八幡「雪ノ下に一発やらせてくれと頼んだ結果」 (24)

八幡「>>3と言われた」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498139586

ゴムでら

【八幡×雪乃】

雪乃「一発と言わず搾り取ってあげるわ」

八幡「いいのか?」

雪乃「女子にそんなセクハラ発言したらどうなるかわかってて、そんな台詞が出るという事は相当溜まっているのでしょう?」

八幡「ぶっちゃけるとそうなるな」

雪乃「自力で性欲処理ができなくなるなんて、人間としてどうかと思うのだけど」

八幡「もう自慰じゃ燃えねえんだよ」

雪乃「本当に素直になったわね。欲求不満と言うだけでそんなになるものかしら?」

八幡「そういう雪ノ下はどうなんだよ。いつもだったらこんな時は舌鋒で突っ込むだろ」

雪乃「たまには比企谷君のボケに付き合いたくなったのよ」

八幡「それで性欲処理もしてくれるとか話がうますぎるな」

雪乃「あら、怖気づいてしまったの?」

八幡「軽口が変な方へ発展したら、ビビるっての」

雪乃「軽口で済ませないわ。あなたが私に『一発やらせてくれ』と言った事は」

八幡「済まなきゃ、お前は……お、俺とセックスする事になるんだぞ……」

雪乃「構わないわ」

八幡「構わないのかよ」

雪乃「言っても信じないでしょうけど、比企谷君の事は憎からず思ってるもの」

八幡「……それ信じないと言うか、どう受け止めていいかわからないんだが」

雪乃「今は受け止めなくても構わないわ。いつか信じさせるから。
    そして好きになってもらう」

八幡「…………」

雪乃「さて、当面の問題は昂った比企谷君をどう慰めるかよね」

八幡「経験あるのか?」

雪乃「ないわ。残念ながらね」

八幡「そうか」

雪乃「嬉しそうね」

八幡「童貞はお前のような良い女にはそういう弱みを見せたくねえんだよ」

雪乃「可愛い事を言うのね」

八幡「可愛いか? キモいって言われると思ってたぞ」

雪乃「結構威勢を張ってる事が多いから、素直な事を言われると愛おしくなる」

八幡「そういうキャラか?」

雪乃「あなたが知らないだけよ」

八幡「何か意外だな」

雪乃「『一発やらせてくれ』と言う方が意外よ。由比ヶ浜さんや一色さんに頼んでてもおかしくなかったのに」

八幡「魔が差したんだよ。品定めする間もなく言ってしまったんだ」

雪乃「私が断ったら二人が――いや、大勢の人が毒牙にかかっていたかもしれないのね」

八幡「そこまではしねーよ」

雪乃「しようとしまいと他の人に頼む機会自体が当面ないから安心しなさい」

八幡「俺に頼む相手がいないと言いたいのか?」

雪乃「私が比企谷君の性欲を処理するからよ」

八幡「…………」

雪乃「…………」

八幡「そこまで言うなら頼む。セックスから始まる関係で申し訳ないが」

雪乃「嘘や誤魔化しだけの関係じゃなければ、スタートが何でも構わない」

八幡「悪いな」

雪乃「いいわ。ロマンはこれから追及するから」

雪乃「それより場所と時間はどうしようかしら?」

八幡「俺は今すぐにでもできるが、お前はそうもいかんだろ」

雪乃「ええ。せめて学校ではない場所をお願いしたいわ。
    なんなら、明日私の家に来てくれる?」

八幡「いいのか?」

雪乃「あなたを胎内に招く私があなたを家に招くのを嫌がると思う?」

八幡「明日なら小町も親達も一日中不在だから俺の家でも構わないぞ。
    お前の所、姉ちゃんの都合もあるだろ?」

雪乃「姉さんも出かけるから大丈夫よ」

八幡「そうか」

雪乃「女の子を自分のテリトリーに引き込んで食べたいのね」

八幡「お前の家に上り込んでお前を抱くのは図々しくないか?」

雪乃「全然。むしろ中途半端に入られるくらいなら奥底まで来てほしいわ」

八幡「サンキュ」

雪乃「それで時間は?」

八幡「不測の事態に対応できるようにたくさん時間を取りたいから午前中には集まっておきたい。
    九時くらいでいいか?」

雪乃「それくらいなら構わないわ」

八幡「じゃあ、よろしくな」

雪乃「ええ」

>>9修正

八幡「明日なら小町も親達も一日中不在だから俺の家でも構わないぞ。
    お前の所、姉ちゃんの都合もあるだろ?」

雪乃「姉さんも出かけるから大丈夫よ」

        ↓

八幡「明日なら小町も親達も一日中不在だから俺の家でも構わないぞ。
    お前の所、親御さんの都合もあるだろ?」

雪乃「父も母も出かけるから大丈夫よ」

結衣・いろは「「やっはろー(です)!」」

雪乃「いらっしゃい」

八幡「珍しい組み合わせだな」

いろは「偶然一緒になったんですよー」

結衣「それより楽しそうにお喋りしたみたいだけど、何か面白い事でもあった?」

雪乃「明日遊びに行こうかって話をしていたのよね」

八幡「ああ」

いろは「おやおや? 出不精の先輩にしては珍しいですね」

八幡「天変地異の前触れだ。気を付けろ」

結衣「いいなぁ。あたしも一緒に行きたい。
    けど、明日は沙希とショッピング行く約束してるからなぁ……」

いろは「押しかけちゃいます?」

結衣「ううん。行かない」

いろは「ですよねー。実はわたしも先約入ってますのでやめときます」

結衣「楽しんできてね! あたしも沙希とラブラブしてくるから!」

八幡(由比ヶ浜のこの発言を以って、いつもの他愛もないお喋りに花を咲かす時間に戻った)

八幡(姦しい雑談で特筆すべき事があるとしたら、
    一色が雪ノ下を「雪乃先輩」と呼んでいる事に違和を感じなくなった事に気付いたというくらいか)

八幡(どんな事にも慣れていくと言うのなら、雪ノ下に欲望を曝け出す事にも慣れるのだろうか?
    少なくとも今はまだ想像も付かないが)

八幡(そんな事を考えていたら、今日の活動はお開きになっていた)

>>12修正

八幡(由比ヶ浜のこの発言を以って、いつもの他愛もないお喋りに花を咲かす時間に戻った)

八幡(姦しい雑談で特筆すべき事があるとしたら、
   一色が雪ノ下を「雪乃先輩」と呼んでいる事に違和を感じなくなった事に気付いたというくらいか)

八幡(違う。感じなくなったんじゃない。慣れたんだ)

八幡(どんな事にも慣れていくと言うのなら、雪ノ下に欲望を曝け出す事にも慣れるのだろうか?
   少なくとも今はまだ想像も付かないが)

八幡(そんな事を考えていたら、今日の活動はお開きになっていた)

結衣「じゃあ、またねー」

いろは「さよならですー」

雪乃「ええ。また来週」

八幡「気を付けて帰れよ」

小町「おかえり、お兄ちゃん」

八幡「ああ。ただいま」

小町「夕飯作ってるから、手を洗ったら手伝って」

八幡「おう」

八幡(部屋に戻って家着に着替えた後、洗面台でニヤケ面の俺を見た)

八幡「いくら明日が楽しみだからって、これでは駄目だろ」

八幡「こんな気持ち悪い顔を小町に見せる訳にはいかん」

八幡「落ち着け……落ち着くんだ、俺……」

八幡「冷水で顔を洗えば、元の顔になる筈だ」

八幡「ほら、早く……」

小町「なーに、ブツブツ言ってるの」

八幡「にょわー!」

八幡「こ、小町……?」

小町「今更変な所を見られたって恥ずかしいと思う間柄じゃないでしょ」

八幡「い、いやな。小町がいつもより可愛いんで、高鳴る心臓を落ち着けようと思ってな……」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2018年01月05日 (金) 15:40:55   ID: hbgnTs-2

ゆきのん独り暮らしだから親関係なくね?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom