女「年下彼女って萌えませんか?」 男「別に」 (34) 【現行スレ】


女「なんでだよ!!」

男「なんでってお前といつもいるからな」

女「私といつもいると、なんなんですか」

男「年上がいいなーって思う」

女「この畜生め! 私という女がいながら!」ゲシゲシ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510291082


女「私じゃ、男の彼女になれないんですか」

男「子供の頃から一緒にいるんだぞ? 今更お互いそんな目で見れるか?」

女「はいっ! いつもやらしい目で見てます!」

男「…………」

女「具体的には男のギンギンち○ぽを私の穴にじゅぶじゅぶと挿れてほしいな、と」

男「やめろっ!? 昼間っから何いってんの!?」

女「だって男が私の言う事無視するからじゃないですか」

男「だからってそんなえげつない冗談言うやつがいるかよ」

女「……冗談なんかじゃないです」

女「私、今でさえ挿れられる覚悟は出来てます! バッチコイです! バッチコイ……はっ、バッチンチンコーイ!」

男「誰かいくか!!」

女「ふふ、キャシー聞いて? マイケルったらインポらしいわよ」

男「……お前酔ってんのか」


女「で、今日の晩ご飯は何がいいですか」

男「オムライス」

女「って言うと思って昨日から作ってあります」

男「残りじゃねえかそれ」

女「冗談ですよやだなぁ…… ケチャップ文字はなににしようかなー」

男「この前はこれでもかってくらいハートがたくさん書いてあったな」

女「私の愛が伝わりましたか?」

男「お前の俺への愛はあの程度だったのか。 俺はもっとすごいぞ」

女「え!? 男、私のことをそんなに想っててくれたんですか……?」

男「ちげーよ。 俺が俺への愛だ」

女「なんでだよ!! 期待してた流れじゃない!!」


女「あ、ねえねえ男! 見てください!」

男「あー? なんだー?」

女「猫ですよ! ほら、あそこ」

男「おーほんとだ。 ブスだなぁ」

女「さいてーかよ!」

男「だってブスじゃん本当に」

女「野良なんだから少し目つき悪いのはしょうがないですよ。 厳しい世界なんですよ」

男「お前が猫界の何を知ってんだよ……」

女「前世は猫でしたにゃー」

男「ふーん」

女「興味無いかよ……」

男「おーいブス猫、おいでー」

男「にゃーにゃー」

女「ぐほぁーっ! 男のにゃーだぁぁぁぁ」

男「おいうるさいぞ女! 猫逃げたじゃねえか!」

女「語尾ににゃーがないですよ!」

男「女、うるせえにゃー」

女「んにゃぁぁぁぁぁぁ!! 濡れる!!」

男「表現やめろ」


女「うげぇーレタス高い……」

男「そうなの?」

女「最近本当に野菜が高いんですよ」

男「よく知ってんな。主婦じゃん」

女「でへへ~男のお嫁さんになるために修行してますからね」

男「はいはい」

女「流された!?」

男「お菓子があるぞー」

女「すーぐそうやってお菓子売り場に走る! 子供かっ!」

女「あぁ、でもそれが可愛い…… 私のこの目にスクリーンショット機能があればいいのにっ!」

男「ドラみちゃんならありそうだな」

女「お兄ちゃん!」

男「ドラみちゃんの声覚えてねーよ」

女「お兄ちゃん…… お兄ちゃんになら、いいよ……?」

男「そんなエロいキャラじゃなかったのは覚えてる」

女「お兄ちゃんって呼ばれて照れてるの、私知ってます」

男「う、うるせえ」

女「んほほー」


女「いっぱい買っちゃいました」

男「ほら、両方持ってやるから袋かせ」

女「えへへ、男がおとこらしくてかっこいいよーありがとうございます」

女「でも半分こでいいです」

男「ん? なんで?」

女「だって…… 袋二つもって男の両手が塞がっちゃったら手が繋げないじゃないですか」

男「何言ってんのお前。 いいから貸せ」

女「あ゛ー! ひどい……」

男「両方片手に持って、空いた手で手繋げばいいだよ」

女「……っ! 男、いいんですか?」

男「っていうテクニックを彼女が出来たらすることにするわ」

女「期待させやがって! このっ! 鬼っ! 悪魔っ!」

男「ははっ、なんとでも言え」

女「いつも鬼畜! 私が気絶するまで責めて責めまくる畜生! でもそれがいい!!」

男「嘘は言うんじゃねえ!!」

女「ああああされたいですぅぅ」

男「うるせええええ外で変なこと言うんじゃねえ!!」


女「ただいまでーす」

男「ただいまー」

女「おかえりなさい、あなた」

男「一緒に帰ってきたじゃねえか……」

女「お風呂で私とご飯にしますか?」

男「欲張りセットだな」

女「あ、お風呂で私を味わいますか?」

男「お? 久しぶりに一緒に入るか?」

女「え……? え、あ、ちょっと待ってください!」

女「そ、そんなこと言われるなんて思ってなかった…… ムダ毛生えてないかな」

男「嫌か?」

女「は、はいる! 入ります!」

男「んなわけねえだろ。 冗談だじょーだん」

女「はぁぁぁぁ!? ありえない! もう男のオムライスの卵に大量にマスタード入れますから!!」

男「辛いの平気だからいいし」

女「……私の卵入れるし」

男「はぁ!?」

女「今日そういえば排卵日だったかな」

男「変態極めすぎなんだよ!!」


男「先シャワーあびてくるわー」

女「わ、私も浴びないと失礼でしょうか!」

男「致す前じゃねえよ」

女「じゃあその間にオムライス作っておきますからね」

男「悪いな、よろしく」

女「はーい、いってらっしゃい」

女「…………」

女「ん? 待ってください?」

女「もしかして今チャンスなんじゃ?」

女「男のシャワーに乱入……?」

女「いやいやそこまでしないですよ、怒られますし」

女「男の洗濯物…… パンツとか……うへへ」

女「でもさすがに人間として終わってる気がしますね……」

女「ケチャップライスに私の血を混ぜるとか……」

女「だ、ダメよそんな料理を汚すようなことしたら」

女「……私は男のおいしそうに食べる顔が見たいだけだもん」

女「美味しく作れるように愛をこめて頑張ろう!」

女「……私の唾液くらいならいいかな?」

みたいなのどうでしょう


男「ふーご馳走さま」

女「…………」

男「ん? どうした女」

女「ううん、ここに男が使ったスプーンがあるなぁって思いまして」

男「男の唾液がついたスプーンを舐めまわしたい、とでも言うつもりか」

女「いえ、男の唾液がついたスプーンで私の割れ目を擦ったら間接ク○ニだと思いまして」

男「レベルが高すぎる」

女「うー……今性欲がやばい時期なんです」

男「満月の狼か」

女「男ーちゅーしましょー」

男「しーなーいー」

女「ちゅー♡」

男「こわい! 怖いからやめろ!!」

女「こんなにかわいい女の子とちゅーしたくないんですか?」

男「俺口臭いかもよ」

女「味わい深いってことですね!?」

男「絶対違う」


女「私の何が気に食わないんですか?」

男「変態、メンヘラくさい、俺のアイス勝手に食べる、ストローとかスプーンとか舐めようとする」

女「そ、そんな…… 私はこんなに男のこと好きなんですよ!」

男「でもさ、お前覚えてるか? 俺お前のこと好きだったんだぞ?」

女「え?」

男「俺らが小さかった頃、お前に好きって言ったら」

男「『私、鈴木くんが好きなのー』って言ったんだぞ」

男「鈴木くん誰だよ。俺はそこでお前への愛が冷めたね」

女「昔の私のあほぉー!! 鈴木めー!!」

女「ちょ、ちょっと待ってください! チャンスを! チャンスをください!」

男「なに」

女「あ、明日! デートしましょうよ!?」

男「えぇ……」

女「いいですか! 分かりましたね!」

男「いや、ちょっと待って勝手に決めんな」

女「朝の11時に駅前で集合ですよ!」

男「家が隣同士なのに集合が駅なのかよ」

女「分かりましたね! 明日楽しみにしてますからね!」

………………………………
……………………
…………


女「なんで来ないんですかああああああ!!!」

男「あ……?」

女「寝癖!? まさか寝起きですか!? もう12時なんですけど!?」

男「誰も行くなんて言ってねえだろ」

女「普通来るじゃないですかぁぁぁぁ」

男「お前が1人で騒いでただけだ」

女「は、はぁ……?」

女「嘘、そんなのひどい」

男「お、おい女?」

女「私、本気で楽しみにしてた!」

女「昨日なんか何着ていくかずっと悩んで! 夜もなかなか眠れなくて!」

女「朝早く起きて男の好きなものでお弁当作って!」

女「お化粧もしてお洒落もして、一時間も早く待ち合わせ場所に着いちゃって!」

女「ずっとずっと男のこと待ってた!」

男「お、おい女」

女「なのにいくらなんでもそんなのひどい!!」ダッ

男「……な、なんだよ」

男「俺が悪いのかよ……」



女「……ぐすっ」

女「追いかけてきてよ男のばか……」

女「そりゃ、私がデートしよって押し付けて1人で舞い上がってただけだけど」

女「でも私、頑張ったのに……」

女「男とどこに行こうか考えて、こんなことしたら楽しいかなとか、幸せかなって真剣に悩んで」

女「男と楽しみたかっただけなのに……」

女「……お弁当、どうしよっかな」

女「……せっかく作ったのに、捨てちゃうなんて勿体ないな」

男「ならくれよ」

女「ひゃうっ!?」

男「お前の弁当、くれよ」

女「お、男!? なんでここが分かったの」

男「何言ってんだ、お前何かあったらいつもここにいんじゃねえか」

女「……ふん、男と話すことなんかないです」

男「……あっそ」


男「じゃ、弁当いただきまーす」

女「…………」

男「お、さすが女だ。 俺の好きなものよく分かってる」

女「…………」

男「このチーズ入れた卵焼きうまいんだなー」

男「ははっ、すげぇポテトサラダこれ手作りか、うめぇ」

男「あー、この春巻きうちの母さんに作り方教わったやつか。もう女しか作ってくれないもんなこれ」

女「…………」

男「あぁ、みんなマジでうまい。ご馳走様」

女「……ふん」

男「…………」

女「…………」

男「ありがとう女」

女「…………」


男「手、繋いでいいか」

女「……うん」

男「お、返事返ってきた」

女「……ふん」

男「女、話聞いてくれよ」

女「…………」

男「俺ら、もう生まれてからずっと一緒だろ」

女「……うん」

男「この居心地の良い関係、空気がなによりも好きなんだ」

女「…………」

男「お前は俺のことを好き好き言うけど、俺はお前と恋人になるのとかあんまり考えられなかったんだ」

女「……ぐすっ」

男「今のこの心地いい関係を壊したくない」

女「……ばか…そんなこと、聞きたくない……」

男「だけど、俺らももう高校生だろ。 そんなことばっかりも言ってらんねえだろうなって」

女「…………」

男「このままじゃ、いつかお前が他の男に取られるかもしれないとか、その逆もあるかもしれないとか」

男「でもさ、そんなの嫌なんだよ」

女「…………?」


男「女には俺だけを好きでいてもらいたい」

男「俺もお前だけを好きでいたい」

男「そう思ったんだ」

女「ぐすっ…… ばかぁー……」

男「いつまでもガキのままじゃなくてさ、ちゃんとしようって」

男「女が勇気出してデート誘ってくれたのに本当に悪かった」

男「これから仕切り直して、俺とデートしてくれるか?」

女「……あはは、うん」

女「もちろんです!」

男「ふー良かった」

女「あはは、もう顔ぐしゃぐしゃ……」

男「いいんだよ、お前はお前のままで」

女「……うん、ありがと」


女「えへへ、私やっと男と付き合えるんですね」

男「え」

女「え?」

男「あぁ、いや、なんでもない」

女「はぁぁぁ!? なんですか今の、えって」

女「こんだけのこと言っておいて付き合うのとは別だと!?」

男「嘘だ嘘! なんでもない! 突然の事で驚いただけだから!」

女「男が嘘をつく時の癖が出てます! 酷すぎるー!!」

女「……付き合ってくれないんですか」

男「ちげーよ。後でちゃんと言おうとしたんだよ」

女「……言え! 今言うんだ!」

男「分かった、分かったから首を絞めるな!」

男「ごほん…… 女、俺と付き合ってほしい」

男「ガキの頃からずっと好きだったんだ、ずっとずっと……」

女「うん、私も」

女「えへへ、嬉しいです」

男「恥ずかしいな」

女「えへへ、年上彼氏萌えますね」

男「別に……」

終わるか
続けるか


女「ただいまー!」

男「俺ん家だ」

女「えへへー気にしないのー」

男「っていうか帰んないのかよ!」

女「だってどうせ男のパパママ帰ってこないじゃないですか」

男「そりゃそうだけど」

女「これから初夜を迎えるのに無粋なことは言わないでください」

男「しょ……っ!?」

女「あはは、冗談ですよー」

女「顔真っ赤ですよー?」

男「からかうなよ」

女「8割本気でしたけど」

男「結構本気じゃねえか」


男「今日は楽しかったな」

女「はいっ! 本当に……すごく楽しかったです」

男「なら良かったよ」

女「ずっと手を繋いでたから…… 離れちゃうと寂しいです」

男「……ほら」ギュッ

女「はっ!」

男「なんだよその餌を見つけた犬みたいな反応は」

女「えへへ、男から手を繋いでもらえたのがうれしくて」

女「本当に…… 今日はなんて素敵な日なんでしょう」

男「あぁ、ほんとだな」

女「男に手を繋いでもらえて、デートして」

女「私、この男の汗が染み込んだ手は洗いません」

男「きたねえだろ! 手繋ぎたくなくなるわ!」

女「じゃあ舐めまわして綺麗にします」

男「汚さ倍増だろ」

変なところだけどまた今度来る


女「おとこー起きてくださいー」

男「zzz……zzz……」

女「朝ごはん出来てますよあなた」

男「…………」

女「私の朝ごはんはあなたの白濁したどろどろジュース……」

女「頂きますっ!!」

男「いただくなっ!」

女「起きてたの!?」

男「殺気を感じた」

女「色気を感じてほしいです」

男「ないない」

女「裸で来るべきだったかー」

男「はいはい」

女「私、知ってます。 男は裸エプロンでご奉仕するエッチな動画がお気に入りなのを」

男「お前、俺のパソコンのパスワードを抜いたのか!?」

女「私、あなたの趣味嗜好は完全網羅しています」

男「こわいこわいこわい」


女「でも好きな人のことを知りたいと思うのは普通なことだと思います」

男「俺のエロ動画サイトのお気に入りをみるのは普通じゃない」

女「私は男を受け入れて見せます」

男「そこまでしなくていい」

女「男の熱いの、私の中で受け止めますね……?」

男「しないわ!!」

女「ふふ、知ってますよ? だって男は顔にかけるのが好きなんですもんね」

男「ああああああああ」


男「おーい、そろそろ学校行くぞ」

女「はいっ、このお皿だけ洗ったらいきますね」

男「おう」


じーー


女「んー? どうしたんですか男」

男「いや、なんでもない」

女「なんですかー? そんなまじまじと見てきて何もないはないですよ」


女「あ、制服エプロン姿の私に見とれちゃいました? くすくす」

男「いや、そうじゃなくて、なんていうか」

女「はい?」

男「いつもありがとう、女」ギュッ

女「あびゃあっ!?」

女「ひっ、ひゃぁぁぁあああ!?」

男「お、おい。 なんで逃げるんだよ」

女「だ、だっていきなりそんなことされたら……」

女「こ、腰抜けて立てない……」

男「はぁ……」


女「お、男? もう1回抱きしめてください」

男「逃げるから嫌だ」

女「逃げません! だから、お願い、ね?」

男「……ほらよ」

女「あーやっぱりだめ! だめだめ!」

男「あ゛!?」

女「だって、嬉しいんだけど恥ずかしくて…… 嫌じゃないんだよ? でも、そんな突然過ぎて心の準備とか、ね」

男「…………」

女「い、今はぎゅーはだめだぁ……」

男「あっそ」

男「あーあ。 さっきなんでも受け止めてくれるって言ってたのになぁ」

女「ぐっ……」

女「ぎゅーはまだ早かったです……」

女「なので、その……」

女「手、繋いで学校行きたいです……」

男「しょうがねえな」

女「あはは、わーいっ! 男だいすきっ!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom