってなぁ…」

エレン「(はぁ…盗むつもりだったのに…)」

アニ「もう顔上げなよ」

アニ「(どうにか盗む気だったのに…)」

マルコ「まぁ待ちなよ君達」

エレン「マルコ…?」

マルコ「指輪を落として無くしたって勝手な憶測でライナーを責めないでさ」

マルコ「原因は他にあるかもしれないよ?例えば…」

マルコ「指輪をこの牢屋の中の誰かに盗まれてしまったとか」

ミカサ「」ピクッ

マルコ「こう仮定しよう、だとすると…犯人は3人に絞られる…」

エレン「ミカサとベルトルトとクリスタか!!」

マルコ「僕とエレンとアニにはアリバイがある」

アニ「私達が営倉に入った時は…既に指輪は無くなっていたからね…」

マルコ「3人には入念なボディチェックをさせてもらうよ」

エレン「よし分かった!おいミカサ!起きろ!」

ミカサ「」ガタガタ

おやすみ

数日後

-朝 食堂-

ザワザワ

ジャン「今日が出所日らしいな」

アルミン「ジャン…僕怖い…」ギュッ

ジャン「安心しろ//俺が守ってやるからな///」

アルミン「うん…」

ジャン「(もうこれって脈ありだよな?)」

ジャン「(最近、ずっと俺にベタミンしてるし)」

ジャン「(次、もう一度告白したらオッケーもらえるんじゃ…)」

ユミる「クリスタが帰って来るんだネ、私嬉しい!」

サシャ「よかったですねユミる!!」

コニー「確か、夜に帰って来るんだよな?」

ユミる「そうだヨ!部屋でクリスタといっぱいお喋りスるんだ!」

サシャ「ユミルに構ってくれるといいですね!!」

夜 男子部屋

エレン「…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

マルコ「…」

アルミン「ひっ…」ガタガタ

ジャン「安心しろ、俺が守る」

コニー「お前らアルミンに近付くなよ!!」

エレン「(結局、指輪は行方不明のまま…)」

ライナー「(俺が落として無くしたんだ…そうだ…)」

ベルトルト「はぁ…」

アルミン「ひいっ!?」ビクッ

ジャン「ベルトルトお前!アルミンを驚かすな!!」

コニー「ぶん殴るぞベル公がッ!!!」

夜 女子部屋

ミカサ「…」

アニ「…」

クリスタ「…」

ユミる「ク…クリスタ?」

クリスタ「…」

サシャ「クリスタッ!!!ユミルが呼んでますよぉッッ!!!!!」

ユミる「クリスタ…私はいつでもクリスタの味方だヨ…?」

サシャ「結婚したいって言ってますよおおおおおおお!!!!!!!」

ユミる「クリ…

クリスタ「話しかけないで」

ゆみる「」

サシャ「あらら…可哀想に……」

クリスタ「はぁ…」

クリスタ「(指輪…指輪は何処にあるの…)」

アニ「(私とアルミンの結婚指輪が…)」

ミカサ「(あの時、咄嗟に口の中に隠したから助かった…)」

ミカサ「(だから指輪は私の手中にある…)」

ミカサ「(明日…明日アルミンに結婚を申し込む!!)」

ミカサ「待っててね、アルミン…)」

-翌朝 食堂-

アルミン「ジャン…僕から離れないでね…」ビクビク

ジャン「任せとけよ、アルミンは必ず守るから」

ミカサ「アルミンは…」キョロキョロ

アルミン「うぅ…」ビクビク

ミカサ「いた…」

ミカサ「アルミン、聞いて」スタスタ

アルミン「ミカサ!!?!?」ビクッ

ミカサ「アルミンに用が

アルミン「うわあああぁぁぁぁ!!!!」ダダダダ

おやすみ

アルミン「助けてーーーーーー!!!」ダダダダ

ジャン「あいつ…外に逃げやがった…」

ミカサ「待ってアルミン!!大事な話だから!」ダッ

エレン「ミカサは何をやってんだ?」

ライナー「さぁな…」

アルミン「来ないで!着いて来ないでよ!」ダダダダ

ミカサ「逃げないでアルミン!もう襲わないから!たぶん」ダダダダ

アルミン「お…追いつかれる……!!!」

ミカサ「アルミンッ!!!」ガバッ

アルミン「」ドサッ

ミカサ「よく聞いてアルミン…」

アルミン「ぁ……あぁ………」ガタガタ

ミカサ「アルミン、大丈夫?」

アルミン「ひぃっ…」ブルブル

ミカサ「キスしてあげるから怖がらないで…」

アルミン「いやああああああああああああ!!!!」ドンッ

ミカサ「わっ…」ドテッ

アルミン「ジャン!助けて!!」タタタタ

ジャン「よーしよし怖かったなー」ナデナデ

アルミン「怖かった…まな板だった…」ギュッ

ジャン「?」

ミカサ「(アルミンに胸を触られた…///)」

エレン「おいミカサ!!何でお前が結婚指輪持ってんだよ!!!」

ライナー「俺は見たぞ!ちゃっかり指輪をポケットから取り出してるのを!!」

ミカサ「しまった…」

アニ「それよこしな!!」バッ

ミカサ「あっ!ダメ!!」

クリスタ「違う!それ私の!!」

ベルトルト「いや僕のだ!僕の指輪だ!返せ!!」バッ

アニ「ちょ…ちょっと!!」

エレン「俺のだ!!よこせ大木!!!」ガシッ

ベルトルト「くっ…渡すもんか!!」

ライナー「いい加減にしろ!!」バッ

ミカサ「返せ!!」

クリスタ「それは私の!!」

キース「おい!何をしている!!」スタスタ

ギャーギャー

サシャ「いやー恐ろしいですね」

ゆみる「クリスタが怪我しそぅだょ…大丈夫なのカナ…」

コニー「ほっとけよ」

ジャン「全く…全然反省してねージャン…」

アルミン「…」

アルミン「(結婚指輪か…)」

おやすみ



……………スゥー……
………グー…

アルミン「(結婚か…)」

アルミン「(好きな人と、永遠の愛を誓い…)」

アルミン「死ぬまで一緒に暮らすんだ…)」

アルミン「…」チラッ

ジャン「…グゴー」

アルミン「(はは…何を考えてるんだ僕は…)」

アルミン「(ジャンは男じゃないか…)」

アルミン「(それにジャンは親友だ)」

アルミン「(恋愛対象としては見られないよ…)」

アルミン「(前に告白された時もフっちゃったし…)」

アルミン「(でも…)」

ジャン「…グー」

アルミン「(ジャン…)」

アルミン「(今は君の事を考えると )」

アルミン「(胸がドキドキするんだ…)」

アルミン「(抑え切れないよ…この気持ち…)」ギュッ

アルミン「(でも…男同士の結婚なんて…無理だよね…)」

エレン「…」

エレン「(はぁ…クソッ…)」

エレン「(折角の指輪は教官に取られるし…)」

エレン「(出所したってのに碌な事がねぇ…)」

エレン「(出所して指輪を手に入れたら結婚を申し込む予定だったけど)」

エレン「(指輪なんていらん、また新しいのを買えばいいんだ)」

エレン「(待ってろよアルミン…)」

ライナー「…」

ライナー「(明日、どんなプロポーズをするべきか…)」

ライナー「(そうだな…)」

ライナー「(俺は死なない!お前の事が好きだから!!)」

ライナー「…」

ライナー「(いや…こういう台詞は本当に死にかけた時に使うものだよな…)」

ライナー「(うーむ…)」

ベルトルト「…」

ベルトルト「(アルミンは顔射は嫌だったのかな?)」

ベルトルト「(じゃあアルミンはどんなプレイが好きなんだろ…)」

ベルトルト「(兜○○せや、ト○○テ○なんてどうかな…)」

ベルトルト「(いけない!アルミンの事を考えるとまた…)」ムクムク

ベルトルト「(我慢だ…我慢!!)」

ベルトルト「(うぅっ…待っててねアルミン…告白するからね…)」

-夜 女子部屋-

ミカサ「…」

ミカサ「(アルミン…)」

ミカサ「(アルミンアルミンアルミン…)」

ミカサ「(アルミンアルミンアルミン)」

ミカサ「(アル……ミンアルミン…)」

ミカサ「(アルミン…アルミンアルミン……アルミン)」

ミカサ「(アルミン…)」

アニ「…」

アニ「(アルミン…)」

アニ「(もし告白が成功したら…)」

アニ「(ハグしてくれる…かな…)」

アニ「(キスしてもらえる…かな…)」

アニ「…」

アニ「(一緒に故郷に来てくれる…かな…)」

クリスタ「…」

クリスタ「(もしアルミンと結婚したら…)」

クリスタ「(一緒にアルミンと暮らして…)」

クリスタ「(一緒にご飯食べて…)」

クリスタ「(一緒に寝て…)」

クリスタ「(一緒に子供を育てるんだろうなぁ…)」

クリスタ「(大好きだよ…アルミン…)」

おやすみ

つまオイたんまだ?

割とガチでずっと待ってました

翌朝

アルミン「…グー」

ジャン「アルミン、朝だぞ」

アルミン「うー…」

ジャン「アルミン!」

アルミン「ウゥッ…ジャン…」

ジャン「え?」

アルミン「ジャン…」

ジャン「な…何だ?寝言か?」

アルミン「ジャン…」

ジャン「俺の名前呼んで…どんな夢を

アルミン「スキ」

ジャン「」

アルミン「うぅー…」

ジャン「え?い…今好きって…」ジー

アルミン「ぅーん…」

ジャン「本当なのか…?」ドキドキ

ジャン「俺のことを好きってことなのか!?」ドキドキ

アルミン「……ジャンおはよう」

ジャン「!?」

ジャン「あぁっ!おはよう!」ビクッ

アルミン「あれ?どうしたの?そんなに焦って」

ジャン「い…いや、何でもねぇよ!!」

アルミン「?」

ジャン「はは…」ドキドキ

ジャン「(よかった…聞こえてなかったみてぇだ…)」

ジャン「目覚めはよくない様だな」

アルミン「うん…昨日は全く眠れなかったよ…」

ジャン「そ…そうなのか…」

アルミン「考え事をしてたからね…」

ジャン「(考え事?まさか俺の事だったり?)」

アルミン「(ジャンの事で頭がいっぱいになってたよ…////)」

アルミン「…」ジーッ

ジャン「な、何だよ…」

アルミン「あっ…いや…」

アルミン「(ジャンが恰好よくて見惚れちゃった…)」

ジャン「早く食堂に行くぞ」

アルミン「うん///」ニコッ

ジャン「(かっ…可愛い…)」

食堂

アルミン「…」モグモグ

ジャン「…」モグモグ

ジャン「(静かだな…)」

アルミン「(何だか恥ずかしくて…会話が出来ない…)」

ジャン「(いつもはアルミンから話かけてくるのに…)」

アルミン「(気まずい…どうしよう…)」

アルミン「(何か言わないと!)」

エレン「アルミン!!」

アルミン「え…」

エレン「俺と結婚してくれ!」

アルミン「ごめん無理」

エレン「」

ミカサ「わた

アルミン「無理」

ミカサ「」

ジャン「お前らよくそんな事言えるな」

ライナー「アルミン!俺は死なない!お前の」

アルミン「ごめん無理」

ライナー「」

ベルトルト「アルミン僕と一つに

アルミン「無理」

ベルトルト「」

アニ「アルミン、私の事好き?」

アルミン「ごめんね嫌い」

アニ「」

クリスタ「私のお婿さんになって!!」

アルミン「ごめん無理なんだ」

クリスタ「」

アルミン「(僕には好きな人がいるから)」

その夜

アルミン「…グー」

ジャン「…」

ジャン「(今日はあまりアルミンと話せなかった…)」

ジャン「(アルミンの顔見ると恥ずかしくなっちまうし…)」

ジャン「(何より今も…)」チラッ

アルミン「…グー」

ジャン「(ドキドキしてる)」

ジャン「(アルミン…)」ドクン

ジャン「…」

アルミン「スゥ…」

ジャン「(アルミンの寝顔…可愛いな…)」

ジャン「…」ハァ

ジャン「(って何を考えてんだ俺は!!)」

ジャン「(これじゃエレン達と同じ…)」

アルミン「ジャン、何してるの?」

ジャン「」

アルミン「そんなに顔を近付けて…」

ジャン「いっ!?いや別に!!」

アルミン「…」

ジャン「すっ…すまん!!俺

アルミン「いいんだよ…」

ジャン「えっ?」

アルミン「ジャンなら…僕は…」

アルミン「嫌じゃないから…」

アルミン「だって僕…」














アルミン「ジャンの事が好きだから」

ジャン「ア…アルミン…」

アルミン「いつもエレン達から僕を守ってくれるジャンを見てたら」

アルミン「その…好きになっちゃったんだ///」

ジャン「…」

ジャン「俺は…夢でも見てるのか…?」

アルミン「夢じゃないよ…」

アルミン「ほら、僕は目の前にいるよ?」ギュッ

ジャン「アルミン…」

アルミン「ジャン…」











二人は幸せなキスをして終了

終わりあげ
最後くっっっっっっそ雑でごめんなさい!
夏休み終わってから色々と疲れたんで許してください

読んで下さった方々有難うございました

あと、つまオイたんも最後まで応援ありがとう

お疲れ様でした。

転載は禁止

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年08月27日 (火) 17:28:03   ID: QPtA9zHs

早く続けて

2 :  SS好きの774さん   2014年04月16日 (水) 11:01:21   ID: FNByL_qH

まさに棚ぼた
ジャン羨ましいジャン

3 :  SS好きの774さん   2015年12月30日 (水) 21:50:51   ID: H6WqOfBf

こんなssがもっとホシー!ゆみるww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom