【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】11 エピローグ (794)

貴方がこれから出会うのは、とある町で行われる新たなる聖杯戦争。

 貴方がこれから出会うのは、今までに見たこともないマスター、今までに見たこともないサーヴァントたち。

 そして貴方は―――――その町に根付く、七つの家の出身だ。



                                   ,./
          _          !          _,._ィ/
        '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
   i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
    l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
   ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/

    ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
      `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
       ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
          `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
            └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
            fr、}f トr<ャvァ::rニ、「lr‐ャ| |‐< r′

           /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
          /:/      ̄(_ソ  ';:::;'
         //             V
      ノ/



 ☆これは、安価とコンマで聖杯戦争を行うスレです。
  まず始めにプレイヤーキャラである貴方を製作し、それをロールプレイして物語を進行していきます。

 ☆本編はAAを使用して進行します。

 ☆一人の貴方の物語が終わった後もストーリーは進行し、次の貴方の物語に繋がります。
  そのため、ゲームオーバーになった場合、リトライや巻き戻しをすることは原則できません。

 ☆>>1は型月関連について、そこまでディープな知識を持っていません。
  場合によっては、本来ある型月の設定を準拠しきれないこともあると思いますが、ご容赦ください。

 ☆このスレに登場するサーヴァント、マスター、及びその他のキャラクターの多くは、皆様から募集したキャラクターです。
  マスターは現在募集を停止していますが、サーヴァントは現在も随時募集中です。
  fate_stay_yaoyorozu@outlook.jpにどうぞ。
  データの規格やテンプレートなどは、後ほど必要に応じて説明します。

 ☆現在、ルールを少しずつ改訂しています。3番目のスレの>>2などにルールは記載されていますので、そちらをご覧ください。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417708354


>>1を訂正
サーヴァントの募集は現在行っておりません

1:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414576892/)
2:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】2 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414914803/)
3:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】3 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415268893/)
4:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】4 三日目・昼~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415613310/)
5:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】5 四日目・朝~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415961583/)
6:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】6 四日目・昼~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416141593/)
7:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】7 五日目・朝~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416495976/)
8:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】8 五日目・夜~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416751609/)
9:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】9 五日目・夜~(2) - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417087172/)
前スレ:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争【募集系】10 六日目・昼~ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417440658/)

旧作wiki:http://www59.atwiki.jp/f0cthb3qkug/

七つの家で聖杯戦争エンディング
21:00投下














         ,、,, ,、,, ,, ,,
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i    、_ iヽ゛';,

      ,;'" ''| ー-  〈・ノ |゙゛ `';,          ……世界は不可逆で、一度変わってしまったものは二度と元には戻らない
      ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \        だけど、変わってしまった世界の中から、新しい何かを見つけることなら……できる
    |   "r,,( `"'''゙´_) ,,ミ゛   |
    |      /  ,ィ_) ,リ    |
    |   i /  /,r,,r" i    |
    |   Y   /    ノ    |
    (ヽ  __ /--――´    /
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |


【旅館】



                       (二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
                      //////////////////////
                     ///////////////////////
                   ////////////////////////
                   └┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
                     │┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐
                     │└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘

                     ┏━┓│┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐
                     ┃旅┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘
                     ┃館┣┥┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐
                     ┃擬┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘
                     ┃古┣┥┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐
                     ┃屋┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘
                 ┗━┛│┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬┐

                       │└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘
                    ///////////////////////
                   @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@_

                     .│    ┌─┬─┐  /゚━━━━━━━━゚/.┏━━┳┳
                      │    │  │  │ ┃    ┃┗━┛    ┃┣━━┫┃
                      |    ├─┼─┤ ┃    ┃          ┃┣━━┫┃
                   ∧_∧ ..─┴─┴─┴/i┃━━╋━━┓    ┃│ ̄ ̄|.| ┃
                  (    )           .l]┃  ∧__∧  ┃   .[||].:|    |.| ┻
                   ([ ロ ])             ┃ (´曲` )  ┃    ┃::|    |.| ┌
                  | | |            ┃. ⊆⊇⊂).|:::┃    ┃::|    |.| │
                  (_.)_)             ┣━━━━━━━━┫::|━━/ | └
                                      )●_________)..|  /...│
                                   []二ヽヽトロピカル//二[/|_/  │
                                     〔━━〔 [か229]ロ〔━━〔━━  │





 :| :i  :| :| :i |  :i :::|: |            | |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i :::|: |            | |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i.._丿 |          [:]:| |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i    |______|_,,|二二二二二二二|:|二
 :| :i  :| :| :i | _ノ  ./ __,,───,__   ___,───__
 :| :i  :| :| :r'    / / /__  /  /  /  / __ i   |
 :| :i  :| :|_ノ  // ̄ ̄___  ̄ ̄ ̄) ./ ̄ ̄ __  ̄ ̄ ヽ
 :| :i  :|_ノ  ./// ̄ ̄     ̄ ̄./ // / ̄ ̄     ̄ ̄| |
 :| :i _ノ   ///           / // /          | |
 :|_ノ   ///            / // /              | |
_ノ   ///             / // /            | |
   ///    ___     / // /    ___      | |
  / (   ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄  / (   ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ 丿
/    `ー───────── ´   `ー────────‐´



              , r ───-- 、
           r '´ : : : : : : : : : `ヽ、

         ./ : : : : : : : : : : : : : :\
        / : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : ヽ
       ./ : / : : / : : : : : :|: : : : : : :ハ: : :ヽ : ヽ :ヽ
      / : / : : : /: : : : :l: ::j: :|: : : : : | }: : : :ヽ: ::ヽ : ヽ

      / : :{ : : : ::{: : : : :ノ:ノ}:::ル: : : : リ、}::ハ: : ヾ,: ::}: : ハ
     .{ : : | : : : 」; 斗七´/.}:/.}: : : :リノ }`ト;、: :}:}:: l ; ;} }

     ! { : :! : : : :!: : :ノ':/`/' .j: : : ://  .リ |: 外|: :l: : ト|
     .|::l : ::| : : : |:/     /: : ノ ' ,   / |リ:: :| :ハ}
     .|::|: : :| : : : |  r=≠ミ ´    .r=≠ミヾ|: : : :|/' '
     .|::| : ::|: : : ::| ヾゝ//ソ       リ゚/ソ∥!: : ::Y|
     .|::|: : :l: : : : |  , , ,      ,   , , ,  .j:::: : :|:|             ……うーん……
     !:l : : :{: : : :{                l: : : :|::!
     }::l : : :l: : : ::{               .j : : :リ: |
     .}::i : : :l: : : ::ト、.     ⊂⊃    .ノ: : : ::j: :|

      l: 〉: : :〉: : : :V>、         rl'´リ: : : :/: リ
     .} :∧: : :W、: :ゝ、_.|_` ー __, ィr<、: |:/': : ::/ : /

     ノ : : :ヽ: : :ヽ:\ヽ   ̄ ` ヽ、{ _, r'  フ: ::/:: /
   / : : :r‐'ヽ: : : : ∧           /:/: : :∧、
 ,/': : : ::/  .∧: l: : ::ヽー-        ./: : : : :∧: : \
//: : : , r'ー-  ∧l: : : :ヽ   ー--  j: : : : ::/ ) 、::ヽ::ヽ

/./::/     `> 〉: : : : }         l: : : : /r'´  `ヽヽ:)
! {:/ヘ        ノ:,: : : : :ト--  ___, -{: : : : {     ハ V
 V ∧      ノ' .|: : : : :}   `ー-'´ ヽ、: : l:ゝ   /.}


             /´ ̄`\
        Y⌒Y   /    :::::::::::ヽ
       》、ィミ、. |;' .::: i\  一'、_

       `ー┫ヾ 、iリ,..._ _!   ,。≦圭圭≧ 、、
.          l!   、'_ツ'>, /:./圭圭圭圭圭圭ミ>、、
,、     /'ヽ-l!、.  Y_イ、/圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミヽ、             ……良かった。目を覚ましたみたいだな
ヾぇ、  ,/,ニ`Yゝ┴、  '爻’.!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、
. `ヾぇ、_ィ ヽ〉-‐' . i   _,!圭ミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミアミヽ、

    ヘ`ゝ-'゙ ':'; : . ハ ヾ圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭ヽ,
      \: . : . ,: ヾ゙、ヽゞ<7ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭圭ミヽ,
      ヽ`'": . : . `ヾ-彡'"´⌒,圭圭圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭li、

   _,.ィーヾミ、: . : .,.>'"   <圭≡圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭li、
 、\_``              ー一 ≦圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭ミi!
  ≠   ̄             _,.ィ佳´ミ圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭i!
  ヽ==一"   _,.,.,__ _______,,.._=≡=''__,ィミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|
  ヾ、===≦彡≡=━¬圭圭圭圭圭ア;圭圭圭圭圭圭>・'"二三¬
    ゝ=≠"  ___≦圭圭圭圭彡ア;圭≡≡≡=''"´ -─ニ-‐二三¬
     , < ̄,.=≡/`ヾミ=-,ィ佳圭圭圭≧ぇ、、ー一二-一ニ二三三リ




               /               \

             /      . : : : :|: : : :|: : : : : : |: : .   ヽ
             ,': : : : : :/: : : : : |: : : :| : : : : : :|: : : :i: : : : :i
            . : : : : : /|: {: : : :.|: : : :|: : : : : : |: : : :|: : : : :|

              l.: : : : :/斗:匕: :.小 : : |、:.:ト、 ナメ: :|: : : : :|
              |: : : : :,: : :|:八 : : l \| \| \{\从: : : : |
            八: : : :i ! ,ィチ芋ミ、      ァテ芋ミ、リ : : : |
.            /:.: : : :.: |:i《 {っ/゜:}        :{っ/゜:} 》: : : : |
          /.: : : : : : |:i 弋__ツ       弋__ツ  }、: : :八                        …………あれ?
             ′: : : : : :八  :.:.:.:    '    :.:.:.:  Λ: : : : : :\
           .: : : : : : : : :Λu                ,' 八: : : : ,、 \
           |: : : : : : : : : :.:..      ( .)      .Λイ: : :\ /::/: : ',                      (私、たしか……)
.          八: : : : :、: : : :介: . __           イ     Λ /::/ 小 }
           \: : :〉: : : : : :.\  ̄二ニ=―く--‐┐< >/ノ ノ
              /Y⌒ヽ: : : : : : : :\          }   ∨::/
          /    \: : : : : : : :.ヽ          .-…‐/:: にニつ ー--‐‐==ミ、
      ,.. "¨`ヽ、     \: : : : :)厂`      / -‐  ̄ ̄ ̄_つ         \
.     /       `ー= 二\: : : : :\    //  ./  ̄   : : : : : : : : : :,.ノ  ⌒)
     /                   )イ: : : : ) /   /  /⌒>: : : : : : :  -<ー
.     /               ノイ: //    <.  /  / \: : : : :.}
  /                     ,. /         `く  /      \ : /
 /                  /{      `ヽ   \       ∨

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



                                               __ ___
    .;;:                |  ..|  | |      ||   || /||  ;_,,、/|´.!´.{ _{_{ /`ヽ
  ┌┬┐     ┌┬┐    .|、 └|  | |      ||   ||   || ;/ `ヽ| .し' 二,.ィl´ ̄! ̄! ̄/>.、 ,,, ,
  ├┼┤     ├┼┤    .|  ..|  |┘       .[ニニニニニ;| `ヽ..|//,-、 |,ノィ_ノ´ ̄. : ̄ : ̄: . :く
  ├┼┤     ├┼┤    .|  ..|  | |               _ |ヽ. /../´. _ :i/__  . : . :'´  __,,i <、
  └┴┘     └┴┘   .:; |、 └|  | |;.,.      ;,,≦ リ | .i/ ./,,:´i_!/ / . : '´ ..,: /! i ./ //.〉
_____________|/,...|  | |_____;/爻爻.リ |`.:|../ /)ノ /ム、 . : ,.:' ./´∨_..|/_///!

______________ ̄l,i|  |; ,:'’Y’ヾ、.,,≦爻爻爻:ヌ |_.//ノ.,ィヌ/, ≧,.:'  ,.:' ,./,.、/ノ´;.爻爻≧.、
.____________、|:::|.~ |  ;,;'.: ,、..:/爻爻爻爻爻.:リ.!/ ´ .,.ィ゙_,く`ー<. :' .: './  //7/;.爻爻爻 ∧
  ψ       ψ  .//  ||:::|   | '´ ; /Ⅵ/|_爻爻爻爻爻爻;〈::::〉イi/リ´  //戈:.、_/ ̄//7/.:爻爻爻爻 ∧
.  Ω         Ω //  /.||:::|   |  :./|∧li /|ヾ:.、爻爻>==' l二壬!´し,_ / ./ ///` .//7/.: 爻爻爻爻爻:.≧.、
              //  /  ||:::|   | i:.:|∧ノ∨jヾ弌x、メソ    l |こ/ ./.Y /// _/.ヽ//7/ ,;爻爻爻爻爻爻r=.、l__
              /     .||:::|   | ;';/\!  \|`ヽ三 ; _   . ィ≦三三三三三三三 ;/゙,:爻爻爻爻爻爻.人/| : :.`ヽイ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | -=-、_     ,ィ≦三三三三三三三三三三三三  !三三>こ|\三_ノl∨! ト/7/:! .
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||::r-'ヽ_/    ./---=≦三三三三三三三三三三三三三三  !乂乂∧∨\ / |∨|.| /ノ´! ./. :
.____________.;rイ //\ヽ  〈三三三三三三三三三三三三三三三.>-=  ;l.乂乂∧∨ノV .ヾ!./ ̄!_.!/ ̄
                  ";,:;{//////.}ィ-イ¨三三三三三三三三三三三三> ‘ ´`人こ.∨乂乂乂!.! ̄.|/ ̄ ̄!__/ ̄ /_/
;:..     .              イ////> ’三三三三三三三ニ====-- ¨´  ;人::;,イ  \.ノ\ ∨.:乂乂り ./ ̄ ̄!.ノ_ ̄./_/_
    :,:; '             {////`.〈ー '-ゝ----= /::{..ィ{   ∧ .|∧ / ̄|戈戈:>,;″   `.<:\l ̄.Y .〈 )./  ./_ ./_/_/_/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;∨////ハ_   ヾ...、 /::::::/≧=‐ァ__ イ/  /ヽ三三)!        ̄\ :|: :/   / ̄ /,イ`ー イ,::'
           iト、       \///////}-.、 }、:::::::::::::`::::::::::::::::::::::/  !./.|/ー==./              ノ´ ,  ./ /./ ̄/ ̄
 ______ノ| | .ィミ- 、    \/////|//\:::::::::::::::::::::::::::::::::イ ;_r=イニニ./         /  ./      ,,< ̄/
;二二>  .ィ、  ! }三}   }三三三] ∨///|///ハ:::::::::::::::::::::::::::::::ハ; /Yヽ,_.ノ       __/  ./ ,, .r===イ ̄ ̄`ヽ、
;  ̄ ̄.//ハ ̄Y l }     ゝア、ァ    ∨////////V::ハ::::::{:::::|、:::/ヾA; ̄           /`ヽ,_/ ./  .:|: : :_,,―――
''::;.,;/////l}  レ' `ヽz--イ //\  /}/////////l}/::::::ヾ::|ヾ{::ヾ}::|            /,,rイ :|.._/   .戈_ノ
 ;///////l|        ヾ//////./.ハ/////////|::::::::::::ヾ:::|:::::|ヾ                 /,,.イ/ .Y_/´
; ///////.八          \/./////}////////ハ::::::::}:::}::リ`ヾ                      l/
; /////////.ヽ_      ///////ハ//////////\/}/}/                    __   __

/////////////ハ__ ィ三////////////////>'///ハ             ,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
//////////////////∧/////////_//-=≦//////l};: '''  _、      丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
/////////////////////////>//’/////////> ’  _   ;___;:::::::::::::::::::;_, --- r_;:::::::::::::::::::::::::ノ

=----=ニ二//////////>/‘//////////> ‘          'ー-へ_ ̄ ̄ ̄       ゝ-- 、:::::::::::::ノ
       /// ̄//ア´////////////> ’      ; 、     ;( ̄:::::::::::::::::; ̄`ヽ     / ̄`ヽ  ̄ ̄`丶 、
;__   _ .ィ'//´//////////////////              __,.... -`ー、:::::::::::::::::::::/    <{_、__.ノ^ー-- .__  _>- 、,..‐、.ゝ
; ヾ//////////////////////////V{         ; -‐'´    、 ; ゝ :::::::::::::::::;`ー-- ._/二、ヽ:::::::::::::::::::::::::`ー^┴;  `'
  ;\/////////////////////////>.,      ,   ヽ,、  ヽ ;{.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::; ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


           /:::::::::::::::::::::::::::::::::_∠ノ_,. ‐ァ: : __ ::::::::: ムヘ:::::::::::‘ヽ
            ::::::::::::::::::::::::::::_ .イ    _.∠ ´ ノ::::::::::: ム ∨:::::::::::゙
             |:::::::::::::::::::: : {  r{   |7´ , -‐ ´::::::::::::::::::::}  ∨:::::::: : マ
             |::::::::::: /::::::::: ハ  {|  /   /: : i_:_ .ィ 7.:::::::/.   ∨:::::::: : ゙ゝ
〃'         /.:::::::::::/::::::::::::::::! i}  /   /: / __ /ノ:〃 /,_ムニ}:∨::::: : ∧
 `        彳:::::::::: イ:::::::::: :}} ′ ′ ‐ ´ /:::::::::::::::::/´ム-、.´/∨.:::::::::}.\
     彡"  l::::::::: /: /: ::_{   {  {     {イ: イ::::::::::  イ り 冫ハ: : リ
.   メ..   ノ  /: /:.゙ィ´ }.          | /l.:::: / } 弋 zzノ//|::::::/
   ノ"   ∠/: ∠: ィ´:〈ヽソ           |   レ´  ′ `¨´つ:: : |:::/
. 〃.     /: /::::::::: : { l`Y.         |  ._ -―‐ 、     }|::::: |/
 l.     イ<ハ.: : / :ィ:|...l             ' , '   ̄≧/    ハ::::|   ,‘
          丿∨.::::/.:::l           //― 、   /.    lj::::::::: ゞ,ヘ
、,ヽ          }.....ハ...∧          , ' {    ヽ /   /::::::::: ム  ,
.          -=ニムィ.' ソ∠ _     /  ヽ、   Ⅳ  /ム::::::::::::::ム.  〟
    -=≦'///,'へ、 /    `ヽ/ム\   ー ´ . ::::: / マ:::::::: : }    ・,

-=≦,'/////,',/////> .     \: ム > 、 _ イ /从/   マ::: : マ . '
//////// /////////// `ヽ      ヽ: Y /i \ |/.       マ:::マ
//////,/'///////////////,\   ,イ丿.  |// ヽ、       乂      〃
'///,'/ '//////////////////,\イ..    |////∧  ''"           ´、
  /////////////////////// / ヽ.〇    |///////丶       .     `
/////////////////////////////>.    |//////////ム,.         冫
'///////////////////////////,/.〇    |///////////////`ヽ    ノ
'/////////////////////////,イ        |//////////////////   "
/////////////////////>./∧.   〇   ////////////////////
,'///////////////,'> ´/////∧       ////////////////////



                               へ _
                             /^   \ヽ
              _  __.         / l lゝ、\  \

             ljjし 弋ヽ\__     | レ|7ヽ-' ゝヽ  ゝ
              ー⌒=ソ   \ ̄丶-、┼、 (_ヽ  i’  ミ
                   ̄ -- 、      l | ー-ェィヾlーl
                        丶、丶 | ゝ丶Lゝ<

                           ヽ-  \ l lヲ、
                            |    l vイ
     _____            __/    /。 /
r、T 丶/ |       ── ____/\  \/   /  /_ -.、
LT)、 | /                    \  \ /。 (  / Y ノ
 ( \|__ ────── __         |   /l   \レ-'
  \ノ              ── __   |__/ \   \
                         ─ 、=ニ   ̄ ̄- 、

                            --ュ─ __ \

                         r=≠  /       ヽ \
                        /  ---|___      丶
                          ̄         丶 _____ノ



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


                > -─── <
              / : : : : : : : : ` 、
            / : : : : : : : : : : : : \
           / : : : :/ : : : : : : : : : : \

          ./ : : : : : :/ : : : : : : : : : : :  ヽ
          /: : : : /: : /: : : :/: : : : : :l : : : : : ヽ
        .∨: : : : :j: :∨: : : /: : : ::ル : : , j : : l : : : Y

         .j: : : : :Y´:ノ: : : ,; : ノ/j: : :イハ: : : : :! : : :  }
        .イ: : : : :ト'´Y: : : :ナ卅'‐x- zノ/j: : : : /ハ: : : : }: : : }       ……・確か……
        l:!: : : : ::!: ::!: : : :レ'≠=≦、ノ ./: : : ::イ/.!:イ: : :!: : :!:!

        !:!: : : : Y .Y: : : :{ んzハソ  ノ ノ: :ノ/∧!' !: : :!: : ハ:}      私はあのとき、力を使い果たして……
        〉:l : : : : | .!: : : :| ゝ-ク'    ´ r=≦'.`メ: :ノ :/ノ.リ
       ./: :{: : : : ::! !: : : :l         ん.v/.}ノ::ノ': /'
      ./: : :〉: : : : ト-!: : : :!        ゝ.乂./: : :/:ノ          そして……眠く……

      /: :/´∧: : : :!`|: : : :|       `   ./: : :/イ
    ノ -‐'  .ヽ: : : {. {: : : :!   r--,    ./: :!: : : :j
 , r:'´'´     .∧: : :∧.、: : :{.`ヽ、  ̄´   ノ: !リ: : : リ
´: : :/,r ‐ .、   .∧: : :∧ヽ: :ゝ  `ヽ -‐<r‐-、': : : /

: : :/r.⌒ヽ、 `ヽ、 ∧: : :∧、\ゝ     ̄ /./Y !: : :/

: : {     ヽ  〉、∧: : ::∧` ,v‐ー-、   / }l | {:/
::/.!.     ヽ ∥} `}: : |: ::ヽr' ´   >./ /j' j .!



            /⌒ヽ //

           ./  。。レ--‐‐‐-へ
           /   へ       `へ
<三`<ヽ、   /.  /            \   /三フニ三フ/  :::::::
ヽ、\ゝニ` ー- _/// /∨ヘ| \| \  \ \/ニフ三フ /  ::::::::::::::            生き返った! 雪が生き返ったでござるううううう!

::: `ヽ 、<ニ<三ー、ソ| |/⌒ヽ /⌒ヾ \  ヽ\|フ  _ / ::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: .`ヽ、/`フニ<ヽV└-‐´ `‐-┘ |ニ\ |ニ  / / :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: .ヽ  /.<ニ..ハ |▽▽▽|  ! |    _ノ/   .:::::::::::::::::::::::::::::            やったやったやったああああ!!

::::::::::::::::::::::::: `ーヘ\__.| ヽ|     | ノ  ヽ ̄ ̄(  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_
::::::::::::::::::::::::::   | :::::::::ノ ノ |△△△|   ヽヽ:::::::::::\  _,--‐‐‐‐´ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::/ /   ヽ∨/    ヽヽ:::::::::::::::`ヽ、 \
__:::::-‐-::::_/:::::::i i::::|イ ̄ ̄     |  ヽヽ::::::::::::::::::::::\ _ i
.  /   \/:::::::::::::ソ::::/ :::::::::::::::::::: ヽ/ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  /   /   ̄ ̄ ̄ ̄( ::::::::::::::::::::::::::::::: )
 i   /          ー::::::::::::::::::::::イ
.|   |           /`ー――イ\
ヽヘ  |         /:::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽヽ
  \ \__/   |:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::|丶




    /: : : : : : :/: :/: : : : ::/: : : : : : : :/!: : ::/!: : : : : : : : :l::l: : : ::}:ヽ: : : : ::ヽ
    /: : : : : : :j:: ::/: : : : ::/: : : : : : : /.j: : :/.j: : : : : : : : : l::l: : : : }::ヽ: : : : : ヽ
   /: : : : : : ::j: : l: : : : : /: : : : : : ::/ /: ::/ j: : : : : : : :/!:ll:::l: : : : :l: :}: : : l: : :
   /: : : : : : : j: : j: : : : : j: : : /: : ノ ./: ::ノ /: : : : : : : :/!:j.|::|!: : : : !: :!: : ::|: : ::
  /: : : : : : : :l: :/l: : : : ::jr‐ナ:フ─.メ-ノ-フ: : : : : : : :/j:j .}/|: : : : }: ::!: : ::|: : : :|

  .l: : : : : : : : :!/::|: : : : : |彡/  //ヽ./:/ノ: : : : ::/.メ/_j:j .!: : : /|: j: : : :!: : : :|
  l: : : : : : : : :|: : |: : : : : |r=チテ心ミ、 /' /: : : : /.// /`メ、j: :/j: j: : : :|: : : : |
  l: : : : : : : : {:/!: : : : ::| ん∥:::::: リ  ノ_: :/ ノ' ./' .j:/j`Xj::/: : : }: : : }!::|
  !: : : : : : : ::|r' Y: : : : ::| つ::::::::o'::メ        rチテミ、/./' .//: : : : j: : : jl: l           ひゃっ!?
 .!: : : : : : : : |  |: : : : : | ゝミ :::乂        .ん/:::::::リ ヽ./: : : : : ::j: : ::ノ!:j
 .!: : : : : : : : |  |: : : : : |        ::::::::::::::  {っ:::::o::メ 〉/: : : : : :/: :ノ.j/
´ !: : : : : : : : |_ .|: : : : ::|.  ' ' '    :::::::::::::::::::: ゝ:::__ソ  /!: : : : : :l:/              と、トウカさ……
 |: : : : l: : : : | ` |: : : : ::| U                  ./:l: : : : : :Y!

 |: : : : ゝ: : : |  .|: : : : :ト、               ' ' '  /::j: : : : : : !:!
 |: : : : ::ヽ: : :|  .|: : : : :|  `ヽ、  r─-‐、_        ./ ::l: : : : : :j::!
 |: : : : : :ヽ: : :!  .!: : : : !、    ` `─- 、_ )      ./:j: l: : : : : :}::}
 |: : : : : : :ヽ: :!  !: : : : ! \    ` ヽ、       .ノ`ゝ}: : : : ::/:j
 .{: : : : : : : :ヽ:!  {: : : : {          \---‐' ´ _.ノ: : : : :/::j

 .ゝ: : : : : : : :ヽ{.  ゝ: : : ヽ           ` ヽ、   j: : : : :/: /
  : : : : : : : : : : ゝ  ヽゝ: :\              `ゝ/: : : ::/: 〈


   __n_00...   n   
   7/,ニ,  .   弍爻   . __  
   〈/r三ュ   .   ( ⊂′   つ) ..
             ̄   



/      /      /  l ヽ,  l、    l ヽ l l  _.. -‐'"´  ..-''  -― ''"゙",,i   _.. -''"
      /       /  / / ヽ l ヽ    ヽヽ .l     _..-=ニ      _..-''"_.. - ''"  ヽ、
     /          l ./ /  l ヽ ヽ、  l ヽ、-i._  "´ /- ''"゙"フ-''‐''" ´ヽ      ヽ、
    /   /      // /_l..._ l  ヽヽヽ  V   i.._     _..-''"       ヽ、     ヽ
    /   /     / / /l''"`"''ii___....ヽl ヽ l    /  -..ニ_           ヽ      ヽ,
 /  /   /    /l /'-/ l i.._ _../i.._____ノヽ  ヽi    i,,     `',         ヽ ヽ     ヽ
/  /    /l  _..-,/ //    `"゙´      l   l   =i -=ニ''"´  `'-、      ヽ  ヽ
  /  /-‐i''l_´=z/ /             l   l_i-''_    `-i    ヽ、
. /   /‐''l"i/"`´"i/      _.-''´`i-.._   l   l `''-  ̄ ̄ `´ \    ヽ、
/   /  .l il...__../i     ..-''" /-.._l  '-_ l   l          ヽ、   ヽ、            良かったあ……
   /  l i`''"´i   _-'  i‐-./  i- .._ _..> l   l            \    \
   / ハ l ,(..__...ノ  i" l''‐-'' _   l`_..-''_... - l   l_             \    \
. l   l l l ヽ、     l'"   l `"''=''_..-''   l   l \             ヽ、    ヽ        きっと大丈夫だろうとは思っていたけど
.ハ   l l ,l   \   ヽ, l''‐-=-''´/     /   l  ヽ__            ヽ、    \
l ヽ  l lヽ   / "- .._ 丶i-''"  /      /   /==''"   `"‐- , ...,__      ヽ     ヽ     もしかして、ということもあって……
l/ヽ  l l ヽ  / i l  `''‐-=/....__ _..-‐''"/   /          / / l`''- .、   ヽ     ヽ、
/ ヽ. V    / l''   _..-=-- ..._  ''"/  /       _.. -' _/  /    l__   l
.l /lヽ l    ハ l  _.''__`_"''_‐----`=== =',___... -‐''"_.. -''  /     l,,丶  l
/ i/丶   l  ' /`  __` '' ――----  ....  -―''"  _..- ''      l l l ヽ  l        ううう……
    l   l /'' " ´ ̄     ̄`" ゙"―――-------― ''" ´   \    丶 l ll ヽ  l
    l   l/__                   l           \    l l__l  \  l      セイバーから全部聞いたでござるよ?
    l   l/ `i-.._                l                 V l    ヽ .l
    l   八  /  >‐i.._             l                 V    ヽ l
    l  / ヽ/  / /  ''-            l                  l     ヽ



   /: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : ヘ
.  /. : : : : : :/: /: : : : : : /: : : : :',: : : : : : : : : |ヘ : : : : : : : : : : : : : ヘ
  l : : : : : : :{: :|: : : : : : /: : : : : : l: : : : : : : : |ヘ : : : : : : : : : : : : : :ヘ
. { : : : : : : :|: :|: : : : : : l: : : : : : :.}: : : : : : : : :.l  | : : : : : : : : : : : : : : ヘ
 i: : : : : : : :|: :|: : : : : : |: : : : : : /: : : : : : : : : } |: : : : : : |: : : : : : : |ハ

 | : : : : : : :|:/|: : : : : : |: : : : : :/ : 斗: : : : : :/  | : : : : : :|: : : : : : :| |

 | : : : : : : .|:/|.: : : : :ム: : -‐:/´/ |: : : /: /    |ヘ/|: : : :}: : : : : : : } |
 | : : : : : : :|:/|.: : : : : :|: : :/ |:/ /: :/j /    |: :/ | `ト、| : : :|: /| }             ……ご、ごめんなさ……
 { : : : : : : :レ|: : : : : : |/r=ニ示心  /     ===、 |/: : : : |: / |/
. l : : : : : :|_」: : : : : :| /{ {::::::j::::|        ∥::}:::ト、/: : : : 〃 /
  ', : : : : : :|´`l: : : : : :.|《 っ ノ::::ノ        {っJ::::} 》: 孑 ´ |
. ∧ : : : : :|  |: : : : : :.| ≧ ≦   _  ─  _≧≦  i : : : : |                 皆は……
. /: :V: : : :∧ |:-- へ、  _ -‐//////////////‐- /_: ,、: :|
ム、 V: : : : -‐ 、  ヽ、 ̄|//////////////////////ヽ  、`‐-、
  ヽ \: 」 、 \  ヽ  |/////////////////////// > }ヽ  ヽ
     /    \  \  | |/////////////////////// { /  } | }
   / ー 、  ヘ  ヘ | //////////////////////// レ/ / / /- 、
. -‐/////// \  \ }/ //////////////////////////{ / ///////\
/////////////\ ヽ| /////////////////////////// {_////////////ヽ


     ,. '"         `` 、
  /               ` 、
. /´       ,, ''´_ /´    ヽ
,'      . /' ``,'マミi,       `、

       ,, '' , テ‐'、、ヾ!,,.''    _,.  ヘ
      /'   ヽ{_リ、 ''    ,ィ"´`  .}
       ,, ''´  ァ=- '',ノ  /;ィ<', .:;'             ……誰も死んでねえよ、幸いな
      ,,.''   /'      ヾ、、,ソ ,,v'
     /  _,. _,.   .::-::::::ノ  'ハ
       /'" ≧彡ソ       ヽ  ',             お前とセイバーが、裏でいろいろと動いてくれたおかげだ
、   . / ,、_,,,...  - .,_   ≦ミi、 }
,ィ    ;:;.. ゝ-‐   ¬ー--`ニ -、_ヾ; /

,.イ彡ィ,. ,':'       _     `´ ;/
 ´彡彡イィ,.   `ー '"圭圭ヘ、_  /'
  '´'"シ彡彡'イィ, ィレイ圭Ⅸ、 ,./Wゞ
     '"7彡彡彡彡彡彡ミミミミ7`
      ´ ´ソ彡彡彡ミミミミヾ` .|

         ′'Ⅷ赱リヾ``   .! ,.へ  _
             `′    . /  〉圭№
                 . /  ,.ィ圭圭圭℡、

                 /  ,.ィ|圭圭圭圭圭℡、_
                /   ,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭№



                   . -―  ..

                  . :´: :{: :ヽ: : : : : ` 、
                /: :/: ;イ : : { : : : : : : : :‘ .
               /: : : i{: :|:{: : : ‘. : \: :ヽ : : ヽ
            /: :/:!: : ト: :!:! : 、: :-\-ヽ:、‘. 、: :‘.

            .': :/: :|: ;イ´ヽ{`ヽ\ : : ヽ: !: :∨:! : ‘.
           .': : ! : ;イ、{     ヽ,.ィ芹f㍉、:∨! : : !
           |: | |: : :|,xf芹㍉     ∨::j '{ : : |ヽ: :‘|、
           | :| |: : :!:|、 ∨::j  、       !: : :!イ : : |!ヽ             ……そう……良かった
           |∧:! : : ハ             ,i : : |:|: : ! i{ ‘.
           }! }!: !: : ;ヘ      ,、    イ: : : :!': :/: ハ  ‘.
           ヾ. !: :| : :ヽ:>=ニ≦:三:≧!: :} /: :/ イ!: ヽ ‘.

               |: :|ヽ : ∨三三三 三 /: :/}': :/イ;ハ : ‘ . }!
           _ _ ,、_/i,ハ{ : \:ヽ三三三>:': ;イ/:_/´  `ヽ: : : \
       / `ヽ   ヽ} / : !`ヽ:ー_ノ三/イ>' /  /  ̄ ヽ:ヽ \
      /`ヽ.   ‘. r '!i' : : :!三三><ニ/: :入ゝ/    - ヽ‘. : \          ……あれ? そういえばセイバーは……
       |    ヽ  ∨: : : :/` -=<:i/:i:i:i:i:,': :/三:Y  /    ,イ : : : : ヽ
       ,.| .'     ゝ/: : :/イ´//:`ヽ/: :∧∨/!_/       .’} : : : Y: :)
     /:ハ.!   >. : : ;イ|´\i/ 〈:i:i:i/ : : : :! ∨ニ〈     .’ハ: : : :!:/
   /: :/: ハ./ /: イ !| }   /. ´¨i: : : /: !  ∨ /  :!  .’'  !: : イ(
    !: : : : !, '  / : : :! {∨/. ´   ヽ : {: : `ヽ i./    !   .’  /イ/ `ヽ
   \{` .'    i:!: : : |  Yr/     ヽ{`ヽ : ‘r'     !  .’   /'
       !   }'ヽ: : ヽ } {              ヽ.:!     :. .’
      ∧  .:  ヽ{`ヽ.| |、   :    :   /}/    |: ∧
      .,:'三ヘ  :.     / i :!ヘ   :    :  .:' '     .:!/三!
    /三_}_∧ :  _ / :!r| ‘.  :   .: ,イ       /三ニ|
    .' ,.イ  ∨ヽ      } |:  `ヽ!   }  i{     /\三 ヽ


           /
          , ,,,...        、、、、`ヾ
          ,' '",       ,.,:;.,.,., ,.,゙_`ヽ
        i ,ィi!         ',:'/,ヽヽ
.          、.. l! -        ,:;'' / 、_〉〉
        ヘ::. !タ!      ;':  > //
           / ヽ、         」/       ……終わった
        /   、、,__        '「
        、    ,、、 `ヽ    、,!
        ` L_,.ヾミ  ヽ   、ミミ         聖杯戦争は終わったんだ
          ゝ、 ``  , ,,、ィ从ミ゙
             从 ,ィィ从リヾ`゙    ,. -     つまり、それが答えだ
           从从リ`ヾ;';';'  >'",. ィ
                !';>'",. ィ圭圭
               /´ィ圭圭圭圭圭
             /≦圭圭圭圭圭圭
          _,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭

         佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
        ,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭

       /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
      ,イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
     /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭



                > -─── <
              / : : : : : : : : ` 、
            / : : : : : : : : : : : : \
           / : : : :/ : : : : : : : : : : \

          ./ : : : : : :/ : : : : : : : : : : :  ヽ
          /: : : : /: : /: : : :/: : : : : :l : : : : : ヽ
        .∨: : : : :j: :∨: : : /: : : ::ル : : , j : : l : : : Y

         .j: : : : :Y´:ノ: : : ,; : ノ/j: : :イハ: : : : :! : : :  }
        .イ: : : : :ト'´Y: : : :ナ卅'‐x- zノ/j: : : : /ハ: : : : }: : : }
        l:!: : : : ::!: ::!: : : :レ'≠=≦、ノ ./: : : ::イ/.!:イ: : :!: : :!:!

        !:!: : : : Y .Y: : : :{ んzハソ  ノ ノ: :ノ/∧!' !: : :!: : ハ:}
        〉:l : : : : | .!: : : :| ゝ-ク'    ´ r=≦'.`メ: :ノ :/ノ.リ
       ./: :{: : : : ::! !: : : :l         ん.v/.}ノ::ノ': /'         ……ってことは、ああ……
      ./: : :〉: : : : ト-!: : : :!        ゝ.乂./: : :/:ノ

      /: :/´∧: : : :!`|: : : :|       `   ./: : :/イ
    ノ -‐'  .ヽ: : : {. {: : : :!   r--,    ./: :!: : : :j
 , r:'´'´     .∧: : :∧.、: : :{.`ヽ、  ̄´   ノ: !リ: : : リ             セイバー……消えちゃったんだ……
´: : :/,r ‐ .、   .∧: : :∧ヽ: :ゝ  `ヽ -‐<r‐-、': : : /

: : :/r.⌒ヽ、 `ヽ、 ∧: : :∧、\ゝ     ̄ /./Y !: : :/

: : {     ヽ  〉、∧: : ::∧` ,v‐ー-、   / }l | {:/
::/.!.     ヽ ∥} `}: : |: ::ヽr' ´   >./ /j' j .!
' .!      ∨' l  .}: :l: : ::Y´  r'´ r./ 〉'  { .ト,
  |      ∥ .j  l::j: : : ::}ゝ-{ / \    .' }、
  l      .∥∨  }/: : : : }  ∨   \   .∧




    / /  /   ./   .  .i  l |:\|l、ヽ: . . ヽ
   ,  ィ .  , '  / . // .、/_//l_//|_ l:.:.:.:ヽl: l:l: : . l
   //'./ . // . .l: _,l/'!: : /:/lf州/メ|、 l:.:.:\∨:l: : : l:
  /´ // : /イ : : l: /r=l: /l/ ノ廴ハ l/:ハ:.:.:.:.:`ヽl: : : l

    ':, . : /l| : : : ,l/fち.lイ/    辷zイ:イ ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ: :
   l/l : /.ノ!: :l: /ハ弋沙 j     ノ´l:/ lハ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:       ……

   '/l /:.lィl ハl.| ハ    ___     /'  l:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   //i/:.:.l lヘlへ.|:| ヘ   ∨:::ヽ     /'l: ハ:.:.:.:.:、:.\:.
  //:.l:.:./    |:|: l | >  _¨´   / .l: :lハ:.:ヽ:.:ヽ:.ヽ
  ///:.:./   .∠|:|: l l    ノ } ‐<.‐彡'!: :l:ハ:.:.:l:.:.:.l、:.:
 lイ/:.:./     \l l: :、l ./ ノZユ:::F「  | : l ハ:.:.:l:.:.:.l:\
  l:':.:./      | l: : :l _{  {/ iy'^ヽ\ .|: : l : |:.:.ハ:.:.}:
  ll:.:.l        ハ:l: : :ト.l / / -‐<r=lノ: :ノ /|:.ノ/∨\




  、、、、、、, ,  \
 ゙``   ,       \
,/-;. /、、、、       ヽ
 , /           ヘ
ミx  ヾ , ィ ';' _,,,...z   !

`ヾミ! /'    ;彡'"     !
_-_-゙`'´   _'-,.‐=- _- i

__・_,`,      、、・__ノ;,  ヽ
 / '" ,     `ー '"  ト、',
   /    ヽ、    ,i //                           …………
 /    _  / ヽ、  .!!./
'ィム       ′ィミ、ヽ  |′
'"´        ヾヾ` .!

 _,.、__,,...、_,. --、   ,.爻
´   _,,,....,,_     从爻゙
 ,"≦州州≧ー_从爻゙|'℡、、_

从从州州ミ从爻`゙ ,i;|i マ圭圭ヽ、_

从从从从爻ヾ`   ,i |ハ マ圭圭圭≧、、
    ′′    . ;i 'i;ヤ Y圭圭圭圭圭ヽ、
     ,i;     , ;''    }  !圭圭圭圭圭圭l℡、、
i;i   ;i;i;i'    ,i;i    i  .|圭圭圭圭圭圭圭圭℡、、
;i;i;i;i,         __!  !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ、
一 ヾ、_,ノ "" ̄     !  !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、
                i  .!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l℡、


                 ,..,_,,..... _                _ -‐   ̄
               /      `>、      ,,.._,,. <    ,.,:;:;:;:;.,.,.,.,.,.,.,.,.
             >、/´ `ヽ、_     ヾ ー‐'"          ゙゙ ゙ヾ :;:;:;:;:;:;:;:;:;:     ……
            / 〃 / 、彡' ̄_ヽ
           / ‐=≦ソ/'  '-_〒‐, ヾi;i;:, ー ''"
          / ,:_,=〒ン/) ` ー-`¨´ノ :, vヘ        ゙ヾ:;:;:;:;:;:;.,.,.
         ,' ,: /,ニ"'/  _, ヽ     ';ハfヽ  /´¨¬─--  ..,,_ :;::;:;:;:;:,.,.,        ……お前が、何を考えて、ああいう行動を取ったのかは聞かないが……
        、ー! ., 〃`   ,      ィii、ー、   、〉〉 .!        ,. <≧=s。_;:;:;:;:;:,.,
        !ヽ :; '   /ィミ   二ニ、ヽ  |/‐ "___,,. <圭圭圭圭圭圭≧≦    セイバーが消えたことについて、儂等はそれを悼むつもりはない
        ゝ.ベ  / ',"一'  ̄ ´ _    Ⅵ!  /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
          il州〈    , - t云'" ヽ 、xミミ/!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
            |!"'爻州!,,、 , 、州|!  ,、x爻゙; i |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭      と、だけ、は、言っておこうか
          ,| ';';';:;"'爻州州州州ゞ゙`:;';'   ! |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
       ,、、 , /i ';';';';:;:;:;:";'';:゙;ヾミ'゙;:;:;:;:;:;';'  ,! |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
     /圭i' ! .i   ';';';';:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:;:;:;=== ,! .|圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
  /圭圭ミi! i _,. _-‐' ' ' ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:' ' ニニ,' .!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 圭圭圭圭i! !'"´      `ー'        ,'  |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 圭圭圭圭ミi! ! , イ     ,ィ        ./  .i圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 圭圭圭圭圭! !'/   ,. イ´       ./   !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭



                   , , , ,
              ,    -‐…‐- ミ ’ ,
          ’ . ´          `丶 ,
        , ’ . '                  ヽ ,
        , / / /!     ! {        :. ,
        :; ,′,' / { 卜、 |人ヽ    {    :.
       ; i  {ノY´`Y:i:i:i`Y´`Y:\  |  :| } ;                  え? な、なんで……
       ; |  |i:i{{  }}i:i:i:i:{{  }}i:i/\! / | ,′;
       ; |  {i:i乂_,ノi:i:i:i:i乂_,ノ:i/  :/ :// ;
      :; ヽ寸ニニニニニニニニニニ7  :/// ;

       :;  }_〉ニニニニニニニニニニハ  /ニニ{  ;
       r‐≦辷三三二00ニニ二乂{ニニニヽ ;
       |ニニニニニニニニ厂「 ヽニニニニニニニニヽ|
       辷三二ニ=Y´ 人  \ニニニニヽニニヽ



           /
          , ,,,...        、、、、`ヾ
          ,' '",       ,.,:;.,.,., ,.,゙_`ヽ
        i ,ィi!         ',:'/,ヽヽ
.          、.. l! -        ,:;'' / 、_〉〉
        ヘ::. !タ!      ;':  > //
           / ヽ、         」/             それが、あるべき帰結だからだ
        /   、、,__        '「
        、    ,、、 `ヽ    、,!              セイバーは受肉を望んでいたわけではない
        ` L_,.ヾミ  ヽ   、ミミ
          ゝ、 ``  , ,,、ィ从ミ゙              だったら、最後に死ぬのは当然のことよ
             从 ,ィィ从リヾ`゙    ,. -
           从从リ`ヾ;';';'  >'",. ィ
                !';>'",. ィ圭圭           だがよ、儂等だって、そう冷徹じゃねえ
               /´ィ圭圭圭圭圭
             /≦圭圭圭圭圭圭           普通なら、そんな血も涙もない横言吐いたりしねえわな
          _,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭

         佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭          ……お前が、そのために死を選んだので無い限りは
        ,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭

       /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
      ,イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
     /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭



              ‥‥  ・, .
           -‐''"´ ̄ ̄``> 、 ・ .

      ,゚ /               ヽ  ・
      /   /             \ `
     / ./  /     /            ヘ
 .    / ./   ハ i .  {.   |        , ',
  , ./ .,'   /| |∨',  ' \ .|ヽ.   |    ', ',
  ,'. ;. {ハ  ///ヘヘ \ ヘ| |>{==、  ',    .} |
  ; |  Yヘ .{i/   }}..| | |.r-//  }}}iヽ、ヘ .  /| }
  : |  }/ {{   }}..| | | | {{{.   }}}| / \  / ,' /      ……そ、そんなこと……
  .. ',  〈i i iヾ、__人___ヾ、._人;;/   /./ /./
  ; .ヘ.r‐─=''"´: : : : : :...` .>'  ∠ノ/./
 .    Y∨: : : : : : : : : :{ /  ///:.〕/
 ;  /´|ノヽ: : :_,,,: --‐‐'''" :|/{ ∥/-‐'"{
..r‐‐': :へ:_< ̄: :_r‐、 :r‐、: :__,,,ヘ {{/二_: :ヽ

..|: : : : : ``'''"´r'、__Y__ノゝ:__:__-‐ヽ: : \: )

..|: : : : : : :r'"´  . }‐‐'  ゝ-、 : ̄ ̄\: :ヘ
〈 ̄`: --==-‐' {.     人    ) .\: : : ヽ: ヘ


                ,..,_,,..... _                _ -‐   ̄
              /      `>、      ,,.._,,. <    ,.,:;:;:;:;.,.,.,.,.,.,.,.,.
            >、/´ `ヽ、_     ヾ ー‐'"          ゙゙ ゙ヾ :;:;:;:;:;:;:;:;:;:
           / 〃 / 、彡' ̄_ヽ
          / ‐=≦ソ/'  '-_〒‐, ヾi;i;:, ー ''"
         / ,:_,=〒ン/) ` ー-`¨´ノ :, vヘ        ゙ヾ:;:;:;:;:;:;.,.,.
        ,' ,: /,ニ"'/  _, ヽ     ';ハfヽ  /´¨¬─--  ..,,_ :;::;:;:;:;:,.,.,
       、ー! ., 〃`   ,      ィii、ー、   、〉〉 .!        ,. <≧=s。_;:;:;:;:;:,.,   お前、儂等のためもあるだろうが……
       !ヽ :; '   /ィミ   二ニ、ヽ  |/‐ "___,,. <圭圭圭圭圭圭≧≦
       ゝ.ベ  / ',"一'  ̄ ´ _    Ⅵ!  /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  それ以上に、セイバー(あいつ)のために死んだだろう?
         il州〈    , - t云'" ヽ 、xミミ/!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
            |!"'爻州!,,、 , 、州|!  ,、x爻゙; i |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  なあ、そうだろうがよ
         ,| ';';';:;"'爻州州州州ゞ゙`:;';'   ! |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
      ,、、 , /i ';';';';:;:;:;:";'';:゙;ヾミ'゙;:;:;:;:;:;';'  ,! |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  おめえなあ、いくら愛着が湧いたか親近感が湧いたか、
    /圭i' ! .i   ';';';';:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:;:;:;=== ,! .|圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
  /圭圭ミi! i _,. _-‐' ' ' ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:' ' ニニ,' .!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  或いは尊敬や崇拝の念を抱いたとしてもだ……
 圭圭圭圭i! !'"´      `ー'        ,'  |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 
 圭圭圭圭ミi! ! , イ     ,ィ        ./  .i圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭   死人のために生きてるもんが命捧げちまったらよ
 圭圭圭圭! !'/   ,. イ´       ./   !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 
 圭圭圭圭i! .!  //    i !   ./    i圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  あのグラント家のきちがいババアと同じことやってることになっちまうぞ
 圭圭圭圭ミ! .!//      !|.!   /   ,.イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 圭圭圭圭ミi! .i/     ,/ .!!| /  ,イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 そもそもだ、セイバー自身望んでないようなことをやるなんて……
 圭圭圭圭ミi、 ゝ、  /'    |レ  ,.イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 圭圭圭圭圭l℡、、`ヾ<     /  ,.イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 まあ、あれだ、偽善的だよな


                             ___
                                 `
                      ´             丶

                      /                   \
                                           \
                /   . :/
                : : : : : : : : : : : : : . .

                  i : : : :/ : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : . . .
                  |/|: :/.:/ト-/.: : : : : : :│ : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
               /∨イ | /|: | : : : : : : |.: : : : :│ : : : : : : : : : : : : |        ……

               /  / : | テミ|/|: : : : |:/│ \: :│: : : :_: : : : : : : : :
                /   /: :.:リ h :::仆 : : :八八 |: : : :.j/`( し'77: : : : :,゙
                 /: :.j/ とつソ  \| テミ|\/   ヽ ク : : : /
               ;゙: :从""  '       h :::::>      ∨ : : : /
.           /      ; : : : : :、         とう゚    \.    |: : : :/
         ,′     | :l |: : :/\ `ー 、  "/          ,厶イ〈
        {       |八|: :{ ⌒≧=---ァ'´        |/    〕
.         \     |: : : :丿    /:/         /`ヽ.   〈
           `ー‐一|: : : {     / : /       /\  ∨  〉
                   |/|: ;人   /.: : :/      /}     |   /
                   |/  `7: : : /              /
                    {: :/|人               / _ノ
                   ∨   ℃iニ=------、__,y≦|⌒│
                         |     |           |  |
                         |     |           |  人



                    -──-

                             `
          '"                     ヽ、         ……そんな顔するな
       /. : :                      : : . ヽ
      /.::  _,.-ヾ                 : : . .   : : ‘,      言い方はちと荒えが、お前を否定しようってんじゃない
    /.: :  r㌢                      : : : : . : : ‘,
   / .  .:fl!′ , -─、ァ  .:       : : : . .      :_: -.、: : ',     だが、そうやって、駆け抜けた後に後ろを振り返ったってよ
   | :.:  i リ ',: /{  ン" ;'           : : . .  -'", -、. ',: . i
   トトv    ' イー ゙´  _                 '、 : ノ ',:.: !     何も得られるものはねえだろ?
   `ミ綴   ヽ二   ̄                       | :ヽ !:.:.!
    У                         t-┘ : :} !:: !     前を向け、終わったことに気を取られるな
  /   _    , ェ=ニ三_ ``ヽ      : :.   、_ :ヾ'" /:: '
  ヽ、_  ´     マ三三≦、    ヽ      :.:.    ̄  /:: ;'      儂等もそうする、お前もそうしろ
   !         `´ ̄   /  リ       :::: ト. _ イ:. ./
  i      _ --──  '"´   /      _:._!_: : : : : : !ヽ
  !  ,.‐  ̄                  ヽ≧爻ー    l :.:      ……幸い、いろいろとかかってた嫌疑も一通り晴れて、
   ヽ '      __    ,ィ      ト、_ヾ爻淡ゞ`      ! :::.
    ',  ,ィ≦三ア⌒``¨ ー'"´      州爻淡ミ       :::::     『家がぶっ壊れたことを除けば』全て好転、これにて一件落着、だ
      !  寸州州、         ト、トェ≧爻ミヾ`::..        :::
    ,ィ! ,仆州州l℡、 ト、爻、淡州爻淡ト寸{::::::::::::: _  -─  ¨
   ∠レ爻州淡州ミ爻淡州淡爻淡``   .:`::::::>'"
   イ爻州淡州淡爻八州"寸!´``ヾ   :::::::/     _,. -≦三


              , r ───-- 、
           r '´ : : : : : : : : : `ヽ、

         ./ : : : : : : : : : : : : : :\
        / : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : ヽ
       ./ : / : : / : : : : : :|: : : : : : :ハ: : :ヽ : ヽ :ヽ
      / : / : : : /: : : : :l: ::j: :|: : : : : | }: : : :ヽ: ::ヽ : ヽ

      / : :{ : : : ::{: : : : :ノ:ノ}:::ル: : : : リ、}::ハ: : ヾ,: ::}: : ハ
     .{ : : | : : : 」; 斗七´/.}:/.}: : : :リノ }`ト;、: :}:}:: l ; ;} }      (……そんなんじゃないよ。

     ! { : :! : : : :!: : :ノ':/`/' .j: : : ://  .リ |: 外|: :l: : ト|
     .|::l : ::| : : : |:/,r=≠ミ /: : ノ ' ,r=≠ミ/ |リ:: :| :ハ}
     .|::|: : :| : : : | 《{////゚} ´    .{//゚/}.ヾ|: : : :|/' '       私が、セイバーのことを……)
     .|::| : ::|: : : ::| ヾゝ//ソ       リ゚/ソ∥!: : ::Y|
     .|::|: : :l: : : : |  , , ,      ,   , , ,  .j:::: : :|:|
     !:l : : :{: : : :{                l: : : :|::!
     }::l : : :l: : : ::{               .j : : :リ: |
     .}::i : : :l: : : ::ト、.     ⊂⊃    .ノ: : : ::j: :|      ……そういえば、なんだけど

      l: 〉: : :〉: : : :V>、         rl'´リ: : : :/: リ
     .} :∧: : :W、: :ゝ、_.|_` ー __, ィr<、: |:/': : ::/ : /      聖杯の力で死者蘇生って、本当に出来たんだね

     ノ : : :ヽ: : :ヽ:\ヽ   ̄ ` ヽ、{ _, r'  フ: ::/:: /
   / : : :r‐'ヽ: : : : ∧           /:/: : :∧、
 ,/': : : ::/  .∧: l: : ::ヽー-        ./: : : : :∧: : \
//: : : , r'ー-  ∧l: : : :ヽ   ー--  j: : : : ::/ ) 、::ヽ::ヽ

/./::/     `> 〉: : : : }         l: : : : /r'´  `ヽヽ:)
! {:/ヘ        ノ:,: : : : :ト--  ___, -{: : : : {     ハ V
 V ∧      ノ' .|: : : : :}   `ー-'´ ヽ、: : l:ゝ   /.}



                     /  z‐‐ > ¨  ̄>‐- へ._
                     /  / /    /    /  l !、
                     /  / o/ミヽ// / / / }  \
                    /  /   qミミ/ ∠ ∠_/ // /l  l  ',
                  /  /  / :l/,、' / /ヽ // / }  l   ',
             /  /  ,、,、'''"゙""´,//=≠ミ. / ' 7ヽ.l  |  lノ
            /  ,、, '''"゙"   .,. '彡,、j l       =-、// ./ /
            / ,、 '"     ,、,. '"    / .j,    _ '   〃 / /
          /''"、,、,、,、,  '' "´       / /l_ヽ  ヽ '  ∠ イ/、
        /  /  /       / ./ー-、ヽ_..  イ,、| |、  ',           ああ、それでござるけどね
      /  /  /       / ./      h   //、,' 、.',       
      / /  /       / ./       | |ニ二 .ノ   ゙'' '"         『雪の遺体が、雪女の性質によって最初から冷やされ、防腐されていて』
      / 〃  /         ∠ /        /~l              
.    / / ./          / ―┬-- 、 ヽ l!  |                      『途中から某らの目的が雪の蘇生になったから、しっかり腐らないように処理して』
   /  /             ,.イVW.∧/X j ソtァ.l  ヽ                //
   / /           ト父  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~ ヘ   'j           , 一う//
  〃                 マ7              ハ.  ',          z   ゝ二.) おいたのが効いたのでござろう
                 /ヽ             ハ  }          /  >―‐ }
                  /  .Y           Y ヽ       /    ゝ―‐ノ  いやあ、アフターケアって大事でござる
                 ,′  |   z―‐┬――‐マ   >    /     z ァァ‐'
               j  .__l! /    ム     ヽ' \_ /     / //
               |/三三===ォrム       \      / .//
                  {彡三三三三三圦l__ム       .ヽ     /  .//
                  {二三三三三三ニム.   \     \/    //
               j三ニ=≠==ニ三ム    \     ヽ    ~
               l/  lヽ、  \ ヽ マj、__   \     \
               j     |   \  \    ¨ ー- \     ヽ- 、
              /   /    \  \____/ >-  _ - ゝ、
             /   /       \ _____ /          `ミ 、
           /   /                               \



                           ,ィ
                      ト、//
               . . -──‐-. .  ヽ、〈
           /: : : : : : : : : : : :`: .、 `
.          /: : :/ :/ : : : : : : :ヽ: : ‘,
          ′: : : : : : ハ : : ハ: : : . |
          : : : :|: |/リ }/} 从:ィ: : ト             ぼ、防腐処理……!?
.          {: : f |: | ━    ━ {: : |
           : : ヽ|: |           〉 :     ___
    / ヽ  /: \{: ト    △   .イ: ハ   /`ヽ /
    \  } イ : : : ヽ:ヽ{ミニニニ斗:/:{ :∧} / ./ー‐'′
     ヽ. {  ヽハ: イ``/   ゚。‘,Ⅳ   / ./
       { 廴___/ / /  .:  ゚。‘,ミー-'  /
      ゝ __.../ゝイ    .:  }:く ` ー‐ ′
             r¬′‐--'`ー‐ヘr¬
            弋丿         弋丿
            }≧=‐---r‐=≦

              廴リ     廴リ



             /´ ̄`\
        Y⌒Y   /    :::::::::::ヽ
       》、ィミ、. |;' .::: i\  一'、_

       `ー┫ヾ 、iリ,..._ _!   ,。≦圭圭≧ 、、
.          l!   、'_ツ'>, /:./圭圭圭圭圭圭ミ>、、                  いよ――――っし!
,、     /'ヽ-l!、.  Y_イ、/圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミヽ、
ヾぇ、  ,/,ニ`Yゝ┴、  '爻’.!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、              頭数も揃った!
. `ヾぇ、_ィ ヽ〉-‐' . i   _,!圭ミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミアミヽ、      
    ヘ`ゝ-'゙ ':'; : . ハ ヾ圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭ヽ,           早速今から家の立て直しだ!
      \: . : . ,: ヾ゙、ヽゞ<7ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭圭ミヽ,
      ヽ`'": . : . `ヾ-彡'"´⌒,圭圭圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭li、

   _,.ィーヾミ、: . : .,.>'"   <圭≡圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭li、        休む間もないほど働くぞ!
 、\_``              ー一 ≦圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭ミi!
  ≠   ̄             _,.ィ佳´ミ圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭i!
  ヽ==一"   _,.,.,__ _______,,.._=≡=''__,ィミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|        旅館泊まりに金を大分使っちまって、随分財布が空っ風だからよ!
  ヾ、===≦彡≡=━¬圭圭圭圭圭ア;圭圭圭圭圭圭>・'"二三¬
    ゝ=≠"  ___≦圭圭圭圭彡ア;圭≡≡≡=''"´ -─ニ-‐二三¬
     , < ̄,.=≡/`ヾミ=-,ィ佳圭圭圭≧ぇ、、ー一二-一ニ二三三リ




                 . イ^ヽ. |.ィ´:`ヽーァく..:..:_.ヘ
               /..:..:..:.ー.7.:..:..:..:..:..´:..: 「 ヽ:..:ヽ

             .ィ  :..:  :..:.:.  ..:..:.:.: ..:.:. :..:..:!..:.ハ
            /:..  ..:.:  .:.: . ./ . .:.:.:. .:.:.  :.:..l:.   .ヽ
           /.ィ:./..:.:.:..:..:.:.:.:..:.イ .:.: イ:.,!:..:.:.:. .:..:!  ..:..:.ヽ       ちょー……っと待つでござる
          ///:/:..:.:/..、:.:./:.//.:.:./ /:/|:.:.イ|:.. .:.:V:.:..:..:..:..i

            /' /:イ:..:.:イ:.:.:/7メ、!_:./  /ムイ/ |ハ:.:..:.|!:|:.:.:..:..:..:..i
         / //l..:.:/イ:.//j____.lz` 丶Z._j__/ l:.:.:.K:ト、:.:.:..:..:..::!     いや、財布が空っぽなこととかは推して知るべし、というか
            |/|./ ,.|:小  ̄_ ̄ }   ̄ ̄` j:../ハ |ト、\:..:..:..:..!
             ..イ/´, { !:.}-v Yヽ'__ '''''  /イ/ ,} | `ヽ\:..:.:!
         /7' |イ イ ,オ/ |  |  「ヽ ヽ   /}/:|Y | ヽヽ、ヾー\!    むしろ今まで良く全員分持ったな、というしかないのでござるが……
       /、_ {//イ/ / l:!  !  !  ! ├┘.ィレリ:..:ハ:V:ヽ ト.}`ミー 、 \
     / ,.ィ ,.ィ /{ノ _||  |  |  l  i≦= フ./< /ヽヽ:\ \ \、`丶、
    / イ / // __ , く.、|  |  {  |  |, ―く弋ヽ ヽ7ヽヽ:.:\ヽ.ト、ヽー- ヽ
   `¨ /_/  ´  { ヽz、 !       |     ヽヽl  !-,! }:.:.:..`..:! ` ー
            ヽ. マj_       |       } ll! }ム| リ:.:.:.:..:..:|    え? 自分たちで建てるんでござるか?
                 ハ   丶     |       | ll| .|///:.:.:.:.:..:..:|
             | ハ     ヽ     }     /! l!! j7/l:.:.:.:.:.:..:..:|    そんな技術はどこに……
             |  ヽ.       ノ _.. イ´ | !V/|:.|:.:.:.:.:..:..:.|


          、/      ,、         丶、/
      .X ヽ    .,. / ヾ ≡ ー- 、     ./ヽ/
     ./     /'" _,.   -一ヽ ∨    ./ ヘ.
           ,' 「´,.,- ー '`´ヽハ'; ',_,..、   "´i
          __i. ; lヤ1      }_,'!';  , 〉
         !、 l. ; ! `′      .|   ,ソ            知らん!
          ゝ , ',∨、,.、, 、,. 、,.∨   ハ
           ハ ヽ--===-- '  ,イ'; ∨           適当にやってたら、なんか、こう、うん、できるだろ!
           7 '; ヘ  ニ圭こェi;i;l;lミヾ;'  !
          i '; '"彡州州州ミ``, ;';'  i

       ,.ィiイ'  ';   ' ヘW`   , ;';'  , ' ´!ィ、_
     ,ィ≦圭! ∨ ';,   '; ; ; ;'  ,';';' / ./圭圭≧ェ ,_
   /圭圭圭li ∨ ';'; ,  ' ' '   ,';' / /圭圭圭圭圭圭≧i,、
 /圭圭圭圭|li, ∨ ';'; ,     ,';'/ /圭圭圭圭圭圭圭圭圭iヽ



        // /            /             l  l ヽ、         __
―------==//==/     /        /        /     /  l  ヽ_..-―'' ´ ̄ ̄__...
´         /     /   /  ..__ /        /l  /   / l l l / _... -― ''"´
  二=''   /   _.. - /   /   /.._ /-.._   /  /_/ -/‐''ヽ l  l l l / /
.._=--―-/ / _..-''  /    /   /_l'- .._/ // / i i..-―''"´ / l  l l ./
    /  /./     /  //  / /  ''ヽ/ / /  / /''"''ヽ, /l  ll  l ', l      ___ ---   そんな
  /   l/    /l  / l /.l _l..li   /i //  / /i,   il/._l l ll l l l--― ''"´
/        / / /  i''l /l l/ `"=''" /   //  "''='','"  l./l ll l  ll              『適当に混ぜてたら野菜炒めとかできるだろ』みたいなノリで
        / /l./ /'' .l// lヽ ..._ノ ______  i.._.l/ l ll l  l
、       < / l/''/  ''-i .l  l     l\/\/\/l     l  l.....___       /   家を建てようとするなああああ!!
ヽ        \  / / / l   l     l          l    /l  l i-'ヽ .._ `- ̄`―/
. \       l \/ /  /l .l   ヽ   l           l   / l   lヽ ._ヽ  ̄ //      資材だって無料じゃないんでござるよ!?
  ヽ      l  \l/ l/l   /ヽ、 l_.. -―‐---―- ..._ l  / l   l..l  `  / /
  ./ \    /   lllヽ..._/   /   ''l            l/ ヽ l   l  ___/l  /
 /   \  /   /l l  ./   /    l/\/\/\/\ll   ヽ,   l /  ll   l        ちょっとは考えて行動するでござる!
. l     \./   //l  /   / 、   l ̄` -.._ ̄ ̄,,二´"'''l   _.ヽ  ヽ  ll   l     /
. l      /   ///  /  /、l ll、_ノ     l l´    l_.. -´/ 八  ヽ  ll   ヽ   /
.ヽ,     /   //i  /   ハ/l lll 、\     V    // //  l.ヽ   ヽll l    ヽ /    横着して余計に資金難に陥る運命しか見えないでござる!
  l    /   //i  /  / l/,l / l l  \    l  // //   l__lヽ  ヽ l l    ヽ
   l   /   l l l  /  /  l/l/--l l l   \.. -―'´/  //    l/ l ヽ  ヽl l     \



            ___ _

         . .<: : : : : : : : : : > .
       . : ; : : : : : : ; : : : : : : : 、: : \
     /:/ : /: : : : :i: : : : : :i: : : :ヽ: : :ヽ
   ./;/: : ; /: : : : : i!: : : : : :i!: :、: : ヽ: : : :,
  ,: :/:': : : :l:1: : : : : : !i: :、Lゝ:ヾ : i: : : :,: : :∧

  /:/:f: ; : -+イ;/、: : : :!ヽ: :! \: ヾj: : : :l: : : : :i                 (ああ……いつも通りの日常だ
  }!': :|:ハ: : /V  ヽ: : :{  ,,x≠z;、」|: : : |: : : : :|
  Y: : v:| ,x≠;、   \;f 〃"   jii! |: : : |: : : : :|
  ,}: : : :i 〃  }ii!     ヾx,zX;タ |: : : |: : : : :|                  ここにセイバーがいたら……なんて、考えもするけど……
  |: : : :,! ヾZzシ             .|: : : |: : : /;!
  |: : :;ノ  ,,              ''   |: : : | : ;/:/
  |: : :ヽ        o       _ .,|: : ://: :ゝz, .―.、               ううん、でも、違うよね)
  |: : :| .> _ _.γy-γ_У_   /:}: ;/": : : : : : : : :<
  ヾ: :{  〉: : 「ノ  7  _〉   ヽ.Y: /; :{ ; : : : : : : : : : : 1
   ヾ{: :ノ: : /   「 介、   ゝ{へ: ゝ\: : }ヽ: :} ̄ ゙
     7: :〈    ノ  。 \   ソ       <V
    f: :フ ヽ._八::.      ̄   |\     ヾ


::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
::::::o                   :::::゚::::::::::::。 O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o゚:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::o。::::::::::::::::。:::::::::
:::::::セイバーが居てくれたおかげで……::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o::::::::::::::::::::::゚:::::。゚ o:::::::。:::゚::::::゚:::::。:::::::::::::::::::
::::○                   ::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚:::::::::::::::゜ o::。:::::::::o:::::::::::
::::○゚o:::::::。                                            。::::::::::::::::::::::o::。

:::::::::::::::::::::      私たちは、このかけがえのない日常を、きっと             ::::::::::o:::::::::::::。
::::::::::::::::::::::                                             :::::::::::::::::::::::::::::o:
:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚:::                                     ::::::::::::::::

:::::。::::::::::o:::::゚::::o:::::::::::::o:::::::o::゚::   また、取り戻すことができたんだよね……?          ::::::::。::::
。O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o。O::::::::○                                     ::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::



                       (二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\////////
  | 安心するな、資材は無料だ。キングが持ってきた縄文杉が……  |////////
  \__________________________/////////

                   └┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
                     ┏━┓│┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                     ┃旅┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴\ じょじょじょじょ縄文杉!?    /
                     ┃館┣┥┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬∠                     >
                     ┃擬┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴/資材にしちゃ駄目でござるよ!?_ \
                     ┃古┣┥┌┬┐┌┬┐┌┬┐┌┬ ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                     ┃屋┃│└┴┘└┴┘└┴┘└┴┘//   |/     \/     \|
                    ///////////////////////
                   @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@_

                     .│    ┌─┬─┐  /゚━━━━━━━━゚/.┏━━┳┳
                      │    │  │  │ ┃    ┃┗━┛    ┃┣━━┫┃
                      |    ├─┼─┤ ┃    ┃          ┃┣━━┫┃
                   ∧_∧ ..─┴─┴─┴/i┃━━╋━━┓    ┃│ ̄ ̄|.| ┃
                  (    )           .l]┃  ∧__∧  ┃   .[||].:|    |.| ┻
                   ([ ロ ])             ┃ (´曲` )  ┃    ┃::|    |.| ┌
                  | | |            ┃. ⊆⊇⊂).|:::┃    ┃::|    |.| │
                  (_.)_)             ┣━━━━━━━━┫::|━━/ | └
                                      )●_________)..|  /...│
                                   []二ヽヽトロピカル//二[/|_/  │
                                     〔━━〔 [か229]ロ〔━━〔━━  │




             ,,ト、,, ,,ィ ,ィ

           _,,-;" '' ゛''" ゛';__
           ヽ/""゛゛''`';, ノr´)
          ,;'゛/__   _ "iヽ;ミ
          ,,'"|( d  /oノ ド゛ `ミ
         r ";,| ▼    ド゛ `ミ        ……一面だけを切り取れば、彼女たちはある意味、元通りの日常を取り戻したかのように見える

        (`ヽ';ヽ_人__ノ  /  ,,ミ゛、
         ヽ、 '';,i⌒⌒  /   リ  ヽ、
         /` ィ'r`''''""´  ,,ミ゛    |      だが、それが悪い意味であれ……あるいは良い意味であれ

        /   | ゛r、ノ,,トリ'"  i    |
        /   |          |    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 何も変わっていない、ということなど、ありはしないのさ

        `ー ´        /  /
                ,-ー´  /
               ((_(_(_ノ          さて……他の家は、どのような顛末を迎えたのか。順に見ていこう


【とある料亭】



            |l______________| |

           ./|:::::: |     /   \       | |:二二二二:|
         .//|:::::: |     |二二二 |         | |:::::::::::|:::::::::::|
        .//. .|:::::: |     |l| 聖 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
      .//   |:::::: |     |l| 杯 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
     /|/     |:::::: |     |l| 戦 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
   //|       |:::::: |     |l| 争 |l|         | |:::::::ll::|::ll:::::::|
  //. .|       |:::::: |     |二二二 |         | |:::::::::::|:::::::::::|
//   |       |:::::: |     0    0        | |:::::::::::|:::::::::::|
/     |       |:::::: |                   | |:::::::::::|:::::::::::|
       |       |:::::: |____ _ ______ | |:::::::::::|:::::::::::|
       |    艸 ::|::::::/     __)''( _        | |:二二二二:|
       | 0: :::: 艸 ::|/     /_(~~~)_/       :| |  。|。  |
     :0 |::::艸:::: ::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   |   |
       | ::::: ::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :: 艸 ::|::艸:: /
:::::艸::::  |  /
  :: 艸 :: |/
:艸:::  /

   /
  /



              :i: :  : : |: : : : : : |: : :::: : : : //: : : : : : : : :: Y
             .j:::... :: 「.;.:.\: : : : |: :::: : : : :// : : : : : : : : : :  {
             〈:.:::::: ミ ̄〝ヽヽ| ::::::::j::l_//> ´/'": : : : :: : :.}
             〉::::::::::三ミ     |   ////イノイ : ::: :: : :.j
              ∨:::::: 彡      Y:.:.:.//  ′     彡:::::::〈
             〈:.::/  ..,,__    ∨:.:!{         ミ::::::::::.j

              いY-'"_"'- 、  ヘ 人     __,,  ミ:.∨::从        ……
               |:: i´ 弋テヾ=='   丶 ヘ _,..-'''" "'.ハハ
               |:: {u  ̄ ''      ヽ:.代テフ)ヽ./´!乂______
               i:: ∧       '    リ   :.:./.:.:.|!  ̄ ̄〉〉
            ____ 从ゝ       il        .:.:/:./ リ   //      えーと、その……聖杯そのものを完全にどかす、ということは……
          | |    :::|::.ヽ       il        .:.イイ      //
           | |   |:::::::|  :.              /|':::::|    //
         | |   lハ;;;;|  ::.、  _,,. ---- 、  /.: ||::::,    //
       __ | | .: ハ ||\  :.丶   ---   /.:  ||ハ:::「 //
_ .-  ¨    | |: : ハ  :||.:.:.\ :.:.\     /   .:   ||;ノ // ̄`ヾヽ ̄ ¨ -
         | |: :ハ : . ||.:.:.  ュ、:.:   ̄ ̄    .:   || //     ヾヽ


                              ___  ,i
                        ミ  ,-‐イ´,'ィ'´, '´ `ラノ ,i
         ハ             o  .,イ.,-‐'´⌒彡'´,彡'´彡イ,ィi

          シ           ミ   {/ ィ⌒ヽ' 彡'´彡'´ '´,'}
          ュ       ,、,,,,,,,,,, 0、 r〉、.斥リミ ̄ト=彡t彡'ノノ-'ノ
               ミ,:'´ 二ヽ`i .ャ-/、`〉乏__  〉  'ノ }三彡 '´彡'´
             ミ゙´   ,,-、 ヽトj、 ヽト、ィ  ノ`}ヽ'´ l t<三二ニ彡'                モグモグ……難しいですね……むしゃむしゃ
            ,,ミ´ ,ィミ、 〈./ミ. `ヽッ'-‐‐'´  '   ,! ヘ、`ヽ、  ノ´
            ト、,,...::|ヽ、    ο  `ゞ、゙゙゙゙   .,ィ'´ } `ミ三彡'
        ___,,,,、. }  `ゞ' }    ハ  ゜    '.,__,ィ彡::   ',   \彡'         そもそモグモグ聖杯を安全に改訂できるのならバクバク
       /r‐-  ヽミ    ミ   シ      ゝ、__.\   ',.ィ彳´;|`ゝ‐-i|li|、i,|i
    ミ/.ィ しーャ-  \、       ュ   ,i|il-‐i‐‐ilラ〉、/ /;;;;;{       ,' `ヽ
  __  Y´/{、ヽ、`:.-‐'´ } \       i|i|l|'     // 〈r、 /;;;;;;;i     /    }    十年前にぱくぱく聖杯が余計な改造をぺろぺろ
 ,〈、 )〉'/  ゝ乏tヘ、 .ノ  .\  、、,,,,,,,j,,,,,.     ,イ;;〉ト'`∨};;;;;;;;|     、    |
ゞ=彡´      {、彡'     ミ゙゙   ミ、 \  ./;;;/、}___/./;;;;;;;;;|    \{    .{
         、ヽ\     /ゝ、  ミ、ヽ.ヽ、 〉ο;;;;;{ .| .{ };;;;;;;;;;;|     |    ',    された時点で私とマイケル君で解体を……
     ハ     .、ヽ\   ミ \`ヽ、 ヽ、\}、 /;;r、/`i r‐、_;;;;;|     |     ',
      シ      、ヽ\     ゙゙゙゙ミ`ヽ'´゙ \/ィ-‐'´ ゙゙̄ヽ, ::ヽ、     .|     ',
      ュ      ミ       }  > ' ´ ̄ ___/  .,トイ‐----ミヽ     }
             `ミ      ミ  (   ,ィニ彳ィ__,, ...;;;  /          |



     〃----------ヘ 、
     /": : : : : : : : : : : : : : :  ̄>
  、 ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ム、
  ゝ::: : : : : : : : : : : : : : : : ////戈

.  ,ゞ::: : : : : : : : : : : : : : : ;::;:,、r、 7/       ちょっ、何言ってるのか分からない
.  ヽ::;: : : : : : : : : : : : : : : _l.:::::::: Yて,
   i: :: : : : : : : : : : 彡三彡"::::\l  》       一旦食べるのを止めてくれないか
  ..ノ: :: : : : : : : : : : lそ l '::::::::::ヾl  ヾ、
 ζ,: :: : : : : : : : : : 〉、    ::::ミミl   ノ
ー=≠ノノ.从川 彡,'"    u  .:::::l
=彡イノノ`ソノノ.       u.    l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ,,_____ノ

_         ヽ
  `ヽ、       |

     ヽ     ./ /
      .`i   ヽゝ',



.        /::::::::::::://::::::/:/ ̄`   、::::i::::::ヽ
      /:::::::::::://::/::/:/_     `i!::::::ハ
       /::::::/:::/イ::/::/:/:::/!/!:::::>..、 j!:::::::|::i
.     /::::::/:::/iリ:/::/イ!::/ リ j:!:::::::イ!:::j!:::::::ハ::.
    /::::::/::::j//:{::/::!x≠ュ、 |ハ::/ハ:::リ::::::i:::|:i

     ;::イ::'::::://:/ !::::リ´,,,,  `  ´z=、iハ::::::j::l |!       このチョコレート、美味しいですね
    !: |::i:::::l/:::{_i:::::|!   r  ' ,,,, ハ:::/::j !
    |! l::l:::::|/从ハ:::!ハ   !。__ノ  j:::::/j:/ j!       最近の料亭やさんはこんなものも作ってくれるんですか
    l i:|!:::::l川_人:!: : ト. ._ _ . ィj/:::/ /  ! {⌒}r-、

    ! l:! l:::::L/  `ヾ、: : {ト/7:ァ':/:::/_/    マ_彡'
    / ̄ ̄  ヽ   }>⌒≧ュ、,ィ ̄ミヽ_ ー、      文明の発展って凄い
   ノ  `ヽ     、 l{ニニニニニニ〔_, 、 ヽ
  ′    \    マ/`ヾニニニニ}ー-‐  {
  i    _ ヾ{  / ィ´ ̄ノニニニニ{`ー‐  ノ
  | , < ∧ ハ  ヽ  ´ ̄スニニニ∧`ト- |
  !,´    ∧  :.  }   ´ ィミニニノ  、|
  i{      ∧ } 个ー '{  ! ヾ ̄\  l  i



                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、

             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7          でしょう? それ、私が頼んで作らせたんです
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ

         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´          このプリンも同じ
         ,'´ i `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
        弋 ノ   `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
         } ト、    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、            私が最初それを頼んだときは、ものすごく困惑した表情をされて断られてしまったんですが
         | l__| _>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      r‐'"二i_こi  /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
    _,=イ  ´ _}i´ /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',    それから毎日料亭の上空で私の苦悶に歪む表情を大画面に映し出して
   ./ `゙゙{  '´_ナ /:::::::|    7: : | ニ彡  ',::::::::',   ./   ',
   i ,' ヘ`、_ ,ィ') ,':::::::::|   / ̄ ゙゙̄∨r‐-ゞ、::::::',  /    ,)    放映し続けたらば、苦節5ヶ月、ついに作ってくれることになりました
   / , .,ィ|  Y" .i:::::::::::j_,=-'―――‐゙ゝ‐、  `i:::::',  {   /.{
  .{ ,' r´i { -イ、 i::::::x´    r‐⊂二゙ー―'   ヾ:::i  i   ,'  }
   i ,' ノ ヽ\ノ i゙Y::::::::`r‐--ミニ=‐-、`゙      {:::i  ',    /!   そうしてできあがったのがこの料亭の洋スイーツ全集
   j /   `ヽ_ノ/i::::::::::::|'´ ,'  ,|::`゙ヽニ__、   〉ヘ  ヽ  ,' ',
 /ノ       i i::::::::::::|   ,.' i: : : : ::|    ト、/  `ヽ、i    ヽ  ここの板前は良い仕事をしてくれると、前から期待していたんですよ
 }, '        | |:::::::::::i  ,.'  .|: : : : ::i   r'´      `ヾ、  イ




     〃----------ヘ 、
     /": : : : : : : : : : : : : : :  ̄>
  、 ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ム、
  ゝ::: : : : : : : : : : : : : : : : ////戈

.  ,ゞ::: : : : : : : : : : : : : : : ;::;:,、r、 7/
.  ヽ::;: : : : : : : : : : : : : : : _l.:::::::: Yて,            ちょ、エリカまで、今は大事な話をしているのに……
   i: :: : : : : : : : : : 彡三彡"::::\l  》
  ..ノ: :: : : : : : : : : : lそ l '::::::::::ヾl  ヾ、
 ζ,: :: : : : : : : : : : 〉、    ::::ミミl   ノ
ー=≠ノノ.从川 彡,'"    u  .:::::l
=彡イノノ`ソノノ.       u.    l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ,,_____ノ

_         ヽ
  `ヽ、       |

     ヽ     ./ /
      .`i   ヽゝ',


            .,ィ'"´⌒´`ヽx-‐、

              r'´   '´  /   入=、
             ,ィ!〈 ,〈 i i / //,ィ  ノ                 まあ、そんなわけで、聖杯をどかすのは無理!
           r'´ミ、ヾ゙゙ヾヽi〃///∠,イ、
      ,ィ、_,)、 彡 リ⌒´       .:彡ミ},イト、               そういう不毛な話は無しにしましょう
    ト-‐`ーヽ、_ヾ、   u    .::三彡'´ノ´

   , ` ̄ラ⌒ヾ彳ト))、,,,,ゝ 〃,,,,ィオイrtt彡'ヽ、
   トミニ彡 .,ィ⌒ {゙゙ミ(廴ノィ=ミ廴ノノミ }' }彡' .ノ              でも、まあただ、聖杯に溜まる魔力は若干足りないように調整してあるので

   ==彡'7 /〃入  ,,ィ'´|__i,jヽミ、__ノノュミく__,
      ト、ゞ-‐'´ ,ィヘ((ト-≧乏-ィ))}、ミリノ    二=テ、          ,ィ 放っておけば、直に聖杯は機能しなくなりますよ
       `ヽ-‐、彡;彡ヘゝェェェノ, ,イ//`T" ̄ ./  .`>'"⌒>'´
            /゙/ゝ、二_/'´/  /  .,'´   /  /     具体的に言うと、そうですねえ……
           /// ヽ_/ /⊂ ̄´   レ-‐/   /   ,;;;/
          / ./::://;;;;;;ヽ/    >   .i∨⌒ ,ィ'./     ´   10回くらい聖杯が輪廻したら、ですかね?
    ,ニ="´く  〈:::/ 7;;;;;;/   ,ィ'´   ,ィ'´ , .〃 '   ,ィ'フ



     /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
    /: : ./::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::`}
    l: /,rj,rf' ̄ ̄//イノジ彡:::::::::::::::::::::::::.:{,

    / ノY' リ          ,彡:::::::::::::::::::::::::::.:.}
    |::||           彡:::::::::::::::::::::::::::::.:.j
.   }::{|、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ::::::::〈            気の遠くなるようなこと言ってくれるじゃないの
    }::}ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::.:..j
    i:j ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::从            今からさらに100年もあとのことじゃないか
   ノ  /              i  ,  /|::::::::::.:ハ
  '´  〈´ ,,.._          i  't-'゙:::::::::::::::::リリ          もう、私なんて死んでるよ、そのころになったら
      ヽ,,、'~`      U ;   l|::::::::::::::::::シノ
       ゙,_,-、_,ノ`         /|::::::::::::::::::リリ           ああ、私はこの先の人生ずっと、10年ごとにくる持病のような胃痛に精神を痛ませ続けなければ
 |/      ゙,`'" ,,y       /; | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |/  彡  ゙、-'       / ; /         |        ならないのか……
   /|/     ゙、       / ;;',' |        _|
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  |    _,..-'''"  "'-
    |          ヾ_、=ニ゙、_,..-'''"        |__
    |        ,、-'´                  |



            __,=―-、__
          ,ィ⌒ヽ、  ヽ}`゙ヽ、

         r'´ミ 、ミ、ヾi//彡彡,〉
     i、_   j/´彡'´       ',⌒ゝ-ィイ|
     ト、` ̄´,ィ i::.    u   .::i`―'´ .ノ
   ミ`┴‐彡'彡{-‐ォニャ'´ ト=‐ャ、}ミ、_彡ィ

    ト`ヽ―'´ 「`|彡辷ソ彳゙|i辷ヌミ´|` ̄ /
    .ミ、__,ィ,火ゝ  ,ィ´゙ニiコ`ヽ、__ノミ三彡         その点はご心配なく。まず一旦、あと二回聖杯戦争を行えば深刻なレベルで魔力が不足して
      彡'´/ゝY´{      }j、` ̄フ

       `‐--‐'´人ヒ-‐'ニニ=‐ノ'⌒≦_         聖杯は50年ほど眠りにつきます
        ,=-‐'/ .,个ヽ、_,ィ´ / ,ィ⌒`ヽ、
     ,=-‐'  〈 / i\::::// / ./     ヽ、     そしてまた動きだし、また3回ほど動いて次50年のブランクが空き、さらに3回ほど動いてようやく停止する……

    .人      i `、 r、 Y / .i、 ,'          ',
    ,'   ', λ i  .i´|;;;;;;;;/  |ミ、{      , .i,i     惣右介君が胃を痛ませなければならないのは、あと20年程度です、ファイト
   .i    ', .リ ノ   / .「;;;;/  .|ヾ ',    ,, ノ ノ入
   i   / },'./   / .|;;;;i    .i   )ミニ //  //  i


     〃----------ヘ 、
     /": : : : : : : : : : : : : : :  ̄>
  、 ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ム、
  ゝ::: : : : : : : : : : : : : : : : ////戈

.  ,ゞ::: : : : : : : : : : : : : : : ;::;:,、r、 7/
.  ヽ::;: : : : : : : : : : : : : : : _l.:::::::: Yて,
   i: :: : : : : : : : : : 彡三彡"::::\l  》
  ..ノ: :: : : : : : : : : : lそ l '::::::::::ヾl  ヾ、    でもそれ、根本的な解決はむしろ遠ざかったってことだよね?
 ζ,: :: : : : : : : : : : 〉、    ::::ミミl   ノ
ー=≠ノノ.从川 彡,'"    u  .:::::l       ……子孫に憂いは残してやりたくないんだけどなあ……
=彡イノノ`ソノノ.       u.    l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ,,_____ノ       それなら、私が生きているであろう内に多くの問題が解決された方が、なお、良かったかな……

_         ヽ
  `ヽ、       |

     ヽ     ./ /
      .`i   ヽゝ',



           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡
         `二コ弋二ラ´>-、       惣右介君、意外と家族思いなんですね
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、

       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ    AVの話とか聞くに、てっきり独善的な自由人だと思ってました

       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ

. ∧:::::|i i〈  `ヽ i:::::::',     } ',   /
  ∧::ヘij`'    ゝ\:::'.,   .入   /
  .∧::  ニ=   .\\:'., , '  >イ|
   ∧:. ',     入.ノ:::. //;;;;;|.|



                    冫: : : :ミ         ∨ /: : /.:.:./: : : : : : : : : : : : ヾ
                 /:ハ:.ミ   :,      {   ':/\/:.彡: : : : : : : : : ::: : : : : : ノ
              ノ}/  リ   _、     | /:.′      三: : : : : : :: : : : ノ
              ´ { 八/  r===-\    l /: :!   /      ミ : : : : 丿
              . | 〈{  ヽ:::(①::}ゞ:、、}': : {   /      `ヾ:彡.:.:.: /     あんたのような老体にまで伝わっているのか、この噂は!?
       _      ∧ ′‘ ,;'  ̄¨ヾ.,_ヾ〉〈: : :.{ .:/      _,. 彡:.:.: ノ
      / ヽ  ̄ ̄"'- 、/:.:.} |  ,;' ´ ̄  --:.:. v.:.:lr=====―<´  ミ:.:. /
     /   ` 、    /乂{  ,;'       .:/ V:{ :.:.:く::(①ヽ、   }:. /        くそっ、鎮火したと思ったのに……大きな誤算だった!
    /      \    ヾ| ,;'       .:./  Ⅵ   `ヾ::-┘  //}
   /         \   ;;      .:.:.:/     ゝ.,___   ,;'     /  /:
  /          /   };;   __  、_       ヽ;;'    /::: ソ          どこで、どこでそれを知った!?
 /          / メ// ム   / };;\ 丶 __         ,;}ト /: : : ノ
/          // // : ム,;; {,,;{;''' ,: -- こj }   ,; い: : : : ソ"'- 、

          /  // :  ム,;;l {;;;'  ,;   /{ }  ,;' /:.:}从 /     "'- 、
         /   // :   };;;V;;;\___//  ,,;;'ィニ/イソ ______丶
        /   //  :   ム;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;{,ノ;;' <    /          フ
           //   :   \;;;;;;;;;;;;;;;;::<      /          /


.        /::::::::::::://::::::/:/ ̄`   、::::i::::::ヽ
      /:::::::::::://::/::/:/_     `i!::::::ハ
       /::::::/:::/イ::/::/:/:::/!/!:::::>..、 j!:::::::|::i
.     /::::::/:::/iリ:/::/イ!::/ リ j:!:::::::イ!:::j!:::::::ハ::.
    /::::::/::::j//:{::/::!x≠ュ、 |ハ::/ハ:::リ::::::i:::|:i

     ;::イ::'::::://:/ !::::リ´,,,,  `  ´z=、iハ::::::j::l |!      なにか惣右介さんの面白い話はないかと聞かれたもので、私が
    !: |::i:::::l/:::{_i:::::|!   r  ' ,,,, ハ:::/::j !
    |! l::l:::::|/从ハ:::!ハ   !。__ノ  j:::::/j:/ j!
    l i:|!:::::l川_人:!: : ト. ._ _ . ィj/:::/ /  ! {⌒}r-、

    ! l:! l:::::L/  `ヾ、: : {ト/7:ァ':/:::/_/    マ_彡'
    / ̄ ̄  ヽ   }>⌒≧ュ、,ィ ̄ミヽ_ ー、
   ノ  `ヽ     、 l{ニニニニニニ〔_, 、 ヽ
  ′    \    マ/`ヾニニニニ}ー-‐  {
  i    _ ヾ{  / ィ´ ̄ノニニニニ{`ー‐  ノ
  | , < ∧ ハ  ヽ  ´ ̄スニニニ∧`ト- |
  !,´    ∧  :.  }   ´ ィミニニノ  、|
  i{      ∧ } 个ー '{  ! ヾ ̄\  l  i



     〃----------ヘ 、
     /": : : : : : : : : : : : : : :  ̄>
  、 ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ム、
  ゝ::: : : : : : : : : : : : : : : : ////戈

.  ,ゞ::: : : : : : : : : : : : : : : ;::;:,、r、 7/
.  ヽ::;: : : : : : : : : : : : : : : _l.:::::::: Yて,            積極的に自分の夫のフェイムを貶めていくのはやめてくれませんかエリカさん!?
   i: :: : : : : : : : : : 彡三彡"::::\l  》
  ..ノ: :: : : : : : : : : : lそ l '::::::::::ヾl  ヾ、
 ζ,: :: : : : : : : : : : 〉、    ::::ミミl   ノ
ー=≠ノノ.从川 彡,'"    u  .:::::l
=彡イノノ`ソノノ.       u.    l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ,,_____ノ

_         ヽ
  `ヽ、       |

     ヽ     ./ /
      .`i   ヽゝ',




        / 、  ニ  ,
       ノ  ヽ  _ノ ュ ツ
                  ,.,,.._,....、
             ,-へヘ^/´ / /^'"'ヽ
        ,    ,/  ヾ ` ! / '  /~`、`、        いいじゃないですか、巷では、「親近感が持てるようになった」
       、i`、_ノ  i'¨~"``・〃 '' "~'; '^ ヽ、_;,ノリ,
       ミヽ、___ノ,'j     u    `:,ミ.    ノノ    「Yesロリータ、Noタッチは基本」「三次元には手を出さない紳士な振る舞い」
      、ミ゛-ニニ彡 イ.____,,.~、__,jト 、.~_  _ 彡
      `ヾ、_,,.. 彳=((◎))-t((◎))=.it ミ__ニ-'´ノ   「二次元の貴公子」……だなんて
       ヾ、二ニ'-';|: ~ _,.-+!‐!+-、.,__`| |ミー― '",
         `-tニ三`ト'",  ^^`   、Tィミ 三ニ-'彡    良い感じに解釈されて、家が爆破されたのと相まって、むしろ好感度が上がってるみたいじゃないですか
        r''""~ ̄⊇==き三≡ー''~,イミヾー,,ニ='
        ( '´ ,: ~ 冫キヽ ハ ヾ ;' .j'λニ=―-―、_
/    r~ヾ、   / ∫`ト、 '  ノ ̄~"ヘ ,ゝ   .'
/   )丶,、!ミ   j / ヾ、 `"./~    ヘ'、.   ,
/  /  / `ー-∠、. `;,/⌒ゝ./ ____ヘ !     ハ
/  /  /     `y i , ‐" ̄       ̄"ー 、    ヽ、


     /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
    /: : ./::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::`}
    l: /,rj,rf' ̄ ̄//イノジ彡:::::::::::::::::::::::::.:{,

    / ノY' リ          ,彡:::::::::::::::::::::::::::.:.}
    |::||           彡:::::::::::::::::::::::::::::.:.j
.   }::{|、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ::::::::〈
    }::}ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::.:..j     ……それは、ノイジーマイノリティとサイレントマジョリティーがどうのこうの……
    i:j ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::从
   ノ  /              i  ,  /|::::::::::.:ハ
  '´  〈´ ,,.._          i  't-'゙:::::::::::::::::リリ     ……ま、まあいい。この話は止めにしよう。詳しく言及したくもない
      ヽ,,、'~`      U ;   l|::::::::::::::::::シノ
       ゙,_,-、_,ノ`         /|::::::::::::::::::リリ
 |/      ゙,`'" ,,y       /; | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   確かに、実害は『家がぶっ壊れたことを除けば』特にない
 |/  彡  ゙、-'       / ; /         |
   /|/     ゙、       / ;;',' |        _|  家についても、資産を多少切り崩せば、なんとか建てられるだろうし……
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  |    _,..-'''"  "'-
    |          ヾ_、=ニ゙、_,..-'''"        |__ ああ、そうだ。最後に一つ。御影の説話は、三つ以上の家に聞かせてはならないらしいが……
    |        ,、-'´                  |



           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡
         `二コ弋二ラ´>-、
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、                はい、そうですね

       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ

       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、               幸いにも今も、三つの家の人間しか知らぬ存ぜぬをキープしてあります
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}               火宮の方々にも、決して口から漏らすことのないよう、言い含めさせました
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ

. ∧:::::|i i〈  `ヽ i:::::::',     } ',   /
  ∧::ヘij`'    ゝ\:::'.,   .入   /
  .∧::  ニ=   .\\:'., , '  >イ|
   ∧:. ',     入.ノ:::. //;;;;;|.|



              :i: :  : : |: : : : : : |: : :::: : : : //: : : : : : : : :: Y
             .j:::... :: 「.;.:.\: : : : |: :::: : : : :// : : : : : : : : : :  {
             〈:.:::::: ミ ̄〝ヽヽ| ::::::::j::l_//> ´/'": : : : :: : :.}    そこだ。それでは計算が合わない
             〉::::::::::三ミ     |   ////イノイ : ::: :: : :.j
              ∨:::::: 彡      Y:.:.:.//  ′     彡:::::::〈     火宮、月島、グラント……これらが、かつて聖杯の真相を知る三つの家だったとしたら
             〈:.::/  ..,,__    ∨:.:!{         ミ::::::::::.j

              いY-'"_"'- 、  ヘ 人     __,,  ミ:.∨::从     私たち水城がそのことを知ってしまった場合には、家の数が四つになってしまう
               |:: i´ 弋テヾ=='   丶 ヘ _,..-'''" "'.ハハ
               |:: {    ̄ ''      ヽ:.代テフ)ヽ./´!乂______
               i:: ∧       '    リ   :.:./.:.:.|!  ̄ ̄〉〉
            ____ 从ゝ       il        .:.:/:./ リ   //   これでは、10年後に動き出すだろう新たな聖杯もまた、濁ってしまっているのではないだろうか?
          | |    :::|::.ヽ       il        .:.イイ      //
           | |   |:::::::|  :.              /|':::::|    //
         | |   lハ;;;;|  ::.、  _,,. ---- 、  /.: ||::::,    //
       __ | | .: ハ ||\  :.丶   ---   /.:  ||ハ:::「 //
_ .-  ¨    | |: : ハ  :||.:.:.\ :.:.\     /   .:   ||;ノ // ̄`ヾヽ ̄ ¨ -
         | |: :ハ : . ||.:.:.  ュ、:.:   ̄ ̄    .:   || //     ヾヽ


             __r‐‐'7≧= ァ‐-ミ___
            _/    {   /     └┐
           /   \   {  /       、
.          / / 、  ヽ  {  /      >ミ  〉
        ∨   ≧=‐-   ..,,___/=/ / {
   ト  _ ノ-=ニ/       `~^~^~'〈 〈  \_/{
.   \       ,′    (V)        } 丶__/{
  ┌――――/ト-= ..,,__  、 斗 七´ }≧=‐=≦<__

.  _\__  ∧ト:γ芹ハ__ γ芹ヽ― },ン|       /
.  \      ∧,r乂辷ノ} }{l人辷 ノ=ッ レ′   /―┐
  _ >      人__/}-{\___ ,′三二ニ=-- /       ……ああ、それなら心配要りませんよ
  \____/∧ r、__≧≦_ ノ  ∧__ ,,,... -‐=≦
      \       ハ  `¨¨こ¨¨´// 丶=ォ=ミ__
       ≧=‐‐‐---〕iト、    / }::. // ア   / ̄\     うちの次男坊に、きっちり落とし前をつけさせたので
                 ≧==≦ }:  -=ア    /
                   ∧/ /ニ/    /
                       /  -=/    /
                   ト、./= /     /           ‘:,  私は基本的に寛容でお茶目ですが……
                   |i:/ニ |

                   ト|ニニ|    |               ‘:,私の家族を傷つけようとする裏切り者に対しては、話は別だ
                    /i:i|ニニ|    |
                      |i:i:i|ニニ|    |                 
                      |i:i:i|ニニ|    |
                      |i:i:i|ニニ|    |
                      |i:i:i|ニニ|    |                |
                      |i:i:i|ニニ|    |                |




 ┌──────────────────────────────────────┐

 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘

 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

【グラント・ハウス】







                        ___
                           /\ \  ヾ、>
                     /\\ \ \ /
                      /{ \ \_|\/
                   / Vr\ \_ /
.                ィ´>/ト ゞ='ヽト 、__/
     __,.  '"´   / |  {//`\\ゞ’フ7        ……少々、面倒なことになってしまったな
.     /         / /\〈〈>、 `>ーzア__
    |           /  |   \ヾ-く{<7" \┘ !
    |        /  i|\   /ー‐'7´|  /  |      この機に乗じて、優秀な死体を手に入れつつ聖杯を止める
    | _        >‐ |\` ー ‐< { l / _  |
    | }_ヽ     〈    |  V/////∨ | \|   |
    //_}/ }   ',   ,   V////   |  /   ∨     欲目を出したのが間違いだったか……
.   /〈_/\/     | /     }'/   / /    ∨
  /  ∨\/ ヽ  ___ /          / ∧       \
.  |  〈  /\ i/、__l           / / ∧       \
.  |//ハ_/、  /\_|ヽ /{_ < /     \      \
.  |   l l }__/\_//\/ /{ /         \        \



               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |   しかし……シンクの帰りが遅いな。一体何を…… |
               \_____________________/







      l ヽ、::.ゝヘ.:.: ̄.:.:.`.:.:ヽ ̄;.,ナ//r-<≧⌒ヽ
     ハ  \:::.iヽ、.:.:.:.:.:j_:.: : /.;///ゝz )>\
  ト、 //、\  ヽl!: :\´ ̄ 冫. ハレ/;_:>,<!/N.|>、_;
 J .「ヘ,{//,||:. ヽ、_.ノ_\: : :  ̄: : /.::i/´//∧i//jリ : /        ……そいつなら帰ってこないぜ、永遠にな
 ヽ ヽ、_;:イトv/j/ヽ、:: :::.`ヽ,、: :'ナ::l!ト、V////i/// .:/、
  i、  \ヾ、/ j.:.::.:`ー三 イ-.::メ::f.ト、/////!;r'´. :./
  ヽ、_ _.、`f_,/:.:.桃:.: :. >f〒/ リj゙ /////リ r-f
   \///孑イ__:.:.:;.ハ:. ! `|.V`ハ!、//////i!メ//
    j///厶:/ i `_j |斗. j/イ三|/T≧=-t; iシヘ
     |///\.iーイ'Y{ /ーイ`!イ三!/|_..厶イ_j三f


                 ト_
                 | \
               ┌=二二〉、

                    _「\ /   ヽ,
                 /\_>< ̄ i!
             /____,. `"´ |

               |\ \_ /    /L
               |  \/──‐‐ '"′i!
                /___\__,.  '"´i!
             /\__,.  '"´ ̄    i!
.             /\ \  丁 |〒三 ┬イ            ……月島極次か……
.   ___     _/〉  \ \/  | { ○ }/ /
/. : : : : : : : : .ヾ//\ \/ l\ト---←{

\: : : : : : :_/´/ \  \_/ ,.イ 「| ̄| ̄ !
: : :\: :/  ィ |: : : : :\  <二i!ヽートイ{
: : : : :./ // / : : : : : : > ., ` <二二ス_
: : :/ /: / /、: : : : : : : : : : : :> .,   ̄ ̄|
/ /: ://: : \: : : : : : : : : : : : : : : :> .,│
./: ://: : : : : : :\_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_>、
: ://: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : : 〉
. /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : \ /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : \: : : : : : : : : :\
: : : : :/ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : \ : : : : : : : : : \



                        /
                 __({/ (___
                     ⌒>   ` v      ≦
                  /    ´ ヽ     `ヽ
                / /      \     \
                  /       {  \        \
              /イ   ≠= \  ヽ       N⌒
               |  i i____\ ト、}\ ト、 |\
               |  i/癶ぅッ、   斗ぅ少`Y从  \_
                   Ⅵ (__           } ハ \ 匕´
                   _从込.     、i:,    仄__} ! \ \_           シンク・グラントは既に始末済み……
             /  /   、      イ厂 ̄`↓  \i⌒
             /((__>′   i \   / │     O\   )           次はお前の番だ、マイケル・グラント
            ‐=≧==ミ   〃    ̄     }   OO/
       /\ 、/》  /\ !    .:/   /  /i ̄|\__            ……だが、その前に一つ聞きたいことがある
       く   ∨\、_/  Ⅵ、 ‐- 、, -─/ifⅣ  i  | / ~ 、
       λ   i〉  /   /∧  ̄ ̄ ̄ ///,《   i  |′  ∠ }
        / \   V》'   V//∧、__rit_///,/   i  |  / ヽノ         かつて、繁華街でのアサシンとセイバーの最終戦で出した、
      ′   ’, i!    V///〉-竜-/// ′   i  |ー'    !′
      イ       .ト、____Ⅵi/ ∧∧{///     _人_ノ    |
    / | _      } !i⌒¨´_iレ'_ /_,ノⅣ===ァ´/)       |          月島束子の肉体は……
.    ′: /ムヘ.  r‐' ̄/ ̄/⌒ 、(!i! | | i! /// ̄ノ   /i  |
   {´ヽイ     Y  / ̄`v′    <〔 | i/ / ̄_ノ`i厂 i  |
    `<!   -┴--|    |          - <´      i  |          あれはいったい、誰の所有物(しかばね)だ?
      i         |    ト、             `ヽ   λ_|
      |         ≧==彡' >、                /´
      〈               | !>、             /
       ≧==-------==ニニ二二|ノ_ソ 、          /
         /    //  ≧=‐--     ≧=‐‐‐‐‐〈
       /      //             ___} }      \


               ____
                |/ / >‐- 、
               /|  ! / /__二二 ヽ,               月島……束子?
           /  |  V//rzァ|\_ト、!
             /   ',\}/>''”´ _ 二{              あーあ……そんな奴もいたな
.   ヽ  ̄ ` .,\   ∨_,.「}「}/┴┴7Y!
    (__     `ト、   ∨二ニ===二i              私は忘れっぽいのでね、今思い出したよ
   ` ーヘ ` 、    \  ∨     _{__ i!
        ', r\    \ \    ,二|二,|───┐
         , \ヾ__   ` \     ̄| ̄ i!     /         その死体が誰の所有物か? さーて、知ったことじゃない
.         ,へ「Y」_|     `  ̄ ̄ ̄|  l、  /
..    ,.イ | /\_|      `、    |―― 、 /ー― , 、
    /  ┼'┬ ,/\         `、   |>r‐<|     /  i     元来私の専門は地質学だ。死体弄りは本分ではないよ
.    /     |  ! |\.」         i   |  |::::l |.    /   .|
   /|i   ̄| ̄| ̄] ̄〉.         |   / /:::/ |__'    |
.  / .| \ <二 二 ̄         | ./ /:::/ /   |   |



                      l\
                __   ト、 l .:l   __
                ヽ \_,ゝ` .:lィ ´ .: .: .:ヽ

                _ヽ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ
            -=ニ二 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:' ,

               / .: .:/杢l .: .:、 .: .: .: .: .: .: .: 、ヽ
              / .: .:ィ'7圭圭l.:|: .:i .: .:、 .: .:、 .: .: ii       そうかよ
             / 〃 .:lz>、__l/l .:/l ,'=l l .: .:i .: .:ll

             l/ l /tl 弋ョi´ l.:/_l/王l l .: .:li .:l`

             ´ '  l    ,  レ ィェゥl li .:/ l::/        なら、粉みじんになって死んでおけ
                   、 ィ     ` ̄ l/ィl/:::〈
                   ゝ` ヽ     イr〃::!:::l
          r─‐‐ :::: ̄:::::∧     ィ   i /:::}リ
          ゝ\::::::::::::::::::::::::l  ̄     __|,イ:::/7
           \ヽ:::::::::::::::__/l  ィ'ニ二 ─  l/ /
             ヽ >'´/,'  //:::::::::::::::_ィ─〈

         ┌‐' ´i ̄| / /  _r//  _ - ‐:::::::::::::::\
           }  f.:|  | 」/l__`i //:::::::::::ヽ、 _/i:::::::::l
          |   !::|  |ノ:::::ξ://:::::::::::/ ̄  \__}
        /   ,'.::|  |!ヘ/::l}//:::::::/r─、___  ヽ




                  /!_________
   ヽ              ,ィ'    _______ヘ
一=、 ゝ、⌒7=/ ̄}`ー <    /]_]_]_]_]_]_]_]_]_]]' ヘ

   ヽ ゝ /   ! ./     >、 /_]_]_]_]_]_]_]_]_]_]_]_]ヘ
   / `='/  / /       } |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ____    ,
   ゝ イ  / /           l|   ◯      ◯  ヘ        ヽ ヘ ___ノノ
    } ヽ /  /            }/      r─‐‐‐┐     ヘ         ヘ  ヘ‐一=、
    ゝ,___/         /       └┐ . r┘    ヘ        ヘ /
     ヘ                /          ̄         ヘ       レ’
     \           / ______/\____ヘ      |
       _ゝ、__     ノ           ヽ !/      ヘ      ノ           索敵……完了……排除シマス
     l       ヽ /              i         ヽ   /
     |         〉    /7777777777}   |  /777777ヘ ヘ /
     l          /   ノ/XXXXXXX}/}   |  V{XXXXXヘ ヘ
∧∧∧/ヽ _    /   //XXXXXXXX}/}   |   V {XXXXXXヘ
  i i i   Y   ̄   / /XXXXXXXXX}/}   |   V {XXXXXXヘ
六六六    ヽ     / ./ XXXXXXXXX}/}   |    V{XXXXXXXヘ∧∧∧∧∧∧
     ヘ ノ ヽ     !  {XXXXXXXXXX}/}   |     }X{XXXXXXX}  i i i i i i
        i   ヽ   | {XXXXXXXXXソソ   |    }X{XXXXXXX}  i i i i i i
       }    !  ! レソ>'"¨¨~ ̄ ̄      |     ‘<XXXXXX}  i i i i i i
       l    l   ゝイ                 |       `<,XXX} i i i i i i
       /    l                  人           `ヽX}六六六六六六
 ̄¨ ー /     j               イ   ` .            i   }}
      \   /            イ         ` .      / /  ̄ ̄ ̄
        \./          イ               `  .  //
         }       イ                      /
 ◆合体ロボKJ

 その名の通りの合体ロボ。4つのパーツを作成することで合体し戦闘に参加できるようになる。
 4つのパーツは自律飛行が可能であり、単体でも騎乗用使い魔の代わりとして使用可能。
  ※月島源蔵のスキル



                                     __,, r=ェェ、
                                     ヾ彡≦彡ヽ

                                       |三三≦'i
      -===ニ` ̄¨¨¨,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i
         ´ ̄ ̄ ̄´        ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
                           ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
                       , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ

                  _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i      ……出してきたか、月島源蔵の秘仏を
              __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
               ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                                ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!      はは、面白い
                                 \    ヾ.`i    l\l l .|
                                   \Z_   >i    l !。 .∨
                                     .\   .!   .i  /:|      実は一度見て見たいと思っていたんだよ
                                      `ト、     /  ゚ V|
                                       〉`''ー-,ィ   。 V|i     死出の土産というやつか、それともアレか?
                                _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i
                   __,,,,、、、、r--ー=''''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ
             _,,、、r-‐''¨´         _,,r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ,   ちょっとした思いやりだったりするのかな?
        _,,、、r''¨´__         _,,r ''´      ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | ./
         ̄ ̄ ̄     ≧_             /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|.!
                 /           /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|





              ト、__
              `、::`ヽ
          -==ニ、ー-ヽ:: :}_,イ_,-,ァ

          _,,=ー'´`:: :: :: :: :: ::'::二=-
         _,r-'´::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ、
       -=/イ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',

         ./::,ィ /:: ::/|:: :: :: :: :\:: :\ トi      ,rz
        ///:: ::i i  .|:: :: :i :: :: :: :i :: :: リヽ ___r'´イ          精々おもしろがっていろ、好奇心の変態が
        レ/ ノリ:::ト=、__|::|:: 、}.V、::ト、:i、::ト`、二--ー'´

        /::::::Vト弋tッ、ト、:T∠ェzァ':|:レ、|\  T`    _,xィ
   _.=-、_<'´(ニ):: :: :ハ、   ' V `¨゚´ /ィ彡 i::>-、_ `ー-ニ,-'´
   ヾ<_>、_i、:::::::::::::::::::ト、 _,.._!_   ,ィ::::レ:/:/  }ー――--'´_,-       てめえは今から、死ぬんだぜ
    `=V´ /`ー-、:::::::::} `ヽニ`< |:::::/-ア::  |=ー-<'´´
       {:: |::|//:::|       {:::<r-/   /-、__ヽ::::::|   _.      それともなんだ、死にも興味があったりすんのか?
      _/:i  r'/|::::ト、;;、 _/_,r'´:::レ  /、__o/\::ノ_,.--'
    /:::::::::::`、_i i彡| |:{}::\_,,-イ:::::/、  {、___r-ァ--'´´   _,-
   {::::::::::::::::::>:| |ミ\´::{}:::::::::_::,;;;ノ: :三ソ : : |{ {   _,. --'´
    Y::::::::::::{: : : /rー―-'´¨  ヾ } : :     `ーメ-'ア`ー-、_
    {::::::::::::/,Y/:::ヽ、_    __ノノノ::  、    : :ヽ {____
     `ァ-i::/ /::::::::::::::`ー-'´ \、:: :     : : : T >-、 `ー
     / _r'_/::::::::::::::::://:::::::::::::ノ `ー、__ ' : :  :ヽ_>、_ \
   /: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::`ー、__ノ


               ____
                |/ / >‐- 、
               /|  ! / /__二二 ヽ,
           /  |  V//rzァ|\_ト、!
             /   ',\}/>''”´ _ 二{
.   ヽ  ̄ ` .,\   ∨_,.「}「}/┴┴7Y!
    (__     `ト、   ∨二ニ===二i              死後の世界があるなら見て見たい
   ` ーヘ ` 、    \  ∨     _{__ i!
        ', r\    \ \    ,二|二,|───┐        だが私は無神論者でね、天国も地獄も欠片も信じてなどいない
         , \ヾ__   ` \     ̄| ̄ i!     /
.         ,へ「Y」_|     `  ̄ ̄ ̄|  l、  /
..    ,.イ | /\_|      `、    |―― 、 /ー― , 、    だとしたら、「無」である死になど興味は無いさ
    /  ┼'┬ ,/\         `、   |>r‐<|     /  i
.    /     |  ! |\.」         i   |  |::::l |.    /   .|
   /|i   ̄| ̄| ̄] ̄〉.         |   / /:::/ |__'    |
.  / .| \ <二 二 ̄         | ./ /:::/ /   |   |



           /.:::ノ
       `ヾ:v.::::::::厶 ___
      . -.―'.:::::::::::::::::::::::::::::彡_
  , . : :´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=-
   ̄>.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.  /.:::::::::::::::::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
. ,:'::::::::::::::::,::/. : : ハ:::::::::::从: `ヽ:::::::::::::ハ`       じゃあ、そういう詰まらねえものに埋もれさせてやるぜ
/, イ:::::::::::/::|: : : : :ハ::::::::::ハ: : : ハ::::ハ:::::::.

.  ハ:::::::厶::{==ミー从:::::::::|≦==リ=:::::::i       冒涜者の親玉がよぉ……!
   |::::::{ |> o ヽ { ∨:::|イ o ミ. 从:::|
.  从ハ ミ= ´   ∨:!`= 彡 r' 人ヽ

   人         _i `     j'/イ
   从ヽ.j                从.'        すりつぶせ、合体ロボKJ!
     ヾム            .イ/. }
      从:\  -===- /.イ: : |
       `ヾヽ      . イ,:く .|: :|
      _彡}  ` ー ´ .|= -ミ:/
    //.:::::::::|       ∨::::::::::}ハ

   /彡く::::::::::|        ヽ:::::r' ∧



     ⊥i⊥
     / 皿 ヽ
   -◇・∀・◇-
 个皿(ク人々)皿个

 ┤|  .[< + >]  |├     アイアイサー!
 (/^ .◎廿◎  'ヘ)
    .|◇| |◇|

     l=l l=l
     | .| |. |
    (二八二)


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"





                      l\
                __   ト、 l .:l   __
                ヽ \_,ゝ` .:lィ ´ .: .: .:ヽ

                _ヽ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ
            -=ニ二 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:' ,    KJ、主の元に帰っていろ

               / .: .:/杢l .: .:、 .: .: .: .: .: .: .: 、ヽ
              / .: .:ィ'7圭圭l.:|: .:i .: .:、 .: .:、 .: .: ii
             / 〃 .:lz>、__l/l .:/l ,'=l l .: .:i .: .:ll      ……俺は、しばしこの町を離れる

             l/ l /tl 弋ョi´ l.:/_l/王l l .: .:li .:l`

             ´ '  l    ,  レ ィェゥl li .:/ l::/
                   、 ィ     ` ̄ l/ィl/:::〈
                   ゝ` ヽ     イr〃::!:::l
          r─‐‐ :::: ̄:::::∧     ィ   i /:::}リ
          ゝ\::::::::::::::::::::::::l  ̄     __|,イ:::/7
           \ヽ:::::::::::::::__/l  ィ'ニ二 ─  l/ /
             ヽ >'´/,'  //:::::::::::::::_ィ─〈

         ┌‐' ´i ̄| / /  _r//  _ - ‐:::::::::::::::\
           }  f.:|  | 」/l__`i //:::::::::::ヽ、 _/i:::::::::l
          |   !::|  |ノ:::::ξ://:::::::::::/ ̄  \__}
        /   ,'.::|  |!ヘ/::l}//:::::::/r─、___  ヽ



                              /A._      ,.._   r、
                   ョ|     _  _.   リ 〉|   ,.ィ´\ Y´ ヽ.
                rtyf^}`ヽ.__/|: : /|: :`ソ八 サ /\   ヽ  \j、
              _.-'_,-''^il`l  / ´!: :|oヽ:[_/^∨´/ヽ `\ _,.イ´〉、\
              |l}|||||li!jl} !./  凧: ヽo\: |   /  `\ /:://  \\
              |t!-''´´-'^|.ヾ  ヽソ、: :\/:|.  /     /:::::::7\   ヽ .`/
            r─‐K _..-t(ッ)|∨  .: : : :\: : :! 〈..: ..: .:: ./::::::::/ヽ. \.:  /
         rvj-'  !(ッ)t_l´   j .∨_.:: : : : : : /`´  |..: ..: ..:/::::::::/   ヽ ヽ/
         j_几]  j  rt..,-''´ ̄Y´ ̄ ̄ ̄`!    >ヘ/\::/      /
   rf´!`=>、   `-t、.....!-‐'´v'_,..--、 .|§  .: : : :.|  ./^\ ヽ∧.:: ..: ...../      アイアイサー!
   | ト、>\ノ>   `‐f|r-、. ||l嫋嫋ヽt-=〒==-'t=-'\  .Y´ソ::::\..://
   ヽ八  ソ\    !|嫋|| l|嫋嫋嫋始!l |::}-'ィイイイイイ.\.j=\.:::..:ノ/
     V/ ソ\  }|嫋|| |l嫋嫋嫋嫋|| |〈      | :::::`ー―‐∨

      `\   \/|嚠リ i 建嫋嫋嫋!| ヽヽ::::::::::::::::::ヽ..::::::::::::::/

           \  Υ 込ノ 人`選選選リ  ヽス/ー――――'イ
             \八___Y´/  `ー-、.._____/::::::/
            ̄ ̄ V /\       ノ`ー::|__
              r-ト' rュ`ー‐‐‐|lテ ̄ ̄ヲ

              >! {}L_j{}{}{}-'´レ' ̄マ!´
           _j ̄ ̄´ト──────────
           |    宇宙ロボット キングジョー
           l...:::::::::::::::::ト--|::!::::::::fl::::::::!:::!人_| ノ
           `t::::::::::r-八:::::!弋:::::lj:::::::ノ:ノ  レ'
             ̄ ̄|   ヽ::\二二ニノ   |









::::::::::::     .:;=-、__     ::::
:::::  _,..= ⌒V////////∧  :
:::::   /////////////丶\、

:::::::::  ////ヽ_ ヽ////////ゞヽ          :          見つけなければならねえからな……失ったものを
::::::::.. `/;.i:;i彡´、|ヽ;:Yわ)///ヽ
:::::::::::: |:l..iル㌦才! .iハ| ;φ//ゝミ -=,

::::::::::::.. {:! ノ       .ハ;i/ ./「マ´ ̄└丶 ::::            あのとき以来、亡くしてしまったものを……
::::::::::::::...゙.  `;_       ..、./ン::::::::::::::::::::::::::ヽ ::
:::::::::::::::::::::::::...``_ ....:::´/へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

            aヘ::::::/:::::::::::::::::::::人:::::::::::::::\
            ||./::::::::::::::::::::::::::::::|ヘ/⌒\ゝ

             .||入::::::::::::::::::::::://:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;λ
          \`V  心::::::::::::/;;;:::{;:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;}
            /    7/;;;;;:::::ζ::::::::::::::::::;;;;;;7
          /     /`7:::::::::::`i;;::::::::::::::::::::./




                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
                l  ……そういえば、あいつが瀬分町に来ているらしいが…… l
                ヽ、________________________,/





                                               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                               |あいつもまだ、探しているのか?    |
                                               乂______________ノ






 ┌──────────────────────────────────────┐

 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘

 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

【シガーバー】

.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <

.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <

                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <



            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_        ……
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕

     /':、O__/厂イ {_::::/:::::::::::::::::::::',
     }:::::::::::::,。ィ'´ | /::::i:ィ"´::::::::::::i丿
     }::::::r'"    \{:::ゝ、::::::::::::::::゙,




             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |  こんなところでも、貴方はその格好なんですか?   |
             \_____________________/




             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、            ……これしか服持ってないんですよ、17歳なので
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ          だいたい、貴女だって人のこと言えないでしょう?
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ



                   . .r~'`i^~^iト、
                /r'´}.イ^~`´`  .レヘ

                   . ' f´i/       i  `ヽヘ
              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!

           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |

            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.       私は、年齢相応の格好をしているだけです
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ

         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}

         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \      何の問題もありません
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ       ……少し、お話ししましょうか
           |   /  //,. -──- 、 〉 |
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \
     ,. -'´   /._ノ  /   \    、  !  iー - 、
    /    /  i   /     ヽ、  ヽ .'  \.   \
   く    /   |  ./        \  V      \  \


            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙        あのあと、どこにいらっしゃったんですか?

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕

     /':、O__/厂イ {_::::/:::::::::::::::::::::',
     }:::::::::::::,。ィ'´ | /::::i:ィ"´::::::::::::i丿
     }::::::r'"    \{:::ゝ、::::::::::::::::゙,
    i!::::::|      :: ヽ、::ツ}:::::::::::::.!




                     /...../......../...../..................レヽ.....................................................
               -=彡......{........{.....{.......{........{.......}......从.......................................
                   /.....{................{..................ム彡}/................}..............................
                   |.......{........{.....{.......{.......芹/(_  }..........}..............................     アサシンと、町へ
                   |..................{.....{.......{.....ノ.込V   }....ハ..}................../.........
                从ノl.........′.......汽           j/...}}................/...........
                      |.....∧.............込            }............../.............     少し話を交わして、アサシンは消滅することを選びました
                      |ハ/.i.iヽ.i\{i:i:./             ノ............./................
                      Ⅳハi{.i.i.i.i./i:i:i:..             {................ハ..............
                       }}|.i.i.i./:i:i:i:i:i:.  _ -‐    ∧.........   }....../}
                     ノ八ハ从ノ:i::i::i::i:..  ̄    〈 人_ノ    }/       ……聖杯の使用には、間に合ったと思います
                       イ::i::i::/|:i:iうo。     〈..人..〉 厂しへ厂し
                    _ イ_人,/  ル从ハ从〕爪〈..人..〉 〈 {   / 
                    _ イ_人,/     ィ==ミ  ,.ィ〈..人..〉   ゚フ"¨´ ` '
                *∽*+_ イ__人/       〃  ,.≫《__〈..人..〉 _彡'     
          -=彡%///%_人,/     ミ =《zz彡'´  *∝⇒*/          
.            -=彡*∽*+¨´    =ニニ,.ニニニニニニニニ*∝⇒*          /
                       =ニニィニニニニニニニニニニノノ从ル  -=彡    
                =ニニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/            
              =ニニニニニ‰ニニニニニニニニニニニニ∧    _ , _     


.       r'"´ ̄``ヽ
.       }::::::::::::::::ミ{
      {:::::::::::::::::ミ}

.       ヽ'"´ ``ヽ'
.       |ィ ニニ.ヽ:::|
.        |(1888)):|
      |` ---"::::::|

       |::::::_::::::::::|
.      |,,、、---、、,,,|
.       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.     ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

.  Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  |.==================.|
  |.__:_:__:___::::____:::_::::_:__:_:: .|
  ||_.∩||.||)):||))∩(:||_(:| |
  ||..'∪∪|',: :||ヘ::∪:)||_:)| |
  |{,,::-::‐‐::::::::::::::::::‐‐::- ::| |
  ||:::::::::::::::::::,,、:::::::::: ::::::: ::| |
  ||::::::::::::ハ(ゝ'ハイ:::: ::::: ::::| |
  ||::,___=ゞソ)=(イソ)_, -,:: | |
  ||::‐‐.ニニ(ゝソハヽ‐''"´ ::| |

  ||::::::::::::'´:ゝ-''"ゝ:::::::::: ::| |       _____
  ||:::iii::iii::iii::::iii:::iii:::iii::iii:: ::| |   -=ニ二____二ニ=-
  ||::::::--===--===--::: :::| |  .|             |

  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::| | . | i   ィ```ヽ、  .  i |
  |.ミ;;::::::::::::::::::::::::::::: ::: :;;;彡| . | i  ノ´ヾ、_:::;;/:、. .. i |

  |:::::::::::``::::::‐‐:::::''"´ ::: ::::|   | i /.:::::ヾ´ Y::::〉、.. i |
  |、:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::イ|   | i {::::... ソ´´:: ::::::〉...i |
  |.:.:.``::-.:.:.:===.:.-.:.:.''".:.:.:|   | i .<:::::>::--::ィ:/ ...i |
  |.,;,;,;,,:.:.:.:.:.:──.:.: .:.: .;.;.;.;|   | ヽ, \:::_ :::/-、  .ノ |
.   ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ノ ..  ヽ .`` ==-.--== .'"./
.    ヽ` ヽ ------ ''"´ィ      `ヽ、 ____..ィ
.      `` ── ''"´




                __   , ,-、
                 /ヽ  ヽノ   レ⌒ヽ
            ,/⌒""〉 ,>---<    l_
          ,-、_l>,,,---、/     ` ー-=_ )
         ヽ .ヽ           、 、 、 \.
            /  ̄, i ,  i  ヽ ^ヽ、 \\ \ヽ\
          ヽ i / / / 、λ ー───.\ ヽ Vヽ_>
             !  ! / / ハ ン ,イ^ヽ、ヽ、\  i  i.
          ! / /__ノ  ヽ,ィ'  ,---、ヾ、ヽ\l  l、
             | ./ / /j,r--,,     ト:::::'1 / 、  、| !         それにしても、開き直りすぎじゃないですか?
             l //.l  l, y:::ヘ       ゞ-イ〈 Y ,〉 l | ヽ、
            lハ l l' ヘ ゞ-'  、__ -┐"u"〈 Y'〉 l /  /
             l 〈 Y∧""" ヽ  ノ  ,ィ.〈 Y 〉/,/ /V         待ち合わせ場所のチョイスが絶妙です、狙っているとしか思えない
              / 〈 Y'〉/ > _ __ ,,イ / 〈 Y 〉 / /
           //〈 Y 〉〈 / λハ / / ,ィ'[]ヽ/V
             〈 Y 〉イ 〉 /YVヘ>〈  ハ ,ゝ、          役満たたき出すためにわざとやっているでしょう?
               .,ィ'[]ヽ〉::: ,^i/ / / /〉 〈Y Y〉 `l
              〈  ハ ,ゝ:!  ' ' ' ハ、ヽ  /   l、
              〈Y Y〉' i    / ' _V:i    l ヽ
              ヽ  /:V〉    ハ/::::::::::/     〉
                〉V ヽ:/   /::::::::::::::::::::/       /
             〈____/   /::::::::::::::::::::::〈___/
              ! ./   /:::::::::::::::::::::::::/ l   !
              ! /   /::::::::::::::::::::::::::;ハ l   !


__  ___  ___
   ∨′: : :У     7
    `ユニ∠____ノ
\ ,ィ:´:  ̄: : : : : : : : : : ゙\
 ,7: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : /: : : : : : : : : : : :∧: : : : : :ゝ、
: : : /: : : : : : :/: : : : / i: : : :l: : : :ヾ
: : : |: : : : : :/|: :/|: /  |、: : :|: : : : ゙
: : :人: : /从 |/ヽi/   j .ン!:j|: : |: : |
: /: : :∨:斗イ乍カ   化カ |: : |: : |

: : : : : : :|  弋ソ    ヒツ レ:_ハ: :|             いえ、そういう意図はまったく
ヘ: : : : : |           |: \ j/
 ∨ : : :|        ′ j: : : ヽ         /Y^7  単に私が好きな店を選んだだけです

  ∨ : :ゝ、n‐n  ⊂つ , ヘ: : : : |        /.// /i
 ァ―ヾ: : r| | | |、   ∠,r⌒ヽ:_/.       / イ/ //
 ニゝマ ̄ |.i | | |  ‐ァ'}ニ゚. У⌒}二      / ,-っ /
メ二二マ¨ |!´ !-、 !/二゚。 ゝ⌒}二ニ    / ,イ¨/

二二二ラ |   i_/}冖rk ¬゚。 ャ^7二二ニ /\ __丿
二二二_丿ー _/__/U゙、_」i} 乂二二二}∧ `=l
二二ニ_{`\ r′   } _}   \ニ二二}{ニ\__0]
二二_〈ニゝ、0:}    } 0 }    \ニ二|二二ニア

二二 7二二ニj    }   }     }二7二二二|
二二/二二二|    } O }     厶ニ二二二/



    _,,..,,_                      __r─┐ r┐  へ
   ,i   i,                      /⊥___ ̄  丁| |トv┐
   [  ̄ ]                  /ヽ/    ´ ̄ ̄``ヽ、/ 〉
    |,,__,:|                  く   /     |  ヽ     \`勹|
    |,,__,:|        .           |Y /   | | |   ヽ \     \/
   ,i'  'i,                 |j /   // | ヽ ヽ L⊥ヽ  \\ミ__
   |;;;;;::::::|                  / /   /// \ヽ)ヽヽ 八   `ーミ、
  ,i'    i,             ___//レ'TT{ _  `__ {{r'´u ∠_" >ヽ┬ミへ、
 ,i '     'i,             ̄ ̄ //八_Yハ '´ ̄`   '" ゙̄彳ト、|し  !       それはそれで駄目なんじゃないですかね、メイド長……
 i'        i,               /Y / トイ ハ   _'_   u〈 トイ |   |
.,i'       'i,              / ハ  トイ ||u  {´ ソ    | トイ { ヽ /
/ ____ 'i,             | | |  トイ ||ヽ 、__`_´_, イ川lトイ ) ||{

| | Woo!    | |     ______________  jハ ヽ {_}  ||(⊥   __⊥] |Lj八/リ
| |♪- (^ヮ^*| |    |       |  〃ハ┴─Fヽ Y∨ レ⊥ゝ」r' }} l!

| |.    ..  | |    |;;;;l::::::::::::::::::|   (___,ィT   フ[ ̄]ー、 レ个、フヽ-⌒ヽ
| |     . | |    ヽ;;ゝ:::::::::::::/   /{( (__/ / 厂| ヽ \| /  ハ   ヽ
| |       .| |     ゝ;;:::::::::ノ / ヽ、」人     |  |   __」  / |   ヽ
| | ABV 5%| | ̄ ̄ ̄ ̄ヾ 丿,._., ̄ ̄ ̄\ ヘ  ハ∩ | //// )/        ヽ
| |_______| |       (  )         \ └┘ | |   // //
ヽ、_____.,ノ       / \         \   | し'´
                '' ̄ ̄


             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |      ……もう、メイド長じゃありませんしね……
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、   うさみんでいいですよγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..               l   お断りします    l
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|               ヽ、________,/
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|   ……まさかお断りまでされるとは思いませんでした
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ



         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、

     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ     では、月島さん……ということで
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|     月島さん、まさか貴女があの月島だなんて、知りませんでした
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬      私がここに来たときには、貴女の情報なんてものは完全に抹消されていて、若い世代には
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|

        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|      知ることが出来ないものになっていましたから……
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|



      |\_____
      |      -‐―――‐< ̄ ̄ ̄\___
      |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、        /
     `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,`丶     /
.      /:.:/:.__|:.: ∧: 、__|:.:.:|:.:.:.:.゚。:.:. ‘,  ./
     /:.:/:.:.:.:.:/Ⅵ:./ |:.:∧:. |:.:.:|:.:.:.:.::‘,:.: ゚。≦
.    //|:.|:.:.:/ __,|/  :!/  Ⅵ: /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:}:.:\    (本当に、抹消されていたんですかね……?
       |:.| ,ィf笊メ、  ィf芹ミx.:.:.:.:.:.ハリ:.:.:.:.{:.:.:.:.:}
       |:.|   ら::C     ん::C }:.:.:./ヽ{:.:.:. ′/      わりとしょっちゅう知り合いに遭遇しましたし
       ∧|ハ 込炒    :込炒 }/{ん}:.:.:./:./
.     /:.:. 从/i/i/ / ̄`ヽi/i/}:.:. 乂ノ:.:/:./         単に触れてはいけない人扱いされている可能性も……?
.      |/|:.:. 込、u {     } し/:.:.:.:.:「:.:.:.:.:.L 
.      |/|:.:.:.:.:ト ≧==≦ ,/:.:.:.:. ∧ハ厂
       __,/\_   ‐=≦/ハ}/             ま、まあ、ほじくり返されるといろいろと嫌になるので、それでいいんですが)

      /ニニ|  _{__/_ニニニア´ ̄トミ

      __/二= ノ  |__/[]::::::::::::〉>'´}.- 「ニ‘,
    /ニニ/   r ´::::/:::\/   {.- r┘ニ=゚。
.   /ニニ{    ≧彡:::: ノ   ∨}-r┘ニニニ|
  /二ニ込、 -= /o/..,,__    | r┘二二ニ |


                     /...../......../...../..................レヽ.....................................................
               -=彡......{........{.....{.......{........{.......}......从.......................................
                   /.....{................{..................ム彡}/................}..............................
                   |.......{........{.....{.......{.......芹/(_  }..........}..............................
                   |..................{.....{.......{.....ノ.込V   }....ハ..}................../.........  どうして離れていたのか、そして、どうして戻ってきたのか
                从ノl.........′.......汽           j/...}}................/...........
                      |.....∧.............込            }............../.............  このあたりのことは、もはや考える必要も無いので、不問とします
                      |ハ/.i.iヽ.i\{i:i:./             ノ............./................
                      Ⅳハi{.i.i.i.i./i:i:i:..             {................ハ..............
                       }}|.i.i.i./:i:i:i:i:i:.  _ -‐    ∧.........   }....../}   ……貴女は、何を後悔していますか?
                     ノ八ハ从ノ:i::i::i::i:..  ̄    〈 人_ノ    }/  
                       イ::i::i::/|:i:iうo。     〈..人..〉 厂しへ厂し
                    _ イ_人,/  ル从ハ从〕爪〈..人..〉 〈 {   / 
                    _ イ_人,/     ィ==ミ  ,.ィ〈..人..〉   ゚フ"¨´ ` '
                *∽*+_ イ__人/       〃  ,.≫《__〈..人..〉 _彡'     
          -=彡%///%_人,/     ミ =《zz彡'´  *∝⇒*/          
.            -=彡*∽*+¨´    =ニニ,.ニニニニニニニニ*∝⇒*          /
                       =ニニィニニニニニニニニニニノノ从ル  -=彡    
                =ニニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/            
              =ニニニニニ‰ニニニニニニニニニニニニ∧    _ , _     



       _____    ,ィ…―――――‐ァ

   r―一'         ≫x≦__     /
   \         ,.'´ : : : : : : : : :  ̄`ヽ<
    \      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

    /: `ー‐‐‐/: : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : ゝ
   ゝ: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/  ∨: : : : : : : : : : \
  /: : : : : : : : / : : : : : : : : /|: : :/   |: : :: ,、 : : : : : : :,

  /,イ: : : : : : :7: : : : : : : |: 厶| : /    |: /i: |\ : : : : : : |
 〃i{: : : : : :/| : : : : : : : Ⅳ  |:/    j/ |:.|⌒l`| : : : : |
   |: : : :/i/ I: : : : : : N    l/       j/  j/| : : : : |
   |: : :/    |: : : : : :|   _       ___   レ: : : : j
   ヽ:/   r圦: : : : | ≠⌒ヽ       ィ⌒ゝ j:,イ: : :/
        {  乂ゝ:!        ,     i: : j/
        ヽ/: : :ト:\ """  __  """  j: :ゞ         後悔ですか? 黒歴史をレーザーコピー機のごとく増刷しまくったことですかね
        /: : : : : |ヽ: i    f    l    ,ィ: : :i
         /: : : : : /~ ∨s。   ゝ_ _ノ  /_l: : : |         あの家が元々そういう家だとはいえ……
      ,ィУ: : : :/     〕>     /  | : : :|
     i / : : /゙'ヽ、…‐ノ`ヽ ` ̄,〈… ---|: : :/、

     {"{: /    ~゙''%. {    ̄Л \  j_:ノ,.〈         ……はい
     /   ¨:≫、.,_   ゝ、   / |___f"´ ,,,イ~ i
     ,′,,,,,_    ≫、,_  ~゙''ヽr‐‐┐ i{  /   |        あの家で生きていたら、人間どこかしらおかしくなりますよ
    /  /   ̄¨=--  ~`。,_/ヘ__」 ゙ゞ i{、\ !
   〈   j         〈 ̄ゝ、_ノi爻 爻゙:, ゙''、 \
    ゝ、 }          \/  ;} 爻、 爻、 ゙''、 i       極次君は相当まともな方ですが、それでもキチってますし
    /  }            ;}  ;} 爻0 爻ヽ、 ゙''、
   ,.'   |         /     ;}  ;} 爻  爻 、゙''、 ',
  /    i       /      ;}  ;} 爻  爻 〉 i  }
 /   /|      ,'       i!   ;} 爻 0爻 / ;  ;}


                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\        極次、というと、一応水城の当主……
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}       話によると、最近家督を辞退したと聞きましたが
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\       彼とは、どんな関係なんですか?
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /



   { ̄ `丶、   ,,..,. …・・¬ ___  ___ _
   ',     `¨¨´        ゚。: : :У´      \

    \                ゝ∠         }
     \      ,ィ: : :  ̄~`―%,,_____    i    {
       `ーx_,.'´: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : `、 |    ',

         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : ∨     i:\
       ./: : : : : : : : :/\: : : : : : : : : : : : '.: 〈     }⌒ヽ
      /: : : : : : : /l: /   ',: : i: : : : : : : : : ',:\    ト、

      /: : : : : i: :/ j/    |:_:∧: : : : : : : : : l: : : \   {: |
      !/! : : :: Ⅳ      j/ ̄i : : : : : : : : :|: : : : }:\ }: |
       |: : : : | =x.       Ⅵ: : : : : : : |: : : :/: : :ゞ}/
       |: : : : |""      rテ心 }: : : : : : : |: : :/: : : :\
      _|: : : : {    、    ヒク /: : : : : : : i:_/⌒ヽ: : :{      彼は私の従弟です
     ∠: : : : :/^i      "" /: : :/¨ヽ: : !     !/
     /: :/ {  | { ̄_j    / : : ム,イ,i゙∨
    ./: :/  |  |>―‐┐ /: :_:/_____               四人兄弟の二番目な彼とは、昔、親しくしていましたよ
    |/ 「\ , |  |  ,r::7  !,一ァ::::⌒ヽ }
       \┌┴‐ ヽヘ_/__,f'¨/:::::::::::::::∨_
       ┌‐‐一  } {_ノ/:::::::::::::::::::::::ヘ,_〉
      r' ゝ‐―  i ヾ//::::::::::::::::::::::::::::ヘ_〉

      レ {___У  j  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     ./  /{^{  ⊥ヘ \:::::::::::::::::::::::::::::f′
     {  /i  ̄ ̄  |^iノ::::::::::::::::::::::::::::ノ
      \〈::|○   /::::〉::::::::::::::::::::::::/
   ,ィ⌒ヽ {::` ̄ ̄´::::::::::::::\:::::::::::::::/
   |な ⌒ァゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   | な/  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   !_,ィ´


            へ} ̄ ̄¨∨`ヽ、

          / __∧__/   ∧`:.
            〈./: : : : : : : : :`: ./  ヘ: : :.
            /. : : : : : : : : : : : : ∨___{: : ::.
         ,′ .l: : : : : : : : : : : : : :∨__}: : :.i
         ハ. ..:.:|: : : : /\: : : : : :`ー-: :.:从
        |. : .:ト、: : /ィfてう勹: : : `ー-: : :`ヽ

        l八 代リヾ `¨¨´ 厶イ厂∧: :.へ.:.:\

        |  |ヘ '        从: : : : ∨:.八
.            从;ヘ ー‐   .イ{:}.: : : : : :∨ `ヽ
         ノ  | : `ー<´ー.{:}i. : : : : 八 ,ィへ             ……今、さりげに年齢のことを暴露しましたね
          r--yン、∧ー─{:}ノ:.ノ7/  /∧
          |  ん /∧  /i:}:::::::::/_/   }           水城極次が31歳であるということは、私の方でも調べがついていますよ

          rヽ./厶//{ ∨::〈ソ:::::::/ /  ̄ヽ_{
         ノ /:::://:厶イ:::::从::::::}フ       |__}
        /.:::::::::::///「:::::::::::::::::::厂        ∨
.        {::::::::::::::レ´|_|::::::::::::::::::{          ∧
       ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ            rz
       { ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{      {ニニニニ}
        }  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ,ィニ二}     |
       ム_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,`ヽ〈     |    r┐|
        | ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヘ   }   }{│
        |∧::::::::::::::::::::::::::::::::::/:∨     〉  }   ノ )
        r'::::::::::::::::::::::::::::::::::{二二二二}、──|     ノ│
       |::::::::::::::::::::::::::::::∠l二二二二} ) )   ∨    /
        込::::::::::::::::::::::{¨ ゝ───一'´      ̄ ̄ ̄




      |\_____
      |      -‐―――‐< ̄ ̄ ̄\___
      |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、        /
     `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,`丶     /
.      /:.:/:.__|:.: ∧: 、__|:.:.:|:.:.:.:.゚。:.:. ‘,  ./        くっ!? は、嵌めましたね?!
     /:.:/:.:.:.:.:/Ⅵ:./ |:.:∧:. |:.:.:|:.:.:.:.::‘,:.: ゚。≦
.    //|:.|:.:.:/ __,|/  :!/  Ⅵ: /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:}:.:\                     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
       |:.| ,ィf笊メ、  ィf芹ミx.:.:.:.:.:.ハリ:.:.:.:.{:.:.:.:.:}                     l  嵌めてません。勝手に死にました  (__;)
       |:.|   ら::C     ん::C }:.:.:./ヽ{:.:.:. ′/                      ヽ、_______________,ノ
       ∧|ハ 込炒    :込炒 }/{ん}:.:.:./:./
.     /:.:. 从/i/i/ / ̄`ヽi/i/}:.:. 乂ノ:.:/:./
.      |/|:.:. 込、u {     } し/:.:.:.:.:「:.:.:.:.:.L         ……ま、まあいいです
.      |/|:.:.:.:.:ト ≧==≦ ,/:.:.:.:. ∧ハ厂
       __,/\_   ‐=≦/ハ}/

      /ニニ|  _{__/_ニニニア´ ̄トミ          ともかく、私がこうなったのは家のせいであり、決して私に問題があるというわけでは……

      __/二= ノ  |__/[]::::::::::::〉>'´}.- 「ニ‘,
    /ニニ/   r ´::::/:::\/   {.- r┘ニ=゚。
.   /ニニ{    ≧彡:::: ノ   ∨}-r┘ニニニ|
  /二ニ込、 -= /o/..,,__    | r┘二二ニ |

また月島が水城になってるよ


                      、/ヽ
                  -─込㍉トy|

                <      Y´ >'ヘ___
                  /      rミ/    弋__
              /        / / / /  j ,∧
             /    __, イZ { / / .,イ / ',
            /  ィ     /イ㍉彡/>'、|,イ l ハ
        ー=彡イ /    < {(( 〃 込ハ.从小{ ノ
        〃イ//,イ       | `代イ    (
          /イ/// ./ | ,人 弋㍉   ,イ           ……でしたら、月島束子という名前に、何か心当たりは?

             /イイ /,小l ハ{ヽ. トイ "イ
            从/イ㍉ル′  /トイー′  __ノ
              ___/>' ¨¨ ̄ト7,><⌒㍉、__

             ァ|      y辷/   `ヽ
                (''人___rー=彡≦       |
              { `l¨¨´:.:.:.:.{.          |
              人. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-─ 、    人
             /   !:.:.:.:.:.:.:..:《7⌒ヽ ヽ__ ノ:ヽ
         弋     V:.:.:.:.:.:.:/   .〉_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
           〉¨ヽ___>:.:.:.:.:/   /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/
              `Tー─7V:/    /:.:.::.:.:.:.:.:.:..:イ
               |    { /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|




                                    /|
                                 __/
                                  /        |
                  -‐………‐-      /        /
        |\_/           \_/     /    /_
                      ⌒>-┴┴─‐<   /: : `丶
           \           / : : : : : : : : : : :`丶: : : : : : \:\
            \__    /:/ : : : : : : : : : : : : : : \\: : : : : :\|
               >--‐ ´: : |: : : : :| : : : : : : : : : : : \}: : : : : : \

              ⌒¨¨7: : : : : |: : : : :|\ : : : :ト、 : : : : : :',_: : : : : : :.

                    /: : : : : : l : |: : :l  ` 、-┼-\ : : : : ト、\ト、: : :|        ……
                /: : : : : : : |,斗\|    \|    Vヘ|: :|:|   \|
                  〈/|: : : l: :/ハノ      ィ弁宍ミ、| :ハ|
                    |: : : | : |/ ,.z抒ト      {r:ト} }[.l/ : |:\
                    |: | : \l 〃 rトr}       Vソ  厶ヘ|\ :.
                   Ⅵ: : : | ]{  Vソ   ,    , ,  | : |  }ノ
                /:八|\l\  , ,   ,. -─┐  | : |
                   |/: /    :.      V    }   ハ : ;
                   /: /  /⌒\ \   \__ ノ /   }/
.                  |:/  / ̄\  \ >   ___/[`r─┐/⌒l
                   {  {_ ┌v‐┐/::::::::::::} ┌<^<^\ | ]__/ ̄ ̄}

>>70 失礼、噛みました】

                /ヽ ヽ, -=‐-'´                   ∨/ヘ   > ''  ̄
.             / ゝヾー/                           ∨/ヘ    ミ- ,_
.             /ノ_ _/                              ∨/ヘ     z-='' ´
            l ヘ   /   i  ,     \.          \      ∨/ヘゝ-‐´
             l | _ イ    l.  l.       \.     \   \     .∨/ヘ _, - '' ´ /
              l   `l    l   ト、      \ ヽ、 ヽ    \    ∨/ヘ/////
             l   l    l ,  l,_ヽ l\    ヽlヾx≦禾刈ヽ |  /ゞ=''´.//               ……あなたの妹ですか?
           ヽ   l    l .l\l.  ヽl  \   l,ヘ::::::;;::::i / {l /  .///////∧ー- 、 __
              ヽイ    l リ'行不示≧.  ヽ.  i  ゞー '' ´ lソ,_ ..i//, イ∨ ィヘ , ‐ ''´  ノ
             /  ,   .l l, ヽヾ::::;;::; i   ヾ l      / l ヾ `´/ ≠´   _ _, イ
           /  ,{l   i  ヽ  ゞ- '' ´     ,      /   iヽ / ./ /_ - ∧
.            / //  i}  ヽ、 ゝ、        _     ,イ イl/リ l_./ ´ ´   ̄ `l∧
.          // / / /    ̄  丶     ´     /l--=ニ=/    /  ̄ ̄ ヘ.∧
              / ̄ヾニ=- 、i/ >  -   .イ  lゞー'/        , -ニ' l .∧
               _l /  ̄三ヾ  ヾ- 、ト ヽ       l イ         /  `ー '  .∧
            _ ノ/   /::      /ヾ  ヾ-キ  , - '' ´         /       ∨  ∧
     , - '' ´  ̄       /::     i   , - '' ´         ,x=≦         ∨  ∧
      l:::::i     -ヾ    i      キ ''´              < ´             \  l



                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ                  ……知ってるなら、あえて問わなくてもいいじゃないですか……
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}

               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/                  彼女がどうかしたんですか?
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .
                 ̄
                 _
             . .(::::\
         . . . . (__/


                                `ヽヽ
                               __ヘ \
                              ̄ > =-z  ヽ、_

                           _ ===<´ ̄ ̄ ̄__  >、r'7ヽ
                          >- >-  , - '´ _,.   -=x_ 7-t<
                        -=ニ/ -‐   _≧ーz -- <   ト
                            厶-x_, -─≦   ̄ヽ>'´ _,.彳  ' ト
                         /-,ィ∧        i- _   ,  j !    ……いえ、なんとなく……
                         ´  /``ヽ\     /j `ー彡/ ノ / i
                        , '´     ∨i     ,'イ ヘ! .i-彳/イ リ
                         , '           | }    7ハ ',   ト./        気になったもので。彼女は10年前、町を守るために命を捧げた
                         {       ∨イノ==-''7 j、ヾ\i |'
                    > '´∧       ∨ー: '´: {Y{.ハ>-'ヾ
                    r'´   /,'∧       ∨: : : : :iiヘヽ Tヽ-y__,       その間この場所を離れていた貴女は、もしかすると
                    i   /: : :.∧         ヽ: : : :ト、iハ__`ヽ-<^
                       l  /: : : : :.∧         ヽ: : ! ヘ:.r-' V ム
                   ハ ./: : : : : : : ∧          ヽ:! .j_i    リ ハ`      彼女について、何か思うことでもあるかな、と
                    ,': : : : : : : : : : :\          ヽ     レ




             ∧    ∧
              /   ,  /  ',      ……ないとは言いませんけどね
               |   ∨/   |
               人__,I斗---ミノ      正直、うん十年も年を経たら、肉親の情だって薄れます
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..  元々、この町での私のポジションそのものが死んだもの扱いでしたし
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ 同じように妹が死んでいたとしても、まあ、そんなもんです
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ ただ……


            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉         ……あの子が
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙          殊勝に命を捧げたというのは、にわかには信じられませんでした

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./                     そういうことするタイプじゃありませんから、あの子は
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕

     /':、O__/厂イ {_::::/:::::::::::::::::::::',
     }:::::::::::::,。ィ'´ | /::::i:ィ"´::::::::::::i丿
     }::::::r'"    \{:::ゝ、::::::::::::::::゙,
    i!::::::|      :: ヽ、::ツ}:::::::::::::.!

    |:::::::i      .: : : :゛: }::::::::::::::}
    i:::::::::}        : : /:::::::::::::,.'
    ` 一'}         /:::::::::::::::/
       }   _,,..-‐ /::::::::::::::::/



                 __

             ___{    | ̄ ̄「 ー-、_
             {  __>‐/\!__|    } _〉
           r―'> ´   '       ` </\_
           { /      |           `< _ 〉
      ___/        |             、__二>
      `ー―ァ'       |            \_] \
        /       !    |              <⌒{ \
       /   i    |   i!    ,           \iー―
     ー―‐ァ |  _|_  八    / 、 -―‐        \
        / {   ∧`X   、   |´ \   |   /  {ー‐-ァ-         なるほど
      _//} \  {灯乍ミュ、\ |灯乍夾刀  /、  \ {
      ー' /_∠、 弋:ツ   }i 弋:::ソ /  入メ、ー―} 〉
   <ニニニ{:}{  `  }\}:゚:.:  .     :.゚∠ <)〈-Y}こヽ ∨          さて、この話は序論に過ぎません
    <二二二{:}i   /\}>、   r‐-、 r―-、_r‐ァ ̄{Y乂、  /:{
          `ー{   /\ >―r―/     `〈  ー{Y〈>_::::>
          /。 」:、   \|:::::r―'ヘ       |ー'ヽ >'::::::::i \___     本論の方に移りましょう
          \/ \    ̄ ̄ヽ  ’    |ヘノ   ̄{::::} 人_ノ
                \     |  |    /{_      ̄´
    ____(i⌒ 、___/.ー―‐ノ_ノ   /}_ノ/ ̄ ̄}
   /二二二ニ(レ_っ {//>、: : : : : : : : : \_/: ://     |
        <二{:|}-j_∨//\ : : : : : : : : : : : : : \     /
            ¨   L゚>'   \ : : : : : : : : : : : : : \   〉


                       rr‐┐
                 __r' >‐…‥- 、

                 _r―‐) ∨         \
                 /:::!:::::::(ニ {..:          ':.
            /::::::::::::::::).∧:          :',
               イ::::;::::::::::::::(ニハ:.  :.   :.   :::::.
            i:::::!:::::::::::;厶_∧::. :::. .: ::. ::  :::::.
            |::|:|::::::::´::::::::マ∧::::::..:::::::: ::. .: .:::::::ヽ
            |/ i:::}、:::ヽタハ:マ∧:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
            ′∨:::\|  }::::V、:::::!:::::::::::::i::::::::::::|             ……彼女は、既に手遅れだった、ということでしょうか?
                 从ヾ:\_ {:::::} !{::|、::i:l::::::l:::::::::从
                     )、:ヽ人イく从从从:ノ|::::::/
                  /::/`(:::ノ /´ ̄ ̄ ̄レレ、
               {::::l,斗7/ __, - ー‐弌-、

               /´ /¨´ ̄\/////////∧ ヽ

                 レ'.{      `V////////} ‘,
              _ //j        }////////|  }
             /////'         /:|////////′ /
               |////{         ./:八///////{ .イ
              !////}      ./ ' : : }/////   )
              ヽ///'      ' . : ノ////_、_/




             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..                 ……
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ



                    r‐┐__r‐-ミ

                  /{_ノ  |__⊥....ノ`¨7⌒\
                /⌒>、_> '"        `丶、 /
               /`'く,/             〈/^\_
                {   /                   ',__,ノ |
                 `¨7                 ' \ |
                 /                  }/│         確かに、冷静に考えれば……
.             _彡                  厶 │
.             ⌒¨7¨´           /     {八  |          時間が経ちすぎていた
.              ,:′             /        ‘、. \|
          /  /|          /    .l  |\\          そもそも、不可逆の事柄を可逆にする、などということは、聖杯の力を以てしても
.         ___⌒¨´/{__|   :|      / ./   |  l:  \}
.        /   `'ー〈 ` 〉  /|    /   ∧  ∧  |/|  __       容易なことではない
       /     _厶__/∧/=|  /|  /─', /く \|ー┴'"     ,
.      /      {   //二二|/二|/ニニニ∨ニ} `¨7  /   ′


                          r―、厂しヘ厂しゥ /     / /  /   // | i::| ' ' | j|に)
                      __(、 、__{ 厶_{ ⌒)__|l    / /  ./、, //  :! ! !   ! l|に)
                        {_   `厂´:::::::丶  __)::   / /  く 、| / //  , :! .乂   ! l|に)
                     厂` :}イ:::::::::::::::::::::\ )::i   /  , /尨ヾ、 /i   | 丶    ', !に)
                      ノ)っ/:::l::::::::::::::::::::::::::::ヽ:l  ;'  /レ⌒'ー' 以、| ! 厶 :}    } j|厂     それに、彼女の身体には
                  /:{ ̄ {:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::\;. /     |  И´i / 厂 ̄` 〈_, |!
                /:::::└┬ i:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::Ⅵ        i | ! i {    // l!      再生を阻害する他の要因が混じりすぎていた
                ,::::::::::::::::)⌒!::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::八!  _ヽ   `′| ! | 厂 丶.// /{
                 l:::::::::::::└r ハ::::::::::::::::::::::::::::丶::::::/::::丶 ___ ,,, 斗:ノ/ /    /┘八丶     金井家の失態ですね
                /:::::i:::::::::::::厂‘,::::::i :::::::::::::::::::::::/::::::::::::∨////////レレi:/    /_,/  \
                  /.:::::::!::::::::::::乂__j:::::::::ヽ _:::::::::::::⊂ニニニヽ/////////./   .′
               /.::::::::::!::::;::::::::::::::::廴::::::::::::::::: ̄:::::::::::⊂ニニ入///////./    ′          こうも大きな過ちを見逃してしまっては
                 /.:::::::::::::∨::::::::::::::::::::::`¨/ヾー―:::::::::::::└─と_):{//}/./     /
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{{   厂ヾー::::::::,斗≦)辷ゝ{//}V    ′           本末転倒、と言わざるを得ないでしょう
                j.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー=::__)ー'厶:::く。\/厂´    \/j/    ′



            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚          ……誰も、彼女のことを考えていませんでしたから

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_        あの家は、冷たい家ですよ
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i                        優秀な人間には施しを与えるが、益にならない人間については興味を持たない

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕                     彼女は、自由人でしたからね

     /':、O__/厂イ {_::::/:::::::::::::::::::::',
     }:::::::::::::,。ィ'´ | /::::i:ィ"´::::::::::::i丿
     }::::::r'"    \{:::ゝ、::::::::::::::::゙,


               _ノ  \     }:     /  ̄ )
              /⌒ヽ     ヽ  _,. 。。。。,,_/   ⌒ヽ
             (    \    。ァ'"´ ̄ ̄ ゚̄℃。/ j
             ノ       ァ'゚  /  ヽ ` \ ヽ<
             {  \  ァ゚  / '           ',  \`
            \_ ,ア    {  :    ',  ',  ;.   \
           ー=ニ(__ア   :| :{  { .   :  ;  ;::\ _ >
               彡' /∧   :{ ̄|l `トl    } 厶ィ::: ! \)
  }\ 。o∽∽∽∽∽o。/ ∧   :{气㍉ミ{\ !|j斗ャァ::从        ……妹と弟についても、蘇ることはなかった、と
.  ノ 匸} ̄)    / ̄`ヾノ_゚/ヾ ‘。└'     ヾ じ' /‰::|
 └ / {__/   /    〝i::{ ̄\\\     ;   イ)\(゚ ∽∽o。    まあ、それについては予想はついていましたが
.   {   ).  /        {::{  /} >   ‐   イ:/ /{弐     §
    ⌒ヾ   {、 ,,‐…‐ 、゚。ー' _{  )个ヽ¨´  レ {/ ̄ヽ   §
        ハ/ / ̄`ヽ Y::/7{气⌒)):}    ,、/   ̄ヽ {ヽ§ノ}   ……いくらなんでも時間が経ちすぎていたし、肉体はどろどろにとかされていた
   r卉卉、/ { イ      iノ((__//ー‐メ'―==ア('゚     ̄ヽ ー人_/
  r仞′ /| ヽ:|    ´ ̄ ̄ ̄ ̄( {====={ {    ノ⌒Y   {ノ\)    そもそも、あの二人に関しては、聖杯戦争と直接的な関係は存在しない……
  「ノ    {::l /|           ( (=====-{zァ' く/: ヘ
 爿   イ:::`::::::{         _,. 斗'`´        i´:i:i:i:: |
.└{、   '::::::::::::::::::::、_ ........-::::::¨(    `  ,__    | :i:i:i:i: !
. └ト、{::::::::::\_:::::::::::::::::::::::::::::::彡o。       )}=-ヘ | :i:i:i:i: !
.   └{ト\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r仞ヘ_`_ ー 、ノ}===}}| :i:i:i:i: !
.   (└}、\___:::::::::::::::::::::::__r仞':::::::::::::::::: ̄:::‐_ミ竺'| :i:i:i:i: !       金井家ほど、聖杯戦争で多くのものを失った家系は他にはない

  /j>…㍉ー_三ニ=-r卉┘:::::::::::::::::::::/乂乂乂i)| :i:i:i:i: !



                  ____
                    ´   `            ´ ̄ ̄`ヽ _____
              ´        \         /               /
.             /               \Y⌒Y/                 /
         /              ―――――           /
           (____      /: : : : : : : : : : : : : : : : :\      /
                  >--/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  ,  ´
              /: : :/: : : : :´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`: : : : : : :<
                /: : : :/: : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : \: : : : : : .
            /: : : :/: : /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : .

              /: : : :/: : /: : : : : : :/:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.             /: : : : ,: : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : |
            /: : : : : |: /: : : : : : : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : : : : :| : : : |     まあ、骨折り損ではありますね
           ノイ: : : : :|/::: : : : : : ::|_____: : : : /  }::| : _|______|: : : ::| : : : |
            |: : : : ::|: ::| |:: : : : ::| : /|`: : /   ,}::|: : :|: : : ∧: : : : : : :      ですが、金井英はまだ、諦めていません
            |: : : /::|: ::| |:: : : : ::|∨ レ'V   /ノ: :ノヽ: / }: : : : : :
            |: : /: ::|: ::| |.: : : :.斗--斥      斗---ミ, }: : : |: /
            |: /|: : :! : | |.: : : :. :.ノrしh         ノrしh : : : : V       彼は合理主義者ですが、同時に執着心が強い
            l/ !: : レ从八 : : : 弋__ツ         弋__ツ /: : /
          ノ   V∧: : | : \: :|〃     ,   〃〃 ムイ |
                \|: : ! : : : \| u    __     . : : : :         戦争で失ったものは、必ず取り戻す。そういう覚悟が彼にはあります
               \|.: : : :. :.ト      ` ― '    / : : : / 
               _____/\: : : :∧ >   ____  イ`./: : : /___         既に、分家の人間から優秀な人材を引き抜いているらしいですから
           _____/   { \: : :∧         /、,/: : : /  ヘ
          [ |,      ヽ   \: : ;       / /: : : :     >x      次回も聖杯戦争に介入するつもりなんでしょう
         / [ |,        \  \|         |: : /      | ]、
.        /   [ |        \              l/       | ]


             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |        それに、金井家よりも多くのものを失っている家はありますよ
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、    金井家は厄介な親戚が一人消えたという意味で得たものがありますからね
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|   だが、その家は何も得ず、ただ、失うだけ失った……
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ



                        , -‐ ‐ ´   `  、

                       /             \
                       /        __  r‐、  ,‐‐、
                        /      __ .,´ `i/ Vヾ二´ /`‐-‐イ\
                  /       ,ィ´ ∨_ j    {   l    /  人
                   /    ,   フ、/  /       i   ノ   |/
                / .   /   / ./ /   ,  -‐‐ -、   `ヽ |
                   /   /    7/ /  , ィ ´       /   ヽ|
               /   /      / /  /     ,,,,, -‐ /     ',
              ,'   ,'    /  { ∥ /_ -―'''' _, 7   /   ',
                 i  / ,' /  / l ` |/.:∧    -=彡イ/ /}       |
             /_,イ i /   {  |   l 乂.ノノ)'乍芹ミX / ∠z7    /}  |
              /  l  i/   ∧ l   | :Yイ ハ Vノ   // ,イリヾ.:| / ,' /
               ', .|  ./ ∧ |   l  乂.ノノ) `¨  /  {-' / リ!/'/
                V . {  / ∧i l i l',|:Yイ ハ       ∨厶イ)          ……下を見ても仕方ありませんよ
                \∧/∨ 〉 | ! l l 乂 ノノ)     イ  .|乂`Y
                     /   ,´! ト、| l l  Yイ ハ   , '.i ! | | 乂ハ
                         / `  、}.|.l   乂ノ.ノ)イ   !/ 八  乂`Y        貴女は、これからどちらへ?
                    /     l/    :Yイ ハ.   l/\j   乂ハ
                     〉、         く⌒Y⌒ >       <⌒Y⌒>
                    ,':::::`ヽ、       :レ介ーく         ∨ハ⌒ヾイ
                      i::::::::, -‐==、-- 、 :| ハ 乂         人 ....彡′  やはり、あの方の所に戻るつもりですか?
                        !:::::/      \ ヽ!乂ミ=ー、           ̄
                    _.   l::::/        `、:::::::ヽ `ヽ::\       -、
               / \ |::/         ! `、::::: ヽ _ >  ヘ.ィ/ /
       ,、        |    l/        !   |  }::::::::::´::::::|    }/ /7 ヽ
      /.   `ヽ、.   !    /           !.  } ,' ::::::::::::::::::i    | {.イ/ /
  .    {::::..     ヽ   l  /            ! / /:::::::::::::::::::::l.    l  ∨/ `ヽ
      ',:::::..      `ヽ、/             !/ /:::::::::::::::::::::::ト、   {   〈__/ /!
       ',::::::..        /               ! /::::::::::::::::::::::::! \ 乂   ー'/
         ',:::::::::...      ∨              !:::::::::::::::::::::::::,' ./. , '    /


            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉    そうしたいのは山々なんですがね……
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙      どうにも、金井英が私のことを怪しんでいるらしく、近づけたくないようなんです

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/           分家の、とある令嬢のサポートに回れと……
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ                 彼女のお付きになれと指令を受けてしまいました
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕                今、無理にあの人に近づいても、私では諍いを生むだけで、助けになってあげることはできないでしょう

     /':、O__/厂イ {_::::/:::::::::::::::::::::',
     }:::::::::::::,。ィ'´ | /::::i:ィ"´::::::::::::i丿                あなたは?



                    _ _.::---::::..._
                  ,.ィゝ,...ゝ二{ ̄{ト、: `ヽ、
                ∠.>イ : : : : : : `ヽ、>、 : :ヽ
               ノ//: : : : : : : :\: : : ヽ ン : : ヘ

               7: : i!: : : :、: : :\: ヽ : : ゙:,ヽ : : ハ
               i!: : {\: : :゙:;ヽ'"~ヽ、ヽ: : ゙:=、: : : !、

                {i: : :゙、⌒ヽ、゙:;ケfiリ゙ソ\\:乂:!: : :}ハ
               i゙、 : :弋ヾ ゙ヾ "´   r": : :}i! : i ヘ      ……私は、火宮の家に戻ります
                 }ヽ}ヽ ヽ::.      /;ィ戈ノ ): :i: : }
                  i: ゙;:{゙:、  t ‐   ィ/: : :弋: :〉ゞ}!:!
                   {: :从 : >.、_ .. イ /: ハ: : :(: : )-.リ__     ずっと、留守にしてきましたし
                 ヽλ: : 〉/(    .{! \jリ゙r=-、O(:;:;:)
    i`ヽ、            (: Y: )〈 >‐ァ<λ、  ゝ/: : : :>
      i   `ヽ、    γ⌒゙'廴 ヾ__:>=、/、nゝト''ー、 (r=~'´
      !   ':,:``ヽ、  ノ     (;:;:;>^ゞノイ ∧ヾi゙ヾ:.:バ'ー、 λ\
     l     ゙:, : : ヽ/     ゙'〈廴: :゙゙ヌ (ノ゙:,ム/:.:.λ: : ゙、 ヽ  ゙̄':、``丶、
       ``ヽ、 ,:': : :/   ゙、 ∧}.:.:.)イ  \入:.:.:.:.:.:.:∨、: \ヽ   ゙':、: : :\
         )斗-/:......,,,,...,,_ ゙':、  ゙:,゙:、:.:.:.:.:,;,;,;.:.:):.:.:.;,;,;.:ヘ ゙"''ヽ \__)_ : : : ヽ
      ,イ : : : : {'´: :、 : : :{ ゙: \: }!;;:`゙゙´;;::;;::`"''~;;::;;::;`} ,..ィ/  ∧  `ヽ,ノ}

      { ゙ヽ、 : : \: :゙ヽ: : : : : :ン´;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;:/'" /:/ /,': :!,.ィ''": : :!

        i: : : : \: : : :゙f ̄ ̄ ̄{;;::;::;、::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::/__彡イ/ ,': : :}: : : : : :λ
         i: : ト ̄ ゙~`ヽト=f―-┘;;:;':.:.゙:、;;;;;;::;;::;;::;;::;;::;;:〈__.ノ  ,:': : : i!: : : : : /


             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |       ……お互い、見たくないものからは、目をそらしてしまうものですね
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..   弱い自分が情けない……
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ



                     /...../......../...../..................レヽ.....................................................
               -=彡......{........{.....{.......{........{.......}......从.......................................
                   /.....{................{..................ム彡}/................}..............................
                   |.......{........{.....{.......{.......芹/(_  }..........}..............................
                   |..................{.....{.......{.....ノ.込V   }....ハ..}................../.........
                从ノl.........′.......汽           j/...}}................/...........
                      |.....∧.............込            }............../.............      ……本当に
                      |ハ/.i.iヽ.i\{i:i:./             ノ............./................
                      Ⅳハi{.i.i.i.i./i:i:i:..             {................ハ..............
                       }}|.i.i.i./:i:i:i:i:i:.  _ -‐    ∧.........   }....../}      私はもう行きますね
                     ノ八ハ从ノ:i::i::i::i:..  ̄    〈 人_ノ    }/  
                       イ::i::i::/|:i:iうo。     〈..人..〉 厂しへ厂し
                    _ イ_人,/  ル从ハ从〕爪〈..人..〉 〈 {   /       代金はここにおいていきます
                    _ イ_人,/     ィ==ミ  ,.ィ〈..人..〉   ゚フ"¨´ ` '
                *∽*+_ イ__人/       〃  ,.≫《__〈..人..〉 _彡'     
          -=彡%///%_人,/     ミ =《zz彡'´  *∝⇒*/                もう会うことも無いでしょう
.            -=彡*∽*+¨´    =ニニ,.ニニニニニニニニ*∝⇒*          /
                       =ニニィニニニニニニニニニニノノ从ル  -=彡    
                =ニニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/                  お元気で
              =ニニニニニ‰ニニニニニニニニニニニニ∧    _ , _     






            i ゙''‐.___{^ヽ、
             \     ̄\`丶、
              \     ヽ、 }
            __ _>--x   i ,,ィ".:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、ス:,.:.:.:.:.:.:.:.‘:,、

.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /.:.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ::....,
     ,..'´ |.:.:!.:ァ‐|.:/.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji.:.:.:.:.:.:.:.}.:i    〉
   . '゚   Иi{/ j/}//^}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}.:.:.:.:.:.:.ハ:{:.、 ;:;:. '゚

   ゙' : .. .:' \! fテ /.:.:/,./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,′}.:.:.:.:.:/ ゛ , :'゙            ……

     ノ :;  j   !.:.:.ナ'  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  }/!.:.:/    :.、::....,_
    ,.:' ,:' /!   j!.:/   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   !:/
  , :'゙  :,___j レ7、 }/    ヘ.:.:.:.:.:./
  ::..,_,..:'゚ ¬{.///∧  .:__ ゝ"´i

        | ′{  ̄≠/=-夊⌒ヽ
.       ∧   ノ 厂}ん/:::::::::::':、〈
      / ヽ≦ 厶/{:::::::::::::::::::::‘:,_¨〕





                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ                本当は……誰よりも、私が支えてあげなくちゃ駄目なんでしょうけど
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}                ごめんなさい。私は逃げます

               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}               ……貴女のことが大切だからこそ、貴女を直視することが出来ない
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨                 卑怯な言葉だと思いますけど、次に私が使える人を……
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .                私は、絶対に見捨てない。貴女のことを支えるように……
                 ̄
                 _                                  最後まで、寄り添い、扶けて見せます
             . .(::::\
         . . . . (__/                                 だから、本当に……




 ┌──────────────────────────────────────┐

 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘

 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

【金井本家】

                            |
                            |
                          ,.ィ升ミs。
                        ,.イ//////ム                          |
                        |,.イ ̄| 冂¨|ヽ       ノ⌒ヽ         |
          八             jI斗─'-L」_|_|     。o≦ ̄ ≧s。      ,.ィミx
         ,.イフフミs。         ,.ィ升=ニニ=-__ ̄レ'´,ィ´Ⅵ ̄|~^メ、ヘ、   /////ム_
        /| ̄| ̄Ⅵ,.. .,_    。s1ア´ :| ̄ | ー- _7ア´\ 斗=ミ/  \ \ ,イ>-‐| r‐ }
       斗ミ‐‐|‐‐,.イ////////フ7ァ||,ィミ :|   |:Y⌒Y| | | l\ /:|i:i:i:i:iYヽ/^ヽ Ⅵ_|└┘∟l|_
      ,イ二二7^f)Y////Y´ `Y///゙||{ リ |_  |弋__ノ| | | ト、 ,イi| |i:i:i:i:i:| |゚。/^ムム。s≦竺竺竺ア
      八{{i| | /二二二 |_|_|二ニ ||ゝ≦二ニ=- ...,,二廴'i:i:i| |i:i:i:i:i:| |i:ム/ ̄マ/|| |::| |γヽーl|
    rイニニ||| レイア'| ̄”“  ─-  〈>''´::|      ̄”“ アi:i:| |i:i:i:i:i:| |i:i:,マニ二}}::|| |::| |人_人||
    _ノ_ノ_/二ア´ :|__        l _,.。s1二二二二二ニl|| ̄”“  ─-  _}ニ二}l-=≦|二二ニニ=-ァ
..  ,イニニ弌イ,,|,.ィ升|    ̄|二二|…‐扞扞::|─| |‐|‐|| ̄|_,l||─-     __   ̄¨¨¨:|´_,.l|二二二ア´
    | | | ̄|::| | | | | |     |‐|‐|‐|  :| |;;l||::|  | |‐|‐||  | ||二|三二ニ=-r‐ァ二二二|ニ|_l|_| |-rュュニニ7
  。s1三三|::| | | | | |     |‐|‐|‐|  :| |;;l||::|  | |-|-||  | ||;;;;l| | ̄| ̄|::|⌒| ̄|l  l l | l| | |‐|‐|| :|]
. 扞扞ニニ||::| |_| |_| |    弋二ア   :| |ニ||::|  | |ニニl  | ||‐‐| |  |_|::|  |_|l  l l | l| | |-|-|| :|
   || :| l ||::| |_ _ |    ,x=ミ   ::|:::::. |::|  |       | | ̄~''|  |ー-.|  |--|l  l l | l| |  ̄~ | :|
   || :| |__||::| |_| |_| |    八__八  .:| ,ヘ |::|  | ィ会x、 | |⌒、..|  |⌒ l  |⌒|l  l l | l| |   | :|
ZZZZZZZ≧  |_| |_|_|     .|幵幵il   | l|ill |  | .|:|丁l | | |__| l  |___,| l  |  |l  l l | l| | ィ会.:l :|
扞扞扞扞扞}‐:| |_| |_|ニニニ|:|‐|‐|:lニニ:|‐|i| ‐|二|‐|:|‐l‐l:|‐l|ニ|;;;;;;;| |___|;;;;;;| |___| ̄||___|ニ|ニ|ニ|コ_|l;;l||l|- |

..... |l|l|_|:|_,,||二|_| |_| |──‐|:|‐|‐|:|─‐:|-|i| -|二|‐|:|‐l‐l:|‐l|ニ|;;;;;;;| |___|;;;;;;| |___|;;;;l||___|ニ|ニ|ニ|コ_|l;;l||l|- |
__/|l|l| |:|‐l||二|──|──‐|二二|Д‐ |ニ| ‐|二|‐|二二|‐l|ニ|;;;;;;;| |___|;;;;;;| |___|;;;;l||___|ニ|ニ|ニ|コ_|二|l|‐ |
`ヽ、|」」斗く||二|二二|三三三三三|_|三|二二|三三三三三|ニ「「ニ|──────────|ニニ|二|- |

.  `ヽ、`ヽ、二|二二|二二二二二| |_l l|  lニl|二二二二二|ニ「「ニ|二二二二二二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄
.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────=彡



          { {  人  い__ ゝ {   l j  l  ! }  _    _       ノ`` " / ノ   / }弋__ノ
        い、 厂 \ \  ̄ い l l  l  /!j 〈( ⌒ヽ   ヽ     /彡ィ   /  ハ
         \ /    `''ー-‐  \ {   λ/ノノ      }}      / ̄  j  /  /l i
            /  >''" ̄ ̄ ̄`ヽ、 !    ∨//\  / }   __ イ j   ノ  / /} l i
         / / : : : : : : : : : : : ヾY い \ \  _メ ノ- '"    j /  _// ノ| }
        /  /: : : : : : --――- 、ハ \     ̄   / /⌒   ノ / //⌒/ _/ ノ j      ……それじゃ、あの子も、死んでしまったの?
       / /: : : /: : : : : : : : : : : : }、 / `ミ三ー 彡く /{    / / / {/ / / ノ ノ人
     / /: : : /: : : : : : : : : : : : : : ! ∨ \ll_  ̄ ̄ /::ト{ `< // 弋  ゝ__/ノメ  ̄ / `ミ=‐
  x<__//: : /: : : : : : : : : : : : : : : :j      }}"⌒\/::人     ̄ / `ー--イ  j` ┐
く:::::::::::://: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : i    ノ j   /:::/ : \   /  {  ー ノ  j  j┐
 `ー'" /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : /ト    ノ   /:::/: : /: :l>ーj 、  `ヽ / ノ ノ j
     /: : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : //   /lヽ  {/: : /: : :ト、 /  `ヽ  }_/ /__/
     /: : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : l└―/  l  ト、_j: : /: : : :l  ̄l    }ヽノ  ⌒/
    j : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : i: : : :/  !  l  ∥/: : : :l`「<l `~ _ _/
    !: : : : : : l : : : : : : : : : : : : : : : L : /  /!  }: : /: : : : : : : l j:{ \     ハ_
   l: : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : ノ: {__j }  j : } : : : : : : : l/:::\  ` ー--‐/::ノ〉
    l: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : /: : : :l::::::::l/: : j: : : : : : : : l:::::::::::`ヽ、   /:::::/




    /             ∠ -―''""´ ̄`ヽ|     '、
    /             , '             |     ヽ
.  / ,.            /           l      、 '、
 ノ,〃           /             ノ      l! !
'/ /          / /        ヽ‐=´__ノ_,. ‐   ハ,!
  /          |ハ |       ヽ   },.ィニテrイ´ ハ !                 ……ああ
  |        |  ! ヽヽ,.- =‐''"`´   '´ヒシ,. /-'´ /ノ
  '、   |    , ',  |=ラT゙テT       ` ̄´  |   ′
ヽ ヽ  l   ヽヽ K_ゞ彡'"    :::.. 、    l                     元々、10年前からあいつの身体は英霊の毒に蝕まれ続けていた

. '、 |`{T''ゝ、   ゙r、 `ニ=-        ::::::::. `    !
  ',ヽヽ` (` ¨ 'ヾミ、ヽ _,,..            ,   ,'                     それが足でとどまっていたのは、幸運としか言いようが無いだろう
   '、 `ヾ、-ゝ、      ̄            ′ /
   ',  l ,、`T¨´、             _,.ニ‐ /'"´ ̄ ̄ ̄ ̄` ''r、            だが……ある事件をきっかけに、足に巡っていた毒が循環し始めた
    ', ハ!>,}  \         ,.‐''´ _,.  /          ヽヽ
    |/ 、| `''‐- 、`''‐-..,,_         /-、           ヽヽ          その一時だけ足萎えは解消されたが
    f'  `''‐- 、   ̄`''-`ミ‐-、    ノ、  `ヽ、         ', ', 
    |       `''‐- 、     ̄ ` ¨T´  ヽ、  `丶、        l !         とどまっていた毒が同時に全身へと流れだし……
    |           `''‐-、     |    ヽ      \      l !




     { {  j  ⌒ヾー、\  ⊂ニ===ニ⊃ /  /^)〉}  j }
      い {   { }  ト`ト、      ,ィ/  / )   j   ノノ
     ゙、  乂 人ノ  ノ} } \''ー''"ノ {   {/  ノ  /              ……やめて、聞きたくないわ
      トミ三>'゙   メ_r---く___/\_`ー< -イ

       l: : : : ̄寸 ̄{:::::::/ / 〉:::::::::::} ノア: : : : l
         i: : : : : : :\\Y::l   /   〉:::::/彡'゙: : : : : /
          i: : :\: : : l`ミ{::l   /⌒ヽ:::ノ: /: : : /: {
          i: : : : \: :V : {    /^ヽ}: : :}//: : : 〉
        i: : : : : : \ヽ∧   〈   l: : ://: : : : :/
         l: : l : : : : ノj::{ ゙、  }  lスく : : : : : : /



                         >    ――--    _
                     ,ィ              '´    ≧x,
                         ̄ ̄  ≧ ,      ハ
                /                   Y     ゚
              ,'                  -、 {  ,ィヽ  ヽ
               ∥                  /___Y∠_  Y   。
            {     ∥             'イ´      Y  }
                          /      ./           { ,'    .}
              v     {            '          V  }i /
                     _      {  {   .{     、    ,ィxィ  //'                     ……
              ヘ  /,ィゝ{        ,ィニニ≦=='  ,ィr'}.ノノイ
                Y {   乂  乂.乂 .{'´r';ハ≧    ー ' .| '
                 \.   ` ー== ミ=ー¨ ̄     ∨ ,
                    }   ヽーヽ                 〉
                   ノイ  .|                 ' /
                     }   }   .ゝ          -‐‐ /
                    ∥ ./ノ≧,.  > ,       /
                   /イ/  ̄`<≧, .   ≧ ,___ノ
              /         >≧,、 ∥
                イ   ≧ ,     `ヾ≧/ヽ
            <         \     \  \<
                        \     \ _人 >,
              ̄ ̄ ̄>,    \     |ヽ .|   \
                       >,   \     .| \    Y



   / /   / _ミ<         ,    `”-=彡  ∧-く: : : :ノ |
   { {/   / / ⌒ヽ  \         \___ノノ    ハ } : : :l: :l
  弋{    {/   / ト}   ハ    ~-  ,  >----彡 イ: :}/ : : : l: l
    乂   {  ./ ノ l   } \      イ  /^/: :/: : : : : : : : : : l: l      ねえ、あなた
     \ 乂__{/   ノ} j     ー イ /  ハ {: : : : : : : : : : : : : : :i
       \_    ∠ノノ      /{ {   い V: : : : : :r: : : /: : : :}      私、面倒くさがり屋だから、今まで何もなしてこれなかった
        _  ̄ __ニ/        ト、乂   \ }ヽ:/zzzx、: : : : :/
    _ /く-‐''"          { `く\_ >'" ̄⌒}ハ彡''"        だから、あの子達は……私にとって、唯一のかけがえのないものだったの
  // // `ト、   `ー- 、  j _メ--/ : : : : : l:ヽノl: :ト、__

 { {{/ \    /:::::>、     ヽ  "/:::::∨: : : : : : : :l: : : :l :l:ハ: }
/:Y  メ、 \__//  l::::`ー-...._ /----く: : : : : : : :/l r‐、:/ ̄ ̄`ヽ     それも、全部、無くなっちゃった、のね

{: j <__┌―┴―――───‐┴───────‐┼‐" イ >   ゙、
〈  、_  ̄}                          ̄/   /   \
/}     ̄V                               〈 -ァ''" ノ
い `ー-┐}                            / -‐'"
|\⌒T {"                            L_/ ノ-‐_ノ   ……ああ、もう……
 V `ー-T                               </  ̄: : : :
 弋: : : : |                                |: : : : : : : : :





                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                     |        なにもかも、面倒くさくなっちゃった     |
                     \_____________________/




             ,,. -‐''"´ ̄´"''ー- 、
           ,. '´ -‐‐-、        \
             /'"          ヽ、 ヽ、
          / /   ,:::::.. .....,     \  ゙、
        〃   / / ̄ ̄ ̄ヽ     ヾ  }
        {!    i {    ,.  ノイ j|   i ,'
─────ォ!   |! |ト=-> ヾー=∠.ィ'ソ ノ以/、_                      サミー、落ち着け
::::::::::::::::::::::::〃l\ トン'´oヾ  、 '"o``T" )::))ヽ `ー-、

::::::::::::::::::::〃:::::!_,.>t-`''''"'   ヾ`'''''"'  '゙_,.イ  l \ ゙ ̄´"''ー- .,             大丈夫だ、私が居る
::::::::::::::::〃 ::::::::l   '、u  〈           /::::!   |          `丶、
___〃::::::::::::::l    ヽ、 r====:、   /:::::l   |          ,. -‐-、
;;;;;;;;;;;;`!:::::::::::::::::l    /\ヽ__ノ u,.::':::::::::::|   l         /    .:::        私が君を守るから……
;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l.   /   ヽ, ̄ _∠::::::::::::::::l    !        //   ::::
;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l   /   / ! ̄:〈::::. `>::::::::lヽ  !      /
;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l  _,>‐'゙ |::::::::::>rく:::::::::::! \┘   :!: /.:l               だから……頼む……そんな哀しいこと、言わないでくれ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::lヾ       !:::::::::! | i::::::::;'   `'ー-、 l:| :!.:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l. ヽ     !::::::::|:  l::::::;'     /  ',:、!:::/ .l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l  ヽ   ゙、:::::|:   !:::;'       /   ヾy′:/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l   \  ヽ::|:::::::::::|/     /    / .:/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l    \   \:::::::::l      /     \/


               /⌒ヽ
             /   )ノ
            ∥

              {{
             \   __
                ィ'"/⌒⌒`ヽ、 `ヽ、     /⌒ヽ
          // /  /    ヽ  \  {(   ゙,、
           /   /  {{   ヽ \ヽヽ  ヽ     }]
         / //{ 八  ヽ ト、 ヾ、 Y \゙、   ノノ
    /^)  /// /い  `ミ= jフ ̄\ } {  ミ==彡
   〃 ノ / / //ゞ\__  /云=ミ,_ } }  八\
   ∥   // 廴`┐、二_ )_ノ "   、_ノ ノ  j }) `ー 、
   {(    乂、  }ニY"⌒       _フ   //  ヽ い)
   `ミニ彡 } ) / 廴__ノ   `  _ `ミ-‐rく ヽ  ゙、 i } }
         r' / {  `<   /'''' " }  _ノ--、 、  } }ノ _
  rへ ̄) /ゝ乂 \_ノ  \   ノ // /⌒) }  j/ <メ \             あはははははははは……
  l / 〉ヘ__乂__/ ̄//⌒ヽ、     {  {  ノ ノ   /\` }
  弋 / / ト、 l  { (⌒ヽ ノ }`ト- '" l乂   ̄ /  l ヽ    }
   `ヽ、   ヽ い ゙、  ノ  /~v ̄_ >ー''"j:::}ハ ノ    /
     r‐ト  ノ >、__  ̄_ノ―くnく    ̄〉  /:/ :{ィ{   /              そうね、哀しいのは駄目だもの
     l::゙、\ l、 ハ:::゙ ̄く   ⌒/ト、    〉、/:/l : l\\__ }〉、
     l::::::\ {: :l :ト、:\ L  / l \___〉У: l:/l:::::\__ノ:::}
     ト、::::::::`ー〉l:j: :\\廴ノ l  l   \/: : : :l: l\:::::::::::::/             大丈夫、哀しくないわ。だってもう全部、同じようなものでしょう?
     l \:::o:::/ /: : : : \`|/~┘ // : : : : }ノ: o`ミ;;;;;/
     ノ : : :  ̄/ヽj: : : : : : : :`<ミ::::\/: : : : : : : j: :l: : : : : /
   / l: : : : o:/: : {: : : : : : : : : : :/○::/ : : : : : : : ∨ /l: : : : :l

   /: :l: : : : : / l : l : : : : : : : : : /:::::::∧: : : : : : : : :{: l: l : : : :l              ね? 一緒に笑いましょう? あはははは……
  /: : l: : : : :/l: l: : l: : : : : : : : :/:::::::/::::゙、: : : : : : : :ヽ: :l: : : :l:l
  { : : : : : : /: : /∧: : : : : : :/:::::::∧::::::゙、 : : : : : : : i: : : : : l l

   ゙、: : : : :/: :/ /: : : : : : : :/:::::::/:::::゙、::::::\斗-―、j: : : : : : }
    V: : :/: :/ /⌒`ト、_/;;;;;;;;/::::::::::ー''"::::l  /、: : : : : /
    ∨: : ノ  \: : l:::::::::::::::::::::::::::::○::}:::::::::} ̄  \: : :/

      ̄        ̄l::::::::::::::::::::::::::::::○{::::::::ヘ        ̄



              ゝ}       { ヽ  }  }ヽ    i     }     }  /  ヽ
              |       ∧  } ノ/,リハ   }、  ' }八    ノ  '    l
                ,'         .} ノ //___ }   ノ } /   }   ,イ /     }
                       ∥,ノ イ(, ̄},,'  ´ ノ'   ノ // ´     /
               ∥イ  ヘ.   乂ゞ,ィ乂} 〃 /    ー= イ        ∧       ――――――……!
             {/ .{  |\   {    ノイ                     r ' ヽ
                乂 {  \(ヽ/                       }    \
                   `      /                       ,'   /
                    /                      /  /
                     、       _ =、_             / ./
                     ̄`j  ,ィ   `ヾヽ           ./
                          ` ̄¨ヽ´ ./ ヽ         ./
                               Y__ ノ      ./
                           {__       /

                             }     /
                              ` ー―/



───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────



          |    ,,_   |
          |ー⌒ } {⌒ |
          |\ } } L  |

           .| ̄` ヽ  //|
           |         |
           |        |
_ _ _ _./         \_____/
  |    }= {            } A l     l
  |   {≠ |    |  / |   |Ml l     |
  l    7> |    | /  /|  |  .l }     .|
  l r⌒ァァ- ,,_  |__/ |  }  |ィ≠l   | |        ……おや、ご主人様
  |ヽ: : :{::{: : : : ::} | / /` |  /  リ } |  | .l
  | 7: : }ヽ: : : ::{ |/ /  | /  rア7ア}  | ,l::ヽ

  | ゝ::/: A: : : :} ィ_>`}`ヽ/   辷ノ /|  | l::ノ       そんなに鼻息を荒くして、どうしました?
  | l`7: : {: :{ ̄ lヽ-ー’ /      Al  l l
  l  ./{: : |: ::l   | \\    丶 イ }  / /
  | / l: :::l:::::l   ト、    ー‐ ∠|  l ∧/
  |从<ニニ ヽ、 .l `丶 __ ィ{ヾ_ 州 / /:::::',

   { rf ̄::: ̄ヽ\lヾ\ {、/ } }\ / /:::::::::::',
  /ヽf : : : : : : ∧ >└─Y>}_ノノヽ / {:::::}⌒
 { >/: : : : : : : : ∧/>アヾ:::: f ニニ}\
 ヽ /: : : : : : : : : : :  ̄::::`ヽヽ::{   Y } }
  V: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ}:l    }´ }`::ヽ



     / /          〃:::::::::/ '" "   `゙''‐ 、::::::l   !      !:::::::::l
      //       / ./:::::::/            `y′,/!   ト, ./:::::::::::|
.     l l!       /| !:::/               / /:/  /::}/:::::::::::::l
.     !||   |  l  !:::! .l-‐===、   ヽ   / ._∠ -:::::/,/:::::::::::::::::::::/
     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ       ……例の選考は終わったか
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/         10年後の聖杯戦争で、全てを取り戻すために……
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\      金井家の武器は、出そろったか
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::


                     __
                 ィ  ̄  /  ̄`ヽ
              , ィ´ ヽ,.´  ´ ̄`ヽ/ `y´`7

             / _ノ`Y´       \/_∠ --、
                / /   /               \
            l   )`V.          l          ヽ
           ,′〈  | l     |   |  /ミV彡      l            ええ、一応
            / ,. 介ヽ!  l  /l  / /``ヽミ|:  |   |
             /.〈 ハ   〉  lィ⌒ メ、 /   `|: : .|   |           血筋の中から、特に選りすぐりを10名選びました
         / . :.V ハ  /: : :!:.l/ V  lメ、    _/.: : /   |
         / . : : :/ | V:i: : :.l: |,r==ミヽ    //l: /: : . . .l           あとは、ご主人様自身の目で
         ///:./__r┴:l: : :.l :| '''''      ,r=ミV/: : : . :./
         「 ̄|エエヽ ヽ: :l :|      ,   '''ハ: : . : :./         ,r 、  誰がより適しているのか、見定めるべきかと思います
         レ'´ ̄ ̄`ヽ. `Yヽ  | ̄ヽ     /:.:l: : :/l/   r、    //
         /. : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.\| ト、 ヽ__ノ , .. イ: /: :./ /    l } _//
          /. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : ヽl /`エ´ /::/:l:/:./      / ー´/´)
          l. : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : V /^ヽV,.ィ   ヽ     /    ( /ノ
         |: : :: : : : : :::: : :::ヽ: : l{   l(( )L  ,. イ     ト〈 ∧   ´ノ
         |: : 、: :: :::: : ::: :: ::::ヽ:lノ1  ハノ:ト、`Y´ ̄)   l:.:.V.:.::.レイL
        \: ヽ: : ::: : :: : ::::::.:.:ヽ1 ノ   ト、ヽL (.:ヽ、 〈.:.`ー==イ/
          \: : : : : : : : :.:.:.:.:.:l  |   | \ \/.:.:.ヽl.:.:.:.:.:.:}



             /´                  ` 、
        / ,.r' ´                   ヽ
         / /          ;'               ヽ
       / /            ;'"         ヽ l
       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ        ……当然だ
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|        10年か、途方もなく長い
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´      l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l
        ` ー-ラ′,.-、`i  !            ノ `ァ、 ヽ       だが、その果てに得られるものを思えば安い、安い……
          r'  /  `ー;ヽ、           / ,.ィ";/ `ヾ、
         | /  ィt  l、 ー',,,.. ̄    /,.ィ";';';'/     |ヽ、
         _,|   く ゝノ `ヽ、     /,:;";';';';';';/    |  `丶、 待っていろ。必ず、再び、幸運を私の手の中に……!
     ,. - '"  ヽ、     `ヽ、 l`ァ--.く;';';';';';';';';';'/     |     `丶、
  ,..-'"       \        ヽ|:::::::::::::\;';';';';';'/       |         `
./               \      ト、::::::::/;';\;';/         |











                        ┌────────────────┐
                        │七つの家で聖杯戦争           │
                        │                       .│
                        │  第二次聖杯戦争          .....│
                        │                       .│
                        │     金井家サイド 金井七里    │
                        │                       .│
                        │      「BITTER END」       ....│
                        └────────────────┘










.


───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;




                / / /   / .,ィ三三ミ=、. `´ _,,,,,,,,,,__ ,    .ヘ
                  ,' .i' /:   ,iィ彡=-――‐ミ、,イ彡三三ミミハ   iヘ
                i l ,':::  i;;〃             ̄`ヽミl    l i
               l. ,'.!.i:::::l  |'                 `l    l .l
                 l i .|,'.::/ .:: . l    __              i   : l l
              l/ .:l::/ .::: ハ'''´ ̄        '`ー-、_  ,l :.   ::.l. l
               ,'/.:::ノ'/ ./:::: l ::l  __            ``l. :: .l :.ヽ、l
               ,//::;イ/ / :::::/ :::l―テ-ト_       ,ィ‐-.  l  ::. .i :::::`i         ……で、なんですか、この扱いは
              // ,r'./ ,.イ .::::/ .::/トイ::::::l|ヽ        ,イテ‐-ミ_l   :::. l::. ::::l
         /.,イ./ i // .::::/ .::/ _ゞ;;;;;;;;ノ           l:`ひ´:;ハ  ::: ヘ::::::::::l
        / .:/ . ,'l .l,':i :::::i .:::,'.i                ヾ‐-'イ λ.   :. ハ、::::::l
        , ' .:;r'  .::::l、 l!:l  ::::l, ::ヘ i.         l         / .〉;::..ヽ、 ハ .l
      /. .::/  .::::::/ヽ,ヘヽ ::::ヘ;ヽミ、__ノ       ′        ./イ  ハ  ヽ  l::l、
     i 〃  ..::::::,イ. .::/`ヽ、`ヽ、:::ヽ、´、     ̄ `     ,.イ::l::l::::/:::i:::: l /:::ハ
     .l ./ .:::::::/ .:::/.::::::::l:::`ヽノ ノl:::: __i 、         , ィ::::::::乂'´::::::l::: ノi:::::::.. ヘ
    l/ .:::::/   .::,イ::::::::::i::l::::::,'  ll;':::::/ .|、 `..、    , ィ,i´ / l::l:i' /r '";ノ ,.イノ,ヘ、:::.ハ
    i.::/   .::,イ.:::::::::::/.::l:::::::ヽ、lヽ/.   \、 ` ´  lノl::i::  i:ハヘl::l‐='イ/イ::l:::. ヘ、.ハ
    /   ../..:::::::::::/.::/.:::::::/ _/      `ヽ、 / . トl::. ヘ .ヽ`l、:::|'´:::::ハ::.   ヽl、
  .〃   イ..:::::::::::,r'"::::/:::__ノイ.ヘ ヽ、       ./‐∨ .lヘヽ、 ヽ、`ヽ、ヽ―-、ヘ:::.    i
  /   .:::::::::::,.r ".,イ ̄`ヽ´     ヘ ヘヽ、     ,イ   ト、.| .| | ヽ、:.ヽ  `ヽ、 ヽ、::..   .l


                    __
                ィ  ̄  /  ̄`ヽ
             , ィ´ ヽ,.´  ´ ̄`ヽ/ `y´`7

            / _ノ`Y´       \/_∠ --、
              / /   /               \
           l   )`V.          l          ヽ              とあるやんごとなき方からの指令でして
          ,′〈  | l     |   |  /ミV彡      l
           / ,. 介ヽ!  l  /l  / /``ヽミ|:  |   |
            /.〈 ハ   〉  lィ⌒ メ、 /   `|: : .|   |              貴女には、死んだことになって貰います
        / . :.V ハ  /: : :!:.l/ V  lメ、    _/.: : /   |
        / . : : :/ | V:i: : :.l: |,r==ミヽ    //l: /: : . . .l
        ///:./__r┴:l: : :.l :| '''''      ,r=ミV/: : : . :./               いやー、もう困りますよ
        「 ̄|エエヽ ヽ: :l :|      ,   '''ハ: : . : :./         ,r 、
        レ'´ ̄ ̄`ヽ. `Yヽ  | ̄ヽ     /:.:l: : :/l/   r、    //      毒を撥ね除けるだけじゃなくて
        /. : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.\| ト、 ヽ__ノ , .. イ: /: :./ /    l } _//
         /. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : ヽl /`エ´ /::/:l:/:./      / ー´/´)       壊れた聖杯を運用されちゃうだなんて
         l. : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : V /^ヽV,.ィ   ヽ     /    ( /ノ
        |: : :: : : : : :::: : :::ヽ: : l{   l(( )L  ,. イ     ト〈 ∧   ´ノ
        |: : 、: :: :::: : ::: :: ::::ヽ:lノ1  ハノ:ト、`Y´ ̄)   l:.:.V.:.::.レイL      あなたがいたら、こっちの首がまわりませーん
       \: ヽ: : ::: : :: : ::::::.:.:ヽ1 ノ   ト、ヽL (.:ヽ、 〈.:.`ー==イ/
         \: : : : : : : : :.:.:.:.:.:l  |   | \ \/.:.:.ヽl.:.:.:.:.:.:}        如何に壊れた聖杯を設置しようと、簡単に処理されちゃうじゃないですかー



:::::::::      /   .:       ヽ              ヽ|:::::|::  l  l
::::::::   .:  /  .::      .:  |                 |:::::|:   l  l
::::::  ..::  /  .::   ./ .:/  /         _,,= 〉 ≠l::::|:   `、|
:::: .::: /  .::   /  .::/  ./     __,,,,,r-"´´   /- ヘハ   ヘ.|
:: .:::: /  .:: / /  〃 ./_,,,,,,--‐"´´         ./,=,,トヘ;::ヽ   ヘ、
.:::: /    .:: / / .〃 / ̄,ニテテ,.           l/ l| ヽヽ::ヽ   ヽ
::/     .:: / / .〃 , ' ,r.'´,,=テ=ミ、        i弋_ノl:::::ヘヘ;:ハ   ヘ     ……つまり、貴方方は……あの壊れた聖杯を作り出した張本人?
     .::::/  i .∥./  ,,r"´,rイ   ゙i¨`        |:::::::||::::::::゙l;ヽ、ヘ    ヘ
    ::::/  .l  ll /三/  〃.Cト.__,ノ           l::::::リ::::::::::i|:::.ヽ;:`、  .l
   :::/   | .il,' ‐〃  ||:::::::::::::::||         i_)∥:::::::::ll:::::::`i::::i   .|    何故です、何故、そんなことを……
    ::l::   .| .il. -||    ll:::::::::::::::||             、~i:::::::∥:::::::::|:::|.   !
   ::l::  .l .ll ,,ヾ    !!:::::::::::::;ll             \l:::,'/.::::::::::::レ′/
    ::l::.  i  i!   `   乂,';;;;;;;;i!            ヽ,::::::::::::/ /
    ::!;:.  !、.!、     ゝ_,>'"´                 / :::::/ /
  ヽ、.ヽ;:.  ヽヽ、                       / ,/ /
       ヽ、  ` ミ=、_       ノ          , ノ/ ./
         ヽ、   `-ミ==ー‐"´      _,,-‐"./, ' /ヘ
           ヽ、   ヽヽ             ‘    /.:li //、ヘ
.            ヽ、  iヽ`,              /.::l| l i ヽ,ハ
              `、 .l ヘ l               , l...!l l l    iヘ
              i、 i` | l-    _____/, 'レ’ハヽ、   ハ


    ー{: : : :/         /   /  イミヽ////|           ト、/
      人:/        - 、/   / ./ \l////| ハ         |丿
 ____/{  //        |\/| /     ̄ ̄|  }         |_
/. : :  /`Y / /        八/`ト ′       |  }__}_l_      |: : : :`ヽ
 ̄ ̄    l/  ,′       ,∠ 八|\       ィ"´/ / 八       | : : `ヽ:
.       /   ,       ≠=ミ           _/__/_厶/       ト、: : : : :
    /  /      / , ,          〃´ ̄「`ヽ::>    / 八   ー=
   ∠.ィ /  '   /            { ー‐'7 /  /  / /        ……それは話すことはできませんね
     __/ /i   ∧             弋__ン_〃  /   / イ
   /.::/,/::::人 /  '.          '    , ,   /   / / / !
.   /.::/.::::::/  ヽ. /l\     、           /}  //八/ |         ですが、一つだけ、イイコトを教えてあげましょう
  {:::::::::::/     /   l  \     ̄     / 厶イ‐-...、   |
  〃⌒ヽ    .イ    l    \        ..イ | /.::::::::::::::::::::\_」_
 〃      ヽ/::/ー‐‐个ー┬―'  ̄/.::厂  ヽ| ,:::::::::::::::::::::::::::::::\ `ヽ
 {{      /::/: : : :./`Y´|   .イ::::::/      ,'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   )
 ヽ _    /::〈 : : : / 0 ノ: :ー: :´: :l::::/|     ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::| (
. /⌒  /::::::::>ーL...イ : : : : : : ノ:/ |    ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   `ヽ
      /.:::/. : : /  /\ : : : 「:::/  |     ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    }









                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        |            我々は、御影家です          |
                        \_____________________/





. / / ,.' /.::::::::/        ,,.r'"´  i:|  .|:::::| |ハ   .ハ、
 /! . i! ,'.::::::::/         ".   ,,.-‐リ  .|:::::| . l .ヘ  ハ\
. l::| . l| .l:::::::il            -´ ,r" ̄.ヽ|∨:| ヽ   \ .ヘ .`
. |ハ lヘ.∨:::|   ,,r."´`        イ ,代_)ヽ|:lヘ;ヘ ハ. ..ヘヽ、ヽ、
ハ:ヘ. l:ヘ.∨:|  ,,r"  ,r‐、        ヽ////l|| ヽ∨ :ハ  .lハ lヽ、
  ∨ヽ、:ヽ.`ヽ."   / ,,. ‐-         ヽノノ ヽ、 |::l . |ハ   |ハ|::::       みか……げ……?
..ヽ、_\:::`:ヽヽ.`ヽ ' ,f ィ(.`ヽ、          `.l::l:l .!:::l .r┴-.!、
   >ゝ、.| .ハ.ハ.| .!///∧   ヽ、     .////.::/~.    `
    i l::: |  l::! |.ヽ._ヾ-゙‐'′   ` ,.., __,,///イ:;;/
    .l...l.  !  |::|...i!.\      i!   ι '´  /. ,/.//.,.'  .:
    i.}   il   l::! !ー-ヽ、 _ ノ|       / /./ /イ  .::
   il..! .|! i...ヘヘ、ヽ_____ノノテア ̄.l____,イ/ ,/,i|  .:::: :.

   ,l| .ト、 |  |.ヽ、ヽミー―― //   ヽ、__!!|/´.l:. .:::::. .:::.
.  /,ィ .|::::`!、j:::::....ヽ. `ミ `l‐'´ / 、_     i| |l:l  .ヽ::::::::i::::::::.
./ / i:::::::l`i、:::::::::::::.l:::::`、ノ  ヽ.、_  ヽ、. .|l_ゝ、./\:/::::::::;

  / /.:::::/.ノ::`i:::::::::ノ ::::/.      !_   ~   ゝ/..::::::/:::;x-‐‐"´


                 , -ノ ⌒「スー, - 、

              r‐'´ヾ  ヽノ_ノ__ / /ヽ- 、
             「/ ̄ ̄ ̄' ´     \/  ゝ、\
                /             \/  ヽ ヽ
               /                  ヽ   」   ',
           /    i    l           lく ',  i
           ,'    l   ト、l    i         l   」   l
              i    l   l" !   ,イ l       lープ   l
          l i    lー、l  l  /ィ-ilー-l   i l  ),.へ l
          l l    l', !  l  / l ! l l    l !/- 、:::ゝl, ィ
          l l    i l〃、 l / ,ィl=ュ、l,'   l,'';::::::::::::l::/_>
          l il   l l,,   !/   リ /,'  //ソ ヾ、:::人___く
          ll l   l ',   ノ     ""// // __ノ,.へ ト、 ! ',l
              l  l   l ヽ rー 、  /  // l / __ ヽ> l  !         /ヽ
            l  ',  il l l\  ノ / ,.イ,' ,イ /:::::::` ‐、l ト、   , ィ   ,  '´   !
             !  ', l ', l', l   ̄ // ノ//l/:::::::::::::::::::::::::l ,.ゝ' ´ ̄ ̄     / はいはーい、それだけ覚えてくださればもうそれ以上何も考えなくて結構でーす
            「',   ヽ! ',!/ ̄ヽ' ´ ー / 」::::::::::::::::::::::::::::l /        , -‐'´
           l i  ,.ィ、l  , - 、, へ-‐ '´「/:::::::::::::::::::::::::ノ /        /      安心してください、殺しはしません
          l l_ l l !/: : :〈: :/: : ', ̄l/::::::::::::::::::::::「 /       ハ
          「 ー、il 「 ,.ゝ: : /: / : : : i  ト、:::::::::::::::::::::l /     __, -'´ ',    あなたの存在そのものが、私たちの野望を進行させるキータームになりますからね
             l  l」<: ヽ:ノ: /: : : : : l  l ヽ:::::::::::::::/,'    ',         i
          l  ヽノ/ヽ/ヽ: : : : : /  ヽ、 ゝ:::::::/ i    i  /     ',
           ト- ':/    ̄ヽ: /-‐'    l:i  l:::/  ヽ   l , '     ,  ヽ  それに、貴女を殺そうとして、万が一八割を引かされたらたまったもんじゃありませんし
           ヽ::;'  i             l:ヽ ト7ー-、 \     i   l ',   \
               ',  l      ',      l:::::l ノ〉   ヽ/l'´ ,イ  ll  l  ヽ   \
              ヽ lo       ' ,     l:::l ノ     /  / l  l l  l    \   \
               l l   ,   -  、   l;'‐´  , -' ´   / l  l l  l     ` ー-┘
                  l' ´:::::::::::::::::::::::::::::` ‐l , -ー L -‐ ' ´  l  l  l  l
               l::::::::::::___::::::::::::::l       7    l  l  ',  ',    ではではー、大人しく、ここで余生を楽しんでください♥
               「' ´  __   ̄ ̄ l ,  -、  /    '、_」   ` ┘
               「 ̄ ̄ -- ─── 」\     /         ,.ィ
               r--- ‐ ' ´  , - ト、__` ‐ く    , -'´ l
          ,  - '/ヽー --- ‐ ' ´   / l- ヽ    〉- ' ´     >,.ィ     以上、御影ハルの提供でお送り致しましたー
--  ‐  ' ´    ,'    \       , '   li  ノ:\/`  ー--- ‐ '  /
            i     ` ‐    /   l lニヽ:::::::::\、 _      ヽ
                     /       l l  」::::::::::::::\   ̄ ̄ ̄ ̄
                 -‐ ' ´      !  l く:::::::::::::::::::::::\









                                                                    │\
                      ┌┐                          ┌┐                    ┌┐│  \
┌┐┌┐┌─┐┌─┌┐───││──────────────┌┐└┘──────────││┘    \
│││││  │|┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│        \
│││││  │|└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │          \
│││││  │|  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐\
│││││  │|  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘  \
└┘└┘└─┘└──────────────────────────────────────────────

くぅ~疲れましたw これにて第一部完結です!
実は、聖杯戦争スレしたら続き物のアイデアが思い浮かんだのが始まりでした
最初は鯖鱒のデータなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、七里達のみんなへのメッセジをどぞ

七里「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

ポッポ「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

キャスター「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

透「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

虎太郎「・・・ありがと」ファサ

では、

月島家、火宮家、水城家、ジュレヴォ家、金井家、グラント家、アレキサンドライト家、陽向家、御影家「皆さんありがとうございました!」



月島家、火宮家、水城家、ジュレヴォ家、金井家、グラント家、アレキサンドライト家、陽向家「って、なんで御影家が!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

【サーヴァント図鑑】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:静御前               【消費】:50        【属性】:中立・善          英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:E(10)    【耐】:C(30)     【敏】:B(40)     【魔】:C(30)    【運】:D(20)    【宝具】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   ,.'、                    |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
   / |                   |______|_____|
  ,  '.                ,.イ:::::::::;:ィ::::::::::::::_:::::::::::::\:::::\
  ,   '.                 /::::::::/:::::⌒ヽ/:::::::::\::::::::::::\:::‘,
  i   ,イ                  /:::::::/::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::‘,::/::::ハ::::::.
 .,  ;ハ               ,:::/:::/:|::::|:::|:::::/::Y::ハ:::l::::::::∨:::::::::::|::::::
 ‘   ヤハ            ;|:/:::/:::|::::|:::|:::::|´`´`.}::|:::::/::|:::::::::::::l:::::::|
.  _   ヤハ                |'|::::::::::|::::|::ハ::::|    .|::|∨:/:!::::::::|:::|:::::::ト、
.  ‘   ヤハ             |.|:l::::::::|::/l:{ |::::!   ィ|::| ∨:::!::::::::!:::!:::::::!:::\
  ‘   ヤハ            i|:|::::::::l/ヽ|ハ:| '´ __|リ__ }::::|::::::::|:::|:::::::|⌒ヾ
   ‘   ヤハ           八:::::/トfrミ. i!  ´ l r':Vフ::::l::::::::|:::|:::::::|
   ‘   ヤハ             ∨八 ゞリ     乂:ソイ:::::!:::::::|:::|::::::リ
    ‘   ヤハ            |::|:::ヾ  ,        |:l:/;/ト、 l/}/
    ‘   ヤハ            レヽ:::ヽ   _ _    从 ;/Xl ;::::  ≧=‐――┐
     ‘   ヤハ         ,.--ゝ!^7^/>、 __,.イ /:j/XX| }/       /!
     ‘   ヤハ      f ̄     /x/;/{; |;: };:;} / :: ,|Xx,j        /!
      ‘   ヤハ      {     / /xハ  !/ / / /XУ     / ! /
.      ‘   ヤハ     \  У /x/  1  У  /  /Xx/ ∨ /  | /
       ‘   ヤハ     l\/ /x/   \/  /  /Xx/  j/    j/
.        ‘  ヤハ     ! / /x/    /  /  /Xx/    i     !
         ‘  ヤハ    | l /x/    /  /  /XX/    !    /
         ‘  ヤハ    | i /x/    /  /  /X:X/    /    ,
.          ‘  ヤハ    ! i{X{    /  /  iXXx/    /    /
           ‘  ヤハ   l Yヘ   ,′ /   !X;Xi   /    /
  .         ‘  ヤハ  i  マ{ヘ i   !    マ;Xヘ, /     /
             ‘  ヤハ_ノ   マハ ゝ、 ヘ    マ;X/       ∧
             ‘  ヤハ    ヾマ{ヘ \I、___.,,>/        '  \
              ,゚,  ヤハ    〕゙ 〈^7〈^>ニニ/         /    \
             / ゚ , ヤハ     \乂八>  /      i /      \
           /     , ヤハ      l    /       レ′       _
          /      ヽ  ヤハ/⌒ヽi|   /       |         ヾ、
         /        |ヽ マハ   }i   /         l
        /        ,ィ| \ マハ‐‐x1   レ⌒ヽ      |
       /        /X.i  ,\ 寸 _\  |/   \     l、           \
      /       /X;/|  //》`_ 〉 》 i| /    ∧    |x\           、
      |      /X/ ! \ヾ У彳 / V    / |    |ヾX\
      |     /X//  !  ≧=一'Y__,イ|   /  l    | ヾXX\         ',
      j/  /X/ /    i   / ヽ,ィ=ニニλ  1\ l    !  ヾXXx\        ,
      〉 /x/  /     \/    ヽ一'_j   |  `、j   /   ヾ、XXヽ       l
     〈/_/   /            | 厶,,ィ  /   \_/     ゞXヾi       |
AA 菊地真(アイドルマスター)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                               ̄ ̄\  \
                          ______ \ |
                       ..::::::::::::::::::::::::\}丿___

                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧∧:::::::::::::::::::::::::.
                 / ::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::/⌒⌒:::::::::::::::゚。:::::::.
                   |:::}:::::::::}::::::::/|::::::|::::::::::::′  !:::::::::::::::゚。::::|
                   |:::}:::/:/ ::::::/ ::::::|::i::::::::|    !|:::::::: {\゚。:|
                  |/:::/:/:::::-/-‐|:::7|::i::::::::| ー-  .」_|\::::::゚。::\|
                //|/:::::/斗-レ 、|人::::::| ,斗--}ノ、 \:::゚。::::|\_
                    /|:::厶イ 《 {r刎    \|  {r刎  》 }::\゚。:|
                     |:::::::::::. ” Vツ         Vツ ” ,.:::::::i:\
                    |::::::::::::::、..:::::::::...        ...:::::::::.. /:::::::::|::::「\
                   |{\:::::::{\_      ′       ノイ:::::::|ヽ|
                   {  ゚。::::::.               _,ノ|::::::::|
                       ゚。:::::\    r~  ヽ    人::::|::::::人
                     :::::::::|o。.         ...:个::::ハ|/|  }
                          V\|:::::i  >-< {::::/|/ }/V
                           厂|        {∨ヽ ̄\
                           -〈 . . \_____ {. . ./}. . . . .
                , -‐< . . . . . . . . . . r‐ } 、_/{_._._._}_|_____________________

                   /. . . . . . . . . . . \. . ..| . . }   }. .厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
               / . . . . . . . . . . . \ \ノ. . . \丿/             /
                 | . . . . . . . . . . . . .\). . . . . . . .}/             /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
 ◆対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
 【タイミング:常時】
  【【魔】で、相手から見て1~6番目に悪い手で優位を取られてもダメージを受けない。
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】

 ◆騎乗:D
 騎乗の才能。大抵の動物、乗り物なら人並み程度に乗りこなせる。
 【タイミング:撤退時】
 【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、コンマ判定を行う。01234が出た場合その宝具は失われるが、令呪1画の消費で撤退できる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
  ◆神性:E
  彼女はとある神社で神様として祀られている。

  ◆白拍子:A  固有マトリクス1
  佩刀し、男装をして詩を詠みながら舞う白拍子。その姿は凛々しく美しい。
  そのルーツは巫女舞に有ると言われ、神をその身に憑依させる事が出来るとも言われる。
  自分の神性スキル、魔力、幸運を1ランクアップさせる。
  【タイミング:戦闘開始時】
  【奇襲を受けていない場合、魔力50を消費することで神性ランクがD、魔力、幸運+10】

  ◆単独行動:D
  マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
  ランクDならば、マスターを失っても半日間は現界可能。
  【最大残存魔力が50増加する】
  【マスター死後も2行動だけなら現界できる】

  ◆雨乞の加護:B 固有マトリクス2
  日照り続きで、後白河法皇から雨乞いを命じられた際、静が舞うとたちまち黒雲が現れ三日間、雨が降り続いたという伝説から。
  静は、後白河法皇から「日本一」の宣旨を賜ったという。
  相手の太陽や火に関わる能力を封印する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                         ト、. ヾ.、                        /   /  /
                         |::}  }:/                        /   /  /
                ,.ィ=--=... _   }/ 〃                       /   /  /
             ,<:::´::::::::::::::::::::::::::::::<_イ、                      /   /  /
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                /   /  /
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::イ::::::::::‘,              /   /  /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト:ゞハ:::::::::::::::.            /   /  /
         /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::|   Ⅵ:/:::::∧         /   /  /
       ./::::::/:::::::::::::::::/::::::::/ .|::::::::i:::|   V::::|::|::::|        /   /  /
      ..イ:::/:::/::::/:::::::/:::::://、._l:::::::.|:::l  /∨:|::|::::ト、      /   /  /
     ̄フ/:::::/::::/::::::::/:::::/レ   .|:::/::ト::|./.ィミ、V:|::!::::|ハ   ./   /  /
      〃/:::::/:/}:::::::::}::::/ ,ィ芹ミ::/、lハ|.  し} リ::ハ{::八} ./   /  /
      /:::::/::::::::从:::/|::/ 〈{ V:し}'     .レ' ハ:::::::::::::/   /  /
    /}::::::/:::::/}:::::/ヽ u  `ー'        、  {:ハ::::::/   /  /
      /::::イ::/}::八/ .ノ-、         __    八}/   /  /
    .//}:/  .レ∨'´    \ー┐  { : :/\..イ}/   /  /
   /  /  / /       ̄`ヽ   ー\  .Y    /  / __
          /  /         >' ⌒\>.〈 \/  / .f  .{-=ミ
         .{ 、  Y      _.ノ     \ \ \_/._ ./ ゝ '- 、 |
           lハ  {      〃        \ィ.、ー \ ヽ .}へ  Y
         ‘,\|     .{{    \     \\/ .//-、  }
          }  ゝ _  /      \      }  ./ ゞ   ./
          l     Y  \     \   ./   {   /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
  ◆得物、刀に非ず  固有マトリクス3
  ランク:B 種類:対人宝具 レンジ:99 最大捕捉:6人
  薙刀の名手、静御前。彼女の力を十全に発揮させる宝具。
  使用している刀の属性を「戦闘用の薙刀」というものに書き換え、
  自身のステータスとスキルを神官、芸能家としてのそれから武闘家としてのそれに変更する。
  薙刀の属性を得た刀は見た目より攻撃範囲が広くなり、直感や心眼等のスキルを持たない相手にとっては対処が難しくなる。
  【タイミング:戦闘開始時】
  【ステータスとスキルを以下の通りに変更する】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:静御前            【消費】:50        【属性】:中立・善             英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:B(40)    【耐】:C(30)     【敏】:A(50)     【魔】:E(10)    【運】:E(10)    【宝具】:B
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 ◆心眼(偽):C
 第六感による危険回避。
 【タイミング:相手の持つ、優劣を変更するスキルの発動時】
 【効果:相手が持つ全てのスキルは、三つのステータスまで、その優劣を変更できない。ただし、宝具やスキルの発動コストとして
  自身の優位を劣位に変える効果に関しては、その限りでない】

 ◆心眼(真):C
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が数%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。
  【タイミング:戦闘時、または狙撃時】
  【確定劣位であっても判定を行い、クリティカルが出ればこちらの優位としたうえで20点ダメージを与える】

 ◆戦闘続行:D
 瀕死の傷でも長時間の戦闘を可能とする。
【HPがマイナスに達しても、その戦闘中に死亡することはない】
【ランサーのHPが-20を越えた時、上記の効果は消失する】

  ◆神性:E
  彼女はとある神社で神様として祀られている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                        ̄ `ヽ、
                      ___ ヽ:.、

                    /´ ̄ ̄ ヽ:.ヽ}:.:l
                      ,. -、 _,. イl:.!i:.ト、
                      /:.:.:.:.:.X⌒ヽ}ノノ:.:⌒ヾ 、
                      /:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                 ,:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

                   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                   ,′:.:ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}/:.:.:.:.:i゛",:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、:\
                l 才´7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:/ i!:.:.:.:.:.l   ';:.:.l:.:.:.:i!:.ヽ`ー
                 j:.:/;ィ7:.:.:./:.:才ノ`ヽi:.:.:.:イリ -‐}-j、:.:.:.i!:.:.ハ
                  /:.:.:.:.:.:.:.j:.: /{:.イ´   ノ:/ソ′ , l:.j{:.:.:.:.:l!:.:.:.l
              /,イ:.:.:.:./ !:/:.K:iゝ==ミ'  ′ィぅfヽハ:.:.:.:.l:.:.:.:i

             ノ´ Ⅶ:.:.ゝj:.:.:.:{:.:!           しノ "ス:.:.:.リ:.:.:リ
                 }:.j!:.:.:l!:.:.∧ハ  _    ,   /:.:.l:.j:./:/
                 l:ハ:.:.Ⅵ:.:.:.:.:, f´  ` ヽ    ハ:.jノ:´´l
                 ′ ヽⅦヽ:.:.ハ、ゝ、  ソ    ,イ i:.:.:.:.:.j!i
                   ソ⌒ヽ:.ハ >  ̄_ , ィ´! リ  }:.:.:.:.ノリ
                ( `く    ∨ゝヘ  lYヽ:.ハj    j:.:/′
                ∧ ',    ヽ`\ニVノtft- ―‐-く

                    /  ,_ i  _   } ` {yヽ`トヽ    ヽ
                ,. ´   / ヽl/ /_  l  rヽ  \ トt_   ',
           ,. ´    / ム i  f´  j  Ⅵ{_  \l Z_  i
       _,. ´      l 、ヽ ト}  、  j! ´  \トtヽ ヽzrィ`ヽ
    ,ィ´ー 、 _      ,ィ `^/r  } / l     ヽZ!`ir‐ ヽ7  '
   /      `ー‐=´―l     {  / / j       ∨zl  /イ ノ
.  (                 ヽ   _/V  ∧ゝ,       ∨7, /ぅ /
   ` 、         _ ― - ´   } ./  /  __ ∨ノr' /
     ` ー― ´ ̄         ヽ   /      /ヽー {
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【weapon】
 ・儀礼用の刀
 白拍子として舞う際、腰に佩刀するその刀。
 儀礼用のものなので、戦闘には向かない。
 セイバーとしては筋力が低くなっている原因。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。源義経の妾。
母であり、白拍子である磯禅師から白拍子のノウハウを伝えられ、彼女もまた白拍子となる。
白拍子としての彼女の才は凄まじいものが有り、たちまち「都一の白拍子」と評される様に。

源義経に見初められたのは住吉の雨乞いの際。
後に吉野で義経と別れ、捕えられて鎌倉に送られた静御前が、頼朝の前で

「しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな」 
「吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」

と義経を慕う歌を詠んだ事 から見ても、その仲は良かったとみて良いだろう。

上記の歌を詠んだ時に義経の子を身籠っており、頼朝は「女子なら助けるが男子なら殺せ」と命じる。
1186年7月29日、静御前は男子を出産する。
頼朝の命により安達清常が赤子を受け取ろうとするが、殺されると知っている静御前は泣き叫んで我が子を離さなかった。
しかし磯禅師が赤子を取り上げ清常に渡してしまい、その赤子は由比ヶ浜に沈められる。

失意の静御前と、その母磯禅師は京に帰された。憐れんだ政子と大姫は、彼女達に多くの財宝を持たせたという。
その後の静御前の消息は不明である。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い 】
 由比ヶ浜に沈められたという、我が子を甦らせる事。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【備考】
本来の適正クラスは薙刀を自由に扱えるランサー。
しかし「セイバーってクラスは最優になれるんですよね!なら願いを叶える為にも、セイバーで召喚されたいです!」
とのたまい、セイバーでの召喚を望む様に。
結果がこの低筋力である。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


               , -‐-、 ,,.. - ― - ..,,
        _/: : : : : : ヽ、:::::::::::::::::::::::::..
       ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!::::::::::::::::::::::::::ヽ.     アレキ、ジュレヴォ、陽向がないのは……本筋に直接関係が無かったのと、私が面倒くさかったから
   .    ∧7: : :∨///∧ : ;i!::::::::::::::::::::::::::::::.
   .   ,.┴ァ;斗、: ∨//;∧: il!::::::::::::::::::::::::::::::::',   どちらにせよ、各家ごとに後日談を(たぶん)作るので、そのときにまた紹介しますよ
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/j|::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      j / /,/,ィフ////////j_):::::::::::::::::○:::::::::'
      Y i '" r'7////////,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::,'

.       |    }ンー=ニ二ニィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     さて、セイバーの話をしましょう
      j   /     ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::/
     jく、  k.        ` ー- ___ -‐ ´       セイバー、静御前。八百万聖杯戦争、円形都市1のときのセイバー松永久秀と同じく
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ´: : : : : : : :`ヽ
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`‐-.,___ ,.."};八、_      枠を歪めての召喚でした

    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ 性能としては、弱い部類に入りますね。仮にこれがセイバーじゃなくとも 
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}

  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イですが、ボロボロになりながらも最後まで生き残る執念を見せました
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,//

              Y;///   ////////////////////
           レ'"    ////////////////////|  制作者は無人さんでござい
             /    ,/////////////////∧/彡!
        r="ヘ、   ////////////////////7/::::{  音信がないのが心配です
       厂彡 ヽ //////////////////////ハ///イ

      /     ∨///////////////////////;///|

┏━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┓
   ≪クラス≫:アーチャー
┣━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┫
  【真名】:イリヤー・ムーロメツ       【消費】:50        【属性】:中立・善          英霊
┣━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
  【筋】:B(40)     【耐】:B(40)     【敏】:C(30)     【魔】:D(20)     【幸運】:D(20)    【宝】:A
┣━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

      _     ____
.         /ィ>''"       ` 、
         {_ソ/ ,   __   ヽ    \
           / / .ィ。´ ノ      /バ:.
          .' 1  ´ ̄        f′ } '.
         У          _/  ) / |
        〈/ 、ノ- 、 ==x  |     ノ   、   __
           Y´:.:. : : :ゝ: ノ │  :|     .〉≦/∧
.           |'⌒ ー‐一’ .ノ   .:|  ィ≦//////ヽ.__
.          ゝ ´ ̄` ー一     彡//////////≠ .)三
          { 、        ィ≦////////才:'三ゝイ三三
             ゝ-ー=ゥx≦////////>'" イ7777777777
             ォ≦x仆 、/////>'" ィ≦////////////
           |∧//| |\\.ィ" ィ≦////////////////

           ||/キ/:! !// ー 7///////////////////
           lj//ゞ:!_!//////////////////////////
           ///ー三三三三三`ヾ/////=≠=ヘ/////
代理AA:アレックス・ルイ・アームストロング(鋼の錬金術師)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆対魔力:C
   第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
   大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
  【タイミング:常時】
  【【魔】で、相手から見て1~6番目に悪い手で優位を取られてもダメージを受けない。
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆単独行動:B
   マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
   ランクBならば、マスターを失っても二日間現界可能。
【最大残存魔力が150増加する】
【マスター死後も2日までなら現界できる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆騎乗:A
   幻獣・神獣ランクを除く全ての獣、乗り物を自在に操れる。
  ①【タイミング:撤退時】
  【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】
  ②【タイミング:常時】
  【乗騎状態の時、【筋】【耐】【敏】に10の修整】

 ◆戦闘続行:A
   往生際が悪い。
   瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
   アーチャーはタタールの大軍と5日間戦い、その後5倍の数の天軍と6日間戦い続けた。
  【HPがマイナスに達しても、その戦闘中に死亡することはない】
  【アーチャーのHPが-50を越えた時、上記の効果は消失する】

 ◆授かりし肉体:A
   旅の老人達の手によって授けられた強靭なる肉体そのもの。
   後に巨人スヴャトゴルの力と勇気を授かる事により、その力は更に強靭なものとなっている。
   強大な神秘の二重加護を帯びたその体は、常に筋力と耐久がランクアップしているものとして扱われ、
   精神、肉体に与えるバッドステータスを無効化する事が出来る。
  【アーチャーは常に【筋】【耐】に+10の修整をする。】
  【アーチャーはあらゆるステータス低下の効果を無効化する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                            /
                           /              /ヽ
                          /    ;;;;;;,,,,,          li'! .i
                           /     ;;;;;;;;;;;;;;   、     l i
                         i    ,,;;;;;;;;;;;;;;;;,   ヽ、     l .i
            , illliliゝ  ,,,         i     i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     i   i´i ,' .i
         ;ililililililililililililili,       l   i     i,;;;;;;;;;;;;;;;;;     i   `´ i
         `´7ilil'ililililliゝ        ll  i     ,〉;;;;;;;;;;;;;;;,,     i     l
         ,,ililソ`il又ii/ ,,     l l i    '、;;;;;;;;;;,''''、       ヽ    .l
         〈ili//ililノ'ilililili;  ‐=二 二=‐    `l´   _`ヽ     `i  /
          `´`,´;;;,,, `´      ゝl l`l      l.   (.・.) ヽ   ,´  `、
            ililili;;;;;;;;;.     / ll l      ,;;l、   `´   ,ゝ,-,-‐‐‐‐-,-、
            lililil'''''''''    l   l -l    ,,;;;;;;;;;` ‐--‐ ´ / .l     l
         ,;;lilililililililili;;,,,    l  ´i‐l .,  '';;;;;;;;;'''        l  l.      l
          '!liliゝ'ilil!'`'ilil'     i  .ヽl i    ;;;;;;;;       i. l       l
          ` ̄´        i \l ヽ  ''';;;;;,..        '. .l     .l
         ililili, .ililili, ililili,     \ .l   ヽ、 ;;;;;;         / .l       l
         .lilil  lilil .lilil       \l   ヽ::::;;;;;'       ゝ、_l.     ,l_
         lilil  lilil .lilil           l.    i'';;;;;      /  ` ‐---‐.'
         ⅷ  ⅷ .ⅷ         i    i i´i;;.    /
         皿  皿 .皿          i l.   i .i ` ‐-‐´
                       i l   i \        ゝ--‐‐‐‐--、
                          i  l.   i .;;;;;;;;;ゝ、_  ゝ ´
                         i  .l  .′;;;;;;;; ;;;;;; ̄
                      i    i   i .;; ;;;;; .;;;;;      , --‐‐‐‐‐、
                    ,ゝ´i     i  ヽ;; ;;;;; .;;;;;     /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ◆怒り掃いし宴の決意(キエフ・バンケーツトゥ)
  種別:対軍宝具 ランク:C+ 最大捕捉:1~50人 魔力消費:40
  ウラジミール公の宴に招かれなかった事に怒り、宮殿や教会の黄金の十字架や丸屋根を
  矢で射って砕いて金に換え町の酒場で宴会を開いた逸話の具現。
  真名解放と共に射出する矢が幾重もの黄金色の魔力の矢に分散し、一定範囲内を攻撃する。
  その矢に穿たれた物体は金へと性質変化し、神秘性に異常が起きることによりランクが低い宝具ならば
そのまま使用不能と化してしまう。
  しかしこの宝具よりランクが上の宝具は効果を受けない。
  【タイミング:1つ以上の優位を獲得】
  【効果:相手サーヴァント全員のweapon、E~Dランクの宝具を無効化する。この効果は戦闘終了まで継続する】

  ◆勇敢なる武勲伝説(ブィリーナ・オブ・イリヤー)
  種別:対人宝具 ランク:A 最大捕捉:1人 魔力消費: 50
  「授かりし肉体」の真の力の解放。
  真名解放することにより肉体、または手にした武器に自らの神秘性を増強、固定する事により、攻撃そのものがAランク級の
攻撃宝具と同等の威力にすることが可能。
  さらに、城を占拠していた怪物、イードリシチェ・ポガーノイェを村人から持っていた杖で倒した逸話と巨人の血を引く息子
ボドソコリニクを雲の高さまで投げ飛ばして倒した逸話の融合により、怪物殺しの特性を持つ。
  【タイミング:筋力で優位を取った時】
  【効果:【筋】による与えるダメージを40増加させる。相手の特徴に怪物がある場合、更に20増加させることが出来る
この宝具は1回使用した後1ターン待たないと使用することができない】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                      ,;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y  ヽ' ,
                         ,,;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   ヽ '
      ∠´゙゙゙`ヽ           ,,;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ,. ノ /
   .//`ヽ  `´        ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l .\/
  Y ノ  ノ⌒ヽ          '';;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  .|  、     l     ,     '';;;;;;;;;`Tー- ,,,_;;;;;;;;;)
   ',  ',   i'´     /      '';;;;;;;;;;;;> リ´;;;;;lく
   ヽ  `ヽ )     l        '';;;;;;;‐''´;;;;;i;;;;;;;;;;',
      \        ',       ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ',
      ー,          )     ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;',l
      /         /    ,,,;;;;;;___;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
    |l . /         /   ,;;;;;;;r'´r'´ , -┴--、;;;;;;;;;;;;;;;;',
    |i l       ./    ,;;;;;;;;;,| ゝ'´     `ヽ--- '
    |', |       ',   ,;;;;;;;;lハ__,,,,......__   /
    ',ヾ\       .',  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ-'
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【weapon】
  ◆無銘・弓矢
   アーチャーの愛用する長弓と矢。
   宝具ではないが、イリヤ―の筋力を合わせて強力な武器となり、その威力は矢が地面を抉る程である。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
 ロシアの口承叙事詩ブィリーナに登場する英雄(ボガトィーリ)。
 農民である老夫婦が子供が授かるよう祈った末に生まれたが、生まれつき手足が動かず、30歳まで家から出ることがなく病床に臥していた。
 ある日、魔法使いの旅の老人達がイリヤーの家を訪れる。その老人達がイリヤーに声をかけると、イリヤーは突如立ち上がることができるようになり、
 老人が持っていた特殊な薬を飲む事で人間離れした怪力を持つに至る。
 老人達はイリヤーに「正教のため、国を乱す者と戦うため、弱い者を助けるためにこの力を使う事」と約束させ去っていった。
 イリヤーは国一番の勇士になることを誓い、キエフ(ウクライナの首都)を目指して旅立ったが、道中で巨人スヴャトゴルの妻サルイゴルカに誘惑されてしまい、
 已む無く応じてしまう。
 その後スヴャトゴルに見つかってしまうが、イリヤーは正直に真相を語るとこれに感じたスヴャトゴルは妻を追放し、イリヤーとは義兄弟の契りを交わし、
 共に旅立つこととなる。
 しかし旅の途中、スヴャトゴルは息絶えてしまう。
 死の間際、その身体から命の泡があふれ出し、イリヤーははこの泡を身につけ、泡沫を舐めることにより、巨人スヴャトゴルの力と勇気をも受け継ぐ事となる。
 その後の旅の道中も、チェルニーゴフの町を包囲していたバスルマンの軍勢を追い払う、ブルイニの森で人々に恐れられていた盗賊、怪鳥ソロウェイの右目を
 射抜く事で捕らえる等の活躍を見せ、キエフに着くと、イリヤーは「太陽公」ウラジーミルに仕え、国境を脅かしていた幽霊を退治したり、
 その間にキエフの城を占拠したイードリシチェ・ポガーノイェという化け物を打ち倒したり、サルイゴルカとの間で生まれていた息子ボドソコリニクと和解と
 死闘の末倒す等、様々な戦いに勝利してきた。
 後にママイ率いるタタールの大軍と5日間戦い勝利するも、味方の勇士が不遜な言葉を吐くと、敵軍の死者が起き上がり襲い掛かってきた。
倒しても倒しても起き上がる敵軍に対しイリヤーは、目の前にいるこれが天軍だと悟り、天に祈りを捧げた。
 すると敵軍は皆倒れ、イリヤーを含む勇士たちは石像となったという。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
彼自身は聖杯に対する願いを持っていない。
 彼は老人達と約束した言葉であるに従い「弱者を護るため」に召喚される。
 そもそもが彼自身がかなりのお人好しであり、過去の自分の経歴故に困っている者を見過ごせない。
 そのため彼は必然と、「困っている」マスターに手を差し伸べる存在である。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 一人称は我輩。二人称はお主。
超ボランティア精神であると同時に筋肉主義。
 上にも書いてあるがお人好しで、困っている者がいれば事ある毎に手助けしようとする。
 また宝具のせいか妙に自身の肉体を強調するため非常に暑苦しい。
 過去の経歴ゆえか、仲間外れ(特に酒飲みの席で)や空気を読まない発言に非常に敏感で、場合によってはそのまま単独行動する
 恐れがある。
 最も、基本お人好しのため最終的には助けに来てくれる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫




                                    一人称、二人称を指定してくださっていたのに、ごめんなさい!

                 ,,... -──-....、            ブレッブレになってしまいました、アーチャーです
                   ,. ´:::::::::::::::::::::::::::::::丶、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         出番もあんまり多いとは言いがたく、総じて、残念なことに終わってしまったと……
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        大量の設定を記載して頂いたのに、あまり多くは書き切れませんでした……
              {:::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::γ⌒ヽ:;-、} ∩
             |///ヽ乂__ノ::::::::::::::::乂__ノ〈ヽ. ヽ |!     性能的には、今回の基準の低いメンバーの中ではそこそこ上位
             l// / )/ l::///:::|  |:::::} l | |}
             | l ! |/  .|:::::::::::::::::::::l  l:::/ ! ! .|      ステータスは元々もう少し高かったのですが、スキルとの兼ね合いにより、表記上は低く
            |l !  ヽ. !:::::::::::::::::::::l  レ    /‐-
              /:\   \!::::::::::::::::::::i/   /|::::::::::ヽ  スキルを合わせて元の数値になるように調整しました(たぶん)
           /::::::::l\   ヽー-- 'ハ    /  |:::::::::::::'
.         /::::::::::::::/:\___|/´;:;:;ヽヽ--‐':::ヽ  |::::::::::::::
         |::::::::::::::/'\:::::::::::/i;:;:;:;:;ハ:|::::::::__/ヽ.|::::::::::::::  制作者は、八百万初期からずっと送っていただいている方の一人

         l:::::::::::/::::::::::::` ̄:|.〉ヘノ::::〈: ̄::::::::::::::::';:::::::::::::
         i:::::::::/::::::::::::::::::::::/;:;:;:;:l :::::';:::::::::::::::::::::::V:::::::::  絶対数がそこまで多くないので、あまり目立ったデータはないですが……

                                    トチギーの時の赤マントの怪人などの作者さんです

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:ハンニバル・バルカ       【消費】:50         【属性】:混沌:中庸         英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
 【筋】:B(40)     【耐】:C(30)     【敏】:B(40)     【魔】:D(20)    【幸運】:D(20)   【宝】:A(50)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

              ノ  /  ..::.:       / ,..::   ,:   ヽ丶
          ー==彡  /  .::.:..:  ー=ニ二..::彡..::./ ノ;:.} ー=弌i
         __>'..::. .:{:. 二ニ=‐   ..::>'..::.:..:/ /;仏;|   i:..i
        ̄ ̄ア.:ー=ニ二.::.:._    ー=ニ..::.:..::./ ..:イ::/`⌒|   l::.{
         -=彡:.二=-‐    ..::.:..::.:..::.:..::.-=彡 .::/.:/    | |:. 八:.'、
          /.::..:>:..::.:..___.::二ニニ≦ / .:/.:/    ; :|.::.. ヽ:\
        ∠ニニ彡/.:/.::i:..::.: 丁 衣J::r气У ..::.:..,厶≦ ̄/ 八::.:.、.::ヽ^`
          / /.:イ..::.j:..::.: {    ̄/..::..//父:ヅ刀 .:/..::.ヽ::.:ヽ::.ミー
.             /'´ ,..::.八::.:. : __/ -‐彡      ̄ノイ.::.:..;{..:i\::.ヽミー
           /..:;乂ヘ::.!: ト  ̄           / /..: .刈::.{  ` ー\
            // j.::l:.ヘト、:、              ノ..:/ 小::'.
.           /´  /:/:..:小 `\      丶/    /イ ィ´ 八トミー
               /.イ..::.:..:込      -‐ ー-、_     .イ爪:{
             }.::|::.|:i   、    ─-     イ.:/  `{
                 ノ:イ::j|::   \        //.:/
               ´ !.八{     \    . く /;:/
            _ ィ'^ `        ̄    //i′
     /^\_,> '~   ;   i         ,i/
/⌒`く     \     :              从
=ミい  \     \   ’    ヽ        / { ;ヽ、
:::::::\   \        ‘,     \     ′ :   丶x-‐…=x、
:::::::::::::\   \     ヽー’  __  〉   }   ;   │\_〕  〔,_
:::::::::::::::::::\ い 丶   ′ ‘,    `ミ 、 {  ,.x:ー―┼―┤  ト, \
:::::::::::::::::::::::::\    \  i、  ’,     `  '´  ;  │  |  /い |≧=-、
代理AA:一之瀬 トキヤ(うたの☆プリンスさまっ♪)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
 魔力避けのアミュレット程度の対魔力。
 【タイミング:常時】
  【【魔】で、相手から見て1~4番目に悪い手で優位を取られてもダメージを受けない。
  また、これよりランクが低いか、特記されていないマスターによる魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。
 【タイミング:撤退時】
 【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆包囲殲滅戦術:-
  古代、彼が得意とした戦術。
  おとりを配置し、両脇に潜ませていた兵で敵を包囲し、さらには後方からも攻撃することで殲滅するというもの。
  戦闘に参加している味方が複数いなければ真価を発揮できない。
  【タイミング:味方サイドのユニットとサーヴァントの数が敵サイドより多い時】
  【1ターンの間、味方ユニットまたはライダーを含む味方サーヴァント一体が全ての攻撃を受ける】
  【味方サイドのユニットまたはライダーを含む味方サーヴァントの全ての【筋】【耐】【敏】が10(1ランク)上昇する】
  【敵陣営は撤退時、令呪を一画多く消費しないと撤退できない】

 ◆カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。
①【タイミング:軍隊系宝具の使用時】
 【自身の【魔】を除いた全てのステータスが10(1ランク)上昇する】
②【複数戦のとき】
 【味方サイドの他のサーヴァントの全ての【耐】が10(1ランク)上昇する】

 ◆軍略:A+
 一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
 自らの対軍宝具や対城宝具の行使や、
 逆に相手の対軍宝具、対城宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。
【自分の対軍宝具、対城宝具の消費魔力、維持と発動ともに-50】
【敵の対軍宝具、対城宝具の消費魔力、維持と発動ともに+50】

 ◆逆気配感知:-
 現代でも恐怖の代名詞となっている彼は、近づいただけで感知されてしまう。
 【ライダーは奇襲・狙撃ができない】

 ◆対羅馬誓約:-
 父に、ある神殿に連れて行かれ、そこで一生ローマを敵とする事を誓わせられたという。
 敵がローマ人、或いはローマに味方をしたことのある場合、バアルの加護を受ける。

 【敵がローマ人、或いはローマに味方をしたことのある場合、全ステータスを10(1ランク)あげる】 
 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

              /: : : : :/: : : : /: :`: 、                  / / / /
             /: : : : /: : : : :/ : : : : : : \               / // /
          -=≦: : : : : /_: : <: : : : : : : : : : : :ヽ              / / /_
        -=≦: : : : : : /: :\: : : : : : 、__: : : : :イ             / /   ̄   }
      __<: : : :ト: ⊥: :_>: : : : : >: : : : /: : :ヽ          / / ─-<Τ│
     ア///////ヾ: ヽ: : : : : : : : : :ー=彡イ: : :/ :ハ: : : ',       /          ) !
    彡///////////\: :>: : : : : : : :/ヽ/: :/ :/ j: : : :|   __ /        /Τ /し'
  ≦///////////////下ー--─ィ示アミ/: :/: /刋: :ハ{ l7;;;;/         /  .し'
  ア/////////////////∧: : 八{ ´ ̄`ノ' /イ¨ リ : {  / |;;;;(      /

  乙// ̄ ̄ ̄ `ヽ//////ミ从 ヽ        { ハ: 从 イ  > ;;ヽ_,,,,匕}
   /         \//////Z        ‐'/:八{ /{;;Υ \;;;;;;;;;;;イ_>
.  /            \/////乙 マ::::::::ア イ∨ /  ヽ;;;ヽ/  ゝ匕
 /              ∨//////Z 二/  /      \;;;ヽ/
. ′        /     ̄\///////アィァ       /  ̄
′       /       ´ ̄`ヽ._/...|´         /
    ー─              /./......|          /
                     / /............|        /
      、           /  /...............{       /{
      \             {..................\   /....|
        > ,          \...................`.....く..j...|
      /    >          \...........................ノ
                >   __\...............イ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
  ◆慈悲深き羅馬の災厄(ハンニバル)
  ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ1~99 最大補足1000人 消費魔力:120
  かつてローマへ進軍し、次々と敵軍隊を殲滅した軍隊を召喚する。
  そのほとんどは傭兵であったとされ、またライダーは彼ら全てをを従わせたという。
  【タイミング:ラウンド開始時】
  【特定の行動を行わず、ダメージを代替わりするだけのHP30のユニットを5体召喚する】
  【一つのユニットに与えるダメージが超過した場合、余剰ダメージは他のユニットに与えられる】
  【騎乗宝具つき。騎乗中、敏捷+10】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【weapon】
特になし。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
第二次ポエニ戦争、通称ハンニバル戦争を開始したとされる人物。
ローマ史上最強の敵として語り継がれるほどの戦術家であった。
カンナエの戦いでは、包囲殲滅戦術を行い、ローマ軍を完敗させた。
彼の包囲殲滅戦術は現代でも研究され、実際に戦争で使用されるほど。
また、恐怖の代名詞としても知られており、ラテン語には「戸口にハンニバルがいた」という言葉を危険が迫っていたという意味で使う。
さらには子どもを叱る際に、「ハンニバルがやってきてあなたをさらっていく」という脅し文句があるほど。

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 ただ単なる恐怖として認識されるのはつまらない。実体をもった、実感のある恐怖として、
 俺という存在を刻みつける。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
基本冷静であるが、時に大胆なことをする。
また、ローマという言葉に敏感に反応し、感情的になることもしばしば。
自分の才能を認めており、少しばかりナルシストである。
しかし、同時に他者の才能を見極める力もあり、マスターに自分以上の才能があればそれを認め従順になる。
認めるほどの才能が無くても、それなりに指示は聞く。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                  / ̄ ̄`丶           最初の脱落者であるところのライダーは、同時に今次の最強の一角でもありました

               , -―'-=、      \
                /   ̄ 三: \      ヽ        こちらのラッパーについては……はい、本当に、もう言うまでもなく、やってはならない真似をしてしまいました
            // .,. -─-  、 ..\/^\/ハ
             |./:::::::::::::::::::::::::\.._ ヽ10/ Vl|
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、.‐ハ 6 |i/       何がまずかったって、AAを碌に選別もせずに通してしまったのがまずかった

           .::::◯::::::::::::○:::::::::::::::::l .ニー|  |'     _
           .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .ニ=:!/ /)__ノn))  一ノ瀬トキヤ、AA少なすぎ……っ
           .、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..l  |  〈 , - ―'_ノ′
               \::::::::::::::::::::::::::/ /  / rノー/ ̄
               __` ー-   -‐´___./ ノノ 〈 -`二l      設定については、宝具やスキルに変更を加えています
            /^\ ̄厂/_,/(二 ノ:::`¬ァ┘

          /,二::::::〉  ー「广T´_ `\:(::::::::::::/        中ボスくらいのイメージでしたが、まさか一番最初に脱落するとは思わなかった
       |:::/ /^¨7ー-、ー-ヘ、     /-――'
       ヽ{: {_i_(    \::::::丶--イ
           ヽ-' |^\ヽヽ\) ::::::::::::::|             製作者さんは、おそらく初めての方……だと思うんだけどなあ
             |:::::ノ ヽ>ー' \ ::::::::::l
             l :/ーr-r-―-|i\ :::::\            間違ってたら、ごめんなさい


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:バーサーカー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:ウールヴヘジン            【消費】:80      【属性】:混沌・狂           英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:A(70)     【耐】:B(40)     【敏】:A(70)    【魔】:D(20)    【幸運】:B(40)     【宝】:D
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

          /:/: : : : : : : : : : :.ヽ          └i     l
         /: :/: :/ : : : : : : : : :_: : :\          l.    .. l¨゙ヽ
        /: :./: :/ : : : : : ;.: : ,ィ//: : : : ハ          f ..::::::::. 〉
        ,': : ,': :/ : ://' : /: :l i: : :i: : :l :',        ノ :::::::::: /  ..::
         i: ;ィ : ;': : ;':/ヽ.i :/.l : l !:;イ:l i : l: :i        ./       !  :::::
 .       l: lil: : i: :/lトrr-ミi、.l : lX ,リリ : i: :l  ,.ィ´`ヽ /
 .      l:ヽl: : V:!. ゙弋グヽi: /lzムイ: ;ノ:.ノ  l     /
         i : :!: : ハl        V.fモハ':/イ!  /   . /
     ,. --、wv! : i        i ¨/イルブ´  i
   /::::::::::::ハ::i : ト、   (´ニシ ´ ,イ: :./.      i
  /::::::::::::::::::::::';ハ: i、 ヽ  ー,. < l: : :/      l
. /::::::::::::::::::::::::∧::::::`7 `¨    レ:./      ,'             ..:::
. ,':::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::\    j:ノ       /           ..::::::::::;.
..i:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::\  /        . , '         ...::::::::::::/
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::>、      /          ..:::::::::::::::/
_ i::::::\::::::::::::::::::::::::::';::::ヽ::::::::::::::ヽ.    /         .::::::::::::::::/
 l:::::::::::ヽ::::::::::::;>‐=';::::::\:::ヽi::::i  /       ..:::::::::::::::;.ィ'
. ';:::::::::::::ヽ::/    V:::::::ハ:::::\i/       ..::::::::::::::::/
代理AA:リザ・ワイルドマン(怪物王女)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
◆狂化:A
筋力と耐久と敏捷を2ランク、その他のパラメーターを1ランクアップさせるが、理性の全てを奪われる。
【筋力・耐久・敏捷が20上昇し、その他のパラメーターが10上昇する】
【意志疎通が出来ない】
【戦闘中、退却以外の項目においてコンマ判定を行い、
012が出た場合、その命令に反して最も健常な相手への通常攻撃を行う】
【宝具の真名解放が不可能】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

               ____
        ,. '"´:.:.:, - 、:.:.:.:.:.:.:``丶、

       /:.:.:.:.:.:.:.:〈:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:l:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.: /:.:.:.:l:.l:.:.!:.:.!:.:l:.:.:.:.:i:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:ヽ

    ,′:.:./:.:.,:., r┼ l、:.|:.:|:.:.:.:.:!:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i
    !:!:.:.:.l:.:/:.:,イ:.ハ:.:l:.:.|:.:!:.:.i':7Tヽ!:.:.:.:.!:.:.:.:.l:.!
    lハ:.:.:|:.l/ l/ ヽ!、:!/:.:.:!/ !:.,ハ:.:.:.:!:.:.!:.:|:|
     ,!:.:.l:.l. 、___-, メ、:./'   l/ 丶:.!:.:,!:.:N
      {ヽ:.N   ̄ ̄   '′ヾ、 __ / イ:.,/
     ヽl` | ""   ,、 _      ̄ ´/:.イ゙〉
        !:.:l.      {   `'!    "" }:.:.:l'′
       l:.:|` ,   丶_ ノ    ,/!:.:.l    ,. -― ☆
      |:.:|  ヽi`' t-_-r--,'7´  l:.:,′/!
.        l:.:l  ,. ':´::::::::::::` く`′  !:// X、
.      ヽ!'":::,.:::::::::::::::::::、::::ヽ  l/".i´ネニス

    _,、人:::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ/........`"´フ′

     !....`Lヽ;.{::::::::::::::::::::::::::::}:::./{............/
    {...........\ゝ::::::::::::::::::::;ノ `'、〈......../
    \............/´  ̄, ̄ `i     ̄

     {.ヽ.../ニ,,二ニニ二,,ヽ,

       `ーア,ー{{-┴ ┴-{{-‐ヽ
       { {/  、| /  \} }
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【保有スキル】
◆蛮勇:B
同ランクの勇猛効果に加え、格闘ダメージを向上させるが、視野が狭まり冷静さ・大局的な判断力がダウンする。
【同ランク以下の精神干渉系スキル及び宝具を無効化する】
【筋力判定で与えるダメージ+20】
【マスターの保守的な命令に反目することがある】

◆怪力:B(-)
一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
使用する事で、筋力を1ランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。
『オオカミの毛皮』(ウールヴヘジン)が無効化されている場合、このスキルは適用されない。
【3ラウンドの間、筋力を20上昇させることが出来る。これを使用した場合、それ以降一日にわたってこの能力
は使用できない】

◆無辜の怪物:C
狼男。人狼。ワーウルフ。ライカンスロープ。ルー・ガルー。
本人の意思とは関係なく、伝承や風評によって過去や在り方をねじ曲げられた怪物の姿。
能力・姿が変貌してしまう。ちなみに、この装備(スキル)は外せない。
【フレーバーテキスト】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】
◆『オオカミの毛皮』(ウールヴヘジン)
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人 消費魔力:0
北欧神話に登場する「狼の毛皮を被った戦士」が被っていた毛皮。毛皮を被ることにより狼の魂と力をその身
に宿し、狼のように吠え、敵に噛み付き、狼そのものになりきって戦う。人狼化中は無尽とも思える生命エネ
ルギーを供給し不死身とも思える超回復能力をもつほか、その生命エネルギーによるとてつもないスピードと
パワーを得る。反面、知能も狼並となり、言葉を話せず、戦う意思に反応して攻撃をしかける狂戦士となる。
【人狼となり思考力や知能が低下する】
【俊敏と筋力のステータスが30上昇する】
【通常ターン開始時、HPを全回復する】
【戦闘時、ラウンド終了時毎にHPを30回復する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【weapon】
己が持つ爪と牙。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
『ウールヴヘジン』とは、北欧神話に登場する「狼の毛皮をかぶった戦士」をさす言葉である。
軍神オーディンの祝福を受けた存在で、文字通り狼のように勇猛に戦ったとされる。
毛皮を被ることにより狼の魂と力をその身に宿した戦士は興奮状態になり、体も巨大化したという。
彼らは何よりも戦闘を愛し、自らの認めた相手とは殺し合うまで戦った。狼の毛皮をかぶった死をも恐れぬ狂戦士こそが狼男伝説の
起源とされている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
戦士たちとの正々堂々の全力の戦い。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
『オオカミの毛皮』により人狼になっているため、ほぼ狼。狂化していなければ、イヌ科に詳しい人ならある程度の意志疎通ができるかも
しれない。腹を空かせば肉を食い、強い相手がいれば喜び勇んで闘い、相手が戦意を失えば興味を失う。ただし人に対しては戦意や敵意
があれば襲うが、よほど空腹ではない限り食べようとはしない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


             , -‐-.....、
           ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
           i::::::○::::::○::::::                 そして、最強のもう片側を担うのがこのバーサーカー
           i:::::::::::::::::::::::::::;
           ヽ:::::::::::::::::::::,/                 ライダーが広域殲滅型ならこちらは徹底抗戦型
        r―yf`ー-- ´,ノl;;;;;l=、

        /_,ユ l;;;ヽ二...二ノ;__L/ノ              ずば抜けたステータスと高い再生能力を誇り、まともなマスターがまともに運用すれば
        /、__/y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|r==================il
       /、__イ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||   この聖杯戦争を焦土に変えてしまったでしょう
      /ー-アェf; ` ̄ ̄ ̄ ̄||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||

      丶,_ノ ,7l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||   ですが、やはり運が悪くこのザマですよ
      r┴i ハ;;ーu‐-; ; __||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||

      ,ノフ/ミ) l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||   マスターが悪いね、マスターが……
      ト;〃/ ,j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||
     f‐'/;ィ /O`TT=―=||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||

     ( fミ}  !   | |; ニLヽ ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||
    ,r.ゝr'  ト-=シ| |;;;止ヽノ;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||

    /::7´   `T´::| | ;ヽヽノ; ;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||   こちらも、今回が初めての方のはず
   ,/::/       | :: | |;;ろ;;百;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||
  /;:/      |::::iLニニ三´:||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||

  /::/       |::::l::::::::l  |::: ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||
 ヾノ       |::::l::::::::l  |:::::||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ||


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:ハサン・サッバーハ      【消費】:30          【属性】:秩序・悪          反英雄
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:E(10)    【耐】:E(10)    【敏】:D(20)      【魔】:E(10)     【幸運】:D(20)   【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                  ... _               . - ─
                /.::::::::.`ヽ           /::::::::::::::::::::`ヽ
               /.:::::/`ヽ::::,.:::<:::::`≧x,.  /.::::´ヽ::::::::::::::::::::::::\
             /.:::::/  ,x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::./ ∨::::::::::::::::::::::::∧
            /.:::::::/  /.:::::::::::, >- 、::::::::::::::::::::::::::::::.ヽi:::::::::::::::::::::::::::∧
             /.::::::/ /.:::::::.,  " /  \ゝ、:::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::∧
          .::::::::::://.::::x< \/ /ヽ  \\:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::∧

       ,x<´:::::::://.:/./ /ヽ / へ ヽ  \ ゞ、:::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::\
     /.::::::::::::::/ i/ヽ/ /  x<¨ `ヽ、 \, ヘ`ゝ、`ー-:∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\

    /.:::::::::::::/  / /ヽ /.,x< /∨_    ゝ、 へ ヽ / \ ∨::::::::::::::::xf´  ヽ:::\
  /.:::::::::::/    / / ヘ/   /.´l: l ゝ/ヽヘ ´" ' -  /\ /∨::::::::::::i       ::.\
 /.:::::::::::/    / ∨ ./,ヽ/\/.:i ,イ癶 ヾl':,: lヽ  ,ヘ  `-, ¨ヽ / ∨::::::::.ゝ、xf ヽ   :::::.ヽ
./.:::::::::/      i\/  l.: : l: : :ヾ:i 辷ソ   ヽi 辷ソ/ヽ/:. i ililili i\ミ:∨:::::::::/ ililil i   ソ::::::.
:::::::::::/       :l / .l\l::::ヾ: : : ',ト:\   .    /イ.: l: :. ilililil l ヽ/\::::/ ilili/ /ー-.:::::::::::.
:::::::::::l       /i  ヘl::::::::::::::lゝ: : :',ヽ   -   /: : : /: : l: ililili l /  `/ ilil/ /:::::::::::::::::::ソ
、::::::::.' , _ .::::::::ヘ/ 丶:::::::::::ノ: :::ヽ: ',: >    <ヽ.: :/: : : l∧ilili i - ─ -l il/ , '─ --- <

 ゝ:::::::::::::::::::: / lノi  \/.: : : : :i/: :/: :l `´ l: :ヽ: : /: : : : :l/       ,,. ´、
  ` ー  ´     ', /.: : : : :/ : : ,ヘ´∨  ∨`l/.: : : : :/ , = .、,,. " n   ',
             く: : : : : :/: : :/.::i ァ-、 _ ノ、/.: : : : :/{ {:::×:::}    l l   }
              ヽ: : :/i: : : :/ // {_._}、 l: : : :.// :i. ´ゝ - ´  ゚   ¨
               ゝ: : : : /i//  /ハ\ l: : : :乂:::::::,乂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ア ,'

               /l:',: : : :乂\__//~‘,',\: : : :.ヽ。.>   ──   <≧x。
              /.::乂: :ゝ、.≧=-//>`´<‘,',::.`ヽ: : :,/ ̄l∨//////////l´ ヽ
代理AA:四糸乃(デート・ア・ライブ)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
 ◆気配遮断:D
  サーヴァントとしての気配を絶つ。隠密行動に適している。
  ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断は解ける。
 ①【タイミング:襲撃時】
  【相手のステータスと固有スキルを確認してから撤退してもよい】
 ②【狙い撃ちした情報収集によっての情報収集を30%の確率で失敗させる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆魅了:A-
  魔性の美貌により、老若男女を問わず対象の精神を虜にする。
  ここまでくると魅惑ではなく魔術、呪いの類であり、対魔力で抵抗可能。
  ただし効果があるのは人外のみで人間にはEランク程度にしか作用しない。

 ◆動物会話:A
  虫や鳥、獣などの言葉を持たない動物との意思疎通が可能。
  野生で過ごしていたアサシンは動物との正確な意思の疎通を行える。

 ◆動物使役:A+
  虫や鳥、獣と心を通わせ使役することが出来る。
  心を通わせた動物なら幻獣・神獣ランクの獣を使役することも可能。
  ただし竜種を使役することはできない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【宝具】
                                              _

                               ,,、           ,,.イ  ̄{_>
                                  ,;'し',,;'!:'!;'!、   __/ |_l,,<.>
                                ,;' `ー : .、 , ;ヾ、[r=、`ー ェァー=<
                              /! .,、゙ヽ `ー : . , 、戈_>'’ ̄!/!/ Y
                       ∧ 〈 .\! .\` ー : . ,   ./_,,イ!/ー人__>
                       / ∧ ∨_.|  |.\` ー : . , /   /´
                           |\__.`< ∨ ! : ∧.`ー :./   /!
             !∨|∨!/!/l   |\___ /`ー∨.! |\! .∨   ∨.:/ .|
           ,,< ゙̄∨ ._,,、! .∨∨!_,,イ、爻.::∧ .人、.∨    .∨ ! ./
         /ヾ,<: ̄`ヽ,! .人`ーく_!ヾ爻爻\爻.::\ |:∨     ∨  .!/!
        .,フ´ _戈` < ̄`ヽ /\_ /爻爻爻爻.\爻.::\!∨  .∨  ./_/
       /: :>.、./.l/ ` <ノ  J`Y 爻爻爻爻爻.\爻.∧∨ ; / ./ ./.、
        i/ !/       ,,=<,,イ戈 、 爻爻爻爻爻∨爻:∨.:/_ノ.:/爻.:\
                 ,.'ーく戈戈{:.爻爻爻∨ 爻爻爻爻;人爻.: ∨,,イ/爻爻.:/.\/!/ij
              ,:イ   ∨戈`ヽ/!_!_.:爻∨爻爻,,<::爻爻:/.:∨ 爻爻爻./爻./|〈:/i
           {   、 弋_.| .| ヽ/ /,,イ:∧//>.、爻爻/,:i,:':∨爻爻/爻_/_/::|、
        、_ ∨  込\ヽ、`:∧!/////∧_∨//>'’,:',:'人,:':i ̄`ヽ爻,,<.::/ :::l∧

            \ヾ∧   _辷!戈   ∧`ー '’ `>川,:',:',:',:',:', ', ',:'     ∨爻爻/:::::/ :!
            弋_,戈 _ヾ_/:∧  ∧`ー'’`´゙゚゙゚゙゚゙゚`ヾ,:'ソヾ,:'     ∨ 爻戈,/ .:./
            /: : :.∨: : : :∧  ∧          ゙゚゙゚゙゚゙         \爻__| .:ノ/! ,.、 ,..、
               /: :,,、: :.!: : : :._: :.\,,-'、,-.、,,、                  〉=,,、\_ノ-iイ::: \
            l/   マ|: :,/ ヾ: :人: : :∨_: :l;_: :|                弋〈: :/__ (,,、!:|-'’`゙
                ∨  ̄ ̄´  .`ヽ:j l/ l/                 `     .`
      ジンオウガ(モンスターハンター)

 ◆『妄爪幻獣(ザバーニーヤ)』
  ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:10人
   アサシンの育ての親にして暗殺手段である大型の雌狼。
   シャイターンの皮膚を埋め込まれたことで普通の人間では到底勝てない化物へと変貌している。
   猛獣らしく影から獲物を襲いヒット&アウェイで確実に対象を狩る戦法を得意とする。
   アサシンから離れて活動できるが、アサシンが死亡した場合、即座に消滅する。
   ステータス 【筋】:C 【耐】:D 【敏】:A 【魔】:E 【幸運】:C
   スキル 気配遮断:A+  仕切り直し:A  単独行動:A+
   
   ◇気配遮断:A+
    サーヴァントとしての気配を絶つ。完全に気配を絶てば発見することは不可能に近い。
    ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
 ①【タイミング:襲撃時】
  【最初のラウンド中、怪物はダメージを受けず、怪物が幸運の優位によって与えるダメージは30点となる】
  【相手のステータスと固有スキルを確認してから撤退してもよい】
 ②【狙い撃ちした情報収集によっては発見されない】

   ◇仕切り直し:A
    戦闘から離脱する能力。
    敵に捕捉されずに、確実に撤退できる。
  【1フェイズの間無防備になり、一方的にダメージを受けることで、令呪消費なしに撤退できる】

   ◇単独行動:A+
    マスター不在でも行動できる能力。
    アサシンが死亡した際には即消滅する。
   【タイミング:常時】
   ①【マスターとは離れた場所で戦闘できる】
   ②【最大残存魔力が300増加する】

 ◆『妄獣幻操(ザバーニーヤ)』
  ランク:B 種別:対獣宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:1体
   魅了と動物会話、動物使役の合わせ技。
   敵サーヴァントの持つ動物系宝具を奪うことが出来る。竜種は奪うことが出来ない。
   奪う際に動物系宝具は元の持ち主を攻撃してからアサシンのもとにやってくる。
   Bランク以下の動物系宝具は確実に奪うことが出来るがAランクを超える動物系宝具は奪いにくくなっていく。
   また動物系サーヴァント、マスターの意思を挫き攻撃を弱める効果もある。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

あれ、今回動物系宝具いたっけ?


  ,._ ,,   -── -- == ,._::::::::::::::::::::::::::ゝ.、,r:::::::::::::::::::::::l
´                 ` ̄` ‐ 、::::::::r:::::::::::::::::::::{\Vヽ´ ̄ \
─ - =  ,._                 `ヽl::::::::::::::::::::::::\|::::|_::::::::::/

     /: /: :  ̄; ≧x:. ,  ,._          {_ --―- 、:::::/_/ヽノ::::::/
    .:,:':, :': : /: : : :i:_:,八斗 -弋:-. ,._     ` ー-/    ヽ::::::::::::ゝ
    ,:':,:': : : :,': : : : :l.:/x竓芹ミx V : : : :l ,xf - ,._   / ,.:::::...:::.  ,lヽ:::/
_   /,'l: : : :/: : : : : i/ 《 r::::い:::i  V: : :.l "r ::い:::i 》/ ,'::::::::::::::::. / ̄:::.....、
  ̄_ll丿l: :/: l: : : :、八 弋:: ::ソ  )人:.{ 弋: ::ソ. / /::::::::::::::://∧\:::::::::::ヽ- _

  `ヘーl: : : :l: : : :丶: :ヽ  ¨     , `    ¨  ,' /::::::::::::::://:::::::lー-l::::::::::::.l _,.....-
     `.: : : :.V: : : : : lー`-           ー=,' /:::::::::::::://:::::::::lー -l:∧>.........   ヽ
    _.: : :,: : : V: : : :.ヽ:.       --     /l i:::::::::::::://./\::l   .l/.:::::::::::::::.....   l
  `ー-/:,:': : : ノヽ、,_:.ヽ> .        <, i l:::::::::ノ/V: : :l :ヾ. ./.::::::::::::::::::::::::::ノ /

   .: ' : :,:'ノ: : : : : : /  ,ヾl´ ≧x 、 _ , ≦´  `  ̄ ´` <:/: :. ./ .::::::::::::::::::::::::://
  ,: ': : : /,'.:,': : : : / / ,へ , l    /             ミt .::::::::::::::::::::> ´, '
 {: : /,:'/:,:': : : : : :、  '  / li   /    _            く::::::::> ´ , '
  : 、.:,:':/:,': : : l : : : ヽ      l´  ,'   /::::::::::::ヽ      _ ,, . ,, . , - , '
  ヽヾ.:/: :iヽ: :丶: : : :∧   .i   ._,,.,{:::::::×:::::}' " " ´´´      ',
   \:、:.丶` 、: ヽ: / ο-──{   ヽ::::::::::::ノ      , 、     ,
    ´、: : :  ̄ヽ.: :/   \   .、       ´ミ:、  / /    ,
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【weapon】
 育ての親である雌狼、大量の虫や鳥、獣
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
 『山の翁』ハサン・サッバーハになれなかったハサンのなりそこない。
 幼いころに親に捨てられた野生児で暗殺教団に拾われるまでは野生で獣や虫、鳥に育てられていた。
 
 虫や鳥による諜報や狼などの猛獣による暗殺などで教団に多大な貢献をした。
 多大な貢献をした彼女だが、言語能力や精神性の問題のせいで頭領になる事は出来なかった。
 最後は麻薬による精神錯乱で命を落とし、彼女の暗殺手段である雌狼も彼女の死のすぐ後に死亡した。

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 聖杯への願いはない。
 親に捨てられた後にも親から受けた愛情を忘れられなかった彼女は他人に必要とされたがり愛情に飢えている。
 どんなマスターでも彼女は彼女の出来る精一杯をやって褒められることを目的に聖杯戦争に参加するのである。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 極めて大人しく臆病な性格だが心の芯は非常に頑健でどんなことを言われようがされようが一切挫けない。
 野生児だったせいかあまり喋るのがうまくないため無口。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           __
                           ,.::::::::::::::::::::::::..、
         r-、/ヽ          ./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         }/  /          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        ノ  /__        ::::○::::::::::::::○:::::::::::::::::::!
          /  'r ´  ヽ       i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          }    ー'' ´ヽ       ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;′
        !       ,,..イ         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        ヽ      r'        >-r-、;;;;;;;ィ^Yヽ
            ',      }> r=ー- --r ´  /      .{イ ヽ、
        /乙ィヘ  ,J ///////} ./ / /    |/  Y≧=ー- __
      く//////,ヽ!,{///////> ´    .'      !',   |////////≧ー
       `ヽ////////////ハ ノ、__/   ノ____! |_ ヽ  !//////////,'
           }/////////////´/}  `ー-- ..{.!i.   レ⌒} レ/////////,'
            ,!////////////////フ  マ, .||  /   r'7//////////,
           /////////////////く    マ, || ./   {/////////////
        .///////////////////\   マ,||/   ./////////////,
       〈/////////////////////\  マ/  ///////ハ//////
        ヽ/////////}///////////ヽ / /////////  V/////
            \/////   !//////////// .//////////.   V////
           ヾ彡′  ノ/////////////////////r'    V///
                く///////////////////////ハ    ノ///,
                    }///////////////////////´   /////,
                  ///////////////////////,{  ///////,

>>171
ライダーの象を引っぺがしたり、或いはランサーやバーサーカーには負荷をかけたりできたんだけど

その辺ほっぽり出してセイバーとばかりいちゃいちゃしてたからね、仕方ないね


遠隔操作型スタンドみたいな宝具持ちのアサシン

性能は凄くトリッキーで面白い

恐らく、オンラインのような、完全にゲームシステムに組み込んだタイプの物語で輝くタイプ


キャラクターは少し取り損ねた感がありました

ちょっとだけリベンジしたい気もします

一人だけ、宝具全てを使えてないですし

制作者は、八百万後期で応募数二大巨頭の一角を張るお方

後期はほぼ毎回何かしらで参加していたという

八百比丘尼やアルバート・フィッシュなどの作者さんです


ちなみに今回、私はメタとかあんまり考えずに、できるだけいろいろな人のキャラがマスターとサーヴァントに選ばれるよう

調整しました。それでもあぶれてしまった方も一部いるとは思いますが……

次回からは、メタや純粋なお気に入りで選びます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:サッフォー                【消費】:30         【属性】:中立・善          英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:E(10)     【耐】:E(10)      【敏】:D(20)     【魔】:B+(40)   【幸運】:E+(10)   【宝】:A-(50)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                                 __    ''冖マ=- _,
                    -‐… 、   ‐=ニ⌒ :.:.:.:,ゝ く(_)_r豸>、
                 ´    ⌒>'     . . .:.:.:.:.:.:.:.:.゚う辷 ㏄'⌒£c。
                /    ,      . ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚う辷リ〈込冫 , -=、
            _,//  / /  . ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.゚う辷=-'⌒ く杰冫            '⌒
           ⌒ン゙ /   ′ .:.:/:.:.:.;.:.:.:/ 〉:.:./ ,ハ/:.:.:.:.:.゚う辷彡'[ト -ァ'               ′   ,
              '  /   .:/   .:.:.i:.:.:/、:./ /:.:./ / /:.: 〃.:.:.:.:.⌒゚う辷彡く           ゙    }
    .        /  ⌒ //  .:.:./]i:.:〈:.:./X:.:.:/ / /:.:_//:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i⌒``       __  '    /
       __,..ィ ,:′ /:.:.:′.:.:.:/:.人:.〃 う^外-''~   〈:.:i:.:.]:.人:.:.:.i:.:.:.:|     _ __,,ノ(⌒V     ∧ヘ
    _  '⌒ リ/   ⌒:.:.:.; .:.:.:./く价:.:}   V::ソ      j抖 冬{「:.:.:.:|:.:.:.,    '⌒¨~ / 〉/     .′ }}、 __,
       _彡'′  :.:.:.:.イ .:.:/:.:.:.:りW  ' ' '    ,   r!゚〈/ 小:.:.:人V   _/{   '⌒ ¨~ /     /  {{ ⌒7⌒ 、
     ̄. . : : :.:.:.:. ,  ⌒ }/ :.:.,:.:.:.:ノ从   「 _  、__,  ゞ'~ 〈:.:.:.:V:.:./  ⌒7い/∧   ゙     ⌒ 、  、_, ′  }
    -‐  =≦〔   /)厶ィ:.:.:.:.:ァ个]〉  !⌒  V   ,.:.か:.:「:.:.:{ /{ / ⌒V  〉 '′  . :/    ¬~: :_,彡く
    .         /  ⌒ノリ:.:.:./:.:.:Ⅳ⌒ .  、__  ′  イ:/:.:.:.:.:|:.:.:.|,/ ,: 〈 _   } /    . : {   {′ マ=、: : ハ
              _,彡':.:.:.:/:.:.x=‐} }_ 、__,,. ≦´,:.リ゙:.:.;.:.:.:.l:.:.:.|/   }  ,     . : : :__ヽ   {   | i: :' : : }
     -‐  ¨¨   ̄   :.:.:.:.ァ‐' 勺Y⌒辷^Y⌒^7⌒ /.:.:.:.: ハヘ( へ、    ⌒   `` 、「 ⌒   丿  | | : く´
     -= ニ二三 ̄ ,.:.Y⌒丶、_[_  ⌒¨´ 〉''~  /.:.:.: /  / 〃⌒>'    _j     _、____,/   ノ′{: :   〉
            /:, <}  、{7/_,,. ´ .′ / /.:.:.:.: / <     V´    , ⌒ ¨¨ ニ=-  `ー=≦ -‐'’  /
            , _/´〈 __,. ー<ヘ、: :__ .:/  ' /.:.:.:.: /  ⌒ 、    、_,,. イ ⌒}_ :::::::... : : : : .    _ '⌒V
          _,彡{「   , ⌒厶只ヘ、___, ′ -='′ 彡'′  ,[  \   V ,ノ _,,/⌒丶、 :::::::. : : :   ‐=7  _{
     ̄   .. :. :.:. }  〈: : '⌒¨¨~ _  -=…  ¨~     '⌒丶、   、/ _{  _{::..     ヽ_;::: : .    〈:: : :  ,
      -‐=≦⌒V ,√〈   '⌒ ,小: . `、  ,  ⌒>=ァ'     ⌒'X′{   }⌒ 、::.. /⌒>、:. .   、 〉:.  /
         〈   ~   ヘ( ー‐ァ: : : .   V   . : : : /:.:.: 、___,,. <⌒ `寸> 、__  `¨´_,,〔 {:: :  ,_ ゙ ァ‐'′
        / 廴  ∧   、   `¨¨¨¨¨¨´    ⌒7:.:.: _彡'′  )   ^冖¬ー  _,. -=、 ⌒¨´/⌒¨´
    _  へ、 `¨  、_,ゝ-‐{7}く 「    ̄三ニ=-< '′~⌒)'′                   `¨¨¨´
    ¨~  ⌒>、_  人___,,大,,__〉|_         /
    : :  /  : :アヘ } [{E}]xf |⌒   _,彡く⌒>
     : : .   : : / : : V} [{E}]xf | ___   ニ=-{ 「
      : :_/  ′{: . 〉, [{E}]xf | ¨´  _  」い、
 代理AA:古戸ヱリカ(うみねこのなく頃に)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆陣地作成:B
  自らに有利な陣地を作り上げる。
  キャスターは魔術師ではないが、作家としての“書斎”を形成することが可能。
 【陣地作成時に増加する陣地レベルが2上昇】
 【その場が大霊地以上の霊地だった場合、さらに陣地レベルが1上昇】


  ◆道具作成:A-
  魔術により様々な道具を作り上げる能力。
  キャスターは魔術を習得していないが、神秘を宿した「詩」の作成が可能。
  この「詩」を所有する事により、対象は疑似的に「エンチャント」を掛けられた場合と同様の状態となる。
  「詩」の性質により、所有者の強さは変動する。
 【マスターを戦闘ユニット化。ステータスや能力はその都度設定】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                                                                    /(_,,,..._
                                                     ,‐-ヘ       ∧ノ_,..-'"´
                                                  / {´`,ゝ      / _;'~
                                                 lヽ、   _,,..//‐‐-...,,_   、/ ('
                                                 l ,ヘ `''´ /       `''‐.、l' /´
                             __    ''冖マ=- _,          _,j.l/             l /,
                -‐… 、   ‐=ニ⌒ :.:.:.:,ゝ く(_)_r豸>、        ;\ヽ             丿/ ヽ,
             ´    ⌒>'     . . .:.:.:.:.:.:.:.:.゚う辷 ㏄'⌒£c。      ,i' \            )/   '!,
            /    ,      . ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚う辷リ〈込冫 , -=、   ;,|              /       |
        _,//  / /  . ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.゚う辷=-'⌒ く杰冫  ; |          '⌒              |
       ⌒ン゙ /   ′ .:.:/:.:.:.;.:.:.:/ 〉:.:./ ,ハ/:.:.:.:.:.゚う辷彡'[ト -ァ'   ; ,|        ;′   ,         |
          '  /   .:/   .:.:.i:.:.:/、:./ /:.:./ / /:.: 〃.:.:.:.:.⌒゚う辷彡く    ;'!,       ゙    }         ,!'
.        /  ⌒ //  .:.:./]i:.:〈:.:./X:.:.:/ / /:.:_//:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i⌒``   ; ヽ,  __,ヘ._ ;'    /          /
   __,..ィ ,:′ /:.:.:′.:.:.:/:.人:.〃 う^外-''~   〈:.:i:.:.]:.人:.:.:.i:.:.:.:|     _  5;ヽ「 /ヽ|   ; ∧ヘ  r',ニ_マ,‐´
_  '⌒ リ/   ⌒:.:.:.; .:.:.:./く价:.:}   V::ソ      j抖 冬{「:.:.:.:|:.:.:.,    '⌒¨~ ; 〈 〈 __     .′ }}、 ;〃,,..‐' ヽ了
   _彡'′  :.:.:.:.イ .:.:/:.:.:.:りW  ' ' '    ,   r!゚〈/ 小:.:.:人V   _/{   '⌒ ¨ ;¬ レヘ_ ‐---‐ '' 7⌒ 、  ;}〈
 ̄. . : : :.:.:.:. ,  ⌒ }/ :.:.,:.:.:.:ノ从   「 _  、__,  ゞ'~ 〈:.:.:.:V:.:./  ⌒7い/∧   ゙ ;ヽ,勹 了 ; 、  、_, ′  } ;jノ
-‐  =≦〔   /)厶ィ:.:.:.:.:ァ个]〉  !⌒  V   ,.:.か:.:「:.:.:{ /{ / ⌒V  〉 '′ '¬, 〈_  ¬~: :_,彡く
.         /  ⌒ノリ:.:.:./:.:.:Ⅳ⌒ .  、__  ′  イ:/:.:.:.:.:|:.:.:.|,/ ,: 〈 _   } /    . : { `ー-ゝ ; マ=、: : ハ
          _,彡':.:.:.:/:.:.x=‐} }_ 、__,,. ≦´,:.リ゙:.:.;.:.:.:.l:.:.:.|/   }  ,     . : : :__ヽ   {   | i: :' : : }
 -‐  ¨¨   ̄   :.:.:.:.ァ‐' 勺Y⌒辷^Y⌒^7⌒ /.:.:.:.: ハヘ( へ、    ⌒   `` 、「 ⌒   丿  | | : く´
 -= ニ二三 ̄ ,.:.Y⌒丶、_[_  ⌒¨´ 〉''~  /.:.:.: /  / 〃⌒>'    _j     _、____,/   ノ′{: :   〉
        /:, <}  、{7/_,,. ´ .′ / /.:.:.:.: / <     V´    , ⌒ ¨¨ ニ=-  `ー=≦ -‐'’  /
        , _/´〈 __,. ー<ヘ、: :__ .:/  ' /.:.:.:.: /  ⌒ 、    、_,,. イ ⌒}_ :::::::... : : : : .    _ '⌒V
      _,彡{「   , ⌒厶只ヘ、___, ′ -='′ 彡'′  ,[  \   V ,ノ _,,/⌒丶、 :::::::. : : :   ‐=7  _{
 ̄   .. :. :.:. }  〈: : '⌒¨¨~ _  -=…  ¨~     '⌒丶、   、/ _{  _{::..     ヽ_;::: : .    〈:: : :  ,
  -‐=≦⌒V ,√〈   '⌒ ,小: . `、  ,  ⌒>=ァ'     ⌒'X′{   }⌒ 、::.. /⌒>、:. .   、 〉:.  /
     〈   ~   ヘ( ー‐ァ: : : .   V   . : : : /:.:.: 、___,,. <⌒ `寸> 、__  `¨´_,,〔 {:: :  ,_ ゙ ァ‐'′
    / 廴  ∧   、   `¨¨¨¨¨¨´    ⌒7:.:.: _彡'′  )   ^冖¬ー  _,. -=、 ⌒¨´/⌒¨´
_  へ、 `¨  、_,ゝ-‐{7}く 「    ̄三ニ=-< '′~⌒)'′                   `¨¨¨´
¨~  ⌒>、_  人___,,大,,__〉|_         /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【固有スキル】
  ◆無辜の怪物:A
  「サフィズム」の語源。
  生前の行いから生まれたイメージによって、性癖や在り方をねじ曲げられた女性の姿。
  能力・姿が変貌してしまう。
  ちなみに、この装備(スキル)は外せない。
  また、このスキルは『同性愛:EX』『魅了:E』『理性蒸発:E』としても機能する。
  【状況に応じて解釈】


  ◆啓示:C-
  目標の達成に関する事象全てに最適な展開を“感じ取る”能力。
  キャスターの場合、「女性と仲を深める」「女性をソッチの道へと導く」の二つの事柄に限定される。
  愛の女神・アフロディテによる加護が『無辜の怪物』によって変質した特殊スキル。
  【状況に応じて解釈】

  ◆文芸百般:B
  類まれなる文芸の才能。
  文学・芸術・芸能に関する専業スキルにおいて、Cランク以上の習熟度を発揮する。
  【状況に応じて解釈】


  ◆指南の心得:D
  指導者としての手腕。
  ランクDなら、自らの持つ技能であればある程度習得させる事が可能。
  【自分が所持するスキルを、3ターンかけることで自陣営のいずれかのユニットに付加させられる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                                     ,,'’:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:>‐-_
                                ,,'’:.:.x≦¨´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≦、
                               /:.:.:.:イ:.:.:.:.:.:./:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                             /:,,'" ノ:.:.:.:.:./:.:./:.:.:i:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    ________________,/:/_ /:.:.:.:.: /:.:./⌒メ、L|\:.:.:i:.:.:.:.:「、 ̄________

                 /         //    /イ:/:.: i:.:.,'テ云、 ー 、_.斗i_」、|:.:\        / __/7
                   {ィ         //         |∧:.:.l:. i ^ー'   斗、 /」:.i\:.:.:.:\   /|_/ /__  7
      百  め   さ    |/       /:./        斗-ミ:.:l、 r‐- 、' ,, /:i:.:.:.l  \/、__/      /ィ .「
      合.  く    ぁ    ./       /:./         _r'´    ヾ{ \ー'´ イ}/|:.i、:.、  /         く/ L」
      時.   る        .′     ./:.:{       ,∟_   _ ,刈/,二´へ  ,ノイ \ヽ/ /\〔][〕  r―'^ー、
      空  め      .i  ⌒ヽ j_ノ´ ̄ ̄ ヽ ./       廴rヘ\  ヽ_,,-―./ く/\\  /_/ ̄/ / />
      へ . く        .|/   V  __  { V ーく  |イ:::〈// ヽ:\  \  / 「l  /7\〉    / /くィ_l
       ッ       .    |/  `< ̄`ヽ `ー} .廴   ヽ_ノ ,ハ:::〈/^l/:ハ:.:ヽー-ヽ,/  .l」 .//      〈_/___
      !             ./ ̄⌒了⌒^ヘ  ハ   ̄\_ノ  l:::l::::::イ厂l:}:.:.}__,「/ _/7〈/       /_  _/
                   / `ー'⌒丶  {  人    \__>こノ  リ:./]\lV 己 弓[l]    ___/ /_
              .「 ̄`'<_--ミ   ヽ 、  丶、____>、::::`f⌒/イ ー,/  〈_厂 n_   /_____/
              ヽ、      ヽ   ノ ヽ、    ___「ヽ. ヽ:^ー}リ^ト、_/|/  <)   [,n |    / ̄ ̄ ̄/
                >-=    「^ {    ` ̄ ̄´| { )  、 }:::::::::::::::: /  「ー――┐〈/    二/ /二
                /       {、 ヽ、 _     | 〈    ∨――-、/   .Li ̄//n    /___/
                  / 、  、_   丶、厂  `ヽ ./  |ヽ__∧:::::::::::::/    _く/ 〈_n 7  / ̄ ̄ ̄ ̄/
                ./  ;   {        ヽ    | l/   .|    _」:::::// /゙ー┘└┐ _〈/    ̄/ / ̄  へ
    ≧=-――――‐/  ./  、  、     ,l   l_ノ    |  /::::::::〈ー/ / / ̄ ̄/ / //   / ̄    ̄///
                /  ./i  i   、_     厶-、 └-、   ,レ::::::::::::::::::V 〈_/   / / 〈/     ̄ ̄ ̄ ̄ く/
            /  . ' .|  |   `''<  . イ    ヽ/⌒ヽ::::::::厂/      〈_/ ○          ○
           . '  , '  |  |≧=-   ヽ´_r‐-、__ノ     ̄
          r'´ /   |  l      ヽノ
          ー ´      ,  ./
                 ,  /
                   〈_/
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【宝具】
  ◆『我が起源より愛を込めて(レスヴォス・エレソス)』
  ランク:A- 種別:結界宝具 レンジ:1~99+α 最大補足:1000人+α 消費魔力:0

  「レズビアン」の語源たるレスボス島の性質を、
  『無辜の怪物』スキルの影響によりねじ曲がった状態でその都市及び周囲に付与する宝具。

  宝具の影響下にある女性を、「女性に対する興味がある」場合に同性愛者へと変質させる。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


         0    。     __      rr<_》ー-i≧=fチ〉    o。
               -===ー-ミ丶、 ,ハ__<ゝ.ノ'7Zヾこ>        °
                    _,,. : ‐-ミメ:( ィ⌒)`Y(‐f斧ミ、ハrzっー-ミ   ,。+*…
         __    _,,. : ''": : : -―: : : : : )_(  ノ,ハ ゞミーク ハr=ミ`ヽ: : `。°
       / : > '": / : : : : : : : / : ⌒\ー{ { `ヾ=彡i f' f包))}} : :∮ \

   ―=ニ二 : : : : /: :◯: o://: : : : : : : : ::. : ー-=ニ二乂, ゞイ リ:∞#=*・≒*+。,
  ―=ニニ: : -‐// : : : /:, ' : : : / : : :¦ i |:`ヽ:父=ー( ゞミ彡(+*・’: : : : : :\

     |: :l: : : :/: :' / : ,:': : /: : : : // : :| | |:|: : :\:\ハ_,_ ノ )”¨“‰。。+*・*+。,
     |: :|: /: :/: / : : :/: : /: : : :ィ'/: : : :ノ|: :| |;||: : : : \:\∠フ(ト、: : : : ゚*; : : : : : :
     |: :|: : :o/: /: : : / : 斗: :´///: : / ,レf´八 、: : : : :\:\ ゚%, \: : : : % : : : : :
     |: :l : : / ,:' : : :/: : : :i|ー:/-ミ⌒^   ´_,ィニ=ミ、\ : : : : \:\゚*.\: : :$\: : :
     l: / . : : {__;. :イ: : : : 八;二ニ、     ^灯::;ハ}个:.、 、 : : : \:\ ゚''・*#&。+*・・*。
     l/ : : |__厂`Y|: : イ;' 〃灯::;ハ       ー='^丿 })\\ : : : : \:\   \: :\\
    /.: : : : : : : :,:仆: : 厶从弋う '´  ー'    ゜° ;_,ノ:|:l≧=- : :_: \:\  \: :\

   ◯ o : 。: : ://: : ::/{,ハ 。o   ,  -―‐tォ   ,ハ ⅱ|ハ: : : ;ハ:≧o。: :\  \
   / : : : : : /l//: : ::/乂_うヘ     ∨    ノ  .:仆| :リノ j: : :/  }/  \\:\
  ,:' : : : : / // : : / : /⌒ニ个:。.   ー-   . イ八lノノ  ノ:/    O。  ヽ : : \
/ : : : /   ,/ : : /:/|: : /l:八: /〕≧=r-  イrvヘ,    ,xァァ-ミ  °   : : : : : ヽ
: ://   /: : :,:イ/  \| / _|/|;ノ_ ヾY⌒ヾ゙  。乂_ 〃((   )ァニ 、  } :¦: : :
彡'  . . : : : /:/ {{     __〃´ ̄ ̄廴ノ 。 .  。  r←{l  l} //: : : : :\ : : :l : : :
  /: : : : :,/     。/ {{_: : . //::(_. ィ.ィ.ノーiノ⌒  r外彳/  /: : : : :   )' : ¦: : :
/: : : : :/         /    \ Y´  , ===ミ、_r=ー/\: :/  .: : : : :    /: ; : : :,。*;・
: : : : :/         /   / : ;>‐-ミ((: : :  〃ア⌒~^“ブ /: ′ : :    /: /。・'°:/
: : :/           .′ (: {: /      \   //´ ̄ ̄ ̄`Y: : {: : : '・*++*・'゚ / : : / :\
/          {  /: /     (r-/⌒)´ (_  -‐   / : :    / : / / : : /: .
               \/-‐/       {_{         ∠: _:¦<.: : イ  ,:' : : /: .
        0   _〈  { 0 。  . イ i{\       {   〉|    -‐}: / : /: ./
        ° / ,ハ-‐ ー― '"´ ノ 八 `'ー-  ノ ,.ノ八 (: : : :/ : :/-‐ /

           { : : } /      /ー-  \  )  _,,.ノ  . :`Tバ : :/   /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具(偽)(元々はなかったけど、一応)】
 ◆『百合の軍勢(レズビア・ストラトス)』
  ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人 消費魔力:?

  結界宝具によりキャスターと同質の在り方を植え付けた女性たち。
  彼女らと変則的な契約を結んだ上で『詩』による強化を施した結果発生した『軍勢』。
  現代において作りあげた、新たな奇跡の結晶である。

  その“繋がり”は、互いを互いで支え合う事で乗算するが如く力を高みへ押し上げ、
  彼女ら全てをサーヴァントにすら比肩し得る可能性を持つ存在へと昇華させる。
  一つの普遍的概念の原典たるキャスターを中心に形成される事で、その神秘性は歪む事無く行き渡るのだ。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                .      /.:.:.:.:.:.:.ィ/.:.:.:.:.:.:.:.:}{ Y^「{^Yハ7T : 「 f r=ミメ7
                .    /.:.:.:.:.:.:.:..イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉乂_{ __,ノ.八 人 くVf _)){ハ
                   /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/「.ー^⌒Lr气__r-<ゝ二彡' ,乂

                .   ′.:.:.:.:.:.′.:.:.:.,.:.:.:.:.:. /イ|.:.:.:.:.:i|.:.i|:ハ.:.:.(__┌{___  _≫ミ
                  ,.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:i{.:.-‐≠イ |i:.:.:.:.:i|.:.iト:.,!:.:_iハ.:.:.:ハ弌二「 :厂){ \
                .  ′.:.:.:.:.: ′.:.:.:. i{:.≠=ミ:八::.:.:.:l: i:.:.从八.}:.:.:.:i:.:.:.:.ーrく^T抃.
                . ,:.:.:.:.:.:.:.:.,{.:.i:.:._:.:ィ x示メ.  八{N八イィ≠=ミN:从:.:.:.{:.{:.:.∨:.:.{{

                 ′.:.:.:.:.: ′:「:.:.:.i  {tえ_j リ      7t_ハ ∨乂(:.j从:.:八:.:.}}
                . i:.:.:.:.:.:.:i:.i i:.i:.:.:. l .乂云オ       V云乂 ,{:.:.:.「リ∨:.\__≧=
                . |:.:.:.:.:. i|:.!.|!:.:.:.:., /:N:/:N:/:N j〉:N:/:N:^7N^: ;:!:.:.ト.  }:.:.:.:.:.7/:.
                . l:.:.:.:.:.:.i|:.!.|:.:.:.:.:.,      _____      :. !:.:.!:.:. }:.:.:.:.//\
                . l:.:.:.:.:.:.i|:.! 从:.:.:. 人    {´   `}  し イ!:. !:.:.!:.:ハ }:.:.://.:.:.:.:.

                . l:.:.:.:.:.:.i|:.! ハ:.:.:.:.:V> .,  ゝ-- uィ   ..イ.: !:. !:. |:.:.:.{.}:.//:.:.:.:.:.:.
                . l:.:.:.:.:.:.i八.  ':.:.:.:.:.N八:i.> .,__,,.. r.:":.::ノN:|:N:.:.l/:从77.:.:.:.:.:.:.:.

                . l:.:.:.:.:.:.|    ∨:.:.i   |⌒Y⌒Y⌒{イN( . 乂:.:.: /   イオ.:.:.:.:.:.:.:.:
                /l:.:.:.:.:.:.| ≠―八:.: !.,_ 斗vハvハvハv.ヘ._.jr― j:.:.:/   . }:.:.:.:.:/.:.:.:.
                :.:!:.:.:.:.:./ ヽ.イ.:.ハ !   /><ヽ  .丿--/.:.イ⌒ヾイ.:.:.:.:/.:.:.:.:.:

                :..!:.:./    ∨.:从{  /ー==ミ. \ 厶___イ≠リ.   ∨.:.:/.:.:.:.:.:.:.
                :.:イ       ∨ハ:ヘ'′厂二二__> }__>'.|:.:./{.     ∨'.:.:.:.:.:.:.:.:
                {         }  }:.i ____ `ヽ   }7/ |:イ./     ∨.:.:.:.:.:.:.:.
                :.>       /   }:.i 廴__ ー'  }ィ   ノ.:/     .人.:.:.:.:.:.:.:.
                        {   }:.i  _____才   { ))7.:.:{     く.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【来歴】
  紀元前7世紀から6世紀の内に存在していた女性詩人・サッフォー(サッポーとも)。
  直情的な恋愛詩が特徴で、ピンダロス、アナクレオンとともにギリシャ屈指の抒情詩人に数えられる。
  女性との熱烈な愛を詠ったため、現代ではもっぱら同性愛者として認知されており、
  女性同性愛者のことをレズビアンというのは、彼女がレスボス島で活動したことによる。
  今では古くなったが、サフィズム(女性同性愛)も彼女が語源。

  男性と結婚し普通に子供を作っていたような人なのだが、前述にある「サフィズムの語源である」という事から
  『無辜の怪物』スキルによって(記録に在る上で)人類最古の百合淑女となって召喚された。

  学校のようなものを作って若い娘たちを生徒として集め、
  文芸・音楽・舞踊を始めとする教育をおこなったりもしている。
  レズ扱いされることに拍車をかけた原因の一つである。

  ちなみに、プラトンなんかはサッフォーの詩を高く評価し、彼女を「十番目のムーサ」とも呼んでいる。
  古代ローマでも広く知られていた辺り、その詩の才能は確かなのだろう。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【能力】
  何故戦えると思ってしまったのか。
  関係広げて平和的解決とか……?
  一応道具作成でマスターを戦わせる事は可能ではある。一応。
  まあまずまともな勝利は狙えないだろう。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



.           /: : : : : : : :\__/: : : : : : : : : : : : : : : :/ 〈 乂〈_ノ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ{   Ⅵ辷刈
          /: : : : : : : : : /:/: /: : : : : : / : : : : :'\_  冖ゝ=
.        ,: : : :/: : : : /: :/: /: : : : : : / : : : : : : : } ∨ } Ⅵ辷
        ′/: : : : : / : : : /: : : : : : :./: : /: : : : : : : : : :∨} { { 〈〈
       .//: : : : : : /: :/: :/ : : : : : : /: : /: : : : : }: : :}: : : Y   }_
       /   |: : : : /: :/: :/ : : : : : : /: : /: : : : : : }: : :} : : :.乂__
      /    |: : : /: :/: :/ : : : : : : /: : /: : : : : : :/:.:./}: : : : : : //:乙
          : : : }ー〈: :/: : : : : :\ }: /j/: : : : : /斗‐‐‐ : }: :.//: : :} }
            ,′<  >: : : : : : / j/  |: : : : :/ィ灯竺㍉/: :.{ {: : : } }
        /: : : : : Y └―‐一 ,__   ̄ ̄ 〃㌻し,_ 》=- 乂_ノノ

.       /: : : : : : : ☆ : : ∧ ,x==ミ      乂-rク〈__ : : }: : : :

.         /: : : : : / }: : : : :∧〃          `¨¨´ }\/: : : :
        /: : : : /   }: : : 〈 ̄ヽ     '   _        }: : : : : : :
.       /: : : : /     }: : : ∧   ,     r   }    /,′: : : : : :
      /: : : : /     /: : : : :∧  '≧o。  ゝ  ,ノ  イ /: : : : : : : : :
    : : : : :/    /: : : : x≦}   }   _う≧‐-‐≦v /: : : : : : : : :/
    : : : :.,     ./: : : /  }  } /  } 〉     /: : : : : : : __/
    : : : :′   ,: : :./ __/⌒  乂  / ┐ハ/: : : : :/ ̄ /
    : : : |   ./: :/ / ヽ   \   /     ./: : : : :/   ^
    : : : | ./: :/ /    \  〉 /,\   /: : : :/⌒\
    : : : |/: :/{  {    \   〉'´ }   \,/: : : :/      〉   {
    : /: :./ ∧ { \ __)ー'  _,ノ    / : : : /      / ./
    / : : ∧ / '、_{__     / _」    / : : : /=-    { <
    : : : /:::{     __ヽー―'〉¨\   ./: : : : :{        〉__\
    : : :.{:::::{   / / /  \  `¨´/: : : : : :{\__/   /
    : : :.{ ̄   /\_/ / r‐、_ノ]  ./: : : : : : :{   ー、___/


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【性格】
  ハイテンション淑女。
  基本的に落ち着いた雰囲気の淑女(本来の意味で)であるが、かなりテンションが上がりやすい。
  また、その際にはちょいちょい汚い言葉遣いが含まれる。

  ちなみに言うまでも無く完全なる同性愛者。
  本来はそこまででも無かったのだが、スキルの影響によりパーフェクトレズへと至った。

  そんな感じであるが、それでも基本は結構常識人。
  無理に迫ったりなどもせず、物理的な暴走もそうない。
  良識のある変態である。

  微妙に男前。イケ魂ワンチャン……?
  総合的に結構いい性格してる感じ。

  一人称は「私」。丁寧な敬語口調。ときどき罵倒。
  雰囲気自体はAA元に近い。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【聖杯への願い】
  「受肉! それ以外にありますか?」
  「いえ、英霊の座というのも悪くはないのですがね」
  「ほらこう、純朴な少女と一時の燃えあがるような夜を……だなんて事、ないでしょう?」
  「――その点ッ現世であれば可能性は無限大ィ!」
  「私決して強くはありませんが、それでも聖杯戦争を勝ち抜くべく全力を尽くす所存でございます」

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                  _,._. -‐ ─ ‐- 、....                 いったい誰が、こいつがここまで活躍することを予見できただろうか……?
              ..,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
            ,.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶             正直、誰かレズにして直ぐ終わる一発屋になると思っていました、ごめんなさい

              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
          i:::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::!            たかがレズにするだけの宝具と侮ってはいけないと、今回ので深く実感しました
            、.!:::::::::::::::::乂__ノ:::::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::|
           .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i           優勝候補、次代に最も爪痕を残し、最大戦力を抱えて暴れ回る……
            .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
          '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/            本当真面目に、どうしてこうなった。無駄に高い神秘がなせる技なのか。パネエギリシャ。

           .丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           _ィ丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::/.ヽ、

       _,. -‐'"   l | .`゛‐-==-゛` ' l !  `ヽ、._           制作者は……アレだよ。あの人だよ。避難所の時点で若干バレててビビりましたが。
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー- ほら、ヘリオガバルスとか、ね? いたじゃん? あれらの製作者さんですよ。
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  '               もはや流石の貫禄と言わざるを得ない。
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉 ,              うちでは佐々木小次郎(速度厨)とかも活躍してましたね。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:周防の大蝦蟇         【消費】:50        【属性】:混沌・中庸           反英霊
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:C(30)     【耐】:B(40)    【敏】:D(20)     【魔】:C(30)      【幸運】:C(30)    【宝】:C
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

   \ \            ',     |              / /      /  /
     \\          ',         , - 、     / /      / /
        \       , - 、  _,,.. -──-(() )   .//     //
               (() )'"´        ` く    /
           \   `7´   __,,,,,.......,,,_   \      /
   `"'   、..,,_      ,/  ''"´  __,,,....,,,__ `"'  、ヘ、       _,,..   ''"´
             ,.  '"´   ,.  '"´      `"' 、 r '⌒ヽ
          /       ./ / /    | イ   | ヽ{ゝr‐‐ ヘ、  ‐ ─= 二
   =─ ‐  '、     ,:'  / メ |  ト、 ハ_」_   ノ } 7'´ ̄ ̄`ヽ)   ____
          `'ァ..,,_/  ; /」∧ | ∨´ァ' ヽY  /;'       \  |_   _|
            ./   ;'   |7´ァ'ヽ.ヽ|  弋z,リ |/イ|        ', ┌┘ └┐
           /   |  | |{ 弋zリ  .    ⊂⊃ヨ. |         ;. └┐ ┌┘
          ;     | 人ム⊃    , == 、   ; (」 ;          .|   '、__]
          |     ∨ト/ !    |   ',  /  { r'|         |
          |    /7 .人      _,ノ ,.イ  //|        ;  | ̄| | ̄|
   | ̄|__ [][]、   / /  //` Tァ= r<´|!|//   、        /  |_| |  |
   |   __|   \  {/   /{` ̄ ̄ _ン:;::::/    ヽ     ,:'       / /
   |  |__     \    ヽ/:::`'ー‐ ''":::::r'7{         /       く_/
   、___|       `'ー--/」/|::::::::::::::::::::::l/ ゝ、_   _,. '"
     ┌┐          /l£ア::::::::::::::::r'7\ / / ̄         _| ̄|__
     | |           /7::::::::::|/::::::::::::l/ヽァ//            |_  _  /
     └┘         /::::::::::::::;:::::::::::r'7\//              |  | く/
    /ヽ          ,ヘ、::::::::::::::::::::::::l/ヽァ<{!                  |_|
    ./ / ┌┐      r'::\`'::::、::;;___ム‐ァイ::::`':.、
   /  ‐‐┘ |    /:::::::::::`"'ァー---r<:::::::\::::::::\
 . └───┘  ,:'::::::::::::::::::::::/::::::::::::::|:::::::::::::::::::\::::::::\

代理AA:洩矢諏訪子(東方Project)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆対魔力:C
  第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
  大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
 【タイミング:常時】
  【【魔】で、相手から見て1~6番目に悪い手で優位を取られてもダメージを受けない。
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                   ,r--、.       ,r--、
                      { 三j..}ー ''''' ー-{ .三. }
  食                    /ー-'      ヽー〈  ケ           遊
                   /              ハ  ロ
  べ                /  _,,..-    - ..,,_   ハ   ケ.           ん
               r-'ァ'''´         ` ヽ、 ヽ   ロ
  ち                ノ    _,..--=-=.._    `ヾ   ♪        で
                  ,.'  _, ィ ''7/ /l l    l ` iヽ、   ヽ
   ゃ         / .,イ7 / /i-ァ‐i!-   ‐i!--iハ .l.ヽ、. ヽ            く
        riヽ ,., ァ /.//l .l i iハ l-.iハ   _i!__. ハi l .l .lヽ、. ハ

  う      ヾi'ノノ / i/ l i l i ィf示ミ、l、   ァr示ミ、.i/ / i! l;;ヽ. ', r1 rァ.     れ
            l .(/;;;;;i!;;;l i lヽ 代z_:ノ  ヽ. / 比::リl' / ハ.l;;;;;ト_ Yヾ/
  ぞ       .l ';;;;;;;;;;l/フ=/lヽl 三.   , ´ `ニ´l ,イ _/__!__;;;;;;;ヽヽi     な
         r/.  i' 、;;i!':::::l/ハト乂ヽ   v ァ   ノ≧lⅣl ト、 l` ;;;; ノ l
  !.    .ハ  ,イ.  i!>ソ=十 ハ:_≧ァ `´ ィ≦ト三i!>、ヽ. i!-‐''.i   ト、    い
          ,'i V::::\ \ /.リ、  ヽヾ_≧=''フ  /i ヽ.j__./.  ゝ . / l
       l i  ',:::::::::l.   乂 l  ト、ー、.,//   ,イ i ..フ''    ,.'::l / l    と
       j   ',::::::::l   j 、 `/'' 、.,ヽ≧  /_..//  /ヽ     l:::::i' i .l
      <    i:::::::l _ノ i ヽ/__/  _,..'''"   _ lニ l  lヽ_   l::::,'  i .l',
      l ハ  l::::::l j   |  ハ`'¨'´/、   ノ´ヽ7ii!  i / ヽ l::::,'   i..l ヽ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
 ◆自然同化:A
 自然と一体化し、生物としての気配を断つ。
 完全に気配を絶 てば探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
 ただし少しでも動くとこのスキルのランクは大きく落ちる。
 ①【タイミング:襲撃時】
  【最初のラウンド中、ランサーは筋力でダメージを受けない】
  【相手のステータスと固有スキルを確認してから撤退してもよい】
 ②【狙い撃ちした情報収集によっての情報収集を50%の確率で失敗させる】

 ◆仙術:C
 とある仙人の供として身に付けた仙術。
 今はランクダウンしているが、それでも人に化けたり、炎を操ったりできる。
 【サーヴァントとして認識されなくすることができる】
 【タイミング:戦闘開始時】
 【魔力40を追加で消費することで、いずれかのステータスで相手に与えるダメージ+10。重複は不可】

 ◆神性:E
 神霊適正を持つが、ほとんど退化してしまっている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【宝具】
  ◆『瘴気の沙汰も蝦蟇次第』
 ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1~50 最大補足:100人  消費魔力:起動30*X
 ランサーの口から吐き出 される虹色の瘴気。
 触れた生物を、精神への干渉と幻覚を併用してランサーの面前へと誘導する。
 遠くの敵をランサーの元へと誘導したりするだけでなく、戦闘中の不用意な接近を誘発する事もできる。
 魂食いにも便利。
 ①【タイミング:行動時】
 【他のユニットを自分のところに誘導する】
 ②【タイミング:判定終了時】
 【敵が取得した優位と自分が取得した優位を入れ替えられる。これによって入れ替えた場合、対魔力などは機能しない
  (数値を入れ替え、優位劣位を変更するのではなく、確定した3優位2劣位などの配置を変更できる)】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【weapon】
 『無銘・槍』
 4mぐらいある槍。
 特に特殊効果とかは無い。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

            ,. ── 、_

            /⌒′   ̄`ヽ \
        /,   /       、丶二フ、 ___,
         // i ハ ト、 = _`フ  \ <´
          i i  トキ \`rァ=ミ、ー<,斗 ヾ⌒`
        } ヽ〉不、 ` ヾtリハ≠〈ー}--}<j⌒ー~⌒ヽ
       ノイ !ト ヾリ ,   xxハ = ヽiト、>       )
        ト,〈\xx n  /.人 ヽ`ニ`ー一'⌒ー'′

     __ r、 ,ハ ! l> ┬/Τト--ゝ、 \___ へ、
     \ ヾ ヽ ,ハ Y)ノ/  ヽヽ __ll>------へ }
      {   L=ミ !  ! /,ハ    |ヽ、       リ
      ヽ.   /  `ーv┘   }:.  ..:! : :\
       `7!    | \  \..::::ヽ ヽ >───- 、    , - 、
        〈〈            | i:::::::::\ 〉   ノ     }    ヘ ノ
        {リ       ー─リ |\∠ \_      ノ ./: : : :\
        |         ´ . . : :\_,. --ミ;   イ/: : :    \ , ‐.、
.         〉- 、         . : : : : : : i::\_/.:/ ノ、: :          \ノ
       _丿 :.\____  : : : : : :!: ├一'´ ̄\ \       /
        |.      __,ノ::::>─一'′ !       \ \.   /
        |::.     |フヽ、:::::::::   ヽ...:::::ハ\       \ \/
        ̄ >‐一'    \::::    \::    :\        \ \
         /        // \_____ヽ  :::::::\        \ノ
        /     . ´ /      /:::::/⌒ー─一′
      // ̄`ー<_r‐ァ‐〈 _  /  ̄ ´
      i ! : : : : ハ′ノ/:::::::::〉__Y´
     `\__j_i/,:'::::::rく/: : :\

           / /´::::::::}./: : : : : i
            l./::::::::::::ノ \ / ⌒ヽ
            ヾ:::::::/    `ー、   〉=、
            ̄         \//:::::ヽ
                       {//:::::::::ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【来歴】
 周防国の岩国山に住むという大蝦蟇。
 体 長8尺(約2.4m)。蛙でありながら蛇を食うという。
 口からは虹色の気を吐き、触れた生物は蝦蟇の口に吸い込まれる。
 原型は中国に伝わる蝦蟇仙人の供、青蛙神(せいあじん)。
 それが日本に伝わって義賊自来也の大蝦蟇となり、
 そして自来也と共に大蝦蟇が有名になると、各地に大蝦蟇が登場する話が流行した。
 この周防の大蝦蟇もそういった話の一つであり、桃山人夜話に取り上げられ有名になった物。
 他に、大岩だと思って座っていた物が蝦蟇だったとか、女に化けて男の血を吸ったとかいう話もある。
 また日本において、蛇対蛙の構図は悪対善(或いは善対悪)としても用いられ、
 蛙が信仰される地域では蛇を妖怪に、蛇を信 仰する地域では蛙を妖怪に見る事が多かったという。
 故に冒頭の周防の大蝦蟇は蛇を食うという話は、善なる蛇を食う魔物とも、邪悪な蛇を食う聖獣とも解釈できる。
 ただしこの大蝦蟇は槍を持って人を襲う事もあるというから、どちらかと言えば魔物であったのかも知れない。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 無し。
 かつて蝦蟇仙人や自来也と共にあったように、愉快な人間と共に戦う事が望み。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 聖杯戦争エンジョイ勢。
 気に入ったマスターと共に戦う事がなにより楽しい。
 また何事も楽しもうとする性格のため、どんなマスターでも良い所を探そうとする。
 そして、良い所を積み重ねて、最終的には「気に入った!」と言いたい。
 状況次第で善にも悪にも成りうる性質を持ち、卑怯な手段にも誘導されれば簡単に転がる。
 江戸(ry
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         ,. --
       /    .-\
      /  , '´     }             ., -─-  、
      { /       /            /::::::::::::::::::::::::\       今回の自鯖、ランサーでした
      ∨   __,,.. '´             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
       ` ̄| l                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      口調のミスは今回非常に目立っており、ミスったキャラ全ての作者さんには深く深くお詫び申し上げます
           | |                   l::::○::::::::○:::::::::::::::::::!
    rヘー'~。゙^ヾー゚、                 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      見切り発車で動くからこんなことに……次はちゃんと読み込んで動くので、許してください!
   Y´p ゙、l!". οゞハ_          ,-.\::::::::::::::::::::::::::/..__
 {゙´。ο 〃^ 。l!,;  ゙~ヘ;⌒ー:、      / /.` ー-  -‐ ' i.{   ヽ   なんでもしますから!
.{〃ゞ ^d ゙、 % -ヾ " )パ、";';}   ノ f´ (_       j У ,  ∧
.{^;i! 。ο"〃^ 。l!,;rー゙''"~ ゞ-"´   j   |     ̄``'ー‐´¨i /    j
{;;:〃 :' 。^;;゚ノ⌒ ο゚、;} `、    ノ  .|           !{:    ソ,  こちらも性能が面白いランサー。アサシン仕立ての誘い受けである。
.|;;: c ~/⌒´     \   ` _  j,---i::..           |f: , '  {
.|! i!゙!i!'/,____       \     `Y    } :::::::......        |!/.∧  ,j  トリッキーな動きが売りなのだ
{三三三三三三三三iix、、,,..\       !::::::::::::::::::............... . /V/⌒´`i
|三三{   }三三三三三三i:x...`ヽ  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::jゝ   j  性格は、大変寛容なので、裏切りとか一切心配要らないという
∨三三三三三三三三三三三三ii:x、、 }  ー         _/    /
...\三三三三三三三三三三三三三||li:x、    , ----<´     イ   聖杯戦争を楽しむ、という意味では、これ以上無い優良鯖
   \三三三三三三三三三三三三三三ix、∠、、    __, <
    `'<三三三三三三三三三三三三三i}ニニ/   /´
       `'<三三三三三三三三三三彡'´ ゝ--一           製作者さんは、こちらも恐らく初めての方
          `''==三三三三三>''´




                     ,. -─-  、
                    /:::::::::::::::::::::::::\
        . -、      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、       { \
ヽ    / /`ヽ    l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l     { \  \{
 }.  / / /丿     l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::! .     ∧  \
 }/ / / , く      、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      { ' .  ヽ          ……というわけで、今次のサーヴァントたちでした
〃  ' / / ノ      \::::::::::::::::::::::::::/       |、 ヽ
 、    ' /        ` ー-   -‐´        | \ _ヽノ
 : .ヽ  _/          /:::lニ厶=‐<イi::::;′:ヽ._:::::::::::人  . : : : :          いろいろとありましたが、データを送ってくださった各制作者さんに感謝です
 : : : : : /     ::: / ::::ト^Y^ヽ/ ノリ    ::::::::ト=ニ. __`ヽ : : : :
ー-=r '    ____/::::::::::::::.∨∧.:/彡:::::  .::::::::::i , , , , , /∧二ニ
ー-ァ′,.-< , , , , ,〃::::::::::::::::::ハi「:.:.\l::::::i:! .::::::::::::. .:::::::/∧::{7 ノ

:∨  /∧::::::::::::/{::::::::::::::::::: ::|∧:.:.:.:.:   ‐- ... _::::::. .::://.::::.Vくo         どうします、死亡者についても簡単に触れますか
::::\, /.::::ヽ::/.::::::::::::::::::::::::::リ{:.:.\:.:.:.:.)ヽ:.:.:.:.:.:.:/.:::::::∨ ::::::::::|  >'
o::/,'.:::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::》、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::::::::::::V.::::::::::l/o::

:/ /.:::/.::::::::::::::::::::::.:::: ||::::::::::::::::\:.:.:.\:.:.:.:.:く::::::::::::::::::ヽ::::::〈::::::::::

' .::/.:::::::::::::::::::::::::.:::::::  人 /,=   ).:.:.:.:.)ー-、:.:ヽ-=ニ二_:::::::::.\:::::
:::::::`二ニ=-、:::::::::::::::::::::::(  //  /ー‐‐く    )'⌒::::::::::::/.::::::::::::∧::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:アリシア・ブラーソフ              【属性】:中立・悪
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:スナイパー                    【魔力】:20           【性別】: 女
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:6    【魔】:3   【知】:4   【魅】:8    【運】:9   【心】:4     【家】:2   【計】:36
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

      (( {{    ((ノ/_/^   _ _ _ _
        >≧─‐‐'< 《   /:::::::::::::::::::::::::::::|
       /-=ニ二¨`丶 八>':::::::::,> - ─‐ ー'-- 、
   ー=='=今‐=フ⌒ヽ   \((/            Yへ
      /-= く    .r‐、  / /  /       }  \
  __..斗七´ ̄ ̄`  .{{ ∨ /    /  /   /   //   ヽ
   フ...:::/___/     {{  } / ,′  :/     /   /:ハ    :
 /´^フ7....::/   /´ ̄ヽノ} .i   |  __ //  /  __.| |   i
     i.:/} /  {{    〉/i  l   .:|´ ̄/^ l /   '⌒| ノ   :八
     /  l人__j乂___ンl} }i  l   } j :/x= j/    - / }  ′ \
           . x<_}レ八 ' .   |j,ィfう圷       fラか / /
            く 丶 \((.ヽ ヽ |込ぅシ       ヒツ //./\
            \ \.\ー\ ゝ 、、、、      、、, j/   ノ
        / ̄`ヽ `ヽ ヽ. \`へ\       ′  ィ  // ノ:
       く __ `ヽ \ノ ソ   ノ>‐‐> 、  ` ´ ィ   ..イ / }
       .   `ヽ   \彡'/    \ーz ト-、>‐彡: :j/..:: ノ
   >=--───彡ヽ  ソ ´  ̄     }トr<7斗‐┐}=彡   /
.  / /_... ---──r‐<        /  }  }}____j ゝ==イ/  __
  { /´         {{_ ..---─   / ___ レ'ヘヽY`ヽ\  乂こ´ヽ `ヽ
  |{         ∠_  ̄` ___/´ ̄     \\ \\    ̄)  ノ
  乂___ノ     _/   `ヽ__/..:          ヽ_\ `¨、_/ _彡'
          .ヘ    /  }               il  ヽ   ̄ ̄
       _/   \ /    |            }}   }
     _/     _/        〉─-.、         ノ    /
   /     /.        }─‐、 >.. ____ /  /
  /     /            ト 、  ヽ:.:.:.]]:.:.:.:.:>r-‐'
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【常在効果】
◆ 溢れる運気
 超絶運がいい、あまりにも運が良すぎて味方にも影響がある。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
◆ラッキーヒット
 外した筈の弾丸がなぜか跳弾して相手を撃ち抜くレベルの幸運。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【礼装】
◆特になし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】 一人称:私 二人称:貴方
浮き沈みが激しくすぐ調子に乗ったり落ち込んだりする、あとかなりちょろい、白馬の王子様とか
待ち望んでるお花畑タイプ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
ジェレヴォ家に所属するヒットマン 年齢は15ほど
 元々孤児だったがジェレヴォ家に拾われスナイパーとしての訓練を受ける、技術的には中の下程度
 だったが何故か彼女が撃った弾丸は跳弾もしくはターゲットの死亡の間接的な原因になるなどで大抵暗殺成功する
 そのどう考えてもおかしいレベルの幸運を活かす為に聖杯戦争への参加を命じられる。本人的には
 正直逃げ出したいが恩のあるジェレヴォ家の命令なので仕方なく参加する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    お饅頭さんのところで考察がされていたアリシアさん
      ,.-‐-.、
      i':o:::::o::i          少なくとも、私のイメージとはほぼ合致していたため、ビビった
   ,-,っゝ::::::::ノ
  ./,{ヌじ,ヽ只>、
 〈__>i \V7l |           そう、お花畑キャラを書きたかったんですが、何故かあんなマジキチになってしまう
    〉   o | ,!
    / __ハ__ゝ_〉、        私の悪い癖
   /'´ /ヽ \トノ

  ./  /  \ .〉         年齢は15歳ほどとなっていますが、身分の関係上いくらか上げさせていただきました
  .|  |   / /
   |  |  〈__,/          かといって、zeroにて出番があるかというと恐らくない
   .|_|  t__)
  (_)'              制作者は、こちらもまた初めての人

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ポッポ・ユキオ                 【属性】:秩序・悪
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:権力者、お金持ち                【魔力】:10           【性別】:男
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
  【戦】:1   【魔】:1   【知】:1   【魅】:1    【運】:9   【心】:1     【家】:8    【計】:22
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

 ヽ | | | |/       ノ´⌒`ヽ
 三 す 三    γ⌒´      \
 三 ま 三  .// ""´ ⌒\  )

 三 ぬ 三.  .i /  _ノ ヽ、_ i )   オマエらと違って
 /| | | |ヽ . i ::  (・ )` ´( ・) i,/    恵まれた環境に育ってしまった…
        l::::. | |(__人_)| |. |

        \::. | | `⌒´ | |ノ    ヽ | | | |/
        /       \    三 す 三
        | |       .| |     三 ま 三
                      三 ぬ 三
                     /| | | |ヽ

代理AA:やるぽっぽ(やる夫派生)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【常在効果】
 ◆協力者の雇用
 カネとコネにものを言わせ、戦闘や魔力供給を担当するキャラクターを雇用できる。
 ポッポの仕事は彼らを注意深く見守り、文句をつけることである。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【起動スキル】
 ◆国家権力
 上から重圧をかけることによって公的機関を自由に動かせる。
 これによって昼間の神秘の秘匿や警察機関を使用したマスター探しなどが行える。

 ◆YU-AI
  ポッポ家に対して不利、もしくは不服従な行動を取る可能性のある人間が
  次々と不審な死を遂げたことから得たスキル。

  【調査済みの陣営を対象とすることで、事故などに偽装し「YU-AI」する。】
  【ポッポ家に対する裏切りなどを行っていた場合、効果は飛躍的に高まる。】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
「ひはんはきこえませ~ん」
「せつめいはしませ~ん」
「つごうのわるいものはみえませ~ん」

父は大企業の会長、祖父は元総理大臣という凄まじい家柄。常に巨富の裏づけで人生を送ってきた人。
本人も政治家であり、資金源として聖杯戦争開催地の土地買収や企業買収などで利益をあげている。

しかし政治家や実業家としての腕はへっぽこそのもので、
これまでの成功は全てポッポ家のカネとコネパワーでなんとかしている。

【聖杯戦争参加の動機など】
地元であるこの街で幅を利かせる魔術師の家系を疎ましく思っており、
全ての家系を追い出すor魔術師全員の「YU-AI」を目論んでいる。

「頂点はボク一人だ!」

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格など】
無能&無能。
都合の悪いことは見ないし聞かないし言わない。
他人の批判はよくするが自分が批判されると開き直ったり、電波なことを言い出したりする。

「ボクを信じてよ!(トラスト・ミー)」が口癖だが、決して信じてはいけない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                   見た目は雑魚に見えるけど、実は強キャラでしたポッポ・ユキオさん

        ,..-‐-.、    ノ''〉
        i'::o:::::o::i  / .> っ  元々はそんな設定はなかったけど、なぜか金井家の親戚筋に
        ゝ:::::::::ノ/ ./
      /^,<ヽ只7/      そのせいで元々の設定が若干歪んでしまったのはごめんなさい
     / ,イ  <V>l'
   ,< /  }  o..|
  ノ ,ij   / __ハ_>       そして本当の力を見せることなく死んでしまった。金井家の闇は深い
 `    /´./\ \

    / /    \ \    本当は、もっとウザキャラやってもらうはずだったのに……とはいえ、とんでもないことやらかしてくれましたけど
   / /     / /
 / /     < ./

(__γ'       ゝ_´)      制作者はお饅頭さんです。あの方からは今回膨大な量のデータをいただいていまして……

                   下手したら全応募者中最多かもしれないほどに。これもその一人です

                   しかし、申し訳ないことに不遇な立場のキャラが非常に多い

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:エリステレス=ジェレヴォ         【属性】:秩序:悪
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:魔術師                   【魔力】:60           【性別】:女
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:2   【魔】:6   【知】:8   【魅】:5    【運】:3   【心】:8    【家】:2    【計】:34     
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫
                  , ´  ̄ ` 、

                      l__   l
                ...-‐:::<:::::::::::::::::<__
           /:::::::::::::::::::::::::::>:´ ̄::::::::::::::`ヽ、

          /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::、:::\
      , ´ ̄`く:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ、>
     |       Y::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
     !        l::::::::::::::::::::::::_|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ゝ、_,ィ '::::::::::::::::::::::::::糺:::::::::::::::::::::::::::::/〆

       /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::ネヾ::::::::::::__z<  乂
      /::::::::l::::::::::::::::::::::; -‐ ミ、 ヾ;;;:イ0。;)     `7
      /:::::::::N:::::::::::::::::::l f‐-、゙    ゝ-‐´     '〈
      /:::::::::::| ヾ:::::::::::::八 ヽ__ヽ_         _ /
      /:::::::::::::|  `ミ:::::::::::::`ゝ、_ノ            /         n
     /::::::::::::::|    ` <::::N      __ ィ     r──‐H
    /:::::::::::::::|        Y       ∧::::::|:::::〈      |___.ロ|
   /::::::::::::::::|        , -/       |  \:l:::::::|      ∥   | |
   /::::::::::::::/||      /;;;;;/ _ -‐⌒\.|   ヾ:::::|      ∥   | |
  /:::::::::::/ |:|     (_二ニ-´: : ̄: : :\   ∨:l      ∥   | |_
  /:::::::/  |::|     \: : : : : : : : : : : : : : \_ |::|      ∥∩  | | |
   音無芽留(さよなら絶望先生)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【常在効果】
 ◆観察眼
  彼女の変質した眼。それは物事を観察する能力を有する。
  彼女の場合は特に人間に対して発揮される。
  しかし、逆に魅了などの攻撃を受けやすくもある。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆水膜鏡面
  水を操る魔術。
  彼女は操った水を膜にし、鏡とする。
  これ自体に戦闘力は無く、彼女自身も戦いが苦手な為主に撤退時使用される。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【礼装】
 ◆コンタクトレジスター
  コンタクトレンズ。礼装作成で作成可能。
  最大二つ目につけることにより観察眼を通した精神干渉をレジストする。
  レジストした場合この礼装は破棄される。
  また、高位の精神干渉は無効化できず軽減に止まる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 秩序を重んじる。
 また、秩序が保たれるなら法も犯す。
 法とは普遍的な規律だが局地的には合わずその土地土地での規律が優先されるという考え。
 (ロアナプラを想像していただければ。要はここのルールを守れということ)
 規律やルールに厳しく、逸脱した者には容赦しない。
 仲間思いであり、ルール違反をしなければよい関係を築ける。
 ジェレヴォ家の行いは悪で規律を作ることだと理解しているが
 麻薬などを流し規律を乱している者は嫌悪している。
 ジェレヴォ家の中では参謀的役割を持つ。
 聖杯を望む理由は力を得、ジェレヴォ家の頂点に立ち真の規律を敷くこと。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
 幼い頃彼女は孤児だった。

 町の底辺を這い蹲りただ生きるために行動する日々。

 その中で彼女が学んだことは「ルール」を守ること。

 シマの店に手を出すな、薬を売るな、警察に密告するな……そのルールさえ守れば底辺で生きていける。
 だが、そのルールを破ればあっけなく殺される。


 それは彼女の自己形成に大きな影響を与えた。

 少女は自身の眼の力で少しずつ町で重宝されるようになっていった。

 その頃には既に少女はルールに縛られルールで縛る者だった。

 その少女の力を利用できると考えたジェレヴォ家は彼女を取り込んだ。

 そして少女は聖杯戦争へ臨む─────
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ┌、           ……キャラが立つ前に死んだという意味で、ある意味今回で最も不遇な扱いを受けたかも知れない
    ,ミ,へ ,..-‐-.、
     \ \:::::o:i      エリステレス・ジュレヴォ
     / / ::::ノ
    i' /ゝ只7.ハ     生きていれば、ピスタリエートとの絡みが続いていたろうに、これも全部御影家ってやつの仕業なんだ

     `ゝ` <V/ ノ
       } /´/|     まあ、ポッポと違う点は、スキルを一応全部使わせられたことですかね?
      ./< ,イ、 >,
     〈{''ノ_ノ_, \/     無理矢理ですが
     / ,ィ/  /
    / /.〈 ,ム
  / /   \ \
 < ./      \ ,>、  こちらの作者は、七角形さんです
(_)'         (__γ'
                 文体でなんとなく察した方もいるかと思いますが

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┫
  【名前】:陽向シゲル                 【属性】:秩序・善
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:聖堂教会                   【魔力】:60            【性別】男
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:2   【魔】:2    【知】:6   【魅】:5    【運】:4    【心】:6    【家】:6    【計】:31
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫
                         __

                           ,、‐:': : : : : : : :`:':
                     /: : : : : : : : : : : : : : : :
                    ,.:': : : : : : : :\: : : : : : : : : : :
                    ,.:': : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :'
                 /: : : : : : : 、: : : : : : : `:,: : : : : '、: : :'
                i; ; ; ; ; ; ; ,、-‐、: : : : : : : :.':、: : : : :'、: : '
                |: : : :r-‐'     ヽ: : : : : : : : r-、: : :.'.,: :.'
                    i: : : :',     ,、ィ: : : : : : : :'、 ヽ: : : ':、: '.
                 i: : : : i.   ,イ∠少ヽ: : : : : :.'、ノ: : : : : : : :ゝ
                    i: : : : 下ァ,、 、-'",、-'": : : : : : ',: : : : : : : : ヽ
                 i,、 ,'、'".,ノ i__`'"´   i: : : : : : :', : : : : : : : :i.
                   // /-'"ノ__     i: : : : : : i: : : : :':、: : :.
                  /'"´ -‐'´ ,、イ:ヽ、 -‐ ''´ i: : : : : ルヽ: : : : :':、:
              /     -‐ ̄ ̄ フ\    iル: : :/  ヽ: ルヽ
               /      / ̄ ̄: i   iルレルレルi: :.i   i: /| : :i
              ./      /i: '、: : :'、:',  `ルレ才 i: :/   i// : :: :ゝ--
              /       ./ .'、\: :'、ゝ/: :/ リ/     /: :: :: :/. : :: :`‐ .
              ,'     // ̄ ̄ ̄/ : :/      ___/ : :: ::.:.i: :: :: :: :: :: :: :`‐.
              ,'    //: :: :: :: :./ : :: :/¨ヽ   '´   /: :: :: :: :i: :: :: :: :: :: :: :: :: :ィ
             i     i‐'´: :: :: :: :/.: :: :: :/',        /: :: :: :: :.:i : :: :: :: :: :: :: :/: :: :'
          .,'     i: :: :: :: :: :/ /\ ./  '、   _,/ : :,、: :: :: :: :i: : :: :: :: :: :: :/: :: :: :: :'
           ,'       i: :: :: :: :: :'.´: :: :: :Y   ゝ‐'"´i,/: :: :ヽ、,_.i: :: :: :: :: :: :/: :: :: :: :: :
AA:沢越止(School Daysその他)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【常在効果】
  ◆啓示
  "直感"と同等のスキル。直感は戦闘における第六感だが、
  "啓示"は目標の達成に関する事象すべて(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
  根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。

  強力なスキルだが、女の子に関することしか感知できない。

  ◆聖人
   教会から正式に聖人認定を受けたわけではないが、一部からは現代最後の聖人として尊敬を集めている。、
  通常は"秘蹟の効果上昇"、"HP自動回復"、"カリスマを1ランクアップ"、"聖骸布の作成が可能"
   からひとつ選択されるが、彼の場合「カリスマのランクアップ」が自動選択されている。

  【女性に対してのみ、自身の【魅】の値が「10」として扱われる】
  【さらに自身の教義に関する事柄ならば【心】の値が「10」として扱われる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
  ◆神の奇跡(ゴッドフィンガー)
  「これが奇跡の力だ!」

  淫蕩の聖者。
  医学や科学では解明できない、特定の病や精神疾患を瞬間的かつ永続的に回復する「癒しの御業」
  レズをノンケにしたり、インポを思春期の中学生レベルにまで回復させたり、貧乳を巨乳にしたり、
  不妊症を完全に治癒したりなど、もはやその業績は奇跡としか言い様がない。

  【対象に接触することで、任意でいずれかの効果をもたらす。奇跡の行使は1日に1度のみである】
  【1.スケベな体にする(体を魔改造)】
  【2.スケベな精神にする(精神を魔改造)】
  【3.スケベなスキルを習得させる(スキルを魔改造)】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【礼装】
 なし。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【来歴】
  由緒正しい教会の家系に生まれ、父と同じように聖職者としての道を志す。
  元来は真面目な聖職者であり、神父の鏡と言えるような人物であった。
  しかし真面目しか取り柄がなく、代行者になれるほどの才能もなかった彼は、
  “これではいつまで経っても、信徒としての勤めを果たすことができない”と思い悩み始める。

  だがある時、彼に転機が訪れる。
  
  『先進国って少子化で困ってるじゃん? 特に日本ってその中でも特にヤバイじゃん?

   だからウチの教義バンバン広めて救済しようじゃん。産めよ増やせよ地に満ちよ!
   エッチなことして少子化解決!』

  天啓である。神の声である。シゲルはその時確かに父なる神の声を聞いたのだ。
  同時に神の奇跡(ゴッドフィンガー)を授かり、子作りに悩む夫婦や喪女喪男たちの救済を開始する。

  キリスト教系分派宗教、『エロスト教』の誕生である。

  要は『セックスして子ども増やそうぜ!』な教義であるため邪教に見えなくもないが
  教会の影響力が届きにくい日本という立地や、教会内の一部シスターをコマしているお陰で
  聖堂教会内部では彼の異能や行動については問題になっていない。

  しかし男を嫌ってたレズが次の日に男とイチャイチャしてたり
  貧相な身体の少女が急にお尻やお胸がムチムチしてきたりと
  端から見るとやっぱり洗脳・肉体改造やってるように見えるかもしれない。
  (神の奇跡だよ!)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【性格】
  性職者……ではなく聖職者。
  『産めよ、増やせよ、地に満ちよ』という天啓を忠実に、かつ情熱的に実行する。

  本人がエロいことをするだけでなく、カップルを成立させたり、そういう雰囲気に持ち込んで既成事実を
  作らせようとしたりもする。
  要はお見合い進めてきたり、早く子作りしろと急かしてくるお節介オバちゃんみたいなもん。

  しかし「君の信仰を試そうでは無いか! 俺は君が乗り越えられると信じている!」
  と言いながら本人の意思ガン無視でレズをノンケにするのは如何なものだろうか。
  でも本人は神の意思に従ってるだけだし、超正しいことしてると思ってるので属性は秩序・善

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【聖杯に対する望み】
  なし。神は言っている、お前の使命はお前の力で果たせと。
  ただしこの聖杯戦争中、救済はより精力的に行うつもりである。
  例えばマスター同士を性的な意味でくっつけたり、
  異性の主従を「魔力供給」という名目でえっちぃことさせたりである。

  夢は全参加者のカップル成立。サーヴァントが受肉、その後交際・結婚予定の場合は
  戸籍の捏造など諸処の雑務は喜んで請け負います。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

            ゙ェ-ィ                       聖人ならぬ性人
            ''ァ、;=、
              ヽ::::ヽ                     陽向家のドン、陽向シゲル=サン
               ヽ::`.、
                〉、:ヽr,.-‐-.、              価値観の倒錯を除けば善人です、ぶっちゃけ、サミーあたりよりよほど

               ,イ !::::::l,::::゚::::::::i
                / ゚`'''}:::::::ヒ:::::゚::ノ              来るスレを間違えたんじゃないかと思うほどのエロゲ設定、潔し
         ((-'、,.__,,く ゚::::::::::::::,ノ
         ~r='/l::ヽ、,..-‐''"
           y'::::::i:::::::/                      制作者はまたしてもお饅頭さん
         ,く::::::::!:::::::i
       / ヽ,:λ:{'、                       この書き込みの量に情熱を感じる
      /  /ヽ|、ヽ) '、
     ,/  /   '\  `,,                    しかし残念なことに、このスレは全年齢対象なのだった
     r -'"      \  へ、
    /  イ           \  `、
   /  /           \  ヽ
  _/__,,/             ヽ__λ

 r'_,,」               〈_,,.,.,〕                まあ復活してるから、本来ここに出すにはそぐわないんですけどね!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:シンク・グランド              【属性】:秩序・中庸
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:魔術師                   【魔力】:40           【性別】:女
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:6   【魔】:7   【知】:4   【魅】:5    【運】:5    【心】:7    【家】:5    【計】:39      
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

              _/ ̄\__/ ̄ \__
                //: :/ ハ:::l:::/ ハ: : : : :\\
.            /: :/: :/:/:::::ヘ::v:/::::::ヘ: :', : : :ヘ: ヽ
           /: :/: :/:/ミミミ:∨:彡彡ヘ:.', : : : l: : ',
.          /: :/: :/:/             ',:l: : : :.l: : :l
         /: ;イ: : l:,'               |:ト、: : :.l: ト l
         ,' /:.l: :./l:|             |:| l: : :l: l:.:l
        l/: :l: :.l,斗―        ―‐l:l-、l: : :l: l: }
        {: : :l: :l ,リ仡ミ       ,ィ仡心、.l: :.l:.:l:.:}
        /{: : :l: l 〈弋:ツ         弋:ツ .〉 l: :l: :l: |
.       /: :l: : :l l        '       /|:.:l: :l:.:l
      /: : :|: : :l:.l               /,イ:/:/: :l
.     /: : : ll: : :.l:lヘ        ‐-‐      /´//l/: :.:|、
     /: : : /:l: : :ヘl: :>.、           /: :/: :': : : :| l
.  /: : : : :/:.:l: : : : \: : :l`  、   , イ: : : /i: : : l: : :|.:l
. / : : : : : /: :/: : :/: : : : : |     ¨   |: : : : :|: : :.l: : :l:.:l
柿崎めぐ(ローゼンメイデン)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【常在効果】
 ◆拾い癖
彼女は落ちてるものはついつい拾ってしまう。
犬猫は数え切れないほど拾ったし、落ちてるスタンプカードやちょっとした小物もついつい拾い集める。
綺麗な石とかも大好き。
なおコレクション趣味はないため、拾った物などはしばらくすると捨ててしまう。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆土中潜水士
彼女の得意とする土中潜水魔術、分類上は魔術だが習得しょうとしても上手く扱える魔術師は少ない。
土の中を水中のように移動する事ができる。また応用として特に魔術の宿っていない壁なども
すり抜ける事が可能。
彼女は主に発掘作業や宝石採掘などにこの魔術を使い、グランド家に貢献している。
ちなみに呼吸等も魔術を併用しているため、かなりの長時間潜水可能。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【礼装】
 ◆土中機雷
魔術式の爆弾に土中潜水魔術をかけ、土中から地上に向けて投下する一種の地雷。
投下後も多少の誘導、任意起爆なども可能だが、移動が遅く、敵の行動を見てから動かす事は難しい。
元は土中作業用の爆薬を戦闘用に改造した物。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
仕事人気質の解りやすい女性。
素直で正直、労働者気質で、指示された仕事をこなしている事が多い。
裏方や地味な仕事が好きで、逆に過度に目立つ事は嫌い。
魔術師の家に所属し、自身も魔術師だが表立っては普通の奥様をしており、
町で近所の奥様と井戸端会議したりスーパーで買い物してたりする。特権階級意識はない。
あらかじめ断るよう意識してない事を頼まれると断る事が苦手。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
グランド家の主に発掘担当をしている魔術師、それが彼女である。
といっても彼女はグランド家出身ではない。
彼女の生まれは別の国の土関係の魔術師の家に生まれた(一部の能力のみ)魔術師。
土・水の二重属性を持ち、主に土を水のようにする魔術が得意で、小さい頃から人目のない場所で
土の中をジャバジャバ泳いでる元気な女の子だった、両親も一種のレアな魔術技能だということを
認識していたため、その道への成長へ協力、水泳とその魔術だけが非常にすぐれた女性魔術師へと
成長した。
その技術を見込まれ、グランド家に嫁いだため、現在グランドの性を名乗っている。
嫁いだ後は次世代を産む事よりも発掘作業への協力を望まれ、その才を活かし怒涛のような勢いで
遺物の発掘や墓荒らしを行っている。ちなみに3人の子供を産んでいる。
聖杯戦争の前準備や発掘等にも協力しており、また聖杯戦争でも要請があれば協力するつもりだが、
家も彼女も聖杯戦争の支援や裏方のつもり。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 柿崎めぐなのにシンク。
      ri
     (ゞ)         クール系人妻であり、スタンド「オアシス」の使い手(違う)
     .| ,!-‐-.、
     .| i':o:::::o::i      マスター勢としては、結構活躍した部類に入りますが、残念ながらエピローグで殺されました
     .| ゝ::::::::ノ

       f<|只/7ヽ      土中潜水魔術は私も好き。オアシスみたいで(違う)
      |<V//、\
     _.! o  {_/ /
   '´ ̄`-' ヽ.,(_|]/     制作者は、恐らく最大のマスター作者であろう方
   |  | ̄.´\ \
   |  |    \ \    古くは、バーナードや清水苗などの初期を支えたキャラ
  _|_|      .\ ,>、
  (____フ       (__ノノ  最近でもストル・クロースバード(通称『脱』)さんなんてのもこの方の作成だったりして

                 サーヴァントではジュリアンなんてのも作ってらっしゃる


       ,..-‐-.、
      i':o:::::o::i
      ゝ::::::::ノ
     f^<|只/7ヽ        ちなみに、殺され方が結構えぐい
     |\ \>/ 、\

      〉c\ \ \ \    極次が魔力を損耗させるウィルスを操っていると言うことはまえにちらりとお話ししましたが
     /  ハ \ ,>ァ_\ ,>__
     レ´ ̄\/`ー-' trー'  それを、シンクサンが土中に逃げる寸前に撃ち込むとどうなるか
   / /´\ \

  / /    .\ \      そう、土中で魔力が切れてしまうのだ
  \ \      \ \
   \ ,>      \ \   つまり生き埋めである、くわばらくわばら
    (_)'        (´_`)
                ̄



                      大魔王ミーミル

          ,.-‐-.、
         i':::::::o::::i         圧倒的なステータスと、サーヴァントに匹敵するユニットを扱うボス級の強敵だったが
.      f'て}. ̄ r::::::::ノ、  __
      | r个 √`>‐k } f゙)ヾ>   扱ってるサーヴァントがいまいちなのと、よりにもよってレズに刃向かったがために負けてしまった

       }l r ''"`ァ'゙  ,ノ、ム'^'ァ'゙
      人ヒ,ィ゙ ァ弌__,,>'´     愛の力って偉大

      f`'`ー-R,,__
      |    、  `' 、        中ボスって、機能したことないなあ
        ',    ',__    ゙Y
       ',    | ',   |
    ,r''゙~    〉 い  |       彼女が自分の死体に取り込んだあのバシャーモは、結構重要な鍵になる……かも?
  ,rァ弋   _,ァ-‐'゙  `'i"~i!
  ぃ_f_⌒"´      ,ト、入_
  `'ー┘         └┴‐‐`'     制作者は、今回が初めての人

【ミスった。失礼しました】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
   【名前】:ミーミル・グラント              【属性】:混沌・悪
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
   【特徴】:魔術師                      【魔力】:120         【性別】:女
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
  【戦】:7   【魔】:7  【知】:8   【魅】:8     【運】:5  【心】:10    【家】:7     【計】:52
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

    { { { (ニニニ>'´: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :::::...: : : :\
   弋_>ヘ リ : //: : : : : :.:::,': : : : : : : ヽ: : : : : : : :`: . ,::::...: :::.,
       ∨ 0/ :/: : : : : :.:::/!: : : :',: : : : : ',>──-ミ : `:.、::::::::,
       :>':、 : : : : :/: ::::,' |_: : :゛:、: : : : ',:::::::..: : \:: : : : ヽ:::::}
     > ´: : : : i: : : ,: : ;:ィ´ !: i: : : : :\ : : ',\: : : : : \:ヽ:: :',::ハ
     \:_:_: : :! : : |: /:,′ ',: 、: : :::::. : : : : ',   ̄ ̄ マ´: :',:: }:::::
        |: : : |: : ::|: :::i   ヽ、\: ::::、:::::: Yi,.xz==ミ、!: : :.iノ`ヽ
        ∧: : :', : ∧ ::|    __、  ̄ `ヽ:ノ´.::::::::::: ノ: : :ノ三二
       / .i、: : :',: : :ヽハ  ,.xz==    '     ∠ ィ´ー=ニミ}:
.     /   ',ハ: ::::>、> ‐`Ⅳ:::::::::::        ,     |:{辷=<::
.   く     ∧}: : :/ /::::-} :::::       ー‐ ´     ,.ィ:`T:ソイ::
    ∨  :::', ∧ ´|:/: :∠∧             ∠::∧: {\::::::
.     ∨ Y^V ∧ 7ヽ</ 个:......, ___ ,.. イ ! i `<ハノ  ̄
      ∨.ハ ∨.∧!: ::::厶イ::::::::、::::::::/ ハ      i/   i| ̄i ̄
.       ∨ !  i .∧、: :{ >‐-ミ::::} ア  / ノ     .|     |  |
       Ⅵ  |イ ̄ 7`   / ソ/   /、    /|     |  |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【常在効果】
 ◆狂愛
 彼のことが好きすぎたがゆえに狂ってしまった愛
 彼女の中で彼の存在がぶれることが無いため、精神系の効果を無力化する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆死体改造
 自身の操る死体を改造して様々な能力を追加していく技術
 強化するパーツに死んだ魔術師を使うとその死体が持っていたスキルを付与することができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【礼装】
◆愛しき彼
 死んでしまった自分の彼氏をネクロマンシーで甦らせ作られた戦闘用使い魔
 死んでから年月は経っているが、完璧な防腐処理やミーミルの手厚い手入れ等をしているため
 傍から見れば死体とは思われない程に整っている
 ただし、本質的には使い魔な為、ミーミルのことをマスターとしか認識していない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 彼の事を思い、彼のことを考え、何時一時でも離れようとしないヤンデレ
 基本的に他人がどうなろうが関係なく、自身の目的を叶える為には手段は択ばない
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
 グランド家の中で屍術士に特化した者 ただし、最初からそうであったわけではなく
 元々は両方の技術を学んでいたのだが付き合っていた彼氏が死んでしまったことをきっかけに
 彼の死を受け入れたくない自分と、屍術士として見慣れてきた死体の彼をどう扱うかという認識が
 せめぎ合った結果、使い魔かして傍に置くことを選びネクロマンシーの方を特化して学んでいくことになっていた
 だが、その代償として彼女の精神は次第に病んでいくことになり、いつしか彼を強化させていき
 理想の彼を作ることを指針としていくことになっていた
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         ___,.         死亡組はこんなもんかな?
                         i´:o:::`i      ,
               rl        ゝ::::::ノ        10年後には死んでいるツェツィーリヤや銀治郎

                j」 _     __ァくこ、
            _ 斤夭f批`}_)¬<_ノハ  〉        次回はほぼ参加しない予定のマーキンやミユキ、サミー、月島さんなども
           〔_7 7{ f⌒ヽ<ニミー个z≦升/
           /i/ィ.人   /    ̄`ヾアr‐' ̄ ̄l__     紹介したほうがいいんでしょうが
      _r≦ニ∨/f∧Vな≧{  /> ミ辷ノ r――こi〕ト、
     /∠V⌒7 /`ヽ l ト毛vノ __l-( >--ィ\三ニ三ト、ハ

      {イ{ 〕C// 〉ifハ (⌒Y´`{/=)ニ≧ニニ{‐{≧===ヽ} 〉   ツェツィーリヤや銀治郎は、結局死にイベントがないからスキル消化もなくて
.      Vト个-く シイ/`fこrヘ>イ==〉⇔ムV{斗z∠ ノイ/
        `<ニ> '  ` ー==` ー‐===' <ニニ> '    ある意味エリステレスあたりをも越える不遇かもしれない
                              ̄



         ,..-‐-...、

          ,:':::::::::::::::::ヽ
        i:::::::::○::::O:!
       __ ';::::::::::::::::::ノ           ま、今日は疲れたのでここまでにします。残りは気が向いたら紹介
      /:::: ` ‐--- ′
     /.::::/::::::::::::``}┐
     }:::::::::::::::::::::::::::::|、          明日、正式にマスターの製作規格などを貼って、それから先はしばらく姿を消します
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::}

     j:::::::::::::::::::::::::/::::::|
.    /.:::::::::::::::::::::::/:::::::/          ちらほら顔を出すとは思いますが、年内は大規模な活動はやらないでしょう
    \::::::::::::::三::::::::::::7
     ヽ:::::::::::::::\:::::::L         後日談くらいなら投下するかも知れませんが

      ゝ::::::::::::::::::^|::::::|

      ノ´::::::::::::::::::/7::::〉        第三次は一月か二月を予定しています。それでは皆さんお休みなさい
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::/{

┏━━━━━━━━━━━━━┓
  【所属】:
┏━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:                       【属性】:             【残令呪数】:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:                        【魔力】:             【性別】:
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:   【魔】:   【知】:   【魅】:     【運】:   【心】:    【家】:    【計】:
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫
代理AA:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆
 ◆
 ★
 ◇
(◆ 通常のスキル   極力活用する
 ★ 固有礼装や固有工房
 ◇ フレーバースキル スルーされることもある)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                それでは、マスターの話をしましょうか

       ,.-‐-.、-、     規格を新しく作り直しました。以後送る場合はこちらでお願いします
       i':o:::::o::i_.>、
      ゝ::::::::ノ\ \   具体的な変更点は『所属の欄ができた』ことと、スキルをひとまとめにしたところです。
     f<|只/7'  ̄__ノ

     ||<V//´      その代わり、トップのマークで一応差をつけましたが、まあ、気分です。
     |.! o  {
     lノハ  ヽ      スキル数は、普通のスキルや固有礼装、固有工房などを1、フレーバースキルを0.5とした上で

     t,Y.|\/

      | |  |       合計3前後になるのが望ましい
      | |  |
      | |  |       所属については、複数の陣営をふらふらする場合には『不特定』
      |_|_|

      (__t___)       無所属ならばそのまま『無所属』、内緒にしておきたければ『???』みたいな感じでお願いします

                外部組織はまだちょっと待ってください



      ,.-‐-.、

      i':o:::::o::i        これまでに送ったものを、こちらの規格に直して送っていただいても
      ゝ::::::::ノ
  . /´ ̄l<|只/7ヽ       それはそれで構いませんが……まあその辺は作者さんのご自由に。基本的にはこちらで直しておきます
  /__/ ̄|<V//、ν‐¬'r',-、

  {.ii.}  .! o  { .ー―┘ー'
  `´  ノ ハ  ヽ        ところで一つ質問なんですが、キャラは「全キャラ使用」方向で動くか、取捨する方向で動くか
      Y, \/

      ./ ./         どっちがいいです?
     / ./.|
    ./ ./ |         こちらの手間はさして変わらなくて、単に早い者勝ちになるか抽選形式になるかの違いなんですが
   _/ ./|  |
  (___>'. ,―、
      `--'

                マスターって、正味そんなに使いたくないほど酷いのって来ないです
       ,.-‐-.、
       i'::::o:::::::i      というか、本心を言うと、全部使いたい
      ゝ::::::::ノ
     ,r<只/7ヽ     だけど、やってくる分量を考えると……という

    / |<V//、\

    〈 '、! o  {_/ /   元々は全キャラ使う予定でしたが
     Y_),ハ  (_|]/
    /´ __\/、

   / /  \ \   ……それじゃ、取捨するにしても、一つも使われない人というのは出ないように気を付けて
   |  |      |  |
  _|_|      |_|_   ある程度選別することにします
 (___ノ     t___)

               そうはいっても、殆どは使うことになるでしょうが

まあ、取捨選択しつつどの作者のキャラも出せるようにするってところが落とし所かね

               何度も言いますが、使いたくないとか出しにくいのではなく(そういうのはちゃんと後回しにする)

               定員オーバーしちゃうから出せない、というだけであって

      ,.-‐-.、     基本的には、届いたキャラのどれにも特別倦厭感は抱いていませんしどれでも使いたかったですが
       i'::::::o:::::i
      ゞ::::::::ノ     ともあれ、ではある程度カットする方向でやりましょう。具体的な方針は>>295な感じで
     rヘ ´ー'1、

     l |    |.|
     l |   .{ |    送り先は、以前と変わらずfate_stay_yaoyorozu@outlook.jp
     |__|  , |_|
     ti |__∧_j.j    期日は特に設けませんが、停止3日前くらいに宣言しましょうか

     .`|  l |´
      |  l |     ステータスのぼんやりとした基準などは聞いていただければお答えします
      |  l |
      |_|__|    ついでに、陽向亜里沙、グレイ・アレキサンドライト、火宮雪、火宮トウカ……ぐらいかな?
      (__j__j
              の10年後AAも募集しておきます

       ,.-‐-.、  , -、
       i':o:::::o::i <)_ノ
      ゝ::::::::ノ  | |
     f<|只/7' ̄__ノ     そのままでも大丈夫なんですけどね、特にトウカは

     ||<V//´
     |.! o  {
     lノハ  ヽ        雪は、設定上は16とかそのくらい
     t,Y.|\/

      | |  |         なので、変えてもいいかなーぐらいには
      | |  |
      | |  |
      |_|_|

      (__t___)

http://i.imgur.com/OibyGbf.png アレキ
http://i.imgur.com/rCQyjuZ.png グラント
http://i.imgur.com/YDY8MPR.png ジュレヴォ
http://i.imgur.com/EAI7qdv.png 金井
http://i.imgur.com/tYrjf8T.png 月島
http://i.imgur.com/ecxQVMF.png 水城

      ┌─┐
     __i三三i__

       i':o:::::o::i
      ゝ::::::::ノ
     f<|只/7ヽ     家系図はこんな感じです

     ||<V//、\
     |.! o  {_/ /    雑ですが
     lノハ  (_|]/
     t,Y.|\/

      | |  |
      | |  |
      | |  |
      |_|_|

      (__t___)

      ,.-‐-.、

       i':::::::o::::i
      ゝ::::::::ノ
     r.<ヽ只7i

     l | <V>l|      未登場、となっているところは、現在空欄となっている枠

     l |  o..{|
     |__|  ハ_>      それ以外、たとえばアレキサンドライトの長兄、などは、既にそれとしてキャラが入っているが現時点では登場していない
     | ljl.´ | |j

     `´|  | |       というパターンのものです

       |  | |
       |  | |       それにしてもやはりこの七家、魔術師としての自覚がないレベルに兄弟作っておる
       |_|_|
       t__)_)      人員を一番湯水のように使うはずのジュレヴォが一番タイトな家系図ってなんやねん


ちなみにもう送っていいのかな?

>>311
どうぞどうぞ
というかもう既にいくつか届いています

そういえばエピローグのうさみんの行き先って三次の伏線?
それとも乱心のルーニーのとこ?


       ,.-‐-.、  , -、
       i':o:::::o::i <)_ノ
      ゝ::::::::ノ  | |    >>313
     f<|只/7' ̄__ノ

     ||<V//´      とりあえず三次の伏線ではないです
     |.! o  {
     lノハ  ヽ      ルーニーのところかどうかは……乱心院さんの判断次第ですね
     t,Y.|\/

      | |  |       乱心院さんが繋がっているといえば繋がっている
      | |  | 
      | |  |       そうでないといえばそうでない。とはいえ結局はif、zeroとSNの関係みたいなもんです。特に言及がなければ、繋がっていない
      |_|_|

      (__t___)       ただ、あちらのスレに行って聞く、ということは止めて下さい。迷惑がかかるといけないので



     ,.、,.-‐-.、
    _〈 i':o:::::o::i
   ./ .7ゝ::::::::ノ    .>314

   / /'f<|只/7>、
   `ー‐|<V//´.!   ステ基準といっても大したことは言えないんですが……
      ! o  {.l |
     .ノハ  . |__|   10は、何かしらぶっ壊れてるケースだし9も本来は人外級なので、基本的には8くらいに止めておきましょう、とか
     . Y.|\/lj |

      | |  | `'   0は行動に障害が出るので安易に出さない形で、とか
      | |  | 
      | |  |    そんなものですかね
      |_|_|

      (__t___)

避難所の方には貼ったのですが、こちらにも一応




募集再開以降に、既に2つ以上データを送ってくださった方は、12/11の23:59時点で締め切り


現時点で1つまたはまったく送っていない方は、引き続き募集継続


12/12以降は、一人頭送る個数は2つまで

ということでお願いします。

後出しでこういうことを言うのがまずいことだとは分かっているのですが、なにとぞご理解を



「―――――はっ、はっ、はっ……み、ミユキ……!

 胃薬を、胃薬を頼む……!」

「ちょ、はっ、ちょっと待ってください、あっ、あなた……。 今、持って、持っていき、ま、はっ、ますから、うっ……」

「……馬鹿お兄……はっ、はぁっ……! 今は、みんな、辛いんだから、くぅっ……

 自分だけ、あぐっ、楽をしようと、するなよっ……!」

「……」


 イギリスへの帰り道。

 兄(マーキン)がチャーターした貸し切りの旅客機の中。

 私たちは、めいめいがばらばらの場所にうずくまって、活力を搾り取られる苦しみを味わっていた。



 兄の負傷により、聖杯戦争継続を断念した私たちは、ミユキさんの素早い判断の下、バーサーカーを解放した上ですぐさま帰路につくことに決めた。

 幸い、兄の負傷以外は具体的な被害を何らこうむっていなかった私たち。

 (むしろ、特に用事も無いのに無理矢理連行された私からしたら、さっさと終わってくれたことはこの上ない僥倖だった)

 何も憂うことなく、ただ帰路につくことができるはずだった。


 ただ、一点だけを除いては。


 「……だいじょう……ぶ?」

 広々としたジェット機のほうぼうでもだえ苦しむ私たちを、遠目に眺める不安そうな影。

 軽く波打った銀色の長髪。小さな身体。薄幸の美少女。

 そう、これが唯一にして最大の問題。

 私たちが抱え込んだ責任と負債。




 兄とミユキさんが『それ』に出会った頃、まだ私は日本にいなかったから……その邂逅、詳しいなれそめについて多く語ることは出来ない。

 知っていることと言えば、この少女もまた、聖杯戦争という災禍の中で生まれたサーヴァントであるということ。

 そして奇妙なことに、兄が元々使役していたバーサーカー、ウールヴヘジンと同じクラスの持ち主だった。

 マスターを失ったかなんだかで放浪していた彼女を、うちの自惚れ屋の馬鹿兄貴は、自己の力を過信して抱え込んだ。

 その結果、今と大して変わらないほどの魔力欠乏に襲われて死にかけたため、慌てて私を呼び出した……という次第。


 私の拙い魔術でなんとか動ける程度には改善できたが、結局銃撃戦に巻き込まれて脱落する羽目に。時間の無駄だった。

 ……いや、まあ、どうせ家にいても、引きこもってるではあるのだけど。


 ウールヴヘジンについては、令呪3画を残していた。

 だから、半ば放り出すような命令を仕組むことが出来、その処理については難航しなかった。

 理性をまったく失っている上、制御が効かず言語も通じないバーサーカーであるので、他の選択肢が浮き上がらなかった……というのもある。

 だが、本来いないはずのもう一人……拾ってきたバーサーカーについては。

 一つ、令呪が存在せず。命令を下して強制的に処分することができない。

 一つ、理性があり、言葉が通じる。制御も効く。さらに戦闘力は決して高くなく、必然的に低燃費である。

 一つ、外見も精神も見た目通りの幼体で、彼女を冷たくあしらうというのは……チキンの私は言うまでもなく、ミユキさんにとっても、選びがたい選択だったということ。

 そして最後に、考察の結果導き出されたバーサーカーの真名、そして彼女が抱える過去の重さ。

 それを知ったとき、私たちの頭の中からは「見捨てる」という選択肢がまったく消滅していたのだ。


 元々、バーサーカーに対して、自分の子供であるかのように手をかけていたミユキさんは、ある種思考停止気味に、バーサーカーを引き取る決断をした。

 私の方はというと、煩わしいのが嫌いなので、また同じく思考停止気味に、その決断を誘導した。

 だが、その判断が安直だったということを……今、私たちは身を以て知っている。


 「っはぁっ……」

 頭がくらくらする。手元に備えた栄養ゼリーを咥えて、なけなしのカロリーを摂取し、体力を補う。

 今、私たちがいる太平洋上空高度云千メートルは、あらゆる霊地からの補助を受け入れない、いわば空の孤島。

 無論、聖杯からの援助など望むべくもない(そんなものは最初から無かったが)。

 たとえ最低限であったとしても、サーヴァントの魔力消費の全てがのしかかれば、並大抵の負担ではない。

 地上に降りれば、遥かにマシにはなるだろう。

 瀬分町で暴れるウールヴヘジンが、未だ姿を消していないのかもしれない。

 または、私のパス魔術によって、より多くの人間を取り込めば……。

 「……」

 「ひゃいっ!?」

 など、と、考えていると。

 肩を軽く叩かれる感触。

 突然のことに、私は思わず肩を弾ませた。

 おそるおそる背後を振り向くと……そこにいたのはバーサーカー。

 消え入りそうな表情で、私のことを見つめている。

 「もしかして……私のせい?」

 まだ幼い彼女は、全てを悟れるほど慣れていない。

 だが、きっと利発な少女だったのだろう。ぼんやりとは状況を把握し、責任を感じているようだった。

 なんというか、情けないな。

 兄は未だにうめき声を上げている。ミユキさんはふらふらになりながら、奴に栄養ドリンクを運んでいる。

 まったく、あの駄目人間は……。

 「……」

 私が黙っていると、バーサーカーの表情は一層鬱屈としたものに変わっていく。

 彼女の表情が陰っていくのは、深海への潜水をイメージさせる。徐々に暗みを増していく青。

 彼女の死に様より触発されたイメージか、それとも彼女の魂そのものに焼き付けられた残像か。

 「……わたし……」

 迷惑はかけたくない、と、バーサーカーが言う。

 幼いながらに導き出した選択なのだろう。

 迷惑をかけないためには、どうするべきか。どうしなくてはならないのか。それすらも理解した上で言っている。

 顔を傾げ、おずおずと身を寄せるその姿は、僅かに震えていた。


 「……」


 そうだ……ここは海の上だ。


 「……めいわくをかけたく……」

 何を言わせているんだろう、と、自分が途轍もなく惨めになってくる。

 この子は、かつて、冷たい海の底で一人で死んでいったんだ。

 誰が彼女を抱えていたとか、そういうことはどうでもいい。たとえ共に死んでいく人間がいたとしても、

 彼女の死を悼んでくれる人間がいなければ、一人で死ぬのと同じだ。

 次第に重く、暗く、冷たくなっていく、海の底へと、一人……玉座を背負って沈んでいった。

 重たかっただろう。怖かっただろう。寂しかっただろう。



 意識がもうろうとする。

 海の上。地上から隔絶した世界。

 彼女がここで迷惑をかけない(しぬ)、その手段があるとすれば……もはや、生前をなぞる以外の方法はない。

 それを彼女に言わせたということが、いったいどういう意味を持つのか……私だって理解できる。


 「ばばっさ」

 ……噛んだ。

 ……。

 「……」

 「……」

 「……かんだ」

 言わなくて良い。


 「……バーサーカー、あ……」

 「むり、してない?」

 「……」

 「えっと、その」

 「……」

 無理、してないか、だって?

 無理しているに決まってる。こちとら生まれながらのコミュ障で、筋金入りのチキンハートだ。

 自分より遥かに年下(の外見)の少女にだって、若干話しかけるのを躊躇するくらいには。

 しかも体調は絶不調で、今も頭ががんがんする。

 その上、言わなきゃいけないことは、柄にもないようなきざな言葉で……正に会話の三重苦。

 極めつけに、サリバン先生はここにいない。

 だけど、それでも……生きることすら認められなかった彼女を前にして……

 自分よりもずっと幼く、あまりに大きなものを背負わされて、時代の濁流に呑み込まれていったその少女に……

 「……あんたが、考えることじゃない」

 迷惑だのなんだの、言わせていていいはずがない。

 気にくわなかった。不幸を背負い込んで、不幸に塗れて、それでも、運命を呪うことなく。

 押し付けれた玉座を抱いて、海の底へと沈んでいった。

 今だって。まるで、自分が悪いかのように、表情を曇らせて。

 「いいか。バーサーカー。いや……言仁」

 私はあの国(日本)の人間じゃない。天皇制についても良く分かっていない。敬称は省かせて貰う。

 「……!」

 名前を呼ばれたのが、とても珍しかったのだろう。彼女は目を丸くして、やんわり縮こまった。

 奇遇だな。私もめったに人の名前なんて呼ばないや。コミュ障特有の症状で、人の名前が呼べない。

 そんな私が一歩踏み出して言った言葉だ。重く感じ取って貰わないと困る。

 私がにっこりと笑うと、言仁は一歩下がった。

 さて、ここからが難産だ……。


 「……」

 脂汗がにじみ出てきたのは、襲い来る疲労のせいか、それとも別の原因か。

 沈黙が生まれる。喉まで出かかった言葉が、モグラたたきのように喉頭周辺を行き来する。

 「……わ、……っ……」

 「わ?」

 また、引っ込んだ。

  おくびょうなきもち     まえにだす
 毛 羽 だ っ た 糸を 針の穴に通す のは至難の業だ。

 今まで、ずっと怠ってきたことだから……なおのこと辛いけど。

 だが。

 「わ……」

 自分を蹴り飛ばせ。押し込め。

 引っ込むな、心。

 「……」

 言仁の表情は眩んでいく。自分のせいで無理をさせていると思わせているんだろう。

 それじゃ、駄目だ。それが、駄目だ。

 たじろぐな。迷うな。ただ、一言言うだけだ。

 柄にない言葉でも。

 「――――っ、私が全てなんとかするから自分をどうでもいいもののようなことは言うな―――――――!!!」

 「……!」

 吐きだしたその言葉は、自分が言ったとは思えないほど、力強かった。(響きは)

 自分でないことをするのは、嫌いだ。だけど、私なんかのつまらない怯えを取っ払えば、一人の少女の自己否定を取り払えるのなら……

 「……ぐ、ぐれい、さん……?」

 「私の魔術はパスつなぎだ。三人程度ならまだこの有様だが、これを10人100人1000人と広げていけば、一人の負担など微々たるものになる

      とくべつなそんざいだった
 ずっと玉 座 に 座 っ て い たんだろうその世界を変えてやる見てろよ 一週間もすればあんたなんてどこにでもいるただの女の子だそりゃサーヴァン

 トだからいろいろと融通効かないことはあるかもしれないが少なくとも言仁が特別扱いされることなんて一切ないように変えてやる私は決めたぞ

 だからそこでじっとしてイギリスに着くまで座ってろ!」

 言い終えて、一呼吸。炬燵の電源を入れたように、顔面に熱が籠もっていくのが分かる。きっと顔が真っ赤になっている。

 「え、えっと……」

 急に、人が変わったように話し始めた私を見て……言仁は怪訝な目を私に向ける。

 ……その視線が嫌いだから、私はずっと縮こまっていたのに。

 「はやくちで、なんていってたかわからない……」

 そこからだったか―――――……

 ええい、もう知らん! 言い直しなんてしてやれるか!



 「マアアアアアアアキイイイン!」

 勢いのままに怒鳴り声。

 痛みと疲労でぐったりしている我が次兄をたたき起こす。

 「ぐはっ、な、なんだ、ぐれ……」

 襟首を掴んで、揺さぶって。

 「今すぐに持ってるコネを総動員して、ロンドン空港に魔術師を総結集させろ。できるだけ沢山でいい、すぐにだ、すぐにやれ!」

 「な……なぜだ……?」

 「なんでもいい、すぐにだ、いや、いい!」

 兄の懐に手を突っ込み、手持ちの情報端末を奪い取った。戦争中、兄が私を呼び出すのに使った代物だ。

 ★連絡ツール「ドッペル」
 彼が持つ魔術を用いた連絡ツール。機械でいうなら携帯電話のような存在。
 自らの頭部に接続し、指定した相手に念話のように呼びかける事ができる。
 かなり無機物的な外見と性能をしているが、魔術的な分類でいうと念話を発信する
 使い魔である。

 兄(これ)に任せておいたら日が暮れる。私が、私がやるんだ。

 「ぐれいさん……?」

 「詳しい説明は後でしてあげるから、言仁。あんたはそこで座ってろ」

 私が持ち前の汚れた目つきでにらみつけると、彼女はしおれた花のように小さくなって、その場に正座した。


 情報端末にずらりと並ぶ連絡先。めまいがするほど厖大で、これら一つ一つに今から連絡を入れていくことを考えたら、

 見ているだけでうんざりする。それでも、やるんだ。

 変えてやる。変わってやる―――――



【アレキサンドライト家、後日談その① 終わり】


 聖杯戦争から、五年後のある日のこと。

 時刻は午前1時。かつては陽向教の教会が置かれていた丘の上から空を仰ぐと、不均衡に欠けた月と、漆黒の空に鏤められた星々が煌めいていた。

 丘の頂上には、少女が一人。

 巨大な銃を抱えた、銀髪の少女。

 彼女は五年前と全く変わらぬ姿のまま、誰かを待つようにして、周囲を気にしながら立っていた。



 あの聖杯戦争が終わったのち、『取りつぶし』と呼ばれる事件が起きた。

 月島、火宮、水城の三家が結託。

 『前回の聖杯戦争が乱れるきっかけとなった全ての原因である』陽向家の教会や土地、その他の資産全てを破壊し尽くした、というものだ。

 彼ら三家は、今も陽向家の排除に心血を注いでいる。



 彼女に―――――陽向亜里沙にとって、特に厄介なのが火宮だ。一人一人が一騎当千の戦力を備える武闘派集団に遭遇すれば、

 かつて陽向家の先鋒として戦場を駆けた彼女であっても、勝ち目は薄い。

 また他に、水城惣右介や月島源蔵のような化け物もいる。

 ともあれ今の瀬分町は、陽向家の最前線兵だった亜里沙にとっては針のむしろ、爆撃飛び交う危険地帯と同義であり

 あまり留まっていたい場所ではなかった。

 だが、別の町に潜伏していた彼女をここに呼び出したとある人物は、あえてこの場所を集合場所に選んだのだ。

 何を考えているのか、亜里沙には分からなかった。

 だがそれは今に始まったことではない。

 アレが考えていることを、彼女が理解できたことなど、一度も無かった。



 約束の時刻の五分前。

 不意に、足音。

 丘の麓から、二つ、聞こえてきた。

 慌てて身を隠そうかと考えたが、近くに物陰はない。

 諦めて、引き金を握りしめる。

 場合によっては、誰が、かはともかく、死ぬことになる。そう覚悟を決め、自分の身の丈ほどの巨大な機関銃を構えた。

 「……」

 足音は二つ。ほぼ同時にやってくる。やはり敵襲か。嵌められたか?

 なんであれ、覚悟は決めていた。


 「やーだー! 怖ーい! やめてよ、やめてよ、もー!

 私、私だからー」



          //         -―-Y/       `ヽ、
         //     /             `ヽ、  \
         ∥    /    /      \     \  \
          {    /       ;  {        ヽ      \  \
             /       !   、       い     \ \ ヽ
            / /    {   ゙、      l   \   \\ \
             / /       l   ヽ      l\ _ヽ   ヽ \ `<
          ハ /  {      l  l   \   |l/\  Y   Y\\  `~ 、
        / // j/}     l l\   \l  /l   \  i    l    \   ヽ ヽ
     __  / /// /     l_,,斗―-   l\ j ,,x=云メ、l\  }         }) }
     { У // / l    '" l| l   \  l /j 〃  ,,, ノ / \   j/    / /
     j/ / /  l  l      l _x云=ミ \l/      ー彡イノ  j   ノ   //
    /    ̄ ̄}人 ト、    =シ" ,,,,    ヽ        /    / /  / /  ┌─────────────────────┐
    /       ̄ ̄} ヽl \ \   ミ=-    、__,.::-‐イ   ∥  j / /  /{/    │ニオ=ワークマン                     │
   /     /-‐/   l   ヽ   ̄ \   `く_ノ  イ八 /{(   / {    │                              ..│
   /     / ̄       )\ \ ヽ>ミ,,,_ ー / l┐ ヽ{  { /        │陽向一門の一人                   .....│
  /     ノ    \        \ Y } ヽ/L__  ̄  /弋、  ト从(        │                              ..│
  /{     jく `ー- `~、 ヽ_ _ヽ }ヽ}ノ//}   ̄Y^ヽ  ヽ\{ ___      │第二次聖杯戦争中は、別所で活動していた    .│
  Yミー-‐彡}    \} \} /:::::::::::: ̄/l ̄`~、 /     / ̄ ̄ト:::::::::::::::::::ヽ    └─────────────────────┘
  }  ̄ ̄  l\       ノ/::::::::::::::::::/ l      `Y⌒Y      l V:::::::::::::::::::Y
  ∧     ノ  }     /::::::::::::::::::/ /}        {   }       l、 V:::::::::::::::::::}



 ケタケタと笑いながら現れたのは、彼女がよく見知った少女だった。


 「……ニオ、貴女でしたか。では、もう一人は……」

 「うん、そうだよ、琴音ちゃん!」

 『ニオ』は、くるくると回りながら、楽しそうに腕を伸ばした。

 ぱっと開いた手は亜里沙の背後を指し示す。亜里沙がゆっくり後ろを向くと、


                   / /  / _,,..  -――‐‐-  ..,,_   \    `ミー-彳
                  / /  / ∠  -―――――― - ミ    \     <´
                / /  .:' ィ´                 `Y⌒`'ー-ミ     ヽ
                ___/   /   /   : :/   /        \     {      }ー-ミ.:i :小
            \    /  : /   : :/   / :/      : ヽ  八     /    : :ト、l i
                   ー-イ  : / /  : / . :,′: !       :  |     \__ .イ   . : :| :!廴_
                 | : ,′    |  : :|  |    : |  :  |   :| : ';     }  / :イ八 `丶、
                 | : |: |   : | : /| :/|    : |  l  | │:| : :|      |: /: /:| : :.\  \
                 | : |: |   /ト、/__| / :| ,  : : | :j ,'|  j:│: :| . :    |: : /: :| :ノ : >   i
                     八: :|: |  | : |j≧=-|丁 「   : /| :、|:/ | _/ ∧ イ: :   : : : : : //  :/   |
               / . : : |/|  | : |{{¨マ{六卞ミ   : :|│:厶ニ|:/|/二V| :j   . :ハ: / // /      !
             <:_ : イ|: | 小八` 弋..::ソ \ : | ∨"行六 卞癶| :/ . : / }// :八      |
                   } | : :|: \' `ー‐   \{   弋..::::ン   '|/ . : / /7: /イ: : :\    |
                   |从 : | 八\    ,      ` ー‐  / : : :/イ/: :{ : : \: :.`'ー彳 .}
                、__ノ ∧ Ⅵ: :丶      `          厶イ: :∧.八: : :`丶、: :、_彡'′リ     ┌────┐
                    \ー: :人:八: : :|\    -、           /′ / ̄} ̄ ̄ ̄入\リ   /      │琴音    │
                      ̄   〉ハ : | /丶、         イ /: :/\_    〉∧_ \ /      │     ...│
                     __/ ヽ∧ ∨  / > _....、-‐ ´  ∨/    \>、/  ∧ ア ̄ ̄\    │同上    │
                  / /   /\{ │ /   :/  \    /       / /     V  〉    \  └────┘
                 「  /    /'     | ,′  {-ミ             /      八 /
                 | 人    |'      l/    \ Y⌒ - 、     /         /r┘



 「……」

 やはりそこにも、見覚えのある少女。

 二人とも、陽向家に仕えていた彼女の仲間だった。

 どちらも、五年前とまったく姿が変わっていない。


 目下、危機が迫っているわけではないと確信した亜里沙はほっと胸をなで下ろす。

 何故、同じように追われているだろう彼女たちが現れたのかは、考えるまでもないだろう。

 恐らく、彼女たちも、自分と同じように、あの男に呼ばれて、ここに来たのだ。

 「……」

 琴音と呼ばれたその少女は、姿を現してから一度も喋っていない。

 まあ、それも昔からのことだが……と、亜里沙は小さくため息をついた。


 「肝心のあの男が見えませんね」

 「そだねー。どうしたんだろうね?

 困った困った☆」

 敵地の真ん中にいるにも関わらず、ニオはあくまで愉快な表情を崩さない。

 「……随分と気楽なものですね。ここがどこか、分かっていないわけじゃないでしょう?」

 「うん、知ってるよ? だけど、私は別に殺されたりしないし?

 逃げる手段もいくらでもあるし?

 その点は心配要らないからさ。

 あっ、なんなら亜里沙ちゃんと琴音ちゃんも守ってあげ……」

 「結構です」

 彼女たちとの付き合いは、この時点で十年を超えていたが、亜里沙には、二人の底が未だに見えずにいた。

 碌に喋らない琴音は当然だが、ニオ……恐らく陽向家の女性陣の中で最も饒舌だった彼女の本心も、

 露わにしきれずにいた。

 とはいえ、彼女らも自分も、その根底にあるものは変わらない。

 それは、陽向教を統率していたかつての教祖、陽向シゲルへの絶対の忠誠。

 その忠誠心が彼女たちを目覚めさせ、そして、再びこの場に集わせたのだ。

 「……未幸は?」

 亜里沙がニオに問うと、ニオは顔をしかめた。

 「安否不明。あの子、頭、おかしいからね。あの男でも、どこに行ったか掴めていないんじゃない?」

 否定はしない。自分たちの頭がまともかどうかはともかく、あれが陽向家で一番狂っているのは揺るぎない事実だ。

 シゲルや、或いは今宵の集いの発案者、ニオ、琴音。誰もが少なからず狂っているが、だが、彼ら全てと比較しても、

 彼女の狂気は一線を画す。

 亜里沙は、狂気を否定しない。

 むしろ、この退廃した世界において、陽向シゲルのような、一種の狂気を備える人間こそが……上に立つべきなのだと考えている。

 全てがノーマライズされた世界では、狂気がない人間に存在価値はない。

 だが、使い物にならない狂気もある。人間として終わっていて、存在が周囲に害を与えると断言できる人間もいる。

 それが、例えばその、陽向未幸という女であり、或いは―――――


 「お三方、もう集まっていたんだ」


 背筋が凍る。背後から、得体の知れない狂気を感じる。

 亜里沙ははっとして振り向いた。

 ニオや琴音も、同時に同じ方向を向き、表情を険しくさせた。


 不格好に欠けた月が、かの男の頭上で怪しく輝く。

 微笑、臓物を弄られるような視線が、彼の両眼から発せられて、亜里沙は思わず身震いした。

 髪は白髪交じりになり、肌の色はくすんでいたが……あの眼は。あの笑みは。間違えようもない。



 「やあ、良く来たね、久しぶり」

 陽向透が笑っていた。



 「……!」

 「止めろよ、そういう怖い顔をするのは」

 「この目で見るまでは、偽物だと信じたかった。貴方が……なぜ……生きて……?」

 「死んでないからね。そりゃ生きてるよ。失礼なガキだな、お前は。だいたい死んでちゃ、手紙も、出せないだろう?」

 透は、くたびれたスーツを着込み、くだけた姿勢で瓦礫の上に腰を下ろす。

 隙だらけのその佇まいは、それでいて、城塞のような揺るがしがたい絶対性を感じさせた。

 「にしても、おまえら気持ち悪いね、五年前とまったく変わってないじゃん、外見。一応、火宮の半畜生と違って生身の人間なんでしょ?」

 そう言って、くすくすと笑う透。

 聖人、陽向シゲルの加護にある彼女ら三人は、その祝福によって不老の加護を得ている。

 所詮は一人間のすること、永続的とまではいかないが……それでも、通常の人間よりは遥かに長い青年期を獲得していた。

 「さて、話を始めようか」

 亜里沙たちは、目の前に現れた、死んだはずの陽向透の姿を、まだ実感をもって見られていなかったが、

 「お前らさ、教祖様(にいさん)に生きていたいと思う? あれに、死んで欲しくない?」

 「……」

 「……」

 「……っ」

 反吐が出る。

 この男は……透は。

 全て理解した上で、あえて問うているのだ。


 透から亜里沙らの元に送られた手紙には、宛名と集合場所、それから一枚の写真だけが封入されていた。

 写真に写っていたのは、陽向シゲルの姿。安楽椅子に死んだように座っていた。

 目はうつろで、ぐったりとしている。そして全身には、見覚えのある呪詛の刻印が刻まれていて……。


 「腐敗の呪いだ。俺が定期的に治癒しなければ、肉が爛れ内蔵が腐って死ぬ」

 透が改めて懐から写真を出し、蛇が蠢くように振って見せた。

 亜里沙は忿恨の気持ちを隠せず、握り拳をぎゅっと強める。

 周囲を見ると、琴音もニオも、めいめいに安寧ならざる面持ちを透に向けていた。

 「怖いなあ、もう。やめろよ、そういうのは」

 透は、まったく気にもしていないように肩をすくませ、その写真を握りしめた。

 つん、と、油が焼ける臭いがして、彼の手から灰が風に乗り、暗闇の中に解けていった。

 「前提条件を提示したところで交渉の始まりだ。俺からお前等に願うことは一……」

 と、そこまで言って、透は喋るのを中断した。

 自分に向けられている具体的な殺意に気づいたから―――――身体一つ分ほどある亜里沙の巨大な機関銃が、

 透の心臓に照準を合わせていたから。

 「……」

 亜里沙はそれ以上動こうとしない。透は煩わしげに頭を掻いた。

 「どうやって……」

 疑問が、自然と顕れる。

 「どうやって、『取りつぶし』を逃れたんですか? 戦争終結時、貴方はまだ動ける状態では無かったはず

  どうして、教祖(あのかた)が生きている? 彼は残虐なる水城の使い魔に殺された。乱雑に投げ捨てられた彼の遺体を、私は確かに確認した

 どうして……」

 「理由は彼女に聞けばいいんじゃないかな」

 亜里沙の言葉を遮って、透は指先を琴音に向けた。

 「……?」

 琴音は、恨めしげな目で透をにらみつけた。透はそれを鼻で笑い、足下の瓦礫を蹴飛ばした。

 ”――――どういうことだ?

 亜里沙には理由が分からなかった。が、それについて問いを投げる遑は与えられない。


 「ともかく、そろそろ本題に入ろうか」

 遮って話を進める透。亜里沙は依然として銃口を彼の心臓からずらさなかった。

 「俺はね……聖杯戦争を無茶苦茶にしてやりたかった」

 透が放った何気ない一言。されども、亜里沙にとっては十分に驚くべき結論だった。

 シゲルは、穏便に聖杯を手に入れることを画策していた。

 性愛に身を捧げる彼が聖杯を求めるのは何らおかしなことではないし、それに彼は聖人だ。

 他の誰よりも聖杯を手に入れる資格がある。亜里沙もそう信じて疑わなかったし、だからこそ、

 透によって若干歪曲されていると分かっていた命令にも従った。

 それは、形こそ違えど、透も自分たちと同じように聖杯を求めていると思っていたから……。

 だが、根本的に間違っていた。

 彼はそもそも聖杯を求めていない。

 だから策略が乱雑で、陽向という家の存続を顧みない暴挙の連続だったのだ。

 「だが、残念なことに、五年前の聖杯戦争は酷く穏便に集結した。

 違う。これは俺が求めていたものじゃない。能なしの悪人は俺含めて皆駆逐され、有能な偽善者達が尾っぽを掴んでTHE・ENDだ

 なんて陳腐な終わり方だろう。大量の死人は全部モブで、主要人物には影響無し

 最後に勝利したのは、誰よりも町のことを考えていた奴らだというのも気にくわない

 ……だが俺は諦めない。次の聖杯戦争は、必ず俺の望む結末にする」

 手が延ばされる。聖人の使いを離れた堕天使が、亜里沙やニオに、ほほえみかける。

 「だから、俺に力を貸して欲しい」

 はき出しそうになるほど醜悪な気分だった。

 答えが分かっている問いを――――どう足掻いても、私たちに選択肢はない問いを――――

 それでも敢えて決断を迫ってくるその態度は、意図的な嫌がらせか、それとも無自覚の悪意なのか。

 なんにせよ、彼女らに手を取らない理由はない。ここで逆らってシゲルが殺されてしまうくらいなら、今は従っておいて、

 シゲル救出計画の算段を建てるのがいい。

 そも、シゲルを助けられる可能性が万に一つも無かったとしても……決断が彼の確定した死を呼び起こすことになるのなら。

 彼女たちに、選ぶことはできなかった。

 心身に深々と染み渡る聖人の加護は、まるで行動を束縛する呪いのようにも働いて、絶対の忠誠を誓わせる。

 シゲルを裏切る、シゲルを見捨てる、シゲルを諦める。

 そういった選択肢は、彼女たちの心からとうに排除――――否、摘出されていた。


 「貴方に従うわ。彼をお救いし、貴方を殺すまでは」

 ニオが真っ先に身体を乗り出し、透の右手を握りしめた。

 亜里沙は銃を下ろし、透に手を伸ばした。

 透は肩をすくめ、亜里沙の小さな手を握りしめる。

 暖かいその手には、血のぬくもりが感じられなかった。

 「良かった。他の二人は……」

 ニオと琴音も、続いて彼へと手を伸ばす。順々に握りしめて、透は屈託のない笑みを見せた。

 「良かった、断られたらどうしようかと心配していたんだ」

 「白々しい言葉を……」

 亜里沙が威嚇を含めて舌打ちしたが、透は素知らぬ顔だ。

 「まさか、本心だ」

 「……それで、私たちに何をさせるつもり?」

 ニオが問う。その目には僅かに恐れが見えた。

 「そうだな。手始めに、だけど……」

 透はしばし考えるような素振りをして、それから。

 「よし、こうしようか」



 「七つの家のガキを殺して回ろう。第二次は些か明るすぎた。今度は最初から、鬱屈とするようなバックグラウンドを作るんだ」





【陽向家 後日談その②終わり】

追加告知


今週の日曜日の23:59時点ですべての募集を一旦締め切ります

>>369
細かい事かも知れないけど
>ニオが真っ先に身体を乗り出し、透の右手を握りしめた。
>ニオと琴音も、続いて彼へと手を伸ばす。順々に握りしめて、透は屈託のない笑みを見せた。

ニオが二回握手してないか?

>>377

失敬

元々、亜里沙が最初に握手する流れだったのを後からニオに変えたんですが、
下の方の文を直すの忘れてました

>ニオが真っ先に身体を乗り出し、透の右手を握りしめた。
>亜里沙と琴音も、続いて彼へと手を伸ばす。順々に差し伸べて、透は屈託のない笑みを見せた。


に脳内変換お願いします

【告知】
12/23 18:00頃より次代のキャラメイクを行います


                 ,、
            {{\ _{{ \_

                〉'^: : : : :`''^: :\
             / : : : : : : : :ヽ : : :'        こちらは残りのエピローグとか書こうと思ったときに使うかもなんで
         _人__ イ:/ :/|∧ :八, |: :|: :|
.          `Y´ l/L」○ |/ ○7: :|: :|   `ヽ    第三次はこちらへ移動ッッッッ! キャラメイクもこちらにて行います!
          、   /: '从"n{ヽ //: |:.リ  ) ノ
          ー' /:/:c孑ァ')ア:∠|: :|/
           /イ: :l/c'_}〕⌒'´  }|: :|〉        新スレ:【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争Ⅱ【募集系】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419324181/)

            |: /}: : : :ア≧≦厶イ<}\
            |/厶イ/¨¨¨アハ ∧ー'´ : }
               /   く_/} 〉 ト、_:_ノ
           (             〉
           (> ,,____,,,xく

                       `ー┘

【第三次聖杯戦争の三年前】



【無人の荒野】





     .:....   :. :. .... ..                                     ..  . . ..   .. . ...
.,_                  .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.
'"                  _...:;;:''"                    ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                .,.,;:;:;:,.,.,_                ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
                 .....,,,,,;:;'''"'''"               ....,,_,,,...;:;::''""''''"
          ,.,;:;:;:;:;'''""""""              ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
       .,;:,.'""                            ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_   _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,
   .....   "''''''""""""''''';:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,
     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                      ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        ....... 、、、、、.,;:'''"""""''

  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
''' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡爻爻乂爻ミx,,,v、:.:.:.:.从从爻爻从从'''''''''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.从爻彡从从乂爻爻ミ,,,,,从,,,,,,,
刈笠辷沙几; ; 爻; ; ; ; ; ; ; ; ; 爻彡 ― ァミ从爻爻乂廾爻爻爻ミx ̄\'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'
; ; ; ; ; [】 ; ; ; ; ; ; ; ; 圭 尢彡彳彡::::::::/; ; ;   ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; [] ; ; ; ; ; ; ; 彡彳:::::::::::::::::::.[】彳; ; ; ; ;    ' ' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; 乂爻彡''彳´´゛::::::::::::::::::::::::::::::彡彳; ; ; ; ; x     '_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
彡''´::::::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::::癶 ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::`乂; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;


             /´ ̄`\

             /    :::::::::::ヽ
                |;' .::: i\  一'、_                  家の奴らには、しばらく旅に出ると伝えてある
.              、iリ,..._ _!   ,。≦圭圭≧ 、、
               、'_ツ'>, /:./圭圭圭圭圭圭ミ>、、          ちょうど、用事もあったしな
       /'ヽ- 、   Y_イ、/圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミヽ、
.    ,/,ニ`Yゝ┴、  '爻’.!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、      だから心配要らねえぞ?

    /' ,ィ ヽ〉-‐' . i   _,!圭ミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミアミヽ、
    ヘ`ゝ-'゙ ':'; : . ハ ヾ圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭ヽ,    仮にお前が儂を殺したとして、それが明るみになるのは遥か未来だ
      \: . : . ,: ヾ゙、ヽゞ<7ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭圭ミヽ,
      ヽ`'": . : . `ヾ-彡'"´⌒,圭圭圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭li、

   _,.ィーヾミ、: . : .,.>'"   <圭≡圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭li、 もっとも、殺されるつもりもないがのう
 、\_``              ー一 ≦圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭ミi!
  ≠   ̄             _,.ィ佳´ミ圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭i!
  ヽ==一"   _,.,.,__ _______,,.._=≡=''__,ィミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|
  ヾ、===≦彡≡=━¬圭圭圭圭圭ア;圭圭圭圭圭圭>・'"二三¬
    ゝ=≠"  ___≦圭圭圭圭彡ア;圭≡≡≡=''"´ -─ニ-‐二三¬
     , < ̄,.=≡/`ヾミ=-,ィ佳圭圭圭≧ぇ、、ー一二-一ニ二三三リ




                 , -----  、
              /圭圭圭圭圭 .`ヽ、
             /圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ
           -イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
           -l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ、
           彡圭圭圭圭圭圭圭圭圭/ミ
            i`圭圭圭圭圭圭圭__/寸                    ……趣味ではないな
            ヽ圭圭圭圭圭圭,イ、`ヽ、\
             `-、圭圭圭圭〈ヽ、丶、ヽ、`'ー.、_
               /---圭圭圭`ヽイゝ、ヽイ`ヽ /`'ヽ、___,r-__、     , - 、
            ,--┴──--- 、圭/ `' 、 `ヽ〈`'ヽ_,r´ヽ/i<、 \_, イ´    ヽ
            /三三三三三三三ム、    `' 、 `ヽ/\ 、_ヽ、xヽ、        \
         ,イ三三三三三三三三三 ヽ、     `'ヽ:::::::::::::... >´ヽ) `ヽ、     __ , 、\
       ,イ´三三三三三三三三三三三三`ニー-   \::::::::::::::....../}::::::::::,ゝ  , イ三三三ム、
    ,イ´三三三三三三三三三三三三三三三三三三ム、\::::::::人 (`ヽ´`ヽ-y三三三三三三〉

  ,<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ `´   `´      ∧三三三三三∨
´三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ、         ∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ム、    .∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 .ヽ、  ∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ム ∧三三三三三∨


                  _,. _
                   /;:  `ヽ、
                /:::f.rッ ,:'  ヘY
               、ソ ` ョー,ヽ;、ハ、 _ _,,.._            ったく、随分と寂れたところじゃねえの

                   〈`-'´ ̄,ミ'゙:::゙ヾ::フ /圭圭≧ 、、
                  ハ,爪爻" .:: /ィ佳圭圭圭圭≧ 、、     もうちょっと、近場に呼び出して欲しかったもんだのう……
                ィ≦、_,.ィ .:: / /圭圭圭圭圭圭圭圭≧ .,_
               /圭ミ!|ヾ'" ././圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧=- .,_ なあ、殺し屋さんよ
             _,イ圭圭ミ、、 ././圭圭圭圭 >ニ_<圭圭圭圭圭圭圭圭ミヽ,
             /圭圭圭圭、У./圭圭圭ィニ((ソ圭圭))圭圭圭圭圭圭圭圭ミハ
         /圭圭圭圭圭圭v佳圭圭圭f/'ゞ-||-´圭圭/圭圭圭圭圭圭圭ミハ

         /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ニ/'Yノ圭」圭圭ミ/圭圭圭圭圭圭圭圭ll!
     ,.-=≦圭圭圭圭圭圭アー─---/'>圭圭圭圭圭ミ/圭圭圭圭圭圭圭圭ミi
    /;=ミ圭圭圭圭圭ア´ ; ; 、、 ヾァ'_")'"圭圭圭圭圭圭ミ}圭圭圭圭圭圭圭圭圭i

    ノハ!ノ圭圭圭>''" ; ; ' 、、 ヽ ヽ,ィ圭圭圭圭圭圭圭ミ)圭圭>・'""ー¬圭圭℡
  ,ィ圭圭圭圭/´    ; , 、   ヽ  Yィ圭圭圭圭圭圭圭圭/ィマアミ、     ムミ圭圭\、
 佳圭圭圭圭、; ; ; '; ; ' ゝ_ヽ__,.イ彡圭圭>・''"二二二二¨}ソ i} `ミi,      ';'; |``ー¬ヾ!
. イ圭圭圭圭ア′ ; ; '  /'圭圭圭ア´X´≦三‐三=三_三-ミミミム        ;';'; !     `
 冫圭圭圭圭彡、; ' /'/}ll!-‐=, ヘ '/、 ヾミ=--、ニニ--一==ミミミム      ;';'; ,'
ノ圭圭彡圭圭圭ミ;/'圭'ノミー'ア/ ィハヾミ、 ヾ圭圭圭圭圭圭圭圭ヾミヽ、     ';' /
彡'⌒`' ム圭圭ア'"/彡/圭ミi!/:,佳圭、ヾ、: .`ヾ圭圭圭圭圭圭圭圭圭!    ';'〈
     厶圭|《   /圭彡':i:.:i:|圭圭℡ヾ、 : . `マ圭圭圭圭圭圭圭ミソ   ,  ;ハ_
        `` /圭ア´:.:.:i:.:.:!|圭圭圭℡、: . : . マ圭圭圭圭圭圭ア ', /   ';'i圭℡、、
          /圭圭': . :.:.:.i:.:.:.:i!圭圭圭圭!: . : . : !圭圭圭圭圭ア' , /, ,'  , ';'|圭圭ミヽ
          /圭圭ハ: . :.:.:.!:.:.:.:ヾ圭圭圭リ:.:.:.:.:.:.:.ノ圭圭圭圭圭ミ、 { / /'  '/ ';i圭圭圭ゝ



              /三三三三三三三三三三三ヽ─,ゝ
             イ三三三三三三三三三三三三ニ>
.            /三三三三三三三三三三三三三三ニソ
            .l三三三三三三三三三三三三三三ニノ l

             |三三三三三三三三三三三三三三|イ |
             ヽ三三三三三三三三三三三_>ヽニ|〉 .l
              |三三三三三三ニニニニ/    l::lノ
              `ヽ三三三ニ ニニニゝ, , .ッ'ノ     l::l                  ……
                 イヽニく__  .. ノイ  ̄     .|:l
               //.∧ ゞ-´イ :::::l         |/l _
      _  / ̄`´/ //∨::::::::::::::ヽ   ,      / ヽ、./l
. <_ ./i ┤`v、/  〉─イ / `ゝ、:::::::::l、_丿 _,   /  //// ヽ、
 /  /人ノ. ノ` 〉→ヽ,//  / イ´//ゝ、:::  _/    / /////////ヽ、
.|  /. ̄ `l´//./ `ー/ ///// /  `ヽ、::::     //////////////.ヽ、
.| .l.(⌒ヽ,ヽ ヾ / / / ////// /    | `ヽ -イ//////////////////ヽ、
ゝイイ` .ノ  `ゝー─イ ./////// /    /イ´  ////////////////////// ヽ、
_´-イ´`<´   .   / ////// ./    //  ////////////////////////////ヽ、
///////////丶、 /////// /ノ─i //  /////////////////////////////////ヽ、


             /´ ̄`\

             /    :::::::::::ヽ
                |;' .::: i\  一'、_                  家の奴らには、しばらく旅に出ると伝えてある
.              、iリ,..._ _!   ,。≦圭圭≧ 、、
               、'_ツ'>, /:./圭圭圭圭圭圭ミ>、、          ちょうど、用事もあったしな
       /'ヽ- 、   Y_イ、/圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミヽ、
.    ,/,ニ`Yゝ┴、  '爻’.!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、      だから心配要らねえぞ?

    /' ,ィ ヽ〉-‐' . i   _,!圭ミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミアミヽ、
    ヘ`ゝ-'゙ ':'; : . ハ ヾ圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭ヽ,    仮にお前が儂を殺したとして、それが明るみになるのは遥か未来だ
      \: . : . ,: ヾ゙、ヽゞ<7ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミア圭圭圭ミヽ,
      ヽ`'": . : . `ヾ-彡'"´⌒,圭圭圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭li、

   _,.ィーヾミ、: . : .,.>'"   <圭≡圭圭圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭li、 もっとも、殺されるつもりもないがのう
 、\_``              ー一 ≦圭圭圭ア圭圭圭圭圭圭圭ミi!
  ≠   ̄             _,.ィ佳´ミ圭ア圭圭圭圭圭圭圭圭圭i!
  ヽ==一"   _,.,.,__ _______,,.._=≡=''__,ィミア圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|
  ヾ、===≦彡≡=━¬圭圭圭圭圭ア;圭圭圭圭圭圭>・'"二三¬
    ゝ=≠"  ___≦圭圭圭圭彡ア;圭≡≡≡=''"´ -─ニ-‐二三¬
     , < ̄,.=≡/`ヾミ=-,ィ佳圭圭圭≧ぇ、、ー一二-一ニ二三三リ




                 , -----  、
              /圭圭圭圭圭 .`ヽ、
             /圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ
           -イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
           -l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ、
           彡圭圭圭圭圭圭圭圭圭/ミ
            i`圭圭圭圭圭圭圭__/寸                    ……趣味ではないな
            ヽ圭圭圭圭圭圭,イ、`ヽ、\
             `-、圭圭圭圭〈ヽ、丶、ヽ、`'ー.、_
               /---圭圭圭`ヽイゝ、ヽイ`ヽ /`'ヽ、___,r-__、     , - 、
            ,--┴──--- 、圭/ `' 、 `ヽ〈`'ヽ_,r´ヽ/i<、 \_, イ´    ヽ
            /三三三三三三三ム、    `' 、 `ヽ/\ 、_ヽ、xヽ、        \
         ,イ三三三三三三三三三 ヽ、     `'ヽ:::::::::::::... >´ヽ) `ヽ、     __ , 、\
       ,イ´三三三三三三三三三三三三`ニー-   \::::::::::::::....../}::::::::::,ゝ  , イ三三三ム、
    ,イ´三三三三三三三三三三三三三三三三三三ム、\::::::::人 (`ヽ´`ヽ-y三三三三三三〉

  ,<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ `´   `´      ∧三三三三三∨
´三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ、         ∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ム、    .∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 .ヽ、  ∧三三三三三∨
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ム ∧三三三三三∨


  、、、、、、, ,  \
 ゙``   ,       \
,/-;. /、、、、       ヽ
 , /           ヘ
ミx  ヾ , ィ ';' _,,,...z   !

`ヾミ! /'    ;彡'"     !
_-_-゙`'´   _'-,.‐=- _- i                         ああ? 何が趣味じゃないって?

__・_,`,      、、・__ノ;,  ヽ
 / '" ,     `ー '"  ト、',                        開けた場所でやる暗殺(ころし)がか?
   /    ヽ、    ,i //
 /    _  / ヽ、  .!!./                         そりゃあおめえ、お前の不注意で儂に見つかっちまった
'ィム       ′ィミ、ヽ  |′
'"´        ヾヾ` .!                          自身の手際の悪さを恨むんだな
 _,.、__,,...、_,. --、   ,.爻
´   _,,,....,,_     从爻゙                          たとえ、てめえがおっ死ぬ結果になったとしても……
 ,"≦州州≧ー_从爻゙|'℡、、_

从从州州ミ从爻`゙ ,i;|i マ圭圭ヽ、_                    そりゃあてめえの、生業が為した因果応報よ

从从从从爻ヾ`   ,i |ハ マ圭圭圭≧、、
    ′′    . ;i 'i;ヤ Y圭圭圭圭圭ヽ、
     ,i;     , ;''    }  !圭圭圭圭圭圭l℡、、
i;i   ;i;i;i'    ,i;i    i  .|圭圭圭圭圭圭圭圭℡、、
;i;i;i;i,         __!  !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ、
一 ヾ、_,ノ "" ̄     !  !圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡、
                i  .!圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l℡、



                          /三三三ニ/
                        /三三三ニ/
                       /三三三ニ./
                      /三三三三/
                      /三三三三/    _ , - === 、_
                  /三ニ´=ニ三三 ./   ,ィ三三三三三三ヾ、_,
             ,ィ=ニゝィ三三三三 ヽニ /    r'三三三三三三三三ゝ
            / /ヽ{"'ゝ三ニヽ、__三三 /   /三三三三三三三三三='_

       イ-,/"`ゝ'`ヽヾ.〉 /三三三三` ´ /    /三三三三三三三三三 l゙,      違う
    _ ,イ.、/- 、/=- 〈ゝニ/三三三三三ニ/     ,ニ三三三三三三三三 シ´
    | l /|  /l  /三三三三三三三ニ/      =三三三三三三三_,ィニ|
    ヽ三三三三三三三三=i三三三シ/        `寸三、_-ァ,三三`´三}      表だった暗殺も悪くない……が
    {三三三三三三三三三r´ |》'            /三三三三 ト寸三{
     {三三三三三三三ニ, "´            _, - ≦ニ《三三三ニゝ_, .ハ、_         ・ ・ ・ ・
    |三三三三三三ニ/          _, - ≦::::三三三ヽ三三三三三/ ヽ::` ヽ 、  こうもたやすく成し遂げられてしまう仕事というものは
    |三三三三三 rイ       ,ィ ≦:::::::::::三三三三三三三ニト、三三.ム ヽ:::::::::::::::` ヽ
  ト-、|三三三三 /イ      /:::::::::::三三三三三三三三三ニ|, ヽイ三 ム  ヽ:::::::::::::::::実に張り合いがなく、趣味ではない
  |三三三三三三 l     /三三三三三三三三三三三三ヘ 、ヽ:::::::三ムィム:::::::::::::::::::::

  |三三三三三三イ     /三三三三三三三三三三三三三三三ム::::::|三三三ム≦ 、__:::::



                ――
               {`―――'}
              |///////|
              |///////|
              |///////|
              |///////|
              |///////|
              |///////|
              |///////|
              |//r‐‐、:/|
              |//i  |:/|
              |//i  |:/|               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              |//辷イ}:/|               |   ただ、それだけのこと……    |
              |//|¨¨¨}/|               乂______________ノ
              |//|  |:/|
              r‐‐゙|  | ̄\
              入__|  |   丶
              |//|  |'′
          _  , ‐< ___|`}    i
         ノ   V      ¨ ‐  i
         {  イ   ム       `ヽ
            i  { /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ \  }
         }、 | /;,;,;,   __   ¨} |

         | y ノ  ̄ ̄    ヽ  ,;,'
         i;,/ }  、____       ,;;'
         };`¨/  ノ  ⌒ヽ   ,;,;'
         };,;,;`‐‐ {i i ⌒ヽム   ,;,;
         ヾ,;,;,;,;,;,;{i i   | }  ,;,;i
          \;,;,;,;{i i   | }  ,;,i
             },;,;{i i   | }  ,;i





                                   l
       ヾミヽ、、、ー- ミ>ヽ 、、、、、  i\         i、__,,.../

        ヾミミミ、´´ミミミ \ 三ミ、\`ゝ``二=ミ、      γ´
三三=_-_    ミヾヾミミ  三ミ  _-__=_=-_ー、     ー、ヾ、    ゝ..,,__
  -三三ミ、_   ヾ ヾミ  ミヾ  三三''"" `, -‐- ヾ .           γ´
      二ミ、   ヽ ヾミ  ミミヽ  三;'; ,. - ,x_,_-_,  ̄: . \_    ゝ、
        ヾミ  、ヽ'ハハヽミ、   二/ /!ヘ/ ∨i,ィ、:_: :  }リ      `
         `ミ、  ヾ、   ヾミ  / /  ! ,イ,、,   `^ヘト、ノ
     .: :.    !ヾ    ミ、 、 X ソ / ミ/.:   └┴'-ゝ1
     : : :   i    、ミミ、ヾ! i, /  イ ; :.   _    7                 ――――!
: : : : . .  .: : .  i!     ヾミi. ヾ! i .:   i : /!,. イ//
: : : : : : .: : :   !      }ミミ i!ヾ :.:.:: :.:! ;'//'  ′
_;_;ィ; : .: : : //      ,!ハミ! 、    :.:.:i  i!                       てめえ、その銃は……!
='"  : : : ./'   .  . /   : !    : :  ト }
    / ./    i |   |'   .:.: ,  /   ;ll!
   彡/' //; :| | |、 '   .:: /, / /   ,illl!/
,ィ 彡/ /::/:// i 、i | ヽ : :.: :./;'/ ./  ; ,/ソ!

/彡' ィ彡';::::::/' : l i : :ヾ、 i.:.:.:/;'.: ,/  i //!/
::::::::彡::'::::::;;;;;;ィ_-彡 : : i: :.:.:.';'.:i /i /i ,!/ !'
::‐::";;ィ=≡彡 三三彡,. :' :.:.:./i /从i从仆
::: ̄::"'"::::::::::::::_>-─ '"´`¨¨ヾ{イ/ヾ! ``





      , /三三ニ- 、

     ム三三三三三ィ、                      ノY
     ,三, - </ `ー寸ム               _ ,>'"´イ`l
     7ニl、   ィ_tテ-;:::〈          _ , - '"     _ , ゝノ、
     ´l、 ヾ、    ,_ヽ:|      _,>/     _,> v'"´    〉 〉
      `ー`ヽ,   _,=-.l     /  ,、_,≧ r-7_, |, - ─' 7ヽ         雇われ仕事で感慨もなく、労無き仕事で達成感もないが……
       ヾ `ヽ  _  ,l      トーイ 》   ,l'"¨´      _,ヽノ
       ,lニニ ヽ 、  l´      ,t    ヽ─'"`-ニ > '" ´
    ィニ三三三三 ヽ イ      イゝ-t ニ_ム  l´::::7                カーテンは降りるだろう
   |三ニ、三三三三三ヽ、, - /、 ニニゝヽ_、t-'"
  ム三ム、三三三,> -─ iノi、__,、___ ノ 7 |                  間延びした茶番劇にお似合いの静寂だ

  ヌ三三 ム_, ィ≦´三三三ニ|         `ゞィ.|´
  l三三三三三三三三三三| ヒー ´──-'"´}
 〈三三三三三三三三三三 ヽ l__ ,.......... -ィ_l.|

  ヽ、ニニ三三三三 ,> ヽー ´ ヽ___,..ィ












            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"







                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |           ……任務、完了              |
                  \_____________________/






【今日はこれだけ】

【第三次聖杯戦争の八年前】




  \                               /

    \                            /
     \                          /    ,.、
       \                        / ,. ィ彡l |
        \________________r: ┐   | l´  .| |
           |..:.|:|.::|.:.|  |    l    |:.|:.|  |   | |   | |
           b :|:|.::|:.:|  l    |    |..|.:|  |   | |   | |
           |::..|.|...|::.|  |    l    |::|::|  |   | |_  | |
           |::..|:|..:|:::|  l    |    |.:|.:|  |   `ー ミ、| |
       ミヌ彡|::.:|.|:.:|..:|  |    l    l亡フ|  |        `´
        X |..:.|:|..:|:.:|  l    「  ̄l  L三z|  |
    _,. -‐(__)フ__l/´「 ̄ ̄|`丶 侶占コ | ̄ ̄l   .|
   {二二フ ,. -ァニ二二二ニヾ、i .| ̄ ̄| |──l   .|
      |,. '´ ∠ ____ノ l_|    |_| r----{三ヽ
    /                  l |__| |__ト、r二二二ソ , - 、
  , ニニ「  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |ニニ 、   l          !_「二二二{   \
.〈| |/ |         |\ | |  l          ト、     \   }
 | |__|____________|__| |\_i         |_l\「二二二二二}
 Ll    (O)     (O)   Ll               |______!
/                                |_|      Ll




          /::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l::::l::::\:::\::::::::\::\

          .l:::::::::::::::l::::::/::::::::/:::::::/:::::::l::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::ヽ::::ヽ::::::::::\::ヽ
          l::::::::::::::::l:::/::::::::/::::::::/::/::::l::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::l::::::::lヽ:::::::::lヽヽ
         l::::::::::::::::::l/::::::::::l::::::::::l::::lMl::::::::::::::::::::::::::::l:::ト::::::::::l:::::::l::::l::::::::l ヽヽ

         |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::::l::::|´`l::::::::::::::::::::::::::::l:::l l::::::::ll:::::::l::::::l:::::::l  l::l
         |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::/l::l  l::l::::::::::::::::::::::/l:::l l::::::l:l:::::::l:::::::l::::::l  l::l

         l:::::::::::::::::::l::::::::::l:::::::::l ll   ll l:::::::::::::::::::/l::::l‐‐l-/l::l:::::::l::::::ll:::::l  l::l
          l::::::::::l::::::::l::::::::::l:::::::::l ⊥-‐ Tヽ 「::::::::::/ l::/  l/ l:::l:::::l ::::::ll::::l  l::l
         l:::::::::::l:::::::::l::::::::::|::::::::|´   __ .l::::::/ l/z==ヾ /l:::::l:::::::l l::::l  l:l
          l::::::::::l::::::::/l::::::::::l:::::::::レ=ォ´ ̄す`l/  / ム ク }」/l:::::l::::::::l l::::l  ll       ……入るわよ
        l:::::::::::l:::::::/ l:::::::::::l::::::::ム' b_」.リ      'ー' //::l::::::l::::::::l .l::/  ll

          l:::::::::: ::::::::{ l::i:::::::::l:::::::l               //::::l:::;イ:::::/ l/    |
        l::::::::::/::::::::::ヽl::l:l::::::::ト、::l             '   'イ:l:::://ll::::/::l
       l::::::::::/:::::::::::::::::l::l:l::::::::ト \ゝ       ,  ァ  /::l:::/イl l:;イ::/
       :::::::::/::::::::::::::::::::l::l1:::::::l `         ̄ /:::::::l::::::::l::レ:/|/
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::l::lヽ::::ヘ   `  ,、   /:::::::::::/::::;イ/ィ  リ
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::/l::l ヽ::::ヘ_    ト、`:::::::::::::::::::/:::/:::l::::l
     ./:::::::::/::::::::::::::::::::::;〈//   ヽ::::V ヽ  l  ` ーヘ:::/::::/:::::ト::::l
    /:::::::::/:::::::::::::::::::://∧   \:ヘ l   !    / V::::/:::::::l l:::l
   /::::::::::/:::::::::::: ..イ:::://::::ヽ   ∧:ヘ|   ト、  /  /::/::` ー ⊥」_
  /:::::::::::/::::_....- ´::::_レ/::::::::::l   ∧ \l、   ヽ /  //lヽ::::::::::::::::::::::::::i ヽ
 /::::=≠=======‐:::l:::::::::::::::::l ∧ ヽ ー― i  l ー=‐- \:、::::::::::::::::::::::l:::::l
∠<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::V:::::ヽ ヽ   l´ l  `>:::::`:::\:::::::::::::::::l:::::::l

:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ  l  l  /::::::::_ -‐´:::::::::::::::/::::::::l


                ,.--─v─‐-、
              , '         ヽ
             / '''''''       ゙゙゙゙゙゙ヽ
             /   /゙゙゙'''^^'''""`、   ヽ
     .       /'''''''''/        ヾ゙゙゙゙゙゙゙'',
           /   /  - 二 三三   ヽ   i
           イ  /-‐―=z,  z=ー‐- ヽ.  |           すまないね、ピス
.           |  /  ―-、 ` ´ , -―-、 |.  |
.           |   |゙ィ==‐-,    ,-‐==ァ'|  |           今が忙しいときだろうに
            |   | 丶ー   |:|  ヽー_'' /  |
           |   、ヽ  / |:| ヽ   ´/   |
            |   、 Y´  、|」, ヽ//   |
            |  ヽ ヽ      //   |
             |    \ト´ ̄ ̄`イ/   /
             ヽ  .| `ー─‐‐'´|   /

      /⌒\____\「三三三三三l∠____/⌒\
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\



                   ____
              _.....::::´::::::::::::::::::::::`::::..、
             /::::::::::::;r―::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::/:::::::::::/::/::/マ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ

         /:::::::::/:::::::::::::::/:;イ:/ i::i::::::::::|::|::::::::::::::::::::::ハ         大丈夫よ、このくらい
        ./:::::::::/::::::::::|::::/:/`lメ、_l/|:::::::::;!:;!::/:::/::::::i:::::::ハ
       /:::::::::/i::::::l:::::|::;!ィ≧ミ、 `T::´/l/」/:::/::::::::!:::::::i::i        人は減ったけど、まだ補える

       /::::::::/:::|::;イ::::::l::Yん:::::ハ |:::/ ._」`イ::::::::::|::::::::|!:!
      /:::::::/::::::|:l |::::i::ト;:|ゝ‐‐'   |/ 7うタi」/::::::::/:::::::::|リ        方々に散っていた支部を吸収合併して本部に合流させたわ
      /::::::/:::::::::|l:`!::::|::!ヘi       マ' /:::::::::/:::::::/:l
     ./::::::/::::::::::::|!:ハ::::|::ト、      ' /ィ::::::::/l:::::/|:::!         それで、話って……
   ,∠..――-┬.r'´ ∨|  \   ̄`_....イ::::::/l // |/
  f――、.:.:.:.:.:./.:.|  .∧|   /`<::::::/:::/:::::|'´
  |.:.:.:.:.:.::\.:.:/.:.:.| ∧i |  ,ヘ   ,イ_:/:::/!!::::::::!
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:レヘ ヾ.L_  } / |//i::::||::::::::!
 ./|.:.:.:.:.:.:.:i.:.:. ̄.:>'.:.:\ヾ l l. ヽ\ト、.:.ハ:::||:::::::!

../:::|.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:\ヾリ ,.へ.:.:.>.:Ⅶ::::::|


                  .-‐''´ ̄ ̄ ̄`ー-、
                 Λ ゛゛゛''''ー .....,,_  ヽ
                  /= `、 ゛゛゛''''ー .......,,_ |
                 }=-、`i  il|il|,,li.ll..ii.. |
                /、=‐  ||r-,        |
                ∠.i、 .ノ ||_/ | li|lli..li..., |
                    {_`i:: イ| il  |     |      ……あんたに見せたいものがあってね
                   | ....::::' リ| il  ||ili.lili.... 〉
                  ̄ };;.___ゝ,   l l,., l
                   }::::::;;;;;;;;;`、 li j;. /       アナスタシア、おいで
                 , -┴=‐ 、;;;;;;;;`ー'-;'_´
              /:::;:::::::::::::::`;;:::::::::::::::::`,

              }:::li:::::::::;'::::li':::::::::::::::::::::i;

                   ゞ;::::〃::::::;;i;;:::::::::::::::::::ノ
                 }:::,,,:::::;;;ii;;:::::::::::::::::/;i
                  |::::,,,,''::;;|;':::::::::::::::;:'::;{
               |::;;;;''':::;;|;:::::::::::;'/;;;:::;i

                  |:::::::;;;:;;|;;:::::::;'::〈;;;;;;;;ノ
                }::::::::::;;|;;::::::::::::::::':,
                   };;''';'';::;|;;::::::::::::::::::::ヽ
               ノ::::::;;;:''ノ;::::::::::::::::::::::::::ヽ;
                  〈::::;;;'';;/;;;:::::::::::::::::::::::::::::::;:':;



                  /丶
               / ,、 ヽ_

      , -- ―-_‐ -/ ,/ ̄   |
     /  , -― ´  `ヽ ̄ヽ  ̄/ l
    /  /           ヽ _ノ
   i l /           i     ヽヽ
   !l /ノ   i ナt    ナ‐     l i
   /  !   l /‐、ヽ   /‐、ヽl   ! '
  // ヽ  !l::::::} ヽノl::::::|i ' /i/               ……

  'i   l`i`lゞ '   丶シ l/,ヽ

   ! i、  ヽヽ>  _‐ イi |ノ/丶
   ヽ丶ゝヽ !_ _,( ><i_ヽノ'ノ'
      ,-/ / l l i゚i l !ヽ

        l / /、l l i゚i l lヽヽ
      i/ //‐  ̄´‐\ヽ>
    ∠_,`'       丶

   _/´   /         ヽ_ヒョコッ
   \_iヽ、  i __l  , -‐、/ノ
     `‐‐ヽ-´、_,'-‐`― ' ̄
        |__l     |__|
         |__|    |__|


            ,..-‐:::::::::::::::::::‐-..、

         / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::l::::::ヽ:::::::::::::::',

    /:/::::::::/:::::ム::l::::::i:ト、::::|:::::::::l:::::::ハ:::::::::::::ハ
   /;イ:::::::::::|:::i:」_l:::!::::ハr十:ト、/::::!::::::::|::::::::::::::::|
  .// l:::::l::::::l!:::l:l .l`l!:::| | |:::!ヘ`::リ:::::::::!::::::::::::::::l

  〃 l:::ハ!:::::ii::::トlイミヘ::| ,イテ示/:::::::::::|:::::::::::::::::!        ……えーと……この娘は……誰?
 /'  |:l lハ::|ヘ::l::|トリ. ヾ  辷リイ`::::::::::/:::::::::::::::::l
    |:l i::ヘ|:::::`:| 〈     .//:::::://:::/:::::::::::::::!

    {' ヘ:::ト、::::人  、   /イ::::::/l/:::/:::::::::::::::::l
       ヾヘ::::::|:\   _ /;イ:::/|:':::/::/::::::::::::::::!
         ト、::!:::::`爪」/'//´^V:::/:::::::::::::::::::|

         |:::ヾ::::::/「 l/イi   V::::::::::::::::::::::::!
         |::::::::::;/ l ノ / |  /.:>.、::::::::::::::::::ハ
         |::::/イ.┘,r' /'´.:./.:.:.:.:.>.、:::::/::::!
         ,イ/.:l //.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:Y:::::::::l
         .|.:K.:././イ.:.:.:.:.:.:.:.」/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::::::::l
       fr==rォ===ミ.:.<´.:.:i./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::!
      ∠ルイi´イ|.:.:.:.:.://.:.:\.:!.:/.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::l




                                /Y:\
                            /:/:::::::::\
               ,. -‐====- 、  /:/::::::::::::::::::〉
             ,. イ''"´  ̄ ̄ ̄ ``ヽミ、l/::::::::::::::::::::l
       _z-‐''"´     /             ヽ/-=ニ::::::l
           ̄ア      l      、     ヽ‐-、;;_:::::::l
        /     l l l      l l_,,.斗     Y  ̄
        l      `トAL   ‐''爪  ト、 l    '.
.          lλ l   l /f_Yヽ.  _/ニ_ヽ_-‐i !.    '.        えーと、お婆ちゃん、この人は……
           )!ヽヽ  フトT二゚!ヽ、/i´.!三三!l!/    ヽ
           /ヽヽ、ヾ、V ' i    '. V_リソ   .r、  ヽ
.         / ./ヾ从::: ̄ '    -=≦-‐.  l l   l l:}
         l /{λ  / 、  (´_ヽ_ ./   , f>、.|_|/ //ノ
         Y ヽト、 / ,.-≧=≦´l{  /ヽ{ニ  l/レ
           ヽ!ヽl/-‐'‐'‐{ii}‐‐‐ヽ/、  Ti  !
               i"´ ヽ;;::::::::::/ ト、:::::::::::/   .|  |
              l、  /!:::ノl /|::::ヽ;/  _,,|  |
           /.゙ー={〈::::::/ | |::::::::〉ヽ/ヘ.-‐i  |
         /  / λ「|` | `´「|  .l___ヘ !  ト、
           _'.   ',个、ノ.|:|  :|  |:|   {、 ヘ ! ,' l
      ,.ィ系圭i、 '圭{ |:|  :|  |:|   〉  `ー′/
      《寸圭圭圭、 V二UニニニニU二ソヘー  /
       ヾ、寸圭圭、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、  /
          ヾ、寸㌢::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヽ.'





                   ____
              _.....::::´::::::::::::::::::::::`::::..、
             /::::::::::::;r―::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::/:::::::::::/::/::/マ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ

         /:::::::::/:::::::::::::::/:;イ:/ i::i::::::::::|::|::::::::::::::::::::::ハ
        ./:::::::::/::::::::::|::::/:/`lメ、_l/|:::::::::;!:;!::/:::/::::::i:::::::ハ        お婆ちゃん……?
       /:::::::::/i::::::l:::::|::;!ィ≧ミ、 `T::´/l/」/:::/::::::::!:::::::i::i

       /::::::::/:::|::;イ::::::l::Yん:::::ハ |:::/ ._」`イ::::::::::|::::::::|!:!
      /:::::::/::::::|:l |::::i::ト;:|ゝ‐‐'   |/ 7うタi」/::::::::/:::::::::|リ        あら? ということは……
      /::::::/:::::::::|l:`!::::|::!ヘi       マ' /:::::::::/:::::::/:l
     ./::::::/::::::::::::|!:ハ::::|::ト、      ' /ィ::::::::/l:::::/|:::!
   ,∠..――-┬.r'´ ∨|  \   ̄`_....イ::::::/l // |/
  f――、.:.:.:.:.:./.:.|  .∧|   /`<::::::/:::/:::::|'´
  |.:.:.:.:.:.::\.:.:/.:.:.| ∧i |  ,ヘ   ,イ_:/:::/!!::::::::!
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:レヘ ヾ.L_  } / |//i::::||::::::::!
 ./|.:.:.:.:.:.:.:i.:.:. ̄.:>'.:.:\ヾ l l. ヽ\ト、.:.ハ:::||:::::::!

../:::|.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:\ヾリ ,.へ.:.:.>.:Ⅶ::::::|



                                   ∩  ヘ
                                 | | .// r、
                               ヘ   .| |////
                             ヽ \_/   ι-っ
                  <ヽ           \  )   / ̄
                  〉::\            〉  _ノ
              ,___/::::::::::::Y二ニ==‐- 、  /  /
                ヽ::::::::`' 、::::::ヽ,-ー――― >、._/
             )::::::::::::::ヽ::γY         ミ=‐-、

              i:::::::::::::::::::::/ゝノ        i!    \
              |::::::::::::::::::/ ,'  /  i!   ハ      \
               乂:::::::::::ノ /  ./  ハ  / l i!   lヽ l        思い出した! おばさんだ!
                `Y´ i/ヽ. /ヽ// i /.  |人 iノ j从
                 | ,' .r‐∨,ィ==ミ   ィ=ミ,ヽト、          おばさんおばさん!
                    ノ   |ζi\xwx     xw |ヽ
                /   .i! ゝ´  ヽ / ̄ ̄|   ,イ /          はじめまして! アナスタシアです!
                 ヽ从/人r―ヽ彡_乂__ ノ /iノj从
                   |   从  ̄ ̄ _,へ、
                    /     フ  /,','/ l|
                 |       ヽ/,','/  }
              _ 〈  γ⌒ヽ_),'/  /
             l´~`ヽ`ヽ〉―`一- /,','/  /
             |     \i   ヽ___/,','/  /
             |    /    ヽ/__/  /
             |     /     ∧   /
  ,ィ===========/.    /:l       `‐´l
. ( (         /     /.l:l            ヽ



       ./:::::::::::::::::::`´ヽ
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::l
     .l::::::::::::::::∧::::::::::::::i:::} ll

     l:::::::::::::::::{__}:::::::::::::l::/ リ
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::/レ
     |:::::::::::::::::::::::::::://                             おばっ……
    r.|::::::::::::::::::::::::::/l'
    |:l::::::::::::::::::::::::/`. 、
    ll::::::::::::::::::::::::l: : : : _ヽ                           えっと……もしかしてこの子……
   . /::::::::::::::::::::::::| : /: : :|
   /::::::::::::::::::::::::::|:./: : : : :}
   /::::::::::::::::::::::::::::l:{: : : : : l
  /::::::::::::::::::::::::::::::|:ヘ: : : : |
  /::::::::::::::::::::::::::::::::|: : l: : : :l
 .l::::::::::::::::::::::::::::::::::l : {|: : : :|
 .|:::::::::::::::::::::::::::::::::l: : :l: : : : l
 .|:::::::::::::::::::::::::::::::/:,仆.l : : : :l
 .|:::::::::::::::::::::::::::://__||_ |: : : : :l


.       / / ,' ,  ,            /    \\\
      / / / ,'   ,' ,'      il|ミツ    , _, \\\
      i\!_,!_,!_, ,,!_,,,!  ,     i||  // /  _, \\l
     |lll|lll|ll|lll .l  l\!_,!_,!_, ||| / / , '¨./ /, 一 ソi|
    |!l !!l !l !  :  : lll|lll|ll|lll||レ / ,,/ //  1彡'〈            ああ、あんたの姪っ子さ
.      | l| !l| !|    ,' |!l !!l !ll|||ル'/ _,,- /   レ'/¨iミヽ
.     | !; '     , ,'l| !l| !|lllllH/ /,,- ー- 、 ヾ≦彡}
      |.       ,   ; ' ; ' lll/ レ/ /三ミ;;\ \:::::l|          実は数年前から匿ってたんだけどね
     |      / ,' ,  '  ;il/ レ'  /彡≠テ;'';::::\ \l|
     |\,!_,,!_,!,/ /     /i ノ. // / / '  ';:::::::\ \
.      ||lll|lll|ll|, ,'iill ,,!_,,,!_,,_/|//∠,/ ,/     ' ;;::::::\_〉        聖杯戦争の絡みでごたごたして、表に出す機会を失っちまってた
       |ll!l !!l !l ! |ll: l  li 〈 / ' //ハヾ¨      /└-≠ハ
.       |ll| !l| !| : l  / ̄\\ ,'// ;        /,___,,/ノ. :i
        |l!; ; ' ;  l {ハ \\\_,ハヾ\   ,' {少' /. : ::ヽ       だから、ここであんたに託す
        |!;     ,'i\\イミヽ、`≦ ̄`¨、 \ {; ¨<   : ::ノ}
.      |       ,i | l|lゝ二二,,__)ー--,,,___\,,_  ヾ_//
.       |       ,' !l| !|l |lll|lll|::::::::::/  \ \ ¨Tー-,-;-一´        まだガキだが、使える奴さね、期待して良い
      |      ,'l| !l| !|l |lll|lllト、::/.     \ヽ .| / l



::::/:::::::::::::::::::::l:::::::l:::ム仏:::l:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::l::::::!
:/:::::::::l::::::::::::::|:::::ハ::|   l:::l::::::::::::::::::l:::::::::::ii::::::::::l::::l::::::::::|:::::::::::::l:::::|
::::::::::::l::::::::::::::l:::::l l::l   l::ii::::::::::::::::l:::::::::::ハ:::::::::l:::::l::::::::::|:::|:::::::::|::::!
::::::::::::l::::::::::::::l::::l. l::l   l::l.l::::::::::::::ハ:::::::::l l:::::::ハ:::i:::::::l::l:::|:::::::::|::::l
:::::::::::l:::::::::::::::r‐l‐l::l―‐-.トl、l::::::::::::! l_::斗‐T::T.TTト::l::l::::|:::::::::l::::l
:::::::::::|::::::::::::::::l:::| l:l     ヘ:::::::::|  l::::::| ヘ:::| Ⅵ::::l::l::::l:::::::::l::::l
ヘ:::::::ii:::::::::::::::::l::lx≦iニニェミヘ::::::|  z=ェニニ≧x:://::/:::::::::l:::::!         ……

::ヘ:::::l:l:::::::::::::::::lマ  r ':::::::::::|.` \|  ヘ| r ':::::::::リア/::/:::::::::::l:::::|
::::ヘ:::l::l::::::::::::ヘ::l ` 、ゝ之ム'    `     之zzソ. /::/::::::::::::/::::::!
::::::ヘ:|::l:::::::::::::::ヘ:l                    /::/::::::::::::/::::::::|
::::::::ヘl:ヘ::::::::::::::::ヘ`           |        /,ィ:::::::::::::/:::::::::::!
::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::lヘ                /::l::::::::::::/:::::::::::::|

::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::l:::>..      ´ ̄`     イ::::l::::::::::/::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::l:::::::::;>       . イヽ:::|:::/::::::::/:::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::l::::/  l  > ._. <  ト  ヽ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::l/  |        | }  /::::/:::::::::::::::::::::::::::l


          /::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l::::l::::\:::\::::::::\::\

          .l:::::::::::::::l::::::/::::::::/:::::::/:::::::l::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::ヽ::::ヽ::::::::::\::ヽ
          l::::::::::::::::l:::/::::::::/::::::::/::/::::l::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::l::::::::lヽ:::::::::lヽヽ
         l::::::::::::::::::l/::::::::::l::::::::::l::::lMl::::::::::::::::::::::::::::l:::ト::::::::::l:::::::l::::l::::::::l ヽヽ

         |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::::l::::|´`l::::::::::::::::::::::::::::l:::l l::::::::ll:::::::l::::::l:::::::l  l::l
         |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::/l::l  l::l::::::::::::::::::::::/l:::l l::::::l:l:::::::l:::::::l::::::l  l::l

         l:::::::::::::::::::l::::::::::l:::::::::l ll   ll l:::::::::::::::::::/l::::l‐‐l-/l::l:::::::l::::::ll:::::l  l::l
          l::::::::::l::::::::l::::::::::l:::::::::l ⊥-‐ Tヽ 「::::::::::/ l::/  l/ l:::l:::::l ::::::ll::::l  l::l
         l:::::::::::l:::::::::l::::::::::|::::::::|´   __ .l::::::/ l/z==ヾ /l:::::l:::::::l l::::l  l:l
          l::::::::::l::::::::/l::::::::::l:::::::::レ=ォ´ ̄す`l/  / ム ク }」/l:::::l::::::::l l::::l  ll
        l:::::::::::l:::::::/ l:::::::::::l::::::::ム' b_」.リ      'ー' //::l::::::l::::::::l .l::/  ll       ……そういうアレ?

          l:::::::::: ::::::::{ l::i:::::::::l:::::::l               //::::l:::;イ:::::/ l/    |
        l::::::::::/::::::::::ヽl::l:l::::::::ト、::l             '   'イ:l:::://ll::::/::l
       l::::::::::/:::::::::::::::::l::l:l::::::::ト \ゝ       ,  ァ  /::l:::/イl l:;イ::/
       :::::::::/::::::::::::::::::::l::l1:::::::l `         ̄ /:::::::l::::::::l::レ:/|/
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::l::lヽ::::ヘ   `  ,、   /:::::::::::/::::;イ/ィ  リ
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::/l::l ヽ::::ヘ_    ト、`:::::::::::::::::::/:::/:::l::::l
     ./:::::::::/::::::::::::::::::::::;〈//   ヽ::::V ヽ  l  ` ーヘ:::/::::/:::::ト::::l
    /:::::::::/:::::::::::::::::::://∧   \:ヘ l   !    / V::::/:::::::l l:::l
   /::::::::::/:::::::::::: ..イ:::://::::ヽ   ∧:ヘ|   ト、  /  /::/::` ー ⊥」_
  /:::::::::::/::::_....- ´::::_レ/::::::::::l   ∧ \l、   ヽ /  //lヽ::::::::::::::::::::::::::i ヽ
 /::::=≠=======‐:::l:::::::::::::::::l ∧ ヽ ー― i  l ー=‐- \:、::::::::::::::::::::::l:::::l
∠<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::V:::::ヽ ヽ   l´ l  `>:::::`:::\:::::::::::::::::l:::::::l

:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ  l  l  /::::::::_ -‐´:::::::::::::::/::::::::l



   '''''''   /,ヘ、,ヘ |
|||||llliii;;;,,, ,,,;;;//ヾミi/il |

!!!!!'''''''''´/iii//  `´¨i||l |
     / ,//   \,_||| |
 ,;;:!ll|レ', //   \_||| |
iill||レ'////   `ー=||| |
ill|レ' /./   `ー=||| |

//_/      二;|| |
/ / ̄ニニ=-、、  l|/
_  `y===ミ、ヾシ ; /'
三  \__≧  /
/  ,  -…wノ i |
              | ',                              そういうアレ
           l   ', ',
           ', ',

,           }.   ', ',
/,      /イ    ', ',
//    // ト-、_  ', ',
  / ///   / `ー-‐
 ' // __/

 ,' ,´一¨ ̄丁

 i i   ーT'¨
      |
  \  |

.  ヾ ヽ |
       |
\_,,,,/

/


     //::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    //:::::/::::::::::::::l::::ヽ:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /イ::::::::/::::::::/::::i::::::l::::::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 ./' ./::::::::/:::::::::::l:::::ハ::::::l:::::|:::::::l:::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
. / /:::::///::|:::::::|::::l l__::li:::l:::::::::l::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  l::::::///::::l::::::::li才´l:::::|.l::|:::::::::l:::::::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      ……そう。
  |:::/l:l::l.l::::l::::::::lヘ:| .l:::l .l:l:::::::::::l:::::l ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  |::l ll l:l l::::ヘ:::::l .{ ,∨ .l|:l:::::::::l::::l  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      用件はそれだけかしら?

  .l:l .| l:l ヘ::::ヘ::::l .zィ/   l::l::::::::ll::/ ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   {  ll  ヘ::::::〉{     /イ::::::::l.l:l‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::l      だったら私、もう帰るけど
     `   `<    /' l::::::/ lハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::l
           ヽ __   l:::::/ /' l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::l
           ゝ   l::::/_// l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘl

             ヽ<l::/_   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ



                /⌒`´ ヽ
               /''''''/⌒^ヾヽ
             /  / 三 三| i

          , ─‐'''''''''イ 二> ∠|.l
          {  _//,、' `=ゝ {=', |                あー、待つさね
            丶 /''';t_. `‐´/ 」/''''i
             `〈  / /\ ト-'/ /⌒\             もう一つだけ、渡すもんがある。ってか、コッチが本命
       /⌒\ ' ,〈____三三ゝ-´/,;;;.∧  }
      {∧  ;;〈三三三三三`三三三ニY〈             アナ、例のものを

      /三∨入彡',三三三三三三'i三ニ i )
      ヽ三三三三}三三三三三三|三彡<
      >三三三/三三三三三三|ミ三才

      /三三三彡 三三三三三三| ∨/∧
      / 三/   \三三三三三三| ∨/∧
    ./ 三/      } 三三三三三|  ∨/∧
    〈 三〈         Y.三三三三三|   ∨/∧
    \/∧      j ;三三三三三i   ∨/∧

       \/∧     r' ,三三三三三|   ∨/∧
        \/∧ /.三三三三三三/.lヽ  ∨/∧
         \/∧ ;三三三三三三/ l \ ∨/∧
       ,ィ彡  V⌒\三三三三三.i  l'´ `; ∨/∧
    ((`===[[二| ! i´コ====)`>三', 弋\\ ∨/∧

   ,イ`´三三三ト`-ト‐'三三´三三三;;',.   \\Y、 ̄`.
  イ 三三三三三三三三三三三三三三',     rrrr‐'_/、}



                  __
                 /:::::ヽ、_
          ,.. .__,. -‐-k:::::::/:::ヽ

        /        ヾ、':::::::::;;;l
         ノ  / , |  、 、 、ヽzー'
      ./ /  / ! lヽ  ト、ヽ_ ヽ ヽ
      l /  L._ト、 | ヽ,l.ィi´ヽ. l |
      N   ト、l`ヽ!  ,ィ_ナヽ|  レヘ、 っ
        ヽ  Vィfフヽ   廴 _;ル /\ ヽ  っ
        ./ >ーヽヘ__ノ . _   イィ' l  ! }
      / /| ト, ト、   「 ) .ィ' l / ノレ'               はーい!
      ヽ ,>‐-Nー≧rー "/`メレ'

   Nmm /  、 l.::ヽ、_L,/__,. ィ"`ヽ                えーと、えーと、はい!
   |::!川l |,.z=ニ三三、ノ。厂/:/-‐   ヽ
   .!::`トミ尨..'-‐一=勹ヽ./:::ト-、    〉               これ!
    !::::|::::::i:::::::::::::::::::::::l  `く^ヽ,ヽ__/
    |::::|::::::|::::::::::::::::::::::lヽ     /`ヽノ 〉
    ヽ:|::::::|::::::::::::::::::::::|.:.:`ー-へ、  `/
     ヾ:::::!::_::_::_::_::_::」.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ  l
      ̄V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヽ/

       ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::ヽ
       .,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::ヽ
      !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::;ト、
     ,i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ _/

     ヽ`ヽ、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:ィ''" i´
      `ーへ、 ̄,二 ‐ ,ニ二 ノ-r'´
          ̄|  `f   l´   !
            ヽ   !    !  ノ
            `ー'   ヽ- '


 ラックに載せられて、山積みの書類が運ばれてきた。

                     _______,
              _______/           ./|_______,
             /           /         //         /.|
          /           /           .//         /./|
.          /        ./           .//           ././/|
          /          /           .//         /././,.|
       /           .'三三三三三三l/         /.//./.,|
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/.////

       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l////
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l///
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l//
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/




            ,..-‐:::::::::::::::::::‐-..、

         / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::l::::::ヽ:::::::::::::::',

    /:/::::::::/:::::ム::l::::::i:ト、::::|:::::::::l:::::::ハ:::::::::::::ハ
   /;イ:::::::::::|:::i:」_l:::!::::ハr十:ト、/::::!::::::::|::::::::::::::::|
  .// l:::::l::::::l!:::l:l .l`l!:::| | |:::!ヘ`::リ:::::::::!::::::::::::::::l          ……これは?

  〃 l:::ハ!:::::ii::::トlイミヘ::| ,イテ示/:::::::::::|:::::::::::::::::!
 /'  |:l lハ::|ヘ::l::|トリ. ヾ  辷リイ`::::::::::/:::::::::::::::::l
    |:l i::ヘ|:::::`:| 〈     .//:::::://:::/:::::::::::::::!

    {' ヘ:::ト、::::人  、   /イ::::::/l/:::/:::::::::::::::::l
       ヾヘ::::::|:\   _ /;イ:::/|:':::/::/::::::::::::::::!
         ト、::!:::::`爪」/'//´^V:::/:::::::::::::::::::|

         |:::ヾ::::::/「 l/イi   V::::::::::::::::::::::::!
         |::::::::::;/ l ノ / |  /.:>.、::::::::::::::::::ハ
         |::::/イ.┘,r' /'´.:./.:.:.:.:.>.、:::::/::::!
         ,イ/.:l //.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:Y:::::::::l
         .|.:K.:././イ.:.:.:.:.:.:.:.」/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::::::::l
       fr==rォ===ミ.:.<´.:.:i./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::!
      ∠ルイi´イ|.:.:.:.:.://.:.:\.:!.:/.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::l




.       / / ,' ,  ,            /    \\\
      / / / ,'   ,' ,'      il|ミツ    , _, \\\
      i\!_,!_,!_, ,,!_,,,!  ,     i||  // /  _, \\l
     |lll|lll|ll|lll .l  l\!_,!_,!_, ||| / / , '¨./ /, 一 ソi|
    |!l !!l !l !  :  : lll|lll|ll|lll||レ / ,,/ //  1彡'〈             アタシがこれまで80年生きてきた中で、
.      | l| !l| !|    ,' |!l !!l !ll|||ル'/ _,,- /   レ'/¨iミヽ
.     | !; '     , ,'l| !l| !|lllllH/ /,,- ー- 、 ヾ≦彡}
      |.       ,   ; ' ; ' lll/ レ/ /三ミ;;\ \:::::l|           手に入れた人脈、情報、知識――――――
     |      / ,' ,  '  ;il/ レ'  /彡≠テ;'';::::\ \l|
     |\,!_,,!_,!,/ /     /i ノ. // / / '  ';:::::::\ \
.      ||lll|lll|ll|, ,'iill ,,!_,,,!_,,_/|//∠,/ ,/     ' ;;::::::\_〉          その全てをあんたに託す
       |ll!l !!l !l ! |ll: l  li 〈 / ' //ハヾ¨      /└-≠ハ
.       |ll| !l| !| : l  / ̄\\ ,'// ;        /,___,,/ノ. :i
        |l!; ; ' ;  l {ハ \\\_,ハヾ\   ,' {少' /. : ::ヽ        アタシが持っている全ての財産より価値あるものだ
        |!;     ,'i\\イミヽ、`≦ ̄`¨、 \ {; ¨<   : ::ノ}
.      |       ,i | l|lゝ二二,,__)ー--,,,___\,,_  ヾ_//
.       |       ,' !l| !|l |lll|lll|::::::::::/  \ \ ¨Tー-,-;-一´          大切に使いな。そして―――――
      |      ,'l| !l| !|l |lll|lllト、::/.     \ヽ .| / l





  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 | ピス、これからはあんたがジュレヴォを引っ張りな   |
  ヽ______________________ノ
        /:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::::ヽ::::::::ヽ

      ./::/:::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\:::::l::::::::::ヽ::::::::ヽ
     /:::/::://::::::::::::ヽ::::::::::ヽ:::::::::\::::::\l:::::::::::::l:::::::::::.
   ///::::::/::l::::::::::lヽト:ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::l::::::::::::::l:::::::::::.
  ///:/:::::/:::::l::::::::::l:::{^`l:::l:::::::::::l、::ヽ:::::::ヽ::::l::::::::::::::l::::::::::::l

 .// /;イ:::::/:::::::l:::/::l::l::::l  l:::ll::::::::::l」:__lヽ_::::ヽ::|::::::::::::::|::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
. 〃 /'/:::::/:::::/::l:ハ:::l::l::::l  .l::lヘ::r:´l ヘ::| ヽ`iヽl:::::::::::::::!::::::::|  新当主としてね  |
.〃 〃l::::/l:::::/::::ll::l::::r七「`ヽリ .}ハ:::l xェ==ミリ:::l:::::::::::|::::::::::\_______/

.ll 〃.|::/ l:::::li::::::|:::l::::l'.,ィ==ミ  .}/ /ハr'::::::::::/::/:::::::::::l:::::::::::::l

.|  | |::l l:::::ll::::::::::ヘ:ヘマハ:::::ハ  '    廴ータ//::/::::::::l:::::::::::::::!
    |::l .l::::l l:::::::l:::::ヘヘ .以┘       ./イ::/::::::::::l::::::::::::::::|
     l:l .l:::l ヘ:::::::l:::::::ヘゝ  '         /イ:::::::::::/:::::::::::::::::!
    ll  ヘ::l ヘ::::::l::::::::圦   ``     ./'./::::::::::/:::::::::::::::::::|        ……!
     {  ヘ{ ∧:::::lヘ::::l:::::>...     < /::::::::::/::::::::::::::::::::::l
         /::::ヘ:::l:::ヘ::l::::::::::::>.1´ ___/イ::::::::/:::::::::::::::::::::::::l
        /::::::::::ヘl:::::ヘlr< ̄  l .「i / /::;イ/::::::::::::::::::::::::::::::!

       ./:::::::::/::::::::::_/ l ,_ノ  |.|  /://'_」___ ::::::::::::::::l
       ./:::::::;ィ´ ̄/:/__ .ノ/  __八/'./: : /´ ̄: :`i:::::::::::::::!


                                      ※前当主
|lll|! l l l! ill| , /   ー -=  _ ∨::'      今までは一応、ボレノフの旦那の面子を立てていたが……
|lll|! llllll| l l ll| i ,゙ ー--==彡 ´ ∨:'
|lll|! llllll| l l ll|lリ,゙  z=ミ    /j:::i      もうこれ以上は限界さね
|lll|! llllll| l l ll|;|/>彡=ミ´ :、ヽ {::::゙l:::|
|lll|! llllll| l l ll|イ/r≦__. イ>ハハ'V::|: !       ジェニースはもう駄目だ、どうにもならん
|lll|! i⌒ヾ ! !! !ー弐:テノ´  |!.  ∨,{iリ
ハl|!_jル } ∨リリr-==-イ   ヽ  '.\
ハ ゝ ゞヘ ヾ{ '゙        入>メ       ……それに、ピス。あんただって僅かながら本家の血を引いている

  '. lli>、  j}、ゝ. _     〃   / 
i l .ハ ll!  }´:ム   ヽ  // >.7i       正統な継承権を持つ数少ない構成員の一人だ
. llり| ハ l i!   \  \ {:| ´ '⌒}'
:、 イ!| |:|!!     \   i     !       アタシの一押しがあれば、襲名前の箔付けには十分だろう。
 \ゞ |lll| l|ト、     > . ___丿
                          どうだ、やってみないかい?


::::/:::::::::::::::::::::l:::::::l:::ム仏:::l:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::l::::::!
:/:::::::::l::::::::::::::|:::::ハ::|   l:::l::::::::::::::::::l:::::::::::ii::::::::::l::::l::::::::::|:::::::::::::l:::::|
::::::::::::l::::::::::::::l:::::l l::l   l::ii::::::::::::::::l:::::::::::ハ:::::::::l:::::l::::::::::|:::|:::::::::|::::!
::::::::::::l::::::::::::::l::::l. l::l   l::l.l::::::::::::::ハ:::::::::l l:::::::ハ:::i:::::::l::l:::|:::::::::|::::l
:::::::::::l:::::::::::::::r‐l‐l::l―‐-.トl、l::::::::::::! l_::斗‐T::T.TTト::l::l::::|:::::::::l::::l
:::::::::::|::::::::::::::::l:::| l:l     ヘ:::::::::|  l::::::| ヘ:::| Ⅵ::::l::l::::l:::::::::l::::l
ヘ:::::::ii:::::::::::::::::l::lx≦iニニェミヘ::::::|  z=ェニニ≧x:://::/:::::::::l:::::!          ……お母様……

::ヘ:::::l:l:::::::::::::::::lマ  r ':::::::::::|.` \|  ヘ| r ':::::::::リア/::/:::::::::::l:::::|
::::ヘ:::l::l::::::::::::ヘ::l ` 、ゝ之ム'    `     之zzソ. /::/::::::::::::/::::::!
::::::ヘ:|::l:::::::::::::::ヘ:l                    /::/::::::::::::/::::::::|
::::::::ヘl:ヘ::::::::::::::::ヘ`           |        /,ィ:::::::::::::/:::::::::::!
::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::lヘ                /::l::::::::::::/:::::::::::::|

::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::l:::>..      ´ ̄`     イ::::l::::::::::/::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::l:::::::::;>       . イヽ:::|:::/::::::::/:::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::l::::/  l  > ._. <  ト  ヽ/:::::::/:::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::l/  |        | }  /::::/:::::::::::::::::::::::::::l



                                                  __
                                           ノ≧チニミ .、
f― - -- ― - - 、                            ,イ-= '´二ニミム

ゞ. ̄          `ー、__                          /イムイ ̄`ヽ\ ヘ
  ` ー '  ̄`ー--ミ,/  ̄r=ミ=、                     ////ムマ彡、=ミ \\ヽ
           /   /  イ´`ヽ                    |//// ̄--,\ヾ: \\:、      ほれっ!
             /   '   ノ    ` 、                 |/// = - = ニ ,\ト=_ムヽハ
.            /  /,  /        ` 、             !:i:iト、- = - =彡チ ∨ハ}ハ!|
         ,:、  /,   /    ノ       ヽ               |i:iムゝ≧z ,゙=彡`゙リ .///〃      なーに辛気くさい顔をしているんだい!
         }  /ヾ 、/  /ヽ.        :,           ゞミ:ヘ   |!::.  ノ ハ{/ /:/
         `ー- 、/ ゙ /  ヾ/        {_            \ヘ {,ム__ノハ /__マ/'/
             `´`ー-、/ー-=z___彡-=ニ}               ゞム`ー'j,イ三三≧、       アタシが任せたいって言ったんだ
                      {三二ニ=-ト、              ゞ/-=三三三ム

                        マ三三三三 {             , イ -=ニ三三三三ム
                          {三三三三ハ           ,イニ三三三三三三三ニム     その重み、分かっていないわけじゃないだろう?
                       マニ三三三ニム          {ニ三三三三三三三三三 i

                           マニ三三三ニム           |三三三三三三三三三ニ |
                          マニ三三三ニム        /二三三三三三三三三三.!    とっとと返事しな!
                          マニ三三三ニム      /三三三三三三三三三三三リ
                               マニ三三三ニム     ,イ三三三三三三三三三三三/
                              マニ三三三ニム    ,イニ三三三三三三三三三ニ./      受けるか、受けないか!
                             マニ三三三ニム_,.イ三三三三三三三三三三三 /


                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\
                  ./:::::::_:::::i:i::l:::::::::|:::::::::ト;:::::ヽ:ヽ::ヽ::::ヽ
                 ./::::::::/ノl::ム!:l:::::::::ト;::::::::lヘ::::::l::::l::::ハ::::::ハ
                /:::::/ノノl:i!:l l:ト;:::::::|ヾ、::::l斗l:::l:::l:::::::|::::::::',

                ///:/.7:!l`ト.l:l ヘ::::l´,ゝ⊥L」:::l/:::::::l:::::::::::i        は、はいっ! 分かりました!
               / /__/.,イ:l:レ=ミ  ヽ:l/イ':::::ハ`ヾ:::::::::|::::::::::::l
            ,r/     /::ト;:::k1':::}   ヾ. 込zン U:/:::::ハ:::::::::::|
           ,イ }   ∠..イ::l:::l:ヘヽゞ" ,       ./::/:::::/ノ::::::::::::!        ビスタリエート・ジュレヴォ!
          /:.l ( /{ ∨::l::ヘ::l:::::ト\ ャ=ヽ   .//::::/´:::::::::::::::|
          /.:.:.:.{  i' /] ∨l:::ヘl::::ゝ.`` マ .} /イ::::::/::::::::::::::::::i:::!
       /.:.:.:.:.:.:.:マ ハ  〔  ハ{::::ヘ:::l:::::>.. ` ´ _.. /:::::/::::::::::::::::::::::l::|       当主の任、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ-.} ´/  /:::::::::::ヘ::l::::::r‐`ーf´ /::::∠、:::::::::::::::::::::::l:l
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|={__{  /:::::::::_:::ヾ::/^i  | /イ|  |::::::::::::::::::::::::l!       その身命を賭して一所懸命に務めさせていただきたいと思います!
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト.}_/ ./:::./.:.:.:.:>/イ」/ .ノ  / l  ト、:::::::::::::::::::::l
 ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;L_リ< ̄.:.:.:.:<.:.;イ ̄/ ./`´ ≠! ./.:.:ヘ`.:ー-.._::ハ

 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._..-‐´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.」___{ /ィ≠/.:.:.}ヘ.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:./`ヽ
 |.:.:.:.:.:.:.:.:._.-‐:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ≦;_ィ´,―ァfンマ=< /.:.:.:.:.:.:.ヤ ̄ ̄.:.:./.:.:.:.:.:.:}
..〈.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:x≦ァ‐‐《.:.::/<´l lヾヽ/\ヽ.:.:.:.:.:.ヘ:.:.|.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:ハ
 `ー―――――――´ァ―‐/.:.:.:.∨イi.:\l lzニl:トヽ‐.>::>.:.:.:.:.:.ヘl:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:l::ヘ
             ./::::::::/.:.:.:.:.:.:.//.○:/.:.:.:.|:|.ヾ./.:.:.:`ヽ、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::ヘ



          _
        / ,,二ニ}ヽ

       / ,;/一= <-ヽ.   ,ー 、
        /,,;;;;;;/ -=≫ 〈匆   r/ ヶ \
       ,'  ;;ト 、 /-孑}   レ// ト  }
.      ,'i;;;;;;'''ヽ, ヽ〈 `セi´/   l トーノ ./
     レハヾ、 .トi、_`   |   ゝ_(  l
    〈;;;;;l;;;;;;;;イ__ミ≠-'     r-々                良し! 分かったならそれでいい!

    _`≧ヾツ/////|       レ/∧
  /////////////ハー-  _    レ/∧               ではさっさと帰りな!
. ///////////////////////\ .レ//∧

 |/////////////////////////\レ'//∧
 |///////////////////////////|////∧             私の念書も書類に入れてある、他の構成員に報告!
 |///////////////////////////|/////∧
 |///////////////////////////|////// }
 ∨////////////////////////~∨//////|            そして引き継ぎの正式な儀式!
  {/////|\///////////////  .∨/////l

   |/////|. ∨////////////|    ∨////
   |/////|   ∨///////////|     \//             やらなきゃならないことは山のようにある、ぐずぐずしている時間はないよ!
..  |/////|   ∨//////////ト                  //
.   |/////|   }//////////∧               //
    |/////|  ////////////∧.            //


                        、
                   / i

                     /   ヽ
            , -‐    ̄ ' ‐- 、 `ヽ, -‐、
        /            ` 、/   i
       /                ヽ   丶
        i    ,  i     丶     ヽ   i     i
      l /   l _ll_     iヽ    i  l    l
       |li    l!´ l ヽ、    i 丶ヽ、 l  l |ヽ_ ,/
       l! l   |l l__  ヽ  ィ==ミ、ヽ l  l, i
        lヽ  !/' ̄`  `     `,i ハ / i l          それじゃ、行きましょおばさん!
       ! ` l     ___   !|  ' , l ヽ
         ヽ  ∧   〈     〉 ノ/  丿' , )
         lヽ iヽi` ‐-`, ― ' ´―/`ヽ ノヽ'         私、本家に行くの楽しみなの! 待ちきれないわ!
          ' ´ ヽ,!、i―l´ ヽ /  /   ヽ
           / , ‐- 、,V、 /       i
              /  '巛 i , \i ヽ-― -ノ
              ヽ_i゙Tl`ヽ  \ li―-i __
               i__| l l  |\  \  l´  i
            l | l l   l ゚ \  ` !   l
            , ' | l l  l ゚ l \__ /   l
           /  !、! !  l_゚」 - ' ,!、   ヽ
          /  /!ヽ、 ̄ _ -‐'  ヽ  ヽ
         , ' , / /    ̄         ヽ/
         ! く´  /              ヽ
         `´´  /                丶




       ./:::::::::::::::::::`´ヽ
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::l
     .l::::::::::::::::∧::::::::::::::i:::} ll

     l:::::::::::::::::{__}:::::::::::::l::/ リ
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::/レ
     |:::::::::::::::::::::::::::://                  あっ、ちょっと……引っ張らないで……
    r.|::::::::::::::::::::::::::/l'
    |:l::::::::::::::::::::::::/`. 、
    ll::::::::::::::::::::::::l: : : : _ヽ
   . /::::::::::::::::::::::::| : /: : :|
   /::::::::::::::::::::::::::|:./: : : : :}
   /::::::::::::::::::::::::::::l:{: : : : : l
  /::::::::::::::::::::::::::::::|:ヘ: : : : |
  /::::::::::::::::::::::::::::::::|: : l: : : :l
 .l::::::::::::::::::::::::::::::::::l : {|: : : :|
 .|:::::::::::::::::::::::::::::::::l: : :l: : : : l
 .|:::::::::::::::::::::::::::::::/:,仆.l : : : :l
 .|:::::::::::::::::::::::::::://__||_ |: : : : :l


    ,r,t==r==┐                         .|
    i1 | _j|_ | i|                         !
    | | |  ̄|| ̄,| !|                  _|〃    |

    |_|」===i_i」                  |_||-,_   .|
                              [ニニ]/|   !
__________ __ __   ____ |   ! ,| __|
                             |__|/   \

           /「|,、 -───────-,   _. , ,/|   rェ, \
         ,/|!/               /ヘ > /|:: ||   {|:::]
         | ||/               、、_,>|:::: i: ||  /゙|」
         | |!、__________」|ナ-- .|:::::/| ./ .||
         | |___________ i! ._二_]. '┘/  ||
         |_|                 |   |,_j|  ,/   」|_
                            \___,/    ̄ ̄







                          ∠`´⌒ヽ.
                     /⌒ ⌒ヾ ∨
                       // /`⌒ヽ ヽ. ∨
                        // /三 三.ヽ i∨.|
                    i i /≧、 ,.≦i l/∪/}
                    {从 芦' ノ芦'ト、/  h
                /⌒\人 ヽ 小  ノ〈  i ノ├ 、              ……ふぅ
                   /: : : : : ∨)ルハ 云 Y: :.ハ j  ノ: : ヽ
               {: : : : : : ノi \: : : : : :/:/\ _/: : : : :}
              |: : : : :: : ∧: : `ー‐' : :./: : : /: : : : : :|             久しぶりに叫んだら、ちょっと疲れたね

                \: : : :/: ∧: : : : : : :./: : : /: : : : : :リ
                 `ーく: :/: :\: : : : /: : : ∧: : : : :/
                   {\: : : :.\/: : : :/:.∧ : :./               ちょいと横になろうかい
                    Y: \: : : : : : : :.∧: : : : /
                    ヽ: : \: : : :./ ∨ :/
                      }: : : : >‐く: : :  ∨
                    ノ: : : : 「|__,   |
.   r==ァ_____     ≦.:_:_:_:_:.|_!「r==j   |_____r入
  //______f   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
 「_」/           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
               }ヲ ⌒\ `ー───‐| |i   |: : : : : <  ̄ ̄
               ̄/: : : : : : :\: : : : : : : : :| |l   |: : : : : : : : `  、
       ´ ̄ ̄ ̄/: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :.|__jl   |: : : : : ヽ: : : : :ヽ`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ´ ̄ ̄ ̄/ : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : :| |l   |: : : : : : :i: : : : : :ヽ: :.ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :| |l   |: : : : : : :.i: : : : : : : ;: : : .


     ./ /   ./  ./ /   ./   ./
   ././   ./  ./ /   ./   ./
  ,/./   ./  ././  ./   ./
/ /   ./  ./ /   ./   /
/   /  ././  ./   /
   ./  ././  ./   ./
 ,/  / /  /   ./
'"  / /  ./   /
 /./  ./   ./

"./  ./   ./                                                       /
'"  ./   /                                                       / /
  ,/   /                                                       / /
/   /                                                       / ,/
   /                  ―――――おや?                         /./   /
 ./                                                       / /    ./
‐゛                                                      / ,/   /
                                                       / /   /    /
                                                  / ,/   /    ././
                                                   ,/./   ./    ././
                                                 / /    ./    ././
                                             ,/./   ./    ././   ./
                                           / /    ./    ././   ./
                                            / ,/   /    ././   ./  /
                                           / /    ./    ././   ./  /
                                      / ,/   /    ././   ./  /
                                       / ./   /    /./   /  ,/   .//
                                      / ,/   /    ././   ./  /    //
                                 / ./   /    /./   /  ,/   .// ./
                                / ,/   /    ././   ./  /    // ./











                    ああ、そうかい。もう、限界かね









.




                    死ぬなら敵地、と思っていたんだけどね


                    まあ、こういうのも、悪くはないさね




                    - 、_
                / > 、 /:::::
  ,                /;::/-   `´¨ 、  、
‘     ,         /ハ∠_  `ニミ、|llii! ,ヘ
           //,ヘ/ゞ二 ¨ヽ ,-<|||llliil||l

   ’        ///r/~`≠≧} 千-ミ||||||||li
        ////|_ィ、    _/ .:::`ミ斗'7|||||||l,                                  rvヘ
    .     {//////:{ } , ´ ry、..:::::::ヲ`i卅llli                             ー 、  ,〉 〉〉
          ∨/////トノ /ー=、_::::l r'/_ソ川川i                                 \\/ //
          {/////| l/ ー- .:`},イノ川川川/                               } l//
           ¨ト///| ト,  ..::::ノ川川川ソ/´                            / ̄ヽ .レ
          ∨//| ヾー-<彡リリリリリン                          r 、 ノノ,ク ∨

 _         ∨/ト≠三三リリリ/   、   ,                    \ ヽ7::/   |
手三ヽ         )/三三三三シ       .     。                     ヽ ::l   |
三三ミヽ_,_   _,ノ三三三三三\,_         ,, ‐,,、   ’  .                 V     |
三三三三三三三三三三三三三三三ミ、_   /三三\                      〉ミ=-ソ}
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧、                      ノ////{
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∧                       {/////ノ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三}                    //////|







 ツェツィーリヤ・ジュレヴォ

                永眠








          ――――後で知ったことなのだが、十年前、戦争終結後直ぐに倒れたあの人は、


       病んだ身体をおして、ジュレヴォが先の戦争で起こしたいざこざの解消に歩き回っていたらしい


       そのせいで、本当はもっと長く生きられたはずの命を、一瞬のうちに燃やし尽くしてしまったらしい


         だが、だからこそ、ジュレヴォ家は陽向やグラントのような迫害を受けずに済んでいる



              彼女が残り僅かの命を賭けて、守ったものを、私は受け継いだ。


              私の命は、いくつもの人々の命を踏み台にして成り立っている


                            ならば――――









.

【第三次聖杯戦争 三ヶ月前】

【クラブ・ジュレヴォ】






___________________________________________

            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||                                    ||
            ||________________________||

_________________________________________
__________________/      \__________________

________________               ________________
                      /               \
    ___       ____   /                  \  ___       ___
\ /////|      |///////|/                     \|V/////|      |\///,| /

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.i≦三三三三三三三三三≧i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |                   i≦三三三三三三三三三三三≧i


                      _,..-―‐-- 、

                      ´           ` 、
                     ,イ    .i   ヽ      ヽ
                    /       l   ',    i!  ヽ
                ,'    ./ i  l   ', i! .',  i;l  ハ
                  l    l l i!  マ  Ⅵマ ', l;|  .ハ
                j i   l .ハ l.、 .ヽヽ 十.マ l i|;l   ',
                   //   」十ヽ.ヽヽ、ヽ. >t笠fi、j;;li  ハ
                  //.l l  l Virf示i'  `¨ 弋tリ/i;;;|i l ハ
              i'_ ハ .l i .l .ハミ弋ソ.   ,   ¨./|;;;;li i i! iヽ
              ヾマ/ | l / .ヽ     _     ノi!;;;| //j /i l
                 | l.l i' l l .マ:ヽ ._   ,.イiノリ;;;;l/ ー'' ソ
                ヽi、i、l lヽ=' .f≧ニ´ ,.ィコ . il;;li              ……

                 ` ` ヾ  _ノ _`V_ト、._i;;|i

                  ,r<¨¨¨´ f´;;;;;;;;;ji!;;;;;;≧ハ|i ー- _
                    /  ヽ   l;;;;;;;;;/;;i!マ;;;;;;;i|;;;|i     `ヽ
                    /    レ,   .マ;;ノ;;;;;l:l;;;`ー|;;;;|i   / ハ
                    /.   ./   <_;;;;;;i:ハ;;;;;;i!;;;;|i. `Y::..   l
                    /    /      .ムzY|:::T:i!;;;;;|i   l     l
                ノ    {       ム:ーiー/ヽL_  i    .j
             r-v'     ',     .ム:::::::|::::Y=-- ),'      i、
            ヽヽ       ',     ム:: ___|__:」二¨¨ i/       \
              ヽ_ ー、_   i  _i!:::::::::::i!:::lァt ¨ .|      >ミx
             ノ >zヽ--‐Z二ソ::::::::::::|::V;;;;|.  人__,..イ_xイ¨¨j
                  `¨ハ/ファr (::::::::::::::::::::ー:|:/;;;;;i、 ´ `<≠¨zハ   /
               ,'  ¨ ̄¨/ :::::::::::::::::::::::V;;;;;;|i:ハ     `Tー‐一'
               ノ    /.>ー=―-z_i|;;;;;;;;|i::::ム.    j
             i .-‐-Y´ 〉三三≦Zーzヾ;;;;;|i!三ニ\  ./






.        ,.ィ≡7⌒ヽ| i 从     ^   从 |`ミ=‐---‐===‐- 、
       / :{三{. : : : .ヽ ヽ个 ` ニ ´ イiノ.:/ニ/´.: : :. .ヽ=ヽ  ) `ー-
.      /,.: =ニニ=、 : : :,廴ミVェ>‐</ :/ニ/.: : : :. ._ '.ニY
      {'| |: : : : : . ヽ . .:マ>廴ミv仁「__/ニ=}: : : :/ . : `ヽ人 `ミ=‐-       ―――――親愛なる同志諸君

.       `{: : : : : : : :.ト、 .: }ニ=ムi}ニニニニニニニ{: :/ .: : : :. :.}'   `ー-
        |: : : : : : : : }_j/ `ヽノjニニニ/ `ヽ」_{__ : : : :{
          { / . : :.'⌒ー-----┴イニニ7''"´: : :.`.ヽヽヽヽ: :|
        ∨ :/. : : : : _/ニニ7-┴‐┴ ´¨¨¨´`i i i i iノ: :}
           ∨. :/¨´. : : :|ニニ|.: : : : : : : : : : : : :.UUUU: : :|
.          `7. : : : : r┴‐ ┴--- . : : : : : : : : : .: .: .: .:ノ





               /∧                     \
.          /⌒フ7 i マニ===ァ              \
.....  ⌒¬≠==イ 〈 ┼ 〉  /                   \
      /   /  ハ l /   /       /1
         /     ハ/   /       / !
       /     /     ′        ′ |
            ′     |    ー-  」,_ |ⅰ   r‐(_   ⅰ
                   |         |⌒メ、 |    ノ    |
                    八 i i マニニ弌   || i r'’/| i  |
                イ ハハ」 ゙} r' ::..\ |人 ¦ 〉ァ、j_j_ |            ……
                /`'|  ⅰ   ゝーシ    寸/∧r=ァv┤
          xく(6 /|  |                } {,ハV 〈 /
         /  `爻┤  |            〉} {__,ノ r仏イ
             /  ∧  l               └v'⌒′ lⅰ
              / Y⌒}|_j__        - 、  (_,ノ     !!
           ′ \八¨゚厂`Y、     `   イ       J
         \ん/ ̄ ̄Ⅹ_,人 ぇ。.._  <  l|    i i
        ー<二ニ=イ | (____`Y⌒> ハ  l|    | |
               `⌒'寸 |   \ `| └~ァ|  l|    | |
                     |     ヽゝ-r一' |  l|    | |
                     |  __  \h___|  l}    | |
                     l       `YV777レ=#=ミ   | |




           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.           {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         r ‐、 :::::::, =‐ 、:::::::::::, - 、::l!

            { ::::::ヽ:::::、  o 〉:::::::::、 o V                    ……
         、::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::{:::=´/
             ヽ、 ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::/
           ハ:::::::::::       , '

             /:::::ヽ、:::::::      ,′
          /:::::::::::::::\:::::::::::: /
        ,x<::::::::::::::::::::::::>-<
-‐==::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::>

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::‐- 、
:::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::‐-:::::::、::::::r‐=:::: ̄::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |    ―――――雌伏の時は終わりを告げた      |
                  \_____________________/



                             ─━━… ミ
               {!        __ / ィニニニニ 、 \           \   _
           (     、       `¨¨7 /        \  、          l}  \  、
        -===ミ    \____ -=彳/                l  、       /     )  }/
      /   \ ≧========./     |l      // ハ   \  l !   \___/}   ./  廴_.. -=====ミ
      __ _____ _\ ___ .イ      |i   | |///イ |\  | l| l|   _____ノ_/  / /
  x≦__       \____         |l   | |ト吉トVイ台刈 从|               /二二二二二 ヽ   今日この時より戦争が始まる
/    .>=====---           / Ⅵ | ≧=-  -=彡 /  |         ---===<__ノ /__ ___ \
    /                  /  .ィ::从(_圦    ,   レ(__)父ドミ _ .ィ               / { \
.-==彡 厂 }           .才::::7/ヾ:::イ   |:::.、乂_.ヌ イ::′    \ ̄}::::川、              {  、    我らの威信を賭けた、鉄と血の戦争だ!
   ./{  {/ }        //:::::://_/    │::::≧=≦:::/   l\ ≧=彡’::ハ              /\  }
   イ  l./  .′      //::::::∧{ フ/|l   |¨¨}:::::::::::{¨|     Y. \ } }::::::}!      __       {  ∨
  /  /   /        {_.二フ==/ /  |l   |「::::`:::::::´:::|    i|  .x)/ ̄ ̄ヽ}      {  \     \  、   陰気な魔術で薄汚れた町を
. /  .′  .イ   / }    ノ⌒  {i/ \.|l   |l::::::::::::::::::: | l   | l|/    -=彳   _ \   、 ノ |  |
/  !    { 、 .イ  /  /          |i l | |ヽ:::::::::::::::: | /   川   /     \  {  \ \  \ │  |
  ./     》’   .イ-=≦、         .从八 V |:::::::::::::::: |′/} イ          \.ヽ   \ }   ヽ !   |    硝煙と鉛で彩ってやるがいい!
  ,}    /  /  / /       __{   \ l::::::::::::::::〈/   }¨¨\          ̄\  \      イ
  /        --==彡 / _    イ¨    \   }::::::::::::::::{ ┌──────────────┐    ト、
. イ          イ¨´ /=≦ /  /   }¨¨¨¨  ̄ ̄ ̄¨│ビスタリエート・ジュレヴォ    ....│     |     然る後に我らは栄光を手に入れ
∧\          --==彡’   ./  /     》     |i   │                   .....│   .ノ
  \ 、___/}    /    ,/  /  ____}i\     |l   │             10年後   │==≦   /
 /  ≧== ≦ ノ  .イ     /   ハ /廴l::::ト  ___|l___..└──────────────┘     /   ジュレヴォ家の名を轟かせることになるだろう!
./   /   /   ̄  |   .イ   }/〃   .八:::}            {::::八    ヽ. \       |   \    ¨¨¨¨´


       |\     /\     / |   //  /
      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
      \    英霊を遵え          /
      ∠                     >
      /_  聖杯を貪れ!      _ \
       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
        //   |/     \/     \|



                                         |\     /\     / |   //  /
                                       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                       \   我々は―――――       /
                                       ∠                     >
                                       /_勝つためだけに生きている!_ \

                                        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                         //   |/     \/     \|






【一旦ここまで】

【ツェツィーリヤの情報公開】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ツェツィーリヤ・ジェレヴォ        【属性】:秩序・悪
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:魔術系スパイ(元)            【魔翌力】:30          【性別】:女
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:3   【魔】:4   【知】:6   【魅】:5    【運】:5   【心】:8    【家】:3    【計】:34      
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫
|lll|! l l l! ill| , /   ー -=  _ ∨::'
|lll|! llllll| l l ll| i ,゙ ー--==彡 ´ ∨:'
|lll|! llllll| l l ll|lリ,゙  z=ミ    /j:::i
|lll|! llllll| l l ll|;|/>彡=ミ´ :、ヽ {::::゙l:::|
|lll|! llllll| l l ll|イ/r≦__. イ>ハハ'V::|: !
|lll|! i⌒ヾ ! !! !ー弐:テノ´  |!.  ∨,{iリ
ハl|!_jル } ∨リリr-==-イ   ヽ  '.\
ハ ゝ ゞヘ ヾ{ '゙        入>メ

  '. lli>、  j}、ゝ. _     〃   /
i l .ハ ll!  }´:ム   ヽ  // >.7i
. llり| ハ l i!   \  \ {:| ´ '⌒}'
:、 イ!| |:|!!     \   i     !
 \ゞ |lll| l|ト、     > . ___丿
代理AA:ルシール・ベルヌイユ(からくりサーカス)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆寒い国の美人スパイ(元)
 昔ロシアのスパイとして活躍しった手腕。
 流石に年を取って美貌は落ちたため、色仕掛けは無理になったが、
 それでもその肝の太さと情報収集力はこの戦争においても力を発揮する。


 ◆情報工作
 情報を防ぐのではなく過度に情報を渡す事によって撹乱するスパイとしての技術。
 真偽を判定できない情報が溢れ出す事は、一切の情報が無いのと同等に厄介。

 ★エリグルシニアン(伝達)
 記憶を記録する礼装と高速移動する使い魔を組み合わせた、記憶保存礼装。
 術者がが突発的な事故や、調査中に死亡した場合でもその時点までの情報や記憶を
 他者に伝えるために開発した、死亡時の保険といった役割の強い礼装。
 彼女は現役時代からずっと装備している。自身がいつ死んだとしても、守る存在が安心するように。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
表情は少ないがその少ない表情の裏では結構お茶目なお婆さん。
案外いたずら好きで。ちょっとしたいたずらを結構している。
肝が非常に据わっており、怪談だろうが猟奇事件の話をしようが眉一つ動かなさ無いどころか
惨殺死体があっても平常心を維持できる。
必要な時に冷徹になれる人物で、家族や仲間が何か得るなら老い先短い自分が死ぬ覚悟はできてる。
数々の男(の心と命を)落とした魚のスープが自慢。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
ロシアの寒村に生まれ、魔術の技術はあるがとにかく貧乏でそれどころじゃない家に生まれる。
働きながら勉強し、ほどほどの大学を卒業、魔術師を廃業し、凡俗に落ちるつもりりだったがその後社会情勢
が悪化し、他の国との諍いなどの発生に伴い、表には出さないが魔術も使えるスパイとして就職。
当時誇っていた美貌と太い肝からなる抜群の演技力を持って、スパイとして大活躍。
数々の聞きと映画並みのさまざまなイベントを乗り越え30歳頃退職し、独自の情報網から魔術を使える
凄腕スパイの名声を聞きつけたジェレヴォ家と婚姻、そこで子供を生み、現在は隠居しつつもそれなりの
影響力を持つ、ゴッドマザー的立ち位置に納まっている。
ジェレヴォ家が期待したような凄腕魔術師ではなかったが、裏社会の運営が非常に上手く、
最終的にはかなり貢献している。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【ツェツィーリヤ評】
 情報についての老獪さが表現できなかったのが少し残念でした。
 お茶目さも……どうだろう。
 スキル外の能力が発揮され、スキルを有効活用させられなかった悲劇。

 ともかく、非常に価値の高い立ち位置だったのは間違いないです。
 ジュレヴォ内ではそれなりに目立っていたのではないでしょうか。



                 __
             > ´::::::::::::::`丶             すみません!
           //:://!:::::::::::ヽ::::::::\

          / /:::///i:l:::::::|i::::::l::::|::::|::ヘ          アナスタシア・ジュレヴォ(AA:アリス=マーガトロイド)は
            ´ ./:::///i.l::|、::::|トi::::l::::|::::l:::::i
          /::/フ´!イ'| トⅥ! ト:::|:::l::::|::::::|          元々ロリの設定だったのに

          !/伝ミ、| | |≧ュ__ヘ!::|::::|::::::j

            /ハゞ'j   辷ド レ::j:::∧:/          作話の都合上その段階をすっ飛ばしていきなり成長させてしまってすみません!
             |:i:ヘ ′    ‘ |...l:/ノ/
             |:|::::|ヽヾっ u ノ:::::|ヘ:::\
             |ヘ:::|  `ー<  |:: ィ 〉、∨::\
           !r≦「´ ̄了  レ////〉ト:::::::jィ 
           /⌒ヽ ヽ  L_ ////// >ァ /. /〉
             /   `ト ∨Y j ' ' ////////〉
         /   ∨| \∨ {  レつ /´7、ノ´/

            {     / L,.イ^\_ イ 斤 イ `¨´二フ´
         /    /⌒\` ─ヲ´/ ∧\_/´
.        /  >'´   i\`二フ  /\二二{
       厶イ´     {   ノi  i′\__ノ
        /        _/  |  |     i         ……このAAで言うとまるで煽ってるみたいになりますね
      `\     //     |  |     |
         ゝ _/ /    /  .{     |
          }    \  /   `\_ イ

新マスター戦計算方法

《計算方法》
毎ターン、↓6で戦闘力(または魔術)*コンマ(+補正?)を加算していき(スコアとする)、
差が双方の戦闘力の合計^2/2(切り捨て)を越えたら死亡。
差が双方の戦闘力の合計^2を越えたら捕獲可能。

《引っ込むことと、引きずり出し方》
戦闘はサーヴァントに任せて引っ込んでいる(判定計算を行わない)ことも可能。
ただし出てる側のサーヴァントが5つの優位を取ったならば、再び引きずり出すことができる。
ただし引き摺り出そうとしている側のマスターの知力、幸運がそれぞれ引き摺り出されようとしている相手に勝っていれば
1つにつき1つ、取らなければならない優位の数は減少する。

《引っ込むときのペナルティー》
さらに各ターンの判定終了後、途中で引っ込むこともできるが、その場合には、
スコアの差分(1の位切り捨て)のダメージを
サーヴァントが受けなければならない。

《処理順》
順序としては
引き摺り出すタイミング→途中引っ込みのタイミングなので
引っ込もうとしたときにサーヴァントが4劣位をとっても再びひきずり出されることはない。

《前衛ボーナス》
さらに、一方が引っ込んでいる場合は、前に出ている側のサーヴァントの
近接ステータス(筋力、耐久、敏捷)に+1の補正をかける。


《令呪による撤退》
引き摺り出された後、スコアの差が0かプラスは
いつでも令呪1画を消費してダメージなしに撤退可能。
(令呪を使わなければ、双方が出てきた時に1度は戦わなければならなくなる)




このルールでのマスター戦を実験してみようと思います


実験したいのは以下の4つです。

① 通常時の戦闘
② スコアに干渉するスキルの可否
③ 補正に干渉するスキルの可否
④ 集団戦のやり方



そんなわけで戦闘を行いたいので、一番最後の八百万聖杯戦争に出てきたサーヴァントか、もしくは
第二次七家聖杯戦争に出てきたサーヴァントの中から、試験戦闘に使う用のサーヴァントを4騎選んでください
(なぜこの二つからかというと、あまり古くなるとデータを引っ張り出したり体裁整えるのが大変だから)


↓1~4

【とりあえず必要なデータだけアップ】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー          【マスター】:できる夫       【最大HP/MP】:80/640
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:舩坂弘               【消費】:40        【属性】:秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:D(20)    【耐】:C(30)     【敏】:C(30)     【魔】:E(10)    【幸運】:C(30)   【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
         ,' / ´    -‐      、`ミニ三三三三三ニミ、
         Y´  ̄   ‐-   _  、_ `ミ三三三三三ミヽ

         /,..-‐::::''''t=‐- 、〃ミ≧ 、 `\`ヽ三三三三三ミ、
.        r ⌒ヽ::::::::::::/ _  λ三三三≧、  ` . ,,‐、三三三三ミゝ
       /    }:::〃  ''´ ̄ `ヽ乂三三三三≧  ゙.米.;i 守三三三ミ、
     ハ ∂ //    〆⌒ ≧、ヾ三三三三三ヽ`´ ヽ  ヽ三三ミ;;i
      { ゛ノ カ       ゝ 、   λゞ\ヽ三三三三ヽ  ヽ `ミ三三ミ;i
     i ヘ〃     、 ヽο  ノ ノ ー=久丶三三三:心  `、 i三三ミ;}
     ゝ }         、¨`    ´  ゙〈 、ヽ三三刈 }  }  !三三/
__、..-‐ ,'  /                 , ‐ _`ミメ、ヽ三/ jト  /三}/
:;:;;:;:≧   /               /iヾ、´ `ヽ、 ` x、、_ 爪 /ミ乂
ilil;;:;:{/  {    ヽ、    κ- 、ヾ   \ ο   λ リ`ゝ,_圦 〆
ililil::::;:l   ヤ     χ` 、     i、/i'/       ヽ/   , ′χ'"
::;ililili:ヘ  ∧    ヽ、 ヽ、  ^‐'            / イ`ヽ
:ヘi::::::::.:ヘ_ ∧     ヽヽ、ヽ、             /ム/ , '
::::i:liii:::i::::::ヽ ∧      \ヽ ヽ        /-‐' _/
:;:;;:;:;ilil;;:;:;;:;:;;:. ∧        丶ゞ}、  _ , _, .′-ー-- 、
::::::::::::::::ilili;.:.::::::::::ヽ       , -‐≦¨::::::::::::::¨≧ 、::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ´:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;::::::::::::::::::::::::::;:;;ヽ::::::::::::::

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆対魔翌力:E
  魔術に対する守り。
  無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する。
  【タイミング:常時】
  【仮に相手の優位が確定していても魔翌力ステータスに置いては判定を行い、
  自分がクリティカルを出した場合、ダメージを受けない。
  また、これよりランクが低いか、特記されていないマスターによる魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆単独行動:A
  マスター不在でも行動できる能力。
  【最大残存魔翌力が240増加する】
  【マスター死後も現界できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
  ◆戦闘続行:A+
  往生際が悪い。
  瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
  【HPがマイナスに達しても、その戦闘中に死亡することはない】
  【アーチャーのHPが-80を越えた時、上記の効果は消失する】

  ◆破壊工作:D
  今回は関係ないので省略。

  ◆不死身の分隊長:B
  瀕死クラスの傷を負っても翌日には回復していた逸話と、本人曰く「生まれつき傷が治りやすい体質」が宝具となったもの。
  どれほど重症でも1ターンの休息で完全回復する。
  また、戦闘時には毎ターンHPを10回復する効果を得られる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【宝具】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ◆英霊は生きている

  無いも同然の宝具なので無視。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター          【マスター】:できない夫     【最大HP/MP】:60/400
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
   【真名】:ティルタマス          【消費】:40         【属性】:秩序・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:E(10)     【耐】:E(10)     【敏】:D(20)     【魔】:B(40)    【幸運】:A(50)    【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                     |! |! γニ=-
                     |`ヽ´ /´ ̄ `ヽ
                  /\    `ヽ \  、
                  ー=彡' / / `ヽ \    `ニ=‐
                  ー=彡' ,′ /| ト、     ヽ \
               / / | 斗‐j、l  |斗‐j、`ー-`ー-
                  厶イ  | !,ィ=ミ、レ| l,ィ=ミ、\`ニ=‐
                    厶イ乂|亠亠 .乂|亠亠 |ヽ`ー‐
                   从爿     !      'ソ从|.      Y'∩Y
                    |个ヘ ┌=ニニ=┐ /イゝ.        |│| |ヽ
                    |∧イ!\`ー― ‐' /\|         |│|│|
                _ xz≦ニ/ニ|ニ∧`ー--‐'小、_         /).! !亅l
         xz≦ニニニ二/二l|ニニ\_/ニ/二ヽ≧zx     i ,イニ=-  }
.          /fムニニニ二./ニニ.!ニニ/\=/ニニニl!ニニニ`ヽ  {  ヽ   }
         /ニニムニニニ./ニニニlニ/ 〉‐〈 /二二/ニニ二∧ 人_  イ_
.        /ニニニ.ム二二\ニニニ∨. /   /ニニニ./ニニニ二//ハ _|三三三|_
       /ニニニ二l|ニニニ二.\t二∨  ./ニニニ./ニニニ二/ニ二 |ニ二二二|
.      /ニニ二二|ニニニ二二\二\/ニニ/ニニニ/ニニ二.|ニ二二二|
     /ニニニニニニ|ニニニニニニニニ`マ/ニ/ニニ二二7ニニニ二|ニ二二二|
.    /ニニ二二二|ニニニニニ二二二/_/ニニニニニ二7ニニニニニ|ニ二二二|
   /ニニニニニニ二|ニニニニニニニニニニニニニニ二二二7ニニニニニニ|ニ二二二|

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆ 陣地作成:A
  今回は役に立たないので省略。

  ◆道具作成:C
  今回は役に立たないので省略。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆話術:EX
  今回は役に立たないので省略。

 ◆人間観察:A
  今回は役に立たないので省略。

 ◆教鞭:B(A+++)
  今回は役に立たないので省略。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ◆『祖なる植物(ピュトン・アルケー)』 固有マトリクス4
    ランク:A 種別:対人・対軍宝具 レンジ:1~10 最大補足:100人
    計算が面倒なので省略。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

   ◆『知恵者集う学園(リュケイオン)』
     今回は役に立たないので省略。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【マスターはこれらを使用します。適当に作りました】
┏━━━━━━━━━━━━━┓
  【所属】:無所属
┏━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫                   【属性】:中立・善       【残令呪数】:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:                        【魔翌力】:100             【性別】:男
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:6   【魔】:9   【知】:3   【魅】:3     【運】:5   【心】:6    【家】:7    【計】:39
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

        / ̄ ̄ ̄ 丶
       /           \
       |  \    /    |
       l (●)  (●)   ./
      \   __`_   __/_
         ヽ   , -‐┴´/:∧    。ヘ、
         _「:|_|::::::::://::::::::::∧._,,。‐°,,r '
          /:::/! ::::::::::://:::::::: :: ,.へ-ィ"°
        /:::/ ∨{{{::://∨:: . //
      ∨:/ : |::::.// ::::',/=ミi::∧

        Ⅳ l |: // :::/.ミミソ {:::::|
.      ,':| .l .|ilij / /ヽゝ ノ}:::l

      /:::| ./li/ /::::::l ∨::::::::|
      ./.../,/ / /:::::::::::::.. ヽ__丿
    / `イくヽ イi ∨:::::::::::::,

   ,r'`!ミヒ,,{// ゙フ ∨::::::::::::ヽ
  /  トミl"/,'    ∨::::::::::::::、
  {  ヽヽレ'/工二工テ∨:::::::::::::ゝ
  {   o o/.ll::::::::::::::\::∨::::::/
  i,  o o/:::ll::::::::::::::::::::::::V/
  |l` ‐'" . :::::::リ::::::::::::::::::::::::|

      |: :::::::::::∨ ::::::::::::::::::::|
      |::::::::::::::::∨ ::::::::::::::::::|
      |:::::::::::::::::|∨:::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::::| .∨::::::::::::::|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



┏━━━━━━━━━━━━━┓
  【所属】:無所属
┏━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できない夫                 【属性】:中立・中庸      【残令呪数】:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:                        【魔翌力】:100             【性別】:男
┣━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┻┳━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┫
 【戦】:8   【魔】:3   【知】:7   【魅】:4     【運】:5   【心】:7    【家】:7    【計】:40
┣━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

            _ ,.- / ̄ ̄\
          ,.〈, ゙i ゙i   __ノ  ヽ、
        (゙i \` \ ( =)(=)
.         ゙i,`丶    }     |  |
.         `> ,__ V   ___´__ |
         /;;;;;;\`〉       |
          /;;;;;;;;;;;;;;;;ヤ      |
.        /;;;;;;;;;;;;;;;;V;;,,`ニニニア,
      ,./;;;;;;;;;;;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;|

.      ヘV;;;;;;;;;;;;;;;;;;i_§____ __§- .,_
      {∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;§;;;;;| |;;;;§;;;;;;;;;;;;;\
      ;J;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;§| |§;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
.     !、;;;;;;;;;;;;;;;;、〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|†;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
      ゝ;;==-;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;i
.     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::: |

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


アーチャー   【筋】:D(20)    【耐】:C(30)     【敏】:C(30)     【魔】:E(10)    【幸運】:C(30)   【宝】:A
キャスター   【筋】:E(10)     【耐】:E(10)     【敏】:D(20)     【魔】:B(40)    【幸運】:A(50)    【宝】:A


キャスター視点
優位条件
筋力 6以上
耐久 7以上
敏捷 6以上
魔翌力 2以上
幸運 3以上

キル夫の戦闘力……6

できない夫の戦闘力……8

双方の合計の二乗は196

差が196を越えた時点でマスター戦は決します


                      -  、}ヽ、  _, ノ
               ヽー ´            く
                / '"           '. ヽ、
                 / , 〈   .'    ヽ  j  ヾ、
              ' /  ヽ{  ; } '     ゝ
                { ' ,'    `   j/   ヽl  ',
                ' l {   !
               ノノヽ、   l         ',  \           キャスターに殴り合いさせるって時点で間違ってるよね
.               i   ,  ,  '   !   . }  j``
                 ソ  .   //   ハ  }ノ  ゝ
                 ノ . ' ! ´     /    、 ヽ 〈
            ´ ̄ノ  ,!  八 ,イ 〈   ゝ 、ヽ
            _ ー イノ} /,.イ./ニ' 、 ヽ ! 、丶  `

         _-ニニニニ'ニ!イニ'"ニニ=ー`ニ二ニ=‐_
      _,.イ二二二二二二二二二二二二二二二ニニ> 、
     {二lニ二二二二二二二二i二二二二二二二二ニ!二ニ}
     /ニニ',ニニ二二二二二二二l二二ニニニニニニニlニニ!
    iニニニlニニニニニニニニニl二二二二二ニニニニlニニ{、

     !ニニ二',ニニ二二二二二二lニニニニニニニニニlニニ,ニ'!
.     iニニニ!ニニニニニ二二二|ニニニニニニニニニ!ニ/ニ}
.     !ニニニlニニニニニ二二二|ニニニニニニニニニ!ニ/ニ/i



                 ____
             _,,..-‐''      `  、
           /"               \
             /                  ヘ---、
            i                 ヘ   "'--、_
             |       .|ヽ         ヘ       ”-、
        / i        .| ∧_,----' ̄ ̄ヽ ,/ ̄\  ---)
       / , i      , -| .∧:::::::::::::::::::::::::::::i |   >〃
       i  / i   ヽ Y;;;;;;|  ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i | (\I--'
       //   i   .ヽ {;;;;;;;|.',  .ヤ;;(_゚ノ;;;;/;;;;;;;>ヽ-^-'             ―――――喧しい
.      7  / /   `' -、ヽ;;;| ',  ,キ;;;;;;;;;;;, -'、  <
    /  /,/  ,- "   ヽ."|  ','  キ,-'"  /~ -'"               戦場に出た以上、みゃあだのなんだの、猫の囀りのような
   ./   i〃  /       |  ',  .i    Z
    .|  i   〃     ,--  |   l  .|  -"
   /i   i  /   //--__j   l   i  ヽ---、                 不平不満は受け付けないのであります
  / i  ,i  /   // ,-" ./   l   j `゙'ー=、7_
  | ,i  i /   //  (  ./   /, ' /    、-'"
  | i   ,ヽ   i i  ヤ  ヤ /  ./     ヽ
  | i      ヘ  / i  .ヤ  ヤ   /ヽ   \   キ
  | i       ヘ i  ヘ  ヤ  ∨/  |    7  \
  | i      ヘ  ヽ  \___ノ   ヽ     \

>>508のキル夫はミス。できる夫です。

                    l:.
                   / l
                   | ;;   /
              /i    ;; |:  / .: ;;,

              l ヽ从_ノ   ヽ/_;;レ' li.,  .
              ;'            レ,ノi /
           ;;'' '゙~                ヽ;
                              〈__
                 ___           /
               /     \         ヽノl
             /  _ノ三ヽ_\          ノ_            (戦闘力の差は2……不利な勝負になりますが
            /   (⑪ ) (⑪ )\         ゙゙゙゙''''ー-
            |       __´__    |         ("" ̄           余分なアドバンテージを稼がれては困ります
           _\_     `⌒´ _/   ・・・    ノl
         /           /            し/           劣勢を覆してあげますよ、できない夫!)
        /  /          /
        \  \       { ̄\
         (JJJ)        、 JJ)
          /           ヽ            〈
          }     `ヽ      }           、 ヽ
        /.      __ノヽ   /           /`;;, \
      /    ,,-‐一´    〉  〈            (、 ` 、ヽ
      {     /      <    ヾ   ジリ…     ~ヽ    \
       '――"        ヽ__) ))



                 __
               /   \

              /      \
              | \_  _ノ   |_
              | (●) ( ●)  |  \
              |   |      |   \
              ヽ  _´___   /     \- ― 、
               \_   /| / ⌒ ヽ、:\  \             (……)
                 ∨゙=./ .|     \ ヽ   `\
                  ヽ  |  |      ヽ ヽ     `ヽ、
               __ /\|   .|         \         /
.                「ヽゝ Xヽ、/\  `ヽ       \      /
.                `゙‐ククク}/  ,/\_\      \   ./
                       三 -´. / /    ヽ      \/
             , - '¨¨´    〈 〈     \       ヽ
          , - ´            ヽ|      「´    ∧
          _,- ´            _,/         ∨.     |
        r'´           __,-'´/        /{      |
.      |        , , --´  /           / |      |
.     ノ     ,-'¨¨´      /        /  ノ__ _ゝ
     /       〉        /          / /´     |
.    /        }           /       / / ,-,     |
   /        /        /       /. |ノ / ./ ./ ./ .|
   /      /           \      \ ./////
.  /       /                ヽ       \ `´`´`´
 /     /゙                   \      \


↓1~5 サーヴァント戦
↓6 できる夫
↓7 できない夫

参加

連投歓迎

肝心

サーヴァント戦

×20
○10
○10
×20
○10

. / ∥リ ,.r‐┴-、 ∧   、\  \ \ ./
/  ∥,レ      ヽ! \  ヽ ト、   \/
  .| /        ヽ  ト、  ヽ\ト、. |
ヽ | |        |      | ト\ヽヾミ、\|
 l | |        |   !| | ヽ\ 、\N
  ! l |         ト、   l l、  |h `\|ト、
ハヽ lヽ.       ,.什木弌H-⊥i   |`lフィー-┬'
  ! ト、 ミー┬┬'Nチ⊥tH≧、tゝ リト、 jケT7「/゙  j !
ハ N ヽ ト.LX≦チヘFoテ¬!'ヽ\l l .ムヶ;ヲイ ,イ/

  ト、 ト、l `゙二⊥::::::∠...      V":;゚ケ'/ノ/ /       くっ、優位の数が多いのに、大事なところを取られて押し切られたか
、  lハl 丶、     ` ̄      ├く'7 ′´ ̄
 \ヽ \ `             ! ∥  ヾ>¨

    \  u              ∨  /ヽ
                     ヽ,  7 ¨
\                  __,, ノ´  ヘ
.. \            ___,..,/    : _>―、
.   \     ---' ̄ー'´/´      /
.、    \.     ー==ァ′    /   ,.-、
 \  /"^\        /       /  ,.イ__ノ
   `く´ヽ   `ヽ、___,ノ      / / //
   / /             ./_∠イ/
 /  ∥                  /

マスター戦
できる夫 54
できない夫 64

               ,/    ,/  / ,/
            ,/    ,/  , ,/
   / ̄ ̄,/    ,/   _   /' ,/ /
 /   ヽ 《У \   尺ノ ]┐ /' 〉
 | =-く        }  /   ̄リ)  ,/
 |   У / ̄ ̄] /\'  /⌒´   /'
       \+/   \/  ,/ ,/'              せっかく決まったと思ったのに……!
  .\_ /⌒ ,     \ ,/
     /   /       、
    ./   /\          \
   ../⌒ヽ/             ノ ̄ ̄ ̄\
    〈rヘへ(     \                 \
    .(ノノ> )┐    \     / ̄ ̄\   丶
      ̄'ー'⌒      }    }        \   \
                 }    }       〈___)
                 }    }
                 }    }
                 }    }
                 }    }
                ノ   )
              ( _/



    ヽヽ ヽ ヽ lll|ヽ/|ll!|lll////
   \\ \ ヽll!  _,,. -、 / // /
   ヽヽ ヽ ヽ ,r--/ i __L  // /
―--- __ヽ ,r┤_ lム ノソ、, \  //../ ̄ ̄\

;;;;,,,,,,  ┃ ''┴-にノー';ーイ、__ |  三三 /    \              悪いな、そう簡単に勝利は譲らない
_;;;;;;; ┃ ―    ̄`ヽ:・ ト|-┤  == )(● )   |
  ̄ ┃ ―- ┃┃_ノ ; ||;;;|  三゙| |        |
  ━╋━┓ ┃┃l___/ソ;;l!  ミ....|___`___     .|
   ┃  ┃     ノヽ_ヽ/;;;/  ミミ..゙{          |
  ┃  ┃彡 ┃┃-L(二 -ハ  ミミミ. {        /
  ┃  ┃彡 ┃┃ ┃;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ、ミミ..... \      /
 ┃  ┃//   ┃ ┬---' \     /    \


            ∧        /‘,
           ,' ‘,.     ,イ ,. ゙,
         ,゙ i .‘,.    /:.:::ハ:.:.:',
.         ,゙:. |゙;:::::ヘ.   /::::/  .゙;::::;                 ごめん、ストップ
.           i::: ,.-゙=''¨ ̄~¨:::::::::...... ゙::::;
        ,lイ::::::::;::::::;:::::;::::::`:、:::::`::、:::、 
.       /:;:´::::斗、:ハ::::l斗-x::i:::::::::ハ:::ハ

.        ,::/:::::´::::N゙. '、:Nヽ、:::|:::::i::::ハ::::::.    l゙、           これ計算面倒くさいし悪手だわ
      〃l/|:::レ,...、   ,r=''ヽ.|:::l::::::::}:::::::.  . ,!. ',

      レレ;;;ヘ!廴ノ   廴_ノ|!::::::::|:::::::‘、 /  .}
       /:::::/l   、_,_,      |l:::::::::;'::::::::::乂::::: 7         というわけで廃案です
.       /::::::/(    ゙l:::j    _,l!::::::::ハ::::::::::::::::ヘ彡
      /:::::://`:::┬-   -‐'' ´:/:::::::i:::::\::ヘ:::::ヘ::::`:、
.    /::::::〃.i゙:::::::| ,      /:::;:::::! ::::::::`、:゙:;:::::ト、ミ゙
    {:::i::::;'  !::i::::::|  '彡 ,.、ミ. ,':::::i:::::{  :: ::::|ヽ:l:::リ ヽ!
    ヽj、:{   Vl:::N   、"゙゙.  {::::::ヘ:::ヘ 、 .::| ゙
       ゙   .ヽ! .l  / `¨¨T.`!ーxミ、-`-、.|
            ヘ_/    ∨.レ’    .ヽ!

           ,、  、    ξ
            /∧,,_/ハ、  ノ
        /<:'´: : :`^:\

       〃: : :、,/∧、,}:_:ハ

       {{:|: iノ○  ○ い、_____
.       ノ:.|:八"  ^ "人: \:::::::::::::::::::::::
        //|八_>、 ̄:::::`'ー'⌒:::::::::::::::::::::::
     /:::::::::::`'ー':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
戦闘システムにかまけて、肝心の描写に力が入らないんじゃ意味がありません

皆さん、手伝っていただきありがとうございました


いっそ、オンライン系の簡素なシステムにしてしまうというのもありかもしれませんね

先は長いですし

簡素は簡素でステが死n(ry
今日は何かやる?

       /ヽ    _,
      /∧:}_ /イ}
    ,ィ : ^^: : : :^ヾV   今から本編進めろと言われても、全然できないことないんですけどね

   /: : : : : : : : : : :ハ
   !: : :/: /{:ノリ^j ノl: |   金曜日って告知しちゃいましたし

   |: : :|: :| ○  ○Ⅳ
    |: : :|: :|  ー イ:|    それ以外には特に……
    j: :./    ,丿)j/
    /     ┌─┐
   |´  丶 ヽ{ .茶 }ヽ
    r    ヽ、__)ニ(_丿
    ヽ、___   ヽ ヽ
    と____ノ_ノ

>>523
簡易は簡易でも、乱心スレとかで使われているようなああいうのです

ステータスを比較する単純なやつ、に、ちょっとだけ手を加えるような感じで

ああ、ああいうのならアリかな
でもせっかく試行錯誤してシステム作ってきたんだし今までの方式でやって欲しいと思いはする

それはそれとして今から本編やるって言えば結構人集まると思うよ

集まる集まらないで言えば集まるかも知らんが告知反故は普通にまずいと思う

>>526
>>527
告知自体は告知というより予測なんで、まあ破っても問題ないかもしれません。
じゃあ21:30に再開予定で

今さっき考えたのが、
50:50のベースに補正を積んでいく従来のステ比較システムではなく

HPにあたる数値に対して、互いに補正を積んでいき


最後に補正/HPみたいな数値を出して

それを比較して百分率に変えるというのはどうでしょう
補正がHPの云倍にいったらその時々で死亡判定とか。

ステ比較式のネックだった軍隊系宝具とビーム系宝具の差別化もできる

(軍隊系はHP上昇、ビーム系は補正上昇みたいに)

さっきのサーヴァント二騎で例示すると、


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター          【マスター】:できない夫
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
   【真名】:ティルタマス          【消費】:40         【属性】:秩序・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:E(10)     【耐】:E(10)     【敏】:D(20)     【魔】:B(40)    【幸運】:A(50)    【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー          【マスター】:できる夫
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:舩坂弘               【消費】:40        【属性】:秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:D(20)    【耐】:C(30)     【敏】:C(30)     【魔】:E(10)    【幸運】:C(30)   【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
HPは耐久の値+50として

1ターン目

キャスター  筋力 
アーチャー  敏捷 
をそれぞれ選択


キャスター 30/60
アーチャー 10/80

2ターン目

キャスター 耐久
アーチャー 幸運
をそれぞれ選択

キャスター 60/60
アーチャー 20/80

3ターン目
キャスター 幸運
アーチャー 耐久
をそれぞれ選択

キャスター 90/60
アーチャー 70/80

結果
キャスター 90/60 → 720/480
アーチャー 70/80 → 420/480

72:42
百分率に直して 63対37

直後コンマ反転00~62でアーチャー勝利

みたいな

      |\       |\
      l lヽ`-‐ '´ ̄ `ヾゝヽ           補正にするとマスターを絡めやすくなるのよね
        シ~ /" `ヽ ヽ  `、l
     //, '///|! !∥ ヽハ 、_ヽ          それになんだかんだ言って毎度毎度大仕事になるこの戦闘システムは遅延の大きな要因の一つ

     〃 {_{ノ 」」 L|lトl_ リ l │ |ヽ
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| l
      ヽ|l ●   ●  |  |ノハ '
      |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j.  | !ヽ         でも確かに、宝具の戦略の多岐性では今のシステムは最強なのよね。なんでもできる
      | /⌒l,、 __, イァト | //ハ      ___

.      | /  /ヾ、 / ,/  ヽ/ハ !    , ',´;.;.,r´ だけど、なんでもできすぎて、未だにどういう能力が強いのか分からない……
      |lTTTl l丶× / ヒ....;彡, ∨,、,. '";.;.;.;.ソ
                             とりあえず優劣入れ替えはチートで、三優位とかを要求する宝具はなかなか使えないってことは分かるけど




          |\       |\
          l lヽ`-‐ '´ ̄ ̄ヾゝヽ
            シ~ /" `ヽ ヽ ` `、l         でもそれを言ったら、今回のだってパワーバランス的にどうなのかは
         //, '///|! !∥ ヽハ 、_V

         〃 {_{'´|」」 L|`ヽリ| l | i|         まったくわかんない……
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !         よし、とりあえず今出したこれをゆっくり調べつつ、今回は、戦闘システムについては
      \ /\| l>,、 __, イァ/  /│     ___
         /\/| | ヽヾ、 / {ヘ、__∧ |!    , ',´;.;.,r´鯖鱒共に現状維持ということでいきましょう
        `ヽ< | |  l丶× / ∥∥' |,、,. '";.;.;.;.ソ


             i!
        ___ノ;}
      ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ       ……最終的に、無効票除き35票いただきました
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |

  ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : |     皆さん、ありがとうございます
  l: :「ヽ: :| : ノ          :i: |: : ::j
  ヽ:ヽィ: : :|  ―     ― |: | : :,'
   \: : : :i   , ,      , , :l:八丿     それでは、それぞれベスト5まで順番に発表していきたいと思います、まずは募集マスターから
    ヽ :::|_     _,   ィ~

     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/          まだ編集しきれてないので、ところどころ遅れます

        ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ




                       \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                        )第三位は横並び五名!   >
                       <全員2票獲得!        >
                        <                 (
                        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^



                     ,  _ . . . . . . _
                      ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧、‐
                     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
                  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i:i:i:iハ      何故か出た回全てがエタる! 設定も内情もついていない!

                   |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;:iハ:i:i:i:iト
            , 、 ._    ノi:i:i:i:i:i:i:i:i/ }:i:i:i:i//|'、ヽ!:i}:|:!
    _       j´    `¨i _从:i:i:i:i:i:ハ、{.|//'  ヽリ ゙:iリ
  _ノニニヽ__`}`"`´ヾ、 ヽ_ヽリ:i:i:i:i:i:i|`i !'      {         名無し!
./ニニニニ \ニニヽニニ \ ゝ、、リ/|' ゙  、    、   .`
{ニニニニニニ\ニニヽニニニ、 ヾヽ     .、   `'
{ニニニニニニニ.\ ニ }ニニニヽ  },ヽ.  } ` - 'ヾ
.`  、ニニニニニニ ≧-  _ニニニ`‐、〉}、 ' :}:.ニ } }_、
〃///, 、ニニニニニニニノ`ヾ、ニニヾ,゙i、 ´!ニiニ} メ-i

   |//ト .、ニニニニニ゙   _ノ'、ニニニヾ、/ニ}:リノニ }、
   |//|..  `  、ニ ノ  ,ィ   ゙.ニニニ `: ニ}`.iニ|-'ニヽ       出場回:高知
   |//|.      |/i、  .fノ゙.    .ニニニ |ニ }-|ニ}リニニ` 、          中国
   |//|.      |/|.` 、 "ニ :.   、 . ニニ .iニ }-|ニ}ニニニニィヽ_
   |//|.      |/|  ゙ニニ }  、 、`:,ニニ.|ニ }-|ニ}ニニニノ j´ヽ
   |//|.      |/|    .-=ニ} { i } }ニニ.|ニ }-|ニ} ` 、ニノ /、   ゙:.




          /、  || / /               |     ̄ ` - 、L    サーヴァントに殴られ槍に刺され!
          |ヽ、 ヽ、| /                |
           | ヽヽ ヽ |          ,       |            味方陣営なのに露出少なめ! こっちもやっぱりついてない!
      , - ―'-、ヽ| | `|       l  /            ,、ヽ
      ヽ;;;;;;;;;;;;| || | /      | / / /         / ヽヽ
          ̄r / リ l      // ', ' =-         ヽ _ ノ ヽ
          |   ヽ、 _ , 'o´_ / , 、二ヽ     /   r -,  ノ            西城樹!
           \    、_` ´  、ヽ ヽ        /   |//
            |     `    ` `      /     //
           / ̄ ` ヽ _           /      l   ||
           /       ` ヽ - 、   /     、  |  ヽ|
           〈___        リ  `lー'l        ` |  |
            ` >/         ヽ::|         | , -`―//
             ヽ, -――- 〉    |::|    \ , - '/////////
              ヽ          |::| , - ´///////////////    出場回:円形都市1
               `l      、 //////////////////////




              ., ‐- .._        __
             .__ |:.:.:.:.:.:. ` :=-.、,-=/:, -`=-....、
   _ .. -― -.:.:´:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-./:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:ヽ         特殊判定からの謎のノリで、何故かキャラが大反転!

  .´   ,...:´:.:.:.:.:.:.:./:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、/_.. -===- ヽ
    ./ .:' :. :/ :./|:.:.:.:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ      ある意味こいつもついてない!
...- ´ , '.:.:.:.,:'.:/:./ ! |:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

   /:.//:.:.:|;. l  |!l:.:.\:.:.: ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:-:.:
  .,'/:.:.l:.:.:.:.l ';l  l ':.:.:.|\:l \:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:         ゲ……神裂火織!
 .イl:.:.:.:.:l:.:.:.:.l |‐- ヽ \lー,二 ̄ l:. /l: l:\:.\ ー--‐':.:.:.:.:.:.:.,

 ...|!l:.:.:.:.:l:.:.:. l__´_ ミ    -=-- .l_/ .l/l:.:.:.:ヽ、ヽ、l:.:.:.\_ ̄:.:.
  l!l',:.:.:.:ヽ :lヽ込ツ,     込vツ ./ ,':.:.:.:.l:.:_.ー===--‐ ' -

 ....|ゝ,:.:.:.:|:.`ー-  l          /l:./:.:.|´, l:.:; ∧:.:.:.:l|:.:.:.'
  .! l:.:.:.:l:.|                / /,'::.:.:,lヽ/:././ l:.:.:.:l l:.:.:.
   /l:.:.:.:八     __        //:.:.:/,イ/l/   !:.:.:.l .!:.:.:
  / l:. /:.:∧     - `      イ':.:.:/l:/ /|  .l:.:.:/ l!:.:.:       出場回:鎌倉2
    .l:':.::/:.:.:ヽ、         イ/:.:.:イ:. l  .//l!  l:.:., ,:.:.:.:.            高知
    ..l:.∧:.:.:.:.:|へ _   .. <   /:.:./ l:/ll // |  .l:.:, ,:.:.:..:.:           あと文章スレでも出ていたような
    , ':∧:.:、:.:/    ヽ::     /:. , /:l |//  l /:/ ,:.:.:.:.:.:
  / ./:.:.ゝ:.ヽ、    l   /:.:./ /:.:,  l:',    |':./ /:.:.:.:.:.:.






         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
          ≫                               ≪
         ≪         では二位の発表だ!              ≫
          ≫                               ≪
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                 \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                                  ≫  並み居る(そうでもない)強豪をかいくぐり     ≪
                                 ≪                                     ≫
                                  ≫    2位の座を獲得したのは――――――!  ≪

                                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


























                          /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ

                          /: : ./::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::`}
                          l: /,rj,rf' ̄ ̄//イノジ彡:::::::::::::::::::::::::.:{,
                         / ノY' リ          ,彡:::::::::::::::::::::::::::.:.}
                         |::||           彡:::::::::::::::::::::::::::::.:.j

                      .   }::{|、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ::::::::〈
                         }::}ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::.:..j
                         i:j ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::从

                         ノ  /              i  ,  /|::::::::::.:ハ
                        '´  〈´ ,,.._          i  't-'゙:::::::::::::::::リリ
                           ヽ,,、'~`      U ;   l|::::::::::::::::::シノ
                            ゙,_,-、_,ノ`         /|::::::::::::::::::リリ
                       |/      ゙,`'" ,,y       /; | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       |/  彡  ゙、-'       / ; /         |    (3票)
                        /|/     ゙、       / ;;',' |        _|
                        /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  |    _,..-'''"  "'-
                          |          ヾ_、=ニ゙、_,..-'''"        |__
                          |        ,、-'´                  |


     /::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|::::::::::::| !|:::::::::::::l:| ゝ::::::::j

     |:::::::::::i:::::::::::::::::::::l:::::i!:::::::___|_ |::;;;;;::::::|:|  ',::::::!
     |:::::::::::|:::::::::::::::::::::l::::|!/´  ,`´  `⌒__ l:::::|
     |::::::::::::|::::::::::::::::::::::Y,y=≡=ミ、   /  `Y::::|ヽ
     i:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|f'ひ::::} `    ィ=X j:::::|∨
     l::::::::::::::l:l::::::::::::::::::::| ∨スノ     イy:} リ/::::::|
      l::::::::::::::i!::::::::::::::::::::|  ̄      ヒ:ソ ./::::::::|
.      l::::::::::::::l::::l::::::::::::::::l       丶  ,:::::::::::|       ちなみに1位は八百比丘尼でした
      l::::|:::::::::l::::l::::::::::l:::::l    __    j:::::::::::|
       l::|::::::::i::l:::l:::::::::::l::::l    `= ` Y´l:::::::::::|
       |/:::::::::l:::l::|::::::::|::l::::l.、     , ィ | |::::::::::|       登場回:愛媛
       |::::::::::::|:::i!ヽ\{\:::| >r -イ::::::::| |::::::::::|
       |::::::::::::|::::}     ヽ'`ゝ'ミュ:::::::__| ト-=:」i!
     --┘_:::_,r=ニヽ、      r='.ノ´ `ヽ!_ _
   ,′:.:.:.:.:.:.:`ミ 、 \\     ヽ (, ‐二ー l´:.:.:ヽ  (4票)
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \.\    .) } , ___ ):.:.:.:.:.:’
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \ `ー== }</ __   }:.:.:.:.:.:.:}
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:ヽ  ヽ、  l ゝ、ヌ ̄ }:.:.:.:./:.:k
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:ヽ  ヽ  ヘ Y   ∧,:.:./:.:.:.:ヽ、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.|:丶  ヽ  〉」    X=--、:.:.:.:∧
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.X:.:.:.',   ', /:.ヽ,    >'  }:.:.:.:.:.:.:〉
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:l:.:.:.:,  X:.:.:.:∧  /   '、:.:.:.:/



        ___ノ;}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |
 ,/: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : ||

 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : |::j
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j,'
 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,'
    ヽ :::|_ "   _, "  ィ~
     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
     /((┃))______i |  キュッキュッ
     /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
    /_________ヽ..  \



             i!
        ___ノ;}}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |
 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : ||
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j::j          七家はやはり新しいから強いですね

 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,':,'
   \: : : :i   , ,      , , :l:八丿           それだけに、懐かしい名前がちらほら出てきて感慨深い
    ヽ :::|_     _,   ィ~

     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;                では続いて、サーヴァント部門。
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
..   (,,) そのほか、    (,,)_

     | こんなキャラが  .|
     |   票を獲得したよ |
     |ベリュトミン星人  .|
     |火宮咲夜      .|
     |火宮虎太郎     .|
     |清水苗        .|
     |外道         .|
     |アドリア・アベイタ  .|
     |榊原尊        .|
     |グレイ・アレキサンドライト .|
     |_________.|


まずは、アーチャー部門から。

第四位が3人タイで4票獲得!


.          ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.         /:.:.:.:,:.:.:.':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.,.ィ:´:/:.:.:./:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽi
         //.i/:.:.:.:,:.':.:./:.:.:.:.:.i:.:i:.:.:.:.:'、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ハ
         /:.:.:.:.:.:/:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.::、:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\:.:.:.:、:.i
.          i:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.ト\.,,ィセゝ、、:.:.:.:.彡:ハヽ       個人的にだが、当スレで一番最初にキャラが立った気がするのがこの男!
        i:..:.:/ i:.:.:.:.:/゙',≧x、:.:ヘ''゙"゙ィ弋zツ、`ゞr乂レ

         i:.,.'   V:.:.ハ ゙マツ\:.:、    ̄    'イノ!
.        i/    V   ,   /         iチハ         何も気にしない仕事人、シモ=ハユハああああ!!
                   、  ヽ          ル'
                    ヽ   ー―       i
                      ` .、       / / i
                      `, ‐ チ  /  ,
                        ',    /   ゝ.、
                       ,  ' }   ノ     ,..イ:> .、
                    ,.. . /´      /  __ , ノ::::::::::/  ` ー
             ,. ' ´/::::/ー― 、_  '´ ̄   /::::::::,:'´       登場回:中国
.           /    /:::::::i          /::::::::: ,.'  ,            鎌倉1
            /     ,::::::::::::、         ,..:':::::::::::::::::i . /             高知



         |:::::::::::ヘ

            |:::::::::::::ヘ                 _,..、-''::>
          |::::::::::::::ヘ               7:::::::/"    y"l , -'"`,
          ヤ::::::::::::::ヘ              /:::::::/    / (/:::::::::::::::i_/l              他の悪魔とはひと味違う!
、            ヽ::::::::::::::::\             /:::::::/   iヽ'"::::, -'""' -,:::::::|
::::\         \::::::::::::::::\              |::::::::Y  |:::::::、"      ヽ:::::|   l::.、
:::::::::\         \::::::::::::::::\            |::::::::∧::::::|:::::::l       i::::l'"l   .|::::ヽ        威厳と茶目っ気を兼ね備えた
:::::::::::::::\         \::::::::::::::::``丶        ヤ::::::::∧::::i_:::::i      /:::::::/   /:::::::|
ヽ::::::::::::::::::`:゙''-、,_   _,,..-‐'::、::::::::::::::::::ヽ、   ._>:::::::::∧::::> ヽ    ノ:::::/   /:::::::::.|
 ヽ、,_::::::::::::::::::::::`゙''ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'、,/:::::::::::ヽ:::::::∧ヽ:::::::::"'''":::::/:::::::::::/:::::::::::::|        仮面を付けた伯爵紳士!

    ゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヤ、\ヽ:::::::::::/:::::::-‐'':::::::::::::::/
       `゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""ヽ、.∨`:、ヽ_,..、-''":::::::::::::::::::::::/
       ,.、'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''ー---、,::::::::::::::::::::_,..、-''"             バルバトス―――――!
__,,.. .-‐ "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ:::::::::::::::::::::::::: ̄\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐''"":.:.:.:.:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        登場回:円形都市1



           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ          そして舩坂弘。
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/           これについては>>1的にはあまりキャラが立てられた気がしてなかったので
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、          予想外の好成績でした。
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"          登場回:最後
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"

         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"

そして、第二位もやはりタイ!

5票を獲得したのは、ある意味あまりにも美しい構図!

似たようなポジションの自鯖二名!


     /:,イ:.:.:/:.И|l!:.:.:.:::::.::ヘ ヽ\ヽ:.:.:\ヘヽ:.:.:.::\N:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.ハ
   // |:.:.:.::.:.:.:.":.:.:.:.:::::::::.:.\ヽヘY:.ヽ\:.:.:.:.ヽヽ::.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::\::.:.:.::::::::.:.:ヽ

 _ノ-'"   |:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:::::ト、::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム:::Lヽ:.:}ヽム:.:.:|:::.:.:.:M:.:.:.::::::::::ヽ::::.:.:\:::.:ヽ
       |:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:ヽ\ヽ、::.:.:.:.:.:∨ヽzヘ:|斗ヘ:.:l!:::.:.:.:l |:.::ヽ:::::::::::\:::::ヽ、ヽ
       |:.:.:::ハ::.:.:.:.:._:.:.ヽ≧、トz` ヽ::.:.:.:.:∨ {__rj::j_! V|:::::.:.:.| |:.:::::::\::::::::::::ヽ- 、\
       |:.:::/ヘ:::.::::.:.ヽ、:.:ヾ 弋ハ`   \:.:.ハ─'"´   j:::::/:.:.V:.:::::::::::::\_::::::\
       |::/  ヽ:::::::ト、:^:.:.トヽ¨´ i     \!     /:::ハ::::.:.:.:::::|::::::::::::::\ ̄`‐ヽ    過剰気遣い!
      /´    ヽ::::| |::\:.:ヘ  /           // .|::::.:.:::::ハ:::「 …z-\
      ′     \j:::;ィ::ヽヘ ヽ、         ノ´   .|:::::::::/ リ、 ̄_/}        源氏は鎌倉にて最強です!
            /.:/ |::::::::::::\ ` __         _∠|::::::/_... - ´   |

            |/  .|:::::::::ハ::::ム、`ニ¨      - ´「 |::::/       V
                |::::::/ ィ|/: : ヽヽ、   ,/   ,| ノ'"        {         源頼朝と!
                |:::/ `ヽ、: : : : : :`¨¨´ \  j           ヘ
                |/   / ヽ: : : : : : : __... ノ /            \
                  /_.. - ´: : : : /    ./              `ヽ    登場回:鎌倉2
                  ハ: : : : : : :/´ /´`¨¨´
                 |  ヽ: : : : / /   /




      ト : : : : : i: : : : : : : : : ト 、: : : : : : : : : V :\: : : : : : : :<

      /: }|: : : : :ト: : : : : : i、:|-‐‐\: : : : : ヽ: V: : :\: : : : : : : : \
      /: オ|: : : i: l-‐x: : : : :|ヽr_xz==x: : : : : }: : V: : : :N: : : : : : : : : \
.    ノ´ /: |{: : :|:|,-‐ミ!:ト、: |  / {fa{ ハ: : : :|: : :V: : : : : :i: : : : : : : : : :
.     /:/!:{: : :| { faぃ| ヽ}   辷シ  V: : :ト: : : :V: : : : :レ‐ ´ ̄ ̄`           周りははっちゃける奴らだらけ!
     /'´  |: ト、: { `ー' 7  リ         ヽ: :レヘ= :ヽ: : : : ヽ.
        {:i :i\ヽ 〈         u  j: :k': : 、: :`N\: :N
         Ⅵ|\N  `         /l:l  V:/\| -‐刈                本来かき回すポジのはずが良識枠に!
         ヽ!  }ヽ   r--‐つ    /  リ  k´ ̄/ |
            |:/ \ ` ̄   ∠       `y´  |  __
            l'   \_ イヽ        /    |_ノ__|ノ¨‐、__          軍人王ナポレオン・ポナパルトだあああ!!
                 _ -‐ ´ヽ      /     /´ (_ ノ´
              _ -‐´     `、   /    , - '  /‐-7  ノ´          登場回:愛媛
           , -‐´           V  /   /    ハ (__ノ  ノ
          /            Λ /  (      / ̄ ̄ ̄て




         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
          ≫                               ≪
         ≪    そしてえええええええええええ!!!!       ≫
          ≫                               ≪
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                 \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                                  ≫                               ≪
                                 ≪   栄えある一位を獲得したのは、こいつだああ! ≫
                                  ≫                               ≪
                                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\






















                                           |\     /\     / |   //  /
.   /: : {: : : : : : ハ: : : : : |: { ヽ:{ `x===ミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : :_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
  /:/: :.|: : : : :.∧:‘,: : : : :ト:.ヽ ヾイ 代う ‘;: : : : : : : : : : : : : : : :/.:.: : :.:ヽ :\  いい加減             /
. /イ{ : : |: : : :./‐-:.:‘,:.: : :.| \. ‘, ∨シノ|:|: :.‘,: : : : : : : : :.|.:/: : : : : : : :∠      強いところを       >
.  |: : :.|: : :.:′ ‘;.:{ヽ: : l.      ゝー‐ ´ |:|ヽ:.:.i: : : : : : : : :|:ハ: : : : : : : /_          見せてくれ! _ \
.  |:.: :l:|: :.∧. ィ==ミ /\{           |:| }: :}:.: : : : : : :.:|'⌒|: : }: : : : : ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  l|:.: 从: :.:.‘,∧弋シ            jノ |: :|: : : : : : : :.|ヾ. |: : |.: : : : : : ://   |/     \/     \|
.. 八: : :|‘.,:.:.:‘, ヽく            ´   .|: :|.:.: : : : : :.:.|ィ}}.| : l| : : : : : : : : : |  ヽ
    ヽ: | ‘.,: :.}   ヽ              |: :|: : : : : : :.:.|//: :.リ:.: : : : : : : : :.|
    ヾ.  ヽ:|                  |: l|:.: : : : : :.:l|_ノ: : /: :|: : : : : : : : :|      設定だけなら最強候補!
         从     ____           l: リ: : : : : : :.リ: : :.:/.:.: :|: : : : : : : :.:|
.          |: :ヽ    ヽこニニ==-‐     |/.|: : : : : : /: :.:.:/ : : : |.: : : : : : .: ′
.         | : : :\                 ′|: : : : : /.: :/.: : :.: :,|: : : : : : :.i         しかし絶対活躍できない!
           | : : : : :\                  |: : : : /:/ /: : : : :/.|: : : : : :.:.|
          | : : : : :.:ハ              /.|: : : /´  /:.: : .:.: ′|:.: : : :.l: :|
         |: : : : :./:.:∧          イ  | : : ′ .{: /|:.:./   |: : : : ハ|     ネタと悲運の星の申し子とはこの男!
.           |: :.:.:.:/ }/. ` ー‐―…≦      .}/  .}i . |/ .l /i{  |: : :./
.          |: : :/          ‘,.     }l|__,.イl}z=≠}'i圭三f| : /
            |:.:/            ‘,z≦三彡令ミ=≦′ }l| }イ.| /.|        香香背男がアーチャー部門1位を獲得だあああ!
            j/                〈⌒ヽ    Ⅶ         .{メ }′|ヽ
                      /‘.,__.ハ   }!  ./         .|  \       登場回:東北
                       〈⌒ヽ   ‘.,  ‘,    /          `   .\           トチギー
                        ‘.,__ハ   ‘,  ‘,                            ガバルキャッスル


  得票数: ┏━━━━┓

        ┃┏━━┓┃
        ┃┗━━┛┃
        ┃┏━━┓┃
        ┃┗━━┛┃
        ┗━━━━┛

募集マスター3位が横並び五人なら
 名無し 西城樹 神裂火織の他に後二人は誰?


        ___ノ;}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |
 ,/: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : ||              書き忘れてたけど、第二位は五票獲得ね

 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : |::j
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j,'
 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,'
    ヽ :::|_ "   _, "  ィ~
     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
     /((┃))______i |  キュッキュッ
     /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
    /_________ヽ..  \



             i!
        ___ノ;}}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |
 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : ||
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j::j

 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,':,'          一番自鯖が多かったはずのアーチャーはこんな感じ
   \: : : :i   , ,      , , :l:八丿
    ヽ :::|_     _,   ィ~             初期、>>1の描写力が足りてなかった頃のだったけど、かろうじてアクタイオーンも票獲得

     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、              アーチャーに関しては、なんとか自鯖は全員票をゲットしました
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
..   (,,) そのほか、    (,,)_           では次、セイバー……の前に、貼り忘れに気づきました

     | こんなキャラが  .|
     |   票を獲得したよ |            >>554、貼ります
     |            .|
     | イリヤー・ムーロメツ   .|
     | アクタイオーン   .|
     | ロビン・フッド(森)  .|
     |_________.|


             ∧    ∧
              /   ,  /  ',               弄られること全編通し!
               |   ∨/   |
               人__,I斗---ミノ               あるいみまったくついてない!
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..             月島うさみ!
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|         登場回:第二次七家
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ




           / ,/// //, ィ , i l f リ ri l   i
            /りf ///,fソ!l l l l ,l!l l l l  l  | l
           ,/〃i!/!///l! i !l l リ l ,l ll 川 l ,l l        割とついてる。
           /,イ,l!/」リ / lWl洲/l/l l ィ l ll li ! l l ぃ
           /!lリ/レil/-、lハ! l/!lレi! /!l /l川 l l ll / l i
           /!fr=ナル、_::i! ll/lリ_l!」ム!_lム!ll l l ,i! l! l l l

            l ヾ、,f,,,・,ハ;! リ! l! lLリ+ llj lリll l l /llリ!l,イ l
           l   `~゙゙゙^,/ ,/  i''~´゙f゙i!.メ、ljl,リ lレlリlN
            l!      /    ゙ `゙`゙ナ='シ"i/ リl//リノ           加賀啓治!
            l    ,:'       '′   jリ / ソ/ヲ
            i!   /           ,ノ    ' ゙''ソ
            ゙:,  〈、               , -'チ
             丶                ,;:'             登場回:高知
             丶 ヾ'ー- 、、        ,ノ′                  文章スレアスモデウス回
              ヽ 、`~゙゙゙¨`     , :ィ'"
                ヽ ,;;,~゙゙    , :-'":::::      _,,
                  ヾ:;;;;;;;-‐'f"´:::::::::   , :r'''"´
                     l::::::: /, :-:''"´

                     l::, ィ"
                    ,:r''"         ,::''"


続いてランサー部門!四位はまたしてもタイの3票!



     _ _

    ., ´ }´   ` ,
   ./  .,'      '.,               __ィ.、
   i  ,イミ       .',              {  ム
  ノ ,イア マュ、      i              マヘ ノ
 /ィ彡' ム ヽ、     ム             j ム
 {ミア ,ィ、イュ、  ` ャェェ、 .}  __       /   i
 .`Y .ノ三三ム    `ミム'./    >――--.'   ./           チ○コ! 説明不要!
  .}ムミ{    ハi `、   {イ  /         /
ャェェイ{  \__ノ  マ   \ マ イニニニニニア_  `マ
  フ .マ     /    ヽ\}ニニニア―イマ  ` 、 ヽ            ドゥクパ・キンレイ!
ィ彡_  }     {        i   i> ´ ̄.ヽ .,ィマ i、
  ' . ̄{     .{        L  /≦\   / ノ j.ム
    マ     マ        } マ  {    / .イ
     \    マ       マ i  ',    .{  }彡ニ        登場回:北海道
     /ア` マム     >イ  i ,.-、 \/, ― ヽ
     / ./ / }  ` ― ア  / .ノ.ノ イ ./ / , ィ-ァ.、 \
イ   ,イ{  i /i .l.{ヽ   >.--' / / ./ / ./ ./ .} i  ヽ
ト 、/ i  i { i j.マ , ‐イ   f ´  / ./ i .,' /、ム i /
ャ 、i  i K_/ヽェァヘ_/ヽ  }  ./ ./  i i ト.、 ` .レ /}
. `、{  マ〈ェイノフヘ    マノ /</  i i {  フ   { j



   \ \            ',     |              / /      /  /
     \\          ',         , - 、     / /      / /
        \       , - 、  _,,.. -──-(() )   .//     //
               (() )'"´        ` く    /
           \   `7´   __,,,,,.......,,,_   \      /
   `"'   、..,,_      ,/  ''"´  __,,,....,,,__ `"'  、ヘ、       _,,..   ''"´
             ,.  '"´   ,.  '"´      `"' 、 r '⌒ヽ                 七家聖杯戦争から自鯖がランクイン!
          /       ./ / /    | イ   | ヽ{ゝr‐‐ ヘ、  ‐ ─= 二
   =─ ‐  '、     ,:'  / メ |  ト、 ハ_」_   ノ } 7'´ ̄ ̄`ヽ)   ____
          `'ァ..,,_/  ; /」∧ | ∨´ァ' ヽY  /;'       \  |_   _|       いまいち票が伸びないのは、やっぱりアレか!?
            ./   ;'   |7´ァ'ヽ.ヽ|  弋z,リ |/イ|        ', ┌┘ └┐
           /   |  | |{ 弋zリ  .    ⊂⊃ヨ. |         ;. └┐ ┌┘
          ;     | 人ム⊃    , == 、   ; (」 ;          .|   '、__]       江戸っ子弁がなかったからか!?
          |     ∨ト/ !    |   ',  /  { r'|         |
          |    /7 .人      _,ノ ,.イ  //|        ;  | ̄| | ̄|
   | ̄|__ [][]、   / /  //` Tァ= r<´|!|//   、        /  |_| |  |
   |   __|   \  {/   /{` ̄ ̄ _ン:;::::/    ヽ     ,:'       / /     蛙の妖怪、周防の大蝦蟇ああああ!
   |  |__     \    ヽ/:::`'ー‐ ''":::::r'7{         /       く_/
   、___|       `'ー--/」/|::::::::::::::::::::::l/ ゝ、_   _,. '"
     ┌┐          /l£ア::::::::::::::::r'7\ / / ̄         _| ̄|__
     | |           /7::::::::::|/::::::::::::l/ヽァ//            |_  _  /        登場回:第二次七家
     └┘         /::::::::::::::;:::::::::::r'7\//              |  | く/
    /ヽ          ,ヘ、::::::::::::::::::::::::l/ヽァ<{!                  |_|
    ./ / ┌┐      r'::\`'::::、::;;___ム‐ァイ::::`':.、
   /  ‐‐┘ |    /:::::::::::`"'ァー---r<:::::::\::::::::\
 . └───┘  ,:'::::::::::::::::::::::/::::::::::::::|:::::::::::::::::::\::::::::\

セイバーやる予定だったのに間違えた。まあいいや



     続いて3位は、単独4票!





        `、、 ~`=-,!. ハ /    ,  /   i  ハ    ハ     ハ_,.-='~    / _, -='~, イ//
          ハ`、   `、 i    ,' ハ    |   iヽ、   ハ     `、         _, イ / , '
         ハ `、   `、,'、   /、 /、   i 、  i_,_-≧、 ハ     `、_,,... -=='~~~  / , '
            ハ、 ヽ、 / i  /_~,,`>=、   ハ `-、|!、~ノ) i`,、        `、    _,, -=' ./
           ~`,、'~.  ハ `ミ、 !゙''冬,!.!` 、.ハ  |`=-- ' ,/  `i、     `、-='~  __,/        猪突猛進なんのその!
       ____.  /    ,! ハ ゙、,,,, -== , `  '~~゙゙゙゙コ.!7   .!,'`ヽ、.   ハ='~≦----------,-
       ~`ヽ、/   ,, イ~`、 i      ,'      ||      ' ノ`i,' >.、   ハ     _, -='~
        / _,、 '       ハ !  ,.   `      ヾ.、   i, -.' /_  ` 、  ハ_,, -='~        宝具の使えなさなら他の追随を許さない!
       /, イ    ` 、_,, -=,~>' |    ,,.. =--,   ヾ、 ,!゙- '  `、~`=--` 、. ハ
        ' '~          , イ     |    `''''''''´     ヾイ     ` 、    ` 、ハ
              / , ==、、   |` 、        , イ ,'   !.、    ~`=- 、__` 、
                ハ .ii  .ハ i  |  ` 、    , イ    !.!、   ハ `_,、 -='~/==''~~ `、        最高に高めた俺のフィールで最高の武功をあげてやるぜ!
              r'~i、    !.! .i   `、` - '    ,  i-゙-`-=',~-、   ./
              ゙=i' ` 、__,ノ  i   _ハ        i  i______.,.'  `i !  /
                    ハ  _,,,,,,..,-=='~~ i .ハ     i ,!,,,,,,,,,,,.!  ノ,' /               戦闘厨代表、可児才蔵だあああ!!!
              i~~`==--  '='~~~! .i.  ハ    i ,!、   `、= ' ' /
-'~~~~~~`=く~`ヽ-=='~~~           ! .i   ハ   i   `、   .~  /__________
       i  !                i .i           `、    '----, /, -、, --- 、

そして第二位!

一位と接戦を繰り広げるも、2票差で惜しくも後塵を拝したのはこの男!













                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        地雷鯖と言ったらこいつしかいねえええ!!
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ:::::::::::}       全戦争唯一、単身でゲームオーバーを導いた男!
                     |:::::::::::::::::/ ̄`'' ‐- 、:::::::-─"  ヘ:::::::|
                     |:::::::::::::::ゝ , ‐─==   ̄ ,===‐、〉::::i!       それが自鯖だってんだからどうしようもねえ!
                      ヽ:::::::::::/,/ , ─ 、   /, ─ 、  /:::::/
                      /ヽ:::::.|´  { いア ).   |{とン ) /:.,ヘ
                       〈 /ゝ::|   ` ─ ´    ` ̄ ´ {:/ }        実力は高いが理想も高い!
                   ム{ ',:ヘ            〉      リ__ノ
                    ヽヽ',:ヘ           /    )  |          猿こと豊臣秀吉が2位を獲得だああ!
                          \_',ヘ (____,────´ /
                        ヽゝ \_  . . . ノ  /
                    __<´|ニ\  \     _/.  /           登場回:九州
                 __<´ / i!ニ/ \  ` ̄ ̄    /___                高知
              __<´   /.  |ニ{   \    ̄ /ニ∧ヘ `> __
    ___    y<´      ./   |二\   `─ー‐ ´ニニニ∧ ヘ     `> 、____
.   /      ̄´         /     .|.ニニニ\.      /ニニニニ∧ ヘ                 `ヽ
  /                 /    .|ニニニニニ\   /ニニニニニ∧  ヘ                 }
  /   `ヽ            /     |二ニニニニ,< ̄> 、.ニニニ∧.  ヘ             |
  |     ヾ           |      |二ニニニニ{      〉ニニニニ∧   ヘ              /
  |        〉          |      |二ニニニニヽ     /.ニニニニニ∧  ヘ              /






         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
          ≫                               ≪
         ≪そして、血で血を洗うかも知れないデッドヒートの末! ≫
          ≫                               ≪
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                 \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                                  ≫                               ≪
                                 ≪ランサー部門で1位を獲得したのは、こいつだああああ!!
                                  ≫                               ≪
                                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\




























         /      ── -         \l_ :.ヽ:.  \l    〈, '´::/         //:ヽ
.        /              \      \`i:ヽ::.......\ /.::::::::/   / 槍ってなんだ! 外すものだ!
   ,. -=== x         ミ二二ニ=--   xヘ\ :.   \_:ヽ:::::::::/.:::::::: _/_,.   
  /     ! l/        \ \    〃宍o ヽ. l.    マlVス/.i:i:i:i:i:j        マスターってなんだ! ブッ刺すものだ!
/     l /     l       / ヽ ,灼::) / |i l l、:..    マ 7.i:i:i:i∠      
       lハ     l `ヽ  _/ ヽl {i`ヾz/ |i l l \:.   Vi:i:i:∠  `ヽ   
       l  \     \  \ ヽ \ !      |i   リ  \:.  ,. ┴ ' ::.Viハ  / \:堕天した神で今は悪魔!
     /l   \    \  ヽl  N           /l /      :::Viハ./ 
    / ,.ィl       \   j 、   _           、    /          ::ハ..ノ/  l 円形都市のマスコットとは彼女のことだ!
.   //ムlハ    l  ` ー ┘/ ,.ィ心o       ノ::ヽ /  ,. -       /:T i 丶   
   ` ー┴vヽ、  ヽ   :::\ ,{Oこj:|   ` __)::::ノ 〈__,ノ         /:i:i:l l  
        Nハ \   \   丶li_`¨Y |i      _ ノ  /    /i:i:i:i:l l_//:l l::ランサー部門の1位は、ソロモン72柱が一人、オセがこの通り勝ち取った!
.         Vlハ  \   ` ー┘ ̄`丶、     (  _,.  < ィ ノ∠ ヽl  __  
.         Viハ ! \  >── : : : :ミ二フ:::ニ〈 ヽ二二 彡'  \ /z、      l l  V:´: : :
           Vi l l \  ミニ=-ヽ 、  ` ,. ― 、iハ ヽ ニユ ┘::丶   丶: :!       l l   l : : /
          VlN  ヽ   l   ヽヽ:. // ̄⊥ ヽ r'´  ハ´ ̄     . : :!: : .   l l   l イ: /  登場回:円形都市1
           ヽ     )lV    ノ  V/   / .::ヽl ヽ ィ.:::::       :/: /: : : : : : :/ /. . . /:::/:::::
              \   Ν       〈    ̄ ̄`ヽ  ̄` ー─ ァ7 く: : : : : : :/ /: : : /‐┴─‐
                         \     T ノ ヽ`Tエエ  //:::::::::> : :/ /: : : /.::::::::::::::::::



        ___ノ;}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |
 ,/: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : ||

 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : |::j
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j,'
 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,'
    ヽ :::|_ "   _, "  ィ~
     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
     /((┃))______i |  キュッキュッ
     /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
    /_________ヽ..  \



             i!
        ___ノ;}}

     ,  ´: : : : : : : : `ヽ、,_ _
    /: : : : : : : : : : : : : : :\: ::ヽ
   /: : : l: : : : | : : : : : : ト、 : ヽ : :ヽ
  /: : : : l : : : 八 : : : : ./: .ヽ_ : ヽ: : |           あんまりうちのランサーは不幸じゃないなあと思いました
 ,: :: : : : !: : :ノ  ヽl\/    ヽ:ノ: : ||
 l: :「ヽ: :| : ノ TT    TT  :i: |: : ::j::j          むしろ割とエンジョイしてるよね、皆

 ヽ:ヽィ: : :|  U     U   |: | : :,':,'
   \: : : :i   , ,      , , :l:八丿
    ヽ :::|_     _,   ィ~              では今度こそセイバーへ

     ヽrケ、=‐-t--r-ァ:イ/

      ` ., '`iヽヽ//、::i|:;
       /  ,'个-`_8:、`、
       /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
..   (,,) そのほか、    (,,)_

     | こんなキャラが  .|
     |   票を獲得したよ |
     |            .|
     | 林冲        .|
     | 独角大王     .|
     | ポーン       .|
     |_________.|


……の前に総得票数確認

             , -‐― 、
          /,,  -―― 、ヽ
        / ´       _マヽ__

         r ェ――-- ≦    ヽ.l    `≧ 、
          i  ノ>/    /  ヽ}      , ->、__
           | 〉 /       /            ヽ    ≧i
        | }/       l              ヽ/ マ l

        l /        /i               l  //
        /Y{         ,i / l   l  .l、         i ャ /
       / i      /l/- マ、  .lヽ i ヽ__       Li イ
       .i,  |     / l    ヽ l ヽ l ヽ   jl     レ、|     ┏━┓   ┏━━━━┓
       { | }    i /ィ===、ヽ \i ィァ===ュ、ノl /   i ノ|     ┗┓┃   ┃┏━━┓┃
        i iマ 、   l/                 ヾレ  j 〈.l       ┃┃   ┃┃    ┃┃
        マiヽ .}、 ⊂⊃ 、___, 、___, ⊂⊃  / ノ |       ┃┃   ┃┃    ┃┃
         入l }ヽl   /        `マ}  /   ./  } |    ┏━┛┗━┓┃┗━━┛┃
        /   マ ヽ、 l          l ムイ  /ノ イ  l    ┗━━━━┛ ┗━━━━┛
      /     マ i ヽ 、        ノ イ /l ノ   i
      /       ヽi, --ァァニェ―― ≦二 / /」  }   ヽ
    /        /   マ、_/ Oイ  ノノi/ Y  ノ´    ヽ
  / ,       /  iヽ{ ,-、  = 〈〉マ彡 ´ ム≧イ、
 //i         / ,ィェュ、  `-‐i  ., 、 , -、,ィュイ  .マノ
./ / /        / /  } ィニュ 、    __ , {ノレ{  ',
|/ .i       /  {       ヽ /´  ヽ / ̄ ヽ   ',     逆算して秀吉が8です
   i     /   /. ヽ _    ´oヽ、     ノi    i
   i    /   /   }     }  {   ̄ ̄ l  ',
      /   / _/ヽ    ノ<      {  ',
         / ヽ \ \_/ .,ヘ \  > 'ヽ、_ .',


セイバー部門は、全陣営で最も接戦だった!

まずは第四位が3人タイ!

三票獲得したのはこいつらだ!




气三三三三三.::|   \ …-   __  r -           _,ィ=ャ、      出場回はどっちも大戦!
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー 、      /.三三恥.
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\         ヽ ,.--.、イ ニ三三三ト、 __  だから影が薄いかと思いきや、以外に好成績を獲得!
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三三三三/ ! Y二二_ミニY 三ヽ
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ     三三三:/ i l\      ノ 三ニノどちらの大戦でも、自陣営のリーダー格だったのはこの男(活躍できたとは言ってない)!
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,三三∠ ノ ヽ. ` ーr .壬三三/{_
       ヽト∧  んイノ   i   レ´             \  {/ .::ニ三ム ディードリッヒ・フォン・ベルン!
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._   , --<_ ,z=ニ三,イ 、 .ニ三|三ニハ

三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三//7ーォ    ̄ ̄/  ヽ.\ニ/三:/三ヽ
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/l! {{  ヽ、   , ′    _ノ.ニ三|三:/
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/  l! {{   ` ー/     /   ニ/三ノ、
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ.l! {{     ゝ'ニ …く 、_,. ¨´ヽニ/  \
       ,. z=!. /´   // /   /- 、 i \\     ーァ ´  ̄ ` ̄  ̄
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ! - ヽ.≧z--イ ヽ:、
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.:|:\ _ _ ___,.り   ヽ\
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ、.:.:.:.:.:.:.:.:.://    ヽ \



     /: : : : : :::::::::::::::;、:::: :ll::: : : :∧__: ::∧
    ./.: : : : : :::::::/l: :::l Ⅵ: l∨: : : :∧、\:ハ

    .ム:::: : : :l、::::/=l!:::::i-_ヾ;|=ヽ::::: : :∧ヽ Vl
    .l::::::: : ::::,'7:lヾ. l\i" ,,.z==-ミ、::: : ∧.l、 ヽ
     ',:::::::::::::{ ,,=ヽ  ' _.i:`ーl 》 `t.、::∧ー、|
     Vヽ::::::;,ヾ. !:`リ―、_`二´   l::l)ヽヘ/ー
        \::i ,ニく __     ヽ  .レ /〃\     あちらばかり注目されるが、元祖・立花道雪は俺の方だ!
         l'  `   __.ィ-,--,,, /r-<:|ヽ.
         ヽ  ` ̄  ` ̄ ̄ 〃 !:::::::::l  \    そう言わんばかりに、同じくトチギー聖杯大戦からもう一人のセイバーが参戦!
           .\  `    /;  .l/:/:::l
            .\   /:::;;' 〃〃ァァ、_      エネルにもなれるぜ立花道雪!
              }`ーイ:::::::;;'_ /__ノ≦´//,ヽ
          __.. ≦i!::l::::|/,ニヾ///////////,

      ,r'_</////〃/l:://;;;;;ヽヽ,'////////,
 __ __/ /∧∨/////,'/:;{ {;;;;;;;;;;;\ヽ.'////,'/
./\//// /;;;;;∧∨////'/ //;;;;;;;;;;;;;;;∧∨/,//,丶
. /;ヽヽ/77////,} }///´ {ヨ//;;;;;;;;;;;;;;;;ゝァ ミ≡≡



/::::::://::::::://ミl―/:::::/:l:::::::/:::::/:::::::/:::: /l:::::::::l::l:l::::ヽ::ヽ:::ヽ
::://::::::::::://ll:::::t_/::::/:::l::::::/::::/:::::::/::::: /::l::::::::l::l:::l::::::l::::l::::::l
:::\ヽ::::::::://::l l::::::::l::::/::::l:::::/:::/l::::::/l:::/ l::l::::::::ll:l:::l::::::l::::l::::::l
::::::::\\//:::l l:ヽ:::::l:::l::::::l:::::l:/ /::/-l:/-_l/l:::::/l/┐l::::l:::/::::::l そして、最後の一人もやっぱりトチギー関連!
::::::::::::::\/::::l l:::::ヽ:l::l::::::l:l::::l< ̄>=ミ  l::::/ l:j l .l:::l:::l::::::::l

:::::::::::::::::::::::::l l::::::入l"l:::l::ヽl ヽ l:::::c/  /::/ ヽノ/::l/l::/l:::::l  恐らく当スレ、最初で最後のエロ描写を経験!
::::::::::::::::::::::::l l::::/  ヽl:::l:::::::l   ゝ-´  //  ヽ l:::::l/l/ l::::l
::::::::::::::::::::::::l__l:/    ヽlヽ::::ヽ          /l::::l  l:::/  普段は頼りないが本気を出せばちょろいもんよ!
:::::::::::::::::::::::::::::/  _ ‐'"~´`l 、::ヽ、     - /l. l::::l  l/
::::::::::::::::::, -‐―/     _ト 、::ヽ ヽ    // l l::l
:::::::::::::/   <´    /;;ヽ__ヽ:l_ , ┐´::l´   l、 l/      自鯖になったことも忘れないでね! シンモラ!
::::::::::/     \  /:::::。;;;;;;l l;;;;;;;;;;;;;l::::l   / ヽ- 、 , ― - 、
::::::/        >/:::::::::ヽ;;;;;;l. /;;;;;;;;l;;;/::::l /    /     ヽ
/        / l::::::::::::ヽ;;;;l /;;;;;;;;;/::/     /        \
        l  l:::::::::::::ヽ;;l l;;;;;/::/     /           \


そろそろネタが尽きてきた……


 登場時間は短いが、スレ中にインパクトを与えて去って行ったあいつが第三位にランクイン!

 五票獲得で、四位勢との格の違いを見せつける!







                Y` {∨从,ノノ,イソ彡,イ,彡,'´  -=彡
                トリ`゙´   ,  ,_   ヾ     `ヽ

                /,へ. v/ / /三=ミヽ  ミ `ー
               ,゙ ⌒ヽ {_j_{ ,イ'´-=ミ:,ハ_`  ミ  ー=`ヽ
              {{    }´=ミ}{'ー ゞソノヘ:、  ミ` =ミ `7
               乂_.ノ. :/ : 乂_彡'  \:、ヾ '´ヽ  ハ
               ′. :i -::〈  、.     ヾ;,.  \//}| {/
              !: : :イj: : :i,: ヽヽ: .    '.ヽ.   {  ! ド
              |: : _ z: :ー-.    `_:、ヾ.'.;∨ヾミノ'.\リ                    無意味な特攻最低宝具!

              |: '. r'_ ̄  ̄ ==彡'ノ .|ハ;;;∨iリ / /.\

              |: :7ゞ=====ニイ ,   ノ.∧; ∨´    \
              l : : : ー==ミ: : :´ : : : : :i |l};;ハ!       \                ステもクラスも、何もかもが嫌がらせに特化した
              ∨/,         、ヽヾ! !|;;;;;;}       、 \
          ___   ∨//,イi |l l  iハハi |! |l ||!i|!;;;〃      }   .\
         /   ヽ  ∨//,ll|!!|!l| |l !|!||!|!!j|| !|彡'       /     ̄ ー _       日本が誇る煽りスト!
         ヽ     ',   `ヽll|!!|!l| |l !|!||!|!!j||/ l         /             ̄
          丶     .i    X`ゝ - -‐ '"  .l      /
           }    ',     i ヽ        /       /   __ - ‐ "ヽ、
             l      ,   .l  )ヽ      /.    /_ -
            /     i  ./  l 丶    /    /´                l
            /      l__/l .  ,'   \  / _ - ´                     l      松永久秀だあああああああ!!!!
            /      l _ヽ_/_____  ヽ/ r'                       l
        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    \  i                      l

        {            l      ヽ l                           l
        /l            l       Y                         l
        / l ー-────- '        ll                      ,r-、    ト
     /,! {            `l       ',                   /    Y   ヽ
    /  i  l             l       ',            ,r-、!      l    ノ
   ./    l  ', ___ _____ノ        }{               (       /   /
  /  /l  l           `l        ハ             丶     /   /
  / /  l  丶            /          / 丶           \  ノ     /
 //    l    ` ──── ´ヽ        /   ゝ _          ` '   /
/       ヽ     \      ノ      /      , -─==- _      /
     /   ̄ ー ー --- ' ー  ̄二---- 、  /       ヽ   ̄ ̄ ´


 そして第二位!


                             ,, - ー― フ,   _
                         > '' "      /i!i! ̄,、ヽ
                         / , イ      / ゙゙"ヾ /. ',
                      / /,    , イ /     //,ヽ ',
                      !イ,イ   /r//、-、     // ! ', .',       もはや貫禄! 納得の順位!
                     イイ   / 代Zソ `  /イ,,, !. ', .!

                   ∠.イ/   /  /'  ̄    ' i!ソ.ゝi  i!.!       これほど苦労したサーヴァントが、八百万~七家の中にいただろうか?
                        / /            ヽ ,'  i !i
                        ,'./ゝ、    、 __    " !  ! i!       いや、いなあああい(反語)!!
                     _ レ- ' 、.',         ヽ   ,イ  ,' i
                > "       ヽヽ、           / , イ         どんなマスターであろうとも、しっかり仕えて、導いてみせる!
                i   , --、    ヽ>、       ,.イ//. /
              _, -‐'ー‐'ー―-ヽ、   ヽ ` ー-- ' 、/イ   ´          でも忍者には勝てなかったよ……
             /ー-- 、       ヽ    `ヽ、i!  /'ヽ、
            /     `ヽ      ヽ、___ ゝ、   `i
         r-ー==、、    ',      /  !  !ソ /;-';;ヽ   i、
      r-ー‐'ー―   ヽ、   ',     /   !  ! /;;;;;;;;;;;;;!`ヽ ! `i、
      ,イ           ヽ   ',   / ,イ /  i!';;;;;;;;;;;;;;;;i!、-、ヽ i          立花道雪シリーズ2号! 戸次 鑑連(べっき あきつら) が
  , イ"                ヽ  '、  /,イ  /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .〉、ヽ ヾ、
 ̄ _                ヽ  /イ   /, イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;'、 '、 ヽ,         堂々の二位獲得だ!
     `ヽ、ー―――――――― i!'  /イ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;;;;;;! !'、  ヽ
       `ー、          , イ、  ,イ、二!;;;;;;;;;;;;;;;;;/`'y';;;;;, -、!=} ',  '、
          !        イ /   /;;!='r-!;;;;;;;;;;;;;;/ヾ,イ;;;;;;;!  ヽ!  !   λ   票数:6票
          !       , イ   ,イ;;ノ.!ゝ-'i!;;;;;;;;rヾ、/;;;;;;;;;;;}   ノ, --、 / '、
           '、   , イ     ,イ/ ソヽ,ゾヽ/ヾ、/;;;;;i""`'ーく、!   〉'、ー'--、
            ヽ       ,イ/ヽ、,イ, イ, -、 ヾ';;;;;;;;;;;ヽ、   /i   i  `i 、   !    登場回:円形都市2
               ヽ     ,イ,イ  / /ヽ/ / ヽ;;;;;;;;;;;ノ=== /..::::: !   !、 ヽ ̄`ヽ
'、            , --フ , イイ /、ヽ'  /ヽ,, イヽ 〉イ   ○ /...::: ,イ..  i i',   ヽ__ '、