【fate?】コンマで八百万聖杯戦争2 (1000)


        _ - ' フ                        _ -..:::::::::‐::..、_
    r-, /´ r‐  ̄                     ,.. -.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
    l l/ / /´ ̄ ̄_ 二 フ             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、

    l/  // /´ ̄               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ノ  〃 /                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /   < __               /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /       _ 二二つ          //:: :::::::/::::::::::::::: ::::::/::::/::::/::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /      く´               /イ:: ::::::::l: ::l::::::/:: :::::/::::/::::,':: ::::::::::/::::::l:::: .::::i :::::l: .:::::::ト、
. /        \             /ノ !: :l::::::{: ::l:::::/:: ::::イ::::/:::/:. :/::::::イ:::ハ:::ト:::: .:::l ::::l: ::l::::::l ヘ

/       r‐‐ 、 ヽ             ,':::::l::::::l: ::l:::::'::__:/ l::/!::/:. :/::::/ l::/ l::lzl-:: ::l :::l: ::l:::ハ:l

       /     \ \           /1:::l:::::::l: ::l:::{::::/`ノメ、lイ::::/::::/ _リ斗‐三リ_::::l:::/::::'::::! l:l
      /       `ー'          /イ::::ハ::::::l: ::l::l:/`ニ弌ミ l:::/l::/:::ィ´≦ィ‐メ, ヽ:!:l:/:::/:::::l リ
     /                   /  l:::l !::::ヽ::ヘ::{ (ひ) 〉/ レ.:::..  イ (ひ ノ ノ//:/:::::::l
   _ノ                      l::|  l::::::{ ヘ:ヘ ̄ ̄ ´    i   ` ̄ ̄´//; イ:::ハ::l
  /                        l::l  ',:::::ヽ. V        .:l       /イ ノ::::l リ
V ヽ                        l::l  ヘ:::::::ヽ.ヘ    ____    /´:::::::l
 \ ヽ、                      リ   ヽ:::::::::::\  V      〉  /:::::::ト:::l
\\\ヽ                          l::::::::::::::::l\ ヽ___/, イ::::::::::::::l ヘl 最近寝てばっかりでガチで空気
::::::\\ ソ                         l:::/l:::ハ:::|   \ ー‐ イ l:::::i::::::lハ!
:::::::::::ヽ/                          レ l:/ l:::〉、_ `' ‐ ´ __ノフ!:ト、::l

::::::::::::/                             リ  l::l`::::::T:───1!:::lハl ヘ!
:::::::::/                            , -─‐レlヘ{}r:li::::::::::::::::::ll::tl リ
::::::/            , -、──── -- .. _. -‐::´:::: ヘ :::::l::ノ{_:l!::::::::::::::::::il::::l`ヽ.
:::/            /::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.入:::::: ヘ ::::`リ::ll:::::::::::::::::::ll::::::::::::::::`ヽ..
/             l::::::::::::.. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ .::::::il::::::::::::::::::::li::::::::::::::::::::::::::`::::.... _
             l:::::::::::::::::. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::ll:::::::::::::::::::::li::/ :::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ :::‐-..、
              ハ::::::::::::::::::.. ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l メ、:::::::::::::::: イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          r‐─{::l::::::::::::::::::::.. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il:::::`:::─ '::::li:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l
          l:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::l
        ノ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::r───── 'ノ:::::::::::::::::::::::li、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::/:::::::::l
       /::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::i:::::::::/:::::::::::::l l´ ̄ ̄ ̄ ̄:´:::::::::::::::::::::::::::`::── 二ニニヽ:::::::::::::::l:::::/::::::::::::l

※このスレッドは、fateの設定を利用して、オリジナルのマスター(版権含む)およびオリジナルのサーヴァントを使って聖杯戦争(大戦)を行うスレです。
 安価、トリップ、コンマあり。ルールはけっこうガッチガチ。>>1すら把握し切れていないほど。
一応wiki。ただしルールのみであり、加えて変更箇所あり。http://www59.atwiki.jp/f0cthb3qkug/
前スレ:【新シリーズだよ!】中国(山陰・山陽)地方八百万聖杯戦争【全員集合!】 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396076883/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396868890



《小霊地・厳島神社》
              -── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',

              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′            ――――てめえらがアサシンか?

          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|

            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y         まさか、俺たちの最初の陣地に陣取って悪さしてるとは思わなかったぜ
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i



           >::===-==:::.<
         /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       ,i::::::::::::i!:::::::::::i:::::::::::::::::::::::ヽ:i!
       i{::i:::<;!::::::::i::iヽ:::::ヽ:::::i!::::::i::i
      .,イ!::!:::,,__{≧z:{::!≦二ム::::!:::i::i::!
      ´/i::i:《`ゝソ∨ソ´ゝソ 》:::}:::i::i::i

       i:/ソ:::{ `¨ ,   `¨´ }:::i::::!:i:ト、
       i' {:!::ム  , .._      ソ:i:::i!:i::::ヽ
        ヽi::リソ   ` ゙ ヽ,≦i!/iハ!ソヽi`
         r ´__  ___    リk、,
       rk´`ー-===-- ____   彡!`ヽ、_                  ……
       _〉     -= ´    >::´ヽ、___ ヽ、
     >:´:::`ヽ,z、_    >::´::::::::::::::::;>::ヽ i
    zゝ:::::::::::::i:::::::/ ̄::´::::::::::y-=:::´::::::::ヽ:::::ヽ、

    i:::ハヽ、::::i::/:::::::::::;_ィ ´ ii:::::::::::::::::::::::i!:::::::::::>
    i::{ ヽ:ヽ::K--= ソ    i!::::::::::::::::::::::::i____/

    /:/  ゝ--r=<´     !::::::::::::::::::::::::::ヽ i
    /::{   ト--{         .i:::::::::::::::::::::::::::::_ヽ
  ./::::ム  /:i:::::ヽ        ゝ:::::::::::::::::::/i!__ノ
  ヽ__:i!  {:::i::::::::{       / ヽ:::::::::_/ ∨

   i! i!  ヽ/ヽ::::i       /  ` ̄!    ∨
   i!/   `  ` ̄     /     ヽ    ヽ


          .|:::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:::::::::::::|/::::;:;::::::::::::::::::::.|/
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;::::i[:;:;:;:;:;:;:;:; ::::::::::.|/
          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|[:::::::::::;::::::::::::::::|/
.         |/::::::;;;:::;...:;:;:;::::::::::::::::::─┴─::::::::`丶、:::|/

         |_:>-ー─────────--゙\゙:<;/

        //      ,' : :. i::.         ヽ|リ     ┌lユ_
        /         / :i: i::::lヘ;.    ヽ :.   :.  ヾ:、     :|;;;;;;;;;;;;|
       /     .::i l j: ::l: :i:::'い、:::::i;. ヾ:i::. ;:. i:.   \    |;;;;;;;;;;;;|
       l   .;'  :; i l:.:l:; .:::l::;.::k:: l  ゙i::::l::::. i::l::. i:::. l゙:、:.ヽ  ヽ   :|;;;;「Π|
       | .:::;  .:i l !:l; 、_/:;':::ハ::l  ゙i::ト;::. l:ト;:::l:::. |:.゙i:::.i::::. ヽ  |;;;;| l l|
        | .:::;:i  ::i l : !li:.:/;'`メ、ーl:|  l:lヘ;:::!ハ:,_.!::i:,!:::. i;::i:::::. :ヽ :|;;;;| l l|      マスターはどこに行ったでおじゃるか?
     ┌ l::::;:i:l .:::l.:l .:.:∨;:'ム-:`.、l:!   !} !:j/|::l:::リ::::::. i;:l:::::メ;:゙i  |;;;;| l l|
     7'" !:::i:i:| ::::l::! ::: ヘイ!::::: c}ヾ!  ノ'∠`_メ::!::ハ::::i:::. i:!:;/ ヾ|  |;;;;| l l|_
    /   !:::!:i:l ::i:l::l: ::::::゙i,{:'''''' ノ      /゙div!:l:/:∧::i::. i::ハ  ! Ko)―i::i   n
    /   !::i::i::l :.::l:l::l:.::::::;:ヘ ̄      l:'''リ,イ::;':;ッミiヘ:i::.∧ ::ヽ   L /^、k-、‐、ノ i
    /   |::!::i::l i.::l:|::l:.::::::i;:ハ.       '  `゙ /:リィ' ,」_::l:i:ハ ゙:、:::ヽ   ト`‐ !__!__kーi
   /  ,!  トl-、!Ll_:l:|ハ::i:::::::i;ハ.  ー-'   , ィヘ/゙! r" ,!::l:l::lヾ::ト、:゙i  ヽ、.彳―---┘
  /   ! :   _,.⊥-‐キ:l:j'i;:ヾ:!`ァ、,, : ni"「`lヘ `ー'、 j" ,ソvl:ヾ:l ヾ:゙i   jN  了 人
  /  l  i   ヽ、   ゙!  ``i:! ̄`ヽ. li|ハ ゙i|   ゙ '`‐、/ ,r゙iヾ|l:| ゙!:| ト、こYこYこソヽ
 /   !  l  i ヘ  ,.- '' " \ ̄ ̄`ヽ、i┴ -‐‐- 、  `く. }  リ  ソ ト、ヽ ニ二二二
.   ,!   !   i r^'"´        \  丶、`!: : : .    `ー:、 l /\_    |:::.\_.:.:.:.::::::|
.    l   !   l l       :   |   丶\ : : :       \    \ ::l::::.  .:.:.:.:.:::::/



      / !       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾ:i\        ,ノゝ~´                ,ィ ノゞ:、:, ;'~ ゞ~〈
    〆 | |    _/:i:i:i:i:i:i:i;i:i:i/:i:i;i:i:|:i:!:i:i:i:i:i:i.丶:\       r"                ,_;: ,ノ~ ´
\ー 、  | l/> 'ア/:i;i:i:i:i:i:i//i/:i:iイ:i:i|:i:|:i:i}:i:i:i:i.丶  \ rベノ                、ノ  ~
  > 、ヾ ´ ィ" ':i/ :i:i:i:i:{/i/:i:i:iノ:i:リi:i|:i:リi:}|:i:i:i:i.、 ヾヾ                ,.ィ~

     `¨´  .'i:i' :i:i:i:i:i:{i:/:i:/}:i:/i/}l:/!|i}|:i:i:i:i:i:   ',マ                   ,ノ
            !i:i :i:i:i:i:i;∠;_'ミ/、/;/ }斗!}‐!i:i:i:i:i:i.i. i. ,}                   }    r
         l:||:i:i:i:i:i:{{゛.込7>''  .;七77}:i、:i:i:i:i:i :i.ソ       ,ノ~~ヾ、  ; { 、ー、∥-ァ    _
         |:!l:i:i:i:i:i:{' ` ´   ,: `'¨ '´ リ丿:i;i:i}~~'       ;'⌒     ゞ,ノ ′ ` ー ´    〈 >
.          l! }:i:i:i:i:i{:、      {:.     .イ:i:i:/:iリ       j~                   / {
           ゙、i{ヾ;i{厶、       //;i;シー'′   ,,=~^                    / {
             ヾ\ `ヽヽ丶.    ィ"~´      /               、 ______   {  !、   ,-― _ニ-‐ ′   マスターは……ここには、いません。
          _,,.>、`                 〆、             `>- 、  ゙ヽ!  ! `/  イ´
     <⌒:ー≦::、::::ヾ、               イ '  ー- 、              > 、'  レ" /
       `ヾ::::\::::ー-`ゞ=、            、ィ/'" 、     }-   ... _              ̄`´         戦うなら……私たちが引き受けましょう。
        } \:::`:ー:---‐:、゙~-=、   ,ィ-イ:::/{  、 \ ‐-  {       ̄ ¨   '' ¨  ̄   ¨¨¨¨   '' 、
        | 、 `ー7´7=ミ、:::::::/::;:===イ, {Ⅵ 丶 丶、‐ } .......  _ _ ... _     ___ ..:.     丶
        ト、 、 Y / {Ⅵニ}\'/ニニ\   { ゛_ \ 丶、{             ̄        `ヽ     ヽ
         |  }   : { ! Ⅵニ{ニΛニ{ニニ\ | ' {  ` ー-=、j                        Λ ';:.、 !
          }       7 ! Ⅵ=}ニニ{V={ニニ \  '{                               /ゝ⊥ュ 」\
          ! i    i    Ⅵ=、 Λ∨ニニ二 \ {                          /        \
.         `Tー―--{   、 \ニ、Λ `マニニニ \                        く              >
        |    |   }   \ニ 、 } ``ー===≠‐-、                      \        /


            _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‐=二三
          / .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‐=二三三三三
          ,ィ  , ':: : : : : : : : : : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三
       /  , ': : !: : : : : : : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三三
     /  , '/⌒ヽ: : : :i : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三三三
       , ' .//心:| | : : i!: : : : : : : : ‐==二三三三三三三三三
   /  ' : :|{: :{ : :| | : :i! : : : : : : : ‐==二三三三三三三三三

  '´ ,' : : : :|{: :{ : :.!∧ : : : : : : : :‐==三三三三三三三三三三      ――――まさか、マスターなしで勝とうだなんて思っちゃ居ないよな?
/ /  ,' : : : : : :',: }: :.V∧ : : : : : : : : : :‐==三三三三三三三三
. / =‐‐: : : : : :.',: {: { V∧ : : : : : : : : :‐==三三三三三三三三
.ノ  } ≧=: : : : 7 刈:! :∨ >rそ=ミト、‐==三三三≫=ミ三三        今のお嬢ちゃんは、そんなに甘くはねえぞ

 二=‐=二: : : :77: }: :.∨       Y斗==≦又     刈三
   i : : : : : : : :i/::.え: !: :圦       ノ三三三杁         }三
   i  : : : : : : :} ::.:.:}: |i三=≧=‐-‐≦三三三三込     ノ三
   i : : : : : : : :ノ ::.:.:|: i三三===三==三三三=≧=≦三三
   i : : : : : : : :{ :.:.:.:. !: {三三三イ三r_  .i三三三}!三三三三三
: : : :i: : : : : : : : }::.:.:.:.:.|:炊三={{ 三三≧、{三三/三三三三三



┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃
┃|      ライダーVSアサシンの戦闘を開始します。             |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛


《各陣営の情報を開示します》
         ――――ライダー陣営――――

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー          【道具ポイント】:0          【その他ポイント】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:30          【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:C(30)    【耐】:A(50)     【敏】:C(30)     【魔】:C(30)     【幸運】:A(50)    【宝】:A++
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(大名)          【残存魔力】  270/270          【HP】 70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                ,.r 、__
              /:::::::::::::::::::::::ヽ-、
            _∠ - ―- _:::::::::::ヽ:::\

              ,イ   __    ¨ ‐ ::::::ヽ:::ヽ
          // _ イ:T ¨ri- ._. ヽ¨ヽ1:::::ハ
         j  イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ、ヽ!-、:ハ  ,.ィ
         | /: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |: ヽ}  ム:}メメ

         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ  {d爻爻
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|  {====}
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |  ヽ tiノ
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j

               ヽ:.l イ { l_/ ´  ._.トレ
                |  ハ   /:::Vj
                トイ::Oヽ./::::::::::Vj
       ___z―.|::::!::::::::::::::::i::::::::: Vj

      /:::::::::::::::::::::::::|:::ハ ::::::::::::::l::::::::::ハ
       {:::::::::::::::::z:::::::: |:::::::{::O:::::::::l:::::::/:::',
       乂_:/三三V::::::::ヽ::::::::::::l:::::::::::::ハ
        イ/. . ./7::::::::::::::}:O:::::::l:::::::::/::::',
         /. . ィ7_/::::::::::::_ム/::::::|::::::::::::::::::ヽ-、
       /. イ. ..j .V` ー‐ ∠ --、::l:::::::::::::::::::::ソ \
     /. .´. .{{. . l ム_   / __. `ト __::/   }、
      {. . . . . . >'ー' ー/二 _ \ |       /:::ヽ
     ヽ ‐ ¨ ヽ__ノ  ,./. . . . . . Y_..j_     ∠::::::::::::\
            〈_ // . 二>. ¨. . . . T -r‐く_):::::::::::::::\
               /. . . . . . . . . . . . /  ヽ-' ヽヽ ::::::::::::::ハ
            {. . . . . . ._ - ¨7_, イ    \\:::::::::j:ノ

                ` ー一        ヽ       〉 .`ー''
                          \ _.ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆対魔力:C
  第二節以下の詠唱による魔術を無効化する
  大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない
  【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、20点の軽減を加える】
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆騎乗:C
  騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、野獣ランクの獣は乗りこなせない
  【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ウェストランド・アルハジ・アブカール  【属性】:秩序・中庸       【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:ナイジェリア魔術師              【魔力】:70           【スキル】:A
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
                  /: : : : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:::. : :\

                     /: : : : : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.: :ヽ
                 /: : : : : : : : ::.:.:.:{:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.: :
                r'__: :ィ云≧、:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.: :.i
               {//ソ¨//////≧==‐‐-斗=ミ:.:.::.:.:l

                V: :.:.V////:.:.::.:.:.:.:..:::.:::.:.斥:.:.:}.::.::.,'
               /: :.:.:.、:. ̄: ::.:.::.:.:ノ:.:.::.:::.:.ハ::.::.ノ:::./

                ¨7:.:.:':_.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:./::.:/_ _
          ___,,.. -‐={`二、ヽ:.从:.:.:..:.::.:.:.:.:.:rイ:.:.:.::.:{≫  ヽ
        /      /才二ノ.:.{;;;}:.:. :.:.::.:.:.:.:.::.:._,斗≦    ∨
       {i|      //};;;从;/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ∨
          |i|       ¨¨  {;;;;;;;;;;|                       }
      _ }i|          _≧={                  _ ノ_
    '': : : : /|i|     >''   /:|            _  <
/: : : : : : :/ |i|   〃.:.\__/:.:}         _ -‐        __
: : : : : : :ァ"  ̄ ̄ ,ノ.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.::{__,,.. .-‐''"         /.:.:.:.:

: : : : : :/     /二二二У ̄ ̄ ̄ ̄                /.:.:.:.::.:.:.
: : : : :/    /     /                  /.:.:.:.::.:.:.:..:.:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】

  ◆変化の魔術:A (魔術・野生・変化・常時・誘発・コピー・体質)
  野生動物に姿を変える事ができる。
  本物よりは若干劣るが変化した動物の能力を使うことができる。
  ある程度のサイズと哺乳類であることが条件。
  【遭遇したマスターの全ての野生スキルを修得する】
  【サーヴァントの【筋】【耐】【敏】にそれぞれ10の修整】

  ◆自然の民:C (野生・常時・誘発・魔術)
  ナイジェリアの中でも野生に近い環境で生きる人。
  自然が多い拠点にいる場合、魔力回復量にボーナスがつく。
  逆に都会的な拠点にいる場合魔力回復量が減り、ストレスもたまる。
  【人口が300人を超える地域に居る限り、ウェストランドは他の全てのスキルを失った上、魔力も10低下する】
  【人口が100人の地域に居る限り、ウェストランドの魔力は30上昇する】

    ~その他スキル一つ~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                    ――――アサシン陣営――――

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?(服部半蔵)             【消費】:30          【属性】:秩序・悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:E(10)     【耐】:E(10)     【敏】:C(30)      【魔】:E(10)   【幸運】:D(20)      【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:反英霊(忍者)     【残存魔力】 180/180   【HP】:70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
               ____
          ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::....、
         /:::/::::::::::::::: \:::::\:::::::::::: \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\:::\:::::\
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::\:⌒ヽ

..     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::ヽ   \
     , ::::::::::::: i:::|:::::::|::::::: |::::::::i\::::::: \::: ヽ:::::    \
     i::::::::::::::::|:::{:::::::{::::::: |::::::::|  \::::::::ヽ::::::::小  ヽ \
     |::::::::::::::::Ⅳ!:::::: 、::::::{\: {   > ::::::::::::: |::i     \:.、
     l::::::::::::: -=芋ミ、 \:\ \ 才芋=-::: |::::: Ⅳ      }:::i
.    八::::::::::::::::{乂zソ   ⌒` 乂zソ ノ Ⅵ::::: ||     |:::|
      、:::::::::::人             /}:|:::::::||     |:/

        }\:::::::::::\    、      /ノ |::::::八    /'
       :::::::\:::::::::::\        , .::::::小:/::::::\
        \::::::\:::::::::::\'⌒'    イ:::::/ |/::::::::::::::>-= ⌒≧=--
        |::\:::::::\:<⌒ヽ  ィ.:::: }/_/r≦ニニ/=/ ----==ニ\
        |::::::::\:::{: }⌒ `¨´  |_:/ニニ/ニニニ/=//、     `⌒\
         ><ニ \人      、ニ==/ ニ==/=//:::::::::\
       / /≧<⌒/ニニニニニニニ=,/=/=// ::::::::::::i\:\

      // /ニニ /ニ /____________彡 /::::::::::::::::::::|  \:\
     |{ / / ニ /ニ /=/ニ厂 フ ------=彡 ::::::::::::::::::::: |   \:.ヽ
.    /||' ,/= /ニ /=///////   //////\ ::::::::::::::::: |     ::::i
    / ゙||,/,/ニ /=//'//////   /////////\::::::::::::: |i.      }:::|
.   {ニ||,/___彡≦__彡'//////'ノ    {//////////ハ:::::::::::八    |:::|
  /|ニ||〃-=彡´ ////// ̄     ノ////////////\:::::::::: \   |:::|
. /=|ゝrく⌒≧=-----<______////////////////,\::::::::::::ヽ |:::|

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆忍術(真):A+ (技術・隠蔽・逃走・任意・常時・感覚)
 自らの身体能力を駆使した、忍者として当然取得すべき技能の数々。
 同ランク相当の心眼(真)に加え、戦場を仕切り直す能力や証拠隠滅能力を含む。
 加えて、巧みな足裁きや身のこなしによって、他より劣る自らの身体能力を、速度一点に限り、寧ろ
 卓越したものに変える技術もこれに含まれる。
★【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。令呪一画を消費して退却する】
 【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。コンマ判定を行い、5以上が出た場合、令呪0画で退却できる
  この効果は一つのストーリーで一度しか使用できず、これを使用した後、アサシンは上記の★能力を使用できなくなる】
 【アサシンの情報を情報収集で得ることはできない】
 【自身の攻撃の成功枠は5以下にならず、他者の攻撃の成功枠は5以上にならない】
 【戦闘時、アサシンの【敏】はA+++(80)として扱う】

 ◆投擲(暗器):A+ (技術・刃物・任意・常時・戦闘)
 暗器を弾丸として放つ能力。
 アサシンの放つそれは最早、狙撃と言っても過言ではない。
 【エリア外からの攻撃が可能。エリア内での戦闘が継続される限り、その攻撃によって他者に情報を得られることはない】
 【エリアを隔てた地域のマスターに対して暗殺を行う事が出来る】

 ◆忍術(偽):A+ (誘発・任意・魔術・技術・戦闘)
 本来、逃走に使用する術であるが現代人の認識により歪められている
 魔術を知らぬ一般人が偶然生んだマナを体内に取り込む事なく奇跡を起こす秘法の術
 その特性上、自身の魔力を消費する事は無く、周囲の魔力量によって術の成果は変わる
 また、ランクの高さは魔力を掻き集める事の上手さであり、A+ランクならば常にAランク相当の魔術の行使が可能
 使用できる術は、自身の身を守る「木遁の術」、火炎放射を繰り出す「火遁の術」、逃走用の目くらまし「土遁の術」、と様々である。
 【戦闘を行う霊地の魔力量分の数値を、戦闘開始時に好きなステータスに加算することが出来る】
 【大霊地以上で戦闘を行っている場合、一つの戦闘に一つだけ、下記の☆能力の内一つを使用してもよい】
 ☆木遁の術【相手サーヴァントの攻撃によるダメージを払拭する。即死宝具には無効】
 ☆火遁の術【アサシンの次の攻撃は全体攻撃であり、【魔】に【筋】の値を加算し、判定には【魔】を【筋】の代わりに使用する】
 ☆土遁の術【令呪一画で撤退できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


      アサシン1  2
【筋】    E(10)  E(10)
【耐】    D(20)  D(20)
【敏】    A+++(80)A+++(80)
【魔】    E(10)  E(10)
【幸運】   D(20)  D(20)
【HP】    70   70
【MP】     10

..,,,,,,,,,,,,、    .,,,,,,,,,, ..,,,,,,,iiiiiii,,,,,,,,, 、
 ゙゙lllllli,:    ,illlll!゙` ,iillll!!゙゙゙゙゙゙゙!!!!llll゙′
  '゙lllllli,  ,llllll!゙  :lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,゜

   .゙!llllli,,.,,illllll°  .゚゙゙!!!!!!!!!!!llllllii,
    ゙゙lllllllllll!°   ,,iiii,,,,,__,,,,lllllll゙
    .il!!!!!lr    ゙゙゙゙!!!!!!!!!!!!!!l゙゙`

     ライダー
【筋】  C(30)
【耐】  A(50)
【敏】  C(30)
【魔】  C(30)
【幸運】 A(50)
【HP】   70
【MP】  240

※忍術(真)によるステータス上乗せは既に行ってあります。

   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.::.._:.:.:.:._::.::, -、
  ′:.:.:.:.:.::.:.:.:,イ  `Y.:.斥  }
  i :.:.:.:.:.::.:.:.:イ込 _,ノ:.:.:.::.:`マ.:.:.
  |:.:.:.:.:.:: //:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::,.:.:.}:.:.:i
  |:.:.:r''¨_/.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:..:ァ‐=ミハ
  、:{:斥.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:从/____,ノ};';              (分身宝具かなにかを持っているようだが……根本のステータスがそれほどたいしたことがないおかげで

   ヘ:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:{;';'{___从___};'
, -‐=}:≧-:‐、.:.:.:.::.ノ;';';';';';';';';';';';;';';';_

`ヽ= ┴─────‐ミ;';';';';';';';';';';/  \                大事には至ってねえな。……さて、ライダーの宝具を使うべきか否か……
      ̄二=‐- _  ヽ'‐'‐'‐'‐' \  i__, ‐,     ァ‐、
             i  |:.::.:}    i |/.:.ノ_.   /.:.:/        ……アサシンのマスターが、今もどこか近くで見張っている可能性は高い。
             |  |:.::ノ    |  |ノ.:.r'′ `ーノ.:.:/、二二ii≡
             |  |:.:{      /:.:.:.ノ__,..ィ.:.:.:../:.:}          どうせ土壇場に使った方が強い宝具だ。今は温存しておこう)
」_}{ _ _            |  |:.:::\   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:/
  ¨ ̄二= ‐- _ _}-‐'二二\ /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:../:}




《それでは戦闘を開始します》
全15ターン
先攻:アサシンズ
後攻:ライダー
1~2ターン目:アサシンズ一括処理
ダメージは10
敏捷・幸運差20により成功枠6

↓1~2コンマそれぞれ4以上で成功


判定:成功&ファンブル
霊地効果が発動。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【霊地名】:厳島神社
┣━━━━━━━┳━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┓
【ランク】:小霊地  【陣地レベル】:0     【人口】:100/100
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┓
               _ ______________ _
              (::.);;::.,-、________,-、..:;;(.::) ゞ;::;;;;:ゞゞ:.:ヾ::. ヽ

                     |;: !            | :;|  ゞゞ:;ヾ ソゞ:::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: `ニニニニニニニニニニニニ´ :;! :;ヾ ゞ:  ;: ::ゞ:;:; ゞ;ヾ ゞ
                     |;: |´          `| :;| :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:::ソゞ :ゞゞ
                     |;: |            | :;| ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;:ゞゞ:;
                     |;: |            | :;|  ヾヽ::  |li/ ゞ ゞ:; ゞ:;ヾ
                     |;: |            | :;|   ヾ;li/::ゞゞ: ;::::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|    ゞ:;ソゞ'li|ヾ:li!:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|       |li| li|:::ゞ'
                     |;: |            | :;|       ヽli//
                   ,i';;`^:〕          ,'^';,(;;〕       | ;il|
                ,';,;) 'l; :.`!、______,.!:;'「:' ;.:'ヾ,       | ;il|
              /^`'"''ー゙''"         ゙''"ー"゙''"\    | ;il|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ,'l;i::ヾ

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【特殊判定】 テーマ:水没
 戦闘中に0を出すたびに、すべてのサーヴァントに10のダメージ。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
アサシン1の残りHP:60/70
アサシン2の残りHP:60/70
ライダーの残りHP:50/70

3ターン目:ライダー
ダメージは30
成功枠は4

直後コンマ6以上で成功


判定:失敗

4~5ターン目:アサシンズ一括処理
ダメージは10
敏捷・幸運差20により成功枠6

↓1~2コンマそれぞれ4以上で成功


判定:どっちも成功
ライダーの残りHP:30/70
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
        i: : : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
     __|: : : : : : : : : } : : : : : : _: : : : : : : : : : : : :.|
    / ,' >‐、: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : :/ : : : : : : :|

    / ,' /:/⌒Y二─-、 : : : : : : : : : :} : :{ : : : : : : : {
.   / .,' .{:{: 厶ノ: : :. ̄ヽ ̄ ̄≧-‐-く───- ‐-く}、
  /  ,'  ヽ: Y : : : : : : : :\ .//////ハ/⌒Y´////ハ ヽ
  /  ;   {:ハ: : : : : : : : : : 刈//////ノ: : ',:V/////ノ`、 \     ちいと情勢が悪いな……仕方ない。
/{   ;   {}{}{}、: : : : : : : : : : ≧‐-‐く : : : ',≧‐-‐く  ヽ \
  |   ;   /: : : :| : : : : ヽ: : : : : : : : :r : : : : :} : : : /. \  `  \
  |   ;   {: : : : |: : : : : : : : :_:_: : : : :`ー: :─' : : :/   \  丶 \  お嬢ちゃん。例の宝具をつかえ。
/|   ;   ヽ: : : {: : : : : : /: : :  ̄:¨:ヽ :_:_: : /      .\  丶 \
  |   ',   V : \: :_/ : :_:-‐ :  ̄: ̄_: : : )_/         .\  丶 ',
  |    ',   V: : :/ : / : : : : :._:-‐¨_V∧: ノ_           .\   i
  V    ',   V:/: :/ : : : : : /-‐: ¨: : V∧:.ノ',         ヽ   .|
  V    ',   //: : : :,' : : : : : : : : : :/: V∧ ',            }  /
.   V    ',  /: : : : :/ : : : : : : : : /: : :/V∧ ',        , ' / \
    V     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : :ノV∧ ',      , ' /   ヽ
    V   {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  ¨¨   ',     , ' /     |
.     V  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      /\ , ' /        .|


           |:::::::::::: | |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
           |:::::::::::: | |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;::l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;:_;_|
           |:::::::::::: | .|_______|________|
           |:::::::::::: |/::/: : ::/: /: :l: : :: : :: : :: : :i: : :: : ::\
           |:::::::::::: |i: :l: :l:/: ::/l: : :|:l: : l: l: i: ::l: : : V:}: : l
           |:::::::::::: |:: l:: :lへ、_|l: : l:|: : :l:ハ: l: : |l: : :{V}:: ::l
            ├==┤::: ::|<Tテぇi::| H土廿:ト: :l:l: : :トイ: : l
             |三二ニ|:: l::トi. |i::;| i:|  "{゚:::::トVl:l: : :ムイ: : l
             |三二ニ| : :l:レ ~  `   |iにゾ/ l: :/`トヘ:/
             |三二ニ| : l::|  "        ̄ /: :l: :レイ|〉\
         _,,、-|三二ニ|: l: :|:\ ヽ      /: :/: /: /:||  〉〉
       /∧ヘ|三二ニ|l:∧ハ ハヽ_,,,、<´ ̄`< ̄`ヽv/ //
      ノ / i:ヘ |三二ニ|ヘ,,,ノ´ ̄<        \  i V
      {;/ : i :ヘ|三二ニ|;;;;;/´ ̄ ̄`ヽ \         i
       〈 :十 〉三二ニ|;く         \  、       !       かしこまったのじゃ!
       {∨  /;|;;;;;;;;;;;;;;;L `ヽ       i   ヽ    i
       >∨:/,,、ノ´ ̄      }      |   i    i
      { ∨         /        i!  |    /
       ヽ、______,,,,、-ー′ ヽ!:::::   /!  |   ∧
         {            ノ:::::::,,/;;;;!  !   / ./
         〉ーー---ーー  {ソ´ ̄;;;;;;;;;;;!  /  //
          {         ノ ヘ\;;;;;;;;;;;! /  /
         `! ̄`"''ー--  !;;;\ヘ \;;;ノ/  ./
          ヽ┬ー‐┬ー"′;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
             {三三;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /
             {三三;} ̄`\;;;;;;;;;;;;;/  /
             {三三;}三二≡≡=≡三{
          /{{にこ}}三三三二二≡={

         /;;;;;YーーY三三二≡≡二三{
        /;;;;;;;;;;;;|:::::::::|三二二≡=二三彡、
        /;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::|≡≡ニニ二/二二彡ヘ
        /;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::|;;;;;;;;;∧彡ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::|;;;;;;;;;;;;;!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
ライダーが宝具を発動しました!



              ,,へ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _   r'^>/^ゝ      r-、  ,、    _   r'^>r'^>
              /;;_ / 'ミ,, !;;;;;;;;;;./ '''、 : : : : : : : : :|  `l / // /      / / く ヽ  |  `l / // /
          ,,―'''''゙~゛    ./ ;;;;;./ ,,,,,-.! : : : : : : : : '!  Lニ_`''  「`L_  'ー-'   `ー''  '!  Lニ_`
          |      ,,,..-'゙_,,./ ゛   . l : : : : : : : : : '!  ,、_7    i  ``゙''ー、      .'!  ,、_7
             !    .イ: :./ "゛     .,ノ : : : : : : : : : : : 1  |       |  l` ̄`''       1  |
             |   .;;.! /      ,,x‐" : : : : : : : : : : : : : i_」       'L_」          i_」
             l   .;;;ゞ   ...,i''': : : :`''ヘ........,;;_,..-'''ri./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
         /   ./   ...;./_;_;_;_;.,..-ー'''"´ ." ゛/_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;|
           /         ;./ ;; .,/゛       /                |
        ./        .;i彡-'"゛     _.. rZ_|____________|
       ./       .,/"      .,..-'´人リ\| i|.:.:/ -ー'''"´ i| _リ;;;│.:.:.:.:.:.:.:.:丶                _   r'^>/^ゝ
      ,r′               _ン'´;;;;;;..... 、   . ノシ ;;ッ/T~テリ.l./ |.:.:.:|.:.:!;;,、、.:.:.:|                |  `l / // /
     ,i′             く..,_;;;;;;;;;;;;;;;..ゝ /    iニ化リ;ン‐ |.:/.:.:.:.レ .|.:.:.:.:.:|               '!  Lニ_`''
    ./                      ゙̄''、;;;;;;, .. `''ゝ       |/.:.:.:i|'"/.:.:.:.:.:.:|               .'!  ,、_7
   /                ,..,,,,,,,,,,.  l.;;;;               |.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                1  |
  ./                / ;;;;;;;;/  /;;;                /.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                i_」
 ./                / ;;;;;;; l  ./;;;;;             /.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:/   _   r'^>/^ゝ      r-、  ,、
.″                 / ;;;;;;;;;;;;;;ゝ r";;;;;;;丶             /.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.:/   |  `l / // /      / / く ヽ
                  ,/丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;           /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/   '!  Lニ_`''  「`L_  'ー-'   `ー''
            _.. ‐'"  ^.l.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ― ニ      /人//|/.:.:.:.:/     '!  ,、_7    i  ``゙''ー、
         ,.‐'´     . _ |ぃ;;;;;;;;;;;;;;;           _///リ人/人リ//      1  |       |  l` ̄`''
   _   r'^>/^ゝ      r-、  ,、    _   r'^>/^ゝ      r-、  ,、       i_」       'L_」
  |  `l / // /      / / く ヽ  |  `l / // /      / / く ヽ
  '!  Lニ_`''  「`L_  'ー-'   `ー''  '!  Lニ_`''  「`L_  'ー-'   `ー''
   '!  ,、_7    i  ``゙''ー、      .'!  ,、_7    i  ``゙''ー、
   1  |       |  l` ̄`''       1  |       |  l` ̄`''
    i_」       'L_」          i_」       'L_」
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  ◆東海一の弓取り(まろはさいきょうでおじゃる)
  ランク:A++ 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1人 消費魔力:80

  東海において最強と言わしめたライダーの異名
  その異名から察せられる通り、ライダーは東海において無敵の存在となる。
  この無敵とは攻撃を受け付けないという意味の無敵ではなく、文字通り敵がいないという意味。
  無敵と化したライダーには敗北という結果が訪れる事は無い。これは自身の消滅だけでなく、マスターの死すら無効化するという事。
  また東海全ての地脈が義元をバックアップし、魔力消費の軽減やステータスの底上げが施される
  
  なお、ライダーが慢心している場合この宝具は発動しない。
  【この宝具は、ライダーがスキル:慢心を失っている時のみ使用可能】
  【ライダーはこの戦闘中、死亡せず、ライダーに与えられた全てのダメージは戦闘終了後に払拭される】
  【この宝具が発動された戦闘が引き分けた場合、無条件でライダーの勝利扱いになる。敵陣営のサーヴァントは
   令呪による強制撤退をしなければ、ゲームに敗北する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


Q、要するにどういうこと?

   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
   |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|

  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
 |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }

 レ:.:.:|:!:イ ヽ:|  ヽl  ∨:i: レ    判定すらない確定勝利!
 |: |(|: :.| ●    ● |:.:|)|

 lN:. |: :.|   、_,、_,   !l.:|: |
  |:.:|:. :|ヽ /⌒!   .イ:/⌒i|
  Nl!: :.|イ/  /ァ ≦j/  /j
   ヽ:.l ,ヘ__∧ l_/ヘ、__∧



というわけで以下行動略

                                 /;:;:;::;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;l
                              │;:;:;:;:;:;:゙''‐┼‐''";:;:;:;::;::/

                                 ト、:;:;:;;:;:::;:;;:l;:;:;:;;:;:;:;‐.::;│ 、         . -―‐- r≠ァ
                              _,. イ、;:;:;:;:;:;:;:;;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ/.: .:ヽ-≠一 __/      ` く
                         ー≠‐ァ  /`゙''ー-、;:;:l;:;:;:::-‐''" `丶:\:::\   j´              ミー- .
_                          /7/ ’  / :/:     :.. ヽ ::.:.: .丶:ヽ::::ヽ=ニ                 `  、
  ¨  ‐-   _    ┌――――‐‐ォォ        / ′ :;′: | .i   \ :.: ハ: .:.:::::::ハヘ { ̄´              . .:.::::::::::::::::::ヽ
            ¨  ┘辷 ̄_ ̄{⌒1| |`ヽ __  /1 !  :| . :/! ハ:ト、 .::` ミ ::} `ヽミ:、:}:::::\          . . :.::::::::::::_:  -‐ ’
                | | r ヽ |:| |   \ミ、__ l∧   ! : { | { Ⅵ\ .:ト、{ヽト、 :}.:.:ヾ:ハ '. ̄  .:′   _   -‐  ¨ ̄
 ̄ ¨   ‐-    _     | | ヘ_}| ||    ヾ、ヽ> v {. .:{卞芯リ  `'代テア Ⅵ ヽ .: ハ|   .:/:::::;≫''´
             ¨ ‐┤! ⊂; | | ト.       Y \ \!ヽ{V≧   ,     / .:}: :\::}'. .::/才´
                 | |し'7 | | |:}     {   ヽ    V >   -   イ} .: !:: :' }リ ; .:/´
―――――――‐┬ -=ニj_j 〃. ! ! !        '.  \:.:.   \{ ヽ>‐<  ’ /: '  :.::.f:{ヽ
            | L{ノi 几{{、_)| | |     / ‘,   \:.     Y  \  /. : ′   .:.::j八::\
            └――――‐┴‐廴 .イ` <.∨    \ ヽ∧   ` :′ !    .::〆{ ∨::ヽ
                      人: : : : : :.:.:.:. v       ヽ ゝ.,_  {、 :{、__ :ィ: : :.`ヽ} : : ' .
                        ヽ. : : : : : : :.\          ∧f¨ー7´ハ: : :ハ: : : : : : : : : ’.
                           \: : : : : :.:.: ヽ       ハ: : : :` r┘: : : :ヽ: : : : : : :.::.ハ、__ . -‐≠ 7
                            >-= _ .: .:` ー- ミ     ハ: : : :.:‘. : : : : : : \: : : : : :.:.:ハ.: .: : : : : : : :′
                             /: : : : .:.: . ::≧ー- ミ ヽ.   }: : : : :.j : : : : : : : : ヽ: : : : :.:.:. ':、: : : : : : :.{
                           /.:.: : : : : /∠_: : : : : :.:`ヽ'. /: :. : : : !}: : : : : : : : :.∧: : : : : : :.:.\.: : : : :ヾ
                        /: : : : : : / f´: : : :¨: :ー-: : : : 寸: :. : : : l:|: : : : : : : :.:.:.:∧: : : : : : : :.:.:ヽ: : : :.: `: .、
アサシン1、アサシン2の消滅が確定しました。



     |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
    .|;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
    |_____|_____|
   /::::::::::;:ィ::::::::';:::::::::::`ヽ::::::::::::::ヽ
  ,'::::::;':::/ l:::i::::::ヽ:::\:::::::';:::::::::::::::',

 ○:l::::i:/  ';:::';:::::::',\::ヽ:::::::::::○:::::i
  l::l::;イ ノ ヽ、ト、::::ヽ、\:',ヽ〃l::::::::l        うぇぇぇぇぇぇぇい~勝ったでおじゃるぅ~!
  ';l l::l  ○ o `  ○   l:::::l:::::::::l
   l::::l ⊃ 、_,、_,  ⊂⊃ l:::::l::::::::::l
   l:::::li   ゝ._)     .l:::::l:::::::::::l
 , -ーl::::lヽ、        ./l:::;'> 、::l
 ' o 'l::::l// ` ‐-r‐ァ' ´ ,':/'  o ',




               ____
          ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::....、
         /:::/::::::::::::::: \:::::\:::::::::::: \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\:::\:::::\
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::\:⌒ヽ

..     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::ヽ   \
     , ::::::::::::: i:::|:::::::|::::::: |::::::::i\::::::: \::: ヽ:::::    \
     i::::::::::::::::|:::{:::::::{::::::: |::::::::|  \::::::::ヽ::::::::小  ヽ \
     |::::::::::::::::Ⅳ!:::::: 、::::::{\: {   > ::::::::::::: |::i     \:.、
     l::::::::::::: -=芋ミ、 \:\ \ 才芋=-::: |::::: Ⅳ      }:::i
.    八::::::::::::::::{乂zソ   ⌒` 乂zソ ノ Ⅵ::::: ||     |:::|
      、:::::::::::人             /}:|:::::::||     |:/

        }\:::::::::::\    、      /ノ |::::::八    /'
       :::::::\:::::::::::\        , .::::::小:/::::::\                       ……
        \::::::\:::::::::::\'⌒'    イ:::::/ |/::::::::::::::>-= ⌒≧=--
        |::\:::::::\:<⌒ヽ  ィ.:::: }/_/r≦ニニ/=/ ----==ニ\
        |::::::::\:::{: }⌒ `¨´  |_:/ニニ/ニニニ/=//、     `⌒\
         ><ニ \人      、ニ==/ ニ==/=//:::::::::\
       / /≧<⌒/ニニニニニニニ=,/=/=// ::::::::::::i\:\

      // /ニニ /ニ /____________彡 /::::::::::::::::::::|  \:\
     |{ / / ニ /ニ /=/ニ厂 フ ------=彡 ::::::::::::::::::::: |   \:.ヽ
.    /||' ,/= /ニ /=///////   //////\ ::::::::::::::::: |     ::::i
    / ゙||,/,/ニ /=//'//////   /////////\::::::::::::: |i.      }:::|
.   {ニ||,/___彡≦__彡'//////'ノ    {//////////ハ:::::::::::八    |:::|
  /|ニ||〃-=彡´ ////// ̄     ノ////////////\:::::::::: \   |:::|
. /=|ゝrく⌒≧=-----<______////////////////,\::::::::::::ヽ |:::|

宝具の中身がわかれば攻略の手はあるが
地域限定でめっちゃ強いな

・・・あれ?ここって東海だっけ?


      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
,   ,:‘.         >::===-==:::.<      +   ,..
 ’‘     +   ,.. /  ::::::::::::::::::::::::::ヽ、,:‘         :::::::’’  。...::::’’
:::::  :        ./:::::  :::::::::::::::::::::                   +  :::

::           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ∨
:    ,:‘    ,i::::::::::::i!:::::::::::i::::::::::::::    !
.::....         i{::i:::<;!::::::::i::iヽ:::::ヽ:::::i!::::::i::i               ..;....
,:‘.    ..::..  .,イ!::!:::,,__{≧z:{::!≦二ム::::!:::i::i::!     ...         .....                  勝利者に手向けだ、教えてあげましょう

          ´/i::i:《`ゝソ∨ソ´ゝ  》:::}:::i::i::i  +          ’。  .......
 ,:‘. 。   .. . .i:/ソ:::{ `¨ ,   `¨´ }:::i::::!:i:ト、                          z===
  ,   ,:‘.   i' {:!::ム  , .._      ソ:i:::i!:i::::ヽ                       , >           私を倒したと思っているでしょうが……それは違います
           ヽi::リソ   ` ゙ ヽ,≦i!/iハ!ソヽi`                   >-=´
,:‘. 。   .. . .    r ´__  ___    リk、,                   >´
 :::::::’’  。...::::’’rk´   ===-- ____   彡!`ヽ、_             >´     z---====---        秘蔵の宝具をさらしましたね。これで次に怯えるのはおまえたちの方です
......         _〉     -= ´      ´ヽ、___ ヽ、__       > ´     ,<
      ..::: >:´:::`   _    >::´:  ::::::;>::ヽ  `二ニ==ニ´      , <

; ', . . : ,:‘.zゝ:::::::::::::i:  / ̄::´::::::::::y-=:::´::::::::ヽ:::::ヽ、          /..

        i:::ハヽ、::::i:  :::::::::;_ィ ´ ii::::::       ::        二z´   ..
 ,:‘.  .   i::{ ヽ:ヽ::K--= ソ    i!::::::::::::::::::::::::i____/    . ..   ..; ', . .
...     :: /:/     =<´     !::::::::::::::::::::::::::ヽ      . ..   ..; ', . .
 :::::    /::{              .i:::::::::::::::::::::::::::::_ヽ     ...::..    ......
 ,   ,./::::ム  /           ゝ:::::::::::::::::::/i!__ノ. 。   ..    。...::::
      ヽ__:i!  {:::i::::::::{       / ヽ:::::::::_/ ∨
       i! i!  ヽ/ヽ::::i       /  ` ̄!    ∨
       i!/   `  ` ̄     /     ヽ    ヽ


                           _
              ________r':::|
             ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:::::j
                           |::::/
                      |::::|
                       |::::|
                        |::::|      _
                     |:::::|    /| |:::::}
                       |:::::」    |:::| |::/_
                       |/    L:ノ /:::|
                                |:::/
                                |/
                                  __

                                      ヾ::::}
                                         ̄
                                       _
                                     |:::::}

                                         ¨´   _
                                           {:::}
                                            ¨


>>34,>>35
慢心がないため全世界東海状態

          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
        i: : : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
     __|: : : : : : : : : } : : : : : : _: : : : : : : : : : : : :.|
    / ,' >‐、: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : :/ : : : : : : :|

    / ,' /:/⌒Y二─-、 : : : : : : : : : :} : :{ : : : : : : : {
.   / .,' .{:{: 厶ノ: : :. ̄ヽ ̄ ̄≧-‐-く───- ‐-く}、
  /  ,'  ヽ: Y : : : : : : : :\ .//////ハ/⌒Y´////ハ ヽ
  /  ;   {:ハ: : : : : : : : : : 刈//////ノ: : ',:V/////ノ`、 \
/{   ;   {}{}{}、: : : : : : : : : : ≧‐-‐く : : : ',≧‐-‐く  ヽ \              (消えたか……)
  |   ;   /: : : :| : : : : ヽ: : : : : : : : :r : : : : :} : : : /. \  `  \
  |   ;   {: : : : |: : : : : : : : :_:_: : : : :`ー: :─' : : :/   \  丶 \
/|   ;   ヽ: : : {: : : : : : /: : :  ̄:¨:ヽ :_:_: : /      .\  丶 \           (あの口ぶりから察するに、まだ生きてるな『アサシン陣営』は)
  |   ',   V : \: :_/ : :_:-‐ :  ̄: ̄_: : : )_/         .\  丶 ',
  |    ',   V: : :/ : / : : : : :._:-‐¨_V∧: ノ_           .\   i
  V    ',   V:/: :/ : : : : : /-‐: ¨: : V∧:.ノ',         ヽ   .|            (まあまだ奴らにさらしていない情報はゴマンとある。今後も移動は続けるし……
  V    ',   //: : : :,' : : : : : : : : : :/: V∧ ',            }  /
.   V    ',  /: : : : :/ : : : : : : : : /: : :/V∧ ',        , ' / \             奴らにだけはしっぽをつかませない。絶対に、だ
    V     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : :ノV∧ ',      , ' /   ヽ
    V   {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  ¨¨   ',     , ' /     |             この宝具さえあれば……アサシン以外に負ける算段がないからな)
.     V  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      /\ , ' /        .|

   その後、ウェストランドがいくら厳島神社内を探し回っても、ミスターXの姿は見当たらなかったという……


                  _,........::---::::.....__
               . イ: : : : : : : : : : : : : : : ` 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
          /: : : : : : :〃: : l: : :、: : : : : : : : : : : : : : : : : :',
            /:, : : : : : : i i: : :.i: : :.i\: : : : : : : : : : : : : : : :ハ
        7:/: : : : :i!: i|! ',: : i!'、: :'; ∨:.i: : : : : : : : : : : : : :i      だから本当にええの? って聞いたやんか……

        j,' i: : : : :iヘ:i ! V: i ヽハ  V:iリi: : : : : : : : : : : : |
         |! .i: : : : :|-キ‐' ヽ';'´¨_ヾ'、_j:,' :|: : : : : : : : : : : : !      慢心さえ失わなければ、この宝具は発動に令呪一画使うわ、ライダーの素のステータスはアサシン以下だわで
        | ∧: : :.ハィ示ェ、  ,〃{示心ヽj: : : : : : : : : : : : ハ

          ハ:',: :.ヘ乂リ    ゝ-孑 ' i: : : : : : : : : : : :.iヾ、     そこまで驚異じゃなかったのに……
             ヾ、ハ  ;        u ,': : : : : : : : : : : : ヘ
               ∨ハ  `        //: : : : : : : : i、∧`ヽ
             Y: :ヽ、  ̄`    ´ イ: :/!:./,リィヾi: ≧‐-:. __   ちなみに奇襲で解除されたりはせーへんで。こいつら独力で倒そうと思ったら
                リハ:.i'、:>、   . :<´ // i:/イ: : : : : : : : : : : : :>、
                  jノ ヘ: :ハ: 才ヽ、ヽ   /: : : : : : : : : : : :.イ´   .ヽ      戦闘が終わったときにスキル:後方支援による30%の確率にかけるしかない
                     j′ i/``ヾ ヘ .,イ: : : : : : : : : :/,        ヘ
                          _/:/: : : : : : : : : / :/       ハ
                       7: : :/: : : : : : : :./  ;.′         ヽ ' ,   あとついでに言うとな、お嬢ちゃんお嬢ちゃん言ってるのはウェストランドだけや。
                     7: :./: : : : : : :,イ     i          ``ヽ、
                      i: :/: : : : : :イ       i             i   詳しくは前スレ366参照
                         j:/: : : >'´ '   ',   i               ヽ


《小霊地・松下村塾》
                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,

                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕

                     | |    | |
           ╋        |^i| r^'i |i^|
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|

          ./\.       | |     :| |
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ

   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)
   |       |田l田|       | ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,, ;;;ノ ;;;,,,ゞ;;,,,ゞ;;;;)
   |       |田l田|       |巫巫 ゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;ヾ
__辷辷辷辷  iニニニニニニi  辷辷辷辷辷... ヽ;ii;l;ツ `!ii,|゛Y:;iツ
辷辷辷辷辷 iニニニニニi  辷辷辷辷辷辷 |ll|i;|  lil;| |:;|
.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:. .  ..l;;lii;l, 、y;il;l、 !:;ト、.:.:.:.: .:
.... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ....... . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .


        がた、がたがた、きぃ……



            ___
           ,イ::‐r::`ヽ
        _r::{:/:__⊥火|

     r.:.:'"´/:::ハ!ッ―-;-へ、_
    ハ::::::/__:'、 ヽ七イ _| :.:.:/
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!            ……来たか。
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ

.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´ __ ,. --‐、
     /    ヾリト从ン'´ ̄      ',
____,{   .:.:./ハ人/_,,.. -―_ッi:..   .:!
    |  :...:.:.//`""""´ ̄ ̄´ |:.:.  .:.:{―-、―
    |! .:.:.://〉         〈 :.:. /.:ノ
    |l .: ///!          }! :.  :|
    ||  / / ,!            |'、   |


          r‐┐
    /\   |  |  ,, - '' """ '' - 、
    \  \ |_|-''´          `''::-:..、
   <\ \/,. '´                 :\

    \> ,//.::                 ::. :::ヽ
       ., ' ///  / .:  .::   .::      ヽ ::::',
      / ./ / /  /  / .: /.:/ .:/ .!:: |'; .! i  :::i ::::',
     ./ :/.:/ :;'  /: / .::/ ::/ .:/ ,' |:: ! '; l.:| ; ::l :l:::!

     /.;::/./ .::i  ;':: ./:.::/l ::/ .::/: ;' !:/ :i :::l .l :::l:::l::::!
    ,/ ' ./:;' :::|  :i:: ,'::::/ .| ::/ .::/: /. //  | ::| :| ::l:l::l::::|
   ''゙  ,' ::i ::::l  :|:: i::/ .l ::;' ::/!: /./ _... l :l :! ::!:l:::l:::l
     .l :i.| ::::| .:l: ̄l゙'''‐| :i :/ i: /-‐'''"   |::!:/:/_:::::!:::!               ……おう、監督役。用ってなんだ?――――
     .| l l :::::::l ,!,‐'i''lirj.|、:/ ;':/  z'r'iil'ラ'.l::/./, ゙i: !|::!

     .l | .l :::i:::!', .!!,:l` ´ l|l ;!. !'    ` ´ .|: /´)././ !゙

      !l. ! ::l;:::!ヽ!ヾ'   |l. i        /./レ//
      ゙!、 ', :ヽ;ヽ=,、    !       ,/,/"/;/
        .ヽ;':/:/::;ヽ     `    ____ //゙/
         .!; .:::;//ヽ、 '' ―― ''゛'‐,ri';"´ !゛
         |;!_;;;/.........| ヽ、 ""  ./ .|゛......... ,,,_
         .i r;::::::i'".!、 .`' - - '.´ _ j゙::i:::::;::- i

         r|:. \:|:::|;;;;;i''''r‐;;r― ''i'';;;;;::::! '   :|,,、
        ノ\:..  `ヽ:::::!_ |;;;;;|_.... -'‐'''   . : :,:/ |



                  / ./             !  /
                 ,i"/             !  .|

                   /./                 l   .!
                /./                  ,!   .!
                  //               l   |
                  /                !   ,!
                 フ                !   .|
                ″                !    !
                              /    l
                                 ,!    l゙
                             !    .!
             '//,             '/,    ,!
          .         '// '/,    __'/,__               //
             '//,   '// '/,'////,  __'/,__         '//,  //
          .        '//   '/, ./    '/,  '/////,      //
            '////////    '/,      '/,       '//////
                            /    /
                         /     ./
                           /     ./
                       /     /
                         /     /
                      /     ./
                     ,i′    ./
                       /      /
                      /      ./
                     /      /
                    /      ./
                   /      ./
                  /       ,/



     ,  -―-.... _

    /u:;:::::/:::::::::::::::\
   ノ:::::::/:::::l::::/:::::::/l::::::ヽ
   |:::::::{::::ノ:j:/iノリl/ |::i:::::ハ!
   レ、::;イl| (0):::::(0)l/レ'                         へ!?
    ヽトN.u  Д ノ
     <´こ~二二"ア
   //`ー―--―'\_

  /ソ/      ||   i_||)


               /     `ヽ  `ヽ          `ヽ.   //
.               /      _                \/ :{       /
              //   -‐==ニ二 ̄       `ヽ.       、 `ヽ ./:{
.             /             __                ∨  :}
          //   _  -‐   ̄ / /   `ヽ           ',       :/    ,..、
        / ./    ´         .{/       ∨. ,イ      ___      /   ___//
      /  //          乂     ,' /ムイ  [マム]     / 仄ヾ:゙Y
.     /   ./                     ; .'   ノ .   マム   _/\:::y'゛
.     ,′ /                   ト、.从 ,:' ___/}\ __マム_/ __|.x/.:}'゛
        ,′                  ー‐=ニ_l.l.j 彡∨ ./ /  __,ノ/x./ ̄
      ∨i                    ー‐=ニ| j从=ミ/ / /`='゙´::::::::>./
.     //                       |/ ;ル':::{♂ /:::::::_彡'>./ム
.   / ./                    `⌒'゙У:\/:::::/ x /  マム
ー=彡./                            {::::::::{:::::::::> /:∧  マム
                             Y::: {:::> /}/} ∧ :/::マム
                             _ノ::://::;;::;;:://::;;}/:::::::マム
                             _{://ヾ_:;;::;;//:;/ .{:::::::マム
                      ,.-―-、__/ ̄ //     ̄`ヽ   乂:::: マム
                ー=彡⌒ヾ、    .//          :}     ヾ:: マム
              x≦::::::::::::::::`゙'ー//   `=‐-    :〈      :}::::{マム
              / ::::::::::::::::::::::::::://:\             :}    〆::::::}..マム
.              / ::::::::::::::::::::::::::/:/::::::::::∧          :',   ∠_彡::::} . マム       危ないマスター! 下がれ!
              { : ::::::::::::::::::::/:/:::::::::::/::::\           }     ∨VW.   マム
               У ̄ ̄`:/ /:::::::::_::;ノ::::::::::::::`゙'ー-、   .:/           マム
              { O O / /廴::_//::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  }.             マム
            廴/ /:::::::}  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :∧ ,′             マム
             / /Y::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   jリ                  マム
           /  / ./::::::::::', ∨::::::::::::::::::::::::::::::: /  /                   マム
          /  /   {:::::::::: : }  ∨::::::::::::::::::::::: /-‐'゙´                    マム
.      /  /    {∧::::∧}  ∨::::::::::::::::厂                           マム
.     /  /       ∨ ̄V   〈/⌒ヾン                             マム
.   /   /               /    }                               マム
 /  /                  `Y    /                           マム
:´   /                   }O ./                             マム
: /                     jO ./
: '                     /  .{__
                         {/|::ヾ}/
                      〈/:::::::}
                         /::::::::/
                       /::::::::::{
                     {∧:::::∧}
                       ∨ ̄∨


               ゙゙'-、 .L             ,〟                     /   |     ,i'゙ ./
                  ヽ l         / .ヽ       人       ,/゛   ,!    /./
                l, ゙l,        /  ..l      ! /    .,/゛     l   .,/ノ゛
   _                l,│       ゙l,  /"      .〃   ,r'"       ,!  .,〃
   \ ''ー ,,_           l,.!           } .l゙   .,rl      / :!       ,./  .〃
.    \   .`''ー ..,_      !ゝ   、   l:,r′  / l     /  .|      //  ./
       \     `゙''‐i,,、       !\.  ″  ./ │ .,イ ./    !   . /  /          ,, v
        \      .`'ミゝ、_    .l   ̄\  /  .゙‐'゛ ,ゞ    .! .,/   ,/   .,,イ    .//
            ゙''xi- ......,,,__ .\.`''-..、 |    ¨ ̄   . /     ,/"     /   / そ
              `''-、.  . ゙゙゙゙̄'''-、 ”ゞ、、       /      /      /  ./__て
              `''-、,     `'-、、`''-、、/`l ./      ./     //´ /        ,,っ,
 ̄ ゙゙゙̄''''''''―-- ..,,,,,_,    .`'-、、     `,、.   l  |/ 〉    /     ./    .l      ,/  .,l´
              `゙゙''''ーr‐''"゙''-、.   ,l |  l  |レ'    ./     ./    : /    _... ! . /
               _,,./     ゙''-..,! L.-ヾi=,'   ./      ./    廴/ '゙/´   ゞ゛
            ー'''''“''';;> .,..-¬''''_,.-'´  _, - '_´   /      ,/ 、       廴__イ
            ,/'"゛ . /     ,i|_,.- '´| L-'´_| . /      ./、,  `''-..、  .,―――-!
              /    ./    〃⌒,.-'´  ,.-'" ./      /   ゙゙'-、、 `''-、]
        ,,;;彡_   /       |,.- '´| |    />    /      `''-..、  `'ー..、
      ,..-″    ゙'゙        /   |,i   / r´  __/ `''-、、      `''-、,  `''-..、
    . /                  /       .く/Ll  //    !`'-、、      .`'‐、、  .`''-..、
  . /                    /       ./      レ'!_l`l,   .!   `''-、.       `'-..、  .`''ー..、
./            _z--Y  /       /     /|/   !   廴       `''-、、      `'-、、  `''-..、
           / . ,,/  /       ./    //   __     _       ゙''-、,       .`''-、,   .`''
          / /   . /       ./    / ィ'  /__ノ   /丿       `''-、,       .`''-、、
         ,//    ./        /    く/レ         / /\          `'-、,       `"
        ,i!'゛    . /        ,i′     ./    ,____,. - '´ /   .\              `''-、
       ゛     ./        ./       /     /____,/         ヽ             `'-、、
             /        ./       ./             y            ヽ              `'-、
              /        /       ./           |.l          ヽ,


      ,.、 ,..、
   ,r‐, / ノ/ /                        _
   l i i !l i   ,..、                  r‐、 { レ、
   | l l ぃ 、  { j                    ヽ ゙! i | !
  f^i、 `ー/ .>→ {、          ∩     / /ノ ノ ∩
  l L〉'"  / /   )             | !   /< / /||
 └-、_       /               ノ `'ー'´`ヽ、 `' ''"ノ
     ´"'ー  1             ´"' 、  ノ     /
        \  \             厂   _,. - '´
          \ __ヽ‐、!ヽN(/レ'ムrZィ,/  /
          、_,>`   ヽ l/ r ,r  '´<_,/
         _,>_y-`゙7'冖'^ヘfヾ<,_, <,

          フ ニ'             `! く、
          Z _,i        ,r-   iニ {`
          ノィ r` 一 、     ,√` k Z`
           ノr',| ==。=ヾノ/ {_/=。== ミ_i`              ――――ちっ、止められたか。さすがに生ぬるい相手ではなさそうだ。
           ´fki ` ̄´ ^´ 「`` ̄´ ト!|
            _,. -ll,l!      、」    J iノj‐ 、,_
     _,. ‐ ' ´   ヾl r エ 工 エ ェ、__,. ㏍   ` '‐ 、_
  ,.‐'´      l | └┴┴┴┴┴┴'/^′i     `'‐、

 /            ヽ  \ "´ ̄´ /  / /         ヽ
             \ `´ ̄ ̄`´  /



              ,. - ―― - 、
            /         \
           /  _,. - ――-、   ヽ
            ト./        ヽ   ',
         /77八          ',   !
         ◇ヘ _二''ー- 、       !   |
        └;'´` ー-、~`ヾ、ヽ      |  ;!
         f : :.i!: : :: : ヽ  iノ    / /                何者だ、貴様――――!
      /ラ_,.rく  }: : : : : : ⌒く    / /
     f二_,. -イ|´7ラ≡''": : :├'   ///
    〈r=ソ   |,レ' /=== 、: : : \ / _,. - 、
    /:/    ,.1 {:::::::::l::::\: : : :ー'´: : : : :ヘ
    /:/ ,. - '"ノ.-っ、:::::::l!:::::::ヾ、_: :: : : : : : :',
    /:/::::::::::::〈 トミ)ヽ〉:::::ll!::::::::ヽ   ̄` ''ーミ:ヽ
  ./:/:::::::::::::::::ヾ):::::::::::::::l!!!:::::::::::\


      ,、_ _ゝー―--z=-jk、,,__,
   _ノ  ̄`  ,;;      ''   ヾz

   > 、、゙ _ 、   __  z_    彡 `;゙
  Zヘz_/ ヾソ ̄´  `゙ミ、         ヽ
  フ ソ      /`゙ー !         >
  ミ,ノ! ,l!   ,ノ彡'´!  `゙<彡  z-   \
    ヽ-,ゞ=彡'´  ノ     Y´ ,==、   <,
     !ノ  `゙'´ ̄ _ノ´`!   !ミソ'´゙; i   ≧_
     \ z, _,..-'''" ,、  i!  {ミノ/`´j.}   ゝ´
     |!` ̄ ,、  !、 i \j!  jミソノソ,x゙   ノ
       il ∧ i \j ヾ_,..-'i   i=゚j!k 丶V'ヾ           何者って、セイバーだよ! 刀持ってるだろうがすぐ気付けや!
      ギ ゙'   /     !   j | ii ikヘ'′
       ',    /     !  ,' ヽ'-'ヾ'、
       ',.  /      ハ  /     ヽ
       ',._ノ ,ヘ ,ヘ ∧// /       ',

     __\.j゙ ` ヾ  /. ,イ        \_
___,.-'"´     ヾ    ノ /、  _       > ヽ-、_
          ゞ==彡'´>、 ̄r-、ト、   Y´      ̄

       ヽ       ヾz、ヾ ゝ-'.\   i
        \       `゙ \    \  |



                ,、
          ,    / l         _
.          /.l ,/´ |_ - ‐ー  ̄ /
      /ヽ、 / / ´ヽ .ノ _.ノ|   ∠
     \ lヽ|/   '\',  ノ     \
.    l\ ヽ./       l\  ̄ ー - _  \
.     \ヽ./       \ ヽ, <     \
       >'            ヽ ゝ  `ヽ   ヘ
      ヽ ー-、_ , - ─ ´ ノ'ノ ⌒ヽ |    ヽ\
     ∧ ヽ       / ̄_.,-∧ 、       ヽ`
    〈  ^'ヘ     / ./ /    /|        |
     ヽo-l ヘ. ‐ ´ // , o/ /        |
     ヘ .ヽヽ / ./. / < . , へ.(\        |
      / ー ヽ_ -‐ ´::::::::::::::.ヽ、  ヽ,\        |      馬鹿な、何を言っている?
    / ノ  ヘ ´ >::::::::::::::::/ ../\ \    |

   /  ノ    ノ ヘ\;/~ |  | ヘ.  \ \  |
   `ー ´  //(⌒)\   L_ノ  |   \ \|       セイバーはこの私……

        |/  ヽ二ノ \,_/ |  ヽ    \ \
       /    ヘ   .,    |\. \   |\ \
         |     ヽ_/    l _ノ   \ /  ヽ丿
        ヽ   ィ ̄ l    /       |/
        ゝ    ) ヽ_ ノ'`l
        /   /    |    |
       (__ノ    /   /
                 (__ノ


.://:/.>、                                   __ト、{ヽ,.イ
////  \                           _ー. : : : ≦//≧/:/__
/;ィ       \                             ≧. ://∠≠´¨`` ヽ:{//: :≧_
ヽ        />:.、    _ --、                ∠. : //¨        ヾト.、//<
 \     //.:.:/.:ト<,´   `ー---、          /.://´}       /}   ',.:.ヽ/≦、
   \__///.:/´ /.:./i      }    ,ヘ          ≦. :/! '' _   } //  _}.:.:.:}/: :>
    ` <二:/:./__./.:./:/ . : : :ヽ.|    i`ヽ        /.;//} '´ __≧_ト、:.ゞ=≦_ _` }/: :ゝ
      \.:./.:.:/.:./ . : : : : / _   /  }       /1 :// ゝ-・< '´i:.  ` ー・- '}.:V/:ト      ああそうだ。今のところはな。
       /!ヾ.:ニ=' . : : : : :./. : : :ヽ /   ハ  _.. -- 、 イ.:i:i       ゞ'、     ,'.:.:i:i: レ'
    r '´ { { . : : : : : /. : : : : :./. :  / V/7/} }.:} }:_∧       ヽ.:.      ,'.:.:.i/_{
   /  . :ヾ:`ー‐t‐ ''´. : : : : :./. : : : }/. .- V:/:ノ /:.:| { ヾ|       -─-   /.:.:./,' }
  /  . : : : : :>: : {ヽ._:_:_>_´. : : : : :/ .:.:.:.:.:.}//ニ>/ ヽ. {ハ   '´  -‐‐-  `.:.:.:.:.{ //       だから今ここで、俺がおまえに成り代わる。
/  . : : : : : :/. : i: : : : {: :/ . : :ヽ: :イ: : : : :/{レt<    \.i          ,'.:.:.:.イ{}{}
  . : : : : : :/. : : : : >、: : : { : : : : i:ヾ: : : /. : }/. : : :}     |> .       /./.:.:||i|i}
. : : : : : : : : : : : : /  `ヽ、.! : : : : ヽ-‐:´<>/. : : :/ヽ    |  : : ` ̄¨¨¨¨:´: :.:.:.:|
: : : : : : : : : :.,  ´       7ヽ: : : : :ノ:_: : : //: : : :/   \  ,′  : : :      :.:.:.:.:.:.:.|
: : : : : : : :/        Lフ:}: ̄:/: ィト: :/. : :, へ    \    : : :   /.:./:.:.:.:.:.!
: : : : : :/            r'´イ// //ニ{、.: : :./ニニヽ    \   : : :i  /.:./ i.:.:.:.:.:|
: : : :/          {: {イ:/: : へニ{  `´`ヽ、ニニニヽ    \ : : :i /.:./ /.:.:.:.:.:.:'.
: : /            >、: : : :_: :<‐-  __,ィ=\ニニニ\    \ : : :  /.:.:.:.:.:.:.:.:ト.、



__ . .:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
` ̄/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ':,
  {: : : : : .ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、
  {: : : : : : : .v-、: : : : : : : : : : : : : }:}
  {{、: : .ヽ : : V' }: : : : : : : : : : : : :ハ}

   { ヽ:{ヽ{\: .V、: : : : : : : : : : : ;′
     ノ    ヽ} ヽト、 : : : : : : /
.    ` t__   !  >‐=ニ二  ̄ ̄{
.         ヽ  ム '´          }
          `T             }^ヽ
        /^ー――――――: : :´ : /^ヽ

     ,./ ̄ ̄`: : : : : ー=ニ二: : : : : : :´: : /:‐-.、                     ……なるほどな。監督役……あんたも聖杯戦争に参加しようって魂胆かよ
   ,..:.:´.:.`:⌒:ー- : : : : : : : : : : : : : : : : : :, :〈.:.:.:.:.:.:.\
  { ̄{`ヽ:.:.:.:.:.:.:.∧` ーt-: :__. :-t: :´: : . ヽ:.:.:.:.:.:.:.}}
  {. . {  \:.:.:.:.:.:∧: : :ヽ: : .V.:.:.:.:.∧: . \: : .\:.:.:.:, !

  {. . {    ∨.:}:.:.:∧: : : : : : V_:}_:_:∧: : : : : : : .ヽ:/ ヽ
   ' . .'..     V:}:.:.:.:∧: : : : : : ', {    '. : : : : : : : . \ {
.    '.. .ハ    ':}_:.: -‐',: : : : : : :',    \: : : : : : : : `ー- . . _ . . -‐ :           一体どうやって、第八のサーヴァントを用意した?
.     }/. '.     '.     ', : : : : : : ',       ` 、: :ー-: : -=ニ : : : : : : : : :
    {. . . '.     '.     ', : : : : : : ':.      }` ‐-=ニ : : : : : : : : : : : :
     '. . . '.  :   .    ', : : : { : : .ヽ      /、      '. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     }. . . ゝ }  '.    '.: : : .ヽ : : .\  /} \     '.
      {ニニ´、 /   '.    ヽ : : : .\: : .\ { ヽ      '.


                      |;;;;l|;;;;;l|     /...:::::::__:::::::::--::::::::_::::::::::::::::::::::::
                      |;;;;l|;;;;;l|     l;: '´  ...::::::::::::::::__,.二ニ=- 、::::
                      |;;;;l|;;;;;l|   / ......::_,. :-‐:::''::,.t:::ット,|::l:| l::丁7.
                      |;;;;l|;;;;;l| _,. _'...:-‐:::::'´:::::::;::i|::{!:'ィ=彡i´j/リ !::|:::|
                      |;;;;l|;;;;;l'、____:::h{_'ー'ン! ハ l   |   lノlノ
                ,、γ,ヽ.  |;;;;l|;;;;;l|    |ノ | "´,'                |
                |:i´l ̄!ヾ、|;;;;l|;;;;;l|      、 /        ,ィt、  /,、
                |:! 廴_!_;;ノ|;;;;l|;;;;;l|       ヽ` 一 '     /}リ   八ベ=、-.、          たいしたことじゃねえさ。
          _, -、r-厂.| ̄П;l|、;;;l|        ヽft=ニニ= '"    /  ヾ;:\\

      __γ⌒i  кト,ァ仏イ/;;;|;;;;;l|             ヾ' 、--‐ '´   /:   . .} :ヾ  ト、
    ,、 ト、 _ヽ  V^i }r≦;;;;;;;;;l';/;;|;彡|               ヽ     /::::   : //: : } |:.:.:`        今回は英雄の贋作が二騎も参加していたからなあ……それぞれが半人前で
    |;::`ヾ--}、-ノ-イ{`ー`ーミ;l/;;;;|;彡|,_               ー┬ / -―--ミ,ィ>、 /  ';.:.:.:.
     ||、;;;;;;;`´;;;;-‐'"´`ー,   };;;;;;;|┴:j-'           __ ,ィ>ー''_"二゙ヽ.i ヽ_;ィ    ';.:.:.
     ||;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .-‐'"  ハ;‐--イ1            //:::::_;イ: :/: : : : : : :ハ i´     .';.:.        ぶっちゃけ一騎分聖杯が余力を残していてな。まあ呼ばれるサーヴァントも
     弋;;;;;;;;;;;;;;;;_/       .! `⌒ヾ;;」    _,,..-‐''"У !:::::::У:/: : : : : : : : : /ノ      ';.:
      「 ̄  ̄ ′     ノ        ./:;.:.:.:.:.:/ 弋:::::ヽ {: : : : : : : : 彡イ       ';
      廴_   ,  _, ‐'´          /:.:.:/:.:.:.:/_, -‐-、\::::\ー-_,-'"イ:.:`:丶、     l          いつもと打って変わって小粒だらけだから、負担も少ないし……
      ハ     A   .|           /:.:.:.:./:.:.:.:.'´:.:.:.:.:.:.ム_,>-=ニ-‐彡‐'":.:.:.:.:.:.:.:.:`.丶   !
        l        !        .,':.:.:.:.:;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ lノ:¨::i:://!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ !          立場を利用すれば、召喚は訳ないことだったな
        |.       |        /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヾ__;;イ//、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|



          、__    -=、、
         _,, ->` ̄¨¨`ーN_
       三≧= :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ
        // :: : :: ::, :: :: :: :: ::、 :ヽヽ
       //´:: :/:: / :: :i :: i :: ::ヽヽ:ヽi
       レ': /:://:: : / ::/:: ::i ::i ::i :i :i

       //:: / ::/::/:: /:: :: :i :i :: :i::i ::ト、t`
     ト,ト、 リi::l : ::i/_i_ノ//:: :/__i_i,:: ::l ::;:tヽ ,イ,7
    .N l } __|:l l:: lz=。z`:: :/ィ。=ァ::/:: :/{  / { {i
   // i |: :レ'从{、`¨/,;イ:" `¨リ//:::ル、-、| | |,

  _,イ .| .| |: :rt : }人,ィ ´ ,、   从ソ :.| .} / i iヽ
  { .{ l .l |: { .{ : :t : ト、. =ニ=c-≠=〉: :/ // / l l' t
  ', ! '  ヽ.|. i : : ヽt 、` -- '´7 : : :/ レ / /{,> >

  ,∧ i   V i : : :`ー――" : : :〈     '  / t
  ll ト、    /  ;;;;"" ¨¨ `";;; O l      /i i i
 | | .| ヽ   ./__ ;;"       ";; _l    ,∧ l l l         まさかこんなところで戦闘が始まるとはな……

,∧ i i >、 ノ : Y,,        ;;"y'_   / : :`'_ !
: : ヘ /´_ >": : /t,,       ,'、 : :`ー、__`t : : Y、_
:: : :< : : _/ /\;; ,, ,,,, ;" ヽ ヽ--、__/ : : :ヽ ヽ      セイバー、魔力体力は大丈夫か
:: : :Yー-" _/: C゚/  { {{" 〉、:: :`ー-、_/ : : :  : : \\
: : : : :Xー-" : : : ノ \ ))/ \ : : : : :|、 : : : : : :

: : :/ i___,,r-'´    \'     >-ー--' \: : : : :
:: : {   i <ヘヽ、 、    \__  //     /ヽ、 :: : :
  ::i    i V  \    、  `ー'ミ、   /  '; : : :
 : : t   |   ソ \            />   } : :  :


                   /i    ト.   ./{
                 __{ 乂   | ',  / ,!
             ,.ィ彡   ` ー ミ ! ヽ } .!
           ,.: ´      /{    \ \ |
          /        ゞ=-    ヽ ', i/!
          /         =ー--      / `∨ /
       . ′                 ヾミ/   ∨ ,ィ
        /  /      __ ___ ミ  r .、i// .i ∨/
      ./ 〃   ,> ´       >ヽ `ヾ{   l }/
     / /   /         /  ソ:.、ミ   .! |
    ./ / ハ /           __,.ィ三ミi ヽ  // r--- ..,,__          まだ十分とはいえませんが……なんとか戦えないこともありません。
   / ,'  { |!    .> フ  ̄  `ヾ三三ハ. `Y´ト= 、     ` <
   ,  ,   ! ヾ  /  /       \三.ハ. ヽ/ !三ニ}   __  }
     ,/! |    /  /    ,. --―==}ニミ ヽ:.__ハニ彡  / 二二≧{
    / i! |   ,: /    /≦三≧=---.ミ 、\//=≦>ニ三三三≧:.、               r::i    _
    .{  | |    {     /ムィ≦三三>-ー-ミ\/ニ三三ミi三三三三三≧=- ..,,__        ,..r-=/:::::! __ノ:::i
 (  ̄ )ー- .!,,__ ≧__{_| ! .}三>r:::i:::::i::::i:::::ト.、三三三三}マ三三三三>彡三三≧=--.//ニ/:::::/::::::::ノ ,ォ

   ̄ __{三三三三三三三三三三三}::::}::::}::::}::::}//,! ヾ!二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

`  ̄ ´          >--/` フヽニゝ'ー'ー ' ¨´}//!__}}ニ三/       `ヾミ三三三彡==--、:::::::ヽ,.三三≧::::::ー-ォ
                    /  /   \三三ニ}、 ヽi/}ニ三/                   ⌒i::::!      ̄ ー '
             /  /      }三三/ニ.! ! !ニニ/                         ゞ′
            /  /     r-/三三}ニニ| | |ニニ{ミ.、
          /  /       }` ー- 、}ニニ.! ! !ニニ!/ {
         /  /       __/     ∨´  ̄ `ヽ./ .ハ.
        /  /        ハ      V´  ̄ ヽ/   / \
      /  /       /  }      }      {::..      \
    /  /       /    !      人 _ ノ、::!        \


  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  ..ヽ  .|       `;;、    : ゙''― ....,,,,,,、     ;;;;;;;;;;;             ヽ...      .../ ゙´
        ;;;;;;   l .i、.l      /        : ;;;;;;;.,゙巛゙ヽ     ...;; ;;;:    .、             !;;;;;...   ./″
  ぇ、     ;;;;;;  .ヽヽ      |. ;:. ;                         ;: !.\.k、      .|;;;;;;;;;;....,.. l.
:r、 l.`-リ'、   ;:   .`'ゝ      ヽ ;...;:     ,.r::'´::  ̄`ヽ          ;;|,.;...″.l      !;..;;;;;;;;/;
l; ゙'┘ ゙" l               \ .     /r::´,イ`:ヽ; : : :\          ..゙'-、.. .l        lリぃ.l゙
.l.;. .. ,,.  .!                  _/_:_:_/: : ..ヾ; : : :ヽ            `゙''-)i,     " `┤
..ゝ,,.l''"\ |                 /:::::::::/`ヽ;;;:::::i:、_;_;_;》              ヽ
  . `   ヽl゙                 ̄不炎、:::::::\::::::/::: : :./
      `                  _リ. ノ :.:\_;_;_ゞr=t、::/
;;;;;;;.     ;:;          ,r=-r=r=r='イ | ト、_,, ノノ/_ソWリ
、;..;゙h、     ;         ./_∠ム/__ムイ :i ``| |',r=7  そ∧
.りヽ.!ヽ;;;.,、    、,      .| /    /  /r`¨.!,! .,'   ./ |\
;;;;;;;;゙!〉;ゞ"!   .,r ||'-、     〈.i   /,rッ./、' i  .,.:' ,' /  .i_/`ヽ、
;: ;;; ;;;;;;;;;;;;.!;  :/;;;;;;;;; l    i i   i´/ / !ヽ` ,r' _  ;/   .∧_r'ゞイ.>.-、             それじゃあ行くぜ! ここからが本当のカーニバルの開幕だ!
  .;: ;;;;;;;;;;;..l;;;;.l.;;;;;;;;;;;;;;;|    .|:|  ノ,,ソ / ' .,.:'::..../_   /   \/,:'ゞ=ゝ、 i´`!
    .;;;;;.;;;;;.ヽ,_.l.....;;;;;;;;;|.;;   .| |  く  i  /    i i:::i  /      \!  |   |  |
     ;;  ;: ...;;;´.;;;;;;;;;;;.!    | |  i  ∧ ;   / 〈∧ !        r.、l ..l   |  |
     ;:        ;;;;;; l.;、  .|::|   ...,,、ヾ/-=イ  .∨ i       | | |  .|   .|  |
              ; ;;;; l|ヽ .|::ト、.. ;゙.l.;゙ヽ,..t、´   \/      | | |  .|   .|  | . ,r'´ i
             ;;;;;.゙";゙'-ッ.  ;;;;;;.!;;;;;.∨;゙'j、 =--'       !/| .!  .|   i  .|  i  i          .,
             ;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ..;.. ;;;;;;|.;;;;;;;;;;;;;;; l.  ..;;;;       | .| |  .ヘ  /  i /`  〉 .    .'リ'-、 !\. ,,.
             : ;;;;: ;;;;;;;;`'-x,_./ ;.;;;;;;;;;;;;; l,,-''I;;;   ム、  .! .| ヘ  ∨   |i´、 .l      ./゙L `  .´ `‐
;             ;:   ......;;.. .;;;;;;;. .......;;;;;;;;l「;;;;;..l.;;,  /.;;ヽ .∧ ヘ .ヘ  '     ∧  ノ..'t 、,  .、 `'!=、,.|ゝ..!゙'
.;;;;;;.     ;;. ..;            ;:       ; ;: .;;;;;;;;;;´.゙‐'゙;;;;;;;│ ヘ   く        __i.   .l.; \ |\.   `′
 .;;;;;;;;;;.....   ;.  ;;                      ;;  .;;;;;;;;;;;;;;;|  \           /    lヘ.l.;;;;;;゙イ.;;;゙ \
   ;;. . .;;;;;;.  ..;; .;;;                       ;;;;;;;;;.ヽl、  `ー=----=イ   ;.n.!;;;゙゙';;;;;;;;`....;;;;;;.`'ヽ、
       ;;;;;;  ;: ;;;;;                          ;;;;;;;;ヽ,,/ l,         / ;´;;;:  .;;;;; ...;;:     .`゙''
       .;;;;;;:    ;: .;                           ;;;.;;;;;;..ヽ、      / ;;;;;;;;;
                                       _.. -;;ッ‐    -'´
                                      __yニニ-'''″
                                              _ ;;ニ″


┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃
┃|    セイバーVSセイバー(偽)の戦闘を開始します            |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

本編は今日はここまでです。ありがとうございました。
最後に、最初にちらりとやった新システムのデバッグをもう一度やりたいので、すぐ終わると思うのでご協力いただけるとうれしいです。
対戦カードはこちらの二名。
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫: ライダー          【道具ポイント】:0          【その他ポイント】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:項籍(項羽)          【消費】:60          【属性】: 混沌・悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:A(50)    【耐】:B(40)      【敏】:A(50)    【魔】:D(20)     【幸運】:E(10)    【宝】: B+
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】: 反英霊(王)                     【残存魔力】:80/80
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                       ,、,_
                  ,、--、,i|l;::::: ̄"'''ヽ
                   /;;:''::`;;ヾiilr''"::::::ヾ|i
                r';':::r-;;;;‐;;ヾ/""::‐;;i::ヽ、
               ノ;:::/:::/:::;;;:::、/::::r';;、;:::::li:;ii:`i

           _,ノニ"´::;::;:|::::|::;/""~`''''´7/::::il|i;;ヾ:|
         /;:;-―フ:;:::;::l;;:::l;::|   i :i :|:;;;;:::l|l::i;:::ヽ、
         |:;:/_/'/:/::;:::::i;::::::;i|'';;;、_i,,, _,i;;'"|:::ヾ;i|i;:::::ヾ==;-、

         ヾi'i:| /::::;:::::::ノ;;:::;;i| `i"´"|,"`!;::|;::::::ヽ;;::;;;ヾ`"`!、ソ
           |:!!| |i::::l |:::i::;;::;;;!'|  !' _ ||l i`iヽ::i;;::::ヽ;;;;;|;;;;;;∧ヽ、
         ,/:ヾヽ!;;::ヾ:`''ヽ:::i;|iヽ --~-;: i/i|:ヽ|i::::リi;;;;ノ;;;i;|、 `i;ヽ,
         ((ヾ=`;;;、:::ノ:::i:::::;;|:::)!!\  ̄/!!!|i:::::i;i:::::;;/;;;;;|!ヾ'ー'i/_,,、
         ,〉-;'´;;:::イi、:::l::;ン;r'!!!!!!!! ̄!!!!!!ノン':::!;i::::|i::::l:;;;;;`i:::i:n:'iii7;;i´
         i|:;;r'"r'7l|>;;|(::::i;;|!!!!!!!!!!!!!!!!!/ri::;;:::i':::;;|_::ノ;::;ヾ ):::レ::`'i:|,
     ,,,,,,,,,i'"_ll),,ヾ-!'/(;::::ヽnヾ、!!!!!!!!!!!!!、i:::::;;;;|:::::!``‐;、、!/;;;(ヽヾi\ヽ=、
   ,、/!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ヽi i i ヽ;::::| iヾi)!!!!!!!!!!!!!`ヲi;::::〉:::)::ii |!!!!!!!!!!!!!!!!!!`;ヽ;i,|;:ノ

    |:::i!:::::::::::::!!!!!!!!!!!!ノi i i iノン:::;'::ノ!、!!!!!!!!!!!/,,,i|:::i:;//i i|!!!!!!!!!::::::::::::::::i`ヾ(
   /:::i´::::::::::::::!!!!!!!!!/i i i/i|::::i::i|  `ヾ /  ノi:::ii|iヽi i iヾ!!!!!!!!!!!:::::::::::|::::!、
  /i::::::|:::::::::::!!!!!!!!!!!!/i / i|:リi;:::i|、  ,,,,, ,;;;;'"i"(;ノツ!, \i i |!!!!!!!!!!!!!::::::|:::::|ヽ
 i!!|:::::::!:::::::::!!!!!!!!!!!!ri'"   >i!|::!ノ|i))     ヾii:::|)iヽ  ヽi !!!!!!!!!!!::::::ノ:::::ノ!!|
 |!!ヽ:::::ヾ::::::!!!!!!!!!!!|i:|   (/!::::::!,ヽ  .:::.. /;;)i:::lヾlリ   li i!!!!!!!::::/:::/!!!!|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓☆☆☆☆
  ≪クラス≫:アサシン
┣━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ファビアン・フォン・シュラーブレンドルフ         【消費】:50    【属性】:秩序・悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━┓
   【筋】:D(20)    【耐】:D(20)    【敏】:D(20)     【魔】:D(20)      【幸運】:A(50)    【宝】:D
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(軍人)          【貯蔵魔力】80/80
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! ー、   |

         -=l|||'つ ''   i' lii ` 〈
           '||l,,ミ',     、 ノ

            '|''’ヽ    ---/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /

.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶

  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)

    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;-'´;l;;;;;;;;;;;;|;;;;l;;;,/;;;;;;;;;;;;;`-;、ll;|

│ アサシン  |;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;/;;;;;;;;;;|;;_;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,:-'
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


と思ったけどやっぱり眠いのでやめます。ごめんなさい、彼らは明日に回します。
というわけでお疲れ様でした。お休みなさい。

今日の再開は9:30からでお願いします。

再開までちょっとしたアンケート。現在の方針について意見をください。(複数回答可)
1、現在のシステムで大丈夫。
2、もっとルールを増やすべき。
3、もっとルールを減らすべき。
4、もっとルールから運を排除すべき。
5、もっとルールに運を取り入れるべき。
6、もっと自由に動けるようにするべき。
7、もっと選択肢を簡略化するべき。

細かく書いていただいても大丈夫です。


ぞろ目効果は無くてもいいかなと

1 防御系凶悪宝具による「万に一つの勝ち目もない状況」はあまり作ってほしくない
今次はキャスターが無敵メタになっててバランス取れてるのは分かっているけど、アポステイターの印象がまだ残ってるので一応書いておく


ご意見ありがとうございます。
それでは回復量についてエラッタ発行します。


【霊地について】
   霊地で休息を行うと、【貯蔵魔力】と【HP】が回復する
  なお霊地の規模によって回復量が異なり、一回当たりの回復量は以下の通り
  ・小霊地  【貯蔵魔力】20   【体力】20
   ・中霊地  【貯蔵魔力】40  【体力】30
  ・大霊地  【貯蔵魔力】60  【体力】40
   ・霊脈の要 【貯蔵魔力】120 【体力】50
 なお、霊地の要には大聖杯が固定されている模様。

上に予告していたデバッグは、もう面倒くさいんでやりません。どうせ今回採用することはないし、また別所で、ということで。

ちなみに次やるのは聖杯大戦です。

それでは再開します。
>>72
00だけは残しておきたいので、99も廃止しましょうかね。
00出たら、その後のコンマで大アドバンテージか大ペナルティーか決めるのりで。

>>74
気をつけます。……だけど>>42にもあるとおり、今回はライダーが00出したから超強化されてしまったんです。


《両陣営の情報を開示します》
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:聖徳太子            【消費】:70        【属性】:秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:B(40)    【耐】:B(40)     【敏】:B(40)     【魔】:B(40)     【幸運】:B(40)   【宝】:A(50)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(皇族)    【残存魔力】 120/210  【HP】 40/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                    _,. -‐ェ‐- . ,._
                     ,.イ. /i ∧: . : ...`ヽ,
                   イri  ,.' 、/レ': . ゝレ'| , . ハト,
            / イi |. ,イ/|'/: . : ...ト,/i: ./.| i

              /: ./: . | i/|.゛ヾ}' ,.イ`ヽi'、レ'フi. |ヘ
         ,イ: . :/,: . :.| |`ヽ、/.     ゝ、. ,|. |┴z
          ,イ ,: . /,' ト.、l |: .,イ        ヘ イ l フ,、
        /. ,イ: .,' 、.トlヽ|. iレ'             ∧! |,Z./ハ、
      / /,': . : ..弋ゝ、i::.|'.             |.::!ヘ/,'ノ\
       ,' /. i: . : ;: . :.\ |::i               i::|.  ニz_ `ヽ
.  ,ィェ.、  ,'  |: . :.|: . <.,>!.|                | i. ゛トニ'´ ヘ、
. i ,-x. |. i  i!.  |: ._廴}::|                |::{  V > ヘ
. ! (; ;' ,!.! |.  ハ: . :| `ヽ>トト弋、          ∠ゝレ<',z''":/ . i   _
  込 ̄イリ /. 人. | ',: .-=斗≫`゛¨ ''   '' ¨ ゛≪/∧ヘ . i:. : ..i!.  \`゛'‐. ,,_
  ヤキイ彡../  マi  '、. ;'イ∧、         ,'.///∧',: .':../ハ.     V  _,..-‐ーー┐
   ヤキイ/イ: . :: ..゛゛〈: . '、.||///弋、      , イ:'|///,'.|',. イ: .,'.∧   ン'´         ',
   ヤキイ∧.,': . :,: . : . : ..iヽ、'//_,iミゝ、_, ィ;';'彡|、//.,'ニ',: . : .i: ..∧. /            ',
    ヤキイ∧/,'.: . : . : .ノミミゝ斗|ミ:':':':':':':':':'彡| レ.,イ彡ト,:ェ斗孑ラ ,,.. ''".          i
    ヤキイ∧. ゛i,.-‐'´/ミミ圦弋'ミ;':':':':':':':':彡'.イ/彡彡'少少ヲ' ,イ'´  ,ィ个、  _ ,, 、. |
  ,. '' ヤキイ∧. ヽ、 /キミミ圦マ.、ヽ;';':':';';':イノ//彡彡シ少ヲ' /イ   ,イ彡| ヽ'´`Ⅵ. ,'
イ'.     ヤキイ∧ ´  iキキミミミ圦マ,\丶'´ィ';'ヲ'/彡彡シ少ヲ' /'.  /彡彡ュ.、  ド、.,'
.゛マ    ヤキイ∧    ',キキ、ミミ圦マ巛`´州ヲ'/彡彡シ少ニ,i. /   iニシ彡彡彡ュ 丶∨
 ∧、.   ヤキイ∧   マキキュミヽ圦マ丈ilヲ',イzィ-シ'少ニニヲ/    |シ彡彡彡彡'ヘ__\
. ,': :ヘ\_ ヤキイ∧    マキキキュ\ュマヲ'イ',イ/シ'彡二二二ュ _,,..ェェ≧><'´ ̄   >ュ、
.i : : , ヘ. `¬ヤキイ∧ニニ二二二二ニヘ/´ニ二二二二二≫<>イ'´          `¬i

.! . /.:.:.ヘ.   ヤキイ∧ニニ二二二二ニニlニニ二二二≫<>イ'´                  ,!
i: :.i: : : :.トヘ  ヤキイ∧¬ュ、ニ二二二ニ!ニニ二≫<,ィ'´                   ノ
',: :ハ: : :.ヘ, . ヽ√`¬'´丶; ; \二二ニ>ィ ' ´  ̄´                   ,. '´

.゛, i ∨: : ,'゛  >ー;';';';';'; / ̄ ̄ ̄`´           _ ,,... -‐  _ ,, ュ-‐ '' "´
. i ! V: /    >¬; ; /         _ ,,... -‐ '' "´  _ ,, . ィ''ラ彡彡ヲ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  
  【クラススキル】
  ◆対魔力:B
  魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
  大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。
  【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、30点の軽減を加える】
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆騎乗:A+
  騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣のものまで乗りこなせる。ただし、竜種は該当しない。
  【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】
  【乗騎状態の時、全てのステータスに10の修整】
  
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ジャミル・エルトナム・アウロラン     【属性】:混沌・中庸     【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:占星術師                   【魔力】:20             【スキル】:EX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
                    \:.:.:.:::\
          -‐=ニ二  ̄ ̄ ̄:.`ヽ:.:.:.::.\
           ....:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ _
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. \

.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.::.:.:.:::::::::::::::.:.:.:::::.:.:.::::::::::::::.:.:. ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.
.      /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:. l
     l.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: .:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.l:::.:.:.:.:.|:.:.|::.:.:. |
     |:/|:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:. |:::.:.:.:. |:.:.|:.:.:.:.|
....   / |:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:〃/:::::.:.:.:.:.:.:.ハ:::.:.:.|::::.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.;

      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:./.:ー‐、  |::.:.::.:/, ――.|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.ィrf‐≠‐、ミ |::./, ィ===.|:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
      |:.:ト、.:.:.:.:/ミ、_弋_’ノ`.}/ .ィ弋’フ 7|:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|

      ヽ| l:.:.∧  ー=‐      ヾー=‐´ ' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|
       } |:∧::.       :i           ./|:.:.:/レ  ヾ|
         |'  l∧     :l           /.::}ノl
         |  ノ.:::.、   .、____.ノ   ./.::ィィ:::|
.          !  r<二ヽ   `二二´   _イ二>,レ'
         , ィヘ  |:::ト、___  ィ:::::|   /
       / . : :´ ̄ ̄´ : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

       ゝ、_: : : : :ー― : : : : : : : : : : : : :` : : : : :〉
.         _〉 : : ニ二二二二二ニ=――- : : : ´ヽ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
~スキル四つ~
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


           ――――セイバー(偽)陣営――――
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                 【消費】:70        【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:B(40)    【耐】:B(40)     【敏】:A(50)      【魔】:E(10)     【幸運】:A(50)    【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(剣客)           【貯蔵魔力】120/120   【HP】:70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

.://:/.>、                                   __ト、{ヽ,.イ
////  \                           _ー. : : : ≦//≧/:/__
/;ィ       \                             ≧. ://∠≠´¨`` ヽ:{//: :≧_
ヽ        />:.、    _ --、                ∠. : //¨        ヾト.、//<
 \     //.:.:/.:ト<,´   `ー---、          /.://´}       /}   ',.:.ヽ/≦、
   \__///.:/´ /.:./i      }    ,ヘ          ≦. :/! '' _   } //  _}.:.:.:}/: :>
    ` <二:/:./__./.:./:/ . : : :ヽ.|    i`ヽ        /.;//} '´ __≧_ト、:.ゞ=≦_ _` }/: :ゝ
      \.:./.:.:/.:./ . : : : : / _   /  }       /1 :// ゝ-・< '´i:.  ` ー・- '}.:V/:ト
       /!ヾ.:ニ=' . : : : : :./. : : :ヽ /   ハ  _.. -- 、 イ.:i:i       ゞ'、     ,'.:.:i:i: レ'
    r '´ { { . : : : : : /. : : : : :./. :  / V/7/} }.:} }:_∧       ヽ.:.      ,'.:.:.i/_{
   /  . :ヾ:`ー‐t‐ ''´. : : : : :./. : : : }/. .- V:/:ノ /:.:| { ヾ|       -─-   /.:.:./,' }
  /  . : : : : :>: : {ヽ._:_:_>_´. : : : : :/ .:.:.:.:.:.}//ニ>/ ヽ. {ハ   '´  -‐‐-  `.:.:.:.:.{ //
/  . : : : : : :/. : i: : : : {: :/ . : :ヽ: :イ: : : : :/{レt<    \.i          ,'.:.:.:.イ{}{}
  . : : : : : :/. : : : : >、: : : { : : : : i:ヾ: : : /. : }/. : : :}     |> .       /./.:.:||i|i}
. : : : : : : : : : : : : /  `ヽ、.! : : : : ヽ-‐:´<>/. : : :/ヽ    |  : : ` ̄¨¨¨¨:´: :.:.:.:|
: : : : : : : : : :.,  ´       7ヽ: : : : :ノ:_: : : //: : : :/   \  ,′  : : :      :.:.:.:.:.:.:.|
: : : : : : : :/        Lフ:}: ̄:/: ィト: :/. : :, へ    \    : : :   /.:./:.:.:.:.:.!
: : : : : :/            r'´イ// //ニ{、.: : :./ニニヽ    \   : : :i  /.:./ i.:.:.:.:.:|
: : : :/          {: {イ:/: : へニ{  `´`ヽ、ニニニヽ    \ : : :i /.:./ /.:.:.:.:.:.:'.
: : /            >、: : : :_: :<‐-  __,ィ=\ニニニ\    \ : : :  /.:.:.:.:.:.:.:.:ト.、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【クラススキル】
  ◆対魔力:A+
 A+以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、魔術ではセイバーに傷をつけられない。
 これは、彼が習得している陰陽術に由来するものである。
【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、50点の軽減を加える。】
【魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。
【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:葛西善二郎                 【属性】:混沌・悪       【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:魔術使い、指名手配犯          【魔力】:40             【スキル】:A
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
                       ィ=、,.ィ芋≧x、
                   ,.ィ斥州州州州ハハミx、
                  ) ⌒/州州州州州州州ハハ、
               {   メX州/{/{州州州州州笊`

                丿 ノ   メ州i({i{ {l/ リ州ilハil州il州ハ
               (___ ヽ/イ州州} `ー-、}ハi|ハ州il州iハ
               }   }≧=-乂{⌒ リ .ィィ67州{代
                   } {  }ハ| 斗tぅミ  //ミ==犲州ハ       /
               {   リ从iマ¨¨´  V/// }リ从    { 〈 { l!
                 乂 ー }从X    V//   /ハ      丿
   {               `ヽ ヽ  \       _,. ´/ {リ ̄> 、        γ≠=-
   {    }ヽ     从   -=  {7≧`ヽ77二  ///{ト、     ̄ ̄  フ   {{      {
   {    }     从,.ィ≦   { {/// |. //ゝ─く///{ ≧=- 弋 ̄ ̄´    从ゝ     {
   { {   }     ,ィ≦       乂__─//  ///////    ヾ=-  ̄ ̄  ≧ェ乂ー z   {   `ヽ、
   { {    ィ≦´ ̄ ̄ ̄ ̄)∠ニニ ( ゝ' )   ////     }ニニ=-         ≧ェ、 ノ{ {   } }
   }{  ィ≦´   ___/-=ニニニ  ー '   ////       ,ニニニニニ=-         \ し}|  } }
   ィ≦      |    ∠ニニニニニニ、¬‐-、   //>-‐匕ィニニニニニニニニ=-         \从   } }
  }{  } し '   /   ∠ニiニニニニニニニ\   `    ´   }{ニニニニニニニニニニニニ=-          ヾ/ 丿 ノ
  } {  } {  / ∠ニニ}{ニニニニニニニニニ\          } {ニニ}{ニニニニニニニニニニニ=-.       |{  {
  } {  } { { / /ニニヽ }ニニニ } { ニ { ニニ\     } }丿 し  {ニニニ}ニニニニニニニニニニ=-    |乂  乂_ ィ
. 丿{ 丿 / /ニニヽ 丿{ニニX ⅰ } {ニニ} ニ≧=-  イ γ'⌒) {   }{ニニニニニニニニニニニユ   | γζ  }
   丿  /  /ニ }  {{ニニ{   } {  { } }{ 从 γ⌒}/   /    } {ニニニニ}ニニニニニニニユ  | {{ } ノ
     /    /ニ } {   }ニニニ   }    }{ { '     /   /   /{   } {ニニニ } {ニニニニニニニユ,' |
    ./   /ニ }    {ニニニ {            /   /   / {   }   {  }  { {{ニニニニニユ, 乂   }
   /    }ニ}      {二{  }{ }} r-.、     /   /   /  {  }   { }   { {ニニニ γ=ミ   }
          } }      {二{{ {  } 〈   ヽ   ノ/   /   /  /!   } {   }{    { }ニニ { { {ソ   }
        } }     {二/}    }   }   /   /   /  / |  {  }{   ゝ     }{ {ニ { { {   }
        } }   }  {二 }     }   } }{{/   /   /  / |  从 } {       } {i乂乂乂  }} }
        } }   }{  {二 }        |  /   /   /  / /    } } { { {     乂廴    }} }
      }  }丿    }  { 丿   /   |  /   /   /  / /`ヽ V  } 从 {  }         }
 ) } }  }  }      }  し'    {    ゝ/  .ノ   /  / /    \    从 川         { } }
 乂}{ 丿し          ,〃  γ⌒ヽ      ノ   丿}     .∨   | 乂
                     (⌒>  ` <          /      ∨   |
                    (`ヽ >     < __>''´           丿
                    ヽ `ヽ    >              <
   {                 }   >       >  _   <            } }   ィ ノイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

~スキル三つ~
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



              /|l「 ̄ ̄/彡/////     / : : .: .: .: : |三三三三三三三/: .
          __/∠|l:|  /彡/////      /,. -:―‐ -.、|三三三三三三/: .: .:
         / //二||:l .〈彡/////      ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-く三三三/: .: .: .: .
.         / //___∧ ゝ=≧=<二:/|       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V三/: .: .: .: .: .:
        ∨.//:rァ/__,>、:三三三三∨\__ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',三\: .: .: .: .: .:
        |//三///rク\_>、三/   / ̄/.:.:.:/.:ーj=≦、i.:.:.:,r≦.:.:.:.:.:.l三三\: .: .: .:
        レ'三〈モ{\>≠'∧---―――/_ /.:.:./.:.:.,イ rモッミ/:.;:イtッチ.:.∧:.:|三三三\: .: .:

         \三ゞ∨三/⌒ヽ\ ̄ ̄ ̄/三ニ`|.:.:/|.:.八l  /イ/  /イ/yノノ 三三三三〉: .:
           ̄〈三三廴__ノ三ニ>=/|三三:.レ′!/!.:∧   __'_   //:::/:::`}、三三ニ/: .: .
               \三三三三=〈 /:::: |三三::/  /ノイ.:.:丶 〈⌒,E=彳/-‐:´:::〉ー-く: .: .: .
      , -、___/ ̄>=三三三:/ :::::::: |三三/  / /,rく三>:三:‐‐':´:::::::::::::/::\: .: .: .: .:
    //'////: ./三三三三三| :::01:::|三ニ/  /  ,ゝー<:::::::::::::::::_...:::-‐::´:::::::::;:イ: .: .: .: .:        仕方ねえっ! こうなったら封印してきた秘密兵器を
   //'////: ./三三三三三三|::::::::::::::Vニ/  /  ∧::`::ー-‐::::´ ̄::::::::::::::::::::__/::::`i: .: ._/::
.  / / ////: ./三三三三三三三|::::::::::::::::∨  /ー〈_/ヽ、::::::::::::::::::::::::_...::-‐_´..-―_'´二´-::―
.  ∨///《.: .:.〈三三三三三三三三|::::::::::: / / ,rく´:::\:::_:::::::-‐::´_,r<::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::
   ∨//∧ : .:.V三三三三三三三∧_:_/ / : ./   ` ー―-rr―- ´   ` ー---,―-r‐‐iく::::
.    ∨//∧,.-'-、三三三三三ニ/    ./.: .: ./   〉    .|l|             /   l   ! ∨
     ∨/// 二 ヽと¨)三三三ニ/   /: .: ./f  、j      |l|             l   ヽ ヽ
      \ 〉- 、ソ /三三三ニ/  /: .: ./ /    |      |l|            l    l  l
       { ー、_ノ、 ト、三三ニ/ ̄ : .: ./ /    .|      |l|                \ \
         ゝ、_   } ノ:、|\::三l.: .: .: / / _     |      |l|                ゝ-、   \
          /\   /::: |\_l.: ./_,r<二_   /|      |l|               /三ニ:\
           {:::::::>‐':::::/  |::i ̄´  `ヽ      /|     |l|            /三三三ニ\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【ジャミルのスキル】
  ◆レディ・ウルスラ号:A+
  四輪駆動式天体観測車輌。錬金術と占星術をもって造り上げた兵器。外観はオンボロのランドローバー。
  主な武装は、北極星を中心に巡る星々よりエーテルを収集・凝縮し放つ「極星元素砲(ポラリスカノン)」
  また自爆機能「最終浪漫・北天逝舵(モード・オシリス)」を趣味で搭載している。
  【【筋】がB、【敏】がC、その他がEである、名前が『レディ・ウルスラ号』であるユニットを戦闘に参加させることが出来る。
   それに与えられたダメージは回復しない】
  【レディ・ウルスラ号はスキル:「極星元素砲(ポラリスカノン)」を持つ】
  【レディ・ウルスラ号を破棄することで、戦闘に参加している全てのサーヴァントに20のダメージを与える】

  ◇「極星元素砲(ポラリスカノン)」:B
  レディ・ウルスラ号に備えられたエーテル凝縮放射装置。サーヴァントに対しても一定の効力を発揮する。
  【レディ・ウルスラ号が保有するスキル。それが戦闘に参加している時のみ、一度の戦闘に一度だけ使用できる。
   サーヴァント一騎を対象にする。それに30点のダメージを与える】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



三三三ニ=                 -=≦   三≧-
三三ニ=       --==ニニ二二    -=≦三二ニ=\
二二 ニニ==ニニ二二二二二二彡__ニニニニニ二二ヽ

i:i:ir―/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/zzzzzzzz/i:i:厂 ミニニニニニ二二)
i:i:il /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ヾrッ_ /i:i:i:|i:i:i:,i:i:i:}ニニニニ二/
i:i:i|(i{i:i:i:i:i/i:i:i:/i / `ミ三三/i:i/}i:i/i:i:/i }i:i:i:} ̄ ̄
i:i:i{ l!i:i:i:∧i:i/∨      .//  .}i∧i /i /i:i:i:i|
i:i∧i:i:i:/ ∨           / ∨:i//i:i:i:|

i/i/i:ヽ{                    ∨/i:i:i:i人                       んなもん……使わせるわけねーだろうが!
i/i/i/i∧                  >i:i/  .))
i /i/i/ ∧               <´ ヽ(  ./
i/i/i/i/ ∧.       ⌒`ー=ニ二\ ノ    /
i /i/i/ /  ヽ        ー \\  /
\:i/ /     `゙         / \\((
  \          .>     /    .\;;))
    \       ./  `ー ′

  【スキル】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ◆破壊工作:A+ (破壊、迎撃、兵器、誘発、常時)
  戦闘を行う前、準備段階で相手の戦力をそぎ落とす才能。トラップの達人。
  ランクAならば、相手が進軍してくる前に六割近い兵力を戦闘不能に追いこむ事も可能。
  【迎撃時、対戦相手サーヴァントのHPは半分になる】
  【対戦相手のマスターはスキルによって追加ユニットを参加させることができない】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                  || || ||                     || || ||
                || || ||                           || ..|| ||                     i
             || ..il .||                               || .|| .||               |
         _ . il   l| . ―― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__       i _il_
  _―― ̄ ̄ . | ̄ ̄ ̄|il                                      |i..|| ̄ ̄―. __ _|」iiiiiiiiii
_ ̄       .|| 」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_                            ┌┬───┐i _ _.||     |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ―_    .|| |.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i                              「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|.||  |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ―||||  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i             i             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|.||― |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ..|||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i       ┌┐_┌┐l|‐┐           .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     「||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     |:||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  |||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .. |||._/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ゛   ...|:||三三三三三三| . 、 " .     ,  |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  .||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i . ′   |:||三三三三三三|.   i   、. .` |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| .、. |.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i   .´   .|:||三三三三三三| ゛.. ii||..    .,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|   ..||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   .i . ||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ii   ii |:||三三三三三三| . .ill|!!i l   .//::::::::::::::Y:::::::::::::::ヽiiiiiiiiiiiiii|...|il||||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  i |  || |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i|lili  ||ii.|:||三三三三三三| ..iil|||lll.|ll ..'i !:::::::::::::::il::::::::::::::::::l iiiiiiiiiiiii|lll.|l|| |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
| ̄ ̄|Tl:::: |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill|lliiilll|||ll|:||三三三三三三|.||lll||!!l.__≧====´il`====≦ iiiiiiiiiiiii|.「「「三三三三三三

|    |T|: : |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill||||||lll||||:||三三 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|──.|.┴┴::::::::::::::::::::::::::::::
_     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |──────|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

残念! レディ・ウルスラ号は動かなくなってしまった!

セイバーの残りHP:20/70



          ィ,ヽ     _
         { 'ィ/>.、  {'ィ/>:.._
           ` <//>,` <////>.、 ,-‐‐--、_
              ` <///} 7.ヘ</  '´ イ ,}//:}
                {´.Y_ / ./ ./      ./././>.、
                / `ーァ‐ヾ/  .,ィ-‐ァ、,、}ヽ、;、>..
              ,イ  /.イ./  ./ィ,≧ヾ、 ` , / ィ ´ゝ:.:.:>..

               .イ   .,イ/   .イソ <ヾ.ィニヽェ.ィニヾ/, <<:.:.:.:.>..
            ,イ   /,イ  , ' . /   ,ァイ:{i:.:.:.:リェ{i:.:.:.リ:.>、}  ` <:.:.:.:.>..
          ,イ   , /'’ ,イ  /    ゞィ.}゙ニ、’ `¨,ニ.}.<}、    ` <:.:.:..> .
          ./   ./ /  ./  ,’   rY.}ハ. =ti.ァ >=ャア.ii }、.ト、      ` <:.:..>
           ./  ィ /   { ー‐-- ..| |_.>ハ , ,i.  _,、.'_ィ_ト、_ヽ_      ` <:
二二二二二二二二二{   ゙''  、     `¨.<><三三ィ_<>壬<><><>} .}           ガンガンいくぜ!
─────────`¨ー..    `ー-..._    .}///ハ´     `ヽ、ヾ:.ヽ.ヽ、
           `> .   .> .   ヾ< <///}//}       ハ ヾ:.:\\
                `>─- .> ._ ヾ `////,イ         .}i..  ヾ:.\\
                       ̄>..7>'<///}  、       ,'ハ.    ヾ:\\
                          .V////ヾ//、¨` ヽ     ’/ハ    .ヾ:.\
                              V/////`/ハ\     ////i     \
                              V////////>. __,イ////i
                            V///////////////////i
                            ヾ//////////////////i

                             }/////////////////.i

                             〈/////////////////.i
                             i//////////////////i
                            ////////////////// i

                           ////////////////////i


 ◆八艘飛び:A 
 源義経が鞍馬天狗より盗み学んだ神域の跳躍術。
 一定の距離の移動を瞬時に可能とする。
 仙術に伝わる縮地法といわれる、魔術によらない瞬間移動の技法。
 彼と接触した際に義経は彼の京八流を盗み取ったが、彼は逆にこれを盗み取った。それが可能だったのは、八艘飛びが
 彼が考案した剣術である京八流の流れを汲んだものだったからである。
 【移動時に起こる交戦を回避することができる。また、魔力を余分に消費することで、その分【敏】を上昇させる。】

魔力を50消費し、セイバー(偽)の【敏】がEX(100)になりました。


|l!i│il  |i!   |!    | i|    !i|   !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i!   l:      ______i|   !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i!   | _.. -=:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.=-| l|i│il!li|
|l!i│il  |i   . :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶il!li|
|l!i│il  |  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!li|
|l!i│i   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!li|

|l!i│  /.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:/ i.:.:.:.:.:.:.:./ .V:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`|
|l!i   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:,′ i.:.:./i:.:/ー‐-V:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i

.       i.:.:.:.!.:.:i.:.:イ⌒ i.:,' .i.:.j     V.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
     i.:.:.:,.i.:.:.i:.:.i  i,'  i.,'  ィ=f=ミト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     {.:,' .i.:.:Ⅳi fT:fY }     弋汐 i:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:!
     i/   i:.:.:.N ` ¨’ j       i:.:.:.:.:./ム }:.:.!
     }    ゝ:.:.:!     ヽ         i:./.:/_ノ_ノ/          うわっ、こりゃまずいな……セイバー! ここは無理せずいなすぞ!
         ヽ:.:,          u }ハ/〃:.:./
          ヽiゝ.   ⌒ヽ  ⊂孑=≒∧{

              、       /_,..-''""/            宝具の準備を!
              \ __,,...'''": : : : : : : : 〉

           r-‐'''""~: : : : : : : : : : : : : : ノー――
       イ~""'''‐ヽ: : : : : : : : :__,,.. -‐'''""~/::::::::/  \
      /{:::::::::::::/: : : : _,,.-‐''": : : : : : : /::::::::::/     丶
     / i:::::::::::::\: : : : : : : : : _,,.-‐''"/::::::::::::/   ┌┐ i

.     /  i:::::::::::::::::\: : : /: : : : : : :/::::::::::::/i    || i
    /   イ::::::::::::::::::::::::`/ : : : : : : : /::::::::::::::{::{    || {
.   /    i::i::::::::/ ̄ ̄〈 : : : : : : : :{ ̄\:::::i::::ヽ  || i



                                         -― 、
                       _  //⌒ヽ |/l  ,イ     .// ⌒)ノ
                      '⌒7 )l/    |  |. / | i  //  ./i
                          / /   |ヽ/ / / lノ|//   //
                      / /  .|ヽ{ / / // ノ ∠  -‐' /
                      , -/ /ニニ==-、l  zミソィ , -――  ´
                    / ,/ /____ ヽ_ミ/ ヽイ ニニニニニニニ.=====‐-
                  / /ヽ_,,..- ――- ミl  l彡  ,. -―- 、       ヽ     ……承知。
                     / /           r‐。、__,ヽ/`ーr‐。ァz_   )      ノ
    _________l_./_______」^ヽr‐<∨>―ヽ二ヽ=ノ

    \`"'''‐-、..,,_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |二ヽ=====}」」」'¨

      \    \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ニニニ」_|」」」,△ | ./
        > .._\____,,..  -‐ ''""~     ヽ_||_||_|/
                     ii                l ゚l∧l゚ l
                 ヽ           /   |二|  ヽ
                             /\_。|∨|。_/ヽ
                              ,'ヽ/  r― 、   l
                          l     〉ヽ. i   |
                          |\__/   ',|   l
                          |       i|  /
                          ヽ       /ヽ/
                           |     / /
                               \   /l ./
セイバーが宝具を装備しました。



  【宝具】

                   /i    ト.   ./{
                 __{ 乂   | ',  / ,!
             ,.ィ彡   ` ー ミ ! ヽ } .!
           ,.: ´      /{    \ \ |
          /        ゞ=-    ヽ ', i/!
          /         =ー--      / `∨ /
       . ′                 ヾミ/   ∨ ,ィ
        /  /      __ ___ ミ  r .、i// .i ∨/
      ./ 〃   ,> ´       >ヽ `ヾ{   l }/
     / /   /         /  ソ:.、ミ   .! |
    ./ / ハ /           __,.ィ三ミi ヽ  // r--- ..,,__
   / ,'  { |!    .> フ  ̄  `ヾ三三ハ. `Y´ト= 、     ` <
   ,  ,   ! ヾ  /  /       \三.ハ. ヽ/ !三ニ}   __  }
     ,/! |    /  /    ,. --―==}ニミ ヽ:.__ハニ彡  / 二二≧{
    / i! |   ,: /    /≦三≧=---.ミ 、\//=≦>ニ三三三≧:.、               r::i    _
    .{  | |    {     /ムィ≦三三>-ー-ミ\/ニ三三ミi三三三三三≧=- ..,,__        ,..r-=/:::::! __ノ:::i
 (  ̄ )ー- .!,,__ ≧__{_| ! .}三>r:::i:::::i::::i:::::ト.、三三三三}マ三三三三>彡三三≧=--.//ニ/:::::/::::::::ノ ,ォ

   ̄ __{三三三三三三三三三三三}::::}::::}::::}::::}//,! ヾ!二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

`  ̄ ´          >--/` フヽニゝ'ー'ー ' ¨´}//!__}}ニ三/       `ヾミ三三三彡==--、:::::::ヽ,.三三≧::::::ー-ォ
                    /  /   \三三ニ}、 ヽi/}ニ三/                   ⌒i::::!      ̄ ー '
             /  /      }三三/ニ.! ! !ニニ/                         ゞ′
            /  /     r-/三三}ニニ| | |ニニ{ミ.、
          /  /       }` ー- 、}ニニ.! ! !ニニ!/ {
         /  /       __/     ∨´  ̄ `ヽ./ .ハ.
        /  /        ハ      V´  ̄ ヽ/   / \
      /  /       /  }      }      {::..      \
    /  /       /    !      人 _ ノ、::!        \
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  ◆『丙子椒林剣』(へいししょうりんけん) 分類:任意
  種別:対人宝具:A    レンジ:1  最大捕捉:1  消費魔力:20
  国宝。「丙子椒林剣」の由来は、腰元の平地に隷書体の「丙子椒林」の4字が金象嵌で表されていることによる。
  千年以上の神秘を蓄えたセイバーの佩刀。丙子は製造年、椒林は刀匠を指すと伝えられる。
  セイバーのもう一つの宝具である七星剣は攻撃の剣だが、こちらは防御の剣。
 ●【セイバーの【耐】【幸運】が10上昇する】
   【真名解放を行い、追加の魔力を30消費することで、一撃の間に限りセイバーの【耐】を50上昇させる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【宝具】

                                         -― 、
                       _  //⌒ヽ |/l  ,イ     .// ⌒)ノ
                      '⌒7 )l/    |  |. / | i  //  ./i
                          / /   |ヽ/ / / lノ|//   //
                      / /  .|ヽ{ / / // ノ ∠  -‐' /
                      , -/ /ニニ==-、l  zミソィ , -――  ´
                    / ,/ /____ ヽ_ミ/ ヽイ ニニニニニニニ.=====‐-
                  / /ヽ_,,..- ――- ミl  l彡  ,. -―- 、       ヽ
                     / /           r‐。、__,ヽ/`ーr‐。ァz_   )      ノ
    _________l_./_______」^ヽr‐<∨>―ヽ二ヽ=ノ

    \`"'''‐-、..,,_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |二ヽ=====}」」」'¨

      \    \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ニニニ」_|」」」,△ | ./
        > .._\____,,..  -‐ ''""~     ヽ_||_||_|/
                     ii                l ゚l∧l゚ l
                 ヽ           /   |二|  ヽ
                             /\_。|∨|。_/ヽ
                              ,'ヽ/  r― 、   l
                          l     〉ヽ. i   |
                          |\__/   ',|   l
                          |       i|  /
                          ヽ       /ヽ/
                           |     / /
                               \   /l ./
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  ◆□□□ 分類:任意
  種別:対軍宝具:A     レンジ:1~50  最大捕捉:100 消費魔力:30
  □□□つまり□□□□が描かれているセイバーの佩刀にして守り刀。
  セイバーが真名を解放することで、蓄えた星の力を解放し光の束として放たれる。
  この宝具は1日に一度しか使用できない。
  【この宝具は一日に一度しか使用できない】
 ●【セイバーの【筋】【敏】が10上昇する】
  【?】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  セイバー
【筋】A(50)
【耐】A(50)
【敏】A(50)
【魔】B(40)
【幸運】A+(60)
【HP】   20
【MP】   0

..,,,,,,,,,,,,、    .,,,,,,,,,, ..,,,,,,,iiiiiii,,,,,,,,, 、
 ゙゙lllllli,:    ,illlll!゙` ,iillll!!゙゙゙゙゙゙゙!!!!llll゙′
  '゙lllllli,  ,llllll!゙  :lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,゜

   .゙!llllli,,.,,illllll°  .゚゙゙!!!!!!!!!!!llllllii,
    ゙゙lllllllllll!°   ,,iiii,,,,,__,,,,lllllll゙
    .il!!!!!lr    ゙゙゙゙!!!!!!!!!!!!!!l゙゙`

セイバー(偽)
【筋】   B(40)
【耐】   B(40)
【敏】  EX(100)
【魔】  E(10)
【幸運】 A(50)
【HP】  70
【MP】  50


《それでは戦闘を開始します》
先攻:セイバー(偽)
最高10ターンです。
1ターン目:セイバー(偽)の攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差50により成功枠9
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠10。

ただし、セイバーのスキル

  ◆予知:A (常時・仏法・神性・予知)
  Aランクでは望めば大抵の場合、他者の運命すら見る事ができる。
  兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)。
  あらかじめ先の出来事を知ることができたという意味。
  【戦闘相手の攻撃の成功枠が、その半分(切り捨て)減少する。】

により、成功枠は5となります。

直後コンマ4以上で成功


判定:失敗
2ターン目:セイバーの攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差-50により成功枠1
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠0。

自動で失敗。

3ターン目:セイバー(偽)の攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差50により成功枠9
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠10。

ただし、セイバーのスキル

  ◆予知:A (常時・仏法・神性・予知)
  Aランクでは望めば大抵の場合、他者の運命すら見る事ができる。
  兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)。
  あらかじめ先の出来事を知ることができたという意味。
  【戦闘相手の攻撃の成功枠が、その半分(切り捨て)減少する。】

により、成功枠は5となります。

直後コンマ4以上で成功


判定:成功
セイバーの残りHP:10/70

                         ,-、 /i //从
                         __}t/ レ':: :: :ノ:{ ト,
                        ミt::i ::i :l :/:イ:Y:}i

                         _,〉 二y:: ,r'::}:: /ィ         _zニヽ、
   ,/)                    ///:: :: `ァ"<:: :: ノ_        ≧(ヽ、 }
  /n'ニア                  从 :: / :/::ノ:: :: _ィ´ `       `z'y '/
 { i Kニァ                 _コ":: :人:: 彡":: {::{ '>        ,/ニ'ヽ〈
  i  ヽレ'              /"´´: `Zノ从:: ノ:: {::川": 7-、     ,厂`-、ヽy'
  'V"´ ̄ヽ、          ∠_,,r―'`ー、::"`人ノソミ : _,,r-ti_  /    ヽ/    ここを逃すと死ぬっ! セイバー! 令呪を以て命ずる、《絶対に生き残れ!》
   i // _,,-=t     __r-'"´_--|: : : : ~`ー―--'7     `Y´、ヽ  /-'
   ヽ、 {    `ヽr"`-' <ノ'´   l : :_,,r―-、_ : : /    ー'  v ./
    `V、    } i         //´      `、ノー――r-、__/ヽ、
      ``ヽ、    __,r――-r./´     /    /      ヽ, :: :: :: :: :: ::t
         `ー-"´  i :: :: :: :ii i     〈    /       < :: :: :: ::: :: i
               |:: :: :: :: |         /        l :: :: :: :: :: :: :t
ジャミルが最後の令呪を使用しました。

セイバーのHPが60/70に回復します。
この時点で脱落者が出る可能性がなくなったので、巻きます。
4ターン目:セイバーの攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差-50により成功枠1
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠0。

自動で失敗。

5ターン目:セイバー(偽)の攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差50により成功枠9
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠10。

ただし、セイバーのスキル

  ◆予知:A (常時・仏法・神性・予知)
  Aランクでは望めば大抵の場合、他者の運命すら見る事ができる。
  兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)。
  あらかじめ先の出来事を知ることができたという意味。
  【戦闘相手の攻撃の成功枠が、その半分(切り捨て)減少する。】

により、成功枠は5となります。

直後コンマ4以上で成功


判定:失敗

6ターン目:セイバーの攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差-50により成功枠1
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠0。

自動で失敗。

7ターン目:セイバー(偽)の攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差50により成功枠9
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠10。

ただし、セイバーのスキル

  ◆予知:A (常時・仏法・神性・予知)
  Aランクでは望めば大抵の場合、他者の運命すら見る事ができる。
  兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)。
  あらかじめ先の出来事を知ることができたという意味。
  【戦闘相手の攻撃の成功枠が、その半分(切り捨て)減少する。】

により、成功枠は5となります。

直後コンマ4以上で成功


判定:失敗

8ターン目:セイバーの攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差-50により成功枠1
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠0。

自動で失敗。

9ターン目:セイバー(偽)の攻撃
威力は10
敏捷差・幸運差50により成功枠9
さらに、セイバー(偽)のスキル
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】
により、成功枠10。

ただし、セイバーのスキル

  ◆予知:A (常時・仏法・神性・予知)
  Aランクでは望めば大抵の場合、他者の運命すら見る事ができる。
  兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)。
  あらかじめ先の出来事を知ることができたという意味。
  【戦闘相手の攻撃の成功枠が、その半分(切り捨て)減少する。】

により、成功枠は5となります。

直後コンマ4以上で成功


判定:成功
セイバーの残りHP:50/70

戦闘終了。
 ー=≦:::::::::::::::/.:/:::/::::::.:.: : : 〉

   /イ:::::::::::/.:イ:::://:::〃: : : ハ
   /::::::::::::::::::::::::/::__:://: : : ://: }
  /::::::::::::::::::::/::::__∠`メ: .:/.://: :|

  7:::::::::ィぅ::厶ァイ"Τブi :/ノ¨メ /i|

  /イ/:::{ い∨   `¨ {/ 〈灯}イ 八        何とかしのいだ……逃げるぞセイバー!
   {i::::::\}            /`イハ{
    ゞ::::i|        _   /
  __ 从人  ∧   ‘ー ’ , '
/≧-  ̄¨ニ=-ミ\     /
三三二ニ≧-: : : :>`ニ ¨´

三三三≧x: : :` :<: : .`ヽ
 ̄ ̄ ̄二ニ=- ミ: : :`:.<.}_
        `ヽ≧x: : : : .}


ジャミルたちは逃走しました。
行き先コンマ判定
0特殊イベント発生 12 竹島 34 下関漁港 56 水木しげるロード 7 厳島神社 8 原爆ドーム 9出雲大社


霊地効果発動。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【霊地名】:松下村塾
┣━━━━━━━┳━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┓
【ランク】:小霊地   【陣地レベル】:0     【人口】:100/100
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┓

                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,

                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕

                     | |    | |
           ╋        |^i| r^'i |i^|
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|

          ./\.       | |     :| |
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ

   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)
   |       |田l田|       | ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,, ;;;ノ ;;;,,,ゞ;;,,,ゞ;;;;)
   |       |田l田|       |巫巫 ゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;ヾ
__辷辷辷辷  iニニニニニニi  辷辷辷辷辷... ヽ;ii;l;ツ `!ii,|゛Y:;iツ
辷辷辷辷辷 iニニニニニi  辷辷辷辷辷辷 |ll|i;|  lil;| |:;|
.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:. .  ..l;;lii;l, 、y;il;l、 !:;ト、.:.:.:.: .:
.... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ....... . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【特殊判定】 テーマ:日本の夜明けぜよ! さあ戦争だ戦争だ!
0を出すたびに、トリップ判定を行い、判定にひっかかった陣営二つに対してさらにコンマ判定を
行う。それで4以上が出た陣営を、この霊地に強制送還する。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
トリップ判定します。数字を二つ入力してください。(1~6)※セイバー(偽)陣営以外
↓2

ごめんやらかした。トリップ入れ忘れました。
というわけで再トリップ
↓1 (1~6)

#槍剣魔暗狂騎

ブホァッ

ランサー陣営とアサシン陣営が強制送還されます!


                            __
                         , ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ーく
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V

                    ー=彡.:.:.:.:=≦、i.:.:.:r≦:.:.:.:l

                          /.:./.::イ rtッ/::;ィtッチ:.ヘ::|
                      '.:.;イ::ハl  'イ  ./イyノノ
                       レ' !イ.:ヘ  マつE=彳:/::}、
                    , --ー '''_二_` - 、-_:/::´:::〉

              _   , - r''' / ̄ ̄   `ー _`ヽ、:::/ヽ、 ____
           , --`  ̄//// ´   _ ,,, - 、    `ー′`i::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          .!/ / ー= | l l |  ,イ´r 〃   丶-、    「 ̄ ̄`ヽ、_::::::::::::i     さあ、逃げるぞセイバ……ん?
           `、  ヽヾ ヾ_/ /' !l         `ー   |       `ヽ::::::ゝ
            ''ト-、| ll|`ー-‐". ,' ||            l          ̄
             ゝ_ノ .リ     '  ||           ,'
                ゝ_,∠__,. イ.!  ||           ,'
                      l  ||           ,'
                      l  ||           ,'
                       } . 八.         ヽ
                      ,' ./  ヽ         \



::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン.....
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::

  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....

 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl




     ,  -―-.... _

    /u:;:::::/:::::::::::::::\
   ノ:::::::/:::::l::::/:::::::/l::::::ヽ
   |:::::::{::::ノ:j:/iノリl/ |::i:::::ハ!
   レ、::;イl| (0):::::(0)l/レ'
    ヽトN.u  Д ノ
     <´こ~二二"ア                          はっ!?
   //`ー―--―'\_

  /ソ/      ||   i_||)


'´ ⌒``ヽ、                                             _r'⌒(
       ヽ                                            ノ`...:.:::::ヽ
   :::     )                         r‐‐‐--、           r' .:     `ヽ
    `:::::::::::: ノ                         -‐''''''´     ヽ_.         ).::.:.   .:.:.:::::::::)
       ヽ,                    /           ``-、.     く.:.    .:.:.::::::  ⌒
        --、                   ,:´      ::::::::::::::.   ...::::::::::::::::::: ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
          `ヽ、                  l       `:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ).:.:.....
        ..:::   ヽ               j              `;:::::::::::::: _r'⌒    .:.:.:::::::::.
  ..::     ...::::::::.... }             !/       .............::::::::::: _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
 ...::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<.           /    ......:::::::::::::::::::::::    _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
.:´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ.           {   .....:::::::::::::::::::..    _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
        `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.      >ー  ::::::::::::::::::::_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
   .......    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::..   __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:



                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

                  /:::::::::::::::::::::::::::::::/⌒}=ミ::::::::::::ヽ
                    /::::::/::::::::::::::::::::::厶イ | }┐:::::::::l
                ハ'^ヽ:::::::/::::::;/:::/::::;:}  {  | | ┐:::::}
                  / 〉〉|:::l:::::;ヘ/, '/:::/::://     } }/::::::;'
                { 〈.|:::l:::l/:/≠、///,′     }::::::::l
              ヽ { |:ハ::|:::l ゞ‐''/ {     ノ/`i;':|

             ___} l' |l::::!  !    }     /:; '_.'´ハ{
               /:::::∨    |::リヽ     |___{//::l::/
            ∧::::::::`ー- 厶l;' |:;ヽ_/´:::::::::::::::`ヽ::::l:l
             /: : \:::::::::::::::::/  !'  {::::::::x==ミ::::::::{イ:l!'
          /: : : : : : ー―ァ´    ,} /: : : : : `ヽ} `
         ,′: : : : : : : : :/-‐'''''""´ `}: : : : : : : : : }\             ううん……ここは?

          {/: : : : : : : : :/:: : : : : : : : : |: : : : : : : : : |: : :`- _
          / : : : : : : : : / : : : : : : : :〃:!: : : : : : : : : |: : : : : :`、
        ./: : : : : : : : :/|: : : : : : : :〃 ; |: : : : : : : : : | : : : : :,: :}
       /: : : : : : : : :/: l: : i'p=、_〃: 〃|: : : : : : : : : l: : : :´: :/

         {: : : : : : : : /: : l: :l::|l: : : : : : : '' | : : : : : : : : l , ' : ;イ
         丶: : : : : : ´: /ヽ!:|l:: : : : : : : : | : : : : : : : : }: : :/:,'
        ` ー‐一 ´   |::|l: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : / :|
                  |::|l: : : : : : : : :{ : : : : : : : : : /: : !
                  |::|l: : : : : : : : : :、: : : : : : : / : : |
                  l::ll: : : : : : : : : : :` ー‐一 ´ : : :|


                                   ,イ
                                  //
                         /| ,. < ∠ --  フ
                           _{/─-  _  ー─- _
                          ーy  弋=-----      ≧x
                       / ト、 マ<_\  \ \ \  ーミメ、
                          厶ハtッ 亠' `ヽ^ヽ:::..::::::::::::\   \
                          ∨:i `     ,r='::::::::::::::::::::::::\ヾ  \
                           \⌒ / トミ:::{\⌒≧=- ::\\ ヘ
                           }ニ´::::::::L__\       \::::\‘,
                        _r=//   / l l::} \_          ゙マ::i∧゙,
                      ,.</ ∧{_   _,//::|  / > .        Ⅵマ: i
                      /  :/ ,:::::l l   //:::::! ′   \      }' Ⅵ
                        /::  :/ /:::::::l l  //:::::::| |      >,           おいおい、どうなってやがる、これは……
                      ′::../ /V::::::::l l //:::::::: | |        { ヘ
                       l: : // /:::::V::::: lV/:::::::: : | |      i l  \                     マスター
                     l: :// /:{::::::::V::::::::l:::::::::::::::l l     ,' l ∨  \--───--    __     愚公、どうやら俺たちは別の霊地に送られたらしいぜ。
                  _/// /::::l::::::::::∨:::l:::::::::::::::::Vム   {  |  ヽ   \: . : . : . : . : . : . : . : . : . : 〕iト
                }  , ' /:::::_;斗┐: V/:::::::::::::::::::Vム   L_ {__   \   \: . : . : . : . : . : . : . : . : . /  しかも……
               / //::::rチ::::::: / ̄r/:::::::::::::::::::::::∨.\     ≧=- \   \: . : . : . : . : . :__> ´
                  /://:::/::/:::::::::::/ / /::::::::::::::/7^j^_㍉_,.へ≧=- __  `\   \: . : . :r‐ ´
                /∠ニ|::: ∨:::::::::: {_ -/:::::::::::::::{ { { {:] }   Y \ ̄`マ \       マ: . :{
              /∠ニニ!::::::{:::::::::::::::::/:::::::::::::<_.Lハ_l_j|く_,. ヘノ   /:::::::::::::\ \     \:∧
          ,∠二二二|:::::::V/::::::::::::\::::::::::::::::::::::::|  |===r'ニ|:|/:::::::::::::::::::: \ \     \\
.           ∠二二ニニニ|:::::::: V/:::::::::::::l ゝ--=≦ ̄|  |__,..〈二|:::::::::::::::::::::::::::::::::` <>-- _   ` :\
        ∠二二二二二=` <:::ヽ::::::::::/:\:::::::ー─ |  |:::::::∧=V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y=z_ > . \
       ∠二二二二二二二二二`マ::::/:::::::: \:::::::::::::| ̄|:::::::: ∧=V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠二ニ>、  \  .>
.      /二二二二二二二二二ニニ|:::::::::::::::::::::::::::::::〉:: |  |::::::::::::∧=V::::::::::::::;:斗=ニ二二二r── \  ∨
     |二二二二二二二二二二ニ|::::::::::::::::::::::::::::::{::::::|  |::::::::::::: ∧=\__∠二二二二二/        \ !
     |二二二二二二二二二二ニ|::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|  |:::::::::::::::::∧二二二二ニニニニム        V
   ∠ニj´ ̄ ̄ ` <二二二ニニ=|::::::::::::::::::::::::::::::|:::;::|  |::::::::::::::::: ハ二二二ニニニニニ|
  /,> ´          寸二二ニニ|:::::::::::::::::::::::::::::;::/: |  |::::::::::::::::::::::::',/ ̄`寸二二ニニ|


         _, -― - -、
       , ' ´::::::::/:f:::::::::::`丶、
      ,.'::::::::::::::/. :;:::::o:o:o::::::ヽ
     /::::::::::::::::l: : :::::::::::8:::::::::::l

     {::::::::::::::..__...::::_:::∞∞:::::::!

     ,´- - ''´:: : : ::::::``丶、、_:{
.    {    : : : : : ..::::::::::::::::::::::::ヽ
     丶ィf、tェュ―- 、、::::::::::::::ノ
     リ'!リ` ̄'"  |::::;:;:``リツ7      うほっ
      八i、     |:;:;:;  / ,/、
      〈:.:.lト、t、_^__,ィt,イト:.:ヽ
  __,.ノ:}:.:ハ `ヾ`ニニ´/ l:.l:.:.:ト
' ´::.:.:.:.:.::ノ:.:{  、 ` ―r:イ/  l:.:.!:.:.:.:
:.:.:.:.-‐'://:.:l   ヽ  ,}/ ,イ l:.:.:ヽ:.:
:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ト、,,_'、 ,'_,. -‐l:.:.:.:.:〉:

:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ト、_____,.ィ!:.:.:.:/:.:



         、_ 、丶x'ヾーk jヘixソzヘ<,、,,

        zミヾ `            'ソ彡ノ;z
      、ヾ`゙ヽ `  ,    ,          ≧_,
      ミz、   , / / /,    _ _      ミz、
     チ  、ミ、ヘ\'´ー- 彡z,           ゞ、

    `7  ヾ>゙``ヾ、!     `'ー彡,ソ  ,;    ヾ゙、
     `フ i        ,     ≧彡      〈`゙
      ,ソチ!       ノ/`゙   '゙ミz≦     、ミ゙
          j      /_,r-_'    ヾ'   _ _  `゙ミ
        ヾミz、ヾz彡f=tチノ     |ミ/´ヘヽ `゙ミ    くくくっ

         ',_ンi rz,;;` ̄´       iミj ;'-' ゙、} 、ミ
          ', j  ′     _,、    'ミ' ヽ'´j ノ ヾ,
          ソ       /i     ,ヾo o,q ヾ≧
          `ー- ' __, イヾ /     /`.j| |:!i:!  ∨
            ',` ー--― '゙    /  ゞゝゞ'   ',
                ヘ        /          i
             ヽ_____ /      ,         !
                ヽ `゙      /      _|__
                 }      /     , イ´  \
              _,-yヘ!      ,/   /       \



               / イ/      /  / /!    /:j   .7::',      i、
                /.∠/       7 77 7|     /:::i   7:: ::',      .i:',
           // /    ,     i .ヽi.7'i!   /::: ::!  .7::  :∨     .i:::',
           〃 /   ン'   ,.! .7! i心!  7:::  |  .i::   ::∨   ..|::::',
             j  /  ン´7  y'/i i`'弋z|  .7:::  _! .i====='',     .|--ヘ
              イ /  7  /〃.i !:  , '.i  .i:::  .:i i,七士ニ__,',   .7::::::::ヘ
          /イ   7  /  ,イi', i::/  ヤ i:::    ヤ.彳 ヒ艾心 i ..7フT::::ヽ       ――――監督役がサーヴァントを連れてやがる。
        彳´     7 /  イ≠:/    ヤi',::   ヘ|:`゙''ゝー--Ⅶ.7::::::::::::::::7:、
               j / 彳 ヽ       ヾ            i 7:::::::::::::::7/∧
                   |.7       ',ヽ 、                 .::7,':::::::::::::::////:ヘ
                  レ        ', _              .::7,'::::::::::::::///::::::     この状況、どう見る? マスター
                       ハ ヾ、_              .::〃::::::::::::〃´::::::::::::
                       ヘ   \         .::::::::::::::::::::彳::::::::::,::::::
                        ハ    ヽ      ..::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::
                          ',       ...:::::::::::::::::::::::::::::::::, <:::::::::::::::::
                           ',    ...:::::::::::::::::::_::,:::-‐:'::´::::::::::::::::::::::::::::::
                             ` ─── ¨¨ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ

  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト /;;;;;;;;;;i;;;;|        ……これはおそら
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;; /
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_

       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_

           `'',/      ( (                      ヽ

゙    ,i′  /   //  / /  / /  /   l  l     | l゙   │ !  l  !  .l .ヽ l  l, l  ...l   .ヽ .ヽ
   /    ./   .//  / /  ./ /  /   .l  |    │|    .! .! │ .}  .../ "、.l.  ! . l  ...l    ヽ .ヽ
  /    /   .//  / ./  / ./  /    l !.l     .l゙ !    .|  l  ! ー,ィゞ , .l .l ..l. l   l    ヽ
 ,i′   /  ./." ./ ./  .l゙ /   l゙    l !.l     !│    | │ .l .〃ンll│ l .l  .l .l   l    .ヽ
            / ./  ./ /   /i、   .! .l l゙    │.!      l │ r|ン'゙./   l  .l .l  .l .l  ..l
 .゙.l-、         / ./  ./ !   /.l│  ." | l     l .| /    l  "./  ,,",  .l  .l .l  .l, . l  ..l,
   ヽヽ、   ,,,   l    /   / | .|   .! !     .l゙│l゙    .| /   /  l   l  l . !  .′ l   .l.
    ヽ.゙'l、   .゙.l-、    /   / .,! |   "l゙     .|   !     /  ./    l   .!    l    .l.  ..l,
゙'x.   ヽ ヽ   ヽ\  ."     ! |   l     ,!  .!    ./  ./     "   l    .l    .l,   .l.
、 .ヽ   .ヽ ヽ   ヽ.ヽ      l′ti   |     l .| .″   ./  ./            ′   `        .ゝ
..ヽ. \    ヽ.ヽ   ヽ .ヽ.    .|  .|.l  !     l .|    ./   /  .,,            _..y='"
  `'、 .ヽ   ヾ>   .ヽ .ヽ    |  ."l  |     : l .l゙ ,  / . ,ノ´../i!,、        ,..-'彡'´
   ヽ ヽ   .ヽ     l'、 ヽ  .从  .l、l゙     l .l゙│ .i/ . / ヾ  " ー._,,、 ._.. -'" /
    .\ \  .ヽ  . __./ ヽ ヽ''゙′ .l .l゙i,!     l !│  .,i゙ゞ    , ‐''" .''"゛ ./゛    .,,, ‐''"゛
      .゙'、 `x、   l゙    .l, .'k  │ .「     l .,! ',i, /     /       /     .-'"      ._,,_ii
. 、,     .\ ゙'!i、 │    .l .l,   | 、     _   ,i"" ./  ._,,、._..  -  ._,i|ゝ      ._,,.. -ニニ! ̄゛
  .`''''゙Ni、   l‐..\      l, . l, .| .!  .,. 、 .ll′/  //´ ‘゛     `゛   ゙゙゙'ー''''''''゙,゙ン-'''"  ー'"
 `''ー ,,,  `''‐ ゙ヽ. .\      .l  l   ′.'" `゙゙' /                  _iyrij⊇  _,,,.. -‐''二二-―
. ,,. .. --'┴.  v-ミi、 `''‐`‐   l            l゙     .,..;;彡'ツ         _.. -''゙´ ;;ニニ―'''''"´
  `、       \. ..`''-,,,,,,,,,,..、 ″        ‘   . / . ~./     ,,-'"゙.,,, ー'"ニ....、〟     .''¬、
ー ..,,,゙゙'''ー 、″   ゛       .゛            /           ,..;;彡‐''"      .'!―<゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
     `゙>-''''    .,..-'"     、       /            `                   `''ー..、
 xrニ./ ''"       ゙ア'"__   `ー  ,,+    ...       : ー‐ー.---.__________;;<,゙_、
-―     _,,....、 --―''''''゛^`,            /                    ´^"''''''―-- 、....,,_ ̄ ̄ ゙̄“`


                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|           !?
          |: : : :{ |: .:ll/ ≡≡:{:/  ≡≡V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',            7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.! U     ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、     ィ   イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|



                 ,,.-‐/:/__
               /,,..,ゞ|ミ./:::/|
              /∟(○)|ミ//_;::|
             /ミヘソノミ:/:γ)~
         γ⌒)ミゞヾヘリ:./:ノ`´              ううっ……一体どうしたことですこれは……
        / `し |r⌒)::||:/~ノ

       ソ ヾソし´/://|《
      |ヾヘ丿ゞr>し/:ソ)
─┐   《  |:::: ヽノレ(_─」

  │   「⌒~\,.,.//,ノ |  |
  │  /ヽ:::. \\'ノ γ⌒`)
   /ミ\ヽ:::.  ヽ ヽ (⌒ソ

  /ミソ/≡ヽ::::.   \\|::  \
┌─────┐ ┌────────┐



          ,  -――- ..、
       ,. ':::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 て
        /:::::::::/:::::::::;:::::::::::::ノ:::::::::::ヽ そ
     /:::::::;::/:::::;イ::;ィ::ハ::/!::;:::::}:::::i
     |:::::イ/::/ヽレ' i/ i/ i::ノ::jノ!ノ::|            なんだこいつ!? サーヴァント? それにしては姿が……

     i:::::::| ( О )    ( О ) |:::::!
     ヽヘ:l      ____     !ィ/
         ゝ.__   |-┬-|   .ノ
        _,{ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.
       /ヘヾ,_______ }ヽ


           >::===-==:::.<
         /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       ,i::::::::::::i!:::::::::::i:::::::::::::::::::::::ヽ:i!
       i{::i:::<;!::::::::i::iヽ:::::ヽ:::::i!::::::i::i
      .,イ!::!:::! {≧z:{::!≦ ̄ム::::!:::i::i::!
      ´/i::i:::! ===:∨ソ ====!::::}:::i::i::i

       i:/ソ:::{ U ,    U :}:::i::::!:i:ト、                          z===    マスター! 大丈夫ですか?
       i' {:!::ム  , .._      ソ:i:::i!:i::::ヽ                       , >
        ヽi::リソ   ` ゙ ヽ,≦i!/iハ!ソヽi`                   >-=´
         r ´__  ___    リk、,                   >´
       rk´`ー-===-- ____   彡!`ヽ、_             >´     z---====---
       _〉     -= ´    >::´ヽ、___ ヽ、__       > ´     ,<
     >:´:::`ヽ,z、_    >::´::::::::::::::::;>::ヽ  `二ニ==ニ´      , <
    zゝ:::::::::::::i:::::::/ ̄::´::::::::::y-=:::´::::::::ヽ:::::ヽ、          /

    i:::ハヽ、::::i::/:::::::::::;_ィ ´ ii:::::::::::::::::::::::i!:::::::::::>-===ニ二二z´
    i::{ ヽ:ヽ::K--= ソ    i!::::::::::::::::::::::::i____/

    /:/  ゝ--r=<´     !::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::{   ト--{         .i:::::::::::::::::::::::::::::_ヽ
  ./::::ム  /:i:::::ヽ        ゝ:::::::::::::::::::/i!__ノ
  ヽ__:i!  {:::i::::::::{       / ヽ:::::::::_/ ∨

   i! i!  ヽ/ヽ::::i       /  ` ̄!    ∨
   i!/   `  ` ̄     /     ヽ    ヽ



     /           /i  i     i  i
/:::: /       /i   / / Vi  i   il  i
::::::/ ./  /ヽ/ /  / V/ /   /l  l
/:::::/  /  //丶 / V/ /   / l /
:::::/  /  弋心:::::::::圦 V//   / i / l
/  /i    `゙''ゝー--ツ/レ /  /  i_ィl
  /  i            / / 弋:::fフ l  /
/丶, i            レ  丶 `゙ ̄ i   i
:::::::::::Rヘ                丶  i/i i        アサシン? ってことはあいつ……まさかアサシンのマスターか!
:::::::::ii:i  、              /  /.  i i
:::::::::i.i:i  、                 /   i. i
:/.V リ   ヽ、     ,--──   ,イ    V
\       ヽ             ,イ
  \       `   、      イ
\  \         `/ -
::::::\  \        \ \::\
:::::::::::\  \        \ \::\

:::::::::::::::::\  \        \ \::\
《ミスターX改めベリュトミン星人の正しいステータスを表示します》


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ベリュトミン星人              【属性】:混沌・悪       【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:宇宙人                     【魔力】:40           【スキル】:EX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
         ,ィ、  ィヽ

          //=、//=l
        / ヘ三ヽ/三/
        レ_、ヽ = = ,ィ
       ィ(( )。ヽ/ィヽ

       /`ヾ/ ゞく゚ヘr'
       !-ィ´ヽ、〔:〕ノlj      フォッフォッフォッ・・・
      l´ <yトヽミヽリイ!i

      !  ーヽ、ー{l/l!)
    r ‐{`ィ´ /.l`l llrトi)_
   /  レ,ゝーヽ,-lく!、ト、 ヽ
   !  ノi, -=-く;'l`'´lゝレ' '、

   r'-、ィ'`!i´   ヾ、{l  Y‐=l、
   i`` ヾ l!ゝー=ヽ〈lゝ=〈! _,r'
  r'-、 /´ ヾ、_、_ムレ.__人 l、
 /, -ー'、  /n_n_n_n.ハ r,ヽt‐' ー、
 リ   ヽ !_n_n_n_./ _ヾ 'iゝr-( ヽ、

 l     i_n_n_n/^^^^ヾ ト、ヽ `  `ヽ、
 ト、  ,.ィ!n_n/、 _^^^_`'i ! ヽ    \

 l、 ``  lin/_ ^^^_^^ ! !  lヽ     ヽ
. !ヽ  ノ1_^^_ ハ ^^_ l !  ヽ\    ',
  ヽ,`` ノ`!^^__.^^l !_^^^.! ヽ  ヽ \   l
   `´  .! ^^_レ'1^^ _ !  ヽ  ヽ. ヽ  !
      l_ ^^.! l__ ^^^ l     \ ヽ l\ノ
      l^^   |  l^    l     ` ー'
      l    l   !   ,'
       l    !  .!   l
        !   l   |   l
        !   l   .!   l
      !、_ ,!  l、__!

      l´^^^l  ,!  ̄ i

      !   i  ! ^^ `ー- .. -、
        !´^^^.!  'ー- ..,,_ r '´
      ヽ'_ ン

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
 ◆ベリュトミンチェンジ EX  (常時・誘発・捕食・変化・コピー・隠蔽・異能)
 対象を食べることでその対象の記憶と容姿をてにいれるベリュトミン星人の能力の一つ。
 ただしてにいれた容姿は3日しか維持出来ない
 異形である彼が地球で人類に紛れる為に必要な能力。
 普段は容姿の維持に制限等ないがサーヴァントの消費で容姿が維持できなくなった
 【マスターを殺害する度、それが持つ全てのスキルを三日間に限り取得する】
 【このスキルがある限り、情報収集や接触によって、ベリュトミン星人のスキル情報が受動的に他者に知られることはない】
 【ベリュトミン星人が任意である全てのスキルを発動していない限り、これの特徴は一般人として扱う】
 【マスターを三日間以上殺害しておらず、民間人の犠牲者も出していない場合、このスキルは一時的に失われる。
  再び誰かを殺害したときに復活する】

 ◆ベリュトミンワープ B (異能・任意・逃走・移動)
 ベリュトミン星人が緊急時に用いることができるワープ能力。
 ただし自身しか移動出来ないためサーヴァントとの契約が切れてしまう。
 再契約すれば万事滞りないが、合流は容易ではない。
 【令呪の消費無しに退却できるが、自騎サーヴァントの残存魔力が0以下であるか、またはスキル:単独行動を持たない場合、
  サーヴァントが消滅してしまう】
 【サーヴァントが残った場合、それはコンマもしくはトリップによってランダムに移動する。ベリュトミン星人とそのサーヴァントが同じ
  霊地に巡り合わせたとき、再び契約を結ぶ】

  ~その他スキル二つ~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


      _,,‐=──- 、_      ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが

      ,;´:::::::::::::::::::::::::::::::::\    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::l     『霊地に飛ばされたと

   //:/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::|:::::::::::}        思っていたら同盟相手が宇宙人だった』
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::l:::::::::;'
   /|::l:::l/:/ト、_// eラ  ,/::/`i;|    な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
   { |:ハ::|| ヾ宀| {´,)⌒`' /;::::´ハ{     おれも何をされたのかわからなかった…
    ,l::::/ ) iLレ  u /:/l::/

     ;/_/ ハ !ニ⊇ /'´/イ:l!':::::ヽ     条件がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \  AAのミスだとかファンブルの連発だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしい何かの片鱗を味わったぜ…



          /        i     .\ \、_    `ヽ、-:::......__       .\:ヘ::::
         ,イ  〃      i      \ \≧- ___  >x_  ヘ::::::',≧─---=.i:::
          ./ /' ,′     ',     \\ \ ,≠ _,ィ‐j─-、z;_ ヽ:::', \::::ヘ :,'::::
         / ,イ ′..|    .∧.ハ、      \`ヽ\,zチ::7〃      Vi   ,'\::〈::::::
      7 /  .!  j  ',   ∧ ∧:、      .\\〃ゞ-彡'        .i:!  >' .\:::::        言ってる場合か馬鹿!
      i/   |  .|  ', '、  .∧.∧::\`ヽ、  .\ヽ'´           リ   ,<::::::::
            j  .ハ  l ヘ  .∧、ハ--zヽ.V`ヽ、 \                   i: V::i:::::::                     マスター
            ,′ ,イ i   .Ⅳ.ム .∧ヘ.マ:心 iヾ、   ``ヽ、              ,'  V:iヽ::          どう動くつもりだ、愚公!
        / , '   V  | ∨ ヽ ヘ>zi´ !                        V! ∨
          / ,イ     .V l .∨  ``トヽ   j                  ,:    リ
       /イ        V !   V   |ヽヽ  >-、ヽ    _,. --z      ,イ
                  ヘ.',  .V  .| .V\     __, ィ,. -─'       .イ
                   ヾ   V .!   ',::i >、    ,.....--       /
                    ヽ.',  レ'   >.、        /          /
                     ヾ        >、    ∠             /
                                 > '´  ヽ            /
ルルーシュはどう動く?

↓1~3 範囲安価


     /     ,.。r:斥xX爻x爻Xx爻x会ュ。     \
    /     .ィ劣爻xX爻x爻丞z爻xX爻X沁、   〉
  /      ,.イxX丞≫" :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:`守爻㍉、/
  \__/炸爻㌢ :.:.:.:.:/:/:.:/:.:.:./:./:.:.:.:./`守爻垈、
     斥采x苡'./ :.:./:/.:.:.:.////:.//:.:.:.//!:.:.`守爻垈、

    r匆x爻仍 .:!:.:.:/:.://:.:.:.:////:.://:.:.:.///!:|:.:.:l`守爻垈、         むろん監督役の不正を参加者間にバラまくつもりだ。
 ,r≦劣x爻㌢´ :.:.! :/:.://:.:,∠///:.://:.:.:./// l:.l:.:.:.l:.:.Ⅵ爻戔:
ィ劣x爻x才´ .:.! :.:.|///:/ーァ-/:.://:.:///___l:.l:.:./:.:.:/゙冬x爻         もっとも監督役の不正を見逃して利益になるのならば考え直しても構わんが。
劣x爻㌢´!:.:.l:.:.l:.:.:.l弁≠ミftッ、/:///.,//-‐、ヽ∨:.:./:.{ ゙Ⅵx爻、       あの顔を見るにその流れにはならんだろう。
爻x才´イ.l:.:.:!:.:.!:.:.:.トイ´ 心クイ≠、/'´ ,'/ィz=≡ミ,/:.:./:.:.l  Ⅵx爻',

爻仍:´/:/:.:.:.{:.:.'.:.:.:.! `¨¨´       { ´ゝひ心〉':.:/:./:.:!  .Ⅵx爻、
㌢./:.:/:.:.:.ト.:.`r、ヽ:.:ヽ         /  `¨´/:.ノ:.:/:.:.:.!  `守x垈、
 /:.:.:.:.:.:./.::!:. |l ヽ丶:.:\      _´   //、:.:./:.:ハ:.{    `守x垈、     アサシン陣営と連携し、この場を切り抜ける。
./:.:./:.:.:.:.:.:i:|:.:ノ\'\`‐-ヽ   ` ー─´     ./ /:/|:/ ヽ! ,-ヘ ̄ヽ─────
':.:./:.:.:.:.:./:.リ:/i:.:./:.了ヽ             /ノ!/ ̄ ̄ ̄ ̄| ',  ',: : : : : : : : : :
:./:.:.:.:.:./:/:.:/:j:./:.ハ:.`、 丶、        ∠:.:.:イ      /   .l  |  |: : : : : : : : : :
/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:ノイ:./:.j:.:..トヽ  > 、_ イ:.r '´  ____ ノ-‐  |  |  |: : : : : : : : : :
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.::.:./j/ ノ:.:.:i__r───‐/ノ / ̄  / / ̄ ∨ (_|  |: : : : : : : : : :  セイバー陣営はどう動くつもりだ?
:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./ :.:.:.:. /, ─| | ̄ ̄/ _/ /  /   /      ̄l│ |: : : : : : : : : :
:.:/:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.: (/∧ :| |: : r/ // /___   /   __/| |  |: : : : : : /: : :
/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.: /.:. |/、Y/:| |:./ // /|└┤ ./-‐´/:.: : : : :.| |  |: : ム≠´: : :  ともに監督役を叩こうではないか。
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|}}〈〉{:|r┴ ´ ∠.ノ| |: / /: : : / : : : : : :.ヽ!_!/:. : : :/: :

:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.: /:ヽ∨/|`¬'´: : : : :| !/_/: : : /: : : : : : /: : : : : : /: ://: :



           ___
         ,. ´::::::::::::‐-、::::` 、
       /:::::::/::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
     /::;:::::::/::/:::::/::::::::::::!::::::、::::',

     i:::::!::::イ::/__,::::イ:::::::}ー:ト::::::ゝ 、、               ……俺たちさっきまで戦っていたんだが……
      |:::::',:::::l/:/レiハ/ヽノ レiノ.iノ:::l _||__
     i::::::ハ::::i 、__, :::::::::::==っ/{==≡}
     `,<ヽi:::l |i~ ̄ 、_,   〉ハ ヾf⌒ヾヽ             (あれ? これって連戦の流れ?)
..――‐/⌒ヾヽト、ij .__/ ノ _/―‐/ゝ_,リノ─

::   〈    ̄l丁|⌒ヽ  ̄        ̄ ̄
     \_// 厶_ノ´
         ̄




      ,、_ _ゝー―--z=-jk、,,__,
   _ノ  ̄`  ,;;      ''   ヾz

   > 、、゙ _ 、   __  z_    彡 `;゙
  Zヘz_/ ヾソ ̄´  `゙ミ、         ヽ
  フ ソ      /`゙ー !         >
  ミ,ノ! ,l!   ,ノ彡'´!  `゙<彡  z-   \
    ヽ-,ゞ=彡'´  ノ     Y´ ,==、   <,
     !ノ  `゙'´ ̄ _ノ´`!   !ミソ'´゙; i   ≧_
     \ z, _,..-'''" ,、  i!  {ミノ/`´j.}   ゝ´
     |!` ̄ ,、  !、 i \j!  jミソノソ,x゙   ノ
       il ∧ i \j ヾ_,..-'i   i=゚j!k 丶V'ヾ      善二郎! ばれた以上はしかたねえな、全員ぶっ飛ばすぞ!
      ギ ゙'   /     !   j | ii ikヘ'′
       ',    /     !  ,' ヽ'-'ヾ'、
       ',.  /      ハ  /     ヽ
       ',._ノ ,ヘ ,ヘ ∧// /       ',

     __\.j゙ ` ヾ  /. ,イ        \_
___,.-'"´     ヾ    ノ /、  _       > ヽ-、_
          ゞ==彡'´>、 ̄r-、ト、   Y´      ̄

       ヽ       ヾz、ヾ ゝ-'.\   i
        \       `゙ \    \  |



                                 _,. - ―― - 、、
                              ,. .:'´ ..::::::::::下、、::::..`丶、

                             /..:::::::::::::::::::::::| ミ::::::::::::::::::::丶、
                              , '..:::::::::::::::::::::::::::::|、:`:::::::::::::::::::::::::
                           / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::8::8::8:::::::
                           |: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:o:8:o:o::::::
                           |: :: ::::::::::_::: --―..::::-- 、、::::::::::::
                               ノ_::.-:. ' ´    ...:::::::::::::::::::::::_`丶、:
                         /::::::.:...    ..__.::::::::::::::::::ft_>'、_>、::丶
                        丶:..__,..ィt::ッ::::: ̄`i丶、:\  \ \

                           |ハl |l `リ―彡' :.:.:.| |:.:.``:‐丶  \
   ,:|ヽト、:.                    ,lム! l!          |:.:.:.    \ `
  :ハ:|: :l!/l:.、                  , ':.:/:.ヽ        |:.:.   ,.- 、∧
 :|: :i| :' :|:.ト:イ!  ,、          ノ^´:.:.:.:/:.:.:.:.丶 ,、   、__,   / 、 ``ヽ
:トi:. .:. : : :.、:.、 /,'       _,.ノ´'´:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ゝf{ゝ、 ___ , ィ―'ニ=- 、
:. :. :. :  : `:. 、:.:.:,'  ―― '"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l \  、__|_| ,! '、__

、):. :.:...  :.:.: 丶二ニー―- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: -――-{  \    ,| |' L__'´ `Y        おう、好きにしろや。
{:. :.:.:.:. :. :.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.....:.:ヽ .: .:.:.:.:.:.:.:.:/'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',   ` ̄ ̄| |  ;' | ̄´!
:.:.:.  :.:.. .:. .:.:...    :.:.:.:.:.:.:. .:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        | | / ,':.:.:._,ン
、:.:.:. :.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.:.:....トi、ヽ、:. 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, =、-、     | | / /:r'f⌒'
、..:.:.:.:.:.:.:.:... :.:.:.:.:.:Jト', -- 、:ヾヽ..ヽト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., '⌒/  | ',    | |__,. z彡':.:.:.:

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   :}:.:!::::::::::`ヽ!:.'、` ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i__ノ,'!__ , '  |    fヒi兵ッ'´ ̄`"
ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾヾ、:::_ノ三== - 、、:.:.:.:/  /     ,'    `´ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 ``ー- 三_rぅ、:.:.:.:``:.‐-:.'´:.:.:二ニ=- .,_二 ―-/    ,イ       , ―、:.:.:.:.:.:.
         {(_,,..、:.:.:.:.:.:.:.:.:シ' :.:.:.:.:.:.:.:/  ̄/    /:.ト、_  _,/,'   !:.:.:.:.:.:
           -='_, -っノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.f== /三    ,':.:.|    /  |  /^!:.:..:.:.
                 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  /     /:.:.:.、  /   、_,/  |:.:.:.:.




       .A、. , A

       〈三',Y/三〉
       | \ヨE/ |
      ○)、,、ハ,、,(○

       iヌ((ヽハノ))ヌ!    (なんか運良くスルーされてますね。ラッキー)
      .(ヾゞヾiiツツノ)

     /⌒Yノ jr| トヾ、Y⌒',
    i   i、_ノし!iしヽハ  i
┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃
┃| セイバー(偽)VS三陣営の戦闘を開始します                 |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

《未開示の陣営の情報を開示します》


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:服部半蔵             【消費】:30          【属性】:秩序・悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:E(10)     【耐】:E(10)     【敏】:C(30)      【魔】:E(10)   【幸運】:D(20)      【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:反英霊(忍者)     【残存魔力】 10/180   【HP】:70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
               ____
          ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::....、
         /:::/::::::::::::::: \:::::\:::::::::::: \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\:::\:::::\
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::\:⌒ヽ

..     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::ヽ   \
     , ::::::::::::: i:::|:::::::|::::::: |::::::::i\::::::: \::: ヽ:::::    \
     i::::::::::::::::|:::{:::::::{::::::: |::::::::|  \::::::::ヽ::::::::小  ヽ \
     |::::::::::::::::Ⅳ!:::::: 、::::::{\: {   > ::::::::::::: |::i     \:.、
     l::::::::::::: -=芋ミ、 \:\ \ 才芋=-::: |::::: Ⅳ      }:::i
.    八::::::::::::::::{乂zソ   ⌒` 乂zソ ノ Ⅵ::::: ||     |:::|
      、:::::::::::人             /}:|:::::::||     |:/

        }\:::::::::::\    、      /ノ |::::::八    /'
       :::::::\:::::::::::\        , .::::::小:/::::::\
        \::::::\:::::::::::\'⌒'    イ:::::/ |/::::::::::::::>-= ⌒≧=--
        |::\:::::::\:<⌒ヽ  ィ.:::: }/_/r≦ニニ/=/ ----==ニ\
        |::::::::\:::{: }⌒ `¨´  |_:/ニニ/ニニニ/=//、     `⌒\
         ><ニ \人      、ニ==/ ニ==/=//:::::::::\
       / /≧<⌒/ニニニニニニニ=,/=/=// ::::::::::::i\:\

      // /ニニ /ニ /____________彡 /::::::::::::::::::::|  \:\
     |{ / / ニ /ニ /=/ニ厂 フ ------=彡 ::::::::::::::::::::: |   \:.ヽ
.    /||' ,/= /ニ /=///////   //////\ ::::::::::::::::: |     ::::i
    / ゙||,/,/ニ /=//'//////   /////////\::::::::::::: |i.      }:::|
.   {ニ||,/___彡≦__彡'//////'ノ    {//////////ハ:::::::::::八    |:::|
  /|ニ||〃-=彡´ ////// ̄     ノ////////////\:::::::::: \   |:::|
. /=|ゝrく⌒≧=-----<______////////////////,\::::::::::::ヽ |:::|

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆気配遮断:A+ (技術・常時・隠蔽)
  サーヴァントとしての気配を絶つ。完全に気配を絶てば発見することは不可能に近い。
  ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
  【暗殺の成功率が20%上昇する】
  【対象がアサシンの情報を持たない場合、暗殺の成功率がさらに20%上昇する】
  【移動時に遭遇した場合、それをこちらの一方的な発見に変えても良い】
  【情報収集の成功率が30%上昇する】
  【暗殺対象が『アサシンは脱落した』と思っている場合、暗殺の成功率がさらに20%上昇する】

  ◆暗殺:- (技術・任意・暗殺)
  ◆F0cTHB3QK/uG版聖杯戦争(大戦)専用スキル。コマンド『暗殺』が可能になる。
  アサシンのクラススキルだが、特殊なアサシンの中にはこれを持たない者もいる。
  【居場所が分かっている陣営に対して、コマンド『暗殺』を選択できるようになる。
   成功率判定は、基本の100-(相手の未知のスキル*20+相手の未知の宝具*30)+彼我の【敏】の差%に、各々が持つ
   スキル:気配遮断の修整を加える】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                  _ ..................... _
               >::´::z:::::ヽ:::::::::::::::::`:<
             ./::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

            ,/:::::::::/::::::::::i!:::i:::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
           〃:::::/:::::i:::::::::::::i!:::!:::::::::::::::::::::i!::::::::::::ヽ
          ./::::/:/:::::::i::::::::::::;ィ:::{:::::::::i!:::::::::::i:::::::::::::::::マ
         /::::/::i!::::::::i!:::::::::::i:i!:::i:::::::::iヽ::::::::i!:::::::i::::::::::ヽ、

        ,イ::::/::::i!:::::::::!:::::::::/{:i!:::i、:::::∨マ::::i!:::::::i:::::::::::::::ヽ

      ,ィ≦/::::::!:::::i!:::::::::i-i--メ,{:{i:::izメ--メム:}::i!:::::::i::::::::::i!::::::゙マ
    ,ィ≦:::::;/::::::::!::::::{:::::::::《芹气ゝ;:メ、 〃芹气》:::::::::i!y::::::i!ヽ:::::}
 /ィ⌒゙ -゙イ::::::::i:{:::::::Ⅶ::::::!.ゞ歹  `ソ  ゞ歹:/:::::::::/ }::::::i!ノ:::イ
:´: : : :ヘ  ./::::::::/!i!::::::::Ⅶ::::ヽ    i     /:::::::::/:´::::::/::/
: : : : : : ヽ/:::/::/ i::N´i::::ヽ;::::r=>  `  <::::::::::::/:::::::::ノy´

: : : : : : : :{::::i!::{: :i:::::!`ヽ::Nヽiヽ、   、  /:::::::::::/≦彡´: :`ヽ―――――-=ニ、
ヽ: : : : : : 丶{N: :ヽ::{: : ノ{´: : : i!≧t   ./{/{:::::::{: :>:´: : :z-:--==--: : : : : : : : :i       >:
 i!: : : : : : : ヽ:i!: : : : : :r-ヽ: : :{ヽ、}`゙y´: : ゝヽ::::i:´ : :,>:´: : : : : : : : : : : : : : : : : i!     /: : :
 i!: : : : : : : : : :ヽ:>ri´i: i: :iヽ=ヽ--´---==彡:`ヽ>---===z____: : : : : : : : : : : : i___/: : : : :

 ヽ: : : : : : : : : :/圭i i! i: i: : ヽ: : : : : : : : : : >ィ´y´: : : : : : : : iヽ `>x: : : : : : :: :{: : : : : : : : : : :
  ヽ: : : : : : : /圭i!:i!ii i!::ヽ: ヽ:ヽz==-: ´:>^====y´____/圭ヽ   `ヽ: : : : : ヽ: : : : : : : : : :

    ヽ: : : : :/圭圭iヽヽ≧i、: ヽイ: : :/´ / ̄二⊃圭圭圭圭圭ヽ    ` ̄ ̄`ヽ: : : : : : : :
     >-/圭圭i!ヽヽヽi!≧-≦圭/   - ´ ̄`ヽ、圭圭圭圭圭i!           ̄ ̄ ̄
      i!圭圭圭i!::::ヽヽヽ!-----/     r≦ ̄`^圭圭圭圭圭i!i
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
 ◆忍術(真):A+ (技術・隠蔽・逃走・任意・常時・感覚)
 自らの身体能力を駆使した、忍者として当然取得すべき技能の数々。
 同ランク相当の心眼(真)に加え、戦場を仕切り直す能力や証拠隠滅能力を含む。
 加えて、巧みな足裁きや身のこなしによって、他より劣る自らの身体能力を、速度一点に限り、寧ろ
 卓越したものに変える技術もこれに含まれる。
★【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。令呪一画を消費して退却する】
 【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。コンマ判定を行い、5以上が出た場合、令呪0画で退却できる
  この効果は一つのストーリーで一度しか使用できず、これを使用した後、アサシンは上記の★能力を使用できなくなる】
 【アサシンの情報を情報収集で得ることはできない】
 【自身の攻撃の成功枠は5以下にならず、他者の攻撃の成功枠は5以上にならない】
 【戦闘時、アサシンの【敏】はA+++(80)として扱う】

 ◆投擲(暗器):A+ (技術・刃物・任意・常時・戦闘)
 暗器を弾丸として放つ能力。
 アサシンの放つそれは最早、狙撃と言っても過言ではない。
 【エリア外からの攻撃が可能。エリア内での戦闘が継続される限り、その攻撃によって他者に情報を得られることはない】
 【エリアを隔てた地域のマスターに対して暗殺を行う事が出来る】

 ◆忍術(偽):A+ (誘発・任意・魔術・技術・戦闘)
 本来、逃走に使用する術であるが現代人の認識により歪められている
 魔術を知らぬ一般人が偶然生んだマナを体内に取り込む事なく奇跡を起こす秘法の術
 その特性上、自身の魔力を消費する事は無く、周囲の魔力量によって術の成果は変わる
 また、ランクの高さは魔力を掻き集める事の上手さであり、A+ランクならば常にAランク相当の魔術の行使が可能
 使用できる術は、自身の身を守る「木遁の術」、火炎放射を繰り出す「火遁の術」、逃走用の目くらまし「土遁の術」、と様々である。
 【戦闘を行う霊地の魔力量分の数値を、戦闘開始時に好きなステータスに加算することが出来る】
 【大霊地以上で戦闘を行っている場合、一つの戦闘に一つだけ、下記の☆能力の内一つを使用してもよい】
 ☆木遁の術【相手サーヴァントの攻撃によるダメージを払拭する。即死宝具には無効】
 ☆火遁の術【アサシンの次の攻撃は全体攻撃であり、【魔】に【筋】の値を加算し、判定には【魔】を【筋】の代わりに使用する】
 ☆土遁の術【令呪一画で撤退できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:間桐ルルーシュ              【属性】:秩序・悪       【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:魔術師、軍人               【魔力】:30             【スキル】:A
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
         rf冖冖冖冖¬ミミxn、::::::::::::::}ト、 }トヽ.

         ,              `弌fi厶::fL」.斗ト、
        ′       {   、ヽ、 `ヽ.  >ノ:ト、.:<}_} >
       { {    i | |i ||、 \  V/:/ }ト、::::\`丶、

       | |    | | |i ||ト 、 ヽ、}{::∟ノ:} 、\::::.く⌒

       ⊥l    | | |i |||   >=イ `T T1 ヽ ヽ:::',
     /.:::|!     | | |i ¦|{ ,イ≦手! ¦ lハ 、\}:::}
    /.::/:::::! i ヽ   ¦ | |i !|レィ代芝シ}   }/ヽ、ト、 \レ'          _ .ィ
    {:::::{{::::::| ト、 、\ { r外、 ! }  ´^  |i /イ  `7\ト、     _ .x≦彡'
   └‐ヘ:::八{ ヽ\ ト、トfトヘ|ノ      |/ /  rf'.: .: .: .:}ト≦三三≧'
       `≦=キト、ト、}仆、 }  _ _ ノ  厶 rf'.: .: .: .: rタrタ.\三三三三三≧'
. ー==≡ニ二三圭|ノi厶孑'`≧ァ  .. __ . イY≦、.: .: .: .: rタ fタ.: .: .:ヾ三三三≦
          ,≧三三>:´.:|/}/.{::{ }/}::{:.`ヽ\:rタ rfタ.: .: .: .: .:ヽ三三三ニ≧、

       ー=≠≧三/.: .: .: .: .: .: .: >イ:{!:ト=彡rタ rfタ.: .: .: .: .: .: .:ヽ三三三三\
             /.: .: .: .: .: .: .: .:{/ |::| |:::}.: .:rタ ,rfタ.: .: .: .: .: .: .: .: .:`、三三三三
           /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ノ  {_j.ノ厶rタ  rfタ.: .: .: .: .: .: .:/.: .: .: .:`、三三三ニ
          {.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:{⌒¬ァ冖、__fタ.: .: .: .: .: .: .: /.: .: .: .: .: .:ヽ三三三

           ヽ.: .: .: .: .: .: .: .: .:|  / / / rfタ.: .: .: .: .: .: /.: .: .: .: .: .: .: .: ヽ三三
             \:. .: .: .: .: .: .:」 rfKく  rfタ.: .: .: .: .: ./.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:}
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【スキル】

  ◆魅了:C (常時・性格・精神)
   軍人帰りの彼は、揺らがぬ正義への強い意志を備えている。彼の鼓舞激励は歴代米国大統領の演説を
  参考にした、非常に力強く説得力のあるもので、自陣営から一切の迷いを振り払う。
  【自陣営の全てのマスター&サーヴァントは魅了スキルの対象にならない】

  ◆後方支援:B (任意・戦術・軍事・銃・飛び道具)
   軍隊で鍛えた戦闘術。サーヴァントの戦いを後方から支援する。さらに、戦いを終えたマスターを暗殺する
   技術も兼ね備える。
   【戦闘時、自陣営の望むサーヴァント一騎の【筋】【耐】を10ずつ上昇させる】
   【引き分け時、コンマ判定を行う。789が出た場合、敵陣営マスターのうち一つを殺害する。この効果は
    振り直しできない】

  ◆心の芯:A (常時・精神・魔術)
   軍隊ではその容姿から女扱いされ、侮られてきた。そんな経験を持つ彼は、軍隊の任期満了の頃には
   何があろうと自身の意志を貫き通す強い心を手に入れていた。
   その精神は揺るぎなく、どんな逆境の中でも活路を見出す能力となる。
   【自身の成功枠は3以下にならず、敵の成功枠は6以上にならない】

  ◆間桐の魔術:D (常時・魔術・使い魔)
   使い魔使役を得意とする間桐の魔術。しかし彼は長くアメリカで軍事修練を積んできたため、少々
   能力的には劣る。
   【礼装作成時、使い魔系統を作る場合、その成功率に20%の修整を加える】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ランサー          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:林冲               【消費】:50          【属性】:中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:C(30)    【耐】:C(30)     【敏】:A(50)    【魔】:E(10)     【幸運】:E(10)   【宝】:B+
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:反英霊(好漢)       【残存魔力】 40/40           【HP】70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                                   ,イ
                                  //
                         /| ,. < ∠ --  フ
                           _{/─-  _  ー─- _
                          ーy  弋=-----      ≧x
                       / ト、 マ<_\  \ \ \  ーミメ、
                          厶ハtッ 亠' `ヽ^ヽ:::..::::::::::::\   \
                          ∨:i `     ,r='::::::::::::::::::::::::\ヾ  \
                           \⌒ / トミ:::{\⌒≧=- ::\\ ヘ
                           }ニ´::::::::L__\       \::::\‘,
                        _r=//   / l l::} \_          ゙マ::i∧゙,
                      ,.</ ∧{_   _,//::|  / > .        Ⅵマ: i
                      /  :/ ,:::::l l   //:::::! ′   \      }' Ⅵ
                        /::  :/ /:::::::l l  //:::::::| |      >,
                      ′::../ /V::::::::l l //:::::::: | |        { ヘ
                       l: : // /:::::V::::: lV/:::::::: : | |      i l  \
                     l: :// /:{::::::::V::::::::l:::::::::::::::l l     ,' l ∨  \--───--    __
                  _/// /::::l::::::::::∨:::l:::::::::::::::::Vム   {  |  ヽ   \: . : . : . : . : . : . : . : . : . : 〕iト
                }  , ' /:::::_;斗┐: V/:::::::::::::::::::Vム   L_ {__   \   \: . : . : . : . : . : . : . : . : . /
               / //::::rチ::::::: / ̄r/:::::::::::::::::::::::∨.\     ≧=- \   \: . : . : . : . : . :__> ´
                  /://:::/::/:::::::::::/ / /::::::::::::::/7^j^_㍉_,.へ≧=- __  `\   \: . : . :r‐ ´
                /∠ニ|::: ∨:::::::::: {_ -/:::::::::::::::{ { { {:] }   Y \ ̄`マ \       マ: . :{
              /∠ニニ!::::::{:::::::::::::::::/:::::::::::::<_.Lハ_l_j|く_,. ヘノ   /:::::::::::::\ \     \:∧
          ,∠二二二|:::::::V/::::::::::::\::::::::::::::::::::::::|  |===r'ニ|:|/:::::::::::::::::::: \ \     \\
.           ∠二二ニニニ|:::::::: V/:::::::::::::l ゝ--=≦ ̄|  |__,..〈二|:::::::::::::::::::::::::::::::::` <>-- _   ` :\
        ∠二二二二二=` <:::ヽ::::::::::/:\:::::::ー─ |  |:::::::∧=V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y=z_ > . \
       ∠二二二二二二二二二`マ::::/:::::::: \:::::::::::::| ̄|:::::::: ∧=V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠二ニ>、  \  .>
.      /二二二二二二二二二ニニ|:::::::::::::::::::::::::::::::〉:: |  |::::::::::::∧=V::::::::::::::;:斗=ニ二二二r── \  ∨
     |二二二二二二二二二二ニ|::::::::::::::::::::::::::::::{::::::|  |::::::::::::: ∧=\__∠二二二二二/        \ !
     |二二二二二二二二二二ニ|::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|  |:::::::::::::::::∧二二二二ニニニニム        V
   ∠ニj´ ̄ ̄ ` <二二二ニニ=|::::::::::::::::::::::::::::::|:::;::|  |::::::::::::::::: ハ二二二ニニニニニ|
  /,> ´          寸二二ニニ|:::::::::::::::::::::::::::::;::/: |  |::::::::::::::::::::::::',/ ̄`寸二二ニニ|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆対魔力:E
   魔力に対する守り
   無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する
  【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、5点の軽減を加える】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                       , /  ,イ   __, イー---<
                  ,   ,. </, -<∠ -‐ ´
                 ,ムイ               _
                γ          , -  _, ---ーへ_
              , イ イ       >イ-<___. --‐- ミヽ

               / jハ!^    --壬_-== <        }/
              ,′  i   {  イー、-----< ̄`ヽ        /
              }!   {、 i ト、_、ヾ,、ヽ 、ー ミ
             ヘ  i {-゚^ハペイレ': \⌒x-ァイ, -<ヘ
              ハ}ト、 _'_ , /ト、}`ヽ「l' /_./ リ >'′

              ,.イ:.:/:{> < } レ:</./:.:.:} .厂
           , <:ふ}!:::|{  , <   /´:::畏!/`丶
         ,.イ{::h::,i::n:::!::::レイハ}  >イ-- ミ/゙::::::::::ヽ
        /み=≠ミ-::> ´ ィ<丁!:::/:.:.:.:.:.:.}:::::::::r 、:::!

        ,ハ:~"> ´ ., <::Vヘ/./厂:.:.:.:.:.:.:/n::h::'^J:::ヘ
        }:::> ´ , <:::::::::::::::ア⌒ヽ:.:.:.:.:r'´:::J::じイ;:Q::{
      > '´, <::ふ:::;:イ::爪:^:::::::::::::'.:.:.:/:::::::::::\イリ:::::::ヽ

   > ´, <::り:::::::::イ^::::::/:::::}:::::::::::::::::L/::::::::::::::::/>、「(::::::\
> ´ , <!:::::::::( {:::::::「V::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::}}::::::::::ツ::\:::::::::{
 , < ,イ::::::イ{ {ハ;::/:::::::::::::::::::::::::::::::/__, へへ--<:::::::::::::::::::::::!
´   /::}:::/::jV::<ぞ!:::::::::::::::::::::::::::> '´   ヽ::.:.:.:.:.:.:.:}}::::::::::::::::::::j
 /:.:::::::::j:::イ::/⌒イ:::::::::::::::::::::/ィ テ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:リ::::::::::::::::::/
/:::::::::::::::/::n::::}::::::/:::::::::::::::::::::(, イ{ r=ァ ,∠ r-'T ̄//::::::::::::::::/
`丶::::::::::::::^':::::::::::}::::::::::::::::::::::(ツ::V::::::し::::::::::::::}}:::〃:::::::::::::::::::j
 ハ:::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::||//:::::::::::::::::::/
/:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::」:::レ'::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::厂 ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::./
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【固有スキル】
  ◆心眼(真):A
   修行、鍛錬によって培った洞察力。窮地においてその場で残された活路を導き出す戦闘倫理。
   その読みの深さは、世の辛酸を舐め尽くしたランサーの懐疑的な性格にもつながっている。
   【自身の攻撃の成功枠は5以下にならず、他者の攻撃の成功枠は5以上にならない】

  ◆無窮の武練:A
   ひとつの時代で無双を誇るまでに到達した武芸の手練。
   心技体の完全に近い合一により、いかなる地形・戦術状況下にあっても十全の戦闘能力を発揮できる。
   禁軍十八万の教頭の証である。
   【ランサーにかけられる全てのステータスの下降を無効化する】

  ◆仕切り直し:C
   戦闘から離脱する能力。また不利になった戦闘を戦闘開始ターンに戻し、技の条件を
   初期化に戻す。
  【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。令呪一画を消費して退却する】
  【戦闘中、アクティブターン1ターンを消費して使用することが出来る。コンマ判定を行い、7以上が出た場合、令呪0画で退却できる
   この効果は一つのストーリーで一度しか使用できず、これを使用した後、アサシンは仕切り直しを失う】

  ◆剛毅の血盟:B (誘発・関係性)
  名だたる豪傑と結んだ血潮の盟約。
  豪傑、好漢が集まる梁山泊の席次を持つ。第六位の席次である彼は、天星の一部と全ての地星の力を借りることが出来る。
  戦いが熱気に包まれるにつれてステータスが上昇していき、最高で全て2ランク上昇する。
 【1ターン経過する毎に、ステータス【筋】から【幸運】へと順繰りに10上昇。合計100、1項目につき20だけ上昇する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【宝具】

                                                ___--ー''~二=--‐
                 _________ ←- ..,,_,         ''゙''.'''''''"''''''¬/  _,,,,,........---‐っ
                       ̄^"''''‐ー-―'''''''''^゙゙゙゙゙゙´  ´      .........ii,i....--ーヽ"" ̄´     ,..‐^゛
                      ._,,_,, .--;;i,,.          .__,,.. -ー'''"゙´            ,,∠-″/
                         ̄ ̄゛           _,,,ニ`-!“゛                ,..-'゙!'",/
        --==二二二―‐           ----―'''''"゙´              : ,,.,、_,, ‐"   .'"
__,                    _i,,i --ー''''''゙゙´                    , / ゙イ
 .,,`-`-!゙''冖'       ゙二二゙゙不 ̄                       ,..イ"‐"
'''"゛    ──==lj√                          , ',,、 ‐" .'゛  ,-'ジ゙
     ._,,,,.. -‐'''"゛                           ,,ィlリ'" ,..y,.. ,i/'"
 -ー'''″                            ,.../ . / ´''".,r'"ン“   ″
                             _.ィf/'' /   ,ノ /
                        ,/゛ /゙, >'" .,.彡"

                   ,.. |", /  _ノン'"   .r!"

                 _  ,/゛ '"゛  ,.;;ツ'"
            ,..;;l!゙ /      .,ir'"
          ..‐^r''"゛  ._,ir"  .゛
           /  ._..、;;>/'"
    .,..-'Z./ ,./".'!゙ /

 .,..-'"  .‘ ,r'"   ./
‘     ,,ノ゛ ._, ,./

    . / ,..-'" ´
      ″
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  ◆『豹頭環眼』
  ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1~3 最大補足:1 消費魔力:0
  属性:技術、奥義、攻撃、槍、近接、刺突、初見殺し
  ランサーの間合いに入った敵に対して確実に必殺級の初撃を繰り出す宝具。
  武器そのものではなく、技術が宝具となっている。
  名だたる敵将を一撃のもとで葬っていったランサーの武が宝具に昇華されたもの。
 ▽【戦闘開始時、どのような場合でも一ターン目は必ず先手を取れる】
  【真名解放を行い、追加で魔力を30支払う事により、一ターン目最初の攻撃に限定してランサーの【筋】は二倍になり
   かつ、成功枠を三つ増加させる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  セイバー    ランサー   アサシン
【筋】A(50)     C(30)     E(10)
【耐】A(50)     C(30)     D(20)
【敏】A(50)     A(50)     A+++(80)
【魔】B(40)     E(10)     E(10)
【幸運】A+(60)   E(10)     D(20)
【HP】   50    70       70
【MP】   0     70      -20

..,,,,,,,,,,,,、    .,,,,,,,,,, ..,,,,,,,iiiiiii,,,,,,,,, 、
 ゙゙lllllli,:    ,illlll!゙` ,iillll!!゙゙゙゙゙゙゙!!!!llll゙′
  '゙lllllli,  ,llllll!゙  :lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,゜

   .゙!llllli,,.,,illllll°  .゚゙゙!!!!!!!!!!!llllllii,
    ゙゙lllllllllll!°   ,,iiii,,,,,__,,,,lllllll゙
    .il!!!!!lr    ゙゙゙゙!!!!!!!!!!!!!!l゙゙`

セイバー(偽)
【筋】   B(40)
【耐】   B(40)
【敏】  EX(100)
【魔】  E(10)
【幸運】 A(50)
【HP】  70
【MP】  50

《それでは戦闘を開始します》
全20ターン
1ターン目:ランサーの攻撃

宝具、『豹頭環眼』および『燕頷虎鬚』を使用しますか?
『豹頭環眼』のみを使用した場合
セイバー(偽)に与えるダメージ:30
成功枠:3

使用しなかった場合
攻撃は確実に失敗

『燕頷虎鬚』のみを使用した場合
攻撃は確実に失敗

両方を使用した場合
セイバー(偽)に与えるダメージ:70
成功枠:3

仮に令呪を使用した場合
『豹頭環眼』のみを使用した場合
セイバー(偽)に与えるダメージ:50
成功枠:3

使用しなかった場合
変わりなく確実に失敗

『燕頷虎鬚』のみを使用した場合
セイバー(偽)に与えるダメージ:30
成功枠:2

両方を使用した場合
セイバー(偽)に与えるダメージ:90
成功枠:5

さらに、戦闘用使い魔を使用することで成功枠を一つ増加もしくはダメージを10増加させることができます。

どうしますか?
↓1


この選択の場合威力を上げる意味がないので自動で敏捷をアップ。成功枠が1増加。
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.: :.:.:. :.:.:./:. :.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.:.:.: :.:. :.:.:./: .:. :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:..',
    /:.:.:.|:.:. .: .:.:.:./ :.:. :.:.:/ .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:|
    /:/.:.:.|:.:. :.:.:.:.:/. .:.:.:./: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:.: ::.:.:.:./ :./:.: .|:.: .:.:.|:.:.|
   ノ/l.:.:.:.|:.: :.:.:.:/:. :.:.://: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:. .: ..:.:.:/ :/: |.: .|:.: .:.:.:.|:.:.|
  /´ |.:.:.:.|:.: .:./: :.://:.:/:.//:.:.:. : : .:.:./ :./|:. |:.: |.: .:.:.:..|:.:.|
     |:.:.:r|.: .:.l//:.:./://:./:.:.:.::. .:.: .:/ :./:.:.|:. |:. |:. :.:.:.:.|:.:.|
     l:.:.:{ |:.:.:.|/:.:/‐ ´ /:./:.:.:.:.: .:.:.イ: .:./:./|:. |:. |: .:.:..|:.|:.:{    宝具を解き放て、ランサー。
     }:.:.:| |:.:.:.|:/ム\\/:./:.:.:.: .:./,/ :./イ彡|:./ ./:.:.|:.:.|リ`‐`-

     /:.:/ヽ|:.:.:|\ゝz.イヽ,'、/:.:.:.:./彡/∠イ孑フ/:.:/:.:./:.:/|
    /:.,イ:.:.,:|ヽ:.ヽ ` ̄´///:.:./(\/ゝ匕ンイ:.::./:/ヘ./|:l
   /´/:./ }:.:.lヽ、\  /' //  { `./\  ̄/-/^i:/_〉 〉_|l
    /´  //|/\`丶/    !  \ \ /:{ |: / /` :l ̄ ̄/ ヽ
      //{ `: { {\    __ 冫  `ヽ ヽ : l /  /: : : : : : :/: : : : \
.     /: : : | : : ヽヽ \ ´¨ _ ̄`  ∠: ヽ `∨  { : : : : : :/: : : : : : : l
   /: : : : : :,-、ヶ :\rヽ`r‐ー─‐<´-----ヤ    〉 : : : : ,' : : : : : : ∨

  / : : : : : : : :r‐、),-、 | |: :r`──-── 、__    〉 / : : : : : |: : : : : : ∨
/ : : : : : : : : : く卅>⌒: | |: : `>─┬ 、      / / : : : : : : |: : : : : ∨
: : : : : : : : : : : : :孖ゝ: : : | | : : : : : : : |l: :i      / /: : : : : : : :l: : : : ∨
ランサーの攻撃

直後コンマ6以上で成功

心眼の効果は?


>>155

というわけでやり直し。戦闘用使い魔は使う意味がなくなったので略。
直後コンマ5以上で成功


判定:成功

                                                          /
   ./                                                      /
  .,il′                                                 /
. ノ/                                                /

/ !                                                  /
゙ /              ,.                                 /
./             ,,ッ゛                                   /                 ノl
゙         r/″                                   /               / .| /
            ア、                                /            ,r'|  ./ . 〃
       ./  ,/                                  /                 /  ! ./   .゛
       l  /                               /  .,./ ''l        ,,ilゞ  .|./
      .,/ ./                                  /  /  ilンッ  ,,-}  /‘ _/ .}′
     ,// /            ,./                    / _て     ,i"./ ./ /  .,ノ /  !
.、  ./ レテ    .,     .,,iア               /_ュ┘  .,  ,,ilレ″  ! /   / /
. ゙''''"   /   . , 'ナ     .,,iク゛                 ,xツ'"  厂/   ″    / ./   ./  /
     ./   r'"./    ././                  /    ./ /      /   / /   .|  ./
     i′ │./     ./ ./                 /    / ./      ./    /./    ! /
    /   .iゞ   /  .l゙/゛               /     /./      /    l./     | ./
..-'''、 ./   .゛   /  .〃              ,./      .iゞ     ./「    〃    .!./
   |/      ,i|  ./  〃      _-/        /       .,l″   iゞ     l./
   「      ,/ !    ノ !   .、.,/./                    /     ノ     ,{(
        /  !    ./ │  ,ノ゙‐'./                    /              ll゛
: l     ./   し_/   しュ/ ./                 /              l
/|    /               ./                                 l゙
゙.|   /            /
. |  ./           /
 ! .,/             /
 ゙‐'         /

             /
セイバー(偽)の消滅が確定。


ちなみにこのままだとゲームオーバーになります。

失礼。なるかもしれない、でした。

というわけでコンマ判定


判定:残念でした。

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"


                      、.
                __ -‐` ̄ ̄ `゛ヽヽ、
              .-‐´       〃/ ヾ、

               >、 、  _ ., {/_'´ 、 _/ィヾ
                7  .「¨7´7/゙ ヾ}´ ヽ} i ニ 、
              'ィ _ i  i        i iミ }゙
              イ,彡.} .,-、._ {  ,   ,.、<.ミ.’
              ´ゝ、 =tァー ' ー=tァヲ }イ}

               {.ハ  ̄ ´ | `  ̄ .'/ }

                 ゝハ    {i _    ,’イ’
                 |ヽ  .-─ - .,:’|i}
                 |  \ ´ ` ,.イ//|`ヽ、     俺が……負ける……とはな……
               /:i    ` ̄ ´////i|:.:.:.:} \
              //:.:,’        // V:.:.:i  ヽ
            /  {:./          // .V:.i   .ヽ
           ,.’   .i´          ヾ、 `i    \
          /      i──--、    ---‐─ i      ヽ
        ィ´/      |     `   ´     i   ____ヽ、
     ,ィ ´ ,イ _. --‐、  |       i        i イ7´三二ニニゝ ` ‐ 、
   ./   ∠tT≠'¨⌒ヾヽ|       |      iイ/´ \          ヽ
   /  、   /     ヾ:Y      |     メ{=|i    `ヽ、        ヽ
  ./   V ./       |}=i       .|    メ {=|.i       `ヽ   /   .ハ
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─

 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─

                  セイバー(偽)が消滅しました

─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─


        _ - ' フ                        _ -..:::::::::‐::..、_
    r-, /´ r‐  ̄                     ,.. -.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
    l l/ / /´ ̄ ̄_ 二 フ             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、

    l/  // /´ ̄               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ノ  〃 /                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /   < __               /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /       _ 二二つ          //:: :::::::/::::::::::::::: ::::::/::::/::::/::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /      く´               /イ:: ::::::::l: ::l::::::/:: :::::/::::/::::,':: ::::::::::/::::::l:::: .::::i :::::l: .:::::::ト、
. /        \             /ノ !: :l::::::{: ::l:::::/:: ::::イ::::/:::/:. :/::::::イ:::ハ:::ト:::: .:::l ::::l: ::l::::::l ヘ

/       r‐‐ 、 ヽ             ,':::::l::::::l: ::l:::::'::__:/ l::/!::/:. :/::::/ l::/ l::lzl-:: ::l :::l: ::l:::ハ:l

       /     \ \           /1:::l:::::::l: ::l:::{::::/`ノメ、lイ::::/::::/ _リ斗‐三リ_::::l:::/::::'::::! l:l
      /       `ー'          /イ::::ハ::::::l: ::l::l:/`ニ弌ミ l:::/l::/:::ィ´≦ィ‐メ, ヽ:!:l:/:::/:::::l リ
     /                   /  l:::l !::::ヽ::ヘ::{ (ひ) 〉/ レ.:::..  イ (ひ ノ ノ//:/:::::::l
   _ノ                      l::|  l::::::{ ヘ:ヘ ̄ ̄ ´    i   ` ̄ ̄´//; イ:::ハ::l
  /                        l::l  ',:::::ヽ. V        .:l       /イ ノ::::l リ
V ヽ                        l::l  ヘ:::::::ヽ.ヘ    ____    /´:::::::l
 \ ヽ、                      リ   ヽ:::::::::::\  V      〉  /:::::::ト:::l      よーし、よくやったランサー!
\\\ヽ                          l::::::::::::::::l\ ヽ___/, イ::::::::::::::l ヘl
::::::\\ ソ                         l:::/l:::ハ:::|   \ ー‐ イ l:::::i::::::lハ!         これで……
:::::::::::ヽ/                          レ l:/ l:::〉、_ `' ‐ ´ __ノフ!:ト、::l

::::::::::::/                             リ  l::l`::::::T:───1!:::lハl ヘ!
:::::::::/                            , -─‐レlヘ{}r:li::::::::::::::::::ll::tl リ
::::::/            , -、──── -- .. _. -‐::´:::: ヘ :::::l::ノ{_:l!::::::::::::::::::il::::l`ヽ.
:::/            /::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.入:::::: ヘ ::::`リ::ll:::::::::::::::::::ll::::::::::::::::`ヽ..
/             l::::::::::::.. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ .::::::il::::::::::::::::::::li::::::::::::::::::::::::::`::::.... _
             l:::::::::::::::::. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::ll:::::::::::::::::::::li::/ :::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ :::‐-..、
              ハ::::::::::::::::::.. ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l メ、:::::::::::::::: イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          r‐─{::l::::::::::::::::::::.. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il:::::`:::─ '::::li:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l
          l:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::l
        ノ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::r───── 'ノ:::::::::::::::::::::::li、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::/:::::::::l
       /::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::i:::::::::/:::::::::::::l l´ ̄ ̄ ̄ ̄:´:::::::::::::::::::::::::::`::── 二ニニヽ:::::::::::::::l:::::/::::::::::::l

                           ;
                             ξ

                      ,,:;;#圭#;;       ポ タ ッ
                         ;;;#圭#;;
                       :;;;#圭圭圭#;;     ポ タ ッ
                        ::;;;圭圭#;;:
                     ;#;;


     |.:.:|.:.:|.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: :/  \\.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.|ヾ
     |.:.:|.:.:|.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:{ .:.:.:/ :/   , \\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:从 :.:.:!\
     |.:.:|.:.:|.:.:.:.:从.:.∧ {:.:.:/ :/ __,斗七爪\`寸:.:.:.:.:.:.:/j.:.:.:.:.:|

      /.:.:.|.:.:|.:.: /-‐廾―-/ ´ ̄   ,イ二爪う 从:.:.:.:.:.:八 :.:.:.:.:|
.    ,'.:.:.:.:|.:.:|.:八〃{二圦ヽ      辷匕tソ /.:.:.:.:.:/ ⌒ヽ :.:|
.    /.:.:.:.:ィ.:.:.:.:.∧ ∨斗  ノ          /.:.:.:.:.:/ζ /}.:.:.|
   厶イ/. !.:.:.:.:.:.:∧.    く             ノル'.:.:从 /´.:.:ト.:.:|
       |ヽ.:.:.:.:.:.:.:\.    ヽ         ノ:/} 一'.:.:从}ヘ |
       { マ\.:.:.:.:ト`   丶==ュ       ノ'´ 从.:.:.:/ |/  ヽ     らん、さー……?
         ヽ }:.:.:∧ |\    ー     イ   jハハl ′
            j.:.:/ ヽ  }≧ 、     ,.ィ升  x≦刈
          イ    ノル',r‐‐こ==='  ̄:::::::::::∧

                 || ̄|| ̄ ̄ ̄| |:::::::/ヽ:::∧
                 ||゚::::||::::::::::::::::| |:::::::ヽ !::::::::≧ 、
                 /′::||::::::::::::::::| |:::::::::::`::≪》::::::::≧=-




    _ノ                   、==-
=ニ二__ノ   /    i     ハ    .l  ヽ
        _ノ    ノ,    ! |:::}    }ヽ、 l
  --=ニ二._.ノ . /:::j  ./! !:::|   ハ|  i/
          /γ=、|  /. }/:::::Ⅵ ./   ′
-==ゞ  ノ >:::::::// //::::/、::::::::::}/ ゝ
:::::/⌒´≦:::::::::::::::{ {/ヾ;:::::::ヽ  ̄ ,__{

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 〈{::::::::i^ヾ、 / ../
_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_|/\}   |~^.〈

/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ´     !   └-、{
:::::::>-=≠:::::::::::::::ハ:/   入       /      ぐっ……
<    //⌒i::::/ i|       >、 ____j
.     /.     {:/   }       /
.         /′         ./
        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
,ィ=──<  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _>──----..、

              ノ::::                \
         /.:::::                      \
        .....::::::::::                     \


       .A、. , A

       〈三',Y/三〉
       | \ヨE/ |
      ○)、,、ハ,、,(○

       iヌ((ヽハノ))ヌ!    フォッフォッフォッフォッ・・・
      .(ヾゞヾiiツツノ)

     /⌒Yノ jr| トヾ、Y⌒',
    i   i、_ノし!iしヽハ  i
    ゝ ハ_ _ゝ'`'`<__ハ、_ノ-、

    i  V   ヽ /  )/   ',    言ったはずですよ。二騎落ちた時点でいったん同盟は反故なのです。
   /`ヽヽ _ , ' ソヽ_ .ル..-..‐、i
  /    i(   ) (  )ト、::::::::::j
  |___ レェェェェ八ェェェ)ヽ 二ン
  ト、::::::::ノ(ェェ/:::::\ェェ)
  ヽ二ン(ェ/::::::::::::::\ェ)     破壊工作のおかげでランサーの体力が落ちていてよかったです、いや、本当にね
      /::::::::::::::::::::::::::::',
      i:::::::::::/´`i:::::::::::i

      !:::::::::;'   !::::::::::!
       !:::::::::!   ';:::::::::!
        !:::::::;'     ';::::::::',
       .i::::::::!     i:::::::::',
      |::::::::!      ';::::::::i
      !:::::::i      i:::::::::!
.     ト ー'゙i      ト ー ',
     ノ   i      i   ヽ、_ _
  (ヽ ̄  _j      ヽ_   ハ
  `ー ‐ '´          `ー ‐ '

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 ◆ベリュトミン光線 C (攻撃・異能・任意)
 腕の鋏より放たれる殺人光線サーヴァントにもダメージを与えることができる。
 ただし一度使用すると再発動に時間がかかりさらに擬態した容姿が保てなくなる。
 【一度の戦闘につき一度だけ、ネガティブターンに使用可能。コンマ判定を行い、5以上が出ればサーヴァント一騎に40のダメージを与える】
 【1ターンを消費し、居場所が判明している陣営に対して、マスターへの暗殺を行う。判定に使用する確率はサーヴァントのそれと同一である。
  これが失敗しても、敵陣営に発見されることはない】
 【上記全ての能力のいずれかを行使した時点で、ベリュトミン星人がスキル:ベリュトミンチェンジによって得ている全てのスキルは失われる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


          /        i     .\ \、_    `ヽ、-:::......__       .\:ヘ::::
         ,イ  〃      i      \ \≧- ___  >x_  ヘ::::::',≧─---=.i:::
          ./ /' ,′     ',     \\ \ ,≠ _,ィ‐j─-、z;_ ヽ:::', \::::ヘ :,'::::
         / ,イ ′..|    .∧.ハ、      \`ヽ\,zチ::7〃      Vi   ,'\::〈::::::
      7 /  .!  j  ',   ∧ ∧:、      .\\〃ゞ-彡'        .i:!  >' .\:::::
      i/   |  .|  ', '、  .∧.∧::\`ヽ、  .\ヽ'´           リ   ,<::::::::
            j  .ハ  l ヘ  .∧、ハ--zヽ.V`ヽ、 \                   i: V::i:::::::    クソが……! ふざけたまね、してくれる、じゃ、ねえか……
            ,′ ,イ i   .Ⅳ.ム .∧ヘ.マ:心 iヾ、   ``ヽ、              ,'  V:iヽ::
        / , '   V  | ∨ ヽ ヘ>zi´ !                        V! ∨
          / ,イ     .V l .∨  ``トヽ   j                  ,:    リ
       /イ        V !   V   |ヽヽ  >-、ヽ    _,. --z      ,イ
                  ヘ.',  .V  .| .V\     __, ィ,. -─'       .イ
                   ヾ   V .!   ',::i >、    ,.....--       /
                    ヽ.',  レ'   >.、        /          /
                     ヾ        >、    ∠             /
                                 > '´  ヽ            /


─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─

                  ランサーが消滅しました。

─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─


.       |::::::::::::::::::/.::::::/.::::::/.:::/.::::/:::/i:::://.ハ:::::|::::|::::::::::l|::::::::!|
.        j::::::::::::::::::|::::::/.::::://. ::/.::;:イ.:://.::///  i :::|::::|::::::::::l|::::::::!|
        リ::::::::::::::::::|.::/:_//イ//:/.://.::///   ヽ:!ヽ! .:::::::l|::::::::!|
.     /イ:::::::::::::::::|/.::: /  ̄/ ¬/、//.:://〃´ ̄ ̄ヽ_ヽ:::::::リ .::::八

.         !:::::::::::::::::!::::,イ  ̄  ヽ  // i// /   / ̄ 寸 }::::/.:::/i:|  ヽ
.       j:ト:::r==、ト、爪   (ツ 〉/' /'/   イ (ツ  リイ:/.:::/ :|:!
.        /jヽ|∨∧::ト、   ー‐ ′ /  |!    ー─ ' //.:::/  リ
       / / |:.∨∧\          |!         //.:::/   ′          なっ……
.       / / :|::::.∨∧:{\        |!        ノ/.:::/
.    / // ̄ ̄ ̄ フ\                ,イ.::/
     ! / ィ 、 ̄.::∨∧::}`     _∠二二ヽ_  //.::/
     | |  ! ∧::::::::∨∧! \     ー‐   /}:::ハ:/
     |,丿 | ! ∨ ::::∨∧   `      /  |'ヽ }
     /    |/  ̄ ̄ ̄ フニ=──` 、 /‐=<二i|
.    /     ´  / ̄ ̄ ̄ フ三三三||三三三||三三i|



       ト、         /ヽ   /\        _
   /|\ | ヽ       〈三ヽ /三/|        / !    /!ヽ
   | l  ヽ |  ヽ      !\   / _|      /  |   ,' /  !
   | ヘ   !   ヽ    ( )){ }( ))     ,'   !_/ /  j
   ',  ヽ |    l      トイ`|i|⌒ Y=}     !    ', /   /
   ',  ヽ!≡   l      { ヽ || r‐'リ -i    !  ≡ !     /
    ヽ    ≡  !     | ミ )!!= 彡-ノ_   l  ≡ !   ,.'
     \   ≡ |   ,.-ノ / ! ト、トく   `メ、_',  = / /
      \ ≡ !  /てノしイ_人人ノ、    ヽ  /
        \― |/ヽ ,イ- 、ヽ /   イ´ ̄ ̄ヽ_/
         \ ヽ/  l  ヽi / ̄`!
            ̄     〉―く ァ―‐‐j
                  ゝ_ノゝ-- ノ!
                 /ェェ/._ヽェェェェヽ
               /ェ_/...___.ヽェ ェ ヽ

                 lェ_/......____...ヽェェ_l         さて、それではゆっくりと貴方の体をいただきましょうかね。
                レ'.... .....__,.......ヽ_j
               !..____../´゙!...___..!/

                |..____..lヽ |..___...|
                |..____| !..___...!
               |..___...:!  !..___..|

                   l..____..!  l..___..l
                     !____..|   !.___..!
                    !..__.|  !.__...|
                   !..__...|   l..__...!
                   ト---|   ト--'l
                 _ノ  | _l  |
             (`´    __j ハ  _j
              `ー‐'´   `ー‐´

感情判定:ジャミル
直後コンマ8以上で成功


判定:残念でした

 || l il : : : : : : :|i: i!    |i   i| -‐…‐-  !il | i  ||: : ili : : : |: : : i|l!     :li l ||
 || l ili| : : : : : :|li   il  ;i -‐´i|: i|:i : : : : : : :`ヽ|i l|  ||: : |li : : :| : : :i|l|    :li l ||
 || l il l|: :! : : : i|i li  |/.ili: : :|i| l||:i : : : : : : : : : :\ |:i||: : |li : : :| : : ::||i     li l ||
 || l il: :il!|i : : : i廴l|i/! : i:|l: : :|l| i|: ! :}: : 〉\: :∨ハ>il : :!|i: : : | : : :i|l    :li l ||

 || l il: : l| : : : : i ;il| li| : i | : /: ://| :/\: :\: :ー=彡i| : : : : : | : : :l|i|    li l ||
 || l il: : il|i: : : :/: :/i|: :i :〃: : :/'ニニj/_∠_\: :`≧=- i| i : : : :i| : : :i|l!    li l ||

 || l il: : i|:i : :/イi{: : i|l : /: ⌒ヽニニニチ-…ァミliトミリ: ヾ!|i: : : i | : : /!i     li l ||
 || l il: :  |i: : 〃i l|: : l|i 厶ャ∠__≧ニニ≧=彡' }_」/ : 从ii}: : :||i :/ i!:  !   :li l ||
 || l il: :  l|i: :{廴_‘, : i|/:: ∧'¨ ̄⌒j!,"´      厶イ:i:i:/ : i |li´  il|l  i|   :li l ||
 || l il: :  i|: : : : : :\/:::/i::∧   r= ニヽ   〃:i:i:i:i:i/: : :i|:|i!  il|l! i|   :li l ||
 || l il: :   iト、___:. : : : :`ヾi:i:i:i:、  {l:i:i:l:i:⊂コ=彳:i:i:i:i:/: : : |i|厂 ̄`ヽ  |   :li l ||      おい待てよそこの宇宙人! そんな不義理が通ると思ってんのか?
 || l il: :      \: i|: : :}}:i:i:i:i\Ⅵl:i:l:i//:i:i:i:i:i/: : : : : i|l|     !l |!   li l ||
 || l il: : i|l |i    il|: : |: :〃: :\:i:i:≧=≪_rュ__ lコ /7 :/    il|   !| i   li l ||
 || l il: : ir┼ ミ   il| __「l__ : :/>` ー-=ニ{「¨7〃7∠/     r‐┼=ミ、|i i|l !i :li l ||
 || l il: :/┼- 、)㍉ |{ r‐ァ/< イ|<> ノ7__「l__//イ」<> />   〉-‐  )|il   !l|i li l ||
 || l il: :} ‐-、ノ_ノ li|  //   L! </{ r‐ァ/ ノ フ  </   (二  )|l |i l| |l|l li l ||
 || l il: :{ ー-く ヽ i|    、il||li// ,  //< イ」、 il|li// /  (__ ,リ|i |li |  !|lili l ||
 || l il: :|lk ー-' _/ il|   \ヽ  '〃∠   \ヽ  '〃/   }!  川!トミi! |li l ||
 || l il: : i|lk _ノ \ |  =≧  ☆  ≪ =‐ `≫  ☆  ≦ =‐  乂  i il| i| |li il ||
 || l il: :  |ik       フ/〃, ..、、\   ラフ〃, ..、、\ヽ、     `ヽ       |i i||



                    二二二"'''-;;,`ー、

                ,,,;;-'''" ̄ ̄ ̄ `ー、    \
              / /彡彡ミミミミ≧ `ー、   ゙i
            / /彡彡三三三ミミミミミミ `、 |

           / /,,,;;-'''"        ゙゙゙゙ ミ゙ミミミミ/ ヽ
         / ∠/             ≫/ //  ゙V/
  \ __/ /             ∧  彡| | |     |
   丶___/              /-;,,─., |\ ヽ   |  ∧     仮にもかつての戦友を、かような形で葬ろうとは言語道断!
                       |   \ \i \\__/ ̄ ゙̄;
                       ∨ ̄\\ |\》∨/〉 ,,/| |
                      / \__  | |::::::::|》≡《ヾ:::::└┘"'''-;;,,,,_        /|/ノ/ノ  私がてずから裁いてくれる!
                      \---\/::::::::::::::::::::::::::::::∠゙i::::::::::::::::::::::::::""''';;;___/ . ∠

               ⊂≡≡≡≡≡≡≡〉〉〉〉〉≡l=======================
                           """":::::::::>、\//:::::/         ̄ ̄ ̄
                           |:::::::::::::ii  | i:::::i'
                           |::::::::::::::|  | |::::|
                           | ̄| ゙̄i   | |

                           ! |   |/\| |
                          / ミ   |、  .| 彡
                          /  i   | ゙.ll".|  ヽ
                         /,,,;;-'''\/\__/\  \
                       /  /   |         \
                     /  /  / ゙i    / \ .   \
                    /l  /  /   l__/   \   \

                   /::::゙i /  /    / :::::::\    \   ゙i゙;.,
                  /:::::::::゙i /     /::::/\::::::\    \.  |:::::゙i
                /::::::::::::::::\___/::::/   .\::::::::"'''-;;,,   |:::::::::゙i



               ∧     ∧
              /=ヘ   ./=ヘ
.             ト、.=ヽ  /= イ
             」::ヘ =V =/.|

           ,〆、`ヘ.ヘ= =/.:::/
.             ( .。リ:。ヽヘ.∠_.γ⌒)
           γソr⌒77''ヽγ⌒。
           /:ト(.(ミ〔.n.〕彡イゝ.ノ
          ( |:\\.|::|.シ/;|バ      Oh……アサシン、令呪を以て命ずる。撤退だ。
          /´`ト`::::ヽ|::|//::|丿
         .|、(::/⌒/.|::|rヘ/:/ヽ
        ,..〔∠ノ ./ .|::|..| :|シヘ|
     ,,....,,(_..,/ ,/ .|/ | ::|:、丿
    /|⌒::ノハ_し'':\,||,,,./| ::::|: ゝ-、
  /∥ //´ヽノ:::::::|\/:|ヾ:ソヽ、::r''⌒ヽ、
 /´⌒|ト ソr゙` ̄`ヾ::::|  |.,:::|::/´`丶:::|ゝ:ノ.::'|


          _                                  _.  _   _
         | | ロロ                              | | | | | |
         | |_   __ロロ   _       _     _      _    | | | | | |
         | __|   |   |.  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |   |_| |_| |_|
         | |       ̄| |  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _
         |_|      | ̄ |.  </|_|   </|_|    </|_|    |__|   |_| |_| |_|
                ̄ ̄
                                    ‘
                     (⌒`)⌒  ‘、⌒`)) //     ;

                  ((⌒`);`) `)、⌒`)`)  `;`))
                 `)、⌒`   ⌒        (;⌒`
                 ⌒`);`         :::::::::::⌒⌒))

                `)、⌒‘  ⌒     :::::: :::::::::⌒`);`⌒)
                (⌒` `          :::::::::(⌒` (⌒;`
                 ((          ::::::::::::..:::::::::⌒`);`
                 `)、ヾ   :::::::::::::::::..::::::::::::⌒`)⌒))

                    ⌒));`)  ::::::::::::::((⌒`))"‘
                      (⌒ ,;;`)   从 ))゛
                    ‘  ;((  ,;;   7‘
                       ⌒、从 ,;`)))、,;
                    ‘ ∵从 ⌒`)、⌒`);   、   ヾ

                   ‘  ;(⌒));`)从‘ 从
           ‘  ,;      ((   从`,;从‘  ⌒`)、⌒`)
                (⌒`)(从 ‘ ∵从 (⌒);`)从∵从⌒;  ‘  l7

              (__,;;))⌒` ,;;)” ,;(⌒));`)从‘ 从‘  ,;)`   ,;   ________
  ______ ((‘,;[:::::::::::] ∵,;((⌒‘,;)从⌒;,;`:::::::;(⌒));`)_从_ ,;从 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::::/\. |:::::::|(⌒);`)从∵ ,;(⌒));`)从‘   从‘  ,;))/::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\.|:::::::::|:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::\― ィ:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

――――ィ=ュ::::::::::::::::: |_/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/ :::::::::\|:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_____\__/二二二ヘ______
::日::::::::: E|::::::|::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::::::
____:::::::|/_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|:::::::::::| ̄| ̄|:::::::::::| ̄| ̄|::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::

アサシン陣営が撤退しました。


     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:/:.:.:.:./.:/l.:l.:.:.:l.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.l
.    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/:.:.:.//.:/l.:.:/ .メ //:.:.:/:./ |:l.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:l
    ノ.:.:.:.:.:.:.:.: .l.:./.:.:../ ./ノ /.:/.///.//.:.:/.:./   ヽ.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.|.:.:.:l
    イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:.:./ーメ,,_//__ノ.:.://.:./.:.//,,-‐'''ヽ:l:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.l
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/.:/y=‐‐-/、  // l:.l.:./ l.:l  ,r‐''"ヽ`ヽ/:.::.:/リ.:`j
    .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l/{   ,.-c、ヽ l/ l//   lノ/ r‐c、 .リ /.:.:.:/./ l/ヽ
     l.:.:.:.:.:..:.:.:ヾヘ`、 ゝ゚-' , ./  / .i ´イ 、 ゝ゚-'ノ ノ./.:.:/ l
.      lヽヽ.:.\ヽヽ  ` ̄´     ノ . li    ` ̄´  ///.:./ /      ……
       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\          |i        /.:/.::./
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ        lリ      //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     ___      イ.リ l/
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -'――‐‐`- /.:l.:.l .リ
          ヽ:.:\.__  \   ー‐‐  / l.:.i./ リ
            \ノ `ヽ_ `ヽ    / ,=-'`i入
             i´`ー---ヽ_ `  イ_ノ_,,-‐'ヽ从
              ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;|}入



.、___ . :´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
 `⌒¨7´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ\
.   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、ヽ
   {: : : : : : .\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } ヾ:、

    {: : : : : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}  `
    {: : : : : : : : : : .∨^ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;
    { {: : : : : : : : : : .Vf' }: : : : : : : : : : : : : : : : : }/
    {∧ : :\ヽ : V: : V }: : : : : : : : : : : : : : : : : }
   { ヽ{ヽ} ヽト、}`\} ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ;

       ノ  ` `   `   ヽ\ト、 : : : : : : : : /
        ` ┐       }    ヽ> ''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           `t‐     ′ .  ´               {
           ヽ  厶イ                 |_
.              `T : {                 |:`ヽ
                ', : ',     _____      . . -‐:´ノ : }―-、
         __/´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : :  ̄: ´ : : : : ´ : : ; : : : :}_

        ,.{: : : : : :  ̄¨¨ : : : :-=ニニ : : : : : : : : : : : : : /. : : ノ:.:.\
      ....:.:´.:.: ̄`:.:.:.、: : : : : : : : : : : : : : : :二ニ=‐: : : : :´: : : イ:.:.:.:.:.:.:.`....、      ……再契約の意志がないなら、俺はおまえを保護しよう。
.    ∠ __:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ーz: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :z: :´ : V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    {. . . . { `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ : ` : ―-: :t=ニ二ニ=:t : ´: ヽ : : : .\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}}
   {. . . . {    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧: : : :ヽ: : : :V.:.:.:.:.:.:.:.∧: : : : .\ : : . ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:!}   もしあるならば、俺はおまえを倒さなければならない。
    . . . . {     V.:.:}.:.:.:.:.:.∧: : : : .V : : V.:.:.:.:.:.:.:.∧ : : : : : : : : : : .\:.:.:.:./ !
    '. . . ..{     V:.}:.:.:.:.:.:.:∧: : : : }: : : :.V-┼‐- _ゝ : : : : : : : : : : : .\/ ヽ
    '. .. ..'.       V}:.:.:.:.:.:.:.:∧ : : : : : : : : ', }    ヽ: : : : : : : : : : : : .\  !
.     . . .{        '.:.:.:.:.:.:.:,: -',: : : : : : : : : ', }      \ : : : : : : : : : : : .\}
      '.. .ハ       V,  ´   ' : : : : : : : : : ',       \ : : : : : : : : : : . `ー-. . . __ . . -‐: : :
       }/. .'.       '.     ', : : : : : : : : : ',        ヽ: : : ー- : : : : : : :-‐ : :´ : : : : : : :   俺は、無駄な殺しをしたくないんだ……頼む
      ノ. . . ..      '.     ', : : : : : : : : : .',           `T ―=ニ二: : : : : : : : : : : : : : :
.       {. . . . ..'.    i  ト     ', : : : : :{: : : : : '.            ,'       '. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ヽ. . .. ..'.    }  } ,     ', : : : : ヽ: : : : .ヽ        /ヽ       '.
      !. . . .'.   ;  ;  '.     '. : : : : : .\ : : : .\      ハ \      '.
.       :__ ゝ  / /  '.     ヽ: : : : : : :.\ : : : .\   ′{   ヽ      '.
         {――ァ /     '.      \: : : : : : .\ : : : .\ {  ヽ         '.



     _____                   ___     ____          ___   ___
   / ____/ /´ ̄|    / ̄l  /´ ̄/  /___/     /____/ l ̄l  / ̄/ /___/ /__  \
  / /       .  ̄ ̄     ̄    ̄ ̄   ___              ̄    ̄  ___     /  /
  \ \_l ̄/  /´ ̄ ̄ |  /´ ̄ ∨ ̄ ̄/ / __/    / ̄/  / ̄/  | ̄∨ ̄/  / __/ / ̄ ̄ /
   \_  /  / / ̄|  | /  /l   /|  / / /___    /  /_/  /   |     /  / /___  /  /\ \
      / /  /__/   |_|/,_,/ |,_,/ |,_/ /___/   /____/    | __/  /___/ /_/   \ \
   .  / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \
      ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄

なんかいろいろ判断ミスが多かったね…
コンテはありだろうか?


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚     まあ、正味半分以上詰んでたし、しゃあないな
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'     残りの展開を裁きつつ、いろいろと質問をどうぞ、やで。
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\

次に起こる戦闘の対戦カードを決めます。
↓1 数字を二つ入力してください。
トリップ判定(1~5)

コンテニューするとしたらどこがベストでしたか?


#剣狂騎暗魔

                   ,...-‐::::::: ̄ ̄ ̄:::‐- 、

                     ,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!、::::::::::::::::::::::∧
                ,′::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::| V::::ト::::::::::::::∧  >>195
             i:::::::::::::::::::::::::::::::/::::/i::::::::::::|  ',::::|∨:::::::::::ハ  ここではコンティニューは一切無しやで。
               i:::::::::::::::::::::::::::::/ i::/ i::::/i::::i  i:::i_,.i:!.i:::::::::::::i
                {::::::::::::::::::::::::i:::i- |:i__i::,' !:::′_,.i:,'´ リ |:::::::::::::i >>198
             V:::::::::::::::::::::|::i  v レ``i:/   リィチ示::::::::::i|:| ライダーが覚醒したタイミング。あれでランサー陣営にとっての絶対的な詰み陣営ができたんや。
             V:::::::::::::::::::iT示::芯x  '′   弋z;ソ'::::::,'::i i:!
              ∨:::::::::::::ト、tゞ-- '´          //::::i.i:,' リ 
               ',::::::::::::::',ヾ',       冫   彳 从:iリ
               ',:i、:::::::∧ ヾ、    , --‐z   イ::/i::!    このカードやと判定するまでもなく剣の死亡や。ただし魔力が尽きるやろうから狂も令呪一画使用やで。
                リ ヽト、:::>      ̄  .イ:7レ' ヾ
                  _ヾヘ:::::ハ: :>  __ .イ:::{:/: \
             , -─<: : : : : 7:::j : : : : : : : :  /: : : : : >x_
            /.!: : :.i !: : : : : :.,′: : : : : : :   /: : : : : : : //>x
              / |: : | !: : : : : ,'`ヽ、  ___,/: : : : : : //: : : / \
次の対戦カード

直後トリップ(1~4)


#狂魔騎暗

::::::::::::::::::::::::::L|:::::::i|_Ⅵ-=:::::::「ヽ |::|   /:::::::;′ i::::::/_. |::::::/ }:::::::/ |:::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::| |::::::i|  \ Ⅵ:|  \::!   ;:::::::/    !:::/´  |::::/ !:::::/ i:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::| Ⅵ:i|   _ Ⅵ    ::!   |::::::/     }:/     |::/  |:::/  ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::i| Ⅵ _. .-=ニヘ:!ミ、  :|  |:::/     /´._ .  j/  }:/  ;:::::::::::::::::::::::    ライダーVSアサシンか。
:::::::::::::::::::::::::::i|x≦て   _ . . 灯`    j:,′       ィ:竓 ̄ ` ミ∠  ,′::::::::::::::::::::
',::::::::::::::::::::::::∧   {i_ . ∠c:::ノ Ⅵ    /´       ″_ .. -= Ⅳ:ト、::::::::::::::::::::::::::    おそらく速攻で撤退したで。
. :::::::::::::::::::::/::::::. ヽ.V辷  ο彡′             V:{ ヽ _ ノ :}::/ ;::::::::::::::::::::::::::::
八:::::::::::::::::::::::::∧   ̄ ̄ ̄ ̄ ´              廴辷  c彡:/ /:::::::::::::::::::::::::::::
  ヽ:::::::::::::::::::/:::::.               j           ̄ `… /:,イ:::::::::::::::::::::::::/
   }::::::::::::::::::ト::::::ヽ             {              // /:::::::::::::::::::::::/
   ::i|::::::::::::::∧ \::ゝ                          /´ /:::::::::::::::::::::::/
.   八:::::::::::::::::\ ヽ:.          , - … -- 、            /::::::::::::::::::::i|:{
  /  ヽ::::::::::::::::::ヽ. \      ∨: : : : : : : : ノ          /:::::::::::::!|::::::八:ゝ
      \:::::::::::::::::\          ヽ : : : :>´           イ::::::::::::::八::/  `ヽ
  _ .-=ニ´ Ⅵ::::::::::::::::::`ト                     ...:::::::|:::::::::::::/` ヽ
´         Ⅵ::::::::::::::::::|  `                ィ:::::::::::::::::::::::::/    ≧
次の対戦カード

直後トリップ(1~4) 二つ指定


#魔騎暗狂

                           ,....:::::::::::::::- 、
                         /::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /::::::::::::/:::::::i:l:::::i::::::::::::ヘ
                          ,':::::::::::::/::/ /:ハ:iヘ::::::::::::::',
                     i::::::::::i:/!/ y_ij  |!ィ∨!::::::::i
                     |:::::::::|i|≠=    ==i:::::i|:!
                          i:::::::::i   ____  j::::i.リ
                       |i::::::|!  {: : : : : : :} /::::j
                       リⅥヘ.  '、: : : : :/ . イ:i:|    はじめて判定や!
                       |j:i、ハ> .ー ' </i.リ’
                          |: : : : : |

                      ,. -‐i::<__: : : : _>-j-x、_
                    /    \::\  ,. イ/   .∧
                        /         `ヽ、'´,. イ     ハ
                 ,.イ       .::          ┌─┐::.  ヽ
    ,ィヽ-、         i:':´`ヽ、    :/        |花|i:.    >、
   {-‐ヘ_)ハ          ∨:/ヽ::∨   /:/        |開|i:  ,イ:,.t:/
   キ二ソ ハ         .〉  ∨';  /'´        |院|i /:::/ i,     /
    ヽ、 ヾ  `  -------'ヽ   ∨ハ'            |1-3 ! i、i:::/   ヽ、 ,. イ    /
        >- . _         /--'|         ,: └─┘| ヽ':、     ′    /
           >-  __ン     | /        ;::      |    ヽ、      ,.イ
                        |′      ,;::        |     `ヽ. イ

0~7 キャスター勝利 89バーサーカー勝利


キャスター勝利

                ...´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:..:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.::.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:
.         /:.:.:.:.:.:../ト:.:.:/  ヽ:.:l:.:.:.!\:.:.!:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.
        /:.:.:.:.:.:.:,' !:.V   八:|\| ̄ヽ|\.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:.:.:.:.:.:.:.;r==ミ,     リ x==≠ミヽ:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.:.:.:.|{:::::::::::ハ     〃{:::::::::::::::ハⅥ:.:.:.:.:.:.:.:.
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.代:::::::::ソ      弋::::::::::::ソ !:.:.:.:.:.:.:.:.
      |ノi:.:.:.:.:.:.:j   ̄  i       ̄ ̄  |:.:.:.:.:.:iY:     次の接触。多くても後判定は二回までや。
      |i |:.:.:.:.:.:.i                 人.:.:.:.:.|ノ:
      リ !:.:.:.:.:.:ハ     へ           /i:.:.:Y:.:.:.:.:.:
.         |:.:.:i:.:.:.:.:ヽ.             i/:.:.:.:|:.:.:.:..:.:
.         |:.:.ハ:.:.:.!:.:.:.\            イ:;:.:.:.:.::|:.:.:.:.:/  
       Ⅳ八:.:.ト、:.:.:.:.:>。 __ . r  _レi.:.:.:.:人:.:./

            ∨ \八i\:.:.:l_,.-―'   八Ⅳ  V
  r――――――――┐_! ̄             `ヽ
  |ニニニニニニニニニ/                   \
 ⊃         ⊂ニニヽ
 つ   TKG   ⊂ニニ   Y
トリップ判定(1~3)を二つ


#魔暗騎
キャスターVSアサシン

                __
          ,  '::::::::::::::::::::::::::‐- 、

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::,
      7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .i::::::/::::/i::::::::::::::::::i
     l:::::::::::::::::::::::::::::/l:::/ヽ,l::::/i::/. l::∧::::::::::::l

     l:::::::::::::::::::::::::::/ l:/  l::/ l/  l/_,.i::::::::::::l
     l:::::::::::::::::::::::::/ィx=‐、 レ  j  j'´ i:::::::::::i
     l:::::::::::::::::::::::::|込:::歹       _zx、 i:::::::::,'    アサシンはどうやってもキャスターには勝てん。というわけで、最後、キャスターVSライダーを決めるで。
     l:::::::::::::::::::iV:i         ゞ::::ツ/:::::::/
     l::/i::::::::::::::i V       i    /:::::::/

     レ i::∧::∧i          '   /:::::::/
      ,V /V  ij\     -   イ::::::/
      /: :\      \     ,<:::::/|:/
    /: : : : :>x     />- <::/ l:::/ .リ
   /: : : : : : : : : : ヽ、/     V  l/
 /: : : : : : : : : : : : : : :>x_

/: : : : : : : : : : : : : : :. ,───i
: : : : : : : : : : : : : :. // ̄ ̄: i
: : : : : : : : : : : : : :/ /: / ̄ ̄ヽi

直後コンマ0~4でライダー勝利 5~9でキャスター勝利


判定:キャスター勝利
           ,、 _,_、__   _

        ,ィ´`" `"  .`-" ´  /   ァ' ´       _ 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,!    トx,r'´      (__'ノ   _ -  ´ ヾ::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      x´       メ.{         / ノ./´      /:::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::i:::::::::ヘ
      、'     ゙}          `¨/ , , -‐、´,ィ':::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::;':::::::::::ハ

        _〉,    ,イ       ヽ    ゝ-‐'"   `i´ `!ー‐----   _:::::::::;'::::::::::::::::.
     _=ニミ    ゙f 、.       }             |   |     __ `_,:::::::::::::::::::i:',
    _‐=ニニ〉   "ッ ゝ       |       ,...ィ:: ゙̄-‐" ̄ィ'´/:::::::::/:;:;:::/!::::::::::::::::::i;:',
    _ニニニニ'、    ゛-、\         /!/イ::;::::/::::::/ ./::::::/ .//,':/ !::i:::::::::|:::::|.ヾ',
   ‐ニニニニニ゙、_      `"\      ,'/!:::! |:::i::/:::/  /:::/  / ' .'/ |:;'::::::::::!::::i  `
   .‐ニニニニニ"ッ、_ ____,、_,-‐` 、.    i /イ:',、|::i:/:;ト‐,-`,_// _. /   /  .!;:::::::::::|::::'
    ‐ニニニニニニニ'ニニニ/_  ,、xト,    .|  |;!;:',|::/ `‐゛="ヽ`´  , '´ー‐- ,:::;_:::i;、:::i!
.      ‐=ニニニニニニニニ/ニ=_ィ  ハ.   |x'、ィ`'|::!:!'         ! ==‐--/ /:;!//,:|
       ‐ニニニニニニニニニニ;メ    |   |-=ニニ|:::|,                 /  |:/':/ '!
      -ニニニニニニニニニ=゙z   |   |ニニニニ';'-             |   '!:;/,
.        -ニニニニニニニニ=x'    !、_ノニニニニニ='_  、   、 ,       i.   ', "‐-x    キャスター陣営優勝!
         -ニニニニニニニニニ'、    f'ニニニニニニニ:|'   ` ー - ´  _.-'}.    ',   'ッ
.         -ニニニニニニニニ",    ゙",ニニニニ=,-‐|. 、      ,  '|;'|!=!.     ', /`゛"゙'`
         -ニニニニニニニニ゙x     "_ニニニ''_ !_ ヽ,--、_´__ !ニ'‐-- 、   ',
            -ニニニニニニニニk,    、´_        /  ./     、        .'メ
              -ニニニニニニニ",     x ̄!、 ̄ i ー-、__/       ヽ     ミ
             '|ニニニニニニニ"‐、_,   ミ=!ニ'_   、|   |  `      !    x"
               ニニニニニニニニニニ゛-、x=|ニニ_   ヾ.  ,'ゝ              ",
               ニニニニニニニニニニニニニ='ニニ=      ゙,、 `             ,メ
               ニニニニニニニニニニニニニ=!ニニ=',     / ` 、         ッ´
               ニニニニニニニニニニニニニ=!ニニニ-.   ゝ、          ,z'


        ,.::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::|ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
.      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\::::::| ヽ:::::i V::::::::::::::::::::::::i
       ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::::::|  V:::i  ',::::i  V:::::i::::::::::::::::|
     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| `::::i   V::i   ',:::i  V::::i`:::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ',:::i  V:i.   ',::i  V:/ i:::::::::::::|
     ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i‐- ',::i._  Vi   V /レ ヽ::::::::::|

      V::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::i   V  ̄ ⅵ  / ィチ示ゞi::::::::::|   主人公補正は偉大やったか……!
      V:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::i         .v    弋::歹´i:::::::::/
.        V::::::::::::::::::::::::::::::::i从 ィ示:::心     ヽ  ̄ .i:, -、
        V:::::::::::::::::::::::::::::\ ゞ-‐'´       ゝ   Y  .Y    ちなみにエピローグはしばらくなしや。ゲームオーバーやったからな、ムービーも見れへんねん
        V::::::::::::::::::::::::::::::::\          ' .| ̄ ̄r-,  ̄ ̄|
          /::::∧:::::::::::::::::::iヽ:ヽ\             ,ィ r-,  .| ̄
        {::∧::.∨:\::::::::i、ヽ.               ,イ/ /.  |    今日は最後に次にやるゲームだけ決めてまうで。
.       r-‐∨=∨ ヾ \::::i > 、   -─ .,イ / /.    |
     /: : : : : : : i     \i   ≧   -,イ <  / |    |
      /: : : : : : : : >x               /    /_..|    |


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i    なんでキャスターの判定がこんなに高いかって? キャスターにはスキル:追跡があるやろ?
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚    あれのおかげで、放っておいたらすべての陣営がすべての情報を抜かれんねん
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'     だからキャスター陣営は早期に潰されるかバーサーカーに潰されるかしないとそうそう脱落せん、ってことやな
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'       あと、マスターのスキルはキャスターの最後の宝具の力でほぼ無力化される。
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\

デバッグのバトルって今日はやらんの?

キャラステの紹介はなし?


                              >224
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :ヽ        そうやね。詳しくは下記参照。

          ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :\     >>223
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:. : : : : : : . ..\    ジャンと偽セイバー、アーチャーだけは出す。あとは主人公勢より後に脱落したから無しや。
        , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : i : : : . . . .ハ
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.i!: : : i:. .. . . .   .>>222

      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:ハ: : /|. . . . i    だってあのシステム、運要素を入れるために考えたんやけど、アンケートみたらあんまり運要素いらんみたいやし……
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:./|.:.:./i.:/ !:,' |. . . . ..|    あのシステムの方がいいならやるけど、どうする? 決めてええで。
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' l.ノ !.:,' !,'  レ  l: /i. . .|
     '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィfて示㍉     ィfて㍉|: : .|    それじゃあシステム選びタイムや。
       '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i 弋 )::::::ソ    弋)::::ソ.!:.:.:.|
        i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    ̄ ̄    ヽ   ̄ /.:.:.:.:|
       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|          /    /.:.:./i:.!     今回は選択肢が全部で五つあるで。
       i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      __     イ:.:.:/ .リ
.       从.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!>       ̄´  /.:|.:./
        人.:.:.:.:.:.:.:.:|  `  .    /.:.:./?      1、マスクド聖杯戦争
.        /`ー―┤>x_    ̄x< ̄ ̄7
       \          ̄ ̄     /     2、オープン聖杯戦争
       /___三二ニ=-‐==ニ二三 ̄〈

     ,.―´ヽ                  / `ー、   3、オープン聖杯大戦
   /       \_________/      ヽ
  /                           \ 4、マスクド聖杯大戦
 ,′                             i
. i  `ヽ                          .:,'  |5、シナリオモード聖杯大戦
. |    i                      .:/   ヽ                     ちなみに現在圧倒的鯖・鱒不足に尽き、>>1の自鯖や過去鯖をガンガン入れていく方針

(いっぱいデータ送っとこ)

前スレから見始めたから鯖の作成とか送り方とか教えてくれると嬉しい
面倒ならどのスレに書いてあるかだけでも

そら(見せ場を作るようなGM采配も無しにポンポン脱落させられたら)そう(なる)よ

そういや鯖鱒っていまどんな数なの?
送ったり作ったりする時の参考にしたいんだけど


                           ,....:::::::::::::::- 、
                         /::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /::::::::::::/:::::::i:l:::::i::::::::::::ヘ
                          ,':::::::::::::/::/ /:ハ:iヘ::::::::::::::',
                     i::::::::::i:/!/ y_ij  |!ィ∨!::::::::i
                     |:::::::::|i|≠=    ==i:::::i|:!   5は、自鱒自鯖のラッシュや。その代わり、各人の人間関係とかがきっちり決まっとるで。
                          i:::::::::i   ____  j::::i.リ
                       |i::::::|!  {: : : : : : :} /::::j
                       リⅥヘ.  '、: : : : :/ . イ:i:|     >>226
                       |j:i、ハ> .ー ' </i.リ’     ウェルカムやで。
                          |: : : : : |

                      ,. -‐i::<__: : : : _>-j-x、_
                    /    \::\  ,. イ/   .∧     >>228
                        /         `ヽ、'´,. イ     ハ     システム上しゃあないんや……というか、毎回毎回なんで最弱の鯖を引き当てんねん。
                 ,.イ       .::          ┌─┐::.  ヽ
    ,ィヽ-、         i:':´`ヽ、    :/        |花|i:.    >、      >>227
   {-‐ヘ_)ハ          ∨:/ヽ::∨   /:/        |開|i:  ,イ:,.t:/       アドレスはkatosenta@live.jpや。規格はちょっと待ってな。
   キ二ソ ハ         .〉  ∨';  /'´        |院|i /:::/ i,     /      
    ヽ、 ヾ  `  -------'ヽ   ∨ハ'            |1-3 ! i、i:::/   ヽ、 ,. イ    /
        >- . _         /--'|         ,: └─┘| ヽ':、     ′    / >>229
           >-  __ン     | /        ;::      |    ヽ、      ,.イ    ちょっと待ってな。今数えてみる。
                        |′      ,;::        |     `ヽ. イ  

AAは何枚あれば回せる?


            -‐.....:::::. ̄:::::::....‐-
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.         /:::::::::::::::::∧:::::::::ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::::::i:::/i::/ ∧::::::i i:::::i`:::::::::::::::::::::::::::::i   セイバー 1      キャスター 1
      i:::::::::::/i:/.i i/  ∧:::i i::::i  i:::::::::::::::::::::::::::i   アーチャー 0    アサシン  3

      i:::::::::::i ij i j   ∧i i:/_.i::/::::::::::::::::::::::i   ランサー 2     バーサーカー 1

      i::::::::::i──      ̄` i´   レi:::::::::::::::::::::::i   ライダー 1     エクストラ   1    ただし>>1のを入れたら全部おるで。
      i::::::::::iィ=zx      ィ=zx-_ i::::::::::::::::::::::i   マスター 1
      i:::::::::::i示:心     示心::ソi::::::::::::::::::::/

.       i:::::::::::l ̄          ̄ ̄ .i:::::::::::::::::::/    >>231
        i::::::::ハ             i:::::::::::::::::/
       V::::::::::ヽ    、 ,      ,.i:::::::::::::::/       おそらく最小が第一回赤キャスターの六枚や。やからそれ以上なら一応大丈夫やで。
         V:ト::::ト::\    ̄   ,イ i:::::∧::/
        V V V ` - .<´   从___.リ         ただし少ないと感情表現が薄くなってキャラも薄くなるけどな。
                l      l: : \

                    /l     /: : : : \
              x</    /: : : : : : //\    規格はもうちょっと待ってな。
              /: :/     /: : : : : : : //: : : \


現在使用している規格。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:               
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:                   【消費】:          【属性】:
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:        【耐】:        【敏】:         【魔】:        【幸運】:      【宝】:
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:              【残存魔力】            【HP】 70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【宝具】
  ◆

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【weapon】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【備考】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                     /: : : : : : : : :/:/ i: : : : : : : : : : : :ヽ
                    ,:': : : : : : : : :., '7: / j: /i: : : : : : : : : :ハ
                       /: : : : : : : /i, ' ;:, ′ ,'/u V: i|: :: : : : : : ハ
                    ,': : : : : : : :/ ``≠、   ,  Vj !:i',: : : : : : :i
                    ,': : : : _:./!Z孑示7`     ¨¨':,|キⅥ: : : : : i
                   ,':./: :ノj i'ti 辷Z;ソ      ム≧ェ、 l: : : : : :.i
                /:イi/イ.ノ /          〈亥彡/`.i: : : : : j
                彳 7/', i 〈 {   / ー-  _  ``ヾ<  |: : : : :.i
                    /イ、 ; ` 'ハ.  /: : : : : : : : :i   u /77: : : : ,'
                    ´ i/ヘ    ヘ./: : : : : : : : : :i   _,.ソ .i .i!: : : :,'    盛大に間違えたで! マスターの数は11や!
                     〃 i7、:::.  ':, : : : : : : : : :i ,. イ  '´,.ノ! :.:i|;'
                 ,イ´ ̄``--〉;:'   i ‐-   __ノ´     ´ィ7i: 7リ   ついでに多数決もとってまうで! 
               /     ヽ ./     /:::ヽ .. -:/  ......:::::>'´i/j:/
              j        /     /\   _,.-!  ':; r:'´≧==┐   1~5の中から好きなのを選ぶんや! オンライン化したほうがよければその旨も書くんやで!
               i>'´イ   /     /\::::::::::::::::i   :| _,-<  ハ
             j/  ,.イ    /  >-≦:::i    |/     i
↓1~5 多数決 同数ならば下にある方


             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、

            .イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;::::::::::∧

           7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.i::::::::::::::/ !:::::::::::::',
           i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、′!::/i:::::/ j::::::::::::::::
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ' ``i/_ i::/ /:/:::::::::::::i
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ==zx_  レ 、/:/ |:::::::::::::!
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  、込z::心,  /イ _i:::/:::::::|
           l:::::::::::::::::::::::::::::::::i::|   ``ヾ ′    レ'`:::::::i
          l::::::::::::::::::::::::::::::::|i::         ,'チzx /::::::::i
             !::::::::::::::::::::::j!::::::|i:i          i ゞィ/::::::/:,'
             i::iVi:::::::::::::/|::iⅥヾ          '´ .:':::::::/i:,′    意外とふた開けたらあんまり不足してなかったな……まあ、聖杯大戦をやるには不足、ということで。
             リ i:iV:::/:/. |/.、:i        -、 , -、::::::/::! リ
               7イ:イ  !: : :>     T´ _,. .V,' レ
            ,.、./   . : : : : : :7> .._イ/i::/ィ'´ V         それじゃあオープン聖杯戦争やな。
           /: : >x  . : : : : :,' レ'リハ ヽi,',' / ,×
      _, イ- .、: : : : : : ヽ、  : : :{-、   ∧ V / 〃 ィ}
    x<: : _: : :`ヽ、ヽ、: : : : : \  ∨`ヽ、.ハ `‐‐'--'´: |         確認メールのこともあるし、開始は木曜以降になるで。今回の鯖・鱒は今日の夜六時で締め切るからな。
        ``ヽ、: `ヽ、ヽ、: : : :.\ ーx: >i   :,'   i
            \: :.\.\: : : : \` ´\∧       iヽ         明日は自鱒制作をやるで。いつもより綿密にな。それじゃ、お休みなさい。

>>233
これ全部埋めてAAを6種類以上張ればいいのね?
ありがとう

>>242
残存魔力はオートで決まるから埋めなくていいです。あとはそんな感じですね。

確認メール?と思ってメールボックス見たら届いてた件…気付かずすみません
実はこちらスマホで添付ファイルが見れなかったのですが何の確認だったのでしょうか?

スキルとかで具体的な効果まで全部埋めたほうがいい?【】の中身の部分
それともフレーバー文章(具体的なテーマというか方向性)が書いてあれば後は調整するから別になくていいの?

>>244
今回から、採用したサーヴァントおよびマスターの調整後データをお送りして、作者様にこれでいいか
確認するようにしております。
>>245
別になくてもいいですよ。

再開はいつも通り八時からの予定ですが、その前に、新鯖過去鯖の割合について希望をとります。
別に急ぎじゃないので、夕方にかけてゆったりと投票していってください。

↓1~7 サーヴァントについて(新鯖または過去鯖と書き込んでください。
                 たとえば1~7の間に新鯖との書き込みが4つ、過去鯖との書き込みが3つあった場合、過去鯖が3体、新鯖が4体出ます)
↓8~14 マスターについて

サーヴァント、マスターのいずれかに二回以上投票するのはおやめください。(それぞれに一回ずつならば可)
もし午後六時までに投票が終わっていなかった場合、マスターは新規、サーヴァントは>>1の裁量で決定します。

過去鱒

そういやキワモノアーチャー送ったはずなんだが届いてない?それとも流石に落選した?

>>258
見送りはあれど落選はないので見逃してるっぽいですね
どんなやつですか?

安価下

>>260
特徴に彫像のような肉体の少年と書いてるアーチャーです

>>263
あ、そういえばありましたね
大丈夫です、あのくらいなら許容範囲ですよ

てなわけで締め切りです。
過去鯖は一体、過去鱒は二人ということになりました。

それでは八時より新たなる主人公の制作を開始しますが、その前にいくつかルール変更があるのでそれについて解説します。


【悲報】人工システム廃止
魂食いのリスクが激減したせいで魂食いラッシュに変貌したためです。

というわけで簡略化した人口システム改を導入。
対軍以上の宝具を使用、または魂食いをするごとに判定を行い、殺傷ポイントを蓄積していく。
魂食い 問答無用で8ポイント追加。
対軍・対城 コンマ判定と時間帯で決定。夜は朝の4分の一
対軍

0~3 16
4~6 12
7~8 8
9   4

対城

0~3 20
4~6 16
7~8 12
9   8

10ポイントを超えると警告があり、15ポイントで討伐令発行。30ポイントにいったら聖堂教会の代行者がわんさかやってきて、
50ポイントためた暁には魔術協会から怖い人たちがやってくる。

ちなみに昨今魔力はインフレがちなので、魂食いで得られる魔力は200とします。

昼間エア抜いたらどうなるの?

>>269
対界、対国クラスは現状いなかった(気がする)ので設定していませんが……使ったら一発で討伐令扱いとでもしておきましょうか

あ、そうそう。固有結界が発動されている場合、対軍、対城宝具に由来する判定は行いません。

つまり固有結界持ちがいると

原作でいうところの鮮血神殿みたいな攻撃にも使う結界宝具はどの扱いなの?

>>271
なんともいえませんね。まだ確定していないからいないかも。

>>272
あれは……隔離していないし対軍扱いでいいと思われます。


加えて、実験的に情報収集のシステムの大幅な刷新。今回やってみて失敗だったらすぐ戻します。

情報がどの程度得られるのかが不明瞭であることとかいろいろと気になっていたので、下記のシステムに変更。

サーヴァント、霊地およびマスターの情報には、それぞれ情報ポイントというものが設定されています。

マスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞


サーヴァント
Aクラス 1ポイント
Aステータス 各1ポイント
A特徴 2ポイント
A残存魔力 2ポイント
AHP 2ポイント
B各クラススキル 2ポイント
C各固有スキル 3ポイント
D各宝具 5ポイント
E真名 7ポイント
F過去の事情など…… ∞

霊地
陣地レベル 1ポイント
霊地効果  3ポイント

今回以降、選択肢『情報収集』を選んだ場合、以下の処理を行います。

コンマ判定を行い、それによって出された値*2と、サーヴァントの幸運値÷5を加算する。それに等しい情報ポイントを得る。
あなたは、その情報ポイントをほしい情報に対して振り分けることができる。二回の情報収集に分けてポイントを支払うこともできる。ポイントは蓄積する。
ただし、アルファベットが設定されている場合、より前のアルファベットが設定されている情報をすべて得ている状態でなければ、その項目にポイントを支払うことはできない。

たとえば、サーヴァントの幸運がB(40)の陣営が情報収集を行い、コンマ7を出したとします。
この場合、この陣営は情報ポイントを22手に入れます。
彼らはその場で、そのポイントをまずサーヴァントのA情報(合計12ポイント)にすべてつぎ込みました。残りは10ポイントとなります。
各固有スキルに残りのポイントをつぎ込めば固有スキルが一つ明らかになりますが、Bの各クラススキルの部分が明らかになっていないため、
まだそうすることができません。
この陣営は、残りのポイントのうち6ポイントをマスターのA情報に消費し、残り4ポイントをマスターのB情報に使用しました。
マスターのスキルは一つ開示させるのに3ポイントが必要であり、1ポイント分は現在は意味をなさないが、
次に情報収集を行った際に、マスターの残りのスキルのうち一つを、2ポイントで取得することができる。

加えて、遭遇時に開示される情報について明記します。
スキル効果などがない限り、遭遇時には各陣営のA情報が開示されます。さらに戦闘が行われた場合、サーヴァントのB情報も開示されます。

残存魔翌力とHPはころころ変わるし、情報収集の時に得る情報を絞り込むとか本来はしないだろうし、細かく指定するのは正直面倒臭そう
まぁ色々試してみるべきか

調べる固有スキルは何で決まるのか
>>1のさじ加減で戦略にかかわる重要なスキルは後回しにされたりするのかな(前回の宇宙人ビームを見ながら)


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i   たまりにたまったネタ鯖を解き放ってギャグ時空聖杯戦争やろうかと思ったけど、
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚     アサシン枠とセイバー枠が圧倒的に不足しとった。せやから普通の聖杯戦争や(ただし八百万)。
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/      それじゃ、ぼちぼち主人公制作にいそしむで。
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\




                          _
                    . : : : : : : : : : : : : : : : .
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ

               /⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : :'.,         ヽ
              /  / : : : : : : : : : : : : : }: : : : : : :',: : : : :.\        }
             //   /: : : : : : :/: : : :.:.}‐-}___}: : }: : } : : : : : : `''ー-  __ノ
        __   {i{  ,' : : : : : { :{ :{ : : : } ィ==ミ、/: : :} : : : : : : :'.,  ̄ ̄ ̄ ̄´
         /:./      {: : : /{: :{/j_:}: : : / んハ 》}: : : }⌒l: :\: : :\
      /: /     /: {: : : { {:_:{ィ=ミ、 ̄  ゞ'´ }: : : } ./: : : :{\: : .\
      {: :{    /: :/∨: :丶 《弋ソ  、   /// }: : : }∧: : : :',. `、 : : \
      乂ヽ__/: :/ /: :.ゝー ハ ///       /: : :.:}: : ', : : :.'  }: : }ヽ: \___
        `¨¨¨´ ./: : :/   /ーフ  v  ア<ノ}: :.:}.: : : : : : :',  }: : }  `''ー‐-ヽ
            ,' : :/     〈 `'.> __ _ /, -‐‐‐- 、: : : : \}: : }      }',
            {.:i/     /:.ヽ  ヽ  }ヽ/        ヽ: : : : : }: : }        }:}
            {:.i     /: : : 入 ノ / .//         ∨: :/: :/\     j/
            {.:i     ./: : /    //            ',//: : : ` 、____ノ}
            {:.ヽ   ./:.:/   __/       ヽ  ー=彡'´: : : : : : : ヽー―‐ '
            乂__ゝ //  > /           ', /   }: : : : :{\: : : :\
                  /   ./// {           ∨    }: : : : : '. \: : : `、
                  /   , ' // .{____         ',     i}: : : : : : .,   ヽ: : : :.
            /    /ニニニ/  〉   ー=-      }     }: : : : : : : ,   }: : : :}
              /       {  { { {   /ー―- 、  `ヽ,/   /: : : : : : : :.',   }: : : :}
          /       八  .{ { {i /     `ヽ  /     , i}: : : : : : : : :',  }: : : :}
            {     '" ヽ, { { { /     /ー‐‐´    / }: : : : : : : : : ', ノ: : : ノ
ところでこれって何のAAですかね?

ダンガンロンパ2のキャラだったはず

スーパーダンガンロンパ2の罪木蜜柑。

>>281>>282
あざっす。

>>276
残存魔力&HPは、一度でも取得していたならば以降ポイントを支払う必要はありません。
その後情報収集を行うたびにそのときの数値が他のステと一緒にたたき出されます。

>>278
時と場合によって。でもあれはさじ加減云々じゃなくて単純にそのスキルが今までに効力を発揮した場面があったかで判断していましたよ。

負担に関しては大丈夫ですよ、たぶん。更新間隔を今の半分にするだけでだいぶ楽になりますし、それでも二日に一度の更新ペースですから。


それではマスターの設定固めをぼちぼちはじめます。

これまでとは一線を画し、今回は他所のようにコンマで設定を決めます。

一回目:立場コンマ
2D判定による特徴欄の設定。大きなコンマを出せば出すほど有能な特徴を得、より強いマスターになる。
下はニートや寝たきり、上は真祖まである。とりあえず21クラス作ってあるが、正式採用となれば増えるかも。

二回目:魔力コンマ
コンマの数*10、それがマスターの魔力となる。

三回目:スキルポイントコンマ
PCには基本で三つ(特徴により増減)のスキルが与えられるが、当初の状態ではどのスキルもEランク相当である。
そのため、ここで出したポイントを使用してスキルを強化する。
コンマの数*2だけスキルポイントを得、2ポイント消費するごとにいずれかのスキルのランクが1上昇する。(1ポイントだけ消費した場合、+がつく)
なお、何のスキルを習得するかは……魔力コンマとスキルポイントコンマの間に割り込んで判定する。

これらが終わった後、来歴を決めてキャラ設定は終了。

その後、主人公のサーヴァントだけ決めてしまいます。


GMは違いまっせ。しばらくは神官さん(ゆらちゃん)で通します。大戦ならルーラーでいいんですけどね-。
それじゃあ立場コンマ。
直後コンマ下二桁で判定。


判定:70

16のクラスが選択できます。
次の中から選んでください。


70以上 代行者
     任意の戦闘系スキルを1つ追加できる。
     戦闘系スキルにのみ割り振れるコンマポイントを追加で10取得する。
     暗殺されない。
     自身を、すべてのステータスがDのユニットとして戦闘に参加させられる。

     執行者
      マスターの魔力は30多くなる。
      魔術系スキルにのみ割り振れるコンマポイントを追加で10取得する。
      任意の魔術系スキルを1つ追加できる。

65以上 御三家……アインツベルン
      戦闘系スキルを習得できない。
      マスターの魔力は50多くなる。
      スキル:小聖杯(ランクアップ不可)を得る。
      触媒召喚を選択できる。クラス・地域・時代のいずれか二つまで指定することができる。

     御三家……遠坂
      マスターの魔力は20多くなる。
      スキル:宝石魔術を得る。
      触媒召喚を選択できる。クラス・地域・時代のいずれか一つを指定することができる。
      開始時点で任意の結晶系礼装一つを所持できる。

     御三家……マキリ
      マスターの魔力は20多くなる。
      スキル:使い魔魔術を得る。
      触媒召喚を選択できる。地域・時代のいずれか一つを指定することができる。
      開始時点で任意の使い魔系礼装一つを所持できる。


50以上  錬金術師
      マスターの魔力は20多くなる。
      すべてのランクがEであるユニットを一つ陣営に加えてもよい。

      時計塔講師
      マスターの魔力は30多くなる。
      触媒召喚を選択できる。地域・時代のいずれか一つを指定することができる。

      魔術師殺し
      任意の魔術に関係しないスキルを一つ追加できる。
      マスターの魔力は10多くなる。

40以上  起源覚醒者
      マスターの魔力は20多くなる。
      スキル:起源を獲得する。何の起源かは安価で決める。このスキルはランクアップ不可能であり、メリットデメリットは定かでない。

30以上  はぐれ魔術師
      マスターの魔力は20多くなる。

       軍人
      任意の魔術に関係しないスキルを一つ追加できる。

20以上  時計塔生徒
       マスターの魔力は10多くなる。
      触媒召喚を選択できる。地域を指定することができる。

15以上  一般学生
       礼装は作成できない。
       他の学生マスターに優先的に接触できるが、また優先的に接触される。

10以上  社会人
       礼装は作成できない。
      触媒召喚を選択できる。地域を指定することができる。

5以上   ニート
       礼装は作成できない。

0以上   寝たきり
       移動できない。
       襲撃できない。
       他のマスターによるこちらへの情報収集が行われた場合、相手は本来得られる半分の情報ポイントしか得られない。

せっかくだから代行者か執行者狙いたいな

>>294
まだ未調整だから上が強いとは限らない。

それでは多数決

↓20:25まで多数決。同数ならば下の方。

代行者4
執行者4
寝たきり1

ラストが代行者のため代行者に決定しました。
それでは次に魔力レベルを決定します。
↓1 コンマ判定


魔力:20

カッスカスですね。
それじゃあスキルポイント入れる前にスキル決めましょう。
代行者ならば、たとえばこれらのスキルがおすすめです。
・破壊工作
・信仰の加護
・後方支援
・第八秘蹟
・忍術(真)
・心眼(真)
・心眼(偽)
・仕切り直し
・武芸十八般
・専科百般
・諜報活動

そのほかに入れたいスキルがあったらどうぞ。
20:40まで募集します。


監督役はもうちょっと上にある特徴なのでパスで。
それじゃあこのなかから四つ選んでください。

・破壊工作
・信仰の加護
・後方支援
・第八秘蹟
・忍術(真)
・心眼(真)
・心眼(偽)
・仕切り直し
・武芸十八般
・専科百般
・諜報活動
・黒鍵
・概念武装(固有)
・気配遮断
・聖霊詠唱
・洗礼術式
・投擲
20:48から↓1~4


・気配遮断
・概念武装(固有)
・黒鍵
・第八秘蹟
となりました。

まあ気配遮断は一応暗殺とセットです。
Eランク相当の各スキルの能力はこんな感じ

気配遮断:E
 気配を絶つ。隠密行動に適している。
 ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断は解ける。
【対象が○○の情報を知らない場合、暗殺を選択することができる】
【情報収集の成功率が10%上昇する】
↓これがA+になるとこんなかんじ
気配遮断:A+
 サーヴァントとしての気配を絶つ。完全に気配を絶てば発見することは不可能に近い。
 ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
  【暗殺の成功率が20%上昇する】
  【対象がアサシンの情報を持たない場合、暗殺の成功率がさらに20%上昇する】
  【移動時に遭遇した場合、それをこちらの一方的な発見に変えても良い】
  【情報収集の成功率が30%上昇する】

黒鍵:E
 代行者の概念武装の一つ。聖書のページを用いた投擲剣。
【戦闘時、自陣営が9以上を出すたびに、相手のサーヴァント一体に10のダメージ】
ランクが上がれば成功率やダメージ量が上がる。

第八秘蹟:E
 仕事柄、聖遺物に関する多くの知識を持つ。
 その為、聖遺物と何かしら関係のあるサーヴァントの真名を中確率で看破する。
 【聖遺物によって召喚されたサーヴァントと対峙した場合、コンマ判定を行う。789が出た場合、そのサーヴァントの
  真名を看破する】
ランクが上がれば看破能力に加えて加護系統の能力も得られる。

概念武装(固有)はどう転ぶかは未定。


それではスキルポイントを出すのでコンマ判定お願いします。


判定:4
というわけで全部で14ポイント使用できます。
どれにどう割り振るかを決めてください。
21:07より↓1

ほんとや……! ごめんなさい。18ポイントでした

気配遮断がきわどいけど今回はいいです。全部好きなように振ってください

気配遮断11……振ると最高ランクのA+を超えるので9までで。
残り全部(9)を概念武装
……とすると、気配遮断:A+と概念武装(固有):A+になります。

では彼の概念武装を決めるので、どちらからアプローチするか決めてください。
1、聖遺物
2、魔術属性
3、起源
4、その他
↓1~3 多数決 同数ならば一番下

では、その聖遺物とはなんですか?
↓1~5 範囲安価


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚      ……もう一回アンケとるの面倒くさいし、コンマが一番大きい聖釘でええかな?

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨       それじゃ次の質問。こいつは男? 女?
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\
↓1~3 多数決

てっきり全部足して総合すると細菌内蔵ダイヤ装飾大きな十字架型の聖釘(炎属性)みたいになるかと思った

>>363
それだ!

判定:女

                ,.  -──-
               , <         ``ヽ、
           /         . .       \
             ,イ  .     ...:::: ::.  :.    :. ヽ
            ,.'   .: : ...::::..::::::::::::::::. ::  .: .  .:::::ヘ
        /  .::....:::..::::y::::/ !:::::::/i::::::::::  :: .:  ::::∧
        ,' .:: :.::::::::::::/-:::ヽ.|::::..' |:::ト::::: ,::: :::...  ハ
        ,' .: ::::::::::,'::/  i:/  .|:::/  !:::i ∨::::i:: .::::::  ::::
        .i!.::|.:::::::::,'i/ _-、   レ   |:,'  i:: /|::..::::::: : .:::}
       |:.:,j ::::::::i ィマ示心     j′__|:,' !:: ::::::: :: :::!
       |::{.V:::::::| ``ゞ--'         ,ィ=zx_.リ :::::::: ::::::i
       |::ヽi::::::::!            弋:z::ソ|..::::::: ::::::′
       ',::: :V:::::l         i′       `` |::::::::: :::::::      じゃあAA選んでやー。
         ',:: ::∨::!       r-- 、         从:::: .::::::,'
          ',:.:,:::V:::ヽ    {   /     /.j:::::: ::::::,'
        Ⅵ.V:i、:::::::ト、  `  -'    . イ:::::::::::::::,'::::i:|
        リ '::!.',:::|',:| :\   . <:::!::,リ、:::i|::::::,'i:::,'リ

             Vィ.ー|    ̄::::::::  ├--、 j::// |/
         /   { |        l: :/: : >x .'
        /: : : : :.∧.'          `,': : : : : : : : >x _
    _x<: : : : : : : :.ハ,. ──── _': : : : : : : : : : : : : /t
   r\: : : : : : : : : : : : ∧: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :./   }
   {  \: : : : : : : : : : :∧: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :.// ,イ
   ヽ!   \: : : : : : : : : :∧: : : : : :/: : : : : : : : : ://   / {
AA候補を書いていってください。

21:30までに出た案の中で、コンマ二桁が大きいものを抜き出して投票を行います。

候補は五つとして……
エダ(ブラックラグーン)
戦場ヶ原(化物語)
東横桃子(咲)
柳生(閃乱カグラ)
水橋パルスィ(東方)
※妹(Elona)は……あのAAじゃ回せない、たぶん。

というわけでこの候補から選んでください
↓1~3 多数決

というわけでエダに決定。

あと少し、属性をコンマで決めます。

直後コンマ123混沌 456 中立 789 秩序
↓2コンマ123悪  456 中庸 789 善


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i       ……(なぜこのスレの主人公はこんなに混沌・善が多いんや)
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\

来歴募集。22:00まで来歴適当に書いていってください。
性格でも可。

あ、そうか2コンマって直後の2ケタ目か

赤ん坊の頃に教会の前で捨てられ以後幼年期は劣悪な環境の孤児院で生活を送っていた。
ごく普通の一般家系の生まれの割には生まれながらに魔術回路を有していたため、それが切っ掛けで聖堂教会の手駒の一つとして生きる事になった。
教会の代行者となってからは極貧の孤児生活から心身共に満足のいく生活になった事もあり組織への忠誠心はとてつもなく篤い。
その為か修羅の巣窟である代行者の中でも一際汚れ役を任されており、暗殺や諜報などの教会が極秘裏に行ないたい仕事を任されていた。


>>394
ごめんなさいミス。

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i       ……(なぜこのスレの主人公はこんなに混沌・悪が多いんや)
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\

来歴募集。22:00まで来歴適当に書いていってください。
性格でも可。

元大泥棒
聖堂教会忍び込んだんで漁ってたら聖釘が飛んで来て刺さった
何故か聖痕認定を受け聖釘の管理者として代行者入り
貴女は今日も奇跡の再現者として釘をふるいながら(聖)遺物を(神への供物という建前で)盗みまくる

紛争国スラム出身、気配を消す才と非常に優れた身体能力を持っていたため、奪ったり暴れたりして
場所特有の悲惨な目にあわず何不自由なくスラム生活を生きていた。
しかし偶然近くで活動していた聖堂教会の後方支援部隊相手に相手に金銭目的で襲撃して無双しその後
戦闘部隊にとっつかまった、以後能力の高さを買われて代行者やらされている
聖堂教会への忠義は0だが見返りがあるうちは働く、聖堂教会からは汚い仕事も平気で受けるので重宝されてる

時間は来たかな?
それじゃあ来歴について多数決
1,>>395
2,>>397
3,>>399

↓1~3 多数決

完成品
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:エダ                     【属性】:混沌・悪       【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:代行者                   【魔力】:20           【スキル】:A+
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
{{    ノ \
.`ー-‐ '  ノ\

. \_ ,x'  ノ\
.   \_ ,x'  ノ\
.    \_ ,x' ノノ\

      {\_彡'  ノノ
     ├─┤_彡'\ _              -‐  _
.     / ├\    \ ヽ          /i|i|i|i|i|i|i|i|iヽ
     /   |/ .\   ノノ  V        /i|i|i|i|i/ ̄¨∧i|',
.    /   /{  厶二彡   }\       {i|i|i/ {\_/}/Vi|',__
   /_./  V        厶/ \     .|i|i|  i i   /Vi|i|i|i|iヽ
   ` ー'    V       厶/\ \   _}i|i| i | | ‐-ィ{乂}i|i|i|i|i|i|i|',
          \ ___ ,イ/\ \ } ト、/i|i|i|レヽ. -‐′〉 /i|i|i|i|i|i|i|i|i',
           \  \ \  \ ノ  .}i|i|i|i|i|i|i|i|i|i≧,,_ _/i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|',
             \  \ \/ゝ、  乂i|i|i|i|i|i|i|i|ノ  / ̄\|i|i|i|i|i|i|i|',
              \__\/  ∧    ̄ニ=‐--‐=ニミ、ヾ ',|i|i|i|i|i|i|',

                  「 {つ /、i|i|i|>,_         } ',|i|i|/|i|i!',
                  ヽ─-┐}\i|i|i|i|i|i|/>,,_____/_,ノ/  .|i|i|i〉
                     { 二二} | {_\i|i|i/\     /|i|i|i{    レ'
                   \ \__j |  .Ⅳ|i|i|i≧‐-‐≦|i|i|i||i|iミ、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

 ◆気配遮断:A+
 サーヴァントとしての気配を絶つ。完全に気配を絶てば発見することは不可能に近い。
 ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
  【暗殺の成功率が20%上昇する】
  【対象がアサシンの情報を持たない場合、暗殺の成功率がさらに20%上昇する】
  【移動時に遭遇した場合、それをこちらの一方的な発見に変えても良い】
  【情報収集の成功率が30%上昇する】

 ◆黒鍵:E
 代行者の概念武装の一つ。聖書のページを用いた投擲剣。
  【戦闘時、自陣営が9以上を出すたびに、相手のサーヴァント一体に10のダメージ】

 ◆第八秘蹟:E
 仕事柄、聖遺物に関する多くの知識を持つ。
 その為、聖遺物と何かしら関係のあるサーヴァントの真名を中確率で看破する。
 【聖遺物によって召喚されたサーヴァントと対峙した場合、コンマ判定を行う。789が出た場合、そのサーヴァントの
  真名を看破する】

◆細菌内蔵ダイヤ装飾大きな十字架型の聖釘(炎属性):A+
  ~が使用する、黒鍵とは別の、彼女自身の固有兵器。巨大な十字架型の鈍器
  彼女の属性である炎を、エデンの園に由来する聖剣のレプリカによって強化し、十字架と聖釘で神聖性と神秘を 
  高め、ダイヤによって魅了効果を与え、細菌によって内側から侵食するという
  もはやなにがなんだかよくわからない対城兵器。
  発動した時点で周囲のすべての生命体の内側に兵器に内蔵された細菌が侵入し、聖なる力でめらめらと
  焼いていく。ダイヤの持つ引きつける力によって、対象の逃走をも妨害するので、敵からしてみればこの上なく
  うっとうしい
  【毎ターン、自身が使役する者を除くすべてのサーヴァントに5のダメージ】
  【敵陣営と味方陣営は令呪撤退時に判定を行い、4以下を出した場合、逃走に失敗する】
  【サーヴァントの攻撃による威力が10上昇】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


     Ⅵ,////,|     {ニ=‐-、 ≠''¨    \  ヽ   | / .Ⅵ/////////////
     Ⅵ////|     |''¨  ̄             \ .|\ ∠-=ミ、 .Ⅵ////////////
      Ⅵ///,|     |              ヽ}/く、___\ Ⅵ////////////
      Ⅵ,//,l     |                  // Y⌒ヽ ̄ ̄`ヽⅥ///////////
       Ⅵ//|   || \、             ,/〈彡へ''ソ    /// Ⅵ//////////
       {///!    | !  .Y⌒ヽ、、  、{ {  // 、____彡'// .i/Ⅵ//////////
       |///|    |    {{ ∩Y__辷ー-ミ=く く            /   |//Ⅵ//////////
       |///|    |  `/´ Vソ    `ヽ才ー气_____,, ´    .|///Ⅵ/////////
       |///ハ    {  く ヽ`ミ===彡'  /`ヽ:.:.:..              }ヽ≠Ⅵ/////////
       |////ハ   \ \_\    /   j:.:.:..               /  `ー Ⅵ/////////
       |/////ハ   |\.   ̄ヽ ̄       ヽ       _  /}  ,' / .|  Ⅵ/////////
       |//////,\  |//≧x _ \    、___  -‐ ¨  /  / /{ | .i Ⅵ/////////
       |////////,\|////////// \    \         /  / / .| | i  .Ⅵ/////////
.         /////////////////////////>,   ` ー==彡  / /  | | i  Ⅵ/////////
      _///////////////////////////  >,       / /  .| | i   Ⅵ/////////
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【来歴】
元大泥棒。
聖堂教会忍び込んだんで漁ってたら聖釘が飛んで来て刺さった。
何故か聖痕認定を受け聖釘の管理者として代行者入り。
その後も十字架がぶっささったり、ダイヤがぶっささったりと順調に脳に障害を来している。
彼女は今日も奇跡の再現者として釘をふるいながら(聖)遺物を(神への供物という建前で)盗みまくる。
【聖杯への願い】
聖杯も聖遺物なら、盗まなきゃ(使命感)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

もうそろそろ成長型主人公がよかったんですけどねー。
                __
          ,  '::::::::::::::::::::::::::‐- 、

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::,
      7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .i::::::/::::/i::::::::::::::::::i
     l:::::::::::::::::::::::::::::/l:::/ヽ,l::::/i::/. l::∧::::::::::::l    さて、今日やることは残り一つ。

     l:::::::::::::::::::::::::::/ l:/  l::/ l/  l/_,.i::::::::::::l
     l:::::::::::::::::::::::::/ィx=‐、 レ  j  j'´ i:::::::::::i    ずばり、どのサーヴァントを呼ぶかや。
     l:::::::::::::::::::::::::|込:::歹       _zx、 i:::::::::,'
     l:::::::::::::::::::iV:i         ゞ::::ツ/:::::::/
     l::/i::::::::::::::i V       i    /:::::::/     というても、実際に何を呼べたかは後回し……

     レ i::∧::∧i          '   /:::::::/
      ,V /V  ij\     -   イ::::::/
      /: :\      \     ,<:::::/|:/      今回決めるのは、過去鯖を呼ぶのか、新鯖を呼ぶのか。
    /: : : : :>x     />- <::/ l:::/ .リ
   /: : : : : : : : : : ヽ、/     V  l/         それとクラス決めやで。
 /: : : : : : : : : : : : : : :>x_

/: : : : : : : : : : : : : : :. ,───i
: : : : : : : : : : : : : :. // ̄ ̄: i             まず聞くで。エダが今回呼び出すのは過去鯖? 新鯖?
: : : : : : : : : : : : : :/ /: / ̄ ̄ヽi
↓1~3 多数決


             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、

            .イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;::::::::::∧

           7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.i::::::::::::::/ !:::::::::::::',
           i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、′!::/i:::::/ j::::::::::::::::
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ' ``i/_ i::/ /:/:::::::::::::i
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ==zx_  レ 、/:/ |:::::::::::::!
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  、込z::心,  /イ _i:::/:::::::|       オッケー。じゃあ7クラスのうちどれが過去鯖なのか決めるで。
           l:::::::::::::::::::::::::::::::::i::|   ``ヾ ′    レ'`:::::::i
          l::::::::::::::::::::::::::::::::|i::         ,'チzx /::::::::i
             !::::::::::::::::::::::j!::::::|i:i          i ゞィ/::::::/:,'
             i::iVi:::::::::::::/|::iⅥヾ          '´ .:':::::::/i:,′
             リ i:iV:::/:/. |/.、:i        -、 , -、::::::/::! リ
               7イ:イ  !: : :>     T´ _,. .V,' レ
            ,.、./   . : : : : : :7> .._イ/i::/ィ'´ V      トリップ判定(1~8) お願いな
           /: : >x  . : : : : :,' レ'リハ ヽi,',' / ,×
      _, イ- .、: : : : : : ヽ、  : : :{-、   ∧ V / 〃 ィ}
    x<: : _: : :`ヽ、ヽ、: : : : : \  ∨`ヽ、.ハ `‐‐'--'´: |
        ``ヽ、: `ヽ、ヽ、: : : :.\ ーx: >i   :,'   i
            \: :.\.\: : : : \` ´\∧       iヽ
直後トリップ

トリップは言っていなかった。もう一回ごめんなさい
(1~8) トリップ

#あんけんやりきょうまきゆみえくすとら

あん けん やり きょう ま き ゆみ えくすとら

つまりアンタイオスかミノスかローランかミダースか……福島ゲフンゲフンかのどれかが登場します。


気を取り直して主人公の鯖判定。
直後トリップ

#槍騎剣魔弓狂EX暗



. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄



槍でいい?
↓1~3

というか新規鯖の中から相性召喚とかはできないの?

>>434
それするとランサーなんだな、これが……。

それじゃあ振り直します。
直後トリップ判定 次も槍なら運命と思ってあきらめるとき


#剣暗弓槍騎魔EX
: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄


暗殺者、アサシンに決定しました。

あれだ、これからしばらく主人公鯖は一度も選ばれてないクラスから選ぶことにしよう。

まあこれはハサンとは毛色が違うからたぶん大丈夫な……はず。

それではこれで一通りの仕事は終わったと思いますのでここで終了ということで。

皆さんお疲れ様でした、ありがとうございました。

この後前回の敗退者名鑑を公開します。

ちなみに、まだ作者様方にメールを送るどころかデータの準備さえできていないので、

開始はしばらく後になります。

ついでに、そのさらに次の聖杯戦争は前に言っていたシナリオやります。単に私がやりたいだけですが……ご容赦ください。


~脱落者ファイリング~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ジャン・キルシュタイン                 【属性】:秩序・中庸     【残令呪数】:三画
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:時計塔の学生 魔術師                     【魔力】:30     【スキル】:A
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

            /                             ヽ
          _/                               \
         `ア          |   从rイi !  ∧│        八⌒
        /イ      | i 从从/  从人从 j从从 |       \
         |    i从从/                 从从   ト{⌒
         |    从         _ヽ    / _      从{ ハ{
            从ハ从 〉 _,.,-=ニ三アミ   {∠三ニ=- .,_〈/,从{
             从,//    __彡'  }   `≧.,_    ∨,|
             r=ミ  弋  fij 冫  |   く fij  ア  |=ミ
             | ヽi!   `¨¨¨¨´    !    `¨¨¨´     jハ}
             | {小                         小 j}
            \`ハ                        ハ/ /
            \            ` ´          ん /
                i   r                   厂
                      弋ニ二二二二二不   /
                 '.   Ⅵ//////////Ⅳ   /
                ト、   ゞニニニニニ彡'   イ
                | \     ー一   / |
                |l   \       /  │
              r==|     `¨¨¨¨¨¨´      |==ミ
               〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉

(AA:進撃の巨人から『ジャン・キルシュタイン』)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ◆時計塔の優等生:B+ (分類:常時・特殊・魔術)
   彼は時計塔の生徒であり優等生でもある
   成績も上位であり一目置かれる存在 そんな優秀な自分に酔っている。
 ☆【礼装作成の成功率が30%上昇】
  【以前に礼装作成を行ったとき、それに成功していれば、上記の☆能力は失われる。礼装作成に失敗したとき、再び☆能力を得る】
  【サーヴァントの【魔】に10の補正を加える。これは常在効果である】

  ◆咄嗟の機転 A (分類:任意・才能・危機管理・感覚・体質・経験)
   彼は咄嗟の判断に優れている。
   危険だと判断した際、必ず安全な策を講じ最悪の事態を避けることが出来る
  【自らのサーヴァントがそれを食らえば死亡する、という攻撃を、判定に先行して、一つの戦闘に一度だけ回避することが出来る】
  【移動によって遭遇戦が発生するとき、それを回避することが出来る】

  ◆驕り C(分類:常時・性格・精神)
   彼は自分は魔術師の中でも優秀だと思っている
   その為他の人間を自分より下だと思い見下す傾向にある
   だが自分が認める人物に対しては対等に接する(要はツンデレである)
  【自分より魔力が低い相手と友好的接触を行えず、同盟を結ぶことが出来ない】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【解説】
  数百年続くドイツの魔術一家の一人息子として生まれ何不自由なく暮らした若い魔術師。
  昔から人並み以上の魔術の才があり時計塔でもその才を惜しみなく使い上位の成績を修めている。
  だが彼は昔から野心家で若い時期に手に入れられる名声を手に入れようと思っている。
  そんな時聞かされた東洋の島国で行われる聖杯戦争。
  彼は聖杯戦争に勝ち残り聖杯を手に入れれば魔術師としての名声を手に入れられると考え来日する。

  【聖杯への望み】
   聖杯自体に望みは無く聖杯を手に入れ魔術師としての名誉を取ろうと思っている

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【性格】
   上記にも書いた通り驕り高く他人に対して上下を決めており下の人間を見下している。
   その為か他人とはいざこざになったり陰で嫌われているが彼はそれを知ってもなお 気にしない
   だが根は決して悪い奴では無く自分が認めた相手には力を貸したりしている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【GMの一言】
AAがちょっぴ少なかったですねー。なので本来作者さんが意図していたほどの深みは出せませんでした。ごめんなさい。
今回主人公補正(?)は名無しにかかったが、もしかしたら彼にかかっていたかもしれない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:鬼一法眼             【消費】:70        【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:B(40)    【耐】:B(40)     【敏】:A(50)      【魔】:E(10)     【幸運】:A(50)    【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(剣客)           【貯蔵魔力】40/40
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

.://:/.>、                                   __ト、{ヽ,.イ
////  \                           _ー. : : : ≦//≧/:/__
/;ィ       \                             ≧. ://∠≠´¨`` ヽ:{//: :≧_
ヽ        />:.、    _ --、                ∠. : //¨        ヾト.、//<
 \     //.:.:/.:ト<,´   `ー---、          /.://´}       /}   ',.:.ヽ/≦、
   \__///.:/´ /.:./i      }    ,ヘ          ≦. :/! '' _   } //  _}.:.:.:}/: :>
    ` <二:/:./__./.:./:/ . : : :ヽ.|    i`ヽ        /.;//} '´ __≧_ト、:.ゞ=≦_ _` }/: :ゝ
      \.:./.:.:/.:./ . : : : : / _   /  }       /1 :// ゝ-・< '´i:.  ` ー・- '}.:V/:ト
       /!ヾ.:ニ=' . : : : : :./. : : :ヽ /   ハ  _.. -- 、 イ.:i:i       ゞ'、     ,'.:.:i:i: レ'
    r '´ { { . : : : : : /. : : : : :./. :  / V/7/} }.:} }:_∧       ヽ.:.      ,'.:.:.i/_{
   /  . :ヾ:`ー‐t‐ ''´. : : : : :./. : : : }/. .- V:/:ノ /:.:| { ヾ|       -─-   /.:.:./,' }
  /  . : : : : :>: : {ヽ._:_:_>_´. : : : : :/ .:.:.:.:.:.}//ニ>/ ヽ. {ハ   '´  -‐‐-  `.:.:.:.:.{ //
/  . : : : : : :/. : i: : : : {: :/ . : :ヽ: :イ: : : : :/{レt<    \.i          ,'.:.:.:.イ{}{}
  . : : : : : :/. : : : : >、: : : { : : : : i:ヾ: : : /. : }/. : : :}     |> .       /./.:.:||i|i}
. : : : : : : : : : : : : /  `ヽ、.! : : : : ヽ-‐:´<>/. : : :/ヽ    |  : : ` ̄¨¨¨¨:´: :.:.:.:|
: : : : : : : : : :.,  ´       7ヽ: : : : :ノ:_: : : //: : : :/   \  ,′  : : :      :.:.:.:.:.:.:.|
: : : : : : : :/        Lフ:}: ̄:/: ィト: :/. : :, へ    \    : : :   /.:./:.:.:.:.:.!
: : : : : :/            r'´イ// //ニ{、.: : :./ニニヽ    \   : : :i  /.:./ i.:.:.:.:.:|
: : : :/          {: {イ:/: : へニ{  `´`ヽ、ニニニヽ    \ : : :i /.:./ /.:.:.:.:.:.:'.
: : /            >、: : : :_: :<‐-  __,ィ=\ニニニ\    \ : : :  /.:.:.:.:.:.:.:.:ト.、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆対魔力:A+
 A+以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、魔術ではセイバーに傷をつけられない。
 これは、彼が習得している陰陽術に由来するものである。
【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、50点の軽減を加える。】
【魔術系スキルの悪影響を受けない】

  ◆騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。
【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、令呪1画の消費で撤退できる】


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
 ◆六韜:B
   軍略の要である武経七書の一角である六韜の習得者。騎兵に対して歩兵の利を活かす戦法に卓越する。
  【乗騎状態によって相手方に与えられている補正を無効化する。】
 ◆心眼(偽):B
  直感・第六感による危険回避。
 【相手の通常攻撃の成功枠を1つ縮退させる】
 【自分の通常攻撃の成功枠を1つ拡張する】

 ◆八艘飛び:A 
 源義経が鞍馬天狗より盗み学んだ神域の跳躍術。
 一定の距離の移動を瞬時に可能とする。
 仙術に伝わる縮地法といわれる、魔術によらない瞬間移動の技法。
 彼と接触した際に義経は彼の京八流を盗み取ったが、彼は逆にこれを盗み取った。それが可能だったのは、八艘飛びが
 彼が考案した剣術である京八流の流れを汲んだものだったからである。
 ☆移動時に襲撃を受けない。また、魔力を余分に消費することで、その分【敏】を上昇させる。

 ◆剣術の祖:A
 あらゆる剣術の祖であるところの京八流の、さらにその太祖である。その技術は単なる棒きれを珠玉の名刀へと変貌させるほどである。
 【手に取った棒状の物体を、ランク:E相当の宝具として運用できる。これはあくまで技術の為せる業であり、宝具ではないため、
  他者の宝具を奪ったり、あらゆるものを宝具化できるわけではない】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
        |◇|
      r-'ーケi=ュ
      〉 ー-  i_________
      〉           |\|  i    ヽ、 
      〉、_______i_|_|    ̄ ̄ ̄ヽ

      `=|◇|    , - ‐ - 、 ̄` ヾ 、_ __/   }
        |◇|   /::::::::::::::::::::::ヽ   /    /
    [ニニニニニニ]::::::::::::::::::::::::|  ./    /

         {≦≧|  }:::::::::::::::::::::::::::::i‐ケ´    /
      /ユー´`‐>f‐-=====-‐‐´j |    /

     ./    ー>/g',""" i|`’´/'b} i    ノ
     /     〈 {, ∧ -―- / j  ヽ__/}
    ./  、__ ,=ク ヽ   `ー ´ /     i
   /    ,'.|  |   ヽ   __/     /
  ./    ,'リ.|  |     `ゝ 〉     /
  /   ,'  .|  |       ∨      /
../     }   |  |ヽ               |
.∨   //..|  | ',              i
 ∨_,- ´ .....|  | }            {
        |  |〈 ̄ ̄`ー---ー´ ̄ ̄}
        |  |/: :i| : : : ::i| : : :i|:: : : i|::ヽ
        |  ノ: : :i| : : : : i|: : : i|: : : :i| :: :ソ
        |/": : : :i| : : : : i|: : : i|: : : :i| :: : :ル
      r-―-、 ______, -― ´ ̄¨`\

  , -‐ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
-‐´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【宝具】
  ◆京八流・鬼一法眼 ランク:E~B 対人宝具 最大捕捉人数:15人 魔力消費:20orX
  京八流の開祖である彼は、かつて鞍馬山の僧侶にその技術を直伝していた。僧侶たちが身につけた剣術は鞍馬山の天狗へと伝わり、
 それから神意の介入を経て、源義経の手に渡り、再び彼の元に現れた。その時に彼は、源義経が習得していた、もはや京八流とは似て非なる
 新たな剣術を、別個に習得した。こうして紆余曲折を経て、同じ剣術を二重に極めた彼の剣術は、それ自体が一個の宝具と同義である。
 剣術の源流であるこの剣術は、他のあらゆる剣術・斬術を封殺し、さらにその技術さえも取り込んでいく。
 【剣系統の宝具が二回以上行使されていた場合、対手の【筋】を0にし、その宝具を無効化する。
  また、一度でもその宝具を眼にしていたならば、同じクオリティーでそれを再現することが出来る。
  この時再現できるのはあくまで宝具の能力のみであり、本体を投影することはできない。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 戦うこととかいう代わり映えのしないつまらない願い

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【GM的一言】
>>1枠。適当に作った内の一つ。
八人目登場フラグをおったてたはいいが、候補にしていたランサー、アーチャーがあまりにもネタ過ぎて出すのをやめた結果
空席となり代わりに登場。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー         【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:シモ・ハユハ          【消費】:50          【属性】:中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:D(20)    【耐】:D(20)     【敏】:B(40)     【魔】:E(10)     【幸運】:B(40)      【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(軍人)              【残存魔力】220/220    【HP】:70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
               、 _ ,..、\-. 、_ ヽ、
.               ,..:<:.:.:.:.:.:.>:.::.:.:.:.:.:>V:ヽ,
          `'≦--‐: ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.N,ィ

.          ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.         /:.:.:.:,:.:.:.':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.,.ィ:´:/:.:.:./:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽi
         //.i/:.:.:.:,:.':.:./:.:.:.:.:.i:.:i:.:.:.:.:'、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ハ
         /:.:.:.:.:.:/:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.::、:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\:.:.:.:、:.i
.          i:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.ト\.,,ィセゝ、、:.:.:.:.彡:ハヽ
        i:..:.:/ i:.:.:.:.:/゙',≧x、:.:ヘ''゙"゙ィ弋zツ、`ゞr乂レ

         i:.,.'   V:.:.ハ ゙マツ\:.:、    ̄    'イノ!
.        i/    V   ,   /         iチハ
                   、  ヽ          ル'
                    ヽ   ー―       i
                      ` .、       / / i
                      `, ‐ チ  /  ,
                        ',    /   ゝ.、
                       ,  ' }   ノ     ,..イ:> .、
                    ,.. . /´      /  __ , ノ::::::::::/  ` ー
             ,. ' ´/::::/ー― 、_  '´ ̄   /::::::::,:'´
.           /    /:::::::i          /::::::::: ,.'  ,
            /     ,::::::::::::、         ,..:':::::::::::::::::i . /
         '    ,. /::::::::::::::::ゝ、,_ハ.. :':´::::::::::::::::::::::i ,
          |   V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_ノ_
          i   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, 'ニ´_,.-'
.         /   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.-''____つ     /
.       /    .i:,‐ '´ ̄`゙ ‐- 、 ,._:::::::/.ニ_`ヽ、     ,.'
       /    /              `ヽ、,、_.ヽ`¨´    /:リ
.       /  ,、-‐‐- 、ゝ 、       ヽ              ., '/
     ,' ./        ヽ、       `         /:/
     i             \             , ':::/
.      {               ` .、         /:::::/
.      ヽ _            , . -‐ '"` ' .‐ 、_,/::::::::::ハ
         ̄ T::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【クラススキル】
  ◆対魔力:E (耐性・常時)
  魔術に対する守り。
  無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する
 【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、5点の軽減を加える】
 【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】


  ◆単独行動:A+ (常時・任意)
  マスター不在でも行動できる能力。
 【文字通り、単独行動が可能になる。単独行動中は魔力を普段の1/4(切り上げ)ずつ消耗し、戦闘時には通常通り消耗する。
 1ターンを帰還させるのに使用するか、令呪を使って呼び戻すことによって単独行動状態が解除される】
 【最大残存魔力が100増加する】
 【マスター死後も現界できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【保有スキル】
  ◆破壊工作:C (技術・誘発)
  戦闘の準備段階で相手の戦力を削ぎ落とす能力。相手の射程外からの奇襲狙撃。
  このスキルが高ければ高いほど、英雄としての霊格が低下する。
 【迎撃時、コンマ判定を行う。それによって出された数値*5、相手のステータスを【筋】から【幸運】へと満遍なく低下させる】

  ◆自我の均衡:A+ (体質・技術・常時)
  天性の精神力、およびそれによって極限まで高められた集中力。
  如何なる状況においても精神を乱されることがなく、狙いは絶対に外さない。
  同ランク以下の魅了・精神干渉をシャットアウトし、狙撃時に大きなプラス補正を得る特殊な精神スキル。
  また、誰に対しても初期感情が『普通』で固定され、好感度が変化しにくい。
 【これと同ランクまたはランクの低い精神干渉系スキルを無効化する】
 【遠距離からの攻撃(エリア外からの攻撃及び後衛からの攻撃)において、成功枠を2つ拡張する】
 【密接な関係を築きにくいが、敵対することも少ない】

  ◆混血(氷):E (怪物・冷気・常時))
  魔と交わったヒトの末裔。アーチャーは雪鬼との混血であり 、その 肉体は氷雪の性質を持つ。
  氷雪・冷気の属性に強く、火炎・高熱の属性に弱い。
  自我の均衡によってランクが大幅に低下している。
 【属性に冷気を持つ宝具からのダメージを5点軽減する】
 【属性に火を持つ宝具からのダメージを5点増加させる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


 【宝具】
 彡 ・゚・ 。・゚・。・゚・。・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。。・ 。・゚・彡。・゚・゚・。・゚・・ 。 ο   彡  ,.。 ο

 ・゚・。・゚・ 。。・゚・。・゚・ 。・゚・彡 。・゚・ 。・゚・ ・゚・ 。・゚・。・゚。 0 o  *彡  ・゚・ 。・゚・  。・     ,.。 ο 彡
彡   0 o  * 。・゚・彡。・゚・ 。・   ・。・ 。・゚・ 。・゚・。・゚・゚・。・ . .   。 0 o彡     。・゚・。・゚・
o  彡  。   。・゚・。・゚。・彡゚・。・゚・ . .   。・゚・。・゚・  彡   。・       彡     。 ο     ,.。 ο
  ・゚。・彡゚・。・゚・ . .   。・゚・。・゚・  彡 。・ ・゚・。・ . .   。 0 o彡  *。・ 0 o  *・ 。彡
 ・。・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・个。。・゚・。・゚・ 。・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ . .   。 0 o彡。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。
        ・゚・。・゚・。・゚・。彡・゚・。。・゚・。・゚・。+ ・゚・。・゚・。。・゚・彡彡 。・゚・。・゚・ 。・゚・。。・゚・。・彡

 彡 ・゚・ 。・゚・。・゚・。・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。。・ 。・゚・彡。・゚・゚・。・゚・・ 。 ο   彡  ,.。 οドドドドドドドドドド

 ・゚・。・゚・ 。。・゚・。・゚・ 。・゚・彡 。・゚・ 。・゚・ ・゚・ 。・゚・。・゚。 0 o  *彡  ・゚・ 。・゚・  。・    。 ο     ,.。 ο 彡
彡   0 o  * 。・゚・彡。・゚・ 。・   ・。・ 。・゚・ 。・゚・。・゚・゚・。・ . .   。 0 o彡     。・゚・。・゚・
o  彡  。   。・゚・。・゚。・彡゚・。・゚・ . .   。・゚・。・゚・  彡   。・       彡     。 ο     ,.。 ο
  ・゚。・彡゚・。・゚・ . .   。・゚・。・゚・  彡 。・ ・゚・。・ . .   。 0 o彡  *。・ 0 o  *・ 。彡
____ ・。・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・个。。・゚・。・゚・ 。・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ . .   。 0 o彡  *。・ 0 o  *・ 。彡
;;;;;;;;;;;;;;\。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。。・゚・。・゚・ 。・゚・ 。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・ ・゚。 0 o  *彡  ・゚・ 。  。・     。 ο
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|彡     。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・ 。・゚・ 。・゚・ 彡・ . .   。 0 o彡  *。・ 0 o  *・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|。・゚・。。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。彡・゚・゚ ・。・゚・。・゚。・゚・ 。・・。・ 。・゚・ 。・゚・。・゚。・゚・。・゚・。・゚・。・゚゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・゚・ 。・゚・。・゚・。・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・゚・。・。・゚・。・゚・。・゚・。・
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 。・゚・ 。・゚・。・゚。・゚彡・。・゚・。・゚・。・゚゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・ o・゚・。。・゚・。* 。・゚・。0 o
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|・゚・ 。・゚・。・゚。・゚・。・゚・。・゚・。・゚゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・。・ ・゚・。彡 ・゚・。・゚・。。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。。
';:''`'';"'' ゚; ''"'::"' ';: '';"' ゚;;:゙''"'::  '゚';; ' "' ;:;'' '゙' ; '' '';;:' ''゚;:;:''"'';"'' :"' '゚  ''゚;:;:'"; '' '';;:' ''゚;:;:''"'';"'' :"' '゚  ''゚;:;:'";
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ◆雪丘白鬼(ヴァルコイネン・クオレマ)ランク:D++
   種別:対空間宝具 レンジ:20~40 最大補足:半径約15km 消費魔力:40
  (属性:天候、冷気、水)
  雪降る丘に身を隠し数多の敵を狙撃した逸話と混血の性質がミックスされた、自身に有利な地形効果を発生させる宝具。
  豪雪を巻き起こし、その場の環境を酷寒の積雪地帯に変化させる。森林、丘陵、夜においては更に上昇補正を得る。
  ターンが経過する毎に冷気に耐性を持たない者にダメージを与える。またこの宝具が発動している間、アーチャーはCランク相当の千里眼スキルを得る。
  擬似的な天候操作であり、変化するのはあくまでも天候と地形効果のみ。地形そのものは変わらない。
  そのため屋内はおろか固有結界・結界宝具の上からも使用可能。ただしそれらの発動をキャンセルできる訳ではなく、効果は重複する。
  逆にこの宝具の発動中に固有結界・結界宝具を使用された場合、効果を上書きされてしまうため発動がキャンセルしてしまう。
  この宝具は同ランク以上の火炎・高熱の属性を持つ宝具により無効化される。
 【ランクD++以上の、属性に火を持つ宝具が発動している限りこれは発動できず、属性に火を持つ宝具が発動されたとき、
  この宝具は解除される】
 【この宝具の発動中に固有結界が発動した場合、この宝具は解除される】
 【各サーヴァントが行動する毎に、同時にコンマ判定を行う。
  012の場合0、345の場合5、678の場合10、9の場合20点のダメージが全ての敵サーヴァントに与えられる】
 【この宝具の発動中、アーチャーは千里眼:Cを得る】
〔千里眼:C
 エリア外から戦闘に参加することが出来る。その場合、二回攻撃するまで、他のサーヴァントに情報を取得されない〕
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                  , ,---,-、--=='´ ̄` ー-,..、
                    l、ヽ-' ヾi       r', --ヽ、
                 ヾ>_、,r‐'´ ̄`ー---/_,二ニヽ,!

                           / `ー_‐_'´`ヽ

                               廴/´  `ヽ,!
                                 l_, .、'⌒ヾー-、_
                              /_  >、、----、.>------,
                           /./__ノ、/  ll   _|___/-,
                             |´/_/イ /:ヽ‐<___,/ /
                           /<>_,イ、>--、!    </
                          '-'´ / ヽ,!-‐'´,.\    /
                             `i、/     l::::\ヽ--',!
                                /     .|__/ _,/
                          ,.r_‐./        /
                     , -‐'''´ | ,イ_____,,,,ィ´

                  ,,r '´ ̄l   /´::::|_____.|'./

              _,,r '´  /   _,,,!-'´`ヽ、   ノ'´\
           _,r'´,r‐.|__/  ./..:::::>  ヽ ,l_,r_'´r'⌒ヽ!
            r_´__l./:::::::|   _,,,r‐/:::::::/   /'´  >    `、
            |  .r'`、:::::::`>'´_,,/_::-‐'´    /  /|   ,r 、 ヽ
            |-,r''   >'_ ̄ \   _,,,,r‐'''´.__/  `ヽ、.l  .\.`、
           ./_/   ./、/-、  ヽ,ィ>-‐''´ ̄       .、.l   ヽ 、
    _   /   ,.r' \</ ./-、/              ヽヽ   | `、  __,,r 、_
   / 〉./   ,.<    . ̄`ー'´                ヽ` 、_/-='<       .\
   | `ヽ、   /-'                          \/:::::::::::::ヽ      /_l\
  ,< ,r.' `ー,イ                             !::::::::::::::/  _, - r'´   .>、
/ `  ̄'ーr'/                             `ー,=.'_,r‐</   `ヾー'´  ヽ、
廴_,,,r‐'''´                                 <,r.<::::::::/     \    ,!
                                        \_v'´        `ー‐'
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  ◆反転・兵剥霜鬼(ヴァルコイネン・クオレマ[INVERSIO])
  ランク:B 種別:対人宝具(自身) レンジ:0 最大補足:1人  消費魔力:60
  (属性:魔族、冷気、水、怪物)
  生涯使われる事のなかったアーチャーの魔の部分が宝具化したもの。
  強制的に「反転」し、巨躯の雪鬼・スノーゴーレムとして完全覚醒する。その肉体は雪と氷で構成されており、絶大な破壊力と耐久性を誇る。
  生前アーチャーは反転することがなかっ たため、自力でこの宝具を使用することができない。 
  そのため真名解放には令呪が一画必要。当然元に戻る方法もわからないため、宝具停止にも令呪が一画必要。
  アーチャー自身はこの宝具に嫌悪感や抵抗感を抱いてはいないが、命中率が下がるのはとてもよろしくない、と考えている。
  真名解放時、ステータスが以下の通りに変化する。
  【この宝具の発動そして解除には令呪一画が必要である】
  【宝具解放後、全てのダメージを払拭し、現在の全てのスキルを失うと共に下記の三能力を得る】


  ◇投擲(氷):E (属性:飛び道具、冷気、水)
  自身の肉体から生じる氷雪を投擲する。
  理性が失われた結果、狙いが全く定まらないためランクが低い。
  【アーチャーの攻撃は全て冷気属性である】

  ◇白雪霜:A (属性:獣、冷気、水、狂性、怪力)
  魔の血に完全覚醒した状態。白雪霜はアーチャーの一族特有の先祖返りである。
  同ランクの戦闘続行・狂化・怪力を兼ねる、反転した混血固有の特殊スキル。
  氷雪・冷気属性の攻撃を吸収し自らを強化できるが、火炎・高熱・退魔の属性にはめっぽう弱い。
  【【筋】【耐久】が20、その他のステータスが10上昇する】
  【意思疎通が出来ない】
  【戦闘中、退却以外の項目においてコンマ判定を行い、0が出た場合、その命令に反して最も健常な相手への通常攻撃を行う】
  【宝具の真名解放が不可能】
  【冷気属性の攻撃によってダメージを受けない】
  【10ターンの間、【筋】を20上昇させることが出来る。これを使用した場合、それ以降一日にわたってこの能力は使用できない】
  【HPがマイナスに達しても、その戦闘中に死亡することはない】
  【アーチャーのHPが-100を越えた時、上記の効果は消失する】
  【アーチャーのHPがマイナスであるとき、その戦闘はいずれかの陣営が全滅もしくは撤退するまで中断されない】
  【戦闘終了後、アーチャーのHPが-20以上の時、アーチャーは生還する】

  ◇対魔力:B (属性:耐性)
  魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法などをもってしても傷つけるのは難しい。
  魔として完全に覚醒したためランクが上昇した。
  【【魔】ステータスを使用した攻撃に対して、30点の軽減を加える】
  【これよりランクが低い魔術系スキルの悪影響を受けない】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



【weapon】
◆モシン・ナガンM28
ロシアのボルトアクション式小銃モシン・ナガンをベースに独立後のフィンランドが開発した小銃。
ボルトアクション方式にもかかわらず狙撃訓練にて150mの距離から1分間に16発の射的を成功させる、
スコープを装着せずに狙 撃を行 う、全長120cm以上もあるこの銃を身長152cmなのに難なく扱う等、すっかり使いこなしている。


                                       /
                                      . :/
                                  ,. :/
                               , : /
                              //
                             //     _
                             //    _ -ニ∧
                             //  _ -ニ ̄ニ/  〉
                      // _ -ニ ̄二二ニ> ′   ___
                      //-ニ ̄二二ニ>' ゙    /: :∧
                     // / /__,: :-‐:ァ'゙  __  /: :/ヽ.}
                    ,. :/  / ///: : :/〔 _ ,ィ幺抒/: :/: : /
                    ,.:/   }/`うニニ77_: :\≦了: :/: : /
                   , /     /⌒Z三//《 \: : `寸う: : :/
                 /  ___,ィ(`ー<ア7:7:.、\∧: : : ∨/〃
            __,.ィ^ー<二アニア⌒L{: :{\:\\: : : ∧: {{
            《〈{`ア二ニ=一<    入人: :\:V{: : /V^ jj__
.            /`゙´     ` ー‐'"´  〃「{l : :ヽ: :}:}ル'^气ニィ^し!
        /             {{:::|ハ: : :川 レ'⌒ー'しK 弓

       /             _ノ^V: :{{: : i{幺仏ニ=-‐宀とノ
      /                  /-‐ 7ハ: :《Vア⌒ニ=-  _[ ̄:.
.   /               〃: : : ;仁}〕: アニ}: : : : ー=ニ∧  :.
                   / : : : : {ニイ: : {K人: : : : : :∧//〉  :,
                      /: : : : :}/  |_/  ̄`ー'⌒{: :`マ大''′
                  / : : : /                 、: : : ヽハ
                ,. :7⌒ア´                  \: : : :|
             /: /: : /                     : : :|
               /: /: /                     }: :|
.              /: /, '′                       }: :_:|_
             j : /                          /:/。。:\
              ノ: /                        》:\:_:_:_入_
          (_,ノ                        {{`Y: : : : : : : `ヽ
                                      ┗气三三三三ヲ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【来歴】
フィンランドの軍人。元猟師。冬戦争において活躍したスナイパー。ソビエト連邦に恐れられた「白い死神」。
狙撃による射殺戦果で史上最多記録(505名)を持つ。この記録は狙撃”のみ”の戦果であり、実際にはより多くの敵兵を射殺したと言う。
(某閣下ほどではないが)アンサイクロペディアにほとんど嘘を書かせなかった、と言えばその凄さが大体おわかりいただけるのではないだろうか。
実は西洋の雪の鬼種・スノーゴーレムとの混血で、人間との共存を選んだ一族の出身。
彼は生まれついて大我と小我が均衡を保ち続ける突然変異個体で、
それにより得た類い稀なる精神力が魔の血を抑え込み、生涯反転することはなかった。
しかしそれは己の内に眠る魔の力を十分に引き出せないという事でもある。
肉体を構成する魔の部分のほとんどが休眠状態にあり、その結果体積が小さくなっている。
それでも混血には変わりないため、常人より寒さに強く、小柄な体格に反して筋力があり、自身の身長と30cm程しか違わない大きさの銃を軽々と扱った。
また敵兵の狙撃によって頭を半分ブチ抜かれて瀕死の重傷を負った時も、混血故の生命力で生き延びた。
(流石に死にかけたし、大きな傷跡も残ったが)
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
特になし。呼ばれたから応じただけであり、ただ己の務めを果たすのみ。
一応「仮に聖杯が手に入ったら、自分の一族が住みやすい土地を願うのもいいかも しれない」とうっすら思っていたりする。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

おそらく以上で終わり。

ただ戦争やるってのも芸がないのでなにかいいアレンジありませんかね?

二人一組の聖杯戦争
二人のマスターと一人のサーヴァントが聖杯をめぐって戦う。
みたいなペア同士の聖杯戦争は?

7騎+エクストラ1騎で1チーム2鱒2鯖の4チーム対抗戦
相方やられた場合、逃げ回って他に相方やられた人を見つければチーム組みなおしOKのタッグ戦

主人公鱒にサブ任務追加、聖杯戦争中にこなして欲しい指示が一つつく、こなせばそこそこのボーナスが出るみたいな

なるほどなるほど……
今からぶっ込めるのは>>460>>461でしょうかね。
他の案は大幅改修が必要なので今回は見送りさせていただきます。
>>461の下の部分はもうぶち込み確定とします。

ついでにふたスレほど前に私が言っていた鱒1鯖2も追加して、合計三案のいずれかをぶっ込もうと思います。
てなわけで多数決。
1、>>460
2、>>461案(上部分)
3、マスター一人に鯖二人案。
4、どれもいらない
18:30まで

ほいさ。それじゃあ1で。

1ということはマスターは全部使い切られるってことになりそう。

ごめんなさい。土壇場で2に変わってた。

じゃあ2で。メールの準備しなきゃいけないので今日は休みです。

両方すれば?
二人一組で二組のチーム戦争は?

>>474
同数だしそれもありか。じゃあそうします。

ついでに多数決。
1、追加されるマスターは既出を選び、既出7新出7の構成にする。
2、以前にとったアンケートを遵守し、既出2新出12の構成にする
3、以前にとったアンケートを遵守し、既出9新出5の構成にする

19:45まで



てか本当に1チーム6人×4を描写できるのだろうか
あとエクストラ鯖の分のマスター入れたらマスター16人じゃね?

>>485
お忘れだろうか。>>1は二連続で(描写できてなかったけど)
最初から29キャラの聖杯大戦をやっていたんだ(描写できてないけど)!

ああ、エクストラ入れたら……本当ですね。じゃあ残り二人は>>1枠ということで。

てなわけで1に決まりましたー。そろそろデータ作ってきます。もう遅くなっちゃったんできっと開始は明後日以降になるかと。

送っていただいたいくつかのデータが迷惑メールに吹っ飛ばされているのに気づきました。見逃していてごめんなさい。

そういえば鯖鱒決定の通知ってもう送った?

>>488
まだ送ってないです。結構作るの大変なんですよアレ。
今日中に送って締め切りは明日中ということにしようと思いますが、
前回のようにキャラロールの見本とか入れられそうにないです……

連投申し訳ありませんでした。

>>492
するときは許可願いのメールを出しますが……忙しくて、現状そっちにかまっていられる暇はありません
wiki更新といえばそれよりも先にルールの部分を改訂しなければならないのにそれもできてないし……
自鯖はともかく、その後のサーヴァントはSS速報・皆鯖wikiに合流した方がいい気もするし……
ともかく現状、それがされることはないとお考えください。

紛らわしい書き方をしました。
>>490-1で言った「Wiki」は「SS速報・皆鯖wiki」の事です。

>>494

         -‐―‐‐ 、
    .   /       ヽ
      /         .l
      l  i レ/V V\|ヽノ
.      ! V Ⅱ  Ⅱ |V.l
       レ ゝ. " ロ ノリノ     そもそも管理者権限持ってない
        Vゝ` =/ ̄ ̄ ̄ ̄/
  .     (  ヾ/  FMV  / カタカタ
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/____/ ̄ ̄ ̄

(追加はメンバー登録だけでもできるんやで)


                ...´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:..:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.::.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:    >>496
.         /:.:.:.:.:.:../ト:.:.:/  ヽ:.:l:.:.:.!\:.:.!:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.
        /:.:.:.:.:.:.:,' !:.V   八:|\| ̄ヽ|\.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.    そーなんか。
.       /:.:.:.:.:.:.:.;r==ミ,     リ x==≠ミヽ:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.:.:.:.|{:::::::::::ハ     〃{:::::::::::::::ハⅥ:.:.:.:.:.:.:.:.
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.代:::::::::ソ      弋::::::::::::ソ !:.:.:.:.:.:.:.:.    まあ、それをやろうとするとさらに余計に時間がかかるし、頻繁に設定変更入れてるから
      |ノi:.:.:.:.:.:.:j   ̄  i       ̄ ̄  |:.:.:.:.:.:iY:
      |i |:.:.:.:.:.:.i                 人.:.:.:.:.|ノ:    しばらくは見送りやな。
      リ !:.:.:.:.:.:ハ     へ           /i:.:.:Y:.:.:.:.:.:
.         |:.:.:i:.:.:.:.:ヽ.             i/:.:.:.:|:.:.:.:..:.:
.         |:.:.ハ:.:.:.!:.:.:.\            イ:;:.:.:.:.::|:.:.:.:.:/    このスレのことを構い過ぎると大学の方がおろそかになんねん
       Ⅳ八:.:.ト、:.:.:.:.:>。 __ . r  _レi.:.:.:.:人:.:./

            ∨ \八i\:.:.:l_,.-―'   八Ⅳ  V
  r――――――――┐_! ̄             `ヽ
  |ニニニニニニニニニ/                   \
 ⊃         ⊂ニニヽ
 つ   TKG   ⊂ニニ   Y

ごめんなさい、予想外に処理に手間取って、このままじゃ土曜にすら開始できなくなりそう。

なのですみません、メールが送られるのは夜九時前後になると思いますが、
返答の締め切りは明日の午後六時とさせていただきます。
本当は、一日は考える時間をとりたかったんですが……

そのくらい時間があれば大丈夫じゃない?

メール送ったらここにその旨を書いてもらえるとありがたいです
それを見たら諦めもつく


>>499
了解です。
次の聖杯戦争では、以下について変更を行います。

魔力が基本的に多めに設定し直されたのでエラッタ発行。
・礼装作成(任意の使い捨て礼装を一つ作成する。成功率は実行者の魔力%)
・情報収集(特定の霊地と、そこに陣を敷くサーヴァントの情報を得る。サーヴァントの場合、幸運*2+コンマ値。マスターの場合コンマ値)

現在だいぶ魔力の基準が変わったので注意。
0~20 まごう事なき一般人
30~60 下位~注意の魔術師
70~100 上位魔術師
110以上 化け物
ぐらいの扱いなので。


それと、『礼装作成』『情報収集』『休息』『暗殺』『魂食い』は、マスター、サーヴァントそれぞれで行える設定とします。
要は、マスターは礼装作成しつつサーヴァントは情報収集するとか、
サーヴァントを暗殺に向かわせつつマスターは休むとか、そういうプレイ。
ただし、礼装作成を行えるのはマスターか道具作成を持つサーヴァントだけ。
マスターが休息を行った場合、霊地+マスターの魔力分の回復。
サーヴァントが休息を行った場合、サーヴァントの消費がなくなり霊地分の回復。
魂食いは、マスター一人とサーヴァント一人の行動を消費、サーヴァントの消費がなくなり、霊地+マスター+150の魔力回復。


00と99は戦闘中に限定し、以下の効果とします。
00……劣勢の陣営にラッキーイベント
99……劣勢の陣営に大ペナルティー。



監視用使い魔の廃止。
代わりに礼装:生活用品を設定。
礼装作成では作ることができないが、隠し礼装ではない。
効果は魔力とHPを20ずつの回復。

その他、使い捨て礼装の効果を以下のように変更。
・探索用使い魔……情報収集で得られるポイントが4増える。
・騎乗用使い魔……サーヴァントを騎乗状態に出来る。いわゆる礼装【騎】。
・戦闘用使い魔……サーヴァントのステータスの一つを、戦闘中だけ20だけ上昇させる
・魔力結晶……魔力回復用アイテム(70)
・治療結晶……体力回復用アイテム(30)
・時の結晶……コンマを一回だけ振り直す
・空の結晶……接触していない県まで移動できる(ただし、一つにつき一つの県を飛ばせるだけ)


あと、現状、最後の設定について問題がいくつか。

・令呪はどうする?
▽共用令呪(お互いの手に三画宿っているが、片方が使用した場合もう片方の方も消える)
▽令呪六画
▽令呪持ちは一人
▽二画と一画で分配

・そもそも契約関係は?
▽二人で一人の鯖の魔力を出し合う
▽契約と魔力供給は別、いわゆるケイネスとソラウの関係
▽もう一人は完全にサポートキャラ、基本的に一人との契約関係(いわゆる切嗣&マイヤorアイリの関係)

これらについてアンケートをとります。
まず一つ目。
令呪システムについて
↓1~5 多数決 別意見でも可 同数ならば一番下

令呪は移植可能だしそれぞれの特性に合わせて対応でよろしか

>>503
それならそれで六画なのか三画なのかという部分がまだ残ってます
安価下

共用が多かったのでそれで行きます。

次、契約関係について。
令呪が双方に宿っているならば一番下はあり得ないので、
ダブルマスターか役割分担(もしくは他の案か)

↓1~5 多数決

待っても五つ出きらないしばらばらだし、こっちで決めちゃいますね。
メインキャラとサポートキャラを分ける感じで行きましょう。
ついでに、主人公の相棒キャラ作ろうかと思うんですが、人はいますかね?

いらっしゃるようでなによりです。

それじゃあ先述のシステムに基づいてサポートキャラもぼちぼち作りましょう。
まずは立場コンマ
直後コンマ

判定:29 妖怪イチタリナイ
選べるのは以下の三種類です。

20以上  時計塔生徒
       マスターの魔力は10多くなる。
      触媒召喚を選択できる。地域を指定することができる。

15以上  一般学生
       礼装は作成できない。
       他の学生マスターに優先的に接触できるが、また優先的に接触される。

10以上  社会人
       礼装は作成できない。
      触媒召喚を選択できる。地域を指定することができる。

5以上   ニート
       礼装は作成できない。

0以上   寝たきり
       移動できない。
       襲撃できない。
       他のマスターによるこちらへの情報収集が行われた場合、相手は本来得られる半分の情報ポイントしか得られない。

時計塔かなあ

触媒の選択ってもう意味ないよね?

>>523
まだ間に合いますよ。あれば触媒召喚が可能

代行者のサポーターとして自然になる選択肢を選んでくださいね?
↓1~5 多数決 同数ならば決選投票

時計塔の生徒か……どういう関係なんだろう?

とりあえず魔翌力コンマ
直後コンマ*10+10がそれの魔翌力値

魔翌力60とはそこそこできる奴のようですね。

それでは最後、スキルポイント安価
直後コンマ

判定:8
代行者のせいでかすむけどこいつけっこうつよいぞ……?

ちなみに鯖編集の方は間に合いません。十時までお待ちください。

属性コンマ
1~3 混沌(順に悪・中庸・善)
4~6 中立(順に悪・中庸・善)
7~9 秩序(順に悪・中庸・善)


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


判定:混沌・悪

それじゃあエダとの関係は……?
21:12 ↓1

性別が先ですか。
じゃあ性別
↓1

性別決める意味なかったね、よかったよかった(棒)

それじゃあスキル決めるんで21:20まで適当に案を出してください。

時計塔生徒だといまいち想像つかない……

>>551
意味×
必要○


死霊術
情報管理
力こそパワー
魅了
潤滑油
隠蔽結界
影伝い
時計塔生徒(偽)
多重スパイ

それじゃこの中からスキルを三つ選んでください。
↓1~3

選択:多重スパイ:E
   【フレーバースキル】
   魅了:E
   【異性の、魔力D以下のサーヴァントのすべてのステータス-10】
   死霊術:E
   【味方だった陣営が死亡した場合、それの死亡地点を訪れることでそれが持つ情報を得る】

  これらにスキルポイントを割り振ることができます(8)

  2割り振るごとにランクが1上がります。
  どうわりふりますか?

↓2

魅了に8割り振り、魅了が4ランク上昇しました。
魅了:A
【敵陣営サーヴァントのすべてのステータス-15。さらに敵陣営が友好的になりやすい】

フレーバーテキストは開始までに用意しておきます。

それじゃあ次にAAを募集します。
21:45まで。
出た案の中で二桁コンマが大きい五つで決選投票

スキルポイントはコンマ*2だからあと8残ってたりしない?
AAは烏丸ちとせ(ギャラクシーエンジェル)

>>574
本当ですね。じゃあ多重スパイに放り込んでおきます。

百手太臓
赤羽根P
遊佐司狼
蒼炎のカイト
零﨑人識

これであってるかな?
↓1~3 多数決


カイトに決定。

 ;;;;;;;;;;;;;;;;/_ 、- ':i´  |:::::::| |::::::  i::     .: !:   ..   ̄Tー、\;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;,r'1'´ .::i! .::|   |::::::| |::::::: .::!::  ::  .:::. l: :.  :|.  :.. |  `ヽ、;;;;;;;;;
;;;;;;/ ::|  .::!| :::l--─!:::::|-|::::::: .:::|:::  :::  .:::: l:: ::.  ::l:.  ::::. !    \;;;;
/  .::| : .:::!~!:::| ̄ ̄|:::::|~ |:::ト::::::|::i: :::: .:::::: !:::::: :::l::. :::::::. l     i ヽ
 :  :::| ::::::! !::|r''',ニニ!::::|ミ、l:::||::::::!::|:. i:: .:::::: l::::::: :::!:::. :::::: l.    l
...::  ::| ::::::レ' !:| / ,-、!:::| _l:::| |:::::::i!::. |:: ::::::: !:::i::: .:::l::::: :::::::: l::  .:i l:
::: . :::| :::::!ー!:|┴┴┴',:|´ {:| !:::::||::::|:::::::::: l::::|::: ::::l:::::::::i:::i: !:::  .:l l::
::: ::::::|::::::! "i|"" "  i!  i!  !:::| l::|i::::::::::i!::::!::::::::i!::::::::!:::l: :l::::. ::l l:::.
:::: ::::::::i!:::!   !          !::l !||:::::::::| i::li::::::/l:::::::i!:::i!:::l::::: .::l: !::::
::::i::::::::ハ::!              'i! i!l::::::::i! |:!|::::/ l:::::/!::/!:::!:::: ::l::: l::::::::
:::::|::::::| i!                ┃!::::/ リ !:/ i::::/j:/ l:::l::::::::l:::i:l:::::::i:
:::::|::::::|                .:::ヽl::/ ´ j:/  l::/〃 l::!::::::i!::l:::l::::::l:!
::::::|::::::!                _ l/   i/  l/   l:::::::/l::l:::l:::::/:|
::::::i!:::::|、            - ' ´ __` ` ヽ        l:::::/ l::!l::!:::/:::|
::::::|i!:::|::',                           l::::/ !:l !:::/:::::|:


細かい体裁は後回しにさせてください。
それでは、触媒を手に入れたので召喚方法を選択できます。
1、地域を指定して召喚を行う。その範囲にサーヴァントがいなければランダムになる。
2、ぶん投げて相性召喚。その場合他の陣営も相性召喚になる。
3、ランダム召喚……自動でアサシンに

↓1~3 多数決

地域指定ですね?

それでは地域を選択してください。

自由に選んでいいですが、その範囲にいなければ自動でアサシンになります。
ちなみにインドはいません

↓1~3 多数決

ギリシャ……今回は二騎のサーヴァントが参加しています。

お選びください。
1、鹿の角
2、なんかきらきらしている兜
↓1

サーヴァントが無事決まりました。

今日はこれで終わりです。皆さん、ご協力ありがとうございました。
ちなみにメールはまだできていません。

準備できたので今から送ります。なお、旧鱒の再利用に関しては通知を略させていただきます。ご了承ください。

もう全員分送った?

あ、そうですか。良かった
送ったのは鯖なんですが単純に所々ボロボロだったので・・・

>>606
はい。
まあ、過去鱒は編集している暇がなかったので、今回はメールを省略させていただきました。

>>607
ちなみにクラスはなんですかそれ。

>>609
弓でふ

>>610
弓の場合はただの運ですね(断言)

ちなみに毎回一騎は>>1枠が入っているのでどうしても少し門が狭くなります、そこはごめんなさい。

~今回のMAP~
              ,  ,-、
            <小霊地>
            秘境!稚内!
             λ    `ヽ、
              |      \
              |        \

               |         \
               |            ヽ、                   ,、
              ノ           <小霊地>        //

          <小霊地>         ロシア海軍駐屯地   / ,/
          アメリカ軍駐屯地            `~`'`、,,,_ <霊地の要>

              |                          文化遺産知床!
             ,-'                            ヽ..,,_
             )                             λ’
             l、                           <小霊地>⊃
             λ     <中霊地>               大都会!根室!
      γ~ヽ<大霊地>   メロン立国                __,,,,,--'
      \ 壮大!時計台!                   ,--,__ζ

       λ                         ,,/⌒`--`
      , /                       ,/
    ,,/ ~  ,,,,     ,,/⌒`ヽ、          /
    ,l   γ'' `ヽ、/       \        /
   i'   ヽ、   '          `ヽ<小霊地>

    \    ''ヽ              湿原!釧路!
     ヽ    λ                \/
      |     ヽ、,,_
     / <中霊地>

    /  昆布!函館!
    l、_,--'


試されている大地、北海道で始まる聖杯戦争。
果たして勝者はどの陣営だ?

※今回は試されている大地なので難易度が通常より高めです
※そのためファンブルのペナルティーもいつもよりきついです
※具体的に言うといつもがボンビーだとしたら今度はキングボンビーです

それではお休みなさい

陣営とかどうします?

NPCのパートナー(サーヴァントの共有関係)
1、GM判断で選ぶ
2、ランダム

初期タッグ(陣営同士のつながり)
1、GM判断
2、ランダム

それぞれについてゆったり多数決します
↓1~3パートナー
↓4~6タッグ

多数決 同数ならば一番下

判定:パートナー……GM判断
   タッグ……ランダム
サーヴァントは今回相性召喚しますね。

それではランダム判定を行います

エダ=カイト(夫婦連盟)
科学連合
軍人結社
悪人同盟
正規魔術師軍団
天然枢軸
聖堂教会チーム
助走チーム

1タッグ目:トリップ判定(1~8)

↓1~2 違う数字を選んでください。かぶったら一つずらします

#科軍聖天エ悪正
聖堂協会チーム
天然枢軸
が結託しました。
2タッグ目:トリップ判定(1~6)
↓1~2

#科軍女エ悪正

エダ+悪人同盟

やべえ……これはやべえよ……

3タッグ目
トリップ判定(1~4)
↓1~2

#女正科軍

正規魔術師軍団&科学連合

自動的に4タッグ目は軍人結社&女装チーム

ご参加ありがとうございました。

本編は今日の八時に開始する予定です。

【悲報】
主人公チームの属性一覧
混沌・悪
混沌・悪
混沌・悪
混沌・中庸
~ここまでマスター~
~ここからサーヴァント~
混沌・中庸
中立・中庸

再開は九時からに遅れます
ごめんなさい

9時半まで延長
ほんとすみません


それじゃあプロローグ始めます

《小霊地・湿原! 釧路!》

                      |          . . . . . . . . . . . . . . .           . . .
                iコ|                  . . .           . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  iェエェュ. . . . . .          . . . . . . . . .          .⌒V⌒. .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .l llll l. . . . . . . . .      . . . . . .     . . . . . . . . .   . . .   . . .
             l二二二:l
_._._._._._._._._._._._._._._._._._._.| ’:::::|_.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__._.__.__
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . |  ::::::|. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ._. ._._. . . ._ . . . . . . . . . . . . . . . . .
. : . : . : . : . : . : . : . : . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . _,,: .,,_ ,,:,/;ii!ii;i!ii;iiー';iii、 . :_ _..,, : . : . : . :.:.:.:.:.
. : . : . -: . : . : -. : -. : .- |  ::::::|:- . -: . :'' ." :'' '' ."." . : . : . : `'':"'':'.:":'`-'':"':.:.:.:.:.:.:. : ." :' '. '- : .
.- : . :- . : -. : . : . -: . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : .- : . : . : -. : . : . : . : . |  ::::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : / ̄/l/ ||lllll|:::|二:ヽ、-'''ヽ. : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : | ̄ |::ll|:|!⌒|lllllll|::.|>):`//l;;;;;;,':,'- 、__,,;,_;,_;,;__,;,;,;,;,;,;,;__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
.:.:.:.:__,,.. .-‐;|二二I~Il.:::::::::::I~Il二二l_/.;; ;;;;;;;;;;;"'- 、 ,,':,,, '' ,,':,,, '' ,"'- 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.::;:;:
-'''",, ;;; ,;;;,, '' ,,':,, '' ,,':,/:::::::ヽ ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,;;;;;;;;;,':,, '' ,;;':,, '' ,;;;,, '' ;;;, '' "'''- .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:
,':;;, '';;;':,;;;'' ,,':,, '' ,,':,/::::::::::::::\,,': '' ,,':,, ,, '' ,,':'' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,~"";''' ‐- ...,,__:;;:;
,, '',, '' ,,': ,,':,, '' ,,':ノ::::::::::::::::::::::::::>, '' ,,':,,':,, ',, ,, '' ,,':'' ,,':' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,, '' ,,':,,':,, '';;,':,, '' ,,':,, '' ,,
,, '' ,,':,, '' _,..-'''"::::::::::::::::::::, -'"'' ,,': '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,'
_,..-'''":::::::::::::::::::::::::::::, -'" '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,,,, '' ,,': '';;;;;;,':,, '' ,,':,;;;;;;, '' ,,';;;;;;,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':
  ~はーるばーる来たぜ~イ~タリーアにー


                     , -‐ ≦ ̄ヽ

                    //ヾrそ_ヽⅥ
                      /:.:/\人__{:}.ノ
                  /:.::.{ ーァ./:.`ー..7ー-- 、

                 /:.:.::__ヽー く≧=‐-、-‐  /、

                /.:/_ { \ノ   / |  /{.:.:\
                   /}' ./  ヽ}_┼_/{ .{ィ .} ヽ.:.:.:\
               {/{_{    } .::.:|:.:::.:::.:::.r-‐く  }..:./ }

           __ |  .ノ   /、:.::人:.::ノ≠-‐=ミ {:/  /
          ∧V∧{`ー''¨ ̄ヽ /:.:::.:::.:::./:.:.:.:.:.::.:.:.:.:∨  /、
           ∠//   `ー''¨ ̄二 ̄¨.|/:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:∨ {.:.:.\
        ∠///  / ̄_ ヽ  } }   |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:∨ヽ⌒/    ヒャッハー! ここが件の『聖杯』がある町か、カイトぉ?
      ∠//// ̄7 /_) .}‐ノ .ノ_ |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /

     ∠/////  / ___/ヽ ヽ___):.:.:.:.:.::./.:.:.:.:.:/  ̄{ ̄ ̄
   ∠//////  / / ./   |:.::i i :.:.:.:.:.::.:,'.:/.:.:.::/    ',
  __/ ̄ ̄¨77_/ /{_ノ .___{:.::}_ノ:.:.:.:.:.::.,':./.:.:/ \    ',
. |_| .r''¨ヽ .|/  //  r'':.::ヽ:.:メ、.:::.:.:.:.:.:,'.::`ー‐-=ミ .\   ',
  | 弋_ノ | C |/    ̄}:::|.:::.:.:.:.:.:.::.:.:./:.:.::.:.:.:.:.::.:.ノ | .∧   ヘ
   ̄ ‐─┴─┘    .|:::|.:::.:.:.:.:.:.::.:/.:.:.:.:: -‐''./  |/:.:.ヘ.   ヽ
                  |:::i.:::.:.:.:.:.:.:./:.:.:/  ./  ノ:.:./|{    }
                  |:::{.:::.:.:.:.:.:/.:/   / |  ヽ/:.:|.}   .{
               ヽヘ:.:.:.:.:/'´    /| .|   }:.:.:|{    `、
                     \_j     / .| .| /i/ |  斗三ミ
                      /    ./  | .|ノ_.:..|  |彡'   ヘ
                  /     ,'  .L __}ノ   |:.:ヘ__/:',
                 ノ     {    /      ∨:.:.:.:::.:.:.:.:.}
                 {     / \/       \:.:.:.:::.:.:/
                /     {              `ー‐く
                  /      .|
               ;彡三三三ミ

               i::.、_____j;
               {::.:.:.:::.:.:.:::.:.:.:.:}



;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::|__/:::::::::..:.:.:{: : : : :!,1 |: : : : ,.-、: : : : : :ヽ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::,ゝ'コ: : : |_'ニ,ヽ//'ニ、 : : : : :ハ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::ヽ'.:ヽ.__: : :/'iヽ': : !::::}/`ヽ/l: :!
二二ニ 丶、;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.`/:::!ー '´゙'´:.:.:.:./,/、!|
;:;:;:;:;:;:;:;:>- 、`丶、;:;:;:;::::::::::::::::::::::::/、/::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!,}
;:;:;:;:;:;/;:>.、`丶、`丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

ニ二 ,./;:;:;::::,/丶、::`丶、` ー- ._:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:/ 
;:;:;:;/;:;::::://:::;イ:;!`丶、::` ー-  ..二二ニニ .イ
::/;::::::/:;://、レ'!::!;:;:::!;:!`iー----------‐i´

--‐,イ:;:;:,イ/ { ::・:!::| :;|:|;:!::::!;:l:::::l;:;::::::|:|:::::l:::::}
:::::|'イ::::::  ヾ:、`ー'|;:|;:;:!:!;|::::|;:;!::::l;:;::::/;:!;::/;:;:;|
;:;::|:::|..................... ̄|;:|;:;:!:::|::::|;:;!::/;::::/;:;:|:/;::::/|                  僕の見立てではそう……僕と君に宿った令呪から感じられる魔力は、
;:;::|;::|;:;::::::::::::::: ..:: ヽ:!;:;|:::l:::::!|::/;::::/;:;:/!';:;:;/|:ト、

;::::|:::|ヽ、::::::: ..::    ヾ:、|::::| |'::: /!: :/l//:::|:|___ゝ
:;:::|;::|、: : ` ー--  .___ヽ ! l/ __,.. -イ}; !:ト.、                 間違いなくこの町からやってきている……
;::::|:::|;:;` ー- .._: : : : : : : : : ̄ ̄: : : : : _ノ/;:!:!::::ヽ、

;:;/::/ミ:、._:;:;:;:;:` ー――‐r――‐┐/::/;:;}|::|― ´
/::/::;:;:;:;:`ー- 二ニ ー----_|____.」/::/!;:/::/
<;:;:;` ー-- .._:;:;:;: ̄ ̄{;:;:;;:;:;:;:;};:;/::/;:|/::/              ただね、エダ。ここはイタリアじゃないからね
、: : :`丶、::::::::::::::::: ̄! ̄ ̄`iーニ'イ:::/;:|:{_,/
、`ヽ、 : : : ` ー――'、__,!''´,.. ノ:::ヽ';:;:;
::::`丶、`ヽ、: : : : : : : : : : ,.. ''´,.. '::::::::::::};:;/


                北海道市だからね!!
              ,  ,-、
             ノ`-' ヽ
             λ    \
             λ    `ヽ、
              |      \
              |        \

               |         \
               |            ヽ、                   ,、
              ノ             `ヽ、           //

              /                `ヽ、       / ,/
              |                   `~`'`、,,,_/  /
              |                            (
             ,-'                            ヽ..,,_
             )                             λ━━━━━ !!!!!
   キタ━━━━━ l、         ゚∀゚                    λ ,,-''ニ⊃
             λ                              `'' /~
      γ~ヽ、 __,  ノ                            __,,,,,--'
      \  `~ '-''                         ,--,__ζ
       λ                         ,,/⌒`--`
      , /                       ,/
    ,,/ ~  ,,,,     ,,/⌒`ヽ、          /
    ,l   γ'' `ヽ、/       \        /
   i'   ヽ、   '          `ヽ、    λ
    \    ''ヽ               `ヽ、   |       北海道市
     ヽ    λ                \/      総面積:83,457km2
      |     ヽ、,,_ 
     /  γ`ヽ、  /                     人口:50万人
    /   i'''   `~`'
    l、_,--'                            特産品:シャケ


::|     ! /-| |       ヽ   ヽ ヽ  ト、ヽ
::|:   /|. |  |. |       /ハ    ', li  i ', i
:::!. /  ! |  ,l. |==―`   | !_ -  ̄}i li  |. i |
:::|´    i |/ l |  .i    _.v:イ:.:.:.:./ |. | !. | i|
::::!.   /i.|  _.斗- マ ̄:.Y´ `くハ:.:./  | | i. |  |
::::|   _ -i|二 -‐七チ`:.:.fノ   ` く_  .| ! |/
:::::|=<_:.:.:.:.i|´`:.:.:.´i|:.:.:./      ノ  !|
::::::!    ―|――- - ´     r イ  /
::::::|                  >

::::::|\               ,. ´〉       ……で、その聖杯とやらは私の宝物庫に加えるに値するものなんだろうな?
:::::::!  \           /   イ
:::::::|   \              ',
::::::::!     \               }
::::::::|       ゝ _        イ
:::::::::!      ー―- ニ= ―― ´:.:! ̄  - _             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧

:::::::::|     - 二ニ -イ:::::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::-            l   そ、それはどうかな?  (__;)
::::::::::!           :|::::::::::::::::::::::::::.:i:::::::::::::::::::::::::::::::` 、        ヽ、___________,ノ
::::::::::|           ト、:::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



刮目せよ! これがエダの財宝(ゲート・オブ・エダ)の神髄だ!

                     , -‐ ≦ ̄ヽ←───────エダホーン

                    //ヾrそ_ヽⅥ 
                      /:.:/\人__{:}.ノ     頭から小さく生える角のようなもの。その正体はユダヤの聖剣ラハット・ハヘレヴ・ハミトゥハペヘットのレプリカ。
                  /:.::.{ ーァ./:.`ー..7ー-- 、

                 /:.:.::__ヽー く≧=‐-、-‐  /、←─────エダダイヤ

                /.:/_ { \ノ   / |  /{.:.:\
                   /}' ./  ヽ}_┼_/{ .{ィ .} ヽ.:.:.:\      肘にぶっささったダイヤモンド。インド原産の呪いの宝石。金では買えない。
               {/{_{    } .::.:|:.:::.:::.:::.r-‐く  }..:./ }

           __ |  .ノ   /、:.::人:.::ノ≠-‐=ミ {:/  /      最盛期には1000カラットを超したという。鈍器として最適の当たり判定。
          ∧V∧{`ー''¨ ̄ヽ /:.:::.:::.:::./:.:.:.:.:.::.:.:.:.:∨  /、
           ∠//   `ー''¨ ̄二 ̄¨.|/:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:∨ {.:.:.\
        ∠///  / ̄_ ヽ  } }   |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:∨ヽ⌒/
      ∠//// ̄7 /_) .}‐ノ .ノ_ |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /

     ∠/////  / ___/ヽ ヽ___):.:.:.:.:.::./.:.:.:.:.:/  ̄{ ̄ ̄
   ∠//////  / / ./   |:.::i i :.:.:.:.:.::.:,'.:/.:.:.::/    ',←─────エダクロス
  __/ ̄ ̄¨77_/ /{_ノ .___{:.::}_ノ:.:.:.:.:.::.,':./.:.:/ \    ',     エダの背中に搭載された巨大十字架。一説にはキリストのしょっていた奴と言われている。
. |_| .r''¨ヽ .|/  //  r'':.::ヽ:.:メ、.:::.:.:.:.:.:,'.::`ー‐-=ミ .\   ',     要事には鈍器として使用。
  | 弋_ノ | C |/    ̄}:::|.:::.:.:.:.:.:.::.:.:./:.:.::.:.:.:.:.::.:.ノ | .∧   ヘ
   ̄ ‐─┴─┘ ↑  .|:::|.:::.:.:.:.:.:.::.:/.:.:.:.:: -‐''./  |/:.:.ヘ.   ヽ←─────エダウィルス
             │   |:::i.:::.:.:.:.:.:.:./:.:.:/  ./  ノ:.:./|{    }
             │   |:::{.:::.:.:.:.:.:/.:/   / |  ヽ/:.:|.}   .{        昔旧日本軍からかっぱらってきた細菌兵器の薬瓶。割れると世界中に
            │   ヽヘ:.:.:.:.:/'´    /| .|   }:.:.:|{    `、
             │      \_j     / .| .| /i/ |  斗三ミ      インフルエンザ並の広範力とエイズ並の耐久力とTーウイルスなみの人体改造を引き起こす
            │        /    ./  | .|ノ_.:..|  |彡'   ヘ
            │      /     ,'  .L __}ノ   |:.:ヘ__/:',    最悪のウイルスがばらまかれる。現在はエダの膝にセッティング。
            │     ノ     {    /      ∨:.:.:.:::.:.:.:.:.}
            │     {     / \/       \:.:.:.:::.:.:/
            │    /     {              `ー‐く
            └───────────エダニードル
               ;彡三三三ミ       エダの手に突き刺さった、キリストを貫いた二本の聖なる釘。

               i::.、_____j;
               {::.:.:.:::.:.:.:::.:.:.:.:}      第八秘蹟と相まって、退魔効果を発揮している。要するにただの『神の王冠(クラウン・クラウン)』


: : : : : : : : 「´:::::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,.. -‐''ヾ}
: : : : W: : ノ::::::::::::::::::::__ -‐ ''´:::::::::::::::::ヾ、_,
 ̄丶 -‐':::::__,. == ‐''´\:::::::::r:、:::::::::::::::`丶、
:;:;:;:;:;. - =ニ ‐ i´! ,ゝ-=ァ:.:.:.:\:::`´:::::::○:::::,.-、:ハ     (相変わらず物騒だなあ……)
、ニ ‐ ´!ヾ:、\:ヽ/{ (_rノ`ヽ、\ヽ:::::::::::::::::::::`ー':::::!
/:|:.!|:.':;.:\ヽ、\\ ̄ _r:、 丶\:::::,..、:::::::::::::/
|::|!:||ヽ:.'.:、::ヽ::\ヽ::ヾ ´:;:;:;:;:;:∨\::ヽ!,ノ::::::::::::/7     大丈夫だと思うよ。
|/|、:|ヽ:\i::、:/;:;:,..ゝヽ:::;:;:;:;:;:;:!/::/::::>、_∠7
  |!::;:;ヽ::ヽ',..r「´メ;:!___\:::::::::::|::://;:;:;:;:}ー ´      それどころか、下手したらもっとすごいかもしれない。
  |::;:;:;:</;:;:|,! -‐'彡'ヽ:::::/´ヽ!;:;:;:;:;:,.. '´\
 ∠!:;:;:;:;:〉==彡'´_,. ''´;:\_,ノ-‐ '´::::'::::::::\      何しろ話じゃあ、『万能の願望機』って話だからね、その聖杯……
   l、__ゝ--‐t'ヾ' }__,. '´:::::::::,.:::-‐''´::::::;::'
   <ノ{__,丶'":::::,.::::-‐''´::::::::::::::::'          しかも英霊の召喚までできると来た



                                 /:i:i:i::i>──=<:i:i:i:i:i:i:i:∧
                               /:i:i:i:i/          ``''<:i:i:∧
                                ,':i:i:i:i/___,,,、、ィハへ        `寸iハ
                             j// // / .ィハ       }:i:i:i
                __,、__        / イ/ / / /イ /ヾヽV∠`ヽ.  i:i:i:i:!
              /   ヽ ヽ.     レ':i:/ /! /ィ升┤ト、    //ハ i:i:i:i:i|
                 / 、 ヘ  「`ヽ i\、  i:i:i:{.ハ.|:ハヽ.....|.:|    ___//イヘj i:i:i:i:i|     ほう? そりゃあおもしろいな。早速やってみようぜ。
               ハ. i  |  i ̄ハ.リ、  ̄|丁):i:iハ!K弋冬ヘヘ  ィメ、⌒メ, 从:i:i:i|
                /ハヽ. ヽ ヘ{´    ̄川j:i:i:||  ト、:.:.:.:.:.:.乂ー〈:ィ戈之`ヾ从i:i:i:|
               ム、__>ヽ、\ Y ̄ ̄ ̄:.从 i||         / ヽ:.:.:.:.:.:.ノ:i:i:i:i:i:i:|     当然触媒は、もう準備してあるんだろうな?
             ,′    ハ:| : ⌒YY⌒i |:i:i:i:|ヘ      ` ′      /i:i:i:i:i:i:i:i:|
           ,       , !|: : . . | |.:.:.:i |:i:i:i:| :ハ  `ー― --′_/才≠<八_
            /     .′ ヒ三三三三}:i:i:i| .:ハ     ̄  //才"      `寸`Y
.           /      ′   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  .:\    イ:i:// /       \:ヽ.
         ,′       i    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i丿   : : `::::´:i:i// /        ヾ:j



            ..  ------  ..
         /: : : :、: : : : : ,. : :`丶、
        /" ̄`ヽ: ヽ/ヽ/: : /`丶、ヽ
       ヽ::::::::::::::` ‐--‐ '´:::::::::::/
         |` ̄  ====  ̄l
      /|:::::/:.:/ ̄ ̄ ̄:.:| ̄`∧\

     ∠:.:!::::|:.:/.!、.:.:.:.:.:.:!∧lヽ:廴):.ゝ
    <:.:.:l::::::|:/ゞ='ヽ、!;'/、ゞ='|/!:::l:.:.ヾ、
     ∠,!::::::|''"´7 __ヾー-/!:::|:.ゞ´
     ´ ̄ヽ/ヽ'´ ̄_口-|:::|ヾ´、ヾゝ       (エダ自身を触媒にした方が強いサーヴァント引けそうだけど……)
       /イ>、-―口‐|:::|、/ ̄

            /二ヽ、 ̄:;__ゞ          まだ学生の僕にそんなに期待しないでね。
         /ヽ!iヽ、二ニ!-}

          / / |:=[0,,0]=|、,!
         `' ,!`''/¨i:;:.:.|           一応用意してきたけど……
           |;:;/  ヽ::ヘ
           `´   `¨


                    _____
             , r<¨゚´        `≧:ュ.     fニヽ
             /         ,:ヘ    \   }:::::::゙ト、
    f¨ヽ     ,r'´     /`゚'<__/  》      Y  |::::::::|:ハ
  r=:|:::::|   《      ≧ュ、_    /      〕  }::::::::}::::}
  {:::1:::{   {      _,ムr≦──‐≧─‐-=ニ..」. ,'::::::::':::/
 λ::∨::;   マ  , ィ´     _____    乂::::::::::/::〉
 {:∧:::゚:::ヘ    ヽ'´  _レ=≦:゙:::::::::::::::::::::::::::::゙ミ:ュ.  \:::/
  ゚、::゙:::::::::::\/ ,r::'":::::;;彡''"~´ ̄ ̄ ゚゙̄㍉;:::::::::::`ヽル !|
   \::::::::::::;'  ,イ::::::::ヲ´ _, i     ≧zx ヾ::::::::::::::::Y !
.     `¨¨7  /:::::::∨  ァニミx      !{::::::}}  ∀:::::::::::;〕ノ    // //
      { /:::::::::::〕  {ヒ::::ソj  ㎎  `=''^  〕:::::::/┌――┐ ¨  r≦}
.      ∨!::::::::::::ハ   `=''^ . |   ,    レ'´    ̄ ̄| .|  f r  | |  O O O
        `ヾ、::::::::ヘ   u   `¨`¨゚´    ∠     __| .|  | |__ 彡'
            `¨'¬≧ ._        ,. イ      └――┘  ー ´



 ;;;;;;;;;;;;;;;;/_ 、- ':i´  |:::::::| |::::::  i::     .: !:   ..   ̄Tー、\;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;,r'1'´ .::i! .::|   |::::::| |::::::: .::!::  ::  .:::. l: :.  :|.  :.. |  `ヽ、;;;;;;;;;
;;;;;;/ ::|  .::!| :::l--─!:::::|-|::::::: .:::|:::  :::  .:::: l:: ::.  ::l:.  ::::. !    \;;;;
/  .::| : .:::!~!:::| ̄ ̄|:::::|~ |:::ト::::::|::i: :::: .:::::: !:::::: :::l::. :::::::. l     i ヽ
 :  :::| ::::::! !::|r''',ニニ!::::|ミ、l:::||::::::!::|:. i:: .:::::: l::::::: :::!:::. :::::: l.    l
...::  ::| ::::::レ' !:| / ,-、!:::| _l:::| |:::::::i!::. |:: ::::::: !:::i::: .:::l::::: :::::::: l::  .:i l:
::: . :::| :::::!ー!:|┴┴┴',:|´ {:| !:::::||::::|:::::::::: l::::|::: ::::l:::::::::i:::i: !:::  .:l l::
::: ::::::|::::::! "i|"" "  i!  i!  !:::| l::|i::::::::::i!::::!::::::::i!::::::::!:::l: :l::::. ::l l:::.    ギリシャ原産、神性を帯びた鹿の角だそうだ。
:::: ::::::::i!:::!   !          !::l !||:::::::::| i::li::::::/l:::::::i!:::i!:::l::::: .::l: !::::
::::i::::::::ハ::!              'i! i!l::::::::i! |:!|::::/ l:::::/!::/!:::!:::: ::l::: l::::::::   それなりの英霊は呼び出せそうだよ
:::::|::::::| i!                ┃!::::/ リ !:/ i::::/j:/ l:::l::::::::l:::i:l:::::::i:
:::::|::::::|                .:::ヽl::/ ´ j:/  l::/〃 l::!::::::i!::l:::l::::::l:!
::::::|::::::!                _ l/   i/  l/   l:::::::/l::l:::l:::::/:|
::::::i!:::::|、            - ' ´ __` ` ヽ        l:::::/ l::!l::!:::/:::|
::::::|i!:::|::',                           l::::/ !:l !:::/:::::|:




    /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
.   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i

   i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i
   |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i
   r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i         そりゃあいい! じゃ、早速英霊の召喚にかかるとするかね!
   i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i
.  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i
 r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i        どこかいい場所は……
 ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、

  |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー
  !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::
. |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
/      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::


     /l       .,イ
      //   ◎ /ム-―7
.    / ニニフ  /∠ニ7/
   //     /'-‐ '7/. ,イ,イ ,イ

   、二二フ    //  レレ //
           /'    /'



           ――――今、英霊といったかな?



::|     ! /-| |       ヽ   ヽ ヽ  ト、ヽ
::|:   /|. |  |. |       /ハ    ', li  i ', i
:::!. /  ! |  ,l. |==―`   | !_ -  ̄}i li  |. i |
:::|´    i |/ l |  .i    _.v:イ:.:.:.:./ |. | !. | i|
::::!.   /i.|  _.斗- マ ̄:.Y´ `くハ:.:./  | | i. |  |
::::|   _ -i|二 -‐七チ`:.:.fノ   ` く_  .| ! |/
:::::|=<_:.:.:.:.i|´`:.:.:.´i|:.:.:./      ノ  !|            ……ん? なんだてめえは。
::::::!    ―|――- - ´     r イ  /
::::::|                  >

::::::|\               ,. ´〉
:::::::!  \           /   イ
:::::::|   \              ',
::::::::!     \               }
::::::::|       ゝ _        イ
:::::::::!      ー―- ニ= ―― ´:.:! ̄  - _

:::::::::|     - 二ニ -イ:::::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::-

::::::::::!           :|::::::::::::::::::::::::::.:i:::::::::::::::::::::::::::::::` 、
::::::::::|           ト、:::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



'; i       :.'    ;;;;;; :! :: ::;;;;;;!    ゙:;;;;;;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
{ .!     .l!   .;;;;;; .; .::  :;;;;;}      ゙;;;;;;;; ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
! .!:! .    :;l:.  .:;;;;;;'  .:: .,;;;;;'       ゙;;;;;;;, ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
! ::. !.;  ;;;;; .,;;;;;;;' .:  .,;;;;:'       ヾ;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;  :. :.:.   :::::. ;;;:.;;; .  ,;;;;;/.....      _ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
.;.:.: : :.::. ..:::::::.;;;;,:.:..: ,;;;;;/::::::::::::::  、,: '`’' ' ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;、
::l.;, :. ::::. :;;;.:.:::;;;;,:...;;;;;イ;{;::::::::::::   ゙:::.、ー   ;;;;;:::;;;;;;;:::::;,ヾ、;;;゙;,,
:/:;.:.::. ::::;; ::;;.;;;::::;;;;;:;;;;;;゙、!:::::     ゙    ,;';;;;;;::::;;;;;;;;:::;;}゙ヾヽ;;

';::;::.:::.::.:::::::.:::.:;;;;.:;;;;;;;.:;;;;;;;ヾ、           ,;;;;;;;;;;::::::;;;;;;:::;;ノ' ;;}!'
::/:::.:::...::::;;;.::.:::.;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;, ヽ           ,;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;:::''";  ,{'      失礼。どうやら聞き覚えのある単語が聞こえてきたのでね……
/::;:::.:::::;:.::::.:.:.:;;;;;;;.:;;;;;;;;;;ノ  ,}    ` ー'´ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;.'(ヽ  ( ヽ
::;:'::::::::::;::::::::;;;;;;;:;;;;;;;:;'"  ̄ '゙ー-- -‐ ´ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,丶、

:::::::::::::::.:::::.;;;;;;,;;;;;(彡;,;,;.     ,, ̄,,;;;;゙ ‐=;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,ヽ、      『英霊』を『召喚』する。私は、これができる事象を一つしか知らない……
.:.:::::.:::::::::.:.;;,;;;;.;;;;.;;;:、 ゙~"'';从洲州从ルヘ   ゙ ー=;;;;;;;;;;;;;;;:;.;; } !

..::::::.:..:::::.:::;;;;;;' ;;;;;、 ` 、     /        ,..-;;;;;;;;ノリ,! ′
 :::  ::: ;;;;;  ヾ、 / ヽ.   .'       /:::::: ,''"´ ´
     .ノ;;:';    ゙/   ヽ   {      /::::::::::: {


                                           _,.-=ニ㍉-、
                                       ニ="‐彡彡アヾミミ
                                       -‐=_彡彡'-、;:::l{i!
                                         ー'",.ィ=彡i、 :::;:!リ
                                         _ -ニ〈.| `"/!},ヽ、
                                     ,.-ニニニ二/ l: .::/!ニニ≧-_、

                                     ,.'ニニニニ/  .!  / {ニニニニ≧.、
                                    /ニニ/ニニ/   l /  、二二二ニニヽ
                             _,,,..-ニニニ.'二/、     .{./   \二二ニニニi
                             _-ニ二ニニニ-‐'/ニ/  .∧    l    / .\ニニニニl
                          _-ニニ-‐' ̄    ./ニ/ / l;;;;i ー- !  _- ∧/ \二二ニl
                        _.-ニニ'"       /ニ/ -‐ " ̄`ー--.li、 ̄-‐ {;;;}'   _!,、ニニ!      そう――――聖杯戦争だ
                       、-ニニニ'゙.         ,ニ/;;;'ー-,,,,,,,.._ /´,;;;ヽ´ ̄ヽ_‐ニ=-ー'二ニ!
                     `<=/            ,ニ/;;;;___-‐==ニ二;;;;}_l」,レ'l;!  l;;;;;;lニニ!
                          `    ___-‐==二二ニ=-‐''"゛/ ;.l゙:;!    .l   .l;;;;;;;;!ニニl
                     ___-‐=二二二=-― ̄ ̄;;;;;;;;;;;/  /    .!リ    .l   .!;;;;;;;;l二ニl
             __-‐=二二ニ=-―‐ ̄ ̄      /_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;' /二}ニll三llV   l、 l;;;;;;;;;;!ニニ!
    ___-‐ニニ==― ̄ ̄ ̄                /_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V;;;;l777777l77V /、ヽl;;;;;;;;;;;}ニニ!
―'''"¨ ̄                             /_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!//////l///V///ヽ!;;;;;;;;;;;;;'ニニl
                                 /_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'///////l////////l;;;;;;;;;;;;;'二ニl
                                 /_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'///////,/!///////,!;;;;;;;;;/ニニl      もしかして君たちも聖杯戦争の参加者なのか?
                             /./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'////////;;!///////,!;;;;;;;;'二ニ/

                                 /./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'///////,';;;;!///////l;;;;;;;;!ニニ,'
                           ,.',.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;!///////;;;;;;;l///////,!;;;;;;;{ニニ{

                              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;l'///////;;;;;;;l///////,!;;;;;;;;!ニニ!
                         ,.',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;!///////;;;;;;;;;;!'//////,!;;;;;;;;;,ニニ!
                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ,;;;;;;;;;;;!'//////;;;;;;;;;;;;;!//////,!;;;;;;;;;;;,ニニ!
                       //" ̄ ̄`゙''ー'  ,;;;;::::-l//////!、;;;;;;;;;;;;l//////,!;;;;;;;;;;;;}ニニ!

                       /            '"   l//////! ヽ:;;;;;;;!//////!;;;;;;;;;;;;!ニニ!
                                      l//////!   `ーl//////!;;;;;;;;;;;;!二二l
                                        l//////l       l//////! ̄`"''ー='′


                    ___________

                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
                    /:::::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ
                    /:::::::::::::>"´       ̄ ヽ::::::',
               /:::::::> "        ___   ∨::',
               l:::::::イ    ノ7ゝ、  /¬ ヽ_____∨:',
               l::::::i!|  ノ/ /〃ヾヽ//⌒} /   ミ:::;
               j:::::i::レ///∧{ {     ノメー-、 リ:::::;
              /::::ノ::///イ_ヽj__,,,、  /:ノ...:.:.::::ヽj:::::::',

               /:::::::::::{ { l¦::::::::::::::::アー<::::::::::::::ノ !::::::::',    ……カイト
                /::::::::::::::ヽ\ヽ:::::::::::ノ   ヽ`ー "___ハ::::::::',
                /::::::::::::::::::::ヾj\\__,   γ:.´.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::\ ̄     ⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::',
.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i> 、  {、...ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::::::::'.、
      rー 、     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;> ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八:::::::::ヽ、
     l  l    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j;;;;;;;;;;;;;;;;}:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:::::::::::::::.:.:.>:..、_
.      l   へ、 /:::::::::::::::::::::::::::::::::>'"!ミ   i  ` ー  <j:.:.:::::::::::::::〃:.:.:.:.:.:.:.:`.、、
    /   }/::::::::::::::::::::::::::::::l´:.:__!,三二 { ¬ニ三/__l:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:\

   /   ∠ ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::l:.:.:   i, ̄ ¬ }>´ ̄ /   l:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.ヽ
   {   /    ヘ:::::::::::::::::::::::l:.:.     i,   i    /    l:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.\
.   ',    /   ,イ:::::::::::::::::::::l:.       i,   l   /     !:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヘ
.   ',      / 〉:::::::::::::::::l:        i,  j  /       !:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



        _........_               /::::::::::::::::::::::::::::::/
    ,ィl ´ n__、__ \           ./::::::::::::::::::::::::::::::/

   ∠nノX´    ^べ ヽ           :l:::::::::::::::::::::::::::/                   _
  ド=≠ , rへミヽ=、_ >イ_,ィ        l::::::::::::::::::::::::/              _..  -<::::::
  l /{ :lィ=ヘ  ヾ L_   ̄彡       l::::::::::::::::::::::/             . <:::::::::::::::::::::::::::::
  / {  i,、|`¨´.`¨゙へ_ン `ーァ      l::::::::::::::::::::/          _. <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ハ i、ト , -F ̄「ミ丶  <      l::::::::::::::::::::{       _. <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ハ> '´<>l  lミヾ>=<ヽ     }:::::::::::::::::::|    __, <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::

    .///<>!_!V´ / ̄\}-へ  ./::::::::::::::::::::::`ー=:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄`
   〈/// `´ 王_  {、` 〆==へ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´
    ` く/ x ==キ'  ヽ.// 〃 ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_.....   --―――==
     / \´   []   // /:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      〈:.:.:.:.:.\x=キ|ア  V/:.:.:.:V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ラジャー。
     {\:.:.:.:.}`丶    ` r-:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     !::} \l:.:.:.:.:.:.`ー-- .l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厂 ̄ ̄ ̄ ̄ `丶:::::::
     }:::::V__:> 、:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、        `ー   『萌えよ草原……
     _L==┴―---`‐ '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>- .
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>- 、
   .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

    '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.. -‐== `丶_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>-‐ ´     `丶::::::::::::::::::::::::
     l> 、_::::::::::::_. -<二__L__」イー--->‐- ._. -‐ ´              丶:::::::::::::::
    /::::::::/ヽ:. ̄「   .}ア /:.:`丶._ `ヽ:.:.:.:.:.:ヽ                      \:::::::::
   ./::::::::/ 〈 <_!ーr:イ V丶:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.|                        \::::


  ヽ .l  'i  !;;;;;;;;;.     ..;;|;;                  `'''ー、、;.....   ...`".;;;..';  、
   l .! .l l. .l;;;;;        ;;;;.l                  `''-、_;....   .;;.!、...! !-、
  .i .゙'.l、.{;;;;゙k...l.;;     ...;;;;;/;                     `'-、....  ..`'!゙''く;;;`l,
  l、   l,.;;;;..l,.|;;.     ...;;;;|;;                        `'-,,       ;.;゙!、
  l ヽ  ...ト;.;;;゙";;      .;;;.l、                         `'-.,_.....  ... lh,
  ...l,.ヽ. 、;ヽ;;;;;;;;       .;;;∨                              `''-,;;、.. . ..`''、
.t、 \  l .ル」;;;;;;;       : ;;;;;.l                                `ゞ''、、 ヽ,
 ゙ |┐ .`、.l .l;;";         ;;;;.l. :i、                              `'-,;'i|li、
 、 ゙'′ ゙!  l.;;;             ;゙ヘ.lヽ                                 ゙'、ヽ,  .、
  ゙!ミ、.     ヽ;;.          ...;;;゙";|、                              ゙ヽ,ヽ lヽ
   .゙'、゙ \   'l、;;              ;;;;.l.i、 、                              `'ゝ.ゝ.l、
    ´ヽ ,ヽ ゙ll.l;;;               ;゙;;.lリ、                                  :  `.l.    ……燃えよ我が魂』!!
    l,  ゙!l .;:.l,;;;;;;               ;;;;;;゙;;;ヽ
    .リi、   . ヽ、;;;;;;              ;;;;;;;.l
     l;\   l_`'、.i;;;;;;              ;;;;;.!
     ..l;;;;; \ ....l,゙''-..l,;;;;;               ;;;.l、
.Y、    : ゙'ぃ;;;; l,....;ル、;;゙'ヽ;;;               ;;\
 l..ヽ、   : ヽ;;;;;゙'x,;l7;;.....;.゙‐;;;               ;;;;ヽ
  ヽ .゙'←、  ゙く;;;;;..`'ム;;;.  ....;                ;;;;;;ヽ
  .ヽ   .゙l、 ∧;;                     ;;;;;゙゙ヽ.l、  .ト,,
、、  .゙Y'、. │  今;;;;                          ;;;;;;;´`'、 .ヽ..l
..l,ヽ.   `タ.li、 .;.l;;;;;;;;;;;;;;                       ;;;;;;\..゙'く
 ヽ⊥ _   " 、 ヽ;;;;;;;;;;;...;;                      ;;;;;;;\
..、  `  ゙''.li   ゙'i、 ゙'∴;;;;                         ;;;;;;;;;;\
..リ-,、,       l;`'-ユ;;;;;;;                             ;;;;;;'!、 リ、
 .l  `.l   ..,,,  `l,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                          ;;;;ヽ|;;.l、
  .\ ヽ.   lヽ  `'';;、;;;;;;;;;;;;;                               ";;.l
    ´゙''' lv  l゙│ 、_  ヽ.;;;;;;;;;;;;                           ;;;;.l,
            l |, ..l \ ゙ヽ;;;;;;;;;;                             ;:;;;ヽ
カイトの属性:炎


                _ ,, .... ,,、__
             /ィ彡彡彡'三三≧、
            , 'ィ//ルイ,ィ/ィ彡'三三ミ≧、
            ,!ノイィノハfr'ノィ//r''^`ミミヾミ'、_'、
           /!/fwリ八l|l|/,イ   ヾミ'、メミ、_ヽ、
           {i |l|W小fリリノ/}_|_    l|l{{トミヾミゝ、__,
           )!l|l|fリノハfi{fモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ

            ,川h{i洲{{リ丁´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、
            リノノ八イトミメ、   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ
           ノィシイ卞ミミヾ,、}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
          ,.彳{{/リトミ',',i|、l`ニニ,´ィi{l{lト't'、\`',リ_

     |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イリト、',ミヽ ゝ  ̄``ー-、          おっと、これは危ない
    ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ/{{!ヾミミ',  r       \
 r‐'´し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ ヽ
:.:.:.:.::.´、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |.:.: |、     ……話くらい聞いてくれてもいいじゃないか?
:. /了し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し':.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l   キンブリー、頼む
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     ☆...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ
:.:.:.:.:.:..  .:.://.:.: _,/ -´___厶-‐ '´__ノ::.....         , rく\;;;;;;;;/`ヽ、;;;l| .:./|
:.:.:.:.:.:.:.:._,ノ:.:.:.:.:.:´:.:.:.:r‐'´:.:.:.:.:: ,.-'´. ‐个‐-、:.::..    /ノ }lァヘ:/     l八 ./ :|
\rー'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/ :/::. ...:|:.:.:.:.::\:.:..    ...:/:::|ー'|7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
:.:.:.:/:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:. ,r≦_,:.|:.:.:.:.:.:.:.|;,;,:.:.:.:.: |ヽ;;;;;;;;;/  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ
=彳/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ;r‐<::::::`ブ: :lア ̄:ヾ丁 ̄ ̄:ヽ:.ーr'′  し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
:.:.:.:.:.:.;..:.:.:.:.:.`ァ‐く:::\::::: //:.:.:|:::: .:.:.:.:.l:!:: :.:.:.:.:.:.|:.:.:|    /|、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
:.:.:./:.:.:.:.:./   .\::::::〈:.:.:|:.:.: 廴___,八___,ノ: . |  /.:.|し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
<::::::::::/      /|/::::∨|l:.:.:.:|:::.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.! /. : |         ヽ:.:.:.|.:
. ` ̄´     / ::|:::::::::::: \: |:.:.:.:.:.:.: じ:.:.:.:. l |:.:. ∨..: : ト、           |:.:/.:.
         /  :|:::::::::::::::::: `|:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ           |/.:.:.
.        /  ::::|::::::::::::::::::::∧:::.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ヽ       |:.:.:.:.
       / ...::::::::::r─ト--、:::∧:::.:.:. 小、:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:    ヽ      /.:.:.:.:.
.      /   :::::::/:::::: |::....:.:.\::`ー‐':::|:::`ー'::::.:.:.:.:.:.:.::: |::.     ヽ    /.:.:.:.:.:.
炎とシックスの距離:10m


           ,.': : ;,,;,,;..: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::ヽ、

           ,:-:''': : ; : ':' : ; ; ; ; ; ; ;::::::::::::::::::::::::;:-''、
           ;_;.-:'': : : : : : : : ;/: : :`:''':ー:‐:-:'': : :. i
          ; : :_;,-:'' : : : : :/  : : : : : : |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
          !-'' : : : : : : : ヽ   : : : : ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ

          i : : ;.:-、: : : : : ;ゝ  : : : : し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
           !: / r 、ヽ: ;/    : : : : 、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
           i: !  ./ヽY   ,,.-‐''ー-.し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
         _,.-,"!ヽ ! }     :.ヾ:''ニー,:-: : : ; : :!: : :i
       ,、く. ヽ'-ヽ:ヽ`''ヽ      : : : : : : : :i i: i: :./
     ,r'' ヽ,>'´_,,...r‐''"'ー、      : : : : : : :.,' ヽ:V

    , く.`フ´ /,;'7    !、     . : : : : : : :'、....ヽ:ヽ     分かりましたよ、旦那
   / /´ ./,;';;;/     i:ヽ    ;,,:__:_;,,;,,;..:-:'`ブ´

   /':V  i  !;/     ヽ.!: :ヽ、   : : : : : : : : : :i
  /: :::! ,:'',.  ヾ:      ヾ: : : :`:'':-,,_: : : : : : ;/
 ./: : :/ .i   ヽ      ヽ: : : : : : : :フ:ー:、''"ヽ

 i: :./  !.    ヽ    ,: 、. ヽ: : : : : /: : : : :ヽ;;;;ヽ
 i/   !i  |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ: :ヽ;;;ヽ
''"     i.ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ : :/;;;;;;;ヽ
      し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
      、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
      し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
炎とシックスの距離:6m


              /i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|iト、
             ,'i|{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}i|i|  |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
                {i|i| |¨/ヽ /¨`¨ヽ.|i|i| ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ
                 |i|i|_j_{   ヽハ  \i|iし'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
             ji込、_Y__Y´二}  i }i|、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
            /i|i|i|!  ノ_  ノイ} | ハし' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
            , 'i|i|i|i|i|〕、 ー ‐ ./从/i|i|i|i|
          ,i|i|i|i|i|i|i|┼`ー‐<  └┬i|i|i|i|i        ! 仲間か?
         ,i|i|i|i|i|i|i|i|! ヽ    }   .! |i|i|i|i|i|i
        ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i  \  {    } i|i|i|i|i|i|i
       ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|    \ }  ,'  |i|i|i|i|i|i|i|i     ぞろぞろと現れやがって……
      ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i     \ /   i|i|i|i|i|i|i|i|i
     ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i!       V    |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i
    ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|       ┼    i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|}   だがカイトの炎を止められる奴なんてそうそう……
.   ,i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|       |    .|i|i|i|i|i|i|i|以

   / \i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|≧=‐-   __  -‐=≦i|i|i|i|/  ヽ
.  /   \|7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ|i|{i|i|/ .〉    }
 /    ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ|i|i|}¨   .{    ,'
 {    し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
  \  、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
     し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
炎とシックスの距離:4m


                    .x/:> ´____  `i::::≧.、
                  / ./ i ../ ァ    Y::::::::::\
                  / . t 、}!| ` ゚¨´    }::::::::::::::::.
                   /  r '  |        レ/¨v::::::
          ,-、'⌒-=¨_¨};  X 、 |         {ヽ .}:::|        炎? それで私に勝とうだなんていい度胸してますね
       ,  ´  { \´ .|ハ.r┴-、十 --- ‐ィ}    .ノ/ノ::::!
       /  ヽ{  、  〉 .! .!`T rニニ,ニニ二.ノ   r.、_r::::::::/___      たとえ億万度の炎だろうと、
.    /  _ 〈ゝゝノ .人__!‐'ソ.! .{   i        /  V:::/:::::::
.   /     ィ: :`¨`´ / ¨´ . ! _  -、- ‐    ´   {:/`¨´`       私にとっては子守歌に等しい!
 ..ノ     .ノ  __ .ィ       ` <. |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
/     ./. ´  ...|          ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ
       /   ___.|_   ___ ≠i.し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
.      / .//   {   ̄    {´/、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
                     し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
炎とシックスの距離:3m


                                    {/ ヾ( (  ,. /        ,'ヽ ⊃)
                                   / i ,' ) ), -'         (/( / ヽ_ヽ

                                   {  「 ( /            ())ヽ  i))
                            |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ     ヽ__/  /
                           ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ          i i   ) )
                           し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィi
                           、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
                          _し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'
                        /::::::::::::::::ヾ i_,'   。. 。               。° _}
                        ,::::::::::::::::::::::::::〃                         ( __
                       ノ:::::::::::::::::::::::::::i                           )) } ′`ヽ
                     _,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::i(.{                          /i i  )) .)
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ \                     〃/ )) /  /
                  ,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i‘ 、     __    才-≧ュ、.          _,ィ │,.´      ――――よっこい……
                 , ':::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::| ヽ             〃 i )        / i
                ,::::::::::::::::/  {:::::::::::::::::::::::::ヽ ,' ` ヽ           /ヽ ,′         /
               /::::::::::/    }::::::::::::::::::::::::::,ィ ー    ≧ ュ 、.__..>'´       _,, -'iヽ
               /::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::i   〈                      /  i }}
        |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ::::::::::::::{   )                        / i/
       ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ:::::::::::::::::::ヽ  i                       /
       し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ              ,.  ´
       、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |             /
       し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'`≠-斗-===ミ才''>''´
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::  ⌒¨,:::::::::::::::::::::∧

                 /:::::::::::::::::::::::::::/.      ∨::::::::::::::::::::∧
                  /::::::::::::::::::::::::/        ∨::::::::::::::::::::∧
炎とシックスの距離:1m


      / _,,./   、,,,、   _/    .; !     .|   !       _.、,i.
      l,i'゛      : ゙l一'[゛   ./ ;;.l,ノj   ,./   .i″    ., -'"〈フ゛
     .l′     , /  .,.l!;  /   ...;゙ゝ、,,./   /     / ,,,./
           / ″ ,,ミ∥ /   ./   ./    ./      レ'´
           | ...-'";;;;゙ビ;  ./  ,r..ヾ   .i'"      ′
           |i/ .,、  .ノ│,./  /    _ノ''.l,
           ゛ _!、`゙" ヽ;〔;../   ._.r'"  ., !;  .__
             ゙゙‐'-ー'.∥   ./ `  ./  .[ ̄'' |、゙''-..、
       .'マ---゙ ̄^゙ヘァ  .7  ./    / . ;;|;.,i,,_    . `'、
      _,,,..-′ ._..-‐'゛ .,i‐"   {.  ./  /   ...'!r" `゙'‐、.'i.li .!
       `''ー r'"    /   .,、'゙コ'-./   /    .. .;;|;..」  ゛│./′
                 ゛l゙ ,r, /     : ly'゙.  ./  .;;゙.l;::., / /
                  ll゙ .゙エ     ,〃、;;.../     ....../.シ'゛ l
                   、.i'、      : l、  .,i>'''゙!゙゙l  _.../
                 ゙!.l| \    /.,,ノ-イ″  iシ'″゙リ'v
                  `'' ..,_   ., rリ;; /   . _,,;]r!ク_..‐
             、          `''-..,_乂,, -ー ̄ ̄´  .;;l; '㍉,,_              しょっ!
            l゙ゝ、      ,/"./    ___..--'''゙゙゙}.._.  `゙''-,
               `''-,.|    ,/ └┘_,, i、/゛  _. ...,iイ  . `';;  /    i、
                 ll゛  ,./   ,,.;;''亡〃゛  ,/゛ .;,l,゙|″  .,..!" /     /│
                i″ .,/ ‘゛ l`/;  /   ., -./   ,,‐'" ,/゛  ., ャ" .,/
        _,,xiliッ'     .l /    ' lゞ./   / .;;i゙'i: / / ´   . / ..,.. '"
  ._,,,,.. -‐''" ._/      `'.l、   ;:; !;;  ,./  .,.;;;|'"〃゛     .,/-''''″
‐´  ,.. -ー'''" ,ノ       .   ...'l゙,゙「―'/ / ;:;;l...:ヽ、 .i、  ゛
. _/´   ._,, ‐7       ,il!,, -'''"´ , / /  .,.;ト、 .`'-、.lヽ
"   ,i!''゙_..-'"       : ,l〃.,..-'".! Z丶./  . /  .;.l广'''''''―-..,゙-、    ti、
   : テ'"    ., ! ..y;;二'";;;゙レク   ;;|;;..'゛  ,/   / .l.,.   .、 `''.二-  .'タ' 、
.、 .,,/     .!、.lィ'"    ;;;`-`-ーへ  ./  ./   ;ヽ.;..  ,|,!   `- \  ;:..l'‐
(,,xコリ    i-./                            ;;゙''''-..;,゙ih、 、    ri,,,|、
  ;;;l゛  .ィ'l,゙〃                               ゝ ミ|ィ二)- ..,,二.
  .;;|iil! .,l!'"    ,i-、  _,                             、     .,,、
.,r‐'" ..l,゙..-~'゙゙‐'  `゙ ̄ !ー -ー!へr'‐'^'''゙.l'".!へr'ー‘'ー -ー'- /ー―-~'゙゙‐' -ー''゙  '-



          ,. -‐   ̄  ‐- 、
      ,.. ''´: : : : : : : : : : : :_: : : : :`ヽ、
   /: : : : :(⌒、: : : : : : :/ ) : : : : : : `ヽ.

  /:,、__,.イ!、: ヽ ヽ/´ヽ:_/ /´: : :_r;_: ,.、 : \
  !/|,!::::::!|:ヽ,、: \_∧   / :,.、/:::|,!:::::/.'`ヽ,、ハ
  ヽ::::::::::::::::'、ヘ__,.、_`_´、_.イ/:::::::::::::::::::::::'ノヾ、}
    >、_,. - ニニニニニニニ ‐- ::..__:::::::::::::::::::/
   `!'r'ニ´ -┬‐┬┬―┬-- ニ= - 、`彡}ー '

    |::|;:;:/:|/|:|/!:.:!:.:.!:.:.;:.:.|、:.:!:.:.|:.ヽ`ヽ'、:::ト 、
   ,.イ::|;:/:;:|:::!:!|:!:.:|:.:.!:.:;:.:/;:ヽヽ.:!、:.|:.:.:|::|:::|、ヾ
__∠..ィ:::!;:;:;:;:;/;:!|;:!:.:l:.:.|:.:!/;:;:;:;:\ヾ\:.l:|::|::.|、:.:.

‐-- フ!/;:;:;:;:;!-‐ァヽヽ:l、/  、‐-- 、 .!|/;|:::!::lー--      防がれたー
 ∠/|';:;:;:;:ヽ','!|/        _}_|ヾ:`/_,!;:;!:::!ハ.ー-
 /.イ:;:;:/'|__!_ヽ - ====<::::::::!==-- 、':ヽヽ\

ノ:.:.< ´-― ''  ̄ ||二||___|:::::::|___:::`ヽ/、ー
―‐ヽ__,.. --― '>三-、.r‐'l::::::::!::::::::::::::::::/ゝ`

    !-‐ '' ´  ̄||__||_|:::::::|-―‐- 、}
   ,-'、‐ 二二二ニ===、r―!::::::!,.. =- 、|
  / 、 ヽ´:::::::::::::::__||__||,. イ_ ,.!'´:::::!;:ヽ\
/、ヘ'\ \ 二二 --‐ _!´┐:::::::::::::::ヽ:ヽ"\

/ /ヽ\ \' ̄:::::::::::::::::::::>=ニ:::::::::::::::::::::::ヽ;:!:::::ヽ
\;:;:;:\\ \ ̄ ̄ ̄ `丶、:::::::::::::::::::::::::::}!-‐ ハ


                  _______
                /::::::::::::::::::::::::::>.、
                 /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\

              レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
               //:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
                //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
            { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
            リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l
             ,リ/∧ ¦¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
               i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l          ……ったく、てめーらそれで何の用だ?
            l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
              l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!         聖杯戦争? 聖杯は知ってるが戦争なんて知らねえぞ、好物ではあるがな
           l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
             l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
            ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
           ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
      /´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_

      /:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、



                 、_,.,__,.,ィili㎞
                _,..-=イili{┌lil、
               ,r‐'"_,rァiリ.,,.ルi{
                r=ニニf! ,.' ,!≧_、
               ,.仁ニニ-l{  ,.' {二ニニ゙、
             ,.ィニニ,ィ'   l /  ヽ二ニニ〉
         ,..≦ニニニ,イ ;!   !  ,. ' 〉、ニ/
       ,.ィニニ-‐ィ=/;;l  〉  .!/ /;;;} ゙,=!
    ,ィニニニ/ ,イ/;;;;;;/ /   ,!   .{;;;;/ .} i
    ,イ二/   /'";;;;;;;;;;;;;' /   ハ   V  ,'/
.  ,仁=/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  /-- ヽ /   /
   `ー′ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,' /┴┬'-∨⌒i/
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;、/ー-{;i////,l!////,〉'/
.     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ\;.〉l'////ト////,l;;l

     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}./_\////l;;!////!;!

      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;;「////!;;!゙///l;i
.      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;;;;l////l;;;;l'///l;l            なるほど……端的にしか知らないのか。
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;;;;;;;!'///l;;;;;l///l;l

    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;;/;;;;;!///l;;;;;;!///!;l
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;/;;;;;;;;|///{;;;;;;!'//,!;;!            それでは私が君たちに、ここで行われる『和』の聖杯戦争について説明しよう
.   '"      `/./:;;/;;;;;;;;;;;;}'//,l;;;;;;l'//l;;;〉
           /./  ヽ;;;;;;;;;;l///l;;;;;;l'//l'
           /./     ` ー-l///!ー' !//l
          /./         l'//l   l//|
         /./         l'//l  l//!
         /./          .l'//i   l'/,|
.      /./            l'//,!  .!'/l
.      /./          l'//,!  l//!
.      /./          |///! .!//!
.     /./           |///} .{ゝ┤
.     /./           l'///! ヽ. ゙、
     .゙/             ,!///{   `ー゙
.     ゙/            ノー+'
.    '/            ‘-=-’
    /


※以下、前々スレの神官さんとだいたい同じ説明


       .... ,,、__
       /ィ彡'三三≧、
     , 'ィ///ィ彡'三三ミ≧、
    ,!ノイィノハf/r''^`ミミヾミ'、_'、
    /!/fwリ八   ヾミ'、メミ、_ヽ、
   {i |l|W小f    l|l{{トミヾミゝ、__,
   )!l|l|fリfモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ

    ,川h{i洲{´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、
    リノノ八イ   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ
   ノィシイ卞ミ}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
   ,.彳{{/リトミ'`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ
,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ

::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',       ……というわけだ。
:::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj
::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'リト、\
/:o::::::::::::|:.:.:.:V、_リ |::.  ヾ:.ヽ:::::{il、::::::::::::::ヽ
ヽ::::::::::::::|::::::::∨|`` ‐::、. :}:..:'、::jリoヽ:::::::::::::|
:/::::::::::::| ̄ ̄  `ヽ   .|.::..:.:.ヽ::::::::::::::::::::|
:、:O:::::::.:::|::::::::::::::::.    |:.:.::..:.:..ヽ::::::::::::::::|
::ヽ:O::::::::|:::::::::::::::::::.   .|:.:..::..:.:.:..:ヽ::::::::::::|
:::::ヽ:O:::::|::::::::::::::::::::::.  |:.:.::..:.:..:.:.:.ヽ::::::::|
::::::::',::O:::|.:.:.:.::.:.:..::..:6ヽrヘ:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:ヽ::::|
::::::::::',:::O|.:.:.:.::.:.:..::..:ヾソt9ト、:.:.:.:.::..:.:..:.:.:.:.:}、|
::::::::|:::l:::::|.:.:.:.::.:.:..::..::.:.ヽ/:}:〉:.:.:.::..:.:..:.:.:.:./::ヽ
::::::::|:::|::,/.:.:.:..:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ヽj/:.:..::..:.:.:.:.:.:.:./:::::::: ト
::::::::|:::l/.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ:.:.:.:.:.::..:.:..:.:./i::::::/l:::'、
::::::::l:::::.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:..::..:.:.:.:.:l|:.:.:.:.::..:.:..:/:/!:: /|::':::::`



                                 /:i:i:i::i>──=<:i:i:i:i:i:i:i:∧
                               /:i:i:i:i/          ``''<:i:i:∧
                                ,':i:i:i:i/___,,,、、ィハへ        `寸iハ
                             j// // / .ィハ       }:i:i:i
                __,、__        / イ/ / / /イ /ヾヽV∠`ヽ.  i:i:i:i:!
              /   ヽ ヽ.     レ':i:/ /! /ィ升┤ト、    //ハ i:i:i:i:i|
                 / 、 ヘ  「`ヽ i\、  i:i:i:{.ハ.|:ハヽ.....|.:|    ___//イヘj i:i:i:i:i|    なるほどね……つまり、大暴れできるお祭りってわけだ。
               ハ. i  |  i ̄ハ.リ、  ̄|丁):i:iハ!K弋冬ヘヘ  ィメ、⌒メ, 从:i:i:i|
                /ハヽ. ヽ ヘ{´    ̄川j:i:i:||  ト、:.:.:.:.:.:.乂ー〈:ィ戈之`ヾ从i:i:i:|
               ム、__>ヽ、\ Y ̄ ̄ ̄:.从 i||         / ヽ:.:.:.:.:.:.ノ:i:i:i:i:i:i:|    気に入った。
             ,′    ハ:| : ⌒YY⌒i |:i:i:i:|ヘ      ` ′      /i:i:i:i:i:i:i:i:|
           ,       , !|: : . . | |.:.:.:i |:i:i:i:| :ハ  `ー― --′_/才≠<八_
            /     .′ ヒ三三三三}:i:i:i| .:ハ     ̄  //才"      `寸`Y
.           /      ′   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  .:\    イ:i:// /       \:ヽ.
         ,′       i    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i丿   : : `::::´:i:i// /        ヾ:j



                                   ハ     _
                , --ミ.                ///} , ..:.:.´:.:.:.:.:.:.`ヽ
         ,. <_//ハ_ ,lヽ          .//// <:.:.:r、:.:.:.:,、:.:.:.:/
        ムイ   `ヽ////,く       , べ/> ´   .}:.:ヽVV./__:./_
               `ア//     _, イ   }     _ノ´ ̄ ̄⌒´ハ. <

               r///  _.........<_>へー:::ヘ._  / |! 从_, イ/ヾ/}}_>
             ,イ////V//////厂    丶:::::::::::`::<:.\ミヽ  r彡/
             ノ////////,>'´         `丶:::::::::::::::::/ ./;`丶彡 \
            //////, へ_L-=イ_         ヽ:::::::::/ ./::/_ `ヽr,!

           //////   〉//ド)         ハ___/ /V/::::::`ヽ  /    腕が鳴るね……楽しみだ
        , <////,/    ./// "          リ:}ー:く  `ー--イ ./
     , <////> ´    r<〃           ./!ハ::::::\    //∧
    /////> '´       〈///,{           /::}  \::::::\ ./ /::::∧
  //> ´          V/;ハ         rく_./王豆;心:::::::::\/:::::::::∧
  //               V// \        L_// ̄ ̄≠\:::::::}:::::::::::::∧
 .|{                    \///\      ./::〉  , -、:::::::::::::::K、::::::::::::::::::::}
                    \///> .__ ./ /ミV   ヽ::::::::::::},ハ::::::::> ´
                      `ー----<斗>へ___ノ<_〈   ̄


                  _ ,, .... ,,、_
               , 'ィ//ルイ,ィ/ィミヾミ'、_'、
             , 'ィ//ルイ,ィ/ィ彡'ヾミ'、メミメミヽ、、
            //イ/ィ{i l|彡r''^` ミミヾミ'ミ'、ミゝ、__

           ノィシイ卞ミ/       ミミ_'ミ_'ii:li|トi'、_'、
         //イliハil|ノル/        丿 ii:liii:liⅥ'、ミ、_ヽ、
        シイ彡シi :li| /ィr 。、::::::::::::::::::/ ミ{ii:l{ii:li|ilil|ミ、トミヾミゝ、__,

         イ彡イ!lil// `ヽ人:::::::::/  川i:ii:iili|トiトミソ}} ヽ``ヽ

          イ彡彡イ!lil|   /::::::: <r oヾ|i:li|Ⅵ{ii{:li|ミl|巛  \ '、    ほう? おもしろい。まさか君たちも私たちと同種の精神の持ち主とはな……
         シイ彡シノノル| /     `"Ⅳi:li|洲li|トl|!ト、ミヽ、  ヽ
     イリ洲li|トilil| ノ |  \       ,'リ /i:li|ノハ{{:i!ト{ ヾミ'、ヽ
   ,.、ュ≦ノノi:li|i:li| ,i:li|!|λ、_,     ィシi} リ{{i{{i:li|トi{ t'、 `',リ      聖杯戦争に巻き込まれた人間の内、臆病者は恐れおののく。

    イリィノノハl/小'ノ ,!| ヾミゝ、__リノ  ィツ{fリイ{イ{{i:ili|t'',ミヽ ゝ                           勇気ある者は覚悟を決める。
       .//イliハil|ツノiト、`:.:.‐"~;,-;,.:.´|l イリィノィノノハl ',ヾミミ',                             愚か者はへらへらと笑う。
       ハl ',ヾミミ'ソノノルリfrゞテrッチ/{{i:i:i洲W洲W/小ヾミミ',

           ',ヾミシイ彡シノノル、,.ィ'fr:::::::}ィシi}シi}ィリ洲:           だが君たちのその態度は、そのどれにも匹敵しない



圭圭圭圭圭圭圭主主主王王王三三三三三三三ニ,. -―- 、_
圭圭圭圭主主主王王王三三三彡彡彡彡彡彡彡彡三ミヾ三≧、、
圭圭圭圭主主主王王王三三彡彡彡彡彡彡彡:ィイ彡=ニ三ミヾ三三ミー、、
圭圭圭圭主主主王王王三彡彡彡彡彡彡彡彡彡//ィ彡三ミミヾ彡三三ミ
圭圭圭圭主主主王王王彡彡彡彡彡彡彡彡彡://ィ彡彡イ三ミヾ彡三三
圭圭圭圭主主主王王彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ィイ三テzミ'、'三三、
圭圭圭圭主主主王彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ィ彡ア/ ̄ `ヾミヾミ
圭圭圭圭主主主彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡´ ,:'´     ゙!ト'、

圭圭圭圭主主彡彡彡彡彡彡彡彡/ ̄   \三三////         |l|li
圭圭圭圭主彡彡彡彡彡/⌒ <´        /\ミ工メ、、      リ!l|l
圭圭圭圭彡彡彡彡彡/     ヽ   、  {  , -tッリ`ヾ':.:.:.:.:.ィ==/..jl|l

圭圭圭圭彡彡r─ 'ヽ       __\ .ィ\ `  ノ ヾ三シ''" | /ィtfiメy'リノ!     君たちのその態度は『愉悦』だ
圭圭圭彡彡/    \ __ヽ  {   ヾ/////三彡'       !l:.:`'テラf//イ
圭圭彡彡/       ヽ \ `ー ' ノ//////彡         |:.:.:/:.ノ八{{|
圭圭彡彡./  \ \     レ' `- イ////イ          ',:.:,リ'ノノノハl|l     君たちはこの血で血を洗う聖杯戦争に……愉悦を求めている
主彡イ´/    ヽ ヽ     ',    ヽ/////, '、__     --彳'////八lノ
王/ ,イ!        ', 人 {  ).}     ヾ リ{、 丶``===ァ,イノノイ////f{
./ /!::! ≧、    ∨ \-' ノ       >-、'、丶、`二二´イシイノノムfイ |l|     まっこと、狂気的としか言いようがないな
{  l |:::!    ヽ {  j i   , ̄   __      > 、テrッチ/イ/ノ//|i{ |l!
l  ヾヽ::、   丶二.ノ イ.t──<⌒:ト、        }jイjノノ////ハ{ ,ノヘ ,jリ
ヽ  ヽ\ト _ イ:/ノ:/ l.        丶 __/,イfr彡∧ムヾ、  /´
     \ヽ`::ー':: ̄イ /                 リ  j/ ̄   ̄`ヽ  {!


                  _______
                /::::::::::::::::::::::::::>.、
                 /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\

              レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
               //:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
                //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
            { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
            リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l             んだてめえ? 馬鹿にしてるのか?
             ,リ/∧ ¦¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
               i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l
            l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
              l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!
           l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
             l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
            ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
           ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
      /´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_

      /:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、



                         ,ィ洲il/ィ'洲洲洲リ'     _!i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
                  ,イ洲i/,ィ洲洲/洲i/    ,. ==lili}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
                   {洲ili'゙ イ洲ililィ;洲巛  /,.ィ'Tフliリl洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
                     }洲i' ,i洲ilil/ l!!洲洲i}   ,}i斗'" リ,'! !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
                     l洲i!,'洲ili/ l!{洲il/   `   //  l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
                   ノ洲'.l洲il/  ,l! ''゙"       .//   .l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
              _,.ィ==、'゙ ,洲i,.‐'"         /〃  /洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
           ,.ィiマニ=.      ノリ〈           /マ'   /洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
.           ililマ        ,イ洲ili'ヘ 、           /マ   /洲洲ililハ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
.     ,._,,..ィ〃.  ___,.イil彡'"  ヽ\        {ili!  /洲洲洲'  !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
.   /´  `,.ィf爪洲洲洲彡'"       }li'  _,.. --‐ァ{!  /洲洲洲!  .!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i     いや……気に入った
.         ,ィ洲彡''"´ ̄ ̄          /ilヽ '---‐ ''"´ ヾ、.{洲il/ !洲   !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
      ,ilリ′               /iリ' /         }i洲'  !洲、 {洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
       /'’                ,イリ/ilヽ ー  ̄     }洲l   ヾ洲i、!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
      ,'′               ,ィilツ' /iリ ,!        .i洲il!ト、!iNlil!ゞ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i     どうだ? どうせひとときの余暇だろう
                   ,ィリア′ {il{.,イ!, ,    .、 il.!ハ洲ili{il!|!llリll;'li},i゙洲i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
                    ,イリ'     !i{'lリl!リ!li!.,ili!/!リル/liト洲ili、iリレ!l/ll'{il}洲i}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
                ,i{i゙      !iリル/!llil|ilリliルliリl/V/ヾ洲i、{ ゙' '’`lil洲i}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲   我々と同盟を結ばないか?
               ,イ'’       l洲.' l!リレl}lilVl!;'リ    ヾ洲iト、   .l洲リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
                ,iソ       ,洲   乂,洲ilリ,}       ゙洲洲ヽ .!洲'洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili
               ノ'′     _,ノマ    ,イ洲'/,.'_  -― }洲洲il/洲'ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲    より楽しい聖杯戦争になると思うが
           ,. '"         rムマ'"   ,ィiliマ‐''"         }洲洲{洲i{  ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
                     ,i{'    ,ィiマ  ヽ         /洲洲洲洲.   ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili


        /::::::,r ‐ ''''''''7''‐''-'''-―''''''''7::::|
     .,イ::::::::|   /         }::::}
    / |::::::/  , '           ヽ:|

    { ,L:/  ‐,≧ 、         __ リ
    >'ヘ, |  /-=示‐≧ ,    /´_`_ |、
    { ´{| ! ./  ` ´      i `~‐´ リ .}
    ヽ、'  !          '     | ノ
      ノ、!|          |       リ'             私の実力はさっき見せたとおり。旦那……シックスはそのさらに上を行きます
    /::::ヘ|           _  ,リ    ,'
    /:::::r|∧   ,    '  '´ _.,   ,'
   .{/::::::{ ! 、ヽ、  ` ̄ ̄ ̄ ̄´  .イi
   {::::::::::| !: :`'‐>、         //: { 
  ,|:::::::::ヘ: : : : : : : `.=.、 _ _, ィ ' ノ: : :}}:`,、、            あなた方にとっても、悪い提案ではないかと

.//{::::::::::::.、ヽ iコ i―i .r‐,`i!i!r'''`i: : : リ: :~: : : `o 、
〃☆キ:::::::::::\\ .!―!.| / | | | || |: :〃: `'ト:'、:‐:=: : ≧
// 〃ヽ::::::::::::::ヽ' 、ヽ _| |: :| |リ ノ | レノ: : : : :ヘ: : : : : : _: : :ヽ
/ // \ヽ、::::::::::::::ヽ`'‐´ ‐ >-‐-、`´ノ: : : : : ヘ: : : :// `} ' ‐ヘ

: :"、: : : :\\:::::::::::i: : : : : :/~,> 、 r''',= - ,,,: : :ヽ: :'ヽ~´   ハ
: : : \: : : : :`ヽヽ:::::} 、: : : | {/`ヽ V_ `)    ̄ , ` '' ‐`---



    /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
.   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i

   i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i
   |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i
   r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i          ははははは! おもしろいじゃないか、おまえら!
   i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i
.  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i
 r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i         あたしたちのこの態度を見て、おもしろいだと? 仲間にしたいだと?
 ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、

  |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー
  !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::     そんなことを言う奴は初めて見たぜ、しかも二人とは!
. |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
/      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::     いいだろう、気に入った!



        , -===‐-. .              , -< ̄ ̄>-  ._
       /_: : : :rl: : : : : :\           /////////> -----`
     _示ミV{ Lゝ.._/〉: : :}      r==ァ/////> ´

     >:.|:.ゝ.._ミ .二ニ厂ハイ   ///////> ´
     >-!/:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.>ヽ:.:ヽ   >////{

     ////,L==-、_V_ヽヘ\:.:.厂    つ'//ア
      L___///> |:./:.::ア=K「 , 、__, <////
     >-/(`'<リ:.:.:.:.:.:.:.:.://///////,<.  __
   ,.イ:.:.:/_.\\\:.:.:.:.:.:.:.///////////// ̄/,心

   ヾ/:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.V}:.:.:.:.:.ハ`</}/◯//////,ハ }/
    |:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:/:.:.:.:./::::\/V///////////{_
     ヽ/:.:.:.:.Vへ_:|:.:.:r<////`丶__//// ̄¨¨ ー---へ
     ハ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:} /////,/:.:|      ` <_... -- 、//// ヽ     ……

     .|:.:.:}/ \/\:.;ハ/ハ//!:.:.:!               丶///丶
     .|ハ:.\:.:.:.`ー/:.:.:.`:.レ、//\L_                \/ハ
      「 ̄ ̄>-イ \:.r 、_`<//> 、                \リ
      トァへ〈_ヲrt壬:>´\\:V'//ハ
     /:.:.:.:.:.>':.:.:.:V:.:.:.\:.:.:.:ヽヽヽ///,ヽ

    /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:}:.:.:.:.:} }//////\
   ,/:.:.:.:.:/<\____>-‐ ´////////
   ヽ:.:/:.:.:.|:.:.` <////////////>イ|「
    Y:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/ ̄丁¨¨¨丁 ̄  'ー-'
     V:.:.:.:.}:.:.:.:.|:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/
    |:.:.:.:./:.:.:.:.:.V_∠__<_


           ,ィォzzォ、,,ィェzォェz.x、

          ,z<洲㏍洲㏍洲㏍洲㏍> 、
          ノ洲㏍洲㏍洲il!,zテ、洲㏍洲㏍r、
        , '㏍洲㏍洲㏍洲ノ  ハ㏍洲㏍洲㏍トォ、
       洲㏍洲㏍洲㏍洲,    リ^ト㏍洲㏍洲述三ミォ、
      ハ洲㏍i洲i!八i;ハ㏍|   ハシ、洲㏍洲㏍イ´  ミ辷ォ、
     !洲i;㏍!洲!/ !l|_i炒'    .リi!| ㏍洲㏍洲沙、    ミッ、
      .洲㏍洲㏍!,尨孕|浙Y::;, ィ赱ェ.㏍洲㏍洲洲ili三ミ=z、.il
    .洲㏍洲㏍'    .,彬 .|:;:;:   i|! 洲㏍洲㏍洲㏍洲洲㏍三ミミォ、
    〈洲㏍洲㏍!    炒 .|:;:;:   ハ,zリ洲㏍洲㏍洲㏍梃ル´|i!  `㏍、
    洲㏍洲㏍|    トリ . ノ、    |㏍洲㏍洲㏍洲火´   i!|    リシハ,
     〉㏍il㏍il!;iゞ、 .リi,____, .ノ㏍洲㏍洲㏍洲㏍炎ォ、|i!   `气'
     ∨㏍;i㏍i!洲  `''t,ー'-'-'‐';"´ 刈㏍洲㏍洲㏍洲㏍洲ォ、     )
     )㏍洲㏍洲ト、 .(` ̄ ̄´  シハ㏍洲㏍ハ㏍洲㏍洲㏍辻ニテミ
    _ノル㏍兆il!洲i;l,ハ_、 """   ツリ!_人㏍洲i.ハ洲i!八,洲㏍辷ミz、       グッド。それじゃあ君たちは手早に召喚を済ませてくれ。
     ノ洲´ ハ㏍リ、メルヘトリ刈ト从シル'(  ハ洲㏍、 辻ミ、 辷、    \ _
   (リノ´ ,/ ト、i!リォ`Yメシリ!トシリトルiツ ,/,∨ 辻ミホ、,_(_ ,_ハ=ーz

    .ゝ´./ i.∧ノ)リ ヽ,`Y刈jトシリi´!,/;; ∨  `彬∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         私たちは【メロン立国】にいるから、準備が整い次第合流してほしい
  ,_z';;;;;;,/   ハi!|  i;、      .,|;;  ∨   リ ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_
<;;;;;;;;;,/     ( ,   !;   ,,  . ,l;;   .∨     \;;;;;;;<_;;;;;;>-、
;;;;;;;;;;;,/         ヘ、 .i,   "    ,|     〉       .>、;;;;;;;;;`l,i;i;i;i;i;
;;;;;;;;;/        ハ            / / ̄`≠ーz辻 _>;;;;;;;;;;|,i;i;i;i;i
;;;;;;;;|         /\∧          ,,v / /: : : : :.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,i;i;i;i;
;;;;;;;|     ,z<: : : : :} 〉       x'   ト/: : : : : : : :.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;i;i;i;i
;;;;;ノ  ,z<: : : : : : : : レ'     ; ´    .{: : : : : .      \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;i;i;i;
∠,z<: : : : : : : : : : : /゚、          ,゚: : : .       \;;;;;;;;;;;;;;;;|;i;i;i
;;;;;;;;;;;/ . . . . . . . . . !〈  Y´ `γ= v´.ヽ゚}               \;;;;;;;;;;;|;i;i;
;;;;;;;;/           ∧  k゚z・ハ・ ・}、w゚ノ|              \;;;;;|i;i;i
;;;;;;;;!          \    `^´   _∧               \|i;i;!

悪人同盟と連絡先を交換しました。


《しばらくのち》

                     (三三三三三三三三三三三三三三三三(@)
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',','\

                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',','\
                 /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',\
        {{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{(_)}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}(_)

           | | ! i |  # .:,,;     ,;:::   ;:::, ,::  | ; i !|    ,;, #   ,;,::. メ ,:: | | ! i |
           |i ; l |  (ニニニニ(の).:,: # ,::;  |i ; l | # .:,,;  ;::    ;::    |i ; l |
           | ; i !|  {,',',',',',',',',',',{ ,;;:'';:  ;:;. ;::  | | ! i |      # .:;;,   .,::  | ; i !|
           | | ! i |  {,',',',',',',',',',',{   ,.;::;, .:::メ  |i ; l |   .,;;;:::...;,,  ,;,:. .:;:: | | ! i |
           |l ; l| .: 〉',',',',',',',',',{   ;;:: ,;,,:..   | ; i !|   ;::;;:..::::   ;;::  ..;;,  |l ; l|
           | l i ; |,;.: :{,',',',',',',',',',',{ # ;;;:.  .::;;.  | | ! i |    ,,;':;::  ;;::,    | l i ; |
WWjjWwjwiwwjjwW|i ; l |   {川川川川{  メ  ;/:,,:: |i ; l |  メ  ;;;..  ;:;.:.    |i ; l |wwWjjwWjijww
WWWWWWWWIIiiiiWiiiwwwjjjWWwwwwwwiiWwiwjiWWjiIwjWwwwWIwjiwjWjjjWwwwiiWwwwiiwwWWWWWW



                      __ _
                    /:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ=‐- 、
                      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                     /:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
              /:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ̄\

             , ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.      ヽ-┐
            , ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.         |____
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i /   / / / /i | ____ {
            /:i:i:i:i:i:i|i|i|i|i|:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/__{j  ./ / ./ / / .| |ィ‐─┴┼─‐┐
          /:i:i:i:i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i:i/ \| ./Ⅵ / / /  }ノ ァー─ィ ̄ ̄¨
        /:i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i/    .|/`ー{/≦レ′_,ノ¨フ ノ{ノ
.       , ':i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|:i:i:i:i:i|′        {|i|i   {   ̄
     , ':i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|:i:i:i|   _     _!|ii   ',
.    /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i|i|  `7 ̄|i|i|i|i|i|j   ',

.   /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i|、\_/i|i|i|i|i|i|i|i| ',   .          よし、それじゃあ儀式を始めようかね。カイト、そこら辺に酒をばらまけ

   /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i. \i|i|i|i|i|i|i|i|i|| '    V
.  /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|   \i|i|i|i|i|i|i|        V
 /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i|i|iヽ   ヽi|i|i|i|i||   ',    .
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    |i|i|i|i|i|ヽ_∧     .

 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    ; }i|i|ii||| / ∧     ',
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    iノi|i|i|i|i|/  ∧     ヽ
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |    ヽ|i|i|i||i    ∧      }


        _........_
    ,ィl ´ n__、__ \
   ∠nノX´    ^べ ヽ
  ド=≠ , rへミヽ=、_ >イ_,ィ

  l /{ :lィ=ヘ  ヾ L_   ̄彡
  / {  i,、|`¨´.`¨゙へ_ン `ーァ
  ハ i、ト , -F ̄「ミ丶  <                なにに使うの?
   ハ> '´<>l  lミヾ>=<ヽ

    .///<>!_!V´ / ̄\}-
   〈/// `´ 王_  {、` 〆==
    ` く/ x ==キ'  ヽ.// 〃 ̄
     / \´   []   // /:.:.:.:.:



                                 /:i:i:i::i>──=<:i:i:i:i:i:i:i:∧
                               /:i:i:i:i/          ``''<:i:i:∧
                                ,':i:i:i:i/___,,,、、ィハへ        `寸iハ
                             j// // / .ィハ       }:i:i:i
                __,、__        / イ/ / / /イ /ヾヽV∠`ヽ.  i:i:i:i:!
              /   ヽ ヽ.     レ':i:/ /! /ィ升┤ト、    //ハ i:i:i:i:i|
                 / 、 ヘ  「`ヽ i\、  i:i:i:{.ハ.|:ハヽ.....|.:|    ___//イヘj i:i:i:i:i|
               ハ. i  |  i ̄ハ.リ、  ̄|丁):i:iハ!K弋冬ヘヘ  ィメ、⌒メ, 从:i:i:i|
                /ハヽ. ヽ ヘ{´    ̄川j:i:i:||  ト、:.:.:.:.:.:.乂ー〈:ィ戈之`ヾ从i:i:i:|     魔術なんて、酒ばらまいときゃあなんとかなるもんなんだよ。
               ム、__>ヽ、\ Y ̄ ̄ ̄:.从 i||         / ヽ:.:.:.:.:.:.ノ:i:i:i:i:i:i:|
             ,′    ハ:| : ⌒YY⌒i |:i:i:i:|ヘ      ` ′      /i:i:i:i:i:i:i:i:|
           ,       , !|: : . . | |.:.:.:i |:i:i:i:| :ハ  `ー― --′_/才≠<八_    ほら、いいからウォッカ買ってこい
            /     .′ ヒ三三三三}:i:i:i| .:ハ     ̄  //才"      `寸`Y
.           /      ′   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  .:\    イ:i:// /       \:ヽ.
         ,′       i    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i丿   : : `::::´:i:i// /        ヾ:j



          ,. -‐   ̄  ‐- 、
      ,.. ''´: : : : : : : : : : : :_: : : : :`ヽ、
   /: : : : :(⌒、: : : : : : :/ ) : : : : : : `ヽ.

  /:,、__,.イ!、: ヽ ヽ/´ヽ:_/ /´: : :_r;_: ,.、 : \
  !/|,!::::::!|:ヽ,、: \_∧   / :,.、/:::|,!:::::/.'`ヽ,、ハ
  ヽ::::::::::::::::'、ヘ__,.、_`_´、_.イ/:::::::::::::::::::::::'ノヾ、}
    >、_,. - ニニニニニニニ ‐- ::..__:::::::::::::::::::/
   `!'r'ニ´ -┬‐┬┬―┬-- ニ= - 、`彡}ー '

    |::|;:;:/:|/|:|/!:.:!:.:.!:.:.;:.:.|、:.:!:.:.|:.ヽ`ヽ'、:::ト 、
   ,.イ::|;:/:;:|:::!:!|:!:.:|:.:.!:.:;:.:/;:ヽヽ.:!、:.|:.:.:|::|:::|、ヾ
__∠..ィ:::!;:;:;:;:;/;:!|;:!:.:l:.:.|:.:!/;:;:;:;:\ヾ\:.l:|::|::.|、:.:.

‐-- フ!/;:;:;:;:;!-‐ァヽヽ:l、/  、‐-- U.!|/;|:::!::lー--
 ∠/|';:;:;:;:ヽ','!|/        _  ヾ:`/_,!;:;!:::!ハ.ー-               エダに任せておくとバッカス降りてきそうだから僕がやるよ。
 /.イ:;:;:/'|__!_ヽ - ====<::::::::!==-- 、':ヽヽ\

ノ:.:.< ´-― ''  ̄ ||二||___|:::::::|___:::`ヽ/、ー
―‐ヽ__,.. --― '>三-、.r‐'l::::::::!::::::::::::::::::/ゝ`

    !-‐ '' ´  ̄||__||_|:::::::|-―‐- 、}                  そもそもエダ、魔術はほぼ素人だよね?
   ,-'、‐ 二二二ニ===、r―!::::::!,.. =- 、|
  / 、 ヽ´:::::::::::::::__||__||,. イ_ ,.!'´:::::!;:ヽ\
/、ヘ'\ \ 二二 --‐ _!´┐:::::::::::::::ヽ:ヽ"\

/ /ヽ\ \' ̄:::::::::::::::::::::>=ニ:::::::::::::::::::::::ヽ;:!:::::ヽ
\;:;:;:\\ \ ̄ ̄ ̄ `丶、:::::::::::::::::::::::::::}!-‐ ハ


《そして……》


 ;;;;;;;;;;;;;;;;/_ 、- ':i´  |:::::::| |::::::  i::     .: !:   ..   ̄Tー、\;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;,r'1'´ .::i! .::|   |::::::| |::::::: .::!::  ::  .:::. l: :.  :|.  :.. |  `ヽ、;;;;;;;;;
;;;;;;/ ::|  .::!| :::l--─!:::::|-|::::::: .:::|:::  :::  .:::: l:: ::.  ::l:.  ::::. !    \;;;;
/  .::| : .:::!~!:::| ̄ ̄|:::::|~ |:::ト::::::|::i: :::: .:::::: !:::::: :::l::. :::::::. l     i ヽ
 :  :::| ::::::! !::|r''',ニニ!::::|ミ、l:::||::::::!::|:. i:: .:::::: l::::::: :::!:::. :::::: l.    l
...::  ::| ::::::レ' !:| / ,-、!:::| _l:::| |:::::::i!::. |:: ::::::: !:::i::: .:::l::::: :::::::: l::  .:i l:     祖に銀と鉄。素に銀と鉄。 礎に石と契約の大公。 祖には我が大師シュバインオーグ。
::: . :::| :::::!ー!:|┴┴┴',:|´ {:| !:::::||::::|:::::::::: l::::|::: ::::l:::::::::i:::i: !:::  .:l l::     降り立つ風には壁を。 四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ」
::: ::::::|::::::! "i|"" "  i!  i!  !:::| l::|i::::::::::i!::::!::::::::i!::::::::!:::l: :l::::. ::l l:::.
:::: ::::::::i!:::!   !          !::l !||:::::::::| i::li::::::/l:::::::i!:::i!:::l::::: .::l: !::::
::::i::::::::ハ::!              'i! i!l::::::::i! |:!|::::/ l:::::/!::/!:::!:::: ::l::: l::::::::    みたせ×5
:::::|::::::| i!                ┃!::::/ リ !:/ i::::/j:/ l:::l::::::::l:::i:l:::::::i:  
:::::|::::::|                .:::ヽl::/ ´ j:/  l::/〃 l::!::::::i!::l:::l::::::l:!     繰り返すつどに五度。
::::::|::::::!                _ l/   i/  l/   l:::::::/l::l:::l:::::/:|     ただ、満たされる刻を破却する」
::::::i!:::::|、            - ' ´ __` ` ヽ        l:::::/ l::!l::!:::/:::|
::::::|i!:::|::',                           l::::/ !:l !:::/:::::|:     セット、告げる。以下略







                                          為、
         心                               ,攷心       為
 k       為心        ,ィ劣心         ,為心      刈圭心、     為丞
 圭      為圭心     ,ィ劣圭ミ心       ,為圭心     炸淤圭心    ,劣圭心
代l圭     為圭圭心、  ,ィ劣圭圭圭圭心、   ,為圭圭心、_,ィ劣圭圭圭心、 ,ィ劣圭圭心
圭l圭垈、 /淤l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭心

圭iア代、心圭圭圭_ ,,... -‐心‐ ー ----──,.-- 、──----- ‐- ...,, _圭圭圭圭圭圭圭圭 l{。.        汝三大の言霊を纏う七天、
圭ミi圭llミ  >''__´___為ll心_____,.__'´___`__、________`¨ ''_<_圭圭圭,ィ劣       抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」
圭ミl|l圭ミ´    ゛ '' ‐-為l圭心   ,. '´        ` .、    _ ,,... -‐ '' "´   `丶、,ィ劣圭
圭圭圭圭        為lll圭心゛'' ‐- ..,,_      _ ,,... -‐ ,'' "       ,ィ劣心    ),ィ圭圭ミ
圭圭圭淤t      /淤l圭l丞/      `>‐<´_     \      刈圭り心、,ィ劣圭圭圭

Ⅵ圭圭圭ヘ    /淤圭圭圭圭_,..-‐'''"~     ,ィ劣"'' ‐- ,,.._\  代 /淤圭圭圭圭圭圭圭III)
 `寺圭圭圭><圭圭圭圭圭圭圭心、_     ,ィ劣圭圭ミ、   ゛''為圭圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
   `''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミゝ、 ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
     `゙''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
        > 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭斧:㌢´


           从           从

        从  ∧           ∧ 从
       从  /  ヘ从       从/  ヘ 从
     从  /  /  从从从从   \  \ 从
    从  /   /  从〆´⌒`ヽ.从   ヘ   ヘ 从
   从 /   /  从  〃''ゝ. !从  \   \ 从
     〈   〈从  从!  ヽ_〃 .〃从   〉   〉 从         はー!!!!!!
   从 ヘ   ヘ   从\ ____ /从   /   /

    从 ヘ   ヘ    < __w__ >    /   /  从
       ヘ   ヘ__<||Φ.W||>__丿   丿 从
 ___へ 从\  ミ◎⊂,ミ 〒,彳⊃◎彡   /从ヘ____从
...\_____\/\__  |-大ミ|  __/\/______ノ

 从____> /  从 ーし⌒ Jー 从  \ <____从
.  <_____/从     ∨  ∨    从 \______>


.   _.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,, ,_
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙  ̄ |!i州i州i州i州i| :     ´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´         |!州i州i州i州i| i             `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-                   |!i州i州i州i州i∨|                  `'ゝ
'"  .,..ッr'"                  |!州州州州州州i!                  ヽ
.., ''ソ゛                     i  |!州i州i州i州i州ii|
゛ l゙                  i! |!州州州州i州州i|
. !                      |∨州i州i州州州i州i!
  ヽ                  i|!州州i州州州州i州i|
.   `'-、、,.               |!州州州i州i州i州i州i|                _..-'´
      `''ー  ,,_          |!州州州i州i州l州l州i|.         _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー . ,_    |!州州州i州i州i州i州i|.  __ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、              |!州州州州州州州州i|.          '''''''''''''''''''''''''''
.  `゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__     |!州州i州i州i州i州i州i|  三゙゙..........---;;;;='   ._,,
'''ー ...,,,_          ̄ ̄..  |!州州州州州州州i州i|     -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′.          i! |!州州州州州州i州l州i|.       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-. |i |!州州州州州州i州i州i| i.¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、... i|∨州州州州i州i州i州l州i∨|...ー¬''''゙゙゙ ̄´゛

        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙. |l州州州州州州州州i州i州l|

                  |l州州州州州州州州l州l州il|  !
                  |l州州州州州州州i州i州|州l| i!
.           、          |l州州州州州州州州州州州∨|          /
         \         |l州州州州州州州i州i州|州i州i|
                     |l州i州i州i州i州i州州州州州州l|     /
              \ _ノ,'州i州i州_州..|!州州州州州州|     /
....   く>         ヾ<州州州州/Υ 〉 !|州i||_州..|]i州l州ー '´/
                    }l州州州 〈_::」/  :!:i:州〈/州i州l__州州l {      /
        \、    /,州i州l_州州州...:|.:|:州州州i_ノ::::\\州、ヽ. __/
.            \ー '州州..「::::://州州. :.:|:.:.v!:州州i \::::://州州ー州 (       /
.             ) )州州 〈::::://州州 : ::!:.: .:|: :州州州i ̄州州州i州州i州iー '/
   \ 、    // l7州州 ̄州i : :|: :: :!: :. :|: : :州州州州i l>州 il州l州l州iフ∠/

..    \ー 'i州i州i!州州州州州..゙: : :|!: : |..: . :l : く]: . i州州州州 !il州州州//

.        \\州州il 、〈〉州i . . : <>!|: :,' .:: .: | : : !: : !州州州州ノiリ州州// l7
.          ):.:\i|l八:.\_ 人 )、 : : ノ.:V.: : .::.: :!: :人 八,、 ノl|l|/ : ノ,、 /: (
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒

: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r   ,,,,,,
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ     :;;;;;;;;;;:                  ┏┓     ___.   _
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~.         ;;;;;;;;,             ┏━━┓†_/┓   /,;;;;;;┃ /;;;;,〉
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"    ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,          ‡__   |   ∨   /;;;;;;;;;┃ /;,∠__
     y. : : : : : :):y'"~)                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,          ┏┛ |        ┗┓;;;┃ し' };;;;;〉:
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r.         ,;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;,               ̄ ̄         /;;;;;;ノ    (/
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"´:ノ:::::'"        ;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;. '';;;;;,          _____..       ┃;;;/: : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.              ;;;;;:' ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ';;;;;         〔_ 匚]_〕       ゝ",... : : . :
: : : : : : : : : : : 、.              ,;;;;;, .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;:;;;,  :-、:: ,.'⌒: : .┏┛  〉: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.             '':;,゙ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  '"  '": : : . . .: : :.:"'y ̄ ̄.. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒                ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;  ,:~へ: :ノ ゙⌒: : . . {,... : : . :_∧./::〉:" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.~ '~                 ';;;;;;;;;.';;;;;;;' :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : :〔__::::Y ∨:' :~ { :
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'                     ;;;;;;;;.;:;;;;;;; ,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: __」::::|: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)                  .:~'; :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ(:::::::::::ノ   __勹┐. :  :
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ      ,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒ ̄     :⊇ 「 ̄ ~ : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r' ̄ .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :





             /      |          }     |  |//////////////,ハ
                    ト、{          リ斗匕j八 リ///////////////ハ
           / |.     | \       //リ ̄ ̄才7//////////////ハ
.          / /|.     ト夊==ミメー‐ くY  // 从////////////////ハ
         { .,' |  i   |     `ヾ 厂`ヽ\    / |/////////////////,ハ
         || .{  |   人 // .ノノi    `¨¨¨¨´ |/////////////////ハ     ……来たか
         ヽ!  \{\ |∧`¨¨¨´  :j.           |/////////////////// }
             |// \{:i:i:i∧     ヾ         .|/////////////////// |
             |///|:i:i:i:i:i:i小、      ___,    ,|/////////////////// {
             |///|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    ̄ ...      / |///////////////////,ハ
             |///|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ        /.   |////////////////////,ハ
             |///|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ __ /    |/////////////////////ハ
             |///|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ  ヾ.   |/////////////////////,ハ



             ――――問おう


                    ,ィ、..,,,_
                  _,,f´-‐=‐`ミ,,_
                 /´`> 、'/ i ヾ,.<´`ヽ
               ノ  /_,..=-──-=..,_ヾ ,ハ
            r.´   |、  ⌒火⌒  ,|li  il`ヽ
             |l  li  .|, 《二_) (_二》 ,|.l  l| i|
              |l  |!  |、.  ̄⊃⊂ ̄  ,| l l| i|
               |l  |!. ├,─ 、──‐, ─、| l | i|
          ,.イ|l  |! .},'{石」     '{石オ'{ l | iト、               貴方が、僕のマスターか?
        /   |l .|! il 弋斗     弌シ,l l | i| \
.         /   _|l |!, ハ      ,      ハl | .i|    \
     /,,,、,,r''´゙"|l |!.i,  ゝ.   ー   ,イリil | .i|"゙''ャ,,、,,,.\
     '''´     |l |! i, ilヾ,,> _  イ,,_,''lリ /l i|       `'''`
               |l .|! i ,li',/∧l     |/,ハ/,,'_ lノ
             |ll| i i il li∨∧   / '' ,'ソ/\
           , '|l| 丶 ',  ∨∧ /  /    ,\
            /   | ,     ∨ У /    /   ヽ
.          /     /     ∨ /     /   ハ
        / ヽ   i     //      / |   、l
          /   ヽ  i    /     :::::/ ,|  ,   ヽ
       /      ヽ _l,.. -‐<  ::::::::::::::::::/ ...:::}/   丶
.      /       ト、   ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ノ ..::::/      丶



                                 /:i:i:i::i>──=<:i:i:i:i:i:i:i:∧
                               /:i:i:i:i/          ``''<:i:i:∧
                                ,':i:i:i:i/___,,,、、ィハへ        `寸iハ
                             j// // / .ィハ       }:i:i:i
                               / イ/ / / /イ /ヾヽV∠`ヽ.  i:i:i:i:!
                            レ':i:/ /! /ィ升┤ト、    //ハ i:i:i:i:i|
                          |:i:i:{.ハ.|:ハヽ.....|.:|    ___//イヘj i:i:i:i:i|
                            ;i:i:i:iハ!K弋冬ヘヘ  ィメ、⌒メ, 从:i:i:i|
                            ,':i:i:i:||  ト、:.:.:.:.:.:.乂ー〈:ィ戈之`ヾ从i:i:i:|    ……その通り。
                             /:i:i:i:i:||         / ヽ:.:.:.:.:.:.ノ:i:i:i:i:i:i:|
                         /:i:i:i:i:i:i|ヘ      ` ′      /i:i:i:i:i:i:i:i:|
                           /:i:i:i:i:i:i:i| :ハ  `ー― --′_/才≠<八_
                       /:i:i:i:i:i:i:i:i:| .:ハ     ̄  //才"      `寸`Y
                       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  .:\    イ:i:// /       \:ヽ.
                      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i丿   : : `::::´:i:i// /        ヾ:j


《アーチャーの情報の一部が開示されます》
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー          【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:40         【属性】:中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
   【筋】:C(30)    【耐】:D(20)     【敏】:B(40)     【魔】:D(20)     【幸運】:E(10)     【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(狩人)         【MP】:230/230  【HP】:70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                    ,ィ、..,,,_
                  _,,f´-‐=‐`ミ,,_
                 /´`> 、'/ i ヾ,.<´`ヽ
               ノ  /_,..=-──-=..,_ヾ ,ハ
            r.´   |、  ⌒火⌒  ,|li  il`ヽ
             |l  li  .|, 《二_) (_二》 ,|.l  l| i|
              |l  |!  |、.  ̄⊃⊂ ̄  ,| l l| i|
               |l  |!. ├,─ 、──‐, ─、| l | i|
          ,.イ|l  |! .},'{石」     '{石オ'{ l | iト、
        /   |l .|! il 弋斗     弌シ,l l | i| \
.         /   _|l |!, ハ      ,      ハl | .i|    \
     /,,,、,,r''´゛"|l |!.i,  ゝ.   へ   ,イリil | .i|"゛''ャ,,、,,,.\
     '''´     |l |! i, ilヾ,,> _  イ,,_,''lリ /l i|       `'''`
               |l .|! i ,li',/∧l     |/,ハ/,,'_ lノ
             |ll| i i il li∨∧   / '' ,'ソ/\
           , '|l| 丶 ',  ∨∧ /  /    ,\
            /   | ,     ∨ У /    /   ヽ
.          /     /     ∨ /     /   ハ
        / ヽ   i     //      / |   、l
          /   ヽ  i    /     :::::/ ,|  ,   ヽ
       /      ヽ _l,.. -‐<  ::::::::::::::::::/ ...:::}/   丶
.      /       ト、   ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ノ ..::::/      丶
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

《サーヴァント評価》:レベル2



ファーストコンタクトです
何を話しますか?
↓1~3 範囲安価


::|     ! /-| |       ヽ   ヽ ヽ  ト、ヽ
::|:   /|. |  |. |       /ハ    ', li  i ', i
:::!. /  ! |  ,l. |==―`   | !_ -  ̄}i li  |. i |
:::|´    i |/ l |  .i    _.v:イ:.:.:.:./ |. | !. | i|
::::!.   /i.|  _.斗- マ ̄:.Y´ `くハ:.:./  | | i. |  |
::::|   _ -i|二 -‐七チ`:.:.fノ   ` く_  .| ! |/
:::::|=<_:.:.:.:.i|´`:.:.:.´i|:.:.:./      ノ  !|
::::::!    ―|――- - ´     r イ  /        中性的な面だな。男か? 女か?
::::::|                  >

::::::|\               ,. ´〉
:::::::!  \           /   イ
:::::::|   \              ',
::::::::!     \               }
::::::::|       ゝ _        イ
:::::::::!      ー―- ニ= ―― ´:.:! ̄  - _

:::::::::|     - 二ニ -イ:::::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::-

::::::::::!           :|::::::::::::::::::::::::::.:i:::::::::::::::::::::::::::::::` 、
::::::::::|           ト、:::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



                , .-―‐- 、    _
         ヘ   ,. '´        > ',´ ',
         ,'   `ン r ― - 、   _z_x'_  ', ';
        ,    /   ;  ト-‐ 、>'´  ',  `ーi ',
       ,'   ,'   ,!  i.!,. '´ 。 γ⌒ヽ_ ゜ ',i ',
       i  ,'   ri  i|';     ⊂( ◎ ,)⊃ ',! i
       ,'  i, . 'i |  ! i      ヽ__ノ  。 i ',
       i   | ´〈 i!  i.|     o   i, _⊥ノ ! ',
        |   i.   ', |!  i| , .-‐ ' ´¨, z、 f ', ! i
      .i  , ', -‐_ヽ!  i f ´弋i`゛   仆i! ,' ', .', ヽ、

       i  ,' i ヽ ,.'|', , .', i!、_ノi!     !、ノ .! ' ', ! v-'、
       .', i .|/  ! i | ', ! ト ‐'     、 "".,' !  '|´
       L.!, '  ,.-z!Vト ', ! |、""   ー ,. 'i ,'  |i!
      ,.'_,.zxfノ!、-'!^ !| 'i ', >‐-, -, ri´! fノ !、 ノ!|
     ,´-'  ! | ´  シ!´ 「 ', '! v、 !ヽ」!、' ノ '´   !| ,'
        ', i! |  |`.ノ 、'_ ゛ ヽ、j  ヽヽ、     "
         レ' ゛ , ' - -、  ̄ ヽ、  Yi `t
           /´    ` 、   ' ,  |i !, ',`i         僕は男だよ。見ればわかるでしょ?
          /        、    'V'  ', ト' ヽ
         ./            '   ,.´  i」 , ' >、_
         /          i ,.'´    i ' _/ i::!、_
        ,'、_         ',      /i´ i:i i!‐v´ー、
       /i  /i ̄¨∧`ー-v、┤  _,. ' / >,':::',.|、_   i!
      ./:::! ./:::::::! /::::::'、 /:::::',ト- '_ /_ <f !:::::ij  `´y'
      i::::::!,'::::::::::|/:::::::::::',/:::::::::i|i-zγ´ ヽ`i´ ̄   /

        ̄`~~¨~>t'---┼-_._!| f `ヽ  ', ',   /
         , . ' / i    | __,,/  | ; ', ! | ', /
      ,.'´   / ,    i 'ー-┤ ,' |  レi|/  !´
    , '´    ,.!  ,    .l   ,' ! | j  |ト'   |i
   , '    /  |! ,     l  ,' !⊥'  i .|i    ',|
 /    /  /,' /     l  ヽ´  ノ !|   .j ',

/    , i!'  ,' !, ' |    i   ヽ ´ ,ノ .ト、  ノ  ',
:,   ,:'   / /  i    .,'    Y´ i  | i T |i  .',
"  ,:'"   / ,'  _」    i、    ! |  | ; i  i|   ',
  ,:"   /  ,'  iヽ┴---‐i!ゝ   !  i  .| ;  ノ   ',
,:'"    /  ,:'  ヽ !、  ' /    ヽ   .ト  /     ',
    ./   ,'  >ト-、_,.i´      `ヽ、ノ !/      ',
    /   ,    /    i         |          ',
   /   ,   /    j'        |          ',
  /    ;   .i     /            |          ',


      ', \ /     -‐=ニV: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ',ヽ \\_____V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

.    /ヽ \} |ヽ ヽ_ ,     V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /  \ {  / ______ V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.  / / /  | _// _,丐 ̄ ̄ ̄ ̄ V: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  / /| /{  .|  { ノヤノ         V: : : : : : : : : : : : : : : : : :
  | | .| { ヽ }ヽと`ー          〉: : : : : : : : : : : : : : : : : :
  | | ! !  V(ノ            {: : : : : : : : : : : : : : : : : :     そうかい。じゃあ次の質問だ。おまえがこの聖杯戦争に参加する目的は?
  { { \   /     /j       j: : : : : : : : : : : : : : : : : :
.  \  ヽ  >、   / ./       ./{: : : : : : : : : : : : : : : : : :
.    ヽ  /.r、)`ーr-‐'        ./: :| : : : : : : : : : : : : : : : : :
      {  { ィ ィヽ       /: .: :`、: : : : : : : : : : : : : : : :
       〉  ヽヽー}     ./: : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : : :
       V   ヽ |   /: : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : :
       V     ヽ _/: : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : : : :
        V      !ヽ ̄ ̄ヽ : : : : : : : : : :.\: : : : : : : : :
       / __ _  |: : : : : . \: : : : : : : : : : :\ : : : : : : :
     /        ノ: : : : : / : : : : : : : : : : : :. :\: : : : :

    /        /: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :
  /        /: : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \



                      /`"`==-、

                     /==<::::::::::::::::::::::>==ミ
                  /:::::::::/ム-‐==‐-<V::::::::Y
                   ノ :::::::::::/ _⊃ ⊂_. V:::::::ト、
                     |:::::::::::::::l 《  }  {  》 }:::::::|::::|
                     | :::::::::::::l  ==<◇>==   |:::::::|::::l
                    |::::::::::::::ト=============|:::::::| ::l
                 /|:::::::::::::l 不心   不示 :l:::::::| ::l\
                / |::::::::: | 弋歹   弋歹 :l::::: |:::l:  \
               /    .|::::::::::::|:     ,       ,l :::::| :l     \
              /     /| ::::::::::|ト、   ー    ノ |::::::l:::l\_   \
         彡イ ̄ ̄  |:::::::::::l川>   __  <l川::::::l:::l     ̄ヾミ     ……会いたい人がいるんだ。
                     |::从:::|::|_/ マ     |7 V/:::/l/
                     |/ ヽl::|:  マ    ノ ./:::メ、
                   _ イ リ マ  マ ./  彡イ ≫x
                   /       マ  У  ./ ⌒ヽ、 / \
                /    /     マ/ /     /   ヽ
                  / {    ,    /  /        /      ',
              /  \   {    / イ       / }  ノ ハ
                /     ヽ. l__彡イ          / :l     / ハ
           /      彳            /  }イ  /   \



                  _______
                /::::::::::::::::::::::::::>.、
                 /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\

              レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
               //:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
                //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
            { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l       会いたい人だあ?
            リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l
             ,リ/∧ ¦¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
               i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l
            l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
              l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!     誰だそいつ。恋人か何かか。
           l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
             l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
            ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
           ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
      /´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_

      /:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、



    アーチャーは首を振り、そして黙り込んだ。これ以上は言いたくないらしい。


                      __ _
                    /:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ=‐- 、
                      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                     /:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
              /:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ̄\

             , ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.      ヽ-┐
            , ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.         |____
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i /   / / / /i | ____ {
            /:i:i:i:i:i:i|i|i|i|i|:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/__{j  ./ / ./ / / .| |ィ‐─┴┼─‐┐
          /:i:i:i:i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i:i/ \| ./Ⅵ / / /  }ノ ァー─ィ ̄ ̄¨
        /:i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|:i:i:i:i:i:i:i/    .|/`ー{/≦レ′_,ノ¨フ ノ{ノ
.       , ':i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|:i:i:i:i:i|′        {|i|i   {   ̄      んじゃあ……最後の質問。おまえ、ギリシャの英霊にしてはずいぶんステが低いが
     , ':i:i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|:i:i:i|   _     _!|ii   ',
.    /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i|i|  `7 ̄|i|i|i|i|i|j   ',

.   /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i|、\_/i|i|i|i|i|i|i|i| ',   .

   /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|i|i. \i|i|i|i|i|i|i|i|i|| '    V      これはどうしてだ? 宝具が強いのか?
.  /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|i|i|i|   \i|i|i|i|i|i|i|        V
 /i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i|i|iヽ   ヽi|i|i|i|i||   ',    .
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    |i|i|i|i|i|ヽ_∧     .

 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    ; }i|i|ii||| / ∧     ',
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii| |    iノi|i|i|i|i|/  ∧     ヽ
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii|:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |    ヽ|i|i|i||i    ∧      }
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|ヽj     \i|i||     ∧     |
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i|i|:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|┼‐     ヽi||    ./         !
 |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|:i:i:i:i:i:i|i|:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |        }≧─' ヽ.____ノ




             ,. 、
             _,ノ ..、\_,..‐,:ニヘ─、
           j:. :/-‐ァr<_:.:. :.:.ヽ:.:ヽ
           /.:./ (´//`ヽ `|:.:.、: i.: : ',
            i:.:/_7/`¨´  |:-‐ミ:j::.:. :!
             !.:j    ̄>,、」r':,:'!^ヘ::.:.|
          {:.:!⌒ヽ   fじハ:.:.{;ノィヘゝ:|
         /|.:.|   '__  `ヾイ;//ヽY.:.!
        '´ ̄|:.:.ヽ し′   /‐く.  jノ.;ノ                弱いとは言わないけど、さして強くもないよ☆
           リ:.:i:.|丶,. -‐ '/⌒ヽj/\
        /|`ヽj/j  ,.ィ′  /、>、_\
       / i_/_,/ // /    |  ヽ   ̄
      ,イ  _/ <「)´、ミ`^^'ー'L|、  i
    ∠/  {r'ニァ/ ミ        ミヽ |
     V`ヽム-ヘ ノ/ゝ,、、, ,、  ,ゝ 〉、}
      / ´「{ _j^ソ´  {    レヽノ ,イ ハ


                  _______
                /::::::::::::::::::::::::::>.、
                 /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\

              レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
               //:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
                //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
            { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
            リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l
             ,リ/∧ ¦¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
               i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l
            l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
              l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!        じゃあおまえ何ができるんだよ
           l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
             l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
            ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
           ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
      /´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_

      /:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、



                             __ /
                         __,. :':,.イ   _                     _ ─
                /``ーァ'´. : /-_レ'´:. i                 _ ─  ̄
               _,. ‐ ´. : : .:/. : ; イ__(_]|_)ヽ: ヽ      _ ─   ̄
            _ -´. .: : :「``7: :/,ィ(jハ` 丶_ |:. _」 - =   ̄           , _,. -‐'  ̄
           /.:'. .:.: . .:.:,rゝ//: :/ L:ソ_- fj、7:´: j             、ゝ`^j´
        /:,'/.:..:.;. -‐'ニ=ゝニ ̄=} ̄ _ ' `'j':. :.ハ!        _,、. -‐'ミ   'j
        /イ,L:/  /<ソーfT「リ´  ´  ,.イ:..::.j ノ_ __,. -‐'ニ´,/´ .::  ミ    ゝ._ _,. -‐
      rr‐'´ {{  / _二ソ \ Vゝ ` -,.∠_/j,;/リ'´/´/'<  /      レ、  、ミ`
     /|:|     ゞー' ̄ ー-r‐ ァ\  / / /    / '  _,//  _, -r一' ´ ゝノ^`    うーん、狙撃とか?
   /  Lゝ、_/、ヽ i    ヽ/ / >、/´ ̄/   ,:'  //-‐' ´  /‐ ´  /
  /     ,.イ ̄`,>! V '/   /ヽ//\ /   /  i:{ \_  /    /
 {      '_}__,/ j   / __ 」∠v'´   X i.      l:|   /´ !  /
 `ー ¨´|  | >/ /´     _,ゝ-、 / \  _  l:|<_   |  /
       ヽ /∠ 」 -'|     7´,メ「      Xァ' ̄``ー- ニ二」_,/
        ´ ̄     !  ,. -‐<´  jヽ   j/ \



                            .,ィ:i:i:i:i:i:i:i:l:x、、
                           /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>..
                           /:i:i:i:i:i:> "´ ̄ ̄ ̄`ヾ>"´ ̄`ヽ
                           /:i:i:i:i:i/           //≪´ ̄`ヽ Y
                       /:i:i:i:i:i:i:i|   __,,xイ\ //イ ̄ミヽ   ヘ!
                           从:i:i:i:i:i:i:|,xィ//// :/`ヾV⌒`ヾハ ヽハ    j
                      |:i:i:i:i:i:i:i:i//////i /     ___リ Ⅵ:| |
                      |:i:i:i:i:i:i:i///// ハ:i  _} j´ _ヽハ小!
                       i:i:i:i:i:i:iハィ! !|廾ー辷彡ヘ. /ムア:.://イiノ      んなもんアーチャーならできて当然……あー、いや。なんでもない
                          i:i:i:i:i:i/ //ハ!从ィ代ア:.:.:.八ヽ:.:.:.:イメj}
                       i:i:i:i:i:〈 l { ハj八.:.:.:.:.:/  ヽ   八!|
                          i:i:i:i:i:i∧j K くミヽ     `"  ∧i:!| ,- 、
                    ,i:i:i:i:i:i:i:i∧j ヽ ヾノノ     ∠ _ア ∧r:、У ノ}    やばいなこれ。本当、どうするんだ。
                   _,、イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ     \     "  ∧ Yヾーく ム-、
                   rf壬:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\     ` 、、__  イ | }  Y \二ヽ
                    j:i:i>'"´    ``'<:i:i:i:i:ト     八ヘ|  / .::| {   j へ\丿ヽ
             /:i:/              `Y/    // .:|: /  .:| ヽ / / ヽ;;)ゝ丿


《プロローグ終了。それでは他陣営の一部のプロローグを開始します》


   l: : : : : : :: : :::::::::::::::::i  i::::::i i:::i    i::::::::::i `i::i─-ヽ:::::::iー--i:::::i  i:::::::::::::::::
   l: : : : :::: : :: :::::::::::::::,'─ i::::i─i::i    i:::::::::i  i::i   ヽ::::i   i::::i  i::::::::::::::::::
   l: : : : ::::: : : ::::::::::::::,'   i::i  i::i    ゞ::::::i. i::i    ヽ:::i   i:::i  i::::::::::::::::::
   l: :: : : ::::: : : ::::::::::::i   i:i   i:i     ゞ::::i  i::i    ヽi   リ  i::::::::::::::::::
   i: :::: : :::::: : ::::::::::::::i    ij   ij     ゞ:::i  i:i     j      i::::::::::::::::::
   : : ::::: : :::::: : :::::::::::::i≦示不亢ゝ      ゞi  リ   行心チ豺≧. i:::::::::::::::::::
    i: ::::: : :::::: : :::::::i!i::i弋迩尓:: 込         ij     弋禾乍:: У i::::::::::::::::::::
    l: :l`:::: : ::::: : :::::i i::i `──-′                `-──´.y::::::::::::::::::::
    l::::l `::::: ::::::: :::ハ i::i               i                  ,::::::::::::::::::::::
    l::::l  `:::::::::::::::::::ハ i:i              │            ,:::::::,'::::::::::::::::: いやあ……もう本当……ピンポイントで下位鯖(しかも弱すぎない)を引いてくるなあ……
    l::::l   `:::l`::::::::::::ハ ij             ,'             i::::,' i::::::::::::::::::
    i::/    `::l`::::::::::::::ハ          丶              i:::,' i:::::::::::::::::
    j/      ij `::::::::::::::::\                          i:,'  i:::::::::::::::::: ハサン、林冲の二の舞になりかねんで。
           `:::::::::::::::::::::ヽ         < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ij  i:::::::::::::::::
            `::::::::::::::::::::::::ヽ         `─-          i:::::::::::::::::


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::ハ::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::.
    i::::::::::::::::::::::i:::::::::∧:::i i:::::ト、::::::i:::::::::::::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::i!::::::::l l:::| |:::::! i::::/!:::::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::ト::::::::l'-l:::! |::::i _!:,'-|::i::::/i::::::::::::i
    |:::::::::::::::::::::| ∨/ ∨ 从j .|/ リノ !:::::::::::゚

    ∨:::::::::::::::::| ィ======ァ     r====ァ|::::::::::゚     敵にするとうっとうしい(活きる)が味方鯖にするには扱いにくい。そういうサーヴァントや
     V::::::::::::从 匕´:::::シ     匕´:::シ i:::::::::゚
      ∨::::::::i    ̄ ̄        ̄ ̄ i::::::::i
      ハ::::::::ト、         i      イ::::∨
     j  i::::::::::个。       △    , '::|:::::,'
.      ,从ルj人| ヽ         /::/i/|::/
           __|   `  - </从j j !,'
        /i:i:i:i`ヽ      〈
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    |i\


《小霊地・アメリカ軍駐屯地》



      /                      丶
      /                         ヽ
     /       .                   丶
    :ノ        ::    ヾ ヾ            丶
    i         ヾ    :ヾ::             :i
    i   :l      :l  /             :i  :l
    |l:l  ::l     ._/-:::|              :i ::::l
    l::l:丶 :::l   _./k"´イ:l     :         :| :::l
     ::ヽ:::ヾ:::ヾトル'''"ヘリノ :l     ::        :::l :::|
      ::ヽ_メ/ ̄i  "  :::|::|    :::       :::|/
           /      l∥   :::::l     ::::::::::イ
          ./      :::リ:l   :::::::i   _,''ニ'"´|          長官……つまり、政府はその『聖杯』を手に入れろ、と。
          `"''''ヽ..__,,..、 :::|  :::::::::|レ-‐'ニ´''":.:.:.:.:.:l
              ヽ-  ::::l  l/ニ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
               丶  ::|/ヾ、イ/:/":.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::ヽ
                `'''"  ::il|ヽ/<:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::ヽ
                     :i|ⅰ/ ノ:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  -‐'":::∥l_ニ-‐'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /:.:.イ;;;;/::/;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /:.:./'"//:;;;;;;;:-、::::::::::::::::::::_、-‐''" ̄""''ヽ
              :/:.:/::/:::::/;;;/:::::ヽ::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::



                               -‐-   __
                            /             丶
                     __                \
                       /
                     { (\___
                      /\ \   __\ _            `ヽ
.                {   ┌_'´   / |     |      \   }
                        /∧ \/  | \  |  }     } /
                      _) /  ト、',  ';    |_ }  /レ|/      |
                /  {人 |  \ /\ _/ノイ  /     / |
               ⌒/イ )ハ  __ \//  /⌒) {      ,′ :|
                    { {    :} ( `\|  `¨¨´/ \   |   :|
.                 \  ノ\ `¨¨´|    -‐|  ./|  |  \
                   ノ     \| ̄\l_,/    |/ /    |    ` 、
                    /         \  -──'   /     ;     }
                  {      {     {^>──- 、 /     /|  /  (__
                 _)       )\ ./  / ̄ ̄|/     イ/|  :{   |⌒
.             ⌒)    |/  } :|     / ̄} |    _,ノ/>-─‐-ミ     ああ。万能の願望機……そんなものがあるならば独占しなければならない
.              {   /}ノ-‐=ニニニ|       /} |  (ニニニニニニニ>‐
                    \(ニニ二二二|      __ノ ノイ .}二二二ニニニ/ニニニ‐
                 ∠二二ニニニニ|      /二二|/ \二二二/ニニニニニニ、   これこそが我らがアメリカ、トラスト、カルテル、コンツェルンの元祖、
             /ニニニニニニニニニニ/|       |ニニ/    |\__/ニニニニニニニニ、
             ,ニニ/〉/ ̄ ∠ニ{       丿ニ,/     \l二二>''´ ̄ ̄ ̄\ニ、  アメリカの真髄だろう?
                |ニニ|_//   ∠二二\  /|ニ/      く \二∧  \| ̄\ ∨:|
                |ニ[>/ ∠ニニニニニ\ノニ|∨ l二二二l <⌒ \,∧ /\_」 |ニ|
                < ̄ ̄ ∠ニニニニニニニ\|   |      | /    \\\__|\ /_/                      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
.          __   / /lニニニニニニニニ/   l二二二l /        \二二二/                        l い、いやそれは……     (__;)
        / ) {   /  |二ニニニニニニ/        /           \ニ,/                         ヽ、___________,ノ
.        { ̄\ \_ /,l   |二二ニニニニ/         /           //
     { ̄      _|_{ニ|  \ニニニニ/         ′           / /
.     く      ∠二二> .,__\ニ/           /            /  /    ともかく、私と君は名指しで指名されたんだ。文句を言わずついてこい
     (_    ∠二二二二二二><--------‐へ /\           /  /
      \  {ニニニニニニニニニ}          }             /  /


   ;'         ;'ヽ.        ',
   ;'      ;'  ;' '; ';';  ';  ';   i
  ,i ;' ;'  ;'  ;'   { '; ';';  '; ,.';,,...;┤
  l i  {  l i_i__i__ ', '; ';';彡'」ニi{::.  l|
  ',  ', ',ィH==;=ミ',イ.  ィ.iフ:i.ノi::.  li
   ',  ', ',ゝゞr'‐''/    ´ ̄` l::.  l|
   ',  ', ','"  /  ',     ,!::.  l|        しかし私は……魔術の素養はおろか知識すら不十分。聖杯戦争を勝ち抜くにはいささか不相応かと
    ',  ', ',.,ィ"    ' _.   ノ::::.  li
    ',  ', ',、   '" ̄   /:::::::.  l|
     ';',,' ', ','`‐,、_   .イ'`‐,、::::.  l!
.    __'`‐,、_ ;`‐,、_ "''-" ,i>t__'`z,、 |

    j il il ` li~"''-、ヾ.、斤´il il li `
   ,ィHニi=ミ'`,、 _ri_ `,コフ il il li、



\    !|  / .i' /,レ' /      )  i i
 ヽ   ヾ、! 人,i|' /     /  | |

  ヽ   ヾ、 | ヽハ|      /  / ./
    !、   ヽ┤-=─-、  /   //
    ヽ    `!、<、 ̄i_! (l´ ,.r'"~
     ゙、    i:::.`─' .:::.\/
     )    !:::::::`l ::::::::. \

     / ,'i   /::::::::: | :::::::::::::. \         心配いらない。そのために今回我々は……協力者を用意した。
     l// / `゙-、;:::::|────-`
      /  ゝ、  `゙-:!  r'"く
     ヽ   ヽ,  -─┬ '  ヽ.         同じ聖杯戦争を戦う、同盟相手のような存在だ
.ヽ、    ヽ    )   -‐'  i.   i
. メ\   /  /   ト、  i 、(
 ̄\ \ ( /ヽ、_.ノ  `゙-、,`、ヽ

ヽ、|ヽ ̄ヽ、ヽ`i、  \      ). )


    /                  ヽ

.   /                     ':,
   /   /      ,            ',. ',
  ,'  ;.,'      /!    /   _!     !. l
.  ,'  .,'.!       ,'''! l   ,' ̄ ̄ |     .|. |
.  |!  |.!     i.,'_| |   l-----.| |    ,' .l
.  !  !|,,、    .|l| !|',  i.| __|,'|,!   ,' !
   ',!,'、!' ',!_,.---!'!,,_',!ヽi, |',!"-''=r;;'';j!'ィ .,i/ ,'
    ヽ  .|.ヾ"i,,.;;:'j‐` > '  ´--゙--゙' .,'// .l     ! それは心強い……
    |  |'、 `" ̄ /.l        /!   ,'
    |  l ',  /.   !       /,'/  ,、!
    '|  |.',. ヽ/     `     ./`,',i  ,/!'      して、それらはどんな方々なんだ、長官?
     ', | .',//`' 、  ー―‐'  ,. :'|、 ' ,' .,' '
     ',.l,!'//  l'-'、;、   ,._'´.-'. | ,' イ!
    _,. -'!//   ,!  ``ー'"    !./.'//'‐ 、_
-‐ '´    ヾ、  l          ,.!'.//   `' ‐ 、_
        \ |\      ,. :'",!',.'        `' - 、
         ヾ!、. `' ----‐ ' _,../!'             ` ‐ 、_
     _,,、    ! `- 、_  r‐'゙/ |    r- 、_          `';



                 _
             <. . . . .>. . . . . __

           /. . . . . . . . . . . . . . .-=ミ. ,
         ,ィ. . . . . . . . . . . . . . . -=ミ. . . . .,
        {. .r ミ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,

        ゝ.∨/////≧. . . . . . . ., . . . . . . . . .,
      /. . .<//=' 、  /|. . . . . . }. . . . . . . . 丿

      ∨. . . .| ヘ  Y´   | ヽ. . . . ! . . . . . . . .{
        }. . . . .ト-` 人   `´}. . 彡'}. . . . . ; . . !
     -=彡 . . . }  {  〉 '´ ノ = 、/. . . . /. . . |
       {. . . . . } t-- 、   ー‐' ヽ. . . .{ . . . |
       }. . . . .) ー'  l!  _ | /|. . . |. . . {、
       ノ. . . . .ハ--= 、 /  l/   !/. . !. . . . . ,
      /. . . . . . . . ヽ_  _ __ ,  ノ. . . . . . . . . . 〉
     {. . . . . . {. . . . | ヽ 、--- 、/. . . . . . l!. . . . (       女装に長けた魔術師だ。

      ソ. . . ノ`ヽ. . } `´/ ̄―‐t . . . 丿{_._. . . ゝ
      乂. . {   }. .|   / ̄} ̄|. . . .ィ´三三三二ミ 、
       }. . ./二三三|     斗} /. . {三三三三三三三≧x
.      ∧.{三三三三|     r'´{. ._乂ヽ三三三三三三三三
     /三三三三三.ノ     ,'三三/   \三三三三三三三
      {三三>' ̄/{     /三三/     }三三三>=--―
      |三/  /ニニ\  .{イ}三ニ/     {リ三三ヘ  _|`ヽ
      |/  /三三ニニ\丿|. \/----z  {  `ヽニヘ < \
     <  /三三三三三三ノ  |    |  /    `丶  \|\
    <ニ>/三三三三三三/    !―― | ./       \====
    /  /三三三ニニニニ/        /          ∨三


            |              |           | {: :| | : : |
            |                  |.          | ヽ:| | : : |
            |                 |        |  .| |一|
            |        , -- 、_ |         |  .| |  |
            |      , -'": : : : :``ー 、     |  .| |  |
            |,   、__ {__: : : : : : l: : : ヽ    .|  .| |  |
               {_}  ゝ { /   ̄六 ー-、_} : : rノ     .|  . | |  |
            < ̄ く /T≧;;┘└≦ーヘ: : ハ     |―┤├―|  |

              `Z <j j(__)'  `(__)U ゝ-<|、   .|二二二二|  |
              ∠- l {u    ij   Uゝ、__ノ l \\ ┘     L....」_ l
                |l ヽurェェェrュ ij  }    l   \\          ̄`              !   ?
                'L..、_ゝL...........}  /イ、_... ┘
                 。 ゚ . ̄ ̄入__L_      に二二二二二二二二二

                       /しヘ__ノ ヽ\    | |
                    _,,../___,,..  ヽ    | | ,-、。_,.-、 /}-、
                   r「{_{,「    レ{>rヘヽ   .| | Y⌒ヽY { '/  ̄フ
              ___r'"´ ̄ ̄ ̄ ̄\゙"`ヽ、V⌒`ーゝ_「_ノノニゝ┴=二.._

        __,, -‐  ̄     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 丶、 ヽ: . . ̄. . . r┘`ヽヘ   ||
.... -―   ̄ /               ヽ    ヽ  ヽ、: : : : {    } {=='
                               \  `<_ ̄``ゝ、___ノ'` - 、_
                                `丶、  `丶、     \ヽ



           /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
       |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
       、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ
         {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}}
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
         /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
          {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
           \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉         しかも聖杯戦争の勝手を知っている御三家だぞ!
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
              |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/

                /.::::::::::| ll ′ ′ , /..:::::::::::::::/        これ以上の味方はあるまい!
             /.:::::::::::::i l}  -‐'´/..::::::::::::::;ハ
          rヘ___レ-、:::::/ 〃  ./..:::::::::::/  l
           /::::/ r-‐ヘi/ 〃   {:/⌒L_/     !
        /::::/:U「「ln;/ 〃   i´ ,.`''T''‐′     |
          /::::;化!`^^'7′/〈_  _ノニ;'゙,} |       '、
       /::::/   /  /::::/ (ニ イ// {,j          \
       `'''′   {   /:::::/   (//              \
            \ /:::::/              ,. ==i=、}
            / 丶              〃  ヽ、∨



               /: : : : :   /レ l   !\  ト\
               /レ:/: : : : :  l M | !l:\ Nトl ヽヽ
            /N/:/l: : : : : l l/ リ l:l、 ヽl \トl

             /: : : :lN: : : : : !    |lリ ヽ:!   l:
           , : : : : : :l: l ̄三'ー- 、__l' /从__lN: .

            l: : : : : : :l |斗=z≧ミ=一'} / ∠≦z/l`
             l: : : : : : : l l  上ニ!  / く __lトK! | l
              l: : : : : : : :トl    ,. -‐ ´ .::::::.   ̄ l :リ      (頭が痛くなってきた)
.            |l|: : : : : : l:l       , -、,、    /: :l:
.            l'l: l: : : : :lトl、      /⌒∨   , ': : :l l
              L:L_ N| ! \  └ 'ニ′/: l: : :l/
               ̄ ̄「ニ > .    イ_N|: : : :
                 |  >二 >―彳|     ̄ ̄
                ,.へ  〉〉 |||トィ !、_
           _,,... -‐''´:::::::::\トl |||77 /:::::``ー‐-
     __,,..-‐''"´::::::::::::;;;;;::::::::::::::::丶 |||_/:::::::::::::::::::::::

 ,r''" ̄::::::::::::::::::::::;;-‐''´ ヽ:::::::::::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::::


《霊地の要・文化遺産知床》


                   ,. -‐    ̄ ̄   ‐- .,
                  ,  ´              `ヽ.
              /            ヘ      ヘ
                , '     , '     ',    ハ      ハ
            /  ,  /  /         !    l     ',    !
             /  / /  /   ,ハ   :!  . : !.     !    !
              リ  ハ ソヽ. !  / / _ノ_/  : :/     !   l
           丶 ! ァ=ッ、! /  ´///`/゙: :/     !:   !
           / V「 fィ::} リ´   ,.ェ=ッy,///       !: :   l
             /  :l. マ,ノ     ' ム:::}!`> /     ノ.: :   |
.            /  . :! " ノ      弋'ノ ' /     :,'.:.: :   l     ここが霊地の要? ふぅん、悪くないじゃない
          /  : :|  丶        ''  /       /.:.:. : .  |
         ,'   : : ',          /      /.:.:.: : .   |
          i   . :!∧ ゙ヽ        /  ノ  : /.:.:.: : : .   l
          !   : :!: :丶       / /  : :/.:.:. : : : : .  |
          ノ|   : :|: : : :ヽ _  -‐//   : :ハ.::.:. : : : : : .  |
.    ,. -‐「:::「!   : :ト 、, へ:ノ   /     : :/: :ヽ:.:.: : : : : :  !
   / ヽ |::::!|   . :人:::::〈:/  , '     : :ノ .:.:ノ-:::―; ,―- 、
.   {  ヘ.|::::ノ   / : :)::::|    {   . : : : : :.:.:/:::::::::::///⌒ヽ



               _ __.......、_
              >::::::::::::::::::::::ヘ::ヽ..___,
          γ::::/:::::::::::: f:::::::}::::ヽ:く
           f:::::/:::::/ /:: ハ::::::::::::::::i:::ヽ
         .i:::::::::::::::/斗爪.{:::i卞、::::::::: ハ
         .l:,::::::::: f乂 レ  ヘ乂`从::::::i .|
         .i {:r 、: i  ○ :::::::::: ○ i::::: {
           人::i .ヘ:i      i    f:::乂
          }::入 u.  _____    i从
       _. .=: T i. .ヽ   .|iiiiiii|  .ノ
 .     γ: : : : : i: ヘ   > 二 .< ̄:.ヽ        悪くないっていうか最高の霊地なんですけど……探すの苦労したんですよ?
     .f: :._: : : :.ヘ: :.ゝー、 ノヘ: :ヽ: : : : :.i
    ..{: : :..\: : :.i: :..:ヘ    ';..:.:ヽ: :..: l

    ..i: : : : : :ヽ:..|: : :..:ヘ    }: : : :∨: l
 .     }: : : : : : : レゝ--- ゝ.}.__ノ:r==.i..:.{
 .     i: : : : : : :..{: : : : : : : `マ/f : : : : i: ノ
   _. ∧ : : : : :..:`i: : : : : : :i: i}:.i: : : : : l |

 γ: : :i ∧: : : : : :.:L_______:..|: i:..i:.r.-:-:f:.i
.../ : : : ゝ.∧: : : : : : }-o--f__:/=≠-‐く:..:l


                 \ニニ=─ァ…/~~ ̄¨「 ̄ ̄ ̄ヽ ̄¨ …‐=ニ/
                    /´   ′    / !    | ハ    |  {
                       ′   |   {/   |  i_ } |  }    i|
                       |   !   {   /} 厂}从 /ヘ     l|   i
                      |    |  /‐  / 八/  / }/从|    |   |
                     l    | !∧{ Ⅵ/    ー===彡^     |  !
                     |     |从{_,彡'\           |    |    。
                      |!    ヘ{^´     、         | /   : :.
                       |l    |∧         -─┐   Ⅵ  |: . ∧
                  l     |ヽ      ∨⌒^ノ    ∧i   |: . / ∧    でもこの高名なるアディリシア・レン・メイザースを迎え入れるには
                   | i  ! }込     こ     仏 |   | : . / ∧
                    !|    ∨ : : }>        /  l/{   }|  : . / ∧      上品さが足りませんわね
                    ゚!   ∨: / : : : :|` ー ´   イ} |  ∧: : : .
                      ゚/|   !/:/: : : :{ニ=─==彡〈{ー|   ′ : : : : .  ∧
                /  |     ‐==r─/ ⌒≫}{≪⌒^}}!    _]ニ=‐ / ∧    ちょっと待っていただける? 一月もあればここに豪邸を
                   /  」    |ニニ{    {< (__) >} / ′    _}ニニニ=┐_ヽ
                 ′ =ニ|     |ニニ∧____ 乂{二}乂 i|  /   _]ニニニニ}.:.:. \
                //.:.:.{ニ|     ∨ニ∧  `      i| }/      从ニニニ.:.:.:.:.  \-ミ     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                  / .:.:.:.:.{叭     ∨ニ∧        {∨      〈ニニニニ/.:.:.:.:.ヽ     ヽ     ) 世界遺産なんだから     >
            / :.:.:.:.:.:.:.Ⅵヽ     ヽニニ\       }/      / }ニニニ/.:.:.:.:.:.:. \       <そんなことしちゃだめです! >
           /   :.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{ \ヾ   \=ミニヽ   /     / _]ニニニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.   }  } }L_  <                 (
          /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ  ` ー===彡 Yニ\∧__,,彡  / _]ニニ/.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.  ー─…=彡^Y /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
        /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ヾ          _]ニニ∧ [__   /   _}ニニ.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.         __]
       ‐={    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:∧ \        _]ニ ▽ [__ ,,,彡   _]ニ/:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.       __]
   Y´ー ^¨~ ̄  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.:Ⅵ[_ ー==一^~ヽ{△/       /_]ニ.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ー …=彡]


          〈         _   ―  二ニ -‐  ̄`ヾ
            \r= ニ二二  ―    ̄          丶  ヘ
               /                  ヽ     ヽ. ',
                ,'   /                ハ     ',  ,
            | !  ,'          !      !   |!      i  .
            | |  !         l   ,'  !  !  !!       i  i
            l l  |     !  ! !  .! ノ,. ┼ ‐!i       |  |
           ノ !  l    !,-十.‐ト八   レ'´ ノノヽリl      !  i
             / !   ! .!  !  !ヽリ   \ !      ,.ィ|     ,'  ハ
.            /  l    乂 リヾノ  彡   ` ゞ==''´ l     /、/ 人            ……にしても、私の願いを考えると非常に幸先のいいスタートね
         , ' ' !      ァ===''"       .:::::::::: !    / j:.: ̄: : : ー- .,
          / ,'  |     |ヘ .::::::::::   !         !   ' ,'.::.:.:.: : : : : : .  !lヽ
.        ,'  .!   !       lゝヘ       ` _.    i  ,' .ハ:.:.:.: : : : : . . . !l::. 〉     霊地の要も押さえられ、準備も十分、
        i  l!  !       !.:.:.:.丶.     ̄‐     /i  / / ',:.:.: : : : : . .  !j:. ハ
        |!  |!  l!     l.:.:.:.:.:.:.:.ゝ、     /  l .' ./  !:.:. : : : . .  /.' / .!
      ノ八 リ/.:.li     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ`>‐  ´  x'!  /  人:.: : : . .  /.' /  !       そして……願いにつながるサーヴァントを呼ぶことができた
     / !  〈 .:.:.::|l     !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ     / , ! ./ /   ): : . . // /  |
.  /  人  ∧ .: 八    リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ ̄二´/ ノ ノ/  /j: : . . .// /    !



         / : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: \_____/
         /: : : :/: : : :/: : : : : : : : : ∧: : : : : : : : : : : : : : : :∧: :∧_)
.      /: :// : : : : : l: : |: :|: : |: : : :.∧: : : : :.\: : :\.: : : :.∧: : :ヽ}  ̄ `ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   ./: ://: : : :/: : : :|: : |: :|: : |!: : : : ∧: : : :!: : :ヽ: : : \: : :.∧: : :}     \|       よろしくね、バーサーカー            |
.  //// ://.: : : :.|: : : : |: : |: :|: : |l:.: : : : :.ハヽ: |: : : ハ: : ::ハ : : :∧:∧\      \_____________________/
 // :// ://.: : : : :.|: : : : |: : |: :|: : |:!.: : : : :.| | |: |:」 -‐┼-ミ.:|!: : : :.∧:∧ \

/  :////.: : : : : :.|  斗-┼┼: l:|: : : : : :| | |: |/ .|/从:| : : || : : : : ∧:∧  \
   //   ハ: : : : : /:!: : : :.|从lヽ|ヽ从: :ヽ: :// :|/ x=ミ |ハ || : : : : : :|: : :\____
       l : : : : : /: |: : : : |.x==ミ \ノ// /  {ひ:::: `ヽⅥ l: : : :.|Ⅵヽ: : : \: : : : : :
    / |.: : : : /.: :.|: : : :/{し:::::::::::l        |::::::::::::::ハ  l : : : |: l|:∧: : : : :ヽ、: : : :
>"´ /|: : : :/|ハノ:|.: : :.{ Ⅵゝ─イ           辷二ソ }  | : : : |: l|: :.|: :ヽ: : :∧\: :
/   /: : |.: : :.{ | |:/:|: : :.ハ弋ニ='                  / /从: : :|: l|: :.|: : :|、: : :∧     コクッ
   /.: : :.∨: :.|ハ| |: : : :.∧           i         ///: : : : /‐l|: /|: : ハ: : : :|
  :/: : : : :.l∨ :l   :|: : : : :.∧         、_       / /: : : // /  ̄|`ヽ/: : : :.|.
´ ̄ ̄ ̄ :| \!   ∨: : : {  丶       ー '    /l /: : : // /   :!   \: :/
        ∨  \   ∨: :.∧    >  .       / / /: : //     |    }/
       ∨`ヽ   ∨: :.∧  \ | ヽ> </  / /: /       /     /──
        / /\.>  ∨: :.∧   ヽ',  \ /  / /イ/         /    /
   , - ´Ⅵ、  |    \: : ∧     ',   \.//          |/ ̄\./
,  ´      Ⅵ、  !/    :\: : \ / \ o   \             |/ ̄ヽ 〉`ヽ
         Ⅵ :/          ̄/    \    \        |  .//    \


         ...-‐‐‐-..、
      __.ノ::::::::::::::::::::::: ',
        7:::::::::::::::::::::::::::::',
      i::::::::::::::::::::::::::U::: i          (あれ? 私もしかして空気?)

      ハ:{:::::::::::::::::::::::::ノリ

         .从::::______:::レ
       r:.´.: : : |: : : : :7
       >-‐≠、:.フ ̄.ヽ
     f \: : : : : }: : : :../:.i

.     '; :..:ヽ,i: : : : :.:.レ: : : /
     ∧: : :.ヘ:,: : :..:/: : : ∧
     .i: :.》: : :..i: : : :.レ: :../:..:i
    ..ヘ:_:.{: : : :.i |:./: : :.」_:ノ
       .`Y_ ̄.}.|.{_ ̄.7
       ハ  ̄.∨. ̄八

        /ニ.ヘ  i  ./i二}
      f: : :..∧ | ./: : :..:..',


《中霊地・函館》

                      . . .-―   ―- 、
                  . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : . 、_
              ,. '": : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :.!/ハ,、
             _/: : : : : : : : : : : : : :丶: : : :ヾ、:.ヽ: : : :.!//ト/> 、
         ,ィ/.: : :/: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : :、: : :!//l,: マ///>

         イ//.: : :/ : : : : : i: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :ヽ: :V/∧:.Vく´
      ∠// !.: : :,: : :l: : : : : : : : : : !; :、: :.ヽ: : : : ; : : : :,: :「/,「: :.V,ヽ
       7/,l.: : :.!: : :!: : : : :!、: : : : :l. ; _,.: :.!-; : : :!: : : : ; :.!/,!: : :.V/,ゝ

.       ///!.: : :l: : :.!: : :l: : ! ヽ: : : :! ゙、 \l ヽ: :.!.: : :!: : :l/_!: : : :, ̄`
       ////!: : : : : : l: : :l'ヽ:, ̄ ヽ: :l  ヽ ィ';;;;;丁!:V:.l: ヾ:l: : : : : : ,
.       ̄ ̄!.: : :l: : : :': : :!  !    ヽl.   '´ ∨ツl l: V:l: : !:.!: : : : : : :.
          l:.;!: :l! ∨: :': :.! ,.-― 、      `´ !.!: :ソ: : !: !:l: :l: :.l、: :,
           | '.!: l!: :∨:lヽ l ´       :.         l: : :!: :ハ:.l: : l:',: !:ヽ:!
           l:l l: !l: : :∨l ヽ!、       ヽ        ,l: : : : !: ';i!: ; : !:l,ィ,.ヽ,.‐     ふふ、まさか遠坂家がこんなに没落しているとはね。
.      ー-ll-l:.l.l: :i: :ヽ!: :l ヽ    、  /   イ.j/: :!:.ト、 }/: ;.l l:!  '"‐-
          >! !:!.l: li: : :l'; :l: :!> _       /iー-、!:.l/ヽ './/}!  '"‐- _
      <  ! lハl .l: : l l: lV ト, ヽ  iー-  _.L.  !:! >、.Y'"  )  -ー   ´
.        \    ! !: :l ヽ!   ヽ ,iニ二二___l-, リ乂 ヽ. / ノ〉   >
       ,.イ、      !: l      ,j::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::l  ! , ' ィ,.ノ   _,._ヽ、   宝石こねすぎて頭がおかしくなったかしら?
     _ -  ー_    l: |    ,. ノ::::::::ー-:::::::::::::ゝ::::!,イ ヽ'"_,..」   、 __ヽ
   <        /   .!:l    > ̄ ̄ ! ̄ ̄ ̄,. イ { { イ⌒ィ ソ   _\ ` - ._
.     ヽ   、 `  、   !   乂.   l    ´( .{ ,! ノ 7"´  _ヽ⌒     ,  /
      、  \  ´⌒ァ !   〈 、  l   ,.、 )ィヽr .ノ´  __\      '"  /
        〉、   ` ヽ´ 7 ,    ト二ニ=-=ニニゝV i/ j  _, ヽ `,         〈
     〈  丶     ,、 / ,. ,、!ニ二二二二ニ( V イ  > ,.  "        ヽ
     /    ー- < > / ,.仁ニニニニニ'ニr { /}、ゝ ̄           /
.    /        `´,ヾ、/ー=二二二二二二〉У ) >             ヽ



      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i

    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、

   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー          こっちだって、間桐がこんなにぼろぞうきんになっているとは思いませんでした☆

    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ             女装癖のある変態魔術師が当主だなんて、間桐の家系断絶もあと少しかしら?
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ


               \      ☆
   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//     ☆
    ) 自分のことほっぽり出して  >ヽ   /
   < よくそんなこと言えたわね!>  ⌒ヾ   /
    <                 (  ::⌒  )
    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;) 先に言ったのはそっちじゃ  >
               (⌒::   ::     :: <      ないですか!    >
              / (    ゝ  ヾ 丶 <                 (
      ヽ~~~~~~~~~~~~~~ /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^



                 ____y⌒ヽ

              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .               /|
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l    /  |__
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|    \  /
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./V {/ く{{: : : : : : 人:.: :. :.:.|     |   \
        Y:\:\:.i!: : ≠ーッーくヽ   X_><  }:. : 人      ̄ ̄
       vヘ: Y⌒ヽ {{  l、,_,,ノ     〃`ヾ\ ./ : : :丿
         \丶 `           ヽ=,ノ  /.:.:.:.:/:}
.            〉:ハ         ,      ノ: : :. :j丿
            '⌒ヽ、 u         =≦_ /ソ      ま、マスター!? 二人ともけんかはやめてください!
                  | ヽ   (⌒)   /¨
               __}   \   ,  <ノ
           /^V    `¨´r─ 、
         ___{   \       ヽ   \_
     <    .│   \        ハ `丶
    /   ヽ   |    /`r======ヘ ./ }   |
.   /.       l____/   |、____ノvヘ }    |
.   }.         |      l。|: : : : : : : : | 「   │

ア、アストルフォ!?

>>735
AAはアストルフォですが中身は別人です。アポクリファの鯖がこのスレに出ることはほぼないと思われるので……。


                 __

            _ ,, *''"`*。  /\/\                     ャ'二”“''*、 ,ィ'i
          ィ''" / 、”ミ* ミ \/  /ミ*、                  Σ ''”“''*、_《 ノ
         /  /  l ゚:, ヽ  ヽ /  /\。。_ヽ.               l^! [〕[〕 ____''’》ユ、
         , / l  l  ',、 ゚:, ヽ.゚:,\/\/、 ”''s *。.          ⊂ニ  ニ⊃ |┌─┐iy".〉=`*,
.          , ! .l ', ',ヽ.゚:,. ヽ゚:, ゚:, l  ',ヽ.__/ 、*。` 、_,       /7 ||n  ||  || 〇 O 0
       /   l l l  l ', ',.*''゚:,_ 'ヽ l  } \ r'’、      .     lノ U ∪  L..二二.ノ≫-'’,ノ
       ,l   l l l._ ', ヾ ,イi㌫:i :’  ゚:,''i” ゚:,  ゚:,`''                    ,ノ 。*"i ゚:,
       l .!  .l l !,,”__',     `''''" ゚:,ヽ ゚:,‘''"゚:,`*。`*。                 __i”。*" i  ノ‐'’
       l ,!  .l l "弋iリ ,       /. ヽ. ゚:,ヽ.リニニ*''" ヽ'゚ヽ.ィ''ヽ.            __/. ≪ / 。*’
       l, ,  ',  ゚:,   , "’}   '’ ヘ ζ`'   fiュ'"/__゚:, ヽ_ヽヽ゚:,'ヽ.r'’`*。'"二(  。*" __,ノ     ごめんごめん。
       i!. ゚:,  , ', \  ` ー ’, '’ 。*"}》     `i ゚:,.*"*。ィ"、,.。*"ー,ィ ,。 ,。*" 。*"_/-'’
.         ゚:,.  , ト、゚:, ” “'''"!,,*" ,,ζ   . ; ;   〈   ゚:,  `'`*。*'"`*。__/-‐''"
.           ゚:,゚:, , ', ゚:, ゚:,ヽi!,イ‐''" ζ  ::.     ト、!.   ゚:,                        まー、本気でけんかしてるわけじゃないし
          ゚:,iヽ'  ヽ.', {_,,。*"i}       i N       ヽ. ,,  *   ”””“ ヽ.
           £゚:, ,    { ζ ζ      ,イ’ _ ,,    ''"
           イ  ゙::.  L,,__/レ'i  .,ィ'i/!,' "                        \
             !レ'i     l     l/i/>二}
              l  レ'i   i! :::::: :: <ノ _,ノー── ----               ,.。。.    \   間桐と遠坂が組むことなんてなかなかないものね
              l   ゚:,,,,,,:’ ::::::: ::  。*"*。                  ,.斗*''“: : : : : :“ * 。. ゚:,
              !  々 .ノ-‐''"ー‐ ./゚:, ゚:,i:i:i:≧s。.        ,.斗*''“: : : : : : : : : : : : : : : : : `*  このチャンスをものにしないと、後で絶対後悔するわよ
           ;     7*, ___,:’i:i:i:i:'''''i:i:i:i:i:il::::::::≧s。.  。*": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `:,
           ,    ./ /  l li:i:i:i:i:i:i:il:i:i:i:i:i:il,ィ'ヽ.__,ィ’: :’: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚:,
            ,    /゚:;i:i:i:i:i`”i:i:i:i:i:i:i:ii!:i:i:i:i:i:i',”“''ー`i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚:,
         ,   ./: : : :;i:i:i:i:i:i:i!:i:i:i:i:i:i:ii!:i:i:i:i:i:i:i',,,,,   l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚:,



            , '´                     \
           //   /\/\           \
           / /    ミ \/  / l            ヽ
         / /   ./ /ィl /  /\ト               ハ
.         / /   ./ /ハl \/\/ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l   その通りです。がんばりましょう。
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l

.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ   (それにしても……私たち二人からこのサーヴァントが召喚されたのは……
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ    ある意味必然と言えるかもしれませんね……)
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i            l^! [〕[〕 ____
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l       ⊂ニ  ニ⊃ |┌─┐i
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l       /7 ||n  ||  || 〇 O 0
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l  .     lノ U ∪  L..二二.ノ
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ


すべての陣営を描写していたら時間が足りないので、今後はいくつかの陣営に絞って描写します。
今回はこちらで三陣営を選びましたが、以降はターン終了ごとに安価で陣営を三つ選んでいただき、その陣営を描写します。


┏┓                                              ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

  ┃                                              ┃
  ┃       それでは一日目:朝の行動を開始します。             ┃
  ┃                                              ┃
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓

┗┛                                              ┗┛

《現在の状況》
アーチャーのHP:70/70
アーチャーのMP:230/230

所持する礼装:なし


単独で行えるのは回復コマンドと準備コマンドのみです。
PCでないカイトとアーチャーはコミュは行えません。
能動コマンドは、通常は三つの行動枠の内一つにでも選ばれていれば、他の行動をやらずに全員でそれを実行します。
ただし、アーチャーだけは単独で能動コマンドを行うことができます。


∇準備コマンド∇
・礼装作成  (魔術師の通常スキル。礼装を作成できる。成功率はマスターの魔力%)
・コミュ   (対象を指定してコミュを行う。離れた場所に居る相手とも、一度友好的に接触していれば電話で話せる便利な世界)
・情報収集 (他陣営の情報を取得できる)

~能動コマンド~
・移動    (別の霊地を散策する。巡り合わせで戦闘が始まることがあるし、交渉ができることもある。空席ならそのままその霊地に陣取ることも出来る)
・襲撃    (敵陣を襲う。戦闘時にかかる魔力を、規定量失う)

†回復コマンド†
・魂喰い   (一般人を殺して魔力を得る。魔力を200回復できるが、50%の確率で、居場所情報を全てのマスターに知られてしまい、犠牲者も爆増する)
・休息    (魔力と体力を回復したいときに有効)

何をしますか?

↓2エダの行動
↓4カイトの行動
↓6アーチャーの行動


{{    ノ \
.`ー-‐ '  ノ\

. \_ ,x'  ノ\
.   \_ ,x'  ノ\
.    \_ ,x' ノノ\

      {\_彡'  ノノ
     ├─┤_彡'\ _              -‐  _
.     / ├\    \ ヽ          /i|i|i|i|i|i|i|i|iヽ
     /   |/ .\   ノノ  V        /i|i|i|i|i/ ̄¨∧i|',
.    /   /{  厶二彡   }\       {i|i|i/ {\_/}/Vi|',__
   /_./  V        厶/ \     .|i|i|  i i   /Vi|i|i|i|iヽ      情報戦で勝つために情報かき集めるぞコラアアアアアア!
   ` ー'    V       厶/\ \   _}i|i| i | | ‐-ィ{乂}i|i|i|i|i|i|i|',
          \ ___ ,イ/\ \ } ト、/i|i|i|レヽ. -‐′〉 /i|i|i|i|i|i|i|i|i',
           \  \ \  \ ノ  .}i|i|i|i|i|i|i|i|i|i≧,,_ _/i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|',
             \  \ \/ゝ、  乂i|i|i|i|i|i|i|i|ノ  / ̄\|i|i|i|i|i|i|i|',
              \__\/  ∧    ̄ニ=‐--‐=ニミ、ヾ ',|i|i|i|i|i|i|',

                  「 {つ /、i|i|i|>,_         } ',|i|i|/|i|i!',
                  ヽ─-┐}\i|i|i|i|i|i|/>,,_____/_,ノ/  .|i|i|i〉
                     { 二二} | {_\i|i|i/\     /|i|i|i{    レ'
                   \ \__j |  .Ⅳ|i|i|i≧‐-‐≦|i|i|i||i|iミ、



__
::::\
:::::::::\
::::::::::::::\                       ,..---- 、 _             ,‐‐―‐――┐
:::::::::::::::::::\                    lド=≠W=≠:::\         /:::::::::::::::::::::::::::|

:::::::::::::::::::::::::\             ,..--、   ヽ__二ニ_"×::〉      /::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::\  ,-、      /   l .ノ//  /l  ̄`ーく    __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
..\:::::::::::::::::::::::::::::\l   `、_   /|    .| </ヘ / | | /| | ヘ ___/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  `\::::::::::::::::::::::::::\   ヘ;;;|  |;;;|   .|7/ | |フ .|/.|//|/ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ ‐ ´
     `\:::::::::::::::::::::::\  \  |;;;;;|   .|〈二r三三三三三| ヘ::::::::::::::::::::::::::::::/´
       `\_:::::::::::::::|;;\  \ 〉;;;;|  .|/;;;;;;;;;\――、_/::::::::::::::_ ‐ ´       ラジャー!
          \;;;;;;;;;;;;;;;;\  \;;;〉  .|;;;;;;;;;;;;;/;;;\__/;;;;;\_/ ̄
           ー―‐ヾ;;;;;\ ...........  |\;;;;;;/\__/\::/ |
          /――――/ :::::::::::::: ヘ__|;;;;;;;;;/\_/\/

         〈:::::::::/ ̄ ̄   ::::::::::/ `ー―、_;;/\  |
          .ヽ/   /ー/.//  l ヽ       `l  \_/
          /  //:://  _/`ー‐、    //|_/_|ヽ

          ヽ‐´/::::://  //;|::::|;;;;;ヘ:::::ヘー―´/  | ||_/ヽ
            /:::::::/ |  /:|;;;|:::::|;;;;;;;ヘ:::::::\――――‐|_/l
            . ̄ ̄ |  |:::|;/::::::ヘ  ヘ__/_____○_ヽヘ
                ヽ_/|::||\::::/  /ヽー       ./ヽヘ



                   / -            _......、
               / ,..、 ゙''、、    _メ゙‐''^''、,゙l........,、
            / /″./  \. `'y-''". ___,   .l、   ヽ
            | ."  .,lン-ー'ニ゙‐'┴=ご´  .|   l.\  .ヽ
           l   /.. ---ノ ゙"lと,.  `''-、!     ゙'r  .ヽ
           /   ,lゞ.i ゙゙̄l.゙う¬'-.ヽ   .,!      |  .ヽ
          /  .i" .l_`',゙"ii、ヽ,,,,..ノ.,/   .!   ゙!ミ<  /   . l
          !  ./ _____〈..../^"'ー'"    .|,∠ニ;;、),! |    !
          / ./ ̄   .` ゙̄''''ー ..,,,    ! _.. 、、/゙/xi|    ゙l
          !  !|              -リ=x,,、リン´.,.iト.|. .lヽ   ゙l
         ,! l│ ---、ヽ     /.,,  ゙く|″ // ,|  .! .゙L   !
         l .ノ│    `      .| (,_,,!.,!リ  .T _r゙./´\"'i  .,!
        _.|  |    ..     -k_ _ノ .l . / /_/\ l l゙ |
       / .|  .|,    ._,      ´  .レ".,//゛ _.  }.l′ |
     rシー''''゙!   .ヽ   l‐'゙`'>      / // ,/゙.,..‐ .|,!  /    分かりました! がんばります!
            l .;;   .\  .ゝ'"      ,,i',゙,゙ ̄''<_/´_.. /   ./
            | i!l.  、.!`-.     .._,,..-''/゛  .\ l.-彡‐´.゙!、./
         !l . l.  li !  .`'ニ''''"´   i′    .l,メヽ、   ゙!、
       ,.. -リ―ヽ |,|| . / ,!    ...イ      |''ー、, `''ー..,、 .\
     ./   ゛  .゙'ミ./  ./ !  ._/ /       l   ヽ,i′ ⌒'''''!ゝ
    /       ,i′ /   レ"_/゛ ./       .|     ゙l,
   /     !/`'-┴-i、.ゞ"   ,/          !     ゙l
  ./     .,彡..,ン―ァ'" !   ._,..r'"´゙'''''"゙''ー'''''-..l.、     l
判定:全員で情報収集

収集先陣営を選択してください。同時にコンマ判定
↓1エダ
↓2カイト
↓3アーチャー


ライダー陣営=聖堂教会チーム

判定結果
エダ 気配遮断スキルにより7点の基礎情報ポイント
さらに、コンマ8により16点 合計23点の情報ポイント

カイト 多重スパイスキルにより、情報ポイントが二倍に
コンマ6により12点 二倍の24点 合計24点の情報ポイント

アーチャー
幸運Eにより基礎情報ポイント2
さらに、コンマ3により6点 合計8の情報ポイント

ではまず、エダの情報ポイントを振り分けます。

メインマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サブマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サーヴァント
Aクラス 1ポイント
Aステータス 各1ポイント
A特徴 2ポイント
A残存魔力 2ポイント
AHP 2ポイント
B各クラススキル 2ポイント
C各固有スキル 3ポイント
D各宝具 5ポイント
E真名 7ポイント
F過去の事情など…… ∞

霊地
陣地レベル 1ポイント
霊地効果  3ポイント

詳しい選択方法は>>274参照。
~の~という書き方をしてください(例:メインマスターの名前に1点)
アルファベット一括で指定することもできます。(例:メインマスターのAすべて)
一度のレスで複数指定してもかまいません。

エダの情報ポイントの振り分け 女装=キャスター陣営に対して つかえるポイント 23点
↓近いものから順に消費し使い切った時点で終了


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター         【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:30          【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:D(20)    【耐】:D(20)     【敏】:D(20)     【魔】:E(10)      【幸運】:E(10)   【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(騎士)              【残存魔力】  0/0          【HP】 70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                 ____y⌒ヽ

              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./-‐ / く{{: : : : : : 人:.: :. :.:|
        Y:\:\:.i!: : ≠/z‐tッ、    X_>< }:. : 人
       vヘ: Y⌒ヽ {{   ー--    厶tッ、 ./: : : :丿
         \丶 `/////       `ー/ /..:.:.:/:}
.            〉:ハ        `  /////ノ: : :.:j丿
            '⌒ヽ、    ,ィ二 、    =≦ /ソ
                  | ヽ  {:.:.:.:.:.:.:l/  /¨
               __}   ` ` し' ̄ ,ノ
           /^V    `¨´r─ 、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【クラススキル】
  ◆陣地作成:-
   不可。彼は正式な魔術師ではない。

  ◆道具作成:-
   不可。彼は正式な魔術師ではない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
  ◆魅了:B
  男装しながら(というより、正確には男性なので男装ではなく通常の服装なのだが)もその女性的魅力を隠せないほどの
  淫靡な輝きを秘めている。
  【敵陣営男性サーヴァントのすべてのステータス-10】

  ◆精神汚染:A
 精神が錯乱している為、他の精神干渉系魔術を高確率でシャットアウトする。
 ただし同ランクの精神汚染がない人物とは意思疎通が成立しない。
 なお、このスキルは接触した相手によっては伝染する。
【これよりランクの低い精神干渉系スキルを無効化する】
【同ランクの精神汚染を持たない相手とのコミュニケーションが成り立たない】

  ◆騎乗:D
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み程度に乗りこなせる。
【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、コンマ判定を行う。01234が出た場合その宝具は失われるが、令呪1画の消費で撤退できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


ミス

Dは現時点では開示できないため、サーヴァントのA~Cを全開示します

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター         【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:30          【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:D(20)    【耐】:D(20)     【敏】:D(20)     【魔】:E(10)      【幸運】:E(10)   【宝】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(騎士)              【残存魔力】  165/165          【HP】 70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                 ____y⌒ヽ

              ,.  ´: : : : : : `⌒}}∠≧=‐-
              /: : : : : : : : : : : : : 〃 ̄` 、
      (    /: : : : : : . . . .    : : : : : : : :.\
        `ー=≠: : : : : : : : : : : : : : : . . .   : : : : : : :',
       __/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :. .
      〃 : ,/: /: :./: : : : : : :/: : //: : : : : . . . . .l
      {{: :〃 〃: : 〃: : : : : : :〃 /,〃:.: :. : : :}: : : : : :|
     乂{: :.八: : :.{{:.:. : :./-‐ / く{{: : : : : : 人:.: :. :.:|
        Y:\:\:.i!: : ≠/z‐tッ、    X_>< }:. : 人
       vヘ: Y⌒ヽ {{   ー--    厶tッ、 ./: : : :丿
         \丶 `/////       `ー/ /..:.:.:/:}
.            〉:ハ        `  /////ノ: : :.:j丿
            '⌒ヽ、    ,ィ二 、    =≦ /ソ
                  | ヽ  {:.:.:.:.:.:.:l/  /¨
               __}   ` ` し' ̄ ,ノ
           /^V    `¨´r─ 、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【クラススキル】
  ◆陣地作成:-
   不可。彼は正式な魔術師ではない。

  ◆道具作成:-
   不可。彼は正式な魔術師ではない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
  ◆魅了:B
  男装しながら(というより、正確には男性なので男装ではなく通常の服装なのだが)もその女性的魅力を隠せないほどの
  淫靡な輝きを秘めている。
  【敵陣営男性サーヴァントのすべてのステータス-10】

  ◆精神汚染:A
 精神が錯乱している為、他の精神干渉系魔術を高確率でシャットアウトする。
 ただし同ランクの精神汚染がない人物とは意思疎通が成立しない。
 なお、このスキルは接触した相手によっては伝染する。
【これよりランクの低い精神干渉系スキルを無効化する】
【同ランクの精神汚染を持たない相手とのコミュニケーションが成り立たない】

  ◆騎乗:D
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み程度に乗りこなせる。
【乗騎宝具を使用し、騎乗している場合、コンマ判定を行う。01234が出た場合その宝具は失われるが、令呪1画の消費で撤退できる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


次にカイトの情報ポイントを振り分けます。

メインマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サブマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サーヴァント
Aクラス 1ポイント
Aステータス 各1ポイント
A特徴 2ポイント
A残存魔力 2ポイント
AHP 2ポイント
B各クラススキル 2ポイント
C各固有スキル 3ポイント
D各宝具 5ポイント
E真名 7ポイント
F過去の事情など…… ∞

霊地
陣地レベル 1ポイント
霊地効果  3ポイント

詳しい選択方法は>>274参照。
~の~という書き方をしてください(例:メインマスターの名前に1点)
アルファベット一括で指定することもできます。(例:メインマスターのAすべて)
一度のレスで複数指定してもかまいません。

カイトの情報ポイントの振り分け 軍人=セイバー陣営に対して つかえるポイント 24点
↓近いものから順に消費し使い切った時点で終了

セイバー陣営のすべてのA情報を開示。
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー           【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:60        【属性】:秩序・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:B(40)    【耐】:A(50)     【敏】:A(50)     【魔】:C(30)     【幸運】:E(10)   【宝】:A+
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊              【残存魔力】60/60            【HP】 70/70
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                               ,..- ー- 、,\` 、

                             ,.ゝ´./´    γ´ニ三.',
                             //.:/  ,':::/,:'::::;/´.ス:;´ `ヽ
                         /イ'......./ /::::;':'::::/;i ./::::/ ̄λ

                           ,'....../ /:::;:':::/. /::i,':/} i   }
                           ,'..,....i. ./:':':'´::;' /:::γ:::::;'...,'::::} i
                           ,'.イ,...}/:::::;':::::;' ./:::::/::::/;::::;';::::; ; i
                         ´ i{,勹':::/:::::;/::::;;;'i:://:::/;:::://.,'

                           i,乂::/´i:::::/:/又夂へ/i:::;' ./

    ,.-ーー 、                    '}N/.i' ';i::;'    /'  ' .i/}'/
   .〈※   _ `、__                }/ !i、 i;'!        ' !'´
 .i- 、`〈 ,ゝ´  弋、__\_           ,i. ;::':::ヽ     _ ス´
  、  `/.      \ ` ´   ̄` ` ニヘ-.、  / 〉 ;::::::::\   `ニχ
  、  ',     ,::;;ゞニ\       /  .ソ´/ .',  ``ヽ/´> 、 _.'ヽ 、,
   ` ー ニ= 、 .//    `ーーー‐- 、',  ,:'::; '   .',   '   ;:/    '、:::::,ニ=- 、
         `'.、   ,   ヽ ヽ `、  〈:/-ー- .、 へ     /、     ',;、::,   ,' ` -、
            ` 〈/入  {  .〉  .}\ '、、卞乍弋勹、o /´/` .、 ;;;'、' ;   ,'    \
             ヽ i,.! .}' ;   //三、__{ミミ、ヽ`> >>< .  `i 、}}` ,'      ヽ
             .`´ー<ゝー' 、 `)/ /ゞ、〉ii} i ̄ > 、    >.、ヽ 〈-}〉,'       `、
                .\:::::::; i 冂.i   ヽ'ニ=- 、   `>,'ゝ´.〉!.、ii:;', {.        `、
                  `;:::::; .〉凵.i       /十>、 ,  ,' .i,((0ii凵i::...,        ヽ、
                   ';:::; .'i ̄i´       iヽi/ i  〉_ /-/` ヽ--{入:::;-         ` 、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ラウ・ル・クルーゼ            【属性】:混沌・悪         【残存令呪】:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:軍司令官/ホムンクルス         【魔力】:80           【スキル】:A
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

                  ,.-──-、
               _,,,.ノ      i        r 、         ,.-、
             ,/" 、 rー、        ヽ__     |ヽヽ       ,/,,/
           /    ヽ|  _ヽ, 'i       `、   |││   ,/ ,/
           i    __ゝ| "フ丿---t    i   丿| し -''" ,/     __
         __|   r' ∠_| " ∧-='"ノ   |  /  `"     -(___,,...-'' _)
       ,/" _ノ λt__, __  <,_,> ~_|   f   |           __,,,,-;;"-'
   λ  !,─'"    i ̄ ^'--'~  | <ノ丿  |  丿         / _,,-='→
    ( `-''"    _,,-'')_ ___|-─/jヽ─-|丿  ノ /         ,/_,,-''"
    ゝ,__,,--''   (!ヾ    ,___'_ ゝ-'' -'''")i |         / ̄
   ノ  /   /    ヽ     -- ` ヽ二ノ ヘ-l       /
    (("二∠-─--,,,,,,,ト ヽ-、     iY´/   \    ,/
     `/~    ヽ、  へ  =`'─ ''''"//      \  |
     /        ヽ/^'''-\_|ヽ  /         \
    /   _,,-───-|    ヽ | /          /

    | ,/"/ ̄ ̄ ̄  ヽ    /           /
    | / // _,,.-''~~   | ,,/~           /
    ||,///-''     _,,/l /          /\
    |│| !   __,-─'   //|         / ヽ_ \

    ヽ─|  _,,-''      // |        /   "''-i\
      / /        / | |   _-- /        ヽ
      / /|        | |___二=''''--''~~/          |
      | | |        |___,,..-'''/  丿          |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:イザーク・ジュール            【属性】:秩序・中庸      【残令呪数】:0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:軍人                     【魔力】:30           【スキル】:B
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
    / / /        VVヽNヽ 、ヽ

   ./レl_/lリ/         | l! ∧lヽ|ヽi i
   i              ` '′     |
   | |         i|        i   |
   | L__  l |     |.|    |   |  |
   |    !`ヽL__ |  | リ|   _lL -‐r′ |
   |    ! 弋''辷ォ、ー' ‐`'-‐ィ''アフ'| i   |
   | l^| |   ̄ ̄ / |::::::..  ̄ ̄ | | | |

   | レi! |、   ,/   |:::::     /! |l  |
   |   .!,>、/    __    /、| /  |
   ヽ  l!|  iヽ、 i´  ̄`i  ,.イ |  /|
     \|.l| ,」. \ `ニニ" / |  |/
      __=ニ_、   ` ┬r''"  ゝ‐- .,_
     _/l   ヽ‐┐ |.|.|  /.:.::.:.:.:.:.:.:.::.`'' ‐- ..,,_
,,.. -‐''/| |     |:.;,ヽ」,|,|./:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'' - .,_
:.:.:.:./l V .____ノ_:.:.:_:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、

.:.:.〈      ノ `ー― 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄`ヽ:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:|
./   ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  \.:.:.:.:.:.:/     `ヽ、.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:!
ヽ --         .ノ"~ _/',::.:.:/        \/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
/    ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  〈/
\--           ノー´
/,/    ´ ̄ ̄ ̄`!
| |\―   ,. ---イ

| |l  `ー‐''"-/,'
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


最後にアーチャーの情報ポイントを振り分けます。

メインマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サブマスター
A名前 1ポイント
A特徴 1ポイント
A魔力 3ポイント
Aスキルレベル 1ポイント
B各スキル 3ポイント
C過去の事情など…… ∞

サーヴァント
Aクラス 1ポイント
Aステータス 各1ポイント
A特徴 2ポイント
A残存魔力 2ポイント
AHP 2ポイント
B各クラススキル 2ポイント
C各固有スキル 3ポイント
D各宝具 5ポイント
E真名 7ポイント
F過去の事情など…… ∞

霊地
陣地レベル 1ポイント
霊地効果  3ポイント

詳しい選択方法は>>274参照。
~の~という書き方をしてください(例:メインマスターの名前に1点)
アルファベット一括で指定することもできます。(例:メインマスターのAすべて)
一度のレスで複数指定してもかまいません。

アーチャーの情報ポイントの振り分け 聖堂教会=ライダー陣営に対して つかえるポイント 8点
↓近いものから順に消費し使い切った時点で終了


Cを直接開示させることはできません。
そのためサーヴァントのクラス、特徴、ステータスを公開
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー           【道具ポイント】:0          【犠牲者】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【真名】:?                  【消費】:20          【属性】:中立・狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】:E(10)    【耐】:E(10)     【敏】:E(10)     【魔】:E(10)      【幸運】:E(10)   【宝】:EX
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:概念              【残存魔力】  ?/?          【HP】 ?/?
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

       ⌒ヽ‐、__,r┘冖:⌒::::::::::::⌒:冖└vL      __,
        ー、、_>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__,〃´ ̄
   辷 ‐ 、 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く   }レ'

     `^L:Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/´___ノ
  _r一 、_ /::::::::::::::::::::::::::::::_:_:_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::〈_//⌒ヽ
. ` ̄``ーァ:::::::::::::::::::::::::::/,.二二二、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

.   ___,':::::::::::::::::::::::://   ___   \ \:::::::::::::::::::::::::::〔_
     ̄{::::::::::::::::::::::〔 く{::.   〃こハ   :}>、〕:::::::::::::::::::::::::[____,ノ
  ー 、__j:::::::::::::::::::::::::\\__弋{:::::}り__//::::::::}::::::::::::::::::〔 ̄⌒´

     _〕:::::::::::::::::::::、:::::::≧三三三三≦::::::::::::/.::::::::::::::::::L、__ __
 ー=彡ヘ:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::_/⌒L,
      ';:::::::::::::::::::::::::`:‐-:::、:_:_:_:_::::-‐:::´.:::::::::::::::::::::く_

     _,r=厶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::_〔⌒′
   ー┘    >、__:r‐く〕:_::::_「レ^}::::く_}:_:_:_:_::::::::{^ヽrく_〕\__,
        し' _」ニ{_}{_}┼'7/、‐く_}{_rァ_ノ_:_:_} L二、 _
        〔_r┘\_}:</:〈/く_{\__>{/└─::L」 ̄¨´ー′
              〃7/`ー、:::::_::::::::::::::::::_:_rヘ::く
         / 〈/    }:「//}冂::「    ヽ\

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

他の陣営のうち、細かく描写する陣営を選んでください。
↓1~3 重複の場合安価下


今回、(やたら判定が多いので)他陣営の判定はバックでやります。ご了承ください。

それでは、セイバー陣営、エクストラ陣営、ランサー陣営を明日(?)描写します。
今日(?)はここまでです。ありがとうございました。

それと、上の方でミスしてました。
1、ランサーは初期に予定していたものと今のものが別なので、現在のランサーはエダたちとさほど相性がよくありません。
2、悪人同盟のサーヴァントの属性は混沌・中庸ではなく中立・善でした。

先ほどセイバーのデータを送らせていただきました
それと一応確認ですがそちらにバルタンのやつとは別のマスターを一人送っていたのですが届いてますかね

>>790
前に言っていた刑事の奴なら届いてますよ。


《コラム》
各サーヴァントの基礎ステータスでみた消費の基準点
セイバー:60
アーチャー:40
ランサー:50
ライダー:40
バーサーカー:50
キャスター:50
アサシン:50
だから今回のアーチャーも別にステータスが基準と比べてそこまで低いわけでもなし。

                    /: : : : : : : : : : /: :./ /: :.! : :/: : : : : : :.ヘ

                  ,.ィ,イ: : : :,.': : :/: ://!: :/ /: / i: :/: :, : : : : : :.ハ
                ,//: : : : /: : :/7: / / i:./_,/::/-/:/i: : j: : : : : : : : i
             ,ィ'´ /: : : : : /!: : /-i:./ / i,'´/イ // |://: : : : : : : : !

                 -彳フ: /: :|:/::i: :/ _i;'` 、    ィキヱェi|./: : : : : : : : : i
                    /:,イ.7: : :!'::::i:./,.ィ{示テト!      ゞ孑テ/:/!: : : : : : : : j
              〃 /: : : : : :iハ `¨¨´. 〈          /://: : : : : : : :.,′    質問なんやけど……
               /y: : : : : : : :.i      `      /,イ/: : : : : : : :.,′
               /イ7:≠!: : : : : ハ      ,.、 __   ,彳/: : : : : : : : ,′
                i/ ': : /: : : : :ヽ        `  彳フ: : : : : : /|:,′
                 /:イ,′: : : >: : \      /イ7: : :/!:,',>'ヘ       マスターが二倍、しかも二陣営間で常に交流が発生、となると、

                  彡' i: ://:.ィ: : : j:.、  . <:.i/i: : :/\iヽr'¨`Y´¨`Y
                        |/ 彳´彡,.i/ |::::::::::::;' / ̄,フ'′  `:′ ソ  ソ
               ,. ------─<´: : : r'´:::::::. イ    ``'ナ    ヾ、 ヽ、   描写をしっかりしようとすると会話が膨大になりすぎるんや。

             ,. イ `ヽ: : :.\\: : : >-、,イ´       `` =、y、  ≠ /
              /_,. -    ヽ.イ ̄``<  ハ:.         ¨¨` 、ヽ:ヽ,イフ_
         _/イ    _,. - '´     ハ    .';:.      ,. イウ _∧ ∨.j: : :7、   具体的にはここから三日近く安価もコンマもトリップもない。
        ,. イ........., <           i     .', ___,. イ.. <:i`<7: :``7/: : ,':ハ
 ,.   -<: : :, イ              i     |ヘ======、ji: ∧.|: : :.//: : / !ハ
/  ,.... -‐'                   i       !:∧: : : : : : : ∧i: :.ヾ:/イ: :./i  i  ヘ そこで質問や。描写量を落として主人公サイドを動かせるようにするか

                                         描写はこのままで、指定された陣営(現状3陣営描写したら実質全陣営の描写)をしっかり描写するか。

                                        もしくは、しっかり描写する陣営を一陣営(セットなので実質の二陣営)だけにするって手もあるで

1:描写少なめクイックモード
2:描写がっつりムービーモード
3:描写ほどほどストーリーモード

↓1~5 多数決

了解しました。それでは3でいきます。

今日の再開は八時頃。

MPの仕組みがイマイチ分からないので誰か教えてください…
残存魔翌力とは違うみたいだし、宝具使った時に減ってたり変わってなかったりするし…

>>799
ごめんなさい。私がずぼらでデータ更新をしょっちゅう忘れているだけです。
MPと魔力は同じです。

そのようなことがないよう気をつけてはいます……が、きっとどこかでまた抜ける。

そろそろはじめますね。

その前に一つだけエラッタ


情報収集だけでおいそれと宝具が明らかになるのもおもしろくないので、宝具開示に必要なポイントを10ポイントにあげます。


                       ┌──────────────┐
                       │特殊聖杯戦争案:運び屋編    .│
                       └──────────────┘

                                  、__ ト、_,ィ
                               ,ゝ‐-:.``:.:.:' ̄≧_
                               /:.:.:,ゝ-:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ミ、
                              ソ:./:./,:.,、,、:.:.:、ヽ:.\:.ミ、
                             ノ:{:,イ:|:.|゙'"|:.ト、:}:.i| Ν:Ν

                                |∧:トИ:.i ,|/ Иノレl::Ν
                              `.f∧狂ュ, 斥弋7, i´リ|
                                 ゞヘ  〈|     /‐'弋
                              彡イ ヽ ー==- ∠ィ: :.イ
                               「レリrl丶-イ─ノイヘノ
                             ,-───'L|人 `Y ̄|___/ハ__
                         /: : |: : :./: ://|::::`メ-イ{: : : : /: :i: : :.,ィ´ ̄\
                             |: : ハ:.:/: ://:::|:::/::::::ハ∨: : : : :|: :./: : : : : :.:|      聖杯戦争は決着した……しかし最後のマスターが
                       _У: : У: :,リ : :|::j::/:::: | |: : : : : |:./: : : : : : :.ノ

                          〉: : : :.:} ://:::::::::Ψ:::::::::: | |: : : : : |:|: : : : : :.:.:.|      突然心筋梗塞で倒れてしまい、サーヴァントも消滅
                      /: : : :.:.|: : | |::::::::::╋::::::::::::| ト、: : : : ソ: : : : : :.:.く

.   __  r=-、              /: : : : : :|: : | |::::::::::┃::::::::::::| |: :、: : :`Y: : : : : : :.〈      聖杯は使われないまま現在町の中心部に放置されている……
 /π-、`}ヽ Y                j: : : : : :.:.:}: :ノノ:::::::::ノ::::::::::::::::| |: : 、 : :.::|: : : : : : : : \        ,ノフ _辷 、
 `Y´,r‐く    \_    __,r‐<: : : : : : :.:.|: :| |:::::::::::|::::::::::::::::::| |: : :.、: : ::{: : : : : : : : : : 〉    / ノ辷ー、`|
.   `〈_.タ´`y-ヘ }|:.` ̄´: : : : : : : : ..``ヽ:.:.:.:/|: :| |:::::::::/::::::::::::::::// : : :.::、: : 入: : : : : :.:,ゝヘ-y‐フ. r- 、| |/
.    `-'廴__.」:|:.:.             . : ::.:.:/ ノ: :| |:::::::::|:::::::::::: . | |: : : : .::.、:/  Υ: : :./.: .   / Y   入 Υ
          匕丿:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,ゝ:.:.| |::::::::ノ::::::::::: . :| |: : : : :.:.く    |: : .     〈  ト-┬‐┴‐'
             卜-───--───'´ ノ: : :.:| | :: /:::::::::::::::: :| |: : : : : : :.:|   ヽ: : : : : : : :ヽ .\ノ
                        〉: : :.:| | :: |::::::::::::::: : :| |: : : : : : :.:|    \_: : : : ::Υ7
                          /: : : :// .: ノ::::::::::::::::: :| |: : : : :.:.:.:〈         ``ヽ、._V
                       /: : : :// : :::ハ::::::::::::::::::::| |: : : : : :.:.:{
                         /: : : ://::::::::::|:|::::::::::::::::::::| |: : : : : : : :|
                     /: : : ://::::::::::::ハ:::::::::::::::::::| |: : : : : : .ハ

                       /: : : ://:::::::::: : |: :| :::::::::::::::::| |: : : : : : : :ハ
                         /: : : ://:::::::::::::::/、::|:::::::::::::::::::| |: : : : : : : : : :\
                     /: : : :// \::::::::/: :Н  :::::::::::::| |: : : : : : : : : : :.:.\
                  /: : : ://: : : ::\/: : ::| |_____ハヽ: : : : : : : : : : : : :.\



                       ___

                 __/ ̄`´:.:.:.:.:.i___
                   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: i
                  ノ:.:.:.:.:.:.:.// /::/::/:ハヘ:.八
                 .:´:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/:へ/::/:/"`V .:.:`ヽ
               /:.:.:.:.:.//!/i:.从ィ芝ト㍉   Ⅵ:.:.:.リ
                リ:.:.:. /イ⌒レ' ハリ┴┴  xイハハノ
            ヽ:.:.:〈て( ヾ:        ヾソノリ
             八:.:!ヽつ   :. 、_   イ                   そして十年が経った。
          -=彡:.:.イj:.:ハ:        ` ー/
              イノ:.:.:イ八:.:.ヘ 、    `"/i
           イ:.イ:.:.:.i:.:.:.: ミ彡 ` ー - 〈:::ト、                  聖杯は私がとある地下に隠し保管していたが、どうやら魔力が漏れ出して
           从リ:.:ハ!:.:.:ヽ\ー―v「 ̄`ヾミ
            Ⅵ ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i|:i:__rヘミ=ー

             __ ...r┘、 :::::──L:i:i:i|:i:_::|:::|、                   サーヴァントを召喚する分だけは整ったらしい
     . . ..:.:.:.::::::::::::::::::::::\:::::::: |::::|:i:i:i:i:i:i:i:::i:::`:::.....、__
    . . ..:.:.:.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::|:i:i:i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::::\

      . . ..:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::iヽ:i:i:i:i:i:i ハ::∨::::::::::::::::.:.:.:....          通常ならばここから聖杯戦争が始まるところだが、なんと既に完成している……
       . . . .:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:\i:/:i: ヘ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . .:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:i:i:i「i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::.:.:.:....




                          _ ...... _
                           /.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.

                     ヽ、くミ辷彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                   {.:.:>>ぐ彡イイ //.:.:.:.:.:.ヽ、

               (、、__..ノ彡イ{γ} |:// Ⅳく|:./ヘⅣ!iヘ!
                  ≫>.:/.: 人ゞ j′  j/㍉ゞ 厶!!|
               {イ.:/.:.:.:.:.八:.ヘ、j    ´┌仞イリ

                 彡.:.:-=彡:.:.`:.ぐ `ー 、 >、j彡イ
                イ.:ハ.:.:.ノ.:.:.:リミ`ー=≠ー 、

                  ノノ从.:(((人ノ   /´     `\
                    ///// ヽ` ー   `ヽ      ' 、
               /'////       i          \j
               /     /          {          \
          . イ    ヽ |i:、、         }___      `ヽ/
         // /,   `ヾV/,\ヽ、    く、    `ヽ   ヽ        というわけで、教会に最初に来たマスターよ。
           {/ヘ//    ////////7ァァ==…ヽ、、      \'、
         Ⅵ/\   //////////    /`\ヽ、、___   `\     これ、持って帰っていいぞ。
         くУ/∧ヘ//////////     /     }/ヘ<    ヽ\ヽ、、
           ////∧∨////////{ /  /     |//ハ⌒ヽ  ̄`>/∧´ ̄`ヽ、             _ ノ )
        {//// ヽゝ/////////  /     イ///ハ、     '/ ハ     ` ー──-rrx、 _/  /
        |////  ハヽ\\∨/  /     /////小ヽ、、______               //¬'´     く
        |////, /  ∨ ヽ丶ー=《′      ,/////// ヽ////////7ァァ、、     //   、 `ヽ ヽ
        |/////,  /へ\\   |    / //////   ` ̄ ̄ ̄ ̄``'<//ァァ、、,{{、、___  `ヾ、、ヽ ヽ、、_
         j/////_/∧  `\\__|___/ /ヘ///ハ               ``寸///{{/// ``ヽヽ Y^ー- -ー′
.         {////////∧  ヾ、、__}_____ ___Ⅳ/ハ                   \//||//      \ \_
.         ∧/// //  \   /            ヽ\ヘ                \!!/        `ー 、_ヽ
        ∧////7, / '       /            ///
        Ⅳ'////, ∧     \/          /´   ハ
       |////∧/∧\、、  `ー=ニ二.___     /   ,
       |///\//∨//∧\              /     ,
.        V/ゞ ∨//////\            /      i!
         /\  ∨///////,\       /     /  ;j|
.        /i  ヾ、、 ∨/////////\、、_,/     ,/   / 〉
.      /ハ  \\∨////////////       ,/   / /
   /  ヽ\__ミヾ///////////       /,/   / /|
.           /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        / //   // j!
          |              /////   ///イ


このとき参加者に震撼走るっ……!
                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´

――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、

                          ,     \

        新たなる聖杯戦争の幕開け。

            しかし、聖杯は既に完成していた。後はふたを開けるだけ。

       さび付いた聖杯を起動させるには、日本国外に聖杯を持ち出して、発祥の霊脈から遠ざける必要がある。

            七人のマスターは、聖杯を手に入れるため、全力で冬木市へと向かった。


               j:::::::::::::::::::::::::::::::/::ヽ/ヽ :::::::::::: ∧
                /:::/:/:::/::: l:::|::i:::i::: `'" ヾ:|::|:|::i:::::∧
            /:::/:/:::/:|:::::l:l:|::|:::|:::     |:|::|:|::|ヘ:::ハ      ルールは以下の通りだ。
              /:::/:/:::i:l::l|:::::l从リハ::   ィ升サリ:::}::::ハ
               {:i::l:l:l::::从ハ:::::l_Tユゝ、  Kエフ''イイ::::ノ i