大蛇丸「私が第七班の担当上忍の大蛇丸よ」 (299)

大蛇丸「16歳未満の男の子にしか興味がないわ」

大蛇丸「じゃあ順番に自己紹介してちょうだい。適当に名前と性癖でも言ってくれればいいわ」

サクラ「名前は春野サクラ、性癖は」

大蛇丸「黙れメスブタ」

ナルト「俺の名前はうずまきナルト!!んでもって夢は火影になって里の奴らをみんな犯すことだ!!」

大蛇丸「九尾のガキか…威勢はいいけど好みじゃないわね、なんとなく自来也に似てるところが特に」

サスケ「名はうちはサスケ。性癖なんてものはないが野望はある」

サスケ「ある男を…必ず犯すことだ」

大蛇丸「ハァハァ…ほしい…」ビクンビクン

ナルト(まさか…俺のことじゃねぇだろうな…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404754690

大蛇丸「ではさっそく第七班での初任務として今から演習を行うわ」

大蛇丸「私の金玉に触れることができたら合格よ。ただし出来なければ穢土転生の生け贄にするわ」

サクラ「でも先生の金玉は2つしかないんじゃ…」

大蛇丸「そうね。つまり一人は必ず不合格になるわ」

ナルト「えぇーーー!?」

大蛇丸「さぁ演習開始よ」

?演習終了?

大蛇丸「まぁとりあえず全員合格でいいかしら」

大蛇丸「サスケ君は今日から私と同居して衣食住の全てを修行に費やしてもらうわ」

サスケ「なぜ同居なぞしなくちゃならん!!」

大蛇丸「イタチより強くなりたいのなら言う通りにするべきね」

サスケ「 ! 」

ナルト「先生、先生!!俺も強くなりてぇってばよ!!」

大蛇丸「えー」

ナルト「おいろけ 逆ハーレムの術!!」ボンッ!!

大蛇丸「こんなジジィ共興味ないわね」

ナルト「そんなら、おいろけ 逆ハーレムの術 ショタver」

大蛇丸「今日からウチに住みなさい。ただし私といる時は常にその姿でいること」

ナルト「やったってばよ」

数日後

大蛇丸「だいぶこの班での任務も慣れてきたわね」

ナルト「先生ぇ、簡単な任務ばっかでつまんねーってばよ」

大蛇丸「確かに今のアナタ達ならもう少し任務のレベルを上げても平気そうね」

大蛇丸「老いぼれハゲ…三代目に頼んでみましょうか」

サスケ「大蛇丸見ろ、写輪眼でた」シャキーン

大蛇丸「予定通り、順調に修行も進んでるわね」フフッ


大蛇丸「死に損な…三代目火影様よりCランク任務の許可がでたわ」

大蛇丸「要人警護で波の国に行くから」

大蛇丸「出発は明日の朝、今日中に術の完成までいくわよ」

ナルト「よっしゃァー!!やるってばよ!!」

サスケ「楽勝だな、写輪眼あるし。楽勝だ」

タズナ「ワシが橋づくりの超名人タズナじゃ」

大蛇丸「さぁ行きましょう、隊列を乱したらケツの穴に潜影蛇手するから」

ナルト「修行頑張りすぎて眠いってばよ」

サスケ「お前チャクラのコントロール下手だもんな」

大蛇丸「今はかなりよくなったわ、私の指導の賜物ね」

ナルト「ヘヘッ 照れるってばよ」

サクラ(話しについていけない…)

サクラ「せ、先生、波の国には忍はいるんですか?」

サスケ「早くこの術を試したいぜ」

ナルト「俺も俺も」

大蛇丸「残念ね、波の国に忍はいないわ」

大蛇丸「そもそもCランクの任務で忍同士の戦闘は起こらないわよ」

ナルト「ちぇー」

タズナ「………」

大蛇丸「さて、どういうことか説明してくださいタズナさん」

大蛇丸「なぜ霧隠れの中忍がアナタを襲うのか」

タズナ「いや、実は…(略」

大蛇丸「まったく呆れた人ね、任務内容を偽るだなんて」

タズナ「すまん、超すまん。でも金がなくてな…」

大蛇丸「いいですかタズナさん、我々忍は慈善事業じゃないんですよ。未熟な下忍に経験を積ませるために依頼料の安い低ランクの任務があるんです」

大蛇丸「若い才能を無闇に危険に晒すのは我々にとって損害にしかならない」

タズナ「そ、その通りじゃが…」

タズナ「敵はアンタの部下のガキ二人が返り討ちにしたじゃないか」

タズナ「しかも超瞬殺!!素人目に見ても明かな実力差で」

ナルト「うまくできたってばよ、螺旋丸」

サスケ「あれ、写輪眼と千鳥あれば俺イタチより強くね?」

大蛇丸「あの二人ならそこらの中忍くらいは瞬殺できます」

大蛇丸「まぁいい機会なので彼らの修行と思って任務は続けますけど、後でAランク分の依頼料を請求しますから」

タズナ「ま、待て!!そんな大金がないから依頼内容を偽って…」

大蛇丸「それはアナタの都合でしょう?いざとなったら体で払っていただきますよ」ジュルリ

タズナ「え」

大蛇丸「あらあら二人とも殺しちゃったの?」

サスケ「お前がそうしろって教えたんだろうが」

大蛇丸「そうなんだけど、次は上忍クラスも来るでしょうから一応穢土転生で戦力を整えておこうかと思ってね」

大蛇丸「ま、いいわ五影クラスでもなきゃ私一人で何とかなるわ」

大蛇丸(さすがにまだこの子達に上忍の相手させるのはムリよね)

ナルト「何はともあれ任務は続行なんだよな、先生?」

大蛇丸「そうね、行きましょう」

さて学校どうしよう

大蛇丸「手配書で見た顔ね。たしか元霧隠れの抜け忍、鬼人 百地再不斬」

再不斬「ほぉ、伝説の三忍が一人 大蛇丸に覚えられているとは光栄だな」

大蛇丸(強いといってもカカシより弱いくらいかしらね、このレベルならサスケ君とナルト君の二人がかりなら死なない程度に善戦して良い修行に)

再不斬「水牢の術」

大蛇丸「あ」

ナルト「先生!!」

サスケ「あの野郎、油断しやがって」

サクラ「きゃああああああ」

タズナ「これ超ヤバいんじゃないか!?」

再不斬「脱出不可能のスペシャル牢獄だ」

再不斬「ハッ、伝説の三忍も年取ればこんなもんか」

大蛇丸(かなりのチャクラが練り込んであるけど、この程度の術なら何とかしようと思えばすぐに脱け出せるわね)

ナルト「大蛇丸先生を助けなきゃ」

サスケ「サクラはおっさんを守ってろ、一応依頼人だ」

サクラ「うん」

タズナ「すまんなちゃんと金払ってないのに」

再不斬「やる気かガキ共?」

ナルト「影分身の術」ボボンッ

サスケ「写輪眼」キィン

再不斬「影分身か…それもかなりの数だな。それにありゃ確か…写輪眼」

再不斬「フッ、少しは楽しめそうじゃねえか!!」

再不斬「水分身の術」

再不斬(分身)「」

ナルト(分身)「おりゃあああ」ブンッ

再不斬(分身)「クッ」ガッ

サスケ「火遁・豪龍火の術」ゴォッ

再不斬(分身)「!!」バシャ

ナルト(分身)「ぐわあああああああ」ボン

再不斬「味方の分身ごとやりやがった!!」

大蛇丸(やはり天才ね)

サスケ「今だ、ナルト!!」

ナルト「螺旋丸」キィィィン

再不斬「しまった、いつの間に!!」バッ

ナルト「躱された!!」

大蛇丸「上出来よ二人とも」

再不斬「ちっ、避けた時に術を解いちまったか…」

大蛇丸「いいえ、術はアナタが解いたのではないわ」

再不斬「なに?」

大蛇丸「私が自力で解除したのよ」

ナルト「さっすが大蛇丸先生!!」

サスケ「ふん、できるんなら最初からそうしろ」

サクラ「結局あの再不斬って男は霧隠れの追い忍に殺されて連れてかれちゃったわね」

ナルト「納得いかねーってばよ」

ナルト「あんな大して俺と歳の変わらねー奴があの再不斬をあっさり殺しちまうなんて」

大蛇丸「世の中にはアナタ達より幼くして私以上の変態だっているものよ」

サクラ(それはさすがにいないと信じたい)

タズナ(超なんの話しじゃ…)

サスケ(あんな脳筋刀ブンブン野郎も殺せないようじゃ、まだまだイタチには…)ギリ

大蛇丸「それにおそらく再不斬はまだ生きてるわ」

サクラ「え、じゃああの追い忍は?」

サスケ「グルか」

大蛇丸(それにしてもあの追い忍の子…私好みの匂いがしたわ)ジュルリ

タズナ「ま、まぁとりあえずウチについたから超ゆっくりしてってくれ」

大蛇丸「とりあえずご家族にアナタの依頼内容詐称を伝えないとね」

タズナ「」

イナリ「うあああああああああああああ助けておじいちゃんお母さああああああああああん」

ツナミ「イナリ!!イナリイイイイイイィィィ!!」

タズナ「超落ち着け!!これで橋の完成まで護衛を続けてくれるというんじゃ超聞くしかなかろう」

ツナミ「橋が完成するまでずっとこれを続けるの!?それじゃあイナリが、イナリがぁ!!」

大蛇丸「ペロペロ イナリのいなりペロペロ おいしい」ベロベロ

イナリ「やめてええええええええええええ!!」

大蛇丸「もう我慢できないわ!!私の股間が潜影蛇手」

イナリ「ひぎぃいいいっ!!ヘビがぁ、ヘビがお尻の中に入ってくるゥゥゥ!!」

ツナミ「イナリィィィイイイイイイイイイイ」

タズナ「イナリは犠牲になったのじゃ…この国の希望の犠牲にな」

ナルト「くらえ!!」

サスケ「フッ、当たるかそんもん」

サクラ(何も言われず自主的に組み手を始める二人はきっとこういう状況に慣れてるんだろうなぁ…)

イナリ「アヘェ」

ツナミ「イナリ、しっかりして!!」

大蛇丸「裏にガトーがいるというのならまだ諦めていないでしょ。そろそろ仕掛けてくるでしょうから気を引き締めておきなさい」ツヤツヤ

ナルト「オッス!!」

サスケ「ふん」

サクラ(なんかツヤッツヤしてるー!?)

タズナ「超頼むぞ、孫の貞操分は働いてくれ」

大蛇丸「これに懲りたら忍者ナメないことね。ガトーなんかより木の葉隠れの里敵に回したほうが怖いわよ」

タズナ「うむ、超痛感しとる」

サクラ「何?この霧…」

大蛇丸「霧隠れの術…来たわね」

大蛇丸「再不斬は私が適当に殺っとくからアンタ達はお面の子の相手をしなさい」

大蛇丸「あの子欲しいから出来れば殺さずにね」

ナルト「やってやるってばよ!!」

サスケ「アンタが欲しがるってことはかなりの実力、かつ16歳未満の男ってことで間違いなさそうだな」

大蛇丸「そうね、お面で顔が見えないけどかなりの美形とみたわ」

タズナ「実力の話しじゃないのか」

大蛇丸「サクラ、アナタはそこで金の代わりに孫の貞操差し出したクズのお守りよ」

サクラ「はい」

タズナ「要求するほうも超大概じゃろ」

大蛇丸「さぁ第七班いくわよ!!」

白「出来ればキミ達を殺したくない」

ナルト「俺達もだってばよ」

白「それと…」スッ

ナルト(お面を外した…こいつサクラちゃんより可愛い!!)

白「僕は男ですよ」

サスケ「知ってる」

白「」スッ

ナルト(お面つけた…)

白「秘術・魔鏡氷晶!!」パキパキ

ナルト「なんか怒ってね?」

サスケ「それよりこの術…血継限界か!!」

再不斬「ククク…さすがに伝説の三忍 大蛇丸といえどこの霧の中では何もできまい」

大蛇丸「無音殺人術…」

再不斬「終わりだ!!」


タズナ「皆、超大丈夫かのう」

サクラ「大蛇丸先生が負けるとは思えないわ」

タズナ「共倒れにでもなってくれんかのう」


大蛇丸「口寄せの術!」ボン

マンダ「生け贄を百人用意しろ」バクッ

再不斬「なにっ!?ぐわあああああああああああ」

大蛇丸「目と耳がダメでも熱なり匂いなり追う手段はいくらでもあるでしょ」

大蛇丸「さて、向こうはどうなったかしらね」

ナルト「クッソ?、あいつスッゲー速いってばよ」

サスケ(俺は写輪眼で先読みできるからいいが、影分身で的を絞らせないナルトのやり方じゃじり貧だ)

白「僕の秘術を受けてここまで耐えるとは…やりますね」

白(再不斬さんなら大丈夫だとは思いますが、相手は伝説の三忍…あまりこちらに時間はかけられない)

白「そろそろ終わりにしましょう!!」

サスケ(こりゃ殺さずにってのはムリそうだ)

サスケ「ナルト、今できる最大人数に分身しろ。残りのチャクラでどれくらいいける?」

ナルト「後のこと考えなくていいなら千人くらいだってばよ」

サスケ「十分だ、後のことは俺がやる」

ナルト「おう、多重影分身の術!!」ボンボボン

白「まだこんなに…彼は何なんだ!?」

サスケ「うずまき一族と四代目火影の血を引く九尾の人柱力だそうだ」バババッ

サスケ(前回の再不斬との戦いで見つけた俺達の連携、ナルトが影分身による物量で圧倒し俺が写輪眼で隙をつく!!)バチバチ

サスケ(どんな手練れだって千人単位の人間と戦えば必ず隙が出来る。それを先読みし、タイミングを合わせ)バチッバチバチッ

サスケ(必殺の一撃を…)バチチチチチチチチチッ

白(数が多すぎる)ザシュ

ナルト(分身)「ぐああっ」ボン

サスケ(当てる!!)バチッ

白「!!!!」

サスケ「千鳥!!」バチィィィッ

白「グフッ…再…不斬…さん…」ドシャ

ナルト「ふぅ?、かなりヤバかったってばよ」

サスケ「ハァ…ハァ…こいつのスピード、下手すりゃ再不斬以上に厄介だぞ」

ナルト「…殺しちまったな」

サスケ「しょうがねえだろ。今の俺達じゃこいつを殺さずに倒すことなんて…」

ナルト「…可愛いかったのに」

サスケ「そっちか」

大蛇丸「終わったみたいね」

ナルト「悪ぃ先生、殺しちまったってばよ」

サスケ「アンタがこっちにもう少し早く来てりゃあ、[ピーーー]前に捕らえられたかもな」

大蛇丸「まぁいいわ。それだけ強かったというのなら私の目が確かだったということでもあるしね」

大蛇丸「ほら、女の子みたいな可愛い顔してるじゃない」

サスケ「そっちもアンタの見立て通りってわけか」

大蛇丸「もう少し男前なほうが好みだけどね」ジュルリ

サスケ「こっち見んな」

ナルト「てかこいつ、本当に男なのか?こんなに可愛いのに」

サスケ「大蛇丸が女に反応する訳ないだろ、本人も言ってたしな」

大蛇丸「確かめてみれば?」

ナルト「確かめる…?」ゴクリ

白(死体)「」

ナルト「」ジー

白(死体)「」

ナルト「…………………やめとくってばよ」

大蛇丸「あら、いいの?」

ナルト「そのほうが夢があるから」

大蛇丸(いい顔するじゃない)

サスケ(こいつも大蛇丸の弟子だな…)

死体に細工を施して、愛玩人形に、しよう!(直球)

あら?ID被った

サクラ「みんな、無事だったのね!!そんなに心配してなかったけど」

タズナ「むしろどうやったらお前さん達を殺せるんじゃ?」

大蛇丸「殺したくらいじゃ私は死なないわよ」

タズナ「アンタ人間か?」

大蛇丸「どうかしらね」

ガトー「おいおい、高い金で雇ったのに再不斬の奴死んでるじゃないか」

タズナ「 ! ガトー!!」

ガトー「だがこれで奴の雇った護衛も満身創痍…でもないな…まぁいい、殺れ!!」

ワラジ「へへ、こいつら全員斬っていいんだな?」

ゾウリ「こっちは百人はいるからな、楽勝だぜ」

大蛇丸「マンダ、約束の生け贄よ」ボン

マンダ「いただきます」バクッ

大蛇丸「残さず食べなさい」

「な、なんだあの馬鹿でかい蛇!!」

「どっから出てきた!?」

「く、食われる、逃げろぉおおおお!!」

ガトー「お、おいお前ら!!逃げるんじゃない!!金払ってんだから食われてでも奴らを殺してこい、労働ナメんな!!」

マンダ「おいこら逃げんなよ生け贄」パクパク

ガトー「お、鬼!!いや、蛇!!こっち来んなああああえあああああ」

マンダ「はいラスト一匹」バクン

マンダ「大蛇丸!!次こんなクソ不味い生け贄食わせたらストライキすっからな!!ご馳走様でした」ボン

大蛇丸「さ、これで任務完了ね」

ID被るとかあるのか

タズナ「いやぁ超世話になったな、お前たち」

ナルト「俺の大活躍、イナリにも見せてやりたかったってばよ!!」

イナリ「アヘェ、アヘアヘ」

サスケ「すっかり壊れたな」

ツナミ「任務が終わったのなら早く帰って!!」


サクラ(私、この任務中何もしてない…)

大蛇丸「サクラ、ちょっと来なさい」

サクラ「何ですか?」

大蛇丸「あの二人について行けないことを悩む必要はないわ」

サクラ「 ! 」

大蛇丸「アナタもすぐに二人に匹敵する戦力になるわ、何せこの私の部下だもの」

サクラ「先生…」

大蛇丸「私を信じなさい」

サクラ「はい!!」

大蛇丸「 口 寄 せ・穢 土 転 生 」

サクラ「 え 」

白「あれ、僕は…」

大蛇丸「アナタは死んだわ。私の部下に殺されてね。そして私の術で蘇った」

白「アナタが生きてるということは再不斬さんは…!?」

大蛇丸「死んだわ。私に殺されてね」

白「よくも…再不斬さんは僕を必要としてくれたただ一人の…」ギリ

大蛇丸「私もアナタを欲しているわ。再不斬以上にね」

白「え?」

大蛇丸「これからは私のために戦いなさい、白。気が向いたらいつか再不斬も生き返らせてあげるわ」

白「はい、頑張ります大蛇丸様!!」

大蛇丸「いい子ね白。チョロイ子は好きよ」

大蛇丸「という訳でこれからは白がサクラに代わって第七班のメンバーになるわ」

ナルト「えー!!大蛇丸先生ってばサクラちゃん殺しちゃったの!?」

大蛇丸「殺してないわ、サクラは穢土転生で白になったのよ。ある意味で白がサクラみたいなものよ」

ナルト「つまり、どういうことだってばよ…」

白「これからよろしくお願いします、ナルト君」ニコッ

ナルト「デヘヘ…よ、よろしくだってばよ」

サスケ「戦力としては問題ないが、アナタこれ里になんて報告するんだ?」

大蛇丸「黒染めよ」

サスケ「は?」

大蛇丸「春野サクラが黒染めしたと報告するわ、髪の色なんて個人の自由でしょ」

サスケ「いやムリあるだろ、それ」

大蛇丸「まぁ諸々の裏工作は私が何とかするからそんなに心配いらないわ」

サスケ「…三代目にバレたらヤバいだろ…これ…」

大蛇丸「あのジジイはお気に入り以外の顔は覚えてないから大丈夫よ」

サスケ「それはそれで心配になる…大丈夫なのか木の葉の里は」

大蛇丸「それは私がそのうち潰すから大丈夫よ」

大蛇丸「さ、里に帰るわよ」

ダンゾウ「まったく、人が一人いなくなり、全くの別人に入れ替わっているなど不審すぎるだろう」

大蛇丸「あら、意外と早かったじゃない。首尾は?」

ダンゾウ「ああ、春野サクラに関する個人情報は可能な限り改竄しておいた」

ダンゾウ「春野サクラの両親にはアレが自分の娘に見えるよう幻術をかけた。幸い春野夫妻は忍ではない、幻術が解けることはないだろう」

大蛇丸「ふふ、上出来じゃない、さすがね。これは借りにしておくから返して欲しかったら言ってちょうだい」

ダンゾウ「なんで借りるほうが上からものを言うんだ」

大蛇丸「私の体を好きにしてもいいってことよ、エロ同人みたいに」

ダンゾウ「そんなエロ同人は見たことがない。リターンがそんなものなら三代目に事実を報告したほうがマシだ」

ダンゾウ「そうだな、お前のところにうちはの者がいたろう、あいつの写輪眼をワシに」

大蛇丸「ふざけんなよ、この眼球コレクターが!! むしろテメーの写輪眼を私に寄越せシスイのやつ」

ダンゾウ「冗談だ。あいつに手を出すとイタチが怒るからな」

大蛇丸「その前に私がお前をぶっ殺してるわよ」

ダンゾウ「イタチはともかくお前如きには負けん。イザナギすんぞ」

大蛇丸「二代目穢土転生するわよ」

ダンゾウ「やめろお前それは…やめろよ」

大蛇丸「まぁ借りた分はきちんと返すから考えといてちょうだい」

ダンゾウ「うむ、考えておく。だから二代目の穢土転生はマジでやめてくれ」

大蛇丸「中忍選抜試験が近々木の葉の里で行われるから、アナタ達出なさい」

ナルト「よっしゃー、やるってばよ!!」

サスケ「他所の里と合同で行うんだよな?少しは骨のある奴がいそうだな」

大蛇丸「アナタ達は下忍としては飛び抜けた実力を持ってるけど、まぁ世界は広いわ。いい勉強になるんじゃない?」

白「あの、それ僕も参加するんですか?」

大蛇丸「当然でしょ、いくら元霧隠れの追い忍とはいえ、ここでは下忍の春野サクラなのよ?」

大蛇丸「それにこの中忍試験は三人一組じゃないと参加出来ないし」

ナルト「じゃあ白も参加だな!!」

サスケ「決定だ」

白「いえ、そうじゃなくて…」

白「大丈夫なんですか?僕が参加して…色々と」

サスケ「そうだった…」

大蛇丸「大丈夫なんじゃない?」

ナルト「ほら先生も大丈夫って言ってるし、大丈夫だってばよ!!」

サスケ「こいつが再不斬の水牢の術くらったの忘れたのか!?」

サスケ「実力がありすぎるから『後でどうとでも出来る』と思って油断する、そういうとこあんだよこいつは!!」

大蛇丸「どうとでも出来たじゃない」

ナルト「どうとでも出来たってばよ」

サスケ「…どうとでも出来そうだな」

白 「じゃあ僕も参加ということで」

サスケ「あんなチャチな幻術がこの写輪眼に通用するか」

サスケ「もうあまり時間がない、さっさと受付済ませるぞ」

ナルト「幻術分かんなかったってばよ」

白「人には向き不向きがありますから」

サスケ「ナルトの対幻術は今後の課題だな」

白「大蛇丸様は何も対策を教えてくれなかったんですか?」

ナルト「なんか言ってたけど、よく分かんなかったってばよ」

サスケ「どういう理屈かは知らないが、ナルトは九尾をコントロール出来るようになれば幻術が効かなくなるらしい」

白「人柱力って便利ですね」

ナルト「出来てねえから今困ってるんだってばよ…」

サスケ「そもそもコントロールできねえから封印してんじゃねえのかよ、尾獣って」

サスケ「まぁできねえことを考えてもしょうがない、チーム戦なら俺の写輪眼でフォロー出来るしな」

リー「そこのキミ」

リー「うちはサスケ君だね、僕と今ここで勝負しませんか?」

サスケ「うちはと知っててケンカ売ってんのかよ」

リー「そしてあなたは春野サクラさんですね?」

白「いえ、違います」

リー「え?」

白「あ、そうでした春野サクラでした」

リー「僕とお付き合いしましょう!!」

白「僕は男ですよ」

リー「え?」

白「間違えました、女です。大蛇丸先生の部下なので少し性別が曖昧になりました」

リー「一生あなたをお守りします」

白「たぶん僕のが強いですよ」

リー「え?」

サスケ「どこの誰か知らねえが、それはおそらく事実だぞ」

ナルト「うんうん」

リー「僕は木の葉の青き猛獣 ロック・リーです!!木の葉の下忍で一番強い男です」

サスケ「いや、それはない」

ナルト「ないってばよ」

白「この会話の中でも7回は殺せました」

リー「」

リー「お、重りを外せば…いやいっそ蓮華を…」

サスケ「時間がない。やるんならさっさとかかってこい」

リー「ちくしょおおおおおおおおお!!燃えろ青春!!」

ガイ「リー!!その技は使うなと…」ボン

リー「」チーン

ガイ「リィィィィィィイイイイイイ!!」

ガイ「ま、相手が大蛇丸様の部下だもんなー」

ガイ「大蛇丸様だとハッタリでも俺のほうが強いとは言えないよな…」


サスケ「ムダな時間使ったぜ」

ナルト「体術で勝負したいならもっとスピードがいるってばよ」

サスケ「俺らはこの前白のスピードを見てるしな、比べるとどうしても」

白「下忍にしてはなかなかのスピードでしたよ、彼」

いの「あ、サスケ君だーサスケくーん」

いの「それに誰かと思ったらデコ…誰?」

白「春野サクラです」

いの「…なんか…変わった…?」

白「髪黒くしたんで」

いの「あ、あー!!それだ!!うん、いいんじゃない?似合ってるわよ」

白「ありがとうございます」

チョウジ「シ、シカマル…サクラってあんな可愛かったっけ?」ヒソヒソ

シカマル「あれだろ、髪型で印象変わるって言うしよ、色が変わればこんくらい印象違って見えんだよ」ヒソヒソ

チョウジ「そ、そっか、さすがシカマル」ヒソヒソ

サスケ(この里はもうダメかもしれない…)

イビキ「中忍選抜第一の試験、試験官の森乃イビキだ」

イビキ「第一の試験の内容は筆記試験だ」

ナルト「」

サスケ(やべえ、ナルトにこの試験は…)

イビキ「第一の試験、開始!!」


ダンゾウ「そろそろ第一の試験が始まった頃だな」

大蛇丸「第一の試験、イビキが試験官なのね」

大蛇丸「じゃあウチの子達は楽勝でしょうね」

ダンゾウ「そうか?なかなかあいつらしい試験内容だったぞ」

大蛇丸「だからこそよ。あの三人はそれぞれ形は違えど三人ともが天涯孤独の身」

大蛇丸「あの歳で本物の孤独と絶望を知る彼らの精神の強さはイビキの考える『中忍レベル』を遥かに凌駕している…」

大蛇丸「少なくとも両親の愛に包まれぬくぬくと育ったそこらの下忍と同じ天秤で量ることは出来ないわ」

ダンゾウ「そういえば、お前も両親を早くに亡くしていたな、大蛇丸」

大蛇丸「……酷い偶然もあったものね……」

ダンゾウ「…我々は我々の計画の話しをしよう」

ダンゾウ「木の葉のために木の葉を潰す」

ダンゾウ「里を腐らせる三代目火影を消し強い木の葉を取り戻す!!」

大蛇丸「かつての二代目火影様が目指したような?」

ダンゾウ「あの方は戦時の指導者としてはむしろ初代以上に優れていたろうが!!やり方が卑劣なだけで!!」

ダンゾウ「お前が完成させた穢土転生だって、今でこそドン引きするほど外道な禁術だが戦時中ならどうだ!?」

ダンゾウ「ノーリスクで生み出される不死の兵!里を、国を救う一手となるぞ!!」

大蛇丸「まぁねぇ、生きてる凡人より死んでる英雄って発想も私好みでいいわ」

大蛇丸「でも二代目を穢土転生されるのは嫌なのよね…?」

ダンゾウ「お前それだけは絶対やんなよ!!意志を継げばいいのだ、二代目の意志を!!」

ダンゾウ「本人が生き返る必要はない!!」

大蛇丸「でも最終的に三代目と直接戦うなら穢土転生は使わざるを得ないし、その際に歴代火影以上の戦力はないでしょう?」

ダンゾウ「あの野郎やたら強いからな」

大蛇丸「そうよ、年老いたとはいえ、あの『戦場のプロフェッサー 猿飛ヒルゼン』よ」

ダンゾウ「穢土転生するのは初代と四代目だけで…いや使える戦力をわざわざ減らすことはないか」

大蛇丸「ねえ、思ったんだけど…」

ダンゾウ「何か考えがあるか?」

大蛇丸「初代と二代目ってどっちが攻めかしら?」

ダンゾウ「急に何の話しだ!?今は三代目をどうするかを考えろ」

大蛇丸「柱間攻め扉間受け」ブツブツ

ダンゾウ「そうだ!!穢土転生はたしか術者が対象を支配下に置けたはず、強く縛ると対象が本来の力を発揮できなくなるがむしろそれでいい」

大蛇丸「扉間攻め柱間受け」ブツブツ

ダンゾウ「水のないところで凄い水遁が使える程度の力を残せば十分だ」

大蛇丸「木龍攻め羅生門受け」ブツブツ

ダンゾウ「たしか人格も縛れたよな?よし人格も縛れ!!二代目の最も恐ろしいところはあの卑劣な発想、それを生み出す頭脳だ!!」

大蛇丸「飛雷神攻め明神門受け」ブツブツ

ダンゾウ「大蛇丸お前聞いてるのか!?今すごく大事なことを言っているぞ!!」

大蛇丸「少し黙ってちょうだい、私は今この夏が決まる大事なことを考えているの」

大蛇丸「ねえ、木遁・真数千手ファックとアナルマーキング飛雷神ファック、どっちがいいと思う?」

ダンゾウ「どっちでもいい!!ワシの話しを聞け!!頼むから!!」

アンコ「ここが中忍選抜第二試験の会場、第44演習場、通称『死の森』」

アンコ「120時間以内に天と地両方の巻物を持って中央の塔に3人でたどり着く、ただし、巻物の中身は塔の中にたどり着くまで絶対に見ないこと。これが第二試験の内容よ」

ナルト「それってさ、見たらどうなるの?」

アンコ「それは見たときのお楽しみよ。もしかしたら君の担当上忍の恥ずかしい秘密が書いてあるかもね」

ナルト「マジ!?」

サスケ「」ピクッ

大蛇丸「中忍ともなれば機密文書を扱う任務もあるものね、なかなかいい試験じゃない?アンコ」

ナルト「あ、先生」

アンコ「ちょ、何してるんですか大蛇丸先生」

大蛇丸「弟子の応援に駆けつけただけよ、アンタの時にだって行ってあげたでしょ」

アンコ「試験官と試験を受ける下忍以外はこの場から去ってください。そういう規則ですから」

大蛇丸「わかってるわよ」スタスタ

大蛇丸「ナルト君サスケ君、ここなら多少暴れてもバレないわ、二人ともアレを試してみなさい」ボソッ

ナルト「!」

サスケ「!」

大蛇丸「白、最悪の場合のフォローしてあげてね」

白「はい」

アンコ「大蛇丸先生ー」

大蛇丸「はいはい、口うるさいのは相変わらずね」ボンッ

アンコ「まったくもう…。はい、じゃあ各班順番に巻物受け取ってー」

ナルト「俺達は天の書だってばよ」

サスケ「巻物は俺が持つ」

白「了解です」

アンコ「さあ試験開始よ!」


キバ「いくぜヒャッハァー!!!」ダッ

赤丸「ワン」ダッ

ヒナタ「待ってキバ君」ダッ

シノ「虫がいっぱいでテンションがあがる。なぜなら虫がいっぱいだからだ」

ヒナタ「シノ君はやく」グイ


いの「さあ私達より弱いとこ探すわよー」

シカマル「ねーよ、そんなとこ」

チョウジ「かしうまー」ボリボリ


ネジ「まずは水と食料の調達だな」

リー「僕を食べてください。どれだけ努力してもきっと一生天才には届かないこのダメな僕を」

テンテン「バッチいから嫌」

ネジ「そういう問題じゃないだろテンテン。ていうかリーは何があった?」

テンテン「天才ルーキーにケンカ売って返り討ちだって」

ネジ「何をやってるんだリー」

リー「才能ってズルい…」

ネジ「…まぁなんだ、お前はよく頑張ってるよ、リー。蓮華だって習得できたじゃないか」

ネジ「とにかく、今は試験に集中しよう」


サスケ「ナルト、影分身で索敵だ」

ナルト「さくてき?」

サスケ「辺りを調べてこい」

ナルト「なら最初からそう言えってばよ」ボボンッ

白「本当に便利な術ですよね」

サスケ「ナルトは影分身使って千倍の効率で修行してるしな。今も何人か修行を続ける影分身を大蛇丸の屋敷に残してあるはずだ」

白「…卑怯とすら感じる術ですね」

サスケ「一応、禁術だしな。だが人数に比例してチャクラの消費もデカくなる」

サスケ「馬鹿げたチャクラ量を持つナルトじゃなければこうポンポンとは…おいナルトはどこだ?」

白「え?」

サスケ「アイツ本体まで行きやがった!!!」

ナルト「俺達は天の書だから地の書を持ってる奴らを探せばいんだよな」


篝「一人でうろちょろしてる馬鹿発見」

朧「ラッキー♪」

夢火「巻物持ってる奴が一人で行動するか?」

朧「別に本人が持ってなくても人質なりなんなり使い道はあるさ。なんにしても」

朧「この絶好の獲物を逃す理由はない、朧分身の術」

夢火「霞従者の術」

篝「俺達の三位一体攻撃を味わうがいい」


ナルト「なんだってばよこの霧…再不斬か?」

朧「ラッキー」ギュン

ナルト「うわっ、敵か」バッ

朧「チッ、避けられたか、アンラッキー」

ナルト「あのさ、あのさ、お前らって巻物どっち?」

篝「誰が教えるかよ」ビュッ

ナルト「やっぱそうだよな。それにどうせブッ飛ばして奪い取るんだから聞かなくてもおんなじだしな」サッ

朧「この無限に湧き出る朧分身相手にか?」ズブブ…

ナルト「しっかしお前ら、よりにもよって本体の俺と当たるなんて…」

ナルト「ずいぶんついてねーってばよ」ゴオッ

朧「なんだこのチャクラ!?」

ナルト「俺の中の九尾の化け狐のチャクラだ。最近コントロールできるように修行してる」ゴゴゴ…

ナルト「お前らのその術、本当に無限かどうか試してやるってばよ!」

篝「う、うわああああああああああ」

夢火「ひぃっ」

朧「ア、アンラッキー…」

白「今のチャクラ…」

サスケ「ああ、ナルトだ。九尾のチャクラを使いやがったな」

白「それほどの強敵が…?」

サスケ「試してみたかっただけだろ、大蛇丸からも言われてるしな」

ナルト「いたいた、おーい」

サスケ「…大蛇丸の性癖を言ってみろ」

ナルト「へ?なんだってばよ急に」

サスケ「いいから言え!大蛇丸の性癖だ!」

ナルト「………巨乳好き」

サスケ「テメェはナルトより変化が下手だ」ビュッ

ナルト「ちっ、貧乳派だったか…」キン

草忍「だが人数はこちらのほうが有利」ボン

草忍2草忍3「」ザザッ

白「」スッ

サスケ「待て白、お前は手を出すな…」

白「サスケ君…?」

サスケ「3人か…ちょっと物足りないがまぁいいか」ズズズ…

白(君も試したくて仕方なかったんですね…)

サスケ「終わりだ!」

草忍s「ぎゃあああああああああああ」


いの(キャーさっすがサスケ君ねー)

シカマル(俺らが勝てそうなとこっつったらここしかねーと思ってたのに…こりゃムリだな…)


ネジ「なんだ…今のチャクラ…」

ナルト「あー、いたいたサスケー、白ー」

サスケ「大蛇丸の性癖を言ってみろ」

ナルト「は?そんなの16歳未満の男子に決まってんだろ…ついでに忍としての才能があればなおよし」

白「本物ですね」

サスケ「ああ」

ナルト「ん?あっそうだ」

ナルト「巻物取ったんだけど…ワリ、天の書だったってばよ」

サスケ「問題ない地の書は俺が手に入れた、リスク管理のためにこれは白が持て」

白「わかりました」

ナルト「なーんだ、ならよかったってばよ」

サスケ「なんもよくねぇこのウスラトンカチ!なんで影分身使ってんのに本体まで行くんだ」

ナルト「だから、そういうのは先に言えってばよ」

サスケ「忍者学校で何してたんだお前は!?」

ナルト「いやほら、俺ってば基本ハブられてたから!」

サスケ「それと授業聞いてないことは関係ないだろ」

白「フフッ」

ナルト「ほーら白に笑われたってばよ」

サスケ「テメェが笑われてんだよ」

白「君たちは本当に仲が良いですね」

サスケ「なんの皮肉か知らんが、残念ながら今はお前もその中に巻き込まれてるんだぜ」

ナルト「そーそー、俺達チームだから、スリーマンセルだから」

白「そうですね」

白(だから今僕が守りたいと思うもの…)


ドス「あれだね、うちはサスケ」

キン「それとうずまきナルト」

ザク「あの二人を殺せばいいのか?楽勝だな、俺一人で充分だ」

サスケ「さて、巻物は揃ったんだ、塔を目指すか」

ナルト「おう!もしかして俺ら一番乗りでゴールできんじゃね?」

白「日の傾きから見て試験開始から一時間位ですかね。今から塔を目指せば一番でもおかしくないですね」

ナルト「よっしゃー、張り切って行くってばよ!」

ドス「ちょっと待ってもらえますかね?」

サスケ「何者だ?」

ドス「うちはサスケ君、そしてうずまきナルト君、君たち二人を殺しに来た者ですよ」

ザク「斬空波!」ドッ

サスケ「かわせ」バッ

ナルト「うわっ」バッ

白(二人は先ほどの戦闘での疲労がある)バッ

白「ナルト君サスケ君、ここは僕に任せてください」シュタ

ナルト「え、白?じゃあ大丈夫だな」

サスケ「ああ、頼む」

ドス「君はターゲットに入っていなかったんですがねぇ、春野サクラさん」

ザク「かまわねぇ、纏めて殺せばいいんだろ?」

白「君たちに大切な人はいますか?」

ザク「斬空波!!!」ドウッ

白「秘術・千殺水翔」

ドス「片手で印を…!?」

ザク「ぐあああああああああああああああ腕があああああああああああああああ!!!」ドスドス

ドス「ザク!」

白「人は…大切な何かを守りたいと思った時に、本当に強くなれるものなんです」

ドス(なんだ…コイツ…)ビクッ

キン「このぉ」ビュッ

ドス「やめろキン!!!僕たちとはレベルが違う!」

白「え、君も千本使うんですか?嬉しいなぁ、あんまりいないんですよね」ヒュッ

キン「笑顔でこっち来るなあああああ!!!」ビュッ

白「どこのメーカーの使ってます?あれ、ワイヤーと鈴つけてるんですかオシャレですね」パシ

ドス「待ってくれ、降参だ!」

ドス「虫のいい話しかもしれませんがここは退かせてもらいます、これは手打ちということで」つ地の書

ドス「立てるかザク、行くぞキン!ムリだ勝てん!」バッ

ナルト「さっすが白だってばよ」

サスケ「今の連中…変だったな…」

ナルト「たしかに、顔が包帯でグルグル巻きだったり手から空気出したり…」

サスケ「そこじゃない、そのぐらいの奴なら忍にはよくいる」

白「巻物を寄越せ、ではなくナルト君とサスケ君を殺すと言っていたことですね」

サスケ「ああ、奴らは中忍になることとは別の目的を持ってこの試験に参加していることになる」

ナルト「つまり…どういうことだってばよ」

サスケ「この中忍試験、何かある…!!!」

白「とりあえずこの第二試験を乗り越えましょう」

ナルト「そうだってばよ、あいつらが地の書置いてったから巻物2つずつ揃ったってばよ」

サスケ「いの、シカマル、チョウジ、そこにいるな、出てこい」

いの「あちゃー、私たちの隠遁じゃサスケ君は誤魔化せないわね」

シカマル「なんで嬉しそうなんだよ、いの。俺ら今ピンチだぞ」

チョウジ「かゆ…うま…」

ナルト「お前ら、三バカトリオ!!!」

いの「だーれが三バカだこらあああああ!!!」

サスケ「お前らまだ巻物揃えてないよな?」

シカマル「そりゃよ、まだ試験始まったばっかじゃねーか」

サスケ「今から俺達と一緒に塔を目指すぞ」

ナルト「は?」

サスケ「お前ら3人が俺達に先行して罠の有無などを調べろ、無事塔についたら好きなほうの巻物をやる」

シカマル「…いざとなったら切り捨てるってことか…?」

サスケ「その可能性はある、がお前らが余所のチームから巻物を奪って塔を目指すよりは安全で確実だろ」

シカマル「…たしかにな」

いの「てゆーか、サスケ君と一緒に行動できるならOKに決まってるでしょ!その上巻物もくれるっていうんだから言うことないじゃない」

シカマル「チョウジの空腹も限界だしな…」

チョウジ「………ゆ………ぅ……ま…………」

ナルト「チョウジー!しっかりするってばよー!」

サスケ「契約成立だな、いのしかちょう」

ナルト「よし、塔についたってばよ」

サスケ「無事着いたな、約束の地の書だ」

シカマル「ああ、サンキュー」

いの「バイバーイ、サスケ君!また第三の試験で会いましょー」

チョウジ「ああ…もうこれを食べるしか…」

シカマル「待てチョウジ、その丸薬は食うな」

白「僕達も中に入りましょう」



サスケ「ここで巻物を開くようだな」

ナルト「…マジで大蛇丸先生の恥ずかしい秘密とか書いてあんのかな?」

サスケ「…ないだろ、あいつに恥ずかしいことなんて」シュル

ナルト「…だよな」シュル

ボンッ

大蛇丸「まったく失礼な弟子達ね」

ナルト「大蛇丸先生!」

サスケ「なるほど、試験の途中で巻物を開いたらアンタが俺達に何らかのペナルティを与えてたってわけか」

大蛇丸「試験終了まで眠らせて不合格よ、もっとも私の弟子がそんなみっともない真似したらお仕置きだけど」

ナルト(よかった…ちょっと中身が気になってたんだよな)

大蛇丸「さて、本題に入るわよ」

大蛇丸「前にも話したかもしれないけれど、そろそろ本格的に木の葉を潰すわ」

ナルト「えええ!?」

サスケ「!」

白「…」

大蛇丸「他里の連中が堂々と木の葉に滞在できる中忍試験中に砂隠れと共謀してね」

サスケ「木の葉を潰した後、俺達はどうなる?」

大蛇丸「特に変わらないわ、今まで通り私の弟子として側にいてもらうわ、ただ」

大蛇丸「所属が木の葉隠れから私が新しく作った音隠れの里になるだけよ」

サスケ「音隠れ?」

ナルト「それって…」

白「僕達を襲って来た…!」

大蛇丸「君たちを殺せと私が命じたのよ」

ナルト「なんでそんな…!?」

大蛇丸「二人が新しい力を試すのに丁度いい敵と試験中に出会えなかった時の為の保険よ」

ナルト「つまり、どういうことだってばよ」

サスケ「当て馬を事前に用意してたってわけか…」

大蛇丸「そういうこと。木の葉崩し計画については決まり次第連絡するから今は試験に集中しなさい」

大蛇丸「この試験をアナタ達より早く、しかも無傷で合格した者もいるらしいしね」

サスケ「へぇ、少しは骨がありそうだ」

ナルト「面白くなってきたってばよ!」

ハヤテ「ゴホッ、えーそれでは中忍試験第三の試験を開始したいんですが、ちょっと人数が多すぎるのでその前に第三の試験の予選を行いたいと思います」

ハヤテ「えー、まず体調不良などによってゴホッ、第三の試験を棄権したいという人がいたら挙手願います」

白「はい」スッ

ハヤテ「えー、ゴホッ木の葉隠れの春野サクラさん、ですね。わかりました、下がっていいですよ。ゴホ、他には…」

白(これでいいんですよね、大蛇丸様)チラッ

大蛇丸(目の前で氷遁の血継限界使われたら、流石に三代目にバレるわよね)

ヒルゼン「ほーう、今回は豊作じゃな」

ハヤテ「ゴホ、では、棄権は以上の二名ということで…それではさっそく第三の試験予選の説明をします」

ハヤテ「えー、皆さんには今から一対一の実戦形式の個人戦をしてもらいます」

ハヤテ「どちらかが死ぬか倒れるか、負けを認めるまで闘ってください、私が勝負あったと判断した場合止めに入ることもあります、ゴホ。えー勝てば本選に出場することができます」

ハヤテ「えー、あちらのモニターに名前の表示されたら下に降りてきてください。ゴホ、人数が奇数なので最後まで名前が出なかった方は予選なしで本選出場です」

ハヤテ「それでは第一回戦…」

うちはサスケ

赤銅ヨロイ

ハヤテ「両名以外は二階へ上がってください」

サスケ(さっそくか…)ニィ

大蛇丸「サスケ君、この試合、体術だけで勝ってみせなさい」

サスケ「なに…?」

大蛇丸「まぁ写輪眼くらいは使ってもいいわよ」シュン

サスケ(どういうことだ…)

ヨロイ(あれが大蛇丸様の今のお気に入りか、気に入らねえ)

ナルト「なんの話ししてたんだってばよ?」

大蛇丸「サスケ君に縛りプレイで戦うよう指示したのよ」

ナルト「手加減するってこと?なんで?」

大蛇丸「こんなところで手の内晒すのも馬鹿らしいでしょ…。それでもヨロイくらいには勝ってもらわないとね」

ナルト「ふーん、それって俺も?」

大蛇丸「相手次第だけど、日向のあの子か砂の瓢箪の子じゃなければ、そうね」

ナルト「日向?ってどっか聞いたような…」

大蛇丸「それより縛りプレイって響きだけイキそうにならない?」

ナルト「ぜんぜん」

サスケ「獅子連弾!」ダン!!

ヨロイ「ぐはぁ」

ナルト「よっしゃー!」グッ

大蛇丸「フフ…」

ハヤテ「勝者 うちはサスケ」

サスケ(俺はもっと強くなりたい、もっと強い奴と…)

ナルト「やったなサスケェ!」

サスケ「ナルト…俺はお前と戦いたい!」

ナルト「!」

ハヤテ「えー、それでは第二回戦ザク・アブミ、油女シノ降りてきてください」

ザク「ちくしょう、腕痛ェ…」

シノ「俺の勝利は既に決している…何故ならお前は腕を怪我しているからだ」

シノ「奥の手は最後まで取っておくものだ」

ハヤテ「勝者 油女シノ」

ナルト「腕が」

サスケ「腕がな」

ハヤテ「第三回戦」

ミスミ「ぐにゃぐにゃ」グニャリ

カンクロウ「速攻でケリつけてやるじゃん」

カンクロウ「骨まで砕けばもっとぐにゃぐにゃになれるじゃん」

ハヤテ「勝者 カンクロウ」

ナルト「二対一なんて卑怯だってばよ」

サスケ「お前が言うな」

ハヤテ「第四回戦」

チョウジ「ぽっちゃり系バンザーイ」

いの「まさか同じチーム同士で当たるなんてねー」

ハヤテ「この勝負、引き分け」

ハヤテ「第五回戦」

テンテン「双昇竜」

テマリ「かまいたち」

テマリ「シカマル愛してる」

ハヤテ「勝者 テマリ」

ナルト「女の戦いは恐ェってばよ」

大蛇丸「やはり男の子が一番ね」

ハヤテ「第六回戦」

シカマル「女が相手かよやりづれー」

キン「生まれ変わったら初代火影になりたい」

シカマル「めんどくせー」

ハヤテ「勝者 奈良シカマル」

サスケ「影真似は意外と厄介だよな」

大蛇丸「キンは駄目ねエドテンね」

ハヤテ「第七回戦」

うずまきナルト

いぬづかキバ

ナルト「俺の出番だってばよ!」

大蛇丸「影分身は五人まで他の術は使っちゃ駄目よ」

ナルト「そんだけでいいの?楽勝だってばよ」

大蛇丸「じゃあお尻に蛇一匹入れてきなさい」ニュル

ナルト「え」

ハヤテ「それでは始めてください」

キバ「ナルトォ、てめえが相手とはラッキーだぜ」

赤丸「ワンワン」

ナルト「か、影…影分身の…おふ」

キバ「獣人体術奥義 牙通牙」ギュルルル

ナルト「も、無理…」ブピー

キバ「くっさぁー!!!」

赤丸「これアカン」

ナルト「影分身の術!」ボン

ナルト「う!」ド
ナルト「ず!」ガ
ナルト「ま!」ガ
ナルト「き!」ガ
ナルト「ナルト連弾!」ドッ

ハヤテ「勝者 うずまきナルト」

サスケ「野郎、パクりやがった」

大蛇丸(嬉しそうにしちゃって…妬けるわね)

ナルト「サスケ!俺もお前と戦いたい!」

ハヤテ「第八回戦」

日向ヒナタ

日向ネジ

ナルト「ああ、日向ってヒナタの!」

大蛇丸「出たわね、去年のナンバーワンルーキー」

リー「あれが木の葉の下忍でもっとも強い男です」

サスケ「たしかに、少しはできそうだ」

ヒナタ(ナルト君が見てる…頑張らなきゃ)

ナルト「ヒナター!頑張れー!!」

ヒナタ(濡れる!)

ネジ(宗家め…さりげなくおっぱい触ってやるぞ宗家め!)

ハヤテ「それでは始めてください」

ヒナタ「ネジ兄さん」バババ

ネジ「運命は変えられないんだ!」ドドド

ヒナタ「それが…私の…忍道だから…」ボロッ

ネジ「運命は変えられない、落ちこぼれは落ちこぼれだ!」

ハヤテ「勝者 日向ネジ」

ネジ「なぜ関係ない上忍まで出しゃばる!宗家は特別か!?」プンスコ

ナルト「ヒナター!」

サスケ「なるほど、なかなか厄介な眼だ…写輪眼ほどじゃないが」

ハヤテ「第九回戦」

我愛羅

ロック・リー

ハヤテ「それでは始めてください」

リー(天才になんか負けないぞ!)

リー「行きます!」バッ

我愛羅「…ふん」

ナルト「体術しか使えない!?」

ガイ「ああ、リーには忍術や幻術の才能が一切なくてな、だからこそ体術のみを極められた」

大蛇丸「ありえないわね、私なら絶対いらないわそんなの」

ガイ「リー外せ、俺が許す!」

リー「押忍!」ドォン

我愛羅「!?」

カンクロウ「砂のガードが追いつかない!?」

リー「表蓮華」ギュルルルドォン!!

ナルト「偽者!?」

ガイ「いつの間に!」

大蛇丸「さっき痛がった時ね、やはり人体に痛覚なんていらないのかしら…」

リー「今こそ自分の忍道を貫き守り通す時!!!」

リー「裏蓮華!!!」ドン!!!!

我愛羅「砂縛柩」グッ

リー「うあああああああああああ!!!」

リー(天才には勝てなかったよ…)

ハヤテ「勝者 我愛羅」

ハヤテ「えー、それでは以上を持ちまして第三の試験予選を終了します」

ドス(僕は予選なしですか…)

ヒルゼン「なお本選は今日より一月後、各国大名達も観戦するので各々しっかりと準備しておくように」

ヒルゼン「以上、解散!」

大蛇丸「…………」



大蛇丸「さあ二人とも、この一月みっちり修行するわよ!」

ナルト「押忍!」

サスケ「当然だ」

ナルト(日向…ネジ…!)

サスケ(砂の…我愛羅…)

ナルト(そして…)
サスケ(そして…)

大蛇丸(やっぱりいいわね、若いって…)ジュルリ…

屍鬼封尽とかいう確定で術者の命を代償にしておきながらコンディション悪いと敵を一人倒せるかも微妙なクソ封印術は誰の開発だっけ

>>120
初代…木遁(自分しか使えない)
二代目…影分身(禁術)、飛来神、穢土転生(禁術)、五条起爆札
三代目…木の葉に伝わる全ての術を知り扱う、金剛如意(?)
四代目…螺旋丸、屍鬼封尽
五代目…創造再生

キン「お呼びでしょうか、大蛇丸様」

大蛇丸「中忍試験第3の試験本戦までの一月…あの二人には普段以上の特訓をさせるつもりなんだけど…」

大蛇丸「私一人で弟子二人、目が行き届かなくて修行の結果に支障が出たら事でしょう?」

キン「はい」

大蛇丸「だからナルト君には別の指導者を用意しようと思ってね」

大蛇丸「それで彼の父親の四代目火影なんて適任じゃないかと思うのよ」

大蛇丸「そもそもナルト君に螺旋丸を修得させた理由もあれが四代目の術だからだしね…忍者にとって血筋は重要な素質のひとつよ」

キン「ですが大蛇丸様…四代目火影は既に亡くなっています」

大蛇丸「そうね、キン。じゃあ例えば…」

大蛇丸「強い訳でもなく、特殊な術や血継限界が使える訳でもない」

大蛇丸「しかも…女…。こんな役立たず、アナタならどうするかしら?」

キン「お…大蛇丸…様…?」

大蛇丸「私ならそうね…穢土転生とかかしら!」

キン「や、やめ…っ!!!」

大蛇丸「口寄せ・穢土転生」バン

大蛇丸「……あら………これはいったい、どういうことかしらね…?」

ダンゾウ「何!?穢土転生に失敗した!?」

大蛇丸「ええ、術自体は完成しているはずなんだけど…少なくとも今までこんなことはなかったわ」

ダンゾウ「穢土転生は三代目暗殺の要だろう、大丈夫なんだろうな?」

大蛇丸「失敗して穢土転生した不死身の二代目が自由の身になる、なんてこともあるかもしないわね」

ダンゾウ「よし計画見直そう」

大蛇丸「冗談よ、砂の協力も得られる今以上の好機はないでしょう」

ダンゾウ「術に問題がないとすれば…転生させようとした四代目のほうか…」

大蛇丸「私も詳しくはわかってないんだけど、四代目が九尾の封印に使ったのって二重の四象封印による八卦の封印式よね」

ダンゾウ「奴の妻は特殊な封印術を使ううずまき一族だ、我々の知らない術である可能性は高い」

大蛇丸「うずまき一族の封印術…穢土転生出来ない四代目…少し調べてみたほうが良さそうね」

ダンゾウ「こちらでも調査してみよう…」

大蛇丸「あとナルト君の修行に使えそうな人材を探してるんだけど…心当たりないかしら?」

ダンゾウ「お前の研究所からパクった木遁使いがワシの部下にいるから貸してやろう」

大蛇丸「ありがとう、いや何してんだテメェ」

ダンゾウ(…しかし、随分と弟子の教育に熱心になったものだ…。あの大蛇丸がな…変われば変わるものだな…)

ナルト「えー!!!大蛇丸先生、俺の修行見てくんないの!?」

大蛇丸「代わりにいい先生を見つけてきたわよ。九尾のチャクラをコントロールする、という修行においては私以上かもね」

ナルト「ウッソだー!そんな人いる訳ないってばよ!」

大蛇丸「本当よ。そんな訳でよろしくね、甲」

ヤマト「一ヶ月で九尾のチャクラを自力で制御させる気ですか?噂に違わぬ無茶苦茶なお方ですね」

大蛇丸「影分身を使って千倍の効率で修行させるわ…それにこの子、バカだけど意外と賢いから大丈夫よ」

ヤマト「はあ、わかりました。暗部の根の甲だ、よろしく頼むよ」

ナルト「この人が大蛇丸先生以上?とてもそうは見えないってばよ…」

ヤマト「大蛇丸様、組み手とかはやらないんですか?」

大蛇丸「とりあえず実力を見せつける意味ではありなんじゃない?」

ヤマト「よーしナルト、ちょっと肩慣らしに組み手しよう組み手!なに手加減はするさ!」

大蛇丸「じゃあ私はサスケ君の修行に行くから、頑張りなさいナルト君。修行の最後には私からひとつ必殺技を授けるわ」

ナルト「必殺技!?」

大蛇丸「そのためにも今はこのチャクラコントロールの修行に励むことね」

ナルト「よーし!甲先生、さっさと組み手やるってばよ!」

ヤマト「木遁・樹海降誕!」

ナルト「うおおおおおっ!」

大蛇丸「仲良くやっていけそうで安心したわ」

サスケ「遅いぞ、大蛇丸」

大蛇丸「フフ…そんなに慌てなくても大丈夫よ」

サスケ「わかっているだろ、俺はイタチより強くならなきゃいけないんだ…!」キッ

大蛇丸(いい眼ね…ゾクゾクしちゃう…)

大蛇丸「じゃあさっそく始めましょうか…」シュル

サスケ「なぜ脱ぐ」

大蛇丸「全裸で行う修行なのよ、アナタも脱ぎなさい」

サスケ「そうか」シュル


白「大蛇丸様からの言伝は以上です」

バキ「了解した」

ハヤテ(まさか…大蛇丸様と砂隠れが…火影様に報告しなければ!)

白「…どうやらネズミがいるようですね、始末してきます」

バキ「いや、こちらでしておこう…ネズミは一匹、軽いもんさ」

ハヤテ「しまった!木の葉流三日月の舞」バッ

バキ「風の刃」ヒュンヒュン

ハヤテ「」ズバッ

1ヶ月後

ゲンマ「これより中忍選抜第3の試験本戦を始める!基本的なルールは予選の時と同じ、対戦は既に知らせている表の通りだ」

ゲンマ「この第3の試験本戦で中忍に相応しいと判断された者が中忍となる、勝敗に関係なく、だ」

シカマル(俺1回多いんだよな…めんどくせー)

ナルト(サスケの奴まだ来てないってばよ…大蛇丸先生は俺にあの必殺技を授けた後「修行の仕上げがある」ってサスケのとこ戻ったけど…)

我愛羅「…」

カンクロウ(予定では俺のとこまで試合来ないじゃん)

テマリ(シカマルシカマルシカマルシカマルシカマルシカマルシカマル…)

ネジ「フン」

シノ(今のうちに対戦相手に雌の奇壊蟲を仕込んでおこう…始まった時には既に勝敗が決している、それが中忍の戦いというものだ)ブーン

ドス(僕はどうせ噛ませ犬なので大人しくしているべきですね…)

ゲンマ「一回戦の日向ネジとうずまきナルト以外は上に移動しろ」


ヒルゼン「いよいよですな風影殿」

風影(ダンゾウ)「ええ、楽しみですね火影殿」

風影(ダンゾウ)(何をやってるんだ大蛇丸はああああああ!!!)


ナルト「ぜってぇ勝つ!!!」

ネジ「運命は変えられない」

ゲンマ「一回戦…始め!」

ネジ「白眼!!!」ギン

ナルト「影分身の術!」ボボン

ゲンマ(分身ではなく影分身か…それもかなりの数だな…)

ヒルゼン「ほう…ミズキの時よりさらに数が増えておる…」

風影(ダンゾウ)「影分身の術…木の葉は下忍に禁術を教えているのですか、火影殿?」

ヒルゼン「風影殿、禁術には扱いを誤れば恐ろしい事態を招くものと、そもそも使うこと事態が倫理に反するものとがあります」

ヒルゼン「影分身は前者…そしてナルトはそれを間違った使い方をする者ではありません」

風影(ダンゾウ)「……どうですかね…」

風影(ダンゾウ)(あいつ大蛇丸の部下だぞ!わかってんのか!?)

ネジ「影分身の術…これほどの人数を視るのは初めてだな、だが…」

ナルト(分身)「いっくぜぇー!!!」ダダダッ

ネジ「白眼の前では無力!」

ナルト「うずまきナルト二千連弾!!!」

ネジ「八卦六十四掌!!!」ドドドドッ

ナルト(分身)「うわっ!!!」ボンッ

テンテン「ネジは我愛羅以上の絶対防御の持ち主よ」

ナルト(分身)「まだまだァ」

ネジ「百二十八掌」ドドドドドドド

ナルト(分身)「ぐわぁあああ」ボンッ

ネジ(キリが無いな…)

ナルト(分身)「くらえ!四方八方手裏剣!!」シャシャシャッ

ネジ「八卦掌回天!」ギュルルル

ナルト(分身)「うわあああァァァ!!!」ボンボボンッ!

テンテン「あれがネジのもうひとつの絶対防御」

ネジ「無駄だ…どう足掻いてもお前は負ける…そういう運命だ!」

ナルト「そなんでそんなに運命運命って決めつけんだってばよ!」

ネジ「何故そうも運命に抗おうとする!」

ナルト「大蛇丸先生のとこじゃ運命なんて乙女チックなもんにすがっても意味ねえんだってばよ!螺旋丸!」キィィィン

ネジ「無駄だと言っているだろう!八卦掌回天!」ギュルルル

ガッ

ネジ「ぐぅぅっ…!なんて術だ!」ドシャァ

ナルト「螺旋丸がっ」

テンテン「ウソ!?ネジの回天を力ずくで!?」

ヒルゼン「あれは四代目の…!!…見ているか、ミナトよ…」

ネジ(ダメージが大きい…時間を、稼がなくては…)

ネジ「いいだろう、教えてやろう…日向の分家に産まれた俺の憎しみの運命を!」

ナルト「憎しみの、運命…?」

ネジ(よし、食いついた…バカめ…)

ネジ「日向には(略)」

ネジ「これが日向の憎しみの運命だ…」

ナルト「日向の憎しみの運命だかなんだか知らねえが、お前が無理だってんならもう何もしなくていい…」キィィィン

ネジ(またさっきのあの術か…しかしそれはもう見切った!)

ネジ(威力は高いがリーチは奴の掌から数?程度、そしてかなり精度の高いチャクラコントロールを要する…だから分身がコントロールの補助をしている)

ネジ(ギリギリで躱して点穴を突く…それで一気に形勢はこちらに傾く)

ナルト「大蛇丸先生が木の葉を潰してから日向を変えてやるよ!」

ナルト(分身)「おらァァァ!!!」ドッ

ネジ「ぐはっ!」

ネジ(し、下から…!?)

テンテン「ネジ!」

ネジ(そうか…分身が穴を掘って…!これ見よがしに目の前で術を使おうとしたのは俺の気を引くための囮か…!)ドサッ

ナルト「分身の術は…俺の一番苦手な術だったんだ」

ナルト「運命がどうとかつまんねーこと言ってんな!お前は俺と違って落ちこぼれじゃねーんだから!」

ネジ「俺の…負けだ」

ゲンマ「勝者、うずまきナルト!」

ヒルゼン「ナルトの奴め、やりおったな…あの日向を相手に」

リー(ナルト君…君は…ボクの一度も勝てなかったネジに…)

シカマル「マジかよ、あいつ…」

ヒナタ「ナルト君…!!」

大蛇丸「さすが意外性No.1のナルト君ね、私からすれば当然の結果だけど…」

サスケ「けっこう苦戦したみたいじゃねえか…ナルト」

ナルト「サスケ!先生!」

ゲンマ「遅いですよ大蛇丸様…試合時間に間に合わなかったら失格にしているところでしたよ」

大蛇丸「フフ…結果間に合ったんだからいいじゃない」

風影(ダンゾウ)「少し手洗いに行ってきます」

ヒルゼン「もう次の試合が始まってしまいますぞ、風影殿」

風影(ダンゾウ)「すぐに戻ります…」

大蛇丸「じゃ、サスケ君頑張りなさい…くれぐれも怪我しないようにね」

サスケ「…試合事態は全力でやるぞ…!」

大蛇丸「問題ないわ…」

我愛羅「そんなに怒らないでよ…母さん…」ザァァ…

カンクロウ(我愛羅の奴…やべえじゃん…)

ゲンマ「二回戦…始め!」

風影(大蛇丸)「お待たせしました」

ヒルゼン「ちょうど今始まったところですぞ」

サスケ(時間がない…速攻で決める!)

サスケ「火遁・豪龍火の術」ボォォ

ゲンマ(おいおい…どう見ても下忍レベルの術じゃねえぞ、この火遁…)

我愛羅「母さん…さっきはまずい血を吸わせてごめんね…今度のはきっと美味しいから…」ザァァ

サスケ(この程度の術で倒せるとは思ってねーよ!)バババッ

ガイ「あれは…」

サスケ「千鳥!!!」バチチチチッ

我愛羅「うあっ痛いぃ…血…血がァ…」

テマリ「我愛羅の砂のガードを貫いた…!?」

サスケ(砂が邪魔してダメージが完全に入ってない…!)

風影(大蛇丸)(似たタイプだと思ってカカシの術を覚えさせたけど、千鳥は溜めもあるし動きは直線的…どうしても対処されやすい)

風影(大蛇丸)(条件の似ているナルト君の螺旋丸の場合は影分身で時間稼ぎと足止めができるけど…サスケ君のチャクラ量でそれは真似できない、しかし)

サスケ「千鳥流し」バチバチバチ

我愛羅「ぐああああァっ」

風影(大蛇丸)(サスケ君なら千鳥をさまざまに応用できる…中でもこれは千鳥を全身から放つ攻撃範囲の広い千鳥流し)

サスケ「体が痺れて動かないだろ、雷属性のチャクラの性質変化でお前の筋肉が一時的に硬直している」

サスケ「これで終わりだ!」バチチチチッ

我愛羅「」ザァァ

サスケ「砂が球状に…!」バッ

カンクロウ「! 我愛羅の奴、ここであれをやる気か!?」ガタッ

風影(大蛇丸)(時間切れね…サスケ君)チラッ

白「涅槃精舎の術」

サスケ「千鳥鋭槍!」バチバチッ

我愛羅「ぐうううう…」ザァァ

サスケ「よし、砂の球体から引きずり出した!」

サスケ「とどめだ!」バチチチチ

「口寄せの術」ボン!!

ドオン!!!

ヒルゼン「なにごとじゃ!」

ライドウ「火影様!里に突然大蛇が現れたとの情報が…!」

大蛇丸「木の葉の終わる音ですよ…猿飛先生!」バッ

ヒルゼン「大蛇丸…!」

左近多由也鬼童丸次郎坊「四紫炎陣」バン

サスケ「チッ…ここまでか…」

バキ「お前たちは我愛羅を連れて一旦退け」

テマリ「わかった…」

カンクロウ「ほら我愛羅…掴まるじゃん」

我愛羅「ぐぅぅぅ…」

テマリ(中途半端な状態で砂から引きずり出されたからかなり不安定だな…シカマル助けて)

ナルト「サスケ!」ザン

サスケ「ナルト、俺たちも我愛羅の護衛に入るぞ」

バキ「すまない、恩に着る」

ゲンマ「行かせるかよ!」プッ

バキ「それはこちらのセリフだ」キン

カンクロウ「ここは頼むじゃん」ダッ

大蛇丸(ここまでは予定通りね…)

暗部(ダンゾウ)「火影様!」ザッ

暗部1「ご無事ですか火影様!」ザザッ

暗部2「今お助けいたします」ダッ

暗部(ダンゾウ)「あ、おいやめとけ」

暗部2「ぐわあああアアア」ボッ

暗部3「なんだこの結界…!」

暗部(ダンゾウ)「これは四紫炎陣だ、やめとけ近づくな」

暗部(ダンゾウ)(建物などまた建てればよいだけのこと、いくら壊れても構わん…しかし、才ある者や経験豊富な人材はそうはいかん)

暗部(ダンゾウ)(故に、万が一ヒルゼンが生き残ったとしても火影の座を辞する程度には里へ損害を与えつつ、しかし人的被害は最小限に…これがベスト!)

暗部(ダンゾウ)(既に速やかに避難誘導をするよう指示を出してあるしな…)

ヒルゼン「これはいったいなんの真似だ大蛇丸…!」

大蛇丸「止まっているものを見るのは退屈でしょ?止まっている風車は見るに値せずってね…この木の葉崩しという風で私が風車を回したい」

ヒルゼン「この愚か者めが!」バッ

大蛇丸「歳は取りたくないものですね、猿飛先生…あと10年若ければ私を殺せたでしょうに」ゴッ

暗部1「瓦が割れるほどのチャクラ…これが火影と呼ばれる領域…!」

暗部(ダンゾウ)(この戦い…どちらが勝っても美味しいが、出来れば相討ちにでもなってほしいものだ)

サスケ「止まれ」ダン

ナルト「どうしたんだってばよ?」ダン

カンクロウ「追っ手が来る前に少しでも離れておきたいじゃん」ダン

テマリ「あそこをよく見ろ、罠だ」ダン

ナルト「なんでこんなところに罠なんて…」

シカマル「影真似の術!」ギュン

テマリ「! しまった…!!」

カンクロウ「体が…動かないじゃん」

シカマル「成功…!」

ナルト「シカマル!」

サスケ「なるほど…狙いは罠に嵌めることではなく、罠に気付かせることで俺たちの足を止めることか」

シカマル「ナルトがさっきの試合でやったのと理屈は同じさ…」

テマリ(私たちの逃走ルートに先回りして罠をはって待ち伏せ…同じなものか!さすがシカマル!)

シカマル「お前らを足止めするよう言われてよぉ…めんどくせーけど、援軍が来るまでこのままだぜ」

サスケ「たしかに影真似の術は足止めには最適の術かもな…」

シカマル「ああ、そうだ。いくら天才のお前でも身動きとれねーんじゃ印も結べねえだろ。つーかお前らなんでそっち側なの?」

サスケ「うちはを…ナメるなよ」キッ

シカマル「!?」グワァ

シカマル(しまっ…幻術!?印も結ばず、どうやって!?)

シカマル「解!」

シカマル「逃がしちまった!追わなきゃダメだよな、これ…まだそう遠くには行ってないと思うけど……めんどくせー…」

テマリ「じゃあ別に追わなくてもいいんだぞ?忍法・かまいたち!」ビュオ

シカマル「うおっ!」バッ

テマリ「さあ、中忍試験の続きといこうか!」

シカマル「足止めの足止めって訳か、ご苦労なこった…」

テマリ「この戦いに勝ったほうが、夫婦生活の主導権を握る!」グッ

シカマル「は?」

シカマル「それにしてもまた女が相手かよ、やりづれーなー」

シカマル「影真似の術」ギュン

テマリ「その術は予選の時にも見た…それも加味すると…」バッバッバッ

テマリ「ここまでがその術のリーチだ!」ズザザ

シカマル(なら、木の影を伝って…)ギュン

テマリ「他の影を使うことでその分距離を伸ばせるのか…!」バッ

テマリ(こんな森の中じゃ木の影でどこまでも影が届きかねない…)ガリッ

テマリ「口寄せ・斬り斬り舞!」ボン

シカマル「は!?」

テマリ「でりゃあああ!」ビュン ズバァ!!

シカマル「うおおぉっ!」バッ

シカマル(マジかよ…ここらの木を根こそぎ斬り倒しやがった)

テマリ「これでもう身を隠すことも影を伸ばすこともできない」

シカマル(あー、こりゃダメだ…)

アスマ「もう諦めちまうのか?シカマル」

シカマル「アスマ!?」

アスマ「お前はその性格さえ直せば中忍になれたと思うんだがなぁ…」

テマリ「なんだお前夫婦の間に割って入るな!不死身のゾンビとでも心中しやがれヒゲ野郎!」

アスマ「それ死ぬの俺だけじゃねえか…絶対嫌だよそんなの」ヒュン

テマリ「がっ!?」ドサ

アスマ「さて、敵を追うぞシカマル」

シカマル「めんどくせーけど、俺が逃がした敵だしな…」

アスマ「シカマル、伏せろ!」キンキン

シカマル「千本?新手か!?」

白「ナルト君たちを追わせる訳には行きません」

シカマル「サクラ!」

アスマ「え、あれサクラなのか!?」

シカマル「髪の色変えたんだよ、女ってもんがわかってねえなぁ…そんなんで紅先生と大丈夫なのかよ」

アスマ「大きなお世話だ!だが大蛇丸の部下のサクラならこの情況で俺たちの敵に回るのも納得だな」ヒュン

ギン!ギギン!!

シカマル(アスマと互角!?第2試験で見た時もすげーとは思ったけどよ…サクラってこんな強ぇのか!)

シカマル(…影真似で援護しようにも二人の動きが速すぎる)

アスマ「飛燕!」ヒュン

白(チャクラでリーチが伸びて…!)ズバッ

シカマル(片腕を失った!これでサクラは印を結べない)

白「千殺水翔!」バババッ

アスマ「片手で印を!?」

シカマル「アスマ!」

アスマ「」ボン

白「変わり身!?」

アスマ「火遁・灰積焼!」カチッ

ボン!

シカマル「やったか!?」

白「さすがは木の葉の上忍、やりますね…」

アスマ「おいおいマジか…」

シカマル「火遁の火傷どころか、さっき斬られた腕まで治ってやがる…!」

白「秘術…」

アスマ「!」ゾクッ

アスマ「退くぞシカマル!」ダッ

シカマル「うわっ抱えんなよアスマ!」

白「………」

白「ナルト君たちを追わないと…」ダッ

シノ「待て」

カンクロウ「もう追っ手が…テマリは何してるじゃん?」

ナルト「次はシノかよ」

シノ「俺がお前たちに早く追いつけたのは必然だ…なぜなら、本来対戦するはずだったお前には事前に雌の虫をつけておいたからだ」

カンクロウ「なんだかわかんねえけど、俺がお前に俺たちの居場所を知らせてたって訳じゃん?」

シノ「そうだ…お前たちを止めるよう言われシカマルと共に試験会場を出た」

ナルト「シカマルの言ってた援護ってこいつか?」

サスケ「その可能性もあるが、試験会場のほうが落ち着いたら別動隊が来るだろう」

カンクロウ「どっちにしろ、ここでもたついてる時間はないじゃん」

シノ「森に入ったところで珍しい虫を見つけて気をとられ、シカマルとはぐれたので単独でお前たちを追うことにした」

ナルト「昔から思ってたけど、お前って結構バカだよな」

サスケ「ナルトに言われるようじゃ終わりだな、シノ」

シノ「クーデターなどに加担するお前たちのほうが遥かに愚かだ…なぜなら、そんなもの成功する訳がないからだ」ブワァ

カンクロウ「……我愛羅を頼むじゃん…」

我愛羅「うう…」

サスケ「アンタがやるのか?」

カンクロウ「俺にその雌の虫がついてるから居場所がバレたんだろ?それにお前らはさっきの試合でのダメージもあるじゃん」

サスケ(ない)

ナルト(ほぼない)

カンクロウ「さっさとこいつ片付けて必ず追いつく、だから先行くじゃん」

シノ「それはムリだ…なぜなら、お前が今フラグを建てたからだ」

カンクロウ「傀儡の術」

カラス「」カクカク

シノ「奇壊蟲の術」ブーン

カンクロウ「うわお前虫まみれでキモいじゃん」

シノ「いい年こいてお人形遊びしてるほうがキモいから」

カンクロウ「カラスは全身のいたる所に武器が仕込んであるじゃん」クイッ

カラス「どくー」ボフッ

シノ「くっ、だがお前は既に奇壊蟲に囲まれている」

カンクロウ「なんで俺の居場所が…!?」

シノ「同じ説明を二度するつもりはない」

カンクロウ「ぎゃああああああああ!」ウジャウジャ

シノ「毒を吸い込んだようだ…」ドサッ



我愛羅「ううう…」ズズズ…

ナルト「こいつ体が半分化け物みたいになってるってばよ!」

サスケ「砂の奴らもいなくなったことだし、頃合いだな」

サスケ「大蛇丸からの極秘任務、混乱に乗じて一尾の人柱力を捕縛せよ!」

ナルト「うおらァっ!」バキッ

我愛羅「ぐっ…」

サスケ「自里の最重要戦力を他里の者に任せるとは…砂の忍がバカなお陰で余計な戦闘を減らせたな」

ナルト「これは全力でやっていいんだよな?」

サスケ「ああ、ただし殺すな」

ナルト「わかってるって!多重影分身の術」ボン!!

我愛羅「うおおおおおおおおおおお!」ズズズ!!

サスケ「いい感じに化け物じみてきたじゃねえか」バチチチチチ!!

ヒルゼン「手裏剣影分身!」シャシャシャ

大蛇丸「口寄せ・穢土転生!」バン

ヒルゼン「その術は…!?」

大蛇丸「ひとつ…ふたつ…」ズズズ…

ヒルゼン(何としても三つ目は防がなくては…!!)パン

暗部(ダンゾウ)(違う!何としても防ぐのは二つ目だ!)

大蛇丸「三人目は駄目だったようね…」

ヒルゼン(よりによってあの二人を呼ぶとは…)

柱間「うん…?お主、猿飛か?」

扉間「老けたのう、サル」

ヒルゼン「初代様…!二代目様…!!」

扉間「これは穢土転生か…そこのお前が完成させたのか…?」

大蛇丸「ええ、私の最も尊敬する火影、二代目様」

扉間「つまりワシらは今木の葉の敵ということか…」

ヒルゼン「残念ながらそうなりますな…」

柱間「扉間…お前がこんな術作るから…」

扉間「黙れ兄者!当時は必要だったのだ!兄者とてこの術が戦時中にどれだけ有用であったかわからぬほど愚かではないだろう!」

柱間「そんなに怒らなくても…」ショボーン

大蛇丸(力を制限してるせいか、あんまり威厳ないわね…初代火影)

暗部(ダンゾウ)(力を大幅に抑えたとてそれぞれ忍の神、卑劣の神と呼ばれた方々だ、さしものプロフェッサー(笑)といえどこれは…)

大蛇丸「そういえば二代目様、あなたを穢土転生することにダンゾウがひどく反対していたんですけど…アナタいったい何をしたんですか?」

暗部(ダンゾウ)(あいつチクりやがったーーー!!!)

扉間「ダンゾウって…あの志村ダンゾウだよな…?」

大蛇丸「ええ」

扉間「特に嫌われるようなことをした覚えはないが、まぁ人間何もせずとも他者から反感を買ったりするもの…気にしても仕方あるまい」

柱間「扉間…引くぞ…さすがに…」

ヒルゼン「被害者にとっては一生のトラウマでも加害者は覚えてすらいない…世の無情ですな…」

暗部(ダンゾウ)(やめろ同情するな!)

ヒルゼン「しかしダンゾウも一枚噛んでおったか…形は違えど同じく里を思う者と信じておった…」

暗部(ダンゾウ)「…………思っておるよ」ボソッ

大蛇丸「さて、懐かしの再会はこのくらいにしましょうか…」

扉間「人格を縛るのか…。サルよ、ここから我々の人格は消える…」ズッ

柱間「遠慮はいらん、殺れ」ズッ

ヒルゼン「…わかっております」

ヒルゼン(大蛇丸に加えこのお二人まで同時に相手せねばならんとは…)

ヒルゼン「火遁・火龍炎弾」ボォオオ

扉間「水遁・水陣壁」ゴウ

ジュウウウッ

扉間「水遁・水龍弾!!」ズオオオ

暗部(ダンゾウ)「水のないところでこれほどの水遁を使えるとは…!!さすが二代目!ダンゾウも本当は心から尊敬していると言ってました!」

ヒルゼン「土遁・土流壁」ゴゴゴ

ドウッ

柱間「木遁・樹海降誕」バキバキバキッ

ヒルゼン「ぐっ、これは初代様だけの木遁秘術!」メキメキ…

暗部(ダンゾウ)(木遁に絡めとられた…これまでか…。いや、奴にはあれがある…)

ヒルゼン「口寄せ・猿猴王 猿魔!」ボン

猿魔「やはりこうなったか…だからあの時殺せと言ったんだ、猿飛」

猿魔「変化・金剛如意!」ボン

ヒルゼン(あやつの目に闇があるのはわかっておった…だが数十年に一人の逸材…ワシの意思を継いでくれる者になると信じたかった…)ズババッ

ヒルゼン「あの時の間違いを今正そう!」ヒュンヒュン

大蛇丸「やっかいなのが出てきたわね…」ズルゥ

大蛇丸「草薙の剣!」ヒュン

ヒルゼン「ぬんっ!!」ヒュン

キィン!!!

猿魔「金剛の体でも草薙の剣は痛ぇぜ!!!」ギュア

大蛇丸(金剛如意の状態から頭だけ出して…!相変わらずトリッキーね)

柱間「」ドカ
扉間「」ガッ

ヒルゼン「ぐぅ…!!!」ヒュッ

柱間「」ボン
扉間「」ボン

大蛇丸「蹴られた瞬間に起爆札…さすがですね先生、でも…」

柱間「」ズズズ
扉間「」ズズズ

ヒルゼン(爆発した足が再生している…やはり穢土転生で縛られている魂をなんとかしなければならんか…)

ヒルゼン(ならば四代目のあの術しかない…!)

我愛羅「うおおおおおおおおオオオオオオオオ!!!!」

ナルト「見た目はもうほとんど化け物だってばよ!」

サスケ「写輪眼で幻術をかけるための隙がほしい」

ナルト「俺が近づいて掴まえるってばよ!チャクラを寄越せ化け狐!」ゴゴゴ…

サスケ(九尾のチャクラ…いく気かナルト)

我愛羅「うちはサスケェ!うずまきナルトォ!」ズオオオ

サスケ「火遁・豪火球の術」ボッ

我愛羅「そんなものがきくかアアアアア!」ブアッ

ナルト「もらったァーーー!!!」バッ

我愛羅「しまった後ろに…!?」

ナルト「大蛇丸先生直伝!木の葉秘伝体術奥義・千年殺し!!」ズプッ

我愛羅「ア゛ッッッ――――!!!」

ナルト「今だ!サスケェ!!」

サスケ「写輪眼!」ギン

我愛羅「」カクン

ナルト「ふう…うまくいったってばよ」ヌポ

サスケ「任務完了だな」

我愛羅「」ズズズズ……

ナルト「うわ、なんだあ!?」

サスケ「急にチャクラが、バカデカく…!!」

守鶴「ヒャァッハァアアアアアアアアア!!!俺様参上ーーー!!!」

サスケ「まさか…尾獣化したのか!?」

ナルト「なんかファンキーな奴だってばよ…」

守鶴「お前たちが我愛羅を眠らせてくれたお陰で狸寝入りの術なしで出てこれたぜ」

守鶴「そんな訳で礼代わりに受け取りな!」スウウ

サスケ「っ! 離れろナルトォ!!」

守鶴「風遁・無限砂塵大突破!」ビュオウッ

ナルト「う、わあっ!!」

白「口寄せ・羅生門」ボン

ドオッ!

ナルト「白!助かったってばよ…」

白「遅くなってすみません」

サスケ「会場はどうなった?」

白「予定通り大蛇丸様が火影と交戦中です」

守鶴「風遁・練空弾!!」ボボボッ

白「詳しいことは後にしましょう。口寄せ・羅生門」ボン

ドドドッ

サスケ「そうだな、あいつをなんとかしねえと」

白「魔鏡氷晶をするには相手の体が大きすぎますね」

サスケ「もう一度写輪眼で…」

ナルト「ちょい待ち、俺に考えがあるんだってばよ」

サスケ「あのサイズじゃ千年殺しはもうムリだぞ」

ナルト「わかってる。今度はもっと激しく攻めても死なないだろうし、もう一個の必殺技でいくってばよ」

ヒルゼン「影分身の術」ボボン

大蛇丸(この状況でチャクラを等分割してしまう影分身…?何をする気かしら…)

ヒルゼン「封印術・屍鬼封尽!」バン

柱間「黒暗行の術」

猿魔「目眩ましの幻術か…」

ヒルゼン「ならば体を張って掴まえるまで」

柱間「」ドッ

ヒルゼン(分身)「ぐぅ…」ガシッ

扉間「」ドガガガッ

ヒルゼン(分身)「かはっ…!?ぬぅ…」ガシッ

ヒルゼン「お許しください、初代様…二段目様…!!」

ヒルゼン「封印!」

柱間「」ズズズ…

ヒルゼン(分身)「」ギュン!!ボン

キン「」

扉間「」ズズズ…

ヒルゼン(分身)「」ギュン!!ボン

ザク「」

大蛇丸「なんだ…何が起きている…!?」

ヒルゼン「貴様…己の部下を…!!!」ガシッ

大蛇丸(この術はまずい…!)クイッ

猿魔「猿飛っ!!!」

ドスッ

大蛇丸「ぐっ……」

ヒルゼン「ごふっ…」

猿魔(草薙の剣が猿飛に…)

猿魔「待ってろ猿飛、今抜いてやるぞ」グッ

ヒルゼン「どうやらワシにはお前の魂すべてを引きずり出す体力がないらしい…」

大蛇丸「そうだ早く離せこの死に損ないが」

ヒルゼン「せめて貴様の腕と金玉だけでも道連れとしよう…。腕が使えねば術も使えぬ。金玉が使えねばセックスも出来ぬ」

大蛇丸「!」

ヒルゼン「貴様からすべての術と性欲を奪い取る!」

死神「いただきます」

大蛇丸「やめろオオオオオオオオおおお!!!」

ヒルゼン「封印!」ギュン

大蛇丸(グウウウウウ…!!腕が…玉が…焼けるようだ…!)

大蛇丸「このクソジジイ!!私の腕と玉を返せ!!!」

ヒルゼン(――木の葉舞うところに火は燃ゆる、火の影は里を照らし、また木の葉は芽吹く――)

大蛇丸「おのれぇ……私のちんこがただの排尿器官に…」

左近多由也鬼童丸次郎坊「大蛇丸様!」バッ

ダンゾウ(ヒルゼンは死に、大蛇丸も弱りきっている!今が好機!)バッ

ダンゾウ「フー!トルネ!!雑魚は任せる」

フートルネ「ハッ」ババッ

鬼童丸「木の葉の暗部ぜよ」

多由也「チッ、クソめんどくせータイミングで」

次郎坊「多由也、女がクソなんて言葉を…」

多由也「言ってる場合かこのクソデブ!」

左近「やることは変わらねえ…俺たちの任務は大蛇丸様をお守りすることだ」

フー「………」

多由也「速攻でぶっ殺す!」ズズズ…

次郎坊「今は時間がないから後でまとめて言うぞ多由也」ズズズ…

トルネ「………」

左近「いい音聴かせろよ?」ズズズ…

鬼童丸「合わせて腕が10本もあるぜよ!」ズズズ…

右近「おい!一人大蛇丸様の方に行ったぞ!」

大蛇丸「ダンゾウ…!」

ダンゾウ「よくやってくれた大蛇丸、お前はもう用済みだ」

ドス「僕もいるんですがねえ!」バッ

ダンゾウ「まったく…雑魚の相手をしている暇はないというのに」

大蛇丸(白をこっちに残しておくべきだったわね…)

ナルト「サスケ、なるべく遠くへ離れるってばよ」ダッ

サスケ「ああ、巻き込まれたらたまらんからな」ダッ

ナルト(分身)「こっちは足止めだ」バッ

白「はい」バッ

守鶴「テメエそのチャクラ…俺様の大嫌いな狐野郎に似てるな!ムカつくから殺す!練空弾!!」ボボボッ

ナルト(分身)「螺旋丸」

ナルト(分身)「螺旋丸」

ナルト(分身)「螺旋丸」

白「秘術・千殺水翔」

守鶴「シャラクセエエエエエエ」

ナルト(分身)「千年殺し」ブスッ

守鶴「………テメエ、ナメてんのか」

ナルト(分身)「いいや」ニヤッ

守鶴(……ん?なんだこの起爆札)

――木の葉舞うところに火は燃ゆる―――

守鶴(札がどんどん新しい札を口寄せして…)

ナルト(分身)「大蛇丸先生自爆…」

―――火の影は里を照らし―――

ナルト(分身)「五乗起爆札!」

――――また木の葉は芽吹く―――

ナルト「ボン!」

┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛

守鶴「グギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛

守鶴「やめてええええええええええええええええええ!!!」

┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛

守鶴「我愛羅が死んじゃうううううううううううううううううううううう!!!」

サスケ「なんつー爆発だ…。おいナルト、あれちゃんと我愛羅死なない程度に加減してんだろうな?」

ナルト「…………えーと」

サスケ「おい!」

ナルト「いやだってアレは大蛇丸先生に渡された起爆札を口寄せする起爆札を使うだけだし、俺のほうで加減とかできねーし!」

サスケ「とにかく急いで確認するぞ」ダッ

ナルト「いやでもほら、あんだけデカくて見るからにタフそうな奴だし、これぐらいは耐えられるって」ダッ


サスケ「白、我愛羅は生きてるか?」ダン

白「極めて危険な状態ですが、息はあります。恐らく一尾が残りのチャクラをすべて使って守ったのかと…」

我愛羅「」

ナルト「ノオオオーーー!!!死ぬな我愛羅ーーー!!!」

白「とりあえず千本でツボを突いてみますか…?」

サスケ「どけ!写輪眼で医療忍術を視たことがある。応急処置くらいならできる」ブウン

白(いくら写輪眼があるとはいえ、医療忍術にはかなり高度なチャクラコントロールが必要なはず…)

サスケ(ナルトも白も捨て身の足止めと自爆で任務を遂行したんだ…俺も命張るくらいの覚悟見せなきゃ示しがつかねぇ!)ブウン

ドス(僕の術なら格上相手でも隙をつくりやすい…)キィィン

大蛇丸「お前じゃダンゾウの相手はムリよ!せめてもう少しマシな戦力にエドテンを……」

ダンゾウ「風遁・真空波」フー

ドス「え…?」ズバッ

大蛇丸「遅かったか…」

大蛇丸(どっちにしろこの腕で穢土転生は出来ないわね…。さて、どうしたものか…)

ダンゾウ「一応、聞いておくが…里のために生きるつもりはないか?」

大蛇丸「金玉痛いから笑わせないでくれる?」

ダンゾウ「だろうな、死ね…」チャキ

大蛇丸「くっ……………!!!」

キィイイイン

ダンゾウ「――っ!!」

???「申し訳ありません大蛇丸様…」

大蛇丸「随分待たせてくれるじゃない、カブト」

カブト「会場にはついていたんですが、苦しそうにしている木の葉の下忍の女の子がいたもので…」

カブト「治療ついでにおっぱいを揉んでいたら遅くなってしまいました」

ダンゾウ(なんだ…?今の異様な動きは…!?)

大蛇丸「それで、どうだったの…?」

カブト「ええ、少女の膨らみかけの胸という背徳感が興奮を助長させ、なかなか捗りました!」

大蛇丸「そっちじゃなくて、私が命じた修行の方よ…」

カブト「ああ、そっちですか…。ご命令通り、龍地洞に赴き白蛇仙人より教えを受けましたよ」

大蛇丸「じゃあ修めたのね、仙人の力を」

カブト「出来なければ帰って来るなとアナタが言ったんですがね…」

大蛇丸「細かいことを覚えているのね、カブト。A型だったかしら?」

カブト「いいえ、AB型ですが…」

ダンゾウ(やはり大蛇丸も切り札を用意していたか…。危険だな、ここはイザナギを使ってでも…)グイッ

カブト(志村ダンゾウ…マザーの…!!)

大蛇丸「……………」

大蛇丸「退くわよカブト」

カブト「…この男は木の葉の重役、今ここで消しておくべきでは…?」

大蛇丸「いくら仙人の力といえど、ダンゾウの相手は分が悪いわ…。それに、私の金玉が限界よ!」

カブト(大蛇丸様が涙目になっている…)

カブト「…わかりました」

ダンゾウ「させると思うか?風遁・真空大玉!」バババッ!!

カブト「仙法・無機転生!」ドドドッ

ダンゾウ「ぐぅっ!!!」ドスドス!!

ダンゾウ「風遁・真空連波!」フー!!

カブト「!」

カブト(僕の仙術は確かに奴を貫いたはず…っ!?)

大蛇丸「イザナギよ!」

カブト(なるほど…これはたしかに厄介だ…!)

カブト「仙法・白激の術!」カッ!!

ダンゾウ「ぬっ!!」

ダンゾウ「……逃がしたか…」

フー「申し訳ありませんダンゾウ様…」

トルネ「我々も今の術に目と耳をやられているうちに敵を…」

ダンゾウ「すぐに追い忍部隊を編成しろ」

フートルネ「はっ!」

我愛羅「……うっ………」

白「目を覚ましましたよ!」

サスケ「フゥー…」

ナルト「よかったー」

我愛羅「…うずまき、ナルト……」

ナルト「いやー、さっきは悪かったってばよ…こっちも必死だったっていうか…」

我愛羅「ありがとう」

ナルト「………え?」

我愛羅「薄れゆく意識の中で、お前の声が聞こえた…」

我愛羅「今まで何度も『死ね』と言われてきたこの俺に…『死ぬな』と言ってくれたのはお前が初めてだ」

ナルト「あ、うんうん!そうそう!俺ってばお前の気持ち、すげーわかるんだってばよ」

ナルト「俺の中にもお前と同じ、びじゅう?ってのがいるからさ!」

我愛羅「お前も…?」

ナルト「でも大蛇丸先生は『それは武器に出来る』って言ってくれたんだ!だからさ…」

ナルト「お前も俺達と一緒に大蛇丸先生のところに来いよ!」

我愛羅「そこに行けば俺は…孤独じゃなくなるのか?」

ナルト「ああ、俺がいる!」

我愛羅「そこに行けば俺は…忌み嫌われる化け物じゃなくなるのか?」

白「僕も元は大蛇丸様の敵でした…大蛇丸様なら君を貴重な戦力として受け入れてくれるでしょう」

我愛羅「そこに行けば俺は…生を実感出来るのか?」

サスケ「性の実感…?嫌というほど味わえるぞ」

ナルト「な!来いよ、我愛羅!」スッ

我愛羅(……テマリ、カンクロウ…)

我愛羅「行こう、ナルト」ガシッ

ナルト「おう!」

白「瓢箪から出た砂が『NO!!』って形になってますけど、これは…?」

我愛羅「この砂は俺の意思と関係なく動くから…」

サスケ「まるで砂に意思があるみたいだな」

大蛇丸「そろそろサスケ君達との合流ポイントね…」

ナルト「大蛇丸先生ーーー!!!」

白「大蛇丸様!その腕…」

大蛇丸「金玉もよ…」

カブト「話しは後に…。大蛇丸様を頼む、僕は追い忍達を足止めしてくる」

ナルト「誰?」

サスケ「あれだろ、修行で離れてるって言ってた…」

ナルト「あー!」

大蛇丸「あとで改めて紹介するわ、それより…」

我愛羅「………」

大蛇丸「ちゃんと一尾の人柱力を連れて来れたのね」

ナルト「先生!あのさ、こいつさ!」

我愛羅「俺を…仲間にしてもらいたい!」

ナルト「いいよね、先生!?俺ちゃんと面倒見るから!」

大蛇丸「一尾の人柱力、歓迎するわ…よく見ると結構可愛い顔してるじゃない…」

ナルト「やったー!!!」

大蛇丸「ま、色々と話すこともあるでしょうけど、一先ず行くわよ…」

大蛇丸「我らが音隠れの里へ」

OROCHIMARU 第一部 完

このSSまとめへのコメント

1 :  そわ   2014年10月22日 (水) 18:55:14   ID: WHSVOJjm

おわりかよ

2 :  SS好きの774さん   2014年11月05日 (水) 00:17:52   ID: f690Oe2m

終わりなの?

3 :  SS好きの774さん   2015年02月08日 (日) 14:21:22   ID: jOeHUYFE

つまらなさすぎる上に投げ出しとか救いようがないな

4 :  SS好きの774さん   2015年05月08日 (金) 22:59:37   ID: l5YrQN7l

けっこう面白かったわ

5 :  SS好きの774さん   2015年07月05日 (日) 02:21:39   ID: zU4QMEyA

つまらないとかいうくっそつまらない感想しか言えない>>3

6 :  SS好きの774さん   2018年01月13日 (土) 02:08:10   ID: r7rnxeOY

五乗起爆札じゃなくて互乗起爆札。
確かヤマトは樹海降誕の様な本物は使えないはず。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom