悟空「い!? こりゃどういうことだ・・・?」part2 (537)


悟空「い!? こりゃどういうことだ・・・?」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366619806/)

前スレ

再開は明日の11時くらいからで

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367593207

悟空「ひゃぁ〜地獄も随分かわっちまったなぁ・・・・・・」

ジャネンバ「ジャネンバ!ジャネンバ!」

ベジータ「こいつのようだな・・・・・・」

悟空「あぁ、オッス!」

ジャネンバ「ジャネンバ!」

悟空「ははっ、すっとぼけた顔してるやつだなぁ、おめぇ」

ジャネンバ「ジャネンバ! ジャネンバジャネンバ!」

悟空「おっ、オラか! ベジータ、オラこいつ相手してるから閻魔のおっちゃんみてきてくれ!」

ベジータ「なっ・・・・・・キサマだけいい思いをしようとしてもそうはいかんぞ!!」

ジャネンバ「ジャネンバ!!!」

悟空「ほぉ〜ら、オラをご氏名みてぇだ!」

ベジータ「ちぃい・・・・・・いいだろう、すぐ戻るからな!!」

悟空「ごゆっくりぃ!」

ジャネンバ「ジャネンバー!!」

悟空「よし! こい!!」

ジャネンバ「ジャネンバー!!!」

ゾロゾロゾロゾロゾロ

悟空「いぃ!?」
チビジャネンバ達「ジャネンバー」

悟空「だあああああああああ!!!」バシバシバシバシ

悟空「やるなぁ!おめぇ!」



閻魔大王「おぉ、ベジータか! あいつの結界のせいでうまくうごけん! はやくどうにかしてくれ!!!」

ベジータ「あの魔人ブウよりもふとったデブをぶっとばせばいいんじゃないのか?」

閻魔大王「そうじゃ! おそらく!」

ベジータ「二度手間だぜカカロットォォォ・・・」



悟空「かめはめ・・・・・・波!!」ドウッ

ジャネンバ「ジャネンバ!」ウニョォン

悟空「いい!?」ドドオン

悟空「魔法使いか・・・? おめぇ・・・」プスプス

ジャネンバ「ケラケラケラケラ」クンッ

悟空「!?」

上から数々のジャネンバの結界によってつくられたカラーストーンみたいなのが降ってくる

ドンドンドンドン!

悟空「あああああああああああああ!」ボッ

悟空「オラをここまでさせたのは魔人ブウとベジータに次いでお前だけだぜ・・・・・・」

ジャネンバ「ジャネンバー?」

ベジータ「カカロットのやろう、早くも超サイヤ人3か・・・・・・」



悟空「だあああ!」バキィ!

悟空「だだだだだだ!!!」ガッゴッッ

悟空「ちぇりゃああああああ!」グシャア

ジャネンバ「ジャネンバー・・・・・・ジャ・・・・・・ネ・・・ン・・・バ・・・・・・」

悟空「ふっ・・・・・・やったぜ」

ベジータ「さっさと終わらせやがって・・・・・・」

悟空「すまねぇな、出番つくってやれなかったぜ」

ウニョ

ウニョウニョウニョ

悟空「!?」

ベジータ「なんだ!?」

ググッ

ジャネンバ「いががががががが!!!!」

ベジータ「どうやら出番が回ってきそうだなカカロット・・・・・・」

悟空「あぁ、やべぇ形でな・・・!!」

ベジータ「こいつ・・・・・・」

悟空「あぁ、もしかしたらあのデブより上かもな・・・・・・!」

悟空「死ぬなよベジータ・・・・・・」



フリーザ「これは・・・・・・どうやら私は生き返ったようですね・・・・・・」



クリリン「!? ・・・・・・おいおい・・・なんでこんなヤツの気がこんなところに・・・」

クリリン「ピッコロもガキどもも時の部屋だし・・・」

クリリン「あぁ、もう! やるしかねぇか!」バシュッ



悟空「くっ!」バキッ

ベジータ「はっ!」ドゴォ

ジャネンバ「ギギッ!」

悟空「波ァ!」ドンッ

ジャネンバ「」ピキピキピキ

ベジータ「なっ!?」

ベジータ「カカロット!こいつはどういうことか攻撃を跳ね返すぞ!!!」

悟空「あぁ! 気功波はきぃつけたほうがいいな!!」

フリーザ「パパも兄さんもいませんが・・・・・・」

フリーザ「せっかくですしこの地球を滅ぼして差し上げましょう・・・・・・!」ポポッ ギュゥゥウン

クリリン「やめろ!!!」

スタッ

フリーザ「おや・・・? どちらさまでしょうか?」

クリリン「髪がはえて気付かないのも無理はないぜ・・・・・・」

フリーザ「おまえは・・・・・・そうか、ナメック星での地球人か・・・なにをしにきた?」

クリリン「お前を止めにさ・・・・・・」ゴッ

フリーザ「身の程しらずが・・・・・・!!!」



ジャネンバ「ガー!」シャキィイン シュイン! シュイン!

悟空「!?」

ベジータ「くっ、避けろ!」バシッ

シャァァァン

悟空「な、なんてもんふりまわすんだあいつ・・・・・・!」

悟空「真空刃をよけなきゃこっちがおっちんじまう・・・!」

シュイン!シュイン!シュイン!

悟空「わ!?!?」
ベジータ「くっ!? このままでは死ぬぞ!! カカロット!!」

悟空「あぁ! だから今作戦考えてるところだ!!!」

ドシュッ

悟空「ぐっ……」タラァ

ベジータ「カカロットォ!」

ジャネンバ「カーーッ!」ドウッ

ベジータ「ふお!?」ドォォオ

ジャネンバ「ぐぅがががががが!!!」シャインッ

悟空「ベ、ベジータ……あぶねぇ!」シュン ガシッ

ベジータ「ぐっ……」シュン



クリリン「は!だだだだ!!」

フリーザ「こ、この地球人、なぜここまで!!!」

クリリン「俺が…フリーザに通用する!!!」

フリーザ「こ、このやろう!!!」



ベジータ「くっ……余計なマネなど…俺は貴様に助けてもらう気はない!!!」

悟空「あぁ、わかってる… オラもあんなつえぇやつは初めてだ……」

ベジータ「俺たち二人でも勝てないのか……」

悟空「いや、一つだけある……」

ベジータ「なにっ!?」

悟空「フュージョンだ!!」

ベジータ「なっ……! またあれか!!!」

ベジータ「俺は貴様と融合するくらいなら……死んだほうがましだ!!!」

悟空「ベジィタァ おめぇもう死んでんだぞ!!」

ベジータ「なっ……くぅう…」ハァァ



ジャネンバ「」ピィィン シャシャシャシャシャ

悟空「!? ベジータ!!!」

ベジータ「どああああ!!!」

悟空「ベジータ! しっかりしろ!!!」

ベジータ「くっ……あの世に来てまでも………貴様に…!」

悟空「……やっぱフュージョンは無理か……おめぇは誇り高きサイヤ人の王子だもんな」

悟空「とりあえずこっから逃げるぞ! やつはまっちゃくれねぇ!」

ベジータ「俺に触るな!!!!!」

悟空「ベジータ!?」

ベジータ「カカロット……俺とフュージョンしろ……貴様に情けをかけられるくらいなら……オレは!!!」

悟空「ベジータ……」

ジャネンバ「ふぅん!」シャシャシャ

悟空「!!!」

ベジータ「ぬ!?」シュン

ジャネンバ「……? いーががががががが!!!」



クリリン「俺はこれでも宇宙で一番強いやつに鍛えてもらったんだ!!」

クリリン「お前なんかにまけるかよ!」

フリーザ「な……なめやがって地球のゴミがぁぁあ!」

クリリン「そのゴミがあの世に送りかえしてやる!!」

クリリン「界王拳……150倍……」ゴゴゴゴ

クリリン「か……め…は……め……!!」

フリーザ「こ、この星を消してやる!!!」



悟空「いくぞベジータ!!!」

ベジータ「こうなったらやってやる!!!」

悟空ジータ「「フュージョン」」

悟空ジータ「「はっ!!!」」

カッ

ゴジータ「久しぶりだな……こいつも……」シュインシュインシュインシュイン



クリリン「悟空俺に力を貸してくれ……波ァァァァ!!!」

フリーザ「俺のデスボールが貴様のそんな技に負けるか!!!」



ジャネンバ「」スタッ

ジャネンバ「いがががががが!!!!」

ゴジータ「俺は悟空でもベジータでもない、俺は貴様を倒すものだ……」

フリーザ「なっ! 押されている……!!!」

クリリン「体もってくれよ……俺は嫁さんも守らなきゃいけないんだから……!」ビキビキッ



ゴジータ「」ガガガガッ

ゴジータ「」キュゥゥウン



クリリン「こ、この気は……! そうか、お前も別の場所で頑張っているんだな……」ドウッ

フリーザ「うおおおおおおおおおお!?」



ゴジータ「…………」

オニ「ひっ……ひぁぁあ!!」



18号「まったく、無理しちゃって……仙豆だよ、食べな」

クリリン「お、おまえ……見てたなら助けろよ……」

18号「あんた一人で十分だと思ったんだよ……よくやったね」

クリリン「へへへ……」



悟空「ベジータ……」

ベジータ「ふっ、カカロット……もうフュージョンはごめんだぞ……」

悟空「あぁ、閻魔のおっちゃんの力が戻ってオラももうここにはいられねぇらしい…」

ベジータ「しばらく会うことはないな……」

悟空「どうだろうな」

ベジータ「ふっ、じゃぁな」

悟空「あぁ」



老界王神「ヒャーッヒャッヒャッヒャ」

悟飯「こんなんで大丈夫なのかな……」



ブウ「わかった。 悪いことやめた」

ワンコ「わんわん!」

サタン「え?(やったー!やっぱり俺は世界の王者なんだあああ!!!)」



ピッコロ「胸騒ぎがしたと思えば……やるじゃないか、クリリン」



ゴテンクス「へっへっへ……これで魔人ブウなんて……」ボンッ

悟天「イチコロだね!」

トランクス「ああ!」

ぼっちゃん「魔人ブウはこのバズーカでぶっ殺してやる!!!」



ブウ「おお!あは!あは!」

サタン「ね! ちゃんとボールもってくるでしょ!」

ブウ「もいっかい!もいっかい!」ヒュッ

ベエ「ワン!」

ターン

ぼっちゃん「はっはーー! 一匹退治ぃぃ!!」

おっさん「あれ!ぼっちゃん!ミスターサタンがいますよ!!」

ぼっちゃ「まとめて殺してやる! オレがヒーローだぜ」

サタン「なんだ・・・・・・あのクソバカどもは・・・・・・」

ぼっちゃん「くらえ!!!」ドドォォオオン

サタン「!?」

モクモク

ブウ「う・・・・・・う・・・・・」

おっさん「う、動いてる!!!」

ぼっちゃん「く、くそ!」

バコッ

サタン「ゆ・・・・・・ゆるさん・・・・・・ゆるさんぞおおおお!!!」

ガッ

サタン「こーのうんこったれがああ!!!! てめなんか!! きえてなくなれい!!!」ギャンッ

サタン「はぁ・・・はぁ・・・」

サタン「地球のゴミめ」

サタン「ブウさん!まだ生きてる!!!」

ブウ「!!! なら!!」



ブウサタン「「やったあああ!!」」

「「やった!やった!」」

ピッコロ「な、なぜあいつと魔人ブウが・・・・・・」



くそったれ「く、くそ・・・・・・」パーン

サタン「う・・・・・・」ズザッ

ブウ「サタン・・・・・・・・・」

ブウ「ぬ・・・・・・ぬぬ・・・・・・」

サタン「うおおお! 助かった! サンキュゥゥ」

ブウ「い、いぬと・・・・・・逃げろ・・・・・・」

サタン「ど、どうかしたんですか!? 魔人ブウさま・・・・・!」

ブウ「しぬぞ・・・・・・にげろおおおおおおおおおお!!!」

サタン「は、はい!!!」

ピィィィィィィィイ

ブウ「はぁっはぁっ」



ピッコロ「なんだ!? くそ、こんなときに悟空はどこに・・・・・・」



悟空「はぁ! はぁ!」

界王様「300トン以上の重りで修行させろなんてムチャをいうのう・・・・・・」

悟空(超サイヤ人3を持続できなきゃ話になんねぇ・・・・・・!)

魔人ブウの強い怒りによって内に持っていた邪悪な部分が大きく膨れ上がった

そして、純粋悪の魔人ブウと無邪気な魔人ブウにわかれてしまったのだ

さらに、そのブウは無邪気なブウをチョコにしてたべてしまった!!!

未来悟飯かっこいい

悟空こっち来てからここまでなんの成長もないのかw

>>28
ブウが強いからこのままじゃ純粋にかてねぇ、だからオラはまだまだ修行すんだ

クリリン「どうした? ピッコロ」

ピッコロ「気付かんか? 魔人ブウの変化に・・・・・・」

ピッコロ「純粋な悪になってしまったようだ・・・・・・」

クリリン「で、でもよ! チビたちのフュージョンも悟飯も悟空もいるじゃねぇか!な?」

ピッコロ「だといいがな・・・・・・」



サタン「あ、あわわわわわ・・・・・・」

ブウ「サ・・・・・・・・・タ・・・ン・・・・・・」ギュイイイン



ブウ「ひゃあああはははははは!!」キィィィン



ピッコロ「しまった!!!今度の魔人ブウは俺達の気もみつけられるぞ!!!!」

ブウ「やっぱり・・・・・・」

ピッコロ(こ・・・・・・殺される・・・・・・)

ブウ「だせーーーーーーーーーーー!!!!!!」

ピッコロ「だ・・・・・・だせ? な、なにをだ?」

ブウ「オレと闘うやつをだ・・・・・・おおきなパワーを感じた・・・・・・」

ピッコロ「だ、だが今は眠っているんだ・・・・・・お前との戦いに備えて」

ピッコロ「フルパワーの戦士と戦いたいだろ?」

ブウ「オレまつのきらい、ムリだ」

ピッコロ(く、くそ・・・・・・やむおえん・・・・・・ドラゴンボールでいきかえらせる、地球の人々よ、許してくれ・・・・・・)

ピッコロ「お前は地球を壊すのを楽しんでいたろ!! 地球の人々は生きているぞ!!」

ブウ「ふん・・・・・・」ニヤ

ブウ「」すっ

ドドドドドドドドドドドド

ブウ「みんな殺した」

ブウ「さぁ闘うぞ」

ピッコロ「わ・・・・・・わかった・・・・・・」

界王「ご、悟空!! 地球人が全員死んだぞ!!」

悟空「あぁ・・・・・・わかってる・・・」ビュッバババッ

界王「まぁったく・・・・・・」

悟空「重り、はずしてくれっか?」フッ グラァ

界王「」ピッ

悟空「ふぅ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」

悟空「わりぃな、界王様・・・・・」ポリポリ

グンッ・・・・・・!!!

悟空「はっ!」ボッ シュインシュインシュイン

界王「!?!?」



ピッコロブウ悟飯ベジータ「!?!?!?」

悟空「これが本当の超サイヤ人3・・・・・・」

悟空「今までのエネルギー消費の激しさはまだ未完成だったんだ・・・・・・」フッ

界王「こ、この星を壊す気かお前!!!」

ピッコロ(な、なんだいまのすさまじい気は・・・・・・)

ピッコロ(ご、悟天、トランクス、聞こえるか・・・・・・)

悟天「え? 聞こえるよ? ピッコロさん!」

トランクス「ど、どこからはなしかけてるの?」

ピッコロ(お前達の心の中だ・・・・・・今魔人ブウがこっちにきた)

悟天「え!?」

ピッコロ(お前達は今のうちに最後の仕上げをしろ! そして体調を万全にしておけ!)

トランクス「は、はい!」

ブウ「まだか! どこまでいくのか!」

ピッコロ「あせるな・・・・・・・・・」



悟天「超サイヤ人3になっても30分もったね!!!」

トランクス「あぁ! でも、すぐにはこれにならないでおこう!」

トランクス「ぎりぎり、ラスト5分でなるんだ! そしてあっというまにやっつける!」

トランクス「どうだ!!メチャクチャかっこいいだろ!!」

悟天「うひひひ・・・・・・」

悟天「おーー!!」



ピッコロ「ここだ・・・・・・」

ベジータ「カカロット・・・・・・そこにいたか!!」ギュゥゥウン



悟飯「いいかげんにしてください!!!こんなんで・・・・・・ボクが・・・・・・」ボッ

悟飯「す、すごい・・・・・・」

老界王神「あと少しじゃ、おとなしくしとけい」

悟飯「はい・・・・・・すいませんでした、本当に・・・・・・」



悟空「もう誰もしなせやしねぇさ、魔人ブウはオラがぶっとばす・・・・・・!!!」シュン

ベジータ「まて! カカロット!!!」

悟空「い!?」

ベジータ「はぁ・・・はぁ・・・ふっ なんとか間に合ったようだな」

ベジータ「説明しろ、今のはどういうことだ」

悟空「いや、いまのは・・・・・・」



ガチャッ

ブウ「へんなところだ・・・・・・」

チビども「「これでおわりだぜ! 魔人ブウ!」」

チビ「「フュージョン!」」

「「ほい!!」」

ゴテンクス「パンパカパーン! ゴテンクスだー!!」

TYU-DAN!

いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


小五とロリでは単なる犯罪だが
     小五  ( ゚д゚)  ロリ
       \/| y |\/


    二つ合わされば悟りとなる
        ( ゚д゚)  悟り
        (\/\/

しかし更に一段階、上があるのはご存じかな?

    ( ゜д゜)
    (| y |)
小五と穴とエロでは単なる変態だが
      穴
 小五 (゜д゜) エロ
   \/| y |\/
三つ合わされば最強の戦士へと変化する!
   _|\∧/|
  \ヽへへ|/|
  < |/|/ヽノ
  ヾミ゜д゜) 悟空


す、すまねぇ・・・・・・・

客に昼夜飯をつくってたら・・・・・・溜めたはずの気をもってかれちまったんだ・・・・・・

い、いまから、いまからかく!はぁ!ボッ

ブウ「・・・・・・まってそんした」

ゴテンクス「そんなこといってられるのも今のうちだぜ!」

ゴテンクス「ちぇい!!」



悟空「オラ達は超サイヤ人だけを通常でもいけるようにしただろ?

悟空「それを更に上の段階までもっていったんだ!」

ベジータ「まさか、そんなことが!!」

悟空「前々から試してたんだよな、こっそり他の星にいったりしてよ」

ベジータ「ちぃ・・・・・・」

悟空「あ、そうだ、ベジータ」

悟空「ちょっと一緒にきてくれ」シュン



ベジータ「なんだ・・・・・・ここは?」

悟空「界王神星だ」

キビト「お、おまえはまた!」

界王神「ベジータさんですね」

悟飯「あ、どうも!」

老界王神「ぐー・・・・・・ぐー・・・・・・」

ベジータ「カカロット、なぜオレをここにつれてきた?」

悟空「ブウと戦うのが、きっとここだからさ」

界王神「な、なんですって!?」

老界王神「わしはぜーんぶわかっておったぞ」

全員「!?」

老界王神「まぁ、地球で闘ったら地球がなくなってしまうからの」

老界王神「あと、これが必要なんじゃろ?」ポポイ

悟空「さんきゅー、じっちゃん!」

界王神「そ、それはなんですか?」

老界王神「まーだ、内緒じゃ のー?」

悟空「へへっ!」

悟空「ベジータ、もうすぐここにみんなをつれてくる。それまでここでまっててくれ」



ゴテンクス「ダ、ダメだ〜もうパワーがのこってないよ〜〜」

ピッコロ「くっ・・・・・・」ドゥゥン

ゴテンクス「ピ・・・・・・ピッコロさん・・・・・・それって・・・・・・」

ピッコロ「われわれの世界との出口を壊した・・・・・・だからもう一生ここから抜け出ることは不可能だ」

ゴテンクス「い!?」

ピッコロ「さぁ、永遠にここで孤独に暮らすがいい・・・・・・なにもない世界でな」

ブウ「オレの・・・・・・オレの好きなお菓子は・・・・・・」

ピッコロ「ここにはない」

ゴテンクス「もう! なんでだまってそういうことすんの!!!」

ゴテンクス「とっておきの技があったのに〜〜!!」

ピッコロ「なんだと!?」

ゴテンクス「今のはかわいいうそってやつだよ!もう!もう!」

ピッコロ「アホかーー!!こっこんなときになにが かわいいうそ だーー!!」

ピッコロ「ちーっともかわいくなーーい! バカ!! バカ!! バカーー!!」

ゴテンクス「バカはそっちだよ!!!」

ゴテンクス「バカバカバカ!!!!」

ピッコロ「バカバカバカバカバカー!!!」

ブウ「そんなのいやだああああああああああああああああ」



悟空「!!! さて、ちょっといってくるぜ」シュン

老界王神「キビト、悟飯をつれていってやれーい」

悟飯「お、おわったんですか?」

老界王神「バーッチリじゃ」



悟空「みんな! オラにつかまれ! はやく!!!」

クリリン「え? どうしちまったんだよ?」

悟空「いいから! いくぞ!!!!」シュン

悟飯「どうやったら最強の戦士になれるんですか!?」

老界王神「すーぱーなんとかの要領じゃ」

悟飯「わ、わかりました!!!!」ドンッ

悟飯「す、すごい・・・・・・!」

老界王神「す、すごいですよ!!! ベジータさん!」

ベジータ「あ、あれが悟飯か・・・・・・」

キビト「いくぞ、救世主よ」フッ

老界王神「あ、あいつめ・・・・・・わしに礼をいうのわすれていきおった・・・・・・」



ゴテンクス「イェーーーイ!!!」

ピッコロ「ど、どうなってるんだ!?」

ゴテンクス「ちょっと顔が悪役っぽいけど、それはピッコロさんもいっしょか・・・・・・」

ゴテンクス「よし、すーーー」

ゴテンクス「だああああああああああああああああ」

ゴテンクス「やった!!!」

ゴテンクス「ほら、はやく! ピッコロさん!」

ピッコロ「あ、あぁ」

ゴテンクス「オラオラ! 魔人ブウ! 出て来てやったぜ!!!」

ブウ「あれ? おまえちょっとかわったか?」

悟空「よっ、と 悟飯はもういっちまったみてぇだな・・・・・・」

ブルマ「ベジータ・・・・・・」

ベジータ「ブッ、ブルマ・・・・・・」

ブルマ「もう・・・・・・何勝手に死んでるのよ・・・・・・バカ・・・」ギュッ

ベジータ「は、はなれ・・・・・・」

ベジータ「すまなかった・・・・・・」

クリリン「はは、あのベジータがすっかり愛妻家だぜ・・・・・・」

悟空「なぁ、老界王神のじっちゃん・・・・・・」

老界王神「言いたいことはわかっておる、ベジータの命じゃな?」

悟空「あぁ・・・・・・でも」

老界王神「それにしても、よーくここまでがんばったのう」

老界王神「ひまじゃったろう?」

老界王神「なぁに、魔人ブウはワシじゃ倒せんのじゃ、それなら・・・・・・な?」

悟空「老界王神のじっちゃん・・・・・・」

老界王神「ベジータ! ちょっとこっちきてくれ!」



デンデ「ポ、ポポ達の気が感じられない・・・・・・魔人ブウにやられちゃったのかな・・・・・・」
(魔人ブウが出てきたと勘違いして天界から落とされたデンデ)


サタン「ひぇー・・・水・・・死ぬ・・・・・・」

ベジータ「なに!? オレが!?」

悟空「あぁ、老界王神のじっちゃんの力でいきけぇれる」

老界王神「そういうことじゃ、感謝するんじゃぞー!」

ベジータ「・・・・・・あぁ、感謝するぜ・・・!」

老界王神「よぉぉし!魔人ブウをたおしてこぉぉおい!」



ドガァン ボゴォォン

ピッコロ「きゅ、宮殿が・・・・・・」

ブウ「うっがぅお〜〜っ!」クルッ

ドガッドガッ

ピッコロ「な、なんとかしろっ!!」

ゴテンクス「スーパードーナッツ!!!」スポポッ

ピッコロ「いいぞ!」

ゴテンクス「よぉし、激突ウルトラブウブウバレーボール!!!!」

ゴテンクス「ピッコロさんも手伝って!!」

ピッコロ「む! わ、わかった!」

ゴテンクス「いくわよ!」

ピッコト「う・・・うむ!」

ゴテンクス「ちがうよ!「いくわよ」っていったら「はぁ〜い」っていわなきゃ!」

ゴテンクス「いくわよーー!!」

ピッコロ「は・・・・・・はぁ〜〜い」

ゴテンクス「そーれパーース!」ボンッ

ピッコロ「ト・・・トーース!」ポンッ

ゴテンクス「アターーーック!!!!!!!!」ドガッ

ゴテンクス「ひゃっほぉぉぉお!」ギュッゥウン

ピッコロ「い・・・いまのはオレが手伝わなくても・・・・・・」



ゴテンクス「わーーーだっはっは! まるで隕石がおちてきたみたーい♡」

ゴテンクス「いや〜〜〜ん! こわ〜〜〜い!」

悟飯「遊んでないで片付けろ! ゴテンクス!」

ピッコロ「なっ、悟空か!?」

ゴテンクス「あ・・・・・・あ・・・・・・悟飯さん!!!!」

ピッコロ「なにっ!?」

ピッコロ「い、いままでの悟飯とは気の種類が違う・・・・・・それに甘さも消えている・・・・・・」

悟飯「ほかのみんなは?」

ピッコロ「わからん、宮殿にはいなかったが・・・・・・」

悟飯「お父さんか・・・・・・」ニヤ

ポンッ

悟天「にいちゃん! そんなやつやっつけてよ!」

トランクス「ご、ごはんさん、すっげえぇぇ」


ブウ「キッキッキ・・・・・・おいまさか、オレとたたかうつもりか?」

悟飯「ちがうお前を殺すつもりだ」ボウッ

ゴスッ

ブウ「がっ・・・・・・!!!」

ゴッ

ドバキィ!

ドゴッ

ダダーン

悟飯「こっちだ」

悟飯「ウスノロ・・・・・・」

チチ「悟空さ!」

悟空「なんだ? チチ?」

チチ「しなねぇで・・・帰ってきてほしいだよ・・・・・・」



ブルマ「ベジータ、あんたまた死んだりしたら許さないからね!!!」

ベジータ「わかっている・・・・・・」



ブウ「おまえだけはゆるさない!!!ぜったいぜったいぶるころしてやる!!!」
ブルブルブルブルブル

悟飯「ちっ!」

カッ



悟飯「デンデがこの地球のどこかにいます、微かにきを感じるでしょ?」

ピッコロ「なに!?  ほんとうだ・・・・・・!」



ピッコロ「なんだ? 人か・・・・・・?」

トランクス「なんであいつだけ生き残ってんだ? ほっとこほっとこ」

ピッコロ「いや、連れて行ってやろう、あいつは根は善人だ・・・・・・」



悟飯「デンデ!」

デンデ「ポポさんがすぐ下界へ放り投げてくれたんです!」

サタン「なんだ? あの顔色の悪いガキは・・・・・・」

トランクス「こら! 神様だぞ!」

悟飯「きた・・・・・・!」

ピッコロ「まさか、あいつ・・・なにが変わったというのだ・・・・・・」

悟飯「さぁ、みせてみろ・・・・・・」



ブウ「おいチビたちでてこい!!! オレはおまえたちと闘いたい!!!」

ブウ「オレとけっちゃくをつけろおおおお!!」

悟飯「なぜそんなまわりくどいことをする!?」

悟天「やってやろうぜトランクスくん!」

トランクス「おう!」

ピッコロ「ま、まて! 何かへんだぞ・・・・・・」

トランクス「考えすぎだよ! よし、いくぞ!!」

「「フュージョン! ほいっ!!」」

悟飯「ほう・・・・・・」

ゴテンクス「ジャッジャーン! 正義の死神ゴテンクスだー!!」

ブウ「いまだ・・・・・・!」ドロォ



悟空「しまった!!!!!モタモタしすぎた!!!! いくぞ、ベジータ!」

ベジータ「わ、わかった!」シュン

ブウ「遠くのほうで一度だけ感じた大きなエネルギー・・・・・・」

ブウ「そいつはお前でもなかった・・・・・・」

ブウ「でも、すごく似ている・・・・・・だからそいつがくるまで・・・・・・」クイッ

ブウ「私が最強の魔人としてここでまっておこう!」

デンデ「あ、あわわわ」

悟空「くそ! おそかったか!!!」

ベジータ「な、なんだあの魔人ブウの変化は・・・・・・!?」

ブウ「お、はやかったね諸君・・・・・・」

ベジータ「と、とんでもないエネルギーだ・・・いったい何が・・・・・・」

悟空「時間がねぇ、ベジータ! だまってこいつを右の耳につけてくれ!!!」

ベジータ「・・・・・・なぜだ・・・・・・?」

悟空「・・・・・・・・・こいつで合体できんだ・・・・・・」

ベジータ「また合体か・・・・・・ふざけるなよ!!!!」

悟空「お、おめぇならそういうとおもったけどよぅ」

悟空「トランクスや悟天、ピッコロ、悟飯を救うにはそれしかねぇ!」

ブウ「なぁにしゃべってんだーー!!!」ギュンッ

悟空「!!!」ボッ

ベジータ「」ボッ

ベジータ「も、もう二度と合体なんぞごめんだ! このままやつをぶっとばしてやる!」

悟空「くそ!」


中断

一旦乙って何だぁ?

>>88
うえっ、きもちわり
イヤだおめ!

ブウ「はっはっは! その程度か! 孫悟飯と変わらないな!!!」

悟空「くっ、ベジータァ!」ヒューン ズガァ

ベジータ「カカロット!? ふおっ!」ズガァ

悟空「へ、へへ・・・・・・もどっちまったぜ・・・・・・はぁ・・・はぁ・・・」

悟空「ベジータ・・・・・・みんなを助けるために・・・・・・頼むぜ・・・・・・」

ブウ「10秒だけ止めを刺すのをまってやろう!」

ベジータ「オレは・・・・・・1人で十分だ・・・・・・」

ブウ「8・・・・・・7・・・・・・」

悟空「このままじゃブルマたちもころされっぞ!!!!!」

ブウ「4・・・・・・3・・・・・・」

ベジータ「くそぉぉお! よこせ!! はやく!!」

悟空「これはいちど合体するともうもどれねぇ!!いいな!!」

ベジータ「ドタンバでいいやがってえええええ!!!」

ブウ「ゼロだ!」ボウッ

悟空「サンキューベジータ!!!!」

ベジット「よっしゃーー!!!!」

あ、明日の9時に再開すっからそれまでまっててくれみんな!

あ、明日まで!明日までお待ちを!!!

最近遅くて本当に申し訳ない
400までには終わらせるつもり

ブウ編はあと40投下くらい

……ということはGT編もしくは完全オリジナルの続きがあると?

>>127
内緒!

才能なくてなれないのは鼻っから分かってる
あくまで「もしもなれたなら」の話だろ。なんで「もしも」の話をしてるのかすら分からないならマジでアスペ

いじめよくない
もうすぐ再開

バシュンッ

ブウ「なに!?」

ベジット「そしてこいつが・・・・・・」

ベジット「超ベジット!」ボウッ

ブウ「ふっ、その程度か!」

ガッ ガッ ガッ ドン! ドン! ドン! ドン!

ベジット「やるじゃねぇか、このオレが本気になるなんて思ってなかったぜ!」

ブウ「ふはははは!!!」

悟空(さすがはチビ共と悟飯を吸収しただけあるぜ)

ベジータ(どうするんだカカロット!)

悟空(もうちょっと楽しもうぜベジータ)

ベジット「ふん、その薄ら笑いを消してやろうか?」

ブウ「やってみるがいいさ」

ベジット「これが・・・・・・アルティメットベジット!!」ゴッ



キビト神「わわっ! すごい! ここまでエネルギーが!」
↑ポタラがすごいとわかり合体した

チチ「な、なんだ? 自信か?」

ブルマ「孫くんとベジータよ、きっと!」

ベジット「どうだ? かっこいいか?」

ブウ「な・・・・・・そ、それがどうした!!!」

ゴスッ

ベジット「鼻血がでてるぞ・・・・・・?」

ガッ ガッ ゴッ ドガッ バキャッ

ブウ「ぐ・・・・・・ぐぅ・・・・・・」

ベジット「ふん、つまらん・・・・・・ためしに超サイヤ人3になってみればこれだ」



キビト神「強い! あの魔人ブウが手も足もでない!」

クリリン「そ、そんなにつえーのかよ・・・・・・」



ベジット(さて、あとは吸収させて悟飯たちを助けるだけだな)

ベジット「」ビッ クン・・・・・・

ベジット「どうした? 無口になったな、もっと本気を出してもいいんだぜ?」

ベジット「それとも本気でやってこのザマだったかな?」

ベジット「だったら失礼、謝るよ」

ブウ「ぐぎががががが!!!!」ピィィィィイ

ベジット「さぁ、こいよ」

ゴッ ガッ バキッ 

ブウ「ち・・・・・・ちくしょう・・・・・・」

ベジット「こんなはずじゃなかったか?」

ベジット「オレも驚いたさ、ここまで強くなっちまうなんてな」

ブウ「ず、ずるいぞ! 合体なんてしやがって!!!!」

ガッガッドコッ

ベジット「よくいうぜ、自分のほうがさんざん合体しやがってよ」



サタン「なんだこの地響きは・・・・・・」

デンデ「悟空さんたちでしょう・・・・・・」



ブウ「コーヒーキャンディになっちゃえええええ!!」ビッ



キビト神「あ!」

ヤムチャ「な、なにかあったのか!?」

老界王神「バ、バカたれえええ 油断しとるからじゃー!」



ベジット「」ガンッ

ブウ「!?」

ベジット「わるいわるい、残念だったな」

ベジット「世界一強いアメだまになっちまったぜ」

ドゴッガッビッガガッ

ブウ「チョ、チョロチョロと・・・・・・・・・」
ガッ
ブウ「ごはっ!!!」

ベジット「あらら、申し訳ない 食べさせてあげようと思ったら突き抜けちゃったよ」

ブウ「もとにもどれえええ!!!」

ベジット「さあて、もうあきた そろそろ終わらせるか」

ベジット「10数えてやるよ、お祈りでもするんだな」



ベジット(さぁ気付け! ここまで追い詰められたらすることは一つだろう!)

ブウ(油断してろ!!!)

ベジット(やっと気付いたか・・・・・・)

ベジット(バリヤー!)ギュンッ

スッ

ブウ「や、やった!!! やったぞ!!!!!」

キビト神「あ、あ!!!」



ブウ「やった!!!!!! ざまーみろぉぉお! えらそうにしやがって!」



キビト神「終わった・・・・・・」

老界王神「いや・・・・・・わからんぞ・・・・・・」

老界王神「もしやあいつ・・・・・・」



ブウ「変化がない・・・・・・おかしいな」

ブウ「ま、どちらにせよあいつが吸収されたのはまちがいない」

ビリッ

ブウ「はーっはっはっはっは!!!」



ベジット「いつまでもバカみたいにわらいやがって・・・・・・」

ベジット「あのヤローの中にいるからやかましくってしょうがない!」

ベジット「よし、悟飯たちをさがさないと・・・・・・」

ベジータ(もういいだろう、バリヤをといても!)

悟空(いや、いまといたらもどっちま・・・・・・あ!)

ベジータ(そいつは好都合)フッ

バッ

ベジータ「よし!」

中断

誰かアルティメットベジットの参考画像を


ネーミングセンスはやはり王子譲りでしたか

>>150
仙豆(画像)だ食え
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/pages/final/0221.png
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/pages/final/0222.png
二次創作作品、DRAGON BALL Multiverseより

すまん
右手靭帯やってタイピングつらい
更新はするけど、2日だけまってください

左手の靭帯が治ったとおもったらこれだよwww
仙豆ありがとw
傷のなおりははやいほうだから多分大丈夫でござる
更新遅れてすまん

オレの声をそのままうちこんでくれだれかwww

パソコンじゃないとのらない((
というか、こんなムダにレスしていいの?
「そんだけうちこめるならかけ」っていわれそうなんだけども

お前らが優しすぎるからついついレスしすぎた
早く治すよー
一旦ノシ

うおおお、そう争わないでくれ
全然ドラゴンボールで話してくれてるのは嬉しいけども
子供だなんだって争うのはやめようぜ

大分調子いいから、後で更新する

ブウ「無敵となった記念に消してやるぞ、こんな星」



ベジータ「さっさとひっぺがすぞ」

ブチブチ


ブウ「なな!? こ、これは・・・・・・ まさか・・・・・・」



悟空「よっしゃ! ブウの気がかなりおちてっぞ!」

べじータ「脱出するか」

悟空「あぁ、今ならなんとかなりそうだぜ」

悟空「どうしたベジータ?」

ベジータ「おい、こいつはどういうことなんだ?」

悟空「あぁ、そうつぁきっと特別だ」

ブウ「よくわかったな」ズズズ

ベジータ「な、なぜブウが自分の体の中に!!」

ブウ「せっかく吸収したやつらをよくもはがしたな!!」

ベジータ「ち・・・ちくしょう・・・やばいかもな・・・・・・」

悟空ベジータ「はっ!」ボッ

デンデ「ずいぶん近くまできましたよ・・・・・・」

サタン「なんでそんなことがわかるんだ・・・・・・」

デンデ「気ですよ」

サタン「木?」



ベジータ「こいつをひっぺがしたらどうなるんだ?」

悟空「よし、やっちまえベジータ」

ブウ「やめろ!! そいつにさわるな!!!」

ベジータ「ふっ、相当都合が悪いらしい」

ブウ「オレがオレでなくなる!!! やめろ!!!」

悟空「お前の言うことなんてオレたちが聞くかよ!」

ベジータ「そういうことだ」ブチッ

悟空「よし! みんなつれて脱出するぞベジータァ!!!」ギュンッ

ベジータ「わかった!!」ギュンッ



悟空「あった!あたまのあなんとこだ!!」

ベジータ「随分手際がいいなカカロット」

ボンッ

悟空「よし・・・・・・サタン!デンデ!こっちにこい!!!」

ベジータ「お、おいカカロット・・・・・・どういうことだ」

悟空「魔人ブウのやろう、相当に気があがってやがる・・・・・・」

デンデ「悟空さーん!」

悟空「よし、みんなで神界王星にいくぞ!!!」

ベジータ「おい、説明し」シュン



ブウ「うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃおおおお!!!!!!!」ブッ



クリリン「悟空! よくかえってきたな!」

チチ「まってただよ! 悟飯ちゃんも、悟天ちゃんまで!」

悟空「こまけぇことはあとだ」

悟空「界王神様! オラとベジータ以外を安全なとこに!」

サタン「そうか・・・・・・これは夢なんだ・・・・・・」

サタン「じゃぁワシも空をとぶぞおおお!」タッタッタッタッ

サタン「とう!!!」ゴスッ

キビト神「こ、ここに魔人ブウが!?」

悟空「あぁ、すぐにくる!」

老界王神「ポタラは・・・・・・いらんようじゃの」

悟空「あぁ、せっかくだけどオラたち向きじゃねぇんだ・・・・・・」

悟空「もうあいつも合体してねぇんだしよ」

ベジータ「よくいった、それでこそ・・・・・・」

ベジータ「サイヤ人だ」

ブルマ「もう、かっこつけちゃって、それで死んだら許さないんだからね」

クリリン「がんばれよ、いつもおまえにまかせてわるいな」

クリリン「まってるぜ、親友」

ヤムチャ「役には立てんが応援してるぞ、悟空、ベジータ!」

チチ「帰ったらごちそうつくるからがんばるだぞ! 悟空さ!」

牛魔王「悟空さ! 宇宙を救ってくれ!」

18号「がんばんなよ」

悟空「あぁ、すぐに魔人ブウはここまでくる」

悟空「すぐにいってくれ!」

老界王神「地球が壊された・・・・・・こっぱみじんじゃ・・・・・・」

悟空「・・・・・・くそっ」

ベジータ「ちっ」

全員「「!?」」

悟空「界王神様、デンデ、ナメック星まで界王神様の瞬間移動でいってナメック星のドラゴンボールを使えるか?」

デンデ「それだ!!!その手があった!!!」

ベジータ「随分アタマが回るじゃないか、カカロット」

老界王神「まずは目先の魔人ブウを倒さねばなんにもならんぞ!!!」

悟空「あぁ、わかってる! よし。いってくれ!みんな!」

キビト神「それでは、がんばってください!カイカイ!」シュン




シャッ

ベジータ「!?」

悟空「こいつ、ギリギリでオレの瞬間移動を真似しやがった」



老界王神「この調子じゃあいつらフュージョンする気もないぞ! やっかいじゃのう!」



悟空「よし、なんとかなるかいっちょかましてみっか!」

ベジータ「ああ」

ベジータ「どっちからいく?」

悟空「ジャンケンしようぜ」

悟空ベジータ「「ジャンケンポン!」」



クリリン「はは、あいつららしいや・・・・・・」



悟空「ヨッシャー!! イエーイ!!」

ベジータ「ちっ」スッ



老界王神「アホたれー! ひとりずつ闘うつもりかーー!!」

ヤムチャ「は、はは・・・・・・」



悟空「さぁ、はなっから全力でとばすぞ! オレ達がやられたら全宇宙がパァだぜ」

悟空(にしてもやけにおとなしいな・・・・・・)

ブウ「グーグー」

悟空(なぁ! 寝てやがる・・・・・・! なめやがって!!)

悟空「超サイヤ人3、フルパワー!!!」キッ ドウッ

ベジータ「!! こいつか・・・・・・!!」

ピシピシッ

ブウ「ホォーー!!!! ウホウホウホオホホホ!!!」ドドド

悟空「相変わらず変なヤツ・・・・・・前は負けちまったけど、今回はどうかな?」



キビト神「あ! サタンとかいう人間を忘れてきました!!!!」

クリリン「はは、いいんじゃないですか?」

老界王神「かまわん、ほっとけ」



サタン「ん?」

ベジータ「いよいよはじまるか・・・・・・全宇宙の運命をかけた最後の戦いが・・・・・・!」

バッ

ズッ ドガガッ バキッ

悟空「っしゃ!! 勝てる! 勝てるぞ!!!」ドガッ

ババッ ドガッ ドッ

ブウ「カカァァァァ!!!」

悟空「ぐっ!!!」

悟空(おかしい、こいつ・・・・・・オラたちの闘ったブウより強いぞ!!!)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
悟空「あああああああああああ!!!」

ベジータ「だあああああああああああああ!!!」

ピィィィッィイイ

ピピーッッ ボンッ

悟空「もうMAXみてぇだな・・・・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

悟空(あんときだ〜〜調子のりすぎちまったなぁ・・・・・・)

ババババッ

ズッ

悟空「!?」ビッ

ガガガガガ ズドドド

ベジータ「カカロット・・・・・・すごいやつだよお前は・・・・・・」

ベジータ「今の魔人ブウはきっとオレでは手におえない・・・・・・」

ベジータ「なんとなくわかった気がする」

ベジータ「なぜ天才であるはずのオレがお前に敵わないのか」

ベジータ「守りたいものがあるからだと思っていた・・・・・・」

ベジータ「守りたい強い心が得体のしれない力を生み出しているのだと・・・・・・」

ベジータ「だがそれはオレの同じことだ・・・・・・」

ベジータ「オレはプライドのために闘ってきた、だがあいつは違う・・・・・・」

ベジータ「勝つためじゃない、絶対に負けないために闘うんだ・・・・・・」

ベジータ「あいつは最初からオレを殺す気などさらさらなかった、まるで今のオレが少しでも人の心をもつことがわかっていたかのように・・・・・・」

ベジータ「アタマにくるぜ・・・・・・戦いが大好きで優しいサイヤ人なんてよ・・・・・・!!!」

ベジータ「がんばれカカロット・・・・・・」

ベジータ「お前がナンバー1だ!!」


ドウッ

悟空「バッキャロー! こっちは本場のかめはめ波だ!!!!」

ブウ「クカカカカカ!!!」

悟空「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・まじで不死身かよ・・・・・・!!」

ベジータ「カカロット」

悟空「なんだよ、もう交代か?」

ベジータ「そうだ、そうしたい・・・・・・だが気付いてたんじゃないか?」

ベジータ「オレの段階の超サイヤ人3ではエネルギー切れを起こしてしまうと」

悟空「そ、それは・・・・・・」

ベジータ「ふん、もういい、オレに遠慮せず止めをさせ!」

悟空「あぁ。そうしてぇんだけど・・・・・・」

悟空「あのやろうなかなかつええんだ・・・・・・」

ベジータ「オ、オレに遠慮してたんじゃないのか・・・・・・!」

悟空「・・・・・・元気玉しかねぇか・・・・・・!」

ベジータ「元気玉・・・・・・?」

悟空「あぁ、あいつのつよさはべらぼうだ、オレたちが調子にのりすぎたせいでな・・・・・・」

悟空「だから・・・・・・デンデー! 界王神様!!! 聞こえっか!」

悟空「今すぐにナメック星にいって地球と地球の人々を元にもどしてくれ!!!」

デンデ「わ、わかりました!」

キビト神「いきましょう!」

クリリン「まってくれ!」

キビト神「へ・・・・・・?」

クリリン「元気玉なら・・・・・・元気玉ならオレも手伝える・・・・・・!」



悟飯「時間稼ぎならボクも・・・・・・」ムクッ

悟天「あれ・・・・・・ここどこ・・・?」

トランクス「生きてるみたい・・・・・・」

チチ「・・・・・・いってこい! 悟飯! お父さんを助けてくるだ!」

悟飯「・・・・・・はい!」

チチ「ほら! 悟天ちゃんもいくだよ!」

悟天「え? は、はい!」

トランクス「オレもいくぜ! 悟飯さん! 悟天!」

18号「クリリン、死ぬんじゃないよ」

クリリン「」bグッ

キビト神「それでは・・・・・・カイカイ!」シュン

ブルマ「あんたってほんと・・・・・・ヘタレよね」

ヤムチャ「・・・・・・仕方ないだろ・・・」

中断

悟空「!! みんな・・・・・・」

ピッコロ「キサマだけにおいしい思いをさせるわけがないだろう」

悟飯「お父さん、元気玉の準備はまかせます!」

ベジータ「さがっていろ・・・・・・」

トランクス「え?」

ベジータ「お前達の役目は元気玉に元気を送ることだ」

ベジータ「その間の時間稼ぎはまかせておけ・・・・・・」

トランクス「パパ・・・・・・」

悟空「クリリン、元気玉はオラだけの力じゃどうもあいつにかてねぇきがすんだ」

悟空「てつだってくれっか?」フッ

クリリン「あぁ、もちろんだぜ!」

悟空「よし・・・・・・いくぞ!!! 最後の総力戦だ!!!」

全員「「おーー!!!」」

ブウ「ホーッホホホホッホッホ!!!」



老界王神「緊急事態じゃし、しかたないのーう」



ムーリ「事情はすべてわかっております、さあいそぎましょう!!」

バッ

デンデ「ありがとう!!」

ベジータ「さぁ、いくか!」ボッ 

トランクス「すごい・・・・・・!」

ピッコロ「事情はわかっている、ナメック星人たちとの話はまかせろ・・・・・・」

悟空「クリリン、オラの元気玉はどうも少しだけ力が分散しちまう」

悟空「それをおめぇの気のコントロールで支えてほしいんだ」

クリリン「ど、どこまでできるかわかんねぇけど・・・・・・わかった!」

悟空「」バッ

クリリン「」バッ



デンデ「みなさん! ナメック星のドラゴンボールはもうあつまっています!」

ピッコロ「さっそくポルンガを呼び出してくれ! 願いは・・・・・・」



ベジータ「よし、いくか!!!」バウッ



悟空「きたきたぁ! 悟飯たちの気はやっぱすげぇや!!!」

地球人「あれ・・・・・・?」

地球人「生きてる!!!」

ザワザワ



ベジータ「はぁ!」

ガッガッガッガッガッ

ベジータ「な、なんと早く重い攻撃だ・・・・・・!」

悟飯「ベジータさん!」

悟飯「少しだけ休んでいてください! ボクも時間を稼ぎます!」

ベジータ「くっ・・・・・・」

ブウ「ギギギグゴオオ!」

ガガガガガガガ

悟飯「な、なんて力だ・・・・・・」

悟飯「くそっ!」ドウッ

ブウ「ガウッ!」



悟空「ち、地球のみんなー! 手を空にあげてくれー!」
悟空「マジンブウを倒すために、力をかしてくれー!」


ボラ「ウパ、きこえたか、悟空の声だ」

ウパ「はい!」



8ちゃん「ゴクウだ!」バッ

スノ「わああ!」バッ

クリリン「くっ、なんてエネルギーだ・・・・・・!」

悟空「だろ? オラは元気玉をでかくすることに専念する! クリリンはその力を凝縮してくれ!」

クリリン「ああ!」



ゴテンクス「次はオレが相手だぜイエーイ!」

悟飯「油断するな! ゴテンクス!」



サタン「なんだ・・・・・・? なにがおこってるんだ・・・・・・?」



ベジータ「くそ、元気玉はまだできないのか・・・・・・」

悟飯「お願いします! 空に手をあげてくださーい!」



シャプナー「悟飯!?」

イレーザ「なるほどね、さすがよ! 悟飯くん!」バッ



悟天「だめだ・・・・・・あいつ強すぎるよ・・・・・・」

トランクス「し、しんじゃうのかな・・・オレ・・・・・・」

ベジータ「あきらめるな、トランクス!」

サタン「ま、まずいんじゃないか・・・・・・よ、よし!」

サタン「オラー! マジンブー!」

サタン「この世界チャンピオンミスター・サタンがぶっとばしてやるぜえええ!!!」

サタン(きまった・・・・・・夢なのがおしいくらいに・・・・・・!!!!)

ブウ「ギャオオ!!」ギューーン

サタン「むっ! やるか!!」

サタン「ひぃ! やっぱ夢でもこわい!」

サタン「ごめんなさい!」ビッ

トランクス「なっ」

悟飯「すごい・・・・・・」

ベジータ「!?」

ブウ「ギギギギ・・・・・・」

サタン「ひええ!」ビッ

ブウ「ギャアア!!!」

サタン「え? も、もしやオレの気迫にビビってるのか!」

悟空「やるじゃねぇかサタン!!」

ブウ「グガガガガ」モムモム ペッ

サタン「え!?」

全員「「あ、あれは!」」

サタン「ブウ!!!!」

ブウ「かはあああ・・・・・・」パン

サタン「ぎゃっ!」

サタン「うおおおおおおおお 夢なのにいたあああい」

ブウ「ホーホッホッホッホ」

サタン「ま、まあいい オレにも悪いところがあったかな〜なんて」

ブウ「ギャアアアオ」ギュンッ

サタン「ひいーーーー!!!」

ギュンッ

デブウ「おまえキライだ サタンいじめるな!」

サタン「ブ・・・・・・ブウ・・・・・・!」

悟飯「悟天、トランクス! ブウに加勢するぞ!」

悟天「う、うん!」

ギュンッ

ベジータ「カ、カカロット! まだか! まだ元気玉は未完成なのか!!」

悟空「おかしい・・・・・・結構でかくなってんだけど、まだまだだ!!仲間以外の気があつまんねぇ」



「「おいおい、手をあげろだってよ」」
「「あやしいわ」」
「「もしかして夢だったんじゃないか?」」

ベジータ「なっ・・・・・・!」

サタン「あいてて・・・・・・なんだ? このこえは・・・・・・」



悟飯トランクス悟天「「かめはめはーーー!!」」

ブウ「ヒャー!」バシィ

デブウ「ぐっ!」

ガッガッガッガッ

ゴスッ

悟天「うっ・・・・・・」ドサァ

ガッ

悟飯「悟天! !? しまっ!」ヒュゥゥゥーン

トランクス「く、くっそーー! ボクはパパの・・・・・・ベジータの子供だ!!!」

ブウ「カッカッカー!」ドンッ

トランクス「うわあああ!」ガスゥゥ

デブウ「くうぅう!」

ガッガッガッ

ベジータ「トランクス! くそ!」ボッ

ガガガガッ

クリリン「まずい、このままじゃみんなしんじまうぞ!」

悟空「ま、まずいな・・・・・・!」

ベジータ「ご、ごふっ・・・・・・」フッ

クリリン「まずい!」

デブウ「ブウーー!!」ガッ

ブウ「!?」ヒューン

デブウ「はぁ、はぁ・・・・・・」

ベジータ「殺されたやつに助けられるとはな・・・・・・」

ブウ「ヒヒィ・・・・・・」ギュンッ

サタン「い、いいかげんにしろー!!!」ヒュッ

ゴツ

ブウ「」ギロ

サタン「あ・・・あたっちゃった・・・・」

ブウ「!!」

ベジータ「くそったれめ・・・・・・気付かれた!!」

ベジータ「カカロット!! オレが時間を稼ぐ!! あとはキサマがバカどもを説得しろ!!」

悟空「時間をかせぐったって! おめぇはもう・・・・・・!」

ベジータ「ごちゃごちゃうるさいぞ!!!かああああ!!」ビッ

サッ

ブウ「」ヘラヘラ ドズッ

ベジータ「か・・・・・・かか・・・・・・」

悟飯「ベ・・・・・・ベジータさん!!!」ヒュッ

ブウ「ハーッハッハ!!!」

ガガッ

ベジータ「ご、悟飯・・・・・・油断するな!!!」

ピッコロ「役に立たんがオレも加勢するぞ・・・・・・」

悟天「さ・・・・・・3人がかりでも・・・・・・」ボッ

トランクス「勝てないのかよ・・・・・・!」ボッ

悟空「ち、ちくしょー!!!地球がどうなってもいいのか!!バッキャローー!!!」

「「なんだと、バカヤローだと!!」」

「「あんなの無視無視」」

「「そうか!!集団催眠術だったのかも!!」」

サタン「きさまら・・・・・・いいかげんにしろおおお!!!!」

サタン「このミスター・サタンのいうこともきけんのかーー!!!!」

「「え? サタン!?」」

「「もしかしてブウと闘ってるって!!!」」

「「ミスター・サタン!?」」

サタン「そ、そうだ!!!! さっさと協力せんか!!!」

悟空クリリン「・・・・・・・・・」ポカーン

サタン「ま、まぁしょうがないだろう?」

ババッ

ババッ

「「「「「サーターン」」」」」

「「「「「サーターン」」」」」


「「「「「サーターン」」」」」


「「「「「サーターン」」」」」


「「「「「サーターン」」」」」

悟飯「くっ・・・・・・やったぞ・・・・・・」ガクッ

悟天「お父さん・・・・・・がんばって・・・・・・」ガクッ
トランクス「パパ・・・・・・」ガクッ

ベジータ「これが最後の力だ!!!」ドンッ 

ブウ「!!!」ヒューン ババッ

ベジータ「うおおおお!」

ガガガッ

ベジータ(これであいつらに元気玉とやらはあたらん!!!)

ブウ「ググ!!」ガスッ

ベジータ「ぐっ・・・・・・」ダーン

ブウ「」ギャンッ

ベジータ「あ・・・・・・あうう・・・・・・」

悟空「こらえろ!!! こらえろベジータ!!!」

悟空クリリン「「!!!!」」

クリリン「うっひゃーー!! すげええええ!!」

悟空「きっ きた!!!!!!」

悟空「はなれてろベジータ!!!!!」

クリリン「ま、まきぞえくらうぞ!!!」

ベジータ「ば、ばかやろう・・・・・・オレにかまうな・・・・・・」

ブウ「!!!!」

ブウ「があああああああああああああ」

サタン「やれーー!! いまだあああ!!!」タッタッタ

悟空「やるじゃねぇかサタン!」

クリリン「くっ・・・・・・エネルギーがすごすぎる!!」

悟空「おめぇはホントに世界の救世主かもな!!!」

悟空「いくぞクリリン!!!」

クリリン「おう!!!」

バッ

悟空クリリン「「くたばっちまええええ!!!」」

クリリン「くっ・・・・・・悟空、オレはここまでだ・・・・・・ぜ」

悟空「後はオラにまかせてくれ」

クリリン「へへ・・・・・・悪いな・・・・・・」フッ ヒューン バイン

クリリン「よ、よぉ・・・・・・」

デブウ「大丈夫か?」

クリリン「あぁ・・・・・・おまえこそ・・・・・・」

ブウ「ギャオオオオ」ドウッ

バフッ

悟空「いっけ!!!!!!!」

悟空「ち・・・・・・ちくしょう!!! これでも押されんのかよ!!!!」

ベジータ「か・・・かんじんのカカロットに体力が・・・・・・たりん!!」



デンデ「ど、どうしよう・・・・・・界王神様! ボクを悟空さんの所までつれてってください!」

キビト神「す・・・すまない、今さっきので体力をつかってしまう・・・・・・」

ポルンガ「いつまでまたせる?」

デンデ「そうだ! 孫悟空って人の体力を元に戻してください!!!!」



悟空「も・・・・・・もう・・・・・・ダメだああああ」

悟空「!!!!!!」



デンデ「悟空さん! みっつめの願いで悟空さんの気がもどったでしょう!?」



悟空「もどったーー!!! もどったぞおおお!!」

悟空「サンキュー! ドラゴンボール!」ボンッ

グッ

ブウ「!?」

悟空「おめぇはすげぇよ・・・よくがんばった・・・・・・たったひとりで・・・・・・」

悟空「今度も・・・いいヤツにうまれかわれよ」

悟空「もっともっと強くなってさ・・・・・・・・・・・・」

悟空「またな!」

悟空「はああああああああああああああああ!!!!」

ズオオオ

ブウ「カカカ・・・・・・カ・・・・・・」

悟空「ふうっ・・・・・・やっとおわったぁ・・・・・・」

ベジータ「てまどりやがって・・・・・・」

悟空「」bグッ

ベジータ「ちっ、ほんとムカつくやろうだ」dグッ

bdグッ

ビッ

チチ「悟空さああああ!」ギュッ

ブルマ「ベジータ・・・・・・もう、むりしちゃって・・・・・・」

ビーデル「悟飯くん・・・・・・」

サタン「ビ、ビーデル・・・・・・」ショボン

デンデ「みんなすぐ治してあげます!」

老界王神「ふぉ〜 ようもこんだけ荒らしたのう・・・・・・」

悟空「ベジータを先に治してやってくれ、あいつそうとうくたびれてんだ」



悟空「さぁ! みんなで地球に帰ろう! おもいっきり食ってたっぷりねてぇや!」

続きは股明日

そして、ブウとの壮絶な戦いから10年が経過した

悟空は更に修行し、ウーブとの再戦を果たしたのであった

悟空は再び過去には戻らなかった・・・・・・

そして・・・・・・

悟空「ん・・・・・・ふぁぁ〜・・・・・・」ガバッ

ウーブ「おはようございます、悟空さん」

悟空「い!? こりゃどういうことだ・・・・・・?」

ウーブ「どうしたんですか?」

悟空「おめぇ・・・・・・誰だ・・・・・・?」

ウーブ「え?」

ウーブ「あっはは・・・・・・やだなぁ、悟空さん」

悟空「本当にわかんねぇ、どういうことだ・・・・・・」

悟空「ウーブ・・・・・・っていったか? オラちょっと今からいきてぇとこがあっからいってくる!」

ウーブ「え?」

悟空「」バッ

悟空「筋斗雲!!!!」

ギュゥゥウン

悟空「天界までたのむぞ!」ギュゥゥゥウン

ウーブ「え? ご、悟空・・・・・・さん?」

悟空「ここまででいいぞ! サンキュー! 筋斗雲!」

スタッ

カリン「おまえ・・・・・・本当に悟空か・・・・・・?」

悟空「あぁ!」

ヤジロベー「!? おみゃー、オレより弱いんじゃねぇか!!?!」

悟空「はっはっは、なぁにいってんだヤジロベー、オラちょっと天界いってくんぞ」ギューン

悟空(なんでみんなそんなに驚いてんだ?)

悟空「」スタッ

ピッコロ「なっ」

デンデ「え!?」

ポポ「!?」

悟空「い!? ピッコロ!?」

ピッコロ「だ、誰だキサマ!!!!」

デンデ「悟空・・・・・・さん・・・・・・?」

ここから完全オリジナルストーリーです

更新速度は減りますが、どうにか完結させようかと

そしてピッコロがZ戦士達を天界に呼んだ

悟飯「お・・・・・・お父さん・・・・・・」

悟天「こ、これが?」

悟空「おめぇたちがオラの息子!?」

クリリン「ご、悟空がオレより弱くなっちまった・・・・・・」



悟空「つ、つまりオラは何十年もタイムスリップしちまったわけか・・・・・・!?」

ピッコロ「そういうことだ・・・・・・」

クリリン「ど、どうすんだ・・・・・・?」

スタッ

ベジータ「カ・・・・・・カカロット!!! どういうことだ!!!」

悟空「だ、誰だよカカロットって・・・・・・」

ベジータ「なっ・・・・・・!!!!」ドシュッ

悟空「だ・・・・・・だれだあいつ・・・・・・」

ピッコロ「知らなくてもムリはなかろう・・・・・・(あいつが誰よりショックをうけてるだろうからな・・・・・・)」

ピッコロ「キサマの空白の期間だったものを順をおって説明してやる、よく聞け」

悟空「へぇ〜・・・オラ地球人じゃなかったんかぁ・・・・・・」

悟飯「とりあえずウチにもどりますか?」

悟空「いや、オラ修行してぇ おめぇらすげぇ気だなぁ!」

悟空「オラに稽古つけてくれよ!!!」

トランクス「それならすごくいいところがありますよ、悟空さん」





悟空「なんだ? ブルマん家じゃねぇか!」

トランクス「ここなら悟空さんの気を一気にあげられると思います」

トランクス「とうさーん! ここでしょう?」ガチャ

悟空「うっ」ズンッ

ベジータ「なんだトランクス」ババッバ

トランクス「悟空さんが修行したいらしいので・・・・・・って、悟空さん!?」

ベジータ「カカロット!!!」ピッ ヴゥゥン

悟空「ぶはぁ! 死ぬとこだったぞ・・・・・・」

ベジータ「た、たかが300倍の重力程度で・・・・・・」



トランクス「ここで少し修行すればすぐ強くなれますよ」

ベジータ「どけトランクス カカロット、キサマはオレが鍛えてやろう」


あ、いまの世界は原作世界ね

悟空「な、なんかよくわかんねぇけど、よろしく頼むぜベジータ」

ベジータ「ふん、死んでもうらむんじゃないぞ」ニヤ

ガチャ

ピッコロ「まて」

ベジータ「? どうしたピッコロ」

ピッコロ「孫悟空をこれから閻魔のところへ連れて行こうと思ってな・・・・・・」

ベジータ「なぜだ」

ピッコロ「界王様のところへつれていくのだ」

ベジータ「ほう・・・・・・」

悟空「なんの話だ?」

ピッコロ「孫悟空、もう一度天界までこい」

悟空「あ、あぁ・・・・・・わかった」



ピッコロ「これからお前にはあの世へいってもらう」

悟空「い!? 殺されちまうんか!?」

ピッコロ「ちがう、あの世から100万キロ離れた界王星へといってもらうのだ」

悟空「よくわかんねぇぞ・・・・・・」

ピッコロ「つべこべ言うんじゃない」シュン

閻魔大王「ピッコロか、話はわかっとる。悟空! そこの案内オニについていけ!」

オニ「お久しぶりですね。どうぞこちらへ」

悟空「なんでみんなオラのことしってんだ・・・・・・?」

悟空「ひゃ〜 蛇の道ってこれかぁ!」

オニ「なにをご冗談を」

悟空「まぁ、いいや! 案内サンキュー!」ギュン

オニ「やっぱりずるい・・・・・・」



そして地上

悟飯「とんでもないことになりましたね・・・・・・」

ピッコロ「神龍を呼んでみるか・・・・・・」

ベジータ「あんなザコがカカロットなどとオレは認めんぞ・・・・・・!!!」

Z戦士たちはそれぞれドラゴンボールを探しに散った



数時間後

悟飯「いでよ!神龍!!!」

神龍「願いを言え・・・・・・どんな願いでも3つだけかなえてやろう・・・・・・」

悟天「お父さん・・・・・・じゃなくて、孫悟空という男が過去と入れ替わったようなのです!」

悟天「どうにかなりませんか!」

神龍「・・・・・・・・・・・・ムリだ」

神龍「時空のゆがみがおきているせいでこちらの悟空は別の次元にいった」

ピッコロ「なんとかならんか!」

神龍「私の力を大きく超えている・・・・・・」

ベジータ「ちっ」

Z戦士は色々と試したが、すべてだめだった

そして半年が経過した

界王「よくきたの〜 悟空」

悟空「お、おめぇが・・・・・・界王様・・・・・・か・・・」ズシ

界王「なつかしいのー ワシがお前に始めてあったころをおもいだすわい」

悟空「よ、よくわかんねぇけど・・・・・・ここ・・・・・・すげぇおもてぇな」

界王「少しずつなれていけばよい・・・・・・そして、また教えてやるぞ、界王拳をな」



そしてあっという間に悟空が入れ替わって1年が経過したのであった・・・・・・

悟空「ありがとう、界王様! 」

界王「最後にとっておきのプレゼントじゃ〜」

界王「閻魔に頼んで特別にヤードラット星人をあの世から呼んでやったぞ!」

ヤードラット星人「おやおや、久しぶりじゃないですか悟空さん! その説はどうもどうも」

悟空「ま、またよくわかんねぇヤツがでやがったぞ・・・・・・」


悟空「っひゃ〜! すっげぇな! 瞬間移動かぁぁ!」

界王「やっぱおぬしにはこれがないとのぅ」

ヤードラット星人「摩訶不思議なこともあるもんですねぇ、では私はこれで」シュン

悟空「ありがとなぁ〜!」

悟空「じゃ、界王様! オラそろそろ戻ってもっともっと修行うけてくっぞ!!!」

界王「それでこそ孫悟空じゃ! いってこい!」

悟空「あぁ! またくるな!」シュン

パッ

ピッコロ「悟空! お前元に戻ったのか!!!」

悟空「い? いや、オラ瞬間移動を界王様んとこで教えてもらっただけだ」

ピッコロ「そ、そうか・・・・・・」

悟空「ちょっとオラベジータんとこいってくるな!」

ピッコロ「あぁ、悟空!」

悟空「ん?」

ピッコロ「嫁にも挨拶をしておけよ」

悟空「ピッコロ〜おめぇいいやつんなったなぁ!」

ピッコロ「だ、だまれ・・・・・・」

悟空「へへっ、じゃな!」シュン

ピッコロ「いつの時代でもかわらんやつだ・・・・・・」

ベジータ「この数ヶ月、やけに宇宙中をチョロチョロしてるとおもったらそれか、カカロット」

悟空「ぐ・・・・・・ぎぎぎ・・・・・・あ、あぁ・・・・・・それ・・・・・・よりよ・・・・・・」

ベジータ「たったの100倍だぞカカロット!」

悟空「しん・・・・・・じま・・・・・・」バタッ

ベジータ「ちっ」ピッ 20G ニ セッテイ シマシタ

悟空「おっ! なんかすげぇ軽くなった気分だ!」

ベジータ「少しはマシになったなカカロット」

悟空「へへ、修行つけてくれんだろ?」

ベジータ「前にもいったが・・・・・・死んでもしらんぞ」ニヤァ

悟空「」グッタリ

デンデ「うわあ!! 悟空さん!!!」

ピッコロ「おいベジータお前・・・・・・」

ベジータ「殺してはいない。 70倍の重力で組手をしただけだ!!!!」

ピッコロ「少しあせってるじゃないか・・・・・・」

ベジータ「くっ、う、うるさい!!!さっさと治しやがれ!!! 今のカカロットならば・・・」ニヤ

ピッコロ(こいつだんだん楽しくなって少し本気を出したな・・・・・・)



悟空「っひゃー! 死にかけたぞ!!! すっげぇな神様!」

ベジータ「やはりかカカロット!!!」

悟空「な、なにがだ?」

ベジータ「気付かんか? 潜在パワーが大幅にアップしてるぞ」

悟空「たしかに言われてみればそうだな・・・・・・」

ベジータ「クックック・・・・・・」

ピッコロ(こんなに楽しそうな顔をしているベジータは始めてみる)

ベジータ「カカロット!!! 次は100倍の重力だ!!!」

悟空「おーう! サンキュー! 神様!」シュンッ

デンデ「なんだか他人行儀だなぁ」

そして1週間後

ベジータ「カカロット、お前はもう十分超サイヤ人になれる」

悟空「すーぱーさいやじん? なんだ・・・・・・そりゃぁ」

ベジータ「これだ!!!!」ボッ

悟空「い!? すげぇ、気が膨れ上がっちまったぞ!!!」

ベジータ「これが超サイヤ人だ、今のキサマなら激怒すればなれるだろう」

悟空「激怒つってもなぁ・・・・・・」

ベジータ「まぁいい、今のキサマを殺しても仕方がないからな・・・・・・一旦悟飯たちとも手を合わせて来い」

悟空「ベジータ・・・・・・おめぇいいやつなんだなぁ」

ベジータ「なっ・・・・・・う、うるさいぞ! 殺されたいか!」

悟空「わわ! わりぃわりぃ! じゃぁな!」シュン

ベジータ「ふ、ふん! トレーニングの再開だ おい! トランクス! 久しぶりに組手をするぞ!!!」

トランクス「えー!!!」



悟空「ただいま!」

悟飯「おかえりなさい」

悟空「いやぁ〜おめぇ本当に学者になっちまって、すげぇなぁ」

悟飯「はは、なんだかくすぐったいですよ」

進みすぎワロリンヌ

夜に再開するよん

そして1週間後

悟飯「はぁっ・・・・・・はぁっ・・・・・・さすがはお父さんだ・・・・・・」

悟空「悟飯もなかなかだぞ!」

悟飯「それで超サイヤ人になれればもう元通りですよ! さすがはベジータさんだなぁ」

悟空「ははっ・・・・・・」

スタッ

ベジータ「相当ウデをあげたなカカロット、キサマに足りないのは経験だと踏んだオレの考えはマチガイではなかった・・・・・・だが、まだそんなもんでは相手にもならんな」

悟空「よう、ベジータ」

ベジータ「だが・・・・・・おもしろくなりそうだ、かかってこい!カカロット!」

悟空「よし!」ゴッ

ベジータ「はぁ!」ゴッ

ガッガッガッガッ

ベジータ「いいぞ! そうでなくてはおもしろくない!」

バキィ

悟空「ぐっ、界王拳!!!」ギューン

ドズッ

ベジータ「ぐっ・・・・・・! 汚いぞカカロット!」

悟空「あ・・・・・・わりぃ」

チチ「悟空さー! 悟飯ちゃーん! メシにするだよー!」

チチ「あ、ベジータさもきてただか! 一緒にくうだよ!」



ベジータ(カカロット・・・・・・オレはキサマを超えるために超サイヤ人3への壁を超えようとしていた・・・・・・)

ベジータ(だがお前は超サイヤ人にすらなれない・・・・・・)

ベジータ(これ以上オレが強くなる理由があるのだろうか・・・・・・)



そしてこのとき、とある宇宙船が地球に向かっていることを誰も知ることはなかったのだ


こっからGTはいりま

GTが苦手な人はスマン

オリジナル敵とかこっぱずかしいだぁ

バーダック「ふぇぇ…これで最後だよぉ…」

ドゴォォォォォン…!

フリーザ「ふぇぇ…綺麗な花火だよぉ…」

この流れなんだよwwwwww

そして数ヵ月後・・・・・・

パン「あははは! おじーちゃーん!」

悟空「ほーれ!」

スタッ

ベジータ「カカロット、まだ超サイヤ人にはなれんのか」

悟空「お、ベジータ! それにトランクス!」

トランクス「どうも! 悟空さん!」

悟空「おーい! ごてーん! トランクスが遊びにきてくれたぞー!」



ガガガガガッ 

悟空「たーっ! はっ! だりゃー!」

悟天「す、すごいな!父さん!」

トランクス「オレたち二人が相手にならない・・・・・・!!」

ガッガッ ダンッ バキィ!

ベジータ「なぜだ・・・・・・とっくにサイヤ人の限界は超えている、あの状態ならオレと同じくらいにカカロットは強くなった・・・・・・」

ベジータ「やはり怒りか・・・・・・」



???「フハハハハ・・・・・・この地球にサイヤ人がいるのか・・・・・・」

さらに数週間後

悟天「ねぇ〜 せっかく都まででてきてんだからデートしようよ〜」

チチ「まったく・・・・・・久しぶりについてきたと思ったら・・・・・・」

悟天「え? サタンシティ? おっけおっけぇ!」

悟天「キミのためならどこまでもいくさぁ〜」ピッ

悟天「じゃ、いってくるねぇん」

ブルマ「がんばるのよ〜」

チチ「都の女には気をつけるだぞ!!!」



ショリショリ

ベジータ「」キリッ



悟天「あ、どうもべじータさん!」

ベジータ「悟天・・・・・・どうだ?」

悟天「え? あ、オレ急いでるんで!!!」

ベジータ「・・・・・・・・・」



悟空「だーっ! だだだっ! だりゃー!」ババババババ

界王「お前はいつになってもかわらんやつじゃのう」

ブルマ「あらベジータ! 髭ないほうが似合ってるわよ!」

ベジータ「そ、そうか・・・・・・」

チチ「・・・・・・・・・・・・」

ベジータ「!! いるならいるといえよ!!!」



チチ「ベジータさ、髭そっただか?」

ブルマ「それがねぇ・・・・・・」



ブラ「パパ! その髭、全然似合ってないわよ」

ベジータ「!!!!!!!」ズゥゥン



チチ「あっはっは! あの髭は似合ってないと思ってただよ!」

ブルマ「わたしも〜!」



ベジータ「・・・・・・・・・ぶっ[ピーーー]」

悟空「界王様、重りもっとふやしてくれっか? オラが死ぬくらいに」

界王「へ?」

悟空「怒りっちゅうなら、自分の危機感からでてくる自分への怒りでもなれるはずだ」

界王「お前・・・・・・考えたのう」

悟空「へへ、たのむぜ」

ピピッ

悟空「!!!!!!」ズンッ

悟空「が・・・・・・がが・・・・・・」

ピクッ

悟空「ギギ・・・・・・・」ザワッ

界王「おお!!!」

悟空「くっ・・・・・・こんなんで・・・・・・こんなんで・・・・・・」

悟空「ベジータに勝てるか!!!!」ボッ バチィィン

界王「お、重りが・・・・・・」

悟空「これが・・・・・・これが超サイヤ人・・・・・・!」シュインシュインシュン

悟空「ざわざわして・・・・・・いい感じじゃねぇな・・・・・・」

界王「お前はその状態でも平常心を保てる修行をしとったぞ」

悟空「なるほど・・・・・・じゃぁしばらくこのままでいっかな・・・・・・」シュインシュインシュイン

悟天「これ、ソフトクリーム! なめてたべるんだよ!」

パレス「えぇ!? そのままお口で!?」

悟天(本当にパレスちゃんは純粋でかわいいなぁ・・・・・・)



ドォオォン

一般人「サイヤ人はどこだーーーッ!!!!」

悟天「!!!!」

サタン「ヒ、ヒェェ・・・・・・」

スタッ

悟天「おい、何者だお前は」

サタン「はっ! よぉぉおし! いくのだ、我が弟子悟天よ!!!」

悟天「え? あは、あははは・・・・・・」

一般人?「キサマ・・・・・・サイヤ人だな・・・・・・」

悟天「!」

ニュルゥウン

ベビー「オレの名前はベビー・・・・・・キサマらサイヤ人に復習するために長年宇宙を飛んでいた・・・・・・」

悟天「へぇ・・・・・・並みの敵じゃないな」

ベビー「ふっふっふ・・・・・・」

悟天「並みの上ってとこか・・・・・・・・・」

ベビー「なに!」

ヒュッ

ガッガッガッガッガッ

悟天「ちぇぇぇりゃ!!!!」ドガッ

ズズウゥン

悟天「へへっ、楽勝楽勝!」

prrrrrr

悟天「あ、パレスちゃん!?」

パレス「さすが悟天様です! かっこよかったです!」

悟天「へへへ〜!」

ベビー(よぉし、サイヤパワーを一気に頂いてやるぞ・・・・・・)

ヒュンヒュンヒュンヒュン

悟天「!!!!」 ササッ ザクッ

悟天「ぐっ・・・・・・」

悟天「パレスちゃんの前で・・・・・・かっこわるいじゃないかあああああああ!」ボッ バチバチッ

ベビー「いいぞ・・・・・・おい、キサマのサイヤパワーはその程度か」

悟天「か・・・・・・め・・・・・・は・・・・・・め・・・・・・波ァァァ!」ドウッ

ベビー「いまだ!!!!!」ニュルルウウゥン

悟天「!!!!!!!!!!!!!」

ベビー「素晴らしい・・・・・・これがサイヤパワー!!!!」



パレス「かっこよかったですわ、悟天様・・・・・・」

ベビー「ふんっ」

パサァ

サタン「あんな気の短い子だったか・・・・・・?」



チチ「悟天!!!!」

悟天「・・・・・・ベジータはどこだ・・・・・・」

チチ「!!」パシィン

悟天「!?」

チチ「ベジータさんだべ?」

悟天「べ、ベジータさんはどこだ」

チチ「」パシパシパシパシィン

チチ「ベジータさんはどちらでしょうか!」

悟天(こ、こいつ、記憶によるとパワーはないが優劣が上だ)

悟天「ベ、ベジータさんはどちらでしょうか!」

ブルマ「さぁ? いつもふらっといなくなっちゃうのよねぇ」

悟天「ちぃい・・・・・・」

悟飯「どうした? 悟天」

チチ「あ! 悟飯!」

悟飯「どうも」

ビーデル「こんにちは」

ズドォ

悟飯「!?!?」

悟天「どうした! なぜ避けない!? なめてるのかキサマ!!!」

悟飯「ご、悟天・・・・・・!」

悟飯(誰だこいつ)

トランクス「す、すごい音がしましたけど大丈夫ですか!?」

トランクス「えっ!?」

悟飯「トランクス! 悟天をつれていく! 手伝ってくれ!」

悟飯「母さん、ビーデル、少しだけ席をはずします」

悟飯「ここじゃ迷惑だ、いくぞ悟天!」



ベビー「いいぞ・・・・・・これで2つのサイヤパワーが手に入る・・・・・・」




悟飯「だれだキサマは・・・・・・」

トランクス「悟天じゃないな!」

ベビー「オレの名前はベビー・・・・・・キサマらサイヤ人に復習しにきた」

悟飯「そこまで知ってるのか・・・・・・・」

ベビー「」ボッ

ベビー「素晴らしいパワーだ・・・・・・」

悟飯「トランクス、どうにか悟天を傷つけずに中にいるやつをおさえるぞ」

ベビー「はぁ!」ヒュンヒュンヒュンヒュン

悟天「!!」

トランクス「あぶない、悟飯さん! ぐっ!」ザクッ

悟飯「トランクス!」

トランクス「か、かすり傷です」

悟飯「はぁ!」ボッ

ベビー「こい・・・孫悟飯」

ベビー「はぁ!!!」ドウッ

悟飯「はぁ!!!」ドウッ

ベビー「いまだぁ!」ニュルルウン

GT見てて思ったのはやっぱりあれだよ
トランクスが未来トランクスみたいな性格になってて違和感がすごかったってこと

トランクス「悟飯さーーーん!!!」ボッッ

悟飯(ベビー)「はぁぁああ!」

トランクス「!!!!」ヒューン

ベビー「これでベジータと孫悟空だけだ・・・・・・」ニュルルゥン

シュゥン

ピッコロ「キサマ・・・・・・だれだ!!!! 悟飯ではないな!!!」

悟飯「ふっ、孫悟飯ですよ」グッ

悟飯「かめはめ・・・・・・はあああああああ!!!」

ピッコロ「!!!!!!!!」

悟飯「帰るぞ、悟天、トランクス」

ニュルルゥン

トランクス「はい、ベビー様」

>>380
親父があれだし、社長だし仕方ない


ベビー「こいつの体は素晴らしいな・・・・・・エネルギーに満ちている・・・・・・」

ベビー「しかも・・・・・・」ゴッ

ベビー「フルパワーは超サイヤ人などという野蛮なものにならなくてもいい・・・・・・」

ベビー「フハハッハハ!!!!!」ビューーン



界王「あわわわわ、気付くのがおそかった・・・・・・」

悟空「どうした? 界王様」ババババババ

界王「地球が・・・・・・地球の者たちが何者かによってあやつられておーる!!」

悟空「なんだと!?」

界王「これは大変じゃー!」

悟空「オ、オラ、すぐもどんなきゃ!」

少し前

ブラ「ふふ、パパがこんなに私の買いものに付き合ってくれてたなんて、ママ驚くだろうなぁ」

ベジータ「ふっ」ニヤ

ブラ「帰ったらファッションショーしてあげる!」

ベジータ「」ニヤァ

シューン

スタッ

ベジータ「キサマ悟飯じゃないな・・・・・・」

悟飯「ふふ・・・・・・気付いたか、やばんな猿め・・・・・・」

ブラ「え? どういうこと?」

ベジータ「ブラ・・・・・・先に帰っていろ」

ブラ「え?」

ベジータ「さっさとしろ!」ポイ

ブラ「もう! わかったわよ!」ブゥゥン

ベジータ「そこにいる貴様達も出てくればどうだ」

ゴテンクス「ばれちゃったか・・・・・・」

ベジータ「そろいもそろって妙な気を出しやがって・・・・・・かかってこい」ボッ

悟飯「僕達に・・・・・・」

ベビー「勝てると思っているのかベジータ王の子孫・・・・・・!」ゴッ

ゴテンクス「はぁ!」ボッ

ベジータ「ちぃ・・・・・・」

ベビー「キサマだけはカンタンには殺さんぞ・・・・・・!!!」

悟空「ベジータ!」シュン

ベジータ「カカロット!? キサマ! ついになれたんだな!」ハッ

ベジータ「ふ、ふん、超サイヤ人になったところでこいつらに敵うかはわからんぞ・・・・・・」ニッ

悟空「あぁ、どういうことかはわかんねぇが、やるしかねぇようだな!」ニッ

ベジータ「カカロット、ここで見せてやる、超サイヤ人の壁をこえた状態を!!」ゴッ バチバチッ

悟空「!? すげぇ気だ・・・・・・」

ベジータ「そして目のまえにいるのが超サイヤ人3・・・・・・」

ベジータ「最強の敵ってやつだぜ・・・・・・」

悟空「へへっ、こんな状況だってのに、ワクワクしてきやがった・・・・・・!」

ベビー「好都合だ、二人まとめて殺してしまえばもはや敵はいない、いくぞ」

ゴテンクス「はい!」

ガッガッガガガッガッ

ベジータ「悟飯! どうした! キサマはそんな程度なのか!!!」

ベビー「フハハハハハ 無駄だ」

ガガッガッガッ

悟空「悟天! トランクス! おめぇたちはオラ達の息子だぞ! 目をさませ!」

ゴテンクス「ベビー様に逆らう野蛮な猿どもめ!!!」

ガガガッ

悟空「な、なんちゅう気だ・・・・・・へへっ、オラもまけねぇぞ!!!!」ゴッ バチバチバチッ

ベビータ「カ、カカロットのやつ、戦いの最中に進化しやがった・・・・・・!」

ベビー「だが・・・・・・どちらもまだ弱いぞ!!!」

ゴッ

バキィ

痛恨のミス

ベビータとかうちこんでしまた

原作べジータなのに3になれるのか

>>402
ゴテンクスのこと

悟空「な、なんちゅう強さだ・・・・・・」

ベジータ「勝・・・・・・勝てん・・・・・・」

悟天「あぁあ、フュージョンとけちゃったよ」

トランクス「でも、今の消耗しきってる父さん達なら」

トランクス「余裕ですよ」

ベビー「ふっ、下がれ」

悟天「はっ!」

ベビー「貴様らは直々にこのオレが殺してやろう」

ヒュィィィイイン

ベビー「リベンジ・デスボール!!!!」

悟空「!!!!!」

ベジータ「ちくしょう・・・・・・ここまでか・・・・・・!!!」

悟空「や、やらせねぇ・・・・・・ぜってぇにやらせねぇぞおお!!」ゴッ バチバチ 

ベジータ「!!!! カ、カカロット!!」

ベビー「今更そんな変化をしたところでどうなる!! くらえ!!」

悟空「かめはめ・・・・・・・波ァァァァア!!!」ドウッ

ベジータ「はああぁぁぁあ!!」バチバチッ

ベジータ「超サイヤ人3とはいかんが・・・・・・ファイナル・・・・・・フラァァッシュ!」ドウッ

ベビー「ふはははは、無駄だ! 死ね!」

悟空「ち、ちくしょう・・・・・・」

ベジータ「くそったれェェェ!!」

カッ

ベビー「やったぞ・・・・・・これでツフル星復活だ!!!」

ベビー「さっそく地球中にオレの卵をまいてやるぞ!!!」

ベビー「そしてドラゴンボールを使い本物のツフル星を完成させたあとは・・・・・・」

ベビー「記念にこの星を消してくれる!!!!!!」





悟空「オ・・・・・・オラ・・・・・・しんじまったんか・・・・・・?」

ベジータ「どうやらどうにか生きているようだ・・・・・・」

ベビータ「助かったぞ、界王神」

キビト神「いやぁ、よかったです。 ギリギリでしたよ!」

悟空「誰だ? おめぇ」

老界王神「なんじゃ、超サイヤ人3にもなれたから記憶が戻ったと思ったんじゃがのう」

悟空「なんのことかさっぱりだ」

老界王神「わしはのう!」カクカクシカジカ

悟空「へぇー! すっげぇんだなぁ!」

老界王神「じゃから、いまからお主らに修行をつけてやろーう!」

サタン「そ、それにしてもどうなっているんだ・・・・・・」

ブウ「ベビーとかいうやつが地球人たちを操ってるみたいだぞ」

ブウ「オレの中にもきたから、ぐるぐるまきにしておいたんだー」

サタン「ひぇぇ・・・・・・」

ブウ「ぺっ」

ブウ「大丈夫、オレの中にいる限りはベビーに卵を産みつけられる心配はないから」ペロペロ

パン「サタンおじいちゃんの家に遊びに来てて助かったわ・・・・・・」

サタン「ビ、ビーデルたちは無事なんだろうか・・・・・・」



ベビー悟飯「いでよ神龍!!!!!」

神龍「願いを言え・・・・・・どんな願いでも3つかなえてやろう・・・・・・」

ベビー「ほう・・・・・・・ではまず、この星の近くに新たなツフル星をつくってくれ!!!」

神龍「了解した・・・・・・」

ベビー「次にその星を私の理想通りにしてもらおう」

神龍「できたぞ・・・・・・さぁ、残り一つの願いを言え」

ベビー「大勢が乗れる宇宙船でも拵えてもらおうか」

神龍「願いはかなえた・・・・・・さらばだ・・・・・・」ピシピシッ ヒュゥゥウン

ベビー「これで・・・・・・これでこの地球とはオサラバだ・・・・・・」

なんか原作よりになっちゃうんだよなぁぁあ

こっからがんばる((

悟空「じっちゃん、修行ってのも嬉しいけどよ」

ベジータ「あぁ、時間がないようだな」

悟空「もっかい、もっかいなんとかやってみるさ」

老界王神「な、なにをいっとるんじゃバカタレー!」

老界王神「相手はあのワシが強くしてやった悟飯が更に強くなった状態じゃぞー!」

ベジータ「ふん、オレ達がここで強くなった所で地球がなくなっていてはおしまいだ」

悟空「あぁ・・・・・・」



ブルマ「宇宙船にはまだまだ人が入れるから整列しておまちくださーい!」



パン「パパ・・・・・・ママ・・・・・・どうしちゃったの・・・・・・」

サタン「今はくよくよしてる場合じゃないぞパンちゃん」

サタン「幸いブウさんのおかげでツフル星にはいけるんだ」



悟空「でもどうすっかな・・・・・・」

ベジータ「カカロット、気付かんか」

悟空「なににだ?」

ベジータ「やはりオレたちは純粋なサイヤ人らしい・・・・・・」

ベジータ「あのベビーの攻撃で死にかけたおかげか・・・・・・パワーがアップしている」

悟空「サイヤ人ってすげぇんだなぁ」

ベジータ「そしてこのオレ様もつかんだ・・・・・・超サイヤ人3のコツってやつをな」

悟空「ほんとか!?」

ベジータ「なんとなく・・・・・・だがな」

老界王神「むむ・・・・・・まぁお前達がそういうなら・・・・・・」

ベジータ「ポタラもいらんぞ」

キビト神「そ、それはあまりにもムチャですよ!!!」

悟空「合体できるやつか、一回やってみてぇけどなぁ」

ベジータ「二度とゴメンだ・・・・・・」

ベジータ「いくぞ、カカロット」

悟空「あぁ!」

キビト神「どうか・・・・・・お気をつけて・・・・・・」

シュン

老界王神「サイヤ人というのは面倒臭いのう・・・・・・」

キビト「き、きっと勝算があるんですよ・・・・・・」



ベビー「よし、出発だ」

悟空「ベビー!!!」

ベビー「!?」

ベビー「キサマは・・・・・・!」

悟空「オラの息子を返せ!」

ベビー「ふはははは! キサマの息子の体は実に居心地がいいぞ」

ベビー「次は殺してやる・・・・・・猿めぇ!」

ベジータ「その猿の体をのっとらんと何もできんやつがなにをほざいてやがる」

ベビー「こ、この・・・・・・!」

シュゥン

悟天「ベビー様に失礼なクチを聞くんじゃない」

トランクス「今度は逃がしませんよ、父さん」

ベジータ「情けない息子たちだ、なぁ?カカロット」

悟空「へへっ、今度はまえみてぇにゃぁいかねぇぜ・・・・・・!」

ウーブ「悟空さーーーん!!!!」

悟空「!! ウーブじゃねぇか!」

ウーブ「な、なにか異様な気がすると思ったら・・・・・・これはどういうことですか?」

ベビー「ほう、まだオレに卵を植えつけられてないやつがいたか・・・・・・」

悟天「余計な奴が・・・・・・」

悟空「なぁベジータ、ふゅーじょんってやつ、オラ達がやれば勝てるんじゃねぇか?」

ベジータ「合体はゴメンだ、キサマは悟飯を正気に戻せ、トランクスと悟天はフュージョンさせると面倒だ」

ベジータ「いくぞ!!!」

悟空「おう!」

ウーブ「は、はい!」

悟空「最初っからおもいっきしやんねぇと」

悟空「オラ達が負けたら地球がパァだ」

ベビー「すぐに息の根をとめてやろう」

悟空「はぁぁぁあ!」ゴッ バチバチバチバチ

ベジータ「かぁぁあぁ!!!」ゴッ バチバチ

ベジータ(ちぃ、まだなれんか)

ベジータ「だが、十分だ」

ウーブ「いきます、悟天さん!」

悟天「ベビー様の部下にしてやるよ、ウーブ」

ガガガッ ガガッ

ベジータ「怠けていると思っていたが、なかなかやるじゃないか」

トランクス「くっ!!!」

ベジータ「キサマはオレの・・・・・・誇り高きサイヤ人の王、ベジータの息子だぞ!!!」

ドンッ ドンッ ドンッ 

ベジータ「目を覚ましやがれ!!!!!」バキィ

トランクス「ぐああっ!!」ヒューン

ベジータ「あまりいい気分ではないな・・・・・・」



ウーブ「はああああ!!」

悟天「ぐっ、こいつ!!!!」

ウーブ「だだだだだだだだ!!」

悟天「かめはめ波!!!!」ドウッ

ウーブ「はっ!!」カッ

悟天「気合だけで・・・・・・!!」

ウーブ「ここだぁ!」ズガッ

悟天「!!!」ヒューン

悟空「くっ、なんちゅう強さだ」

バキッ ドガッ 

ベビー「前よりはやるじゃないか、孫悟空」

ベビー「だがまだオレには勝てんぞ!!!」

ドズッ ドゴッ 

悟空「くっ・・・・・・がはっ・・・・・・」

バキィ

ベジータ「カカロット! もたもたするんじゃない!」

悟空「た、たすかるぜ・・・・・・」

ベジータ「こうなったら・・・・・・ウーブ!」

ウーブ「は、はい!」

ベジータ「少しだけ時間を稼ぐんだ、いいな!」

ウーブ「は、はい・・・・・・やってみます!」

ベジータ「カカロット、オレとフュージョンしろ・・・・・・」

悟空「合体か! でもおめぇ・・・・・・」

ベジータ「それしか奴に勝つ方法はない」

悟空「くっ・・・・・・くっく」

ベジータ「なにがおかしい!!!」

悟空「いやぁ、嬉しいのさ」

悟空「教えてくれ、ベジータ!」

ウーブ「こい! ベビー!」

ベビー「一瞬で葬ってやろう」



ブウ「・・・・・・」シューン

サタン「ど、どこへいくんですか?」

ブウ「」スタッ

ブウ「ここまでくれば大丈夫、サタン、大好き」

サタン「ど、どうしたんですか?」

ブウ「サタン、オレの友達」

サタン「もちろんさ!」

ブウ「サタン、オレ、お前に会えてよかった」

サタン「え?」

ブウ「サタンの大事な地球・・・・・・ブウの大事な地球」

ブウ「今までオレと仲良くしてくれてありがとう」

サタン「ブ、ブウさん・・・・・・」

ブウ「でも、ウーブも見捨てておけない・・・・・・サタンのこと、オレ忘れない」

サタン「ブウ・・・・・・! ブウーーーッ!」

ブウ「バイバイ、サタン」シューーーン


悟空「なるほど・・・・・・よし、わかったぞ!」

ベジータ「こ、こんな感じだったよな・・・・・・」

悟空「あぁ、確かそうだ!」

ベジータ「よ、よぉし・・・・・・」



ウーブ「くらえ! かめはめ・・・・・・波ァァァ!!!」ギャウッ

ベビー「ならば・・・・・・波ァ!」ドウッ

バチバチバチ

ベビー「それで悟空の弟子とは笑わせる!」

ウーブ「うわあああああああああ!!!」

ドサァ

ベビー「死ね! リベンジ・デスボール!!!」ギュゥゥン

サッ

ベビー「!?」

ブウ「」スゥゥゥゥウ

ブウ「」ケプッ

ドーーーン

悟空ベジータ「「フュージョン」」

「「ハッ!!」」

「くっくっく・・・・・・」

ベクウ「ぶっとばしてやるぜ! ベビー!」



老界王神「おわった・・・・・・」

老界王神「はっ、そうじゃ! キビト界王神よ!」

老界王神「今のうちに気絶しているトランクスたちを元にもどすんじゃー!」

キビト神「ど、どうやってですか!?」

老界王神「本当にお前はなにをしとったんじゃ・・・・・・天界にある神の水、超神水を使うんじゃ!!」

キビト「天界ですね、わかりました・・・・・・カイカイ!」シュン



ベクウ「よくもウーブをやってくれたな」

ベクウ「このゴジータ様がキサマをあの世に送ってやるぜ!」

ベビー「ふ、ふざけているのか・・・・・・!」

ベクウ「ふっ、ふざけているかどうかは闘えばわかる・・・・・・ウブォォオ」ギューン

ベビー「殺してやるぞ!!!!」



(ウーブ・・・・・・ウーブ)

ウーブ「だ、誰かがオレを助けてくれた・・・・・・」

ブウ「オレはミスター・ブウ、お前と一心同体」

中断

ベジータが主体になったからゴジータじゃなくてベクウなのか?

>>444
失敗のベクウじゃぁ〜!

GTでも思ったけど超神水って毒だよな?

>>447
毒をもって毒をせいす

再開は明日
「こここうしたほうが面白い」
「こうしたらつまんなくなる」

ってのかいてくれたら参考にさせていただく
アニメみながらかいたら同じになったっていう

>>246
から蛇足感があるよなぁ・・・・・・
おとなしくやめときゃよかったかな・・・
明日の朝くらいに再開ー

ブウ「ブウとウーブ、一つになる・・・・・・そして、サタン達を守る」ペタペタ

ウーブ「!!!!」



ベクウ「ガ、ガハッ・・・・・・」

ブルマ「ベビー様! とどめを!!!」

ベクウ「ブ・・・・・・ブルマ・・・・・・」

ドゥゥン

ベビー「・・・・・・!」

ウーブ「またせたな」

ベクウ「ウーブ・・・・・・そ、そうか・・・ブウと合体したんだな・・・・・・!」

ウーブ「悟空さん達の合体が戻るまで、なんとか時間を稼ぎます!!」



デンデ「まてー!」

キビト神「ま、まるでコソドロだ!!!」

キビト神「えい!」バシャッ

ポポ「ウッ」シュゥゥウ

デンデ「ど、どうしたのです!ポポ!」

キビト神「これか!!!」バシャッ

デンデ「ウゥゥ」シュゥゥウ

ウーブ「はああああああああああ!!」

ベクウ「すげぇ、さすが魔人ブウの生まれ変わりだぜ・・・・・・」

ベビー「な、なんだこれは!?」

ウーブ「だあああああああ!」ドウッドウッドウッ

ベビー「!!!」

ウーブ「ちぇぁりゃ!」

ガッガッガッガッガッ

ウーブ「オレと魔人ブウは今一つになってお前を倒す!」

ウーブ「止めだ!!!」

ウーブ「チョコになっちゃえ!」ビビビビ

ベビー「なにっ!?」シュンッ

ウーブ「なんとかかわしたようだな」ババババ

ウーブ「これでどうだ!!!!」

ベビー「くっ、このベビー、お前の光線などでチョコになるほど甘くはない!」

ベクウ「あ!」

悟空「戻った!」

ベジータ「くそっ、なにがちがったんだ・・・・・・」


キビト神「で、では、私はみんなを元に戻してまいります! カイカイ!」シュン

デンデ「は・・・・・・はぁ・・・・・・」



ベビー「どうだ! もう遊びは終わりだ! ぬぁははははは!!!」

ウーブ「ぐっ・・・・・・」

悟空「ウーブ!!!!」

ウーブ「わあああああああああああああああ」

パシッ パクッ

ベジータ「く、くわれちまった・・・・・・!」

ベジータ「いよいよやばいぜ・・・・・・」

悟空「も、もっかいフュージョンするにも・・・・・・あいつがそんな時間くれっとはおもわねぇしよ」

悟空「最後まで諦めてたまっかよ!」ドウッ バチバチッ バチッ

ベジータ「やってやる!!!!」ドウッ バチッ

ギュンッ ガッガッガッガッガッ

ベビー「ザコどもが!」バキィ

ベジータ「!!!」ヒューン

悟空「ベジータ!」

ズガァァン


ベジータ「くく・・・・・・ぐ・・・・・・」

ブルマ「サイヤ・・・・・・人!」

ベジータ「ブルマ!」

ブルマ「気安く話しかけるんじゃない・・・・・・下品な猿め・・・・・・」

ベジータ「・・・・・・!!!!!!」スッ

ベジータ「ブルマ・・・・・・すぐに元に戻してやる、お前はオレの大切な妻だからな・・・・・・」フワッ



悟空「だだだだだだ!!」

ベビー「もはや足だけで十分だぞ!!!!」

ガッガガガッ ガガッ

バギャッ

ベビー「!!! ぐはぁっ!?」ヒューン

悟空「ベ、ベジータ!?」

ベジータ「オレは・・・・・・オレは・・・・・・サイヤ育ちの地球人だあああああああああ!!!」ゴッ バチバチバチバチバチッ

ベジータ「許さんぞベビー!!!! よくもよくも!!!」バババババババ

ベジータ「オレのブルマをぉぉおッッ!!!!」ギュゥゥン 

ベジータ「いい加減に、くたばりやがれ!!!」

ベジータ「ファイナル・・・・・・シャインアターック!!」ドォォウッ



キビト神「トランクスさん、悟天さん、これを!」トクトクトク

トランクス「ウッ・・・・・・うがっ!!!」シュゥゥ

悟天「うぐっ・・・・・・」シュゥゥウ

トランクス「オレたちは・・・・・・なにを・・・・・・」

キビト神「よかった、あなたたちはベビーに操られていたのです」



ベビー「すこしだけヒヤッとしたぞ・・・・・・」スッ

ベビー「猿野郎め・・・・・・!」

ベジータ「勝負はこれからだ・・・・・・いくぞ、カカロット!!!」

悟空「おう!!」

ガガッ ガッ

ベジータ「カカロットどうした! その程度か!!!」

悟空「くっ、まだまだだ!!」

ベジータ「このオレ様じきじきに鍛えてやったんだ! 底力をみせやがれ!!!」

悟空「だああああああああああ!!!」

ベビー「ど、どういうことだ・・・・・・押されている・・・・・・!」



トランクス「今のうちにみんなを元に!」

キビト神「ええ!」

悟天「くそ、よくも僕達を操ってくれたな・・・・・・!」

トランクス「に、しても・・・・・・父さんも悟空さんもすさまじいエネルギーだ・・・・・・」



悟空「いくぞベジータ!」

ベジータ「ビックバン・・・・・・」ポウッ

悟空「かめはめ・・・・・・」ゴッ

ベビー「くそ! 猿野郎めが!!!」

ベビー「リベンジ・・・・・・デスボール!!!」

悟空「波ぁぁぁあ!!!!」

ベジータ「アターーック!!!」



地球人達「うぅ、なんで俺たちこんなところに・・・・・・」



ベビー「なんだと!? 俺のリベンジ・デスボールはツフルのエネルギーをこめて放つワザ・・・・・・」
ベビー「だ、だれだ!!! 洗脳をときやがったのは!!!!」

悟空「ど、どういうことかわかんねぇけど」

ベジータ「奴のエネルギー波のパワーが落ちている!」

悟空ベジータ「「勝てるぞ!!!」」

悟空「こいつが本場のかめはめ波だぁ!!!」ドウッ

ベジータ「こいつが超ベジータ3のビックバン・アタックだぁぁぁあ!!」グオッ

悟空ベジータ「「いい加減にくたばっちまえーーーーっ!!」

ベビー「ぐ、ぐぐぐ・・・・・・!!!!」

ブルマ「ベビーさま!!!ベビー様を死なせるわけにはいかない・・・・・・」ポチッ

ベビー「!!! ブルマ! なにをする!!!」

カッ

悟空「オラ達のエネルギー波が・・・・・・」

ベジータ「か、かきけされやがった・・・・・・!」

ベビー「や、やめろ!!! 俺を凶暴な醜い大猿にさせるな!!!」ドクン ドクン

ベジータ「あ、あれは・・・・・・」

悟空「大猿!! 大猿のバケモノ・・・・・・!!!」

トランクス「悟天! 悟空さんを助けにいくぞ!!!」

悟天「あぁ!」



パン「ど、どうなってるの!?」

サタン「ここは・・・・・・猿の惑星か・・・・・・?」



ベジータ「り、理性のないバケモノだ・・・・・・」

悟空「ちぃ、こりゃいよいよやべぇ・・・・・・」

グォォオ

バチィ

悟空「!?」ギュゥゥゥゥウン ドガッ

ベジータ「カカロット!!!」

トランクス「父さん! 助けにきました!!!」

ベジータ「ゴテンクスでもあいつに勝てるかはわからんぞ・・・・・・!」

悟天「でも、なんとかやってみます・・・・・・!」

ベジータ「頼んだ、オレはカカロットをみてくる・・・・・・!」

悟空「ゲフッ・・・・・・1撃で・・・・・・これか・・・・・・」フッ

ベジータ「カカロット!!!」

悟空「よ、よぉ・・・・・・ベジータ」



フュージョン ハッ カッ!!!



ベジータ「ゴテンクスになったか・・・・・・」

悟空「かてねぇ・・・・・・」

ベジータ「!?」

悟空「今のオラ達じゃ・・・・・・ぜってぇに・・・・・・」

ベジータ「なかなからしくないことをいうな、カカロット・・・・・・」

ベジータ「オレもそれは思ってたぜ・・・・・・」タラ

悟空「ぜぇ・・・・・・ぜぇ・・・・・・」

ベジータ「!!!!!」

ベジータ「カ、カカロット・・・・・・お前・・・・・・!」

悟空「・・・・・・?」

ベジータ「シッポが・・・・・・」

悟空「い!?」

悟空「は、はは・・・・・・でもシッポがあっても・・・・・・あいつには勝てねぇなぁ」

ベジータ「・・・・・・オレが月を作る」

悟空「え・・・・・・?」

ベジータ「サイヤ人のエリートの一部だけがつくり出せる人口の満月」

ベジータ「超サイヤ人3でも勝てんのなら、サイヤ人の潜在能力にかけるしかあるまい・・・・・・」

悟空「・・・・・・オラがじっちゃんを踏み潰しちまったんか」ボソッ

ベジータ「どうした?」

悟空「いや、なんでもねぇ、頼む、ベジータ!」

ベジータ「はぁぁぁあ! 弾けて混ざれ!!!」カッ



ゴテンクス「超ゴテンクスでもまけちまうなんて・・・・・・」ボロッ

ベビー「サイヤ人は殺す!!!」

ベビー「!? つ、月・・・・・・?」



悟空「ぐおおおぁぁぁああ」ドクン ドクン


悟空「ぎゃおおおおおおおおおおおおお」ドウッ 

ベジータ「ちぃ! 失敗か・・・・・・!」ギュンッ



ズズゥウン
ベビー「・・・・・・!? なんだと!?」

ベジータ「ベ、ベビーのやろう、大猿で意識を保てるのか・・・・・・」

ゴテンクス「あ、あれが悟空さん・・・・・・!?」

ベジータ「残念ながらカカロットに意識はない!! 地球人を安全なところへ非難させるぞ!!!」

キビト神「ベジータさん! まかせてください!」



パン「お、おじいちゃんの気が・・・・・・!」

サタン「どうしたんだいパンちゃん・・・・・・」

パン「いかなきゃ!!」

ベジータ(だが、ただの大猿じゃない・・・・・・まるで超サイヤパワーをそのまま大猿にしたような・・・・・・)

悟空「ぐおあああああ!!!」

ベビー「この猿野郎めがあああ!」

ガッ  ガッ   ボゴォ

ベビー「こ、こいつ・・・・・・!」

悟空「ぐおおおおお」

バキッ

ズドォ

ゴテンクス「ベビーを押してる!?」

パン「でも、でもあんなのおじいちゃんじゃないわ!」

ゴテンクス「え!? パンちゃん!?」

パン「おじいちゃーん!」

悟空「がう・・・・・・」

パン「おじいちゃんは宇宙で一番強い戦士なんでしょう!?」

パン「だったら、ベビーを倒してよ!!!」

パン「地球を守るんでしょう!!!」

ガシッ

パン「きゃぁ!」

ベジータ「かかってきやがれ、ベビー!」ボッ

ベジータ「ゴテンクス! カカロットは大猿からどうにかパワーアップするまで時間を稼ぐぞ!」

ゴテンクス「パ、パワーアップ!?」

ベジータ「カカロットはもうじききっと目覚めるはずだ・・・・・・超サイヤ人3の壁をさらに超えた超サイヤ人4に・・・・・・!!」

ゴテンクス「くっ・・・・・・」

ベビー「もはや貴様らなんぞ相手じゃないぞ!!!」

ブゥン

ベジータ「どうした! 力にたよっていてスピードがまったくないぞ!」



パン「おじいちゃん・・・・・・」

グググッ

悟空「があああ」

パン「わたしね・・・・・・おじいちゃんの昔話を聞いて、いつもすごいって思ってたの・・・・・・」

パン「きっと今のおじいちゃんは昔のおじいちゃんと違うのかもしれないけれど・・・・・・」

パン「それでも、変わらないわ! おじいちゃんはおじいちゃんでしょう!?」

グッ

パン「目を覚まして・・・・・・おじいちゃん!」ポタポタ

バギィ!

ベジータ「がっは・・・・・・」

ゴテンクス「父さん!!!!!!!!!」

ベビー「ジャマだ!」

ボォォ

ゴテンクス「ぐあ!」ドンッ フッ

トランクス「く、くそ・・・・・・」



悟空「がう・・・・・・」ポチャ

悟空「パン・・・・・・」

パン「!?」

悟空「ぐ・・・・・・うおおおおおおおおおおお」



ベジータ「つ、ついに理性を取り戻したか・・・・・・カカロット・・・・・・」

ベビー「!? なんだ、このエネルギーは・・・・・・」



悟空「オラは・・・・・・地球育ちのサイヤ人だ・・・・・・ボロボロにされた地球のためにも・・・・・・みんなを守るためにも・・・・・・ベビー! てめぇをぶっ倒す!!!」

ググググ バチッ バチッ

悟空「これが・・・・・・オレか・・・・・・」

パン「お、おじいちゃん・・・・・・」

悟空「ありがとうな、パン・・・・・・おめぇのおかげだ」

パン「え、あ、はい・・・・・・」

悟空「さすがはオレの孫だぜ・・・・・・」ナデナデ

悟空「ベジータ・・・・・・悟天、トランクス・・・またせたな」

悟空「なんとかなりそうだ!」ギュンッ

スタッ

ベビー「猿になったとおもったら変な変化しやがって・・・・・・」

悟空「」ニヤ

バキッ ゴッ ドコッ ガッ 

ベビー「あがが・・・・・・」

悟空「どうやら強くなりすぎちまったらしいぜ」クイクイ

ベビー「こ、このやろう!!!」

ヒュンヒュンヒュンヒュン サッ サササッ

ベビー「あ、あたりさえすれば!!!」

悟空「あててみろよ」

ベビー「なめるんじゃねぇぇぇえ!」

悟空「星の人々はどうにかできても、たった一人の猿はどうにもできねぇようだな」

ベビー「キサマ・・・・・・何者だ・・・・・・!」

悟空「とっくにご存知なんだろ? オレはキサマが忌み嫌うサイヤ人」

悟空「おだやかで純粋な戦いを好み、更なる高みを目指して目覚めた伝説のサイヤ人・・・・・・」

悟空「超サイヤ人4、孫悟空さ・・・・・・」

ベビー「ほ、ほざけ!!!」

ガッゴッ ゴゴッ ゴギャッ

悟空「くくっ・・・・・・」

ベビー「な、なにがおかしい!!!」

悟空「くすぐってぇのさ・・・・・・そんなデカイウデでくすぐるんじゃねぇよ・・・・・・」

ベビー「こ、この野郎!!!」

ゴッ バキッ

ベビー「ぐ・・・・・・ぐが・・・・・・」

ズズゥン

ベビー「バカな・・・・・・このオレが2発でこれだけのダメージを・・・・・・」

悟空「てめぇはもうあやまっても許してやらねぇぜ・・・・・・」

ベジータ「はっ・・・・・・イヤミなヤローだぜ・・・・・・」



悟空「ちぇぇぇぁりゃ!!!」ズゥゥン

ベビー「ごぉぉお!!?!?!?」ゲボッ

ウーブ「」ドサッ

悟空「ウーブ!」

ガッ

悟空「なんとか無事みてぇだな・・・・・・」

悟空「さぁて、そろそろ終わりだ」

ベビー「く、くそ・・・・・・これで終わりだとおもうなぁぁあ!」

ベビー「超かめはめ波!!!」グッ

ドウッ

悟空「かめはめ・・・・・・」

ギャウッ



トランクス「ご、悟空さん・・・・・・ベビーの馬鹿でかいかめはめ波をさらにでかいかめはめ波で・・・・・・!」



ベビー「か・・・・・・・・・がはっ・・・・・・」ドザァ

トランクス「あ・・・・・・!」

悟天「・・・・・・」

パン「」ゴクリ

パン「死んでるの?」

ベジータ「いや、まだかろうじて生きているようだ・・・・・・」

パン「おじいちゃん! やっちゃえー!」

悟天「でも、ベビーを倒せば悟飯にいちゃんが・・・・・・」

パン「えっ・・・・・・パパが・・・・・・」

ベジータ「・・・・・・仕方のないことだ、カカロットもそれは承知だろう・・・・・・」

パン「・・・・・・!!」



悟空「かめはめ波!」



パン「パパ・・・・・・」

悟天「にいちゃん・・・・・・!!」



悟天トランクス「!」

ベジータ「」フッ

パン「シッポを!!」

ベビー「ぐわあああああ」

ベビー「なんだ! 大猿になったときにオレのカラダも巨大化したのか・・・・・・!」

ベビー「孫悟飯の体内に・・・・・・いられなくなる・・・・・・」グググググ

ポンッ

サタン「コラー! まてコラー!」

ググッ

サタン「ひぇぇえ!」

ギューン

パン「おじいちゃん! ベビーが!」

悟空「それより悟飯を!」



悟飯「くっ・・・・・・」

パン「パパ!」ギュッ

悟飯「みなさん・・・・・・」

悟空「無事でなによりだ・・・・・・」



パチパチパチ

ベビー「な、なんとかこの星から脱出していつかはツフルを復活させてやる・・・・・・!」

パン「あ! おじいちゃん! なんで逃がしちゃうの!?」

悟空「にがしゃしねぇさ・・・・・・・・・」

ベジータ「どういうつもりだカカロット」

悟空「へっ、そろそろかな・・・・・・」

悟天「そろそろ・・・・・・?」

悟空「かめはめ・・・・・・」ググッ

悟空「波ァァァァァア!」



ベビー「なんだこれは・・・・・・気だ・・・・・・あのサイヤ人の気が近づいてくる!!」

ドウッ

ベビー「!?」

ベビー「そ、孫悟空ウゥゥウ・・・・・・!!」ジュワッ




キビト「それでは、地球の人々へ超神水を飲ませましょう!」

悟空「あぁ!」



そして地球の人々はベビーの洗脳から解放された、ベビーの脅威はなくなったのである

これからどんな脅威がきたとしても大丈夫だろう

悟空やベジータ、そして、Z戦士達が地球を守っている限り・・・・・・



これ以上続けると、更に次スレにいくレベルで長くなりそうなんで、ここらできります!

1ヶ月も長々とやっちゃって申し訳ない

GT編逆に 強くてニューゲーム したほうはどうしようとか妄想はまだまだ終わらないけれども、それはまたヒマがあるときに別のSSスレで

みんなの乙とかおもしろいとか、指摘があったおかげでここまでできました!

おめぇたちはすげぇよ、またな! 

面白かった
あとはHTML依頼忘れずにお願いします


>>522
HTML以来?

んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

               _,|__|,_
                      ,.;x=7/>─</7ァx,
                ,ィ´///./      \//ヽ
               ,;'//////  \       ヽ/∧  安価が
               ,'//////   o|       |V∧
                  ;//////!    o!         lo}/ハ     「 'ニ)  、_
                 i//////|    o|         |o|/リ     、_,)   __) 」 だと? ルーシー
               V/////ハ__⊥ =-──┴--'--、
             ////\//|L -z、‐───=zァ7 ̄ ̄ヽ    予想外だ……
 .            //////./|ハ rテ汞ト-  ,ィァテ ∧___,ノ    この世には
           〈_//_, イ: |l:|: :〉 `冖`   /´冖'/|: |         その「安価」のために
 .              ̄ |: :|: :|l:|:/      │   ': l: :l        無償で…喜んで…
              _/l: :|: :|l:|'     -ト、ノ  / :│: ',         生命を差し出す者も
            / L:!: l : | | ヽ     --`- /l: : :l :_:_ゝ          大勢いる
      _r─‐x_ノ\l ∨ : |:l/⌒\  ー‐ ' イ┴<\
    /二二二\ \_ ∨ l:!   __` ー‐ '__|___/ ノ       たとえば
 .   /ニニニニニ∧   ヽV:/  /、   ̄二´   ,.ィ__        その者が
   {ニニニニニニハ     \/、 \____// |∧___      「女」であろうと
   /ニニニニニニニ}、 ,ィ      \_     i /  ./ ゚ \\_     ……
  r{ニニニニニニニ//。{            ̄ ̄    「 ̄\ } У \    修道女のような
  | \__二二二∠,.イ  i \_           ハ ゚ ゙ヽ 「jー-- 。〉   …………
  |ヽ.    ̄ ̄∧゚__\_l___,ノ__。 ̄了          \__厂\._/
 人 \__/  ./  / {_j       /                |  l |.l
/  \,       〈  /  /ヽ---<           -‐=   ̄ \_。_|ハ
          ∨。 ./   | |               ___|_|_∧
/`ヽ__         }/    | |        _ -‐   ̄  ̄ ̄Τl〉
ニニニ\___   l l      | |__ -‐  ̄  i:.           }ニ|

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年10月04日 (金) 01:38:05   ID: seiQpPBF

2 :  SS好きの774さん   2014年04月24日 (木) 18:47:32   ID: c1kLxqBF

537>>
ジョジョ スティール・ボール・ラン の
ホットパンツ???    修道女的にさw!
  ルーシー???  って言う所とかさw!

3 :  SS好きの774さん   2014年09月07日 (日) 23:10:10   ID: WGFs_bpI

もっと続けて欲しかったな

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom