男「ツンデレの幼馴染をちょっとだけ無視してみる」(83)

男「ふあぁ・・・」スタスタ

幼馴染「ちょっと男!」

男「・・・」

幼馴染「なんで先に行っちゃうのよ!待ってろって言ったでしょ!?」

男「・・・」

幼馴染「ちょっと!聞いてんの!?」

男「・・・」

幼馴染「無視してんじゃないわよ!!」ドカ!

男「っ・・・」

幼馴染「どう?これで話を聞く気になった?」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「っ!あっそ!もういいわよ!」ダッ

男「・・・ふぅ」

男「イテテ・・・。あいつ、思いっきり蹴りやがった・・・」

学校

男「おっす。おはよ」

友「やあ、おはよう男。今日の僕の下着はピンクのチェックだよ」

男「あぁ、おはよう。今日の俺の下着は教えない」

友「それは残念。それにしても、今日は一人で来たんだね。珍しいこともあるものだ」

男「・・・ほっとけ」

友「そして幼馴染さんは少し前に涙目になって登校してきた」

男「・・・見間違いだろ」

友「まぁ、君がそう思うのならそれでいいさ」

男「・・・」

友「ちなみに」

男「?」

友「さっきから幼馴染さんがすごい顔でこっちをみてる。しかも半泣きで」

幼馴染「・・・」ジーッ

男「!?」ビクッ

友「刺されないように気をつけなよ、男」ハハハ

男「洒落にならない・・・」

友「あぁ、君はどちらかと言えば刺すほうか。性的な意味で」

男「洒落になってない!」

昼休み

男「・・・」モグモグ

友「・・・」モグモグ

幼馴染「・・・」ジーッ

友「男」

男「・・・なんだ?」

友「ここまで睨まれ続けると、Mに目覚めてしまいそうだ」

男「知るか」

友「まぁ元からMなんだけどね」

男「知るか」

放課後

幼馴染「・・・」ジーッ

友「さて、結局放課後までずっと睨まれ続けたわけだけど」

男「・・・」

友「無理に仲直りしろとは言わない。けど、話し合いくらいはしたらどうだい?」

男「・・・」

友「・・・そこらへんの判断は君に任せるよ。それじゃあ、また明日」

男「・・・ああ、またな」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「・・・」スタスタ

男「・・・」スタスタ

幼馴染「・・・」スタスタ

男「・・・」チラッ

幼馴染「!」ササッ

男「・・・」ハァ

男「・・・」スタスタ

幼馴染「ね、ねえ」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「ねえ!」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「こっち向け!!」ゲシッ!

男「うぐっ・・・!ぐ・・・」ガクッ

幼馴染「ぁ・・・。ふ、ふん!話を聞かないからそうなるのよ!」

男「・・・」スクッ

幼馴染「な、なによ・・・」

男「・・・」

幼馴染「ちょっと!ここまでされて文句のひとつも言えないわけ!?」

男「・・・」

幼馴染「ま、まぁ私もほんの少し悪かったかもしれないけど・・・」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「あ・・・。ま、待って!」

男「・・・」

幼馴染「あの・・・その・・・」

男「・・・」

幼馴染「えっと・・・。ごめん、なさい・・・」ボソッ

男「・・・」

幼馴染「ごめん・・・なさい・・・」

男「・・・もういいよ」

幼馴染「ほ、ほんと!?」パァァ

幼馴染「まったく、しかたn」

男「もうお前には愛想がつきた」

幼馴染「・・・え?」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「え?」

幼馴染「え?え?」

幼馴染(男・・・なんて言った・・・?)

幼馴染(あいそが、つきた?・・・え?)

幼馴染(私・・・男に嫌われた・・・?)

幼馴染「・・・ぅ、うぇ・・・」ジワッ

幼馴染「うええぇぇぇぇぇん!」

幼馴染「グスッ・・・男・・・男ぉ・・・!」

幼馴染「ご、ごめっ・・・ごめんなさいぃぃぃ・・・」グスッグスッ




「男ぉ・・・」

次の日

男「ふあぁ・・・」アクビー

幼馴染「あ・・・男・・・」

男「!」

幼馴染「昨日はごめんなさい・・・。ううん、今までのことも。本当にごめんなさい」

男「・・・」

幼馴染「あの、それでこれ・・・。お弁当作ったから・・・よかったら・・・」

男「・・・」スタスタ

幼馴染「あっ、待って!お願い!!」グイ

男「っ!」バシッ

幼馴染「きゃっ!」

ボトッ

幼馴染「あ・・・」

お弁当「」グチャァ

幼馴染「お弁当・・・」

男「ぁ・・・」

幼馴染「・・・」ジワ

男「・・・!」ダッ

幼馴染「・・・」グシグシ

幼馴染「お弁当・・・片付けないと・・・」

学校

男「・・・おはよ」

友「やあ男。・・・幼馴染さんとまたなにかあったのかい?」

男「・・・!?」

友「どういたんだい?」

男「お前はエスパーかなにかか?」

友「ふふっ、ただの君の親友の痴女だよ」

男「自分で言うなよ・・・」

友「・・・で、彼女と一体なにがあったか説明してくれるかい?」

友「昨日のことも含めて、ね」

友「懲らしめる?」

男「ああ。あいつ、いっつも俺に対する扱いがひどいだろ?」

友「まぁ・・・お世辞にも素直とは言えないね、確かに」

男「だろ?だからちょっと懲らしめようと思って・・・」

友「・・・とりあえず事情はわかったよ」ハァ

友「これは君たちの問題だからね。僕は口を挟まないよ。」

友「でもこれだけは言っておくよ。あまりやりすぎちゃいけないよ?限度ってものを考えないと」

男「あぁ・・・うん・・・」

友「?煮え切らない返事だね」

男「実はさっき・・・」

男「・・・ってことがあって」

友「・・・」

男「・・・テヘッ?」

友「・・・」スッ・・・

男「?」

友「ふんっ!」バチコーン!

男「ちにゅっ!!」ドサァ

友「今すぐ幼馴染さんのところに行く!」

男「え・・・。い、いやでm」

友「行け」

男「は、はい!」ダッ

友「まったく。・・・塩を送るのは今回だけだよ、幼馴染さん」

男(こえぇ・・・。あの女こえぇよぉ・・・)ガクガク

通学路

幼馴染「グスッ・・・グスッ・・・」

幼馴染「卵焼き・・・きれいに出来たんだけどな・・・」

幼馴染「バランスもちゃんと考えたのに・・・」

幼馴染「でも、自業自得だから仕方ないか・・・」

幼馴染「あ・・・」

幼馴染「お弁当箱、割れちゃってる・・・」

幼馴染「・・・」ジワッ

・・・ーイ

幼馴染「・・・?」

オーイ!

男「ハァハァ・・・幼馴染!」

幼馴染「男・・・?なんで・・・(っていうかほっぺが尋常じゃなく腫れてるんだけど・・・)」

幼馴染「あ、えっと・・・その・・・あのね?さっきはごm」

男「ごめん!!」

幼馴染「・・・え?」

幼馴染「な、なんで男が謝るの?悪いのは私・・・」

男「違うんだ!全部俺のせいなんだ!」

幼馴染「・・・どういうこと?」

男「実は・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~

幼馴染「・・・へぇー?」

男「はははー・・・」

幼馴染「ねえぇ、男ぉ?」ニタァ

男「ヒッ・・・な、なんだいハニー?」キリッ

幼馴染「ハ・・・!///も、もう・・・///」

男「?」

幼馴染「と、とにかく!次こんなことしたら許さないからねっ!」

男「え・・・。許して、くれるのか?」

幼馴染「まぁ、私にも非はあるわけだしね・・・」

幼馴染「でも、ほんとに今回だけなんだからね!」

男「・・・ありがとな、幼馴染」

幼馴染「いいわよもう」フフッ

幼馴染「ほら、学校行くわよ。もう授業始まっちゃってるけど」

男「そうだな」

prrrrrr

男「電話?・・・友からだ」

男「もしもし」

友『やあ男。状況はどうだい?』

男「・・・おかげさまで、なんとかなったよ」

友『ふふ、それはよかった』

男「それよりもお前、電話なんてして大丈夫なのか?」

友『ああ、問題ない。今きみの所へ向かっているところだからね』

男「は、はぁ!?」

友『人生初のサボリ、というやつだよ』

男「なにやってんだよお前は・・・」

友『いいじゃないか。今日はそういう気分なんだよ。そのまま、3人でどこかに遊びに行こうじゃないか』

男「お前ってやつは・・・」

友『ふふ。あ、そうだ。少し幼馴染さんにかわってもらえるかい?』

男「?まぁいいけど。幼馴染、友がかわってくれって」

幼馴染「友さんが?・・・もしもし」

友『もしもし、幼馴染さんかい?』

幼馴染「うん。どうしたの?」

友『実は、幼馴染さんに言いたいことがあってね』

幼馴染「言いたいこと?」

友『うん。実はね?僕は・・・、私は男のことが好きだ』

幼馴染「え?・・・なぁ!?」

友『ふふ、驚いた?』

幼馴染「おおお驚いたなんてもんじゃないわよ!・・・は!?え!?」

友『そういうわけで今日から私たちはライバル、ってことで。ね?』

幼馴染「ライバルって・・・。私は別に・・・///」

友『そう。じゃあ私が男を貰うよ。初恋は叶わない、なんてことはないからね』

幼馴染「そ、それは駄目っ!!絶対に駄目!!!」クワッ!

男「!?」ビクッ

幼馴染「あ・・・///」

友『ふふ。これからはよろしくね、・・・幼馴染』

幼馴染「!・・・こっちこそよろしく、友」

友『ふふふ』

幼馴染「あははっ」

男「なに話してるかはわかんないけど、今からサボって友と遊ぶから」

幼馴染「え?・・・なぁ!?」

友『さっきと全く同じリアクションだよ、幼馴染』

幼馴染「だってサボリって・・・、はぁ!?あんた・・・、はぁ!?」

友『そんなにはぁはぁしてどうしたんだい?発情期かい?』

幼馴染「・・・あんたそんなキャラだっけ?」

友『親しい人間にはいつもこうさ』

幼馴染「・・・あっそ///」

友『ふふふ、照れてるね?』

幼馴染「うるさい!///」

キャッキャウフフ

男「あの・・・」

アハハハ

男「俺の携帯・・・」

ホントー?アハハ

男「・・・」









男「ツンデレの幼馴染が無視してくるorz」


おわれ

読んでくれてありがとうございます
初めてのssだったんで変なところもたくさんあったと思います

ちなみに僕は幼馴染はあまり好きじゃないです

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom