音無「やべ、煙草切らしちまったぜ」(1000)

音無「(……ここはどこだ?確か俺は……?)」

?「気がついた?」

音無「…あぁ?」

?「ようこそ、死んでたまるか戦線へ」

音無「……誰だよ、テメェ。つかいきなりワケのわかんねーことほざいてんじゃねぇよタコ」

?「なっ…誰がタコですって!?」

音無「あ~うるせぇうるせぇ…」

ゆり「こいつ…。まぁいいわ、私の名前はゆりって言うの。突然だけどあなた、うちの部隊に入りなさい」


音無「は?部隊?」

ゆり「そう、私達は神に抗うために日夜戦いを続けるの」

音無「…漫画とゲームのし過ぎだよ、このボケ」

ゆり「…っ!…ゲフン、いい?私達はあんたが思ってるほど子供みたいなことをしてるんじゃないの」

音無「神に抗うため~♪わたしたちたたかいまちゅ♪…ってか?ブフッwwww!」

ゆり「あんたね…さっきから下でに出てりゃ図に乗ってんじゃないわよ!」

日向「おいゆりっぺ!どうしたんだよそんな怒声張り上げて!」


ゆり「日向くん…?」

音無「コイツも部隊とやらのお仲間か」

日向「ん?お前見たことない顔だな。ひょっとしたら新入りとか?」

音無「俺をテメェらみてぇなガキ連中な混ぜんじゃねぇよ。お断りだ」

ゆり「日向くん、コイツはもういいから早く天使をやっちゃいましょ。今グラウンドで一人突っ立ってるわ」

音無「(やる…?)」

日向「あ、ああ…。にしてもお前はこれからどうするんだよ?まだこの世界のこと何にもわかんねぇんだろ?」

音無「テメェらみてぇなイカれた連中に頼まなくても他の奴から縛り聞く」

日向「そうか…(あぶねぇ奴だなぁ)」



―翌日―

NPC1「ひぃっ!だから知りませんってばぁ~!」

NPC2「勘弁してください!」

音無「テメェらここの住人なんだろうが!ならこの世界のことぐらい分かるだろうが、あぁ?」

NPC1「本当に知りませんって!僕達はただ普通に暮らしてるだけで…」

音無「ウラァっ!」バキッ

NPC1「うわぁっ、ゲホッ!」

NPC2「ひぃぃっ!」

音無「逃げんなコラァ!」


?「あんたさ…いい加減止めたらどうだい?」

音無「あぁ?関係ねー奴がしゃしゃり出てくんじゃねーぞ」

?「私がこの世界のことを詳しく説明すればいいんだろう?」

音無「……チッ」ペッ!

岩沢「私は岩沢。あんたは?」

音無「…音無」

岩沢「それで、何からききたい?」

音無「まず…ここはどこだ?」

岩沢「死後の世界、だよ」

音無「………」


音無「テメェも俺をおちょくってんのか…?お前も制服があのゆりとかいうやつと同じで別の奴と違うしなぁ」

岩沢「私も最初は戸惑ったさ。だけど受け入れるしかないんだ…それと、ゆりと会ったのか?」

音無「……ああ。で、あのアマが言ってたしんでたまるか戦線って何なんだよ」

岩沢「簡潔に言えば、天使を倒してこの世界を手に入れようとしてる部隊ってことだよ」

音無「ふーん…。で?」

岩沢「私はそこの陽動部隊のリーダーをしている」

音無「帰れ」


音無「アホ過ぎて付き合ってられん。百歩譲って俺が死んだことは認めてやるよ、でもな…」

岩沢「でも?」

音無「天使と戦ってェ~とか、世界を手に入れる~とか、俺はそんなガキくせぇのが一番嫌いなんだよ」

岩沢「…まぁ無理に納得しなくてもいい。聞くより見た方がいいだろうしさ」

音無「お前はまぁまぁ話せる奴かもと思ったが、買いかぶり過ぎたな。あばよ」

岩沢「(…ん?確かそっちは校長室だったような)」


―校長室―

音無「ははっ、初めからこうすりゃよかったぜ」カチャ

ビュン!

音無「うぉっとぉ!」ヒョイ

音無「誰だよトラップなんか設置しやがったカスは…俺じゃなきゃ死んでたぜ。んじゃ改めて」ガチャ


SSS「「「!!!」」」

音無「…あぁん?」

ゆり「ちょっと、あんた昨日の!どうしてここに?」

野田「コイツか…さっきの話の野郎は」


音無「なんでテメェがいるんだよ…」

ゆり「それはこっちの台詞よ!」

野田「おいテメェ…」

音無「あ?テメェにテメェ呼ばわりされる筋合いねーぞ」

野田「ゆりっぺの勧誘を断った上に、散々俺達を侮辱するとはいい度胸だな」

音無「馬鹿を馬鹿にして何が悪い?」

野田「貴様、[ピーーー]!」

音無「殺してみろよ?今すぐここでやってみろやコラァ!」


日向「落ち着けって二人共!」

大山「そ、そうだよ喧嘩はダメだよ!」

日向「お前は俺達の仲間になるつもりでここに来てくれたんだよな?!」

音無「あぁ?すっとぼけたこと抜かしてんじゃねぇぞ」

ゆり「昨日はまともに話せなかったけど、あんたはこの世界がどんな世界が分かってるの?」

音無「死後の世界とかいうやつだろ?んで、お前らはこの世界を手に入れる云々ほざいてるんだって?」

ゆり「そこまで知ってるなら話は早いわね」


ゆり「あなた、この戦線に加わりなさい!」

音無「…お前日本語分かんねぇの?さっきから入らねーって言ってるだろ?Do you understand?」

TK「Oh!Yeah!」

藤巻「この坊主、なかなか肝がすわってんじゃねーか。でもちょっとお痛が過ぎるな」

日向「だから喧嘩腰になるなって!…えーと…名前なんだっけ」

音無「…音無だ」

日向「音無、気が向いたらでいいからさ、いつでも来てくれよ。歓迎するぜ」

音無「多分一生こねーけどな」


―――
TK「Good night」



―夕方・校庭―

音無「にしても…このダセェ服なんとかなんねーのか」

音無「福屋らしき店もこの辺りにはねーし、手芸部の奴らにでも作らせるか」

音無「…えーと、どこに手芸部はあんだ?そこの女に聞いてみっか」

音無「おい、そこの白髪女!」

奏「…」ピクッ

音無「手芸部ってどこにあるか知らねぇか?」

奏「手芸部なら…あそこの校舎の三階にあるけど」

音無「そうか、ありがとよ~白髪女!」タッタッタ

奏「……白髪女」


音無「ここが手芸部室か…とうっ!」ガシャン

部員女1「え…なになにっ!」

部員男1「だ、誰だよあんた」

音無「喜べ。今からテメェ等に俺の服を作らせてやる」

部員男1「はぁ…?何ワケの分からないことを言って…」

音無「シッ!」バキッ

部員男1「うわぁぁっ、鼻がぁっ!」

部員男2「ひでぇ…」

部員女2「何なの?一体?」

音無「オラァ!」ガァァン!

部員女1「やめて!それはせっかく作った作品なのに!」

音無「シャァッ!」バリーン!

部員男1「うぅ…わかった…わかったから勘弁してください…」


―夜―

音無「へへ…やっぱ短ランだよな。かっけぇしよぉ」

音無「……昨日は一晩中起きてたからいいが、今日はどこで寝るかな」

?「あなた」

音無「あぁん?…さっきの白髪女か、何のようだ?」

奏「もう下校時間は過ぎてるから…早く帰えらなきゃ」

音無「うるせえ、俺に指図すんなよ。つか、帰る場所なんてねーよ」

奏「寮には戻らないの?」

音無「寮なんかあんのかよ」

奏「…」コクリ

奏「ついてきて…」


―夜―

音無「へへ…やっぱ短ランだよな。かっけぇしよぉ」

音無「……昨日は一晩中起きてたからいいが、今日はどこで寝るかな」

?「あなた」

音無「あぁん?…さっきの白髪女か、何のようだ?」

奏「もう下校時間は過ぎてるから…早く帰えらなきゃ」

音無「うるせえ、俺に指図すんなよ。つか、帰る場所なんてねーよ」

奏「寮には戻らないの?」

音無「寮なんかあんのかよ」

奏「…」コクリ

奏「ついてきて…」


―男子寮―

音無「ここが俺の寝床か…」

奏「空いてる部屋があったら好きに使っていいから…それじゃ」

音無「ちょっと待ちな」

奏「…何?」

音無「あんたよ、見ず知らずの俺に優しくしても何もでねぇぞ?」

奏「私は生徒会長だから…困ってる生徒のことは見捨てれないだけだから」

音無「ふーん、まぁどうでもいいけどさ。俺は借りを作るのは嫌いなんだよ」

奏「?」

音無「あばよ、俺は空き部屋探してとっとと寝るわ」

―音無の部屋―

音無「ふぅ…ここに来てから何か色々とありすぎて疲れたな」

音無「ちょっとベッドで一休み…」ガッ

音無「痛って!ケツになんか当たったぞ!」ヒョイッ

音無「ん?何だこれ、DVD?題名は…『Demon Player』?」

音無「Demonっつーことは、PC関係なのか?まぁいいや…どうせDVDだろうPCソフトだろうと本体なきゃ意味ねーし」

音無「……そう言えば、さっきの廊下ですれ違ったキノコ頭」

音無「ノートPC持ってたような気がしたんだが…ちょっくら借りパクしてくるか」


―とある男子寮の部屋―

ギャーギャー!

ウルセー、シンデロ!

ガタン!バリーン!

…………シーン

音無「ふぅ…ったく手ぇ焼かせやがって!」ガチャ

音無「勢い余って窓ガラスから放り投げちまったぜ、まぁノートPCを『借りれた』からいいけどな」

―音無の部屋―

音無「さて、今から起動させますか…Demon Playerを」カチッ

PC「ジジ…」ウィーン

音無「ここにディスクを入れればいいんだな」カショッ!

PC「ジジ…ジ」ウィィィィン!


音無「あ、イッケネェ。説明書読んでなかったぜ」パラ…

音無「……」パラ…パラ…

音無「…ふー」パタン

音無「全く持って訳わからんかった…ま、まぁなんくるないさ」

PC「ジジジジ」パッ

音無「お、出た出た。…この図は人体図か?」

音無「上から順に頭、腕、腹、脚に矢印がある空白は何だろう…上にAttack Skillとか書いてるし」

音無「物は試しだ、入力してみっか!えーと…頭には『Genius』と」

音無「んで腕には…『Dark Blade』。ちょっとガキくせぇけど誰にも迷惑かけねーしいいだろ」


音無「じゃあ、腹には『Metal Steel』で…脚には『Instant』でいいか」

音無「やべぇwwww俺めっちゃTUEEEじゃん!天才頭脳に暗黒剣、鋼の鎧に俊足ってチートじゃねぇか!」

音無「……」プチッ

音無「……さて、寝るか。まぁいい暇つぶしにはなったよ」ドサッ!

音無「……ZZZ」

PC「ジジジ…」パッ


―翌日、連絡橋―


音無「さて、これからどうすっかなー。死んだ奴らなんたらには入りたくねーし授業なんかかったりぃし」

音無「煙草買いに行こうっと」


音無「ハァッ…ハァッ、くそっ!何でどこにも煙草売ってねーんだよっ!」ガァァン!

ユイ「ひいっ!」ビクッ

音無「…あぁ?何だ?」

ユイ「い、いえいえ!何でもないですよー!あはは…」

音無「…オイテメェ、その制服は着てるってことはの死んだなんちゃらの仲間か?」

ユイ「はい、一応…。ガルデモのたんなるおっかけみたいなものですが」

音無「ガル…何だって?いや、今はんなこたぁどうでもいい!今その制服見たらイラつくから消えろや!」

ユイ「はっはいいっ!!」タタタタ…

音無「…くっ、やべぇ。ここんとこ忙しくてニコチン摂取のことすっかり忘れてたぜか」


音無「やべっ、舌がうはくまわらねへ。…したくは無かったがやひかないか!」

―職員室―

音無「……」ソロッ

音無「よし、先公全員授業に行ってやがるな」

音無「んじゃ…お宝探しの開始だ」

数分後…

音無「うひゃひゃひゃ!いいねいいね、宝がいっぱいだよ」ゴソゴソ

音無「さてと、屋上にでも行くか」ガラッガラッ!

音無「へへ…チョレぇよ、マジ」シュボッ

~♪~♪

音無「(なんだこの騒音…誰だよ授業中にバンドやってる馬鹿共は)」スバー


―空き教室―

ダダダダン♪ダンダン♪

岩沢「…よし、一旦休憩!」

関根「あ~、疲れたなぁ」コキコキ

ひさ子「オペレーションは今日の夜なのに、今から疲れてたら身がもたないよ」

関根「そうは言ってもぉ…」

入江「しおりん、私達は陽動舞台だから仕方ないよ」

岩沢「ま、それが終われば後は楽だからね。もうちょっと」

ガララッ!

入江「へっ?」

関根「ん?」

ひさ子「?」クルッ

岩沢「うん?」

音無「テメェらかぁ?さっきからジャンガジャンガジャンガジャンガやってる奴らは?」


ひさ子「…誰だよ、アンタ?」

岩沢「音無…だったよね。どうしたんだ?」

関根「い、岩沢さんあのヤンキーと知り合いなんですか?」

岩沢「まぁちょっとだけね」

入江「怖いですね…」ボソッ

音無「あぁ?」ギロッ

入江「ううっ!」ビクッ

岩沢「学園内は全禁煙だよ?」

音無「お前らこそ授業中にバンドなんかやって規則破ってんじゃねーか。お互い様だろ?」

ひさ子「分かったから、煙草吸うならよそで吸ってもらおうか。煙たいったらないよ」


音無「お前らの騒音がうるせーから、こうしてわざわざ来たんだよ」

ひさ子「何っ!?」ガタッ

音無「しかもよく見りゃお前ら、揃いも揃って死んだなんちゃらの制服着てやがるな」

音無「ったくやっぱお前らは馬鹿共の集まりってこったなぁ、ハハハッ!」

岩沢「ちょっと…流石にそれは言い過ぎじゃないか?」

ひさ子「そうだよ。私達を馬鹿って言うアンタもそんな格好してるじゃん」

音無「あぁ?俺のファッションにケチつける気かコラ…女でも容赦しねーぞ!おお?」ギン!

ひさ子「く…(コイツ、まるで悪魔みたいな眼力してるな…)」

入江・関根「……」ガクブル


岩沢「音無……こっち向いてよ」

音無「あぁ?今取り込み中なんだry」バチィン!

ひさ子「!」

入江「あぅ…」

関根「おぉ…」

音無「え?…っ!テメェコラ何しやがんだぁ!」

岩沢「あんたは自分のことしか考えてない大馬鹿だ…そんな奴が、口出ししないでほしいね」

音無「……何だと?」

岩沢「そんだけ度量があるんだったら、もっと他のことに役立てればいい。そうだろう?」

音無「…チッ、興ざめだ」ガララッ

ピシャッ!

関根「…おお、岩沢さんかっこいい!」

ひさ子「やっぱ、流石リーダーだね」


岩沢「う…」ヘナヘナ

入江「岩沢さん?!」

ひさ子「おいおい大丈夫かよ!」

岩沢「どうやら腰が抜けたみたいだ…すまないが手をかしてくれ」

関根「はい。それにしてもあの人一体何だったんでしょうか?」

ひさ子「単なるヤンキーだろ?ほっといてもいいって」

関根「まぁ、ちょっと尖ったナイフみたいで好みだったかな…」

入江「ちょっと、しおりん!」

関根「冗談だよー。みゆきちは心配し過ぎだっての!」

岩沢「…すまない、先に練習始めててくれ。私はあいつの後を追う」

ひさ子「ちょ、何言ってんだ岩沢!」


岩沢「流石にあのままじゃ、ゆり達に八つ当たりしかねないからな」


―校長室付近―

音無「(殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺…殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺)」

音無「(あー…ちょうどいい奴らが居たなー…確か近くだったかぁ?)」

岩沢「ちょっと、待ってくれ音無!」

音無「殺殺殺殺……ん?」

岩沢「さっきはぶったりして悪かったな」ゼェゼェ

音無「…忘れたな。あんなヘナチョコビンタなんか」

岩沢「ふっ、随分都合のいい頭をしてるな。まぁお前の追っかけてきたのは口喧嘩のためじゃないんだ」


音無「あぁ…?」

岩沢「今夜、大食堂にて私達のライブがあるんだ」

音無「だから?」

岩沢「あんたも見にきてくれないか」

音無「(コイツ、さっきあれほど貶されたの忘れてんのか?)…嫌だと言ったら?」

岩沢「とりあえず理由を訊かせてくれ」

音無「はっ…ただ単に人の多いとこが嫌いなだけだよ。話はそんだけか?」

岩沢「ん?ああ、一応」

音無「じゃあもう行く…(チッ、殺戮感情が失せちまったぜ)」スタスタ

岩沢「できたらでいいから、来てくれれば嬉しいぞ」

音無「……気ィ向いたら、な」ボソ


―夜・大食堂前―

ダンダン~~♪ダンダン~~♪

ワーーワーーキャーキャー


音無「……あーあ、来ちまったよ。情けなぇな、俺」

音無「まぁ一人で部屋でPCの画面と向かいあってるよかマシか。あいつらの仲間のメガネキノコから奪ったもんだが…」

音無「ん?橋の入口にいんのは…白髪女?あいつもライブ見に来たのか?」

音無「いや、それは無いな。生徒会長ってんなら粗方注意にでもしに来たんだろうしよ」

バァン!

音無「銃声!?チッ、また鉄砲玉かよ!」ガサッ!

シーン……

音無「あ、そう言えば俺死んだんだったわ。にして久々に銃声聞いたなぁ…」


音無「いやいや、つか何で銃声なんぞ聞こえたんだよ!」スクッ

奏「……」

音無「白髪女が…撃たれてやがる!」

日向「もう一発、くらえ!」バン

奏「……」ドシュッ

松下「どくんだ日向!」ガショッ!

日向「おう!」

音無「バズーガ?!あんなモンで撃たれちまえば木っ端微塵だぞ?正気かあいつら?」

松下「いくぞ!」バシュゥッ!

奏「…Guard Skill…」

音無「チッ、俺は最悪な奴だが多勢に無勢は一番嫌いなんだよ!」ダダッ!

奏「!」

松下「なっ!」

日向「あいつ…音無か!?」


音無「(いや…待てよ)」

音無「(俺がコイツを庇ったとこでどうなる?相手はバズーガだぞ?銃じゃないんだぞ…?)」

音無「…あ、そういえばさっき」

――――
―――

音無「ん?PCの電源がついてらぁ。あ、昨日遊んだDemon Playerか」

音無「文字が書かれてあるな…えーと、『Perfect』?完璧?」

音無「おっと、そういや岩沢達がライブする時間もうすぐだったな」

音無「…はぁ、行くか」

―――
――――

音無「くそっ、ままよ!」ガシッ!

奏「えっ?」

音無「しっかり捕まってろよ」


音無「飛ぶぞっ!」バッ

奏「…!」

ドガァァン!!

日向「やっべ!音無も巻き添えくっちまったんじゃないのか?」

松下「な、なぜ彼は急に飛び出して来たんだ!」

椎名「…いや、上だ!」

音無「ふぅ…何とか間に合ったな」

奏「あなた…その身体能力」

音無「話は後だ、コイツらは俺が何とかすっからお前は逃げて早く傷の治療をしろよ」スタッ

奏「大丈夫…私は自分で戦えるし、この世界での傷は勝手に癒えるの」

音無「そうか、傷はいいとして戦うのは流石に無理だろ」


奏「…Guard Skill…『Hand Sonic』ジャキン!

音無「こりゃたまげたな…。何モンだテメェは?」

奏「私は立華奏…。あなたは…」

音無「あ、まだ名前言ってなかったか。音無ってんだ。よく覚えとけ」ジャキン!

椎名「おい…何やらあいつも腕から剣を出したぞ?」

日向「音無…お前は」

奏「その黒剣…」

音無「ああ、アレがまさかほんもんだったとはよ」

奏「アレ?」

音無「そんなことよりチャッチャと終わらせっぞ。俺は早く大食堂まで行かんとにゃらんのだ」


椎名「はっ!」ビシュッ!

音無「遅せぇっ!」ガキィン!

椎名「くっ、早過ぎる…」

野田「おおおおっ!」ブオン

バキン!

音無「あぁ?」クルッ

藤巻「おいおい、攻撃した方の野田のハルバードが折れたぞ?」

野田「チッ、化物めが!」

TK「This is horror!」

音無「あーもう面倒くせぇっ!全員吹き飛びやがれ!」ブンブンッ!

ゆり(インカム)「ジジ…ちょっと、みんなどうしたの?!」

高松「それが…天使の他、もう一人の襲撃を受けまして」

ゆり(インカム)「ソイツば誰なの?」

高松「あれは…まさに悪魔です」

平日はやらないのか?

>>48
No!
ただし夜中になってしまう

―大食堂内―

ダンダン~♪ダンダン~♪

遊佐「…そろそろあちらは限界のようですが?」

ゆり「仕方ないわ、回して」

SSS1「了解しました」カチッ

ブワァァァッ!

―大食堂外―

音無「…あ?何だありゃ?紙吹雪?」

日向「みんな、食券取ったら早く撤退だっ!」ダダッ

音無「あ!逃げんなっ、チャラ僧共!」ダダッ!

奏「待って」ガシ

音無「おい、あいつら行っちまうぞ?いいのかよ!」

奏「もう彼らは戦う意志を見せていないから…放っておいても大丈夫」


~♪~ジャーン!

ワーワーワーーキャーキャー!

パチパチパチ!

奏「ライブも終わったみたいだし」

音無「嘘だろ…アイツに何て顔すりゃいいんだよ」

奏「ごめんなさい」

音無「お前が謝ってもさぁ…俺が勝手にやったことだし」

奏「それでもごめんなさい」

音無「だからいいんだよ!…あーあ、ついてねぇな。これも全部あいつらのせいだ」

奏「…とりあえず、私は先に帰るね」

音無「ああ、じゃあな」

音無「(俺はどうするか…決まってんだろ、そんなこと)」

音無「(いや、しかし今から襲撃するんじゃ岩沢にばれる危険性が…)」


音無「とりあえず煙草、煙草」カチッ

音無「ふー…」スパーッ

音無「じゃあ行くかな」

―大食堂内―

ゆり「はぁ?天使と強力してた悪魔ってあの音無って奴だったの?」

日向「そうなんだよ、でもあいつの強さ尋常じゃ無かったぞ!天使みてーな能力持ってたし」

ゆり「能力?」

野田「何の能力かは知らんが、あいつに当たってはずの俺のハルバードが折られた」

椎名「それに剣速も異常な速さだ。あの速さは私でも防ぐのがやっとだ」

大山「椎名が喋った!」

藤巻「そんだけ強かったんだろ、あの音無って野郎が」


ゆり「音無…か。新たな敵対勢力の誕生ってわけね」

岩沢「音無がどうかしたのか?」

高松「いえ、彼が私達SSSの新たな敵対勢力になるかもしれないと…」

岩沢「何で音無が…」

ギャーッ!

日向「な、何だっ!?」

SSS2「くそっ、ここは通さないぞ」

音無「チッ!もうテメェらみてぇなザコ狩るのも飽きたんだよ!さらし首が嫌ならお前らのリーダー出せコラ!」

岩沢「えっ…?音無!?」

ひさ子「またあいつかよ!」

音無「オラさっさと出てこい!」バキッ!

SSS2「うわっ」ドサッ

ゆり「私に何の用かしら?」


音無「オイコラゆりっ、テメーらのお仲間が立華を蜂の巣にしてたせいで岩沢のライブが見られなかっただろうが!」

ゆり「(立華?)仕方ないじゃない。どっちにしろ天使だってライブを止めに来たんでしょ」

音無「それでもちょっとは見れてたかもしれねーだろっ!テメェらものうのうと飯なんか食いやがって」

岩沢「おい、ちょっと落ち着いてくれ音無」ポン

音無「あぁ!?…岩沢か、んだよ今更」

岩沢「ライブに来てなかったってことだけで私は怒るような奴じゃないよ」


音無「俺が納得いかねーんだよっ!」ドガッ!

日向「げふっ!」

ゆり「はぁ…分かったわ、今回のことは謝っておきましょう…ごめんなさい」

岩沢「音無、ライブはまだ近い内にあるからさ、次は特等席で見せてあげるよ」

入江「え…?いいんですか、あの特等席って」

岩沢「これだけガルデモのライブに執着する奴なんか、いないだろう?」

ひさ子「そうだけどさーコイツは…」

音無「ハッ、安心しろ。テメーのギターなんて聞いちゃねーよ」

ひさ子「んだと!」

ゆり「いいから二人共!…ってことで、今日はお引き取りいただけるかしら、音無くん?」


音無「……チッ、テメェらそいつに感謝しとけよ」スタスタ

ガチャ…バタン!

ザワザワ…ザワザワ…

ゆり「ふぅ、SSSのオシマイかと本気で思ったわ」

高松「今の彼に本気で来られたら間違いなく全員全滅でした」

ゆり「一人を除いて…ね」

岩沢「ん?」

―大食堂外―

音無「はぁ…今日は人生の中で二番目に最悪な日だったぜ」

音無「あ、もう人生じゃねーねか。これからこんな世界で…成仏するまで暮らすのか」

音無「まぁ、この世界じゃ俺の力がハンパないって分かった収穫があっただけいいか」

繋がらない間にトリつけました。

昼もできれば書きまする。


―翌日、屋上―

音無「I guess thats just the way the it goes♪」シャカシャカ♪

音無「I ain`t tryin to pleach, I Billieve I can reach…♪」シャカシャカ♪

音無「ん?あれは…」シャカシャカ♪

音無「…あいつらっ!」ガバッ

音無「あんなにワラワラと集団でどこに行ってやがんだ?」

音無「まぁいいや、面白そーだからつけるか」


―体育館―

音無「…何してやがんだ」ソーッ

藤巻「行くぞっ、せーの!」

ガラガラガラ

音無「椅子収納台車なんか出して、卒業式の練習か?」

藤巻「よーし、行くかー」


音無「何だ何だ…台車を出したかと思えばあった場所に次々と中に入って行きやがった」

音無「……」キョロキョロ

音無「とりあえず一服」カチッ シュボッ

音無「フーッ…」スパー

音無「じゃあ、行くか」

―ギルド連絡通路B1―

音無「チッ、暗いな」カンカン

ビュンッ

音無「…ん?のわっ!」バッ!

ドガンッ!

音無「ちっ、またハンマーかよ!俺がつけて来たのがばれたのか?」

音無「めんどいが一筋縄じゃいかねーな、ここは」

―ギルド連絡通路B3―

音無「何か薄気味悪りぃなー」コッコッ

ズゴゴゴ…

音無「ズゴゴゴ?」


ズゴゴゴ…

音無「この音は…鉄球か!?しかもサイズXOの」

ズゴゴ…ゴロゴロゴロ!!

音無「やっぱ鉄球かよ。ハッ、でもこの程度なら…」スゥ…

音無「破ッッ!!」ドゴッ!

ピタ…ピシピシピシ…バキャッ!

音無「はははっ、軽い軽い」コキコキッ

―ギルド連絡通路B6―

音無「ここは…何だろうなぁ」

スパッ

音無「…あ?」ブシャッ

音無「うおおっ!肩が切れてやがる!」

音無「クソ、いつの間に…」スパッ

音無「っ、今度は頬か。何かあんなここ…」

音無「(目を瞑り…精神を研ぎ澄まして感じろ、空気の流れを!)」スッ


ヴィィン

音無「(見えるっ!見えるぞっ、これは…レーザーか!)」バッ

ヴィィン

音無「(次はXか…とうっ!)」バッ

音無「最後はこの扉っ」ガチャッ…ガチャ

音無「クソっロック式かよ!開けろやゴラァッ!オラァッ!」ドガドガドガ!

バキンッ!

音無「っしゃあっ!人間様音無様をなめんなよ」

―ギルド連絡通路B8―

音無「あー、マジでだりーなココ」

ズズズズ…

音無「お次は何だぁっ!」キョロキョロ

音無「…何もねぇな、じゃあこの音は何だ?」

ズズズズ…

音無「そういやさっきから何か太陽が陰ってきてんな」


音無「いや、地下なのに太陽があるかよ。…まさか」バッ

ズズズズ…

音無「やっぱ迫り来る天井かよ!」

ズズズズ…ズズ

音無「間に合えっ!」ダダダッ

ズズズズ…ドシンッ!

音無「ふふ…は、はは。流石にヤバかったかな」フルフル

音無「おっと、落ち着け。まずここは一服だな」カチッ シュボッ

音無「フーッ…」スパー

音無「何やってんだろうなぁ俺。勝手に死にそうになってよ」

音無「いや、待てよ…そういや」

――


音無「なぁ、俺は死んでんだよな」

岩沢「ああ。と言うより死なないとこの世界にはこれないしな」


音無「じゃあこの世界で死んだらどうなんだよ?」

岩沢「それは当然死ぬ痛みを伴う」

音無「この世界で死んだら成仏できんのか?」

岩沢「いや、この世界では死んでも何度でも蘇るんだ。まぁ『死なない』って言った方がいいかな」


――

音無「この世界では死なないんだったな。そう考えると何かやる気になったぜ…毛頭死ぬ気はねーけどな」

―ギルド連絡通路B9―

音無「最初は横、次は縦でさっきは上…つーことは」

ミシミシミシ…

音無「下っ!」バッ

ドゴォンッ!…パラパラ

音無「順番的にやっぱ床が抜けるんだよなー」


―ギルド連絡通路B13―

ドドド!

音無「水攻めたぁ、無意味だな。俺の肺活量をナメるなよ」

音無「出口を探すか」ジャボンッ

音無「(……)」キョロッ

音無「(…ここか)」ゴボゴボ…

―ギルド連絡通路B15―

音無「ふうっ」ザバァッ!

音無「多分もうすぐだな…最深部」

―ギルド連絡通路B17―

音無「…精神的披露は克服したが、流石に肉体的披露は簡単には癒せないか」

音無「ちょっと一服してくか。よっこらせっと」

ゆり「え?」

音無「ん?」


ゆり「っ!何であなたがここにいるのよっ!」

音無「だぁーっクソ!尾行してたってことすっかり忘れてたぜ!」

ゆり「尾行?あなたあのトラップをくぐり抜けて来たの?」

音無「何度も死にかけたぜ。ハンマーにぶつかりそうになるわレーザーに切られそうになるわ潰されそうになるわ」

ゆり「…へぇ、まさか一人で、ね。ちょっとばかし音無君のこと見直したわ」

音無「別に、口先だけじゃねーってこと分かってくれればいい。てかお前何でこんなとこにいんの?お仲間は?」


ゆり「ちょっと休憩してただけよ。仲間は全滅したわ…」

音無「ハッ、だらしねぇな。あんだけ数集めといて全滅してりゃ世話ねーな」

ゆり「私にはあなたや天使みたいに力は無い…とても無力な存在」

音無「どういう意味だ?」

ゆり「姉弟が居たの」

音無「は?何の話しだ?」

ゆり「あなたには無い記憶の話よ」

音無「………」

そしてゆりの姉弟の壮絶な過去話を聞かされること、数分。

音無「一つ訊かせろよ」カチッ シュボッ

ゆり「何?」

音無「何でお前死んだの?」スパー


音無「よくよく考えてみると…ここの最深部にいる奴らはSSSの仲間の可能性が高い」

音無「なら何であえて自分の味方を[ピーーー]ようなトラップを仕掛けたんだ?」

音無「そりゃあ…SSSの奴ら以外の誰かが侵入してきてっからだろうな、俺みたいに」

音無「でもこの世界で俺や犠牲を払ってまでやって来れたゆり以外にこんな深部に来れる奴なんていんのか?」

音無「…いたな、妙な技を使う生徒会長サマが。おおよそココをおさえに来たってとこか」

音無「でも俺には関係ねーし」スクッ


音無「……(どうしてもさっきの話をするゆりの顔がチラつくな)」

音無「立華の足止めもいいがそれじゃあ、『どっちの味方だよ』ってなるし…」

音無「コイントスで決めっか」ゴソゴソ

音無「表がゆりで…裏が立華」スッ

音無「…いくぜ」ピンッ

チャリンッ!

音無「…なるほど、表か。ならさっさとゆりを追わねーといけねーな」ザッ

ズシィン!

音無「おっと、立華の奴近くまで来てやがる…ここは追うより最深部近くで待ち伏せてる方が得策か?」

音無「あいつのヘンテコな能力もう一回見てみてーし、そいつでいこう」ダッダッ

ミス
>>67>>68の間です


ゆり「言っとくけど自殺じゃいわよ」

音無「いや聞いてねーし。そもそも自殺しな奴が神に抗おうなんて考えねーだろ」

ゆり「そりゃそうね」クスッ

音無「何が可笑しい?」

ゆり「いや、私とあなたの思考は似てるなって思ってね」

音無「お前らのガキの頭脳と一緒にするなよ」フッ

ゆり「あ、笑った」

音無「笑ってねーよ」

ゆり「まぁいいわ。…それじゃ私はそろそろ行くから」スクッ

音無「別についてかねーからな」

ゆり「最初から期待はしてないわ…それじゃね」スタスタ


―ギルド最深部入口―

音無「この下がギルドか…つーことはここで待ってりゃ奴は必ず来る」スパーッ

ドォォンッ!

音無「来たか…」スクッ

奏「………?」

音無「よう、立華」

奏「…なぜあなたが?」

音無「単なる暇つぶしだよ。スリリングで何にも勝る、な」

奏「…そこを退いて」

音無「んじゃ嫌だと言ったら?」

奏「Guard skill『Hand Sonic』」シャキンッ

音無「容赦なし、か」

奏「…」ダダッ

音無「(やはり来るか。昨日のイメージを思い浮かべろ…SSSの奴らとやりあったあの感じを…)」シャキンッ!


奏「…?!」

音無「ウラァッ!」

キィンッ!

音無「どうだ?テメェのハンドなんたらに似てるだろ?」ブンッ!

奏「…」ガキンッ!

音無「剣だけじゃねーぞ!ホラ、足があいてんぜ?」ガッ

奏「っ…」ヨロッ

音無「隙ありだ!」

奏「Guard skill『Delay』」シュンッ

音無「消えた…?いや、後ろかっ!」キィンッ!

奏「…」ビシュッ!ブン!

音無「チッ、ちょこまかと…」スカッ

奏「…」ダダッ

音無「立華…『止まれっ!』」ギンッ

奏「…?」ビタッ!

音無「まさか本当に効いたのか?ハハ…こりゃ儲けモンだな」

奏「…」ググッ…


音無「動けねーぜ。今お前の伝達神経は一時的に麻痺しちまってるからな」

奏「…っ」ググ…

音無「何をしたのかって顔してんな。言うなれば、ただ単に『剛』でお前の神経を強制的に麻痺させただけだよ」

奏「…」キッ

音無「そんなに睨まないでくれよ。コイントスで裏が出たらお前に協力してたんだからさ」

バタバタバタ

ゆり「来たわね天使!…ってあれ、音無くん何で天使と一緒に居るの?」

音無「遅かったなゆり。もう終わったぞ」

奏「…」

ゆり「くっ!」ガチャッ!

音無「待て待て、もう終わったって言ったろうが!」


ゆり「終わったって…何が?」

音無「見ての通り、今立華は動けない。つまり俺がこんまま剣つきたてりゃ勝って終わりってことだ」

ゆり「え、音無くん一人で天使を?」

音無「ああ」

ゆり「へぇ、あなたやっぱりすごいじゃない。…でも何で私達に協力したの?ガキくさいって言ってたのに?」

音無「コイントスして表ならお前、裏ならあいつに協力することにしたんだよ」

ゆり「それで表が出たって訳ね?」

音無「そーだよ。んで、これからどうすんだコイツ?」

ゆり「とりあえず、ギルドごと爆発するわ」

音無「はぁっ!?」


音無「ちょっとまt」

ダダダッ

ギルド作業員1「ゆりさん、大砲用意できました!」

ゆり「あ、ごめん。もう必要ないかも…」

ギルド作業員「「「えええっ!」」」

ゆり「だって私が来る前にもう終わってたから…」

チャー「あれがゆりの言ってた音無か」ガチャ

ゆり「ん?」

チャー「なるほど…いい眼をしている。血を求める狂犬のような眼を」

音無「オッサン誰よ?」

チャー「オッサンではない。これでも高校生だ」

音無「マジかよ…ヒゲ剃れって。ん?…んなことより!」


音無「ここを爆破するって何だよ!」

ゆり「そのままの意味よ。ここを天使ごと爆破させるってこと」

音無「…俺が言えた義理じゃねーけどよ」チラ

奏「…」

音無「流石に爆破に巻き込ませては[ピーーー]ってのは可哀想すぎんぞ」

チャー「ゆり、爆破準備が整ったぞ。早くしなければ後数秒で自動爆発してしまうぞ」

ゆり「分かった。あなたも早く準備しなさい。ここから脱出するわよ!」ダダッ

音無「おい、あいつの麻痺を解いてやっていいか?」ピタッ…

ゆり「ちょっ、そんなことしたら一瞬で一刺しにされるわよ!」


ギルド作業員2「みんな急げ!」

ダダダダダダ…!

チャー「ゆり、音無!お前たちも早くしろ!」

ゆり「音無くん早くっ!」

音無「あー、ちっくしょぉっ!」ダッ

ゆり「え?そっちは反対y!」ガシッ

チャー「もうあいつは間に合わない、行くぞ!」ダッダッ!

ゆり「あっ、ちょっと!」

音無「おいっ」

奏「…?」

音無「お前、麻痺解いたら絶対に俺を刺さないって約束してくるか?」ガシッ

奏「…」コクリ

チャー「ギルドを爆破する!」カチッ

ゆり「音無くん!」

ドゴン!ドゴゴゴゴゴッ!!

音無「『動け』っ!」


奏「……」スッ

ズドドド!ドドドッ!

音無「地上まで走っから、しっかり捕まってろよ!」ガッ

奏「Guard skill『distortion」ヴゥン

音無「何したんだ?」ダダダッ!

奏「…御守り」

音無「そうか(確かに御守りだな。煙が全く影響されてこねぇ)」ダダダ

奏「…」ギュ

音無「(落ちたらマグマ…落ちたらマグマ…落ちたらマグマ!)」ダダダ

―地上―

ズズズ…モクモク…

音無「ゼーッ、ゼーッ!これが本当の臨死体験ってヤツか…」ゴホゴホ

奏「…どうして私を助けたの?」

音無「はぁ?」ゼーッゼーッ

奏「あのまま爆破されていてもまたすぐに蘇るのに」


音無「そりゃテメェ…気の毒だったからだよ」ポリポリ

奏「?」

音無「ワケの分からんとこに一人取り残されて爆破に巻き込まれてマグマに落とされんだぜ?」

奏「…私には、よくわからないけど」

音無「わからんけど?」

奏「ありがとう」

音無「!…いや別に(笑った?…ってこれ俺が言われたことじゃん)」

音無「ちょっとさ、俺行くとこあるから…」

奏「?」

音無「またな、奏」スタスタ

奏「…」コクリ

音無「ゆりにも心配かけちまっし、謝りにいかねーとな」


ギルド作戦から四日後――

音無「もうここに来て一週間なのか…。何か色々あった気がすんな」カチッ シュボッ

音無「そういや俺、自分クラスにゃ一回も入ったこと無いな…」スパー

音無「…いや、俺のクラスってどこだよ?てか何年生なの俺?」スタスタ

―教室前―

音無「もう、ここで良いか」ガラッ

ザワッ!

NPC女1「…音無君が来た」ヒソヒソ

NPC男1「マジかよ…アイツが来たら教室の空気が一気に悪くなんだよな」ヒソヒソ

音無「おい」ガンッ!

NPC男1「痛っ!な、何だよっ!」

音無「空気が一気に悪くなって悪かったなぁ~」ポキポキッ

NPC男1「ひっ?!」

音無「まぁ、言いたいこと色々あるが…とりあえず死んどけ」ビシュッ


奏「…」グイッ

音無「うおっ!?誰だコラァ!」ビタッ

奏「暴力は駄目」

音無「何だお前かよ…不良に説教タレる気か?」

奏「あなたは…不良なんかじゃない」

音無「こんなナリで不良じゃねぇって方が無茶あんだろ」

教師「いいから早く座れ音無」

音無「あ?誰に口聞いてんだよテメェ」

教師「は、早く座ってくれたら嬉しいかなぁ、なんて」

音無「しっかたねーな、座ってやんよ。テメェどけコラ!」ドカッ

NPC男2「うわっ!そ、そこはボクの席…」

音無「お前には床がお似合いだよ、ヒャハハッ!」


ザワザワ…ヒソヒソ

奏「(結弦の影響で…教室の空気が変わった)」

音無「(Wow♪Wow~♪)」シャカシャカ♪

数十分後――

キーンコーンカーンコーン

音無「ZZZ…」スピー

奏「結弦、起きて…」ユサユサ

音無「ZZ…んっ?授業終わった?」ムク

奏「うん。次は移動教室だから、早く教室から出ないと」

音無「移動教室ぅ?何かめんどクセーからサボるわ」ガタッ

奏「授業には参加しないと…」

音無「不良に説教タレるのはいかんですって言ったろ。んじゃあな」スタスタ

奏「…」

音無「(何か後ろ髪引っ張られる気分だな)」


音無「まだ眠ぃし…気分転換にカフェインでも摂取しに行こ」

音無「…そういや自販機ってどこ?」


―自販機・掲示板前―

音無「やっと見つけたぜぇ、ここにあったのか」

ユイ「んしょっと」ペタ

音無「…何だアレは」

ユイ「よいしょっ、と」ペタ

音無「せいっ」バリッ

ユイ「ほっ、と」ペタ

音無「よっ、と」ビリッ

ユイ「……よいしょ」ペタ

音無「ぬん!」バリッ

ユイ「あー、もう!さっきから何なんですかアナタは!」

音無「何なんですかはお前だ。さっきから同じ紙をペタペタペタペタ張りやがって」


ユイ「あ~っ!あなたは!」

音無「ったく、掲示板使う奴の迷惑を考えろよな」ビリッ

ユイ「この前人に当たり散らしてた人に言われたくないですよっ!」

音無「あ?お前どっかで会ったっけ」

ユイ「…忘れてるならいいですよ。とにかく、ガルデモのライブを大々的に宣伝中なんですから邪魔しないでください」

音無「ガルデモ?食堂の新しいメニューか?」

ユイ「えーっ!?それマジメに言ってるんですか!」

音無「ああ」

ユイ「本当に『Girls dead monster』を知らないんですか?」

音無「知らんし興味もない」キッパリ

ユイ「学内で超有名ですよー!リーダーの岩沢さんのボーカルなんて痺れますよ!」


音無「岩沢?」ピクッ

ユイ「はい!私はCrow Songがs」

音無「岩沢がボーカルやってるバンド名がそのガルデモだってのか?」ガシッ

ユイ「え?そうですけど…(この人急に目つきが変わったけど何で?)」

音無「そうか…それだけ分かりゃいい。んじゃ、あばよ」スタスタ

ユイ「あ、はい」

ユイ「…あの人、一体何だっただろ?」


―空き教室付近―

~♪~♪

音無「この音調…ガリ…ガルデモでもだったか?」

音無「ちょっと様子を拝見…」


―空き教室前―

音無「……」ソローッ

~♪~ブツッ

音無「(音が切れた?)」

ひさ子「あ、悪りぃ。すぐに変える」

岩沢「じゃあ、ちょっと休憩といこう…ん?そこにいるのは音無か?」

音無「…よう」ザッ


―廊下―

音無「ハッ、まぁまぁな音を響かせんじゃねーか」

岩沢「それは誉め言葉か?」

音無「好きに取れ」

岩沢「フッ…あんた、何か変わったね」

音無「変わった?俺がか?」

岩沢「最初見たときとは印象がまるで違うよ。最初は狂犬みたいな奴だと思ったからね」


音無「狂犬ねぇ…そういや、その次会った時にゃお前にぶたれたな」

岩沢「実はぶつのかなり怖かったけどね」

音無「ふーん、お前がそんな臆病には見えねーぞ」カチッ シュボッ

岩沢「あんた…いつも煙草吸ってるけど、生前も吸ってたの?」

音無「記憶が無いうちはなんとも言えねーな…たださ」スパー

岩沢「ただ?」

音無「記憶が無くてもよ、体が覚えてたんだよな…煙草吸いてーってさ」

岩沢「そうか…でも記憶か無いのは、それはそれで幸せかもな」

音無「そうか?」


岩沢「もう誰かの過去は聞いた?」

音無「ああ、ゆりの」

岩沢「ゆりのか…あれは最悪だ」

音無「だろうな」

岩沢「私の生前はそこまで最悪じゃなかったからね」

音無「…そう言うってこたぁお前も生前はそれなりに最悪だったんだろ?」

岩沢「好きな歌が歌えなかった…ってことだけさ」


それから俺は岩沢の両親のこと、初めて聞いた音楽や手に取ったギターのことを訊いた。

そして言葉を失い岩沢の人生がステージにたてないまま終わってしまったということも。


音無「ふーっ…悪かったよ」

岩沢「どうしてお前が謝る?」

音無「いや別に、過去のお前に謝っただけだよ」

岩沢「お前やっぱり変な奴だな」クスッ

音無「…フン」

ガラッ

ひさ子「お~い、岩沢~っ!」

岩沢「あ、ひさ子。オーケー、今行くよ!」スクッ

ひさ子「待ちくたびれてるよー!」

音無「……」クルッ

岩沢「おい、記憶無しヤンキー!」ブン

音無「うぉっと!」パシ

岩沢「それ、やるよ。じゃあ今日の夜に体育館で待ってるからさ」ガラッ

ピシャッ

音無「記憶が無い方が幸せ…か。じゃあ何で俺は不良してんだろうな?」


―18時40分・寮前―

音無「体育館は西の方角…ってことはこっちか」

…ダダダダッ

日向「女子寮はあっちだ!」

ゆり「オペレーション開始までもうすぐよ、急いで!」

ダダダッ…

音無「いつでも元気やなーあいつらは。女子寮っては何の話だ?」

音無「でも確かに時間がねぇのは本当だし、走るか」タッタッ

―18時50分・体育館―

音無「…間に合ったか」ゼェゼェ

音無「岩沢は確かステージの裏方にいるんだったな」スタスタ


―ステージ裏―

シャッ

岩沢「ん?」

音無「よぉ、来たぜ」

岩沢「フッ…待ってたよ」

ひさ子「何だお前か。岩沢の招待だから何も言わないけど、迷惑はかけるなよ」

音無「お前、誰?」

ひさ子「ひさ子だ!忘れるな」

音無「悪ぃ、もう忘れた」

ひさ子「コイツ…」ググッ

関根「やっぱしちょっとだけカッコイイかも…」ジーッ

入江「しおりんっ!」

関根「だから冗談だってばー」

岩沢「あそこが特等席。多分一番よく見える場所だ」

音無「ああ、サンキュ」クルッ


岩沢「あ、音無」

音無「何だ?」

岩沢「特等席にコイツも一緒に置いてやってくれ」スッ

音無「…ギター?」パシ

岩沢「ああ。思い出のギター、だよ」

音無「…ま、健闘を祈るぜ」スタスタ

岩沢「任せた…それじゃ、派手にやろうぜ!」

―同時刻・女子寮の一室―

日向「そういやさっき音無とすれ違わなかったか?」

ゆり「寮のとこに音無君いたの?急いでて気づかなかったわね」

松下「そういえば彼は、ギルドのトラップを一人でクリアした上に天使に勝ったそうじゃないか?」


日向「いくらなんでも嘘っぱちだろ嘘っぱちー」ハハ

ゆり「いいえ、本当よ」

日向「何ィっ!?」ズコッ

ゆり「私は実際にこの眼で見たわ。みんなが全滅した後いきなりふらりと現れたし、戦いじゃ天使の動きも封じてた」

野田「ふん、俺にもそんなことぐらい朝飯前だ」

日向「ギルドに投下して一分後に死んだ奴が何言ってんだよ」

ゆり「竹山くん、パスワード割り出せた?」

竹山「はい。それと僕のことはクライストとお呼びください」カタカタ

ゆり「(音無君はライブの方に行ってるのかしら?)」


―体育館―

ダンダン~♪ダン~♪

ワーワーキャーキャー!

音無「…(こっからだとよく見えっけど、岩沢の奴…表示が焦りだしてんな)」


岩沢「(どうして、もっと集まってくれ!)」ギャンギャギャ♪

ひさ子「(Alchemy?この序盤で?)」

―体育館外―

女生徒1「ねぇ、Alchemyよ!」

女生徒2「早くいこいこっ!」ダダッ

コッ

奏「……」

奏「……」スタスタ

―体育館内―

ダンダン~♪ギャギャ~♪

音無「!」ピクッ

音無「(NPC達の群れにいる違和感…奏が来たのか?)」

音無「(ここで奏に話をつけに行ったとしても、こんだけ盛大にやってんだからな…)」

音無「(下手したら教師連中がやってくるぞ…)」


バタァン!

教師A「お前たち、一体何しとる!」バタバタ

音無「…噂をすれば何とやらだ」

教師B「大人しく寮へ戻れっ!」

男子1「やだよ!ぜってーみてーもん!」

女子1「そうよ!お前らこそ帰れ!」

ソウダソウダッ!!カエレ!

奏「……」スッ

岩沢「(現れやがった!みんなもっと盛り上がってくれ!いや、そうさせるのは誰でもない…私達の力なんだ!)」

遊佐「天使、出現しました」ジジッ

ゆり(インカム)「了解」ジジ…

教師A「どけ、お前達!」ドン!

教師B「静かにしろ!」

音無「ここに居ろよ、ギタークン」バッ

シュタッ!

教師C「む?あいつは…」

音無「いやー、どーもどーもセンセー方」ヘラヘラ

教師A「音無…貴様も共犯か!」

音無「いやいや、俺はただ単に一個人のファンとしてライブみにきてるだけっすよー」ニヘ

教師B「嘘をつけ!」

音無「だからね…」

教師A「かくなる上は貴様も…」

音無「いい加減しつけんだよぉテメェら!」ガス!

教師A「ぐあっ!」

教師B「何をする!」

音無「せいっ!」バキッ

教師B「ぐおっ!」

教師C「…邪魔が入った。応援を非常口から頼む」コソコソ

ザリ…

音無「次は?どいつだ?」

奏「……」

音無「…奏か。まさかお前も邪魔を…」

ダンダン~♪ダン…ダ……

音無「あ…?岩沢の声と楽器音が途切れやがったぞ?」

奏「…」クルッ

ザワザワ…ブーブー!

音無「えらく前が騒がしいな。くそっ、人が邪魔でこっから全然じゃステージが見えん。おい、奏」

音無「っていねぇし…どこ行ったんだ」

ザワザワ…ザワザワ


男子2「くそっ!ふざけんなよ!」

女子2「やめてあげて!」

男子3「俺たちの為なんだよっ!」

男子4「放してやってくれよ!」

音無「なっ…何で先公共が!入口には俺がいたし、さっきの電話が繋がってなかったハズ…」キョロキョロ

音無「あのドアは…非常口から入ってきたのか!くそっ、フツーは生徒の為に使うもんだろ!」

女子3「彼女たちの歌が支えになってるの!お願い!」

教師D「今までは大目に見てやってただけだ。図に乗るなっ!」

ザワザワ…ブーブー!

教師D「楽器はすべて没収だ。学園祭なしに、二度とこんな真似はさせんぞ!」ガシ

岩沢「っ!」

教師D「これは捨てても構わないな?」

岩沢「…触るな」

教師D「え?」

岩沢「それに…触るなぁぁぁっ!!」ダッ

ドカッ!

教師D「ぐおっ!」

教師E「やめんか!」

ひさ子「チッ!」ドゴッ

教師E「うおっ!…ま、待てぇ!」

遊佐「……」ガッ

教師E「ぬおっ!」ドサッ


教師D「それをよこせ!」

岩沢「くっ…」

ダダダダ…

教師D「ん?…何だ!」

音無「テンカオォッ!」ドゴオッ

教師D「ぬおわあああっ!」ゴロゴロゴロ

教師E「また音無かっ!」

バン!

音無「……(照明?)」ハーッ、ハーッ

ザワザワ…ザワ……

~~♪~♪

音無「岩沢…?」

岩沢「常識ぶってる奴が笑ってる。次はどんな嘘をつく…」

ユイ「新曲…?」

岩沢「泣いてる君こそ…孤独な君こそ、正しいよ…人間らしいよ…」

音無「…この音調は…バラード?」

岩沢「本当の僕らを…ありがとう…。(これが私の人生なんだ…こうして歌い続けていくことが)」

音無「…!」ゾクッ

岩沢「(それが、生まれてきた意味なんだ。私が救われたように…こうして誰かを救っていくんだ。…やっと…やっと見つけた)」

音無「待て!消えるなぁっ、岩沢ぁぁっ!」ダッ

岩沢「(音無…お前は本当に、すごく不器用でいて…そしてすごく…最高な奴…だったぜ)」フワ…

ゴトッ!

……シーン…

ひさ子「岩…沢?」


―翌日・屋上―

音無「ふんふーん♪」ジャン♪ジャン♪

音無「ふんふんふーん♪」ジャン♪

音無「ふんふんー…グスッ、岩沢…戻ってきてくれよ」ジャ-ン♪

ガチャッ

音無「はっ!」クルッ

ユイ「あ…えっと…」

音無「…テメェかよ、何の用だ?」

ユイ「いや、上の方からギターの音がきこえたものでしたから」

音無「どーせヘタクソだよ」フン

ユイ「まだ何も言ってないじゃないですか!それに…そのギター」

音無「岩沢が消える前に残したギターだ。ガルデモの奴らに譲ってもらった」

ユイ「何を弾いてたんですか?」

音無「フツーの曲」ジャジャン♪

ユイ「何か一回弾いてみてくださいよーっ」

音無「やだよ、めんどい」


ユイ「ひょっとしたら、先輩まだギター弾けないんですか?」ニヤ

音無「……」ピク

ユイ「弾けないんですね」

音無「当然だろうがっ!今日の朝チューニング知ったばっかなんだぞ!」

ユイ「それでよく弾こうなんて思いましたね~」ニヒヒ

音無「どうやら真面目に死にたいらしいな…奴らにお別れは済んだか?」バキボキ

ユイ「申し訳ありませんでした」ドゲザ

音無「…ったく。そう言うテメェは弾けんのかよ」

ユイ「勿論ですよ!これでもガルデモの新しいボーカル候補なんですから!」

音無「じゃあ弾いてもらおじゃねーか…そんで笑ってやらぁ!」


―空き教室―

ジャンジャン♪ジャーン♪

ユイ「フッ…どうでした?」ジャーン♪

音無「岩沢の120分の1ってところだな」

ユイ「んだぉっコラァ!」ガーッ

音無「……」バキボキ

ユイ「なぜですか音無さん?」

音無「何かさ、魂にズシンと響くモンがねーんだよな」

ユイ「そんなことないですよーっ!」

音無「じゃあ聴かせてやれよ、ガルデモの奴らに」

ユイ「えぇっ、多分まだそれは早いですって」アタフタ

音無「面倒な奴だな…じゃあ、最初はSSSの奴らに聴かせてみろよ」

ユイ「ゆりさん達に?」

音無「お前、ガルデモの新ボーカル候補なんだろ?」


ユイ「えっ、何で知ってるんですか?」

音無「…お前さっき自分で言ってろ。アホなのか?」ボソ

ユイ「何か呟きましたか?」

音無「ほら、とっとと行くぞ…この機材持ってくのか?」

ユイ「あ、お願いします」

音無「どっこいしょっ、と(意外と重いな、この機材)」ズシッ

ユイ「先輩遅いですよー、早く早く!」

音無「テメェも持つんだよっ!」ゲシッ

ユイ「わ、分かってますって。よいしょっ…と!」ズシッ

音無「落とすなよ」スタスタ

ユイ「分かってますよー」スタスタ

音無「先に訊いとくけど、トラップの解除方法は?」

ユイ「トラップ?」

音無「確かそんまま校長室のドアノブ握るとハンマーが振ってくるだろ?」


ユイ「……えっ?」

音無「おい」

ユイ「すっかり忘れてましたっ☆」テヘ

音無「よかったな。両手が塞がって無ければ今すぐお前を殺ってたとこだ」

ユイ「だって校長室に行くことなんてあんま無かったんですもん!」

音無「はぁ…もういい。トラップは俺が何とかする」


―校長室前―

音無「慎重、に」カチャ…

ブウンッ!

音無「ほっ!」ヒョイ

ユイ「お~っ!スゴいスゴい」パチパチ

音無「るせぇっ、次はしっかりトラップの解除方法覚えとけっ!」ガチャ

ギィィ…

ゆり「ん?あら、音無君じゃない?ひょっとしたらSSSに入隊する気になったのかしら?」

音無「そんなんじゃねーよ」スタスタ


大山「その大きな機材何?」

音無「コイツはちょっと置かせてくれ。そっちに置くぞユイ」ゴトッ

ユイ「分かりましたっ」ゴトッ

藤巻「何しに来たんだコイツラは?」

ゆり「音無君、確かその娘ってガルデモの…」

音無「ああ。新ボーカル候補だ」

野田「コイツが岩沢の代わりだと?」

藤巻「ありえねぇ…」

ユイ「ユイって言います!よろしくお願いしまっす☆」

音無「オイ」ビシッ

ユイ「痛っ!何ですか先輩っ!」

音無「自己紹介ぐらい真面目しやがれこのアホ!」

ユイ「これが私の真面目なんですよ!」

日向「ボーカルじゃなくて漫才師の間違いなんじゃねーの?」


高松「『Girls dead monster』はロックバンドってこと、覚えてますか?』

松下「漫才師でもなけりゃアイドルユニットでもないぞ?」

ユイ「うや、ちゃんと歌えますから!どうか聴いてから判断してください!」ジャジャーン♪

野田「形だけはサマになってるな」

音無「ま、そう言わず聴いてやってやれよ。話はそっからだ」

ゆい「そうね…じゃあ、弾いてもらおうかしら」

ユイ「よいしょ」カチッ

ダンダン~~♪~ダン♪

音無「…(やはり声は悪くない。ただギターとのシンクロがお世辞にも上手とは…)」

ユイ「イェ~イ!みんな、今日は来てくれてありがとうっ、イェryゲフッ」ドカッ


プラン…プラン…

高松「何かのパフォーマンスですか…」

高松「デスメタルだったのか」

TK「Crazy Baby!」

ユイ「し…死ぬ」プラン…

音無「何やってんだ、バカ」グイッ

ユイ「ぐへぇ…」ドサッ

ゆい「とんだお転婆娘ね…クールビューティーだった岩沢さんとは正反対」

高松「Girls dead monsterのリードボーカルとしては、いささかな物かと」

松下「別の者を探さないか?」

日向「そーするかっ」

ユイ「コラーァッ、ちゃんと歌えてただろ!これでも岩沢さんの大ファンで全曲歌えるんだからなーっ!」ガバッ

日向「心に訴える物が無かったからな」

高松「ありませんね」

藤巻「ねーな」


ユイ「コラァ!そんなあいまいな感性で若い芽を摘み取りにかかるなぁ!お前らそれでも先輩かーっ!」

音無「(一々うるせー奴だ。岩沢とクールに話せてた頃に帰りたい…)」

ユイ「音無先輩も何か言ってやってくださいよーっ!」

音無「確かにコイツはうるさいだけだが…」

ユイ「なぬっ?!」バッ

音無「音楽に懸ける情熱は…本物かもしんねーぜ?」

ユイ「そうですよねーっ!流石先輩!」

藤巻「単にミーハーなだけじゃないねーのかぁ?」

ゆり「確かにやる気はありそうね…後はバンドメンバーに任せましょ」

ユイ「本当ですか?!やったぁーっ!ギターのひさ子さんと組めるー!」

音無「(今の内に帰ろ…岩沢の大事なギター置きっぱなしだったし)」


音無「」コソコソ

ギィィ…バタン

ユイ「あの殺人的なギターたまんないっすよね!頭どうなってんすかね!」キラキラ

藤巻「クビだな」

ユイ「えっ!」

高松「クビですね」

ユイ「え~っ、何か悪いこと言いましたかっ!助けて下さい音無先輩ぃ~!」

ゆり「…あれ?音無君は?」

松下「そう言えばさっきまでいたのにな?」

藤巻「つーかアイツがここにいて俺達と普通に喋ってたこと自体が珍しいんじゃねーのか?」

高松「そう言われてみると…いつも一人でフラフラ歩き回ってるだけでしたし」

ユイ「そんなっ、ユイの味方が全滅しちゃった」

野田「味方も何も元々アイツ俺達の敵だからな」

ただ音無が不良なだけで
アニメ通り書いてるっぽいがこれ終わりあんの?

>>124
一応原作通り這って行って
音無が不良のせいで展開が変わってくるってことで。
終わりはまだ何ともですね。


―校舎廊下―

音無「やっぱアイツらのテンションは俺には合わねーな」スタスタ

ドン

音無「痛っ!…オイ、テメェ!」ガッ

直井「何だ貴様は?早く離せ」

音無「ぶつかってきて無視とはいい度胸してんなコラ…治療費置いてけや」

直井「愚民が…フラフラ歩いてるからだ」

音無「テメェみてぇなひょろっちい愚民に愚民とか言われとかねぇな…潰すぞ?」

直井「貴様……僕の目を見てみろ」

音無「あ?」ギロ

直井「いいか…よく訊け…貴様はゴミだ。道端に転がっている誰にも気付かれずに微生物に喰われるゴミなんだ」

音無「……ゴミ?」

直井「そうだ。分かったらはやくどk」ガシッ


音無「ぬん!」バッ

直井「え?」

音無「エアプレーンスピン!」グルグルグル

直井「や、やめろっ!目が…目が回っ」グルグルグル

音無「オラァッ!」ブン

直井「ぐはっ!(な…なぜ催眠術が効かないんだ…?)」ドシ-ン!

音無「変な能力使おうとしてたみてーだが、俺を乗っ取ろうなんて無謀な奴だな」

直井「…き…さま」ピクピク

音無「今ので骨の何本からイッたろ。それでさっきの言葉はチャラにしてやっからよ」スタスタ

音無「あーあ、そういや早く岩沢のギター取りに行かんとな」


―空き教室―

音無「……ん?」ガララッ

入江「あっ…」

関根「ん?」

音無「何だ、お前らか。一体こんなとこで何してんだ?」


関根「いつもどおりバンドの練習だけど?」

音無「ああ…そういやそうだったな」

入江「ひょっとしてこのギター取りにいらしたんですか?」スッ

音無「そうだ…そういや、あの五月蝿いリードギターの女はどうした?」パシ

関根「ひさ子さんもすぐ来るでしょ。多分お昼を取ってからだと」

音無「そ。じゃ俺はこれで」スタスタ

関根「あ、ちょっと待って」

音無「何だ?背景に溶け込むのがそんにイヤなのか?」

関根「何の話?」

音無「俺ほどの漢になると分かるんだ。最初からいるのに最後までいなかったようなキャラってのが」

関根「この人さり気なく酷いこと言ってるよね、みゆきち」

入江「そうだねしおりん」


関根「いいよいいよ。どうせ私達はガルデモでも目立たない存在ですから」プィ

音無「おいおい、悪かったって。そんなに自暴自棄になるなよ。煙草やるからさ」スッ

関根「え?あ、どうも」

入江「しおりん…流石に煙草はマズいんじゃないかな?ひさ子さんに見つかったら叱られるよ」

音無「『BLACK STONE』…手に入れるのに苦労した日本じゃ珍しい煙草だ。お前も吸うか?」

入江「い、いえ私は…」アタフタ

音無「慣れたら甘くなってくるからよ、な?それに既に死んでるんだから健康もクソもねーじゃん」

入江「あ、あの」

音無「勇気を出せ」

入江「…じゃあ、一本だけ」

音無「その意気だ。じゃあ俺からライター回してくわ」カチッ シュボッ


ガララッ

ひさ子「何か煙たいけどいい匂いが外まで匂ったんだけど、なにやって……」

音無「…ゲッ」

関根「あ…」

入江「ひぇ…」

音無「さて、と。俺は学食でラーメンでも食いに行きますかね」スタスタ

ひさ子「…ちょっと待ちな」ゴゴゴ

音無「誰が待つか!」ダッ

ひさ子「待てコラ!入江と関根に変なこと教えやがって!」

ひさ子「それと入江関根!アンタらは罰として日誌書いときな!」ダッ

関根「うう…そんなぁ」

入江「仕方ないよ…しおりん」


―校舎入口―

ひさ子「待てって言ってんだろうが!」ダダダ

音無「だから待たねぇって!(こいつ脚速ぇぇっ!)」ダダダ

ユイ「何か地響きが聞こえてきませんか?」

日向「松下五段が走りまわってたりしてなー」ハハ


音無「わぁっ!どけやテメらーッ!」ダダダ

日向&ユイ「へ?…ぬわーーっ!」

ドンガラガッシャーン!

ゴロゴロゴロゴロ

テメーハナセユイコラッ!

イヤデスーッ!

ナニヤッテンダオトナシ!

ゴロゴロゴロゴロ

ひさ子「…見事に階段を転げ落ちたな。やはり音無にバチが当たったのか」

ギャーギャー!

ひさ子「巻き添えくらった日向達には気の毒だけど、死にゃあしないし大丈夫だろ」スタスタ

ドシャッ!

ユイ「痛いですぅ…」シクシク

日向「俺だって痛ぇーよっ!」シクシク

音無「何だお前ら。あんぐらい受け身とれよな」

日向「いや元はお前が原因だからな?!一体何やってたんだよ!」

音無「いや、ガルデモの入江と関根の個性を目立たせようとして煙草勧めてたらひさ子に見っかった」

日向「…小さな親切大きなお世話ってわけだな」


音無「悪かったな。んじゃあばよ」

日向「ちょっと待ってくれ」ガシ

音無「あぁ?」

日向「今俺達は困ってることがあってだな…お前に聞いてほしい話がある」

音無「ほう…聞かせろ」

日向「実はさ、野球の球技大会があるんだけどよー」

音無「参加してくれ、とかほざくなよ」

日向「…あ?分かっちゃった?」ハハッ

音無「ハハッ…じゃねーよ。却下だ却下」

日向「何でだよーっ!俺達親友じゃなかったのかよーっ!」ズイッ

音無「顔が近けぇよるなっ、俺が認めた奴は岩沢以外おらんっ!」グッ

ユイ「あれ?ユイにゃんは?」

音無「誰だよユイにゃんって」

ユイ「私ですよ、私。ユイ、にゃん☆」ニヘ

音無「よし…殺す」ボキバキ


ユイ「ストップストーップ!助けて日向先輩!」

日向「自業自得だ。…音無。じゃあこうしようぜ」

音無「あぁ?」

日向「もし俺達のチームに入ってくれて、優勝した暁にはこれから煙草一週間おごりってのは?」

音無「…金には困ってねーし…つかお前に煙草売ってる場所わからねーだろ」

日向「何っ?!…ならこれから食券g」

音無「無理だな」

日向「じゃ…」

音無「だから出ねーっての!そもそも不良が参加する大会ってのは横棒倒しか騎馬戦がお約束なんだよ!」

日向「頼むよ音無ぃ~!一生のお願いだ~!」ガシッ

ユイ「先輩ぃ~!」ガシッ

音無「ちょっ、抱きつくなテメェら!離れろ」ブンブン

日向「お前が首を縦にふるまでは離れん!」ガシ

ユイ「ユイもですー」ガシ


NPC女A「見て、あれ…」クスクス

NPC女B「何あれー」クスッ

オォトナシィ-ッ!

セェェンパイィーッ!

ハナレロゴラァ!


数分後――

日向「よっしゃーっ!あの音無をスカウトできたぞー!」ボロボロ

ユイ「でももう疲れました…」ボロボロ

音無「…テメェらの執念にゃ呆れたぜ。イソギンチャクかテメェらは」ゼーッゼーッ

ユイ「音無先輩を手に入れたことですし、次は誰をあたりますか?」

日向「そうだな…椎名っち辺りを当たるか」

音無「椎名?」

日向「まだ会ってなかったっけ?クノ一みたいな感じで頼りにる奴だぜ」

音無「クノ一…(ああ、俺が奏と共闘した時に白兵戦挑んできた奴か)」


―体育館 倉庫―

日向「椎名っちー!どこだー、出てこいよー!椎名っちー!」

スッ

音無「!」バッ


椎名「何用だ」

音無「(コイツ…完璧に気配消してやがったな)」

椎名「…出たな」

音無「あぁ?」

椎名「かかって来い、小僧…」

日向「待て待て待て、いきなり何言ってんだよ椎名っち!」

椎名「私はその男に負け続けている理由を考え…そしてある一つの結論に辿り着いた」

音無「俺アンタを負かした記憶なんてねーけど」

椎名「あの時、撤退命令が無ければ私は確実にお前に負けていた…それは集中力の差だ」

音無「集中力だと?」

日向「確かに音無は戦線メンバーを退けギルドを一人で突破しちゃう奴だもんなー」

椎名「お前に負け…ギルドでの武勇伝を訊かされた後…その日から私はこの竹箒を指先の一点で支え続けている」スッ

ユイ「…アホですね」

日向「アホだが戦力だぜ?」


椎名「良い頃合いだ…勝負だ小僧」

音無「へぇ…そういやこの世界に来てからのタイマン申し込みは初めてだぜ。いいだろ、表へ出な」ザッ

日向「ちょっと待て!勝負なら野球でs」
椎名「よし。行くぞ」ザッ

ユイ「どうやら聞いてませんよ?」

日向「はぁ…元気良すぎだろアイツら」


―体育館内―

日向「勝負は一回限りだかんなー。先に相手の頭に竹刀打ち込んだ奴の勝ちだ」

椎名「防具をつけなくていいのか?」

音無「お前もな」ニッ

日向「…んじゃあ、始め!」

音無「行くぜっ」ダッ

ユイ「おお、速い速い!」

椎名「…」サ

音無「オラァ!」ブン

椎名「…」スッ

音無「(消えた…?いや…)」

音無「上かっ」ブンッ

ユイ「竹刀を投げた!?」

日向「でも、やっぱはじかれるだろ」


椎名「ふっ!」バシッ

日向「ほら、やっぱ弾かれたじゃん」

ユイ「あ~音無さんの作戦失敗しちゃいましたね」

椎名「自らの武器を手放すとは…あさはかなr」ガスッ

音無「……クク」

ユイ「あ…椎名さんバスケットゴールに頭ぶつけましたよ」

日向「ありゃ痛てぇぞ…」

椎名「あさはか…なり」ヒュー

ドサッ

音無「…へへ」ニヤ

椎名「お前、まさか…」ジンジン

音無「ああ。丁度バスケットゴールの上にお前が飛ぶように調節したんだよ」

椎名「竹刀を投げたのは私の気を引くためだったのか…あさはかなり」ガクッ


音無「気絶したか。さて、竹刀竹刀っと」ヒョイ

日向「おいおい、もう椎名は戦えないだろ!」

音無「最初に竹刀を相手の頭に打ち込んだ方の勝ちってルールだったろ?」

日向「流石にもういいって、相手が戦えなくなって時点でお前の勝ちだろ?!」

音無「そうかよ」パッ

ユイ「椎名先輩どうします?当分起きそうにないですが」

日向「保健室に連れていくか…」

音無「持っていっときゃその内目覚めんだろ…よっこらしょ」

日向「お前椎名をおぶったままで学校中歩き回れんのかよ?」

音無「当たり前だ、なめんなよ」

ユイ「でも一応これで四人ですよね」

音無「で、次は誰を潰すんだ?」

日向「獲物じゃねーからっ!」


日向「仕方ねー、あいつを入れるか」


―第二連絡橋下 河原―

野田「ていいっ!」ブンブンブン

日向「あいつを誘う奴なんていねー。直情的でゆりっぺ以外の指示には従わない」

ユイ「つまりあの人もアホなんですね」

音無「あの人…も?」ベキベキッ

ユイ「あの人はアホなんですねっ☆」

日向「だがアホは利用できる」

ウォーウォー!ブンブンブン!

日向「しかも見ろ。長い棒をふらせたら右に出る奴は居ない」


野田「フッ、ついに来たか」

音無「あぁ?」

野田「決着の時がなぁっ!」

音無「へぇ…またタイマンの申し込みたぁ、俺もナメられたもんだ」

野田「あの変な力は使うなよ。正々堂々の勝負だ」

音無「上等だ、来いコラァ!」

日向「だぁからっ、待て待て!」


日向「決着は球技大会でお前とこいつのどちらが運動神経が上か見せてもらおう!」

野田「なぜ?」

日向「強いだけじゃゆりっぺは振り向いてくれないぜ?」

野田「…いいだろう」スッ

日向「よし」グッ

音無「でも俺には関係ねー…行くぜっ!」

日向「だから駄目だって!」ガシッ

音無「テメーゴラァ日向っ!」

日向「まさか野田に野球で負けるのが怖いのか?」

音無「あぁ?誰に言ってんだテメェ?この俺がビビるってか?」

日向「じゃあ、球技大会でビビってねぇってことを証明してくれよ」

音無「ハッ、うまく丸め込んだつもりのようだが…次喧嘩売られたら問答無用で殺す!」

日向「(お前に喧嘩売る奴の方が珍しいっての)」


―校舎A・屋上―

SSS1「ひぃっ、音無!?…さん」

音無「何だよテメェ」ギロッ

SSS1「ごめんなさぁぁぁい!」ダダダダ

日向「またかっ、脅してどうすんだよ!?」

ユイ「これで十人目…っと」メモメモ

音無「別に脅したつもりはねぇよ」

椎名「まだ五人だぞ。どうするつもりだ?」

音無「テメェ起きてたんなら自分で歩けやっ!」

椎名「ZZZ…」

音無「コ、コイツ…」フルフル

音無「おい日向、とっと行って終わらせっぞ!」

日向「………」ボーッ

音無「……?(目の焦点が合ってねーな)」

日向「………」

音無「おいっ!」ドカッ

日向「うわっ!…いや、何でもない。ちょっとぼーっとしちまった」


日向「仕方ない、後は一般生徒に賄うか」

ユイ「はいはーい!私仲のいい友達連れてきますよ~っ!」

日向「友達?」


―校舎C・廊下―

女子A「私たち、その…」

女子B「ユイにゃんさんのファンって言うかぁ」キャピ

女子「勝手に親衛隊って言うかぁ」キャピ

ユイ「ユイにゃんは才能におごることn」
音無「お帰り願いなさい」

ユイ「えーっ?何でですかーっ!」

音無「足手まといが増えるだけだ」

日向「でも他に当てがいねーし、しっかたねぇさ。センター抜きにしてライトとレフトを中盤よらに守らせれば十分だ」

音無「こんなこと言ってるが…勝てると思うか?」

椎名「実質五人じゃ難しいな」

音無「だな…ってテメェやっぱ起きてんじゃねーか!」


―球技大会第一会場 野球場―

ガキィン!

審判「ホームラン!」

藤巻「さっすがだぜTK!死ぬまで何やってたか謎だらけだぜ」

TK「Don`t stop dancing!」


―球技大会第二会場 グラウンド―

松下「ぬん」ガキン!

SSS1「うっはっ!」

SSS2「一発ホームランだっ!」

竹山「…ふふ」


―対天使用作戦本部―

ゆり「うん。ゲリラ作戦は順調な滑り出しね…さて、天使さんのこ気分はいかがかしら、うふふ」


―球技大会第三会場 第二野球場―

ユイ「おぉーっ、我らが戦線チームはどこも順調に勝ち残ってますよー」

日向「んじゃ、俺らもいっちょ行きますか」


男子A「またか」

日向「この先に進むんのは俺達に勝った方ってことで、ジャンケンで決めてくんない?」

男子A「…どんどんチームが増えてきやがる」

音無「あ?文句あんのか?」ギロッ

ユイ「かかってこいやゴラァァ!」

日向「どつかせてどうすんだよ、あぁ!」ガガッ

ユイ「何で私だけ!?関節が砕けますホームランが打てなくなりますぅ!」

日向「んな期待最初からしてねーよっ!」

―――

日向「ここで勝たなきゃ罰ゲーム決定だかんな!」

音無「罰ゲーム…何の話だ?」

日向「初戦は気合い入れねーとな!」

音無「無視すんなオラァ!」ガッ

日向「痛てっ!まぁ悪魔で負けた場合だから心配するなって」

音無「俺はんなもん受けねーからな」


日向「とりあえず、一番はお前な」

音無「ハッ、いいだろう」

野田「俺はっ!?」ズイッ

日向「まぁ待て、で二番が俺。三番が椎名」

音無「…で、お前いつまでおぶわれてる気だよ!そろそろ下りろっ!」

椎名「仕方ないな…」バッ

日向「そして四番がお前だ。走者一掃しないとテメーの負けだからな」ポン

野田「ふん。いいだろう…容易いことだ」

日向「七点以上でコールドだ。天使が来る前に片付けちまおうぜ」

音無「(天使…奏も来るのか?)」

日向「よし行くぞぉーっ!ファイトォーッ…!」

…シーン

女子ABC「お、おー」ボソッ

音無「……恥ずかしな、日向」

日向「言うなっ!」


音無「そんじゃ……行ってくる」ザッ

日向「頑張れよ、音無!」

ユイ「Rookiesのパワー見せたれぇ!」

審判「プレイボール!」

音無「(ただ単に野球するんじゃ面白くねぇ……あ、いいこと思いついた)」

投手A「ふっ!」ブンッ

音無「ククク…」ガキィン!

日向「まずい、ピッチャーライナーだ!」

投手A「へぶっ!」ドカッ

日向「…え?」

投手A「うう…」ドサッ

ユイ「あ…見事に相手ピッチャーの顔面に直撃しましたね」

音無「やりぃ!」ザッザッ

ユイ「…あんな方法で塁に出たがるのって音無さんだけですよね?」

日向「あれが音無なんだ」

ユイ「やっぱアホですね」


男子A「投手交代!」

――

その後、俺に続き日向と椎名も累に出てノーアウト満塁へ…次の打者は…

野田「フン…ったく。遊びもいいとこだ」ザッザッ

捕手「良いのか(片手だと)?」

野田「何が?」

捕手「くっ…来い!」

投手B「えいっ」ビシュッ

野田「でやっ!」ガキィン

ワーワーッ!

審判「ホームラン!」

捕手「そんなぁ」

野田「フン…」

――

音無「で、何で俺がピッチャー?」

日向「だってお前いつも喧嘩ばっかしてんだから強肩」

音無「関係ねーよ」

日向「それに野田にホームラン打たれたんだから今度はお前が巻き返すしかねーだろ?」


音無「チッ。まぁいい…見てろ」スッ

野田(捕手)「来ぅい!」

音無「うおおおオラァッ!!」」バシュ!

野田(捕手)「ぬぉぉっ!」ドシュ!

審判「ストラーイク!」

野田「(まさか、俺の手が痺れているだと…)」ビリビリ

日向「すっげぇ!今の軽く160はいってたぜ!」

ユイ「そろそろ言いたいんですが、あの人はバケモンですか?」

数十分後――

2回裏・8-0

音無「軽い軽い、圧勝だな」

椎名「何故か途中から相手チームの選手どんどん減っていったが…」

日向「立て続けに相手のピッチャー三人の顔面に打撃する奴がいたからな」

ユイ「要はアホですね」

―対天使用本部―

遊佐(インカム)「日向チーム、二回裏コールド勝ちです」

ゆり「早っ!…みんな死より怖い罰ゲームとやらを恐れて必死ね。こっけいだわ」


遊佐(インカム)「戦線ではゆりっぺさんの罰ゲームを受けたものは発狂し人格が変わると有名ですから」

ゆり「そうね…ってどんな罰ゲームよ!」

遊佐(インカム)「いや、私は受けたことありませんので」

ゆり「私だって!…おっと、あぶり出しね成功ね…」

遊佐(インカム)「あれは…天使ですね」

ゆり「こっちは武器も無し、あるのはバットにグローブ。果たしてどんな平和的解決を求めるのかしら?見物だわ」


―グラウンド―

奏「…………」ズゥゥーン

音無「…………」アァン?

直井「(何故コイツが…)」

奏「あなた達のチームは参加登録していない」

音無「文句あるのか?」ギロ

直井「せ、生徒会副会長の直井です。我々は生徒会チームを結成しました」


直井「あなた達が関わるチームは我々が正当な手段で排除していきます」

音無「今ここでテメェらを排除してやろうか?」バキボキ

日向「待て、暴力はダメだ!一発で失格になるぞっ!」

音無「…チッ、試合で顔面にぶちあててやる」ペッ

ユイ「はっ!頭洗って待っとけよなァ!」

日向「お前は三振しかしてねーだろうが!…おっと、洗うのは首だ!頭だったら衛生上の見出し並みだ!」グググ!

ユイ「何で私だけっ!いーたーいですぅぅっ!」ギリギリギリ


―日陰―

音無「暑っつー…ちょいと一服」カチッ シュボッ

奏「結弦…」

音無「うおっ!テメェどっから出てくんだよっ!」

奏「校内での煙草は校則違反よ」

音無「校則破ってるから不良なんだよ」スパー


奏「…結弦はどうして彼らと球技大会に参加したの?」

音無「アイツらが…しつこく勧誘してきたからだよ」

奏「それで…了承?」

音無「最初は断ったさ。アイツと出会って打たれてなきりゃ…多分ボコボコにしてでも断ってたろうけどな」

奏「………」

音無「不良ってのは気まぐれな生き物なんだよ。それでもアイツらとつるむのはゴメンだがな」

奏「そう…」

音無「話は終わりだ、お前もとっとと生徒会チームに戻れ」ザッ

奏「…うん」

音無「あ、そうそう」ピタ

奏「何?」

音無「その格好、似合ってねーぜ。じゃ、あばよ」スタスタ

奏「……」

奏「……?」


―対天使用本部―

遊佐(インカム)「竹山チームに続き、高松チーム、二回コールド負けです」

ゆり「くーっ、あんなの反則じゃない!…残るは一チームか、どこ?」

遊佐(インカム)「日向さんのチームです」

ゆり「ゲ!…あ、でも確か音無君も日向君チームに入ってたのよね?」

遊佐(インカム)「確か音無は居ますが?」

ゆり「天使をギャフンと言わせるには、彼に任せるしかないわね…」


―決勝戦・グラウンド―

日向「ついに来てやったぜ」

直井「あなた方のチームのせいで怪我人が続出していますよ…」

音無「それはコイツのせいだ」ヒョイ

ユイ「アンタだろうがぁっ!」ガーッ

日向「(こんなんで大丈夫かよ…)」

審判「ではこれより決勝戦を始めます!」


審判「プレイボール!」

試合が始まり、当然のごとく俺はピッチャーの顔面に打球を送り込む。

奏「……」

直井「やはり彼でしたか」

音無「ヒャハハッ!」ダダッ

直井「外道め…」

続いて日向、椎名、と出塁し…。

野田「でやぁっ」ガキィン

審判「ホームラン!」

日向「いよっしゃぁ!これで四点」ダダッ

―1回裏―

音無「……」ペッ ベキベキ

奏「(相手ピッチャーは…結弦?)」

音無「…疾っ!!」バシュ

ドシッ

審判「ストラーイク!」

野球部員A「…え?」

直井「速いですね…」

奏「打者交代よ」

ザッ

音無「ん?何だアイツもう下がんのか?」


審判「生徒会チーム、バッターチェンジ!」

日向「打席途中で代打かよ…誰だ?」

ザッ

奏「……」スッ

音無「なっ!?」

日向「ちょっ!代打者って天使かよ!」

審判「プレイボール!」

音無「面白い…俺の全力を打てるもんなら、打ってみろやぁっ!」バシュ

奏「……」ガキィン

音無「?!」

ヒュルルル

ボトッ

審判「ホームラン!」

日向「まさか…音無の豪速球が…」ガクッ
音無「くそっ!…でも今の俺の球を打てるのは奏だけだ」

奏「みんなよく訊いて…結弦の球には弱点がある」

直井「弱点ですか?」

奏「彼は絶対に「真ん中」以外は投げてこない…」

直井「確証は?」

奏「今までの試合で。そして今ので確信した」

直井「もし他にも球を隠しもっていたら?」


奏「それはないわ」

直井「どうして?」

奏「さっき投げる時『俺の全力』って言ってたから」

直井「ああ…」

審判「プレイボール!」

音無「(臆することはねぇ…俺の球は奏以外には打たれねぇ)」

音無「オラァッ!」バシュ

男子部員B「(速くて見えない球でも…コースさえ分かれば…)」ガキィン

音無「な…にっ!」

女子A「きやぁっ!」ヒョイ

ボトッ

セーフ

音無「まさか…もう気づいたのか?」

この後、奏にウィークポイントを気づかれた俺は奴らに三点を取られてしまった。

ホームイン!

野田「ぐぐぐっ…ふんっ!」バシッ

音無「……チッ」ゼェ、ゼェ

日向「ターイム!」

音無「…?」クルッ

日向「まさか天使が選手として参加するなんて聞いてねーよな。内の外野はザルだし…どうすっかな」


日向「せめて外野に松下五段が居てくれれば…」

音無「いねーもん気にしたって仕方がねぇ…俺も守備に回る」

日向「流石にマウンドから外野まで遠すぎるだろ?」

音無「俺の球が通じねー以上俺がやるっきゃねーだろうが!」

日向「音無…。ああ、任せたぜ」

そっからはデスシーソーの始まりだ。打たれては守り、打ち返し…打っては守られ打ち返されの連続。

―対天使用本部―

ゆり「この調子なら勝てるっ!やるじゃない連中!」

遊佐(インカム)「肝心の音無さんは死にそうな顔してますが?」

ゆり「私は知ってるわ。彼はピンチの時こそ燃え上がるのよ…」

遊佐(インカム)「ゆりっぺさん…かっいいでs」

ゆり「くく…あーっはっはっは!」

遊佐(インカム)「台無しです」

今日は来そうにないか…

>>168
Sorry
掃除してたら遅くなりました


日向「よし……」ザッ

音無「…お前、ひょっとしてさ…この世界に来たのって野球関係か?」

日向「…」ピクッ

――

ったくかける声もねぇな…

あいつ一人で三年間の努力が無駄に…

強烈な疫病神だぜ…

お前に必要なのは…こ う い う の じゃねぇか?

――

日向「…まぁ、な」

音無「分かりやすいんだよテメーは。…大方、エラーか三振ってとこか」

日向「はは、かなわねーな。よく分かったもんだ…」

音無「…お前、もうすぐ消えるんだろ?」

日向「き、消えねーよっ!」

>>170-171は逆で


―9回裏・7-6―

日向「(勝てるかもしれない…最終回、一点差…ツーアウトランナー二、三塁…でも次のバッターは)」

奏「……」ザッ

日向「(よりによって天使かよ…ランナーが三塁にいる以上が敬遠はできねーし)」

音無「……」ゼェ、ゼェ

日向「ターイム!…音無」

音無「あぁ?」クルッ

日向「ここでお前が天使を抑えなきゃ確実に負けちまう」

音無「んな事は投手である俺が一番分かってらぁ!」

日向「だから…絶対に抑えてくれ。頼まれてくれるか?」

音無「…ハン、当然だ。誰に言ってやがる?」

日向「後は頼んだぜ。俺らもできる限りプレッシャー与えてくからよ」


音無「まぁお前が消えようが消えまいが…俺には知ったことじゃねぇし」

日向「………」

音無「でもよ…俺は元々はテメーの執念の勧誘で参加してやってんだから、勝った時にゃ礼してもらわねーといけねー」

日向「お前…」

音無「だから、俺に煙草と食券奢るまで消えんな。…そんのは勝手に消えるなり何なり好きにしろ」

日向「…へっ、誰が消えるかよっ!」

――

審判「プレイボール!」

音無「(ここで打たれれば…間違いなく負ける…負けらんねぇ)」ザッ

奏「……」ザリッ

音無「オラアッ!」ブンッ

ギュルルルルル!

奏「無駄……」スッ

音無「……ニヤ」


奏「……!」スカッ

バシィン!

野田(捕手)「ほう…なかなか味のある球を投げる」

審判「ストラーイクッ!」

日向「いよっしゃぁ、あの天使からワンストライク奪ったぜ!」ギリギリ

ユイ「何で何で何でっ、私がっ、いぃたぁぁいっ!」グググ!

音無「クククッ…」パシ

直井「馬鹿な…彼女のバットは確かに真芯をとらえていたはず…」

奏「すり抜けた…」

音無「もう一丁行くぜぇっ!」バシュッ

奏「……」ブンッ!

バシィン

審判「ストライクツーッ!」

奏「……?」

日向「流石音無だぜっ!後一球抑えれば優勝だ!」

音無「へっ、ざっとこんなもんよ」パシ

奏「……」パチ

野田(捕手)「(左目を瞑った?)」


ユイ「何で天使は片目を瞑ってんですか?精神統一?」

日向「普通、精神統一は普通両目閉じるもんだ。しかし何であえて打ちにくくなるようなこと…」

審判「プレイボール!」

音無「(片目瞑ってるってこたぁバレたのか?まぁ…どっちにしろ打たせるわけにはいかねぇ)」

奏「(盲点は片目さえ瞑っていれば意味をなさない…)」

音無「(でもそれじゃ初めみたいに真芯は無理だろうよ…)」

奏「……」グッ

音無「行くぞ…シャァッ!」ビシュ

奏「…っ」キィンッ

野田(捕手)「(なっ、捕らえただと!?)」

音無「(マズい…日向の奴がもしエラーの未練なのだったら…でもこんくらいのフライなら、俺でも取れる)」ダッ

ヒュルル…

日向「(まさか…セカンドフライ?)」


音無「(しかも日向の真上か!)取るんじゃねぇ、日向!」ダダッ

日向「(コイツを取れば…終われるのか……すまん、音無…お前との約束は…果たせそうにねぇかもしんねぇ)」

ユイ「(チャーンス!)」スッ

ガシッ

ユイ「え?」

音無「約束は守れって、母ちゃんに言われなかったのか日向ァッ!」ブン!

ユイ「何で私を投げるですかぁーっ!」

日向「(これを取れたら…そいつは、最高にk)ぬおわっ!」ゴッツーン!

椎名「おい、ボール落ちたぞ」

音無「~~…!だから何だ!?」

椎名「(開き直ったな…)」

音無「元々ゲリラ参戦なんだからルールブックもクソもねーんだよ!」

ユイ「それ言ったらおしまいですよね…って痛い痛いぃぃ!だから何で私だけぇぇ!」ギリギリ

日向「テメーっ、今のは許さんっ!」グググ!


ホームインッ!

ゲームセッツ!

野田「ぬおおっ!!」バシッ

音無「日向テメー、勝手に消えようとしてんじゃねー!取り残された俺が馬鹿みてーだろうがっ!」ドカッ!

日向「痛ってぇっ!」

野田「そういう貴様はなぜ守備を妨害したぁっ!」クワッ

音無「文句あるかゴラァッ!ああしなきゃお前らの戦力が減ってたんだぞ!」

野田「嘘を付け!さては貴様…俺達に近づき内部分裂させる気か!」

音無「このアホが!今回ちったぁお前らのこと見直してたのによぉっ!やっぱテメェらとは合わねぇ、あばよ!」

審判「あの、整列…ぐはっ!」バキッ

音無「邪魔だっ!」スタスタ

椎名「あさはかなり…」


―対天使用本部―

ゆり「もういっそ…みんなセットで…消えてくれ…」

逆なの>>171>>172だったorz

―グラウンド・日陰―

音無「あーつっかれたつっかれた…よっこらしょ」

音無「また一人で煙草吸う時代に戻っちまったか…まぁ気楽でいいがな」カチッ

遊佐「ナイスプレイでした音無さん」シュタッ

音無「………」シュボッ

遊佐「…驚かないんですね?」

音無「別に木の枝で昼寝して誤って落ちてきたと思えば驚かねぇよ」

遊佐「それにしても残念ですね」

音無「何が?」スパー

遊佐「今回で音無さんも我々の仲間に加わってくれると思いましたが…」

音無「俺は一匹狼だからよ…人と長く付き合うのは無理だ」

遊佐「今自分で言ってカッコイイとか思いましたよね?」

音無「思ってねぇよバカ!…もういい。一人になれるとこ行く」スタスタ

遊佐「…ゆりっぺさん、彼はどうして不良なんでしようか?」ジジ

ゆり(インカム)「くーっ!あの一息だったのに!」ジジ!

遊佐「(ダメですねこれは…)」


数日後――

―体育館裏

音無「ほら、ジャンプしてみろよ」

男子1「い、いや…だから僕は」

音無「いいから飛んでみろ!」

男子1「ひいっ!」ジャリンジャリン

音無「テメェやっぱ金持ってんじゃねーかオイ!早く出せや!」ガンッ

男子1「これは今日のお昼ご飯代で…」

音無「俺に保健室へ送られるのと金渡すのどっちがいいか選べ」

男子1「わ、分かりましたから」スッ

音無「チッ…735円かよ。しけてんな、煙草一箱しか買えやしねぇ」ペッ

男子1「あの、それでいつ返してもらえるんでしょうか?」

音無「何だテメェまだ居たのかよ…とっとと失せろ!」


男子1「ひいいっ!」ダダダ

音無「ったくよぉ…もったいぶってんじゃねーよ」

グイグイッ

音無「あぁ?」クルッ

奏「返してあげて」

音無「生徒会長サマかよ…どっから出てきやがった?」

奏「職員室に書類届けに行くところだから…」

音無「あっそ。じゃあな」

奏「さっきのお金、あの人に返してあげて。きっと困ってる」

音無「やなこった。もう俺のモンだ」

ピンポンパンポーン

放送「3年生の音無くん。3年生の音無くん。至急職員室まで来てください。繰り返します…」

音無「…呼び出し?ついに誰かがチクリやがったかか」


音無「どっちにしろ無視すりゃいいか」

奏「駄目。ちゃんといかなきゃ」ガッ

音無「おい、離せよk」ズルズル

奏「……」スタスタ

音無「ちょ、おま、離せって!(こいつ力強ぇぇっ!)ズルズル


―職員室―

奏「失礼します。書類と彼をお連れしました」ガラッ

音無「……」ホジホジ

担任「立華、すまなかったな。書類は貰っておく…そして音無!」

音無「気安く呼ぶなよ」ピッ

担任「これを見てみろ」バッ

音無「…あんたの通帳か?」

担任「成績表だ!お前の!」

音無「(この世界成績表なんてあるのかよ…)」

担任「ろくに授業は出らんわ問題は起こすわで評定が1未満だぞ?」


音無「良かったな、それじゃ」クルッ

担任「話は終わってないぞ!」

音無「じゃあ何でゆりや日向達には注意しねぇんだよ?」

担任「あいつらには他の先生方が再三に渡り注意を繰り返したが、もうダメだと諦めがついたらしい」

音無「じゃあ俺のことも諦めろよ」

担任「そうはいかん。お前は俺のクラスの生徒だからな…しかも不良は尚更放っておけん」

音無「あの…俺テメェの生徒になった覚えねーんだけど」

担任「何を言ってる。入学式のこと覚えてるぞ。ちょっと注意したらお前いきなり殴りかかってきたよなー」ハハ

音無「(何だそりゃ…)」


担任「と、言うわけで…来週のテストでお前が全教科80点以上を出せば全教科補習は勘弁してやろう」

音無「テストなんか受けるかっ!補習も勝手にやってろよ」

担任「お前は前回もその前も受けなかったろう?」

音無「しかも何だよ80点ってよ」

担任「40点が単位1で80点だと2だからな。ギリギリ補習を逃れられるぞ?」

音無「知るかよそんなもん!」

担任「立華、同じクラスの手本として頼んだぞ」

奏「はい」

音無「待てやゴラァ!勝手に決めんなブッ殺すぞ!」

担任「そのタンカを訊くのも懐かしいなー」

音無「今初めて言ったばっかだ!」


音無「だいたいテメェはさっきから」

奏「失礼しました」ガシッ

音無「ちょっ、テメェまた!」ズルズル

ガラッ…ピシャン

音無「だから離せよお前は!」バッ

奏「結弦、落ち着いて」

音無「落ち着いてられっか!何でこの世界に来て勉強なんぞせねばなんねーんだよ!生前もしてなかろうけどよぉ!」

奏「勉強なら私が見てあげるから」

音無「分かってんだからな…ここで模範的な生活なんぞすると『消滅』しちまうってことぐらいなぁ!」

奏「…」ピタ

音無「『消滅』なんぞしてたまるかってんだ…ったく」

奏「結弦は…」

音無「あぁ?」

奏「結弦は…消えたくないの?」


音無「当たり前だ、記憶を取り戻すまでは絶対に消えねーよ」

奏「記憶が戻ったら?」

音無「………そん時次第だ」

奏「分かった」

音無「(コイツは何を考えてんだ?)…じゃあな」

奏「放課後、教室で待ってるから」

音無「はぁ?」

奏「結弦の勉強…先生に頼まれたから」

音無「消えたくねーのにわざわざするかよ…来ぬ人を待つ気か?」

奏「…」コク

音無「…ワケわかんねーなお前」スタスタ


―翌日の放課後・教室前―

音無「この時間になると人影もまばらだな…まさか流石にいねーだろ」チラッ

奏「……」トントン

音無「いるし…。幸いこっちには気づいてねーみてーだし退散、退散」


―翌翌日の放課後・教室前―

音無「……」ソーッ

奏「……」カキカキ

音無「またか。あいつ俺のためにここまでして何が楽しいんだよ?」


―三日目の放課後・教室前―

音無「流石に三度目の正直…」ソーッ

奏「……」ケシケシ

音無「……あいつは放置フェチなのか?」


―テスト前の放課後・教室前―

音無「…あれから数日たったが。明日テストだしもういねーと思うが…」ソーッ

奏「…」カチカチ

音無「やっぱりか…」ハァ

音無「あいつが勝手にやってることなのに何か罪悪感が…」

音無「…これっきりだからな」ガラッ

奏「あ…やっと来てくれた」

音無「お前不器用すぎ。来なければ呼びにくりゃいいだろ」

奏「忘れてた…。でも、あなたは来てくれた」

音無「…シャーペン貸せ。とっととやって帰るぞ」

音無記憶がないのに奏に名前で呼ばれても違和感感じてないのか?

この音無は記憶が無いとは言ったけど、下の名前が思い出せないとは言ってなくね?
ミスかどうかは分からんけど……

>>189
>>190の通りで
音無が不良な理由と共に先で書きたいと思ってます


―テスト当日・教室内―

音無「一夜漬けだが、何とかなるだろ」

奏「大丈夫。落ち着けば点は取れるから」

音無「だといいがな…席はくじ引きか」

男子A「見ろよ、音無の奴がテスト受けに来てるぜ…」ボソ

男子B「本当だ。しかも生徒会長と一緒に来やがったぞ?」

女子A「何で学園一の優等生と不良が一緒にいるんだろうね?」

ザワザワ…

音無「(相変わらず俺を見ればうるせぇ奴らだな)」ゴソゴソ

奏「……」ゴソゴソ

音無「あ、俺30番」

奏「私は37番」

音無「えーと…つーことはお前の左か」

ガララッ

ゆり「テストの席はその日の朝、くじ引きで決定される…これで天使の近くでないと細工は一気に困難になるわ」スタスタ


日向「あれ?あっこにいるの音無じゃん」

高松「どうやら天使と何か話してますね」

大山「まさか勉強…なわけないよね~」

音無「(またうるさい奴らが来た)…ここにX代入すんのか?」

奏「うん」

音無「なるほど、じゃあ次の(4)は」

奏「この公式とグラフを使えば…」

音無「おお!解けた。この調子なら」

ゆり「きゃーっ!一番よー!…ってこのっ!このっ!」」ゲシゲシ

音無「ああもう!そこ、うるせぇっ!」

ゆり「何よあなた!そんなナリして勉強する姿なんて似合わないわよ!」

竹山「天使の一つ前です」

ゆり「よっしゃあっ!」

音無「…何やってんだアイツらは?」

奏「いつものことだから…」


ガララッ

教師A「ほら、始めるぞ。座れー」

―物理―

音無「……(ここはXがこうなってYこうなって。Zでこうか)」カキカキ

キーンコーンカーンコーン

教師A「はい、じゃあ後ろから集めて」

ザワザワ…ザワザワ

ガタン!

日向「な、なんだありゃあ!窓から巨大なタケノコがにょきにょきと~!」

音無「……(何か殺意が目覚めそう)」

ゆり「仕方ないわね…」ポチッ

ドーン!

日向「ぼべらっ!」グシャッ

ドサッ

音無「…おい、何かあいつの椅子が勝手に飛びあがったぞ」

奏「いつものこと…」

音無「なわけねーだろ」

―――

>>191
トリ付け忘れてました


日向「お前何てことしてくれんだよぉぉ!」

ゆり「フォローしたんだから逆に感謝してほしいくらいなのに…作戦成功ね、竹山くん」

竹山「ぬかりはありません。あとぼくのことはクライスt」

音無「(作戦?作戦ってなんだ?)」カリカリ

ゆり「次は高松君」

高松「わ、私が何か?」


音無「(さっきのロケットといい、コイツら何たくらんでやがる?)」カリカリ

奏「そこ間違ってる。ゼウスじゃなくてローマ法王」

音無「そうだったな。悪ぃ悪ぃ」ケシケシ

奏「あと、そこ範囲じゃない」

音無「おっと。危ねぇとこだった」

ソッチハ、シンケイツカワナクテイイジャナイデスカ!

奏「世界史は暗記すれば大丈夫だから」

ナンダトテメー!

音無「何かさっきから騒がしいな…」


オレガバカッテイッテンノカ?アア!

ゴラァァァァァ!!ケンカスルナァァァァァァァ!!

バン!

音無「だーっ!うるっせえーんだよテメェらは!喧嘩売ってんのか!?」ガタッ

日向「すまん音無!ゆりっぺは今日からアレの日で」

ゆり「バカっ!」ドカッ

日向「フォローしてあげたのに酷っ!」

音無「ったく、次騒いだらマジ窓から放り投げるからな」

ゆり「…そもそも何で音無君が天使と勉強してるの?」コソ

日向「俺に聞くなよ」


―世界史―

音無「……(ローマがこうなって、こうなってこうなった、と)」

キーンコーンカーンコーン

教師B「はい、後ろから集めて」

ガタッ

高松「……」

教師B「どうしたの、そこの君?」

高松「先生、実は私…着やせするタイプなんです!」ヌギッ


高松「どうですか?」

教師「分かったから座りなさい」

ゆり「…」ポチ

高松「はi」ドシュゥュュュ

ドゴッ!

高松「ぐはっ!…ああ」ドサ

______


音無「おい、奏」

奏「何?」ペラ

音無「あいつら間違いなく何かたくらんでんぞ」

奏「何かあったら注意するから」カキカキ

ボクハ、ヒナタクントチガッテレンシュウナンカシナイ!

音無「既にその前兆が聞こえてくるな」

ホンキノコイシカシナインダー!

奏「……」ペラッ

ナンダト!オレガウスギタナイコイニソマッテルッテイウノカー!

ゴラァァァァァァァァ!!テメェラケンカスルナァァァァァァァァァァァ!!!

音無「…処刑だな」ガタッ

日向「すまん音無!ちょっとゆりっぺが!」

ガシッ

日向「え?」

音無「じゃあ…テメェで責任取れやぁぁっ!」ブンッ!

日向「ええええっ!何で俺がーーーっ!?」ガッシャーーン!


―英語―

音無「(I make an effort to believe oneselfを日本語訳に…)」

キーンコーンカーンコーン

教師C「はい、後ろから集めて」

ザワザワ…

大山「立華さん!」ガタッ

音無「(今度は何だ…)

大山「こんな時に場所も選ばずごめんなさい!あなたのことがずっと好きでした!付き合ってください!」

奏「じゃあ時と場所を選んで」

教師C「そこ、座れ」

大山「はい」

日向「あーあ、やっちまった。とーz」ドシューン

ドゴォン!

日向「ぬおぉおっ!」

音無「(本当に何がしたいんだコイツら…)」


―昼休み―

キーンコーンカーンコーン

音無「飯の時間だ。今日はだれにたかろうか…」キョロキョロ

奏「…また?そんなにお金に困ってるの?」

音無「いや、あるにはあるさ。ただ煙草を買うほうに費やしたいだけだ」

奏「お金なら私が借すから」パチ

音無「いらん。自分で金もってそうな奴狩るから」

奏「この学校の生徒を守るのも私の役目だから」

音無「…そうかよ。じゃあ借りとくぜ」スッ

奏「返さなくていいわ…」



―大食堂内部―

ザワザワ…ザワザワ

音無「うっわ人多いな。あの群がってる中から食券を買わねーといけないから」

ゆり「ちょっといいかしら」

音無「あ?何だ芋っぺ」

ゆり「はぁ?誰が芋っぺよ!」

音無「分かった分かった…で、何だよ?お仲間は?」

ゆり「日向君達には先に行ってもらったわ。それよりあなたに幾つか質問があるの」

音無「何だ。勧誘ならお断りだそ?」

ゆり「違うわよ…あなたの能力?みたいなもんについてよ」

音無「能力?…ああ、腕から黒剣だしたり身体硬くしたりするやつのこと?」

ゆり「そう。あの力、天使に似てると思ってね。あなた自身は能力使ってなかったから今の今まで忘れてたけどね」

音無「そいつは結構」

ゆり「結局あの力って天使と同じくあなたが開発したものなの?」

音無「能力もクソも…俺はただ単に御河童の奴のPC借りて遊んでただけだ」

ゆり「遊んでた、だけ?(確か前に竹山君が見知らぬ不良にPC取られたって言ってたわね)」

音無「つーか自分でもマニュアル解析できてねぇから分かってねぇよ」

ゆり「ふーん…そう、ありがと。時間取らせて悪かったわね」

音無「いや、別に」

ゆり「じゃね」タタタ

音無「…さっきのテストと言い、今の発言といい何だったんだ?」

音無「早く食券買わねーと…ってラーメンもカレーもうどんも売り切れてるし」

音無「唯一残ってるのがライスかよ。あともう一個残ってるのが…【麻婆豆腐¥300】か」

音無「てっきりグリーンピースの詰め合わせ的なもんが売れ残りだと思ったが、麻婆豆腐ならマシだな」ピッ


音無「それじゃ、いただくか」パク

音無「………」

音無「辛い…が、この程度ならうまいに変えられる」パク

音無「イケるなコレ」パクパク

女子A「あれ音無君だよね?」

女子B「あの激辛麻婆豆腐普通に食べてるよー信じらんない」

タバコ結局売ってるんだ?

>>205
音無は自販機じゃなく
裏ルートから仕入れてます



テスト期間終了後――

―教室―

担任「おし、テスト返すぞーっ!」

エエーッ!

担任「静かに。まず相原からー…」

ザワザワ…

担任「次、音無!…ああ、そう言えば音無は居なかったな」

音無「いや…いるから」ガタッ

担任「何だ居たのか。いつもいないから今日も居ないかと思ったんだよ」

音無「いいからとっとよこせ」バッ

担任「良かったな音無。今回のテストベストテン入りだ。もちろん補習は無しだ」

ザワザワ…ザワザワ

男子A「聞いたか?あのロクに授業でない音無がベストテン入りってよ」ボソ

女子A「じゃあ、いつも真面目に授業受けてる私達って一体…」

音無「当然だ…って言いたいとこだが」


音無「褒めるなら別の奴を褒めろよ」

担任「別の奴?」

音無「ああ、それともうここに用はねーからさ。あばよ」ガララッ

ピシャン

担任「よく分からんが…次、折尾!」

――

担任「次、立華…」

奏「はい」ガタッ

担任「悪いが、今は立華のテストを返すことはできん。後で職員室に来てくれ」

奏「…?。分かりました」


―対天使用本部―

音無「はーははは!見ろやどうだ!」バッ
日向「な、に…?全て90点代…だと?」

野田「貴様、そんな物を見せるな!めまいがする!」

音無「これでようやく分かっただろ?俺とお前達の圧倒的な差って奴がさ」

ゆり「…で、あなたは何しにきたわけ?」


音無「いや、俺の素晴らしき解答をお前ら馬鹿とは違うことを…ってそうじゃねぇっ!」

藤巻「つか何でお前普通に居るんだよ?!」

大山「もう君もSSSに入っちゃえば?」

ゆり「歓迎するわ、音無君」スッ

ヒュー!パチパチパチパチ!

音無「あーウゼェウゼェ!俺はテメェらと手を組む気はねーってんだろ!」

ゆり「何でよ?この際だから入りなさいよ」

音無「最初俺はテメェらみたいなガキみてーな戦隊ごっこはしねーって言わなかったか?」

日向「またまたぁ、俺達と野球で共に戦った仲じゃねぇか?」

音無「思い出したくもねーわ」

ゆり「そもそも何で音無君は一人で戦おうとしてるの?一匹狼って奴?」


音無「そんなんじゃねーよ。ただ群れてワラワラすんのが嫌いなだけだ」

ゆり「ま、あなたならウチに入らなくても消えることはないでしょうけど…」

日向「やっば一人は寂しいぜ?」

音無「俺は寂しくねぇし、独りでも生きていけるんだよ」

ゆり「あなたがそこまでツッパってるのって何か理由があるの?」

音無「何が言いたいんだお前?」

ゆり「記憶があるのはともかく、あなた記憶が無いのに尖っちゃってるから」

音無「知るか。記憶もクソもねぇ元来の性格だろ」

日向「そういやお前この世界に来たときはそりゃ酷かったよなー」

ゆり「そうそう、初対面であれだけコケにされたのは初めてだわ」


日向「話しかけただけでいきなりブラジリアンキックされてたしな」ハハ

ゆり「あ、私はバックドロップされかけたわ。これでも一応女なのに」

音無「んなこと覚えてねーなぁ、芋っぺさんよ」

ゆり「…口が悪いのは相変わらずだけどね」

音無「話がだいぶそれちまったが戻すぞ。テメェらこのテスト期間中に何企んでやがった」

日向「あー…それか。言っていいのかゆりっぺ?」

ゆり「ダメよ」

音無「何だ言えないことか?」

ゆり「仲間になるんだったら、教えてあげてもいいわよ?」

音無「じゃあな」ガチャッ

バタン

ゆり「…そんなにSSSに入るのがイヤなのかしら?」

日向「ヘッ、男にしか分からないことがあんだよ」

ゆり「今ひょっとして、この「台詞かっこええ」って思った?」



―教室棟 職員室前―

音無「もうすぐ日が暮れるな…今日も月見しながら煙草吸うか」

ガミガミガミ

音無「…先公の怒声?職員室からか?」

音無「誰が説教受けてんだ?」ソーッ

ガミガミ…ワカッテルノカ、タチバナ

音無「たちばな?たちばなってどっかで聞いた苗字だな……あぁ、奏か」

音無「え?何でアイツ?」ガチャッ

ギィィ…

校長「うん?」

音無「(やべっ!つい開いちまった)」

奏「…結弦?」

教頭「何だね君は?今取り込み中なんだ。出ていたまえ」

音無「あの…何でそいつ叱ってんのか教えてくんない?」

教師A「君には関係のない話だ。出ていきたまえ」


音無「いや、俺今回のテストでそいつに借り作ってるからさ。何か力になれねーかなと」

教師B「そのテストのことですよ」

音無「は?」

教師A「B先生、関係者以外に話す必要はないかと」

教師B「彼は関係者です。彼女と一緒に勉強してたそうなので」

教師A「…今回のテスト、立華は全教科0点で学年最下位だったことについてだ」

音無「は?全教科0点?奏が?」

校長「そうだ。全くウチの生徒会長がこんな失態をしでかすとはな」

教頭「やはり生徒会長を辞任させるしか…」

バン!

校長「な、なんだねいきなり」

音無「いやさ、勉強教えてもらった俺がベストテン入りで教えたコイツが学年最下位ってありえなくね?!」


教師A「これが事実だ」ピラッ

音無「……」スッ

ピラピラ…ピラッ

音無「……何だ、このふざけた解答?」

教頭「分かっただろう?こんなことは只ではすm」

音無「俺の言ってるのはそういうことじゃねぇ!こんなありえねー解答を本当に奏が書いたって信じてるのか?」

校長「我々にそんなこと言われても、この解答がそのまま提出されたのだから仕方が無いだろう?」

音無「(なわけねぇ…何か裏が…誰かが仕組んだんだ)」

校長「立華君、君は生徒会長を辞任してもらう」

音無「(誰が仕組んだ?……そりゃあアイツら以外に居ねーよな)」

奏「分かりました…」


教頭「生徒会長辞任のことは明日全校集会で皆に発表する」

校長「話は以上だ。君も早く帰りなさい」

音無「…チッ」

奏「失礼しました」ガララッ

ピシャッ

音無「納得いかねぇ…行くぞ」ザッ

奏「どこに?」

音無「決まってんだろ?SSSの奴ら問い詰めにだよ」

奏「大丈夫」ギュッ

音無「…おい離せよ。行けねーだろ」

奏「私は…私は大丈夫だから」

音無「…………」

奏「じゃあ、また」スタスタ

音無「何が大丈夫だ……あれで表情変えてないつもりか?」

音無「そりゃまぁ、今まで勉強してきたモンが水の泡~じゃ…流石に表情おさえろってのが無理か」

芋っぺさん達はテストの答案に書くであろう天使ちゃんの名前どこで知ったんだ?

>>217-220
スンマセン、表現不足でした
音無がゆり達の前で既に天使の名前を言っていたので省きました。



数日後――

―体育館―

校長「と、言うわけでして…本日をもって立華奏さんは生徒会長を辞任」

音無「……」

校長「つきましては、副会長の直井君が生徒会長代理として…」

ゆり「辞任じゃなく、解任ね」

藤巻「ゆりっぺ…」

ゆり「果たして一般生徒に成り下がり、大義名分を失った彼女に私たちが止められるかしら?」

音無「一言言わせてくれ…お前ら、最悪だな。特にそこの直線上前髪女は」

ゆり「あら、あなたも来てたの?どうせてっきり屋上で煙草でも吸ってるかと思ったわ」

音無「テメェらは奏を生徒会長の座から引きずり下ろして何がしたいんだよ?」


ゆり「名誉の失墜…そして天使に精神的なダメージを与えることよ」

音無「…頭沸いてんのか?」

ゆり「前も言ったけど天使は神の創造物なんかじゃなく、人間だってことが分かった」

音無「だから?」

ゆり「どんなアクションを起こすのか見てみるってわけよ」

音無「だから陥れた…ってワケか」

ゆり「そういうこと。後の問題は今夜、オペレーショントルネードを決行して天使がどう動くか…」

音無「…気に入らねー」

ゆり「ん?」

音無「お前の大勢で一人を陥れるってやり方…気に入らねぇんだよ」

ゆり「別に、そう思ってくれても構わないわ」

音無「そうかよ…やっぱお前らの仲間入りしなくて正解だったな」ザッ



―夕方・教室―

奏「……」カキカキ

女子A「立華さん、生徒会長辞任させられちゃったんだね」ボソッ

女子B「そりゃあ全教科0点じゃ仕方よね…」ボソ

ガララッ

女子A「あれ…音無君?」

音無「よう」

奏「…?」

音無「今夜あいつらまた大食堂でやらかすつもりらしいぞ…テメェはどうすんだ?」

奏「私はもう生徒会長じゃないから…あの人達を止める権利は無いわ」

音無「あいつらにやり返さないのか?」

奏「…」ケシケシ

音無「信用はもう一度、あいつらをしぼって取り返せばいいだろ?」

奏「…」

音無「当のお前はやり返す気無しか…でも俺は俺で好きにやらせてもらうからな」

奏「…そう」

音無「じゃ、あばよ」ガララッ

ピシャッ

奏「信用…」



―夜・学園大食堂―

ジャン~♪ジャン~♪

ワーワーキャーキャー

日向「にしても、天使が来ないってことは誰が来るんだろうな?」

大山「やっぱ生徒会長代理が来るんじゃない?」

日向「生徒会長代理って…NPCじゃねぇか」

大山「そこが問題なんだよね」

音無「だよね」

日向「ですよねー…ん?」

大山「のわぁっ!」

日向「お前、いつの間に来てたんだよ!」

音無「今日の夕方からずっと居た」

日向「俺達が来る前からかよ…んで、どうしたんだ?」

音無「単刀直入に言うが自白する気は?」

大山「自白?天使の解答をすり替えた件?」


音無「お前らの内一人が工作してたんならまだ目を瞑ってたけどよ、大勢で一人を陥れるやり方は見過ごせねぇな」

日向「いや…俺達に言われてもな」

大山「オペレーションを仕切ってるのはゆりっぺだから…僕達は勝手なことはできないんだ」

音無「とりあえず、あの女を説得すりゃいいわけだな?」ザッ

日向「あいつはそう簡単に説得に乗るような奴じゃないと思うぞ?」

音無「物は試しだ。行くだけ行ってダメだったさ別の方法を試すだけだ」スタスタ

日向「あ、おい音無!」

大山「日向くん!それより前、前!」

日向「前?…のわっ、天使か!」


―学園大食堂内部―

ユイ「いつまでももってたいよ~鋼のような」ダンダン♪

ワーワーキャーキャー

音無「あいつ…正ボーカルに選ばれたんだな。とりあえず、ゆりはどこだ?」キョロキョロ

音無「こんな人混みに紛れ込んでまともに連絡が取れるとは思えない…なるほど、上か」ザッザッ

SSS男1「すみませんが、ここから先はSSSメンバー以外は立ち入り禁止となっています」

SSS男2「見るなら下で見てくれよ」

音無「どけ雑魚共。テメェらに用はねーんだ、ゆりに会わせろよ」

SSS男1「何の用で?」

音無「お前らに言う必要はねぇな」

SSS男2「おい、こいつを外へ連れ出せ!」

SSS男3「話はこちらで聴こうか」ザッ

SSS男4「まずは外に出て」

SSS男5「さぁ、早く」


音無「触るなタコが!」バキッ

SSS男5「ぐわあっ!」ドサッ

SSS男4「貴様っ何をs」

音無「テメェらに」バキッ

音無「用事は」ドカッ

音無「ねぇんだよ!」ドスッ

音無「どけや!」ボスッ

高松「…これは大変ですね」クイッ

――

高松(インカム)「階段で張っていた仲間が、何者かによってやられました」

ゆり「やられたって…まさか天使?!」

遊佐「天使は現在大食堂の外で日向さん達と交戦中なのでそれはありません」

高松「あの短ランを着ている男は、間違いなく音無さんと見て間違いないでしょう」

音無「俺がどうしたって?」

遊佐「っ?!」バッ


ゆり「音無君…私達に何かご用かしら?」

音無「用があるのはお前だけだ」

ゆり「私に?」

音無「奏の全教科0点の件、自白してもらえねーか?」

ゆり「はぁ?何言ってるのよ?無理に決まってるじゃない!」

音無「(言うと思った…力づくで従わせるのも悪くねーけどそれじゃ後が面倒だな)」

音無「じゃあ…取引しねぇか?」

ゆり「取引?」

音無「お前がもし自白しなければ…俺が今ここでライブを無茶苦茶にしてこの作戦をに台無しにしてやるが?」

ゆり「…っ、それ取引じゃなくて脅迫じゃない!」

音無「俺はお願いしてんじゃねーよ、これは命令だ」


ゆり「(どうする…自白するにしてもまだ天使は生徒会長を解任されたばかり)」

音無「さぁ」

ゆり「(でも今ここでライブを無茶苦茶にされては食券が…)」

音無「どうするんだよ?ゆりっぺさん」

ゆり「…悪いけど、まだ自白はできないわ」

音無「なら仕方ないな。俺を恨むなよ」ザッ

ゆり「作戦も無茶苦茶にはさせないわ」

音無「は?」

ゆり「みんな、出てきて」パチン

ザザザザ…

…ザザザザ

SSS達「…」ザザッ

音無「…へぇ(ざっと30人か…どこに隠れてやがったんだよ)」

ゆり「もしも天使が大食堂内部に侵入してきた時の為の遊撃部隊よ。みんな、彼を外へ連れ出して」

SSS達「了解」ザザッ


音無「さわんなゴラァ!」バキッ

SSS男6「ふぐぅ!」ドサッ

ゆり「取り押さえてっ!」

音無「チッ(数が多すぎる…一旦外に出るか)」ダダッ

SSS男7「逃げたぞ、追え!」

ゆり「ちょっ、逃げたんなら追う必要はない…って訊いてないか」

―学園大食堂外―

ドンドンドン!

奏「…」キンキンキン!

日向「くそっ、やっぱライフルじゃダメか!」

野田「一気に攻めるぞっ!」

ドドドドドド…

大山「なに…この音?」

松下「大量の足音…のようだな」

音無「どけどけぇ!ひかれたくなければなぁっ!」

SSS男8「待てぇぇぇっ!」

奏「…結弦?」

日向「何だ何だっ、音無お前何しやがった!」

音無「奏…?何でお前ここに居るんだよ!?」


奏「麻婆豆腐…」

音無「はぁ?」

奏「麻婆豆腐食べようと思って…そしたら」

音無「…はは。麻婆豆腐食べようと思ってきたら、勘違いされて蜂の巣にされてたってワケね…」

奏「…」コク

SSS男9「もう諦めろ音無、大人しく捕まれ」

音無「ヘッ、誰が捕まるかってんだ」

SSS男8「馬鹿かお前…この人数相手にやり合うって言うのか?」

奏「…」シャキンッ

音無「お前はこれ以上騒ぎを起こすとマズいだろ。とっとと食堂に行け」

奏「でも」

音無「いいから行けっ!それとも本当に信用を失いたいのか?」

奏「…わかった」タタッ

SSS男10「天使を行かせr」バキッ

SSS男10「ぐはっ!」ドサッ

音無「お前らの相手は俺だろ?」


日向「音無。お前、本当に何したんだよ…?」

音無「テメェらも巻き込まれたくなけりゃとっとと逃げろよ」

野田「フンッ、丁度いい。ここで決着をつけてやる」

松下「仕方ない、か」

椎名「あさはかなり」

大山「ぼ、僕は…」

音無「チッ、馬鹿共が。テメェら後悔すんなよ」バキボキッ


―学園大食堂内部―

奏「…」テクテク

ゆり「あれは…天使?!外は何をしてるの!」バッ

奏「…」テクテク

高松(インカム)「どうですか?」

ゆり「ちょっと待って!(何だか、様子がおかしい…)」

奏「」ピタ

ゆり「(食券販売機の前で止まった…?あいつ何を…)」

奏「…」ピッ

ゆり「(あれは誰も頼まないことで有名な激辛麻婆豆腐?!どういうこと?あんなものを…)」


ゆり「(私達に食わせて一矢報いようっての?)」

遊佐「ゆりっぺさん、盛り上がりは最高潮を迎えていると見受けられますが」

ゆり「えっ?」

イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!

ゆり「……」

遊佐「指示を」

ゆり「(どこへ行った?)」キョロキョロ

奏「…」 テクテク

ゆり「…回せ!」

遊佐「回してください」

カチッ

ヴォォォォォォン!

奏「…」テクテク

スルッ

奏「!(…食券が)」


―学園大食堂外―

SSS男30「ぐは…っ」ヨロッ

ドサッ

野田「はーっ、はーっ!コイツ化物かっ!」

大山「ひぃぃぃ」ガタガタ

椎名「あさはか、なり…」ゼェゼェ

音無「ほんなら、そろそろシメといきまひょか」バキボキッ


ヒラ…ヒラ

日向「くそっ…ん?」

大山「これ、食券だよね?」

松下「そ、そのようだな…」ゼーッゼーッ

日向「ようし、みんな退散だ!」ダッ

ダダダダッ!

音無「逃がすかテメェら!その首置いてけや!」

椎名「(まずい…追いつかれる)」ブンッ!

音無「おっと!」ヒョイ

ホヴンッ!…モクモク

音無「これは…煙玉か?」

椎名「今の内だ、急げ!」

音無「チッ、今の内だけでも逃げてな。後からブッ殺してやるからよ…」

音無「(…あいつは結局麻婆てやらを買えたのか?)」

すみません、夏休みに入って忙しくなったので少し投下量と速さが落ちてしまうことがあります。


―学園大食堂内部―

日向「いやー、また音無のとっつあんがやってくれましたね」イテテ

松下「俺は全身打撲が数カ所だ」

椎名「私は左腕が逆方向に折られた…」グキッ

野田「貴様らはまだいい方だ。俺を見ろ」

藤巻「見事に全身血だらけだな」

日向「てか早く拭いてこいよ!」

ゆり「あれ?あなた達だけ?他のメンバーはどうしたのよ?」

日向「おう、ゆりっぺ」


藤巻「他の奴らなら全員外で死んでるぜ?」

ゆり「なるほど、音無君の仕業ね…あなた達はまだ食券使ってご飯食べないの?」

日向「食べようにもこんだけ怪我してりゃ、ろくに箸も持てねーよ」

ゆり「あらあら、可哀相に」

日向「本当にそう思ってんのかぁ?」

ユイ「せんぱーい」ダダッ

日向「ん?何だユイか」

ユイ「私の歌と、新生ガルデモはどうでしたかー?」

日向「んなもん見てるヒマねーよ」


ユイ「えぇ?それって酷くないですか?!」

日向「こっちはそれどころじゃ無かったんだよっ!」

バタン!

ザザザザザザッ!

ゆり「!」

野田「生徒会の奴らか!」バッ

ゆり「野田くん、手を出しては駄目よ…。彼ら一は般生徒だから」

直井「そこまでだ」ザッ

日向「コイツは…直井!?」

直井「用件はあr」ゴイーン!

ドサッ

ゆり「…何がどうなったの?」

藤巻「何か、あの直井って奴の後ろから生徒会員が飛んできてそいつの後頭部に直撃したぞ」


直井「くっ、誰だっ!」ヨロッ

ザッザッ

音無「なーんかわんさか群れてやがると思ったら、お前かよガキ」

直井「貴様は…あの愚民か」

音無「だったら何だ?またエアスプレーンかけられてぇのか?」

直井「コイツ共々、ここにいる奴ら全員連れていけ」

生徒会員達「はっ!」ザッ

音無「返り討ちだよボケが」バキボキッ

ゆり「駄目、音無君!」グッ

音無「あぁ?俺はSSSじゃねーし、テメェの引いたルールには従わねぇぞ?」


音無「オラァッ!」バキドカ

トリオサエロー!

アバレルナーッ!

日向「ゆりっぺ、この混乱に乗じて逃げるぞ!」グイッ

ゆり「え?」

日向「音無が生徒会員ぶっ飛ばして道をあけてくれてるから急ぐぞ!」

音無「死ねやゴラァ!」バリーン!

直井「…相変わらず猛獣のような奴だな(催眠術はコイツの意志に負かされ効かない…僕は退散しておくか)」バッ

音無「逃げんな直井ィ!」ダッ

直井「そいつを足止めしておけ!」



―学園大食堂外―

ゆり「はぁ、はぁ…。ここまで来れば大丈夫でしょ」

日向「しっかし危なかったなー。音無が来てくれなかったら全員反省室送りだったぜ」

ユイ「あの人って結局敵と味方のどっちなんですか?」

野田「敵だっ!」クワッ

ユイ「でも野球の時はお世話になりましたよね?」

ゆり「ギルド降下作戦の時も助けられたしね」

大山「でもその後は天使を助けたんだよね?」

ゆり「つまり気まぐれなのよ…不良って生き物は」


ごめんなさい。かなり空いてしまいましたが、これから数日は時間が取れそうです。


―学園大食堂内部――


ウウウ…イテェ…

ナオイ…サン…

音無「さ、流石に連戦はきついな。さっきのSSSの連中と合わせて100人はいたか?」ゼェゼェ…

直井「き…さま…。神にこんなことしてただで済むと思うな…よ」

音無「何だ、まだ喋れんのかテメェ。見た目に反してタフだな」

直井「僕は神だ…こんな所で貴様などに負けるわけにはいかないんだっ!」ボタッ

音無「おー可哀想に。口から血がこぼれ落ちてんぜ」ナデナデ

直井「触るなっ」バッ

音無「でもな…そろそろおねむの時間だぜ」グッ

直井「か…は…!(くそっ、ヘッドロックで落とす気か!?)」

音無「と見せかけバックドロップ!」ガシャァーン!



直井「~~ハ!!」ゴロゴロ

直井「…!」ビクッ!

直井「…」ピクンピクン

直井「」ピタ

音無「さて、これで生徒会メンバーは全滅したし…。次はSSSの連中だな」


―学園大食堂外―

ゆり「じゃあ、今日はもう解散ね」

日向「おう。みんな気をつけて帰れよ」

音無「帰らせねーよ」ザッ

SSS「「「!?」」」

音無「テメェらにはまだ礼が残ってたからな…クックック」バキボキ

ユイ「何ですかアレ!音無先輩恐すぎでしょ!しかも顔が血で染まってますよ」ボソッ

ゆり「生徒会は全滅…か」



音無「諦めて全員で出頭しろ。そしたら許してやる」

野田「そんなことできるか!」

椎名「あさはかなり…」

日向「なぁ、音無。俺達いがみ合ってきたけど色々助け合ってきたじゃねぇか!もうこんなことやめようぜ」

音無「俺はお前らに助けられた覚えはない。俺がお前らを助けてやっただけだ」

ゆり「どうしてあなたはあんなに天使を庇うの?」

音無「別にアイツだけ特別ってワケじゃねぇ。ただ俺は一人を大勢で嵌めるってのが嫌いなんだよ!」



ユイ「自分だって不良のくせに…」コ

音無「おいそこのピンク、ちょっと来いよ」クイッ

ユイ「へ?わ、私ですか?」アタフタ

?「諦めて行け」ドン

ユイ「わ、ちょっと、あたっ!」

ポスッ

ユイ「誰だーっ!後ろから押しやがったのは?!」

ザッ

音無「よぉ」

ユイ「…」

音無「はっ!」ドスッ

ユイ「うっ…あ…」ドサッ

日向「ユイ!」タッ

音無「おっと近寄るなよ?近づけばこのピンクの首が飛ぶぜ?」シャキンッ

野田「チッ、クズが…」



ゆり「…不良ってのもたかが知れるわね」

音無「あ?」

ゆり「人質を取ってしか要求を出せないなんて最低ね…クズ、いやそれ以下よ」

音無「…なに言ってんだこのアマ」

ゆり「悔しいなら人質解放して見せなさいよ」

音無「ひっかかるか!それ以前に俺が有利な状況なのにわざわざそんな選択をするバカがいるかよ!」

日向「(確かに。何でそんな発言をしたんだゆりっぺは…?)」

ゆり「…」チラッ

日向「(ゆりっぺ?どこを見て…)」



ゆり「口だけなら何とでも言えるわ。あなた不良やってるの実は弱いからじゃないの?」

日向「ちょ、おま」

ゆり「汚い不良ね」

音無「…そこまでコケにされちゃあな。なら、コイツをテメェらにぶん投げ」バッ

ゆり「隙ありっ!」バン!

ビスッ

音無「くおっ!ぬお…手が!」

日向「ユイ、今の内だ!」

ユイ「…え?あ、はい!」タタッ

大山「へぇー。音無君を煽ってたのは手を動かすアクションを狙ってただけだったんだね」

ゆり「解説はいいから逃げるわよ!」ダダッ

音無「クソが…あの芋め、どっちが汚ぇんだよ」

音無「クックック…あの強情な面、グチャグチャにしてやらぁ」



―翌日・対天使用本部―

ゆり「昨日は危なかったわね。音無君が来てなかったら今頃反省室で一夜を明かすとこだったわ」

日向「でもアイツとは完全に敵対しちまったな…オマエが銃ぶっ放したせいでなっ!」

ゆり「じゃあ他に何かあったの?」

日向「考えてねーが、何かあったかもしれねぇだろ!」

松下「しかし変だな…」

藤巻「何がだよ松下五段?」

松下「いや、仮に音無が身体を硬くする力?のようなものを使っていればゆりっぺの弾丸を防げたんじゃないかと」



大山「音無君そんな力持ってたの!?」

藤巻「いやお前も最初に見ただろうが」

野田「何にせよ、敵となった以上は殺すだけだ」

ゆり「音無君の力については既に手を打ってあるわ」

椎名「…あの生徒会長代理はどうするつもりだ?」

ゆり「直井とか言ったっけ?生徒会の奴らは音無君が大半殺っちゃって当分は動けないでしょ」

日向「で…結局肝心の音無はどうすんだよ?襲ってくるかもだぜ?」

ゆり「まぁ、一つだけ方法があるわ」

日向「あるのか?!」

ゆり「音無君を我らSSSの仲間にすればいいの」

日向「( ゚-゚ )」


ゆり「どう?」キリッ

日向「それができてたら始めっから苦労してねーだろぉがっ!!」

ゆり「やりもしないで始めから諦めるのは一番最低なことよ」

日向「もうやりましたから!てかお前が一番最初にやったんですから!」

ゆり「岩沢さん…」

ユイ「岩沢さんがどうかしました?」ガバッ

ゆり「もし岩沢さんが居たら…説得に成功したかもね」

竹山「そう言えば彼は彼女だけには気を許していたみたいでしたしね」

高松「あれ、アナタ居たんですか?」

竹山「昨日は音無君が怖かったからずっと隠れてましたよ」


日向「それで、まさか岩沢を呼び戻したりすんのか?」

ゆり「言ってみただけよ。もう岩沢さんはいないし」

ユイ「私が岩沢さんの代わりをやってみましょうか☆」

ゆり「あなたじゃボロが出るわ…日向君、やってみなさい」

日向「何で俺なんだよ」

ゆり「一発叩いて説教すれば心を開いてくれるかもよ」

日向「いや、そりゃあ岩沢はなんつーか…カリスマ性があったから何とかなったんだろうけどさ」

ゆり「試しよ試し。命令よ、一度行ってみなさい」

日向「…ハァ。はいはい、分かりましたよ」ザッ



―屋上―

音無「…」カチッ シュボッ

音無「ふーっ」スパー

音無「で?何のようだ。よく俺の前に顔を出せたもんだな」

日向「音無…お前、自分が何したか分かってんのか!」

音無「…ああ。お前らのリーダーに撃たれてやったよ(なに言ってんだコイツ?)」

日向「そうだ!お前よくも……え?撃たれてやった?」

音無「俺があんなヒョロイ弾丸かわすことワケねぇだろ」

日向「でも手に当たってたし」

音無「この世界に来てから『撃たれた痛み』っての味わったことなかったから撃たれてやったんだよ」



日向「そこまで考えてたのによけなかったのかよお前…」

音無「因みに撃たれた瞬間は痛かったが後からはそうでもなかったな。で、用件は何だ?」

日向「…あ、もういいぜ。悪かったな(こんな危ない奴相手してらんね~)」

音無「オイオイ、せっかくこの俺様が僅かな時間を見つけて呼び出されてやったのにそりゃねぇんじゃねぇか?」

日向「そんじゃ理由だけ…ゆりっぺが岩沢の真似をしたらお前がSSSに入ってくれるかもしれないからやってこいってさ」

音無「じゃあお前は俺を殴る気だったのか?いい度胸だな」バキッバキッ

日向「いやだから今のお前の話を訊いてやっぱやめたんだって!」



音無「どっちでもいい…とりあえず死んどけ」ガシッ

日向「へ?」

音無「屋上からアスファルトまで急転直下だオラァ!」ブン

日向「うわあああぁぁぁぁ!」ゴオオオ

グシャッ

キャー!ヒトガウエカラ!

グロッ!グロイ!

オエエエエ!

音無「主犯はゆりか…丁度いい、あの芋野郎には昨日の借りも返してぇしな」ザ


―1F・渡り廊下―


音無「(この時間帯なら確か校長室にいるはずだよな…)」コッコッ

直井「ちょっと失礼」

音無「(にしても最近Demonなんたらが俺の意志じゃ出にくくなってやがるな…なぜだ?)」コッコッ

直井「あの、聞こえてますか?」

音無「(そういや…前にゆりと食堂で話した時にネタばらし的なもんしてやったが…まさか)」



直井「音無さん!」

音無「さっきからうっせーな山田。何だ今度は何を企んでやがる」

直井「僕は名前は直井です。そして今日はあなたにお話があってきました」

音無「どういう風の吹き回しだ?あん?」ボキボキ

直井「そんなに疑わないでくださいよ」

音無「じゃあ周りに隠れさせてる奴らは何だよ?」

直井「フッ、やはりアナタの目はごまかせませんか…」パチン

ザザザザザ…

…ザザザザザ

音無「ほう。これはまた随分と手下を連れてきたもんだ。ざっと百人ぐらいか?」



直井「彼らは僕の催眠術で僕の言いなりになっています」

音無「で、俺を襲わせるってわけか。いいぜ来いよ」クイックイッ

直井「違いますよ…貴様ら、あの方に跪け!」

NPC達「「「はっ!」」」ザザッ

音無「…何だこりゃ」

直井「僕は昨日確信したんですよ…神になるのはアナタだ、と」

音無「神だと?」

直井「最初は僕が神になるつもりでしたが、僕はアナタのその神をも打ち砕くような悪魔の力に惚れたんですよ」

音無「ほぉ…自らを神と思うお前が俺の力を買ってるってか」

直井「そういうことです」



直井「僕と組みませんか?アナタなら僕が理想とする神をも越えれる存在になれるかもしれない」

音無「神になる、ってのも悪くねぇが…断る」

直井「…それはなぜですか?」

音無「神なんて俺には荷が重すぎるし、俺は自由に行動していたいんだよ」

直井「?」

音無「それに強すぎる力を得ちまったら獲物潰すのが楽しくなくなっちまうからよ…」

直井「そうですか…残念です」

音無「そうだ。あばよ」スタスタ

直井「…」ショボン

音無「…まぁどうしてもって言うんなら」ピタ

直井「!」

音無「SSSのゆりって奴を潰してこい。それができたら神にはなってやらねぇが、お前のことを認めてやってもいい」

直井「…それは本当ですか?」

音無「ツレは連れて行っていいが奴らと同じ人数にしとけよ」スタスタ



―夕方・屋上―

音無「潰せたぁ言ったが直井の奴何をやらかす気なんだろうな」

音無「まぁ、SSS全員を検挙して反省室送りぐらいが妥当だろうが…ゆり達が抵抗しないわけない」

音無「(いや…まてよ。あいつらはNPCには手出しできないんだ。そうかそうか)」

音無「でも直井はNPCじゃねーよな、どう考えても。バレてたら最悪マシンガンの撃ち合いとかになってそうだな…」

音無「ちょっくら様子見に行ってみるか」タタッ



―1F・反省室前―

直井「…?…あれは」

コッコッ…ピタ

音無「よぉ」

直井「あ、音無さんですか。仕事はこなしましたよ。奴ら全員を反省室にぶち込みました」

音無「そうか…で、何か変わったことは?」

直井「まだ僕とアナタが手を組んでいることはバレていません」

音無「ふーん」

直井「立華さんが生徒会長から失脚した以上、この学校は僕の思い通りです…そしてアナタはこの世界の支配者となる」

音無「オイてめぇ人の話訊いてたのか?俺は神なんかにはならねぇってんだよ」



直井「だから神とは言っていません。支配者です」

音無「同じようなもんだろうが」

直井「違いますよ。表向きには出さず裏ではアナタが支配するということです」

音無「だから荷が重いと…」

直井「ただし音無さんはいつも通りに暮らしていただいてありません」

音無「ハッ、なら最初からそうさせてもらうぜ」

直井「ただ、僕達生徒会はアナタの指一つで何時でも動けると言うことをお忘れなく…それでは失礼します」ザッ

音無「…」



―教室―

音無「(この世界の支配者…か。だがその支配者とやらになった後は…何をするんだよ)」ザッザッ

奏「…」トントン

音無「…お前は本当に勉強オタだな。生徒会長じゃ無くなったってのによ」

奏「もう習慣付いてるから」トントン

音無「チッ」ドカッ

奏「!」

ガシャーン!

女子A「何々?何の音?!」

女子B「あの音無君が立華さんの机を蹴り飛ばしたのよ」ボソッ

男子A「また音無かよ…」コソッ

奏「あの…どうしたの結弦?私何か悪いこと…」

音無「テメーそんなんだからSSSにも先公にもナメられてんだよ!生徒会長って鎖が消えたならもっとはっちゃけろよ!」



奏「鎖…」

音無「確かにお前が今現在も生徒会長ってなら生徒のことを第一に考える必要があるから仕返しはできねぇよ」

奏「私はやり返しなんて…」

音無「お前は本当につらくなかったのか?頼る人が誰一人としておらずただ歩いてるだけでSSSの奴らに狙われる毎日」

奏「…」

音無「友達と言った友達もおらず嵌められ信頼を失い、唯一の心の拠り所である好物まで奪われてよ!」

奏「麻婆豆腐…何で知って…」

音無「奴らに拾われなかった食券を集めてる時に見たんだよ…300円の麻婆豆腐の食券が一枚だけあったのをな」



音無「確かそれポッケの中に入れっぱなしだったな…」ゴソゴソ

奏「…」

音無「ほらよ、コレ食いたかったんだろ」ポイ

奏「…あ」パシ

音無「今から食いにでも行くか?」

奏「…」コクリ


―学園大食堂内部―


奏「…」パクパク

音無「辛い…が、この程度なら上手いに変えられる」パク

コッコッコッ

ザッ

音無「…ん?」

直井「何してるんですか?音無さんに…立華さん」

音無「テメェ目付いてんの?飯食ってるんだよ飯」

直井「いえ、音無さんは良いんですが…ただ、立華さん」



音無「確かそれポッケの中に入れっぱなしだったな…」ゴソゴソ

奏「…」

音無「ほらよ、コレ食いたかったんだろ」ポイ

奏「…あ」パシ

音無「今から食いにでも行くか?」

奏「…」コクリ


―学園大食堂内部―


奏「…」パクパク

音無「辛い…が、この程度なら上手いに変えられる」パク

コッコッコッ

ザッ

音無「…ん?」

直井「何してるんですか?音無さんに…立華さん」

音無「テメェ目付いてんの?飯食ってるんだよ飯」

直井「いえ、音無さんは良いんですが…ただ、立華さん」

あ、>>282間違えました



奏「何?」パクパク

直井「休み時間の食事は校則違反ですよ?」

奏「…そうだったわね…忘れてたわ」

音無「お前…仮にもほんの最近まで生徒会長だったろうが…あと直井」

直井「何でしょうか?」

音無「その点は多めに見てやってくれ。コイツの心の拠り所はその麻婆豆腐しかねぇんだ」

直井「音無さんがそう言うなら…しかし意外ですね」

音無「あ?」

直井「いえ、音無さんともあろう人が立華さんの味方についていたことに驚いただけです」



音無「俺は別に誰の味方でもねぇ…ただコイツがいつも独りぼっちだからダチの一人や二人を作ってやるだけだ」

直井「なるほど…勉強になります」

音無「お前も何か食え。俺の余ってる分の食券やるからそれで買ってこいよ」

直井「(同席ご飯!)いえ…流石にそこまでは」

音無「俺の食券じゃ飯が食えないってか?」

直井「わ、分かりました。それじゃ行ってきます」

奏「何で直井君ニヤニヤしてたの?」パク

音無「さぁな。口ではああ言ってもアイツも誰かと飯を食いたかったんだろ」



数十分後――

音無「それでよー…あの校長ヅラだったんだよヅラwww」

直井「ププww」

奏「…クス」


SSS男A「お、オイ!あれ見ろよ!」

SSS男B「ん?あ、あれは音無と…元生徒会長の立華さんに…生徒会長代理が一緒に飯食ってる!?」

SSS男C「オイオイオイ、何で気が絶対合いそうのない三人が笑いながら飯食ってんだよ」

SSS男D「ゆりっぺ達に報告だ」

SSS男C「待て待て、今ゆりっぺ達は反省室に閉じ込められてるんだぞ?」

SSS男A「んなもん助けに行きゃいいだろ!行くぞっ」ダッ

音無「確かそれポッケの中に入れっぱなしだったな…」




音無「 ポッケ 」


('ω`*)キュン



―反省室前―


SSS男A「ゆりっぺ!いるのか!」ドンドン

ゆり『ん?その声は…SSS男A?』

SSS男BCD「俺達もいるぞ」

SSS男A「俺達、ゆりっぺ達に伝えたいことがあっていち早く助けに来たんだ!」

ゆり『伝えたいこと?』

SSS男B「まずはそこから出すから待っててくる」

日向『おお、ナイス!そっちから開けられそうか?』

SSS男A「今何とかピッキングで…」ガチャガチャ

ガチャン!

SSS男A「よし、開いたぞ」



SSS男A「今開けるからな」ギィィ

ゾロゾロ

藤巻「ふー、半日ぶりのシャバの空気だぜ」コッコッ

大山「いやー一時はどうなるかと思ったよ」コッコッ

日向「ありがとなお前ら!」

SSS男A「気にするな…それよりゆりっぺ」

ゆり「分かってるわ。…それで話って何かしら?」

SSS男A「お前達を身動きできないように反省室へ閉じ込めた直井文人は…音無と天使と共謀しているんだ」

ゆり「えっ?音無君が何故あの敵対してた生徒会長代理と…それに天使まで」

日向「それ…マジか」



SSS男C「マジだ。俺らも見たからな。奴らが仲良く飯食ってる所をな」

ゆり「確かあの三人が卓を囲むなんて考えられないわね…でもこれで直井文人がNPCでないことが証明されたわね」

ざわ…ざわ…

ゆり「とりあえず、音無君達の所に行ってみましょ。案内頼まれてくれるかしら?」

SSS男A「ああ」ザッ


三分後――


生徒会員A「おい、これ…」

生徒会員B「反省室が開いてる…あいつら脱走しやがったのか!」

生徒会員A「直ちに直井様に電報を」

生徒会員B「おう!」



―学園大食堂―


直井「そして僕は…後一歩と言うところまで来たのに…極めることなく…死去しました」

音無「…」

奏「…」

音無「そうか…お前にも色々とあったんだな」

奏「…悲惨ね」

直井「でも今の僕には音無さんがいるから大丈夫ですよ。その全てを潰すようなスタイルに僕は惚れましたから」

奏「それは大丈夫って言わないt」

ピピピピ

音無「電報音?お前か直井」

直井「そのようです、ちょっと失礼…」ポチ



直井「どうした?」

(通信機)「SSSの連中が反省室から脱走しました。現在彼らはあなた方の元へ向かっていると思われます」

直井「こちらに向かって来ている?(こんなに早く音無さんとの繋がりがバレたのか?)」

(通信機)「私達も追っていますが気をつけていてください…それでは」プチッ

直井「厄介なことになったな…」

音無「奴らか…」

直井「ええ、こちらに向かってきてるそうですよ。恐らく僕の正体に気づきましたね」

奏「死んだ…世界なんとかの人達?」

音無「食ったばっかで騒ぎを起こされんのは面倒だな。ちっと場所変えんぞ」

SSS男Aが有能過ぎる

そろそれ地味に名前が変わっていることにつっこんでもいいと思うんだ

>>294-295
SSS男Aは完全なサブキャラのつもりでしたが成り行きでこうなってしまいました。
とりあえず出番終了するまで無難に『山田』で名前表記します。

>>296
すみませんミスです


―学園大食堂内部―

タッタッタ…

山田「確かここのテーブルにいたはずだ」ザッ

ゆり「今は誰もいないわね。それじゃ音無君達はどこに…」

日向「ひょっとして先に逃げられたんじゃねぇのか?」

ユイ「えーっ、でも私達が脱走したってまだ知らないはずですよー?」

山田「いや、お前達が脱走したことぐらい既に音無の耳に届いてるだろうな」

藤巻「おいおい!それじゃ追っ手が来るんじゃ――」



ザザザザザ…

…ザザザザザ

ゆり「!?」

野田「コイツら…生徒会の奴らか!」

生徒会員A「あなた方…諦めて反省室へ戻ってくれませんかね?」

生徒会員B「これ以上音無様達の手をわずらわせたくないんですよ」

日向「やっぱり音無は直井とグルだったのか…何を企んでんだテメェ等はよ!」

生徒会員C「我らはただ音無様の命令に従うのみ――」

野田「チッ、殺すか…」ジャキンッ

ゆり「待って!こいつら何か様子がおかしいわ…」



生徒会員A「さぁ、大人しくしてください。さもなくば…実力行使させてもらいます」

藤巻「どこがおかしいってんだよゆりっぺ!」

ゆり「みんな目に生気が無いって言うか…操られてる的な?」

日向「操るって、誰がだよ?」

山田「直井…もしくは天使」

野田「俺は音無が洗脳に一枚噛んでると思うが?」

山田「音無に意味不明な能力があるのは知ってるがアイツは洗脳なんて小細工な真似はしないタイプだ」

ゆり「言われてみると…そうね」



山田「そして天使の能力はまだ未知数なものが多いし謎だらけだ…最後に全員がNPCと思っていた直井文人だが…」

生徒会員A「時間です。連れていけ」クイッ

ザザザザッ!

ゆり「(NPCには手が出せない…どうすれば)」

山田「チッ、直井達のことはお前らで何とかしろ!俺達はコイツらを食い止めてっから!」

ゆり「貴方達も逃げて!NPCに手出しはしてはいけないから――」

山田「なら俺は今日今ここでSSSを辞める。それでいいだろ」

ゆり「ちょっ、何言ってるのよ!」

山田「健闘を祈るぜゆりっぺ。あばよ」ダッ



日向「あいつらが足止めしてる今のうちに逃げるぞゆりっぺ!」

ゆり「でも、山田君達が!」

日向「今ここで俺達も捕まれば山田達が身体張ってる意味がねぇだろ!」

ゆり「…ごめん、そうね。どうかしてたわ。彼らの犠牲は無駄にできないから、早くあの三人を見つけないとね」


―体育館屋根―


直井(双眼鏡)「…すみません、どうやら生徒会の奴ら主要人物の足止めに失敗したようです」ジーッ

音無「すみませんも何も何で俺達はあいつらに追われてんだよ?」

奏「多分、誤解されてる」



音無「誤解?」

奏「結弦と直井君が共謀してると思われてる…私も含めて」

直井「確かに僕は音無さんをこの世界の支配者となってもらいたいが何故あなたまで?そこを説明してもらおうか」

奏「…生徒会長だった時、私は彼らの行動を放っておくことはできなかった」

直井「それがどう関係している?」

音無「話は最後まで訊け」

奏「最初は口論だったけれど…しだいに彼らは武器を持ち始めたわ。だから私も対抗するため頑張って力をつけた」

音無「(それが『Guard Skill』系統の力か)」



SSS男Aは単なる引き立て役の一人に過ぎなかったのでもう出番はありません。
名前をつけたのは単に山田ってのが無難な名前だったからです。

すいません、先に書いておくべきでした。



奏「でも結局彼らを説得できずに、生徒会長を解任されられた…」

直井「そんな時に丁度、SSSと敵対している音無さんと僕と一緒にいるとこを見られたってことですね?」

奏「うん」

音無「奏が誤解されてるのは連中に復讐するために俺達と組んだと思われてることってのは分かった」

音無「じゃあ何故俺はあいつら全員に直井と共謀してると思われてんだ?」

直井「もう、何言ってるんですか音無さん。SSSを潰せと言ったのは音無さんじゃないですかー」

音無「…『SSSを』じゃなくて『SSSのリーダーを』って言わなかったか?」



音無「…全員から追われるわけだ」

直井「すみません」ペコ

音無「まぁいい。どうせゆりを潰したとこで追われるはめになる。とりあえず、奏の誤解だけは解いとくぞ」

奏「別にいい。信じてもらえないかもしれないから」

音無「おいおい、表向き真面目君な直井と違って俺は不良だぞ?そんなのと連んでると更に誤解されるぞ」

奏「信用は既に失ったわ」

音無「…コイツいつもになくネガティヴだな」ボソ

直井「やはり生徒会長失脚のダメージが大きかったんじゃないんですか?」ボソ



椎名「あさはかなり」

音無「そうそう、あさはかなり…?」

直井「上手いなぁ」ハハ

音無「っ!」バッ

直井「うわっ!」ガ゙ッ

椎名「動くな音無。動けばコイツの首が飛ぶぞ?」チャキ

直井「この女、気配を全く感じなかった…」

椎名「全員このままゆりの所まで来てもらおうか」

音無「お前がいるってこと忘れたな椎名。流石は忍者ってとこだ…俺達だけじゃ危なかった」

椎名「何を言っている?」

奏「動かないで」シャキンッ

椎名「なっ!?天使…」

音無「ゆりから俺達は三人で行動してるって聞かされてなかったか?」



椎名「三人で卓を囲んでいたとは聞いたが…共に行動しているとは知らなかった」

音無「直井を離せ」

椎名「く…」パッ

直井「フン、愚民が」

奏「結弦…このまま逃がす?」

直井「僕はここに縛り付けて奴らへの見せしめにするべきだと思いますが」

音無「いや、コイツの隠密能力は使える…オイ、椎名」

椎名「何だ?」

音無「地獄を見るか…俺達と組むか…選べ」

椎名「ゆり達は仲間だ、裏切るわけにはいかない」



音無「なら…仕方ないな。奏、直井」パチン

奏「ん?」

直井「はい、何ですか?」

音無「椎名を拘束してあっこまで運ぶぞ」


―体育倉庫―


音無「何とかSSSの連中に見つからずに来れたな」

椎名「ここは…私の拠点か?」

音無「直井、そこら辺に子犬のぬいぐるみ落ちてないか?」

直井「たくさん落ちてますよ」

音無「ちょっと拾ってよこしてくれ」

直井「分かりました…はい、どうぞ」ヒョイ

音無「ありがとよ。さて…コイツを」

椎名「貴様っ、彼らに何をする気だ!」



音無「こうするんだよ!」ブチィ!

椎名「いやぁぁ!やめてくれぇぇぇ!」

音無「お前達もやれ」

奏「…私は遠慮しておくわ」

直井「了解しました」ブチィブチィブチィブチィ
椎名「やめろっ!やめてくれぇっ!」

音無「じゃあ…俺の仲間になるか?」ピタ

椎名「そ、それは…」

音無「どうなんだよ、え?」バキョッ!

椎名「分かった!分かったから…もうやめてくれ…」

音無「へっ、そうかそうか」ニヤ

直井「(やはりかなわないな…この人には)」ゾクッ

奏「(結弦が…昔の結弦に戻りかけてる)」



音無「拘束は解いてやるが、変な気を起こした瞬間に殺すからな…子犬を」ガチャ

椎名「分かっている…」

音無「早速だが仕事だ。お前にはスパイをしてもらう」

椎名「スパイ?」

音無「現在直井の生徒会軍団とSSSの様子を見てこい。ゆり達に会っても俺達のことは口外すんなよ?」

椎名「分かった。行ってくる」シャッ

直井「…さて、僕も様子を見に行ってきますよ」

音無「一人で大丈夫なのか?」



直井「安心してください。ちゃんと奴らを潰してきますよ」タッタッ

奏「…結弦はどうするの?」

音無「俺はここにいる。椎名が帰ってきた時の報告を聞かなきゃならんからな。お前も行きたければどこでも行け」

奏「どういうこと?」

音無「別に俺達とお前は組んでるわけじゃねーだろ?ただ単に飯を一緒に食ったってだけだからな」

奏「そうだけど…」

音無「ま、別に居たきゃ居ればいい話だがな」

奏「じゃあ、後ちょっとだけ居る」



――三時間後


音無「遅い…遅すぎにも程があるぞ。何やってんだ椎名も直井も」

奏「……」スヤスヤ

音無「オマケにコイツは寝ちまうし」

ザァァァァ

ピカッ!ゴロゴロ!

音無「外の雨が強くなって来やがった…これから冷えそうだな」

ズドゥゥゥン!!

音無「っ、何の音だ?」バッ

ズドン!グラ…グラ

音無「地響きが半端じゃねぇ…こりゃ殺り合ってんのか」

奏「…」スヤスヤ



音無「俺も出るか…」ザッ

奏「…」ガシ

音無「…起きたのか?」

奏「どこへ行くの?」

音無「ちょっと出てくる」

奏「私も行く」

音無「やめとけ。またSSSの連中に狙われんぞ」

奏「大丈夫、もう慣れてるから」グイッ

音無「お、おい、ちょっと待てって」タッタッ

ガラッ

ザァァァァ…

音無「寒っ」

奏「…」 グイッ

音無「ちょっと、傘か何かさしていきてんだが…」ズルズル



―グラウンド―


ウァ…イテェ…ヨ

タスケ…テ

音無「これ全部血だらけの死体か…まさに地獄絵図だな」

直井「来ましたか、音無さん」ビチャビチャ
音無「これは…全部お前がやったのか?」

直井「はい。音無さんに逆らう無粋な輩は全て排除しておきましたよ」

日向「く…その声は、音無…なのか?げほっ!」

直井「まだ息があったのか貴様」

音無「日向か…」



音無「あんま喋んなよ…傷口開くぞ?」

日向「お前、どうしてこんなことを…」

音無「俺も流石にここまでやるとは思わなかったが、まぁ前回の借りを返したってとこか」

ゆり「な…にが、借りよ…」ビシャッ

日向「ゆりっぺ…げほっ!」

音無「何だこいつらまだまだ元気なんじゃねーか?」

直井「貴様も…ゴキブリ並みの生命力だな」

ゆり「主犯は…あなたなの?音無くん」

音無「ああ、そうだ(本当は直井が勝手にやったことだけど)」



ゆり「関係のない人まで巻き込んで…あなたは人の風上にも置けない、クズよ」

音無「お前にクズって言われたかぁ…無いなァ!」ガスッ

ゆり「ううっ!」グラッ

直井「おっと、まだ倒れるには早いですよ」パシ

奏「…結弦」

音無「何だ」

奏「私は…あなた達と何をすればいいの?」

音無「愚問だな。SSSの連中に復讐したきゃ勝手にすりゃいいし、いつもの生活に戻りたいなら戻ればいい」



奏「もし、私が普通の生活に戻ったら?」

音無「知るかよ。いつも通り勉強でもしてりゃいい」

ピカッ ゴロゴロ…

ザァァァァァ…

音無「ただ、もうこれからはみんなお前に構う時間が無くなるってことだけは知っておけ」

奏「(もし私が昨日までの私に戻ったら…もう結弦達とはご飯食べられない?また…一人?)」

奏「どうして時間が無いの?」

音無「見りゃわかんだろ。こんだけやらかしてんだ…これからSSSの奴らとの戦争は激しくなるぞ」



直井「音無さん。僕の催眠術で仲村ゆりを成仏させることができますが、どうします?」

音無「いや、それはまだいい。借りはもう返したからな」

直井「分かりました」パッ

ゆり「っ!」ドシャッ

音無「おーし、寒いし撤収するぞ」ザッ

直井「そうしますか…何か暖かい飲み物が飲みたいですね」スタスタ

音無「ブラックとか?」

直井「僕ブラック飲めないんですよ」ハハ



ザァァァァ…

ゆり「…(私達はこんなに無力だったなんて…悔しい)」

奏「…」スッ

ゆり「…天使?」

奏「ごめんなさい」ペコ

ゆり「…何がよ?」

奏「あなた達をこんな目に合わせてしまったこと…」

ゆり「いや…今回あなたは何もしてないでしょ」

奏「でも」

音無「おい奏、早く来い置いてくぞ」

奏「…」スクッ



ゆり「あなたは…音無君の味方なの?」

奏「違うわ」

ゆり「じゃあどうして?」

奏「私の味方になってくれたのが…結弦だけだった」

ゆり「…そういうこと…ね」ガクッ

奏「……」ペコリ

奏「今行くから」タタタタ


―――

すみません、昨日の夜に投稿できませんでした。
今回で物語の前半部分までが終わりました。次から後半に入っていきます。



―翌日・旧校舎の一室―


音無「…もう一回言ってみろ」

奏「お手伝い」

直井「なぜ僕達がそんなことをしなければならない」

椎名「あさはかなり…」

奏「今やっておかないと後からだとツタが巻きついちゃうかもしれないから」

音無「別に『花壇の手入れ』なんて園芸部にでも頼みゃいいだろうが」

奏「うちに園芸部は無いわ…それに生徒会長だった時は私がいつもやっていたから」



音無「俺はやらないからな」

直井「音無さんに賛成です」

奏「私一人でやるから大丈夫」

椎名「外は暑い。この麦わら帽子をかぶっていけ」スッ

奏「ありがとう。それじゃまたね」ガチャ
バタン

直井「…本当に行きましたね」

音無「まぁほっとけ、それより椎名…」

椎名「ああ、分かっている。見た所SSSは全滅したあの後から私達に対する策を練るようになった」

直井「天使だけじゃなく…僕達もブラックリストに入ったということですね」



音無「へぇ…分かった。もうSSSに戻っていいぞ椎名」

直井「えぇっ?もうですか?」

音無「仲間になれってのは別にあの時とっさに思いついたセリフだし、もういいかなってな」

椎名「…無理だ」

音無「はい?」

椎名「私は一度でも仲間を裏切ってしまった…!もう私に…SSSに戻る資格はないんだ」

直井「…どうします?」

音無「別にどうもしねーよ。ここにいたけりゃ居ればいいし、フリーになりたきゃなればいい」

直井「と、音無さんは仰ってるが?」



椎名「しばし…」

音無「しば、何だって?」

椎名「しばしの間、貴様とゆり…どちらの策が上回っているか見届けさせてもらう」

音無「どうぞご勝手に」

直井「…(こうやって、音無さんの周りには人が増えていく。やはりアナタはただ者ではないようだ)」

音無「ところで腹が減らねお前ら?」

直井「そう、ですね(こうして見るとチャラチャラしたヤンキーだが)」

椎名「…む」

音無「決まりだな。そんじゃ、食堂に行くぜ」スタスタ



―1F・渡り廊下―


音無「今日は何を食おうかなァ~」

直井「僕はもう決めてありますがね」

音無「何だ、お前学食のメニュー全部暗記してんのか?」

椎名「あさはかなり…」

ゆり「話してる所、ちょっとごめんなさい」ザッ

音&椎「「!?」」バッ

直井「なっ…貴様は…」

ゆり「椎名さん、やっぱり音無君の味方になっちゃったのね」

椎名「…すまない」

ゆり「安心して、別にせめたりしないわ…」

この音無の容姿はアニメのそれと一緒???

>>355
つり目三白眼の音無をご想像ください

―――

音無「で、何か用かよ。復讐にでも来たのか?」

ゆり「別にそんなのじゃないわよ。あなたにちょっとした良い話しを持ってきてあげようと…ね」

音無「そんなもんでなびくと思ってんのか?」

ゆり「勘違いしないで。私には何の得もない話しだから」

音無「…ほう、話してみろ」

ゆり「もしかしたら、あなたの記憶の復元ができるかもしれない」



直井「音無さんの…」

椎名「記憶…か」

音無「俺をクズ呼ばわりしたお前が…何のために?」

ゆり「答えはイエスかノーで答えてちょうだい」

音無「(コイツ…何を企んでやがる)」

ゆり「どっちか決めた?」

音無「ああ…何考えてっか知らねーが乗ってやるよ」

直井「音無さん、いいんですか?」

音無「まぁ、乗るだけ乗ってやろうぜ」

ゆり「決まりね」



―男子寮・とある一室―


ゆり「早速だけど音無くん、あなたのパソコンを起動してくれないかしら」

音無「何でだよ?俺の記憶とどう関係あんだよ」

ゆり「それはついてから説明するわ」

音無「ったく」ポチ

直井「この部屋ハーブの香りがしますね」

椎名「…なかなか綺麗だな」

音無「つか何でお前らまでいるんだよ」

PC「ヴィィィン」

ゆり「電源がついたわ(何かこのPC竹山くんのっぽいわね…)」



ゆり「えーと、あったあったコレよ」カチ

音無「『Demon Player』じゃねぇか。何に使う気だ」

ゆり「私の推測が正しければこれを使えばあなたの記憶を復元できるわ」

音無「推測って…信用できるのか?」

ゆり「見たところ天使の持つ『Angel Player』とあなたが持つ『Demon Player』は酷似してるの」

音無「なるほどね、奏が使ってたのは『Angel Player』ってワケか」

ゆり「正直『Angel』と『Demon』の違いは分からないけど…」

直井「…話し分かる?」ボソ

椎名「あさはかなり」



ゆり「まずは」カチッ

パッ

ゆり「この人体図も同じ…なら」

音無「なら、何だ?」

ゆり「先に音無くんは眠ってくれないかしら?」

音無「は?」

ゆり「今音無くんの意識がある状態で実行したらこれからのあなたに影響が出るかもしれないでしょ?」

音無「そんなこと言ってテメェ寝入ったとこを叩くんじゃ――」

ゆり「しないわよ。それに椎名さん達がいるでしょ」

音無「まぁ、そうだが…ん?待てよ」



音無「オイ直井」

直井「はい」

音無「お前の催眠術ならこんなことしなくても俺の記憶戻せんじゃねぇの?」

直井「そうか!…いや、確か僕の催眠術は音無さんの『意志』が強すぎてはね返されましたよね?」

音無「そうだったな…」

ゆり「そろそろ始めるわよ」

音無「待て待て、こんな真っ昼間から寝られねーよ。椎名…手刀頼むぜ」

椎名「…加減はする」ヒュッ

トンッ!

音無「ぬおっ……」ドサッ



ゆり「気絶したわね…今のうちに片付けちゃいましょう」カタカタ

直井「貴様、変な真似をすれば僕の催眠術で…」

ゆり「ちょっとは信用しなさいよね」

直井「あれだけ痛めつけてやったのにヘロッと顔を出せる奴が信用できるか」

ゆり「私はあんたと違って立ち直り早いのよ」カタカタ

直井「全く…愚民はこれだから困る」

椎名「直井、あとはゆりに任せよう」

直井「チッ…音無さんに何かしたら許さないからな」スタスタ ガチャ

バタン



椎名「ゆり、裏切ってしまったことは本当にすまなかったと思っている」

ゆり「大丈夫よ。あなたが自分から裏切るような人じゃないって分かってるから」

椎名「私が取るべきけじめを取った後…また再び一緒に戦えたらいいな」ガチャ

バタン

ゆり「ふふ…それは遠くない未来かもね」チラッ

音無「…」スヤスヤ

ゆり「…果たして彼はどんな過去を見てるのかしら?」

ゆり「私のように神に見放されたな人生か…はたまた日向君や岩沢さんのように呪われた運命の人生か…」



――音無の生前――

―街の路地裏―

バキッ!ドカッ!

音無「テメェらまだ終わってねぇぞゴラァ!」バキッ

不良A「わ、分かった。俺達の負けだから!」

不良B「もう勘弁してくれよ!」ゲホッ

音無「じゃあ出すもん出して失せろや」

不良A「これで…どうか勘弁」スッ

不良B「お願いします」スッ

音無「…」バッ

音無「イチ…ニイ…サン」

音無「オイ、こんだけかよ?こんだけか?」

不良A「き、今日はそれしかm」

音無「オラァ!」ドゴッ!

不良A「ぐわぁぁぁっ腕がっ!」ゴロゴロ

不良B「ひ、ひぃぃぃ!」ダダダ

音無「…これじゃあロクなもん買えやしねぇ」



―本屋―

音無「これだったかな…」ウーン

男A「見ろよ、ヤンキーが少女漫画漁ってるぜ」

男B「シュールだな」ククク

音無「何か言ったかオイテメェら!」

男A「やべっ、ずらかるぞ!」ダッ

音無「待てコラ!」ダッ

奏「…え?」

音無「うおっ!危ね!」ピタッ

奏「…びっくりした」

音無「いや悪い悪い、ケガはねーか車椅子のお嬢ちゃん?」

奏「大丈夫」

音無「なら良かったぜ。…あんたも少女漫画買いに来たのか」

奏「じゃああなたも?」

音無「妹に買ってやりてーんだけどなぁ…何買ってやりゃいいかぜんっぜん分からん」



奏「私が手伝ってあげようか?」

音無「おお、そりゃ助かるな。あんた妹と同じ年ぐらいだから丁度良さそうだ」


――数分後

店員「ありがとうございましたー」

ガララッ

奏「私の分まで良かったの?」キコキコ

音無「選んでくれたお礼だ」スタスタ

奏「そう…ありがとう」

音無「じゃあ、ここらで。また会ったら本の選択頼むぜ」ザッ

奏「うん、またね」

ポトッ

奏「あ…何か落としたよ」

奏「行っちゃった……学生証?」ヒョイ

奏「名前は音無…結弦。…結弦か」

この>>1って自分以外のレスがあると書くのを辞める気がするんだが
気のせい?

あれ?これは俺が叩かれる予感?

すみません、ちょっと気になったので

>>375-377
誤解を招くような真似をしてごめんなさいm(_ _)m
これからは書き終える時はちゃんと文章入れます

>>378
レスしてくれたのに叩くわけがないです

遅くなってすみません!
今から投稿していきます



―街の病院の一室―


ガララッ

音無「よう、元気してたか初音」

初音「あ、お兄ちゃん!今日も来てくれたんだ!」

音無「まぁ、いつも暇だからな」ハハ

初音「制服に何か赤いシミがついてるよ?」

音無「あ、ああ。これはちょっとケチャップこぼしちまったんだよ…それよりホラ、土産だ」スッ

初音「わぁ、ありがとうお兄ちゃん!」

音無「丁度お前ぐらいの車椅子の娘がさ、一室に選んでくれたんだ。もしかしたらこの病院の人かもな」



初音「車椅子の娘なんていたかな?」

音無「お、バスケットに果物があるな。ちょっと剥いてやるよ」

―二時間後―

音無「そろそろ面会時間も終了か。じゃあまた来れたら来るからな」

初音「うん。またね、お兄ちゃん」

音無「ああ、じゃあな」ガララッ

ピシャッ


―翌日・音無の学校―


音無「で、どうなんだよ実際」

舎弟A「はい。昨日音無さんが潰した渋谷の双子頭も我らの傘下に加わりました」

音無「おーし、後は浅草だけか」

舎弟B「浅草の頭も今日の夕方5時に河原に呼び出してあります」



音無「へっ、浅草シメりゃ東京のチームは全部俺の傘下ってわけだな」

舎弟A「でもあんま派手にやるとヤバいっすよ。ポリが出動しますから」

舎弟B「来週に『祭り』があるからそれまでにパクられちまったら元も子もないですからね」

音無「…舎弟A、今から浅草の頭を河原に呼び出せ」

舎弟A「今からですか?」

音無「早めに潰しておいた方がいい。善は急げって言うだろ」

舎弟A「分かりました…」ピホパポ

音無「よっしゃ、行くぞ!」ガタッ



教師「音無くん、今は授業中…」

音無「あぁ?」ギロッ

教師「で、この問題はあるからして~」


―五時間後・河原―


音無「おいテメェ、本当に浅草の頭呼んだのかよ!」シュボッ

舎弟A「はい。間違いなく呼び出した筈ですが…」

音無「じゃあ何でこねーんだよ」スパー

キコキコ

音無「遅っせぇぞゴラァ!…?」バッ

奏「……結弦?」



音無「何やってんだよ…お前」

奏「散歩中。ここは私のいつもの散歩道だから…」

舎弟A「音無さん、このお嬢ちゃん知り合いなんですか?」

舎弟B「いくら音無さんでもこんな小さな娘に手を出しちゃ犯罪でs」

音無「死んでろ」ガスッ

舎弟B「冗談でした…スミマセン」

音無「ここにいたら危ねーからとっとと去りな。巻き込まれるぞ」シッシッ

奏「巻き込まれる?」

音無「まぁ基本タイマンだからそんなことはねーと思うけど見せて気持ちのいいモンじゃねーしな」



奏「…今日も」

音無「あ?」

奏「今日も本屋さんに行くの?」

音無「…時間がありゃな」

奏「分かった。先に行ってるね」キコキコ

舎弟A「…あの娘、やっぱり脚が悪いんですか?」

音無「俺も昨日会ったばっかで詳しいことは知らねーんだよな」

ザリッ

?「待たせたなゴラァァ!」

音無「あぁん?」

舎弟B「き、来ました、音無さん!奴が浅草の頭です」

音無「へぇ…ガタイいいな。190ぐらいあんじゃねぇの?」



浅草頭「テメェか…東京仕切ってるって自称する馬鹿は…」

音無「馬鹿もクソも…実際『渋谷』『新宿』『池袋』の頭だった奴は俺に屈した…つまり俺が最強なんだよ!」

浅草頭「じゃあテメェボコりゃ東京は俺のモンだ」

音無「クックック…やってみろよ」

―――
――

浅草頭「…う…う…」ピクピク

音無「何だよ、イキがってた割に大したことねーじゃん」パッパッ

舎弟A「(いや、あんたが強すぎるんちゃうか…)」

舎弟B「(しかも無傷かよ…)」



音無「まぁ、これで東京は俺のモンになったわけだが…」

舎弟B「ついに来週、血で血を洗う『祭り』が始まるんですね」

音無「お前達も来るか?」

舎弟A「いや、俺らが行っても一発で退場ですよ」

舎弟B「関東のナンバーワンを決めるんですからね」

音無「そうか。…今日はこれで解散だ、あばよ」ザッ

舎弟AB「お疲れ様でしたー!」

音無「(意外と早く片づいたし、まだアイツ本屋にいるだろ)」タッタッタ



―本屋―


ガララッ

店員「いらっしゃいませー(またこの人少女漫画買いにきたのか)」ジッ

音無「おい店員」

店員「は、はい(やば気づかれた)」

音無「目の下にクマがある。働くのはいいがほどほどにしとけ」スタスタ

店員「…はぁ、気をつけます(そりゃオーディションの為に色々なバイト掛け持ちしてるから仕方ないだろ)」

音無「少女漫画コーナーは、こっちか」ダダッ

奏「…あ」

音無「よう、ずっとここに居たのか?」

奏「うん」



音無「今日は何にするかなー」

奏「妹さんはどんなジャンルが好みなの?」

音無「いや…知らん」

奏「じゃあ、とりあえず色々なジャンルを選んでから…」


――数分後

店員「ありがとうございましたー(次は中華料理店でバイトか…ぶっ倒れそうだな)」

音無「今日もすまんかったな、付き合ってもらって」スタスタ

奏「いいの。誘ったのは私だったから」キコキコ

音無「それじゃまた妹の所行くから…じゃな」ザッ

奏「妹さんお大事に…」

奏「……」

奏「学生証返しそびれた」

できれば次回で音無の回想を終わらせたいと思います。
店員さんの正体に気づいた人はいましたか?



―街の病院―

音無「すまんな初音。兄ちゃん来週からちょっと来れなくなるんだ」

初音「分かったよお兄ちゃん。ちょっとさびしいけど、我慢してるね」

音無「悪いな。またまとめて雑誌買ってくるからさ」

初音「うん、ありがとう。…そう言えばお兄ちゃん」

音無「ん?何だ?」

初音「今日看護婦さんに聞いたら私と同じ年ぐらいの車椅子の女の子居るって言ってたよ」

音無「へぇ、マジか」

初音「そこのメモに病室の番号書いてあるよ」

音無「サンキューな」スッ

初音「私も『本選んでくれてありがとう』って言ってたって伝えてね」

音無「ああ。じゃあまた来週な」ガララッ



―とある病室―

音無「ここか…個室なんだな」コンコン

「誰ですか?」

音無「音無っつったら分かるか?」

「…どうぞ」

ガララッ

音無「よう、やっぱりお前だったか」

奏「あなたは私がここに入院してるって分かってたの?」

音無「車椅子に点滴付きのパジャマ姿してりゃ分かるわな。入院できる病院はここがポピュラーだしな」

奏「そう…」

音無「下で買ってきたもんだが、花束くれてやるよ」バッ

奏「あっ…どうも」パシ



音無「ついでに初音、俺の妹が本を選んでくれてありがとうってよ」

奏「どういたしまして」

音無「お前…個室ってことは何か重大な病気でも…」

奏「そこまで重大じゃないわ。現に車椅子で散歩されるのが許されてるし」

音無「まぁ、下手に出歩かない方がいいんじゃねぇか?」

奏「…ひょっとして心配してるの?」

音無「別に。来週は来れねーから先に言っておいただけだ」

奏「ご用事?」

音無「まぁ、そんなとこだよ…じゃあ俺は帰るからな」スタスタ

奏「うん。…あ、待って」

音無「あ?」ピタ



奏「これ。お花のお礼」スッ

音無「何だこりゃ…」

奏「髪留めだけど、嫌だったかしら?」

音無「男が髪留めってどうよ…」

奏「だって…あなた私より髪長いわ」

音無「それはお前がショートカットだからだろ。女の子なら伸ばせよ」

奏「やっぱり肩にかかるくらいじゃ短いのね。…分かった、髪の毛伸ばすわ」

音無「そっちのが似合うと思うぜ。…んじゃこの髪の毛は貰っとくわ」

奏「うん」

音無「今度こそあばよ」ガララッ

ピシャッ



―繁華街―

ザワザワ

音無「いよいよ来週か…死にゃしねーだろがアバラの二、三本は覚悟しとくかな…」スタスタ

ロックヲ~♪

音無「ん?ゲリラライブ…なわけねーか、ストリートの奴か」チラ

店員「いーつもー思うーよ♪」ジャンジャン

音無「あーっ!そのクマのお前本屋の店員か!」ビシィ

店員「な、何だ。びっくりさせないでくれ」

音無「あんた本屋のバイトの餓鬼だろ?バイトはもう終わったのか?」

店員「餓鬼って…私はこれでも16歳なんだけどね」



音無「俺より二歳年下じゃねーか。十分ガキだな」

店員「冷やかしなら散ってくれ。それに本屋のバイトはもう終わったし、次のバイトの合間に弾いてるだけだ」

音無「16にして労働者か。俺は自分で金稼がないからわからんが大変そうだな(大体ぶっ倒した奴の戦利品だからな)」

店員「うちの家族は最悪でさ。だからオーディションに受かったら早く家出て音楽に専念したいんだ」

音無「歌手志望か?」

店員「ああ。どっちかと言うとロックバンドだけどね」

音無「よく分からんが…まぁ頑張れば報われるんじゃね?」

店員「そうだといいがな」



音無「少なくとも本屋で会った時は応援してやるからさ。頑張りな」

店員「フッ、変な奴だな」

音無「来週は無理だが、その次週からまた世話になるからよ。じゃあな」スタスタ

店員「全く面白い奴だ。…名前を聞くべきだったか?」


―――
――



―街の本屋―

店員「あれから三ヶ月もたったが…来ないな、あのヤンキー」

店員「最後に会ったのが三ヶ月前だから、そろそろ来ても良い頃なんだが…」

店員B「岩沢さーん、あっちの棚の本の補充お願ーい!」

岩沢「ああ、ただいま!…」フラッ

岩沢「…っと、めまいが。ちょっと働き過ぎたかな」スタスタ




―とある病院の一室―

初音「あの、看護婦さん…」

看護婦「あら何かしら初音ちゃん?」

初音「お兄ちゃんから連絡来たりしましたか?」

看護婦「…いえ、来てないわね」

初音「それならいいんけど…最近お兄ちゃん来てくれないなぁ」ショボン

看護婦「(お兄さんからの手紙に妹に心配かけさせたくないからシラを切ってくれって書いてたけど…)」

初音「うーん…明日は来てくれるかな」

看護婦「(初音ちゃんのこれからの治療費だけ同梱されてて後は音信不通なんて…お兄さんは一体何をしてるの…?)」

初音「奏ちゃんのとこに遊びに行きたいけど…私身体動かないからなぁ…」シュン



―同病院の個室―

奏「…遅いな、結弦」

奏「また一緒に本屋で初音ちゃんの本を選んであげたいし…髪も伸びてきたから見てもらいたいわ」

奏「…独りきりの世界でやっとできた友達、なのに」

奏「もうあなたは来てくれないの…結弦?」

奏「独りは寂しい……っ!」ギュッ

奏「…う…胸、が…っ!」グッ

奏「助けて…ゆ…づる…」



――


医者「本当に奇跡としか言いようがありません」

奏母「本当にありがとうございました」ペコリ

医者「いえ、俺なら心臓のドナーとなってくださった方に言ってもらいたいのですが…」

奏母「…はい。そのお方のお葬式はいつ頃で」

医者「それが、提供者が不明だったんですよ。我々も気味悪く思いましたが時間が無かったもので…」

奏母「そ、そうですか…でもその人のお方でうちの奏は助かったんです、気味悪いなんて思いません」



医者「…後、二つほど重要な話があります」

奏母「何でしょうか?」

医者「奏さんの記憶に何らかの欠落があります」

奏母「それは何かの記憶喪失で…」

医者「日常的に問題はありません。ただ、欠落した記憶は『意識を失う間際に強く会いたいと願った人』なんです」

奏母「どうしてそんなことが…分かったんですか?」

医者「人の脳には様々な記憶機能がついているのですが…そのうちの一つの対人に関係する記憶の一部がごっそり消えていたんですよ」



奏母「まぁ…その人物って一体?」

医者「それは誰かは分かりませんが…最後に一つ、酷な話なんですが」

奏母「…」ゴク

医者「奏さんは…あと十年も生きられないでしょう」

奏母「…悲しいことですが、それは薄々感じとっていました…一時凌ぎでしかないと」

奏母「でも奏に人並みの青春ぐらいは与えてあげたかったんです」

奏「ん…」

奏母「…奏!目覚めたの?お母さんが分かる!?」

奏「分かるよ、お母さん」

奏母「よ、良かったぁ…」ヘナヘナ

医者「ちょっと、検索の為器具取ってきます!」ダッ

奏母「本当に良かった…」

奏「(あれ…誰か…大事な人…お母さんお父さんの他に誰か…忘れてる)」

奏「(思い…だせない)」



―――
――



音無「……っ!!」バッ

ゆり「どうやらお目覚めのようね…どうだった、自分の過去は?」

音無「…俺は」

ゆり「ん?」

音無「俺はどうなったんだよ!」ガシッ

ゆり「ちょ、痛い!それをあなたが見てきたんじゃないの?!」

直井「どうしました音無さん!まさかこの女が何か」ガチャ バタバタ

ゆり「何もしてないわよ!」

椎名「まずは落ち着け、音無…」ポン

音無「あ、ああ。悪かったな…」

ゆり「何かワケがありそうな過去だったみたいね」

音無「(俺は…一体あれからどうしたんだ?)」

何か消化不全みたいな感じになっちゃいました;
音無の記憶の中核部は二話ぐらい先で証したいです。

乙!です
音無さんの容姿は、髪長(キタロー)、つり目三白眼、そして短ランでおk?

>>431
はい、大体そんな感じだと想像してください。

――

ゆり「どんな過去かは聞かないでおくわ…」

音無「(俺は生前、奏によく似た奴…それだけじゃない、あれは岩沢…)」

直井「顔色悪いですよ、音無さん」

音無「ああ…平気だ」

ゆり「安心して音無くん。記憶が戻ればみんな同じような感じだったわ」

音無「…いや、まだ足りない」

直井「え?」

音無「まだ…肝心な部分が思い出せないんだ」

ゆり「…そう。それは残念ね」



音無「そこを思い出さなきゃ、俺がここに来た意味が分からない」

直井「音無さん…」

ゆり「とりあえず、暗い顔してても仕方ないでしょ」

椎名「ゆり?」

ゆり「三人今から時間はあるかしら?」

音無「……」

直井「どうします、音無さん?」

椎名「私もお前に任せる」

音無「…行ってみるだけ行ってみるか。この状況で何か企んでるわけじゃなさそうだし」



―校庭外・花壇―

直井「貴様、一体どこまで連れて行く気なんだ」スタスタ

ゆり「もう少しでつくわよ」

椎名「あさはかなり…」

音無「…ん?おい、あの花壇の中に居るのって」

ゆり「天使!?」バッ

音無「そう身構えるな。おい、奏!」

奏「…結弦?」クルッ

音無「ゆりが面白いこと紹介してくれるってよ。そんな泥くせーことやってねーでお前も来い」

奏「でも、まだ花壇が…」

音無「んなもん後だ後だ」グイ

奏「あっ…」



音無「まぁ、とりあえず謝っとけ直井」

直井「アナタがそう言うなら仕方ないですね。…悪かったですよ」ペコリ

日向「こうして直井も謝ってることだし、もーよくねぇかみんな?」

野田「いや、まだ主犯が頭を下げていない」

藤巻「そうだぜ…元はと言えば全員コイツのせいなんだからな」

音無「…フン」

ゆり「音無君のことは、リーダーである私が許すわ」

藤巻「なっ、いいのかよゆりっぺ!」

野田「俺達はそいつに!」



ゆり「音無君は私を潰せと言っただけで、あなた達を殺せとは言っていなかった…違う?」

藤巻「そうだけどよ…」

ゆり「直井くんもちゃんと謝ったんだし、もういいでしょ?」

野田「ゆりっぺがそこまで言うなら、いいことにするが…貴様はいつか殺す!絶対に殺す!」

音無「…やってみろ」

ゆり「さぁて、みんな仲良く?なったことだし『モンスターストリーム』スタートよ!」

音無「普通に釣りって言えよ」

店員さんの正体は岩沢さんでした。
ちょっと、最近遅くなり気味になるかもしれません。

音無本人のいない生前の記憶を思い出すってどういうこと?
心臓が覚えてるって?エンジェルハートかよ

>>442関連の質問の方、すみません。その辺は後々描写します。


―――

ワイワイ

ガヤガヤ

音無「何が楽しくて釣りなんぞせねばならんのかねー。しかも晩飯って何だよ」

ゆり「オペレーショントルネードでも良かったけど、それじゃあなたがすっきりしないでしょ?」

音無「しょーじき釣りも釣れなきゃスカッとしねーし」

ゆり「ほら、フィッシュ斎藤くんから釣り竿貰ってきなさいよ」

音無「やだよ、色々めんどい」

ゆり「ただ単に竹竿にルアーつけて水の中に放り込むだけでしょ」



椎名「ならば音無」ヌッ

音無「うわっ、どっからわいてくんだよテメェは!」

椎名「この苦無を使ってみろ」ガシャ

音無「…こんなモンどっから仕入れたんだよ」

椎名「手作りだ」

音無「そっスか」

ゆり「釣り竿が面倒なら使ってみたらいいんじゃない?」

音無「これ、どうやって使うんだ」

椎名「こういう風に使うんだ」シュッ

バシャン ザクッ

魚「……」プカー

音無「…いや、それできるのお前だけださ」

椎名「できない奴にわざわざ渡したりしない」



ゆり「(珍しいわね…椎名さんが自分から誰かを認めるって…)」

音無「チッ、後悔すんなよっ!」シュッ

バシャン!

…シーン…

音無「…ほれみろ、やっぱりなにm」

ザザザザ…

魚?「…」プカー

音無「何あれ?魚?魚なのか?」

ゆり「野田くん!?」

野田「……」ピクピク

音無「俺は悪くない。潜ってたソイツが悪い…だよな直井?」

直井「もちろんでございます」



椎名「ぷっ…あはははは!」

音・直・ゆ「(…え?笑った?)」

椎名「やっぱりおかしいなお前は…」

野田「フッ、流石…俺様」プカー

椎名「お前には言ってない」シュッ

野田「ぐはぁっ」ザクッ

ゆり「それにしても今日の椎名さんはよく喋るわね」

椎名「そうか?」

ゆり「うん。いつもなら『あさはかなり』の一言で済ませちゃうから」

椎名「…飽きないからな」

ゆり「うん?」

椎名「あいつ、音無を見ていたらな。どうしても面白くて表情が緩んでしまう」



ゆり「…やっぱり音無君は、ただの不良なんかじゃないわ」

音無「俺はお前らが思ってるほど、甘い人間じゃねぇ…」スタスタ

ゆり「…あれ一応照れてるのかしら?」

直井「愚民めが、あの硬派な音無が照れなどあるはずないだろ?ねぇ、音無さん…ってあれ?」


音無「…笑い話のネタにされたのは生まれて初めてだ」スタスタ

音無「でも不思議だ、意外と怒りは沸いてこなかった…」スタスタ

音無「何でだろうな?」

奏「…さぁ」ポツン

音無「いや、たまたまお前がそこにいただけで聞いたわけじゃないからよ」



奏「…」

音無「お前は釣りしねぇのかよ?」

奏「あなたは?」

音無「質問を質問で返すな」

奏「私は…どっちでもいい」

音無「面倒くせーなオイ…まぁいいや、連れてきたのは俺なんだし釣りの仕方教えてやるよ」スッ

――


奏「こう?」

音無「そのまま川に糸を投げ込め」

奏「…」ブンッ

チャポン

奏「それから?」

音無「気長に待て」

奏「うん」

音無「(この様子なら放っといても大丈夫だな)」ザッ



奏「ねぇ、結弦」ズルズル

音無「あ?」カチッ シュボッ

奏「何か川の方に引っ張られてるんだけど…」ズルズル

音無「そりゃお前の力が足りな…」クルッ

ズズズズズ…

音無「い…?」ポロッ

奏「これ、凄い力…」ズルズル

ザバーン!

音無「あいつ、落ちやがった!?」ザッ

斎藤「おい!今のは!」ダダッ

音無「え?…誰?」

斎藤「今女の子が釣り竿引っ張られて川に引きずりこまれただろ!?」

音無「ああ、ヤバいのか?」

斎藤「ヤバいも何も…川の主だったらえらいことになるぞ…!」

今日はここまでです。次くらいに次話に入れると思います。
椎名野田のやり取りは知る人ぞ知る。



斎藤「早くみんなに知らせ…」

音無「チッ」ダダッ

バシャーン!

斎藤「おい、お前死ぬ気かっ!」

――

ゴボゴボ…

音無「(暗いな…一体どこまで潜ってやがんだ?)」

音無「!?」ゴボッ

奏「…」ゴボゴボゴボゴボ

音無「ガボガボガボッ!(釣り竿から手を離せ!)」ゴボゴボ

奏「ゴボッ?ガボガボガボ?(結弦?何て言ってるの?)」ゴボゴボ

音無「ゴボゴボ!ゴボゴボゴボ!(ったく面倒くせー!もう力いっぱい持ち上げろ!)」ガシッ



奏「ゴボゴボ(力いっぱい?)」

音無「ゴボゴボ!(コイツを引き上げんだよ!)」コクリ

奏「ゴボ…(分かった…)」


―陸―

斎藤「遅いなあいつら…まさか主に食われたのか?」

ザッパァァァァァン!

斎藤「ぬおっ!こ、この水しぶきは…」

主「グォォォォォォォォッ!」ヒュルルルル

音無「馬鹿!自分まで引き上げんなよなっ!」ヒュルル

奏「力入れすぎた…」ヒュルル

主「グォォォォッ!」アーン

バクッ

斎藤「…あ、食われた」

バッシャアン!

斎藤「って、まずい!主の奴二人を食ったまま川に戻りやがった!」



―主の腹の中―

音無「食われまったな…」

奏「そうね…」

音無「分かってるなら脱出するぞ、手を貸せ…」シャキンッ!

奏「それ…」

音無「お前のhandsonicみてーな奴だよ。ギルドん時一回見てるだろ?」

奏「うん。でも前見たときと形がちょっと違う」

音無「改良を重ねたV2だからな」

奏「じゃあ…私も」

音無「私も?」

奏「GuardSkill『handsonic』」シャキンッ

音無「それが…何かなったのか?」

奏「『V2』…切れ味とか高速制に特化したフォルム」シュキンッ



音無「へぇ…お前も進化してんのか」

奏「まだ…GuardSkill『harmonics』」ヴヴンッ

音無「…たまげたな。流石に俺も分身まではできなかったよ」

奏(本)「それじゃあ…」

奏(赤)「溶かされる前にとっとと切り刻んでしまわなきゃね」ニコッ

音無「(何かコッチの方の奏は受け付けれないような気がする…)」


―陸―

斎藤「どうする、ゆり!」

ゆり「落ち着いて。別に消化されてしまってもまたしばらくすれば蘇るわ」

日向「胃の中で蘇ってもまた消化されるんじゃ…」

ゆり「今のは一般人の話よ…あの二人がそう簡単に消化されると思う?」

日向「ないな」



ブシャアアアアアッ!

バタバタバタバタ!

ユイ「うぎゃあっ!血しぶきが川から降ってきましたよぉっ!」

ヒュルルルル…ドォォォンッ!

日向「うおお、すげぇ地響きだな…」ビリビリ

ゆり「一体何が落ちて…」

斎藤「それは川の主だ!」

日向「えーっ!こんなデカい魚に食われてたのかよ音無達は!」

ゆり「でも、肝心の音無君たちがいないみたいだけど…」

椎名「いや、川を見ろ」



ザバザバ…

音無「うわ、ひっでぇ…魚の血まみれだぜ」バシャバシャ

奏「…」バシャバシャ

音無「お前白髪だから尚更目立ってんな…」

奏「大丈夫、後で修復しておくから」

音無「あれ?もう一人のお前は…?」

藤巻「おいおい何だありゃあ!」ダダッ

大山「ひょっとして川の主…ってうわっ!何で君たち血まみれなの!」

直井「貴様、音無さんに何をした!」

奏「何も…」

音無「落ち着けお前ら。ちょっとそこのデカい魚狩ってただけなんだからよ」



ゆり「…コレ、どうする?」

音無「いや、川に返すが?」

ゆり「死んでるのに?」

音無「あ…そうか。そいつのハラワタぶちまけて脱出してきたんだったな」

奏「ここで食べる?」

音無「決定」ポン

椎名「火と牧ならあるぞ?」

日向「ここに居る奴らじゃ食いきれないだろっ!」

音無「チッ、一々人の意見に茶々入れやがって」

日向「お前らの感性がおかしいからだろっ!」

直井「おい貴様…」

椎名「音無を侮辱しているのか?」

日向「何で椎名っちに怒られるの!?」

直井「…僕のセリフ取らないでください…」



―――
――



日向「で、結局全校生徒に配るわけになるのな」トントントン

ユイ「いいじゃないですかー料理面白いし」トントン

直井「貴様ら包丁の手さばきが遅いぞ、もっと早く動かせ」

日向「何もしてねーお前には言われたかねーよ!」

直井「僕は神だぞ?なず神g」ゴイン

音無「馬鹿言ってねーでテメェもやれ」

直井「痛たた…音無さぁん、こんな奴らを手伝うんですか?」

音無「こっちがあのデカい魚の処理を手伝ってもらってんだよ、けじめはつけなきゃなんねーだろ」



直井「はぁい…」スタスタ

音無「はぁ…やれやれ」クルッ

ゆり「音無くん」

音無「何だ?サツマイモならちゃんと揚げてあるから安心しろって」

ゆり「そんなんじゃないわよ!てか何でサツマイモなんてあるのよ!」

音無「裏の畑から取ってきた。魚と揚げた芋を一緒に食うとうまいんだぜ?」

ゆり「そう?じゃあいただこうかしら…っと危ない危ない、あなたのペースに巻き込まれそうだったわ」ブンブン

音無「はいはい、分かったから早く用件を言え」


ゆり「ちょっと校舎の影の所まで来てちょうだい」グイグイ

音無「おい、まだ調理終わってないn」

―校舎の影―

ゆり「おほんっ!…それじゃ言うわよ」

音無「ああ」

ゆり「あのね、音無くん…」

音無「何だ?」

ゆり「私、その…あなたと」

音無「俺と?」

ゆり「二人きりで…一度真面目に勝負s」
奏(赤)「あら、どうどうと不純異性行為?」

ゆり「なっ、天使?」バッ

音無「違う……お前、あいつか」

奏(赤)「…GuardSkill『handsonic』」ニヤ

不良の音無は女に興味は無い硬派と言っても>コレでもないです

一応ここで7話らへんが終了しました。

音無は漢なのでシ○ったりはしないとですよ。

―――

奏(赤)「おしおきね…」ザッザッ

ゆり「…音無くん、戦えるわね?」

音無「ああ」シャキンッ

奏(赤)「ふふっ」ダッ!

ゆり「来るわよっ!」

音無「分かってらぁ!」ブンッ

ガキィンッ!

キインッ!

キンッ!

ガァンッ!

音無「どうしたどうしたぁ?んなもんかよぉっ!?」キンッ

奏(赤)「チッ、しぶとい…」ガキィンッ



ゆり「隙ありっ!」ドンッ!

奏(赤)「GuardSkill『Delay』」シュンッ

ゆり「…消えっ!?」

奏(赤)「ふふ!」ビシュッ

音無「ラリアットォォッ!」ドゴォッ!

奏(赤)「ゴフッ!」ドサッ ゴロゴロ

ゆり「音無くん!」

音無「戦線メンバーのリーダー様ともあろうアマがだらしねぇな!」

ゆり「ごめんなさい、私もしっかり反撃するわ」

奏(赤)「…生徒会長に対しての暴力行為…あなた達には更なるおしおきが必要なようね」ヨロッ



――


音無「…おい、生きてるか?」

ゆり「片足をちょっとやられたわね…いたた」

音無「チッ、しょうがねぇ。肩貸してやるよ」ザッ

ゆり「ごめんなさい…」

奏(赤)「…ゴフッ」ピクピク

サァァァァ…

ァァァ…

ゆり「消えた…」

音無「元々分身だ。いつまでも残ってるほうがおかしい」ザッザッ


―グラウンド隅・洗面場―

ザッザッ

日向「ん?」

直井「あの髪型…音無さんと…仲村?」

藤巻「おいおいゆりっぺ!それに音無、どこに行ってたんだよ!」


野田「貴様っ!ゆりっぺとなに肩なんぞ組んで…」

ゆり「ちょっと、色々あったのよ」

日向「うおっ、その傷どうしたんだよっ?」

音無「天使と戦ってたんだよ…」

奏「…私はここにいるわ」

音無「もう一人のお前だよ」

奏「私は二人いるの?」

音無「今日分身した方のお前だよ」

奏「まだ…消えてなかった?」

音無「あぁ、そうd」

ズバッ!

音無「…だ…が…」フラッ

奏(赤)「ふふ…」ニヤ

直井「なっ!?天使!」

ゆり「音無くん!」

音無「心配するんじゃねぇよ…背中を斬られただけだ」


ゆり「分身が分身を使ってたのね…」

奏「フフッ」ダダッ

奏「GuardSkill『handsonic』」シュキンッ

奏(赤)「フッ!」ブォンッ

奏「…」ブォンッ


ザシュアァッ!

奏(赤)「…がはっ」ドサッ

音無「…いてぇ」ドクドク

奏「!?」

ゆり「音無くん」ダッ

音無「これで、奏と分身の相打ちは避けれただ、ろ…」ドクドク

ゆり「喋らないで!」

椎名「くそっ、今持ち合わせは傷薬ぐらいしか…!」

奏「…あなた、どうして!」バッ



音無「今ここでお前が死んだら、あの分身を何とかできなくなるだろうが…」

奏「…結弦、ごめん…ごめんなさい!」

椎名「誰か!身体の大きい奴は音無を保健所まで運んでくれ!」

松下「任せろっ!」バッ

TK「O.K.!」バッ

高松「この筋肉、やっと本領が発揮できますね」スッ

ゆり「頼むわよ!松下くん、TK、高松くん」


日向「しっかしこの様子だとまだ天使の分身はいっぱいいんだろーな」

藤巻「そもそも何で分身なんて使ったんだよ?」



奏「…さぁ」

藤巻「さぁって!お前なぁ!?」バッ

奏「私にも分からないわ」

日向「音無の前じゃソコソコ話してたのに、やっぱあいつが居なくなったとたん、こうなんだなぁ…」

ゆり「ていうより、元々天使は口数少なかったでしょ?あんなに喋ってた方が不思議なくらいよ」

ゆり「(それにしてもおかしい…天使もこの世界の住人なら死なない筈なんだけど…どうして音無くんは…)」

日向「…んでほんとこれからどうするよ?」

ゆり「みんな、今日は各自寮に戻って休んでちょうだい。いつまでもフラフラしてたらまた分身の天使に…」



椎名「私は朝まで音無のそばに居てやるさ」

ゆり「見張りなら松下くん達が…」

椎名「本当にあのガタイの大きい奴らがあのスピードに対応できると思うか?」

ゆり「無理…ね。でも大丈夫なの?いくら椎名さんとは言えあの凶暴な天使を…」

椎名「案ずるな、自分の身くらい自分で守れる」

奏「じゃあ、私も…私も結弦の看病してあげたい」

直井「それじゃあ僕もおt」

ゆり「あんたは催眠術かける前に死んでるわよ」グイッ

日向「ほんじゃ…椎名っちと天使以外は解散ということで!」

とりあえずここまでです。

最後に音無は○コらない漢です

訂正とお詫び。
保健所→保健室でした。

――――


―保健室付近―

椎名「良かったのか?」スタスタ

奏「何が?」スタスタ

椎名「夜中に出歩いたことなど無いんだろう?」

奏「正直眠いけど…私のせいだから」

高松「…うゥン」ウトウト

奏「…」テクテク

高松「はっ!?」バッ

高松「来ましたね偽天使!」ザッ

椎名「コイツは本物だ」

高松「あ、椎名さん…そうでしたか、これは失礼を」

椎名「今日は私と天使が見張りをしておく。お前達は休め」



―保健室―


TK「…」ガーッガーッ

松下「…」スピー

高松「皆さん、起きてください」ポンポン

TK「…Oh」ハッ

松下「うぉう、高松どうした?」ハッ

高松「今日は椎名さんと天使が見張りをしてくれるそうです」

松下「そうか、すまんな。流石に眠くなってきてな」スッ

椎名「任せておけ」

高松「それでは、後は任せましたよ。私達は失礼いたします」ガララッ ピシャッ

奏「結弦…」スッ

音無「…」

奏「息、してない」

椎名「臆するな。この世界に死の概念は存在しない」



椎名「それにただでさえコイツだ。すぐに目覚める」

奏「…うん」

音無「…」

奏「結弦、髪の毛が目に入ってる」

椎名「ピンがあればいいんだが、私は髪留めは基本的使わないからな…」


――


奏「…」スゥ

椎名「(やはり眠ったか…しかし無理もない、夜更かしなぞしたことなかったろうからな)」

椎名「そろそろ空が明るくなるが…音無、お前はまだ起きないのか?」

音無「…」

椎名「まだお前には子犬達の借りがある早く目覚めろ…いや、目覚めてくれ」



――

ゆり「音無くんは依然眠ったままってわけね」

椎名「ああ。本来なら目覚めてもいい頃合なんだが…」

日向「何で音無は前髪オールバックになってんだ?その髪留めは誰のだよ」

奏「…」

ゆり「あなたのね」

奏「髪が目に入ってて痛そうだったから…」

直井「貴様、音無さんに何もしてないだろうなっ!」

奏「別に何も」

日向「お前は昨日からそればっかだな直井。ひょっとしてコレなのか?」スッ

直井「何だと?貴様死ぬか?」

ゆり「やめなさいって、病人の前よ」



藤巻「おめー何とかして分身戻せねーのかよ!」

奏「できるならもうしてる」

大山「何で自分の能力なのに戻せないの?」

奏「分からない」

直井「そもそも何故貴様は分身なぞ使った、これは答えられるだろ?」

奏「自分の身を守るためだけど…あの大きな魚から」

大山「血まみれだったのって…ひょっとして食べられてたの!?」

ゆり「その時に攻撃意志の強い分身ができちゃったのかもね」

直井「何にせよ早く貴様には早くアレをどうにかしてもらわなければ困ることに変わりはない」



日向「分身が分身して今にも増殖してるかもな」ハハッ

高松「笑えませんね」

ゆり「それ、冗談めいて言ってるつもりだろうけど多分当たってるわよ」

日向「え…マジ?」

椎名「…あさはかなり」

ユイ「アホですね☆先輩」

日向「お前分かってんのか?陽動ん時にテメーも死ぬ確率増すんだぞ?」

ユイ「いやいやいや!それ以前に絶対漏らしますから!」

日向「ったく何のための陽動だか…」



直井「全く貴様は無能の極みだな。あの戦闘力を見なかったのか?」

日向「見てたよっ!」

直井「ならば分かるだろう。奴の前では陽動など十秒と持たずに全滅だ」

大山「でも天使はもう生徒会長じゃないはずだよ?」

直井「そんな愚問わざわざ口に出すな」

椎名「問題はあの偽天使が『自分が生徒会長』だと勘違いしているのか、違うと分かっていて演技をしているか、だ」

直井「勘違いならばいいが、もしも気づいていて演技を続けているのならば…何か目的がある筈だ」



藤巻「お前らすげぇな…よくそこまで考えられるモンだ」

日向「くそっ、椎名っちに知的キャラは似合わねーっ!アホに戻ってくれっ!」

椎名「(いや、適当に言ったら的を得ていただけだが…)」

直井「貴様の脳が足りてない証拠だ」

ユイ「隊長!ユイにゃんには何が何だかさっぱり分かりません!」ビシッ

ゆり「とにかく…簡単に纏めると偽天使は何かを企んでいて私達が邪魔、ということね?」

直井「大体あっているが本当に僕達に授業を受けさせたいのか、邪魔だから受けさせたいのかは不明だな」



ゆり「…とりあえず、今日一日みんなは真面目に授業を受けるフリをしてみて」

直井「偽天使の反応を伺うのか?」

ゆり「いいえ、悪魔でフリだからあなた達に一時真面目に見せておく役目を買ってもらいたいのよ」

藤巻「ゆりっぺはどこ行くんだよ?」

ゆり「ちょっとこの子を連れて分身の攻略法を調べようと、ね」スッ

奏「…」

直井「ま、僕は僕で好きにさせてもらいますがね」

ゆり「それじゃあ…オペレーション、スタート!」

最近更新が遅くなってスイマセンペコリ
必ず完結だけはさせますのでご完璧を

ミス訂正
×ご完璧
○ご勘弁



―保健室―

音無「……ん」

音無「はっ!?」ガバッ

音無「…ああ、そういや俺、死んだんだったな」

音無「今は誰もいねぇ…のか」キョロキョロ

音無「そうだ、俺の短ランは」

椎名「お前の短ランは穴が空き血まみれだったから処理させてもらった」

音無「もう驚かねぇけどさ。お前、気配消すのやめろ」

椎名「ようやく目覚めたか?」

音無「おかげさまでな…直井達はどこに行った?」ムクッ

椎名「偽天使の目を欺くために授業を受けるフリをしている最中だ」


音無「あれ、じゃお前は?」

椎名「お前の警護だ」

音無「ああ、そりゃ悪かったな…よっこらしょ」

椎名「そのパジャマで行く気か?」

音無「他に服がねーだろ。短ランは処理されちまったし、っていつ俺にパジャマ着せたんだよ!」

椎名「一応変わりの服があるが、どうする?」

音無「着れりゃ何でもいい」

椎名「持ってくる…そこで待っていろ」


――


音無「確かに何でもいいって言ったけどよ…」

椎名「よく似合ってるじゃないか」

音無「何でSSSの奴らの制服なんだよ!しかもこのブレザー、ダセェェっ!」



椎名「私のように改造するか?」

音無「そういやお前の制服も何か露出度高めに改造してやがるな…お前アレなのか?」

椎名「変な勘違いをするな、ただ動きやすくしてあるだけだ」

音無「まぁいい、とっとと改造するぞ」

カンカンカン

チクチクチク

チョキチョキチョキ

ドドドドドド

音無「…できた」

椎名「そのズボン、やけに幅が広くないか?」



音無「ドカンってんだよ」

椎名「ほう…そのブレザーの裾を切り刻んでみてはどうだ?」

音無「それカッコよくね?」

椎名「だろ」

音無「ついでにワイシャツも黒に染めちゃおうぜ」チョキチョキチョキ

椎名「ネクタイは赤と黒のボーダーに染めてみろ」

―――

椎名「…もはや、原型を留めていないが、似合っているぞ」

音無「パンクだな」

ガララッ

ゆり「…」

音無「あ」

椎名「あっ……さはかなり」



ゆり「それってまさか…SSSの制服?」

音無「ちょっと拝借しただけだ」

ゆり「もう原型留めてないじゃない!…あなたSSSに入る気?」

音無「まさか…短ランが処分されちまったから、新しいの作らせるまでの変わりだ」

ゆり「そう、分かったわ。それより調子はどう?」

音無「すこぶる好調だが?」

ゆり「なら良かったわ、一時はどうなるかと」

音無「あれ?お前は授業に参加しねーのか?」



ゆり「私はちょっと天使とすることがあったから」

奏「…」テクテク

音無「奏?」

奏「結弦、ごめんなさい」ペコ

音無「俺が勝手に飛び出してっただげだしお前は関係ねーよ」

奏「でも」

椎名「ん?お前、それは新しい髪留めか?」

奏「あ、うん」

音無「髪留め?」

椎名「今、お前の前髪をあげているものだ」

音無「本当だ…いつの間に?」サッ

椎名「昨日の夜だ」

音無「悪いな、返しとくぜ」スッ

奏「いや…それはいいの。あなたが持っておいて」



音無「そうか?…ならいいが」

ゆり「そろそろ授業が終わる時間帯か…みんなのおかげね」

音無「じゃあ、あの偽天使は…」

ゆり「もうみんな消滅したわよ」

椎名「どうやったんだ?」

ゆり「この子がまた『harmonics』を使えば新しいプログラムが作動して分身が元に戻るようにしたの」

音無「ほう、じゃあもう解決したってことだな」

奏「うん」

直井「いや、ちょっと待ってもらおうか」ガララッ



音無「直井?」

直井「音無さん、目が覚めたんですね…よかった」

ゆり「待ってって、どういうこと?直井くん」

直井「解散したあとちょっと気になってお前達の後を付けていったんだ」

直井「そこで催眠術を使い女のNPCに天使の部屋での会話を盗聴させ僕も聞かせてもらった」

直井「話はもう一度『harmonics』を使うと分身が全て『消える』のではなく天使自身に『戻る』のだったな?」

ゆり「うん、そうだけど」

直井「じゃあharmonicsを使った時点で天使はどうなった?」



ゆり「いや、普通だったわよね?」

奏「…」コク

直井「天使は分身が分身をし増殖していた…この意味が分かるか?」

音無「…おい、まさか」スススッ

直井「さすがです。気づいたようですね、音無さん」

椎名「どういうことだ?」

直井「PCに一つのフォルダがあるとする。このオリジナルフォルダからどんどん別のフォルダをコピーしていく」

直井「最終的にコピーしたフォルダを全てオリジナルのフォルダに戻したらどうなる?」

ゆり「そんなもの、オリジナルフォルダの容量が増えてるに…」



ゆり「…え?それってまさか」

奏「…」チッ

椎名「コイツっ!」サッ

直井「やはりな…分身が分身をしていたならば、またその分身も分身をしている筈だ」

直井「それ程多い数の分身が『消える』のではなく一人に『戻る』というのに何の副作用もないとはおかしいですよ」

奏(赤)「正解者に拍手」パチパチ

音無「…いつから入れ替わった?本物の奏はどこにいる?」

奏(赤)「いつどこでしょうね?それはこれから死ぬあなたたちに答える必要はないわ」シャキンッ

音無「ちっ、病み上がりだってのに…」

ちょっと最後らへんがわかりにくいかもです。
簡単に言うと
天使ちゃんマジ有能
直井くんマジ有能ってことで。



奏(赤)「ふふっ」ダッ

ゆり「来るわよ!」

奏(赤)「ふっ」ブォンッ

音無「うおっと(以外に遅いな)」ヒョイ

奏(赤)「…ちっ!」ブンッ

音無「あぶねっ」ブリッジ

奏(赤)「…いい加減に」ビュンッ

音無「おせぇっ…」スッ

音無「カポエイラッ!」ドカドカッ!

奏(赤)「うっ」ゴッ

ガシャァァンッ!

ゆり「…あなた前から思ってたんだけどムエタイか何かしてたの?」

音無「我流だ、我流」

ゆり「本当に我流であの偽天使を圧倒できるものなのかしら?」



椎名「やはり、強いな…音無」

ゆり「あなた、生前はターミネーターだったのかしら?」

音無「人間だったハズだ!」

ウワァァァッ!オトナシサァァァァン!

音無「しまった!直井忘れてたっ!」

直井「助けてください音無さぁん!」

奏(赤)「動かないで…動けば彼がどうなるか」スッ

ゆり「いや、てかこの世界じゃ死んでも蘇るんだし別にいいんじゃない?」

椎名「だな」

音無「ああ、そうだったな」



直井「それは酷すぎますよ!」

音無「まぁそうだよな。せっかく真実を推理してくれた直井を見捨てるわけにはいかねーよな…」

ゆり「仕方ないわね」

椎名「不覚」

音無「…もう抵抗しねーから、直井を離せよ」

奏(赤)「ふふ、みんないい人ね。それじゃあ…そこのあなたと交換」スッ

音無「オラ、頑張ってこいゆり」

ゆり「指差されてるのはどう見てもあなたでしょうがっ!」



音無「わーってるよ」ザッ

奏(赤)「ふふ」

直井「すいません、音無さん」

音無「お前は立派に務めを果たした…それでいい」

直井「ご迷惑を…おかけします」ギリッ

奏(赤)「あなたにはちょっと来てもらいたい場所があるの…ついてきて」

奏(赤)「それから私の前を歩いて」

音無「へいへい…」ザッ

椎名「音無」コソッ

音無「何だ?」

椎名「必ず後で助けに向かう」ボソボソ

音無「俺は平気だから心配すんなよ」



奏(赤)「何をしてるの?早く行くわよ?」ガラッ

音無「わかったわかった」スタスタ

奏(赤)「あ、ちょっと待って…『harmonics』」ヴンッ

奏(赤2)「…」

ゆり「更に分身した…?」

音無「おいおい、そいつひょっとして監視係かよ」

奏(赤)「あなた達にも動かれて困るから、ここでじっとしててね」ピシャッ


奏(赤2)「ふふ…」

ゆり「…一刻も早くも、戦線メンバーを集めて音無くんを追いかけたいけど」

椎名「この偽天使が邪魔だな」

直井「さて、どうするか」



奏(赤2)「…ここからは出させないからね」シャキンッ

直井「(どうしたものか…この二人は戦闘専門で頭の回転はよくなさそうだしな…)」

ゆり「やっぱり強行突破?」

椎名「隙を見て不意打ちとか…」

直井「(そもそも音無さんが連れて行かれたのは足手まといの僕のせいなんだから)」

直井「(ここは僕がやらなきゃならないんだ!)」

直井「お前達、ちょっといいか?」

ゆり「何?今強行突破の方法考えてたんだけど?」



直井「そんなことしても無駄に生傷を増やすだけだ、もっといい方法がある」

椎名「…見せてもらおうか」

直井「お前達は奴の隙を見たらすぐにトドメをさすんだ」

ゆり「オーケッ」

直井「(やるか…)」スッ

奏(赤2)「何?」

直井「ちょっとそこで顔を洗わせてくたさい」

奏(赤2)「…いいよ」

直井「(よし、当然洗面台には鏡がついているな)」キュッ ジャアアアア

ゆり「顔なんて洗ってどうするつもりかしら?」



奏(赤2)「…」

直井「(鏡越しで分かる…やはり天使は僕を見ている)」バシャバシャ

直井「(やるなら、今!)」キュッ

奏(赤2)「終わった?」

直井「…さぁ気づくんだ。君の脚には骨が無い、その事実に早く」キィィィン

奏(赤2)「!?」ガクッ

直井「……」ニヤ

ゆり「え?偽天使の脚がふにゃふにゃになっちゃった」

椎名「ゆり!」

ゆり「あ、うん!」バッ

ドスッ! バァァンッ!

奏(赤2)「がはっ…」ゴフッ

ドサッ

ゆり「これで見張りは消えたわね」



椎名「しかし…鏡越しにお前の顔みていた偽天使に催眠術をかけるとはな」

ゆり「なかなかやるじゃない」

直井「ただ僕は自分の失態を償っただけだ…それより」

キーンコーンカーンコーン

ゆり「授業が終わったようね」

直井「丁度いい。直ちに戦線メンバーを全員召集して音無さんと偽天使の行方を追う必要がある」


―――

日向「うーっす、音無起きたか?」ガラッ

ユイ「あ、先輩が最後ですよーもう」

日向「おう。あれ…今ここに音無居なくないか?」

ゆり「ん?音無くんなら連れ去れちゃったわよ」

日向「そうか…ってマジかよっ!?」

ここらで区切りをつけておきます。
直井くんマジ701



日向「何でお前らそんな冷静でいられるんだよっ!」

ゆり「他の人ならともかく、だって音無くんだし…」

藤巻「あいつならそう簡単にくたばんねーだろ」

日向「あの偽天使は仮にも天使並の力を持ってるんだぞ!?」

ゆり「ギルドの時、実際オリジナルの天使にも音無くん勝ってるし」

日向「じゃあ何で連れ去れんだよ!」

ゆり「直井くんを人質に取られて代わりに音無くんと交換しろ、って」

日向「お前のせいか」

直井「フン、貴様がいたとしてもどうせ同じだろう…いや役にもたたないな」



日向「なにぃ?」

ゆり「よしなさいよ。それより今から偽天使の動向を探るわよ」

―学習棟A・1F―


TK「Are you know?」シュビッ

女子A「ザッツライト」グッ

―体育館―


ゆり「ここで見た、と言う情報が多数寄せられたわ」

日向「体育館で何するってんだよ」

ゆり「馬鹿ね、ギルドよギルド」

高松「またですか」

大山「僕、さっき森の近くで偽天使を見たんだけど…」

野田「あんな奴の為に行くことないと思うが?」

日向「しょーがねー、面倒くせーけど行ってみっか」

高松「彼なら大丈夫でしょうがオリジナルの天使は…」

大山「みんな聞いて」



―体育館裏・森―

奏(赤)「…」ザッザッ

音無「どこに連れてく気だよ?」ザッザッ

奏(赤)「黙ってあるいてて」

音無「どう連れてくんだろ?ならいいじゃねーかもったいぶんなよ」

奏(赤)「あなたは自分がどういう立場か分かってないようね…いいわ」

音無「…」ピク

奏(赤)「ギルド、だっけ?そこに私達のオリジナルもいる」

音無「そりゃどう…もっ!」クルッ

奏(赤)「!」



音無「ローリングソバッ!」ビシュ

ドカッ!

奏(赤)「うっ…」ドサッ

音無「それさえ聞きゃ用はねぇ。あばよ!」ペッ

奏(赤)「あなた最初からっ…」ズル

音無「オリジナルでもねぇテメェに負けるかってんだ」ザッ

奏(赤)「ふ…ふ、一つ良いことを教えてあげる」ズルズル

音無「あ?」

奏(赤)「そ、そこから真っ直ぐ行った大きな木の下の間から…ギルドに行けるわ…」ズル

音無「体育館の下から以外にもあんのか?」



音無「しっかし何で俺にそんなことを教えるのかね?罠だろテメェ」

奏(赤)「本、当よ…ふふ…」ガクッ

音無「気絶したか…。何考えてんのか知らんが、まぁいいや」クルッ

音無「あばよ」ザッザッ

奏(赤)「……」パチッ

音無「あのーきなんのき♪」ザッザッ

奏(赤)「…」スクッ

音無「あの木だな」

奏「…」ヒタヒタ

音無「さて、堕天使狩りといきますか」

奏「ニヤ」シャキンッ



奏(赤)「ふふっ!」ビシュッ!

音無「首が痛ぇな」コキッ

奏「!」スカッ

音無「ほっ」パシ

音無「変形エアスプレーンッ!」グルグル

奏(赤)「…(眼が回る)」

音無「そぉれぃっ!」ブォンッ!

ドッシィィンッ!

奏(赤)「がはっ!」ゴフッ

音無「男の直井でさえ肋骨が二、三本いっちまった技だ。女でただでさえ体の小さいお前が食らえば…」

奏(赤)「う…ぁ…っ」ズルズル



奏(赤)「いた…い…いたいよ」ズルズル

音無「…」

奏(赤)「う…」ガクッ

音無「…何か気が引けるな。でもやらなきゃ俺が死んでたし」

音無「つか、またさっきみたいに蘇るかもだし」ツンツン

奏「…」シーン

音無「チッ、こんなの何回もやってられっか。とっととオリジナルの奏連れ帰ってクソして寝るべ」ザッ


―地下通路1F―


奏(赤)「…」

音無「…」

奏(赤)「hands…」

音無「寝てろ」パカンッ



奏(赤)「いた…い…いたいよ」ズルズル

音無「…」

奏(赤)「う…」ガクッ

音無「…何か気が引けるな。でもやらなきゃ俺が死んでたし」

音無「つか、またさっきみたいに蘇るかもだし」ツンツン

奏「…」シーン

音無「チッ、こんなの何回もやってられっか。とっととオリジナルの奏連れ帰ってクソして寝るべ」ザッ


―地下通路1F―


奏(赤)「…」

音無「…」

奏(赤)「…」

音無「寝てろ」パカンッ

皆さん保守ありがとうごさいます
ちょっとスロー投稿ですがお願いします



―地下通路2F―

奏(赤)「ここから先は…」シャキンッ

音無「させねえよ」ガッ

奏(赤)「うっ…ああっ!」ギリギリギリ

音無「どうだ?よく利くだろ、握力140kgのアイアンクローは?」

奏(赤)「それ…あのフリッツ以上…じゃ」ガクッ

音無「フリッツ?誰だよ」パッ

ドサッ


―地下通路10F―

音無「ここまで同じようなやり取りが9回…そろそろ飽きてきたな」

奏(赤)「じゃあ諦めたら?」

音無「抜かせ」パカンッ



―地下通路?F―

音無「この階にはいないな…。そろそろ本気で飽きてきたから丁度…」

ザワザワ

ザワザワ

音無「あ?こんな地下から人の声?しかも複数…偽天使の大群でもいるのか」

音無「チッ、こうなりゃまとめてバーゲンしてやらぁ」スタスタ

椎名「…足音!そこかっ!」ビシュッ

音無「ぬおっ!」パシッ

椎名「その声…音無なのか?!」

ゆり「そこに音無くんがいるの?」

音無「あぶね、いきなり小太刀投げる奴があるかっ!」



椎名「すまん」

音無「てか何でお前らもここに…」

ゆり「ギルドに偽天使が一杯居るって聞いたから…あなたここに連れてこられたんじゃないかって」

音無「厳密には自分からここに来たんだけどな」

ゆり「自分から?あなたを拉致った偽天使は?」

音無「エアプレーンで倒した」

ゆり「…相変わらず非常識な人ね」

音無「そういや他の奴らはどうした?直井は?」



ゆり「尊い犠牲となったわ…」

音無「ああ、大体予想できる」ポン

ゆり「因みに直井君は偽天使が用意した子犬の誘惑に椎名さんが打ち勝つ為の犠牲になったわ…」

椎名「(実はゆりが『この前の恨み』って蹴り飛ばしたんだが…)」

音無「やるな、直井。さすが俺の舎弟」

?「いい加減にどかんかーい!」

音無「床が動いたっ?」トッ

ユイ「床じゃねーっ!」スクッ

音無「俺いつからお前の上にいた?」

ユイ「『ぬおっ!』」



ユイ「らへんですね」

音無「マジで気づかなかった…」

ユイ「おかげで制服の後ろにくっきり先輩の足跡が!」

音無「わーった、はたいてやるから」バシンバシン!

ユイ「いったぁぁーっ!この馬鹿力、もうちょっと優しくできんのかい!」

音無「ん、何か言ったかい?僕が…馬鹿だって?」グググッ

ユイ「ず、ずみ゛ばぜん゛でした…」ガクガク

ゆり「まるでピクニックね…」

椎名「…」ムスッ

ゆり「どうしたの椎名さん?」

椎名「…何でもない」



ゆり「(もしかしてもしかすると…椎名さん…)」

音無「お遊びは終わりだ、早く最深部へ行くぞ」ザッ

椎名「アレはどうすんだ?」スッ

ユイ「痛いですぅ…」シクシク

音無「アレはほっとけ」

椎名「そうするか」

ゆり「じゃ、行きましょうか」

ユイ「ちょっと、この扱いあんまりじゃないですか!?」ガバッ

ゆり「この先あなたが来ても足手まといよ。それとも偽天使の囮になる?」



ユイ「う…それは」

ゆり「悪いことは言わないからここで待ってなさい」

ユイ「でもこんな怖い所で…一人でですか?あの怖い天使も出るかもしれないのに?」

ゆり「だって、音無くんも椎名さんも天使と互角以上に渡り合える重要な人材だし…」

ユイ「じゃあゆりさん残ってくださいよっ!」

ゆり「無理ね…偽天使の新しいガードスキルに対応できるのは私だけだし」

音無「新しいガードスキル?」



ゆり「『howling』とかいうやつ。ここまで使ってこなかったから恐らく最深部にいる偽天使だけが持っている技」

音無「その対策方法は事前に調べていたお前しか持ってないってワケか」

ゆり「ご名答よ」

音無「なら俺が残る」

ユイ「…へ?」

ゆり「えっ?」

椎名「何故だ?」

音無「最後の偽天使はゆりにしか相手できない…ならその間に椎名がオリジナルの奏を助ければいい」

ゆり「ここでせっかく得たあなたという戦力を失うのは…」



音無「安心しろ。ここが安全だと分かったらすぐに駆けつけるからよ」

ゆり「…うん、分かったわ」

椎名「…お前が言うなら」

ユイ「先輩…」

ゆり「じゃあ先に行って待ってるわね」タタッ

椎名「一足先に行く。最深部にて待つ」ザザッ

音無「ああ、また後でな」


―――

ユイ「…」

音無「ふわぁ~あ」ボキボキ

ユイ「あの、先輩…」

音無「何だよ?」

ユイ「私、先輩のことちょっと誤解していたかもしれません」



音無「はぁ?何を今更かしこまって…」

ユイ「前に先輩が私を人質に取ったことありましたよね?」

音無「ああ、何かあったねそんなん」

ユイ「あの時先輩から鳩尾にパンチされましたけど、力が抜けただけで全然痛くなかったし…」

音無「知らねーよ。位置をミスっただけだっつの」

ユイ「あれって絶対パンチに見せかけたツボ押しですよね?」

音無「知らん」

ユイ「それに昔の先輩ならさっさと行っちゃいそうなイメージでしたけど、今も一緒に居てくれてるし」



音無「さっきから何が言いたい?」

ユイ「何もっ☆」

音無「…もうここらは大丈夫なようだし、行くからな」スクッ

音無「(コイツ一人でも大丈夫だったんじゃね?…骨折り損のくたびれもうけだな)」

ユイ「あ、私も行きます」

音無「足手まといに…」

ユイ「ならないように気をつけます!」

音無「チッ、勝手にしやがれ」


―ギルド最深部―

ガキン!キンキン!

キュインッ!カキィンッ!

ゆり「はぁっ!」シャッ

奏(赤)「ふっ」シュッ

キィィンッ!

音無「おお、やってるやってる」

支援に大感謝
グレた音無も大感謝



ゆり「音無くん!来てくれたのねっ」ガキィンッ!

音無「で、俺は何をすればいい?」

ゆり「今椎名さんがオリジナルの天使を探してるから、手伝って」キインッ!

音無「ああ」ダッ

奏(赤)「させない…」

ゆり「おっと、あんたの相手は私でしょ?」ザッ

奏(赤)「邪魔。…Guard Skill『howling』」キィィィィンッ!

音無「(音波攻撃か?でも無敵の三半規管の俺には利かないな)」ダッダッ

ゆり「♪」

奏(赤)「あれ?どうして二人共」



ゆり「え?何?聞こえない(AA略)」

奏(赤)「…」ピキッ

音無「(ゆりの奴、何て顔してやがる…あれが女の顔かと疑いたくなる)」タッタ


音無「おい椎名!どこだ!」タッタッ

キンッ

音無「金属音…?ゆりと偽天使のやり取り、じゃない。もう一つのだ」

カキンッ キンッ

奏「チッ、しぶとい」ザザザ

音無「まだ居たのか?!アレで最後じゃなかったのかよ」スッ

椎名「コイツはオリジナルだ」ザザッ



音無「椎名っ!…ってお前…片腕…」

椎名「私があさはかだっただけだ。それに時期に治る…そんなことより」

奏「また増えた」

音無「アレはオリジナルの奏ってか?」

椎名「分身の奴らとは眼が違う、間違いない」

音無「…何でオリジナルの奏が攻撃してくんのか知らねーが、大人しくさせて吐かせりゃいいか」バキボキ

椎名「そう簡単に言うな。今の奴の戦闘力は元の天使のおそらく倍以上だ…」

音無「何で?」

椎名「いつもは天使と互角の私が全く太刀打ちできない。時間稼ぎで精一杯だ」



音無「まぁいいや、じゃお前は休んでな。俺一人で充分さ」

椎名「無茶だ」

奏「お喋りは終わり?じゃあおしおき再開ね」ダッ

音無「とりあえずお前は休んでろ」ドン

椎名「うおっ!」ドサッ

奏「ふふ」ビシュッ

音無「クロスカウンターッ!」

ドグシャッ!

奏「…かっ」ブパッ

ドサリ

椎名「…」

音無「完」

椎名「…これは夢か。おい音無」

音無「何だよ、弱かったじゃん」カチッ

椎名「私の頬をつねってくれ」

音無「頬を?わーった」シュボッ



ギュゥゥゥ

椎名「痛っ!夢じゃない…」

音無「さっきら何寝ぼけたこと言ってんだよ」スパー

椎名「いや、あの天使をたった一発で倒したお前が信じられなくてな」

音無「確かにいつもの奏より速かったけどよ…速けりゃその分カウンターしやすくなるんだよ」

椎名「化物かお前」

音無「今更だな」

奏「う…あなた…」ボタボタ

椎名「っ!」

音無「驚いた、まだ意識あったのか」



奏「この娘の身体に、平気で攻撃しちゃっていいの?身体はコピーじゃなくオリジナルのものよ?」ボタボタ

音無「やっぱコピーされたテメェが意識を乗っ取ってやがったのか…どおりで身体のリミッター外してたハズだ」

奏「面倒だったわ…無理やりharmonics使わせて予備にコピーした数百もの私で乗っ取ろうとしてるのに、この娘まだ抵抗するんだもの」

音無「あ?何でテメェ奏がharmonics使ったらコピーのお前らが元に戻るって知ってんだよ?」

奏「ゆりと一緒に居た私は私のコピー。コピーはコピー同士で意識を共有できるって言わなかった?」

音無「奏が抵抗したんなら何でテメェらは消えねーんだよ?」

奏「仕方ないから数千に増やしたら、案外あっけなくこの娘の意識を乗っ取ることができたわ」



奏「その時はさぞかし苦しんでたわね、この娘」

椎名「何と冷酷な…」

音無「…」

奏「私をいくら傷つけたところでこの娘の元の意識はもう戻らないわ」

音無「ふん!」ゲシッ

奏「痛っ!だから治ら…」ドサッ

音無「オラオラオラオラ!」ドドドド!

奏「ちょっゴフッ人の話、きいて…」

音無「聞こえるか奏ー?テメェ乗っ取られてんだぞー?」ゴッガッ

奏「聞こグフッ、えるわけ、ガハッ、ない…ゴハッ!」



―――

奏「…」

奏「…あれ?ここどこだっけ?」

奏「私は、誰だったかしら…」

ビキッ

奏「痛っ!」ゴフッ

奏「…何これ。なんで吐血なんか」

…キコエルカー!

ヘンジシロー!

奏「これは誰の声?…でも」

奏「私はこの人の声を知っている…確か生きてた時に私がとても懐いてた人」

オキロォォォ!アサハトックニスギタワァァ!

奏「…」ゴフッ

ボタボタ

奏「私、今ひょっとして殴られてる?」


―――



椎名「流石にやりすぎた!」バッ

音無「止めんじゃねぇ!まだ元の奏の意識が戻るまではやめねぇぞ」グイッ

奏「…痛いよ結弦」

椎名「!」

音無「…」パッ

奏「おかげさまで顔が痣だらけ…すぐに治るからいいけど」

音無「今…元のお前に戻ったのか?」

奏「うん。結弦の声、聞こえてた…よ」フラッ

ポスッ

奏「…」スースー

音無「よく頑張ったよ、お前は」ポン

ゆり「音無くーん!こっちの分身が消えちゃたんだけど。ひょっとしてもう終わっちゃった?」

音無「終わったよ…ユイの奴も上で待ってるだろうし、引き上げよう」

ここで一段落つきました
堕天使ちゃん出番終了



――

音無「て、言うことがあったんだ」

関根「へぇ~」

入江「怖くなかったんですか?」

音無「仮にも俺だからな。てかお前らは何やってたんだよ」

関根「私達は陽動班だからねー」

入江「陽動が必要じゃない時は基本的に休みなんです」

音無「ほぉー」

ひさ子「問題はそこじゃねぇだろ…」

音無「何だお前も来てたなら来てるって言えよ」

ひさ子「ここは『女子寮』だ!!」



音無「…だから?」

ひさ子「『だから?』じゃない!何普通に溶け込んでんだよ!」

音無「だってよぉ、直井と椎名はSSSの奴らと会議中だしよ。奏は目を覚まさないし(俺が殴ったせいもあるが)」

ひさ子「SSSに入ったならお前も会議に参加すればいいだろ」

音無「冗談、いつ入った何て言った?」

ひさ子「既に原型じゃない改造具合だがSSSの制服を着てるじゃないか」

音無「一度は入ろうか、と血迷った時期もあったがやっぱダメだ」

ひさ子「何でだよ?」

音無「実行部隊がカスすぎて笑える」



音無「まぁ、唯一俺から見て使えるのがゆりぐらいだな」

ひさ子「椎名は?」

音無「椎名は俺の仲間だぜ?つまり『俺の仲間=戦力』だ」

関根「音無さんが入りゃ戦力一気に増加したりして?」

音無「足引っ張られるのは御免だ」

ひさ子「そうか…で、どうしてお前はここにいる?」

音無「たまたま一人で飯食ってたらこの二人に会って、その後暇だったから来たんだよ」

関根「うむ」

入江「私達も丁度暇だったしね」



ひさ子「お前らも簡単にホイホイ男を部屋に連れ込むなよな、コイツ何するかわかんねーぞ?」

音無「安心しろ、こんな子供っぽい奴らを襲う気にはならねぇから」

関根「むかっ」

入江「子供じゃないですよっ!」


―夜―

音無「さて、すっかり日が暮れたワケだが…」

関根「…」グオーグオー

入江「…」スースー

音無「直井コラァ!まだ会議終わらねーのかっ!?」ジジッ

直井(インカム)「すみません、まだかかりそうです」ジジッ

音無「はぁ…わーったよ」ブチ



ひさ子「まだ会議続いてるのかよ?」

音無「みてぇだな。今日はもう入江関根寝ちまったし奏の様子見に行ってくるわ。今日一日楽しかったぜ」

ひさ子「ああ。でもあんまり堂々と女子寮に入るなよ、みんなに見つかったら誤解されるぞ?」

音無「俺は気にしない」

ひさ子「あたしは気にするんだよ。ガルデモが男を部屋に連れ込んだ、なんてNPCの奴らに知れ渡ったら厄介だからな」

音無「…へぇ」

ひさ子「特にNPCの女子はミーハーが多いからネットワークはハンパない」

音無「人の噂もなんとやらって言う…」

ひさ子「いや、この世界の時間は無限だからな」



―対天使用本部―

ゆり「直井くん、今のは音無くん?」

直井「そうだ」

ゆり「何て言ってた?」

直井「貴様には関係のないことだ」

野田「何だとっ!」クワッ

直井「なぜ貴様が反応する?」

高松「…とりあえず纏めますと今回の偽天使の件。これはイレギュラーな事態かもしれません」

日向「イレギュラー?偽天使は音無が倒したんだろ?」

高松「確かに天使の意識を乗っ取っていた偽天使は音無さんの手により消えました。しかし…」



日向「しかし…?」

高松「自我の意識を再び取り戻したオリジナルの天使が眠ったままなんです」

椎名「…(それ音無が殴りすぎたからなんじゃないか?)」

ゆり「(ありゃ私から見てもひどかったわ)」

ユイ「(救出された天使を見たときはバイオハザードかと思いましたよ)」

大山「じゃあ、もし目覚めたらその天使は僕達と釣りをした天使なんだよね?」

直井「本当にそうかな…音無さんのおかげで自我意識を取り戻したとは言え一度完全に意識を乗っ取っられている」

藤巻「はぁ?どういうことだよ?」



直井「馬鹿な貴様らに分かるように教えてやる。つまり、再び乗っ取っられやすくなってる状態ということだ」

日向「乗っ取っられるって、もう偽天使はいないんじゃ…」

直井「オリジナルを乗っ取っていた最初の分身は消えたとはいえ、全てが完全に終わったわけじゃない」

直井「天使を乗っ取っていた数千の意識の中の一つが再び目覚めることもある」

直井「次に目覚める天使が再び分身の意
識だったとしてもおかしくはない」

直井「今度こそ自分の力で打ち勝つか再び負けて乗っ取っられるか…それは彼女しだいですがね」

ゆり「(その時はまた音無くんが殴ったらいいかもしれないけど…流石に天使が哀れになってくるわね)」

やっぱり女の子に手をあげるのはタブーですね
前回ちょっと音無がやりすぎた感がありました



―保健室―

音無「おい何でテメーまだ寝てんだよコラ。起きとけっつったろ?」

奏「…」スースー

音無「丸一日寝てんじゃねーよニートじゃなしに」

奏「…」スースー

音無「やっぱ殴り過ぎたのか?いや、もう顔の痣は引いてるしな」

音無「やっぱパチモンに乗っ取っられた時の後遺症が…」

音無「ま、でもまた奴が意識を乗っ取って出てきやがったらそん時はそん時でまた殴り飛ばしゃいいか」

音無「また痣だらけにしちまうかもしれんねーが、すまんな。悪く思うなよ…」



音無「ふーっ、俺も一寝入りにすっかなー」ボキゴキ

音無「とりあえず、隣のベッド使わせてもらうか」スタスタ

音無「よっこらせ」ボフッ


―朝―

チュンチュン

チュンチュン

音無「…」グースカグースカ

奏「結弦」ポンポン

音無「…なんだよ、飯はまだいらねーからな」グースカ

奏「床で寝てたら体痛くなるわよ?」

音無「はぁ……?ってのわっ!」ガバッ

奏「起きた?」

音無「ここどこだ?しかも何で床なんかに寝てんだ俺?」キョロキョロ



音無「あ、そうか。お前の様子見に来てそんまま隣のベッドに寝たんだった」

奏「じゃあ何で床で寝てたの?」

音無「落ちた、以外ねーだろ」

奏「床に落ちても眠り続けれるものなのかしら?」

音無「俺は特別なんだよ…いや、そんなことよりだ!お前はどのお前だ?」

奏「…?」

音無「俺と魚に喰われたお前か、俺がタコ殴りにしたお前かだ」ザリッ

奏「大丈夫。もう私の中にあるのは私自身の意識だけだから」

音無「再び乗っ取っられることだけは避けれた、ってことか?」



奏「そうみたい。まだ冷酷な私の意識があるんだったら無理にでも出てこようとするはずだから」

音無「SSSの奴らは知ってんのか?」

奏「私もさっき起きたばかりだから…」

音無「奴らも奴らでお前の心配をしてたからな。ここは報告するべきだ」

奏「あの人達も…?」

音無「お前を助けに行ってくれたんだよ。陥れたり助けたり、全く変な奴らだよな」ハハッ

音無「…ん?ちょっと待て」

音無「陥れたり…?ってなんだっけ」

奏「私のテストの答案がすり替えられたこと?」



音無「ああ、そうだった…そもそもあいつらと和解しかけて再び対立したのはそれが原因だったな」

奏「?」

音無「まぁ、これはお前の返答次第だが…生徒会長に戻りたいか?」

奏「うん」キッパリ

音無「即答か。前から聞きたかったんだがお前がそこまで生徒会長にこだわる理由って何だ?」

奏「その方が色々とみんなのために動きやすいから」

音無「みんなのためってのは『SSS』の連中も入ってるのか?」

奏「うん」

音無「(薄々と分かってきたな。こいつが授業や部活をSSSの連中にやらせたい理由が…)」



音無「ようするにテメェはさ、俺達を成仏させたいんだよな?」

奏「それは前からね」

音無「成仏させるには授業や部活をさせて満足させるしかない」

音無「しかし一般生徒ごときに注意されても口出し無用と言われりゃそこまで」

音無「だから口出しできるように生徒会長になった…職権乱用な気もしなくはないがこんなとこか?」

奏「だいたいあってるわ」

音無「んー、生徒会長という立場を使い奴らを青春させてから成仏させたいと言う気持ちは分かるが…」



音無「『青春』ってのは他人から与えられるものじゃなく自分で見つけなきゃ意味がねーからな…こればっかは」

奏「結弦はこの世界に来る人は青春できなかった、って気づいてたの?」

音無「ギルドの際のゆり、消える前に岩沢、野球大会の時の日向、仲間になって直井の過去の話を聞いた」

音無「この四人に共通して言えることは全員ロクな人生、生活を送ってこなかったってことだ。それはお前も何だろ?」

奏「…私は、みんなほど絶望的な人生じゃなかった。むしろ青春できたほどに」

音無「どういうこった?じゃあ何でお前はこの世界に…」

奏「私は、生前に知り合いだった一人の大事な人のことがどうしても思いだせないの」



音無「お前も記憶喪失か?」

奏「私は記憶喪失じゃないけど…重い病気だったわ」

音無「病気?」ピク

奏「病気で入院していた時に独りきりだった私と一緒に本を選んだり散歩してくれていた人がいたの」

音無「本?散歩?」ピクピク

奏「でも病気が治った後…その人の顔も声も名前も、全て思い出せなくなってたわ」

奏「彼にもう一度会いたい…それが私の心残り」

音無「(待てよ?この前俺が見た過去の内容に似てる…)」

音無「一つ聞きたい」



奏「何?」

音無「お前、今何歳?」

奏「18だけど」

音無「18…俺と同じ年か」

音無「(なら違う。過去に見た『奏』は俺が高3の時、それこそ10歳そこらの子供だったはず…)」

音無「(あのバイトの岩沢にしてもにしてもそうだ。年は16って言ってたが俺の認めた岩沢は確か俺と同い年)

音無「(そっくりさんっているもんだな。多分あの奏や岩沢が成長したらもっとそっくりになるかもな)」

奏「どうしたの結弦?」

音無「俺さ、実は生前の記憶の一部だけ取り戻したんだよ」

奏「…うん」

音無「まだ肝心な部分だけは思いだせねーが、お前そっくりの子供がいた」

流れ的に先に奏が過去を話す形になりました。
音無の過去の重要部分は先で明かしたいです。



奏「私によく似た子供…?」

音無「あくまで俺の過去に出てきた子だがな。確か年はお前より八つばかり下だったが」

奏「10歳?」

音無「多分そんくらいだ」

奏「10歳は私が病院から退院した年齢だわ」

音無「(あのあと退院したのか、良かった)」

音無「(…いや違う。この奏は違う奏なハズだ)」

音無「(くどいようだが俺が過去に会った奏は10歳前後…しかし今俺の前にいる奏は俺と同い年)」

音無「(偶然にしてはできすぎてるが、それだと8年もの時間差はどこに行ったんだ?)」



音無「(もしこの世界の仕業ならちょっくら調べる必要があるぞ)」

奏「さっきから、うんうんどうしたの?気分悪い?」

音無「いや…この話しはもう忘れろ、それより話し戻すぞ」

奏「あなた、何か隠してる?」

音無「何も」

奏「そう」

音無「で、生徒会長に復帰したいんだったっよな?」

奏「うん」

音無「とりあえずお前が生徒会長の座に戻る方法はいくらでもあるが…」

奏「例えば?」

音無「一つの例としては、提出したテストの際の筆跡と自分の筆跡を見せて違いを証明する…それか」

奏「それか?」

音無「直井に先公全員に催m」

奏「筆跡でお願いします」



音無「あと成仏させたいって件についてだが。こればっかはどうしようもない」

奏「…そう」

音無「無理に成仏しろなんて言っても反感買うだけだからな。あいつらが自然に満足するのを待つっきゃねぇ」

奏「もう…随分待ってる」

音無「最初に聞いた話の内容からもう数年は戦ってんだろ?」

奏「そのくらいね。この世界に時間の流れは無いけれど」

音無「俺にはそもそも奴らがなんで成仏したくないのか気持ちは分からんくもない」

音無「だって俺も成仏したくないから」



奏「あなたには記憶を全て取り戻すという目的がある」

音無「まぁ、な」

奏「あの人たちは一体何を目的にこの世界で居続けているのか分からない」

音無「それゆりがいつも言ってる『神への反逆』じゃなかったのかよ?」

奏「本当は彼女だって気づいてるハズ。この世界に神は存在しないって」

音無「…ま、そんなの本当に居たら俺は一発で三途の川渡らされる。ん?いや、ここが三途の川の途中なのか?」

奏「生前の記憶を背負ったまま成仏できない人にとっては地獄ね」

音無「じゃ天国か?」

奏「元々報われなかった人たちの救済措置がこの世界だから…青春できたなら天国とも取れるわ」



キーンコーンカーンコーン

音無「おっと、随分と話し込んでしまったな」

奏「うん」

音無「じゃあテストの潔白の証明は勉強見てもらった恩で手伝ってやるが…生徒会長に戻ってからは自分でやれ」

奏「わかった」


―職員室―

奏「………」カリカリ

音無「よく見ろよ。立華が今書いている丸っこい字とテストで提出された字」

教頭「むむ…」

音無「違うだろ?」

教頭「仕方あるまい…学園集会を開いてその旨を説明するか」

音無「んじゃあばよ立華サン。後は自分で頑張りな」ザッ



奏「…(呼び方が『奏』から『立華』になってる?)」カリ…カリ

教頭「ああ、キミ!」

音無「何だよ?」

教頭「この筆跡の犯人を知らんかね?」

音無「知らん(流石にそこまで教えてやる義理はない)」シラー

教頭「そうか。分かった。この後体育館で学園集会がすぐにあるから早く教室に戻りなさい」

音無「へーへー」ガチャッ

バタン

音無「ん?」

椎名「…」

直井「どうも」



音無「どうした?」

椎名「生徒会長に戻すということは…天使を再び敵にするのか?」

直井「僕は音無さんの意見には反対しませんが」

音無「あいつの意志を尊重してるだけだ。無理に仲間にしといても意味がない」

ピンポンパンポーン

「ただいまより学園集会を行います。生徒の皆さんは速やかに体育館に――」

直井「おっとすいません、ちょっと生徒会で準備をしなくてはならないのでまた後で」ザッ

音無「ああ…。で、お前はどうする?SSSの奴らと合流するのか?」

椎名「いや、お前についていく」

音無「直井は好きでやってるからいいとして、お前はもう無理に俺についてく必要はないんだぜ?」



椎名「…」

音無「俺とゆり、どっちが上か…見極めることはできたのか?」

椎名「別に…あの時は勢いでそう言っただけだ」

音無「それは俺が切ったタンカじゃ」

椎名「たまたまだ」

音無「…(そういやこいつ常時クールだから忘れてたがバカキャラの一人なんだった)」

ピンポンパンポーン

「三年生の仲村さん、日向くん、竹山くん、高松くん、大山くん。至急職員室まで起こしに――」

音無「あーあ、もうバレたみてぇだな」

音無の記憶について触れなかったので今回早く終わってしまってしまいました。
音無の記憶についてはまた先で

これは最後まで原作にそって行くんですか?



―体育館―

教頭「…そういうわけで、全科目のテストの答案用紙をすり替え、立華を陥れようとした連中がいることが分かった」

教頭「立華自ら筆跡の不一致を証明したことにより」

奏「…」ガタッ

教頭「再び我が校の生徒会長として復帰することになった」

直井「…」ガタッ

教頭「ついては、生徒会長代理として尽力してくれた直井は、副会長に―」


―空き教室―

竹山「あーもう!何で僕がこんな目にぃっ!」

音無「自業自得だメガネ」スパー

竹山「て言うかあなた早く僕のパソコン返してくださいよ!」



日向「音無、お前が天使に何か吹き込んだのかぁぁ!?」

音無「さぁな」

高松「今の天使は一体どっちなのでしょうか」クイッ

日向「そりゃ俺達を先公に売ったんだから凶悪なほうだ!…よな?」

ゆり「だいたい何であなた達がここにいるのよ?」

椎名「私は音無のツレだ」

音無「俺は放送を聞いた後、ここらへんが呼んでる気がしたから来ただけだ」

ゆり「むっちゃくちゃな感性ね」

音無「いいからちゃっちゃと書いちまえよな、その反省文的なやつ」



音無「後さっきの話だが俺はもう天使とは関わらない」

大山「えっ、彼女って音無くんの仲間じゃないの?」

音無「ヴァーカ、独りで可哀想だったから生徒会長に復帰するまで仲間にしてやってただけだっての、なぁ?」

椎名「…む(それは悪態か?本音なのか?)」

日向「うわっ、ひっでぇ!ひっでぇよお前!」

音無「今更何言ってんだテメェ?」

ゆり「…(本当かしら?何か、怪しいわね)」

音無「(悪いが俺はお前らを成仏させるつもりは毛頭ねぇ。幸せは自分で見つけなタコ共)」

音無「(生徒会長に復帰するまでは手伝ってやった。コイツらをどう成仏させるかはテメー次第だぜ、奏)」



コンコン

コンコン

大山「ん?誰かな?」

ゆり「日向くん開けてあげて」

日向「えー何で俺がー!?」

ゆり「ほら、早く」

日向「しっかたねーなぁ」ガタッ

音無「(やべっ、教師共なら煙草が見つかったら面倒だな)」

音無「ちょっとまて日向」ガシッ

日向「ん?」

音無「俺が開けてやるから座ってろ。ついでにこの煙草持ってろ」ポイ

日向「うわっ、火ぃついてるし!」

ガララッ

音無「誰だ?」

ユイ「はーい、ユイにゃんでーす!」



ピシャッ!

日向「ん?誰だったんだ?」

音無「悪いな…煙草の吸いすぎか、幻覚か何かが見えた」

ユイ「ゴルァァァァ!何で閉めんじゃーいぃぃ!」ガラガラカラ

音無「何だよ、ここはテメェのような犯罪とは無縁のちんちくりんが来る場所じゃねぇぞ?」

ユイ「みんな何の犯罪したんですか?」

大山「別に犯罪ってほどじゃ…」

音無「んで何か用事かよ?」

ユイ「そうそう、先輩に用事があるんですよ」

音無「は?俺にか?」



ユイ「ちょっと来てください」グイグイ

音無「お前ら反省文進んでる?」スタスタ

ユイ「ちょっとちょっと!」ズルズル

音無「あんだよ、まだ居たのかよ?はよ体育館行けよ?」

ユイ「だからあんたに用があるんじゃぁっ!」

音無「テメェの用なんてロクな用じゃねーだろ、日向連れてけよ」

日向「今反省文書いてますから!」カリカリ

ユイ「いや別に先輩じゃくてもいいことはいいんですけど…」

音無「校長室にバカとかJKとか藤…何とかもいるだろ?」

ゆり「それ野田くんとTKと藤巻くんのこと?」カリカリ



ユイ「あの人達じゃ絶対不安なんですよー」グイグイ

音無「しつけーなぁ、諦めろよ」

ゆり「行ってやったらどう?」

音無「はぁ?」

ゆり「どうせ暇なんでしょう?」

音無「暇だけどよ…どうせ『私のギターと歌を聞いてっ☆』とか言い出すに決まってらぁ」

ユイ「私の声だ!」

日向「(その強面でユイの声はヤメロっ!)」ゾクッ

ゆり「分かってるなら話は早いでしょ」

大山「この中で唯一手が空いてるのは君だけなんだ」



音無「あぁ?それなら椎名も…」

椎名「すまない、子犬達に餌をあげる時間なんだ」シャッ

日向「うお、逃げたっ!」

音無「餌もクソもよ…その子犬とやらはぬいぐるみじゃねぇのか椎名ゴルァ!」


―学習練A・空き教室―

ひさ子「で、何でコイツなんだよ」

音無「俺だってテメェらの歌を聞きたくて来たわけじゃねぇし!」

ひさ子「何だとぉ?!」

関根「わー、音無さんだー」ピコピコ

入江「…しおりん、その頭のアンテナどうなってんの?」



ユイ「まぁまぁ、ひさ子先輩落ち着いてくださいよ。音無さんも」

ひさ子「お前のギターがヨレヨレなのを認めないから他の奴に聞いてもらうってことになったんだが」

関根「音無さん音楽分かるんですか?」

音無「いや、全く分からん。この尻尾女にに無理やり連れてこられた」グイッ

ユイ「ちょ、尻尾引っ張らないでください!この人セクハラです!」

音無「チッ」パッ

ユイ「うう…。で、でも先輩前に屋上で岩沢さんのギター弾いてましたよね?」

ひさ子「ん?お前ギター弾けるのか?」



音無「バレた?俺さ、実は弾ける……わけねーだろ」

ユイ「うそですよ!前に弾いてたの見ましたよ私ー」

音無「あんな弾いた内に入るか。ただ単に岩沢の真似をしただけにすぎねぇ」

ひさ子「…いや、岩沢の真似をできるだけで充分凄いんだけどさ」

音無「早い話とりあえず聞けゃいいんだろ?じゃあ早く弾いた弾いた」

ユイ「ふー。ったく、やっと聞く気になったか」

音無「あぁ?」ガシッ

ユイ「嘘です。すいませんでした。だから尻尾を引っこ抜こうとしないでください」

すいません、ちょっと遅れた投稿となりました
>>646
一応原作沿いです。いきなり音無が不良になったらおかしいかと思い、最初からにしました。



ひさ子「スタンバイオーケー」ザッ

ユイ「それじゃあ、いきますよ!」

~♪~♪

~♪~♪~♪

音無「(さてはて、ひさ子はユイのギターがヨレヨレと言ってるが俺には全く分からん)」

音無「(て言うかト音記号さえも岩沢に会うまでは知らんかったし)」

ジャジャーン♪

ユイ「どうでしたか先輩?良かったですか?」

音無「ん?あ…(やべぇ、まともに聞いてなかったから応えようがねぇ)」

ひさ子「どうなんだよ?」

音無「相変わらず殺人的なりふ捌きだ」

ひさ子「あたしじゃなくてユイにだよ」

音無「…まぁ、アレだ。お前ギター向いてねーんじゃねーの?」



ユイ「えぇー!何で何で!?」

ひさ子「ほら見ろ、コイツもそう言ってる」

関根「へー、やっぱり音無さん音楽分かるんだね」

入江「(本当にそうかなぁ?適当に言っただけのような…)」ジー

音無「100年たったら出直してきな。そしたらまた見てやるよ」

ユイ「わかりましたよっ!ユイにゃんは帰って頭冷やしてきます!」ダッダッ

関根「あっ、ユイ!」

音無「(あらま、風格見せるつもりがマジで帰りやがったよ)」

ひさ子「ほっとけほっとけ。また明日になったらいつもみたいになってるさ」



関根「だよね」

入江「でもボーカルのユイがいないとバンド成り立たないよ?」

ひさ子「まぁ、そうだが。今日は天気も良くないし、あんま気分が乗らないから解散しとくか」

関根「やりぃ!」

入江「そうですね。また明日にでも調整していましょう」

関根「音無さん、これからご飯でも…ってあれ?」

入江「音無さんならユイを追いかけてったよ」

関根「あーあ、これからみんなでご飯でもと思ったのに」ガックリ

ひさ子「何だお前、そんなにあのバカ丸だしのヤンキーに入れ込んでるのか?」

関根「え?だって他の人よりカッコいいじゃないですか」

ひさ子「お前の感性がわからない」



―学習練B・廊下―

ユイ「音無さんのバカやろー!ろくでなしー!」ダダダ

音無「おい待て、さっきの話だが…。それに人の悪口言いながら走るな」シュタタ

ユイ「うわ来たっ!」ダダダ

音無「にゃろう…俺から逃げ切れると思うなよ!」シュバババ


―夕方・グラウンド階段―

カァー

カァーカァー

音無「くそっ、あのバカに付き合ってたらもう夕方かよ。雨があがったのはいいがユイの奴どこに行きやがった?」

ガシッ

音無「…?」

ユイ「ぬぐぐぐ!」グイグイ

音無「…なにやってんだお前」

ユイ「いや、音無さんにジャーマンスープレックス決めようと」グイグイ



音無「いや無理あんだろ」

ユイ「ダメかぁ、ここで音無さんに一矢報いることができると思ったのに」パッ

音無「仮にできたとしてもその後俺がお前にジャイアントスイングしてたからな。命拾いしたぞお前」

ユイ「はいはい…で、私に何か用事があったんですよね?」

音無「そーだよ。ったくちょこまかと逃げやがって」

ユイ「ギターの説教ならもう聞きましたけど?」

音無「いや、あれ実はわかんなかったから全部適当に言ったことだし」

ユイ「はいは…い?」



ユイ「はぁっ!?」

音無「あの状況で聞いてませんでしたーとか言えなかったしよ」ポリポリ

ユイ「なんだ、私本当にそこまでギターの才能無いのかと思って内心ショックだったんですよ」

音無「才能があると言ったわけじゃねーよ。少なくともひさ子の言っていたことは本当だろ」

ユイ「でもでも!岩沢さんはギターもボーカルもできてましたよ!」

音無「アホ、岩沢は生前からずっと音楽に打ち込んでたクチだからだろ?それともお前も音楽でもしてたのか?」

ユイ「……ったよ」

音無「あ?」

ユイ「…できなかったよ、音楽なんて」



音無「…あー、やっぱりお前も家庭の事情とか言うヤツ?」

ユイ「いいえ、私の家族はどこにでもあるような家庭の一つでしたよ…私を除いては」

音無「お前を除いては?」

ユイ「小さい頃に交通事故にあっちゃって…身体が自由に動かなくなっちゃったんだ」

音無「え?(とてもそんな暗い過去があったようには見えなかったぞ)」

ユイ「お母さんに自分の世話をしてもらうだけで精一杯だったから。とてもじゃないけど音楽なんてできなかった…」

音無「…悪い。過去を聞くつもりはなかった」



ユイ「大丈夫!…じゃなかっけど、身体は動かせなくてもテレビとかで音楽番組はよく見てましたから!」

音無「じゃあ、死ぬ前はバンドに憧れてたのか」

ユイ「いえ。バンドは生前にやりたいことの一つでした」

音無「?」

ユイ「この世界に来たとき、岩沢さんの演奏を聞かせてもらってすっごい感動したんです」

音無「そうだろうな」

ユイ「それでまず、この世界で真っ先にバンドをやろうって思ったんです」

音無「そんであん時はガルデモの追っかけやってたわけか」

ユイ「岩沢さんといつかツインボーカルしたいなぁ、とか思ってたんですけど…流石にそれは贅沢すぎですから」



音無「ガルデモに入れただけで満足だったってか?」

ユイ「そうですね。あの時は嬉しくてたまりませんでしたよ」

音無「ほぅ、満腹になったら消えかねないこの世界においてよく成仏しないですんだな」

ユイ「そりゃまだまだ、たーくさんやりたいこと残ってますから!」

音無「身体が動かせんかった分、気持ちは分からんでもないが…例えば?」

ユイ「スポーツ!」

音無「スポーツ?野球とかサッカー?」

ユイ「野球ではホームラン、サッカーではマラドーナの5人抜きが夢なんだ」



音無「そうは言ってもお前運動神経ゼロだろ。多分その夢はかなわないぜ」

ユイ「むー」

音無「そうむくれるな。つまりそれまでお前はどんなに幸せな気分になっても消えないってことなんだからよ」

ユイ「スポーツの他にもプロレスとかの格闘技もありますよ」

音無「お前…自分のこと、もう一度よく見直した方がいい」

ユイ「パーフェクトなユイにゃんのどこを見直せと?」

音無「仮にテメェが生前身体を動かせていたとしても、プロレスはお前の体系を考えて常識的に『ムリ』だ」



音無「まぁ、女子プロのビギナーコースならなんとかなったんじゃね?」

ユイ「目指してるのはそんなチャチなプロレスじゃありませんよ!さっきみたいなジャーマンスープレックスの応酬…」

音無「無理なもんは無理!ジャーマンスープレックスを使える奴と戦うことになった時点でお前は既に死んでいる」

ユイ「私もジャーマンスープレックスを使えれば勝機はありますよ」

音無「さっき俺を相手にできなかったじゃねぇか…しかも不意打ちという」

ユイ「音無さんは背が高いからやりにくいんですよ」

音無「(高くなかったらマジで投げてたのか…)」

ep9からep10にそのまま入る形となりました。
描写不足のとこがあったらご指摘願います(.. )

ABって本当にいらつくな。過去自慢アニメだろ?アフリカの子供に謝れカス



音無「気長に頑張れや」ザッ

ユイ「ちょっ、どこ行くんですか!」

音無「疲れた。帰る」ザッザッ

ユイ「ジャーマンスープレックスは?」

音無「気長にやれって言っただろ」

ユイ「そんなこと言っても一人でどうしろっていうんですかっ!」

音無「あ?木でも引っこ抜いて練習してろよ」

ユイ「そんな力があるならとっくに音無さんを投げれてますから」

音無「一つ言っていいか?」

ユイ「はい?」

音無「だいたいお前のやりたいことを一個一個消して行ってたらお前いつか消えちまうんだぜ?」

ユイ「うっ…」

音無「その点分かってるか?」



ユイ「そりゃあ…ユイにゃんだって馬鹿じゃありませんし分かってますよ」

音無「いや馬鹿だろ」

ユイ「その辺は置いといて、私だってまだ成仏したくないですよ」

音無「なら…」

ユイ「確かにまだガルデモで演奏したいし先輩達とワッショイしたいです。でもやりたいことをずっとやれないのは…」

音無「苦痛か?」

ユイ「…ちょっと」

音無「バンドだけじゃダメなのかよ」

ユイ「バンドはやりたいことの一つでしたから」

音無「ふー…言っちゃ悪いがワガママだよなぁ、お前」

ユイ「そんなの私が一番分かってます」



ユイ「お母さんには本当に迷惑かけたなー」

音無「本当にそうだな」

ユイ「えっ?」

音無「お前さ、どうせ飯を食わせてもらっては寝るの繰り返しだったんだろ?」

ユイ「そうですけど、そんな言い方…」

音無「答えろ、お前は何のために生きてたんだよ?」

ユイ「それは…生きてれば楽しいことが見つかるかもしれないじゃないですか」

音無「外出するどころか身の回りの世話さえ自分でやれない身体で?」

ユイ「…さっきから何が言いたいんですか?」

音無「はっきり言ってやろうか?ようするにお前は『お荷物』だったんだよ」

ユイ「…っ!」

音無「これは流石のお前でも意味が分かるよな?」



ユイ「先輩の人でなしっ、先輩のかバカぁぁぁぁっ!」ダダダッ

音無「……」

音無「(あー、これで流石にもう俺には近づかないだろ)」

音無「(あいつと居るとあいつのやりたいことをこなしていっちまって結果的にユイを成仏させかねんからな)」

音無「まぁ、もう大丈夫だろ」

?「おいっ!」

音無「あ?誰だよ」クルッ

日向「お前、ユイに何を言ったんだよ…?」

音無「何だお前ずっと居たのかよ?盗み聞きでもしてたのか?」

日向「質問してるのはこっちだ!ユイに何を言ったんだ?…あいつ泣きながら走ってったんだぞ?」

音無「冷たく突き放してやった。以上」

日向「冷たくって…音無、ユイがお前になついてるの知ってたよな?」



音無「知るかそんなモン。五月蝿いのが居なくなってセーセーしたわ」

日向「テメェっ!」ガッ

音無「…俺とやる気か?」

日向「ああ!ぶっ飛ばしてやるよ!」

音無「そうか」クリンッ

日向「うおわっ!」グルンッ

ドシャアッ!

日向「つって…」

音無「じゃ、後百年したら来いよ」スタスタ

日向「ま…待てよ!」ザッ

音無「ま、しつけーのは嫌いじゃねーが…」クルッ

日向「音無ぃ!」

音無「容赦しねーぞ」バキイッ

日向「ぐはっ!」フラッ

ゴロゴロゴロゴロ
ドサッ!

音無「おー、見事に階段落ちてったな」



音無「来いよ。まだやれんだろ」クイクイ

日向「くそっ!やってやんよ!」バッ

奏「何してるの?あなた達」

音無「!」

日向「天使っ!?」

奏「下校時間はとっくに過ぎてるわ。それとも喧嘩でもしてるの?」

音無「テメェには関係ねーよ。失せろ」

奏「生徒同士の喧嘩を止めるのも私の仕事だから」

日向「別に喧嘩じゃねーよ。ちょっとした口論だ」

奏「口論でそんな傷作るのかしら?」

音無「コイツが階段からずっこけたんだよ」

奏「それ、本当?」

日向「ああ」

奏「…分かったわ。じゃあ下校時間過ぎてる早く帰ってね」

音無「お前もな」



日向「おい音無!」

音無「あぁ?」

日向「また話聞きに行くからよ」

音無「ハッ」

日向「あばよ…」ザッ

音無「お前は帰らねーのか?」

奏「結弦を見送ってから帰る」

音無「オイオイ、そこまでおせっかいされなくても大丈夫だっつの」

奏「ダメ」ガシッ

音無「おい掴みむって」

奏「もう日が暮れるから」グイグイ

音無「前から思ってたんだが何でお前こんなに力強ぇの?」ズルズル

奏「…オーバードライブはパッシブだから」

音無「わけわかんねぇこと言いやがって。離せっ!」バッ

奏「…」ピタ

音無「自分のことぐらいできらぁ。んじゃ、あばよ」

遅ればせながら投稿。
>>678
すいません、ここで言われても困るので専用スレでお願いします


そういや気になったんだけど、何故最初2行空けてるん?

なんかgdgdになってきてると思うのは俺の気のせいかな



―夜―

音無「寮に帰ってもやることねーしなー。かと言って誰かと会いたくはねーし」

鈴虫A「リ-ンリンリン」

鈴虫B「リ-ンリンリン」

音無「…うぜぇ」

鈴虫C「リ-ンリンリン」

鈴虫D「リ-ンリンリン」

音無「だぁーっ!ちくしょっ!待ってろゴミ共が!」ダダッ


十分後――

音無「ははははっ!食らえ!」ドサドサッ

音無「爆竹100連発!」シュボッ

シューーー
シューー
シュー

ドパン!ドパパパパパパン!!

音無「ひゃーほう!ひれ伏せゴミ共!」

ゆり「ちょっとちょっと」



音無「何だ?苦情なら生徒会長のトコ行けよ」

ゆり「何らしくないことやってんの」

音無「お前かよ。真夜中だしとっとと帰れよタコ助」

ゆり「この世界に痴漢は居ないわ…多分ね」

音無「女を襲うことは万に一つもないから安心しろよ」

ゆり「まさかあなたって…」

音無「安心したまえ」グイッ

ゆり「ちょっ!」

音無「そっちの気はないからよ」

ゆり「(顔、近いんだけど)…ん?」

音無「っていうわけだ。にしてもお前、あんだけ動き回ってるわりに汗臭くねーな」パッ

ゆり「なんか、あなたの口からも何か口から良い匂いがしたんだけど」

音無「当然。俺の吸ってる煙草の香りは最高だからな」



ゆり「いつも思ってるんだけど、音無くんその煙草どこで入手してるの?」

音無「お前も吸いたいのか?」

ゆり「ちょっと気になっただけよ」

音無「最初は職員室で先公の奴らのを取ってたけどな…流石に飽きた」

ゆり「そもそも、そんな高級そうな煙草持ってる人いなかったわよ」

音無「しかたねー、教えてやろうか?」

ゆり「うん」

音無「実はよ…自分で作ってんだぜ?」

ゆり「……」

音無「…おい」

ゆり「ねぇ、冗談はいいから早く言いなさいよ」

音無「冗談じゃねぇよ。そもそも煙草ってのはな、元となる植物さえありゃできんだよ」



ゆり「そんな植物ないでしょ?」

音無「それがあったんだよな。あっちの山の奥に」

ゆり「あったのかよ」

音無「最初、何か良い香りがすると思って山に入ってったら…みたいな?」

ゆり「で、それをどうしたの?」

音無「当然全部持って帰って理科室に保管した」

ゆり「何か理科室付近で凄い匂いがするってNPCが言ってたけど、やっぱあなただったのね」

音無「そ。お前も一本吸えよ?」

ゆり「嫌よ、身体に悪そうだし」

音無「この世界じゃ病気にならないんだろ?それともビビってんのか?」

ゆり「違うわよ!何よ、煙草なんて吸えないわけないじゃない!」



音無「ムキになっちゃって…ほらよ、貴重なブラックストーンをくれてやる」

ゆり「ふん。(とは言ったもの煙草なんて吸ったことないし)」

音無「あとジッポ」ポイ

ゆり「…」パシ

音無「レッツトライ」パチン

ゆり「分かってるわよ…」カチッ シュボッ

音無「(初心者なら『ゴホッゴホッ』が基本だが、どうかな?)」

ゆり「……う」

音無「(拒絶反応来たか?)」

ゆり「うまいわね」スパー

音無「おい」ガクッ

ゆり「煙草って案外大したことないじゃない」

音無「いや、普通初心者なら最初は『ゲホッゲホッ』なんだけどよ」

ゆり「そう?別に苦しくなかったしね」

音無「脅威に肺をお持ちのようで…」



ゆり「まぁ…ね」

音無「お前、運動神経も俺には及ばないがケタ外れだよな」

ゆり「そりゃ、私の家族を奪われてからはがむしゃらに力をつけてったわよ。二度と大事な物を失わないためにね」

音無「大事な物ってのはSSSの連中か?」
ゆり「そうなるのかしら」

音無「でも流石にやりすぎた感はあったんじゃねーの」

ゆり「ちょっとはあったかもね。あなたに咎められるまで気づかなかったけど」

音無「(それは勝手に直井がやったことだ)」

ゆり「今日はもう帰るわ。煙草ありがと」スクッ

音無「おう」

ゆり「それじゃね」ザッザッ

音無「…結局何しにきたんだあいつ?煙草貰いにきただけか?」

―――

ゆり「…」ザッザッ

ゆり「本当は前々から彼とは白黒つけたかったんだけどね…やる気が失せちゃったわ」



―――
――

チュンチュン
チュンチュン

音無「グオーグオー…」ゴロゴロ

ユイ「…」

音無「ガーガー…」

ユイ「先輩、先輩」ポンッ

音無「。。あー?」

ユイ「もう朝ですよ。それにこんなとこで寝てたら風邪ひいちゃいますよ」

音無「…ここはドコ?私は誰?」

ユイ「何寝ぼけてるんですかー?髪の毛ボサボサですよー!」

音無「地面が硬い、硬いよ」

ユイ「ダメですねこりゃ。こうなったら…」

音無「しかし草のベッドが心地良い…」

ユイ「どおりゃあっ!」ドシャッ

音無「うおわっ!?何だ地震か?」ガバ

ユイ「地震じゃありませんよ」

音無「あれ、何でこんなとこで寝てたんだ俺は?」



ユイ「せんぱーい、私に気づいてますかー?」ブンブン

音無「ブーンブンシャカブブンブーン」

ユイ「さっきからワザとだろゴルァ!」

音無「とっくに気づいてるっての。てかまだお前俺に何か用かよ?」

ユイ「先輩、もう一度だけ私のやりたいことを手伝ってくれませんか?」

音無「面倒くさいからパスっス」

ユイ「そう言わずに頼みますよ!」

音無「だから分かってるのかお前?未練が消えればお前が…」

ユイ「ぜーったいに消えませんから!」

音無「…根拠は?」

ユイ「ないです☆」

音無「お前、絶対計画たてれないタイプだな」

ユイ「昨日、先輩からあれだけボロクソ言われりゃ成仏なんてそう簡単にできませんよ」



音無「お前立ち直り早すぎじゃん?ギネス乗るんじゃね?」

ユイ「いつまでも落ち込んでても不幸を呼ぶだけですから」

音無「野球の時もそうだったけどよ…負けたぜ、テメェの根性には」

ユイ「それじゃあ…」

音無「早くしねーと登校時間になんぞ。とっとと行くぞ、俺は腹が減った」

ユイ「うっしゃぁ!みたかコラァ!」

音無「どこに言ってんだよ」

ユイ「じゃあ早速食堂へ行きましょ」

音無「ったくゲンキンな奴だな…てかテメェがおごれ」

ユイ「私お金ないですよ?」

音無「じゃあお前は食うなクソピンク」

ユイ「クソピンクって酷いですっ!」

>>692
読みやすいかと
>>694
バタンキューが多かったもので。次からもうちょっとペース上げます。

体調には気をつけてくれ。
にしても最後までどういくか楽しみだわ。



―食堂―

音無「じゃあ、お前は一体何からしたいんだ(うどんうめぇ)」ズズーッ

ユイ「ジャーマンスープレッ…」

音無「それ以外だ!」

ユイ「むむ、仕方ないですね。それじゃまずサッカーからでお願いします」

音無「サッカー、ねぇ。それは試合なのか?」

ユイ「はい。マラドーナの五人抜きを達成してみたいと思います」

音無「ハッ、たかが五人抜き程度かよ」

ユイ「えーっ、マラドーナは偉大なサッカー選手の一人なんですよ?」

音無「だから?ヌルイわ」

ユイ「それじゃ先輩は五人抜きできるんですか?」

音無「五人抜きなんてチャチなモンじゃねえ。…十一人抜きだ」



ユイ「は?」

音無「11人抜きやってみせてやるよ」

ユイ「いや先輩、それがどんだけ無理なことか私でも分かりますから」

音無「あぁ?あの限界突破加速装置ロナウドを超える俺のスピードがありゃ可能だ可能」

ユイ「11人抜きはキックオフと同時に全部の敵をよけながらゴールしなきゃなんないんですよ!?」

音無「別にお前は5人抜きやってりゃいいじゃん。お前はそね度がお似合いさ」

ユイ「む」カチン

音無「ごちそうさま。それじゃあ適当にメンバー集めすっぞ」ガタッ

ユイ「な、ならユイにゃんも11人抜きで…」

音無「5人抜きさえ無理なお前には到底無理」



ユイ「そんなのやってみなきゃ分かりませんよ?」

音無「お前がせめて百メートルを十秒で駆け抜けるスピードがありゃできたかもな(そんな奴滅多にいないが)」

ユイ「言っててください。5人抜きなんてソッコーでかましてあげますから」

音無「はいはい。…今更だがメンバー集めと言っても俺とお前抜いてまだまだ必要なワケだが」

ユイ「…どうしましょう?」

音無「仕方ねぇ、ちょいとアレを使わせてもらうか」ザッ


―対天使用作戦本部―

日向「…」

ゆり「日向くん、昨日からずっとあんなんだわね」スパー

大山「ゆりっぺ…それってまさか」

ゆり「煙草よ。以外に美味しいわね」

野田「あいつ!ゆりっぺになんてものをっ!」ジャキンッ



ゆり「あら、よく音無くんに貰ったって分かったわね」

直井「この世界でその香りの煙草を吸ってるのは音無さん以外いまい」

ピンポンパンポーン

放送「えー。マイクテス、マイクテス」

野田「この声は!?」

放送「今すぐ身体を動かしてーって奴はグラウンドまで来い!人数は限定二十人…」

放送「絶賛募集中なんじゃゴルァ!」

日向「!」

放送「バカやろ、途中から割り込むんじゃねぇ!」ブツッ

ピンポンパンポーン

藤巻「おい…今の放送って音無とユイだよな」

高松「そのようですね。また何か企んでるみたいですが、どうします?」

ゆり「んー、結構面白そうじゃない?」

野田「正気なのかゆりっぺ!」



ゆり「幸い今は授業始まる前だし天使が出てくることもないでしょ」

大山「身体を動かすって何をするんだろうね?」

松下「運動だったなら、俺の山ごもり前のウォーミングアップにはなるかもな」

ゆり「決まりね」

野田「いくらゆりっぺの決定とは言え俺は行かんからな!」

ゆり「あ、そう。じゃ野田くんは置いてみんな早く行きましょ」スタスタ

直井「僕に命令するな」スタスタ

藤巻「正直面倒だが、じっとしてるよかマシか」スタスタ

ゆり「ほら日向くんも」

日向「…お、おう」ザッ

ゆり「それじゃあ野田くん、留守頼んだわよ」ギィィィ

バタン!

野田「……」



―グラウンド―

音無「さぁて何人来るかな」

ユイ「しっかし放送室を乗っ取るなんてよく思いつきましたね」

音無「凡人とはココ(頭)の出来が違うんだよ」

ユイ「前々から言おうと思ってたんですが先輩ナルシスト入ってますよね?」

音無「お前も自分で『ユイにゃん☆』とか言ってる時点でぶりっこ入ってるからな」

ユイ「何で私の声出せるんですか!」

音無「そこにツッコむかよ。ま、お前以外にも…『オペレーション、スタート!』とか『あさはかなり』とかも可能だ」

ユイ「うわすごっ!声帯おかしいんじゃないんですか?」

音無「それ褒めてんのか」



椎名「あさはかなり」

ユイ「もう声真似はいいですって」

音無「あ?別に今俺喋らなかったぞ」

ユイ「だって今、椎名先輩の声で『あさはかなり』って…」

音無「お前の後ろにいる奴だ」

ユイ「え?」

椎名「やはりお前達か」

ユイ「わっ!いつの間に」

音無「あ、お前にも聞こえてたか?」

椎名「体育倉庫にも放送受信機はある…それより何をする気だ?」

音無「それは人がある程度集まったら説明する」

椎名「?」

音無「お、ゾロゾロ来た」

オトナシサーン!

トリアエズキタワヨ-!

ユイ「どうやら、あれはアホ代表の皆さんのようですね」

音無「じゃお前は代表監督か」



藤巻「あの無駄にデケェ奴は音無として…あの飛び跳ねてるのはユイか」

音無「やはりテメェらが来たな」

ゆり「で、身体を動かすって一体何するの?SASUKEのセットでもあるの?」

音無「常識に考えてSASUKEは無理あんだろ…」

ゆり「冗談よ。そのボール持ってるってことはサッカーでしょ」

音無「サッカー部からパクってきた。とりあえず早い話、やろうぜ」

藤巻「つか何でサッカー?」

音無「…無性に超次元なサッカーがしたくなった」

ユイ「(あの、何ですか超次元サッカーって?)」ヒソヒソ

音無「(口から出任せだ)」ヒソヒソ

ゆり「それはいいけど人数足りなくない?双方で22でしょ?」

音無「今ここに何人居るんだったか?」



ゆり「今ここにいるのは、あなたとそこのユイを含めて12人ね」

野田「俺もいるぞ」

ゆり「結局来ちゃったのね野田くん」

音無「それでもまだ9人も足んねーよ。なら諦めてPKで…いやまてよ」

大山「どうするの?」

音無「俺、VSお前ら全員!どうよ!」ババーン

ユイ「……」

ゆり「……」

野田「……」

藤巻「完全にナメてやがるな」

松下「ナメてるな」

高松「ナメてますね」

音無「ナメる?チッチッチ、これは余裕綽々ってヤツだよ」

ゆり「…いつまでそう言ってられるか楽しみね」

ユイ「(ちょっと先輩)」ボソッ

音無「(何だよ、せっかく人が決めてるトコなのによ)」



ユイ「(先輩VS後の全員だと私が5人抜きできないじゃないですか!)」

音無「(お前元からできねーだろ)」

ユイ「(で、できますよ)」

音無「(奇跡に奇跡が重ならない限り無理だろ…まぁいいや)」

音無「やっぱり、更にハンデとして俺はコイツと組む」ポン

ユイ「は?」ポカン

野田「俺達全員を相手にするだけならともかく…」

藤巻「ソイツと組むだと?ナメるのもほどほどにしとけよ」

音無「あぁ?力の差がありすぎっからハンデやるんだっつったろ」

ユイ「私は足手まとい扱いですか」

直井「(チッ、贅沢な。あの音無さんが味方になるんだぞ?文句があるなら僕と代われ)」



音無「2対10、か。何かハンパだな…。オイそこの金次郎!」

NPC男A「うん?」ピタッ

音無「今からサッカーやっけど人数足んねーんだよ。てことで入れ」

NPC男A「あの俺…」

音無「じゃ始めんぞー」

NPC男A「聞いてない、けど別にいいよいいよ」


――


「」

音無「せいぜい俺の足は引っ張るなよ」

ユイ「先輩こそ」

音無「ぶっちゃけお前キーパーやってくんね?俺が抜かれたら終わりじゃん」

ユイ「私フォワードがいいです。それに11人先輩抜きできるんでしょう?」

音無「ディフェンスで11人抜きしても仕方ねーだろ」

ユイ「早い話、用はボールを持たせなければいいんですよ」

音無「あのねチミ、それができりゃ苦労しないの。分かる?」

>>712
どうもあざぁすo(_ _)

1000までに綺麗に終わるかな?



――


審判(SSS男A)「えー、試合時間は三十分でより多く点を取ったほうの勝ちとします」

音無「説明はいいからとっとと笛ならせよ」

審判(SSS男A)「はい(何で俺が審判なんか…)」

ユイ「私が先に敵陣に突っ込んでいいですか?」

音無「好きにしろ」

ゆり「あんたたち、やるからには勝つわよ」

野田「分かっている!」

審判「それでは、試合開始」ピーーー

ユイ「うっしゃぁ!行くぞおめぇら!」ドドドド!

TK「Sliding!」ザザッ

ユイ「うぎゃ!」ドシャ

藤巻「いいぜTK!そのまま持ち込め!」

音無「何やってんだバカ!さっそく取られてんじゃねぇよ!」

ユイ「だって~」

TK「Long Shoooooot!」バッ

音無「させっか!」ズザッ



TK「Oh!」ドサッ

大山「TKからボールを取った?!」

ユイ「さっすが先輩!」

音無「さっすが、じゃねぇ!」

ゆり「(あの音無くんの動きは厄介ね…ユイは言わずもがな、ね)」

藤巻「止めろ野田っ!」

野田「こいぃっ!」バン

音無「……」

野田「……」ズゥゥン

音無「ヘイ、パス」ポーイ

大山「あっ!騙されちゃダメだよ野田くん!」

野田「む」パシ

ピッピッピー!

審判「ハンド!」

野田「あ」

藤巻「こんのバカっ!なんで手で取るんだよ!」

野田「勝手に身体が反応してしまった」

ゆり「ったく…日向くん、ちゃんと止めてよね」



日向「……」

ゆり「日向くん?」

日向「ん?あ、すまんゆりっぺ。聞いてなかった」

ゆり「今日ずーっとそんな様子だけど大丈夫なの?」

日向「ああ、審判ないぜ!」

ゆり「ならいいけど…あなたキーパーなんだから音無くんのフリーキックちゃんと止めてよね」

日向「任せろい!」バシッ

審判「ピー!」

音無「…」スッ

日向「……」ゴクリ

音無「オルアッ!」ブンッ

日向「(来るかっ!?)」

音無「なんつって」スカッ

ユイ「うるぁぁっ!」ドカッ

日向「はっ?」

ゆり「ぼーっとしないで、フェイントよ!フェイント!」

日向「つってもキッカーがユイだぞ?入るわけねーだろ!」

音無「…」ダッ



音無「せいっ!」ドカッ

日向「ちょっ」ザッ

ドシュウッ!

審判「ゴール!」ピッピッピー

大山「…何、今のは?」

椎名「ユイがボールを蹴った後で、更に音無がボールを蹴っただけだ」

ゆり「簡単に言うけど、それ普通に考えて無理でしょ?」

藤巻「蹴ったボールに追いつくとかどんだけ速ぇんだよっ!」

音無「ハッ、軽い軽い。これで一点」

ユイ「見たかユイにゃんの力!」

音無「お前はあくまでも囮だからな」

野田「くそっ!何たる屈辱!」

ゆり「野田くん、重大な役目を与えるわ。端っこで動かないでちょうだい」

野田「分かった!任せておけ!」

高松「(事実上の退場だと言うことに気づいてませんね)」ヒソヒソ

日向「(バカ聞こえるぞ!)」ヒソヒソ



ゆり「ま、取られたもんは取り返しゃいいのよ」

高松「確かにあっちは、たった二人ですからね」

ゆり「松下くんと椎名さんはディフェンスをお願いね」

松下「おう」

椎名「分かった」

ゆり「TKは私とフォワードで」

TK「Ok」ビッ

ゆり「後の人達はお好きな位置で」

高松「この美しい筋肉を…何かに使えませんかね?」ヌギッ

ゆり「…とりあえず邪魔にならないようにね」

――

審判「ピーーー!」

ゆり「いくわよ!」ダダダッ

ユイ「ゆり先輩はやっ!」

音無「俺に比べりゃおせぇっ!」ザザッ

ゆり「TK、パス!」ポイ

音無「だろうと思ったぜ」カクッ

TK「Liar…」ニヤ

音無「…(パスが来ない?)」



ユイ「先輩?どうして固まってるんですかー!」チョンチョン

音無「汚ねぇ!芋っぺの野郎、嘘つきやがった!」

ゆり「あはははは!音無くんが騙されてくれちゃってよかった」

音無「テメェ潰す!」バッ

ゆり「そっからじゃ間に合わないでしょ?ほいっ」ドシュ

バスッ!

審判「ゴール!」ピーーー

藤巻「うっしゃ!一点返したぜ!」

音無「チッ!」

ユイ「入れられちゃいましたね~。まぁ、安心してください。これから私が11人抜きで…」

音無「開始早々ボールを取られた奴が何を言ってやがる」

ユイ「そ、それはたまたまかなぁ…と」

音無「精々『5人抜き』までだ。それ以上はフォローができねぇからよ」

ユイ「ん~。それなら何とかなるかも」



――

音無「どけゴラァ!」ドカッ

松下「ぬおわっ!」ドシャッ

藤巻「今のはファウルだろ!」

日向「直井、お前も動け!」

直井「ん?どうやら小鳥がゴミを食べる音がするな?」

――

審判「ゴール!」ピーーー

音無「っしゃあ!」

日向「キックオフからのシュートで入るなんて反則だろ!」

音無「反則もクソもテメェらが反応できなかっただけじゃんかよ」

――

ユイ「5人抜きじゃあ!」

椎名「遅い」ヒュッ

ユイ「うおおお!」ダダダ

音無「おいテメェ!ボールは!?」

ユイ「へっ?あ、あれ?!」ピタッ



審判「残り時間30秒です」

音無「(スコアは9対10か…)やべぇ、負け越してんな」

ユイ「正直に言って、これって馬鹿試合ですよね」

音無「そうだな。ボールを取られたことにすら気づかなかった馬鹿がいたな」

ユイ「うっ」

音無「しかも今日まだ一本もシュート決めてねーだろお前」

ユイ「ふっ…試合は最後まで終わってませんよ?」

音無「じゃあは最後お前が敵陣につっこめよ」

ユイ「それは最初からやってますよ」

音無「俺がポストしてやっから、お前はその隙に抜けてけ」

ユイ「もし私が転んだりしたら…」

音無「…」

ユイ「『てへ☆ごめんなさい』で済みますかね?」



音無「済むかボケ!」ドカッ

ユイ「へぶっ!」バキッ

ゆり「何してんのアレ」

ユイ「痛い…女の子の顔にボールを蹴り込むなんて最低ですよ!」

音無「大丈夫だっての。俺はお前を女として見たことはないからさ」

ユイ「さり気なく酷い事実に今気づきましたよ」



審判「ピーーー」

音無「さぁ行け!」パス

ユイ「分かりましたよ」トテトテ

TK「Sliding!」ズザザッ

音無「うわぁ足が滑った!」バキッ

TK「Ouch!」

藤巻「今のは完璧ファウルだろ!おい審判!」

審判「最初からこの試合にファウルはありません」

藤巻「なんだとっ…!」

ゆり「(そういやこっちも野田くんがハルバード持ってても何も言われなかったわね)」



藤巻「クソっ!こうなったら俺g」

音無「邪魔だ藤なんとか!」ガスッ

藤巻「いってぇぇ!」ドサッ

野田「止まれ貴様ァ!」

音無「フッ!」ドゴシャ!

野田「ぬぁぁっ!」ズシャ

大山「うわぁっ!野田くんが地面にめり込んじゃったよ!」

音無「どけ!」

大山「わわわ、わかってますわかってますから!」ササッ

ユイ「すごいすごい、893のお偉いさんが通る時みたいに道ができてきますね」ダッダッダ

高松「(これは予想外ですね…しかしこの筋肉、伊達ではありませんよ!)」

音無「(コイツの筋肉のちっとばかし厄介かもな)」ダッダッ

高松「ふん!」ガッ

音無「チッ!」ガッ



松下「無駄だ!高松の筋力は俺に勝るとも劣らないからな」

ゆり「ま、純粋な力比べね…。松下くん、今の内にユイを抑えて」

松下「おう」ダッ

高松「ぐぬぬぬ!」グググ

音無「邪魔だ…ゴルァ!」ブンッ

高松「無念、でs」ゴシャッ

日向「おいおい、やばいぞ!直井お前も…」

直井「音無さんの動きの研究中なんだ。すまないが後にしてくれ」

日向「だぁーっ!」

ゆり「いや、力では最強の松下くんと速さで最速の椎名さんがまだ残ってるわ」

松下「今度こそ通さん!」ドシン

ユイ「うわっ!」

音無「また倒されにきたか」



松下「先はルールを知らずに倒されたが、今度はそうはいかんぞ」タッタ

音無「へーへー、そうデスか」タッタッ

松下「行くぞ音無ぃ!」バッ

音無「…」バッ

メキィッ!

音無「…」スタッ

松下「…」グラッ

ドスゥゥン!

日向「嘘だろ…まさか、松下五段が」

音無「ははっ、確かに身体のデカい柔道家は厄介だよ。でもそりゃ鳩尾が広いってことでもあんだぜ」

ユイ「(味方ながら外道ですね)」タッタッ

ゆり「(此処までは来ると思ってたわ…でも次はどうかしら?)」

椎名「…」ザッ

音無「(椎名か…前回は立華と直井がいたからどうにかなったが、今回はソロ…じゃなくて+足手まといだったな)」

椎名「悪いな音無。仲間とは言え手加減をする気はない」シュバッ



音無「(一応カウンターで顔面に蹴り込めるだろうが、女の顔を蹴る趣味はねぇし、後ろにはユイがいるし…」

ユイ「先輩!もう椎名先輩が来てます来てます!」

音無「わーってらぁ!(仕方ねぇ…)」

椎名「こい」

音無「あーっ!子犬が野田の下に埋もれているぞー!」

椎名「何だと!?子犬が?」

音無(裏声)「タスケテヨー、クルシイヨー」

椎名「今すぐに行くからな!」ダッ

ゆり「……」ポカーン

音無「さて、最初に勧誘した金次郎みてぇな奴は俺が野田を地中にめり込ました時点で逃げちまったし…後はテメェだ」

ゆり「あーあ、私のとこまでには終わってくれると思ったけど」



審判「残り10秒……9……8」

ユイ「先輩!時間が!」

音無「わりぃな芋ちゃん、テメェのノロケを聞いてるヒマはねーんで」ダッ

ゆり「別にあなたと戦う必要は無いのよ…ユイからさえボールを奪えばね!」シュダッ

音無「うおっ(やべ抜かれた!)」

ユイ「ふぇっ?」アタフタ

ゆり「いただきっ!」

ユイ「先輩!パ、パス」ポーイ

ゆり「あっ」

音無「…っと!」トン

ユイ「最後は日向先輩だけですから!後は任せました!」ガシッ

ゆり「ちょっ、どこ触ってんよユイ!」ジタバタ

音無「お前の犠牲、無駄にはしねぇ!…多分な」

日向「1対1か…」

藤巻「ぜってー止めろよ日向!」ボロッ



音無「……」

日向「……」

音無「……」ニヤ

日向「あれ、ボールは…?」

音無「上を見てみろ」

日向「…上?」スッ

音無「足の後ろに隠してただけだバーカ!」ドシュ

日向「は?おい、ちょっと…!」

バスッ!

審判「ピッピッッピッピー!試合終了~!10-10で引き分けです(やっと登校できる)」
音無「お、丁度終わったみてーだな…満足したか?」

ユイ「はい。何かヒヤヒヤするサッカーでしたが結果的に多人数を抜けたのでおーけーです」

ゆり「今回は同点、ね。また機会があったらやりましょ」

音無「ああ、面白かったしな」

ユイ「(いや怖いですよ。実際にファウルがない危険なサッカーでしたし)」

ゆり「バカども、もう帰るわよ!とっとと起きた起きた!」

すみません。ちょっと空いていました。
とりあえず中途半端だったら変になると思ったので今回は長めです(.. ) 。



藤巻「全身バッキバキだぜ…」

松下「俺の顔面曲がってないか?」

高松「曲がってはいませんが鼻血がダラダラですよ」

日向「そういうお前も流血試合になってんぞ」

椎名「…子犬なんていなかったではないか」

日向「単純だよなお前」

ゆり「私達はとりあえず、もう帰るけどあなた達はどうするの?」

音無「これからユイいじりの続き…」

ユイ「!」ジッ

音無「じゃなくてユイの遊び相手にでもなってやるかな」ハハ

ゆり「遊び相手になる?あなたそんなキャラだったっけ?」

音無「いや別に」

ゆり「ふーん。何か最近ユイと一緒にいることが多いけど、できてんの?」

音無「ひん剥いて屋上から吊してやろうかテメェ?」

ゆり「冗談よ、そんな低い声ださないでちょうだい」



ユイ「先輩、私昼までガルデモのみんなと演奏してますから。昼になったらまた来てください」

音無「いやだよ、もうだりぃし身体のあちこちが痛ぇし」

ユイ「約束ですよー!」タッタッ

音無「…人の話を聞かない子は伸びないんだぞー」

日向「音無」

音無「あ?」クルッ

日向「ユイとは…仲直りしたんだな」

音無「何だ?この前もだったがお前が心配することじゃねぇよ」

ゆり「そう言わないでよ。これでも日向くんユイのこと心配してたんだから」

日向「別に心配なんてしてねーよ!ただ、お前らが仲良くできてりゃそれでいいかなって」

音無「保護者かよ」



音無「まぁ安心したまえ。君の目を付けている子を悩殺したりはしねーからさ」

日向「ばっか、だから違うっての!」

音無「(そもそもあんなガキみたいな奴手を出す気にもなれん)」

音無「あっそ。じゃ、あばよ」クルッ

日向「おい、音無!」

音無「喧嘩ならいつでも買ってやるよ」
ザッザッ

ゆり「喧嘩?ひょっとして日向くんの昨日の傷って…」

日向「ああ。音無と喧嘩した」

ゆり「あちゃー…流石に勝つのは無理だったでしょうに」

日向「傷一個すらつけれなかったよ」

ゆり「あの人、正直あの強さ人間じゃないわよね。Demon Playerの効果なのかしら?」



日向「…Demon Playerって何だったっけな?」

ゆり「もう、忘れたの?昔に音無くんが手から黒い剣だしたり何メートルも跳ね上がったりしたでしょ?」

日向「ああ、アレか!しばらくどころかずっと見なかったから存在自体忘れてたぜ」

ゆり「この前ソフトはあったから捨てたってことないでしょうけど、本当に全然使ってなかったわね」

日向「天使はよく能力使うのにな」

ゆり「天使は能力がなけりゃただのか弱い小さな女の子よ。でも音無くんは能力を使わずとも圧倒的な強さがあるから」

日向「しっかしこの間まではSSSから畏怖の対象でしかなかった音無が俺達とサッカーとはね…」

ゆり「もし、今も敵同士だったら戦ってたのかしら?」



ゆり「今でも味方とは言えないけどね」

野田「今も敵同士だ」クワッ

日向「うおっ、何だこの茶色物体?!」

ゆり「さっきまで地面にめり込んでた人と思うけど」


―昼・空き教室―

キーンコーンカーンコーン

ユイ「遅いな…」ソワソワ

ひさ子「どうしたユイ?今日の練習はもう終わりだぞ?」

ユイ「いや、ちょっと待ってる人が居るもんで」

関根「あ、それってばひょっとして音無さんでしょ?」

ユイ「えっ?よく分かったね」

関根「何となくそんな感じがしたし」

入江「音無さんと用事?」

ユイ「うん」

関根「おやおや~何の用事かな?まさか艶めかしい用事かな?」

ユイ「やめなよ関根、こんなユイにもプライベートってもんがあるのさ」



ユイ「べべ別に、先輩とはそんな間柄じゃないですから!」

関根「動揺するトコが更に怪しい」

入江「よしなよ、しおりん」

ひさ子「そうだぞ。コイツも一応女の子なんだからさ」

関根「ま、仕方ないね」

ユイ「だから違うんじゃ!」

音無「うるせーなタコ共、何騒いでやがる」ガラッ

関根「あ、ヤッホー音無さん」

入江「どうも」ペコリ

ひさ子「よう」

音無「チッ、やっぱりテメーもいたか」

ひさ子「何か文句あんのかよ?」

音無「行くぞユイ」ザッ

ユイ「はーい」タッ

ひさ子「さりげなく無視すんなよ!」

音無「文句言ったらやかましいかと思ったから、わざわざ無視してやったんだよ感謝しろよ」



ひさ子「また意味の分からん理屈を並べやがって…」

音無「はいはい、お菓子あげりから怒らないでねひさ子ちゃん」

ひさ子「なめんなよ」

音無「おおコワッ、逃げろ逃げろ」タッ

ユイ「ちょ、引っ張らないでくださいよ先輩!」

関根「音無さーん、また来てくださいねー!」

ひさ子「もう来んなっ!」


――

ユイ「音無さんはひさ子先輩を怒らせるのが本当に上手いですね」

音無「扱いやすいからな。で、次は何をしたいんだ?野球だったか?」

ユイ「はい、カキーンとホームランを」

音無「今度は人数集めなくてもいいな」

ユイ「集めたところで私はホームランを打ってましたがね」



音無「嘘こけ。前の野球の試合でのミスまだ覚えてっからな」

ユイ「うう…嫌な思い出が。特に先輩に投げられたあの痛みは忘れられない」

音無「まずはボールとバットの用意だな。これは野球部から貰うか」

ユイ「(それ、借りるの間違いじゃないんですか?)」

音無「さ、とっとこ行くぞユイ太郎」

ユイ「押忍」


―グラウンド―

音無「始めるぞ。準備はいいか?」

ユイ「いつでもどうぞ」

音無「行くぞ…ホワタッ!」ビシュ

ドォォォン!

ユイ「……」

音無「何だよ、バットを振るくらいしろよつまらん」

ユイ「あんなん打てるかあっ!」

音無「立華は打てたぞ?」

ユイ「運動音痴な私と万能生徒会長を一緒にしないでください」



音無「(やっぱり自覚あったのか)」

ユイ「もう少し遅めでお願いします」

音無「遅めか…こんくらいか?」シュッ

ドォォォン!

音無「おいおい、遅めに投げたのに打てねーじゃんかよ」

ユイ「遅いって…明らかに今の150はでてましたよ」

音無「一々注文の多い女だな」

ユイ「悪かったですね」

音無「じゃ、すげー遅く投げてやるよ。もしこれでかすりもしなかったら俺はお前の運動神経を疑うな」

ユイ「すごい言われようですね」

音無「じゃ、いくぞ!」ヒョーイ

ユイ「あ、これなら何とか!」スカッ

ポトッ コロコロ

音無「…」

ユイ「えへ、失敗しちゃいました☆」

音無「あばよ。また生まれかわってどこかで会おうな」

ユイ「ちょ、待って待って待って!」



ユイ「今度はちゃんと打ちますから!」

音無「今ので確信した…お前は万に一つもホームランどころかヒットすら打てやしねぇ」

ユイ「えーっ、そんなぁ…」

音無「やるだけ無駄だ無駄」

ユイ「…」ショボン

音無「…と、本来なら帰っていたところだが乗りかかった船だ」

ユイ「え?」

音無「満足するまで協力してやるが、その代わり俺も礼はしてもらうからな」

ユイ「やった!ありがとう先輩!」

音無「じゃあさっさとバット持て」


――


カァーカァー

ユイ「次お願いします!」

音無「おい、もう500回目だぞ」

ユイ「数えてたんですか?」

音無「ああ。おかげさまで手がマメだらけだ」

ユイ「そう言えば、そろそろ腕も痺れてきましたね」

すいません、最近投稿が遅くなりつつありました(_ _)
できるだけ早く投稿していきます。

また夜間に続きを投稿します



ユイ「今度はちゃんと打ちますから!」

音無「今ので確信した…お前は万に一つもホームランどころかヒットすら打てやしねぇ」

ユイ「えーっ、そんなぁ…」

音無「やるだけ無駄だ無駄」

ユイ「…」ショボン

音無「…と、本来なら帰っていたところだが乗りかかった船だ」

ユイ「え?」

音無「満足するまで協力してやるが、その代わり俺も礼はしてもらうからな」

ユイ「やった!ありがとう先輩!」

音無「じゃあさっさとバット持て」


――


カァーカァー

ユイ「次お願いします!」

音無「おい、もう500回目だぞ」

ユイ「数えてたんですか?」

音無「ああ。おかげさまで手がマメだらけだ」

ユイ「そう言えば、そろそろ腕も痺れてきましたね」



音無「お前気づかなかったのかよ?」

ユイ「夢中だったので」

音無「続きは明日にすっか?」

ユイ「私まだやれますよ?」

音無「明日には手が痺れて動かせなくなっても知らんぞ?」

ユイ「この世界って一日たてば、どんな傷も治るんですよ」

音無「いや…知ってるし(マジかよ、コイツ意外と体力あんな)」


――


リンリンリンリン

ユイ「次お願いします!」

音無「おい、もう1000回行ったんじゃねーか?」

ユイ「流石にそこまで来ると曖昧になるんですね」

音無「そうだな。まさかお前が此処までの大物だとはな」

ユイ「いやぁ、大物だなんてそんな」テレ



音無「…(呆れて声も出ないな)」

ユイ「あれ?音無さん?」

音無「…とりあえず今日は帰れ」ギロ

ユイ「は、はい!」ビクッ

音無「それじゃ」スタスタ

ユイ「…怖かったなぁ、今の音無さん。まるで私と初めて会った時みたい」


―男子寮・一室―

音無「チッ、手が半端なく痛ぇ」ズキッ

音無「甲子園に行ってるピッチャーの奴とかみんなこんなんだろうな」

コンコン

音無「あー、誰だ?」

直井「僕です」

音無「入れよ」

直井「失礼します」ガチャ

音無「で、何だ?」

直井「実はですね…いや、実際に見てもらったほうが早いかと」

音無「あ?」

直井「お手数かけますがロビーまで来ていただけますか」



―男子寮・入口―

音無「…」

ユイ「あ、お茶のお代わり頂いていいですか?」

音無「説明しろ直井」

直井「女子寮に入れなくなったから音無さんの部屋に泊めてもらいたいとか、ふざけたことを」

音無「女子寮に入れなくなっただぁ?確かあそこの管理者は立華だろ?奴に話を通せよ」

ユイ「その立華さんこと天使は女子寮の中に居るから会うことができなかったんですよ」

音無「そもそも何でお前は締め出されてんの?」

ユイ「寮の門限時間を過ぎたからだと思うんですけど…」

音無「自業自得だバカ。寝るとこが欲しいなら校長室で寝りゃいいだろ」



ユイ「えー、今日汗かいたしお風呂に入らなきゃ臭くなりますよー」

音無「何と贅沢なヤツ…」

ユイ「それに、何と言ってもあんなトコで一人だなんてコワいですよ!」

直井「貴様には丁度いい場所だ。とっとと行け」

音無「…ん?ちょい待て。オイ、お前手を見せてみろ」

直井「どうぞ」

音無「お前じゃない」

ユイ「どうしてですか?」

音無「いいから!」グイッ

ユイ「痛っ!」

音無「!」

ユイ「痛いですよ先輩!」

音無「手擦り切れまくってんぞ」

ユイ「へ、平気ですよ!明日には治ってるんですから」

音無「治るまでは痛むんだろ?」



音無「チッ、来いよ」

直井「あげていいんですか音無さん?」

音無「流石に傷だらけの女を放っておいて帰れっつーのは只のカッコ悪い不良になっちまうからよ」

直井「…分かりました。あなたが言うなら僕はもう口出しはしません、それでは失礼します」ザッ

音無「オラ、行くぞ」

ユイ「男子寮って遅くでも開いてるんですね」

音無「管理人が直井だからな。俺が常に開けておくように言ってある」

ユイ「それ、何か物騒ですよ」

音無「この世界で俺より物騒な奴はいねーだろ?」

ユイ「あ、そうでしたね」

音無「本当に肯定すんなよな…」



―音無の部屋―

ユイ「痛っ!しみる~っ」

音無「我慢してろ」

ユイ「はい」

音無「お前…明日もやる気かよ?」

ユイ「はい、一応」

音無「また手がボロボロになんぜ?次は治療してやらんからな」

ユイ「大丈夫ですよ。明日ほどほどにしておきますから」

音無「終わりだ。乾いたら風呂に入ってとっとと寝ろ」

ユイ「はーい」


――

ユイ「気持ちよかった。せんぱーい、お風呂あがりましたよー」

ユイ「……返事が無い?」テクテク

音無「ZZZ…」

ユイ「(座ったまま寝てるし)」

ユイ「せんぱーい!起きてくださーい風邪ひきますよ」ポンポン



音無「あ?」ギン!

ユイ「ひっ!」

音無「…」

ユイ「…」

音無「…ZZZ」

ユイ「ビックリした…起こさない方が良さそう」

ユイ「私も寝よ」

ユイ「…この場合、私はベッドで寝ていいんだろ?」

ユイ「まぁ先輩が起きるまでなら」


――


ユイ「(眠れない…)」

ユイ「(そう言えば最近日向先輩とあんまり話してないなぁ。音無さんと一緒に居ることが多くなったからだけど)」

音無「ZZZ…」

ユイ「こうして見ると、いつもは怖い音無さんも単なる少年ですね」



――


チュンチュン

音無「ん…」ムクッ

音無「俺、寝ちまってたのか」

ユイ「ZZZ…」

音無「…そうだ。コイツが風呂あがるのおせーから寝ちまったんだ」グゥー

音無「くっ、結局昨日夜食べなかったから腹減ってきたぞ」

音無「面倒だが自炊すっかな」カチャカチャ




音無「おい、起きろユイ!」

ユイ「ん、なんですか~?」

音無「ホームラン打つんだろ?早く飯食えよ」

ユイ「ホームラン?なにそれ?」

音無「寝ぼけんなーっ!」バサアッ

ユイ「うわああ!」ドタン!

音無「ほら、座った座った。箸持っていただきますしろ」

ユイ「そのくらい自分でできますよー」



カチャン

ユイ「あ」

音無「できてねーじゃねーかよ。ったく箸落とすとか小学生か」

ユイ「ごめんなさい」

音無「洗ってやるから、かせよ」

ユイ「先輩…」

音無「あ?」

ユイ「何かいいお嫁さんになれそうですよね」

音無「…」バキッ

ユイ「う、嘘です」




ユイ「ごちそうさまでした」

音無「皿を洗ってる間にさっさと着替えてこい。部屋から出るぞ」

ユイ「ふわーい」スタスタ

音無「(自炊なんて久しぶりにやったな…初音に飯を作ってやった以来か?)」バシャバシャ

音無「そういや…俺の記憶ってまだ全部戻ってねーんだよな」キュッ

音無「うーむ、自分のことなのに気になるが…それは後だ」



―グラウンド―

野田「ふっ…ふっ」

ユイ「何やってるんですかねあの人?」

音無「さぁ?体育祭の練習じゃね?」

ユイ「体育祭の競技に逆立ちでグラウンドで一周なんてありませんよ多分」

野田「修行の邪魔だ。退け貴様ら」

音無「そんな思いつきの修行ごときで強くなるかよ」

野田「何だと?」

音無「怒るなよ、お前に強くなる方法を教えてやるからさ」




野田「本当に玉拾いをしていれば強くなるのだな?」

音無「ああ、足腰が鍛えられてスピードが格段にアップするぜ」

野田「よし…来い!」

ユイ「(本当に先輩は人の扱いが上手いですね)」



―グラウンド外―

モットハヤクバッドヲフレヨ!

ソンナコトイッタッテ…

マダマダタリンゾ!

日向「楽しんでるな、ユイ」

日向「最近あんまり俺に構ってこなくなったけど、あいつが元気ならそれでいいか」クルッ

日向「…何で感傷に浸ってんだ俺?」

日向「これが子が親離れする親の立場ってヤツかな」

ゆり「やっぱりさみしい?」

日向「んや別に。むしろ喧嘩相手が居なくなって清々しいぐらいだ」

ゆり「無理しちゃって」

日向「無理なんかしてねぇって」

ゆり「でも最終的に、きっとユイはまた日向くんと喧嘩するようになるわよ」

日向「気休めはいいって」

ゆり「気休めなんかじゃないわ、音無くんの性格をよく考えてみて」



日向「音無の性格?」

ゆり「今彼がユイと一緒なのは、あくまで彼女を満足させるため。それは知ってるでしょ?」

日向「ああ」

ゆり「似てると思わない?天使の時と」

日向「…?」

ゆり「今まであんなに一緒に居た音無くんと天使が今じゃ他人のように話さなくなったわよね」

日向「確かに、あんまり見かけねーな」

ゆり「それは天使の目的、つまり『生徒会長復帰』が達成されたから…音無くんは天使と縁を切った」

日向「…それって単に音無は手助けをしていただけで、手助けが終わったら一切関わらなくなるってことか?」

ゆり「そういうことよ。元々音無くんは他人と関わりたがらない性格だったし、関わっても割り切れる人だから」

日向「じゃあユイの目的が達成されたら音無は?」



ゆり「ユイとは以前のように一切関わらなくなるわね」

日向「そ、そうは言っても音無は直井とか椎名とは一緒にいるぜ?」

ゆり「それはあの人達が音無くんの『懐刀』、悪く言えば『武器』になってるからね」

日向「懐刀?武器?」

ゆり「要するに直井くんや椎名さんは音無くんにとってメリットがあるってこと…だから一緒にいるの。分かった?」

日向「…ああ」

ゆり「音無くんは手助けするだけの立場だったら、何のメリットもないしね。ただ疲れるだけよ」

日向「じゃあ何で今、何のメリットもないユイの手助けをしてるんだよ?」

ゆり「知らないわよ。直接聞けば?」

日向「…そうか」

ゆり「天使は精神力が強いから、音無くんに割り切られても耐えられるでしょうけど…ユイはどうなるかしら」



日向「…!」

ゆり「今まで慕っていた人に急に割り切られたら…」

日向「くそっ!」ダッ

ゆり「…はーっ、やっと自分から動いたわね」


―グラウンド―

ユイ「いたっ」ペチ

音無「ボールをしっかり見ないからそうなんだよ」

ユイ「次、お願いします」スッ

野田「こi」

日向「タンマ!」タッ

音無「?」

ユイ「…日向先輩?」

野田「む?」

音無「何だ、お前も玉拾いにでも来たのか?」

日向「?あ、ああ」

音無「(ん?日向のはるか後ろにいるのは…)」

ゆり「…(ごめん、日向くんと代わってあげて)」グッ

音無「(ああ…そういうことね)」

音無「あー、何かダルくなってきたなー!(裏声)」



音無「すまんなー日向、俺の代わりにユイと特訓してやってくれよ(裏声)」

日向「は?」

ユイ「先輩、満足するまで協力してくれるって…」

音無「悪いな、気が変わった」

ユイ「えっ!?」

音無「(お前、気になるんだろユイのことが)」ボソッ

日向「(ち、違ぇよ!)」

音無「(本来今いる俺のポジションはお前の居場所だもんな)」

ユイ「そ、そんなのいきなり酷いじゃないですか!」

音無「うるっせーな…誰がやっても同じなんだしさぁ、別に俺じゃなくてもいいだろ」スタスタ

ユイ「…っ」

日向「(おい、まさかここで突き放すのかよ!)」

音無「(突き放すんじゃねーよ、お前と交代するってんだ)」

できる限り速度をあげていきたいと思います(.. )
とりあえず今日は此処までです

>>773
ユイ「やめなよ関根、こんなユイにもプライベートってもんがあるのさ」

これが、気になりすぎる・・・。



日向「(はぁ?お前何言って…)」

音無「野田、帰るぞ」

野田「何だもう終いか?だらしない奴だな」

音無「とりあえず、修行の続きをするならこの場から離れてやれ」

野田「ふん…なぜお前から命令されねばならん」

音無「お前とはそろそろ決着をつけたいんでな。もう少し過酷な場所で力をつけてもらわねーと困るんだよ」

野田「ほう…いいだろう。力を付け、貴様を八つ裂きにしてくれるわ」ザッザッ

音無「(これで邪魔者は消えた、と)」

音無「んじゃしっかりやれよーユイ!」

ユイ「……」

日向「何考えてんだ…音無の奴?」



―グラウンド外―

ゆり「本当に良かったの?」

音無「代わってくれと頼んだのはお前だろうが」

ゆり「本当に代わってくれるとは思わなかったけどね」

音無「やっぱり気になってたのかよ日向の奴」

ゆり「うん。何か、ユイが居ないと日向くんが凄い弱々しく見えたから」

音無「ひょっとして、俺にユイを取られたとでも思ってたのか?」

ゆり「流石にそれは無いと思うけど…ユイがあなたに惚れるかもとは思ってたのかもね」

音無「いや、惚れられても困るし」

ゆり「あなたって本当に女に興味無いみたいね。実はコレなの?」

音無「お前こそ男に興味は無さそうだが…?」

ゆり「あら、全く無いってワケじゃないわよ」

音無「…」サッ

ゆり「何で避けるのよ」



ゆり「まぁ、ほとぼりが冷めたらユイに事情を説明した方がいいわよ」

音無「もうユイと関わる気はねーよ」

ゆり「そう…じゃ後は日向くんがどれだけあの子の傷を癒せてあげれるかね」

音無「別に傷ついてはねーだろよ」

ゆり「…そこまでくると鈍感と言うより神経なのかしら?」

音無「喧嘩売ってんのかコラ」

ゆり「だって実際そうでしょ」

音無「そうもクソもこうなるように日向を誘導したのはお前だろ?」

ゆり「あら、代わるって言ったのはあなたよ」

音無「だからお前が頼んだからだろうが!芋だから耳付いてねーのか!」

ゆり「断れば良かったじゃない」

音無「kill」ピキッ

ゆり「…?」



イタイイタイ!ヘンタイセクハラバカヤンキー!

ウルセー!イイムクイダ!

ダレカァァァ!タスケテェェェ!

日向「何やってんだ…あいつら」

ユイ「…」

日向「ユイ?」

ユイ「…あ、どうもすみません日向先輩!ちょっとしめっぽくなっちゃいましたね」

日向「無理すんな」

ユイ「音無さんなんてヤンキー放っておいて早く練習再開しまし…」ガッ

ドタッ

ユイ「うう…」

日向「何で何も無いとこでこけるんだよ…やっぱ集中できてねーからだな」

ユイ「だ、大丈夫ですって!」

日向「…なぁ、ユイ。正直に答えろよ」

ユイ「?」

日向「お前音無と居て楽しかったか?」

ユイ「…はい。ちょっぴり怖い人ですけど、とても素晴らしい人です」



日向「だろうな。単なる手助けで1000回もノックに付き合ってんだからな」

ユイ「見てたんですか?」

日向「観客席からな。音無は気づいてたみたいだが」

ユイ「日向先輩は、その後どうしたんですか?」

日向「門限忘れてて速攻で寮に戻ったさ。直井の出迎え付きで」

ユイ「それじゃ私が音無先輩の部屋に行くちょっと前だったんですね」

日向「ああ…あ?お前、あの後音無の部屋に行ったのか?!」

ユイ「だって、門限過ぎて女子寮が閉まってましたから…」

日向「だからって普通、女が男の部屋に行って泊まるもんか?」

ユイ「音無さんなら絶対に大丈夫って信頼できたんですよ。日向先輩のとこも考えましたけど…」



日向「けど…?」

ユイ「おそわれそうで」

日向「襲うかっ!」

ユイ「その点、流石の音無は何もしてこないどころか私より先に寝てましたからね」

日向「そりゃ音無だし」

ユイ「まぁ、正直言うとちょっぴり拍子抜けでしたけど」

日向「何だお前、ひょっとして音無に惚れてんのか?」

ユイ「惚れてる…と言うより、私は音無さんに憧れてるんですよ」

日向「スケバンになる気か」

ユイ「そっちの方面じゃなくて…音無さんに褒めてもらいたいって気持ちです」

日向「俺がお前を褒めてやろうか?」

ユイ「日向先輩に褒められても…」

日向「生意気な奴」



日向「そもそも音無に褒めてもらうって、ちっとやそっとは無理だろ」

ユイ「でも岩沢さんは認めてもらえていました」

日向「そりゃあアレだ、あいつの音楽はNPCさえ突き動かすrock'n'roll魂があったからだろ」

ユイ「…私にはないものですね」

日向「…」

ユイ「私、今日は帰りますね」ザッ

日向「(「待て」って言いたいけど、止めれねぇよな…そんな顔じゃ)」

日向「(励ましてるつもりなんだが、いつもの元気な姿は見れなかったか)」

日向「ここはやっぱアイツに一肌脱いでもらうしかねーな」


―グラウンド外―

ゆり「バカバカバカ!もうお嫁にいけないかもしれないじゃない!」

音無「俺が貰ってやるよ」

ゆり「えっ?」ドキッ



音無「冗談だバカ。何赤くなってやがんだテメェ」ゲラゲラ

ゆり「…」ワナワナ

音無「まさか本当に俺が…」

ゆり「最っっ低!」

音無「最低最悪上等」

ゆり「もう顔も見たくないわ!じゃあね!」ズンズン

音無「いやー、人をからかうのっておもしれーな」

音無「ここいらで煙草、煙草と」スッ

音無「…」カチッ カチッ

音無「クソ、Zippo切れやがった!」

シュボッ

音無「お?サンキュー…」スパー

日向「どう致しましてだ」

音無「…あら?お前ユイとのホームランの練習はどうした?」

日向「ユイがお前の言動にショックを受けてそれどころじゃねーよ」



音無「そこをお前がフォローせんとダメだろうが」スパー

日向「俺とアイツは対等な関係だしよ。俺にフォローされたとこで何の効果もねーよ」

音無「はぁ?」

日向「アイツはお前に褒めてもらいたいんだとさ…憧れてるお前に」

音無「ユイが俺に?そんな場面は、今までこれっぽっちも無かったぞオイ」

日向「多分、自由気ままに不良やってるお前に憧れたんだろ。あいつそういう系好みみたいだし」

音無「惚れられるのはマジ勘弁」

日向「惚れてはねーみたいだから、何とかして頼んだぞ」

音無「俺はもうユイと関わる気はねーんだか?」

日向「これは俺を助けると思って『手助け』をしてくれ」



音無「断る、めんどくせー」

日向「そこを何とか頼まれてくれ!この通りだ」バッ

音無「おいおい、男が簡単に頭下げんなよ情けねーな」

日向「今回はそれほど価値があるってことなんだよ!」

音無「(そんなにユイのことが気になるならテメェで行け)」

音無「(…と言いたいとこだが)」

音無「いいぜ」

日向「ほんとか!?」

音無「ああ、ただし!」

日向「な…何だ?」ゴクリ

音無「ちょっとお前にやってもらいたいことがある」

日向「俺にできることなら何でもしてやんよ」

音無「小学生でもできることだ」



―三十分後・山中―

ゆり「待てゴルァァァ!」ダダッ

椎名「殺す」シュタタ

ひさ子「あんの野郎!首根っこから絞めあげてやる!」

遊佐(インカム)「目標、山の北東へ曲がりました」

日向「(はぁ、はぁ…クソ、音無の奴ぅ!女子のスカート捲りなんか俺にさせて楽しいのかよっ!)」ダッダッ

日向「ユイ!ぜってぇお前は憧れる相手を間違っってんぞ!」ダダッ


―学習練・屋上―

音無「『ビックリするようなことを起こせ』と言っただけで誰もスカートを巻くれなんぞ言ってねーよ」

音無「まぁ…結果的にSSSの女子の全員の脅迫用の写真が出来上がっちまった」

音無「…だいたい、何に使うんだコレ?こんなん持ってたら変態じゃねーか」

音無「馬鹿らし、全部捨てよ」バラッ



―校舎裏―

音無「(校舎の中にも、寮にも居なかった…ならここらにいるハズ…)」ガッ

音無「ん?」

ユイ「…」

音無「うおわっ?!(座敷童かよ)」

ユイ「先輩…?」グスッ

音無「だらしねぇ、泣いてんのかよ」

ユイ「な、泣いてなんかないです!」ズビッ

音無「こんな薄暗いとこで泣いてんじゃねーよ。来い」グイッ

ユイ「うわっ!」


―グラウンド付近―

ユイ「ちょっと、どこまで連れて行くんですか?」ズルズル

音無「ホームラン練習の続きだ。そんでホームラン打ってお前が満足したら次こそ本当に終わりだ」グイグイ

ユイ「もういいですよ…どうせ打てないんですから」

音無「たわけもんが」デコピン

ユイ「痛ったーっ!」



音無「おれは最初から何もしねー奴が大嫌いだ」

ユイ「…」ショボン

音無「が、下手でも努力くる奴は見ていて嫌いじゃねー…かもな」

ユイ「!」

音無「バッドとボールは置きっぱなしだよな?」

ユイ「…勿論です!」


―グラウンド―

音無「じゃ、始めっぞオラァ!」

ユイ「押忍!」

音無「オラァ!」ビシュッ

ユイ「せいっ!」スカッ

音無「ウルァ!」ビシュッ

ユイ「はあっ!」スカッ

ビシュッ スカッ
ビシュッ スカッ
ビシュッ スカッ…

――


カァーカァー

音無「そろそろ打てっ!」ビシュッ

ユイ「ていっ!」カキン

音無「おっ!…ヒットだ!」

ユイ「や、やったぁ…!」

音無「あと一押しだ、まだイケるな?」

ユイ「先輩こそ」



ユイ「(やっぱり先輩と居ると、楽しい…けど)」

音無「…どうした?」

ユイ「もし私がホームラン打っちゃったら、先輩はもうユイとは関わらないんですよね?」

音無「そういうのはホームランを打てるポテンシャルを兼ね備えてから言え」

ユイ「はい」

音無「そろそろ視界が悪くなって来た。これでダメだったら次に持ち越しだ」

ユイ「(これ以上、先輩に迷惑をかけるわけには…)」グッ

音無「ほらよっ!」シュッ

ユイ「(いかないんだ!)」カキーン!

音無「おっ?こいつは来たか!」

ユイ「お願い!スタンド枠に入れっ!」

ヒュルルルル

スコーン!

ユイ「…あれは入ったんですかね?」



音無「(惜しかったな…スタンドに入ってはいるがあの位置じゃファールだ)」

ユイ「ねぇ先輩!入りましたよ!ついにやりました!」ピョンピョン

音無「ああ…ホームランだ(でも言えねーよなぁ)」

ユイ「ついに叶ったんだ…私のやりたかったことが、全部」

音無「…フッ、まぁあんだけやってりゃな。どんなヘタクソでも一回は入る」

ユイ「え?」

音無「でも、よくやったなユイ。おめでとさん」ワシワシ

ユイ「(やった…やっと先輩に褒めてもらえたんだ)」

ユイ「先輩…ありがとうございました」ペコリ

音無「今どんな気分だ?」

ユイ「そりゃ、とっても満足です。今にも天に昇る気持ちです」

音無「成仏はしねー…って約束だったよな?」



ユイ「はい、大丈夫ですよ。約束はちゃんと守りますから!」

音無「お前は目的が達成されても成仏はしないと言った…じゃこれから何に捕らわれてこの世界で生きていくんだ?」

ユイ「…それは」

音無「やりそこねたプロレスか?」

ユイ「いえ、それはもう諦めがつきましたから」

音無「なるほど…なら事実の完成だな」

ユイ「事実?」

音無「お前との特訓期間の時、偶然この世界じゃ未練の無くなった奴はすぐに消えてしまう…ってのを知ったんだよ」

ユイ「…」

音無「じゃあ、お前が最初言った『やりたいこと全部やって満足しても絶対に消えない』と言う発言に矛盾が生じる」

ユイ「矛盾?」

音無「口では絶対に消えないとか言っておいても、未練が消え幸せな気分になればお前の意志に関係なくお前は消える」

>>805
次の台詞がユイなのでひさ子の間違いです。ご指摘ありがとうございました



音無「要するにテメェには、まだ何か未練があるってことだよ」

ユイ「流石に先輩を誤魔化すことはできませんでしたね」

音無「たりめーだ」

ユイ「確かに、まだ一つだけありますよ…未練が」

音無「あえて聞いておくが何だ?」

ユイ「こればっかりは、もうどうしようもないんですが…」

音無「どうしようもないならないでいいだろ。その未練をやったら今度こそお前消えちまうだろうし」

ユイ「…教えてますね」

音無「おい、まさかとは思うが…」

音無・ユイ「「結婚」」

音無「とか言うなよ…」

ユイ「あ」



音無「やっぱしなぁ…」

ユイ「分かっちゃいましたか」

音無「だいたい最終的に行き着く女の夢ってのは『綺麗なお嫁さん』だしよ」

ユイ「うん。女の究極の幸せだよね…綺麗なお嫁さん」

音無「結局何だかんだ言っておきながらテメェも普通の女の子だったわけか」

ユイ「そうだよ…ユイだって普通の女の子だったんだよ。神様に幸せを全部奪われるまでは」

音無「シアワセねぇ」

ユイ「先輩が前に言ったとおり、こんなお荷物…誰が貰ってくれるかな」

音無「(こういうシリアスなシチュエーションって苦手なんだよなぁ…)」

ユイ「ねぇ、先輩」

音無「(漫画だとここらで日向が『してやんよ!』って颯爽と登場してくれるものだが…)」



―その頃の日向―

日向「だ…だれか…音無を…音無を…俺じゃない…音無だ」ズルズル

ゆり「はぁ?確かに音無くんは無神経な最低大バカクソヤンキーだけどスカート最低な真似は絶対にしないわ!」

ひさ子「同感だ。イラつく奴だが最低限の礼儀はわきまえてる奴だ」

椎名「音無をナメるなよ貴様…観念するんだな」バキボキ

遊佐「ご愁傷様です日向さん」チーン

日向「だぁぁれかぁぁっ!助ぁぁすけてくれぇぇぇっ!!」


――

音無「(何やってんだ日向は…今が一番来なきゃいけねー時じゃねーのか?)」

ユイ「先輩は私を貰ってくれますか?」

音無「あくまでもお前にとって俺は憧れの対象であってソッチの対象じゃなかったハズだ」



ユイ「…」

音無「おい」

ユイ「いえ、憧れだけじゃないです」

音無「?」

ユイ「先輩は私にとって特別な人です」

音無「特別?」

ユイ「…はい」

音無「特別って何だ?」

ユイ「あ、あの…」スッ

音無「なぜ急に目線を下げる?」

ユイ「その…」

音無「(いきなりモジモジしやがりやがった…おもしれぇ奴)」

音無「日向はどうしたんだよ?」

ユイ「日向先輩は私から見たらお兄ちゃんみたいな存在で…死ぬ前に出逢えたら良かったなと思う人です」

音無「ああ、そうか。俺もそう言う意味で言う特別ってことか」

ユイ「…」

音無「…」

ユイ「……」

音無「(何か言えよ)」



ユイ「もし仮に…」

音無「あ?」

ユイ「家事も洗濯も一人じゃ何にもできない女から好きだと言われたら、どうしますか?」

音無「そりゃ、振r…」

音無「(…その条件って全部お前に当てはまってるな。試してんのか?)」

音無「(ここは慎重にセリフを選ぶべきか?それとも…)」

音無「…(あー、考えんの面倒くせぇからもうまんまでいい)」ザッ

ユイ「先輩?」

音無「てかよー、ぶっちゃけそれお前のことじゃん?」

ユイ「あ…。うん」

音無「そもそも何でお前来世も身体動かせねーって決めつけてんの?」

ユイ「それは…」

音無「生まれかわった来世も身体が不自由なんて考えじゃねーよ。もっと前向きに考えろ」



ユイ「前向きだなんて無理だよ。また身体が動かせなくなったら怖いし」

音無「不安になりそうな時は俺を呼べ。ぶっ飛ばして一喝してやっから」

ユイ「呼べって…無理だよ。絶対に会えませんよ」

音無「だったら俺を探してみな。そん時、もしまた会えたら力になってやる(…覚えてたらの話だがな)」

ユイ「…家から出られない状態だったらどうするんですか?」

音無「さぁな」

ユイ「?」

音無「俺は来世でお前が動ける身体になってるってこと以外は眼中にねーから」

ユイ「ぷっ…何ですかそれ、極端ですね先輩は」クスッ

音無「まぁ、もしどうしても動けない身体だった時はお前の母ちゃんに散歩でも連れてってもらえ」



音無「そこでバッタリ、なんてのも有り得なくはねーかもよ?」

ユイ「そうですね…でも、またお母さんに頑張らせちゃうかも」

?「なーに言ってんだよ」

音無「ん?」クルッ

ユイ「日向先輩…」

日向「俺もいるだろ?」ボロッ

ユイ「なんでそんなにボロボロなんですか?」

日向「ちょっとしたゴタゴタに巻き込まれてな」

音無「テメェ遅ぇぞコラ」

日向「音無には後で話があるとして、まずはユイだ」

ユイ「どうしたんですか?」

日向「お前がしっかり音無に自分の気持ち言えてんのかどうか心配になってきたんだよ」

ユイ「ちょっ!」

音無「…話が見えんな。心配?ユイの気持ちって何だ?そりゃ俺に憧れてたってことか?」



日向「そっちは違ぇーよ、何だ知らなかったのか?」

音無「?」

日向「全く音無くんは鈍感だなぁ」ハハ

音無「嵌めるぞテメェ」

日向「だってさぁ、ユイってばお前のこと好きなんd」

ユイ「…」ガシッ

日向「ん?何だユイ?」

ユイ「どおりゃぁぁーっ!」ブンッ

日向「ふごおっ!!」ドシンッ

音無「ジャーマンスープレックス…お前いつの間に?」

ユイ「バットを何回も振ってる内に結構力がついてたみたいです」

音無「へぇ…」

ユイ「…ひょっとして、さっき日向先輩が言おうとしたこと聞こえましたか?」

音無「大体は」

ユイ「そっか、ならもう隠す必要もないですよね」

音無「お前…俺がそういう色恋沙汰に興味はねーって知ってんだろ」



ユイ「確かにユイにゃんは魅力的ですが、今の先輩を落とそうなんて考えてませんよ」

音無「あ?誰が魅力的?」

ユイ「来世で元気な身体で先輩に会って、その時こそまた」

日向「イテテ…んだよ、ちゃんと言えてんじゃねーか」スクッ

ユイ「日向先輩にも、いろいろと相談に乗ってくれてありがとうございました」

日向「気にすんな。それより…お前来世って」

ユイ「今度こそもう未練は無い、かな」

音無「…消えんのか?」

ユイ「消えるんじゃないよ。次こそ報われた人生を送りに行くんです」

音無「良いこと言うなテメェ」グリグリ

ユイ「痛い痛い!」



音無「ま、未練がなくなったってのにいつまでもこの世界に縛りつけておくってのもねーわな」

日向「次、来世で俺達に会ったら真っ先に声かけてこいよ」

ユイ「どっちかと言うと日向先輩は私のお兄さんとして来世で会いたいです」

日向「…お兄さんか、お前の母さんの負担も減らせるし悪くねーかもな」

ユイ「音無さんもできれば、また飾らないあなたのままで会いたいです」

音無「分からんな。悪さしまくってたから生まれ変わったら善人にされてるかもだぜ」

ユイ「大丈夫ですよ、先輩はそんなに悪人じゃないですから」

日向「いや結構な悪人だぞ」

音無「テメェは一言多いんだよ」

ユイ「ふふっ」

音無「何笑ってやがる」



ユイ「また次も二人の絡む姿を見たいなと思って」

日向「あんまり俺に迷惑かけんじゃねーぞ音無」

音無「弾き飛ばすぞ」

ユイ「…それでは、ユイにゃんは一足先に行ってくるであります」

日向「ああ。元気でな」

音無「またな」

ユイ「音無さん」

音無「ん?」

ユイ「先輩も早く、この世界で自分の未練を見つけてみてください…きっと楽しい嬉しい気持ちになりますから」


――


日向「いったな…」

音無「まさか最後にアイツに説教されるとは思わなんだ」

日向「やかましかったが、いざいなくなってみると寂しくなるな」

音無「やっぱりお前がユイのこと一番心配してたんじゃねーか」

日向「ち、違ぇよっ!」



音無「分かってたことだし今更否定すんなよな」

日向「別にそんなんじゃねーよ!」

音無「その顔、実に滑稽だな。ボロボロ感が更に滑稽さを引き立ててるぞ」

日向「あ!お前、よくもスカート捲りなんてさせてくれやがったな!」

音無「誰もスカート捲りをやれなんて言ってねーよ」

日向「その他にもあれやこれやでおかげでコッチは死にかけたんだからな!」

音無「お前、それユイが居る前で言わなくて良かったな…聞かれてたら軽く失望されたんじゃね?」

日向「ったく、もういい。今日はゆりっぺ達に見つからないように帰るが先だ」

音無「精々見つかんなよ」

日向「おう、あばよ」スタスタ

音無「」

ここまでで四分三くらいまで終了です
それではまた(.. )



音無「…」

日向「お前も早く帰れよー!」スタスタ

モゾモゾ…

音無「…黒い霧?いや、違うな」

モゾモゾ…

音無「何だあれ…?」

モゾモゾ モゾモゾ

音無「おい、日向!後ろだ後ろ!」

日向「何だ…っておわっ!?何だ、この黒いの!」

音無「ちっ、離れてろ!」シャキンッ

影「…」モゾモゾ

音無「おらっ!」ズバッ

影「!」シュゥゥゥ…

日向「き、消えた?」

音無「今の黒い物体、明らかにお前を喰おうとしてみたいだが…お前、何かして恨まれてんのか?」

日向「それは…ない(多分)」

音無「じゃあ、死後の世界だけに現れる新種の獣じゃねーか?」

日向「でも、あんなん今までいなかったぞ?」

音無「誰かが意図的に放ったっては?」

日向「いやいやあんなの飼う場所ないでしょ」



音無「とりあえずお前はもう帰れ」

日向「おい、一人にしないでくれよな」

音無「バーカ!テメェも男なら一人で何とかしろよな」

日向「武器も装備ねーのにあんなバケモンどうしろってんだ!」

音無「チッ、仕方ねーな。ならこれ持っとけ」ポイッ

日向「おっと」パシ

音無「取り扱いには十分に注意しとけよ。当たれば跡形もなく消し炭になるぜ」

日向「そんな物騒なヤツ持ってたのか」

音無「前にゆりからパクった銃を遊佐から改造してもらったんだよ」

日向「お前、前から思ってたんだけど顔が広いな。いつの間に遊佐とコンタクト取ってたんだ?」

音無「まぁ色々とあってだな。俺のために命を張れる輩はいるっつーことだよ」



日向「そ、そうか(まさかな)」

音無「じゃあお前は帰れ。さっきみてーな黒いのに食われねーうちにな」

日向「おう。サンキュな、そんじゃ今度こそまたな」スタスタ

音無「ああ」

音無「…さて、と」

音無「俺も今の内にユイのギターを回収しにいきますかね」ザッザッ


―学習練・空き教室―

音無「ふーんふーん♪…ん?」ガララッ

関根「あ」

音無「…おいおい、お前今何時だと思ってんだよ。早く帰れ」

関根「今、ひさ子先輩に反省日誌を書かされてるんだよぉ。それより音無さんはどうしたんですか?」

音無「まぁちょっとな、野暮用だ」

関根「野暮?ってどういう意味だっけ」



音無「よっと」スッ

関根「ユイのギターじゃん?持ってっちゃうんです?」

音無「おう。岩沢のギターと一緒に飾ろうかって思ってな」

関根「岩沢さんのギターと…?あの、それってもしかしてユイが」

音無「何だお前。どんくさそうな割に勘がいいな」

関根「えっ!?まさか本当に?」

音無「最期にゃ良い顔してたぜアイツ」

関根「どうしてユイが…ガルデモのみんなは知ってるんですか?」

音無「知るわきゃねーだろ。ついさっきいっちまったばっかなんだしさ」

関根「…」

音無「怒ってるか?まぁ俺が消しちまったことは事実だし、ビンタくらいは受け入れてやる」



関根「いや、きっとユイが自分で満足したってことなんだから…責めたりするわけないですよ」

音無「そりゃどうも」

関根「事情を話せばみゆきちもきっと許してくれるよ…でも」

音無「問題は…」

音無・関根「ひさ子(先輩)か」

関根「特にひさ子先輩は音無さんを敵視してますからね」

音無「説得する前にぶっ飛ばされるな」

関根「確かに、ひさ子先輩のゲンコツは痛しなぁ…」

音無「いや、俺が心配してんのはとっさにカウンターして逆に殴っちまうかもってことだ」

関根「どんだけ強いんだよ」

音無「てなわけでユイのギターは持ってくぜ」スタスタ

関根「よろしく頼みますね」



―男子寮前―

音無「フッ、今日は何か色々あったしよく眠れそうだな」

音無「…ん?」ピタッ

奏「…」

音無「男子寮に座り込んでるお嬢さん」

奏「あなたを待ってた」スクッ

音無「もう女子寮に鍵がかかる時間だが、帰らなくていいのかいチミ?」

奏「大丈夫…多分」

音無「で、用は?」

奏「…これ」スッ

音無「何だこれ?メリケンサック?」

奏「あの子を成仏させてくれたお礼」

音無「…ユイを成仏させた件か?」

奏「うん。あなたのおかげであの子はきっと報われた気持ちになった」

音無「何でお前が礼を言う?」

奏「私はここに来た人達に報われた気持ちになって成仏してもらいたいから…」



音無「あーあ、結果的に手伝いしちまったワケか」

奏「だからお礼を渡しににきたの」

音無「お礼が何でメリケンサックなんだよ?チョイスおかしいだろ」

奏「あなた好きそうだったから」

音無「あ、そう。まぁいいや、手軽だしあのヘンテコな奴が出てきたらこれで」

奏「…ヘンテコな奴?」

音無「おっと、お前には関係ねー話だ。じゃあな」スタスタ

奏「…」

音無「まぁ、ひょっとするとお前がってのも考えられなくはない」ピタッ

奏「私は何も」

音無「俺もお前が無意味なことするたぁ思えんが、じきに分かることだし」

奏「…何か隠してる?」

音無「さぁね?」スタスタ スタスタ

ガーッ、ピシャン

奏「(…調べてみよっと)」



―天使エリア―

奏「結弦が言ってたように…何かがこの世界で起き始めてる」カタカタ

ギャギャギャ…

奏「(五月蝿いな、誰なのかしら?)」


―音無の部屋―

ギャギャギャギャギャ♪

ドギャギャギャギャギャ♪

音無「うっひゃ、ユイの野郎こんなに良いギター使ってやがったのかよ」ギャギャ

音無「16ビート!…なんつってなぁ!」ギャギャギャ

ガチャッ

音無「あーん?!」ギャギャギャギャギャ

日向「あの、音無…今は午前3時だぜ?」
音無「え?何?聞こえない?」ギャギャ

藤巻「バッカヤロウ!寮中にお前のギターが鳴り響いてみんな迷惑してんだ!」

音無「ん?なんて?」ギャギャギャ

日向「ギター弾くの止めろ!っていつからお前そんなに上手くなったんだよ!」

ちょっと開いてましたが、保守してくれつたお方々どうもです(..)



―1階・渡り廊下―

直井「どうしたんですか音無さん?その真紅に染まった目は」スタスタ

椎名「指もボロボロだな。誰かに襲われたなら仕返しに行くか?」スタスタ

音無「気にするなや」スタスタ

奏「ギターの弾きすぎ」スタスタ

音無「そうかもな…」ピタッ

音無「で、テメェはどうしてミー達と一緒に居るんだろうかなぁ?」

奏「私は部屋に帰ろうとしてるだけ」

音無「(コイツ、まさかとは思うが俺が部屋に侵入しようとしてるの感づきやがったのか?)」

ピンポンパンポーン

「生徒会長の立華奏さん、至急生徒会室まで来てください。繰り返します」

奏「?」

椎名「ゆりの声か?」

音無「早く行けよ。あいつ待たすとまたキレんぞ(ラッキー!)」



奏「分かった」テクテク

音無「さいなら」

音無「…よし、行ったな」

音無「イッツ・チャンス」ダダッ

直井「ちょっ、どこに行くんですか音無さぁん!」

音無「お前らも来たけりゃこい!」

椎名「女子寮の方向?」


―天使エリア―

カタカタカタ

カタカタカタ

音無「チッ、てっきりまたコイツのPCから派生したモンかと思ったんだがな」

椎名「…影、か」

直井「でもその影ってもう音無さんが倒しちゃったんじゃないんですか?」

音無「最初はそう思ったが、どうやら奴は一つだけの存在じゃないらしい」

椎名「二つ目を倒したのか?」

音無「一つを野田が倒した、ってのは校長室に設置してある盗聴器でゆりから聞いた」



直井「いつの間に盗聴器なんてセットしたんですか?」

音無「この世界に来て二日目」

直井「流石音無さん。用意周到ですね」

音無「因みに俺が話した全ての人の部屋に一個ずつ設置してあるからな」

直井「え…それって一体どんくらい前から…」

音無「そういや、椎名は下着じゃなくてサラシ派なのか」

椎名「貴様ッ!」

音無「因みに直井は『※%#』で」

直井「うわぁ!言わないでください!」

音無「椎名とゆりのサイズは結構いい勝負だったが、安心しろ。お前の方がナイスだから」

椎名「…」ピキッ

音無「なーんて冗談だよ冗談!(じゃねーけど)」

直井「何だ脅かさないでくださいよぉ」



椎名「…もし本当だったら失望するところだったぞ」

直井「本当にですか?」

音無「下手な詮索はナンセンスだ。それにここにもう用はねー、引きあげだ」

椎名「…」ジー

音無「何だよそのジト目は」

椎名「何かにおうな」

音無「そうか?ブラックストーンの良い香りだと思うが」クンクン

椎名「そっちじゃない。お前の心だ」

音無「だーからね、詮索はいかんとですよ」

椎名「私の目をよく見ろ」

音無「…あ、影!」

椎名「なにっ!」

音無「なわけねーだろ」ダダッ

椎名「貴様やはり…!逃がさん!」ダッ

直井「…」

直井「…行ってしまった」

直井「気乗りしませんが追いますかね」



―女子寮・廊下―

音無「邪魔だゴルァ」ドカッ

メガネ「うわあっ」ドシャッ

音無「(丁度いい、このメガネを踏み台に使って窓から…)」ガララッ

椎名「(む…窓から逃げる気か?)」

音無「とうっ」バッ

メガネ「ぐえっ!」

椎名「なめるな。そんな芸当は私にもできる」バッ

メガネ「ぐえぐえっ!」

直井「…」タッタッタッ

直井「…」ゼーゼー

直井「まるで忍者だな」


―生徒会室―

ゆり「本当に何もしらないのね?」

奏「知らない」

ゆり「部屋を調べさせてもらってもいいわね?」

奏「どうぞ」

ゆり「竹山くん、お願い」

竹山(インカム)「…ゲホッゲホッ」

ゆり「あれ?竹山く…」



ガッシャーーン!

ゴロゴロゴロ

ゆり「今度はなによ!?」ガタッ

音無「痛ってぇ…流石に女子寮からダイブしてくんのは無理あったか」ガシャッ

ゆり「いや、普通にガラス突き破って入ってきて『痛ってぇ』だけで済まさないでよ」

奏「何してるの結弦?」

音無「椎名のヤツは撒けたかな?」

ゆり「椎名さん?」

音無「おっと、何でもねーよ。それよりテメェはコイツに何を尋問してやがったんだ?」

ゆり「別に何でもないわよ」

音無「おいおい、しらばっくれるなよなぁ?影のことは知ってるんだぜ?」

ゆり「…なーんだ。知ってたの」

音無「日向の野郎から聞いてなかったのかよ?」

ゆり「日向くんの名前を出さないで」



音無「昨日の件まだ根に持ってんのか」

ゆり「昨日の件?」ピクッ

音無「あ」

ゆり「どうしてあなたが知ってるのかしらね?」

音無「日向から聞いたんだよ」

ゆり「何か怪しいわね」

ピリッ

音無「…おい、今何かが切られる音がしたぞ?どっかで戦闘勃発中だぜ」

ゆり「何言ってんの。はぐらかそうたって…」

バァァン!

音無「ほら見ろ」

ゆり「耳良すぎでしょ!」

奏「外、見て」ザッ

音無「ほー…影が一杯だ」

ゆり「何であんなに…」

音無「ククッ、だんだん面白くなってきやがったな」スタスタ

ゆり「ちょっとちょっと何処行くの?早く援護に行かないと!」

音無「勝手にやってろ」



ゆり「はぁ?」

音無「俺は自分が危ない時にだけ戦う」

奏「……」

ゆり「あなた、そんなんじゃロクな死に方しないわよ?」

音無「いや死んでますから」

ゆり「…いいわ。あなたには頼らない」

音無「やけに素直に引き下がったな」

ゆり「これでも音無くんの性格は分かってるつもりよ」

音無「皮肉か?」

ゆり「さぁね?じゃ私は出るから」ダッ

音無「おい、そっちは出口じゃな…」

ゆり「ふっ」バッ

クルクルクル スタッ

タタタタタッ

音無「…やるじゃん。で、お前はどうする?」

奏「私も、出る」スタスタ

音無「行ってらっさい」

奏「あなたは本当に来ないの?」

音無「俺が居なくてもお前が居りゃ何とかなるだろ」



奏「あなたが来たほうが効率的だと思うけど?」

音無「相変わらず理論的なヤツだ。お前と口論して勝てる気はせん」スタスタ

奏「どこに行く気?」

音無「俺と話してる暇があったら早く行ってやれよ」

奏「…」

奏「…」ダッ

音無「(感づかれずに済んだ、か)」

音無「そんじゃ…面倒くせーが、この馬鹿げたパーティーの主催者を探しに行きますかね」ザッザッ


―校舎裏―

ザッザッ

遊佐「お待ちしていました音無さん」

音無「例のモンは?」

遊佐「用意できています。どうぞ」スッ

音無「よく作れたもんだな」パシ

遊佐「作れと言ったのはあなたです」

音無「わーってるよ。あの銃を改造してくれたのもお前だしな」



音無「ちゃんと感謝してるってーの」

遊佐「別にお礼はいりませんよ」

音無「しっかしお前も変わったヤツだよなー、普通こんなヤンキーみたいな野郎に頼まれて無料でホイホイ作るか?」

遊佐「作ったのは私じゃなくてギルドの方々ですから」

音無「でも設計図書いたのはお前じゃねーの?」

遊佐「…私は人の役に立てればそれで結構ですので。それでは」スタスタ

音無「(確かにあいつだけは初対面の俺を見て嫌な顔をしなかった気がする)」

音無「しっかし影感知器の設計図なんてホントどーやって作ったんだよ」

音無「ま、試して見るか。まずはグラウンドから…」ピッピッ

音無「グラウンドに反応ゼロってことは、あいつら片付いたのか」



音無「まぁいい、まずはパーティーの主催者を見つけるのが先決だ」

椎名「見つけた」

音無「いや、まだ見つけてない…ん?」

椎名「また会ったな」ズン

音無「…お前、グラウンドにいる影の迎撃はどうした?」

椎名「私はお前の仲間だ。お前の指示で動く」

音無「(くっそ…これからだってのな、余計なこと言わなきゃよかったぜ)」

椎名「覚悟はいいか?」スチャッ

音無「…いいさ。この際だ、完全に服従させてやるよ」シャキンッ!


―翌日・渡り廊下―

音無「…」スタスタ

椎名「…」スタスタ

ゆり「あ、音無くんと椎名さーん!…ってどうしたのその痣?」

音無・椎名「影にやられた」

ゆり「そ、そう。多分今日中にに治ると思うけど…」



?「音無さーん!」

音無「…!。日向、直井、テメェら生きてたのかよ」

直井「勿論でございます」

日向「何回か影に襲われたが、お前に昨日貰った銃が役にたったぜ」

ゆり「それはよかったわね」

日向「ゲッ、ゆりっぺ!」

ゆり「悪いけど今はあなただけに構ってる時間は無いわ。とりあえずみんな今夜体育館に来てもらえるかしら?」

直井「どうします音無さん?」

音無「直井、椎名、日向…お前ら俺の代わりに行っといて」

ゆり「あなたに司会をしてもらいたいんだけどね」

音無「やだよ面倒くせ」

ゆり「あなたにとっても影は嫌なものなんでしょ?」

音無「俺は一人でどうにかできる。話し合う間でもねーよ」

ゆり「そう、なら仕方ないわね」

音無「…いや待て、一言だけ言わせろ」



―夜・体育館―


ザワザワ

ヒソヒソ

SSS男A「何で音無の野郎が…」ヒソヒソ

SSS女A「ねぇ、見てよあの殺人鬼みたいな顔」ヒソヒソ

音無「えー、じゃあまずは俺様の話を聞けクソムシ共」

ザワザワ ヒソヒソ

音無「…」ブンッ

バキベキバキイィィッ!

音無「…静かに」


シーーーン


日向「(カカトで床を叩き割るとかどんだけだよ)」

音無「俺のこと良く思ってねー奴らもいるかもしれねーが、よく聞け」

日向「…」ゴクリ

音無「この世界に異変を起こした奴は俺が潰す!だからテメェらはテメェらは手だすなよ?以上!」

日向「あら」ズルッ

藤巻「な、何だよそれ!」

野田「貴様ふざけるてるのか!」



ゆり「(…首謀者は自分で見つけるってことなのかしら?でもどうやって)」

音無「じゃあ俺は帰るんで」スタスタ

ゆり「あ、うん。ありがと」

音無「けーるぞ」ザッザッ

椎名「ああ」ザッザッ

日向「帰りますか」ザッザッ

直井「はい。…いや、待て貴様」ガッ

日向「何だよ?」

直井「貴様いつから音無さんの仲間になった?」

日向「そんなん最初からに決まってんじゃねーか」

直井「とか申しておりますが?」

音無「好きにしたらいい」

日向「お、マジか」

直井「なっ…」

椎名「(いつもの音無なら『冗談じゃねぇ』とか言いそうなものだが…)」

音無「(コイツに借してる銃は使えるからな)」



―外―

椎名「今日はこのまま解散か?」

音無「いや…これから首謀者の居る場所、叩くぞ」

日向「場所は分かってんのか?」

音無「一つだけ、影が一点に超集団で集中してる場所がある…恐らくそこだ」ピ

日向「何だそれ、GPS?」

音無「影感知器」

直井「感知器って、そんなハイテクなもの一体どこで…」

音無「この場所から…あっちか」ダッ

椎名「図書館の方角か」


―図書館―

ガチャッ

椎名「…」ソーッ

椎名「…」キョロキョロ

椎名「(いいぞ)」チョイチョイ

ダダダッ

日向「…何もいねーな」ダッ

音無「だが、確かに感知器には、この場所に影が集中している」

直井「地下なんてあったりして?」

日向「まさか」

音無「…!」

どうも。今日は此処までです(..)



音無「ありえなくは無い」

日向「ええっ!?」

椎名「確かに。天井に丸々部屋が一つあるとは考えずらいな」

直井「とりあえず地面をくまなく探しましょう」

音無「いや、そんな面倒くせーことする必要はねーよ。おい日向」

日向「ん?」

音無「今あの改造銃持ってるだろ?あれちょっとよこせ」

日向「おいおい…まさか」

音無「地面に向かってぶっ放つ」

日向「音無が一番威力を分かってるだろ?下手すりゃ自分も吹き飛ぶかも知んねーぞ?」

音無「なめんなよ、飛ばねーよ」

日向「…分かった。そう言うなら任せたぜっ」スッ

音無「お前らは外に出てろ。巻き添え喰らうぞ」パシ

椎名「その銃がどれだけすごいかは知らんが、死体になって出てくるなよ」

音無「ないない」



―外―

日向「本当にあいつ大丈夫か?撃った瞬間じゃ逃げれねーだろ」

直井「貴様ちょっとは音無さんを信じたらどうだ?」

日向「あのな、俺は心配して…」

椎名「お前達は自分をしろ。一歩間違えば私達にも被害が来る可能性だって無いことは無い」

日向「…一応耳をふさいどくか」

直井「そろそろですかね…」

椎名「……」

カッ

椎名「(来る!)」

椎名「伏せろお前達!」バッ

日向「えっ?あ、あ」バッ

ガッシャアァァン! ガシャッバリィン!
ドドドッ! ガシャガシャッ!

椎名「なんて爆音だ…」

ガシャガシャン!

日向「うおっ!図書館の窓が全部吹き飛びやがった!」

直井「これ本当に音無さん大丈夫なんですかね?」

椎名「行くぞ、中に入る」ダッ

日向「おいおい、今行ったら危ねーんじゃねぇか?」

直井「音無さぁん!」ダッ

日向「あ、待てよお前ら!」ダッ



―図書館内―

ガシャッ

音無「ったく…遊佐のヤツ危ねーもん作りだしやがって」ゲホッ

音無「まぁ頼んだのは俺なんだけど」

ダダダッ

椎名「音無、大丈夫か?」

音無「ああ、生きてるぜ。死んでるが」

日向「煙で見えねーけど、見えてるのか?」

直井「僕にも見えませんね」キョロキョロ

椎名「こっちだ」ザッ

日向「お、居た居た。お前本当に大丈夫だったか?」

音無「流石に爆風は無理だったわな。ま、この通りピンピンしてるがな」

日向「俺はますますお前の生前が気になってきたよ…」

椎名「それは一理ある」

音無「俺だってお前の過去知らねーよ」

椎名「昨日の夜、話しただろ?」

音無「えっ、あれ本当に過去だったのか?てっきりお前がギャグに目覚めたとばかりに」

椎名「…あさはかなり」

直井「音無さん」

音無「あ?」

直井「ありましたよ、地下通路への道」



音無「ヘッ、ビンゴってワケか」

日向「まさか本当にあるとは…」

直井「だから言ったのだ。神の言葉を信じろ愚民」

日向「まーた、神とかそんなこと言っちゃってるのか」

直井「何だと?」ジロ

椎名「よせお前ら。今からはもっと熾烈な戦闘が待ってる。無駄に体力を使う真似をするな」

日向「…おう、分かった」

直井「フン」

日向「しっかし椎名は、よくまぁ話すようになったな」

椎名「そうか?」

日向「音無と会う前までは喋る事自体がほとんど無かったのに」

椎名「あまり自覚は無いんだが…」

音無「俺と居りゃ嫌でもコミュニケーション能力が成長するだろよ」

日向「やっぱりお前の影響か」

音無「と、まあお喋りは此処までだ…準備良いか?」

直井「僕はいつでも大丈夫ですよ」

日向「俺も行けるぜ」

椎名「ああ」

音無「よし…ちょっとその前にと」

日向「行かねーのか?」

音無「一人一本吸ってけ」スッ



日向「煙草?」

音無「お前生前吸ったことあんだろ?」

日向「まぁ、一応」

直井「僕はありませんよ」

音無「別に吸わなくてもくわえる仕草だけでいい」

椎名「出発式みたいな物か?」

音無「そんなトコだ。…お前ら全員加えたな?んじゃ火ぃ渡すぞ」

日向「(にしても煙草なんていつ以来だろうな)」シュボッ

直井「(中身はなるべく吸わないように仕草だけ…)」シュボッ

椎名「(煙草か…初めてだな)」シュボッ

音無「最後に俺だ」シュボッ

日向「…ウマい」

椎名「香りもいいな」

直井「(苦しくならない?)これは…咳き込まない煙草ですか?」

音無「ちょっと特殊な煙草だ。そこらで売ってる安物とはワケが違う」スパー


―五分後―

音無「全員吸い終わったな?」

日向「おう」

直井「煙草ってのも悪くないですね」

音無「じゃ、地下に下るぜ」ザッザッ

日向「ちょっと緊張してきたな」ザッザッ

椎名「今更臆してるのか?」



日向「そりゃあ、この先には沢山敵が居るワケだし」

直井「情けない。それでも音無さんの仲間か?」

音無「おい日向」

日向「ん?」

音無「おらよ」ポイ

日向「おっ、と」パシッ

日向「…これは?」

音無「さっきの改造銃の弾が切れちまったから、もう一つの改造銃だ。流石にさっきより威力は劣るが」

日向「いいのかよ?」

音無「俺は白兵戦じゃ天使にすら勝るってこと忘れたか?」

日向「…そうだったな。じゃ、ありがたく使わせてもらうぜ」

直井「音無さん、僕にも何か」ワクワク

音無「あ?もう手持ちがねー…くはないな」ゴソゴソ

直井「お願いします」ワクワク

音無「ほら」スッ

直井「これ…は?」

音無「使いこなせりゃあ、十分お前の力になるさ…難しいだろうが」

日向「にしてもどうする?この破壊した跡は?」

音無「明日にゃ自然に治ってるさ」


―ギルド連絡通路B1―

日向「ここってまさか」

直井「そうですよ」

音無「これで三度目の…」

椎名「ギルドだな」



日向「またかよっ!」

音無「それでもまぁ、あの無数の天使の大群を相手取るよりマシなんじゃね?」

日向「得体の知れない奴よりはだいぶ天使のがマシだと思うぞ…」

ズズズ… ズズズ…

影A「…」ズズ
影B「…」ズズ
影CDE…「…」ズズ

音無「ほら、そう言ってるそばから敵さんのご登場ーっ♪」

日向「何でそんな軽ノリなんだよ!」

椎名「来るぞ」チャキ

直井「(この武器…本当に僕に使いこなせるだろうか?)」


―地上・図書館内―

ゆり「…なに、この有り様は?まるで何かが爆発したような後ね」

ゆり「(せっかく敵の本拠地を見つけたと思ったのに、まさか先手を打たれたの?)」バン!

ゆり「…!。これは煙草の吸い殻?」

ゆり「煙草の吸い殻…しかも四つ。四本…ってことは」

ゆり「音無くん椎名さん直井くん日向くん…って考えれば」

ゆり「何か、他な手かがりになるものは落ちてないかしら」

ゆり「…何この大きな穴?」



―ギルド地下通路B10―


影「…」ヌヌヌ…

音無「オラオラオラオラ!」バシュシュ

椎名「ふっ!」ズバッ

日向「これ、さっき程の威力は無いとしても殺傷力は半端じゃねぇな」ズドンッ!

直井「退け、当たるぞ」ヒュッ

日向「へ?」

チュドーーン!

日向「のわぁっ、殺す気かよ!」

直井「警告しただろう?」

日向「投げてから言うなよっ!」

音無「ハッ、しっかり使いこなせてんじゃねーか直井」

直井「はい、思ったよりも使いやすいですね。火炎瓶って」

椎名「音無、敵の本拠地の位置はわかりそうか?」ズバッ

音無「えー待てよ…。とりあえずこの先のデカい部屋を抜けた先に影が集結してやがるな」シュババッ

椎名「まずはオールドギルドに行くことが先決か」

日向「それまでに体力持ってるかが心配だけどな」

直井「退け、当たるぞ」ヒュッ

日向「だからお前…ってさっきから俺を狙ってんだろテメ!」

残りのレスが少なくなってきたのでちょっと1レスに多めに書きます
ではでは(..)



―オールドギルド―

音無「へぇ、なかなかいい場所じゃん」

日向「まだ俺達が戦線作って間もない頃使ってた工作場みたいなトコだ」

音無「お前工作員かよ」

日向「いや、俺じゃなくてギルドの奴らだよ。それに工作員の意味違うし」

直井「こんな陽の当たらぬ所で作業する奴らの気が知れんな」

椎名「…おかしい」

日向「何がだ?」

椎名「何故誰も居ないんだ」

日向「…言われてみりゃ、確かに誰もいねぇな。チャー達はどこ行ったんだ?」

チャー「呼んだか?」ヌッ

日向「ぬおっ!どっから出てきてんだよお前は!」

チャー「他の奴らは、もう全員地上にあがらせた」

日向「地上に?」

チャー「先にそこの兄ちゃんが警告しといてくれんたんだよ。そこにいちゃ危ねーってな」




日向「お前いつギルドの奴らに?」

音無「情報ってのは何よりスピーディーなのが大事なんだぜ」

直井「何故貴様は残っている?危ないんじゃないのか?」

チャー「俺は自分の身は自分で守れる。それに、まだ消えるわけにはいかないんでな」ザッザッ

椎名「どこへ行く?」

チャー「ちょいと人を待ちにな」ザッザッ

日向「外は影で溢れてんだぜ!?やめとけって!」

チャー「言っただろ。自分の身は自分で守るとな」

音無「おいテメェ」

チャー「…どうした?」ピタ

音無「餞別くれてやる」シュッ

チャー「…?」パシ

音無「やるよ、その煙草。そのオッサン面なら未成年もクソもねーだろ?」

チャー「ふっ、そうだな。ありがとよ狂犬くん」

音無「最後にゆりに会いに行くんだろ?その隠してる銃を託しによ」

チャー「ははっ、こりゃ参った」



チャー「また次お前と会えば、一度組み手にでも付き合ってもらうか」

音無「上等だよ、ジジィ」

チャー「…それじゃ、またなお前ら」

日向「チャー、今更だが戦線立ち上げの時は本当に助かったぜー!」


――


日向「行ったか。チャーの奴途中で影に喰われなきゃいいんだが」

音無「ありゃ大丈夫だろ」

日向「ところで誰を待つんだろな?」

音無「さぁね」

日向「にしても今地上で言うと夜中か。くっそ、流石に眠くなってきた」ゴシゴシ

音無「おい、椎名と直井。お前達は…」

直井「…」ZZ

音無「(立ったまま寝てやがるし。器用な野郎だこと)」

椎名「私は平気だ」

日向「悪い…俺は平気じゃなさそうだ」

音無「寝ろ。無理に動かれても足手まといになるだけだ」

日向「分かった。敵が来たら起こしてくれ、よ…」ZZZ



―四時間後―

音無「(地上じゃそろそろ日が明けてくる時間帯か)」

椎名「…」

音無「おい、お前本当に大丈夫か?」

椎名「私は眠気に呑まれるほど、あさはかではない」

音無「大丈夫ならいい」

コツーン コツーン

椎名「!」バッ

音無「待て、こりゃ誰かの足音だ」

椎名「…あれは」

音無「…何だテメェだったか」

ゆり「ええ、私よ、やっぱりあなた達が先に首謀者潰しに来てたみたいね」

音無「どうやって知った?」

ゆり「それは話せば長くなるから勘弁してちょうだい」

音無「ふーん。ま、別にそこまで詮索する気はねーよ」

ゆり「…日向くんと直井くん眠ってるみたいね」

音無「そりゃ今は夜明け前だからな。お前は眠くねーのか?」

ゆり「死ぬほど眠いわ」

椎名「ゆりも一度眠るといい」

ゆり「そうするかしらね。…あー眠っ」



音無「そういや…お前途中でチャーに会わなかったか?」

ゆり「うん…会ったわよ」

音無「何て言ってた?」

ゆり「『戦いが終わるなら自分のやるべきことはもう無い』って」

音無「…なるほど、いっちまったか」

ゆり「チャーはとても頼りになる存在だったわ。それこそ戦線立ち上げ時の時なんて数え切れないくらいに」

音無「俺ぁそん時まだこの世界に来てねーから知らんが、あのオッサン面にも武勇伝があったのな」

ゆり「本当に…色々あったわ…」ZZZ

音無「…寝た?」

椎名「多分な」

音無「…お前も武勇伝とかあんの?」

椎名「いや、ない」

音無「嘘だろ。テメェその身体能力で無活躍ってのはありえねーだろ」



椎名「…最初私とゆり達は敵だった」

音無「へー。何で?」

椎名「何でだろうな?」

音無「お前が知らねーのに俺が知るか」

椎名「そう言うな。今が良ければ、過去なんていいじゃないか」

音無「…かもな」


―更に三時間後―

日向「…ん?」

ゆり「ようやく起きたのね」

音無「やっとかよ。おせーな」

日向「おう、おかげでコンディションばっちしよ。あれ、何でゆりっぺも?」

ゆり「あんた達じゃ不安だからついて来たのよ」

直井「音無さんさえ居れば僕は大丈夫ですけどね」

椎名「目覚めたなら、行くぞ」

日向「行くってどこに?」

音無「敵さんのいるトコへだよ」


―ギルド連絡通路B20―

影ABCD「…」ズズズ

音無「GPS見る限り敵さんの居る場所はこのルートで間違いないな」

日向「でもどうやって突破する?」

直井「あの包囲網は厚いですよ」

音無「おいおい、何のためにお前らに武器持たせたと思ってんだ?」



日向「あれをこんな狭い所でぶっ放すのか!?」

直井「ムチャクチャですよ!」

音無「やれ。やらなきゃ自分がやられんぜ?」

日向「…くっそ、分かったよ!」ジャコン

直井「あなたが言うなら」スッ

音無「こっちはお前らに任せた。…んで、ゆり」

ゆり「何?」

音無「お前は日向と直井が影の足止めしてる間に敵の本拠地を叩け」

ゆり「あなたはどうするの?」

音無「俺は一旦地上に戻る。俺の予想が正しけれりゃ地上でも影は発生してるハズだしな」

椎名「それならば一度戻ろう(子犬達が心配だ)」

ゆり「…みんなのこと、頼んだわよ」

音無「任せときや。行くぞ椎名」ザッ

椎名「ああ」

音無「(上じゃ立華の奴が立ち回ってんだろーけど、やっぱ気になんな)



―地上・グラウンド―


影「…」ウネウネ…ズズズズ

音無「うわっ、すげー数だなこりゃ」

藤巻「この声…音無か!?」ザシュッ

音無「加勢しに来てやったんだよ。ありがたく思え」

野田「加勢なぞいらん!」ズバッ

大山「ここは見栄張ってる場合じゃないよ野田くん」バキュンッ

椎名「百人…いや、千人だ。戦力が増えたと思え」スパスパッ

音無「流石に千人は言い過ぎだぜ。せいぜい九百人にしとけ」ドカドカドカ

奏「…それ、あんまり差ない」シュパパ

音無「あ、これはお待たせしましたね天使サマ」メキメキ

奏「私は天使なんかじゃないわ」シュパン

TK「The Next Stage」パチンッ

音無「つかよ、お前らこの戦いが終わったら消えんのかよ?」バキメキ

藤巻「思い残すことが無けりゃな!」ザシュッザシュッ

野田「俺は最後にゆりっぺの顔を見るまでは消えん!あとコイツ(音無)をズタズタにするまではなぁ!」ドスッ



大山「僕は…もう十分かな」ドンドン!

松下「多分俺もだ」ドスンドスン

椎名「私は…まだだ」ズバッ

奏「私も、思い残すことをやってからしか成仏はできない」

音無「俺は消えるぜ。…記憶を取り戻せたならな」

奏「結弦。やっぱり、まだ記憶が」

音無「こんな祭りはもうねーだろうし、最後の最後に暴れんぜ」ジャキンッ


―――
――



大山「影が全部…消えた」

藤巻「何とか、戦いは終わったな」

音無「(ゆりのヤツ…無事に黒幕を倒したのか?いや、多分そうだな)」

藤巻「…と同時に、俺達の居る意味も終わっちまったってことか」

松下「まぁ、そろそろ覚悟を決めんとな。ゆりっぺも言ってたことだ」

大山「僕は楽しかったな。みんなと一緒に戦えて」

音無「お前ら最後にリーダー様に会わなくていいのか?」

大山「会ったら余計に消えづらくなっちゃうからね」



藤巻「おい小僧」ビッ

音無「誰が小僧だコラ」

藤巻「テメェのことは最後まで気に入らなかったが、その鋼の精神力だけは褒めてやるよ」

音無「へいへい、そいつはどうも」

藤巻「んじゃな。お前ら!」


松下「さて、では俺も」

音無「にしても随分痩せたなアンタ」

松下「ちょっと山ごもり中に食料がな」

音無「そっちのがスタイルいいぜ」

松下「音無…サッカーの時の対さばき、見事だった」

音無「あざーす」

松下「またいつか柔道をやろうな!」

音無「いや、それはちょっと勘べ…ってもういねぇし」


大山「じゃあ今度は僕だね」

音無「聞いたぜ。お前随分と古株だったんだな」

大山「僕は何もしてないよ。ゆりっぺと日向くんが頑張ったんだからさ」

音無「テメェはもっと自分を誇れよ。今度は胸張って自分を威張れるようにな」

音無「音無くん…ありがとう」



音無「お前達はまだ残るんだよな?」

椎名「ああ」

奏「…」コクリ

野田「当然だっ!」

音無「じゃあ俺ちょっと行くとこあるから。もし日向達が来たら出迎えてやってくれ」ザッ

椎名「何処へ行く?」

音無「挨拶だよ」ザッザッ


―学習練・空き教室―

音無「まだ生きてるかーっ!」ガララッ

関根「音無さーん!」ピョーンッ

入江「ちょっ、しおりん」

音無「うぁたっ!」ドサッ

関根「無事だったんですね!」

音無「このアホがっ、急に飛びついてくる馬鹿がいるかっ!」

ひさ子「お前を待ってたんだよ」

音無「あ…ひさ子」

ひさ子「ばっかだなぁお前。ユイを成仏させた件で私が怒るって本当に思ったのかい?」

音無「あー…まぁな」

ひさ子「あいつが決めたことだ。何でお前を怒らなきゃならねーんだ」

音無「いや…俺に関わったボーカルって消えてくしさ」

ひさ子「ははっ、それはそうかもな」



ひさ子「でも、岩沢もユイも…きっとお前に感謝してるはずだよ」

音無「だといいがな」

入江「…あの、音無さん」

音無「あ?」

入江「最後に一緒に演奏してみませんか?確かギター弾けるんですよね」

音無「最後って…お前らも消える気か」

ひさ子「ま、もうボーカル居ないしさ…頃合いかなって。んで、するのかしないのか?」

音無「面倒くせーからヤダ…が、最後くらいは付き合ってやらぁ!」

関根「やりいっ!」

ひさ子「フッ、リズムに遅れるなよ!」


――

ズンズン~♪ダンダン~♪
ダンダン♪~ズンズン♪~

音無「…」ギュイーーン

ひさ子「…終わっちまったか、演奏」

関根「永遠に続く伴奏だったらなぁ」

入江「流石にそれは無理だよ」

音無「お前ら…」

ひさ子「お前は、まだやるべきことがあるんだろ?」

関根「ずっと残ってても仕方ないからさ。できればまだ音無さんをまだ見てたいんだけどね」



音無「なんつーかまぁ、世話になった…色々と」

入江「いえ、こちらこそお世話になりました」

ひさ子「ガルデモでまたライブやるよ。だから絶対見にこいよ!」スッ

音無「お前が俺に握手?」

ひさ子「は、早くしろよな!」

関根「(ようやくデレたか…)」

音無「…ああ。絶対に見に行くぜ」パシ

ひさ子「約束だぜっ!」

関根「じゃ…音無さん」

音無「おう」

関根「アディダスっ!」

音無「…アディオスだろバカ」


音無「ったく、全くもって愉快な連中だったよな」

音無「おかげで退屈はしなかったが…」


―学習練・廊下―

音無「(さて、次はあいつに消えられる前に挨拶に行ってみっか)」

高松「少々お待ちを」

音無「あ。お前マッチョマンじゃん」

竹山「僕も居ますよ」

音無「メガネコンビが何の用だ?それにマッチョの方、お前確か…」



高松「あなた方のおかげで自我を取り戻せたんですよ」

音無「おっ、良かったじゃねーか。んじゃあ他の奴らに復活報告すりゃ」

高松「既にあなたと昨日地下に行ったメンバー以外の皆さんは知ってますよ」

音無「あ、そうなの…あぶね、恥かく所だったわ」

高松「あなたは面白い人ですね」

竹山「確かに面白いけど…この人に僕は最新型の自作パソコンを取られたことは忘れてませんよ」

音無「悪かった悪かった、あん時の俺はまだイライラしっぱなしだったからな」

竹山「じゃあ早く返してくださいよ!」

音無「そう言うなよ、クライスト」ポン

竹山「!」

高松「それでは我々は、ここらで退場します」

音無「せっかく戻れたのにか?」

高松「戻れたからですよ。また自我を失わない内にちゃんと成仏しておきたいんです」

音無「…一理あるか」

高松「またお会いしましょう。次もこの筋肉を是非見せてさしあげましょう」



音無「変な奴だった…ま、ウケたからいいか」

竹山「…あの」

音無「はいはい、何だよ?」

竹山「あのPCは差し上げます」

音無「どういう風の吹き回しかは知らんが…サンクス」

竹山「その代わりもう一度、名前で呼んでもらえませんか?」

音無「(そう言うことね…)」

音無「いくらでも呼んでやるよ、クライスト」

竹山「…ようやく呼んでもらえた、僕の名前」


音無「まずいな。俺と話す度に誰かが消えていってる気がする」

音無「屋上に行ってゆり達が帰ってくるのを見てるか」ザッザッ


―屋上―

音無「とりあえず一服でm」ガチャッ

音無「……」ポロッ

遊佐「…どうも」

音無「…ああ、どうも」

遊佐「勝利したんですね」

音無「全員のチームワークのおかげだ。あとお前が作ってくれた武器やGPSの」

遊佐「作ったのはギルドの方です」

音無「このやり取りは一度やった」

遊佐「そうでしたね」クスッ

音無「お前もそんな風に笑えるのか」



遊佐「私は結局誰かのために役にたてたのでしょうか?」

音無「たてたぜ、そいつぁ俺が保証してやるよ」

遊佐「…」

音無「あん?」

遊佐「…人の役にたてるって、こんなに嬉しいことだったんですね」

音無「そのセリフ、人助けが好きになる奴の台詞だな」

遊佐「どうも」

音無「これからも頼むぜ。お前の力は本物なんだからさ」

遊佐「…ごめんなさい、もう私は此処までです」

音無「此処まで?」

遊佐「私はできる限り最大限に自分の得意技を発揮してきましたが…そろそろこの世界で使い続けるのは限界です」

音無「何が限界なんだ?」

遊佐「これ以上私の技術は進化しないと言うことです」

音無「この世界では、か?」

遊佐「はい。私が覚えている技術は全て出し尽くしました。だからまた新しく技術を得るために、次へ旅立とうかと」

音無「旅立ちねぇ…お前が望むんならいいんじゃねーの?」

遊佐「今までありがとうございました」ペコ

音無「礼を言うのは俺だ。面倒かけた」

すみません、随分と遅い投稿となりました(__)。

今気付いた
>>923 音無「音無くん…ありがとう」



―グラウンド―

音無「…」ザッザッ

野田「ん?」

椎名「…挨拶は済ませて来たのか?」

音無「ああ。アイツら全員、最後は自分の意志で去ってったよ」

奏「…」

音無「おい、何暗い顔してんだよ。お前の念願が叶ったんだぜ?」

奏「最初は色々あったけれど…いい人達だったな、って」

TK「Everybady Good Friends…」

音無「そういやお前もまだ居たのか。似非外国人」

TK「Oh Yeah」

オーイ!

オトナシサーン!

音無「この声…」クルッ

野田「むっ!」

日向「戻ってきたぜー!」タッタッ

直井「音無さーーん!」タッタッ

音無「無事だったようだな」

野田「ゆりっぺはどこだ!?」

日向「俺が背中でかるってるよ。心配すんな、ちゃんと無事だ」

ゆり「…」スースー

直井「今は寝てますがね」

野田「ゆりっぺ…よかった、本当に!」

音無「男が泣くなよな」



野田「泣いてなどいないっ!」ゴシゴシ

音無「へいへい」

日向「みんなは?」

音無「無事、去ってったぜ。最後は全員笑顔でな」

日向「そうか…みんな、いっちまったのか…」ググッ

音無「お前も泣くのかよ」

日向「いや、泣かねーさ。泣いちまったらあいつらに笑われちまうしな!」

音無「だそうだ。ってことでお前も泣き止めよ馬鹿」

野田「だから泣いてなどいないのだ!」

全員「(じゃあその目から落ちてる水滴は何だよ)」


―保健室―

音無「しばらくは寝かせとくか」

日向「ゆりっぺ相当無茶したみてーだしな」

直井「またやりすぎたんでしょ」

野田「…」

日向「何黄昏てんだよ野田?」

野田「最後にゆりっぺの無事が分かったのだ。もう未練は無い」

音無「じゃ…お前もいくのか?」

野田「ああ。だがその前に」

日向「その前に?」

野田「貴様(音無)だけとは決着をつけねばならない!」

日向・直井「は?」

音無「…最後くらいは付き合ってやる。表へ出ろよ」クイッ



―屋上―

音無「(またここに来ちまった。今日で二回目だよ…)」

直井「あの馬鹿、身の程知らずめ。音無さんに勝てると思っているのか?」

椎名「実にあさはかなり」

日向「いや問題はそこじゃないだろ。いいのかよ生徒会長?」

奏「最後くらいは多目にみる」

日向「はぁ…お前ら完璧に音無に影響されてんな(俺もだが)」

野田「…」ジリッ

音無「来な」スッ

奏「どちらが勝つからしら」

日向「リーチは野田のハルバートのが長いが、音無のあの変な黒剣のが素早そうだし何より負ける姿が想像できん」

野田「せいやぁっ!」ブンッ

音無「ほいっと」スカッ

野田「ぬん!」ブンッブンッ

音無「あらよっとんがり」スカッ

野田「ちょこまかとっ!」ブォンッ

音無「真剣白刃取りならねハルバート取り!」パシ

野田「くっ、ふざけるな!貴様も自分の武器で戦え!」



音無「テメェの脳みそはカラッポか?」

野田「なに?」

音無「今俺が武器無しで戦えてるってことの意味が分かってねーのか?」

野田「…ナメられてるってことは理解した」

音無「へー、流石にそこまで馬鹿じゃなかったか」

野田「安心しろ、貴様には必ず武器を取らせてやる!」ブォンッ

音無「やって味噌漬け」ヒョインッ

日向「…長くなりそうだな」


――


カァーカァー

野田「ぬおらっ!」

音無「きゃもーん」ピョーン

直井「…もう陽が暮れますよ?」

野田「いい加減武器を出せっ!」ブンブン

音無「キープミー」ヒョイッ

日向「TKがお前に乗り移ったみてーだな。てかTKどこ行った?」


――


リンリンリンリン

日向「ストォーップ!」ビタッ

野田「…む?」

音無「何だよ。これからじゃねーか」

日向「もう陽が沈んじまってますから!真っ暗ですから!」



野田「まだだ!コイツかわしてばかりで手を抜かれてる気がしてならんのだ!」

音無「わーったわーった。本気でやればいいんだろが」コキコキ

野田「ようやく来るか」

音無「あ、お前後ろにUFOじゃん」

野田「何だとっ!」クルッ

音無「回し蹴りっ!」ビュンッ

ドカッ!

野田「ぐおっ…」フラッ

音無「(倒れねーか…なら)」

音無「テンカオっ!」ドグシッ

野田「ぐふっ!」ゴハッ

音無「(これでも倒れねーのかよ)」

音無「頑丈なのは褒めてやるよ。だが悪ぃけど、次でラストだ」ザッ

野田「くっ…!」

音無「ユイ直伝、バックドロップ!」グィンッ

野田「ぬぉぉっ!」

ドシィィーーーンッ!

日向「あちゃー…」

直井「これは流石に死んだでしょ」

野田「…」ムクッ

日向「うおっ、まだ立てんのか!」

直井「まるでゾンビのようだな」

音無「…根性あんなテメェ」



奏「…」スッ

野田「…!」ドクドク

奏「もう止めたほうがいい」

野田「退け、まだ…終わってない」フラッ

日向「立華の言うとおりだ。もう無茶すんなって、ぶっ倒れんぞ」

音無「おい、野田」

野田「…何だ?」

音無「お前はもう十分強い。普通なら最初の一撃で意識飛んでてもおかしくないんだぜ?」

野田「フン…ナメるな。俺はお前に勝つ気でいるのだぞ?」

音無「俺は誰にも倒せねーよ。例え神もだろうが悪魔だろうがな」

野田「…貴様の強さは、その自信からくるものかなのか?」

音無「本当の強さってのはテメェが見つけなきゃ意味がねーんだぜ。それと強さに見合う器だ」ポン

野田「なるほど…かなわないわけだ」ニッ

音無「ま、次回戦う時は最初っから全力でやってやるよ」

野田「それまでに俺はお前を倒す力をつけてやろう、必ずな」

音無「へっ、期待してんぜ」

野田「…ゆりっぺを頼んだ」



日向「ついに野生児の野田も素直に成仏しちまったか…」

音無「単なる負け犬じゃなく、根性のある野郎てことは認めてやっかな」

椎名「まぁまぁ、だ」

直井「最後まで馬鹿だっただけじゃないんですか?」

音無「俺ぁ今日はもう帰るぜ。時間もおせーし」スタスタ

奏「…私も帰るわ」ザッ

日向「俺は野田のハルバートを校長室に置いてから戻るな」

直井「それでは僕も帰ります」ザッ

音無「お前は帰らねーのかよ?」

椎名「…もう少しここに居る」

音無「?。んじゃ先に帰るからな」

日向「待たな椎名っちー!」


―学習練・玄関前―

日向「何だかんだで、俺達もついには残るは六人になっちまったか」

音無「お前達は永遠に消えねーよーな気がすんな」

直井「そうですか?」

音無「だってテメェらこの世界に留まってる意味がねーのに消えてねーだろ?」

日向「…そういやそうだな」



音無「直井は結構昔に成仏しててもおかしくはねーはずなんだが…」

直井「僕は消える時は音無さんと共に旅立ちたいですから」

音無「その何か勘違いされるような発言は止めろ」

日向「確かに俺達何でまだこの世界にいるんだろーな」ハハ

音無「日向は想像できるが…理由としてはお前と椎名が一番気になるな」

奏「…?」

音無「お前って見てると未練もクソもねーように見えっからさ」

奏「私は会って生前のことを聞きたい人がいるから」

日向「へー、誰なんだ?」

奏「生きてる時にとてもお世話になってた人」

日向「何か曖昧だな…」

音無「おいおい、そいつがこの世界に来てるたぁ限らねーんじゃねーの?」

奏「彼は必ずこの世界に来てる」

音無「何でそう言えんだ?」

奏「分からないけど…そう思えるから」

日向「そいつの顔とか知ってるのか?」

奏「思いだせない」

日向「顔も分かんないのかよっ!」ズルッ

音無「前途多難だな」

>>934
ミスです。大山の台詞でした(..)



音無「(何かコイツの言葉の一個一個が引っかかるな…)」

日向「どうした音無?まさかお前がその立華の会いたい人だったのか…?」

音無「あんまりシャレになんねー嘘言うなコラ」

奏「ありえなくはないわ」

音無「テメェもタチが悪ぃな。だいたい俺みてぇな不良とお前みてぇな優等生のどこに接点があんだよ」

日向「ま、それもそうだな。音無と生徒会長じゃ天地の違いか」

直井「おい貴様、音無さん馬鹿にしてるのか?」

日向「お前は関係ねーじゃん」

直井「何ぃ!」

音無「ったくホントテメェらは元気だよな。ちったぁこの先どうすっか考えろよな」

直井「それみろ」

日向「お前もだよ。しっかし、マジでみんな消えちまったんだよな…ゆりっぺも寝っぱなしだしどうするよ?」

音無「だからそれを今考えてんだろうがっ!」ポカッ

日向「痛てっ!」



音無「にしても椎名の奴は降りてこねーな。何してんだ?」

日向「忍者特有の修行とかしてんじゃねぇか?」

音無「今更何の修行だよ」

日向「そりゃあ野田みたいに最後お前に決闘を挑むため…じゃないのか?」

音無「流石にちげーだろよ。椎名はアホだが野田のような馬鹿とは違う」

奏「馬鹿は治るけどアホは一生治らないわ」

音無「…だ、そうだ。すまんかったな日向」

日向「同情すんなよ!」

音無「と、まぁ日向と戯れるのは此処までとして…帰るか」

直井「寮にですか?」

音無「他にねーだろうがよ」

日向「…なぁ、せっかくだから成仏するまでみんな一緒に寝よーぜ?」

音無「その年になってまだ一人で寝れねーのかテメェは」

日向「違うわ!」

奏「いいと思う」

音無「はぁ?」

奏「最後までみんなで一緒に居たほうがきっと暖かい気持ちで成仏できると思うから」



日向「だよなっ!」ビシッ

直井「…どうします音無さん?」

音無「どうせ嫌だってもやるんだろ?」

日向「勿論」

音無「はーっ、なら椎名を呼んでくっから待ってろよ」ザッザッ

日向「さっすが音無!これで酒があれば最高なんだがなー…」

直井「…立華さんが居ることを忘れてるのか?」

奏「酒?」

日向「しまっ!」

奏「私も飲んでみたいわ」

日向・直井「へ?」


―屋上―

ガチャッ

音無「おい椎名ーっ!」ザッザッ

音無「ん?いねーな…もう帰ったのかあいつは?」

音無「いや、玄関にはずっと俺達がいたしな。まさかこっから…」

音無「ま、いくらなんでもそこまではしねーか。多分もう帰ったんだろ」


―体育倉庫―

子犬ABC「ウィンウィン」

子犬DEF「ウィンウィン」

椎名「…お前達ともお別れだ」カチッ

子犬ABCDEF「ウィンウィン…ウィ…ン」ピタッ

椎名「さぁ、門出だ」



音無「…こんなんどこで飲むんだ?」

日向「グラウンドのど真ん中で派手に撒き散らそうぜ!」

音無「それならいいかもな」

奏「服がびしょびしょになりそうね」

直井「(学帽ぬいどこ…)」

日向「んじゃ早速グラウンドへレッツゴーっ!」ダダッ

音無「ちょっとすまん、俺ちょっと忘れもん取りに行ってくるわ」

奏「…早く来てね」

音無「できるだけな」ザッザッ


―体育倉庫―

ガララッ

音無「…(椎名らしい子犬のぬいぐるみがたくさんあるな)」スッ

音無「まだ温かい。やはり椎名は帰ったんじゃなくここに来てた…そして自分の意志で消えた…のか?」

音無「…ん?地面に何か書いてあんな…どれどれ」


――

音無へ。

恐らくこのメッセージに気づくのはお前ぐらいだろう。

だからお前へ宛てておく。

私はお前と言う最高の友を得ることができた。それに長年続いた戦いはようやく終わったんだ。

それだけで満足だ。

だから私はお前に迷惑をかけない内に一足先に旅立つ。また会う日まで

――



音無「…ハッ」

音無「……」スクッ

ガララッ

音無「…またな」

ピシャッ


―外―

音無「!」

TK「ドモ」

音無「お前まだ居たのか…」

TK「ちょっとキエルタイミングがね」

音無「流れに乗れなかったのか」

TK「そんなトコだよ」

音無「いつもの英語はどうしたよ?」

TK「あー、俺実は英語マッタクダメなんスよ」

音無「だとしても俺の前で本来のお前の日本語しゃべっていいのか?」

TK「まぁずっとアナタには信用をオイテマスから」

TK「みんなグラウンドデ酒飲んでるよ。俺も行ってイイかな?」

音無「…ああ。その代わり奴らの前じゃ英語で喋れよ」

「かるった」は背負うの意味があるそうです…。

誤って削除してしまった行があるのでおかしな点があればお願いします(..)

音無「流石にちげーだろよ。椎名はアホだが野田のような馬鹿とは違う」

奏「馬鹿は治るけどアホは一生治らないわ」

逆じゃね?



―グラウンド―

日向「うっはっ!酒じゃ酒じゃっ!」バッシャバッシャ

直井「かけるな貴様!」

奏「お酒…苦い」

日向「そぉれい!」ブンッ

バシャアッ

音無「……」ポタポタ

日向「あ」

直井「あ」

音無「日向…」

日向「すまんすまんすまん!南無ぅぅぅぅっ!許してくれっ!」ドゲザ

音無「椎名は先にいっちまってたよ」

日向「…え?」

音無「つまり原点から終点、また戦線メンバーはお前とゆりの二人に戻っちまったワケだ」

日向「そうか。椎名っちもか…」

音無「あいつも野田やチャー、大山同様に最古参の一人だったんだろ?」

日向「まぁな。椎名は初めて会った時はそりゃ怖かったぜ。天使とも互角だったしよ」

音無「あいつそんなにすげー奴だったのか?」

奏「そうね」

直井「(一体何の話だ?)」



音無「コイツはまだ居るけどな」クイッ

TK「Its showtime!」ダンッ

日向「て、TKっ!」

音無「まだ消えてなかったらしいぜ。相変わらず意味不明な男だよな」

日向「素性も生前もぜんっぜん不明だからなぁ、TKは」

直井「そもそも貴様目を見せろ。目を」

TK「OK」グイッ

日向「っ!」

音無「おっ」

直井「…」

奏「…え」

TK「OK?」

音無「ああ。ありがとよ」

日向「(何だ今の)」ボソッ

音無「(見なかったことにしろよ)」ボソボソ

直井「(ちょっ、何ですかあれ)」ボソ

奏「(気にしちゃダメ)」

日向「(でもっ!)」

奏「(気にしちゃダメ)」

日向「わ、分かったよ」

TK「グラッチェ」ゴキュゴキュッ

奏「…」ゴクゴク

音無「…お前が酒飲んでる姿ってなんかイレギュラーだよな」

奏「そうかしら?」

音無「生徒会長だろテメェは」



奏「…そうだったわ」

日向「えーっ、それさっき俺も言ったじゃんかよ!」

奏「忘れてた」

直井「立華さん…」


音無「実は馬鹿なのかよ、お前」

奏「…」

――

日向「うー…ひっく」゜゜

直井「も、もうのめまひぇん」゜

TK「※#%∀☆」フラフラ

音無「おいおい、だらしねぇな」

日向「なんだよおとなしぃ…いっつもいっつもつっぱりやがってよぉ」フラフラ

音無「お前酔ってんのか」

奏「ゆづる…ゆづるくん」ペンペン

音無「あ?」

奏「ほんやのひと」フラッ

音無「本屋の…人」

奏「ねる」ドサッ

音無「あ、おいちょっとコラ!」

奏「…」スースー

日向「」グーグー

直井「」スヤスヤ

TK「☆∀%#※」ゴゥゴゥ

音無「全員寝やがった…風邪ひくぞ」



音無「俺も人のこと言えねーけど…」

音無「てか『本屋の人』って何だ?」

音無「…あっ」

音無「まさか、コイツあの時のガキ…?いやいや、確か年が違ったハズ」

音無「でも岩沢も俺より二つぐらい年下だったし。どうなってやがんだ?」

音無「この世界に時間の概念が存在しないんだったら説明がいくんだけどよ」

音無「…思考停止」

音無「(そう言えば)」ドサッ

音無「(俺はその場にいなかったのに、初音と奏の様子が分かったのは何でなんだろうな…)」

音無「……」

音無「…」zzz


――


親族A「家の中でひっそり死んでたそうですよ」

親族B「不良の乱闘中に刺されたんでしょ?かわいそうに」

親族C「その乱闘、何でも警察が数十人も出頭したらしいですよ」

親族D「世の中恐いですねぇ…」

初音「ううっ、ひっく、お兄ちゃぁん…嫌だよ…」グスッ

音無「あれっ。俺ココに居るんスけど」

親族A「音無さんのとこ、ホラ、両親が居ないから…」



親族C「しばらく行方不明なんて言われてたけど見つかって良かったわよね」

親族D「息子さんやっぱりグレてたんでしょ。娘さんはずっと入院して独りだったから」

音無「誰がグレてるだとクソババァコラァ!」

親族C「あ、お経が始まるわよ。早く葬式場に向かいましょ」タッ

親族B「そうね。一応親族なんだし」タッ

音無「無視かよ…」

親族E「初音ちゃん、行こう」

初音「嫌だよ…お兄ちゃんが死んじゃったなんて信じたくない…ゴホッ」

親族E「今日だけ特別に病院から許可貰って来てるんだろ?ならお兄ちゃんへの用事を済ませて病院に戻らなきゃ」

音無「おいおい、初音まで…冗談が過ぎるぞ。俺はここに居るだろ?」

初音「うっ…うっ」グスッ

親族E「結弦くん、怖かったけどいい人だったな」

音無「テメェ、あんまりナメてっと痛い目に合わせ…」ザッ

スカッ

音無「……」

音無「すり抜けた?」

音無「…ちくしょうっ!信じねーぞっ」



―本屋―

ダダッ

スカッ

音無「岩沢っ!…だっけ?」ザッ

岩沢「あいつ今頃何してんのかなー、最後に会って随分たったけどさ」

音無「…おい」

岩沢「商店街で弾いてりゃいずれ会うだろうし、いっか。あ、いらっしゃいませー」

音無「やっと気づいたk」

客A「これお願いしまーす」スッ

岩沢「えーと、410円です」ピッ

音無「…マジかよ」


―音無の自宅―

音無「血の後。つまり俺はここでチーンしたワケか」

音無「あーあ、夢だと思ってた最近の出来事は全部現実だったのかよ」

音無「俺みてーなヤツを浮遊霊ってんだなぁ…あ、飛べた」フワッ

音無「…」フワフワ

音無「くだらね。とっとと消えるか」


――

音無「うおわぁっ!」ガバッ

音無「…保健室?」

ゆり「おはよう。音無くん」

音無「あれ、ゆり?お前もう目が覚めたのか?」

ゆり「そりゃ三日も経てばね」

音無「へぇ、三日…って三日だと?!」



ゆり「あなた達お酒を飲んでぶっ倒れてたでしょ?それであなただけみんなよりぐっすりだったのよ」

音無「三日…って」

ゆり「私が寝てる間のことは日向くんから色々聞いたわよ。ありがとね」

音無「何が?」ギロッ

ゆり「何で睨むのよ…」

音無「別に」

ゆり「みんなのこと」

音無「あいつらが自分で決めたことだ、俺は関係ねーよタコ」

ゆり「あとこれTKから」スッ

音無「バンダナ?」

ゆり「『Thank you Otonashi』だって」

音無「何したっけ?」

ゆり「さぁね。でも本人は随分楽しんでたみたいよ、最後は踊りながら消えてったし」

音無「ホント何だったんだあいつぁ」

ゆり「…ところであなた、随分うなされてたみたいだけど」

音無「何でか分からないが、記憶の断片が全部揃ったんだよ。変な終わり方だったけどな」

ゆり「あなたの未練は分かった?」

音無「岩沢の件かアイツの件か迷ったが…岩沢が成仏しちまった今、やっぱアイツが原因みてーだな」



―校長室―

ガチャッ

音無「…ん」

日向「お、目が覚めたのか音無ー」

直井「心配したんですよ音無さぁん!」

奏「…」

音無「悪いな」

ゆり「これで、全員揃ったわね」

日向「あんだけ狭かった校長室もたった五人だけになりゃめっちゃ広いな」

音無「俺はあんま関係ねーけどな」

ゆり「そしてみんな朗報よ。音無くんの記憶が戻ったわ」

日向「マジか!?やったじゃねーか音無!」

直井「お、おめでとう…グスッ…ございま…ヒック…す!」

ゆり「何であんたが泣いてんのよ」

直井「う、うるさい下僕め!」

奏「おめでとう。結弦」ザッ

音無「…奏、その伸ばしたロングヘア似合ってるぞ」

奏「…」

音無「?」

奏「…」

日向「もしかして…照れてんのk」

ゆり「馬鹿」バキッ

日向「いてっ、何すんだよゆりっぺ!」

ゆり「あなた本当にデリカシーゼロね」

奏「…嬉しい」



日向「じゃあ、そろそろ行きますか」

ゆり「タイミングよく音無くんの未練も消えたわけだし、頃合いかしらね」

直井「チッ、仕方ないか」

奏「いこ、結弦」グイッ

音無「分かった、落ち着け。とりあえず主語を言ってくれねーか?」

ゆり「卒業式よ」

音無「はぁ?」

日向「お前も高校の卒業式は体験したことねーだろ?」

音無「それはお前ら全員同じことだと思うが」

日向「立華の発案だぜ。な」

奏「うん」

ゆり「だから最後に卒業式をしてみんなで成仏しようってことになったのよ」

音無「今からか?」

ゆり「じゃいつするのよ」

音無「唐突だな」

ゆり「順応性を高めなさい。あるがままを受け止めるのよ」

日向「出たな。懐かしい台詞」

音無「ああ、あのいっちばん最初の時に言ったヤツか」

ゆり「てことで、体育館に行くわよ」

音無「待てコラ。準備とかあんじゃねーのかよ」

ゆり「あなたが寝てる間に済ませたわ」

音無「…結局拒否権なしかよ」



―道中―

奏「~♪」

音無「おい、奏がいっちょまえに鼻歌歌ってやがるぞ」

直井「何とも奇妙な光景ですね」

ゆり「そんな言い方無いでしょ」

音無「それ岩沢が最後に残した歌か」

奏「うん」

ゆり「『My Song』。いい曲よね」

音無「…ああ」


―体育館―

音無「マジで用意してやがる…」

日向「な、言ったろ?」

音無「じゃあ誰から消える?」

ゆり「ちょっとちょっと、まだ卒業式始まってすらないわよ」

音無「何だ今更怖じ気づいたか」

ゆり「べ、別にそんなんじゃないわよ」

音無「でもちょっとびびってる的な?」

ゆり「もう、うるさいわね!じゃあ早く始めましょう」

日向「やっぱり不安なんだな」ボソ

ゆり「聞こえてるわよ!」



――

音無「えーコホン、それでは只今より卒業式みたいなものを始めようか」

音無「卒業生起立」

ガタガタッ

音無「って待てやゴルァッ!」バシン

ゆり「何よ。早く次いってよ」

音無「何で俺が進行役してんだよぉぉっ!キャラが合わねーっての!」

ゆり「もう、分かったから早く」

音無「チッ」

日向「随分と荒れた進行役者だな」

音無「卒業生座れや」

ガタガタッ

音無「校歌斉唱。校歌って何だよ」

ゆり「その点はぬかりないわ、この髪に歌詞は書いてあるわ」スッ

音無「…何だこれは、歌か?」

ゆり「奏ちゃんが考えたのよ」

奏「えっへん」

音無「『えっへん』じゃねーよ、ふざけすぎだろコレ」

ゆり「ユーモラスでいいじゃない」

音無「ったくお前そもそもいつからそんなに奏と仲良くなったんだよ」

奏「ゆりが天の邪鬼だっただけ」

ゆり「ち、違うから!奏ちゃんが…」

音無「まーぼーまーぼー(棒)」



ゆり「ちょっ、いきなり歌わないでよ」

音無「とりあえずくっとけーまーぼー豆腐ー(棒)」

奏「歌詞違う…」

――

音無「次は卒業証書授与だ。さっさと立てカス共」

日向「なんか段々態度が悪化してるような気が…」

音無「で、卒業証書は?」

ゆり「壇上の上の台にあるわ」

音無「チッ、仕方ねーな」ズンズン

ゆり「(…やってくれるのかしら?)」

音無「えー…立華奏っ!」

奏「はい」ガタッ

テクテク ピタ

音無「ほらよ、卒業おめでとうさん」スッ

奏「…」ペコリ テクテク

音無「仲村ゆりっ!」

ゆり「はい」ガタッ スタスタ ピタ

音無「卒業グラッチェ」スッ

ゆり「何で英語なのよ」

音無「なんとなくだ」

ゆり「…まぁ、いいわ」スタスタ

音無「直井文人!」

直井「はいっ!!」ガタタンッ ザッザッ ビタ

音無「…」スッ

直井「何か言ってくださいよ!?」



音無「…おめでと」

直井「ありがとうございます!」ペコリ

音無「じゃ、次だ…日向秀樹!」

日向「はい」ガタッ ザッザッ ピタッ

音無「卒業おめが」スッ

日向「うーっす」ペコッ

音無「これで全員だろ。よし次行くぞ」

日向「まぁまぁ、まだお前がいるじゃん?」

音無「あん?」

日向「音無結弦!」

音無「…ああ」

日向「卒業おめでとう!」スッ

音無「チッ」パシ


――

音無「次って何だよ?」

ゆり「卒業生答辞」

音無「それも俺がやんのかよ…」

ゆり「ここまで来たらいいじゃない」

音無「へいへい」

日向「バシッとな、バシッと!」

音無「…えー、最初ここに来た時初めて会ったのが、何かワケわからないこと言う女でした」

ゆり「ん?」ピクッ

音無「でもまぁ、そいつは確かに強引だったが面倒見は良かったんじゃね?」



音無「で、そいつの腰巾着的で変態みたいな顔したヤツにも出会いました」

日向「(俺のことじゃいだろうな)」

音無「とりあえず、まだ右も左も分からなかったから一見見ると面白い白髪女に声をかけてみました」

奏「…白髪女」

音無「そいつはぁまさか、そんなにデケェ力を持ってるたぁ知るよしもなかったワケよ」

音無「んで変な力を持ってるヤツはもう一人いて、俺に使ってきたヤツもいる」

直井「…」

音無「でもそいつはちったぁ役にたったんじゃねーか?」

音無「まぁ、何だかんだ言いながら俺も楽しんでたってことだと思うわ…以上。卒業生代表、音無結弦」

パチパチパチ

ゆり「なかなかいい答辞だったわよ」

日向「何か罵倒に聞こえたが…ま、いいぜ」

直井「…」ジーン

奏「ふふ」クスッ


――

音無「次は…テメェら仰げば尊しってのを合唱しろ」

ゆり「あなたもよ」

音無「俺歌ったことねーんだけど…」



音無「あぉーゲばーとー(棒)」

日向「(分かった…さっきもそうだったが、こいつは音痴なんだ!)」

ゆり「いざーさーらーばー…」

直井「遅いぞ貴様っ!」

音無「俺に言ってんのか?」

直井「え、いや、あなたに言うなんて滅相もございません!」

日向「ははっ」

ゆり「ふふっ」

奏「くす」

直井「笑うな貴様ら!」


――

音無「以上を持って、卒業式を終わる。卒業生退場!」

ガタガタッ

ゆり「無事に終わったわね…」

日向「ついに終わっちまったかー」

音無「この後最後の乱闘パーティーでもするか?」

直井「音無さん…すいませんが、僕は先に行きます」ザッ

音無「…何だ、もう行くのかよ」

直井「はい。いつまでもここにいちゃ、泣いてしまいそうですから」

音無「泣くのかよ」

直井「あなたに男が泣くなって、間違いなく言われますからね」

音無「それもそうか…」



直井「音無さんのような仁義のある人に会えて…本当に良かったです。あなたに会っていなければ、僕は!」

音無「お前がお前で選んだことだ。俺は関係ねーんだよ」ポン

直井「お世話に…なりました!」


ゆり「さて、お次は私かしらね」

日向「ゆりっぺ…」

音無「芋っぺもいよいよ見納めか」

ゆり「まったく、音無くんは最初から最後までひねくれてたわね」

音無「はっ」

ゆり「あと、奏ちゃん」

奏「なに?」

ゆり「本当に、今までごめんなさい。つまらない意地を張ってあなたのことを一方的に敵視して」

奏「誤らないで、それは私もだから」

音無「結局どっちも不器用ったってことじゃねーの?」

日向「しっ!静かに」

音無「何だお前、あーいうのが好みなのかよ?」

日向「待て。誤解を招くようなことはやめてくれ」

音無「じゃあ何なんだよ」

日向「あの二人は俺が来る前ずっと前からいた一番の最古参の二人だからだよ」



ゆり「もう、お別れだね…」ギュッ

奏「…うん」

音無「湿っぽいねー。もうこうさ、バーンとしめようぜ」

日向「ぶち壊しだよ」

ゆり「音無くん」

音無「なによ?」

ゆり「あなたからは色々と教わったわね。理屈じゃない強さとか勇気を」

音無「弟子を持った覚えはねーよ」

ゆり「最後まで自分を貫く姿勢は評価しようかしら」

音無「まぁ、最後だ。感謝の言葉ぐらいはくれてやる…ありがとよゆり」

ゆり「どういたしまして。それじゃ、みんなのとこに行こうかしらね」

奏「…じゃあね」

日向「リーダー、お疲れさん!」

音無「チャオ」

ゆり「じゃ、またどこかで!」ダッ


音無「…随分静かになったな。そんだけあのリーダーサマの存在感があったんだろうが」

日向「次はもっと静かになるぜ」

音無「そうだな。んじゃ俺も解放されますかね」

日向「おいおい。お前には、まだ奏ちゃんがいるだろ?」



日向「俺が先に行くよ」

音無「…ああ。じゃあ最後にタイマンでも」

日向「遠慮しときます」

音無「何だよ、つれねぇな」

日向「でもよ。音無前が来てくれたおかげでみんなが変わった。本当にそこは感謝してる」

音無「実際俺の未練なんてお前らに比べりゃあちっぽけなもんだったがな」

日向「次の世界でも、お前に会って、次こそタイマン勝ってやんよ!」

音無「ほう、それはいい心構えだが…まずはユイと会えよ」

日向「おう!運は残してまくってるはずだからなー。使いまくってやんぜ!」

音無「達者でな」

日向「ああ。んじゃ、あばよっ親友!」


音無「いったか…」

奏「…うん」

音無「じゃあ今度こそ俺も成仏させてもおうか」

奏「待って」

音無「次は何だ?」

奏「一つだけ言わせて」

音無「手短にな」

奏「…私は、あなたにお礼を言いたくて…それだけが心残りでここに来たの」

音無「礼なら何度も聞いてるぜよ」



奏「私に、青春と命をくれたことを」

音無「…そんなシーンあったか?」

奏「本当に覚えてない?」

音無「…んー」


――


―音無の家―

音無「やっべ…これ致死量じゃん」

音無「応急手当てだけじゃ、もってあと三日ぐらいか…」

音無「病院行きてーけどこれ以上あいつらに心配させて負担かけるわけにはいかねーし」

音無「…結局俺はぁ何のために生きてたんだろな」

音無「どうせ死ぬんなら爆弾抱えて東京タワーに突っ込むか?…って馬鹿か」

音無「ま、最後くらい役にたってもいいよな」ゴソゴソ

音無「…あった」

音無「死んだ後のことなんて分かりやしねーんだし、こんな身体でよけりゃ持ってけ」カキカキ

音無「念のため匿名希望にしとくか」

音無「…ああ、眠い。なんでこんなに瞼が重いんだよ」



――

音無「…匿名希望だった筈だが?」

奏「うん…最近まで誰なのか分からなかった。だけどようやくあなただと気づいた」



音無「いつ気づいた?」

奏「みんながお酒を飲んで寝ていた時、寝相が色々もみくちゃになって」

音無「まさか俺がお前の上で寝てたなんて言うなよ…」

奏「逆。私が結弦の上で寝てた」

音無「…で、心音が無かったワケね」

音無「(あの時記憶が戻ったのは俺の近くに俺の心臓があったから…って考えるのが一番か?)」

奏「青春をくれた人…あなたにお礼を言えなかったこと」

音無「それがお前の一つの不幸か」

奏「…」コク

音無「まぁ俺は何のために生きてたかさえ分からない存在だったし…役に立てたなら本望だからよ」

奏「…命をくれて、本当にありがとう」

音無「もう思い残すことは?」

奏「ない…いや、あと一つあったわ」

音無「ん?」

奏「絶対に、また会おうね」

音無「できりゃあな」

奏「そのときこそ……」



音無「…途中でいくなよ。なんて言いたかったかわからねーじゃねーか」

音無「…」ポツーン

音無「最初から俺が一番最後に来て最後に去ることになってたってのは考えすぎか」

音無「それより煙草を吸うのもいよいよこれがラストか」ゴソゴソ

音無「…あ」

音無「やべ、煙草切らしまったぜ」


――――
―――
――

不良「…」ザッザッ

女の子「ちょっと早いですってばぁ!」

不良「おい、何でコイツまでついてきたんだよ」

青年「仕方ねーだろ。行くってって聞かないんだから」

不良「急がねーとライブのに間に合わねーってのによ…」

少女「でも、大丈夫。まだ時間はあるから」

オカッパ女「あなたはせっかち過ぎなのよ

不良「黙れ芋」

オカッパ女「何かその台詞デシャヴを感じるんだけど…」

不良「知らん」カチッ シュボッ

バッ

不良「あっ、テメ!」

少女「未成年。煙草はダメ」

ツインテ女の子「アホですね」

不良「あ?」

ロングヘア女「あさはかなり」

三カ月近くかかりましたがこれで完結になります。

今まで読んでくれていた皆さん、ありがとうございましたm(__)m

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年04月23日 (木) 13:32:27   ID: vW5Gctwz

むっちゃ大好きでした

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください