DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十六巻 (1000)

【パパスの手紙(遺言状)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トンヌラよ。

お前がこれを読んでいるということは

なんらかの理由で私はすでにお前のそばにいないのだろう。

すでに知っているかもしれんが、

私は邪悪な手にさらわれた妻のマーサを助けるため旅をしている。

 
マーサにはとてもふしぎな力があった。

私にはよくわからぬがその能力は魔界に通じるものらしい。
 
たぶん妻はその能力ゆえに魔界に連れ去られたのであろう。


トンヌラよ!伝説の勇者をさがすのだ!

私の調べたかぎり、魔界に入り邪悪な手から妻をとりもどせるのは 

天空の武器・防具を身につけた勇者だけなのだ。

 
私は世界中を旅して天空のつるぎを見つけることができた。

しかしいまだ伝説の勇者は見つからぬ……。

トンヌラよ!残りの防具をさがしだし、勇者を見つけ、マーサを助けだすのだ。


たのんだぞトンヌラ!


PS.

私たちにはザオラルやザオリクなどの蘇生手段は効かぬ。気をつけるのだ。

あれらは神の加護を受けたもののみの奇跡らしい。

そうでなければ、私もガンガンいこうぜしたいくらいなのだ!


そして人生でまよったら、

天空の神をも超えるといわれる存在、安価に身をゆだねよ。

安価がお前の可能性を大きくひろげるはずだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【トンヌラと仲間たちの蘇生加護】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トンヌラ  (マスタードラゴン)
シビリン  【蘇生不可能】
ゆかりん  (マスタードラゴン)
ミニモン  【蘇生不可能】
マリア   (ダークドレアム)
スマハち  (ミルドラース)
ピエローヌ 【蘇生不可能】
ヘンリー  (マスタードラゴン)
ホーコ   (ミルドラース)
ベラ    (妖精の女王)
サンチョ  (マスタードラゴン)
ヨシュア  (ミルドラース)
シャオン  (マスタードラゴン)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
通常、人間は、蘇生加護を持っていません
通常、魔物は、魔界の神ミルドラースの蘇生加護を受けて生まれています
通常、エルフは、妖精の女王の蘇生加護を受けています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416309879


【登場人物】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トンヌラ
幼少の頃に光の教団に拉致されて10年間の奴隷生活を送ったが、奇跡的に脱出。
光の教団に殺された父パパスの遺言状に従い、母マーサの行方を捜す旅に出る。
不思議な目とチカラを持ち、魔物の心さえも開いてしまうモンスター使いである。

シビリン  しびれくらげ
ニセ太后討伐後、森深きほこらを出航したトンヌラが大洋で出会った、最初の仲間。
当初はかしこさが低く、ビアンカのリボンでかしこさを矯正して会話を成立させた。
熱いのは苦手。冷たいのは好き。マヒャドを超える冷気呪文を見出して習得している。
ポートセルミのギルド館で光の教団に捕らわれて洗脳を受けたが、無事に救出された。

ゆかりん
天空の神の戦略兵器『伝説の勇者』。太古、地獄の帝王や人類との戦争を強いられて
すべてに絶望。極限化したアストロンで自らを呪い、膨大な年月を眠り続けていたが
チゾットへの山道の小さな洞窟にて、トンヌラとシビリンにその封印を解かれてしまう。
覚醒直後は錯乱したが、トンヌラたちと接する内に自己を取り戻し、旅の同行を決めた。
現在はトンヌラの恋人でもある。

ミニモン  ミニデーモン(アンクルホーン)
グランバニアへの洞窟出身の子悪魔。洞窟を通る人間を惑わし、時には殺していたが、
洞窟を訪れたトンヌラたちに返り討ちにされた後、トンヌラの監視下に置かれてしまう。
人間の生活文化に強い興味を示す。食事と入浴が好き。マヌケと面倒が嫌い。
悪夢を見て以来アンクルホーンの体質に変化したが、容姿は子悪魔のままである。

サンチョ
グランバニア王家でパパスとトンヌラ二代に仕える召使いであり、トレジャーハンター。
やや強すぎるくらいの忠誠心と愛国心を持ち、基本的には坊っちゃんとグランバニア命。

ヘモ  ヘルバトラー
トンヌラが最果てのほこらで出会った、神を研究する隠者の老人。エルヘブンに襲撃を招
いたことで投獄されるが謎の脱出を遂げる。デモンズタワーでヘルバトラーと化す改造を
受けており精神と記憶は不安定。トンヌラと再会した後はグランバニアで保護された。
後にゲマ戦の奇跡によって精神は安定したが、大魔王戦で命を落とした。しかし…

ゴレムン  ゴーレム
エルヘブンのゴーレム像群の一体で、国の有事には兵士として目覚める巨大な土人形。
光の教団から瀕死のダメージを受けてトンヌラのベホマで治療されたが、その呪文で本来
の機構が狂って像として眠れなくなってしまい、トンヌラに保護を求めた。
心優しい力持ちで仲間の守護を使命とし、最後まで仲間を守り抜き大魔王戦で死亡する。

マリア
トンヌラが奴隷時代に出会った奴隷で、元は光の教団の大神殿の使用人であり信者。
脱出後は天空の神の修道院で修道女となったが、訪れたトンヌラに旅を誘われ同行する。
デモンズタワーで拷問されて右腕を失い、恋い焦がれたトンヌラに気持ちを断られるなど
心身が疲弊した状況で望みの神に遭遇。救済を求めその信徒となりチカラを与えられた。
現在は考えを改めたトンヌラの二人目の恋人となっている。

スーパーマッスルハイテクちーたー  キラーパンサー
幼少の頃に光の教団に拉致されたトンヌラと生き別れた後、カボチ地方で逞しく育つ。
作物を食べるために眠らせるつもりで放った雷撃でカボチの住民を死に至らしめたが、
カボチを訪れたトンヌラと10年ぶりに再会した際、厳しく躾けられた。以後は旅に同行。
魔物語で会話できるがカボチ弁の訛りが強く、完璧に意思疎通できる者は少ない。

デボラ
サラボナの大富豪ルドマンの長女。怪獣ブオーンによりサラボナは壊滅し、両親が死亡。
妹を逃がした後は怪獣との苛烈な戦いを続け、サラボナの魔女と呼ばれるようになった。
怪獣を倒したサラボナの解放者であるトンヌラを自分の男と主張して譲ろうとしない。
怪獣討伐後はポートセルミへ移り、酒場宿ポートミクスのオーナーを務めている。

フローラ
サラボナの大富豪ルドマンの次女。サラボナ壊滅時、デボラによってアンディと脱出。
ボブルの塔の大陸で天空の神と遭遇した後は、修道女としての信仰心と責任感から、
(時には天空の神に強迫されて)天空城復活の天使として働いていた。
トンヌラが天空城を復活させた後は身柄を解放されて、サラボナの復興に従事している。

天空の神  マスタードラゴン
人間界の空高くに浮かぶ天空城で鎮座し、人間界と妖精界ともう一つの次元を見守る竜。
人間界で最も普及している天空信仰の御神体。
光の教団を危惧し戦争も厭わないが、トンヌラに開戦の保留を依頼されて静観している。
人間の姿に変身可能で、おっさん時の名前はマッシュルーム明石。

ピエローヌ  スライムナイト
ラインハット城の地下洞窟で出会った、小さな鎧騎士が騎乗してるっぽいスライム。
剣を交えたトンヌラのチカラ(と目)に魅せられ、自ら仲間入りを申し出た。
まっすぐな心持ちで根性の塊。当初はレベル1の魔物であり未熟だったが、器用らしく
憧れの先輩の呪文や技はすぐ覚えてしまい、強力な独自の特技まで編み出している。

ヘンリー
トンヌラと共に光の教団に拉致されたラインハット王国の王子で、トンヌラの親友。
脱出後は二人で世界各地を冒険し、ニセ太后討伐後は母国の国情安定のために別れたが、
天空の神に人質を取られたトンヌラの危機で立ち上がり、以降は旅に復帰した。
後に自身が求婚したマリアをかけた決闘をトンヌラに申し込まれ、見事に戦ったが敗北。
現在はトンヌラのいとこでグランバニアの王女であるドリスの恋人。

イブール  光の教団の大教祖
人間界における光の教団の長たる魔物。世界平和を理念とする光の国アルパ・クローズを
建設し、光の教団でありながら大魔王に依存しない国際的な中立国の首長として努めた。
だが内戦で国と理想が崩壊した後は失望し、大魔王の治世に世界平和を見出している。
安価などの世界の運命を認識可能で、自身の“最善の運命”さえも知覚できてしまう。

ビアンカ
トンヌラの昔なじみの少女。父親の療養でアルパ・クローズの前身、山奥の村へ移住して
イブールによって光の教団の巫女に任じられた。国を訪れたトンヌラに求婚したが返事は
保留。後に内戦の原因となる大事件に巻き込まれ、自ら投獄と罰を望んだが、トンヌラに
よってアルカパ地方へ逃された。現在はグランバニアの保護を望んで連絡を待っている。

ホーコ  ホークブリザード
アルカパ地方で無差別殺戮を繰り返し、凶鳥あるいは死神として恐れられた巨鳥。
登山が困難なセントベレス山の飛行要員としてトンヌラにスカウトされた。
トンヌラに骨抜きにされており、彼の恋人ゆかりんに激しい対抗意識(殺意)を抱くが、
かつて失恋したマリアには同情的。普段は仲間の肩か止まり木に乗っている。

カンダタ
世界を股にかけるカンダタ盗賊団の親分。拠点はサンタローズで、住民とは仲が良い。
世界の集落に出張所を設け、領地の治安を監視し、独自のコミュニティを構築している。
宗教を持たず、また業態上当然ながら、国際的には中立地域と見なされているが、
トンヌラとの関係は当初こそ敵対的だったものの、現在はむしろ友好的と言える。

ヨシュア
元は光の教団の大神殿の兵士であり信者。妹のマリアを逃がすためトンヌラに逃亡を手引
きし、自身も罰を受けて奴隷に落ちた。奴隷制に反対しているが教団への信仰心は深く、
トンヌラとゲマの決戦にも“テロリスト化した妹とトンヌラを討伐する”覚悟で臨んだ。
光の教団の真実を知った現在の目的は奴隷の解放であり、トンヌラに心身を捧げている。

ベラ  ようせいびと
トンヌラのサンタローズ滞在を知って10年ぶりに妖精界から訪れた、昔なじみのエルフ。
10年前のポワンの約束にかこつけたトンヌラによって、旅の同行を仕組まれた。
人間界でのエルフは子供のみが視認可能で、大人のトンヌラにはエルフを視認できない。
シビリン同様、教団に捕らわれ洗脳された。救出は失敗。現在も光の教団の捕虜である。

ロベオティオス 光の教団銀行総裁
世界中の富が集中する教団銀行の長たる悪魔神官。ゲマ没後、ゲマ宗の教祖を継承した。
(ただし人間界の光の教団の活動は縮小化しており、事実上、宗派は統合が進んでいる)
ヘンリー同様、メダパニによる洗脳が可能で、シビリンとベラを捕らえた。

望みの神  ダークドレアム
願望が具現化する“望みの世界”に存在する謎の鎧戦士。密教同然で普及はしていない。
忠誠を誓った配下に任務とチカラを与え、成し遂げた者の望みを叶えるらしい。
配下の目から世界を覗き、憑依して動くことができるようで、ダークドレアム自らは
マリアを介してエスタークに接触し、ミルドラースからはおろらんを介して接触された。

おろらん
マリアが自身の望みの世界で出会った戦士だが、マリアの願望の幻ではなく本物の人間。
望みの神の任務で人間界に現れ、トンヌラとは内戦中のアルパ・クローズで出会った。
忠実に任務を果たしているようだが、おろらんの目的や願望は不明。
現在は、伝説の魔物たちに捕らわれて大魔王のエビルマウンテンに投獄されている。

大魔王ミルドラース  魔界の神
天空の神の打倒と人間界の支配を目的とし、魔界に君臨する大魔王。
全次元で誕生し続けるモンスターに、ほぼ自動的に蘇生加護を与えている存在であり
人間界で爆発的に普及している光の教団の御神体。
接近した対象から冒険の書を発現させてそれを読めるが、離脱されると書は消える。

エスターク  地獄の帝王
古代、進化の秘法を開発して最強と目された魔物。天空の神や導かれし者たちから
幾度となく長い時代を封印されたことと、進化の秘法の副作用的な効果が合わさり
記憶はほとんどない。現在は出自の究明と強者との戦闘だけに興味があるようだ。
自身を打ち破ったトンヌラから協力関係を要望されて、共に旅を続けている。

シャオン  サターンヘルム
脱出不能の罠に落ちた天空の神を解放して共に旅に出た、地下遺跡の洞くつ出身の魔物。
光の教団に捕らわれたシビリンとベラの救出に必要な転移制御を体得できるため、
救出作戦への参入を契機に、ゆかりんたちによって仲間として迎えられた。
天空の神にモシャスを与えられているが、歩行が苦手で階段などではいつも転倒する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【冒険の書】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第一巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第二巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第三巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第四巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第五巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第六巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第七巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第七巻 あとがき

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第八巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第九巻

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362755851/)

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十一巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十一巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366898621/)

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十二巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十二巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375092336/)

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十三巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十三巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378735292/)

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十四巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十四巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380531563/)

DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十五巻
DQ5「遺言状で勇者探せと言われた」第十五巻 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390509069/)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当SSの現在の仕様です

※「当DQ5SSはサウンドノベルやゲームブック、TRPGのような形態を取っており」

※「読者の皆さんのご意見・ご感想を参考にして、安価で物語が進行しています」

※「その仕様上、皆さんの考察や感想が物語の核心を突くことも予想されますので」

※「ネタバレを防止したい方は、>>1の酉またはID:限定による閲覧をお願いします」

※「なお安価の際、同IDによる2投目以降の全投票はカウントされません」


>>1への緊急または重要なお問い合わせのTwitter窓口はこちらです

https://twitter.com/evD71lEwzE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「>>1の長期更新停止により、第十五巻はdat落ちしてしまいました」
※「当DQ5SSを楽しみにお待ちいただいていた皆さん、誠に申し訳ありません><;」

※「現在は当SSのシステムを再構築中でして、本再開は12月上旬を予定しております」
※「お気が向かれた際にまたご愛読いただければ幸いです><;」

※「大変恐縮ですが、もう少しお時間をいただきます。どうか今しばらくお待ち下さい」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前1:41 ベラの消息不明から31時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グランバニア城 城門


タッタッタッタッ… ドン!

*「ぬおっ!?」  *「!? 姫さま!?」  *「危のうございます!」

シビリン・スマハち・ホーコ・シャオン『?』チラッ


ドリスとデズモンがあらわれた!

デズモン「はあ、はあ、はあ、ひーひー><」ゼーゼー

ドリス「はあ、はあ、はあ…」ウナダレ

ゆかりん『ドリスさん!』

城の門番D「姫さま!」ガシャッ

ピピン(わ~!ドリスさまってばすごいパジャマをきてるんだなあ…)ギンギン

デズモン「はあ、はあ、はあ(わかりますまったくけしからんですね><)ゼーゼー


マッシュルーム明石“ゆかりん、今は私を天空城へ送るのだ”

ゆかりん(わかってる…

ドリス「はあ、はあ、あんたにクイズ」

ゆかりん「えっ?クイズ?」

ドリス「あんたがそれなりに踊れるのは、どうしてでしょうか?」

ゆかりん「…むかしの仲間のダンサーのおかげです」

ドリス『シビリン!』チラッ

シビリン『ナにー?』フワフワ

ドリス『あんたの、好きなたべものはなに?』

シビリン『ぞうのニク!』フワッ


ドリス「はあ、はあ… た、たぶん、あんたたち本物ね。デズモン」ウナダレ

デズモン「ははっ><」ゼーゼー

デズモンはゆかりんに天空のつるぎを手わたした。

ゆかりん「ありがとうございます。だいじょうぶ、わたしたちは本物だよ」

ゆかりんは天空のつるぎを装備した。

ドリス「はー」ホッ  マッシュルーム明石「……」


ピピン「ボクたちにせものじゃないよ!いきなりよるになっちゃったんだ!」

ドリス「ちょっと意味がわからないから、後で説明して。話したいことがある」グッ

ゆかりん・ピピン・オリビア・シャオン・マッシュルーム明石「!」

ドリス「ヘンリーさまのお留守を預かる以上、これはあたしとデズモンの担当だから」

ドリスはゆかりんに、?手紙を手わたした。

ゆかりん「…羊皮紙… トンヌラのおとうさんのてがみとおなじような材質だ」ペク

マッシュルーム明石「姫っ! 王侯貴族の外交文書とお見受けしますが、これはっ?」

ドリス「ラインハットからよ」

ゆかりん・ピピン・オリビア「?」

デズモン「確かにラインハットの羊皮紙です。封蝋の印璽は国章に間違いありません><」

ゆかりん(……)チラッ  マッシュルーム明石“おそらく言う通りだろう”

ゆかりん「…どうやって郵送されたの? ふつうのてじゅんなら、きっと半月はかかる」

ゆかりん「それにわたし、数日前までヘンリーくんをラインハットへ送り迎えしてたよ」

ゆかりん「重要なはなしをする機会なら、いくらでもあったのに」


オリビア〈……このお手紙はいつ、どなたからお届けされたのでしょう……〉

城の門番D「デール陛下の近衛騎士ドミニクと名乗られる女性から私が受け取り、」

城の門番D「パピン兵士長に献上した。夜9時過ぎだったと思う」

ドリス「あんたたちは急にいなくなっちゃったし、大変な内容だから、国議になった」

シャオン『おねえさま、おてがみよんでよんで』ユラユラ  シビリン『ヨんデー』フワフワ

ゆかりん『うん』ガサ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
我ラインハットは光の教団との政教条約を調印した

貴グランバニアと光の教団の抗争は遺憾であり、我ラインハットは戦争非協力を宣言する
光の教団の奴隷労働者の命と権利は、我ラインハットに委託され、またこれらを保証する

我ラインハットに無断で宣戦布告と奴隷迫害を行使する国家との友好条約は破棄とする

以上が我ラインハットの人間界における宣言である

C月11日 ラインハット国王デール


――ベラさんと奴隷の皆さんはご無事と存じます。まずはご安心下さい。
――詳しくは明日ラインハットでお話ししたい。お待ちしております。
――なお、この文書は光の教団の転移術によって郵送されます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


スマハち『かちゃましいよお…。わかるように教えてけれ』フニャー

ゆかりん『ラインハットが光の教団とつながって、ベラとドレイのひとたちは無事…かな』

シビリン『ホんとー!?』フワッ  スマハち『えがった!』ニコニコ  ホーコ『……』ベッタリ

ピピン『わー!ぶじでよかったよ!ベラはいまラインハットにいるのかな!?』


ホーコ『ドウ思ウ』ベッタリ

ゆかりん『……………。わからない。たしかに難しいね……』

ゆかりん『たとえば、王国どうしの縁談、ヘンリーくんとドリスさんのはなしがない』

ドリス『……ちょっとこわいんだ。あたしのせいで国の仲が悪くなったらと思うとさ』

ゆかりん『だいじょうぶ。いっしょにがんばろうよ』ギュッ

ドリス『………』ギュッ


ゆかりん『みんな。おなかがすいてるし寝不足だし、今夜はもうやすんで』

ゆかりん「オリビアさん。みんなとドレイのおじいさんのお世話をおねがいします」

オリビア「……」フカブカ  奴隷の老人A「ごほっごほっ。う、うう…」キョロキョロ

シビリン『ゆかりんハ?』フワフワ

ゆかりん『わたしはカミと天空城へいってくる。じょうきょうを確認したいの』

シャオン『じゃああたしついてゆきます!しょくじとすいみんいらないし』ユラユラ

マッシュルーム明石“急げ。やはり光の教団は私の目を封じた隙に動いたようだ”

ゆかりんはルーラをとなえた!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前1:50 ベラの消息不明から31時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夢のリゾート島カジノ船へようこそ。ごゆっくりお楽しみください。


リゾート島


ザザァ…ザザァ…

犬「く~ん……」ヨロ ヨロ

男性A「う~んう~ん。ぐうぐう……」

青年A「おや?ハニーどこへ行ったんだい? むにゃむにゃ…」ゴロリ

番頭A「こっくり…こっくり…カジノ船には小舟で……」クラッ



カジノ船 甲板


ボーイA「! ようこそカジノ船へ!時間を忘れてお楽しみあれ!」

女性A「……カジノ船から見る夜の海もきれいね……」ミアゲル

淑女A「今は星空の下でお酒をたしなむ時間よ」クイッ

女性A「あ!?流れ星! 結婚したい!結婚したい!」イノリ



カジノ船 客室甲板2階 カジノ船の特別室


コンシェルジュ「いらっしゃいませ。こちらの特別室でお休みになりますか?」

富豪の男B「うむ、いや~もうかったもうかった!笑いが止まらんな~!のう!?ミタ」

富豪の少女B「はい。おめでとうございます。お父様」ペコッ

メイド「いらっしゃいませ。ベッドメイクはかんぺきですわ」フカブカ



カジノ船 客室甲板1階 カジノ船の客室


バニーガールC「ずっと外にいたら潮風で髪がベトベトになっちゃった…」グイグイ

女性B「カジノで負けたぶん、踊って気分転換するのよ」クルクル

男性B「スロットのやりすぎで人が絵柄に見えます。ああ~踊るとよけいに~!」クルクルクル



カジノ船 船内2階 カジノ船のカジノ


ピロッ ピロッ フォンフォンフォンカシャ  チーン

商人A「……………………。………今度こそ………。今度こそ……勝つ!」ピロッピロッ

ディーラーA「ここはポーカーのテーブルです。お楽しみになりますか?」パラララッ

神父A「やはり神の力にたよりすぎてはいけません! 自分の力でなんとかしないと」

紳士B「今は…今は…そっとしておいてください……。はぁ~」ガックー


吟遊詩人「「時には憎しみを映しだし~ 時には愛を映しだす~♪」」

荒くれA「せつない歌声ね~。やっぱりステージは男がいいわ~」

淑女B「歌もいいけど、ステージの華はやっぱりダンスですわね」

バニーガールA「いらっしゃいませ。ここはコイン売り場です」ニコッ

カジノ船 船倉 男奴隷の部屋


奴隷の少年A(うっ、う…眠れる時間は増えたけど… この寝床はまるで、棚だよ)

奴隷の少年A(おれは子供だからいいけど、大人には狭い空間だ。身動きできない…)

奴隷の男性C〈…う く、くそ…!はあ、はあ〉ドム!

奴隷の男性B〈!?おいやめろ!木板を蹴破ったらおまえがおれを支えるんだぞ!?〉

奴隷の男性C「はあはあ、くそう、オ、オレは閉所が嫌だ!嫌なんだよお〉フルフル


奴隷の男性A「がまんだ。目をつぶっちまえ。この船の仕事は長くないとも聞いてる」

*「そんな話信じてるのかよ」  *「僕…ここでいい…」  *「考えても無駄だ」

奴隷の男性A(…奴隷が減ってる。爺さんや若い女たちが消えてんのを俺は把握してる)



カジノ船 船内1階 カジノ船の客室


(ベラ)〈……ん……〉スヤスヤ

さまようよろい『……』



天空城 4階 玉座の大広間


マスタードラゴン「ベラを見つけた。カジノ船の船内1階、客室で眠っている」ゴオオオオ

ゆかりん・シャオン「!」ミアゲル

マスタードラゴン「カジノ船の一般客室のベッドだ。外傷や異状は見られぬ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「無人島で対峙したさまようよろいもいる。見張りだろう」ゴオオオオ

ゆかりん「ひどいめにあってなくてよかった。ドレイの人たちは?」

マスタードラゴン「どうやらリゾートの使用人として働かされているようだな」ゴオオオオ

マスタードラゴン「だが待遇はやはり奴隷だ。定員過剰の船倉で生活を強いられている」

ゆかりん「…………」


シャオン「たすけにいくの?おねえさま」ユラユラ

ゆかりん「そうね、たすけたいけど…。ドラゴン。天空城はいまどこを飛んでいるの?」

マスタードラゴン「リゾート島より南東の大洋だ。リゾート島へは半日以上はかかる」

ゆかりん「あすの、日の入りくらいかな。……リゾート島とカジノ船のけいびはどう?」

マスタードラゴン「ゆるい。魔物は僅か。人間は教団騎士がいる。レベルは20程度だ」

マスタードラゴン「セントベレス脱出後は魔物が増加し、厳しい警備だったはずだが…」


ゆかりん「今のリゾートなら、わたしたちはベラとドレイのひとたちを解放できる?」

マスタードラゴン「十分可能だろう」ゴオオオオ

マスタードラゴン「気がかりなのは、ラインハットの動向と光の教団の意図だが」ゴオオ

ゆかりん(………。どうしてラインハットはあんな立場をとったのかな………)

ゆかりん(トンヌラ、知恵をかして。わたしもっともっとがんばるから)ミアゲル


マスタードラゴン「…………まだ、一見だが……。……ラインハットに変わりはない……」

ゆかりん「!」  シャオン「ラインハットってあおいやねのくにですよね」ユラユラ

マスタードラゴン「光の教団の勢力や、城に魔物が増えたという訳でもない……」ゴオオオオ

ゆかりん「ポートセルミのヨシュアさんとカオルさんは無事?魔女さんは?」

マスタードラゴン「酒場宿ポートミクスの部屋だ。オーナーのデボラは……わからぬ」

ゆかりん「じゃあイブールとロベオティオスはどこかわかる?」

マスタードラゴン「……まだわからぬ。教団銀行やポートミクスではないようだ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「しばらく時間が必要だろう……。おまえも一度戻るがよい」ゴオオオオ


ゆかりん(………ヨシュアさんたちがぶじなら、ポートセルミへ行くのは明日にしよう)

ゆかりん(きっと、もう午前二時をすぎてるもの)

ゆかりん(あと、朝までの宿題があるなぁ。ラインハットが望む会談をどうするべきか…)

ゆかりん(送り迎えはわたしのしごとだけど、グランバニアから誰がでるといいんだろう)



A ゆかりん

B オリビア

C デズモン

D ドリス

E オジロン

F 大臣

G ヨシュア



>>18の投下時刻~2014/12/06(土)00:00までのレスで多数決
同率一位の場合、00:00直前のレスを採用



>>1さんに 質問です。
現時点の人間界班たちの↓
戦闘可能メンバー:ゆかりん・シビリン・スマハち・シャオン・ヨシュア
後方支援メンバー:オリビア・ピピン・デズモン・ドリス・オジロン・大臣
所持品、装備品は開示できますか?

出来そうであれば、必要情報開示として是非
お手数ですが宜しくお願い致します。

※「>>21

※「C月12日 午前2:00現在 の所持品とします」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シビリン

マジックシールド
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん

天空のつるぎ ひかりのドレス ヘアバンド
(天空のよろい 天空のたて 天空のかぶとは、グランバニアで保管されています)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スーパーマッスルハイテクちーたー

こおりのやいば みずのはごろも 鉄かぶと
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ

あくまのツメ みずのはごろも 毛皮のフード
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン

なし
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシュア

布の服 けんじゃの石 リゾートの地図 カジノ船の一般配置図
(デーモンスピア ミラーアーマー グレートヘルム みかがみのたては
 グランバニアで保管されています)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
オリビア

モンスターほいほい デールの手紙 懐中時計
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


※「ピピン・デズモン・ドリス・オジロン・大臣の所持品に注目する必要はありません」

z
複数行くのは無しなの?

※「>>26

※「会談ですから、両国ともに1名の代表者を立てて話し合う場とお考え下さい」
※「代表者が王族ならば、たくさんのふさわしい護衛もつくことでしょう」

ゆかりん(……………。こういうことは、グランバニアの大臣さんがいいのかな……)

ゆかりん(朝になれば、たぶん議会がひらかれる。いまは…わたしも眠るべきか…)

ゆかりん「…………。ドラゴン」ミアゲル

マスタードラゴン「何だ?」ゴオオオオ


ゆかりん「ありがとう」フカブカ

シャオン・天空の兵A・B「!」

マスタードラゴン「…………」ゴオオオオ

ゆかりん「(クルッ)シャオン、グランバニアにもどろう〉スタスタスタ

シャオン「あ!?まっておねえさま!カミさまおやすみなさい!」ヒュンッ




……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4時間後  C月12日 午前5:50  ベラの消息不明から35時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラインハット城 4階 ロビー


ガチャリ

近衛兵A・B「! おはようございますデール様!」カシズキ

デール「おはよう。雨だね」コツ コツ

近衛兵B「はっ!異状ありません!」ビシッ

デール「務め、ご苦労」コツ コツ

近衛兵A・B「ははっ!」


近衛兵A(…ヘンリー様が発たれた日…いや翌日か?デール様はお顔つきが変わられた)

近衛兵A(粗忽なこいつでさえ、今のデール様の前では一挙一動に緊張する程に…)チラッ

近衛兵B「………」ドキドキ

乙女騎士団があらわれた!

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「陛下、おはようございます」カシズキ

デール「君らは必要ないと言っている。乙女騎士団なんて不名誉だ。ボクにも、君らにも」

近衛兵B(ええ?もったいない…)チラッ  近衛兵A(バ、バカもの、顔に出ておるわ)


ルーシー・フォーネ「………」ウツムキ  アンナ「…しかし陛下、私どもは!」ミアゲル

デール「だけど毎日こうではボクと君らはなおつらい。……ボクは起床後の訓練を始めた」

ドミニク「存じ上げております」ミアゲル

デール「その同行を、差し許す」

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「! 陛下!ありがたきしあわせ!」ミアゲル

デール「ただし」ヒュッ

デールはグリンガムのムチで床をたたきつけた!

パパァン!  ビンッ

デール「ボクと殺し合う覚悟で臨められるか。そういう特訓相手なら欲しいということだ」

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク・近衛兵A・B「!」

デール「大臣と軍兵長の監督下じゃ、ボクの命に関わるような訓練はとても無理だからね」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前6:10  ベラの消息不明から36時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラインハットの地下洞窟 地下1階


フォーネのこうげき!

フォーネ「えりゃあーっ!」ジャラ ゴゴン!

ガメゴンたちに最大22のダメージ!

ガメゴンA「ガッ」  ガメゴンB「ゴルル」ベタッ


ルーシーは炎のツメをふりかざした!ツメのさきからほのおのたまがとびだす!

ゴオッ メラメラメラ

ガメゴンたちに19のダメージ!

ガメゴンたちをやっつけた!


アンナ「陛下」  デール「申すがよい」

アンナ「いまだに魔物が巣食うラインハット城の実態、これは不名誉では…

ドミニク「アンナ、愚かもの!身のほどをわきまえず何を言っている!」


デール「…地下を根城にするネズミのような魔物なら人間界にもたくさんいるだろうから、」

デール「不名誉かはボクはわからない。が、太后たる母上に化けた魔物が現れたのは最悪だ」

デール「本物の母上がこの地下牢に閉じこめられたことに、ボクは気づきさえもしなかった」

デール「このことは我が王室のヘマだし、ここの地下牢はラインハットの暗部そのものだよ」

アンナ・フォーネ・ドミニク「…………」


ルーシー〈あっ…あの、ですとデール様…」オズオズ  デール「うむ」

ルーシー「アンナが申したように、地下の魔物はわが軍が一掃するべきではないでしょうか」

フォーネ〈…お、お城と、町の治安にとっても良くないですし…〉

ドミニク「小さい!そんな声が陛下のお耳に届くか!」

フォーネ(ううっ。だって失礼なことを言ってしまったらドミニク怒るじゃない)


デール「実はこの洞窟の存在は、帰ってきた兄上に教えられて、その時に初めて知ってね」

デール「そもそもボクはラインハットの牢獄の場所も知らなかったし、その発想もなかった」

デール「この地下牢はボクが生まれる前からあったんだろうに。ボクは本当に幸せ者だ」

ヨタヨタ ビチャ

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「?」ジャキッ

くさったしたいが4ひきあらわれた!


アンナ「陛下お下がりください!」  ドミニク「うああーっ!」グワッ!

ドミニクのこうげき!くさったしたいAに42のダメージ!

デール「……兄上はひどい生活環境を生きのびた。奴隷として、それも10年も」

デール「兄上が連れ去られたセントベレスは、おそらくここのような世界だったんだと思う」

デール「だからボクは毎日ここの空気を感じていたい。痛みを知り、血と汗を流したいんだ」

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「……?」

デール「ハハハわからないか。今の国王はこのままのここが必要だ。そう覚えておけばよい」

アンナはとまどっている。

アンナ「陛下、私どもはこの洞窟の魔物とは戦ってはならないということでしょうか?」

デール「そうだな…迎撃は認めよう。魔物から襲われることはある…… たあっ!」ヒュッ

デールのこうげき!

パパパァン!

くさったしたいたちに最大85のダメージ!

くさったしたいたちをやっつけた!


くさったしたいたち「「」」ドシャドシャドシャドシャ

ドミニク「お見事です!陛下」

デール「(ビンッ)あそこにも何かがいる」チラッ

スライムナイト「!? そりゃっ!」ピュンッ

スライムナイトはにげだした!

デール「あれがスライムナイト! 魔物語がもっとわかればボクも会話できるのかな〉


ポチョン ポチョン

デール(水滴音と魔物の生活音がたまに聞こえるだけの、静かな世界だ)

デール(ロウソク一本の小さな燭台が長い間隔で備えつけられている。とても薄暗い)

デール(…こんなところにずっと閉じこめられた人間はどうなるんだ。ボクならどうなる…)

デール(地下牢から解放された母上には威勢がなくなっていた……。……兄上は……?)

デール(………兄上にはトンヌラさんがいた。そして……また共に旅立っていった)


デール〈……牢獄のような魔界へ〉ウツムキ

アンナ「陛下?」

デール「…うむ。今日は重要な会談の予定があって時間がおしい。特訓相手を務めてもらう」

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「はっ!」カシズキ

時刻的にそろそろグランバニアで議会が開かれる頃?
それとも、ポートセルミに向かってヨシュアと合流し情報交換するのかな

>>1さんに質問です。
安価で国家間会議?に赴くのは大臣に決まりましたが
①ラインハットでの会談の様子は見られないのですか?
②大臣に『質問して欲しい事柄』は、スレ住人から提示しても良いのでしょうか?

※「>>45

※「①首脳会談は描写される予定です」

※「②皆さんの参加は考えていませんでしたが、検討してみます」
※「ご期待に添えるような結果にならなかったらごめんなさい」

>>1さん回答ありがとうございます。

①会議描写ありで良かったです。
もしかすると
大臣グランバニア出立             時
   ↓                      間 ↓
その間留守番メンバーで何かしら行動?  経
   ↓                      過 ↓
大臣帰還し内容を口頭で伝える
の流れで、描写が無いかと危惧していたので

②検討の結果、参加無しの方向でもグランパニア大臣は
後方支援(not主力)メンバーなので致し方ないと思います。
しかし、検討の機会ありがとうございます。
 
以下、差し出がましいようですが提案です。
 ◇早朝のグランバニア議会で、ゆかりんが大臣に
  首脳会談でデールに聞いてほしい事
  (このタイミングで参加時間をとり集計するのはどうでしょう?)を伝える
 ◆首脳会談が始まって、デールはじめ代表者と対峙した時
  (この場合、このタイミングで参加時間をとるのがよい?)

グランバニア城 2階 女従者の部屋


シビリン『……すぴー……ミニモン……なニたべテル?』ムニャムニャ ウーン

ゆかりん「……」スヤスヤ

おさけの童女はベッドでうつぶせになり、懐中時計を見つめている。

シャオン(童女)「ごーじゅろーく、ごーじゅなーな、ごーじゅはーち、ごーじゅきゅ…」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前7:00  ベラの消息不明から37時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


シャオンのこうげき!ゆかりんに2のダメージ!ゆかりんはめをさました!

ゆかりん「く!?」ガバッ

シャオン(童女)「7じになったよおねえさま!おはようございます!」バンザーイ

ゆかりん「お…おはよう…」ボーゼン

シャオン(童女)「おねえさまにいわれたとおり7じにおこしました!えらい?」ジーッ

ゆかりん「う、うん。いい子ね。シャオン」ナデナデ  シャオン(童女)「わぁー」ニコニコ




……

………

ゆかりんは身支度をととのえた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん

★でんせつのゆうしゃ
レベル:99(/99) Max!
ねんれい:19歳くらい

ひかりのドレス(ワンピース) ヘアバンド エルフのおまもり

ニフラム ホイミ メラ ベホイミ ルーラ ギラ トヘロス リレミト ラリホーマ
ザメハ マホステ アストロン イオラ ライデイン ベホマ ザオラル ベホマズン
ギガデイン ミナデイン パルプンテ ギガソード ジゴデイン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


シビリン『……オいシそウだネー……』ムニャムニャ

シャオン(童女)「シビリンおにいさまもおこさなくていいのですか?」

ゆかりん「うん。たぶんまんぞくに眠ってなかったとおもうんだ」

シャオン(童女)「はーい。ねえおねえさま!きょうはてんくうのそうびにしないの?」


ゆかりん「いまから行くポートセルミは武装がダメな国なの。帰ってきたらそうびするね」

シャオン(童女)「あたしもそのポートセルミへついてゆきますか?」

ゆかりん「ううん、ここで留守番してて。9時にはもどるから」

シャオン(童女)「じゃあ、ひしょのおねえさまがきたらそうゆえばいーい?」


ゆかりん「うん、お願い。……ね、シャオン。その姿でへやから出ちゃダメだよ」ナデナデ

シャオン(童女)「どうして?あたしニンゲンのれんしゅうしたいです」ミアゲル

ゆかりん「えっと…。お城にちいさな女の子がいると、お城のひとたちが驚いちゃうの」

ゆかりん「練習したいならオリビアさんに相談してみて。ちゃんということを聞くんだよ」

シャオン(童女)「はいっ!ひしょのおねえさまをまって、ちゃんとおるすばんしてます」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前7:20  ベラの消息不明から37時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ポートセルミ郊外 海岸平野


ザザァン ミャァミャァ  スタッ

ゆかりん(…ポートセルミも快晴だ。朝からあついなぁ……)


ゆかりん(まず、わたしはぶじに入国できるだろうか?)

ゆかりん(教団銀行の総裁ロベオティオスは、この国の商人ギルドの議長をつとめている)

ゆかりん(無人島でわたしたちとイブールたちが一戦まじえたのは、つい昨日のこと…)

ゆかりん(カミはおにいさんとカオルさんの無事をかくにんしたけれど、)

ゆかりん(わたしたちの手配はきびしくなっていてもふしぎじゃない……)


ゆかりん(このポートセルミにイブールがいれば、転移制御される可能性も出てくる)

ゆかりん(たぶんシャオンの転移制御ほどの効果範囲じゃなさそうだけど、)

ゆかりん(実力行使でにげなくちゃいけなくなるかもしれないことは心得ておかなきゃ)


ポートセルミ 南門 検問所


ワイワイ ガヤガヤ

旅の若者「すっげえ人だよお…。この世にゃこんおっかねえとこあんだなあ」ポカーン

旅の行商「ふう、やれやれ!朝くらいは検問待ちをかんべんしてくれないかね」クッシン

ゆかりん「………」チラッ  国境の兵A「ん?」

ゆかりん「あ、あは」ニコッ  国境の兵A「///」プイッ

ゆかりん(衛兵さんはわたしをあやしんでないみたい。今のところだいじょうぶ…?)




職員の男「良い取引を。次の方どうぞー」

ゆかりん「…はい。おはようございます。ポートセルミのかぞくに会いに来ました」

職員の男「ふむ。ポートセルミは何回目ですか?」ガサガサ

ゆかりん「2回目です…(たくさんの書類をみてる。手配書もあるよね…)…きゃっ!?」

職員の女Bはゆかりんの装備とアイテムをしらべている!


職員の男「お名前をお願いします」ジッ  ゆかりん「シャイナです」ドキドキ

職員の女B「失礼しましたー」ペコリ  ゆかりん「……」ペコッ

職員の男「ご家族と良い一日を。次の方どうぞー」

ゆかりん「! ありがとう(…とりあえず検問もとおった…)


ポートセルミ 南門 


ザザァ… ミャァミャァ

荒くれ者C「お?おはよう。なあ、おまえクラリスのファンだよな」

荒くれ者A「んあ?スーザンも良いよ。昨日どうやって帰ったんか覚えねーや、がはは!」

荒くれ者C「ポートミクス行ったのかよ!金持ちめ。とにかくニュース聞けって!」グイッ

荒くれ者A「えー、いつも強引だなあ。おれっちそうゆうの頭痛くなんだよおー」ズルズル

ゆかりん(クラリスさん?アルパ・クローズで出会った踊り子の?)

ゆかりん(そういえばクラリスさんはポートセルミにいたって話をどこかで聞いたかも…?)

ゆかりん(アルパ・クローズ崩壊は…4日前。遠いポートセルミにその情報が届いたのか?)


演説の男「かつてポートミクスの花形ダンサーだったクラリスを諸君も知っているだろう!」

*「あったりまえだあ!」  *「俺は今でも好きだぞォ!」

演説の男「そのクラリスは、教団の国アルパ・クローズを滅ぼしたテロリストらしいのだ!」

*「「ええーーっ!?」」  *「嘘つけーっ!」  *「クラリスを侮辱すんなァ!」


演説の男「確かに私がこの目で見た訳ではない!だが教団はクラリスを指名手配している!」

*「「えええーーーっ!?」」  *「嘘だろ…」  *「そ、そうだ!意味がわからん!」

演説の男「テログループの名前はルドラジーラ!新たに教団の巫女も指名手配されている!」

ゆかりん「!(光の教団の巫女?もしかしてビアンカ?ビアンカが手配されたの?)


演説の男「我らがポートセルミは商業都市だ!王国でも宗教国でもない!」

演説の男「この国ではルドラジーラのテロは起こらないだろう!安心したまえ!」

*「「…………」」ザワザワ  *「サラボナの方だもんな」  *「西の国は嫌だなあ…」

演説の男「詳しくはこの今朝付のポートロイヤル新聞に書いてある!30ゴールドだ!」


演説の男「指名手配犯には教団から懸賞金がかけられているぞ!その一覧も載っている!」

*「いくらかな?」  *「この国にゃ関係ねえや」  *「1部買おう」  *「私も!」

荒くれ者A「ウソだあ~!クラリスー!おーいおーい」ポロポロ

荒くれ者C「商人ギルドに所属する大手新聞の演説者だからな!でかい図体して泣くなよっ」


ゆかりん(ビアンカやクラリスさんに懸賞金がかけられた? わたしも読もう)ゴソゴソ

ゆかりん(100ゴールドくらいしか持ってない。ジローさんの開発についやしたからなぁ…)

ゆかりん「すみません、ひとつください」  新聞売り「どうも!きれいなお姉さん」

ゆかりんはC月12日付のポートロイヤル新聞を手に入れた!


ポートロイヤル新聞には、ルドラジーラの容姿と特徴、懸賞金が記されている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【懸賞金】(生け捕りは上乗せの場合あり。数字はゴールド)

[ルドラジーラ 10万][カイン 50万][クラリス 100万][ビアンカ 300万]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ゆかりん(ビアンカに300万ゴールド…。いけない。ビアンカは今どこ?ベラがいない今、)

ゆかりん(レミラーマじゃ探せない…。 ! ちがう。教団がベラのレミラーマで探せる!)

ゆかりん(ベラが囚われて37時間だ。きっと場所は割れてる…。……もう捕まってるかも)

ゆかりん((ミアゲル)…どうする。今すぐ天空城でたしかめるか?)ガサッ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
[ゆかりん 5億][ヨシュア 860万][シビリン 1,800万][スマハち 1,300万]
[ホーコ 2,800万][ゲン 730万][チョロゲ 60万][トンガリ 20万]
[バット 30万][ヨシノブ 25万]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ゆかりん(トンヌラサーカスの情報だ。……5億って。現実感がなくて逆に安全なかんじ…)

ゆかりん(…魔界にいるトンヌラたちは載ってないのか。…………。シャオンも載ってない)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前8:00  ベラの消息不明から38時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ポートセルミ  酒場宿ポートミクス
宿屋“メダパニダンサーと怒涛の羊亭”  3階  吹き抜け回廊


ゆかりん(…23号室。おにいさんの部屋の前だ。尾行や監視はなかったとおもう…)コンコン

ゆかりんはトビラをノックした。

*「…………。はい」

ゆかりん(しっかりした男性の声。おにいさんだ。「…おはようございます。ゆかりんです」

*「!…… ……」ガチャ


宿屋“メダパニダンサーと怒涛の羊亭”  3階  23号室 応接間


ヨシュア「ゆかりんさま、よくぞ御無事で!」カシズキ  カオル「勇者さま…!」ペコリ

ゆかりん「遅くなりました。シビリンは助かったけど、ベラはまだつかまっています」

ヨシュア「…デボラさまも昨晩そう仰っていました」

ゆかりん「! デボラさんが?」


カオル「昨夕の定例議会終了後、デボラさんは議長をダンスショーに誘ったそうです」

ゆかりん「議長って、教団銀行の総裁ロベオティオスのことですか?」  カオル「はい」

ゆかりん(ロベオティオスは無人島でたたかったあと、夕方には議会にでていた……)


…………

………

……



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月11日 午後7:45  ベラの消息不明から25時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ポートセルミ  酒場宿ポートミクス  1階  ダンスステージ


♪   ♪   ♪     ♪♪♪♪♪♪♪   ♪♪♪     ♪   ♪

ダンサーたちはいろっぽくおどっている!

荒くれ者A「ヒューヒュー!ここのステージはいつ見てもサイコーだぜっ」

荒くれ者B「う~んスーザンちゃ~ん!こっち向いてえ!」  スーザン「うふっ」クルン

スーザンは2階のバルコニーへ観客の意識をうながした。

街の少女B「…キャーッ!?デボラさまよっ!」ミアゲル  *「まさか踊るのかー!?」

街の少女C「あれ…?デボラさまの隣にいる仮面の白い人って、教団の人よね」ミアゲル

街の少女C「えらい人だったような…デボラさまと仲いいの?」  *「降りて踊れー!」


宿屋“メダパニダンサーと怒涛の羊亭”  2階  特別観覧室1  バルコニー


デボラ「そのうち踊ってあげてもいいわよ。私の気が向いたらだけど」ミオロス

ロベオティオス「ポートミクスの美しき主から直々にお招きいただいて、実に光栄ですよ」

デボラ「あら、本当かしら? 断ると思ってたからおどろいたわ」

*〈デボラさま来てーっ〉  *〈スーザンいいぞォー!〉  *〈たまりませんなあ!〉

デボラ「あなたが一人で来たから、私も一人。護衛はいないわ。ヨシュアは部屋にいるわよ」

ロベオティオス「!…」

デボラ「だからといって変な気を起こさないでね。たくさんの人が私たちを見てるから」

ロベオティオス「………」ミオロス

デボラ「それからあなたの能力はわからないけど、私はマホカンタをまとっているわよ」

*〈スーザーン!〉  *〈議長もお好きなのかーい!〉  *〈〈わっはっはっは!〉〉


ロベオティオス「…………。私と忌憚なく話をしたいという事かな?」

デボラ「そういうこと。シビリンとベラがどこにいるのかをまず教えてほしいわ」

ロベオティオス「勇敢な事だな…。…まあいい。シビリンはグランバニアだろう。推測だが」

デボラ「推測ですって?」

ロベオティオス「確証がない。ベラはカジノ船だ。貴重な存在だから国賓同然に饗している」


デボラ「………。じゃあ、勇者がいつまでもポートセルミに来ない理由ってなんなの?」

ロベオティオス「グランバニアへ放った刺客のラナルータで勇者たちを封ずる戦略を用いた」

デボラ(ラナルータ…?そういえばフローラからそんな呪文を聞いたような覚えがあるわね)

ロベオティオス「最短で半日間。天空の神も封じていれば大成功だが確認はできん。賭けだ」


デボラ(……ずいぶん気前よく話すけど…「……すると、今あんたたちはチャンスじゃない」

デボラ「私の誘いに乗りたかった気持ちは仕方ないことだけど、他に何か用がないわけ?」

ロベオティオス「…………。心配は御無用だよ。だが御忠告通り辞去させていただこうかな」

パチパチパチパチ!  *〈〈ピーピー!〉〉  *〈〈アーンコール!アーンコール!〉〉


デボラ「ちょっと!カジノ船の運営権はともかく、あの船で奴隷を虐げるのはやめなさいよ」

ロベオティオス「同感だね。ゲマのような悪趣味は好かん。大教祖の寛容も理解できんがな」

ロベオティオス「数日中に世界規模の革命が起こる。全てそれからだが…。……では、失礼」




……

………

…………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前8:10  ベラの消息不明から38時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ゆかりん「あのおばけキャンドルのラナルータは、やっぱりそういう意図だったんだ」

ヨシュア「銀行総裁の言動ははかりかねますが、デボラさまには危険を及ぼさないようです」

ゆかりん「ポートセルミを代表する酒場宿のオーナーだからかな…?安心はできないけど…」

ゆかりん「今、デボラさんはどこですか?」

カオル「館長室でお仕事だと思います。……あの、夫はお役に立てましたでしょうか?」

ゆかりん「もちろんです!ジローさんの開発がなかったらシビリンを助けられませんでした」

カオル「…!良かったです。ありがとうございます」ペコリ


ゆかりんはシビリンとベラの救出作戦の概要とデールからの手紙について説明した。

ポートセルミ 酒場宿ポートミクス 7階 館長室


ゆかりん(……ひろくてりっぱな部屋だなぁ。きらきらした調度品や美術品がいっぱい……)

ゆかりん(トンヌラの部屋とにてるかも。あのおおきな絵はなんだろう?織物みたいだけど)

デボラ「ああこれ?タペストリーね。パパって変なものをほしがったけどこの部屋は好きよ」


ゆかりん「デボラさん、わたしたちのために危ないことまでしてくれてありがとう」ペコリ

デボラ「あんたが気にすることじゃないわ。私の男の部下は、私の部下なんだから」

ゆかりん「ま、また私の男っていってる!」ガチャン

ヨシュア「ゆかりんさま…」  カオル「まあ。ふふふ」

ヨシュア「笑い事ではありません」アセアセ  カオル「そうなの?」ニコッ


デボラ「だって本当のことじゃない。私が面倒みてあげるのは当然のことよ」

ゆかりん「デボラさん前会ったとき、わたしたちに借りがあるだけっていってたもん!」

ヱビス「とにかく。護衛も付けんのは無茶だぞ。お嬢ちゃんを侮るわけじゃないが…

デボラ「いつまでも昔のことをうじうじと……。これだから年寄りってイヤなのよね」

ヱビス「」  ゆかりん「とっ、とし…わっわたしもそうなる…のか?ショック…かも…〉


デボラ「なんであんたが落ち込んでるのよ」  ゆかりん「やっぱりデボラさんきらい」

デボラ「あら残念ね。私はあんた嫌いじゃないわよ」アシグミ

ゆかりん「ぐすん。…ラインハットが、グランバニアと教団のあいだにはいってきた話…」

デボラ「……。ベラは大切にされてるみたいだし、奴隷の人たちも一応、生きてるみたいね」

ゆかりん「カミもそう言ってたから…まちがいない。ラインハットもそれを保証するって」


デボラ「奴隷を迫害したり、戦争をしかけたら、ラインハットはその国と対立する…」ジッ

ゆかりん「うん。その解釈でいいとおもう」  ヨシュア「我々はどうすべきでしょうか?」

デボラ「…ヱビス、あんたならどうする?」  ヱビス「…俺? ………。待つしかないか」


ゆかりん「天空城は今、リゾート島にむかってるの。日の入りには到着するかもしれない」

デボラ・ヱビス・ヨシュア・カオル「!」

ゆかりん「カミは、わたしたちならベラとドレイのひとたちを解放できる…とも言ってた」

ヨシュア「! しかし…」ググッ  デボラ「強行すると、ラインハットが対立するわけね」

デボラ「教団ならラインハットとの関係はどうでもよさそうだけどあんたたちは違うわよね」


カオル「グランバニアとラインハットはお話が必要ですね」

デボラ「…とりあえず、ヨシュアとカオルもグランバニアに戻ったらどう?」

ゆかりん・ヨシュア・カオル「!」  ゆかりん「……そうだね…とくにカオルさんは…」

デボラ「ポートセルミにいることがムダとは言わないけど、ヨシュアも武装してないし、」

デボラ「できることは限られると思うわ。まあ、私のそばにいたいんなら仕方ないけど」


A ヨシュアはポートミクスで滞在を続けよう

B ヨシュアもひとまずグランバニアに戻ろう

C ヨシュアはデボラを主人とし護衛につこう

>>57の投下時刻~2014/12/12(金)6:00までのレスで多数決
同率一位の場合、6:00直前のレスを採用

ゆかりん「ヨシュアさんもひとまずグランバニアに戻ってくれますか?」

ヨシュア「はっ。ゆかりんさまの仰せのままに」カシズキ

ヨシュア「リゾート島の作戦決行の際は、私も是非。必ずや御役に立ってみせます」ミアゲル

ゆかりん「わかりました。でも、しつこいようですけど…ラインハットとの会談しだいです」

ヨシュア「ははっ!」カシズキ


ゆかりん「グランバニアに戻ります。デボラさん、ヱビスさん、おせわになりました」ペコリ

ヱビス「俺は何もしとらんよ」ウデグミ

デボラ「というかあんたまた今夜来なさいよ。お互い、情報交換が必要だと思うわ」アシグミ

ゆかりん「……そうだね。……はやくトンヌラがおかあさんと人間界にもどれるといいなぁ」

デボラ「ふふん。それがトンヌラとトンヌラのパパの旅の目的なんだしね」


ゆかりん「うん。……ここから外にでられるところってある? 非常口だといいけど……」

デボラ「ヱビス、案内してよ」ヒラヒラ

ヱビス「ん? 構わんが、外でどうする」クイッ

ヱビスとゆかりんはいなくなった。

ヨシュア「デボラさま、失礼します」フカブカ  カオル「ありがとうございました」ペコリ

ヨシュアとカオルはいなくなった。


デボラ「………… ! あの子たち、チェックアウトせずに帰るつもりだわ。まったくもう」

デボラ「ねえ」チラッ  街の淑女A「はい」

デボラ「例の3階の23号室と24号室だけど、あんたかわりに引き払っておいて」

街の淑女A「わかりました」タタッ


ポートセルミ 酒場宿ポートミクス 7階 非常口


ガチャリ  ザザァ… ミャアミャア  ワイワイ ガヤガヤ

ヱビス「…手すりのない緊急避難用の階段だが良かったのか?足を踏み外すなよ。お姉さん」

カオル「は…はい」ドキドキ

ゆかりん「ここならだいじょうぶ。…下はもう人がいっぱいね。今日もにぎやかだ…」ミオロス


ヨシュア「美しい国です…。万物の知恵とその蓄積が豊かな営みを支えているのでしょうか」

ヨシュア「奴隷の命と尊厳を礎石とするセントベレス大神殿は、教団の悪の具現物ですが…」

ヨシュア「私はあの大神殿にも美を感じます。…美とは何なのか。何故心は動くのでしょう」

カオル「………。……」

ゆかりん「ヨシュアさん…(なにか思うところがあったのかな…)

ヨシュア「(カァッ)申し訳ありません。お恥ずかしい。また訪れたい街です。そう思います」


ヱビス「……いつでも来てくれ。お嬢ちゃんは…オーナーのことだが…友を作った方が良い」

ゆかりん・ヨシュア・カオル「!」

ヱビス(やれやれ、俺も進歩せんな。また要らんお節介だ)

ゆかりん「ありがとう。…また来ます! ヱビスさん、それじゃあ」カッ

ゆかりんはルーラをとなえた! ゆかりんとヨシュアとカオルは音もなくきえさった!

ヱビス「! …!? これはいったい…(キョロキョロ…ズルッ)るお――っ!?落ちるー!」グググ

…………

…………

…………

…………

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※「爵位は侯爵。オジロン王の懐刀、グランバニア大臣のなまえをいれてください」


次回更新までのレスから、ランダムに決定

次回更新までに候補が挙がらない場合は>>1が考えます
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

…………

…………

…………

…………

グランバニア城 2階 女従者の部屋


おさげの童女はシビリンをひざにのせてベッドに座っている。

シビリン・シャオン(童女)『……』ジー…

カシャ カシャ  パチン

ゆかりんは天空の武具を身につけた!

ゆかりん「よし」キッ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん

★でんせつのゆうしゃ
レベル:99(/99) Max!
ねんれい:19歳くらい

天空のつるぎ 天空のよろい 天空のたて 天空のかぶと エルフのおまもり

ニフラム ホイミ メラ ベホイミ ルーラ ギラ トヘロス リレミト ラリホーマ
ザメハ マホステ アストロン イオラ ライデイン ベホマ ザオラル ベホマズン
ギガデイン ミナデイン パルプンテ ギガソード ジゴデイン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


シャオン(童女)『わぁー。おねえさますてきですね!シビリンおにいさま』ギュッ

シビリン『ツよイゆかりんダよー。ゆかりんタたかウの?ソレともベラたすケにイク?』

ゆかりん『ううん…。えらい人たちとたくさん会わなくちゃいけないからそうびしたの』

シビリン『ちガウのかー』フーム  シャオン(童女)『ニンゲンっていろいろたいへんだ』


グランバニア城 4階 トンヌラと従者の部屋


ヨシュアは黄金の武具を身につけた!

ヨシュア(さて…これからだが。まずは、ラインハットへの同行を命じられるかもしれんか)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシュア

じあいのきし
レベル:48(/99)
ねんれい:22歳

デーモンスピア ミラーアーマー グレートヘルム みかがみのたて けんじゃの石
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


カオル「………」ウットリ  ジロー「カオルさんにも女の子な一面があったんですね…」ポケー

カオル「ふふふ。まるでおとぎ話のような、絢爛豪華な騎士さまなんですもの」

ヨシュア「先生。奥さま。間もなく会議の間で国議が開かれます。参りましょう」

ジロー「おっと。そうですね!」ガタッ

ヨシュア「………」チラッ  スマハち・ホーコ『?』


ヨシュア『せき…はずす……。…たの、む』

スマハち『どひゃあ!魔物語だべ』  ホーコ『ワカッタ。行ケ』コクコク

ヨシュア(……“わかった”…だろうか? 通じた気がする)ガチャリ

ヨシュア・ジロー・カオルはいなくなった。


スマハち『ホーコがまでーに返事したんず』  ホーコ『何ダ?ジェラシーカ?』

スマハち『ん。どべばよ?』  ホーコ『バーカ。ハイドノバーカ』プイッ

グランバニア城 2階 会議の間


ドリス(…どうしたらいい?……あたしの気持ちが両国を悪くしちゃうのなら……)ググッ

オジロン(娘が苦しんでおる。わしは王で父じゃが、わしが何度も慰めても良くないしのう)

ヌッティ伯爵「何故トンヌラ王子の配下が来ない? まあ構わぬが、勇者は必要だろう」

タンバリン男爵「殿下の臣下は優秀だ。ご心配には及びませんよ」

ヌッティ伯爵「は。臣下」

コンコン

パピン「!」


パピンはトビラをひらき、ゆかりんたちを招き入れた。

オジロン・ドリス・大臣・公爵・伯爵・子爵・男爵「!」  ドリス「ほっ…」

オリビア「……お待たせしまして申し訳ありません……」フカブカ

ゆかりんたちはオリビアにならっておじぎをした。


オジロン「いやいや、謝罪は無用じゃよ。ささ、そなたたちもかけてくれい」ニコニコ

ゆかりん(…デズモンさんはいない。ラインハットの学者だし、むずかしい立場か)スワル

ピピン(おじさんばっかりだなあ。みんなおとうさんよりえらそう)スワル

パピン(むむ、ピピンの参加は良いのでしょうか。父親の方が緊張していますよ…)ドキドキ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
高官会議 出席者

オジロン王 ドリス姫 大臣(パドーシヴァ侯爵) クマタン公爵 ヌッティ伯爵
ドレイク子爵 タンバリン男爵 パピン兵士長 勇者ゆかりん 元教団騎士ヨシュア
王子第一秘書ピピン 王子第二秘書オリビア 学者ジロー 学者夫人カオル
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前9:00  ベラの消息不明から39時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大臣「では開会いたします。わが国はラインハットと国交を設けて友好条約を締結したが、」

大臣「その大きな目的は、光の教団などによる世界危機への抑止力を期待するものだった」

クマタン公爵「それはパドーシヴァ侯の主張に過ぎんな。あの条約にそこまでの効果はない」

ゆかりん《…パドーシヴァ侯ってだれ?》  ピピン《だいじんさまだよ。しゃくいめい》


クマタン公爵「トンヌラ殿下とその臣下の働きがなければ、諸国の苦難は続いておるはず」

大臣「いかにも…」  ヌッティ伯爵「アルパ・クローズを滅ぼしたのはその王子らだろう」

ゆかりん・ヨシュア・オジロン・ドリス・ジロー・カオル「!」

ドレイク子爵「少し違う。アルパ・クローズは既に内戦で、殿下御一行は巻き込まれた形だ」

ヌッティ伯爵「いいや。王子は国家転覆を図る正体不明の男に同調したという報告だった」

ヌッティ伯爵「そうなんだろう?オリビア」チラッ  オリビア「…(コクリ)」


ヌッティ伯爵「王子から同盟関係を反故にされたアルパ・クローズの残党に泣き付かれて、」

ヌッティ伯爵「ラインハットは我が国を危ぶんだ。だからこんな文書を記したのではないか」

ドレイク子爵「姫とヘンリー殿下の記述がなく、私は先方の何らかの意志か自信を感じるが」

ドリス「…グランバニアとラインハットが争うようなことにはなりたくないのよ。絶対」キッ

タンバリン男爵「姫のご存念、我ら深く心に。但し覚悟はしましょう。奴隷の事もあります」

ゆかりん(あ。この男爵さん、わたしに現代のダンスをおしえてくれたひとだ)

ゆかりんはシビリンとベラの救出の概要と、知り得た現状について説明した。


ジローはモンスターほいほいのフタをひらいた!

ジロー「平和度指数は…【08.8/10.0】! 残念ながら、危険のピークを更新しています」

ゆかりん・ヨシュア・ピピン・オリビア・ドリス・カオル・オジロン・大臣「!」

ゆかりん「きのうは08.5に下がってたのに…」  ヨシュア「何か、別の要因でしょうか」


クマタン公爵「…その怪しい計器を信頼しとるのかね?どうせそれも実証できんのだろうに」

ジロー「結果を想定し構成を仮定する私の発明は常に理論が未解明でして…」ガリガリ

ゆかりん「ほんとうはただのおもちゃかもしれませんね。わたしにも証明なんてできません」

ゆかりん「でも、天空のカミはモンスターほいほいの数字を信頼してるみたいです」

クマタン公爵「……天空界が重用しておるなら、この学者の才能も本物か……」


ゆかりん「天空城は、ベラとドレイのひとたちのいるリゾート島の上空へちかづいています」

ピピン(ベラ…!)  タンバリン男爵「麗しきエルフ。成年には見られないのが悩ましい」

ゆかりん「カミの見立てではわたしたちのチカラでベラとドレイのひとたちを解放できます」

ピピン・オリビア・オジロン・ドリス・大臣・公爵・伯爵・子爵・男爵・パピン「!」


ドレイク子爵「勇者様。その解放作戦は天空城がリゾート島に着陸するという事ですか?」

ゆかりん「いいえ。天空城はじょうくうに滞空したまま、わたしたちだけが着陸します」

ドレイク子爵「そんな事が可能なのか?」ウデグミ

ヌッティ伯爵「却下だ。我が国は国際社会に世界平和を掲げる。卿らは動乱が好きなのか?」


ヨシュア「しかし伯爵、セントベレスの奴隷解放もまた国際社会の必須事業だと思うのです」

ヌッティ伯爵「だからラインハットが奴隷の命を保証しただろう。準騎士風情は口を開くな」

大臣「ヌッティどのは騎士の誇りをお持ちだな」  ヌッティ伯爵「当然だ。何だ?大臣」

大臣「ヨシュアどの。騎士の誇りはお持ちかな」  ヨシュア「はい。命は主に預けました」

大臣「グランバニアの騎士は決闘権を有する。貴殿の主は、貴殿の妹君をかけて決闘された」

ヨシュア・伯爵・ゆかりん・ドリス・ピピン・オリビア・ジロー・カオル・男爵「!」


大臣「決闘は名誉回復の為に申し込んでもよい。間違いないかな。ドレイク将軍」チラ

ドレイク子爵「うむ。ヨシュア殿は侮辱され条件も満たしている。決闘の際は言ってほしい」

ヨシュア「ははっ!」ザッ  ヌッティ伯爵〈!!…………〉ダラダラ

ピピン(はくしゃくさま、かおがまっさおだ。ボクもくちにきをつけなきゃなー)ドキドキ


大臣「オジロン王。デール陛下直々から招聘を受けた以上、誰かが赴かなければなりませぬ」

オジロン「……うむ。気持ちとしてはわしが行きたいんじゃが」  ドリス(……親父……)

ドレイク子爵「勇者様。ルーラという呪文は、どれほどの兵数が転移可能ですか?」

ゆかりん「…いまのMPをぜんぶつかうと、450人あまりです。往復を考えないなら倍です」


ドレイク子爵「一個大隊か…。格好はつくが、今からの召集では練度に不安がある」フーム

タンバリン男爵「それに宣戦布告や奇襲を疑われませんか。ゆかりん様のご負担も大きい」

ゆかりん「わたし、会談にでるのは大臣さん…パドーシヴァ侯爵がいいとおもうんです」

みんな「「…!」」ザワッ

クマタン公爵「私は反対だ。陛下は御自ら国の道標となられて民にその御姿を示すべきです」

ドレイク子爵「…言いにくいが、現政権は傀儡と評されがちだし…その指針には賛同するが」

オジロン「それは次の国王陛下にお任せするかのう。トンヌラならそれができるはずじゃ」

みんな「「!」」

オジロン「人には、向き不向きがあってな」  大臣「オジロン王!軽はずみにそのような

オジロン「待て待て。人には適した役目がある。わしの長所はな、それを見出せることよ」

大臣・公爵・伯爵・子爵・男爵・ドリス「…!」


オジロン「そなたたちの尽力と民の働きと幸運がなければ、今日のグランバニアはなかった」

オジロン「先王パパスではつくれぬ良き国になった。わしはそれを誇りに思っておるのじゃ」

タンバリン男爵「王…!」ジーン  ヌッティ伯爵(身の程を知る国王だったのは幸運だな…)

クマタン公爵「王室は血と伝統です。それが不問では庶民化を招き、誇りは失われましょう」


ゆかりん・ヨシュア・ドリス・オリビア・ジロー・カオル「…………」

ゆかりん《なんの話になってるの? トンヌラなんてモンスターの仲間もいるけど…》

オリビア《……公爵様には王家の血が流れていますが、大臣の侯爵様は違うんです……》

ドリス《公爵って、大臣になりたかったらしくてさ、それで、大臣が気に入らない》

ゆかりん《はあ……。国ってやっかいだなぁ》  ドリス《ははは。ほんと》ホオヅエ


ピピンはげんきよく右手をあげた!

パピン「―――!?(ピピン!?何をするつもりだ!止めるか…!?いや!大丈夫)ドキドキ

ピピン「はーい!おうさま!あれ?だいじんさまかな?」ハイハーイ  パピン「」

ドレイク子爵「はっはっは。面白い息子だな」ポムポム  パピン「愚息です…」ダラダラ


オジロン「なにかな?ピピン。どんどん発言しなさい」ニコニコ

ピピン「はい!(スクッ)えっと、つぎのおうさまってトンヌラさまですよね!」

オジロン「そうじゃ。先王妃マーサを連れ帰った後に、王位継承式を執り行うつもりじゃよ」

ピピン「じゃあ、ゆかりんさまはつぎのおうひさまですか!?」

ゆかりん「!?!?」  ドリス「えっ。あんた今さらなんでびっくりしてんの?」


ピピン「あれ? マリアさまもそうだから、だい1ふじんなのかなあ」フーム

ゆかりん「!!?《なに言ってるのあのこ?これはなんの話なのー!》カァァァ グイグイグイ

ドリス「わ、わかんないって、おちつけおちつけ」ユサユサユサ

ピピン「みらいのふじんのゆうしゃさまがにんめいしただいじんさまがいいとおもいます!」

ヌッティ伯爵「……は。はは。これだから子供は」チラ  パピン「…………」ダラダラ


ドリス「……ぉ……(…………。……あーもー!)お父様!」ボッ

みんな「「!?」」  オジロン「…………。なにかな。ドリス」

ドリス「お父様がなぜ大臣にたくさんのことをお任せになるのかわかりました!」シュー…

ドリス「大臣!パドーシヴァ侯!わたくしもあなたを頼ります!…いいのね!?」フルフル

大臣「ははっ」

ドリス「王女として命じます。会談に赴きなさい!ゆかりんとヨシュアは大臣の護衛よ!」

大臣・ヨシュア「ははっ!」  ゆかりん「はっ、はい」アセアセ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午前10:00  ベラの消息不明から40時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラインハット城 3階⇔4階の螺旋階段


ラインハットの大臣と乙女騎士団は、パドーシヴァとゆかりんとヨシュアを先導している。

大臣「急の知らせに遠路はるばるご足労いただき感謝致します。パドーシヴァ侯爵」トコトコ

侯爵「卒爾ながらオジロン王の名代として参りました。失礼の段はお許しいただきたい」

大臣「ご心配なく。パドーシヴァ侯爵は、ラインハットに来られたことがございますか?」

侯爵「大陸から出ることが初めてですな。ラインハットの景観は精緻で、鮮やかに青い」


ヨシュア(私もラインハットは初めて訪れる。ポートセルミのような商業都市ではなく、)

ヨシュア(グランバニアのような城壁都市でもない。遠方に山は見えたが、平坦な土地だ)

ヨシュア(かつては西方への侵攻が盛んだったと聞くが、その割には国の防御は緩かった)

ヨシュア(このラインハットにこそ、グランバニアのような城塞が相応しく感じるが)


ゆかりん(……光の教団とつながってる以上、罠をちゅういしなきゃいけないけど……)

ゆかりん(いまのところ、問題はない。数日前のラインハットとかわらない……)ミアゲル

ゆかりんは乙女騎士団の装備をみている。

ゆかりん(……あれは、炎のツメ? アリーナ姫のものとにてる。女戦士たちに炎のツメ…)

ゆかりん(…ちょっとだけガーデンブルグみたいね。ラインハットも地下牢とかあるのかな)


ラインハット城 4階 ロビー


ゆかりん〈……? ここ、ヘンリーくんの部屋のまえです〉  ヨシュア・侯爵「!」

大臣「(コンコン)……王様。グランバニアのお客様をお連れ致しました」

ゆかりん(……王様はヘンリーくんの部屋にいるのか?)  ヨシュア・侯爵「………」


ラインハット城 4階 ヘンリー殿下の部屋


デール「ようこそいらっしゃいました。ラインハットの王、デールと申します」

デール「ゆかりんさん。今日もとても美しいです」  乙女騎士団「…!?」

ゆかりん「王様もごきげんうるわしく。今日は護衛です。ひとつたしかめさせてください」

デール「何です?構いませんよ」

ゆかりんは天空のつるぎをふりかざした!

デール・アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク・大臣・ヨシュア・侯爵「!」


まぶしいひかりがデールたちをてらす!

ドミニク「「陛下をお守りしろ!」」  ゆかりん「呪文と技の補助効果をうちけす光です」

デール「うろたえるな。…武装解除のようなものですか?すごいな。さすが伝説の勇者だ…」

デールたちにかかっているすべてのじゅもんのききめがなくなった!


ゆかりん「………ありがとうございました」チャキ  デール「いえ。もういいですか?」ニコ

ゆかりん「はい。安全上のりゆうでどうしても必要な確認でした。もうだいじょうぶです」

ゆかりん〈……何物かが王様にばけてるかを疑ったけど、ほんものの王様みたいです〉ヒソッ

侯爵(以前のラインハットの帝国主義は太后に変身した魔物の仕業とも聞く。なるほど)

デール「では、会談を始めましょうか。お相手は…パドーシヴァ侯爵。あなたですか?」

侯爵「御意」  デール「よろしくお願いします。他の方は外のロビーでお待ちください」


ゆかりん(王様はラインハット王室の衣装をまとってる。武器はなにもそうびしてない)

ヨシュア(ロビーからこの部屋を見る事はできないらしい。無論、聞き耳を立てても無礼だ)

ヨシュア(……会談の様子はわからないか)  ゆかりん(大臣さんにまかせるしかない)


ゆかりん・ヨシュア・アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク・大臣はいなくなった。


デール「昨日、光の教団のロベオティオス総裁に訪問されて教団との同盟を依頼されました」

デール「ボクにもかねてから考えがあり、会談の結果、教団との政教条約を調印したのです」

侯爵「ラインハットではグランバニア同様、光の教団の信仰を禁止しておりましたな」

デール「今もそうです。でも場合によっては認めることになるかもしれません」ギギッ

デールはガラスの窓をひらいた!


侯爵「既存の方針を変更した理由と、デール王のお考えをうかがいたい」クワッ

デール「…………………。ボクの兄上。ヘンリーとトンヌラさんは今、魔界にいますね」

侯爵「さらわれた先王妃マーサの救出は先王とトンヌラどの、ひいてはわが国の悲願ゆえ」

デール「光の教団の神は、魔界の大魔王ミルドラースと聞いています」


デール「兄たちの救出は成功すると思いますか?」

侯爵「! ………。魔界の情報はほぼ皆無です。憶測でしか言えぬが、救出が失敗すると?」

デール「現代人には未知の世界です。わかりません。でも魔界からの帰還に何年かかるのか」

デール「10年…。20年? 兄たちは二度と戻れないかもしれないし、死ぬかもしれません」

デール「そしてマーサ王妃が崩御されれば、大魔王ミルドラースは人間界に現れるでしょう」

デール「そうなれば世界情勢は光の教団に傾く。このことを人間界の元首は心するべきです」

侯爵「…………。ごもっともですな」


デール「すべて失敗するとしましょう。グランバニアはどうなりますか?」

侯爵「……勇者たるゆかりんどのが天空界とグランバニアを率いて、光の教団と戦うのか…」

デール「その考えだと、グランバニアもまたたくさんの命を奪う世界危機の一つになります」

侯爵「……では、トンヌラどのたちがすべて失敗する場合、ラインハットはどうされるのか」


デール「……………。すでに宣言したように戦争非協力の立場ですが……わかりませんね」

デール「中立国として情勢を監視するか…グランバニアか光の教団のどちらかと共闘するか」

侯爵「両国が争い合う可能性があるとおっしゃるのか」  デール「はい。ありえます」

デール「もちろんマーサ王妃が救出されればこんな心配をしなくてもいいんですが。ハハハ」


侯爵「………。救出に成功する場合、人間界における光の教団の動向はどうなるだろうか」

デール「……西にアルカパとレヌールという地方があります」  侯爵「存じております」

デール「そこで大教祖の宗派と総裁の新しい宗派が一緒になって新しい国をつくっています」

侯爵「!?」  デール「手出しはしないでくださいね。友好条約を破棄したくありません」

デール「大魔王が現れれば教団の国となり、大魔王が倒れれば教団は解体するそうですが…」

デール「名称を変えるだけなのか、別の社会制度に変わるのか、くわしくはわかりませんね」

デール「大きく見てボクと総裁の考え方は似ていると思いました。彼の展望は理解はできる」

デール「ただ、教団が兄上をさらい10年間も奴隷として扱ったことは気持ちが許せないし」

デール「セントベレスの奴隷たちと妖精のベラさんを不当に扱っているならそれも許せない」

デール「だから、ラインハットは政教条約の交換条件として、彼らの命と権利を求めました」

侯爵「……そしてそれは、グランバニアと光の教団の一時的な停戦を促した訳ですか」


侯爵「貴国のヘンリー王子とわがグランバニアのドリス姫のお話は、お聞き及びですかな?」

デール「はい。兄から意志を聞きました。…兄が戻れば。ボクからも正式に祝辞を送ります」

デール「…グランバニアの王女をいきなり未亡人にしてしまっては申し訳ありませんから…」


侯爵「デール王のご厚意…恐悦の至り。しかし、ドリス姫には無用の親切かもしれませんな」

デール「?」

侯爵「姫はとにかくヘンリー王子にぞっこんなのです。異性には全く無頓着だったのだが」

侯爵「この事実は今や国中が知るところで…。お戻りになるまで何十年でも待つでしょうな」

デール「………それは何と言うか……理解はできますが…。やっぱり兄上ってモテるんだな」


デール「さっきはいつ戻るかわからないと言いましたが、明日には決着がつくらしいですよ」

侯爵「!?」

デール「そう、ロベオティオス総裁が言っていました。その結果は世界の革命になるとも…」

デール「あまり真に受けてもおかしいですが。でも今の人間界が魔界次第なのは確かですね」


デール「魔界の神、大魔王ミルドラース……。人間は、勝つことができるんでしょうか」

デール「伝説になぞらえるなら…勇者のチカラがあれば? でもゆかりんさんは人間界です」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「デールと大臣の会談はそろそろ終わるかもしれません」

※「他にデールに言いたいことや聞きたいことはありますか?」


次回更新までのレスから、大臣が判断

おお>>1さん質問時間感謝します。

では、早速
 >>12 より抜粋
>光の教団の奴隷労働者の命と権利は、我ラインハットに委託され、またこれらを保証する
>我ラインハットに無断で宣戦布告と奴隷迫害を行使する国家との友好条約は破棄とする

① 何時セントベレス建設に携わった奴隷の命と権利はラインハットに渡されるのか?
② ベラがラインハットへ身柄を渡された場合 直ぐグランパニアに連絡することは可能か?
③ この『奴隷迫害』は光の教団側にも適応されているのか?
  (全員権利譲与せず、レヌール地方で新規開拓した二代目アルパ・クローズに
  労働奴隷として連れ去る事は無いのか?
  または、委託前に殺されるような事はないか? そして現状改善の余地か可能か?)
④ 新しい教団国とも同盟を結ぶつもりなのか?

とりあえずこのくらいかな?
また思い出したり、聞きたい事が出来たら書き込みます。

1 ラインハットとグランバニアは対等の同盟国のはずである。にもかかわらずグランバニアに何の了承も得ず敵対組織と協定を結び、事後承諾のようにそれを押し付けていることをなるべく穏やかに指摘(まずこれを言っとかないと対等の立場で話し合えない)
2 相手は一見独立国に見えるが本質的には大魔王の部下である。直接大魔王と結んだ訳でもない協定を信じるにたる理由はあるのか。大魔王が一言反古にしろと言えば彼らは拒否できないはずだ
3 グランバニアが敵対を止める場合は直接彼らと協定を結んだ場合のみである。ラインハットと光の教団の協定を無視する訳ではないがそれをもって間接的な立場のグランバニアの外交に干渉するのは的外れではないか
もしこれに対して教団が文句をラインハットに言ったとしてもやはりそれは的外れだ。教団は文句をグランバニアに直接言うべきである。したがってこれをもってラインハットとグランバニアの同盟を破棄するという言葉も的外れである
ラインハットと教団の協定とグランバニアと教団の敵対はラインハットグランバニア同盟に矛盾するとはおもえない

>>84の補足と追加

①改 何時セントベレス建設に携わった奴隷たち全員の身柄はラインハットに渡されるのか?
⑤  もし、ミルドラースが倒された後の解体された教団国に
    グランパニアがどうであれ接触(殲滅の為侵攻や希望者難民を受け入れる、など)
    した場合ラインハットはどう動くのか?
⑥  この、教団とラインハットとの条約を もしラインハットが受け入れない場合
    ロベオティオスは、教団がどのような行動をとるか。
    また、人間界側がどうなるであろうと言っていたか?
⑦  逆に、ラインハットが受け入れた現在。どのような事を想定しているかを
    総裁は何か言っていなかったか?

今後(恐らく決着のつく明日までだろうけど)光の教団と
国家間で対話したいという案が出た場合
ラインハットは仲介人というか、中立国として立ち会ってくれたり
会談の場を設けてくれることはありますか?

>>85 1
ラインハットとグランバニアは対等の同盟国のはずである。
にもかかわらずグランバニアに何の了承も得ず敵対組織と協定を結び、
事後承諾のようにそれを押し付けていることをなるべく穏やかに指摘
(まずこれを言っとかないと対等の立場で話し合えない)

>>85 2
相手は一見独立国に見えるが本質的には大魔王の部下である。
直接大魔王と結んだ訳でもない協定を信じるにたる理由はあるのか。
大魔王が一言反古にしろと言えば彼らは拒否できないはずだ


デール「対等の同盟国ですか? そんな関係があるとは思えない… 建前のお話でしょうか」

デール「ボクは若輩者ですから率直なお話しかできませんが、」

デール「各国それぞれ国力と国情が違います。大国グランバニアと対等な国は存在しません」


デール「それでも“ラインハットはグランバニアと対等の同盟国”と言ってくれるのなら、」

デール「グランバニアと対等であるラインハットにとっても教団は敵対組織になりますが…」

デール「以前グランバニアは、ボクの承認なく、アルパ・クローズとの協定を行われました」

デール「理由は不明でしたが、水のリングなどの兼ね合いだったと後に兄から聞いています」


デール「今回はラインハットが、世界の命のために、教団との協定を決断したわけですが…」

デール「このことを不都合と見るのは、ラインハットを対等とは考えていないからですね…」

デール「そしておそらく、パドーシヴァ侯爵もわかっていてのご主張ではないかと思います」

デール「……グランバニアの立場や、その大国主義は、ボクなりに理解しているつもりです」

デール「その上で……ボクもラインハットの国王として、使命を務めなくてはいけません」



>>85 3
グランバニアが敵対を止める場合は直接彼らと協定を結んだ場合のみである。
ラインハットと光の教団の協定を無視する訳ではないが
それをもって間接的な立場のグランバニアの外交に干渉するのは的外れではないか
もしこれに対して教団が文句をラインハットに言ったとしてもやはりそれは的外れだ。
教団は文句をグランバニアに直接言うべきである。
したがってこれをもってラインハットとグランバニアの同盟を破棄する
という言葉も的外れである
ラインハットと教団の協定とグランバニアと教団の敵対は
ラインハットグランバニア同盟に矛盾するとはおもえない


デール「…そうですか。では、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
我ラインハットに無断で宣戦布告と奴隷迫害を行使する国家との友好条約は破棄とする
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
デール「我ラインハット国王デールが、この宣言の撤回を保証します」



>>84 ③ 
この『奴隷迫害』は光の教団側にも適応されているのか?

デール「ご質問に関わる宣言を撤回したので無用の答えになりますけど、適応していました」


(全員権利譲与せず、レヌール地方で新規開拓した二代目アルパ・クローズに
労働奴隷として連れ去る事は無いのか?
または、委託前に殺されるような事はないか? そして現状改善の余地か可能か?)

デール「光の教団がラインハットとの条約を重く見る間はご心配には及びません。でも、」

デール「侯爵のようにボクとの条約に不都合があると考えれば、将来的にはわかりませんね」



>>86 ①改
何時セントベレス建設に携わった奴隷たち全員の身柄はラインハットに渡されるのか?

デール「まだくわしくはわかりません。魔界の決着後、すぐに話し合いがあると思います」

>>84 ②
ベラがラインハットへ身柄を渡された場合 直ぐグランパニアに連絡することは可能か?

デール「はい。そのつもりです。連絡手段はその時の状況によるのでわかりません」


>>84 ④
新しい教団国とも同盟を結ぶつもりなのか?

デール「今はそのつもりです」


>>86 ⑤
もし、ミルドラースが倒された後の解体された教団国に
グランパニアがどうであれ接触(殲滅の為侵攻や希望者難民を受け入れる、など)
した場合ラインハットはどう動くのか?

デール「ラインハットは、侵略や制裁の性格が強い戦争を行う国には反対の立場をとります」

デール「過去にパパス王とサンタローズを滅ぼしてしまった侵略を戒めとしているからです」

デール「パパス王のご一家はともかくグランバニアはサンタローズに対して鈍感ですよね…」

デール「難民の受け入れとその内訳については、また新たな会議が必要になると思います」


>>86 ⑥
この、教団とラインハットとの条約を もしラインハットが受け入れない場合
ロベオティオスは、教団がどのような行動をとるか。

デール「ラインハットは、ロベオティオス総裁から脅迫されたわけではありませんよ」

デール「それに教団からの条約を受け入れる義務もまたありませんでしたが、」

デール「結局は、ボクなりの正義心にもとづいて、申し出を受け入れることにしました」

デール「断っていた場合は、奴隷たちの命と権利が危なかったのではと思うのですが……」


>>86 ⑦
また、人間界側がどうなるであろうと言っていたか?
逆に、ラインハットが受け入れた現在。どのような事を想定しているかを
総裁は何か言っていなかったか?

デール「どちらの革命に転ぶかによるから予想や予知は不可能、とか言っていました」

デール「総裁は大教祖の啓示を重く見ていて、ラインハット訪問はその勧めもあったとか…」


>>87
今後(恐らく決着のつく明日までだろうけど)光の教団と
国家間で対話したいという案が出た場合
ラインハットは仲介人というか、中立国として立ち会ってくれたり
会談の場を設けてくれることはありますか?

デール「そうですね…。その時はラインハットで場を用意しましょう」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ラインハット宣言 改訂版】

グランバニアと光の教団の抗争は遺憾であり、我ラインハットは戦争非協力を宣言する
光の教団の奴隷労働者の命と権利は、我ラインハットに委託され、またこれらを保証する
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

侯爵(友好条約破棄の宣言が消失し、ゆかりんどの先導による妖精と奴隷の救出が可能だ)

デール「会談終了後、ラインハットの宣言の訂正は光の教団にも報告します」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


※「他にデールに言いたいことや聞きたいことはありますか?」

※「会談の安価は今回で最後です」


次回更新までのレスから、大臣が判断

ベラと奴隷達を救出に迎えに行ける事が可能になった
コトは良いことだけど、人質としての価値を自ら下げてしまったような…
最も危惧していた…
光の教団側としての足枷になる為切り捨てられる(殺される)可能性が

ふむ…まぁ、それは置いておいて
サンタローズの話題が出たのでそれを聞こう
折角の国家間対談なのだから、デールの考えは国の意向と受け取れるし

⑧サンタローズは現在カンダタ盗賊団と協同に村を維持していることは
 兄のヘンリーから聞いていると思うのだけれど…ご存知ですか?
⑨グランパニアはサンタローズと今後も接触し要請が有れば支援する…いわば
 友好状態を維持し続けたいとトンヌラ時期国王は考えていますが
 グランパニアが間に立って、三国?共同同盟を進めたい。という意見が出たら
 ラインハットは参加する意向はあるのか?
⑩サンタローズと二代目アルパ・クローズの領地が近いが
 総統はサンタローズについて何か言っていたか?
⑪もし、ビアンカという女性がこの国を訪れたら光の教団に身柄を渡さず
 ラインハットで保護をお願いしたい。
 そして、彼女が望んだらグランパニアに連絡と身柄をこちらに…という約束は出来ますか?

>>90 ⑧
サンタローズは現在カンダタ盗賊団と協同に村を維持していることは
兄のヘンリーから聞いていると思うのだけれど…ご存知ですか?

デール「何日前だったかな…。トンヌラさんたちが封印の洞くつで探検していた時です……」

デール「先月の20日かな。兄は盗賊団の客人で、団の出張所からラインハットに戻りました」

デール「この時ボクもカンダタ団長に会っています。西の河の関所の管理権の話をしました」

デール「大学者デズモンの出向もこの時に決まっていますね。二つとも兄が行ったことです」


>>90 ⑨
グランパニアはサンタローズと今後も接触し要請が有れば支援する…いわば
友好状態を維持し続けたいとトンヌラ時期国王は考えていますが
グランパニアが間に立って、三国?共同同盟を進めたい。という意見が出たら
ラインハットは参加する意向はあるのか?

デール「現在、サンタローズ支援を法に定めて行っているのは、我がラインハットだけです」

デール「事実上すでに共同同盟の状態ですし、実際に締結を表明するならボクも捺印します」


>>90 ⑩
サンタローズと二代目アルパ・クローズの領地が近いが
総統はサンタローズについて何か言っていたか?

デール「ラインハットは重要な国家で、その役割に多大な期待をしていると言われました」


>>90 ⑪
もし、ビアンカという女性がこの国を訪れたら光の教団に身柄を渡さず
ラインハットで保護をお願いしたい。
そして、彼女が望んだらグランパニアに連絡と身柄をこちらに…という約束は出来ますか?

デール「………パドーシヴァ侯爵、やっぱり噛んでいますよね?グランバニアですよね?」

侯爵「? 私はどう申し上げているのか」

デール「グラン“パ”ニアと。Ba、Pa、です。現地ではグランパニアが正しいのですか?」

侯爵「………。失礼。大役に緊張しておるようですな」

デール「ハハハ。未熟なボクの方こそ、たくさんの失礼を言っていると思います」


デール「…ビアンカ……覚えのある名前だ。教団、身柄…ということは指名手配者ですか?」

侯爵「お調べになればわかることですからな。申し上げます。アルパ・クローズの巫女です」

デール「! なるほど……手配書か新聞かな? でもなぜグランバニアが探しているんです」

侯爵「政治的理由を訝しまれるのは無理からぬこと。そうではなく、理由は至極単純です」


侯爵「巫女はトンヌラどのの幼馴染なのです。家同士の交友もあったとの側近の言質もある」

デール「……そういえばアルパ・クローズから戻った兄がそんなことを言っていた気も……」

侯爵「教団銀行総裁からの何らかの要請も十分有り得たはず。何か聞いておりませんかな?」

デール「いえ、何も言っていませんでしたよ。…………」チラッ

ザアアアア


デール「今日は一日雨かな……。パドーシヴァ侯爵。今回の会談はここまでにしましょう」

デール「とても勉強になりました…! 両国のより良い関係と世界の平和を祈ります」アクシュ

侯爵「…身に余るお言葉、誠に恐縮。貴国の繁栄と更なる発展をお祈りいたします」フカブカ

デール「ボクも兄の無事と結婚を待ち望んでいると、ドリス王女にお伝え下さい」

デール「あと…最後に一つ質問させて下さい。グランバニアにとって、国家とは何ですか?」

侯爵「……国家。……私見になりますが……オジロン王の王政の基盤は、人の営みですかな」

デール「………人の営み…」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後12:48  ベラの消息不明から42時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラインハット城 4階 デール陛下の部屋


デール「誰か、ボクに水を…」ウナダレ  フォーネ「はっ!」トクトクトク…

フォーネはデールにガラスのコップをうやうやしく差し出した。

デール「ごくっごくっごくっ…。 はあ」コトッ

アンナ「………」カシズキ  ルーシー(王様のお部屋に初めて入った…)ドキドキ


コンコン

*「陛下、グランバニアのお客様は展望台から転移されてお帰りになりました」

デール「ご苦労…。入るがよい」  *「はっ!失礼します!」ガチャリ

ドミニクがあらわれた!


デール「……緊張したけど、グランバニアの大臣が会談の相手でよかった」フルフル

アンナ・ルーシー「?」  デール「……ハハハ。ボクは勇者のファンなんだよ」

アンナ・ルーシー・フォーネ・ドミニク「!」

デール「勇者が相手だったら舞い上がっていたと思う。意志を貫けなかったかもしれない」

フォーネ(王様は私たち女性に厳しい印象しかなかったから、とても意外)

ルーシー(…ファンなら、本当は勇者と話したかったんじゃないのかな…)


デール「アンナ、君は頭がいいしボクの命令に忠実だ。大臣とは違って、独断で動かない」

デール「君には宣言の変更についておふれを出してもらう」  アンナ「はっ!」カシズキ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
我ラインハットに無断で宣戦布告と奴隷迫害を行使する国家との友好条約は破棄とする
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

デール「この一文の削除はグランバニアの意向を汲んだ結果だと、注釈も付けるんだ」

デール「そしてこのことは光の教団に連絡する。できるかぎり世界へ発信もしたいけど…」

デール「やれるか」ジッ  アンナ「やり遂げてみせます」ミアゲル

デール「行くがよい」  アンナ「はっ!」スクッ


アンナはいなくなった。

デール「君らは、ラインハットという言葉の、意味と歴史を知っているか?」

ルーシー「…帽子を象徴とする王族のことです」

フォーネ「……人のつながり、だと存じます」

ドミニク「兵隊自体をさす意味もあります」


デール「うむ。では、国家とは何なのか? それらラインハットの国家とは何だ」

ルーシー(うっ)  フォーネ(えっ、えっ)  ドミニク「………強い兵隊…でしょうか」

デール「そう恐縮することはない。即答は難しいから…。ボク自身ずっと悩んでいたことだ」

デール「グランバニアの大臣は、グランバニアの国家とは人の営み、と答えたけど……」


《《……ヘンリー「オレやおまえのオフクロの考えだけに自分を任せるなよ」……》》

《《……ヘンリー「デール自身が考えていくんだ」……》》

デール(…………。……おそらく……。ラインハットの国家とは、ボクのことなんだ……)

グランバニア城 3階 空中庭園


スタッ スタスタ

ヨシュア(グランバニアは好天が続いている)  ゆかりん「大臣さん、どうでしたか?」

大臣「わが王のような方だと誤解していたが違う。デール陛下は何かを強く決心されておる」

大臣「若さゆえではない。トンヌラどのとヘンリー王子とも違う。水を差す訳ではないが、」

大臣「両国の関係はヘンリー王子がラインハットの生活を選ばれた方が円滑であっただろう」

ゆかりん「…そういえば、今日の危険度は08.8…… 悪いことがおこりそうなんですか?」

大臣「根拠は無く、会談を経ての私感に過ぎませんな。しかし、容易ならざる方です」クワッ


大臣はデールとの会談内容について簡潔に説明した。


大臣「……という訳で、カジノ船の妖精と奴隷の救出作戦は差し障りなく発動できるが……」

ヨシュア「感服致しました。侯爵閣下」カシズキ

ゆかりん「でも、ベラとドレイの人たちの命のほしょうもなくなってるのね。急がなきゃ」

ヨシュア「!」グッ  ゆかりん「天空城はどこ?リゾート島までどれくらいだろう」ミアゲル


大臣「オジロン王とドリス姫様にも至急ご報告申し上げたい。失礼する」ササッ

大臣はいなくなった。


ホーコ『……………』バサッ バサッ  ゆかりん『ホーコ…。ただいま。変わりはない?』

ホーコ『客ダ』プイッ  ゆかりん『え?わたしに?』ミアゲル

ホーコ『サアナ。オマエタチノ部屋ニイルゾ』ガシッ

ホーコはゆかりんの両肩にとまった。


ゆかりん『(ギリギリ)いたっ… 痛い ホーコいたい!どうしてふきげんなの!?』ジタバタ

ホーコ『オマエガ余計ナ事ヲ言ッタンダロウ。ウェイスト&アンネセサリー』ギリギリ

ゆかりん『…!? 「…ヨシュアさん、わたしたちの部屋に人がきているそうです」グイグイ

ヨシュア「……では、私も部屋に戻っております。御用の際は何なりとお申し付け下さい」


グランバニア城 2階 女従者の部屋


ゆかりん『もー!そうやって痛くしたり重たくしたりするならベッドへいって!』グイグイ!

ホーコ『…………』バサッ! バサ

ホーコは天蓋の上にとまった。

シビリン・シャオン(童女)『おかえリなさーい!』ホカホカ

ゆかりん『ただいま。石鹸のかおり…。おふろにはいったんだ』

シャオン(童女)『はい。おふろをれんしゅうできました』ニコニコホカホカ


スマハち『おじゃましてるだよ』ネソベリ  ゆかりん『スマハちなんで他人ぎょうぎなの?』

スマハち『こん部屋、なんとなく入りにぐっきゃ』フニャー

ゲンさん『はばかりさま』ニコニコホカホカ

ゆかりん『あれっ。あなたは解体屋さんの…』  シビリン『ゲンさん!』フワッ

ゲンさん『セントベレスのしごとがおわってよ。わにぐちさんにたよられちまったい』コロッ

ゆかりん『えっと、わにぐちさんって…』  スマハち『チョロゲのことみたいだよおー』

ビアンカ「ゆかりんさん」ホカホカ

ゆかりん「!?ビアンカも! よ、よかった…  !」ハッ

ホーコ『本物ダ。ハイドノいてつくはどうデ確カメタ。偽物デ良カッタ』ミクダス

ゆかりん『…うん、わかった。……だから怒ってたのね……』ミアゲル

シャオン(童女)『あたしにおふろをおしえてくれたのはそのおねえさまだよー』ホカホカ


ビアンカ「襲ってきたモンスターからアルカパが教団領になりつつあると聞かされて、」

ビアンカ「盗賊団の牧場でバットさんというさんぞくウルフに保護してもらったの」ホカホカ

ビアンカ「バットさんはすぐにサンタローズの盗賊団のルーラ使いを手配してくれて…」

ビアンカ「そのゲンさんというブラウニーは、私の身元保証者になってくれた」ホカホカ


おさげの童女はいっしょうけんめい通訳している!

ゲンさん『わにぐちさんじゃあグランバニアのおひとはおっかなびっくりしちまうって、』

ゲンさん『わにぐちさん、そういうからよ。あっしならちったあなじみのかおってなもんで』

ゆかりん『ふだんからあなたは、グランバニアのひとから仕事を頼まれてるんだっけ』

ゲンさん『おう!このへやはあのおとくいさんのしごとにちげえねえや』キョロキョロ


シビリン『ゲンさんオかねモチなンだヨー!ニクおゴッてクレた』ホカホカコロコロ

シャオン(童女)『あたしはたべるってこわいから、カメのこうらをかってもらいました』

シビリン・シャオン(童女)『ねー!』ミアワセ

ゆかりん『あはは、よかったね。ゲンさん、ありがとうね』

ゲンさん『いいってことよ!でけえしごとがおわったからな』ニコニコ


………ゆかりんはビアンカとお互いの情報を交換した。


ビアンカ「私もついに賞金首なのね」

ゆかりん「グランバニアにいればだいじょうぶだから」ギュッ

ゆかりん「トンヌラとおかあさんの帰りを、ビアンカもいっしょに待とうよ」

ゆかりん「こころぼそいかもしれないけどスマハちもいるから。ね」

ビアンカ「……うん。ありがとう。いろいろごめんね」


シャオン(童女)『……ってはなしになってるよ。スマハちおにいさま』

スマハち《うーん。オラ、リボンのねっちゃとたした親しいんでねえけんど…》ゴニョゴニョ

ホーコ『歯切レガ悪イゾ。ハイド』ミクダス  スマハち『んだ。ちいと気まんず』クテッ


ゆかりん『みんな、聞いて。いまから天空城でめやすの時刻をたしかめてくるけど、』

ゆかりん『天空城は今日じゅうにリゾートの上空につくの。ベラたちをたすけにいけるんだ』

シビリン・スマハち・ホーコ・シャオン(童女)・ビアンカ・ゲンさん『「!』」

ゆかりん『一応、その準備をしておいて。ベラが見えるのは、シビリンとシャオンだけかな』

スマハち『ゲンが見えるだよ』  ゲンさん『??ようせいさん、さらわれちまったんけ?』


おさげの童女はサターンヘルムにすがたをかえた!

ビアンカ・ゲンさん『!?』  ゲンさんはにげだした!しかしまわりこまれてしまった!

シビリン『ハやいー!!』ケタケタ  スマハち『だからゲン、なして逃げるだよ』ガプリ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後1:36  ベラの消息不明から43時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天空城 4階 玉座の大広間


マスタードラゴン「イブールは今レヌール城だ。配下や信者と改修を進めている」ゴオオオオ

ゆかりん「レヌール… ヘンリーくんの王冠がつくられた国ね」

マスタードラゴン「幼いトンヌラとビアンカが天空城のゴールドオーブを拾った城でもある」

ゆかりん「!…」


マスタードラゴン「ロベオティオスは今カジノ船だ。船内1階の研究室で話をしている」

ゆかりん「だれと?」

マスタードラゴン「研究官のマジリオ、預言者の伯魔欣玄、ライオネックのエース」ゴオオオオ

ゆかりん「ライオネックのエースって、たしかゲマ戦でホーコのバシルーラで飛ばされた…

マスタードラゴン「そうだ。私の見ていない間に研究室は設備が整ったようだ」ゴオオオオ


マスタードラゴン「先程、数名の奴隷の老人が研究室へ連行されているが……」ゴオオオオ

ゆかりん「! その部屋のだれかは、ラインハットの宣言のへんこうを知ってるの?」

マスタードラゴン「教団神官がデールの使者を待ち伏せて、ロベオティオスに知らせている」

ゆかりん(………。ロベオティオスたちはどうでる?ベラとドレイのひとたちをどうする…)

マスタードラゴン「ベラはさまようよろいと船内1階の客室だ。様子は今日未明と変わらぬ」


ゆかりん「天空城は、何時にリゾート島へつく?」キッ

マスタードラゴン「午後七時前後だ」ゴオオオオ

ゆかりん「あと5時間も……。……………。ドラゴン。トンヌラは、いつ帰ってくるかな…」

マスタードラゴン「私には魔界の情報はわからないのだ。知っているだろう」ゴオオオオ

ゆかりん「しってるよ」


マスタードラゴン「………。警告したいことがある。私の与り知らぬ魔物の軍勢がいるのだ」

ゆかりん・天空の兵A・B「……!?」

天空の兵A「マ、マスタードラゴンさまが与り知らぬ魔物とはどういうことです?」ミアゲル

マスタードラゴン「言葉通りの意味だ。私の知識にない魔物の軍勢がいる」ゴオオオオ

天空の兵B「その軍勢はどこに!?」


マスタードラゴン「海の神殿だ。小型船の艦隊が両口を包囲し、海蝕洞を実効支配している」

ゆかりん「…?魔界の門がひらいたか、おかあさんの封印がとけて…魔界のモンスターが?」

マスタードラゴン「可能性はある。だが、海の神殿の青門と、祭壇の魔界の門は閉じている」

ゆかりん(…神殿の門はさいごのカギでしか、魔界の門は3つのリングでしか、ひらかない)


マスタードラゴン「トンヌラたちは魔界へ行ったきり、内部の祭壇には戻っていないようだ」

マスタードラゴン「現在、海の神殿の祭壇には、3つのリングを持つキラーマシンがいる」

ゆかりん(そのキラーマシンが指輪をもち魔界の門をとじている…… つまり門番なのか?)

ゆかりん「…………。そのキラーマシンは、トンヌラが魔界でみつけたなかま……?」

マスタードラゴン「あるいはミルドラースの配下だ。キラーマシンなら私も知っているが、」

マスタードラゴン「海蝕洞を実効支配しているのは、未知の魔物の軍勢なのだ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「私は、あの魔物の軍勢の出身は、望みの世界だと思っている」ゴオオオオ

ゆかりん「!? マリアの…!?

天空の兵A・B(望みの世界?)

マスタードラゴン「魔界から来た魔物と仮定するならば、既に魔界の封印は解けた訳だが、」

マスタードラゴン「その状況だと、大魔王ミルドラースが人間界に転移せぬ理由はない」


マスタードラゴン「三つの次元を知覚している私にすら神出鬼没の存在なのだ。自明だろう」

マスタードラゴン「ダークドレアム…。不吉な名だな」ゴオオオオ

ゆかりん(………リゾート到着まで5時間以上ある………)

ゆかりん(わたしのルーラには海の神殿の西口がとうろくされてて、行くことはできる…)


マスタードラゴン「天空界としては看過できない事案だ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「天空の勇者たるおまえの派遣ももちろん考えた」ゴオオオオ

天空の兵A・B「!」

ゆかりん「………」


マスタードラゴン「トンヌラとの約束は光の教団についてで、今件は適用されぬとも考えた」

マスタードラゴン「………だが………。やはり、おまえの意思をこそ大切にしよう」ゴオオオオ

天空の兵A・B「!」

ゆかりん「…………」


マスタードラゴン「未知の魔物の軍勢ゆえに、その戦力は私もわからぬ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「勇者のおまえですら、死ぬ可能性はあるということだ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「さりとて、十分な軍力あるいは私を伴っても戦争を招かねぬ」ゴオオオオ

マスタードラゴン「午後七時のリゾート突入までに遂行する任務としては難しい」ゴオオオオ


ゆかりん「………。なるほど。でも、気にはなるね…」

マスタードラゴン「では、どうする?」ゴオオオオ

ゆかりん「ドラゴンはどうするべきだと思う?」

マスタードラゴン「………静観だな。トンヌラを待つ」ゴオオオオ

ゆかりん「………。……」ミアゲル

マスタードラゴン「何だ?」ゴオオオオ

ゆかりん「……ううん。すこし、驚いちゃったかな……」



ゆかりん(……海の神殿に、なぞのモンスターの軍がいるらしい。だれか調べにいくべき?)


A ゆかりん

B シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン・ヨシュア

C シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン・ヨシュア・グランバニア兵200名

D シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン・ヨシュア・マスタードラゴン

E 誰も行かないべきだ



>>97の投下時刻~2014/12/18(木)6:00までのレスで多数決
同率一位の場合、6:00直前のレスを採用

ゆかりん「……わたしも気になるけど、今は行かないでおく」

ゆかりん「今は、ベラとドレイのひとのことに集中するから」

天空の兵A(……し…しかし)  天空の兵B「マスタードラゴンさま」ミアゲル

マスタードラゴン「私が気を配っておこう。動きがあればおまえにも伝えたいが…」ゴオオオオ

ゆかりん「うん」

マスタードラゴン「ならばリゾート到着まで天空城に残り、私のそばにいるのだ」ゴオオオオ


マスタードラゴン「だが、ひとまずはグランバニアへ戻り、天空の装備を置いてくるがよい」

マスタードラゴン「私の目をもっても、常には世界の監視をできないように、」ゴオオオオ

マスタードラゴン「ベラのレミラーマもまた、常には天空の装備の位置を掴んでいないが…

ゆかりん「いまのわたしから天空城の接近を推測したら、教団はリゾート島からにげるかも」

ゆかりん「…でしょ? きのうの無人島のさくせんじゃ、わたしだって丸裸だったんだもの」

マスタードラゴン「そういうことだ。現実的に、リリアンが常に転移制御できる訳でもない」


マスタードラゴン「次に…。……魔物には元来ミルドラースの蘇生加護が備わっているが、」

マスタードラゴン「シビリンの加護は削除されてしまっている可能性が高いはずだ」ゴオオオオ

ゆかりん(! そうだった)

マスタードラゴン「今までのように戦線へ出るなら、命を失う危険があるだろう」ゴオオオオ


ゆかりん(………………。………カミの、加護…)ウツムキ

マスタードラゴン「………おまえとトンヌラの加護は、私の使いとしての褒美で与えたな」

ゆかりん「シビリンは、カミの使いにはならないよ。でも……むじゃきによろこびそうかな」

マスタードラゴン「おまえが求める、私の意思で与えられる、どちらも抵抗があるのだろう」

ゆかりん「………」


マスタードラゴン「私の信奉者ではないヘンリーとサンチョは、洗礼で私の加護を得ている」

マスタードラゴン「シビリンもそうすればよい。だが、洗礼は通常で一週間はかかるものだ」

マスタードラゴン「それでは間に合わぬ……。……ゆかりんよ。わだかまりは飲み込むのだ」

ゆかりん「…でも。やっぱり」


マスタードラゴン「シビリンを私の使いに任ずるのではない。ゆえに褒美でもない」ゴオオオオ

マスタードラゴン「しかし、私の加護を欲しているのなら授けてやろう」ゴオオオオ

ゆかりん「……………」ググッ


マスタードラゴン「むむ…… 堅苦しい言葉使いがよくないのか? 難しいもんだ」カシゲル

ゆかりん・天空の兵A・B「!?」ミアゲル

ゆかりん「ドラゴン、あたまでも打ったの」

マスタードラゴン「ずいぶんだな…。タダで加護をプレゼントしちゃうぞと言っているのだ」

ゆかりん「えっ?」


マスタードラゴン「私も長く人間をやったせいか、娘とずっとああでは疲れてしまうのだよ」

天空の兵A・B「マ、マスタードラゴンさま!」

マスタードラゴン「まあ、よいではないか」

ゆかりん「で……でも、シビリンまでわたしみたいに戦争ばっかりさせられたらいやだ!」

マスタードラゴン「タダだから、そうはならない」

ゆかりん「そんなのわからないよ!シンシアのときだってああなるとはおもってなかった!」

マスタードラゴン「よしよし、とにかく今はグランバニアに戻って仲間と相談するのがいい」


ゆかりん「………………。……なんでよ………なんできゅうにそんなふうに……」ポロポロ

マスタードラゴン「シビリン以外の仲間も構わないが、利点と欠点がある。よく考えるのだ」

ゆかりん「……………かえる……! あとでくるから」クル タタッ 

ゆかりんはにげるようにたちさった。


ゆかりん「…うっうっ…うっ……なにを…なぜ泣いているんだ、わたしは」ポロポロ ゴシゴシ

ゆかりん(いまはそんなばあいじゃない!)ツツー



※「マスタードラゴンの蘇生加護を得ることができます。どうしますか?」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A シビリン

1 マスタードラゴン  2 【蘇生不可能】(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B スーパーマッスルハイテクちーたー

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C ホーコ

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
D ヨシュア

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
E ビアンカ

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
F ゲンさん

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


>>109の投下時刻~2014/12/19(金)0:00までのレスで多数決
同率一位の場合、0:00直前のレスを採用




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【警告】望みの神ダークドレアムによって、天の加護(安価)が干渉されています

●トンヌラが完全に死亡しても物語が続くようになっています。やり直しはできません。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――






……

………

…………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後4:03  ベラの消息不明から46時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【暗黒世界】 魔界の塔 1階 正面

━━━━━━━━━━━━━━━━つよさ━━━━━━━━━━━━━━━━━
トンヌラ  ♠(テレパシー可)♥(恋人関係)

ルビスのまもり
レベル:90(/99)
ねんれい:17歳

ドラゴンの杖 神秘のよろい ちからのたて ちりょくのかぶと 王家のあかし
時の砂

ホイミ キアリー バギ スカラ ベホイミ インパス リレミト バギマ マホキテ
ベホマ ザオラル メガザル バギクロス おうじゃのあい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シビリン  ♠

しびれくらげ
レベル:79(/99)
ねんれい:5歳くらい

マジックシールド 

マヒこうげき やけつくいき キアリク まぶしいひかり トラマナ ヒャダルコ
マホトラ マヒャド ぶきみなひかり ヒャドリン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん  ♠♥

★でんせつのゆうしゃ
レベル:99(/99) Max!
ねんれい:19歳くらい

天空のつるぎ 天空のよろい 天空のたて 天空のかぶと エルフのおまもり

ニフラム ホイミ メラ ベホイミ ルーラ ギラ トヘロス リレミト ラリホーマ
ザメハ マホステ アストロン イオラ ライデイン ベホマ ザオラル ベホマズン
ギガデイン ミナデイン パルプンテ ギガソード ジゴデイン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン

アンクルホーン(★ミニデーモン)
レベル:32(/40)
ねんれい:6歳

きせきのつるぎ 炎のよろい オーガシールド グレートヘルム 

メラミ なめまわし メダパニ あまいいき イオラ ラナルータ パルプンテ
メラゾーマ イオナズン ベギラマ バギマ ヒャダルコ おたけび きあいため
ベギラゴン マヒャド バギクロス マダンテ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア  ♠♥

ダークビショップ
レベル:70(/99)
ねんれい:17歳

マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ

ホイミ マホトーン ベホイミ スカラ スクルト ベホマ ニフラム シャナク
ザオラル ベホマラー トヘロス ザオリク ルーラ ドルマ ドルクマ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スーパーマッスルハイテクちーたー

キラーパンサー
レベル:88(/99)
ねんれい:12歳くらい

こおりのやいば みずのはごろも 鉄かぶと

きあいため おたけび いてつくはどう はげしいいなずま
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ

スライムナイト
レベル:70(/99)
ねんれい:3歳くらい

ドラゴンキラー 炎のよろい ミラーシールド ちりょくのかぶと ちからのたて
ゾンビキラー まどろみの剣 はやぶさの剣 ふっかつのつえ ごうけつのうでわ

ホイミ マホトラ ベホイミ キアリー イオ キアリク ベホマ イオラ
みがわり ピエロンド
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー  ♠

フォースマエストロ
レベル:70(/99)
ねんれい:17歳

まどろみの剣 炎のよろい ちからのたて レヌールの王冠 エルフのおまもり
ラーの鏡

メラ マヌーサ ルカナン イオ メダパニ トヘロス ルカニ マホカンタ
フバーハ バイキルト
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ  ♠

★ホークブリザード
レベル:25(/25) Max!
ねんれい:9歳くらい

あくまのツメ みずのはごろも 毛皮のフード

ザラキ つめたいいき こごえるふぶき ふしぎなおどり3 かがやくいき バシルーラ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ベラ

ようせいびと【人間界では視認されない(視認される場合もある)】
レベル:36(/99)
ねんれい:???(姿は10歳くらい)

布の服

ホイミ ルカナン ギラ マヌーサ リレミト フローミ しのびあし レミラーマ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
サンチョ  ♠

ちょうりのカリスマ
レベル:60(/99)
ねんれい:???

らいじんのヤリ 銀のむねあて 風神のたて シルクハット 世界樹のしずく
魔界樹の葉

スクルト フローミ ラリホー くちぶえ マホトラ ザキ しのびあし
メガンテ とうぞくのはな メダパニ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシュア  ♠

じあいのきし
レベル:48(/99)
ねんれい:22歳

デーモンスピア ミラーアーマー グレートヘルム みかがみのたて けんじゃの石
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン

サターンヘルム
レベル:46(/50)
ねんれい:1歳くらい

カメのこうら

ぶきみなひかり たいあたり シャナク まぶしいひかり めいそう ザオリク
モシャス

のろい1【消費MP:0】【単体:じゅもん・とくぎの使用を妨害する】
のろい2【消費MP:0】【単体:1ターン/最大MP13%値のMPが減少】
ふしぎなちから1【消費MP:4】【術者の戦闘可能圏内:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから2【消費MP:8】【術者が現在いる集落圏:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから3【消費MP:16】【術者が現在いる大陸圏:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから4【消費MP:32】【術者が現在いる次元内:全転移術を1ターン封印】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
れんれん

れんごくちょう
ねんれい:???

ベギラゴン かえんのいき はげしいほのお
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トンヌラ   レベル:90  さいだいHP:489 さいだいMP:437

ちから:237 すばやさ:187 みのまもり:113 こうげき力:362 しゅび力:273
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン   レベル:32  さいだいHP:403 さいだいMP:295

ちから:172 すばやさ:119 みのまもり:106 こうげき力:272 しゅび力:269
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア    レベル:70  さいだいHP:393 さいだいMP:578

ちから:105 すばやさ:234 みのまもり:078 こうげき力:168 しゅび力:210
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ  レベル:70  さいだいHP:417 さいだいMP:190

ちから:220 すばやさ:146 みのまもり:093 こうげき力:310 しゅび力:248
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー   レベル:70  さいだいHP:487 さいだいMP:402

ちから:203 すばやさ:125 みのまもり:081 こうげき力:258 しゅび力:226
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
サンチョ   レベル:60  さいだいHP:450 さいだいMP:111

ちから:190 すばやさ:060 みのまもり:060 こうげき力:275 しゅび力:155
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
れんれん          さいだいHP:200 さいだいMP:040

ちから:190 すばやさ:100 みのまもり:160 こうげき力:190 しゅび力:160
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
エスターク         さいだいHP:9000 さいだいMP:∞

ちから:450 すばやさ:085 みのまもり:250 こうげき力:450 しゅび力:250
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シビリン   レベル:79  さいだいHP:332 さいだいMP:429

ちから:154 すばやさ:160 みのまもり:124 こうげき力:154 しゅび力:146
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん   レベル:99  さいだいHP:853 さいだいMP:407

ちから:255 すばやさ:177 みのまもり:088 こうげき力:365 しゅび力:283
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スマハち   レベル:88  さいだいHP:484 さいだいMP:0

ちから:235 すばやさ:224 みのまもり:131 こうげき力:305 しゅび力:202
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ    レベル:25  さいだいHP:306 さいだいMP:070

ちから:150 すばやさ:129 みのまもり:130 こうげき力:240 しゅび力:196
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシュア   レベル:48  さいだいHP:570 さいだいMP:067

ちから:180 すばやさ:087 みのまもり:065 こうげき力:279 しゅび力:245
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン   レベル:46  さいだいHP:279 さいだいMP:086

ちから:120 すばやさ:040 みのまもり:191 こうげき力:120 しゅび力:224
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゲンさん   レベル:46  さいだいHP:252 さいだいMP:0

ちから:120 すばやさ:035 みのまもり:023 こうげき力:120 しゅび力:023
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビアンカ   レベル:17  さいだいHP:101 さいだいMP:055

ちから:036 すばやさ:055 みのまもり:031 こうげき力:101 しゅび力:107
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベラ     レベル:36  さいだいHP:173 さいだいMP:130

ちから:049 すばやさ:104 みのまもり:028 こうげき力:049 しゅび力:032
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「訂正させていただきます」

※「ゲンさん  レベル:46 → レベル:24」

※「もしかしたら他にもあるかもしれません…><;」


※「パーティ内の装備いれかえ案、またはその他ご質問がありましたらお気軽にどうぞ!」

シビリンに何か装備させてあげたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3時間後  C月12日 午後4:03  ベラの消息不明から46時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【暗黒世界】 魔界の塔 1階 正面


魔界の空は光る高層雲に覆われ、すさまじい速度の黒い低層雲は南へ流れている。

コロプリースト『マージが、ルーラでジャハンナへつれてってくれるけど、ほらほら』ツンツン

コロマージ《ウ…ウン…まもののチカラは…ジャハンナだと、はんぶんになるカラ…》コロ…

トンヌラ『れんれんも…そんなことを言ってたよね』チラッ

れんれん『オー。アレッテ半分モ減ッテタノカヨ!』バサッバサッ


ヘンリー『じゃあ人間はどうなんだ?』フーム

れんれん『人間専用ノ集落ラシイカラ、多分ソノママジャネエカナア?』バサッバサッ

コロファイター『おまえジャハンナをしってるのか?』コロ!

れんれん『朝マデエビルマウンテンデ飯ヲ食ッテタカラヨオ。俺モケッコウ襲ッテタゼ!』

コロボックルたち『!?』ガーン  コロファイター『んなに~!?』ジダンダ


トンヌラ『大丈夫だよ。このれんごくちょうは今は大魔王側じゃなくて、ぼくの仲間なんだ』

ピエローヌ『いかにも』ウンウン  ミニモン『つーか捕虜だが』パタパタ

れんれん『ソンナニ目クジラヲ立テル事モネエダロ?』カシゲル

れんれん『ジャハンナノ襲撃ガ上手クイッタ事ナンテ一度モネエゾ』バサッバサッ

コロプリースト『そりゃそーよ!どーせダメなのにどーしていつもおそってくるのよ』コロコロ

れんれん『ソンナノ知ラネエヨオ。俺ガ決メルンジャネエシヨオ』バサッバサッ


ミニモン『オイ。テメェらだッて魔物だ。テメェらのチカラも半減すンだろォが』パタパタ

コロヒーロー『はい!』コロッ

ミニモン『ンじゃア条件は敵と同じだが。テメェらよく生き残ッてンな』パタパタ

れんれん『コイツラ強エンダゼ、ミニモン先輩!俺モ何回カ殺サレカケテルカラヨ!』バサッ

コロボックルたち『え?』キョトン

れんれん《アー。覚エテネエンダ…》  マリア『お強い勇者さまたちですのね』ニコッ


サンチョ「ところで坊っちゃん!お加減はいかがですかっ?」ブルッ

トンヌラ「うん、もう、大丈夫だ。……お母さんが、ジャハンナで待ってるな……」

サンチョ「ええっ!きっと、いえ絶対にっだんなさまも見守っておいでですよっ!」ブルルン

ヘンリー「………………。いろいろあったなあ。トンヌラ」

トンヌラ「うん。本当に………。『……マリア、この魔界の塔の登録はあとどれくらいかな』

マリアはルーラをねんじた!


マリア『…登録できています。皆さん、お待たせしました』フカブカ

コロプリースト『ふーん。このうでなしおんなもルーラできるんだ。ふーん…』ジロジロ

コロマージ《リース…ダ、ダメだよ…。エ…エト…みんなでわになろう》ギュッ

トンヌラ・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん『りょうかい!』ギュッ

エスターク『………』ギュッ  コロマージ『!?…!? い いくカラ』ドキドキドキドキ

コロマージはルーラをとなえた!

【暗黒世界】 ジャハンナ 中央広場


コロボックルたち『う!』コロコロッ

トンヌラ・マリア・ヘンリー・サンチョ「………」スタッ

ミニモン『!?ウアアアァァァ!』パタパタ!

ピエローヌ『ち、ちからがはいりませぬ!?』ピョンピョン!

エスターク『なるほど』グゴゴゴゴ

れんれん『アー。コレダヨ…』バサッ バサッ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン   レベル:32  さいだいHP:081 さいだいMP:059

ちから:034 すばやさ:024 みのまもり:021 こうげき力:054 しゅび力:054
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ  レベル:70  さいだいHP:083 さいだいMP:038

ちから:044 すばやさ:029 みのまもり:019 こうげき力:062 しゅび力:050
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
れんれん          さいだいHP:040 さいだいMP:008

ちから:038 すばやさ:020 みのまもり:032 こうげき力:038 しゅび力:032
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
エスターク         さいだいHP:1800 さいだいMP:∞

ちから:090 すばやさ:017 みのまもり:050 こうげき力:090 しゅび力:050
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ミニモン『テ、テメェらどォいう計算してやがる。半減なンて生易しいモンじゃねェ』

ミニモン『並のミニデーモン以下のレベルまで落ちてンじゃねェか!アァ!?』パタパタ!

コロマージ《エッ。エッ…アレ?》アセアセ  コロヒーロー『でもみんなおなじですから!』

トンヌラ『ぼくたちは特になにも変わってないよ。人間だからか… あっ』ミアゲル

エスタークの全身があおざめている!

エスターク『すさまじい結界だな。これほどまでに私のチカラを封じるとは』ウナダレ


*『『………』』ザワザワ  *『勇者が連れてきたということは…』  *『どの男だ?』

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・サンチョ・エスターク『「!』」

ヘンリー〈お、おい。魔物語みたいだけど、人間ばっかりだぜ。どうなってるんだ?〉

トンヌラ〈…海の神殿の他に人間界と魔界を結ぶ経路があるとか… 闇の洞くつみたいな〉


遠目にトンヌラたちを取り囲む群衆から、よろよろと若い女性が進み出た。

女性A『……ここはジャハンナ。暗黒の国でただひとつの町でございます』クラッ

ヘンリー『! 大丈夫ですか?』ダキッ  *『『!…!…』』ザワザワッ

女性A『はい。マーサさまはすぐ来ますから』ニマニマ

ミニモン『愛想笑い超下手な女だゼェ。ミドリムシがイヤならハッキリそォ言え。ウゥ…』


トンヌラ『ミニモン、気分が悪そうだな。モンスターのみんなの体調はどんな感じなの?』

ミニモン『最悪だ。吐きてェ。内部用の弱ェトヘロスで生殺しッつー感じでヨォ…』パタパタ

ピエローヌ『せっしゃはさほどでは…わざもだせまする。されどちからがでませぬで』クテッ

エスターク『ナマコのほうがましだな』グゴゴゴゴ  ミニモン『治せッからなァ』パタパタ


コロファイター『きもちわるいのはジャハンナでくらしてればそのうちなれるぞ~』コロ!

トンヌラ『船酔いみたいな感じかなあ? うーむ。ジャハンナがやられないわけだ…』

トンヌラ「ジャハンナの町は、多くの大きな岩石に囲まれてるぞ」キョロキョロ

トンヌラ「北正面には大きな水車があって、岩屋がそのまま水車小屋になってるみたいだ」

タンタンタン ギギギ …サラサラサラサラ…

トンヌラ「町と岩石の間を縫って、町を取り囲むように川が流れてるのか。ぐるぐる」クルクル

マリア「時計回りに流れています。それがまた北の水車へ戻って、またそこから流れて……」

トンヌラ「この町は島とか中州といえるのかな。町には、低い石壁とテントが点在している」


*『『!』』ザワッ  *『マーサさま!』  *『マーサさまをお守りしなければっ!』

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・サンチョ・れんれん『「!』」

サンチョ「マ マーサさま…!坊っちゃん!お母上ですよっ!うっうっ……」ブルブルブル

トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{ヘンリー、ラーの鏡を用意して}ドキドキ

ヘンリー(!ああ。おまえ緊張してるな)ドキドキ


トンヌラ〈エスターク。体が青いけど、いてつくはどうは放てそう?〉

エスターク〈チカラは抑えられているが、ワザはできるぞ〉グゴゴゴゴ

トンヌラ〈ぼくの合図があれば放ってほしい。必要ないかもしれないけど〉

エスターク〈よろしい〉グゴゴゴゴ


*『マーサさま!地獄の帝王エスタークです!』  *『ジャハンナだけど油断するな!』

*『お下がりなさい… 心配はいりません。お礼を言いますよ。コロボックルたち』スス

コロボックルたち『はいっ!』コロッ

珊瑚色のサリーを身にまとった緑髪の女性があらわれた!


サリーの女「……」

サンチョ「うっうっ…!マーサさまっ!!サンチョですうっ!!!」ボタボタボタ

サリーの女「サ、サンチョ。あなたは変わりませんね」

サンチョ「はいいっ!マーサさまこそお変わりなく!いえっますますお美しくなられてっ!」


マリア・ヘンリー「………」ポー…

トンヌラ〈ヘンリー、鏡、鏡〉  ヘンリー〈はっ。悪い。つい〉グイッ

ヘンリーはラーの鏡にサリーの女をうつしてのぞきこんだ……

鏡にはサリーの美しい女の姿がうつっている。

トンヌラ(人間だ。何物かが化けてるわけじゃない…。サンチョも、母と呼んでいる)グッ


トンヌラ「……………。ぼくは……その…、トンヌラです〉カチコチ

サリーの女「ああ……。トンヌラ…… トンヌラですね……」ギュッ

トンヌラ「!」ドキッ

マーサ「母はどんなにかあなたに会いたかったことでしょう……」ツツー

*《《!………》》  *《涙を…》  *《マーサさまも人の親。待ち望んでいたのだ》


トンヌラ(ど、どうしよう。この人がぼくの母親なのか。頼むから泣かないでくれー)アセアセ

トンヌラはレースのハンカチを取り出して、マーサの涙をぬぐった。

ヘンリー(…………。母親…か……)  マリア(……!……。…………)

マーサ「広い、大きな肩、父…お父さんにそっくり…… こんな顔でごめんなさい……」

トンヌラ「そんな…」

マーサ「母は、魔界に来てから一度も眠っていないのです。だから…表情がつくれません」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!?」


マーサ「でも、涙は枯れていなかったのですね」ツツー

サンチョ「マ マ マーサさま!それはどういう…!…~~!?~~~~!!!」モゴモゴ

エスタークはサンチョを握りしめて口をふさいでいる。

ミニモン「オォオォ。地獄の帝王も空気読めンだなァ。ウゥ…」オエ


トンヌラ「眠ってないってどういうことですか?」ギュッ

マーサ「わたしが眠っては、魔界の大魔王の封印が解けてしまうでしょう」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!」ハッ

トンヌラ「そんな……無茶な!お母さんは人間でしょう!こんな……」

トンヌラ(こんな戦いはすぐに終わらせなくちゃいけない…!)キッ

マーサ「母は眠らないことは平気です。けれど顔と気持ちはこわばってしまうのです」


ミニモン「ウゥ…オイ。この町の人間はテメェと似たよォな能面揃いだが。寝てねェのか?」

サンチョ「!?~~!!…!!」モゴモゴ

ピエローヌ『しようにんがいきどおってござるが…』  れんれん『何ニ怒ッテルンダロ』


マーサ「みな、元は魔物です。わたしのチカラで人間となったのです」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!?」キョロキョロ

*『『?』』  *『何でこっちを見るんだ?』  *『人間語わからないんだよなー』

マーサ「ですから表情だけではなく、みな、人間のしぐさというものがわかりません」

マーサ「わたしがお手本を示すことができれば良かったのですけれど」


エスターク「トンヌラの母マーサ。私をあやつる者がいると言っていたな」グゴゴゴゴ

マーサ「あなたの場合は操られるというより、自分を失うことになるという言い方が正しい」

マーサ「ダークドレアムという異次元の神がわれわれの世界で活動するには、エスターク」

マーサ「あなたというカラダの器が必要なのです」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!?」


マリア「帝王さまが、望みの神さまの御体…!?」

エスターク「マーサ、なぜおまえにそんなことがわかる」グゴゴゴゴ

マーサ「わたしは神の子であり…また世界を見守る者でもありましたから…」

ミニモン「テメェも妄想で喋るクチか?」  サンチョ「!?!?~~!!!」モゴモゴ!

ミニモン「このデブは頭ッから信じちまうだろォが。オメーはどォなンだヨォ。トンズラ」


トンヌラ「もっと話さないと判断できない。お母さん、ダークドレアムはぼくも会いました」

マーサ「!? どういうことですか?トンヌラ」

コロヒーロー『あの、マーサさま!つもるはなしがありそうだし、ばしょをかえましょう!』

コロプリースト『まちのまんなかでたちばなしをつづけるのもねー』コロコロ

*『あ、なんだよ。もう終わり?』  *『喜んでるマーサさまをもっと見せてくれよー!』

【暗黒世界】 ジャハンナ 水車小屋 地下1階 ジャハンナの食堂


女性B『食堂といっても、ジャハンナではおもてなしできる料理は出せなくて…』クネクネ

女性B『いつもの薬草と飲料水ならあるんですけど、それでよかったら…』クネ クネ

トンヌラ(ジャハンナは狭いし、食料も少ないか…『ありがとうございます。おかまいなく』

ミニモン『クラゲみてェにフニャフニャしやがる女だ。薬草と水なァ。絶対マズいよなァ…』

トンヌラ『あ。もしかしてその薬草や水でミニモンの悪酔いが治ったりしますか?』

マーサ『残念ながらそういう効能はありません』

ミニモン『無表情に言い捨てやがッて。アァ~…。人間界へ帰りてェ』グテー


サンチョ「ふむふむ。では紅茶をお淹れしますよ!おくさまもお好きでしたよねっ!」ブルッ

トンヌラ「! サンチョ、このジャハンナで贅沢はよそう。いざという時は頼むけど」

サンチョ「……ははっ!」ブルンッ  マーサ「ありがとうサンチョ。心遣いに感謝します」

トンヌラ「お母さん。これは父さんがぼくに宛てた遺言状です」

マーサ「!」


トンヌラはマーサに、パパスとの生活とこれまでの冒険を説明した。


マーサ「あの人が殺されて、幼いお前は教団の奴隷だったなんて………。…………」ウツムキ

マーサ「母は、悔やんでも悔やみきれません」

トンヌラ「悪いことだけじゃないです。ヘンリーは家族同然だし大切なマリアにも出会えた」


ヘンリー「その……おばさん。悔やんでも悔やみきれないのはオレで。すみません」フカブカ

トンヌラ「ヘンリーのせいじゃないだろ。お母さん、違うんです」

マーサ「ヘンリーさん。あなたがトンヌラの面倒をずっと見てくれたのですね。ありがとう」

ヘンリー「そんな、オレこそ」カァァ  トンヌラ「そうだそうだ。それも違う」


マーサ「では、トンヌラの面倒を見てくれたのはこちらのかわいいお嬢さんでしょうか?」

マリア「わ 私は…」ドキッ

ヘンリー「そ、それも違います。なんとなく」  トンヌラ「いや、あ、合ってるよ。うん」


トンヌラ「よし。マリア、しゃんと座ろう」スス  マリア「はい」スス

トンヌラ「お母さん。このマリアはぼくの恋人なんです」  マリア「!!?」ボッ

マーサ「まあ…!? まあ……。トンヌラにこんなにかわいいお嬢さんが…」ビックリ

ピエローヌ『やや?おふくろさまのおかおが、わずかにゆるんだような!』ピョンッ


トンヌラ「いきなり娘まで増えてしまう形になるけど、お母さんもどうかよろしく」フカブカ

マリア(わー。わー。わー)フカブカ クラクラ

マーサ「まあ、まあ、まあ」ニコ…ニコ

ミニモン・ピエローヌ『……』ジー…  ヘンリー《おまえらなー、オレを見るなって》

ヘンリー(……ちぇっ。でも良かったなあ。オレ、マリアのこういう顔が見たかったんだよ)


マリア「お、お母様、私2番目なんですの、トンヌラさんにはもう1人大切な人が」シュー…

マーサ「まあ? …マリアは、後家になるのですか?トンヌラ」

ミニモン『あッはッは!ブロコ死ンだッてヨォ!』  ピエローヌ『!? なにゆえ!?』

トンヌラ「父さんが遺言状に記した、伝説の勇者」スッ

マーサ「お父さんは母のために天空の竜の勇者まで探してくれていたのですね」

トンヌラ「お母さんは天空界も知ってるんですか? この勇者は古代に生まれた女性で…」

マーサ「天空の竜の兵器として幾度も活躍したおそるべき勇者。ゆかりんというのです」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!」


サンチョ「マ マーサさま…ご存知だったのですかっ!?」  エスターク「………」

ミニモン「何でンな事まで知ッてンだヨォ。この能面女」ゴロリ

トンヌラ「まさかすでに知ってるとは思わなかった。そのゆかりんがぼくの恋人なんです」

マーサ「!?」ズルッ

ピエローヌ『おふくろさま!』ピョンッ  れんれん『無表情ニコケタゼ!?』バサッ

女性B『マーサさま!』クネクネッ  マーサ『す 少し驚いてしまっただけです』ムク


マーサ「そ、そうでしたか…。どちらから見初めたのですか?」

ヘンリー「ゆかりんちゃんですよ」  マリア「は、恥ずかしながら私も私の方からです…」

ヘンリー「こいつどうしようもなくモテるんです。でもおまえは興味ないんだよな!」ダキッ

トンヌラ「うわっ!?離せってば。興味ないんじゃないよ、よくわからないんだ…」グイイッ


マーサ「まあ… 母のこんな顔では説得力がありませんが、よくないですよ。トンヌラ」

トンヌラ「あ、はい」ギク

マーサ「ふたりの人と関係をもつことではありませんよ。お前の気持ちのことです」

トンヌラ「はい…努力してます」アセアセ

マーサ「努力も必要ですけれどそうではなくて……。………お前は困った子ですね」フゥ


マリア「お母様、トンヌラさんはゆかりんさんも私も大切にしてくれます。とても幸せです」

マーサ「そうですか…。あなたたちが幸せなら私も良いのです。でも、困った子」ニコ…ニコ

サンチョ「心配ご無用ですよ。だんなさまのようにご立派に責任を果たされるはずですから」

マーサ「あの人のようにとはどういう意味ですか?」

サンチョ「ローラオッケー☆夫人ですとか」

マーサ「…!?誰のことです」ガタッ  サンチョ「はっ」サーーッ


ミニモン「オォオォ。デブが青ざめンの初めて見ンな。くくく」ゴロリ

トンヌラ「ロ、ローラオッケー☆夫人は天空城を失って迷いこんだという天空人の女性です」

トンヌラ「不憫に思った父さんがグランバニアで匿って…勇者の話は彼女から聞いたらしい」

マーサ「……………。 ? 続けて下さい。トンヌラ」  トンヌラ(ううっ)ダラダラ


トンヌラ「て、天空人の彼女はグランバニアでも迫害を受けたらしくて父さんが夫人の位を

マーサ「なぜ“夫人”なのですか? 爵位では不十分だったのですか? サンチョ」ミクダス

サンチョ「ふっ夫人ならば、ローラオッケー☆夫人の権利がより確実に保証されるという…」

マーサ「あなたの入れ知恵ですか」  サンチョ「おっ…!?畏れ多いことです!」ドゲザ


トンヌラ「お、お母さん…最初はぼくもショックだったけど、今はわからなくもないんだ」

マーサ「お前はマリアたちを幸せにすれば良いのですよ。でも、あの人は別です」メラメラメラ

トンヌラ「…!!」ゴクリ  ミニモン「オメーの母親。悪魔みてェに正直な性格してンなァ」

サンチョ「ですがおくさま、夫人は復活した天空城へ帰って行きましたからっ…」ブルブル

トンヌラ(余計なことは絶対言わないぞ…「立ち去る最後まで、父さんに感謝してました」

ミニモン「天女の部屋はトンズラが改装してヨォ。俺・勇者・嫁B・他の部屋になッてンゼ」

マーサ「そういえば…夢を見てチカラを得た仲間がいると言っていましたね。誰ですか?」

ミニモン「アァ~…?俺だが。何でその話になる。面白くなりそォだッたのにヨォ」ゴロリ

マーサ「そういうことですか…」  トンヌラ(ミニモンの話題転換に助けられたな)ホッ


トンヌラ「! そうだ。お母さんが魔界の塔を勧めたのはどうしてだったんですか?」

マーサ「バロンのつのぶえで、あなたは人間界の仲間を喚ぶことができると考えたのです」

ヘンリー「やっぱりそうだったんですね。でもアンドレアルに壊されちまったからなあ」

トンヌラ「それに、ぼくがゆかりんに人間界のことを任せたんだし、信じなきゃと思った…」

マーサ「天空の勇者の恋人が見た夢なら、その内容は信頼に値することを覚えておきなさい」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「……!?」


トンヌラ「お母さん、伝説の勇者のことをなにか知ってるんですか?」

マーサ「人の身には限りがありますけど、私は自分の住む世界の情報を知ることができます」

マーサ「例えばミルドラースは今エビルマウンテンの自室で私たちの様子を見ていますが…」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!?」

マーサ「わたしはそれを、“見る”ことはできません。けれども“知る”ことができます」


ヘンリー「大魔王の爺さんにはこの話も筒抜けってわけか。逆におばさんもそれを知ってる」

マーサ「そうです。わたしが心で会話できることも、大魔王はわかっていますよ」

マーサ「わたしのたずさえる知識と情報とは、こういうチカラで得たものなのです」

マーサ「わたしはこの目で、あなたたちみなが信じているゆかりんという娘を見てみたい」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ「!」


マーサ「天空の竜の勇者について話す役目が私に与えられるならば…その時は話しましょう」

トンヌラ(………。天空の神はあんなことを言ってたな……)

《《……マスタードラゴン“私にわかるほどゆかりんと添い遂げる覚悟があれば話してやろう” ……》》

《《……マスタードラゴン“ゆかりんを知る資格とは、そういうことになる” ……》》

《《……マスタードラゴン“知りたくば、ふさわしい覚悟を持ち、器を整えるがいい” ……》》


ミニモン「嫁Bのオメーにゃ激甘だッたが。嫁Aのブロコの話じゃ急に姑になりやがッた」

マリア「…………。ゆかりんさんにはご自分も私たちも知らないなにかがあるんでしょうね」

ヘンリー「天空界を象徴する戦士だったんだからな……。まだまだ機密情報があるのかもな」


トンヌラ「エスタークはダークドレアムが欲しがってる体だっていう話も心配だよ」ミアゲル

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ「!」  エスターク「…………」グゴゴゴゴ


トンヌラはマーサとエスタークに、ダークドレアムとの接触の経緯について説明した。


マリア「……私の弱さが招いてしまったことだと思っています……」フカブカ

トンヌラ「きみのせいじゃないぞ。なんらかの責任が出れば、問われるべきなのもぼくだ」

マーサ「そうですね」 コク

トンヌラ「ほ、ほらね。……なんかお母さんってグサッと来るな……〉

サンチョ「やはり封印の洞くつでだんなさまを見たことは本当のことだったんですなっ!?」

サンチョ「しかしそれが私の望む幻だったとは…! なんと恐ろしい世界でしょうか」ブルッ


マーサ「…望みの世界という、万物をまどわす異次元が秘かに存在することは知っています」

マーサ「その世界に住まう神がダークドレアムだということも。でも間違えてはいけません」

マーサ「ダークドレアムは、破壊と殺戮の神なのですよ」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!?」


ミニモン「……大層な通り名だが。ソレがマジならそンなン神じゃねェ。悪魔じゃねェか」

マーサ「そうです。伝説の大悪魔とも呼ばれ、古代の国々と大魔王を無に帰しました」

トンヌラ「……考えてみれば、ぼくが望みの世界で会ったのはデーモンキング…悪魔だった」

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ「!」

トンヌラ「あそこは、悪魔の世界だったのかもね」


ミニモン「オメーガッツリ悪魔に魅入られてたンだなァ?くくく」ニヤニヤ

マリア「…………」

トンヌラ「今さら悪魔だからなんだ。子悪魔」ポカッ

ミニモン「ッてェ!?」ヒリヒリ

ピエローヌ『ミニモンせんぱい!?』ピョンッ

れんれん『俺ワカッテキタゾ。ミニモン先輩ガ無駄口ヲ叩クト魔王ガ殴ル。ダロダロ?』


ヘンリー「じゃあ、その破壊と殺戮の神が地獄の帝王に憑依したらなにをするか、だけど…」

ミニモン「バァカ。考える迄も無ェ。コワモテだッて破壊でウッキウキじゃねェか」ゴロリ

エスターク「……………」グゴゴゴゴ

マリア「神さま……。神さまは…皆さんの世界を滅ぼすおつもりだったのですか?」ミアゲル


トンヌラ「ダークドレアムが配下となったマリアに魔界へ行くことを命じた理由と、」

トンヌラ「マリアを通じて自らエスタークと接触した理由の、つじつまは合うかな」

ヘンリー「ミルドラースは天空界の打倒と人間界の支配。ダークドレアムは…全部、破壊?」

マーサ「そうです」

ヘンリー「なあおまえ、選ばなきゃいけなかったらどっちがいい?」

ミニモン「アァ?角ジジイ一択だろォが。俺にゃア自殺願望は無ェ」


トンヌラ「戦ったわけじゃないけど、ダークドレアムのチカラは計り知れないと感じたし…」

トンヌラ「もしかするとマスタードラゴンやミルドラースよりも強いかも、とさえ感じたよ」

サンチョ「古代生まれのゆかりんちゃんは、そのダークドレアムもご存知なのですかっ?」

トンヌラ「ゆかりんも初耳なんだってさ」

マーサ「天空の時代への過渡期に名をはせた神なのです。天空界がまだ存在しない時代です」


トンヌラ「ダークドレアムがどうエスタークに憑依するのか、その方法はわからないけど、」

トンヌラ「今のところ配下のマリアには憑依できても、エスタークには憑依できなさそうだ」

マーサ「エスタークがダークドレアムの世界へいざなわれることがなければ良いでしょう」

マーサ「魔界は望みの世界とつながっていませんが、人間界はつながっていて危険なのです」

トンヌラ(ぼくとマリアとサンチョは封印の洞くつから行き着いたな。たまたまだったけど)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「トンヌラたちとマーサの話はそろそろ終わるかもしれません」

※「他にマーサに言いたいことや聞きたいことはありますか?」


次回更新までのレスから、トンヌラたちが判断

人間界と望みの世界が繋がっている
とのことですが、エスタークを人間界に連れて行くと
乗っ取りの可能性が出てくるのでしょうか?

①ジャハンナで人間と変化し暮らしている元魔物たちは全員魔界の魔物たちですか?
②大体で良いのでどのような性格の魔物が人間になりたいと申し出てきたのか?
③ほこらを守護していた人間たちも元魔物?元々なんの魔物だったのか知ってますか?
④マーサ自身は蘇生加護を持っていますか?
⑤元魔物の人たちの蘇生加護はミルドラースのまま?
⑥蘇生加護について知ってる事があれば教えてください。
⑦ミルドラースに囚われている?黒髪の美女さんことバストゥさんはどのような境遇の人か教えてください。
⑧精霊ルビスさまについて知っている限り話して欲しい。伝承やおとぎ話でも
⑨人間界の歴史(特にグランバニアやラインハット)や伝承も出来たら。知っている範囲でお願い

追加
⑩マーサは暗黒世界のほこらの旅の扉を解放できる術を持っていますか?
⑪ミルドラースをほっておいて人間界に帰る事が出来るようであれば、実行しますか?

パパスとの馴れ初めはどんな感じだったのかについて

マーサ様も一緒に冒険しませんか?
マーサ様も平和になれば人間界に一緒に帰れますか?
ジャハンナの護衛は大丈夫ですか?
ここにサンチョがいます。お供として置いていきましょうか?

>>136
人間界と望みの世界が繋がっている
とのことですが、エスタークを人間界に連れて行くと
乗っ取りの可能性が出てくるのでしょうか?

マーサ「そうです。破壊と殺戮の神と地獄の帝王は決して会わせてはいけません」

マーサ「天の加護からの質問ですか?」  トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー「!」


マーサ「さて…トンヌラの大切な者のあなたたちに秘密にするつもりはありませんけれど、」

マーサ「少しトンヌラとふたりで話をさせてください」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・エスターク「!」  サンチョ「ははっ!」

マーサ「母とこれから話すことは、お前からみなに伝えれば良いでしょう」

トンヌラ「わかりました」

マーサ「では、みなもジャハンナの中枢へ移りましょう。中枢ですから警備が強固なのです」


マリア「…ジャハンナの中枢… 水車小屋でしょうか」

マーサ「そうです。賢い子をもらいましたね。トンヌラ」

トンヌラ「ははは、マリアは頭が良いから」  マリア「あ、ありがとうございます」ウツムキ

マリア「…………。……私。トンヌラさんの恋人っていう実感が、初めて湧いてきました」

トンヌラ・ヘンリー・サンチョ「!」


マーサ「まあ、まあ、まあ… トンヌラ」ジッ

トンヌラ「うわはっ!?はい!ぼくの配慮が足りませんでした」ビシッ

マリア「ご…ごめんなさい!トンヌラさんは何も悪くありませんわ!」フカブカ

ピエローヌ『!?』ビシッ  ミニモン『何もわかッてねェだろ。オメー』ポカッ


女性B『この食堂を通らないと水車小屋には行けません。裏の階段を使って下さい』クネ クネ

トンヌラ「裏の階段か。よーし」ギュッ  マリア「!?」ボッ

トンヌラはマリアの左手をにぎりしめて階段へひっぱっていった。

マリア《トっトンヌラさん!?お母様と皆さんを置いて行ったらダメですわっ》アセアセ

ミニモン『ヤケクソかヨォ』パタパタ  ヘンリー『まあ、それでもいいんじゃねえかな』


【暗黒世界】 ジャハンナ 水車小屋 1階 聖なる浄水場


タンタンタン ギギギ …サラサラサラサラ… ウィィィン

マリア「た、たくさんの音がします。小屋の中はとても広くて、高さもあって…」キョロキョロ

トンヌラ「こんなに大きな岩屋でも一応は小屋なのかな? 大小の歯車がびっしりとあるぞ」

天空人の男があらわれた!

トンヌラ・マリア「!?」ジャキッ

天空人の男『本物の人間のような表情と身のこなし!何物だ!?』ジャキッ

トンヌラ『ローラオッケー☆夫人や天空人みたいな翼のある男性だ。…きみは魔物なのか?』

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※「ジャハンナで暮らしている天空人の男のなまえをいれてください」

※「次回更新までのレスからランダムに決定。候補が挙がらない場合は>>1が考えます」

※「なお、マーサに言いたいことと聞きたいことも、引き続き受け付けています」

※「既に受け付けたレス内容については、浄水場でのマーサの反応をお待ち下さい」

天空人(男)の名前提案:リスマイブ

マーサと言うかトンヌラに質問なんだけど
魔界に来てから王者の愛は(魔界班の仲間に)問題無く使用できてるか?
が聞きたいな

天空人の男のなまえ:グエル

封印の洞窟の話題が出てきたからついでに
   ◎:トンヌラ宛ての質問 ◇:マーサ宛ての質問
◎以前、封印の洞窟で見た(幻の?)マーサと違う点はあるのか?
◇マーサの『知る』能力は生まれつきのチカラ?
◇その能力は人間界に居た時も、現在も使えているの?
◇能力ではなくエルヘブンで教わった伝承などを教えてください。
◎確か以前トンヌラはエルヘブンで天の詩篇集を入手していたと思うけど
 ↑の質問返答と相違点はあるのか?在るようなら教えて欲しい。
◇『知る』能力でマスタードラゴン、ミルドラース、ダークドレアムについて知っている事は?
◇マーサのような能力を持つ者は他にいるか。居るとしたら誰?トンヌラと接触してるか

マリアの腕再生に関して何か情報が無いから聞きたい

望みの世界と魔界が繋がっていない理由は?


あぁ聞きたいことが思い浮かばない
多分これ今後の冒険に必要なヒント貰える
チャンスなんだよな

兵士B『ファルコン、待て。コロボックルたちがマーサさまの子供を連れてきただろう』

(天空人の男→)ファルコン『むっ。じゃあ、この人間たちは本物だと言うのか?』

トンヌラ『ぼくはトンヌラ。マーサの息子です。彼女は仲間…恋人のマリア』ペコリ

マリア『はっ、はじめまして』フカブカ


兵士B『ジャハンナへようこそ。よくぞ人の身で辿りついた』  ファルコン『………』

トンヌラ『ありがとうございます。(ギュッ)…ん?』チラ

マリア〈水車小屋の方々は表情はかたいですけど、立ち振舞は私たちと変わらないですわね〉

トンヌラ〈うん。キビキビしてるね。まあ、ヨロヨロしてたら兵装なんてできないか〉


マーサ『ファルコン。心配はいりません。その者は私の息子です』

ファルコン『マーサ…』  兵士たち『『マーサさま!』』ザワッ

タンタンタン ギギギ …サラサラサラサラ… ウィィィン

ミニモン・ピエローヌ・ヘンリー・サンチョ・エスターク・れんれん『「わー』」キョロキョロ


ミニモンは横回りの歯車に飛び乗った!

ミニモン『ヒャッホーッ!スゲェ~!』グルグルグルグル  ピエローヌ『ああっ!』ミアゲル

ヘンリー『おーい!降りてこないと歯車の噛み合わせに巻き込まれちまうぞー!』ミアゲル

ミニモン『ッセェ~!俺ァそンな馬鹿じゃねェ~!』グルグルグルグル

ピエローヌ『むむー!せっしゃもはぐるまにのりたいでござるよー!』ピョンピョン


ミニモン『ウオオオォォォォ~!?ウオオォォォ~~… ウウゥゥ…… ………』パタパタ

ピエローヌ『やや。ミニモンせんぱいもどってきてござる』  れんれん『顔真ッ青ダゼ!』

ミニモン『気持ち悪ィ…最悪の体調を忘れちまッてた…』コテッ  マリア『悪魔さん!』タタッ

トンヌラ『気の毒だけどミニモンはなにするかわからないし、これくらいでちょうどいいか』

ミニモン『ンだとォ…? このマザコン野郎』ミアゲル


トンヌラはまわしげりをはなった!ミニモンに18のダメージ!

ミニモン『グッ!?テ、テメェ!母親の結界で弱らせた隙に、加護が無ェ俺を殺…』ウツブセ

トンヌラ『はっ。そうだった!ごめん』カッ

トンヌラはホイミをとなえた!ミニモンのキズがかいふくした!

マリア『……おふたりともひどいですわ。トンヌラさんも悪魔さんも反省して下さいまし』

トンヌラ『はい。ごめんなさい』ペコペコ  ミニモン『ッセェ…。死ねー…死ねー…』ハァハァ


ヘンリー『オレも叱られたい… もとい。このでかい水車小屋ってなにを作ってるんだろ?』

トンヌラ『奥で木材を切り分けてるのが見えるけど、目立つのは小屋の中に流れ込む川だね』

トンヌラ『町で見た川が幅を狭めて流れていて、小屋の大きな壺の中へ吸い込まれていく…』

ヘンリー『川は大きな壺を通って水車小屋の外へ。川幅を広げて、また町に戻るみたいだな』

トンヌラ『河水が通る大きな壺は2つある。片方だけが歯車機構で激しく上下運動してるぞ』


マーサ『河水の元は雨。魔界の上空の雲は人間界の地底の霧。この土地は聖水が作りやすい』

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん・エスターク『!』

マーサ『わたしだけでは魔物のチカラを封じることはできません。この聖水が必要なのです』

マーサ『水車小屋はジャハンナに聖水と私に魔動抑制のチカラをもたらす循環ろ過施設です』

マーサ「母に聞きたいことはまだたくさんあるでしょうけど、今は待って下さい」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク「!」

マーサ『みな。この者たちはトンヌラの仲間です。この水車小屋で守って下さい』

兵士たち『『はいっ!』』  ファルコン『よし』

マーサ「トンヌラ。行きましょう」スス

トンヌラ「! はい。『みんな、ちょっと行ってくるよ』

マリア・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん『りょうかい!』  ミニモン『ウゥ~…』オエ


エスターク『…………』グゴゴゴゴ

トンヌラ『………。知り合ってたかが2日だけど…ぼくはきみも仲間だと思ってる』ミアゲル

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』

エスターク『…………』グゴゴゴゴ

トンヌラ『ダークドレアムのことや、きみの気持ちや考えとか。みんなと話してくれないか』

エスターク『……………。よろしい』グゴゴゴゴ

トンヌラ『…うん。よろしく、エスターク』ポカッ

トンヌラはエスタークにこぶしをあてた。


【暗黒世界】 ジャハンナ 水車小屋2階のテラス


トンヌラ「…ふう。(ハシゴを登って2階の木板の猫走りを進み、この岩屋戸から外に出た)

マーサはおうじょのあいをつかった!

マーサ{トンヌラ、あなたもこの心の声のチカラに目覚めていますね}

トンヌラ(! はい。お母さんの声のチカラだと感情は伝わらないんですね)

マーサ{まあ。お前のチカラでは気持ちもいっしょに伝わるのですか?}

トンヌラ(はい。ま、まあ、それが良いのかはわからないです。恥ずかしいことが多いし…)


トンヌラ(この思念の会話の内容もミルドラースにはわかってしまうんですか?)

マーサ{いいえ、大魔王にできることは“見る”こと。心を知ることはできません}

トンヌラ(じゃあ今も大魔王が見てるとしても、ぼくたちが無言で佇む姿しかわからない)

マーサ{そうです。でもわたしたちの心の声のチカラの存在を大魔王はわかっていますから}

トンヌラ(ぼくたちが思念で会話してることは推測されているということか)


マーサ{母がほどこしている封印によって、次元間の転移と心の通信は制御されています}

マーサ{母はミルドラースとエスタークの解放を危ぶんでいますからその封印を解きません}

マーサ{魔界の現状と母の意志はわかりますね。お前の質問と意見は後で聞きましょう}

トンヌラ(はい)


マーサ{安価の世界…天の加護の世界の時空間はわれわれの世界とは異なります}

トンヌラ(?)

マーサ{今、かの世界は奇跡の日です。母ならかの世界の奇跡を導くこともできましょう}

マーサ{母はしばし心の通信のみの封印を解きます}  トンヌラ(!?)

マーサ{奇跡の支えを受けて母は一心に通信解除へ集中します。何分続くかはわかりません}

マーサ{今すぐ行えば大魔王も気づかないはず。トンヌラ、人間界との通信を準備なさい}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後4:28  ベラの消息不明から46時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トンヌラ(人間界と連絡が取れる!?)

トンヌラ(制限時間がわからない以上、通信は1人で終わってしまうかもしれないか…?)

トンヌラ(おうじゃのあいの回線を構築した人間界の仲間たちだ。ベラとは連絡できない)

トンヌラ(ぼくは誰に通信するべきなんだろうか?)



A シビリン

B ゆかりん

C ホーコ

D ヨシュア



>>151の投下時刻~2014/12/25(木)0:00までのレスで多数決
同率一位の場合、0:00直前のレスを採用




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※「マーサに言いたいことと聞きたいことも、2014/12/25(木)0:00まで受け付けます」

※(質問はトンヌラ宛にも来ていますし、マーサに限らず他のキャラ宛でも結構です)

※「既に受け付けたレス内容については、マーサとトンヌラの反応をお待ち下さい」



ミルドラースについて知っておくべき情報
あと進化の秘法についてなにか


今回ほど、八巻での休暇訓練で遠隔会議に一票入れなかった事に
これほど悔やんだことは無いwwww
人間界班の回線構築済みな人たちと同時情報共有したかったよー

>※(質問はトンヌラ宛にも来ていますし、マーサに限らず他のキャラ宛でも結構です)
とあるので、>>1さんのお言葉に甘えます。ありがとう
丁度時間帯的に、人間界側のチームもグランバニアで
マスドラの加護について話し合っているだろうし…

シビリン宛て:捕虜になっていた時の事は覚えてる?(忘れている前提)何か思い出した?
        ロベオティオスやイブールがトンヌラサーカスについて何か言っていなかったか
ゆかりん宛て:>>109で言っていた「シンシアのとき」の過去は
        ①最初に勇者として旅立った時の事 ②導かれし者たちと旅を終えて村に戻った時の事
        ③その後人間界で戦争が起きシンシアを護る為、以前の仲間を殺した事 ④それ以外
        のどれに当て嵌まる?
        後、蘇生加護の利点と欠点に思い当たることは?良かったら教えて 
シビリン・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ホーコ・シャオンたち
(遺勇で登場したトンヌラたちと友好的な魔物仲間全員)宛て
        :もし、人間になれるとしたら…望みますか?
マーサ宛て:◇貴女が飼っていたスライムはグランバニアで元気に暮らしていますよ。
        ◇ファルコンさんは見た目が天空人のようですが、あの人も元魔物?それとも…

マーサへの質問
マーサはミルドラースと戦い続けているが
ミルドラースの冒険の書を封じること
や対策などあるか?

B

トンヌラへの質問
パーティメンバーが加護を失い、ゴレムンが消滅している事を
ゆかりん側は知らないのではないか

>>1さんへ
この質問は質問というより魔界側パーティの
加護の復活を意図していますので、質問の受付け
というルールを逸脱しているようであれば
スルーしてください

細かいが王女でなく王妃では?

【妖精界】 村はずれの森


ゲンさんのこうげき!かいしんのいちげき!つちわらしCに131のダメージ!

つちわらしCをたおした!

つちわらしC『』ドシャッ  つちわらしA・B『!!……』ゾゾゾ

つちわらしAはにげだした!つちわらしBはにげだした!

ゲンさん『あっ。なんでえこのすっとこどっこい!いてて』ナデナデ

ゲンさん『あっしもちったあケンカどうぐがいるかな?? でもあっしはしょくにんだしよ』


スマハち「ギャアーオ!」ビュンッ

スーパーマッスルハイテクちーたーのこうげき!

ヨシュア「くっ。 !? 凍る!」ビシビシ

ヨシュアに138のダメージ!

ヨシュア(殿下のキラーパンサースマハち。このダメージはこおりのやいばのチカラか)

ヒュンヒュン

ヨシュア「行くぞ!」タンッ

ヨシュアのこうげき!スーパーマッスルハイテクちーたーに91のダメージ!

スマハち(! 強えだ。王子さまかミニモンみてえな感じだよお)ザシャッ!ギリリ


【妖精界】 妖精の村 切り株の防具屋


ドワーフA『うお!いらっしゃいませ。ここは防具屋でございます。ご用はなんでしょう?』

ビアンカ「トンヌラったら、あの頃こんな所まで遊びに来てたのね」キョロキョロ

ドリス「あたしと大違いの子供時代だ。あんたトンヌラの幼なじみなら知らないの?」

ビアンカ「うん。私もいっしょに来たかったな……」

ゆかりん(わたしはどこかで石化してたはずね。わたしは小さなトンヌラを見たかったなぁ)


>>122
シビリンに何か装備させてあげたい!


シビリンはみずのはごろもを手にとった。

シビリン『ドリスあリがトねー!』フワフワ  ゆかりん『ドリスさん、ほんとうにいいの?』

ドリス『いいって。あたしにやれることはやるから。いろいろあんたたちのおかげだしさー』


シャオン『ニンゲンはふくもひつようなんですよね。なにがいいのかなぁ。たいへん』ユラユラ

ホーコ『………。着飾リタクナラナイノカ?オマエ本当ニ女カ』

シャオン『! ん、んー、あたしわからないことがいっぱいです』ユラユラ

ホーコ『アノシルクのビスチェトカ』  ドリス『うーん、ホーコ。あんたって話がわかる』

ドリスはシルクのビスチェを手にとった。


ドリス(だってヘンリーさまも喜んでくれるかも。欲しくなってきた……ていうか欲しい!)

ドリス「…はっ。ダメダメ。ダメ。あたしは戦えない。あんたたちに死なれるのは嫌だし…」

ゆかりん「ドリスさん…ほんとうにいいの?」  ドリス「いいから何回も聞くなってば!」

トンヌラ“ゆかりん!”

ゆかりん「!!?」ドキーッ

シビリン・ホーコ・シャオン・ドリス・ビアンカ『?』

トンヌラ“よし!”  ゆかりん(トンヌラ帰ってきたの!?ああ、でも)ドキドキ

トンヌラ・ゆかりん“(無事でよかった!!)”


シビリン『ゆかりんどウシたの??』ペシペシ

ゆかりん『待って。トンヌラなの』

シビリン・ホーコ・ドリス『!?』  ホーコ『トンヌラ様!!』バサバサ!


ビアンカ「もしかしてトンヌラって言った?」

シャオン「うん、トンヌラなのってゆったよ。どうゆうことかなぁ」ユラユラ

ドリス「ああ、トンヌラはテレパシーが使えるんだよ。相手が限られてるみたいだけどね」

ビアンカ「えっ?遠くはなれてても話すことができるの?」


トンヌラ“まだ魔界なんだ、この交信はいつ切れるかわからない。情報を一気に同期する!”

ゆかりん(! うん、わかった!)ググッ


>>157
パーティメンバーが加護を失い、ゴレムンが消滅している事を
ゆかりん側は知らないのではないか


トンヌラ“!…シビリン、ベラ… …!!”  ゆかりん(う…! !?ああ!うそだ!)

ゆかりん『うそだ!でも…』ツツー

シビリン・ホーコ・シャオン・ドリス・ビアンカ『!?』

ビアンカ「……どうしたの?」ギュッ

ドリス「な、なんだよ、なにかあったのか…」


ゆかりん『ゴレムンとヘモさんは大魔王と伝説の魔物とたたかって死んだ』ツツー

シビリン・ホーコ・シャオン・ドリス『!?』  ビアンカ「………」

シビリン『ウう…!ウうウ~~!!うウ~~!!』クシャクシャポロポロ

ホーコ『レミー』


ドリスはゆかりんのむなぐらをつかんだ!

ドリス「ヘンリーさまは!?」

ゆかりん「だいじょうぶ。トンヌラといっしょ」ウツムキ

ドリス「!…… …………。そうか」パッ

ドワーフA(ひええっ!何事じゃあ)ハラハラドキドキ


シビリン『ヤッぱりロベオティオスのイっタトオりだッタんダよー。ウワァ~!!』ボロボロ

シャオン「あ あわわ おにいさま おねえさま」オロオロ

ビアンカはシビリンをだきしめた。


ビアンカ「大切な仲間が亡くなったの?」ギュッ

シャオン「は はい ゴレムンおにいさまとヘモさんとゆうひとがしんだっておねえさまが」

ビアンカ「…そう。悲しいね」

シャオン「………。しぬって かなしいことだったんだ」コトッ

ビアンカ「そうよ」

ゆかりん(きのうカミに教えられたときから、わたしは覚悟していたはずだ)グイッ 

トンヌラ“ぼくが人間界に戻ってすべてが落ち着いたら、ふたりのお墓を作ろう”

ゆかりん(うん、そうしよう、グランバニアでいいよね…?ダメかなぁ…)ポロポロ

トンヌラ“ぼくは賛成”


トンヌラ“大丈夫かい? シビリンとベラのことありがとう。ぼくが夢で見た通りだった”

ゆかりん(うん…ふしぎ。…夢を見た理由はイムルじゃなくてトンヌラが私の恋人だから?)

トンヌラ“イムル? それはわからないけど夢の内容は信頼に値するとお母さんは言ってる”

ゆかりん(おかあさんはわたしのことを知ってたんだね。天空の勇者のことを)ゴシゴシ


トンヌラ“シビリン、スマハち、ホーコ、ヨシュアさん、お、お姉ちゃん…ゲンさん!?”

ゆかりん(うん。シビリン以外のみんなは、ミルドラースの蘇生加護がそなわってたけど)

ゆかりん(念のためにカミの加護をうけなおしてもらった。…信用……できると思ったから)

トンヌラ“…そっか。じゃあそれがいい”

ゆかりん(う、うん…)


トンヌラ“ラインハットは最悪の場合敵になるって?”

ゆかりん(それがラインハットのじじょうなのかな。トンヌラはどう思う?)

トンヌラ“わからない。ヘンリーに聞いてみるよ”  ゆかりん(うん、そうして)

トンヌラ“でもヘンリーもわからないって言うような気がするな”


トンヌラ“海の神殿のキラーマシンのことは知らない。たぶんミルドラースの配下だな”

トンヌラ“暗黒世界のほこらの旅の扉が開きっぱなしのまま、ぼくたちは大魔王から逃げた”

トンヌラ“だから今は大魔王側が人間界の海の神殿の祭壇にある3つのリングを管理してる”

ゆかりん(それでトンヌラたちは人間界に戻れなくて、この2日間連絡できなかったんだね)

トンヌラ“そう。ゆかりんたちも海の神殿の青門を開くことはできないし、”

トンヌラ“こうなるとお母さんが制御を解くほかない”


ゆかりん(今、海の神殿はカミも見たことがない魔物の軍勢に支配されてるらしいの)

ゆかりん(カミは望みの世界とダークドレアムをうたがってたよ)

トンヌラ“ダークドレアムの目的がエスタークの体だとか、そんな話を聞いたことはある?”

ゆかりん(はじめて聞いた。デスピサロの時だってそんなはなしは聞いたことなかったし、)

ゆかりん(もしかしたらカミも知らないのかな)


トンヌラ“エスタークって昔もあんな感じだったのかい?”

ゆかりん(うん。でも強くなってる。わたし1回戦っただけで会話なんてできなかったし、)

ゆかりん(トンヌラたちのほうが詳しいとおもう。エスタークってふつうに話すんだね)


ゆかりん(……闇の洞くつ、架け橋の塔、アンドレアル、バロンのつのぶえ……)

トンヌラ“バロンのつのぶえでゆかりんたちを呼ぶべきなのか迷ったんだけど”

ゆかりん(ラインハットの王様の宣言をかんがえると…呼ばれてもよかったのかも)

トンヌラ“ぼくたちみんなで大魔王を討伐できれば、おそらく人間界の光の教団は瓦解する”

トンヌラ“そしてベラと奴隷のみんなはすぐ安全に解放されたかも?”

ゆかりん(でもベラとドレイのひとたちの立場は悪くなっちゃうから安全策じゃないよ)

【暗黒世界】 ジャハンナ 水車小屋2階のテラス


トンヌラ{…ん?ゆかりん。ゆかりーん。通じてない?}

ゆかりん“……ト…ン……”

マーサ「……」ググッ フルフルフル

トンヌラ(お母さん!

マーサ〈母を心配するそぶりを見せてはいけません〉フルフル

トンヌラ(う)

マーサ〈交信を、ミルドラースに気づかれてしまいますよ〉フルフル


マーサ〈でも…もう限界のようです〉タラッ

トンヌラ(!)

マーサ〈後悔のないようになさい〉ウツムキ


トンヌラ{…ゆかりん、もう時間がない}

ゆかりん“……!……うん……トンヌラ……わたしまってるよ…ずっと……何十年でも……”

トンヌラ{そんなことにはならないよ。お母さんを連れてすぐ帰る。ゆかりんのところに}

ゆかりん“……うん……うん……やくそくだからね……ずっとすきだよ……わたし……”

トンヌラ{ぼく…またゆかりんを泣かせてるな。ゆかりん……。ああ。もう届いてないか…)


マーサはおうじょのあいをつかった。

マーサ{……きちんと話はできましたか?}フゥ

トンヌラ(……はい。……ありがとうお母さん。だけど、あまり無理しないでほしい)ギュッ

マーサ{……ありがとう。でも、わたしもやっと母親らしいことができました}

トンヌラ(うーむ……。気持ちは嬉しいんだけど、母親のつらそうな姿ってすごく堪える)

マーサ{良いのですよ。……さて、次はお前と天の加護からの質問と意見を聞きましょう}

トンヌラ(! はい)


>>158
細かいが王女でなく王妃では?


トンヌラ(……………。……王子のぼくも、おうじゃのあいと名付けてるからな……)ウーム

トンヌラ(ぼくの場合は、王者のマントの話と母譲りの潜在能力から閃いたんだと思うけど)

トンヌラ(お母さん、おうじょのあいにはなにか由来とかあるんですか?)

マーサ{わたしの場合は由来というより愛着です。気にしないで下さい。……そういえば、}


>>136
人間界と望みの世界が繋がっている
とのことですが、エスタークを人間界に連れて行くと
乗っ取りの可能性が出てくるのでしょうか?


マーサ{この質問ですけれど、より正確に言えば人間界そのものが危険なのではありません}

マーサ{ただ人間界は望みの世界とつながっていますし、母のような転移制御がありません}

トンヌラ(リリ…シャオンのふしぎなちからならできるみたいだけど、永続的には難しいか)

マーサ{マリアを配下にしてルーラを与えましたね。同じような配下は他にもいるはずです}

マーサ{彼らはエスタークが人間界に現れればルーラで連れて行く。その危険があります}

マーサ{トンヌラ、みなの前では聞きません。マリアは右腕をどうしたのです}

トンヌラ(!…光の教団に拉致されて、拷問を受けました。ぼくが旅に誘ったせいで)ウツムキ

トンヌラ(どう失ったかは聞いてません。…おうじゃのあいで深く同期すればわかるけど…)

マーサ{しかたがないことですけれど、お前のマリアへの気持ちは責任感が強いのですね}

トンヌラ(それは…ぼくもそう思います)


マーサ{責任感がないのはいけません。でも、それだけでは男性の心づかいは難しいですよ}

マーサ{お父さんが天空人の女性をかくまい…愛した…その気持ちは、母にもわかります}

トンヌラ(! そうですか)ホッ

マーサ{でもあの人に夫人なんて認めないんだから。あなたは良いのですよ?あなたは}

トンヌラ(ううっ!?ダメか。難しすぎる…。…なんでぼくだと許されるんだ?)アセアセ


>>147
マリアの腕再生に関して何か情報が無いから聞きたい


トンヌラ(エルヘブンの長老と天空の神によると、この時の砂に可能性があるそうなんです)

マーサ{母の知るかぎり前例はありません。可能性は確かに感じますけれど…}

マーサ{他のアイテムと環境も必要ですね。実験的な大手術になるでしょう}

マーサ{成功する保証はありませんし、マリアは激しい苦痛を乗り越えなければいけません}

トンヌラ(!?……)

マーサ{価値ある冒険ですけれどあなたたちは覚悟しなければいけません。母となった私も}


トンヌラ(……他のアイテムと環境ってなんですか?)

マーサ{今から言うことは、母が得た知識と情報ではなくて、可能性がありそうな推測です}

マーサ{……お前の神秘のよろいと、お父さんに贈ったけんじゃの石、たくさんの聖水……}

マーサ{……ですから、マリアが施術するならばこの聖水の町ジャハンナが良いでしょう}

トンヌラ(…可能性は良かった。でも実験的な大手術……。けんじゃの石はヨシュアさんか)


>>146
◇マーサの『知る』能力は生まれつきのチカラ?
◇その能力は人間界に居た時も、現在も使えているの?
◇マーサのような能力を持つ者は他にいるか。居るとしたら誰?トンヌラと接触してるか


マーサ{そうです。大人になるにつれてわたしのチカラは強くなっていきました}

マーサ{母の“知る”チカラは、お前が安価から情報を得ることに似ています}

マーサ{いろんな知識と情報はカケラのように、わたしの頭へ入ってくるのです}

トンヌラ(お母さんが知ろうとしてもわからないことってあるんですか?)

マーサ{あります。エルヘブンの長老には予見のチカラがありますけれど、}

マーサ{あのチカラが発展したようなものと考えて下さい}

トンヌラ(…なるほど。そういえば長老の予見の情報も断片的だったかな?)


◎確か以前トンヌラはエルヘブンで天の詩篇集を入手していたと思うけど


トンヌラはふくろから天の詩篇集を取り出した!

マーサ「まあ。なつかしい」  トンヌラ「エルヘブンのお母さんの部屋でもらったけど、」

トンヌラ「サンタローズにある父さんの秘密の部屋と、試練の洞くつの部屋にもありました」

マーサ「秘密の部屋?」ピク

トンヌラ「はっ。(エッチなほん!は、発想が危ない。口頭の会話になってて助かった…)

トンヌラ「い、いや、秘密というか書斎でした。本がいっぱいで、木ぼりの女神像とか、」

マーサ「木ぼりの女神像?」

トンヌラ「さばくのバラっていう硬質の花とか、あ!世界樹の苗木まであって」

マーサ「お父さんはその名産品のようなアイテムに興味があったのですか?」


トンヌラ「………うーん? ぼくが子供の頃、父さんって調べものはよくしてたけど………」

トンヌラ「旅の途中でなにかのアイテムに夢中だったような覚えもないし…研究対象かなあ」

マーサ「……………」

トンヌラ(うわー。ずっと無表情だからわからないけど、お母さんなにかを怪しんでるよー)

トンヌラ(ぼく自身がやましいことをしてるから、あの部屋の話って気まずいんだよなあ…)


◇能力ではなくエルヘブンで教わった伝承などを教えてください。


マーサ「26ページ。なんじ一つの魂、自らをおごらず、すべてをしいたげず」

トンヌラ「?(…パラパラパラ)おおっ。天の詩篇集に載ってるんだ」

マーサ「45ページ。妖精の丘、あわれはロザリー、エルフはたいせつ」

トンヌラ「ロザリー? エルフともあるし、デスピサロのエルフ? こんな歌まであるのか」

マーサ「57ページ。心に光をともせば、心も闇にのまれず」

マーサ「59ページ。神に選ばれし者は人なみの暮らし人なみの幸せはのぞめないのが運命」

トンヌラ「……!」


>>140
パパスとの馴れ初めはどんな感じだったのかについて


マーサ「わたしは人間界に生まれて、自分の運命を幼い頃から自覚していました」

マーサ「グランバニアがどういう国なのかは、わたしのチカラで少しずつ知っていました」

マーサ「その国の王子が召使いと兵士といっしょにエルヘブンの視察の旅をしていることも」

トンヌラ「父さんとサンチョ?」


マーサ「お父さんに求婚されるまで、わたしは結婚などを考えたことがありませんでした」

マーサ「わたしはそれを悲しく思ったことはありません。わたしには使命がありますから」

マーサ「お父さんと初めて会った時も、わたしは恋心などは抱きませんでしたけれど…」

マーサ「あの人から何度も気持ちを伝えられて…、その熱意で、想いにほだされたのです」

トンヌラ「…………」


マーサ「母は、あけっぴろげに話をしすぎていますか?」

トンヌラ「いえ。そんなことないです。聞きたかったです」

マーサ「…そうして、お父さんと母はエルヘブンから駆け落ちをしてしまいました」


マーサ「エルヘブンの人々と長老たちには悪いことをしました。会えるのなら謝りたいです」

トンヌラ「そんなこと!……うーん、いや。お母さんも、長老たちとは会った方がいいか…」

マーサ「今の話で母を労うのですから、母譲りでにぶいけれど、お前も心配はいりませんね」

トンヌラ「またにぶいって言われたぞ」

>>144
マーサと言うかトンヌラに質問なんだけど
魔界に来てから王者の愛は(魔界班の仲間に)問題無く使用できてるか?
が聞きたいな


トンヌラ「ぼくに質問って珍しいな。初めてかも?今のところは問題なく使えてるよ」

マーサ「母の封印は魔界と外に関わるものです。魔界の中ならルーラも交信もできましょう」


>>146
◎以前、封印の洞窟で見た(幻の?)マーサと違う点はあるのか?


トンヌラ「望みの世界の母とは全然別人です。女の子みたいだったし…。幻なんだろうな」

マーサ「どちらが良いのですか?」

トンヌラ「ははは、もちろんお母さんだよ」

マーサ「どちらの?」

トンヌラ「い、今ここでぼくと話してるお母さんがいいです」


トンヌラ(母親を美人と見るのはなんとなく気が引けるけど、やっぱり美人だよなあ)

トンヌラ(年齢不詳の美女って感じは、テルパドールの女王さまと同じかもしれないけど)

マーサ「………」

トンヌラ(お母さんってなにがやぶへびになるかわからない。余計なことは言わないぞ)


>>148
望みの世界と魔界が繋がっていない理由は?


マーサ「われわれの世界についてまず知るべきは、人間界がすべての基盤だということです」

マーサ「各次元は、元は人間界の一部だったり、人間界の何物かに創造されたりしました」

マーサ「ですから人間界は今も、すべての次元となんらかの方法で通じているのです」

トンヌラ「うーん。じゃあ本題の、望みの世界と魔界がつながってない理由ってなんだろう」

マーサ「母は知りませんけれど、どこかでつながっているかもしれませんよ」

トンヌラ「えっ」

マーサ「まだ誰も見つけていないだけかもしれません」


>>137
①ジャハンナで人間と変化し暮らしている元魔物たちは全員魔界の魔物たちですか?
>>155
◇ファルコンさんは見た目が天空人のようですが、あの人も元魔物?それとも…


マーサ「みな魔界の魔物ですけれど、ファルコンは天空人です」

マーサ「天空の竜と天空城が消失していた頃、天空人の難民は少なくありませんでした」

マーサ「大魔王は天空の竜に石化させられていて、ファルコンはその様子を見に来たのです」

マーサ「大魔王復活をたくらんだ教団によって母がさらわれたのはその頃のようです」

トンヌラ「!」


マーサ「でも、大魔王はもう復活直前でした。母はエスタークの存在もチカラで知りました」

マーサ「世界の危機を知った母は、お前とお父さんを諦めて、すぐに魔界を封印したのです」

トンヌラ「父さん、サンチョ、グランバニア、エルヘブン誰でもいい!連絡すべきだった…」

マーサ「そうかもしれませんね…。でも、天空の竜と天空城が消失していた頃なのです」

トンヌラ「! 天空の神がいない…。…じゃあ、神の蘇生加護は働かなかったんですか?」

>>137
⑥蘇生加護について知ってる事があれば教えてください。


マーサ「当時の加護は不安定でした。石化中の大魔王の加護も同じように不安定でした」

マーサ「どちらかの加護を備えていても、蘇生できない者は多かったのです」


マーサ「あの時、母が魔界に封印をほどこすことなく、お父さんたちへ知らせていたら…」

トンヌラ「父さんなら全力で戦います!絶対に、ぼくたち家族と国と世界のために」

マーサ「でも…その戦争で死んでしまったでしょう。あの人も、生まれたばかりのお前も…」

トンヌラ「そんなことは…! それは……。わからないけど」


マーサ「どちらにしても、お父さんは死んでしまいました」

トンヌラ「…………」グッ

マーサ「トンヌラ……。生きていてくれて、母を助けに来てくれてありがとう」ギュッ

トンヌラ「……はい。父さんが生きていればもっと良かった。でも、サンチョはいるから…」

トンヌラ・マーサ「………。サンチョ…」ミアワセ


④マーサ自身は蘇生加護を持っていますか?


マーサ「母も人の身です。蘇生加護は備えた方が良いのですけれど、洗礼は受けていません」

トンヌラ「なぜですか?」

マーサ「母は竜を信仰していないのです」


⑤元魔物の人たちの蘇生加護はミルドラースのまま?


マーサ「そうです」


②大体で良いのでどのような性格の魔物が人間になりたいと申し出てきたのか?


マーサ「このジャハンナでは魔物のチカラを弱める結界が張られていますから、」

マーサ「われわれが大魔王たちを迎え討つ際は、人間として戦った方が有利です」

マーサ「みなが人間になったのはその理由が大きいからで、性格はあまり関係ありません」


トンヌラ「ジャハンナは表情と仕草がぎこちない人間ばかりだったけど、」

トンヌラ「人間になった住民のチカラってどうなるんですか? 魔物の時のチカラのまま?」

マーサ「いいえ。標準的な人間のレベル10の能力になります」

トンヌラ「レベル10の人間…。弱った魔物が相手とはいえ、ちょっと危ないような」


トンヌラ「元の魔物に戻りたい時はどうするんですか?」

マーサ「お酒を飲むと戻ってしまうのです」

トンヌラ「お酒? どうしてお酒で」

マーサ「人間転身のチカラもジャハンナの聖水を使いますから、そのせいかもしれませんね」


マーサ「でも、一度魔物に戻ってしまうと、再び人間になる時はレベル10からです」

トンヌラ「えっ。…例えば人間の時にレベル50まで鍛えた場合、一度魔物に戻ったとして…」

マーサ「その魔物が再び人間になる時は、レベル10の人間からやり直しです」

トンヌラ「それは大変だ…。人間としての生活を続ける決意が要るなあ」

>>137
③ほこらを守護していた人間たちも元魔物?元々なんの魔物だったのか知ってますか?


マーサ「ゴルバとガルバです。レベル60台の強い人間でしたけれども」

マーサ「大魔王ミルドラース自身があのほこらへ出向くとは、考えが及びませんでした」

トンヌラ「ミルドラースがエビルマウンテンから出るのは珍しいんですか?」

マーサ「大魔王の“見る”チカラは、エビルマウンテンの自室にかぎられるようですし、」

マーサ「大魔王自らが母の結界のあるジャハンナを攻めては、大魔王自身の命が危ないです」


マーサ「水車小屋ができてからは特に、大魔王はエビルマウンテンから出ていませんでした」

マーサ「その盲点をつかれてしまいました。母は、数多くの犠牲に助けられています…」

トンヌラ(十何年もこの魔界で大魔王と戦い続けてるんだ。死者が出ていないわけがない…)

トンヌラ「ぼくこそお母さんを生かせてくれたすべてに感謝しなければ」イノリ

マーサ「………。………」イノリ

黒い低層雲はすさまじい速さで南へ流れている。


>>156
マーサはミルドラースと戦い続けているが
ミルドラースの冒険の書を封じること
や対策などあるか?


マーサ「冒険の書を見られないようにするならば、大魔王から離れるしかありません」

トンヌラ「あんなチカラがあるなんて想像もつかなかったけど…。厄介なチカラだな」

マーサ「わたしにできた対策は、ジャハンナでほどこした魔動抑制と人間転身くらいです」


>>138
⑩マーサは暗黒世界のほこらの旅の扉を解放できる術を持っていますか?


マーサ「いいえ、わたしは持っていません。言い伝えどおり3つのリングがいるのでしょう」


⑪ミルドラースをほっておいて人間界に帰る事が出来るようであれば、実行しますか?


トンヌラ・マーサ「…………」

トンヌラ「そんなこと、できるのか?」

マーサ「大魔王が野望を諦めて人間界を侵攻しないのならば…その可能性もあるのでしょう」

トンヌラ「でも父さんは殺されてぼくたちは…ぼくとお母さんの仲間だって犠牲になってる」

マーサ「それはミルドラースと光の教団も同じこと。争いはそういうものです」


トンヌラ「ゴンズを殺さなかったのは成り行きだ。ゲマとジャミに改心なんてできなかった」 

トンヌラ「大魔王はぼくにしもべにならないかと、ぼくは断りました、できるわけない!」

マーサ「トンヌラ。母はお前の気持ちをいさめません。ただ、お前は悲しみを作らないで」

トンヌラ「悲しみ?」

マーサ「母には憎しみはありません。けれどもあの人とお前と町の仲間たちの運命は悲しい」

トンヌラ「…………」


>>141
マーサ様も平和になれば人間界に一緒に帰れますか?


マーサ「ええ。でも住民やマリアのことがありますから、ジャハンナでも生活するでしょう」

>>152
ミルドラースについて知っておくべき情報
あと進化の秘法についてなにか


マーサ「進化の秘法は母の人間転身と逆の現象ですね」

トンヌラ(そう言われてみるとそうだ)

マーサ「あれは、強いチカラを望んだ人間が編み出したのです」

トンヌラ「人間が…!? ぼくは進化の秘法の開発者はエスタークだと聞いてます」

マーサ「今では失われています。大魔王の進化は偶然で、秘法は解明されませんでしたが…」

トンヌラ「光の教団は進化の秘法の研究を続けてる。それでヘモ爺さんは改造されたんだ」

トンヌラ「ああ、お母さんのチカラならヘモ爺さんは人間に戻れたんだ、くそっ」


>>137
⑧精霊ルビスさまについて知っている限り話して欲しい。伝承やおとぎ話でも


トンヌラ「ぼくが装備してる、グランバニアの王家のあかしに刻まれた国章の鳥」グイ

トンヌラ「この鳥の紋章の意味は精霊ルビスだと、魔界の塔のだいまどうが言ってました」

マーサ「その鳥は伝説の不死鳥ラーミアです。精霊ルビスではありません。神の使いです」

トンヌラ「伝説の不死鳥のラーミア? どの神だろう」

マーサ「偉大なる神です。はるか古代ではその聖なるまもりを身につけた者が勇者なのです」


トンヌラ「ぼ、ぼくは勇者じゃないけど。なにかの神から啓示を受けたわけでもないし」

トンヌラ「…ゆかりんは勇者の立場に苦しんでたけど、やっぱり勇者ってゆかりんだと思う」

マーサ「天空の竜と天空界が数百年も消えていても、今の人にもっとも身近な神は竜ですね」

マーサ「今ではルビスの名が聞かれないようにいつかはグランバニアも消えゆくのでしょう」

マーサ「その遠く新しい時代で、その王家のあかしはまた新しい意味を持つのでしょうか…」

トンヌラ(……歴史って面白いけど、スケールが大きすぎるとなんか…無心になっちゃうな)


⑦ミルドラースに囚われている?黒髪の美女さんことバストゥさんは
 どのような境遇の人か教えてください。


トンヌラ「黒髪の美女のバストゥさん? ぼくは覚えがないな」

マーサ「母に協力してくれたジャハンナの住民のひとりで、レベル30台の人間です」

マーサ「元はブラックドラゴンです」

トンヌラ「そのバストゥさんは無事なんですか?」

マーサ「殺されてはいません。どうやらミルドラースに気に入られているようですけれど…」

トンヌラ「なんでだろう? とにかく生きてるのは良かった。助けてあげなくちゃ」


⑨人間界の歴史(特にグランバニアやラインハット)や伝承も出来たら。
 知っている範囲でお願い


マーサ「これはおいおい話しましょうか。そろそろみなのところへ戻りましょう」

トンヌラ「そうですね。(ぼくとお母さんがこうして話したことを大魔王も見てるんだし…

トンヌラ(というか、途中から口頭になっちゃったけど、まずいことを喋ってませんように)

マーサはおうじょのあいをつかった!

マーサ{知られたくないことは心で話しました。聞かれても良いことは口で話しました}

トンヌラ(! 本当かな、だと良いんだけど…ぼくは感情的にもなったし自信がないです)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後5:02  ベラの消息不明から47時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【暗黒世界】 暗黒世界のほこら


パァァァァァァァァ…! キラキラキラキラ…

二層の正方形の高台に、旅の扉があらわれた!

キラーマシンc『ガイドモード』ススーッ

旅の扉から、キラーマシンcがあらわれた!

キラーマシンc『オールクリア』ウィィ


旅の扉から、キラージャックAがあらわれた!

ピョ~ン クルクル シュタ!

キラージャックA『ウ~ン…? 薄暗いなァ。殺りやすいですねェ~』ヒタ ヒタ

旅の扉から、キラージャックBがあらわれた!


【暗黒世界】 ジャハンナ 水車小屋 1階 聖なる浄水場


マーサ『…!?』

トンヌラ『お母さん?』  マリア『お母様』  サンチョ・兵士たち『「マーサさまっ』」

マーサ『ほこらに旅の扉が現れ、キラーマシン、魔物が一匹、また一匹と増えています』

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!?』


ヘンリー『大魔王の配下か?どんなヤツです』

マーサ『キラージャックという道化者のモンスターのようです。魔界にはいない魔物です』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『?』  れんれん『確カニ俺モ知ラネエナア』

ピエローヌ『はて? まかいにおらぬまものがなにゆえふえていくんでござろうか』フーム


ミニモン『魔界産じゃねェンなら。人間界産ッつーコトになるがヨォ』パタパタ

ヘンリーはトンヌラのふくろから、さいごのカギを取り出した。

ヘンリー『海の神殿の青門を開く唯一のカギはここにあるぜ。人間界からは来れねえだろ?』

トンヌラ『さっきお母さんの協力もあって、運良くゆかりんと情報交換できたんだけど、』

トンヌラ『現在、海の神殿は謎の魔物の軍勢に支配されてるらしいんだ』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!?』


ミニモン『数で海蝕洞ごとブッ壊したかァ?』  ピエローヌ『それほどのまものが!』

マリア『それでは魔界と人間界が開通していることになりますわ!』

トンヌラ・ミニモン・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん・兵士たち『『!』』ザワザワッ

サンチョ「なんですっ?なにか大変なことが起きてるんですかっ!?」ブルルン

ファルコン「ほこらに正体不明の魔物が現れている。人間界との門が開いた恐れがある…」

サンチョ「!? なっ、ど、どうしてですかっ!」ブルンブルン


エスターク『どうするのだ?』グゴゴゴゴ

トンヌラ『ジャハンナの住民はジャハンナ以外の荒事に向いてない。ぼくたちが行こう!』

みんな『『!』』

マーサ『トンヌラ!』

トンヌラ『みんなとエスタークがいます、大丈夫!』  エスターク『……』グゴゴゴゴ

*“クク……まあ待つがいい”

みんな『『「!?』』」ザワザワッ


*“人間界の門が開いたならマーサ、そなたの封印は無意味となろう”

みんな『『「ミルドラース!』』」  れんれん『!!……!……』

*“私自らが旅の扉へ足を運び、人間界の開かれた門をくぐればよいのだからな…”

マーサ『門が開いたとはかぎりません。私もあなたも人間界を確かめることはできません』

兵士B『そのとおりだ!』  兵士C『騙されませんよ!大魔王さま!』


*“ではほこらの現状をどう説明する。そなたの賢き娘の考えは誤っているのか?”

トンヌラ・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・サンチョ『「!』」

ミニモン『何でテメェが尼の頭を推すンだかヨォ』  ファルコン・兵士たち『『娘?』』

ヘンリー「くそっ、間違ってるとも言いたくない」  サンチョ「まったくですなっ!」


*“決着をつけようではないか。マーサよ”

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・サンチョ・兵士たち『『「!』』」

マーサ・ファルコン『………』

*“私は野望を捨てるつもりはない。そなたが死ぬか、私を殺すか、私を受け入れるか、だ”


マーサ『わたしはあなたの野望を認めるつもりはありません』

*“よかろう。暗黒世界のほこらで戦うか。エビルマウンテンで戦うか。どちらかを選べ”

*“そなたたちがジャハンナに留まり続けるなら、私は喜んで旅の扉から人間界へ行こう”

兵士D『つまり…ジャハンナから出て戦えと?』  兵士E『我々も元の姿に戻るまでだ!』


トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{マリア、ダークドレアムからなにか連絡は?}

マリア(ありませんわ)

トンヌラ{天空の神は、海の神殿の謎の軍勢はダークドレアムの手の物だと疑ってる}

トンヌラ{お母さんは、ダークドレアムはエスタークの体を欲しがってると言ってた}


トンヌラ{そしてこのタイミングで謎の魔物たちが旅の扉から現れてる…となると}

マリア(………。望みの神さまは、大魔王ミルドラースに接触したのかもしれませんわね)

マリア(でも推測ですから、その接触の程度と内容はとてもわかりません)

トンヌラ{…仮にミルドラースとダークドレアムが同盟関係なら、これはかなり脅威だぞ}


トンヌラ「お母さん、ジャハンナの戦闘員は何名ですか?」

マーサ「約100名です」

ファルコン「…大魔王の配下は軍団級で10,000はいるから、ジャハンナを出てしまったら…」

ミニモン「烏合の衆なら俺とコワモテが殺る。まァキッチリ対策練られたかもしンねェが」

トンヌラ「“10,000と謎の魔物の軍勢”だよ。総数は不明だ。倍増する可能性だってあるぞ」

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・ファルコン「!」

ヘンリー「……間違いなく今までで一番でかい戦争になるぜ」ゴクリ

トンヌラ「暗黒世界のほこらへはマリアのルーラでも行くことができます」

トンヌラ「エビルマウンテンへはどうすればいいですか?」

マーサ「コロマージのルーラがエビルマウンテンを登録しています」

トンヌラ「わかりました」


*“膠着していた魔界を待望の決戦へと導いたのはトンヌラ…そなただ”

トンヌラ『…………』

*“世界の運命はそなたが選ぶのが最もよかろう。クク……”



A 暗黒世界のほこらで戦う

B エビルマウンテンで戦う

C 大魔王を人間界へ見逃す



>>179の投下時刻~2014/12/29(月)0:00までのレスで多数決
同率一位の場合、0:00直前のレスを採用


>>1さんに質問です。
①現在ジャハンナに居る戦闘員100名はトンヌラたち魔物班
 と行動を共にすると捉えて良いですか?
②マーサさまはどの様に動くのか?
③同じく天空人ファルコンさんは戦いに参加するのか?
④AとBを選択した場合、ジャハンナの町はどうなってしまうのか?
宜しければ、お答えください。

※「>>181

※「①②③④すべて、ABCそれぞれで異なる展開になっていくかと思います」

※「残念ながら>>1の処理能力では、現在①②③④にお答えすることが不可能です><」



※「再開後の物語の情報量を考えると、一日間の受付時間では足りないでしょうか?」

※「安価受付時間の延長が必要でしたら、お気軽にお申し付け下さい」

Z
ここまで相手がすごいと、何かを犠牲にしなきゃいけないのかな

>>1さん、マーサが魔界の転移制御を解いたら
魔界から人間界に簡単にルーラで移動できる
ってことで合っていますか?

※「>>185

※「仰る通りです」

※「ご愛読並びに多数のご参加をいただきまして誠にありがとうございます」

※「今安価では受付期間をもう1日設けて、以下のように変更いたします」


>>179の投下時刻 ~ 2014/12/29(月)0:00 までのレス

2014/12/30(火)0:00 ~ 2014/12/31(水)0:00 までのレス


※「この2つの期間の投票を合計して多数決を採ります」

※「同率一位の場合は、2014/12/31(水)0:00直前のレスを採用します」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「また同時に、これにて2014年の物語の更新を終了させていただきます」

※「物語の再開日時は未定ですが、何事もなければ、年明けすぐを予定しております」

※(更新停止中も今安価や物語へのご意見・ご質問はお答えいたします。お気軽にどうぞ!)


※「今年は>>1の長期更新停止でスレを落としてしまい本当に申し訳ありませんでした><」

※「物語の最後までご愛読いただければ、これに勝る喜びはありません><;」


※「本年中も皆さまには大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さい」


>>198
> >>179の投下時刻 ~ 2014/12/29(月)0:00 までのレス
> 2014/12/30(火)0:00 ~ 2014/12/31(水)0:00 までのレス
と明記されてるから、もしかして>>200さんの投票は無効?

>>1さんに安価投票期間について質問です。
①12/28 1:44~同日24:00(昨日) と 12/30 0:00~同日24:00(明日) 合計二日間の投票数で決定
②12/28 1:44~同日24:00(昨日) から 12/30 0:00~同日24:00(明日) 合計三日間の投票数で決定
③その他
今回の分水嶺投票はどれに当たるのですか?

※「>>201

※「①です。本日2014/12/29(月)中の投票は無効となります」

トンヌラ「……」チラッ  マーサ「…?」

マーサはおうじょのあいをつかった!

マーサ{トンヌラ}

トンヌラ(お母さん、肝心なことです。教えて下さい)

マーサ{なんです?}

トンヌラ(お母さんなら、この魔界の封印、転移制御を解くことはすぐにできるんですか?)

マーサ{!………… …………。……数ターンは必要となるでしょう……}

マーサ{再び封印をほどこす際は、数十分はかかるかもしれません}

トンヌラ(…わかりました。お母さん。許しがたいかもしれないけど、協力してほしいです)

マーサ{協力?どういうことですか?トンヌラ}


トンヌラ「ミルドラース。おまえは前のほこらの戦闘ではぼくの冒険の書を読んでいたし、」

トンヌラ「たぶん、マリアに憑依したダークドレアムとエスタークの会話も“見て”いた」

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・マーサ「!」

*“……クク……”

ファルコン「…ダークドレアム?」ミアゲル  *『人間語か!』  *『何を言ってる?』


トンヌラ「サンチョ、今の時刻を教えてほしい」  サンチョ「えっ? は、はいっ」ブルン

サンチョは懐中時計を取り出した。

サンチョ「午後五時十分ですよっ!」ブルルン

トンヌラ「…ミルドラース。さっきも言ったけど、ぼくはゆかりんと情報を交換できたんだ」

*“ほう…?”

トンヌラ「午後七時…あと2時間弱で、天空城はリゾート島の上空に到着するらしいよ」

*“!”

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・マーサ・ファルコン「!?」

ファルコン「天空城が…!?では神は!マスタードラゴンは復活しているのか!!」バサ!


トンヌラ「おまえは天空の神を倒したいと言った。でも天空城の位置は教団には掴めない」

トンヌラ「かつてキチョウという教団のキメラが天空城へルーラできたけど、彼は死んだ」

ミニモン・マリア・ヘンリー「!」  ヘンリー(キチョウか…。気骨のあるヤツだったな)

トンヌラ「ゆかりんの情報が確かなら、おまえたち教団はチャンスだろう? ミルドラース」

*“…………”

ファルコン「チャンス…? マーサ、君の息子の目的は何だ?あの少年は君の息子なのか?」

マーサ「まちがいなく私の息子です……けれども…」


トンヌラ「おまえが旅の扉から人間界へ行けると言うのなら行けばいい。ぼくは邪魔しない」

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・マーサ・ファルコン「!?」

ヘンリー・マーサ「トンヌラ!!」  サンチョ「坊っちゃん…!いったいなにを」ブルブル

兵士たち『『マーサさまが焦ってる…!?』』ザワザワ

*“……………”


ピエローヌ『(キョロキョロ)ミニモンせんぱい!トンヌラどのはなにをおおせで!?』ピョンピョン

ミニモン『アァアァ。待ちな。この野郎。何企ンでやがンのかヨォ…』パタパタ

*“ほこらの魔物や天空の竜が私を殺すことを期待して、そなたはジャハンナで待つのか?”

トンヌラ「人間のことをよく知ってるという大魔王だ。ぼくの思考は把握してるんだろう?」

*“…………”

トンヌラ「そのおまえにわざわざ説明するなんて、お互いバカバカしい気持ちになるけど…」

トンヌラ「ぼくたちに邪魔されずに人間界へ行くのなら、ぼくの気が変わらない内がいいよ」

トンヌラ「安価を参考にして考えたことだし、安価とぼくが気紛れなことも知ってるだろう」

トンヌラ「今はこう言ってても、時が経てばぼくたちはほこらでおまえを襲うかもしれない」


マーサ「トンヌラ!大魔王ミルドラースは魔界から出してはいけないのです!」ギュッ

トンヌラ「……やっぱりそうでしょうか。魔界で戦い続けたお母さんに言われると弱い……」

ヘンリー「光の教団のことはオレたちでけじめをつけようって、おまえが言ったんだぜ」

トンヌラ「状況が違うんだ。さいごのカギ以外の方法で青門が開くなんて考えもしなかった」

ミニモン「アァ…コイツァコロッコロ宗旨変えすッからなァ。だが今やンのかヨォ?くくく」


マーサ『ああ。ミルドラースが自室から出て、進撃の準備を始めるようです…』

みんな『『「!!』』」

トンヌラ『大魔王は自分の部屋から出たんですか?』

マーサ『そのようです。みな。ミルドラースを止めなければいけません』

ファルコン『……』ジャキッ  *『そ、外で戦争か?』  *『元の姿に戻るしかないな!』


トンヌラ『よし。自室を離れた大魔王に“見る”ことはできなくなった。魔界もぼくたちも』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・エスターク・れんれん・マーサたち『『!』』

トンヌラ『海の神殿の謎の軍勢がほこらに来るとして、ミルドラースが協力してるのなら、』

トンヌラ『その謎の軍勢はジャハンナへルーラで誘導するはず。目的はエスタークなんだし』


マリア『…でも大魔王ミルドラースが、望みの神さまの世界破壊に同調するでしょうか?』

マーサ『しないでしょう。ミルドラースの目的は世界の支配です』

トンヌラ『だとすると…。謎の軍勢がジャハンナに攻め込むには、数日はかかりそうかな…』

トンヌラ『やっぱりお母さんとファルコンさんと町の皆さんは、ジャハンナにいて下さい』

マーサ・ファルコン・兵士たち『『!』』


トンヌラ『大魔王ミルドラースは、ぼくたちが人間界で倒す』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・エスターク・れんれん・マーサたち『『!』』

れんれん『ニ、人間界デ倒スッテドウイウ意味ダヨ!?』

トンヌラ『お母さん。ミルドラースがほこらの旅の扉へ消えたら、転移制御を解いて下さい』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・エスターク・れんれん・マーサたち『『!!』』


トンヌラ『マリアのルーラで人間界へ戻る瞬間だけでいい。その後すぐ再制御してくれれば』

ピエローヌ『さようなことができるのでござるか!?おふくろさま!』ピョンッ

マーサ『……できますが……大魔王がトンヌラの思惑とわたしのチカラを見抜いていれば、』

マーサ『封印が解かれる時間を狙って、大魔王の軍団が人間界へ転移するかもしれません』

トンヌラ『大魔王と光の教団の相手は、この魔界のジャハンナだけじゃないんです』

トンヌラ『グランバニア、ラインハット… 各国、人間界だって担わなければならないんだ』


>>1さん、スレ住人のみなさん
あけおめでことよろ、風邪引くなよ~…

それは兎も角、>>1さんに質問です。
マーサが転移結界解除するまでの間
『知る』能力で魔界の状況を確認出来ますか?
捕虜(おろらん・バストゥさん・ヘモ爺)や伝説魔物3匹とか
ほこらに乗り込んで来た軍勢の行動とか

ミニモン『テメェの頭だと。俺らはドコで角ジジイと殺り合うンだヨォ』パタパタ

トンヌラ『リゾート島。…今回の天空城を見過ごすようなら、意外と無害な存在なのかな?』

ヘンリー『いやいや、無害ってことはねえだろ。少なくとも教団の勢力は回復するだろうさ』


トンヌラ『大魔王が人間界のどこかの国を拠点にするなら、その場所は天空の神がわかる』

トンヌラ『ゆかりんが天空の神のリリアンを仲間にして転移制御を習得させたらしいから、』

トンヌラ『この場合は、リリアンと一緒に大魔王の拠点を攻めることになるよ』

ミニモン『そォ上手く運ぶかねェ?俺らの知らねェ場所なら。ルート作りから必要だしヨォ』

トンヌラ『まあね。これまで以上に天空界の協力が要るだろうな…』


マリア『お母様と離れ離れになりますわ。もしかするとまた何年も会えないかもしれません』

マーサ・ファルコン・兵士たち『『………』』ザワ

トンヌラ『…うん。最悪だと二度と会えない』  ピエローヌ『そうはさせじ!』ピョンッ

ヘンリー『まあ、生きるか死ぬかの試練は今までもそうだし…覚悟が変わるわけじゃねえさ』


マーサ『私の使命と…母としても…大魔王を人間界へ見逃して、息子たちに戦わせるなど…』

トンヌラ『ぼくも同じ気持ちです。母親たちだけに不眠不休の戦いを任せるなんてできない』

れんれん『ジャアモウ、ジャハンナヲ捨テテ母親モ人間界へ連レテ行ッタラドウダヨ?』

*『なっ!?』  *『れんごくちょう!』  *『私はこの町を捨てるなんてできない!』

マーサ『わたしが離れるわけにはいきません。トンヌラ。エスタークはどうするのですか?』


ファルコン『エスターク… はるか古代、天空界との大戦を起こした地獄の帝王が…』グッ

エスターク『私は私の記憶を持つ者を探していた。その者の目的が私の支配なら抗うまで…』

エスターク『強き者たちとの戦い。それもまたわが望み。しかしトンヌラたちよ』グゴゴゴ

エスターク『私はおまえたちと大魔王たちの決着を待つことにしよう』グゴゴゴゴ

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん・マーサたち『『………』』


トンヌラ「サンチョ。どれくらい待たせるかわからないけどジャハンナを守ってほしいんだ」

ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・マーサ「!」

サンチョ「…ははっ! ここまで来たからにはこのサンチョ、覚悟を決めましたぞ!」ブルン

トンヌラ「…ありがとう。ジャハンナには戦闘可能の強い人間が残った方が良いと思うから」

ミニモン「今生の別れかァ。…アァ!?このデブ。いつの間にレベル60になッてンだヨォ!」

ヘンリー「トンヌラがメタルキングを倒したおかげだな。オレもかなり上がってるぜ。へへ」


トンヌラ『……うーん。ぼくもよくわからないし…いろんな危険もあると思うんだけど……』

トンヌラ『青ざめたエスタークがジャハンナを守るより、』

トンヌラ『地獄の帝王がエビルマウンテンを攻める方が良いんだろうか?』ウーム

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・エスターク・れんれん・マーサたち『『!?』』

トンヌラ『なんなら魔物のコロボックルたちも一緒に… 勝手なことを言ってますけど』


マリア『…大魔王軍の戦力が人間界と魔界で分断しますから、その隙を突くんですのね?』

トンヌラ『うん。旅の扉が開いてるとはいえ、軍団単位の移動は難しい気がするから、』

トンヌラ『大魔王たちが人間界へ行っても、半数以上はエビルマウンテンに残りそうだけど』

トンヌラ『…エスタークなら…コロボックルがいればなおさら、占領もできるかもしれない』

*『エビルマウンテンを…』  *『考えもしなかった』  *『占領してどうするんだ?』

ミニモン『くくく。ブロコみてェに血に飢え始めたか?トンズラ』パタパタ

れんれん『サスガ魔王ダゼ!』

トンヌラ『あ、れんれんはエビルマウンテンに詳しそうだし、案内係を頼もうかな?』

れんれん『ウ、ウオ。マジデ…?』

ピエローヌ『むむー! れんれんはにんげんかいにつれてもよいかと!』ピョンピョン


マーサ『……………。わかりました。ジャハンナはお前の言うとおりにしましょう』

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・れんれん・ファルコンたち『『!』』

マーサ『今の世界では、大魔王のみならず、破壊と殺戮の神と天空の竜も介入しています…』

マーサ『新しい時代への過渡期かもしれません。確かにすべてを魔界で片づけるのは難しい』


トンヌラ『ありがとう。お母さん』

マーサ『母も、あえて無理を言いましょう』

トンヌラ『? はい』

マーサ『必ずや大魔王を倒してジャハンナに戻りなさい。みなも。死んではいけません』

トンヌラ・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『…はい!』



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A エスターク

1 ジャハンナ防衛  2 エビルマウンテン侵攻
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B コロボックルたち

1 ジャハンナ防衛  2 エビルマウンテン侵攻
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C れんれん

1 ジャハンナ防衛  2 エビルマウンテン侵攻  3 トンヌラに同行
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


>>220の投下時刻~2015/01/03(土)00:00までのレスで多数決
同率一位の場合、00:00直前のレスを採用



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「新年あけましておめでとうございます! 本年もよろしくお願い申し上げます」


※「>>218

※「すべてを知る事はできないかもしれません。しかし多くを知る事はできます」


>>1さん、お答え頂きありがとうございます。
更に質問させて下さい。
・『知る』チカラで得た情報を『おうじょのあい』
 で魔界に残る人々に伝える事は出来ますか?
 又はその様にマーサさまにトンヌラからお願い出来る
・エスタークやコロボックル達、れんれん(魔界に残る場合)
 ジャハンナに残るサンチョの行動は別行動していた
 人間界班の時の様に、此方でも状況を追えますか?

※「>>223


・『知る』チカラで得た情報を『おうじょのあい』
 で魔界に残る人々に伝える事は出来ますか?
 又はその様にマーサさまにトンヌラからお願い出来る

※「伝達量と頻度は不明ですが、日常的に行っているようです」


・エスタークやコロボックル達、れんれん(魔界に残る場合)
 ジャハンナに残るサンチョの行動は別行動していた
 人間界班の時の様に、此方でも状況を追えますか?

※「現在は不明です」

【暗黒世界】 ジャハンナ 中央広場


コロボックルたちはテーブルで薬草を食べている。


兵士D『それで……かくかくしかじか……という提案が、息子のトンヌラからあってだなー』

コロボックルたち『え!』ムシャムシャ

コロヒーロー『ぼくたちがエビルマウンテンを!?』コロッ

コロファイター『(ゴクン)だいまおうがいなくても、あいつらがいるとたいへんだ~』コロ!

コロプリースト『ほかにもいっぱいいるじゃーん!? じゅもんせつやくしないと!』コロコロ


れんれん『マズ俺ニ話ヲサセテクレヨ!話デ済ムノガ一番イイッテ魔王ハ言ッテタゼ!?』

コロヒーロー『? はなしって…。ああ!きみはエビルマウンテンになかまがいるんだ!』

れんれん『仲間ッテ程ジャネエケドヨ!知ッテル顔ハ多イカラナア』

コロマージ《な…なにをはなすの?キミをしんじていいの? アトこのおっきな…》ミアゲル


エスターク『……私のことか?』グゴゴゴゴ

コロボックルたち『う、うおお』タジタジ

コロファイター『くわ~!かてない』コロ!

コロプリースト『ちょっとービビんないでよー!』コロコロ


兵士C『心配いりません!』グビッ

兵士E『応!』グビッ

兵士Cと兵士Eは木のグラスに入っている酒を飲んだ!

コロボックルたち『ああっ!?おさけ!』ガーン

エスターク・れんれん『?』


ドロン!

兵士CはホイミスライムLv.43にすがたをかえた!

エスターク・れんれん『!?』

ホイミスライムLv.43『ふへっ…チカラが抜けますー』シナシナ

コロファイター『あたりまえだ~!おまえつよいにんげんだったのに~!』ジダンダ


ドロン!

兵士EはギガンテスLv.5にすがたをかえた!

ギガンテスLv.5『くは~…イカン、酒に弱くなった』グラッ

コロマージ『ワアー!?こっちにたおれてこないでー!』アタフタ


ギガンテスLv.5『我々も…エビルマウンテンへ同行するよ!』ググ

エスターク・れんれん・コロボックルたち『!』

兵士D『でもそのふたりだけだぞ。ジャハンナの安全が何よりも大事なんだからな』


コロヒーロー『ぼくたちはゆうきあるジャハンナのゆうげきたい!じゅうぶんだ!』コロッ

コロプリースト『うんうん。リースちゃんがあぶなくなったらちゃーんとまもってね』コロコロ

コロマージ《リ、リースがボクたちをまもってよ。…いつ、エビルマウンテンにいくの?》

兵士D『大魔王さまが人間界へ行ってからだろ。マーサさまの合図があるんじゃないか』

【暗黒世界】 ジャハンナ 九時の広場


トンヌラのこうげき!かいしんのいちげき!ファルコンに396のダメージ!

ファルコン「が!?」ガク

町民たち『『ファルコンが!』』ザワッ

女性C『マーサさまの子供はあんなに強いの!?マーサさまは戦士じゃないのに!』クネクネ

ファルコン(か 神からドラゴンの杖を授かるわけだ)


ファルコンのこうげき!

トンヌラ(初めて見る剣… 「う! ……!? 傷に氷が!」ビシビシ

トンヌラに165のダメージ!

町民たち『『おお!倒れない!』』ザワザワ


ピエローヌ『ファルコンどのの、るりいろのわざもの。ふかく、あざやかにござる』フーム

ミニモン『モノの無ェくたびれた砦みてェな集落だが。どォいう訳か武具の質はイイ』

ピエローヌ『あのつるぎ、スマハちせんぱいのこおりのやいばとおなじしかけにあらずや?』

ミニモン『だなァ。ありゃア面倒でヨォ?食らう側に氷耐性が無ェとダメージ増加しやがる』

ピエローヌ『ヒャドはせっしゃもにがてにて。ヒャドがきかぬはホーコでござるよ!』ピョン


マリアはベホマをとなえた!トンヌラのキズがかいふくした!

トンヌラ「ありがとうマリア。ファルコンさん」

ファルコンはベホマをとなえた!ファルコンのキズがかいふくした!

ファルコン「強い。君は人間なんですか?」

トンヌラ「ははは、お母さんの息子ですよ。ファルコンさんこそ普通の天空人なんですか?」

ファルコン「並の天空人じゃ私のようには戦えません。私のレベルはこの魔界で培われたな」


トンヌラ「天空の神と天空界を利用する戦略をとってしまったこと、ごめんなさい」フカブカ

マリア「申し訳ありません」フカブカ

ファルコン「天空城を空へ帰したのは君達です。それくらいは一天空人として受け入れるよ」

ファルコン「神と天空界の油断が世界危機を招いたし、マーサはその事を怒ってるようだし」


トンヌラ「ぼくもあの神とは複雑ですけど…。…お母さんって天空の神が嫌いなんですか?」

ファルコン「ふふふ…。嫌いみたいですね。仕方ない事だけどね。マーサの気持ちを思えば」

ミニモン「角ジジイ死ね。トカゲ死ね。つーか両方死に腐れ。俺らと同じじゃねェか」

ヘンリー「でもダークドレアム信仰じゃねえし、かといって無宗教でもなさそうだったよな」

ファルコン「何かの古い土着神を信奉してるようだけど、こういう話はあまりした事がない」


トンヌラ「ファルコンさんも、天空界のために大魔王と戦いたいかもしれないけど、」

トンヌラ「やっぱりジャハンナを守ってほしいです。この集落にはそのレベルの戦力が要る」

ファルコン「君の強さとその杖を見たら安心しましたよ。勇者ゆかりんも味方という事だし」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー「!」

ファルコン「大魔王を人間界に任せるのは構わない。たとえ君達が破れても神なら倒します」

トンヌラ「………。天空の神の攻撃力って尋常じゃないもんなあ」  ミニモン「チッ」

ファルコン「勿論君達の勝利を願ってますよ。君達の役に立ちそうなアイテムを探そうか…」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後5:20  ベラの消息不明から47時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【暗黒世界】 ジャハンナ 中央広場


タンタンタン …サラサラサラサラ… ワイワイ ガヤガヤ

婦人A『おぼっちゃんたちがオモテの世界へ行くよ!どんどんアイテムを持ってきてっ!』

親父A『…ひいひい…こんなに太ってしまうと、店と往復するだけで、もう大変だよ』ドシャ

女性D『あなたみたいな人は、元の魔物でいた方が、いいかもね… よいしょ』ドシャ


マーサ「…ミルドラースは従者を連れて、ほこらに着いたようです…」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・ファルコン「!」

サンチョ「物事をいそぐとつまづいてしまう場合もあります。あせりは禁物ですが」ボテッ

トンヌラ「時間は押してるな…。ゆかりんたちと合流して、打ち合わせもしたいぞ」


兵士A『大魔王さまは偉大だ!』

兵士A『たとえ伝説の勇者といえども、あのお方の足元にもおよばないであろう』ウデグミ

男性A『しかし、勇者に訓練されたというマーサさまの子供はファルコンより強そうだぞ』

兵士A『…私は人となった今でも、大魔王ミルドラースさまだけはそんけいしているのだ…』

親父A『それは私も同じだよ。でもあの頃は毎日が戦いとうらぎりの連続だったねー』アセアセ

れんれん『モシカシテコイツラ俺ガ知ッテル顔モイルノカナア?知ランプリシテンノカヨ?』


ヘンリー「トンヌラ。インパスでこのたくさんのアイテムを調べてくれよ」

トンヌラ「うん。じゃあ、まずファルコンさんが使ってたこれ」カッ

トンヌラはインパスをとなえた!


トンヌラ『これはふぶきのつるぎだ。ミニモン、ピエローヌ、チョロゲが装備…ピピン!?』

ヘンリー『えっ!おまえの秘書の!?あいつは装備できるのにオレはできねえのかー!?』

トンヌラ『意外と使い手を選ぶ剣なんだね。…ヒャドに弱い敵へ大ダメージを与える』

ミニモン『ヒャドに強ェ野郎なンざそォはいねェ。俺とピエ太郎で貰ッとくか』パタパタ

ヘンリー『ピエローヌ、おまえの持ち物ってもうあふれそうだけど、まだ持てるのかい?』

ピエローヌ『むむー。そのふぶきのつるぎをいただけるなら、のこるはひとつかと!』ピョン


トンヌラ『商店の買取相場は10,500ゴールド…あのー本当にもらっちゃっていいんですか?』

マーサ『お前がしかけた戦いが始まります。母もジャハンナも出し惜しむものはありません』

ファルコン『ジャハンナは君達の勝利を望んでる。きっと神と天空界も同じ気持ちですよ』

マーサ『………』  ファルコン(おおっと。『必要な分は持って行って構わないから』

トンヌラ・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『ありがとうございます』フカブカ


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはビッグボウガン。サンチョ、ゲンさんが装備できる。ゴレムンも使ってた』

マリア・ピエローヌ・ヘンリー『………』  ミニモン『デカブツのは豚野郎から奪ッたが』

トンヌラ『商店の買取相場は18,500ゴールド。弓が珍しいからかな?けっこう高価な武器だ』

トンヌラ『サンチョはこれにした方がいいかも。……ゲンさん用に1つもらっていこうかな』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!?』

マリア『解体屋さんですわよね?』

ミニモン『うに作は破壊工作のプロだ。100%会心撃で砕く。だが戦闘力が高い訳じゃねェ』

ヘンリー『100%ってすげえな。でも連れてくならジャハンナの連中の方が良くないかい?』

ピエローヌ『む、むむ~!』ピョンッ

トンヌラ『ゲンさんはベラが見えるだろ?ベラと奴隷救出の別働隊を設けようかと思ってさ』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』  ピエローヌ『なるほど!』ピョンッ


ヘンリー『じゃあ、合流後のオレたちは2つの班に分かれるのか?』

トンヌラ『いや。別働隊は少数で潜入部隊のような感じ。ヨシュアさんにも頼むつもりだよ』

マリア・ヘンリー・ピエローヌ『!』

マリア『…ありがとうございます! 兄はチカラの限り働きますわ』フカブカ

トンヌラ『うん。あの人はベラをさらわせてしまったことを今も悔やんでるに違いないから』

ピエローヌ『トンヌラどの、ゲンどのにもおやくめを!ぜひ!』カシズキ

ミニモン『アイツは金で働くが。最前線で戦ッてねェからなァ。下手すッと死ぬぞ』パタパタ


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはデーモンスピアだ。ミニモン、ピエローヌ、チョロゲ、……ピピン』

ミニモン『マジか?あのクソガキだろォ?』  ピエローヌ『ひしょのわらし…』ゴクリ

ヘンリー『ウソだ~~っ!ヨシュアさんも使ってる槍だぜ!?なんでオレはダメなんだー!』


トンヌラ『らいじんのヤリを使うサンチョも使えないのか。たまに敵を即死させるらしい』

トンヌラ『ぼくたち、ゲマ戦じゃ運が良かったんだ。商店の買取相場は12,500ゴールドだぞ』

ミニモン『俺ァゴテゴテしたかねェ。オメーが持ッてけ』パタパタ

ピエローヌ『せっしゃ、ヤリのこころえはありませぬが… ためしてみまするか』カチャ


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これは炎のブーメラン。ぼく、シビリン、ホーコ、ベラ、れんれんが装備できる』

トンヌラ『炎の銘だけど、特殊効果はなにもないんだな?商店の買取相場は6,500ゴールド』

トンヌラ『ホーコはあくまのツメを装備してたっけ。…うーん…。一応、2つ持って行くか』


トンヌラ『……わあ、なんだこれ?派手なビスチェだなあ』

トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これは天使のレオタードだ。ゆかりん、マリア、ベラ、ビアンカが装備できる…』

トンヌラ『…装備者への氷のダメージとザキの危険を大幅に軽減? 立派な防具じゃないか』


マーサ「わたしも少し仕立て直して、サリーの下に着ています」

トンヌラ・マリア・ヘンリー・サンチョ「えっ」

トンヌラ「………。 ! わ、わあやめろ!想像するなって」ジタバタ

ヘンリー「待て!してないしてない、しないように頑張ったから」アセアセ

サンチョ(ドゥフフ)

トンヌラ「サンチョこいつやっぱり!商店の買取相場は10,500ゴールド!」


マリア「……妖精さんと巫女さまも着られるのですから、いくつかいただきますか?」

ミニモン「つーかあのリアルラックゼロの勇者に使わせる方がイインじゃねェか?」パタパタ

トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはミラーアーマーだ。これもヨシュアさんが装備してる。黄金の鏡の鎧だぞ』

トンヌラ『ぼく、ゆかりん、ミニモン、ピエローヌ、ヘンリー、チョロゲ、ピピンが可能…』

ヘンリー『おお!ていうかまたピピンかよ!?まさかあの子供にも戦わせるつもりなのか?』

トンヌラ『いや、それはないけど…インパスの鑑定結果を忠実に言うとピピンも出てくる…』


トンヌラ『ときどき呪文を跳ね返すらしい。ゆかりんのひかりのドレスと同じかな?』

トンヌラ『ゆかりんの天空のたてやピエローヌのミラーシールドと違ってなんでも反射する』

ミニモン『アァアァ。ホイミもザオもお構いなしだッたか?』パタパタ

トンヌラ『そうだね。反射のタイミングも計れないから、難しい特殊効果だと思う』

ミニモン・ピエローヌ・ヘンリー『う~ん』

トンヌラ『守備力は申し分ないよ。商店の買取相場は15,000ゴールド』


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはみかがみのたてだ。これもヨシュアさん装備シリーズで、銀の鏡の盾だぞ』

トンヌラ『ぼく、シビリン、ゆかりん、ミニモン、ピエローヌ、ヘンリー、チョロゲが可能』

トンヌラ『装備者への炎のダメージを軽減か。良いな。シビリンが使える盾って珍しいし』

トンヌラ『あれ?この盾だとピピンは無理なんだ。商店の買取相場は16,500ゴールド』


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはグレートヘルムだ。既にミニモンとヨシュアさんが装備してる兜だぞ』

トンヌラ『他にぼく、ゆかりん、スマハち、ピエローヌ、ヘンリー、サンチョ、ゲンさん、』

トンヌラ『チョロゲ、ピピンと種族を問わず装備できる。商店の買取相場は10,000ゴールド』

ミニモン『馬鹿猫の弱ェ頭用に1個要ンなァ』  マリア『はい。今は鉄かぶとですものね』


トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これは風のぼうしだ。キメラのつばさと同じチカラを備えてて、何度でも使える』

トンヌラ『シビリン、ゆかりん、マリア、ホーコ、ベラ、れんれん、ビアンカが装備できる』

トンヌラ『…女性向けの防具かな?商店の買取相場は2,500ゴールドで…お求めやすい兜?』

ピエローヌ『シビリンせんぱいとホーコにもってかえりましょう!』ピョンッ


ヘンリー『ああ。それとベラさんとビアンカちゃんの装備も考えた方が良いんじゃないか?』

トンヌラ『えっ(ギクッ)ベラはともかく、お姉ちゃんはリゾート島なんか連れて行かないぞ』

マーサ『……? トンヌラ』ジッ

トンヌラ『!?違う!違います。父さんの友人一家の娘でぼくにとっては幼なじみなんです』


マリア『…トンヌラさんはこうおっしゃいますけど、いろんなことがありましたの。お母様』

マーサ『まあ、まあ』

トンヌラ『マリア…』ガクッ

マリア『だってあなたがそんなふうに言ったらビアンカさんがおかわいそう』ギュッ


トンヌラ『ぐっ。ぼ、ぼくが悪かった。でも今はそのことを説明する時間がないよ』ダラダラ

マーサ『では、母がサンチョから聞いておきましょうか?』

トンヌラ『あっ…。いえ、戦いが終わったらぼくからお母さんにお話します。待って下さい』

トンヌラはインパスをとなえた!

トンヌラ『これはエルフのおまもりだ。ゆかりんとヘンリーも装備してる首飾りだね』

トンヌラ『ラリホー・ザキ・メダパニ・マホトーンにかかる危険を大幅に軽減するから、』

トンヌラ『これはぼくたち全員が身に付けるべきだな…』

ピエローヌ『トンヌラどの!せっしゃどうぐがいっぱいゆえそうびできませぬ!』ピョンピョン

ミニモン『そォなりゃアちからのたてが要ンねェだろ? トンズラの四次元ぶくろに預けな』



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



【ジャハンナから貰えるアイテムとその装備候補者】()は現装備のステータスです
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ふぶきのつるぎ【攻撃力105】

ミニモン(100) ピエローヌ(090) チョロゲ(000) ピピン(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビッグボウガン【攻撃力110】

サンチョ(085) ゲンさん(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
デーモンスピア【攻撃力099】

ミニモン(100) ピエローヌ(090) チョロゲ(000) ピピン(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
炎のブーメラン【攻撃力065】

トンヌラ(125) シビリン(000) ホーコ(090) ベラ(000) れんれん(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
天使のレオタード【守備力070】

ゆかりん(085) マリア(080) ベラ(004) ビアンカ(055)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミラーアーマー【守備力080】

トンヌラ(075) ゆかりん(085) ミニモン(070) ピエローヌ(070)
ヘンリー(070) チョロゲ(000) ピピン(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
みかがみのたて【守備力055】

トンヌラ(045) シビリン(022) ゆかりん(060) ミニモン(048)
ピエローヌ(045) ヘンリー(045) チョロゲ(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
グレートヘルム【守備力045】

トンヌラ(040) ゆかりん(050) スマハち(016) ピエローヌ(040)
ヘンリー(030) サンチョ(020) ゲンさん(000) チョロゲ(000) ピピン(000)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
風のぼうし【守備力028】

シビリン(000) ゆかりん(050) マリア(045) ホーコ(011) ベラ(000)
れんれん(000) ビアンカ(014)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
エルフのおまもり

全員
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「今回のトンヌラたちの新装備は基本的に>>1のAIが振り分けますが、」

※「皆さんからのご提案があれば、極力応えられるよう参考にさせていただきます!」


●各キャラクターのアイテム最大所持数は12個です

●トンヌラたちの現在の装備とステータスは>>118-121です


※「ご意見・ご質問などありましたらお気軽にどうぞ!」

サンチョの世界樹の葉としずくをヘンリー辺りに持たせて下さい
装備はお任せします


>>241の意見も参考にして
では、ピエローヌからサンチョへ『力の盾』を移動をお願いします。
そしてサンチョは『ビックボウガン』装備するしないに関わらず『雷神の槍』キープで。
デインLVとはいえ複数攻撃手段があると無いとでは違うだろうし

>>1さんへ質問
①ゲームでは、ジャハンナで『力の盾』が防具屋で販売されていますが
 今回貰える候補(無理であれば販売?)に入っていないのですか?
②譲ってもらう装備品の数を、お手数ですがそれぞれ表記して貰えませんか?
 例:『吹雪の剣』をピエローヌとミニモン用で 計二つ受けとった 等

※「>>242


※「①ちからのたては入っていません。貰えるアイテム一覧は>>240がすべてです」

※(同様にゲームではふっかつのつえも販売されていますが、この物語では入っていません)


※「②説明不足でした。申し訳ありません><」

※「実際にはトンヌラたちはまだ入手しておらず、「○個持って行こう」は意向の段階です」

※「>>240のアイテムは、必要な装備者の分なら何個でも入手できます」

※(20個30個と商人の仕入れのような動機では入手できません)


>>1さん質問に答えて頂きありがとうございます
疑問点が出てきたので重ねて質問をさせて下さい。
③今回の装備変更の後にトンヌラサーカス及びエビルマウンテン侵攻班で
 装備及びアイテム変更の予定はありますか?
④トンヌラの所持している『ふくろ』に使用していない装備品などが
 ありましたら情報提示をお願いします。
⑤ゆかりんがベラ救出班の担当にならなかった場合
 天空装備を装備して戦いに参加出来ますか?
⑥シャオンの『モシャス』はどちらの扱いになりますか
 壱:戦闘中も使用可能、仲間1人に変身しパラメーターや呪文を模写(Ⅲ仕様)
 弐:壱の仕様に戦闘不能後も効果が消えず模写し続ける(Ⅳ仕様)
 参:戦闘中も使用可能、仲間モンスターのみに変身しパラメーターや呪文を模写(Ⅴ仕様)
 四:戦闘中も使用可能、但し過去に変身した姿(神父・童女)しかなれない
 五:戦闘中も使用可能、仲間1人を模写し装備品・所持品・呪文特技・ステータスを完全模写
 六:それ以外

以下装備要望
・サンチョに『グレートヘルム』を
・サンチョが装備していた『シルクハット』をシャオンへ
・トンヌラは『エルフのお守り』を装備せず『王家のあかし』装備維持
・多人数を相手する可能性を考慮し『炎のブーメラン』は装備可能者全員所持


※「>>245


※「③現在は再変更の予定はありませんが、展開によってはわかりません。不確定です」


※「④数値と性能は省略させていただきます><」

・やいばのブーメラン
・まじんのかなづち

・レースのビスチェ
・毛皮のマント
・おどりこの服
・やすらぎのローブ
・みずのはごろも

・炎のたて

・ちりょくのかぶと


※「⑤できます」

※「カジノ船救出班は潜入部隊なので少人数のヨシュアとゲンさんで組織されそうですが、」

※「他メンバーを増員する班分けの安価が必要でしょうか?」


※「⑥“六:それ以外”です。正確に言うと“五:”から所持品を取り除く形式になります」

●戦闘中も使用可能、仲間1人を模写し装備品・呪文特技・ステータスを完全模写



※「装備のご提案は以降の更新中もしばらく受け付けます。お気軽にどうぞ」

z
要望
エルフのおまもりは人間界組全員分もお願いします。

質問
>>1さん 今回の装備はエビルマウンテン攻略組みももらえるのでしょうか?

※「>>247

※「れんれんは貰うことができます。エスタークはアイテムが使えず、装備ができません」

※「コロボックルたちはジャハンナのアイテムを既に装備していますから今回は貰えません」


>>246
>※「カジノ船救出班は潜入部隊なので少人数のヨシュアとゲンさんで組織されそうですが、」
>※「他メンバーを増員する班分けの安価が必要でしょうか?」
その2人以外で、救出班に追加したい人物が居て
意見として出てから…安価をとるで良いと思います。個人的意見ですが

⑦れんれんの装備可能品は基本的にホーコ(ホークブリザード)と同じですか?

装備品要望…ふくろの中身の開示ありがとうございます
・『ふくろ』の『水の羽衣』をれんれんに。装備不可なら『安らぎのローブ』を
・ヨシュアの所持している『賢者の石』をシャオンに
・ミニモンに『水鏡の盾』 装備していた『オーガシールド』をサンチョに
・サンチョは『風神の盾』所持
・トンヌラとヘンリーに『水鏡の盾』 装備していた『力の盾』をヨシュアとゲンさんに
・『ふくろ』の『魔人の金槌』と『知力の兜』をゲンさんに
・ホーコの『悪魔の爪』をスマハちに

タンタンタン …サラサラサラサラ… ワイワイ ガヤガヤ

マーサ「ミルドラースと従者は旅の扉へ消えました…他の配下たちも続いているようです…」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・ファルコン「!」

トンヌラ「人間界への旅の扉から現れた謎の軍勢は、大魔王たちと衝突したんですか?」

マーサ「…戦闘は起きていないようです。双方、そのままの戦力ですれちがっています…」


ミニモン「ホォ。その連中が角ジジイの同盟軍なら。当然合流を疑ッたがヨォ」パタパタ

トンヌラ「うん。…この状況で、両軍が同盟関係なら… その同盟はきっと条件があるんだ」

ヘンリー「…条件の内容まではわからねえけど…大魔王と謎の軍の目的だけは明らかだぜ」

トンヌラ「“ミルドラースは人間界と天空界が欲しい”“謎の軍勢はエスタークが欲しい”」


エスターク「ならばしかたがないな」グゴゴゴゴ

コロボックルたち『う…うお』タジタジ  *『こいつ怖い!』  *『結界で青いくせに…』

トンヌラ『エスターク、れんれん。エビルマウンテンを解放できるかもとは言ったけど、』

トンヌラ『危なくなったらすぐジャハンナに引き返してくれ。きみに頼むべきかな?』チラッ

コロマージ《!エ…エト、ウン》ミアゲル


エスターク『エビルマウンテンではどのような戦いが待っているのか…』グゴゴゴゴ

れんれん『アー怖エ…震エテキタゼ。俺、スゲエ連中ニ巻キ込マレテルナア』ブルル

ギガンテスLv.5『我々も行くよ!頑張ろう!』ドスドス!

ホイミスライムLv.43『治療と防御はワタシが!』フワワ!

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』


トンヌラ『魔界のしびれくらげって青いんですか? …あ、お母さんの結界で青ざめてる?』

マーサ・ファルコン・コロボックルたち・ホイミスライムLv.43・ギガンテスLv.5『?』

ホイミスライムLv.43『ワタシホイミスライムですよ?さっきまで人間の兵士Cでしたけど』

ミニモン『ワタシホイミスライムだァ~?くくく。青クラゲの分際でヨォ?』ジロジロ

ホイミスライムLv.43『くらげクラゲって……。何か良い気分しないです』フワワ

マリア『ごめんなさい。ホイミスライムさん』ペコリ

ピエローヌ『ふむー。おりめただしい。ごきしょうはいろでかわるんでござるか?』ミアゲル


トンヌラ『ジャハンナの皆さん、ありがとうございました。今から戦いを終わらせてきます』

ジャハンナの町民たち『『!』』ザワ

トンヌラ「サンチョ、大魔王を倒してすぐ戻ってくる。お母さんと魔界のみんなを頼むよ」

サンチョ「ははっ!このサンチョ!命にかえてもマーサさまのことはお守りしますからねっ」

トンヌラ「それも困るぞ。ジャハンナが攻められない保証はないし、ちゃんと生きててくれ」


マーサ「…トンヌラ…みな。まもなく、母がほどこしている魔界の転移制御が解けます…」

トンヌラ・ミニモン・マリア・ヘンリー・サンチョ・エスターク・ファルコン「!」

トンヌラ『みんな、ルーラの準備だ!マリア、まずはグランバニアへ!』ギュッ

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』ギュッ

マーサ「封印解除を大魔王たちに気づかれるわけにはいきません。さあ、もうおゆきなさい」


マリアはルーラをとなえた!

※「>>249

※「⑦同じです」

グランバニア城 3階 空中庭園


トンヌラ『!』スタッ  マリア『!……』スタ  ヘンリー『…グランバニアか!?』キョロキョロ

ミニモン・ピエローヌ『ウオおぉぉォ~~っ!』パタパタ ピョンピョン

ミニモン『クソッタレ結界が無ェーッ!気分イイゼェ!』ピュンッ

ピエローヌ『ちからがもとにもどってござる!』ピョンッ


ピカッ…

トンヌラ・ミニモン・ピエローヌ・ヘンリー『あつい!まぶしいー!』

ミニモン『ウアァ!魔界ダメだァ!この光と大気が無ェ世界のメシが旨ェ訳無ェ!』ゴロゴロ

ヘンリー『おばさんはあの薄暗い魔界で戦い続けてる。オレたちの奴隷生活より過酷かもな』

マリア『はい』キッ  トンヌラ『…うん』グッ


ミニモン『あンなトコ二度と行かねェ。船旅以下だ』ウツブセ

マリア『悪魔さんっ!』  ピエローヌ『ミニモンせんぱい!』  ヘンリー『おまえな~』

ミニモン『ッセェ!風呂だ!俺ァ風呂に入りてェンだヨォ!』パタパタッ

トンヌラ『ミニモン!』ガシッ

ミニモン『テメェトンズラ離せこの野郎ーッ!?』ジタバタ

トンヌラ『お風呂とかごはんはいいんだ!持ってるアイテムを全部ぼくに預けろ!』ダキシメッ


ミニモン『アァ!?』  マリア・ピエローヌ『…?』

ヘンリー『! ベラさんのレミラーマでオレたちの帰還が気付かれちまう可能性があるか!』

マリア・ピエローヌ『!』  ミニモン『アァアァ!?脱ぎゃイインだろ脱ぎゃア!』ガシャ

トンヌラ『ぼくたちもだぞ。すぐ部屋に戻って一般の衣服に着替えて、装備は持ってくる!』

マリア・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』ダダッ  ミニモン『俺は戻らねェ!』ドサ

トンヌラはおうじゃのあいをつかった!


天空城 4階 玉座の大広間


トンヌラ“ゆかりん!情報の同期を!”

ゆかりん「トンヌラ!?」

マスタードラゴン・天空の兵A・B・C・D「!!」

トンヌラ“………大魔王は……今は…?レヌール城?早い!”


ゆかりん「…そうか…ドラゴン、トンヌラはあえてミルドラースを人間界にいかせたみたい」

天空の兵A・B・C・D「!?」  マスタードラゴン「………全面戦争を覚悟したのか?」

天空の兵D「天空城の到着予定点がリゾート島の上空であると、大魔王に知られていれば!」

ゆかりん「教団はリゾート島で戦力をととのえる。トンヌラはそれをむかえうつ考えだ」

天空の兵A・B・C・D「…!? マスタードラゴン!」ミアゲル


トンヌラ“天空界を利用する形ですまない。今は時間がない、後で挨拶に行く。許してくれ”

ゆかりん「…って、トンヌラがいってる」  マスタードラゴン「……いいだろう」ゴオオオオ

トンヌラ“ゆかりん、グランバニアに戻ってきて”  ゆかりん「うん、わかった」カッ

ゆかりんはルーラをとなえた!

グランバニア城 3階 悪魔の蔵書庫


ガチャッ バターン!

デズモン・王城の兵たち・城の女中たち「「!?」」クルッ

トンヌラ「ピピン!オリビア!いるか!?」

王城の兵たち・城の女中たち「「トンヌラ様!」」ザワッ

城の女中B「秘書様たちはトンヌラ様のお部屋です!呼んでまいります!」スクッ

トンヌラ「じゃあ…オリビアだけにゆかりんたちの女部屋へ行くよう伝えて下さい!」

城の女中B「…かしこまりました!」タタッ  城の女中A・C・E(ず、ずるい…!)ワナワナ


ヘンリー「デズモン。すまん。悪魔のじいさんは、大魔王たちと戦って死んじまった」ギュッ

デズモン「はい…>< 先程、騎士様から聞かされまして。……無念です!;;」ポロポロ

トンヌラ(………ヘモ爺さん)ウツムキ  ピエローヌ『?』キョロキョロ

デズモン「わたしはヘモ殿の友ですよ><ヘモ殿はどう思っていたかわかりませんが;;」

トンヌラ(…言葉が…)  ヘンリー「バカだな、じいさんだって同じように思ってたさ」


デズモン「殿下は相変わらずお優しいですな~;;ラインハットの手紙のことはお聞きで?」

ヘンリー「ラインハットの手紙?」  トンヌラ「あ、ヘンリーに教える機会がなかった…」

トンヌラ「後でゆかりんに報告してもらうけど、ヘンリーはドリスから聞いておくといいよ」

ヘンリー「ややこしいのか? デールのヤツ、大臣に変なことを吹きこまれてないだろうな」


グランバニア城 4階 廊下


スマハち『トン兄ちゃん!』  ホーコ『トンヌラ様――ッ!!!』ビュンッ

ホーコはたいあたりした!

トンヌラ『げほーーーっ!?』ゴロンゴロンゴロン ドシャ!

トンヌラに37のダメージ!

ホーコ『アン♥♥コノ逞シイ体ノ匂イ♥♥♥♥トンヌラ様ン♥♥♥♥』グサグサ!


ヘンリー『う、うわ~』ジリッ…  ピエローヌ『やめよホーコはなれぬか!』グイグイ

トンヌラ『ホ…ホーコ…元気で良かった。お願い。まず立たせて』ブシュッ ボトボト

ホーコ『ハイ♥♥♥1年モ逢ッテナカッタミタイ♥♥♥♥』ベッタリ

トンヌラはホイミをとなえた!トンヌラのキズがかいふくした!


ドリス「ヘンリーさま!!」タタタッ  ヘンリー「あっ…」

ドリス「ヘンリーさまがドリスのもとに帰ってきてくれた!」ダキツキッ

ヘンリー「…あまりドレスでくっつかないで。なにしろ汚れてます。毒沼にも入ったので…」

ドリス「いいんです…あたし気になりません」ダキシメ

トンヌラ「うわー。(ドリスぜんぜん違うぞ、すごい)  ヘンリー「おい、声に出すな」


ピピン『はあ、はあ、スマハちもホーコもはやいよ!おかえりなさーい!』タッタッタッ

トンヌラ『ピピン!ぼくたち人間の一般の衣服を用意してくれ、できればお風呂と下着も…』

ピピン『はいっトンヌラさま!やどやのむすこにまかせて!いそいでるの?』

トンヌラ『かなりね。ヘンリーの衣服はドリスの部屋か。アイテムは部屋の外に置いといて』

ヘンリー『わかったぜ。でもみんなのアイテムを集めて、どこに置いておくんだ?』

グランバニア城 2階 女従者の部屋


シビリン『ミニモーーーン!!マリアーっ!』ヒュンッ

ミニモンはシビリンのかおをなめまわした!

シビリン『ヒワわあ~~!』ゾクゾクーッ

シビリンはとりはだがたってしまった!


ミニモン『やッぱり飛ンで来やがッた。そォ何度もくらわねェぞクラゲ』パタパタ

マリア『悪魔さんったら照れてらっしゃるの?』クスッ

ミニモン『!? グアァァァ!どォいう脳味噌だとそンな発想できンだヨォ!』パタパタ

シャオン・ビアンカ『「………』」ビックリ

ミニモン「なァに見てやがンだ兜野郎に稲女ァ!」ジロリ

シャオン「はわわ!ごめんなさぁい!」ピョンッ

ビアンカ「稲女? えっ。私?」キョトン


ガチャリ

シビリン・マリア・シャオン・ビアンカ『「!』」

ミニモン「アァ?」クルッ

ゆかりんとオリビアがあらわれた!


ゆかりん「こら!なんでビアンカとシャオンにからんでるの!」ポカッ

ミニモン「ッテェなァ!?時間差で来てンじゃねェ!シャオンッてなァドイツだヨォ!」

シャオン〈…ぁ……あたしです…〉オズオズ

マリア「まあ…!?でもあなたのお名前は確か…?」


シビリン『ゆ…ゆかり~~ん……オリビア~~?』ピクピク

シビリンはみぶるいしている!

ゆかりん「!?シビリンになにをしたの!?」メキメキ

ミニモン「ウアァ!?何もしてねェー!痛ェ痛ェ!!」ジタバタ

マリア「悪魔さんはくらげさんとの再会に照れて、お顔をなめまわしてしまったんですの」

ミニモン「違ェッ…つッてンだろ尼ァ」ジタバタ

ゆかりん「ちがうの…?」メキメキメキ

ミニモン「わかッた…ソレでイイ…離せ…角ジジイとヤる前に死ぬ」ジタバタ


マリア「ゆかりんさん…!」ダキツキ  ゆかりん「マリア、ああ、よかった」ダキシメ

シビリン『ミ……ミニモンも……ピクピクダね~~?』ピクピク

ミニモン『ッ……ッセェ…。俺ァカラダを洗いてェンだヨォ……』ピクピク

マリア「ビアンカさんも御無事で良かったですわ。トンヌラさんもほっとなさっていました」

ビアンカ「……お世話になります。ありがとう……。私もお手伝いします」フカブカ


マリア「実は急いでいますの。妖精さんのレミラーマで魔界班の帰還を悟られないように、」

マリア「魔界班のアイテムを集めたいと、トンヌラさんがおっしゃっています」

オリビアはマリアのプリンセスローブをひといきに脱がした!

マリア「きゃーっ!?」  ゆかりん「いきなり!」  ビアンカ「ようしゃないのね…」

グランバニア城 4階 トンヌラと従者の部屋


ゲンさん『あにさん。ごぶさたしておりやす』ニコニコ

トンヌラ『ゲンさん!ぼくは1ヶ月ぶりくらいかな?仕事を頼みたいんだけど…』カチャカチャ

ゲンさん『おっ、しごとけえ? まいどありがとうよ!やらせてくんな』ニコニコ

ピエローヌ『されど、ゲンどののなりわいのひきたおしではござらぬ… はっ!?そうび!』

トンヌラ『ピエローヌたちは装備をはずさなくていい』ヌギヌギ

ピエローヌ『はて?』ピタ  ホーコ『トッテモセクシー♥♥スゴイ♥♥』

ヨシュア「トンヌラ殿下!お帰りをお待ち申し上げておりました!先王妃陛下は?」カシズキ

トンヌラ「母は魔界の集落です、ぼくが大魔王をリゾート島へ誘導しました」

ヨシュア「―――!?天空城はベラさまと奴隷の救出でリゾート島に到着予定ですが…!?」  


トンヌラ「ピピン…」  ピピン〈は、はーい!いま、おゆどのをよういしてまーすっ!〉

トンヌラ「ピピンは手が離せない。ヨシュアさん、頼まれて下さい」ヌギヌギ ポイポイ

ヨシュア「はっ!何なりと!」カシズキ  ホーコ『プレシャスタイム♥♥♥』


トンヌラ「午後七時、ぼくたちは大魔王たちとの決戦に臨む。王室に国議を要請して下さい」

ヨシュア「殿下がお帰りになったのは…!光の教団の神、大魔王との決戦の為に!」チラッ

ヨシュアは振り子時計を見た!

ヨシュア「午後五時四十三分、あと1時間余り。直ちに!」スクッ フカブカ

ヨシュアはいなくなった。


トンヌラ『いてて…服と靴に毒沼の泥土が少し残ってるな。スマハち、ピエローヌ』ヌギヌギ

スマハち『なんだべ?』  ピエローヌ『ははっ!』ピョンッ

トンヌラ『ぼくのふくろと魔界班のアイテムを妖精界へ運んで、敵から守ってほしいんだ』

トンヌラ『説明する時間がないけど、ぼくたちはリゾート島へ行って、大魔王の軍勢と戦う』

スマハち・ピエローヌ・ホーコ・ゲンさん『!』


スマハち『…妖精界さ行くのはオラとピエローヌだけでいいべか?』

トンヌラ『ああ。運べそうになかったら誰かに頼んで。誰でもいい。兵士さんたちでもいい』

スマハち『わかっただ!ピエローヌ、オラの背さアイテムば乗せて、ゆつけってけろ』カガム

ピエローヌ『ははっ! ようせいかいへはどなたのルーラがふさわしいでしょうか?』ピョン

トンヌラ『ゆかりんだ。ゆかりんにはきみたちを妖精界を送ったらまた戻ってと言っといて』

スマハち・ピエローヌ『りょうかい!』

トンヌラは裸になった!


ピピン『トンヌラさま!もうからだあらえるよ!きがえのぬののふくもおいておきました!』

トンヌラ『ありがとう!ゲンさんも来て!』グイッ  ゲンさん『??ふろをこわすんけ??』

ホーコ『トンヌラ様ヲ洗ウ♥♥洗ワセテ♥♥♥♥』バサバサ

スマハち『ち、ちびっこ~!オラさアイテムばゆつけてけれ!』カガム

ピピン『スマハち、ピエローヌ、なにしてあそんでるの??』

ピエローヌ『あっあそびにあらず!アイテムをかつぎたいんでござるよ!』ピョンピョン

ピピン『えーと…? にづくりしたいのかなあ。じゃあヒモやカゴをもってくるよ!』タタッ

グランバニア城 4階 トンヌラと従者の部屋 浴室


トンヌラ『…ふあ~~…。ゆっくりとは入浴できないけど…あー汚れてるなー…』ザバザバ

トンヌラ『ホーコは浴槽に入んないでよ。乾かす時間がない…』ホカホカ

ホーコ『クール&アルーフ♥』

ゲンさん『あっしはひるにさきにごぶれいしちまって。めんぼくねえや』キョロキョロ


ゲンさん『いやあ、あねさんたちのへやにゃかなわねえが、ここもりゅうとしたふろだぜ!』

ゲンさん『あにさん。ここをかたしちまえばいいんけえ?』コロッ

トンヌラ『いや…そういうお願いじゃないんだ。ゲンさんも妖精のベラと会ったんだよね?』

ゲンさん『おう!あくまさんと、おにんぎょうさんと、ひょうさんと、おさむらいさんと、』

ゲンさん『そのとりさんと、ようせいさんが、いっしょにもりにあそびにきてよお』シミジミ

トンヌラ『…ミニモン、ゴレムン、スマハち、ピエローヌ、ホーコ、ベラ、かな…?』バシャ


トンヌラ『人間も魔物も、成年になると妖精が見えないんだ。スマハちとホーコも見れない』

ゲンさん『そういえば、ひょうさんもとりさんもそんなあんばいだったかもな』コロッ

ホーコ『………』

トンヌラ『それで頼みというのはさらわれたベラをゲンさんの目で見つけてほしいんだけど』

ゲンさん『!?』ジリッ…

ホーコ『怯ムナ』バシッ


ゲンさん『…かっつぁらわれたようせいさんはしんぺえだ。でも、あっしのでばんじゃねえ』

ゲンさん『あにさんたちがめっけてやんなきゃいけねえんじゃねえのかい!?』ドン!

トンヌラ『うん。ベラだけじゃない。奴隷のみんなや、お母さんと仲間も助けに行くんだよ』

トンヌラ『大切なみんなを助けるには、強敵を倒さなきゃならないし、それがぼくの仕事だ』

ゲンさん『………!』


ゲンさん『………そのケンカ、かつめどはついてるんけ?』コロッ

トンヌラ『わからない。やりようはあると思ったけど、一度戦って逃げた相手で…』ゴシゴシ

ホーコ『!……』

ゲンさん『ふりょうけんでいのちをしまっちゃいけねえよ。……ンンッンッンッンッ~……』


ゲンさん『いよーし。しろうとのあっしでよけりゃつかってくんな!あっしひとりだけけ?』

トンヌラ『ありがとう!(ザバッ)もうひとり、人間の大人だけどヨシュアさんにも頼むよ』

ゲンさん『じゃあふたりけ?あのよ、ようせいさんをめっけるってさがしものじゃねえか?』

トンヌラ『うん…。そうなるな』ホカホカ

ゲンさん『じゃのみちはへびじゃねえけど、さがしものならとうぞくだんのしごとでさあ!』

トンヌラ『! 盗賊団…カンダタ…! タオルタオル』ポタポタ  ホーコ『ハイ♥』ポイッ

ホーコはトンヌラにビロード織のタオルを投げわたした。

トンヌラ『ゲンさんのようにお金が要る(多分かなり高額の)。集める時間がないぞ』フキフキ

トンヌラ『今、カンダタってどこにいるんだろう?』ゴシゴシゴシ

ゲンさん『ほっかむりのだんちょうさん、きょうはサンタローズってまちらしいや』フキフキ

トンヌラ『サンタローズ…うーん。行けなくもないかな?…話すだけ話してみるか?』フキフキ

A ベラと奴隷の救出隊はヨシュアだけで十分

B ベラと奴隷の救出隊はヨシュアとゲンさん

C ベラと奴隷の救出は盗賊団にも相談しよう



次回更新までのレスで多数決
同率一位の場合、次回更新直前のレスを採用

装備のご提案も、次回更新まで受け付けます

グランバニア城 4階 トンヌラと従者の部屋


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンヌラ

モンスターつかい
レベル:90(/99)
ねんれい:17歳

布の服

ホイミ キアリー バギ スカラ ベホイミ インパス リレミト バギマ マホキテ
ベホマ ザオラル メガザル バギクロス おうじゃのあい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

トンヌラ『うーん身軽だ、動きやすいぞ』クルッ

トンヌラ『サンタローズへ行ってみよう。ホーコも来て。カンダタの館まで全速力で頼む』

ホーコ『フルスロットル?トンヌラ様平気?』ベッタリ

トンヌラ『本当は嫌だけど時間が惜しい。ゲンさんはこの部屋で待っててくれるかい?』

ゲンさん『あいよ!』コロッ


グランバニア城 3階 空中庭園


ヒューーーーーーー………

トンヌラ〈ぅぁぁああああーっ!!〉

王城番兵「!?これはトンヌラさまの悲鳴では!?」キョロキョロ

王城の兵D「(ミアゲル)…あっ。多分問題ないよ。トンヌラさまが鳥を使って飛んでるんだ」

王城番兵「むむ…!?しかし、だとしても、何故悲鳴を挙げるような飛び方をなさるのだ?」

王城の兵D「あの鳥、凶暴なんだよなあー。まさに猛禽類で。急に飛んで来る。怖いんだよ」


バサッ バサッ バサッ

ホーコ『着キマシタ♥ ユカノルーラ?』ベッタリ

トンヌラ『ゆ…ゆか?ゆかりんか。そう、ゆかりんのルーラでいく』ポロポロ フルフル

ホーコ『トンヌラ様泣イテル♥♥ ソーキュート♥♥♥』ベッタリ

ゆかりんがあらわれた!


トンヌラ『あっゆかりん』ポロポロ

ゆかりん『トンヌラ!?どうしたの?』フキフキ

トンヌラ『飛行が怖いだけ、ぼくが頼んだ、ホーコは悪くない』ポロポロ

ゆかりん『うんうん。がんばったね、こわかったね』ヨシヨシ

ホーコ『(バシッ)私ヲ使ッテイチャツクナ』ミクダス

ゆかりん『そ、そうじゃないけど…』ミアゲル


トンヌラ『スマハちとピエローヌは?』ゴシゴシ

ゆかりん『トンヌラにいわれたように妖精界へおくったよ。ビアンカと兵士さん3人も』

トンヌラ『お姉ちゃんもか』

ゆかりん『スマハちってビアンカの前だとちょっとおとなしくなっちゃうね』

トンヌラ『複雑な気持ちになるのかなあ。モンスターって親兄弟の概念はあるの?』ナデッ

ホーコ『アン♥♥覚エガアリマセン。意味ガワカラナイ。トンヌラ様ハ別ダケド♥♥♥』

ゆかりん『そうなんだよね。トンヌラをみてると魔物にも家族があるんだっておもうよ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後5:57  ベラの消息不明から47時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サンタローズの村 入口


グレンデルA「トンヌラ、ゆかりん、ホーコ!」ギクッ

グレンデルB「きょ、今日は何の用だ!」ジャキッ

ホーコはトンヌラの両肩をつかんで、村の上空へおもいっきりとびさった!

トンヌラ「ぐっわあああぁぁぁぁぁぁぁ!!うわーーっ…〉

グレンデルA・B「―――!? 待て、待てーっ!」ミアゲル


グレンデルA・B「…これは何のつもりだ!?」クルッ

ゆかりん「あ、あは、襲撃とかじゃないの、いそいでて検査をうけるじかんがないんだ…」

グレンデルA「きさまら……!」  グレンデルB「こ、この指名手配犯どもめ~!」

ゆかりん「門番のあなたたちは怒ってとうぜんだよね…。苦情はわたしがききまーす」キヲツケ


サンタローズの村 東の盗賊寮(武器屋跡) 正面


*〈……ぅぁぁぁぁぁー……〉ヒューーーーーーー………

さんぞくウルフL「空から変な声と音が聞こえるなー」ミアゲル

さんぞくウルフM「ウワッ!これって死神の音じゃ!?(ミアゲル)死神が飛んでるうーっ!」

さんぞくウルフN「あのヤバいサーカス団が来たのか! …あれはボスのトンヌラの声だ!」


サンタローズの村 カンダタの屋敷 3階 謁見の間


*〈ぁぁぁ〉ヒュー…

カンダタ「…? 何の騒ぎだあ? ビヒーB!窓を開けな!」スクッ

もんびー「へいっ!」タタッ ギギイ


カンダタは開き窓から顔を出した!

カンダタ「(キョロキョロ)…何でもねえな? ……あー?」ミアゲル

バサッ バサッ

トンヌラ「う、うくは、はっ、はっ、はっ」ポロポロゼエゼエ

カンダタ「おいおいおいおい。空からかあ? ひでえ顔だねえ。トンヌラさんよ!」ミアゲル


トンヌラ「…ぼくの顔とか、空からとか。いろいろ、失礼。失礼ついでに、話があってさ…」

カンダタ「……どうも今回はきな臭えなあ? まあ聞くだけならタダだ。聞こうじゃねーか」

トンヌラ「ベラが光の教団にさらわれて、リゾートのカジノ船に囚われてる。助けてほしい」

カンダタ「!?……。前も少し言ったがよ…リゾートにゃ出張所がねーんだ。ルートがねえ」


トンヌラ「リゾートの上空に着く天空城を経由する。1時間後だ。でも大魔王と教団も来る」

カンダタ「リゾートに光の教団の神サマが来るだあ…!?いつもとんでもねえ話をしやがる」

トンヌラ「ぼくは、その大魔王を倒さなくちゃいけないんだ」

カンダタ「その戦場の最前線で妖精を救出しろなんて依頼だぜ?百万ゴールドでも足りねえ」

トンヌラ「……うーん。そうだよなあ。王族のぼくたちにも簡単に支払える額じゃないし…」

カンダタ「それに情報も足りてねえんだ。盗賊団にゃあリスキー過ぎる案件だぜ」ミアゲル

人間界の光の教団+ミルドラースが連れてきた手下=総数未知数だからね
おとりが最悪死亡する可能性もあるし、相手がメダパニを使って
救出したい奴隷達とベラをけしかけてくる可能性もあるし
囮が分断した相手を海に退き付けキメラの翼で逃げたとしても
準備時間が少ないし、何より空を飛べる魔物が来たらアウト

そういえば>>61で言っていた
>デボラ「というかあんたまた今夜来なさいよ。お互い、情報交換が必要だと思うわ」アシグミ
デボラ様との情報共有は既にした後?
出来うる限り色んな人と情報交換した方が良いと思う

ふむ…例えば、
『王家の証』『レヌールの王冠』『祝福の杖』『時の砂』『マグマの杖』『奇跡の剣』
など魔界班が所持してたレアイテムを持たせて
レヌール城周辺とか、ポートセルミ周辺などに盗賊団を配置し
あたかも魔界班が襲撃してきたように見せかけるってことかな?

考えたくないけど、そのままレアアイテム持ち逃げされる可能性もある。
ミルドラースの後にダークドレアムが控えている可能性が在る内は
アイテムロストの道は選びたくないな

カンダタ「トンヌラさん、あんたたちとは色々あったがよ。おれ自身は嫌いじゃねえ…」

カンダタ「関所とアルカパであんたとその凶鳥に殺されちまった手下のことは許せねーが、」

カンダタ「あんたたちにゃ、封印の洞くつとセントベレスのことで世話になってるからよ」

カンダタこぶんA〈おれはネッドの宿屋のうらみを忘れてねえぞー!〉

トンヌラ「そこらへんはお互い様ということでひとつ」バサッ バサッ

カンダタ「わっはっはっ! アルパ・クローズで投獄されてたこぶんBの恩もあるしなあ?」


カンダタ「ラインハットのデールさんが出した、光の教団との条約のおふれを知ってるかい」

トンヌラ「! 詳しく知らないけど、概要はなんとなくわかるよ」バサッ バサッ

カンダタ「驚いたね。グランバニアの介入で宣言を変えちまったこともよ。昨日の今日だぜ」

カンダタ「ありゃおまえさんの差し金か?」

トンヌラ「あの宣言は、ベラと奴隷たちを救出したいぼくたちに干渉するものだったからな」

トンヌラ「今日、グランバニアの大臣がラインハットへ赴いて、デール陛下と会談したんだ」


カンダタ「今のサンタローズは寡頭制でよ。原住民たちと同じ参政権をおれも貰ってんだ」

カンダタ「この村はおれたち盗賊団が支配してる訳じゃねーし、盗賊団員は住民に過ぎねえ」

カンダタ「それでだ。今のサンタローズはラインハットから復興支援を貰ってんだよなあ~」

トンヌラ「!」


カンダタ「それぞれの立場が、あの宣言をどう解釈して、どう表明するか?ってことだが、」

カンダタ「要するに、サンタローズの住民としちゃラインハットの意向を無下にゃできねえ」

カンダタ「グランバニア、ラインハット、光の教団、天空界、その他もろもろ」

カンダタ「ドコも味方しねえでサンタローズは物見を決め込む方がいいんだよ。わかるかい」

トンヌラ「……うん。わかるよ」バサッ バサッ

カンダタ「おれ自身はあんたに協力してもいいんだぜ?」  カンダタこぶんA「親分!」


トンヌラ「カンダタ盗賊団にはサンタローズの住民としての顔があって、」バサッ バサッ

トンヌラ「表立ってラインハットの宣言に対して刺激するような活動はできない。控えたい」

カンダタ「原住民と会議できりゃ結論はわからねーぜ。だが1時間じゃ余りにも時間がねえ」

トンヌラ『もっともだ。うーん…』  ホーコ『………』バサッ バサッ


カンダタ〈おい、おチビちゃんの安否は〉ヒソッ

トンヌラ〈! 天空の神の目によると無事だ。大切に扱われてるって〉バサッ バサッ

カンダタ〈そうかい。…あんたの話は盗賊団としちゃ受けれねえ。数名でもいいか〉ヒソヒソ

トンヌラ「! ありがたい…助かるよ〉バサッ バサッ

カンダタ〈子分どもの命が最優先だぜ。危なくなりゃ逃がすからな〉ヒソヒソ

トンヌラ〈わかった。報酬の話は後日…〉バサッ バサッ

カンダタ〈ドコに集まりゃいい。グランバニアか?〉ヒソヒソ

トンヌラ〈うん〉


カンダタ「この話は終わりだ!とっとと帰んな。急いでんだろ?」クル バサッ!

トンヌラ『聞いてくれてありがとう。礼儀を欠いた訪問を許してくれ。ホーコ、戻ろう!』

カンダタ「ビヒーB!窓を閉めな!」  もんびー「へいっ!」タタッ ギギ

バタン

*〈うああぁぁぁ〉ヒューー……

カンダタ(さあて、どうするかねえ。血が騒ぐぜ)

カンダタこぶんA・もんびー・さんぞくウルフO「………」


カンダタこぶんA(親分親分、何か企んでるオーラが溢れてますぜ)

もんびー(どっかに出かける前の目をしてますねー)ベヒー

さんぞくウルフO(……国や政治みたいな人間特有の難しい話をされると付いてけない……)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「盗賊団の誰かからベラと奴隷の救出隊(ヨシュア・ゲンさん所属)に参加させますか?」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A カンダタ【蘇生不可能】

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B カンダタこぶんD

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C チョロゲ(ソルジャーブルG)

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
D トンガリ(さんぞくウルフF)

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
E バット(さんぞくウルフG)

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
F ヨシノブ(さんぞくウルフH)

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
G キラーマシンA

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
H メタルハンターA

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
I ビフィズス2000(ビヒーモスC)

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
J ガップリンA【妖精視認可能】

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
K さんぞくウルフP

1 はい  2 いいえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



>>281の投下時刻~2015/01/10(土)06:00までのレスで多数決
同率一位の場合、06:00直前のレスを採用


>>1さん質問です。
今回の投票対象の盗賊団代表?たちのLVや特技・呪文など
可能な限り情報開示をお願いできないでしょうか?

※「>>282

※「装備を含まないステータスになります」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カンダタ   【蘇生不可能】
ベホイミ つうこん
ちから:235 すばやさ:030 みのまもり:080 さいだいHP:1400 さいだいMP:∞
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カンダタこぶんD
ラリホー
ちから:225 すばやさ:092 みのまもり:139 さいだいHP:500 さいだいMP:∞
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
チョロゲ   レベル:24
きあいため スカラ バイキルト ルカナン
ちから:137 すばやさ:109 みのまもり:097 さいだいHP:332 さいだいMP:062
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンガリ

ちから:075 すばやさ:077 みのまもり:057 さいだいHP:101 さいだいMP:000
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
バット

ちから:098 すばやさ:136 みのまもり:110 さいだいHP:256 さいだいMP:000
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシノブ

ちから:095 すばやさ:111 みのまもり:108 さいだいHP:254 さいだいMP:000
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キラーマシンA   レベル:30

ちから:255 すばやさ:155 みのまもり:255 さいだいHP:450 さいだいMP:000
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メタルハンターA

ちから:088 すばやさ:063 みのまもり:090 さいだいHP:072 さいだいMP:000
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビフィズス2000 
アストロン
ちから:152 すばやさ:060 みのまもり:172 さいだいHP:180 さいだいMP:010
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ガップリンA   【妖精視認可能】 レベル:20
たいあたり ねむりこうげき ラリホー まぶしいひかり スカラ ラリホーマ
ちから:100 すばやさ:112 みのまもり:098 さいだいHP:294 さいだいMP:050
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さんぞくウルフP

ちから:064 すばやさ:043 みのまもり:039 さいだいHP:048 さいだいMP:000
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



※「盗賊団員の装備は盗賊団内の事情と設定がある為、>>1のAIが振り分けますが、」

※「皆さんから何かご提案がありましたら、参考にさせていただきます」

A2 B1 C2 D2 E2 F2 G1 H1 I2 J1 K2

>>1さん、ステータスの情報開示ありがとうございます。
カンダタ子分の無限ラリホーと機械仕掛けな2人のサーチ能力
カンストガップリンの錯乱系特技に期待

>>52より抜粋
>【懸賞金】(生け捕りは上乗せの場合あり。数字はゴールド)
>[ゆかりん 5億][ヨシュア 860万][シビリン 1,800万][スマハち 1,300万]
>[ホーコ 2,800万][ゲン 730万][チョロゲ 60万][トンガリ 20万]
>[バット 30万][ヨシノブ 25万]
↑の手配書見ると、ゲンさんとヨシュア表立って動けないね
最悪、懸賞金目当ての賞金稼ぎに追い回されるかも…?

関係無い話だけど、アルパ・クローズ崩壊後
あの土地は人間社会集落としてちゃんと成り立っているのだろうか…?

もしかして、ルドラジーラのテロを装えば囮誘導出来る…のかな


装備品要望
可能であれば、ガップリンAに『エルフのおまもり』を装備させて
救出隊に参加させて欲しい。

カンダタはてっかめんを取り出した!

カンダタこぶんA・もんびー・さんぞくウルフO(世を忍ぶ仮の姿モード!)


カンダタこぶんA〈シャンパーニ仮面か!〉

もんびー〈怪盗黒胡椒かもしれませんよー〉ベヒー

さんぞくウルフO〈イヤ毎回名前違うし。アンタらよく覚えてんな〉

カンダタ「………」ハァー…


カンダタはてっかめんをなげつけた!もんびーに25のダメージ!

もんびー・カンダタこぶんA・さんぞくウルフO「!?」


カンダタはいきりたってもんびーにつかみかかった!

もんびー「うひいー!?ひー、ひー」ギリギリギリ…

カンダタ「…おれは行けねえか…」ウツムキ


カンダタ「ウルフO!大至急各地のトンヌラサーカス課をオモテに呼びな。10分だ」

さんぞくウルフO「へい親分!課の全員を召集ですか!」ビシッ

カンダタ「全員じゃあねえ。こぶんD、ブルG………ウルフF。ウルフG、ウルフH、」

もんびー「く…ひー、ひー」ギリギリギリ…


カンダタ「キラーA、ビヒーC、ガップA…だ。間違えんじゃねえぞ? 行けっ!」パッ

さんぞくウルフO「へいっ!」ピュンッ

ドシャッ

もんびー「げほーっ。げほ!げほっ」ポロポロ


さんぞくウルフOはいなくなった。

カンダタこぶんA(キラーマシンまで出すのか!)

カンダタ「こぶんA!マスターAをココに呼びな」

カンダタこぶんA「……へ へいっ!!」スクッ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「カンダタ盗賊団の新入りのルーラ使い。エビルマスターのなまえをいれてください」



次回更新までのレスからランダムに決定。候補が挙がらない場合は>>1が考えます

ドスァガ

よしかつ

サンタローズの村 洞くつの守り人の家


村の老人「この洞くつはある王家の聖地でもあって、盗賊団には出入りを控えてもらっとる」

エビルマスターA「フー……。知ってるよ。ここにはグランバニアの先王の部屋があるんだ」

村の子供「グランバニアのせんおう?」カシゲル

村の老人「すまんが、もうこの洞くつに忍び込まんでくれんか」

エビルマスターA「非礼は詫びる。じゃあ数々の名物が朽ちないようにせめて手入れをしろ」


村の子供「手入れって?めいぶつってなに?」

村の老人「これ。お前は何にでも首を突っ込むでない」ポム

エビルマスターA「………。老醜か、見識か」ゴソゴソ

エビルマスターAは、?メダルを取り出した!


村の子供・村の老人「?」

エビルマスターA「キミにひとつあげよう…」ニッ

村の子供「えっ!?ありがとうっ!」パアッ

エビルマスターAは村の子供に、?メダルを手わたした。


村の老人「まっ、待ちなされ!見返りの話ではないんじゃよ。こんなモノを貰っても困る」

エビルマスターA「オレも盗賊団の一員になってるから話が拗れるか…。見損なうなよ老人」

エビルマスターA「オレは彼にプレゼントしたくなっただけだ。洞窟の話は関係ない。一切」

村の老人「しかし、こんな高そうな物を貰ってはのう」  村の子供「………」キョロキョロ


エビルマスターA「確かに安くはないよ。ある島の名物だ。オレの分のストックは既にある」

エビルマスターA「オレにはオツな名物だが、中にはただの土産品と見なす目利きもいる…」

エビルマスターA「キミにはどうかな。収めるなり売るなり捨てるなり…キミの思うままに」

村の子供「! ………。」チラッ  村の老人「むむ」アセッ


*《新入りーっ!やっぱりココにいたかーっ!》

エビルマスターA「フー。新入り扱いと魔物語をやめろと言ってるだろう。摩擦が生じる…」


村の子供「……あれっ?このメダル2枚もあるよっ!。ふつうのメダルの光り方じゃないし」

村の老人「何処の国の硬貨なんじゃろうな。わしも見たことがないわい…」ゴクリ

パキッ

村の子供「あっ!!メダルが1枚割れちゃったーっ!? あれ?割れたところがまっ黒だよ」

なんと!メダルはメダル型チョコだった!


村の子供「金の包み紙のお菓子だったんだー!甘いにおいがする!(パクッ)……おいしい!」

村の子供「このお兄ちゃん、おじいちゃんの分もくれたんだよっ! はいおじいちゃんっ!」

村の老人「むむ、お菓子じゃったとは…。(パク)……ほ、ほー、濃い味じゃのう」モグモグ

カンダタこぶんA「……はあはあ、エビルマスターA、親分がお呼びだ、大至急だぜっ…!」


エビルマスターA「団長命令で大至急?短気な客でも来たのか。それとオレを記号で呼ぶな」

カンダタこぶんA「アレコレうるせえ野郎だな!?」  村の子供「お兄ちゃんお名前は?」

エビルマスターA「……オレはエビアン……」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後6:13  ベラの消息不明から48時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グランバニア城 2階 会議の間

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
緊急会議 出席者

トンヌラ ゆかりん マリア ヨシュア カオル ジロー デズモン ヘンリー ドリス姫
ホーコ シャオン シビリン ミニモン ゲンさん ピピン パピン兵士長 オリビア
オジロン王 クマタン公爵 ドレイク子爵 タンバリン男爵 ヌッティ伯爵 大臣
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ミニモン「渦巻いたメンツが揃ッてやがる。無駄話は止せヨォ?ソレを楽しめる時間が無ェ」

ヌッティ伯爵「しかし魔物が議会に参加する国家とはな。子供だが危険な悪魔には違いない」

ミニモン「オォオォ。せいぜい気ィつけンだなァ。『…オイ。化けメット』チラ

ホーコ・シャオン・シビリン・ゲンさん・ピピン『?』


ミニモン『テメェだヨォ。兜野郎がイイか』ポカッ

シャオン『いたい!? んーん…かぶとやろうよりばけメットのほうがいーです…』カタカタ

ミニモン『人間どもの話。テメェにゃわかンねェかもしンねェが。アホどもに通訳しな』

シャオン『はい。ミニモンおにいさま』カタッ

ミニモン『そのオニイサマッてのやめろヨォ。テメェ、ンなキャラじゃなかッたろォが?』


ミニモン『オメーらもイイ加減人間語覚えちまえ。うに作。オメーは商売で必須じゃねェか』

ゲンさん『えっ。めんぼくねえ。あくまさんはてきびしいや…』コロッ

ミニモン『トサカ。オメートンズラと女どもが人間語で話しててイイ気分できッか?アァ?』

ホーコ『…………。イツモムカツク奴ダ……。人間ノ話ハ真似デキルガ、意味ガワカラナイ』


ミニモン『クラゲ。クラゲ…オメーは、まァイイや』

シビリン『???シビリンもオボえルよー!』フワッ

ミニモン『オメーと馬鹿猫にゃ無理だ』ホオヅエ  ピピン(うんうん)コクコク

シビリン『シビリンもスマハちもバカじャナいヨー!?』ペシペシ!

ミニモン『アァアァ。俺が悪かッた悪かッた。晩メシは何だろォなァ~』ホオヅエ


トンヌラ「急の召喚に応じていただき感謝します。母マーサが魔界の集落で生きていました」

オジロン・公爵・子爵・男爵・パピン・大臣「おおっ!」  カオル・ジロー・ピピン「!」

トンヌラはさいごのカギを取り出した!

トンヌラ「魔界への第1の扉、海の神殿の青門はこのカギでしか開かない、はずだった」

トンヌラ「それがなぜか謎の魔物の軍勢に開かれ、大魔王が人間界に来れるようになってる」

オジロン・公爵・子爵・カオル・ジロー・男爵・デズモン・伯爵・パピン・大臣「!?」


ゆかりん「トンヌラ。カミによると、海の神殿の青門はなにかの呪文でひらかれたらしいの」

トンヌラ・マリア・ヨシュア・ミニモン・子爵・ジロー・デズモン・ヘンリー「呪文?」

ジロー「うーん…。デズモン博士はそのような呪文を知っていますか?」ボリボリ

デズモン「…>< なにかの本で見た気がしますが、神話や物語だった気もしますねえ><」

ドレイク子爵「勇者様。門を実際に開く程の呪文なら、天空神が御存知ではないのですか?」

ゆかりん「カミもわからないそうです。だからカミはその魔物たちをとても警戒しています」

オジロン・シャオン・マリア・公爵・ミニモン・子爵・ジロー・男爵・デズモン「!」ザワッ

大臣「ふむ…。その魔物の軍の所属と目的はわかりますかな?」

トンヌラ「謎の呪文で海の神殿の門を開いた魔物の軍勢は、たぶん光の教団じゃありません」

トンヌラ「天空界や魔界とは別の異次元に、また違う神がいて、この神の実体が魔界にある」

ヘンリー「デズモン、この異次元の神さまの実体が地獄の帝王って話らしいんだよ」

ヨシュア・ジロー・ピピン・男爵・デズモン・伯爵・オリビア・大臣「…!?」

トンヌラ「進化の秘法の研究者として、なにか知りませんか?デズモンさん」

デズモン「し、新説です><; 考古学的証拠がありません、わたしは見たことがない><」

タンバリン男爵「…トンヌラ殿下はその話をどのようにしてご存知になったのです?」

トンヌラ「母から聞きました。地獄の帝王エスターク自身は知らなかったことです」

オジロン・公爵・ヨシュア・子爵・ジロー・男爵・デズモン・パピン・伯爵・大臣「…!」


ピピン「おうひさまってほんとににんげんなの?」

トンヌラ・オジロン・ゆかりん・公爵・マリア・子爵・男爵・伯爵・ドリス・大臣「!」

パピン「愚か者!!」グワッ

ピピン「!!?ごめんなさあーいっ!!」ペコーーッ!

ミニモン「くくく。ガキは正直で話が早ェ。実際ありゃア人間離れした女だッたゼェ?」

ドリス(ミニモンだって子供じゃん)


クマタン公爵「君も会ったのかね?マーサ先王妃陛下に」

ミニモン「アァ? ッたり前だろォが」

ミニモン「魔界を封じ。魔物を弱め。人間に変え。テメェは寝ず。表情と感情を失ッてヨォ」

ミニモン「あの能面女。人間の範疇なンざとッくに超えてやがる。ブロコと違う意味でなァ」

ゆかりん(……たしかにトンヌラのおかあさんにはふしぎなチカラがあるみたいだけど……)

ヨシュア〈………〉チラッ

マリア〈とてもお優しいお母様ですのよ。トンヌラさんとの再会に涙されていました〉


トンヌラ「あの神の目的はエスタークだ。神の名はダークドレアム。破壊と殺戮の神らしい」

トンヌラ「母は大魔王だけじゃなくてこの破壊神も恐れたからこそ、魔界を封印したんです」

オジロン「……それでは、なにゆえそなたは先王妃マーサを置いて人間界に戻ったのかな?」

トンヌラ「はい。この人間界で大魔王たち光の教団と決着をつけるために戻りました」

公爵・子爵・カオル・ジロー・ピピン・男爵・デズモン・パピン・伯爵・大臣「!!」ザワッ


ドレイク子爵「殿下それは」  ヌッティ伯爵「王子、戦争を起こすおつもりか!?」ガタッ

トンヌラ「…そういう言い方もできますね。大魔王との戦いを人間界に促したのはぼくです」

ヌッティ伯爵「お戯れが過ぎる!殿下は我が国の王子たる自覚がおありですか!?」ダン!

ゲンさん『おいさん、つんけんしてらあ』  ホーコ〈王子タル自覚ガオアリカ?〉カシゲル


トンヌラ「今の平穏なグランバニアがあるのは、叔父上とあなたたちのご尽力だと思います」

トンヌラ「あなたたちには…ぼくのわがままだけど…父と母の苦労もわかってもらいたい」

オジロン・公爵・子爵・ピピン・男爵・パピン・伯爵・ドリス・オリビア・大臣「!」

トンヌラ「殺された王とさらわれた王妃を見過ごしたままじゃ、ここはなんの王国なんだ?」

オジロン・子爵・男爵・パピン・ドリス「!!」

クマタン公爵「……よくぞおっしゃいましたな。トンヌラ王子」  伯爵・大臣「………」

ヘンリー「トンヌラ、オレも話していいかい?」

トンヌラ「うん」

ヘンリー「デズモンはそのままでいてくれ。ドリス姫、あなたも」

ドリス「はい」ウットリ  デズモン「? ははっ><」  


ヘンリー「(スクッ)ラインハットの宣言がグランバニアを惑わせたことを深くお詫びします」

オジロン・ゆかりん・公爵・ヨシュア・子爵・ジロー・男爵・パピン・伯爵・大臣「!」

オジロン「…ラインハットにはラインハットの思いあってのことじゃ。そなたは気に病むな」

オジロン「そこな大臣からデール王が世界を憂いておる話を聞いたぞよ。若く賢い王じゃと」

ヘンリー「過分なお言葉をいただき恐縮です」フカブカ


ヘンリー「大臣。トンヌラが大魔王をリゾート島に誘導できたのはあなたの交渉が大きい」

大臣「デール王は賢きお方でしたぞ。しかしグランバニアとの戦争を辞さぬ覚悟もお持ちだ」

大臣「貴殿方の画策に対してラインハットがいかなる表明をするか。警戒せねばなりませぬ」


ヌッティ伯爵「当然だ。開戦と迫害を咎める宣言が削除されたが原因は我が国の介入とある」

ヌッティ伯爵「厭戦意識の高まった国際社会がその事実を歓迎するとは考えられんだろう?」


ヘンリー「それは――  トンヌラ「光の教団と戦うのはぼくたちだ。軍の援助は要らない」

クマタン公爵・ドレイク子爵・タンバリン男爵・パピン「!? 殿下!」ガタッ

ヌッティ伯爵「……」

トンヌラ「あなたたちグランバニアの国民にも、父と母のために戦ってくれなんて言わない」

トンヌラ「血を流すのはぼくと仲間だ。ただ、ぼくと仲間が戦うことは認めてほしいんです」

ヘンリー「……うん。ま、そんなところかな」スワル


クマタン公爵・ドレイク子爵・パピン「殿下!!」ズイッ

トンヌラ「こうは言っても、グランバニアが何物かから襲撃されることはあるかもしれない」

トンヌラ「だからドレイク将軍、パピン兵士長。軍はグランバニアを守っててくれませんか」

ドレイク子爵・パピン「…ははっ!!」


トンヌラ「ぼくが負けて死んでも、人間界は滅亡しないと思います。天空の神がいますから」

オジロン・ドリス「トンヌラ!!」ガタッ

トンヌラ「モンスターほいほいが示す危険度は【08.8/10.0】でゆとりがあるとも言えるし」

オジロン「ばかもの!そなたをみすみす死なせては今度こそ兄上に合わせる顔がないわっ!」

ヘンリー「陛下ご心配なく!私どもが付いております。ドリスも座ってくれ」

ドリス「ふぁ!?い」ボッ

オジロン「はあ、はあ、はあ?はあ…」スワル

ヘンリー《おい、王と姫を動揺させんなよ》  トンヌラ《ごめん。悪気はなかったんだ》


ゆかりん(わたしがだれも死なせない。カミも戦わせない…!)

ミニモン(腹減ッた。……このさいごのカギ。偽物だよなァ?小道具なンざ用意してンのか)

マリア(…望みの神さまは魔界を離れた私に連絡してこないわ。…何かお考えなのかしら?)

ヘンリー(教団と同盟を組んだデールはどう出るだろうな。まさか出軍はしねえだろうけど)

ヨシュア(…盗賊団の助力もある。私はどうなろうと構わん。ベラさまと奴隷は必ず救う!)

タンバリン男爵「ジロー博士、モンスターほいほいの検知範囲は魔界にも及んでいますか?」

ジロー「うーん。率直にわかりません。製作時は異次元の存在を想定しておりませんでした」

トンヌラ「…母によると人間界は各次元の基盤らしいから、検知してる気もするけど…?」


タンバリン男爵「トンヌラ殿下、海の神殿の魔物軍の目的が魔界にいる地獄の帝王として、」

タンバリン男爵「この話を、我らグランバニアは看過していても宜しいのでしょうか?」

ドレイク子爵「……勇者様かマリア殿の転移術がなければ、我が軍の派遣はままならんが…」

タンバリン男爵「……。将軍の仰る通りですね」

ドレイク子爵「いや、貴公を窘めた訳ではない。私と同じ思いと存ずる。恐らくは」ウデグミ


トンヌラ「ダークドレアムの目的は世界破壊のようだから、ミルドラースとは目的が違う」

トンヌラ「青門が開かれた理由は相互利益だと思います。大魔王は滅亡を望んでないから、」

トンヌラ「大魔王の魔界の配下たちは、謎の軍勢をエスタークのもとへ案内はしないはずだ」


トンヌラ「エスタークにはエビルマウンテンへ移動するように、ぼくから指示しました」

オジロン・公爵・子爵・ジロー・男爵・デズモン・パピン・伯爵・オリビア・大臣「!」

ゆかりん(…エスタークにしじするなんて。カミやデスピサロだってできないのに、すごい)


トンヌラ「門のほこらから母のジャハンナまでは徒歩で数日です。ぼくたちは2日かかった」

トンヌラ「エビルマウンテンは、母のいるジャハンナから更に遠い魔界の奥にあるし、」

トンヌラ「ダークドレアムの軍勢がエスタークと遭遇するには、2日以上は必要なんです」

大臣「つまり世界危機には違いないが、人間界に出現した大魔王よりは猶予がある訳ですな」


ヘンリー「2日経てば、ジャハンナのマーサ先王妃とサンチョさんたちは襲撃されるかもか」

オジロン・公爵・子爵・ピピン・男爵・パピン・伯爵・ドリス・オリビア・大臣「!」

オジロン「なんと…サンチョは姉上と魔界に残っておるのか」


トンヌラ「天空城のリゾート到着は、大魔王にとって悲願を叶える絶好のチャンスのはずだ」

トンヌラ「ぼくと仲間は、その大魔王たちを迎え討ちます。午後七時です」

カオル「! トンヌラさま、今、午後六時半ですが…!?」  みんな「「!」」ザワザワッ


オジロン「…トンヌラよ。グランバニア次期王たるそなたの手で教団との決着をつけるのだ」

トンヌラ「はい」

オジロン「己が使命、見事やりとげよ。ゆくがよい!」バサッ

トンヌラ・ゆかりん・マリア・ヨシュア・ヘンリー「はっ!」スクッ


シャオン『! はなし、おわったみたいです…』  ホーコ・シビリン・ゲンさん『!』ムク

ミニモン『ハァ…。役立たずの人間ども。マジで話が長ェ。気楽なモンだよなァ…』パタパタ

トンヌラと仲間たちはいなくなった。


ヌッティ伯爵「結局は国を巻き込んで世界を危険に陥れているではないか。卿はどう思う?」

タンバリン男爵「我が国の平和は先王一家の犠牲の上にあるという事を痛感させられました」

ヌッティ伯爵「…先王夫妻は偉大だな。身の程を知り運命に抗わず、世界平和に殉じていた」

タンバリン男爵「いつまでもそのお気持ちに甘えていられぬでしょう。我らは貴族なのです」

ヌッティ伯爵「覚悟ではなく思想の話だ。近頃は大臣も好戦派の傾向にある…。嘆かわしい」

グランバニア城 2階 通路


トンヌラ「おーい、ピピン」

ピピン「トンヌラさま!さっきはごめんなさい!!」ペコリ!

トンヌラ「え?」

パピン「殿下、せがれの失言の責任はどうか、この愚父に与え給わりますよう…!」フカブカ


トンヌラ「ああ、(お母さんが人間かっていう…)…母のチカラの話には誰もが驚きますよ」

トンヌラ「問題はなにもありません。まあ、会話の際は十分気をつけてね。ピピン」

ピピン「はいっ!」  パピン「申し訳ありません…!殿下のご温情痛み入ります」ペコペコ


トンヌラ「ピピンだけじゃ心もとないかな?ちょうどいいかも。ふたりにお願いがあります」

ピピン「うんっ!…うぐっ」フカ…ブカ

パピン「(グググッ)“はい”だ。殿下、何でもお申し付け下さい!」グググ

トンヌラ「カンダタ盗賊団からメンバーを雇ったんです。もう城門に着いてるかもしれない」

ピピン・パピン「!」

トンヌラ「誰が来るかはわかりません。魔物もいるかも。至急ぼくの部屋へ案内して下さい」

ピピン「う…はいっ。まかせて!おとうさんいこう」  パピン「うむ、急ごう!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後6:35  ベラの消息不明から48時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グランバニア城 4階 トンヌラと従者の部屋


晩御飯 茄子とベーコンのトマトスパゲティ・バケット

シビリン・ミニモン・ゲンさん『おォ…!!』キラキラ


シャオン『まるくてくろい、あかくてながぼそい、ゆげぼうぼう』ユラユラ

ミニモン『どけ化けメット。邪魔だ』ポカッ

シャオン『いたいです! ……… すごくかなしい』カタカタ

シビリン・ミニモン・ゲンさん『いただきまーす!』


ミニモン『麺だ…麺だゼェ…!グランバニアにもあッたのかヨォ?なァなァ蒼カッパ』グイイ

オリビア『………??』ズルル

ミニモン『こりゃアどォやッて食うンだ?見本見せろヨォ』  シビリン『ミせロヨぉー』


オリビア《………フォークを持ちます………》カチャ

シビリン『コれ??』ギュッ  ミニモン『オォ』ギュッ  ゲンさん『……』ギュッ

オリビア《………このように…巻いて食べます………》クルクル

シビリン『???』グチャグチャ  ミニモン『ウオォ…』クルクル  ゲンさん『こうけ?』グリグリ

オリビア《(フー、フー)》アーン

オリビアはスパゲティをホーコに分け与えた。


ホーコ『……美味シイ』ハグハグ  ミニモン『ウアァ旨ェ!ンだァ?この野菜』ジーン

ヘンリー『それは茄子だぜ。おまえって幸せなヤツだなあ。ていうか…おまえら今食うのか』

ミニモン『ッたりめェだ』ガツガツ  シビリン『…シビリン…かブリつクよー』ハムハム

*「あ、あわわわ…。ほ、本当にここは天国じゃないんですか」ヘタッ

ミニモン・マリア・ヘンリー・ヨシュア・カオル「?」チラッ

痩せた老人「ヨシュア…妹のマリア、ヘンリーまでおる…」フルフル


ヘンリー「…あっ!?」  マリア「まあ、まさか…!」  ヨシュア「しげぞう!」タタッ

ヨシュアは痩せた老人の手を強くにぎった!

痩せた老人「お、おまえたち、よく、生きとった」ギュ…


カオル〈あなた。この方はどなたなんですか?〉

ジロー「トンヌラ様と同じ境遇の奴隷の男性で、昨日たった1人だけ解放されたそうですよ」

カオル「!」  ミニモン『オォオォ。道理で食欲の失せるジジイな訳だ』ガツガツ

ドリス(…なんか囚人のようなたたずまいだ。ヘンリーさまたちもこんなふうだったのか?)


トンヌラ「おじいさん、しげぞうって名前だったんですね」

(奴隷の老人A→痩せた老人→)しげぞう「………ああ」コト

しげぞうはテーブルに土鍋を置いた。

シビリン・ミニモン・マリア・ヘンリー・ヨシュア・ゲンさん・ドリス・『「?』」クンクン


シビリン『なべ、ツギのゴはン?』ハムハム  ゲンさん『じいさん、いたまえけえ?』チュルル

ゆかりん『トンヌラがおじいさんに頼んで、この鍋料理をつくってもらったみたいだけど…』


ヘンリー「……意外と懐かしくならねえもんだな。オレたちずっとこれしか食ってなかった」

ゆかりん・ミニモン・シャオン・ドリス・オリビア・ジロー・カオル・デズモン「!」

ドリス(これ、セントベレスの奴隷食か!)  カオル「(カパッ)………。お粥…燕麦の?」

トンヌラ「塩や豆で調味するんです。今のぼくはこれを食べたくて」


晩御飯 オートミール粥


トンヌラ「ありがとう、しげぞうさん。…いただきます。一口だけ」パク

しげぞう「ここにはたくさんのごちそうがあるのに…。なぜわしにこれを作らせたんじゃ?」

ミニモン「旨ェからじゃねェのか?(カシュ モグモグ)…『…ホォ。ドロドロでスゲェ薄味だ』

ホーコ『美味シイノカ?』  ミニモン『悪くは無ェ。つーかトサカ向けの味じゃねェか?』


ゆかりん「ふーん…。ほんのり甘いんだ?」パク

マリア「はい。手を加えればもっとおいしくなるんですけど…」パク

ヘンリー「うーん、オレダメだ。苦手になっちまってるよ。食べれねえ。じいさんすまん!」

しげぞう「それでええんじゃ、ごほっごほっ」  オリビア「(スッ)」サスサス

ドリス「下々の料理ですね。……すごく素朴な味……。………。あたしもちょっと苦手かな」


ヨシュアはオートミール粥をホーコに分け与えた。

ホーコ『(ハグハグ)……!?美味シイ!!ヤミー&ファンタスティック』バサッ!

ミニモン『やッぱなァ』ガツガツ  ゲンさん『あくまさん、いいしたしてるねえ』チュルル

シビリン『……………』ハムハム

シビリン『ヨシュアーシビリンにモちョウダい』ベタベタ

ヨシュア『……!? わ、わたし、がか?』ダラダラ

コンコン

オリビア〈………はい………〉タタッ

ガチャリ リリン…

ピピン『トンヌラさま、とうぞくだんのモンスターたちをつれてきました!』

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ホーコ・シャオン・ゲンさん『!』

トンヌラ「ありがとう。さあ入って」

パピン(ピピンは魔物と不自由なく話している…。子供のチカラには心底感心させられます)


てっかめん戦士A(カンダタこぶんD)「よおゆかりん会いたかったぜぇー」ズイズイ

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ピピン・パピン・オリビア「!」

てっかめん戦士C(ビフィズス2000)「待て待て!仕事は妖精の奪還だろ?なっ」ズルズル

トンヌラ「その声はビフィズス2000?来てくれたんだ」

てっかめん戦士B(チョロゲ)「トンヌラさん。しばらくです」アクシュ

トンヌラ「きみは…チョロゲ?」アクシュ


ゲンさん『なんでえおまえさんがた!せいぞろいじゃねえか』ニコニコ

毛皮のマント戦士B(バット)『ゲンの兄貴!?ゲンの兄貴も行くんスか?』

シビリン『ワー!?ニギやかダねー!』  ミニモン『ゾロゾロ鬱陶しいなァ』ガツガツ

毛皮のマント戦士C(ヨシノブ)『トンヌラさん!こいつ子供で妖精見えるかもって親分が』

ガップリンA『ヨウセイワカル』ゴトッ


トンヌラ『そうなんだ。助かるよ。なんとなくリリ…じゃなかった、シャオンと似てるね』

シャオン(! はじめておにいさまによばれた)コトッ

トンヌラ『ふたりに仲良くしてほしいけど、シャオン、今回はぼくたちのパーティに入って』

シャオン『は はい!』ピョンッ


ゆかりん『……そういえば、わたしもシャオンの戦闘力ってよくしらないんだけど……』

トンヌラ『ぼくも少し見ただけだけど強そうだね。でもやっぱり転移制御が必要になるかも』

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ホーコ・シャオン・ドリス『!』

トンヌラ『天空城を目前にした大魔王たちは退かないだろうけど、それも命あっての物種さ』

トンヌラ『ぼくたちが大魔王たちを劣勢に追い込めば、大魔王だって逃げようとする。必ず』


ヘンリー『それをこのシャオンが封印できるんだな?おばさんやイブールのチカラみたいに』

シャオン『は、はい。ヘンリーおにいさま』カタカタ

ゆかりん『でもトンヌラ、範囲と時間にもよるけど、シャオンのMPがへるから気をつけてね』

シビリン『ウー。シャオンスごいンだネー』ナデナデ  シャオン『あたし…あたし』カタカタカタ


チョロゲ『トンヌラさん、トンヌラサーカスの団員番号を教えてくれです』

トンヌラ『えっ?ぼくたち教団から勝手にそう称されてるだけで、名乗ったことはないし…』

ガップリンA《バンゴウナイ?》コトッ  ビフィズス2000《ないならしょうがねえ》ヘヒー


トンヌラ『……なんかこだわってるぞ……。盗賊団じゃ作戦上必要になる設定なのか?』

マリア『…あの、トンヌラさん。トンヌラさんがお誘いになった順番はどうでしょうか?』

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・ミニモン・ヘンリー・ホーコ・シャオン『ふーむ』

トンヌラ『ぼくが01ならシビリンが02だろ。ゆかりんが03でミニモンが04。ゴレムン…は…』

シビリン・ゆかりん・マリア・ヘンリー『05!』

ミニモン『デカブツは永久欠番だなァ』クルクル  ホーコ・シャオン・ゲンさん『………』

トンガリ《うわーあのゴレムン兄貴が死んでるのかよー!?ヤバイって。ヤバイヤバイ》


トンヌラ『じゃあマリアが06。スマハちが07。ピエローヌが08でヘンリーは09。ホーコが10』

トンヌラ『ベラは11。やっぱりめちゃくちゃな順番になるなあ。ヘモ爺さんは12あたりかな』

シビリン『ヘモじい』  ゆかりん(ヘモさん)  ミニモン『ジジイも永久欠番だ』パクッ

チョロゲ《永久欠番?そういえばあの悪魔もいない…死んだのか?》  ヨシノブ《!》


トンヌラ『サンチョも入れて13。リリアン時代を考えて14はシャオン。ヨシュアさんが15…』

トンヌラ『…魔界のエスタークとれんれんは?』

シビリン・ホーコ・シャオン・ピピン・オリビア『?』

ミニモン『留守番どもと面識が無ェ。指名手配もされてねェし、抜いて考えよォゼ』ゴクゴク

トンヌラ『なるほど。指名手配者から考えると… 16はゲンさんだね。申し訳ない』

ゲンさん『!?』


チョロゲ『じゃあおれが17!』

トンガリ『……18……』シクシク

バット『19ッスかー?』

ヨシノブ『おいら、20だよ』

ビフィズス2000『21?オレェ?』

カンダタこぶんD『幹部のおれが何で22番なんだぁ?』

ガップリンA『ニジュサン』

キラーマシンA『24』ウイィ

エビアン「するとこのオレ、エビアンが25。フー…」ギャン!


マリア・ヘンリー・しげぞう「!?」ゾクゾクッ

トンヌラ・ヨシュア「!」ハッ

トンヌラ『……いや。たぶん25番さんは初めて会うぞ。誰か会ったことある?』

ゆかりん『封印の洞くつの地下1階でたたかったエビルマスター…とはべつじんみたい…?』

カンダタこぶんD『おお別人だぜぇー。すげーうぜーヤツだが、盗賊団初のルーラ使いでよ』


ヘンリー「…教団関係者じゃないんだよな? オレたちにはどうもムチおとこに見えちまう」

マリア・しげぞう「(コクコク)」ゾクゾク

エビアン「人違いだよ…。キミたちとは初めて会った。流石は三王国の城。名物ばかりだ…」

エビアン「王子。仕事が終わったら、城の鑑賞と先王の秘密の部屋の話の許可が欲しい…!」

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ピピン・パピン・オリビア「!」


トンヌラ「うん…いいですよ。(…鑑賞と父さんの部屋の話?美術品に興味があるのかな?)

シビリン・ミニモン・ゲンさん『ごちそうさまでした!』

シビリン『タべた!』  ミニモン『行ッかァ?馬鹿猫とピエ太郎がスタンバッてる』シーハー

トンヌラ『よし。……行こう!ミニモンとピエローヌにも蘇生加護を与えてもらわきゃ』

気になったんだけどトンヌラサーカスの手配書ってどんな内容なのやらトンヌラがマリアの片腕を切り落としたことになっているのかな?
カボチを滅ぼした魔獣の王スーパーマッスル(略)
輝く死神ホーコ
ぶるるん執事
三刀流の爆発騎士
混乱ミドリ
見た目は小悪魔中身は禁呪使い
片腕の悪魔神官
カタコトくらげ

裏切りの黄金騎士
破壊神ゆかりん
儀式のために片腕を切り落とした悪魔王トンヌラ

>>339
過去に描写があったのをまとめてみたら、手配書は二種類あるみたい

第五巻 >>423より抜粋 テルパドール奪還時の手配書
>パピルス紙には、トンヌラたちの容姿と特徴、通報及び逮捕の謝礼金が記されている。
>トンヌラ「手配書じゃないか!名前は不明だけどチョロゲたちやゲンさんも載ってる」
>マリア「私も隻腕の奴隷と記されていますわ。間違いなくデモンズタワーの情報です」

第七巻 >>303より抜粋 封印の洞くつ探索時 トンヌラサーカスのビラ
>ヘンリー“おまえ団長扱いだぜ。ゆかりんちゃんが花形ダンサー”
>ヘンリー“なぜかオレだけラインハットの王子の肩書きがある。没落王子だけど”
>ヘンリー“モンスターたちは曲芸要員だな。シビリンは珍獣、ピエローヌは道化師…”
>ヘンリー“そのサーカス情報と同時に、邪悪なエロリスト集団とも称されてるぜ”
>ヘンリー“まあ誇大広告だよ。「死と破壊のサーカス団!超危険!」とも載ってるし”
>ヘンリー“許せねえのは…マリアを見世物小屋の不具の奴隷として扱ってることだよ”

今現在配布されているのは不明だけど>>52
ポートロイヤル新聞にもトンヌラサーカスの情報が載っていたから
それが最新版?なのかもしれない

グランバニア城 3階 空中庭園


王城の兵E「おい何だ何だ。トンヌラさまのモンスターたちか?すごく増えてないか」

王城の兵D「ほ、本当だね。ドリス姫さまと秘書や学者たちも一緒みたいだけど…?」


トンヌラ「見た感じ…マリアがMPに余裕があるな。マリア。スマハちたちを連れて来てくれ」

マリア「かしこまりました」ペコリ

トンヌラ「ゆかりんも妖精界へ一緒に付いて行って。スマハちたちのもとへ案内してほしい」

ゆかりん「うん、わかった。行こうマリア!」ギュッ  マリア「…はい!」カッ

マリアはルーラをとなえた! マリアとゆかりんは音もなくきえさった!


カオル「ヨシュアさま、ベラちゃんをどうか…ヨシュアさまもご無事で…!どうか…」ギュッ

ジロー「ベラ君だけではありません。本来の目的はしげぞう氏を筆頭とする奴隷の救出です」

カオル「そうですけど……。あなたのおっしゃる通りですね」ペコリ

ヨシュア「先生、奥さま。お任せ下さい。必ずや」キッ

ジロー「はい。緊張します」  カオル(ヨシュアさまはご自分を顧みないから心配です…)


ドリスはヘンリーに深く口づけをした!

トンヌラ・ホーコ・シャオン・ヨシュア・デズモン・ジロー・カオル・オリビア『「!』」

ヘンリー「…!」ボッ

カンダタこぶんD「ヒュー!」  ピピン「す、すっごいや」  ミニモン「肉食系だゼェ」


ドリス「(パッ)……ヘンリーさま。ご存分に戦って下さい」ジッ

ヘンリー「………。よーし。活躍してくるよ」ニコッ

パピン・王城番兵・王城の兵D・E「………」ボーゼン

王城の兵E「すんげえ決定的瞬間を目撃したよな」  王城の兵D「うんうん。うんうん」

パピン「ヘンリー殿下とドリス姫のこと、今は誰にも言わないで下さいね」

王城番兵・王城の兵D・E「! ははっ!」


ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ビアンカ・王城の兵B・F・Gがあらわれた!

パピン・王城番兵・王城の兵D・E「!?」  王城の兵B・F・G「…… !」キョロキョロ

王城番兵「貴殿たち、何処から現れたのだ?」

王城の兵B「さァ…?あれ、モンスターの村なのかなあ。ふんわりしたトコでさ~」ホケー

王城の兵F・G「……うー……よいしょ!」ガシャ ドサッ!

王城の兵F・Gは荷を解き、トンヌラたちの装備とトンヌラのふくろを庭園に置いた。


ビアンカ「トンヌラ!」ギュッ

トンヌラ「あっ、お姉ちゃん。ぼくたちは今から、人間界に来た大魔王たちと戦ってくるよ」

ビアンカ「えっ!魔界の神ミルドラースと…!?」

トンヌラ「ビアンカも教団とは複雑な関係だけど、お姉ちゃんはこの城から出ないでほしい」

ビアンカ「………。うん。でも、今度こそ私もトンヌラを手伝ってあげたかったよ」

トンヌラ「うーん。じゃあ、ぼくたちが負けたら、後のことはビアンカにも頼んでもいい?」

トンヌラはビアンカにパパスの手紙を手わたした。

ビアンカ「そんなのダメよ……。…………。でも…トンヌラがそう言うなら、わかったわ…」

━━━━━━━━━━━━━━━━━つよさ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トンヌラ  ♠(テレパシー可)♥(恋人関係)

ルビスのまもり
レベル:90(/99)
ねんれい:17歳

ドラゴンの杖 神秘のよろい みかがみのたて グレートヘルム 王家のあかし
エルフのおまもり 炎のブーメラン 時の砂

ホイミ キアリー バギ スカラ ベホイミ インパス リレミト バギマ マホキテ
ベホマ ザオラル メガザル バギクロス おうじゃのあい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シビリン  ♠

しびれくらげ
レベル:79(/99)
ねんれい:5歳くらい

炎のブーメラン みずのはごろも みかがみのたて 風のぼうし エルフのおまもり

マヒこうげき やけつくいき キアリク まぶしいひかり トラマナ ヒャダルコ
マホトラ マヒャド ぶきみなひかり ヒャドリン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん  ♠♥

★でんせつのゆうしゃ
レベル:99(/99) Max!
ねんれい:19歳くらい

天空のつるぎ 天空のよろい 天空のたて 天空のかぶと エルフのおまもり

ニフラム ホイミ メラ ベホイミ ルーラ ギラ トヘロス リレミト ラリホーマ
ザメハ マホステ アストロン イオラ ライデイン ベホマ ザオラル ベホマズン
ギガデイン ミナデイン パルプンテ ギガソード ジゴデイン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン

アンクルホーン(★ミニデーモン)
レベル:32(/40)
ねんれい:6歳

ふぶきのつるぎ 炎のよろい みかがみのたて グレートヘルム エルフのおまもり

メラミ なめまわし メダパニ あまいいき イオラ ラナルータ パルプンテ
メラゾーマ イオナズン ベギラマ バギマ ヒャダルコ おたけび きあいため
ベギラゴン マヒャド バギクロス マダンテ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア  ♠♥

ダークビショップ
レベル:70(/99)
ねんれい:17歳

マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり

ホイミ マホトーン ベホイミ スカラ スクルト ベホマ ニフラム シャナク
ザオラル ベホマラー トヘロス ザオリク ルーラ ドルマ ドルクマ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スーパーマッスルハイテクちーたー

キラーパンサー
レベル:88(/99)
ねんれい:12歳くらい

あくまのツメ みずのはごろも グレートヘルム エルフのおまもり こおりのやいば

きあいため おたけび いてつくはどう はげしいいなずま
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ

スライムナイト
レベル:70(/99)
ねんれい:3歳くらい

ふぶきのつるぎ 炎のよろい ミラーシールド グレートヘルム ごうけつのうでわ
エルフのおまもり ドラゴンキラー ゾンビキラー まどろみの剣 はやぶさの剣
デーモンスピア ふっかつのつえ

ホイミ マホトラ ベホイミ キアリー イオ キアリク ベホマ イオラ みがわり
ピエロンド
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー  ♠

フォースマエストロ
レベル:70(/99)
ねんれい:17歳

きせきのつるぎ 炎のよろい グレートヘルム みかがみのたて エルフのおまもり
まどろみの剣 ラーの鏡 世界樹のしずく 魔界樹の葉

メラ マヌーサ ルカナン イオ メダパニ トヘロス ルカニ マホカンタ
フバーハ バイキルト
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ  ♠

★ホークブリザード
レベル:25(/25) Max!
ねんれい:9歳くらい

炎のブーメラン みずのはごろも 風のぼうし エルフのおまもり

ザラキ つめたいいき こごえるふぶき ふしぎなおどり3 かがやくいき バシルーラ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン

サターンヘルム
レベル:46(/50)
ねんれい:1歳くらい

カメのこうら シルクハット エルフのおまもり けんじゃの石

ぶきみなひかり たいあたり シャナク まぶしいひかり めいそう ザオリク
モシャス

のろい1【消費MP:00】【単体:じゅもん・とくぎの使用を妨害する】
のろい2【消費MP:00】【単体:1ターン/最大MP13%値のMPが減少】
ふしぎなちから1【消費MP:04】【術者の戦闘射程圏内:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから2【消費MP:08】【術者が今いる集落圏:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから3【消費MP:16】【術者が今いる大陸圏:全転移術を1ターン封印】
ふしぎなちから4【消費MP:32】【術者が今いる次元内:全転移術を1ターン封印】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヨシュア  ♠

じあいのきし
レベル:48(/99)
ねんれい:22歳

デーモンスピア ミラーアーマー グレートヘルム みかがみのたて エルフのおまもり
ちからのたて
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゲンさん

ブラウニー
レベル:24(/99)
せいべつ:???
ねんれい:7歳くらい

ビッグボウガン 魔法のよろい 炎のたて ちりょくのかぶと エルフのおまもり
まじんのかなづち ちからのたて
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ベラ

ようせいびと【人間界では視認されない(視認される場合もある)】
レベル:36(/99)
ねんれい:???(姿は10歳くらい)

布の服

ホイミ ルカナン ギラ マヌーサ リレミト フローミ しのびあし レミラーマ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
サンチョ  ♠

ちょうりのカリスマ
レベル:60(/99)
ねんれい:???

ビッグボウガン 銀のむねあて オーガシールド グレートヘルム エルフのおまもり
らいじんのヤリ ちからのたて 風神のたて

スクルト フローミ ラリホー くちぶえ マホトラ ザキ しのびあし
メガンテ とうぞくのはな メダパニ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
れんれん

れんごくちょう
ねんれい:???

炎のブーメラン みずのはごろも 風のぼうし エルフのおまもり

ベギラゴン かえんのいき はげしいほのお 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビアンカ

トンヌラのおさななじみ
レベル:17(/99)
ねんれい:19歳

はがねのムチ 天使のレオタード うろこのたて 風のぼうし

メラ マヌーサ ルカナン ギラ ラリホー バイキルト ベギラマ トラマナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トンヌラ「はいはーい、つよさ表をよく見てアイテムを交換してねー、大至急ー!」パンパン

シャオン「あ あのぅ おにいさま」ツン ツン

ヨシュア「うっ?(アセッ) ……! そうか。この国宝を君に渡さなくちゃいけないのだね」

ヨシュアはシャオンにけんじゃの石を手わたした。

シャオン「はい、ありがとう」ユラッ  ヨシュア「うん。お互い頑張ろう」


ピエローヌ『スマハちせんぱい…りりしきおすがたにございまする』グイグイ

スマハち『ありがとごす』ザッザッ

ピエローヌはスマハちの身支度を整えた。

シビリン『シビリンあタラしイそうびモラっタよー』  ホーコ『私ハシヴィトオ揃イカ』

ミニモン『オイオメーら。エルフのおまもりとかいう装飾品。絶対付けとけヨォ』カチャカチャ

シビリン・スマハち・ピエローヌ・シャオン・ゲンさん『おォー!』ガッツ


ゆかりん・マリア・ホーコ・ドリス・ビアンカ・オリビア・カオル『「………』」ジー

女性たちは天使のレオタードを見ている。

ドリス「すご…これってなんなの?下着にしちゃ派手すぎるし…腰に大きな羽まで付いてる」

オリビア〈………レオタードという服は…主に曲芸師やダンサー用と聞きました………〉

ゆかりん「ガーデンブルグって女性のくにのへいしがレオタードで、いい防具だったけど…」

ホーコ『コレヲ何故ゴッドマザーニ着セタイノ?トンヌラ様』メラメラメラ


トンヌラ『ええ? なぜって、なにが起きるかわからないからだよ。安価の勧めもあったし』

ゆかりん『そうやって理由をつけて、また女の人にこういうすがたさせたいんだ。トンヌラ』

ホーコ『イイゾ。ユカ』メラメラメラ

トンヌラ『ええ…!? いや、きみたちが言いたいことはわかってるつもりです…』タジタジ


ビアンカ「(キョロキョロ)……えっと…トンヌラの言うとおり、ちゃんとこれを着て待ってるわ」

マリア「ビ、ビアンカさん!アルパ・クローズじゃないですけど何か羽織っていて下さいね」

トンヌラ「大げさだなあ。オリビアたちもいるし大丈夫さ。暑いからちょうどいいかもだし」

ゆかりん〈トンヌラ!〉ギュウッ  マリア〈トンヌラさん、もうっ〉ギュッ

トンヌラ「いった!?痛い痛い、ごめん悪かったよ!」ギュウウ


カンダタこぶんD「何だぁ?ほとんどの女が王子どものモノかよ。羨ましいご身分だねえー」

エビアン「フー…。きっとキミは情事に耽りたいんだろう」

カンダタこぶんD「何か文句でもあんのかあ?新入り」グイッ

エビアン「文句?キミと王子は目的が違う。オレならあの王子の立場は全く羨ましくないね」


エビアン「それにオレはキミ寄りだよ。王族の恋と文化は興味深い…。…実に、背徳的で…」

バット「コイツ何言ッてんスか?」  ヨシノブ「噂以上にやりにくそうな新入りだなー…」


トンヌラ「と、とにかく、天空城へ行くぞ! みんな、しっかり手を繋いでくれ」ギュッ

仲間たち・盗賊たち「「りょうかい!」」ギュッ  エビアン「!」ギュッ

ゆかりん「マリア、大人数だからふたりでとなえよう。消費MP8じゃ詠唱者は気絶するかも」

マリア「まあ…!わかりましたわ。そういえば大人数のルーラって初めてでした。……」カッ

ゆかりんとマリアはルーラをとなえた!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C月12日 午後6:50  ベラの消息不明から48時間経過
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天空城 入り口 階段


ゆかりん「…マリア!意識はしっかりしてる!?」スタッ  マリア「はい!」スタッ

天空の兵たち「「「!!」」」ジャキジャキッ

トンガリ『ギャーッ!?武装兵に囲まれてんよォー!くッくも、雲、落ちるーッ!』ジタバタ

シャオン『んーん!てんくうじょうのくもは、ちじょうのつちとおなじだよ!おちません!』


ゆかりん『…天空城は臨戦たいせいだ。光の教団にせめられるおそれがあるからか』

エビアン『フー。少し息苦しい…。高い城塔が聳える、純白と紺碧の城…何という美しさ…』

ビフィズス2000『すー、はー、親分見たかっただろうなァ』  キラーマシンA『…』ウイィ


天空人男B「勇者ゆかりんにトンヌラ…!」  天女A「大魔王が死ぬ時が訪れたのです…」

天空人男C「勇者ゆかりん! どうか天空界と人間界に平和な時代をもたらして下さい…!」

天女C「世界を見守るマスタードラゴンがおわすこの天空城、二度と落としてはなりません」

天女D「勇者ゆかりんとその仲間たちに栄光あれ!!」

天空の兵E「神よ戦いに赴く勇者たちにチカラを!」  *「「「うおおーーっ!!!」」」


トンヌラ・仲間たち・盗賊たち『『!……』』ビリビリ

ミニモン『アァアァアァ!ッセェンだヨォ!』パタパタ

ヘンリー『盛り上がってんなあ…。大魔王たちってどうやって天空城に攻めてくるんだろ?』

ゆかりん『天空城が着陸しないかぎり、とんでくるしかないよ。シビリンやホーコみたいに』

トンヌラ『要害堅固だね。でもルーラ使いに侵入されて、天空城が登録されればわからない』


スマハち『……トン兄ちゃん。オラたつが大魔王ばぶっ倒しちまえば良いんだべ?』ミアゲル

トンヌラ『そうだよ』ナデッ

シビリン・スマハち・ピエローヌ・シャオン『よーし…!』ガッツ

ヨシュア『ゲン…君。よろ、しく』チラッ  ゲンさん『! あにさんもよろしくな!』ニコニコ

チョロゲ『…おれは、なぜかワクワクしている』  バット『アー!ソレわかるッスよー!』

ヨシノブ『全開で暴れたいよね…!』  トンガリ『おまえらオカシイよー目を覚ませよ~』

トンヌラ「すみませーん!天空の神は玉座ですかー!?」

天空の兵たち・天空人たち「「「はい!」」」


トンヌラ『じゃあ最後に、天空の神に会ってミニモンとピエローヌは蘇生加護を受けよう』

ピエローヌ『…ははっ!』  ミニモン『どォも面白くねェが。そりゃアオメーらも同じか』

トンヌラ『盗賊たちは…大魔王と直接対峙しないし、蘇生不可能になる心配は少ないかな?』


トンヌラ『それからマリアの蘇生加護が今、ダークドレアムのものなんだけど』

マリア『はい』グッ  ゆかりん・ミニモン・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ『………』

トンヌラ『マリアが天空の神から加護を受けたら、望みの神のルーラとドルマはどうなる?』

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ『!』


マリア『…配下をやめるなら、神さまの記憶とチカラは失われるとおっしゃっていましたわ』

ピエローヌ『むむー!』  ヘンリー『危険な神の配下なんて辞めてほしいけど…難しいな』

※「マスタードラゴンの蘇生加護を得ることができます。どうしますか?」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A ミニモン

1 マスタードラゴン  2 【蘇生不可能】(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B マリア

1 マスタードラゴン  2 ダークドレアム(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C ピエローヌ

1 マスタードラゴン  2 【蘇生不可能】(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
D 盗賊たち

1 マスタードラゴン  2 ミルドラース(現状維持)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



>>349の投下時刻~2015/01/19(月)00:00までのレスで多数決
同率一位の場合、00:00直前のレスを採用



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



※「トンヌラが名付けるような時間はもしかしたらないかもしれませんが、」


・カンダタこぶんD

・ガップリンA

・キラーマシンA


※「カンダタ盗賊団から派遣された救出班。3名の盗賊たちのなまえをいれてください」



2015/01/19(月)00:00までのレスからランダムに決定

A1 B1 C1 D1
・カンダタこぶんD⇒ダシダ
・ガップリンA⇒ぐらむ
・キラーマシンA⇒マショウ

>>1さんに一つお聞きしたい。
れんれんとエスタークと共にエビルマウンテンを制圧?しに向かった
コロヒーロー、コロファイター、コロプリースト、コロマージ
ホイミスライムLv.43やギガンテスLv.5たちの名前を付ける予定は無いの?
物語終わるまで種族名のままなんですか?

※「>>351

※「今後の展開次第ですから、命名はあるともないとも言えません。申し訳ありません><」

トンヌラ『みんな!ゆかりんとシャオンが先導、天空の神の玉座までダッシュ!』ビシッ

仲間たち・盗賊たち『『りょうかい!』』ダッ  ヨシュア・エビアン『…!』ダッ

ゆかりん『シャオン!』  シャオン『はいっおねえさま!』


ミニモン「道開けろォーッ!邪魔なンだヨォ!」パタパタ

天空の兵たち「「!」」ジャキッ  天空人たち「「うおおっ!?」」ザワッ

シビリン『ピエたろう、カけッこ!』  ピエローヌ『なんの!おくれはとりませぬ!』

ゲンさん『おさむらいさん、ケンカどうぐをしこたまかついでよ、おもたくねえのかい?』

ピエローヌ『いやいや!ゲンどののチカラにはかなわんでござるよ!』ピョンピョン


天空城 2階 テラス


トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{マリア、加護を天空の神に変えてくれないか?}

マリア(!…でもルーラが使えなくなったら、私が登録した場所へ転移できなくなりますわ)

マリア(この後すぐ徒歩でジャハンナへ向かっても、また2日ほどかかってしまいます!)


トンヌラ{魔界の動向はすごく心配だけど、まずぼくたちは絶対に勝たなきゃいけない}

トンヌラ{ミルドラースとダークドレアムの接触があって、その内容はわからないけど、}

トンヌラ{最悪の場合は、きみは大魔王戦で望みの神に操られて利用されるかもしれない…}

マリア(それは…!でも!)


トンヌラ{気持ちの上でも仲間が、特に恋人がなにかに憑依されて利用されるのはいやだよ}

マリア(!……。………わかりました。トンヌラさん、私いつも迷惑をかけてごめんなさい)

トンヌラ{いや、今までぼくがいいかげんだったんだ…。今度はみんなで魔界へ行こうよ}

マリア(…はいっ)


天空城 3階 テラス


トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{ゆかりん、マリアも天空の神の加護を受け直してもらうことにしたよ}

ゆかりん(! うん、わかった…)  シャオン『?』ユラユラ

トンヌラ{望みの神のルーラとドルマの消失、記憶なんかも影響が出るかもしれないけど、}

トンヌラ{マリアを支えてくのはぼくたちじゃなきゃいけないと思うんだ。今更だけど}

ゆかりん(ううん、わたし大賛成だよ。もうマリアをあぶない目にあわせたくないもの)チラ

マリア『! ゆかりんさん…』  ゆかりん『マリア、だいじょうぶだよ。まかせて』ニコッ


天空城 3階 階段の間


トンヌラ『…ところできみたち、名前ないよね?モンスター使いの血が騒ぐんだ』ウズウズ

カンダタこぶんD・ガップリンA・キラーマシンA『?……』

ミニモン・チョロゲ・トンガリ・バット・ヨシノブ・ビフィズス2000『あー』

カンダタこぶんD『モンスター扱いすんじゃねえ!おれはダシダって立派な人間だからよ!』

チョロゲ・トンガリ・バット・ヨシノブ・ビフィズス2000・エビアン『へぇー』

ガップリンA『ダシダ。ダシダ』ピョンピョン  キラーマシンA『ダシダ』スィーッ

天空城 4階 玉座の大広間


マスタードラゴン『わが名はマスタードラゴン。世界のすべてを統治するものなり』ゴオオオオ

盗賊たち『!!…』ゴクリ

チョロゲ(これが神か)  トンガリ(パネエ…)  エビアン「壮麗たる主…輝く巨竜…」


マスタードラゴン『伝説の勇者ゆかりんとその恋人トンヌラ。そしてその仲間たちよ』

マスタードラゴン『よくぞ来たな。待ちわびたぞ』ゴオオオオ

ゆかりん(…うう。カミに恋人といわれるときゅうに恥ずかしくなってきた…)ウツムキ カァァァ

ヨシノブ(ゆかりん姐さん、顔まっかだなー)  ダシダ(ヒヒヒ。かわいいねぇー)


トンヌラ『…リゾートへ向かう天空城の情報を大魔王に教えて、大魔王と教団を誘い出した』

トンヌラ『ぼくはあなたに無断で天空界を利用したんだ。ごめん』フカブカ

シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ヨシュア『……』フカブカ

マスタードラゴン『……いいだろう。本来、大魔王の討伐と教団の解体は天空界の目的だ…』

マスタードラゴン『世界戦争としては小規模なのは、そなたたちの努力あってのことだろう』


トンヌラ『…理解してくれて感謝してる。それから…あなたの加護がぼくたち全員に欲しい』

マスタードラゴン『………』ゴオオオオ

ミニモン『……チッ。魔物の俺とピエ太郎。大魔王の角ジジイに加護を取られちまッてンだ』

チョロゲ・トンガリ・バット・ヨシノブ・ビフィズス2000・ダシダ・エビアン『…!?…』


ゲンさん『じゃあなにかい?おにんぎょうさんがしんじまったのは…

ピエローヌ『くちおしや!そせいできぬゆえゴレムンせんぱいとヘモどのはみまかりました』

シビリン『ゴレムンーヘモじいー』ウルウル  スマハち『どんだもかんだも信じられねえだよ』


ビフィズス2000『蘇生できねえの!?』  エビアン『フー…。魔物の神が相手だからな』

マリア『神さま。どうか、どうかお願いします』フカブカ  ヘンリー・ヨシュア(マリア…)


ビカアッ

ミニモン『ウアァ!?』  チョロゲ『まぶしい!』  ダシダ『…タダなら貰っとくかぁ』

キラキラキラキラキラキラ

マスタードラゴン『そなたたちに私の加護を与えた。蘇生術は確実に効果を成すだろう』

バット『マジッスか?』  ビフィズス2000『あーホッとした』  ガップリンA『チカチカ』


マリア『…ううっ…?』キラッキラッ クラッ  トンヌラ『!』タタッ

トンヌラはマリアをだきとめた!

シビリン・ゆかりん・ヘンリー・ヨシュア『マリア!』  ホーコ『……』バサッバサッ

暗く赤い光がマリアからけむりのようにたちのぼっていく!

仲間たち・盗賊たち・マスタードラゴン『!?』  トンヌラ『これは…!?』ミアゲル


マリア『トンヌラさん…皆さん……。……私…?…何か…大切なことが…思い出せな…く…』

ゆかりん・ヘンリー・シャオン『!……』チラッ

マスタードラゴン『私のチカラではない』ゴオオオオ

マリア『へ…平気、ですわ。トンヌラさん…私、立てます…』ムク  トンヌラ『うん』グイ

ゆかりん『ねえ、マリア。ルーラとドルマはおぼえてる?』ギュッ

マリア『ルーラと、ドルマ…ですか? いいえ。もともと私は習得していない呪文ですから』

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ『!』

シビリン『ミニモン、マリアわスレちャッたノかナー??』フワフワ

ミニモン『みてェだゼェ?くくく。能面女とデブは魔界に置き去りにしたかァ…』パタパタ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラたちが失ったルーラ登録地一覧】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
セントベレス山麓 セントベレス山C1 セントベレス山C2

暗黒世界のほこら 基盤岩A 基盤岩B 樹林の魔界樹 ほこらの島・東沿岸

ほこらの島・丘陵 旅の扉の崖・頂上 魔界の塔 ジャハンナ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


トンヌラ『…マリアってさ、望みの世界でダークドレアムと会ったことはあったっけ?』

マリア『私はありませんわ。お母様はその神さまと帝王さまを会わせてはいけないと……』

マリア『………。トっトンヌラさん!私たちはどうやって人間界に戻ったんでしょうか!?』

トンヌラ『…きみとお母さんの奇跡だよ。なにか忘れてる感覚があっても今は気にしないで』

マリア『……は……はい……。トンヌラさんが、そうおっしゃるなら…』ゴクリ

スマハち『マリ姉ちゃんもうろぐしちまってるよお。神さまちうのはやっぱすおっかねえだ』

ヘンリー『…マリアは、悪い夢を見てたのさ』  ピエローヌ・ホーコ・ヨシュア『………』


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア  ♠♥

せきわんのせいじょ
レベル:70(/99)
ねんれい:17歳

マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり

ホイミ マホトーン ベホイミ スカラ スクルト ベホマ ニフラム シャナク
ザオラル ベホマラー トヘロス ザオリク
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


トンヌラ『よいしょっ、と!なかなか重たいな』ダッコ  ガップリンA『モタレタ』ガーン

トンヌラ『マリア、このガップリンA、きみが名付けてよ』  ガップリンA『ナンデ』ガーン

マリア『えっ?えっと…じゃあ…がっちゃんなんてどうでしょうか?』

シビリン・ゆかりん・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・シャオン・ゲンさん『がっちゃん』

ミニモン『名前じゃねェだろォが。イカレ尼』  トンガリ(さすがだ~オレツッコめねえ)


トンヌラ『ふむ。ゲンさんシリーズかな?じゃあきみのことはキラさんと呼ぶね』ダッコダッコ

(キラーマシンA→)キラさん『!?』ウィン

チョロゲ・トンガリ・バット・ヨシノブ・ビフィズス2000・ダシダ『キラさんって……』

キラさん『アクセプト』ピカッ  バット『オマエソレでイイんスかァーッ!?』ピョーン!

ビフィズス2000『あのよー、コイツこれでも盗賊団のすげえ戦闘兵器なんだぜー』ベヒー


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【マスタードラゴンの蘇生加護を受けた人間界のメンバー】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンヌラ シビリン ゆかりん ミニモン マリア スーパーマッスルハイテクちーたー
ピエローヌ ヘンリー ホーコ シャオン ヨシュア ゲンさん チョロゲ トンガリ
バット ヨシノブ ビフィズス2000 ダシダ がっちゃん キラさん エビアン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

トンヌラ『……ミルドラースは今どこにいる?』ミアゲル

マスタードラゴン『リゾート島だ。配下がおよそ千名ほど。島に混乱を招いている』ゴオオオオ

ミニモン『テルパドールぐれェの規模か。俺のマダンテなら。過半数をブッ殺せるかもだが』

シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン・ゲンさん・盗賊たち『『!』』


スマハち・ホーコ『マダンテ?』カシゲル  ピエローヌ『すべてちりにするじゅもんにて!』

ヘンリー『跡形もなくなるからなあ…』  シビリン『エー!ミニモンすゴいねー!』フワッ

ミニモン『スゲェンだがヨォ?最悪の燃費だ。使い勝手はオメーの秘呪の方がイイかもなァ』


マスタードラゴン『マダンテを習得したのか?』ゴオオオオ

ミニモン『アァ?オォ。何か文句でもあンのかァ?トカゲ』パタパタ

マスタードラゴン『……………』ゴオオオオ  シャオン『…おにいさま、かみさま…』キョロキョロ

ゆかりん(…デスピサロとエビルプリーストがつかってた、あのすさまじい呪文…)


トンヌラ『大魔王は魔界班が人間界に戻っていることには気付いてるんだろうか?』ミアゲル

マスタードラゴン『……ミルドラースは気付いていないように見えるが……実際はわからぬ』

ヘンリー『うーん…。今も逃げようとせずに天空城を待ってるんなら、バレてねえのかな?』


トンヌラ「あと、ベラと奴隷のみんなの現在地を教えてほしい」ミアゲル

マスタードラゴン「ベラはカジノ船の船内1階の客室だ。さまようよろいに見張られている」

ヨシュアはカジノ船の一般配置図をひろげた!

ヨシュア「…偉大なる天空の神よ。正確な位置を示していただけないでしょうか?」カシズキ


マスタードラゴン「ここだ。(スッ) 船内1階、V室」ゴオオオオ

ダシダ「覚えな」  盗賊たち「「アイアイサー!」」バッ  キラさん「レコード」ウイィ

マスタードラゴン「セントベレスの奴隷たちは最下層の船倉全体にまたがっている」ゴオオオオ


チョロゲ「船の構造は単純だが」  ヨシノブ「問題は警備だね、大魔王が近くにいるし…」

マスタードラゴン「カジノ船にあてられている教団の戦闘員は百名ほどだろう」ゴオオオオ

ヨシノブ「!?(…ひえええ~!おいら神様と話しちゃったよー…!)ドキドキ


トンガリ『はあ~~…。ゲンの兄貴。船の敵は百もいるらしいす…』ウナダレ

ゲンさん『あいよ!ンッンッンッン~。…………(ハッ)そのふね、かたさなくていいのかい』

エビアン『何をバカな!?大神殿の改造も許せないんだよ!オレが団に入っていれば…!!』

ビフィズス2000『ヨシヨシ落ち着こうぜ。任務は救出だけと決まってんだからなあ』ベヒー


ダシダ『おめーらダベッてんじゃねえ!なあ神サマよ?奴隷の総数も教えてくれよ』ミアゲル

マスタードラゴン『……三百人ほどだ』ゴオオオオ

チョロゲ『…転移できるとしても、その数を新入りのルーラだけで脱出させるのは難しいぞ』

バット『ぜーんぶ戦争の勝敗次第ッスねー。オレたちはカジノ船を確保しねェとッス!』

スマハち『…おめえたつ、たくましくなったなあ…』キョトン  がっちゃん『カクホ!センリョー!』


マスタードラゴン『まもなく天空城はリゾート島上空へ到着する。ゆかりんよ』ゴオオオオ

ゆかりん『……うん。…………。(クルッ)みんな、わたしについてきて。いそごう!』タタッ

トンヌラ・仲間たち・盗賊たち『りょうかい!』タッ

実際何がバットエンドフラグなのか判らないから
物凄くドキドキするね。しかし、面白いから好し!

>>1さんに 質問です。
シャオンの『モシャス』についてお聞きします。
①『モシャス』使用後、シャオンが習得している呪文・特技は
 A 『モシャス』対象者の呪文・特技+シャオンが習得していた呪文・特技も使用できる
   例:対象者⇒ピエローヌ
     次ターンから シャオンはピエローヌの特技『ピエロンド』や
     元々習得していた『シャナク』が使える(ターン時に行動選択肢が増える)
 B 『モシャス』対象者の呪文・特技しか使えず、シャオンの姿に戻るまで
    習得していた呪文・特技は使えない。
   例:対象者⇒マリア
     次のターンから シャオンはマリアが習得している呪文しか使えない。
     『ふしぎなちから』など使用不可
②『モシャス』使用後のシャオンのすばやさは
 A 対象者と同じ
 B 『モシャス』使用後でも変更無し。素早さ40のまま

トンヌラたちを大魔王の元へと向かわせている最中に水を差すようで申しわけないのですが
よろしければ、大魔王たちと戦闘開始前までにお答えをお願い致します。

※「>>370

※「①Bです。シャオンはMPを消費せずに任意で元の姿に戻れますが、1ターンを使います」

※「②Aです」

天空城 1階 雲の庭園


*「トンヌラさま!こちらです!」

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ヨシュア・盗賊たち「「?」」タッタッ

シャオン『グランバニアの、がくしゃのおじさまと、てんにょのおねえさまだよ』ユラユラ

トンヌラ「学者さんか!ローラオッケー☆夫人も…!」タッタッタッ

ローラオッケー☆夫人「トンヌラさま…」

ダシダ「ヒヒヒ、こりゃーまたいい女だ」  エビアン「人の所作の天女…実に蠱惑的な…」


トンヌラ「ふたりともお久しぶりです。学者さん、時の砂を見つけました。この話はまた…」

国の学者「何と!?わかりました、今は戦われる時ですな?」

トンヌラ「はい…!」

ローラオッケー☆夫人「下界へは、この雲の穴を使います。勇者さまはごぞんじですね?」

ゆかりん「…うん。『みんな、天空城から地上へおりたつときは、この雲の穴にとびこむの』

トンヌラ・マリア・スマハち・ヘンリー・ヨシュア・ゲンさん・盗賊たち『『……!?』』


トンヌラたちは雲の穴をのぞきこんだ……。

トンガリ『(ゾゾゾ!)あっ↑あっ青い海と白い雲しかねえじゃんかよー!?』ポロポロ

ビフィズス2000『コ…コレェ、高さってどんくらい?』ベヒー

シャオン『こうど3000メートルくらいなんだって!』ユラユラ

トンヌラ・マリア・ヘンリー・ヨシュア・ゲンさん・盗賊たち『『3000……』』ゾーッ


ミニモン『くくく。面白ェ設備があンじゃねェか?』  シビリン『シビリンタノしみー!』
 
トンヌラ「…まさか普通に落ちるのか?ほ、他に旅の扉みたいな転移システムがあるとかさ」

マリア「これは…トンヌラさんじゃなくても怖いですわ」ゴクリ  ヨシュア「……」ダラダラ

ローラオッケー☆夫人「飛べないかたも心配いりません。何のダメージもなく着地できます」


ゆかりん『だいじょうぶだよ。やってみると、こわいのは飛ぶまえだけだから』ニコッ

スマハち『ねっちゃは神さま飛んじゅう時も神さまの背中でじょっきどしてたはんで』フニャー

トンヌラ『ホーコ…ホーコ!』  ホーコ『トンヌラ様ハ私ガ必要♥♥♥』ガシッ

ヘンリー『あっ!おまえずるいぞ!』  ヨシノブ『おいらも泣きたくなってきたーやだー』


トンヌラ「ローラオッケー☆夫人、お母さんを連れて戻ったら、一度会ってくれませんか?」

ローラオッケー☆夫人「!……。はい。王妃さまがおのぞみでしたら」ニコ…

ミニモン「そりゃア無理だ」  トンヌラ「き、気持ちはわかるって言ってたから大丈夫さ」


マリア(この麗しい方がお父様のご夫人なのね。なんて哀しい笑顔なのかしら……)グッ

ゆかりん《……夫人のグランバニアとの愛も、とてもつらいものだったみたいだよ》ギュッ

マリア《この空の故郷と同じくらいお父様を愛されて何年もずっと待っていらした…》ギュッ


国の学者「トンヌラさま、リゾート島上空へ到着します。ご出撃の時ですぞ!」

トンヌラ「…よ、よ~し。一応リーダーのぼくが率先しないと、格好がつかないもんな…!」

トンヌラ『みんな、生きて帰るぞ!!』ガッツ

仲間たち・盗賊たち『『オオおぉーーーーっ!!』』ガッツ

トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

ホーコ(!アン♥ナァニ?)ベッタリ

トンヌラ{どうしても踏み出せない…ホーコが跳んでくれないか?ぼく、目をつむってる}

ホーコ(モウ♥♥)バサッ!

仲間たち・盗賊たち・国の学者・ローラオッケー☆夫人『『あッ』』

ヒュッ

ホーコはトンヌラの両肩をつかんで雲の穴にとびおりた!


ヒューーーー……

ヘンリー『行っちまった』

ゆかりん『あれ?トンヌラの悲鳴がきこえない…』ミオロス

トンヌラ《……》ヒュー…


シビリン『ワあートンヌラマッてー!』フワッ

ミニモン『バァカ。俺が一番乗りなンだヨォ!』パタッ

シビリンとミニモンは雲の穴にとびおりた!


ゆかりん『………』ギュッ

マリア『ゆっ!?ゆかりんさん待って下さいまし、待って…いやっ

ゆかりんはマリアをだきしめて雲の穴にとびおりた!

マリア『きゃあーーーーっ!!?』

ヘンリー『マリア! …やっぱりゆかりんちゃんって容赦ねえんだな…』ゴクリ


ピエローヌ『せんぱいがた、ゲンどの!せっしゃたちもつづきましょう!』ピョンピョン

ヘンリー『…よし!』パシッ

スマハち『オラたつ昨日も落ちたんだべ?』ガクリ

ゲンさん『あ、あしがすくんじまってらあ、なさけねえ。ええいやあ!』パチンパチン


スマハち『しゃあねえだ、シャオン!いくべよ』チラッ

シャオン『うんっ!ピエローヌおにいさま、あたしシャオンだよ!よろしくです』ユラユラ

ピエローヌ『やや!?これはしたり!ごぶれいつかまつった、いごよろしゅうに!』フカブカ

スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・シャオン・ゲンさんは雲の穴にとびおりた!


ダシダ「さぁ~~て。こりゃなかなか体験できねえ。おもしれえモンは楽しもうじゃねえか」

チョロゲ・バット・ビフィズス2000・がっちゃん・キラさん・エビアン「アイアイサー!」

トンガリ〈面白くねえ!全然面白くねえ!〉ポロポロ

ヨシノブ〈ダメージや死ぬ心配じゃない!ただ怖いだけなんだよー!〉ポロポロ


ヨシュア「潜入の専門はあなたたちです。現地ではあなたたちから指示をいただきたい」

ダシダ「任せな」バキボキ

チョロゲ「あんたの方が新入りより話がわかりそうだな…。あんた、ヨシュアとか言ったか」

ヨシュア「はい。マリアの兄です。デモンズタワーでは妹が御世話になりました」フカブカ

チョロゲ・トンガリ・バット・ヨシノブ「マリア姐さんの兄貴ィ!?」ガーン!

ヨシュアと盗賊たちは雲の穴にとびおりた!

リゾート島上空  高度2000メートル


ヒューーーーーーー……… ゴオーッ

トンヌラ『ううっ…落ちてる、すごい風だ、息が』バサバサ!

トンヌラはゆっくりと目をひらいた。


トンヌラ『……。リゾートは、下の…あの島かな。空は少し、赤みがかってる』バサバサ

ホーコ『サンセットタイム』ヒューーーー…

トンヌラ『天空の神は、大魔王の配下は、約1000名と言ってた。確かに、点が多い』バサバサ

シビリン《トンヌラーっ》ピューッ  ミニモン《待ァてこの野郎ォーッ》ヒューッ

トンヌラ『シビリン、ミニモン』ミアゲル


シビリン『トンヌラターっち!』ダキツキッ

トンヌラ『うわあぁっ!?』ジタバタ

シビリン『オチるのッてタノしイねー!』キラキラ

ミニモン《…あばよクラゲェー…!》ヒューーッ!

シビリン『あーッ!?ミニモンマてーっ』パッ ピュン!


トンヌラ『ぐぐぐ…!ふたりとも、下を見ろーっ!島には、敵がいるぞーっ!』バサバサ!

ホーコ『トンヌラ様。島ノ一部ノ点ガ、コッチニ接近シヤガッテルミタイ』ヒューーーー…

トンヌラ『! 近づく点がある? 配下たちが、天空城に向かってるのか?』バサバサ

ホーコ『コノママ落下スルト、着地マデニ点ト遭遇シマス』ヒューーーー…


リゾート島上空  高度1200メートル


トンヌラ『落下中じゃ、物理攻撃はできないな。ブーメランも、ちょっと難しい』バサバサ!

ホーコ『呪文カ特技デ殺ス?』ヒューーーー…

トンヌラ『やるなら、そうだね』ミアゲル

ゆかりん《トンヌラ!へいき?》ヒューッ  マリア《はあっはあっはあ…》ヒューッ


トンヌラ『意外と怖くないよ。ぼくより、マリアが大丈夫か?』バサバサ

ゆかりん『ごめんね、わたしがムリヤリ落としちゃったから』ナデッ

マリア『はあっはあ、も…もう、大丈夫ですわ』バサバサ

ホーコ『……下ノ点ハホークマンタチダ』ヒューーーー…

トンヌラ・ゆかりん・マリア『!』バサバサ!


マリア『ホークマンさんは、ルーラを唱えます。光の教団の所属なら、きっと覚えています』

ゆかりん・ホーコ『…!』

トンヌラ『ホークマンに天空城を登録させて、ミルドラースは転移しようとしてるんだな』

マリア『ゆかりんさん、ルーラの登録は、20分かかるのですわね』バサバサ

ゆかりん『うん』バサバサ!

スマハち《ト…トン兄ちゃ~ん》  ピエローヌ《ぬぬー、ピエローヌすいさんにござる》


ホーコ『トンヌラ様、下ノ集団ハホークマンダケジャナイ。ライオネック、』ヒューーーー…

ホーコ『ゴールデンゴーレム、…ホークブリザード、私ガ知ラナイ魔物モイル』ヒューーーー…

リゾート島上空  高度400メートル


ホークマン01『……おい。こんな空高くになぜスライムと子悪魔がいるんだ…?』バサッバサッ

アークデーモン01『くっくっく。子悪魔だとォ…?』バタッバタッ

ホークマン02『しかも浮いてねえぞ、こっちに落ちて来てるんだ』バサッバサッ

ライオネック01『…白いスライムなんていない、あれはしびれくらげだよ…』バサッ バサッ


ゴールデンゴーレム01『しびれくらげ……トンヌラサーカス・シビリンの可能性』フーワフーワ

魔物たち『『『!』』』


ライオネック02『あれがシビリンなら、あの子悪魔は誰?ミニモンは魔界だよ』バサッ バサッ

ホークブリザード01『魔物ノ子供ヨリモット上ヲ見ロ。他ノ魔物ガ落下シテ来ル』バサッ

れんごくちょう01『オイ…人間モ落チテ来テルゼ』バサッバサッ

バズズ01『天空の竜に気づかれたんじゃねーか?ぐふふふふ』バサッ バサッ


ゴールデンゴーレム02『上空のパーティと……トンヌラサーカスとの一致率……』フーワフーワ

ゴールデンゴーレム01・02・03・04・05・06・07・08・09・10『『……80%』』フーワフーワ

魔物たち『『『!?』』』

フレアドラゴン01『!?……!?……バカナ…!? イルワケガナイ…ボオオオ!!』ボオオ


リゾート島上空  高度600メートル


シビリン『ウー?ミニモンー。モンスターイっパいトんデるヨー?テき??』ピューッ

ミニモン『クラゲヨォ…。経営者の正体はともかく。ココは人間の歓楽島だゼェ?』ヒューッ

ミニモン『魔物がギャンギャン飛ンでイイ場所じゃねェ。教団の手下に決まッてンだろォが』

シビリン『ウー…ベラかエせー!』プンプン


ミニモン『(スーーッ……)ヴオ゛オォーイ!!どォーすンだァー!!?殺るかァー!!?』』』

シビリン『(キーン)……ウー……ミニモンうルサいよー…』クシャクシャ


リゾート島上空  高度650メートル


トンヌラ(…(ググッ)みやぶるわけじゃないが…(ギリギリギリ)判別…できないか?)ウツムキ

マリア・ヘンリー・ピエローヌ『!』バサバサ!

トンヌラは下の魔物たちをじっと見つめた。

ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン・ゲンさん『?』バサバサ


トンヌラ『ホークマン…60…。ホークブリザード…5… ゴールデンゴーレム…10…』キィィン

ゆかりん・スマハち・シャオン・ゲンさん『!?』  ホーコ『!?♥♥♥♥』

トンヌラ『ライオネック…5 れんごくちょう…5 アークデーモン…5 バズズ…5』キィィン

トンヌラ『フレアドラゴン…5 ……総数……100。100名の魔物が天空城へ向かってるんだ』


スマハち『トン兄ちゃん、今の、ゴレムンの目みてえなの、なんだべ!?』ジタバタ

ゆかりん『トンヌラ、ゴレムンのチカラをおぼえたの?』バサバサ

トンヌラ『ゴレムンと同期した影響みたいだけど、単体用で、微妙に違うチカラなんだ』

ヘンリー『敵は、けっこう多いな。…どうする? 敵さんも、見過ごしちゃくれねえよな』

トンヌラ『…魔物の大群は、散り散りばらばらだ。グループは2、30に分かれてる…』ミオロス

ヘンリー『全体攻撃じゃないと、滞空中に倒すことは難しい、ってわけか?』ミオロス

ゆかりん『わたしのアストロンで、空のモンスターたちをやりすごすほうほうもあるけど…』

シャオン『100めいのまものにがすのですか? てんくうじょうにとんでっちゃうよー』


トンヌラ『ぼくと盗賊たちは、全体攻撃が乏しいぞ。みんなに、頑張ってもらうしかないか』


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A 【トンヌラ  HP:489/489 MP:223/437】

1 ドラゴンの杖(ドラゴラムの効果)  2 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B 【シビリン  HP:332/332 MP:429/429】

1 まぶしいひかり  2 マヒャド  3 ヒャドリン【消費MP:50】  4 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C 【ゆかりん  HP:853/853 MP:287/407】 

1 イオラ  2 ライデイン  3 アストロン【全員行動不可能】  4 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
D 【ミニモン  HP:403/403 MP:283/295】

1 イオラ  2 イオナズン  3 おたけび  4 マヒャド

5 マダンテ【消費MP:283】  6 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
E 【マリア   HP:393/393 MP:370/578】

1 マグマの杖(イオの効果)  2 スクルト  3 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
F 【スマハち  HP:484/484 MP:000/000】

1 おたけび  2 いてつくはどう  3 はげしいいなずま  4 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
G 【ピエローヌ HP:417/417 MP:138/190】

1 イオ  2 イオラ  3 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
H 【ヘンリー  HP:487/487 MP:337/402】

1 イオ  2 フバーハ  3 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
I 【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】

1 ザラキ【消費MP:14】  2 かがやくいき  3 ぼうぎょ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
J 【シャオン  HP:279/279 MP:081/086】

1 ふしぎなちから2【消費MP:08】【術者が今いる集落圏:全転移術を1ターン封印】

2 モシャス(登録者を指定して下さい)  3 まぶしいひかり  4 ぼうぎょ
……………………………………………………………………………………………………
【モシャス登録者】
神父Lv.26  キチョウLv.48  フローラLv.40  アンディLv.43  ゴレムンLv.20
トンヌラ  シビリン  ゆかりん  ミニモン  マリア
スーパーマッスルハイテクちーたー  ピエローヌ   ヘンリー   ホーコ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



>>379の投下時刻~2015/01/21(水)06:00までのレスで多数決
同率一位の場合、06:00直前のレスを採用



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ホークマン     01~60】
【ホークブリザード  01~05】
【ゴールデンゴーレム 01~10】
【ライオネック    01~05】
【れんごくちょう   01~05】
【アークデーモン   01~05】
【バズズ       01~05】
【フレアドラゴン   01~05】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


>>1さん、>>370の質問に対する回答ありがとうございます。
昨日に引き続きで申し訳ありませんが
 今回の飛行魔物たちとの戦闘について質問をさせて下さい。
  ①戦闘開始時
    A トンヌラ側からの先制攻撃として扱われる(相手側は行動しない)
    B 普通に戦闘が開始し全体の素早さが早い順から処理される
  ②モシャス登録者の現パーティに居ない人

    (神父Lv.26 キチョウLv.48 フローラLv.40 アンディLv.43 ゴレムンLv.20)たちの
    素早さ 及び 呪文・特技 の情報開示をお願いします。
  ③アストロンを使用せずに戦闘を継続した場合

    何ターン後辺りにホークマンたちの居る場所?を通過してしまうだろうと(憶測で)
    トンヌラたち(もしくはキラさん)が把握出来ませんか?
    ⇒相手の居る上空高度400mへ落下し交差するまでのタイムリミット


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
神父Lv.26

ホイミ マヌーサ ルカニ ラリホー キアリー バギ マホトーン ベホイミ キアリク
ルカナン ザキ ザオラル バギマ ベホマ ザオリク

こうげき力:047 すばやさ:066 しゅび力:033 さいだいHP:147 さいだいMP:142
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キチョウLv.48

マグマの杖 まどうしのローブ シルクハット

ベホイミ かえんのいき ラリホー リレミト ベホマ ベホマラー ヒャダルコ ルーラ
ラリホーマ メダパニ ベギラマ

こうげき力:205 すばやさ:136 しゅび力:153 さいだいHP:300 さいだいMP:157
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
フローラLv.40

ようせいの剣 プリンセスローブ うろこのたて 銀のかみかざり 炎のリング

ベホイミ ルカナン マヌーサ バイキルト ラリホー トラマナ ベギラマ ラナルータ
マホカンタ メラミ ザラキ ベギラゴン メラゾーマ イオナズン

こうげき力:130 すばやさ:119 しゅび力:184 さいだいHP:273 さいだいMP:250
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アンディLv.43

まどろみの剣 神秘のよろい 風神のたて ちりょくのかぶと

メラ ヒャド スクルト ヒャダルコ マホキテ マヒャド メガンテ メガザル

こうげき力:191 すばやさ:103 しゅび力:215 さいだいHP:358 さいだいMP:168
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゴレムンLv.20

まどろみの剣 魔法のよろい ドラゴンシールド ちりょくのかぶと

ちからため きあいため めいそう

こうげき力:235 すばやさ:057 しゅび力:265 さいだいHP:400 さいだいMP:000
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「>>381

※「①Bです」

※「②>>382をご参照下さい」

※「③遭遇点の通過は1ターン(最長でも2ターン)が必要かと予想します」
※「 着地までの時間をターン換算で表すことは、経験者のゆかりんのみが可能でしょう」


>>1さん、ご丁寧な返答ありがとうございます。
>>385-383の情報を元にあと一つ質問させて下さい。

 ④シャオンの『ふしぎなちから2』について
  A ゴレムンの『みやぶる』『におうだち』と同じ様に、先行行動扱いになる
  B 自分の行動順になるまで使えない

何度も質問を重ねてしまい申し訳ありませんが
全体行動順の把握の参考にしたいので、どうかよろしくお願いします。

※「>>384

※「④Aです」

遭遇点につくまでの1~2ターンは、自分達に補助魔法をかけることしかできないですか?
全体攻撃魔法やメダパニ等間接呪文は遭遇前でも届きますか?

※「>>386

※「現在高度600~650メートルを落下中のトンヌラたちと、」
※「現在高度400メートルを上昇中の魔物の大群は、」
※「次回更新ですぐに高度450~500メートルに到達し、その空域が遭遇点となります」

※「現在は遭遇直前であり、遭遇点までは0ターンしかありません」

※「今回は、滞空中かつ敵の位置が散開した状況で、グループ攻撃の呪文と技は不利である」
※「という条件の安価ですから、メダパニ等は選択肢に入っていません。申し訳ありません」


>>1さん回答ありがとうございます。
今回の安価投票の重要な判断材料になりました。重ねてお礼申し上げます。


全体行動順予想 良かったら参考にして下さい。

マリア ⇒ ホークマン60体 ⇒ スマハち ⇒ ライオネック5体 ⇒ トンヌラ ⇒ ゆかりん
 ⇒ シビリン ⇒ ピエローヌ ⇒ ホークブリザード5体 ⇒ ホーコ
 ⇒ ヘンリーorゴールデンゴーレム10体 ⇒ ミニモン ⇒ アークデーモン5体
 ⇒ バズズ5体 ⇒ フレアドラゴン5体 ⇒ れんごくちょう5体 ⇒ シャオン

ttp://dq5-ds.ek-pro.com/ ←参考にさせてもらった 攻略サイト

  注意)相手モンスターは 仲間になる魔物の場合 Lvカンスト値を 
                  それ以外は ゲームでの遭遇時の値を 元に計算しました。

…つらつらと、予想を書き連ねていますが
>>1さんが決めたデータと違う場合がありますので、悪しからずご了承の程を



A2B3C1D2E3F3G2H1I2J4

A1 B2 C2 D4 E2 F2 G2 H2 I1 J1
迷ったけれど、マホカンタ対策でスマハちに『いてつくはどう』をお願いする事にします。

トンヌラ『…身の安全を考えれば、アストロンで通過し、島へ着地したほうがいいけど、』

トンヌラ『先鋒のホークマンが天空城のルートを確保すれば、大魔王たちの士気は高まる…』

トンヌラ『………。ここで叩くか』バサバサ!

仲間たち『《…! りょうかい!』》バサバサ


トンヌラ『みんな、できるだけ散らばれ。ミニモーン!マダンテ以外だー!』バサバサ!

ミニモン『アァー!?オメーら空で殺り切れンのかヨォーッ!?』ヒューッ

スマハち『うひい~、ち、散れっちうても、空でどせばいいんだ

ゆかりんは仲間たちをつきとばした!

スマハち『べーっ!?』ジタバタ  ピエローヌ『あーれーっ!?』バンザイ


ホーコ『ユカハ空ニ強イナ。翼ガアレバ自由ニ飛ビカネナイ』ヒューーーー…

マリア『ほっ、本当ですわね。天空の勇者って、すごいです』バサバサ


トンヌラ『ビフィズース!今から敵に突っ込む!きみたちは、アストロンで防御しろー!』

ビフィズス2000《ん…んごご…オ、オッケェ~。アストロォォーーンッ!》カッ

ビフィズス2000はアストロンをとなえた!

ヨシュア〈! これは――?〉ペキペキペキ…  ゲンさん《!?…!?》ペキペキペキ…

トンガリ《チクショー!もう、どうにでもなっちまえー!》シクシク ペキペキ

ヨシュア・ゲンさん・盗賊たちのからだがてつのかたまりになった!


トンヌラ『シャオン、きみは、覚えた転移制御、ふしぎなちからを頼むよ』バサバサ!

シャオン『うんっ!こうかはんいは?ここだけ?しまとてんくうじょうもいれるの?』

トンヌラ『そうだな…、リゾートと天空城が入った広いほう、集落圏を封じる2でお願い』

シャオンはふしぎなちから2をつかった!集落圏の全転移術をふうじこめた!


リゾート島上空  高度500メートル


シャオン『……1ターン……ルーラもリレミトもキメラのつばさもつかえないよ』ピカッピカッ


ホークマン03《クソッ!?もう来るぞ!何が何だかわからねえ!どうする!?》バサッバサッ

ホークブリザード02《クールニ目的ヲ反芻シロ。アイツラガ何物デモ関係ナイ》バサッバサッ

バズズ02《人間界の魔物は人間みてーに混乱しやがるな。ぐふふふふ》バサッ バサッ

ライオネック03《天空の竜の策略かな?小賢しい真似をするものだよ》バサッ バサッ


マリア『…天にまします、われらが神よ。神は、耐えることのできない試練を与えず!』カッ

マリアはスクルトをとなえた!パーティのしゅびりょくがふえた!

スマハち『マリ姉ちゃんのモヤモヤ、あんずましいー』ゴロゴロゴロ…

スーパーマッスルハイテクちーたーははげしいいなずまをよびよせた!


アークデーモン02『アァ?急に暗ェ雷雲が湧いてやがる』バタッバタッ

バズズ『やっべ!ガメゴンロードの雲と同じじゃねーか!?』バサバサ!

いなびかりがあたりをつつむ!まもののむれに最大116のダメージ!

魔物たち『『『ぴぎゃああああーーっ!?』』』バリバリ

バット(鉄塊)(兄貴の雷がさくれーッつ!)  がっちゃん(鉄塊)(オトスゴ。コワイ)

トンヌラはドラゴンの杖をふりかざした!

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『!?』

ビカッ!

シビリン・ヘンリー『トンヌラ!』  ミニモン『そォ来たかァ』  ホーコ『♥♥♥♥』

ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

トンヌラ『ぐ…!う、ぐぐ…くく…くっく…ふふ…』メキメキメキメキ…


トンヌラはおおきなりゅうにすがたをかえた!

シャオン・魔物たち・ヨシュア・ゲンさん・盗賊たち『《《《!!?』》》》

バット(鉄塊)(ゲェーッ!?)  ダシダ(鉄塊)(あの王子、実は人間じゃねえのか?)


ホークマン04《ふ、あっ、て、天空の神っ天空の竜が降りて来たんだぁーっ!》ビリリッ

魔物たち《《《!!》》》ザワッ

れんごくちょう02《天空城ヘ行ク意味ネエンジャ…!?》ビリッビリッ

ホークマン46《止まるな!わしがミルドラース様に報告するわ!》ビリリ


トンヌラ(巨竜)『ふっふっふ…ははははは!無駄だ、おまえたちは逃げられない』バサッ

魔物たち《《《……!!》》》  *《竜自ら出向くとは!》  *《タオセ!ボオオ…!》


シビリン・スマハち・ピエローヌ・シャオン『…!?』バサバサ!

ヘンリー『どうやら連中、あいつを神さまだと思いこんでるのさ。あの姿じゃ、無理もない』

ゆかりん『…トンヌラ!』ガシッ

ゆかりんはおおきなりゅうに強くだきついた。

ホーコ『!』ヒューーーー…  マリア『ゆかりんさん!』バサバサ


トンヌラ(巨竜)『ぼくから離れるな』ゴオオオオ  ゆかりん『うん…!』ギュッ

バカア!

トンヌラはしゃくねつのほのおをはいた!まもののむれに最大159のダメージ! 


バズズ01・02・03・04・05『ぎゅあああーーっ!?熱いぃぃぃー!!』ボオオオーーッ

バズズ01・02・03・04・05をたおした!

ホークブリザード01・02・03・04・05《…スコーチング…ヒート…》ヒュルルルル

ホークブリザード01・02・03・04・05をたおした!

ホーコ(哀レダガ幸福ナ最期ダッタナ。トンヌラ様ノ熱ニ触レテ死ネタ)ヒューーーー…


リゾート島上空  高度475メートル


ゴロゴロゴロ ピカッ ゴロゴロ ピカッ ピカッ

ホークマン19『…ま…まずい…意識…が』  ホークマン27『オ、オレたちの…ターンだ』

ゆかりんはおおきなりゅうの頭の上に立った。

ゆかりん(…わたしのライデインがおかしい。これが暴走?でもあたらしいチカラも感じる)


ホークマン46はルーラをとなえた!しかしふしぎなちからでかきけされた!

ホークマン46『!?転移制御…!?』メラメラ  ホークマンたち『『大教祖さま!?』』メラメラ

シャオン(えっへへ。あたしだよー。きのうのだいきょうそさまもいるのかな)ピカッピカッ

ゆかりん『マリアの、くれないのでんし…?』バサバサ!

ライオネック04『…ホークマンやれえー!空で竜を駆る女なら天空の勇者と決まっている!』

魔物たち『『『…!!』』』メラメラ

ホークマン13『し、しかし…何が当たるんだ…!?おれたちの…どの攻撃なら効く?』メラメラ

アークデーモン03『テメェらバギクロスぐれェ覚えてねェのか?アァ!』メラメラ

ホークマン01・06・08・11・17・23・29・31・35・40・44・49((……やるしかないか!))


ピカッ ピカッ ピカッ ゴロゴロゴロゴロゴロ

ゆかりんはじごくからいかずちをよびよせた!

仲間たち・魔物たち・盗賊たち(鉄塊)『『『(!?』』』)キョロキョロ

ゆかりん『薙ぎ払え。地獄の閃光!』カッ

ビリビリビリ……ガガァーーーンッ!!

まもののむれに最大211のダメージ!


ホークマンたち『『まだ雷い゛ーーーっ!?』』ヒュルルルル

ホークマンたちをたおした!

シビリン『わアー!?』  ミニモン『危ねェ!?テメェブロコ!新型なら新型と言えェ!』

ゴールデンゴーレム01・02・03・04・05・06・07・08・09・10『『…耐……不』』ボロ ボロッ

ゴールデンゴーレム01・02・03・04・05・06・07・08・09・10をたおした!

ダシダ(鉄塊)(たまらねえぜ!ゆかりんよお)  チョロゲ(鉄塊)(レベルが違った…)

ライオネック01・02・03・04・05『あ!゛あ゛!あ゛!あ゛!あ゛』ヒュルルルル

ライオネック01・02・03・04・05をたおした!

スマハち『あんめんどくせ悪魔、やったべ!』  ピエローヌ『さすがゆかりんししょう!』

アークデーモン01・02・03・04・05『フザ…け…やがッて…』ヒュルルルル

アークデーモン01・02・03・04・05をたおした!

れんごくちょう03『何テコッタ。ホークマンガ全員ヤラレタ!アノライオネックモダゼ!?』

フレアドラゴン02『…ダメ……ツヨスギ…ル……ミルドラースサマ…シカ……カテナイ……』


キラ キラ キラ キラ キラ キラキラキラキラキラキラキラ

れんごくちょうたち・フレアドラゴンたち・盗賊たち(鉄塊)『(……?』)キョロキョロ

れんごくちょう04『今度ハ透キ通ッタ光…。…寒イ!?コノ光!?ヤベエヨ!冷気ダアー!』

れんごくちょうたち・フレアドラゴンたち『『!?』』ゾクーッ

シビリン『シビリンはサムいカらねー』カッ

シビリンはヒャドリンをとなえた!


ビキ… ビキビキビキイッ!

まもののむれに最大338のダメージ!

れんごくちょう01・02・03・04・05『カ…!カク…カ…カ…』カチコチ ヒュルル

れんごくちょう01・02・03・04・05をたおした!

フレアドラゴン01・02・03・04・05『……ア……ワタシ…ノ…ホ…ホノオ…ガ』ビシッ ヒュルル

フレアドラゴン01・02・03・04・05をたおした!


まもののむれをやっつけた!

Z
おぉ、よく見たらコンマ00が出てる


敵を全滅出来た。カジノ船へと引き返すのも防げた
天候の変化で誰かに気付かれたかもしれないが
一先ず、撃破おめでとう。

ゆかりんが習得したのは『ジゴデイン』?
一回につきどの位MPを消費するのか
単体・グループ・全体のどれに当てはまるかが気になりますね…

>>402
あなたのコンマも何気に凄い

z
あれ、ジゴデインって覚えてなかったっけ?
ジゴデイン単体で今回は全体だからジゴスパーク?

リゾート島上空  高度450メートル


ミニモン『いざヤッてみれば。俺とトサカの出番が無ェとは』ヒュー

シビリン『フひひ!うマくいッたネー。ゆかりんタちモすごカッたヨー』ピュー

ホーコ『(ガシッ)ユカ。戦闘ガ終ワッタ。トンヌラ様カラ離レロ』グイグイグイ

ゆかりん『…やだ!』ギュウッ

ホーコ『!?』ピキッ  マリア『ま、まあ。ゆかりんさん』バサバサ!


ヒュルルルル ヒュルルルル ヒュルルルル ヒュルル クルクルクル

まもののむれの死体は縦横無尽に、踊るように落下している。

シビリン『ウー?』クルン クルン  シャオン『あっちこっちでまわってるよ』クルクル ピカッピカッ

ヘンリー『こらこら、おまえら、そういう真似は、悪趣味なんだぜ。叱られちまうぞ』


シビリン『そウなノカー』フーム  シャオン『おにいさま、ごめんなさい』ピカッピカッ

マリア『…葬ってあげれなくて、ごめんなさい。神の祝福を。安らかにお眠り下さい』イノリ

シビリン・ゆかりん・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・シャオン『………』イノリ

ホーコ『ユカ。トンヌラ様ノ首ニ抱キ着キナガラ祈ルナ。離レロ』グイグイ メラメラ


トンヌラ(巨竜)『ホーコも乗ればいいだろう』ムンズ

おおきなりゅうは右手でホーコをつかんだ。

ホーコ『アン♥♥竜ノトンヌラ様ッタラ♥プッシー&ワイルドデ困ッチャウ♥♥』

マリア『きゃっ!?』ドキッ

おおきなりゅうは左手でマリアをつかんだ。

マリア『ト、トンヌラさん………。…………。………』ギュッ


リゾート島上空  高度400メートル


ゆかりん(マリア、みんなのまえで弱みをみせてる。トンヌラに甘えれるようになってる…)

トンヌラ(巨竜)『ゆかりん。奇跡の発現で新しい雷撃を習得したが、あれは何だ?』ゴオオ

ゆかりん『えっと(マリアのドルマをイメージしたけど)たぶん、デスピサロが使った技…』

トンヌラ(巨竜)・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』バサバサ


ピエローヌ『ギガデーモンとアンドレアルのしゅくん、ゆかりんししょうのしゅくてき!』

ゆかりん『たしか、ジゴスパークっていうの。マホカンタもつらぬいたはずだよ』バサバサ

ミニモン『ホォ。俺のマダンテと同じだなァ。ソレも伝説の秘呪ッつー訳か?くくく』ヒューッ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジゴスパーク【消費MP:25】【対象全体:闇の雷から着想したデイン技。マホカンタを貫通】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ヘンリー『まわりはしかばねだらけで、頭上の救出班は、アストロンで今も鋼鉄のままか…』

スマハち『まるで、おもちゃを天空城から、とっくらがしたみてえだよお』バサバサ!

ヘンリー『トンヌラ、おまえ、人間に戻らなくていいのか?』バサバサ

ゆかりん・マリア・スマハち・ホーコ『!』

トンヌラ(巨竜)『ああ。迷っている』ゴオオオオ

集落圏にかかっている、ふしぎなちから2のこうかがきれた!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:489/489 MP:223/437】守2倍・竜変身中
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:332/332 MP:379/429】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:281/407】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:403/403 MP:283/295】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【マリア   HP:393/393 MP:367/578】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【スマハち  HP:484/484 MP:000/000】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ピエローヌ HP:417/417 MP:138/190】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ヘンリー  HP:487/487 MP:337/402】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シャオン  HP:279/279 MP:073/086】守2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



A ※「トンヌラたちはどうしますか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1 ラーの鏡 

  トンヌラ(巨竜)→トンヌラ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2 いてつくはどう
  
  トンヌラ(巨竜)→トンヌラ

  トンヌラたちのスクルトを解除

  救出班のアストロンを解除
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3 このまま降下を続ける
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



B ※「ゆかりんの新特技のなまえはジゴスパークでいいですか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1 はい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2 いいえ(名前入力安価は次回以降です)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



>>407の投下時刻~2015/01/22(木)06:00までのレスで多数決
同率一位の場合、06:00直前のレスを採用

A3 このままの方が全体攻撃が出来るから
B2 心情的にデスピサロと同じ名前の特技が何だかイヤだ

気になったんだけど、ミルドラースの前でドンゴラに成ったことあったっけ?

※「訂正させていただきます><」

※「>>408  × 守2倍  →  ○ 守1.5倍」

※「スカラの効果になっていました。申し訳ありません」

A1 B2
人間の姿に戻らないとMP回復手段『マホキテ』や
回復魔法など使えないデメリットを考えると…

>>404
既に>>343のつよさ表に書いてありましたね。ご指摘ありがとうございます

>>409
第十二巻 >>454より抜粋
>トンヌラ『(ヒュンヒュンヒュン)ヘモ爺さんに続くぞ!』ダッ!
>ミルドラース『竜の、杖』

確認した所 直接対決した時に『ドラゴンの杖』を使用し竜の姿になっていないようです。

第十五巻 >>695より抜粋
>【暗黒世界】 エビルマウンテン ミルドラース神殿 3階 大魔王の部屋
>ミルドラース『クク…。まさか本当にあの帝王エスタークを引き入れてしまうとはな』

しかし、その後の対エスターク戦で変化しています。
ミルドラースがその様子を“見て”いたような発言をしていますね。


>>418
おぉ、解説までありがとう。
ミルドラースはドンゴラの存在を把握してるのか~…

もひとつ気になった。>>1さんに質問します!
現在のトンヌラの姿(ドンゴラ)はモシャスで模写出来ますか?

ミルドラースにイブール、DQ2から出張してきた3体、ゲマ線でバシルーラしたライオネック、その他魔物約900(さっき100体撃破したため)

※「>>421

※「巨竜に直接変身することはできません」
※「まずトンヌラに変身し、次にドラゴンの杖を使えば、可能です」

カジノ船 甲板


船客たちはおびえながら空を見上げている。

淑女A「雲がはれていく…。雷は…落ちなかったわ」ミアゲル

ハラリ… キラ キラ

女性A「…な、夏に雪…? この船が幸運を呼ぶ船と、呼ばれているから…?」ガタガタガタ

あくましんかんJ「この島は一時的な駐屯地の予定でしたが、天空軍が攻めて来たようだ…」

船客たち「「ひええっ!」」ザワザワ  *「ふざけるな!」  *「な、何が天空の神だ…」


あくましんかんK「…あなたたちの安全は光の教団が保証しましょう。部屋へお戻り下さい」

船客たち「「うわあ~!」」ダダダッ  商人B「たっ助けてくれえ~!」ドシャ!

船客たちは客室をめざしてにげだした!


リゾート島


ザザァ…ザザァ…

青年A「助けて助けて、死にたくない」ガタガタ  女性C「かえりたいよ~っ!」ポロポロ

ゴルバ01「じゃ、ひとりだけ、えらぶ」ジロジロ  ガルバ01「えらべ、おまえら」ジロジロ

青年A「ボ、ボクは嫌だ…!」グイイッ  女性C「!?もうサイテー!あなたが死んでよ!」


*『空のホークマンが消えた』  *『全滅したのか!?』  *『『『『『!?』』』』』

ハラリ キラ キラ

あくましんかん(伯魔欣玄)『……二度の雷鳴…。雪が降っております…。ミルドラース様』

ミルドラース『天空城がこの島の上空に到着した理由は、ベラと奴隷を救出するためだろう』

ミルドラース『おそらく勇者のパーティが降下している。この雪はシビリンかホーコの氷だ』


ミルドラース『トンヌラは、勇者と天空界のチカラが魔界の神たる私を倒す、と考えたか?』

伯魔欣玄『若造の浅知恵でございます。ミルドラース様をご復活へ導いた事は褒めましょう』

ミルドラース『若さを見誤ってはならぬ。空軍は実際に撃破されているのだ』ミアゲル

伯魔欣玄『ははーっ。肝に銘じております!』カシズキ


ミルドラース『天空城の復活が2ヶ月前……』ミアゲル

ミルドラース『並の天空人は、多くの死闘を戦い抜いたファルコンのような戦士ではない…』

ミルドラース『ここは人間の国々の武力が及ばぬ辺境であり、我が教団が支配する歓楽島だ』

ミルドラース『着地した勇者たちを殺せば、残る脅威は天空の竜だけとなろう……』ミアゲル


バザックス01『そうなれば、全世界はミルドラース様のもの!』

魔物たち『『『『『ウおおおオオおおーーーーーッッ!!』』』』』ガッツ

観光客たち「「!!……」」ビクビクビク

ミルドラース『クク…。そう思い通りにはいかぬ。先の空軍は全滅したのだからな…』


ミルドラース『だが、チカラを束ねれば勇者などを恐れることはない。天空の竜すらもだ』

魔物たち『『『『『オオオおおおおぉーーーーーッッ!!』』』』』ジャキジャキッ

富豪の男A「司祭どこだ!小舟でも何でも乗る!いくらでも出そう、早く私を島から出せ!」

ミルドラース『さあ来るがよい、伝説の勇者よ。そなたの不幸な運命を終わらせてやろう』

リゾート島上空  高度100メートル


キィィィーーーン!

スマハち『な、なんか落つるの、どんどど、速くなっでねか?ぐ、苦し!』ジタバタ

ヘンリー『ううっ!早く島に着いてくれっ!』バサバサバサ!

シビリン『いケーーっ!』ピューン  ミニモン『ウォォォォ!!』ヒューン


*《《《《《オオおおーー》》》》》

ピエローヌ『トンヌラどの、しまにただようまものが、ほえておりまする!』ピューン

トンヌラ(巨竜)『魔界の道中で遭遇した魔物たちや、人間界で見かけた魔物たちらしいな』

トンヌラ(巨竜)『正確な数はわからないが、1000には満たないだろう』ゴオオオオ

マリア『…日が沈む方、島の西側に、カジノ船が見えます。残る配下は、あちらですわね…』

トンヌラたちにかかっているスクルトのこうかがきれた!


ヨシュア・ゲンさん・盗賊たちのアストロンがとけた!

スーーッ…

ヨシュア『!』ニギ ニギ  ゲンさん『あがきのつけようがねえとは、まいったぜ』ヒューン

ビフィズス2000『あいつら、あんなにすげえなら、アストロン、いらなかったよなあ?』

ダシダ『あの状況なら、おれだってアストロンを指示するぜ。やんなかったら、殴るトコだ』


リゾート島


キィィィーーーーーーーン

魔物たち・観光客たち『『『「!』』』」

青年A「音?…空? !? なにか落ちてくる!」  女性C「テキトーなことばっかり!」

ゴルバ01『攻撃… あ、無理だ逃ーげよ!』スタコラッ  ガルバ01『退避退避ーっ!』スタコラッ


フワッ!

トンヌラ(巨竜)・仲間たち・盗賊たち『『!?』』フンワリ

チョロゲ『きゅ、急停止して』  トンガリ『弾んでェ』ポロポロ  ヨシノブ『浮いたよ!』

ズズン スタスタスタッ フワ パタ バサ ユラ コトッ

エビアン『…天空城はオレを鳥にしてしまった…』  キラさん『サクセスフリジャントゥ』

おおきなりゅうとトンヌラの仲間たち・盗賊たちがあらわれた!


魔物たち・観光客たち『『『「!!?』』』」ザワザワ

ゴルバ01『てってて天空の竜!?だ!?』  ガルバ01『本当の本当に戦争になるー!!』

トンヌラ(巨竜)「カジノ班。行け」ゴオオオオ

チョロゲ・バット・ヨシノブ・ビフィズス2000・がっちゃん・キラさん「アイアイサー!」

ヨシュア「ははっ!『ゲン君!』  ゲンさん『わー。ふねだ、ふね (ハッ) あいよ!』


マリア(兄さん。妖精さんと奴隷の皆さんをお願いしますわ)  ヨシュア「………」コク

ピエローヌ『ゲンどの。おつぼねさまをたのみまするぞ』ジャキ

ゲンさん『おうよ!おさむらいさんもしっかりな』ニコニコ

ヨシュア・ゲンさん・盗賊たちは西のカジノ船へはしりさった!

リゾート島 スライムレース場 正面


伯魔欣玄『天空の竜!?ミニデーモン、マリア、スライムナイト、ヘンリーもおります…!』

ミルドラース『………。おそらく天空の竜ではない。あの竜には天空の竜の輝きが見られぬ』

伯魔欣玄『何じゃと…?では…!』

ミルドラース『まやかしか?…あの竜がトンヌラなら私の後を追い海の神殿から戻ったか…』

伯魔欣玄・魔物たち『『!?』』


ミルドラース『しびれくらげシビリン。キラーパンサースマハち。ホークブリザードホーコ』

ミルドラース『サターンヘルムは、竜のしもべリリアン…だったか』

ミルドラース『…あの天空の装備の女が、伝説の勇者ゆかりん。クク…。まだ娘ではないか』

ミルドラース『……なるほど。今度はトンヌラが私を誘い出したというわけか…?』

伯魔欣玄『…!?何たる不遜じゃ!』


ギガンテス01『ミルドラースさま、トンヌラサーカスのほかにもなんかいましたけどあれは』

キラーマシンd『プラバブリィ・ギャングオブバンディッツ・バイ・カンダタ』ピカッ

伯魔欣玄・魔物たち『『?』』

ミルドラース『どうやらカンダタ盗賊団だ。カジノ船の占拠を企んでいるのだろう』

伯魔欣玄・魔物たち『『!』』


ヒューーー…… ドォン!

富豪の男A「うぎゃーっ!?(コケッ!)モ、モンスターの死体が降ってきた!司祭!司祭!」

ドォン ドォン!

観光客たち「「うわあっ!?ぎゃあー!!」」  男「あわわ…帰りたい、家に帰りたい…」

魔物たち『『『『『ウオおオおーーっ!よくもーっ!!』』』』』

バザックス01『ミルドラース様!空軍をこのように撃破されては我々は退けません!』ギリリ

ミルドラース『かかれ』


リゾート島 南の砂浜


魔物たち《《《《《ウオおオおーーっ!よくもーっ!!》》》》》

トンヌラ(巨竜)・仲間たち『『……!』』ザザッ

シビリン『うおオおオーーっ』フワッ  ゆかりん『士気がたかい。みんな、気をつけて』

ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・シャオン『りょうかい!』



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



※「大魔王ミルドラースとの決戦が始まります。最後に以下3つのなまえをいれてください」


・ゆかりんの新特技

・ホイミスライムLv.43

・ギガンテスLv.5



次回更新までのレスからランダムに決定。候補が挙がらない場合は>>1が考えます

・ゆかりんの新特技:トールマデイン
・ホイミスライムLv.43:イミアイ
・ギガンテスLv.5:えむっく

リゾート島 南西の船着場


ワー ワー!

荒くれB「…いいぞ!港にゃモンスターが来てねえ!」  男B「船を出して逃げるんだ!」  

島の水夫A「待てえっ!素人が停泊した定期船を乗っとりやがって、海に出て何ができる!」

戦士A「おまえら自分だけ逃げようとしたんだろうが!」シュラッ

戦士Aはどうのつるぎを抜いた!

島の水夫B「…グッ!?あんたらに船がわかるか!方角は!ポートセルミは2日かかるぜ!」


*《《《《《ウオおオおーーっ!よくもーっ!!》》》》》

船着場の人間たちはすくみあがった!

紳士A「……き、聞こえただろ話してる場合じゃないんだよ!出港準備を急げバカヤロー!」

島の水夫たち「「く、く」」

富豪の少女A(逃げる…!私たちは逃げ続けるしかないよ。ミタ、はるたん、バネッサ…!)


リゾート島 南の砂浜


チカチカ ドドッドドッドドッ

バザックスが30ひきあらわれた!

ミニモン『オォオォ。深紅の甲羅。金ピカの鱗。ガメ五郎たァ違ェタイプだ』パタパタ

シビリン『ガメごろう???』フワフワ

ピエローヌ『まかいのうみでわたりをもうしつけたまものにござるが、にげてしまいまして』


マリア『天にましますわれらが神よ。神は耐えることのできない試練を与えず!』カッ

マリアはスクルトをとなえた!パーティのしゅびりょくがふえた!

スマハち『トン兄ちゃん!ごろごろしちまっていいべか!?』ミアゲル

トンヌラ(巨竜)『襲って来る魔物に遠慮は要らない』ゴオオオオ


スマハち『わがったよお!』ゴロゴロゴロ…

スーパーマッスルハイテクちーたーははげしいいなずまをよびよせた!

魔物たち『『《《《!』』》》》

いなびかりがあたりをつつむ!バザックスたちに99のダメージ!

バザックス04『』ビリリッ  バザックス18『ガっ、ガメゴンの雷より、キツいぞぉ!』ビリリ


トンヌラ(巨竜)『道を開けろ』バカア!

トンヌラはしゃくねつのほのおをはいた!バザックスたちに55のダメージ!

バザックス09『炎は…!?得意だが…!』  バザックス26『ベリアル級の炎!耐えら…!』

ピカッ!

ゆかりんはライデインをとなえた!

バザックスたち『『れあァーーーー!?』』ビリビリッ

バザックスたちに56のダメージ!バザックスたちをたおした!


ゆかりん『たおしたモンスター、これで130』

スカルドンが10ひきあらわれた!
ブラックドラゴンが20ひきあらわれた!


作戦変更は可能なのでしょうか?
例えば『じゅもんつかうな』とか『じゅもんせつやく』辺り
MP消費しない特技とか、使用すると呪文効果のある道具をつかう…等
都合良く『魔法の聖水』や『祈りの指輪』が入手出来そうな環境では無いし

トンヌラ:炎のブーメラン装備し攻撃 マホキテ(唯一のMP回復法)
ドンゴラ:灼熱の炎
シビリン:炎のブーメランで攻撃 やけつくいき まぶしいひかり
ゆかりん:天空の剣で『いてつくはどう』 何か持たせるべきだった?
ミニモン:あまいいき おたけび
マリア:マグマの杖
スマハち:おたけび はげしいいなずま こおりのやいば
ピエローヌ:マホトラ(耐性ある魔物もいるので注意)
ヘンリー:まどろみの剣を装備して攻撃
ホーコ:炎のブーメランで攻撃 かがやくいき
シャオン:まぶしいひかり けんじゃのいし 
      モシャス⇒全体特技や全体効果道具を持った者を模写

ミニモン『続々死にに来やがる。くくく』パタパタ

シビリン『つギ、シビリンのバん!』カッ

シビリンはマヒャドをとなえた!


ブラックドラゴン01『攻撃呪文の得意なスライムか』  ブラックドラゴン13『違うぞ…』

ブラックドラゴンたちに68のダメージ! スカルドンたちにはきかなかった!

スカルドン02『………が…』  スカルドン05『……し…』  スカルドン08『…で………』


シビリン・マリア・ヘンリー・ホーコ・シャオン『…!』

スマハち『あん骨の竜たつ、吹雪ば吐いたドラゴンゾンビのおやぐでねか?』

ミニモン『言葉が通じねェぞ馬鹿猫。トサカみてェに氷が効かねェか』  ホーコ『………』


ピエローヌ『さしりょうではらちがあかぬ。ピエロンドもきにあらず。こはじゅもんにて!』

ピエローヌはイオラをとなえた!

ブラックドラゴンたちに20のダメージ! スカルドンたちに48のダメージ!

ブラックドラゴン03『中位呪文は通じぬ』  ブラックドラゴン12『ウフ。魔界の竜にはね』


ホーコ(魔界ノ竜。呪殺ハ難シイカ?)クワッ!

ホーコはぜんしんをふるわせ、つめたくかがやくいきをはいた!

ブラックドラゴン13『キャー!?』  ブラックドラゴン18『…ヘルバトラーの…輝く息…』

ブラックドラゴンたちに108のダメージ! スカルドンたちにはきかなかった!


ヘンリー『あの骨のドラゴンたち、ホーコの息も平気ならヒャドリンでもダメなのかな』カッ

ヘンリーはフバーハをとなえた!トンヌラたちをやさしいひかりのころもがつつんだ!

ミニモン『くくく。じゃア高位の爆発なら気に入るかもなァ…』カッ

ミニモンはイオナズンをとなえた!


ブラックドラゴンたち『『ウブハアァーー!?』』ピカッ

スカルドンたち『『…り……』』ドッゴォォォォォン!

ブラックドラゴンたちに40のダメージ! スカルドンたちに96のダメージ!

ブラックドラゴンたちをたおした!


スカルドン01のこうげき!ミス!ミニモンにダメージをあたえられない!

仲間たち『『!』』  ミニモン『オォオォ。尼のスクルトかヨォ』パタパタ

スカルドン02のこうげき!ミニモンに5のダメージ!

ミニモン『くくく…。脳無しの骨野郎ども。どォやッて頭に血が昇ッてンだヨォ』パタパタ

スカルドン03のこうげき!ミス!ミニモンにダメージをあたえられない!


スカルドン04はこごえるふぶきをはいた!
シビリン・ミニモン・マリア・シャオンに最大20のダメージ!

シビリン『アまリイタくナいよー』フワフワ  シャオン『フバーハってすごいんだね!』ユラユラ

スカルドン05はこごえるふぶきをはいた!
シビリン・ミニモン・マリア・シャオンに最大20のダメージ!


スカルドン06はマヒャドをとなえた!

ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー『呪文!』


遅いかもしれない…スカルドンのデータ↓
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/sukarudonn.html
ヒャド系 ザキ系 マホトラに耐性あり。
無難に殴る。が吉?

トンヌラたちに最大89のダメージ!

ゆかりん『たっ!』カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした! スカルドン06にはきかなかった!

ピエローヌ『むくろがじゅもんとは… …やや!?』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした! スカルドン06にはきかなかった!

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ヘンリー・ホーコ・シャオン『!?』

ピエローヌ『こがミラーシールド!マヒャドをわってかえしたでござる!』ピョンッ


スカルドン07のこうげき!ピエローヌに13のダメージ!

ピエローヌ『ぬぬ!』キン!

スカルドン08のこうげき!ピエローヌに14のダメージ!

ピエローヌ『ぬるうござるぞ、なんどでもまいらせい!』カキィン!

スカルドン09のこうげき!つうこんのいちげき!ピエローヌに190のダメージ!

ピエローヌ『ぬごーっ!?』ズゴン!


シビリン『ピエたろう!!』  マリア『ナイトさん!』  シャオン『おにいさまー!』

スカルドン10のこうげき!ピエローヌに14のダメージ!

ピエローヌ『…むむ。これにてスカルドンたちのてばん、おわりでござるな…。シャオン!』

シャオン『は はーいっ!あたしのターンだ。あたしは…これ』ユラユラッ

シャオンはけんじゃの石をかかえててんにのぼった!トンヌラたちのキズがかいふくした!

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ヘンリー・ホーコ『オぉー!』


ゆかりん『シャオン、おにいさんからけんじゃの石をわたされていたんだ』

神秘のよろいのチカラがトンヌラをほのかにかがやかす……。
トンヌラのキズがかいふくした!

トンヌラ(巨竜)『現状ピエローヌ以外は軽傷だ。マリア、守備力を上げろ』ゴオオオオ

マリア『…かしこまりました!』カッ

マリアはスクルトをとなえた!パーティのしゅびりょくがふえた!


トンヌラ(巨竜)『スマハち!』ゴオオオオ  スマハち『んだ!!』ゴロゴロゴロ…

いなびかりがあたりをつつむ!スカルドンたちに99のダメージ!

スカルドン01『…で………』  スカルドン03『……ん…』  スカルドン07『………き…』

トンヌラはしゃくねつのほのおをはいた!スカルドンたちに130のダメージ!

スカルドンたち『『……!……』』ボオオオーーッ

スカルドンたちをたおした!


シビリン『ナんビきタオしタ?』フワフワ  ミニモン『累計160。残り8、900匹だが』パタパタ

ワイトキング01『どうした…?貴様ら何故続かん…』ズルリ…

ゴルバ02『! い いやその』  ガルバ02《勝てる気がしない。殺されるだけじゃん?》

魔物たち『『『《《……どうする……?』』』》》ジリッ…


トンヌラ(巨竜)『…ふふ…ふはは…臆したか?光の教団!大魔王ミルドラース!』ゴオオオオ

仲間たち・魔物たち『『『『《《!!』』』』》》ザワッ

トンヌラ(巨竜)『ぼくたちを恐れるおまえたちなどに、この世界は手に入れられない!』

ゆかりん『ピエローヌ』カッ

ゆかりんはベホマをとなえた!ピエローヌのキズがかいふくした!

ピエローヌ『ゆかりんししょう。かたじけなく』


*《《ミルドラースさま!?》》ザワッ

*《《ミルドラースさまが戦うぞ!》》

トンヌラ(巨竜)・仲間たち・魔物たち『『『『!』』』』


ホーコ『トンヌラ様。角ノ生エタ老人ガ北ノ館カラコッチニ来テルケド…』バサッバサッ

トンヌラ(巨竜)『ぼくも見えている。あれが大魔王ミルドラースだ』ゴオオオオ

シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・シャオン『!』


ギガンテス02があらわれた!

ギガンテス02『うおおおーっ!おれはこしぬけではないぞーっ!』グオッ

仲間たち・魔物たち『『『『!』』』』


シビリン『シビリンがアいテダー!』ピュンッ

シビリンのマヒこうげき!ギガンテス02に87のダメージ!

ギガンテス02『ぐふっ。マ、マヒなどきかーん!』ドスドス


ピエローヌ『みあげたかくごぞ。づああーっ!!』ピュンッ

ピエローヌのこうげき!かいしんのいちげき!

ギガンテス02・仲間たち・魔物たち『『『『!?』』』』

ギガンテス02に330のダメージ!


ギガンテス02『…… う…そ…?』グラッ ズズーン!

ギガンテス02をたおした!

魔物たち『『『『!………!……』』』』ジリッ…


シビリン・スマハち・シャオン『わあー!』ヤンヤヤンヤ

ゆかりん・ヘンリー『す、すごい』ゴクリ

マリア『お強いですわ。ナイトさん』ニコッ

ミニモン『ココで会心撃出ンのかヨォ。オメー』パタパタ


ホーコ『……トンヌラ様、大魔王トハ竜ノママ戦ウノ?』バサッバサッ

シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『!……』ミアゲル

ヘンリー『ちょうどオレのターンになりそうだから、元に戻るならラーの鏡を使うぜ?』

トンヌラ(巨竜)『さて……。どうするかな』ゴオオオオ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:484/489 MP:223/437】守2倍・息耐性・竜変身中
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:295/332 MP:355/429】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:268/407】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:383/403 MP:253/295】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【マリア   HP:388/393 MP:361/578】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【スマハち  HP:449/484 MP:000/000】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ピエローヌ HP:417/417 MP:130/190】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ヘンリー  HP:467/487 MP:334/402】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シャオン  HP:279/279 MP:073/086】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー
……………………………………………………………………………………………………
きせきのつるぎ 炎のよろい グレートヘルム みかがみのたて エルフのおまもり
まどろみの剣 ラーの鏡 世界樹のしずく 魔界樹の葉
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A どうぐ → ラーの鏡(真実を映す効果) → トンヌラ

B じゅもん → バイキルト → (なまえをいれてください)



>>453の投下時刻~2015/01/24(土)00:00までのレスで多数決
同率一位の場合、00:00直前のレスを採用

トンヌラ(巨竜)『…ヘンリー。人間に戻してくれ』ゴオオオオ

ヘンリー『よし!待ってろよ…』パッ

ヘンリーはトンヌラをラーの鏡にうつした!

トンヌラ『! ウッ』クラッ

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ホーコ・シャオン『!』


トンヌラ『ウウ…うう!…う…ゥゥ…ぅぅ……』メキメキメキメキ… シュルルル…

トンヌラはもとのすがたにもどった!

魔物たち『『『『《《!?』』』』》》ザワザワ

トンヌラ『(ドシャ!)はあはあはあはあ。は、早く来いミルドラース…!ふふふ…』ヨツンバイ


ゴルバ02・03・04・ガルバ02・03・04(ジャハンナの人間みたいに、まともに立てない…?)

ワイトキング01『今だ

ミニモンはおたけびをあげた!

ミニモン『雑魚が動いてンじゃアねェェーーエ゛エ゛エ゛エ゛エエーーッ!!!』ビキビキッ

ワイトキングたち・ゴルバたち・ガルバたち『『うッひィ!!?』』ビックゥ!

ワイトキングたち・ゴルバたち・ガルバたちはすくみあがった!


トンヌラ『はあ、はあ、はあ、ふふ、くっくく。いいぞミニモン』ムク…

シャオン『ス スマハちおにいさまみたいなおおきなこえ びっくりしちゃった』ユラユラッ

シャオンはけんじゃの石をかかえててんにのぼった!トンヌラたちのキズがかいふくした!


キラキラキラキラキラ

シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン『!?』バッ

トンヌラ・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』サッ

トンヌラたちがまばゆくかがやく!


ゆかりん『まぶしい!みんなだいじょうぶ!?』ササッ

シビリン『シビリンじゃナいヨー!』  シャオン『あ あたしのひかりでもないですー!』

マリア『これは…この光は、確か!』  ミニモン『オォ。暗黒世界のほこらでもくらッた』

魔物たち『『『ミルドラースさまーっ!』』』ワアッ!


*『……クク。ここまではそなたの計画通りか?』

トンヌラ『この光が、おまえの蘇生加護を消すんだな?』

シビリン・ゆかりん・スマハち・ピエローヌ・ホーコ・シャオン『!?』

トンヌラ『無駄だ。もうおまえはぼくたちから加護を奪えない』

*『天空城へ立ち寄ったならそうであろうな。しかし念のためだ……』


ミルドラース・伯魔欣玄・キラーマシンd・eがあらわれた!

ゆかりん『あなたが…大魔王ミルドラース』

ミルドラース『伝説の勇者ゆかりんだな。そなたの書を読みたかったぞ』

ミルドラースの両手に、美しい装丁をした冒険の書があらわれた。

シビリン・スマハち・ホーコ・シャオン『…!?』  ミニモン『まァた出しやがッて』

ゆかりん『…その書物はわたしのことがしるされてるのか?』

【戦闘システムについて】


①陣形を決めます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●陣形は多数決で決定します。投票がない場合は>>1のAIが判断します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●陣形は、前衛・中衛・後衛から成立します。

【前衛(グループ)】行動可能。敵の単体攻撃・グループ攻撃・全体攻撃が集中します。

【中衛(グループ)】行動可能。敵の単体攻撃・グループ攻撃・全体攻撃を受けます。

【後衛(グループ)】行動不可。敵の単体攻撃・グループ攻撃・全体攻撃を受けません。
            前衛・中衛が行う回復・補助を受ける事のみができます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●1つのグループが全員戦闘不能になると、後衛が消えて、前衛と中衛のみとなります。
 2つのグループが全員戦闘不能になると、中衛と後衛が消えて、前衛のみとなります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●敵もグループに分かれますが、陣形の概念は存在せず、その効果も発生しません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


②行動を決めます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トンヌラたちの行動は多数決で決定します。
 投票がない場合やトンヌラたちの行動に矛盾が発生する場合は、>>1のAIが判断します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●ラウンドの最初は『先行行動』が選ばれたキャラクターが行動します。
 その後は、すばやさが高いキャラクターから順番に行動していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


③応援ができます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トンヌラと仲間たちから誰か1名のみを応援できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●応援とは、レスのコンマ以下の数値で、キャラクターの好不調率を支援することです。
 応援が1つもないキャラクターの好不調率はランダムで決定します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●1名のキャラクターに対して複数の応援レスがある場合は、良い結果のレスを採用します。
 ピエロンドのように複数の好不調率が必要になる場合では、複数の応援レスを採用します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎投票の一例(>>1がわかるように記していただければ、どのような形式でも結構です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 名前:名も無き被検体774号+[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 19:05:02.81 ID:lXkI4vxL0
①陣形
前…トンヌラ・ゆかりん・スマハち・ヘンリー
中…シビリン・ミニモン・マリア・ホーコ・シャオン
後…ピエローヌ

②行動
1F 2G 3B 4W 5J 6Pサンチョ 7G 8J 9I 10I

③応援
スマハち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「Z(さくせん)のレスは採用しません。意見交換・考察・感想・質問などにどうぞ」
※「①陣形・②行動・③応援、3つの内のいずれかだけでも結構です」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア
……………………………………………………………………………………………………
マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → マグマの杖 → (なまえをいれてください)

B じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

C じゅもん → マホトーン → (グループを指定してください)

D じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

E じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

F じゅもん → スクルト → 味方全体

G じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → ニフラム → (グループを指定してください)

I じゅもん → シャナク → (なまえをいれてください)

J じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマラー → 味方全体

L じゅもん → ザオリク → (なまえをいれてください)

M どうぐ → マグマの杖(イオの効果) → 敵全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スーパーマッスルハイテクちーたー
……………………………………………………………………………………………………
あくまのツメ みずのはごろも グレートヘルム エルフのおまもり こおりのやいば
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → あくまのツメ → (なまえをいれてください)

B こうげき → こおりのやいば → (なまえをいれてください)

C とくぎ → きあいため

D とくぎ → おたけび → 敵全体

E とくぎ → いてつくはどう → 味方全体

F とくぎ → いてつくはどう → 敵全体

G とくぎ → はげしいいなずま → 敵全体

H どうぐ → こおりのやいば(バギマの効果) → (グループを指定してください)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンヌラ
……………………………………………………………………………………………………
ドラゴンの杖 神秘のよろい みかがみのたて グレートヘルム 王家のあかし
エルフのおまもり 炎のブーメラン 時の砂
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → ドラゴンの杖 → (なまえをいれてください)

B こうげき → 炎のブーメラン → 敵全体

C じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

D じゅもん → キアリー → (なまえをいれてください)

E じゅもん → バギ → (グループを指定してください)

F じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

G じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → リレミト

I じゅもん → バギマ → (グループを指定してください)

J じゅもん → マホキテ → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

L じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

M じゅもん → メガザル → 味方全体

N じゅもん → バギクロス → (グループを指定してください)

O とくぎ → みやぶる → (なまえをいれてください)

P どうぐ → ドラゴンの杖(ドラゴラムの効果) → トンヌラ

Q どうぐ → 時の砂(1ターン前後の時を戻す)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん
……………………………………………………………………………………………………
天空のつるぎ 天空のよろい 天空のたて 天空のかぶと エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → 天空のつるぎ → (なまえをいれてください)

B じゅもん → ニフラム → (グループを指定してください)

C じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

D じゅもん → メラ → (なまえをいれてください)

E じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

F じゅもん → ルーラ → (ばしょをいれてください)

G じゅもん → ギラ → (グループを指定してください)

H じゅもん → リレミト

I じゅもん → ラリホーマ → (グループを指定してください)

J じゅもん → ザメハ → 味方全体

K じゅもん → マホステ → (なまえをいれてください)

L じゅもん → アストロン → 味方全体

M じゅもん → イオラ → 敵全体

N じゅもん → ライデイン → 敵全体

O じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

P じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

Q じゅもん → ベホマズン → 味方全体

R じゅもん → ギガデイン → (グループを指定してください)

S じゅもん → ミナデイン → (敵一名と参加者を指定してください)
……………………………………………………………………………………………………
『ミナデイン参加可能者』
トンヌラ・シビリン・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・シャオン
……………………………………………………………………………………………………

T じゅもん → パルプンテ

U とくぎ → ギガソード → (なまえをいれてください)

V じゅもん → ジゴデイン → (なまえをいれてください)

W とくぎ → マスタースパーク → 敵全体

X どうぐ → 天空のつるぎ → いてつくはどう → (味方全体or敵全体)

Y どうぐ → 天空のたて(マホカンタの効果) → (なまえをいれてください)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シビリン
……………………………………………………………………………………………………
炎のブーメラン みずのはごろも みかがみのたて 風のぼうし エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → 炎のブーメラン → 敵全体

B とくぎ → マヒこうげき → (なまえをいれてください)

C とくぎ → やけつくいき → (グループを指定してください)

D じゅもん → キアリク → 味方全体

E とくぎ → まぶしいひかり → 敵全体

F じゅもん → ヒャダルコ → (グループを指定してください)

G じゅもん → マホトラ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → マヒャド → 敵全体

I とくぎ → ぶきみなひかり → (グループを指定してください)

J じゅもん → ヒャドリン → 敵全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ
……………………………………………………………………………………………………
ふぶきのつるぎ 炎のよろい ミラーシールド グレートヘルム ごうけつのうでわ
エルフのおまもり ドラゴンキラー ゾンビキラー まどろみの剣 はやぶさの剣
デーモンスピア ふっかつのつえ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → ふぶきのつるぎ → (なまえをいれてください)

B こうげき → ドラゴンキラー → (なまえをいれてください)

C こうげき → ゾンビキラー → (なまえをいれてください)

D こうげき → まどろみの剣 → (なまえをいれてください)

E 二回こうげき →  はやぶさの剣 → (なまえをいれてください)

F こうげき → デーモンスピア → (なまえをいれてください)

G じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → マホトラ → (なまえをいれてください)

I じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

J じゅもん → キアリー → (なまえをいれてください)

K じゅもん → イオ → 敵全体

L じゅもん → キアリク → 味方全体

M じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

N じゅもん → イオラ → 敵全体

O とくぎ → みがわり → (なまえをいれてください)

P とくぎ → ピエロンド → (なまえをいれてください)

Q どうぐ → ふっかつのつえ(ザオラルの効果) → (なまえをいれてください)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ
……………………………………………………………………………………………………
炎のブーメラン みずのはごろも 風のぼうし エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → 炎のブーメラン → 敵全体

B じゅもん → ザラキ【消費MP:07】 → (グループを指定してください)

C じゅもん → ザラキ【消費MP:14】 → 敵全体

D とくぎ → つめたいいき → 敵全体

E とくぎ → こごえるふぶき → 敵全体

F とくぎ → ふしぎなおどり3 → (なまえをいれてください)

G とくぎ → かがやくいき → 敵全体

H じゅもん → バシルーラ → (なまえをいれてください)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー
……………………………………………………………………………………………………
きせきのつるぎ 炎のよろい グレートヘルム みかがみのたて エルフのおまもり
まどろみの剣 ラーの鏡 世界樹のしずく 魔界樹の葉
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → きせきのつるぎ → (なまえをいれてください)

B こうげき → まどろみの剣 → (なまえをいれてください)

C じゅもん → メラ → (なまえをいれてください)

D じゅもん → マヌーサ → (グループを指定してください)

E じゅもん → ルカナン → (グループを指定してください)

F じゅもん → イオ → 敵全体

G じゅもん → メダパニ → (グループを指定してください)

H じゅもん → ルカニ → (なまえをいれてください)

I じゅもん → マホカンタ → (なまえをいれてください)

J じゅもん → フバーハ → 味方全体

K じゅもん → バイキルト → (なまえをいれてください)

L どうぐ → ちからのたて(ベホイミの効果) → ヘンリー

M どうぐ → ラーの鏡(真実を映す効果) → (なまえをいれてください)

N どうぐ → 世界樹のしずく(ベホマズンの効果) → 味方全体

O どうぐ → 魔界樹の葉(ザオリクの効果) → (なまえをいれてください)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン
……………………………………………………………………………………………………
ふぶきのつるぎ 炎のよろい みかがみのたて グレートヘルム エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → ふぶきのつるぎ → (なまえをいれてください)

B じゅもん → メラミ → (なまえをいれてください)

C とくぎ → なめまわし → (なまえをいれてください)

D じゅもん → メダパニ → (グループを指定してください)

E とくぎ → あまいいき → (グループを指定してください)

F じゅもん → イオラ → 敵全体

G じゅもん → パルプンテ

H じゅもん → メラゾーマ → (なまえをいれてください)

I じゅもん → イオナズン → 敵全体

J じゅもん → ベギラマ → (グループを指定してください)

K じゅもん → バギマ → (グループを指定してください)

L じゅもん → ヒャダルコ → (グループを指定してください)

M じゅもん → おたけび → 敵全体

N とくぎ → きあいため

O じゅもん → ベギラゴン → (グループを指定してください)

P じゅもん → マヒャド → 敵全体

Q じゅもん → バギクロス → (グループを指定してください)

R じゅもん → マダンテ → 敵全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン
……………………………………………………………………………………………………
カメのこうら シルクハット エルフのおまもり けんじゃの石
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → (なまえをいれてください)

B とくぎ → ぶきみなひかり → (グループを指定してください)

C とくぎ → たいあたり → (なまえをいれてください)

D じゅもん → シャナク → (なまえをいれてください)

E とくぎ → まぶしいひかり → 敵全体

F とくぎ → めいそう → シャオン

G じゅもん → ザオリク → (なまえをいれてください)

H じゅもん → モシャス → (なまえをいれてください)
……………………………………………………………………………………………………
『モシャス登録者』(>>382
神父Lv.26  キチョウLv.48  フローラLv.40  アンディLv.43
トンヌラ  シビリン  ゆかりん  ミニモン  ゴレムンLv.20  マリア
スーパーマッスルハイテクちーたー  ピエローヌ  ヘンリー  ホーコ
……………………………………………………………………………………………………

I どうぐ → けんじゃの石(HP50~60回復) → 味方全体

J のろい1【じゅもん・とくぎの使用を妨害】 → (なまえをいれてください)

K のろい2【1ターン/最大MP13%のMP減少】 → (なまえをいれてください)

L 『先行行動』 ふしぎなちから1【消費MP:04】【戦闘射程圏内:転移を1ターン封印】

M 『先行行動』 ふしぎなちから2【消費MP:08】【今いる集落圏:転移を1ターン封印】

N 『先行行動』 ふしぎなちから3【消費MP:16】【今いる大陸圏:転移を1ターン封印】

O 『先行行動』 ふしぎなちから4【消費MP:32】【今いる次元内:転移を1ターン封印】

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

ミルドラース『(ペラッ)……!?…なるほど。伝説の勇者とは……クク。哀れなものだな…』

シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・シャオン『……!?』

ミルドラース『伝説の勇者は天空の竜をもっと憎むべきだ。私と共闘の道もあったものを…』

トンヌラ『みんな、ミルドラースは嘘をつく。口車に乗るな』

仲間たち『『りょうかい!』』


ミルドラース『クク……。案ずるな。今となっては私も弁舌で戦うつもりはない』

ミルドラース『私は魔界の神にして王の中の王。真の王は民にチカラを示さねばならぬ…』

ミルドラース『そなたたち伝説の勇者とトンヌラサーカスを殺すことでな』

魔物たち『『『『《《ウオオオーーッ!!!ミルドラースさまーーっ!!』』』』》》ワアアッ


伯魔欣玄『…光の教団に宿る癌め。魔界におる魔性の母親も後を追わせてくれるわ!』

キラーマシンd『コンバットレディ』ススーッ

キラーマシンe『アクセプト』ススーッ



リゾート島 南の砂浜 3ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースと伯魔欣玄・キラーマシンd・e


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トンヌラ  HP:489/489 MP:223/437】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:332/332 MP:355/429】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:268/407】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:403/403 MP:253/295】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【マリア   HP:393/393 MP:361/578】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【スマハち  HP:484/484 MP:000/000】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ピエローヌ HP:417/417 MP:130/190】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ヘンリー  HP:487/487 MP:334/402】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守2倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シャオン  HP:279/279 MP:073/086】守2倍・息耐性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形
1 前衛  2 中衛  3 後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
②行動/③応援
1 マリア(>>468)  2 スマハち(>>469)  3 トンヌラ(>>470
4 ゆかりん(>>471)  5 シビリン(>>472)  6 ピエローヌ(>>473
7 ホーコ(>>474)  8 ヘンリー(>>475)   9 ミニモン(>>476
10 シャオン(>>477



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【ミルドラース】
 【伯魔欣玄】
……………………………………………………………………………………………………
2【キラーマシンd】
 【キラーマシンe】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>478の投下時刻~2015/01/25(日)00:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断


確定情報

つよさ >>343-344(マリアのみ>>365)
ステータス >>120
シャオン パーティ外モシャス対象者のステータス >>382


以下、憶測を含むので実際の数値と異なる可能性が在ります。
良かったら参考にして下さい。ですが違う場合はごめんさい。

第十二巻 >>437より抜粋
>【ミルドラース     HP:2500/2500】         
>【キラーマシンa     HP:450/450】
>【キラーマシンb     HP:450/450】

ミルドラース(第一形態:爺さん)のデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/dungeon-boss/boss/mirudora-su_1.html

過去の対決 より行動順を推測
ヘンリー(当時99)の後 サンチョ(当時42)の前

キラーマシンのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/kira-mashinn.html
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/party/ka/attack_bot.html

第十二巻 >>454より抜粋
>キラーマシンaのこうげき!ヘルバトラーに77のダメージ!
>キラーマシンaのこうげき!つうこんのいちげき!ヘルバトラーに255のダメージ!
>キラーマシンbのこうげき!マリアに85のダメージ!
>キラーマシンbのこうげき!つうこんのいちげき!マリアに258のダメージ!
>ゴレムン《すいそく……キラーマシンかいしんりつ……ゆかりんとどうレベル》

キラーマシンはLVカンストと捉えるのが妥当?
行動順 トンヌラ(当時170)の後 ピエローヌ(136)の前
二回行動と会心の一撃翌率が高いのがネック


余談
>>1さんの采配でステータスが違う場合も有りますが
伯魔欣玄の参考になりそうな、同じ外見のディック・左久良太のHP
第九巻 >>557より抜粋
>(†ディック・左久良太  HP:0000/0800)
行動順 ミニモン(予想103?)の後 ダークシャーマン(88)の前

同じ理由で ロベオティオスのもまとめてみた
HP:251以上 少なくとも500超え
行動順 シビリン(159)の後 ホーコ(129)の前

外見元の 悪魔神官のデータ
http://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/akumashinnkann.html


全体行動順予想

マリア → スマハち → トンヌラ → ゆかりん → シビリン 
→ ① → ④ → ピエローヌ → ホーコ → ヘンリー 
→ ミニモン → ② → ミルドラース → ⑤ →シャオン


キラーマシンde(Lvカンスト):①
キラーマシンde(通常エンカウント):②
伯魔欣玄(左久良太に近いステの場合):③
伯魔欣玄(ロベオティオスに近いステの場合):④
伯魔欣玄(悪魔神官と同じ場合):⑤



>>1さん質問です。
天空城からミルドラースの所へと向かうまでにやっつけた魔物
・ホークマン:60体
・ホークブルザード:5体
・ゴールデンゴーレム:10体
・ライオネック:5体
・れんごくちょう:5体
・アークデーモン:5体
・バズズ:5体
・フレアドラゴン:5体
・バザックス:30体
・スカルゴン10体
・ブラックドラゴン:20体
計160体の魔物を倒して得た経験値で、トンヌラたちのLVが上がるなどして
ステータスが変更になったキャラクターがいましたら
お手数ですが、情報開示をお願いします。

変更無しでしたら、その旨も言って下さると幸いです。


すいません >>484のやっつけた魔物リストに
・ギガンデス:1体
を追加し、計161体に修正させて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マリア    レベル:70

こうげき力:168 すばやさ:234 しゅび力:210 さいだいHP:393 さいだいMP:578 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スマハち   レベル:88

こうげき力:325 すばやさ:224 しゅび力:231 さいだいHP:484 さいだいMP:000  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンヌラ   レベル:90

こうげき力:362 すばやさ:187 しゅび力:288 さいだいHP:489 さいだいMP:437  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゆかりん   レベル:99

こうげき力:365 すばやさ:177 しゅび力:283 さいだいHP:853 さいだいMP:407  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シビリン   レベル:79

こうげき力:219 すばやさ:160 しゅび力:262 さいだいHP:332 さいだいMP:429  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピエローヌ  レベル:70

こうげき力:325 すばやさ:146 しゅび力:253 さいだいHP:417 さいだいMP:190  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホーコ    レベル:25

こうげき力:215 すばやさ:129 しゅび力:213 さいだいHP:306 さいだいMP:070  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー   レベル:70

こうげき力:303 すばやさ:125 しゅび力:251 さいだいHP:487 さいだいMP:402  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ミニモン   レベル:32

こうげき力:277 すばやさ:119 しゅび力:276 さいだいHP:403 さいだいMP:295  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャオン   レベル:46

こうげき力:120 すばやさ:040 しゅび力:244 さいだいHP:279 さいだいMP:086  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


>>1さん、重ねて質問をさせて下さい。

今回から導入された ③応援 は
壱:過去のマリアの無事を祈る 祈りの時間 と同じように
  1人(IDで判断)につき1キャラのみ応援 複数のレスの投票可能 
  より判定値が高い数値が優先される
弐:今までの安価投票と同じく
  1人(IDで判断)につき1キャラのみ 一回のレスのコンマ値で判定
参:それ以外
のどれに当てはまりますか?
お手数をおかけしますが、ご説明を兼ねて返答をお願いし致します。

※「>>484

※「>>486をご参照下さい。レベルの変更はありません」

※「>>487

※「壱:です。奇跡の現象に近いシステムを採用しました」
※「仰る通り、第四巻にありましたマリアの祈りの時間が好例となります」

※「いつもご愛読下さる皆さんに、お気軽にご参加いただければ幸いです」

③ ピエローヌ

>>1さん 回答ありがとうございます。
今回の新システム 応援 は面白い試みだと思います。
スレ住人の皆さま、高コンマ値を狙って どしどし投票しましょう。

1ターン目の行動 マリア:スクルト ヘンリー:フバーハ
2ターン目の行動 マリア:スクルト ヘンリー:ラーの鏡→トンヌラ
3ターン目終了時に スクルトの効果が【守備力1.5倍】になり フバーハの効果が切れる ←今ココ
4ターン目終了時に スクルトの効果が切れる

以上の事を頭に入れて行動投票するのはいかがでしょうか?

③ピエローヌ

第十三巻 >>390から抜粋
>ドラゴンキラーの会心の一撃判定値…87以下
>ゾンビキラーの会心の一撃判定値…57~87の間
>まどろみの剣の会心の一撃判定値…46~82の間
>まどろみの剣(ラリホー効果)の判定値…46~64の間

今回のピエロンド対象武器は
『吹雪の剣』『ドラゴンキラー』『まどろみの剣』『隼の剣』『デーモンスピア』の五つ
それらの会心の一撃判定と
『まどろみの剣』の眠り効果と『デーモンスピア』の即死効果の判定二つ
合計7つの 応援投票 ⇒高コンマ値があった方が有利です。

>>495
あんたすごいな!

いつもデータありがとう!

①陣形
前…トンヌラ・ゆかりん・ヘンリー
中…シビリン・ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ホーコ・シャオン

②行動
1E伯魔欣玄 2F 3Jピエローヌ
4S対象:伯魔欣玄 参加:シビリン、ホーコ、ミニモン
5ミナデイン待機 6P伯魔欣玄 7ミナデイン待機 8E対象:2 9ミナデイン待機 10Hアンディ

>>1さんに質問させて下さい。応援は1つのIDにつき何回も投票出来るのですか?
・出来る
例:二回投票しコンマ値が高い投票が
 そのIDの応援安価として扱われる
・出来ない
例:二回投票したが二回目以降の投票は無効
 そのIDの一回目の投票が応援安価として扱われる

※「>>497

※「本来の意図は、以下の」

・出来ない
 数回投票したが、二回目以降の投票は無効
 そのIDの一回目の投票が応援安価として扱われる

※「でしたが、昨今や現在の安価参加状況を鑑みて、」

・出来る
 数回投票したが、コンマ値が高い投票がそのIDの応援安価として扱われる

※「を今回は採用し、様子見させていただきます」


※「本日の結果を踏まえて、明日以降再び設定を改めさせて下さい><」

※「新システム開始につき多少の混乱が発生すること、本当に申し訳ありません」

①陣形
前…トンヌラ・ゆかりん・ピエローヌ
中…シビリン・ミニモン・マリア・スマハち・ヘンリー・ホーコ・シャオン
後…無し

②行動
1E 伯魔欣玄  マホカンタしているかどうか確認 MP消費3のホイミより少ないスカラで
2F 相手の補助効果消し去る為
3J ミニモン
4W 
5A
6P 伯魔欣玄 目指せワンターンキル
7A 
8B ミルドラース
9R
10H トンヌラ

③応援
ピエローヌ

③ ピエローヌ

>>496
皆と情報共有することが、勝利への地道な一歩と考えておりますので
お礼を言われる程の事ではありませんよ。
ですが、お礼のお言葉を頂き嬉しかったです。

③ピエローヌ

18時現在の 応援をまとめてみました。
これから投票する人、または高コンマ値狙って再投票する方
良かったら、参考にして下さい


ピエローヌ…5人
 応援者 ID:kxnMmqcDO ID:7HzcqKoSo ID:4RhscicnO ID:Wmyn7qupo ID:1/5gskD1o
 現在応援コンマ値: 17 78 35 80 81

ゆかりん…1人
 応援者 ID:7gIhAd3AO
 現在応援コンマ値: 60

シビリン…2人
 応援者 ID:QS7uk2eN0 ID:IQsqSC9jO
 現在応援コンマ値: 01 28

ミニモン…1人
 応援者 ID:GirWkm/W0
 現在応援コンマ値: 86

トンヌラ…1人
 応援者 ID:NNIgyDJZ0
 現在応援コンマ値: 60

トンヌラ『みんな、ゆかりん…パトリシアの陣形をとる!』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』

ゆかりん『パトリシア…!?』

シビリン・スマハち・ホーコ・シャオン『?』


トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{ゆかりん、元は導かれし者たちの陣形だ、おおよそわかるだろう}

ゆかりん(うん…!ただ今までよりパーティのしゅび力は上がるけどこうげき力がおちるよ)

トンヌラ{今までの戦い方を続ければ、ザオリクを唱えるマリアが真っ先に殺されるだけだ}

ゆかりん(そうだね。だれが前?)

トンヌラ{ぼく、ゆかりん、ピエローヌ}


ゆかりん『ピエローヌいがい、みんなうしろへ!』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』ススッ

シビリン・スマハち・ホーコ・シャオン『!?』

ミニモン『バカども。イイから下がれ。やりゃアわかる』パタパタ


マリア『まいります!』バッ

マリアはマグマのつえをふりかざした!つえのさきからひのたまがとびだす!

キラーマシンdにはきかなかった! キラーマシンeにはきかなかった!

伯魔欣玄に20のダメージ! ミルドラースに20のダメージ!

伯魔欣玄『ごほっ』

ミルドラース『クク。のろしは闇の雷玉ではないのか?』


シビリン『ロベオティオスがイるヨー!?ベラかエシてー!』フワフワ

ミニモン『ロベオティオスゥ?オイドイツン事だ。クラゲ』パタパタ

スマハち『シビリン!あん仮面、昨日のうそしと同ず姿だけんど匂いが違えだよ!』ビュンッ

スマハちのこうげき!

伯魔欣玄『!!』ザザッ

かいしんのいちげき!伯魔欣玄に371のダメージ!

伯魔欣玄『―――!?ゴボッ!』ブシュ


シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー・シャオン『オぉーっ!?』

伯魔欣玄はもうどくにおかされた!

伯魔欣玄『毒!』ガクッ

魔物たち『『『『《《あくましんかんが膝を!』』』』》》ザワッ


スマハち『ホーコが使っでたツメ、使いやすいだよ』シュタ

ホーコ『ソ♥ソウカ?』バサッバサッ

トンヌラはマホキテをとなえた!ミニモンのからだはあわいひかりをおびはじめた!

ミニモン『オォオォ?くくく。面白ェ手を使いやがる』パタパタ


ミルドラース『マホキテ。もっぱらコロボックルのような魔物が用いる呪文だ…』

ピカッ ピカッ ピカッ ゴロゴロゴロゴロゴロ

ゆかりんはじごくからいかずちをよびよせた!

仲間たち・ミルドラース『『!』』ミアゲル

伯魔欣玄・キラーマシンd・e・魔物たち『『『『《《!?』』』』》》ミアゲル


ゆかりん『マスター……スパーク!』カッ

ビリビリビリ……ガガァーーーンッ!!

キラーマシンdにはきかなかった! キラーマシンeにはきかなかった!

伯魔欣玄に206のダメージ! ミルドラースに258のダメージ!


伯魔欣玄『な゛何の技じゃ!ごの雷撃わ゛!?』ビリビリ

キラーマシンd・e『ノーダメージ』ウイィ

ミルドラースはゆかりんの冒険の書を読んでいる。

ミルドラース『……どうやら…勇者がさきほど手に入れた…特技…らしい』ビリビリ


シビリン『シビリンはアたラしイブーメラン!』ヒュンッ

シビリンのこうげき!

キラーマシンdに11のダメージ! キラーマシンeに2のダメージ!

伯魔欣玄に48のダメージ! ミス!ミルドラースにダメージをあたえられない!


キラーマシンdのこうげき!つうこんのいちげき!トンヌラに379のダメージ!

トンヌラ『がは!スクルトが…!?

シビリン・ゆかりん・ヘンリー『トンヌラ!』  マリア『トンヌラさんっ!』


キラーマシンdのこうげき!ピエローヌに72のダメージ!

ピエローヌ『むーっ。なんのこれしきでござるよ!』ググ

シビリン『キラーマシン2カイこウげき?ツよイなー』フワフワ


キラーマシンeのこうげき!トンヌラに68のダメージ!

トンヌラ『こっちのキラーマシンはふぶきのつるぎだ!』ビシビシ

キラーマシンeのこうげき!トンヌラに78のダメージ!

トンヌラ『―――』ビシビシビシ

トンヌラはしんでしまった!


スマハち『トン兄ちゃん!』  ピエローヌ『トンヌラどの!』  ホーコ『トンヌラ様!』

魔物たち『『『『《《!!?ウオオオォォォーーーッ!!!』』』』》》ワァーッ


ピエローヌ『……ゆかりんししょう!せっしゃはいかがいたします!』

ゆかりん『あのあくましんかん。たおせる?』

ピエローヌ『やってみせまする。……ゆかりんりゅう!』ピョーン

ピエローヌはそらたかくまいあがった!


ピエローヌ『…ひょうけつぎり!』

ピエローヌのこうげき!伯魔欣玄に147のダメージ!

伯魔欣玄『あーっ?』ビシビシ

ピエローヌ『ドラゴンぎり!』

ピエローヌのこうげき!かいしんのいちげき!伯魔欣玄に315のダメージ!

伯魔欣玄『わひッ!?儂を』ドシャ!

ピエローヌ『よみおく…!?』

伯魔欣玄をたおした!


シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア・スマハち・ヘンリー・シャオン『おォーーっ!!』

魔物たち『『『『《《!!?』』』』》》ザワッ

ピエローヌ『…ぬぬ!いちげきでもしとめられたでござるかや?』ポヨッポヨッ

シャオン『ピエローヌおにいさま、つよーい!』ドキドキ

ヘンリー『これで大魔王のじいさんたちは回復できねえかな?』


ホーコ(トンヌラ様!)ヒュンッ

キラーマシンdに11のダメージ! ミス!キラーマシンeにダメージをあたえられない!

ミルドラースに32のダメージ!

ミルドラース『……ザラキを唱えず、輝く息を吐かぬか。小賢しい』


ヘンリー『ピエローヌ!』カッ

ヘンリーはバイキルトをとなえた!ピエローヌのこうげきりょくが2ばいになった!

ピエローヌの『!(ドクンドクン)…ははっ!かならずやきたいにこたえてみせまする!』


ミニモン『尼の爆破とブロコの新型じゃ退屈らしいが。コレなら気に入ンだろォ!?』カッ

ミニモンはベギラゴンをとなえた!

キラーマシンdに67のダメージ! キラーマシンeに77のダメージ!

ミルドラースに87のダメージ!

キラーマシンd『フレイム』ボォォォォォォ!  キラーマシンe『コーション』ボォォォォォォ!


ミルドラースはぜんしんをふるわせ、つめたくかがやくいきをはいた!

ゆかりんに43のダメージ! ピエローヌに58のダメージ!

シビリンに52のダメージ! ミニモンに42のダメージ! マリアに45のダメージ!

スーパーマッスルハイテクちーたーに65のダメージ! ヘンリーに58のダメージ!

ホーコにはきかなかった! シャオンに22のダメージ!

魔物たち『『『『《《ミルドラースさまの攻撃だー!』』』』》》ワアッ


マリア『…皆さん。魔界での大魔王は、あの息を吐き、配下を喚ぶことしかしませんでした』

シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン『!』

ゆかりん『でもあいては大魔王をなのるモンスター。とっておきのチカラがあるとおもって』

シャオンはけんじゃの石をかかえててんにのぼった!ゆかりんたちのキズがかいふくした!


ゆかりん『みんな、トンヌラを後ろに!』

シビリン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・シャオン『りょうかい!』

ゆかりんたちは倒れたトンヌラを守るようにしてかまえた!

ミルドラース『…これが伝説の勇者の戦い。強きチカラは幻のごときもの、だったか?クク』

ゆかりんたちにかかっているスクルトとフバーハのこうかがきれた!

リゾート島 南の砂浜 4ラウンド目

伝説の勇者ゆかりんと仲間たち vs 大魔王ミルドラースとキラーマシンd・e



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:243/407】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:338/417 MP:105/190】守1.5倍・攻2倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:331/332 MP:355/429】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ミニモン  HP:403/403 MP:243/295】守1.5倍・被呪MP吸収
……………………………………………………………………………………………………
【マリア   HP:393/393 MP:361/578】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:470/484 MP:000/000】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:480/487 MP:328/402】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【シャオン  HP:279/279 MP:073/086】守1.5倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(†トンヌラ  HP:000/489 MP:223/437)死亡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




①陣形
1 前衛  2 中衛  3 後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
②行動/③応援
1 マリア(>>468)  2 スマハち(>>469)  3 トンヌラ(>>470
4 ゆかりん(>>471)  5 シビリン(>>472)  6 ピエローヌ(>>473
7 ホーコ(>>474)  8 ヘンリー(>>475)   9 ミニモン(>>476
10 シャオン(>>477




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【ミルドラース】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【キラーマシンd】
 【キラーマシンe】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



次回更新までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断

応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)
同キャラクターに数回応援する場合は、同ID内で最もコンマ値が高い応援を候補として採用


>>1さん更新お疲れ様です。
早速ですが、質問させて下さい。

今回の 応援 投票安価は 3回 とのことですが
壱:1IDにつき3名まで 昨日と同じように高コンマを狙い 何回も投票出来る
弐;1IDにつき3回まで 誰を応援するかはお任せするが やり直しなし
参:その他
上記のどれに当てはまりますか?

※「>>512

※「弐;1IDにつき3回まで 誰を応援するかはお任せするが やり直しなし です」

・陣形
前…ゆかりん、ピエローヌ、スマハち、ヘンリー、ミニモン
中…マリア、シビリン、ホーコ、シャオン

・行動
1Lトンヌラ 2Aキラーマシンe 4Sミルドラース 5ミナディン参加
6Pミルドラース 7ミナディン参加 8J 9Hキラーマシンe 10ミナディン参加

・応援
ゆかりん


これからどう動くかで、良い展開・悪い展開…どちらにも転びそう

作戦『いのちをだいじに』
行動選択率 回復>補助>攻撃

作戦『ガンガンいこうぜ』
行動選択率 攻撃(単体)のみで 一点集中
ターゲット①:ミルドラース→伝説魔物3匹召喚する?
      ②:キラーマシンd→現被ダメージから確実に倒せる可能性が高い
      ③:キラーマシンe→相手の『吹雪の剣』による追加ダメージを防ぐ

作戦『みんながんばれ』
行動選択率 回復>攻撃(全体)>攻撃(グループ)>攻撃(単体)>補助
回復しつつ、全体攻撃を主体にじわじわと攻めるww

③ スマハち

行動順
マリア → スマハち → トンヌラ → ゆかりん → シビリン
→ キラーマシンd(二回攻撃) → キラーマシンe(二回攻撃)
→ ピエローヌ → ホーコ → ミニモン → ミルドラース → シャオン

注釈:伯魔欣玄を 行動前に倒したので 判らずじまい …だがGJ!

>>528 GJ!!

①陣形
前衛:ゆかりん ピエローヌ ヘンリー ミニモン
中衛:マリア スマハち トンヌラ シビリン ホーコ シャオン

②行動
1 L トンヌラ
2 A キラーマシンe
3 Q
4 U ミルドラース
5 E
6 U キラーマシンd
7 A
8 J
9 H キラーマシンe
10 H フローラ
③応援
ピエローヌ

③ ミニモン

>>1さん質問です。

壱 トンヌラが行動前に蘇生し かつ前衛・中衛に居る場合
 い:行動順がまわって来たときに、通常通り行動出来る。安価投票結果で行動
 ろ:行動順がまわって来たときに、通常通り行動出来る。ただし>>1さんのAIで行動
 は:蘇生したターンは行動不可 敵からの攻撃を受ける可能性もある
 に:その他

弐 『時の砂』の所持者は 現在トンヌラですが 使用した場合
 ほ:そのターンの最初に戻り 安価投票も再投票になる
 へ:トンヌラから数えて、丸1ターン時が遡る
   1ターン前 トンヌラの行動から安価再投票
 と:1ターン前の行動開始前(マリアの行動前)に戻る 安価再投票
 ち:その他

判らない点がある為、ご説明も兼ねてお答えをお待ちします。
 

③応援
シビリン

※「気付いてしまった以上、訂正させていただきます><;」

※「>>510
※「ミニモンのベギラゴンは本来、ミルドラースへのダメージが発生しませんでした><;」
※「ミルドラースに87のダメージ!は撤回させていただきます」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


※「>>528

……………………………………………………………………………………………………
※「壱」

※「死亡したトンヌラの安価を提示してしまった為に、余計な混乱を招き申し訳ありません」
※「以下のように取り扱わせていただきます」


【前ラウンドでの死亡者は自動的に後衛へ移動。現ラウンドでは行動できない】


……………………………………………………………………………………………………
※「弐」

※「“と:1ラウンド前の行動開始前(マリアの行動前)に戻る 安価再投票”ですが、」
※「時の砂を使った直後の数ラウンドは、時の砂を使うことができなくなります」


時の砂

①【1ラウンド前の行動前へ時を戻して安価再投票。直後の数ラウンドは再使用できない】 

②【時を遡った事実は、時の砂を振り撒いた使用者のみが記憶できます】


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


※「>>1の見落とし・誤植、システムの不備・矛盾点などを認めましたら、」
※「どうぞお気軽にお申し付け下さい。確認して対応させていただきます」


※「なお、今安価は締切時間を設けて 2015/01/26(月) 10:00まで と変更いたします」

③応援
シビリン

③ シビリン

>>1さん、情報開示ありがとうございます。
大変参考になりました。重ねてお礼申し上げます。


第十三巻 >>450 >>514 >>541 >>591より抜粋
>ヘルバトラーはしゃくねつのほのおをはいた!
>ミルドラースたちに126のダメージ!

>ヘルバトラーはしゃくねつのほのおをはいた!
>ミルドラースたちに131のダメージ!

>ミニモンはメラゾーマをとなえた!ミルドラースに157のダメージ!

>ぼうそうしたまりょくがばくはつをおこす!
>ミルドラースたちに573のダメージ!

>>508-509 より抜粋
>マリアはマグマのつえをふりかざした!つえのさきからひのたまがとびだす!
>伯魔欣玄に20のダメージ! ミルドラースに20のダメージ!

>ゆかりん『マスター……スパーク!』カッ
>伯魔欣玄に206のダメージ! ミルドラースに258のダメージ!


第一戦(暗黒世界のほこら)と第二戦(リゾート島)では、ミルドラースの耐性が違う
・デイン系:耐性無し
・イオ系:耐性無し(道具だからダメージが入った?)
・ギラ系:耐性在り(無効化)

これは…気を付けたほうが良さそうな戦いになってきたね。

③シャオンがんばれ!


>>540までの、応援を纏めてみました。
急いだので漏れがあるやもしれません…ですが良かったら参考にして下さい。

ピエローヌ…9回
 応援コンマ値:08 41 51 06 74 62 41 32 33

ミニモン…4回
 応援コンマ値:37 61 82 93

ゆかりん…3回
 応援コンマ値:34 74 36

スマハち…3回
 応援コンマ値:12 23 94

シビリン…3回
 応援コンマ値:38 19 89

ヘンリー…1回
 応援コンマ値:70

ホーコ…1回
 応援コンマ値:12

シャオン…1回
 応援コンマ値:96

>>589
ヒント:ミルドラース「たち」←ミルドラース本人のダメージとは言ってない

応援はシビリン

②行動
1 F
2 A:ミルドラース
4 P:トンヌラ
5 E
6 P:キラーマシンd
7 G
8 J
9 H:ミルドラース
10 H:マリア

>>542-543
ご指摘ありがとうございます。
ベギラゴンはグループ対象攻撃魔法だということを失念していました…
>>539のミルドラース呪文耐性の件、撤回させて頂きます。
混乱を招くような書き込みをしてしまい、申しわけありませんでした。

ゆかりん『ミニモン、ヘンリーくん、まえへ!』

ヘンリー『ああ!わかったぜ』バッ!  ミニモン『しゃアねェなァ』パタパタ  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛【ゆかりん】【ミニモン】【ピエローヌ】【ヘンリー】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛【シビリン】【マリア】【スマハち】【ホーコ】【シャオン】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛(†トンヌラ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


マリア(トンヌラさん、蘇生したいけどこらえます。今はパーティの防御を…)イノリ

マリア『天にましますわれらが神よ!神は耐えることのできない試練を与えず!』カッ

マリアはスクルトをとなえた!パーティのしゅびりょくがふえた!

魔物たち『『『『《《!』』』』》》  *『あの女、邪魔だな』  *『女から殺せ!』


スマハち『まんずあん機械のチカラが厄介だべ。どっちゃかぶっ壊す』タタタッ

スーパーマッスルハイテクちーたーのこうげき!

スマハち「ギャアーオォッ!!」ビュンッ

かいしんのいちげき!キラーマシンeに335のダメージ!


キラーマシンe『(バキバキッ!)クリティカル・デンジャー・』ギ ギ ギ

仲間たち・魔物たち『『『『《《うおォ!?』』』』》》ドヨッ

シビリン・ピエローヌ・シャオン『すごいっ』  ホーコ(ハイドノバイオレンス♥)キュン

ミルドラース『カボチを滅ぼした魔獣の長、スマハち』


ゆかりん((イノリ)……わたしにつよい加護をかんじる。いまならうまくいきそう…!)カッ

ゆかりんはザオラルをとなえた!

仲間たち・ミルドラース・キラーマシンd・e・魔物たち『『『『《《!』』』』》》




……ドクン

トンヌラ「……… ……う…? げほっ!キラーマシンeのふぶきのつるぎにやられて…?」

トンヌラはいきかえった!

スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『おおーっ!』  マリア『トンヌラさん!』ホッ

魔物たち『『『『《《あぁ~…!』』』』》》  *『あの女勇者め!ザオも唱えるのか!』


シビリン『トンヌラ、シビリンたチガまもルよー!』カッ

シビリンはからだじゅうからまばゆい光をはなった!

ゆかりん・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・シャオン『うわっ!』サッ

キラーマシンdにはきかなかった! キラーマシンeにはきかなかった!

ミルドラースはめをとじてかわした!


シビリン『うー。キかナい…』フーム

ミニモン『クラゲェ!!ボサッとすンなァ!』ドン!

キラーマシンdのこうげき!つうこんのいちげき!ミニモンに386のダメージ!

シビリン『ウわアー!!ミニモーン!』フワッ

ミニモン『…ウゥ。言わンこッちゃ…ねェ…』クラァ

キラーマシンdのこうげき!ピエローヌに70のダメージ!

ピエローヌ『…むむっ。ミニモンせんぱい!』ググ


キラーマシンe『ター・ゲット・ロック』ス スイーー

キラーマシンeのこうげき!

ゆかりん『…わたしにこい!』ガキィン!ビシビシ

ゆかりんに77のダメージ!


キラーマシンe『…スラ・ィム・ナイト…』ウィン!

キラーマシンeのこうげき!つうこんのいちげき!ピエローヌに374のダメージ!

ピエローヌ『ごうっ!? …ふかっ…く』ガシャ!

ピエローヌはしんでしまった!


トンヌラ・ゆかりん・スマハち・ヘンリー『ピエローヌ!』  シャオン『おにいさま!』

魔物たち『『『『《《オオォー!?』』』』》》ザワッ


ホーコ『……』ヒュンッ

ホーコのこうげき!

キラーマシンdに12のダメージ! ミス!キラーマシンeにダメージをあたえられない!

ミルドラースに23のダメージ!


ヘンリー(ミルドラースはホーコと同じ強烈な冷気の息を吐く。オレのターンは…!)カッ

ヘンリーはフバーハをとなえた!トンヌラたちをやさしいひかりのころもがつつんだ!


ミニモン『クソが。俺も…ピエ太郎も。早速トカゲに、頼る事になンのか。だがヨォ』カッ

ミニモンはメラゾーマをとなえた!キラーマシンeに157のダメージ!


キラーマシンe『オーバー・キ…ルぅ』ゴォォォッ!

キラーマシンeをたおした!

ミニモン『テメェは、道連れだ』ガク


魔物たち『『『『《《メラゾーマ』』』』》》ザワッ

ミルドラース『一進一退、痛み分けといったところか』スーッ…

ミルドラースはぜんしんをふるわせ、つめたくかがやくいきをはいた!


ゆかりんに43のダメージ! ミニモンに45のダメージ! ミニモンはしんでしまった!

ミニモン『』ビキッ ヒュルルルル

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・スマハち・ヘンリー『ミニモン!』


ヘンリーに58のダメージ! シビリンに52のダメージ!

マリアに45のダメージ! スーパーマッスルハイテクちーたーに65のダメージ!

ホーコにはきかなかった! シャオンに22のダメージ!


シャオン(わぁーっ!おにいさまたちつよいけどだいまおうさまたちもつよいよー!)カッ

シャオンはモシャスをとなえた!

シャオンはじぶんのすがたをマリアそっくりにかえた!

マリアB『へーんしーん!』アシアゲ ピース

トンヌラ・仲間たち・ミルドラース・魔物たち『『『『《《!!?』』』』》》


マリア『私!? 私がいますわ!』アゼン

シビリン『シャオンマリアにナっタよー!?』ビックリ

ヘンリー『そ、そういえば初めて会った時って神父に変身してたっけなあ…』チラチラ

スマハち『マリ姉ちゃんの匂い増えでるよお』クンクン

ホーコ『………』バサッバサッ


マリアB(からだはフローラとにてるなぁー)ペタペタ グニ ペラッ!

トンヌラ・ヘンリー『!?』ブバッ

マリア『服はまくらないで!』アワワ

ゆかりん『こら!シャオンおぎょうぎよくするの!』

マリアB『はわ!?ごめんなさぁい!』ビクッ


ヘンリー『ああくそ』ミアゲル モンモン

トンヌラ『…うう…』ウツムキ ダラダラ

ゆかりんたちにかかっているスクルトのこうかがきれた!


ゆかりん『トンヌラ、ミニモンとピエローヌを守るかたちで。いい?』

ゆかりんたちは倒れたミニモンとピエローヌを守るようにしてかまえた!

トンヌラ『…ああ。了解…!』ポタッ

神秘のよろいがほのかにかがやく……。トンヌラのキズがかいふくした!

10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリアB
……………………………………………………………………………………………………
マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → マグマの杖 → (なまえをいれてください)

B じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

C じゅもん → マホトーン → (グループを指定してください)

D じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

E じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

F じゅもん → スクルト → 味方全体

G じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → ニフラム → (グループを指定してください)

I じゅもん → シャナク → (なまえをいれてください)

J じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマラー → 味方全体

L じゅもん → ザオリク → (なまえをいれてください)

M どうぐ → マグマの杖(イオの効果) → 敵全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

c サターンヘルムにもどる

リゾート島 南の砂浜 5ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースとキラーマシンd


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:733/853 MP:233/407】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:422/487 MP:325/402】守1.5倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:279/332 MP:355/429】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【マリア   HP:348/393 MP:358/578】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:405/484 MP:000/000】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【マリアB  HP:257/279 MP:068/086】守1.5倍・息耐性・変身中
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:397/489 MP:221/437】息耐性
……………………………………………………………………………………………………
(†ミニモン  HP:000/403 MP:233/295)死亡
……………………………………………………………………………………………………
(†ピエローヌ HP:000/417 MP:105/190)死亡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


1 マリア (>>468

10 マリアB(>>558

2 スマハち(>>469

3 トンヌラ(>>470

4 ゆかりん(>>471

5 シビリン(>>472

7 ホーコ (>>474

8 ヘンリー(>>475



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【ミルドラース】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【キラーマシンd】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>559の投下時刻~2015/01/27(火)06:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断

応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)

③応援
スマハち

マリアBのHP・MPがシャオンの時のままだけど
行動順がマリアと一緒だから…素早さなどは変わっている?
・そういう仕様
・HP・MP表記間違い
>>1さん、どちらでしょうか…?

※「>>561

※「・そういう仕様です。HP・MPはシャオン本体のものを引き継ぎます」

①陣形
前衛:ゆかりん ヘンリー トンヌラ
中衛:マリア マリアB スマハち シビリン ホーコ
後衛:ミニモン ピエローヌ

②行動
1 K
10 F
2 A:キラーマシンd
3 L:ミニモン
4 P:ピエローヌ
5 B:ミルドラース
7 A
8 H:キラーマシンd

③応援
シビリン

①陣形
前衛:ゆかりん ヘンリー
中衛:マリア マリアB スマハち トンヌラ シビリン ホーコ
後衛:ミニモン ピエローヌ
②行動
1 K
10 J ミニモン
2 A キラーマシンe
3 J マリアB(シャオン)
4 P ピエローヌ
5 B ミルドラース
7 A
8 K ホーコ
③応援
マリアB(シャオン)

>>1さん、仕様ですか…把握しました

③応援
シャオン

③ シビリン

③ シビリン

1さん、シャオンの持ってた賢者の石がなくなつまてるんですけど、
モシャスしたら、道具も変わってしまうのですか?
αではなく

※「>>587

※「そう言われてみますと、けんじゃの石を所持したままの方が自然な気がしました」
※「>>558に、下記選択肢を追加させていただきます」

N どうぐ → けんじゃの石(HP50~60回復) → 味方全体

※「既に投票された方で、シャオンの行動の変更を希望でしたらお申し出下さい」
※「日付変更直前の通知となってしまい申し訳ありません><」


>>590までの 応援 をまとめてみました
意外と 奇跡値(00・77) 追加値(ゾロ目全部) 出ないものですね

シビリン…6回
 応援コンマ値:24 52 35 96 76 26

シャオン(マリアB含む)…6回
 応援コンマ値:18 28 03 75 38 43

ヘンリー…5回
 応援コンマ値:72 30 40 49 61

ホーコ…3回
 応援コンマ値:03 57 75

スマハち…2回
 応援コンマ値:74 95

ゆかりん…2回
 応援コンマ値:53 93

トンヌラ…1回
 応援コンマ値:96

マリア…1回
 応援コンマ値:78

③ シビリン

③応援 シビリン

③ シビリン

③ホーコ

③応援
マリア

>>598 >>601 超GJ!!

②行動
1 K
10 J ミニモン
2 A ミルドラース
3 J マリアB(シャオン)
4 P ピエローヌ
5 B ミルドラース
7 C
8 B ミルドラース

トンヌラ『ヘンリー、ゆかりんを挟む形でぼくたちが前を!』タタッ

ヘンリー『ああ!』ジャキッ  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛【トンヌラ】【ゆかりん】【ヘンリー】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛【シビリン】【マリア】【スマハち】【ホーコ】【シャオン】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛(†ミニモン)(†ピエローヌ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


マリア(…あの…デモンズタワーのような…天の神さまの大いなるご加護を感じるわ)イノリ

マリアB『!(おねえさまをみならおっと)イノリ

魔物たち『『『『《《……!』』』』》》ザワザワ  *『どっちがどっちだ…?』  


マリア『天にましますわれらが神よ。禍殃と戦う勇者たちの傷を癒やし給え…』カッ

マリアはベホマズンをとなえた!トンヌラたちのキズがかいふくした!

トンヌラ・仲間たち・ミルドラース・魔物たち『『『『《《!?』』』』》》


*『ベホマラーか!?』  *『違う!あの様子はセルゲイナスと同じベホマズンだ!』

ミルドラース『女たちが次々と新しい技を習得している…。またしても天の加護の仕業か』


ゆかりん『マリアすごい!わたしのほかにベホマズンをつかうひとってはじめてだよ!』

マリア『ありがとうございます。ゆかりんさんと天の神さまのご教示のたまものですわ』ニコ

マリアB『わぁーっ。よーし。あたしもマリアおねえさまだもん、ひとがんばり……!』カッ

マリアBはザオラルをとなえた!


…ドクン

ミニモン『………(パキパキ)……(パキン!)ゲホォ!?ゲホゲホ!この野郎ォ!?ハアハア』

ミニモンはいきかえった!

シビリン・ゆかりん・スマハち・ヘンリー『ミニモン!』


マリア『あくまさん、良かった!』ホッ  マリアB『なんだかザオラルむずかしい』フーム

ミニモン『尼が二匹だァ!?ゲホゲホゲホーッゲホゲホ!トンズラァ!敵か味方か言えェ!』

トンヌラ『味方だ。どっちかがシャオン』  ミニモン『…アァ、アァ。ゲホゲホ』パタパタ

トンヌラ『ぼくはともかく、きみが蘇生して安心した。スマハち!』

スーパーマッスルハイテクちーたーのこうげき!

かいしんのいちげき!キラーマシンdに350のダメージ!


キラーマシンd『キラー・シリー…ず・ビー・ケ…ア』バキバキッ!

キラーマシンdをたおした!

ミルドラース・魔物たち『『『『《《!!』』』』》》ザワワッ

*『ミルドラースさまのキラーマシンさえやられるのか!?』  *『う…噂以上に強い!』


トンヌラはマホキテをとなえた!マリアBのからだはあわいひかりをおびはじめた!

マリアB『? おにいさまこれなあに?』キョロ キョロ

トンヌラ『受けた呪文からそのエネルギーを吸って、きみのMPの回復を図るものだ』

マリアB『そうなんだ。そういえばアンディもつかってたきがするなぁ』

ゆかりん(さっきほどつよい加護じゃないけど、きっとせいこうする…!)カッ

ゆかりんはザオラルをとなえた!

………ドクン

ピエローヌ『………。……… ! ごほっ!?んふ…ごほーっほっほう!』ポロポロ

ピエローヌはいきかえった!


シビリン『ピエたろうイきカエった!』フワッ  ミニモン『ゲホゲホ!ブロコの分際でヨォ』

*『……こっちはあくましんかんとキラーマシンを倒されたがあっちは復活しちまった……』

魔物たち『『『『《《…………』』』』》》ドヨドヨ


シビリン『ウわあーーッ!』ピューーン

シビリンのマヒこうげき!かいしんのいちげき!ミルドラースに226のダメージ!

ミルドラース『……!……』ヨロ

シビリン『だいまおうシビれナい?』


ホーコ(輝ク息ト呪殺ヲ使ワナイノナラ、私ハコノブーメランデ役立ツシカナイ…)メラメラメラ

ボオッ!

ホーコの炎のブーメランはほのおのチカラをみにまとった!

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ヘンリー・マリアB『『!?』』


ホーコのこうげき!かいしんのいちげき!ミルドラースに305のダメージ!

ミルドラース『! ぬぐ…ブーメランの威力ではない……!』バサアッ!

ヘンリー『覚悟しろよ、大魔王!』タタッ

ヘンリーのこうげき!かいしんのいちげき!ミルドラースに294のダメージ!

魔物たち『『『『《《ミルドラースさまー!!………!!……』』』』》》ザワザワ


ミルドラース『クク……。魔界でトンヌラたちを殺しておくべきだったか? だが』バッ!

ミルドラースは両手をひろげた!

トンヌラ・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!!あれは!』

シビリン・ゆかりん・ミニモン・スマハち・ホーコ・マリアB『!?』

ミルドラース『人間界ならではの趣向というものもある』グググッ

ミルドラースはなかまをよんだ!


ヘルバトラーゾンビがあらわれた!あくましんかんがあらわれた!ゴンズがあらわれた!

トンヌラ・仲間たち・魔物たち『『『『《《!!?』』』』》》ザワッ!

ヘルバトラーゾンビ・あくましんかん『………』

ゴンズ『ここはカジノ船の離島……? ……!? ま、まさかミルドラースさまでは…!?』


トンヌラ・ゆかりん・スマハち・ヘンリー・魔物たち『『『『《《ゴンズ!?』』』』》》

ミニモン『ブッ、ゴホッ!捕虜のブタ鼻じゃねェかヨォ!』パタパタッ

ヘンリー『…バカな!エルヘブンにいると聞いてたけど、喚んでどうするっていうんだ!?』

ミルドラース『久しいな…。裏切者として指名手配されているようだが、変わりはないか?』

ゴンズ『……すみません。おれは…負けました。ゲマさまとジャミのことはわかりません…』

ミルドラース『よい。人間に捕らわれ教団に指名手配されては、そなたも苦労したであろう』

ミルドラース『今の教団は見ての通りだ…。ゴンズよ。私と共に戦ってくれような?』

トンヌラ・仲間たち・魔物たち『『『『《《………!!?』』』』》》ザワワ

ゴンズ『(ウツムキ)…………。………………。…………』チャキ…

ゴンズ『戦います』


トンヌラ・スマハち・ヘンリー『…ゴンズ!!』

シビリン・ゆかりん・ミニモン・マリア『!』

魔物たち『『『『《《ウオオおおおーっ!?いいぞおーッ!殺せぇーーっ!!』』』』》》

スマハち『…結局ゴンズはオラたつの敵だよお。とっちゃのカタキだべ…』グルルルル ザッザッ

ミニモン『くくく。馬鹿猫が地獄モード入ッてやがる』  ホーコ(♥♥♥)

シビリン・ピエローヌ・マリアB(こわい!)ゾクゾク


ヘンリー『……親父さんを思うと、オレもゴンズとはケリをつけたいぜ。トンヌラ』

トンヌラ『…………』

ゴンズ『……………』

あくましんかん『ヘルバトラーにも注目したまえよ…。進化の果てに死亡したヘモの末路を』

トンヌラ・仲間たち『『……!?』』  マリアB・魔物たち『『『『《《?』』』』》》

ヘルバトラーゾンビ『………』ズル…ル


シビリン『エーー!?あレヘモじいなノー?カラダボロボロダよー!?』フワフワ

ゆかりん『ヘモさんは伝説の魔物にころされたって…!?』

ミルドラース『しもべに命じてヘモを回収し、私が実験を施したまでだ…』

マリア『!?……なんて……何てことを…!』フルフル

ミルドラース『面白い結果を得たので、これはそなたたちに披露せねばとな』

ミルドラース『クク。残念ながらゴレムンの回収はできなかったが』


シビリン『ヘモじいー!シビリンだヨー!』フワフワ

ヘルバトラーゾンビ『……』ズルル…

ミニモン『まァた俺らを忘れてンのかこの痴呆老人はァ!テメェ毎回面倒臭ェンだヨォ!?』

あくましんかん『骸は思考できない。況してや返事など。彼は兵器で爛れた物質でしかない』

ゆかりん『!』  マリア(おじいさん…!)  ヘンリー・ホーコ・マリアB『………』


トンヌラ『…ミルドラース…ゴンズ…再改造されたヘモ爺さん。…おまえは何物だ。名乗れ』

あくましんかん『私はマジリオだ。光の教団で研究官を務めている』

トンヌラ『……おまえが最初にヘモ爺さんを改造したのか?』

あくましんかん(マジリオ)『勿論だ。地獄の帝王の見識を仰ぎたいものだが』

ミルドラース『クク……。それは期待できぬな』

マジリオ『失礼致しました』フカブカ


マジリオ『ゴンズ様。あなたがゲマ様とジャミ様の復讐を果たせば、教団は歓迎しましょう』

ゴンズ『…………。…………おれのやるべきことは……わかっている……』プルプル

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・マリア・スマハち・ヘンリー『…』

*『……ゴンズさまーっ!』  魔物たち『『『『《《倒してくれぇーっ!!』』』』》》



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリア
……………………………………………………………………………………………………
マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → マグマの杖 → (なまえをいれてください)

B じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

C じゅもん → マホトーン → (グループを指定してください)

D じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

E じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

F じゅもん → スクルト → 味方全体

G じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → ニフラム → (グループを指定してください)

I じゅもん → シャナク → (なまえをいれてください)

J じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマラー → 味方全体

L じゅもん → ザオリク → (なまえをいれてください)

M じゅもん → ベホマズン → 味方全体

N どうぐ → マグマの杖(イオの効果) → 敵全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリアB
……………………………………………………………………………………………………
マグマの杖 プリンセスローブ うろこのたて 黄金のティアラ エルフのおまもり
けんじゃの石
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → マグマの杖 → (なまえをいれてください)

B じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

C じゅもん → マホトーン → (グループを指定してください)

D じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

E じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

F じゅもん → スクルト → 味方全体

G じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → ニフラム → (グループを指定してください)

I じゅもん → シャナク → (なまえをいれてください)

J じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマラー → 味方全体

L じゅもん → ザオリク → (なまえをいれてください)

M どうぐ → マグマの杖(イオの効果) → 敵全体

N どうぐ → けんじゃの石(HP50~60回復) → 味方全体

O サターンヘルムにもどる

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

リゾート島 南の砂浜 6ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースとゴンズ・ヘルバトラーゾンビ・マジリオ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:489/489 MP:219/437】息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ゆかりん  HP:853/853 MP:223/407】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:487/487 MP:325/402】守1.5倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:332/332 MP:355/429】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【マリア   HP:393/393 MP:340/578】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:484/484 MP:000/000】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【マリアB  HP:279/279 MP:058/086】守1.5倍・息耐性・被呪MP吸収・変身中
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:202/403 MP:239/295】
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:209/417 MP:105/190】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


1 マリア  (>>614

10 マリアB (>>615

2 スマハち (>>469

3 トンヌラ (>>470

4 ゆかりん (>>471

5 シビリン (>>472

6 ピエローヌ(>>473

7 ホーコ  (>>474

8 ヘンリー (>>475

9 ミニモン (>>476



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【ミルドラース】【マジリオ】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【ゴンズ】【ヘルバトラーゾンビ(ヘモ)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>616の投下時刻~2015/01/28(水)00:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断
応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)

※「異IDのレスでも自演連投と>>1が判断した場合、無効とさせていただく場合があります」
※「>>1の裁量如何となりますが、申し訳ありません。悪しからずご了承下さい><」


ゾンビになってしまっているので違う可能性もありますが一応まとめてみました

第一二巻>>329より抜粋
>ヘモ爺
>★ヘルバトラー
>レベル:99(/99) Max!

>イオナズン はげしいほのお ベギラゴン マホカンタ ザオリク メラゾーマ
>かがやくいき しゃくねつのほのお

攻略サイトの ヘルバトラーのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/party/ha/hellbattler.html

第十五巻>>716より抜粋
>アトラスのこうげき!ヘルバトラーに168のダメージ!
>アトラスのこうげき!ヘルバトラーに179のダメージ!

>アトラス『こいつじょうぶだなあ~~』ズズン
>ベリアル《丈夫というよりダメージを理解できていないんじゃないか?》

>ヘルバトラーはいきりたってアトラスにおそいかかった!アトラスに255のダメージ!

HPは最低347以上
確認出来た攻撃方法は『飛びかかり』

①陣形
前…スマハち・トンヌラ・ゆかりん・ヘンリー
中…マリア・マリアB・シビリン・ピエローヌ・ホーコ・ミニモン

②行動
1 K 10 F 2 D 3 A ミルドラース 4 W
5 J 6 P マジリオ 7 G 8 B ゴンズ 9 H ミルドラース

③応援
スマハち

>>1さん
ゴンズをトンヌラ辺りが説得して
戦闘離脱などさせる事は出来ないのかな?


ミルドラース残HP 予想

3ラウンド目 ダメージ:310
4ラウンド目 ダメージ:23
5ラウンド目 ダメージ:825
計 総ダメージ:1158

最大HPが2500と仮定すると 残HPは 1342

攻略サイトの ゴンズのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/dungeon-boss/boss/gonnzu.html

エルヘブンでの護衛の成果で 違う可能性もありますが一応


>>510より抜粋
>ピエローヌ『…ぬぬ!いちげきでもしとめられたでござるかや?』ポヨッポヨッ

3ラウンド目 ピエローヌの『ドラゴンぎり』直前の伯魔欣玄 予想残HPは 8
ピエローヌの発言通り 猛毒状態だったので 倒せた可能性

>>483 のまとめより
>(†ディック・左久良太  HP:0000/0800)
>ロベオティオスのもまとめてみた
>HP:251以上 少なくとも500超えHP:251以上 少なくとも500超え

以上から、悪魔神官たちの 最大HPは 800 だと予想します。

※「>>638

※「おそらく、ゴンズの運命については以降の物語で安価が発生することになると思います」


640>>までの、応援をまとめました
急いで集計したため、もしかすると漏れがあるかもしれません…

締め切りまで1時間切りましたが、良かったら参考にして下さい。

ピエローヌ…6回
 応援コンマ値:40 49 17 33 35 47

トンヌラ…6回
 応援コンマ値:50 05 37 60 25 54

スマハち…3回
 応援コンマ値:78 42 45

ゆかりん…2回
 応援コンマ値:81 58

ホーコ…2回
 応援コンマ値:33 55

ミニモン…2回
 応援コンマ値:95 89

ヘンリー…1回
 応援コンマ値:38

①陣形 
1前衛 トンヌラ ゆかりん ホーコ
2中衛 マリア マリアB スマハち シビリン ピエローヌ ヘンリー ミニモン
3後衛 無し

②行動
1 K
10 F
2 A マジリオ
3 A マジリオ
4 W
5 J
6 P ミルドラース
7 G
8 K ピエローヌ
9 H ミルドラース

③応援
ピエローヌ

③応援
ピエローヌ

③応援
ピエローヌ

トンヌラ『………ゴンズ迷うな!おまえの敵はぼくたちだろう!』

ゴンズ『!!……』ゴクリ

ミルドラース『クク…』

シビリン・スマハち・ヘンリー・ホーコ・マリアB『……?』

ゆかりん(…トンヌラ…)  マリア(……トンヌラさん!)


ヘモゾンビ『………』ズル…ル…

トンヌラ『……あの亡骸にはヘモ爺さんの魂を感じない。ぼくたちの手で葬ろう』

ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・マリアB『りょうかい!』

シビリン『ヘモじい』  ゆかりん『………』


トンヌラ《みんな、みんながゴンズを助けたいと思ってるならだがゴンズは早く倒せ》ヒソッ

シビリン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ・マリアB『……!?』

ヘンリー(ゴンズを助けるならだって…?どういうことだ…)チラッ

トンヌラ《今言えるのはこれだけだ。なにも聞くな》ジャキッ

スマハち『トン兄ちゃ…!?


ミニモンはスマハちの口を塞いだ。

ミニモン『馬鹿猫。俺らは黙ッてブタ鼻をブッ殺しゃアイイ。親父の仇だろォが?』パタパタ

スマハち『あぐばてなあ!オラやっとそんつもりだよお!』グルルル!


シビリン『シビリン、ヘモじいとゴンズコろシタくなイよー』フワフワ

ホーコ『敵ハオマエタチノソウイウ気持チヲ利用シテルンダ』バサッバサッ

シビリン『ヒどい…』クシャクシャ  マリアB『おにいさま』  ピエローヌ『ひきょうなり!』


マジリオ『こういう訳です。ゴンズ様。さあ』

ゴンズ『…………』ヒュンヒュンヒュン

トンヌラ『前衛、ぼくとゆかりん!』

仲間たち『『りょうかい!』』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛【トンヌラ】【ゆかりん】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛【シビリン】【ミニモン】【マリア】【スマハち】
中衛【ピエローヌ】【ヘンリー】【ホーコ】【マリアB】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


マリア『天にましますわれらが神よ。…神が合わせしもの、人は離してはならず!』カッ

マリアはベホマラーをとなえた!トンヌラたちのキズがかいふくした!

ピエローヌ『マリアせんぱい!かたじけなく!』ピョンッ  マリアB『わ! わわ?』フオン

マリアBは18MPすいとった!

ミニモン『今ァ化け尼にかかッてンのか。つーか尼ヨォ?量産されまくッてンなァ。くくく』


マリアB『マリアおねえさまありがとう!チカラもかりちゃうよー』カッ

マリアBはスクルトをとなえた!パーティのしゅびりょくがふえた!

ヘンリー『…すげえや、本当にマリアと同じになるんだ。性格以外は』

マリアB『HPとMPもあたしだよー。つぎはスマハちおにいさまのばん!』

スマハち「ガアアァーーオッ!!」ビュンッ

スーパーマッスルハイテクちーたーのこうげき!かいしんのいちげき!

マジリオ『うぉわァアーっ!?』ズザーッ

マジリオに330のダメージ!

ゴンズ・魔物たち『『『『《《!』』』』》》  *『あのキラーパンサーを止めてくれ!』


ヘモゾンビはいきりたってゆかりんにおそいかかった!ゆかりんに260のダメージ!

ゆかりん『くっ!?……ううっ』グイイッ

ヘモゾンビ『(パッ)…………』ヨロヨロ ズル


トンヌラ(ぼくに安価のチカラが上乗せされた…)タタッ

トンヌラのこうげき!かいしんのいちげき!マジリオに373のダメージ!

マジリオ『がファあ!?……わ、私を殺すのか?ま、待ちたま…え』クラア

ゆかりん『…マリアの…くれないのでんし…!』ウツムキ

ピカッ ピカッ ピカッ ゴロゴロゴロゴロゴロ

ゆかりんはじごくからいかずちをよびよせた!


ゴンズ(エルヘブンより激しい雷!)  魔物たち『『『『《《まただー!?』』』』》》

ゆかりん『薙ぎ払え!地獄の閃光!』カッ

ビリビリビリ……ガガァーーーンッ!!

ゴンズに92のダメージ! ヘモゾンビに279のダメージ! マジリオに223のダメージ!

ゴンズ『うー!!……』ビリビリッ  マジリオ『これは何…だ!?』ドシャ!

マジリオをたおした!

魔物たち『『『『《《あくましんかんがもうやられた!!?』』』』》》ザワザワ


キラ キラ キラ キラ キラ キラキラキラキラキラキラキラ

魔物たち『『『『《《光ってるぞー!?』』』』》》  ゴンズ『冷気…?あのくらげか?』

シビリン『エーい!』カッ

シビリンはヒャドリンをとなえた!


ビキ… ビキビキビキイッ!

ゴンズに182のダメージ! ヘモゾンビに146のダメージ!

ゴンズ『うおおーっ!?』ビシビシ!  ヘモゾンビ『…………』ズル…ル

ミルドラースにはきかなかった!

ピエローヌ『ゆかりんりゅう!』ピョーン


ピエローヌのこうげき!

ピエローヌ『ひとつ!』 ミルドラースに119のダメージ!

ピエローヌ『ふたつ!』 ミルドラースに113のダメージ!

ピエローヌ『みっつ!』 かいしんのいちげき!ミルドラースに300のダメージ!


ゴンズ・魔物たち『『『『《《3回!?』』』』》》ザワザワ

ピエローヌ『よっつ!』 ミルドラースに90のダメージ!

ピエローヌ『いつつ!』 かいしんのいちげき!ミルドラースに300のダメージ!

ミルドラース『ぬぐう!』ズババッ

ゴンズ・魔物たち『『『『《《5回!!?』』』』》》

ピエローヌ『むっつ!』 かいしんのいちげき!ミルドラースに309のダメージ!


ミルドラース『おのれ』ブシュッ

ピエローヌ『ななつ!』 ミルドラースに105のダメージ!

ミルドラース『』ガクウ!

仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《ウオオぉぉぉーーーっ!?』』』』》》


*『ミルドラースさまが崩れた!』  *『嘘だぁ!?』  *『これほどなのか!!』

ミルドラース『…!……!!…』ボタボタ  ゴンズ『……ミルドラースさま……!』ゴクリ

ピエローヌ『ホーコ!つぎはおぬしにござる!』ポヨッポヨッ


ホーコ(私ノテンションガ高イ。凍レ!)クワッ

ホーコはぜんしんをふるわせ、つめたくかがやくいきをはいた!

ゴンズに197のダメージ! ヘモゾンビに158のダメージ!

ゴンズ『ぐふっ』ビシビシビシ  ミルドラース『………』ガクガク

ミルドラースにはきかなかった!


ヘンリー『いいぜピエローヌ!』カッ  ピエローヌ『いたみいるしだいにて!』ジャキッ

ヘンリーはバイキルトをとなえた!ピエローヌのこうげきりょくが2ばいになった!


ミニモン『曲芸で瀕死だが。安価どもがほざくよォに化けやがンのか。大魔王はヨォ?』

トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!』』』』》》ザワ

ミルドラース『………クク……』ウツブセ

ミニモン『できねェなら。テメェはもォ死ぬ』カッ

ミニモンはメラゾーマをとなえた!

ミルドラースに159のダメージ!ミルドラースをたおした!


トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!!!』』』』》》ウワア!

魔物たち『『『『《《ミルドラースさまーっ!!?』』』』》》ウワアア!

シビリン『ミニモンがタおシた!』  スマハち『あん大魔王とっつぱれ?』


*《…………さすがだな 伝説の勇者とトンヌラサーカスよ…………》


トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!!』』』』》》

ミルドラース《……なまじ強いばかりに私の本当のおそろしさを見ることになるとは》メキメキ

ミルドラースがでっぷりとしたおおきなすがたへかわっていく!

トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《うわーー!?』』』』》》


シビリン『ヒゲきエた!トゲトゲ!』フワフワ  ミニモン『腹スゲェ出てきてンなァ』パタパタ

スマハち『オラみてえな牙!』ミアゲル  ピエローヌ『かたがおこり、うでがよんほんに!』

ヘンリー『太くて長いドラゴンのような尻尾』  マリアB『おっきいつばさもはえたよ!』

ゆかりん『……進化の秘法のチカラか…』ミアゲル  マリア『…進化…。進化って…』ミアゲル

ホーコ『(バサッバサッ ……ガシッ)……トンヌラ様』ベッタリ  トンヌラ『…ああ』

ゴンズ『こ……これがミルドラースさまの本当の姿……』ミアゲル

*『すごい』  *『あんなモンスターは見たことがない!』  *『だから神なのだっ!』

魔物たち『『『『《《うおおおおーーーーーっっ!!』』』』》》ワアッ

ビカッ! ブゥン

大魔王ミルドラースはじぶんのまえにかがやくひかりのかべをつくりだした!


ヘンリー『マホカンタだ!』  トンヌラ・シビリン・ゆかりん・ミニモン・ホーコ『!』

大魔王ミルドラースは上の両手をひろげた!

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・マリア・ヘンリー・ホーコ『2回行動!?』ミアゲル


大魔王ミルドラースはなかまをよんだ!

アトラスがあらわれた!ベリアルがあらわれた!バズズがあらわれた!

トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!!?』』』』》》ザワッ!


アトラス『? ここはそらじゃないよな~~~?』キョロキョロ

ベリアル『予定より早い召喚だと思ったが、きさまらがいたのか』ドスン

バズズ『カカカ!』バサッバサッ

トンヌラ『みんな!あれがヘモ爺さんを殺した伝説の魔物たちだ!』

シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・マリアB『!!』

ヘモゾンビ『………』ズルル


ゴンズ『…伝説の魔物?』ヒュンヒュンヒュン

ゴンズはもっているぶきをはげしくふりまわした!!ピエローヌに104のダメージ!

ピエローヌ『くわっ!?……む、むー!ゴンズとやら。せっしゃにとおすとは!』ピョンピョン


トンヌラたちにかかっている4ラウンド目のスクルトとフバーハのこうかがきれた!

リゾート島 南の砂浜 7ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースと伝説の魔物たち・ゴンズ・ヘモゾンビ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:489/489 MP:219/437】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ゆかりん  HP:593/853 MP:198/407】守1.5倍
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:332/332 MP:305/429】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ミニモン  HP:311/403 MP:229/295】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【マリア   HP:393/393 MP:322/578】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:484/484 MP:000/000】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:214/417 MP:080/190】守1.5倍・攻2倍
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:487/487 MP:319/402】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】守1.5倍
……………………………………………………………………………………………………
【マリアB  HP:279/279 MP:073/086】守1.5倍・被呪MP吸収・『変身中』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


1 マリア  (>>614

10 マリアB (>>615

2 スマハち (>>469

3 トンヌラ (>>470

4 ゆかりん (>>471

5 シビリン (>>472

6 ピエローヌ(>>473

7 ホーコ  (>>474

8 ヘンリー (>>475

9 ミニモン (>>476



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【ミルドラース】呪文反射
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【ゴンズ】【ヘモゾンビ】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3【アトラス】【ベリアル】【バズズ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>661の投下時刻~2015/01/29(木)00:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断

応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)



第二形態 ミルドラースのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/dungeon-boss/boss/mirudora-su_2.html

過去の対決から まとめてみました
 注意)ダメージを与える前に撤退したため各々最低HP推測できず

アトラス
 行動順 マリア(当時202)の前 ⇒すばやさ 202以上
 二回行動 破壊の鉄球を装備して攻撃してくることもある

バズズ
 行動順 マリア(当時202)の後 トンヌラ(当時177)の前
      ⇒ すばやさ 177~202の間
 コンマ値:28のマホトーンが効く ⇒ 魔封耐性が無い可能性
 特技:『甘い息』

ベリアル
 行動順 ピエローヌ(当時136)の後 ミニモン(当時112)orヘンリー(当時99)の前
      ⇒すばやさ 99~136の間
 コンマ値:28のマホトーンが効く ⇒ 魔封耐性が無い可能性

 二回行動 
 特技:『灼熱の炎』 

伝説魔物たち を抜かした 行動順

マリア ⇒ マリアB ⇒ スマハち ⇒ ヘモゾンビ ⇒ トンヌラ
 ⇒ ゆかりん ⇒ シビリン ⇒ ミルドラース ⇒ ホーコ
 ⇒ ミニモン ⇒ ミルドラース ⇒ ゴンズ


③応援 シャオン

推測の域 かつ可能性の話なので
>>1さんの采配により、全く持って見当違いな場合がある。
…それをご理解したうえで 参考にして下さい。

アトラスの素早さの高さからギガンデスのデータを参考にしている?
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/party/ka/gigantes.html
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/giganntesu.html
ttp://dq5.net/mon41.html

バズズの『甘い息』から下位の シルバーデビル(DQ2版)か
デビルロード(DQ5に出現せず)のデータを参考にしている?

ベリアルの『灼熱の炎』からアークデーモンのデータを参考にしている?
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/party/a/arcdeamon.html
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/a-kude-monn.html
ttp://dq5.net/mon302.html

③応援 シビリン

>>1さん、質問というか
ひとつ気になった事があるのでお聞きします。

>>658で ゆかりんが呼びよせた『マスタースパーク』
ミルドラースへの ダメージ表記が見当たりません。
これは…
 壱:ミルドラースにはきかなかった! で処理したが 表記漏れ
 弐:ミルドラースにダメージを与えた! がダメージを表記忘れ
 参:その他
上のどれに当て嵌まりますでしょうか?

※「>>674


※「参:その他」

※「申し訳ありません。処理も表記も漏れていました><」
※「本来ですと、ミルドラースはピエロンドの5、6撃目で倒れていたようです><;」


【漏れていた279のダメージについては、現在のミルドラースに追加させていただきます】


※「この通り>>1はやらかしますので、過失の疑いがある際はお気軽にお申し付け下さい!」

③応援 シャオン

>>1さん、処理と表記ありがとうございます。

>>677
GJ!

③トンヌラ

③トンヌラ

③応援 ピエローヌ

①陣形
前…トンヌラ・ゆかりん
中…マリア・マリアB・スマハち・シビリン・ピエローヌ・ホーコ・ヘンリー・ミニモン

②行動
1 M
10 C グループ3
2 A アトラス
3 J ピエローヌ
4 W
5 E
6 a
7 G
8 J
9 R

③シビリン


>>701までの 応援 をまとめました。
締切まで3時間半切りました。よろしければ参考にして下さい

シビリン…8回
 応援コンマ値:78 31 16 59 74 84 15 78

ピエローヌ…6回
 応援コンマ値:29 86 76 91 60 18

ゆかりん…5回
 応援コンマ値:79 48 05 55 55

ホーコ…3回
 応援コンマ値:03 19 90

スマハち…3回
 応援コンマ値:62 71 99

トンヌラ…3回
 応援コンマ値:96 54 95

ミニモン…2回
 応援コンマ値:92 45

シャオン…2回
 応援コンマ値:35 94

マリア…1回
 応援コンマ値:65

ヘンリー…1回
 応援コンマ値:78

①陣形
 1 前衛 ゆかりん トンヌラ スマハち
 2 中衛 マリア マリアB シビリン ホーコ ヘンリー ミニモン
 3 後衛 ピエローヌ

②行動
 1  M
 10 C:グループ3
 2  G
 3  J:ミニモン
 4  W
 5  C:グループ3
 6  後衛待機
 7  G
 8  J
 9  R

【暗黒世界】 ジャハンナ 六時の広場


黒い低層雲はすさまじい速さで南へ流れている。

兵士A「~…~~!~~~~~~~~…!」ヨロ…

兵士Aはたおされた!


スラタロウ「ピキー!」ポヨッ

スラタロウのこうげき!ミス!おろらんにダメージをあたえられない!


おろらん「……落ち着けよ。僕は水車を止めに来ただけだ。邪魔がなければ何もしない」

*「~~!」  *「~~~~~~~~~~~~?」  *「~~~~~~~~~~~~?」

おろらん(この町では人間語がわかる人間がいないらしいな。魔界の方言を喋ってるのか?)

兵士B「~~~~~~!!」ビュンッ

兵士Bのこうげき!おろらんに29のダメージ!


おろらん「………」ヌグッ ペロリ

おろらんのこうげき!兵士Bに115のダメージ!

兵士B「~~!」ガキィン!

おろらんのこうげき!兵士Bに117のダメージ!兵士Bをたおした!

兵士B「」ドシャ!

*「「~~~!!」」  *「~~~!」ジャキッ  *「~~~~~~~~~~!?」ジャキッ


おろらん「この町も敵に回してしまったか。ふっ。僕はいつも力づくになるな…」グイ

おろらんは頭のゴーグルを目元に下げた。

ヒューーーー!

おろらん・町民たち「「!」」ミアゲル


バサッ バサッ  スタッ!

*「~~~~~!」  *「~~~~~~!」  おろらん(…ホークマン?ガーゴイル?)

ファルコンがあらわれた!


ファルコン「本物の人間のような表情と身のこなし!何故町の者達を傷付けた!」ジャキッ

おろらん「! ……話せるやつもいるのか。僕はおろらん。町の水車を止めてもらいに来た」

ファルコン「それはできない。君は本物の人間に見えるが、大魔王の配下なのか?」ジリッ

おろらん「いや、依頼主のクエストだ。止めてくれないと僕じゃ壊すくらいしかできないが」


ファルコン「町の者達を傷付けられた上、無理な要求を突き付けられている…」ビュン ビュン

ファルコン「しかし…そのような横暴に従うようなジャハンナではない!」ジャキ!

おろらん(……こいつ。強いな)ジャキッ



A おろらんがんばれ

B ファルコン頑張れ



次回更新までのレスで多数決
同率一位の場合、次回更新直前のレスを採用

Bファルコン
おろらんは住民を気絶ではなく殺してるようだし
第一水車を止めたらジャハンナが危険なのでは?



おろらんのクエストは“ジャハンナの水車と止める”
時期的に、人間界から来たダークドレアム軍が
マーサの封印を解くために ジャハンナへと向かって来ている。

おろらんを止めようとすれば、ジャハンナの勢力は壊滅的
最悪の場合、水車が壊されマリアの腕を治す術が無くなってしまう。

マーサを護る為に人間に成った者たちよ!
酒を持て!魔物へ戻れ、守るべきはマーサだ!!


過去ログを漁って おろらんをまとめていたら
伝説魔物たちの情報が見つかったので記載します。

第十五巻>>691 より抜粋
>おろらんのこうげき!アトラスに105のダメージ!
>おろらんのこうげき!かいしんのいちげき!アトラスに380のダメージ!
>ベリアル『1ターンでアトラスを瀕死に追い込むとは何者…!?鍵はこいつか!』

>バズズはベホマをとなえた!アトラスのキズがかいふくした!

>ベリアルはルカナンを二回となえた!おろらんのしゅりびょくがさがった!


>>666に追加記載
アトラス
 行動順 マリア(当時202)の前 ⇒すばやさ 202以上
 二回行動 破壊の鉄球を装備して攻撃してくることもある
 アトラスの最低HPは 485
 ベリアルのセリフから推測すると、最高HPは500前後?

バズズ
 行動順 マリア(当時202)の後 トンヌラ(当時177)の前
      ⇒ すばやさ 177~202の間
 コンマ値:28のマホトーンが効く ⇒ 魔封耐性が無い可能性
 特技:『甘い息』 『ベホマ』

ベリアル
 行動順 ピエローヌ(当時136)の後 ミニモン(当時112)orヘンリー(当時99)の前
      ⇒すばやさ 99~136の間
 コンマ値:28のマホトーンが効く ⇒ 魔封耐性が無い可能性
 二回行動 
 特技:『灼熱の炎』『ルカナン』


クエスト派遣員 まとめ

おろらん
 第八巻> >364より抜粋
  >マリア「おろらんさんは物静かで厳しく、いきいきと戦われる方でした」
  >マリア「まるでそれ以外のことには興味がないかのようです」
  >マリア「私とはほとんどお話ししていただいていません……」

 第十一巻 >>724より抜粋
  >ゆかりん{あの戦士…はやぶさの剣であんな大ダメージをあたえたのか?}
  >男の戦士「ふっ。僕はおろらん。目的なら、この国にいる大教祖の討伐」

 第十二巻 >>314より抜粋
  >あくましんかんH『がっ!? お、おまえ、光の国の宗敵――
  >おろらんはちからのたてをてんにかざした!おろらんのキズがかいふくした!

 第十五巻 >>691>>693より抜粋
  >おろらん「…しかも…なぜおまえらがここにいるのかわからないが…悪霊の神々!」
  >おろらん「こっちのおまえらは話ができないのか?それとも、僕を舐めてるのか!」

  >アトラスのこうげき!おろらんに241のダメージ!
  >おろらん「ぐっ!?……こいつも、強くなっている!」ギリッ
  >アトラスのこうげき!つうこんのいちげき!おろらんに462のダメージ!
  >おろらんをたおした!

最低HP241 最高HP 241~703の間
装備:『隼の剣』『力の盾』
行動順 アトラスの後 バズズの前 ⇒ すばやさ:177~202の間

彼のルーラ石が封じられている以上 エビルマウンテン ⇒ ジャハンナ へは
 ・ミルドラースとの対話後、解放され 徒歩で
 ・ミルドラースの配下の者(セルゲイナス) ルーラで

ラゴス
 第十五巻 >>690-691より抜粋
  >ラゴス「(ゴクリ)何回もくどいけど、ぼくのクエストはこの門を開けるだけだからね」
  >ラゴスはアバカムをとなえた!

  >おろらん(ダメだ。ラゴスはバラバラにされた上で食われてる。蘇生はダメだ)ギリッ

呪文:『アバカム』
蘇生加護:ダークドレアム?


魔界側

魔界のエビルマウンテン班の行動の予想は
トンヌラたちが 人間界へ戻ったと同時にコロマージの『ルーラ』でエビルマウンテン へ?

ファルコン
 >>233より抜粋
 >トンヌラのこうげき!かいしんのいちげき!ファルコンに396のダメージ!
 >ファルコンのこうげき!
 >トンヌラ(初めて見る剣… 「う! ……!? 傷に氷が!」ビシビシ
 >ファルコンはベホマをとなえた!ファルコンのキズがかいふくした!

最低HPは396
行動順は トンヌラより後 ⇒すばやさ:187以下
装備:『吹雪の剣』
呪文:『ベホマ』

リゾート島 南の砂浜 7ラウンド目


トンヌラ『陣形はこのままで…

アトラス『おまえたち~!あのかみさまにするほどつよかったのか~~あ?』グワッ!

トンヌラ・マリア・ヘンリー・ピエローヌ『くる!』グッ

アトラスのこうげき!つうこんのいちげき!

ゆかりん『てあーっ!』ガキィン!

ゆかりんは天空のたてでつうこんのいちげきをはじいた! ゆかりんに131のダメージ!


アトラス・ベリアル・バズズ・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!?』』』』》》ザワッ

トンヌラ・仲間たち『『―――!?』』  ゆかりん『なんてチカラ』ブシュッ

アトラス『なんだ~!なんだおまえはあ~~~!!?』』ズンズン!

ベリアル『ガハハ!怒るな怒るな』ドスン  バズズ『カカカ!』バサッバサッ


アトラスのこうげき!つうこんのいちげき!

ゆかりん『だあーーっ!』ガキィン!

ゆかりんは天空のたてでつうこんのいちげきをはじいた! ゆかりんに126のダメージ!


アトラス『『ぐぞおお~~っ!!!』』  魔物たち『『『『《《……!』』』』》》ゴクリ

トンヌラ『ヘモ爺さんを瀕死にした痛恨撃だ。あれを2回も通常の攻撃にいなすなんて…!』

ゆかりん『すごいチカラの魔物ね。いつもはむずかしいよ。いまのわたしは運もあるみたい』


マリア『(イノリ)天にましますわれらが神よ。禍殃と戦う勇者たちの傷を癒やし給え!』カッ

マリアはベホマズンをとなえた!トンヌラたちのキズがかいふくした!

マリアB『…あたしダメージないけどもらうねー!』フオン  マリアBは36MPすいとった!


マリア『シャオンちゃん、あの魔物たちにマホトーンを唱えられますか?』

マリアB(…シャオンちゃん…! 『う うん できるよ。となえます!』カッ

マリアBはマホトーンをとなえた!

アトラス『バ~~カバ~~~カバ~~~~カ』  アトラスにはきかなかった!

ベリアル『グム?あの女、分身しているのか』  ベリアルのじゅもんをふうじこめた!

バズズ『鬱陶しい女め…今度こそ食ってやる』  バズズのじゅもんをふうじこめた!


スマハち『い!?マホトーン効いてんだべか!?ど、どひゃあ間に合わねえよおー!』ガカッ

スーパーマッスルハイテクちーたーはぜんしんから、いてつくはどうをはなった!

大魔王ミルドラースたちにかかっているすべてのまほうのききめがなくなった!


バズズ『……何だあ?カカカ!』  ベリアル『大魔王様の反射を消す目的が裏目に出たな』

ミニモン『なァにやッてンだかヨォ…』  スマハち『マリ姉ちゃんシャオン、すまねえ!』

マリアB『ん んーん!』クビフリ  マリア『スマハちさん、お気になさらないで!』


ヘモゾンビ『………』カッ

ヘモゾンビはイオナズンをとなえた!

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『イオナズン!?』

トンヌラ・シビリン・マリア・スマハち・ヘンリー・マリアBに137のダメージ!

ゆかりん『たっ!』カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした! ヘモゾンビにはきかなかった!

アトラス『あいつじゅもんもはねかえしてるぞお~!?』ズン ズン ズン!

ベリアル『我々も笑ってられないぞ』  バズズ『あれが天空の勇者ってやつか?カカカ!』


ホーコ『喋ラナイ死体デモ、呪文ハ唱エルノカ』バサバサ!

ミニモン・ホーコに110のダメージ!

ピエローヌ『ぬー… ちぇいや!』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした!

ピエローヌに15のダメージ! ヘモゾンビにはきかなかった!

ゴンズ『あのスライムナイトは、いったい何なんだ?』アングリ


トンヌラ『ミニモン』カッ

トンヌラはマホキテをとなえた!ミニモンのからだはあわいひかりをおびはじめた!

ミニモン『オォ?くくく。マホキテなンぞが役立つとはヨォ…』パタパタ


大魔王ミルドラース“バズズ。死んでもらうぞ…”

アトラス・ベリアル・バズズ・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!?』』』』》》ザワ

トンヌラ・仲間たち『『…?』』


アトラス『ついてないな~~?バズズ~~~』  バズズ『…チッ。ひとりで食うなよ』カッ

バズズはメガザルをとなえた!

トンヌラ『! メガザルか!』  ミニモン『自己犠牲だァ!?あの野郎も悪魔だろォが!』


パァァァァァァァァ! キラキラキラキラ キラキラキラ…

キラーマシンd『……(ググ ウイィ)…リスタート』  キラーマシンdはいきかえった!

キラーマシンe『……(ググ ピカッ)…リブート…』  キラーマシンeはいきかえった!

伯魔欣玄『………わ…儂を……? ……おお!?』  伯魔欣玄はいきかえった!

マジリオ『……何だ…? 私は?死んでいたのか?』  マジリオはいきかえった!

ゴンズ『おれの傷が治っていくぞ…』  大魔王ミルドラースたちのキズがかいふくした!

バズズはちからつきいきたえた。

魔物たち『『『『《《ウオオおおオオぉぉーーっ!?蘇生したあーーーっ!!』』』』》》


シビリン『ゲマのとキミたイニてきいっパイだヨー!?』  マリアB『はわわ…』ドキドキ

ゆかりん『ちがう、てきはひとりへっただけだ。わたしにチカラがみなぎってる…!』ウツムキ

ピカッ ピカッ ピカッ ゴロゴロゴロゴロゴロ

ゆかりんはじごくからいかずちをよびよせた!

マジリオ『欣玄様!あの朱い雷撃が来ます!』  伯魔欣玄『い~いかん!儂は耐えられん』  


ゆかりん『マスターーースパァーーク!』カッ

ビリビリビリ……ガガァーーーンッ!!

アトラスに420のダメージ! ベリアルに420のダメージ!

アトラス・ベリアル『ごっがあ゛あ゛あ゛あ゛あああーーっ!?』ビリビリビリ

ゴンズに139のダメージ! ヘモゾンビに420のダメージ!

キラーマシンdにはきかなかった! キラーマシンeにはきかなかった!

伯魔欣玄に336のダメージ! マジリオに336のダメージ!

大魔王ミルドラースに420のダメージ!


シビリン・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ホーコ・マリアB『おおォォー!?』

ヘンリー『おい、おまえゆかりんちゃんを怒らせてケンカになったら死んじまうぞ』ゴクリ

トンヌラ『ふふふ…。そうだね』  マリア『まあ。……もう。喜んでいて良いのかしら』


キラ キラ キラ キラ キラ キラキラキラキラキラキラキラ

アトラス『ご~ごの゛ひがり゛わ゛ぁ??』ビリ  ベリアル『い゛いがん゛ま゛ずい』ビリ

シビリン『まタさムイかラネー』カッ

シビリンはヒャドリンをとなえた!


ビキ… ビキビキビキイッ!

アトラスに378のダメージ!

アトラス『う゛ぞだ』ビシビシビシ ズズーン!

アトラスをたおした!


ベリアルに398のダメージ!

ベリアル『ご、おお゛バズズの゛メガザルの゛意味 が』ビシビシビシ ドスーン!

ベリアルをたおした!


ゴンズに398のダメージ! ヘモゾンビに318のダメージ!

キラーマシンdにはきかなかった! キラーマシンeにはきかなかった!

伯魔欣玄に131のダメージ! マジリオに131のダメージ!

マジリオ『マヒャドでば!マヒャドでばない!』  伯魔欣玄『ごおおっ…ここは地獄か?』

大魔王ミルドラースに398のダメージ!


ミニモン『やンじゃねェか!?クラゲェ!』  ピエローヌ『おみごとにございまする!』

シビリン『フひヒ!ゆかり~ん』フワフワーッ

ゆかりん『ん?なあに?』

シビリン『イえーい!』ハイタッチ

ゆかりん『(スカッ)? …えっ? な、なんだった?』

シビリン『…ゆかりん~…』フゥー  ミニモン『アァアァ。ブロコに期待してもヨォ?』ハァー

魔物たち『『『『《《……………』』』』》》ザワザワ


キラーマシンdのこうげき!つうこんのいちげき!ホーコに379のダメージ!

ホーコ『トン…!?』ヒュルルルルル

ホーコはしんでしまった!

トンヌラ・シビリン・ゆかりん・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『ホーコ!!』

キラーマシンdのこうげき!つうこんのいちげき!トンヌラに375のダメージ!

トンヌラ『ふぐう!?ぐ!伝説の魔物は、倒せたが……

トンヌラはしんでしまった!

ミニモン『トンズラァ!』  マリア『トンヌラさん!!』  マリアB『おにいさまーっ』

キラーマシンeのこうげき!ゆかりんに119のダメージ!

ゆかりん『くっ…前衛はわたしだけか!』ビシビシ!

キラーマシンeのこうげき!つうこんのいちげき!ゆかりんに367のダメージ!

ゆかりん『ああっ!? ……うっう…! やっかいな敵を…!!』グググ


ピエローヌ『ふう、ふう、てきを、にくんでは、ならぬ。……ゆかりんりゅう!!』ピョーン

大魔王ミルドラース“!”

ピエローヌ『ゆかりんりゅうのわざとヘンリーせんぱいのちから!おぬしにたえられるか!』

ピエローヌのこうげき!


ピエローヌ『こおり!』  大魔王ミルドラースに411のダメージ!

大魔王ミルドラース“!!”プシュ

ピエローヌ『りゅう!』  大魔王ミルドラースに254のダメージ!

ピエローヌ『むくろ!』  大魔王ミルドラースに251のダメージ!

ピエローヌ『すいま!』  大魔王ミルドラースに225のダメージ!

大魔王ミルドラース“ぐ…なぜ”クラ


ピエローヌ『ひえん!』  大魔王ミルドラースに235のダメージ!

ピエローヌ『ひえん!』  大魔王ミルドラースに242のダメージ!

ピエローヌ『えんま!』  大魔王ミルドラースに271のダメージ!

大魔王ミルドラース“ぐおおっ!!竜に従い、私に抗う、のか!”ヨロ


魔物たち『『『『《《……!!?……!!……!……』』』』》》ドヨドヨ

ピエローヌ『らちもない!しれたことよ!』ポヨッ ポヨッ

シビリン『ピエたろうイいぞー!!だいまおうキいテるかナー??』ミアゲル

ゆかりん『うん。ピエロンドがつうようしないあいてなんてきっといないよ』ミアゲル


ヘンリー『でも、いつなにが来るかなんてわからないぜ!』カッ

ヘンリーはフバーハをとなえた!トンヌラたちをやさしいひかりのころもがつつんだ!

ミニモンは3MPすいとった!  マリアBは3MPすいとった!


ミニモン『……アァ~。今日ヨォ?俺ァまだ撃ッてねェンだ。群竜どもにもヨォ…』パタパタ

マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!』  シビリン・ゆかりん・スマハち・マリアB『?』

ミニモン『角ジジイを殺ると決まッたなら。撃つのはこの戦闘。問題はタイミングだがヨォ』


ミニモン『ピンピンした重武装キラーマシンが2匹。フラフラしたあくましんかんが2匹』

ミニモン『あのクソども。何か下らねェ真似する前にブッ殺す方がイイ。撃つのは今だ』

ゆかりん『……たしかに』  マリアB『…しんかんなら あたしみたいにザオリクする?』

ミニモンのMPがみるみるへっていく!


ミニモン『まァ…MP全部使ッちまう酷ェ燃費ッてコトは覚えとけ。ウァァァァァーッ!!!』

ミニモン『……成仏させてやる、ジジイの死体ごとヨォーーーッ!!』ピカアッ!

ミニモンはすべてのまりょくをときはなった!

仲間たち・伯魔欣玄・マジリオ・ゴンズ・魔物たち『『『『《《まぶしいーっ』』』』》》

ぼうそうしたまりょくがばくはつをおこす!

ドッゴォォォォーーーン!!

大魔王ミルドラースたちに696のダメージ!


キラーマシンd『…アン!…ヌォ……』グワシャア  キラーマシンdをたおした!

キラーマシンe『イン…ッシ…ィー』グワシャア!  キラーマシンeをたおした!

伯魔欣玄『ひあっ…?』ズバア!  伯魔欣玄をたおした!

マジリオ『!?素晴らs』ズバア!  マジリオをたおした!

ヘモゾンビ『……… …』ブオオッ!  ヘモゾンビをたおした!

大魔王ミルドラース“……… ………”ズオオオオ


*『『『ぎゃああーーっ!!?』』』  *『爆発がこっちに!!』  *『逃げ…逃げ!』

シビリン『すごイヨミニモーン!』  ゆかりん『ミニモンがこんなに危ないチカラを…!』

ミニモン『くくく!どォだァ!?オメーらに負けちゃいらンねェ…コレが俺の秘呪だゼェ!』

シビリンとゆかりんとミニモンの頭上で半透明の岬の老人が浮かんでいる。


シビリン『アれ?ヘモじい!??』  ゆかりん『ヘモさん!?』  ミニモン『アァ!?』

(ヘモ爺)『ありがとう。おぬしたちには感謝の言葉もない』フカブカ

シビリン『ヘモじいモトにモドったのー!?』ミアゲル

ゆかりん『……進化の秘法ならそういうこともあるけど…でも、なんかおかしい…』ミアゲル

ミニモン『アァアァ…こりゃアアレだ。ジジイ死ンでンだゼェ。デカブツン時と同じでヨォ』


シビリン・ゆかりん『!?』  シビリン『!??』ウネウネ  ゆかりん『…どういうこと?』

ミニモン『俺が説明すンのかァ?アレだろジジイ。成仏できたから最後の挨拶ッつーヨォ?』

(ヘモ爺)『うむぅ。そのようだ。くらげ、子悪魔。トンヌラにも伝えてくれ。達者でとな』

シビリン『ヘモじいもイきカエろウよー』ポロポロ


(ヘモ爺)『泣くな…。わしはここまで。おぬしたちと出会ってから…迷惑ばかりかけたが』

(ヘモ爺)『老いて充実した生活だった。神を見て知った。人間の姿を失ったが悔いはない』

ミニモン『記憶を失い。脳味噌イジられた末に獄死だ。拷問以上の地獄を見てンだろォが?』


(ヘモ爺)『それでもわしは、良い生涯だったよ。……おぬし…ゆかりん。伝説の勇者…か』

ゆかりん『…うん』ミアゲル

(ヘモ爺)『おぬしは戦いに勝って…トンヌラと末永く…。幸せになってくれ』ミオロス

ゆかりん『ヘモさん』ミアゲル


(ヘモ爺)『トンヌラに渡したいものがあってな… わしの遺産では縁起が悪いか…?』ムム

シビリン『ヘモじいワるクナいよー!』ポロポロ  ミニモン『何くれンだヨォ?早く出せ』

(ヘモ爺)『実はな、もう渡してあるのだ… ではな…。がんばれ… おぬしたちは生きろ』


スーッ…

ヘモ爺のすがたがきえた。


ゴゴゴゴゴ… パラパラ…

シビリン『うー。ヘモじい』ポロポロ

スマハち『ああっ!?シビリンあぶねえ!!』

ゴンズはもっているぶきをはげしくふりまわした!!シビリンに105のダメージ!

シビリン『!?!?ウー!』ポヨッポヨッ  ミニモン『クラゲェ!?ブタ鼻ァ!テメェ!』

ゆかりん『…みんなのターンがおわったじょうたいか? ミルドラースがくる!』ジャキッ


ミルドラースはイオナズンをとなえた!

シビリン・マリア・スマハち・ヘンリー・マリアBに144のダメージ!


シビリン『うウーー!?』  シビリンはしんでしまった!

マリアB『わああー!?』  マリアBはしんでしまった!

マリアBはサターンヘルムのすがたにもどった。

ゆかりん・スマハち・ヘンリー『シビリン!シャオン!』  マリア・ピエローヌ『!…』


ゆかりん『わたしにはきかない!』カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした! 大魔王ミルドラースに144のダメージ!


ミニモンに115のダメージ! ミニモンは15MPすいとった!

ミニモン『ウゥ…!クソッ!あのジジイが。最後まで面倒臭ェタイミングで逝きやがッてェ』


ピエローヌ『ヘモどのでございまするか!?てえぇい!』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした!

ピエローヌに16のダメージ! 大魔王ミルドラースに32のダメージ!


大魔王ミルドラース“滅びろ……”カッ

ミルドラースはイオナズンをとなえた!

ミニモン『こッこの野郎!連発だァ!?』  ヘンリー『全体攻撃の連発だぜ、まずい!』


マリア・スマハち・ヘンリーに120のダメージ!

マリア『…あ…!! うう… 私が倒れちゃ…』  マリアはしんでしまった!

ゆかりん・ヘンリー『マリア!!』  スマハち『…がるるる!マリ姉ちゃん…!』


ゆかりん『くっ。攻勢にでたか!』カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした! 大魔王ミルドラースに120のダメージ!

ミニモン『MPの回復はイインだが…ウオォォ!!』ドゴォン

ミニモンに96のダメージ! ミニモンは15MPすいとった!


ピエローヌ『おのれ!ゆかりんししょうとせっしゃにきかぬとはいえ!』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした!

ピエローヌに13のダメージ! 大魔王ミルドラースに27のダメージ!


魔物たち『『『『《《…………………』』』』》》

*『……ミルドラースさまも…苦戦してないか……?』  *『『『……………』』』

*『どっちが勝つんだ?』  *『ミルドラースさまに決まっている!』  *『…………』


ゆかりん『…ミニモン、スマハち、ピエローヌ!ヘンリーくん、みんなを後ろに!』

ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』ザザッ

ゆかりんたちは倒れたトンヌラたちを守るようにしてかまえた!

リゾート島 南の砂浜 8ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースとゴンズ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:367/853 MP:173/407】守1.5倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:082/403 MP:030/295】守1.5倍・息耐性・被呪MP吸収
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:083/484 MP:000/000】守1.5倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:386/417 MP:055/190】守1.5倍・攻2倍・息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:086/487 MP:316/402】守1.5倍・息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(†トンヌラ  HP:000/489 MP:217/437)
……………………………………………………………………………………………………
(†シビリン  HP:000/332 MP:255/429)
……………………………………………………………………………………………………
(†マリア   HP:000/393 MP:286/578)
……………………………………………………………………………………………………
(†ホーコ   HP:000/306 MP:070/070)
……………………………………………………………………………………………………
(†シャオン  HP:000/279 MP:086/086)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


2 スマハち (>>469

4 ゆかりん (>>471

6 ピエローヌ(>>473

8 ヘンリー (>>475

9 ミニモン (>>476



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【大魔王ミルドラース】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【ゴンズ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>738の投下時刻~2015/01/30(金)10:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断

応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)

③応援 スマハち

このターンの 行動順

スマハち ⇒ ゆかりん ⇒ ピエローヌ ⇒ ヘンリー
 ⇒ ミニモン ⇒ ゴンズ ⇒ ミルドラース

③応援 ピエローヌ

推測 残HP

ミルドラース:3318
ゴンズ:696

③応援 ピエローヌ


ヘモ爺から貰ったもの? まとめ

第一巻>>732より抜粋
>ヘモ爺「おぬしたちの旅の幸運を祈っておる」ジャラ

第六巻>>77より抜粋
>ヘルバトラー『この万巻の書を捨て置けと言うのか!?』グイグイ
>トンヌラ『何冊か持っていこう。とりあえずそれで満足してくれ』

第十一巻>>935より抜粋
>ヘルバトラー「神は大魔王などではない。それにわしはおぬしの世話になっておる」
>ヘルバトラー「“大魔王ミルドラース”よりトンヌラを信じるのは当然の成り行きだ」

思い当たるのは、ヘモ爺が自宅から持って来た蔵書か…な?

応援 すまはち


>>780までの 応援 まとめて…
ゾロ目(増加値)多いよ!吃驚だよ!!

ピエローヌ…14回
 応援コンマ値:11 66 78 20 73 08 66 80 85 27 36 44 81 84

スマハち…12回
 応援コンマ値:10 50 49 28 62 24 82 64 27 24 76 28

ゆかりん…7回
 応援コンマ値:34 22 60 44 49 01 24

ミニモン…4回
 応援コンマ値:34 93 02 73

ヘンリー…2回
 応援コンマ値:62 68


折角なので >>789に >>781-788の 応援値追加しました

ピエローヌ…15回
 応援コンマ値:11 66 78 20 73 08 66 80 85 27 36 44 81 84 00

スマハち…14回
 応援コンマ値:10 50 49 28 62 24 82 64 27 24 76 28 77 82

ゆかりん…8回
 応援コンマ値:34 22 60 44 49 01 24 22

ミニモン…6回
 応援コンマ値:34 93 02 73 43 66

ヘンリー…3回
 応援コンマ値:62 68 11

②行動
2 G 敢えて、スマハち新特技取得に一票。
4 Q
6 H:ミルドラース 後二回しかピエロンド使えないならMP吸っちゃえ
8 O:トンヌラ
9 H:ゴンズ

②行動
2 G
4 Q
6 H:ミルドラース
8 G:グループ2
9 H:ミルドラース
③応援
ヘンリー

③応援 ヘンリー

③応援 ヘンリー

ゆかりん『前はわたしにまかせて』チャキ

ピエローヌ『ゆかりんししょう!せっしゃも

ヘンリー『ピエローヌ。今のおまえは、間違っても死んじゃいけないんだぜ』

スマハち『おめえが舞えねば、あんでったらむんづなば、ぶっ倒せねえべさ?』ザッ ザッ

ミニモン『700級のマダンテ、撃ッちまッた。ハァハァ。今の俺ァダメージソースじゃねェ』


大魔王ミルドラースはみをまもっている。


ゆかりん・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『!』ミアゲル

ゴンズ『!』ミアゲル  魔物たち『『『『《《ミルドラースさまが防御を!?』』』』》》

ヘンリー『トンヌラ、マリア、シビリン、ホーコ、シャオンがやられて、オレたちもやばい』

ミニモン『だが。退いてンのは、デブ怪獣だ。まさか、ミドリムシ。ビビッてねェよなァ?』

ヘンリー『天の追い風も、受けてるんだぜ。今のオレたちは、絶対に退けねえさ』


スマハち『(カガム)……ピエローヌ……。オラの攻撃ばよおく見るだよ……』ノソッ

ピエローヌ『はっ。しかと』ジッ…

*『……ええい!早く攻撃すればいいものを!』  *『ああやって見てるだけが嫌だぜ…』


スマハち『…………。…………!(ギラッ)「「フギャアアァーーーオッ!!」」ビュンッ

スーパーマッスルハイテクちーたーのこうげき!

大魔王ミルドラース“……”グググ

スーパーマッスルハイテクちーたーは大魔王ミルドラースのぼうぎょをうちはらった!

仲間たち・大魔王ミルドラース・ゴンズ・魔物たち『『『“《《!!?』』』”》》


かいしんのいちげき!大魔王ミルドラースに371のダメージ!

大魔王ミルドラース“……!……”ズオオオオ

魔物たち『『『『《《ミルドラースさまーーっ!!』』』』》》  *『何の…冗談だ!?』


スマハち『……ピエローヌ!わがったべか!?』スタッ

ピエローヌ『……ためしてみまする!』

大魔王ミルドラースはみをまもった!


ゆかりん『わたしがみんなを回復する…ヘンリーくんはせかいじゅの葉を!』カッ

ゆかりんはベホマズンをとなえた!ゆかりんたちのキズがかいふくした!

ヘンリー『……よし! この葉っぱって世界樹の葉じゃないんだけどな。似てねえし』

ミニモン『ついでにMPまで回復しちまうとヨォ?くくく。結構バカにできねェ呪文だッたか』

ミニモンは36MPすいとった!


ピエローヌ『ししょうは、はじいて……せんぱいは、はらって……』ブツブツ… ピョーン!

魔物たち『『『『《《またあのスライムがとんだ!!』』』』》》  *『やめろーっ!!』

ピエローヌのこうげき!


ピエローヌ『(チャキ)だいまおうのからみし、よっつのうで、いずこかにほつれがあるやも』

大魔王ミルドラース“…………”グググ メキメキメキ

ピエローヌ『こでござるかや…?』ズニュ

ズバァン!

ピエローヌは大魔王ミルドラースのぼうぎょをきりはらった!

ピエローヌ『ひだりした、かいな、なか』  大魔王ミルドラースに411のダメージ!

大魔王ミルドラース“――……!?”ビシビシ!

ゴンズ・魔物たち『『『『《《!!?』』』』》》ミアゲル


スマハち『そいでいが!』ミアゲル  ミニモン『くくく!あの野郎すぐパクリやがる』ミアゲル

ヘンリー『うっひゃあー』ミアゲル  ゆかりん『あんなことわたしだってできるか…』ミアゲル


ピエローヌ『みぎうえ、かいな、うえ』  大魔王ミルドラースに251のダメージ!

ピエローヌ『みぎした、かいな、した』  大魔王ミルドラースに241のダメージ!

大魔王ミルドラース“……ク……!”ググッ

大魔王ミルドラースはみをまもった!

ピエローヌ『むむ!』  大魔王ミルドラースに162のダメージ!


ピエローヌ『みきったり!』ズバァン!

ピエローヌは大魔王ミルドラースのぼうぎょをきりはらった!

ピエローヌ『ひだりうえ、かいな、うえ!』  大魔王ミルドラースに233のダメージ!


ピエローヌ『てんちのちからをさずかりしゆかりんりゅうにかなうものなし!』

かいしんのいちげき!大魔王ミルドラースに628のダメージ!

大魔王ミルドラース“―――!!?――――――”グラアッ

ピエローヌ『だいまおうかくご!』  大魔王ミルドラースに211のダメージ!

大魔王ミルドラース“―――― ふ…… ふざけたチカラ だ……”ドスン ドスン

魔物たち『『『『《《うわああ~~~っ!!?』』』』》》ミアゲル  ゴンズ『!!』ミアゲル


ゆかりん『ピエローヌ、バイキルトがかかってるのにかいしんのいちげきをだした』

ヘンリー『あいつ、どうやったらあんな器用なことができるんだよ』

ピエローヌ『されど、さすがはだいまおう!こんしんのわざにもたおれぬか!』ポヨッポヨッ

ミニモン『コワモテでも死ぬ連撃を繰り返し食らッて立ってンしなァ。体力は認めてやッか』


大魔王ミルドラースはみをまもった!


ヘンリー『(ダキッ)おいトンヌラ、なんとか飲みこめ。よっと……こうかな……?』グイグイ

ヘンリーは魔界樹の葉を粉にしてトンヌラにあたえた!


…ピクッ

トンヌラ『………。…うぇ!?おえェ~!?なんかうごめいてる!』ジタバタ!ダンダンダン!

ゆかりん・ヘンリー『トンヌラ!』ホッ  スマハち『トン兄ちゃんなんしたべー?』カシゲル

トンヌラ『なにこれなにこれ!?こんなことするのミニモンかヘンリーだろ!』ジタバタ!

ミニモン『オォ』  ヘンリー『おまえなあ~。助けた仲間に人聞きの悪いこと言うなよ!』

トンヌラはいきかえった!


ピエローヌ『トンヌラどの。そのかんむり、いつみにつけたのでございまするか?』ミアゲル

トンヌラ『か、冠?冠ってなんだ? 口の中はひどいけど体調が元に戻ってるのは良かった』

ミニモン『死にまくッてリセットしたか慣れたか。アァ~。ジジイがヨロシクとヨォ?』カッ

ミニモンはメラゾーマをとなえた!大魔王ミルドラースに145のダメージ!

大魔王ミルドラース“……………”グググ メキメキメキ

ミニモン『チッ。俺の調子もイイが。デブ怪獣の防御をブッ飛ばす程じゃアねェか』パタパタ


ゴンズ『はあ……はあ…… うおおーーっ!』ヒュンヒュンヒュン

ゴンズはもっているぶきをはげしくふりまわした!!

トンヌラ・ミニモン・ピエローヌ『!』  スマハち・ヘンリー『ゴンズ!!』

ゆかりん『るあーっ!』ガキガキィン!

ゆかりんは天空のたてでこうげきをはじいた!ゆかりんはダメージをうけない!

ゴンズ『!?……こ、(こんな奴らに、おれが勝てるわけなかったんだ)ドス ドス


トンヌラ『やっぱりゆかりんってすごいな』  ピエローヌ『まっことほれぼれしまする!』

トンヌラ『……今、後衛で死んでるのは、シビリン、マリア、ホーコ、シャオンか……』

トンヌラ『………。ミルドラースはかなり弱ったように見えるけど時間は経ってなさそうだ』

ゆかりん『いま8ラウンド目だよ』  トンヌラ『わかった』


大魔王ミルドラースは上の両手をひろげてなかまをよんだ!

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『!』ジャキッ

イブールがあらわれた! セルゲイナスがあらわれた!

エースがあらわれた! ロベオティオスがあらわれた!

トンヌラ・仲間たち・ゴンズ・魔物たち『『『『《《!!』』』』》》ザワッ!


トンヌラ・ヘンリー『イブール!』

ゆかりん『ロベオティオス! まさかベラもいる?』

ミニモン『あくましんかんを見てクラゲがほざいた名前だなァ。……ババアは見当たンねェ』

ピエローヌ『おつぼねさまはおられぬかと。せんぱいがた!あれなる、あおみどりのあくま』

ピエローヌ『あれがマリアせんぱいとせっしゃがまかいのうみでみたセルゲイナスにござる』

トンヌラ・ヘンリー『!』  ミニモン『オォオォ。アレがそォかヨォ…?くくく』パタパタ


セルゲイナス『……いつ喚ばれるものか憂慮しておったが、凄まじい数の裂傷……』ミアゲル

大魔王ミルドラース“……天空界は後だ……まず…トンヌラサーカスを滅ぼす……”

イブール・セルゲイナス・エース・ロベオティオス『ははっ!』

魔物たち『『『『《《うおおおおおーーーーっ!!!』』』』》》

*『セルゲイナス!倒してくれェ!』  *『イブールさま!』  *『エース!エース!』

トンヌラ・ゆかりん・ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『……!!』ジャキッ


イブール『……よもやここでお前と再会する運命とはな。ゴンズ』ジャラ

ゴンズ『イブールさま……。………………』ググ

イブール『積もる話もあろうが後にするがよかろう。今は運命を開く時よ』ジャララ

ロベオティオス(大魔王様に召喚されたか。さて…この革命はどのような結末を迎えるかな)


スマハち『あん装備ちうことは、ゲマの悪魔だべ』  ミニモン『しぶてェなァ。エリート』

エース『僕を南海へ射出したホークブリザードは死んでいるようだね』バサッバサッ

イブールはイオナズンをとなえた!

スマハち『ずぴい!?まんつこい魔物、呪文ば

スーパーマッスルハイテクちーたーに142のダメージ!


ミニモン『ウアァ!殺る気満々じゃねェかワニ野郎!』パタパタ!

ミニモンに114のダメージ! ミニモンは15MPすいとった!


ヘンリー『うおあっ! フバーハを見て呪文なのかそれとも…? ……あれ?少しマシだな』

ヘンリーに71のダメージ!


ゆかりん(そういえば島の転移制御はどうなってる?)カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした!

イブール『ぎょえっ!?』ドゴォン

イブールに114のダメージ!


ピエローヌ『せっしゃもへんじょうつかまつる!』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした!

ピエローヌに16のダメージ! イブールに31のダメージ!

イブール・セルゲイナス・エース・ロベオティオス『……!?』


トンヌラ『ゆかりんとの同期で少しわかってたけど…イブールは敵になってしまったか』

トンヌラはダメージをうけない!

ゆかりん・ヘンリー『トンヌラ!』ザザッ

トンヌラ『うん』スクッ


トンヌラたちにかかっている6ラウンド目のスクルトとバイキルトのこうかがきれた!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
トンヌラ
……………………………………………………………………………………………………
ドラゴンの杖 神秘のよろい みかがみのたて 太陽のかんむり 王家のあかし
エルフのおまもり 炎のブーメラン 時の砂
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → ドラゴンの杖 → (なまえをいれてください)

B こうげき → 炎のブーメラン → 敵全体

C じゅもん → ホイミ → (なまえをいれてください)

D じゅもん → キアリー → (なまえをいれてください)

E じゅもん → バギ → (グループを指定してください)

F じゅもん → スカラ → (なまえをいれてください)

G じゅもん → ベホイミ → (なまえをいれてください)

H じゅもん → リレミト

I じゅもん → バギマ → (グループを指定してください)

J じゅもん → マホキテ → (なまえをいれてください)

K じゅもん → ベホマ → (なまえをいれてください)

L じゅもん → ザオラル → (なまえをいれてください)

M じゅもん → メガザル → 味方全体

N じゅもん → バギクロス → (グループを指定してください)

O とくぎ → みやぶる → (なまえをいれてください)

P どうぐ → ドラゴンの杖(ドラゴラムの効果) → トンヌラ

Q どうぐ → 時の砂(1ターン前後の時を戻す)

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンリー
……………………………………………………………………………………………………
きせきのつるぎ 炎のよろい グレートヘルム みかがみのたて エルフのおまもり
まどろみの剣 ラーの鏡 世界樹のしずく
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A こうげき → きせきのつるぎ → (なまえをいれてください)

B こうげき → まどろみの剣 → (なまえをいれてください)

C じゅもん → メラ → (なまえをいれてください)

D じゅもん → マヌーサ → (グループを指定してください)

E じゅもん → ルカナン → (グループを指定してください)

F じゅもん → イオ → 敵全体

G じゅもん → メダパニ → (グループを指定してください)

H じゅもん → ルカニ → (なまえをいれてください)

I じゅもん → マホカンタ → (なまえをいれてください)

J じゅもん → フバーハ → 味方全体

K じゅもん → バイキルト → (なまえをいれてください)

L どうぐ → ちからのたて(ベホイミの効果) → ヘンリー

M どうぐ → ラーの鏡(真実を映す効果) → (なまえをいれてください)

N どうぐ → 世界樹のしずく(ベホマズンの効果) → 味方全体

a 『先行行動』 ぼうぎょ

b どうぐ → わたす → (わたす対象とアイテムを指定してください)

リゾート島 南の砂浜 9ラウンド目

トンヌラと仲間たち vs 大魔王ミルドラースと大教祖イブールたち・セルゲイナス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:137/407】息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:289/403 MP:071/295】息耐性・被呪MP吸収
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:342/484 MP:000/000】息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:401/417 MP:030/190】息耐性
……………………………………………………………………………………………………
【ヘンリー  HP:416/487 MP:316/402】息耐性
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トンヌラ  HP:489/489 MP:217/437】
……………………………………………………………………………………………………
(†シビリン  HP:000/332 MP:255/429)
……………………………………………………………………………………………………
(†マリア   HP:000/393 MP:286/578)
……………………………………………………………………………………………………
(†ホーコ   HP:000/306 MP:070/070)
……………………………………………………………………………………………………
(†シャオン  HP:000/279 MP:086/086)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


2 スマハち (>>469

3 トンヌラ (>>837

4 ゆかりん (>>471

6 ピエローヌ(>>473

8 ヘンリー (>>838

9 ミニモン (>>476



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【大魔王ミルドラース】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2【イブール】【セルゲイナス】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3【ロベオティオス】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4【ゴンズ】【エース】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



>>839の投下時刻~2015/01/31(土)00:00までのレスで多数決・受付
パーティ戦術上の矛盾・票の同率一位・無票などの場合は、>>1のAIが整理して判断

応援は3回まで可能(1回ずつ異なるキャラクターでも結構です)

③応援 ミニモン

>>751で予想したミルドラースの予想残HPが
間違っていることに気付きましたので修正します。

ゆかりんとピエローヌが跳ね返したダメージを加算して…
8ターン開始時の ミルドラース 予想残HP:2995 でした

③応援 ピエローヌ

イブール
行動順 ホーコ(当時:129)の後 シャオン(予想:40)の前
 ⇒ すばやさ:40~129の間
呪文:『ルーラ』『イオナズン』
↓イブールのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/dungeon-boss/boss/ibu-ru.html

エース
【エース        HP:0400/0400】
行動順 スマハち(当時:216)の後 ヘモ爺の(当時:197)前
  ⇒ すばやさ:197~216の間
特技:『呪い』
呪文:『ギガデイン』
↓エース(ライオネック)のデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/party/ya/lionek.html
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/raionekku.html

ロベオティオス
HP:251以上 少なくとも500超え
行動順 ゆかりん(当時:177)の後 シビリン(当時:159)の後 ホーコの(当時:129)前
   ⇒ すばやさ:129~159の間
二回行動
特技:『凍てつく波導』
呪文:『ルーラ』『マホトーン』『メダパニ』

セルゲイナス
呪文:『ルーラ』 戦闘に入る前にルーラで撤退した為 確認出来るデータが無い

↓セルゲイナスのデータ
ttp://dq5-ds.ek-pro.com/monster/detail/serugeinasu.html
手元の攻略本によると
マヒャド ベホマズン 痛恨の一撃 を使ってくる

③応援 ヘンリー

予想残HP

ミルドラース:342
イブール:4025
セルゲイナス:440
ロベオティオス:800
ゴンズ:696
エース:400

個人的には >>834より抜粋
>ピエローヌ『トンヌラどの。そのかんむり、いつみにつけたのでございまするか?』ミアゲル
>トンヌラ『か、冠?冠ってなんだ? 口の中はひどいけど体調が元に戻ってるのは良かった』
ピエローヌが視認している『冠』が気になる…


敵増援も増え、此方は戦闘不能者が多い…一進一退。
此処での選択が結構今後を左右するでしょうね

 『いのちをだいじに』 仲間蘇生優先
  〇トンヌラの『メガザル』
  〇トンヌラ、ゆかりんがマリア・シャオンに『ザオラル』⇒次ターンに『ザオリク』
  〇↑にピエローヌの『祝福の杖』も有効

 『じゅもんせつやく』 MP回復に専念
  〇ピエローヌ『マホトラ』
  〇トンヌラ『マホキテ』

 『ガンガンいこうぜ』 全力攻撃 ターゲット単体
  〇ピエローヌ『ピエロンド』 ⇒ MPが尽きてしまうのがネック
  〇トンヌラ、ヘンリー、スマハち 通常攻撃
  〇ゆかりん『ギガスラッシュ』か会心の一撃狙い
  〇ミニモン『メラゾーマ』

 『いろいろやろうぜ』 相手の手数を減らす
  〇スマハチ、ミニモン 『おたけび』
  〇ゆかりん『ラリホーマ』
  〇ヘンリー、ミニモン『メダパニ』



このターンの行動順 予想

スマハチ ⇒ エース ⇒ トンヌラ ⇒ ゆかりん ⇒ ピエローヌ 
 ⇒ ロベオティオス ⇒ ヘンリー ⇒ ミニモンorセルゲイナス 
 ⇒ ゴンズ ⇒ ミルドラース ⇒ イブール


>>836より抜粋
>ゆかりん(そういえば島の転移制御はどうなってる?)カンッ

ゆかりんがルーラを警戒している。
相手は3体使い手がおり、こちらはシャオンが倒れている…逃げられてしまう?

①陣形
 1前衛 ゆかりん トンヌラ
 2中衛 スマハち ピエローヌ ヘンリー ミニモン
 3後衛 マリア シビリン ホーコ シャオン

②行動
 2 D 
 3 M
 4 I グループ3
 6 H イブール
 8 G グループ2
 9 D グループ4

補足
ロベオティオスは コンマ値97で 『おたけび』が効いた

ゆかりん『わたしのちょうしがまだいいみたい。前はわたしがうけもつから』

ミニモン・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー『りょうかい!』

トンヌラ『ぼくも中衛へ出よう』ピッ

トンヌラはおうじゃのあいをつかった!

トンヌラ{ゆかりんが見て、大魔王ミルドラースの残りHPはどれくらいだと思う?}

ゆかりん(…わからない。もうすこしかも。大魔王はつぎのピエロンドを耐えるだろうか)

トンヌラ{…………。ゆかりん}

ゆかりん(メガザルをつかうんだね。わかった…そのあとのことは任せて)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛【ゆかりん】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛【トンヌラ】【ミニモン】【スマハち】【ピエローヌ】【ヘンリー】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛(†シビリン)(†マリア)(†ホーコ)(†シャオン)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


セルゲイナス『彼らはあのマーサの息子とその仲間なのだ。猊下は人間どもに甘すぎる』カッ

トンヌラ・ゆかりん・ピエローヌ・ヘンリー『!』  ミニモン・スマハち『速ェ!』

セルゲイナスはベホマズンをとなえた!大魔王ミルドラースたちのキズがかいふくした!

*『……セルゲイナスめ、偉そうにしやがって』  *『おまえ、セルゲイナスを知らんな』


ヘンリー『ベホマズンって数値で言うとどれだけ回復するんだい?』

ゆかりん『パーティ全員、999』

スマハち『そいでむったど全快すんだべか。だばオラ何すっぺ?あん仮面もめんどくせえず』

スマハち「……グルルル……ガァーアオッ!!」ビリビリッ

スーパーマッスルハイテクちーたーはおたけびをあげた!


ゴンズ『んんおー!?』  ゴンズはすくみあがった!

エース『獣の恫喝に怯む僕じゃない』  エースにはきかなかった!

ロベオティオス『う!』  ロベオティオスはすくみあがった!

イブール『獰猛な…』  イブールにはきかなかった!

セルゲイナス『我輩は動じんが、良き気迫』  セルゲイナスにはきかなかった!

大魔王ミルドラース“…………”  大魔王ミルドラースにはきかなかった!


エース『以前と戦法が違う…ゴーレムの代わりは勇者の女で良いのですか』ズズズズズズ…

エースはのろいをかけた!

ミニモン『当然ソレで来ンよなァ』パタパタ  トンヌラ『ゆかりん!』

ゆかりん『……だいじょうぶ……』ウツムキ

ゆかりんにはきかなかった!


エース・イブール『!?』

エース『バカな…!?新しい呪いのうなり木は僕だけで機能すると、マジリオは言っていた』

イブール『トンヌラサーカスには天の加護もあろう』ジャラ


トンヌラ『ゆかりん、なんて頼もしいんだろう。父さんが勇者を求めたわけだ……』カッ

トンヌラはメガザルをとなえた!

スマハち『トン兄ちゃん、まんだ!?』  ピエローヌ『みなをいきかえしまするか!』

パァァァァァァァァ! キラキラキラキラ キラキラキラ…


シビリン『………… ウ…… うー……???』  シビリンはいきかえった!

マリア『………… あ……? トンヌラさん?』  マリアはいきかえった!

ホーコ『………。私ハ……死ンデイタノカ…?』  ホーコはいきかえった!

シャオン『……… ……! あたしー えっと』  シャオンはいきかえった!

ミニモン・スマハち『オぉーーっ!』  パーティのキズがかいふくした!

ヘンリー『……トンヌラ!』  トンヌラはちからつきいきたえた。


魔物たち『『『『《《ああぁ~~~……!』』』』》》ドヨドヨ

*『汚ねえ手を使う奴だ!』  *『バズズも使ったぜ』  *『てめー人間の味方か!?』

セルゲイナス『あの少年はメガザルを使うのか』

ロベオティオス『という事は、トンヌラ王子の、MPは尽きた。王子が呪文を使う事は、ない』


ゆかりん『イブールとロベオティオスがいる…。できれば……いっきに…たおしたい…!!』

ピカッ ピカッ ピカッ ゴロゴロゴロゴロゴロ

ゆかりんはじごくからいかずちをよびよせた!

エース『ライデインの雲じゃない。ギガデインでも、前に唱えていた変則のデインでもない』

ゴンズ『…あの女はさっきも雷雲を呼んだが、さっきのよりはるかに危険だ…』ゴクリ


ゆかりん『カミのチカラで、裂けろーーっ!』チチッ チリチリッ

ゆかりんのマスタースパークがぼうそうした!

シビリン『ワ ワー!?』  マリア『ゆかりんさん!』  ホーコ『!!…』

ビリビリビリビリ……ガガァァァーーーーーンッ!!


ゴンズに191のダメージ!

ゴンズ『づーーっ!?』ビリビリッ

エースに580のダメージ!

エース『ギャアーッ!!?』ドシャッ!

エースをたおした!

シビリン・ミニモン・マリア・スマハち・ピエローヌ・ヘンリー・ホーコ『オォーーっ!?』


イブールに464のダメージ!

イブール・ゴンズ『……エース!』ビリビリビリ

ロベオティオスに464のダメージ!

ロベオティオス『あ゛あ゛あ゛~~あ゛あ゛~~』ビリビリビリ!

セルゲイナス『んんっ…!!この、雷撃は…!?これも、古代の、技か?』ビリビリッ

セルゲイナスに191のダメージ!

大魔王ミルドラースに580のダメージ!


ロベオティオス『啓示を知り、信奉者というのは、容易くは、ない』ビリビリ ブルルッ

ロベオティオスはすくみあがっている!

ゆかりん『あの神官にきをつけて!2回こうどうでヘンリーくんみたいにメダパニで操る!』

ミニモン・マリア・ピエローヌ・ヘンリー『!?』

ヘンリー『なんだって…そいつはまずい』  マリア『エルフのおまもりがありますわ!』

ロベオティオスはステテコダンスをおどった!


ロベオティオス『〽ハアァァァ~~!お~かみは・いーくさと・言~うけ~れど』ベン!

シビリン・ゆかりん・スマハち・ホーコ・シャオン『!?』

大魔王ミルドラース・セルゲイナス・イブール・ゴンズ『“…!?』”

魔物たち『『『『《《なんだ…?あのあくましんかんは…』』』』》》ドヨドヨ


ロベオティオス『〽そん~なおたーっし・捨ーててこ・捨ーててこ』チャン チャカ チャン

ホーコ『……シヴィ。アノ仮面ッテコウイウ奴ダッタノカ?』バサッバサッ

シビリン『…シビリンアんマりおぼエテない…』ウズウズ  ピエローヌ『むむ…!』ウズウズ

ミニモンはシラ~っとしている!

ミニモン『ンだァ?あの馬鹿踊りはヨォ。…アァアァ。こォいうのは軟体どもがヤベェンだ』


ロベオティオス『〽け~んかが・はーなだと・だんーな言ーうけーど?』チャカ チャン

スマハち『(ウズッ)我慢だオラ我慢、我慢すっだ』プイッ

スーパーマッスルハイテクちーたーはシラ~っとしている!


ロベオティオス『〽ぶっすい~なだーけだぜ・捨ーててこ・

ピエローヌ『すーててこ!』チャカ

ピエローヌはつられておどってしまった!

ヘンリー『おいピエローヌ!?踊ってる場合じゃねえんだって!』

ヘンリーはシラ~っとしている!


ピエローヌ『うっうっ!もうしわけありませぬ!このみがおぼえようとしてしまいまする!』

ピエローヌはつられておどっている!

シビリン『スーてテこ・すーテてコ!』フワフワ  シャオン『あたしおどれない……』ユラユラ

マリア『ゆかりんさん、神官のあの踊りはとても危険です。何か止める方法はありますの?』

ゆかりん『えっと…どうしよう、わからないかも。エルフのおまもりは効いてないよね…?』


ヘンリー『………。いかんいかん!オレたちまで動揺してどうする。しょうがないな!』カッ

ヘンリーはフバーハをとなえた!トンヌラたちをやさしいひかりのころもがつつんだ!

ミニモンは3MPすいとった!


ミニモン『……とりあえずMPはある。もはや俺も魔王級だゼェ。全殺しにしてやる!』カッ

ミニモンはイオナズンをとなえた!

ゴンズに153のダメージ!

ロベオティオスに122のダメージ!

イブールに122のダメージ!

セルゲイナスに122のダメージ!

大魔王ミルドラースに153のダメージ!


魔物たち『『『『《《あのミニデーモンは、イオナズンも唱える!』』』』》》

ゴンズ(おれは、こんなにも無力だ)ブフー

ゴンズはすくみあがっている!


ブン

大魔王ミルドラースのこうげき!つうこんのいちげき!ヘンリーに379のダメージ!

ヘンリー『!!?』バキイッ

ゆかりん『ヘンリーくん!?』  マリア『ヘンリーさん!』  スマハち『王子さまっ!』

ヘンリー(どうも、このラウンド…オレは、ツイてないか?)グラッ


カッ

大魔王ミルドラースはイオナズンをとなえた!

スーパーマッスルハイテクちーたーに147のダメージ!

ヘンリー『』ドゴォン

ヘンリーに147のダメージ!ヘンリーはしんでしまった!

シビリン・ミニモン『ミドリムシ!』  シャオン『ヘンリーおにいさま!』


ミニモンに118のダメージ! ミニモンは15MPすいとった!

ミニモン『(フオン)……俺の呪文の方が。威力でけェな。くくく』パタパタ


ゆかりん『く、ヘンリーくんに攻撃をとおされた!』カンッ

天空のたてがじゅもんをはねかえした! 大魔王ミルドラースに147のダメージ!


ピエローヌ『かんじんかなめでせっしゃがあのような!なれどどういたさば…!?』シュバッ

ミラーシールドがじゅもんをさばいてはねかえした!

ピエローヌに16のダメージ! 大魔王ミルドラースに33のダメージ!


イブール(神に喚ばれては、神の敵との戦いがわしの最善の選択よ)ジャラッ

イブールのゆびさきから、いてつくはどうがほとばしった!

スマハち『おめえもけ!?』  ホーコ『……ヘンリノフバーハガ消エタ』バサッバサッ

ゆかりんたちにかかっているすべてのまほうのききめがなくなった!

リゾート島 南の砂浜 10ラウンド目

伝説の勇者と仲間たち vs 大魔王ミルドラースと大教祖イブールたち・セルゲイナス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ゆかりん  HP:853/853 MP:112/407】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
中衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ミニモン  HP:285/403 MP:074/295】
……………………………………………………………………………………………………
【スマハち  HP:337/484 MP:000/000】
……………………………………………………………………………………………………
【ピエローヌ HP:385/417 MP:030/190】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
後衛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【シビリン  HP:332/332 MP:255/429】
……………………………………………………………………………………………………
【マリア   HP:393/393 MP:286/578】
……………………………………………………………………………………………………
【ホーコ   HP:306/306 MP:070/070】
……………………………………………………………………………………………………
【シャオン  HP:279/279 MP:086/086】
……………………………………………………………………………………………………
(†トンヌラ  HP:000/489 MP:000/437)
……………………………………………………………………………………………………
(†ヘンリー  HP:000/487 MP:313/402)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



①陣形

1 前衛  2 中衛  3 後衛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

②行動 / ③応援


1 マリア  (>>468

2 スマハち (>>469

4 ゆかりん (>>471

5 シビリン (>>472

6 ピエローヌ(>>473

7 ホーコ  (>>474

9 ミニモン (>>476

10 シャオン (>>477



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【大魔王ミルドラース】