女「お前本当にキモいよな」 男「………」(776)

女「見ててマジでムカつくわ」

男「………」

女「何か言えよゴミ」

女「あ~、ほんとイライラする」

女「何で生きてんの?」

男「………」ウルウル

女「何泣きそうになってんの?キモいわぁ~」

DQN「お~い、女…ってまた男いじめてんのかよ」

女「だってこいつうざいんだもん」

DQN2「だからっていじめんなよ、男も、もう帰っていいぞ」

男 「…うん」スタスタ ドタンッ

女「うわぁ~、だっさ何もないとこでこけたよww」

DQN「そういうこと言うなよ、男大丈夫か?」

男「…大丈夫、…じゃあ」

DQN「また明日なぁ」

女「もう来なくていいからねクズ」

DQN2「だからそういうこと言うなって」

男「……うるさいなぁ」ボソッ

女「は?今なんて言った?」

男「な、なんでもないよ」

女「いや、いまうるさいって言ったよね?聞こえてるけど?」

男「だ、だって僕のこと嫌いなら話しかけてこなければ言いと」バチンッ

男「イタッ!!」

女「クズが私にさからってんじゃねーよ!!」

DQN「おい!!やめろって!!」

DQN2「何も殴ることねぇだろ!!」

女「うるさい!!こいつが私に逆らったのが悪いんだよ!!」バコッドコッボコッ

男「い、痛い!や、やべて!!」

DQN「やめろって!!DQN2、女抑えろ!!」

DQN2「お、おう」ガシッ

女「は、離しせ!!絶対に許さない!!」

DQN「男!!大丈夫か!?大丈夫だな、よし早く帰れ」

男「い、いたいよぉ、」

DQN2「うるせぇ!さっさと帰れって!ちょwwwwこいつ女の腕力じゃねーよww」

DQN「ヤバイってwwww早く逃げろよ男!」

女「逃げんじゃねぇよゴミがぁ!」

男「ひっ!」ガラガラッ

俺「ちょっとちょっと~?そっこで何してるのかなぁ?」ニッコリ

女「あ?誰だてめぇ」

俺「質問してるのはこっちなんだよゲス野郎!!」ドゴォ

女「ぶほっ!?」バキィ

俺「あ~~~あ、痛そうだねぇ~」ニコニコ

女「テ、メェ……ふざっ……け」ピクピク

俺「快感快感……いひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!」

DQN「よし帰ったな!」

DQN2「もうむりwwwww離していい?」

DQN「いやいやwwwいま話したら男を追いかけて行っちゃうだろww」

女「ハァハァ…もう大丈夫だから、離して…」

DQN2「ほんとだろうな?もし走ろうとしたらスライディングすっからな」バッ

DQN,DQN2「」バッ

女「だ、大丈夫だって、身構えなくても」

DQN「お前www急にどしたのwwマジで」

DQN2「焦ったわぁww」

女「うん…ごめん」

DQN「で、どうしたの?今日のお前おかしいよ」

DQN2「そうそう、今まで男をつねっていじめてるのは何度もあったけど今日はいくらなんでもやりすぎだぞww」

女「ごめんね、何かすごいイラッてしちゃって」

DQN「おいおい、謝る相手ちげぇぞww」

男の家

男「ただいま、」

妹「お兄ちゃんおかえrって!!その傷どうしたの!?」

男「な、なんでもないよ」

妹「なんでもないわけないじゃん!!おかあさん!」

母「なによ~、うるさいわねぇ~って!男、どうしたの!?」

男「なんでもないって」

妹「まさかいじめられたの!?」

母「そうなの男?」

男「ち、ちがうよ………階段から落ちちゃって…それで…」

母「………はぁ~、あんたは本当にドジね、心配して損した」

男「うん、……ごめん」

妹「…………」

その夜

コンコンッ

妹「お兄ちゃん、起きてる?」

男「!!」ゴシゴシッ

妹「……お兄ちゃん、泣いてるの?」

男「な、泣いてないよ、どうして?」

妹「やっぱり今日何かあったの?」

この場合男を兄にした方がいいの?

男でいいよ
妹かわいい

妹「ご飯もあんまり食べてないし……それに階段から落ちたって嘘だよね?」

男「本当だよ…急いでたから」

妹「ねぇ、私には本当のこと言ってよ」

男「………………大丈夫だから」

妹「本当だよ?信じていいんだね?」

男「うん」

妹「そっかぁ~、気を付けてよね?じゃお休み」ガチャン

妹「……」



妹「お兄ちゃん、今日は学校休む?」

兄「……うん」

妹「なら私がお母さんに言っとくね、うるさいから」

兄「ごめんね」

妹「いいよ、気にしないで、じゃあ行ってくるから」

男「寝よっかなぁ」

男「……始めて学校休んじゃった」

男「…みんな今頃勉強してんのかな」

男「……あっ、すごいメール来てる」

DQN:昨日は大丈夫だったか?女も反省してるみたいだから早くこいよ

DQN2:焦ったわぁ~いや、マジで焦ったわぁ~、学校こいよ

友:お前何学校やすんでんだよ、女さんに何かされたか?

イケメン:マジで早く学校こいよ、そして妹ちゃんのアドレス教えて

男「みんな心配してくれてるんだ…」ジワァ

男「あっ、女さんからもある………」

イケメン氏ね

女:死ね、もう二度と学校来ないで下さい、みんなあなたのことを嫌ってます

女:ホントに死んでくれない?てか死ね

女:無視ですかぁ~?いつも言ってるよねメールは一分で返せって?

女:おい

女:いい加減にしろ

女:殺すよ?

学校

DQN「おい、女、お前ちゃんと謝ったんだろうな?」

女「うん、メールで」

DQN2「メールかよwwwww」

女「だって今日男いないんだもん」

DQN2「だもんじゃねーよwwぜってぇお前のせいじゃんwww……焦るわぁ……」

友「あのさぁ、女さんに聞きたいことあんだけど」

女「ん?何?」

友「昨日男になんかした、男から女さんどうしてるってメール来たんだけど」

女「別に(私のこと意識してる)」ゾクゾク

DQN「いや、ま、まぁあれだわな………大丈夫!!俺が何とかすっから」

イケメン「男来てねぇのお前のせいだろDQN」

イケメン「マジで殺すぞ」

DQN「はい……すんません」

イケメン「謝る前に男に妹ちゃんのアドレス聞いてこいよ」

女「…アイツ妹何て言えばいたんだ…」

友「ああ、めちゃくちゃ可愛いよ、まあ女さんの方が可愛いけど///」

女「ふーん」ニヤッ

ごめんなさい

女「…アイツ妹何ていたんだ…」

ごめんなさいごめんなさい

何をそんなに追い詰められてんだよ
落ち着けよ

DQN「わかったって!いまから男ん家行って連れて来るから!」

女「私も行く、」

DQN2「あたりめぇだろwwつーかお前一人で行けよ謝りに」

DQN「やっぱ、それがいいよな、お前が悪いんだし」

女「でも、家の場所分かんないし」ニヤニヤッ

DQN「じゃあ家の前まで一緒にいってやるから」

イケメン「待ってくれ、おれも妹ちゃんの家の場所分かんないんだよ、つれてけよ」

イケメン「いいだろ、別に、旅は道連れっていうしn女「え?」

イケメン「だからいもうt女「ん?」

イケメン「いや、最後まできけt女「」ギロッ

イケメン「な、なんでも無いです」

女「うん、じゃあ行こっか」

DQN「そうだな、じゃあなお前ら」

DQN2「また明日、………イケメン何泣いてんの?焦るわぁ」

友「妹ちゃんなら諦めろよ」

DQN「着いたぞぉ」

女「ふーん、ここなんだぁ」フフッ

DQN「じゃあ俺は帰るけどちゃんと今までこと謝って、もう絶対にしないって言えよ」

女「分かってるよ」

DQN「……言っとくけど、次はホントに許さねぇから」

女「はいはい(うざい、キモッ)…」

DQN「じゃあな」スタスタ

女「………ふふっ」

ピーンポーン

妹「はーい」

ガチャ

妹「……どちら様ですか?」

女「こんにちは、男君いますか?」

妹「いますけど…何のようですか?」

女「今日男君学校休んじゃったから様子を見にきたの」

妹「そうですか、兄なら明日には学校に行くらしいのでお引き取り、母「誰ぇ~」

女「始めてまして、男君と同じクラスの女と言います」

母「あらあら、綺麗なお嬢さんだこと、男なら部屋にいるからどうぞ上がってって」

妹「ちょっとお母さん!!」

女「はい、お邪魔します」

母「こっちよ」スタスタ

母「男、入るわよ」

男「うん」

ガチャン

女「男君、こんにちは」

男「!!」

男「な、なんで!!」

母「なんでじゃないでしょ?あんたが学校休んだから様子見に来てくれたんじゃない」

女「男君、大丈夫?みんな心配してるよ」

母「じゃあ私はこれで、あんたも来なさい」

妹「……ごゆっくり」

ガチャン

女「……はぁ」

男「な、なんできt、」ドカッ

男「ぐっ!」

男「いたいよぉ…蹴らないでぇ」

女「…………」バコッバシゥドコッドカッ

男「や、う、やめてぇ!いだいよぉ」

男「ううっ、ごべんなざい」

女「何が?どうしてごめんなさいなの?」

           おっぱい!
       おっぱい! おっぱい!
    おっぱい おっぱい! おっぱい!
  おっぱい! ∩   ∩ ノ)   おっぱい!
 おっぱい!  川 ∩ 川彡'三つ  おっぱい!
おっぱい! ⊂ミ∩、⊂ミ∩彡⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂三ミ( ゚∀゚)彡三彡三⊃ おっぱい!
おっぱい! ⊂彡川⊂彡川ミ⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂彡川∪⊃ U川彡⊃   おっぱい!
 おっぱい! (ノ ∪  川 ∪ミ)  おっぱい!
  おっぱい!      ∪     おっぱい!
    おっぱい! おっぱい! おっぱい!
        おっぱい! おっぱい!
            おっぱい!

>>1何にしたいんだ?頭逝かれたか?

男「メール無視してごめんなさい、もうしないから許してください」ボロポロッ

女「…それだけ?」

男「え?」バシっ

女「それだけかってきてんの」

男「あっ、いやその、ご、ごめんなさい!」

>>89

マジで眠い

かいていい?

おかしくなるかも知れんが

女「何がかって聞いてんのよ!!」バンッ

ガチャン

妹「何事ですか!!」

男「い、妹、ど、どうしたの?」

妹「どうしたのじゃないじゃん!!待って、お母さん呼んでくるから!」

バシッ

妹「なんで止めるの!?離してよお兄ちゃん!」

男「お願いだから、グスッ、言わないで」

女「ははっ、なさけなぁ~い」ゾクゾク

妹「黙れ!!あんたがやったんでしょ昨日のも!!」

女「え?何のことかわかんなぁ~い、男君は勝手に泣き出したんだよ」

妹「そんなわけないでしょ!!」

女「でも私何もしてないし、ね、男君」

男「………」

女「ね?」ギロッ

男「!!」コクンッ

妹「お、お兄ちゃん、大丈夫だから本当のこといって」

男「…何もされてないよ」ボロポロッ

女「そうそう、私は何もしてないよ」バコッ

男「うっ!」

妹「!!」

女「え?なに?私なんかした、男君?」

男「な、何もしてないです」ウルウル

妹「お前いい加減にしろ!お兄ちゃんをいじめるな!」

女「ああ、もうめんどくさいなぁ、いじめてないってば」

女「私ただ男君が心配で様子を見にきただけなのに」

女「まあ、今日は帰るけど…男君」

男「は、はい」

女「明日は絶対にがっこうに来てね」

男「……分かりました」

女「じゃあね妹ちゃん」

母「あら、かえるの?」

女「ええ、お邪魔しました」

ドタドタ

妹「お母さん!!塩どこ!?」

母「どうしたの急に?あっちだけど」

妹「あった!帰れコノヤロー」パッパッパッ

母「ちょ!やめなさい、なにやってるの!?」

妹「離してよ!塩かけなきゃ」

女「ふふっ」

妹「なに笑ってんのよ!!」

母「ごめんね、おかしな子で」

女「いえいえ、それじゃあ」

ガチャン

実はこの塩を投げつけると言う行為、相手を清めるための行為なのである
つまり妹ちゃんはこの邪鬼に取り憑かれた女さんをもとに戻してあげたかったのである

母「もう、恥ずかしいからやめなさい」

妹「消毒しなきゃ」パッパッパッ

母「だからやめてよ、掃除大変なんだから」

部屋

男「うっうっ、グスッ」

男「妹、ごめんね、グスッ」

>>111
マジかぁ!

ごめんな

ナメクジにかけるからつい

妹「お兄ちゃん!盛り塩持って来たよ!」

妹「ここに置いとくからね」

妹「後早くお風呂に入ってしっかり洗って」

男「…うん、ごめんね」

妹「いいから早く!アイツの汚いの洗いとって」

女「○○さんわかりましたか?」
男「はいはい」
女「はいはいじゃないでしょはいは1回でしょ!!」
男「わかったわかった」
女「わかったじゃないでしょ!はいって言ってるでしょ!私、こんな事弟にもいいませんよ!」
男「は~い」
女「もういい!!死ね」

妹「お兄ちゃん、お風呂出た?少し話しようよ」

男「……うん」

妹の部屋

妹「そこ座って」

男「うん」

妹「…………で、何の話しか分かるよね?」

男「……ごめんね」

妹「お兄ちゃん、アイツにいじめられてるんだよね?」

男「……………」

妹「大丈夫、誰にも言わないから」

男「………高校に入ってから……始めて女さんに会って…それから…」

妹「だよね、アイツ見たことないもん」

男「あ、アイツって言い方はやめた方がいいよ」

妹「……お兄ちゃん、辛かったんだね、グスッ、そんなに怯えちゃって」

保守

妹「でも今度からは私が守って上げるから」

男「いいよ、そんなのしなくても…」

妹「よくないよ!!お兄ちゃんがこんなにひどいことされてるのに許せるわけない」

男「僕が我慢すればいいことだから………大丈夫だよ」

妹「」イラッ

妹「お兄ちゃんって本当に弱虫、情けない」

男「うっ、…」

妹「色も白いし背も私とそうは変わらない、顔も女みたいだし」

男「グスッ、うっ、うっ」ポロポロ

妹「でもね、私はそんなお兄ちゃんがだいすきなの」ギュ

妹「私が何とかするから、もうなかないで」

次の日

妹「お兄ちゃん、今度いじめられたら私に電話するんだよ
すぐにいってぐちゃぐちゃに殺すから!」

男「うん、ありがとう」ニコッ

妹「/////」キュン

妹「お兄ちゃん、ひさしぶりに笑ってくれた」

男「じゃあ、僕こっちだから」

妹「うん、いってらっしゃい」

男 スタスタ

男「(妹に頼ってちゃダメだ、自分で何とかしなきゃ)」

男「(大丈夫、僕は強くなるんだ)」

男「もう絶対に泣かない」

女「なに一人言いってんの?」

男「え?あっ………いや 、その」ウルウル

女「泣かないんじゃないの?気持ち悪い」ゾクゾク

女「本当になんでいきてんの?死ねよクズ」

男「……そ、そんなこと言われる、筋合いないよ、」ボソボソ

女「おい、お前なんt イケメン「男ぉぉぉ!!」

イケメン「あいたかったぜぇぇ病気!」

ごめんな

病気じゃないんだ男だ

ごめんな

女「ちっ」

イケメン「あっ………女さんもおはようございます」

女「おはよう……」

イケメン「か、カバンお持ちしますよ」

女「触るなぁ!!」

イケメン「し、失礼しました!行くぞ男!」

男「………うん」タッタッタッタ

女「ハァハァ、ムカつく、ムカつく、ムカつくムカつくムカつく」

ごめん 飯食ってくる

1時間位

絶対書くから

保守

新・保守時間目安表 (休日用)
00:00-02:00 10分以内
02:00-04:00 20分以内
04:00-09:00 40分以内
09:00-16:00 15分以内
16:00-19:00 10分以内
19:00-00:00 5分以内

新・保守時間の目安 (平日用)
00:00-02:00 15分以内
02:00-04:00 25分以内
04:00-09:00 45分以内
09:00-16:00 25分以内
16:00-19:00 15分以内
19:00-00:00 5分以内

DQN「女、何やってんの?そんなとこ突っ立って」

女「っ!!な、なんでもないよ!」

DQN「?そうか、なら早くいこうぜ」

女「うんっ(気持ち悪い、話しかけんな)」

DQN「あっ!お前男にちゃんと謝ったんだろうな?」

女「謝ったよぉ、さっきまで一緒にいたもん」

お!

DQN「マジか!よくやったなぁ」ナデナデ

女「!!(汚い汚い汚い!(」ゾワァ

DQN「よし、行くか」

女「………うん」シュッシュ

イケメン「あのさぁ、マジで妹ちゃんのメアド教えて」

男「いや、でもそういうのは本人に聞かないと」

イケメン「聞いたよ!!教えてくれなかったからこうしてお前に聞いてんの」

イケメン「俺は妹ちゃんに本気なの」

男「え?先輩と付き合ってるんじゃないの?」

イケメン「付き合ってるよ」

男「え?」

イケメン「え?」

男「…………うん、わかった」

イケメン「マジでやったぁ!!サンキューな」

DQN「マジか!よくヤったなぁ」ズリん

女「!!(汚い汚い汚い!(」ゾワァ

DQN「よし、逝くか」

女「………うん」シュッシュ

>>168
ごめん
また間違えた

妹「ん?メールだ」

イケメン:どうもイケメンです。ここに番号書いておきます寂しくなったらいt

妹「ホモ山君、この番号の人すっごくかっこいいんだよ」

妹「ホモ田君たちにもおしえてあげてね」

学校

友「イケメンの奴何かテンション高くね?」

イケメン「よぉ~、ぼっち、ゲームしようぜ」

男「うん、そうだね」

女「」ジロォ

男「(女さん、今日ずっとこっち見てるよ……どうしよう…)」

女「(許さない、絶対に許さない)」

DQN2「でさぁ~、マジで焦ったわけな」

DQN2「女はどう思う?」

女「………」ジー

DQN2「女?」

女「うん?ああ、ごめん聞いてなかった」

DQN2「なんだよそれぇ、焦るから止めろって」

DQN「……………」

DQN2が好きだ

放課後

DQN「終わったぁ~、よし帰るか」

女「あっ、ごめん私、先生に頼まれた仕事があるから先帰ってて」

DQN2「そうか、なら手伝うよ」

女「いいよ、男君に手伝ってもらうから」

男「え?……」

DQN2「おいおい、またいじめる気だろ」

女「しないよ絶対に、だからお願い」

男「で、でも…」

イケメン「…………………」

イケメン「いや、ここは俺が残ろう」

女「は?」

イケメン「何心配することはないs、女「何?」ギロッ

イケメン「こ 、怖くなんかねぇぞ、俺は妹ちゃn、女「…」ギロッ

イケメン「悪いな男、俺は先かえるわ」

女「じゃあ、男君、いいよな?」

男「う、うん……わかった」

男「ごめん、友先帰ってて」

友「そぉか~ 、じゃあDQN達一緒に帰ろうぜ」

DQN「…………しょうがねぇ、帰るか」

DQN2「おい、いいのかよ」

DQN「大丈夫だって、な?男」

男「う、うん」

DQNへの反応を見る限り本心とセリフが合ってない
つまり女「お前本当にキモいよな(男くんまじかっこいい!)」ってことか

>>191
^^

可愛い子には優しいDQN

あとはわかるな?

>>194
俺は一時間ほど寝るってことだな

保守頼んだ

じゃあもうちょい

男「(どうしよう、二人きりになった)」

女「…………」ジー

男「あ、あの、仕事っていうのはどれ?」

女「別にないけどそんなの」

男「………なら帰るね」スタスタ

女「!!か、勝手に動くな!!」バシッ

男「っ!!だ、だって、何もないんでしょ?」

女「わ、私に逆らうな!ゴミのくせに!」

男「……帰るね」

女「動くなっていってんだろーが!」ドンッ

男「うっ!!ゲホッ、ゲホッ」バタッ

女「今日のお前ら本当にムカつく、とくにDQN」

女「マジで死ね!!」バコッ

男「痛い!!やめてよ!ゲホッ」

女「あんたと一番なか良さそうにしてたから近ずいただけなのに
いつの間にか彼氏面しやがって!!」バコッドンッドカッ

男「ゲボツ、い、たいよぉ…やめて!ゲホッ」

女「ハァハァ、」ゾクゾク

男「ハァハァ 、いたい……」

女「ハァハァ、ハァハァ、」ゾクゾク

男「もう、……やめてよ、…お願いだから」

女「……ねぇ、覚えてる?入学式の時にさぁ、私がハンカチ落としちゃって
それを後ろにいたあんたが拾ってくれたんだよね?すごい笑顔で」

女「あの笑顔、もう一度見せてよ」

男「うぐっ、……ハァハァ、もうやめようよ、こんなの」

女「笑えっていってんだよ!!」バンッ

男「ひっ!!」

女「笑えって!!早く、笑え!!」バタッドンッドンッドカッ

ごめん限界だ

1時間だけ頼む

男「ゲボ、ゲホッ!ゴフッ…………」ガクガク

女「ハァハァ、ハァハァ、…………」スッ

男 ビクッ

女「 …あたしの足舐めて…そしたらやめてあげる」

男「ほ、ほんと」ビクビク

女「許してほしいんでしょ…なら早くして」

男「ううぅぅ………

男「ううぅぅ………」ペロッ

女「んっ!」ビクッ

男 ペロッ ペロッ

女「あっ、ち、ちがう!!こうやって舐めるの!」ジュボッ

男「!!!」

女「こうやってなのどの奥まで入れてなめるの」

男「ゲホッ!んん!!ゴホッ!」

女「むせてる暇あったら舌つかえよ!」

男「ゴホッ、オエッ!…や、 ゲホッ めて」

姉「しゃべるれる位ならしっかり舐めろ」

男 ゲホッ ペロッペロッ ゲボ ペロッペロッ

姉「っ!!もっと、…ん!」

男 ペロッペロッペロッペロッ

姉「ハァハァ、もうっ………ハァハァ、、いいわよ……」ヌチャー

男「プハッ、ハァハァ、ハァハァ、」

男「ゲホッ……これで……許してくれたんだよね?」

女「なにいってんの?こんなのでやめるわけないじゃない」

男「え…………なんで…やめてくれるって言ったのに…」チュー

男「ん!!……うぅー」

女「プハッ、口ちゃんと口開けろよ!」バコッ

男「ひっ!あ、開けるからぁ…殴らないで…」チュー

女「うんっ!…あっ……うんっ」

ごめんww

目が死んでた

保守してください


新・保守時間目安表 (休日用)
00:00-02:00 10分以内
02:00-04:00 20分以内
04:00-09:00 40分以内
09:00-16:00 15分以内
16:00-19:00 10分以内
19:00-00:00 5分以内

新・保守時間の目安 (平日用)
00:00-02:00 15分以内
02:00-04:00 25分以内
04:00-09:00 45分以内
09:00-16:00 25分以内
16:00-19:00 15分以内
19:00-00:00 5分以内

起きたんだがwwww

これひどいな

どうしよ……

ごめん

何も考えてないけど書いていいの?

男「っん……む、ちゅ………うっ、」プハー

女「ハアハア、ハアハア、………ふふっ」ナデナデ

男「ううぅぅっ………」ビクビク

女「ハァァ……」ナデナデ

男「……うぅ、(な、撫でられてる……)」

女「かわいい………ぐちゃぐちゃにしちゃうのがもったいないくらい…」トローン

男「……(女さん、優しくなってる、許してくれたのかな?…)」

女「…………でも、」ガシッ

このスレ残ってたのか!

男「っ!!……痛いよ 、……離してよ」

女「ふふっ………」ハムッ

男「あっ、…ちょ、……耳な、舐めないでょ…」

女「……気持ちいいいの?」ハムッハムッ

男「き、気持ちよく何か、っっん!…」ビリビリ

男「な!服破かないで!」

女「……ほんとに細くて綺麗な体……切り刻んでやりたい……」カチャチャ

男「!!な、ナイフなんてなんで持ってるの…?」

女「そんなのあんたをいじめるために決まってるじゃない……」ゾクゾク

男「ひっ!や、やめて、こっちに向けないで」

女「ハアハア、ほら……大人しくして…」

男「こ、来ないで!お願いだからもうやめて!」

女「ハアハアハアハア、大丈夫だよ?殺しちゃったりしないから」

ガラッ

イケメン「お、女ぁぁぁ!!」

男「い、イケメン君!」

女「……何?あんた…」

イケメン「お、男から離れろぉぉぉ!うぉぉ!」

女「うっざいんだよ」バコンッ

イケメン「アヒンッ………」ブクブクブク

男「い、イケメン君!大丈夫!?」

イケメン「…………」ブクブクブク

女「ほんとこいつら鬱陶しいよね、弱い癖に調子に乗りすぎ
まぁ、そこでのびてて」

男「やめて!!こ、来ないで」

女 イラッ

女「ほらっ!!おとなしくしろ!」

男「ご、ごめんなさい………言うこと聞くから殺さないでぇ…」ウルウル

女 ゾクゾク

女「ハアハア、……そうやって言うこと聞いてれば傷つけたりしないから……」ギュ

男 びくっ 、コクンッ

女「今日はもう帰っていいわ、私は後かたずけしなきゃいけないから」

男「…はい…、」スタスタ ガシッ

女「?なんでもイケメンを担ごうとするの、おいて帰って」

男「で、でも…」

女「?」

男「わ、わかりました」

お風呂に行ってきます

先輩「イケメン君、私と付き合って//」

後輩「好きです。先輩」

妹「イケメンさん………抱いて…」

イケメン「へへへっ……………はっ!!」

女「……………」

女「起きたんだ……」シャキンッ

イケメン「あれ?女さん?………なんで俺教室にいんだっけ?」

女「?」

イケメン「確か、お腹いたくなってトイレにいてそしたら変な奴から電話かかってきて」

イケメン「今度は男から妹ちゃんの電話番号聞こうと思って……あれ?なんだっけ」

女「(ばかでよかった…………)」

女 「もう、イケメン君なにやってんのよ」スツッ

女「男君向かいに来たんでしょ」

女「でももうさきに帰っちゃったよ?イケメン君も帰りなよ」

イケメン「そ、そうだな!バイバイ女さん」タッタッタッタ

女「バイバイ……」

ガラッ

イケメン「(ふっ、俳優目指そうかな)」

女「ちょっと待ってイケメン君」

イケメン「!!なに?」

すまん飯だ

保守

女「今日のことは絶対に言ったらだめだからね?」

イケメン「今日のことって?」

女「わかってる癖に」ニヤニヤ

女「見逃してあげるってこと」

イケメン「………誰がてめぇの言うこと何か聞くかバカ女」

女「ん?何か言ったかな…」

イケメン「テメェ見たいなゴミの言うこと何か聞かねぇつったんだよ!」

イケメン「俺と男はな小学校時代からの大親友なんd、女「もう一回言ってみて」シャキン

イケメン「申し訳ありません軽率でした。」ドゲザ

女「じゃあ、わかってるよね?」

イケメン「………はい」

女「よろしい」

保守

DQN2「あのさぁ、金貸してくない?」

チンピラ「はぁ?なんでwwwwww」

DQN「いいじゃん別に、ちょっとだけだからさ」

チンピラ「いやいやwwww意味わかんねぇwwww」

DQN2「うーと、財布どこかな~」ガサゴソ

チンピラ「ちょ!テメェ何やってんだよ!!」

DQN「うるせぇ!黙ってろよ!」ドカッ

チンピラ「グハッ!」

DQN2「お!あったあった」

DQN「ぼっち、いくらだっけ?」

ぼっち「さ、3万位」

DQN2「3万もかwwwwそりゃ焦るわなwww」

DQN「ほら、もう取られんなよ」

ぼっち「あ、ありがとう!」タッタッタッタ

DQN「んじゃ、いえに帰りますか………ん?」

DQN2「あれ?イケメンじゃね、何かすげぇ怖い顔してっけど」

DQN「おーい、イケメン!!」

イケメン「お、……………お前ら何やってんの?」

DQN2「いやいやwwwお前こそそんなこえぇ顔で何やってんだよ、みんな焦るだろぉがwwww」

DQN「何かあったか?」

DQN「大丈夫かよ、めっちゃ顔が無に近いぞ」

イケメン「…いや………なんでもねぇよ…マジで」

DQN2「なんもねぇならいいんだけどよ」

DQN「だな、帰ろうぜ」

イケメン「………ああ、」

男 家の前

男「どうしよう、……服ボロボロだった」

男「家に入れないよぉ」

男「……そ、そうだ、体操服持ってたよね、それに着替えよう」

男「………よし、これで」

ガチャン

男「た、ただいま」

妹「あっ!!お兄ちゃんお帰りなさい!」

男「うん、ただいま」

妹「?お兄ちゃん帰宅部なのになんで体操服なの?」

男「……ちょっと服汚れちゃって」

妹「まさかまたやられたの!?言ってていったじゃない!」

男「ち、ちがうよ、遊んでただけだから」

(トイレ)

これどうやって終わらせるの?
ダラダラと続けてるけど

>>425
わかんないから
もうすぐやめる

妹「嘘だよね!そんなの!ちょっと服脱いで」

男「や、ダメだって!」バサッ

妹「イタッ!……なにするの?…」

男「あ………ちがっ……ごめん」

妹「嘘だよね!そんな!ちょっと服貸して!」

ごめん

妹「嘘だよね!そんなの!ちょっと服脱いで」

男「わかった」ポロン

男「ご、ごめん………そんなつもりじゃなくて……」

妹「………グスッ、もう知らない!」タッタッ ガチャン

母「何やってんのよ?うるさいわよ」

男「……………」

妹「ううっ……グスッ、お兄ちゃんのバカ~」ポロポロ

コンコン

男「妹、……さっきはごめんね、でも大丈夫だから
心配してくれてありがとう……入っていい?」

妹「…………」

男「……あっ、そうだ、ご飯できたって、食べようよ……」

妹「……………」

男「じゃ、じゃあ先行ってるね」タッタッタッタ

妹「グスッ、……ううっっ」



母「あら?妹はどうしたの?」

男「……後で食べるって」

母「そうなんだ、困るわぁ~かたずけれないじゃない」

父「……………………………………………」

男「父さん、今日は早いねどうしたの?」

母「このクズ、会社クビになったのよ」

父「ふっ、やつらめ………この俺を捨てたことを今に後悔させてやる」

母「なにいってんのかしらねぇ、このニートは」

男「大丈夫なの?これから」

母「大丈夫よ、こいつの稼ぎなんてもとからないに等しいんだから
お母さんも仕事頑張ってるから」

父「まあ、そういうことだ安心しなさい」

母「恥ずかしくないのかしら?しんでもいいのよ?」

次の日

男「じゃあ行ってきます」

父「弁当持ったか?」

男「………持ったよ」

父「今日は父さんが弁当作ったからな」

男「そうなんだ、……妹は?」

父「気分が悪いから学校は休むそうだ」

男「……そっか、じゃあ行ってきます」

父「いってらっしゃい、車には気を付けろよ」

ガタンっ

父「……さて、掃除するか」

イケメン「………………」スタスタ

男「あっ!イケメン君!(生きてたんだ)」

イケメン「よぉ!男、おはよう」

男「おはよう………昨日は大丈夫だった?」

イケメン「?昨日って何のことだ」

男「え?……昨日、女さんに……」

イケメン「あ、ああ!ヤバい、早く行かねぇと遅刻するぜ」

男「?うん」

友「なあ、男、今日のイケメン、何か変じゃね

男「……うん、そうかも」

イケメン「どうせ俺たちはきたねぇウジ虫なんだよな」

根暗「……ううん、イケメン君、それじゃあウジ虫に申し訳ないよ」

イケメン「……そうだよなぁ、母さん……父さん……ごめんな」

根暗、イケメン「はぁ~~………」

男「……(イケメン君、今日ちょっとおかしい、女さんに何かされたんじゃ)」チラッ

女「……ふふっ」ニヤリッ

男「!!」ゾクッ

友「?どうした、震えてるぞ」

男「な、なんでもないよ」ガクガクブルブル

DQN2「つぎ、体育だよな、よっしゃーー!!」

DQN「イエェェーーーーーイ!!」

リア充たち「やったぜぇぇーーー!!」

友「なんでこいつら体育が楽しみなんだよな」

DQN「バカ野郎がぁぁ!!」ドカッ

友「う!グハッ!」パリーン

委員長「友が窓から落ちたぞぉ!保健室に連れてってやれ!」

DQN「ふん、バカが、よっしゃーー!男行こうぜ」

男「あっ、ごめん、僕体操服忘れちゃったから教室で自習……」

DQN「そうか、残念だな、自習頑張れよ」

女「…………ふっふ」

終わり方が見えてこないwwwww

適当にやってりゃあ見えてくるかな?

シネヤオラァ!ヤバイ、イケメンガキレタ

男「(体育したかったなぁ………一人は寂しいよ)」

ガラッ

女「勉強してる?」ニヤニヤ

男「!!お、女さん………体育は?」

女「だってつまんないんだもん、男と遊んでる方がずっと楽しいし」ギュ

誤字脱字が多いし日本語もどことなくおかしい上にそもそも>>1の態度が何かおかしいんだが
どうしてお前らはツッコまないの?

突っ込んでくれよwwww

じゃあとは頼んだ

>>473
設定が萌えるから

あーインスピレーション湧いてきたわ
続き書いていい?
結構有名な書き手なんだが

無理wwwww

内容は思い付くんだが>>473の言う通り日本語が下手なんだよwwww

お前らの方がずっと上手いだろwwww

>>485

頼んだ

見てるから

日本語へたでもいいから続きはよ

コピペだったか…恥ずかしい

ちょっと待ってろ

おかしいところあったら殺す勢いで注意してくれ

男「」ビク

女「ふふ、言う通りにしてれば、痛いことしないから」スリスリ

男「っ!!へ、変なとこさわらないでよぉ」

女「ねぇ、気持ちいい?」スリスリ

男「やめて!触らないでってば!」ウルウル

女「ん?」ガシッ

男「イタッ!離してよ!」

女「私は気持ちいいかってきいてるの」

女「いいの?潰しちゃうよ」ギュー

男「き、気持ちいです!」パッ

女「………よく言えました」ハァハァ

女「……じゃあ次はどうしようか?」

女「次はどうしてほしい?自分で言ってみてよ」

男「や、やめてほしいです」………

女「何をやめてほしいの?」ニヤニヤ

男「うっう、……いじめるのを……やめてください……」

女「よく言えたね、よしよし、」ナデナデ

女「でもやめてあげないよ」スリスリ

女「一生いじめて上げるからね?」

FIN

やったぜぇぇ!!

丁度いいとこ見つけたwww

DQN2「この終わり方、焦るわ」

ここまで見てくれてありがとう

このまま続けても長くなるだけだから

初めてにしてはどうだったかな?

ちょっと待てよwww

朝は自分の感じ書いてたけど後半はお前らの意見参考にしてたんだぞ

俺の感じの方がいいってこと

妹「お兄ちゃん…お兄ちゃん…んっ…」クニクニクチュクチュ

妹「あっ…イッ……
  ふぁぁ~……」くた~



大好きなかわいいかわいいお兄ちゃん
明らかにあの女にいじめられている

非力でどうしようもないお兄ちゃん

私が…
わたしが…
ワタシが…



しっカりしツけてあゲなイと



DQN「いや~、やっぱ体育最高だわwww」

DQN2「マジで最高だわwww」スタスタ

イケメン「………大丈夫か?根暗、さっきは悪かったな」

根暗「……大丈夫だよ、どうせ僕何てどうなろうとだれも………」

ガラッ

DQN「男ぉ~、ちゃんと勉強してっか?……ん?」

>>557
上手すぎるだろ

俺には無理だ

あとは頼んでいいかな?

DQN「ん?何で女がいんだよ、女子はまだ片付けしてるだろ」

DQN2「まさかお前また男をいじめてたんじゃねぇだろうなぁ」

イケメン「…………………」チラッ

男「……い、いや 、別に」

女「別に、何もしてないけど?ねっ、男君」

男「う、うん、一緒に勉強してただけだから」

DQN2「ほんとだろうな?」

DQN「やめろよ、DQN2、女はもうそんなことしねぇよ」

DQN「なっ、男も何もされてないっていってんだし」

DQN2「ほんとかよ、怪しいな」

女「もう、ひどいなぁ、私はもういじめなんてしてないよ」

イケメン「……………」

DQN「お前は女を疑いすぎな、それでも友達かよ、なぁ、女」ポンッ

女「!!(汚い汚い触るな気持ち悪い)」

DQN2「わ、悪かったよ、ごめんな」

イケメン「………………」

DQN「おい、イケメン、さっきから黙ってどうしたんだよ?」

イケメン「え?………いや、その」チラッ

女「」ギロリッ

イケメン「いや!なんでもない、それより今日、調子わりぃーから早退するわ」

DQN2「なんだよそれずりぃーよ」

イケメン「じゃあな」

イケメンカエンノ マタナ

男「ぼ、僕も帰ろうかな……」

女「何で?…今日は一緒に帰るんでしょ?」

男「え?」DQN「は?」

女「ほら、さっき約束したじゃん、もうすぐテストだから男君の家で一緒勉強使用って」

男「し、してないよ」ギュー

女「したよね?」

男「っ!!し、した」

DQN「な、ならさぁ、俺もいっていいかな?」

女「だ~め、あんたがきたらうるさくなるでしょ」

DQN「いいじゃん、別にさぁ、絶対静かにするから」

女「だめだってばwwwww」

DQN「頼むわ、な!いいだろ男」

女「だめっつってんだろぉ!!」

男、DQN「!」ビク

DQN2「!!あ、焦った!」

30分だけ待ってて終わりかた考えてくる

もうちょい頼む

ID変わってるかもしれん

DQN「ど、どうしたんだよ?」

女「………ほんと鬱陶しい」

DQN「え?」

女「うざいっていってんの!いつもいつもベタベタ触ってきて」

DQN「い、いや別にそんなつもりじゃ………」

女「じゃあ、一体どういうつもりなわけ!」

DQN「……………好きなんだよ、………お前のこと」

ザワザワ

女「きもっ!!」ゾワァ

イイスギジャネ、オンナサン サイテイ

ジュギョウハジマッテルンダケド

DQN2「おいおい、いくらなんでもきもいはねぇだろ!!
DQNはお前のこと本気で好きなんだぞ!」

女「そいうのがキモいっていってんの!ああ、気持ち悪い
馴れ馴れしく話しかけてきたりベタベタ触ってきたりマジで鳥肌たつ、キモい」

DQN「………………」

女「気持ち悪い!!」

DQN「………そんなに俺のこときらいか?」

女「嫌い大嫌い、あたしがどれだけ我慢してきたかわかる?
本当に気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い」

DQN2「……いい加減にしろよ…」

男「ちょ、や、やめようよ……」

女「………先生、私と男 早退します。」ギロ

先生「は、はいわかりました…気をつけて」

男「えっ!僕は残ります……」

女「うるさい!!早くこい!」ガシッ

男「痛い!引っ張らないで……」

DQN2「おい!待てよ!」パッ

DQN「!な、なんで止めんだよDQN!」

DQN2「おい、誰か止めろよ!」

ムリダヨナ、ゼッタイムリダロ

センセイ、ナントカシテクダサイ

先生「……え~、この公式は……」

DQN2「おい、マジで離せよDQN!!」

DQN「……もうほっとけよあんな女」ポロポロ

DQN2「女のことはどうだっていんだよ!!男の方が心配なんだよな!」

DQN「………うっう、」グスッ

DQN2「な、何ないてんだよ!マジで引くわぁ~」

DQN「うるせぇ!お前に俺の気持ちの何がわかんだよ!」バンッ

DQN2「!いってぇだろが!」ドンッ

ウルセェヨ、ソトデヤレ、ナンダヤンノカゴラ アア!

チョットヤメナサイヨダンシ

先生「……もう教師止めよ」

女「………………………」

男「………自分で歩くから、…離してよ………」

女「……逃げようとしたら殺すから…」パッ

男「………どこ行くの?…」

女「あんたの家に決まってるでしょ?あたしの家遠いのよ」

男「で、でもなんで僕の家に行くの?」

女「ぐちゃぐちゃに犯すため」

男「……………」

休憩する

誰か書いてくれよ

もしも1000
行ったらどうなんの?

俺こいうの書くのはじめてだからわからん

次はのスレ立てるもんなの?

SSのパートスレは荒れる
続ける気があるならしたらばなりSS速報なりに投下

>>673
これでおわらなくても続ける気はない

イケメン「………(女が怖くて学校早退って………情けねぇな…)」

イケメン「(明日から学校どうしよ………辞めようかな)」

ピロロロロデンワダヨ

イケメン「(電話、……知らない番号だ……)はい?」

妹「あっ、イケメンさんですか?私、妹です」

イケメン「!い、妹ちゃん、ど、どうしたの?(ラッキー)」

保守

妹「ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

イケメン「ん?何々、なんでも答えちゃうよwwwww」

妹「女さんって方ご存知ですよね?」

イケメン「……………あ、ああ…ちょっとだけな」

妹「………その人、お兄ちゃんのこといじめてますよね。」

イケメン「そ、そんなことないって!女さんはいい人だよ」

妹「本当のこと言って下さいよ!なんでみんな隠すんですか!?」

イケメン「……………用はそれだけ?」

妹「…お兄ちゃんに変わってください、さっきからぜんぜん出ないんです」

イケメン「悪いけど、俺、今学校にいないから変われない……授業中なんじゃない?」

妹「……あなたを当てにした私がバカでした」ピッ

イケメン「………なんだよ……意味わかんねぇ…」

女「ついたよ……早く入って」

男「………うん」

ガチャン

父「おかえり、早かったね、?おや」

女「初めまして、男君とお付き合いさせてもらってる女といいます」

男「え?………」

父「ほうほう…なるほど、男、かわいい子じゃないか大事にするんだぞ?」

男「……うん」

父「ささ、上がって上がって、」

女「それじゃあ、お邪魔します。」

男「………………」

妹「あっ!お兄ちゃんお帰り、って!なんでお前がいるんだよ!!」

女「なんでって、私は男と付き合ってるんだもん…家くらい来てもいいでしょ」

妹「な、なによそれ!!嘘つくな!」

女「嘘じゃないよ、ねぇ、男」

男「………………」

女「答えなさいよ!」バンッ

男「!!」コクンッ

妹「!!あんた、なにやってんのよ!?」

父「君たちは部屋の前でなにやってるの?」

妹「あっ!お父さんこの女追い出して!」

父「?何かあったのか」

女「いえ、何もきっとお兄さんを取られたくなくて必死なんでしょ、
かわいい子ですね」ナデナデ

妹「触るな!」ヒョイ

父「全くお前は人騒がせな奴だな、こっちに来なさい」

妹「ちょ!お父さん、離してよ!」

父「じゃあごゆっくり」スタスタ

妹「離してってば!この女だけは許せない!」スタスタ




女「ふふっ、私からあんたを守ろうと必死ね」

女「情けない、お兄ちゃんだねぇ~」ニヤニヤ



限界だ寝る

落としてくれ

今まで読んでくれてありがとう
こんなに長くなるとは思わなかった

設定は良かったと思うんだけど文章力がないからクソみたいなのになってしまって申し訳ない

今度は文章力つけて同じようものを書きますのでその時はよろしく

マジでごめん

自分の文章力のなさに驚いてる

どうやって文章力ってつけんの?

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年11月27日 (木) 19:14:56   ID: dKNm-UCI

(・_・)きめぇー

2 :  SS好きの774さん   2015年03月02日 (月) 00:11:23   ID: w7ho1_1A

設定も別に良くないが頑張りは認める

3 :  SS好きの774さん   2015年03月02日 (月) 00:13:18   ID: w7ho1_1A

DQN2すき

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom