【安価】吹雪「安価メールとやらをしてみます!」 (97)

吹雪「最近この携帯電話とやらが鎮守府に導入されたので使ってみたいと思います!」

吹雪「なんでもこのメールという機能で他の艦娘さん達とお話しできるという事です!」

吹雪「携帯電話の使い方を覚えながら他の艦娘さん達と親睦を深められる…こんな素晴らしいことはないので早速メールをしていきます!」

吹雪「まずは>>3>>5って送ってみましょう!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500107579

天津風

不幸の手紙みたいなの

吹雪「最初は天津風ちゃんに…っと」

----------------------------------
To:天津風ちゃん
Sub:ごめんなさい…
----------------------------------
3時間以内にこのメールをコピーして5人に送信してください。
3時間以内に送信されなかった場合は艦娘位置特定機能が働き、あなたの大切な人が解体されてしまいます。
これは事実です。私はあなたやあなたの大切な人の事を助けたい…
よろしくお願いします。
----------------------------------
 
吹雪「不幸の手紙って懐かしいなぁ…昔は流行ってたらしいけど今でも中高生の間では流行ってたりするのかな…?というか不幸の手紙ってこんな感じだよね?」

吹雪「これ、親睦を深めるどころか、自ら嫌われに行ってる気がするんだけど…」
 
♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「天津風ちゃんからの返信を待っている間にもう一人位メール出してみようかな」

吹雪「>>8>>10っと」

川内

>>9

吹雪「ちょっと冗談めかした内容を川内さんに送ってみようかな~」

----------------------------------
To:川内さん
Sub:いきなりでごめんなさい!
----------------------------------
あの、川内さん…私、川内さんと夜戦(意味深)がしたいですっ!

----------------------------------

吹雪「これは…川内さんがどういう風に解釈するかによって決まるよね…お願い!冗談として受け取ってください!」


♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「お、川内さんに送るのとほぼ同時に天津風ちゃんから返信が...」

----------------------------------
From:天津風ちゃん
Sub:Re:ごめんなさい…
----------------------------------
こういうメールは無視しなさいって足柄さんに授業で言われたでしょ?

----------------------------------

吹雪「すごい冷静な返信が...これは>>14って返信してみようかな」

ついつい冷やかしで送ってしまいましたこちらこそごめんなさい 今度菜園で育ったジャガイモ食べませんか?

吹雪「お、川内さんから返信が…」

----------------------------------
From:川内さん
Sub:Re: いきなりでごめんなさい!
----------------------------------
ふーん、吹雪は私と夜戦(意味深)がしたいんだぁ
いいよ。なら、今日の夜、私の部屋に来てね。私の夜戦(意味深)は激しいから覚悟してね!

なーんてね(笑)あんまり先輩をからかったらだめよ!
----------------------------------

吹雪「ほっ、良かったぁ…ちゃんと冗談で返してくれたよ。川内さんってノリいいよね。」

吹雪「ここは>>18って返信しようかな」

今度ご一緒に食事しませんか?

吹雪「天津風ちゃんには」

----------------------------------
To:天津風ちゃん
Sub:ごめんね?
----------------------------------
ついつい冷やかしで送っちゃって…ごめんね。お詫びに今度菜園で育ったジャガイモ食べない?

----------------------------------

吹雪「ジャガイモといったらやっぱりじゃかばた!バターとお塩とお醤油を持っていこう!」

吹雪「って、送ったそばからもう返信が!天津風ちゃん返信速いなぁー」

----------------------------------
From:天津風ちゃん
Sub:Re: ごめんね?
----------------------------------
私だったからよかったけど、他の人に送ったりしたらダメよ?

ジャガイモ、いいわね!それなら島風も誘っていいかしら?

----------------------------------

吹雪「おお、許してくれたよ!あまつんまじ女神!」

吹雪「島風ちゃんも誘ってジャガイモパーティか...えへへ」

吹雪「よーし、>>24って返信だ!」

芋女同盟がふえるよ!!
やったねあまつん!

吹雪「川内さんとお話したいっていうのは本当だから...」

----------------------------------
To:川内さん
Sub:Re:Re:いきなりでごめんなさい!
----------------------------------
えへへ、ばれちゃいましたか、すいません

でも、川内さんとお話ししたいのは本当なので、今度一緒にお食事に行きませんか?

----------------------------------

吹雪「よぉし、こんなものかなぁ...」

吹雪「川内さん、一緒に行ってくれるかなぁ...」ドキドキ

吹雪「天津風ちゃんにも返信しないと!」

----------------------------------
To:天津風ちゃん
Sub:私嬉しいよ!
----------------------------------
芋女同盟がふえるよ!!
やったねあまつん!

----------------------------------

吹雪「これ、自分の事、芋女って言っているようなものだよね...はぁ...」

吹雪「というより、天津風ちゃん怒りそうだなぁ...さっきから結構失礼なことばっかり言っているもんね」

吹雪「おぉ、2件ほぼ同時にメールが届いたっ!なになに...」

----------------------------------
From:川内さん
Sub:ご飯?
----------------------------------
いいわね!深夜のファミレスかラーメン屋で決定!

----------------------------------

吹雪「や、やった!川内さんと一緒にご飯~♪でもやっぱり行くなら深夜なんですね、川内さん...」

吹雪「この喜びを言葉にして川内さんに送ろう!>>33って返信するよ!」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

----------------------------------
From:天津風ちゃん
Sub:ちょっと…芋女同盟って何よ!!
----------------------------------
吹雪ならまだしも私は全然芋女じゃないわよっ!

それと…吹雪って私の事あまつんって呼んでいたかしら?ま、まぁ別に私は何て呼ばれてもいいんだけどね

----------------------------------

吹雪「私の事芋女って思っているんだね...まぁ、自分でもわかっているんだけどね...」

吹雪「>>35って返信しとこ」

深夜ですか・・・・じゃぁご飯終わったらその・・あの・・・///

芋を食べるとなったらみんな芋女ですよ。
某巨人漫画のあの娘みたいに。

吹雪「川内さんには...」

----------------------------------
To:川内さん
Sub:あの…
----------------------------------
深夜ですか・・・・じゃぁご飯終わったらその・・あの・・・///

----------------------------------

吹雪「これ…また怒られそうだなぁ…」

吹雪「でも、もし本当に川内さんと…」カァァ///

吹雪「これ送らない方がいいかな…いやいや、吹雪、勇気を出してっ!送信っと」

吹雪「天津風ちゃんにも返信しないとねー」

----------------------------------
To:天津風ちゃん
Sub:天津風ちゃんは某巨人漫画読んでますか?
----------------------------------
芋を食べるとなったらみんな芋女だよ。
某巨人漫画のあの娘みたいに。

----------------------------------

吹雪「私は、あの娘があの漫画の中で一番好きです!新刊がもうすぐ発売なので、楽しみですね!」

♦  ♦  ♦  ♦  ♦

吹雪「と、そろそろ新しい人にメールを送ろうかな」

吹雪「>>39>>41って送ってみます!」

陽炎

提督に嫌われたかもしれません

吹雪「お、やっぱり天津風ちゃんは返信速いなぁ」

----------------------------------
From:天津風ちゃん
Sub:まぁ、読んでいるわよ
----------------------------------
芋女って本当にお芋が好きな女の子って意味で言ってたの?まぁ、いいわ。
じゃあ、菜園に行く日が決まったらなるべく早く教えなさいよ!島風も誘わないといけないからねっ!

----------------------------------

吹雪「うーん、まぁ天津風ちゃんはどうみても芋女じゃないよね。」

吹雪「天津風ちゃんには了解って返信しておいて...いつジャガイモ食べに行くか決めておかないとね」

♦  ♦  ♦  ♦  ♦

吹雪「次は陽炎ちゃんに送ってみようかな」

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:
----------------------------------
提督に嫌われたかもしれません

----------------------------------

吹雪「これは絶妙なリアリティ!私ならなんて返信していいか分からないかも…」

吹雪「長女力の高い?陽炎ちゃんはどう返信してくるか気になるなぁ…」

吹雪「あ、川内さんから返信が...」

吹雪「なんだかちょっと返信来るの遅かったかも」

----------------------------------
From:川内さん
Sub:ちょっと、しつこいよ?
----------------------------------
さっきも言ったよね、あんまり先輩をからかったらダメだって

まぁ、ご飯食べに行くのは楽しみにしてるから!

----------------------------------

吹雪「あぁ…ちょっと怒らせちゃったかな」ズーン

吹雪「えっと、えっと、ここは>>45って返信しようかな…」

吹雪「お、陽炎ちゃんから返信が」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:Re:
----------------------------------
なぁにやらかしちゃったのよ?

----------------------------------

吹雪「あれ、結構さっぱりとした返信…」

吹雪「うーん、ここは>>47っと」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「川内さんにも返信しないと」

----------------------------------
To:川内さん
Sub:ごめんなさい
----------------------------------
川内さんとメールするのが楽しくてつい…

----------------------------------

吹雪「ここは本音で返信した方がいいよね」

提督の愛用のマグカップを割ってしまいました....

吹雪「陽炎ちゃんに返信を」

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:Re:Re:
----------------------------------
実は提督愛用のマグカップを割っちゃって…

----------------------------------

吹雪「割ってませんよ?」

吹雪「さてさて、陽炎ちゃんはどう返してくるかな」

♦  ♦  ♦  ♦  ♦

吹雪「川内さんからも返信来ました!」

----------------------------------
From:川内さん
Sub:
----------------------------------
楽しいからってしつこくするのはダメ!
でも、私とメールするの楽しいって言ってくれたのは嬉しいねー
それじゃ、ご飯食べに行く日決まったら教えてね!

----------------------------------

吹雪「やっぱり川内さん優しいな」

吹雪「じゃあ、最後に>>50って送ろうかな」

私も楽しみに待ってまーす

----------------------------------
To:川内さん
Sub:Re:
----------------------------------
私も楽しみに待ってまーす

----------------------------------

吹雪「っと。」

吹雪「あぁ、予定だけが増えていく気がするよ…まぁ暇だしいいんだけどね」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「お、陽炎ちゃんから返信が」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:Re:Re:Re:
----------------------------------
なんだー、そんなこと?
ちゃんと謝れば司令も許してくれるわよ
謝りに行きづらいなら付いて行ってあげよっか?

----------------------------------

吹雪「これは長女!私も見習わないとな―」

吹雪「返信内容は>>53っと」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「また誰かにメール送ろうかな」

吹雪「差出人は>>55で内容は>>57ですっ!」

ありがとう
一人で大丈夫
やっぱり頼りになるね

睦月

今度、一緒に大人なランジェリーを買いに行こうよ

メールのみか…既読とかが分かるLINEにしようぜ(ゲス顔)

>>60 最初LINEにしてグループチャットとかもしたいなって思ったけどメールの方がシンプルで書きやすかったからメールにしちゃった♡

吹雪「陽炎ちゃんには...」

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:Re:Re:Re:Re
----------------------------------
ありがとう
一人で大丈夫
やっぱり頼りになるね

----------------------------------

吹雪「私の真面目過ぎる性格がよく出ている返信だね」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「睦月ちゃんにもメールを送ろう!」

吹雪「なんだか睦月ちゃんとはいつの間にかすっごく仲良くなった気がするなぁ」

----------------------------------
To:睦月ちゃん
Sub:一緒に改になろうよっ!
----------------------------------
今度、一緒に大人なランジェリーを買いに行こうよ!

----------------------------------

吹雪「私だっていつも綿百の白パンツを履いているわけじゃないんですよっ!」

吹雪「睦月ちゃんは水色とか空色の下着が好きなんだよねー」

吹雪「お、二人から返信が…」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:Re:Re:Re:Re:Re:
----------------------------------
そう、ならいいんだけど…
全く、吹雪もネームシップなんだからもうちょっとしっかりしなさいよね!

----------------------------------

吹雪「はいはい、どうせ白雪ちゃんの方がお姉さんっぽいですよーだ…」

吹雪「>>64って返信してやる!」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「睦月ちゃんからも来たねー」

----------------------------------
From:睦月ちゃん
Sub:にゃしぃ!?
----------------------------------
大人なランジェリーなんて…睦月たちにはまだ早いよ吹雪ちゃん!

----------------------------------

吹雪「おぉ、意外と?うぶな反応だ…」

吹雪「さぁ、どう返しますかね~。うーん、>>66っと」

吹雪「私ってなんだかんだ長女にシンパシーを感じているのかなぁ」

どうせ私はモブキですよーだ!

如月ちゃんは興味あるみたいだよ?

吹雪「えっと、まず陽炎ちゃんに」

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:ショック受けてます…
----------------------------------
どうせ私はモブキですよーだ!

----------------------------------

吹雪「はぁ…私主人公のはずなのになぁ…」

吹雪「陽炎ちゃんの方が主人公っぽいよね…どうせ私なんて…」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「睦月ちゃんにも返さないと」

----------------------------------
To:睦月ちゃん
Sub:Re:にゃしぃ!?
----------------------------------
如月ちゃんは興味あるみたいだよ?

----------------------------------

吹雪「ふふふ、睦月ちゃん一緒に大人の階段を登ろうよ!」

吹雪「あ、如月ちゃんダシに使っちゃってごめんなさい」

吹雪「陽炎ちゃんから返信来ました~」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:
----------------------------------
そんなことないわよ。
私はちゃんと吹雪の魅力、分かっているつもりよ?

----------------------------------

吹雪「て、天然ジゴロめっ!…///」

吹雪「こ、これどう返せばいいんだろ…え、えっと>>70かな?」

ところで、斎藤智裕という人のことを知っているかね?

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:
----------------------------------
ところで、斎藤智裕という人の事を知っているかね?

----------------------------------

吹雪「いや、誰だよ!」

吹雪「って、こういう時こそ、この携帯電話で…」

吹雪「え、えっと…、水嶋ヒロ…?なんか違う名前の人が出てきたよ…」

吹雪「あ、でも写真の人はかっこいいかも…」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ 

吹雪「睦月ちゃんから返信が…」

----------------------------------
From:睦月ちゃん
Sub:にゃー!?
----------------------------------
そ、そうなんだ…
うん、私たちお姉ちゃんだもんね!じゃ、じゃあ一緒にえ、エッチな下着買いに行こっか?

----------------------------------

吹雪「ぷぷぷ、睦月ちゃん、なんかてんぱりすぎてエッチな下着なんて書いちゃってるよ」

吹雪「なんて返信しよっかなー。うーん>>73!」

もしかして見せる相手とかいたりする?

吹雪「お、陽炎ちゃんから返信が」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:もちろん知っているわよ!
----------------------------------
その人が書いた本ですっごいおもしろいのがあるのよ!
今度貸すから是非読んでみて!!

----------------------------------

吹雪「な、なんかすごいテンション上がっているような…」

吹雪「うーん、本かぁ…たまには読書するのもいいかも」

吹雪「返信内容は>>76

本好きな伊8さんも誘って色々喋ろうよ!

吹雪「睦月ちゃんに返信しないとね」

----------------------------------
To:睦月ちゃん
Sub:睦月ちゃん、まさか…
----------------------------------
もしかして見せる相手とかいたりする?

----------------------------------

吹雪「絶対、いないとは思うけど、まぁ、一応ね?」

吹雪「司令官がロリコ〇じゃないことを祈ります…」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「KAGEROUちゃんにも返信しないと!」

----------------------------------
To:陽炎ちゃん
Sub:それなら
----------------------------------
本好きな伊8さんも誘って色々喋ろうよ!

----------------------------------

吹雪「っと、って、また約束しちゃったよ!川内さんとご飯食べに行ったり天津風ちゃんとジャガイモパーティしたり睦月ちゃんと大人なランジェリー買いに行ったりしないといけないのにっ!」

吹雪「まぁ、そもそも艦娘の皆と親睦を深めるのも目的だからいいのかな?」


吹雪「お、二人から同時に…」

----------------------------------
From:陽炎ちゃん
Sub:Re:それなら
----------------------------------
お、いいねぇー!
なら、吹雪のお勧めの本も持ってきて、語り合うよ!

----------------------------------

吹雪「お勧めの本かぁ…陽炎ちゃんと伊8さんと遊ぶ前までに決めておかないとなぁ」

吹雪「陽炎ちゃんには了解だよ!って返事しておいて…」



吹雪「また、新しい人にメールを送りましょう!>>80>>82

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ 

吹雪「睦月ちゃんからは…」

----------------------------------
From:睦月ちゃん
Sub:
----------------------------------
え、えっと、一緒に買いに行くから…吹雪ちゃんには見せることになるの、かな?

----------------------------------

吹雪「睦月ちゃんの大人なランジェリー姿…」ゴクリ

吹雪「背徳的ですよっ!背徳的!」

吹雪「>>84で、返信、っと。」

大和

大和さんのホテル(意味深)を堪能した~い!

私は司令官に見せるんだよ。

吹雪「よし、大和さんに送ります!」

吹雪「えっと、内容は」

----------------------------------
To:大和さん
Sub:お願いがあります!
----------------------------------
大和さんのホテル(意味深)を堪能した~いです!

----------------------------------

吹雪「私、意味深発言多すぎないかな?」

吹雪「まぁ、いいかな、堪能したいのは本当だしね」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「睦月ちゃんは…ちょっと驚かせてみようかな」グシシ

----------------------------------
To:睦月ちゃん
Sub:Re:
----------------------------------
私は司令官に見せるんだよ。

----------------------------------

吹雪「見せませんよ?」

吹雪「睦月ちゃんって純情なようで実はちょっと黒い部分がある気がするから返信が怖いなぁ…」

吹雪「うわっ、大和さんからノータイムで返信が!」

----------------------------------
From:大和さん
Sub:歓迎します!
----------------------------------
是非とも堪能していってください!吹雪ちゃんならいつでも歓迎しますよ!
ところで(意味深)とはどういう意味ですか?すいません、いかんせん世間知らずなもので

----------------------------------

吹雪「大和さんってこういう機会に疎いイメージだったけどそんなことなかったね」

吹雪「じゃあ>>88で返信っと。」

♦ ♦ ♦ ♦ ♦

吹雪「お、睦月ちゃんからも返信が…」

----------------------------------
From:睦月ちゃん
Sub:Re:Re:
----------------------------------
そっか。吹雪ちゃんは提督に見せるんだね。



私は、吹雪ちゃんにしか見せないようと思わないのに。ね?



吹雪ちゃんは提督に見せるんだね?

----------------------------------

吹雪「こ、これは…どういうことだろう?」

吹雪「た、ただ、どこか狂気を感じるのは私だけでしょうか…?」

吹雪「こ、ここは慎重に>>90と返しとこう…」

安心してください!手取り足取り腰取り教えてあげますから!

せめてこういうところだけでも大人!って思われたくて…
実は司令官とケッコンすることになったの、
なぜ私なのかって聞いたら、ウエディングドレスを着た私の夢を見たからだって。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom