ジャン「ミカサをデートに誘おうと思っている」【安価】(112)

マルコ「ジャン…この前もそんなこと言ってたけど、結局実行に移さなかったじゃないか」

ジャン「今回は本気だ!この前は…ミカサがちょっと元気が無さそうだったからそっとしておこうと思ったんだよ」

マルコ「ミカサは大体元気無さそうだけど」

ジャン「いつもミカサを見てる俺には分かるんだよ、微妙な表情の変化とか仕草とかで」

マルコ「ふ~ん…それこそ元気無さそうならデートに誘って元気づけてあげればよかったのに」

ジャン「ハードル高いだろ…ただでさえ普通にデートに誘うのも難しそうなのに…」

マルコ「それもそうだね、今、ジャンがミカサをデートに誘っても絶対に断られるだろうね」

ジャン「絶対?」

マルコ「絶対」

ジャン「…俺、そんなに嫌われてるかな…」

マルコ「良くは思われてないと思うよ、エレンといつも喧嘩してるしね」

ジャン「…」

マルコ「デートに誘う前にさ、まずはミカサの中でのジャンの評価を上げてからにしようよ」

ジャン「上げるたって、どうすりゃいいんだ?」

マルコ「>>2

そのたくましい裸体を魅せつける

マルコ「そのたくましい裸体を魅せつける」

ジャン「セクハラだろそれ」

マルコ「いいやセクハラじゃない、むしろ訓練漬けの毎日を過ごし、飢えている訓練兵にとってジャンの裸体はご褒美だ」

ジャン「…そ、そうか?」

マルコ「うん」

ジャン「…もちろん、上半身、だけだよな?」

マルコ「>>4

下もだよ
男の象徴ジャン?

マルコ「下もだよ。男の象徴ジャン?」

ジャン「…勘弁してくれよ…それこそセクハラになる」

マルコ「セクハラ?何を言ってるんだ。訓練漬けの毎日を過ごし、飢えている訓練兵にとってアレは何にも勝るご褒美だ」

ジャン「嘘だ!俺は騙されないぞ!」

マルコ「ジャン…僕がこんな下らない嘘をつくと思うのかい?」

ジャン「…」

マルコ「僕はただ君に幸せになってほしいだけなんだ」

ジャン「マルコ…分かった、信じる」

マルコ「ジャン…!」

ジャン「マルコ、アレはどういう状態にすればいいんだ?」

マルコ「>>6

徐々にたたせればいいんじゃないかな?

マルコ「徐々にたたせればいいんじゃないかな?」

ジャン「なるほど……っておい!」

マルコ「え?どうしたの?」

ジャン「徐々にって難しいだろ!ミカサに見られたら即たつわ!」

マルコ「ミカサがジャンのアレを凝視している、徐々にたってくる、「ジャ、ジャン///何か大きくなってきてるよ…///」

     これが欲しいわけ」

ジャン「即だちじゃ駄目なのか?」

マルコ「駄目。びっくりしちゃう」

ジャン「…俺、そんな高等技術できねえよ…」

マルコ「じゃあ>>11で練習しようか」

アルミン

マルコ「じゃあアルミンで練習しようか」

ジャン「悪いマルコ、俺はホモじゃないんでな。男じゃたたねえよ」

マルコ「アルミンのところに行こう、ジャン」スタスタスタ

ジャン「おい聞けよ!」



マルコ「というわけなんだけど、協力してくれる?」

アルミン「>>13

仕方ないな…(あとでミカサに言おう…)

アルミン「仕方ないな…(あとでミカサに言おう…)」

マルコ「ありがとうアルミン!」

ジャン「嫌ならいいんだぞ?多分練習にならないからな」

アルミン「大丈夫だよ。仲間のためだしね(ミカサに言って二度とこんなこと頼まれないように…)」

マルコ「あ、このことは他言無用でお願い。特にミ カ サにはね」

アルミン「!、も、もちろんだよ!(心読まれた!?いや…まさかね)」

マルコ「じゃ、やろっか」

ジャン「ああ」ボロン

アルミン(何が嬉しくて男のアレじっと見なきゃいけないんだ…)

アルミン「…」ジー

マルコ「どうジャン?」

ジャン「>>15

アルミンきゅんみてちんちんおっきおっき

ジャン「アルミンきゅんみてちんちんおっきおっき」

アルミン「…」

マルコ「…」

ジャン「…よく考えてみりゃ、アルミンってそこらへんの女より全然可愛いもんな。たって当然だ」

アルミン「それにしたって、アルミンきゅんって…」

マルコ「うん、普通の反応で安心したよ。僕もアルミンの大きな瞳で見つめられたら

    
     「見て!アルミンきゅん見て!僕の…僕の息子がこんなになっちゃったよおお!!あっ!!ドピュ!」
    

     みたいになっちゃうと思う」

アルミン「…」

ジャン「だよな」

マルコ「アルミンでもたつってことが分かったんだ!さっそく練習しよう!」

ジャン「おう!」

アルミン「…」



マルコ「すっかりマスターしたね、ジャン!」

ジャン「ああ!これも全部アルミンのおかげだ!ありがとな!」

アルミン「…うん」

マルコ「コツを忘れないうちに早くミカサのところに行こう」

ジャン「そうだな。本当にありがとなアルミン、助かったぜ」タッタッタ

アルミン「…もう嫌」

マルコ「じゃあ僕がミカサを呼び出すから、ジャンは例の倉庫で準備をして待っててくれ」

ジャン「分かった、頼むぜマルコ」

マルコ「うん」



ジャン(全裸)「…そろそろ来るか…?」

ジャン「やべえ…すげえ緊張する。あんだけ練習したんだ。大丈夫だ」

ジャン「緊張することなんてねえ、俺はただミカサにご褒美を与えるだけなんだから」

ミカサ「ジャン?」コンコン

ジャン(来た!)

ジャン「は、入ってくれ!」

ミカサ「…」ガラッ

ミカサ「ジャン、用って…!!!」

ジャン(!驚いてる…これ本当に大丈夫か!?)

ミカサ「ジャン…」

ミカサ「>>21

貧相

ミカサ「貧相」

ジャン「」

ミカサ「まだ小さい頃のエレンの方が立派だった」

ジャン「」

ジャン(おかしいぞ…何だこの反応は?マルコの話だと俺のアレを見てメロメロになるはずなのに…)

ジャン(いや、もしかしたらたたせれば…!)

ジャン「ふんっ!」ボッキーン

ミカサ「>>24

かわいそうな人……
何も見なかったことにしてあげる
私は今日倉庫になんかこなかったことにしてあげる
その代わり二度と私とエレンに話しかけないで
さようなら

ミカサ「かわいそうな人……
     何も見なかったことにしてあげる
私は今日倉庫になんかこなかったことにしてあげる
その代わり二度と私とエレンに話しかけないで
さようなら」ガラッ

ジャン「…え?」

ジャン「待って…待ってくれ!ミカサァァァァァ!!!」

ジャン「…」

ジャン「普通に考えれば簡単に分かったはずだ……恋人でも…ましてや家族でもない奴に陰部見せられて喜ぶ奴なんて、そうはいないことくらい…」

ジャン「…糞……腹が立つ。少しでもミカサをそんな変態だと思ってしまった自分に…」

マルコ「ジャン…」

ジャン「マルコか……へへ、二度と話しかけないで、だとよ」

マルコ「…」

ジャン「お前を信じた俺が馬鹿だったよ…」ポン スタ、スタ、スタ







マルコ「チンコ見せられて喜ばないなんて……ミカサはちょっとずれてるんだな

ジャン「…はあ」

ジャン「…落ち込んでる場合じゃねえ」

ジャン「このままじゃデートどころか、話すことすらできない」

ジャン「…>>32

おちんちんびろーんwwwwwwwwwwww

ジャン「…おちんちんびろーんwwwwwwwwwwww」

ジャン「びろろろろーーーーーんwwwwwwwww」

>>34「…」

ジャン「ピロリン、ピロリン、ピロロロリーーーーーンwwwwwwwww」

>>34「…」

ジャン「あいうえおちんちん!!あいうえおち…」

>>34「…」

ジャン「……んちん」

>>34>>36

エレン

ミカサがさ……ジャンは変態だからもう関わらないほうがいいっていきなり言い出したんだ……
俺はジャンはちょっと口が悪いだけでそんなヤツじゃねえって言ってあいつに怒鳴っちまったんだよ…
ミカサに…悪いことしちまったな…謝らないと…

エレン「ミカサがさ……ジャンは変態だからもう関わらないほうがいいっていきなり言い出したんだ……」

ジャン「……ああ(絶対見られたよ…おちんちんで宇宙と交信しようとしてるとこ…)」

エレン「俺はジャンはちょっと口が悪いだけでそんなヤツじゃねえって言ってあいつに怒鳴っちまったんだよ…」

ジャン「エレン…!」

エレン「…」

ジャン(フルチン)

エレン「…ミカサに…悪いことしちまったな…謝らないと…」タッ

ジャン「待て待て待て!」ガシッ

エレン「離せ!早く…ミカサに謝らないといけねえんだ!あいつは俺のことを思って忠告してくれたのに……俺は…俺は!」

ジャン「今のは違うんだ!今のは…(宇宙と交信しようとしてたなんて言ったら、変態確定だ!)」

ジャン「>>39

アルミンに俺のキルシュタインを無理やり見せた時のあの冷たさの中の怯えた視線を思い出していてもたってもいられなかったんだ
分かるだろ?

ジャン「アルミンに俺のキルシュタインを無理やり見せた時のあの冷たさの中の怯えた視線を思い出していてもたってもいられなかったんだ。
分かるだろ?」

エレン「俺の…キルシュタイン?」

ジャン「これだよこれ!」ブンブン

エレン「汚いもん振り回すんじゃねーよ!気色悪い」

ジャン「なあ、お前なら分かるだろ!?俺の気持ちが!」

エレン「>>41

いや…
この間風呂場で見たアルミンのアルレルトの方が立派だったわ…

エレン「いや…この間風呂場で見たアルミンのアルレルトの方が立派だったわ…」

ジャン「何…だと……道理でミカサに貧相って言われるわけだ…。まさか、アルミンよりも…」

ジャン「…って俺の聞いてることはそんなんじゃねーんだよ!!」

エレン「ん?」

ジャン「俺が聞いてんのは自分のチンコをアルミンに見せつけたら、あまりに高揚しすぎてチンコを天に掲げてみたり、意味不明な言葉吐き出したくなるだろってことだよ!」

エレン「>>45

おーいミカサ!アルミン!ちょっと来てくれ!面白い物が見れるぞー!

エレン「おーいミカサ!アルミン!ちょっと来てくれ!面白い物が見れるぞー!」

ジャン「おいぃぃぃぃぃ!!!」

アルミンを担いだミカサ「エレン。面白いものって…」

ジャン(フルチン)「」

アルミン「ミカサ、僕を担いだと思ったら急に走り出して…一体どうし…」

ジャン(フルチン)「」

ミカサ「エレン…何かされた?」

エレン「されてない。大丈夫だ。それよりジャン……アルミンに見られてるぞ?キルシュタインが」ニヤッ

ジャン「>>48

今からアルミンレイプしまーす

ジャン「今からアルミンレイプしまーす」

アルミン「」

エレン「…ちょっと違う」

ミカサ「ジャン…できると思ってるの…?」

ジャン「…」

ジャン(何を言っているんだ俺は!?一体どうしちまったんだ!?)

ジャン(俺は…俺はただ…ミカサと仲良くなりたかった…それだけなのに……どうしてこんな目に…)

ジャン「こうなりゃやけくそだ」

ミカサ「何をする気!?」

ジャン「>>51

ミカサの目の前でアルミンレイプして男を見せる

ジャン「ミカサ、お前の目の前でアルミンレイプして男を見せる」

ミカサ「何を…言ってるの?私に男を見せる?」

エレン「俺はさっきの奴が見たかったんだけどな…」

アルミン「危険な感じはしてたんだ……いつもいつも、何でこうなるんだ…」

エレン「何だっけ……あいうえおちんちん!!だっけか?あれやれよ」

ジャン(とは言っても、この状況でアルミンをレイプするのは至難の業だ…)

ジャン(…どうする…?)

ジャン「>>53

食らえ!アルミン!!…あ、凄い気持ち良い!アルミンのアナ凄く良い!!

ジャン「食らえ!アルミン!!」ズブッ

アルミン「ひぎっっ!!!!」

ジャン「…あ、凄い気持ち良い!アルミンのアナ凄く良い!!」パンパンパン

ミカサ「な!?ありえない!あなたごときが私の目を掻い潜ってアルミンをレイプするなんて!一体どんな手を使った!?」

ジャン「…えーと……(そういえばどうやったんだ?)」パンパンパン

アルミン「痛い…痛いよぉ…」グス

エレン「なあ、ミカサ…俺、お前に謝らなきゃいけないことがあるんだ…」

ミカサ「後にして」

エレン「…」

ジャン「そうだ!>>56してアルミンをレイプした!」

気合いで突撃

ジャン「気合いで突撃してアルミンをレイプした!」パンパン

ミカサ「き、気合い!?馬鹿な…」

ミカサ「そんな精神論だけで私に気づかれず、瞬時にアルミンをレイプするなんて…」

ジャン「っ!!アルミン!そろそろ出すぞ!!」パンパンパンパンパン

アルミン「ジャン駄目!!な、中に出すのだけはっ…!」

ジャン「別に妊娠何かしねえんだからいいだろうがああ!!!」ドピュドピュドピュ

アルミン「あっ!ああ!!中に入ってくる!!ジャンのが入ってくるぅぅぅぅ!!!」

エレン「ミカ」ミカサ「ごめんなさい……ごめんなさいアルミン、守れなくて…」

エレン「…」

ジャン「ふぅ…良かったぜ、アルミン」

アルミン「…当たり前だ、これでしまりの悪いケツだぜとか言われたら、完璧にやられ損じゃないか…」

ジャン「しかし、気合で本当にやれちまうなんてな…もしかしたら他のことも…」

ジャン「よし!>>58

ジャン「気合いで突撃してアルミンをレイプした!」パンパン

ミカサ「き、気合い!?馬鹿な…」

ミカサ「そんな精神論だけで私に気づかれず、瞬時にアルミンをレイプするなんて…」

ジャン「っ!!アルミン!そろそろ出すぞ!!」パンパンパンパンパン

アルミン「ジャン駄目!!な、中に出すのだけはっ…!」

ジャン「別に妊娠何かしねえんだからいいだろうがああ!!!」ドピュドピュドピュ

アルミン「あっ!ああ!!中に入ってくる!!ジャンのが入ってくるぅぅぅぅ!!!」

エレン「ミカ」ミカサ「ごめんなさい……ごめんなさいアルミン、守れなくて…」

エレン「…」

ジャン「ふぅ…良かったぜ、アルミン」

アルミン「…当たり前だ、これでしまりの悪いケツだぜとか言われたら、完璧にやられ損じゃないか…」

ジャン「しかし、気合で本当にやれちまうなんてな…もしかしたら他のことも…」

ジャン「よし!>>59!」

みんなの前でライナーを掘ろう

ジャン「みんなの前でライナーを掘ろう!」

ジャン「ということでまずは気合でミカサを撒く」



ジャン「撒いた」

ジャン「さて、ライナーは今日は>>61をするって言ってたな…」

進撃恋愛SSの執筆

ジャン「進撃恋愛SSの執筆をするって言ってたな」

ジャン「てことは部屋にいるな」



ジャン「よお、ライナー」

ライナー「ジャンか、悪いが今は忙しい。用事なら後にしてくれ」

ジャン「まあ、固いこと言うなよ。お前の書いてるssってもしかしてジャンミカか?それともやっぱりホモか?」

ライナー「>>63

エレアニだ

ライナー「エレアニだ」

ジャン「エレアニか、最近人気だもんな」

ジャン「…エレンがアニとくっつくってことは、ミカサは俺と…」

ライナー「ミカサは二人の恋を応援するだけでお前といい感じになる予定はない」

ジャン「ならそのいい感じになる予定を作れ。作らなきゃお前をレイプする」

ライナー「>>67

お、たまには入れられる側もいいかもな
いつもアルミンに入れる側だし

ライナー「お、たまには入れられる側もいいかもな。
      いつもアルミンに入れる側だし」

ジャン「それじゃあ駄目なんだよ」

ライナー「ん?何がだ?」

ジャン「俺はお前をレイプしたいんだよ。これでお前を襲っても合意の上だからレイプにはならねえ」

ライナー「めんどくさい奴だな…、だったらどうすればいいんだ?」

ジャン「そうだな…じゃあ今からみんなの前に行って、俺がライナーレイプ宣言をする」

ジャン「そしてお前に襲い掛かる。お前はそれを嫌がれ」

ライナー「…周りからみればレイプだが、俺からしてみたら全くレイプじゃないぞ」

ジャン「いいんだよ別に、もういいんだよ…」

ジャン「みんながいる所といえばやっぱ食堂だよな」

ライナー「ああ……だが今は食事をするような時間帯じゃないからなのか、少ないな」

ジャン「…3人しかいないじゃねえか…」

ライナー「みんな…とは言い難いが、大勢の人がいる中でセックスするのはちょっと恥ずかしいしな///」

ジャン「顔赤くすんな、気持ちわりい。…いるのは>>70>>71>>72か…」

母ちゃん

アニ

獣の巨人

ジャン「いるのは母ちゃんとアニと獣の巨人か…」

ライナー「まともな奴一人もいないな」

ジャン「てめ、俺の母ちゃんはたまにうざいこともあるけど、優しくて、料理がうまくて……って母ちゃん!?」

ジャン「何で母ちゃんが訓練所にいるんだ!?」

ライナー「獣の巨人には驚かないのか?」

ジャン「あいつは最近、いろんな所にちょくちょく顔だしてるしな。珍しくもなんともねえ」

ジャン「それよりどうする…?流石に母ちゃんの前でレイプ…しかも男をなんて…」

ライナー「様子を見るか。そのうち帰るかもしれないしな」

ジャン「…そうだな。よし、ちょっと様子を見よう」

ジャン母「ねえアニちゃん。うちの息子、訓練所ではどんな感じ?あの子は結構喧嘩腰だからね…心配なんだよ」

アニ「えと…うちの息子って…?(この人誰だろう…?)」

ジャン母「あ、ごめんなさいね。ジャン。ジャン・キルシュタインよ」

アニ「ジャンのお母さんでしたか」

ジャン「そうそう。それでジャンはどう?成績いい方っていうのは聞いてるんだけどね…」

アニ「ジャンは>>76

獣の巨人「ジャンは>>78

嫌がるアルミンをレイプしていたよ
しかも彼の親友の目の前でね

少し口は悪いけど、いいヤツですよ
なんだかんだで根が優しいのがわかります
お母さんの教育の賜物ですかね

アニ「ジャンは嫌がるアルミンをレイプしていたよ。
しかも彼の親友の目の前でね」

獣の巨人「少し口は悪いけど、いいヤツですよ。
なんだかんだで根が優しいのがわかります。
お母さんの教育の賜物ですかね」

ジャン母「レ、レイプ…?あの子が…?それに今…彼…って…」

アニ「嘘じゃないよ。ジャンは同期の男子のアルミンを無理やり犯した。これはまぎれもない真実」

ジャン母「何てこと……い、今ジャンはどうしてるの!?あと…ジャンに…レイプされた子は…?」

アニ「ジャンは何の罪も感じずに過ごしているよ。アルミンは……>>81

PTSDを発症した

アニ「ジャンはPTSDを発症した」

ジャン母「PTSD…?」

アニ「心的外傷後ストレス障害。様々なストレス障害を引き起こす疾患のことだよ」

アニ「原因はもちろんジャンによるレイプ」

ジャン母「そんな…」







ジャン「…え?」

ライナー「ジャン…お前」

ジャン「いや待てよ!俺がアルミンをレイプしたのは15分くらい前のことだ!」

ジャン「そして俺たちが食堂に着いたのは2分くらい前……おかしくないか?」

ジャン「この13分でアルミンがPTSDだということが判明し、アニにまで情報が伝わったということになる」

ジャン「ちょっと無理があると思わないか?」

ライナー「>>84

全く思わねえな、むしろ自然な事だ

ライナー「全く思わねえな、むしろ自然な事だ」

ライナー「お前にレイプされた後、エレンとミカサに連れられ、医者に掛かり、PTSDだと診断された」

ライナー「ここまで5分もかからないだろう?」

ジャン「かかるだろ!そんな速攻で診断されるか!?」

ライナー「最近の医者は優秀だ。残りの8分で十分情報は伝わる」

ジャン「…しょうがねえ。そういうことにしといてやる」

ジャン「…だが、原因は俺だけとは限らないんじゃないか?」

ジャン「ライナー。お前さっき「いつもアルミンに入れる側だし」って言ったよな?」

ライナー「…」

ジャン「てことはお前もアルミンをレイプしていた……違うか?」

ライナー「>>86

オレの書いているSSの中での話だ

ライナー「オレの書いているSSの中での話だ」

ジャン「」

ライナー「実際にそんなことできるわけないだろ?」

ジャン「」

ライナー「ジャン。とりあえずお前はアルミンに謝りに行ったほうがいい、いや謝るべきだ」

ライナー「謝ったところで許してもらえるようなことではないかもしれないが…」

ジャン「」

ジャン母「ジャン!こんなところにいたのかい!」

ジャン「げっ!母ちゃん!」

ジャン母「ジャン…私は悲しいよ。あんたがまさかこんなことするなんてね…」

ジャン「…」

ジャン母「ほら行くよ!」グイ

ジャン「どこにだよ!?」

ジャン母「アルミン君のところに決まってるでしょ!」

ジャン「!!!」

ジャン(まずいまずいまずいまずい!!!このままじゃ、訓練所にいられなくなっちまう!)

ジャン(ここは気合で>>90

メタルスチータス2にトランスフォームしダッシュ

ジャン(気合でメタルスチータス2にトランスフォームしダッシュだ)

ジャン「うおおおおおおおおお!!!!!」

ジャン母「ジャン!?」

ジャン「メタルスチータル2!!」

ジャン「ダッシュダッシュダッーーーシュ!!」ダダダダダダ

ジャン母「ジャン!どこに行く気!?」

ジャン「母ちゃんごめん!俺、>>92に行く!」

>>90 すいません。よく分かりませんでした。

壁の外

ジャン「俺、壁の外に行く!」

ジャン母「壁の外に行って何をする気だい!?」

ジャン「…そうだな……巨人でも倒してくるかな」

ジャン母「ジャン…分かった!ジャンが決めたことなら私は止めないよ!精一杯頑張ってきな!!」

ジャン「母ちゃん…ありがとう!!俺頑張るよ!!」ダダダダダダ

ジャン母「ジャーーーーーン!!!!私はいつもあんたの味方だからねーーーー!!!」

ライナー「…何だこれ」

その後、ジャンの活躍によってか、巨人の数はみるみる減っていった。
しかし、ジャンが壁外に行ってから2年、彼は壁内には一度も帰ってきていない。
誰もが死んだと思っている。けれども彼女だけは彼の帰還をいつまでも待ち続け、今日も壁の上から壁外に向かって叫んでいた。


>>100「ジャーーーーーン!!早く帰ってきてーーーー!!!私、いつまでも待ってるからーーーー!!!」



クリスタ

>>100のおかげで若干報われましたが、結局ジャンはミカサとデートはできませんでした。

この糞つまらない安価スレに付き合ってくださった方々、本当にありがとうございました。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom