まどか「説明してくれる?」ほむら「ごめんなさい」 (130)

まどか「二股かけてたんだねほむらちゃん」

まどか「信じてたのに」

ほむら「ち、違うの!これは違うのよまどか!」

まどか「嘘つき」

ほむら「ちょっとした誤解よ!」

まどか「じゃあなんでさやかちゃんが裸でいるの?」

さやか「…ごめんねまどか」

まどか「黙れ泥棒猫」

さやか「」ビクッ

ほむら「ちょっとした出来心というか」

ほむら「もちろん私の心はまどか一筋なのよ!」

ほむら「でもほら最近すれ違いっていうか前より二人でいる時間が少なくなってそれで」

まどか「さやかちゃんで寂しさを埋めようとしたってわけ?」

ほむら「…はい」

さやか「違うのまどか!先に誘ったのはあたしの方…」

まどか「黙れっていったよね?」

さやか「…はい」

まどか「ふーん」

まどか「そんなに寂しかったんだほむらちゃん」

まどか「バカだなぁ」

まどか「恋人失格だよ」

まどか「お仕置き、だね」

ほむら「ヒッ」

さやか「滑稽だね」

さやか「まだわからないのまどか」

まどか「あん?」

さやか「ほむらの心はもうあんたから離れてるんだよ」

ほむら「美樹さやか、なにを…」

さやか「いくら言葉で誤魔化そうが私にはわかるんだ」

さやか「心と体で繋がったことでわかる」

さやか「ほむらの心の中にはもうあんたの居場所はないんだよ」

まどか「…笑えない冗談は言わない方が身のためだよ?さやかちゃん」

まどか「そんなことないよね?ほむらちゃん」

ほむら「…」

ほむら「…ごめんなさい、まどか」

まどか「…うそ」

ほむら「初めはまどかの代わりだった」

ほむら「でも何度も体を重ねる度に」

ほむら「私の心の隙間が消えていくのがわかったの」

ほむら「もうさやかなしでは生きれない」

まどか「…ひどい」

まどか「ひどいよ!ほむらちゃん!」

ほむら「ごめんなさい…ごめんなさい…」

さやか「これでわかっただろ?」

まどか「」ビクッ

さやか「もうあんたは私たちにとってお邪魔虫でしかない」

さやか「大丈夫。まどかと違って私はほむらを幸せにしてあげられるから」

ほむら「さようなら、まどか」

さやか「さようなら」

まどか「待って!」

まどか「そんな!嫌だよ!」

まどか「嫌だよ!ほむらちゃん!」

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃん!!」

まどか「ほむらちゃん!!!!」

まどか「…はっ!」

まどか「…なんだ夢か」

まどか「嫌な夢…」

まどか(…ほんとに夢だよね)チラッ

ほむら「」スースー

まどか「…」ホッ

まどか(気持ち良さそうに寝てる)サワサワ

ほむら「うーん、まどかぁ」ムニャムニャ

まどか「ティヒヒ」

まどか(パパとママの反対を押しきって強引に決めた同棲だけど)

まどか「私たちこれからどうなっちゃうんだろうね」

ほむら「…だいじょーぶまどかはわたしがまもる」ムニャムニャ

まどか「…」

まどか「ありがとうほむらちゃん」

ほむら「…」

まどか「さて私も寝直そう」

まどか(今度は幸せな夢が見れますように)

まどか「おやすみないほむらちゃん」チュッ

ほむら「…」

まどか「」スースー

ほむら(どうやらまどかは寝たようね)

ほむら(…そろそろ時間ね)

まどか「」スースー

ほむら(ごめんなさい、まどか)

ほむら(せめて夢の中だけはいつも私と一緒に)

マミさん「暁美さんがいなくなってもう一ヶ月ね」

まどか「…はい」

マミ「こっちも色々と探ってみてるんだけど痕跡すら掴めないわ」

マミ「お役に立てずごめんなさいね」

まどか「いえ、こっちこそ迷惑かけちゃって」ブンブン

マミ「…」

まどか「…」

マミ「同じ時期に美樹さんも失踪したっていうし二人に何かあったのかしら」

まどか「」ビクッ

マミ「あ、いや、あの二人なら何があっても切り抜けられるしきっと無事でいるわ!」

まどか「…はい」

まどか(…違う、違うんですマミさん)

まどか(私が怖いのは…)

・・・・・・・・

杏子『私はさやかの奴を探す』

杏子『探しだしていっぺん殴ってやらないと気がすまない』

杏子『あんたはどうするんだい?』

まどか『私は…行けないよ』

杏子『…そうかい。そんじゃな』

・・・・・・・・

まどか「はぁ」

まどか「あのとき杏子ちゃんと一緒にいってればなにか変わったのかな」

まどか「待ってるだけの女の子だからほむらちゃんも愛想尽かしちゃったのかな」

まどか「えへへ…ほんと私ってダメな子」

まどかを悲しませるこんなスレ落ちてしまえ

まどか「ただいま」

まどか(何て言っても返事はないんだけどね)

ほむら『おかりなさいまどか』

まどか「え?」

まどか「ほ、ほむらちゃん!?」

ほむら『どうしたのまどか?そんな大きな声を出して?』

まどか「だ、だってほむらちゃんが急にいなくなってそれで!」

ほむら『私がいなくなる?』

ほむら『おかしなまどかね』クスッ

まどか「だって、だって…」

ほむら『どうかしたの?』

まどか「ううん、なんでもない。こうやってほむらちゃんがいてくれるだけでそれだけでいい」

ほむら『そう。もうお夕飯出来てるわよ』

ほむら『それとも先にお風呂にする?』

ガバッ

まどか「…」

まどか「…私もバカだな」

まどか「…何回同じ夢を見れば気がすむんだろ」

まどか「あはは、もう涙も出ないや」

まどか「…」

まどか「うぅ…」

まどか「会いたい…会いたいよほむらちゃん…」

ほむら「…」

さやか「…」

ほむら「…」

さやか「…」

さやか「で、どうすんのさ」

ほむら「どうもこうもないでしょ」

ほむら「いまさらあの場所へ戻ることはできないわ」

ほむら(その資格がない)

さやか「ふーん」

さやか「あたしはあんたとは遊びの関係だっていいんだけど?」

ほむら「そう?私は本気であなたと付き合ってるわよ」

さやか「///」

ほむら(ごめんなさいまどか)

ほむら(それでも私はさやかを選ぶ)

ほむら(せめて、夢の中だけでも幸せでいてちょうだい)

さやか(未練たらたらなのが丸わかりなのにねー)

さやか(よせばいいのに何度もまどかの夢の中に干渉しちゃって)

さやか(まあ完璧に取り澄ませてるようで隠せてないそんな弱さが可愛いんだけどね)

さやか「んじゃま、覗きは切り上げてそろそろ愛しの我が家に帰りましょうや」

謝るから許して(´・ω・`)
レスがつかなくてさみしかったの(´・ω・`)

マミ「あらあらそんなつれないこと言わないで」

マミ「久しぶりにお茶でもどうかしら二人とも」

さやか「!?」

ほむら「巴マミ!」

さやか「いったいいつから!」

マミ「ナ・イ・ショ」

マミ「一ヶ月も待ったのに二人ともずっと隠れてる気なんだもん。待ちくたびれちゃったわ」

ほむら「そう、最初からばればれだったわけね」

さやか「…さすがマミさん」

ほむら「さやか!」

さやか「あいよ!」

マミ「逃がさないわよ!」

さやか「いくらマミさんでも二人同時に相手は無理でしょ!」

ほむら「押しきらせてもらうわ!」

マミ「向かってくる気?なら容赦しないわ」

マミ「鹿目さんの涙の分まで叩きのめしてあげる!!」

マミ「二人ともぼろ雑巾みたいね」

さやか「うぅ…」

ほむら「くっ…」

マミ「さーて、事情を聞かせてもらいましょうか」

マミ「安心してちょうだい」

マミ「時間はたっぷりあるし」

マミ「お茶のお代わりだってあるわ」ウフ

ほむら「…わかったわ」

さやか「でも、ほむら」

ほむら「いいえ、やはりそろそろけじめをつけるべきだったのよ」

ほむら「このまま何事もなく済ませようとした私の責任だわ」

さやか「そう、わかった」

ほむら「私とさやかはね、付き合っているの」

マミ「…うん、まあそんな感じだとは思ってたけど」

ほむら「私はまどかよりさやかを選んだ」

ほむら「それだけよ」

なにを興奮してるんだかわからんが今このスレにいるのは俺とお前の二人だけやで(´・ω・`)

マミ「私が聞きたいのはそんな話じゃないんだけど?」ビンタッ

ほむら「きゃっ」

マミ「言ったでしょ?鹿目さんの涙の分まで叩きのめすって」

さやか「うわーマミさん過激…」

マミ「そんなつまらない話が聞きたいわけじゃないの」

マミ「なぜ鹿目さんの前から黙っていなくなったの?」

ほむら「そ、それは私はまどかを裏切ったからだから」

マミ「」ビンタッ

マミ「言い訳なんて見苦しいわね」

ほむら「…っ!」

マミ「暁美さんあなた、逃げたのね」

マミ「鹿目さんに拒絶されるのが怖くて逃げ出したのね?」

ほむら「ち、違うわ!私はまどかを傷つけたくなかったから!」

マミ「その結果がこれ?」

マミ「今のあなたの姿をよく見てみなさい」

マミ「あなたの心は今のあなたのように汚れきってるわ」

さやか(汚したのはマミさんだけど)

マミ「」ビンタッ

さやか「ブッ」

マミ「…拒絶されるのが怖いのはわかるわ。でもね、心に嘘をついちゃいけないの」

ほむら「」

マミ「暁美さん、あなたは本当に今のままでいいの?」

マミ「鹿目さんとこのままお別れして平気なの?」

ほむら「私は…私は…」

さやか「…ほむら、ごめんね」

さやか「マミさん、悪いのは私なんだ」

マミ「美樹さん?」

さやか「私がほむらにお願いしたのさ」

さやか「このまままどかには黙って出て行こうって」

ほむら「…」

さやか「だってさ!もし正直にまどかに話しちゃったら!」

さやか「ほむらが心変わりするんじゃないかって!」

さやか「それが怖くて」

マミ「…そう」

マミ(さてどうしたものかしら)

マミ(だいぶこじれてるようね)

マミ(偉そうにお説教してみたものの私恋愛経験ないし)

マミ(とりあえずなりゆきに任せてみましょうか)

マミ「というわけで連れてきたわ」

まどか「えっと、マミさんと…ほむらちゃん!?さやかちゃん!?」

まどか「え?え?うそ?これも夢?」

ほむら「…まどか」

まどか「」ビクッ

ほむら「夢じゃないわ」

まどか「ほんとに…ほんとにほむらちゃんなの?」グス

ほむら「…ええ」

まどか「ほむらちゃぁぁぁぁん!!」ダキッ

ほむら「まどかぁ!」ダキッ

マミ「鹿目さんよかったわね」

さやか「…」

さやか「や、やぁまどか」

まどか「…」

さやか「…」

まどか「…さやかちゃん」

さやか「は、はひぃ!」

まどか「心配したんだよ?」

さやか「…ごめん」

まどか「…」

さやか「…」

マミ「さて、私はこれで退散するわね」

マミ「あとはあなたたち自身が解決することよ」

マミ「身勝手かもしれないけど上手くいくよう祈ってるわ」

マミ(こんなところにずっといたら胃に穴が開いちゃう)

まどか「で、説明してくれる?」

ほむら「ごめんなさい」

ほむら「ぜんぶ私が悪いの」

ほむら「いまさらかも知れないけど、包み隠さず話すわ」

ほむら「そのあとは…どんな罰でも受ける」

ほむら「あなたの気の済むように」

まどか「…」

まどか「そっか、そんなことがあったんだね」

ほむら「言い訳はしない」

ほむら「私はさやかを好きになってしまった。この気持ちに嘘はないわ」

まどか「…」

まどか「ほむらちゃんは私のこと嫌いになったの?」

ほむら「…」

ほむら「いいえ。あなたのことを嫌いになったことなんか一瞬たりともないわ」フルフル

まどか「…ありがとう」

今さら単発で何をレスしようが全て俺の自演だし(´・ω・`)

まどか「さやかちゃん」

さやか「うん」

まどか「さやかちゃんはほむらちゃんのこと、好きなの?」

さやか「…」

さやか「…私は、」

さやか「好きなはずないじゃん、遊びだよ遊び!」

さやか「なんかさー最近杏子もかまってくれなかったし」

さやか「そんでちょっと寂しそうにしてたほむらにちょっかいかけてみたら見事に落ちちゃってさ」

さやか「さすが一級フラグ建築士であるさやかちゃん」

さやか「こっちも困っちゃったよ、遊びのつもりが一ヶ月も雲隠れに付き合わされちゃって」

さやか「ほんといい迷惑だったよあはは!」

ほむら「さやか…あなた…」

さやか「なんて顔してんのさ転校生」

さやか「遊びの付き合いで本気になるなんてあんたも間抜けだねぇ」

さやか「こっちは可笑しくて笑いが止まらなかったよ」

ほむら「さやか…」

さやか「まどかもごめんね、こんなくだらないことに巻き込んじゃって」

さやか「だから悪いのは全部私ってことで」

まどか「…」

まどか「もういいよ、さやかちゃん」

さやか「もういいって何がさ?」

さやか「さすがのまどかも怒った?」

まどか「さやかちゃん、涙…」

さやか「涙って…あれ」

さやか「私、なんで泣いてるんだろう」

さやか「違うの!これは!これは…」

まどか「嘘つかなくてもいいよさやかちゃん」

まどか「わかるから!」

まどか「さやかちゃんの気持ちちゃんとわかってるから!」

さやか「…」

さやか「好きだよ」

さやか「好きだよ、私はほむらが好き」

さやか「だれにも渡したくない」

さやか「まどか、あんたにも」

まどか「そっか」

まどか「ありがとうね、さやかちゃん」

さやか「?」

まどか「ほむらちゃんを好きになってくれて」

まどか「でもね、他のことならともかく」

まどか「ほむらちゃんだけは譲れないんだ」

そんなの俺の趣味としか答えようがないな(´・ω・`)

さやか「…そう」

ほむら「さやか…庇ってくれてありがとう」

ほむら「でもこれはやっぱり私の弱さが招いたこと」

ほむら「けじめは私がつける」

さやか「ほむら…」

ほむら「どんな罰でも受ける」

ほむら「あなたの心を傷つけた代償をなんでも払う」

まどか「…」

まどか「ほんとにどんなことでも?」

ほむら「二言はないわ」ファッサー

まどか「約束だよ?」

ほむら「約束するわ」

まどか「それじゃあ…」

さやか「」ゴクッ

ほむら「」ゴクッ

まどか「今日から三人で一緒に暮らそっか!」

さやか「三人で…?」

ほむら「一緒に…?」

まどか「うん!」

まどか「勘違いしないで。別に二人を許したわけじゃないよ?」

まどか「正直ちょっとやそっとのことじゃ許せない…」

まどか「私だって人間だもん。すぐに収まりをつけるなんて無理だよ」

まどか「でもね、やっぱり私二人のこと嫌いになれないんだ…」

まどか「そして私も、さやかちゃんもほむらちゃんを諦められない」

まどか「なら、ほむらちゃんには私とさやかちゃんの二人を愛する甲斐性を持ってもらいます」

まどか「これがほむらちゃんの罪滅ぼし」

ほむら「…それでまどかがいいのなら」

ほむら「二人を養うだけの甲斐性を持ってみせるわ!」

まどか「養うだけじゃだめだよ?私たち二人分の愛を受け入れてくれなきゃ」

まどか「もし出来なきゃ私たち二人とも愛想つかしていなくなっちゃうよ?」

まどか「ね?さやかちゃん」

さやか「う、うん」

ほむら「…善処するわ」

まどか「あ、そうそうさやかちゃん」

さやか「は、はい」

まどか「次もしほむらちゃんと駆け落ちしたら」

まどか「覚悟しておいてね?」ニコッ

さやか「…善処します」

まどか「よかった!これで一件落着だね!」

おしまい

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom